【艦これ】提督「鎮守府が罠だらけ?」ニコ「その3だよ」【×影牢】 (593)


・DMM【艦隊これくしょん】と
 DMM【影牢トラップガールズ】(2016/07/29サービス終了)、
 およびPS4【影牢~もう一人のプリンセス】のクロスオーバーです

・キャラ崩壊注意

・提督も艦娘も殆どが不幸属性持ちです

・前スレと前々スレ、さらには前日譚の『墓場島鎮守府?』シリーズを
 全部読まないと話がわからないと思います


・基本的にsage進行しますので、感想、雑談など、書き込みの際は
 メールアドレス欄に「sage」と入れてくださいますよう、ご協力をお願いします。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1690021595


前スレまでのあらすじ

太平洋上の孤島に建てられたとある鎮守府に、島流し同然の扱いで着任した提督。
轟沈した艦娘が流れ着く島で、様々な理由で島に来た艦娘たちを保護しながら暮らしていた。
そんなある日、鎮守府が乗っ取られるという非常事態が発生。
罠だらけになった鎮守府に潜んでいたのは、提督を『魔神』と呼び崇敬する、罠の化身、メディウムたちだった。

メディウムたちとの和解後、鎮守府に攻め込んできた深海棲艦や、
提督に罪を着せて重要人物の暗殺を目論む人間たちを撃退する提督たち。
その戦いのさなか、提督を慕う艦娘が倒れたために、提督の魔神の力が覚醒し、
海底火山の噴火が引き起こされ、島は焼き尽くされてしまった。
島を自分たちの終の棲家として再建するべく、提督と、
彼を慕う艦娘、深海棲艦、そしてメディウムたちが奮起するのだった……。



過去のお話はこちら

提督「墓場島鎮守府?」
提督「墓場島鎮守府?」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1476202236/)
【艦これ】提督「墓場島鎮守府?」如月「その2よ!」
【艦これ】提督「墓場島鎮守府?」如月「その2よ!」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529758293/)
【艦これ】提督「墓場島鎮守府?」不知火「その3です」
【艦これ】提督「墓場島鎮守府?」不知火「その3です」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1583941702/)
【艦これ】提督「墓場島鎮守府?」吹雪「その4です!」
【艦これ】提督「墓場島鎮守府?」吹雪「その4です!」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1652576643/)

【艦これ】提督「鎮守府が罠だらけ?」【×影牢】
【艦これ】提督「鎮守府が罠だらけ?」【×影牢】 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467129172/)
【艦これ】提督「鎮守府が罠だらけ?」ニコ「その2だよ」【×影牢】
【艦これ】提督「鎮守府が罠だらけ?」ニコ「その2だよ」【×影牢】 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515056068/)


舞台の「墓場島」について
 作中の表記は「××国××島」、通称「墓場島」。太平洋上にあるとある無人島、パラオ泊地が一番近いと思われる。
 島の北側には海底火山があり、潮流が強く流れが特殊なため、轟沈した艦娘の亡骸がよく島の北東の砂浜に流れ着いていた。
 鎮守府は島の東側にあったが海底火山が噴火した際に焼失。溶岩は島の全土を焼き尽くし、溶岩によって島の面積は5倍に広がった。
 現在は、提督に縁のある深海棲艦たちの協力によって、島の再建が始められている。

 墓場島と呼ばれるようになった所以は、轟沈して島に漂着した艦娘を提督が埋葬し、墓標代わりに艤装を並べたことから。
 直近では「不要な艦娘の姥捨て山」的な意味に勘違いした海軍の面々から、問題を起こした艦娘が送り付けられていた。


主要な登場人物

・提督
 階級は少尉。一般人には見ることすら出来ない妖精と話が出来たせいで、親からも変人扱いされたため人間嫌いをこじらせる。
 妖精と会話ができることを見込まれて海軍にスカウトされたものの、上官となった大佐に疎まれ、離島の鎮守府に向かわされる。
 その後、大佐が自身の養父である中将の暗殺を企み、その犯人を提督に仕立てようとしたことを知り、
 以前から燻ぶり続けていた人間への怒りと憎悪を燃え上がらせた結果、異世界から『メディウム』たちを呼び寄せてしまった。

・妖精たち(妖精と島妖精)
 提督と小さいころから一緒だった妖精が、提督が島へ渡った際に同行している。その彼女の正体は応急修理女神妖精。
 島を溶岩が覆った際、溶岩から提督たちを守るために力を使い、今は姿を消してしまっている。
 島に住み着いていた妖精たちは、轟沈して島に漂着した艦娘が身に着けていた装備の妖精たち。大佐によって島に置き去りにされた
 人間たちが醜く争うさまを見てきたため人間不信だったが、艦娘の埋葬を提案した提督とは信頼が生まれている。
 なお、妖精と接することができるのは、艦娘や艦娘に近しい人物、あるいは過去の海軍に縁のある人物と考えられている。


『影牢 トラップガールズ』より

・メディウム
 魔神に作られし被造物であり、魔神を崇拝する巫女であり、魔神に代わって力を振るう殺戮者である。
 その姿はいずれも女性で、それぞれが人を陥れる『罠』の化身。突如として鎮守府に現れ艦娘と戦ったが、
 提督を魔神の生まれ変わりと認め、提督に忠誠を誓い従属するしもべとなった。

・『魔神』について
 現在とは違う世界……アルスギア大陸で信仰されるアルス正教の善神アルスに反する存在として、魔神と称される。
 世界を闇で覆い、力と恐怖で世界を支配するべく『アルス=タリアの大収穫』と呼ばれる大災害を引き起こした、と言われている。
 その後、その世界の人間たちにより魔神は封印され、やがてその建物が『アルス=タリア封印神殿』と呼ばれるようになった。

・ニコ・エレメンタル
 封印されし魔神の力そのものの化身と言われている少女。個性的なメディウムたちのまとめ役だが、彼女自身はメディウムではない。
 魔神が封印された神殿で魔神の目覚めを待ち続けていたが、提督の抱いた人間に対する強烈な怒りや憎悪を
 『魔神の力』として感じ取り、異世界から鎮守府に向けて扉を開いて提督との邂逅を果たした。
 見た目こそ少女だが数百年の時を生きているらしく、提督に対してなにかと『お姉ちゃん』ぶる態度をとる。


『影牢~もう一人のプリンセス』より

・エフェメラ
 魔神が生み出したとされる自動人形(オートマタ)。
 複数体存在し、魔神の生贄となる魂を集める者もいれば、魔神の生まれ変わりである提督を支援する者もいる。
 ただ一点、魔神と認めた者のために働くという意味では、どのエフェメラも目的は同じである。


登場艦娘一覧(墓場島への着任順)

・如月:試作の新兵器の威力の実験台にされていたところを脱走し大破、島に漂着。初期艦としてサポートしつつ提督に迫る日々を送る。

・不知火:もと大佐の部下。解体前提で如月捜索に駆り出されたが、提督の計らいで中将麾下に。提督の愚痴に付き合うことが多い。

・朧:吹雪と同時期に捨て艦で轟沈後、島に流れ着く。そのせいか諦観気味でやや擦れた性格になった。本の話を共有しているときが幸せ。

・吹雪:朧と同時期に捨て艦で轟沈後、島に流れ着く。希望は捨てずに諦めないタイプ。提督の自暴自棄な態度に激怒したこともある。

・由良:大破進軍で轟沈し、島に流れ着く。電の僚艦。軽巡の中では一番古株なためか、無意識に提督をお世話したがるところがある。

・電:大破進軍で轟沈し、島に流れ着く。由良の僚艦。ある鎮守府の初期艦として、その司令官を諭せなかったことを悔やんでいる。

・神通:慕っていた司令官を謀殺され、その復讐の途中で島に左遷させられた。人の考えを読んで言い当てるのと、気配を消すのが得意。

・大淀:日々の解体任務に疑問を覚えて仕事が手につかなくなり、異動させられた。自身の考えを肯定してくれる提督に好意を抱く。

・敷波:大破進軍後消息を絶った由良と電の捜索を命じられ、そのまま消息不明扱いにされた。提督が自分に似ていると感じている。

・明石:前提督に帳簿の不正を強いられ、そのまま首犯扱いで雷撃処分された。物資不足の島で生活するうちに大工仕事が得意になった。

・朝潮:前提督の不正の内部告発を計画するも逆に犯人扱いされ雷撃処分された。提督に妄信的過ぎて明石や提督に心配されている。

・霞:朝潮と同じく雷撃処分され、沈みかけたところを敷波に助けられた。提督を信頼してはいるが投げやり気味な態度に呆れてもいる。

・暁:信頼していた前提督の変貌に錯乱して敵陣特攻し記憶喪失になる。レディとしての振舞いは忘れておらず、驚くほど大人びている。

・初春:捨て艦で轟沈後、暁に助けられ島に漂着。建造後すぐ轟沈したこともあり、不知火の付き添いで島外の様子を見に行っている。

・潮:変態の前提督に迫られ耐え切れなくなり家出。護衛役の長門に少し依存気味。男性は苦手だが提督には強く出られるようになった。

・長門:変態の前提督に迫られた潮を庇い、逃げる手引きをした。強烈な反面教師を見たおかげで駆逐艦たちと適度な距離で接している。


・比叡:料理上手を前提督に認めてもらえず、ご飯を捨てられ自暴自棄になり轟沈した。暁の必死の看病により回復し、厨房を任される。

・古鷹:お人好し過ぎて自分の練度が上がらないままお世話を続けるも、前提督の見栄のために観艦式において行かれた、超世話焼き。

・朝雲:観艦式に向かう途中で艦隊を離脱して古鷹を追いかけてきた。鎮守府で一番の常識人とは提督の弁。そのせいで苦労人でもある。

・利根:前提督の猟奇趣味に巻き込まれ、地下に幽閉され死にかける。墓場島に来て初めて海に出たことで艦娘として生きる決意をした。

・伊8:オリョールで逃げたル級の代わりにいた軽巡に轟沈させられた。提督のベッドに裸で潜り込むくらいに提督へ依存心が強い。

・大和:島の妖精が提督に内緒で大張り切りで大型建造したら作られた。提督への好意が最初から全開で、大佐を激しく嫌悪していた。

・初雪:艦娘管理ツール使いの前提督に昼夜問わずこき使われ失神後漂着。島に来てからは遠征も出撃もせずマイペースに畑仕事に従事。

・金剛:愛情から目を背ける前提督を説得し続け、煙たがられて左遷された。愛情深いせいか金剛のハグは心地よさで抜け出せないほど。

・五月雨:玉砕覚悟の敵討ちを望むも、仲間を沈めた濡れ衣を着せられて追い出される。ドジではあるが、それで物を壊したことはない。

・榛名:養成所の訓練と称して轟沈するまで戦わされた。それまで出会った人間の態度がモノ扱いだったため提督との出会いを喜んでいる。

・那珂:榛名と同じく過労で失神するまで戦わされ島に漂着。即興で歌った鎮魂歌が島の艦娘から喝采を浴び、歌い続けることを決めた。

・扶桑:理由もなく疫病神扱いされ、戦況不利な海域に誘導され轟沈。自分たちを追ってきた時雨が轟沈したことをずっと後悔していた。

・山城:扶桑と同じ理由で轟沈して島に漂着する。扶桑が好きだが那珂の歌声も好き。自分の幸せを素直に受け入れられない面倒臭い性格。

・龍驤:暴食を強要され体形を馬鹿にされ、ブチ切れて鎮守府を火の海にした。雲龍に懐かれてからは、当たり散らすこともなくなった。

・陸奥:龍驤と同じく暴食を強要され、かつ度重なるセクハラで男性不信になった。男性不信は一部の艦娘と提督のみで秘匿している。

・雲龍:特別海域で艦隊に邂逅できず、餓死寸前だったところを龍驤に保護される。以来、龍驤の後ろをついて回る忠犬的存在に。


・島風:戦艦級の火力を求める前提督を疎まれて、訓練中に除名される。競争相手の白露に妹扱いされ、迷惑そうにしつつも喜んでいる。

・白露:島風と一緒に特訓するため艤装を改造、同じく訓練中に除名。島風に追いつくため艤装を違法改造した結果胸が縮んでしまった。

・黒潮:姉妹艦を人身御供にした前提督にぶち切れて、犯人もろとも海に投げ捨て離反。山雲を救助後、白露、島風に合流し島へ辿り着く。

・山雲:海に現れた直後に、黒潮を探す雪風を追いかける深海勢(空母棲姫)に激突される。ネガティブになると深海棲艦的雰囲気になる。

・三隈:最上にベタベタし続ける前提督にキレて股間を砲撃したため島に送られる。破廉恥な場面に遭遇するとくまりんこと叫ぶ癖がある。

・最上:前の鎮守府で過剰なスキンシップを迫られていた。当人は実はそこまで気にしておらず、鈍いというか明け透けな性格だった。

・摩耶:理不尽な防戦指示を無視したため、前提督に命令違反を咎められ左遷。提督と意見がよく合うが口調を注意され度々口論になる。

・霧島:摩耶と同じく命令違反で左遷される。戦況を好転させる戦果を挙げても摩耶以外には認めてもらえず、自信を喪失していた。

・若葉:前提督が夜戦禁止の腰抜けで、敵輸送部隊殲滅のため夜戦した結果馘に。その前の鎮守府ではレ級と交戦しリベンジを誓っていた。

・川内:若葉と同じく殲滅のために夜戦したら馘になった。その前の鎮守府で暁と一緒だったが暁が記憶を失っていたため分からなかった。

・武蔵:またも妖精が提督に内緒で大張り切りで大型建造して作られた。規律を重んじる真面目な性格で、大和たちを窘める損な役回りに。

・五十鈴:テレビの取材で舞い上がった前提督の散財で、赤札を貼られまくった鎮守府から脱走。五十鈴は飽和状態で解体予定だった。

・筑摩:五十鈴と同じく借金まみれの鎮守府から逃げてきた。長らく邂逅できなかった利根に迫ったため利根が倒れたことを悔やんでいる。

・鳥海:一日提督の無茶のために大破進軍した加古を庇って轟沈した。お人好しで少々世間知らずなところがあり、加古に心配されている。

・加古:鳥海と同じ鎮守府だが、そこの提督に失望し大破進軍して轟沈。寝るのが好きで提督に特注のベッドと抱き枕を買ってもらった。


・千歳:婚活したがっている女提督と喧嘩別れ後、墓場島への案内を任されそのまま着任。お酒好きと言うよりお酒で盛り上がるのが好き。

・足柄:千歳と同じく、女提督と喧嘩別れしたのち路頭に迷っていた。戦闘には積極的だが、たまに人の話を聞いてないときがある。

・隼鷹:ケッコンカッコカリ間近で前提督の頬を叩いたところを上官に見られて更迭後、脱走する。ちょっとお節介焼きなところがある。

・那智:酒飲みの愚痴聞き係で戦線に立たせてもらえなかったため脱走した。以来、禁酒を続けながら、自己鍛錬にいそしんでいる。

・日向:深海棲艦について突っ込んだ考察を出撃前後に前提督に相談しまくった結果追い出される。提督の見解にはある程度納得した模様。

・伊勢:上記の日向の異動にともない、干されていたところを中将の計らいで着任。別に何の落ち度もないのに島に追いやられた不幸な人。

・青葉:写真嫌いの前提督の怒りに触れて左遷……という建前でJ少将から離反した。今後は物騒じゃない写真を撮りたいと考えている。


・北上、霰、満潮:大佐の部下Aのもと部下。中将暗殺の証拠を見つけ、真相追及のため墓場島へ向かい、明石たちと再会を果たした。

・名取、弥生:大佐の部下Bのもと部下。泊地棲姫の塒への吶喊を命じられ敗走、墓場島へ向かうよう指示される。電たちとは初対面。

・初霜:大佐の部下Bのもと部下。泊地棲姫の塒への吶喊を命じられ死にかける。泊地棲姫に鹵獲後、裸リボンで提督に引き渡された。


・時雨:扶桑、山城と同じ鎮守府出身。轟沈した扶桑たちを追い襲撃され島に漂着、埋葬された。エフェメラと邂逅し、蘇生してもらった。

・早霜:L提督が島に来ていた時に漂着していた艦娘。前の鎮守府では司令官の過労による判断ミスで轟沈した。提督に興味を示し蘇る。


・赤城:元大佐の秘書艦。その前は中将の部下で、中将が運営していた鎮守府の評価が下がらぬように大佐の悪事の尻拭いをしていた。
  意図を気取られぬよう冷酷な態度を貫いて付いた渾名が『鉄の赤城』。提督が如月や不知火を助けて以降は冗談を言い合う仲になる。


深海棲艦

・ル級:東オリョール海で毎日潜水艦に小突かれる日々に嫌気がさし脱走。補給を得られず漂着した墓場島鎮守府で、長門と念願の砲撃戦を
  繰り広げた。その後親睦を深め離れ小島に住み着き、時折墓場島で談笑する仲に。提督とはこのままの関係でいたいと思っている。

・軽巡棲姫:人間の研究者たちが開発した、深海棲艦の遺骸から武器を作り出す外法の技術によって、銃の弾丸に作り変えられた深海棲艦。
  後に大佐が提督を撃ったときに体内に残り、謎の力で提督とともに蘇った。その後、泊地棲姫に育てられて軽巡棲姫に成長した。

・泊地棲姫:大佐の中将暗殺に利用された深海棲艦。大佐の部下の艦娘に塒を荒らされ、墓場島に誘い出された挙句、返り討ちに遭う。
  このとき、深海棲艦の弾丸によって深海棲艦化した提督と邂逅しており、興味を持ったのか提督を深海へ勧誘するようになった。

・集積地棲姫:墓場島で深海棲艦が住めるように取り決めたのち、提督に人間からの保護を求めてやってきた引き籠り希望の深海棲艦。

・戦艦棲姫:集積地棲姫のところに押しかけてきた深海棲艦。集積地棲姫に何度か助けられたため、彼女を気に入ってしまったようだ。

以上、テンプレというか個人的まとめ。
その他提督編とメディウム編も書こうと思ったけど無理やわ……。
都度説明していく予定にします。多分。


それでは本編の続きです。


 * 墓場島 埠頭 *

赤城「提督、ご無沙汰しております」ペコリ

泊地棲姫「オ前ハ、アノ船ノ上ニイタ……!」

提督「よう、赤城。あの会議以来か? 定時連絡がなくなってからだと、久々に感じるな」

赤城「そうですね。今後は不知火さんと一緒に、この島への連絡員をさせていただきますので、よろしくお願いしますね」

提督「お前もここに来るのか? じゃあ、お前が提督代理をやってたあの鎮守府はどうすんだ」

赤城「今後は与少将にお任せすることになりました」

提督「!」

赤城「長らく大佐の後任が決まらずにいましたが、中将のお仕事の引継ぎも含めて、正式な後継として与少将が選ばれまして」

泊地棲姫「待テ、大佐ダト? オ前ハ、アイツノ艦娘カ?」

赤城「はい、そうでした。昔の話ですけれど」

提督「警戒しなくていいぞ。赤城はあいつを暗殺しようとしてたくらいだからな」ククッ

赤城「まあ、笑うなんてひどい」ジトッ

赤城「電さんに命じて、その私の邪魔をするどころか、黒焦げにしてくださったのはいったいどこのどなたの差配ですか」ヨヨヨ…

提督「なんだその嘘泣き」

赤城「あら。お気に召しませんか」ケロッ


泊地棲姫「? ドウイウコトダ? オ前、アイツニ歯向カッタノカ?」

赤城「そういうことですね。あの大佐が、自分の父親と提督を殺そうとしていたので、その前に私が大佐を殺すつもりだったんです」

泊地棲姫「……」

赤城「もっとも、それまでの大佐の悪事の隠蔽には私も少なからず関わっていましたから……」

赤城「その贖罪の意味も込めて命を捨てる覚悟で臨んだのですけれど。それがまあ、提督のせいでご破算になりまして」

赤城「提督が私を妨害しなければ、大佐に撃たれることもなかったでしょうに。本当に馬鹿な人です」フゥ…

泊地棲姫「……オ前ハ、貧乏籤ヲヒクノガ本当ニ好キダナ?」タラリ

提督「昔の話だ。結果的に軽巡棲姫も復活できたんだし、今がいいんだから気にしなくていいぞ」

赤城「……私としては釈然としませんが、そういうことにしておきましょうか」

赤城「話を戻しますが、大佐のいた鎮守府の指揮を与少将が執ることになりましたので……」

赤城「今は中将麾下の私たちも、いずれ彼女の艦隊に編入されることになると思います。主な任務も引き続きこれまで通りでしょう」

提督「呉の和中将の妨害は大丈夫だったのか?」

赤城「はい。与少将がこの島に足を踏み入れ、本営中将の後ろ盾も手に入れたことで、和中将も引き下がらざるをえなかったようです」

赤城「与少将がいた鎮守府の後任も、和中将がすでに手配済みでしたし」

赤城「呉鎮守府の空席は、呉の大将閣下の計らいで、和中将にフォローしていただくことになりました」


提督「ふーん……ま、その辺は勝手にやってくれって話だな」

赤城「はい。それから、那智さんはもうしばらく与少将のもとで働くことにしたようですよ」

提督「そうか。ちなみに与少将はどんな部下を連れてんだ? 主力は?」

赤城「主力……戦力的には満遍なく、と言ったところでしょうか。ただ、珍しい艦種の艦娘も多数在籍しているようですね」

赤城「陸軍の揚陸艦であるあきつ丸さんや、水上機母艦の日進さんなどの練度が高いと聞いています」

提督「……いまいちよくわからねえが、いろんな手を打てるって感じか?」

赤城「珍しい艦種の艦娘を育てるのが好きなようですね」

泊地棲姫「裏切ッテ、コノ鎮守府ニ、攻メテキタリシナイダロウナ?」

提督「その辺は大丈夫そうだけどな。お前もこの前会ったろ? 一応、与少将がうざがってる和中将絡みの面倒事にも助言はしたし」

提督「部下の仁提督もそうだが、与少将も割と単純でわかりやすい性格だ。義理も通したんだ、いきなり襲い掛かっては来ねえはずだ」

泊地棲姫「ソウダト、イインダガ」

赤城「それで提督、早速ですがいくつかご報告させていただいても?」

提督「ああ、何かあったのか?」

赤城「日本政府が、提督とお話ししたいそうです」

提督「うわ、面倒臭え」

赤城「第一声がそれですか。良くも悪くも、相変わらずですね」クスクス


泊地棲姫「政府? 軍ジャナイノカ」

赤城「はい、日本は軍事政権ではありませんので。政府と海軍は連携こそしていますが、別ですよ」

泊地棲姫「コノ前、話シタ連中トハ、別ナノカ」

提督「その手の話は不知火に頼むって言ったつもりだったんだがな……」

赤城「頼むのは結構ですが、島の今後の方針を決めるのはあなたです。不知火さんに全部丸投げはだめですよ?」

提督「……しゃあねえな……」

赤城「それからもうひとつ」ス…

泊地棲姫「……」ピクッ

赤城「その政府の中にいる、あなたの弟を名乗る人物が、あなたとの交渉の席に座りたいそうです」ギラッ

提督「……あぁ?」イラッ

泊地棲姫「オ前タチ、イキナリ剣呑ナ雰囲気ニナルナ。何事ダ」タラリ

赤城「早い話が、提督は家族に捨てられたのですよ。それを今頃になって会いたいなどと宣う阿呆がいたものですから」フフフ…

泊地棲姫「ソレデ、ソノ顔カ。確カニ不愉快ダナ」

提督「ったく、H大将に連れてくんなっつったのによ……」ギリギリギリ

赤城「その話をするより前に、政府から申し出があったようですよ。今頃『失せろ』と回答しているはずです」

提督「素直に言うこと聞きゃあいいがな、くそが」イライラ


ニコ「ということは、ぼくたちの出番かな?」ヌッ

提督「!?」ギョッ

赤城「かもしれませんね。ないに越したことはありませんが」

提督「ニコはどこから出てきたんだよ……」

ニコ「魔神様の苛立ちを感じたからね。ぼくは魔神様のお姉ちゃんなんだから、このくらい当然だよ」フフン

提督「そういう意味じゃねえよ……つうことは何か? 俺が怒ったりしたら、お前がそれを察知してすっ飛んでくるってことか?」

ニコ「うん。ぼくたちは魔神様のためにいるんだからね」

提督「面倒臭え……赤城もなんでそんなに平然と流してんだよ。ニコがどこから湧いて出てきたのか疑問に思わねえのか」

赤城「今更、いちいち驚くまでもないのでは?」

泊地棲姫「メディウムノ性質ナラ、コノクライ簡単ニヤレソウダシナ」

提督「……お前ら、順応力高すぎだ」タラリ

赤城「とりあえず、提督の弟らしき人物については、相手にしないほうがよいと思いますが……」

泊地棲姫「敵ダロウ? 提督ガ、ヤルトイウノナラ、私ハ手ヲ貸シテヤルゾ?」ニヤッ

赤城「私は穏便に済ませたほうが賢明だと思いますよ。国家戦力を持ち出されるようなことがあっては、勝ち目がありません」

提督「それもそうなんだよな……おそらく、そっちのほうが後々面倒臭くねえ」


赤城「それからもうひとつ。むしろ、こちらがニコさんたちの出番かもしれませんね」

ニコ「!」

赤城「曽大佐たちが、この島に攻め込むことを決めたようです」

泊地棲姫「ホウ。来ルノカ……!」

提督「そいつはどこからの情報だ?」

赤城「W大佐から連絡が入ったと、X大佐から伺いました」

提督「なるほど。それならまあ信じても良いかもしれねえな」

ニコ「やれやれ、また哀れな人間が攻めてくるんだね」

提督「油断すんなよ。この島に来るのはおそらく、そいつの部下の艦娘だ」

ニコ「……!」

提督「うちの艦娘の半分が、余所の鎮守府へ移動中だ。悪いが、万が一に備えて深海棲艦にも協力してもらわねえとな」

泊地棲姫「アア、好キニ声ヲカケルトイイ」

提督「もちろん、メディウムにも手伝ってもらうぞ。というより、対艦娘はお前らがメインの戦力だ。たくさん働いてもらうぜ」

ニコ「ふふっ、そこまで期待してもらえるんだ。嬉しいな」


赤城「さて、それでは私も島に入らせていただきましょう」

赤城「彼らに動きがあれば、私と不知火さん、それから、ここの大淀さんへ連絡が入るよう手配しています」

赤城「そこでお願いなんですが、艦娘、深海棲艦、メディウムで、それぞれ連絡の窓口を決めていただけますか?」

赤城「有事の際に速やかに連絡できるよう、連絡網を作りたいのですが」

提督「ん-……ニコは普段、大体は神殿のほうにいるんだっけか?」

ニコ「そうだね」

提督「深海棲艦は……戦艦棲姫と集積地棲姫がちょっと離れたところに居を構えてたよな?」

泊地棲姫「アア」

提督「とりあえずは館内放送と、あとはその二か所への通信手段つうか、連絡方法をなんとかすりゃあいいのか?」

泊地棲姫「今ハソレデイイガ、今後、住マイガ増エタラドウスル?」

提督「防災無線かラジオみたいに、個別に増設できる設備を用意できればと思ってんだが、どうだ?」

赤城「では、そのあたりの整理もさせていただきましょうか」

赤城「それから、深海棲艦やメディウムのみなさんの、名簿というか、部隊表のようなものはありますか?」

泊地棲姫「ナイゾ」

ニコ「ぼくたちもないね」


赤城「そうですか……少なくとも人数は確認したいですね。食料や燃料の必要量の把握がしたいですし」

赤城「あとは、島の関係者か部外者かを判断する材料に使えればと思ったのですが。もしくは識別信号のようなものがあると助かります」

泊地棲姫「……ナニカ、目印ダケデモ必要カ」

赤城「メディウムのみなさんについては、ソニアさんから名前を覚えるように言われていますので」

ニコ「ああ……そうだね。またソニアに睨まれたくないからね」

赤城「申し訳ありませんが、特に横文字のお名前は、馴染みが薄いせいかどうにも憶えづらいんですよねえ……」

泊地棲姫(……名前、カ)


 *


泊地棲姫「提督。伝エテオキタイ、コトガアル」

提督「ん? なんだ?」

泊地棲姫「コノ前、貰ッタコーヒーヲ仲間ニ振舞ッタンダガ、ソレ以来、様子ガオカシイ者ガイル」

提督「様子が? どんな感じなんだ」

泊地棲姫「物思イニ耽ッテイタリ、ボンヤリシテイタリ……総ジテ考エ事ヲシテイルヨウナ感ジダナ」


提督「考え事ねえ。そんなにコーヒーがまずかったか?」

泊地棲姫「イヤ、コーヒー自体ハ好評ダッタゾ」

泊地棲姫「オソラクダガ、コーヒーノセイデ、自分ノルーツヲ見ツケラレソウニナッテイルンダロウ」

提督「ルーツ?」

泊地棲姫「例エバ私ナラ、真珠湾ニ縁ノアル『ナニカ』ダ。ハッキリトハ思イ出セナイガ、ソウ確信シテイル」

泊地棲姫「ソノ私カラ見テ、ル級ノルーツハ、オソラク米軍艦ダロウ。コーヒーノ香リヲ、懐カシイト言ッテイタカラナ」

提督「深海棲艦に自分のルーツを探るような話をしちゃいけないってことか……?」

泊地棲姫「ソウジャナイ。モシカシタラ、オ前タチノイウ、姫級ヤ鬼級ニ、ナルカモシレナイ、トイウ話ダ」

提督「なんだそりゃ……?」

泊地棲姫「自分ガ何者カヲ理解スレバ、ソレニ近シイ姿ニナル。思イ出シタイメージガ強ケレバ強イホド、強大ナ深海棲艦ニナルンダ」

提督「いまいちピンとこねえが……」

泊地棲姫「私モウマク説明デキナイガ、私タチガ思イ出ストイウコトハ、ソウイウコトダト思ッテイル」

提督「……そういや、コーヒーじゃねえけど、ルーツって話なら、ヲ級と似たようなことを話したな」

提督「イ級とか見てた時、ふと気になって、深海棲艦の駆逐艦が人型じゃねえのはどうしてだ、って、そのヲ級に訊いたんだけど」

提督「そうしたら、そもそも意識してなかったって話でな。そのあとも俺が立て続けにいろいろ訊いたもんで、ヲ級が考え込んじまって」

提督「その流れで、自分が何者かわかってもいないし、不思議にも思わなかった、って言ってたんだよ」


提督「普段考えてなかったことを訊かれたせいか、ヲ級が具合悪そうにふらふらしててなあ。一応、無理するなよとは言ったんだ」

提督「多分、それと似たようなことが、コーヒーを飲んでた深海棲艦にも起こってるってことだよな」

泊地棲姫「アア。ソノ認識デイイ」

提督「しかし、強くなるのはともかく、感情の抑えが利かなくなるとかねえよな? 見境なしに暴れるようになったら考えるぞ」

泊地棲姫「ソレハ理解ッテイル。ソウデナイナラ、オ前ハ、私タチヲ守ッテクレルカ?」

提督「それをお前たちが望むならな。そこのスタンスは変えねえよ」

泊地棲姫「ソウカ。ソレナラ、イイ」ニコッ

泊地棲姫「ソレカラ……オ前カラハ、私ト同ジ、潮ノニオイガスル」

提督「しおのにおい? そんなのあるのかよ」

泊地棲姫「以前、提督ノ魂ノ半分ガ、私タチト同ジダト言ッテイタガ、オ前ノ血族ニ、真珠湾ニ関ワリノアル者ハ、イナイノカ?」

提督「あるとしたら母親だな。学生のときに海難事故に遭って、それがきっかけで深海棲艦の魂を腹に抱えてたらしい」

提督「ただ、その事故がどこで起こったかまでは俺も知らねえぞ? コーヒー自体に俺が特に思うところもねえし……」

泊地棲姫「ソウカ、残念ダナ。オ前モ、思イ出シタ拍子ニ、深海棲艦ニ、ナリキッテシマエバイイノニ」

提督「……お前、メディウムたちに俺を作り変えるなってクレーム入れたんじゃねえのかよ」

泊地棲姫「マダ理解シテイナイノカ。私ハ、オ前ガ、私タチト同ジ存在ニナッテホシイ、ト思ッテイルンダゾ?」


泊地棲姫「コノ場デ深海ニ引キズリ込ムノモ悪クナイガ、ソレヨリモ、オ前ハ、私ガジックリト……」ジリ…

早霜「……じっくりと?」ジーッ

泊地棲姫「!?」

軽巡棲姫「ナニヲシテイルノ」ヌラッ

泊地棲姫「!?!?」ビクゥ!

軽巡棲姫「ナニヲシテイルノ、ト、訊イテイルノダケレド?」ゴゴゴゴ…

提督「……早霜もなにしてんだよ」

早霜「見ていました。ずっと」

提督「お前……本当にいつも俺を見てるよな」タラリ

軽巡棲姫「ネェ、泊地棲姫? 私ノ提督ニ、ナニヲシテイルノ、ト、訊イテルノヨォ……?」

泊地棲姫「……軽巡棲姫ニハ関係ナイ」プイス

軽巡棲姫「関係ナクナンカ、ナイノヨォ!?」

泊地棲姫「関係ナイ! ソモソモ提督ハ、オ前ノモノジャナイ!」

軽巡棲姫「私ノヨォ!?」

大和「あっ、提督! どこに寄り道してたんですか!」

如月「もう、だめじゃない! すぐどこかに行っちゃうんだから!」

キャロライン「ダーリーーン! 一緒にお茶するヨーー!」

ニコ「みんな落ち着いて。魔神様は疲れてるんだから、ぼくがこれから膝枕してあげるんだよ」

早霜「ふふ……大人気ね、ふふふっ」

提督「……だめだこりゃ」

というわけで今回はここまで。
本スレでもよろしくお願い致します。


続きの前に、今回出てくるメディウムについて。

・ロゼッタ・パンプキンマスク:魔女メディウム。空からハロウィンのかぼちゃを落として人の頭に被せて視界を塞ぐ、屈辱系の罠。
  悪戯と可愛い衣装、お菓子とコーヒーが大好きな、お年頃の少女。大人の女性を自称しているが、おとなしくするのは大の苦手。
・ミルファ・メガロック:チアリーダーメディウム。丸い岩を落とす罠で、坂道であれば転がるしギミックで跳ね飛ばすこともできる。
  元気印の女の子で応援が好きと言うが、両手のポンポンがなんと岩。振り回せば凶悪極まりないし当然重い。ついでに胸も重たそう。
・パメラ・スローターファン:レースクイーン姿のメディウム。設置したファンが回転して人間を吸い寄せ、巻き込んで切り刻む罠。
  手にした日傘は日傘ではなく巨大な刃物のファン。注目を浴びるのが好きらしいが、本人より手にした刃物のほうが注目の的に。
・ジュリア・ハリセン:ボディコンスーツ姿のメディウム。人間の頭にハリセンを振り抜き、痛みと激しい怒りを誘発させる罠。
  バブル期に流行したクラブにいそうなお姉さん。派手な見目に反して、真面目で素直。お願いも不満を言いつつ聞いてくれる。

なにぶん、サービス終了したゲームの話なので、書いておかないとわからないと思い、蛇足ながら。

それでは続きです。


 * 執務室 *

大淀「ええっと、このパーツはどこに……」

ロゼッタ「それならさっき洗ったんじゃない? ほら、それー」

霞「それ、ふきんで拭いてくれる? ここにセットするみたいよ」

大淀「それからフィルターですね。確か、台形の茶色い紙がこの辺に……」

タ級「コレカ?」バサッ

大淀「い、一枚でいいんですよ!?」

ロゼッタ「で、ここに入れて……コーヒーもここに入れるんだよね!」

霞「ちゃんと量って入れないと、苦くなるわよ」

ロゼッタ「わかってるってばあ……あ、入れすぎちゃった?」

タ級「苦イノハ嫌ダゾ」

ロゼッタ「んもぉ、わかってるってばー。私も苦いの嫌だし!」

大淀「それでは、あとはここにお水を入れて……スイッチオン、ですね」

霞「意外と簡単ね?」


タ級「私ニモ説明書ヲ見セテクレ」

大淀「はい、どうぞ」

ロゼッタ「なんか、私の知ってるコーヒーの作り方と違う……」

タ級「違ウノカ?」

ロゼッタ「ルミナに頼んでたまーに作ってもらってたんだけど、こう、まぁるい……ガラス管? で作るの」

大淀「サイフォンですか? 本格的ですね」

ロゼッタ「準備と後片付けが面倒だからーって、たまにしか作ってくれないんだけどねー」

 扉<チャッ

ロゼッタ「あ、先生!」

提督「誰が先生だよ。お前も結構独特な呼び方するな?」

ロゼッタ「えー? でも魔神様でしょ? 『魔』の神様なんだからさー」

ロゼッタ「魔女メディウムのロゼッタちゃんが、先生って呼んでも全然おかしくないと思うけどー?」

提督「俺が先生って呼ばれるのがどうもな……ん? なんだ、大淀もこっちにいたのか。珍しい取り合わせで何してたんだ?」

大淀「コーヒーメーカーの試運転です。通信室の設備点検も、赤城さんへの説明も一通り済ませましたので、今度はこちらにと」


提督「そうか。お前たちもコーヒーが目当てか?」

ロゼッタ「そうでーす!」

タ級「使イ方ノオ勉強ダ。私モ知ッテオキタイカラナ」

提督「へえ、よっぽど気に入ったんだな。それで説明書見て……ん? お前、日本語読めるのか?」

タ級「ワカラナイ! ガ、絵ヲ見レバ、ナントカナル!」

提督「……まあ、いいけどよ」

ロゼッタ「あー、いい匂いがしてきた!」

霞「どうやってお湯を沸かしてるのかしら、これ……」

大淀「超音波で沸かしているみたいですが、原理が良くわかりませんね……」

タ級「……ナア、提督?」

提督「なんだ?」

タ級「コーヒーハ美味シイヨナ?」

提督「……作り方によるがな。氷で薄まったり、砂糖が気持ち悪いくらい入ってるようなのは、勘弁してほしいが」

タ級「ソウイウノジャナクテ! 私ノ同型ニ奨メタラ、ソイツ、泥水トカ言ウンダゼ!? ヒドイト思ワナイカ!?」プンスカ!


提督「泥水? なんだ、ブリテンのお貴族様みたいなこと言ってんな。そいつ、お前と仲がいいのか?」

タ級「イツモ、ツルンデイタトイウカ、成リ行キデ一緒ダッタトイウカ。背中ヲ任セテモイイクライニハ、ウマクヤッテタツモリダッタ」

タ級「ケド、アイツガ、アンナニコーヒーヲ嫌ガルトハ、全然予想シテナカッタ」ムスッ

提督「じゃあ何が好きなんだ、そいつは」

タ級「ソレハ知ラナイ」

提督「お前ら、本当にそういうの意識せず生活してやがったんだな」タラリ

タ級「マア、ソウダナ。艦娘ニ遭遇シテ、ヤット自分ヲ認識シタ感ジダッタシ……オ前ト会ッテカラダゾ? 私タチガ変ワッタノハ」

タ級「アノ洞窟ニイタトキダッテ、オ前ニハ割ト素直ニ従ッテイタダロ?」

提督「そいつは泊地棲姫がおとなしかったからだと思ったんだが……」

タ級「ソレモアルガ、オ前、堂々トシテタカラナ。人間テノハ、私タチヲ見テ、ビビッテ逃ゲルモノダト思ッテタシ」

タ級「度胸ノ据ワッテル奴ハ好キダゾ?」ニヤニヤ

霞「ル級さんとの付き合いもあったし、それなりに深海棲艦に対して悪い感情だけじゃなかった、ってのもあるんでしょうね」

タ級「アイツバカリ、ズルイ」ムスッ

提督「こればっかりはな……だからって、お前も潜水艦に殴られるだけの仕事は嫌だろ」

タ級「絶対ヤダ」


ロゼッタ「よくわかんないけど、いまは先生と一緒なんだから、いいじゃん!」

霞「まあ、考え方によってはそうね。ここ以外で深海棲艦と人間が仲良くできる場所なんてないでしょうし」

タ級「ソウナノカ? ソウジャナイ場所モアル、ッテ聞イタゾ?」

大淀「え!?」

霞「あるの!?」

提督「それは初耳だぞ」

タ級「泊地棲姫ガ提督ニ協力シ始メタコロニ、ホカノ深海棲艦ノトコロデモ、人間ト通ジテルトコロガアル、ッテ」

提督「マジか。海軍が許しておかねえと思ったんだけどな」

タ級「タシカ、北方棲姫ト中間棲姫ノトコロハ、人間ト秘密裏ニヤリトリシテルラシイゾ」

提督「北方棲姫? 泊地棲姫が気にかけてた、あのちっこいやつか。確かにほかの奴よりは攻撃的じゃねえ見た目だったが……」

提督「つうか、そいつらが深海棲艦とうまく取り成してくれりゃあ、俺が四苦八苦する必要なかったんじゃねえか?」

タ級「ソレハ私ニ言ウナ」

提督「それもそうだな」

タ級「ソレニ、秘密裡ッテ言ッタダロウ。多分、人間側モ、ソノ関係ハ秘密ニシテルンジャナイカ」

提督「まだあからさまにできねえ、ってか」


大淀「仮にこの島での深海棲艦との交渉がうまくいけば、他の鎮守府のやり取りも表沙汰にできるかもしれませんね」

ロゼッタ「えー? それってまたこの島が、人間たちの実験台の場所になるってことー?」

霞「考え方によっては不愉快だけど、結果的にはそうみたいね」

提督「目立ちたくねえ……」

霞「あんたはもう、そういう星のもとに生まれたのよ。諦めなさい」

提督「星かよ!?」

霞「そうとしか言えないでしょ。あんたみたいな出生の人なんて2人も3人もいないわよ!」

ロゼッタ「そうそう。魔神様がいっぱいいるわけじゃないしね~」

ロゼッタ「……あ、でも、魔神様に近づきたがる人間は結構出てきたりするかな?」

霞「え? 魔神って人間に崇拝されてるの?」

ロゼッタ「ん-、崇拝はされてなかったんじゃないかなー? ニコちゃんにそういう話、聞いたこともないし」

ロゼッタ「それよりも、魔神様の力が強大だから、どうにかして操ったり自分のものにしたりしようって企む人間のほうが多かったね!」

提督「……そこまで強いのか」

ロゼッタ「強いよー! でも、先生の場合はまだ覚醒してないみたいなんだよね。魔力槽に入って、何回か魔力と慣らしてるんでしょ?」

霞「ねえ、魔神になったら……っていうか、覚醒したら、見た目も変わるの? 誰かもあんたに角が生えたって言ってたじゃない」


ロゼッタ「うーん、そうかもしれないけど、覚醒した魔神様はどんな姿にでもなれるって聞いたよ?」

提督「何でもできるんだな……」

ロゼッタ「そうそう! だから、エフェメラを通じて、全然関係ない人間が魔神様の力を借りて力を振るうなんてこともあったし!」

タ級「エフェメラ? ナンダソレ?」

提督「そういやエフェメラのことを深海棲艦たちに伝えるのを忘れてたぜ……あとで数人集めて話さなきゃな」

タ級「私ニハ、イマ教エロ」ズイ

大淀「このタ級さん、結構ぐいぐい行きますね……油断なりません」ムムム…

霞「えっ? 大淀さん、何が油断なの?」

大淀「いえ!? なんでもありませんよ!?」ワタワタワタッ

霞(怪しすぎる……)タラリ

ロゼッタ「ねーねー、ところでさ! もうコーヒーできたの? 飲んでいいの?」

霞「……大丈夫なんじゃない? もう出てこないみたいだし」

タ級「ソレジャ、コーヒー飲ミナガラ、エフェメラノコトヲ教エテモラウカ」


 * 入渠ドック近くの大浴場 *

ニコ「ということは、エフェメラに対する警戒もしてもらえるってことになったんだね?」

ミルファ「はい! ロゼッタがそう言ってました!」

ニコ「これでエフェメラに対する包囲網が敷けるね。さすが魔神様、お姉ちゃんとして鼻が高いよ」フフッ

パメラ「で、その魔神さんはどこに行ったの?」

ニコ「えーと、たぶん、こっちにいるはずなんだけど……」

パメラ「あら? 魔神さん、あんなところにいるわ」

ミルファ「ほんとだ!」

提督「……」

ニコ「どうしたの魔神様。難しい顔しちゃって」

提督「ん-? いや……まあ、散歩してただけだ」

パメラ「そういう割には元気がないわね? そもそも艦娘や深海棲艦たちもあなたを探してたわよ? なんでこんなところにいるのよ」

提督「たまには一人にさせてくれよ。考え事してる時に愛想良くできるほど、俺は器用じゃねえんだ」

ミルファ「考え事ですかー。そういうときこそ、私たちに話してくださいよ! 力になりますよー!」ピョンピョン

提督「いや……これ、お前たちに訊いていいのかわからないんだがなあ」


パメラ「あらあ、勿体ぶっちゃって。少しは私を見てくれていいのよ? っていうか、もっと私を見てほしいんですけど?」ズイ

ニコ「そうだね。変に遠慮しないでほしいな」

提督「……んじゃあ、訊くけどよ」

ミルファ「はいっ、どうぞ!」

提督「お前たちは、元の世界……あっちの世界で生まれたんだよな?」

ニコ「そうだね」

提督「お前たちのその恰好って、あっちの世界で一般的なのか?」

パメラ「……それって、どういうこと?」

提督「こっちの世界で言うと、例えばニコの衣装はいわゆるロリータとか呼ばれてる衣装だ。フリフリヒラヒラが特徴のな」

ニコ「ふーん、そうなんだ」

提督「お前たちがいた世界で、お前たちと同じ衣装を着た人間がいたかどうかが知りたいんだよ」

ミルファ「私たちと、同じ衣装、ですか……?」

パメラ「……うーん」

ニコ「……ぼくはともかく、ミルファやパメラはいないんじゃないかな?」


提督「他のメディウムたちも、殆どの奴が向こうの世界には存在しない衣装なんじゃねえか、って思ってんだが……どうだ?」

ニコ「うーん……そうかもしれないね」

ミルファ「でも、どうしてそんなことを気になさってたんですか?」

提督「例えば、クレアやリンダは、どう見てもこっちの世界のスポーツ選手のユニフォームなんだよ。剣持って戦う衣装じゃねえ」

ミルファ「そうなの!?」

提督「ソニアやユリア、オリヴィア、カオリ、それからオディールあたりもそうだな。でも、多分お前たちはそういう自覚もねえだろ?」

ミルファ「そ、そうですね、生み出されたときからこうなので、そういうものだとばかり……!」

提督「現代的な衣装ばかりいるように思えてなあ。同じ理屈で言うと、ミルファはチアリーディングの衣装に見えるし」

提督「パメラはレースクイーンって奴だろうな。お前の背負ったスローターファン、本当なら日傘のはずなんだ」

パメラ「……ちゃんと意味があったのね、この衣装」

提督「なんだと思ってたんだよお前……」

パメラ「可愛いしセクシーだからいいかなって」

提督「……それから、さっきトイレで鉢合わせたハナコは、都市伝説で有名なトイレの花子さんと符合するし」

提督「ツバキやアカネ、オボロ、イブキ、ヒサメ、スズカあたりも、名前も含めて日本特有の文化圏の恰好だ」

提督「タチアナのビジネススーツやリサーナのバニーの衣装、フローラのナース服やルミナの白衣も、歴史的には比較的新しめだし」

提督「ニコたちがいた世界の人間が銃すら持ってなかったなら、ブリジットのアーミールックは特に奇異に映ったはずだ」


提督「あくまで俺の想像の域を出ないが、それでもお前たちの時代の衣装とは思えねえんだよな」

ニコ「……」

提督「なあ、ミルファたちは、その恰好で神殿の外に出て、人間どもに変わってるとか珍妙だとか言われなかったか?」

ミルファ「うーん、魔神様の使徒だってことはすぐわかってもらえてたみたいだけど……」

パメラ「そこはそうね。私自身はこの衣装が変わってるとは思ってないし、そう思われるのも心外だけど」

提督「なあニコ? メディウムはあっちの世界の魔神が作ったんだよな?」

ニコ「うん。でも、きみが魔神様でしょ?」

提督「……いや、まあ、そうなのかもしんねえけどよ」

ニコ「ぼくが蘇らせようと思っていた魔神様は、いつの間にかいなくなってたんだ」

ニコ「姿が消えて、その気配を辿ったときに、きみを……魔神様を見つけたんだよ」

提督「……ってことはなにか? 魔神は、最初からこっちの世界に干渉出来ていて、その知識からメディウムの姿を作ったってか」

ニコ「だから、魔神様はきみでしょ?」

ミルファ「うん、それはそうですよね!」

提督「……」


パメラ「ねえ魔神さん? そうやって悩んでるみたいだけど、あなた、最初から私たちを知ってるような感じだったじゃない?」

提督「ん-……確かに、どっかで会ったことある、みたいな感覚が微妙にあったんだよなあ。名前も、なんかすんなり覚えちまったし」

提督「神殿に初めて案内された時だって、初めて入ったはずなのに見覚えがあったし……忘れてたのを思い出した、みたいな感覚だった」

パメラ「なんだかそれって、最初から私たちがこっちの世界に来ること前提で作られたみたいじゃない?」

提督「……!」

ニコ「……!」

パメラ「だって最初から言葉も通じるし、魔神様もちょっとうろ覚えっぽいけど知識もあるし」

ミルファ「やっぱり、魔神様は最初から私たちの魔神様だったんですね!!」

提督「確かにこっちに来る前提なら、こっちの世界を意識した衣装になってもおかしくはねえな……」

ニコ「ぼくも予想外だったけど……魔神様、もしかして最初からこっちの世界に引っ越すつもりでいたのかな?」

提督「で、引っ越し先として俺に白羽の矢を立てた、ってことか……?」

ニコ「どうだろう……? きみは魔神様として覚醒した人間じゃなく、魔神様に選ばれた人間だった、ってことなのかな……」

提督「エフェメラにも目をつけられてたからな。そういうことなのかもしれねえな……」


ミルファ「あの、魔神様は、私たちの装束がこの世界のものだったのがどうしてなのか、悩んでたってことですか?」

提督「ああ。お前たちの存在そのものにかかわることだから、あまり無神経なことを訊いて混乱を招きたくなかったんだが……」

パメラ「こっちの世界に召喚されたことの裏付けみたいになっちゃったわね」ウフフッ

提督「俺としてはありがたいぜ。お前たちが妙なショック受けてたら、相談したことを後悔する羽目になってたんだ」

パメラ「あ、そういえば、アローシューターのミリーエルみたいに耳が長い子もいるけど、こっちの世界に似たような人間がいるの?」

提督「創作物でならエルフがいるな。かなりポピュラーな部類だと思うぞ」

ミルファ「アゴニーマスクのカサンドラは?」

提督「古代の剣闘士がそれっぽいかな。つうか、カサンドラならお前たちの時代にも似たような姿の奴がいそうだけどな?」

ニコ「そうだね、もう少し体つきの大きい男が鉄の鎧を着てたかな」

ミルファ「あと、敵対した人間と似たような服を着てるのは、ゼシールとかノイルースとか……」

パメラ「見たわけじゃないけど、他にもデザインが似てそうなのはルイゼットとかシエラとかかな~」

提督「多分、ニーナとかメリンダあたりもぎりぎりそうじゃねえかな? 俺の想像する中世の世界観に偏見がなければの話だが」

提督「それに比べると、お前たちの着てる衣服は近代から現代にかけてじゃねえと作れない素材のものが多いからなあ」


提督「パメラが履いてるそのストッキングも、紡績業が発達して工業化してないと、存在してねえはずだし」

パメラ「あら、魔神さん、そういうとこもちゃんと見てるのね?」ニマニマ

ニコ「……」ジーッ

提督「ん? なんだ? 俺の顔に何かついてるか?」

ニコ「鼻の下が伸びてないか見てたんだけど」

提督「……」

ニコ「全然そんな気配がないのも、それはそれで逆に心配かな」

パメラ「それはそうねえ? ほーら魔神さん、胸とか脚とか、もっと私のことを見ていいんですよー?」

提督「……」

ミルファ「あ、今の魔神様の表情の意味はわかります! 面倒臭いって思ってますよね!」

提督「俺に関する理解が深まってるようでなによりだ」ハァ…


 * 執務室 *

提督「……とまあ、俺たちが普段やってた仕事はこんな感じだな」

ジュリア「思ったより仕事量が多いですわね……」

提督「とはいえ、その道に精通してる艦娘に手伝ってもらってたからな。そこまで大変じゃねえよ」

 扉<コンコン

不知火「不知火です。失礼します」チャッ

提督「おう、不知火か。この前はありがとうな、助かった」

不知火「お役に立てたようでしたら何よりです」

提督「本当に助かってるぜ。俺みたいなのがいきなり各国の法律の勉強やらされても、全っ然頭に入らねえ」

ジュリア「それについてですけれど……一応、言わせていただきますわね。なんでやねん!」パシーン!

不知火「……いきなり何事ですか。突然、壁をハリセンで叩くなんて」

ジュリア「お仕事中の魔神様の頭を叩くわけにも参りませんでしょう? これでもあたくし、ちゃあんと気を遣ってますのよ?」

提督「? 何か不満でもあったか?」

ジュリア「ええ、ございますとも。あたくしたちの主君たる魔神様が、人間どもが都合の良いように作った法に従おうとしてますのよ?」

ジュリア「魔神様のアイデンティティを揺るがす、前代未聞の一大事ですわ」

提督「ああ……」


ジュリア「魔神様は、人間どもを飼育し管理して、歯向かうものは殺してすべて奪うもの、とニコさんから伺っていたのですけれど」

ジュリア「あなた様は逆に人間と約束事を作り、関わりを控えようとしていますわ。それで、あたくしは違和感を覚えておりますの」

不知火「確かに、メディウムからすれば、人間の法律に従うことがあり得ないでしょうね」

提督「人間を殺す以外に、俺たちが穏やかに暮らす手段を探してるようなもんだ。今時、恐怖政治なんて流行らねえしな」

提督「こっちの世界でお前たちメディウムのやり方と理屈を貫こうとしたら、世界中と全面戦争する羽目になっちまう」

ジュリア「そこでまた魔神様お得意の『面倒臭い』ですの?」

提督「そういうこった。『勝手に俺たちの領海に入るお前らが悪い』っつう理屈を正当化できりゃあ楽だろ?」

提督「俺たちがこの島でそれなりに豊かに暮らしたいなら、打算的ではあるが表向きだけでも味方を増やしといたほうがいい」

提督「と言っても、メディウムや深海棲艦はそういうの苦手だろ。俺や艦娘たちに任せとけって」

ジュリア「……そう仰っていただけるのでしたら、あたくしたちも頼らせていただきますけれど」

ジュリア「つくづく今の魔神様は変わってらっしゃいますわ。まさか、任せとけ、なんてお言葉をいただけるなんて……」

不知火「話を聞く限りですと、メディウムの仕事場は相当ブラックな職場だったんでしょうか」

ジュリア「ブラック? 後ろ暗いという意味では、その通りかもしれませんけれど……」

ジュリア「ゼシールみたいな言い方になりますけれど、お仕事はお仕事として、楽しんでやってましたわよ?」


提督「……仕事はあったほうがいいのか?」

ジュリア「そう言われると、そこは微妙ですわね。まったく仕事がないというのも、腕がなまってしまいそうで怖いですわ」ブンブン

提督「あの素振りのときの掛け声はどうかと思うぞ?」

ジュリア「み、見ていましたの!? んもう、魔神様ったらお人が悪い……掛け声、お気に召しませんこと?」

提督「ああ。『なんでやねん』とか、どこで覚えたんだ」

ジュリア「リンダから助言していただきましたわ。一番格好がつくそうですの」

提督「あいつか……」

不知火「黒潮か龍驤さんかと思いましたが、そちらですか」

提督「リンダの奴、隙あらばボケ倒すからな。最初の2回くらいは付き合ったが、しつこくボケるから途中で面倒臭くなって無視したぞ」

ジュリア「でしたらなおのこと、あたくしが歯止めのためにツッコんでおかないといけませんわね」

提督「調子に乗るからほどほどでいいぞ。ハリセンの振り回しすぎで、リンダの頭はともかくお前の手首が腱鞘炎になったら困る」

ジュリア「なりませんわよ!? それこそなんでやねんですわ! あたくし、そこまでポンコツではありませんわよ!?」

提督「ならいいけどよ。どっちにしてもほどほどにな?」

ジュリア「変なことを心配なさいますのね、魔神様は……というか、リンダの頭はどうでもいいんですの?」

不知火「気付くのが遅いのですが……それはそうと司令、不知火も遅くなりましたがご報告があります」

提督「ん? ああ、なんだ?」


不知火「××国との交渉の件ですが、未だ難航しているようです。今月も××国はこの島の領海に船を出すと主張してきています」

提督「ああ……ま、そうもなるか」

ジュリア「××国、と仰いますと、この島の所有権を主張している国のことですわね?」

不知火「はい。実際の交渉は、海軍と日本政府に任せておりますので、不知火はノータッチですが」

提督「××国にしてみりゃ領海取られ損だしな。弁償しろとか言われてたらしいが、そんなもん海軍にだって無理だろ」

不知火「政府の対応に期待しましょう」

ジュリア「期待、できますの……? 人間は信用なりませんわ」

不知火「深海棲艦との休戦を想定できる事案です。それなりの成果というか、結果を出そうとはするでしょう」

提督「どっちみち、小国の××国が武力なり権謀なりでこの島を取り返すのは現実的に無理だ。海軍に集らざるを得ねえだろうよ」

提督「こっちも譲る気はさらさらねえし、さくっと諦めてくれりゃあいいんだが……どう考えてもゴネそうなんだよな」

提督「まあいいや、向こうが何を言って来ようと放置だ放置。どうせ深海棲艦がいる時点で、連中には手も足も出せねえんだし」

提督「断りなく入ってきた不審な船は沈める。俺たちがそう告げたんだから、そうしてやりゃあいい」

不知火「そうかもしれませんが……」ウーム

提督「艦娘はともかく、俺たちは世界の嫌われ者だ。なんにせよ、攻め込まれる想定はしとかねえとな」

ジュリア「そうですわね。あたくしたちの生活が脅かされるという意味では、敵が存在する事実はよろしくないのでしょうけれど」

ジュリア「逆に敵の現れない世界、というのも、残念ながらあたくしたちは想像できませんわね……」


不知火「なんというか……メディウムの中でも、ジュリアさんのような方は珍しいですね?」

提督「そうだな。俺の執務内容を手伝うために聞きに来たメディウムはジュリアが初めてだ」

不知火「メディウムの多くは好戦的な方だと思っていましたが……」

ジュリア「あら、戦うこと自体は嫌ではありませんわよ? ただ……」

不知火「ただ?」

ジュリア「魔神の使徒として、人目を引くためとはいえ、このように露出の多い服装は、そのぉ……」モジモジ

提督「なんだ? さっきから居心地悪そうにしてたのはそういうことかよ? 無理しないで好きな服着ていいぞ?」

ジュリア「この衣装であたくしを生み出したのは魔神様ではありませんこと!?」プンスカ!

不知火「……司令……」ジトメ

提督「えぇ……? それ、俺のせいになるのか? あっちの世界の魔神に文句言えよ……」

ジュリア「あなた様が魔神様でしょう!? 責任を取ってくださいまし!」

不知火「……この場に勘違いする艦娘がいなくて良かったですね」

ジュリア「どういう意味ですの?」

提督「俺、白と黒しか着ないから、妖精に『私服のセンスは深海棲艦並み』って言われたことあるんだぞ。本当に俺が選んでいいのか?」

不知火「……深海棲艦……」

ジュリア「……まさか、スカートをはかせないつもりですの!? はっ、もしかして脱げと仰る!? 全部脱げと!? 全裸になれと!?」

不知火「どうして3回言うんですか。というか何を聞いていたんですか」

提督「ジュリア……お前、深海棲艦の誰を想像したよ」アタマオサエ


 * 埠頭 *

タ級「エッキシ!」

泊地棲姫「ヘプッ……シュン!」

ル級「……ナニヤッテルノ?」

タ級「イヤ、ナンカ鼻ガムズムズシテ……」

泊地棲姫「プシュッ、クシュンッ……ウウ、ナンダ今ノハ」


というわけで、今回はここまで。

>23
曽大佐の前に、その配下の艦娘と一悶着ですね。

>24
スエゾーは……今のところちょい役の予定しかないです。すみません。

>25
さて、どうなるでしょうね……?


今回登場のメディウムたちはこちら。

・アマナ・バキュームフロア:掃除機を持ち歩くメイドさんメディウム。床にバキュームを設置し、近づく人間を吸い寄せる罠。
  散らかったお部屋を綺麗にするのが好きなメイドさん。今の魔神は元から散らかさないためか、掃除に少し物足りなさを感じている。
・リサーナ・キラーバズソー:バニーさんメディウム。丸鋸を壁から射出して、切りつけた人間をそのまま壁まで運んで叩きつける罠。
  配膳用の丸盆と思いきや、丸鋸を手にした危険なバニーガール。明るく朗らかでおしゃべりが好きで、静かなところは嫌いらしい。
・ベリアナ・ブラックホール:悪魔というかサキュバスなメディウム。ブラックホールで周囲の人間を吸い込んで、上空から吐き出す罠。
  ボンデージビキニのセクシーな悪魔。思わせ振りなセリフで人間だけでなく魔神も誘惑しようとする。人肌が恋しいのか一人は苦手。
・イブキ・ヒートブレス:丈の長い学生服を纏った応援団のような風貌のメディウム。熱波を吹き付けて人間を丸焼きにする罠。
  熱を扱う罠に相応しい熱血娘。声も大きければ行動も豪胆、下着代わりのさらしもあらわで、恥じらいというものには少々疎い様子。
・ヨウコ・メガヨーヨー:戦隊ヒーローものを思わせる衣装のメディウム。巨大なヨーヨーが回転しながら人間を弾き飛ばす罠。
  悪い人間に正義の鉄槌を下す、メディウム戦隊がひとり、メディ・ピンク! 残り4人は募集中。性格はレッド(リーダー)適正あり。
・アカネ・ブラストボム:お団子ヘアにミニ浴衣姿の元気な少女メディウム。いきなり爆発を起こして人間を吹き飛ばす罠。
  お祭り大好き、騒ぐのも大好き。騒いでときどき神殿内を壊したりするお騒がせ娘。いくらなんでも屋内で花火するのはやめなさい。
・ヴァージニア・クイーンハイヒール:威厳漂う女王のメディウム。ハイヒールを履いた巨大な女性の足が人間をぐりぐり踏みにじる罠。
  いかにも豪奢な特注の椅子に座って踏ん反り返る、尊大な女王。メディウムの王たる魔神にも、それ相応の威厳と態度を求めている。
・イサラ・スパークロッド:ぼさぼさの長髪が静電気で広がった引き籠り少女メディウム。発雷するロッドが電撃フィールドを作る罠。
  メディウムの中では珍しい、一人に慣れてる引き籠り。臆病で構ってもらえるのは嬉しいが、熱すぎる相手にはついていけない。
・チェルシー・スイングアンカー:水兵メディウム。船の錨を振り子のように往復させ、軌道上の人間を引っかけて高所から落とす罠。
  船の上が好きで、わざわざ寝床を船の上に作るほど。細身のわりに足腰は強く、ちょっとやそっとじゃ押しても引いても動かないとか。

紹介文、このスレが終わるまでに全員分書き切りたい。
それでは続きです。


 * 墓場島 西岸 *

軽巡棲姫「コレガ今回、海域ニ侵入ッテキタ船ヨ」

提督「2隻あんのかよ……しかもまたボロ船か。こいつらも盗掘目的か?」

伊8「今回は武器のほうが多く積んでありますね。それに思ったよりボロでもないです」

提督「ん? 擬装してるってことか?」

伊8「はい。しかも、この船の上空を哨戒機が飛んでたみたいです」

提督「哨戒機? 人間のか?」

伊8「そうです、人間の乗った軍用機でした。なんとなくですけど、難民を装った便衣兵による侵攻? のように思えます」

伊8「ちなみに哨戒機は、この船2隻が島の海域に入ったのを確認して、引き返したあたりで深海棲艦の攻撃機に撃墜されてます」

提督「船の周囲に艦娘は?」

伊8「いませんでしたね」

提督「その哨戒機、どこから飛んできたかわかるか?」

軽巡棲姫「向カッタ先ニ、ソノ国ノ空母ガイタラシイワヨォ? ソイツト同ジヨウニ、ソノ辺ノ誰カニ沈メラレタラシイケドネェ?」

提督「その辺の誰か……って、誰だ?」

伊8「その海域を縄張りにしている深海棲艦らしいです。私たちとは無関係の」

提督「文字通りの見知らぬ誰かかよ」


伊8「ちなみに、はっちゃんの積んでる水上偵察機で、空母が轟沈させられてるところを確認しました」

軽巡棲姫「私ニ同行シタ、ヨ級タチカラモ、同ジ話ヲ聞イテルワヨ」

提督「今の御時世、艦娘を連れずに海に出るのは自殺行為だってのに、何考えてんだ」

伊8「この鎮守府の深海棲艦が、人間を攻撃してこないと思ってたんじゃないですか?」

提督「そうだとしても、普通の武器担いで艦娘や深海棲艦と戦おうとするか……? ちょっと浅はかっつうか短絡的な気もするな」

伊8「うーん……確かに、考えにくいですかね?」

軽巡棲姫「他国ノ艦娘ニ、協力ヲ要請デキナイヨウナ、後ロ暗イ企ミガアッタ、トカ、ジャナイノ?」

提督「ああ、なるほど。艦娘を連れてない国が、日本海軍や他国を出し抜いて、この島を軍事的に掌握したかったってか」

提督「そうだな……このボロ船の連中を脱走兵に仕立てて、そいつらを空母で追ってきた、ってシナリオならあっても良さそうか?」

提督「最初からこの船の連中は処罰する、もしくは殺すこと前提で、俺たちにお近づきになるために困ってるふりをして近づいてきた……」

提督「自国で艦娘を用立てられないなら、この島の艦娘たちと親密になればいい……って考えてたとか、な」

伊8「そのために、この船の人たちを生贄にするんですか。だとしたら胸糞ですね」

提督「俺の想像だけどな。ま、無断でうちの領海に入ってきたんだから、それに近い考えなんじゃねえかと思うが」

軽巡棲姫「結果的ニハ、良カッタンジャナイノ? メディウムタチニトッテハ、都合ノイイ生贄ナンデショ?」


軽巡棲姫「ツイデニ空母ノ人間モ、生贄ニデキレバ良カッタノカモ、シレナイケド?」

提督「空母の乗組員って言ったら普通に数百人単位じゃねえか? しかも軍人相手じゃ、いくらメディウムでも骨が折れるな」

軽巡棲姫「面倒カシラ?」ウフフ

提督「面倒だな……」

伊8「今の話だと、この船の乗員も軍人の可能性がありません?」

提督「ん? それもそうか……それで片付けられたんなら、メディウムを過小評価してたことになるな」

軽巡棲姫「私タチダッテ、不意ヲツカレタラ罠ニカカルンダカラ、関係ナインジャナイ?」

アマナ「魔神様ー!」(←船の上から手を振り)

リサーナ「マスター! お出迎えに来てくれたのー!?」

提督「! おう、また船内の掃除をしてくれたのか?」

アマナ「はい! こちらの船は綺麗になりましたよ! 元からの汚れは取れませんでしたけど!」

提督「構やしねえよ、どうせこの船もバラすしな」

ベリアナ「ねえねえ魔神様~? わたしも頑張ったのよ? だからぁ、御褒美が欲しいなあ~?」ウシロカラピトッ

イブキ「あ、ベリアナ!? お前、こっちの船はまだ後始末終わってないぞ!」(←別の船の上から)

アカネ「もう、どこ行ったのか探してたのにー!」ウニュー!


リサーナ「ええー!? ベリアナだけ抜け駆けするなんてずるーい!」

ベリアナ「なによぅ、一番乗りして乗員全部ブラックホールに閉じ込めろなんて無理言い出したのイブキじゃなーい」

イブキ「言ったけど! ってか、やりゃあできるんじゃねえか!」

ベリアナ「あんな船に100人以上乗ってるなんて聞いてないわよ~!?」

提督「100人!? そんなにいたか!? それを一人で相手したのか!?」

アマナ「魔神様、信じちゃダメですよ! ベリアナったら人数盛り過ぎです! それでも50人程度はいたと思いますが」

イブキ「それに一人じゃ手一杯だからって、アマナに助けを求めてたしな!」

提督「二人いたって50人も相手したんなら十分大変だよ。手間もかかるし魔力も使うんだろう?」

アマナ「はい! 魔神様が、私たちに魔力を回復できる魔法石を多めに持たせてくださったのが本当に助かりました!」

リサーナ「ニコちゃんはご機嫌斜めだったけどねー!」

ベリアナ「うふっ、ご主人様からは指輪まで貰っちゃったしぃ、これはもう、愛よね! 愛!」キャッ

伊8「……帰還の指輪のことですよね」ドロッ

ベリアナ「ひぃっ!? 目が怖い!?」ビクッ


軽巡棲姫「即座ニ、テレポートデキル道具ナンテ、便利ヨネェ」

提督「メディウムしか使えないとはいえ、そういう便利なもんがあるなら使うべきだ。下手打って帰ってこられなくなるより全然いい」

提督「とはいえ、魔法石にしても帰還の指輪にしても、ニコがこれまで余らせた魔力を使ってこつこつ作って貯めてたものだ」

提督「こうやって今回みたいに、それなりの見返りと言うか、成果がないと無駄遣いになるからなあ。使いどころは考えねえと……」

ヴァージニア「まったくその通りだ。あれほどの人数を踏み潰さねばならぬとは……!」ヌッ

ヴァージニア「この私としたことが、不覚にも『まだいるのか』と思ってしまったぞ……!」

提督「よう、ご苦労さん。後始末は終わったのか?」

ヴァージニア「ああ、終わったぞ。終わらせたが、イブキとアカネよ……貴様たちはなぜこんなところで油を売っている?」ヌゴゴゴゴ…

アカネ「やばっ、すっごい怒ってる……!?」

ヴァージニア「そもそも! なぜこの私が! こんな貧相な船の掃除を引き受けねばならんのだ!!」ウガー!

ヴァージニア「普段大声で騒ぎ立てている貴様たちより、引き籠りのイサラのほうが今の今まで働けているというのはどういうことだ!?」

イサラ「うう、やっと終わったっス……早く帰って引き籠りたい」フラフラ

アカネ「え、えへへへ……」

イブキ「いやあ、その……面目ねえ」


ヴァージニア「ベリアナに至っては、あるじにくっつきたいが故に、人間どもの掃討が終わってすぐ指輪の力で帰還する始末!」

ヴァージニア「後始末のために、掃除を生業にするアマナがいる船に3体、こちらの船に5体を割り振ったというのにだぞ!」

提督「その言い分が本当なら、ヴァージニアの怒りもごもっともだ。申し開きはあるか?」

ベリアナ「えっ、で、でもぉ、あの船に最初に潜入して疲れちゃったのは本当だしぃ……」

軽巡棲姫「潜入ノタメニ、アナタタチヲ載セテ、船ノ中ニマデ入ッタノハ、私ヨォ?」

提督「やれやれ……ベリアナ、お前には別の『御褒美』くれてやってもいいんだぞ?」ワキワキ

ベリアナ「わ、わかったわよぅ! ご主人様の意地悪っ!」ピャッ

ヴァージニア「あるじよ、何をやっている! さっさとその小悪魔の頭を握り潰してしまえ!」

伊8「提督のアイアンクロー、いつの間にメディウムたちの間でも有名になったんですか」

提督「生憎と、何回かやらざるを得なくてなあ……」

軽巡棲姫「魔神サマモ大変ネェ」ウフフッ

提督「ところで、確か8人いるんだよな? あと1人はどうしたー?」

リサーナ「ヨウコなら、チェルシーを呼びに行ったわよー?」

提督「んん? アマナだろ、リサーナ、イブキ、アカネ、ヴィクトリカ、イサラ、ベリアナ、ヨウコ、チェルシー……1人多くねえか?」

伊8「はっちゃんが追加でチェルシーさんを連れて行きました」キョシュ

提督「追加?」


ヨウコ「とうっ!!」バッ!

伊8「おお、噂をすれば。船の上から跳んできた」

 スタッ!

ヨウコ「メディウム戦隊、メディ・ピンク参っ上! 司令、今回の任務は完了だ!」ビシッ!

提督「おう、お疲れ。チェルシーはなんでこの船に乗ったんだ?」

ヨウコ「あれ? チェルシーは司令が呼んだんじゃないの?」

チェルシー「あー、やっぱり船はいいなあ! あ、キャプテーン! この船の操縦、楽しかったですー!」

提督「チェルシーも出て来たか。はっちゃんと一緒に行って乗り込んだんだって?」

チェルシー「はいっ! 潜水艦もいいですけど、あたしはやっぱり波を感じられる船のほうがいいですねー!」

提督「チェルシーは何してたんだ?」

伊8「船の人間を全滅させたら、その船を引っ張ってこないといけないですよね」

伊8「それなら、船の操縦ができる人にまかせたらいいんじゃないか、ってことで、試しに行ってみようと」

提督「それでチェルシーに白羽の矢が立ったってか」


ヨウコ「そうそう! ぶっつけ本番だったけど、うまくいってびっくりしたよ! さすが司令、見事な作戦指示だね!」

提督「いや、今回は俺は指示してねえぞ。チェルシーがそういう技能持ってるって把握してなかったからな」

ヨウコ「そうなの!?」

提督「さっき、チェルシーがなんでこの船に乗ったかを訊いただろ……」

軽巡棲姫「ヨ級タチモ、曳航スル船ガ減ッテ楽ニナッテ助カッタ、ッテ言ッテタワヨ?」

提督「だとしたら、今後も頼んだほうが助かるか……その辺は相談だな」

ニコ「やあ、魔神様。また人間を退治したんだね」

提督「おう、メディウムたちのおかげでな。はっちゃんと軽巡棲姫たちにも手伝ってもらった」

ニコ「ありがとう、助かるよ。ぼくたちも海の上では思うように身動きが取れないからね」

伊8「……それにしても」

ヨウコ「?」

伊8「この船の乗組員は全員メディウムが殺して、いまは無人なんですよね」

提督「まあ、そうだな」


伊8「魔の海域ってあるじゃないですか。その海域に入った船の乗組員が忽然と消えたり、飛行機なら謎の墜落事故が多かったり」

提督「ああ……あれか、バミューダトライアングルみたいなもんか?」

伊8「はい。起こってる事態が、それみたいだな、って。ふと思いました」

軽巡棲姫「ソウイウ扱イニナッテモラッタホウガ、私タチモ過ゴシヤスイカモシレナイワネェ?」

提督「誰も近づこうとしない、というのなら、一番いいかもな。メディウムの存在も有耶無耶にできそうだ」

ヨウコ「なにそのなんとかトライアングル? なんかかっこいい技名みたいだね!」

チェルシー「いやいや、そういう呑気なのじゃないから」

提督「さて、さっさと戻るか。船の曳航、東岸までもうひと頑張り頼むぜ」

軽巡棲姫「フフフ……任テオイテ。帰ッタラ、ワカッテルワヨネェ……?」ニィ…

提督「……俺が対応可能な範囲でな?」

軽巡棲姫「フフフ……」キラキラ

伊8「……」キラキラ

ニコ「魔神様も大変だね?」フフッ

提督「……なんか、さっきも聞いたな? そのセリフ」


 * 東岸 鎮守府工廠前資材置き場 *

明石「ええ、確かに、再利用できそうな廃材はこちらにお願いします、と言いましたけどね?」

軽巡棲姫「ハァァ……」テイトクニダキツキー

提督「……」ダキツカレテナデナデ

軽巡棲姫「ンッ……フゥウ……」ウットリ

明石「なんで私はここで提督がイチャつくところを見せつけられなきゃいけないんですかねえ?」

提督「仕事してきたんだから、労ってるだけだぞ」

明石「金剛さんに、時間と場所を弁えろと、さんざん言われてきませんでしたか?」

提督「そういうあいつのが率先して抱き着いてきてたぞ、定期的に。むしろ抱き着けとまで言われたし」

明石「なんですかそのお約束過ぎる『おまいう』は!!」

伊8「それより早く代わってください。後が支えているんです」

軽巡棲姫「ソ、ソレジャ、次ハ腰ニ手ヲ回シテ……?」

提督「こうか?」グイ

軽巡棲姫「!! アァ……!!」ゾクゾクッ

伊8「早く代わってください」ギラリ

明石「……」アタマカカエ


リサーナ「うわぁ……ね、ねえ、私たちにも同じことするの?」ドキドキ

提督「お前が望むんだったらな。まあ、こういうのはあんまり良くねえのかもしれないが……」

明石「良くないと思うんだったら止めたらいいじゃないですか」

伊8「明石さん何か言った……?」ドロリ

明石「ひぃっ!? 目が怖い!?」ビクッ

リサーナ「なんか、さっきも聞いたわそのセリフ」

提督「なんでもとはいかないが、これじゃないと嫌だって言うんだからご希望通りにするだけさ。軽巡棲姫、そろそろおしまいだ」

軽巡棲姫「……名残惜シイワァ……」ションボリ

伊8「はっちゃんの番ですね」キラキラキラッ

明石「……はあ。まあ、いいですけど……」チラッ

アカネ「あ、あわわわ……」セキメン

イブキ「ご、御褒美ってそういう……!?」セキメン

イサラ「か、帰ってもいいっスか……!?」ガクガク

明石「ほらー提督ー、慣れてないメディウムの皆さんが怖気ついちゃってますよー?」

提督「いや、あくまで希望者だけだぞ? 別に何か欲しいものがあればそっちを優先するし」


ベリアナ「私はご主人様のハグがいいわぁ~! そういうの、たくさんちょうだ~い!」キャー!

提督「あ、ベリアナとイブキとアカネは後半サボったから、ハグとかお願いはなしだぞ」

ベリアナ「なんでよぉ!?」イヤーン!

イブキ「良かったのか悪かったのか……」

アカネ「……イサラちゃんはハグしてもらえるんだねー」

イサラ「ファッ!? ま、まだそうと決まったわけじゃないッス……!!」オロオロ

アマナ「私はどうしましょう……新しいお掃除道具も欲しいし……」ウーン

チェルシー「私も個人的な船が欲しいなあ……でもあの御褒美もちょっと……」ポ

ヨウコ「興味はあるわけだね?」

チェルシー「ま、まあね……?」テレッ

ヴァージニア「やれやれ、これがあの恐れ多いと言われた魔神の姿とは……あるじよ。貴様は部下に対して甘やかしすぎだ」

提督「そうか? やってることは戦争だからな。まともに戦えない俺の代わりに出向いてくれてんだぜ? 労いは必要だろう」

提督「お願いがあるならそれなりに聞いてやらなきゃ、不義理ってもんじゃねえか」

ヴァージニア「む……」


提督「よし、はっちゃんもこのくらいでいいか?」

伊8「堪能しました。また、お願いしますね?」ムフー

提督「おう。さて、それじゃあ一番働いてたヴァージニアに最初に訊くか。お前の希望は?」

ヴァージニア「……無い。施しを受けるのは下々の者がすることだ」プイ

ヨウコ「ヴァージニア!? 司令に向かってなんてことを!」

提督「んじゃあ、下々の者らしくするかね……」グイ

ヴァージニア「わ、私の右手を……な、何をする……!?」

提督「……こうするのさ」ヒザマズキ

ヴァージニア「っ!!」

伊8「あー……なるほど」

リサーナ「ヴァージニアの右手の甲にキスを……!」

軽巡棲姫「アア、ソレモイイワネェ」ポヤーン

明石「うわー、そう来るかあ! もう、なんなのこの人! 普段朴念仁のくせに、こういうときだけわかってるっぽいことする!?」

提督「お前の場合、物をあげたり頭撫でたりすんのも失礼なんだろうからな。これで容赦してくれ」

ヴァージニア「っ……お、おのれ、この粗忽者め……!」セキメン

アマナ(そういう割には嬉しそうですね……)


ベリアナ「ずるい! ずるーい! ご主人様、私にもチューしてぇええ!」

提督「……」ムゴンデテノヒラワキワキ

ベリアナ「ひぃっ!?」タジロギ

チェルシー「そんなに怯えるほどのものなの?」

リサーナ「すごかったわよ~? ベリアナが掴まれてるところをみたけど、本気で痛がってたもん」

ヨウコ「さすが司令だね! 力も強いなんて、頼もしい……はっ!? もしや司令、あなたがメディ・レッド……!?」

提督「いや、俺はブラックかブルーあたりじゃねえか? レッドなんて暑苦しいのは俺のカラーじゃねえ」

伊8「真面目に返すんですね、それ」

提督「ヨウコは冗談を真に受けるタイプだろうから、ストレートでいいんだよ。洒落た冗談返すのも面倒だしな」

提督「つうか、そもそも俺はヒーローってガラでもねえしな。俺は裏方でいいから、目立つ役目はヨウコに任せるぜ」

ヨウコ「司令……あたしを、信頼してくれてるんだね!? よぉし! これからも正義のために、頑張るよ!!」ウオオオ!

提督「ほどほどでいいからな? 適度に力抜けよ?」


明石「……まったく、相変わらず優しいんだか突き放してるんだかわかんないですね?」

提督「俺としちゃあ、この島の住人が気分よく快適に過ごしてもらうために働いてるわけだからな」

提督「俺にできないことは最初から断ってるだけだ。どっちにしても、問題があるなら次から改めるが」

明石「いいえ、ああは言いましたけど、その辺のバランスがあってこの鎮守府が続いてるわけですし」

明石「いろいろとまどろっこしく思いますけど、提督の感覚で対応してもらって大丈夫だと思いますよー」

提督(微妙に棒読みくせえな……)


 *


イサラ「……」カオマッカ

提督「お前の髪の毛、すげえ帯電してんだな。体質……というより、メディウムの能力によるところか、これ」シャッシャッ

イサラ「あ、あの、ま、魔神さん、静電気、痛くないっスか」

提督「おう。大したことねえよ」

イサラ「ま、まさか、魔神さんに髪の毛を梳いてもらえるなんて……」

提督「こんだけ常々帯電していると毛先も痛むんじゃねえかと思って、ちょっと気になっただけだ」


提督「お前自身の能力に差し支えるならやめとくが、このくらいの手入れくらいはしてもいいだろ」

イサラ「め、めっちゃありがたいっス……ナンシーからは、せめてもう少し短くしたほうがいいって言われるっスけど」

提督「そりゃ前髪とか野暮ったく見えるせいだろうな。でも、お前はこのままのほうがいいんだろ?」

提督「枝毛が出来てたりしたらさすがに話は別だが、まあ好きにしていいと思うぞ」シャッシャッ

イサラ「好きに……いいっスか。うへへ……」

提督「よし、こんなもんでいいか。そういえばイサラ、お前、櫛って持ってたか?」

イサラ「い、いや、持ってないっス……」

提督「んじゃ、これやるよ。ついさっき、酒保から買ってきたばかりだから新品だ」

イサラ「い、いいんスか」

提督「おう。使うときは使ってくれ。いらないときは捨ててくれりゃいいし」

イサラ「そそそそんなことは! あ、あの、ありがとうっス……んふ、んふふふ……」ニヤニヤニヤ

チェルシー「なるほど……私も髪の毛、伸ばそうかな……」フムフム

アカネ「アマナちゃん、まだ立ち直れないの?」

アマナ「……」クテェ…

イブキ「そんなに強烈なのか? 魔神様の『耳掃除』ってやつは……」ブルリ

明石「こうやって犠牲者が増えていくのねー。知ってはいたけど」

チェルシー「犠牲者って……」タラリ


伊8「そういえば明石さんも提督にマッサージしてもらってるとき、すごい声出てますよね」

明石「ちょっ!? 聞こえてたの!?」カオマッカ

伊8「ヴァージニアさんも提督にマッサージしてもらったらどうです? 気持ちいいですよ、提督の足裏マッサージ」

ヴァージニア「!?」

チェルシー「ねえ、もしかして犠牲者増やそうとしてない?」タラリ

伊8「そんなことないですよ? みんなに提督がとってもいい人だってことを知って欲しいだけです」デロリ

チェルシー「ひぃい! 笑顔が怖い!!」

明石(朝潮ちゃん並みの狂信者がもう一人……)アタマオサエ

提督「さてと、それじゃあヨ級やカ級たちのところにも行ってくるか。あいつらの望みってなんだろなあ……」

伊8「提督、泳げないんだから一人で行こうとしないでください」

軽巡棲姫「心配ダカラ、私モ行クワネェ?」

チェルシー「私も行こうかなあ……」

 ゾロゾロ

明石「……提督が一人になりたい時間があるっていうのも、あれを見てるとなんか納得しちゃいそうだなあ」

ヴァージニア「馬鹿め。この島のあるじが、独りでいては危険極まりないだろうが」

ヴァージニア「衛兵の一人や二人、常に侍らせておくのが当然なのだ。まったく、不用心が過ぎる……!」ブツブツ

明石「……あなたもついて行きたかった口ですか」

ヴァージニア「んなっ!? そ、そんなわけがあるか!?」


というわけで今回はここまで。
アマナとヨウコの名前は一時期、アマラとヨーコと勘違いしていました。反省。


>48
ご協力ありがとうございます。
スレッドの順番で上にいると、ごくたまに荒らし目的の書き込みがくるときがあります。
幸いにして、これまでそういった書き込みには遭遇していません。

>49-50
丁度その話になりましたが、こんな感じになります。
沈めると言うより鹵獲か掠奪と言ったところでしょうか。
船体から人の魂まで全部奪って無駄にしない精神。

>51
ここで喋らせてもいいけど、どこか作中で言わせるべきか……?
今回は保留で。


今回登場のメディウムはこちら。

クリスティーナ・ライジングフロア:ダンサーのメディウム。床がせり上がり人間を真上に高く飛ばす罠で、ロック系も飛ばすことができる。
  誰よりも高く飛ぶことを目指す孤高のダンサー。日頃から練習に明け暮れる努力家ゆえに無理しがち。休みには紅茶を嗜む優雅な性格。
カトリーナ・スイングハンマー:ガテン系メディウム。巨大な石槌で人間を跳ね飛ばす罠で、柱や石像も軽々とへし折ったり動かすほど。
  巨大なハンマーを担いだ屈強な女性。見た目同様豪快な性格だが、裁縫や料理など一通りの家事も不器用なりに練習する実直さも持つ。
エミル・トイハンマー:お人形のような可愛いドレス姿の幼女メディウム。巨大なピコピコハンマーが、思い切り人間を叩いて辱める罠。
  巨大なおもちゃのハンマーを担いだ少女。メディウムの中でも特に幼い外見だが可愛いと言われるのを嫌う。見栄っ張りで意地っ張り。
オリヴィア・クエイクボム:巨漢ヒール女子プロレスラー姿のメディウム。局地的な地震を引き起こし、人間の動きを封じてしまう罠。
  ルチャスタイルの女性レスラー。痩せやすい体質で普段から食事に気を遣っている。痩せた姿とどちらが本来の姿なのかは不明。

続きです。


 * 本営 *

中将「政府から、××島への使節団派遣の詳細が届いた。交渉日は、最速で×月×日を希望しているということだ」

X大佐「来月ですか。かなり早いですね」

中佐「政府も、こういったケースを想定してしていたのだろう。もしかしたら君と同じ考えの人間がいるのかもしれん」

X大佐「だとすればありがたいですね。では私は早速、提督と日程を調整して参ります」

中将「うむ、頼むぞ。それから、警告しておいた彼の弟についてだが、彼も官僚の一人として乗船は許してほしいと言ってきた」

中将「その代わり、提督との交渉の席には一切姿を見せないことを保証するということだ」

X大佐「ほかの官僚のサポート役をさせようと言うことですかね……承知しました、その件についても提督に連絡いたします」

中将「うむ……それからもうひとつ。海軍は、今頃になって深海棲艦との対話の是非に悩んでいるようだ」

中将「儂も懸念してはいたが……深海棲艦が『人』ではないからこそ、海軍としても容赦ない攻撃ができていたというところは否めん」

X大佐「……」


中将「そして同じく、艦娘も『人』として扱われなかったからこそ、これまで我々が戦い続けられた、というのも、ないとは言い切れない」

中将「皆の不安は様々だ。深海棲艦と対話できるようになって、これまでの我々の戦いを咎められないか」

中将「深海棲艦からどんな恨み節を聞かされるか。なぜ、今更になって深海棲艦と話ができることが分かったのか」

中将「深海棲艦が艦娘と仲良く国を作るとなれば、これまで艦娘の力を借りて……」

中将「否、艦娘に頼りきりだった深海棲艦との戦いは、どう変わってしまうのか」

中将「そして、艦娘にも人権が生まれるのではないか。艦娘が、本当に危険ではないのか」

X大佐「……」

中将「彼らの不安ももっともだ。ある意味、これまでがいびつで、我々にとって都合が良すぎたとも言える」

中将「彼女たち艦娘が、我々海軍に唯々諾々として従っていたのを、何の疑問も持たずに迎合して、利用してきたツケが回ってきたのだ」

X大佐「中将閣下。それは違うと思います」

中将「……」


X大佐「彼女たちは……艦娘は、純粋に人の助けになるために現れたと考えています」

X大佐「深海棲艦という、人間に対する悪意に対抗するために現れた、人間の善意、善性とも言える存在だと考えています」

X大佐「僕たちが彼女たちを裏切ることがない限り、彼女たちは僕たちに協力してくれるはずです。これまでだってそうだったのです」

中将「……」

X大佐「それから、かつての深海棲艦とは話ができたとは思えません。彼女たちは、我々に対し悪意と敵意をむき出しにしてきました」

X大佐「なんらかのきっかけがなければ、提督とはいえ彼女たちとの交流は成し得なかったはずです」

X大佐「都合の良い考えかもしれませんが、我々が深海棲艦と理解し合うためには、時間が必要だったのです」

X大佐「もちろん、後腐れなく、なんて都合のいい話はあり得ないでしょう。人間同士の戦争ですら、そうなのですから」

X大佐「彼女たちが抱えていた悪意を我々が正しく理解し、艦娘とともに共栄できる道を探していくことが大事だと、そう、考えています」

中将「……そうであってほしいものだ」

中将「不確かな情報だが、彼以外にも深海棲艦と内密に交流している海軍提督がいるらしい」

中将「あの島の深海棲艦たちと対話が進めば、他方の深海棲艦とも交流が期待できるかもしれん」

中将「海に平穏を取り戻すため……くれぐれもよろしく頼むぞ、X大佐」

X大佐「はっ!」ケイレイ


 * 墓場島 東沖 *

 * 海軍巡視船内 会議室 *

金剛「テェェェェトクゥゥゥゥ!!」ダキツキー!

提督「どわっ!?」ガッシィ!

陸奥「ちょっと金剛!?」

金剛「うう……寂しかったデース! 逢いたくて逢いたくてたまらなかったデース……!!」スリスリスリスリ

朧「金剛さんは相変わらずですね」

X大佐「どこの金剛も熱烈だよね」

提督「冷やかすなよ……それはそうと、この前の船とは違う船で来たんだな。おかげで深海棲艦たちがざわついてたぜ」

X大佐「あの船は医療船だからね。便利ではあるけど、特に診るべき患者がいないのなら、ここにそれで来る理由はないよ」

X大佐「それで、あの島の再建は順調かな?」

提督「まあ、いまのところは順調だな。もうじき、人間を受け入れて話し合う場所も出来そうだ」

提督「ただし、あくまで話し合いの場だ。飯を出すくらいはしても、寝泊りできるような設備まではこっちじゃ作れねえ」

X大佐「あの島では、食材の自給自足も難しいだろうからね」

提督「ああ。その辺は残念ながら燃費の悪いやつしかいねえんでな……」ハァ…


X大佐「食糧支援はしばらく必要になるということだね?」

提督「あんまり世話になりたくねえんだが……当分は資源や鉱物との物々交換で頼む」

金剛「No probrem... これからのテートクのsupportは、全部私に任せて All Okey デース」ホオズリホオズリ

提督「お前なあ……」

青葉「本当に金剛さんは司令官が大好きですねえ」

島風「提督、ただいまー!」

提督「よう、おかえり……って、お前たちだけか? 武蔵や比叡や白露とかも戻ってくる予定だっただろ?」

青葉「武蔵さんは那智さんと一緒に与少将のところで、もうしばらく勉強したい旨の連絡がありました!」

青葉「比叡さんはW大佐のところの榛名さんにくっつかれているそうで、離れるまでもう少し時間がかかりそうです」

提督「あー……あっちの榛名も比叡の件は相当泣きじゃくってたからな。んじゃ、しゃあねえか」

島風「それから白露も、第二改装が適用できそうだって話で、本営で診てもらってるんだけど……」

島風「今の艤装を改造した経緯? ってのを細かく聞かれてるらしくて、まだ戻ってきてないんです」

提督「あの魔改造、そんなに深刻なのか? 仁提督んとこの明石は、白露の艤装になにしてくれてんだよ」

島風「あっちの明石さんは悪くないですよー、あの改造は白露の希望通りにしてくれた結果ですし!」

提督「そりゃあそうかもしれねえけどな……」


島風「超がつくほど改造好きなのは問題かもしれないですけど、島風たちには優しかったですよ?」

島風「もともと仁提督が駆逐艦に興味なかったせいで、最低限の駆逐艦しかいなかったって言うのもあるんですけど」

島風「あの明石さんも駆逐艦が好きらしくて。どれだけ最高の駆逐艦を作れるか、って、長門さんと夜通し話し込んでたって聞いてます!」

提督「やべえ奴じゃねえか……!?」

島風「そうかなあ? 島風の艤装とか、すっごい念入りにメンテナンスしてくれましたし、悪い人じゃないと思いますけど」

提督「あいつんとこの長門が問題児だからな……そいつと馬が合う明石とか、想像したくねえ」ウヘェ…

青葉「いろいろ思うところはありますが、青葉的にはさっきからずっと抱き着いて離れない金剛さんもなかなかのものだと思いますよ?」

提督「……昔、10分間は抱き着いてもいいってルール作ったこともあるしな。ま、このくらいは黙認してやるよ」ナデナデ

金剛「うへへへ、テートク、愛してマース……!」ンチュー

提督「調子乗んな」アタマガシッ

金剛「ひっ」ビクッ!

島風「ん-、でも、しょうがない感じはありますよね、さっきの話を聞いちゃうと」

提督「ん? どういうことだ?」

島風「金剛さん、あっちの鎮守府で追い掛け回されたんですって!」

朧「は?」


青葉「なんでも、そこの男性に求婚されてたらしいんですよ」

提督「なんだそりゃ。相手はQ中将の後釜の新しい提督か?」

金剛「No ! 違いマース! あちらの鎮守府の新しい提督は、すでに結婚済みで、落ち着いた人デース!」

金剛「私を追いかけてきたのは、その提督の息子さんデス……!」アオザメ

朧「金剛さんが青ざめるほど、嫌な要素があったんですか?」

金剛「Yes...! いくら私でも、小学生と結婚するのは無理デース!!」

提督「はあ?」

朧「しょうがくせい?」

青葉「Q中将の後釜についた提督の息子さんが、金剛さんを気に入ってしまったらしいんですよ」

青葉「大きくなったら金剛お姉ちゃんをお嫁さんにする、とか言って、とにかくくっついてきてたらしいんです」

金剛「私も子供自体は嫌いじゃありまセン。But !! 未成年者とのLoveを育むのはお断りデェース!!」

提督「金剛の倫理観がいまいちよくわからねえ」

島風「なんか、未成年者の略取誘拐罪っていうのに抵触するーって、金剛さんが言ってましたけど本当ですか?」

提督「その辺の法律はわかんねえっつうか知らねえよ」


陸奥「子供の言うことなんだし、適当に流してあげてもいいんじゃないの?」

金剛「子供だからこそ真面目に返してるデース!! 彼が二十歳になるのに11年も待ってられまセン!」

提督「ここのつ、か」

青葉「ここのつ、だそうです」

金剛「最近の小学生はマセすぎデス! 一緒にお昼寝しようとか言い出して胸とか触ろうとするんデスヨ!?」

朧「うわ、確かに触られるのは嫌だなあ……」ウーン

金剛「それに、どこで仕入れたかわからない変な知識を、変な口調でお構いなしに喋り出シテ! 私だって反応に困りマス!」

提督「なんつうか、自分に興味持ってほしくて必死になってる感じか?」

青葉「そんな感じでしょうねえ。とにかく自分を見てほしいんでしょう」

提督「そんな齢の話なんて忘れちまうだろ。陸奥の言う通り適当にあしらっちまえよ」

金剛「No、子供であるほど冗談は通じないものデスヨ? 仮に子供の約束でも、その子が本気なら無碍にはできまセン」

金剛「それに、自分が子供であることを利用して、冗談と本気のギリギリの間を攻めてくるような子供に、中途半端な答えは禁物デス」

金剛「スマホを隠し持って、録音までしようとしてたくらいデスから」

提督「録音とはまた……スト-かーかモラハラ気質になりそうなガキだな。そりゃ将来が思いやられるぜ」


X大佐「注意喚起が必要だね」

提督「よせよせ。親になったことのねえ奴が、他人の子育てに口出ししても、ろくな事にならねえよ。放っとけ」

X大佐「そういう意味じゃなくてね。子供が勝手に鎮守府内をスマホをもって歩き回ることに、だよ」スクッ

提督「!」

 チャッ パタン

陸奥「X大佐がどこかへ行っちゃったんだけど」

青葉「X大佐が怒ってるところ、初めて見ましたねえ?」

島風「あれ、怒ってたの?」

青葉「目は笑ってませんでしたね。なるほど、X大佐は怒ると真顔になるんですねえ」

提督「さては新しい提督を始末しに行ったか?」

朧「始末……そうかもしれませんね」

島風「提督は怒らないんですか?」

提督「関わるのが面倒臭え。これ以上、艦娘に害が及ばない限りは俺はどうでもいいや。現にX大佐が動いてるしな」


金剛「私はひどい目に遭いマシタヨ?」

提督「拒絶して逃げおおせてきたんだろ? もう行く必要がねえなら、それで縁切りでいいじゃねえか」

提督「そのガキが島に来ようものなら、メディウムに歓迎してもらうだけだ」

金剛「……Q中将の奥様が心配デス」

提督「鎮守府の外で会えばいいだろ。っつか、鎮守府勤め自体辞めてもいいんじゃねえか? 海軍の直接の関係者ってわけでもねえんだし」

金剛「そうかもしれマセンネー……」

陸奥「それより、金剛はもう10分以上抱き着いたままだと思うんだけど」

金剛「Hey, 陸奥……? これまで1か月近く提督のもとを離れていたんデス、ちょっとくらい大目に見まセンカ?」

陸奥「2週間くらいじゃなかった?」

金剛「どのくらい誤差デース! テートクから離れていた私のカラダは、テートク分を求めているんデース!!」

提督「なんだその提督分ってのは」

金剛「艦娘に必要な成分のひとつデス。不足すると艦娘の活動に支障をきたす物質で、シレイニウムとも呼ばれていると聞きマシタ!」

提督「なんだそりゃ??」


金剛「とにかくこうやってテートクにくっついて、テートク分を私の体に補充してるデース!」ヒシーッ!

陸奥(わかる気がする……)

朧(わかる気がする……)

 扉<ガチャー!

伊58「ゴーヤもわかるでち!!」

提督「うお、びっくりした。誰だお前」

伊58「あ、はじめまして、伊58です! X提督の潜水艦娘だよ! ゴーヤって呼んでもらってるんだ!」

X大佐「今日は彼女に秘書艦をしてもらっててね」

伊58「X提督、最近はずーっと海外艦と一緒だったから、秘書艦は久し振りなんでち!」ピトッ

X大佐「ゴーヤ、お客さんの前なんだから、あまりくっつきすぎないようにね?」

伊58「えー、なんでー? あっちの金剛さん、ゴーヤよりくっついてるよー?」

提督「金剛。お前、あっちの潜水艦娘よりべったりくっつきすぎだ。見苦しいから少し恥を知れ」

金剛「」

島風「言い方きっつーい!」


青葉「それでX大佐、あちらの提督には釘を刺したんで?」

X大佐「彼の上官に連絡を取ったよ。彼は新婚で息子はいないはずと言っていたから、親戚の子を預かったのかもしれない、だって」

朧「それ、完全に部外者じゃないですか……?」

X大佐「今頃、特別警察が動いてるだろうね。彼が提督業を続けられるかどうかも審査することになりそうだ」マガオ

青葉「釘どころじゃないものがブッ刺さりましたか……」アタマオサエ

島風「良かったですね金剛さん! 二度と会わなくて済みそうですよ?」

金剛「」

朧「提督に突き放されてそれどころじゃないみたいだね……」

陸奥「今のうちに物理的にも引き剥がしとく?」

伊58「こんなにべったりくっつきたがる戦艦さんは初めて見たでち」

X大佐「……ゴーヤといい勝負だと思うけどなあ。君だって隙あらば膝の上に座ってくるじゃないか」

伊58「それは最近X提督がゴーヤたちと向き合ってくれないからでち」

陸奥「あらあら。X大佐も隅に置けないわね」クスクス

X大佐「場を弁えてほしいんだけどね……」


陸奥「まあ、それもそうね。ほどほどにしておかないと……」チラッ

金剛「私は見苦しくないデース!」ダキツキーッ!

提督「いい加減にしろっつってんだ!」アイアンクロー

金剛「Nooooooooo !!」メキメキメキ

伊58「うわあ……」ヒキッ

陸奥「ああなっちゃうかもしれないし、ね?」

青葉「普通はならないと思います」タラリ

朧「提督は普通じゃないですから」

X大佐「そうとは聞いてるけど……戦艦が痛がるとか、いったいどんな握力してるんだ」タラリ

伊58「あの人はツ級の生まれ変わりでちか……」ガクブル

青葉(半分深海棲艦だというのは当たってるから、ノーと言いきれないのが複雑ですねえ)


朧「そういえば、X大佐は金剛さんとは邂逅してないんですか?」

X大佐「できてないんだよなあ。金剛型どころか、戦艦自体と縁がなくてね。大型建造でも伊401が建造できたくらいだし」

X大佐「初めて来た戦艦がビスマルクで、次がローマなのは僕だけなんじゃないかな?」

青葉「それはX大佐しかいないでしょうねえ……」


 * 墓場島 南西に新築された屋敷 *

 * 屋敷の中央の大広間 *

島風「うわ、ひっろーい! ここで交渉が始まるんですね!」

提督「まだテーブルや椅子が入ってねえけどな。海軍が友好を示すために寄贈するとか言ってて、あとでここに運んでもらう予定だ」

電「派手な飾りもないのに、立派なお部屋なのです。ここにお客さんをお招きするのですね」

提督「まあ、招くっつうか堰き止めるっつうか……」

吹雪「堰き止めるって、水門みたいな言い方しますね!?」

提督「実際そうなんだよなあ。この島自体が俺たちの家みたいなもんで、この屋敷がいわば客間だ。長崎の出島みたいなもんだ」

提督「この島に住むのは、穏やかに過ごすことに賛成してくれた連中だ。面倒ごとからは遠ざけたい」

電「メディウムのみなさんもここにいるということは、このお屋敷で戦うことも想定しているってことですか?」

エミル「ぼくはどっちでもいいけどね。ここから奥に入ってきたら、誰だろうととっちめるだけだし!」

オリヴィア「ああ、そうだね。身の程を弁えない、生意気な奴はアタイがのしてやるよ!」

カトリーナ「あたしだって! アニキの敵は、全部ぶっとばしてやるぜ!!」

電「……いささか、血の気が多すぎる気がするのです」

クリスティーナ「そうね。罠なんだから、息を潜めることも大事よ? 血気ばかりが逸るのはどうかしら」

吹雪「そこはそういう意味じゃないと思うんだけど……」


提督「まあ、必ずしも善人だけがここに来ると決まったわけじゃねえからな。残念ながら」

提督「そもそも、メディウムが手を出さない条件は、この島の鎮守府に所属したことのある艦娘を連れていることだ」

エミル「最上とかが連れてきた人間は殺しちゃダメだってことだよね!」

電「加減……は、難しいんでしたね」

カトリーナ「電が殺しちゃ駄目だって言うんなら、ちょっとくらいは考えて戦ってもいいけど、あたしの武器で加減ってのはなあ」

電「確かに、難しそうなのです」

提督「それに、下手に加減すると、勝てると勘違いして向かってくる馬鹿もいるからな」

提督「どうしても、ってんなら、先に電がその相手に会って、信じられるかどうか判断するしかねえんじゃねえか?」

電「かもしれませんね……」

オリヴィア「アタイらの経験上、人間はズルいだからねえ。お人好しの電を騙すかもしれないよ?」

カトリーナ「そんな不届きな奴だったら、なおのこと、あたしが世界の果てまでぶっ飛ばしてやるぜ!!」

提督「なんだ、やけに気合入ってんな」

カトリーナ「あたし、電にはいろいろ世話になってるからさ。その、飯の作り方を教えてもらったりもしてるし……」

電「カトリーナさんのハンマーを勝手に持ち出したこともありましたので、電のできる範囲でやってるだけなのです」


提督「ふーん……お前たち、そこまで仲良くしてたのか。ちょっと意外だな」

オリヴィア「カトリーナはこれでも素直だからねぇ。みんなは単純だなんて言うけど、そこがいいところだとアタイは思うよ?」

カトリーナ「な、なんだよいきなり……照れるじゃねえか」セキメン

オリヴィア「アタイはあんたのことを認めてんだよ。純粋なパワーでアタイに太刀打ちできるメディウムは少ないからねえ」

提督「なるほどなあ……パワー自慢のメディウムって確かに少ねえって、誰かも言ってたな?」

島風「スピードなら負けない!!」

クリスティーナ「高さなら負けないわ!!」

エミル「うぐぐ……ち、ちくしょー! ぼくだって、ぼくだってえええ!!」

提督「張り合うな、って言いたいところだが……まあ、得意分野のひとつやふたつは開拓してもいいかもしれねえな」

エミル「ほんと!? じゃあ、ぼくは何が得意だといいかな!?」

提督「そこは俺に訊くなよ、自分の好みから好きに選べ。こういうのは誰かから押し付けてもらうもんでもねえだろ」

エミル「好み? 好みかあ……うーん」


島風「ねえねえ提督? 思ったんですけど、この部屋の柱、走り回るのになんだか邪魔じゃないですか?」

提督「いや走るなよ……まあ、確かに部屋の見通しは良くねえな?」

カトリーナ「ああ、その柱なら、あたしがハンマーでぶっ倒して下敷きにできるように立ててもらってるんだよ」

島風「はい?」

電「ぶっ倒すんですか?」

吹雪「この柱を?」

提督「そう来るか……」アタマオサエ

カトリーナ「なんなら壁でも天井でもぶっ倒すなりぶち落とすなりして下敷きにしてやっていいんだぜ!」

電「というか、倒したら建物が崩れたりしないのですか?」タラリ

クリスティーナ「柱を抜いただけで天井が落ちてくるほど、やわな造りにはしてないって聞いてるけど」

オリヴィア「それに天井を落としたいなら、フォールニードルのナンシーがいるじゃないか」

カトリーナ「あ、それはそうだな!」

提督「屋敷をぶっ壊す気かよ。元に戻すのが大変すぎるだろうが」


カトリーナ「そうは言うけど、あたしたちが柱をぶっ倒さなきゃならない時点で、敵さんだってなりふり構ってらんねえだろ?」

カトリーナ「抵抗するときでも逃げるときでも、この屋敷を壊さないように、なんて考えたりしないんじゃねえかなあ」

カトリーナ「窓どころか、壁をぶち破ってでも出て行こうとするかもしれねえぜ?」

提督「それもそうか。命の危険を感じてるときに、余所の屋敷の心配する奴はいねえな」

吹雪「……あの、司令官? ちょっと思い出したんですけど」

提督「ん?」

吹雪「メディウムが一番最初に鎮守府を乗っ取ったときのこと、覚えてますか? 私たちはロビーでメディウムの皆さんと戦ったんですけど」

吹雪「その時、アローシューターみたいな矢や、ファイアーボールとかローリングボムみたいな炎や爆発物が飛び交ってたんです」

吹雪「でも、戦い終わってロビーに戻ってみると、例えば矢が刺さった痕跡とか、燃えたり爆発してできた焼け跡とかがなかったんですよ」

提督「……そういやそうだったか?」

クリスティーナ「それは私たちメディウムがつけた傷だからでしょうね」

クリスティーナ「私たちは気付かれずに人間たちを殺さなきゃいけないから、現場に痕跡が残らないようにしてるの」

提督「それも魔力でか?」

クリスティーナ「そういうことになるわね」


提督「随分都合がいい能力だな」

クリスティーナ「当然じゃない。私たちの都合のいいように力を使っているんだもの」

クリスティーナ「私のライジングフロアを発動させるたびに、床に穴をあけてたらきりがないわ」

提督「ああ……それもそうか」

クリスティーナ「さすがに、ライジングフロアで飛ばした人間が壊した天井とかは、復元できないけどね」

オリヴィア「まあ、柱に関しては別にアタイたちだけじゃなく、人間にとっても都合が良かったりするんじゃないかい?」

オリヴィア「逃げ回るときに柱がこのあれば、弾除けくらいにはなるだろうしさ」

提督「深海棲艦だって馬鹿力が多いぞ。ハンマーで倒れちまうような柱が役に立つのか?」

カトリーナ「そうならないように、人間は深海棲艦のご機嫌を取らなきゃいけないんじゃないのか?」

エミル「え? そうなの? ぼく、てっきり、ここで暴れた奴らは、人間でも深海棲艦でも全員やっつけるんだって思ってたけど」

吹雪「ちょっ!? だ、駄目だってば!」

オリヴィア「いや、意外とアリだねえ。話し合う場だって言ってんのに、従わないんじゃあ示しがつかないね。違うかい、アミーゴ?」

提督「確かに、暴れて建物壊されるよりは、そのほうがいいかもしれねえな。そうなったら一番手は、この中からだとエミルか?」

エミル「えっ!? ぼくなの!?」


提督「暴れようとした相手に、警告として軽く一発どつく分には、エミルのトイハンマーか、ジュリアのハリセンが適任じゃねえか?」

提督「複数人の動きを封じるって点ではクエイクボムがいいだろうな」

エミル「やったあ! ぼくが一番乗りなんだ!!」

クリスティーナ「私のほうが適任だと思うけど……」

提督「罠としての発動の速さならな。お前の攻撃を避けられる奴はそうそういねえだろう」

提督「けど、ここでお前のライジングフロアで吹き飛ばしたら、そいつは天井に激突するだろ? 脅しの初手にしては重すぎる」

提督「それにライジングフロアは意外と範囲が広い。一人だけ暴れた時は、ピンポイントにそいつだけ叩きたいとなると、難しいだろ?」

クリスティーナ「……そういうことなら、仕方ないわね」

提督「歯向かうのが一人だけならエミルかシャルロッテ、団体様ならジュリアかオリヴィア、ってとこだろうな」

吹雪「司令官、だんだんと罠の扱いに慣れてきてますね……」

提督「うーん、なんでだろうな? なんとなく、直感でこの罠はこう使う、ってのがわかるんだよな……」

エミル「魔神様なんだから当然じゃないの?」

オリヴィア「そうだよ、アミーゴはアタイたちのことを知ってなきゃおかしいんだ」

カトリーナ「アニキがいるから、ここの艦娘たちと仲良くなれてんだぜ?」


クリスティーナ「もう少し自信を持って、私たちを率いてもらわないと困るわね」

提督「……ま、善処するよ」

電「どう見ても面倒臭がってるのです」

提督「ぶっちゃけ、メディウムが活躍するような事態にはなって欲しくねえってのはあるがな」

クリスティーナ「……まあ、平穏を望むのなら、そうあって欲しくもあるわね」

 扉<ギィッ

青葉「おお、こちらが会議室ですか! なかなか広いですね、このお部屋は!」

金剛「Hmm... 椅子とテーブルがまだだとは言え、Simpleでいいと思いマス」

提督「よう、お前たちが見てきた客間はどうだった?」

金剛「ン-、客室としては本当に最低限、と言う感じデスネー。あまり居心地が良くても問題でショウけど」

提督「準備するだけの控室だからな。全身映せるでかい鏡と化粧台、水回りを置いただけでも、この島の施設としては上等なもんだ」

提督「間違っても人間どもを寝泊まりさせるような設備は置きたくねえし、そもそも居座って欲しくねえ」

青葉「そこは大丈夫ではないでしょうか? 今もお近づきになりたくない人がいるくらいには、忌避されている島ですから」

提督「だといいけどなあ」


青葉「もっとも、このお屋敷をわざわざ鎮守府から一番遠いところに置いたあたりからも……」

青葉「人と関わりたくないからじゃないかと、感じられるところはありましたけどね」

金剛「ところで、このお部屋にメディウムの皆さんがいるということは……」

オリヴィア「アタイたちも部屋の間取りの下見だよ」

オリヴィア「いくら連中のために用意したとはいえ、暴れるようならアタイたちにお呼びがかかるわけだからね」

提督「とはいえ、暴れるのが人間とは限らねえ。この島は、人間と深海棲艦の交渉の場として使われる」

提督「人間を騙し討ちしようとする深海棲艦が来るケースも想定しとかなきゃいけねえんだ。むしろそっちの方が可能性は高い」

金剛「!」

吹雪「そ、そっか……最近、深海棲艦と仲良くしてたから、気が緩んでました」

提督「その時はメディウムだけじゃなく、艦娘の力も借りねえと駄目だ。特に避難誘導とかは艦娘にしか任せられないからな」

金剛「Yes ! そういうことなら、私たちに任せるネー!」

提督「頼むぜ。マジで頼りにしてんだからな……」フゥ…

クリスティーナ「? そういう割にはテンションが低いというか、落ち込んでるように見えるわね?」

電「あ、それは、単に司令官さんが面倒臭がってるだけだと思うのです」

クリスティーナ「」


青葉「各国の代表を受け入れるとなれば、その受け入れ準備とか会場設営とか警備の手配とか、やることは山ほどありますからねえ」

エミル「人間たちの意味でおもてなしが必要なのかあ……それは嫌だね?」

提督「んっとに、マジでやってらんねえ……面倒臭えし、結局お前たちに苦労かけてるし」ガックリ

金剛「Hey, テートク? 私たちがテートクと島のために働くことは当然のことデス。お手伝いするからしっかりするデース」

吹雪「そうですよ、私たちに任せてください!」

提督「んあー、悪いな……」

 *

青葉「ところで司令官? 来月、政府との交渉を決めたそうですが、こちらのお屋敷でやるんですか?」

提督「いや、まだこっちは使わねえよ。そもそも海軍が調度品持ってくるのが来月だし、準備してたら多分間に合わねえ」

提督「つうか、その話は俺たちと政府の対話だからな。こっちの屋敷を使うまでもねえ」

提督「あいつらが船を出して、そこの一室を会場にしたいって言ってきてるから、今回はそれに乗っかるつもりでいる」

青葉「なるほど……そこへ司令官が直参すると」

提督「俺が行くかどうかはまだ決めてねえな」

青葉「そうなんですか?」

提督「今回は向こうの要求を聞くだけだ。何が望みか、何がしたいのかを一通り聞いて、突っぱねるものと受け入れるものを明確にしたい」

提督「だから、あっちの話を聞くのと、必要な資料をまとめてこっちに送る準備をしとけとだけ言っておいた」

提督「それから、あいつらが真面目に俺たちと話そうとしてるかも確かめたいから、その場には深海棲艦にも同行してもらおうと思ってる」

青葉「となると、出向くのは泊地棲姫さんですかねえ……?」

提督「さすがに姫級じゃあいつらもビビるだろ。ル級あたりがいいんじゃねえかな? 良いと言ってもらえたら、だけどな」

提督「できるだけ話のわかる奴がいいな。誰にしようかねえ……」ウーン

と言うわけで今回はここまで。

>71
無人島ですので、使える物は使わないと、ですね。

これから起こる交渉のシーンや、曽大佐艦隊とのやりとりは
ある程度できているので、このあとのシーンが書き切れれば
それなりのスピードで投下できるかもです。


今回登場のメディウムはこちら。名前だけ出てくる子もいます。

・リンダ・ローリングボム:ボーリング選手のような風貌のメディウム。ボール状の爆弾が床を転がり、触れた人間を爆風で吹き飛ばす罠。
  何故か関西弁でボケ倒す、おしゃべり大好きねえちゃん。人を笑わせたいのか気を引きたいのか……というより、そういう性分なのかも。
・ニーナ・ペンデュラム:胸当てとドレスを身に纏ったメディウム。巨大なペンデュラム(振り子)の刃が往復して人間を切り刻む罠。
  花のお世話が趣味のお淑やかな女性。魔神を守る騎士を名乗るだけあって真面目で誠実。細身の体に似合わず巨大な鎖鎌を振り回す。
・ブリジット・ガトリングアロー:陸軍系の軍人っぽいメディウム。ガトリングガンから矢を連射して、人間を蜂の巣にする罠。
  規律正しい軍人と思いきや、実は趣味のコスプレ姿。実戦経験に乏しいので、その場の勢いやテンションの高さで誤魔化している。
・タチアナ・トリックホール:キャリアウーマン風のメディウム。深い落とし穴が突如現れ、足元がお留守な人間を嵌めてしまう罠。
  スーツ姿に眼鏡をかけた、お仕事大好きな真面目さん。書類仕事はお手の物、魔神のためにメディウム運用の効率化まで考えるほど。
・ノイルース・ファイアーボール:エルフのような長い耳を持つ魔導士のような姿のメディウム。火の玉が飛んできて、人間を燃やす罠。
  杖を携え炎を操る、長身のエルフの女性。四姉妹の長姉らしく、物腰柔らかく落ち着いた雰囲気を持つが、炎の話になると饒舌になる。
・キャロライン・ニードルフロア:金髪碧眼で着物姿、海外留学生風なメディウム。とげ付きの床がせり上がり、人間を串刺しにする罠。
  魔神をダーリンと呼び慕う、天真爛漫でアメリカナイズな女の子。生け花を嗜むが正座は苦手で、しょっちゅう足を痺れさせている。
・ケイティー・チャペル:花嫁衣裳のメディウム。教会の鐘が落ちてきて人間を閉じ込める罠。外から衝撃を与えると鐘の音で追撃できる。
  少々とは言えないほど独占欲が強すぎる女性。自分以外に魔神に近づく者をすべて排除し、鐘の中で二人きりになろうと企んでいる。

それでは続きです。


 * 鎮守府内 執務室 *

提督「それで推薦されてきたのが、時雨を見つけてくれたお前か。さっきまでも島の哨戒任務してくれてたんだってな」

ヲ級「……」コク

由良「ずっと哨戒任務を引き受けてくれてるし、この海域に迷い込んだ深海棲艦も保護してくれてるそうです」

提督「そんなことまでしてたのか? お前、すげえな」

ヲ級「……ソウカ? 誰カガ、ヤラナケレバナラナイコトダ。駆逐艦タチニモ手伝ッテモラッテイル」

提督「なんにせよ協力してくれてるのはありがたいぜ。そこに余計な仕事まで押し付けるようで悪いな」

提督「どんな話かは泊地棲姫から聞いたか? いきなり人間たちと話し合えって言われて、戸惑ってないかと思ってたんだが」

ヲ級「イヤ、ソレ程デモナイ。オ前ト話スヨウナモノダト、認識シテイル」

提督「……俺と、ねえ」

ヲ級「ナンダ? ソノ表情ハ」

提督「いや……海軍の人間も言ってたんだが、普通の人間にとって深海棲艦は脅威なんだ」

提督「実際に、お前の持ってる艦載機を使えば人間は殺すのは簡単だろ? お前以外の深海棲艦も砲撃なりなんなりの攻撃手段がある」

提督「何より、お前たち深海棲艦が、敵意を持って人間に触れると、その体が壊死するっつうか、朽ちていくとか言う話もあるし……」


提督「それがどういう理屈なのかはうまく説明できないが、それが事実なもんで、人間たちは深海棲艦をひどく恐れている」

ヲ級「触レルト……? 提督ハ、ナントモナイノカ?」

提督「魂が半分深海棲艦なせいか、俺の身には特に何も起きてねえな。というか、すでに人間じゃないからかもしれないが」

提督「ただまあ、そういう理由があるんで、お前と話す人間たちからそれなりに怯えられたり、嫌がられたりすると思うんだ」

提督「特に、来月乗り込むであろう船には、いろんな奴が乗船してると思う。深海棲艦が嫌いで、あからさまな態度の奴もいるはずだ」

提督「最悪、乗船した艦娘に威嚇されたり攻撃されるかもしれねえ。そういう状況下で落ち着いていられるか、その辺を確認したいんだ」

ヲ級「……イマノ時点デハ、ドウナルカハ想像デキナイ」

提督「うーん、まあ、それもそうだよな……」

由良「ねえ提督さん? その交渉に一緒に行く艦娘は誰にするか、決めてるんですか?」

提督「いや、そっちも決めてねえんだ。朧を候補にと考えてたんだが、露骨に嫌な顔されて断られた」

由良「そうなんですか? それじゃ、扶桑さんや陸奥さんは? 落ち着いてるし、話を聞くのは上手そうですけど」

提督「その二人だと、どっちも頷くと思えねえなあ。あれで扶桑は山城たちから離れたがらねえし」

提督「陸奥もちょっと人間嫌いなところがあってな。大勢の人間の前に立ちたいとは思ってねえんじゃねえかな」

提督「肝が据わってるって点では比叡なんだが、ちょっと素直過ぎて丸め込まれねえか不安だし、何よりまだこっちに戻ってきてねえ」


提督「ほかに適任そうなのは長門や霧島だが、余所の鎮守府に馴染み始めてるし、ここであの二人を頼っても後々うちのためにはならねえ」

由良「いま、この島にいる艦娘の中から選ぶのが賢明、ってことですね」

提督「そういうことだ」

ヲ級「……人間ハ、私タチト、話ガシタイノカ?」

提督「ん? 一応、そうだって言ってきているが」

ヲ級「仮ニ、私ト、艦娘ノ誰カト、提督ガ向カッタトシテ、私ニ声ヲカケテクルダロウカ?」

由良「!」

ヲ級「私ガ……深海棲艦ガ、人間ニ怖ガラレテイルト言ウノナラ、私ガ行ッテモ、提督ヤ艦娘トシカ話サナイコトニナルト思ウガ」

提督「……そうだな。いくらか慣れてる海軍の人間でも、深海棲艦との対話となると、多少なりともビビったりするはずだ」

提督「お前の言う、深海棲艦と艦娘と俺の面子だと、おそらく俺にしか話しかけてこないだろうな」

由良「艦娘にも話しかけてこない、ですか?」

提督「だと思うぜ。俺が島のことを仕切ってるわけだし、だとすれば、連中も俺以外と話をしようなんて思わないだろ」

提督「最悪その場で言質を取ろうと画策してくるかもしれねえ……となると、俺は出ないほうがいいんじゃないか、とも思えるな」

由良「……うーん」


提督「まあ、どっちみち、初回はあくまで顔合わせで済ませたいんだ」

提督「話を聞いて資料をもらって、あとはこっちで持ち帰ってから回答する、で終わらせたい」

提督「ただ、今回が単なる顔合わせだとしても、必ず深海棲艦が関わってくるぞ、って印象付けておきたいとは思ってる」

提督「俺たち全体があいつらに避けられること自体は構わねえが、深海棲艦だけが除外されて扱われるようなことは避けたい」

由良「そうですね。国交の話になると、資料とか山ほどあるでしょうし、その中でおかしな文言が入ってないか確認が必要ですよね……」

ヲ級「……」

提督「そういうわけなんで、まずはあいつらの社交辞令を適当に受け流してもらいながら、睨みを利かせてほしい、っていう難しいお願いだ」

提督「あいつらの無礼もある程度我慢してもらわねえといけなくなるはずだ。嫌な役割だが、頼めないか?」

ヲ級「……構ワナイ。引キ受ケル」

提督「本当に助かる。悪いな」ニコ

由良「……提督さん? 艦娘の出席者も決めないといけないですよね? ねっ?」

提督「そうだな」

由良「でしたら、ゆ」

ヲ級「私カラ、希望シテモイイカ?」

提督「ああ、もちろんだ。誰か一緒に行きたい艦娘がいるのか?」


ヲ級「誰、トイウノハ、ナイガ……艦娘ハ、駆逐艦ヲ連レテイキタイ」

由良「ええっ!?」

提督「……その理由は?」

ヲ級「駆逐艦ハ、人間ノ幼体ニ似テイルノダロウ? 成体ガ私ダケナラ、私ニ話シカケザルヲ得ナイ状況ニナルト思ウガ?」

提督「なるほど。確かに、駆逐艦娘は子供扱いされそうだな」

ヲ級「ソレカラ、イマノ話ニ少シ興味ガ湧イタ。オ前ノ言ウ、私タチニ怯エテイルノニ、軽視シタ態度ヲトル人間ガイノルカ、見テミタイ」

提督「そっちはあまり感心しない理由だな……」

ヲ級「ソウナノカ?」

提督「面白半分でやると痛い目見そうだからな。やるなとは言わないが、人間が用意した席での交渉ごとだ、油断だけはしないでくれ」

ヲ級「……ワカッタ」コク

由良(由良が行って褒めてもらおうと思ったのに)ションボリ

提督「さて、それはいいとして、朧以外に候補と言うと……朝潮は素直過ぎるし、若葉もいねえし、誰がいいかねえ」ウーン

由良「えっと……如月ちゃんは駄目なんですか?」

提督「人間に、肉体的に嫌な思いさせられてるからな。できればそういうトラウマが少なさそうな艦娘を選びたい」


由良「それなら……」

 扉<コンコン

敷波「しれーかーん、入るよー!」ガチャー

初雪「お邪魔します……」

敷波「水路のことで相談が……って、ごめん、取り込み中だった?」

由良「ううん、大丈夫よ。丁度良かった、提督さん、敷波ちゃんはどうですか?」

敷波「へっ?」

 * *

敷波「ふーん。いいよ」

提督「マジか。敷波は、こういうのは嫌がるもんだと思ってたんだが」

敷波「うん、好きじゃないけどね。でも、話としては、相手に適当に愛想良くして、書類をもらってくる、ってことでいいんでしょ?」

由良「そ、その通りだけど……」ウーン

敷波「由良さんさー。多分だけど、あたしのこと、可愛げがなくなったとか思ってない?」

由良「……以前はもう少し、言い方が柔らかかったって言うか、そこまでずけずけ言わなかったんじゃなかったかな、って」


敷波「今更だと思うんだけど」

由良「提督さんのせいですよ?」ジロッ

提督「そんなこと言われてもなあ……」

敷波「もー、由良さんてば、電のこともそうだけど、あたしのこと心配しすぎだって。ヲ級ちゃんもいるんだし、大丈夫だって」

ヲ級「……ヲキューチャン? 私ノコトカ?」クビカシゲ

敷波「あ、なんか違う呼び方のほうがいい?」

ヲ級「……イヤ、オ前タチガ呼ビヤスイナラ、ソレデイイ。私ノ名前ヲ訊カレテモ、思イ出セテイナイカラ」

初雪「名前?」

提督「俺たちは深海棲艦をル級とかヲ級とか呼んでるけど、それは海軍に発見された順につけられた、便宜上の名前だろ?」

提督「もともとはこいつもどこかの国の航空母艦で、その名前が思い出せないまま蘇ったのがこの姿なんじゃないか、って」

ヲ級「ソウイウ話ヲ、提督ト、シテイタ。モトモト私タチハ、人間ニ遭遇スルマデ、名前ナンテ意識シテイナカッタカラ」

敷波「……それじゃあ、そのうち名前を思い出すかもしれない、ってこと?」

提督「そこはわからねえな」

敷波「ふーん。どっちにしても『ヲ級ちゃん』は仮の名前だね」

初雪「メイメイカッコカリ……?」


ヲ級「タシカ……ソウイウノヲ、愛称ト、呼ブンジャナカッタカ?」

初雪「アイショウカッコカリ……!」

提督「そこにカッコカリはいらねえだろ」ツッコミ

リンダ「ええ感じのツッコミが聞こえたでぇ!」ガチャバーン!

提督「……」ムゴンデアタマツカミ

リンダ「へっ!? ちょ、にいさんちょっとタンマ! タンマや!!」アタマツカマレ

提督「ああ、ちなみにだが、お前たちが政府の連中と会うときには、一応だがメディウムも乗せてってもらうからな?」

敷波「はーい」

リンダ「はっ!? も、もしかしてにいさん、うちにそういうお役目を……」

提督「お前は駄目だ。半ば潜入任務みたいなもんだってのに、お前は1分と黙ってられねえだろ」メキッ

リンダ「ひ、ひいい!? そ、そないなことあらしまへんよ!? ううううち、こう見えてヤマトナデシコでございますやし!?」オタオタワタワタ

提督「滅茶苦茶怪しくなってんじゃねえか。そんなんで任せられるか、っての」パッ

リンダ「!」

提督「あまり話を脱線させるなよ。お前はボケられればそれでいいのかもしれねえが、話の邪魔はすんじゃねえ」

リンダ「えへへぇ……その、堪忍な?」


提督「とりあえずだ。敷波とヲ級に行ってもらうことにして、もう一人くらいついて行ってもらえると助かるな」

敷波「ふーん……初雪、一緒に行かない?」

初雪「え。いや……いいけど」

リンダ「いいんかーい!」ツッコミ

提督「初雪がやる気になるなんて珍しいな。大丈夫か?」

初雪「うん、まあ。面倒そうなことは、答えなくていい、なら」

提督「あー……そういう意味では適任か。確かに、ぱっと行って、ぱっと帰ってくるだけの話だしな」

由良「とにかく、会見の実績だけ作っておく、ということですね」

リンダ「なんや、せっかく行くのに挨拶だけで帰るん?」

提督「深海棲艦が政府の船に乗り込んで、書状を受け取って帰るってだけでも、向こうにしてみりゃ大前進だろ」

リンダ「いやいやー、どうせなら派手に一発……」

提督「そういう面倒臭え真似はよせっつってんだろ」テノヒラワキワキ

リンダ「ひっ! いや、いややなあ、ほんの冗談やぁて、冗談? な?」


提督「ま、向こうに落ち度があるんだったら、ぶちかましてもいいけど……かますにしても、ある程度落ち着いてるメディウムがいいな」

リンダ「はいはーい! うち! うちが」

提督「お前は駄目だっつったろ」

リンダ「ぎゃふーん!!」ズコー!

由良「普通、そうなるわよね、ね」

初雪「……司令官のリアクションが分かっててボケてる気がする」

敷波「ていうかさ、連れてったら、絶対うるさくて気が散るよね」

ヲ級「私モソウ思ウ」ウナヅキ

リンダ「なんでや! リンダちゃん泣いてまうで!?」ウルウルッ!

提督「ところで水路の件って何のことだ?」

リンダ「無視かーい!?」

敷波「あー、それさ、周りの建物のせいだと思うんだけど、一部の水路が直角に曲がってるんだよね」

敷波「そのせいで、曲がり切れずに怪我する深海棲艦がいてさ?」

ヲ級「……ソウイエバ、イ級タチガ、カラダヲブツケテタ」

初雪「海水が飛び散って、ビニールハウスの近くや花壇とかに入っちゃうから、見直してほしい……」


提督「あの水路、かなり頑丈に作ってたはずだな……作り直しができるか、タチアナや泊地棲姫に相談してみるか。最悪封鎖だな」

提督「ちょっと行ってみるか。リンダ、悪いが留守番頼む」

リンダ「へっ? にいさん……遂にうちを頼ってくれるん? しょうがないなあ、うちにまかしときや!」

リンダ「こう見えて待つのは得意なんやで? こう、ローリングボムを当てる! っちゅう、集中力ってえの?」

リンダ「百発百中のうちの腕前は、こう、待つことから始まるよってな? 隙を見つけたらこう、ズバーッと!」

リンダ「ズバーッと、て、うちの武器は刃物やないけど、鋭く投げる! こう! こうやで! な?」フリムキ

 シーン

リンダ「って、誰もおらんのんかーい!!」

リンダ「うう、寂しいなあ、あんまりやで、この仕打ち。なんでうちひとりで喋り続けてなきゃあかんねん……あ」

リンダ「ちょっと。そこの画面の前のきみ! そう、きみや! ちょーっと、うちとおしゃべりせぇへん?」

リンダ「あっ、ちょっと、スクロールするのやめてもろて! うちが消える! 消えるて!」

リンダ「ちょ、待ってえなーーー!」


 * 鎮守府 埠頭 *

那珂「メタネタは、使用上の注意をよく読み、用法、用量を守って正しくお使いくださいっ!」ビシッ!

山城「那珂ちゃん? 突然何を言ってるの……!?」


 * 工廠 *

明石「あ、提督! こちらにいらっしゃるなんて珍しいですね?」

提督「よう。忙しそうだな」

明石「いえいえ、いまはそうでもありませんよ? 怪我と言っても、みんな戦闘以外でできた大したことない怪我ばかりですから」

提督「今のところは一応、平和なわけか」

明石「そうですねえ。まさかル級さん以外の深海棲艦も診てほしいとか言われるなんて、思いもしませんでしたけど」

プール内のイ級「」チャプチャプ

プール内のロ級「」チャプチャフ

ヲ級「駆逐艦ノ傷ハ、スグ、治リソウカ……?」

明石「はい、大丈夫ですよ! もうすぐ修理完了です!」

提督「つうか、深海棲艦も診られるようになったこと自体もすげえな」

明石「ええ、もっと褒めてください!」ドヤッ!

提督「お前なあ……まあ、いいか。調子に乗ってもいいくらいの仕事をしてるしな。なんか入用なもんがあるなら、遠慮なく言えよ?」

明石「あれ、いいんですか? それじゃあ……」テマネキ

提督「ん?」


明石「マッサージ用のお部屋をひとつ作ってください。遮音性が効いてるお部屋で……!」ヒソヒソ

提督「……それ、今更じゃねえか?」

明石「今更でもいいんですぅー! 提督、お願いしますよ!?」

提督「お前の場合、自分で作れそうだけどな……まあいいや、あったほうがいいことは確かだし、予定には入れとくか」

ニーナ「遮音性と仰るのでしたら、神殿の中で行ってもよろしいかと思いますが」

提督「うお!?」ビクッ

明石「ひえっ!?」ビクッ

ニーナ「あ、申し訳ありません、驚かせてしまいましたか」

提督「くそ、お前ら気配の消し方うますぎんだよ……」

ヲ級「隠レテタノカ」

ニーナ「はい。時々練習しませんと、いざと言うときに力を出せませんので」ニコ

敷波「遮音性って何の話?」

明石「あ、いえいえ、なんでも……」

提督「内密な話をするときに聞き耳立てられないようにしたいんだよ。そういう場所が欲しいってだけだ」

由良「そうなんですか?」


敷波「ふーん?」

初雪「怪しい……」

ヲ級「……?」クビカシゲ

提督「揃いも揃って疑いの目を向けるなよ。別にいいけどよ」

明石「いいんですか」タラリ

提督「とりあえず、ニーナの申し出は悪くねえが、その前に艦娘を神殿に招き入れること自体は問題ないのか?」

ニーナ「はい、問題ないと思います。以前、魔神様が体を痛めた時に、赤城さんに連れてきていただいていますし」

提督「ああ、俺が魔力槽に入ったときか……」

ニーナ「それから、一番最初に捕縛した如月さんを治療するときにも、入っていただいています」

ニーナ「もちろん、入ってはいけないお部屋も神殿内にはありますが、そうでなければニコさんも何も言わないでしょう」

敷波「入っちゃいけない部屋?」

提督「いろいろ仕掛けのある危ない部屋があるんじゃなかったか。確か、あっちの世界じゃ人間に攻め込まれてたんだろ?」

敷波「危ないものが置いてあるお部屋じゃなければ、入ってもいいってこと?」

ニーナ「はい、そうですね。ただ……」

敷波「ただ?」

ニーナ「よく考えたら、危ないものが置いていないお部屋のほうが少ないですね?」

明石「それじゃ駄目じゃないですか」ガクッ


ニーナ「私が一緒なら、危険な場所は回避できますよ」

提督「そうかもしれねえけど、それじゃ神殿内に一人で入るな、と言ってるようにしか聞こえねえぞ」

初雪「うん……危ないなら入りたくない」

 奥の扉<ガチャッ

ブリジット「自分も入る機会はない方が良いと思うであります!」ビシッ!

ニーナ「あらっ、ブリジット? ここにいたの?」

明石「結構な頻度で来てますよ? ここにある使ってない装備を見せてほしいとお願いされてまして」

ブリジット「様々な装備品がありますので、今後の参考にさせていただいているであります!」

ニーナ「そういえば、隼鷹さんたちがいた時も、飛行機を嬉しそうに眺めてたわね……」

敷波「へー、なんか参考にできるもの、あったの?」

ブリジット「残念ながら、自分の武器は簡単に刷新できるわけではありませんので、眺めて想像するだけであります……」ショボン

明石「そういえば、メディウムの皆さんの武器の強化って、どうするんです?」

ニーナ「私たちの武器で強化できるのは、純粋な威力だとか発動回数、再発動までの時間短縮などです」

ニーナ「あとは、私たちの武器が通用しない相手がいますので、そういった相手の不意を打つ力であったり……」

ニーナ「連撃や複数回攻撃を当てることで、強制的に相手の装甲を破砕する力を、私たちの武器に付与することは可能です」

ブリジット「自分のガトリングアローには、連撃によるアーマーブレイクの力が備っているであります!」エッヘン!


ヲ級「……オ前カ」セキメン

ブリジット「はい?」

ヲ級「アノ時、私タチヲ丸裸ニシタノハ、オ前カ……!」ゴゴゴゴ…

ブリジット「ひいっ!? んななな、何事でありま……あ! も、もしや、貴殿はあの時の……!?」

ニーナ「そういえば、ブリジットは隼鷹さんの流星に乗せてもらっていただったわね。その時に敵空母群に大打撃を与えた、って……」

ヲ級「オ前ノセイデ、私タチハ恥ズカシイ目ニ……!」ズイッ

ブリジット「ひええ! ご、ごめんなさいごめんなさいっ!」

提督「落ち着け落ち着け。何があったかは後で聞く、まずは落ち着け」ワリコミ

ヲ級「……!」

提督「ブリジットも心当たりがあるんだな?」

ブリジット「は、はいであります。おそらく、自分はその航空母艦の深海棲艦殿と交戦し、装甲というか、衣装を破砕したのでは、と……」

提督「衣装を破砕?」

ヲ級「……」ナミダメ

提督「……こりゃ、何も聞かないほうが良さそうか?」

明石「かもしれませんねえ……」


ブリジット「え、ええと、その、その節は、大変申し訳ないことを……」オソルオソル

提督「待て待て。むしろこの場合は俺が謝らなきゃならねえんじゃねえか? 俺が迎撃指示を出したわけだし」

ブリジット「!?」

ニーナ「魔神様!?」

明石「んー、でもまあ、それが一番すっきりしますかね。提督があの戦いの最高責任者であったわけですし」

提督「そういうわけなんで、ブリジットに対しては水に流してくれ。代わりに俺がお前たちの希望を聞くことで勘弁してほしい」

ヲ級「……」ジロリ

ブリジット「ひっ……そのぉ、本当に申し訳ないであります……」

ヲ級「……ワカッタ。責任ハ、オ前ニトッテモラウ」

提督「ああ。あとでもう一度、執務室に来てもらっていいか?」

由良「」ギラギラッ

ブリジット(こっちからも殺気が溢れてるであります!?)ビクッ

明石(うわあ……『責任』の一言で目の色が変わってる)

ニーナ(魔神様は魔神様で平然としすぎです……慣れておいでなのでしょうか)タラリ


敷波「由良さーん、目つき怖くなってるよー」ヒソッ

由良「えっ!? そ、そう?」

敷波「うん。落ち着いて」

明石(敷波ちゃんが落ち着きすぎてる……)

ニーナ(なんて頼もしい……)

初雪「……とりあえず、水路はどうするの」

提督「おう、すっかり話が脱線してたな。作り直せるようなもんか、見に行かねえと。明石にも話を聞きたいんだが、いいか?」

明石「あ、はい! わかりました!」

提督「ニーナはタチアナを連れてきてくれるか? 水路の設計にはあいつも一枚噛んでんだろ?」

ニーナ「そうですね。呼び出しますので、しばらくお待ちください」

提督「あとは泊地棲姫は……」

明石「最近は食堂にいますよ。最近は自分でコーヒーの焙煎を始めたみたいです」

提督「本格的だな……そのうちコーヒー畑でも作りそうだな」

初雪「そうなったら、紅茶派が黙っていなさそう」


 * その後 *

 * 執務室 *

タチアナ「水路の改修工事の件、承りました。あとはこのタチアナにお任せを」ペコリ

提督「ああ、頼むぜ。ところでお前、結構夜遅くまで書類仕事してるんだって? 無理はしなくていいからな?」

タチアナ「ありがとうございます。私は大丈夫ですので」

提督「大丈夫だからって言って無理する奴、数人、心当たりがあるんだよなぁ」ジトッ

タチアナ「そう仰る猊下こそご無理なさらぬよう、面倒ごとがありましたら、私どもにご下知いただければと」

提督「俺は最初から無理はしてねえよ。面倒なことも嫌いだからな。お願いしたいことがありゃあ、誰に対してもそれなりに頼ってるさ」

敷波「……今はね」ジトッ

提督「今は今でいいだろ。昔に戻ったほうがいいのか?」

敷波「それはよくないね。っていうか、いつ戻っちゃうか心配なんだけど」

提督「……」

タチアナ「あの……あまり猊下をからかうべきではないかと」

敷波「からかうつもりはないよ。自分で全部やろうとしたりしてほしくないだけ」

初雪「……それはそう」ウナヅキ


提督「まあ、そういうのをやめろと言われたからな。できる限り分配するっつうか……」

提督「今はさすがに忙しすぎて、協力してもらわねえと俺も休めたもんじゃねえ。勝手を知ってる艦娘が減って、新しい深海棲艦が増えて」

提督「顔覚えるのもそうだし、各々が衝突しないためのルールも決めていかなきゃならねえからな」

敷波「今後あたしたちが生活する場所だし、無関係じゃないんだからさ。あたしたちも司令官に倣ってるだけだよ?」

タチアナ「……異種族との共同作業と言うのは、往々にして衝突が発生します。それを克服しようとする猊下と、その艦娘……」

タチアナ「なんとも、その姿勢に感服いたします」

提督「そんなに堅苦しくなくていいぞ? 楽にしろ、楽に」

タチアナ「いえ、私はこれが普通ですので」

初雪「……朝潮と同じタイプっぽい」

提督「だな」

タチアナ「ところで、先ほどから不機嫌そうにしておいでのそちらのお二人はどうなさったのですか?」

由良「……」

ヲ級「……」

提督「ヲ級にはちょっとした補償をしてやらねえといけねえんだ」

タチアナ「補償……ですか?」


提督「ああ。さてと、待たせたな。ヲ級、とりあえずお前の希望を聞きたいんだが」

ヲ級「ナンデモ、イインダナ?」

提督「俺が出来る範囲でな」

ヲ級「……デハ」コホン


ヲ級「『御褒美』ヲ、ヨコセ」


敷波「……」

初雪「……」

由良「……」

タチアナ「……」

提督「……は?」

ヲ級「聞コエナカッタノカ。『ゴホウビ』ヲヨコセ、ト言ッタンダ」

提督「ごほうび?」

ヲ級「トボケルナ。オ前ハ、任務ヲ終エタ艦娘ニ、御褒美ヲアゲテイルト聞イタゾ」

提督「……どういうこった?」


初雪「あー……もしかして」

タチアナ「何か心当たりがおありで?」

初雪「頭撫でてあげたりする、あれのこと?」

タチアナ「……それが、御褒美ですか」

提督「それでいいのかよ」

ヲ級「ソレハ、ドンナモノダ?」クビカシゲ

提督「どんなものって……」

初雪「……私にやってみたらいいと思う」

敷波「あ、ずるい! あたしも!」

提督「……いいのか?」

敷波「いいんじゃない?」ニコニコ

提督「……」

 ナデナデ…

敷波「ふふーん……♪」

初雪「んふぅ……♪」

タチアナ「……」

由良「……」


ヲ級「……コレガ、御褒美、カ?」

敷波「そうだよー」ニヒヒッ

ヲ級「私ニモ、ヤレ」

提督「いいのかよ……」

初雪「その、あたまの帽子? それって取れないの?」

ヲ級「外サナイト、ダメナノカ?」

初雪「外さなないと、効果は半減する」

ヲ級「……一応、外セル」カポッ

敷波「外せたんだ……!」

ヲ級「コレデイインダナ。サア、来イ、提督……!」キッ!

提督「いや、そんなに力まなくていいぞ? 肩の力を抜け」

 ナデナデ…

ヲ級「……」

提督「……」


タチアナ「なんなんでしょう、この頭を撫でてるだけだというのに、微妙に張り詰めた空気感は」

初雪「由良さんのせいだと思う……」

由良「……」ヌゴゴゴゴ…

敷波「由良さんも司令官へのお願いがいろいろ遠回しすぎて、多分司令官には全然伝わってないんだよねー」

初雪「というか、如月や大和さん、金剛さんと比べて、アピールが弱すぎるんだと思う」

タチアナ「よく見てらっしゃいますね……」

敷波「まあ、いろいろとね?」

提督「これでいいのか……?」

ヲ級「……」ナデナデ…

ヲ級「ナルホド。悪クナイ」スッ

提督「!」

ヲ級「今日ハ、コノクライニシヨウ。マタ、貰イニ来ル」クルリ

 スタスタ…

初雪「行っちゃった……」

敷波「満足したのかな」


タチアナ「げ、猊下、大丈夫なのですか?」

提督「俺は大丈夫だが……あいつの髪、ちょっとごわごわしてたな。なんかいいシャンプーでも見繕ってやらねえと」

敷波「そこを心配するんだ」

提督「みんな気にするんじゃないのか?」

敷波「しないとは言わないけどさ」

初雪「タチアナさんも、司令官に撫でてもらう……?」

タチアナ「はっ!? い、いえ、私は、そのようなことは! とても恐れ多い……」

敷波「して欲しいって言えばしてくれるよ? 遠慮すると損だよ?」

提督「まあ、いつも頑張ってるみたいだしな。頭撫でられるのが嫌な奴もいるだろうし、希望があるなら言っていいぞ?」

由良「……提督さん?」ゴゴゴゴゴゴ…

敷波「あ」

由良「由良も秘書艦の御褒美を前倒しでいただきますねっ! ねっ!」ガッシィ!

提督「うおっ!?」ダキツカレ

由良「しばらくこのままです! このままですから! ねっ!!」グリグリグリ

提督「鼻を押し付けてんじゃねえ! 犬を通り越して猪か、お前は!」

初雪「……由良さん……」ドンビキ

敷波「ため込みすぎるとこうなるんだよねー。タチアナさんは本当に大丈夫?」

タチアナ「はい……あそこまでひどいことに、ならないように努めます」タラリ


 * 居住区 寮ロビー *

如月「……というわけで、来週以降の司令官のお部屋へのお泊りスケジュールは、この通りね」

ル級「来月マデ、予定ガ埋マッテイルノカ。スゴイナ」

軽巡棲姫「アア……待チ遠シイワ」モジモジ

伊8「……大淀さんも予定を入れてるんですか?」

陸奥「あら? これまで入れてなかったの?」

伊8「入れてませんでしたね。陸奥さんも入れてるんですか」

陸奥「私はこれまで遠慮してたんだけど、せっかくだから一回くらいは、ね」ウフフッ

扶桑「……由良は、まだ自分の名前を入れてないのかしら?」

伊8「夜を一緒にするのはちょっと違う、みたいなこと言ってたのを聞きましたけど?」

扶桑「変なところがお堅いのね……? 朝、留守になったあとの提督のベッドに、結構な頻度で飛び込んでいるのに」

陸奥「そんなこと、何で知ってるの?」

扶桑「毎朝、洗濯した提督のお召し物を届けに行ってるの。その時に、ね」

伊8「そんな役得があったんですか……!」

扶桑「届けに行ってるだけだから、残念だけど特に何もないわよ?」ウフフッ


大和「……さりげなくメディウムも入ってきてますね」

朝潮「キャロラインさん……ああ、あの剣山を持った金剛さんのような口調の人ですね」

吹雪「ニコちゃんは入ってないんだ。意外!」

ノイルース「失礼。お邪魔しますよ。この人だかりは何かありましたか?」

吹雪「あっ、あなたは確か……ファイアーボールの」

ノイルース「ええ、ノイルースです。それでこの張り紙はなんと……これは、何かの当番ですか?」

朝潮「こちらは、司令官のお部屋へのお泊りスケジュールになります!」

ノイルース「お泊り? 魔神様と、一夜を共にするということですか……?」

吹雪「ちょ、ちょっと朝潮ちゃん!? 話して良かったの? なんか、聞いてないみたいな反応なんだけど!」

朝潮「キャロラインさんが入っているから問題ないのでは?」

吹雪「いや、でも……!」

ノイルース「ふむ……面白そうですね。良ければ、私の名もそこに書き加えていただけますか」

吹雪「へっ?」


如月「最後になるけれど、いいんですか?」

ノイルース「構いませんよ。魔神様とは、一度ゆっくりとお話ししてみたかったので」ニコ

ノイルース「それ以上に、魔神様のプライベートスペースへお邪魔できると思うと……胸が熱くなりますね。昂ります」

如月(司令官の私室とはいえ、司令官の私物が着替えくらいしかないけれど……)ウーン

大和(むしろ私たちの私物のほうが多い気が……)タラリ

ノイルース「しかし……この話はもっと早くに聞いておきたかったですね。ニコさんは存じておいでなのですか?」

大和「知っていますよ。ニコさんがいるときにこの話をしたことがありますから、聞いていないということはありません」

ノイルース「ふむ。そこにキャロライン以外のメディウムの名前は載っているのですか?」

如月「載っているのはキャロラインさんだけかしら?」

ノイルース「そうでしたか。ではなぜキャロラインだけ……? ニコさんには改めて事情を伺うとしましょうか」

ル級「オ前以外ノ、メディウムモ、参加スルノカ?」

ノイルース「話せば何人かは興味を持つと思いますし、知らないだけなら参加する者はいるはずですよ」


ノイルース「もし、ケイティーがこの話を聞いていたとしたら、真っ先に入っていたと思いますが」

伊8「あ、ケイティーさんなら出禁になりましたよ」

ノイルース「……」

軽巡棲姫「順番ヲ無視シテ、イキナリ寝室ノ提督ニ襲イカカッテ、返リ討チニ遭ッタラシイワネ?」

伊8「飛び掛かったところを頭を掴まれて、そのまま片手でぐるんぐるんぶん回されてから地面に叩きつけられたとか」

如月「本当かどうかはわからないけど、その時一緒にいた人が巻き込まれそうになったから、司令官も相当怒ってるみたいだったわ」

大和「ニコさんも、お仕置き部屋に送ったって言ってましたね」

ノイルース「そういうことですか。そのせいで、ニコさんから我々に話が回って来なかったのかもしれませんね……やれやれ」アタマオサエ

陸奥「ところでノイルース? あなたというか、メディウムがこの寮を訪ねてくるなんて初めてじゃないかしら。なにかあったの?」

ノイルース「いえ、皆さんが普段どのような環境でお休みかと思いまして。勝手ながら興味本位でお邪魔いたしました」

陸奥「あら、そういうことなら案内するわ。炎は出さないように気を付けてね」

ノイルース「ええ、心得ております。よろしくお願いします」ニコ

ル級「ソウイエバ、メディウムガドンナ場所デ休ンデルカハ、見タコトナイナ」

軽巡棲姫「私タチト一緒ニイタトキモ、神殿ニ移動シテタワネ」

大和「どんなところで寝てるのかしら……」


というわけで、今回はここまで。

今回登場のメディウムはこちら。

・ミリーエル・アローシューター:エルフのような長い耳を持つ、弓矢を携えた姿のメディウム。矢が飛んできて、人間を攻撃する罠。
  エルフと呼ばれる森の民のような風貌の女性。四姉妹の末妹で特徴のない自分を未熟だと思っている。性格も真面目で素直な優等生。
・コーネリア・ギルティランス:黒いドレス姿のメディウム。壁から返しのついた多数の槍が飛び出し、人間を刺し貫いて引き寄せる罠。
  無数の槍を背負いバトルマニアを自称する女性。好戦的だが戦い続けるためにも引き際は弁えている。他人に心配されるのが嫌い。
・グローディス・サンダージャベリン:エルフのような長い耳を持つ戦士のメディウム。帯電した槍が飛んできて、人間を刺し貫く罠。
  四姉妹の一人で、その中では珍しい肉体派。性格も豪快で少々直線的。姉妹それぞれ美人だが、それを武器にするのは苦手の様子。
・セレスティア・ホットプレート:鉄板を持ったシェフ姿のメディウム。焼けた鉄板が足元に現れて、人間を焼いて飛び上がらせる罠。
  メディウム随一の料理人。マーガレットを良きライバルと認識しているが、同時に彼女のつまみ食いと食べ過ぎも気にしている。
・スズカ・フライガエシ:ねじり鉢巻きをした和装のメディウム。巨大なフライ返しが、人間を空高く打ち上げひっくり返す罠。
  お好み焼きでも焼いてそうな雰囲気の女の子。でもお好み焼きを知らない。調子に乗って大きなことを言うのが欠点、とは本人の談。
・マーガレット・フライングケーキ:パティシエのメディウム。飛んできたホールケーキが人間の顔にはりついて、視界を奪う罠。
  暇さえあればケーキを作るケーキ好きの女の子。作ったケーキを残さず食べる上に運動不足のため、よく足がもつれて転んでいる。

というわけで、続きです。


 * それから数日後 *

 * 執務室 *

武蔵「そういうわけで、白露の体調と艤装の調査はもう少しかかるそうだ」

提督「……しばらくこっちには来られねえってか」

島風「だそうです」ショボン

大淀「白露さんは、そんなに体の具合がおかしかったんですか?」

島風「やっぱり無理してたのかなあ……」

提督「俺は本営の連中の我儘だと思うぞ。あの白露が個体として珍しいから手放したくねえんだろ」

提督「白露型に、島風に比肩する性能を持たせたんだ。仁提督の明石のところにも本営が出しゃばりそうだな」

大淀「そういえば提督も、医療船で本営のお医者様に、検査だなんだと迫られていましたね」

武蔵「ああ……それと同じことが白露の身に起きているということか」

提督「いくら轟沈してねえとはいえ、あいつらに好きにさせすぎたか……?」

武蔵「いや……むしろ好き勝手し過ぎたのは我々かもしれんぞ。ここでは艦娘が好きに出撃できているからな」

武蔵「同じ感覚で過ごそうとして、調査そのものが順調ではないのかもしれん」


提督「その理屈だと、島風も向こうで好き勝手してたことになるが」

島風「……」メソラシ

提督「……おい。冗談で言ったつもりなのに、本当かよ」

島風「だって、走り回っちゃ駄目とか言うんですもん」プー

武蔵「少しの間だけじっとしていれば、それで済むはずなんだがな」

提督「そのじっとしてるのが苦手だからな。それが理由なら長引くのもやむなしだが、そうだとしても適当に切り上げてくれねえかな」

武蔵「それは無理だろう。仕事に手を抜けと言っているようなものだぞ。それに……」

提督「あくまで艦娘は海軍が管理するものだから、全部知っておかなきゃいけないってか? 面白くねえな」チッ

 神殿への扉<ガチャッ

ニコ「だったら、遠慮なく脅しをかければいいじゃないか。人間の言いなりになるなんて、魔神様らしくないよ」

ミリーエル「失礼いたします、魔神様」ペコリ

提督「ニコはまーた俺たちの話を聞いてたのかよ……話が早いからいいけどよ」

ミリーエル「あの、私も聞いていましたが、魔神様が人間にそこまで気を使われる理由は一体……?」

提督「んー……半分は、単純に白露が心配だから、だな」

提督「あいつの体が本当に何も問題ないのか、俺もその辺を確認したいっつうか、確証を得たい、保証して欲しいってのはある」

ニコ「……そう言われると仕方ないなあ」


島風「もう半分は面倒臭いからですよね?」

提督「まあな。余計なことを言って面倒を起こしたくねえ」

ミリーエル「しかしこれでは、まるで人質ではありませんか」

提督「こればっかりは仕方ねえよ。いまできることっつったら、白露に問題がないなら早く返せと言うくらいしかねえな」

大淀「X大佐に連絡を入れましょうか。政府との会談ももうすぐですし」

提督「そうだな……言うだけ言ってみるか。そのついでに、工作艦も増えてくれねえかな……」

大淀「工作艦……ですか?」

提督「ああ。明石もそれなりに忙しいし、明石以外の艦娘の艤装の面倒を見れる誰かの手を借りたいんだが……」

提督「ま、仮にいたとしても、都合よくこっちに来るとは思っちゃいねえけどよ」

ミリーエル「……魔力槽ではいけないのでしょうか」

提督「あれもあれで原理がよくわからねえし、別に何かを治そうって話でもねえからな」

提督「むしろ、あれに突っ込んだせいで白露が改装前に戻ったりしても問題だ。『元に戻す』と『治癒する』じゃ意味が違う」

ミリーエル「なるほど……」

提督「そういう意味じゃあ深海棲艦も心配なんだがな。深海棲艦の入渠ドックも作ってもらったが、面倒見てるのは艦娘の明石だし」

提督「というか、艦娘も深海棲艦も、ついでに酒保も明石に任せちまってるから、ちょっと負荷を減らしてやりてえな」


提督「ちなみに魔力槽はニコに全部任せててもいいよな?」

ニコ「うん。大丈夫、ぼくに任せてよ」

提督「ひとまず、島風は白露が心配なら、もう少し本営にいてもいいぞ。練習がてら、本営とこの島を結ぶ便の護衛哨戒をしてもいいし」

島風「うーん……わかりました。島風、いったん白露のところに戻ります。様子を見てから、決めてもいいですか?」

提督「おう、いいぞ。で、武蔵はもうしばらく与少将んところにいる気か?」

武蔵「ああ、この鎮守府と向こうの鎮守府ではいろいろ勝手が違うのでな。そのあたりの報告もさせてもらいたい」

提督「……いっそのこと、那智と一緒に向こうの鎮守府に転籍してもいいんじゃねえか?」

武蔵「な……!?」

提督「お前の話しぶりを見る限り、与少将にはよくしてもらってるみたいだしな。中将の引継ぎもしてるし、X大佐との連携も取れてる」

提督「お前が与少将の戦力になりそうなら、わざわざこっちに来て暇を持て余す必要もねえだろ。むしろこの島への案内役として適任だ」

ミリーエル「……」

大淀「どうかしましたか?」

ミリーエル「いえ……武蔵さんがこの鎮守府を離れるとなると、一部のメディウムが荒れそうだなと思いまして」

武蔵「……コーネリアとかか?」

ミリーエル「そうですね……グローディス姉さんとしょっちゅう演習という名目で模擬戦と言いますか」


提督「喧嘩してストレス発散してる、と」

ミリーエル「……有体に申し上げれば、その通りにございます」

提督「萎縮しなくていいぞ、好きにしろっつってんだし、死なない程度にやる分には構やしねえよ」

武蔵「確かに、その二人やオリヴィアやカトリーナと談笑できなくなるのは寂しいな。代わりにいろいろな土産話を用意せねばならないか」

提督「与少将に貸しを作りたいわけじゃねえが、いまの与少将の仕事はこの島に関わることも多いはずだからな」

提督「お前が働いてくれれば、この島のためにもなるだろう。こっちから直接外に手を出すのは控えたいしな」

武蔵「なるほど。私は実働部隊になるわけか」

提督「もちろん、なにかあったら俺たちも出るとこ出るつもりだ。メディウムも黙っちゃいないし、深海棲艦も手を貸してくれるはずだ」

ニコ「そうだね、この島に関わるんなら、ぼくたちも力を貸すよ」

 扉<トントントン ガチャー!

間宮「す、すみません、どなたか手を貸してください!」

提督「んん? 何があった?」


 * 厨房 *

タ級1「ケーキニアウノハ、コーヒーダ!」

タ級2「紅茶ノホウガ、オイシイ!!」

マーガレット「はわわわ……お、落ち着いて欲しいのです」

電「……私の口調を取らないで欲しいのです」

スズカ「しばらく一緒におったから、口調が移ったんかねえ?」

セレスティア「かもしれないわね……」

金剛「呑気なことを言っている場合ではありまセン」

比叡「そうですよ、早く止めないと」

金剛「紅茶こそが最高の飲み物であることを、皆さんにlectureしてあげないといけまセンネーー!!」

比叡「金剛お姉様!?」

泊地棲姫「マッタク……同ジ深海棲艦デ、同ジ戦艦クラスナノニ、コウモ好ミガ別レルトハネ」

セレスティア「確かあなたは、コーヒー派ではありませんでしたか?」

泊地棲姫「確カニコーヒーガ好キダケド、紅茶モ嫌イジャナイワヨ」


提督「なにを面倒臭え言い争いしてんだ」ヌッ

比叡「あっ、司令!」

提督「折角、間宮が以提督の鎮守府からこっちに来てくれたっつうのに、しょっぱな喧嘩してる奴があるかよ……」

タ級1「ダッテコイツガ、コーヒーヲ馬鹿ニスルカラ!」

タ級2「オ前コソ、紅茶ヲ飲ム私ヲ馬鹿ニシタダロウ!」

泊地棲姫「提督、私ノ身内ガ、スマナイナ」

提督「まあいいけどよ。こういう話で争えるのは平和な証拠だ。俺にしてみりゃ本当にどうでもいい争いだしなあ……」

間宮「だ、大丈夫なんですか、そんなこと言って」ハラハラ

タ級1「ソウイウ提督ハ何ヲ飲ムンダ? 何ガ好キナンダ」

提督「水」

タ級2「……」

比叡「司令は氷水があればいい人ですからね~」

タ級2「……ジャア、比叡ハ?」

比叡「あ、私は緑茶が好きです! ケーキにもあいますよ!」

金剛「紅茶じゃないんデスカ……!」

比叡「こ、好みに嘘はつけませんよ!?」


提督「ちなみにお前たちはどうなんだ?」

スズカ「好きな飲み物なあ? いうたら、うちは麦茶じゃな!」

セレスティア「特にこだわりはありませんが……強いて言えばトマトジュースでしょうか」

マーガレット「私はホットミルクが好きです!」

電「好みまで同じなのです……」

提督「間宮はどうだ?」

間宮「えっ? わ、私は緑茶派なんですが……抹茶が一番好きですね」

提督「茶室でたてるようなやつか?」

間宮「はい」

提督「それなら、茶室も作るか」

間宮「えええ!? そ、そこまでは!!」

タ級1「見事ニ、バラバラダナ……」

泊地棲姫「コレダケ綺麗ニバラケルト、感動スラ覚エルワネ」


提督「ま、好みはそれぞれだからな。それこそ好き好きなんだ、押し付けるのも馬鹿にするのもやめとけ」

タ級1「ムー……」

タ級2「仕方ナイナ……」

提督「あ、でも、見た目とかが汚え飲み食いしてたときは注意していいぞ。そういうのは萎えるからな」

タ級1「ソレハ確カニ嫌ダナ」

タ級2「同意スル」

提督「そういえば、コーヒーはこの前ガンビア・ベイが買ってきてくれた奴をまた頼んでるが、紅茶はどうだ? まだあるのか?」

金剛「私のお気に入りのEarl grayを取り寄せてマース!」

タ級2「! 待テ。私ハ、フレーバーティージャナイホウガイイ」

金剛「!?」

提督(あ、これも面倒な奴だ)

金剛「What did you say ? Earl grayが美味しくないとでも……!?」

タ級2「ミルクティーヲ楽シム分ニハ、ベルガモットハ余計ダロウ。ダージリンノ茶葉ダケノ方ガイイ」

泊地棲姫「ミルクティー? 牛乳ヲ加熱シテ、ソコニ茶葉ヲイレテ作ルヤツカ?」


比叡「そっちはロイヤルミルクティーって呼ばれるほうですね。普通にお湯で淹れた紅茶にミルクを入れるほうが一般的じゃないかな?」

セレスティア「ラテとは違うのですか?」

間宮「ラテは確かエスプレッソコーヒーを使うものではなかったかと……」

タ級1「イロイロ、ヤヤコシイナ? ブラックデ、イイダロウニ」

マーガレット「ホットミルク派の私たちには、あまり関係のない話ですねー」

電「なのです」

スズカ「それはええけど、マーガレットの飲み方はちょっとなあ。なんでホットミルクに砂糖入れるんよ?」

マーガレット「えっ? おいしいですよ?」

電「え……お砂糖、入れるのですか……?」ヒキッ

マーガレット「ええ!? 何ですか、その反応!?」

タ級1「私モ牛乳ニ砂糖ハチョットナ……」

タ級2「イクラナンデモ、甘スギナイカ?」

金剛「ケーキに合わせるなら、なおのこと考えづらいデース……」

泊地棲姫「期セズシテ意見ガマトマッタナ」


提督「すげえなマーガレット」

比叡「それって、意見がまとまったって意味でですか? それとも、牛乳にお砂糖のほう?」

提督「両方」

比叡「ですよねー」

マーガレット「そんなあ! おいしいんですよ!?」

セレスティア「味はともかく、お砂糖を摂り過ぎなのでは?」

タ級2「ダト思ウゾ。アイツ、普通ニ、ケーキヲ食ベ過ギダト思ウガ」

タ級1「胸焼ケ起コシソウナレベルデ、タイラゲテルヨナ? モッタイナイ、トカ言ッテ」

セレスティア「ただでさえケーキを運ぶときに転んで何個も駄目にしているというのに、もったいないとは……」トオイメ

電「……」モニュッ

マーガレット「きゃあ!? きゅ、きゅうにおなかをつままないでください!」

電「……しっかりつまめるくらい、あったのです」ドンビキ

提督「健康のために走るとか言ってなかったか?」

スズカ「なんか、疲れたから今日はお休みー、ちゅうんがここ最近ずっと続いとったんじゃがの」

提督「三日坊主かよ」


マーガレット「は、走ってると、ケーキを作る時間がなくなっちゃうんですよ!」

比叡「しばらく作るの休んだらいいんじゃないかな?」

マーガレット「そんなあ!?」

提督「そうだ、せっかくだからうちの艦娘の練習に付き合え。島風がランニングしたいっつうから一緒に走ってこい」

マーガレット「あの足の速い子ですか!? 絶対おいていかれます!」

提督「んじゃ武蔵と一緒に畑仕事してこい。お前の作ってるケーキの原材料を育ててこいよ」

マーガレット「ケーキ作るのに、そんなことする人いるんですか!?」

金剛「本営で流れてた TV program で見ましたが、ラーメンを作るのに必要な小麦を育てる畑から作った人たちなら、いましたヨー」

電「畑!? って、土壌からお世話するのですか!?」

提督「マジか。じゃあそれやるか、畑も増やしたいし」

マーガレット「無理ですうううう!!」ナミダジョバー

タ級1「……コノ島デ、小麦ッテ育テラレルノカ?」

タ級2「サア……? デカイ農場ジャナイト、無理ジャナイノカ?」


提督「仮に作ったとしてもそんなに土地があるわけでもねえからな。この島の住人の消費量を考えると、少なすぎるかもなぁ」

タ級2「ダトスルト、畑仕事ヨリ、遠征デ資材ヲ調達シタホウガ、私タチハ役ニ立テソウダナ」

タ級1「駆逐艦ヲ連レテ、北方ニデモ行クカ?」

比叡「それならお弁当を用意しなくっちゃ!」

セレスティア「そうですね。予定をいただければ、それまでに準備しましょう」

タ級1「ア、ソウダ。オマエ、ワ級ニ乗ッテ、一緒ニ遠征ニ行クカ?」

マーガレット「ふえええええ!? なんで、わたしがー!?」

タ級2「ダメダロ、コイツガ運動スルワケジャナイシ」

タ級1「ア、ソウカ」

電「やっぱりこの鎮守府の中で体を動かしてもらうのです」ウンウン

マーガレット「決定なんですかああ!?」

セレスティア「健康のためよ、マーガレット。頑張って」

マーガレット「そんなああ!?」

間宮「……」アッケ

金剛「Hey, 間宮。ぼーっとしてどうしまシタ?」

間宮「いえ……本当に、深海棲艦の方々と、普通にお話してるのが信じられなくて。こちらの提督は、すごい方なんですね」

金剛「フフッ、それはもう、人間以外の誰にでも優しい人デスカラ」


 * 政府との会談予定日 5日前 *

 * 墓場島鎮守府 執務室 *

(執務室のソファに、提督と向かい合って、妙高、N特務大尉、磯波が座っている)

提督「なるほど。曽大佐もそれなりの血筋ってことか」ペラリ

妙高「そうですね。とりあえず、与少将からお預かりした資料は以上です」

N特尉「……」

磯波「……」ビクビク

ヲ級「ソンナニ、緊張シナクテモイイゾ」

磯波「は、はひっ」ガチガチ

タ級「ガチガチダナ。オイ、人間、緊張ヲ解イテヤレ」

N特尉「……はひっ!?」ビクーーッ!

軽巡棲姫「人間ガ、一番緊張シテルワネエ……」テイトクニウシロカラダキツキ

妙高「無理もありませんよ。ただの人間が深海棲艦にかなうわけがないというのに、こんなふうに囲まれているんですから……」

提督「……軽巡棲姫はいい加減、俺の背中から離れてくれねえか。書類が読みづれえ」

軽巡棲姫「ジャア、隣ニ座ッテモイイ?」

提督「読み物の邪魔さえしなきゃ、いいぞ」

軽巡棲姫「ソウ? フフフッ」ストン


N特尉「……なあ、提督。どうして執務室が深海棲艦ばかりなんだ? 艦娘はいないのか」

提督「今のタイミングで、たまたまそうだ、ってだけだぞ。深海棲艦がいなくて艦娘が寛いでるときもある」

N特尉「だ、だからって、どうして執務室に……」

タ級「ドウシテッテ、ココナラ、ソファニ座ッテ、コーヒーガ飲メルカラナ」ズズッ

N特尉「……そ、それでいいのか?」

提督「ああ、俺は自由にさせてる。ここが好きな奴は、艦娘、深海棲艦問わずいるんでな」

提督「俺が仕事してると静かにしてくれるし、聞き分けがいい奴が多くて助かってる」

ヲ級「静カナ場所ハ、好キダゾ。普段騒ガシイ艦娘モ、提督ガ仕事ヲシテイルト、静カニナルノハ、見テテオモシロイ」

ヲ級「ソレニ……カグワシイコーヒーノ香リト、波ノ音……深海ニハナイ、ヤワラカイソファ……」ウットリ

妙高「ああ……そういうことですね」

N特尉「な、なるほど。わかる気がするな」

提督「俺のそろばんの音がいろいろと台無しにしてるような気がするんだけどな」

ヲ級「ソレハソレ、ダ」

N特尉「おみやげは、せんべいより洋菓子のほうが良かったか……」

妙高「コーヒーに合わせるのでしたら、そのほうが良かったですね」


提督「とりあえず、曽大佐のことはわかった。軍人の家系の傍流ねえ……これだと、本家を見返してやりたいってタイプかもしれねえな」

N特尉「ああ……ちなみに彼は男一人、女六人の七人姉弟の五番目だそうだ」

N特尉「一応は長男だから、張り切っているんだろう。そのせいで張り切り過ぎて、極端に振り切れてる感じもするが」

提督「古い家だと、家を任されてる重圧なんてのも考えられそうだな」

N特尉「それで必死なのかもしれない……か。とにかく彼は、深海棲艦は撃滅せよの一点張り、そこは曲げられないと主張している」

N特尉「だから、艦娘が口答えしようものなら、すぐ解体処分を言い渡すくらいには苛烈と言うか極端と言うか、言ってしまえば過激派か」

提督「そんなんじゃあ、部下の艦娘に謀反でも起こされるんじゃねえか?」

N特尉「いや、結果も出しているだけあって、彼の考えに賛同している艦娘も少なからずいるようだ」

N特尉「崇高な使命を掲げ、覚悟を決めてかかっている姿に、ついていこうと共感しているんだろうな」

N特尉「実際、曽大佐は自分でも戦いたいらしく、鎮守府内のジムで毎日格闘訓練に励んでいて」

N特尉「そういった姿を艦娘に見せていることもあって、彼の方針は鎮守府内では比較的受け入れられているようなんだ」


妙高「ちなみに、こちらが曽大佐の写真です」

提督「ふーん」

軽巡棲姫「……暑苦シイ顔ネエ?」

N特尉「今はその写真より一回り筋肉がついて、ごつくなってるらしい」

提督「やる気見せて巻き込んでる感じか? マジで暑苦しい奴だな」

軽巡棲姫「同ジ感想ヲ抱イテクレルノォ? 嬉シイワァ」スリスリ

提督「……」

N特尉「……提督、お前、大和と言う艦娘がいるのに、なんでこう……」

軽巡棲姫「ナニカ文句アルノォ?」ヌラァ

N特尉「ナンデモアリマセン」ビクッ

妙高「N提督も余計なことを言わなければいいのに……」

提督「お前も威嚇すんな、少し落ち着け」ナデナデ

軽巡棲姫「ハウゥ……!」ウットリ

磯波(姫級が猫みたいに……!?)


妙高「ところで提督。来週早々に政府との面談があると聞きましたが」

提督「おう。こっちはまあ、形式的な挨拶を交わして、あいつらの言いたいことを聞くだけになると思ってる」

提督「これまでの情報を考えても、おそらく曽大佐がそれを邪魔しに来るだろう」

妙高「政府の要人が来るのです。そこまでするでしょうか……?」

提督「だからこそやると思ってる。さっきN特尉も言ってたが、極端に振り切れてる奴が、まともな手段で止めに来るとは思えねえ」

提督「最悪、政府の船を攻撃して、俺たちに罪を擦り付ける可能性もある。というか、そういう手を堂々と使ってきそうで、鬱々としてるぜ」

磯波「い、いくらなんでも、悪く考えすぎでは……」

提督「甘えよ。お前たちだって特別警察の仕事をしてるんなら見てきただろ? くっそ汚え人間の裏っ側てやつをよ」

磯波「……」

提督「人間同士でも絶句するような黒い悪だくみをしてる連中がいるんだ」

提督「相手が人間じゃなくて人間の権利を持ってない相手なら、なおのこと欲望を抑えようとしない奴が現れると思ってるけどな?」

妙高「……」

提督「ましてや、悪と決めつけている深海棲艦が相手なら、極端な悪者に仕立てることに躊躇なんかしねえだろ」

N特尉「暴走する可能性が高い、か」

提督「これが成功したら、目の前にいる深海棲艦を無条件で殺せなくなる。それが嫌なら、どんな手を使ってでも邪魔しに来ると思うがな」


N特尉「それは……人を犠牲にしてでも、か?」

提督「当然。むしろ人間が犠牲になったほうが、奴には好都合だろ」

N特尉「……考えたくはなかったが、やはりそうなるのか……!!」

提督「今回はあくまで形式的な挨拶をかわすだけになるだろうが、それでも、政府にとっては大きな前進であることに変わりはねえ」

提督「だからこそ、曽大佐は『次の機会』なんてものが絶対に発生しないように、決定的な亀裂を入れようとしてるんだろうさ」

N特尉「頭が痛いな……!!」

提督「ま、そういうわけなんで、せいぜい曽大佐の動向は注視しとけ。俺たちは俺たちなりのやり方で迎撃させてもらうからよ」

妙高「曽大佐の艦娘と、一戦交えることになると……?」

提督「いまのままなら、多分そうなる。そうならねえようにしたいが……連中が素直に言うこと聞くとは到底思えねえ」

提督「どうにかして足止めしておとなしくさせて、その間に交渉、ってのが最善手になるだろうな。できなきゃ、捕縛しとくしかねえ」

提督「俺たちも使える手段もそんなにねえし、時間ももうねえしな」ハァ…

妙高「……」

磯波「……」


N特尉「……とんでもない問題にかかわることになったなあ……」ガックリ

妙高「N提督!? ぶっちゃけすぎですよ!?」

N特尉「……そんなこと言われてもなあ……」

タ級「コイツ、ナンデコンナニ、ガックリシテルンダ?」

提督「この島へ攻めてくるであろう、艦娘の司令官のところに行って、捕まえてこなきゃなんねえだろうから、だな」

タ級「ソウナノカ!? ソレナラ早ク行ケ!」

提督「それが、今の海軍のルールだと出来ねえんだよ。ただ艦娘を出撃させるだけなら、それを抑止することもできねえし」

提督「各地で暴れている深海棲艦の討伐は、いまの海軍のメインの任務だ。それを否定したら海軍の存在自体を否定することになる」

提督「今の時点で俺たちに被害が出ないと、おそらくそいつを捕まえていい、って指示は飛んでこねえだろうし」

提督「その指示がない以上はN提督も動きようがねえ。相手がやらかしたあとでねえと、越権行為される可能性もあるからな」

タ級「ムー……メンドウクサイナ」

N特尉「提督、そこはひとつ訂正させてくれ。我々海軍は何のために存在するか……それは国民の人命と財産を守るため、だ」

N特尉「誰かを殺したり滅ぼしたりするのが正しいから、力を行使するわけじゃない。そこは誤解のないように頼む」

提督「……」


N特尉「確かに、いまの海軍の主な任務は深海棲艦の討伐ではあるが……」

N特尉「本来の我々の本分を省みるならば、深海棲艦との和睦も大いに結構。戦いをなくし、犠牲を減らせるのは良いことだと思う」

N特尉「しかし、感情的にであっても、それを拒む者がいるのは、やはりこれまでの……失われた命の重さが、そうさせているんだろう」

N特尉「君たちがそれをやったわけじゃないとしても、それを簡単に割り切れない人たちもいるからな……」

タ級「……」

ヲ級「……」

軽巡棲姫「綺麗事ネ」フン

N特尉「……そうかもしれないな」

提督「……」

N特尉「しかもおそらく、深海棲艦以上に、人間も深海棲艦を無数に討伐してきた……殺してきた」

N特尉「その我々が、深海棲艦と歩み寄れるか、などと上から目線で言うのは、きっとおこがましいんだろう」

N特尉「だが、やらなければ、また殺し合いだ。お互いのためにも、やらなくてはならないんだ」

N特尉「だからこそ、海軍のいち大佐が、日本政府と深海棲艦の和平交渉の邪魔をするのを、放っておくわけにはいかない……!」

提督「……」


N特尉「そのためにも、協力的な上官を増やしたいところなんだが……せめて大将格がもう数人くらい賛同してくれないものかな」

提督「こっちの理解者は、H大将くらいか?」

N特尉「いや、大湊と呉の大将殿も協力的なほうだ。あとは少し苦言を呈されたり、一任するというか静観するというか」

ヲ級「マルナゲ、カ」

N特尉「身も蓋もないな!?」

タ級「デモ図星ダロウ?」

N特尉「た、確かに、そんなところだ……未だに君たちを信用していいのかどうか、疑心暗鬼の大将もそれなりにいる」

N特尉「同様に中将や少将の見解も、五分五分で拮抗しているな」

提督「ま、仕方ねえだろうな。深海棲艦と今更和解できるか、って意地張ってる連中とか」

提督「この話し合いが侵略の足掛かりになるんじゃないかって疑ってる連中だっていそうだしな」

N特尉「ああ、言われたよ。これが罠じゃない保証がどこにあると、H大将がなじられる一幕もあった」

提督「それにしても、いいのかよ? そんなことまでべらべら喋って」

N特尉「中将の息子の件といい、J少将の件といい、海軍の暗部と言うか恥部というか……」

N特尉「言い逃れできないような不祥事ばかり見てきたお前に、今更、海軍の建前で話をしてもしょうがなくないか?」

提督「……半ばやけくそになってないか? 大丈夫かよ」


妙高「いまのお仕事を始めてから、少し愚痴っぽくはなりましたね」

N特尉「……今の仕事は、同じ海軍の仲間の仕事の、あら捜しをしているようなものだからな」

N特尉「私が働いたから深海棲艦からの襲撃が減ったとか、そういう成果を生み出せる仕事じゃない」

N特尉「むしろ同じ仲間の足を引っ張るような仕事だ。仲間を捕まえれば、その分、外敵から人間を守る者が減る」

N特尉「そう考えると、俺の仕事は……いまやっていることは、本当に正しいことなのか、悩ましく思うときもある」

N特尉「長期的に見れば正しいのかもしれないが、いまも悩み苦しむ一般人がいることを考えるとな……」ハァ…

提督「……」

N特尉「……いや、本当に悪い。こんな愚痴まで零すつもりはなかったんだ」

N特尉「ましてや、提督に同調して人を襲うことをやめた深海棲艦たちに聞かせる話でもなかったな。私も、まだまだ未熟だ……」

提督「……あの村は今どうなってる?」

N特尉「……どうなってるだろうな。どうなっているか、怖くて連絡も取っていない」

提督「けっ、連絡くらいしろよ。あんたの守りたいものなんだろ?」

N特尉「……そうだな……ああ、そうだ……」

妙高「……」

磯波「……」


 *

妙高「提督、お気遣いいただきありがとうございます」

提督「何の話だ」

妙高「最後に、N提督に親に連絡しろと仰ってたではありませんか」

提督「別にそんなつもりで言ったつもりはねえよ。村が再興しなきゃ、朧や初雪がああなった意味がねえってだけだ」

妙高「そうであってもです。N提督も、ご自身の仕事で悩んでおいででしたから。一度、お休みしてもいいのではないかと……」

提督「そういうのは、お前が言えば良かったんじゃねえの?」

妙高「私が甘やかすのもどうかと思いまして」

提督「そうか? あいつの手綱握ってんのはお前だろ?」

磯波(私も妙高さんがN提督を甘やかしていいと思いますけど……)ウンウン

妙高「……磯波さん?」

磯波「いえ……むしろ妙高さんがN提督に甘えるのもありかも……?」ブツブツ

妙高「磯波さん?」

磯波「さっきだって、提督さんに軽巡棲姫が甘えてたのを見てぼやいていたんだし……」

磯波「N提督も、妙高さんに頼られたいと思っているんでは……」ブツブツ

妙高「磯波さん?」

磯波「……あ、はい。妙高さん、どうしました?」

妙高「今のお話、少し詳しく聞かせてもらえますか」ニコリ

磯波「……」ゾワワッ


提督「聞くほどのもんかねえ」ボソッ

妙高「提督?」ジロリ

提督「なんだよ。俺に凄むなよ、面倒臭え」

妙高「……」

提督「茶化すつもりはねえぞ。何でも言わなきゃ伝わらねえ。人が何を考えてるかなんて、所詮他人にはわからねえんだ」

提督「あいつがお前たちに何をして欲しいのか、直接あいつの口から吐かせろよ」

提督「俺だって、艦娘や深海棲艦たちが何を望んでいるかがわからねえから、逐一訊いてんだぞ?」

提督「いま、N提督に直接的に力になれるのはお前たちだけなんだぞ。そんなんでやっていけてんのかよ」

妙高「……っ! し……失礼します!」クルッ スタスタスタ…

提督「……」

磯波「あ、あの……提督さん、デリカシーがないって、よく言われません?」

提督「みんな知ってるから誰も言わねえよ」

磯波「……」

提督「つうか、妙高もなんであんなにプリプリしてんだよ。心配ならアドバイスしてやりゃあいいじゃねえか、わけわかんねえ」

磯波(……ああ、この人、恋愛事に疎い朴念仁タイプなんだ……)タラリ




 * 政府との会談予定日 前日夜 *

 * 日本 某港 *

蒼龍改二「……ここが集合地点で良かったのよね?」

綾波改二「はい! 間違いないですよ!」

飛龍改二「もー、蒼龍ってばその質問、何回目?」

天龍改二「しょうがねえって、飛龍さん。なんせもう1時間以上待ってんだぜ? 本っ当、遅っせえよなあ……ちゃっちゃと準備しろよ」

霧島改二「念には念を入れて準備するのは悪いことではないでしょうけど……確かに、いくら何でも遅すぎね?」

コロラド「……気に入らないわ……!」

飛龍改二「? 気に入らない、って、なにが?」

蒼龍改二「待たされてるのが気に入らないんじゃない?」

コロラド「ビッグセブンであるこの私がいるのに、どうして奇襲じみたアタックを仕掛けなきゃいけないのよ……不服だわ!」

蒼龍改二「そっち!?」

飛龍改二「まあまあ、そう怒んないでよ。そもそも今回の私たちは支援艦隊だよ?」

コロラド「そこもよ!」

蒼龍改二「待たされるのはいいんだ……」


天龍改二「お! やっと来たみたいだぜ……!」

 ザザァ…

大和改二「曽大佐艦隊、旗艦、大和。以下、榛名、陸奥、赤城、由良、朝潮。ただいま推参しました……!」

コロラド「やっと来たわね……私は川提督艦隊の旗艦、コロラドよ! こっちは飛龍、蒼龍、霧島、天龍、綾波よ!」

大和改二「……予定より大幅に遅くなり、大変申し訳ございません。このたびの川提督艦隊のご協力に感謝いたします」ペコリ

大和改二「それにしても、川提督のところに海外艦が所属していたとは、存じませんでした」

コロラド「川提督が私のことを隠してたのよ。ヒミツヘイキ? と言っていたかしら。ここぞという場面で出番が来るようにね!」

コロラド「それにしても、大和のいる艦隊とこんな重要な場面で協力ができるなんて思わなかったわ!」

コロラド「同じビッグセブンの陸奥もいるし、戦力は十分ね!」

天龍改二「十分ってなあ……あっちの艦娘、全員指輪してやがるぜ?」ヒソヒソ

綾波改二「練度も雰囲気も違いますからね。私たちは下手に出しゃばらずに、サポートに徹したほうが良さそうです」ヒソヒソ

大和改二「それでは早速、今回の作戦ですが……私たちは、あの島の深海棲艦を撃滅するため、島の西から南へ回って、敵拠点へ向かいます」

蒼龍改二「西? 敵の拠点が島の東にあるのに、遠回りするの?」

大和改二「島の北にある海底火山の影響で、あの島の近海の潮流が特殊だということです。噴火したことで若干変わったとは思いますが」

大和改二「島の西を通って反時計回りに回り込んだ方が、潮流に邪魔されず速やかに進軍できると思われます」

蒼龍改二「な、なるほどぉ……?」


大和改二「そしてこれから出立した到着予定時刻に合わせて、政府高官を乗せた艦艇が、島の東沖に停泊する予定です」

飛龍改二「え!?」

大和改二「私たちは、その艦艇を背にして敵本拠地を叩き、深海棲艦の拠点を崩壊させます」

大和改二「政府の人間に、深海棲艦との交渉など不要であるということを、この戦いで見せつけるのです……!」

霧島改二「ほ、本気ですか!? もし深海棲艦が反撃して、その流れ弾がそちらに向かったら……!」

大和改二「そうなればなおのこと、交渉どころではなくなるでしょう?」ニコッ

霧島改二「……」ドンビキ

綾波改二(ぶっ飛んでますね……)

天龍改二(手段を選ばねえ気かよ。狂ってやがんな)

大和改二「連携に関しては先週打ち合わせた通りですので、ここで改めて話すことはないと思いますが……」

天龍改二「あ、悪ぃ、俺からひとつ質問していいか?」

大和改二「はい、なんでしょう?」

天龍改二「曽大佐の艦隊じゃあ、長門さんが滅茶苦茶強えって聞いてたんだけどよ」

天龍改二「先週うちに連絡が来た時も思ったんだけど、今回の作戦に長門さんが参加していないのはなんでなんだ? 殲滅戦だろ?」

大和改二「……私たちが選ばれたのは、これから攻め込むあの島の鎮守府にいる艦娘と、同じ艦娘だからです」


天龍改二「同じ? 向こうの鎮守府に誰がいるかわかってて、それに合わせたってことか? なんでわざわざそんなことを?」

大和改二「曽大佐のお考えです。これから深海棲艦と一緒に住まう艦娘と同じ艦娘なら、相手の動揺を誘えるかもしれない、と……」

天龍改二「ふーん、そういうことか……確かに、俺も演習で龍田がいるとやりづれーな」

綾波改二「自分と同じ顔の艦娘を、躊躇なく撃って沈めようものなら、向こうの鎮守府の艦娘もいい気分にはならないでしょうね」

大和改二「はい。ただ、向こうの艦娘がそこまでのナイーブさを持ち合わせているかどうかは疑問ですが」

飛龍改二「で、でも、その理屈だと、大和さんたちも同じなんじゃないの?」

大和改二「いいえ……! そんなことは、断じてありません……!」

飛龍改二「!」ビクッ

大和改二「忌むべき存在である深海棲艦に与し、正義を執行する海軍に背く愚か者が同型艦にいる事実は、恥でしかありません」ギラッ…!

大和改二「ですから、私たちが『敵』に手心を加えるようなことはあり得ません。ご安心ください」ニコ…

コロラド「……そ、そう!? さすがね!!」ナミダメ

飛龍改二(めっちゃ怖かった……!)ナミダメ

霧島改二(コロラドさん、よく気圧されませんでしたね……)ビクビク

天龍改二「こりゃあ最初から全力で潰す気だな」ヒソヒソ

綾波改二「気を抜く間はなさそうですね」ヒソヒソ

天龍改二「……よぉし、よくわかったぜ。気掛かりもなくなったし、他になけりゃ、そろそろ出発すっか」

コロラド「そ、そうね! 私たちが先行するわ! ツユバライ? は、任せておきなさい!」

大和改二「ありがとうございます。では、参りましょう……!」

今回はここまで。
ここからは少しペース上げて落とせるかもです。

>131
ありがとうございます。
ただ最近は、仁提督を丸くしすぎたかな? と思ってますので、またどこかでガハハ笑いさせたいと思います。


今回初登場のメディウムはこちら。

・エレノア・メイデンハッグ:ちょっとパンクスタイルなシスターのメディウム。アイアンメイデンが人間を取り込み体中を刺し貫く罠。
  派手な修道服を着た女性。鋼鉄の処女を模した大きなとげ付き盾を持つ。大の酒好き。仲間思いでリスキーな行動も躊躇わない女傑。

>163
残念ながら提督は(艦娘に甘いせいで)極力戦闘を避けようとしてますので、
口上のご期待に添えられないかもしれません。


それでは続きです。


 * 政府との会談予定日 当日早朝 *

 扉<コンコンコン!

大淀「提督、N特務大尉より連絡です!」チャッ

提督「やっぱり、来やがったか……!」

大淀「曽大佐の艦隊と思しき艦娘12名が、この島に向けて出港したとの通信が入りました!」

提督「2艦隊か……ぎりぎり隠密行動できそうな人数だな。思ったより少なくて何よりだぜ」

エレノア「それにしても、会談を邪魔されるのは想定済みとはいえ、こんなに素直に釣られてくれるものなのかしら」

提督「やるんなら今しかないだろうからな。戦争を回避できる可能性があることで、今だけは海軍も深海棲艦討滅に慎重になってる」

提督「かつ、会談をなるべく早い時期に設定すれば、妨害する側も思うように動けず準備不足にもなるだろう」

提督「そうなると、妨害の仕方は多少強引にならざるを得なくなるはずだ」

提督「俺はそいつらの落ち度を突いて追い返し、海軍へ事の顛末を報告して、二度と妨害できないようにしてもらう」

エレノア「魔神様が攻めてくる奴らと話し合うの?」

提督「ああ。政府の船には会談の予定時刻より前に赴いて、いま起こっている不測の事態について話をして、退避してもらう」

提督「予定外のことが起こって、あいつらがなにか焦ってやらかしてくれりゃあ、責められるのは海軍と曽大佐だ」

大淀「正当防衛が認められるように立ち回る、ということですね」

提督「俺たちが戦争の起点になりたくないからな。後から責任追及されたくねえし」


エレノア「私たちを倒そうとしている奴らが、政府の船と一緒にやってくる可能性はないの?」

提督「政府の艦艇の護衛は、中将や与少将の関係者で固めてくれとお願いした。護衛に部外者が入らないようにも頼んである」

提督「そもそも、H大将の決定に背いて離反したばかりの曽大佐の評価は、以前よりも下がってるってN特尉の報告書にもあった」

提督「その状況下で、中将が主体となって編成する政府艦艇の護衛艦隊に加えてもらおうとしても、断られるのがオチだろう」

提督「そんなことが起きないように、事前にX大佐経由で特別警察隊へ調査と警戒を依頼したわけだしな」

エレノア「用意周到ね、それでこそ魔神様だわ。穏便にってところ以外は」

提督「ま、それでもどうなるかはわからねえからな……あいつの艦隊そのものは実力もある。力押しで来られたら、やばいのは変わらねえ」

大淀「正直に申し上げて、ここまで提督の思い通りなのが不思議ですね。曽大佐は、もっと柔軟に動けなかったんでしょうか」

提督「……そう動かざるを得なくなった、引っ込みがつかなくなったのかもな。他人に厳しい奴は自分の失敗を認めたがらない」

提督「自分が間違っていないことを証明するため、自分の考えている通りの現実にするため、無理を通そうとしている……とか」

提督「あるいは、自分が絶対的に正しいと確信していて、海軍も政府の人間も、深海棲艦に丸め込まれた奴を皆殺しにしたがってるとか」

大淀「いくらなんでもそれは……」

提督「わかんねえぞ。政府の人間が来るタイミングで戦闘仕掛けようって時点で、狂ってることには違いないからな」

エレノア「人間の分際で、傲慢極まりないわね?」

提督「あとは、海軍が深海棲艦を許容した事実を信じたくないのかもな。理想にしがみつきたいだけとも考えられる」


提督「でもまあ、これで不祥事になるのは確実だし、曽大佐やその模倣犯がこれ以降絡んでくることもないと思いたいな」

提督「ついでに、政府にも、深海棲艦との交流を妨害しようとする獅子身中の虫がいるってことを自覚させるのに丁度いい」

大淀「……提督は、政府と海軍の間に亀裂を入れたいんですか」

提督「そんなことはねえよ。雨降って地固まって欲しいぜ?」

エレノア「白々しいわねえ……」

 扉<コンコン

敷波「おはよーございまーす」ガチャ

初雪「おはよう、ございます」

ヲ級「……オハヨウ」

提督「よう、大丈夫そうか?」

敷波「まあね。メディウムのみんなは大丈夫なのかな」

提督「さっき俺が叩き起こしてきた。エレノアはすでに準備出来てたがな」

エレノア「あらかじめそういう約束だったものね。たまには、朝のすがすがしい空気を吸うのも悪くないし」

提督「とりあえず、支度ができ次第、出発してもらうぞ」

 * * *

 * *

 *


 * それからしばらくして *

 * 墓場島沖 北西の海域 *

赤城改二「ここからが、あの島の領海です。まずは遠巻きに島の南側へ向かい、島の南東から領海に侵入します」

大和改二「何があるかわかりません。気を引き締めて進みましょう」

陸奥改二「支援、よろしく頼むわね」

綾波改二「はい! 皆さんも、お気を付けて!」

コロラド「……ねえ、少し待って。この景色……おかしくない?」

霧島改二「どうかしましたか?」

コロラド「なんていうか、これまでの海域と雰囲気が違いすぎないか、って言ってるのよ」

飛龍改二「んー、まあ……確かにそうねぇ」

コロラド「これまで戦ってきた大物の深海棲艦のいる海は、どこも黒い雲に覆われて暗かったでしょう?」

コロラド「ブキミって、そういう雰囲気のことを言うと思ってたんだけど、この島の海域は全然そんなことなくて、いい天気よね」

綾波改二「確かに、まるで鎮守府近海のような穏やかさですねえ」

コロラド「情報が間違ってるとは思わないけど、本当にこの島に深海棲艦のBossが棲んでるの……?」

朝潮改二「この島に深海棲艦が海域に与える影響が弱い、ということでしょうか……?」


榛名改二「もしかしたらですが、この島に巣食う深海棲艦の力がそれほどではないのかもしれません」

天龍改二「だとしたら、いまがチャンスだってことだよな!」

コロラド「……」

榛名改二「もちろん、この雰囲気自体が罠だという可能性も十二分にあります」

陸奥改二「そうね。くれぐれも油断せず、慎重にね?」

赤城改二「さあ、参りましょう……!」


 ザザーン…


霧島改二「……それでは、私たちも支援可能な場所へ移動しましょう」

蒼龍改二「そうだね。ねえ飛龍、偵察機、飛ばしとく?」

飛龍改二「そうね」バシュッ

 彩雲<バウーン…

飛龍改二「……」

蒼龍改二「……」

飛龍改二「……ねえ。すっごい穏やかなんだけど。艦載機を警戒されてる感じもないし」

蒼龍改二「うーん、もうちょっと飛ばしてみてよ?」


飛龍改二「……」

蒼龍改二「……」

飛龍改二「……島の西岸に到達。でも、深海棲艦らしい敵影は全然……あれ? 南のほうへ誰か歩いてる」

蒼龍改二「南に?」

飛龍改二「うん、男の人がひとりで、てくてくと」

天龍改二「男? あの島、確か住んでる人間はそこの提督だけっつったよな? なんか、普通じゃねえって聞いてるけど」

綾波改二「ああ、何回か死にかけた、って話でしたっけ?」

飛龍改二「それ以外になにかあったような気がするんだけど……」

蒼龍改二「とりあえず、曽大佐艦隊にも、誰かが出歩いてる話を展開しておきましょ」

霧島改二「島の様子も大事ですが、私たちも曽大佐艦隊について支援するのですから、つかず離れず追いかけましょう」

コロラド「……」

綾波改二「コロラドさん?」

コロラド「……あ、ごめんなさい。どうにも納得できなくて……」

天龍改二「わからなくはねえけどよ。一応は敵の領海内なんだ、慎重に行こうぜ?」

コロラド「……そうね」


 * 墓場島 南岸 *

提督「……偵察機……」

提督「ってことは、南を回って艦隊が近づいてるってことか」

提督「……」メヲツムリ

提督「……侵入者は2艦隊、12人だったな……ほぼ全員が第二改装済みか」

提督「所属は……曽大佐と……川提督? 誰だ? 曽大佐の協力者か?」

提督「……なるほど」メヲヒラキ

提督「それにしてもやべえな、この『魔神の目』の力は。この島の海域に入った奴らの能力が見えるってのは、ちょっと便利すぎる」ハァ…

提督「いろいろ、見えたくないものまで、見えちまうぜ……」

(提督がそう呟いて、北東沖の政府専用艦艇の方角を睨みつける)


 * 墓場島 北東沖 *

 * 政府専用艦艇 搭乗口 *

敷波「よいしょっと。お邪魔しまーす」

初雪「……大丈夫?」

ヲ級「……」コク


 ザワザワ…

「あれが深海棲艦……」ヒソヒソ

「本当に対話できるのか……」ヒソヒソ

「こんなに間近で見られるなんて……」ヒソヒソ


敷波「……」ムッ

ヲ級「……」

初雪「……なんか、好き勝手言われてる?」

敷波「気にしなくていいからね」

ヲ級「……」コク


ブリジット(敷波の艤装に搭乗)「むう……敷波殿はそう仰るものの、いい気分はしないでありますな!」ヒソヒソ

イサラ(初雪の艤装に搭乗)「……早く帰りたい」ヒソヒソ

エレノア(ヲ級の艤装に搭乗)「ほんと、気に入らないわね……お酒の匂いもしないし、話なんかささっと済ませて早く帰りましょ」ヒソヒソ

敷波「……みんな、こっちから手を出しちゃ駄目だからね?」

ブリジット「はっ! 重々承知であります!」

 タタタッ

船員「よ、ようこそおいでくださいました……君たち……いや、あなたがたが、あの××島の代表……ということで良かったのでしょうか?」

敷波「うん。あたしの名は敷波です」

初雪「初雪、です……」

敷波「で、こっちは深海棲艦の空母ヲ級ちゃん」

ヲ級「……」チラッ

船員「おお……か、歓迎いたします。我々は日本政府より派遣された使節団です」

敷波「あー、握手はいらないよ。ヲ級ちゃんが握手できないから」

船員「あ、そ、そうか、これは失礼を……こほん、失礼しました」ピシッ

初雪(……気合入れ直したっぽい)


敷波「あたしたちが、司令官の代わりにあなたたちの話を聞きに来たんだけど……あなたが代表?」

船員「いえ、私はあなた方に船内を案内するよう仰せつかっています」

船員「本来ならば鎮守府の東沖まで、もう少し南下してからご挨拶に伺う予定だったため、我々の準備が整っておりません」

船員「恐れ入りますが、しばらくお待ちいただきたいのですが……」

敷波「あ、悪いんだけど、今回は話し合いはできないから、資料だけもらいたいんですけど。お願いできますか?」

船員「話し合いができない? それは、どういうことです?」

敷波「知ってるかもしれないけど、この島の南側の海に、ある海軍大佐の艦隊が、私たちと戦うために展開してるの」

船員「な……!? では、戦闘が……!?j

敷波「あ、まだ戦ってないし、私たちも戦う気はないよ。だけど、あっちがやる気満々らしくて、物々しい雰囲気になっててさ」

敷波「戦わずにどっか行ってくれれば一番いいんだけど、万が一でもこっちに流れ弾や魚雷が来たら問題になるじゃない?」

船員「え、ええ、問題ですね……そもそも今の状況下で艦隊を出すこと自体、大問題ですが」

敷波「この船の人たちはあくまで話し合いに来てるんだから、戦闘を回避したいなって考えてるんだけど、その保証がないからさ」

敷波「巻き込まれる前にすぐ退避できる準備をしておいてもらえないかな、って。それで早めに来てお願いをしに来たんです」

船員「なるほど……承知しました、使節団の代表にその話を伝えて判断を仰ぎますので、少しお待ちいただけますか」スマホトリダシ

敷波「わかりました、よろしくお願いしまーす」


エレノア「へー、ちゃんと話ができる人間もいるのね。まあ、そうじゃないと魔神さんが困るんだけど」

初雪「! 誰か来た……」

ビスマルク「Guten Morgen ! あなたたちがあの島の代表ね? ずいぶん早かったわね、あの提督は来ていないの?」

敷波「来てないですけど、えーっと……あなたは?」

ビスマルク「ああ、自己紹介はまだだったかしら。私はビスマルク、X大佐の艦娘よ」

敷波「ああ、X大佐の! お世話になってます、私は敷波です」ペコリ

初雪「初雪、です。あの、さっき、海でも海外艦娘に会ったけど……」

ビスマルク「ああ、レーベたちのこと? 彼女たちもX大佐の艦娘よ」

ヲ級「……」

ビスマルク「あなたと顔を合わせるのも、初めてだったかしら?」

ヲ級「……オソラク、ソウネ」

ビスマルク「そう、それじゃ、初めまして、ね。それにしても、本当に深海棲艦が話し合いの場に現れるなんて……感慨深いわ」ニコッ

ビスマルク「残念ながら、私はこの船の警備を任されているから、話し合いの場には参加できないけど」

ビスマルク「あなたたちの話し合いが、良いものになることを祈っているわ! また後で会いましょう!」ビシッ!

敷波「うん、ありがとねー……って、今日は話し合いはできないんだけどさ」フリフリ


初雪「……X大佐もこの船にいるのかな」

敷波「かもねー」

ヲ級「……」

初雪「……大丈夫?」

ヲ級「? ナニガ大丈夫ナンダ?」

初雪「こんなにたくさん人がいて、緊張しないか、って思って」

ヲ級「……ソレハ、心配ナイ。ムシロ、オマ……アナタタチノホウコソ、人間ノ視線ガ気ニナラナイノ……?」

敷波「あー……」

初雪「……」


「こちらも不知火とかいう艦娘を頼りにしてるとはいえ、駆逐艦を使いに寄越すのか……」ヒソヒソ

「我々は国を代表してここに来たというのに……」ヒソヒソ

「それより、本当に深海棲艦と一緒にいるような艦娘を信用していいのか……?」


敷波「ま、いいんじゃない? 好きに言ってればいいよ、ふんっ」

ブリジット「実に大人の対応でありますな……!」


イサラ「つか、この距離で会話を拾えるとか、艦娘って、耳がいいんスね……」

初雪「……それより、ヲ級ちゃんが、いきなりお前呼びじゃなくなったのが、びっくり……」

ヲ級「少シ、思イ出シタダケヨ。『余所行キ』ノトキノ、立チ回リ方ヲ、ネ」フフッ

敷波「……」

初雪「……笑うと可愛い」ヒソッ

敷波「うん……美人」ヒソッ

ヲ級「?」


男1「なんだ、あいつの顔が拝めるかと思ったのに、拍子抜けだな」

男2「お前、会うなって話じゃなかったのか」

男1「方針が変わったんだよ。代表も変わったんだし、直接話もしないんだから、いいだろ?」

男1「それよりあの人選を見てみろよ? よりにもよって駆逐艦娘だぞ? あいつは誰かの上に立つような人間じゃないんだ」

男3「しーっ! こ、声がでかいぞ! 聞こえてたらどうする!」

男1「聞こえるかよ。あんな判断をする指導者が身内なんだぞ? 俺の気持ちもわかってくれよ」


エレノア「……ちょっと、あの人間、もしかして」


敷波「ん?」チラッ

イサラ「いま、身内とか言ってなかったっスかねえ……?」

敷波「ああ、だとすると、あれが司令官の弟さん?」

男1→提督弟(以下弟)「!」

敷波「反応したってことはその通りみたいだね」

初雪「うん……ぶっちゃけ、どうでもいいけど」

ヲ級「……」コク

イサラ「い、いいんスか」

敷波「放っておけばいいよ。どうせ口だけだもん、無視無視」

弟「ど……どうでもいいだと!?」

男2→使節団員1「お、おい! 落ち着け!」

男3→団員2「やっぱり聞こえてたんじゃないか! その、大変申し訳ない! どうか今の話は忘れていただけないか……!」

敷波「はぁ? そっちの都合なんか知らないよ。あたしたちは、この船での出来事を全部、ありのままに司令官に伝えるだけだし?」ハァ…

初雪(……けだるそうなところが、司令官そっくり……)


弟「こいつ……っ!」ギリッ

団員1「船の中に戻るんだ! もともとお前はこの船に乗る予定自体が……」

弟「わかっている!!」

 クルッ スタスタ…

団員2「本当に、申し訳ない……!」

敷波「……なんなんだろーね、あれ」

ブリジット「一発誤射してやりたかったでありますな!」プンスカ!

初雪「来るなって言われなかったのかな……」

敷波「さあ? 自分の都合のいいように受け取ったんじゃないの?」

船員「お待たせしました」スッ

敷波「あ、おかえりなさい。どうでした?」

船員「南の海上に艦娘が確認できました。こちらに近づいてきているとのことですので、すぐ退避できるよう回頭することにしました」

船員「ですので、多少揺れるかもしれませんが、ご容赦いただければと思います」


ヲ級「……近ヅイテ、キテイル……?」ジッ

船員「っ! そ、そうですが……!」ビクッ

ヲ級「ソウカ……」

船員「……心配、ですか?」

ヲ級「……」コク

船員「申し訳ないのですが、この船に武装はありません。この船を警護している艦娘にも、極力戦闘に参加しないよう伝えてあります」

ヲ級「ワカッテイル。私タチモ、コノ船ヲ、戦イニ巻キ込ム気ハナイ。最悪ノ事態ニナレバ、逃ゲルシカナイ……ナ?」

船員「そ、その通りです……! とりあえず、お渡しする予定だった書類を、いまこちらへ運んでおります」

船員「私共の代表もこちらに参上しますが、急がせますので今少しお待ちいただけますでしょうか」

敷波「はーい」

ヲ級「……」

初雪「大丈夫かな……」

ヲ級「心配ナラ、偵察機ヲ飛バソウカ」

初雪「……ううん、やっぱり、いまはいい。気が散っちゃうし、話が終わってからにする」


ヲ級「……!」

 ゾロゾロ…

代表「おお!! やあやあ、お待たせした。君たちがあの島の代表でやってきた艦娘だね? 私が派遣団の代表だ」

敷波「あなたが? あたしの名は敷波」

初雪「初雪、です……」

敷波「こっちは深海棲艦の空母ヲ級ちゃん」

ヲ級「……」

代表「そうかねそうかね、是非是非よろしく頼むよ」

敷波「あー、握手はいらな……」

代表「いやいや、そう言わずに。国際的にも握手は重要だからね」ニコニコ ガシッ

敷波「あー……」ギュ

代表「君もだね」ガシッ

初雪(……この人、強引)ギュ

ヲ級「……」


代表「さて、今回は生憎、話す時間がないということだが、我が国は、あなたがたとは友好的な関係を結びたいと思っている」

代表「まずは、ぜひ、その旨をあなたがたの代表である提督に伝えていただきたい」

代表「そして、次回は是非に、顔を合わせて会見できることを期待している。歴史的な第一歩を踏み出す場になるだろうからね!」

敷波「……」

初雪「……」

ヲ級「……」

代表「しかし、いくら艦娘とはいえ、君たちのような子供たちには条約の締結は難しいのではないかな?」

代表「次はそういった情報に詳しい、大人たちを呼んでくれたまえ」ニコニコ

敷波「……別に、わからなくないんだけどなあ」ボソッ

代表「それから、締結に向けた書類はこちらに用意した」

代表「これを持ち帰ってもらって、提督に前向きに検討していただくよう、是非にお願いしたい」

敷波「……提督、読むかな?」ヒソヒソ

初雪「面倒って言いそうだけど……多分、読むと思う」ヒソヒソ


代表「では、こちらもお渡ししよう。こちらの二人に書類の入ったアタッシェケースを渡してくれ」

団員3「はっ!」

団員4「こちらをどうぞ!」

敷波「……」ウケトリ

初雪「……」ウケトリ

ヲ級「私ガ鎮守府マデ空輸シヨウカ」

敷波「そんなことできるんだ?」

初雪「お願い、していいの……?」

ヲ級「任セテ……」ウケトリ

 深海艦載機<シュパァァ…!

初雪「おお、早い……」

代表「……だ、大丈夫なのかね?」

敷波「ヲ級ちゃんも任せてって言ってくれてるし、大丈夫だと思うよ。どうもお世話になりました」ペコリ

代表「お、おお」


敷波「よし、それじゃ帰ろっか」

代表「は、早いな! それでは、あなたがたの提督にくれぐれも……」

敷波「ビスマルクさんは警護中かな……あれ、さっきの案内役の船員さん、どこいったのかな?」

初雪「? どこだろ……」

ヲ級「アノ人、ジャナイ?」

敷波「あ、ほんとだ!」タタッ

代表「お、おい! ちょっと待ってくれ!」

ヲ級「ナニカ……?」

代表「い、いや、その、君ではなく……」

ヲ級「……」


敷波「船員さーん」

船員「おや? もう話が終わったんですか」

敷波「うん、書類ももらって、艦載機で鎮守府に送ったし」

船員「艦載機? ああ、なるほど。彼女は空母でしたね」


初雪「? ヲ級ちゃん……代表の人と話してたの?」

ヲ級「イイエ。話ハシテイナイ」

代表「し、敷波? と言ったね、鎮守府の連絡先を……!」

敷波「え? 私?」

ヲ級「スコシ、イイカシラ」

代表「!」ビクッ

ヲ級「……アナタ」ユビサシ

船員「わ、私ですか?」

ヲ級「ソウ。アナタ……私ガ、コドモニ見エル? ソレトモ、オトナニ見エル?」

船員「子供? い、いえ……あくまで私の感覚ですが、子供には見えないですね」

船員「背丈というか、目線が私とあまり変わらないですし、私の国の成人女性の平均より、やや高いくらいだと思います」

ヲ級「……ソウ」

敷波「ヲ級ちゃん、どうしたの?」

ヲ級「コチラノ男ガ『コンナ子供ヲ使イニ寄越スナ、大人ト代ワレ』ト言ッテイタデショウ。私モソウナノカ、問イタカッタダケヨ」

代表「……そ、そういう意味では」


ヲ級「私ガ子供ニ見エナイト言ウノナラ、ナゼ私ト話ソウトシナカッタ? 最初カラ、深海棲艦ト話ス気ハ、ナカッタノ?」

代表「い、いや……それは」

ヲ級「ソレトモ、私ガ、オソロシイ……?」ジロリ

代表「うっ……い、いやいやいや」

船員「代表殿? 深海棲艦も対話ができると、あれほど……!」

初雪「……ああ、やっぱり」

敷波「なんとなくそんな気はしてたんだよね。この人、私たちしか見てなかったし」

ヲ級「コチラノ彼ハ、オソラク、コレマデ深海棲艦ト戦ッテキタコトノアル、海軍ノ関係者ジャナイカシラ」

敷波「!」

ヲ級「警戒シツツモ、デキル限リ、普段通リニ努メテイタ……ソウ、見エタケレド」

船員「……ええ、そうです。艦娘を率いたことはありませんが」

ヲ級「ソウ……皮肉ネ。海軍ハ、私タチヲ『敵』トシテ扱ッテイタトイウノニ」

ヲ級「政府ノ……内地ノ人間ハ、私ヲ『敵』トシテモ、認メヨウトシテイナイノダカラ」

ヲ級「海軍ハ、イッタイ『何』ト、戦ッテイルノカシラネ……」ウツムキ

船員「……」


ヲ級「先ニ、降リテルワ」

 コツコツ…

敷波「……私たちも、戻ろうか」

初雪「うん……あ、そうだ。船員さん、名刺、貰っていい?」

船員「……わ、私の、ですか?」

初雪「うん」

敷波「そうだね、こっちの人より、お兄さんと話す方がいいなあ。ね、今度は一緒にお話ししようよ」

船員「……わかりました、お渡ししましょう。力になれるかはわかりませんが」スッ

初雪「なにか、あったの?」

船員「私も元海自ですので、いろいろと……正直なところ、深海棲艦には、あまりいい思いというか、良い感情はありません」

敷波「あー、そっか……それじゃあ、私たちのことも」

船員「い、いえ、そういうわけでは……」

初雪「私は、どっちでもいい。ちゃんと、私たちとも、ヲ級ちゃんとも、話をしてくれたし」

船員「……」

敷波「それ、大事かもね。ほら、深海棲艦の怖さを知ってる人じゃないと、ちゃんと話ができない気もするし」


敷波「とにかく話をしようってのはわかんなくもないけど、あんまりぐいぐい来られても困るからさ」チラッ

代表「……」

敷波「司令官も、どっちかって言うと、積極的に交流、じゃなくて、どうやってつかず離れずにするか、って考えだし、ね?」

船員「つかず離れず……ですか」

敷波「人に迷惑をかけないように、静かに暮らしたいんだって」

初雪「……そろそろ、戻ろう。ヲ級ちゃん、待たせたくないし」

敷波「うん。じゃ、また次があったらよろしくね! ビスマルクさんにもよろしく伝えてね!」ブンブン

初雪「お邪魔、しました」ペコリ

 タタタッ…

船員「……」

代表「……我々は、嫌われてしまったか」

船員「いえ。あの艦娘は、次があったらと言ってくれました。これが初めての会談にならなかったことを喜ぶべきでしょう」

船員「これまで、生存している深海棲艦とここまで近づいて、殺されずに生き残った人間は、おそらく他に、そうはいないはず」

船員「それどころか、あの深海棲艦は、この船を戦闘に巻き込む気がない、とまで言っていました」


船員「あの島の深海棲艦たちが対話に応じようとしているというのも、あながち嘘ではないように思えます」

代表「……」

船員「私の名刺も持っていきました。なにかしら次があるかもしれないと……望みをつなぐこともできたのかもしれません」

船員「これで意識を改めて次に臨むこともできるでしょう」

代表「では……!」

船員「……ですが」

代表「!」

船員「事前に話をしたでしょう! 小さい子供の姿をしていても、彼女たちは船の魂を持つ艦娘だと!」

船員「あの深海棲艦を前にして怖気づくのは仕方ないにしても、なんなんですか、子供だと思ってあの態度は!」

船員「自分も人のことを言えた立場ではありませんが、あの振る舞いは完全に良くありませんよ!?」

代表「あ、いや、すまない……」

船員「そもそも、なんで艦娘と話をしたこともないあなたが、交渉の前日になって突然抜擢されたんです!?」

船員「もともと来るはずだった担当者はどうしてこの土壇場で外されたんですか! 特に彼とは何度も話し合ってきたというのに……!」

船員「使節団のメンバーも大幅に入れ替えになって……方針が変わったんですか!?」

代表「う、うん……そうだな……その、彼は、仕方ないんだ……」


船員「……? なにか、御存知なんですね」ヒソッ

代表「……他言は控えてくれ」ヒソッ

代表「彼等は、暗殺されかけた」

船員「!? ……それは、深海棲艦との和解を拒む団体によるものですか?」

代表「わからない。ただ、そういう状況だった、としか聞いていないし、誰がやったかすら見当がつかないらしい」

代表「彼だけではなく、艦娘に造詣の深い者が狙われ、結果、本来この船に乗るはずではなかった者たちも、乗らざるを得なくなった」

船員「なんのために……!?」

代表「私も、それ以上は本当に知らないんだ。本当だ……!」

船員「……」


 * 墓場島 東沖 洋上 *

イサラ「はー……いろんな意味で我慢するのが大変だったっス」

敷波「みんな黙っててくれてありがとね。とりあえず目的は達成できた感じかなー」

エレノア「なら良かったわ。最後に出てきた奴にちょっとむかついてたんだけど、なかなかいい意趣返しができたんじゃない?」

初雪「うん……握手、いらなかった」

ヲ級「……ソレヨリ、南ノ敵艦隊ガ、気ニナルワ」

ブリジット「もしや、それが心配で、航空部隊で書類を届けたでありますか」

ヲ級「……」コク

敷波「司令官がそっちに話をしに行くって言ってたんだよね」

エレノア「そうね。話が終わったらすぐ引き上げる予定だって言ってたけど」

敷波「それなら、少しだけ様子を見に行こう。戦闘が発生したら、すぐに救援を要請して、艦隊を出してもらわなきゃ」

初雪「うん……」

イサラ(……帰りたかったのに、そうもいかなくなったっス……)ガックリ

といったところで、今回はここまで。


今回登場のメディウムはこちら。ちょい役です。

・ソニア・スプリングフロア:バドミントン選手のような風貌の少女のメディウム。床が斜めにせり上がり、少し遠くに人を跳ね飛ばす罠。
  ツインテールが可愛らしい快活な少女。交流のため、戦わない時は罠の名前で呼ばず、名前で呼ぶようニコたちにお願いしている。
・クレア・スマッシュフロア:テニスプレーヤーのような衣装の女性のメディウム。床が斜めにせり上がり、遠くに人を跳ね飛ばす罠。
  姉妹の中では自分が一番いけていると思っているお転婆娘。人を呼ぶときの呼び方が少々独特。軽率な失言が多いことを自覚している。

ちなみにフロア3姉妹は長女ユリア・カタパルト、次女クレア・スマッシュフロア、末妹ソニア・スプリングフロアの3人。
おまけでアロー4姉妹は長女ノイルース・ファイアーボール、末妹ミリーエル・アローシューター。
真ん中のディニエイル・コールドアローとグローディス・サンダージャベリンは、どちらが姉かは明確になっていません。

それでは続きです。


 * 墓場島 南沖 *

由良改二「あの建物は、壊さなくて良かったんですか?」

赤城改二「良かったと思いますよ。あの屋敷はもぬけの殻、無駄に弾薬を消費する必要はありません」

赤城改二「資材が置いてあるわけでもない無人の建物を破壊したところで、敵の警戒が強まるのがが関の山」

赤城改二「このまま敵本拠地を目指しましょう」

由良改二「それにしても……本当に、生き物の気配がありませんね」

赤城改二「ええ、不気味なほど静かですね。敵影らしい敵影もまったく見えません」

榛名改二「先程、川提督の艦隊から島の南に、この島の提督らしき人影があったと報告がありましたが……」

大和改二「……」

陸奥改二「敵の司令官を討つか、放っておいて敵の拠点を潰すか……どちらがいいかしら」

朝潮改二「私は、敵拠点を潰したほうが良いと考えています。活動拠点を……」

 ボーン!

朝潮改二「!? 砲撃です! 9時の方向、近距離からの夾叉弾です!」

赤城改二「そんな!? 敵影はどこにも……!」

 砲弾<ポチャッ

陸奥改二「明らかに当てる気がないとはいえ……誰かしらが私たちを狙っていて、いつでもやれるぞという脅しのつもり?」

榛名改二「撃ってきた方角は、報告にあった人影がいるという方角に合致していますね」

赤城改二「これは……来いと言うことでしょうか」

大和改二「……仕方ありませんね。誘いに乗るとしましょう。皆さん、くれぐれも油断しないように」


 * 墓場島 南岸 *

 パシャパシャッ

提督「よう、連中がこっちに向かって来てるようだな」

クレア(イ級に騎乗)「あぶなかったよ~、もしかしたら素通りするかもしれなかったから!」

ソニア(ロ級に騎乗)「私たちを無視して館に向かわれたら、艦隊を出す気だったんでしょ?」

提督「まあな。再建途中の鎮守府を壊されたらたまったもんじゃねえ。余計な苦労はしたくねえから、丸め込めりゃあいいんだが」

提督「とりあえずお前たちはもうしばらく隠れててくれ」

提督「深海棲艦にメディウムが乗れば完全に潜んでいられるとはいえ、連中の力量もどれほどのもんかわからねえし」

提督「罠を発動するときはそれも定かじゃないから、くれぐれも慎重にな」

クレア「オッケー!」

イ級「リョウカイ」

ソニア「それじゃまたあとでね!」

ロ級「カクレルー」

 パシャッ

 シーン…

提督「……さてと。来やがったな……」


 ザザァ…

提督「ったく。この辺りで戦闘すんな、って取り決めたはずなんだがな。なんで臨戦態勢で、艦載機まで飛ばしてやがんだ?」

赤城改二「……」

提督「大和、陸奥、榛名、赤城、由良、朝潮だな? 全員第二改装済みか」

陸奥改二「……」

提督「なんだ、だんまりかよ。まあ、装備に関しちゃあ守秘義務とかだって言うんなら、それはそれでいいけどよ」

提督「で、お前らはどこの鎮守府の艦隊で、この領海で何してんだ?」

榛名改二「……」

提督「俺たちは海軍の大将と話をつけて、そのうえで非交戦地域としてたはずだったんだけどなあ? 聞いてねえのか?」

朝潮改二「……」

提督「なんで俺が一方的に喋らなきゃなんねえんだ。おい、用がないならとっとと帰れや」シッシッ

大和改二「……あなたは、この島にあった鎮守府の提督ですね?」

提督「ああ、そうだ、元××島鎮守府の提督だ。今は少尉だが、中佐になって退役する予定だ」

赤城改二「敵の総大将がお出迎えですか」

提督「おいおい、もう敵扱いかよ……確かに海軍からは離れるが、別に海軍と事を構えたつもりはねえぞ?」


朝潮改二「人間に害をなす深海棲艦と密約を結び、海軍を裏切っておいて、事を構えるつもりはない……?」

由良改二「おまけに中佐になるとか、何を寝ぼけたことを……!」

提督「は? お前らこそ寝ぼけんな。いつ俺が海軍を裏切った? それより海軍の連中がここで何をしようとしてたか知らねえのかよ」

陸奥改二「……話にならないわね」イラッ

提督「そりゃこっちのセリフだ。最初から勝手に敵だと決めつけて聞く耳持たねえんじゃ、その辺の野良の深海棲艦と一緒じゃねえか」

朝潮改二「深海棲艦と一緒にするか……っ!」

提督「話ができないって点じゃあ同類だろうが。ったく、なんでそんなに血の気が多いんだよ、くそが」

赤城改二「……あなたが、わざわざ我々の前に現れたのは何故です」

提督「俺は話をしに来た」

由良改二「話を……!?」

提督「ああ、どういう事情でこの島の領海に入ったのか、お前らの言い分を聞きに来たんだ」

提督「この辺で暴れられちゃ迷惑なんで、その警告も兼ねてな」

提督「さっきも言ったが、俺たちは海軍と交渉した結果で、この海域を非戦闘海域にしてる」

提督「ここへ来た理由が、俺たちが納得できる言い分なら、聞ける分は聞いてやるさ。じゃなきゃ、海軍へ報告だな」

陸奥改二「偉そうに……何の権限があって海軍と話せると思ってるのかしら」ボソッ


提督「何やらぶつぶつ言ってやがるが、名乗る気も話をする気もないならとっとと帰れよ。ったく、どこの野良艦娘だ? お里が知れるな」

朝潮改二「言わせておけば……!」

大和改二「我々は曽大佐の鎮守府の艦娘です。中佐と名乗りましたね? であれば大佐麾下である我々の命令に従いなさい」

提督「断る。俺は今、この島の統治を最優先事項にしている。大将も了承済みだ、お前らの感情に任せた私的な命令を受け付けることはできない」

大和改二「統治……!? どういう意味です、あなたの企みを白状なさい。一体何のために、深海棲艦を率いているのです?」

提督「率いる……? そんなつもりはねえんだが……俺の庇護下にいるわけだから、その言い方もあながち間違いじゃねえか」

朝潮改二「なにを独りでぶつぶつと……!」

提督「ちゃんと齟齬がねえように確かめてるだけだ。で、俺の目的は、平たく言えば艦娘と深海棲艦の保護だ」

由良改二「保護?」

提督「そうだ。深海棲艦の中で、人間や艦娘と戦う気のない連中を保護してる」

提督「そのために、この島の海域を海軍に言って非交戦海域にして、面倒を避けてる。それだけだ」

榛名改二「……戦う気のない? 深海棲艦が?」

赤城改二「これまでさんざん海の安全を脅かしてきた深海棲艦を信用しろと?」

提督「そこは信用しろとしか言えねえな。これでも平和的に話し合いをしたんだぞ、X大佐所有の医療船の甲板上で」

提督「そこで、俺と、ここにいる深海棲艦と、海軍の将官たちとで、この島を割譲してもらうよう交渉して取り決めたんだ」


陸奥改二「深海棲艦がどうしてそんなことを?」

提督「戦いたくないからだって言ってるだろ。だから、こうして海軍に協力する姿勢を見せてんじゃねえか」

赤城改二「そんなことをすれば、深海棲艦からは裏切り者として扱われるのでは?」

提督「そう思う奴らもいるかもしれないが、それ自体は別に構わねえな」

陸奥改二「構わない? 想定内だってこと?」

提督「そういうことだ。俺たちは自衛したいだけであって、なにも海軍や艦娘がすべての深海棲艦を攻撃するなと言ってるわけじゃねえ」

提督「俺たち、つまり、この島に住む深海棲艦が、海軍と戦わないようにしたい、って言ってんだよ」

朝潮改二「そんな都合のいい話があるか!」

提督「その都合をつけようって話じゃねえか。人間だって同じだろ?」

提督「異なる国家間で武力衝突が起こらないように、条約なりなんなり結んでるじゃねえか。それと同じだ」

榛名改二「それでは、ほかの海域の深海棲艦はどうなっても構わないと?」

提督「そうだな。少なくとも今の時点で、余所の海域の深海棲艦を俺たちが守る義理はない。何の約束もしてねえし、今は俺たちだけだ」

提督「ただ、こうやって俺たちが海軍と取引することで、他にも海軍と交渉を望む深海棲艦が現れるかもしれないし」

提督「逆にそれが気にくわないからと攻撃を仕掛けてくる深海棲艦が現れるかもしれない。お前たちみたいになあ?」ジロリ

榛名改二「!」


提督「人間に対する深海棲艦の悪意の度合いが分かって、それで戦いを避けることができるとなれば、それはいいことだと思わねえか?」

提督「俺たちの考えを理解してくれてる海軍のお偉方は、おそらくそういう効果を期待してるんだろう」

提督「俺もそうなって欲しいと思ってる。そうなりゃあ、俺たちも戦わずに済むようになるからな」

提督「もちろん、笑顔で近づいて騙し討ちを図る連中も出てくるだろう。深海棲艦からも、人間からも」

朝潮改二「我々海軍を侮辱するか!!」

提督「そこは誰もお前らのことだなんて言っちゃいねえよ。これまでの人間の歴史を顧みても、その可能性は十分あり得るだろうが」

提督「俺もこれまで海軍にいて、いろんな救いようのねえ人間を見聞きしてきた。だからこそこうやって警告してやってんだ」

朝潮改二「海軍に、そんな人間がいるわけがない!!」

提督「いやいや、それがまあ、情けないことにそれなりにいるんだよ……例えば、艦娘にセクハラ仕掛けて逃げられた奴とか」

陸奥改二「は?」

提督「上官に手柄を取らせるために、手前のところの艦娘に囮になって死ねと命じた奴とか、艦娘を売春させようとした奴とか」

赤城改二「……」

提督「余所の鎮守府の艦娘を騙して拉致しようとしてた奴とか、艦娘を使って趣味の悪い実験してた奴とか」

由良改二「なによそれ……」


提督「そういう阿呆が海軍で艦娘の指揮を執ってたりしてたんだよ。知らねえのかよ」

朝潮改二「……嘘だ……っ!」

提督「ほかにも、鎮守府間でマネーロンダリングしてた奴らもいれば、手前の出世のために親を殺そうとした屑もいるし」

提督「そんな連中の不正を暴こうとして消された奴もいれば、拉致されそうになった部下の艦娘を庇って殺された奴もいるそうだ」

艦娘たち「「……」」

提督「揃いも揃って初めて聞いた風な顔してやがんな」

榛名改二「……よくもそんな出鱈目を」

提督「お前らが戦場にしか目を向けてねえから、内地で何が起きてるか全然知らねえってだけだろう? 曽大佐だって知ってるはずだ」

提督「実際に、うちに流れ着いた艦娘のなかには、死ぬまで戦わされて轟沈した艦娘もいるからな。お前も同じ目に遭いたいと思うか?」

榛名改二「構いませんよ。一体でも多くの深海棲艦を沈められるのなら、私は本望です」

提督「……」

赤城改二「なんです、その顔は」

提督「いやいや……なるほどこりゃ駄目だ。話にならねえ」ハァ…

赤城改二「話をしに来た相手が、話を放棄しようというのですね」

提督「そういう意味じゃねえよ。可哀想な連中だなって感想を抱いただけだ」

朝潮改二「なっ……!? 私たちを愚弄するか!!」


提督「いやいや、可哀想じゃねえか。戦争で戦って勝つ以外の喜びや楽しみを、お前らは知らねえってことだろ」

提督「日頃の飲食だってそうだ。面白い本を読んだり、歌を聴いたりしないのか? 他愛のない雑談はしないのか?」

提督「新聞は見てるか? 世の中で人がどんな事件を起こしてるか、どんな歌が流行ってるか、知ってるか?」

提督「余所の鎮守府の艦娘が、普段何をしてるか知ってるか?」

由良改二「なんでそんなものを知る必要があるの?」

提督「お前らは、平和のためなんて大仰な大義名分掲げてやがるが、その平和ってのが具体的にどんなものか、分かってねえだろ?」

提督「世の中の人間が言う『幸せ』ってもんを、少し勉強してこいって言ってんだよ」

由良改二「私たちは艦娘よ。そんなもの、知る必要はないわ」

提督「そんなもの呼ばわりかよ……お前ら、戦争が終わったらどうする気だ?」

赤城改二「戦争が終わってから考えます。今からそんなことを考えさせてどうしようというのです?」

提督「戦うことしか知らない奴は、戦う以外の行動をしない。知識にない、知らないことを実行することはできないからな」

提督「俺はここの艦娘や深海棲艦に、戦う以外の世の中の普遍的な幸せを与えて、余計な争いを起こさせないようにしようとしてんだよ」

大和改二「それこそ余計な真似というものです。深海棲艦の本質は戦争と破壊」

大和改二「海を破壊する深海棲艦を殲滅することこそ、私たち艦娘の使命であり、人類の幸せにつながると……」

提督「だからそれしか言えねえのかよ……少しは違うことを言え、この無菌室育ちが」アタマオサエ

榛名改二「無菌室……っ!?」


提督「無菌室だろうが。戦争以外の何も知らねえ純正培養の箱入り戦闘狂どもめ」

提督「むしろ、お前らこそ戦場しか見ようとしてねえな? おそらく曽大佐から『雑念が入らないように』とか言われてんだろうが……」

提督「娯楽とか、世俗のあらゆる浮ついたものを、自分には不要なもの、下衆なものだと考えてんじゃねえのか?」

提督「そういう欲求めいたものを我慢して、滅私奉公している手前の姿が崇高で誇らしいと思って、他人を見下してんじゃねえのか!?」

赤城改二「馬鹿なことを……根も葉もない想像の話でしかありませんね」

提督「だったらもうちょっとマシな反論しろよ。自分の正当性をちゃんと言葉で表現しろってんだ」

提督「まともに言い返せねえから、結局は言葉で返さず暴力で自分の正当性を海軍に認めさせようとしてるってことじゃねえか」

提督「ったく、ここまで話が平行線になるとは思ってなかったぜ。これだから狂信者は面倒臭え……」ハァ

大和改二「狂信者で結構。深海棲艦を迎合し、人の世を破壊しようとしているあなたよりは、狂っているとは思いません」

提督「あぁ?」

大和改二「曽提督は、現状を憂いておられます。海軍の中に、深海棲艦を許容するような流れが作られたのでは、人類に未来はないと」

大和改二「海は、元通りにならなければなりません。深海棲艦が跋扈する海に、平和は永遠に訪れません」

大和改二「だというのに、かつて海軍に身を置きながら、深海棲艦に肩入れして保護しようとする。血迷った判断と言わざるを得ません」

大和改二「私たちは、そのような誤りを正し、海軍の模範として、ありとあらゆる深海棲艦を撃滅し」

大和改二「争いのない平和な海を取り戻すことが至上命題であると、私たちの力をもって知らしめなければならないのです!」


提督「……何が何でも深海棲艦を殲滅するってか」

大和改二「理解できたなら投降しなさい。深海棲艦に与することが人間にとってどれほど害悪かを知らない愚か者め!」ジャコン

提督「同じこと何度も言わせんな。俺に砲を向けるより先に、その話を海軍の上層部の人間に言って聞かせて頷かせるのが筋じゃねえのかよ」

大和改二「ここで私たちが成果を出せば、寝ぼけ眼で判断に悩んでいる上層部も、すっきりと目を覚ましてくれるでしょう」

提督「つくづく駄目だなこりゃ……思った以上に狂ってやがる。可哀想に」

朝潮改二「っ!! いい加減に……!!」

提督「うるせえな。少なくとも上の決定や判断を無視してここに来てる時点で、お前らは命令違反じゃねえか」

提督「その時点で、どれだけ上の人間を馬鹿にしてるか、理解してるか? お前らは海軍と言う組織に反抗したって見なされるんだぜ?」

大和改二「……」

提督「ここで引き返せばまだ厳重注意で済むかもしれねえぞ。逆に、撃てばその時点で曽大佐が責任を取ることになるだろう」

提督「それにだ。丁度、政府の役人があっちの東の沖に来てるってのに」ユビサシ

提督「その船を盾にして戦おうなんて考えてる奴らのどこが狂ってねえって言うんだ?」

大和改二「……何を根拠にそのようなことを。詭弁ですね」

提督「詭弁だとしたら、そもそも今日この日に、政府の船に帯同しないでここへ来るわけがねえよな?」

大和改二「……」


提督「俺も悪人はいろいろ見てきててなぁ、それなりにそいつらの考えってもんを知ってて、それなりに想像できるんだ」

提督「自分のやってることを正当化するために、自分なり弱者なり誰かをわざと被害者に仕立て上げて、暴力を振るっていい理由を作る」

提督「狡い悪党の常套手段だ。今まさにお前らが、政府の人間を被害者に仕立てて、戦争に利用しようとしてるじゃねえか」

朝潮改二「そ、そんなわけがあるか!!」

提督「だったら今すぐ帰れよ。あの艦艇を護衛しに来たわけでもねえお前らが、この場所にいること自体が場違いで間違いだろうが」

提督「国民の人命と財産を守るのが海軍の使命だって言ってた奴がいる。政府の人間だって、お前らの守るべき国民だろう」

提督「その国民を、万が一にも戦闘に巻き込まないようにするのが、軍人としての務めでありあるべき姿、ってやつじゃねえのか」

提督「俺みたいな素人に指摘されて、恥ずかしくねえのかよ。それとも、ここで力づくで口を封じるから問題ないとでも?」

大和改二「フッ……妄想もそこまでいくと哀れですね」

提督「なんだそりゃ。図星突かれた奴の台詞じゃねえか。ますますもって曽大佐以外の人間と話をしたことがねえんだな?」

大和改二「……」ムッ

提督「こっちはその辺含めて海軍本営に根回し済みなんだよ。俺たちに手を出して曽大佐の立場が良くなることは絶対にねえぞ」

陸奥改二「あなたが本営に直接根回しできるというの!?」

提督「取れるに決まってんだろ? 本営の中将麾下の艦娘がわざわざこっちに連絡員として来てくれてんだぞ?」


陸奥改二「なんでそんな、あなたの都合のいいようにことが動いてるの!?」

提督「そもそもこの島がこうなったのは、J少将が俺を巻き添えにして大将たちの暗殺を企てたからだ」

提督「暗殺されかけたのはかつてのお前らの上官のH大将たちだが、ここで俺も含めて深海棲艦に命を助けられた」

提督「だからこそ、あの頭の固そうなH大将が俺たちの提案を受け入れてくれてるんだ。それを裏切っただのなんだのと……ひでえ言い草だ」

大和改二「そんなところから腐り始めていたというのですか……!」

提督「腐ってんのはお前らだろうが。深海棲艦の情報をアップデートできずに古い頭で思考停止しやがって」

提督「根拠があるにもかかわらず、自分の考えを押し通そうとするから、こういう恥ずかしい事態になってるって理解しやがれ」

提督「とにかく。もしお前らがこの場で俺たちを攻撃しようものなら、特警隊がお前らの海軍への翻意を疑い、鎮守府に押し寄せるだろう」

提督「仮にあの船の人間に被害が出たとしても、その怒りの矛先が必ずしも俺たちに向くとは思わないほうがいい」

提督「少なからず、余計なことをした曽大佐の判断が間違っていたと言う奴が出てくるはずさ。そうならないうちに、おとなしく帰んな」

提督「俺たちは、これでも上の連中とはできる限り穏やかに事を済まそうとしてきたんだ。平和的解決を望んでるのに、邪魔すんなよな」クルリ

赤城改二「どこへ行くつもりです!」

提督「帰るんだよ。話は終わりだ、だからお前らも帰れ。帰ってお勉強してから話し合いに来い」シッシッ

由良改二「戦わないっていうの……!?」

提督「おう、どっかの誰かさんに倣って、立ち入っただけなら……一発までなら誤射ってことにしとくさ。だから、次はないと思っとけ」


陸奥改二「どうするの? 曽提督が話していた以上に、向こうは私たちの情報や事情を把握してるみたいよ」

由良改二「これは、曽提督に急ぎ報告する必要がありますね……」

赤城改二「ええ。いまの話が本当なら、この場の行動も慎重にならざるを得ません」

朝潮改二「敵総大将を目の前にして、みすみす見逃すことになるなんて……!」

榛名改二「大和さん、どうしましょう……?」

大和改二「……」

提督「……!」ピクッ

陸奥改二「?」

由良改二「なに? いきなり振り向いて……」

提督「おい……お前ら、早く島から離れたほうがいいぞ。お前らの別動隊もだ」

大和改二「どういうことです?」

提督「南から、やべえのが近づいて来てやがる……おい赤城! お前も偵察機があるなら南に飛ばせ!」

赤城改二「は!? 誰に向かって……!」

提督「いいから南を警戒しろ! 俺たちも艦隊を出す!」

提督「話だけは聞いていたが……『視』たのは初めてだ。あれがレ級か!」

陸奥改二「レ級……!?」


 * 墓場島 南沖 *

 * 川提督の支援艦隊 *

霧島改二「通信を聞く限り、話し合いで終わってしまったようですが……」

コロラド「……なんだか、戦いたくないって話に聞こえなかった?」

飛龍改二「みたいですね。それから、南がどうとか聞こえたような」

蒼龍改二「南って……島の反対側?」クルッ

 シャァァアアア…

綾波改二「えっ!? み、みなさん! 魚雷が……か、回避を!!」

天龍改二「それだけじゃねえ! 上からも来やがった!!」

 深海艦載機<ゴォォォ…

飛龍改二「やばっ、発艦が間に合わな……」

霧島改二「早く回避を!」

天龍改二「不意打ちかよ! ちっくしょうがああ!!」


 * 墓場島南岸 *

提督「間違いねえ……あれは戦艦レ級だ!」

 ドーン…

由良改二「あの音は……川提督の艦隊!?」

提督「おい赤城、お前も見えたか!? あの深海棲艦は戦艦レ級だろ!?」

赤城改二「……話ができすぎていますね。あなたが最初から仕組んだのでは?」

提督「んなわけあるか! 罠だったら最初っからその辺に潜ませてる! あいつらよりお前ら直接狙ってな!」

朝潮改二「赤城さん、本当に戦艦レ級が来たんですか!?」

赤城改二「……まだ敵影を確認できていません。そして、なぜ彼がレ級だと分かったのかも理解できません」

由良改二「だとしたら、やっぱりあいつが嘘を……!」

提督「おい。あのレ級、顔にでけえ傷があるぞ」

赤城改二「傷……!?」

提督「ああ、右眉の上から左の頬にかけて、引き裂いたような傷だ。お前ら、心当たりはねえか?」

陸奥改二「……ねえ、大和? それってもしかして……」

大和改二「先週、南方で仕留め損ねた個体だとでも……!?」


赤城改二「偵察機からの報告がきました……どうやら、そのようですね」

提督「知ってんだな?」

 流星<バウーン!

提督「!」

島妖精A(in流星)「提督、艦隊出撃したぞ! 戦闘班と救助班のため2艦隊だ!」

提督「よし、追い払えれば御の字だ! 無理はするなと伝えろ!」

 流星<バウーン…

朝潮改二「い、いま、妖精さんと話していたような……!」

由良改二「本当? なんでそんな人間が深海棲艦の手先に……!」

 ザザァ…!

大和「提督! 私たちがこれから南沖の艦隊の救助に向かいます!」

提督「おう! とにかく保護を頼むぞ!」

榛名「お任せください!」

那珂「行ってきまーす!」フリフリ

山城「なんで私が……」

朧「空母の皆さんがいないから、代わりに索敵をお願いするんです!」

如月「行ってくるわねー!」


大和改二「なるほど……あれがこの島の艦隊の大和ですか」

泊地棲姫「ナルホド……アレガ第二改装ノ大和、カ」ザッ

 (不意に提督の背後に現れる泊地棲姫)

大和改二「……!」

提督「泊地棲姫……! 来てるとは聞いてたが、お前どこに隠れてた?」ヒソッ

泊地棲姫「オヤ、気付カナカッタノカ?」

提督「……なるほど、ニーナか」

ニーナ(in泊地棲姫の艤装)「はい、私の力で隠れておりました」

大和改二「こそこそと、日陰者同士で何を企んでいるのやら……!」

泊地棲姫「オ前タチノヤリ取リ、一部始終ヲ聞カセテモラッタ。コノ男ニ危害ヲ加エル気ナラ、タダデハ帰サナイゾ……?」ニヤリ

 ザザァ…

提督「なんだ? 泊地棲姫んとこの深海棲艦が出撃してんのか? 軽巡棲姫にタ級、ヲ級、ツ級、ヘ級……ル級もか!」

提督「同じ深海棲艦だってのに、相手して大丈夫なのか?」

泊地棲姫「アレハ私タチノ仲間ジャナイ。話ガ通ジナイカラナ」

提督「ってことは……」

泊地棲姫「敵トシテ、処理シテイイゾ」

提督「そうかい。じゃあ、遠慮なく沈めさせてもらうか……説得は簡単じゃなさそうだしな」


大和改二「……私たちもレ級を迎撃しましょう」ザァッ

赤城改二「大和さん……!?」

由良改二「レ級の撃破に手を貸すと言うんですか!?」

大和改二「ええ。もとは私たちが仕留めきれなかった艦です。落とし前と言う意味でも、この場で後顧の憂いを断つとしましょう」

大和改二「そのついでに……『あれら』がこの島の主力艦隊だというのなら、この場で沈めます」

大和改二「仮に主力でなかったとしても、私と同じ顔の裏切り者がいるというのは、この上なく不愉快です」ギリ…ッ

榛名改二「それは同感ですね」

陸奥改二「あらあら……涼しい顔して激しいわね。うまくやれるの?」

大和改二「あの男自身が言っていたでしょう、『一発までなら誤射』だと」

大和改二「あの偽物を沈めることで、あの男の醜い本性が曝け出せられれば、いろいろとやりやすくなります」

赤城改二「それに乗じてあの男を討てれば上々、ということですね」

大和改二「ええ、好きに砲撃できる丁度良い理由ができました……これこそまさに天の采配」

大和改二「千載一遇のチャンスです。うまく立ち回りましょう、我らが曽提督の本懐のために」

大和改二「そのためにも多少の犠牲はつきものです。川提督の艦隊も、覚悟の上でしょう……!」


 * 墓場島 南沖 *

 ザザザザ…!

天龍改二(中破)「来やがったぞ……!」

レ級「……!」ニタァ

綾波改二(中破)「あれは……レ級じゃないですか!?」

天龍改二「上等じゃねえか、ここは俺が……!」

コロラド「俺がじゃないわよ! 私が出るわ、中破した艦は後方に下がってなさい!」

天龍改二「あぁ?」

コロラド「霧島! 大丈夫!? いける!?」

霧島改二(小破)「ええ、いけます!」ジャコン

コロラド「さあ、蹴散らすわ!! Fire !!」

 ドガァン!

レ級「!」ギョロ!

レ級「」ブンッ!

 ガガァン!

飛龍改二(大破)「なにあれ!? 尻尾で砲弾を振り払った!?」


コロラド「……まずいわ、全然ダメージになってないじゃない!」

霧島改二「そんな馬鹿な……っ!」

レ級「…!」ギロリ

レ級「」グワッ…ドババババ!

蒼龍改二(中破)「な、なんなのあの尻尾!? 滅茶苦茶魚雷を吐き出してるんだけど!?」

コロラド「いいから避けて!! 距離を取るのよ!!」

 魚雷<シャアァァァアッ

蒼龍改二「や、やばっ……!!」

霧島改二「危ない!!」

 ドガァン!

霧島改二(大破)「く……っ!」

蒼龍改二「き、霧島さんっ!」

霧島改二「……わ、私は大丈夫です、早く避難を」

コロラド「何を言ってるの!? 大丈夫なんかじゃないわ! 霧島も避難するのよ!!」


レ級「」ザシャァァ

コロラド「ほら! あいつが来る前に、早く行って!! ここは私が持つわ!!」

レ級「」ジャキッ

コロラド「!」

 ドガァン!!

レ級「!?」ビクッ

天龍改二「い、今の砲撃は誰だ!?」

 砲弾<ゴォォォ!

レ級「!?」ドガァン!

大和「敵艦、レ級に命中……ぎりぎり間にあったみたいですね」

コロラド「えっ? や、大和!?」

蒼龍改二「な、なんで改二以前の装備になってるんですか!?」

綾波改二「……もしかして、この島の艦娘の皆さんですか?」

ル級「大和! 私タチガ足止メスルカラ、早ク、ソイツラヲ海域カラ逃ガシナサイ!」ザザザァッ

大和「ええ! そちらはお願いするわね!」


飛龍改二「……本当に、深海棲艦と共闘してるんだ……」

榛名「さあ、早く離脱しましょう!」

那珂「……ねえ、あのレ級、こっち睨んでなーい?」

タ級「ダッタラ、コッチヲ向カセルダケダッ! オラッ、コッチ見ロ!!」ドガァン!

天龍改二「……くそ、なんか、あいつとは気が合いそうだぞ」

山城「ほら、私たちはとっとと退くわよ。もたもたしない!」

如月「急ぎましょ!」


 * 墓場島 南岸 *

提督「……」

泊地棲姫「浮カナイ顔ダナ。ドウカシタカ」

提督「……向こうの大和のツラが気に入らねえ。うちの大和と似ても似つかねえな」

泊地棲姫「……」

提督「しかも思想も過激と来てやがる。多分、その育ちが顔に出てるせいで可愛げがねえんだろうけどよ」

提督「あいつら、本当に俺たちの艦隊と同道させて大丈夫なんだろうな?」

泊地棲姫「……抑エロ。私ガ、ココニイルノハ、オ前ヲ守ルタメダ」

泊地棲姫「アイツラノ一番ノ狙イハ、オ前ダ。誰ガ傷付イタトシテモ、冷静デイロ。ソレガ司令官トイウモノダ」

提督「……」

泊地棲姫「メディウムタチモ、イルカラナ。アイツラノ能力ハ、私モ認メテイル」

泊地棲姫「トニカク、少シ我慢シロ。オモシロイモノガ、見ラレルカモナ」ニヤリ

提督「あぁ?」


 * 墓場島 南沖 *

 ヲ級艦載機<ピシュンピシュンピシュン!

 レ級艦載機<ババババババッ!

ヲ級「……制空権ガ、取レナイナ。対空、任セタ」

ツ級「……!」ガガガッ

タ級「今度ハ魚雷カ!」

ヘ級「!」バシュバシュッ!

 ドガガァン!

軽巡棲姫「魚雷ニ魚雷ヲブツケテ相殺シタノ……!?」

タ級「トニカク助カッタゾ!」

ル級「……アイツ、マダ、コッチヲ見テナイワネ」

タ級「アア、アレデコッチヘノ攻撃ハ、片手間ッポイナ! ムカツク!」プンスカ!

大和「構いません、攻撃を継続して!」ザザァッ

ル級「大和!? ドウシテコッチニ来タ!」


大和「あのレ級の狙いは私のようです……!」

レ級「」ジロリ

ル級「大和トナニカアッタノカ?」

大和「私はありません。あったとしたら余所の鎮守府の大和と、でしょうね……!」

タ級「来ルゾ!」

レ級「」ドォン!!

大和「あれは……!」

ル級「榴弾……三式弾!?」

 ドガァァァン!

大和「くぅ……驚いたけど、被害は……」

タ級「意外ト、ソレホドデモ、ナイナ……!」

軽巡棲姫「ダトシテモ、ナンデ、ソンナモノ装備シテルノヨォ……!!」

ツ級「チクショウ、メンドウナノハ……キライ……!」ボソッ

ヘ級「チッ……アブネエナア……!」イラッ

ヲ級「」

タ級「」

ツ級「……ナニ?」

タ級「ガラ悪ッ!」

ヲ級「アナタガ言ウ?」

ル級「余所見シテル場合ジャナイゾ!!」


レ級「ギシャァァアア!!」ゴォッ!

ル級「奴ガ突ッ込ンデクルゾ! 迎撃!!」

大和「全砲門、構えっ!!」

ツ級「シカタナイ……!」

ヘ級「ヤッテヤルッ……!」

タ級「ブットバセエエ!」


朧「……!」ギョッ

山城「朧? 何を見て驚いてるの?」

那珂「ちょっとあれ! あっちの大和ちゃんが!!」


陸奥改二「まとめてやってしまっていいのね?」ニヤッ

大和改二「ええ、一網打尽にしてあげましょう。敵艦補足……全主砲。薙ぎ払え!!」

 ドドドドォン!!

大和「……え?」

 ドガドガドガドガァァン!!

大和「きゃあああああ!?」


 * 墓場島 南岸 *

泊地棲姫「アイツラ……大和マデ巻キ添エニシテ撃ッタノカ!?」

提督「マジでやりやがったのか……やるんじゃねえかと思ってたのに! 予測できてたってのに……くそが……っ!!」

泊地棲姫「提督!!」

提督「……おい。あのレ級は、そこまでダメージ負ってねえな?」

泊地棲姫「……ソウダナ」

提督「あいつと大和たちが一緒にいるとまずい。あいつだけこっちにおびき寄せられるか?」

提督「曽大佐の艦娘へのお仕置きはそのあとだ……これ以上、流れ弾に見せかけた攻撃をやらせるわけにはいかねえ!」

泊地棲姫「ナルホド……従オウ」バッ

 深海艦載機<ゴォォォッ!


 * 墓場島 南東沖 交渉艦隊 *

敷波「ちょっと、どういうことなの!? なんであっちの大和さんが、こっちの大和さんを撃ってんのさ!!」

ブリジット「が、ガチでやりあってるでありますか!?」

ヲ級「……アイツラハ、私タチノ、敵ナノ?」

敷波「わかんないけど、冗談じゃないよ!! 早く助けに行かなきゃ!!」

初雪「……どっち、行こう」

敷波「ど、どっち!? どっちって……」

初雪「……岸の方に、司令官がいる。泊地棲姫も」

イサラ「ま、魔神様がいるっスか!?」

敷波「えええ!? 司令官、なんであんなところまで出てきてるのさ!? 無理しないって言ってたのに!」

ヲ級「……提督タチハ、私ガ視ルワ。先ニ行ッテテ。間ヲ開ケテ、追イカケルカラ」

初雪「もしかして……ヲ級ちゃんが、撃たれるかもしれないから、離れて、って……こと?」

敷波「それは駄目! 私たちが一緒にいれば逆に攻撃されないかもしれないし!」

初雪「一緒に、行く……!」

ヲ級「……ワカッタ。援護シテ」

今回はここまで。

>223
提督「作戦もなにもねえよ! もうメディウム出すしかねえだろ、くそが!」
というのがこの状況の提督の心境です。
が、提督の焦りとは全然関係なく、ここからはル級たちの見せ場になります。

そして今回登場のメディウムはこちら。残虐系の罠ばっかでございます。

・ゼシール・サーキュラーソー:暗殺者のような風貌のメディウム。上から丸鋸が降りてきて、人間の頭を切り裂いて弾き飛ばす罠。
  斜に構えた中世の暗殺者風の女性。侵入者の排除を仕事と割り切るリアリスト。殺伐とした日常から空飛ぶ鳥の自由さに憧れる一面も。
・シエラ・デスサイズ:両手で扱う巨大な鎌を携えた、死神のような少女のメディウム。巨大な鎌が人間を無慈悲に刈り取る罠。
  臆病で人前で話すのが苦手な少女。変身願望があり、手段を問わずどうにかして自分を変えたいと思っているようだが……先は長い。
・ナンシー・フォールニードル:美容師を思わせる風貌のメディウム。無数のとげのついた天井が落ちてきて、人間を蜂の巣にする罠。
  いつでも明るくノリのいい、緊張感極薄ガール。一方で身だしなみには目を光らせており、特に寝ぐせを見つけるとすぐ直してくれる。
・オボロ・ブラッディシザー:両手に鉤爪を装備した忍者姿のメディウム。三対のハサミのような鉤爪が人間を捕らえて切り刻む罠。
  床下に潜み魔神を守護する忍びの者。名前を呼べば床下から出て来てくれるが、床下のほうが過ごしやすいために落ち着くんだとか。
・ルイゼット・ギロチン:巨大な斧を携えた、シスターのメディウム。ギロチンの刃が上から落下して、人間の首や胴を両断する罠。
  魔神の教えを正義と信じて異教徒を断罪する、過激で敬虔な修道女。魔神を絶対視しているため、融通が利かないところが玉に瑕。

では続きです。


 * 墓場島 南沖 *

大和(大破)「くぅ……っ!!」ボロッ

タ級(大破)「ナンダアイツラ!? 私タチマデ撃ッテキタゾ!?」

ル級(大破)「……アイツラニトッテハ、私タチモ敵ダトイウノネ……」

ヲ級(大破)「グ……」

軽巡棲姫(大破)「チョット、アナタタチ、大丈夫ナノ?」

ヘ級(中破)「フザケヤガッテェ……!」ビキッ

ツ級(中破)「オコラセルンジャナイヨ……ッ!」ビキビキッ

軽巡棲姫「一応、大丈夫ソウネェ……?」

ル級「……アイツハ、ドウシタノ……?」


 深海艦載機<ピシュンピシュンピシュン!

レ級(小破)「ガァア!!」ブンブン


ル級「アレハ泊地棲姫ノ艦載機……?」

タ級「オイオイ、アレデ小破デ済ンデンノカヨ!?」


軽巡棲姫「キット、大和ガ狙ワレタノヨ。ソレデ、被害ガ少ナカッタノヨォ……!」

大和「私を……!?」

軽巡棲姫「深海棲艦ト一緒ニ戦ッテルノガ、気ニ入ラナカッタンデショ……ッ!」ギリッ

ヲ級「私タチヨリ、タチガ悪イワネ……」

レ級「グゥ…!」ギロリ

大和「……いけない、レ級が……!」

レ級「ギシャアアアアアア!」

 ザシャアアア!

ル級「姫ト提督ノホウニ向カッタノカ……!?」

大和「提督! 急がないと……くっ!」ヨロッ

軽巡棲姫「シ、シッカリシナサイヨォ!」ガシッ

タ級「チクショウ! アッチノ大和タチハ、素通リサセル気カ!?」

ヲ級「……ッ!」ザァッ

タ級「オイ!? オ前、艦載機ハ飛バセナイダロ……!?」

ヲ級「提督モ、姫モ……守ラナケレバ……私タチノ、帰ルトコロガ……!」ヨロ…ッ

ツ級「……!」

へ級「……!」


大和「させません……そんなことは、決して……!」ヨロッ

 ザザァッ!

榛名「ご無事ですか!?」

朧「早くここを離れましょう!」

大和「みんな……で、ですが、提督が!」

ル級「……大和。ココハ、下ガッテテ」

大和「何を……!?」

ル級「……私ハ、コノママデモイイト思ッテイタケレド。ソンナ甘イ考エガ、通ジル相手デハ、ナサソウネ……!」パッ

 ゴボゴボ…(ル級が両手の艤装を手放し、そのまま艤装が海に沈んでいく)

如月「艤装を……!? 装備を捨てて、どうするの!?」

ル級「捨テハイナイ……安心シテ」

如月「え?」

ル級「ネエ、軽巡棲姫? アナタ、ソノ姿ニナッタノハ、弾丸ニサレタアトデショウ?」

軽巡棲姫「……ソウヨ」

ル級「永ク戦イ続ケタリ、自分ノ正体ヲ見ツケタリシタ者ガ『深化』スル……アナタノ場合ハ、後者ダッタ?」

軽巡棲姫「……マサカ……」

ル級「フフ……私ノ場合ハ、両方ニナルノカシラ?」ニッ


 * 墓場島 南岸 *

提督「くそっ……予定が大幅に狂っちまった。こりゃ、レ級か曽大佐の艦隊のどちらかにメディウムぶつけるしかねえぞ……!」

泊地棲姫「慌テルナ。マズハ、アイツヲ今ノ戦力デ、オトナシクサセルノガ先ヨ」

提督「できんのかよ、そんなこと……!」

泊地棲姫「アチラノ大和ヲ、ウマク利用デキレバナ……」

 ザザザァ…!

レ級「…!」ギロッ!

提督「……ったく、本当に面倒臭えのが来やがったな。しかも、あっち側の奴の目をしてやがる」

泊地棲姫「アッチ側?」

提督「ああ。お前たちと違って話の通じない、イカレたくそ野郎どもの目さ。あっちの大和も、そういう目をしてたからな」

レ級「」クルッ!

提督「……なんだ? あいつ、あっちの大和を睨んでやがんのか?」

泊地棲姫「大和ニ因縁ヲ持ッテイル……トイウコトカ? ダトシタラ、好都合カモシレナイナ」

レ級「」ギリッ…!

陸奥改二「……レ級がこっちに気付いたみたいね」


大和改二「構いません。一発だけなら誤射と言ったのは彼自身です……レ級もろとも、悪の権化を討ち滅ぼす好機です」ジャゴン!

泊地棲姫「アイツラ……マタ同ジ手ヲ使ウ気カ」

提督「泊地棲姫、あいつらの砲撃、しのげるか?」

泊地棲姫「……ソレハ厳シイカモナ」

提督「……メディウムたちを出すしかねえか?」

泊地棲姫「待テ。アレヲ見ロ」ニヤリ

 深海艦載機<シュゴォォォオ!!

大和改二「後ろ……!?」

レ級「!!」

 深海艦載機<バシュバシュバシュ!

レ級「!!」ザザァッ

由良改二「か、回避を!」バッ

大和改二「く……レ級もろともですか!」ザザッ

赤城改二「妙です。あの艦載機、私たちが避けられるぎりぎりのタイミングで攻撃してきましたね」

陸奥改二「攻撃を当てる気がない、ってこと? それってどういうことよ……?」


泊地棲姫「アノ艦載機ハ……私トハ別ノ姫級ダナ……!」

提督「姫級!? いったいどこからだ……!?」


 * 墓場島 南東沖 *

ヲ級→南太平洋空母棲姫「……コレデ、イイワ」

敷波「……ヲ級ちゃんが……」

初雪「……ヲ姉ちゃんになった……」

エレノア「ちょっと、いきなり変化しないでよ。びっくりするじゃない」

南太平洋空母棲姫「アア、ゴメンナサイネ……トニカク、アイツラノ気ヲ逸ラセルノニハ、成功シタミタイネ」

南太平洋空母棲姫の艤装『Grr...』ズォォ…

南太平洋空母棲姫「ヨシヨシ、イイ子ネ……」

敷波「その魚型の艤装って、あの帽子だったんだ……」

初雪「服もなんか変わっちゃってる……」

ブリジット「いつの間にかネクタイとスカートになってるであります。タチアナみたいでありますな!」

南太平洋空母棲姫「……サア、マダ油断シチャ駄目ヨ。提督タチノ安全ガ、確保サレタワケジャナインダカラ」

敷波「そ、そうだね。ヲ級ちゃんがいきなり変わっちゃったから、びっくりしちゃった」

初雪「うん……もっと余裕をもって驚きたかった」

南太平洋空母棲姫「フフッ……アトデユックリ、見セテアゲルカラ。今ハ……」チラッ

敷波「行こっか!!」キッ!

初雪「うん……みんな、助けに、行こう」グッ

イサラ「早く終わらせて帰りたいっス……」


 * 墓場島 南沖 *

飛龍改二「ちょ、ちょっと見て! 北東の方角! 新しい深海棲艦が……!」

蒼龍改二「一緒にいるの、初雪と敷波じゃない!?」

綾波改二「しき……ええええ!? ほんとだうわあああ姫級といっしょなのなんでえええ!?」パニック

コロラド「あれはもしや……ホーネット!?」

ル級「ホーネット? ……ヤッパリ、ソウイウコトナノネ」

大和「そういうことって……?」

ル級「泊地棲姫ガ言ッテタノヨ。ホラ、アナタタチモ、ワカルデショ……? 私ト一緒ニ、思イ出シナサイ……!」メキッ…!

 (ル級の額の左側に一本の角が生える)

軽巡棲姫「……コノ気配……!」

 ゴポッ

 ゴポゴポッ…ゴボボボッ!

 ザバァァァ!!(沈んだ艤装がル級の背後から、人型の艤装になって浮かび上がる)

軽巡棲姫「双頭ノ巨人ノ艤装……!」

ル級→戦艦水鬼改「……コレデ、イイワ……コレナラ、彼ヲ、助ケラレル……!」

戦艦水鬼改の艤装『ヴォオオオオオオ!!!』


如月「ル級さんが……!」

綾波改二「せ、せ……戦艦水鬼に……っ!」ゾゾッ

戦艦水鬼改「水鬼? ……ソウ、呼バレテイルノ? マア、呼ビ名ハナンデモイイワ……」

蒼龍改二「ちょっと、これって私たちもやばいんじゃないの……!?」

戦艦水鬼改「フフ、心配シナイデ。アナタタチハ、怖ガラナクテ、イイノヨォ?」ニコッ

綾波改二「そ、そう、ですかっ……!」

天龍改二「へへ、頼もしいことこの上ねえな……!」

飛龍改二「敵だったら、絶望してたところよね……」

戦艦水鬼改「……サア、アノ姫ト、提督ヲ、助ケルワヨ。眠ッテル場合ジャ、ナイワヨネ……?」

ヲ級「ソウ……ソウ、ネ……!」ユラッ ザワザワザワッ

 (ヲ級の帽子が宙に浮いて形を変えながら4つに分かれ、ヲ級の衣服がスカートに変わっていく)

ツ級「ヤルシカ、ナイカァ……ショウガナイ」バリバリバリ…ッ

 (マスクを剥がしたツ級の大きな両腕が破れて、内から多数の砲塔のついた艤装と細い腕が現れる)

へ級「……ヤッテヤロウジャナイ」バキバキッ…

 (ヘ級の底面の艤装が割れてそこから脚が伸び、弾けた破片がそのまま衣服となって再構築される)


タ級「……オイ、少シ、思イ出シタゼ。ソコニイルノハ……『キリシマ』ダナ?」

霧島改二「!」

タ級「暴レラレナクテ、残念ダッタナ。アタシガ、代ワリニ、暴レテキテヤルヨォ……!!」バキッ…バキバキバキッ…!

 (タ級の艤装が巨大化し、髪の毛の色が2色に分かたれていく)

コロラド「……あ、あああ! み、みんなわかる……!!」ブルブル

如月「ね、ねえ、この人どうしちゃったの!?」

綾波改二「こ、コロラドさん、気を確かに! 落ち着いて!」

コロラド「お、落ち着いてなんかいられないわよ!? どうして私の仲間が……私の、U.S. Navyが、深海棲艦に……!!」

霧島改二「そ、それでは、さっき私に声をかけたのは……サウスダコタだというのですか!?」

コロラド「そうよ! きっとそう……!!」


 * 墓場島 南岸沖 *

由良改二「北東の海域に、新しい姫級の深海棲艦が……あれは、南方海域にいた、新型の空母棲姫!?」

陸奥改二「これは、一体何が起きてるっていうの……!?」

赤城改二「仲間を呼んだか、潜んでいたのか……いずれにせよ、あの男が関わっていることには違いありませんね」

大和改二「こうなれば、速やかにあの男を討滅せねばなりません!」

大和改二「だというのに、あのレ級め……南方海域のみならず、ここでも邪魔をしてくるなんて。なんて忌々しい!」ギリッ

レ級「ガァァァアアア!!!」ドバババババ!!

提督「あんにゃろう、魚雷撃つにも見境なしかよっ!」

泊地棲姫「提督ハ、早ク岸カラ離レロ!」グイッ

提督「うおっ」

 砲弾<ヒュゥッ

レ級「!?」ドガァン!

榛名改二「レ級に着弾! い、いったいどこから!?」

陸奥改二「とにかく今のでレ級がひるんで隙ができたわ!!」

大和改二「今しかありません……目標、敵総大将!! 全砲門!」


 ヒュウウ…

朝潮改二「! こ、後方より砲撃です!!」

大和改二「なっ……!?」

 ドガガガガァン!!

大和改二(中破)「ぐぅ……!? わ、わたしたちに、これほどのダメージを……!?」

榛名改二(中破)「あ、あれは……!?」

タ級→南方戦艦新棲姫「フフフ……ヨクモ、好キ放題シテクレヤガッタナァ!!」

ヘ級→軽巡新棲姫「サッキカラ、ヤルコトガウザインダヨォ! 覚悟シナサイナ!」

陸奥改二(大破)「な……姫級がこんなに……っ!?」

赤城改二(小破)「……いいえ! まだ! まだ行けます!」シュパッ

 艦載機<バゥゥン!

ツ級→防空巡棲姫「アーア、出シチャッタカァ……無駄ダヨ。アタシガ全部、墜トスカラ」

南方戦艦新棲姫「墜トスノハ、アタシモ得意ダゼェ……!」


朝潮改二(小破)「そんなこと、やらせるものかぁっ!!」

由良改二(中破)「突撃よ!!」

 深海艦載機<ゴォヒュァァアアア!!

朝潮改二(大破)「きゃああああ!?」ドガァン

由良改二(大破)「な、なに!? 敵艦載機!?」ガガァン

ヲ級→深海海月姫「邪魔ヲスルツモリナラ……ワタシガ、相手ヲシテアゲルワネ……!」

飛龍改二「……艦隊が全員姫級に……!?」

朧「一人は鬼級ですよ」

山城「そこを冷静にツッコミ入れてんじゃないわよ!」

蒼龍改二「悪夢よ……悪夢だわ。うーん……」クラッ

榛名「蒼龍さん!? しっかりしてください!!」ガシッ

那珂「なんか、すごいことになっちゃったねえ!」アハハッ

天龍改二「あははじゃねえよ……笑い事じゃねえ」

コロラド「……ほんとよ、笑えないわ。よりによって、みんな……!!」グスッ


 * 墓場島 南岸 *

 ドガァン!!

レ級「…ッ!!」ヨロッ

戦艦水鬼改「ホラ、オ前ノ相手ハ、コッチヨォ……?」

提督「お前……ル級か!?」

戦艦水鬼改「アラァ、提督……コンナ姿ニナッタノニ、私ノコトガ、ワカルノ? ウフフ、嬉シイワ」ニコッ

レ級「…」ギリッ

レ級「ガアアァァアアア!!」ジャキッ

戦艦水鬼改「モウ、終ワリヨ」

 ドゴォン!!

レ級(大破)「…」ボロッ

戦艦水鬼改「コレデモ、マダ沈マナイノ? 呆レルクライ頑丈ネエ……早クアッチニ合流シタインダケド」ハァ…

レ級「ギシャアアアアア!!」グワッ


提督「こいつ……いい加減にしろってんだ……!!」

 イビルアッパー<ゴギャア!!

レ級「!?」フットバサレ

戦艦水鬼改「アラアラ、華麗ニオ空ヲ飛ンジャッテ……今ノ、提督ノ仕業ネ?」

提督「ああ、俺もいい加減、頭に来たからな。向こうをフォローするんだろ? こいつの始末は俺に任せてもらっていいか?」

戦艦水鬼改「フフ……ソレジャ、オ願イシテイイカシラ?」

提督「見せ場を奪うようで悪いな。二度と海に戻れないようにしておくからよ……おらっ、ぶっ飛べ!」

 イビルナックル<グワッ!

レ級「」バギャッ!

提督「で、ここに落ちとけ!」

 イビルスタンプ<グオッ!

レ級「」グシャア!

提督「さあ出てこい! 出番だぞお前たち!!」

ニーナ「はいっ、魔神様!!」


オボロ「我らが彼奴めを切り刻んで見せます!」

ルイゼット「ご下知、賜りました……!!」

シエラ「や、やってやるデス……!」

ナンシー「やっちゃえやっちゃえー!!」

 ペンデュラム<ブォン!!

レ級「!?」ドグシャアッ!

 ブラッディシザー<ジャキジャキジャキン!!

 ギロチン<ズガシャアッ!

 デスサイズ<ズバシューーッ!

 サーキュラーソー<ギュイイイイイ!!

 フォールニードル<ズドシャーーッ!

レ級(瀕死)「アゥ…ガッ!?」ズベシャッ

ゼシール「残虐系メディウムの連撃だというのに、いくらなんでもしぶとすぎるな。まだ息があるぞ」


提督「まだくたばらねえのか。それなら……!」

 ブゥン…!

泊地棲姫「ナンダ? アノ、アイツノ下ノ地面ニデキタ渦ハ」

提督「……魔神の『頭』を呼び出すのさ」

 魔神の顔<グォバァァァァアアア!!

レ級「ヒッ!?」

泊地棲姫「!?」

 魔神の顔<ガブ!

レ級「ガッ!?」

 魔神の顔<ガブガブガブ!!

レ級「ゲ…アギャ…!?」

 魔神の顔<ガリ! ゴギン!! ゴシャッ!! ゴヂャッ!!

 魔神の顔<ゴリュゴリュ!! マ゙ヂュザジュ!!

ルイゼット「おお、これは……魔神様のご尊顔が……!」オイノリ

泊地棲姫「……食ッタ、ノカ?」


提督「んー、そのつもりでいたんだが……お前たち、ちょっと見ないでくれ」

 魔神の顔<ベッッッ!!

レ級だったもの「」グチャッ

泊地棲姫「……」テイトクニメカクシサレ

提督「こういうのも吐瀉物っつうのかね。そういう汚えもんはあまり見せたくねえから、ちょっと我慢してくれ」

泊地棲姫「吐キ出シタノカ……」

提督「丁寧に?み砕いてから、な。味の方は残念ながら大して美味くなかった。お前らも見なくていいぞ?」

ナンシー「はーい、って言っても、あたしたちはそこまでダメじゃないけどぉ?」

オボロ「我らも屍は見慣れてますゆえ、ご安心召されよ」

提督「そうか? にしても、厄介な奴だったぜ。五月雨や若葉のカタキじゃなかったみたいだが……こんなやつ、何体も相手したくねえな」

ニコ「やあ、魔神様。頭まで召喚できるなんて、いよいよ本格的に覚醒できてるみたいだね」ニコニコ

提督「……ま、否応なしにな」

レ級だったもの「」シュウ…

提督「お、消え始めたな。魔力に還元したのか?」

ニコ「うん。これから使うでしょ?」


提督「ああ。おーい、ル級!」

戦艦水鬼改「? ドウシタノ、提督?」

提督「あいつら捕まえるぞ。適当に弱まってるよな?」

戦艦水鬼改「エエ、大丈夫ミタイヨ」

泊地棲姫「……提督、ソロソロ、手ヲ放シテクレ」ポ

提督「ん? おう、悪いな」パッ

泊地棲姫「トニカクコレデ、最初ノ手筈通リ……プランBニ移行、ダナ?」

提督「ああ。頼むぜ」

泊地棲姫「ヨシ。任サレヨウ」

浮遊砲台たち「「ヴォ!」」フワワッ

泊地棲姫「6基操ルノハ初メテダガ……ヤッテミルカ」

というわけで今回はここまで。
やっとコーヒーのフラグを回収できた……。


今回は大和さんの災難の回です。
初登場のメディウムはこちら。

・ジェニー・デルタホース:西部劇のガンマンのような姿のメディウム。下から三角木馬がせり上がり、人間を痛めつけつつ辱める罠。
  さっぱりした性格のブロンドの女性。かつては群れずに一人で旅をしていたという。相棒の木馬シルバーエッジが潰した股間は数知れず。
・オディール・マンリキスピン:万力を手にしたバレリーナのメディウム。巨大な万力が人間を掴み、超高速で回転して目を回させる罠。
  自意識過剰で自信過剰な筋金入りのナルシスト。みんなが目を回すほどの美しさを自称しているが、一番目が眩んでいるのは彼女自身。
・ハナコ・ウォッシュトイレ:学校で見た気がする、おかっぱ頭の少女のメディウム。温水洗浄便座のシャワーが人間を吹き飛ばす罠。
  狭く静かなところが落ち着くらしく、そのためとある個室に引き籠り気味な少女。場所が場所だけに、存在自体に驚く人も多いとか。
・ディニエイル・コールドアロー:エルフのような長い耳を持つ、氷の弓矢を携えたメディウム。氷の矢が飛んできて人間を凍結させる罠。
  アロー四姉妹の一人で、冷静で理知的なクールビューティー。しかし魔神のそばでは冷静さが吹き飛ぶようで、少々お熱が入り気味に。
・アーニャ・クレーン:釣竿を担いだ活発な少女のメディウム。大きな爪を持ったクレーンが人間を掴み、回転させてから放り投げる罠。
  妹のミーシャと一緒に釣りをするのが大好きな、日焼け跡がまぶしいアクティブ娘。でもさすがに裸にオーバーオールはどうかと思う。
・マリッサ・クラーケン:ボディハーネスに身を包んだ女性のメディウム。海の怪物クラーケンの触腕が人間を締め上げながら辱める罠。
  軍帽、目隠し、ボールギャグ、拘束具に鞭と、見た目でヤバさ満載の女性。言動もそれ以上に危険で卑猥な、苦痛も楽しむ性欲の権化。
・カサンドラ・アゴニーマスク:中世の剣闘士風のメディウム。通電している拷問用のマスクが落ちてきて、人間の視界を奪い苦しめる罠。
  人に顔を見られるのが苦手な恥ずかしがり屋。戦いには勇ましく振る舞うが、武器のマスクは自分の顔を隠すため被ってしまっている。


フラグはどんどん回収しちゃいましょうねー。
というわけでちょっと短いですが続きです。


 * 墓場島 南岸沖 *

南方戦艦新棲姫「コレデ、ヤットオトナシクナッタナ!」

防空巡棲姫「スッゴイ、面倒臭カッタ」ハァ…

軽巡棲姫「提督ミタイナコト、言ワナイデヨ……」

大和改二(大破)「く……っ! 屈辱だわ……!」

赤城改二(大破)「奇襲さえされなければ、こんなことには……!」

陸奥改二(大破)「どうにかして、退くしかないわね……」

由良改二(大破)「退くって、ど、どうやって……?」

深海海月姫「逃ゲルツモリ? 許サナイワヨ……!」ジロリ

榛名改二(大破)「どうにか、隙を作らないと……!」

朝潮改二(大破)「そうです、ここで沈むわけには……諦めるわけにはいきません……!」

防空巡棲姫「コッチハ、サッサト諦メテホシインダケド……」

軽巡新棲姫「ソロソロ、トドメ刺サナイト、コイツラカラ反撃ガ……ア」

防空巡棲姫「ドウカシタ……?」

軽巡新棲姫「トドメ刺シテ、イイミタイ」ニヤッ

榛名改二「なっ……!?」


朝潮改二「そんなこと、やらせま」

 デルタホース<ガッシャン!!

榛名改二「ひぎゃああああ!?」ビウビクビクーッ

朝潮改二「!?」

大和改二「!?」

陸奥改二「な、なに!? 何が起こっ」

 マンリキスピン<ガシャッ!

由良改二「え」ガキーン!

 マンリキスピン<ギュイィィィィイインン!

由良改二「ちょ……あああぁああぁあ!?」ギュルギュルギュルーー!

ジェニー「やっとあたしたちの出番だね! 待ちくたびれたわよ!!」(On軽巡新棲姫の艤装)

オディール「お待たせした分だけ、いつもより多めに華麗にお耽美に回して差し上げますわ!!」(On防空巡棲姫の艤装)

大和改二「い、いったいなにごとです!? これは……」

ハナコ「あなた方は、この世の禁忌に触れたのです。その報いを受けるときが来ただけですよ?」(On大和の艤装)


赤城改二「!? あ、あなたは誰です!?」

ハナコ「うふふ……知らないほうが、御身のためです」ニコッ

 ヒュッ

赤城改二「き、消えた!?」

 ウォッシュトイレ<ガシャッ!!

陸奥改二「きゃあ!?」ズポッ

大和改二「今度は……ト、トイレ!? なんてふざけた真似を……!!」

陸奥改二「ちょ、ちょっとなにこれ!? はまって抜けない……!」

赤城改二「こ、これはまさか……トイレの花子さん!?」ゾクッ

陸奥改二「えっ、なにそれ!?」

赤城改二「い、いえ、以前、曽提督から戯れに冗談のような話を聞いたことがあるのですが……」アオザメ

赤城改二「トイレの中から現れた少女が、用を足しに来た人を便器の中に引きずり込むという怪異がいると……」ガタガタ

赤城改二「先程不意に現れた、おかっぱ頭の少女のいでたちが、まさしくその姿なんです……!!」ブルブル

陸奥改二「えええ!?」マッサオ

大和改二「曽提督が、そのような話を……!?」マッサオ

陸奥改二「や、やだっ! ちょっと早く助けて!?」オタオタ


赤城改二「わ、わかりました! 皆さん手を」

朝潮改二(凍結中)「」カチーン

大和改二「きゃあああああ!?」

赤城改二「な、なんで朝潮さんが凍って……!?」

 ヒュオッ

浮遊砲台たち「「ヴォー」」フワフワッ

深海海月姫「コレハ、泊地棲姫ノ……『アレ』ヲ持ッテキタノネ?」

浮遊砲台たち「「ヴォ」」コクコク

 複数の捕獲牢<ガシャガシャッ!!

赤城改二「と、鳥籠……!?」

ジェニー「あっ、捕獲牢を持ってきてくれたんだ!」

オディール「さすがの手際の良さですわ!」

軽巡新棲姫「ソレジャ、サクット片付ケチャオウカ!!」

イ級「」ザバッ!

ロ級「」ザバッ!

ソニア(ロ級に騎乗)「クレアお姉ちゃん! 私たちの出番だよ!」

クレア(イ級に騎乗)「オッケー! ブレイクチャンスだね!」


大和改二「さ、さっきから一体誰なの!?」

マリッサ「んふふっ、誰だっていいじゃなぁい? そんなことよりぃ……!!」ヌラッ (On南方戦艦新棲姫の艤装)

大和改二「!?」ゾワッ

 スプリングフロア<バシーン!

由良改二「ほええああ!?」フットビ

 スマッシュフロア<ズバーン!!

榛名改二「ひうっ!?」フットビ

 ウォッシュトイレ<ピピッ シャワーーー!

陸奥改二「な、なんなのぉ!?」ピュイイーーン

捕獲牢をぶら下げて待ち構える浮遊砲台たち「!」ガシャッ!

由良改二「な、なに!? なにがあったの!?」ガシャン

榛名改二「はぅんっ!」ガシャン

陸奥改二「も、もういやああ!」ガシャン


赤城改二「鳥籠に3人が……か、解放しなさい!」

 クレーン<ガシッ!

朝潮改二「」キュリキュリキュリー(←凍ったままクレーンで吊り上げられて捕獲牢へ入れられる)

アーニャ「えー、なんでー? あたしが釣り上げたんだから、リリースするかはあたしが決めることだよー?」(On軽巡棲姫の艤装)

ディニエイル「この海域に入って来た時点で、お前たちの生殺与奪は魔神様のものです。観念なさい」(On深海海月姫の艤装)

赤城改二「あ、朝潮さんまで!! そこまでになさ」

 クラーケン<ズバシャアアア!!

赤城改二「いぃい!?」ビクゥ!

 クラーケン<ヴジュルルル!

大和改二「ひ!? い……いやあああああ!?」ヴジュルジュルッ

大和改二「なに、なんなの!? なにこれえええ!?」ガタガタガタ

大和改二「いやぁぁあ!? 取って! これ取ってぇぇ!! は、入ってこないでえええ!! うああああん!!」ボロボロボロ

赤城改二「あわわわ……こ、これは一体っ!?」ビクビク

マリッサ「あはぁ、素敵ぃ……! 恐怖と恥辱が綯い交ぜになってるのねえ、とっ……てもいい悲鳴だわぁ……!!」ウットリ

軽巡新棲姫「ウッワ……」ワクワク

防空巡棲姫「エッロ……」ジットリ

深海海月姫「オウ……コレガ、ジャパニーズ・ショクシュ……」ユビノアイダカラチラミ

南方戦艦新棲姫「オオ、スッゲェ……」フムフム


 *

山城「うわぁ……ちょっと誰よ、よりによってマリッサなんか連れてきたの」

那珂「え? でも、船の天敵のクラーケンだよ? 連れてこない理由のほうが思いつかないんじゃない?」

山城「っていうか那珂ちゃんはアレを見ちゃダメよ!?」バッ

那珂「そういう気遣いは、駆逐艦のみんなにこそしてあげたほうがいいと思うなー」チラッ

如月「わ、私はまあまあ大丈夫だけど……」ポッ

朧「うっわ……」カオマッカ

綾波改二「はわわわ……」カオマッカ

天龍改二「おい、マジか……」カオマッカ

コロラド「ね、ねえ、いまクラーケンって言ってたけど……」

山城「ああ、あれ? 提督の知り合いよ」

霧島改二「し、知り合い……??」

飛龍改二「っていうかクラーケンって滅茶苦茶やばい奴じゃないのー!?」ヒシッ

蒼龍改二「もうやだぁ! 早く帰りたいー!!」ヒシッ


 *

赤城改二「……はっ!! 怖気づいている場合では……や、大和さん! 今助けます!」

カサンドラ「もう遅いです!」(On戦艦水鬼改の艤装)

 アゴニーマスク<ヒューン

赤城改二「きゃっ!!」ガポッ

カサンドラ「あなたもこうなる運命です……!」

赤城改二「あばばばばば!?」バリバリバリー!

大和改二「あ、赤城さあん!?」

マリッサ「あら、自分のことより他人の心配なんかしてあげてるのぉ? 優しいのねぇ、ご褒美あげたくなっちゃうわぁ~」ニタニタ

大和改二「ひっ!?」

マリッサ「せっかくだからあ、あなたの声が嗄れるまで……んふっ、たくさんたくさん、いぢめてあげるわねぇ~?」ニチャア…

大和改二「ひいいいいっ!? い、いやっ、やめ……」

マリッサ「ほぉ~ら、あんよを無様に、がぱぁ~っと開いて、ひっくり返してぇ~」グイーッ

マリッサ「恥ずかち~ぃところが恥ずかしくなってる様子を、ここにいるみんなに、全ぇん部見てもらいましょうねえ~?」ガパーッ

大和改二「い、い゛や゛ぁ゛ーーーーーーー!!」

軽巡新棲姫「ウッワァ……」ドキドキ

防空巡棲姫「エッグイ……」ネットリ

深海海月姫「オウ……コレガ、ジャパニーズ・ヘンタイ……」ユビノアイダカラガンミ

南方戦艦新棲姫「オオ、ヤッベェ……」マジマジ

大和「……なにも私と同じ艦娘でやらなくても……」(←両手で顔を覆って耳まで真っ赤にしている)

軽巡棲姫「ゴ愁傷様……」セナカポン

大和改二「い゛や゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛!!」


 * 墓場島 南岸 *

 <イ゙ヤ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙…

泊地棲姫「悲鳴ガココマデ響イテキテルナ」

提督「マリッサも容赦ねえな……」セキメン

泊地棲姫「ドウシタ、顔ガ赤イゾ?」

提督「いや、見えるんだよ……あっちで起きてることが」

泊地棲姫「ソウナノカ? フフッ、魔神様モ大変ダナ」

ニコ「……」カオマッカ

シエラ「……」カオマッカ

泊地棲姫「オ前タチモカ」

ゼシール「まあ……こういうことに慣れていない者が、我々の中には意外と多いんだ……」チラッ

ニーナ「ちょっ!? わ、わたしですか!?」カオマッカ

オボロ「せ、拙者はそのようなことは……!」カオカクシ

ナンシー「み、みんなめっちゃ動揺してるしー!」

泊地棲姫(コイツラ全員、提督ニ似タンダナ)ウンウン


 * 墓場島 南岸沖 *

 スプリングフロア<バシーン!

赤城改二「きゃあっ!?」

 捕獲牢<ガシャッ!

ソニア「ふう、これであたしたちの分はおしまい!」

クレア「ほらーマリマリ、遊ぶのはいいけど、早く捕獲牢にしまっちゃってよー?」

マリッサ「えぇ~? もっと弄りたいんだけどぉ……しょうがないわねぇ」

 クラーケン<ネジコミー

大和改二「……」グッタリ

 捕獲牢<ズルベチャヌチョガシャッ!

軽巡新棲姫「捕獲スルトキノ音デスラ、エロイッテドウイウコト……」ドキドキ

防空巡棲姫「粘液マミレダッタモンネエ……」ポ

如月「見た目が完全に『何かされちゃった後』よね?」ドキドキ

大和「み、見ないでください! 特に駆逐艦の皆さんが見ちゃダメなものです!!」

榛名「……もう、いろいろ遅いと思います……」カオマッカ

敷波「うわあ……」ドンビキ

初雪「大和さん……」ポ

南太平洋空母棲姫「……スゴイノ見チャッタ……」セキメン

大和「お願い、もうみんな忘れて……」ミミマデマッカ

朧「青葉さんが不在で良かったですね……」


今回はここまで。
あまりマリッサに喋らせすぎると、R板に行かなきゃいけなくなるので、
だいぶソフトな言い回しを心がけました。

>244
一応、実装済みの艦娘を想定していますが、ちょっと性格が違いすぎて無理があるかも……。
戦艦水鬼については、軽巡新棲姫や防空巡棲姫のように、モチーフがこれ、と言うのがないので、
もとになっている艦娘を意図的にごまかしている部分もあります。
実は、その辺を解説させたりする役割として、今回はコロラドを配役しています。


前回は大和さんが精神的なピンチになりましたが、今回は提督のピンチ回です。
今回は屈辱系メディウムが多め。というか、前回も屈辱系多めでしたね。

・キュプレ・ペッタンアロー:天使のような衣装のメディウム。ロープと吸盤のついた矢が人間に張り付き、発射台まで引っ張られる罠。
  人と人を物理的にくっつけるのが好きなお節介焼き少女。ただし恋愛そのものには興味が薄く、くっつけた後のケアまでは知りません。
・ミュゼ・テツクマデ:庭師のお姉さんメディウム。おもむろに置かれたテツクマデを人間が踏み、跳ね上がった柄が顔面を打ち付ける罠。
  言動にちょっと年季の入った庭師のお姉さん。忘れっぽいのか、テツクマデをどこかに置き忘れ自分で踏んでしまうことも増えてきた。
・ヴィクトリカ・ヒューマンキャノン:眼帯をした女海賊風のメディウム。巨大な砲台が人間を弾丸にして、遥か遠くへ発射する罠。
  見た目通りの女海賊。海が好きだが残念ながら船は持っておらず、南の海に船で乗り出すのが夢。酒好きメディウムの一人でもある。
・ヴェロニカ・スパイダーネット:煽情的な衣装に身を包む妖婦のメディウム。頭上から蜘蛛の巣が降ってきて、人間の動きを鈍らせる罠。
  何人もの男を絡め取り弄んできた……と思われる蠱惑的な女性。魔神に対しては誘惑が不発に終わることが多く、悶々としているとか。
・カオリ・ボールスパイカー:バレーボール選手のような姿のメディウム。発射台から3発のバレーボールが放たれ、人間を打ちのめす罠。
  日々トレーニングに汗を流す体育会系娘。頑張り過ぎて体を壊したり、神殿の壁を壊したりと、強い向上心に反して自制心は弱い模様。

では続きです。


 * 墓場島 南岸 *

捕獲牢をぶら下げて戻ってくる浮遊砲台たち「ヴォー……」フワフワッ

提督「おお、全員しっかり捕獲してきたな」

泊地棲姫「疲レタナ……浮遊砲台ヲ、6基向カワセタノハ初メテダ」フゥ…

提督「悪いな、無理させて。おかげで助かったぜ」

ニコ「それじゃ、捕獲牢を回収するよ。こんなに捕獲できたのは、僕も初めてだよ」スッ

 (ニコが手を広げると、浮遊砲台たちがぶら下げていた捕獲牢が消える)

浮遊砲台たち「ヴォ」フワフワッ

泊地棲姫「イキナリ軽クナッタナ」

ニコ「ぼくたちの神殿の一室に転送したんだ。これでもう、あいつらはこっちの世界に簡単に出てこれないよ」

提督「……これでひと安心、だな」

 ザザザァ…!

大和「提督ー!」

戦艦水鬼改「戻ッタワ。提督ト、姫ハ大丈夫?」

提督「おう、おかげさまでな」


泊地棲姫「……フフ、マサカ、イマノオ前ニ心配サレルナンテ、思ッテナカッタワ」

戦艦水鬼改「オカシイカシラ?」クビカシゲ

泊地棲姫「私タチハ、チカラヲ持ツ者ガ上……弱肉強食ノ世界ガ、普通ダカラヨ」

戦艦水鬼改「フーン……多分ソウイウノハ、全部コノ男ノセイヨ?」クスッ

泊地棲姫「違イナイワネ」フフッ

提督「何言ってんだお前たち」

南方戦艦新棲姫「戻ッタゼー!」

軽巡新棲姫「タダイマー!」

防空巡棲姫「マジ疲レタ……」

深海海月姫「大破シテル艦ガイルカラ、早ク帰リマショ」

提督「戻ったって……揃いも揃って全員別人みたいになりやがって。これじゃ誰が誰だかわかんねえぞ」

提督「つうか、泊地棲姫の言ってた、面白いこと、って、もしかしてこのことか? 何があったんだお前たち」

南太平洋空母棲姫「ソレハネ、イロイロ、アッタノヨ」クスッ

エレノア「びっくりしたわよー、彼女に載ってる間、感情の昂ぶりと一緒に強烈な魔力の奔流を感じたんだもの」

ディニエイル「きっかけこそよくわかりませんが、これまでより強大な力を持つようになったと実感できます」


提督「そいつはいいが……体調がおかしいとか、そういうことはねえな?」

南方戦艦新棲姫「全然! 絶好調ダゼ! ア、デモ、コッチハ大怪我シテルゾ」

軽巡棲姫「イイワヨ、沈マナカッタンダカラ……提督ハ、無事ナノネ……?」

提督「ああ、大和と軽巡棲姫は災難だったな。歩けるか?」

軽巡棲姫「ソウネ。装備ハサンザンダケレド、歩ケナイホドジャナイワァ」ハァ

大和「私も、足元は問題ありません……とても恥ずかしかったですが」マッカ

提督「……そうか。まだ手を貸せる状態じゃないんで、自分で歩けると助かる」

榛名「? まだ何かあるのですか?」

ニコ「そうだね……」チラッ

提督「ちょっと嫌なもんが視えちまっててなあ……まさかこっちに向かってくるとは、思ってもいなかったぜ」

南太平洋空母棲姫「? 何ノ話?」

如月「司令官、こっちの別艦隊の艦娘を保護したわ……あら? あれは誰かしら……?」

 ゴムボート<ザシャアアア…

弟「よーし、ここでいい。指示があるまで、ここで待ってろ」

団員1「本当に用事はそれだけなんだろうな!」

団員2「勝手に抜け出して、あとでなんて言われるか……」


敷波「あー、あれって!」

南太平洋空母棲姫「アノ男タチハ……!」

イサラ「なんでここまで押しかけてきたっスか……!?」

弟「フッ……久し振りだな、兄さん」

 ザワッ…!

提督「……」

山城「兄さん!?」

ゼシール「というと、あの男が……」

戦艦水鬼改「提督ノ弟カ!?」

朧「来るなって伝えてたはずなのに……!」

ニコ「あんまり似てないけど……魔神様、本当なの?」

提督「……知らん」

弟「!?」ガクッ

艦娘&深海棲艦&メディウムたち「「」」ガクガクッ

コロラド「みんなどうしてコケてるのかしら……」

霧島改二「さあ……」


カサンドラ「あ、あの人間、知らないんですか?」

提督「知らないっつうか覚えがないっつうか……ぶっちゃけ、ガキの頃に縁を切られて以来、顔もまともに見てねえし」

提督「そもそも兄さんなんて一度も言われたこともなけりゃ、今更になって言われる筋合いもねえしなあ」

提督「だから弟だって言われてもピンとこねえし、白々しいっつうか空々しいっつうか……それ以上に、どの面下げて来やがった?」

如月「それはそうなるわよね……」

ディニエイル「ごもっともです」ウンウン

朧「それより提督、大丈夫なんですか? X大佐たちと話してた時に、元家族の話になった途端、すごく不機嫌になったじゃないですか」

提督「そうだったんだが、大丈夫っぽいな。これも思い出補正ってやつか? 昔のことなんで、思い出すたびむかついてたんだが……」

提督「こうして面と向かって対峙してみても、俺の想像と実物がかけ離れてて、もう他人としか思えねえ」

提督「俺もなんでこんなのに神経すり減らしていたのかが不思議なくらいだ。この分なら、親に会っても何とも思わねえかもな」

泊地棲姫「ストレスノ元ガ減ッテ、良カッタジャナイ」

提督「ああ、本当にな」


ジェニー「ねえねえ、弟って言うけどさ、リーダーのほうがずっと若く見えない?」

オディール「そう見えますわね。所作にも優雅さが足りないと申しますか……」

クレア「ぶっちゃけ老けてるよね? おっさんじゃない?」

ナンシー「そこまでぶっちゃける!? 私もそう思ったけど!」

ハナコ「ナンシーさんは口に出さなかっただけなんですね」

如月「ナンシーさん、そのあたりはしっかりしてるわよねぇ」ウフフッ

ナンシー「そりゃー一応、人の外見を気遣うお仕事だしー?」フフーン!

弟「……減らず口もその辺にしておけ、メディウムども」

ディニエイル「!」

弟「艦娘も、深海棲艦もだ。そこの落ちこぼれに代わって、この俺が、この島を統治する。せいぜい俺の機嫌を損ねないことだ!」

那珂「統治? どういうこと?」

軽巡新棲姫「タダノ人間ゴトキガ……生意気ダナ」

山城「それより、なんであの男がメディウムのことを知ってるのよ」

深海海月姫「ソウイエバ……!」

提督「おいニコ、気付いてるか?」

ニコ「……うん。メディウムのみんなも気付いてるよ」


提督「それなら話は早いな。艦娘と深海棲艦たちは手を出すなよ! あとから人間どもにごちゃごちゃ言われたくねえからな!」ダッ!

如月「えっ!? 司令官!? どこへ行くの!?」

朧「なんでそいつに向かっていくんです!?」

ニーナ「魔神様は、おそらく私たちを巻き添えにしないようにしようとお考えです」

南方戦艦新棲姫「巻キ添エ? ドウイウ意味ダ?」

弟「ハハハハ!! いいぞ、かかってこい! 無様にあがいて見せろ!」バッ!

 魔法陣<ボワッ…!

提督「!」

弟「くらえ! そして魔神である俺の力にひれ伏せ!」

ジェニー「リーダー! 下からくるよ!」

 デルタホース<ガシャッ!!

提督「おっと!」バッ

艦娘&深海棲艦たち「「!?」」


ナンシー「今度は上からよ、マスター!」

 魔法陣<ボワッ…!

 ツリテンジョウ<ガラガラガラ!

提督「ちっ!」ゴロゴロッ

弟「なんだなんだ、逃げるだけか!」

ニーナ「魔神様、次は前からです!」

 魔法陣<ボワッ…!

 ペンデュラム<ブゥン!

提督「っと、危ねえ!」バッ

戦艦水鬼改「ドウイウコト!? ドウシテ、アイツガ罠ヲ操レルノヨ!?」

大和「ニコさん、あの男は何者なんですか!?」

如月「あの力は魔神の力なんでしょう!?」

ニコ「うん……あの力はそうだよ。でも、あの男は魔神様じゃない。魔神様の加護を授かった、ただの人間だよ」

泊地棲姫「加護?」


弟「くっ……ちょこまかと! 逃がすか!!」

マリッサ「今度は足元よぉ~!」

 魔法陣<ボワッ…!

 ベアトラップ<ガチン!

提督「ったく、あぶねえな……!」バッ

ゼシール「上だ……でかいぞ! 走れ!」

提督「なに!?」ダダッ

 魔法陣<ボワッ…!

 スエゾー<ズウゥゥンン!!

提督「うおっ!? なんだこいつ!」ゴロゴロゴロッ

ニコ「ぼくたちも見たことないね……異界の化け物かな」

スエゾー「アレ? オレノデバン、コレダケ?」シュウウ…


弟「ちくしょう、野次馬が邪魔ばかりしやがって……! おい、お前たち! 提督を捕まえろ!」

団員1「な、なんで俺たちが!?」

団員2「お前をここに連れてくるだけの約束だったろう!?」

弟「……」ギロッ

 魔法陣<ボワッ…!

団員1「!」

 ボートの横すれすれを通り過ぎるペンデュラム<ブゥン!

団員1「うわあ!?」

弟「逃げたりしたら、次は直撃させるぞ……行け!」

団員2「く、くそ……!」

団員1「なんで俺たちがこんな目に……!」


提督「おいおい、普通の人間駆り出すなんて、お前……」

弟「落ちこぼれのお前が俺に意見するな!! お前のようなゴミが、俺の兄だなんて認めないぞ!」

提督「ああ!? 誰が認めてくれなんて言ったよ、くそが!」カチン

団員2「脚が止まった……い、いまだ!」ガシッ

提督「げっ! こいつマジかっ……!」

弟「よーし、よくやった! お前も早くあいつを捕まえろ!」

団員1「く……!」ダッ

 魔法陣<ボワッ…!

提督「ちっ……!」

キュプレ「そうはいかないわよ!」(On那珂の艤装)

 ペッタンアロー<パシュッ!! ペタッ!

キュプレ「いつもはくっつける役割だけど、今回は離れてもらうわね!」

提督「うお!?」グイーン!

団員2「うわっ!!」グイーン!

キュプレ「って、あれ!? なんであの人間もくっついてくるの!?」

那珂「しっかり抱き着いちゃってるせいだね……」


団員1「な、なんだあ!? いきなり吹っ飛んでったぞ!?」

 ドゲザプレート<ガシャッ!!

団員1「うわっ!? な、なんだこれ……あ、熱! ぎゃあああ!!」ジュウウウ

弟「なんでお前が罠にかかるんだ! どんくさい奴め……!」

提督「くそ、あんな罠を持ってるのかよ……キュプレか、助かったぜ!」

キュプレ「魔神様、油断しないでね!」

団員2「……」

提督「……おい。お前、このままあいつに従ってていいのか? あいつはお前を味方だなんて思ってもいないようだぞ」

団員2「そ、それは……」

提督「俺はあいつを追い払う。逃げてろ」ジロリ

団員2「う……」

提督「さてと……」チラッ

山城(……あら? 私の載せてたメディウムが、いなくなった……?)

那珂「どうしたの山城ちゃん?」

山城「……大丈夫よ、なんでもないわ」


提督「お前の持ってる罠の傾向はだいたいわかった。お前、見た目が屈辱的で痛そうな罠ばかり揃えてるな」

弟「……お前の最期に相応しい罠を用意してやっただけだ。嬉しく思うんだな!」

提督「はっ、馬鹿が。余程、俺を辱めたいようだが……生憎、俺はお前なんぞに用はねえんだよ」

弟「用はない、だとぉ……!?」イラッ

提督「ああ、お前の面なんざ見たくもねえ。とっととおうちに帰んな」シッシッ

弟「お前如きが俺に指図するなと言っているだろうが……!! 落ちこぼれの出来損ないの、我が家の恥さらしの分際で!!」

弟「何の地位も能力も持てなかった無能のくせに! 一般社会に適合できなかった落ちこぼれのくせに! その偉そうな態度はなんだ!!」

弟「父さんにも迷惑をかけ続け、母さんにも毛嫌いされるようなお前が取っていい態度だと思うか! 恥知らずめ!! この世のゴミめ!」

提督「……」

如月「なにあいつ……」ドロリ

大和「提督に向かってなんてことを……」ドロリ

戦艦水鬼改「殺ス」ゴワッ

南方戦艦新棲姫「殺ッチャウカ!」ギラッ

ニコ「うん、殺っちゃおう」ゴゴゴゴ…


飛龍改二「ちょっと!? さっきからいったい何の話!?」

蒼龍改二「みんな殺気立ってて怖いんだけど!?」

山城「説明してる余裕はないからちょっと静かにしててよ……」

天龍改二「よくわかんねえけど、よくわかんねえ力で戦ってるってことだよな」

綾波改二「手出ししないでおとなしく静観してたほうがいいみたいですね」

天龍改二「むしろいつでも避難できるようにしてたほうがいいな」

山城「なんでこっちだけ物分かりがいいのよ……」

コロラド「アヤナミとテンリューは、艦隊の Veteran らしいわよ」

霧島改二「川提督艦隊の、初期艦に次ぐナンバー2とナンバー3ですので……」

山城「……そう。まあ、なんでもいいけど」


弟「魔神の力は、お前みたいなゴミが持ってていいものじゃない! 俺のような、有能な人間に使われてこそ世界の役に立つものだ!!」

弟「そこの雑魚メディウムども!! 俺の力を見ただろう! 魔神はそいつなんかじゃない、俺こそが真の魔神だ!!」

ディニエイル「哀れですね。借り物の力を自分の力だと勘違いしているようです」

オディール「わたくしたちの魔神様に対して取っていい態度ではありませんわよねぇ?」

ニーナ「我らが魔神様に対する侮辱の数々、その命をもって償っていただきましょう……!」

弟「歯向かうようならお前たちも処断するぞ! さあ、そこにいるまがい物の魔神を殺せ! この俺に、生贄として捧げろ!!」

ゼシール「まがい物だと?」

ジェニー「まだ言うの!」ムカムカ

朧「……あいつ、もう撃っていいですか」ジャキッ

那珂「ちょっ、朧ちゃん!?」

艦娘たち「「……」」ジャキジャキジャキッ

深海棲艦たち「「……」」ジャコンジャコンジャコンッ

那珂「て、提督さん!! みんな無言で構え始めてるんだけどー!!」

山城「ちょっと提督!? いくらなんでもこの数は抑えきれないわよ!?」

那珂「ぶっちゃけ那珂ちゃんも抑えたくないでーす!!」ジャキッ

山城「那珂ちゃんちょっとおおお!?」ガビーン!


提督「ああ、待て待て、その必要はねえよ。もう、終わってるからな……!」ダッ

榛名「!」

弟「な、何を企んでる!?」ジリッ

 ギュム

弟「な……?」

 テツクマデ<バチコーーン!

弟「ぐ、あ……!?」ヨロヨロッ

 ヒューマンキャノン<ガシャッ!!

弟「うおっ!?」スポッ

提督「よぉし! よくやったぜ、ミュゼ、ヴィクトリカ」

ミュゼ「いえいえ、ご主人様の誘導のおかげです!」ポフッ

ヴィクトリカ「さすがはキャプテン、いい勘してるぜ!」ポフッ

榛名「ミュゼさん、いつの間に私の艤装から降りてたんですか!?」

山城「私が載せてたヴィクトリカも……!」

弟「な、なんだこれは!? この罠は、もしかして」

ヴィクトリカ「なあキャプテン、こいつ何か言ってるけど……」

提督「ああ、聞くだけ無駄だ。無視していいぞ」

ヴィクトリカ「了解! 発射ああ!!」

弟「なっ!? て、てめ」

 ヒューマンキャノン<ズドーーーン!!

弟「うわああぁぁぁ……」バヒューーー…ン

提督「……ふん」


朧「提督、話も聞かずに飛ばしてしまって、良かったんですか?」

提督「あいつから聞ける話なんて、たかが知れてるさ。あいつの魔神の力も借り物だしな」

提督「それに、余力があるのにこうやって有無を言わさず退場させられる方が、力を誇示したがるあいつにとっちゃあ余程屈辱的だろう」

ヴィクトリカ「ミュゼとあたしだけで片付けろなんて言うから、随分あっさりしてるなって思ったけど、そういうことか」

ミュゼ「魔神様、あいつ、本当に殺さなくて良かったんですか? 皆さん、滅茶苦茶やる気だったじゃないですかー」

提督「あいつの魂なんかいらねえよ。ミュゼたちに気付けなかった程度だから、力も大したもんじゃねえし、何より俺の魔力に混ぜたくねえ」

ニコ「……魔神様がそう言うなら、納得するけど」ムスッ

ナンシー「ニコちゃんは嫌だった?」

ニコ「ぼくは、残虐系のみんなに活躍してもらいたかったけどね」

泊地棲姫「私モ、アイツハ、ブチ殺シタカッタ」

戦艦水鬼改「人間ハ、ソウイウトコロハ遠回シヨネ? ヒト思イニ、ヤレバ良カッタノニ」

那珂「ああいう人って、また来ちゃうんじゃない? ストーカーになっちゃったらやだなー」

ヴェロニカ「結局、私の出番はなかったってこと?」(On如月の艤装)

カオリ「私までサーブが回ってこなかったのが残念です」(On朧の艤装)

キュプレ「っていうか、まさかミュゼさんがここで活躍するなんて予想外よね!」

ミュゼ「海の上じゃなかったですからね~」エヘヘ


山城「っていうかあなたたち、いつの間に私の艤装から移動してたのよ」

ヴィクトリカ「近距離なら魔神様とは意思疎通できるんだよ。で、あたしたちの意思に関係なく動かしてもらえるんだ」

山城「提督の魔神化もいよいよ本格化してきたわね……」

ニコ「ねえ魔神様、あいつらはどうするの?」

提督「ん……」

団員1「うう……痛え、痛えよぅ……」

団員2「お、おい、しっかりしろ。だ、誰か、誰か助けてくれ!」

提督「……おい」

団員2「! す、すまな……申し訳ない! これまでやってきたことは謝罪する……どうか、こいつを助けてくれないか!?」ドゲザッ

提督「この島に、人間が治療できる場所はねえよ」

団員2「そんな……!?」

提督「だから、とっととお前らの船に戻りな。お前らの乗ってきたゴムボートは無事だろ」

団員2「!」

提督「この場は見逃してやる。早く行け」

団員2「わ、わかった……本当に申し訳ない! お、おい! 少しの辛抱だ! 船に戻るぞ!」グイ

団員1「ぐぅう、痛えよぉ……!」ヨロヨロ

 ゴムボート<バゥーー…


如月「……司令官……」ホッ

ニコ「面倒ごとを避けた、と見ていいのかな……?」

提督「ああ、油断するなよ。まだ敵は潜んでる」

山城「は?」

提督「あいつに……あの馬鹿に、罠を操る力を与えていたのは、エフェメラ。お前だな?」

??「……私の名を……なるほど、そこの出来損ないから教わりましたか」

提督「出来損ない……?」カチン

 ヒュワッ!(何もないところから突然現れるエフェメラ)

??→エフェメラ「小賢しいですね……魔神様の威を借る、死に損ないの亡霊の分際で……!」

ニコ「……!」

提督「何しに来やがった? お前、俺の父親に接触してきたエフェメラだろ? 何が目的だ」

エフェメラ「……おかしいですね。あなたが、この私のことを知り得る可能性はないのですが。どういうことでしょう」

エフェメラ「もしや、魔神様の力だけでなく、記憶も目覚めかけている……?」

提督「何を言ってやがんだ……何を知ってる?」

ニコ「なんであの人間を使って、魔神様を殺そうとした!? ぼくたちの魔神様をどうするつもり!?」

エフェメラ「……真なる魔神様なら、血縁であろうと、あの程度の小物は躊躇いなく始末できたはず」

エフェメラ「いかに華麗に、残虐に、そして屈辱的に殺せるか……魔神様の復活の度合いを測るため、けしかけたのです」


エフェメラ「その結果……私の期待は、大きく裏切られました。更には手負いの人間ですら、まともに殺そうともしないとは……」

提督「けっ、手前の思惑通りに動いてたまるかよ」

エフェメラ「不可解です。どうしてこうなったのかわかりませんが……やはり、いまのお前は魔神様と呼べない、不完全な存在……!」スッ

ニコ「みんな、戦いの準備を!」

ニーナ「はいっ!」

提督「艦娘と深海棲艦は下がってろ……何をしてくるかわからねえからな」

如月「大破してる大和さんは後ろに回りましょ!」

大和「え、ええ……!」

泊地棲姫「軽巡棲姫モ、下ガッテナサイ」

軽巡棲姫「私ハ、大丈夫ヨォ……!」

綾波改二「あ、新しい敵ですか……!?」

敷波「いいから下がってて! 何が飛んでくるかわかんないから!」

天龍改二「お、おう……任せて大丈夫なんだろうな?」

ブリジット「こ、ここは我々に任せて退くであります!」

カオリ「はいっ! さっき戦えなかった分、ここで挽回して見せます!」

ヴィクトリカ「私も一発だけじゃあ不完全燃焼だからな! 行かせてもらうぜ!」

ヴェロニカ「さあ坊や、私たちに命じなさい。あんなオモチャ、私たちがバラしてあげるわ」


エフェメラ「メディウムが、私と戦う理由はないはず……私の望みは、魔神様の復活」

エフェメラ「そこの使い魔。お前もそうなのでしょう……ならば私に従いなさい」ジロリ

ニコ「ぼくたちの魔神様に手出しをしようと言うのなら、話は別だよ……!」

エフェメラ「……情に絆され本来の魔神様の姿を見失いましたか。真なる魔神様に、慈しむ心など不要です」

エフェメラ「その男が下僕とした艦娘と深海棲艦を生贄に捧げ、その弱い心を、憤怒と憎悪と失望をもって灼き尽くす……」

エフェメラ「そうすることで、真なる魔神様が顕現なさるはずだった……なぜ、お前たちはそうしなかった?」

ナンシー「如月ちゃんたちを殺そうって言うの!? そんなことやらせないんだから!」

ジェニー「今のリーダーもそうだけど、この世界の仲間のことも、結構気に入ってるのよ!」

ソニア「そうよ! 余計なことしないで!」

エフェメラ「まがい物を魔神様だと信じて崇めるとは……哀れな」

ニコ「まがい物だって!?」

エフェメラ「よく見ておくといいでしょう……魔神様の真の目覚めに、不純物は不要だと……!」バッ!

提督「ぐあっ!?」ビキッ

如月「司令官!?」

ニコ「魔神様!」

提督(なんだ!? 体が動かねえ……!)


アーニャ「大変! 魔神様の体が宙に浮いてるよ!!」

キュプレ「私の矢の力で、ご主人様を引っ張って助けるわ!」

 ペッタンアロー<パシュ!

  バチッ!

 ペッタンアロー<ポヨーン

キュプレ「あ、あれ? 何かにぶつかって弾かれちゃった!?」

シエラ「バリアでも張られてるデスか……!?」

ゼシール「まずいな、私たちの武器じゃ魔神様の体を傷付けてしまうぞ……!」

南太平洋空母棲姫「ソレナラ、アイツヲ、殺レバイイノネ?」ギロッ

ニーナ「危ない!」ドンッ

南太平洋空母棲姫「!?」

 ペンデュラム<ヴォンッ!!

ニーナ「……やはり、あの人間に力を貸していたのはエフェメラの力だったみたいですね」

南太平洋空母棲姫「ゴメンナサイ、助カッタワ」

エフェメラ「下がっていなさい。先にお前たちを始末しても良いのですよ」

敷波「なんなんだよお、これじゃ、迂闊に攻撃できないじゃん……!」


ニコ「エフェメラ……魔神様をどうする気!」

エフェメラ「あなたの魔神様を、真の姿に戻してあげようというのです」

ニコ「なんだって……!?」

提督「ぐ、ぎ……がああああああああああ!!」


 バリバリバリッ!!


「「きゃああっ!!」」

 (提督の周囲の空気が大きな破裂音を響かせる)

 (次の瞬間、空中に拘束されたまま気を失っている提督と)

 (その提督の足元で、何者かがうつ伏せに倒れ込んでいる)


山城「……くぅ、な、なんなのよ一体……!」

ディニエイル「魔神様……は、無事、なのですか?」

ソニア「ちょっと待って、魔神様の下に誰か倒れてる!」


提督?「ぐぅ、痛ってぇ……なんか、からだがヒリヒリしやがる……!」ムクッ


大和「どういうことでしょう……提督が二人いるようにも思えるのだけれど……」

榛名「は、はい、雰囲気はそうですけど、あちらは女性のように見えるのですが……!」

蒼龍改二「えっ? あれは深海棲艦じゃないの……?」

敷波「……えっと、見た目は、そうかもしれないけど……」

綾波改二「リ級か、ネ級でしょうか? 重巡クラスに見えますが……」

天龍改二「ああ、雰囲気は重巡だな……けど、装備とか全部剥げてんじゃねえか? おまけに全身ひびだらけでボロボロだ」

コロラド「U.S.Navy っぽくはないわね……誰かしら」

如月「あれは司令官じゃないの? 司令官っ!」タタッ

戦艦水鬼改「提督カ!? シッカリシテ」タタッ

提督?「く……あ、ああ、如月と、ル級か? いったい何が……うお、俺が飛んでる!?」

如月「!?」

戦艦水鬼改「!?」

提督?「? ど、どうした?」


戦艦水鬼改「……胸ガ、アル」

提督?「は? ……って、なんだこりゃ? 体が白くなっててひびだらけで……もしかして裸か!?」

如月「し、司令官……これ……」カガミサシダシ

提督?「……なんだこの顔!? 俺また死んだのか!? ってか、女みたいな顔になってる!? なんだか声も高えぞ!?」

戦艦水鬼改「……カラダニハ、サワレルナ。死ンデハイナイゾ」ペタペタ

防空巡棲姫「重巡棲姫ノ見タ目ニ近イネ? 髪型モ似テルシ」

軽巡棲姫「コレハ、重巡棲姫トイウヨリ、提督棲姫ネェ……?」

提督?→提督棲姫「冗談だろ……?」

朧「でも、本当にその通りですよね。体つきも女性のそれになってますし……」

提督棲姫「うわ、アレもねえ!? マジかこれ!!」コカンツカミ

泊地棲姫「女ニナッタノカ……面白クナイナ」ションボリ

提督棲姫「そんなこと言ってる場合じゃねえよ!」

南方戦艦新棲姫「腹ニ、裂ケ目ガアルナ……」

深海海月姫「重巡棲姫ノ名残カシラ……ココカラ艤装ガ生エテタワヨネ?」

榛名「そ、それより、素っ裸になってらっしゃいます。何かお召し物を……!」アセアセ

如月「司令官、足を閉じて。あぐらなんかかいてたらお行儀悪いわ」メッ!

提督棲姫「そんなこと言ってる場合でもねえよ!」


山城「っていうか、どういうことよ? こっちの提督が深海棲艦なら、あっちの提督はなんなのよ」

ニコ「……魔神様だよ。そこにいる深海棲艦は、魔神様じゃない……」

提督棲姫「……!」

エフェメラ「その通り。魔神様から、不純物を取り除きました」

如月「司令官を……!」キッ

戦艦水鬼改「不純物ダト……!?」イラッ

ニコ「……」

エフェメラ「そう、その不純物が、魔神様の目覚めを妨げていたのです」

エフェメラ「魔神様の力を覆い隠し、包み込んで封じ込めていた、忌まわしき者……!」

提督棲姫「なんだと? それじゃ、あっちは……あの俺の体が魔神だってことか!?」

エフェメラ「さあ、魔神様、お目覚め下さい。今こそ、世界に破壊と破滅と絶望をもたらし、恐怖によって支配するときです」

提督の体「」ピクン

提督の体「」ビクンビクン…!

ニコ「……この魔力……!」

如月「危ないわ、司令官避難して!」グイッ

戦艦水鬼改「私ガ連レテイク! コレッテ、ヤバクナイノカ!?」ダキカカエ

提督棲姫「ああ、やばいな。あれは俺の体だってのに……やるしかねえのか?」カカエラレ

 ゴォオオオッ!!

朧「うわっぷ……!!」

飛龍改二「と、突風が……!」

山城「ちゃんと捕まってなさい!」

軽巡新棲姫「ナンダッテ言ウノヨ、モー!!」

今回はここまで。

保留していた>51に対するニコちゃんの答えは、
>281が回答となります。


>258-259
深海勢は曽大佐艦隊を大破させた点ですでに大活躍していますので、
最後だけメディウムに譲ってあげた感じです。
マリッサはエロ要員としては非常に使いやすくて暴走させすぎないようにするのが大変です。

>260-261
米軍艦モチーフの深海勢なので、ジャパニーズ~はどうしても言わせたかったネタです。
誰かが「繰り返しはベタネタの基本」と言っておられましたが、その通りだと思います。

>262-263
まあ、ヤられちゃったあとですので……その表現、使えば良かった。


今回はニコちゃんが追い詰められる回です。初登場はこちらの二人。

・ユリア・カタパルト:ゴルファーのような風貌の女性のメディウム。床が斜めに勢いよくせり上がり、遥か遠くに人間をかっ飛ばす罠。
  ゴルフクラブを手にした長身の女性。スポーツマンに見えるが酒好きメディウムの一人。眺めのいい景色や、風を感じることが好き。
・ヒサメ・スリップフロア:雪女のように冷気を漂わせた着物姿のメディウム。地面を凍結させて、足を踏み入れた人間を転倒させる罠。
  気に入った男は凍らせて飾るのが趣味と宣う、雪女のような女性。掴みどころのない性格で、大人の余裕を見せながらからかってくる。


最初に謝っておきます。出オチ感がひどくてすみません。
続きです。


 ヒュオォォオオ…!

エフェメラ「……魔神様の、お目覚めです」

提督棲姫「くそ……どんな奴なん……だ?」


ぶかぶかの提督服を着た少年提督「……」チンマリ


エフェメラ「……」

山城「……は?」

オディール「魔神様が……縮んでしまわれましたわ?」

提督棲姫「なんだそりゃ……?」

如月「……やだ、可愛い……」

戦艦水鬼改「確カニ、可愛イコトハ可愛イガ……ソンナコトヲ言ッテル場合カ?」タラリ

ジェニー「しょうがないじゃない、全然怖くない雰囲気だし。なんか、まだ寝てる感じ? 目覚めきってないみたいっていうか……」

キュプレ「うんうん、朝起きてすぐの寝ぼけ眼って感じよねえ」

天龍改二「龍田が見たら一発で墜ちそうだな……」ボソッ

綾波改二「え、龍田さん、ああいうの好きなんですか」

天龍改二「内緒だぞ?」シー


提督棲姫「うーん……言われてみれば、ガキのころの俺に似てるかもなぁ……」

如月「やっぱりそうなの? やぁん、司令官の小さいころの姿が見られるなんて!」

大和「ええ、本当に……なんて愛らしい」

提督棲姫「はしゃいでる場合じゃねえよ。おいニコ、魔神ってのはこんな姿なのか?」

ニコ「……」ニヤケセキメン

提督棲姫「なんだあの顔」

マリッサ「なにかしらあ、その絶妙に嬉しそうで恥ずかしいって感じのお顔」

ルイゼット「あの……ニコさん? それはどういった表情で?」

ミュゼ「……あー! 魔神様のこのお姿! わたし、見覚えありますよ!」

ゼシール「見覚えがある?」

ミュゼ「ええ、いままさしく思い出しました! この世界に来る少し前に神殿をお掃除してた時のことなんですけど!」

ミュゼ「かつてはニコさんが魔神様の復活のため、いろーんな素材を集めていましたよね!」

ニーナ「そういえば、そんな時期もありましたね」

ソニア「あっ、私も聞いたことある!」


ミュゼ「その時にニコさんが造っていた素体のひとつが、こういう感じの少年だったんですよ!」

ナンシー「えー? それじゃ、ニコちゃんがマスターをこんな感じに造った、っていうの!?」

ミュゼ「そう! その時の素体と、見た目がそっくりなの!」

オディール「そういえば、ミュゼさんはメディウムの中でも古株でしたわね」

ディニエイル「では、あながち嘘でもないと……?」

ニコ「そこまで知ってるってことは……もしかしてミュゼは、あの秘密の部屋に入ったのかな?」カオマッカ

ミュゼ「え? えーっと……あそこが秘密のお部屋だったんですか? えへへ、知りませんでした……」テヘペロッ

オボロ「し、しかし、伝承の魔神様像とはいささか異なりすぎるお姿では……」

ルイゼット「ニコさん? 本当にあなたが、魔神様のお体を、あの姿で造ったのですか?」

ニコ「……ぼくは、魔神様の復活のために、あっちこっちを歩き回って素材を集めたりしたんだよ?」モジモジ

ニコ「メディウムのみんなと一緒に外敵を駆除したり、魂を集めたり……最初は真面目に作るつもりだったさ」

ニコ「でも、魔神様はちっとも目覚める気配もなくて、呑気に眠り続けてるし……ぼくは、その間も頑張ってお世話したんだよ?」

ニコ「……ちょっとくらい、僕を敬ってもいいじゃないかと思ってさ?」イジイジ

マリッサ「ああ、そういうこと。それで『お姉ちゃん』と呼ばせたくて、それに相応しい姿の魔神様を造ったってことねぇ?」ニチャァ…

ニコ「……その通りだよ……」カオマッカデシャガミコミ


ヴェロニカ「……ちょっと、いいの? こんな勝手なことして……」アタマオサエ

ハナコ「ニコさんがいなければ、魔神様の復活自体があり得なかったことですし……良し悪しの判断は魔神様に委ねられますよね」

ヴェロニカ「それじゃ、坊やはあの姿を許容したってこと……? それはそれであんまりなんだけど」ガックリ

提督棲姫「そういや、俺と親が全然似てないって、よく言われてたんだが……ニコが作った顔だったから、ってことか?」

戦艦水鬼改「イイ趣味シテルワネ、見直シタワ」グッ!

提督棲姫「親指立てんな」

ヴィクトリカ「んじゃあ、あれが本来のあたしたちの魔神様だったってことか?」

エレノア「でもほら、あのエフェメラも驚いてるっぽいし……」ユビサシ

エフェメラ「……」アッケ

キュプレ「エフェメラの考えてた魔神様とは、全然違うってことかしら?」

朧「それ、おかしくないですか? エフェメラが魔神を蘇らせようとしたのに、全然違う魔神が出てきた、ってことでしょ?」

山城「そうよね? ここまでやっといて、そんな勘違いするかしら」

ブリジット「そ、それよりも、これはエフェメラを討つチャンスでありませんか!?」

アーニャ「待って待って、あの小さい魔神様を見てよ!」


少年提督「……」キョロ

ニコ「!」

エフェメラ「!」

少年提督「……」キョロッ

提督棲姫「全然動かなかった魔神が……」

大和「周囲を見回してますね……!」

軽巡棲姫「ナンカ、フラフラシテナイ……?」

カオリ「ほ、本当ですね。足元がおぼつかないというか」

南方戦艦新棲姫「……居眠リシテナイカ? 目ガ半開キ、トイウヨリ閉ジカケダゾ?」

山城「普通に見てて弱々しく感じるわね? あれが本当に魔神の真の姿なの?」

アーニャ「わかんないけど……なんか、ニコちゃんの方を見てるね?」

少年提督「……」ジッ

ニコ「……魔神、様……?」

少年提督「……」テク、テク、テク

提督棲姫「魔神がニコのそばまで歩いてったぞ……大丈夫なのか」


ニコ「……」

少年提督「……お姉ちゃん」ニコッ

ニコ「ンヴ……ッツ!!!」ゾクゾクゾクッ!!

那珂「……ニコちゃんが限界ヲタクみたいな顔してる」

ゼシール「げん……? 表現がよくわからんのだが、念願叶って感極まった……と見ればいいのか?」

ニーナ「お、おそらく、そんな感じでしょうね……」

マリッサ「ニコちゃんがあんな顔してるなんて新鮮だわぁ~」ンフッ

榛名「あんな愛らしい提督にお姉ちゃんと呼んでもらえるだなんて……ニコさんが羨ましいです!」

アーニャ「だよねー! あの魔神様になら、あたしもお姉ちゃんって呼ばれたいなあ!」

キュプレ「ねえねえ! あの二人、くっつけてあげてもいいかな!?」

ハナコ「さすがに魔神様に矢を放つのは不敬ではないかと。すでにお近づきになってますし、あとは若い二人に任せて……」

朧(……親戚のおばさんかな?)

ルイゼット「」コウチョク

クレア「ちょっとー、ルイゼっちがショックで固まっちゃってるよ!?」

山城「まあ無理もないわね。察するに、せめて普段の提督くらい不遜で態度でかくないと魔神って感じがしないんでしょ?」

クレア「よくわかるね!?」


提督棲姫「確かに、あの姿じゃ威厳も何も感じられたもんじゃねえしな……」

ヴェロニカ「本当にもう……これじゃ、絡め取っても面白くないわ。坊やもそう思わない?」ウナダレ

提督棲姫「それを俺に言うなよ……」

カオリ「ヴェロニカさんはどうしてこんなに落ち込んでるんでしょう?」

泊地棲姫「ソンナコトモ理解ラナイトハ、オ子様ダナ」フンッ

カオリ「むっ!! わたし子供じゃないですー!」

ヴェロニカ「完全に子供の反応じゃない。意外とあなた、あの子とお似合いなんじゃないの?」ハァ

カオリ「えええ!? い、いえ、私とコーチとはそういう関係は、えっと、そのお」

ヴェロニカ「皮肉も通じないなんて。おめでたいわ」ハァ…

コロラド「そんなことより、いまの事態は一体どういうことなのよ!? なんであの男が若返ったり深海棲艦になったりしてるの!?」

綾波改二「下手に口を出さないほうがいいと思いますよ? 私たち、事情がよく飲み込めていませんし」

蒼龍改二「綾波こそなんでそんなに落ち着いてるのよお……」ナミダメ


エフェメラ「そんな……」

提督棲姫「!」

エフェメラ「魔神様が、どうしてそんな、ふざけたことを……子供のような、ふざけた姿に……ありえない」

提督棲姫「そのふざけた格好にしたのは手前じゃねえか……!」チッ

泊地棲姫「ッテコトハ、完全ニ想定外ノ事態ガ起コッテイル、ッテコトネ?」

エフェメラ「この魔力は魔神様のものに違いないというのに……この違和感は、なに?」

ニコ「……違和感?」

少年提督「……エフェメラ」

エフェメラ「!!」ビクッ

南方戦艦新棲姫「ウオォ、イキナリ迫力アル声ニナッタゾ!」

ルイゼット「ああ、魔神様のお声が……!」ウットリ

ヴェロニカ「あら、いい声してるじゃない」キラッ

シエラ「瞬時に立ち直ったのデス……」

如月「この声、司令官が怒ったときの低音の声よね?」

提督棲姫「そうなのか? 自分の声ってよくわかんねえんだけど……」


少年提督「汝、愚児に我の力を与え、我を亡き者にせんとしたは、何故ぞ」

エフェメラ「……!」ビクッ

少年提督「汝、我が冥府を彷徨いし時、如何なる献身をも見せぬとは、何故ぞ」

エフェメラ「……そ、それは、存じ上げず……お、お赦しを」

少年提督「赦さぬ」

エフェメラ「あ……!」ビクッ

少年提督「我の意に背く人形を、手下に置く道理なし」

エフェメラ「あ、ああ……っ!!」

少年提督「我の道行きに汝は要らぬ。我の眼前より、疾く失せよ」

エフェメラ「……ア……!」ボロッ

如月「エフェメラが……!」

深海海月姫「勝手ニ壊レテル……?」

エフェメラ「オユルシ、ヲ……マジ……ン、サ……!!」ボロボロボロッ

提督棲姫「自壊、したのか……」

ニコ「存在意義を否定されたんだ。当然だよ」

エフェメラ「」ガシャンッ

全員「「……」」


山城「……壮絶すぎる自滅ね」

提督棲姫「それにしても、どういうことだ? エフェメラは、あいつを魔神と認識したからこそ俺を分断したんだろうが……」

提督棲姫「エフェメラが想定していた魔神とは別だったってことか?」

防空巡棲姫「ワケワカンナイ……」

如月「もしかしたら、司令官の考え方の影響を受けてるとか?」

軽巡新棲姫「見タ目ハ超似テルシ、外見ダケナラ無害ッポイヨネー」

時雨「……やれやれ、この理解に苦しむ状況は、いったいどういうことなのかな」ザッ

提督棲姫「時雨?」

少年提督「! 汝は……」

ユリア「ソニア! クレア! 無事!?」

ソニア「ユリアお姉ちゃん!?」

クレア「えっ、来てくれたの!?」

ユリア「来たわよ! 来たけど……なんか見たことない深海棲艦がいっぱいいるんだけど? 魔神様はどこよ?」

時雨「こっちだよ。エフェメラが壊れたと思ったら、提督がまた深海棲艦に……って、少し姿が違うね!? 女性になってる!」

少年提督「久しいな、共に冥府を彷徨いし魂よ」

時雨「へっ?」


扶桑「こちらの子こそ、提督……ですよね? 帰りが遅いから気になってきてみたら、どうして提督が子供に?」

吹雪「ちっちゃい司令官が可愛い!!」キラキラキラッ!

ユリア「ちょっとぉ、魔神さんが縮んじゃってるのに、なんで目を輝かせてるのよー!? かっ飛ばすわよ!?」

吹雪「ひえっ!? ご、ごめんなさい!」

電「……本当に、わけがわからないことにになってるのです……」アタマオサエ

初春「簡単に説明するとな。提督が分裂して、一方は子供になって、もう一方が深海棲艦化した上に女性化までしおったんじゃ」ヒョコッ

時雨「……は? 分裂?」

扶桑「深海棲艦……もしかしてこちらの? 確かに雰囲気はそうだけれど、以前、海上で見たあのお姿とは違いますよね?」

電「説明されても、どうしてそうなったのか、さっぱりわけがわからないのです!!」アタマカカエ

マリッサ「電ちゃん、本当だから落ち着いて?」

電「事実であることが落ち着く理由にはならないのです!!」ジダンダ

ユリア「ねえソニア、説明できる?」

ソニア「うーん、とっても簡単に言っちゃうと、そっちの初春が言ってた通りなんだけど……」

ソニア「それから、こっちの深海棲艦たちは、あっちの艦娘と戦ってる間に姿が変わっちゃったの」

ユリア「そうなの……?」


初春「まったく、提督は現場を混乱させることばかり……おぬしはもう少し自分自身の制御ができぬのか?」

提督棲姫「確かにその通りだが無理言うな。つうか、お前どうしてそんなに理解が早すぎんだよ」

初春「わらわは早めに出向いて隠れて様子を見ておったんじゃ。でなくば他の者に報告できぬでの」

ヒサメ「その通り。いざとなればわらわも祭りに混ざるつもりじゃったがのう?」

提督棲姫「この出歯亀コンビめ……」

早霜「私も、見ていました。一部始終……フフフ」ヌッ

提督棲姫「フフフじゃねえよ……」アタマオサエ

少年提督「……」フラッ

ニコ「それよりも、魔神様! なんだか、すごく弱っている気がするんだけど……! すぐに休んだ方がいいよ!」

提督棲姫「そうだな……俺が言うのもなんだが、立ってるのもやっとみたいで、倒れそうだぞ? 魔力槽に入れなくて大丈夫なのか」

少年提督「……我らが魂を、無理矢理引き裂かれたが故」

ニコ「引き裂かれた?」

少年提督「我は、かの女の一部なり」ユビサシ

ニコ「一部……?」

提督棲姫「女……って、俺のことか……つか、おんな……いや、いまは確かにそうだけどよ」ムググ


少年提督「女。汝もまた、我の一部ぞ」

吹雪「ど、どういうことなんです?」

少年提督「女よ、我の手を取れ。我ら、今再びひとつにならん」ス…

ニコ「魔神様……?」

提督棲姫「ひとつに? 元に戻れる保証はあるのかよ」

少年提督「恐るるな。我の望みは汝が望みぞ……汝の願うがまま、彼の地を治めて見せよ」

如月「ね、ねえ、これって……司令官に、協力しようとしてるの……?」

ニコ「魔神様……? 魔神様は、いったい、どうしようと……」

少年提督「我は……いま、我の望むるは、我の眷属と、我が従僕の安寧……我を召喚せし眷属たる汝が望む、汝らの世界」

ニコ「……ぼくたちの、世界……!?」

少年提督「其は、かの女が自らの安寧を望むと同義……違うか? 我が半身よ……!」

提督棲姫「それはそうだが、いくらなんでも都合が良すぎる。罠を使って人の魂を刈り取るはずの魔神が、そんな殊勝なこと言うもんかよ?」

少年提督「……我は魔神なれど、我の中の魔神ならざる慈悲持つ神も、また我なり。今や汝も、我らのうちの一柱にすぎぬ」

ニコ「魔神ならざる神……?」

提督棲姫「俺が、魔神の一部だと……!?」

少年提督「汝は、我らの欠けたるもの……我らに失われし『目覚め』を持つ魂。汝おらずば、我はまた眠らねばならぬ……」

少年提督「汝もまた、我の力なくして、汝の家族を守護する手立てもあるまい……我は汝、汝は我。いずれも欠けては在世能わず……」


提督棲姫「これまで通りをお望みだから、協力しろってか……!?」

少年提督「然り。我はまた微睡む……汝、我の揺り籠となれ。さすれば汝、我のすべてを得たり……!」ガシッ!

提督棲姫「うお……!!」グイッ

 ズォォォ…(少年が深海棲艦の腕を掴むと、そのまま引き寄せて深海棲艦と融合し混ざりあっていく)

如月「司令官……!?」

戦艦水鬼改「提督!!」

魔神の声『時の名を持つ艦娘よ……改めて、汝に礼を言おう』

時雨「……!」

魔神の声『そして、我が従僕どもよ……我が眷属たるニコよ……これからも、我と共に在れ……!』

ニコ「魔神様……!!」ウルッ

ルイゼット「ああ、なんとありがたきお言葉……!!」

 ズズズズ…(そのまま空間が闇に染まり、凝固した闇が男性の姿……提督の姿に変わっていく)

提督「……」

ニーナ「も、元に戻った……んでしょうか」

泊地棲姫「ヒトマズ、見タ目ハ、ソウダナ……」


提督「……いろいろあったが……一応、見た目だけでも元に戻ったのか? 服のサイズもあってるし……」キョロキョロ

提督「とりあえず、お前たちも変わってねえな?」フリムキ

如月「司令官! ちゃんと私たちのこともわかるのね!? ……良かった……!」

ニコ「うん……この世界に来た時に、ぼくが微かに感じていた、魔神様の魔力だ。間違いないよ……!」

戦艦水鬼改「マッタク、人騒ガセナ男ネェ?」

提督「いや、その通りだし当事者だけど、俺もこうなるとは思ってもいなかったんだから、勘弁してくれよ」

大和「ご無事でよかったです! あのままだったらどうしようかと……!」グスッ

ナンシー「だよね! 魔神様が分かれちゃったときなんか、もうどうなるのかと思ったし!」

朧「あれ、メディウムのみんなも戻って欲しかったんですか?」

シエラ「あのちびっこな魔神様も悪くなかったデスけど……今のほうが個人的には落ち着くデス」

ヴェロニカ「私は最初から大人のままでいて欲しかったわよ。何が悲しくてお子様を籠絡しなくちゃいけないのかしら……」ハァ

時雨「というか、僕たちは何を見せられているんだろうね……」

電「まったくなのです……」


ニーナ「ま、まあ、個人的な感情はさておいても、魔神様が元に戻られたのは喜ばしいことです」

ルイゼット「ええ、本当に……あのような可愛らしいお姿になっても、わたくしたちの身を案じていてくださって……」

那珂「あっ、ルイゼットちゃんも可愛いって思ってたんだ!!」

ルイゼット「あっ!? いえ、そのような不届きなことは」

エレノア「素直になりなさいよぉ、頬擦りしたかったんでしょ~?」

ルイゼット「エレノアッ!!」

提督「……あの姿になら、いまでもなれそうだな」

全員「「は?」」

提督「こうか……?」

 ズズズズ…

提督(少年化)「こんな感じか?」チンマリ

全員「「!?!?!?」」

少年提督「さすがに服のサイズまではコントロールできねえか。しょうがねえな」ブカブカ


吹雪「し、司令官がまた小さくなっちゃった!?」パァァァッ

初雪(吹雪、嬉しそう……)

ニコ「んま、ままま魔神様!? そ、それってどういう……」ドギマギ

ソニア(ニコちゃん嬉しそう……)

少年提督「どうって、この姿自体はニコが望んでた姿だろ? つうか、もともとこういう姿で作ったんじゃねえか」

ニコ「……それは、そうだけど」カオマッカ

吹雪「……!」ニコニコニコー

朧(吹雪がいい笑顔すぎる……)タラリ

扶桑(好みが同じ人を見つけた時の満面の笑みね……)

ヴェロニカ「あら、口調は変わってないのね?」

少年提督「変わったのはあくまで見た目だけだからな。やろうと思えば子供の真似もできるが、しなくていいよな?」

ヴェロニカ「ええ。それは喜ぶ子にやって頂戴」


山城「なんか、唐突すぎるくらいいきなり魔神の力に目覚めたわね……?」

少年提督「まあな。簡単に言うと、エフェメラのせいで、眠ってた魔神の魂が無理矢理叩き起こされちまったんだよ」

ミュゼ「眠ってたんですか!?」

時雨「ちょっと待ってよ、提督の魂は深海棲艦と人間のハーフみたいなものじゃなかったの? 魔神の魂も入ってたなんて、聞いてないよ」

少年提督「そりゃ魔神の魂が人間のふりをしてたんだよ。つうか、最初から俺の魂に人間の要素はねえ」

時雨「」

少年提督「そうじゃねえと、あの世で魂だけになった俺が魔神の力を使えるのはおかしいだろ」

時雨「……ということは、僕も謀られたというわけだね?」アタマオサエ

少年提督「いや、多分その辺は、あの味方したエフェメラも意識してなかったんじゃねえか?」

少年提督「最初からその部分の説明を省いてたせいで齟齬があったのかもしれねえし」

時雨「……やれやれ。でも、そこは知ってなくても目的は変わらないか」

少年提督「で、魔神の力に目覚めたのはなんでか、って話に戻ると、それはさっきエフェメラにやられたことが原因なんだ」

戦艦水鬼改「サッキノ、フタリニ分断サレタ話カ?」


少年提督「ああ。それまで主導権を握ってたのは深海棲艦の魂で、魔神の魂はその背中に隠れて眠ってたようなもんなんだ」

時雨「あの世で提督の姿が深海棲艦になっていたのも、そういう理由だってことだよね?」

少年提督「多分な。それがエフェメラの奴に、融合してた魂を無理矢理引き剥がされて、魔神の魂が自分で前に出ざるを得なくなった」

少年提督「強引に覚醒させられたばかりの魔神の魂で体をいきなり任せられたから、ニコからも心配されるほど、眠くてふらふらだった」

オボロ「それで、無理矢理叩き起こされた、と仰られたのですか……」

クレア「安眠妨害されたんじゃあ、まっさんも怒るよね!」

少年提督「魔神の魂はこっちの世界に渡ってきた時に相当な力を使ったらしくて、活動自体は深海棲艦の魂に頼りっきりだった」

少年提督「魔神は自身の回復のためにも、力を引き出せなかった。少しずつニコたちに魔力をもらい、ゆっくり目覚めようとしてたんだ」

少年提督「それが、無理矢理とはいえ魔神の魂が覚醒させられた……それまで矢面に立ってた深海棲艦の魂がいなくなったせいでな」

ニコ「……純粋に、僕の集めた魔神様の魂と僕が作った体だけになったんだね?」

少年提督「そういうことだ。そのために魂が完全に混ざり合えてなくて、エフェメラにも魂を分割させられる隙ができちまってた」

少年提督「今は、魔神の魂が覚醒して、その状態でまた混ざり合ったから、眠ってた部分もしっかり思い出せるようになって……」

少年提督「表面に出てきてる深海棲艦の魂も、魔神の魂が持ってた記憶や能力をこうやって引き出せるようになった、ってわけだ」

電「理屈はわかりましたが滅茶苦茶なのです!」アタマワシャワシャ

山城「現実離れしすぎよ。なんなのそのご都合主義的な話は」

少年提督「しょうがねえだろ、それが事実っつうか、この場で起こった現実なんだから……」


軽巡新棲姫「実際、今モチビッ子ニナッテルシ、信ジルシカナイヨネー?」

軽巡棲姫「ソウネ……」ジ…ッ

南方戦艦新棲姫「……オ前、目隠シシテルノニ、ズット提督ノ方ヲ向イテルナ。見エテルノカ?」

軽巡棲姫「秘密ヨォ?」ニチャァ…

マリッサ(前々から思っていたけど、あの子とは気が合いそうねぇ)ニチャァ…

ミュゼ「それよりご主人様? さっき、ニコさんのことをお姉ちゃん呼びしたのはどうしてですか?」

少年提督「ニコが自分を顕現させるために尽力してくれたことを気にかけてたんだと。お礼代わりのサービスだな。反応は予想以上だったが」

ニコ「……」カオマッカ

ルイゼット「あ、あの、魔神様? その、元のお姿には、ちゃんと戻れるのでしょうか……」

少年提督「ああ、そこは心配すんな。元の姿以外にも……」

 ズズズズ…

提督(魔神化)「なろうと思えばこんな姿にもなれるし」

ルイゼット「ああ……これは、伝承の魔神様のお姿……!」

クレア「あの丘の上で見た、怒ったときのまっさんの姿だね!」

 ズズズズ…

提督(深海棲艦化)「こうもなれるってことだ」

朧「あの海を走ってきた時の姿ですね!」

戦艦水鬼改「何デモアリダナ……」

泊地棲姫(オ前モ、ル級カラ随分姿ガ変ワッタジャナイカ……)


 ズズズズ…

提督「で、こうやってこれまでの姿にもなれる、というわけだな」

泊地棲姫「レ級ヲ食ッテタ、アノデカイ頭モ、オ前ナノカ?」

提督「あれはニコに聞いた伝承上の本来の魔神なんだが、若干誇張されてる気がするな」

提督「それこそ、なんにでもなれるって性質上、恐ろしさが強調された結果の姿とも考えられるが……」

提督「いずれにしろ、あれを再現するには魔力が必要だから、ずっとあの姿でいろ、っつうのはちょっと無理だな。しんどすぎる」

ゼシール「確かに燃費は悪そうだな」

深海海月姫「ネエ。サッキノ、重巡棲姫ノ姿ニハナレナイノ?」

提督「ん? ……なれることはなれるけどよ。なれってか?」

深海海月姫「デキルノナラ、ネ。可愛カッタワ。恥ズカシガラナクテモ、イイノニ」

提督「いや、可愛いとか言われてもなあ……」

初春「のう提督よ。もしやと思うが、人間のままで女の姿にもなれるのか?」

提督「ん? まあ、なれることはなれるだろうな。深海棲艦が女性の体だったし、それを意識すりゃ女の姿にもなれるはずだが……」

初春「ふむ。であれば『お願い』すれば、それもアリと言うわけじゃな?」

提督「……どこに需要があんだよ、そんなの……」

初春「潮のような男が苦手な艦娘には喜ばれると思うがのう?」

提督(あいつ、普通に俺の背中で居眠りしてたけどな……)


提督「ま、いいや。ひとまず戦闘も落ち着いたことだし、いったん引き上げるぞ」

提督「向こうの大和にやられた、大和や軽巡棲姫の怪我もいい加減治療しなきゃいけねえし……」チラッ

コロラド「!」

提督「川提督だったか? そこの艦娘にも入渠してもらうか。どういうつもりでここに立ち入ったのか、話を聞かせてもらいたいしなあ?」ジロリ

ニコ「そうだね。保護しろと指示されたから保護したけど、ここまで立ち入った以上、ただで帰すわけにはいかないね」ジロリ

戦艦水鬼改「アイツラガ何ダッタノカ、包ミ隠サズ話シテモラワナイト……ネェ?」ジロリ

飛龍改二「あわわ……」

蒼龍改二「私たち、どうなっちゃうの……」

霧島改二「……これは、覚悟を決めるしかありませんね」

コロラド「ふう……いいわ、従うわ。私も、あなたたちに訊きたいことはたくさんあるし」

天龍改二「俺、そこまで酷えことにはならなさそうだと思ってんだけど」

綾波改二「あ、私もです。楽観的ですかね?」

飛龍改二「あんたたち、肝が据わり過ぎよ……」


提督「そういえば、ソニアとクレアを乗せてたイ級たちはいるか?」

イ級「」バシャバシャ

ロ級「」バシャッ

提督「お、いたか。今回はやばい相手だったのに、よく付き合ってくれたな」

イ級「ガンバッター!」

ロ級「イキテター!」

提督「こいつらにもあとで何かしてやらなきゃな……何がいいかねえ」ナデナデ

イ級「ナデラレタ!」

ロ級「ホメラレタ!」

南太平洋空母棲姫「……フフッ」

敷波「後であたしたちも褒めてもらわないと!」

初雪「うん……!」

イサラ「……もしかして、また髪を梳いてもらえるっスか!?」キラキラッ

ブリジット「そんなサービスがあるでありますか!?」

南太平洋空母棲姫「ソウイウノモアルノナラ、私モヤッテモラオウカシラ」

敷波「あー……私もそっちにしようかな?」

ナンシー「え? ちょっとお、私のお仕事取らないでよー!」

ユリア「いいなあ、私も出たかったなあ……」

初雪(……私は、膝枕のままでいいかな……)


 * 鎮守府本館 近辺 *

キャロライン「ダーーーリーーーーン!!」トテトテトテーッ

金剛「テーーートクーーーーゥ!!」ドガシーーッ!

提督「おぐっ」ドゴォ!

キャロライン「コンゴーウ!? ダーリンになにするノー!?」ギョッ

ニコ「ま、魔神様、大丈夫!?」

如月「ちょっと金剛さん!? 司令官が怪我したらどうするの!?」

戦艦水鬼改「何ヤッテンノ……!」ギロリ

金剛「ヒイイ!? どうしてここに鬼級がいるデース!?」

南方戦艦新棲姫「デースジャネエヨ、金剛!」

防空巡棲姫「提督サン、大丈夫?」

金剛「ヒエエエ!? 知らない姫級もたくさんいるデース!?」

ヒサメ「わらわが金剛をすってんころりんさせておけば良かったかのう?」

初春「いやいや、滑ってそのまま頭から突っ込んでいったかもしれんぞ?」

大和「て、提督! しっかりしてください!」

提督「……ああ、意識だけぶっとぶかと思った……ん? 金剛やキャロラインがおとなしく留守番してたのはなんでだ?」

扶桑「本来なら金剛さんたちも私たちと一緒に来るはずだったのですが」

扶桑「先に出撃していたタ級が大破した際に、控えていたタ級が暴走しかけまして」


金剛「そのタ級を落ち着かせようと思って扶桑たちに先に行くよう促したんデス……」

キャロライン「だけどネー……」チラッ

欧州水姫「金剛ーー!! 姫タチハ、無事ニ戻ッテキタノカー!?」グオォオ!!

南方戦艦新棲姫「!?」

金剛「なぜかあんな姿になってしまったんデス」

キャロライン「彼女もヒメキュー? ってクラスでショー?」

提督「マジか……」

綾波改二「うわああ……お、欧州水姫まで!?」

欧州水姫「ム? 欧州……ソレハ、余ノコトカ?」

コロラド「……ネルソン……? ねえ、ちょっとあなた、ネルソンじゃない?」

金剛「Nelson デスって!?」

欧州水姫「ム……ナンダ? 聞キ覚エノアル……ナントナク、シックリクル名ダナ?」

コロラド「なんとなくなんだけど、あなたも私と同じビッグセブンの一隻……イギリス海軍の戦艦ネルソンのように思えるわ」

金剛「英国艦デスカ。それで私と紅茶の話題で盛り上がったんデスカネ?」

欧州水姫「ムムム……ソンナ記憶モ、アルヨウナ、ナイヨウナ」

コロラド「覚えてないの?」


提督「……なんだかややこしいことになってるな。とにかく大和たちを早く入渠させたいんだ。ドックまで連れてってくれ」

金剛「Y ... Yes sir ! 大和、肩を貸しマース!」

欧州水姫「軽巡棲姫モ、ヒドイ怪我ダナ! 余ガ連レテイクゾ!」ヒョイ

軽巡棲姫「ア、アリガト……」オヒメサマダッコ

如月「私、一緒に行って明石さんに説明してきます!」

時雨「川艦隊のみんなもドックに案内するね」

提督「おう、頼むぞ! ……にしても、なんでまたこっちの奴も姫級だかになっちまったんだ?」

エレノア「ちょっと魔神さん、深海棲艦ってそんなに簡単にパワーアップできるものなの?」

提督「そこは俺もよく知らねえよ。ル級とは一緒の時期が長かったが、パワーアップしたとしても見た目は然程変わってなかったし」

提督「少なくとも、こんなふうに艤装や顔つきにまで変化があったのは、今回が初めてだな」

エレノア「ふーん、そうなの?」

提督「前もそうだったが、多分、俺たちを怒らせるようなことを、今回襲ってきた奴らがやったからだろう」

提督「こんなこと、そうそう起こって欲しくねえけどな」ハァ…

キャロライン「ダーリン、いつも優しくてダイスキー!」

戦艦水鬼改「本当ニ、提督ガ無事デ良カッタワ」

朧「そうですね。元に戻らなかったらどうなってたか……」

ソニア「あんまり考えたくないね~」

キャロライン「ホワット???」

というわけで戦闘終了。今回はここまで。
コーヒーと紅茶で言い争っていたタ級の二人はそれぞれ米軍艦と英国艦になりました。

>292
おおよそご理解いただいた通りです。
今回エフェメラが返り討ちに遭ったのも、ニコちゃんがだいぶ影響しております。
次回はその辺のバックボーンの話になるかと。

ここから先の話はトラップガールズの世界観の話になりますが、シナリオ途中でサービス終了してしまったので、
用意された設定を踏襲してはいるものの、独自に作った設定が多くなっております。ご容赦いただければ幸いです。

今回のスレで初登場メディウムはこちら。
・メリンダ・ベアトラップ:腕や脚に包帯を巻いた、丈の短いメイド服姿のメディウム。足元に設置されたトラバサミが人の動きを奪う罠。
  目と意思を持つトラバサミ「ベアトラ君」を連れ歩く眼鏡の女性。自己肯定感が低いのかMなのか、やたらとお仕置きを要求してくる。


 * 一時間後 *

 * 食堂 *

提督「大和と軽巡棲姫の入渠は終わったのか?」

大和「はい、高速修復材を使わせていただきましたので、御覧の通りです! 今は川提督の艦隊に入渠していただいています」

提督「そうか」

ニコ「魔神様。メディウムはみんな揃ったよ」

泊地棲姫「私タチモ、話ヲ聞ケル者ハ集メタゾ」

島妖精A「わたしたちも話を聞かせてもらうからな」

提督「おう、もちろんだ。そんじゃあ全員揃ってるみたいだし、手始めに、魔神のことから話をするか」

提督「ちょっと昔話になるが、まずは聞いてくれ。まず……魔神と呼ばれる神は複数体存在する」

 ドヨッ…

提督「少なくとも、ニコたちがいる時代では、魔神は1柱だけじゃなかった」

ロゼッタ「うええ、そうなの!?」

ノイルース「私たちの知る限りは、魔神様は唯一無二の存在と聞いていたのですが……」


提督「とにかくあっちの世界の話から始めないとな。あっちの世界の主神というか、支持信仰を集めているのはアルスとか言う神だが……」

提督「悪いものには蓋をする信仰のせいで、魔神として扱われた神は名前を奪われてる」

如月「名前を?」

ニコ「うん。名前そのものが力や魔除けになるっていう信仰もあって、都ではアルス神の名を書いた護符がいろんなものに貼られてるんだ」

ニコ「逆に忌まわしいものからは名前を取り上げ、存在を有耶無耶にして記録と記憶から消滅させる、というのが、アルス正教のやり方だよ」

提督「そのせいで、魔神については、名前どころか姿や性格も記録らしい記録がまったく残されてない」

提督「ニコが魔神を復活させようとしたときも、残ってる文献はごくわずかだったはずだ」

ニコ「そうだね……手掛かりがなくて、本当に大変だったよ」

提督「魔神の情報を敵対勢力に消されたから、というのが、ニコが魔神の復活に手間取った理由の一つなんだが……」

提督「同じように情報を消された神が、魔神以外にもたくさんいたんだよ」

ロゼッタ「たくさん!?」

提督「ああ。魔神じゃないのに言いがかりで貶められた異郷の神々がそれだ。おそらくアルス神の教義を脅かすと思われたんだろう」

提督「全然関係ねえのにアルス正教が邪教認定して取り潰した、余所の国の豊穣神とか戦神とかが、そういう扱いをされちまってる」

提督「結果として、正確な魔神の情報とその神々の情報が混ざり合い、ますます魔神の情報を特定することが困難になった」

ノイルース「……最悪ですね」


提督「おまけに、魔神はアルス=タリア封印神殿に封じられたと言われているが、封印場所は他にもあるらしいんだ」

提督「とくに魔神の封印は、わざと封印場所を増やして散らして封じたり、そこへ関係のない余所の神も巻き添えで封じたりしたらしい」

ミュゼ「んん? ということは、本来の魔神様の魂ではない、本当なら神殿にはなくてもいい無関係の神の魂もあった、ってことですか?」

提督「ああ、そうだ。ただ、魔神の魂だと言う扱いで封印されている以上、その魂が本当に魔神であったかは、連中にとって重要じゃねえ」

提督「逆に分かたれた魔神の魂が、自分を魔神だと認識し続けていられるか、ってのも、正直わからない。恨みが強けりゃ忘れねえかもだが」

提督「別の名前を付けられて信仰され始めたりしたら、その時点で魔神じゃなくなっちまうし、魔神であったことも忘れられちまうだろう」

山城「なによ、その野良犬になった元家犬に、名前つけて飼い慣らしちゃったみたいなノリは……」

提督「いやいや、こんなの良くある話だぞ? 祟り神や怨霊が丁重に奉られて土地神になった事例なんて、特に日本じゃ珍しくもねえ」

朧「あー……確かに、聞いたことありますね。雷神扱いされてた菅原道真公とかですか?」

提督「例えばで言えばな。あとは分祀されてあちこちに寺社のある神様もそうだ。その土地柄で売り出し方も違うだろ?」

提督「軍神が商売の神様になったり、その土地柄に影響されて、神様の性格も変わってくることも、よくある話だ」

提督「海外じゃあ、ある国の神の信者が余所の国の祖神を邪教扱いして貶めた挙句、引き裂いて邪神や魔王扱いすんのもザラだし」

提督「信仰を集めすぎた天使が教会に嫉妬されて『あれは人心を誑かす悪魔だ!』みたいな言いがかりつけられて貶められた例もある」

キュプレ「えー!? やだ、怖ーい!」

泊地棲姫「一番怖イノハ、ソウイウコトヲ考エル人間ヨネェ」

提督「だよなあ……人間は、神様ですら言うこと利かねえと難癖付けて手前の都合のいいようにぶち壊すからなあ」

初雪「というか、深海棲艦が『人間が怖い』なんて言うとは思わなかった……」


提督「というわけで、まず魔神は一柱じゃねえ」

提督「ニコたちの時代の魔神は、分けて封印された……分祀された結果、魂があちこちに散り散りになったってことと」

提督「全然関係ない神様の要素も混ざってる、ってことを最初に断っておく」

提督「それでだ。ニコが、俺……魔神復活のため、あっちの世界を駆けずり回ってくれたわけだが、結果的にそれは完璧じゃなかった」

提督「ニコも一生懸命調べてくれたが、残ってない記録もあれば誤情報もあった。ニコが行動できる範囲だって限りがある」

提督「そうやって作られた、いわばツギハギの魔神の魂は、本来の魔神と呼ばれる姿とはどうしても食い違うことになってしまった」

ルイゼット「で、では、いまの魔神様は完璧な魔神様ではない、と……!?」

提督「伝承にある始祖たる魔神像とは完全一致していない。一部一致……まあ、3割弱くらいはそうなんじゃねえかな?」

ニコ「3割!? たったそれだけ……!!」

提督「十分だと思うぞ? 情報を入念に消された上に、あちこちにバラバラに封印されてたのを集めてきたんだろ?」

提督「それから、合体前のあの魔神が『目覚め』の要素が欠けてるって言ってたよな? そういう重要な要素も欠けてたんだ」

ニコ「魔神様が全然目を覚まさなかったのも、そのせい……!?」

提督「まあ、結果的にはそうなった感じだな。眠ってる隣でニコが何度も寝坊助って呟いてたのも、なんか魔神としての記憶にあるぜ?」

ニコ「それも、ぼくのせいだったのか……」シュン


提督「連中だって魔神を封印するために、いろんな手を尽くしてきてたんだ」

提督「その目的を確実にするためにも、ニコがいくら探しても見つけられないくらいのことをしてたと思えば、仕方ないことだと思う」

泊地棲姫「ソノ、不足シタ『要素』ヲ補ッテイルノガ、重巡棲姫ノ魂カ」

提督「多分、そういうことなんだろうな。あの魔神を構成する神々の中で欠けていたもの……それを持ってる俺が、表に出てきてるんだろう」

ニコ「ごめんね魔神様、ぼくのせいで……」ションボリ

提督「いやいや、ニコが謝るなよ。妨害があった中で、ここまで魔神の魂をかき集めたのはすげえことだと思うぞ?」

ロゼッタ「ねえねえ! 先生は、その欠けた要素、ってのを取り戻しに行かないの?」

提督「ん? それは行かねえよ、面倒臭え」

カトリーナ「面倒臭えのかよ!?」

ルイゼット「魔神様は完璧を望んでおられないと……?」

提督「完璧な神なんていねえよ。仮にいたとしても、それはそれで融通が利かなくて面白くねえ神様になるんじゃねえかな」

ルイゼット「面白くない……ですか」

提督「堅苦しいのは嫌いなんだ、わざわざ古臭い神になんかならないで、ちょっとくらいいい加減なほうが、お前たちも過ごしやすいだろ」

エレノア「それはそうねえ」

ルイゼット「エレノアっ!?」


提督「ルイゼットはそういういい加減なところを許しておけないのかもしれないが……」

提督「あまりガチガチに魔神様やってたら、人間とつかず離れずみたいな関係は保てないし、どうやっても相容れなくなるだろ?」

提督「いま存在している俺という魔神は、お前たちにとって都合の良い神であったほうがいいと思うんだよ」

ルイゼット「……ま、魔神様が、そう仰られるならば、従いますが……よろしいんですか?」

タチアナ「と言いますか、都合の良い、とは、恐れ多いですね……」

シエラ「ちょっと言い方が卑屈な感じもするデス……」

電「司令官さんは昔から自己肯定感が低いのです!」

提督「なんにせよ、大きな不満や不都合がなけりゃ、このままでもいいと思ってる。ちょっとくらいはゆるくていいだろ」

ナンシー「私は賛成ー!」ハーイ!

キャロライン「私もネーー!」ワーイ!

軽巡新棲姫「私モ、厳シクナイノハ Welcome !」Yeah !

朝潮「朝潮は、司令官がこれまで同様にご健勝であらせられるのであれば、全面的に賛成いたします!!」ズビシッ

比叡「朝潮ちゃん、気合入り過ぎじゃないかな?」

霞「まあ、いいけど」アタマオサエ


ニコ「で、でも、魔神様が不完全なのはぼくのせいなのに……い、いいのかな」

提督「俺はそのほうがいいと思うけどな。ニコは嫌か?」

ニコ「……正直に言えばね。僕は、魔神様を完全復活させるために、人間狩りをしてきたわけだし……」

提督「そういえば、ニコ自身は、魔神が残した魔力そのもの……メディウムとは違う存在だって認識だよな?」

ニコ「そ、そうだけど……」

提督「魔神が完全復活したとしたら、お前も消えたりしないか?」

ニコ「……!」

吹雪「え? どういうこと?」

提督「だって、ニコも魔神の力の一部なんだろ?」

電「もしかして、魔神が完全復活したら、ニコさんも魔神の中に取り込まれて消えちゃう、ってことになるのですか……?」

提督「多分、そうなっちまうんじゃねえかな。だとしたら猶更、完全復活なんてしなくてもいいんじゃねえかと思ってんだ」

ニコ「魔神様……!?」

提督「俺の恩人、親代わりの妖精が消えて……顔なじみがいなくなっちまうことがつらいって、知っちまった」

提督「できれば今のままで……今いる連中で、だらだら仲良く過ごしたい、と思うのは魔神様らしくねえか?」

ニコ「そ、そんなことないよ!? むしろ……ごにょごにょ……」セキメン


ヴァージニア「仲良くか……この島のあるじたる貴様がそれで良いというのなら従おう。だが、それでこの島をしかと守れるのか?」

提督「そこは人間たちと折り合いをつけていくしかねえだろ。友好的にしとけばいいことあるぜ、的な雰囲気に持っていく気でいる」

ヴァージニア「貴様は魔神だぞ? 人間相手に慮るなど……それでいいのか?」

提督「俺たちが安息を得るためなら、あいつらに頭を下げるのも考えるさ。あっちも同じ高さまで頭を下げることが前提だがな」

提督「少なくとも、俺はこの世界の支配者になるつもりはねえ。強すぎる力を誇示したって、人間はビビるどころか反抗してきやがるしな」

泊地棲姫「……マッタク、ソノ通リダナ……」

陸奥「なんか、実感こもってるわね……」

提督「そうでなくとも、俺たちを利用しようとする連中はいるはずだ。そういう奴らは各個始末しつつ、基本無害であることをアピールする」

提督「こっちがおとなしくしてるのに、手を出してくる奴が悪い、って風潮に持っていけば、しばらく安泰になるだろう」

ヴァージニア「……ふん。あの伝承に聞いた魔神の魂を引き継いだというのに、随分と丸くなったものだ」

提督「いいじゃねえか、ニコもそうなんだし。極端な話、ニコも魔神を名乗ってもいいんだ、不服ならニコにも申し立ててみるか?」

クレア「えええ!? ニコっちも魔神なの!?」

提督「神と呼ばれるほどの力ではないにせよ、ニコが魔神の力を持っているのは間違いないんだ」

提督「現に、ニコが魔力槽を管理したり、余らせた魔力から魔法石を作ったりしてるし、俺よりずっと強い魔力を持ってる」

提督「多分、メディウムを生み出すのに相当苦労したらしいから、自称するのはおこがましいって思ってるんだろうけどな」

ロゼッタ「ふーん、そっかー」


提督「だからニコのことを、あのとき魔神は『眷属』と呼んだんだろう。同じ魔神の力を持つ者として」

比叡「ニコちゃんはメディウムじゃなかったんだ?」

セレスティア「はい。直接戦う力を持っていませんので」

軽巡棲姫「ソレデ眷属ネェ……」

提督「……あ、『お姉ちゃん』のほうが良かったか?」

ニコ「っ! そ、そう思うんなら、お姉ちゃんをからかうんじゃないよ……っ!」プイ

提督「悪い悪い」フフッ

吹雪「駄目ですよ司令官、ニコさんは真剣なんですから!」メッ!

ニコ「吹雪……」

吹雪「たまにあの小さな司令官になって、真面目にお姉ちゃんって呼んであげないと駄目なんですからね!」

ニコ「」

提督「……それ、あわよくばお前もそう呼んで欲しいとか思ってないよな?」

吹雪「はい! あ、いや、そういうわけじゃないですが、はい!」キラキラキラッ

提督「……」


ユリア「気持ちいいくらい本音がダダ洩れだわ」

ニコ「……吹雪、もうやめて」セキメン

初雪「吹雪が何かに目覚めた……」ドンビキ

敷波「面倒なことになりそう……」アタマオサエ

ロゼッタ「先生、今の話で、もういっこしつもーん! 先生ってなんにでも化けられるって聞いたんだけど!」キョシュ!

提督「いや、そこは『なんにでも』じゃねえな」

提督「もともと俺が持ってる要素を組み合わせて外見に反映させてるから、艦娘にはなれないし、動物に化けるのも無理だ」

提督「ニコが集めてきた神々と魔神の要素、それから深海棲艦……おそらく重巡棲姫の要素」

提督「それから、人間として過ごしてきたころの俺の要素……その組み合わせだな」

ロゼッタ「じゃあ、人間の女に化けることもできるのかな?」

提督「まあ、人間と深海棲艦の要素を組み合わせれば一応できるかもなあ……初春にも訊かれたが、そんな必要あるのか?」

ロゼッタ「えーっとね、エレノアが昔、やってなかったっけ? 向こうの世界で」

エレノア「ああ、町娘に変装して、男どもを油断させて情報を得ようとしたときね」

提督「危ねえな。あんまりそういう無茶すんなよ?」

エレノア「別に危なくなんかないけど……まあ、いいわ」


提督「さて、次は魔神がこっちの世界に来たことの話なんだが」

提督「以前、ミルファやパメラには話したと思うが、なんでメディウムがこっちの世界の衣装を着てるか、って話をしたんだ」

提督「実はニコに魂を集めてもらって魔神の精神ができた時点で、すでに魔神はこちらの世界に対して興味があったようなんだ」

ニコ「え?」

提督「バラバラになった魂の一部が、こちらの世界を垣間見たんだ。あちらの世界より進んだ文明でありながら、魔法の存在しない世界……」

提督「強大な魔力を持つ者が強者であるあちらの世界より、こちらの世界のほうが娯楽も多く自由に生きやすいんじゃないか……ってな」

提督「実際に、ニコが作ろうとした魔神の魂は、こちらの世界へ渡ってくるための方法をその時点で探っていたらしい」

提督「ニコが作った素体が目覚める前からそういう考えがあったらしく、渡る算段がついたころにはこちらの世界を視ることもできていた」

提督「眠っていた魔神が生み出したメディウムたちの一部が、この世界の住人の姿を模しているのも、こっちの世界に憧れ続けたせいだ」

クレア「なるほどぉ……」

ソニア「クレアお姉ちゃん、わかってるのかな」

ユリア「あれは知ったかぶりしてる顔ね」

提督「ただ、世界を渡るための方法はごくごく限られたものだった。条件がいろいろ揃ったのも、こちらの暦でおよそ30年前……」

提督「向こうの世界と時間の進みや暦そのものが違うらしいから、あっちの世界の6、7年ってとこか?」

ニコ「……ぼくの魔神様が、消えたのもそのくらいだった……!」

大和「そんなに長い間、探してたんですか!?」


提督「……魔神はどうにかしてこの世界に渡ってきたが、力を使いすぎたため深く眠らざるを得なくなり」

提督「その隠れ蓑として深海棲艦の魂の入った人の器に入り込み……」

提督「その事情を知らないエフェメラが深海棲艦の魂に目をつけて、魔神の魂を、魔神の生贄にしようと目論んだ」

提督「そのせいで俺は人間に対する憎悪をため込むことになり、ニコは俺の奥底に眠っていた魔神の力を感じ取って……」

提督「結果、こっちの世界で再会できた。こんな可愛げのない姿になっちまったけどな」

ニコ「……何を言ってるんだか……」ムスッ

如月「そうねえ、素直じゃないんだから」フフッ

提督「その後、俺とニコが再会してから、少しずつ魔力を取り戻し……エフェメラが俺の内に潜む魔神の力に目を付けた」

提督「最初は魔神の生贄にするためで、今は魔神そのものとして覚醒させるため……だよな? 時雨」

時雨「うん。僕が見た未来では艦娘もだいぶいなくなっていたし、提督は残酷な魔神として覚醒していたからね」

提督「最後に、そのエフェメラだが……あのエフェメラが、あのとき俺たちの前に姿を現した理由がわからねえんだよな」

時雨「それこそ、提督を魔神として覚醒させるためじゃないの?」

提督「いや、それはそうだと思うんだが……なんでこんなタイミングで現れたんだ?」

時雨「え? それは……うーん」


山城「単純に、あの弟を名乗る男に力を与えるためじゃないの? 借り物とか言ってたじゃない、あの力」

ニコ「……それはそうだけど、理由はそれだけじゃない気がする。魔神様を目覚めさせようとしてたんだからね」

軽巡棲姫「レ級ガ来タノモ、アノ大和タチガ来タノモ、全部エフェメラガ仕組ンダンジャナイノォ?」

泊地棲姫「十分考エラレソウダナ。アイツハ、艦娘ダケデナク、私タチモ生贄ニスルト、言ッテイタ」

泊地棲姫「レ級モ、敵ノ大和タチモ含メテ、私タチヲ沈メルノニ使エルト思ッテタンジャナイカ?」

時雨「それに加えて、それを確実にするために、魔神の復活に立ち会うためにエフェメラが現れた……ってことかな?」

ニコ「……本来、エフェメラは魔神様や、魔神様に関わりのある人間の補佐をするだけで、直接の力は持たないはず」

ニコ「でも、あのエフェメラは、魔神様を拘束したり、魂を分割するような離れ業もやってのけた」

ニコ「となると、あいつ自身がなんらかの方法で、力を使えるように自分自身に細工をした、ってこともあり得るね」

提督「とはいえ、あのエフェメラが信奉していた魔神は、おそらく俺じゃねえんだろうなあ」

ミュゼ「だとすると、魔神様はご主人様の他にも存在してるってことになるんですか?」

ニコ「多分、エフェメラは古代の魔神様が作ったとも言われているから……この魔神様から、その気配を感じ取ったのは間違いないと思う」

ミュゼ「あー、かつての残虐な魔神様を望んでいたってことですかぁ」

ニコ「そうだね。たとえ不完全であっても、ここにいる魔神様は間違いなく魔神様なんだから……!」

提督「そこなんだけどな。ミュゼの言う、魔神が他にもいる、ってのは、あり得ない話じゃないんだ」

ミュゼ「そうなんですか!?」


提督「さっき、俺の魔神の魂は3割くらいと言ったろ。そうなると別の誰かが残りの7割を持ってることになる」

提督「下手すると、残りの7割がまた3割くらいずつに分かれて、俺以外の魔神が2人以上になってる可能性もある」

ニコ「そうだね……」

タチアナ「ニコさんのようにだれかが集めていなければ、1割の魂を持つ敵が7人現れることもあり得る、ということですか」

ミュゼ「うわ、それ面倒!」

伊8「また、新しい敵が来るんですか……?」

提督「そうと決まったわけじゃねえが、警戒はしとかねえとな。もしかしたら、俺より残虐な魔神として、どこかの世界にいるかもしれねえ」

提督「正直、このまま会いたくねえぜ……マジで面倒臭えし、俺は俺でこっちの世界でおとなしくしていたいな」

ニコ「……」

時雨「そういえば、僕が見た別の未来の提督は、向こうの世界の人間を滅ぼしてきたと言ってた気がする」

時雨「あっちの世界で、魔神の要素を全部集めてきたから、そういう性格になったとも、考えられるかもね」

キャロライン「それじゃ、ダーリンはあっちの世界に行っちゃダメってコト!?」

時雨「そこはわからないよ? ただ、魔神が本来残虐なものだとしたら……」

ニコ「あのエフェメラが望んだ、人間を恐怖で支配する魔神様になるかもしれない、ってことだね」

全員「「……」」

提督「とにかく、今回の出来事は全部あのエフェメラのせいだと助かるな。これ以上面倒な敵がいるとか、思いたくもねえ」


提督「とまあ、ぐだぐだ言ってきたが……!」ガタッ!

全員「「!!」」

提督「俺のやることは何も変わってねえ。この島を、俺たちの安住の地にすること。その目標自体は、これまでと同じだ!」

提督「そのためには、人間たちにこの島を俺たちの住処にすることを認めさせ、面倒臭え諍いが起きないようにするに限る!」

提督「それでも、あのレ級みたいな戦闘狂や、曽提督みたいな深海棲艦排除主義者! そしてエフェメラと、それに乗せられるくそ坊主!」

提督「今後もそういうくそみたいな敵が、この島にやってきて俺たちの平穏を引っ掻き回そうとするはずだ……!」

全員「「……」」

提督「おそらく俺一人じゃあ、きっと成し遂げられねえ。だから……頼む!!」

提督「お前たちの力を貸してくれ!」ベコッ!

如月「もちろんよ司令官!!」ガタッ

戦艦水鬼改「イイゾ。当然ダロウ」アッサリ

ニコ「うん。そこまで言うんなら、仕方ないなあ。お姉ちゃんが、面倒を見てあげるよ?」フフン

島妖精A「久し振りの、提督の頼みか。やってやろうじゃないか」

大和「この大和にもお任せください!!」ガタッ

ニーナ「ま、魔神様に頭を下げられるなんて……!?」


軽巡棲姫「ウフフ……オ願イ、サレチャッタワネェ」ニマニマ

吹雪「大丈夫ですよ、司令官!」

泊地棲姫「ソンナコト、今更ダナ」フフッ

キャロライン「ダーリンのために頑張るヨー!」

「提督ー!!」キャー!

「司令官!」キャー!

「魔神様ー!」キャー!

「マスター!!」キャー!

提督「……」

朧「提督?」

提督「……うう、良かったぁ……」ヘニョヘニョ…

ミルファ「え、ええええ!? 魔神さん!?」

吹雪「どうして腰砕けになってるんですか!」

ナンシー「これまでに見たことないリアクションなんだけどっ!?」

ヴァージニア「な、情けないぞ!?」

軽巡棲姫「ダ、大丈夫ナノ!?」


提督「大丈夫じゃねえよ……だってなあ、今回ばかりはもう駄目か、って思うくらいくっっっそ不安だったんだぞ……」プルプル

提督「しょっぱなレ級の乱入のせいで完全に目算が外れてんだぞ!? あのままあいつらが帰れば時間も稼げて全然違ってたはずなんだ!」

提督「戦闘だって、ル級たち深海棲艦が覚醒しなかったら負けてただろうし、でなきゃメディウム総動員でやっと、って感じだったろ!」

提督「大勢のメディウムたちをレ級との戦闘に回せば、曽大佐の艦娘には苦戦どころか総力戦しなきゃ勝てなかったかもしれないんだぞ?」

大和「確かに……不意を打てたとはいえ、練度はとても高かったですからね」

提督「それにあんなタイミングで、バカ弟はともかく、エフェメラまであんな形で島に乗り込んでくるのは完っ全に想定外だった」

提督「おまけにエフェメラには抵抗すらできずに俺の体を魔神と深海棲艦に引き裂かれたからな……」

提督「魔神の力が使えるようになって、やっと俺も戦える、って思った矢先に戦う力を奪われてんだぞ? どうしようもなかったぞ」

提督「正直、あれで魔神じゃなくなったんだから、メディウムとはここでお別れか、とも思ったくらいだ……!」

ニーナ「なるほど……確かにそうなった可能性もありますね」

提督「最悪、俺どころか艦娘や深海棲艦も魔神の生贄にされちまわねえかと思って、巻き込まない方法を必死に考えてもいたしよぉ……」

電「魔神さんが司令官さんの味方で本当に良かったのです……」

提督「まったくだよ。メディウムたちも、俺が魔神でなければ何の興味もないだろうし、そいつはニコも同じだろう」

ニコ「……」

提督「体を奪われて深海棲艦として生きるにしても、何の装備も持ってなくて身一つじゃあ、戦っていけないだろうし」

提督「ここまでやってきてそうなったら、怨霊以外の何物にもなれやしねえ。何のためにあの世から戻ってきたんだって話だよ」ハァ…


提督「あんな丸裸にされるような、くっそ情けねえことがあったってのに、それでも俺の頼みをきいてくれるとか……」グスッ

提督「情けないからってのもあるが、嬉しくて涙が出てくるなんて初めてだ。ちょっとくらいぼやいてもいいだろ……」グデェ…

如月「司令官……」

敷波「司令官がここまで愚痴っぽくなるなんて、初めてじゃない?」

島妖精B「弱音を吐くシーン自体がなかなかないもんねー」

伊8「吹雪ちゃんに嫌われたときよりもひどいと思う」

軽巡新棲姫「ソンナニ珍シイノ?」

戦艦水鬼改「珍シイワネ。私モ初メテ見タワ、明石ニ殴ラレテタトキモ、ソコマデ落チ込マナカッタノニ」

大和「!?」

提督「しょうがねえだろ。ここまでやってきて魔神の餌じゃ、俺を信用してついてきたお前たちに申し訳が立たねえしよ」

陸奥「それはそうかもだけど……」

南方戦艦新棲姫「最悪、私タチモ全滅シテタカ……?」

深海海月姫「コウシテ、目覚メナケレバ、ソウダッタカモネ」

メリンダ「申し訳が立たない、ですか……ルイゼット?」

ルイゼット「なんでしょう」


メリンダ「本来の……始祖たる魔神様であれば、このようなお言葉を賜ることもないのでしょうね」

ルイゼット「私の知る魔神様は、威厳に溢れた神であるはず。しかし、仲間を大事になさるニコさんが召喚なさったのであれば……」

ルイゼット「慈悲に満ち溢れた魔神様でいらっしゃっても、間違いではないのかもしれません……」

メリンダ「……罰をいただけないのは、残念です……」ションボリ

ルイゼット「」

ジュリア「なんでそこで落ち込むんですの!」ハリセンスパーン!

メリンダ「痛い……もしや、ジュリア……あなたから、罰をいただけるのですか……!?」キラキラキラッ

ジュリア「そんなキラキラした瞳であたくしを見ないでくださいまし!」

ルイゼット「……」アッケ

提督「ジュリア、真面目にツッコミ入れなくていいぞ? メリンダもルイゼットを困らすな。あとリンダはボケようとするな」

リンダ「ちょっ!? うちまだ何も言うてへんよ!?」

メリンダ「魔神様……? それでは……!」キラキラキラッ

提督「そういうのは後でな」ハァ

メリンダ「後ですか……?」


提督「とりあえず今日はレ級と戦った大和やル級たち深海勢や、ソニアやニーナたちを労う方が先だ」

メリンダ「それは当然ですね。残念ですが従います」

初春「メリンダも相当面倒臭い奴じゃのう……」

ジュリア「魔神様もいきなり立ち直らないでくださる?」

提督「ぐだぐだ醜態を晒すのもみっともねえだろ。いい機会なんで弱音は遠慮なく吐かせてもらったが」

提督「吐き出してすっきりしたならそれで終わりにすりゃあいい。酔っ払いのゲ○と一緒だ」

ジュリア「喩えが最悪ですわ!!」ハリセンスパーーン!

リンダ「ウチのボケは!?」

提督「いや、悪酔いしたときは戻すのが一番手っ取り早いぞ? アルコールを体の外に出すわけだからな?」

ジュリア「そういう話ではありませんの!!」

リンダ「黙殺ゥー!?」キビシー!

提督「まあいいや、張り切ってツッコむとそれを期待してボケる奴がいるから、ジュリアは少し落ち着きな」

ジュリア「落ち着いてますわよ……これ以上なく」ハァ

提督「とにかく、これでやっと普段通りに戻せそうな感じだな……」


コーネリア「なあ魔神様、あたしは細かいことはいいんだ。魔神様はこれからも魔神様でいるってことだな?」

提督「おう。いろいろあったが、ある程度の力を取り戻した、って感じで認識してくれりゃいい」

コーネリア「今回は場所が場所だけに、あたしの出番がなかったからな……次があったら出撃させてもらうぜ」

提督「そうだな。今回の曽大佐みたいなことを、今度は余所の深海棲艦が起こすかもしれねえし……当分は警戒が必要だな」

戦艦水鬼改「ソンナ奴ラハ、私ガ潰スゾ?」

提督「……ありがとな。まあ、もしそんなことがあったら、次は真っ先にコーネリア載せてってやってくれ」ニコ

コーネリア「ああ。あたしはその時までに槍を磨いておこうかね」

如月「司令官、微妙に雰囲気変わったかしら」

提督「今回はいろいろと、やらかしたからな……自分で言うのもなんだが、少し滅入ってる」

如月「そういうのじゃなくて、少し、重苦しい雰囲気がなくなったっていうか……」

霞「私もそう思うわ。あんた、いつも他人に対して壁を作ってたでしょ。ずっと近寄りづらい雰囲気を醸してたじゃない」

吹雪「なんて言ったらいいのかな? わざと人を遠ざけるような言い方が、少し柔らかくなったっていうか」

提督「そりゃあ、これ以上突き放す理由もないし、世話になりっぱなしだし……魔神たちの魂のせいもあるか?」

如月「そうなの?」

提督「魔神と混ざり合ったときに、あいつらの性格というか、人柄というか、どんな神様だったのかが見えたんだよ」

提督「厳格そうな奴とか、酷薄そうな奴とか、気性の荒そうな奴とか、妙にニコニコした奴とか……いろいろ混ざってたんだよな」


提督「それから、こいつが魔神だと思える奴もいた。思った以上になれなれしくて、ちょっと警戒もしたが……」

提督「溶けて一緒になるときに、そいつらに、俺たちの力を使え、って言われたような気がしてな。一人じゃないと言われたんだ」

提督「さっきもお前たちに力を貸してもらえる、って言われて、嬉しかったしな……一人じゃないってのは、こういうことか」

霞「魔神にも励まされたんじゃないの? しっかりしなさい、って!」

吹雪「霞ちゃんみたいだね?」

霞「そ、そういうんじゃないったら!?」

提督「なんか、変な気分だったぜ。見知らぬ自分に会ったような感じだった」

提督「ま、なんにせよ俺は俺だ。そうそう変わっちゃいねえから、安心しな」ニコ

ニコ「……」

 *

大和「やっぱり、あのときのお顔の怪我は、明石さんの仕業だったんですか……」ドロリ

提督「目を濁らすな。俺のやり方が万人に通用するわけじゃねえんだからよ」

大和「で、ですが……」

提督「俺はあの時、はっちゃんをル級に撃たせたんだ。明石は怒って当然だろ」

大和「……」

提督「俺の決断が仲間を死なせるかもしれねえ。そのくらいは覚悟のうちだ」

提督「だから、俺が間違ってるときは、お前も容赦なく止めてくれていいんだぞ」

大和「……そう、ならないことを祈ります」


と言うわけで今回はここまで。
次回は深海棲艦勢と川提督の艦娘とのお話です。

>322-323
提督棲姫については、「壊」タイプで、髪型がもう少し短くなって
装備と衣服が全解除の姿で想像していただくといいかもです。


今年は正月早々いろいろ酷いニュースが飛び交ってますが、とりあえず私は引き続き書き込めそうです。

今回登場のメディウムはこちら。

・ルミナ・ヘルレーザー:白衣を纏いモノクルをかけた科学者のメディウム。レーザービームが縦に走って一直線上の人間を焼き切る罠。
  メディウムや魔神さえも研究対象にする狂科学者。モノクルはもとは宝石加工用だったが、なぜかすべてを焼き切る凶悪兵器になった。

こういう科学者キャラは、設定の話をするときに重宝します。というわけで、今回は深海棲艦たちと川提督の艦娘のお話です。


 * 数時間後 *

 * 入渠ドック脇 休憩スペース *

明石「あ、提督! やっと来ましたか!」

提督「おう。深海棲艦たちも含めて全員揃ってんだよな?」

明石「揃ってますけど! なんだってこんなことになったんですか!? 今度はいったい何をしちゃったんです!?」

提督「お前は毎回、俺が何かやらかしたみたいな言い方するんじゃねえよ」

明石「そんなこと言っても原因はあなた以外にないでしょう? いいから早く行ってください、待たせてるんですから!」

提督「お、おう」


 * 入渠ドック内 *

明石「まったくもう……本当に、いったい何をしたんだか」

眠ったように動かないイ級「」

眠ったように動かないロ級「」

明石「……毎度毎度、本当にろくな事しないんだから、あの人は……!」

ヒサメ「まったく、あの男は意識せずいろいろとやらかしてくれるのう」ホホホ

明石「笑い事じゃありませんよ、まったくもう」


ルミナ「それにしても興味深いね。魔神君が撫でたら動かなくなる、ってどういう理由なのかしら」

初春「南太平洋空母棲姫じゃったか。考えられる理由がそれしかないと言っておったからのう」

明石「それ以外に外的要因はない、ということですか」

ヒサメ「しかし……その深海棲艦は随分と面倒見がいいのう?」

初春「この2隻の深海棲艦は、あの南太平洋空母棲姫がこの島の周辺で発見したそうじゃ。以来、行動を共にしておったらしいぞ」

ルミナ「時雨君を見つけた時も随伴していたって話よね」

明石「この島の周辺で、ですか……」

 バキン!!

明石「うわ!? な、なにこれ!? イ級とロ級の背中にひびが……!」

 バキン! バキン! バキン!!

ルミナ「おお、背中が割れたよ!? なんだいこの中身は……」

ヒサメ「なんじゃこれは。真っ白な液体で満たされておるのか?」

明石「ええええ!? 深海棲艦の駆逐艦の外殻の中身って、こうなってたの!?」

初春「む、待つのじゃ、中から何か出てくるぞ!」

 ズリュウ!

明石「て、手ぇぇ!?」

 (乳白色の液体の中から伸びた白くて細い手が、外皮に手をかけ力を入れると)

 ビチャッ…ズルゥ!

 (液体の中から真っ白な少女が現れる)

全員「「!?!?!?」」


 * 一方その頃 *

 * 入渠ドック脇 休憩スペース *

提督「まずはお前たちが何者か、教えてもらうか」

コロラド「……私たちは、川提督艦隊。旗艦のコロラドよ」

提督「ふーん……で、そっちにいるのは霧島と、確か蒼龍か。装備が知ってるのと違うが、そこの二人は見たことあるな」

霧島改二「はい、私が霧島です。川提督指揮下のもと、第二改装まで受けております」

蒼龍改二「えっと、同じく第二改装まで受けた、航空母艦、蒼龍です!」

飛龍改二「私は飛龍です。蒼龍と同じ第二航空戦隊の航空母艦です」

綾波改二「私は、綾波型駆逐艦、綾波と申します」

天龍改二「俺の名は天龍! フフ……怖いか?」

提督「天龍? つうと、お前だな? 死ぬまで戦わせろとかほざく奴は」

綾波改二「あ、言うことは言いますけど、あくまでポーズですよ? 駆逐艦が真似するといけないので、駆逐艦の前では言いません」

天龍改二「そりゃそうだけどよ!?」

提督「ふーん、つまり、本当はそんなに怖くねえんだな?」

天龍改二「いや、怖がれよ!」


提督「怖がれっつってもなあ……見た目で言えばこっちのが怖いだろ」

戦艦水鬼改「コロラド、ネエ? 会ッタコトアッタカシラ……」

軽巡新棲姫「スグニハ思イ出セナイワネー」

南方戦艦新棲姫「名前ハ、ナントナク、ワカルケドナア」

南太平洋空母棲姫「トイウカ、ミンナ米軍艦ダッタノ?」

泊地棲姫「私ニツイテキタンダカラ、ソウダト思ッテイタンダケド……コノ子ハ、ソウデモナカッタノヨネ」

欧州水姫「余ノヨウナ、例外モイルトイウワケダナ。トコロデ、コノ場ニハ、余モ参加シテテイインダナ?」

防空巡棲姫「聞キタインナラ、イインジャナイ? 軽巡棲姫ハ聞カナクテイイ、ッテ言ッテタンダシ……私モ、寝テテイイ?」フワァ

深海海月姫「アナタハ話ヲ聞キナサイヨ……」

綾波改二「そうですよねえ。こんなに大勢の鬼級姫級が一堂に会するのを見てから、天龍さんを怖がれと言うのは無理がありますね」

天龍改二「ちくしょう!」ガクーッ

提督(面白い奴だな)


霧島改二「それにしても……あの姫級たちが、私たちと一緒に椅子に座って戦うことなく対面しているというのは、初めてと言いますか」

飛龍改二「ぶっちゃけ、生きた心地がしないよ?」アオザメ

蒼龍改二「こんな場を設けられるなんて、ここの提督さんって、本当に何者なんですか?」ヒヤアセ

提督「んー? まあ、運が良かったんだよ、いろいろとな」

天龍改二「とにかくよ、こっちの姫級たちはあんたの部下ってことでいいんだよな?」

提督「いや、部下じゃねえぞ。知り合いっつうか、仲間っつうか……」

泊地棲姫「上下関係ハ、ナイヨウナモノダナ。対外的ニハ、コノ男ガ代表ト言エルカ」

戦艦水鬼改「ソレカ、島ノ同居人、トイッタトコロカシラ。私自身ハ、コノ男トハ、モット親密ナ仲ニナレテモ、イイノダケレド」フフッ

泊地棲姫「抜ケ駆ケスルナヨ?」ジロリ

戦艦水鬼改「アラ。私ハ、素直ナ願望ヲ、クチニシタダケヨ?」ニヤリ

天龍改二「あー……仲が良いってのはわかったから、喧嘩はやめてくれよ。俺たちじゃとても止められる気がしねえ」

軽巡新棲姫「ダヨネー、ワカルワカル」

綾波改二(オランダの軽巡洋艦さんが混ざってる気がしますね)


提督「えーっと、一応紹介するとだな。泊地棲姫と、んーと確か、ル級とタ級と……」

天龍改二「いや待てそれはさすがに違うだろ!? どう見ても普通のル級とかタ級と一緒にはできねえだろ!?」

提督「つってもなあ。それぞれなんて呼ばれてるか、俺も把握してねえし……」

コロラド「私が分かるわ」

提督「何?」

コロラド「あなたはさっきも言ったけど、イギリスの戦艦、ネルソンよ」

欧州水姫「ホウ……断言スルカ」

コロラド「ええ。見てて確信するくらいにはね。それから……あなたは、アイオワでしょ?」

戦艦水鬼改「!」

コロラド「そして、あなたはホノルルで、あなたはアトランタ」

軽巡新棲姫「ウーン、ソウカモ?」

防空巡棲姫「アー、ソウ言ワレレバ、ソウ呼バレテタカモ」

コロラド「それから、あなたは……きっとサラトガね。シスター・サラ」

深海海月姫「……ソウ……?」


コロラド「そして、サウスダコタと、ホーネット……!」

南方戦艦新棲姫「ナントナク、ソンナ気ガスルナ。霧島トハ、会ッタヨウナ気ガスルシ」

南太平洋空母棲姫「ソウネ。ソノ名前、懐カシク感ジルワ」

コロラド「私の知ってる U.S.Navy が、こうして姫クラスの深海棲艦になってるところを見るなんて……」

コロラド「どうしてこうなっちゃったのかしら……」ウナダレ

提督「お前たち、自分の名前がはっきりしないのか?」

戦艦水鬼改「ソウネエ。ナントナク、ソウナノカ、ッテ感ジ? アイオワ、ネェ……確カニ、ソウカモ」

コロラド「絶対そうよ! その主砲、規格や特徴が合致してるもの! アイオワでなければ同じアイオワ級のニュージャージーだわ!」

提督「傍目に見て、それが正しいとしても、自覚がねえんじゃなあ……」

蒼龍改二「なんだか、記憶喪失の人に名前を訊いてるみたいな感じだね?」

提督「あー、言い得て妙だな」

天龍改二「なあ綾波? お前、欧州水姫と戦艦水鬼の名前がパッと出てきたってことは、本営の資料にはあるはずだよな?」

綾波改二「そうですねえ。全員分あるかどうかはわかりませんが、取り寄せて照合してもらうといいかもしれませんね?」

提督「お、そういう資料あんのか。名前だけでもなんて呼ばれてるか確認してえな。でないと、なんて呼びゃいいかわからねえ」


ルミナ「やあやあ魔神君。丁度いい頃合いだし、ちょっと私もお邪魔させてもらっていいかな」スタスタ

深海棲艦たち「「!」」

提督「ルミナ? 丁度いいってなんだよ?」

ルミナ「そちらの艦娘の皆さんにも、確認のためにちょっと聞いて欲しいんだ。深海棲艦と、艦娘の違いについての仮説をね」

ルミナ「多分、深海棲艦のみんなの姿が変わった理由の話もできるだろうからね」

泊地棲姫「私タチノ話ダト?」

提督「ふーん……とりあえず、聞いてもらっていいか?」

霧島改二「……コロラドさん、どうしますか?」

コロラド「え? え、ええ、いいわよ。いまの話に関係しているって言うのなら、話してちょうだい」

ルミナ「了承いただけたのであれば、まずはこちらの二人をご紹介! おいでー!」テマネキ

白露型?「ハイハーイ!」

暁型?「ゴキゲンヨウデス!」

提督「……んん? なんだ? 暁……じゃねえな?」

蒼龍改二「なんだか、北方棲姫みたいなワンピースを着てるわね……?」

天龍改二「そっちのは夕立か? つっても、肌の色どころか髪の毛も服も真っ白だし……いや、村雨か? どっちだ?」


飛龍改二「っていうか、二人ともあからさまに深海棲艦っぽくない? 目も真っ赤だし、ツノも生えてるじゃないの」

南太平洋空母棲姫「ネエ、ソノフタリ、モシカシテ……」

ルミナ「ねえ魔神君? 君は、ソニアとクレアが乗っていた深海棲艦の駆逐艦の頭を撫でてあげてたよね?」

提督「ああ、それがどうかしたか?」

ルミナ「この二人はそれぞれ、駆逐イ級、駆逐ロ級と呼ばれていた深海棲艦だよ。君が撫でてあげてた、あの2隻さ」

白露型イ級「ソウイウコトッポイ!」

暁型ロ級「ヨロシクナノデス!」

飛龍改二「ええええええええええ!?」ガタッ!

蒼龍改二「イ級とロ級ううううう!?」ガタッ!

天龍改二「どういうことだよそれは! わっけわかんねえ!」

提督「……は?」ポカーン

ルミナ「いやいや、魔神君まで呆けてないで。ほら、あの時雨君を見つけたヲ級君が連れてたあの2隻が、この二人なんだけど」

南太平洋空母棲姫「ソノ『ヲ級』ッテ私ノコトヨネ?」

ルミナ「そうなの?」


南太平洋空母棲姫「アノ駆逐艦タチハ、コノ島デ知リ合ッタノヨ。コノ島ノ周辺デ生マレタミタイダケド」

提督「島の周辺で……?」

ルミナ「えーと、驚くのは後にしてもらって、ちょっといいかな? ひとまず、これは私の仮説として聞いて欲しい」

ルミナ「まず、彼女たちは、轟沈した艦娘の魂が混ざり合ってできたと考えられるんだ」

霧島改二「轟沈艦……!?」

提督「もしかして、この島に埋葬したやつか?」

蒼龍改二「埋葬!?」

提督「ああ。そういや一時期、白露型や暁型が大勢流れ着いた時期もあったが……まさか、そいつらの生まれ変わりだってか?」

ルミナ「多分ね。おそらくだが、以前、大和君や軽巡棲姫君と一緒に、魂について話をしただろう?」

ルミナ「その時と一緒で、君は無意識に彼女たちの艦娘としての意識を呼び起こしたんじゃないかと思うんだよね」

提督「……それじゃ、俺は迂闊に深海棲艦に触れねえってか?」タラリ

ルミナ「それはちょっとわからないかな? 軽巡棲姫君みたいに触れてても問題ない子もいるからね」

暁型ロ級「ワタシハ、ヨカッタトオモウワ!」

白露型イ級「アシガハエテ、オカノウエデモ、ハシレルッポイ!」ワイジバランスー

提督「おいおい、スカートまくれちまうぞ。足を下ろせ」

白露型イ級「ハーイ」

天龍改二「もう少し慌てろよ。冷静すぎねえか」


ルミナ「今回の事象を鑑みるに、艦娘にしても深海棲艦にしても、そして私たちや魔神様にしても……」

ルミナ「その魂の出来上がり方は、かつての艦の魂の寄せ集めにすぎないんじゃないか? と私は考えていてね」

天龍改二「寄せ集め!? なんだよそりゃあ!! 認めねえぞそんな話!?」

深海海月姫「静カニシテ、話ヲ聞イテ」ジロリ

天龍改二「ハイ」

綾波改二(さすが姫級、プレッシャーが尋常じゃないですね)

ルミナ「さて、いろいろ言いたいことはあると思うけど、まずは艦娘と深海棲艦の違いは何か? という仮説の話をするね」

ルミナ「私の考える結論から言ってしまうと、魂の作られ方が違うのよ」

綾波改二「作られ方、ですか?」

ルミナ「そう。艦娘は、ある核となる魂があって、その魂が主導権を持つんだけれど」

ルミナ「一方の深海棲艦は、いろんな魂が乱雑に混ざり合って、その中で強い魂が主導権を持つようになってから、姿が出来上がる」

ルミナ「最初から誰になるかが決まってて作られるのが艦娘、誰になるのか決まらないまま作られるのが深海棲艦、って感じかしら」

霧島改二「誰になるのか決まらないまま……?」


ルミナ「考えてもみてよ、これまで出会った深海棲艦の……そうだね、例えば駆逐艦の姿はどうだったかな?」

ルミナ「大きく分類してイ、ロ、ハ、ニ級が確認されてて、最近ナ級も見つかったんだっけ?」

飛龍改二「ナ級……ソウネ……」ヌラッ

綾波改二「ソンナヤツ、イマシタネ……イナクテイイノニ」ヌラッ

南方戦艦新棲姫「アイツラ、チョット私タチニ似テナイカ?」タラリ

防空巡棲姫「……危険ダネ」タラリ

ルミナ「深海棲艦の一般的な駆逐艦は、大雑把に分けて5種類。それに対して、この世界全体の駆逐艦の数は相当なものだ」

ルミナ「なんで深海棲艦の駆逐艦の種類が少ないのか。それは、彼女たちが自分が何者か、生まれた時にはっきりしていなかったからだ」

ルミナ「例えば、君! 綾波君で良かったかな? 敷波君に似てるね、そういえば」

綾波改二「は、はい! 敷波は私の姉妹艦ですよ。同じ綾波型です」

ルミナ「ああ、そうだったのか。うん、君は自分のことを『綾波』だと、生まれた時から認識してるよね? 綾波であって敷波ではないと」

綾波改二「それは、そうですねえ」

ルミナ「それは魂が、自分が綾波だと自覚し認識しているからであって……」

ルミナ「もしそうでなければ、自分が何者かをちゃんと認識できずあの姿になる、と推測してるのよ」


綾波改二「その理屈だと、私たちが記憶喪失になったら、あの姿になってしまうってことですか?」

ルミナ「いや、今のその姿は記憶喪失になる前に作られるわけだろう? さすがに変わらないと思うんだけど」

提督「試したいとか言うなよ?」

ルミナ「そこは言わないよ!?」

綾波改二「……深海棲艦には、明確な自我がない、ってことなんでしょうか?」

ルミナ「おそらくね。そのまとまらない自我をまとめるために、生者への怨恨や憎悪という心の方向性で一体化したり」

ルミナ「或いは自分が何者かを仮に決めてしまって、まとまらなかった力をまとめている、と、考えてるの」

提督「艦娘の建造には妖精が携わる。建造妖精が誰になるかを定まるようにサポートしてると考えれば、その仮説も成り立つわけか」

ルミナ「魂のまとまり方によって、イ級だったりロ級だったりになるけれど、最初から芯が決まっていれば、艦娘になって海に現れる」

ルミナ「この二人も、自分が暁型の誰なのか、白露型の誰なのかがはっきりしてないじゃない? 二人とも、自分の名前はわかる?」

白露型イ級「ナマエ……シラツユハ、ナントナクワカル!」

暁型ロ級「ワタシハ、ヨクワカラナイ……デス」

天龍改二「そうなのか……確かにまあ、どっちつかずな感じの見た目だけどよ」ウーン

ルミナ「それから、同じ鎮守府の中でも同じ艦娘が現れることがあると思うけど、微妙に個性が違うことってない?」

ルミナ「それは魂の混ざり方が違っていたり、逆に大事なものが抜け落ちたりするから、と推測してるの」

提督「……ここに来る前に似たような話をしたな、そういえば」


ルミナ「そこの金髪の艦娘が……」

コロラド「コロラドよ」

ルミナ「コロラド君が、深海棲艦のみんなの名前を呼んだ時に反応が薄かったと思うんだけど」

ルミナ「艦娘が、自分の名前やルーツがなんであるかをちゃんと言えるのに対して」

ルミナ「深海棲艦のみんなが、さっきも『多分こうなんじゃないか?』って感じで自信なさげに話してたのも」

ルミナ「そういうことじゃないかな、と考えているの」

天龍改二「……そんじゃあ、深海棲艦たちが、自分はこいつだ! って認識したら、艦娘になるのか?」

ルミナ「残念ながら、深海棲艦が艦娘になったり、逆に艦娘が深海棲艦になる可能性は、かなり低いというか、ほぼないんじゃない?」

ルミナ「一度決まって生まれてきたものが、その逆のものに突如生まれ変わる、というのは考えにくい」

ルミナ「せいぜい、ここにいるみんなのように、違う深海棲艦に進化……いや、深化するとか、形態が変わるだけになるんじゃないかな」

ルミナ「そしておそらく、それをひっくり返す唯一の現象は『轟沈』しかない、と、私は推測しているよ」

提督「そういや、お前とは以前もそういう話をしたっけな。やっぱそう考えるのが自然か」

全員「「……」」


ルミナ「そう言えば、魔神君がかつてこの島で行っていた研究……実際には研究ではないけれど」

ルミナ「彼が、轟沈した艦娘をそのまま運用していたことを、君たちは知ってるのかしら?」

飛龍改二「そうなの!?」

蒼龍改二「全然知らなかったんだけど!?」

天龍改二「聞いてた以上にやべー奴じゃねえか!」

綾波改二「でも、だからこそ深海棲艦の皆さんに好かれたのでは……」

提督「そこは関係ないと思うぞ?」

綾波改二「そ、そうなんですか……?」

コロラド「ね、ねえ、なんでみんなそんなに驚いてるの?」

提督「お前は知らないのか。轟沈した艦娘が深海棲艦になる、って話。海軍じゃ有名な訓話だぞ」

コロラド「そ、そうなの……!?」

軽巡新棲姫「ソノ訓話、私モ知ラナカッタケドネー」

欧州水姫「深海棲艦ガ艦娘ニナル、ッテイウ、逆パターンモアッタラシイガ、ドウナンダ?」

泊地棲姫「ドチラモ、アルト言ワレテルケド、私ガ実際ニ、ソノ場面ニ立チ会ッタコトハナイワヨ」

綾波改二「そうなんですか……」


霧島改二「しかし、あなたはなぜそんな危険なことを……?」

提督「俺はもともと、理不尽な扱いをされて島に逃げてきた艦娘を助けたかったんだ」

提督「轟沈して死にかけたそいつをうちの鎮守府に着任させるときに、その話が出てきて危うく話が駄目になりそうになった」

提督「そこで俺は、この島の立地を理由に、轟沈艦をこの島限定で着任できるようにできないかと持ちかけたんだ」

霧島改二「なるほど……然程重要ではない隔離された鎮守府であれば、有事の際に被害が余所に及ばないからと?」

提督「そういうことだ。だからこの島の人間は俺一人だった。まあ、個人的に人間と関わりたくなかったから、好都合だったが」

戦艦水鬼改「ダカラコソ、私ガコノ島ニイタコトモ、隠シテモラエテタノヨネ」

提督「ああ。俺だけだったからな」

天龍改二「大胆なヤローだな……万が一でも見つかったら、ただじゃ済まねえってのに」ヘヘッ

綾波改二(天龍さん、そういう無茶をする人が好きですよねえ)

ルミナ「そうして魔神君はその轟沈した艦娘たちとずっと付き合ってきたわけだけど、結果的に誰も深海棲艦になることはなかった」

ルミナ「逆に、魔神君と一緒に過ごしていた深海棲艦も、艦娘になることはなかった」

ルミナ「となると、海で轟沈して肉体が滅んだ時……魂だけになった時に、初めて生まれ変われるんじゃないか、と考えられるわけなのよ」

天龍改二「……確かに、新しい艦娘との邂逅は、海で見つけるか、建造するか、だな……」


ルミナ「海で見つけるケースは、建造よりも発生頻度が低い。自然発生するケースと言うのは、生まれ変わるケースとも考えられる」

ルミナ「もしそうだとしたら、誰かがその瞬間の場面に立ち会うことも、そこまで多くないとも言えるだろうね」

ルミナ「そして、沈む前の自分の艦の名前を色濃く覚えているのであれば、その艦娘として生まれ変わるケースもある……」

コロラド「……だたし、必ずしもその艦娘に生まれ変われるとは限らない、と言うわけね……」

霧島改二「海域の大物の深海棲艦を倒した際に、似た姿の艦娘と邂逅することはありますが、確かにその確率は決して高くありませんね」

提督「なんだ? そういう事例があんのか?」

霧島改二「はい、特に、特別海域でよくあることですね」

提督「特別海域……なんか、強大な深海棲艦が生まれ出た海域って奴か?」

霧島改二「はい。そういった海域に出没する深海棲艦は、その傾向が強いようです」

綾波改二「ここにいる姫級の皆さんも、その特別海域によく出てくるんですよ。性格は全く逆で、すごく攻撃的ですけど」

提督「お前たちはそういう連中を討伐しているってことか」

霧島改二「そうですね。ですので、こうやって戦わずに会話ができているだけでも、私たちとしては驚くべきことですね」


綾波改二「例えば、コロラドさんがサウスダコタさんと呼んでいるあなた」

南方戦艦新棲姫「ン? ワタシカ!」

綾波改二「はい。良くない例え話をしますが、仮にあなたを私たちが撃沈したとします」

南方戦艦新棲姫「オイ!?」

綾波改二「そうすると、艦娘のサウスダコタさんと邂逅できることがあるんです」

提督「なんだと?」

南方戦艦新棲姫「ジャア、ワタシガ沈メバ、艦娘ニナルノカ!?」

コロラド「それが必ずじゃないから困るのよ……」

提督「なんだよ……艦娘にならなかったら、殺され損じゃねえか」

綾波改二「そうなんです、コロラドさんもさっき言ってましたが、必ずしもその艦娘に生まれ変われるわけじゃないんです」

コロラド「私の知ってる U.S.Navy が、みんな深海棲艦になってたんだもの。敵でしかないと思ったらショックだったわ」

コロラド「こうやって普通に話せてるからいいのかもしれないけど、私としてはやっぱり、みんなに艦娘になって欲しいって思っちゃうのよね」ムー

南方戦艦新棲姫「艦娘ニ、カ……」ウーン


提督「なんだ、艦娘になりたいのか?

南方戦艦新棲姫「イヤ、イマノ姿ハ、ソレナリニ気ニ入ッテルカラナ。飽キタラ考エナクモナイナ!」

コロラド「ちょっと! いい加減なこと言わないで! やるんなら確実に生まれ変われる方法でお願いするわよ!?」

南方戦艦新棲姫「ソウダナ! ジャア、生マレ変ワリハ、ソノウチダナ! ソノウチ!」

防空巡棲姫「敵ニ心配サレテル」

軽巡新棲姫「新鮮ダネ!」

ルミナ「ふむ……轟沈させた艦娘や深海棲艦が、即座に逆の存在になったところは……」

ルミナ「少なくともこの鎮守府の艦娘、深海棲艦では見たことがないのよね」

ルミナ「見られる機会になるのかと思ったけど。まあ、事情が事情だし、仕方ないか」ブツブツ

蒼龍改二「ね、ねえ、轟沈した艦娘をこの島に埋葬したって言ってたけど……本当なんですか?」

提督「ああ。北東の砂浜に無数に打ち上げられてたんでな。可哀想だし水葬もできねえから、丘の上に埋めたんだ」

蒼龍改二「その、埋葬した艦娘が深海棲艦になったことはないんですか?」

提督「そういや、ねえな……?」

綾波改二「もしかして、海から引き揚げたからでしょうか?」

ルミナ「うーん、考えられるとしたら、そこしかないかしらね」


霧島改二「考察としては、ある程度納得できるものではありますね……失礼ですが提督、彼女は何者です?」

提督「あんまり詳しく言えないが、俺の協力者、身内だと思ってくれ」

飛龍改二「っていうか、提督のことをマジン君って呼んでたけど。あの『えふぇめら』? っていうのも何者だったのかな」ヒソヒソ

蒼龍改二「あの人も大きくなったり小さくなったりしてたし……どういう意味だろうね? 頭が追い付かないよ」ヒソヒソ

ルミナ「ちなみに、この仮説を後押しする考察として、強化の上限についても話しておこうか」

天龍改二「上限?」

ルミナ「そう。艦娘は、強化しても限界もすぐ見えてくる。それは、最初から器が決まってるからで……」

ルミナ「深海棲艦はその器自体があいまいだから、その辺の雑な魂も無尽蔵に取り込んで、いくらでも存在を大きくできると考えられるの」

ルミナ「ただし、結合力が弱いから極端に脆い部分ができるという欠点も発生する。だからこそ再結合もしやすいと言うのもあるんだけど」

ルミナ「艤装も史実の艦艇と比較して食い違いがあったりするのも、その無尽蔵に取り込むという点が原因だと思うんだけど」

ルミナ「だから、艦娘が第二改装? という、段階を踏んで強化するのに対し、深海棲艦は独自に強化していく、と言う点が違ってくるのよね」

霧島改二「聞けば聞くほど面白い推論ですね……」

ルミナ「まあ、まだ推論の域よ。これが正解かどうかは、これから調べてみたいんだけど、いいよねえ?」ニタリ

深海棲艦たち「「」」

提督「おいおい……」アタマオサエ


戦艦水鬼改「来ルナ、セクハラ魔人」テイトクノセナカニカクレ

深海海月姫「視姦魔人ヨネ」テイトクノセナカニカクレ

提督「おいルミナ、お前いつの間に不名誉な呼び名ができてんだよ……」アタマカカエ

ルミナ「いやいや魔神君、その程度の呼び名は些細な事さ。それより邪魔はしないでくれたまえよ?」ニジリニジリ

ルミナ「まさか深海棲艦が変異して姫級になるところを間近で見られるなんてねえ……」

ルミナ「いったいどういう感じに変化してるのか、まずは隅々まで見せてもらおうかなぁ?」キュピーン!

ニコ「……ルミナ?」

ルミナ「あ」

ニコ「魔神様のお許しなく、この島の深海棲艦や艦娘に手を出しちゃだめだよって、何回言えば理解してくれるのかな?」

ルミナ「いやあ、艦娘と深海棲艦の謎を解明できそうな、今の話をすれば許してくれるかなあって」

ニコ「後始末するのは、メディウムを束ねるぼくなんだよ? そういうわけだから……ブラックホール」

ベリアナ「もー、また私の出番なのぉ?」フヨッ

ルミナ「」ダッシュ!

ベリアナ「あ、逃げた」

ルミナ「もうブラックホールに閉じ込められるのはこりごりだよーー!!」

ニコ「……やれやれ」

ベリアナ「ニコちゃん、もういい? 早くあっちに行きましょ?」

ニコ「うん。邪魔したね」


飛龍改二「今の水着の子、浮いてなかった!?」

蒼龍改二「浮いてた浮いてた!」

綾波改二「……結局、彼女たちは何者なんでしょう」

提督「聞いてすぐ理解できるような存在じゃねえから、いっそ忘れたほうがいいぞ?」

飛龍改二「もおお、ここっていったいどういう島なのよー!?」ヒシッ

蒼龍改二「やだやだ怖い怖い帰りたいー!」ヒシッ

白露型イ級「トコロデ、連レテコラレタ私タチハ、ドウシタライイノ?」

提督「あー、そうだな……」

初春「なんじゃルミナめ、こちらに二人を置いてきぼりにしておったか」ニュッ

初春「提督よ、すまんがこの深海の二人、わらわが連れて行っても良いかの?」

提督「ああ、話は終わったところだから構わないが」

初春「ちょっと訊きたいことがあってのう。危険な目には遭わせぬから、安心せよ」

提督「まあ、お手柔らかにな?」

暁型ロ級「行ッテクルノデス!」ブンブン

提督「ああ、ついでに明石に適当な下着見繕ってもらえ。ノーパンでその辺うろつかれても困る」

飛龍改二「ちょっ!? 履いてなかったの!?」

天龍改二「だからもう少し慌てろっつったんだけどな……」アタマオサエ


提督「それにしても、初春が呼びに来るって……あ、もしかして」ウヘェ

軽巡新棲姫「ナニカ思イ当タルコト、アッタノ?」

戦艦水鬼改「ソノ顔ハ、ロクデモナイコトニ思イ当タッタ顔ネ?」

提督「ああ……あとで全員フォローしとく。まあ、俺の考え通りなら、本当にろくでもねえことなんだ」

コロラド「ねえ。それよりも、曽提督の艦娘はどうする気? できれば、引き渡してほしいんだけど……」

提督「その話なら断る」ギラリ

コロラド「……っ! あ、あなたたちを騙し討ちしようとしたのは謝るわ! でも……!」

提督「然るべき罰を受けさせる。そこにお前たちの意志が介入することは許容できねえ」

コロラド「然るべき罰……?」

提督「なあに、殺しはしねえよ。連中の、邪悪な心を、綺麗に洗い流してやろうって考えてるだけさ……!」ニヤァ

コロラド「……っ!!」ゾクッ

飛龍改二「悪い顔だわ」シロメ

蒼龍改二「悪人よ」シロメ


霧島改二「だ、大丈夫なんでしょうか……」

提督「大丈夫かどうかは、連中次第だな。素直になればよし、そうでなければ……つうか、あいつら絶対素直になんかならねえか」

綾波改二「痛い目を見ること確定じゃないですか」

天龍改二「洗脳でもする気かよ……」

提督「洗脳されてたのはむしろ今のあいつらじゃねえか? あんなトチ狂った戦闘狂の艦娘なんか、俺はこれまで見たことねえぞ」

提督「ま、安心しな、俺がばっちり呪縛から解き放ってやるからよぉ……!」ニタァァ

飛龍改二「悪い顔だわ」シロメデアワブクブク

蒼龍改二「悪人よ」シロメデアワブクブク

 ヒュンッ

朧「いま誰か泡を吹きました!?」シュタ!

防空巡棲姫「何シニ来タノ、アンタ……」

軽巡新棲姫「テイウカ、忍者ミタイジャナカッタ!?」キラキラッ!

提督「目を輝かせてる場合じゃねえよ。おいコロラド、とりあえずお前らが知ってる曽大佐の情報を全部話せ」

提督「でなきゃお前らも、ただで帰す気はねえぞ」ギロリ

コロラド「……わかったわ。あなたたちには助けられているんだもの、私たちもそれなりの態度を示さないとね……!」

 * * *

 * *

 *


 * その後 *

天龍改二「それにしてもここの大将、思ったより全然話がわかるんだな。もっと自己中な奴かと思ってたぜ」

綾波改二「この分だと、大和さんたちのこともそれほど心配しなくても良い気がしますね?」

天龍改二「そうだけどよぉ、あの大和も俺たちの思ってた以上に狂ってたぜ? 話してどうにかなるもんかあ?」

綾波改二「対話では難しいでしょうね。曽大佐が深海棲艦との戦いをやめようとしない限りは……」

防空巡棲姫「提督サン? コイツラ結構余裕アルミタイナンダケド」

提督「いいんじゃねえの? 俺たちとやりあう気はねえんだろ」

天龍改二「ああ、その辺はちゃーんと弁えてっからよ。捕虜の俺たちが自由にさせてもらってんだからな」

綾波改二「好きに寛いでいいなんて言われたときは驚きましたし、まさか酒保まで開放していただけるなんて思いませんでした」

提督「話が通じる奴を拘束しておく理由はねえからな。その辺ぶっ壊したりしなきゃ」

 ゴンッ

南方戦艦新棲姫「ウワ、ヤベエ! 艤装展開シタラ、壁ニ穴開イチマッタ!」

欧州水姫「何ヲシテイル! 修理シロ、修理!」

南方戦艦新棲姫「ワカッテルヨ! オ前モ手伝エ!」

欧州水姫「ナゼ余ガ!?」

天龍改二「……あいつら、どっちも、もとはタ級なんだっけか」

防空巡棲姫「自分ノ艤装ノ、サイズニマダ慣レテナイッポイネ……」

提督「わざとじゃなきゃいいけどよ……心配だな、こりゃ」

というわけで今回はここまで。

>348
お気になさらず。自分も過去には三重書き込みをやらかしましたので……。

>349
伏線回収はとりあえず掬えるところは必死に掬っております。
スレ自体は年内に終わらせたいと思っていますが……。

>350
弟は弟でそこそこ能力はありますが、いかんせん今回のやらかしが致命傷になりますかねえ。
父親も海軍の一部に目をつけられていますし、その辺もそのうち書いてみるつもりでいます。


囚われの曽大佐の艦娘がどうなったか……。
短いですが、続きです。


 * 夕方 *

 * 封印神殿内 *

 ピチョン…

捕獲牢の中の赤城改二「……ここ、は……どこです……!?」

赤城改二「く……体が、重い……力が入らない」ググッ

赤城改二「この、鳥籠は、いったい……」

提督「ん? 目を覚ましたのか」

赤城改二「! あなたは……っ!!」

 (提督が暗闇から現れ、それと同時に石畳の通路を照らす松明に火が灯り)

 (赤城の捕獲牢を含めて7個の捕獲牢が並んでいる光景が浮かび上がる)

提督「休んでていいぞ。どうせ起きていられねえだろ」

赤城改二「それは、どういう意味です……くっ」クラッ

提督「この捕獲牢はな、捕獲した者の魔力と生気を奪うんだ。そいつがぎりぎり生きられるだけの力を与えつつ、な」

赤城改二「……あなたの、好きには、させません……!」

提督「そうやって強がっても、いまは指を動かすことすらきついだろ? おとなしく寝てな」


赤城改二「……こうやって、歯向かうものを、閉じ込めているのですね……!」

提督「そうはそうだが、部外者を閉じ込めたのはお前らが初めてだぞ?」

提督「ここは、俺の鎮守府で馬鹿をやった奴を懲らしめる、いわゆる懲罰房みたいなもんだ」

赤城改二「懲罰房……?」

提督「おい、ケイティー。起きてるか」ユサッ

他の捕獲牢に入れられたケイティー「……あ、ああ……旦那様ぁ……!」ニタァァ

ケイティー「やっと……やっとお会いできた……」テヲノバシ

提督「お会いできたーじゃねえよ。一応毎日見には来てんだぞ? っつうかお前、毎回毎回やり過ぎだって言ってんだろが」

提督「お前はなんで俺が艦娘やほかのメディウムと話してるだけで襲い掛かってくるんだよ」

ケイティー「旦那様に近づく悪い虫は、退治しなければなりませんので……」

提督「だからそういうのやめろっつってんだろが。ったく、全っ然反省してねえな?」

ケイティー「わ、わたくしは、旦那様のことを思って……」

提督「もう少しこの中に入ってろ」デコピン

ケイティー「ヘブッ!?」バチーン ガクッ

提督「はぁ……本来は、こういう感じで、仲間に襲い掛かるような奴を懲らしめるための部屋なんだ。ほぼケイティー専用だけどな」


提督「で、この捕獲牢が生かさず殺さずには丁度いいんで、これに入ってもらって反省を促し、自戒してもらってると言うわけだ」

赤城改二「……」

提督「けど、お前らが素直に反省するとは思えねえな。お前らには、深海棲艦に対して過剰すぎる敵意が詰め込まれすぎてる」

赤城改二「……何を、しようと、言うのです……!」

提督「これからお前らの悪い部分を切除する」

赤城改二「せ、切除……!?」

提督「ああ、だから休んでていいぞ。どうせ起きててもしょうがねえ」ガシャ…

 (提督が赤城の隣の捕獲牢に手を伸ばし、自分のほうに引き寄せる)

赤城改二「……その鳥籠は……大和さん……!」

提督「さてと。気になってたのはこいつの『魂の色』だ。どんなもんか、見せてもらおうかね」

赤城改二「た、魂!? な、何をする気ですか、やめなさい……っ!!」

 (気を失って横たわる大和改二の頭を、提督が捕獲牢の外側から鷲掴みにして、提督が目を閉じる)

大和改二「……う……」ピクッ

提督「おお……こりゃあひでえな、真っ黒じゃねえか。うちの大和とは完全に別風景だな」

赤城改二「い、いったい何の話です!? とにかく、その手を放しなさい……!」


提督「うるせえな……少し静かにしてろ」

 ズブ…ッ

大和改二「ふぎッ!?」ビクンッ!

赤城改二「ひっ!? て、提督の指が、大和さんの頭の中に沈み込んでる……っ!?」

提督「この赤は爆炎の赤っぽいな……こっちの黒は黒煙か? マジで戦うことしか頭にねえな、こいつ」

大和改二「あッ……あが……ッ!? わっ、ワた、しィは……いったい、なに、ヲ……ッ!?」ビクビクビクッ

提督「何をどうしたら、大和の魂をここまでどす黒く染められるんだ? 曽大佐の野郎は一体何を吹き込んだんだよ……くそが」

提督「この辺りの魂、いらねえな。敵意か殺意か、攻撃的な色しか入ってねえ。こりゃ艦娘じゃなくても害悪でしかねえぞ」グリッ

大和改二「グェゲ……ッ!?」ビクンッ!

提督「ここも……ここも真っ黒だ」グリュグリュッ

提督「ん? こりゃ、あのレ級との記憶か? これも酷えな……こんなに憎悪を前面に出して戦う必要あるかよ」

大和改二「ア゛オ゛ッ!? グエ……ゲエァ、ゴアッ……!!」ガクガクガクッ

赤城改二「ひ、ひいいっ!!」

提督「見れば見るほど敵意の塊だな……曽大佐はここまで深海棲艦を憎んでるのか?」ズブブッ

提督「それにしちゃあ身内が殺されたって話とかもないようだが……曽大佐が艦娘にいい顔してる印象も全然ねえな」グリグリッ


提督「もしかしてあいつ、艦娘が嫌いなのか……? まあいい。綺麗な部分がちょっと残ってただけでも良しとするか……」ズリュズリュ

提督「魂、だいぶ減っちまうな。ニコには悪いが、俺の魔力の一部で補っておくか……」グチュグチュグチュ

大和改二「アガ……オ、オブォォ……ウ、ゴベェ……!!」ビクンビクンビクン

赤城改二「あ、あああ……や、やまと、さん……!」ガタガタ

提督「ふう……こんなもんか……」ズポッ

大和改二「ハヘッ」ガクガクッ

提督「ん? なんだこりゃ!? 大和の体がえらく細ってやがる。魂削ったら体も削れるとか聞いてねえぞ……?」

提督「……捕獲牢に大和の魂を吸わせたおかげで魔力が回復してるな。この魔力でついでに大和の体も魂に合わせるよう調整しておくか」

赤城改二「あ、あ、頭の中を、いじくるなんて……っ」ガタガタガタ

提督「よし、これでしばらく様子見だな。これで性格もちったあまともになってくれるといいんだが……さてと」フリムキ

赤城改二「ひっ!?」

提督「先に起きてるお前をやっちまうか。騒がれても面倒だ、おとなしくしてろよ……!」

赤城改二「い、いやっ、こないで……おねがい、たすけてぇ……! おねがいだか」

 ズブッ

赤城改二「ら゛……っ」

 * * *

 * *

 *


 * その夜 *

 * 提督の私室 *

提督「くっそ疲れた……今日一日でいろいろあり過ぎだぞ……」

提督「はあ……俺の部屋もベッドも広すぎだろ。なんで毎回誰かが泊まりに来る前提なんだよ、くそ……」

提督「……」

提督「……」

提督「まあ……それも悪くねえのかもな。あんな風に、俺の無茶をわかってくれたり、にこにこと笑ってくれたりしてんだもんな」

提督「……あいつらにも、何かしら返してやれるもんがねえとな……」

提督「何が、いいかねえ……」

提督「……」

提督「すー……」スヤァ…

 扉<チャッ…

ニコ「……魔神様?」コソッ

ニコ「あれ、寝ちゃったのかな……」

ニコ「……」


ニコ「……」

 ホッペツンツン

提督「ん……」スヤスヤ…

ニコ「……」

ニコ「魔神様……ぼくは、このままでいていいのかな」

ニコ「きみが、魔神様と、そうでないものに分かれた時……『きみ』は、そうでないものに分かたれてしまった」

ニコ「ぼくが、慕っていたのは、魔神様じゃなかった……そうなのかな」ウツムキ

ニコ「……」

提督「すー……」スヤァ…

ニコ「……」

ニコ「なんだい、ぼくが真面目に悩んでるのに。本当に……寝坊助なんだから」

ニコ「……」

 『我は、かの女の一部なり』

 『女。汝もまた、我の一部ぞ』

ニコ「……いいのかな。魔神様……ぼくは、きみを、好きでいて」


ニコ「ふたつに分かたれた魔神様は……性格と、神格に、分かたれた」

ニコ「それが、改めて、ひとつになったんだから……」

ニコ「きみは、ぼくの魔神様……それで、いいよね?」

ニコ「……だから……」

 チュッ

ニコ「ぼくは……お姉ちゃんは、ずっと一緒だからね……?」

提督「すー……」

ニコ「……」

ニコ「……」

ニコ「はっ!? ぼ、ぼくは、いったい何を……!」カオマッカ

ジェニー「いやいや、ちょっと待ってよ、なに? 今の控えめなキスは」

ニコ「!?!?!?」

ジェニー「前はもっとがっつりディープにやってたじゃない。ほら、やっちゃいなさいよもう一回。遠慮する間柄じゃないでしょ?」

ニコ「っ、っ!?」クチヲパクパク

ノイルース「おや。二人とも、あるじ様の寝室で何をしているのです?」スッ

ジェニー「あれ、ノイルース? あなたこそ、どうしてここに?」

ノイルース「……あるじ様はおやすみのようですね。おやすみの邪魔にならないよう、まずはお部屋から出ましょうか」


 * 提督の私室前 *

ノイルース「……なるほど。ニコさんがあるじ様のお部屋に忍び込んだと」

ニコ「ま、まだ起きてると思ったんだよ」

ノイルース「艦娘や深海棲艦に見つかってはいませんね?」

ニコ「ま、まあね……?」

ジェニー「私はたまたま見つけたけどね」

ノイルース「艦娘たちの間では、夜間、あるじ様のお部屋に出入りできる者が日ごとに決められております。ニコさんも御存知ですね?」

ジェニー「え? そうなの?」

ノイルース「ええ。以前その禁を破ったケイティーが、今も姿をなかなか見せないのは、そういうことだと聞き及んでいますが?」

ジェニー「えええ?」

ノイルース「ですので、ニコさんと言えども、今後は魔神様のお部屋への出入りは控えていただきませんと」

ニコ「……そういうつもりじゃなかったんだけど」

ジェニー「っていうか、ノイルースはいいの?」

ノイルース「今日は私があるじ様のお部屋にお邪魔する日です。皆さんとそのようにお約束しました」

ジェニー「ええええ!? いつの間に!」

ノイルース「ニコさんもあるじ様も、今朝は大変だったと聞いております。心配なのは理解できますが……」


ニコ「……もう大丈夫だよ。ぼくは、魔神様が、魔神様であればいいんだから……」

ノイルース「?」

ニコ「魔神様がエフェメラのせいで、魔神様と深海棲艦のふたつに分けられたとき……ぼくは、深海棲艦のほうに、冷たくしちゃったんだ」

ニコ「これまでいろいろ話をしてきた魔神様が実は深海棲艦で……魔神様は、その中でずっと眠ってた」

ニコ「それに気付けなかったことに謝りたかったのと……改めて『魔神』になった魔神様に、ぼくを、受け入れてもらいたかったんだ」

ジェニー「ニコちゃん……そっか。あの時は確かにそうだったよね……」

ノイルース「なるほど。あるじ様に、懺悔をしに来たと」

ジェニー「ん? 懺悔? 懺悔でキスしにくるかなあ?」

ノイルース「……は?」

ジェニー「さっきニコちゃんがリーダーにキスしてたんだよね。それがすっごい控え目でさ?」

ニコ「じぇ、ジェニー!?」

ノイルース「……」

ジェニー「以前やったときは、口の周りが涎だらけになって、記憶も怪しくなるくらいがっつりやってたのに、今更遠慮しなくても……」

ニコ「ジェニー!? ちょっと!!」オロオロ

ノイルース「……困りますね、ニコさん」

ニコ「いや、それは、その」


ノイルース「話したいことがあるのであれば、しっかりお話しして、あるじ様のお耳に入れておかなければならないのでは?」

ニコ「え……?」

ノイルース「本日のあるじ様はお疲れの様子……今宵はゆっくりお休みいただこうかと思いましたが、気が変わりました」ニコノウデツカミ

ジェニー「き、急にどうしたのノイルース?」

ノイルース「ジェニー、すみませんが、今日のところは私とニコさんとあるじ様だけでお話をさせてください」メラッ

ジェニー「へ? ……わ、わかったけど」

ニコ「ちょ、ちょっと、ノイルース……?」ヒキズラレ

ノイルース「そこまでやっているのであれば、もう一度改めてそのラインまで立っていただきませんと」グイグイ

ニコ「何を言ってるの!?」ズルズル

ノイルース「そのような中途半端な意思と態度で、ただでさえライバルの多いあるじ様と一緒にやっていけるとお思いですか?」

ノイルース「艦娘や深海棲艦の皆さんのほうが余程覚悟が決まっているではありませんか。ニコさんも我々メディウムを率いるのであれば……」クドクド

 扉<パタム

ジェニー「……ノイルースは、いったい何に怒ってるのよ……」

ミリーエル「あれっ? ジェニー、こんなところでどうしました?」

ジェニー「あっ、ミリーエル! 実はねえ、ノイルースが……」

 *

ミリーエル「……ああ、問いただしにかかりましたか。お説教が始まったというか、長女としての使命感に駆られたんだと思いますよ」

ジェニー「使命感……?」

ミリーエル「ノイルース姉さんは面倒見がいいのですが、たまに行き過ぎるところもありまして……」

ジェニー「お節介心に火がついちゃったかあ。結構、世話焼きなんだねー」

ミリーエル「迂闊に口を出すとこちらにも飛び火しますので、早めに退散したほうが良いと思いますよ」


 * 翌朝 *

 * 執務室 *

提督「よう、おはようさん」

大淀「おはようございます、提督」

不知火「昨日は大変でしたね……おや? この香りは」

提督「ああ、昨晩はニコとノイルースが部屋に来ててな。リラクゼーションだかなんだかで、香木を焚くのがノイルースの趣味らしい」

不知火「なるほど……良い趣味ですね」

大淀「え、ニコさんと、ノイ……」

提督「ノイルースな。ファイアーボールのメディウムの」

大淀「も、もうそんな人たちまで提督のお部屋に……!?」

不知火「大淀さん、予定表を見てなかったんですか。しっかり書いてありましたよ」ヒソッ

提督「けど、なんかニコが説教されてたんだよなあ。ちゃんと俺に認めてもらえとか……」

提督「俺としては、ニコが深海棲艦だった俺を無視しても当然のことだと思ってたから、そこまで叱ってやるなって言ったんだけどな」

不知火「提督が深海棲艦に、ですか」

 ズズズズ…

提督棲姫「おう。お前たちは見てなかったと思うが、こんな感じの見た目になってたんだよ」

大淀「!?」


不知火「これは……声まで女性のものになってますか」

提督棲姫「魔神の要素から深海棲艦の要素を引っぺがされちまってな。それでこの姿にになっちまったんだ」

提督棲姫「軽巡棲姫には、提督棲姫なんて呼ばれるしよ……ま、その通りだから否定できねえけど」

 ズズズズ…

提督「ふう。やっぱ、こうやって変身して説明すると手っ取り早いな」

大淀「は、はい。でも、いきなりですからびっくりしましたよ……」

提督「いくらか魔神の新しい能力にも慣れておこうかと思ってな……ん?」モゾッ

提督「ちょっと悪い……」ウワギヌギヌギ

不知火「どうかなさったんですか?」

提督「いや、なんか今、変身したときに服の中が寄れたっつうか……不知火、ちょっと上着預かってくれ」ヌギヌギ

不知火「はい?」ウケトリ

大淀「……」

提督「ウエストのサイズも変わっちまったせいで、下着がずれて気持ち悪いんだ……ちょっと下着を直してくる」モノカゲカクレ

大淀「……」ガンミ

不知火(大淀さんの視線が司令に集中していますね……)

不知火「そういえば、司令? 先ほどの深海棲艦の姿で、海の上を走れるのでしょうか?」

提督「ん? そういや試してねえな。今度誰か随伴してもらって試してみるか……ちょっと怖えけど」


 * 一方 提督の私室 *

ノイルース「ニコさん……昨晩は眠れましたか」

ニコ「……」フルフル

ノイルース「私も、緊張して眠れませんでした……」セキメン

ニコ「……まさか、魔神様と一緒に寝ることになるなんて、予想してなかったよ」セキメン

ノイルース「私もです……艦の娘たちはみな、あのあるじ様の温もりと心地よさを求めているわけですね」

ノイルース「残念ながら、私はまだそこで安眠できるまでの境地には、至れませんでしたが……」ポ

ニコ「……少しずつ、慣れて行かないといけないね。ぼくがこんなんじゃ、みんなに笑われちゃうよ」

ノイルース「ええ、是非そうなさってください。私もそのように努めます……」

ニコ「……え? わたしも?」ハッ

ノイルース「……!! は、いえ! そ、それは……」カオマッカ

ニコ「……」

ノイルース「……」


ニコ「ぼ、ぼくは、魔神様のお姉ちゃんだからね!?」

ノイルース「そ、そこでそう仰られましても!? と言いますか、なぜそれを今!?」

 扉<コンコン チャッ

扶桑「あらあら、それじゃ、私はニコさんをお義姉様とお呼びしないといけないかしら」ウフフ

ニコ「!?」

ノイルース「!?」

扶桑「すんすん……あら? この香り……エレノアさんが使ってる香木かしら」

ノイルース「ど、どうしてそれを……?」

扶桑「それなりにメディウムの皆さんとは、仲良くさせてもらっていますからね。うふふっ」ニコニコ

扶桑「ところで……昨晩は、ニコさんがお泊りの順番ではなかったような?」

ニコ「そ、それはその……」

扶桑「ふふ、大丈夫よ。誰にも言わないから、心配いらないわ」


ニコ「……本当に? 君だって、魔神様のことはすごく気に入ってるんでしょう?」

扶桑「そこも心配しなくて大丈夫。私は、メディウムのみんなにも感謝しているから」

ノイルース「感謝……ですか」

扶桑「ええ。私の……かつて居た鎮守府の、あの男の呪縛を解いてくれたのは、メディウムのみんなだったでしょう?」

扶桑「私は、深海棲艦に命を助けられて……提督たちにも、山城と一緒にいろいろ助けてもらえたわ……」

扶桑「時雨は、あの時死んでしまったけれど……それでもまた、会って話ができるようになった……!」

扶桑「私はみんなに感謝しているの。そして、その中心に立って、私たちを守ってくれている提督にも……そう、とても感謝しているわ」ニコ…

ニコ「……」

ノイルース「と、ところで扶桑? どうしてあなたはここに?」

扶桑「私はいつもこの時間に、提督のお部屋の洗濯物を回収しているの」

扶桑「お部屋に泊まる子の中には、お寝坊さんもいるから、その時は提督に代わってベッドメークもしているわ」

ノイルース「そういうことでしたか……」

扶桑「提督は早起きでしょう? たまに、その残り香を堪能しに来る子もいるから、早く退散したほうがいいかもしれないわよ」フフッ

ニコ「!」スンスン


扶桑「もっとも、その提督の残り香で、このお部屋にいたことがばれてしまうかもしれないけど……シャワーでも浴びてきたほうが」

ニコ「……ノイルース」

ノイルース「は、はい?」

ニコ「ぼくは、今日は一日、神殿のお部屋にいるから」

ノイルース「はい?」

ニコ「今日はこっちに顔を出さないから。よろしくね!」ダッ!

 神殿への扉<パッ! ガチャ! パタム! フッ…

ノイルース「……あっという間に神殿のお部屋に逃げられてしまいましたね」アタマオサエ

ノイルース「扶桑の言う通り、せめてシャワーを浴びたほうが良かったと思いますが……」

扶桑「せっかくの提督の残り香を、洗い流したくなかったんでしょうね」

ノイルース「ああ、なるほど……」ポ

ノイルース「ところで扶桑? さきほど、ニコさんをお姉様? と呼んでいましたが……」

扶桑「ええ、彼女が提督のお姉さんだというのなら、私の義理のお姉さんになるかもしれないでしょう?」ニコ

ノイルース「……なっ!?」

扶桑「私は第何夫人になれるのかしらね? 愛人枠でも構わないけれど……うふふ」

今回はここまで。

>378
長く続けていますが、このスレで完結させたいと思います。
……いつの間にか400近くになってしまいましたが……。


今回は曽大佐のお仕置き編になります。思ったより長くなったので数回に分けて投下。
ちなみにメディウムも深海棲艦も提督も出てきません。

というわけで続きです。


 * 襲撃から数日後 *

 * 曽大佐鎮守府 執務室へ続く廊下 *

N特尉「我々は帯同せずに、大和たちだけを執務室に向かわせて良かったのか?」

妙高「コロラドさんもいますから、大丈夫でしょう。それに、最初は行くべきではないとのお話ですし」

N特尉「……そうか……」チラッ

朧「……」ジロリ

初雪「……」ジトッ

初春「なんじゃ? わらわたちの顔に、なんぞついておるか?」

N特尉「……鹵獲した曽大佐の艦娘を返すついでに、曽大佐の鎮守府を見てこいというお達しだったが……」

N特尉「まさか、お前たちと一緒に行けと言う話になるとは……」アタマオサエ

初春「ふっ、貴様の自業自得じゃろうて」

N特尉「まったくだ。もう少し仕事のしやすい環境を望んでいたんだが……いや、言うまい。身から出た錆だ」

磯波「司令官……」

N特尉「あまり心配そうな顔をしなくていいぞ、磯波。仕事はいつも通りだ、そこは何も変わらない」

N特尉「それより、我々が曽大佐の執務室に入るのはまだ早い、ということでいいんだな?」

初春「うむ。まあ、しばし眺めておるが良い」


 * 曽大佐鎮守府 執務室 *

矢矧改二「曽提督、N特務大尉殿がもうすぐこちらにいらっしゃるそうです」ペコリ

鳳翔改二「深海棲艦に鹵獲された大和さんたちを連れてくる、というお話でしたね……?」

曽大佐「ふざけた話だ……海軍はどこまであいつらに浸食されているんだ! 特別任務を担う尉官すらも深海棲艦と通じているというのか!」

加賀改二「大和さんや赤城さんが囚われたと聞いたときは、驚きましたが……これはどうやら、いろいろな意味で油断できないようですね」

曽大佐「殲滅できると言うからこそ送り込んだんだ。この失態、どうしてくれようか……!」

長門改二「曽提督、私を出せ。陸奥ではなく、私を出すべきだったのだ」

金剛改二「ヘイ、長門? 私も一緒に行きマス……榛名の汚名は、私が雪がせて貰うデス」

夕立改二「かたき討ちっぽい! 全部ぶっ潰すっぽい!!」

 コンコンコン

曽大佐「入れ!!」

コロラド「失礼します」チャッ

曽大佐「貴様は……川提督のところの海外艦か!! 我が艦隊を支援するどころか、足を引っ張るような真似をしおって!」

曽大佐「よくも恥ずかしげもなく、私の前に姿を見せたものだな! 失態たぞ! 情けないとは思わんのか!」

コロラド「……」


曽大佐「大和たちも来ているんだろう! さっさと入らせて何があったのかを報告させろ!!」

コロラド「……いいわよ、大和。入って」

大和?「はーい!」

矢矧改二「えっ?」

海防艦より幼い外見の大和(以下「幼大和」)「やまと、はいります!」トテトテトテッ

曽大佐「な、なあっ!?」

鳳翔改二「……大和、さん?」

幼赤城「あかぎ、はいります!」

幼陸奥「おじゃまするわね。あっ、ながとー!」テヲフリ

幼榛名「はるな、さんじょうしました!」

加賀改二( ゚д゚)

長門改二( ゚д゚)

金剛改二( ゚д゚)

幼由良「ゆらです!」

幼朝潮「あさしおです!」


夕立改二「こ、金剛さん、どういうことっぽい!? なんでみんな小っちゃくなったっぽい!?」オロオロ

金剛改二「わけがわからないデス……!?」オメメグルグル

矢矧改二「こ、こんな、子供みたいな……いくらなんでも、別人じゃないの!?」

幼大和「ていとく、とってもおおきいですね! やまとです、よろしくおねがいします!」ペコリ

幼艦娘たち「「よろしくおねがいします!」」

金剛改二「」チーン

長門改二「こ、金剛!? しっかりしろ!?」

曽大佐「……なんだこれは。どういうことか説明しろ」

コロラド「その前に、あの島の提督から親書を預かってきています」

曽大佐「なに……?」

コロラド「大和」

幼大和「あっ、そうでした! あかぎさん!」

幼赤城「これですね。よいしょ……っと」

 (赤城が背負っていた黒光りする立派な木箱をおろして、大和に手渡す)

幼大和「ていとく、これをどうぞ!」ニコニコッ

曽大佐「……」


コロラド「……」

曽大佐「ふ……」ワナワナ

幼大和「?」

曽大佐「ふざけるな!!」バシーッ!!

幼大和「ひっ!」ビクッ!

 木箱<ガッ、ゴロゴロガラン!

鳳翔改二「て、提督!? 落ち着いてくだ……」

曽大佐「何が親書だ! 貴様らは負けて戻ってきたのだぞ! 恥を知れ! へらへらするな!!」

幼大和「ひい……っ! て、ていとく、こわいです……っ!」タジッ

曽大佐「怖いだと!? 貴様ら艦娘が、怖いだと!? 寝ぼけたことを言うな!!」

曽大佐「深海棲艦を殺すために生まれたお前たちが、この程度のことで怯えていて戦えると思うか!!」グワッ!

幼大和「ひうう……っ!」ビクビクッ

幼赤城「やまとさん……!」ヒシッ

幼由良「こ、こわいよぅ……!」ヒシッ


曽大佐「ええい、泣けば許されるとでも思っているのか! クソガキどもめ!!」

幼榛名「こんごうおねえさまぁ、たすけてください……!」チラッ

金剛改二「は、榛名……!」グラッ

金剛改二(こんなに可愛い榛名の姿はこれまで見たことがないデス……しかし、ここで手を貸しては、逆に曽提督が……)

金剛改二「……ウグウゥ……!」グラグラグラ

夕立改二「こ、金剛さん!? しっかりするっぽい!」

曽大佐「おのれ……奴らは我々の大和を返すと言っていたのだぞ! それを、こんな見知らぬガキどもを送ってくるとは!」

曽大佐「最初から深海棲艦を信用しろと言うのが間違いだったのだ!! どれだけ我々を馬鹿にするつもりだ!!」

加賀改二「……そ、そう、よね。あの赤城さんが、こんな……こんな……ううっ……!」

長門改二「加賀! しっかりしろ!」

曽大佐「おい貴様!! 本当の大和はどこへやった! 本当のことを言え!!」

コロラド「……」

曽大佐「何をためらう! 早く言え!」


コロラド「ここにいるのが、あなたの艦隊の大和よ。あの島の提督がそう言っていたの」

曽大佐「っ……伝書鳩か貴様は!! この、役立たずが!!」ブンッ!

 ガッ!(曽大佐の平手打ちを、コロラドが事も無げに左腕でガードする)

曽大佐「ぐ……っ! 貴様、上官に歯向かうか!!」

コロラド「……」

曽大佐「……なんだその目は!」

コロラド「……」ジロリ

曽大佐「……くっ!!」タジロギ

コロラド(……これは、あの提督の言う通りかしら)

コロラド「彼からは、すべてその親書にしたためた、としか聞いていないわ」

コロラド「何があったのかを知りたいのなら、その箱を開ければいいじゃない。その役目は、私ではないはずよ」

曽大佐「……っ!!」ビキビキッ!

長門改二「お、おい、貴様コロラドだな!? 我々の提督に対するその非礼、看過できるものではないぞ!!」

コロラド「……あなたは、長門ね?」


コロラド「あなたが仮に、曽大佐がこれまでやってきたことを知っているとしたら、先にそれをどうにかすべきだと思わなくて?」

長門改二「どういう意味だ……話をすり替えるな! 私は、無礼が過ぎると言っているんだ……!」ギリッ…!

幼陸奥「ひ……!」ビクッ

長門改二「く……!」

夕立改二「長門さん……?」

コロラド(長門も、小さくなった陸奥が怯えているのを見るのは嫌なようね……)

コロラド「とにかく。何を言われても、私はこの大和たちを『元の鎮守府に返すように』としか言われてないの」

コロラド「しかも彼は……あの提督は、これはあくまでお願いであって、嫌ならやらなくていいとまで言っていたわ」

コロラド「この場で曽大佐から、この件で叱責されるであろうことも予測してね」

曽大佐「うぬ……っ!!」

コロラド「そもそも、私たちのこの戦いは奇襲作戦よ。逆に沈められても文句は言えないものだったわ」

コロラド「だというのに、不意に現れた深海棲艦から、あの島の艦隊に助けてもらって」

コロラド「その一方でこの本隊は、私たちを救援に来た深海棲艦を背中から撃って……それで負けたのよ。本当に情けないわ」

曽大佐「貴様、言わせておけば……っ!!」

長門改二「コロラド……っ!!」


コロラド「今後、私やあなたに従った川提督がどんな処分を受けるかわからないし、それも甘んじて受けるべきだとは思うけれど」

コロラド「レ級の撃退に協力する姿勢を見せたあの島の提督が、あなたに何を伝えようとしたのかくらいは、知っておくべきではなくて?」

曽大佐「……」チラッ

 (床に転がったままの黒光りする立派な木箱)

曽大佐「この俺に……親書だと」

矢矧改二「て、提督! 私が拾います」タッ

曽大佐「その必要はない!!」

矢矧改二「え?」

曽大佐「こんなものは……こうだ!!」ガッ!

コロラド「ちょっと、踏みつけるなんてどういうつもり……!?」

曽大佐「ふんっ!!」

 木箱<グシャ バキバキッ!

幼由良「!」ビクッ

幼赤城「そ、そんな……!」


幼朝潮「せ、せっかくもってきたのに……!」

幼大和「うう……ぐすっぐすっ」メソメソ

幼陸奥「やまと、なかないで……!」ウルッ

幼榛名「うえええん……!」グスグス

金剛改二「……ふぐううう……!」ズキズキズキ

夕立改二「こ、金剛さん!? 胸を押さえて……どこか痛むっぽい?!」

鳳翔改二「曽提督、さすがにそれは、やり過ぎなのではないでしょうか」オロオロ

曽大佐「深海棲艦と手を組むような愚か者の言葉に耳を傾ける必要はない!! このゴミを持ち帰って伝えろ! 我々は、貴様らに」

 割れた木箱から噴き出す白煙<ブシューーーーー!!!

曽大佐「屈しは……なぁっ!? な、なんだこの煙は!!」

 白煙→カースドガス<ブシューーーーー!!!

曽大佐「うおお、なんだ!? 何も見えんぞっ!」モワモワモワッ

コロラド「え、ええ!? なに!? 何が起きたの!?」


矢矧改二「曽提督!」

夕立改二「真っ白で何も見えないっぽい!!」

鳳翔改二「ま、窓と扉を開けてください! 早く!」

長門改二「一体何だというんだ!! くそ、扉はどこだ!?」

コロラド「ちょっと、走ってぶつかったらこの子たちが怪我をするじゃない! 静かに歩きなさいよ!」

長門改二「す、すまん!!」

 モワモワモワ…

長門改二「む、煙が晴れてきたか……?」

鳳翔改二「み、皆さん大丈夫ですか!? 具合が悪くなったりしていませんか!?」

夕立改二「前が見えなくなっただけで、苦しい感じも全然しなかったっぽい!」

金剛改二「煙と言うより湯気のような、ただ白いだけの煙でしたネ……?」

コロラド「もし催涙ガスなら刺激臭とかがあるはずだけど……いったい、なんの煙だったの?」

矢矧改二「提督、大丈夫ですか……?」

曽大佐(老人化)「……フガッ?」

矢矧改二「ってええ!?」

鳳翔改二「!?」


コロラド「ちょっ……!?」

加賀改二「えっ、誰ですかあれは」

長門改二「まさか……曽提督か?」

金剛改二「」シロメ

夕立改二「金剛さん!? しっかりするっぽい!!」ユサユサ

曽大佐「なんだ……俺の身に何が起こっ……ぐう!? い、いたたたた!?」ビキッ!

曽大佐「か、体が痛いし、足取りが重いぞ!! それに目がかすむし……体に力がまるで入らん……!」ヨロヨロッ

矢矧改二「……」ボーゼン

曽大佐「矢矧! 間抜け面でぼーっと突っ立っているな!! 何が起こったのか説明し……ぅげほっ! げほ、げほっ!!」

 扉<ガチャtッ

初春「ふむ、やっと箱を開けたか。随分と悶着あったものじゃの……ん? なんじゃ、開けずに壊したのかえ?」

コロラド「初春!?」

曽大佐「ぐぬう、誰だ!! ドアを開けっぱなしにしたやつは!! ……あいつは誰だ!?」

初春「なんとまあ、予想以上の姿になったのう……それより、やはりわらわのことは覚えておらぬか」

幼朝潮「あっ、はつはるさん!」


幼陸奥「ごめんなさい、あのはこ、こわされちゃったの……」

幼大和「せっかく、ていとくさんから、おくりものだって、いわれたのに……」ジワッ

初春「ああ、気に病むことはないぞ。もともと、壊されても構わぬものじゃったからの。開けずに捨てられようものなら考えたものじゃが」

幼榛名「ところで、あのおじいちゃんはだれですか?」

幼由良「はこからけむりがでてきたら、あのおじいちゃんがいたんです」

初春「ああ、あれが曽大佐じゃ。多分」

幼赤城「そうなのですか? さっきまでいた、つよそうなおとこのひとと、ぜんぜんちがいますけど……」

曽大佐「ぐぅ……目が見えん! あれは誰だ!」ヨボヨボ

矢矧改二「初春です。この鎮守府にはいないはずですが……」

曽大佐「ああ!? 誰だってぇ!?」

矢矧改二「初春です!!」

鳳翔改二「もしかして……耳まで遠くなってますか」

金剛改二「」ヨロフラァ…

夕立改二「金剛さん!! 本当にしっかりするっぽい!!」ガシッ!


コロラド「ちょっと初春!! あの箱のギミックはいったいどういうことよ!」

初春「ん? コロラドは玉手箱を知らぬのか?」

コロラド「タマテバコ?」

初春「うむ。日本では有名な御伽噺でのう」

初春「砂浜で、子供にいじめられていた亀を助けた浦島太郎という若者が、そのお礼に海底の城でおもてなしを受けるという噺でな」

初春「その浦島太郎が帰り際に渡される箱が玉手箱でのう。開けると煙が出て、あの通り齢を取りおじいさんになる、という代物じゃ」

コロラド「なんでよ!?」

初春「浦島太郎が元の砂浜に帰ったあとは景色が全然違っていて、生家もなくなっていたんじゃと」

初春「それはおそらく、浦島太郎がおもてなしを受けている間、陸の上では数十年の年月が経っていたんじゃと言われておる」

初春「ゆえに、箱を開けたことで、浦島太郎が本来陸の上で過ごしていた時の年齢になった、と、考えられておるんじゃ」

コロラド「ええ……? わけがわからないわ。今の話のどの辺が教訓になるっていうの?」

初春「欧米では童話にも何かしら教訓を持たせるようじゃが、日本の昔話は理不尽な結末も多いからのう。無理に理解せんでも良い」

コロラド「……結局、あのタマテバコは、なんだったの? なんであんなことを?」

初春「……」


夕立改二「タマテバコ……金剛さん、知ってるっぽい?」

金剛改二「」

夕立改二「へ、返事してっぽい!!」オタオタ

長門改二「か、加賀は、今の昔話? は、知っているか?」

加賀改二「え、ええ……少しだけ。ただ、玉手箱を持って帰ってきたという部分は私も知らなかったわ」

初春「……基本的な教養すら、この鎮守府では教えられておらんと言うか。ふむ……」ボソッ

矢矧改二「て、提督、大丈夫ですか……?」

曽大佐「おのれ、足に力が入らん……さっきの煙の仕業か!? 矢矧、手を貸せ!」

初春「さて。久しいのう、曽提督。最早、見る影もないがの」

曽大佐「……誰だお前は? 久しいなどと言われても、俺の艦隊に貴様がいた記憶はないぞ!」

初春「ふむ、当然ではあるか。わらわも、この鎮守府には3日と居らんかったからの」

鳳翔改二「3日? ……どなたか、知っておいでで?」

長門改二「いや、知らないな?」


初春「なぬ? 長門には追い掛け回された記憶があるんじゃが?」

長門改二「なんだと? 私は記憶にないぞ」

初春「むう……その様子じゃと、本当に覚えてもおらんようじゃな」

矢矧改二「あなた、いったい何のつもりで……」

初春「……夕立が5隻」

夕立改二「ぽい!?」

初春「村雨が4隻、暁と響と電が3隻ずつ、雷が2隻で、白露と時雨が1隻ずつ、じゃったかの」

初春「それから、朝潮型が6隻、吹雪型が5隻、綾波型と初春型が4隻ずつ、それから……」

初雪「睦月型と陽炎型が1隻ずつ」ヌッ

朧「そして球磨型と長良型も2隻ずつ、だったよね」スッ

加賀改二「……!」ハッ

初春「……なんじゃ、おぬしたちも来たのか」

N特尉「万が一にも、初春に間違ったことを起こされるわけにはいかないからな……っと、もう入って大丈夫なのか?」

妙高「煙はなくなっているから大丈夫みたいですよ」

磯波「心配なら、スマホでやりとりしますか?」

N特尉「スマホのビデオ通話でか? そこまで大袈裟にしていたら、さすがに間抜けに見えるな。やめておこう」


加賀改二「もしや……」アオザメ

夕立改二「加賀さんもどうしたの!? 顔色悪いっぽい!」

鳳翔改二「失礼ですが、あなたがたは……?」

N特尉「申し遅れました、私はN特務大尉! 妙高と磯波は私の部下。初春たちは協力者として他の鎮守府より同行してもらっています」

N特尉「我々は、曽大佐の艦娘の監督の方法に問題があると伺い、実態を確認するため参じた次第です」

曽大佐「N特務大尉? 貴様か……深海棲艦の手下に成り下がった、特別警察扱いの下っ端というのは!!」

N特尉「……」ヒクッ

妙高「……」カチン

磯波「……」ムカッ

朧(この三人、結構似たもの同士っぽいなあ)

N特尉「ずいぶんな挨拶ですな。まあいい、早速だがひとつずつ伺いましょう。私が深海棲艦の手下というのは、何を根拠に?」

曽大佐「あの島の提督から、俺の艦娘を引き取る取引をしたらしいな! その時点で深海棲艦に媚びを売った非国民ではないか!!」

曽大佐「おまけに連れてきたのは、似ても似つかぬ偽物だ! これで仕事をしに来たとほざくか!? 深海棲艦の犬め!!」

初雪「……なにそれ」

朧「その言い草は、さすがにアタシも頭にくるんだけど」


N特尉「ふふ……いや、結構結構。謂れのない誹りを受けるのも、この仕事を請け負ってからは慣れたものだ」

N特尉「まず、この小さな艦娘たちが貴君の艦隊の所属であったことは間違いないぞ。その箱に……なんだ? 壊したのか!?」

曽大佐「持って帰れ! そんなもの、見たくもない!」

N特尉「そうはいかない。この箱の中には貴君に見てもらわなければ困るものが入っている」スッ

 チャリチャリッ

N特尉「見ろ。これは貴君が大和たちに渡した指輪だ」チャラッ

曽大佐「!!」

鳳翔改二「そ、それは本物ですか!?」

N特尉「カッコカリの指輪はすべて海軍からの支給品だ。誰から誰に向けたものか、裏に刻印が入っている。ご確認いただきたい」スッ

鳳翔改二「……では、私が改めさせていただきます」スチャッ

朧(ここの鳳翔さん、細かいものを見るとき眼鏡かけるのか……)

鳳翔改二「……間違い、ないようですね。同じ刻印が、私の指輪にも同様にありました」

長門改二「あいつらが陸奥たちを殺して奪ったんじゃないのか!?」

N特尉「それはないと思うがな。少なくとも彼は、私たちよりもはるかに艦娘のことを思い遣ることのできる人物だ」

長門改二「何を根拠に!!」


N特尉「根拠はこの初雪と朧だ。この二人は、深海棲艦の棲むあの島の艦娘で……」

長門改二「あ、あいつの部下だと!?」

N特尉「そして、私の元部下でもある」

鳳翔改二「そういうことでしたか……!」ジロッ

長門改二「貴様らはやはりグルだったということだな!」ギリッ…!

N特尉「残念ながら、そういう間柄ではない。私はかつて、大湊の鎮守府で艦隊を率いていたが……」

N特尉「ある海域の攻略のために捨て艦という戦法を執った。そのとき、この朧を轟沈させている」

加賀改二「!」

N特尉「朧はその後、××国××島に流れ着き、そのままその島の鎮守府に着任して活動することになった」

N特尉「のちに墓場島と呼ばれたその島の鎮守府を管理していたのが、いま、深海棲艦と共に暮らしている提督だ」

長門改二「ご、轟沈経験艦だと……!?」

鳳翔改二「解体せず、そのまま運用していたというのですか……!?」

朧(……ふーん。こっちの長門さんや鳳翔さんは、そういう目で朧を見るんだ……)ムスッ

N特尉「なので、私と彼がグルだと言うのは言いがかりだな。私は彼らに憎まれ疎まれることはあっても、望んでつるむようなことはない」

朧「……」


加賀改二「初雪も、そうなのですか……?」

N特尉「いや。初雪は、私が艦娘管理ツールを使って酷使したために、過労で遠征途中に意識を失い艦隊から落伍したのだ」

N特尉「その初雪を保護し、人道に反した私を糾弾したのも、同じくあの島の提督だ」

加賀改二「管理ツール……もしや、艦娘洗脳ツールのことですか?」

N特尉「そうとも言われているな。それを使ったことにより、私は鎮守府の運営の権利を奪われ、本営の命により今の任務に就いている」

初雪「……」

加賀改二「……あなたが、洗脳ツールを使った目的は何です?」

N特尉「効率化のためだ。当時、私は深海棲艦を撃滅すべく、分単位で艦娘の行動を指示できるようにと、そのツールを導入した」

N特尉「少しでも、この国から……私の故郷から深海棲艦を駆逐するため、手段を選ばぬ非道な方法を、一度ならず二度、選択した」

加賀改二「……」

金剛改二「……」

長門改二「その程度のことで貴様が罪を問われるのは、おかしくないか?」

N特尉「!」

初雪「……どういうこと……?」


矢矧改二「人類のために、艦娘を使ったのでしょう? 正しいことに使ったのであれば、何ら問題はないのでは……」

鳳翔改二「かつてこの鎮守府でも、捨て艦自体は行われていたと聞いていますし……」

鳳翔改二「覚悟を決めたのでしたら、そこまで咎められることではないのでは」

磯波「妙高さん……ここの人たち、思想というか、考え方が……」ヒソヒソ

妙高「ええ、いけませんね……」ヒソッ

鳳翔改二「さすがに、その捨て艦で沈んだ艦娘が戻ってきた、という話までは、知りませんでしたが……」

加賀改二「……つまり、あなたが連れてきたその初春は、私たちの鎮守府で捨て艦にした艦娘のうちの一人……」

N特尉「!」

長門改二「なんだと!?」

加賀改二「そして、さっき初春が言っていた、白露型や暁型の数。あれは、曽大佐が沈めた捨て艦の数……」

鳳翔改二「!!」

加賀改二「そう、言いたいのね……!?」キッ

N特尉「……どうなんだ、初春」

コロラド「ちょっと、今の話、本当なの!?」

初春「……」

長門改二「曽提督……そうなのか!?」

鳳翔改二「提督……!?」


曽大佐「そんな昔のことなど、覚えているか!」フガッ!

曽大佐「捨て艦など、珍しい戦術でも何でもない! その程度のことでうろたえるな!」

曽大佐「使える手段は何でも使うべきだ! そんな弱腰な態度で、深海棲艦を相手に勝利など掴めるか!!」

曽大佐「お前たち艦娘は兵器だ! 深海棲艦という侵略者を打ち滅ぼすための兵器だ! それ以外のなんだというのだ!!」

加賀改二「……っ」

N特尉「これは、取り付く島もなさそうだな」

コロラド「……」

曽大佐「鳳翔! この指輪は本物だと言うのか!」

鳳翔改二「は、はい……!」

曽大佐「だとしたら、この役立たずの餓鬼どもが、我々が見送った大和の成れの果てだと……そう、言うんだな!?」

鳳翔改二「そ、そうだと、思われます……!」

曽大佐「そうか。ならば、こいつらは解体しろ! 我が艦隊には不要だ!」

鳳翔改二「な!?」

幼大和「!!」


曽大佐「聞こえなかったか! 俺はこいつらを解体しろと言ったんだ!!」

N特尉「……本気ですか」

曽大佐「当然だろう! こいつらは負けたんだぞ! 戻ってくることが出来なければ、今頃海の底に沈んでいたはずの艦娘だ!」

曽大佐「戦力を失うという意味では、海の藻屑になるのも、解体するのも同じこと! 役立たずどもを艦隊に置いておく理由などない!」

曽大佐「いや、解体すればいくらかの資材になるのだ! ただ轟沈させるより何倍も我が艦隊のためになるだろう!!」

N特尉「……」

曽大佐「我々は、いつの間にか甘えていたようだ。艦隊が負けても、迅速に下がれば誰も沈むことはないと」

曽大佐「それが大きな間違いだったのだ! 深海棲艦に敗北すれば、すべてを失う! 本来、戦争で生還できる保証など、どこにもない!」

曽大佐「負ければ死ぬ! それだけの話を、我々は、忘れていただけなのだ!!」

初春「……」

曽大佐「我が艦隊がこれ以上無様な敗北を重ねないよう、見せしめとして大々的に解体処分を行わなければならん!」

曽大佐「とっととそいつらを、工廠へ連れていけ!!」

鳳翔改二「……っ」

幼大和「ぐすっ、ぐすっ……やだ……もう、やだぁ……!」

鳳翔改二「!」ハッ


幼大和「やまと、ここが、おうちだって、きいたのに……もう、やだぁ……」

幼大和「こんなとこ、おうちじゃないぃ……!」ポロポロポロ

鳳翔改二「……」ズキッ

幼赤城「や、やまとさん……!」

幼陸奥「わたしたち、どうなるの……かいたい、されるの……?」

幼由良「そんなの、やだあ……!」グスグス

長門改二「……っ」

幼朝潮「きたばっかりだったのに……おやくに、たちたかった、です……」ポロポロポロ

幼榛名「は、はるなは……はるなはぁ……」グスッ

金剛改二「ぐ、う、うぎぎぎ……うがあああ!」グラングラングラン

加賀改二「……」ウツムキ

夕立改二「あうう、金剛さんも加賀さんも、さっきから様子がおかしいっぽい!!」オロオロ

曽大佐「おい、特務大尉! 貴様は、こいつらが俺の艦娘だから連れてきた! そうだな!?」

曽大佐「だとしたら、俺がこいつらをどうしようと、俺の勝手だ! 解体は我らの任務のうちにも入っている! そうだな!!」

N特尉「……その通りだ。貴君配下の艦娘をどうするかは、貴君の自由だ」

曽大佐「そうだろう! そうだろう!! 俺が俺の艦娘に何をしようと、貴様にそれを止める権限はないのだ!!」

曽大佐「俺のしていることは正しいのだ! なにも間違ってはいない! ふはははっぐえっ、げほ、げほげほっ!」


N特尉「……」

妙高「N提督! 何かいい方法は……!」

N特尉「今の時点では彼のやることに違法性はない。俺たちが手出しすることはできない」

N特尉「今の状態で彼の説得は難しいだろう。この場で起こった出来事を本営に報告し、大将たちの判断を仰ぐしかない……!」

妙高「しかしそれでは、大和さんたちが解体されてしまうのでは……」

N特尉「この場で防ぐ方法はない。俺が手を出せば越権行為になる……!」

コロラド「ねえ、N特務大尉。あなたは、彼がなぜあそこまで深海棲艦を滅ぼしたがってるか、知っていて?」

N特尉「ん!? い、いや、彼の家系の影響じゃないのか? 傍流ではあるが軍人の家系で、そこから来る責任感だと思っているが……」

コロラド「あの提督とは、何も話していないのね?」

N特尉「あ、ああ、そこは俺は何も聞いてないぞ」

曽大佐「ぜえ、ぜえ……なんで、こんなに疲れるんだ? おい矢矧、お前、背が伸びたか?」

矢矧改二「ち、違います! 曽提督が縮んだんです!」

曽大佐「縮んだ? 何を馬鹿なことを!」


磯波「あ、あの、すみません、どなたか大きめの鏡を持ってきてもらえませんか……?」

加賀改二「鏡?」

磯波「曽大佐のあの御様子では、ご自身の身に何が起こったのか、理解できていないのではないかと思います……」

加賀改二「そ、そうかもしれないけれど……」

夕立改二「夕立が持ってくるっぽい!!」ダッシュ!

加賀改二「でも……見せていいものなのかしら」

磯波「ご自身の身に何が起こったのかを理解できていないほうが、問題になると思いますよ……?」

曽大佐「ぐぬう……こいつらが来てから、体が言うことをきかん! やはりあの煙に毒を仕込んでいたんだろう!!」

矢矧改二「で、ですから、曽提督が……」

夕立改二「矢矧さんどいてー! 鏡、持ってきたっぽい! 見てもらうのが一番早いっぽい!!」バッ!

曽大佐「き、貴様!? 勝手にどこかの鏡を……」

 鏡『よう、ジジイ!』

曽大佐「お、お、おおおおおおお!?」

曽大佐「な……なんだ!? なんだこの、この貧相な姿わあああああ!!」

今回はここまで。

影牢に「タマテバコ」なる罠はありませんが、
初期にあったカースドガス(動きが鈍化するガス)を魔改造して作り込んだものとお考えください。

>398
魂に含まれる害毒な要素を切り取った結果、邪気がなくなり幼児化した、というような感じです。
残り香については、由良さんをはじめとするクンカー勢が詳しいかと……(丸投げ)

それでは続きです。


初春「……やっと自覚しおったか」フンッ

曽大佐「馬鹿な! これが……これが俺の姿……!!?」ワナワナワナ

曽大佐「俺は……俺はまだ40だぞ? なんだこれは……なんだこの顔はぁぁ……!」ヘナヘナヘナ…

曽大佐「うそだ……俺が、なんで、なんでこんな目に……」

 ゴソッ

曽大佐「ん?」

 (曽大佐が頭を抱えると、ごっそりと頭髪が抜け落ちて、皺だらけの指に絡みつく)

曽大佐「ぎ……ぎゃあああああああ!! お、お、俺の、髪がああああ!!?」

矢矧改二「ひっ」

曽大佐「……ぁ……あああ……」シオシオ…

鳳翔改二「」ポカーン

加賀改二「」アッケ

長門改二「」アングリ

金剛改二「」シロメ


N特尉「うわ……あんなに抜け毛がごっそり……」アオザメ

妙高「……一気に老人感が出ましたね……」

初雪「落ち武者ヘアー」ボソッ

磯波「ふぐっ……!?」クチオサエ

朧「初雪、笑わせないで……」クチオサエ

初雪「ん、ごめん」

コロラド「……ちょっと、あとでオチムシャって何のことか教えなさいよ」ヒソヒソ

初雪「うん」コク

夕立改二「わぁ……曽提督さん、いきなりハゲたっぽい……」ドンビキ

曽大佐「ハゲてないわあああああ!!!」

夕立改二「きゃっ!? ゆ、夕立は嘘ついてないっぽい! ちゃんと鏡、見るっぽい!」

曽大佐「やかましい! 口答えするなああ!!」ブンッ!

夕立改二「ひっ!」カガミガード

 鏡<ポキョン

曽大佐「……」


夕立改二「……」プルプル

曽大佐「ぎ……」

夕立改二「?」

曽大佐「ぎゃあああああ! 腕が、腕が痛えええ!!」ゴロゴロゴロ

矢矧改二「曽提督!? だ、大丈夫ですか!?」

夕立改二「ゆ、夕立、何もしてない! してないっぽい……ぽいじゃなくて、してない! ……よね?」

初春「うむ、鏡を見せて、それから殴りかかってきたところを頭を庇っただけじゃ。夕立からは、曽大佐になんら危害を加えておらん」

夕立改二「だよね……えっと、あのね? 初春?」

初春「む?」

夕立改二「曽提督さん、もしかして、めちゃくちゃ弱くなったっぽい?」

初春「まあ、老人になったんじゃから、筋肉も落ちて弱くなったことは確かじゃと思うがの?」

初春「しかし、まさか曽大佐があの場面で夕立を殴ろうとするとは思わなんだ。鏡が割れたら大惨事じゃろうに」

夕立改二「そのくらいなら、よくあることだよ?」

初春「よくあること?」

夕立改二「うん、窓のガラスくらいなら平気で叩いて割るし。その交換修理も明石さんに押し付けて、交換が遅いとまた怒るし」


夕立改二「夕立も、曽提督さんに報告したり、機嫌が悪くなったりすると、ばしって叩かれてたから」

初春「なんじゃと。それはまことか」

夕立改二「うん、本当。これまでも、たっくさん! 夕立、強いからそんなに痛くなかったけど、なにかあるたびグーで叩かれて」

夕立改二「それで……いま気付いたんだけど、夕立、曽提督さんのこと、そんなに好きじゃない……」

初春「……ぽい、は、つかないんじゃな?」

夕立改二「つけなくていいっぽい……もう、こんなつまんないことで怒られるの、嫌だもん」

夕立改二「あ、それと……さっき言ってた、今の夕立が来る前の夕立を5隻沈めたって、本当っぽい?」

初春「うむ、本営に残っておる記録から調べた結果じゃ」

初春「ただ、その5隻というのも、わらわが沈んだ時と同じ時期の轟沈艦を調べた結果じゃからな」

初春「もしかしたら、それ以上の艦娘を沈めているかもしれぬ」

夕立改二「……そう……そうなんだ」ショボン

曽大佐「うぐううう!! 夕立、貴様あああ!」ヨロヨロッ

夕立改二「ひっ! ゆ、夕立、何もしてない! 初春もそう言ってるっぽい! あ、ぽくない! 言ってる!!」

曽大佐「この……馬鹿犬めがあああ! 解体だ! 貴様も解体処分だあああ!!」

夕立改二「ぽいっ!?」


曽大佐「連れていけ! 早くこの馬鹿どもを処分しろ!!」

加賀改二「さすがにそれは横暴よ……夕立は、鏡を持ってきてあなたに見せただけだわ」

曽大佐「くっ……なんだその目は! 貴様も俺に楯突くか……ぐっ、こ、腰が……!」ヨロッ

曽大佐「ま、まともに立つことすらできんとは……ええい、加賀! 頭が高いぞ! しゃがめ!」

加賀改二「……は?」

長門改二「て、提督……いくらなんでも、それは」

曽大佐「なんだ長門! 貴様も俺に意見する気か!! どいつもこいつも……俺の上から話しかけるな!!」

長門改二「……そ、そのようなつもりは」オロオロ

曽大佐「なんだその顔は! この鎮守府がここまで評価されているのは、お前たちを指揮する俺の成果だ! 頭が高い!!」

曽大佐「この鎮守府で、その俺に逆らい、口を出すことがあってはならんのだ! そうしなければ、海の平和など生まれん!!」

N特尉「違うぞ曽大佐!! 我々海軍は……」

曽大佐「いいや違わん! 深海棲艦の犬がこの俺に意見するな!」

N特尉「曽大佐!! 我々海軍の本分は国民の……」

曽大佐「やかましい! この侵入者どもも捕まえて全員吊るし上げろ! こいつらは敵だ! 深海棲艦の手先だ!!」


加賀改二「何を……何を言っているの」

長門改二「……」ヒキッ

矢矧改二「曽提督! 落ち着いてください!」

曽大佐「落ち着けだと!? 敵襲だぞ!! この鎮守府の最高権力者であるこの俺がこんな目に遭っているんだぞ! 早くこいつらを」

金剛改二「っいい加減にしやがれこのファッキンクソテートクがああああ!!!!!」

曽大佐「!?」ビクッ!

N特尉「!?」ビクッ!

長門改二「こ、金剛!?」

金剛改二「さっきから黙って聞いてりゃ、俺言うことを聞け、俺に逆らうなと、自分のことばかり……!」ビキビキビキ

幼榛名「こ、こんごうおねえさま……!?」

金剛改二「私が! あなたの厳しさを受け入れてきたのは、そうでなければ深海棲艦と戦い続けられないからだと信じていたからよッ!」

金剛改二「深海棲艦に命を脅かされている人たちのために! どんな犠牲が出たとしても、強い意志で戦い続けなければいけないと!!」

金剛改二「あなたのその言葉を信じて、私たちは体を張って、命を懸けて、戦ってきたのよ!!」ギリギリギリッ!!

金剛改二「けどなあ! 今日のやり取りを見て確信したわッ!! 『おまえ』は! おまえのためにしか戦っちゃいないってことをなああ!!」

矢矧改二「……」

朧「金剛さんの語尾が……」

夕立改二「壊れたっぽい……」


金剛改二「曽提督がここまで愛の感じられないバカヤローだとは思ってもなかったわ!! ふざっけんじゃねえええええ!!」

初雪「もう語尾どころじゃないんだけど……」

加賀改二「……残念だけど、私も金剛さんと同じ感想を抱いたわ。もう、曽提督の下で戦いたいと、思えない……」

長門改二「加賀……!?」

加賀改二「私たちは、つけを支払うときが来たのよ。裁きを受けるときが来た……特務大尉が、それを告げに来た。そうなのでしょう?」

加賀改二「思い返せば、仲間を犠牲にすることを前提にして作戦を立てることを、間違いだと進言しなかったのが、私の過ち……」

加賀改二「この鎮守府の歪んだ『普通』に逆らわず……いいえ、逆らって解体されることを恐れた、私の怯懦が生んだ罪」

加賀改二「初春だったわね。私は、あなたのこと、ちゃんと覚えてはいないけれど……あなたたちがいたころのことは覚えてるわ」

初春「!」

加賀改二「確か、あなたがいたころにも、長門や金剛がいたと思うけれど……」

加賀改二「彼女たちは解体されたわ。捨て艦をやめるよう、彼に意見したがために……」

金剛改二「え!?」

長門改二「わ、私に先代がいたのか!?」

加賀改二「ええ。特に長門は、殴りかからんとする勢いで……それに引き換え、私ときたら」

初春「……」


加賀改二「我が身可愛さに、曽提督を諫めようともせず……だからいま、恥を晒して生き永らえてここにいる……」

加賀改二「今の長門が着任したとき、曽提督がいきなり怒鳴りつけたのも、きっと、そういうことがあったから……」

加賀改二「何をしても曽提督に逆らわないように刷り込んだ。そうなのでしょう、曽提督?」

長門改二「……!」

加賀改二「大和は……見る限り、何も覚えていないようね。それはある意味、不幸中の幸いかもしれないわ」

幼大和「?」グスン

加賀改二「曽大佐が新しく着任した艦娘に恐怖を刷り込み……私はそれを知りながらも止めずに傍観し、唯々諾々と従った……」

加賀改二「ここにいる子たちを解体するというのなら、異を唱えなかった愚かな私も解体されて然るべきよ」

金剛改二「加賀!? あなたはここに残らないと駄目でしょ!? あなたはこの鎮守府の、空母機動部隊の要よ!?」

加賀改二「そんなものは関係ないわ。要と言うのなら、私よりも、皆を思い遣る心を持つあなたのほうが、適任よ」

鳳翔改二「金剛さん、加賀さん。そこまでよ」

金剛改二「!!」

加賀改二「鳳翔、さん……!」

鳳翔改二「曽提督。改めてお伺いします。ここにいる、大和さんたち。および、夕立、金剛、加賀……」

鳳翔改二「この者たちを、全員解体するのですね?」ヒザマズキ

金剛改二「鳳翔……!?」

加賀改二「あなたは、その男に傅くのですか……!」


曽大佐「……くどい。俺は、さっきからそう言っているだろう! 命令を変えた気はない!」

鳳翔改二「そうですか……わかりました。致し方ありませんね」

金剛改二「鳳翔……っ! まさか……!」

加賀改二「……」ウツムキ

鳳翔改二「曽提督。短い間でしたが、お世話になりました」セイザ

曽大佐「!?」

鳳翔改二「鳳翔は、故郷(さと)に帰らせていただきます」ペコリ

金剛改二「……ほ、鳳翔?」

 指輪<コトン

鳳翔改二「これも、お返しいたします」

加賀改二「鳳翔さん……?」

鳳翔改二「この鎮守府に来て、ほんのわずかの間に、皆さんと肩を並べられるほどに鍛えていただいたこと、本当に感謝しております」

鳳翔改二「また、艦娘は敵艦を沈めることで世界に貢献できる。敵の命を必ず奪うが任務ゆえに、我々もまた命を惜しむべきではない」

鳳翔改二「そのように、曽提督から常々ご教示いただいておりましたが……」


鳳翔改二「これまで曽提督の手足となって、懸命に戦い抜いてきた功労者である大和さんたちを、ただの一言も労うこともなく」

鳳翔改二「ましてや、子供の姿にされた艦娘を、目障りと言わんばかりのその態度に、私は、疑問を覚えてしまいました」

鳳翔改二「私はそれを……鳳翔として、艦娘として。人を守る身として、看過して良いものか、受け入れてよいものか、と」

曽大佐「……なっ、なあっ……」

鳳翔改二「曽提督のご意向に沿うことのできない不束者ですので、指輪をお返しし、ここから去ることを決意した次第にございます」

鳳翔改二「大和さんたちも私が一緒に連れて行きます。轟沈も同然の身であれば、いなくなったとて同じことでしょう」スクッ

鳳翔改二「あとのことは、どうぞご心配なく……」

金剛改二「待ちなさい鳳翔! そういうことなら、私も連れて行きなさい!」

鳳翔改二「金剛さん……?」

幼榛名「こ、こんごう、おねえさま……!?」

金剛改二「ああ、榛名……ごめんなさい、あなたを、たくさん怖がらせてしまったわね」ニコッ

幼榛名「こんごうおねえさま!? おててが、まっかに……!」

加賀改二「手のひらから出血が……金剛、あなた、手を握りしめすぎて、手のひらに爪が食い込んだのね?」

金剛改二「あはは、加減できなくなっちゃって……」

幼榛名「こんごうおねえさま、かわいそう……! はやく、あかしさんにみてもらいましょう!」ウルウル

鳳翔改二「ええ、それが良いですね。工廠に行きましょう、解体ではなく、修理のために」


夕立改二「待って待って! 夕立も一緒に行くっぽい!」

鳳翔改二「わかりました、では、ご一緒しましょう」ニコッ

夕立改二「ほーらー、加賀さんも、一緒に行くっぽい!!」

加賀改二「わ、私も……!?」

夕立改二「加賀さんも解体される仲間っぽい! だったら、夕立たちと一緒に行くのがいいっぽい!!」ニコー

加賀改二「……そう……そうね」

夕立改二「あ、あとこれ! 夕立、もういらないから!」ポイッ

 指輪<チャリンッ

曽大佐「な……」

 指輪<チャリリンッ

金剛改二「私のも返すわ!」フンッ!

加賀改二「……お世話になりました。失礼します」

曽大佐「……!!」

矢矧改二「……」アッケ


幼榛名「こんごうおねえさま、はやくいきましょう!」フリフリ

鳳翔改二「さ、みなさん、工廠はこちらですよ」

幼大和「あ、あの、ほうしょうさん、おてて、つないでいいですか?」テレッ

鳳翔改二「……! ええ、いいですよ、行きましょう」ニコッ

幼大和「はいっ!」パァッ

幼榛名「こんごうおねえさまも、おててをだしてください!」

金剛改二「えっ? 榛名、私の手は……」

幼榛名「おまじないをしてあげます!」テヲトリ

金剛改二「??」テヲトラレ

幼榛名「むむむー……いたいのいたいの、とんでいけー!」クルクルピーン

金剛改二「……!」

幼榛名「おけがはなおせないですけど、いたいのは、これですこしやわらいだとおもいます!」

金剛改二「……ふふっ、そうね……!」ニコッ

幼榛名「さあ、こんごうおねえさま、いきましょう!」ニコニコッ


夕立改二「夕立も手をつないであげる!! 由良! 朝潮!」

幼朝潮「えっ、いいんですか?」

幼由良「ゆらも、いいの?」

夕立改二「いまは夕立がお姉ちゃんっぽいから、手をつないであげるっぽい!!」

幼朝潮「そ、それじゃ、よろしくおねがいします!」キュッ

幼由良「なんだか、へんなかんじ……でも、うれしい、かなっ」キュッ

夕立改二「加賀さんも、そっちの二人と手を繋いでくるっぽい!」

加賀改二「えっ?」

幼陸奥「……」ジーッ

幼赤城「どうしました、かがしゃん?」クビカシゲ

加賀改二(……小さい赤城さんが可愛すぎて心臓が持たないわ)キューン

幼赤城「かがしゃん? おむねをおしゃえて、くるしそうですけど、だいじょうぶですか?」クビカシゲ

加賀改二「え、ええ、大丈夫……だけど、私は……」

加賀改二(……私は、艦娘の犠牲を容認した身。このまま、生きていていいのかしら……)


幼赤城「かがしゃん。いっしょに、いきましょう?」ニコー

加賀改二(……でも、この笑顔は、守っていきたい。守っていかなければ……この身に換えても)

加賀改二「そうね。みんなで、行きましょうか」

幼陸奥「うん……」チラッ

加賀改二「! ああ、長門が気になるの?」

幼陸奥「うん……」ションボリ

加賀改二「大丈夫よ、長門はお仕事をしているだけ。話が終われば、きっと後から来るわ」

幼陸奥「……ほんとう?」

加賀改二「もし来るのが遅いようなら、私が呼びに戻るから。みんなで、工廠で待っていましょう?」シャガミ

幼陸奥「……うん!」パァッ

夕立改二「加賀さん遅いっぽい! 早く来るっぽい!」

加賀改二「……あなたこそ、この子たちと歩幅を合わせて歩きなさい」

夕立改二「わかってるっぽい!」

 ワイワイ…

曽大佐「……お、俺の」ヘナヘナ…ヘタッ

曽大佐「俺の……鎮守府の艦娘が……俺に、逆らう、なんて……っ!!」


曽大佐「……解体だ。あいつらは、できそこないだ! 存在を許すな! 解体しろ! 今すぐにだ!!」

長門改二「……し、しかし……」

曽大佐「何をしている長門! 俺の言うことをきけ!」

長門改二「……」

曽大佐「長門!!」

N特尉「……」

妙高「N提督? どうなさいました?」

N特尉「いや、鳳翔が短い間と言っていたが……もしかしてここに鳳翔が着任したのは、鳳翔の第二改装が発表されてからか……?」

矢矧改二「……そ、そういえば、そうかもしれません。一時期、ひたすら空母を建造していましたから……」

N特尉「そうか。いや、別にそれが悪いとは言わん、戦力が欲しいなら必死にもなるだろう。ただ、第二改装が発表がごく最近の話だからな」

磯波「そうだとしたら、鳳翔さんを相当に特別扱いしたんでしょうね……」

N特尉「カッコカリまで済ませたのに、こうもあっさりと三行半を出されたのでは、まあ、なんというか……」

妙高「同じ男としては、同情を禁じ得ない、と仰いますか?」

N特尉「いやいや、同情する気はないぞ? 言ってしまえば、鳳翔の能力目当てに指輪を渡したようなものだからな」

N特尉「悪し様に言い換えれば体目当てでカッコカリしたようなものだろう? 同じ男として、そういうのは許容したくない」


N特尉「そもそも、もうちょっと信頼関係を築いてからと言うか、お互いを知り歩み寄る時間があってから渡すべきだと思うんだ」

妙高(N提督も、お固いというか、お古いというか……)

N特尉「……まあ、曽大佐の見た目も含めて、こうはなりたくないな、とか、みじめだという気持ちは、多分にあるがな」ボソッ

妙高「それはある意味で同情なのでは?」

N特尉「だからそれはないよ……仮にも指輪を渡した相手に、あの態度はないと思うぞ? 母が大好きな私の父とは雲泥の差だ」

磯波「あの……曽大佐は、そこまで物事をロマンチックに考えてはなさそうですよ?」

N特尉「指輪を単なるブーストアイテムとしか考えてないと? ……そうか。寂しい話だな」

初春「何を呑気に語っておるか。それよりも、この鎮守府の現状を憂うべきじゃぞ」

初春「曽大佐による艦娘に対する圧力と暴力が日常化しており、この鎮守府ではそれが普通であると認識されておるようじゃ」

初春「その結果、他の鎮守府に対しても、非常に攻撃的な思想を持つ艦娘が多かった、と推測できるが?」

朧「……そういうことなんだろうね。矢矧さんや長門さんは、いまも戸惑ってるみたいだし」

磯波「私も、そう思います。モラルハラスメントも多分に含んでいたと言えそうですね」

矢矧改二「……」

長門改二「……」


コロラド「それより初春は私の質問に答えなさいよ。あなた、この鎮守府の出身なの?」

初春「うむ。着任して3日で捨て艦にされたのじゃ」

初春「ここでの思い出なぞ、せいぜい長門に追いかけられたくらいでな。しかし、やられっぱなしはやはり癪でのう」

初春「ここにいる朧も、N特尉に一泡吹かせておる。それを羨ましいと思ったゆえに、この場で彼奴めの鼻っ柱を叩き折ろうとしたわけじゃ」

コロラド「……誰かが味方になってくれると思ってたの?」

初春「その辺は考えておらんかったな。誰も味方にならぬなら、それはそれでN特尉の仕事がやりやすくなるだけであろうし」

初春「まあ、まさか、わらわのいたころの長門たちが懲罰で解体されていたというのは、ちと予想しておらんかったかのう……」

コロラド「それにしてもよ!? Suicide attack で40人以上も沈めたなんて本当なの!? 戦術以前の問題だわ……」

朧「多分、どんな手を打てばいいかわからなくて、試行錯誤を繰り返した結果、ってこと……なのかな?」

初春「下手な鉄砲……そのうちの一発がわらわであったということじゃな。意味があったか、それとも無駄玉であったかは最早わからぬがの」

曽大佐「……くそっ……艦娘のくせに、なんでこんな真似を……!! どうして、俺に逆らう……!!」

初春「貴様がわらわたちに敵対したからに決まっておろう。貴様がわらわたちや提督に手を出さねば良かったのじゃ」

初春「あの島に住む提督は、艦娘も深海棲艦も、戦わずに済む安息の地を求めておる」

初春「それを貴様は潰そうとした。じゃから提督も、貴様を叩きのめしたにすぎぬ」


曽大佐「だからと言って、俺をこんな姿にするかぁ……!? この、人でなしどもがぁ……!」

初春「貴様のように艦娘を使い捨てにする輩がそれを言うか。それでは復讐されて当然じゃな」フフッ

曽大佐「なにが復讐だっ! 道具の……道具の分際で!!」

初春「その道具たる艦娘を、これっぽっちも大事にせぬ者が辿る末路としては、相応しいものじゃと思うがのう」

初春「これは、貴様の自己満足のために海の藻屑と化した、わらわとその同胞(はらから)の恨みと心得よ」ギロリ

初春「ただ殺すなど生温い。生き恥を晒し、長く永く苦しむ術(すべ)はないものか……」

初春「そこまでわらわに考えさせたのは、貴様のこれまでの所業ゆえじゃぞ……!」

曽大佐「っ……!」

初春「貴様のような愚か者が二度と現れぬよう、海軍にも見せしめとして大々的に知らしめてやらねばならんしのう?」

曽大佐「見せしめだと……ふざけやがって……!」

初春「ふざけてなどおらぬ。貴様も先刻、大和たちを見せしめのために解体するとのたまっておったではないか」

初春「貴様はすべてにおいて判断を間違ったのじゃ」

初春「有無を言わさず深海棲艦をすべて殺すことを是としたのも、艦娘を道具のように扱ったことも」

曽大佐「間違いなものか……! 深海棲艦を滅ぼさなければ平和な海など来るはずもないのだぞ……!?」


N特尉「曽大佐。我々海軍の本分をお忘れか」

曽大佐「本分……!? そんなもの、深海棲艦の撃滅以外にないだろう! そうしなければ、海の平和は……」

N特尉「違う。我々の為すべきことは、国民の人命と財産を守ることだ。私は、戦わずに済むのなら、その道を選ぶべきだと考える」

N特尉「人の話を聞かずにすべて否定していたのでは、誰が歩み寄ろうとしているのか、誰が戦おうとしているのか」

N特尉「誰が救いを求めているのか、その声を聴き分けることもできないだろう」

曽大佐「寝ぼけたことを! だったらそのまま寝首を掻かれるがいい! 深海棲艦に裏切られ、そこにいる艦娘に殺されれば良いのだ!」

曽大佐「だいたい、俺だけがこんな目に遭うのは不公平だろう!! 貴様も俺のように、艦娘を沈めた報いを受けなければならんだろう!」

妙高「お言葉ですが、私がいる限り、そのようなことは起こりませんし、起こさせませんよ」

曽大佐「な……!」

妙高「かつてN提督がとった行動は間違いではありましたが、そうせざるを得なかった心情は理解できないほどではありません」

妙高「間違っているのなら正せばよいのです。自分の過ちに向き合い、考えを改め、そのうえで自分にできることをする……」

妙高「それができたからこそ……N提督が信頼に足る人物と私が信じているからこそ、私はN提督の元で働いているのですから」

曽大佐「信頼だと……!?」


妙高「あなたはどうなのですか? いまここに、この鎮守府に、あなたを心から慕い、信じる艦娘はどれほどいるというのですか!」

N特尉「妙高……」

妙高「あなたが何のために戦っているか。ただ深海棲艦の撃滅だと仰るのなら……」

曽大佐「だ、黙れ黙れ!! 艦娘の分際で、俺に意見するな!! 何が信頼だ!」

コロラド「……初春、そこをどいて」

初春「む?」

コロラド「曽大佐。あなたはどうして、ここまで深海棲艦を打ち倒そうとするの?」ズイ

曽大佐「な……っ、き、貴様! 寄るな!!」ジリッ

コロラド「……」ズイッ

曽大佐「よ、寄るんじゃない……! 来るなあ……っ!!」

コロラド「何を恐れているの? 恐れるべきは深海棲艦でしょう?」

曽大佐「来るなと言っているんだあ!!」

コロラド「……」ジッ

曽大佐「ひ……来るな……!」ガタガタ…


コロラド「はぁ……もう、いいわ。そういうことね」

妙高「どういうことです?」

コロラド「ここで話すべきことではないわ。あの提督の推測がおそらく当たっていたことだけは、確信できたけど」

妙高「……?」

磯波「あの……曽大佐がおじいさんになったのは、あの島の提督さんの仕業、と言うことになるんですか?」

初春「うむ。あの島に住まう者の中には、艦娘でも深海棲艦でもない、特別な力を持つ者たちがおってのう」

初春「その者たちから、提督があの玉手箱の作り方を教わったと聞いておる」

朧「深海棲艦からもいろいろ教えてもらった、って聞いてたけど?」

初春「うむ、確か、かーすどがす? に、深海の成分を練り込んだと聞いておるが」」

磯波「深海の成分……?」

初雪「……竜宮城が海底にあるから、とか……?」

妙高「関連性がないと言えないのが、なんとも言えませんね……」


N特尉「しかし……これからどうしたものかな。曽大佐との話が終わったら、鎮守府の実態を調べて結果を持ちかえる予定だったが」

長門改二「ま、待ってくれ。特務大尉殿は、調査が終わったら帰ると言うのか?」

N特尉「ああ、そうだが……」

長門改二「では、曽提督は……私たちはどうなるんだ?」

初春「そんなものは、おぬしたちは好きにすれば良かろう」

矢矧改二「で、でも、曽提督をあんな風にしたのはあなたたちでしょう!?」

初春「責任を取れと?」

矢矧改二「そ、そういうわけじゃ……」

初春「ふむ……わらわが責任をとれと言うのなら、取ってやらんでもないぞ?」

初春「この男のそっ首をこの場で撥ねてやろうという、後始末的な意味でなぁ……?」ドロリ

矢矧改二「な……!!」

N特尉「初春!!」

初春「まあ、それはそこのN特尉が許してはおかんじゃろうから、夢のまた夢でしかないがの」ハァ…

N特尉「あまり焦らせてくれるな。ため息をつきたいのはこっちだ」ハァ…

妙高「しかしこれは、曽大佐がワンマンですべてを決定してきたために、他に鎮守府の運営ができる艦娘がいなくなったということですか」

N特尉「この鎮守府の大淀はどうしたんだ」

矢矧改二「……通信室にいます。ただ、私たちが彼女と話したことはありません」


N特尉「とりあえず、案内してくれないか。引き続き、この鎮守府の実情の調査もしたい」

矢矧改二「わかりました……長門さん、一緒に行きませんか?」

長門改二「いや……すまない。私はまだここに残る」

長門改二「ここに来た艦娘に、曽提督がなぜこんなことになったのか、説明しなければならないし」

長門改二「その曽提督も、私が見ていないと何をするかわからないからな……」

曽大佐「……」ガタガタ…

N特尉「……」

長門改二「恐れながら、特務大尉殿。この鎮守府を見回ってきた後で良いので、我々はどうすればよいか、ご指示をいただきたい」

長門改二「少なくとも貴殿の感覚では、この鎮守府の規律は行き過ぎているところがある、と見ているのだろう?」

N特尉「……そうだな」

長門改二「恥ずかしながら、我々は貴殿の言う『普通』の感覚が分からない。そこからご教示いただけると助かる……!」

N特尉「承知した。本営に掛け合おう」

長門改二「……よろしく、頼む」ペコリ

長門改二「それから、大淀だが……あの曽提督をして厄介と評されている。彼女から話を聞くのは、一筋縄ではいかないかもしれないぞ」

N特尉「わかった。忠告感謝する」


 * その後 *

 * 曽大佐鎮守府内 工廠へ続く廊下 *

曽大佐の艦娘たち「「……」」ポカーン

幼大和&鳳翔改二「♪おーてーてー、つーないでー♪」

幼朝潮&夕立改二「♪のーみーちーをーゆーけぇーばー♪」

加賀改二「……」セキメン

幼赤城「かがしゃん? かがしゃんは、おしえてもらったおうたをうたわないんですか?」クビカシゲ

加賀改二(小首を傾げるさまがいちいち可愛らしい……)キューン

加賀改二「いえ……さすがに、少し恥ず……注目を集めてしまっていますから」

幼赤城「そうなんですか?」

夕立改二「加賀さんも一緒に歌うといいっぽい!」

加賀改二「こういう形で目立つのには、私は慣れていないんです」

鳳翔改二「さ、工廠につきましたよ。金剛さん」

金剛改二「ええ。明石ー!」

明石「ひいっ! み、みみみみなさまお揃いでっ!?」ビクビクッ!


金剛改二「あー、明石? もう、そんなに怯えなくていいのよ?」

明石「こ、ここ、今度はどんな無理難題……じゃなくて、ご用件でっ!?」ヘコヘコ

幼榛名「こんごうおねえさまの、おててをちりょうしてほしいんです!」

明石「へっ? ……ど、どちらさまで……?」

幼榛名「? はるなが、わかりませんか?」クビカシゲ

明石「は、榛名さ……えええええ?」

幼陸奥「ねえ。よくみたら、あかしもかおいろわるいわね?」

鳳翔改二「えっ? ……言われてみれば、確かに……」ジッ

明石「……ほ、鳳翔さん……?」

幼榛名「こんごうおねえさま。おててのちりょうは、はるながやります」

金剛改二「!」

幼榛名「あかしさんは、おやすみしたほうがよくないですか?」

金剛改二「……榛名は本当に優しい子ね……!」

明石「へっ? えっ?」


鳳翔改二「確かにこれまで、いろいろ押し付けすぎてきた気がしますし……」

鳳翔改二「いい機会です。明石さんにもゆっくり休んでいただいた方が良さそうですね」

明石「は……?」

鳳翔改二「なにか食べたいものはありますか? 良ければお台所をお借りして、何か作りましょう」

金剛改二「そうね、おかゆとか、何かおなかに食べ物を入れてから、ベッドで休んだ方がいいわね」

明石「……」ポカーン

明石「……」

明石「……」ジワッ

明石「な、なんなんですかあ……いきなり、私を心配するなんて、なにを企んで……」ボロボロボロ

幼大和「あ、あかしさん?」

明石「ちっちゃくなったり、優しくなったり! なにがあったんですかあ! みんなおかしくなっちゃったんですかあ!!」ウエーン!

加賀改二「……明石、ごめんなさい。あなたがそこまで疲弊していたことに、気付けなくて……」


N特尉「明石も重症だな……怯え切ってるじゃないか」

妙高「曽大佐が絶対権力のようになっていたんですね」

大淀「だから言ったじゃんか。新入り以外にまともな奴なんざこの鎮守府にはいねえってよォ」ケヒヒッ

朧「……こんなにガラの悪い大淀さん、初めて見たんだけど」ヒソヒソ

初雪「うん……目の下のクマもひどいし、すっごいタバコ臭いし」ヒソヒソ

磯波「この分だと、間宮さんも相当なんじゃないでしょうか……」

妙高「以提督鎮守府の間宮さんほどではないにせよ、覚悟した方が良いでしょうね」

N特尉「……ああ、もしもし。さっき話した人員の件、大淀以外も……そうだ、全員だ。ここの艦娘の教育もし直さないとまずいレベルだ」

N特尉「この鎮守府の憲兵および特別警察隊も、一度見直したほうがいい。ああ、そう伝えてくれ」

初春「もう本営に打診しておるようじゃの?」

妙高「ここもこんな有様だったなんて……」アタマオサエ

コロラド「ちょっと、こんなひどい鎮守府、他にもあるの?」

磯波「多いかどうかはわかりかねますが……そういう鎮守府ばかり調査してますね」

コロラド「Oh... Unbeleavable...」

初雪「憲兵さんも、この空気に慣れてるみたいだったのがびっくりした……」

大淀「そっち側もだいたい曽提督に丸め込まれちまってるからなァ」ヒッヒッ

N特尉「これだから特警にしても憲兵にしても、定期的に人員を入れ替えるように進言してるんだがな……」

妙高「長期間、同じ職場で任務を続けていると、どうしても慣れて馴れ合いが発生してしまいますからね」

幼赤城「まんしんしてはだめ……って、あたまのなかでいってるのはだれでしょう?」キョロキョロ

加賀改二「あ、赤城さん? 大丈夫ですか?」アセアセ


 * 幕間 ちなみにその後の曽提督鎮守府のながむちゅ *

幼陸奥「わたしは、ながとがたせんかん、にばんかん、むちゅよ」

長門改二「むちゅ!?」ズギャーン!

幼陸奥「あ、あれっ? むちゅ、じゃなくて、わたしは、むちゅよ! ……あ、あれっ??」セキメン

長門改二「ぐ……っ! こ、これは……っ」モンゼツ

幼陸奥「むちゅ……む、ちゅ……うう、うまく、いえないよぅ……?」ナミダメ

長門改二「ぐぁああああ! か、かっ、かわっ……」ノケゾリ

長門改二「い、いや、ここで倒れるわけには……っ! む、陸奥! もう少しだぞ、がんばれ!」

幼陸奥「わ、わたしは、ながとがたせんかん、にばんかん、むちゅよーっ!!」

長門改二「ぐわああああ可愛すぎるうううううう!!!」バターン

幼陸奥「きゃあっ!? な、ながと!? だいじょうぶ!?」オロオロ

長門改二「だ……大丈夫だ……大丈夫だとも」ヨロヨロ

長門改二「……陸奥。慌てなくていい、自分のお名前を、ちゃんと言えるよう、練習しような?」ニコ…

幼陸奥「ながと……うん、むちゅ、がんばるわね!」ニコッ

長門改二「……ああ……心が洗われていく……」キラキラキラキラ…

幼赤城「ながとしゃんはどうしたんでしょう?」クビカシゲ

加賀改二(気持ちはわかるわ……)

というわけで今回はここまで。
もうちょっと長くなるかと思いましたが、曽大佐鎮守府編はここまでです。

>427
赤城は「さ」、陸奥は「つ」の発音が覚束ない感じです。あざといですが可愛ければ良いんです。

>428
提督も深海棲艦になるついでに女性化させてますので、本当に何でもありでやらせてもらっています。

続きです。
今回は墓場島のメンバーは提督以外お休みです。


 * 墓場島沖 海軍巡視船内 *

 扉<Knock knock !

コロラド「コロラドよ! ××島の提督を連れてきたわ!」Bang !

X大佐「ああ、よく来てくれたね。提督、いつも来てもらってありがとう」

提督「ん? X大佐も同席してんのか。あんたも毎度毎度呼ばれて大変だな」

X大佐「僕は構わないよ。仕事でもあるし、僕が望んで来ているわけだしね」

コロラド「え? ちょっと、X大佐と知り合いなの!?」

提督「おう。海軍で深海棲艦との共存を目指してて、俺と仲良くしようとしてる変わり者だ」

コロラド「あなたには言われたくないんじゃないの!?」

提督「それより、そっちに座ってる若いのが、お前んとこの提督か?」

 (ぽっちゃり体系の若い提督がかたかた震えながら座っている)

X大佐「うん。紹介するよ、こちらが川提督だ」

川提督「大変申し訳ありませんでしたああああ!!」ドゲザッ!

コロラド「Admiral !?」

提督「……」


川提督「こここ、この度はご迷惑をおかけして大変申し訳ございません! 曽大佐の指示で艦隊を出したことに間違いはなく……!」ビクビク

川提督「ですので何卒! 何卒、ろ、ろ、老人にするのだけはどうかご勘弁をおおおお!!」プルプルガタガタ

提督「……出会い頭からこれかよ……」アタマオサエ

X大佐「ここに来る前からこんな感じだったよ。大丈夫だって言ったんだけどね」

提督「駄目だなこりゃ……おい」

川提督「は、はい!」

提督「お前と話すことはねえよ。とっとと出てけ」シッシッ

川提督「」

提督「聞こえなかったか? お前と話すことはねえっつったろ。失せろ」ギロリ

川提督「ひ、は、はいいいい!!」ダッシュ!

 扉<ガチャドタバターン!

X大佐「……」

提督「ドアも静かに閉めろよな。ったくよぉ……」

コロラド「あんな風に凄んだら、怯えるに決まってるじゃない。ただでさえ、Admiral は Chicken heart なのに」


X大佐「追い出して良かったのかい? いろいろ話を聞けるんじゃないかと思ったんだけど」

提督「いやー、無理だろあれじゃ。怯えてまともに話も出来なさそうだし、俺があいつから聞きたいのはお詫びと言い訳じゃねえんだ」

提督「ま、あいつが曽大佐の指示通りに動いたんなら、その指示通りに動いた現場のコロラドに聞いてもそれまでだしな」

提督「こっちから伝えたい話も、コロラドに持ち帰って伝えてもらえばいいさ。あいつの処分だって俺が口を出す話じゃねえ」

コロラド「ちゃんと話したほうが、あなたが本当はいいひとだってわかってもらえる気がするんだけど?」

提督「そんな理解いらねえよ。そもそも俺はもう人間と関わりたくねえんだ、これ以上面倒増やしたくねえっつうの」

コロラド「でも、ここに来ているってことは、人間との国交を考えてるってことでしょ? 矛盾してると思うんだけど」

提督「関わらないために、わざわざ人間に合わせて不可侵条約なりを結ぼうってんじゃねえか。そのための最低限の接触だ」

コロラド「最初から仲良くすればいいじゃない。私たちのやったことが悪かったとは思うけど、そこまで意固地にならなくても……!」

X大佐「コロラド、そこまでだ。君の言いたいことはわかるが、君の理想と彼の理想は違うんだ」

コロラド「……」

X大佐「あまりしつこいようだと、君にも退席してもらわないといけなくなる」

コロラド「……わ、わかったわよ」

提督「……へぇ、お前もそういう顔できるんだな。頼もしいな」

X大佐「肩書相応のことはできないとね。それに、僕は君との関係は継続していきたいんだ、つまらないことで君を困らせたくない」

提督「そうか」フフッ


X大佐「ところでもう一人、君に会わせたい人がいるんだが、その人とは会ってもらえるかな?」

提督「ん? なんだ、ここには来てないのか?」

X大佐「別件の用事があって、そちらを済ませてからくるそうだよ。それまで川提督から話を聞こうと思ってたんだけど」

提督「あいつは本題までの時間潰しだったか。悪いことしたな」

X大佐「さて、じゃあそれまでの間に……とりあえず曽大佐だけど、彼は入院することになった」

X大佐「背が高くて筋骨隆々、まさに働き盛りの曽大佐が、いきなり?せこけた老人の姿になってたから、海軍では大騒ぎになっててね」

X大佐「これも君の仕業だと聞いたけど、これはもうちょっと、なんとかならなかったのかな?」

提督「なんねえし、したくねえな。俺たちは、一応は海軍と敵対したくないって表明してんだぜ」

提督「それを無視して、深海棲艦だからと言って見境なく攻撃してくるような連中を野放しにしておきたくなかったんだよ」

提督「だいたいあいつら、政府の艦艇が海域にいるのに無許可で武器構えてうろついてんだぞ? 海軍としても示しがつかねえだろ」

X大佐「まあね……けど、まさか曽大佐が艦隊を出すなんて、本当にやるとは思ってもいなかったよ。未だに信じられないな」ハァ

提督「おいおい、呑気な事言ってんじゃねえぞ。以前だって、F提督やらH大将やらが、J少将とかに殺されかけてんだぞ?」

提督「手段を選ばない過激な奴は、これからも出てくるって認識しとけよ。平時ならまだしも、まだ深海棲艦とは戦争中なんだからな」

X大佐「む……そう、だね。気が逸りすぎていたよ、申し訳ない」


コロラド「……ところで提督? あのタマテバコの取り扱いは、ちょっと問題だったんじゃないの?」

コロラド「成功したから良かったものの、途中で開けたり、他の誰かが開けてたりしたらどうする気だったのよ」

提督「そうならないように、初春に説明して、初春に持たせたんだがな」

提督「まさかあっちの大和たちに持たせたってことのほうが想定外だぞ。多分、うまくいくと踏んでの作戦だったんだろうけどよ」

X大佐「その箱なんだけど、曽大佐だけが老化したのはどうしてなんだい?」

提督「理屈を説明するのは面倒臭いが、あの罠の発動には、いろいろ条件を付けてたんだ」

提督「人間にしか開けられない、かつ、人間にしか効果がないように作った。だから転んで箱がその辺を転がっても発動はしない」

コロラド「そんなことできるの!?」

提督「まあな。あまり無差別に効果があると面倒なことになるから、指示役さえ潰せりゃいいと思って俺が調整したんだ」

提督「これで他の連中が萎縮してくれればそれでよし。そうじゃなけりゃあ、次はねえぞ、ってことで思い知らせればいい」

提督「今回みたいな調整はくっそ面倒臭かったから、二度とやりたくねえけど」

コロラド「それじゃ、次は私たちもああなるってこと……!?」ゾッ

X大佐「さすがに次はないと思うよ。これまで僕たちのやり取りに難癖をつけていた将官たちも、曽大佐の写真を見たら絶句してたからね」

提督「そうなって欲しいもんだがな」

コロラド「もう、そうなってるでしょ。私の Admiral なんか怯えてて、まさしくその通りじゃない」ムスッ


 扉<コンコンコン

X大佐「!」

祥鳳「X提督、祢大将閣下がお見えになりました」チャッ

X大佐「ああ、ありがとう。どうぞ、お入りください」

祢大将「失礼するよ。川提督は追い出されたようだな?」スッ

妙齢のスーツの女性「……失礼いたします」スッ

コロラド(あら、なかなかダンディなおじさまじゃない……!)

X大佐「祢大将殿。改めて紹介いたします、彼があの墓場島の提督です」

提督「……」ペコリ

X大佐「こちらは川提督艦隊所属の艦娘、コロラドです。彼女は同席してもよろしいんで?」

祢大将「うむ。川提督からもヒアリングしようと思っていたのだ、彼女に代理を務めて貰おう」

X大佐「提督、こちらは祢大将殿。この方が君に会わせたい人と言っていたお方だ」

祢大将「よろしく。こちらは私の秘書だ」

女性→秘書「……」ペコリ


祢大将「病院から電話が来ていて遅くなった。曽大佐の老化現象は君の仕業か……なかなか恐ろしいな」

提督「……」

祢大将「ところで、君のところの妖精は元気かな?」

提督「……!」

コロラド「妖精?」

祢大将「確か彼女は女神妖精だったと記憶しているが……」

提督「あいつは……燃えた島から俺たちを助けるために、力を使って消えた」

祢大将「……そうか。残念だ」

X大佐「……?」

祢大将「私は、彼の連れていた妖精と一度会ったことがある」

祢大将「本営の廊下で、彼の書いた手紙を中将へ届けようとしていたときだったな」

X大佐「そんなことが……?」

提督「あのとき、妖精を見つけてくれたのは、あんただったのか……」


提督「あなたのおかげで、俺はこれまで多くの艦娘たちを助けることができた。感謝する」ペコリ

X大佐「!」

コロラド「!?」

秘書「……」

祢大将「私は妖精の訴えに応じてあげただけだ。その後の話については……まあ、いろいろ驚かされたがね」

コロラド「……」ポカーン

提督「……おい、なんでぼけっとしてんだよ」

コロラド「あなた、ちゃんとお礼を言えるのね?」

X大佐「コロラド……いくらなんでもそれは提督に失礼じゃないか?」

コロラド「わ、悪かったわよ……」

提督「謝んなよ、人物評としては正しいんだ。俺が不愛想で不躾で無礼の極みだってのは、今に始まったことじゃねえ」

コロラド「自分でそこまで言ってちゃ世話ないわよ!?」

提督「ところで、祢大将が俺に会って何を話すんだ? 今の妖精の話は俺も知らなかったが、そのためだけに会いに来たわけじゃねえよな?」

祢大将「H大将の指揮下から離れた曽大佐の後ろ盾になったのは、和中将だ」

提督「!」


祢大将「和中将は徹底的にあの島の存在を忌み嫌っているようでね。彼の不始末ということで、私が詫びに来たのだ」

X大佐「祢大将殿は呉の鎮守府の最高責任者だ。和中将殿は祢大将殿の部下にあたる」

提督「呉の……なるほど。確かに祢大将が出てくるには真っ当な理由だが、俺はそこまでしなくていいと思ってる」

提督「俺たちは俺たちのやり方で、既に落とし前をつけさせてもらった。あんたから謝罪を受け取ったら、こっちも頭を下げなきゃならねえ」

祢大将「……謝罪は不要だと?」

提督「俺は、実際に関与した当事者以外を極力巻き込みたくないんだ。確かに、曽大佐は海軍の人間であり、あんたはその上官だろう」

提督「だが、H大将からこの島の事情を聴いて、H大将の意図に反発し、この島に攻め込むよう艦娘に指示したのは、他ならぬ曽大佐自身だ」

提督「後ろ盾になった和中将が焚きつけたという見方もあるなら、この場に詫びに来るのは和中将であるのが筋だろうし」

提督「むしろ祢大将は、身勝手に振る舞った曽大佐たちに振り回されたにすぎないと思ってる。H大将もな」

祢大将「私も被害者だと言いたいのかね?」

提督「あんたが曽大佐を唆したって言うんなら話は別だが、そうじゃないなら、俺たちに対する加害者とは言えないだろう」

提督「形式上の縁者のために頭を下げなきゃならないというのなら、俺の弟がやったことも、俺が頭を下げなきゃいけなくなる」

提督「そんな理不尽で馬鹿な話はなしだ。祢大将が頭を下げる筋の話じゃないと思ってる」

祢大将「ふむ……では、かつてあの島を取材しようとしたテレビ局の不手際についても、一言あったんだが」

提督「テレビ局……その話も今更だな。わざわざ掘り起こすまでもねえや」


祢大将「なるほど。では、この話はやめにしよう。それとは別に、私からいくつか聞きたいことがあるんだが、いいかね」

提督「? 答えられる範囲でならいいが……」

祢大将「まず、君は、曽大佐についてどう考えているかね。どんな人物だと考えた?」

提督「そうだな……最初は、軍人の家系で、本家から見下されないために過激派になったと考えていたが」

提督「そうじゃなく、艦娘不信……というより艦娘嫌悪に近いか。艦娘に見下されたくない、って意識が強いのかと思っている」

提督「あいつの部下の大和たちの記憶を辿っていくと、深海棲艦の撃滅には積極的だが、その成果を褒めたりもしてないようだし……」

X大佐「記憶?」

提督「ああ。あいつらをまっとうにするために、有害な記憶を切り離してやってたんだよ。その時にあいつらの頭の中を見たんだ」

X大佐「……??」

提督「曽大佐の艦娘に対する態度は一貫して高圧的。口答えしたり、機嫌を損ねたりすると、すぐに殴られる」

提督「逆に艦娘を褒めるようなことは全くなく、何をしてもらっても感謝の言葉すらない。艦娘は完全に道具か召使い扱いだ」

提督「大和の頭の中は特にひどかったな。とにかく戦闘のことしか頭にないし、曽大佐のことを神様みたいに崇めてやがった」

提督「多分、一番最初のときに、曽大佐にこっ酷く怒鳴られてるのがトラウマになってたようだが……」

コロラド「……確か、その記憶を、全部消してあげた結果、ああなっちゃった、ってことだったわね?」

X大佐「???」


提督「ああ、ひどい記憶を持った魂を俺が全部取り除いたんだ。そうしてやったら、体も痩せて細くなっちまってな」

提督「ガリガリじゃあ可哀想だから、代わりに無害な魔力を入れてやって……体も、精神年齢相応に調整してやった」

X大佐「いやいやいや、ちょっと待って……? 確かに、報告には大和や陸奥が海防艦並に幼い姿で帰ってきたって……」

コロラド「それも、提督の仕業なのよ」

X大佐「……深海棲艦がやったんじゃなかったのか」

提督「俺も半分、深海棲艦だぞ?」

X大佐「た、確かにそうだけど……」

祢大将「君が艦娘の記憶を操作して、悪い記憶をすべて消した結果、幼児のような艦娘になった……生まれ変わらせたと言うことか」

提督「別にあいつらを子供にするつもりはなかったんだが、結果的にそうなっちまった、って感じだな」

提督「いくら話が通じないとはいえ、うちにいる艦娘と同じ面した奴を沈めるのも気分が悪いし……」

提督「つっても、どいつもこいつもくっそ悪い面してたからなあ。害悪な部分は残らず切り捨ててやりたかったってのはあるな」

X大佐「……まるで工廠の建造妖精みたいだね、君は……」

提督「あいつらほどじゃねえよ」

コロラド(……なんか、嬉しそうね?)

提督「一応、あいつらをあの姿にした後で、工廠の妖精たちにも診てもらってる」

提督「問題もないって言ってもらえたし、余所に移ったとしても、曽大佐みたいな過激なことは言い出したりしないはずだ」


祢大将「君の言い分だと、艦娘は悪い記憶ばかり持っていたことになるな。曽大佐は、艦娘にそこまでのことをしていたということかな?」

提督「俺はそう思う。あいつはとにかく、艦娘が自分に逆らえないようにしたかった、抑えつけたかったんだと思ってる」

コロラド「私もそう感じたわ。曽大佐に会う前に提督からそのことを事前に聞いてたから、曽大佐にはちょっと強く出てみたのよ」

コロラド「そうしたら、それが気に入らないらしくて、平手打ちされそうになったし」

コロラド「老人になった後も、ちょっと近づいたら来るなって叫ばれたの。あれは、曽大佐に怯まなかった私に怯えていたようにも思えたわ」

提督「……いま思ったんだが。艦娘嫌悪と言ったが、もしかしたら女性嫌悪と言ったほうが正しいかもな」

提督「女ばかりの姉妹の中に男が一人だったんだよな? 俺には姉妹はいないからわからねえが、そいつらに嫌な思い出でも作らされたか」

提督「曽大佐が艦娘だけを嫌ってるのかどうかがわからないから、もし人間の女性も嫌っていたら、の推測だが」

秘書「……」

提督「それからあんた。秘書だって言ってたが、あんたは曽大佐の姉だな?」

コロラド「えっ、そうなの!?」

秘書「……ええ、そうです。よくわかりましたね」

X大佐「曽大佐のお姉さんですか! この度は海軍の不手際で大変申し訳……」ペコリ

祢大将「ああ、いいよX大佐。彼女には事情をすでに話していて、理解もしてもらっている」

X大佐「そうでしたか……同じ海軍の人間として、申し訳ございません」アタマサゲツヅケ

コロラド(私も頭を下げたほうがいいのかしら……)ペコリ


秘書「……私からも、弟の愚行をお詫びいたします。あの子がこうなってしまったのは、私たち姉妹の行いによるものです」ペコリ

祢大将「皆、顔を上げてくれ。私からも曽大佐の話をしよう」

秘書「……」

祢大将「まず、提督の考察はおおよそ当たっている物だと感じている」

祢大将「曽大佐には姉が4人、妹が2人いたのだが、その姉のうちの長女が、こちらの彼女だ」

祢大将「彼女の家柄は軍人の家系。その傍流の長女として生まれた彼女は、軍人になるべく厳しく育てられた」

祢大将「しかし、そのご両親は彼女だけを厳しく育てた一方で、妹たちは自由に育て、甘やかされ続け……」

祢大将「結果として、次女から下はいずれもとんでもない女性に育ってしまっていてね」

祢大将「私がこの件で曽大佐のご家族に事情を話しに行ったのだが……まあ、なかなかのことがあったのだ」

祢大将「なので、彼女が私の秘書をしていることも、あちらには秘密にしている。君たちも、このことは口を滑らせないでもらいたい」

提督「……」

秘書「……」ウツムキ

祢大将「さて、曽大佐が長男として生まれると状況が変わる」

祢大将「今度は長男を立派な軍人にするべく厳しく育て始め、一方の長女は軽視されるようになった」

祢大将「過剰な期待を背負わされて育てられたはずの彼女は、いきなりその荷を取り上げられ、好きに生きろと言われたそうだ」

提督「勝手が過ぎるな。子供は親の玩具じゃねえんだぞ、くそが……」ボソッ


祢大将「彼女が戸惑う一方で、曽大佐は両親から厳しく躾され、我儘な次女たちからは顎で使われ……」

祢大将「そのあとから生まれた妹たちは、次女たちの姿を見てきたせいか、曽大佐に横柄な態度を取るようになったようだ」

コロラド「……なんてこと」

X大佐「では、曽大佐の艦娘に対する態度は、曽大佐の姉や妹たちから受けてきた態度に起因するものだと……?」

秘書「……私は、そう考えています」

コロラド「でも、あなたは、その妹たちとは違ってたんでしょ? 厳しく育てられたって……」

祢大将「長男の誕生を機に、彼女はご両親から一切気にかけてもらえなくなったそうだ」

祢大将「行く予定だった大学進学も取り消され、一切の金を出さないとまで言われたと。その後、彼女は家を出てご家族と縁を切っている」

提督「ってことは、それ以来、曽大佐と接触してねえってことか」

秘書「……」ウナヅキ

提督「じゃあ、曽大佐がああなったのは、あいつの同居家族が原因ってことだな。ま、今となっちゃあ、どうでもいいけどよ」

コロラド「ちょっと!? どうでもいいって……!」

提督「俺にはどうでもいいことだ。とりあえず、これでもう、曽大佐がこっちにちょっかいを出してくる心配はないんだろ?」

コロラド「じ、自分たちが良ければそれでいいの!?」

提督「当たり前だろ? 余所のご家庭の内情に俺が物申せってか? 当事者にしても赤の他人に首を突っ込まれたいと思わねえだろ」

コロラド「そ、それはそうだけど……その言い方だけは、本っ当になんとかならないのかしら」アタマオサエ


提督「とにかく、いまの話が本当なら、そっちの姉貴も関係ない話だろ? 責任感じる必要はどこにもねえんじゃねえの」

祢大将「なるほど。彼はそう言っているが、君はどう思う」

秘書「……」ウツムキ

提督「……つうかそもそも、あんた、何者だ? 退魔師ってのは、いったいどういう肩書なんだ?」

秘書「!!」

提督「字面からして魔を退ける、なんて、ただ事じゃねえよな? やたらと俺を警戒してたのも、そういうことか?」

秘書「……!」ジリッ

提督「うおっ、なんだってんだよ、いきなり身構えやがって。あんたが何もしてこねえなら俺も何もしねえよ、少し落ち着け」

秘書「……」

コロラド「ね、ねえ、お姉さんはどうしていきなり身構えたの?」

祢大将「……彼女をここに連れてきた理由はもうひとつ。提督が危険な存在であるかを確かめるためだ」

提督「ボディガードも兼ねてるってことか?」

祢大将「そうだ。しかし、君は心配いらなさそうだな。彼女の正体を知っても、こちらを襲う気配もないとは」

提督「俺を試してたのか?」

祢大将「海軍大将として、君の存在が危険かどうか、自分の目で見極めなくてはならないと思ってね」

提督「そうかよ……そりゃあご苦労なこって」ハァ…


祢大将「X大佐がえらく信頼しているから、どんな人物かと言うのも気にはなったのだ。彼女が言うには、どうも人間ではないようだが?」

X大佐「はい、彼からは半分深海棲艦だ、と聞いています」

コロラド「あ、私、彼がよく見る深海棲艦や子供になったところを見たことあるわよ」

X大佐「は? ……子供?」

提督「余計な事言うなよ……」

コロラド「いいじゃない、正直なほうがいろいろ信じてもらえるでしょ」

提督「ある程度はそうだけどよ、今のタイミングじゃ話がややこしくなるだけだろ」

提督「そもそもうちの連中は、俺も含めて人間とは距離を置いたほうがいいって奴の方が多いと思ってんだ」

提督「だから、俺たちは人付き合いを最低限にしようっつってんのに、余計な気を使って引っ掻き回すんじゃねえよ」

祢大将「……彼は本当に、戦いを含めて人との交流を避けたいようだな。これなら、戦争に参加したