【安価/】ダスマダー大佐「新年度SRプロ改革記」 (1000)

前提事項として「モバマス」と「仮面ライダー」シリーズのクロスSSとなります。
注意事項としては、

・敵組織サイド(仮面ライダーも一応登場)
・コンマ、安価によっては容赦なく怪人が入れ替わる理不尽、カオスな展開
・仮面ライダーシリーズの怪人をPとする為、矛盾やオリジナル設定
・複数P世界、基本的に一人のアイドルにつき担当怪人一名
・基本的に遅筆

以下の要素が嫌いな方は、ブラウザバックを推奨します

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483440363

【特殊ルール1】「好感度」
怪人とアイドルの間には好感度ゲージが存在します
初期値はコンマで決定、安価で増減します
0~300の間を推移し、0になった瞬間、ライダーが現れ強制終了となります。
逆に300になるとアイドルを高確率で引き抜きできます。
ただし倍率がかかり、その倍率後の値がゾロ目の場合は「任務放棄」の対象となります。

【特殊ルール2】 「野心」
怪人はアイドルとの交流で、自分に自信を持ち過ぎた場合、反逆する可能性があります
初期値は50からスタート
一定条件後のコンマで増加し、50~250の間を推移。
*基本的には忠実な怪人が幹部に挑む事もあります

【特殊ルール3】 「任務放棄」
怪人には多かれ少なかれ、今回の作戦への不満があります
Turn安価の際にゾロ目が出た際、作戦を放棄し、ライダーに挑んで散ります。
*場面によってライダーが介入しなさそうに無いケースは免除される可能性があります
(制限は一回まで)

【特殊ルール4】 「勧誘ターン制限」
1アイドルにつき、7ターンの勧誘可能期間があります
その間に好感度を300に出来なければ、低確率の勧誘(基本10%+好感度補正)
失敗した場合は、怪人が本部に戻り、幹部陣からの説教が飛びます。
また、一度勧誘に失敗したアイドルは再選択可能です(また勧誘遠征でも遭遇可能です)

【特殊ルール5】 「分裂/再生」
分裂:怪人が分裂した場合、分身体の野心ptは(本体の野心pt÷分身数)で決定し、上限も160か80となります。最大3体。
再生:蘇生能力がある怪人は、野心ptが上がりやすく、復活時に倍率2倍の野心ptが掛かります。(実践例:ボルトロイミュード)

【特殊ルール6】「 疑心」
グループを結成しているアイドルの内の一人を勧誘しようとする、もしくはSRプロに疑いを持っている奴の場合だと、このルールが適応されます。
安価で出たコンマ÷2.5の値が蓄積していき、50溜まる毎に、コンマ×1.3の好感度ポイントを勧誘対象から減らそうと画策します。
ただし、成功判定は50%なので、運で回避は可能。
疑心ptを下げるルートも一応考えてはいます(自由安価でもポイントを押さえれば可能)
Turn時に来るので、特殊ルール3任務放棄の対象となります。
(÷2.5したコンマが四捨五入でゾロ目になる場合のみ(27, 28,54,55,56,82,83)

*原則50pt毎に一回発動なので、50を過ぎて一度発動後、50以下になって再度50を超えても100までは発動しない形となります。

【特殊ルール7】「警戒心」
勧誘成功者が3名以上いるプロダクションにショッカープロダクションの怪人が行くと、場合により、自動的かつ永続的に発動。
上限500。Turnごとに15追加(Turn 7までで計105)
Turn安価で好感度を40以上一度に上げた場合、自動的にコンマ×1.3を追加。
また、安価での選択肢ミスでもコンマで増加。
100毎にアイドルの親愛度-15。300突破で安価でのライダー遭遇率も上がります。
500にて強制失敗。

【特殊ルール8】「状況特化」
送り込む怪人は、勧誘・偵察・戦闘特化の3枠から役割を選んで付与されます。

【戦闘特化】:ライダーと遭遇時、自身が撃破される代りに確実にライダーを退場させられる。
その反面、好感度はTurn毎に20減少。
逆に0になれば、ライダーと強制遭遇なので目的は遂行しやすい側面を持ちます
(ガニコウモル、カメバズーカ、ガマボイラー、クモナポレオン、ヘルガデム、グランザイラス、メ・ギノガ・デ、ギラファアンデッド、北崎、等)
早い話、ゾロ目大歓迎な連中。
非常に強力な反面、数が大きく限られ、ライダー撃破によりプロダクション界隈を強制的に3ターンの間、厳重警戒態勢に移行させます。
以前の勧誘や特定アイドルで潰すライダーの目星をつけて置くと最大限の恩恵を得られます。
ライダーと戦闘時に約30%で撃破かつ生還可能。

【偵察特化】:ライダー関連の情報を収集できる。
親愛度補正は据え置きで、Turn毎に通常勧誘以外に情報収集というコマンドを扱える様になり、様々なフラグに関係する。
情報収集目的なので、適度に親愛度を上げ、概ね20~30%の勧誘は持ちかけられる。
ただし冷遇される怪人が多い事から、毎ターン毎に野心ptが選択肢次第で上昇。

偵察特化の基準は以下の4点
1.生前の作戦で、情報戦を展開し、それに特化した怪人(ウィル鬼(作戦)、ネズミ怪人(EP党)
2.単純に能力が情報収集向き(岩魔、ラジゴーン、ビデオン、死神カメレオン、コウモリ連合、スカル魔スター
3.諜報のプロ(狼長官(諜報機関SD)
4.索敵・偵察用の歩兵を扱える(ただし、上記のどれかに当てはまる場合のみ)(狼部隊、スカル魔、等)

【勧誘特化】:勧誘対象に即した素質を持つ通常怪人。今までと遜色なし。

【特殊ルール9】「天罰」
依田芳乃限定の能力。彼女の神性からして不届きな行いをした場合、増加します。
100に到達すると危険なルーレットが弾かれます。
コンマ(0~25)野心二倍
コンマ(26~50)勧誘並列時に他の勧誘アイドルの好感度-80
コンマ(51~75)野心-100
コンマ(76~00)ライダー召喚

【特殊ルール10】「逃亡」
通常怪人にのみ適応され、ライダー遭遇時に45%の確率で逃亡ができる様になります。
(ライダーと交戦し、逃げた実績のある怪人のみに適応:勝負は預けたなどの台詞で判別)
平たく言えば、メ・ガドラ・ダ(特に見せ場もなく散った怪人)などには適応されません。
*発動時に現時点での好感度の三分の一が消滅し、野心が上昇。
(ただし、ゾロ目が来た場合は例外なく死にます、実質41%)

【特殊ルール11】「白菊ほたる」(不幸補正)
彼女が常駐するプロダクションのゾロ目範囲が±1、されます。(疑心にも適応)
内訳はゾロ目9%⇒26%、疑心7%⇒23%。不幸によって、圧倒的難易度が後押しされます。
疑心内訳:24~31、51~58、79~86

*ただし、鬼難易度346の場合:真の地獄となります。
【鬼難易度(5の倍数)+不幸補正(ゾロ目範囲±1、勿論5の倍数にも適応)】
4、5、6(3)
9、10、11、12、14、15、16(7)
19、20、21、22、23、24、25、26(8)
29、30、31、32、33、34、35、36(8)
39、40、41 43、44、45、46(7)
49、50、51 54、55、56(6)
59、60、61 64、65、66、67(7)
69、70、71 74、75、76、77、78(8)
79、80、81 84、85、86、87、88(8)
89、90、91 94、95、96 98、99(8)

3+6+(7×3)+(8×5)=70%(00は安全帯なので割愛)

【特殊ルール12】「オーバーロード」
命を代価に不死になる能力。(オーバーロード、ロード怪人(復活済み)、エルロード限定)
ゾロ目判定時に残機を1使用し、3ターン無敵化し、自分と味方を完全に護ります。
その反面、生命力を削るため野心が発動ターンと以後2ターンの間(コンマ×0.8)ずつ減少します

【特殊ルール13】「ミラーワールド」(MW編完了の為、形骸化)
ミラーワールド内でのTurnゾロ目は残機貫通となります。
(安価は敗北してもリカバリーは可能)
入れる適正持ちは、下記の通り

1.オルタナティブデッキ(個数×12):残機がない怪人限定に支給されます。
2.ライダーデッキ:蘭子勧誘時に支給されます。
3.鏡に入れる怪人(カガミトカゲ、武陣、闇のバーニングフォーム、3神官、フィフティーン、アマダム、白い魔法使い、etc.)

【特殊ルール14】「引き抜き」
作戦が100を超えたので、一部作戦後に引き抜きが行われるケースがあります。
*事項は幾つかあります。(実質上通常怪人のみ)
1.幹部がPのアイドルにはプロテクトが掛かる(引き抜き無効)
(グループをコンプリートしていないアイドルは例外)
2.PかSRプロ人員への愛着度が振り切れている場合はNG(伊吹、珠美、仁美、智香、聖、裕美、里美、クラリス、アーニャ、等)
3.1はグループのアイドルが未勧誘、変態行動、その他で揺れ動くアイドルもいます(頼子、飛鳥)
4.ただし、459勧誘のみ一律75%(SRプロ、346プロ外の弱っているアイドルを狙いにきます)(346アイドルがいたら、無力化)
5.短編の応用で残留率を向上させる事も可能
6.シドの様に返り討ちにされる展開もあり

【基本計算式】(勧誘時の+@で上下します)
基本残留率10%+在籍期間(在籍Episode数)=SRプロ残留確率
(現状:茄子さんから有香までは完全プロテクト、話数を進めるごとにより盤石に)
・実質入ったばかりの面々を狙う特殊ルール(勧誘したラスボスを野に放つ事も可)

仮に移籍した場合も3 Turnで勧誘可能(トレーナーと同様の電撃作戦)
初期150/300の好感度は確保可(他の作戦のついでに再勧誘可)(2回の失敗で消滅、2回目は100/300スタート)

【特殊ルール15】「346プロ鬼難易度」
モバPの死を受け、深い悲しみと憎悪に満ちた千川ちひろの手で346プロの難易度は暴走します。
以下の物がアイドルに適応
1.5の倍数のコンマをTurn時に踏む事でもゾロ目と同じ効果が発動(好感度倍率、疑心にも適応)
2.好感度上昇時に自動で1/3がカットされる
3.346プロにいた場合、Turn 6が確定で50-50のライダー遭遇安価に
4.常にちひろの疑心が上昇(好感度が1でもある状態時)
5.ちひろに発見された場合、ライダーを呼ばれ、アイドルの好感度-100(連戦も普通にあり得ます)

【特殊ルール16】「快傑ズバット」
一言でいうと厄介な復讐者です(残機貫通)、「二人の地平線」が流れた場合、怪人は死にます。
1.一回誰かを殺った後は3 Episodeの間はダッカーを追い、本筋からは消えます
2.水野翠勧誘時には確実に出現(1の範囲外)
3. 一部条件達成で消滅
4.一握りの怪人には撃破ルートが存在【例:スカル魔スター】機能停止ビームでズバットスーツそのものを止めてしまう、等
5.逆に撃破ルートが存在しない場合は、問答無用で虐殺されます。

全エピソード

【Episode 1】 Shocker Production ○
【Episode 2】 Stealth Operation ○
【Episode 3】 ☆☆★×Lock Magician ○
【Episode 4】 Melancholy Christmas ×
【Episode 5】 Voiceless Passion ×
【Episode 6】 Delusion Swan ○
【Episode 7】 Lightning Starfish ×
【Episode 8】 Chrono Harmonics ○
【Episode 9】 Triple Encounter ○
【Episode 10】 Unknown Crab ○
【Episode 11】 Relics of Pacifism ○
【Episode 12】 Meticulous Plight ○(大幅な犠牲)
【Episode 13】 Depiction of anguish ×
【Episode 14】 Optimistic Rhythm ○
【Episode 15】 Chaotic Tornado ×Midnight Rendezvous ○(犠牲1)
【Episode 16】 Draconian Measurements ○(犠牲1)
【Episode 17】 Prehistoric Weather ○
【Episode 18】 Mechanical Hypothesis ×
【Episode 19】 Swordsmanship × Trilobite ○
【Episode 20】 Autumn Sky ○
【Episode 21】 Dangerous Recreation ○(犠牲者2)
【Episode 22】 Vicious Insanity ○(戦闘特化:犠牲者1)
【Episode 23】 Usa/Hasamin ×
【Episode 24】 Rock Dumbass ×
【Episode 25】 Marionette Rhapsody ○
【Episode 26】 Gambling Universe ○
【Episode 27】 Pampering Rose ×(ガランダー半壊)
【Episode 28】 Psychic Venture ×
【Episode 29】 Rumbling Toadstool ○
【Episode 30】 Unbreakable Dignity ○
【Episode 31】 Heroic Bestiary ○
【Episode 32】 Moonlit Smile ×
【Episode 33】 Alice in Wonderland ×
【Episode 34】 Alice × Sarcastic Boss ○
【Episode 35】 Vacation × Turning Point ○
【Episode 36】 Viral Jealousy × Rescue Mission ○(ダディ参入)
【Episode 37】 Ambivalent Desire ○(ニュージェネ再結成)、(トライアド編開始)
【Episode 38】 Silent Rebellion ○
【Episode 39】 Innocent Eyes ○ (ドラス加入)
【Episode 40】 Hornet×Geist ○(復讐者:斎藤洋子、フォッグの攻勢開始)
【Episode 41】 Iron Discipline × (恐怖の魔神提督編 前編)
【Episode 42】 Caliginous Road × (恐怖の魔神提督編 中編)
【Episode 43】 Insect Panic × (恐怖の魔神提督編 後編)
【Episode 44】 Squid & Beer ○(風のエル撃破)
【Episode 45】 Rainy Days ×(459プロ行動開始)
【Episode 46】 Jeopardous Frontier ○
【Episode 47】 Artificial Prominence ○(カオスな展開、失踪者2名復帰)
【Episode 48】 Glorious Masquerade ○
【Episode 49】 Wavering Clover ×
【Episode 50】 Dual Tactics ○
【Episode 51】 Frozen Banana ○ (バナナトラップ期限:Episode 61まで)
【Episode 52】 Invincible Kaiser ×
【Episode 53】 Probability Variation ○ (フラグ大量解放)
【Episode 54】 Tortoise Story × (孫を狙われた2号の猛攻)
【Episode 55】 Divine Confession ○
【Episode 56】 Traumatic Aurora ×
【Episode 57】 Double Pharaoh ○ (バナナトラップ発動)
【Episode 58】 Splendid Isolation ○
【Episode 59】 Xmas Disorder ○(G4との全面抗争)
【Episode 60】 Greed × Integrity ○ (鴻上ファウンデーションとの提携完了、魔神提督失踪)
【Episode 61】 Authentic Hero ○(悪夢の使者:ズノー陣登場、小早川紗枝459プロへ、ニードル復活)
【Episode 62】Cybernetic Prodigy ×
【Episode 63】Magical Doughnut ○
【Episode 64】Cosmic Exodus ×(なでしこ、ポセイドン解禁)
【Episode 65】Phoenix Complex ○
【Episode 66】Idol in Magic Land ○(長編、新田姉弟の仲以外は大団円)
【Episode 67】Demonic Expedition ○(鬼のドラマ、オロチ撃破)
【Episode 68】Delightful World ○(失踪者多数のカオス回)
【Episode 69】Rumbling Junction ○
【Episode 70】Kangaroo Frenzy ×

【Episode 71】Eccentric Hypnosis ×
【Episode 72】Scouting Procedure 1 ○(十時軍結成)
【Episode 73】Catastrophic Obsession ○
【Episode 74】Stylish Voyager ○
【Episode 75】Ghastly Avalanche ○(諸々の幽霊伝説の誕生、ゾルーク捕縛)
【Episode 76】Forest Invasion ○(YSZ Corporation発足、始動開始)(カイザギア強奪)
【Episode 77】Scouting Procedure 2 ○(G4・RXによる襲撃)
【Episode 78】Vanishing Ninja ○
【Episode 79】Kebab Competition ○
【Episode 80】Gateway to Hell ×(459プロの脅威)
【Episode 81】White Fang ○(北海道での虐殺劇)
【Episode 82】Ironic Trilogy ○(3名の怪人により、BOARD Production一時崩壊)
【Episode 83】Over-fond General ○(荒木シャドウ、散る)
【Episode 84】Eternal Triangle ○ (ジェットマン:ガテゾーンの暴走、愛を見つけたルパン、アポロ散る)
【Episode 85】Malicious Tactician ×(ロードバロンフラグ、Episode 92より実行可能)
【Episode 86】Unpredictable Salvation ○(凰蓮、SRプロ加入)(アポロ復活作戦開始)
【Episode 87】Silver Determination ○(パーフェクター編1)
【Episode 88】Last Endeavor ×(パーフェクター編2)
【Episode 89】Priestess × Grim Reaper ×(パーフェクター編3)
【Episode 90】Nostalgic Delicacy × (新生346始動)
【Episode 91】Impregnable Overlord ○(オーバーロード v.s. エルロード)
【Episode 92】Eternal Affection×(桐生つかさ、MWへ)
【Episode 93】Hollow Disillusion (MW編開始)
【Episode 94】Sorrowful Destiny ○(スカイライダー逝く)(MW編②)
【Episode 95】Shattered Mirror ○(オーディンとの激戦、MW完全閉鎖)(MW編③)
【Episode 96】Zombie Stone ○(6回死んだ岩、寧ろ成功しなかった事に違和感)
【Episode 97】Shogun's Eleven○(3つの世界での虐殺劇)
【Episode 98】Into the Abyss ○(モバP暴走、早川健行動開始)
【Episode 99】Aquatic Weekend ○(地獄の独裁者、報われる)
【Episode 100】Paradoxical Hemisphere ○(上様、最後の活躍)
【Episode 101】Inevitable Finale ○(ジェットマン、完結)
【Episode 102】Paranoid Spider ○(後にYSZにおいて多大な犠牲を生む事になるグィン事変)
【Episode 103】Pride & Sovereignty ×(奪われたあずきの再勧誘に向かい、散って行く者達)
【Episode 104】Cruising Aviator ×(ライノセラスファンガイア撃破)
【Episode 105】Black Meister ○(美城常務の胃袋を掴む事に成功)
【Episode 106】Somber Condolences ○(あずき勧誘の陰でまたもや人員が願いを託して、逝く)
【Episode 107】Scorpio Bride ○(平和回、霞のガテゾーン誕生)
【Episode 108】Orbital Mission ○(宇宙鉄人編:前編)
【Episode 109】Pendulum of Fate ○(宇宙鉄人編:後編)(サンドリヨン完成)
【Episode 110】Glasses×Sunglasses ○
【Episode 111】Seven Wonders×Haunted School ○(智絵里、RXによる虐殺)
【Episode 112】Code of Chivalry ○(西園寺琴歌、救出作戦)
【Episode 113】Judgment Time ○(ジェネラルシャドウ、346プロにて眠る)
【Episode 114】Ulterior Ambition ○(笛木奏の野望、サバト阻止)
【Episode 115】Diabolic Spider ○(緒方智絵里救出、スパイダーアンデッドへの制裁)
【Episode 116】Masked Pity ×(佐久間まゆの恐怖)
【Episode 117】Reputation Restoration ○
【Episode 118】Unpreventable Misfortune ×(モバP、逝く)
【Episode 119】King V.S. King ×
【Episode 120】Offense & Defense ○
【Episode 121】Charismatic Darkness × (城ヶ崎美嘉、フラグ開始)
【Episode 122】Suburban Buffalo ○
【Episode 123】Lolita Viking ○ (大石泉、SRプロへ帰還)
【Episode 124】Omnidirectional Sorcery ×(大叔母様、小旅行へ)
【Episode 125】Righteous Indignation ○(依田芳乃の加護V.S.ラ・モール)
【Episode 126】Ingenious Deception ○(ハロウィンイベント、なおジンクスは続行)
【Episode 127】Ambiguous Director ○ 
【Episode 128】Infiltrating Witch ×(内通者:八神マキノがYSZに囚われる)
【Episode 129】Rockin' Machinegun ×(「夢」を弄ぶ者に対する木場の怒り)
【Episode 130】Loss & Sympathy ○(大切な者を失った者同士の共感)
【Episode 131】Mantis and the Moon ×(マリバロン殉職、ズバットの脅威開幕)
【Episode 132】Mysterious Link ○(ミステリードラマ+アンノウン)
【Episode 133】Birthday Reunion ○(蘭子を奪われた天王路部隊の執念、蜘蛛の巣ジャングル設置)
【Episode 134】Unbreachable Bastion ○(八神マキノ救出作戦、「黒の搭」誕生)
【Episode 135】Combat × Disaster ○
【Episode 136】Flash Fire Dynamics ○
【Episode 137】Resuscitation × Shark Attack ○(ズバットによる大量虐殺、血狂魔党も壊滅)
【Episode 138】Resurrection Festival ○ (悪魔祭り開幕)
【Episode 139】La Vie En Rose ○ (「ムラクモ」関連の地盤固め)
【Episode 140】Vengeance & Dignity × (ウツボン、TKR散る)
【Episode 141】Midnight Chase Status:Ongoing

SR Production
担当怪人
鷹富士茄子 スネークオルフェノク
南条光 ドロリンゴ
本田未央 キーマンジョー
喜多日菜子 キッグナス
梅木音葉 クラーケンイマジン
及川雫 仮面ライダー3号
龍崎薫 カニ奇械人
高峯のあ チェイス
安斎都 タランチュラアンデッド
イブ・サンタクロース アリカポネ
水本ゆかり ハートロイミュード
諸星きらり デッドライオン
双葉杏 ジェットコンドル
姫川友紀 三段腹イマジン
依田芳乃 タカロイド(ベガ)
若林智香 ハエトリバチ
黒川千秋 ウェザードーパント
小松伊吹 ペルセウスゾディアーツ
古賀小春 原始タイガー
脇山珠美 ザンブロンゾ
丹羽仁美 武神鎧武
槙原志保 タカロイド(無双)
高垣楓 カブトロング
輿水幸子 ジェットコンドル
東郷あい ドクロ少佐
岡崎泰葉 オニビビンバ
小日向美穂 銀河王
星輝子 トードスツールオルフェノク
村上巴 タイガーオルフェノク
柳清良 バルンボルン
藤原肇 ショッカーグリード
今井加奈 ネガタロス
橘ありす ヴァルゴゾディアーツ
桃井あずき ゾル大佐
島村卯月 メディックロイミュード
五十嵐響子 ブレンロイミュード
渋谷凛 クロコダイルオルフェノク
松永涼 剣聖ビルゲニア
望月聖 ハエ男
野々村そら イタミガイスト
斎藤洋子 ハチ獣人
片桐早苗 イカデビル(大ショッカー)
ヘレン モグラ獣人
相原雪乃 クロイゼル
榊原里美 相原教授・ガイナギスカン
冴島清美 海東純一
一之瀬志希 バイラスドーパント
相葉夕美 シャドームーン
大和亜季 ムササベーダー兄弟
ナターリア ビャッ鬼
小室千奈美 イーグルアンデッド
関裕美 ウニデーモン
クラリス ハサミジャガー
上田鈴帆 エジプタス
ケイト ケットシー
白坂小梅 ショッカーライダーno.1
堀裕子 ハサミムシ怪人
棟方愛海 黄金ジャガー
浅野風香 ギメラゴメラ
仙崎恵麻 キャマラスワーム
前川みく ジャーク将軍
大槻唯 ウルトラマンタロス
三船美優 黒松教授、トライセラトップスドーパント
椎名法子 ナメクジキノコ
日下部若葉 フェニックス
村松さくら 一つ目タイタン
横山千佳 アクマイザー3
早坂美玲 ソーンファンガイア
アナスタシア ユニコーンゾディアーツ
向井拓海 アギト(フォッグ)

SRプロ続き
塩見周子 ゴルドラ
杉坂海 伝説のイマジン、野原親子
安部菜々 仮面ライダーなでしこ
原田美世 ディー博士(ショッカーブルブル)
十時愛梨 フィロキセラワーム
鷺沢文香 ナスカドーパント
相馬夏美 マシンガン眼魔
大石泉 仮面ライダー歌舞鬼
大沼くるみ ヘラクレスゾディアーツ
松本沙理奈 クサリガマテントウ
池袋晶葉 ダミードーパント
羽田リサ G電王
浜口あやめ カメレキング
真鍋いつき インセクト眼魔
吉岡沙紀 ゼロ大帝
柳瀬美由紀 コゴエンスキー
中野有香 ロイミュード006
荒木比奈 バラロイド(ロッサ)
小早川紗枝 ダスマダー大佐
藤居朋 ソードフィッシュオルフェノク
古澤頼子 仮面ライダールパン
宮本フレデリカ 鳴滝
有浦柑奈 偽スーパー1
海老原菜帆 デュデュオンシュ
篠原礼 ロシュオ
川島瑞樹 サソランジン
神崎蘭子 天王路、隊長ブランク
城ヶ崎莉嘉 ビートルファイガイア
道明寺歌鈴 ボスガン
火野茜 アンク
二宮飛鳥 奇械人アルマジロン
浅利七海 ヒトデヒットラー
ライラ シオマネキング
涼宮星花 再生アポロガイスト
太田優 クモロイド
首藤葵 キュレックスワーム
岸部綾華 ガイナカマキル
矢口美羽 ピスケスゾディアーツ
速水奏 キャンサーゾディアーツ
上条春菜 グラサンキッド
結城晴 吸血カメレオン
西園寺琴歌 甲冑眼魔
遊佐こずえ パールシェルファンガイア(真夜)
西川保奈美 ン・ダグバ・ゼバ
新田美波 ユニコーンゾディアーツ
緒方智絵里 魔神提督
氏家むつみ カブト虫ルパン
大西由里子 ダブルロイド
奥山沙織 メガール将軍
市原仁奈 トカゲバイキング
工藤忍 鎧武者怪人(ノブナガ)
的場梨沙 クジラ怪人
栗原ネネ ブラッドサッカーイマジン
並木芽衣子 トリプロン3号
瀬名詩織 仮面ライダーシン
八神マキノ 妖怪王女
桐野アヤ ブラック将軍(GP)
楊菲菲 クラゲロン
キャシー・グラハム ダークキバ
成宮由愛 幽霊博士
櫻井桃華 ベルゼバブ

346プロダクション

小関麗奈
森久保乃々
土屋亜子
北条加蓮
神谷奈緒
三村かな子
愛野渚
長富蓮実
白菊ほたる

X Production

財前時子
和久井留美
服部瞳子
佐城雪美
水城聖來
高森藍子
井村雪菜
江上椿
沢田麻理菜
西島櫂

YSZ Corporation

喜多見柚
綾瀬穂乃香
桐生つかさ
柊志乃
乙倉悠貴
伊集院惠
高橋礼子
木村夏樹
佐々木千枝
月宮雅
浜川愛結奈
兵藤レナ
松原沙耶
城ヶ崎美嘉(「黒の搭」にて暴走中)

BOARD Production

佐久間まゆ
赤城みりあ
大原みちる
持田亜里沙
相川千夏
難波笑美
藤本里奈
松山久美子

459プロ

多田李衣菜
佐藤心
三好紗南
メアリー・コクラン

殉職者一覧 殉職したEpisode (殺害者/死因)

1 ハンミョウ獣人 【Episode 28】 (G3-X/GX-05 ケルベロス) 備考:ユッコのトラウマスイッチ
2 ガルマジロン 【Episode 37】 (G3-X/GX-05 ケルベロス GXランチャー)
3 サソリジェロニモJr. 【Episode 42】 逃亡:バイオライダー/スパークカッター ⇒ (X/Xキック) 
4 風のエル 【Episode 44】 G3-X/GX-05ケルベロス⇒ドライブ(タイプトライドロン)/ライダーキック⇒(クウガ/ライジングカラミティタイタン)
5 カメストーン 【Episode 56】 レンゲル撃破 ⇒ (G4/多目的巡航ミサイル「ギガント」) 備考:的場梨沙のトラウマスイッチ)
6 クワガタ奇械人 【Episode 62】 結城丈二から逃亡 ⇒ (ライダーマン/パワーアーム)
7ハイドロゾアロード【Episode 67】 京都遠征でアギトを襲撃⇒アギト&シルバラに返り討ちにされる
8 シャドームーン(大ショッカー)【Episode 71】RX/RXキック⇒スパークカッター⇒ZX/ZXイナズマキック⇒(RX/リボルクラッシュ)
9 リザードマン【Episode 73】 Xから逃亡⇒財前時子に罵倒され、反逆:(アポロガイストにより粛正)(反逆者、その3)
10 ガンマンロイミュード 【Episode 74】 アメリカにてスカルと遭遇⇒(スカル/スカルパニッシャー)
11 ミミズ男 【Episode 75】 (コーカサス/ライダーキック)(備考:デッドライオン、百瀬、クサリガマテントウを残し、逝く)(コーカサス犠牲者1号)
12 エレギトロン 【Episode 76】 (シグルド/ソニックボレー)(備考:ユグドラシルによる犠牲者1号)
13 ネガ音也 【Episode 80】 キックホッパーと戦闘⇒パンチホッパーと戦闘⇒(ライジングイクサ/イクサ・ジャッジメント)(初の459犠牲者)
14 吸血マンモス【Episode 81】 ファングジョーカーと交戦⇒ファングジョーカー(ファングストライザー)⇒(スーパー1/スーパーライダー反転3段キック)
15 死神カメレオン【Episode 81】魔神提督の為を願い、反逆(表向きは魔神提督による粛清)(反逆者、その4)
16 プラネット眼魔【Episode 82】 レンゲルと交戦⇒反逆(ボスガンにより粛清)(反逆者、その5)
17 ジェネラルシャドウ(荒木)【Episode 83】 (X/Xキック)備考:比奈の目の前で爆死
18 ムー【Episode 84】 備考:3魔神(フレイの舎弟)
19 ゴーグ【Episode 84】 備考:3魔神(フレイの舎弟)
20 ラモン【Episode 84 】 備考:3魔神
21 刀眼魔 【Episode 86】 (ライジングイクサ/ファイナルライジングブラスト)
22 スカル魔A・B 【Episode 89】(カリス/スピニングダンス)(キルレ的には2カウント、復活は一緒)
23 マンティスロード【Episode 91】(備考:グリンシャを追い込むが、オーバーロード発動にて圧倒され、アアシュイムで一刀両断される)
24 氷のエル【Episode 91】(備考:鋼鉄参謀を絶体絶命の危機に追い込むが、ゴースター、スノーマンの参戦で形勢逆転、撃破される)
25 オルカロード【Episode 91】(備考:脳筋対決中⇒(クウガ、ライジングブラストペガサス))
26 水のエル(復活した場合、即敵対枠)【Episode 91】(アサルトキック、AMキックを喰らい、ロシュオに叩き切られる)
27 香川英行 【Episode 95】 備考:オルタナティブ部隊の橋渡しをしたのち、ハイドラグーンの攻撃を受け、消滅(MW)
28 ゴ・ジイノ・ダ【Episode 95】(オーディン/ゴルトセイバー)備考:オーディン犠牲者①
29 ピラザウルス1号【Episode 95】(オーディン/ゴルトセイバー)備考:オーディン犠牲者②
30 カマキリガン/ミラーマン【Episode 95】(オーディン/ゴルトセイバー)備考:オーディン犠牲者③

31 ヒカラビーノ【Episode 95】(オーディン/ゴルトセイバー)備考:オーディン犠牲者⑤
32 ロイミュード100【Episode 95】(オーディン/ゴルトセイバー)備考:オーディン犠牲者⑦
33 岩魔【Episode 96】 デルタ⇒粛清⇒スーパー1⇒カリス⇒ビースト⇒(ボスガン/粛清)(備考:ほぼ無敵なのに、コンマ神に愛されなかった悲劇の怪人)
34 火焔ウォッチ【Episode 97】(デューク/ソニックボレー)(備考:工藤忍のトラウマスイッチ、その①)
35 ユリシーズ【Episode 97】(斬月・真/メロンエナジースカッシュ)(備考:工藤忍のトラウマスイッチ、その②)
36 ガラ【Episode 98】11名にリンチされ⇒斬月・真(無刃キック)(復活した場合は敵対枠)
37 シードラゴンズ【Episode 99】Ⅰ世:電王/デンライダーキック、Ⅱ世:ZX/衝撃集中爆弾、Ⅲ世:ZO/ZOパンチ
38 クラブロード【Episode 100】 備考:蟹連合と出会うが、諸々の経緯で自殺
39 ジゴクロイド 【Episode 103】 カイザ撃退⇒オーガ/オーガストラッシュ 備考:天王路特訓組の一人、その死は千秋の心を閉ざしてしまう
40 レデュエ 【Episode 103】 (コーカサス/ライダーキック×3)備考:オーバーロードで善戦するも、君が死ぬまで蹴るのを止めないで死亡
41 クモナポレオン 【Episode 106】(戦闘特化)ガタックを殺害⇒黒影・黄泉に撃破される
42 ゼネラルモンスター【Episode 106】備考:怒りに燃えるスーパー1に捕捉され、あずきをSRプロに戻す代わりに命を落とす
43 グランダイン【Episode 109】 備考:宇宙適正の高い特殊部隊により、圧倒され死亡(敵対枠)
44 スカイダイン【Episode 109】 (サンドリヨン/ソードビッカー⇒縮退砲)備考:ベロニカ・ツヴァイと共に宇宙の藻屑に
45 カガミトカゲ【Episode 111】(レンゲル/ブリザードゲイル)備考:智絵里レンゲルの初の犠牲者
46 サボテグロン【Episode 111】(レンゲル/ブリザードクラッシュ)備考:智絵里レンゲル犠牲者その②
47 デスガロン【Episode 111】(バイオライダー/スパークカッター)備考:激昂したRX犠牲者その①
48 キューブリカン【Episode 111】バイオライダー/スパークカッター⇒(RX/リボルクラッシュ)備考:激昂したRX犠牲者その②
49 ズ・グムン・バ【Episode 114】血狂魔に協力⇒雷のエルに一撃の下で始末される
50 ビーロード(アピス・ウェスパ)【Episode 114】(アクマイザー3/魔法陣アタックドリルミサイル)
51 ビーロード(アピス・メリトゥス)【Episode 114】(アーニャ&ユニコーンゾディアーツ:サンダースクライド⇒ホーリーユニコーン)
52 オウルロード【Episode 114】V3/ビッグスカイパンチ&キック⇒(一号/ライダー月面キック)
53 ジャッカルロード(スケロス・ファルクス)【Episode 114】(RX/リボルクラッシュ)(瞬殺)
54 ジャッカルロード(スケロス・グラウクス)【Episode 114】(シャドームーン/サタンサーベル)(瞬殺)
55 雷のエル【Episode 114】混戦で奮戦⇒(白い魔法使い/ハーメルケイン)
56 ワイズマン/白い魔法使い【Episode 114】京都でサバトの為に暗躍⇒計画を潰され、最後は自らが見出したウィザードの手で倒される
57 ドクダリアン【Episode 115】智絵里救出作戦の渦中、討たれる(レンゲル/ブリザードクラッシュ)備考:智絵里レンゲル犠牲者その③
58 カメバズーカ(戦闘特化)【Episode 118】モバP、影山を討ち取り、名誉の戦死
59 スコーピオンロード【Episode 118】カメバズーカの奮闘の陰で撃破される(アナザーアギト/アサルトキック)
60 モバP【Episode 118】備考:復活した際の恩恵から、便宜上このリスト入り(復活はコンマ神頼み、恩恵は大)

61 カマキロイド【Episode 120】 (ストロンガー/エレクトロウォーターフォール)
62 グランザイラス(戦闘特化)【Episode 121】 (同時攻撃:オーガストラッシュ+リボルクラッシュ)備考:木場により、爆発も押さえこまれ、殉職
63 蜘蛛男【Episode 121】(グレイブ/グラビティスラッシュ)備考:泉のトラウマを加速させるが志を引き継いだスパイダーによりある意味再勧誘を成功させる
64 魔女参謀【Episode 128】YSZで暴れ回るが、黒影・黄泉に討ち取られる
65 マシンガンスネーク【Episode 129】無計画に突っ走り、(コーカサス/ライダーキック) 備考:コーカサス犠牲者③
66 オウルオルフェノク 【Episode129】木村夏樹を狙うも、激昂したオーガに撃ち取られる(オーガストラッシュ)
67 怪魔ロボットシュバリアン【Episode 130】(ハイパーカブト/マキシマムハイパーサイクロン)⇒虐殺される怪魔ロボットの叫びを聞き、復活⇒また死亡
68 トリプロン1号、2号【Episode 130】トリプロン3号の勧誘成功の為に散る
69 マンティスイマジン【Episode 131】襲撃のされ過ぎで反逆⇒(アルビノレオイマジン/火球)(粛清)
70 マリバロン【Episode 131】BOARDに向かうが赤い復讐者の手で討ち取られる(ズバット犠牲者、その①)
71 スティングレイロード(ポタモトリゴン・ククルス)【Episode 132】(G3-X/GX-05 ケルベロス)
72 スティングレイロード(ポタモトリゴン・カッシス)【Episode 132】(G3-X/GX-05 ケルベロス)
73 クモロイド【Episode 133】(G3-X/GX-05 ケルベロス)
74 トライアルE(亜種)【Episode 134】(コーカサス/ライダーキック)備考:コーカサス犠牲者④
75 バットオルフェノク【Episode 134】八神マキノの救出に尽力し、草加を退場させる⇒(コーカサス/ライダーキック)備考:コーカサス犠牲者⑤、ミッチのトラウマ
76 コブラ怪人【Episode 135】バラオムに呼ばれ、「黒の搭」へ⇒(プロトタイプクウガ(アルティメット)/衝撃波)
77 ガニコウモル(戦闘特化)【Episode 136】執念でネガのⅡ世を破壊し、死亡
78 ソラリス【Episode 137】 ジャーザの銛で串刺しにされ、死亡
79 ゴ・ジャーザ・ギ【Episode 137】(快傑ズバット/ズバットアタック)(ズバット犠牲者、その②)
80 スフィンクス【Episode 137】血狂魔党に離反⇒(快傑ズバット/ズバットアタック)(ズバット犠牲者、その③)
81 ヒトツミ【Episode 137】8人の戦鬼+しん王に攻撃され、ゴルドラに討ち取られる⇒復活⇒焼却処分(ドラゴンブレス)⇒またまた復活⇒再び焼却処分
82 マンティスファンガイア【Episode 137】登太牙に願いを託し、犠牲に⇒(快傑ズバット/ズバットアタック)(ズバット犠牲者、その④)
83 ゼイビアックス将軍 【Episode 139】(快傑ズバット/ズバットアタック)(ズバット犠牲者、その⑤)
84 ウツボカズラ怪人 【Episode 140】(ブラックと交戦)⇒(G4-X/GX-08「ヒュドラ」)(備考:光太郎を庇って、戦死)
85 TKR 【Episode 140】怪魔界に進行、ナックルに殴り殺される
86ゲンゴロウ獣人 【Episode 27】 (サソード/ライダースラッシュ) ⇒ 反逆:村上社長により粛正⇒復活するもブランクに粛正

特殊殉職者(復活には特殊な手順が必須)

1 ロストアンク 【Episode 49】 (レンゲル/ブリザードクラッシュ) 備考:アンク本体に吸収される
2 カプリコーンアンデッド 【Episode 53】 (ブレイド/ライトニングソニック) 備考:ブレイドの不完全キングフォームのフラグを立ててしまう
3 ギラファアンデッド(戦闘特化)【Episode 82】 執念で桐生豪を退場させるが、相打ちになる
4 ネオショッカーグリード【Episode 94】 (スーパー1/スーパーライダー天空連続キック)
5 コーカサスビートルアンデッド(戦闘特化)【Episode 119】矢車想を討ち取り、その後、封印される 備考:特殊復活枠

復活者一覧

1 ヘビ獣人 【Episode 2】(スーパー1/スーパーライダー日輪キック) 備考:ドロリンゴを庇い名誉の戦死、最初の殉職者 ⇒ 復活
2 ボルトロイミュード 【Episode 4】 (G3-X/ GX-05 ケルベロス)⇒ 反逆:ジャーク将軍により粛清 (初の反逆者) ⇒ 復活(346へ)
3 ヤマアラシロイド(ニードル) 【Episode 5】 (V3/V3きりもみキック)備考:未だに智香の中に強く残る怪人 ⇒ 復活
4 ヒトデヒットラー 【Episode 7】 (X/Xキック) 備考:X Production 近くに爆弾設置(ルート3) ⇒ 超銀河王を爆殺 ⇒ 復活
5 ドクガロイド【Episode 13】(クウガ/ライジングブラストペガサス)備考:「真青の空人」(未完)の読者⇒復活
6 タマムシ怪人 【Episode 43】 逃亡失敗:アイドル達の助けで電王と意気投合 ⇒ (スーパー1/スーパーライダー閃光キック)⇒復活
7 プロペラカブト 【Episode 45】 (カリス/スピニングダンス) 備考:城ヶ崎莉嘉のトラウマスイッチ、その2⇒復活
8 トータスロード(金)【Episode 66】 撮影に乱入 ⇒ アーニャ(アマダム)のブラストで倒される(備考:アイドルに倒された?初の怪人)⇒復活
9 ブラックナイト【Episode 109】備考:インガ・ブリンクらを逃がし、殉職⇒復活
10 パラドックスロイミュード 【Episode 59】 G撃破 ⇒ (カイザ/カイザスラッシュ)⇒ ヴィンテージワインの名残と共に復活
11 実験用狼男【Episode 15)(X/Xキック) 備考:ある意味、暗黒大将軍と杏の出会いを演出したキーパーソン⇒何気に復活、活躍中
12 ギョストマ【Episode 12】 (J/ジャンボ・ライダーキック) 備考:ギョストマ幻魔光線によりJのIQを低下させる⇒瀬川と共に復活
13 ズ・ゴオマ・グ 【Episode 47】 (スカイライダー/スカイ大反転キック⇒風神地獄落とし) 備考:失踪者2名の復帰に尽力⇒復活(敵対枠)
14 岩石男爵 【Episode 24】 電王撃退⇒(RX/ゼロ距離ハードショット⇒リボルクラッシュ)備考:デルザー軍団随一のアホ⇒復活するが・・・(最弱枠)
15 ハサミンブラッド 【Episode 23】 (サイガ/スカイインパクト)備考:ハサミン、初のTurn 1死⇒待望の復活
16 ギロチンザウルス 【Episode 21】 (カリス/スピニングダンス)備考:城ヶ崎莉嘉のトラウマスイッチ、その1⇒漸く復活
17 サイクロン・ドーパント 【Episode 21】(カイザ/グランインパクト) (初の幹部殉職者、なお勧誘は暗黒大将軍が成功させる)⇒復活
18 コマンダードーパント【Episode 126.8】 特訓殉職者 ⇒ デスイマジンらの活躍で生存
19 狼長官 【Episode 126.8】特訓殉職者 ⇒ デスイマジンらの手で生存
20 シルバラ【Episode 67】過去でカブキに負ける⇒(歌舞鬼/音撃 業火絢爛+ヒトツミの槍)備考:オロチ撃破の橋渡しをする
21 ホースファンガイア【Episode 95】(オーディン/ゴルトフェニックス、ゴルトセイバー)備考:オーディン犠牲者⑥⇒復活
22 ダークキバ【Episode 114】メイジ(青)(美波)と交戦⇒白い魔法使いに討たれる⇒復活
23 奇械人ガンガル【Episode 70】(カリス/スピニングダンス)備考:久々のTurn 1死⇒復活、血狂魔へ⇒焼却処分⇒復活
24 イワガメ怪人 【Episode 54) (2号/ライダーチョップ、ライダーパンチ⇒大車輪投げ⇒ライダー卍キック)⇒復活
25メタル・ドーパント【Episode 98】ZOと交戦⇒(ZX/ZXイナズマキック)⇒復活
26 レギオン(戦闘特化) 【Episode 22】 エクシードギルスと相打ち ⇒復活
27 オクトパスロード【Episode 67】 京都遠征でアギトを襲撃⇒(V3/V3フル回転キック)⇒(メイジ/ホーリー)⇒復活
28仮面ライダーエターナル【Episode 92】 ザビー戦闘不能後 ⇒ (デューク/ソニックボレー)⇒ローブ無しで復活
29 ハチ女(ズー) 【Episode 40】 (スカイライダー/スカイ大旋回キック)⇒復活、斎藤洋子と感動の再会、「明鏡止水」獲得
30 エイドクガー 【Episode 72】電王(ガンフォーム)/ワイルドショット⇒復活、グラビティ装置獲得
31 コマサンダー【Episode 87】(スーパー1/スーパーライダー月面キック)⇒復活するも実験失敗で地下強制労働施設へ
32超銀河王 【Episode 64】 2号撃退 ⇒ ヒトデヒットラーの忘れ形見により爆殺 ⇒ 復活、クモナポレムンに(+エアロスミス)
33 マネー・ドーパント【Episode 95】(オーディン/ゴルトセイバー)備考:オーディン犠牲者④ ⇒復活、流星ミサイルマイト獲得

悪魔祭りの素材(完全に復活の望みを絶たれた者達)
1.ゴキブリ男 【Episode 26】 (キバ(エンペラー)/ドッガフィーバー)⇒血狂魔へ⇒メイジ(緑)に処分 ⇒悪魔祭りに使われ、終了
2.ライノセラスファンガイア【Episode 104】(敵対枠) 由愛を狙い、隊長ブランクの手で粛清⇒復活し、由愛案件⇒悪魔祭りの素材、終了

失踪者一覧(居場所、出会えるかは安価次第)

仁良光秀(逮捕収監済み)
日下部ひより(時空の挟間の世界)
ダークカブト(同上)
見習い戦闘員ウー(MIA、居場所不明)
ハシゴーン(眼魔世界)
親子丼ドーパント(MIA)
地獄大使(MIA)
ボルトロイミュード(346への自殺行⇒アンダーザデスク)

現行Kill Ratio(順位)

1位:オーディン 7体
1位:スーパー1 7体
3位:カリス 6体
3位:RX 6体
3位:G3-X 6体
6位:コーカサス 5体
6位:快傑ズバット 5体
8位:X 4体
8位:レンゲル(桐生・智絵里、合算) 4体
8位:草加(カイザ・黒影黄泉、合算) 4体
11位:オーガ 3体
12位:スカイ 2体
12位:クウガ 2体
12位:V3 2体
12位:753 2体
12位:斬月・真 2体
12位:デューク 2体
12位:ZX 2体
12位:電王 2体
12位:ブレイド/グレイブ 2体
12位:ライダーマン 2体
12位:ZO 2体
12位:G4-X 2体
25位:サソード 1体
25位:J 1体
25位:キバ 1体
25位:2号 1体
25位:ナックル 1体
25位:ヒトデヒットラー 1体
25位:サイガ 1体
25位:シグルド 1体
25位:スカル 1体
25位:デルタ 1体
25位:カブト1体
25位:ビースト 1体
25位:一号 1体
25位:アナザーアギト 1体
25位:ストロンガー 1体

過去スレ
【安価/】大ショッカー首領「アイドルプロダクション設立計画」
【安価/】大ショッカー首領「アイドルプロダクション設立計画」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441562731/)

【安価/】大ショッカー首領「アイドルプロダクション設立計画:2」
【安価/】大ショッカー首領「アイドルプロダクション設立計画:2」 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442765224/)

【安価/】 ゾル大佐「SRプロ活動日誌」
【安価/】 ゾル大佐「SRプロ活動日誌」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443858890/)

【安価/】ジャーク将軍「SRプロ勧誘奮闘記」
【安価/】ジャーク将軍「SRプロ勧誘奮闘記」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1444753239/)

【安価/】アポロガイスト「SRプロ勧誘奇譚」
【安価/】アポロガイスト「SRプロ勧誘奇譚」 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445876437/)

【安価/】一つ目タイタン「SRプロ戦線異状なし」
【安価/】一つ目タイタン「SRプロ勧誘戦線異状なし」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447329931/)

【安価/】暗黒大将軍「SRプロ誠意活動中」
【安価/】暗黒大将軍「SRプロ誠意活動中」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449078048/)

【安価/】天王路「新年度SRプロ勧誘記」
【安価/】天王路「新年度SRプロ勧誘記」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451500122/)

【ライダー安価/】ゼネラルモンスター「SRプロ作戦立案中」
【ライダー安価/】ゼネラルモンスター「SRプロ作戦立案中」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453914003/)

【ライダー安価/】悪魔元帥「SRプロ動向報告日誌」 
【ライダー安価/】悪魔元帥「SRプロ動向報告日誌」  - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455982300/)


【安価/】村上「SRプロ業務視察」
【安価/】村上「SRプロ業務視察」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457354694/)

【安価/】魔神提督「SRプロ業務推進記」
【安価/】魔神提督「SRプロ業務推進記」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459352017/)

【安価/】ドクトルG「SRプロ邁進計画」
【安価/】ドクトルG「SRプロ邁進計画」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461688217/)

【安価/】ジェネラルシャドウ「SRプロ動向推察日誌」
【安価/】ジェネラルシャドウ「SRプロ動向推察日誌」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464106650/)

【安価/】死神博士「SRプロ危機一髪」
【安価/】死神博士「SRプロ危機一髪」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467011419/)

【安価/】シャドームーン「SRプロ急転記」
【安価/】シャドームーン「SRプロ急転記」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468855570/)

【安価/】デッドライオン「SRプロ熱血記」
【安価/】デッドライオン「SRプロ熱血記」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471867572/)

【安価/】ガライ「SRプロ勧誘発展記」
【安価/】ガライ「SRプロ勧誘発展記」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474297795/)

【安価/】ダグバ「SRプロ奮戦記」
【安価/】ダグバ「SRプロ奮戦記」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477233613/)

【安価/】ヨロイ元帥「SRプロ激闘記」
【安価/】ヨロイ元帥「SRプロ激闘記」 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480867383/)

【Episode 141】Midnight Rocker Continued
多田李衣菜 好感度 129+75=204/300
カザリ: 野心pt 100/250

---459プロのある山を下山した市街地---

タタタタタッ!!

李衣菜「ねえ、どこまで走るの?」

カザリ「着いてきてみれば分かるさ!」

カザリ(といっても、どこへ向かうべきなんだろう?)

カザリ(適当にロックなバーに向かって、ロックで話してもいい・・・。)

カザリ(それか、楽器屋に行くのもありだな。)

カザリ(いや、本筋は魔人峠だ。SRプロの魔人峠用の控え室にでも向かうか?)

李衣菜「ねえってば、どこまで走るのー?せめて、行先ぐらい教えてくれてもいいじゃん!」

カザリ(彼女にも無計画に走っているって思われているし・・・ここに向かうか!)

多田李衣菜 Turn 3 向かう場所 ↓1
1.ロックな雰囲気のするバー
2.楽器屋
3.SRプロにある魔人峠の控室

---SRプロ、チーム魔人峠の控室---

伊吹「・・・TKR、来ないね・・・。」

元山「ああ。何を考えているんだ・・・とは、俺は言えないよな。」

元山「TKRはこんな俺でも・・・見捨てずに仲間として迎え入れてくれた・・・。」

元山(でも、どうしてだろうか・・・最悪な想像が頭を過ぎる・・・。)

千奈美「全く、変態の癖に何辛気臭そうな顔浮かべているのよ。」ペチンッ!!(元山をデコピンする)

千奈美「TKRもウツボも戻ってこない。それなら、残った私たちが頑張ってチーム魔人峠を支えていかないといけない。違うかしら?」

元山「いや、違わないさ・・・。」

高原「・・・元山。お前の考えている想定は理解しているさ。」

高原「上層部からも何の通達も来ない以上・・・これは覚悟を決めるべき時なのかもしれない。」

高原(UDとも話し、関裕美には暫く各々の個人レッスンに当たるとしている。)

高原(いつまでその嘘が持つかは分からない。だが、我々も現状の把握に追われている以上・・・先に状況を知っておくに越したことはない。)

高原(被害はなんとしてでも、最小限に留めなくてはいけないのでな・・・。)

高原(それがTKRという支柱であれば、猶更だ。)

元山「そういえば、カザリはどうしたんだ?」

高原「先ほど、連絡があって・・・もうすぐこちらに向かうそうだ。」

元山「そっか、良かったよ・・・ははっ・・・。」

伊吹(そんな自嘲気味に笑わないでよ、惣帥・・・私も辛くなっちゃうよ・・・。)

---

ガイナギスカン「さて、この小包だけ残ったが・・・そろそろ頃合いかもな。」

ガイナギスカン「風の騎士として、某が取るべき行動は・・・。」

多田李衣菜 Turn 4 ガイナギスカンの行動 ↓1
1.伝えれば、魔人峠が瓦解するやもしれん。TKRの遺品を槍で破壊する(01~33)
2.特に考えずにTKRの遺品を渡しに行く(34~66)
3.今は保留しておく(67~00)

ガイナギスカン「まあ、何も考えまい。いずれは知る話なのなら・・・今伝えようか。」

---

---SRプロ玄関---

李衣菜「こんな建物に入っちゃって大丈夫なの!?」

カザリ「ここがチーム魔人峠の控室がある場所だからね。」

カザリ「おっ、あそこに丁度メンバーもいる!おーい、UD!裕美ちゃん!」

裕美「あっ、カザリさん、とどなたですか?」

ウニデーモン「見ねえ顔だな、だがライブで一回見たかもしれんな。」

カザリ「何を隠そう、彼女はチーム魔人峠に入りたがっている子でね。」

カザリ「その事で皆と話し合いに来たんだ。」

ウニデーモン「で、今から皆の所に行くのか?」

カザリ「そのつもりだけど?」

ウニデーモン「カザリ、お前は今のTKRの事は聞いているのか?」

カザリ「聞いてはいないけど、類推ならできる。」

ウニデーモン「ならよ・・・今の俺達にそんな余裕は・・・。」

カザリ「ないなら、作るんだよ。それが転換点という物さ。」

裕美「一体、何の話・・・?」

李衣菜「さあ・・・。」

李衣菜(んっ、あの白いのは何かな?)

---

---柱の陰---

エイキング チラ、チラッ(裕美の様子を逐一観察している)

エイキング(くそぅ・・・裕美ちゃんと仲良くして・・・俺が一番なのに・・・!)

多田李衣菜 Turn 5 ↓1
1.暇なので、柱の陰の白い怪人に声を掛ける
2.裕美と話す
3.カザリに先を急ごうと促す

李衣菜「ねえ、貴方って魔人峠のおろっちちゃんだよね?」

裕美「うん、そうだけど・・・貴方は?」

李衣菜「私は多田李衣菜!ロックなアイドルを目指しているの!」

裕美「貴方もアイドルなんだ、じゃあ同じだね!」

李衣菜「うーん、でもこの建物を見るに・・・同じというか、うーん・・・まあ、いっか!」

李衣菜「この前も魔人峠のペルセウスちゃんやTKRと話をさせて貰ったんだけど・・・。」

李衣菜「いまいち、私の本気度合いが伝わらなかったみたいで、入団を断られちゃって。」

裕美「えっ、初耳だよ・・・!」

李衣菜「それで、燻っててね・・・そしたら、今日カザリさんが迎えに来てくれて!!」

李衣菜「私をチーム魔人峠に入れてくれるって言ってくれたんだ!」

裕美「わぁっ、じゃあこれから宜しくね、李衣菜ちゃん!」

裕美「後、私の事はおろっちじゃなくて、裕美でいいよ。これからの仲間だったらね!」

李衣菜「うん、それだったら、宜しくね、裕美!」

裕美「うん!!」

---

ウニデーモン「あの子がTKRの話していたロックな子か。」

カザリ「知っていたのか?」

ウニデーモン「TKRの奴が言っていたんだよ。」

ウニデーモン「彼女は自分を満たしてくれる何かを探しているだけだって。」

ウニデーモン「半端な覚悟で俺達のチームに入れても苦労させちまうってな。」

カザリ「例え、そうだとしても、僕が彼女に見出した光は本物だったさ。」

ウニデーモン「まあ、裕美とも打ち解けているみたいだし・・・俺は何も言わねえさ。好きにしな。」

ウニデーモン「まあ、俺の一存はそれだが、高原や元山にも聞くとするか。」

---

多田李衣菜 好感度+(倍率×2.3)↓1

最終結果:多田李衣菜 好感度 204+202=406/300 Complete!!(モバPの執念はEpilogue内で計算)
エピローグに進行します

【Episode 141】Midnight Rocker Epilogue

---チーム魔人峠の控え室---

コンコンッ

高原「はい、どうぞ。」

ガイナギスカン「お邪魔する。」

高原「貴方は確かクライシスの風の騎士でしたね。ここへはどの様な御用で。」

ガイナギスカン「平たく言えば、言いにくい話をしにきたのかもしれない。」

高原「というと?」

ガイナギスカン「・・・怪魔界における一件でのTKRの顛末を報告しに来た。」

高原「・・・!?」

伊吹「・・・顛末ってまさか・・・。」

元山「伊吹・・・聞きたくない話かもしれない。取り敢えずは・・・。」

伊吹「ううん、惣帥も聞くんだったら、私も一緒に聞くよ。」

伊吹「惣帥だけ苦しませたりなんてしないから。」

千奈美「それで・・・TKRはどうなったの!?」

ガイナギスカン「・・・亡くなられた。ご冥福をお祈りしている。」

千奈美「そんな・・・!」

高原(薄々、勘付いていたとはいえ・・・この打撃は計り知れない。)

高原(普段冷静な千奈美があんなに取り乱してしまっている・・・それだけに俺達にとってTKRは必要な存在だった。)

元山「・・・魔人峠はどうなるんだよ・・・。俺達の夢は・・・。」

元山「全部、放置していっちまうなんて・・・無責任だろ・・・。」

元山「どうして、逝っちまったんだよ・・・TKR・・・!!」

ガイナギスカン「動揺している中、申し訳ないが・・・TKRは遺品を遺している。」

ガイナギスカン「君たちにそれを受け取る気があれば、今ここで引き渡すが?」

【安価】元山の行動 ↓1
1.そんな物、受け取れるかよ!(01~33)
2.TKRが最後に遺した何かの手掛かりかもしれない、見てみる(34~66)
3.少し、整理する時間が欲しいという(67~00)

元山「そんな物、受け取れるかよ!!」

ガイナギスカン「・・・妥当な反応だろう。取り敢えずは出直す事とする。」

ガイナギスカン「いずれにせよ、君達はこれと向き合う必要がある筈だ。」

ガイナギスカン「それをじっくりと待つさ。」

(そのまま、ガイナギスカンが去っていく)

元山「くそっ・・・くそぉ・・・!!」

伊吹「惣帥・・・。」

ポスッ(千奈美が放心状態でソファに倒れ込む)

高原「・・・TKR・・・。」

コンコンッ!!

李衣菜「あの、おじゃましまーす!!」

高原「誰かな?」(部屋が重々しいムード)

李衣菜「えっと、なんかお取込み中?」アセアセ

カザリ「気にしない、気にしない。さあ入って、入って。」

高原「カザリ、それにUDと裕美ちゃんまで。」

裕美「皆、悲しい表情を浮かべていますけど・・・どうしたんですか?」

千奈美「なんでもないのよ・・・なんでも・・・。」

伊吹「この様子だとウツボンも・・・。」

元山(どうすればいいんだよ・・・。)

---

---死後の世界---

トリカブトロン「はぁぁ、やれやれだぜ、この俺がこんな簡単に死んじまうとは。」

ウツボカズラ怪人「まあ、俺はいますよ!」

トリカブトロン「元はといえば、お前に呼ばれたからで・・・まっ、お前も話し相手がいなかったら寂しかっただろうしな。」

トリカブトロン「人生ってのは、なる様にしかならんし。まあ、いいか。」

トリカブトロン「まあ、一つの心残りは北条加蓮に俺が頂点に立つ姿を見せてやれなかった事かな?」

モバP「・・・かれん?そこの怪人、加蓮を知っているのか!!」

トリカブトロン「なんだ、お前は!」

モバP「加蓮の元プロデューサーだ!」ピキーンッ!!(モバPが何かを感じ取る)

モバP「なっ、誰かが俺の担当アイドルに近づいている・・・!?」

モバP「そんな事は許さん・・・俺が命を呈して守った物を壊させて堪るかぁぁ!!」ゴォォォォォ!!

トリカブトロン(こいつはあれか?電波な野郎なのか?)

【モバP安価】(超重要)↓1
1.北条加蓮の話題を振り、モバPの執念を妨害(奇数)
2.モバPの執念が発動(偶数)

トリカブトロン「って、あんたが言っているのが346プロの北条加蓮なら・・・覚えがあり過ぎるぜ。」

モバP「何、やっぱり加蓮を知っているんじゃないか!!」シュゥゥッ!!(謎のオーラが消える)

モバP「なあ、あんたの知っている加蓮はやっぱりファーストフード好きか?それとも、ポテト派!?」

モバP「病弱だから止めておけって何度注意しても改善しない子でね・・・まあ、俺が過保護であれば済む話ではあるんですけど・・・。」

トリカブトロン「まあ、落ち着いてくれ。その話も大いに興味深いさ。だが、一つだけ俺と彼女の関係性をはっきりさせておいてくれ。」

トリカブトロン「ある意味、彼女は俺が生きた意味と死んだ理由の双方を作っちまった子さ。」

トリカブトロン「ふふっ、罪作りな子さ。」

モバP「どういう意味だ?」

トリカブトロン「彼女から野外ライブをしろって無茶ぶりをされてから・・・俺はとあるチームのリーダーになってな。」

トリカブトロン「そこで絆って物を学んだ。それは俺がいなくなっても走り続ける意志。」

トリカブトロン「俺はよ、彼女から、チーム魔人峠って希望を貰ったんだよ。」

モバP「チーム魔人峠?」

トリカブトロン「ははっ・・・あんたとは、少々昔話ができそうだな。」

---

李衣菜「えっと、なんか辛気臭いけど、ロックな笑顔が一番だよ!!」

裕美「その通りです、皆さん、もっと元気にいきましょう!」

千奈美「裕美はいいとして、あんた誰よ・・・。」ギロッ

李衣菜「多田李衣菜だよ!宜しく!!」(笑顔)

裕美(凄い、機嫌が悪そうな千奈美さんに対して一歩も負けていない。)

カザリ「今日はこの多田李衣菜ちゃんを魔人峠に加入させようと連れてきた。」

伊吹「貴方はこの前の・・・!」

高原「成程、君がTKRが前に話していたロックの子か・・・。」

李衣菜「おおっ、覚えててくれたんだ!!」パァァァ!!

カザリ「まあ、色々といいたい事もあるだろうけど・・・僕達は先に進むべきなんだ。」

カザリ「どんなに苦しがったり、悔やんでも・・・それは事態を好転させる訳じゃない。」

カザリ「だったら、もうここにはいない奴にも届くように僕達が声を上げねばならない。」

カザリ「だから、彼女を魔人峠に入れたい。」

高原「そうか、それで彼女はここに移籍するのか?」

李衣菜「移籍?」

カザリ「うん、そうだね。こちらから君に望むことは一つ。SRプロに移籍してくれれば、君をチーム魔人峠に歓迎するよ。」

李衣菜「答えは決まっているよ!」

勧誘成功率式:基本10%+好感度の1割の%+300到達ボーナス10%+エピローグ到達ボーナス30%+魔人峠ボーナス20%
=10%+40%+10%+30%+20%
=110%
【安価】↓1 勧誘:コンマ 01~99(成功)、00(失敗)

李衣菜「移籍は分からないけど、このチームに入れてくれるのなら、それで大丈夫だよ!」

李衣菜「このプロダクションにも興味あったしさ!」

カザリ「交渉成立かな。」

高原「だが、この流れは、当分断ち切れそうにないな。」

高原「李衣菜ちゃんだったね。見ての通り、こんな状態だけど、君を歓迎させて貰うよ。」

李衣菜「はい、精一杯頑張ります!!ロックなステージなら私に任せてよ!!」

元山(TKR・・・。)フラフラ

伊吹「あっ、惣帥・・・!!」

カザリ「じゃあ、これから宜しくね、李衣菜ちゃん!」

李衣菜「ええ、こちらこそ!!チームに加えてくれて有難う、カザリさん!!」

カザリ(痛みは乗り越えられなきゃいけない物なのかもしれない。)

カザリ(だから、僕は歩み続けるよ。・・・TKRが遺してくれたこの居場所だけは守る。)

カザリ(彼女と共にね・・・。)

【多田李衣菜:チーム魔人峠加入】
【Episode 141】Midnight Rocker fin

---ショッカープロダクション、大会議室円卓テーブル---
(BGM Evil Fortress)

再生アポロガイスト「TKRの執念勝ちか。」

一つ目タイタン「その様だな。・・・奴の死を伝えずにいた事は追求されそうではあるが。」

ジャーク将軍「まあ、時間が解決しよう。」

ゾル大佐「そうだな。」

一つ目タイタン「そして、諸君に朗報がある。多田李衣菜の勧誘を以て、我々は132名のアイドルを勧誘した。」

一つ目タイタン「すなわち、合同イベントの時間だ。」

ジャーク将軍「遂に来たか。」

再生アポロガイスト「この前の合同イベントはハロウィンだったな。」

再生アポロガイスト「偉く前の出来事に思えてしまうな、ハハハ。」

ゾル大佐「だが、YSZはあの黒い塔が出てから外界とのコネクションを遮断している。」

ゾル大佐「今回の要請に応えてくれるかどうか・・・。」

ジャーク将軍「チャネルが開いているのなら、要請は可能。」

ジャーク将軍「後は彼らが乗ってくれるのを待つのみ・・・。」

一つ目タイタン「後は、今西とのパイプを使い・・・あの事務員など介さないルートで、346プロの上層部に話を通す。」

一つ目タイタン「確か、346の常務は既に生簀の料理の虜だったことだ。容易い仕事だ。」

ゾル大佐「それで今回の幻想講演は?」

一つ目タイタン「これを考えている。」

【安価】幻想講演案 ↓1
1.仮面ライダー v.s. ウルトラマン(ライダーロボ使用)(01~33)
2.オリジナル(IMLの様にタイトルをベースにストーリー案を募集)(34~66)
3.自由安価(67~00)

一つ目タイタン「実は幾つかの案を展開しているのだが・・・。」

一つ目タイタン「どれも相応に楽しめそうな物ばかりでね。」

ゾル大佐「では、どうするのだ。」

一つ目タイタン「数ある案の中から強いて選び出すのであれば・・・。」

一つ目タイタン「Idol in Magic Landの時の様に幻想講演の原点に立ち戻るのも悪くないと感じた。」

ジャーク将軍「成程。ならば、今回はそれで行くとしようか。」

再生アポロガイスト「では、今回の幻想講演の暫定的タイトルはなんなのだ?」

一つ目タイタン「そうだな・・・これで行く。」

【自由安価】今回の幻想講演のタイトル ↓1

一つ目タイタン「暫定的タイトルは「シンデレラ達の聖杯戦争」。」

一つ目タイタン「概要はこの書類に纏めておいた。」

一つ目タイタン「簡単に説明すれば、7人のマスターとなる少女がそれぞれのサーバントとなり得る者を呼び出し、互いの希望を叶えるために戦う物語だ。」

ゾル大佐「成程、ある程度の戦闘行動を保証しながら、アイドルに及ぶ危害は最低限。」

ゾル大佐「良いじゃないか。楽しめそうだ。」

ジャーク将軍「この聖杯を巡って争う訳か。全ての願いを叶える願望器か。」

再生アポロガイスト「そんな物は夢ではあるが、あればこの上なく欲しい物ではある。」

ジャーク将軍「少女たちと怪人の連携が問われる訳だな?」

一つ目タイタン「そういう事だ。他に質問は?」

再生アポロガイスト「特にはない。では、配役の選定に移ろうか。」

↓1~3 マスターとなるモバマスアイドル(>>9のチャート)

再生アポロガイスト「では、配役はYSZから佐々木千枝。」

ゾル大佐「そして、346プロから土屋亜子と白菊ほたる。」

一つ目タイタン「うーむ。この布陣から漂う容赦の無さは御愛嬌か?」

ジャーク将軍「まあ、この企画書からして普通のアイドルを志す子・・・例えば乙倉悠貴などを放り込んだら、心を折るぞ。」

ジャーク将軍「その点はまだ考慮された布陣というべきだろうな。」

一つ目タイタン「想定からして、我々が配置できる怪人は5名か6名。」

一つ目タイタン「特に「ライダー」のクラスには、仮面ライダーが来るだろう。」

再生アポロガイスト「意識的に敵の付け込める穴をあけている訳だな?」

一つ目タイタン「そうなる。だが、敵が有利にゲームを進めていると感じた時に盤をひっくり返す。」

一つ目タイタン「そういう急転直下の展開を私は気に入っているのでね。」

再生アポロガイスト(だが、佐々木千枝といえば、一文字やムラクモの一件が濃い子だ。)

再生アポロガイスト(それに白菊ほたるとは、不幸の源泉ではないのか・・・?)

再生アポロガイスト(この戦い・・・生半可な覚悟ではこちらがやられる。)

ジャーク将軍「では、今回の彼女らの勧誘に回る怪人を選定しよう。」

---

佐々木千枝を勧誘する怪人 ↓1(クラスは決定後に設定、各種ボーナスあり)(以下同様)
土屋亜子を勧誘する怪人 ↓3
白菊ほたるを勧誘する怪人 ↓5

今日はここまで
では、千枝@ショッカーライダー2号(アサシン)、亜子@タイガーロイド(アーチャー)、ほたる@ボギー(キャスター)となります。
敵マスターは全員アイドルでも可ですが、渋いオッサン枠がいても強敵感があっていいと思います(牙王など)
敵にセイバー、バーサーカー、ランサー、ライダーのサーバントがいるので厳しい戦いとなります。

では、ストーリーの案を適当に募集しておきます(因縁、敵同士の関係などご自由に)
【自由安価】↓1~5

>>71は居候をアイドルにするかサーヴァント役の怪人にするかでマスターが誰になるか変わりそうだな

仮にもし光太郎が魔神峠の面々にあったらTKRとウツボンが討たれた経緯を話す展開になるんだろうか ウツボンの方は光太郎を庇う形で討たれたから凄く謝ってきそう
TKRの方は聞いた場合下手したら千奈美さんあたりがザック殴りに行きそうなような… P4人は勧誘が目的だったって理解してるからしないだろうけど

乙です


ショッカーライダーNo.2(2号)
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira125823.jpg

タイガーロイド
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira125825.jpg

=三影英介
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira125824.jpg

ボギー
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira125826.jpg

宿主:笠原
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira125827.jpg

武神鎧武がとあるマスターの養父だったり
ロシュオが神父やってたり
大首領がAUO枠だったり

もう、聖杯という名の物が666の獣並みの怪人を召喚する為の装置って言われても納得できちゃうね

さて、合同イベは三人中二人は失敗するというジンクスが付き纏いつつあるけど、今回は大丈夫だろうか?

再開します
ネタを見て、特殊要素ありの第5次ベースとなりそうですねw(ただし、SRプロver.なのでカオス要素強めでいきます)

>>73
居候をどうするかは簡単に安価で出します(サーバントの場合は、コンマで判定)

>>74
画像感謝です!
三影はやはり渋いw この講演では霊体以外に、人間体を持つサーバントがやや有利となります(転送は安心安定のヴァルゴさん)

>>75
AUO枠は論外枠の首領は外します(ロシュオ+首領などという無理ゲーは突破不可なのでw)

>>76
ジンクスは相変わらず、及び千枝ちゃんがいるので神敬介がかなりの頻度で襲ってきます。

---SRプロが制作した人工都市---

美城「中々驚くべき物がある。SRプロか、最早見過ごす事は出来ぬな。」

今西「君は生簀君とやらに会いにここまで来たのだろう?健気な物だね。」

美城「なっ・・・!私は、奴の黒包丁に惹かれただけの事だ。奴などは・・・。」

今西「まあ、そういう事にしておこうか。」

今西(今回の件は上層部が美城常務との直接交渉で繋いだものだ。)

今西(当然、千川君は介していないが、これで千川君にもSRプロと常務のパイプは知れてしまうだろう。)

今西(だが、今はそれでいい・・・今の千川君を牽制できるのならそれでね・・・。)

---

敬介「・・・今回の撮影に千枝ちゃんが来るというのは本当か、親父?」

神「確かな情報だ。その事で何度もSRプロ側には確認を取っている。」

敬介「そうか・・・ならば、俺が会って確かめねばならない。」

敬介「彼女の真意はどこにあるのかを・・・。」

敬介「俺はまだ、あの怪魔妖族頭領と名乗ったあの怪人が彼女を操っていた線を捨ててはいないのでね。」

敬介「まだ信じて貰える線がある以上・・・俺には彼女を救い出す義務がある。」

敬介「だから・・・俺は彼女の下に辿り着いてみせる。」

敬介「手段は択ばずにね・・・。」ゴォォォォォ!!

---

千枝「木場さん・・・美嘉さんは、どうしたんですか?」

木場「僕にも分からない。だが何者かが彼女の意志を謀り、何かを引き起こした事は確かだ。」

木場「だが、YSZ内部を直接攻撃してきたあの謎の敵がいる限りはそうもいかない。」

千枝「そう、です・・・よね・・・。」

木場(部隊の壊滅状況も甚大。あの塔は敷地内内部の為、スカラー設備も使えない。)

木場(平たく言っても、大参事一歩手前といった形だ。)

木場(だが、その事を勘付かれては駄目という事で本イベントへの道は閉ざされなかった。)

木場(最早、無駄なパフォーマンスという所だろうが、内部で発生した敵の殲滅が往々にして進んでいないというのも事実。)

木場(ならば、こういう業務も進めていかねばならないというのが、企業の辛い所だ。)

木場(美嘉ちゃんも探さなくてはね・・・。その為にも、今回は僕一人でアイドルの警護に回る。)

---

みりあ「ねえ、剣崎プロデューサーには夢ってある?」

剣崎「夢ね・・・あったのかもしれないけど・・・もう昔の事かな。」

剣崎「どうしてそんな事を聞くんだい?」

みりあ「だって、今回の撮影って夢を叶える事が重要なんでしょう?」

みりあ「だったら、ここの皆の夢が全部叶えばいいなぁーって!」

剣崎「そういう風だったら・・・いいね。じゃあ、行こうか。」

剣崎(そんな事はありえないと彼女が知ってしまうのはいつだろうね・・・。)

剣崎(せめて、その時までは俺が彼女に夢を見せ続けてあげないといけないね・・・。)

---

---某所、同一時刻---(撮影開始)

(都内の7か所でそれぞれのマスターが召喚用の呪文を詠唱している)

千枝「素に銀と鉄。 礎に石と契約の大公。 祖には我が大師シュバインオーグ。」

千枝「 降り立つ風には壁を。 四方の門は閉じ、王冠より出で、王国に至る三叉路は循環せよ。」

---

亜子「閉じよ。閉じよ。閉じよ。閉じよ。閉じよ。」

亜子「繰り返すつどに五度。ただ、満たされる刻を破却する。」

---
               
???「―――――Anfang.」 (セット。)

---

???「――――――告げる。」

---

ほたる「――――告げる。汝の身は我が下に、我が命運は汝の剣に。」

ほたる「聖杯の寄るべに従い、この意、この理に従うならば応えよ!」

ほたる「誓いを此処に。我は常世総ての善と成る者、我は常世総ての悪を敷く者。」

---

???「されど汝はその眼を混沌に曇らせ侍るべし。汝、狂乱の檻に囚われし者。我はその鎖を手繰る者――。」

---

千枝「汝三大の言霊を纏う七天、抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ―――!」

バッ!!(各々の錬成陣から光が立ち上る)

【Episode 142】 Fate/ Shocker Night

【安価】最初の戦闘までメインで描写するユニット(同じストーリーの別側面描写)↓1
1.佐々木千枝@ショッカーライダー2号
2.土屋亜子@タイガーロイド
3.白菊ほたる@ボギー

三影「問おう、お前が俺のマスターか。」

亜子「ははっ・・・成功したんやな・・・!!これで私もマスターや!!」

亜子「ああ、せやで、うちがあんたのマスター、土屋亜子や!」

三影「サーヴァント、アーチャー。召喚の義に従い、参上した。」

亜子「これ漸く私の夢も動き出す・・・!」

三影「うるさく跳ね回りたいのは分かるが、最初に一つだけ言っておく。」

三影「俺はお前の行動に一応手は貸す。・・・だが、女。お前の人生観には悪とかっていう言葉はあるか?」

三影「自分が約束された以上は何かを為さねばならない、自分が何かを変えたい。」

三影「そういう型にはめねえと動き出せねえ野郎を俺は嫌う。」

三影「腐り切ったこんな世の中に善も悪もない・・・あるのは弱肉強食の理のみ。」

三影「だから強い者のみが生き、勝ち残った者こそが善だ。」

亜子「正論やな・・・私もそう思うわ。」

亜子「力が無ければ、何も変えられへん。だから、夢を叶える上であんたの強さ、頼りにさせて貰うで。」

三影「いいだろう。・・・それで、君は俺に何をしてほしい?」

亜子「せやな・・・。」

【安価】↓1
1.まずは聖杯戦争の監督役である神父に会いに行く
2.まずは当面の行動指針について話す
3.敵を探しに行く

亜子「こうなった以上、まずはお手並み拝見と洒落込むんも悪くないかと思うんや。」

亜子「やから・・・まずは一人、敵と戦って、ある程度の手の内を暴いて戻ってきてや。」

三影「能力の手加減は?」

亜子「最初からうち等の手の内を晒す事はあらへん。小手調べというのが通説や。」

亜子「だが、他のマスターが出揃った以上・・・アサシンのサーヴァントも出てきている筈。」

亜子「ゆえに私はここから動かない。」

三影「要は適当に暴れてくればいい訳か。いいだろう。」

亜子「まずは、適当に一名と交戦してくればええで。」

亜子「ただ、無理な戦いに入るぐらいなら・・・適宜撤退も視野に入れて行動するんやで。」

三影「ふっ、この俺に撤退しろというのか。まあ、いいだろう。」

三影「行ってこよう。」スッ!!(三影が姿を消す)

亜子(頼むで・・・私の夢の為にも・・・。)

---

三影「さて、敵も同じ様に行動している相手が2名か・・・。」

三影「どちらを狩りに行こうか・・・。」

【安価】交戦するサーバント(コンマ33刻みでマスターがCu,Pa,Coに決定)↓1
1.ランサー
2.バーサーカー

---人工都市、深夜、巨大な橋の上---

(閑散とした橋の上に一つの人影がある)

三影「・・・召喚されてすぐ月見とはな。」

???「私の姿が見える以上・・・お主もサーヴァントか。」

???「私は、無用な戦闘は好まない性格だ。死を覚悟する決斗をする覚悟がないのなら去るがいい。」

???「去る者は追わぬ主義だ。」

三影「随分な物言いだ。だが、お前も聖杯戦争に選ばれたサーヴァントなら強いんだろ?」

三影「お前が如何に騎士道精神に乗っ取って、戦おうとしても・・・それはお前の勝手な理屈だ。」

三影「お前が死を覚悟する英雄的な決斗を想定していても、俺がそれに従う義理はない。」

???「神聖なる決斗を愚弄するか。良かろう・・・ならば消してくれる!!」

ヒュンッ!!(一瞬、風が揺らいだ後、凄まじい槍の一撃が向かってくるが三影がそれを回避する)

三影「いい殺気だ。やはり、勝ち残った者こそが善。」(銃を取り出し、乱射する)

ヒヒヒヒヒヒュンッ!!、ババババババババッ!!(槍と銃撃が相殺し合う)

???「お見事。だが、お主と私は分かり合う事は出来ぬだろうな。」

三影「正確な槍捌きだ。・・・目立つ無駄もない。お前は説明のしようもないランサーのサーヴァントだな。」

???「お主は、手の内を明かす気がない様だ。」

三影「そう言い使ってあるんでね。まだ、本気を出す頃合いじゃない。」

三影(先ほどの攻防で見るこいつの戦闘能力は・・・。)

【安価】三影が見るランサーの戦闘力 ↓1(これが本Episode中の強さに反映)
【安価】ランサーのマスター(Paアイドル、SRプロ外でもOK)↓2

三影(恐ろしいほどに強い。・・・恐らく余興じゃない近接戦闘で奴に勝つのは不可能。)

三影(ならば、こいつに勝つ上で必要なのは、遠距離からの限りない破壊力。)

三影(勝つ上で手段は択ばない。そういう類の強さがこの聖杯戦争を勝つ上で必要だ。)

三影「ふっ、中々に楽しめそうだ。だが、今宵はここで終わりにしようか。」スッ!!(三影がスタングレネードを投げ、その間に離脱)

???「逃げたか・・・まあ、いい。」

???「あの者がこちらの間合いに入らぬ以上は・・・決定打を届けるのは難しい。」

???「だが、先ほどの攻撃の延長線上にある攻撃しかできぬのであれば・・・。」

???「私との決斗で、奴は命を落とす事だろう。」

ランサー「さて、そろそろ、しゅがーはぁと殿の所に戻らなくてはな。」

スッ!!(ランサーも消え、橋からはサーヴァントの気配が消える)

---

今日はここまで
次は亜子の学園生活+カフェでの各々の邂逅を描きます(次の戦闘への布石)
宝具の仕様は考えていませんが、怪人の真名を解放すると使用可能にする制約だけ設けます。
ショッカーライダーは第4次アサシンと似た様な事ができるので、それで行きます(7人態勢)
自由に宝具案も募集しておきますかw

七人悪蝗(つどえ、われらえいこうのショッカーライダー)

乙です
ランサーならこの怪人かなーって思ってたのが本当に出てきて驚いた

情報案と今までの描写見るに マスターは
亜子 ほたる 千枝ちゃん しゅがはは確定
あと3人は悪の組織 とそれに対するレジスタンス に一人ずつ
あと機械工学研究所の博士or居候なのかな?
シュガハが3つの組織のどれかのマスターの可能性もあるけども
だんだんSRプロ独自のストーリーになっていくのが楽しみ



乙です
そういえば、876プロの三人のアイドルは今回の講演にちょっとだけでも出せたりもするのでしょうか?
ランサーはあの御仁か!
ただ、ランサーって運が低いヤツが多いんですよねw

残るはセイバー・ライダー・バーサーカーが分かってないが、誰が演じているのか?
とりあえず、今回の講演が穏便に終わることを祈っておきます!

宝具案
・絶望と破壊の跳躍蹴(ショッカーライダーキック)

案は思い付いたらまた投稿させていただきます!

まあ元々AUO自体存在が論外みたいなもんだし…
となるとロシュオ込みで勝てそうかつそれなりに強い関智怪人か…
いる?

乙です

ランサーがあの人ならば神敬介と鉢合わせた場合非常にまずいことになるんじゃ…?

>>95
うーんスペースイカデビルかアントホッパーイマジン(キリギリスの方)辺りかね?前者なら烏賊モチーフ繋がりでもある

そういや今回の3人って残機はどうなってるのかな

乙です

宝具案:裏切り者には死あるのみ
(ルール・オブ・ゲルショッカー)
・自身と同等の能力を持つショッカーライダー×5を顕現させ、『自らが忠誠を誓う者に敵対する者』に速やかに確実な死を齎す。『悪の組織によって作り出された改造人間』である『仮面ライダー』としての性質と力に由来する宝具

色々有って聖杯大戦になったため眼魔、GOD怪人乱入とかやんないかな

ある程度手抜いて耐久低目にした首領を出さないもんかね…
いっそ大首領オーズお披露目でも…

再開します

>>93
ライダー怪人のランサーといえばあの御仁でしょう。
今回は主観点からして、好感度カンストが終わった時点から死ぬ可能性が入ります。

>>94
「○○せよ、ランサー」ネタですねw
残りのサーヴァントは色々と危ないです(バーサーカーの調整は難しいです)

>>95>>96
AUO枠なら、首領を外しても一人打ってつけの漢がいます(ヒント:ピラミッド、幽閉者の同期)
こいつも論外スレスレなので、ロシュオと組めば相応の強敵になります。

>>97
ショッカーライダー:各々残機1⇒死んだ場合3号にバトンタッチ
タイガーロイド:残機1
ボギー:特殊残機1(まず獲得しなければ始まりません、50-50の賭けで1 Turn毎に保険を掛ける形)

>>92>>98
宝具案感謝です!
基本的に数を増やすという類の能力なので、7人態勢で行きます(No.1も容赦なく参戦)

>>99
考えておきましょうw

>>100
あくまで幻想講演にトップが出張る事はないので、出る事はありません。

---都内、学校---

亜子(昨日、戻ってきたアーチャーの言葉から敵は私の想定よりも強いと分かった。)

亜子(作戦の練り直しが必要やな。)

忍「亜子ちゃん、どうしたの考え込むような顔しちゃって?」

亜子「色々と、お金が貯まらんなーって考えとっただけや。」

忍「亜子ちゃんは相変わらずだね。」

忍「今日の生物の時間は移動教室だから、早く行こ?」

亜子(聖杯戦争が始まっとるのに呑気な物やな。)

亜子(かといっても、サーバントは基本霊体化させておくものやから・・・。)

亜子(こちらから仕掛けるか、向こうから仕掛けられない限りは分からへん。)

亜子(マスターも私みたいな少女かもしれんし、むさいオッサンかもしれへんし・・・。)

亜子(まっ、こういう時は放課後に忍とあいつと3人で「幸運喫茶」にでもいくとしよか。)

忍「亜子ちゃん、そろそろ移動時間なくなっちゃうよー!」

亜子「ああ、今行く!!」タタッ!!

↓1 モバマスアイドル(Coアイドル)亜子の友達、その②

---放課後、幸運喫茶---

カランコロンッ!!

茄子「あっ、いらっしゃいませー♪」

亜子「茄子さん、儲かりまっか?」

茄子「まあ、ボチボチですね。客足は殆どがリピーターみたいで。」

茄子「取り敢えず、いつもの席は空いていますよ。」

亜子「じゃあ、そこ座ろか。忍、朋っち・・・飲み物はいつも通りでええ?」

忍「うん、いいよ。」

朋「そうそう、やっぱり一日を〆るには茄子さんの所のカモミールティーだよね!」

茄子「お褒めに預かり光栄です。では、席で待っていて下さいね。」

---

忍「今日、変な噂が学内で囁かれていてね。なんか、裏山の廃工場で人影を見たーとか。」

忍「町の反対側に掛かっている鉄橋で銃撃の様な光が見えたとか・・・。」

忍「この手のオカルティックな話って枚挙に暇がないというか、ね・・・。」

亜子「まっ、それだけ私らが平和という事やろ?いい事や。」

亜子「あっ、せやせや・・・朋っち、私の運勢占ってくれへん?」

忍「亜子ちゃんの事だから、またお金稼ぎ?程々にしとく事をお勧めするんだけどなぁ。」

朋「おっ、今日は乗り気だねー。勿論、いいよ。」スッ!!(タロットカードを取り出す)

朋「けど、占いに関しては本気でやるから。悪い結果が出ても恨みっこなしね?」

亜子「それでこそや。」

亜子(これで今週の攻め方におおよその見当が付く。慎重に行き過ぎて悪い事はないんやからな。)

↓1 朋のタロット占い:22枚の大アルカナ(44、66、88までリピート、そこから0~11)
↓2 奇数で正位置、偶数で逆位置

朋「これだね。」スッ!!

朋「ラバーズの逆位置・・・だね。」

朋「亜子ちゃん、こう言うのは悪いけど今、勝負事は避けておいた方がいいよ?」

朋「冷静さを欠いて予期せぬ問題への判断に焦り、決定的なチャンスを逃すって事もあり得るし・・・。」

朋「不安から決断を急いで、失敗しちゃう事もあるって感じかな。」

朋「だから、今は平和にあまり荒事に向かわない事が吉だよ!」

亜子(アカン、私が今一番聞きたない内容や・・・どないしよ・・・。)(凄い冷や汗)

忍「まあ、今月は勝負事はやめて勉学に励もうって事だね。」

亜子「せ、せやな・・・私も気をつけなアカンなー、ははは。」

茄子「お待たせしましたー。本カフェ特製「幸運カモミールティー」です♪」

茄子「心行くまでリラックスして下さいね♪」

朋「おっ、来た!これを飲んで今は忘れよう。まあ、私の占いは当たるけど。」

---

亜子「今日も助かったで・・・こういう風にリラックスできる場所って案外見つけにくくて。」

茄子「お役に立てて何よりです。」

亜子「なあ、茄子さん。私の勝負運をどう見る?」

茄子「そうですねぇ・・・・。」

【安価】茄子の見立て(これでこの夜の命運が決定)↓1
1.問題なし(01~33)
2.やや問題あり(34~66)
3.不幸の相が出ている(67~00)

茄子「勝負運は、問題なしです!」

亜子「よっし、なら勝負したろ!ありがと、茄子さん!!元気出たわ!!」

亜子「それじゃ!!」

(去っていく亜子が暗い表情を浮かべた少女と坂ですれ違う)

茄子「あっ、千枝ちゃん!また、来てくれたんですね!」

千枝「茄子さんのカモミールティーは好きですから。」

茄子「じゃあ、外は冷えますし・・・中に入りましょうか。」

---

---帰路、教会近くの並木道---

亜子(霊体化させたアーチャーが近くにおるとは言え・・・なんか嫌な気分やな・・・。)

亜子(風も強くなってきたし、何か不気味な感じもする。)

亜子(今日は、はよ帰ろかな・・・!)

---

???「・・・。」

【安価】亜子を襲撃した敵 ↓1
1.アサシン(奇数)
2.バーサーカー(偶数)

ギランッ!!(突如として、二対の赤い目が闇夜に煌めく)

亜子「えっ・・・!!」(驚く亜子が見上げた木の上に、謎の黒いオーラを発する存在が降り立つ)

???「カァァァァァァァ!!!」

亜子(鳥・・・いや、この鳴き声・・・鴉!?)

亜子「アーチャー!!」

三影「やれやれ・・・相変わらず無鉄砲なマスターだ。こんな時間まで出歩くとは・・・。」

三影「狙ってくれと地で言っている様なものだ。」

三影「だが、まあ許そう。さて、そのオーラからして、お前はバーサーカーか。」

三影「少々、骨は折れそうだが・・・出会った以上は、仕留める!」

ゴォォォォォ!!(月夜の中で三影がタイガーロイドの姿に変身する)

タイガーロイド「相手がバーサーカーなら不足はない。さて、マスター。指示を。」

亜子(想定外の事態や・・・どないしよ・・・!!)

土屋亜子 初期好感度 ↓1
土屋亜子 Turn 1 バーサーカー戦 ↓2
1.強気に勝負
2.ここは逃げる
3.タイガーロイドの戦力を見ておく

土屋亜子 好感度 84/300

【BGM:運命の夜】

亜子「好きに戦ってええで!!私にお前の力を見せてみ、アーチャー!!」

タイガーロイド「よかろう・・・強くなくては、善ではない!!」

ジャキッ!!(タイガーロイドが次々と銃火器を展開し、木の上のバーサーカーを狙い撃つ)

ババババババババッ!!!!!ドゴーン!!ドッゴーン!!(銃撃と爆発の雨が並木道を焼き払う)

亜子(ははっ・・・圧倒的やないか。この火力さえあればうち等の勝ちは余裕や!!)

タイガーロイド「これで、消えるがいい!!」(背中の2連滑車砲が火を噴きバーサーカーを爆炎に沈める)

亜子「流石や、アーチャー!!やっぱり、アーチャーは強いんやな!!」

タイガーロイド「いや、待て・・・来るな!!」

ゴオッ!!(爆炎が割れ、次の一瞬にはタイガーロイドが両手の火器を防御姿勢で交差させ、バーサーカーの攻撃を受けている)

???「カァァァァァァァァァァァッ!!!!!」

タイガーロイド「・・・あれだけの火力を叩き込んだのに、無傷とはな・・・。」

タイガーロイド「何かの呪い・・・将又、その銀色に輝く羽根の効果か??」

タイガーロイド「いや、やめておこう・・・貴様はバーサーカー。手の内は明かせんだろう。」

ドゴーン!!(爆発が起き、タイガーロイドが吹き飛ぶ)

亜子「アーチャー!!」

タイガーロイド「参ったね・・・これは・・・。どうするかな・・・。」

土屋亜子 Turn 2 タイガーロイドの選択 ↓1
1.亜子が逃げる時間を稼ぐ
2.業腹だが、勝てない・・・ここは亜子と共に逃げに転じる
3.ほぼ無理だろうが、宝具(超射程仕様)を使用する

3

今日はここまで
本公演のバーサーカーは論外級(攻略方法は固定)なので、能力は圧倒的となります。
宝具は「守護神の血液」(カイザーズブラッド)としておきます。
狂気的行動や大量虐殺もしているのでバーサーカーとしては猛威を振るいます。

パラメーカーに起すと、筋力A、耐久A、敏捷A+、魔力A、幸運B、宝具Aとなります。

乙です
バーサーカーは、有香ちゃん勧誘時にZXとストロンガーの襲撃に耐えながら、野心がバーストしなかったあの怪人かな?

さて、バーサーカーのマスターは誰なのか?
それと、バーサーカーは維持する為の負担が大きいらしいから、消耗しての自滅を狙った方が楽だろうか?

茄子さん来た、これで勝てる!
茄子さん、今回の講演に幸運をもたらしてくれ……!!
そして今回の講演でこそ、あの忌々しいジンクスの打破を……!

ふと、アポロはバーサーカーを演じれそうに思えましたw
台詞を全て「星花ァァァッ!!」にしたら四次の狂戦士っぽい雰囲気が出てきそうww

宝具案

・ボギー
「運勢操作・幸不反転(フォーチュントリック)」
・タイガーロイド
「神が流した黒き涙(SRプロBADAN支部・タイガーロイド)」

乙です
バーサーカーはあのお方か
勧誘失敗の時は心にきていたようだけど 3号と元山あたりがケアしたのかな?

乙です


ランサー
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira125922.jpg

バーサーカー
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira125923.jpg



バーサーカーは恐らくこのお方、ランサーは恐らくこのお方……だと思う
バーサーカーがこのお方だとしたら如何に唯一の攻略方法に気付けるかが鍵と見た
…となるとやっぱり仲間が欲しいなぁ


再開します

>>119
いい読みです。
バーサーカー化した再生アポロを連想して吹きましたw

>>120
恐ろしいほど前なので、今は3号や元山とは愚痴り合う友人です。

>>121
画像感謝です!(読みは大正解ですw)
仲間がいないと突破は無理に等しいので、どうするかが重要です。

タイガーロイド「マスター。ここは宝具を使用する。」

亜子「えっ、宝具!?」

タイガーロイド「それしか手がないと踏んだ。どの道、マスターはここで終わる積りなどないのだろう?」

タイガーロイド「なら、こいつを確殺できる算段が立つまでは・・・逃げに徹する。」

タイガーロイド「ならば、行くぞ!!」スッ!!(タイガーロイドが亜子を片手で抱え、両膝と片手を地面につける)

亜子「まるでマラソンのスタートダッシュ姿勢みたいやけど・・・何を始めるん?」

タイガーロイド「一か八かの博打だ。」

(タイガーロイドの背に巨大な砲塔が展開され、タイガーロイドがそれをバーサーカーに向ける)

タイガーロイド(今は当てる事は考えない。ただ、爆風に乗り離脱する事だけを考える。)

タイガーロイド(俺の望みは、こんな所で絶たれたら、駄目なんだよ・・・!)

土屋亜子 Turn 3 タイガーロイドの宝具【???】の命中是非 ↓1
1.直撃し、逃亡に成功(01~20)
2.外すも、5割の確率で爆風に乗じて離脱可能(21~00)

タイガーロイド「耳を塞げ!!」

亜子「~~~!!」(両手で耳を塞ぐ中、凄まじい爆音が響き渡る)

ドガンッ!!!、ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ!!

スッ!!(バーサーカーが空中に飛び、爆風圏外まで離れる)

タイガーロイド「しっかり、捕まっとけよ。少々、揺れるんでね!」

亜子「えっ、きゃあああああああ!!!」

(タイガーロイドが背で爆風を受け、その拍子で夜空に舞い上がる)

タイガーロイド「このまま、バーサーカーの索敵範囲から離脱する!」

亜子「それが出来ればええけど・・・できるん!?」

タイガーロイド「神にでも祈るんだな。あと、気をつけてないと舌を噛むぞ?」

亜子「あんたってサーヴァントは、全く・・・うわぁぁぁぁぁ!!」

---

バーサーカー「カァッ!?」(先ほどの地点に注意を向けるも二人がいない為、混乱している)

土屋亜子 Turn 4 離脱是非 ↓1
1.離脱成功(01~50)
2.離脱失敗、バーサーカーに再度捕捉される(51~00)

バーサーカー「カァァァァァァァァァァァッ!!!!!」

---

亜子「再度、補足されたわ!!」

タイガーロイド「全く、しつこい鴉だ。さて、どうするかな・・・。」

亜子「打つ手なしなんか!?」

タイガーロイド「こういった風に追い込まれるのは、初めてか?」

亜子「当たり前や!!こんな苦境に立たされると分かっていたら、私は・・・!」

タイガーロイド「戦闘とは不確実性の連続だ。その中で正解を選べた奴だけが成功する。」

タイガーロイド「今までの手段はあのバーサーカーには効かない。なら、どうする?」

亜子「どうもこうもあるわけないやろ!!逃げるしか!!」

亜子「私は、なんとしてでも聖杯が必要なんや!!」

タイガーロイド(まずいな・・・この講演中でやられた場合、半強制的にM-BUSに送られてしまう。)

タイガーロイド(勧誘権は野良サーヴァントに奪われる危惧もある。)

タイガーロイド(それだけは避けたい・・・何としてもな。)

---

ランサー「どう思う、マイマスター。」

心「うーん、スウィーティーには程遠いけど、覚悟は見せたな☆」

心「それにあの化け物には、勝てないって嫌という程分かっている筈だからね。」

心「はぁとの目的も遠しやすくなる筈!」

ランサー「僭越ながら・・・そんな事は・・・!」

心「マスターの決定だぞ、聞けよ☆相変わらず、堅物だな。」

ランサー「だが、奴らは私との決斗を投げた身・・・信用には値しない!」

心「でも、私のランサーはあんな奴らに遅れは取らないよね?」

ランサー「はっ。もし、奴らに不穏な動きがあれば、私が即刻切り伏せます。」

心「おっけー。なら、これで行こう☆」

---

ボギー「幸運と不幸は表裏一体。手を貸すかい?」

ほたる「そうですね・・・バーサーカーを倒す上でここは・・・!」

【安価】介入する勢力 ↓1
1.ランサー陣営(奇数)(こちらはランサーの気分次第)
2.キャスター陣営(偶数)(こちらは博打)

ほたる「手を貸しましょう。」

ほたる「どの道、私達だけではあんな規格外の敵は止められませんし・・・。」

ボギー「なら、宝具を使用する。」

ボギー「幸運、不幸の認定対象はあのサーヴァントでいいか。」

ボギー「作用点は、あの二人の近くの木々。バーサーカーの足止めをするほどの幸運。」

ボギー「それは、今晩であの英霊の持つ幸運を使い果たすと言っていい。」

ほたる「それでも、それも運命です。これは戦争なんです、から。」

ほたる「少しの不幸なら、人は乗り越えられる筈ですから・・・。」

ボギー「不幸を許容する。君のそういう所は嫌いじゃない。」

---

タイガーロイド「なんだ、・・・これは、魔力反応!?」

亜子「何が起こるんや!!」

土屋亜子 Turn 5 ボギーの宝具の効果↓1
1.タイガーロイドの幸運が一時的に最高まで上昇(偶数)
2.タイガーロイドの幸運が一時的に最低まで減少、絶体絶命(奇数)

コォォォォォォォォォ!!!(タイガーロイドの周りにオーラが現れる)

タイガーロイド「なんだ!?」

亜子「周りの木がまるで、トンネルみたいに変化したで!!」

タイガーロイド「成程、これならば・・・!!」(ショックグレネードを準備する)

タイガーロイド「離脱するぞ!!」

---

ほたる「バーサーカーの攻撃に対して、あの木々は超速再生を?」

ボギー「幸運の付与は成功したと見ていい。あれで生存はほぼ確定されたね。」

ボギー「・・・「今日」の所は。」

ほたる「残り少ない時間かもしれませんが・・・今はその時間に精一杯の幸運を。」

---

心「ランサー。あの二人、追えそう?」

ランサー「はっ、追えます。追って、今度こそ決斗を!!」

心(決斗しない方が絶対強いし、ここは状況次第で令呪でも使うか☆)

---

亜子「はぁ・・・はぁ・・・なんとか離脱できたみたいやな・・・!」

三影「そうみたいだな。」

亜子「最後、なんで撃たなかったん?」

三影「マイマスターの安否が最優先だからな。」

亜子「そうなんや、なんか気遣わせてもうたな。じゃあ、戻ろうか!」

土屋亜子 好感度+(倍率×3.8)↓1(バーサーカーからの逃亡成功)

土屋亜子 好感度 84+179=263/300

---亜子の家---

亜子「はぁぁ、生きた心地がせえへんわ・・・。」

三影「だが、中々に肝は据わっていた。」

亜子「そんな風に見えたんや?」

三影「ああ。あんな化け物相手にも一歩も引かなかった以上はな。」

亜子「まあ、撮影だから・・・というにしては爆風なんかもリアルやったし・・・。」

亜子「うーん。まあ、アーチャーを信頼しているって所かな。」

三影「信頼か・・・。ある意味、弱い言葉だが・・・今の君の言葉だ。受け取っておこう。」

三影(この家の中には現在撮影シーンは無かった筈。ここで、決めるか。)

三影(さて、どういう話題で攻めるかな・・・。)

土屋亜子 Turn 6 ↓1
1.ハロウィンイベントについての話題を振る
2.ニューウェーブについての話題を振る
3.亜子の夢について、聞いてみる

三影「今は撮影外だ・・・だから、少々世間話でもしないか。」

亜子「ええで。なんか、さっきの撮影で私も疲れてもうて・・・。」

三影「君は確か、土屋亜子ちゃんだったな。」

三影「自己紹介が遅れたな。私の名は三影英介。」

亜子「じゃあ、三影さん・・・適当に話題振ってええで。」

三影「では、君には辛い何かを思い出させるだけかもしれないが・・・。」

三影「SRプロに所属する身として、君がニューウェーブのその後についてどう思うか聞きたい。」

亜子「随分と唐突やな。」(一気に怪訝なトーンになる)

三影「まあね、村松さくらちゃんや大石泉ちゃんは我が社でも結構有名な存在さ。」

三影「片や我が社の重役の担当アイドル、片や様々な出来事の渦中にいたアイドルとなれば自ずと話題性は上がる。」

三影「ただ、彼女らは二人だけではニューウェーブの名を使おうとも考えない。」

亜子「そんなん、二人の勝手やろ・・・私に気を遣って使っていないとかっていうのなら・・・考えが浅いわ!!」

亜子「置いてかれて、ニューウェーブという居場所を失って、一番痛みを分かち合いたかった時に泉は私から離れていったんや・・・。」

亜子「そんな裏切りにあって置きながら、どう信用しろって言うんや!!」

三影「そうだな・・・。」

土屋亜子 Turn 7(ラスト)↓1
1.大石泉のその後の経過を語る
2.裏切りをも許せる度量を持つ事が真の強さだ
3.君の仲間は弱かった。だが、君は強かっただけの事だ

三影「君が裏切りと呼ぶそれが、本当に裏切りだとしたらの話だがな・・・。」

亜子「どういう意味や?」

三影「大石泉は常に自責の念を抱えていた・・・と言ったら?」

亜子「そんなのは、あんたの勝手な想像や!!」

三影「彼女がその自責の念で一時BOARD Productionに移籍したとしてもか?」

亜子「えっ、なんやそれ・・・?」

三影「大石泉はきっと彼女自身の中でも数多くの負い目を持っていた。」

三影「だから、そこを付け込まれ・・・彼女は君たち二人から遠ざかろうとした。」

亜子「ずっと、私だけ除け者にして・・・二人でいた訳じゃなかったんやな・・・。」

三影「解釈は自由だ。ただ、大石泉も、村松さくらも弱い身だ。」

三影「誰かが彼女たちの目線に立ち、彼女らを守らねばならない。」

亜子「三影さんは、私にその役割を押し付けようとしてへんか!?」

三影「君にしかできない事だからだ。君が想うよりも、人と人の繋がりは簡単には切れない。」

三影「それを君は知るべきだ。君も彼女たちと向き合わずには前には進めない。」

亜子「・・・。」

亜子(さくら、泉・・・・。私はどうしたらええん?)

土屋亜子 好感度+(倍率×1.2)↓1

最終結果:土屋亜子 好感度 263+74=337/300 Complete!!
勧誘フェーズに移行します

亜子「向き合った所で何が変わるん?」

亜子「私はもうあんな痛みは経験しとうないんや!!」

亜子「友達に置いて行かれて、居場所がなくなって・・・どうしようもなく寂しい・・・。」

亜子「あんな気分はもう沢山なんや・・・。」

三影「・・・だろうな。」

三影「だが君も分かっている筈だ。心の底で君たちはその考えを共有していた筈だ。」

三影「それがあの一回の失敗の所為で色々と3人とも見えなくなってしまった。」

三影「人は失敗をどうしても自分の所為として抱え込んでしまう弱い生き物だ。」

三影「それから逃れるために前に進んだ者、より多くの痛みを背負って答えに至った者もいる。」

三影「君は、どうしたい?ここで終わるか?」

亜子「私は、二人抜きで前に進めると考えていた。」

亜子「でも、私も心ではそれは違うってわかっている・・・。」

亜子「だから、私は・・・!」

勧誘成功率式:基本10%+好感度の1割の%+300到達ボーナス10%+再勧誘ボーナス20%+ニューウェーブの記憶20%
=10%+33%+10%+20%+20%
=93%
【安価】↓1 勧誘:コンマ 01~93(成功)、94~00(失敗)

亜子「私も・・・さくらと泉と同じ目線で向き合うべきやってやっとわかった。」

亜子「だから、三影さんさえ良ければ、私をSRプロに移籍させて。」

三影「いいのか?」

亜子「退路は断った方が丁度ええわ。」

亜子「それに三影さんが頼りになるんは・・・もう分かったことやしな。」

三影「そうか・・・では、今後の経過は聞いているな?」

亜子「ああ、聞いとるで。三影さんがやられたら・・・次の撮影に変わるんやんな?」

三影「ああ。体の輝きも消える・・・もう時間はない様だ。」

三影「では、また撮影の後で会おう。」

亜子「ああ・・・最後までありがとな。」

---

三影「さて、お前が来たか。」

ランサー「来たか、アーチャー!さあ、潔く私と決斗して貰おうか!」

心『令呪を以て命ずる。決斗なんかせずに、死角から一撃で殺せ☆』

ザシュッ!!

三影「ぐふっ・・・。お前・・・。」

ランサー「マスター・・・私の決斗に、我が誇りに、泥を塗るのか!?なぜだ・・・何故だぁぁぁぁ!!」

三影「難儀な物だな・・・サーヴァントってのは。」

三影「今回は俺が不運だっただけだ。だが、俺のマスターだけは見逃してやってくれ。」

三影「頼んだ、ぜ・・・。」

シュンッ!!(三影がM-BUSに転送される)

ランサー(やれやれ、勧誘成功者は最後の二人以外、退場させねばならない・・・。)

ランサー(先が思いやられる物だ。)

---

【安価】次の勧誘対象 ↓1
1.佐々木千枝@アサシン
2.白菊ほたる@キャスター

今日はここまで
次はほたる&ボギーですか(運勢に大きく左右される勧誘なので、運が悪ければボギーは死にます)(*野良サーヴァントが出ればワンチャンは残ります)
三影はバーサーカー戦でのダメージ、及び幸運の代償の不運が発動していたので、どの道、次の日でアウトでした。
まだ、セイバーとライダーが出ていないのでまだまだ講演は続きます。


亜子ちゃんいらっしゃい!
後はライダーとセイバーか
Xが何が何でも千枝ちゃんに近づくって言ってたから
自分をライダー枠にねじ込んで来そう
居そうな勢力は工学研究所かレジスタンスだけども

乙です
三影さん、勧誘成功おめでとうございます!!
亜子の事も三影さんなら安心できますね

亜子ちゃん、ようこそSRプロへ!
この講演が終わったら、タイタンや歌舞鬼の主導で歓迎会&ニュージェネ再スタート会が行われたりしそうですね!!

残るはセイバーとライダー……どちらもXやグレイブが入り込めそうなクラスなんですねw
これはボギーとNo.2、本当に頼んだよ!

Xやグレイブがサーヴァントとして来た場合 も退場時Mバースへ転送なの?
ならもうそのまま幽閉しちゃっていいんじゃ(ゲスの発想)
まあそうは問屋がおろさないだろうが

乙です

めでたや、めでた
ようやっと亜子が…!
やっぱり一緒がいいやね

そう言えば確か不幸補正は茄子さんとボギーで片面ずつなら消せたような気がするけど…

再開します

>>158
いい読みです。No.2が倒すべき敵となります。

>>159
漸くニューウェーブの完成ですねw
相当厳しい戦いとなるので、ライダー、セイバーをどうするかは安価次第です。

>>161
それは敵の消耗度合いにも依りますが、一応可能です(ただ勘付かれた場合が面倒)

>>162
茄子さんの手で片面(+1)は既に相殺されています(>>116参照)
ボギーの運勢操作でもう片面の状況が決まります(Turn 7で抑制できたのなら、千枝ちゃん勧誘は通常通り行われます)

---後日、路地---

笠原「戻ったか、マスター。」

ほたる「はい。どうやら、アーチャーがやられた様です。」

笠原「奴の死の運命を引き延ばしてやったんだ、こちらは賞賛されるべきだ。」

笠原「だが、問題点は二つほど残る。」

笠原「一つは、アーチャーを完封したバーサーカーに勝たねばいけない点。」

笠原「二つ目は、マスター。君の不幸は絶望的な物だ。不用意に動けば、アサシンに即刻討たれても納得がいくレベルのね。」

ほたる(講演でもいつも通りの私で演じればいいわけですね・・・。)

ほたる(でも、どこかで見ているかもしれないモバPさんの為にも笑顔で!!)

笠原「さて、我々は単純戦闘よりも謀略を主とする戦い方の方が好ましい。」

笠原「よって、我々が打つべき手はこれになる。」

白菊ほたる 初期好感度 ↓1
不幸抑制:50以下で残機成立(ゾロ目-1も抑制)、その他で不幸(ゾロ目で即死)↓2(1 Turn毎にリセット(7回))
白菊ほたる Turn 1 打つべき手 ↓3
1.アサシン陣営を味方につける為、敢えてほたるを連れて人気のない場所を徘徊
2.戦闘行動が見られた裏山の戦闘現場に向かってみる
3.聖杯戦争の監督役の神父に会いに行く

今はここまで(更新はもしかしたら、明日)
ボギーの勧誘はコンマ次第です(生き残って憑りついたとしても、勧誘は不可⇒野良サーヴァントに勧誘権が行きます)
死んだ場合は、直近の不幸抑制が適応されるので、ファインプレーで生き残る事も可能です(現在は18%で即死)
今回のTurnはかなり重要になります。

白菊ほたる Turn 1 打つべき手 ↓1
1.アサシン陣営を味方につける為、敢えてほたるを連れて人気のない場所を徘徊
2.戦闘行動が見られた裏山の戦闘現場に向かってみる
3.聖杯戦争の監督役の神父に会いに行く

乙です
ボギー、本当に頼んだぞ!!
今回でほたるの勧誘の成功と合同イベのジンクスを破りたいですね

乙です

今のところ勧誘で名前が出ていない原作で再生怪人軍団を指揮した事がある連中(トカゲロン、ドクトルH、ZX版トカゲロイド及びヤマアラシロイド)に怪人蘇生能力を付与する事って可能なのでしょうか?


選択肢としてやられそうとなったら令呪撤退ってできるの?

再開します

>>169
ほたる勧誘がこの講演中に成功しない事=346での死者の激増なので、ボギーの責任は大です。

>>170
隠し付与はされているので、選ばれれば発動します。

>>171
マスターと離れた位置にいて負けそうになった場合は可です。

---教会---

ロシュオ「幸の薄そうなその面持ちとその令呪。成程、英霊の召喚には成功した様だな。」

ほたる「相変わらず、凄い気迫ですね・・・。」

ロシュオ「これは手厳しいな。私はこの聖杯戦争を監督する立場に過ぎないというのに。」

ロシュオ「だが、来た以上は多少なりとも話し相手ぐらいにはなろうではないか。」

ほたる「有難うございます。」

ロシュオ「この教会は絶対不可侵の中立地帯。いかに不幸を背負いし君でも、キャスターを連れていない事は賞賛に値する。」

ほたる「当然です、今日は話し合いに来たんですから。」

ロシュオ「話し合いか。良いだろう、今宵はどの様な相談事を持ってきた?」

ロシュオ(・・・彼女の不幸は、より濃密な愉悦をくれる事だ。)

ロシュオ(今は、それに甘んじておくか・・・。)

ほたる「えっと、今日はこの一件について話し合いに来ました。」

不幸抑制:50以下で残機成立(ゾロ目-1も抑制)、その他で不幸(ゾロ目で即死)↓1
白菊ほたる Turn 2 話し合う内容 ↓2
1.自身の聖杯戦争における不幸について
2.他のサーヴァントに会えそうな場所
3.自分が生き残る上での最適な道筋

ほたる「色々と考えたんです・・・それで、身勝手な話なんですが・・・。」

ほたる「神父様、この聖杯戦争中の私の不幸な身の上話を聞いてはくれませんか!?」

ロシュオ「なぜ、その考えに至った?」

ほたる「私はこの聖杯戦争を勝ち抜きたいんです・・・だから、その為の願掛けです。」

ロシュオ「私に不幸を話す事が願掛けとは、な。まあ、話して楽になるのであれば構わぬ。」

ロシュオ「奥に場所を移そうか。」

---

(数分後、ロシュオが作った麻婆豆腐を前に二人が食卓に着いている)

ロシュオ「ほう、それで聖杯戦争が始まってすぐにライダーに襲撃されたと?」

ほたる「本当に生きた心地がしませんでした・・・。」

ロシュオ「であろうな。サーヴァントを手にいれてすぐに襲撃されるとは流石の不幸。」

ロシュオ「だが、それも今はなりを潜めているようだが・・・?」

ほたる「幸運喫茶という喫茶店があって、そこに向かったら・・・不思議と襲撃が止んだんです!」

ロシュオ「幸運喫茶、とな・・・?良かったではないか、不幸から解き放たれて。」

ほたる「これで漸く、私にも勝てる気がしてきました!」

ロシュオ(私の愉悦を邪魔するのであれば、それ相応の手は打たねばなるまいな。)

ロシュオ「ふふっ、だが君の面持ちからして君は不幸に見舞われず、逆に不安そうだ。」

ほたる「分かりますか・・・?」

ロシュオ「それはな・・・。では、こんな事はどうだ?」

ほたる(どうしよう・・・この麻婆豆腐・・・。)

【愉悦安価】↓1
1.神社へ参拝に行かせる(5割の確率でサーヴァントと遭遇)(01~20)
2.アイドルのイベントに行かせてみる(ランサー陣営)(21~40)
3.裏山に厄落としの達人がいると嘘を吐く(バーサーカー陣営)(41~60)
4.どうせ見つからぬだろうが、四葉のクローバーを探しに行かせる(61~80)
5.???(81~00)

白菊ほたる 好感度±(麻婆豆腐への感想)↓2(奇数で上昇、偶数で減少)

白菊ほたる 好感度 25+75=100/300

ほたる(物凄く辛いです・・・でも、それだけじゃない・・・。)

ほたる(辛いのに、凄く味わい深い・・・!?)

ロシュオ「・・・麻婆豆腐。ただ唐辛子がぶち込まれた一見、雑な料理にも見えるが・・・。」

ロシュオ「豆腐を口に含んだ瞬間・・・舌を焼く刺激が堪らない味覚を齎す。」

ロシュオ「そう、辛さこそ至高!辛さこそ、究極の味覚!」

ほたる「はい、なんか不幸じゃないみたいです!」

ロシュオ「!?・・・そうか、それは何よりだ。だが、君が不幸ではないと言い張るのは聊か早くないか?」

ロシュオ「そうだな・・・神社などに参拝に行き、その身の不幸を拭ってはどうかな?」

ほたる「神社ですか・・・?」

ロシュオ「ああ。この場所に私が勧める神社がある。宗教媒体は違うがな。」

ロシュオ「聖杯戦争は信仰を押し付ける場ではないが・・・不幸などという不明瞭な物は神の手に委ねるのも一つの答えだ。」

ほたる「成程・・・!」

ロシュオ「さあ、今は思う存分、麻婆豆腐を食べながら、君の他の不幸についても聞かせてくれ。」

ロシュオ「聞く事で君の重荷も軽くなろう物だ。」

ほたる「はい、お願いします・・・!」

---

ボギー「口元がやけに赤いな・・・マスターよ。」

ほたる「不幸なんれしょうけど、なへか幸せれす・・・。」ヒリヒリ(舌が辛さで回っていないが、笑顔)

ほたる(さて、神父様に勧めて貰った神社に向かうとしましょう!)

不幸抑制:50以下で残機成立(ゾロ目-1も抑制)、その他で不幸(ゾロ目で即死)↓1
白菊ほたる Turn 3 ↓2
1.サーヴァントに発見される(偶数)
2.平和に参拝する裏で、戦闘が動く(奇数)

---神社---

ザァァァァァァァ!!(雨が静かに降り頻る中、傘を差した二人が神社の境内に向かう)

チャリンッ!!(ほたるが5円玉を投げ入れ、参拝する)

笠原「感心な物だ。幸運と不幸などは表裏一体の物に過ぎないというのに。」

ほたる「それなら、それでいいんです。私は神父様から不幸をこれで拭えると聞きました。」

ほたる「なら、それを疑うのも野暮という物です。」

笠原「君は、不幸の陰で育った割には疑いようも少なく純真無垢だな。」

笠原「不幸を甘んじて受け入れ、認める。それを疑おうともしない。」

笠原「これでは、君が不幸を背に、道化を演じているといっても通じるぞ?」

ほたる「どうなんでしょう・・・私にとっての望みを与えてくれた人はもういません。」

ほたる「あの人の存在に比べたら、その他の不幸なんて些末な物に思えるんです。」

ほたる「だから、私は思うんです。ああ、こんなのはあの人がいなくなった事に比べたら・・・。」

ほたる「・・・何の事もない不幸だと。」

ほたる「たとえ、その不幸に道化として踊らされていようと・・・私がそれを真の不幸と認識しない限りは、それは単なる不幸なんです。」

笠原「程度の差という事か。」

ほたる「だから、この聖杯戦争を通して、本当に一つ願いが叶うのなら・・・。」

ほたる「私は・・・。」

ガサッ!!

ライダー「見つけたぜ・・・キャスター。」

ほたる「貴方は・・・ライダー!?」

笠原「さて、一日目の夜の続きをしに来たのか?」

ライダー「見つけた以上は、容赦はしない・・・!」

ライダー「大変身!」

ボギー「マスター、指示を。」

ほたる「はい、では・・・!」

不幸抑制:50以下で残機成立(ゾロ目-1も抑制)、その他で不幸(ゾロ目で即死)↓1
白菊ほたる Turn 4 ↓2
1.ライダーの幸運を操作する(博打)
2.ボギーの能力で翻弄する
3.取り敢えずは距離を取る

今日はここまで
主観となる陣営の裏でも戦いは行われ、時間軸は並行しています。
ボギーの場合は、幸運操作以外の目立った能力がないので、後は槍での直接戦闘となります。
幸運操作は成功すれば、相手を脱落寸前まで追い込めますが・・・失敗すれば高確率で殉職する博打です。

乙です
ほたるちゃん、麻婆に目覚めたり……は流石にないかなw

ライダーはXとなると、セイバーは誰になるだろ?
とりあえず、何とか生きて逃げ延びれると良いが……!!
此処で時間を稼いだりしたら、バーサーカーとかランサー辺りが乱入して、Xに襲いかかってくれないだろうか?
そうすれば、その隙に逃げたり出来るんだが……!

ふと、鯖を呼び出せる鯖が呼び出した鯖にゼロノスを起用したいと思ったりした
もちろん、ゼロノスのカードを使いきるつもりで、ゼロノスの変身者の侑人は映像に映らせないようにしてw
いや、流石にそれは愉悦過ぎるだろうか?

とりあえず、裏側でアサシン以外のどのサーヴァントが脱落してたりするだろうか?
この後の展開を楽しみにしています!

乙です
好感度コンマは中々良い感じ
これ千枝ちゃんと会う前にXライダー倒したら 目論見崩せるか? まあ今は何よりほたるちゃんの勧誘だが。

不安な事が2つ
一つは彼女が459時代のモバPの担当な事で例のあれが来るか否か
もう一つは今346へのパイプは専務が彼の黒包丁に惚れ込んでいるのが大きい事
まあ後者はあのライダーが彼が勧誘に来た時間軸を知らないと危機は訪れないが
どっちも対策とりたいけど

乙です

セイバーが残機ぶち抜き帝王さんとケンジャキかのどちらなのかはたまた別の誰かなのかそれが問題だ

電王が行動に移す前にさっさとクモナポレムン辺り使って捕獲しておきたい(幸いクモロイドの遺産は残ってるし)
執念は……コンマ神に祈るしかない

電王、クモナポレオン2号辺りに捕獲させるのが楽かな
弟がSRプロに来てくれればとときんも喜ぶだろうし

しかし、本腰を入れてモバP復活は狙った方が良さそうだな
ブラック将軍達やカミキリキッド、ザンジオーやドクトルHを積極的に使用していくべきか?
後、モバPって復活したら無条件でSRプロに入るかが気になる所だな

それと、クロックダウンシステムの完成やスバットの対処、校長の救出とかも狙ってはいきたいね

仮に電王SRプロに一回お迎えできた場合も、ゼロノスの惨状は絶対見せちゃいけないけどもどうしよう
良太郎洗脳なんてしたら、とときん普通に気づいて 永遠にSRプロと袂分かつレベルだろうし

ベルゼバブ殉職、魔翌力吸収、魔法解除等で洗脳は解除されるだろうけど…
いっそ別の洗脳で洗脳打ち消しちゃう?

再開します

>>190
千枝ちゃんはゲスくいける枠なので、ショッカーライダー(+気配遮断)というチート級の暗殺集団を操れます。
ゼロノスを講演で使えば、使った分だけ存在の消滅を早める事になります。

>>191
例のあれはTKRなどに丸投げしますw(以前の合同イベントでは、モバPはテラーさん、楓さんに無力化され未発動)
電王が生簀について知った場合は、捜査が開始されます(不幸中の幸いは変身もせず、料理だけして帰った事)

>>193
セイバー枠は50-50で配役を2名考えています。安価で決めます。

>>194
変態は死地にて輝くので、ドクトルHを使用するのも手です。
それらも全部フラグです(YSZ、警察、3.8(ダディ覚醒後)が有用です)

>>195
ハイライトオフの愛梨を見たい方はそのルートを選ぶ事もできますが、非推奨です(シンデレラガールには配慮すべき)

>>196
ベルゼバブの一存で行動ができなくなりますが、桃華から忘れられた事を知り、絶望させるルートも可です。

ライダー(俺はこの講演で、千枝ちゃんを救う為なら手段を選ばないと誓った・・・!)

ライダー(その為に俺は自分をこの聖杯戦争とやらにねじ込んだ・・・。)

ライダー(敵は撮影用の怪人なんだろ?なら、大人気ねえが全員気絶して貰うぜ!!)

ライダー「ライドルスティックッ!!」

スカッ!!(ボギーが空中を浮遊し、ライドルの一撃を回避)

ライダー「何っ・・・!?」

スカッ!!、スカッ!!(ボギーが神社の境内を自由に浮遊したり透過したりしながらライダーを翻弄)

ライダー「馬鹿な・・・!!貴様、ちゃんと戦え!!」

ボギー「ライダーを相手に馬鹿正直に戦うサーヴァントはいないですよ。」

ボギー「だが、貴方の相手は骨が折れそうだ。この辺り一帯を不幸化してみますか。」

ライダー「不幸化?ふん、所詮は公演内の能力だ!そんな物で俺は倒せん!!」

ボギー「それはどうですかね?」

---

ほたる「神父様のいう通りなら、不幸は抑制されていますよね?」

ほたる「なら、キャスターさん!宝具を使って下さい!!」

---

ボギー「承知した。」コォォォォォ!!

ライダー(俺は飛び入り参加の為、宝具とかは知らんが、要は殴り倒せばいいんだろう!!)

ライダー「クルーザーァァァァァ!!」

不幸抑制:50以下で残機成立(ゾロ目-1も抑制)、その他で不幸(ゾロ目で即死)↓1
白菊ほたる Turn 5 ボギーの「運勢操作「幸不反転」」
Xの基礎運勢(50以上の場合反転され、Xが他サーヴァントに襲撃されます)(逆に幸薄かった場合は一転してピンチに)↓2

【不幸抑制:33】(一応50以下なので、ほたるのゾロ目-1は相殺、ボギーは即死)

ライダー「この体の輝きは・・・!これなら、行ける!!」

ボギー「あっ、やべっ。」

ライダー「うぉぉぉぉぉ!!真空、地獄車ァァァァァ!!」

(ライダーがボギーの身体を捉え、そのまま轢き殺す)

ライダー「Xキィックッ!!」ドッゴーン!!

ボギー「ぐぁぁぁぁぁぁ!!」(地面に落ち、消えかかる)

ほたる「えっ・・・。」ガタガタ

ボギー(まだ分裂する手がある!それで・・・!)

ライダー「死ねぇ!!」

ボギー(あれ、分裂できない・・・うわぁぁぁぁ!!)

ドッゴーン!!(ボギーが吹き飛ぶ)

ライダー「あの黒い服の子はどこだ・・・!?まあ、いい・・・ここは戻るか。」

---

ほたる「キャスターさん・・・どうして・・・。」

ほたる「やっぱり、私が関わった所為ですよね・・・。」

ほたる「私なんかが関わっちゃって、ごめんなさい・・・。」(ハイライトオフ)

白菊ほたる 好感度-(倍率×3)↓1

白菊ほたる 好感度 100-297=-197/300【特殊ルール1発動】(対象はNo.2)

---撮影現場---

木場「あの銀色のライダー・・・千枝ちゃんを探していると言っていたな。」

木場「留意はしておくべきだろうね。」

木場「さて、千枝ちゃんの様子を見に行くとしようか・・・。」

---

ショッカーライダーNo.2(以後No.2表記)「順調だな。」

No.3「俺達に気配遮断が付いた以上は・・・最恐だ。」

No.4「小梅ちゃんも話し相手が欲しいだろうし・・・戻ってきたエイドクガーの為の祝杯を挙げるべき時だ。」

No.5「俺達は個々に圧倒的な能力を保有している。」

No.6「千枝ちゃんの為に全力で行くぜ。」

No.1「おい、お前等・・・敵だ、あれは・・・仮面ライダー!?」

No.2「なぜ、このタイミングで・・・!?俺が行こうか?」

No,3「いや、お前はこの講演のショッカーライダー代表だ!ここは俺が行くぜ。」

No.3「気配遮断スキルさえあれば、どうにかできるやもしれない!」

---

木場「君のその姿は・・・千枝ちゃんが前に書いたお爺さんの写真にそっくりだ。」

木場「そうやって、彼女に取り入ろうとしたのか?」

No.3「そんな気はない。偶然の一致だ。」

木場「普段なら、信じてあげたい所だけど・・・今の僕は、些細な過ちも犯したくない。」

木場「自分が救うと約束した少女一人、ちゃんと見守れていなかったしね・・・。」

木場「さて、他に言い残す事はあるかい?」

No.3(こうなったら・・・!)

【生存安価】↓1(この安価でセイバー枠も決定)
1.No.3がオーガ(残機貫通)に討たれる(奇数)
2.No.3が機転を効かせて、「ムラクモ」の話を木場に伝える(偶数)

No.3「ちょっと、待ってほしい・・・君はYSZの木場社長だろう!?」

木場「そうだが?」

No.3「我が社の杉浦雄太から話は聞いている。御社が急進派テロリスト集団「ムラクモ」から蒙った被害は聞き及んでいる。」

No.3「我々もその様な輩を許しておく気は毛頭ない。」

木場「それで、だからこそ手を引けと?」

No.3「逆だ。我々の手助けをして欲しいのだ。」

木場「手助け?」

No.3「この聖杯戦争の裏では、「ムラクモ」の陰謀が色濃く動いている。」

No.3「我々も仲間を殺されていてね・・・「ムラクモ」の飼い慣らした、新たな猟犬「赤い通り魔」には手を焼いている。」

木場「赤い通り魔・・・今やX Productionの陰で暗躍する存在か。」

木場「僕の善意ある協力者も京都でそれらしき存在を確認したと言っていた。」

木場「では、仮にその存在がムラクモだとして・・・誰がその敵を裏で操っている?」

No.3「それが、346プロにいる「とある事務員」・・・と言ったら?」

木場「・・・。詳しく話を聞かせて貰おうか。」

---経過説明中(詳細はEpisode 139へ)---

木場「それで君はその「ちひろ」なる存在が、ムラクモと繋がっていると?」

No.3「ああ。それで彼女は一度標的と決めた対象は逃さない筈だ。」

木場「では、千枝ちゃんが危ないと?」

No.3「その通りだ。だから、貴方にもこの講演に出て貰いたい。」

木場「社長という立場でそれは難しいな。」

木場「だが、僕はもう間違えたくはない。千枝ちゃんに迫る影がある以上は・・・君達に手を貸そう。」

木場「この講演、最後のサーヴァントとしてね。極力、帝王のベルトは極力使わずに置こうか。」

木場「では、裏での密約は抜きで同盟構築から始めようか。」

No.3「了解した。」

【安価】セイバーのマスター(モバマスアイドル、準主役ポジへ)↓1
アイドルのコンマで役回りが決定
1.機械工学研究所(01~50)
2.レジスタンス(51~00)

---千枝の部屋---

千枝「アサシンさん。お早うございます。」

No.2「おはようございます、マイマスター。今日はどの様に行動なされますか?」

千枝(この人の近くにいると・・・お爺ちゃんを思い出して、どこか落ち着きます。)

No.2(ここは木場勇治と合流し、共に事に当たるのが、公演的にはスピーディーだが・・・。)

No.2(・・・こちらには数がある。)

No.2(並列し、敵の数を減らしていこうか。)

No.2「マイマスター、アーチャーに引き続き、キャスターが散りました。」

No.2「ここは敵も油断している頃合い。我々も動き出しましょう。」

千枝「そうですね。では、アサシンさん。私の護衛に2名。その他の行動に2名ずつ。」

千枝「そろそろ、数を減らしにかかりましょうか。」

千枝「千枝には叶えないといけない夢もある事ですし・・・。」

No.2「では、俺はマスターの護衛に当たります。今日は裏山方面に向かってみましょう。」

千枝「分かりました。」

No.2(さて、気配遮断を付けた暗殺集団の恐ろしさ、存分に見せつけてくれる。)

佐々木千枝 初期好感度(倍率×2.5)↓1(一文字に似ている補正)

佐々木千枝 Turn 1 アサシンの暗殺対象(フィンガーミサイル(麻酔)を使用)
1.ランサー陣営(マスター狙い)(01~25)
2.ライダー陣営(マスター狙い)(26~50)
3.バーサーカー陣営(マスター狙い)(51~75)
4.セイバー陣営との交渉に同席(76~00)
【安価】No.3&No.4 ↓2、No.5&No.6 ↓3

今日はここまで
木場と遭遇するという細い一本の線が繋がったので、セイバー枠はホースオルフェノクになります(オーガドライバーは宝具扱い)
ショッカーライダーの安定性は凄まじいので、No.2が討たれてもNo.3が続行するという鬼の様な堅牢さです(戦闘続行スキルで片づけられる人海戦術)
この局面で殴り込みをかけてくるライダーは奴しかいないので、交渉の席で4対1でボコりましょうw(+マスターもNo.5、No.6に襲撃済み)
某魔術師殺しの様なゲス行動でも開始しますかw


Xも相手が悪かったね…

乙です
先ずは、ボギーに黒百合を捧げさせていただきます

ほたるちゃんの勧誘、今回はちょっと難しいかもしれないですね
とりあえず、バーサーカーのあのお方に色々と期待しておきますかねw

Xは幸運をボギーの時に使い果たしてしまったと思いたいね
これで、ライダーが退場になってくれると嬉しいけど……Xは戦闘続行のスキルを持ってそうで怖いな

木場さんの言ってる協力者はライダーマンの事かな?
それと、木場さんがちっひーをロックオンしたねw
これで、ΩvZXとかに発展してくれれば幸いなんだがなwww

さて……ショッカーライダー達よ、千枝ちゃん勧誘を頼んだぞ!!

元正義の味方志望の武神の養子は誰になるのかな…

ほたる、某ワカメみたいに神父に代わりの鯖を貰いに行ったりしないだろうか?
いや、流石にないか……

再開します

>>220
まあ、それもコンマ神の意向です(コンマ神は相変わらずドS)

>>221
戦闘続行するのなら、止めてしまえば問題は消えます。

>>222
そろそろ出て来ます。

>>223
勧誘が失敗したのなら、その√も一応、残ってしまいます。

【ゾロ目(77)発動】(任務放棄発動)(発動はまだ先)

---セイバーの拠点---

千枝「中々に閑静な場所ですね。」

No.1「だが、油断は禁物です。なにせ、ここは敵地。」

No.2「俺達が群体でなければ、取れぬ行動ともいえます。」

千枝「あれ、あそこに人影が・・・。」

木場「ようこそ、来るのを待っていたよ。」

千枝(えっ・・・木場さん!?いけない、公演に集中しないと!)ポカン

千枝(でも、木場さんが気にしていないという事はこの人達も信用してもいいのかな?)

No.2「お前がセイバーか。」

木場「僕は表立って戦う気はない上に、君達からは敵意を感じない。」

木場「ならば、ここはマスター同士の話し合いで片がつく方がいい。」

木場「屋敷の奥に、マスターが待っている。着いてくるがいい。」

---

No.2「中々の屋敷だ。」

木場「マスターから聞いた話によると、この屋敷は「正義の味方」を志していた彼女の父の物らしい。」

木場「特に外界から閉ざされた訳でもなく、来る物は拒まない。」

木場「中々に大らかな作りだと言ってもいい。」

千枝「・・・確かにどこか落ち着きますね。」

木場「さて、この先でマスターが待っている。」

No.2「そう簡単に俺達を信用してもいいのか?」

木場「暗殺目当てなら、気配遮断を使わずに正々堂々と入ってくる自体にメリットはない。」

木場「それを敢行した時点で、ある程度の察しは付くさ。」

木場「さて、ここから先は話し合いだ。サーヴァントは席を外そうか。」

No.2「了解した。」

---

佐々木千枝 好感度+(倍率×1.1)

佐々木千枝 好感度 195+72=267/300

---大広間---

巴「来たのう・・・。」(静かに緑茶を飲んでいる)

千枝「貴方がセイバーのマスターですね。」

巴「うむ、うちは村上巴という者じゃ。」

千枝「佐々木千枝です。」

巴「名を明かし、互いにサーヴァントも近くにおる事じゃ・・・ここは腹を割った話し合いといこう。」

巴「たとえ、後々殺し合う事になろうとも後腐れなくやるんがうちの性分じゃ。異論は?」

千枝「ふふっ、異論はないです。」

巴「ではまず、ここに来た訳を聞こうか。」

千枝「貴方も察しは付いている事と思いますが、今回の聖杯戦争・・・バーサーカーを討たない事には私たちの悲願などは成就しようがありません。」

千枝「共通の敵がいる以上・・・一度、手を取り合い・・・共に事に当たりませんか?」

巴「まあ、現にアーチャーが討たれ、キャスターも討たれた。」

巴「となると、なぜうちに助力を求めてきた?」

千枝「千枝はアサシンさんをただ休ませていた訳ではありません。」

千枝「情報を入手し、敵の動き方にも目星を立てています。」

巴「というと?」

千枝「残っている陣営のうち、ランサー陣営のマスターは勝利に固執する為、裏切りの可能性が高いです。」

千枝「ライダー陣営は、こちらの個人的理由で距離を置きたいと考えています。」

千枝「だからこそ、残った貴方方の動向を注視し・・・ここに決めた訳です。」

千枝「なにせ、貴方は「正義の味方」を目指されているそうですね。」

巴「そうじゃ・・・なにか可笑しいかの?」

千枝「いえ・・・千枝はそういう正義に走る生き方は嫌いじゃないです。」

千枝「だから、貴方方に話を打診する価値があると見たまでです。」

巴「それは言い換えれば・・・うちから普通に殺す以上の価値が見出せたという事じゃな?」

千枝「・・・解釈はお任せします。それで、受けて頂けますか?」

巴「・・・お前は、敵地にも関わらず馬鹿正直に話を通しに来た。」

巴「うちはそういう馬鹿みたいな行動は嫌いじゃない。」ニッ

千枝「では・・・。」

巴「まあ、そう急くな・・・。その前にしておくべき重要な話がある。」

巴「うちが聖杯戦争に入った理由じゃ。それは全て・・・バーサーカーのマスターを殺す為じゃ。」

千枝「私怨、ですか。」

巴「そうじゃな、傍からみればうちの正義も私怨となり得る。だが、うちはこれを善行と信じて、疑う気はない。」

巴「・・・身を律するんに手一杯になるほどの憎しみというんは・・・そう簡単には切れぬ物じゃ・・・。」

巴「なんせ、うちの親友の全てを奪い、苦しめおった奴が・・・バーサーカーの裏におると知った。」

千枝「奴?」

巴「金に目が眩んだ亡者・・・人を人として見ずに、単なる使い捨ての道具として見る。」

巴「そんな任侠道を踏み外した外道じゃ。」(目が完全に座る)

巴「・・・うちは昔、アイドルという物を志しておった時期があった。」

巴「だが、楽しさの裏で奴の撒いた毒は静かにうち達を追い詰めておった。」

巴「うちはそれに気づきながらも・・・それをただ自分の未熟さゆえの事として片づけてしもうていた。」

巴「その甘さの所為で・・・うちの親友は・・・。誰よりもアイドルを志していたあいつは・・・。」

巴「・・・夢を断たれた。」

巴「裏山の向こうの繁華街には、人に余り知られていない場所がある・・・。」

巴「人からはスラムと呼ばれ・・・そこに住む人間も、苛酷な運命を背負わされておる。」

巴「・・・辛い話じゃ。それでも聞くのか?」

千枝「当然です。ただ、その前に貴方が私怨を抱くその相手の名前を聞かせて頂いても?」

巴「ああ、そうじゃな・・・奴の名は・・・。」

【安価】ライダー怪人、またはモバマスアイドル(ゲス枠)↓1
【安価】モバマスアイドル ↓2(設定上、苛酷な役回り)(巴の親友ポジ)

巴「奴の名は、ナイフ眼魔。・・・陽気な言葉遣いの裏に毒を撒き、静かに人が壊れていくのを見て楽しむ外道じゃ。」

巴「うちも、一度は奴の口車に乗せられてしまい・・・奴の見せる幻想に踊らされていた。」

巴「奴の見せる夢は・・・例えてしまえば、砂上の楼閣に似たようなものじゃ。」

巴「存在する様で存在しない・・・気付いた時には全てを失っておる。」

千枝「それで、その話がどの様に聖杯戦争に繋がるのですか?」

巴「そうじゃったな・・・。これは、全て奴が聖杯戦争の為に描いた壮大な絵図の上で行われた事じゃった・・・。」

巴「アイドルとしてうち達を利用し、裏で聖杯戦争の為の莫大な資金を集める。」

巴「その為に私たちは奴の用意したドリンクを与えられ・・・奴の作り上げた偽りの上で、必死に夢を追った・・・。」

巴「だが、トップアイドルに近づいた存在が抱く夢や、奴に対する親愛の情・・・。それは、魔力材料としては最高の純度を誇る物じゃった。」

巴「夢を掴み・・・幸せの絶頂にいる少女を実験材料として奴は扱い・・・。」

巴「奪い取るべき魔力を全て奪い、ボロボロになってしまった彼女らを・・・。」

巴「何の躊躇いもなくスラムに落とし、次の瞬間にはそれを平気で忘れている様な外道じゃ・・・。」

巴「うちにはそんな奴が・・・許せん・・・許せんのじゃ・・・!」

千枝「・・・その男は、聖杯を得て何を得る積りですか?」

巴「さてな・・・うちには奴が単なる快楽殺人者にしかみえぬ。」

巴「だから、うちは奴が執心しているこの聖杯戦争で奴を殺し・・・奴の道具にされている子達を全員救い出す覚悟でおる。」

巴「奴は、表向きは美辞麗句で語れるような奴を演出しておる。」

巴「よって、私の行動は世間一般では悪として語られてもおかしくはない。」

巴「じゃがのう・・・うちの「正義」は奴を叩き潰せというておるんじゃ。」

巴「何人もの少女らが見ている偽りの夢を壊し・・・本当の夢を見れるようにする事。」

巴「それこそが、うちが麗奈にしてやれる最大の償いじゃ・・・。」

ドッガーン!!(爆発が建物を震撼させる)

巴「なんじゃ!?」

千枝「敵襲、でしょうね。・・・でも、想定の範囲内です。」

千枝「・・・正義と悪の違いなんて立場によって簡単に変わります。」

千枝「貴方の言葉に嘘はない・・・。ならば、それに準じるのも一つの答えです。」

千枝「何が正しいのかは自分が決めればいいんですよ。」

千枝「悪に落ちねば、護れない物だってきっとあるんですから。」

千枝「千枝も・・・決して、正しくない道を今から歩みますので。」(ハイライトオフ)

巴「・・・。」ゾクッ!!

佐々木千枝 Turn 2 攻めてきたライダーに対する行動、台詞 ↓1、↓2
1.敢えて姿を見せた上で嘲笑する
2.人質がいるといって行動できないライダーを悲し気な目で蔑む
3.哀れですね、何もできない癖に・・・。といって、心を折る
4.貴方は無力ですよ。何もできない。何も変えられない。だから、私は貴方を見限ったんですよ。
5.人質を連れてきて、Xを追い詰めた後に令呪で自決させる

【ゾロ目(77)(66)発動:X ライダー激昂 No.2残機発動+チームワーク補正(No.4)発動】

ライダー「千枝ちゃんは、どこだぁぁぁぁ!!」

No.1「お前達、フィンガーミサイルだ!!」

No.2・No.3・No.4「OK!」ドドドドドドドドドッ!!

ライダー「お前等は・・・あの幽霊旅館の時の・・・!!」

ライダー「その姿で千枝ちゃんに近づいたのか・・・!」

ライダー「どこまで、彼女を苦しめたら・・・お前らの気は済むんだぁぁぁ!!」

ライダー「ライドル風車返し!!」

ゴォォォォッ!!(ライダーがミサイルの雨を弾き突撃する)

ライダー「貰ったぁぁ!!」

ギィンッ!!(ライドルが剣によって止められる)

ホースオルフェノク(激情態)「悪いが、こちらの同盟相手に対しての行動は我々への敵対と見なす。」

ライダー「貴様、その声は・・・YSZの・・・!?」

ライダー「お前か・・・お前が千枝ちゃんを・・・!!許さんっ!!」

ホースオルフェノク(激情態)「ああ。君が救えなかった彼女を・・・僕が救おうとして何が間違っている!!」

ギィンッ!!、ギィンッ!!!、ギィンッ!!

ライダー「俺は彼女を救う責務があるんだ・・・彼女のお爺さんは俺の恩人だ!!」

ホースオルフェノク(激情態)「そんな大義名分を並べた所で君に何ができた!?」

ライダー「うるさい!!お前達が彼女の心を折った癖に・・・一丁前に何かを語るなぁ!!」

ホースオルフェノク(激情疾走態)「なら、次元の違いを見せてあげるよ。」

ザザザザザザザザザザンッ!!!(超高速でライダーが斬り裂かれ、吹き飛ぶ)

ライダー「ウァァァァァァァァァァァ、貴様ァァァァァァァァ!!!Xキィックッ!!」

ライダー(涼子さん、霧子さん・・・俺はもう、誰も失わないと決めた筈だったのに・・・。)

ライダー(俺は少女一人も、護りきれないのか・・・!?)

ホースオルフェノク(激情疾走態)「悪いけど、隙だらけだよ。」

ザンッ!!(跳躍したホースオルフェノク(激情疾走態)にライダーが空中で斬られ、地面に落ちる)

ライダー「・・・まだ、俺は・・・。」

No.2「そこまでだ。こいつを見て貰おうか。」(携帯の画面に工学研究所に居るNo.5、No.6と眠っている少女が映し出される)

ライダー「そんな・・・俺のマスターを・・・。」

No.2「チェックメイトだ。抵抗した場合は・・・分かっているな?」

ドドドドドドドドドッ!!(4方向からライダーがフィンガーミサイルで撃たれる)

ライダー(どうする・・・!?どうすれば・・・この窮地を・・・!?)

千枝「哀れですね、何もできない癖に・・・。」(ハイライトオフ)

ライダー「千枝ちゃん!?・・・その言葉は俺に向けているのか!?」

千枝「他に誰がいるんです?」

ライダー「千枝ちゃん、君は騙されているんだ!!俺は・・・君に必ず笑顔を・・・!!」

千枝「綺麗事はもう沢山です。」

千枝「その言葉に千枝が何度希望を抱いたと思っているんですか?」

千枝「・・・なのに、貴方は貴方自身の憎しみで私の痛みを分かってくれようともしてくれませんでした!」

千枝「一番必要な時に貴方は千枝を見捨てたんです・・・・。」

ライダー「俺は・・・!」

千枝「この後に及んで、まだ言い訳をするんですか?」

千枝「・・・貴方は無力ですよ。何もできない。何も変えられない。」

千枝「そんな風だから、千枝は貴方を見限ったんですよ。」

ライダー「うあああぁぁぁあああぁぁぁぁぁぁっ!!!」(ライダーが千枝の方によろめきながら、走り寄ろうとする)

No.1~4「馬鹿め、隙だらけだ!!クアドラプル・ショッカーライダーキィックッ!!」

ドッゴーン!!(4方向からの蹴りが刺さり、ライダーが倒れ込む)

ライダー「嘘だ・・・嘘だって、言ってくれよ・・・千枝、ちゃん・・・。」

ライダー「ははっ、はははははははははっ・・・・!!」

(ライダーの視界が暗転する中、そのままライダーが別の場所に転送される)

【安価】M-BUS転送が不可能なので、Xが転送された場所 ↓1
1.346プロ、屋上(01~25)
2.まゆの部屋(26~50)
3.YSZ Production女子寮付近(51~75)
4.BOARD Productionの森林内(76~00)

---同時刻、まゆの部屋---

ガッシャァァァン!!

まゆ「誰ですかぁ?まゆのお部屋を荒そうとするのは?」

敬介「・・・俺を、俺を見捨てないでくれ・・・。俺は、俺は・・・。」

敬介「うぁぁぁぁぁぁぁ!!」

まゆ「あらぁ?凄く怖がっていますねぇ・・・大丈夫ですかぁ?」

敬介「君、は・・・?」(錯乱してまゆの事が思い出せない)

まゆ「まゆは、まゆですよ?」

敬介「なら、まゆ・・・君も俺を見捨てるのか・・・!?」

まゆ「いいえ・・・まゆは、自分を慕ってくれる人は無碍にはしませんよぉ?」

まゆ「まゆは貴方の事は見捨てませんよ。」

まゆ「なにせ、まゆは・・・探さないといけない人ができたみたいなので・・・。」

速水「かな・・・。・・・あ、りす・・・。」(目は虚ろで、頭が完全に白髪に変わってしまっている)

まゆ「あの人は、橘さんではなかった・・・だから、そろそろ本物を捜しにいく頃合いですねぇ・・・。」

まゆ(でも、この人はまゆを必要としてくれています・・・なら、その心意気を無駄にはできませんねぇ・・・。)

まゆ(これも全て、まゆの復讐に繋がる事なんですから・・・。)

---

今日はここまで
Xの心は完全に折られ、新たな心の拠り所に依存する形となります(モバPとは違う壊れ方)
まゆも流石に1年以上も校長と過ごす事で別人と認定したので、ダディを本格的に奪いに来ます(本公演後、5 Episodeで行動開始)
ビートライダーズホットラインにて、ダディが城乃内を撃破した流れをまゆが見て疑心が確信に変わった形です。
本公演はまだまだ続きます。


来るな こっち来るな(真顔)
これダディ覚醒急務ってレベルでないね
本編でダディ覚醒の大きなフラグあるっぽい事前言ってたのは
やっぱ美嘉姉かなぁ…
今回ので木場とそれ関係でも連携取る約束でもしないと5勧誘以内で確実に決めるのは難しいのかな?

まゆは確かアレキサンダー眼魂に精神汚染されてるらしいけど智絵里の時の違ってやってることがただ相手を討ち取るじゃなくて長時間監禁&洗脳なせいか 校長を助けなくちゃ!とは強く思えどまゆを(アレキサンダー眼魂から)助けなくちゃ!とは思えないっていう不思議


他の高難易度アイドルと違ってまゆの場合は複数の問題が絡んでくるからやっかいなんだよな
ダディへの執着、メデューサの件、SRプロへの逆恨みにアレクサンダー眼魂と、1度の勧誘で終わらせるには根が深い問題ばかり
アレクサンダー眼魂の情報を得ようにもノバショッカーフラグは1号撃破が条件だったはずだし、関係しそうな地獄大使は失踪中だし

そういえば1号ってどうすれば出現するんだろうか、滅多に見ないし

まゆ勧誘用の怪人をいくつか考えてみた

・レオゾディアーツ…愛が重い者同士多少の共感があるらしい&フォーゼ勢最強クラスの残機を誇る人
我望理事長の推進する作戦だし野心抑制も期待できる

・ジャベル・ジャイロ・シバルバ…それなりに戦えてアレクサンダーの存在に気づけそうな方々。だけど野心家っぽいシバルバはまゆに引き込まれる恐れが

・アイビーイマジン…契約者に笛木に成り済ましてもらう。仁藤経由で晴人が来る可能性があるからぶっちゃけ博打。

・ドグマログマ…立花のおやっさんのクローンで説得する。場合によってはミサちゃんの死を偽装することも

長々と書いたがアレクサンダーを取っ払うことが真の勧誘の始まりらしいからそれが最優先かな

地獄大使(オリジナル)と地獄大使(大杉漣)は別人扱いだから特に問題は無いかと
戦闘特化のを送り込まんとなあ…

おやっさんはまだ存命のはずだが黒松博士を応援に呼び出しそうな予感

1号のあの映画観てないんだけど 映画ではどうやってアレキサンダー眼魂取り除いたの?

乙です


ナイフ眼魔
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira126400.jpg


速水(公平)が監禁されてる部屋に速水(亮)もといXが…ただでさえ充実しまくっている戦力がさらに強化されてしまった
早くなんとかしなきゃ(使命感)

ままゆや美嘉姉に対しては
ダディ覚醒→確変ギャレン(ストーリー上重要な戦いには必ず勝つ)…がやっぱり切り札になったりするんだろうか
どちらも正攻法だと残機いくつあっても足りる気がしないから、裏技的な何かに期待したい……



再開します

>>242
アレキサンダー眼魂はかなり面倒なフラグになるので、解放まで行くと危険です。
千枝ちゃん勧誘が成功すれば、間接的に物事は運びやすくなります(講演中もYSZでは戦闘が続行中)

>>243
まゆ勧誘を進めれば、奴も引き寄せられて出てきます。
一号は警察関連で引き寄せられます(ここまで来た以上、もう片方のノバショッカー√の方が先に来そうですが)

>>244
眼魂を前にした野心家は野心が跳ね上がるので、自分を律せる何かがある怪人が最適です。
とりあえず、アレキサンダーを剥がせば勧誘のハードルは一つ消えます(メデューサ案件があるので、難易度の変動はほぼ皆無)

>>245
本スレでは同一人物想定で行きます。

>>246
地獄大使が外しましたが、色々あってウルガの手に渡りました。
(あの映画最大のツンデレは地獄大使)

>>247
画像感謝です!
速水ネタを見抜くとは流石ですw(まゆ勧誘時にXが死力を尽くして彼女を護りにかかるので、非常に厄介です)
確変があるので、ダディの活躍に期待したい物です(送り込む人員(能力ベース)でのみ解禁できる裏技もあります)
(残機は帯同している面々が一度は対応してくれるので、能力が優秀な弱い怪人を送り込む方が楽に進む事もあります)

---裏山近くの事務所---

ナイフ眼魔「・・・そろそろ、頃合いですね。」

ナイフ眼魔「バーサーカーを使い、数を減らしに行くとしますか・・・。」

ナイフ眼魔「どうせ、バーサーカーの魔力の糧は潤沢にあるのですから。」

ナイフ眼魔「さて、今日も最後の仕込みと行きましょうか。」

ナイフ眼魔「あの少女の抱く親愛の情を・・・全て奪いつくすとしましょうか。」

---

巴「あそこが奴のいる事務所じゃ。」

千枝「・・・サーヴァントを連れていくにしても、激突は必至。」

千枝「千枝たちの護衛は2名のアサシンさんに任せ、4名とセイバーでバーサーカー攻略に当たって下さい。」

巴「了解した。」

巴「では、突入を掛けるぞ!!」

---

No.3「敵はあのバーサーカーだぞ?やれるのか?」

木場「やるしかないのなら、やるまでだ。」

No.2「ああ、行くぞ・・・!!」

【自由安価】ナイフ眼魔の手で踊らされているアイドル ↓1

佐々木千枝 Turn 3 ↓2
1.バーサーカー戦を観戦していく
2.手筈通り、ナイフ眼魔を狩りにいく
3.ナイフ眼魔に騙されたアイドルを説得しに行く

千枝「ここは、時間との勝負です。一気に作戦を遂行しましょう。」

千枝「セイバーはバーサーカー戦に充てる為、ここは千枝を信用して貰うしかないですが。」

巴「うちはお前の覚悟を見た上でここに来ている。裏切られたのなら、それはうちの見る目が無かったという事じゃ。」

千枝「随分と思い切りのいい人ですね、では行きましょうか。」

No.6「証拠隠滅なら俺だ。今回は俺がお前を手伝うぜ!」

No.2「ああ、お前の溶解液は頼りになる。」

No.6「だが、マスター達を連れていく以上・・・油断は禁物だ。」

No.2「全く・・・敵の死ぬ瞬間が見たいというとは、困った執念だ。」

No.2「だが、それほどの執念なら、果たさせてやらぬのも癪だ。」

No.2「なんとしてでも、守り抜くぞ。」

No.6「ああ、当然だ。」

---

乃々「・・・何やら、辺りが騒がしいです・・・。」

ナイフ眼魔「どうしたんですか、森久保。」

乃々「あっ、社長・・・あっ、いえ・・・・なんか外が騒がしいと思って・・・。」

乃々「なんか、こんな遅いのにむーりぃー、って思って・・・。」

ナイフ眼魔「外が、騒がしい・・・?」(窓の外を眺めたナイフ眼魔の口元に不気味な笑みが浮かぶ)

ナイフ眼魔(敵から攻めてくるとは中々に面白い。ならば、迎え撃って差し上げますよ。)

---

バーサーカー「カァァァァァァァァァァァッ!!」(別ルートから事務所に接近する一行の前に現れる)

ホースオルフェノク(激情態)「一先ずは、君達は援護に回ってくれ。」

ホースオルフェノク(激情態)「あれの注意はこちらに引き付ける。」

No.1「了解した。だが、気をつけろよ?」

ホースオルフェノク(激情態)「分かっているさ。こんな所で僕は死ぬ気はない。」

ホースオルフェノク(激情態)「行くよ!!」

佐々木千枝 Turn 4 バーサーカー戦(攻撃が当たる箇所)
1.頭(01~20)
2.左肩(21~40)
3.右肩(41~60)
4.背中(61~80)
5.翼(81~00)

ホースオルフェノクの攻撃 ↓1
ショッカーライダーの援護フィンガーミサイル ↓2

【ゾロ目(88)発動】(50-50で殉職確率発生)

ホースオルフェノク(激情態)「むんっ!!」

ギィンッ!!(盾でバーサーカーの攻撃を凌ぎつつ、翼を斬り裂く)

バーサーカー「カァァァァァァァァァァァッ!!!」

ホースオルフェノク(激情態)「効いていないか。」

No.3「なら、これでどうだ!!」

スッ!!、ドドドドドドドドドッ!!(背後から、ショッカーライダー達がフィンガーミサイルを撃ちまくる)

No.4「駄目だ、全く効いていない!」

ホースオルフェノク(激情態)(敵にはどこかに弱点がある筈だ・・・。)

ホースオルフェノク(激情態)(いくら、英霊とはいえ・・・不死身であるわけがない。)

ホースオルフェノク(激情態)「先ほど、攻撃した部分は避けて攻撃するよ!!」

No.5「了解だ!!くっ、野郎め・・・なんて移動速度だ!!」

ホースオルフェノク(激情疾走態)「出し惜しみをする相手じゃないようだ。」

---

---事務所内---

千枝「別行動を取って、大丈夫だったんですか?」

No.2「敵は我々が潜入してきた事は読んでいる筈。」

No.2「ならば、二手に分かれて・・・その虚を突く!」

千枝「・・・分かりました、アサシンさんがそういうのであれば、それに乗ります。」

---

???「・・・。」

【生存安価】襲撃される対象 ↓1
1.No.2(残機使用済み、当たれば即死)(奇数)
2.No.6(残機使用可能)(偶数)

【ゾロ目(88)(チームワーク補正No.6残機発動)】

剣崎「・・・この講演、何かが怪しい。」

剣崎「ならば、俺は俺の正義に従うまでだ・・・桐生さんの様な犠牲を出さない為にも。」

剣崎「あれは、公演の参加者か・・・だが、あの風貌、捨て置けないな。」

剣崎「ヘシンッ!!」

【Open up】

グレイブ「うぉぉぉぉぉっ!!」

---

No.6「巴ちゃん、だったね。少し待っていてくれないか?」

スッ!!(No.6が溶解液で崖の上を通る渡り廊下に穴を空ける)

巴「何をしたんじゃ?」

No.6「邪魔者を狩る為の罠を張ったまでさ。さあ、行こうか!」

ドドドドッ!!(グレイブに向け、軽い牽制目的のフィンガーミサイルを撃つ)

---

グレイブ「攻撃!?・・・やはり敵か!!」

【MIGHTY】

グレイブ「このまま、この一撃で!!」

スッ!!(グレイブが穴に向かって走り込んでしまう)

グレイブ「ウェッ!?・・・ソリャナイレショ!?ウゾダドンドコドーン!!」

(グレイブがそのまま、裏山の斜面を転げ落ちる)

---

巴「なんか変な男の叫び声が聞こえた気がしたんじゃが・・・?」

No.6「気の所為でしょう、先を急ぎますよ。」

佐々木千枝 Turn 5 バーサーカー戦②
1.頭(01~33)
2.左肩(21~66)
3.右肩(41~99)
4.誰かがカイザーグロウの手で殉職(00)

ホースオルフェノクの攻撃 ↓1
ショッカーライダーの援護フィンガーミサイル ↓2

ギィンッ!!、ギィンッ!!

ホースオルフェノク(激情疾走態)「中々に素早いね。だけど、頭への直撃なら!!」

ギィンッ!!(ホースオルフェノクの魔剣がバーサーカーの顔に突き立てられる)

ホースオルフェノク(激情疾走態)「どうだ・・・!?」

バーサーカー「カァァァァァァァァァッ!!」

ホースオルフェノク(激情疾走態)「ぐっ!?頭を斬られても、動じもしないのか!?」

No.5「こなくそぉ!!」ドドドドドドドドドッ!!

No.4「落ちろやぁぁぁ!!」ドドドドドドドドドッ!!

No.3「空中を飛ばれている為か、ほとんど当たってないぞ!!」ドドドドドドドドドッ!!

No.1「怯むな、まだ負けた訳じゃない!」ドドドドドドドドドッ!!

ドゴーン!!(No.1のフィンガーミサイルがバーサーカーの右肩に着弾する)

バーサーカー「カァッ!?・・・アアアアアアアアアアッ!?」

ホースオルフェノク(激情疾走態)「怯んだ!?・・・そうか、奴の弱点は・・・。」

ホースオルフェノク(激情疾走態)「アサシン、奴の弱点は右肩だ!!」

No.1「そうと分かれば、もう手加減はしない!」

No.1「俺達が奴の動きを止める!!お前はその間に止めを頼む!」

ホースオルフェノク「了解した。」

---

---事務所内---

ナイフ眼魔「旗色が悪くなってきましたか・・・ならば、ここは強硬策に出るしかありませんね・・・。」

ナイフ眼魔「来なさい、森久保。」

乃々「どこへ行くんですか・・・まさか、今から仕事とか、むーりぃー!」

ナイフ眼魔「安心していいですよ・・・森久保はゆっくりしていればいいのですから・・・。」

ナイフ眼魔(さあ、彼女の親愛の情を・・・奪わせて頂きますか・・・!!)

---

千枝「いましたね。」

No.2「発見した以上は殺す。」

佐々木千枝 Turn 6 ↓1
1.毒霧で容赦なくナイフ眼魔を奇襲する
2.まずは、威嚇射撃を放ち、その隙に乃々を救出
3.ここは巴の到着を待つ

No.2「ここは威嚇射撃を放ちます。」

千枝「攻撃すれば、殺せるのでは?」

No.2「ここで攻撃したら、あの少女を巻き添えにしてしまう。」

No.2「確かに、少女を巻き添えにした勝利もまた勝利とはいえます。だが、それではあの下種と同じになってしまう。」

No.2「守るべき物は守りつつも、悪を敢行する。」

No.2「それが、アサシンとしての俺の美学だ。」

千枝(この人もやっぱり、お爺ちゃんに似た正義の心はあるんですね・・・。)

千枝(講演だというのに・・・なんか落ち着きます。)

---

ドドドドドドドドドッ!!

ナイフ眼魔「何ぃ!?」(咄嗟に防御姿勢を取る)

乃々「何が起こっているんですかぁぁ・・・!」

No.2「彼女は頂いていく。」ヒョイ(乃々を脇に抱える)

乃々「えっ・・・むーりぃー・・・。」

シュッ!!(No.2が乃々と千枝を連れて、距離を取る)

---

---廊下の陰---

巴「見つけたぞ、ナイフ眼魔ぁ・・・うちの怒り受け取るがいい!!」

No.6「サーチ&デリート。今の俺には造作もない仕事だ。」

佐々木千枝 好感度+(倍率×3.5)↓1
佐々木千枝 Turn 7(ラスト)バーサーカー陣営の処理順序(コンマが低い方を先に実行)
1.ナイフ眼魔の排除 ↓2
2.バーサーカーの撃破 ↓3

最終結果:佐々木千枝 好感度 267+298=565/300 Complete!!
勧誘フェーズに移行します

No.6「死ねぇぇぇ!!」ドドドドドドドドドッ!!

ナイフ眼魔「何っ・・・ぐはぁっ・・・!!」

巴「痛いか・・・じゃがのう、お前を信じ、裏切られ・・・心を折られた子は・・・。」

巴「もっと、深い痛みを味わったんじゃあ・・・。」

巴「だから、せめてもの情けじゃ。・・・往生せいや。」

巴「お前に夢を壊された・・・麗奈の分もな・・・。」

ナイフ眼魔「馬鹿な・・・私の完璧な計画が・・・フフッ、ハハハ・・・。」

スッ(ナイフ眼魔が消滅する)(*M-BUS転送)

---

バーサーカー「カァッ!?」

ホースオルフェノク(激情態)「なんだ、苦しみ出した・・・!?」

No.1「ここで止めを・・・!」

ホースオルフェノク(激情態)「ここは、どうするべきだ・・・?」

---

千枝「もう大丈な筈です、もう下ろしてくれて大丈夫です。」

No.2「そうか。」

千枝「アサシンさんはやっぱり、どことなくお爺ちゃんに似ています。」

千枝「千枝は、あの時、貴方に会ってからずっとそう思っています。」

No.2「・・・俺の目には、君はあの時よりも晴れやかな表情であるように思える。」

千枝「・・・そう見えるのなら、木場さんのお蔭です。千枝は、木場さんのお蔭で自分を取り戻せたんです。」

No.2「でも、同時に君の目からは迷いも感じられる。」

千枝「・・・。アサシンさんは鋭いですね。千枝が怖いのは忘れてしまう事です。」

千枝「深い絶望の底にいても、優しさに触れるだけで人はその痛みから解放されてしまえるんです。」

千枝「どんなに深く、重たい傷でも・・・時間は癒してしまう。何故か、寂しい物です。」

千枝「もう悲しくても涙も出ないんですから・・・。」

No.2「・・・俺を通して、君が誰を見ているかは分からない。」

No.2「でも、俺は俺だ。他の誰でもない・・・No.2だ。」

千枝「それは、そうでしょう・・・でも、千枝には貴方がお爺ちゃんに・・・!」

No.2「それだけ深い傷だったという訳だな・・・。」

No.2「俺が癒すというのも、中々に難しそうな事だ。」

No.2「だが、痛みというのは打ち明けてこそ・・・気分を軽くする物でもある。」

千枝「どういう意味ですか?」

No.2「君にはブルーナポレオンという居場所があった筈だろう?」

千枝「!?・・・昔の話です。あの人たちは千枝を置いていったんです。もう、関係・・・ないんです。」

No.2「そう見えたかもしれない・・・だが、彼女たちは片時たりとも君の事は忘れてはいない。」

千枝「えっ・・・。」

No.2「もう君も君自身の心の傷に向き合う時間は十分にあった筈だ。」

No.2「最近のYSZは、そんな君には危険すぎる場所だと俺は感じる。」

No.2「YSZ界隈のニュースが出るたびに、ブルーナポレオンの面々の顔には心配が滲み出ている。」

No.2「皆、君が誰よりも心配なんだよ。」

千枝「そんなの・・・そんな訳・・・。」

No.2「あるんだよ。・・・君が思うほど、この世界は終わってはいない。」

No.2「だから俺を信じて、もう一度だけ君の過去と向き合ってみないか・・・?」

No.2「ムラクモという存在が止めてしまった君の時間をまた再開させる時が来たんだ・・・。」

千枝「千枝は、千枝は・・・木場さんを・・・!」

No.2「思い出すんだ・・・君はアイドルとして、何を望んでいたのかを!!」

千枝「!?・・・千枝は・・・。」

勧誘成功率式:基本10%+好感度の1割の%+300到達ボーナス10%+再勧誘ボーナス20%+一文字、No.2補正20%-木場への恩義30%
=10%+56%+10%+20%+20%-30%
=86%
【安価】↓1 勧誘:コンマ 01~86(成功)、87~00(失敗)

千枝「瑞樹さん、沙理奈さん、比奈さん・・・。」ポロポロ

千枝「皆、私の事を心配してくれているんですか・・・?」

No.2「ああ、また出会う事があれば・・・彼女らは君に謝るだろう。」

No.2「それで、君は彼女らを許すのかい?」

千枝「許すも何も・・・千枝は、千枝はそんな嬉しい事を、信じられません。」

千枝「ずっと棄てられたと思っていたんです・・・お爺ちゃんがいなくなって・・・。」

千枝「それで、信じていた人たちが一人ずつ消えていって・・・私は・・・。」

No.2「辛かったのだな・・・。だが、もう大丈夫だ。」

No.2「君がお爺さんの事を乗り越えられるまで、俺が君の傍で君を導く。」

No.2「だから、安心して欲しい。」

No.2「この世界は君を、決して裏切りはしない。」

No.2「では、この事を木場社長に伝えに行こうか。」

No.2(まあ、彼女の知らない内に一人の眼鏡好きがブルーナポレオンに入った事はおいおい伝えるとしようか。)

乃々(いつまで抱えられたままなんですか、いぢめ、ですか・・・?・・・色々と、むーりぃー・・・!)

---

---同時刻、某所---

カランコロンッ(槍が地面に落ちて消えていく)

???「他愛ないな・・・雑種。」

ランサー「無念・・・。」

心「おい、立てって☆令呪を使ってんだぞ☆」アセアセ

???「やめておけ。俺の攻撃を受けた身だ。」

???「最後ぐらいは、楽に逝かせてやるがよい。」

ランサー「その心意気に感謝する・・・。」

スッ!!(ランサーが消滅する)(*M-BUS転送)

心「く、来るなよ☆はぁとの夢をどうする気!!」

???「ここで潰えさせる。」

ゴッ!!(風圧で心を昏倒させ、そのまま楽屋に転送させる)

???「これで、残すはセイバーとアサシンか。」

マシーン大元帥「そろそろロシュオと合流するとしようか・・・。」

マシーン大元帥「聖杯を奪い・・・我々の悲願と愉悦を達成する為にもな。」

マシーン大元帥「フフフ、ハハハハハハ!!」

---

今日はここまで
ほたるが講演にいるだけでコンマ神の殺意が跳ね上がっていますね(ショッカーライダーでなければ、結構な猛者でも死んでいる事態)
ジンクスが遂に破られましたが、残すは最終決戦となります(野良サーヴァントがいなければ、ほたる勧誘は進みません)
講演の最後の順序が色々と重要になってきます(まだ最終関門(はたる)も残されています、ただし難易度は鬼)

【安価】バーサーカーの排除是非 ↓1
1.右肩を集中攻撃し、撃破(01~50)
2.マスターが消えた事で、戦線を離脱する(野良サーヴァント化)(51~00)

乙です
テラーマクロ様と黄金ジャガーさんお疲れ様でした
この場合野良サーヴァントいないから勧誘は不可なのかな

SRプロは現在進行形で2号を監禁しているわけだけど、それを千枝が知ったらどうなるんだろう

乙です
颯爽と登場して特に何もないまま退場してしまったランサーェ… やっぱり幸運Eには抗えなかったか

自害しなかっただけマシ

公演終わったらどうしようか…
千枝ちゃん勧誘成功で木場との美嘉姉救出戦線での提携が結べたなら急いで行くべきなのか
時間置いてるとほたる346行きみたいに面倒なフラグが影で進みかねない気もするし。
Xプロで地獄大使探しも選択肢かな?神敬介が失踪扱いだろうからクール三重士の2人を筆頭に意気消沈してそうだけども
瀬名さん回 ちゃま回と2回偵察特化送ったけど中々会えないんだよな地獄大使

乙です
ほたるェ……
これからの346の勧誘は地獄となりそうですね
これは早めに、残機が多くあって無敵になれる風や氷のエルを復活させてほたるに向かわせるべきかな?
もしくはシュバリアンが復活したら向かわせるのもアリ……かな?
問題は、シュバリアンは残機が1つしかないことだがw

千枝ちゃん、SRプロにようこそ!
しかし、2号はどうしようか?
貫通属性がないなら解放しても良いかもだが……いや、狼長官辺りにスイッチのまま千枝ちゃんに渡すのもアリか?
そして、スイッチのまま千枝ちゃんを見守ってもらうか(ゲス顔

さて、聖杯戦争の終わりも近づいてきましたね
しかし、マシーン大元帥やロシュオや武神鎧武が参加しただろう前回の聖杯戦争はどんな阿鼻叫喚だったのかも少し気になる所ですねw

後、校長の救出って前よりは難易度が低くなった……のかな?
その分、ダディがまゆ勢に狙われそうで大変なんだけどwww
とりあえず、残機が多そうなレオゾディアーツ辺りに校長の救出を行かせたいですねw

乙です
野良サーヴァントがいないから勧誘なしでクライマックスか、それともマシーン大元帥が挑戦するのか

>>276
確か2号はSRプロに捕まってるだろうって杉浦が千枝ちゃんに言ってたはず

千枝ちゃん勧誘で問題になってくるのが浅野もとい狼長官についてだけど 千枝ちゃんの前ではっきりムラクモのメンバーだって言ってしまったしな…

京都支部にいるだろうから狼長官をSR本部へ来ないようにしてもらうとかな
あと心配なのがアイドルの中でも親戚だったり 道を示してもらったりした風香さんや卯月の口から浅野について伝わったりしないかだけど、浅野って苗字そう珍しくもないからシラをきれないかな?

クモナポレムン的な事は絶対上記アイドル2人や鋼鉄参謀の大きな不信買いかねないからやりたくないし

再開します

>>275
一応、まだチャンスは残っています(限りないワンチャンですがw)

>>276>>281
杉浦の言動により、杉浦、ショッカーライダー、アルマジロオルフェノクによる秘密活動が開始される可能性はあります。
2号をどうするかは色々とその時に決まります。

>>277>>278
自害ネタは共闘時に適応を考えていました(この√は、ランサーが空気ですw)

>>279
面倒な事態が更に面倒になるケースもあるので、遂行できる物は早く遂行する恩恵はあります。
地獄大使に関して言えば、ニアミスはありますw

>>280
この前の聖杯戦争は、現在よりも遥かに危険です。
縛りがないので、アサシンにドクロ少佐、セイバーにシャドームーン、キャスターにソーサラーなどとぶっ壊れた物にできますw

>>282
風香、卯月と千枝ちゃんは遭遇しても、浅野の話題を出すかは2択です(出して千枝ちゃんが勘付いた場合、木場が排除に向かいます)
移籍しても、木場との親交は続くので、そこが危険材料になり得ます(ただのオッサンではないので、レムン行動は無理です)
排除した場合の危険性は、天王路達が一度立証しています。今後の爆弾の一つとなります。

---教会---

ロシュオ「来たか・・・魔を統括する存在よ。」

マシーン大元帥「旧知の仲というのに、随分なご挨拶じゃないか。」

ロシュオ「ふふっ、お前と走り抜けた10年前の戦いが懐かしい物だ。」

マシーン大元帥「それで、此度の聖杯戦争への参加権は・・・?」

ロシュオ「哀れな子羊の様に私を頼ってきたセイバーのマスターから令呪を奪い・・・。」

ロシュオ「この通り・・・条件は揃っている。」

マシーン大元帥「しかしながら、一度混沌を見ながら・・・まだそれを渇望するか?」

ロシュオ「愛すべき者を亡くしたこの世に、意味などはあるまい。」

ロシュオ「全ては闇に落ちるべき。」

マシーン大元帥「ロシュオ・・・お前は強い。人間でありながら、我々サーヴァントと同格の存在だ。」

ロシュオ「何をいうと思えば、貴様とて受肉を済ませた以上・・・人間に近しい存在だ。」

マシーン大元帥「では、どちらが先に敵サーヴァントを蹴散らし、マスターを攫えるかを勝負するか?」

ロシュオ「いいだろう、どの道・・・聖杯の器は、見定めている。」

マシーン大元帥「このコインで攻める側を決めるか。本命はセイバー。」

ロシュオ「異論はない。」

ピーン、クルクルクルクルクル、パシッ!!

【安価】最後の強襲(セイバー陣営)↓1
1.奇数:ロシュオ
2.偶数:マシーン大元帥
3.ゾロ目:上記2名

ライダーのマスターから令呪奪ったんじゃなくて
セイバーなのか

>>286
誤植です、ライダーで脳内変換をw

---セイバー陣営---

巴「のう、セイバー。復讐が終わった後というのは、何故かやるせない気分じゃな。」

木場「そういう物さ・・・復讐などに囚われ、それしか見えないから、それを失い戸惑う。」

木場「色々と儚い物なのさ。」

巴「かもしれぬのう・・・それに残されたサーヴァントがアサシンだけである以上・・・。」

巴「いつ何時、彼女がうちを消しに来るかは分からぬ。」

巴「だから、最後まで共におってくれるか、セイバー?」

木場「貴方がそれを望むのであれば、マイマスター。」

木場(彼女は村上社長の娘・・・粗相があっては、こちらの恥だな。)

ドッゴーン!!

巴「なんじゃ!?」

---

---セイバー陣営の屋敷、庭---

木場「これは、棺・・・!?」

ギィィィィィッ!!(棺が静かに開く)

マシーン大元帥「出てきたか、セイバーとそのマスターよ。とは言っても、お前は俺を知らぬだろうがな。」

巴「お前は誰じゃ・・・?」

マシーン大元帥「この場所は、聊か久しい気分にさせてくれる。」

マシーン大元帥「ここは、かの武神の居城ではないか。ふふっ、奴は手強かったさ。」

巴「お前、親父を知っているのか!?」

マシーン大元帥「ほう、お前はあの武神の娘か・・・。」

巴「ああ、うちは親父の志を引き継いで正義の味方になると決めたんじゃ!」

マシーン大元帥「ふふっ、愉快だな。お前の父親がどの様な正義を目指し、それが何に帰結したかも知らぬ。」

マシーン大元帥「お前の言っているのは、そういう類の話だ。」

マシーン大元帥「昔話が過ぎたな・・・さて、来るがいい。」

マシーン大元帥「此度のアーチャーの不甲斐なさからして・・・俺が真のアーチャーの怖さを思い知らせてやろう。」

ホースオルフェノク(激情態)「下がるんだ、マスター・・・この敵は強い・・・。」

【安価】先代アーチャー:マシーン大元帥戦(ダメージレース形式(3回、能力で無効化もあり))
1.ホースオルフェノク(激情態)の攻撃 ↓1
2.マシーン大元帥の攻撃 ↓2(30以下で能力使用)

マシーン大元帥のダメージ:35
ホースオルフェノク(激情態)のダメージ:86

ホースオルフェノク(激情態)(あの風貌で、アーチャー!?)

ホースオルフェノク(激情態)(こちらと対峙しても全く余裕が抜けない・・・。)

ホースオルフェノク(激情態)(どういう敵なんだ・・・。)

マシーン大元帥「どうした?来ないのか??」

ホースオルフェノク(激情態)「うぉぉぉぉっ!!」

ギィンッ!!(魔剣がマシーン大元帥の装甲を捉える)

ホースオルフェノク(激情態)「硬い・・・!?」

マシーン大元帥「そんな物なのか?・・・だとしたら、期待外れだ。」

ガッ!!、ドッゴーン!!(マシーン大元帥がホースオルフェノク(激情態)の頭を掴み地面に叩きつける)

ホースオルフェノク(激情態)「ぐっ、なんて剛力だ・・・!?」

マシーン大元帥「さて、余興は終わりにしようか。」

ブンッ!!(ホースオルフェノク(激情態)が空中に放り投げられる)

コォォォォォ!!(それに向けマシーン大元帥の額の結晶からレーザーが放たれ、ホースオルフェノク(激情態)が空中で爆発に巻き込まれ、屋敷に吹き飛ぶ)

巴「なんじゃ・・・お前は・・・。」ガタガタ

マシーン大元帥「ここまで、お前達が生き残ったのは運の巡り合わせに過ぎない。」

マシーン大元帥「それがお前らの強さと感じるのは勝手だ。だが、お前等がそれに慢心し、本気で来ないのならば・・・。」

マシーン大元帥「俺がその甘ったれた考えを、粉々に砕ききってやるまでだ。」

マシーン大元帥「・・・正義などという叶わぬ陶酔に浸る暇などない様にな。」

【安価】先代アーチャー:マシーン大元帥戦(ダメージレース形式(残り2回、能力で無効化もあり))
1.ホースオルフェノク(激情態)の攻撃 ↓1
2.マシーン大元帥の攻撃 ↓2(30以下で能力使用)
(怒り:敵から自身の攻撃の1/2以下のダメージしか2ターン連続で来なかった場合、次のターンの攻撃力を倍化する)

マシーン大元帥のダメージ:35+70=105
ホースオルフェノク(激情態)のダメージ:86+11=97

巴「陶酔・・・!?」

マシーン大元帥「そうだ。正義などは、所詮は言葉だけの物。」

マシーン大元帥「正義を語ろうと、所詮人は目の前の物しか救えない!」

マシーン大元帥「そんな物に何の意味がある!?俺からしてみれば・・・そんな物は無益。」

巴「でも、うちは・・・正義を信じる!」

マシーン大元帥「愚かな選択だ・・・!ならば、その無意味さを今、見せてくれる!」

【0-0-0】【Standing by】

【Complete】

ガッ!!(マシーン大元帥の拳が止められ、次の瞬間に吹き飛ばされている)

巴「なんじゃ・・・これは・・・。」

オーガ「慢心か・・・御忠告、感謝するよ。だから、ここからは文字通りの全力で君を破壊する。」

巴「その姿は、一体・・・!?」

オーガ「黒い騎士とでも考えていてくれればいい。僕はこれから、奴に帝王の名の意味を思い知らせる。」

【Ready】

オーガ「さあ、来なよ。もう慢心はしない。」

マシーン大元帥「ほざくかぁぁぁ!!」

ザンッ!!(迫ってきたレーザーをオーガが片手で受け止めながら突撃し、マシーン大元帥をオーガストランザーで切り裂く)

マシーン大元帥「ぐぅっ・・・!?」

オーガ「そんな物か?」

マシーン大元帥「クククク、キキーィ!!そうだ、もっと俺を興じさせろ!!」

マシーン大元帥「良いだろう、お前を敵と認め、俺の宝具で葬ってやる。」

マシーン大元帥「魔の赤色三角牢(魔のピラミッドレッドバリアー)!!」

ビビビビビッ!!(オーガの周りにバリアが展開される)

マシーン大元帥「そして来い、黄金銃よ!!」

ジャキッ!!(マシーン大元帥の手に黄金の機関銃が握りしめられる)

マシーン大元帥「さあ、最後の勝負だ。」

オーガ「悪いが、負けてやる義理はない。押し通る!!」

【Exceed Charge】

【安価】先代アーチャー:マシーン大元帥戦(ダメージレース形式(ラスト、能力で無効化もあり))
1.オーガのオーガストラッシュ ↓1(魔のPRBで軽減:倍率×0.6)
3.マシーン大元帥の攻撃 ↓2(30以下で能力使用)

マシーン大元帥のダメージ:105+(70×0.6=42)=147
ホースオルフェノク(激情態)のダメージ:97+98=195

ゴォォォォ!!!(オーガが魔のPRBの中でオーガストラッシュを発動する)

オーガ「なんて硬さだ・・・破るだけで、威力が削がれる・・・!?」

マシーン大元帥「その意気やよし。よって、俺も一切の慢心は捨てよう。」

マシーン大元帥「その「魔の赤色三角牢」は相手を封じる為の物。内部からしか破壊は不可能。」

マシーン大元帥「そして、外からの攻撃は普通に通す。」

オーガ「・・・!?」

マシーン大元帥「さて、絶望するがいい。」

ドドドドドドドドドドドドドドッ!!(マシーン大元帥が黄金銃をオーガストラッシュ発動中で無防備のオーガに向け乱射する)

オーガ「ぐぁぁぁぁぁぁっ・・・!!」

マシーン大元帥「・・・さあ、どうする!?」

オーガ「うぉぉぉぉ!!」

バリーンッ!!(魔のPRBが割れると同時にオーガストラッシュが軽くマシーン大元帥に届くが、その時にオーガも地面に倒れる)

巴「セイバー!!」

マシーン大元帥「キキーィ!見事だ・・・見事な武だ。だが、惜しかったな。」

木場「悔いはないさ。」

【安価】マシーン大元帥の行動 ↓1
1.セイバーを倒す
2.セイバーに絶望を見せる為、目の前でマスターを倒す(巴は楽屋に転送されます)
3.両名ともここで処理しておく

【安価】ロシュオ対アサシン陣営 ↓2
1.アサシン陣営が勝利(奇数)
2.アサシン陣営が敗北(偶数)

マシーン大元帥「さて、消えるがいい。」

ドドドドドドドドドドドドドドッ!!(木場は楽屋へ転送)

巴「うぁぁぁぁぁ!!セイバー、セイバァァァァァ!!」

マシーン大元帥「さて、お前には来て貰おうか・・・!」

巴「嫌だ、離せ!!」

マシーン大元帥「おや、早かったな・・・ロシュオ。」

ロシュオ「これでも、手間取ったさ。なんせ、相手は6人の暗殺者だ。」

ロシュオ「だが、アサシンのマスターは手に入った。今は教会に置いている。」

マシーン大元帥「フハハハハ、では戻り・・・聖杯を我々の手で貰い受けるとしようか。」

ロシュオ「ああ・・・真なる混沌に全てを落とす時が来た。」

ロシュオ「それぞ、我々の望んだ愉悦・・・だが、まだ足りぬ。」

マシーン大元帥「どうしたのだ?」

ロシュオ「いや、サーヴァントは全て消えた・・・ならば、聖杯の器が必要だろう?」

ロシュオ「うってつけの器がいるが・・・取りにいくか?」

ロシュオ「私に己が不幸を語り、私が彼女を救ってくれると慕う少女さ。」

ロシュオ「私がその最大の不幸と知った時の彼女の顔は見物だろうな・・・。」

マシーン大元帥「それは、格別な愉悦をくれる事だろうな!!」

マシーン大元帥「だが、勝利条件は満たした・・・。ここは・・・。」

【安価】↓1
1.白菊ほたるを狙いにいく(01~33)(講演続行)
2.別に問題なし、講演をバッドエンドで終了(34~66)
3.幸運喫茶へと向かう(67~00)(救済√)

マシーン大元帥「いや、ここは我々の愉悦を執り行うとしよう。」

ロシュオ「そうか・・・では、ここで終わりにしよう。」

---

---山頂の神社---

ほたる(私が最後に見た物・・・。それはこの世の物とは思えない黒い物質がセットを飲み込み、焼き尽くす光景でした・・・。)

ほたる(これも、全部・・・私がこの講演に関わった所為なんですよね・・・。)

ほたる(皆さんを不幸にしちゃってごめんなさい・・・。)

ほたる(もう、モバPさんに私は顔向けできない・・・。)(目がハイライトオフ(深淵)になる)

ほたる「ははっ、あははははっ・・・。」

【BAD END】

白菊ほたる:勧誘失敗

~~~

神「いやぁ、まさかのバッドエンドとは驚きましたね!」

美城「そうだな・・・まあ、急展開も悪くない物だ。」

美城「それよりも、今西。今夜のクランクアップ記念パーティに生簀は来るのだろうな?」

今西「ああ、来るはずだよ?」

一つ目タイタン「料理は諸々ご用意する予定ですので、心行くまで休まれて下さい。」

一つ目タイタン(バッドエンドではあったが、これで我々に仇なす事の危険性を大々的に見せられる。)

一つ目タイタン(まあ、そう悪くはないだろう。急展開ではあるが。)

一つ目タイタン(さて、既にジャークやアポロが向かった奴との会見の場に向かおうか。)

---

---撮影現場、地下駐車場---

【BGM:仮面舞踏会】

木場「そうか・・・。千枝ちゃんはブルーナポレオンに戻る事を選んだんだね。」

千枝「木場さん・・・。千枝には木場さんも凄く大切な人です・・・!」

千枝「ずっと共に歩んでいたかったです。」

千枝「でも、千枝は・・・そろそろ自分の足で歩かないといけないんです。」

千枝「だから、千枝がいなくなっても、木場さんとはまだ連絡を取り合ってもいいですか?」

木場「勿論さ。場所が変わるだけで絆は途切れない。」

木場「それに、昨今のYSZの一件は千枝ちゃんを危険に晒す可能性がある。」

木場「それなら、君を信頼できる杉浦君のいるSRプロに移籍させる事にも意味はある。」

千枝「実は、No.2さんから聞いたんですけど、ずっと行方不明だったお兄ちゃんもSRプロにいるみたいで!」

木場「良かったじゃないか。・・・僕には君が笑顔で居てくれる事が何よりも嬉しい。」

木場「だから、君は笑顔でファンと向き合っていてほしい。その為に僕も動き続けるから。」

千枝「木場さん・・・木場さんも、一緒に・・・!」

木場「悪いが、僕はまだ行けない。まだやるべき仕事が残されているからね。」

木場「でも、心配しないでいい。・・・SRプロには村上という人がいる筈だ。」

木場「何かあれば、その人を頼るといい・・・きっと、君の力になってくれる筈だ。」

木場「じゃあ、千枝ちゃん・・・元気でね。」

千枝「あっ・・・。」(遠ざかっていく木場の背に向け、千枝が手を伸ばすがそれを切なげに下げる)

千枝「木場さん・・・本当に、千枝を救ってくれて、ありがとうございました・・・。」ポロポロ

---

---駐車場の外に停まったリムジン内---

木場「では彼女の移籍の件、よろしくお願いします。」

再生アポロガイスト「ああ、心得たよ。」

木場「そして、君達がムラクモとは別の存在だというのであれば・・・彼女を彼女のお爺さんと再会させてあげて欲しい。」

ジャーク将軍「善処しよう。だが、我々とて万能ではない。」

木場「ああ、こちらからも引き続き「ムラクモ」の排除に向けての行動は続ける。」

木場「君達からの情報、無碍にはしないさ。」

木場「その代り、一つ頼みを聞いてはくれないか?」

一つ目タイタン「頼み?」

木場「現在、YSZでは謎の超上存在が現れ、組織全体が壊滅の危機に瀕している。」

木場「そして、その超上存在が現れたのと同時期に、一人の少女が姿を消した。」

木場「その少女の名は、城ヶ崎美嘉。・・・君達には覚えがある筈だよ。」

ゾル大佐「城ヶ崎莉嘉の姉か。」

木場「ああ、それに君達は八神マキノの救出とも無関係ではないんだろう?」

一つ目タイタン「そうだな。だが、彼女の情報は彼女の安否の二の次だ。」

木場「貴方方も本当にアイドルを想う存在になった物だ。」

木場「それはこの講演で巴ちゃんを見ていても感じた。その事は感謝するよ。」

木場「だから、君達の準備ができたらでいい。僕に連絡をしてくれないか。」

木場「そして、美嘉ちゃんを・・・救ってあげて欲しい。」

一つ目タイタン「心得たよ。」

---

一つ目タイタン(物事は忙しなく動き・・・そして、最後の瞬間をいずれは迎える物だ。)

一つ目タイタン(我々もこの揺れ動く舞台を前にどう行動するかを迫られているという事だな・・・。)

【Episode 142】Fate/Shocker Night fin

今日はここまで
木場が野良サーヴァント化(選択肢の2)、ロシュオ撃破、またはほたる襲撃でほたる勧誘の淡い望みがありましたが、華麗に全スルーw
流石の不幸といえますねw(逆に言えば、次の合同イベまで346は鬼の様な牙城)
さて、講演が終わったので陰では様々な思惑が動き始めているので、どれから片付けていくかは安価次第です。

因みに、茄子さん√は幸運EXの「エクストラクラス」を彼女が引き連れ、ロシュオの野望を打倒する√でした(ネタ成分多め)

乙です
美嘉姉救出の時ってマキノ救出みたいにダディはオートで参加するの?覚醒フラグ的には行かせたい ここで行かなくちゃ5勧誘までに覚醒は不可能だと思うし

まゆは眼魂無くてもメデューサ関連がなあ…
ミサちゃんもワイズマン関連で荒れてそうだけど
生き返っても晴人 ダグバ 太牙 渡 あたりが積極的に狩りに行くだろうからな

そういやこのスレだと 鈴木深央が生き返ってるんだろうけど
彼女について兄弟2人はどう思ってるんですかね?(キバ本編での退場シーンを見つつ)

救いはないんですか…
救出を邪魔してくるライダーってデューク コーカサス モブトルーパーにアマゾンが入るかどうかだったっけ?
ダディがフロート(笑)みたくスカラベタイムを持っていって使えばコーカサス撃退もワンチャンあるのだろうか

美嘉がこのタイミングでガチャSRだと…!
これは行けという事なんだろうか
今回はオーガが完全味方だろうからマキノの時より侵入は楽そう
デュークがめっちゃ不穏なんだよな…エターナルのローブまで身につけてるし

あれに通る攻撃ってあるのか?

乙です
これは、美嘉姉を救いに行けとの事なのだろうか?
とりあえず、高戦闘力で人格がまだマトモそうな人を送り込んどくのがいいかな

それと、2号スイッチは狼長官に千枝ちゃんに渡させて見るのもいいかな
ムラクモには潜入調査のためにいたとか、ムラクモの本部から2号スイッチだけは取ってきたと言ってみておいて

聖杯戦争前話は戦力過多な鯖が多いんですねw
バーサーカーに再生アポロを送り込んでみたくはありますねwww

エターナルローブは設定上無敵 わざわざ脱ぐっていうことはこっちからも攻撃できないみたいなデメリットがあると思われるけどそこんところここではどうなのだろうか
プロフェッサーもなかなかやばいけど確変入ったダディなら「この距離ならバリアは張れないな!」してくれるはずだし他に勧誘に行きそうなのが元の持ち主だから戦いに関してはさほど心配していない
別の方面でがっつり引っ掻き回してくれそうだけどな!

再開します

>>309
時と場合によりますが、ダディ参戦はほぼ確定です。(前の流れからダディも今回の作戦には立候補)
太牙を刺した後に、渡の手で息絶えた事もありギスギスした感じかと(ちゃんみおにその役割を委ねなかった最大の理由)

>>311
スカラベはまだSRプロで徘徊しているので、現状は使用不可です(適当に346にでも放り込めば、カード化します)

>>312
なんとタイムリーなw この流れに乗るかはお任せします。
プロフェッサー攻略の鍵は、通常攻撃ではない変則攻撃です(怪魔妖族)

>>313
コーカサスは殺しにかかるので、それ相応の猛者を推奨します(明鏡止水持ちを出す頃合いは任せます、あれなら恐らく余裕)
そして、穏便な方法に一つ気付かれましたね(ガイナニンポーへの死刑宣告)
敵マスターに星花がいて、セイカアアアアアアアァァァァァァァ!!と叫ぶところまでは読めましたw

>>314
プロフェッサーは戦闘方面以外で画策する事がメインの存在なので、まだ脅威は続きますw

---ショッカープロダクション、大会議室円卓テーブル---
(BGM Evil Fortress)

一つ目タイタン「さて、講演は終わった。」

ゾル大佐「今回の講演の前日譚などもいずれは作ってみるのも一興か。」

ジャーク将軍「ああ、今回はすんなりと行ったものだ。」

ゾル大佐「だが、問題はまだ山積している。」

再生アポロガイスト「一先ずは、木場との一件・・・将又、機械兵との一戦を重視しよう。」

再生アポロガイスト「現在のYSZの現状は木場に言わせてみても不透明。」

再生アポロガイスト「どれほどの被害が待ち受けているのかも分からぬ。」

再生アポロガイスト「ふっ、まあ気が向いたらだな。」

再生アポロガイスト「さて、久々に誰かを生き返らせるか!星花あああああああああぁぁぁぁ!!」ゴォォォォ!!

一つ目タイタン「では、次の作戦目標はこれにする!」

【復活の炎】コンマの約数の怪人に復活是非 ↓1

研修可能プロ一覧 ↓2
1.346プロ
2.YSZ Corporation
2.5 ???
3.BOARD Production
3.8 ???(後5 Episodeで事態が進行)
4.X Production(神敬介は消息不明)

【生命の炎(41)1、41】
1.ハンミョウ獣人:備考:ユッコと再会可能
41.クモナポレオン:備考:復活でレムン更生√へ

例の計算式:41÷(下記コンマ)×100=復活者
【安価】↓1、↓2

【生命の炎(41)1、41】(×100しなくていい場合は割愛)
1.ハンミョウ獣人:備考:ユッコと再会可能(01~25)
41.クモナポレオン:備考:復活でレムン更生√へ(26~50)
42.ゼネラルモンスター:備考:復活であずきと感動の再会、ただしスーパー1からは狙われる(51~75)
21. 刀眼魔:備考:フランスで散った怪人(76~00)
【復活安価】↓1

---怪人墓場---

ハンミョウ獣人「あれ、ここは?」

ハンミョウ獣人「おっしゃあ、そろそろ俺の番だって思っていたんだ!!」

ハンミョウ獣人「ゼロ大帝、そしてユッコちゃんの下へ速攻で帰るとするか!!」

---

一つ目タイタン「木場勇治との密約を遂行する前に我々は処理しておかねばならぬ問題がある。」

一つ目タイタン「それは佐久間まゆの勧誘だ。」

ゾル大佐「遂に来たか・・・だが、生半可な覚悟ではこちらが危ないぞ・・・?」

ジャーク将軍「彼女に関して言えば・・・裏に様々な危険が潜んでいるといってもいい。」

ゾル大佐「前には、杉浦雄太が殺されかけたしな・・・。」

再生アポロガイスト「それに彼女は我々に対し、敵対心を何故か燃やしている。」

一つ目タイタン「恐らくは京都での一件の所為だろう。」

一つ目タイタン「だが、彼女は笛木に与してまで何を遂行したかったのだろうか?」

ゾル大佐「だが、まだ交渉のテーブルにもつけていない現状、勧誘などは運びようがないのでは?」

一つ目タイタン「まあ、手はある。だが、まずは探りを入れればいい。」

一つ目タイタン「そろそろ、速水奏の為にもあの不憫な男を救出する。」

再生アポロガイスト「そう来たか。では、佐久間まゆの勧誘は?」

一つ目タイタン「今は二の次だ。さて、一度成功しているとはいえ・・・。」

一つ目タイタン「今回もそう上手くいくとは限らない。・・・相応の人員を考えよう。」

再生アポロガイスト「では、今回は奴らに任せよう。」

↓2、↓4(ライダー怪人、例の如く大体何でもあり)(後者は増援枠)

---BOARD Production---

仁藤「おいおい、マジかよ・・・足を踏み外して、全治3週間って・・・!」

仁藤「ぷー、くすくす。剣崎の野郎はマジで何をやっているんだろうな?」

仁藤「おっ、そこにいるのはロリコン!」

始「みりあちゃん・・・みりあちゃんは、どこだ・・・!」フラフラ

仁藤「ああ、ありゃあ駄目だな・・・みりあちゃんが講演に行ってしまって色々とヤバい。」

仁藤「それにしても、研修に来る奴は遅いな・・・何やってんだろうな?」

仁藤「んっ、駐車場が騒がしい?」

---

---駐車場---

立神「我望様ぁぁぁぁぁ!!」

立神「この立神吼、今よりこのBOARDでの作戦行動に入ります!」

立神(あの糞の役にも立たぬ男が今度は拉致されただと?馬鹿を言うな、奴は臨海学校にいた。)

立神(佐久間まゆだか誰だかは知らぬが、あの馬鹿が二度とそんな嘘が吐けぬように、我望様の下へ引きずり出す!)グッ!!

みりあ「ねえねえ、おじさん誰?」

立神「なんだ、貴様は?」

みりあ「赤城みりあだよっ!ねえねえ、おじさんはだぁれ?」

立神「聞いていた筈だ。立神吼だ。」

みりあ「たつがみ、こーさん?」

立神「そうだ。いい機会だ、君に聞きたい事がある。」

みりあ「なになに?みりあとお喋りしよう?」

【安価】↓1
1.我望様は偉大。イエスかノーか?(01~25)
2.佐久間まゆがどこにいるか知っているか?(26~50)
3.速水公平という下郎の事を知っているか?知らぬならば教えてやろう(51~75)
4.缶ジュースは好きか、ならば奢ってやろう(76~00)

立神「佐久間まゆがどこにいるか知っているか?」

みりあ「まゆちゃん?えっとねー、多分女子寮だと思うよー?」

立神「そうか、邪魔したな・・・。」スッ!!

みりあ「なんか怖そうだけど、なんか優しそうなおじさんだったよ!」

---

立神「さて、佐久間まゆの居場所は分かった。」

立神「今回の俺に課せられた任務は速水公平という下郎の救出。」

立神「ならば、突っ込むまでだ!!」

スッ!!(立神が女子寮の前に立つ)

立神(我望様は私により大きな世界を見せてくれた。)

立神(ならば、私は我望様以外の評価を気にするべきか?答えは、否だ!!)

立神(ふんっ、囚われたなどと嘘をほざく奴は・・・再教育が必要だな。)

立神「行くぞ!!!」

【Episode 143】Obsessive Phantasm

佐久間まゆ Turn 1 ↓1
1.我望様以外の評価など二の次だ。女子寮に突っ込む!(01~25)
2.一先ずは佐久間まゆが出てくるのを待つ(26~50)
3.ストレスが溜まってきたので、付近のアイドルに我望様が偉大かを聞きにいく(51~75)
4.レオダスタードを女子寮に潜入させる(76~00)

今日はここまで
早速女子寮内への潜入成功ですw 立神は我望以外は心底どうでもいいと感じているので、行動力は並の変態以上です。
残機2+レオダスタード残機1があるので、そう簡単には死にませんが、帰宅可能性が高いです。
我望様は偉大と答えて貰えた場合、野心が減少しますが、逆にそれ以外の回答を聞いた場合、野心が跳ね上がります(倍率×2.5)
強い事は強いですが、完全なる運ゲーキャラとなります(まゆはオート疑心+不幸補正を持つので、帰宅してバトンタッチも有効です)

先日の講演のオチにキレた村上社長が監督、製作プロデューサーの所にカチコミに行く短編とかやんないかしら

乙です
悪いけど、ガイナニンポーには犠牲になるか狼長官の補佐としてムラクモに潜入調査してたのどちらかを選んでもらおう
ついでに、血狂魔党や京都のサバトもムラクモに連なった物の仕業とでも言っておけばムラクモがヤバいくらい大きい組織と思ってもらえるかしら?
そうすれば、SRプロもムラクモに後手だけど対抗してると取ってもらいたいですねw
後、クモロイド(グィン将軍)はどう説明しようか……?

立神&ガドル閣下でダメだったら、校長は救出は諦めるしかないかもな
というか校長、救出しても心身ともに衰弱してるから治療にかなり時間がかかりそうなんですよねw
校長が次に輝ける日はまだまだ時間がかかりそうですねww

さらっと書いてるがなんでまゆに不幸補正なんてあんだろ
野心バースト帰宅枠なのかレオゾディアーツ。
レオゾディアーツにもガドル閣下にもグラビティ強化とはいえメイジ風情が勝てるわけないと思うが心配だ…

乙です
とりあえず残機が多そうで能力が物凄く幅広いから救出に役立つと思って閣下選んだが レオゾディアーツに早々帰宅されるのはきついんだが…

再開します

>>338
一考の余地はありますねw

>>340
校長は最早まゆの眼中には無いので、救出自体はそう難しくないです(問題は脱出)

>>341
Episode 116で書きましたが、まゆだけは例外でほたるのいる事務所以外で唯一不幸補正を持ちます。
只のメイジ風情ならば、余裕でしたが・・・w

>>342
閣下はいつぞやグロンギ語で回答しましたが、残機5(形態数×残機)なので死ぬ心配は皆無です。

警戒心 15/500
【ゾロ目(22)発動】

立神「佐久間まゆを捜しに行く以上、突入あるのみだ!」

立神「退けェェェ!!」

ガッ!!ビービービー!!(立神が女子寮に入ると同時に警報が鳴り響く)

立神「セキュリティ如きでこの俺を止められると思うな!!」

ザッ!!(3階の廊下の先で何者かが立神の前に立ちはだかる)

立神「貴様はここの管理員か?佐久間まゆという少女の場所を知っていれば、教えて貰おうか。」

敬介「・・・嫌だと言ったら?」

立神「力押しで吐かせる。」

敬介「・・・誰かは知らないが・・・まゆを狙わせはしない!」

敬介「まゆは俺に居場所をくれた・・・だから、お前をまゆの下へは行かせん!」

立神「貴様が誰かは知らんが、邪魔をするのなら・・・地獄を見せてやる。」

レオゾディアーツ「来い・・・!」

敬介「怪人!?まゆの下へは、行かせはしない!!大変身ッ!!」

X「ライドルスティックッ!!うぉぉぉぉ!!」

レオゾディアーツ「遅い!!」

---

まゆ「敬介さんが出て行ったと思えば・・・騒がしいですねぇ♪」

まゆ「ですが・・・これは逆に使えそうです。」

まゆ「あの哀れなゴキブリさんと同じ場所へ貴方もすぐに送ってあげますよ♪」

佐久間まゆ 初期好感度(-80)↓1(Episode 116参照)
佐久間まゆ Turn 1 まゆの行動 ↓2
1.自分の部屋に敢えて対象を向かわせ、罠を張る(01~25)
2.屋上まで誘導し、自らメイジとして排除に当たる(26~50)
3.一応、戦闘を見にいく(51~75)
4.佐久間健に連絡を取る(76~00)

佐久間まゆ 好感度 -12/300【特殊ルール1 発動・・・健の手で場合によって失敗】
レオゾディアーツ 野心pt 200/250 【Xと交戦中】

まゆ「ここは兄さんにでも協力を仰ぎましょうか。」

まゆ「あの人は抜けているのですが、簡単な任務なら造作もないでしょうし。」

まゆ「インターポールの外交ルートから、警視庁に情報を流しこの場に警察の監視網を敷く。」

まゆ「その上で、まゆが声を掛けられる仮面ライダーの皆さんにもこの場に集まって貰えれば・・・。」

まゆ「うふふ、造作もない話ですよね♪」

---

---都内、川の近く---

健「まゆか、ミサの情報がなんか掴めたのか?」

まゆ『いいえ・・・姉さんを愚弄するあの死者はまだ見つけてはいません。』

健「そうか・・・ミサの死を汚す外道め・・・絶対に許さん!」

健「それで、今日は何の要件だ?」

まゆ『実をいうと、今女子寮が怪人に襲撃されていて・・・。』

健「何だと・・・それで俺に救援を頼んだって訳か!よし、任せておきな!」

まゆ『いいですか?救援を頼むのは警察、ですからね?』

健「任せておけって!」

ピッ!

健「よし、ここは!」

佐久間まゆ Turn 3 佐久間健の行動↓1(四分の一で有能)
1.普通に110番通報(01~25)
2.誰かになど任せてはおけん、自分が向かう(26~50)
3.デストロンハンターの外交ルートで警視庁に行動を促す(51~75)
4.足を滑らせ、川に落ちる(76~00)

佐久間まゆ 好感度 -12/300【特殊ルール1 不発】
レオゾディアーツ 野心pt 200/250 【Xと交戦中】
警戒心 45/500

健「よし、ここは110番通報だ!」

ピピピッ!!

???『はい、警視庁です。』

健「あっ、実は妹の住んでいる女子寮に怪人が出現したみたいで!!」

???『変質者のご相談ですか?・・・すみませんが、被害は出ていますか?』

健「ええと、被害はまだ分かっていないんです!!参ったなぁ!!」

???『はぁ、この手の悪戯電話って最近多いんですよ。』

???『私達は今、未確認生命体問題や都内の吸血通り魔事件の捜査で忙しいのでね・・・。』

???『これにて、切らせて頂きます。』

ガチャリッ!!

健「あっ、ちょっと!!・・・ちっくしょー、参ったな、こりゃあ。」

健「後でまゆに怒られそうだし、気晴らしに風見先輩の所にでも行くか!」

---

ワニ―ダ北條(女子寮に怪人・・・そのキーワードからして、SRプロの新手の作戦だろう。)

ワニ―ダ北條(警視庁側から戦力をその場に送る事を今回は防げたはずだ。)

ワニ―ダ北條(だが、大それた行動はYSZの一件で隠れているとはいえ・・・。)

ワニ―ダ北條(危険な事に変わりはない。油断は禁物ですよ。)

---

---女子寮、3階廊下---

ギィンッ!!、ギィンッ!!

X「真空地獄車ァァァ!!」

レオゾディアーツ「遅い!」

ザシュンッ!!(鉤爪で華麗にカウンターを叩き込む)

X(くそっ、速さが違い過ぎる・・・!どうにかして、隙を作らねば・・・!!)

みちる「フゴフゴッ!!ゴクンッ!!あれ、何かの撮影ですか?」
X(んっ、アイドル・・・ここは!!)

【安価】Xの行動 ↓1
1.まゆを守る為だ、みちるを盾にし逃亡を図る(奇数)
2.戦士の誇りからそんな事はできない、無謀な戦いを続ける(偶数)

X(彼女を盾に戦うか・・・?いや、俺は戦士だ・・・。)

X(俺はそんな姑息な下郎には成り下がらない!)

X「ぬぉぉぉぉぉ、Xキィックッ!!」

レオゾディアーツ「・・・造作もないな。」

ザシュンッ!!(Xが交差された爪に斬り裂かれ、女子寮の窓から森林の中へと落ちていく)

X「ぐわぁぁぁぁぁ!!」

立神「やれやれ・・・負けると分かっていながら、挑んで来るとはな。」

立神「奴もまた、我望様と出会えば世界が変わろう物だ。んっ?」

みちる「フゴッ?」ジーッ(パンを片手に立神を見つめている)

立神「お前はここのアイドルか?」

みちる「フゴフゴッ!!」キランッ

立神「食べながら、肯定しているのか。まあいい。」

立神(佐久間まゆの所在を聞くのもいいが・・・ここは、一度落ち着きを取り戻そう。)

立神「そこのパンの少女。一つ簡単な質問をするぞ。」

立神「我望様は偉大な人物か?イエスかノーで答えろ。」

【安価】↓1
1.フゴフゴッ!!(01~25)
2.フゴ・・・?(26~50)
3.すみませんが、誰ですか?(51~75)
4.その人はパンが好きですか?ならば偉大な筈です!(76~00)

みちる「フゴ・・・?」

立神「思案顔だな・・・そんなに難しい質問か?」

立神(我望様をこの少女が知らない筈があろうか、いやそんな事がある訳がない。)

立神(ならば、この思案は・・・いかに我望様を肯定的に捉えるかの流れ・・・!?)

立神(そうか・・・彼女は我望様をいかに褒め称えるかを悩んでいる!!そうに違いない!)

立神「そう難しく考えなくてもいい・・・お前はパンが好きなのか?」

みちる「フゴッ!!」

立神「ならば、君にとってのパンが、私にとっての我望様だ!」

みちる「・・・!?それは、我望様がいなかったら、死んじゃうじゃないですか!」

立神「その通りだ!」ガシッ!!

立神「我望様は小さき力で酔いしれていた私に新たな世界を見せてくれた!」

みちる「私もパンを食べる事で世界が日夜広がっている気分です!!」

立神「ふっ・・・互いに惹かれ合う何かを持つ身か。悪くない。」

立神「そうだった・・・君は佐久間まゆという少女を知っているか?」

みちる「ええ、知っていますよ?」

立神「ならば、彼女に用がある。案内して貰っていいか?」

みちる「では、お近づきの印にパンをどうぞ!幸せな気分になりますよ!」

立神「むっ・・・まあ、このパンもまた我望様に近しい物なのなら・・・。」パクッ!

みちる「では、食べながら向かいましょうか!」

レオゾディアーツ 野心pt-(倍率×1.3)(みちるのパン効果)↓1
大原みちる 初期好感度(倍率×3.3) ↓2

今日はここまで
今回の作戦は、まゆの勧誘というよりは校長の奪還作戦となります(問題が山積しているので、安易な勧誘を行うと痛い目を見ます)
まだ、好感度-を消せていない状態なので校長を発見した後は速攻で逃げましょう。
因みに、佐久間ケンはまゆ勧誘における癒しです(75%でアホ行動を取り、勧誘を支援してくれるナイスガイ)
(*ただし、メデューサ案件に対しては有能中の有能に変わります)


ゴキブリさんと同じ場所に送ってあげます♪ってドヤってるとこ悪いけど あれトドメ刺したの君じゃなくてカミキリキッドだからね?

てかこの状態のまゆ見て本郷やおやっさんは違和感とか感じないのかな

仮に校長救出&逃走がレオで成功したら閣下を行かせずに作戦を打ち切る事は可能なの?

乙です
ゴキブリを生贄に死者が2人も復活したって知ったら、死者の復活を嫌ってるまゆはどう思うのだろうか

ところで佐久間健とワニーダのおかげで不発になったけど、あの場合は残機消費はどうなるんだろう

本郷というかネオ1号を引っ張りだせばままゆ攻略はかなり進みそうだが本郷を一度死なせないとどうにもならんしのう
それにネオ1号だと確実に残機貫通枠だろうし

再開します

>>358
不器用な二人なので、思春期の何かとして捉えられています。
閣下は響子勧誘時のガライの様な物で添える枠です。

>>359
複雑な気分じゃないでしょうかw
残機消費はされないので、X分だけが計上されます(健のメリット)

>>360
ストーリー上、一つの大きな節目で殺せる可能性はあります(警察編)
ネオ1号は残機貫通+@がつく、鬼の様な枠となります。

佐久間まゆ 好感度 -12-15=-27/300【特殊ルール7発動】
大原みちる 好感度 149-15=134/300【特殊ルール7発動】
レオゾディアーツ 野心pt 200-30=170/250
警戒心 45+(45×1.3=59)=104/500

みちる「パンはどうでしたか?」

立神「中々の物だった。我望様と比較対象になる事を一応は認めてやる。」

みちる「それは光栄です!あっ、良かったらもう一つ食べます?」

立神「時間があればな・・・それで、ここが佐久間まゆの部屋か?」

みちる「そうですよー?フゴフゴフゴフゴッ!!」

立神「また食べているのか・・・その執心ぶり、悪くはないな。」

立神「さて、鍵を壊して入るか。」

みちる「フゴッ!?えっ、何をする積りなんですか?」

立神「簡単には説明できん。だが、この部屋には俺が連れ戻すべき対象がいるらしい。」

立神「平たく言えば、佐久間まゆは拉致監禁をやってのける危険な少女という訳だ。」

みちる「えっと、確かに橘プロデューサーがいなくなってからも、何故かあの人はまだこの事務所にいてくれています、とか変な事は言っていましたけど。」

立神「橘?誰だ、それは?」

みちる「えっと、かなり前にこのプロダクションに在籍していたプロデューサーで・・・。」

みちる「確か、一身上の都合により退社した、と烏丸社長がいっていましたよ?」

立神(少なからず、その橘という男と速水公平は何らかの接点があるのか?)

立神(だが奴は臨海学校にいた・・・杞憂だろうな。)

みちる「それでどうするんですか?」

立神「そうだな・・・。」

佐久間まゆ Turn 4 ↓1
1.ドアを破壊して中へ
2.壁を破壊して中へ
3.ガドルに陽動を依頼し、一先ず敵の出方を見る

立神(だが、取り敢えずはこちらの出方を相手は予測しているという仮定で動こう。)

立神(何の成果もあげられずに戻る事は、我望様の顔に泥を塗る行為。)

立神(それだけはなんとしてでも避けねばな!)

立神「一先ず、行動に出る前に連絡をしたい。どこかいい場所をしらないか?」

みちる「じゃあ、そこに踊り場がありますよ?」

立神「了解した。では、そこへ行こうか。」(携帯を取り出す)

---

閣下「・・・成程、それでは行動を開始しろという事だな。」

閣下「この事務所内にいるリントの戦士を全員駆逐すればいいという事だな。」

立神『ああ、そうなる。陽動は任せるぞ。』

閣下「ああ、そちらも健闘を祈るぞ。さて・・・。」

ガドル「・・・ビガラダヂンヂバサゾ、リゲデリソ。」(・・・貴様たちの力を、見せてみろ。)

【BGM:迫撃】

(ガドル(射撃体)が歩いている始にボウガンの照準を向ける)

ドシュンッ!!(ボウガンが始の肩の横の壁を撃ち抜き粉々に吹き飛ばす)

始「ぐっ・・・!!なんだ・・・!?」

ガドル(射撃体)「今のは威嚇だ。変身しろ、リントの戦士。」

始「貴様が何者かは知らんが・・・みりあちゃんを危機に陥れる存在は俺がムッコロス!!」

【Change】

カリス「行くぞ!!」

ガドル(俊敏体)「来い。」

ギィンッ!(カリスアローとガドルの槍が高速で交差する)

---

---女子寮近くの木の陰---

まゆ「うふふ・・・これで全て終わりですよぉ。これでまゆが剣崎さんを呼んで・・・。」

まゆ「兄さんが呼んだ警察のライダーの面々が到着すれば・・・。」

まゆ「ここから生きて帰れる敵なんていません。」

まゆ「それにしても遅いですね・・・剣崎さんは一体何をしているんですか?」イライラ

まゆ「えっ・・・爆発!?一体、何が起こっているんですかぁ?」

みりあ「はぁ、はぁ・・・誰か、誰かぁ!!」

まゆ「みりあちゃん?・・・どうしたの!?」

みりあ「事務所の方に怪人が現れて・・・始さんと剣崎プロデューサーが・・・!」(涙目)

まゆ「えっ・・・!?」

まゆ(こんな時に・・・。ここは、放置するべきでしょうか・・・。)

---

(ガドルが立つ中、グレイブとカリスが半死半生で横たわっている)

グレイブ「ぐわぁぁ、くそっ・・・!」

カリス「ぐぅ・・・っ!!」

ガドル(剛力体)「・・・ビダギザズセザバ。」(期待外れだな。)

---

みりあ「まゆちゃん、どうすればいいのかな!?」

みりあ「みりあには分からないよ!!」

まゆ(ここは・・・。)

佐久間まゆ Turn 5 ↓1 (重要)
1.戦闘現場に向かう(奇数)
2.見捨てて、女子寮に留まる(偶数)

---女子寮---

立神「いつまでここにいる積りだ?」

みちる「・・・フゴフゴッ!!パンはまだ残っているので、まだまだです!」

立神「事の重大性を理解しているのか?」

みちる「ええ、理解していますよ?」

みちる「だから、うちのパン屋にアルバイトで入ってくれたあの人を呼びます!」

みちる「パンに理解のあるいい人なので、こういう局面では頼りになる筈です!」

立神「好きにしろ。」

みちる「では、メールを入れておきます!」

---

(カリスがガドルの剣で斬られた傷口から緑色の血を流している)

ガドル(外見上からはリントと遜色なかったが・・・これは興味深い。)

ガドル「ほう、緑色の血か。貴様は普通のリントとは違う存在か。」

カリス「・・・行かせる訳にはいかない!!」

グレイブ「始!!同時攻撃で行くぞ!!」

【Tornado】【Drill】【Float】

【スピニングダンス】

【MIGHTY】

(攻撃が同時にガドルに迫るが、剣の一振りで両者が弾き飛ばされる)

カリス「みりあ・・・ちゃん・・・。」

グレイブ「始・・・逃げろ・・・逃げるんだ!!」

【Explosion Now】

ドッゴーン!!(ガドルが爆炎に包み込まれる)

ガドル(剛力体)「新手か・・・。」(無傷)

メイジ(マゼンタ)「うふふ・・・邪魔な存在はここで消してあげますよぉ。」

ガドル(剛力体)「いいだろう・・・その力のほどを見せてみるがいい。」

---

佐久間まゆ Turn 6 立神の行動↓1
1.そろそろ頃合いだろう。まゆの部屋に突入を掛ける
2.もう少し戦況が動くのを待つ
3.みちるの知り合いについて聞く

---女子寮---

立神「頃合いだ。」

みちる「動きますか!?」

立神「ああ・・・もう大丈夫な筈だ。」

ドッゴーン!!!(立神の一撃でまゆの部屋の扉が吹き飛ぶ)

みちる「凄いです!どんなパンを食べたら、私にも出来る様になりますか!?」

立神「俺に聞くな。」

立神(目視できる範囲には赤外線センサーが張り巡らされている。)

立神(ならば、変身して押し通る。)

立神「おい、パンの少女・・・下がっていろ。」

(レオゾディアーツがまゆの部屋の壁を斬り裂き、装置を破壊する)

レオゾディアーツ「こんな部屋・・・破壊してくれる!!」

ザシュンッ!!(レオゾディアーツがまゆの部屋の壁を斬り裂く)

レオゾディアーツ「隠し扉・・・!?」

ギィィィィィッ!(レオゾディアーツが隠し扉をこじ開ける)

レオゾディアーツ「当たりという所か。」

(何重にも椅子に括りつけられ、点滴のチューブが手から伸びている男がそこにいる)

速水「カナ・・・ア、リス・・・。」

レオゾディアーツ「これが、速水公平か?まあ、いい・・・この男を連れ帰れば一応の面目は立とう。」

みちる「えっと・・・これは一体、何なんですか?」(茫然でパンの袋が床に落ちる)

レオゾディアーツ「これが、一人の少女の・・・愛憎の果てだ。」(レオゾディアーツが芋虫の様に拘束された校長を肩に背負う)

レオゾディアーツ「その少女は加減を忘れてしまったが故にこの様な道を辿った。」

レオゾディアーツ「誠に下らぬ話さ。本当に心酔する様な相手なのなら・・・この様な事はできんよ。」

レオゾディアーツ(さて、ここまで見られた以上・・・どうしようか・・・。)

佐久間まゆ Turn 7 (ラスト)↓1
1.ここまで見られた以上はやむなしだ、みちるを一緒に連れていく
2.作戦は終わった。みちるをここに置いて行く
3.パンの礼を言ってから、去る事にする

【ゾロ目(66)発動 レオゾディアーツ残機発動】

レオゾディアーツ(彼女にはパンを貰った事だ。最後に礼ぐらいは言っておくか。)

レオゾディアーツ「・・・パンの少女。色々と重たい事実だろうが、これも現実だ。」

レオゾディアーツ「だから、俺が言える事は一つ。何かに執心するのは悪い事ではない。」

レオゾディアーツ「だが、それに飲まれるな。そういう行動は、この様な取り返しのつかない事態へと発展する。」

レオゾディアーツ「ではな・・・美味いパンを有難う。」

みちる「気に入って貰えて何よりです!!パンは世界を幸せにするんです!」

みちる「えっ、そっちはベランダですよ!?」

レオゾディアーツ「さて、我望様の下へ帰るか!」

バッ!!、タタタタタッ!!(何者かがまゆの部屋に走り込んでくる)

翔一「みちるちゃん、大丈夫か!!」

翔一「この部屋の惨状・・・お前がやったのか!?」

みちる「おおっ、翔一さん、ナイスタイミング!」

レオゾディアーツ「その気迫・・・さては貴様、強いな?」

翔一「みちるちゃんが言っていた緊急事態とはお前の事か・・・!」

翔一「なら、俺はお前と戦う!」

みちる「えっと、翔一さん!?その人は違うんです!!」

翔一「ハァァァァァァ・・・。変身ッ!!」

レオゾディアーツ「先ほどの奴とは違う・・・真の力を感じる!!」

レオゾディアーツ「さあ、俺を楽しませてみろ!!」

大原みちる 好感度+(倍率×3.4)↓1
レオゾディアーツ 野心pt+(倍率×2)↓2(40以上で帰宅モードへ、カンストしなかった場合は勧誘は適当になります)

最終結果:佐久間まゆ 好感度-27/300
大原みちる 好感度 134+17=151/300
レオゾディアーツ 野心pt 170+156=326/250【野心バースト:帰宅開始】
警戒心 104+60=164/500
勧誘フェーズに移行します

アギト(バーニングフォーム)「ハァァァァァァ!!」

(レオゾディアーツがバーニングライダーパンチを受け、吹き飛ぶ)

レオゾディアーツ「面白い!」

(女子寮の駐車場に着地したレオゾディアーツが校長を下に置くと再び、アギトと向き合う)

レオゾディアーツ「それでこそだ・・・貴様は久々に俺を滾らせてくれるいい相手だ!!」

(太陽の下に歩みでたアギトの装甲が剥がれ、銀色に変わる)

アギト(シャイニングフォーム)「!!」

ギギギギギギギギギギギィンッ!!(シャイニングカリバーと鉤爪が高速で交差する)

みちる「翔一さん、話を聞いて!!その人は違うんです!!」

アギト(シャイニングフォーム)「違う!?どういう事だ?」

みちる「前に翔一さんが言っていたじゃないですか!いい怪人さんと346プロで出会ったって!」

みちる「この人もそんな類の人です!」

翔一「みちるちゃんがいうのなら、手を引こう。」

立神「楽しい一時だっただけに残念だな。」

翔一「じゃあ、みちるちゃん・・・緊急事態というのは・・・!?」

みちる「そこの人です・・・一人のアイドルの手で拉致監禁されていたんです・・・。」

翔一「何だって・・・!?」

立神(ああ、面倒臭い・・・任務は達成した。帰ろう。)

立神(とりあえず、馬鹿みたいに勧誘を仕掛ければ相手は動揺して、その間に離脱できる。)

立神「君もこれで分かった筈だ。この事務所の闇がな。」

立神「だから、良かったら、うちの事務所に来ないか?その方が安全だ。」

勧誘成功率式:基本10%+好感度の1割の%+パンの共感30%-20%(適当な勧誘)
=10%+17%+30%-20%
=37%
【安価】↓1 勧誘:コンマ 01~37(成功)、38~00(失敗)

みちる「えっと、ちょっとそれは・・・。」

翔一「・・・どういう事だ?」

立神「まあ、無理だろうな。では、さらばだ!パンの少女よ!!」

立神「我望様ァァァァ!!」

みちる「行っちゃいましたね?」

翔一「今はここから離れよう・・・色々と危険だ。」

バラバラバラ!!(翔一とみちるが去る中、一機のヘリコプターがBOARD上空で散開し始める)

---

メイジ(マゼンタ)「認めない・・・こんなの認めない!!」

【Gravity Now】【Explosion Now】

ガドル(電撃体)「無駄だ。さて、リントの女よ・・・俺は目の前に立った戦士を無碍にはせん。」

ガドル(電撃体)「よって、全力で行くぞ。」

メイジ(マゼンタ)「なら、こちらも全力でお相手をします。」

【Holy Now】

ドゴゴゴゴゴゴッ!!(ホーリーとゼンゲビ・ビブブがぶつかり合い大爆発がおこる)

---

---BOARD Production、森林内---

まゆ「なんとか、逃げられましたねぇ・・・でも、ちょっと疲れちゃいましたね・・・。」

みりあ「まゆちゃん、大丈夫!?」タタタタタッ!!

みりあ「爆発が聞こえて、怪我とかしてないよね!?」

まゆ「みりあちゃん・・・はい、大丈夫ですよぉ・・・。」

まゆ(私には慕ってくれる子もいるだから、平気な自分を装わないと・・・。)

まゆ(さあ、今度こそ橘さんに会いにいく支度でも・・・。)

ドスッ!!(まゆの腹部に何かが突き刺さる)

まゆ「えっ・・・?」

みりあ「愚カナル「アギト」ヨ・・・油断シタナ。」

まゆ「みりあ、ちゃん・・・!?」(表情が心からの驚愕と恐怖で歪む)

みりあ「コノ小娘ノ深層心理ノ中デ、貴様ノ中ノ物ヲ奪ウ機会ヲズット待チ望ンデイタ。」

みりあ「ソシテ、今日・・・オマエハ遂ニ油断シタ。」

まゆ「貴方は、一体・・・!?」

みりあ「ソウダナ・・・コノ小娘ノ中ニ潜ムノモ退屈ニナッテイタ所ダ。」

コォォォォォ!!(辺りが深い霧に覆われる中、みりあの影から異形の存在が姿を現す)

霧のエル「・・・我の名は霧のエル。愚かなる「アギト」に神からの罰を与える代行者の一人。」

霧のエル「魔法というアギトに手を染め、あまつさえそれで雷を葬るとは・・・許せぬな。」

霧のエル「だが、貴様は完全なるアギトではなかった。その為、力を奪うだけで留めておこう。」

まゆ「あああああああ、あああああああっ!!!」

(霧のエルの手に吸い寄せられるようにまゆの身体から謎の球体が吸い出される)

霧のエル「これが、神に近づきし眼魂・・・アレキサンダー眼魂か。」

霧のエル「人の手には過ぎた代物だ。これは我々、神が持つべき物。」

霧のエル「さあ、これの呪縛から解放された今、君にもう用はない。」

霧のエル「そのまま眠るがいい・・・そして、真っ当な道を生きろ、人間よ。」

霧のエル(さて、次はどこかに潜むとするかな・・・。)

スッ!!(霧のエルが消えていくと同時に、まゆもそのまま昏倒してしまう)

---

---森林内の別の一角---

始「・・・くそっ、体が重い・・・。」

始「くっ、駄目だ・・・力を制御しないといけないのに・・・。」

コツコツコツ

G4-X「見つけたぞ、相川始。」

始「誰だ・・・お前は・・・。」

G4-X「お前の持つラウズカード、全てを奪わせて貰う。」

始「くっ・・・!」

ドドドドドドドドドッ!!(GM-01改が始の足を撃ち抜き、倒れた始にG4-Xが銃口を向ける)

【POISON】

ドドドドドドドドドッ!!

始「うぐっ・・・うわぁぁぁぁ・・・!!」(激痛が走る中、始が蹲りラウズカードが地面に落ちる)

G4-X「これは頂いていく・・・。」

始「待て・・・うぐっ・・・俺は・・・うぐっ、うわぁぁぁぁ!!」(体の周りに緑のオーラが渦巻く)

G4-X「広瀬の奴が言っていたよ・・・バトルファイトとやらには調停者が存在すると・・・。」

G4-X「そして、お前の変身の仕方自体が邪道・・・。」

G4-X「さあ、枷は外してやった・・・その姿を現すがいい、ジョーカー!!」

---

---ハカランダ---

バリンッ!!

ネネ「あれ・・・始さんの写真が・・・。」

ネネ「始さん・・・。」

---

【BGM:Darkness into Light】

G4-X「それが貴様の真の姿か・・・ジョーカー。」

ジョーカー「ウォォォォォォォォォ!!」

G4-X「俺を狩りたければ、YSZへと来い。近々、そこで戦争が起こる。」

G4-X「では、また会おう。」

【GEL】

(G4-Xが離脱し、ジョーカーだけが残る)

ジョーカー「ウァァァァァァァァァァ!!」

(悲しげな叫びだけがBOARD Production近くの森林に木霊する)

【フラグ達成:ジョーカー解放(遭遇=死)(逃亡は可能)】
【フラグ達成:アレキサンダー眼魂、エルロード達の手に】

【Episode 143】Obsession×Loyalty Failure

今日はここまで
まゆからアレキサンダー眼魂は抜かれましたので、彼女単体の勧誘難易度は激減しました(代りに霧のエルが所有する形に)
霧のエルは今までみりあの影の中に潜んでいました(一回発見される度に別の場所に移動する性質なので、みりあ勧誘は安全です)
ただし、凶暴性の抜けたまゆにとってみりあがトラウマとなる形になります(逆手に使えば、SRプロの抑止力になります)
ジョーカーとはYSZで戦う事になります。次にYSZに向かう際は鬼の様な戦場となるので、オバロ、明鏡止水持ちの使用を強く推奨します。


それは美嘉ねえ救出戦線も含まれるの?
おかえり校長… 遅れて本当に済まない…
とりあえず今回は犠牲者でなくて良かった
ダディは校長に感謝しなさい

乙です ここまで長かった…
霧のエルとか普通に頭から抜け落ちていた 50エピソード近くみりあちゃんの中に潜んでいたということか… うらやまけしからんな
ハートのデッキってそんなやばいやつあったっけと思ってたがフロート リフレクト リカバーあたりから察するにますます硬くなるつもりらしい あとシャッフルがあるってことはダディ連れて行くのは実はめちゃくちゃ危険なのでは?

乙です
とりあえず、立神も閣下も無事で本来の目的の校長救出も果たせたし、まずまずの結果ではあるかね?
さて、こんな状態の校長は無事に復帰できるのか?
そしてカリス、ロリコンでロリコン同盟になれるかもしれなかっただけに残念ですね

美嘉姉を救いに行くともれなく、コーカサスとデュークと始ジョーカーとG4と姉ヶ崎クウガと戦わなくてはならなくなる可能性があるのか……!!
ん、シド?いや、あれは気にしなくても大丈夫じゃないかな?
しかしこれは、黒サンタかモリ爺かズーさんの出番っぽいな
こんな時に残機1+オバロ持ちの風や氷や雷のエルが復活していないのが悔やまれるなw

ネオ1号、マジでヤバい枠だ……!!!
フラグを解放させるとしても、本当に最後の方にしないとダメかもなぁw
じゃないと、ネオ1号の虐殺ショーが始まってしまう可能性がww

再開します

>>384
勿論含まれますw

>>385
リフレクト、リカバー及び属性攻撃に風が追加されるので厄介な相手になります(ただし、ジョーカーは基本的にG4-X狙い)

>>387
シドの扱いw(まあ、コンマ神におもちゃにされているのが現状ですしw)
ネオ1号は、大きな節目に際して解禁是非がランダムで現れます。

---ショッカープロダクション、大会議室円卓テーブル---
(BGM Evil Fortress)

一つ目タイタン「作戦の一端は成功、という事だな。」

ジャーク将軍「ああ。漸く速水公平を佐久間まゆの下から救出できた。」

ゾル大佐「だが、まだ彼女と向き合う上では問題が山積しているのも事実。」

再生アポロガイスト「まあ、一つずつ当たっていくしかあるまい。」

再生アポロガイスト「だが、これでBOARDにおける憂いは断たれたな。」

一つ目タイタン「ああ。他の作戦行動に移っても支障は特に無かろう。」

再生アポロガイスト「ふふっ、随分と楽し気な表情ではないか。」

一つ目タイタン「楽しくもなるさ・・・なんせ、我々の念頭にあった一つの課題が解決できたのだからな。」

ゾル大佐「だが、問題はまだまだ存在している。次はどうするのだ?」

一つ目タイタン「そうだな、では次はここに向かうとしようか。」

研修可能プロ一覧 ↓1
1.346プロ
2.YSZ Corporation
2.5 ???
3.BOARD Production
4.X Production

一つ目タイタン「では、346プロに向かおうか。」

再生アポロガイスト「あそこは敵の動きが活発化している場所だ。」

再生アポロガイスト「それを承知の上で踏み込む気か?」

ゾル大佐「勝算はあるのか?」

一つ目タイタン「端的に言って、そんな物はない。やるのなら物量で攻める他あるまい。」

一つ目タイタン「怪人の生存を念頭に置いてきてはいたが・・・。」

一つ目タイタン「あの事務所の現在の姿は単なる魔境かもしれない。現状を把握しておく事も重要な筈だ。」

ジャーク将軍「白菊ほたるの勧誘も失敗した事だ。彼女も講演後はパーティーにも参加しなかったと聞く。」

一つ目タイタン「まあ、深くは考えた訳ではない・・・だが、ミス千川の動向が気になってね。」

一つ目タイタン「彼女から目を離せば、必要のない危険に足を踏み込む事となる。」

一つ目タイタン「それだけは回避しておきたいのでね。」

再生アポロガイスト「まあ、理に適ってはいるか。それで誰を狙うのだ?」

ジャーク将軍「では、彼女などはどうだろうか。」

↓1 モバマスアイドル(>>9のチャート)

ジャーク将軍「三村かな子。スイーツ好きアイドルだ。」

ゾル大佐「ああ、あのほんわかとした体形のアイドルだな。以前シャルモンに来ていたな。」

一つ目タイタン「ふっ、この接点を使えば楽に勧誘自体は進むはずだ。」

再生アポロガイスト「送る人員に大体の察しは付くが・・・。」

再生アポロガイスト「問題は生存性だ。幾ら短期決戦で勧誘に走ると言っても、その可能性は著しく低い。」

再生アポロガイスト「最悪、発見されて狩られるという可能性も常に留意しておいた方がいい。」

ゾル大佐「適性か生存性か・・・悩ましい物だな。」

ジャーク将軍「三村かな子・・・そういえば、ロシュオが部下に熱狂的なファンがいるとか言っておったな。」

一つ目タイタン「中々に顔が知れ渡っているアイドルと言えるな。」

一つ目タイタン「だが問題は人員だ。三村かな子の勧誘自体はスイーツをちらつかせる形で問題ない筈だ。」

再生アポロガイスト「美味しいから大丈夫だよ、の理屈だな。GODでもヘラクレスやガマゴエモンがよく言っているフレーズだ。」

再生アポロガイスト「彼女の勧誘がなったら、奴等にも声をかけるとするかな。」

一つ目タイタン「ならば、ここはこの人員にこの作戦を任せる。」

↓3 ライダー怪人(例の如く大体何でもあり)

---346プロ---

美城「新プロデューサーの採用計画書?」

ちひろ「はい。今の人員でも業務は回っていますが、ここの設備の多くは持て余されています。」

美城「ならば、新たなアイドルをも連れてくると?」

ちひろ「いえ、実績を積んだアイドルを移籍させる形でどうでしょうか。」

ちひろ「SRプロさんがやられている様に。」

美城「SRプロと346プロダクションは大切な取引先だ。それ以上の言葉は許さんぞ?」

ちひろ「すみませんでした、一介の事務員が踏み込むべき処ではありませんでしたね。」

美城「分かればいい。君は優秀な事務員だ、今後も働きに期待する。」

ちひろ「恐縮です。では、失礼いたします。」

---

ちひろ(常務は最早、SRプロに飼い慣らされてしまっている。)

ちひろ(やはり、私がこの事務所の舵取りを行って行かない事には始まりませんね。)

ちひろ「・・・あれはかな子ちゃんね。頑張っている様だし、ケーキでも差し入れてあげるとしましょうか。」

---

クモナポレムン「・・・ここが346プロか。」

クモナポレムン「私には記憶はない。だが、私を信じてくれる全ての仲間の為にも・・・。」

クモナポレムン「必ず生還して見せる!」

クモナポレムン「今回の作戦目標はあの子だな・・・行くぞ!」

スッ!!

クモナポレムン「すみません、自分、研修でこの346プロダクションに来たレムンと申します・・・。」

かな子「その風貌からして、SRプロの方ですよね!凰蓮さんはお元気ですか?」

クモナポレムン(オーレン?誰だ、それは・・・いや、ここは・・・。)

【Episode 144】 Sweets Paradise
三村かな子 初期好感度 ↓1
三村かな子 Turn 1 ランダム行動 ↓2
1.元気だと答える(01~25)
2.最近会っていないから分からないと答える(26~50)
3.正直に知らないという(51~75)
4.トイレに行くといい、適当な一室にクモの巣ジャングルを設置(76~00)

今日はここまで
早速のゾロ目w レムンの戦闘特化で誰かが散ります(ZXは排除不可なので、必然的にZOか電王の2択)
後者が消された場合はかなり面倒な事態が進行するので、危険です。
レムンの戦闘特化発動後で奴がまだ生きていた場合は、クモの巣ジャングルとエアロスミスで色々と対応可能な残機2に変わります。
変則枠なので、活躍に期待するとしますかw

乙です
以前クモロイドが仕掛けたクモの巣ジャングルは使えないんでしょうか
アレが使えれば仮に電王に当たっても捕獲できるし
ZOを捕獲した場合は・・・レッドドラスのおやつかな?

乙です
346、本当にヤバいな

レムンが討たれた場合はオバロ持ちのデェムシュに行かせるのが良い…のかな?
問題はデェムシュ、彼(?)は残機は何個あるのかですねw

まゆから眼魂抜かれたけどさ
かな子勧誘終わってから3勧誘後にSRプロに?ダディ狙いに来るのは変わらないの?

このスレのアンデットの生き残りって
スペード スカラベ イーグル(高原)
ダイヤ 全封印
ハート ウルフ(新名)
クローバー 上級アンデット3人
だったよね
ダディはG4Xと今戦ってもカード献上する未来しか見えんような…
いや美嘉姉を前に瞬間的にギラファの時の輝きを取り戻せばワンチャン…?

美嘉姉勧誘はビッグマシンあたりでG4Xを抑えつつもう一名で説得に集中する形が理想的だな
特殊作戦扱いだから2人送れるだろうし

再開します

>>405
ZOを捕獲した場合は高確率でそうなります(ゲス顔)
クモの巣ジャングルも一定確率で使用可能とします(捕獲は可能、離脱は別問題)

>>406
増援オバロはTurn数計算でお分かりと思いますが、Turn2増援ならTurn 3を生き延びれば残機⇒オバロで確実に勧誘まで生き延びます。
デェムシュは残機2(オバロ任意発動可能)、及びかな子野心プロテクト(1/2が常にカットされるがあります)(オバロを踏まえると一長一短)

>>407
気付かれましたかw(校長救出でチャートからは消えましたが、そちらは当然続行)
活躍の機会はシャドウに奪われましたが、一応鎌田もいます。
ダディが覚醒するか否かで話が大幅に変わります。

>>408
いつぞやの宇宙鉄人攻略メンバーが大きなヒントになります。

三村かな子 好感度 50-20=30/300【戦闘特化発動】
【ゾロ目(22)発動】

クモナポレムン「ああ、元気さ。彼と知り合いなのか?」

かな子「はい、大分前にケーキバイキングに招待されていった事があるんです!」

かな子「あの時のケーキ、美味しかったなぁ・・・。」

クモナポレムン「そうか、それは何よりだな・・・。」

かな子「とすると、やっぱりSRプロの方なんですね!」

かな子「前は研修生が多く来ていたのに、最近は研修生を余り見なくなったので・・・。」

かな子「次に研修生の方に会ったら、凰蓮さんについて聞こうと思っていたんです!」

クモナポレムン「そうか、彼も君にこれほど慕って貰えていたらさぞかし嬉しいだろうな。」

かな子「美味しい物は人を笑顔にできますからね!」

---

???「・・・。」

三村かな子 好感度+(倍率×2)↓1

【遭遇安価】(50以下でクモの巣ジャングルで捕獲可能、離脱は別問題)↓2
1.電王(奇数)
2.ZO(偶数)

三村かな子 好感度 30+(150-50=100)130/300【特殊ルール15発動】
【ゾロ目(22)発動】

麻生「あいつは・・・敵!?」

麻生「性懲りもなく・・・来るか。」

麻生「なら、346の平和は・・・俺が護る。変身。」

---

クモナポレムン(あれは敵か・・・。今までの作戦情報は一頻り読んできました。)

クモナポレムン(そこには以前、ここに来たクモロイドがクモの巣ジャングルを設置済みだと、とありました。)

クモナポレムン(戦略的有用性はまだ残されていますし・・・ここはそれを使用し・・・。)

クモナポレムン(作戦行動を続行しましょうか。)

クモナポレムン「では、少々挨拶回りに行かねばならないので、ここで一度お暇します。」

かな子「はい!また、後で話しましょうね!」

クモナポレムン(さて、誘導は可能でしょうが・・・問題はその後の行動です。)

クモナポレムン(安易に殺害しても、敵方の更なる反発を招きます。)

クモナポレムン(ですが、放置も得策ではない・・・とすると、ここは・・・。)

【安価】↓1
1.ZOをクモの巣ジャングルで捕獲後、戦闘特化で排除(確定排除可能、戦闘特化好感度デメリットを相殺)(01~33)
2.捕獲した後、生きたままレッドドラスの餌にする(34~66)
3.敵の悪感情を逆撫でするまでもないだろう、戦闘は誇り高い物であるべきである以上、捕獲し、放置する(67~00)

---346プロ廊下---

ZO「逃げるな!!」

クモナポレムン「聞く耳を持ちませんね。」

ZO(どういう積りだ・・・先ほどからこちらに向かってくる気はない癖にずっと346の奥に向かっている・・・。)

ZO(罠の可能性は少ないな・・・。今の346に罠を張るチャンスなどは無かった筈だ。)

ZO(ならば、押し通るまでだ!!)

クモナポレムン(このポイントですね・・・!)

ZO「止まった!!ならば、ZOパンチッ!!」

クモナポレムン「かかった!」

ZO「なんだ・・・身体が動かない!?」(ZOが空中で身動きが取れなくなる)

クモナポレムン「・・・戦闘行動という物は、油断した瞬間から敗北していると知りなさい。」

クモナポレムン「貴方自身に私怨はありませんが、多くの同胞を殺した以上。」

クモナポレムン「これは仲間の為の当然の復讐。感情がない方がやりやすい事もありますからね。」

ZO「くそっ・・・!」

ドス、ドス、ドス!!、ドドドドドドドドドッ!!(毒蜘蛛が次々とZOに毒を注入し、エアロスミスが背後からZOを撃ちまくる)

クモナポレムン「・・・中々にしぶとい。毒蜘蛛や小型戦闘機だけで貴方を消せるとも思ってはいませんでしたが・・・。」

クモナポレムン「せめてもの情けです。私の剣で安らかに逝きなさい。」

ドスッ!!(一切の躊躇の無いクモナポレムンのサーベルがZOの心臓を貫き通す)

ZO「グハッ・・・。」

クモナポレムン「・・・これが闘争という物だ。戦うから危機に陥り、勝てると思うから足を掬われる。」

クモナポレムン「闘争はだからこそ謙虚なものであるべきです。自分をこうして討たれない為にも。」

クモナポレムン「まあ、もうこの言葉は貴方には届いてはいませんかね。」

シュッ!!(クモナポレムンがサーベルをZOから引き抜き、さっと一振りするくと鞘に納め、立ち去る)

【ZO排除:クモナポレムン、残機2解放】

千川ちひろ 疑心+(÷2.5)↓1
三村かな子 Turn 2 ZOの処理是非↓2
1.ドラスを呼び、死体を食わせる(01~25)
2.これは敵との抗争だ・・・見せしめのために放置(26~50)
3.敵は敵でも一応の礼節は必要、ユニコルノスを呼び怪人墓場で丁重に葬る(51~75)
4.廊下の陰から感じた気配を調べにいく(76~00)

【346鬼難易度(15)発動】
三村かな子 好感度 130/300
千川ちひろ 疑心 38/∞

クモナポレムン「さて、事後処理ですが・・・どうしますかね。」

クモナポレムン「これは良い素体。ドラス君の餌にでもしましょうか。」

---

クモナポレムン「これでよし。んっ・・・?」(暗号通信を送信し終える)

ドサッ!!、ガシャーン!!(廊下の陰で何かが落ちる)

良太郎「・・・麻生さん・・・!?」

ほたる「嫌・・・もう嫌です・・・!!」(壊れた鈴蘭の鉢植えの前で蹲る)

ほたる(私の所為だ・・・私がここに来ちゃったせいで、全てが不幸になっていくんです・・・。)

ほたる(私なんかが夢を見ちゃって・・・舞い上がっちゃったのが、間違いなんでしょうか?)

ほたる(もう、わかりません・・・。)(ハイライトが完全に深淵に落ちる)

良太郎「麻生さん!、麻生さん!!」

クモナポレムン「一足遅かったな・・・346の仮面ライダー。」

良太郎「お前なのか・・・お前が麻生さんを・・・!」

クモナポレムン「戦いとは非情な物だ。生きるか死ぬかの2択しか与えられず・・・。」

クモナポレムン「敵である以上・・・死を相手に与えねば、こちらが死ぬ。」

クモナポレムン「さあ、来い。貴様も消してくれる!!」

良太郎「許さない・・・。誰だって、誰かの幸せを願っていい筈なんだ・・・。」

良太郎「それなのに、理解し合おうともせずにただ殺すなんて・・・。」

良太郎「・・・君だけは、絶対に許さない。変身。」(目から感情が消える)

【Liner Form】

クモナポレムン「迷いを捨てたか・・・いいだろう、消してやる。」

電王(ライナーフォーム)「行くよ。」(デンカメンソードの顔が回転し始める)

【安価】電王の激情 ↓1
1.修羅の道に落ち、仲間を救う為に過去改変を開始(40%で残機貫通付与)(01~30)
2.イマジンの説得でほたるの状態に気付き、正気を取り戻す(31~00)

【安価】デンカメンソードで選ばれる形態 ↓2
1.モモソード(01~25)
2.ウラロッド(26~50)
3.キンアックス(51~75)
4.リュウガン(76~00)

【モモソード】

モモタロス『おい、良太郎!!一気に行くぜ!!』

電王(ライナーフォーム)「うん。何も考えずにただ消しにいくよ。」

電王(ライナーフォーム)「甘さが悪なのなら・・・僕は心を修羅に変えるよ。」

電王(ライナーフォーム)「不幸なんかに負けない何かがあるって、ほたるちゃんに見せる為にも。」

ギィンッ!!(クモナポレムンのサーベルとデンカメンソードが激突する)

電王(ライナーフォーム)「うぉぉぉぉぉぉぉ!!」

ギンッ!!、ギィンッ!!

クモナポレムン(強い・・・今の一瞬で奴は迷いを捨てたというのか!?)

クモナポレムン(興味深い相手だ・・・だが、この相手と戦っては最悪こちらが死ぬ。)

クモナポレムン(ここは・・・!)

【安価】電王(修羅モード)(怪人を一人撃破する毎に過去を改変開始)
1.残機貫通の電車斬り(デンカメンスラッシュ)が刺さる(01~40)
2.良太郎の迷いが表層化し、その間に逃亡成功(41~00)

クモナポレムン「ぐはっ・・・!!」(外に吹き飛ばされる)

モモタロス『決めるぜ、良太郎!』

電王(ライナーフォーム)「うん・・・。」

電王(ライナーフォーム)(でも、本当に殺すしか手はないのか・・・!?)

電王(ライナーフォーム)「僕は・・・!」

クモナポレムン(なんだかわからんが、逃げるチャンスだ!!)

シュッ!!(クモナポレムンが逃亡する)

電王(ライナーフォーム)「・・・逃げられたのか?」

ほたる「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

電王(ライナーフォーム)「ほたるちゃんの悲鳴!?一体、何が!?」

---

レッドドラス「君はあの時、聖ちゃんとの再会を邪魔してくれた奴だね。」プンプン

レッドドラス「クリスマスに見たあの映画で分かったよ、優しくしているだけじゃ伝わらない事もあるって・・・。」

レッドドラス「だから、いただきまーす!!」

ゴォォォォォ!!(ZOの遺体がドラスに吸収され、ドラスの身体が変化し始める)

ほたる「・・・・。」(音もなく涙が頬を伝い落ちる)

???ドラス「ああ、美味しかった!じゃあ、帰ろうか!」

ユニコルノス「お前ってマジでえげつねえよな。まあ、いいけど。」

シュンッ!!(二人がそのまま離脱する)

---

今日はここまで
また蜘蛛連合の面々がやらかしましたねw(遭遇率(高)の346に残機貫通が置かれる危険性は40%でも脅威)
ほたるは346に来てから、ハードな毎日なのでハイライトは速攻で消滅しました。
電王(修羅)に過去改変をされた場合、「勧誘は行われなかった」と勧誘した怪人以外は感じてしまう様になり妄言を吐く怪人に早変わりしてしまいます。
(逃げられた場合はそうなり、死んだ場合は、殉職者リストの対応Episodeに合わせ入ります)(プロテクトが掛かっているアイドルは平気)

【自由安価】ドラスの変化する色 ↓1(オリジナル設定)(フォッグドラス、アルティメットD並の存在)
【自由安価】付与される特殊能力 ↓2、↓3(ぶっ壊れにしても可)

乙です
遂に346にも修羅(残機貫通)が生まれてしまった……!!
愛梨ちゃんの為にも捕獲したいかったけど、これは無理かもしれないなぁ

ヤバい武装……アカシックバスターとかはどうでしょう?
攻撃した相手をアカシックレコードから存在そのものを消し去るというから、下手したコーカサスやG4やZXやRXすら倒せそうだけど……流石にチートすぎるなw

しかしドラス、映画の影響を諸に受けてますねw
さて、レムンはどうなってしまうのか?

乙です
過去改変は引き抜きの悪化版って認識でいいのかな

電王とほたるがモバPの死を知ったら過去改変で救出に行ったりするんだろうか
モバPが生きてれば鬼・悪魔・ちひろ補正がなくなるし、ほたるが346に移籍する理由もなくなるし、難易度的にはその方が助かるんだけど

宇宙鉄人討伐メンバーがG4Xのヒントか
あの時のメンバースカル魔スターしか覚えてない…
機能停止ビームで液状化能力のシステムはダウンさせられるかな けど普通にオーバロードかサイタンクの方残機は安定しそう
確かプロフェッサーはダディがG4Xと手組んでるって美嘉姉に嘘教えてたよね それでもう誰も信じないってなってたような

過去改変されても特異点であるカイは確実に影響受けないよね
万が一改変されても対象の担当怪人と彼が上層部に直訴すれば勧誘していたって事を認めてもらえるんじゃないか?
わざわざ嘘をつくような内容では無いし

乙です

電王を捕獲するつもりが目論見が完全に外れてむしろ悪化した
他には確かギノガが戦闘後捕獲が可能なんでしたっけ?

宇宙鉄人討伐メンバー…悪魔元帥、スペースイカデビル、バットドーパント、磁石団長、スカル魔スターか、スカル魔スターは一応美嘉姉と面識あると言えなくもないけど

時間or密度を操って液状化能力持ちのドラス…
敵じゃなくて本当に良かったね

宇宙鉄人の時は機械を2人が無効化して 残り3人の高火力持ちがボコボコにしたから 同じような流れをまたやれば…?

何気にちひろさんが常務にアイドルの引き抜きを提案してたね
何でSRプロからの引き抜きって泉 蘭子 あずきみたいな大幹部級激怒必死のとこばっか当たるんだろうね…

何気に幸子も飛行機眼魔の千夏さん回で判定あったけど欠けてる主だったユニットメンバーがいる訳でもない幹部級怪人担当だったのに何でだろう まあ成功したけと

再開します
ドラスの能力案が中々に面白くなっていますねw
ただ、キンクリとザ・ワールドは>>1の見解では重ね掛けは不可能と感じます(キンクリは時間が動いていない限りは消し飛ばせないので)
なので、キンクリだけの片面にする代わり、液状化に加え密度操作も追加して置きます(アカシックは寧ろSRロボ側の武装となりますw)

>>432
愛梨との兼ね合いが非常に難しい問題になります。

>>433>>435
引き抜きの悪化版であり、勧誘を行う局面で電王が怪人を消しに動きます。
カイのみがその改変についていく事ができ、短編で改変を消せます(グループアイドルの一人が改変された場合、面倒な事に)
上層部から見れば、勧誘前に勧誘している怪人が死ぬケース(アポロ等)の様に映るので、仕方がないと割り切ってしまう形となります。

>>434
ダディの交渉の時間をいかに他の面々と稼ぐかが重要です。

>>436
ギノガは一応可能ですが、色々と危ない枠なので使用は難しいです。
戦闘特化以外でも、特筆すべき捕獲能力を有する場合は積極的に使っていくと有効です。

>>437
引き抜きで今後、星花が当たった場合はコンマ神の愉悦を認めましょうw
幸子の場合は、あのEpisode中に3に該当(溺れている所をXに助けられ、藍子に人工呼吸をされたので地味にその他に該当していました)
Episode中の流れで3に該当するケースもあるので、慎重な対応が必要です(一応Turn選択肢で相殺可能、ただしランダム安価)

---346プロ、外周---

クモナポレムン「さて、仕切り直しと行きましょうか。」

クモナポレムン「とはいえ、2回の戦闘で色々とダメージを負った以上・・・。」

クモナポレムン「戦闘は最小限にして、エアロスミスで対応をするべきでしょうね。」

クモナポレムン「取り敢えず、今は三村かな子ともう一度遭遇する所から始めましょうか。」

---

ちひろ「遂に、麻生さんをも殺してしまいましたか・・・。」

ちひろ「つくづく、救えませんね。」

ちひろ「手段は択ばずに、連れ戻すと私たちは誓いました。」

ちひろ「だからこそ、徹底攻勢に出るとしましょうか。」

ちひろ「・・・私が、ただ黙って見ているとは思わない事ですね。」

ちひろ「ふふっ、頼みましたよ・・・武内さん。」

三村かな子 Turn 3 ↓1
1.かな子と遭遇した後、346プロ外に出る事を進言
2.騒ぎが収まるまで隠れる
3.現在位置にクモの巣ジャングルを仕掛ける

346プロ引き抜き安価【対象:SRプロ】↓2
(アイドル35~134番目のアイドルが対象)(01~00で選定)

千川ちひろ 疑心+(÷2.5)↓3

---同時刻、SRプロ外周---(愛着度補正発動)

武内「ですから、ここにいる方々は殺人を平気で犯す様な方々で・・・!」

裕美「よく知りもしないのに、そんな言い方・・・酷いです!!」

武内「君はここにいたら、危険なんです!!・・・だから・・・!」

裕美「だから、貴方についていけというんですか?」

裕美「色々と辛い事はあるけど・・・この場所は私の居場所なの!」

裕美「私は皆と一緒にいたい!だから・・・!」

武内「しかし・・・!」(急に武内の背後から恐ろしいプレッシャーが放たれる)

ウニデーモン「おい。俺のアイドルに何ちょっかいかけてんだ、お前?」

武内「それは・・・。」(冷や汗が顔に浮かぶ)

裕美「鬼さん!」パァァァ!!

ウニデーモン「こちとら、身内の死で気が立ってんだ。引き際を知らねえのなら、相手になるぜ?」

武内「・・・くっ、ここは引き下がります。ですが、せめて名刺だけでも・・・!」

ウニデーモン「失せろって言ってんだろうがぁ!!」

バンッ!!(武内の名刺がウニデーモンの棍棒で弾かれ、武内が走り去る)

ウニデーモン「大丈夫か、裕美?」

裕美「うん、平気・・・でも、少し怖かったかな・・・。」

ウニデーモン「それでも必死にここに残りたいって意志を見せてくれて嬉しかったぜ?」

ウニデーモン「じゃあ、何か嬉しい気分だし、昼飯でも食べに行こうか!元山、高原やカザリにも声かけておくぜ。」

裕美「うん!」

---

【346プロ鬼難易度+不幸補正(12)発動】
三村かな子 好感度 130/300
千川ちひろ 疑心 38+40=78/∞【疑心倍率後、5の倍数発動】

ちひろ「さてさて、ステージは更に大きくしない事にはね。」

ちひろ「警察を動員します。」

ちひろ「ふふふ、精々、この包囲網の中で足掻いて下さい。」

ちひろ「モバPさんの苦しみを貴方方も味わうべきなんですよ!」

【遭遇安価】↓1
1.電王(修羅)(01~25)
2.ZX(26~50)
3.クウガ(51~75)
4.何とか、やり過ごす(76~00)

【疑心発動是非】上記コンマが奇数で発動 好感度-(コンマ×1.3)↓2

電王(ライナーフォーム)「見つけた。」

モモタロス『今度こそ、逃がすなよ・・・良太郎!』

電王(ライナーフォーム)「分かっているよ。今度こそ、仕留めに行くよ。」

電王(ライナーフォーム)「ほたるちゃんをあそこまで怯えさせた相手に容赦など必要ない。」

電王(ライナーフォーム)「行くよ、モモタロス!」

モモタロス『おうよ、今度こそ電車斬りでやっちまえ!』

電王(ライナーフォーム)「よし、敵の姿は・・・見えた!」

---

クモナポレムン「何・・・!?くそっ、エアロスミス!!」

クモナポレムン(くそっ、ここで終わる訳には・・・!!)

【安価】電王(修羅モード)(怪人を一人撃破する毎に過去を改変開始)↓1
1.残機貫通の電車斬り(デンカメンスラッシュ)が刺さる(01~40)
2.良太郎の迷いが表層化し、その間に逃亡成功(41~00)

クモナポレムン 野心pt 200/250(電王一回目逃亡時)

電王(ライナーフォーム)「でも、僕は・・・!」

バババババババババッ!!!(エアロスミスからの銃撃)

電王(ライナーフォーム)「えっ・・・!?」

クモナポレムン「くそっ、私はこんな所では死ねない・・・!」

ダダッ!!

---

かな子「あっ、蜘蛛さん!!」

クモナポレムン「ハァハァ・・・。」

かな子「えっ、大丈夫ですか!?マカロンありますけど、食べます?」

クモナポレムン「頂こうか・・・。それと、少し外の空気が吸いたい・・・一緒に来てくれるか?」

かな子「はい、いいですよ?」

クモナポレムン 野心pt+(倍率×2)↓1
マカロン効果:野心pt-↓2
三村かな子 Turn 4 ↓3 (野心バースト時はバトンタッチ)
1.SRプロ、シャルモンに向かう
2.近くの公園に向かう
3.他のSRプロアイドルの仕事場に向かう

【346プロ鬼難易度+不幸補正(94)発動】
三村かな子 好感度 130/300
千川ちひろ 疑心 38+40=78/∞
クモナポレムン 野心pt 200+168-2=366/250【野心バースト】

クモナポレムン(この状態では・・・碌にもう戦えん・・・。)

クモナポレムン(ならば、ここは仲間に残りの任務を託し・・・私はここで敵を食い止める。)

クモナポレムン(今の段階では、誰かが犠牲になる他あるまい。)

クモナポレムン(さあ、行け・・・。)

クモナポレムン「私は急用ができた代りに、近くに仲間がいると分かってね。」

クモナポレムン「その仲間に君の事を話したら、私の代りに君を是非ともSRプロのシャルモンに連れて行きたいと申し出てくれた。」

かな子「えっ、本当ですか!」パァァァ!!

クモナポレムン「346プロを出て、付近の大通りに出るといい。そこに黒塗りの車が来る筈だ。」

クモナポレムン「それが仲間だ。宜しく伝えておいてくれ。」

かな子「はい、分かりました!!わぁ、楽しみだなぁ・・・!」

タタタタタッ!!(かな子が小走りで大通りに向かっていく)

クモナポレムン(離脱用の増援だったが、この様な状況下だ。残りは奴に任せよう。)

クモナポレムン(さて、この死地での殿の勤めは果たさせて貰うとするか。)

クモナポレムン(頼んだぜ・・・。さて、俺は一秒でも多く時間を稼ぐ!!)

ZX「見つけたぜ・・・蜘蛛野郎。」

ZX「麻生を殺した以上・・・覚悟して貰うぜ。衝撃集中爆弾!!」

クモナポレムン(生きて帰ろうとは考えん・・・行くぞ!!)

---

↓1 ライダー怪人(増援枠)(例の如く大体何でもあり)

今日はここまで
クモナポレムンは346ライダーの攻撃を押さえ、そのまま殉職する流れとなりますので、黒百合を捧げておきます。
今回の引き抜きは漸くルールの2が上手く機能しましたねw(完全プロテクト状態なので問題ありませんが、凛などが狙われた場合は危険でした)
さて、ここでオバロ持ちのデェムシュが来たので、取り敢えずは大丈夫でしょう(SRプロ内に入れば、不測の事態は仲間が対処)
勧誘成功を祈りますかw

電王をSRプロに誘い込んで愛梨に遭遇させて落ち着かせる(修羅キャンセル)事とかできんのかね?
ついでにそのまま引き込んじゃうとかも、逆に?っ攫われたりしかねない博打かもだが


電王が過去を改変するにしてもこっちみたいに特殊な機械とかない限りいつ誰が勧誘されたか知らないと無理だよね
ちひろに聞けば何とかなる346系列の勧誘しか阻止できないような

乙です
キンクリ出来て液状化と密度を操りMCキャノンを撃ててライトルを生み出せるドラス……恐ろしいな
しかし、これならG4やコーカサスも倒せる……かな?

アカシックバスターがSRロボに搭載可能……だと……!?
あの武装、かなりの壊れ性能なんですけどねw
SRプロの科学技術は世界一ということなのかな?

さらばレムン、あの世でクモナポレオン閣下と仲良くな!
さて、かな子勧誘はどうなってしまうのか?

とりあえず、早い内に電王は何とかしたいですね
捕獲には……少し勿体ない気がするけど、ヒルゲリラを使用しての良太郎を原始人化させて捕獲してみる?

乙です

スペースクモ男…フォーゼの動きを封じた強力な蜘蛛の糸で捕獲
オールドドーパント…良太郎を老けさせ無力化
エイドクガー…グラビティ発生装置を活用
今頭の中にある捕獲プランはこんなとこかな

>>459
強化形態の武装とはいえすでに縮退砲が搭載済みの時点で今さらな気が…w

イエスタデイドーパントで動きを完全に制限してるうちに捕獲出来ないかね
あれって1日前の動きを終えたら昏睡するんだっけ?

かな子が勧誘できればシンデレラプロジェクトもあとはみりあちゃんだけか
大体みんな幹部級なのに残機無しのキーマンジョーが一番乗りだったり アスタリスクのネコキャラじゃない方の担当怪人がネコだったり面白いね 次はロックザビートだ…!
そういや美波と智絵里は顔合わせた場合大丈夫なんかね…
サボテグロン回のあれはトラウマってレベルじゃないと思うが

乙です


デェムシュ
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127128.jpg

進化体
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127129.jpg



ほ、ほたる勧誘の難易度がどんどん跳ね上がっていく(震え声

結果としては些かマズいことになってしまったけれど、ZOの排除&ドラスたんの強化が出来たので良しとするべきと思う
再改造手術の有用性も十分に確認出来たことだし(ゲス顔
勧誘の続きも杉t…デェムシュなら安心だろうし

再開します

>>455
可能ですが、ハイリスクハイリターンです(先にほたるの勧誘が済んでいれば分は多少よくなります)
最悪、愛梨が引き抜かれ十時軍が暴走します。

>>457
ちひろはSRプロから受領した莫大な金があるので、それを使用し裏でパイプを繋いでいます。

>>459
通常勧誘には出せませんが、増援枠でこれ以上の猛者はいないレベルにまで達しています。
良太郎が原始人化した場合は愛梨が病みます。

>>460
ガマボイラー(元祖戦闘特化)は死んで相手を大幅に弱らせる特性持ちなので、かなりの有望株です。
SRロボの次の活躍は、いつになりますかねw

>>461
妥当な線です。まずは行動のインプットが重要です。

>>462
NG:キーマンジョー、メディック、クロコダイルオルフェノク
*:ジャーク将軍、カザリ
凸:デッドライオン、ビートルファンガイア、(+みりあのP)
LL:ユニコーンゾディアーツ
飴島:暗黒大将軍、魔神提督、(+かな子のP)
RE:天王路、隊長ブランク

錚々たる面々の中にいるキーマンジョーは漢と言わざるを得ないw

>>463
画像感謝です!
ほたる勧誘は成功すれば346の難易度を格段と落とせるので、戦略的指標になります。
ドラス強化がかなり美味しいです(G4-X戦で猛威を振るえます)
再改造手術の有用性はかなりありますが、中々改造対象が出ないのでおまけ感覚です。
さて、デェムシュに残りは期待するとしますかw

---346プロ近くの大通り---

かな子「えっと、ここでいいんだよね?」

キキィ!!(黒塗りの車が止まり、中から真っ赤な怪人が降りてくる。)

デェムシュ「三村かな子・・・漸く会えたな!」

デェムシュ(三村かな子との時間を邪魔する猿はいないな・・・よし!)グッ!!(ガッツポーズ)

デェムシュ(この時をずっと待っていた!!ここは外さん!!)

かな子「あの、SRプロの方ですよね?」

デェムシュ「デェムシュだ。宜しく頼む。」

かな子「私の事は知っていてくれたんですか?」

デェムシュ(・・・当たり前だ、三村かな子、お前は特別だ・・・お前達アイドル以外の人間など猿同然だ!!)

---

ZX「来いよ・・・。」

ピーポーパーポー!!(警察のサイレン音)

G3-X「見つけた。排除行動に入ります。」

クモナポレムン(悔いはない・・・!だが、せめて殺されるのなら・・・!!)

クモナポレムン(・・・お前の手で逝くぞ!!)

千川ちひろ 疑心+(÷2.5)↓1
三村かなこ Turn 5 デェムシュの行動↓2
1.大ファンだといい、サインを求める
2.ファンたる物、ストイックに振る舞うべきだ。敢えてクールに接する
3.好きな菓子を聞いておき、それを凰蓮に予め依頼しておく

クモナポレムンの最後 ↓3
1.ZXの手で殺される(01~33)
2.G3-Xに銃殺される(34~66)
3.???(67~00)

【346鬼難易度(06、09)発動、連戦発動】

ザック「くそっ・・・俺は、TKRを殺しちまった・・・!!」

ザック「光太郎さんにも俺は諭された・・・俺は本当に何をやっているんだ・・・!!」

ザック「あれは、オーバーロード!?くそっ、街を破壊させる物か!!」

【クルミ】【Lock on】
【クルミアームズ】

---

デェムシュ「俺はお前の大ファンだ!!サインをしてくれないか!!」

かな子「えっ、本当ですか!!凄く嬉しいです!!」

デェムシュ「車の中で待っていてくれないか。すぐに向かう。」

デェムシュ(三村かな子との時間を邪魔してくるなど、死にたい猿がいる様だな。)

ゴォォォォ!!(かな子が車に乗ったのを確認するとデェムシュが鬼の様な速度でナックルを迎撃する)

デェムシュ「猿が・・・三村かな子との時間は邪魔させん!!」

ナックル「何の話だ!!」

(クルミボンバーとデェムシュのシュイムが打ち合わされるが、デェムシュがそのままナックルを叩き切り、吹き飛ばす)

デェムシュ「弱すぎる!調子に乗るな、猿めが!!んっ、来るか!」

スーパー1「なら、俺が相手だ。パワーハンドッ!!」

デェムシュ「邪魔をするなぁぁぁぁ!!!」

---

かな子「私のファンかぁ・・・ふふふ♪」(車のサイドミラーに映る戦闘に気付かない。)

【安価】デェムシュ 野心pt 150/250(三村かな子補正(上昇分ハーフカット))↓1
1.オーバーロード発動(残機消費)
2.通常残機で対応

【Overlord】

【BGM:オーヴァーロード M-34】

デェムシュ「ヌォォォォォォォ、カナコォォォォォォォ!!!」コォォォォォ!!(体が金色の光に包まれる)

スーパー1「何っ・・・!?」

デェムシュ「悪いが、今の俺はお前に負けてやる理由がない。掛かってこい、猿!!」

(デェムシュが竜巻に変化し、スーパー1に連撃を加える)

スーパー1「なんだ・・・この力は・・・!」

デェムシュ「これが、我が執念の力だ!!」

---

---SRプロ、シャルモン---

凰蓮「そろそろ来るのかしらね?赤トウガラシちゃんとかな子ちゃん。」

ロシュオ「ふふっ、そろそろ来るだろう。」

ロシュオ「奴は我が臣下の中で「最も強大な力を持ち、同時に最も愚かしい者」、だった。」

凰蓮「だった、というと今は違うの?」

ロシュオ「奴にとって、たった一つの執着し、守るべき対象ができた事により・・・奴は強くなった。」

ロシュオ「ふっ、三村かな子が傍にいる限り、奴を消せる敵などいない筈だ。」

---

バクッ!!(デェムシュが所持していたヘルヘイムの実を口に含み、進化体に変わる)

デェムシュ「美味しいから大丈夫だよ!!さあ、消えろ、猿めがぁぁぁ!!」

ドゴォォォォンッ!!(理不尽な破壊力を前にスーパー1が距離を取る)

スーパー1「くっ、この勝負は預けた!!」

デェムシュ「愚かなる猿めが!!だが、今は三村かな子との時間だ。」

デェムシュ「戻るか。」

---

ナックル「くそっ、なんて奴だ・・・紘太に連絡しねえと・・・。」

三村かな子 好感度+(倍率×4)↓1(大ファン補正)
オーバーロード:野心-(×0.8)↓2
三村かな子 Turn 6 鎧武到着是非 ↓3
1.到着、カチドキアームズでデェムシュと交戦開始(奇数)
2.道に迷う(偶数)

三村かな子 好感度 130+(268-89=179)=309/300(暫定Complete!!)
千川ちひろ 疑心 78+38=116/∞【特殊ルール6発動】

千川ちひろ 疑心発動時:好感度-(倍率×1.3)↓1
千川ちひろ 疑心発動是非:奇数(発動)、偶数(未発動)↓2

最終結果:三村かな子 好感度 130+(268-89=179)=309/300 Complete!!
デェムシュ 野心pt 150-68=82/250
エピローグに進行します

【Episode 144】Sweets Paradise Epilogue

紘太「ザックか・・・何っ、オーバーロードが街中に!?」

紘太「くそっ、なら・・・行くしかない!!」

【カチドキ】【Lock on】
【カチドキアームズ】

鎧武(カチドキアームズ)「裕也・・・俺はもう誰も失いたくない、だから!!」

ゴォォォォォ!!(鎧武がサクラハリケーンに乗り、戦闘現場に向かう)

---

---車内---

デェムシュ「ふぅ、漸く君と話せるな、三村かな子。」

かな子「あっ、用事は終わりましたか?」

デェムシュ「ああ、付近で邪魔をしてきそうな猿、いや、変なカメラ小僧を追い払ったまでだ。」

かな子「えっ・・・。」

デェムシュ「最近は物騒な世の中だ。少女一人がスイーツを食べに行くだけでもスキャンダルにしたがる。」

デェムシュ「俺は君の大ファンだ。君に快適に過ごして貰う為には労は惜しまんさ。」

デェムシュ(現に俺はそんなカメラ小僧を数名、ヘルヘイムに放り込んだ事もある。)

デェムシュ(三村かな子のゴシップ記事を書こうとする猿は死ねばいい!)

かな子「えっと・・・有難うございます。気を遣ってくれたんですよね?」

かな子「でも、私のファンってだけでそこまでしてくれるんですか?」

デェムシュ「当然だ。他に何の理由が必要なのだ?」

かな子「なら、私のどこが良かったんですか?最近、自分に自信がなくて・・・。」

デェムシュ「簡単な質問だな。そうだな・・・。」

デェムシュ「君の包容力、君の声、君の容姿・・・平たくいって、その全てだ。」

デェムシュ「陳腐な表現かもしれない。だが、それが俺の偽らざる本音だ。」

デェムシュ「俺は嘘が苦手なのでな。」

かな子「ふふっ、なんかこんな風に全肯定して貰ったのって、モバPさん以来です・・・。」

かな子「なんか、懐かしいなぁ・・・。」

デェムシュ「俺以外にも、ちゃんと君を見ていた男がいた様だな。」

デェムシュ「その男とは、いい酒が飲めそうだ。そいつは今、どこにいる?」

かな子「それが分からないんです。急に消息を絶ってしまって・・・。」

デェムシュ「そうか・・・だが、俺がいいたいのは君にはそういう良さがある。」

デェムシュ「だから、それを大事にすべきという事だ。」

かな子「SRプロの職員さん・・・。」

デェムシュ「我が名は、デェムシュだ。さて、SRプロはすぐ近くだ。」

かな子(デェムシュさん・・・。)

デェムシュ(なんだ、何かが来る!?)チラッ

【BGM:始動 鎧武】(バックミラーに鎧武が映る)

デェムシュ(ここまで来てまだ邪魔に来るか、腐れ猿がぁぁぁ!!)

デェムシュ「かな子よ、カメラ小僧の仲間が追って来た!!少し、飛ばすぞ!!」

かな子「えっ、ええっ!?」

デェムシュ(原田美世よ、この新しい社用車のBentley Flying Spur V8に魔改造を施してくれた事に感謝するぞ!)

デェムシュ(一気に振り切る!!)

【安価】↓1
1.性能で一気に鎧武を振り切る(01~33)
2.追い付かれるが、SRプロ人員がフォロー(34~66)
3.路地に入り込み、鎧武が道に迷う(67~00)

ゴォォォォ!!(車が路地裏に入る)

鎧武(カチドキアームズ)「よし、これで袋の鼠だ!!」

ゴォォォォ!!!(路地の反対側からFlying Spur V8が何事も無かった様に通過し、そのまま去る)

【BGM:おてのもの】

鎧武(カチドキアームズ)「ここは行き止まりの筈、だからここで待っていればいいはずだ!」

鎧武(カチドキアームズ)「この街の平和は俺が護る!」

---

---SRプロ、シャルモン---

デェムシュ(上層部のプランに狂いはない。)

デェムシュ(隠し通路で敵を攪乱するとは中々考えた物だ。精々そこで迷っていろ、猿め!)

かな子「なんかスリリングでした!なんか映画の撮影みたいで。」

デェムシュ「だが、これもまた現状の一端を指示している。」

デェムシュ「346プロでは、君の身辺警護まで目が行き届いていないというね。」

かな子「確かにモバPさんがいた時に比べて、皆冷たくなった感じです。」

デェムシュ「それは君自身の可能性を狭めていると俺は感じる。」

デェムシュ「俺に任せてくれれば、君を数倍は今よりも輝かさせてみせるのにな・・・。」

かな子「ふふっ・・・なんかそう言って貰えるだけで嬉しいです。」

かな子(わぁっ・・・大行列店の出店数が凄い!!あのシュークリームとかも美味しそう・・・。)

かな子(ここに移籍したら、食べ放題なのかな?)

かな子(それにそれよりも、デェムシュさんからは昔のモバPに通じる何かを感じる気がする。)

かな子(私をちゃんと見てくれるような何かを・・・。)

かな子(だから、私は・・・!)

勧誘成功率式:基本10%+好感度の1割の%+300到達ボーナス10%+エピローグ到達ボーナス30%+デェムシュへの信頼10%+スイーツ補正5%
=10%+30%+10%+30%+10%+5%
=95%
【安価】↓1 勧誘:コンマ 01~95(成功)、96~00(失敗)

かな子「あの、デェムシュさん!」

デェムシュ「どうした、三村かな子?」

かな子「あの、えっと・・・今から、その、不躾なお願いをするかもしれないんですが・・・。」

かな子「もし、デェムシュさんさえ良ければ、私をここに移籍させてはくれませんか?」

デェムシュ「OKだ!」

かな子「えっ、ええっ・・・!?」

デェムシュ(サンキュー、モリ爺!あんた、やっぱり神だ!)

かな子「そんな簡単に移籍を認めてくれていいんですか!?」

デェムシュ「俺は君の大ファンだといった筈だ。ファンがアイドルを信じなくてどうする!」

デェムシュ「君が俺を頼ってくれた以上・・・俺は君に尽くす一人のプロデューサーとなる。」

デェムシュ「何なりとこれからは俺に頼るがいい。」

凰蓮「いつになったら、来るのかと待ち侘びていたわ。ワテクシを待たせるなんて、いい覚悟ね。」

デェムシュ「おおっ、オーレン!!祝いの席だ!!ハハハハ!!」

デェムシュ「三村かな子が移籍してくれるとさ!!」

凰蓮「Ah bon!? 本当に!?これはパーティーの時間よ!!」

智絵里「えっと、何事ですか?」オドオド(アイスを片手に持ちながら、立っている)

デェムシュ「ここの彼女が今日からここに移籍してくれる事になったんだ!」

かな子「えっと、三村かな子です。」

智絵里「緒方智絵里です・・・宜しくね、かな子ちゃん。」(笑顔)

---

デェムシュ(さてと、今年は運が回ってきた様だ・・・彼女のプロデュース、頑張っていくとしようか!!)

【Episode 144】Sweets Paradise fin

---ショッカープロダクション、大会議室円卓テーブル---
(BGM Evil Fortress)

一つ目タイタン「作戦成功。しかし、346プロは死地だな。」

再生アポロガイスト「全くだ。これほどまでにライダーに襲撃されたのは岩魔ぐらいの物だ。」

ジャーク将軍「あの説はマリバロンが・・・ハッ、マリバロン・・・。」ズーン

一つ目タイタン「マリバロン・・・。」ズーン

ゾル大佐「奴らの急所を狙ってどうする!!」

再生アポロガイスト「しまった、つい・・・。」

ゾル大佐「しかし、346プロでレム・カンナ・・・いやクモナポレムンは死んだ。」

ゾル大佐「精々、死後の世界で暖かく迎え入れて貰える事を祈ろうか。」

再生アポロガイスト「全くだ。さて、そろそろ次の作戦を立てるとしようか。」

再生アポロガイスト「今回の作戦地はここだ!」

研修可能プロ一覧 ↓1
1.346プロ
2.YSZ Corporation
2.5 ???
3.BOARD Production
4.X Production
12.短編に進行

今日はここまで
レムンの死で今回の勧誘は成功しました、黒百合を捧げておきます。
かな子の加入で漸く飴島が結成できますねw(Pは恐ろしく濃いですが)
さて、次は箸休めに短編というのも一つの手ですが、安価次第です。

研修可能プロ一覧 ↓1
1.346プロ
2.YSZ Corporation
2.5 ???
3.BOARD Production
4.X Production
12.短編に進行


デェムシュ「美味しいから大丈夫だよ!!さあ、消えろ、猿めがぁぁぁ!!」
で腹筋がやられた…
これにはキバットバット親子もニッコリ

ザックTKRの件について罪悪感持ってるんだな
裕美ちゃん引き抜き阻止は喜ばしいんだが まだ魔神峠のパンドラの箱案件が残ってるのがチームにとって不穏なんだよね
描写からして決して良いものでなさそうだが
椿さん勧誘で全て分かるっていうけど今までの結果が…(魔の北海道遠征を思い出しつつ)

乙です
シンデレラプロジェクトのPがまた濃くなりましたねw
残りのみりあちゃんのPには存在感が薄いのと濃いののどちらが来ることになるのか?
後、暗黒大将軍はアイドル二人も担当してて本当に過労で倒れないのかが心配ですねw

短編……ほのぼの系なのかギャグ系なのか、楽しみですね!
そういえば、猟犬狩りはもうダディ覚醒には関係ないんでしたっけ?
まぁ、あってもなくても何れは響子ちゃんの私念で狩られるのでしょうがw

イエスタデイが討たれると、尻彦さんと文香ちゃんが不味いことになりそうなんですよね
でも、ヒルゲリラを使っての原始人化だと愛梨ちゃんが病む……どうすればいいだろうか?
いっそのこと、クモナポレオン閣下が復活したら346に出向いて捕獲してもらうかなw


やっぱり搦め手よりも捕獲要員を346に送り続けるのが最善策なのかも

そして紘太さんは何回道に迷うのかw


そういやboardって今剣崎入院だっけ
始もあれだからライダーがビーストしかいないような
なるべくboardのライダーは減らしたく無かったんだが…
ちなったんはどうなってるんかな
関係無いけどネオショッカーの研究熱心なアイツ の今のスペックはどんな感じなんすかね
えらい事になっていそうなんだけど

再開します

>>490
椿さんの小包をどうするかは今後の経過次第です。
ザックからしてみれば、雪美が攫われ、ナーバスになっていた状態で仲間を殺してしまったという罪悪感に襲われています。

>>491
2人担当のPは現状まだ二人という流れで、二人共CP担当という面白い偶然ですねw
二兎を追う者は一兎をも得ず、なのでどちらかを切り捨てるか・・・もしくは別の策が有用になります。

>>492
紘太さんはオーバーロードインベスのオバロが切れた際の最大の脅威なので、多少癒し成分を強めにしていますw

>>493
いい着眼点です。次にBOARDに向かった際に色々と動きます。
千夏さんはジョーカーの正体を知っていたので、やや複雑な心境でしょう。
そして、SRプロ全体で見ても最高クラスの論外を憶えていましたか(出す局面にもよりますが、安定して無双可能)*奴にかかればYSZなどは遊園地同然
奴の鬼スペックについては選ばれた際に書くとしましょう(スレが進んでいくほど、強化は進んでいきます)

さて、短編が選ばれたので、今回はこちらの4つから選びます。
1.真実との直面(ダディ短編、校長との対面)
2.カミキリキッドのパパラッチ狩り日誌
3.プロデューサーや怪人について語るアイドル達のカラオケ大会
4.第二回最強スポーツ怪人決定戦(年末に回収できなかった分)

【安価】↓1~4(2つまで選択可)

では、2で進行します。
カミキリキッドは確定、その他2名の冴えない怪人+>>1が選んだ冴えない怪人の4名体制で進めます。

【安価】↓1、↓2(本スレで一回も活躍していない冴えない怪人限定)(昭和枠には腐るほどいます)

再生アポロガイスト「と思ったが、346プロで事を荒立てたくはないし、ここは作戦を練ろう。」

ゾル大佐「了解した。」

---

【Episode 144.5】カミキリキッドのパパラッチ狩り

---SRプロ、外周---

カミキリキッド「よく集まってくれた。今回の計画については聞いているか?」

バチンガル「ああ、暇している間に完成したドグマ・ファイブハンドが唸るぜ!」

キュルキュルテンA「キュル?」

バチンガル「しかし、パパラッチ狩りか。考えた物だな。」

カミキリキッド「アイドルの私生活に土足で入り込み、あまつさえその行動を飯の種にする様な屑共だ。」

カミキリキッド「なら、その命を有効活用してやるのもまた優しさだ。」

カミキリキッド「さて、色々な面で恐怖を見せてやるよ・・・パパラッチ共。」(ゲス顔)

バチンガル「そうこなくてはな。」(ゲス顔)

カミキリキッド「まあ、元がパパラッチである以上。数名を集めて、漸く悪魔祭りを一回といった形だろうな。」

バチンガル「まあ、いいが・・・どこに向かうんだ?」

カミキリキッド「それは、ここだ。そこで最後の協力者と落ち合う予定だ。」

【安価】SRプロ所属済みのアイドル ↓1
【安価】アイドルの状態 ↓2
1.オフを楽しんでいる
2.仕事中(ライブイベント、握手会、etc.)

---郊外、乗馬体験場---

沙織「あっ、メガールさん・・・こっちですよ!!」

メガール将軍「ああ、今行く。」

沙織「それにしても、メガールさんがわだすに乗馬を教えでくれるなんて!!」

メガール将軍「ふふっ、いつもバラガを興味津々といった感じで見ていたのでな。」

バラガ「ヒヒーンッ!!」

メガール将軍「ふふっ、バラガも嬉しがっておるわ。偶にはこういう日があってもいいと思ったまで。」

メガール将軍「だが、折角の休暇をこんな過ごし方で良かったのか?」

沙織「はい!!わだすはメガールさんに本当に気を掛けて頂いていで・・・。」

沙織「こういう風に、新しい何かに挑戦できて嬉しいんです!!」

メガール将軍「それは良かった。では、今からコツを教えていく。」

メガール将軍「慣れるまではややきついかもしれないが・・・ゆっくりとやっていこう。」

沙織「はい!」

---

パシャッ!!

パパラッチA「ヒヒヒ、撮ってやったぜ。見出しは「SRプロのアイドル奥山沙織、プロデューサーと秘密の乗馬密会」!」

パパラッチA「こいつは高く売れるぜ!SRプロのスキャンダルを狙うのは危険だっていうが、そいつは甘ちゃんがチャンスをふいにしているだけだ。」

パパラッチA「クククッ、アイドルがそんな風にプロデューサーとプライベートまで一緒にいたら、おじちゃんみたいな悪い大人に狙われるわけさ。」

パパラッチA「それにしても、銀色の鎧なんかきちゃって、騎士気取りか?チッ、馬鹿めが。」

パパラッチA「まあ、悪く思うな。こちらも仕事なんでね。」

???「ああ、何も悪く思わんさ。」

パパラッチA「ひゃあぁぁ、蛾の化物ォォ!?」

ドクガンバ「ええい、ワシの鱗粉毒を喰らえ!!」

パパラッチA「あがぁぁぁ・・・。」ピクピクッ(地面に倒れ、痙攣する)

ドクガンバ「おっ、来たか。おーい!」

カミキリキッド「早速やってくれたようだな。」

カミキリキッド「ならば車に詰め込むぞ。パパラッチに慈悲無し。」ガサッ!!

バチンガル「メガール将軍、平和な一時をどうぞ。」(軽く敬礼し、その場を去る)

【現在のパパラッチカウント:1】(2人につき、殉職者一人を復活可能)(所詮は人間、怪人よりも低効率)
【安価】SRプロ所属済みのアイドル ↓1(計:6回、残り5回)
【安価】アイドルの状態 ↓2
1.オフを楽しんでいる
2.仕事中(ライブイベント、握手会、etc.)

---市内、スーパー---

ひろし「いやぁ、海ちゃんがうちに来て料理を御馳走してくれるなんて!!」

海「いいよ、日頃お世話になっているお礼だからさ。」

しんのすけ「ほっほーい、海おねえさん!!」

しんのすけ「今日も美味しい料理楽しみにしているゾ!!」

海「うん、期待しておくといいよ!腕によりをかけて作るからさ!」

みさえ「あなたー、海ちゃん!!ちょっと、友紀ちゃんをビールコーナーから動かすのを手伝ってー!!」

ひろし「今日の野球観戦もまた燃えそうだな。」キリッ

海「はぁ、全く仕方がないねぇ・・・ここは、うちが友紀ちゃんのオカンみたいにならなあかんな!」

---

---スーパーの駐車場---

パシャッ!!

パパラッチB「よっしゃ、ナイスショット!」

パパラッチB「あれはただ親切心からじゃれているだけ・・・だが写真にはそうは写らない。」

パパラッチB「嫌がる姫川友紀を、しっかりと引っ張っていこうとする献身があんたに牙を剥くぜ。」

パパラッチB「この角度からじゃ喧嘩しているようにも見えるだろうぜ。」

パパラッチB「「アイドル業界の裏事情、実力行使に走るアイドル達」、そんな見出しでいいだろう。」

パパラッチB「俺達、ブン屋に見つかった事でも後で後悔しときな。」

パパラッチB「おーい、C!!車出せ、車!」

パパラッチC「ギャァァァァァ!!」

パパラッチB「どうした、C!!まさか、SRプロアイドルのスクープを狙った野郎は失踪するか、人格が別人みたくなるってジンクスか?」

パパラッチB「んな物怖がってて、金が手に入るかってんだ!!おら、行くぞ!!」

キュルキュルテンA「キュル?」(車の陰から顔だけ覗かせる)

パパラッチB「いやぁぁぁぁ、恐竜の化物ォォォ!!」

キュルキュルテンA「イッショニアソウボウ?」

---

ドサッ、ドサッ!!(トランクにB、Cが詰め込まれる)

カミキリキッド「キュルキュルテンに卵を産み付けられるとは、運のないパパラッチだ。」

バチンガル「だが、パパラッチには慈悲無し。」

ドクガンバ「よし、次にレッツゴー。」

【現在のパパラッチカウント:3】(2人につき、殉職者一人を復活可能)(所詮は人間)
【安価】SRプロ所属済みのアイドル ↓1(計:6回、残り4回)
【安価】アイドルの状態 ↓2
1.オフを楽しんでいる
2.仕事中(ライブイベント、握手会、etc.)

---都内、映画館近くの公園---

(噴水の近くで奏と橘が向かいあっている)

奏「ふぅ・・・いい映画だったわね。」

橘「何も俺には言わないのか?」

奏「貴方は芝居ができる程器用な人じゃない。あれは全部、あんな現実に私が打ちのめされない様に気を遣ってくれていたんでしょう?」

橘「・・・ああ。」

奏「でも、でもね・・・兄さんじゃないなら・・・兄さんじゃないって、ちゃんと言って欲しかった!!」

橘「・・・済まない。君を騙す積りは無かった。俺はただ何も知らなかったんだ。」

奏「そうだとしても、貴方は私の想いを何だと思っているの!?」

橘「・・・それは・・・。俺も、まさか俺の代りに誰かが監禁されているだなんて・・・。」

橘「あの時は、必死で逃げたんだ・・・でも、佐久間まゆはそんなに易々と俺に平穏をくれた訳じゃなかった。」

橘「君のお兄さんがいなかったら・・・俺は、今ここにはいない。」

橘「だから、彼には・・・彼に大恩のある身だといえる・・・。」

奏「兄さんを犠牲にしておきながら、なんで逃げるの・・・?」

奏「貴方が温かな世界にいる間も、兄さんは静かに壊れ続けていた!」

橘「・・・済まない。」

奏「いいえ、これはただの当てつけね・・・。どうしようもない感情がそうさせるの。」

奏「でも、貴方に一つだけ分かって欲しいのは・・・兄さんが私の事を見てももう分かってくれないの・・・。」

奏「絶対に私の事はちゃんと見てくれている人だったのに・・・今はもう、何も答えてくれない・・・。」

奏「あまつさえ、私を「ありす」って呼んだのよ?」

橘「・・・!?」

奏「ねえ、私はどうすればいいの!?・・・ねえ、私の兄さんを返して、返してよぉ!!」ポロポロッ

橘「済まない・・・。気丈な筈の君をここまで感情的にさせてしまって、済まない。」

奏「こんなの、こんなの嫌よ・・・うっ、うわぁぁぁぁ!」

(橘が静かに泣き始めた奏に胸を貸す)

---


パシャッ!!

パパラッチD「大スクープだ!!ありゃあ、間違いようがないぜ!!」

パパラッチD「恋愛の匂いがプンプンしやがる!!これで速水奏も終わりだ!!」

パパラッチD「しかもあれは報われなかった類の物だな。実にそそるねえ!」(ゲス顔)

パパラッチD「「悲恋発覚、相手はSRプロの敏腕プロデューサー」!一攫千金だぜ、全く!!」

バチンガル「冷熱ハンド。」

カキーン!!(パパラッチDが凍りつく)

鬼島「お見事なお手並みで。」パチパチパチ

バチンガル「傷心のアイドルを更に追い詰めようとする外道を許せないだけだ。」

鬼島「一理あるね。だから、一応は感謝しておくよ。こちらは速水奏に兄の件で口を聞いて貰えない立場だしね。」

バチンガル「お前も大変だろうが、お互い精一杯やろうじゃないか。」

ガサッ!!

カミキリキッド「順調だな。」

ドクガンバ「ああ、そうだな。」

カミキリキッド「まあ、数が多いほど、こちらも遣り甲斐があるという物だ。」

バチンガル「さて、次に行くぞ。」

【現在のパパラッチカウント:4】(2人につき、殉職者一人を復活可能)(所詮は人間)
【安価】SRプロ所属済みのアイドル ↓1(計:6回、残り3回)
【安価】アイドルの状態 ↓2
1.オフを楽しんでいる
2.仕事中(ライブイベント、握手会、etc.)

今日はここまで
選ばれなかった短編の一端として遂に奏が真実を知り、橘と一緒に切ない映画を見に行った流れとなります。
奏のメンタルは色々と大変な状態にあるので、ダディがそれを支えられるレベルになる事が望ましいです(短編なしでは現状維持)
橘を利用して自分を騙していた事から、奏の鬼島への信頼は地に落ちているので、引き抜きの危険性が現状はあります。

さて、今回の短編は当たりを引けば、パパラッチが2人手に入ります(残り3回でMAX6名)
最悪、後一人は復活可能なので、実働部隊の活躍に期待するとしますか(悪魔祭りはラスト)

乙です
佐久間まゆ絶対許さねぇ!状態だね これは当然の結果ですが
校長のケアってどうすればいいですか? 奏に会っても駄目だと…
なるべく多くのパパラッチを消したいところだけども 海さんで2人釣れたから プロデューサーの家族もプロデューサーだったりすると確実に2人のパパラッチ釣れるとかかな?

乙です
…これどうあってもまゆを勧誘して奏を同じ事務所に居させる事無理なような

バチンガルにファイブハンドが…!
メガール将軍が楽しそうでなにより

乙です


バチンガル
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127255.jpg

怪魔異生獣 キュルキュルテン
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127256.jpg

ドクガンバ
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127257.jpg



パパラッチB、Cは孵化器代わりにされてから生贄にされるのだろうか
だとしたら……お得やね(ニッコリ
条件さえ揃えばキュルキュルテンの大量孵化も狙えたりしたら…と思ったり

校長はここら数ヶ月の記憶を吹き飛ばさせよう
あと山田のケアとしてロリ組を勧誘させたいところ

乙です
条件ってなんだろ?
ゾロ目?そらとも複数のP?
ダメだ、わからないやw

リザードマンかプラネット眼魔が復活したら、悪魔祭りの餌として再利用しておきたいですねw
SRプロに反逆者はいらんのだよ!!

数ヶ月というよりは一年弱くらいだなこれ
メンタルボロボロにするタイプのやつならいくらでもいるが心身回復してくれるようなやつがさっぱり思い浮かばないところでやっぱりこいつら悪の組織だなあってなる
さて悪魔祭りは吉とでるか凶とでるか

時子様かその周辺にDr.パックマン一味を送り込んで困惑させたいのう

再開します

>>523>>528>>530
校長のケアは難しいですが、奏短編と並行して行われる形となります(ケア関連の最適人員はアイドル)
アリエスはルパンの手下として基本行動しています。

>>526
「ファイブハンドは一か月あれば作れる」との本編での話だったので、本スレ開始後一か月から水面下で解禁されていましたw

>>527
画像感謝です!
キュルキュルテンは人海戦術の可能な枠なので、仲間を現地調達できれば無双可能です(ただし孵化には三日かかり、摂氏41~50°Cの環境が必須です)
*通常勧誘を引き延ばすのならあり(三体セット、シードラゴンズやトリプロンと同じ扱い)

>>529
通常で復活するか否かでカミキリキッドの活躍の幅が広がりますねw

>>531
時子様勧誘で是非とも解禁するとしましょうw(敵か味方かは未定)

---都内、ショッピングモール---

キャシー「ほら、早く行きましょ!」

太牙「ああ、行こうか。」

真夜「次はこずえちゃんに可愛いアクセでも買ってあげようかしら?」

こずえ「あくせ?」

真夜「私に任せておいていいわ。飛びっきり可愛いのを選んであげるから。」

真夜(奏・・・きっと辛いでしょうね。でも貴方なら、きっと乗り越えてくれる筈。ただ、今はそう信じるわ。)

真夜(人は恐怖では支配できない。・・・その事を知る私だからこそ言える。)

真夜(貴方のお兄さんは、ここで終わる様な人ではないと。)

太牙「さあ、俺達も行こうか。キャシー、君にも俺から何かを送るとしよう。」

キャシー「うん!」

---

パシャッ!!

パパラッチE「してやったり!」

パパラッチF「だな!ありやぁ「D&P」の社長じゃないか!?」

パパラッチE「それがアイドルと密会・・・こいつはいけねえなぁ!」

パパラッチF「俺らなりの祝い方をしてやるよ・・・徹底的にな!」

パパラッチE「「D&P社長、権力を傘にアイドルと密会」。多少、弱みとしちゃ少ないかもしれないが・・・!」

パパラッチE「周辺を探って、更なる弱みを握れればその限りじゃない。」

カミキリキッド「そいつは大層な事だな。」

パパラッチF「なっ、化物ぉ!!」

カミキリキッド「貴様らは嗅ぎ回らなくてもいい節を嗅ぎ回った。故に死んどけや。」ザシュッ!!

ドクガンバ「いいや、鱗粉毒を喰らえ!ハッハハハ、カミキリキッド殿、殺してしまっては元も子もありませんぞ!!」

カミキリキッド「おっと、いけねえや。ハハハ、俺とした事が。」ガサッ!!、ガサッ!!

カミキリキッド「さて、次、行くか!!」

【現在のパパラッチカウント:6】(2人につき、殉職者一人を復活可能)(所詮は人間)
【安価】SRプロ所属済みのアイドル ↓1(計:6回、残り2回)
【安価】アイドルの状態 ↓2
1.オフを楽しんでいる
2.仕事中(ライブイベント、握手会、etc.)

---イルミネーションが綺麗な並木道---

黒松教授「・・・綺麗な夜景だな。」

ショッカー科学者「ええ。いつ見ても、綺麗だと感じますよ。」

黒松教授「そして、綺麗な場所には平和が似合う。」

ショッカー科学者「そうですね。」

唯「ねえ、皆、綾さーん、美優さーん!!あれも可愛いよ、ねえねえ見にいこうよー!!」

美優「唯ちゃん、そんなに走ったら危ないですよー!?」

九条「織田君、彼女が転びそうになったらクロックアップで助けられる様に準備を。」

織田「勿論だ。俺は彼女とタロスに命を救われた身だ。」

織田「この平和な一時もまた、彼女からの贈り物なのならば・・・俺はその恩を果たすさ。」

九条「難しく考えすぎなのよ。今はただ、彼女と楽しく過ごせばいいのよ。」

織田「ああ、そうだな・・・そうするよ。だが、美優さんと地獄の独裁者の件はどうする?」

九条「それも妙にこじれたままなのよね・・・向こうは向こうで美優さんに忘れられたって思っているし。美優も性格上、そのままにしているし。」

九条「あまつさえ、あの馬鹿独裁者が屋上から飛び降りただけで死んだって思っているし・・・。」

織田「殺したって、死ぬようなタマか、あいつは?」

九条「少なくとも美優にはそう見えるらしいわ・・・前の一件がトラウマになっているのかしら。」

織田「要はすれ違いだろ?どうにかできないのか?」

九条「たとえ、真実だろうとそれを伝えない事が正しい事もある。奏ちゃんの一件みたいに、真実が人の人生を狂わせる事もある。」

九条「私の兄からの受け売りだけどね。」

織田「まあ、俺はお前の判断に従うぜ。まっ、相談相手ぐらいだったら、いつでもなってやるさ。」

九条「有難う、さあ行きましょうか!」

---

パシャッ!!

パパラッチG「おっしゃあ、唯ちゃんの生写真ゲット!!」

パパラッチH「ふっ、特に何も起きていないが写真さえ撮っておけば、どうにでもなる。」

パパラッチG「特に三船美優はプロダクション移籍後から物憂げな表情が増えている。」

パパラッチG「そこに勝手な理由付けを行えばいい。例えば、あそこにいる男との三角関係なんてどうだ?」

パパラッチH「いいじゃねえの!!それでいこうぜ!!」

パパラッチG「精々、この綺麗な夜景でも楽しんでおきな・・・このスキャンダルで一波乱起こしてやるぜ!」

キュルキュルテンA「タシカニキレイダネ・・・!!ネエ、イッショニアソボウ!?」

パパラッチG「えっ・・・!?」

パパラッチH「うわぁぁぁぁぁぁぁ!」

---

ガサッ!!、ガサッ!!(バチンガルがパパラッチを車に詰め込む)

バチンガル「さて、日も暮れてきた。次で今日は終いにしようか。」

【現在のパパラッチカウント:8】(2人につき、殉職者一人を復活可能)(所詮は人間)
【安価】SRプロ所属済みのアイドル ↓1(計:6回、残り1回)
【安価】アイドルの状態 ↓2
1.オフを楽しんでいる
2.仕事中(ライブイベント、握手会、etc.)

---山のハイキングコース---

杏「ねえ、大将軍・・・まーだー?」(暗黒大将軍に背負われながら、怠そうにしている)

暗黒大将軍「もうすぐだ、もうすぐ着くぞ・・・アンズー、サチコ!」

幸子「このコースは、中々に厳しいですね・・・なんならボクもおぶってくれてもいいんですよ!」

幸子「カワイイこのボクをおぶっていけるなんて、大将軍さんも幸せ者ですね!!」ハァハァ

暗黒大将軍「まあ、出来ん事もないが・・・その場合、抱きかかえる格好になるぞ?」

幸子「えっ・・・抱き抱える?」

杏「俗にいうお姫様抱っこだね!幸子、それに耐えられるのかなー?」

幸子「ボクがお姫様抱っこ!?それは、その・・・!」アタフタ

暗黒大将軍「どうした、辛いのだろう?ミーに遠慮する事はないぞ?」

幸子「いえ、やっぱり大丈夫です!ボクはカワイイので、最後まで頑張ります!!」

幸子「ほら、早くしないとおいていきますよ!!」タタタタタッ!!(気力を振り絞って一気に登り始める)

暗黒大将軍「ふふっ、気丈な所は変わらずか。」

杏「それにしても、急に見せたい景色があるって言われてきたけど・・・どんな景色なの!?」

暗黒大将軍「もうすぐわかるさ。」

幸子「わぁっ!」

杏「おおっ・・・!」

(山の頂上からは見渡す限りの満天の星空が広がっている)

暗黒大将軍「この場所は、飛んでいる時に見つけてね・・・一度連れてきたかったのだ。」

暗黒大将軍「流れ星に願いを伝えれば叶うという古い流れがあるだろう?」

暗黒大将軍「あれをここでやろうと考えてね。まあ、ミーからの細やかなプレゼントさ。」

幸子「フフーン、カワイイボクには打ってつけの場所ですね!流石は大将軍さんです!!褒めてあげますよ!!」

杏「うんうん、中々な計らいだよ・・・さて、杏は休みでもお願いしようかなー?」

キランッ!!(流星が夜空に瞬き、3名の目の前を通り過ぎる)

---

パパラッチI「おいおい、カメラがミサイルに壊されちまった・・・?」

パパラッチJ「おいおい、何だよあれは・・・!?」(暗闇の中から4つの影が迫ってくる)

パパラッチI、J「うわぁぁぁぁぁぁ!!」

【自由安価】杏の願い↓1、幸子の願い ↓2(変な願いの場合は修正)
【悪魔祭り】パパラッチ10名確保(5回実行可能)↓3~5(こちらは連投を許可)(上記コンマも含む)

(1.ハンミョウ獣人は復活済みの為、割愛)
【悪魔祭り(2)】(2)
【悪魔祭り(66)】(2、3、6、11、22、33、66)
【悪魔祭り(61)】(61)
【悪魔祭り(58)】(2、29、58)
【悪魔祭り(19)】(19)

約数が4つに満たない場合の計算式::上記コンマ÷下記コンマ×100=復活者
【安価】↓1~3

(1.ハンミョウは復活済みの為、割愛)
【悪魔祭り(2)】 (2、35、37、32)  (余りにも偏るので、×1000で対応)(各25%)
【悪魔祭り(66)】(2、3、6、11、22、33、66)(各14%、端数は66に)
【悪魔祭り(61)】(61、11(×10)、11(×10)、98(該当者無し))(偶数:61、奇数:11)
【悪魔祭り(58)】(2、29、58、10(×10))(各25%)
【悪魔祭り(19)】(19、33、35、31)(各25%)

【安価】↓1~5(10分後から連投許可)

2番被ってる?
あと66が新鮮な悪魔祭りの素材になりそう

>>557
被ったので再安価と行きますか。
【悪魔祭り(58)】(29、58、10)(各33%)↓1(00は10に)

【BGM:Snow White】

杏(口ではああいう風に言ったけどさ、やっぱりこういう風に何もなく平穏なのが一番だよー。)

杏(だから、杏の願いとしてはさ・・・偶にはこう皆で、ダラダラしたいかな!)

杏(肩の力を抜いて、ゆっくりとするのが一番だからね!)

幸子(流れ星さん、このカワイイボクの願いを叶えられるなんて、貴方は付いています!!)

幸子(ボクの願いは簡単です!SRプロの皆さんが元気に暮らせますように、という事です!)

幸子(カワイイボクが所属する事務所ですからね!当然、職員の皆さんも幸せでないといけませんからね!)

幸子(真の幸せとは、ボクを含むボクの周りの人全てが幸せになる事ですからね!)

幸子(まあ、恥ずかしくて・・・中々口にはできないですけどね。)

暗黒大将軍(アンズー、サチコ。ミーを信じ、ここまで着いてきてくれた事を感謝するよ。)

暗黒大将軍(ミーは、君達のこれからの更なる躍進と幸せを願わせて貰うさ。)

暗黒大将軍(君達の様な純粋な子は幸せになって貰う事。それが、君達を勧誘したミーがモバP君などから背負った物だからね。)

暗黒大将軍(だから、これからも宜しく頼むよ・・・二人共。)

キラン!!(3人が見上げる星空を次々と流れ星が通り過ぎる)

---

---流星が瞬く怪人墓場---

ガルマジロン「ここは・・・。」

ミミズ男「ここは墓場・・・?生き返れたのか!?」

ミミズ男「デッドの兄貴、虎の兄貴、それにテントウは元気にしているかな・・・。」

ピラザウルス1号「・・・さあ、帰ろう。」

ゴーグ「フレイ兄貴にまた会える!!ジェネラルに鍛えられた俺の力、見せてやるぜ!」

---

音大教授(ふっ・・・さて木村夏樹、将又別の少女の夢を壊しにいくとしましょうか。)

スッ!!(暗闇の中へ去っていく)

---

---SRプロ、正門---

カミキリキッド「任務成功だ。」

キュルキュルテンA「タノシカッタ!!」

バチンガル「アイドルとプロデューサーの関係も良好。やっぱ、メガール将軍は違うぜ。」

バチンガル「006に嫉妬して、職務放棄する爺なんて時代遅れだぜ。」

ドクガンバ「あれは、再会か・・・。」

フレイアニキィィィィ!!(各々の怪人が仲間と再会を果たしている)

---

デッドライオン「ミミズ、なのか・・・!?ミミズゥゥゥゥゥ!!」

クサリガマテントウ「ミミズ!!会いたかったぜ!!」

百瀬「久しぶりだな。」

ミミズ男「デッドの兄貴、虎の兄貴、そしてテントウ!!ただいま・・・!!」

天王路「これはめでたい!この場にいる者は付いてこい、私の奢りで祝杯を上げるぞ!!」

オオーッ!!

---

カミキリキッド「さて、俺達も行くか。この狩りにはまた何時か行くとするかな。」

バチンガル「おうよ。また、声かけてくれよ?」

キュルキュルテンA「ボクモ!!」

ドクガンバ「勿論、ワシも。」

カミキリキッド「ああ、勿論さ。じゃあ一杯やりに行こうぜ!!」

【Episode 144.5】カミキリキッドのパパラッチ狩り fin

---ショッカープロダクション、大会議室円卓テーブル---
(BGM Evil Fortress)

一つ目タイタン「どうやら、宴会が始まった様だな。」

ゾル大佐「何を祝っているのだ?」

ジャーク将軍「どうやら、殉職者が一気に5名ほど戻ってきた様でな。」

再生アポロガイスト「せいかあああああぁぁぁぁぁぁ!!せいかああああぁぁぁぁ!!」

一つ目タイタン「して、あれは?」

ゾル大佐「自分の能力の完全上位兌換とか言われて、内心傷ついておるのだ。」

ジャーク将軍「奴の能力も別に弱い訳ではないのだがな。」

一つ目タイタン「そうか、奴も相応にストレスが多いのだな。」

一つ目タイタン「そういう場合は奴を今は放っておこう。今回はここに向かおうか!」

研修可能プロ一覧 ↓1
1.346プロ
2.YSZ Corporation
2.5 ???
3.BOARD Production
4.X Production

今日はここまで
遂にミミズの帰還です。天王路軍団の初期メンバーですが、時破りは習得していません。
天王路軍団はこれで黒川さえ戻れば、フルスペックとなります(新参にブウロと武陣も参加、後者はMW編で加入している様な物ですが)
そして、次はまた346プロですか。安易な人選は電車斬りでもれなく死ぬので、人員は慎重に選ぶ事を推奨します。
YSZでの死闘はそろそろ終了します(後2 Episode、以後イマジン案件)(G4-X到着、対象の排除を進行中)(現在のYSZは色々な意味で戦争中の様相)


BGM…!あれは冬の夜に合う名曲ですよね!
フクロウ野郎以外の4人復活おめでとう

乙です

電王をほっとくと面倒なことになりそうだからと思ったけど美嘉のタイムリミットか…ちょっとミスったかな

ギノガと同じくキノコモルグも捕獲できそうだと思ったけど奴も送ったらマズイ事になるんですか?



貴利矢は九条警部の兄か 織田との頼れそうな大人的な会話好き
何気に職務放棄してるらしいテラーマクロ様… まあこないだのfate公演でも活躍したし
愚痴は前の勧誘の仲間の元山と3号の黒井にでも聞いてもらおう

そういやアマゾンは第3勢力扱いなんだっけ?
ショッカーのクローン技術を応用した食用人肉で買収出来ないかしら

乙です
もしもオウルオルフェノクが星花を狙ったら、アポロに狂化が付与されそうですねw
とりあえず、オウルオルフェノクは見かけたら滅殺しとかないとイマジン案件になりそうですね

さて、346で電王をどうにかしないとな…!
候補としては、ガマボイラーにキノコモルグにギノガにイエスタデイにヒルゲリラにレギオンと選り取りみどりですねw

しかしそろそら、カミキリキッドではなく地獄大使の悪魔祭りも見てみたいモノですねw
地獄大使、本当に今は何処にいるのか?

次の作戦がどうなろうとその次は必ず美嘉姉に行こう…
イエスタデイあたりで始末せずまともな精神状態でSRプロに電王を捕獲出来たとしてもその後 どうする?
正直とときんが病まない方法が思いつかないんだが

まあ地獄大使死んでも謎の眼魔を使えば復活させられるかな

再開します

>>567
冬の定番ソングとして>>1も気に入っていますw

>>568
電王はむしろ放置がド安定です(攻めなければ特に何もしない状態、ZOの死を受けて現状は色々と危うい状況)
キノコモルグでも任務は遂行できますが、人員を消すと良太郎が更にまずい状態に陥ります。

>>569
テラーマクロは有香勧誘を大分引き摺っています(fate公演も狂化していたので記憶はなし)

>>571
現状は考えてません(そもそもフラグ回収必須)

>>572>>574
地獄大使はニアミスがかなり多いです(偵察特化の使用、もしくは本編の節目で現れます)
謎の眼魔の能力は、再生能力として活用できます。

>>573
現状、電王の説得確率は15%ぐらいです(幾つかフラグを押さえれば、確率は向上)
穏便に行くのなら、現状は放置しておく事を推奨します(捕獲成功後にどうするかが不透明な状況)

一つ目タイタン「ここは346に向かう。」

再生アポロガイスト「何を考えている?ZOを殺したのは昨日の今日だ。」

再生アポロガイスト「いくら証拠を隠滅したとしても、今の敵の悪感情を逆撫でするだけだ。」

再生アポロガイスト「それとも、その危険性を押してでも達成したい目標でもあるのか?」

一つ目タイタン「それは、野上良太郎の捕縛だ。」

一つ目タイタン「こちらには、十時愛梨がいる。奴を作戦行動中に消してしまっては問題が多いだろう?」

一つ目タイタン「その為の予防策だ。」

ゾル大佐「どの程度の勝算があるのだ?」

一つ目タイタン「・・・特にはないな。」

再生アポロガイスト「・・・奴は元来、平和主義者だ。我々から藪を突く様な真似をしなければ、何もしない様な存在だ。」

再生アポロガイスト「今回の作戦、考え直せ・・・今、奴を捕獲できたとして、説得をどうする積りだ?」

再生アポロガイスト「今の奴は、目の前でZOの死を見た。生半可な説得が通じないのは歴然だ。」

再生アポロガイスト「・・・踏むべき段階を踏めていない行動に何の意味がある!」

一つ目タイタン「なら、お前達はそこに危険な敵がいるのをよしとするのか?」

再生アポロガイスト「今は346から焦点を離し、他の問題から片付けた方がいいと言っているまでだ。」

再生アポロガイスト「こちらに奴の心の闇を理解できる存在がいるのなら、話は別だが・・・。」

再生アポロガイスト「現状、十時愛梨の存在だけでは・・・奴を説得するのはほぼ不可能だ。」

ゾル大佐「なら、排除するのか?それでは、まるで殺伐とした殺戮ショーだ。」

ゾル大佐「殺し、殺されて・・・。これでは、以前のあずきの一件の二の舞になる。」

ジャーク将軍「もう一つ、強力なカードがあれば話は別だが、な・・・。」

ジャーク将軍「まあ、仮説にしか過ぎぬか。」

一つ目タイタン「行く以上は本気で行くさ・・・。今回はこのアイドルを狙う。」

↓1 モバマスアイドル(>>9のチャート)

一つ目タイタン「今回の勧誘対象は永富蓮実。昭和風なレトロな何かを感じさせるアイドルだ。」

一つ目タイタン「趣味はボウリングと古着屋巡りとの事らしい。」

一つ目タイタン「資料によれば、母親の影響で80年代のアイドルの様な言動を取る癖があるらしい。」

再生アポロガイスト「ならば、そちらに対する関心が強い怪人を送るか・・・。」

ジャーク将軍「もしくは昭和系アイドルと認識するのならば・・・。」

ゾル大佐「こちらも開き直り、古参の怪人を差し向けるのも一興。」

一つ目タイタン「主軸として、野上良太郎の捕縛を行いたいというのが私の考えだ。」

再生アポロガイスト「悪いが、私はそれを承服しかねる。」

再生アポロガイスト「勝算が無い賭けだ。それに今は絶望的にタイミングが悪すぎる。」

ゾル大佐「普通に勧誘に向かうのも一つの手だな。」

ジャーク将軍「時間を置くか否かは任せる。」

一つ目タイタン「まあ、この作戦に抜擢された怪人に2通りのプランを渡しておく。」

一つ目タイタン「どちらのプランを怪人が選び、遂行するかは怪人の自由だ。」

一つ目タイタン「では、今回はこの怪人に任務を任せるとしようか。」

↓3 (ライダー怪人、例の如く大体何でもあり)(昭和枠が若干有利:ボーナス付与)

---346プロ、中庭---

良太郎「麻生さん・・・。」(静かに麻生の写真に花を添える)

ほたる「ごめんなさい・・・全部、私のせいで・・・。」

良太郎「ほたるちゃん・・・これは君のせいじゃないんだ。」

良太郎「そういう風に君に不幸を突きつける奴らが悪いんだ。」

良太郎(だから、僕は・・・。)

---

ちひろ「CR、ですか?」

美城「ああ。君は最近巷で流行している「ゲーム病」なる物を知っているか?」

ちひろ「小耳に挟む程度でなら。」

美城「なら話は早い。我々のアイドルにゲーム病患者が出てからでは遅い。」

美城「その為、CRの天才外科医や研修医に定期的にこの事務所に見回りに来て貰う事になった。」

美城「何事もないのが一番だからな。」

---

ガマボイラー「アァァァブラァァァァ!!」

ガマボイラー「ここが346プロか・・・ふっ、腕がなる。」

ガマボイラー「本部が俺を遣わす理由は一つ。敵の無力化ただ一つ。」

ガマボイラー「同胞を多く討った「仮面ライダー」・・・奴らを倒す為なら俺は死んでも本望だ。」

ガマボイラー「アアアアアァァァァブラァァァ!!」

トテトテ(ガマボイラーが正門から346プロに入っていく)

蓮実「あら?なんか変わったキャラクターですね。誰かの撮影かしら?」

【Episode 145】Retrospective Action

【ガマボイラー:戦闘特化らしい戦闘特化として30%の確率を捨て、ゾロ目で即死)(その代り、敵を大幅弱体化可能)】

永富蓮実 初期好感度 ↓1
永富蓮実 Turn 1 ↓2
1.とりあえずは勧誘だ。勧誘対象を探す
2.取り敢えずは捕獲だ。ライダーを呼び出す為に暴れる
3.まずは隠れて様子見をする

【346鬼難易度(69)発動】(戦闘特化発動)
長富蓮実 好感度 54-20=34/300(久々の誤変換w)

---346プロ玄関広場---

ガマボイラー「アアアァァァァブラァァァァ!!」シュゥゥゥゥ!!(超高温の蒸気により346プロの玄関広場が破壊される)

武内「貴方は・・・!?」

ガマボイラー「貴様には用はない!ライダーを呼べ!!」

武内「ライダー!?うぐっ!!」(ガマボイラーの一撃で気絶)

ガマボイラー「プロは無駄な殺生はしねえものだ。」

ガマボイラー「そこで寝ておけ、アァァァブラァァァ!!」

ガマボイラー(さあ、来い!!俺は逃げも隠れもせんぞ!!)

ガマボイラー(我が命はデストロンの為に!!)

---

???「・・・。」

【遭遇安価】↓1
1.電王(ライナーフォーム)(01~25)
2.ZX(26~50)
3.エグゼイド(51~75)
4.ブレイブ(76~00)

村雨「そこまでだ、怪人。」

ガマボイラー「来たか、ライダー!!変身して、俺と戦えぇぇぇぇ!!」

村雨「言われなくとも!!変身ッ!!」

ZX「行くぞ!!十字手裏剣!!衝撃集中爆弾!!」

ガマボイラー「アアァァァァブラァァァァ!!」シュゥゥゥゥ!!(爆弾や手裏剣を蒸気で撃ち落とす)

ZX「くそっ、接近しなければ勝機はないか?」

ガマボイラー「そうだぁ、殴り合おうか!!」

ドゴッ!!、バキバキッ!!(両者が互いに殴り合う)

ZX「ZXパンチ!!このまま、一気に決めさせて貰う!!」

ZX「ZXイナズマキィック!!」

ドッゴーン!!(強烈な蹴りがガマボイラーに刺さる)

ガマボイラー「流石だな、ZX・・・だが、ここからだ!!」

ブクブクブクブクッ!!(ガマボイラーが口から白い泡を発し、ZXがそれを喰らう)

ZX「何っ・・・ぐわぁぁぁぁぁぁ・・・!!」

ガマボイラー「やったぁ、遂に俺の作戦は成功したぞ!!」

ガマボイラー「アアアァァァァブラァァァァ!!」(万歳をしながら、倒れる)

ドッゴーン!!

村雨「エネルギーが吸い取られる!?くそっ、なんて怪人だ・・・!」

---

一つ目タイタン「この機を逃すな。ZXを捕獲するぞ。」

再生アポロガイスト「目標は電王では無かったのか?」

一つ目タイタン「作戦とは微修正の連続だ。」

一つ目タイタン「増援を送り込むぞ!!」

↓2 ライダー怪人(増援枠)(例の如く大体何でもあり)

(倒れ伏した村雨に人影が迫る)

キノコモルグ「無様だな・・・村雨ェ。」

キノコモルグ「戦闘員・・・こいつを連れていけぇ・・・!」

戦闘員A、B、C「イーッ!!」

(村雨が連行されていく)

キノコモルグ「上層部の判断だぁ・・・異論は言うまい。だがよぉ、捕獲なんかより俺は殺す担当だ!!」

キノコモルグ「今は捕獲なんか知った事かよ、ヒャッハァァァァッ!!」

キノコモルグ「まあ、殺してまだ俺が生きていたら、話は別だな。」

キノコモルグ「ハハハハハッ!!!」

キノコモルグ「星輝子ちゃん、君の為に俺は修羅になるぜ、ヒャッハハハハハ!!」

キノコモルグ「よし、殺しにいくか!徹底的に痛み付けてやるぜ。」

【キノコモルグ:戦闘特化発動までは相手は確殺できる枠(電王も弱らせて殺害可能)】
(*逆に発動後は、残機1+捕獲可能)

長富蓮実 Turn 2 ↓1
1.職員を次々と胞子で仮死状態にしていく
2.納涼お化け大会の作戦を決行
3.毒の胞子を散布

長富蓮実 好感度 34-20=14/300
【346プロ鬼難易度(98)発動】

キノコモルグ「よし、ここは「納涼お化け大会」の作戦を決行する!!」

キノコモルグ「あれならば問題あるまい!!」

キノコモルグ「戦闘員共、チンドン屋の準備だ!!」

キノコモルグ「ああん・・・!?」

---

ちひろ「厳重警戒態勢にしなくても死にに来ましたか。それもまた仕方のない事ですね。」

ちひろ「ならば・・・徹底的に壊して上げますよ。」

ちひろ「貴方方が二度とここに来る気が起きぬぐらいにね。」

---

???「・・・・!!」

【遭遇安価】(胞子が当たれば確殺、その他で敵を戦線離脱させる)(偶数で命中)↓1
1.電王(ライナーフォーム)(01~25)
2.エグゼイド(26~50)
3.ブレイブ(51~75)
4.クウガ(76~00)(警察の援護ありなので、戦闘不能で終了)

鏡「お前は・・・快楽殺人者か。」

キノコモルグ「白衣を着て、モルグの名を持つ俺の前に立つか。面白い!!」

キノコモルグ「俺の名は、「死霊」キノコモルグ!!」

キノコモルグ「切り刻む前にお前の名前も聞いておいてやるさ。」

鏡「モルグ・・・死体置場か。医療関係者の前で堂々とその言葉を口にする度胸は認めよう。」

鏡「だが、残念だったな・・・俺は貴様の様な病原菌の温床に名乗る気など無い!」

鏡「アメリカ時代に知り合った美城常務の頼みだ・・・俺はお前を斬る。」

鏡「これより、キノコ切除手術を開始する。」

鏡「術式、レベル2。」

【Taddle Quest】

【タドルメグル、タドルメグル、タドルクエスト!!】

ブレイブ「行くぞ!!」

ギィンッ!!(ガシャコンソードとナイフが高速で斬り合わされる)

キノコモルグ「ハハハハハ!!」

ブレイブ「沙紀の為にも、貴様の様な奴を野放しにはできない!!」

キノコモルグ「女の為に戦うのか?ヘッ、とんだ甘ちゃんだぜ!」

ブレイブ「言っていろ。俺に切れない物はない!!」

キノコモルグ「ほお、お前・・・武陣と同じぐらい、いやそれ相応に強いな。」

キノコモルグ「実に・・・そそる!!」(狂気に満ちた笑みを浮かべる)

(ブレイブがガシャコンソードに冷気を纏わせる)

キノコモルグ「接近してきたら、胞子で貴様を仕留める!!」

【戦闘特化、生存判定】↓1
1.生存(01~30)
2.死亡(31~00)

【Taddle Critical Finish】

ビキビキビキビキッ!!(氷の道がキノコモルグの足を凍らせる)

ブレイブ「おおおおおっ!!」

キノコモルグ「胞子を喰らえ!!」

ブレイブ「そんな物で、俺は倒せん!!」

ザシュッ!!、ザシュッ!!(両者の刃が互いを貫く)

ブレイブ「くっ、体から力が・・・。」

キノコモルグ「残念だったな・・・このまま俺の勝ちだ!!」

キノコモルグ(星輝子は俺達にとっちゃ神同然の存在。そんな君を俺は戦う理由にはしねえ。)

キノコモルグ「女の為に戦って死ねるんだ、本望だろ!!死ねやぁぁぁぁ!!」

ブレイブ「ここで俺が死ぬのなら・・・あの研修医に全てを託す。」

ブレイブ「・・・術式、レベル3。」

【Doremifa Beat】

【ド・ド・ドレミファ・ソ・ラ・シ・ド!!OK!ドレミファビート!!】

ブレイブ(lv.3)「音ゲームは得意ではない・・・だが、俺の最後の心音は間違い様がない。」

シャンッ、シャンッ、シャンッ、シャンッ、シャンッ、シャンッ、シャンッ!!!【Perfectの嵐】

ブレイブ(lv.3)「沙紀・・・お前は生きてくれ・・・。」

ブレイブ(lv.3)「俺はこいつを、医者として切る!!」

キノコモルグ「面白え!!やってやるぜ!!」

【Doremifa Critical Finish】

ザザザザザンッ!!(互いにノーガードで互いを斬り裂き合う)

キノコモルグ「ぐはっ・・・。ククク、愉しかったぜ、医者・・・!!」

キノコモルグ「先に、地獄で待っているぜ。」

ドッゴーン!!(キノコモルグが爆散する)

鏡「倒したか・・・うぐっ・・・。」

鏡「・・・沙紀・・・。」(壁にもたれかかるように倒れ、そのまま動かなくなる)

(遠くからパトカーの音が近づいてくる)

---

一つ目タイタン「これは・・・!?」

再生アポロガイスト「馬鹿めが・・・!いいから、作戦を打ち切るぞ!」

---

---警察の黄色いテープが張られた346プロ玄関前---

良太郎「なんでこんな事ができるんだよ・・・麻生さん、村雨さん、鏡さん・・・やっぱり、許す事なんかできない。」

良太郎「これが僕の甘さなのなら、僕はもう君達を許さない。」(ハイライトオフ)

良太郎「僕はもう迷わない。全てを僕が倒すよ!!」

【野上良太郎:残機貫通率40%⇒80%】(仲間の失踪者、殉職者一人あたり20%上昇)

【Episode 145】Retrospective Action Failure

---ショッカープロダクション、大会議室円卓テーブル---
(BGM Evil Fortress)

一つ目タイタン「完全なる私の失策だ。」

再生アポロガイスト「野上良太郎の捕獲の着眼点は悪くはない。ただ時期が悪すぎた。」

再生アポロガイスト「ZOを殺し、間髪入れずに今度はZXを捕獲し、見慣れぬ仮面ライダーを排除した訳だしな。」

ゾル大佐「それを戦果と見るか否かだな。」

ジャーク将軍「だが、当面は346には向かわぬ方がいい。」

ジャーク将軍「野上良太郎の最後の目には光が宿っていなかった。あれは、危険な目だった。」

ゾル大佐「今度、十時愛梨と彼を引き合わせる事も考えねばな。」

一つ目タイタン「私は頭を冷やすとしよう。済まないが、次の作戦は任せたぞ。」

ゾル大佐「分かった。では、ここに向かおうか。」

研修可能プロ一覧 ↓1
1.346プロ(超厳重警戒態勢:プロデューサー再編)
2.YSZ Corporation
2.5 ???(戦闘ほぼ終了、難易度:修羅)(美嘉姉防衛戦)
3.BOARD Production
4.X Production

ゾル大佐「公演から時間は経ってしまったが、そろそろ木場勇治との約束を果たしに行こうか。」

ゾル大佐「連絡を取るぞ。」

ピピピピピッ!!

木場『これは、SRプロの通信かい!?』(切羽つまった様子)

ゾル大佐「そうだが、どうしたのだ?」

木場『救援を頼む・・・僕一人の手では、美嘉ちゃんは護りきれない・・・!』

ジャーク将軍「どうしたのだ!?順を追って、説明してくれ!!」

木場『例の機械兵が現れ、「黒の搭」を襲撃したんだ・・・。』

木場『それと時を同じくして、東西南北、各方面から奇怪な力を扱う謎の怪人や・・・!』

木場『謎の第3勢力が現れ、戦場は混沌としている。』

木場『今、ZECTやユグドラシルと共に事に当たっているが・・・このままでは、美嘉ちゃんは・・・。』

木場『・・・間違いなく、殺されてしまう。』

一つ目タイタン「!?」

再生アポロガイスト「して、猶予期間はどのぐらい残っている!?」

木場『軽く見積もって、後2時間程度だ。僕は、あの場所で美嘉ちゃんの悲痛な叫びを聞いた。』

木場『僕は、死んででも道を塞ぐあの敵を倒して、美嘉ちゃんの下へ辿り着く!!』

一つ目タイタン「木場、返事をしてくれ、木場!!」

再生アポロガイスト「もはや、一刻の猶予もないか。」

一つ目タイタン「橘にも一応、話は通しておいてくれ。あいつの元担当アイドルの事だ。」

一つ目タイタン「奴にも行くか行かないかぐらいの判断はできよう。」

再生アポロガイスト「では、ビートルファンガイアやガドルらカブト虫連合にも声をかけて置こう。」

再生アポロガイスト「城ヶ崎莉嘉の笑顔の為なら奮起してくれる筈だ。」

ゾル大佐「では、今回の作戦・・・この怪人達に任せる!!」

【橘の行動是非】↓1
1.恐怖心に負けて行動できない(01~50)
2.美嘉は自分が救うべき対象だ、同行する(51~00)

【安価】ライダー怪人(例の如く大体何でもあり)(高戦闘力推奨)↓2、↓4

猶予はないか…
今回、G4にジョーカーにコーカサスにデューク以外にヤバい敵っていたっけ?

今日はここまで
ダディェ・・・。これはありす、響子ちゃん、奏、梨沙辺りからの叱咤激励(物理)が必要でしょう(参戦可能性はまだあり)
ビッグマシンに黒サンタがいる限り、コーカサス等は捻れます(明鏡止水の前には無力)
今回は、>>626以外に上位ロードも来ているので苦戦は必至です(他にも多数の敵が暗躍中、どれに遭遇するかは安価次第)
美嘉姉のHPは残り少ないので、被弾を防げなければ即BAD ENDになる鬼畜難易度になります(10 Episode間の蓄積ダメージ)

乙です

すまない…完全な人選ミスで本当にすまない…
引き抜き覚悟で愛梨と会わせるかそれとも捕獲or排除してしまうか… あと荒木シャドウさんが戻った時が怖いです

ダディ…この情けない奴! 謎の第三勢力ってのがめちゃくちゃ気になる。ズバットや蛮野ならビッグマシンでなんとかなりそうだがはたして

乙です
鏡先生のタヒ体、どうやってか奪えないだろうか?
クジラ怪人の力で甦らせて、即座に洗脳を加えて味方化や怪人化できないかな?
あと、村雨は洗脳してコッチの戦力にしてしまおう!
コンバットロイド等の兵士のマトメ役として頑張ってもらおうw

良太郎はしばらく放置かな?
時間が経って、クモナポレオン閣下やガマボイラー辺りが甦れば捕獲作戦をもう一度実施するのもいいかも知れないけどw
しかし、ガマボイラーの能力は使えるな……レムみたいな反逆枠が甦ったらガマボイラー2号機に改造するのはアリだね

さて、姉ヶ崎クウガ救出作戦、先ずは木場さんと合流するべきかな?
しかし、かなりヤバい事態となるとシドは生き残っているのだろうか?
なんだかシド、ロードやG4やジョーカー辺りに討ち取られてても不思議ではない状態なんですがww


藪蛇だったね…
電王だけでなく鏡先生の件でエムも荒れてそう…
闇医者はXプロだっけか 一番会いたい貴利矢は多分あちらも再編するらしいからboardあたりだろうか

沙希ちゃんゲーム病発症するなら早急な手当てがいるけど…

乙です


ガマボイラー
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127444.jpg

キノコモルグ
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127445.jpg


ダ、ダディはきっとまだ確変ゲージを溜めてるだけだから……(震え声

346がすっかり魔境を通り越した何かに…
今回の結果を鑑みるに346に対しては搦め手で挑んだ方が良いかもしれんね
これ以上残機貫通が増えるのはノーサンキュー…
ところでSRプロとバグスターとの関係性はどんな感じなのかしら

ほぼ無傷のZXのボディ=神の器が手に入ったからJUDOさん復活ワンチャン……?

乙です
残機貫通ばかり徘徊してる今のYSZを考えると、ダディにはここぞというタイミングで後から来てほしい

北岡、ZO、ZX、ブレイブと4人もやられてるんだから、ちひろもいい加減復讐なんてやめればいいのに

乙です カ ガーミンは犠牲になったのだ…
とりあえず一言 酷い
???「殺してやるからさっさとかかってこい!」
イマジン案件は絶対に避けたいな アブンガーは個人的には最終盤まで取っておきたいから勧誘要因と別に連れて行けるならトライアルsを貸してもらうのはどうだろう あと一応味方だし映司にも声をかければ手を伸ばしてくれるはず

とりあえず沙紀が可哀想なのでイマジン動員するなりして飛彩どうにかするかのう

再開します
泉入手の為に走っていて、多少遅れましたw

>>633
荒木シャドウが戻った際は、フレイ短編が発生します。

>>634
シドはまだ生存してはいます、ですが危ない敵がこれでもかと徘徊しているので・・・w
ガマボイラーは生還する気がなく、ただ相手を弱らせにいくタイプの戦闘特化なので、使い勝手は良好です。

>>635>>639
鏡先生が死んだしまったので、沙紀のグラファイト案件は最早秒読み段階で進行します。
エムも相応に悲しんでいるので、今後の問題点の一つになります。
グラファイト案件があった場合、そこの対応を考える短編も考えてはいます。

>>636
画像感謝です!
SRプロとバグスターの関係性はエグゼイド勢の誰の話を先に聞くかで大きく変わります。
そして、ZXのフラグをちゃんと理解していましたか(問題はナターリア)

>>637
黒サンタがいれば護りきれてはいましたが、恐怖心での逃亡があったので、一長一短です。

>>638
まさか2連戦闘特化とは、こちらも想定を超えていましたねw(捕獲は恩恵が大きい為、ハードルは難しめに設定)

---YSZ、第6防衛ライン詰所---

ZECTトルーパーS「・・・なあ、この世の終わりってのをお前は信じるか?」

ライオトルーパーG「さてね・・・。俺は無神論者だ。」

ZECTトルーパーS「でも、この防衛ラインもそろそろ崩れる。」

ZECTトルーパーS「落とし処としてはそんな物だろ、こんなの・・・。」

ライオトルーパーG「くっ・・・あれは敵!?」

バンッ!!、バンッ!!(ZECTトルーパーSとライオトルーパーGが撃たれて倒れる)

ZECTトルーパーS「ぐはぁ・・・!!」

???「・・・そこで寝てるがいいよ、全てが終わるその時までね。」

???「そう。全ての歯車が回り出す、その時まで。」

---

【BGM:危機】

木場「くそっ、第6防衛ラインとの通信が途絶!?」

呉島「木場社長!!無事でしたか。」

木場「ええ、どうにか・・・とは言え、あの塔に辿り着くのもこれでは困難。」

木場「増援を待ちましょう。」

呉島「宛てはあるのか?」

木場「もうすぐ来る筈です。彼らとはこの中央広場で落ち合う予定なので・・・。」

木場「まずは、ここの敵を掃討しましょう。」

【0-0-0】【Standing by】

呉島「了解した。」

【Melon Energy】
【Lock on】【ソーダ・・・】

呉島・木場「変身!」

【Complete】【Melon Energy Arms】

ゴォッ!!(オーガと斬月・真が中央広場に突撃する)

---

---「黒の搭」、頂上---

プロトタイプクウガ(アルティメット)「ウァァァァァァァ!!!」

G4-X「攻撃が単調だな・・・だが、単調であってもこの破壊力か。興味深い。」

G4-X「己が執念に飲まれ、暴れる事しかできぬ能なしの存在は俺が殺す。」

【Bio】【Poison】【Gel】

(ゲル化する毒の付与された蔓がプロトタイプクウガ(アルティメット)に迫る)

プロトタイプクウガ(アルティメット)(橘プロデューサー・・・ドウシテ・・・。)

プロトタイプクウガ(アルティメット)(モウ、ツカレチャッタ・・・モウ、諦メチャッテモイイヨネ?)

---

---YSZ Corporation---

(建物全体が黒い靄に覆われ、内部の状況が何一つ確認できない)

ブラックサンタ「・・・なんて、物々しい雰囲気の場所なんだ。」

ブラックサンタ「空気がただただ悲しい・・・そんな感じだ。」

ビッグマシン「そんな物をしみじみと言っている暇があると思うのか?」

ブラックサンタ「いや、ねえな。・・・今は取り敢えず、プラン通り突入を掛ける。」

ブラックサンタ「謎の失踪を遂げたヨロイ元帥の為にも、この俺がヨロイ一族の代紋を担ぐに値するって所を見せてやらねばならない。」

ブラックサンタ「それに副次的に、3馬鹿の名誉挽回もできるって物だ。」

ビッグマシン「それはいいが、どのルートから入る?」

ブラックサンタ「それぞれのルートにはカブト虫連合が攻撃を開始しているとの事だ。」

ブラックサンタ「それに乗じ、ここはこのルートを通る!!」

【Episode 146】Hope × Revelation

城ヶ崎美嘉 Turn 1 通過するルート↓1(もれなくボス敵が一体ずつ)
1.東側ルート(敵の数は多め:ガドルが攻撃中)
2.西側ルート(敵の数は少なめ:イノカブトロン、ライノセラスビートルオルフェノクが攻撃中)
3.北側ルート(敵の数は普通:ビートルファンガイア、プロペラカブトが攻撃中)
4.南側ルート(現在進行形の戦場、阿鼻叫喚が聞こえてくる地帯)(帯同者なし)

【ゾロ目(66)任務放棄発動】

---西側ルート---

グワァァァァァ!!

イノカブトン「おい、大丈夫か!?」

ライオトルーパーH「・・・すまねえ、助かったぜ。お前は敵じゃねえのか?」

イノカブトン「この状況を打開する点でお前は、俺達の敵じゃねえ。」

ライノセラスビートルオルフェノク「・・・敵の数は少ない。だが・・・。」

イノカブトン「ああ。目の前の奴は、常軌を逸した強さだ。」

---

【BGM:戦慄】

シグルド「ぐわぁぁぁぁぁ・・・!!」

シグルド「馬鹿な。・・・ゲネシスドライバーで歯が立たないのか!?」

ゴオマ(究極体)「ゴンバロボバ、ガビビラゼンギゲギパゾグギダ!?」(こんな物か、さっきまでの威勢はどうした!?)

ゴオマ(究極体)「ボンヂバサ、ダグバ、バ?・・・ゴロギソギ。」(この力、ダグバ、か?・・・面白い。)

イノカブトン「同士討ちさせれば、御の字とか考えていたがよ・・・こいつはきついな。」

ライノセラスビートルオルフェノク「だが、やるしかない!」

ブラックサンタ「いい威勢だ。」

ライノセラスビートルオルフェノク「お前は、3馬鹿!?」

ブラックサンタ「おうよ、だが今はあいつを倒すのが先だ。」

ビッグマシン「まて、何かが来るぞ!?」

【遭遇安価】↓1
1.サイガ(01~25)
2.シグルド(26~50)
3.コーカサス(51~75)
4.カブト(76~00)

【サイタンク:明鏡止水、発動】(野心30減少確定の1ターンオバロ)

天道「そこまでだ。」

ゴオマ(究極体)「ジャラゾグスバ、ボソグゾ?」(邪魔をするな、殺すぞ?)

天道「お婆ちゃんが言っていた。未熟な果実ほど酸っぱい。未熟者ほど喧嘩をする。」

ゴオマ(究極体)「!?・・・ギビダギジョグザバ。」(死にたい様だな。)

ブィーン、スチャ!!

天道「加賀美・・・俺はお前の分まで戦うと決めた。だから、見ていろ。」

天道「変身。」

【Henshin】

カブト(マスクド)「キャストオフ。」

【Cast Off】【Change Beetle】

カブト「新手か・・・!?ならば、クロックアップ。」

【Clock up】

ゴォッ!!(カブトがブラックサンタを捕捉する)

ブラックサンタ「はぁぁぁぁ・・・!!」(金色のオーラが体からあふれ出す)

ブラックサンタ「むんっ!!」ドガッ!!(ブラックサンタがカブトを殴り飛ばす)

カブト「何!?」

ブラックサンタ「今はお前の相手をしている暇はない。そこで寝ていろ!!」

ゴオマ(究極体)「ビガラ、デストロンボ・・・・!」(貴様、デストロンの・・・!)

ブラックサンタ「似ても似つかない姿になった物だな。だが、俺は手を抜いてやる気はない。」

サイタンク「行くぞ、野郎共!!ここを突破して、先に進むぞ!!」

サイタンク「そこのライダー。こいつを倒すのなら、手を貸せ!!」

カブト「どうして、その言葉を信じられる!?」

サイタンク「こう見えても、俺は日下部若葉の知り合いだ。」

カブト「・・・!?どこで、俺と若葉の接点を・・・。」

サイタンク「本人からだ。信じるか否かはお前に任せる。」

サイタンク「それに、お前の探す日下部ひよりの所在には心当たりがある。この戦いが終わったら、それを教える。」

サイタンク「それでどうだ?」

カブト「若葉の知り合いなのなら、異論はない。」

サイタンク「さて、魔人峠への狼藉は聞いている。邪魔をするなら、俺の新たなる必殺技を見せてやるぜ。来い!!」

ビッグマシン(俺は機械担当だから、ここは無力だな・・・。)

城ヶ崎美嘉 Turn 2 ゴオマ(究極体)戦【HP:30000000】
(*半分で撤退開始、ダメージ25%カット)
1.イノカブトンのイノカブトン角抉り(コンマ×35000)↓1(50以上でダメージカット相殺)
2.シグルドのソニックボレー(コンマ×6000)↓2
3.カブト(ハイパー)のマキシマムハイパータイフーン(コンマ×100000)↓3
4.ライノセラスビートルオルフェノクの薙刀(コンマ×2000)↓4
5.サイタンクの石破天驚拳(コンマ×150000)↓5

今日はここまで
コンマがゴオマの強敵感を演出してくれるとはw(美嘉姉=アルティメット、ダグバに近しい何かを感じて引き寄せられた形)
サイタンクの攻撃とイノカブトンの角抉りが勝利の鍵となります(イノカブトンは角抉りで相手の特殊効果を無効にできる稀有な枠)
イノカブトンはこの特性からデバフ系としては最高峰の使い勝手を誇ります(50以上を引き、尚且つ攻撃を当てる事で強敵戦を大幅有利に進められます)

ゴオマはまだ前哨戦に過ぎないので、倒せない場合は放置し先に進むのも手です。

城ヶ崎美嘉 Turn 2 ゴオマ(究極体)戦【HP:30000000】
(*半分で撤退開始、ダメージ25%カット)
5.サイタンクの石破天驚拳(コンマ×150000)↓1

ゴオマ究極体:HP30000000-(560000+144000+700000+184000+9300000=10888000×0.75=8166000)=21834000

【BGM: 戦門男孩】

カブト「ハイパーキャストオフ。」

【Hyper Cast off】【Change Hyper Beetle】

【Kabuto Power】【TheBee Power】【Drake Power】【Sasword Power】

【All Zectors Combined】

【Maximum Hyper Typhoon】

ハイパーカブト「おおおおおおっ!!」

(ゴオマ(究極体)が飛び下がり、直撃を割ける)

シグルド「くそっ、攻撃が・・・!!」

イノカブトン「角抉りも直撃はしなかったか。」

サイタンク「だが、それでいい・・・捉えた。」コォォォォォ!!

サイタンク「流派東方不敗に伝わるという最終奥義・・・繰り出すとしようか。はぁぁぁぁ!!」コォォォォ!!(サイタンクの周りに金色のオーラが結集される)

サイタンク「石破っ、天驚拳ッ!!」(サイタンクが押し固めたエネルギー派を撃ち放つ)

ゴオマ(究極体)「グォォォォォ!!」(ゴオマが直撃を受け、大爆発に巻き込まれる)

ズゴーン!!(空中の大爆発の余波で周囲が吹き飛ぶ)

ハイパーカブト「やったか!?」

サイタンク「手ごたえはないか・・・。中々に固いな。」

ゴオマ(究極体)「ブゴ、ビガラ、ゴンヂバサパバンザ・・・!!」(くそ、貴様、その力はなんだ・・・!!)

サイタンク「お前の相手をしている暇はないんだ。退くのなら、見逃すが?」

ゴオマ(究極体)「バレスバジョ、ブズグ!!」(舐めるなよ、屑が!!)

ハイパーカブト「来るぞ!!」

【安価】サイタンクの決断 ↓1(重要)
1.時間は掛けてでも、後顧の憂いは断つべき。ゴオマを討ち取っておく
2.ゴオマの相手をカブト虫2体とハイパーカブトに任せ、先を急ぐ
3.全員でゴオマを引きつけつつ、先に進む(ゴオマ+@との戦いに)

サイタンク「埒が明かない!!ここは隊列を組みつつ、先に進むぞ!!」

ハイパーカブト「了解した!!」

【Drake Power】【Hyper Shooting】

バシュッ!!(放たれたエネルギーが分化し、ゴオマをかく乱する)

サイタンク「野郎共、このルートに他の敵はいねえ筈だ!!突っ切るぞ!!」

イノカブトン「了解した!!」

ビッグマシン「俺の活躍は、どうなるのだろうか・・・!」

ゴオマ(究極体)「ビガグバ!!」(逃がすか!!)

---

---中央広場---

斬月・真「広場の敵は粗方掃討できたか。」

オーガ「ああ。これで後は味方が来れば・・・!」

サイタンク「あれは、本部からの指令書にあった木場勇治か!!SRプロから助けに来たぞ!!」

オーガ「増援か!!」

斬月・真「だが、敵に追われている様だな。」

斬月・真「・・・我々に協力してくれる仲間だというのなら、共に事に当たるぞ!!」

???「悪いけど、それは頂けないね・・・。」

???「これほどの混沌とした舞台が整っているんだ。それを怖そうだなんて・・・。」

???「無粋の極みさ。もっとこの混沌と破壊を楽しもうじゃないか。」

斬月・真「その声・・・凌馬!?どこだ、どこにいる!?」

【BGM:森の拡散】

???「ここさ、貴虎。」

(中央広場を見下ろせる建物の上に、異形の黒い存在が立っている)

斬月・真「・・・黒い、機械兵!?凌馬、なのか・・・!?」

戦極ハカイダー「ああ、そうさ。これは、次の舞台へ進む為の「鍵」さ。」

戦極ハカイダー「・・・私がなぜ、あの機械兵や内通者の八神マキノを放置していたと思う?」

戦極ハカイダー「全ては受領した、この機械の身体を完璧に完成させる為さ。」

戦極ハカイダー「私には、最強の盾はあった・・・だが、それと双璧を成す様な鉾は無かった。」

戦極ハカイダー「この姿こそ、私の悲願・・・そして、人智を超えた神に等しき存在さ。」

斬月・真「そんな事はどうだっていい、部隊の指揮を放棄したのは何故だ!」

戦極ハカイダー「私にとって、この場所が最早用済みになっていたからに過ぎない。」

斬月・真「プロジェクトアークはどうする気だ・・・貴様は人類を救うんじゃなかったのか!?」

戦極ハカイダー「そんな物は、黄金の果実を手に入れる為の方便にしか過ぎないよ。」

戦極ハカイダー「今の私は、無敵だ。・・・さて、次のステップに事を運ぶために、君には消えて貰うよ。」

斬月・真「凌馬ァァァァ!!」(ソニックボレーを放つ)

戦極ハカイダー「無駄さ。このローブと、ハカイダーの装甲を私の設計したゲネシスドライバー如きが貫けるわけがない。」

戦極ハカイダー「さあ、あの機械兵はまだ泳がす価値はある。」

戦極ハカイダー「君達はここで私と遊んでもらおうか。」

オーガ「・・・戦極凌馬。やはり、君はここで敵になるか。」

サイタンク「難しい事はいい。・・・あいつも、俺達の敵だな。」

オーガ「ああ、そうさ。だからこそ、倒さねばならない!」

戦極ハカイダー「ふふっ、木場勇治・・・君も目障りだ。消えて貰おうか!!」

城ヶ崎美嘉 タイムリミット 1800(0で任務失敗)
戦極ハカイダーのハカイダーショット↓1(基本怪人は戦闘不能に、残機持ちには大ダメージ、機械には残機貫通)
(各12%(斬月・真、オーガ、カブト、サイタンク、ビッグマシン、イノカブトン、ライノセラスビートルオルフェノク、ゴオマ(究極体))

城ヶ崎美嘉 Turn 3 ↓2(コンマ×3.5がタイムリミットより減算)
1.火力を戦極ハカイダーに集中する
2.火力をゴオマに集中させる
3.時間がない、今は戦闘を任せて「黒の搭」に向かおうとする

城ヶ崎美嘉:タイムリミット 1800-91=1709

戦極ハカイダー「・・・私を脅威と感じたのはいい事さ。少なからず、私はそこの存在よりは数倍性質が悪いのでね。」

戦極ハカイダー「その覚悟に免じ、一つだけ情報を与えよう。」

戦極ハカイダー「君達が救おうとしている城ヶ崎美嘉は、あの塔の上で、現在進行形で死にかかっている。」

戦極ハカイダー「・・・彼女のデータを以て、この体はより高みへと達した。」

オーガ「ならば、お前が美嘉ちゃんをあんな風にしたのか・・・!?」

戦極ハカイダー「・・・ああ、そうさ。全部私の所為だ!!ハハハハハッ!!」

戦極ハカイダー「だが、知った所で君達では私には勝てん。おあつらえ向きの場もある事だ。」

戦極ハカイダー「・・・片付けてやるさ。」

バシュンッ!!(ハカイダーショットでサイタンクが狙われる)

サイタンク「効くかぁ!!」バキィンッ!!(明鏡止水で難なく銃弾を弾き返す)

斬月・真「凌馬・・・今のお前の行動は、ユグドラシルを信じ死んでいった仲間達を愚弄する行動だ・・・!断じて許さん!!」

戦極ハカイダー「ならば、私を止めてみせろ。」

斬月・真「言われなくとも・・・!」

ハイパーカブト「ここは火力を一極集中させるんだ!!行くぞ!!」

---

シド「やってられるかってんだ・・・この機に乗じて、俺が黄金の果実を頂くとするか。」

ゴオマ(究極体)「ルギグスバ!!」(無視するな!!)


【安価】戦極ハカイダー(HP:50000000)【エターナルローブで01~60の攻撃は完全無効化】
(特殊効果:機械停止系武装無効)(10分後から連投許可)(↓1~5のコンマがタイムリミットから減算)
1.オーガのオーガストラッシュ(コンマ×20000)↓1
2.斬月・真のソニックボレー(コンマ×12000)↓2
3.サイタンクの炸裂ガイアクラッシャー(コンマ×14000)↓3
4.イノカブトンのイノカブトン角抉り(コンマ×35000)(61以上で特殊効果を相殺)↓4(痛覚依存)
5.ハイパーカブトのハイパーキック(コンマ×24000)(HCU状態なので、唯一普通に通る攻撃)↓5

【安価】ゴオマの行動 ↓6
1.SRプロ人員を攻撃する(01~33)
2.シドを追撃する(34~66)
3.黒の搭へ向かう(67~00)

タイムリミット:1709-(58+71+73+69+42=313)=1406
戦極ハカイダー:HP:50000000-(852000+1022000+2415000+1008000=5297000)=44703000

【Exceed Charge】

戦極ハカイダー「無駄さ!このローブの前には君の攻撃さえもが児戯だ!!」

オーガ「今だ、奴の側面から攻撃を!!」

【Lemon Energy】

斬月・真「凌馬ぁぁぁぁ!!」バシュンッ!!

サイタンク「足を封じる!!炸裂、ガイアクラッシャー!!」ドゴゴゴゴゴゴッ!!

イノカブトン「ゼロ距離、貰ったぁぁ!!イノカブトン角抉り!!」

ドゴーン!!(戦極ハカイダーの脚部に傷が付く)

戦極ハカイダー「くっ、小癪な!!」

【Hyper Clock up】

【Maximum Rider Power】【1,2,3】

ハイパーカブト「ハイパー、キック。」

【Rider Kick】

ドッゴーン!!(戦極ハカイダーが吹き飛ぶ)

【Hyper Clock Over】

戦極ハカイダー「それでこそさ。だが、私に気を取られている間にも時間は減っていく。」

戦極ハカイダー「どうする!?それでも、この私を討つかい!?」

ビッグマシン「そうするさ・・・レーザー、照射!!」

戦極ハカイダー「何っ・・・身体の出力が上がらない!?」

ビッグマシン「今だ、畳みかけるんだ!!」

---

ゴオマ(究極体)「・・・!!!」

(ゴオマ(究極体)が狙いを定めて、SRプロ人員に飛び掛かる)

---

---同時刻、SRプロ敷地内---

橘「・・・・。」

【安価】ゴオマの攻撃対象 ↓1(攻撃された場合、次の攻撃には参加不可)
1.サイタンク(01~25)(無傷で撃退)
2.ビッグマシン(26~50)
3.イノカブトン(51~75)
4.ライノセラスビートルオルフェノク(76~00)(捕捉で殉職)

【安価】橘の本件に対する関心度(コンマが開始地点に)↓2
1.極低:怖いので、美嘉の事は忘れよう。関心を捨て、ありすとお茶でもしにいく(01~25)
2.低:美嘉の事は気がかりだが、恐怖心で動き出せない(26~50)
3.普通:恐怖心を多少は乗り越えられているが、まだ動けない(51~75)
4.高:美嘉を救うのは自分しかいないという結論に達し、玄関に向かっている(76~00)

今日はここまで
戦極ハカイダーが現れましたが、イノカブトン、ビッグマシンの活躍で撃破可能性が出て来ました(ただし、撃破=美嘉姉のタイムリミットの激減)
戦える人員が更に到着すればワンチャンはありますが、どちらを重視するかは安価次第です(サイタンクはゴオマの手で次Turnは行動不可)
ダディ参戦は淡い希望が残ったので、後は響子ちゃん、梨沙、奏の手に全てが委ねられます。

乙です


ビッグマシン(漫画版)
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127577.jpg

イノカブトン
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127578.jpg

ライノセラスビートルオルフェノク
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127579.jpg

=エリート社員
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127580.jpg

ハカイダー(戦極)
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127581.jpg



ダディ!シガンガナリタッルルラロー!

再開します

>>680
画像感謝です!
タイムリミットが迫る中でダディが迎えるかどうかは今後に大きく影響します。
(向かわなかった場合、まゆの対策などは夢のまた夢ですw)

---SRプロ、女子寮前---

橘「美嘉ちゃんが危ないのは分かっている・・・だが、前にあそこに行った時に・・・。」

橘「あのサングラスの人や、剣崎が死んだのを見た・・・。」

橘「またあそこに向かったら、今度は俺が死ぬかもしれない。」

橘「駄目だ、それではありすを一人にしてしまう・・・。もう俺は、ありすを一人にしてはいけないんだ・・・。」

梨沙「こんな所で何をしているの・・・?」

橘「梨沙ちゃんか。・・・いや、何でもないんだ。」

梨沙「その表情からして、何でもないなんて言わせないわよ。」

梨沙「アンタの事はこれでも、結構見てきた積りだから・・・そんな辛そうな顔は分かるわよ。」

橘「梨沙ちゃん・・・俺は、救わないといけない子がいるんだ。」

橘「でも、その場に赴いたら、今の俺が持つ全てを失うかもしれない。」

梨沙「それで、アンタは怖くなって動けなくなっているの・・・?」

橘「俺はもう・・・あんな気分を味わいたくはないんだ・・・。」

梨沙「しゃんとしなさいよ!!アンタがいかなかったら、その子はどうなるっていうのよ!?」

梨沙「アンタは、そんな弱い男じゃないでしょう!!」

橘「違うよ、梨沙ちゃん・・・俺は弱すぎるぐらいに、弱い男さ。」

梨沙「それでも、アンタはそれでも肝心な時には逃げない男よ・・・。」

梨沙「今のアンタがそれほどまでに狼狽する相手は、美嘉なんでしょ?」

梨沙「なら、それを投げ出さないでよ!!貴方が弱くてもいい・・・それでも、彼女にアンタの意志を教えてあげなさいよ!!」

橘「・・・俺は・・・。」

【安価】今回は25区切りごとに(向かわない、×0.25、×0.5、×0.75の効果を付与)
梨沙の説得 (コンマ×0.25)↓1(現在値:45)

橘ゲージ:45+3=48

橘「それでも、俺は・・・!!ウワァァァァ!!」タタタタタッ!!

梨沙「あっ、待ちなさいよ!!」

梨沙「アンタはそんなに弱い人じゃないわ・・・アタシ達が慕っていた人なんだから・・・。」

梨沙「だから・・・。」

---

---SRプロ廊下---

(外には雨が降り始め、廊下は薄暗くなっている)

橘「ウワァァァァァァ!!!!」

奏「貴方は、橘さん・・・。」(浮かない表情で、手には花屋で買ってきた花を持っている)

橘「奏ちゃん・・・。その花は、彼へのお見舞いか?」

奏「ええ。反応が返ってこなくても、もう私の事が分からなくても・・・私の兄さんは兄さんだけだから・・・。」

奏「報われなくても、やり続けなくちゃいけない事もあるのよ。」

奏「それで貴方は・・・何かの最中なの?もし、そうじゃなかったら、一緒に・・・。」

橘(美嘉ちゃんの所にはいかないといけない、でも今の彼女を放っておいていいのか!?)

奏「兄さんに対する貴方の考えは聞いたわ・・・でも、やっぱり私って弱いみたい・・・。」

奏「物言わぬ兄さんよりも、兄さんの顔でちゃんと私を見てくれている貴方がいると安心するの。」

奏「だから、私を支えてくれる・・・?兄さんに会いに行くだけでもう私は・・・。」

奏「心臓が張り裂けそうなぐらい、辛いから・・・。」

橘「奏ちゃん、俺は・・・。」

【安価】今回は25区切りごとに(向かわない、×0.25、×0.5、×0.75の効果を付与)
奏の説得 ↓1(本安価終了後に60を下回る場合は、校長の見舞いで終了)

橘ゲージ:48+14=62

橘「ごめん、奏ちゃん・・・君と一緒に彼の見舞いにも行くべきなんだ・・・。」

橘「それでも、俺は・・・行かなければならない。」

奏「どこへ・・・?」(明らかに沈んだ表情)

橘「俺が助けないといけない子がいるんだ・・・だから、今は・・・ごめん。」

タタタタッ!!

奏「あっ・・・。また、一人で兄さんと向き合わなくちゃいけないのね・・・。」

奏「・・・うっ、ううっ・・・。」

---

---SRプロ、駐車場に繋がる通路---

橘「はぁ、はぁ・・・!!もうすぐ駐車場だ。考え直すのなら、今しかない。」

橘「んっ、あれは・・・。」

響子「やっぱり、来たんですね・・・橘さん。」(ピンク色の傘を差して、柱の陰から出て来る)

橘「響子ちゃん・・・どうして、ここに。」

響子「ブレンさんから聞きました。・・・だから、橘さんの急ぐ理由も知っています。」

響子「その上で・・・単刀直入にいって、橘さんが危険な場所に行くのを止めに来ました。」

橘「どうして、そんな事を・・・君はそこに誰が待っているかを分かっているのか・・・!」

響子「美嘉さんがいるんですよね・・・橘さんに一緒に担当して貰っていた仲です。」

響子「私にも、助けなくちゃいけないって理屈は分かります・・・だけど・・・!」

響子「それで橘さんがいなくなったら、どうするんですか!!」

響子「そう考えたら・・・ここで止めなかったら、私は私を許せないんです。」

響子「橘さんに距離を置かれただけであんなに辛かったのに・・・橘さんがいなくなったら、私はどうなっちゃうか分かりません。」

響子「あの気丈な千秋さんだって、あんな風になってしまったんです。」

響子「だから、自分勝手でもいいです。・・・ここで引き返して下さい!!」

響子「ありすちゃんや私たちの事を考えて下さい!!・・・お願いですっ・・・!」

橘「・・・響子ちゃん、俺は・・・。」

【安価】今回は25区切りごとに(向かわない、×0.25、×0.5、×0.75の効果を付与)
響子の懇願 ↓1(コンマ×0.5)(本安価終了後に85を超えていた場合、ワンチャン残ります)(その他で響子の制止を受け入れる)

橘ゲージ:62+24=86

橘「響子ちゃん・・・俺は・・・。」

橘(そうだ、俺はありすや響子ちゃん・・・それに奏ちゃんや梨沙ちゃんを放ってはいけない。)

橘(こんな雨の中、わざわざ俺を止める為だけに、ここで彼女が待っていたのだとしたら・・・。)

橘(俺は・・・。)

響子「橘さん・・・。」

「軟弱だな・・・橘朔也。」

響子「誰・・・ここには、誰も入ってこられない様に警戒網を敷いた筈なのに・・・!」

ボスガン「素人にしては、中々の警戒網だった。だが、クライシス帝国の海兵隊長である私からすればまだ甘い。」

ボスガン「さて、橘朔也・・・お前は今、こう考えているのではないか?」

ボスガン「誰かが彼女を救ってくれるから、自分は必ずしも向かわなくてもいい、と。」

ボスガン「そんな考えで今のお前が逃げているのだとしたら、愚の骨頂だ。」

ボスガン「お前は、お前の可能性に賭け・・・散っていった者達がいる事を知るべきだ。」

響子「黙って!!橘さんが死んじゃったら、何も残らないんですよ!!」

響子「貴方みたいに顔の半分以上が顎の人に言われたくないですよ!!」

ボスガン「そちらこそ、口を謹んで貰おう。こちらは、橘朔也の最後の可能性に賭けている。」

ボスガン「君が奴を慕っていようと・・・城ヶ崎美嘉もまた、同じ様な感情を奴に抱いていた筈。」

ボスガン「それを己が恐怖心で棚に上げるのが、お前の正義か?」

橘「・・・ボスガン。俺は・・・!!」

響子「待って・・・!!待って下さい、橘さん!!」

【安価】】今回は25区切りごとに(向かわない、×0.25、×0.5、×0.75の効果を付与)
橘の最後の覚悟(偶数で×0.75、奇数で×0.4)↓1

橘ゲージ:86+2=88

橘「それでも・・・幾ら大切だとしても・・・!」

橘「俺は、彼女と、今の自分の世界を天秤に掛けられはしない!!」

響子「橘さん・・・!」パァァァッ!!

ボスガン「あくまでも、行かぬというのか。」

ボスガン「この軟弱な臆病者め!そのまま、永遠に震えて、他力本願で生きていくがいい!!」

ボスガン「貴様なぞに期待した金居の立つ瀬が無いな・・・。」

響子「それでいいんですよ・・・。さあ、橘さん・・・帰りましょう?」

橘(俺は本当にこれでいいのか!?)

---

ボスガン「説得は失敗したよ。」

隊長ブランク「ダカラ言ッタ筈ダ。美嘉ヲ救ウ上デ奴ノ助ケハ必要ナイト。」

ヨロイ騎士「彼女を救う任はサイタンク殿がいれば完遂できる筈。だが、だからといって寝ている訳にはいくまい!」

妖怪王女「転送は任せて・・・。美嘉ちゃんを救いに行くのなら、覚悟を決めるわ。」

ボスガン「・・・金居。なぜ、お前はあんな男に可能性を見出した?」

ボスガン「考えても無駄な事か。だが、責任を押し付けられた以上・・・私は・・・!」

【安価】ボスガンの行動 ↓1(重要)
1.橘朔也にもう一度だけチャンスを与える(01~20)
2.あんな軟弱者などいらん、そのままのメンバーでYSZに進行(21~00)

ボスガン「待つ必要はない・・・!行くぞ!!」

妖怪王女「よし、一気に行くわよ!!戦闘準備はいい?」

隊長ブランク「フッ、愚問ダナ。」

ヨロイ騎士「行くぞ!!」

---

---YSZ中央広場---

サイタンク「の野郎がぁ!!ちょこまかと動くな!!」

ゴオマ(究極体)「ゴゴギ、ゴゴギゾ!!」(遅い、遅いぞ!!)

斬月・真「・・・凌馬ァァァ!!」

戦極ハカイダー「くっ、ははははっ!!ここで私を倒す積りか!?」

戦極ハカイダー「だが、倒せば・・・城ヶ崎美嘉の救出は不可能になるぞ?」

オーガ「どういう意味だ?」

ハイパーカブト「コケ脅しだ。一気に仕留めるぞ!!」

城ヶ崎美嘉 Turn 4 ↓1(ゴオマに捕捉された為、サイタンクは行動不可)
1.戦極ハカイダーに火力を集中させる(火力補正:コンマ×7.5)(エターナルローブは健在)
2.ビッグマシンと任意の一名だけ先に向かわせる
3.戦極ハカイダーを倒しても事態は動かないのならば・・・ゴオマを倒しに動く

【BGM:クライマックスE】

オーガ「ここは、そこの機械・・・君が行くんだ。」

ビッグマシン「俺が先に行くのか!?」

オーガ「それしか手はない。ここで全員が向かおう物なら・・・。」

オーガ「この二人の敵を野放しにする事になる。」

オーガ「だから、君が行くんだ!!急げッ!!」

斬月・真「凌馬ァァァァァァァァァァ!!!」

サイタンク「こいつらは、俺達が食い止める!!だから、お前だけでも先に行け!!」

戦極ハカイダー「甘いね。行かせるとでも思ったのかい?」

ズゴーン!!(戦極ハカイダーがグレネードランチャーを取り出し、それで付近の建物を倒壊させる)

ゴォォォォッ!!(ビッグマシンが通過した後、中央広場から黒の搭に繋がる道が塞がれてしまう)

戦極ハカイダー「ハハハハハ!!これで私を倒そうが、君達の殆どは先へは進めまい!!」

サイタンク「なら、託すまでだ。希望の火は消えない!!」

戦極ハカイダー「ハハハ、英雄的だねぇ・・・さあ、こちらも続きと行こうか!!」

サイタンク「来いよ・・・全力で俺はお前らの野望を俺の出来る範囲で止めてみせる!!」

サイタンク「おおおおおおぉぉぉぉっ!!!」ゴォッ!!

斬月・真「ああ。手を貸すぞ、異形の怪人・・・今は奴に全てを託す!!」

---

ビッグマシン「建物が倒壊したのか!?・・・くそっ、土煙で前が見えない。」

ビッグマシン「誰かいないか!?」

【安価】タイムリミット(現:1396)(-コンマ×4.5)↓1

【安価】着いてきた仲間 ↓2
1.オーガ(01~25)
2.ハイパーカブト(26~50)
3.イノカブトン(51~75)
4.ライノセラスビートルオルフェノク(76~00)

タイムリミット:1396-221=1175

ビッグマシン「お前は?」

ハイパーカブト「・・・お前一人では危ないと見て、咄嗟にクロックアップで追い付いた。」

ハイパーカブト「だが、これ以上の増援は見込めない。」

ハイパーカブト「行くぞ・・・!!」

(二人が「黒の搭」に入る)

---

戦極ハカイダー「ああ、そうそう。あの建物の内部には私の設置したトラップ類がある。」

戦極ハカイダー「まあ、彼女の力で見違えるほどに強化されているけどね。」

オーガ「そうか、でも君を逃す積りはない。」

---

---「黒の搭」内部---

ハイパーカブト「なんだこれは・・・白い霧?」

ビッグマシン「何かが来る!?」

シュッ!!(槍の一撃を2名が辛うじて避ける)

リザードロード(ステリオ・デクストラ)「お見事。だが、この上のアギトを殺すのは我々だ。」

リザードロード(ステリオ・シニストラ)「変幻自在の我々の連携。見切れるかな?」

ハイパーカブト「お前は、最後の最後に必要な存在だ。ここは、下がっていろ。」

【安価】リザードロード戦(各:HP:2000000)(↓1、2のコンマ×3がタイムリミットから減少)
1.ハイパーカブトのハイパースティング(コンマ×50000)↓1(対象:デクストラ)
2.ハイパーカブトのハイパースラッシュ(コンマ×50000)↓2(対象:シニストラ)

タイムリミット:1175-465=710

【BGM:勇気のアイテム】

リザードロード(ステリオ・デクストラ)「一人で来るか、身の程知らずが!!」

【TheBee Power】【Hyper Sting】

ゴォッ!!(ハイパースティングでデクストラが撃ち抜かれる)

リザードロード(ステリオ・デクストラ)「ぐぁぁぁぁ・・・身体が崩壊する!?」コォォォォ!!

ドッゴーン!!

リザードロード(ステリオ・シニストラ)「デクストラァァァァ!!貴様ぁぁぁぁ!!」

【Sasword Power】【Hyper Slash】

ハイパーカブト「でりゃあぁぁぁ!!」

ザシュッ!!、コォォォォォ!!、ドッゴーン!!

ビッグマシン「すげぇ・・・。」

ハイパーカブト「さあ、先を急ぐぞ!!」

---

---黒の搭、裏口---

ボスガン「ここは、黒の搭の裏口か?」

隊長ブランク「アア。ソウラシイナ。・・・ダガ、ソウ易々トハ中ニハ入レナイラシイ。」

スッ!!(赤い服装の男が一行の前に姿を現す)

戒斗「悪いが、ここから先へは通さない。」

ボスガン「なんだ、貴様は?」

戒斗「弱い奴が消え、強い奴だけが生き残る事は当然の節理。そして、この搭の主は強者だ。」

戒斗「なら、俺はその行く末を見守る義務がある。」

妖怪王女「あーっ、あんたってば、私があの時、変な実を食べさせた!」

戒斗「お前は・・・!」

【安価】ロードバロンの行動是非(超重要)↓1
1.なぜ、この場所に来たのかを問う(01~25)
2.目の前の一行が真の強者かを見る為、ロードバロンとして攻撃を仕掛ける(26~50)
3.自分の見た強さとは別の何かを見た魔女参謀の件について問う(51~75)
4.「弱肉強食」の考えについて、一向に問う(76~00)

今日はここまで
ロードバロンとの直接対決には踏み切らなかったので、最悪のケースは回避できました(最悪のケースは足止めと殉職)
ハイパーカブトがビッグマシンに同行している為、不意のコーカサスも安心です。
ダディは、今のままでは単なるヘタレなので・・・救済措置を入れるか否かは考えておきます。


ダディ… いや、気持ちわかるけどね…
奏といい千秋といい怪人の兄を持つと大変だね

乙です
今日、2月3日は飛鳥ちゃんの誕生日!
飛鳥ちゃん、誕生日おめでと~う!!

ハカイダーはサイタンクがいるし、何とかなると思いたい
出来れば、此処で仕留める為にハカイダーの方にも増援を送り込みたい所ですねw
此処で取り逃がすと、後が恐い…!

ダディェ……(目逸らし
やっぱり、ありすちゃんが喝を入れて奮い立たせないとダメかもな
とりあえず、美嘉姉が助かってくれるといいけど…!

しかし主任、サイタンクと仲良くなってるなw
とりあえず、更なる援軍でズーさんやドラスやエターナル辺りを送り込んでみたい
特にエターナルは戦極ハカイダーの所に送り込んだら、普段以上の力を発揮してくれそうですねww

>響子「貴方みたいに顔の半分以上が顎の人に言われたくないですよ!!」
シリアスなシーンなのに笑ってしまった
しかし酷いコンマだったね今回

オーズ増援は結局ダメなんですかね?
校長監禁のきっかけといいダディ関連の致命的失敗には高頻度で関わってくるブレン
さすがは優秀で誠実でなんとかなブレン様だ!(チューンマックスフレア)

乙です


リザードロード ステリオ・デクステラ
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127620.jpg

リザードロード ステリオ・シニストラ
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127621.jpg


ダディは一回ダン隊長もとい天王路にジープで追い回された方がいいんじゃないかな…

最終的にどうなるにしてもYSZは今回の件を機にボドボドになるだろうから…
理想は殉職者無しで美嘉姉の救出+ゴオマ撃退+戦極(の頭脳)とハカイダーボディの確保+メロニキたちの勧誘?……かなぁ


これじゃあギラファさんが道化ってレベルじゃないな
そりゃあ顔の半分が顎の人も怒るわ

優先順位としては第一が美嘉姉救出 次にG4X殲滅かなあ

乙です
そりゃ殉職者続出の場所に行けって言われれば普通はビビるよな
そう考えると、文句も一つも言わずに勧誘に向かう怪人達は勇敢なのか無謀なのか

・・・もずく風呂ってSRプロで用意できたっけ?

もずくは効果あるはずなんだけど原作見る限り確変とは程遠いというかヘタレ度が際立つというか…
姉ヶ崎の過去改変の時にはさすがに本気になってくれるだろ(無慈悲)

再開します
泉の劇場、なんて素晴らしいんだ・・・(感涙)

>>714
奏の場合が急な喪失のショックでどう行動していいのかわからないのに対し、千秋は明確に壊れてしまっています。
ミミズが彼女と会えればワンチャンあります。

>>715
おおっ、飛鳥の誕生日でしたねw
去年の2月3日は活躍できないヒビキさんの伝説が始まった時だと言えますw

>>716
コミックリリーフとして機能して何よりですw

>>717
ブレンの行動が、全て嫉妬の為だとしたら中々に興味深いですね。

>>718
画像感謝です!
今回を機にYSZ方面は色々と揺れ動きます。

>>719
今回、G4-Xを逃した場合・・・最終決戦地はX Productionになります。

>>720>>721
まあ、怪人達の行動を勇気と呼ぶか、蛮勇と呼ぶかは個々にお任せしますw
過去改変時以外にもまだ最後の賭けがあります(ただし、分は最悪)

戒斗「・・・お前は、あの時の女か。今度は俺をそう易々と倒せると思わない事だ。」

戒斗「だが、その前に一つ聞いておきたい事がある。」

戒斗「お前等は、執念に身を任せる類の強さに殉じた女について心当たりはあるか?」

戒斗「考えても結論には辿り着かなかった物でね・・・もう一度、奴に会って、その強さの源泉を知りたい。」

妖怪王女「執念・・・それってどんな?」

戒斗「派手な格好と、愛に準ずる執念を見せた存在だった。」

妖怪王女「愛・・・それって、まさか魔女ちゃんの事!?」

ボスガン「ジンドグマの魔女参謀か・・・病的なまでの愛を悪魔元帥に向けていたと聞く。」

隊長ブランク「ソレニ比ベルト、アイドルハ健全ニ過ゴシテイテ微笑マシイモノダ。」

ヨロイ騎士「一理ありますな。」ウンウン

戒斗「そうか。・・・あの女には一応の借りがある。その為、ここでその借りは返させて貰う。」

戒斗「この搭の主に用があるのなら・・・俺も同行しよう。」

戒斗「だが、これは馴れ合いではない。今回限りの事だと思え。」

妖怪王女「それでもいいわ!わぁっ、頼りにしちゃってもいい?」

戒斗「くっ、先に向かうぞ!!」

---

---「黒の搭」最上部---

G4-X「随分と粘った物だ。毒を受け、普通ならとっくに死んでいてもおかしくない筈だ。」

G4-X「その進化の影響か・・・何にせよ、ここで終わりだ!!」バババババッ!!(GK-07「ワイバーン」の一斉射が美嘉を襲う)

プロトタイプクウガ(アルティメット)(モウ・・・諦メチャッテモイイカナ・・・。)

プロトタイプクウガ(アルティメット)(莉嘉、強ク生キテネ・・・私トハ違ッテ、笑顔溢レル平和ナ世界デ・・・。)

プロトタイプクウガ(アルティメット)(橘プロデューサー・・・ドウシテ・・・。)

---

---SRプロ、駐車場から続く道---

橘「雨か・・・。」(足を止めて、空を見上げている)

響子「橘さん、レストランはまだやっているらしいですよ?」

橘「俺は・・・。」

城ヶ崎美嘉 Turn 5 美嘉の心境(超重要)↓1
1.諦めの境地に入る(奇数)(以後:タイムリミットが常に2倍の速度で進行)(通常倍率×2)
2.莉嘉に会いたい一心でG4-Xに立ち向かう(偶数)(タイムリミットに対し、×0.5のプロテクト付与)

城ヶ崎美嘉 Turn 5-2 橘の最終決断 (超重要)↓2
1.自分は今の温かな世界に居たい。だから、美嘉の事はもう忘れよう(奇数)
2.やはり、放ってはおけない・・・最後の自分との対話を開始(偶数)

プロトタイプクウガ(アルティメット)(モウ、諦メヨウ・・・。)

プロトタイプクウガ(アルティメット)(ドウセ助カッテモ、アタシヲ待ッテイル人ハモウ・・・。)

G4-X「守りを捨てたか・・・愚かな。」

G4-X「君の生きた意味は、俺の手で形になる。完成したESPシステムとしてね。」

G4-X「では、そろそろ・・・幕を引こうか。」

ドドドドドドッ!!(G4-Xが「ギガント」を構え、そのままそれを美嘉に叩き込む)

---

【BGM:クライマックスVⅡ】

橘(・・・俺は、今を失うのが怖くて逃げているだけだ。)

橘(でも、それの何が悪い?死んだら何も残らない・・・響子ちゃんの言う通りじゃないか・・・。)

橘(俺は、ありすや今の俺の周りにいてくれる全ての人の為に、ここにいないといけない。)

橘(でも、俺が過去から逃げた所為で・・・速水さんの様な犠牲を生む事にもなった。)

橘(もう俺は・・・監禁され、希望もなく、ありすに二度と会えないと思ったあんな経験はごめんだ・・・。)

橘(だが俺が過去から逃げ続ける事で苦しむ誰かがいるのなら・・・俺はとんだエゴイストだ。)

橘(怖いから逃げ、過去からただひたすら逃避する事で自分を保っている。)

橘(・・・その果てにあったのが、小夜子の死だ。)

橘(俺は、あの時変わろうと思った・・・でも、何一つ自分を変えられていなかったんだな。)

橘(そんな事じゃいけないのは、分かっている・・・。)

橘(だから、俺は・・・。弱い自分を乗り越えねばならないんだ・・・。)

橘(過ちを繰り返さない為にも・・・。)

響子「橘、さん・・・?」

橘「もう、俺は迷わない。これが俺の答えだ!!」

【安価】今回は25区切りごとに(向かわない、×0.25、×0.5、×0.75の効果を付与)
橘の決断(偶数で×0.75、奇数で×0.4)↓1(現在:88)

タイムリミット-(倍率×3(×2)=×6)↓2

タイムリミット:710-324=386 DANGER!!

橘「ごめん響子ちゃん・・・俺はやっぱり、君とはいけない。」

響子「えっ・・・?」

橘「君は優しい子だ。俺の弱さを許し、そのままでもいいと思わせてくれる。」

橘「だけどね・・・その優しさに縋るだけじゃ、駄目なんだよ。」

響子「何がいけないんですか・・・!弱くたっていいじゃないですか・・・。」

響子「死んだら、何もかもが終わりなんですよ・・・!!」

橘「それだからこそだよ。俺はもう、自分と関わりのある誰かをみすみす死なせたくはないんだ。」

橘「響子ちゃんには前、軽く話した筈だよ。俺には大切な人がいた、と。」

橘「だから、俺は・・・彼女の死からずっと逃げていたんだろうな・・・。」

橘「弱さを盾に、直面したくない事実から逃げ続ける。」

橘「それで、確かに俺は俺で居られる。でも、それは絶えまない犠牲の下で生まれた幻想でしかないと俺はもう知った。」

橘「だから、俺は今度こそ・・・自分の手で運命を変えてみせるんだ。」

橘「どんなに苦しくても・・・進まなければ、俺はありすや響子ちゃん・・・君達のいる世界を護りきれはしない。」

橘「だから、ごめん・・・そして、有難う。・・・変身。」

【Turn up】

【ABSORB QUEEN】【FUSION JACK】

ギャレン(ジャックフォーム)「・・・ッ!!」

響子「橘さん、待って、待って下さいよぉ!!!」

(響子が絶望した様な表情で見送る中、ギャレンが雨の中を猛スピードで飛んでいく)

---

G4-X「んっ・・・なんだ!?」

ジョーカー「ウグァァァァァァ!!」(プロトタイプクウガ(アルティメット)を庇う様に立っている)

G4-X「ここで貴様が来るか・・・ジョーカー!!」

G4-X「だが、貴様に何ができる!?」

ハイパーカブト「・・・出来る事ならある。」

ビッグマシン「ああ、漸く辿り着いた!」

G4-X「フフフッ、この地獄を潜り抜け、ここまで来たか・・・!!ならば、纏めて消えて貰う!!」

ジョーカー「ウァァァァァァァァァ!!!!」

プロトタイプクウガ(アルティメット)(・・・ドウシテ、私ヲタスケヨウトスルノ?ドウシテ!!)

城ヶ崎美嘉 Turn 6 ビッグマシンとハイパーカブトの行動 ↓1(超重要)
1.まずはG4-Xの足を光で止める(奇数コンマで不発、命中で弱体化)
2.ジョーカーを攻撃し、美嘉の方へ向かう
3.増援の到着まで下手な手は打てない、様子見をする

ビッグマシン「そこだぁぁぁぁぁ!!!」ピカッ!!

(G4-Xに光が照射され、G4-Xの各種システムが一時ダウンする)

G4-X「何っ・・・システムが狂う!?」

ジョーカー「ウォォォォォ!!!」

G4-X「カードが読み込まれない・・・このままでは迎撃が間に合わない・・・ぐわぁぁぁぁぁ!!」

バキッ、バリバリッ!(G4-Xの肩のラウズカードリーダーがジョーカーの攻撃で吹き飛び、カードが散らばる)

(ジョーカーが掴み取った♥Aをラウズし、カリスの姿に戻る)

カリス「はぁ・・・はぁ・・・!!」

G4-X「くそっ・・・カードリーダーをやられたか・・・だが、原理は解析済みだ。」

G4-X「カードが残っている限りは、まだ・・・!!」

ボスガン「いいや、ここで終わりさ。」

ロードバロン「姑息な手を使い、何人もの人間の命を奪うお前に強さはない。」

ロードバロン「故に俺がその考えを今、ここで叩き潰す。」

ベルデサバイブ「・・・ティターン。コレガオ前ノ魂カ。」(♣7、♣8と♦10を拾う)

ベルデサバイブ「美嘉ヲ好キ放題イタブッタ気分ハドウダイ?・・・殺シテヤル。」

G4-X「くそっ、ここは一度、戦略的撤退を・・・だがその前に、お前の命は頂く!!」

(G4-Xがプロトタイプクウガ(アルティメット)に向け、攻撃に向かう)

【Scope】ピピピッ!!

【Rock】ピピピッ!!

ドッ!!(突如として、プロトタイプクウガ(アルティメット)の前に岩の障壁が現れる)

ギャレン(ジャックフォーム)「間にあったか。」

ボスガン「・・・橘朔也!?何故、ここに・・・!?」

ギャレン(ジャックフォーム)「俺にも失いたくない物があるって分かった。」

ギャレン(ジャックフォーム)「だから、ただ待つだけじゃなく・・・自分の手でそれを守りに来た!」

ギャレン(ジャックフォーム)「迷いはした。その上で自分の弱さとも完全にケリは付けられてはいない。」

ギャレン(ジャックフォーム)「それでも、今の俺は美嘉ちゃんを救いたい。それ以外に理由など必要じゃないさ。」

ボスガン「よく言った。紆余曲折を経て・・・お前が辿り着いた答えなら何もいうまい。」

ボスガン(金居よ・・・お前の力、今こそ、奴に託すぞ。)

ボスガン「橘朔也、受け取れ!!」シュッ!!、パパパパパパッ!!

ベルデサバイブ「ティターンノ意志モ持ッテイケ!!」シュッ!!、パパパパパッ!!

ギャレン(ジャックフォーム)「これは・・・!!」(♦10と♦Kを驚愕した様に見つめる)

ボスガン「お前の答えの対価だ。それで護りたい物を護りきれ。」

ギャレン(ジャックフォーム)「ああ!」

【BGM:クライマックスVIII】

【ABSORB QUEEN】【EVOLUTION KING】

ギャレン「うぁぁぁ、うわぁぁぁぁぁ!!!」(凄まじいエネルギーがギャレンを覆う)

ゴォォォ!!(辺りが金色の光に照らされ、その後に巨大な銃を構えた新たなギャレンが立っている)

ギャレン(キングフォーム)「美嘉ちゃん・・・すぐに、君をこの悪夢から解放してみせるさ。」

G4-X「なんだ、その姿は・・・そんな物で、俺に勝った気か!!俺は、俺はぁぁ・・・!!」ダッ!!(ギャレンに突貫する)

---

プロトタイプクウガ(アルティメット)「橘、プロデューサー・・・?」

城ヶ崎美嘉 Turn 7(ラスト)G4-X戦(HP:30000000)【*ゲル化は喪失】(10分後から連投OK)
1.ボスガンの怪魔稲妻剣(コンマ×65000)↓1
2.ハイパーカブトのマキシマムハイパータイフーン(コンマ×100000)↓2
3.ベルデサバイブのFV「Euphoric Eradicator」(本気)(コンマ×120000)↓3
4.ロードバロンのグロンバリャム(コンマ×85000)↓4
5.ギャレン(キングフォーム)のロイヤルストレートフラッシュ(コンマ×250000)↓5

G4-X HP:30000000-(5980000+5600000+11880000+2380000+1000000=26840000)=3160000(リミッター解除、最後の戦いへ)(RSFはSFに変更)

ボスガン「喰らえぇぇぇ!!」ザシュッ!!

【Kabuto Power】【TheBee Power】【Sasword Power】【Drake Power】

【All Zectors Combined】【Maximum Hyper Typhoon】

ハイパーカブト「どりゃぁぁぁ!!」

【Final Vent】

ベルデサバイブ「死ネ。」

ロードバロン「貴様の様な奴はここで消えろ!!」

G4-X「ぐわぁぁぁぁぁ!!」プスプスッ!!

ギャレン(キングフォーム)「極大火力で消しに行くか・・・いや待て、ここはあれで行く!!」

【♦2】【♦3】【♦4】【♦5】【♦6】

【Straight Flush】

G4-X「俺は、俺はぁぁぁぁ!!」(G4-Xの目が明滅し、不気味な緑色に輝く)

G4-X(リミッターを外す・・・これでお前等を・・・!!)

ギャレン(キングフォーム)「なら、ここで俺が終わらせる。」

【♦10】【♦J】【♦Q】【♦K】【♦A】

【Royal Straight Flush】

G4-X「ネクスト・ファイブハンド換装!!フフフフッ、ハハハハハ!!」

ギャレン(キングフォーム)「うおおおおおおぉぉぉぉっ!!!」

【安価】G4-X(リミッター解除Ver.)(残HP:3160000)(ゾロ目で橘が殉職)
1.ロイヤルストレートフラッシュ(コンマ×250000)↓1

G4-X(リミ解):HP:3160000-20750000=-17590000

ゴォォォォォ!!(ロイヤルストレートフラッシュで放たれた巨大なエネルギーの奔流がG4-Xを飲み込む)

G4-X「ウワァァァァァァ!!」(RSFを受けつつも、ギャレンににじり寄ろうとする)

G4-X「涼子・・・霧子・・・ドコダ、ドコニ・・・!」

G4-X「セイラ・・・俺ハ・・・。」

ゴォォォォォォ!!(G4-Xが塵の一欠片も残さずに完全消滅する)

ギャレン(キングフォーム)「・・・。何かを守る為には何かを切り捨てねばならない。」

ギャレン(キングフォーム)「だから、君は俺を恨んでくれてもいい。それでも、俺は前に進むと決めたんだ。」

ジャキンッ!!(重醒銃キングラウザーが地面に下ろされ、ギャレン(キングフォーム)が変身解除)

橘「美嘉ちゃん!!」

妖怪王女「大丈夫よ・・・もう、敵はいないわ!!だから、もう戦わなくてもいいのよ、美嘉ちゃん!!」

橘「どうしちゃったんだ・・・美嘉ちゃん・・・。そんな姿、カリスマJKとしての君らしくもないじゃないか。」

橘「今の君はずっと悲鳴を上げている様だ。・・・とても、寂しげな感じがするんだ。」

プロトタイプクウガ(アルティメット)「・・・橘、プロデューサー・・・?」

橘「ああ、そうだよ。遅くなったけど、助けに来たよ。・・・もう大丈夫だよ。怖い夢は終わった。」

プロトタイプクウガ(アルティメット)「・・・ドウシテ、ドウシテ私ノオ父サンヲ!?」

プロトタイプクウガ(アルティメット)「・・・ナンデ、私カラ大切ナ物ヲ奪ッテオキナガラ、私ヲ今ニナッテ助ケルノヨ・・・!!」

プロトタイプクウガ(アルティメット)「・・・ドウシテェェェェ!!」

コォォォォォ!!(橘に向け、「黒の搭」が発射体制に入る)

橘「・・・!?美嘉ちゃん!?」

ヨロイ騎士「危ないぞ、退避しろ!!」

(橘が一行を一瞥するとそのまま、エネルギーの落雷が落ちる中を美嘉の方へ進んでいく)

橘「いや、もう退かない。俺は君を救いにここに来た。なら、君の感情に真正面から向き合う。」

橘「それが、君と一時にせよ・・・心を通わせたプロデューサーとしての責務だ。」

橘「それで、君が俺を撃つのなら、それもまた・・・仕方のない事だ。甘んじて、受け入れるさ。」

プロトタイプクウガ(アルティメット)「!?・・・嫌、コレ以上、惑ワセナイデ・・・!!」

橘「美嘉ちゃん・・・君が何を感じて、何を迷っているのかは分からない。」

橘「でも、もう一度、話を聞かせてくれないか・・・。俺は君の事を救いたいんだ!!」

プロトタイプクウガ(アルティメット)「・・・橘プロデューサー・・・!」

城ヶ崎美嘉 好感度+(×5.5)↓1(初期値は、84/300、Episode 134より凍結)

最終結果:城ヶ崎美嘉 好感度 84+50=134/300
勧誘フェーズに進行します

プロトタイプクウガ(アルティメット)「・・・アタシカラ、全テヲ奪ッテオイテ・・・!」

プロトタイプクウガ(アルティメット)「・・・ヨクモ・・・!!」

コォォォォォォ!!(「黒の搭」に臨界点ギリギリのエネルギーが充填される)

橘「やめるんだ、美嘉ちゃん!!」

隊長ブランク「目ヲ覚マセ美嘉!!ソレガオマエノ本当ニヤリタカッタ事ナノカ!?」

ヨロイ騎士「そうだ、君は、もっと優しい子の筈だ!!」

ビッグマシン「駄目だ、あれが発射されたら、YSZだけじゃなくこの一帯が消し飛ぶ・・・!」

ビッグマシン「どうすれば・・・!!」

---

ハイパーカブト「・・・あいつをやらせる訳にはいかない。」

ハイパーカブト「向こうが撃つのなら、こちらも打ち返すしかなくなる。」

ハイパーカブト「彼女は救いたいさ。だけど、彼女一人の命とこの付近の全ての命を天秤に掛けられはしない。」

(ハイパーカブトがハイパーゼクターを構える)

妖怪王女「何を言っているの!?」

ハイパーカブト「なら、お前はあの男を死なせる気か!!」

妖怪王女「でも、それだったら、私達の行動の意味は?」

ボスガン「悲しいが、奴の言い分にも一理ある。我々は橘朔也が撃たれるのを黙って見ている訳にはいかない。」

ボスガン「後は、奴の説得に賭けるしかないか。」

ロードバロン「強さの果てに彼女が見る物は、復讐か・・・。」

---

橘「美嘉ちゃん・・・君が俺を認められなくてもいい・・・!」

橘「だから、せめて・・・一緒に、もう一度一緒に俺とアイドルをやってみないか!!」

プロトタイプクウガ(アルティメット)「・・・アアアアアアアッ!!!」

橘「美嘉ちゃぁぁぁぁんっ!!」

勧誘成功率式:基本10%+好感度の1割の%+G4-X撃破20%
=10%+13%+20%
=43%
【安価】↓1 勧誘:コンマ 01~43(成功)、44~00(失敗)

フッ・・・!!(「黒の搭」のエネルギーが急に霧散する)

橘「!?」

美嘉「やっぱり、アタシにはできない・・・橘プロデューサーを撃つなんて、できない・・・。」

美嘉「どんなに苦しくても、それだけはできないよ・・・。」ポロポロッ

美嘉「ごめんね、お父さん・・・アタシ、仇を討てなかったよぉ・・・。」

(地面にへたり込む様に啜り泣く美嘉の下へ橘が歩み寄る)

橘「美嘉ちゃん・・・。」

美嘉「・・・ねえ、橘プロデューサー・・・橘プロデューサーが私のお父さんを殺したの?」

橘「何の話だ・・・俺にはそんな事をする意味がない。」

橘「それに君のお父さんは確か、未確認生命体に・・・。」

美嘉「じゃあ、あの人が言っていた事は・・・。分からない、分からないよぉ!!」

橘「結論は急がなくてもいいんだ。・・・君が俺を信じられなければ、それでもいい。」

橘「君の気が済むまで、俺をまた試せばいいんだ。・・・まだまだ、頼りないかもしれないが・・・。」

橘「俺は、俺なりにもう過去と向き合うと決めたんだ。」

橘「だから、一緒にSRプロに行こう、美嘉ちゃん。もう、君を一人で悲しませたりなどはしない。」

美嘉「うっ、ううっ・・・橘プロデューサーぁっ、うっ、うわぁぁぁん!!」

---

ロードバロン「事は済んだ様だな。なら、俺は行く。」

スッ!!(クラックの中に消えていく)

ヨロイ騎士「また会えるでしょうか?」

妖怪王女「ええ、きっと・・・また会えるわ。」

---

---YSZ、中央広場---

木場「逃がしたのか!?」

呉島「そうみたいだな・・・。」

サイタンク「見ろよ・・・木場、貴虎!!空が晴れていくぜ!!」

呉島「ふっ、どうやら、お前等に恩義ができた様だな・・・サイタンク。」

イノカブトン「俺達の勝利だ!!」

---

---YSZ Corporation地下通路、広場---

【BGM:闇の拡散】

戦極ハカイダー「やれやれ、私の計画は頓挫したのか。」

戦極ハカイダー「だが、これで下らぬ考えは捨てていける。」

戦極ハカイダー「そうは思わないか?君達。」

(戦極ハカイダーの前に数名の人影が立っている)

戦極ハカイダー「さあ、ここから始めようじゃないか。全てを引っくり返す工作をね。」

戦極ハカイダー「君達、「ノバショッカー」の下で。」

ウルガ「・・・ああ、歓迎しよう。戦極凌馬。そして、共にショッカーを叩き潰そうじゃないか。」

ジェイド「・・・今のショッカーは、俺の信じるべき場所ではない。」

氷室「ISSも君達の味方だ。さあ、次の波乱を引き起こしにいこうか。」

戦極ハカイダー「フハハハ、楽しみだよ・・・大いにね。」

ウルガ「直に全ては始まる・・・それまでは、羽根を休めるとしようじゃないか。」

---

---SRプロ、玄関---

莉嘉「お姉ちゃぁぁぁぁん!!!良かった、良かったよぉ・・・!!」ポロポロッ!!

美嘉「莉嘉、莉嘉ぁ・・・ごめん、ごめんね・・・!!」

美嘉「もうどこにもいかないから・・・だから・・・お姉ちゃんを許して・・・。」

橘(美嘉ちゃんの心の傷はまだ癒せてはいない。)

橘(でも、この事務所と仲間がいる限り、何れは癒せると思いたい。)

橘(だから、俺は、これからも・・・美嘉ちゃんを見守っていこうと固く胸に誓う。)

橘(過去から逃げない為にも・・・。)

【Episode 146】Hope × Revelation fin

【安価】美嘉のプロデューサー ↓1
1.サイタンク(奇数)
2.ビッグマシン(偶数)

今日はここまで
ダディは最初に攻撃を外すわ、後一歩で死後の世界に向かうなどダディらしさを如何なく発揮してましたねw
そして、ノバショッカーが遂に動き出します(今の所はYSZの地下で活動し、勢力を拡大中)
美嘉姉が来たので、次は短編に進みます。

短編案はこちらになります(どれも美嘉姉の話と並列)
1.橘に置いて行かれた響子のショックで開始される猟犬座の佐竹狩り
2.新生チーム魔人峠のライブ
3.若葉と天道の再会
4.アイドルや怪人から評判の悪い怪人達によるイメージアップ作戦
5.アイドルと担当Pによるカラオケ大会

【安価】↓1~6(2つまで選択可)

乙です


ウルガ
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127762.jpg

人間体
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127763.jpg

ジェイド
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127764.jpg

=門脇 純一郎
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127765.jpg

氷室 巌
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127766.jpg



ダディはやる時はやる男だってぼかぁ最初から信じてたよ(すっとぼけ
今回は特にコンマ(とダディ)に冷や冷やさせられたけど、蓋を開けてみれば殉職者無しで美嘉姉勧誘成功&G4-X撃破とかなりの成果、改めて成功おめ!
美嘉姉関連全てが解決した訳ではないけれどそこは徐々に時間をかけてと言うことで

そして来たかノバショッカー…
このスレでのノバショッカーは戦極ハカイダー+ショッカーからの離反者+財団と言うことでいいのかしら?
頭脳+技術+資金力+諸々とかなかなかマズげな予感
規模もそこそこのものだろうし
自衛隊は事実上壊滅したけれど、一難去ってまた一難


乙した
機能停止光線を命中できてよかった…
ビックマシンとサイタンクの人選が完全にハマりましたね
あと一歩で殉職仕掛けたダディ 生還して本当良かった

確かあと1勧誘後に佐久間まゆ襲来だっけか

そういや戦極が 自分倒すと美嘉は救出できないって言ってたのはハッタリだったのかな?

改めて乙です
いやぁ、美嘉姉を無事に助け出せてよかったです
しかし、ダディは本当に……本当にダディですねw

ノバショッカーが動き出しましたか……
一難去ってまた一難、SRプロの戦いは続きますね!

さて、G4を討てたけどセイラさんや亜季のフォローはしないとなぁ……
後、まゆのダディへの襲撃も対策……出来るのだろうか?

乙です

なかなかの激戦だった…G4を討てたのは大戦果だと思うけど深海一尉はほっといて大丈夫なんだろうか?
まあ放置しても原作通り蟻のエサになりそうだけども

そしてノバショッカー襲来か…! ジェイドがいるって事はそのうちガイボーグも出てくるのかな

再開します

>>768
画像感謝です!
G4-Xが散りましたので、難易度が少々下がった様で上がったアイドルもいますが、問題はないでしょう。
そして、ノバショッカーはこれから暫く暗躍を続けるので、注意が必要になります。

>>769
命中しなかった場合は、ゲル化を持ったG4-Xを撃破できず、BAD END確率も大でした。
プロフェッサーが死んだ場合、「黒の搭」内部の防衛システムが起動され、屋上到達が絶望的になっていました。
(全起動のそれを全部掻い潜った猛者がバラオム)

>>770
亜季の場合は、G4-X=水城という図式が出来上がっていないので、大丈夫です。
聖來の場合はかなり厄介な爆弾を背負う事になります(不幸中の幸いは、RSFで消したため、状況証拠が少ない事)

>>771
深海一尉は水城の死を受け、次の計画を開始する為に動きます。
そして、お考えの通り、ガイボーグもそろそろ現れます(考えは中立、先に接触した方に着きます)

そして、3が一番多かったので、3で進行します。
方向性が定まっていないので、少々安価を取ります。

【自由安価】親睦で行われるイベント(親睦関連ではない場合は再安価)↓1(例:ピクニック、ボウリング、等)
【安価】SRプロ所属済みのアイドル ↓2~4

【Episode 146.5】癒しと安堵の一時

---後日、SRプロ敷地内---

橘「おーい、美嘉ちゃん!!」

美嘉「橘、プロデューサー。」

橘「こんな所に一人で居て、どうしたんだ?」

美嘉「アタシはさ・・・色々と橘プロデューサーや皆に迷惑を掛けちゃったから・・・。」

美嘉「どう振る舞っていいのか分からないんだよ。」

美嘉「皆にアタシがどう思われているか分からないの・・・アタシはあの塔の上で怪人を・・・。」

橘「済んだ事さ。君は戦極凌馬という男の言葉に乗せられていただけだった。」

橘「それを俺は咎めようとは思わない・・・。でも、君は多分自分を追い込んでしまっている。」

橘「だから、美嘉ちゃんに必要なのは距離を埋める事だと思うんだ。」

橘「それで、急だけど・・・一緒に美術館にでも行かないか?」

美嘉「・・・美術館?」ポカン

橘「静かに、距離を埋めるのには最適な場所だと思うんだ。」

橘「それにいい機会だから、俺の妹のありすを紹介するよ。」

橘(今回の戦闘は死ぬかと思ったしね、ありすに癒されたいのが本音だけど・・・まあいいか!)

橘(クリスマスもありすと過ごせなかったし、今の俺はありす欠乏症になりかかっている!!)

橘(ありすぅぅぅぅぅぅ!!!)

美嘉「うん、橘プロデューサーも一緒に来てくれるのなら、安心かな・・・。」

美嘉(えっ、妹さんを紹介してくれるって・・・そういう風に取っていいのかな・・・?)

美嘉(ちょっと心の準備が・・・。)ドキドキ

---

---都内、美術館---

頼子「嬉しいです、ルパンさんが一緒に美術館に行こうだなんて、言ってくれるなんて。」

ルパン「最近は怪魔ロボット大隊の方の仕事で頼子との時間が少なくなっていたからな。」

ルパン「たまには、こういう一時も必要と感じたまでの事だ。」

ルパン(というのは理由の半分・・・頼子なら、美術館に行ったら、夢中で警戒心も薄れよう。)

ルパン(その隙に、久しぶりに我がコレクションを増やすとしよう。)

頼子「あっ、来ました!」

ルパン「あれは・・・?」

ハエ男(変装済み)「大丈夫か、聖ちゃん?」

聖「ええ、大丈夫です!!それより美術館、楽しみです!!」

Fドラス「ねえねえ、聖ちゃん!僕、時間を消し飛ばせたり、ゲル化したり、鉛筆で鉄を割る事ができる様になったんだよ!!」

聖「わぁっ、やっぱりドラスはお利口さんですね!!」

小梅「ホラー調の芸術は、楽しみだなぁ・・・。」

No.1「ああ、取り敢えず回ってみようぜ?」

若葉「ほら、ユウゴさん!!早く行きましょう!!」

ユウゴ「おう。ほら、走ると危ないぞ?」

ルパン(・・・他の奴らはさておき、ドラスがいるだと!?これだけで私の怪盗稼業は・・・。)アセアせ

頼子「ふふっ、凄い汗ですよ?ルパンさん。」

ルパン「な、ナンノコトカナ・・・・。」(棒読み)

頼子「ルパンさんが「他の事」に気を取られずに芸術に専念できるように、呼ばせて貰いました。」

頼子「いいですよね?」ニッコリ(含みのあるいい笑顔)

ルパン「あ、ああっ・・・勿論さ!紳士たる者は寛容でなくてはな、ハハハ!!」

ルパン(くっ、頼子の方が一枚上手か・・・!?だが、それでいいのかルパン!!)

ルパン(怪盗とは逆境で戦う者。・・・ならばここは!!)

【安価】ルパンの行動↓1
1.頼子の判断は敬意に値する・・・が、怪盗の血が騒ぐ。何かを奪いにいく(01~33)
2.折角の頼子との時間だ。大人しくしている(34~66)
3.こういう場合は取り敢えず思考停止で、頼子の服を褒める(67~00)

ルパン「それと話は変わるが、今日の頼子の服は似合っているぞ!!」

頼子「えっ・・・えっと、その、有難うございます。」カァァァ

ルパン「では、行こうか・・・頼子。折角の美術館だ。楽しまねば損だぞ?」

頼子「はい!」

ルパン(頼子が嬉しそうで何より。うーむ、一先ずは様子見と行こうか。)

---

(一歩遅れて、ゼロ大帝と沙紀が一行の後ろから着いてきている)

ゼロ大帝「どうしたのだ、沙紀・・・折角の美術館なのに、そんな浮かない顔をして。」

沙紀「やだなぁ、旦那ってば。そんな変な顔はしていませんって。」

沙紀「次の絵のモチーフが定まらなくて、悩んでいただけっす・・・!」

沙紀(飛彩・・・なんでいなくなっちゃったんっすか・・・。まだ、色々と話足りない事がたくさんあったのに、どうしてっすか・・・。)

沙紀(あーあ、なんか・・・色々と駄目っすね・・・なんか、もう嫌になるっすよ・・・。)(目が若干暗くなり、ハイライトが消えかかる)

---

---美術館の人垣の端---

パラド「彼女、いい表情だね・・・実に興味深い物だよ。」

パラド「彼女にバグスターウィルスを感染させたらどうなるか、見物だね。」

パラド「まあ、頃合いを見計らうとするかな。」

パラド「タイムリミットまでに姫を助けられるか。実に王道らしいゲームになるだろうね。」

---

---駐車場のワンボックスカーの中---

妖怪王女「よっし、皆来たわね。マキノちゃん、ルートの計算は済んだ?」

マキノ「ええ、済んでいるわ。天道さんを配置できる場所は3つあるわ。」

妖怪王女「感動的な再会となるか否かは場所にもよるわ。」

妖怪王女「それを踏まえ、ここに配置しましょう!」

【安価】天道を配置する場所 ↓1
1.玄関ロビーの彫刻の前でそれを鑑賞している
2.若葉が絵画を見ている時に、天道語録をいいながら登場
3.休憩スペースに配置(行動は自由安価)

橘「なんとか間に合った・・・。」

ありす「お兄ちゃんは相変わらず計画性がありません。私を見習って下さい。」

橘「うんうん、ありすの言う通りだよ。」ナデナデ

ありす「ううっ、撫でたらそれで済むと思っていませんか?」

美嘉(本当に仲良さそうだなぁ・・・・確かにあんな子が妹だったら、会社を抜け出すのも分かるかも、ふひひ★)

ありす「美嘉さん、でしたよね?美嘉さんからも言ってあげて下さいよ!!」

美嘉「橘プロデューサーには、ありすちゃんが可愛いんだよ。だから、許してあげてね。」

美嘉「物事に肝要である事も、大人な一面だよ?」

ありす「大人な一面・・・分かりました。これも私が大人である事なんですね。」ウンウン

ありす「お兄ちゃん、もっと撫でて下さい。私は寛容ですから、大丈夫です。」(自慢げ)

橘「!?・・・ありすぅぅぅぅぅ!!」ナデナデナデッ

ありす「わわっ、調子に乗り過ぎないでください!!」

美嘉(なんというか、この子、ちょろすぎない?・・・流石、橘プロデューサーの妹。)

橘「じゃあ、美術館に入ろうか。」

---

ビッグマシン「俺はあの輪に入れるのか?」

タチバナ「直に慣れるさ。さあ、私達も行こうか。」

---

---美術館内---

【BGM:Llewellyn: Green】

頼子「色々な絵がありますね・・・。」

ルパン「ああ。美しい物だな。」

頼子「ちょっと、中に入りましょうか。」

---

ルパン「おや、これは・・・美しい絵だな。」

頼子「これは・・・モーリス・ユトリロの絵ですね。」

ルパン「引き込まれる様な白だ。」

ルパン(形容するのであれば・・・それはまるで純白の・・・。)

頼子「この絵は、ユトリロが20代の頃に描いた「白の時代」の絵ですね。」

頼子「ルパンさんの言う通り、白の扱い方に関していえば、右に出る者は少ない画家です。」

頼子「雪の降り積もったその情景には、そこはかとない哀愁が漂います。」

頼子「これにはユトリロの生い立ちが影響しているとの事です。」

ルパン「して、それは?」

頼子「ユトリロは父親が誰か分からず、その上、奔放な母親から向けられぬ愛情を生涯求め続けたとされます。」

頼子「この作品で使われている白は・・・彼の寂しさの現れともいえるでしょうね。」

ルパン「悲しいが、その儚さがまた美しいという訳だな。」

ルパン「愛を知らなかったが故に、儚さを知ったという事か。」

頼子「・・・ルパンさんは、あの講演で「愛」を知った事を後悔しますか?」

ルパン「いいや。・・・あの経験があるから、今の私がいる。それを否定するのは違う筈だ。」

頼子「!!・・・そうですね。・・・失言だったみたいです。忘れて下さい。」(どことなく嬉しそう)

ルパン(だが、櫻井桃華でもその時代にいれば・・・何かが変わっていたのだろうか?)

ルパン(いや、止そう。今は芸術を鑑賞している時は素直にその美しさに触れるとしよう。)

頼子「もう少し鑑賞しますか?それとも、次に向かいますか?」

ルパン「なら、もう少し見ていようかな・・・。」

頼子「ふふっ、分かりました。」

---

【自由安価】他の面々が鑑賞している絵(各々の個性に合わせても可)(または自分の好きな絵でも可)
1.小梅たちが鑑賞している絵 ↓1
2.沙紀たちが鑑賞している絵 ↓2
3.美嘉と橘たちが鑑賞している絵 ↓3
4.若葉が鑑賞している絵 ↓4

今日はここまで
最後の晩餐とはいいチョイスです(ダ・ヴィンチ・コードを思い出しますねw)
小梅は謎に包まれた感じの物か、純粋なホラーが似合いますね(ベクシンスキーなどはその極致でしょう)
さて、天道と若葉の再会がどんな絵で演出されるかは安価次第です(秀逸な演出に期待するとしますかw)

【自由安価】他の面々が鑑賞している絵(各々の個性に合わせても可)(または自分の好きな絵でも可、ただし芸術作品限定)
2.沙紀たちが鑑賞している絵 ↓1
3.美嘉と橘たちが鑑賞している絵 ↓2
4.若葉が鑑賞している絵 ↓3

乙です
天道語録楽しみすぎる… どこかの独裁者みたいにつるんつるんに滑ることはないと信じたいが
どうでもいいけどルパンが親の愛の代表として10代前半の少女を想像するところに深い闇を感じる

最後の晩餐といやダヴィンチ眼魔は何してるかな


やっぱりバグスターはグラファイトになるのかな?
永夢は多分ちひろから飛彩先生の事はSRプロのせいって吹き込まれてるんだろうな…まあ事実だけど

治療できるのが大我or貴利矢になるけど 2人って何処にいるんだ? 状況的にグラファイトと大我の因縁は無くなってるんだろうが

ドラゴンからお姫様を助ける勇者がドラゴン現れる前に死んじゃってるからな…

今後のアイドル活動の為にも何かしらの手段で復活させるか吹っ切れさせる必要が有るけどやっぱり前者の方がええのう

乙です
これ以上他のエグゼイド系列ライダーと拗れる前に沙紀ちゃんのフラグ遂行したくて出したけど…
永夢は無理そうだから 大我or貴利矢かなあ
ゲーム病自体はもう世間で広く知られてるようだけど その対処法はSRプロはどれくらいとってるんだろうか

何より九条刑事は兄についてどれくらい知ってるんだ?

乙です
聖ちゃん、ドラスの事を軽く流してるけど、かなりヤバくなったからねw

飛彩は体を奪ってくれば、SRプロ驚異の科学力で何とかならないだろうか?
とりあえず、BOARDかXプロ辺りに偵察特化を送ってみるか?

乙です



コタンの袋小路/モーリス・ユトリロ
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127864.jpg

最後の晩餐/レオナルド・ダ・ヴィンチ
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127865.jpg

海辺の母子像/パブロ・ピカソ
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127866.jpg

夕日の港/クロード・ロラン
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127867.jpg

ひまわり/フィンセント・ファン・ゴッホ
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127868.png



参考までに

癒やしと安堵で言ったじゃん!(吉岡君を見ながら)
飛彩はイマジン案件で蘇生かSRプロ脅威の科学力か最悪死人に口なしで全部キノコモルグの所為に
……はあんまりだよなぁ
何とかしてシャルモンでケーキを食べる吉岡君と飛彩とゼロ大帝みたいな光景を見れるようになりたいところ

そして>>1の知識の幅が相変わらず謎すぎる…

再開します

>>791
ルパンは桃華から母性を見ている紳士となりますw

>>792
ダ・ヴィンチ眼魔はこの短編の流れからいつでも選択可とします。

>>793
ちひろは利用できる物は全て利用するスタンスなので、エグゼイドは基本アンチSRプロの筆頭格の一人になります。
スナイプはX Production、レーザーはふらっとどこかで現れます(短編で出すのが効率的、普段は???で出現)

>>794>>795
ゲーム病に対する情報はありますが、治療はエグゼイド勢任せなので協力を仰ぐか、ゲーマドライバーとガシャットを奪い解析する手もあります。
九条警部は、ゼロディを境に兄が音信不通になっています。

>>796
鏡先生の遺体は、とある場所に安置されています。
生き返らせるのは自由ですが、見つけるにはかなり面倒な手順が必要です。

>>797
画像感謝です!(相変わらず画像提供者さんの柔軟さには驚きますねw)
癒しと安堵(美嘉姉&若葉視点)となりますw(シャルモンでのシーンは>>1としては構想に入っていましたが、こうなったので基本流れます)
何事も知っておいて損はないですからねw

---美術館内、小梅一行---

小梅「この、絵は・・・?」

No.1「これは、レオナルド・ダ・ヴィンチ作の「最後の晩餐」だな。」

No.1「小梅にも馴染みのあるあの眼魔が生前描いた作だな。」

小梅「ダ・ヴィンチ眼魔が・・・?」パァァ

No.1「この絵は、ダ・ヴィンチが彼のパトロンであったルドヴィーコ・スフォルツァ公の要望で描いた物で・・・。」

No.1「キリスト教聖書における、イエス・キリストの最後の晩餐を描いた物だ。」

No.1「俺よりも、本物のシスターであるクラリスさんとかに聞く方が詳細な説明をしてくれる筈だが・・・。」

No.1「これは、彼が12人の弟子の内の誰かが彼を裏切ると予期した時の場面を描いている物だ。」

小梅「えっ・・・弟子に裏切られたの?」

No.1「ああ、裏切ったのはイスカリオテのユダ。銀貨目当ての犯行だったという説が有力だ。」

小梅「・・・お金で、人を裏切るなんて酷いよ・・・あの子もそう、言っているよ?」

No.1「だが、事実・・・心が弱い存在は金銭に釣られ、過ちを犯す。」

No.1「その事象を如実に表した傑作だといえる。」

小梅「うん・・・。でも、ここの人は誰も、裏切らないよね・・・?」

No.1「ああ。その点は安心していい。俺達は固い結束を持って行動している。」

No.1「その点は大丈夫さ。それに俺は小梅を置いて、どこかへはいかないさ。」

小梅「・・・うん!」

No.1「さて、じゃあ次の絵の所にでも行こうか。」

---

---美術館内、沙紀一行---

沙紀「凄く、悲しげな絵、っすね・・・。」

ゼロ大帝「これは、巨匠パブロ・ピカソ作の「海辺の母子像」だな。」

ゼロ大帝「1902年にバルセロナで描かれ、貧しい母親と子供というテーマで「青の時代」を象徴する絵画の一つだ。」

ゼロ大帝「これが描かれた前年に、ピカソは親友のカサヘマスの自殺を経験している。」

ゼロ大帝「大切な何かを失ったのだ。だからこそ、彼はこの絵に見られる様な「絆」を重く見ていたのだろうな。」

ゼロ大帝「それとも、ただ静かに亡き親友に祈りを捧げたかったかの様な何かがこの絵からは感じられる。」

沙紀「つまり、失った先に何があるかを考えた結果・・・絆という答えに至ったと?」

ゼロ大帝「ああ、そうだろう。悲しい物ではあるがね。」

ゼロ大帝「ちなみに、「青の時代」のピカソは評価されず・・・窮乏していたとの事だ。」

ゼロ大帝「幾ら美しく物悲しい傑作でも、人の見る物が違っては評価されないという事だ。」

ゼロ大帝「ただ、この絵の中で一際目立つ赤い花が暗示するのは、希望。ピカソはその様な中でも希望を忘れていなかったという事だ。」

沙紀「希望っすか・・・それは、大層立派な事っすね。」

沙紀(飛彩・・・飛彩もこの絵みたいに、ずっと青い靄を自分にかけるんっすか・・・?)

沙紀(巨匠は凄いっすよ・・・親友の死を乗り越えて、答えを見つけるだなんて・・・。)

沙紀(自分には、希望なんてなくなりました・・・乗り越えるなんて、到底無理っすよ・・・。)

沙紀「えっ、急に体が重く・・・!?」ガサッ!!(急に沙紀が倒れ込む)

ゼロ大帝「どうしたのだ、沙紀!?沙紀ぃぃ!!」

沙紀「騒ぎすぎっすよ・・・旦那・・・。」(ゲーム病の初期症状が沙紀の身体に現れる)

ゼロ大帝「なんだ、このオレンジ色の現象は・・・?」

沙紀(ううっ・・・飛彩。飛彩ぉ・・・。辛いっすよ・・・。)

沙紀(でも、これで自分も・・・飛彩のいる所にいけるっすね・・・。)(目からハイライトが消える)

ゼロ大帝「くそっ、すぐにSRプロの救急隊に連絡する、だから待っていろ!!」

---

パラド「さあ、ゲームは始まった。」

パラド「まあ、人間は一度死んだらそれまで。そんな物を救おうなんて、無理ゲーにも程がある筈さ。」

パラド「だが可能性はゼロじゃない。だからこそ、君達がどれほど運命を敵視しているかを見せてよ。」

パラド「ふふっ、彼女から生まれるバグスター・・・大いに楽しみだよ。」

(パラドがそのまま去っていく)

---

---美術館内、美嘉・ありす一行---

ありす「この絵・・・綺麗です・・・。」

美嘉「本当に、希望に満ち溢れているっていうか・・・輝いている絵だね・・・。」

橘「へえ、この絵の名前はクロード・ロランの「夕日の港」っていうのか。」

ありす「早速タブレットで調べます!」

タチバナ「それには及ばない。僭越ながらこの私がこの絵について説明しよう。」

タチバナ「クロード・ロラン。世界的に著名な風景画家だ。彼が特に得意としたのは、この「夕日の港」に代表される様な海景画でもある。」

タチバナ「彼にとって、絵の主役はあくまでも風景そのもの。人は存在こそすれ、それ以上の主張は行わない物として扱われている。」

タチバナ「そして、彼の海景画の典型がこの「夕日の港」には現れている。」

タチバナ「古典建築の列や、帆船などの舞台装置を巧みに扱う事によって、ロランは絵に奥行きを演出し、自然と我々の目を沈みゆく太陽に向けさせる。」

タチバナ「これほどの壮大なスケールを作り出せる画家は少ない筈だ。間違いなく名作の類に入る絵画だろう。」

美嘉「うん・・・まるで引き込まれるようだよ・・・。」

美嘉(それにこのちょっと憂いを帯びた夕日って、あの時の搭の上で、橘プロデューサーが見せた光に似ているよ・・・。)

美嘉(だから、見ていて・・・なんか、嬉しい気分になるなぁ・・・。)

タチバナ「では、そろそろ・・・んっ?」

ありす「むぅ・・・。」(タチバナの服の袖を引っ張りながら、俯きつつタブレットを持ち涙目になっている)

タチバナ(いかん・・・!つい、芸術については蘊蓄を話したくなってしまったが・・・!)

タチバナ(アリスが泣きそうになっているではないか・・・!!早くフォローせねば・・・!!)アセアセ

タチバナ「では、ありす・・・皆にクロード・ロランについてもっと詳しく話してあげてくれないか?」

タチバナ「絵については分かっても、人となりは忘れてしまったのでね。アハハ!!」

ありす「!?・・・仕方がないですね!待っていて下さい、今タブレットで調べますので。」(急に嬉しそうになる)

橘「世話を掛けます。」(小声)

タチバナ「何、もう慣れた物さ。さて、アリスの説明を聞くとしようか。」(小声)

ビッグマシン(やっぱまだ輪に入れねえ・・・!)

---

---美術館内、若葉・聖一行---

聖「わぁっ・・・綺麗・・・!」パァァァ

若葉「ひまわりですね!!お日様みたいでなんかポカポカした気分になりますね!」

ユウゴ「まあ、なんというか・・・向日葵、太陽か・・・。」(ちょっと苦い表情になる)

ハエ男「ドラス、お前確か文献を多く読んでいた時期があったよな。説明頼めるか?」

Fドラス「任せて!この絵は、巨匠ヴィンセント・ファン・ゴッホの名作「向日葵」だね。」

Fドラス「ゴッホが自身の制作拠点だった「黄色い家」に飾る為に書いていた絵とも言われていて・・・。」

Fドラス「現在では6点が現存するとされているよ。」

ハエ男「なら、こいつはその内の一つか。」

Fドラス「向日葵は、ゴッホにとって、ユートピアの象徴でもあって・・・。」

Fドラス「ゴッホの生涯における暖かな時期に盛んに描いた物でもあるんだ。」

Fドラス「明るく、綺麗な物だって印象づけたかったのかもね!!」

ハエ男「まあ、聖ちゃんや若葉ちゃんのあの顔を見ているとこっちまで癒される気分だ。」

ハエ男「んっ、誰かが来る・・・。って、おいおいあいつって・・・!?」(凄い冷や汗)

Fドラス「僕と聖ちゃんの再会を邪魔してきた奴だね・・・。」

Fドラス「今の僕の能力で、消して来ようか?」

ハエ男「早まるな、ドラス・・・ここはやり過ごすぞ。こっちから仕掛けねば大丈夫な筈だ。」

---

天道(何の用かは知らないが、取り敢えずあの一行に話しかけろとの事だったな。)

天道(ならば行くか・・・!)

【安価】天道が使う天道語録 ↓1
1.花は全ての女性を輝かせる。(01~25)
2.本物を知る者は、偽物には騙されない。(26~50)
3.太陽が素晴らしいのは塵でも輝かせることだ。(51~75)
4.人生とはゴールを目指す遠い道・・・重い荷物は捨て、手ぶらで歩いた方が楽しい(76~00)

天道「お婆ちゃんが言っていた。」

若葉「!?」

天道「人生とはゴールを目指す遠い道・・・重い荷物は捨て、手ぶらで歩いた方が楽しい。」

天道「時にはその向日葵の様な、元気な奔放さを追求するのも悪くないという事だ。」

若葉「その声、やっぱり、総司お兄ちゃん!!」

天道「若葉・・・!?」

若葉「わぁっ!!やっぱりお兄ちゃんだぁ!!」ダッ!!(天道の下に走っていき、抱き着く)

天道「身長は伸びたみたいだな・・・2cmって所か?」

ハエ男「おいおい、今の幻聴じゃねえよな・・・。」

Fドラス「若葉ちゃんのお兄さんなんだね・・・。」

ユウゴ「なんだ、この出会い方はよ。偶然にしちゃ出来過ぎだな。」

ハエ男「いざという時は、頼んだぜ・・・二人共・・・。」

ハエ男「お前等は死ねない、もしくは無敵に等しいからな!!やっちまえ!!」

聖「ハエ男さん・・・そんな物騒な事を言ったら、駄目ですよ!」

天道「あいつは、ひよりがいなくなった時に居た奴か・・・。」

若葉「どうしたんですか、お兄ちゃん?」

天道(今は若葉がいる以上、大それたことは出来ないか。)

【安価】天道の行動 ↓1
1.今は久々の若葉との時間を楽しむ(01~25)
2.ハエ男らにひよりの件を聞きに行く(26~50)
3.ユウゴについて若葉について聞く(51~75)
4.妖怪王女の知り合いかを聞く(76~00)

今日はここまで
天道加入コースに入りましたが、50-50の賭けなので外した場合はご愛敬です。
沙紀はゲーム病が発症したので、今から2 Episodeの内にグラファイト(高戦闘力)を倒さない限り、消滅します(イマジン案件)
難易度は高く、グラファイトは逃げに徹するので、難易度は非常に高いです(鏡先生が死んだことで難易度は激増)
次のEpisodeで取る行動が非常に重要になってきます。

素のグラファイトでレベル3どっこいどっこいだけどプロトドラゴナイト使われたらドラゴナイト×4で倒さないといけないしのう
対処法については
①エグゼイド(対立)、スナイプ、レーザー
②鏡先生復活させてグラファイト狩り
かのう
強化されなかったら①でもなんとかなりそうだがプロト使われたら…

いっそ過去に戻って死ぬ直前の鏡先生回収して治療特化の怪人に治療させて代わりにメディックの作った偽造死体を置いていく
というのも出来なくもないだろうけどまずそこまでの過程をどうすればいいのやら

乙です
芸術は爆発だ!

さて、頑張って吉岡君を助けようか!
ガランダーグリード等のベルトを奪える怪人ならゲーマードライバーを奪ってこれないだろうか?
もしくは、飛彩先生をSRプロ驚異の科学力で甦らせた方が早いかな?
とりあえず、次にどのプロダクションに向かう方が良いんだろうか?

そういえば、ひよりとタブトもそろそろ迎えにいった方が良さそうだね
ガオウライナーとかでひよりのいる場所に行けるかな?
まぁ、吉岡君の件の後になるんだろうけどw

ベルト奪ったところで適合手術受けさせないとどうにもならんぞ
適合手術に必要なバグスターウイルスのサンプルも無いし

グラファイトはゼロデイの時、闇医者に倒された扱いでよろし?

乙です

Xプロにドクター真木送れば中の人ネタで闇医者を引き抜きできるって前言ってた気が

最悪ズバットが邪魔してこなければの話だけど…

SRプロ驚異の科学力ならゲーマードライバーを奪ってくれば解析を出来ないかと思ったけど、無理かぁ……

となると、Xプロにドクター真木を送り込んでみる?


思ったより猶予が無いぞ
九条さん 貴利矢の連絡先知らないのか 知ってたらすぐにでも掛けてもらうんだが… 3人の中じゃ1番仲間になってくれそうだし
大我は 場所割れてるのはでかいけどエグゼイド初期の方向性だと協力してくれるか不安だ


タドルクエストガジェットとドレミファビートガジェットは永夢が持ってるのかな?


乙です
最初からイマジン送って鏡先生が死んだこと自体をなかったことにした方がいいかもしれない
キノコモルグより先に鏡先生に接触できれば生存自体は容易だろうし
問題はキノコモルグが他のライダーに攻撃する危険性があることだけど(>>601の判定だとクウガ以外どれも当たるとヤバい)

バグスターや鏡先生の情報ってSRプロはどれだけ把握してたっけ?
情報なしからのスタートだとアポロの時みたいに情報集めからだから時間が・・・

ダディ、悪いけどまゆの襲撃は自力でなんとかしてくれ

完全に死ぬ直前に毒胞子を解毒できる奴を連れてった方が良いかもしれん
前の織田の時みたいに回収して

再開します

>>808>>809>>814
2に関してですが、本部としては沙紀と鏡先生の接点が分からない以上は生き返らせにいくメリットはない形です。
(仮にも人員が命を賭して、消した敵扱い)(*織田の場合は、G4に殺されています)
なので、2の過程はかなり厄介です。

>>811
この考え方は結構的を射ていますが、実行する上でのハードルは難しい物となります。

>>812
初期グラファイトはその扱いでOKです(2体目の想定)
ヒントとしては、ベルトの使い方が重要になります(解析は時間的に不可能)

>>813
ゾロ目が来て、あのBGMが流れた場合は死です(リスクはどんな局面でも存在する物)

>>815
346プロで永夢が所持してます(鏡先生の形見の様な物、撃破で入手可能)
(ただし、現在の346は8割即死の電車が通行しているのでかなり危険です)

>>816
その手の問題は、キノコモルグが誰を殺しに行くかが大きく変わる点です。
かな子の勧誘は大丈夫ですが、最悪加蓮か愛梨が病むケースになるやもしれません。

>>817
斬撃も入るので、解毒だけでは間に合わない形となります。

天道(だが、今は若葉との時間を楽しむとしようか。)

若葉「あっ、ユウゴさん・・・紹介します、私のお兄ちゃんです!」

ユウゴ「若葉さんには世話になっています。ユウゴと申します。」

天道「・・・男・・・!?」ガーン

天道(それに自己紹介がなんで名前だけなんだ・・・ホスト気取りの軽い奴なのか?)

ユウゴ「なんか、すげえ睨まれている気がするんだが・・・。」

ハエ男「まあ、お前なら別に一回ぐらい殺されても生き返れるだろうし、平気、平気。」

ユウゴ「おい、それは俺に糞痛い目を見ろってでもいうのか!!」

ユウゴ「焼くぞ、てめえ!?」

ハエ男「ハハハ、そいつは勘弁してくれ。」

天道「若葉、あの粗暴そうな男は誰だ・・・?」(真顔)

若葉「誰って、ユウゴさんですよ?私の専属プロデューサーです!!」

天道「専属、プロデューサー・・・!?」

天道(馬鹿な・・・あんな男が傍にいては若葉の身は安全であろうか。いや、そんな訳がない。)

天道(樹里やひより、それに加賀美の件に追われ、若葉は安全な所にいるとばかり・・・。)

天道(くそっ・・・若葉が急に心配になってきた。)

天道(ここは・・・!!)

【安価】天道の行動 ↓1
1.若葉があの男と四六時中一緒にいるなど心配の種が尽きない。自分が見張りにいかねば。(偶数)
2.若葉も大いに心配だが、まずはひよりを探さなくては。美術館の外で別れる(奇数)

天道「若葉・・・俺は決めたよ。」

若葉「何をですか?」

天道「俺はYSZを辞めて・・・若葉の事務所で働く事にする。」

若葉「えっ、いいの!?」

天道「最近のYSZは企業としての体を為していない。そんな場所にはこれ以上残れない。」

天道「若葉とは余り最近、一緒にいてやれなかったからな。」

若葉「わぁっ、総司お兄ちゃんと一緒、わーい!!」

天道(ユウゴ・・・お前のような軽薄な男に若葉は渡さん・・・!)

ユウゴ「なんか、すっげえ睨まれているんだけど?」

Fドラス「気の所為じゃないかな?」

ハエ男「そうそう、何事も諦めが肝心。」

---

---帰路、SRプロ近くの歩道橋---

美嘉「楽しかったね、ありすちゃん!」

ありす「はい、自分の表現の幅が広がった気がします。」

タチバナ「ふふっ、微笑ましい物だ。」

橘「平和っていい物ですね・・・。」

ありす「あれ、反対側に綺麗な人が立っていますね?あっ、こっちを向きましたね。」

ありす「なんか、手を振っていませんか?」

タチバナ(あの少女は・・・まずい・・・!!)

橘「ダデダアイツハ・・・?」(凄い冷や汗が浮かんでいる)

美嘉「誰って、あれは・・・BOARDに居た頃一緒だった・・・。」

美嘉「佐久間まゆちゃん、でしょ?忘れちゃったの?」

---

まゆ「漸く、会えましたねぇ・・・朔也さん。うふふ、まゆ・・・とぉっても、嬉しいです♪」

---

橘「サクマ、マユ・・・??・・・ウワァァァァァァァァァァァァァァァ!!」

【Episode 146.5】癒しと安堵の一時 fin

【安価】橘の行動 ↓1
1.まゆから全力で逃げる(01~25)
2.まゆからありすを連れて逃げる(26~50)
3.まゆから全員一緒になって逃げる(51~75)
4.もう、逃げはしない。ギャレンに変身し、まゆと向き合う(76~00)

---ショッカープロダクション、大会議室円卓テーブル---
(BGM Evil Fortress)

タタタタッ!!ウィーン!!(大会議室の扉が開き、ゾル大佐が忙しなく入ってくる)

ゾル大佐「大変だ、吉岡沙紀が原因不明の病気になってしまった様だ!」

一つ目タイタン「病気か、ならメディカルセンターにでも任せておけばいい。」

一つ目タイタン「今はそれどころではないのだ・・・事務所近くに佐久間まゆが現れた!」

一つ目タイタン「橘朔也はその場から逃走・・・佐久間まゆはそれを追っている。」

再生アポロガイスト「今、対処すべき問題はそれだろうな。」

再生アポロガイスト「だが、どうする?佐久間まゆの戦闘力は周知の通りだ。」

再生アポロガイスト「対話を試みるにしても・・・どうするのだ?」

ジャーク将軍「・・・ウィル鬼でも送り込むか?」

再生アポロガイスト「アイドルにあれは酷な仕打ちだが・・・橘朔也と速水公平の事を鑑みるに・・・難しい所だ。」

再生アポロガイスト(この前の作戦時にこっそりと蘇らせておいた奴がどうにかしてくれないかな?)

一つ目タイタン「その問題に対処するのと同時に・・・ここはあそこを攻める!!」

研修可能プロ一覧 ↓1
1.346プロ
2.YSZ Corporation
2.5 ???
3.BOARD Production
4.X Production

【復活の炎】(Episode 146分)コンマの約数の怪人に復活是非 ↓2

見事なまでの素数なので、例の計算式用のコンマを取っておきます。
【安価】↓1~3

【復活の炎】(Episode 146分)コンマの約数の怪人に復活是非 ↓2

【復活安価(71)】
71.スティングレイロード(ポタモトリゴン・ククルス)備考:ミステリー編でシンとG3-Xにボコられたロード(01~25)
74.トライアルE亜種(偽剣崎)備考:ダディのピンチなので颯爽と駆けつけるメリットはあり(26~50)
15.死神カメレオン 備考:死後の世界で魔神提督の智絵里勧誘を誰よりも喜んでいた忠臣(51~75)
14.吸血マンモス 備考:スミロドーンの心の闇を払拭可能(ドクの強化で55%で化物化できる逸材、残りでヨロイ元帥と同じ末路を辿ります)(76~00)

【復活安価】↓1

---繁華街、路地---

橘「ウワァァァァァァァァァァ!!ウワァァァァァァァ!!!嫌だ、監禁は嫌だぁ!!」タタタタタッ!!

???「こっちだ!!」

橘「うわぁっ!!」(橘が路地裏に引きずり込まれる)

橘「君は?」

死神カメレオン「フッ、地獄から舞い戻った奴って所かな。俺に触れている限り、お前の姿も透明になる。」

死神カメレオン「どんな追手がいるのかは分からないが、これである程度の時間は大丈夫だ。」

橘「有難う・・・恩に切る!!」

死神カメレオン「礼なら後で魔神提督にでもいいな。」

---

一つ目タイタン「では、X Productionに向かおうか。」

一つ目タイタン「今、神敬介は行方が分からず・・・攻め込むには好機だ。」

再生アポロガイスト「張り合いがないな・・・。」

ゾル大佐「偶には箸休めも必要という物だ。」

ジャーク将軍「では、今回の勧誘対象は決めているのか?」

一つ目タイタン「そうだな・・・では、今回は彼女にしようか。」

↓2 モバマスアイドル(>>9のチャート)

一つ目タイタン「沢田麻理菜。サーフィンが趣味のアイドルだ。」

一つ目タイタン「全体的に事務所内の面倒見もよく・・・多くのアイドルとも年齢の違いを感じさせずに接する事ができる。」

一つ目タイタン「その事から、お姉さん気質と言われる事が多いアイドルだ。」

再生アポロガイスト「彼女について、他には?」

一つ目タイタン「やや、年下の妹系のアイドルには弱い一面があるという事らしい。」

ゾル大佐「そこを突くとなると・・・X Productionとの2社合同イベントか?」

一つ目タイタン「そうなるな・・・まあ、骨子はおいおい決めるとしよう。」

一つ目タイタン「だが、我々の幼少組のアイドルが活躍してくれる事だろう。」

ジャーク将軍「送る怪人は海に適正があれば、なおよいという事か。」

ゾル大佐「ここは適正で選抜した方が早く事が進みそうではあるな。」

再生アポロガイスト「そうだな。では、ここはこの怪人を向かわせる。」

↓3 ライダー怪人(例の如く大体何でもあり)

今日はここまで
圧倒的ドクター真木w(キヨちゃん補正&ズバットが懸念点ですが、どうにかなるでしょう)
キヨちゃんを通じてしか麻理菜さんと話せないのは致命的ですが、彼女の面倒見の良さで相殺されると祈りましょう(奇数+、偶数-の賭け)
スナイプと話す事ができれば、やや分のいい流れとなりますが・・・まだ事は起こっていないので、保険を掛ける形になります。
沙紀のゲーム病は150到達で発症します(400到達かEpisode 148失敗で終了)

【安価】沙紀のゲーム病進行率 ↓1(初期値)


ゼロ大帝復帰&沙紀ちゃん勧誘の一番の功労者といえる死神カメレオンがこのタイミングで生き返るとは…
ダディと一緒に事務所に帰ってきただろうから驚くだろう…

乙です

思ったんだけどワームかロイミュードに3人のうち誰かを擬態させれば適正含めてコピーできるんじゃないかね? (正直自信ないけど)

乙です
これはダディ監禁までに猶予が出来たってことなんだろうか

そしてジャーク将軍、ウィル鬼をまゆに送ろうかってさすがに鬼畜すぎませんか?
まゆはRXを敵視してるし、RX以外でミクロ化した奴を倒せそうなのっていたっけ?

んーけど仁良の時もSRプロについて話そうとした時だけだったから…
SRプロに関する人々に危害を加えようとした時だけウィル鬼が体内で暴れるってのならどうだろうか こちらへの 抑止力として

ダディの監禁及び校長の精神崩壊 智絵里の時と違って思考汚染みたいのが無くなってもこうして来て何の反省もしてない状態っぽいから 流石に奏が不憫過ぎるし…

再開します

>>848
本Episodeの陰で逃亡戦が繰り広げられます。
死神カメレオンが沙紀を救うタイミングで復活したと考えると運命的ですねw

>>849
後天的な物なので、基礎情報のコピーでは無理だと感じます(バグスター適合手術)

>>850
原則上、RXとウィザード以外いないのが怖い点です。
晴人の場合、スモールやウォータースタイルで対抗可能です。
ジャーク将軍からすれば、人員を拉致監禁した仇敵なので、多少熱が入っている形です。

>>851
実行するか否かは安価次第なので、マイルドに済ます事も可能です。
奏の側に立つか、まゆの側に立つかは安価次第です。

---X Production---

神「~♪」

留美「あら、社長。随分と機嫌がいいじゃない。」

神「分かるかね?実は今日、久々に研修員がやってくるのだよ。」

神「代り映えしない毎日に変化が訪れる。甘美な響きだとは思わんかね。」

留美「確かに、ここ最近研修員の方は少なかったですものね。」

留美「でも、社長、敬介さんの事は放っておいてもいいんですか?」

神「あんな放蕩息子、放っておけばいい。仕事を置いて、何をしているのかは知らんがね・・・。」

留美「敬介さんの事だから、きっと正しい事を・・・。」

神「そう一縷の望みに賭けたさ。だが、結城君や風見君の弁では彼らとは行動を共にしていないらしい。」

神「なら、奴はどうせまた、過去の女の未練を追っているだけと考えないといけなくなる・・・。」

留美「過去の、女!?・・・神社長、ちょっとその話を詳しくお願いします!」

ガチャッ

麻理菜「ふぅっ、いい波だったわ。」(笑顔)

麻理菜「あら、社長と留美だけ?」

神「おお、麻理菜君か。実は今、研修員が来るのを待っているのさ。」

神「私達も、新たなプロデューサーを迎え、これで心機一転し、進みだせるという物だ。」

コンコンッ!!

神「おっ、来た様だね。どうぞ。」

真木「失礼致します。SRプロから参りました・・・真木清人と申します。」

神「えっと、肩の人形にばかり話していないで、こっちを向いて一緒に話そうではないか。」

真木「失礼、これは私の職業病の様な物でして・・・私はこのキヨちゃんを介して、コミュニケーションを取らせて頂きます。」ヒクヒク(ストレスが感じられる)

神「はははっ、面白い個性だね、君。では、私も自己紹介を。このX Production社長の神啓太郎だ。以後、宜しく頼むよ。」

麻理菜(なんか、変な人ね・・・。)

【Episode 147】Outbreak × Surfing

沢田麻理菜 初期好感度(70以下の場合、-20)↓1
吉岡沙紀のバグスターウィルスの状況:53/400(まだ小康状態)
真木清人 野心pt+(×1.4)↓2(初期値100/250)
沢田麻理菜 Turn 1 ↓3
1.キヨちゃんについて聞く
2.真木清人について更に聞いてみる
3.サーフィンに興味があるかを聞く

沢田麻理菜 好感度 -5/300 【特殊ルール1発動】
真木清人 野心(ストレス)118/250
吉岡沙紀のバグスターウィルスの状況:53/400(まだ小康状態)

麻理菜「えっと、真木さんは、その・・・キヨちゃんでしたっけ?をいつも持っているんですか?」

真木「当然です。」キリッ

麻理菜「えっと・・・。」

麻理菜(・・・ダメだ、この人とは何を話していいか分からない。)

神「さっきから、目を離すごとに人形が感情を表現するように変化している気がするが・・・。」

神「気の所為かね?」

真木「気の所為でしょう。」

真木「では、仕事の時間の前に少し、海を散歩しに行っても?」

神「ああ、構わんよ。折角の好立地だからね、堪能してくれなくては困るよ、ハハハ。」

真木「では、失礼します。」

---

---夕暮れ時の海岸線、砂浜の一角---

真木「綺麗な夕日です。何事もこの様に美しく終わらねばなりません。」

真木「そうですね、キヨちゃん。」

(キヨちゃんが小型ビーチパラソルの下でリクライニングチェアに腰掛け、ミニチュアカクテルを手にしている)

スッ!!(その二人の前に人影が現れる)

真木「おや、誰ですか・・・。」

???「・・・。」

【遭遇安価】↓1(30以下でキヨちゃんが攻撃を被弾し、海に)
1.スーパー1(奇数)
2.哀愁漂うイントロ(偶数)

沖「お前は、何者だ。」

真木「貴方こそ、何者ですか?・・・今、私は見ての通り忙しいのですがね。」

沖「訊きたい事がある。お前は、ここで散った筑波洋という男について知っているか?」

真木「聞き及ぶぐらいであれば、はい。知っていますよ。」

真木「私はSRプロに在籍しております故・・・こういう話はね・・・。」

真木「良き終焉を迎えられて良かったと私は思いますがね。英雄的に死ぬ事は難しいですからね。」

沖「英雄的な死か・・・だが、俺はそんな風に割り切る気はない。」

沖「むんっ!!」

バァンッ!!(一也の手刀で砂浜が軽く割られる)

沖「来い。ゼネラルモンスターは俺が殺した・・・次の犠牲者はお前だ。」

真木「やはり、見抜かれていましたか。・・・では、始めるとしましょうか。」

真木「貴方に、善き終わりが訪れん事を。」ゴォォォッ!!(真木が紫のオーラに包まれる)

沖「変身ッ!!」

スーパー1「仮面ライダー、スーパー1!!」

恐竜グリード「そう簡単に勝てるとは思わない事です。」

スーパー1「チェンジ、パワーハンドッ!!」

ドッゴーン!!

恐竜グリード「いい力です。ですが、まだまだ甘いですね・・・!!」

ゴォッ!!(互いの凄まじいパワーの余波でキヨちゃんのビーチパラソルが吹っ飛ぶ)

真木清人 野心pt+(倍率×2)↓1(残機発動、ストレス補正で倍率換算)

沢田麻理菜 好感度 -5/300 【特殊ルール1発動】
真木清人 野心(ストレス)118+56=174/250
吉岡沙紀のバグスターウィルスの状況:53/400(まだ小康状態)

---数分後、X Productionロビー---

真木「ふう、灯台方面に飛ばしたので、これで安全でしょう。」

留美「あら、もう帰ってきたんですか?」

真木「いえいえ・・・今から社長室に向かう所です。」

留美「そう?それなら、エレベーターで34階よ。」

---

---廊下---

真木「おや、君は・・・先ほどの。」

麻理菜「え、ええ、こんにちは。」

麻理菜(またあの多少変わった人だわ・・・でも、話してみればいい人かもしれないし・・・。)

麻理菜「あら、さっきとキヨちゃんの服装が本当に変わっているのね?」

真木「キヨちゃんにも海を楽しみたい時もある筈です。」

麻理菜(この人はキヨちゃんを通じて、自分を表現しているのね・・・。)

麻理菜(なら!)

吉岡沙紀のバグスターウィルス進行状況 ↓1(現在値に加算)
沢田麻理菜 Turn 2 ↓2
1.キヨちゃんにキーホルダー用のストラップを付けると打診する
2.真木をサーフィンに誘う
3.海が好きなのかを聞いてみる

沢田麻理菜 好感度 -5/300
真木清人 野心(ストレス)118+56=174/250
吉岡沙紀のバグスターウィルスの状況:53+55=108/400(まだ小康状態)

麻理菜「貴方は海が好きなの?」

真木「まあ、嫌いではありませんね。海とは善き始まりと善き終わりが感じられる場所。」

真木「故に私の渇きを癒してくれる場所です。」

麻理菜「そうなんだ・・・ふふっ、漸く共通点が見つかった気がするわね。」

真木「ええ。そういう発見は良い物です。では、次はご一緒するとしましょうか。」

麻理菜「ええ、そうね。今度は私がサーフィンでも見せてあげるわ。」

真木「ええ、では社長室に用があるので、これにて・・・。」

麻理菜「ええ、ではまた明日。」

---

---社長室---

神「おおっ、真木君。海は楽しめたかね?」

真木「ええ、とても美しい終焉を見られました。」

神「ハハハ、君は結構詩的な表現が好きなんだね。」

真木「それで、神社長。SRプロから一つの企画書を持ってきておりまして・・・。」

真木「是非とも社長にプレゼンをして、この合同イベントを前の推理ドラマやシンデレラの様に手掛けたいと思っております。」

神「ハハハ、あの二つか。懐かしいねえ。」

真木「今回、私が打診するのは・・・。」

沢田麻理菜 好感度±(奇数上昇、偶数減少)↓1(真木に向けての上昇は±換算)
沢田麻理菜 Turn 3 今回の2社合同イベントの骨子 ↓2
1.バラエティ
2.ドラマ
3.ライブバトル
4.トークバトル

【自由安価】そのイベントに関する題材(上記結果から反映)(著しく外す場合は再安価)↓1

沢田麻理菜 好感度±(奇数上昇、偶数減少)↓1(真木に向けての上昇は±換算)
沢田麻理菜 Turn 3 今回の2社合同イベントの骨子 ↓2
1.バラエティ
2.ドラマ
3.ライブバトル
4.トークバトル

【自由安価】そのイベントに関する題材(上記結果から反映)(著しく外す場合は再安価)↓3

今日はここまで
今回のX Productionとの合同イベントはクイズ大会となりました。
どういう質問を用意するのかは自由にしておき、案を募集しておきます(Q&A両方を募集しておきます)

例題:この中でライダーキックが死因ではない怪人を選べ。(Aは明日書くとします、まあ簡単なので多分分かりますがw)
1.クラゲダール
2.モグラング
3.カビビンガ
4.ベアーコンガー

ただ、回答者はアイドルなので、ランダム安価で回答を狙いに行きます(パネル式を想定)
【安価】SRプロから参加するアイドル ↓1~4
【自由安価】クイズ大会に出す問題案 ↓∞(現時点で10問+@出題予定)(必要に応じて>>1が出題、集まらない場合は更に出題しますw)


例題見る限り ライダー関係の問題出しても何でこいつら知ってんだ?ってSRプロ以外に疑われたりしないよね?
もし疑われたりするなら出せないけど
Xプロ側に雪菜さんいればアンノウンが動き出しそうだけれども
どうなるかな
安価はアーニャで

問題 この中で乙女座の最輝星は?
1 スピカ
2 ミルファク
3デネブ
4アクベンス
正解は1
2はペルセウス座 3ははくちょう座 4は蟹座の最輝星


乙です


真木清人
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira128027.jpg

=恐竜グリード
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira128028.jpg



クイズ考えてたら出遅れた…

問題 この中で人が名前の由来でないものは?
1.ブルマ
2.シルエット
3.リキュール
4.アルゴリズム

正解は3

乙です
そういえば、バレンタインデーまでもう一週間切りましたねw
去年のバレンタインは……止めよう、アポロが可哀想だwww

キヨちゃん、本当に頼んだよ!
此処で何とか出来なければ本当に吉岡君がマズイ事になる!

問題:猫キャラアイドルの前川みくの苦手なモノを次の中から答えなさい

1.お米
2.お野菜
3.お肉
4.お魚

正解は4のお魚
実際にVTRか何かでみくにゃんに試してもらうと面白いかも(ゲス顔)

大我は普通にストレスがゲーム病活性化の原因って知ってるみたいだから沙紀への問診から鏡先生に辿り着くかもしれん

そういやグラファイトは逃げに徹するみたいだけどストレスをより悪化させる行動はとるん?

撮影でパンツの色をバラされるイヴか…
北海道遠征は本当に濃かったね… その要因の一つの椿さんもクイズに参加するんかな
アヤさんいるからブラック将軍 陰で誰か生き返らせてくれませんかね
今年のバレンタイン、アポロはチョコくれる優雅でキュートなアイドルいるから安心だね!

問題 アイドルの小早川紗枝さん 藤居朋さんらが出演し大ヒットとなった 鳥人戦隊ジェットマン
選ばれし戦士の一人 ブラックコンドルが愛飲していた洋酒の銘柄は?
1 バランタイン
2 エライジャ・クレイグ
3グレンリヴェット
4マッカラン

正解は4

SRプロ側のメンバーは 周子 アヤ 響子 アーニャか
和物 格闘技 家事全般 天体 及びロシアと隙のない布陣
そして来週バレンタインってことは地獄大使はほぼ一年海辺でサバイバルを…

そろそろ死んでそうだけど謎の眼魔がいるから大丈夫だな!

再開します
クイズ案感謝です、これは全回収していきますw
>>1の質問の回答は2です(コンクリに埋められて死亡という不慮の最期)

>>874
ご心配なく、この世界にはライダー本編に沿った様な別枠のドラマがやっている想定なのでそれの話という認識になります。
(まあ、避けて普通のクイズというのもいいですねw)

>>875
画像感謝です!

>>877
そういえば、もうその季節ですねw(短編の時間ですねw)
アポロは去年とは大きく違う点があるので、「血のバレンタイン」と「3倍チョコレート」の回収は別枠で行うとしましょうw

>>879
勿論取ります。(その場合、沙紀のウィルスゲージに倍率が掛かります(かかった時点でほぼアウト))

>>880
北海道遠征は、序盤のいい思い出ですw(ルパン、元山、イヴなどその後に繋がるフラグが多くバラまかれた回でしたねw)

>>881
よしのんの天罰は、地獄大使やラ・モールをやった実績がありますねw
まだ生きていますが、死んでも安心安定の謎の眼魔補正で生き返りますw

>>882
佐竹狩りの人員は現在70名ほどです(響子派閥は結構強大な勢力に)

沢田麻理菜 好感度 -5-82=-87/300
真木清人 野心(ストレス)174/250
吉岡沙紀のバグスターウィルスの状況:108/400(まだ小康状態)

---次の日、特設会場---

ジョー吉田「えーっ、レディーズアンドジェントルメン。「クイズ・シンデレラ」へようこそ。」

ジョー吉田「司会を務めさせて頂く、マジシャンのジョー吉田です。」

ジョー吉田「このクイズ番組はシンデレラを目指す少女たちの熱いクイズバトルとなる。」

ジョー吉田「勝利したアイドルにはもれなく、新製品のCMへの出演権と本番組へレギュラーとして参加できるようになります。」

ジョー吉田「クイズは全部で12問。参加するアイドルは8名。」

ジョー吉田「早い話、2人一組でシンデレラドリームを追い求めて貰い・・・。」

ジョー吉田「10問を勝ち上がった後に、そのチームの2人が3問+@のクイズサドンデスで勝負しこの番組のMCを決めるという物!!」

ジョー吉田「では、早速行ってみよう!!」

---

ジョー吉田「では、チーム紹介といこう。」

ジョー吉田「まずは、京娘と格闘娘の異彩のコンビ「クーリッシュ・プライド」!」

周子「よろしくー。」

アヤ「勝ちに行くよ!」

ジョー吉田「そして、家庭的アイドルとロシアンビューティーのチーム「アルファ・リュンキス」!」

アナスタシア「ダー、キョウコの誕生日の星からつけました♪」

響子「最初は、星言葉なんてしりませんでしたけどなんか嬉しいです!頑張りますね!!」

アナスタシア「星言葉も「親身になる奉仕精神」とキョウコにピッタリです♪」

ジョー吉田「続いては、カメラを手にした二人組のアイドル「ゆるふわ✩ファインダー」!」

藍子「精一杯、頑張ります!」

椿「宜しくお願いしますね、藍子ちゃん!」

ジョー吉田「そして、最後は理知的な女性アイドルの二人組「ロジカル・サーファー」!」

留美「悪いけど、勝たせて貰うわ。」

麻理菜「ええ、留美がいれば百人力よ!!」

ジョー吉田「以上4チームによる総力戦となる。では、早速第1問!!」

ジョー吉田「古来より精霊などは多く伝承で伝えられてきている物。」

ジョー吉田「では、この4つの中で古代の砦の守護をしていると西洋で伝承されている物はどれでしょうか!答えて頂きましょう!!」

バッ!!(画面が表示される)

【安価】Q:この中で 古代の砦などで財宝の守護をしていると西洋で伝えられる精霊は?(10分後から連投許可)(10問中の正答率で勝負)
A.フェニックス(01~25)
B.ワータイガー(26~50)
C.スプリガン(51~75)(正解)
D.アラクネー(76~00)

「クーリッシュ・プライド」の回答 ↓1
「アルファ・リュンキス」の回答 ↓2
「ゆるふわ✩ファインダー」の回答 ↓3
「ロジカル・サーファー」の回答 ↓4

今日はここまで
クイズは10問なので、昼頃に再開し進めていくとします。
完全にランダムな25%を狙いにいく形なので、どのチームが勝つかは未知数です
(鬼難易度346(ほたる無し)でライダーに襲撃される可能性-3%と考えると多い様で少ない形となりますw)

(チームが各々のパネルボードに書き込んでいる)

周子「うーん、ここは多分これかな?」カキカキ

アナスタシア「・・・ここは、アー、これですかね・・・?」カキカキ

藍子「ここは・・・これで行きます!!」カキカキ

留美「ここは、これね!」キランッ!!

---

ジョー吉田「では、回答オープン!!」

ジョー吉田「回答は、B、B、D、D!!回答は綺麗に割れました!!」

ジョー吉田「そして、正解は・・・Cです!!」

留美「なっ・・・!」ガーン!!

藍子「ううっ、外しちゃいました。」

アナスタシア「アー、難しいです・・・。」

周子「まあ、全員外したし、ノーカンだねー。次は当てに行くよ。」

ジョー吉田「まだ有利、不利は出ていません。どのチームにも勝ちの目はあります!」

ジョー吉田「では、続けて第2問!!」

ジョー吉田「写真で有名な「光写真館」。それを営んでいるイカでビールが好きな人物を答えて下さい!」

藍子「!?・・・この問題は簡単です!でも、私が答えたらいけないので、椿さんどうぞ!」

椿「えっと、勝ちに行くんだったら藍子ちゃんが答えた方が・・・。」

藍子「それだったら、他の皆さんに対して悪いかなぁ、って。」

椿「藍子ちゃんは優しいですね、ならここは私が頑張りますね!!」

【安価】回答(10分後から連投許可)(10問中の正答率で勝負)(10分後から連投許可)
A. イワン・タワノビッチ(01~25)
B. 光栄次郎(26~50)
C. 光夏美(51~75)(正解)
D. 門矢士(76~00)

「クーリッシュ・プライド」の回答 ↓1
「アルファ・リュンキス」の回答 ↓2
「ゆるふわ✩ファインダー」の回答 ↓3
「ロジカル・サーファー」の回答 ↓4

*正解の場所の変更ミス、正しくはB

アヤ「・・・うーん、これはこの人かな?」カキカキ

響子「ここはこの人で。」カキカキ

椿「確か、こんな名前だった様な・・・。」

麻理菜「・・・うーん、藍子ちゃんにちゃんと聞いておくんだったわ・・・。」

---

ジョー吉田「では、パネルオープン!」

ジョー吉田「答えは、D、C、A、D。さて、正解は・・・」

藍子「えっ・・・A?」(真顔)

椿「あれ、イワン・タワノビッチさんじゃなかったんですか?」

ジョー吉田「答えはBの光栄次郎さんです!ミステリアスな雰囲気を醸し出していますね。」

ジョー吉田「未だに正解チームはいません。どのチームにも勝ちの目はあります。」

ジョー吉田「それでは、3問目!!」

ジョー吉田「巷で噂の大怪盗、アルティメットルパン。彼は様々な物を盗んでコレクションしているとされています。」

ジョー吉田「その中で、彼が北海道区域にいたサンタクロースから盗み、物色していた下着の色をお答え頂きます。」

留美「大怪盗も、変態なのね・・・。」

藍子「なんか、最低、です・・・。」

響子「ルパン・・・!私と変な噂にされていた奴・・・許さない。」(オリジナル笑顔)

周子「うーん、ここは4分の1やなー。」

【安価】回答(10分後から連投許可)(10問中の正答率で勝負)
A. ピンク(01~25)
B. 白(26~50)(正解)
C. 薄いピンク(51~75)
D. 黒(76~00)

「クーリッシュ・プライド」の回答 ↓1
「アルファ・リュンキス」の回答 ↓2
「ゆるふわ✩ファインダー」の回答 ↓3
「ロジカル・サーファー」の回答 ↓4

【クイズ成績】
「ゆるふわ✩ファインダー」チーム:1pt

周子「ここは、当てずっぽうに黒やなー。」カキカキ

響子(ルパン、貴方の心はどうせ真っ黒ですよね・・・なら、盗む物もその筈です。)カキカキ

アナスタシア「アー、キョウコ、大丈夫、ですか?」

藍子「サンタさんなら、赤か白ってイメージなので、イメージ通りに行きましょう!」カキカキ

留美「大怪盗なら奇をてらった物を狙う筈・・・ここはAよ!!」ビシッ!!

---

ジョー吉田「答えは、D、D、B、A。と来ましたか。」

ジョー吉田「そして、正解は・・・Bです!!「ゆるふわ✩ファインダー」チームに1ポイントです!!」

椿「やりましたね、藍子ちゃん!!」

藍子「はい!でも、この質問は正解したくなかった様な・・・。」

椿「前向きに行きましょう、ね?」

藍子「はい、そうですね!」

ジョー吉田「これで、「ゆるふわ✩ファインダー」チームが一歩優位に立ちました。」

ジョー吉田「では、続けて第4問!!」

ジョー吉田「この星々の中で、乙女座の最輝星はどれでしょうか!」

アナスタシア「これは、簡単ですね♪でも、敢えてキョウコに任せてみます。」

アナスタシア「当てて、いい気分になりましょう♪」

響子「うん、分かりました!」

【安価】回答(10分後から連投許可)(10問中の正答率で勝負)
A. スピカ(01~25)(正解)
B. ミルファク(26~50)
C. デネブ(51~75)
D. アクベンス(76~00)

「クーリッシュ・プライド」の回答 ↓1
「アルファ・リュンキス」の回答 ↓2
「ゆるふわ✩ファインダー」の回答 ↓3
「ロジカル・サーファー」の回答 ↓4

スレ足りないのでは?

>>906
次スレで続行します。その為の時間帯調整ですw

【クイズ成績】
「ゆるふわ✩ファインダー」チーム:1pt
「アルファ・リュンキス」チーム:1pt
「ロジカル・サーファー」チーム:1pt

アヤ「ここはミルファクで!!」カキカキ

響子「ここは、スピカで・・・!」カキカキ

アナスタシア「♪♪」(響子の回答を見て、嬉しそう)

椿「えっと、星は苦手で・・・!これにしましょう!!」カキカキ

麻理菜「これは確か・・・。」カキカキ

---

ジョー吉田「回答は、B、A、C、Aとなりました。」

ジョー吉田「そして、正解は・・・Aのスピカです!!」

アナスタシア「やりましたね、キョウコ!!」

響子「わわっ、アーニャちゃん!?」

アヤ「あっちゃー、うちらだけ出遅れちゃった・・・!」

周子「まあまあ、今から取り返せば大丈夫だよー。」

麻理菜「やったわ。」

留美「ええ、この調子で行きましょう!」

ジョー吉田「勝利の栄光は誰の手に行くのか、それはまだまだ分かりません。」

ジョー吉田「では、第5問!!」

ジョー吉田「この中で、人名が由来ではない物を選びなさい。」

響子「この調子で行きます!!」

【安価】回答(10分後から連投許可)(10問中の正答率で勝負)
A. ブルマ(01~25)
B. シルエット(26~50)
C. リキュール(51~75)(正解)
D. アルゴリズム(76~00)

「クーリッシュ・プライド」の回答 ↓1
「アルファ・リュンキス」の回答 ↓2
「ゆるふわ✩ファインダー」の回答 ↓3
「ロジカル・サーファー」の回答 ↓4

【クイズ成績】
「ゆるふわ✩ファインダー」チーム:1pt
「アルファ・リュンキス」チーム:1pt
「ロジカル・サーファー」チーム:1pt
「クーリッシュ・プライド」チーム:1pt

周子「これは。、これかなー?」カキカキ

アナスタシア「ここは、Aです!」カキカキ

藍子「ここは、Dで!!」カキカキ

留美「ここは、これね・・・!」カキカキ

---

ジョー吉田「回答は、C、A、D、B。見事にばらけましたね。」

ジョー吉田「ですが、正解は一つ!そして、正解を引き当てたチームは・・・!!」

ジョー吉田「Cのリキュールを選んだ、「クーリッシュ・プライド」チームだ!!」

アヤ「やったね、周子ちゃん!」

周子「ここから巻き返していくよー。」

ジョー吉田「因みにAのブルマはアメリカの女性解放運動家のAmelia Jenks Bloomer夫人から。」

ジョー吉田「Bのシルエットはフランス王、ルイ15世の財務大臣エティエンヌ・ド・シルエットから。」

ジョー吉田「そして、Dのアルゴリズムはアラビア人数学家のアル=フワーリズミーから来ています。」

ジョー吉田「正解のリキュールは、ラテン語のLiquefacere(溶かす)、もしくはLiquor(液体)がフランス語風に訛り生まれた物とされています。」

ジョー吉田「では、6問目!!まだ、どのチームにも勝ちの目は残っております!!」

ジョー吉田「大手ゲーム会社、幻夢コーポ―レーションから発売されている大人気ダンスゲーム『ドレミファビート』。」

ジョー吉田「そのゲームに登場するピンクの髪の女のキャラクターの名前をズバリ、答えて頂きましょう!」

【安価】回答(10分後から連投許可)(10問中の正答率で勝負)
A. ボッビービボバボ(01~25)
B. パッペーペパポパ(26~50)
C. ポッピーピポパポ(51~75)(正解)
D. プッピーポピぺポ(76~00)

「クーリッシュ・プライド」の回答 ↓1
「アルファ・リュンキス」の回答 ↓2
「ゆるふわ✩ファインダー」の回答 ↓3
「ロジカル・サーファー」の回答 ↓4

「クーリッシュ・プライド」の回答 ↓1
「アルファ・リュンキス」の回答 ↓2
「ゆるふわ✩ファインダー」の回答 ↓3
「ロジカル・サーファー」の回答 ↓4

アヤ「なんか、噛みそうな名前だな・・・。」カキカキ

響子「ありすちゃんなら、知っていたんですかね?」カキカキ

アナスタシア(アー、今度、フミヒロと一緒にゲームセンターでも行ってみた方がいいですかね?)

藍子「知らないです・・・ううっ、当たって下さい!」カキカキ

留美「プッピーポピぺポ、一番言いづらいし、多分これね。」カキカキ

---

ジョー吉田「では、回答を見てみましょう。B、B、D、D。」

ジョー吉田「回答は割れています。では、正解は・・・Cのポッピーピポパポです!」

ジョー吉田「『ドレミファビート』は全国のゲームセンターで大好評稼働中です!」

---

---SRプロ、メディカルセンター---

白アリコマンドA「くそっ、容体がちっとも好転しやがらねえ!!」

白アリコマンドB「ストレスを溜め過ぎんなよ、相棒。そら、気晴らしにTVでも付けるか。」

ピッ!!

『『ドレミファビート』は全国のゲームセンターで大好評稼働中です!』

白アリコマンドA「面白そうだな、今度のオフにでもやりに行くか!」

沙紀「ドレミファビート・・・!?ううっ、飛彩、飛彩ぉ・・・。」

沙紀「うわぁぁぁぁ・・・!!」

沢田麻理菜 Turn 4 吉岡沙紀のバクスターウィルス活性状況
吉岡沙紀のバグスターウィルス進行状況 ↓1(コンマ×2、現在値に加算)

沢田麻理菜 好感度 -87/300
真木清人 野心(ストレス)174/250
吉岡沙紀のバグスターウィルスの状況:108+28=136/400(まだ小康状態)

沙紀「うあぁぁぁ、ううっ・・・。」

白アリコマンドA「急に苦しみ出したかと思ったら、何も変わらんな。」

白アリコマンドB「まあ、辛いんだろうさ・・・。」

白アリコマンドA「それにしても、今頃黒アリコマンドの精鋭部隊は橘朔也狩りの最中か。」

白アリコマンドB「ああ、野郎は・・・何もしていないメシアを急に不意打ちの様に殴り飛ばし、飛び去っていったらしい。」

白アリコマンドA「ひっでぇなぁ、どこぞのチンピラかよ。」

白アリコマンドB「当のメシアはノーダメージでピンピンしていたがねぇ・・・。」

白アリコマンドA「黒い連中の意見を要約すると、『俺達のメシアは不死身、だが売られた喧嘩をメシアが買わないのなら、俺達が買うぜ』って所か?」

白アリコマンドB「妙に義理堅いのが、俺達アリコマンドだしな。」

白アリコマンドA「一つの追手に注意している今が好機だろうねぇ・・・。スカイキックの嵐でも受けてきやがれ。」

---

---クイズ・シンデレラ---

ジョー吉田「では、第7問!!」

ジョー吉田「今回は生中継を前にして検証して貰います。」

ゴォォォッ!!(大型モニターが降りてくる)

---

---LIVE---

みく「ここでお仕事なのかにゃ?」

生簀「今から、お前には俺の黒包丁の懐石料理を食べて、それをレポートして貰う。」

生簀「ただし、完食が条件だ。いいな?」

みく「バッチリにゃ!!」

---

アナスタシア「ミク?」

ジョー吉田「では、質問です。このアイドルが苦手な食べ物は次の内のどれでしょうか?」

【安価】回答(10分後から連投許可)(10問中の正答率で勝負)
A. お米(01~25)
B. お野菜(26~50)
C. お肉(51~75)
D. お魚(76~00)(正解)

「クーリッシュ・プライド」の回答 ↓1
「アルファ・リュンキス」の回答 ↓2
「ゆるふわ✩ファインダー」の回答 ↓3
「ロジカル・サーファー」の回答 ↓4

【クイズ成績】
「ゆるふわ✩ファインダー」チーム:2pt
「アルファ・リュンキス」チーム:1pt
「ロジカル・サーファー」チーム:1pt
「クーリッシュ・プライド」チーム:1pt

周子「お米とちゃうん?」(正解を知っている笑み)

アナスタシア「ミク・・・強く生きて下さい。」(やや引き攣った表情でAを書き込む)

藍子「えっと、確かこの前特番でやっていました!」カキカキ

麻理菜「えっと、ここは・・・!」カキカキ

---

ジョー吉田「回答は、A、A、D、B。」

ジョー吉田(SRプロのアイドルはわざと外したのか・・・これを彼女が知ったらどう思うか・・・。)

ジョー吉田(まあ、一言いうとすれば、きちんと完食・・・頑張って下さい。)

ジョー吉田「では、正解は画面を注目して下さい。」

---

---LIVE---

ナレ(ガミオ)『まずは、前菜、野菜のテリーヌ。・・・難なくクリア。』

ナレ(ガミオ)『次にメインディッシュの鴨肉のソテー、オレンジソース添え。・・・こちらも難なくクリア。』

みく「うん、美味しいにゃ!!次は何かにゃ?」

ナレ(ガミオ)『次の瞬間、前川みくの前に現れた物、それは・・・!』

ナレ(ガミオ)『巨大、巨大としか言いようのない・・・カツオ!!』

生簀「喜べ、最上級の鰹の叩きだ。今から君に、堪能してもらう。」

みく「えっ・・・お魚・・・?」プルプル(急に表情が見え、真顔で震え出す)

ナレ(ガミオ)『まるで、天国から地獄への急転直下の様な表情、頂きました。』

ナレ(ガミオ)『どうする、前川みく!!テレビの前の皆は君のレポートを待っているぞ!』

ナレ(ガミオ)『負けるな、諦めるな・・・前川みくよ!!』

フッ(画面がフェードアウトしていく)

---

ジョー吉田「という事で、正解はCのお魚でした。」

藍子「わあっ、当たりました!」

椿「首位ですよ、首位!!」

ジョー吉田「後で前川みくの健闘を収めたVTRを流すとします。」

ジョー吉田「では、第8問!!」

ジョー吉田「10代にして、年収1億を稼ぐ女性プロゲーマーといえば?答えて頂きましょう!!」

【安価】回答(10分後から連投許可)(10問中の正答率で勝負)
A. L(01~25)
B. M(26~50)
C. N(51~75)(正解)
D. S(76~00)

「クーリッシュ・プライド」の回答 ↓1
「アルファ・リュンキス」の回答 ↓2
「ゆるふわ✩ファインダー」の回答 ↓3
「ロジカル・サーファー」の回答 ↓4

【クイズ成績】
「ゆるふわ✩ファインダー」チーム:3pt
「アルファ・リュンキス」チーム:2pt
「ロジカル・サーファー」チーム:1pt
「クーリッシュ・プライド」チーム:1pt

アヤ「ここは・・・!」カキカキ

アナスタシア「アー、これは・・・フミヒロが前に言っていました。」カキカキ

椿「これは、前に家電量販店で見ました。」カキカキ

麻理菜「これは分からないわ・・・だから、直感よ!!」カキカキ

---

ジョー吉田「回答は、D、C、C、B。では、早速行ってみよう。」

ジョー吉田「正解は、CのN!!「アルファ・リュンキス」、そして「ゆるふわ✩ファインダー」チームが首位に躍り出ました!!」

ジョー吉田「このまま、「ゆるふわ✩ファインダー」チームの優勝か!!」

ジョー吉田「問題は後2問!!さて、第9問!!」

ジョー吉田「SRプロ主導で制作され、小早川紗枝さんや藤居朋さんらが主演し、大ヒットとなった映画「鳥人戦隊ジェットマン」。」

ジョー吉田「その中で、選ばれし戦士の一人、ブラックコンドルが愛飲していた洋酒の銘柄は?」

【安価】回答(10分後から連投許可)(10問中の正答率で勝負)
A. バランタイン(01~25)
B. エライジャ・クレイグ(26~50)
C. グレンリヴェット(51~75)
D. マッカラン(76~00)(正解)

「クーリッシュ・プライド」の回答 ↓1
「アルファ・リュンキス」の回答 ↓2
「ゆるふわ✩ファインダー」の回答 ↓3
「ロジカル・サーファー」の回答 ↓4

周子「お酒はまだ分からへんなー。」

響子「料理酒は知っているけど確か・・・これだよね!」

藍子「多分、これです!」

留美「うーん、これね!!」

---

ジョー吉田「では、回答オープン!!回答は、C、A、B、A!」

ジョー吉田「だが、正解は・・・Dのマッカランだ!!」

ジョー吉田「シングルモルトのロールスロイスとも呼ばれる全世界的に高評価を得ているウィスキーだ。」

ジョー吉田「まだ飲んだ事のない方には、お勧めしておこう。決して、期待は裏切らん逸品だ。」

ジョー吉田「では、最終問題。この時点で、「クーリッシュ・プライド」と「ロジカル・サーファー」の勝ちは消えました。」

ゴォォォォ!!(「クーリッシュ・プライド」と「ロジカル・サーファー」の席が下に収納されていく)

周子「あーれー。」

アヤ「仇を討ってくれよー!!」

麻理菜「楽しかったわ、じゃあ健闘を祈るわ!」

留美「私が敗北・・・!?」

ジョー吉田「さて、最終問題。ここで二つの考えが考えられる。」

ジョー吉田「「アルファ・リュンキス」が同率タイで、最終戦までチームで縺れこむ想定。」

ジョー吉田「あるいは「ゆるふわファインダー」の一人勝ち!」

ジョー吉田「では、第10問!!」

ジョー吉田「SRプロとX Productionが共同で作り上げた「シンデレラ」・・・その中で現れるシンデレラの継母役は以下の内の誰かをお答えください!!」

【安価】Stage 1、最終回答(10分後から連投許可)(10問中の正答率で勝負)
A. 水本ゆかり(01~25)
B. 日下部若葉(26~50)
C. 相馬夏美(51~75)(正解)
D. 有浦柑奈(76~00)

「アルファ・リュンキス」の回答 ↓1
「ゆるふわ✩ファインダー」の回答 ↓2

【クイズ成績】
「ゆるふわ✩ファインダー」チーム:3pt(優勝)
「アルファ・リュンキス」チーム:2pt
「ロジカル・サーファー」チーム:1pt
「クーリッシュ・プライド」チーム:1pt

ジョー吉田「では、回答オープン!!」

ジョー吉田「奇しくも同じ回答B!!では、正解は・・・Cだ!!」

ジョー吉田「この時点で、「ゆるふわ✩ファインダー」チームの第一ステージ優勝が確定した!」

ジョー吉田「おめでとう、そして最終ステージの健闘を祈る!!」

---

---同時刻、繁華街---

死神カメレオン「なんだ、追手の数が増えている!?」

橘「ダディバガナゴトイッデンダァ!そんな事があるわけないじゃないか!!」

死神カメレオン「いや、現に反応がね・・・?」

死神カメレオン「来る・・・!?」

ササッ!!

アリコマンドA+「チッ、この辺りから気配がしたって思ったんだけどよぉ・・・!」

アリコマンドB+「俺達は、全員、あのネオショッカー最強の怪人二人の手で鍛え上げられた精鋭だ。」

アリコマンドC+「橘朔也・・・てめえが愚弄したメシアの名誉のために消えろやぁ!!」

死神カメレオン(敵は仲間内にもいるのか・・・だが、あの風貌。魔神提督の手の者か?メシアとは何者なんだ・・・?」

---

---楽屋---

真木「沢田さん、お疲れ様でした。」

麻理菜「あら、真木さん。どうしたの?」

真木「そうですね、様子を見にきました。」

麻理菜「様子って言っても、負けちゃったけどね。」

真木(彼女は落ち込んでいる、ここは・・・!)

沢田麻理菜 好感度+ ↓1(落ち込んでいる所なので、-処理は一時相殺)
沢田麻理菜 Turn 5 ↓2
1.とりあえず励まし続ける
2.SRプロの同じく敗退したアイドルを呼び、彼女らを通して自分の個性をアピールする
3.善き終末でしたね、と笑う

今はここまで、深夜帯に更新
クイズ大会の残りは○×形式の2問先取バトルとなります(ミスは相手側のポイント扱い)(最大で3問)
勝利で藍子か椿さんのCM作成短編が生まれます(後者の場合、元山も必然的に巻き込まれます)
ただ、勧誘は絶望的なのと、ダディが結構な窮地にいる事、及びグラファイトが現れていない事がネックです。

乙です
ハハッ、みくにゃんがお魚を食べることになったのも全部、私のせいだ!
しかし、愉悦部に仮入部している私は謝らない!!

ダディの件も、吉岡君の件も、かなりヤバイ状況だな
コンマの神よ頼む、変な所で変なコンマを出して楽しむのだけは…!

しかし、今年のSRプロのバレンタインどうなるのか?
チョコを貰えなくて暴走する怪人が1人か2人ぐらいいるかもしれないですねw
とりあえず同志泉Pの>>1さん、泉ちゃんや蘭子ちゃんや飛鳥ちゃんからチョコを貰いたいですね~!

一旦乙
正直勧誘は二の次でいいから大我との交渉早くしたいな

カメラチーム優勝かー 椿さん撮影短編になったら元山はまた駆り出されるのか… なんていうか例の箱が解明される前に二人会わせるのは少し怖いような けど開けるのもまた怖いっていうね

乙です
そういえば死神カメレオンはジェットマン講演前の殉職だからアリコマンドの現状を知らないんだった
しかも名前に+が入ってる強化っぷり

北海道遠征の関係者が怪人・アイドル・ライダー問わず、その後も七難八苦に襲われるのは何かの呪いなのか

乙です
医者はどこだ!(迫真)
これって勝った方はなにかこれ以上の特典はあるの?

再開します

>>942
バレンタインは波乱の時ですからねw
今年、波乱に見舞われる存在の選定が行われる場所と言っても過言ではないでしょうw

>>944
パンドラの箱は今後、波乱の種となります(内容物はさておき)

>>945
気付かれましたかw
北海道遠征の呪いはそう簡単には拭えないという事でしょう。

>>946
クイズ大会や短編をやった場合、MCとして参加(美優さんの様に、そのまま勧誘のチャンスもあります)
(CM撮影でも可)

沢田麻理菜 好感度 -87+33=-54/300
真木清人 野心(ストレス)174/250
吉岡沙紀のバグスターウィルスの状況:108+28=136/400(まだ小康状態)

真木「負けて、悔しいのですか?」

麻理菜「ええ、大人気ないとでも笑う?」

真木「いえ、勝利も美しき終わりには必要な物の一つです。」

真木「その感情を隠そうとしない貴方の在り方には敬意を表しますよ。」

麻理菜「本当はこういう事は乗り越えなくちゃいけないんだろうけど・・・。」

麻理菜「どうしても、尾を引いちゃう感じでね。」

真木「それだけ、本気で臨んで負けた・・・その事も貴方にとっては良い経験となった事でしょう。」

真木「なら、それを敢えて忘れずに次の生かす事もまた重要なのですよ。」

麻理菜「そうね・・・そうするわ。」

麻理菜(この人なりに慰めてくれているのかしら・・・なんか、嬉しいかな・・・?)

真木「さて、最終戦が始まりますね。どちらの勝ちに賭けますか?」

麻理菜「そうね・・・。」

---

---最終戦、会場---

藍子「椿さん、勝っても負けても恨みっこなしで行きましょうね。」

椿「ええ、お互い頑張りましょうね!」

---

ジョー吉田「では、最終戦のルールを説明します。」

ジョー吉田「最終戦のルールは至ってシンプル。早押しクイズです。」

ジョー吉田「提示された○×問題に速く答えた方の勝ちです。」

ジョー吉田「問題は3問で、2問先取でそのアイドルの勝ちとなります。」

ジョー吉田「ただ、注意事項として・・・先に答えたとしても、答えが間違っていた場合・・・。」

ジョー吉田「その質問のポイントはもう片方のアイドルに入ります。」

ジョー吉田「プレッシャーの中で、いかに冷静沈着に事に当たれるかがこの最終戦の肝です。」

ジョー吉田「50%に賭け、特攻をかけるか。相手の自爆に期待するか・・・高度な心理戦となります。」

ジョー吉田「では、早速始めましょう!!」

ジョー吉田「世界最速の車は、Bugatti Chironである。〇か×か!」

沢田麻理菜 好感度+(倍率×2.3)↓1
沢田麻理菜 Turn 6 勝ちを賭けるアイドル ↓2
1.高森藍子
2.江上椿

【安価】最終戦、第一問題(偶数で○、奇数で×)(早押しなので、01~00でコンマが少ないほど先行しやすくなります)
1.高森藍子 ↓3
2.江上椿 ↓4

沢田麻理菜 好感度 -54+145=91/300
真木清人 野心(ストレス)174/250
吉岡沙紀のバグスターウィルスの状況:108+28=136/400(まだ小康状態)

藍子(車に関しては知りません・・・でも、勝ちにいかないと!)

ピッ!!

藍子「○です!!」

ジョー吉田「・・・残念!!」

ブブーッ!!(モニターに大きな×が表示される)

藍子「あぅ・・・。」

ジョー吉田「現状、世界最速の車は270mphを記録したHennessey Venom GTとなります。」

ジョー吉田「Bugatti Chironは261mphをマークし、その下の2位となります。」

ジョー吉田「ただしVenom GTはLotus Exigeベースの改造車の為、世界最速の純生産車両といった目線で語るのならば、Chironに軍配が上がります。」

ジョー吉田「また、加速にも難がありますが・・・今回は最高速だけを見る為、Venom GTの勝ちとなります。」

ジョー吉田「なので、ポイントは江上椿さんに入ります。」

椿「リーチ、ですね・・・。」ドキドキ

ジョー吉田「では、第2問。ナポレオン時代よりフランスに伝わる、レジオンドヌール勲章。」

ジョー吉田「そのフランスの最高勲章の等級は・・・。」

ジョー吉田「高位より「グランクロワ」、「グラントフィシエ」、「コマンドゥール」、「オフィシエ」、「シュヴァリエ」の5階級である。」

ジョー吉田「〇か×か。」

【安価】最終戦、第二問題(偶数で○、奇数で×)(早押しなので、01~00でコンマが少ないほど先行しやすくなります)
1.高森藍子 ↓1
2.江上椿(リーチ、この問題の勝利で優勝) ↓2

藍子(確証はない、でも勝負を掛けに行かないと、このまま負ける可能性だってある・・・!)

藍子(だったら、私は・・・!)

ピッ!!

ジョー吉田「はい、高森藍子さん!」

藍子「○です!!」

ジョー吉田「正解!!」

オオーッ!!(観客席から拍手が沸き起こる)

ジョー吉田「このレジオンドヌール勲章は先の5勲章を軸に制定されている物であり、フランス人の場合はシュバリエから昇格していく物です。」

ジョー吉田「ですが、外国人の栄誉を称える場合・・・一気に高位の勲章が与えられる事もあります。」

ジョー吉田「この勲章を制定したナポレオンはこう語っています。」

ジョー吉田「『古代・現代を問わず、勲章なしでやっていけた共和国があるというなら教えてもらいたい。』」

ジョー吉田「『諸君はこれを玩具だと言うかもしれないが、さて人間を動かすのはそうした玩具なのだ』と。」

ジョー吉田「そうした考えの下、この勲章は今日まで続いています。高森さん、お見事でした。」

ジョー吉田「さて、次で最後の問題となります。」

ジョー吉田「最終問題。18世紀のドイツで巻き起こった革新的な文学運動「シュトゥルム・ウント・ドラング」。」

ジョー吉田「この運動の語源は、ドイツの劇作家フリードリヒ・マキシミリアン・クリンガーが1776年に描いた戯曲から来ている事で有名です。」

ジョー吉田「では、この運動の主旨は『感情に対する理性の優越』である。○か×か!」

藍子(これで決まる・・・!)

椿(泣いても笑っても、これで最後です・・・!だから、私は・・・!!)

【安価】最終戦、第三問題(偶数で○、奇数で×)(早押しなので、01~00でコンマが少ないほど先行しやすくなります)
1.高森藍子(リーチ、この問題の勝利で優勝)↓1
2.江上椿(リーチ、この問題の勝利で優勝) ↓2

藍子(ここは、一気に!!)

椿(互いの想いを掛けて!!)

ピッ!!(藍子の方が一秒早く、回答ランプを押す)

椿「あっ・・・!」

ジョー吉田「では、高森さん・・・どうぞ。」

藍子「○、です・・・。」ドキドキ

シーン・・・(一瞬の静寂が会場を覆う)

ジョー吉田「ファイナルアンサー?」

藍子「ファイナルアンサー、です。」

ジョー吉田「・・・残念!」

藍子「えっ・・・?」(藍子の顔にショックが露わになる)

ジョー吉田「「シュトルム・ウント・ドラング」、和訳で「疾風怒濤」運動は・・・。」

ジョー吉田「古典主義や啓蒙主義に意義を唱え、『理性に対する感情の優越』を訴えた運動でした。」

ジョー吉田「代表的な作品はゲーテの「若きウェルテルの悩み」、シラーの戯曲「群盗」などが挙げられます。」

ジョー吉田「どれも人の感情に重きを置いた作品群となっており、後のロマン主義に繋がりました。」

ジョー吉田「そして、今この場で・・・江上椿さん、貴方の勝ちが確定致しました!」

オオーッ、パチパチパチパチッ!!(拍手が沸き起こる)

椿「有難うございます!!」

---

麻理菜「私の勝ちの様ね。」

真木「恐れ入りましたよ。貴方には先見の明がおありの様ですね。」

真木(先を見通せれば、より深い意義のある終わりを見通せるようになります。)

真木(・・・羨ましい物です。)

麻理菜「でも、なんか気分が楽になった気分。有難うね!」

真木(励ましは成功した様ですね・・・では、ここは・・・。)

沢田麻理菜 好感度+(倍率×4.6)(勝利ボーナス)↓1
沢田麻理菜 Turn 7(ラスト)↓2(コンマが超重要)
1.夜の海辺を歩かないかと打診する(コンマ40以下でキヨちゃんが海へ)
2.夜の街を歩かないかと打診する(コンマ40以下でキヨちゃんが雑踏に飲まれる)
3.SRプロのアイドル達との食事会を開く(コンマ40以下で行く途中でキヨちゃんが川に落ちる)

最終結果:沢田麻理菜 好感度 91+368=459/300 Complete!!(459ptデメリット:-10%発生)
真木清人 野心(ストレス)174/250
吉岡沙紀のバグスターウィルスの状況:108+28=136/400(まだ小康状態)
エピローグへ進みます

【Episode 147】Outbreak × Surfing Epilogue

---夜の街---

麻理菜「驚いたわ、貴方がSRプロとのアイドル達との食事の席をセットアップして・・・。」

麻理菜「私を誘ってくれるだなんて・・・。」

真木「貴方は私に運の面で勝ちました。それには、当然の報酬があっても良い物です。」

真木「何事も美しく終わるべきではないでしょうか。気分も和らいでいた方がよいでしょう。」

麻理菜「ふふっ、貴方も変わっているけど・・・優しい人なのね。」

真木「ふっ、想像はご自由にどうぞ。私はただ、貴方の行く末を見守るだけです。」

麻理菜「・・・素直じゃないなあ、もう。」

麻理菜「それにしても、貴方って四六時中、その人形を持ち歩いているのね?」

真木「キヨちゃんは、私にとって大切な存在です。」

真木「それ以上の追及には答えませんよ。」

麻理菜「心配しないで、貴方が私を労わってくれた様に私も貴方を労わる事にするわ。」

麻理菜「互いに譲れない何かがあるって風に考えたら、貴方のキヨちゃんも色々と可愛く見えてきちゃって。」

麻理菜「なんか、そういうのって・・・いいなぁ、って思って。」

真木「そうですか、まあ貴方がそう思うのなら、それはそれで美しいのでしょうね。」

(二人が橋の上に差し掛かる)

真木「ふふっ、この夜景もまた終わりを迎え・・・また新たな夜景が来る。」

真木「私はそういう風に物事が美しく終わる事を祈っていますよ。」

麻理菜「ふふっ、そうね・・・アイドルも早くに辞めて、美しく終わる子もいれば・・・。」

麻理菜「私みたいにちょっと上の年齢でも足掻いているアイドルもいる。」

麻理菜「貴方のいう美しいまま、終わるというのも・・・私にとっては・・・。」

真木「美しく終わる事は、貴方自身が決める事です。心に未練が残ったまま去る事は美しい終わりではありません。」

真木「だから、貴方が納得するまで・・・その夢を追ってみる事です。」

真木「善き終わりが訪れるまでね。」

麻理菜「・・・。有難う、なんか貴方に肯定されるとは思っていなくて・・・。」

真木「礼には及びませんよ・・・では、行きましょうか。」

ヒュォォォォォ!!(新聞紙が飛んできて、真木がそれを払いのけた拍子にキヨちゃんが腕から落ち、川に飲まれる)

真木「ウワァオ!!ダメダカラ、カワニノマレチャ、ダメダカラー!!」

(真木が欄干に足を掛け、川に飛びこもうとする)

麻理菜「ええっ・・・!?ちょっと、待ってよ!!」

【安価】麻理菜の行動 ↓1
1.真木を川に飛び込ませる
2.真木を川に飛び込ませない
3.真木に河原から探そうと打診する

麻理菜「ちょっと、待ってよ!!ここから飛び降りるなんて、自殺行為よ・・・!?」

麻理菜「あそこから、河原に降りられるわ・・・だから、あそこから探しましょう!?」

---

---暗闇に包まれた、夜の河原---

バシャ、バシャッ!!(真木がスーツのまま、凍える川に入ってキヨちゃんを探している)

真木「ナイヨ!!ナイヨ!!」

真木「ノマレチャダメダカラー!!ナイヨ!!サムイヨ!!」

麻理菜「真木さん・・・。」

真木「オヨッ?ナイヨ!?」(真木がどんどん水深の深い所まで歩いていこうとする)

麻理菜「真木さん・・・もうやめて・・・。このままじゃ死んじゃいますよ!!」

真木「アッ、メガネモナイヨ!!」

麻理菜「もう大丈夫ですから・・・もう・・・!」

真木「アッ、ボクモオヨゲタヨ!?オヨゲタヨ?」

麻理菜「真木さん・・・!!」

【安価】キヨちゃん発見是非 ↓1(真っ暗闇なので、それを計算)
1.キヨちゃんを無事発見(01~15)
2.川に飲まれて消失(16~00)

真木「ナイヨ!!ナイヨ!!」

麻理菜「真木さん!!もうやめて!!」

(川に飛び込んだ麻理菜が真木を背中から抱き留める)

真木「ダメダカラー!!」

麻理菜「真木さん・・・貴方にとって、キヨちゃんがどれだけ大切な物かは分かるわ・・・!」

麻理菜「でもだからって、自分の命を軽視しないで・・・!」

麻理菜(ダメだ・・・なんか、物凄く寒いや・・・。)

麻理菜(でも、私がこの人を止めないと・・・!)

麻理菜「真木さん、その状態でもいいから聞いて・・・。」

麻理菜「私は、最初は貴方を変な人だと思っていたわ・・・。」

麻理菜「でも、貴方はそれでもその個性を曲げずに私と向き合い続けた・・・。」

麻理菜「だから、私も強くあろうって思えたの。貴方のいう様に私が美しく終われるように。」

麻理菜「たとえ、一時の夢であっても・・・私は自分を信じ抜こうって。」

麻理菜「だから、真木さん・・・私は・・・。」

勧誘成功率式:基本10%+好感度の1割の%+300到達ボーナス10%+エピローグ到達ボーナス30%+賭けの勝利20%-459ptデメリット10%
=10%+45%+10%+30%+20%-10%
=105%
【安価】↓1 勧誘:コンマ 01~99(成功)、00(失敗)

麻理菜「私は貴方にずっと私の事を見ていて欲しいの!!」

麻理菜「私があなたの言う美しき終わりを迎えられるように、導いて欲しいの!!」

麻理菜「だから、こんな所で命を捨てないで・・・。お願い・・・。」

真木「・・・。」

(真木が抵抗を辞め、力なく項垂れる)

真木「・・・険しい道になりますよ。それこそ、この暗闇の様に道は見えづらいかもしれません。」

麻理菜「それでも、貴方はそこで諦める人じゃないでしょう?」

真木「当然です。道が見えなくとも、星々は輝きを失いません。」

真木「貴方の成功への道を・・・私が責任を以て、善き終末へと繋げましょう。」

真木「・・・キヨちゃん。」

麻理菜「また、探しにきましょう?・・・なんかもう、寒くて体の感覚が・・・。」

真木「では、私の背中に捕まって下さい。食事の席までお連れしましょう。」

麻理菜「じゃあ、お願いするわ・・・有難う。」

真木「責任重大ですね・・・キヨちゃんを探したいですが、今は彼女の身の安全を重視しましょうか。」

---

---翌日、明朝---

(キヨちゃんが木の枝に引っかかっている所を誰かが拾い上げる)

大我「なんだ、この汚い人形は。・・・ふん、そのままにしておいてもいいが、ここにあっても川が汚れるだけだ。」

大我「お前も見捨てられた人形みたいだな・・・なら、俺と来い。生憎と殺風景な部屋だったのでね。」

(大我がキヨちゃんを脇に抱えるとそのまま、X Productionへの帰路に着く)

大我「ブレイブは死んだと聞く。引き続き、ガシャットを回収しなくてはな・・・。」

大我「全てのバクスターを倒す為にも。」

【Episode 147】Outbreak × Surfing fin

今日はここまで
麻理菜勧誘成功と引き換えに、キヨちゃんは大我の手に渡りました(これで大我のSRプロ訪問フラグは立ちました)
フラグは海か川でキヨちゃんを消失、及び紛失だったので回収された事で保険が成り立ちます(ただし、神社長か留美が気付かなければアウト)
安全面で行くのであれば、再度X Productionに向かう。もしくはランダム安価2回に任せる形となります。
さて、次はバレンタイン短編に入るとします(募集は前スレで行い、そちらを優先的に回収します、埋まった場合はこちらでも可)
ダディ逃亡編(VSまゆ、強化アリコマンド部隊)、沙紀(バグスターウィルス感染問題)も並列して進行します。


大我初登場だね

椿さんのCM撮影確定によって元山の胃痛案件が決定した?
別に椿さんは元山に対して敵意や悪意的な感情持ってるわけでないからそこまで恐れなくてもいいんだよ?
電気人間?あれは うん…

乙です
キヨちゃんが「解せぬ」と言ってそうですねw

しかし今回は、勧誘成功に大我への爪痕を残すと、まずまずの結果だった……かな?
とりあえず、元山には頑張って頑張って…北海道遠征の不幸を乗り越えてほしいですねw

バレンタイン……今年は誰が血の涙を流すのか?
とりあえず、地獄大使が天罰で失踪してからもう1年も経つんですねw

乙です
コミュ障でも弱ったところを狙えば女なんてちょろいもんだぜ(暴言)
オーバーロードといえばシャムビシェもいたけどあいつの能力すごく悪用できそうだから温存しときたいなあ 現実世界で普通に勧誘できるのか怪しいし
タイラント? あれはまあ…コミュ力以前に意思疎通が無理っぽいし…ね?

再開します
このスレの残りでバレンタイン短編×2の案を決定し、登場する怪人を安価で取る事にします。

>>976
椿さんの為にも、パンドラの箱を開けるか否かは安価次第です(ただし、TKRの遺品属性と水落したのがネックです)

>>977
地獄大使は去年最後の短編の5:雪の中の出会いで拾えていました、が例の如く天王路短編の手で拾われない物ですw
元山の受難は、電気人間がいる限り続きます(排除不可)

>>978
シャムビシェ(ラピス)、タイラント(戦闘特化)はまだ未解禁となります(高凡庸性のオバロなので、解禁制:YSZフラグ)
なので、他のフラグを進めると現れます(ヒント:主任)

では、短編案×2を決定します。
【短編案】
1.ルキトレちゃん&怪人3名の「最高のチョコの原材料を求めて」(カカオ調達作戦)(現在のイベント準拠@ガーナ)
2.それぞれの支部のアイドルのチョコを掛けた怪人達の苛烈な死闘(模擬戦)(3派閥をカバー、幹部とPは未参加)
3.PCSのラブレターライブ(バレンタインイベントも同時開催)(響子ちゃんがいるので、ダディ逃亡編に繋がります)
4.大首領ができる範囲でアイドルの願いを叶えていく逆バレンタインデー(大首領の心象をよくできます)
5.P以外の怪人達による、アイドルから贈られたチョコレート数の競い合い(最下位は罰ゲーム)(第2の元山となるかは安価次第)

【安価】↓1~5(2つまで選択可)

2,4

2は確定しましたが、1と4が同数来たので、安価を取ります。

【安価】(>>986反映でもいいですが、公平を期します)
1.ルキトレちゃん&怪人3名の「最高のチョコの原材料を求めて」(カカオ調達作戦)(現在のイベント準拠@ガーナ) (01~50)
2..大首領ができる範囲でアイドルの願いを叶えていく逆バレンタインデー(大首領の心象をよくできます) (51~00)

【短編安価)↓2

では、2と4で進行します。
次スレの準備をする傍らで、2で選ばれる組織を安価でとっておきます(ネオショッカーは「奴」がいるので、ワンサイドゲームですw)
【安価】↓1、↓2、↓4 選ばれる派閥(所属アイドルやPじゃない怪人が多いだけ、競争は激化)

では、その上記3組織で進行します。
ついでなので、内訳を入れておきます。
グロンギ:勧誘実績:一人(西川保奈美)【競争率:地獄】*ついでにいえば、ゴ集団以外はゴ集団にボコられるので、均等に配分したチーム戦
ワーム:勧誘実績:三人(葵、愛梨、恵磨)【競争率:高】*カッシスや幹部ワームは未参加なので、CU同士の普通の殴り合い
ゲルショッカー:勧誘実績:五人(智香、法子、小梅、千枝、アヤ)【競争度:優しい】*派閥が化物揃いですが、少数精鋭なので5名には行き渡ります

では、次スレ準備を続行しますw

次スレ建てました。
仮面ライダールパン「SRプロ作戦鑑賞白書」
仮面ライダールパン「SRプロ作戦鑑賞白書」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486917578/)

このスレの残りは埋めて貰えれば幸いです。では、次スレでまた会いましょう。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください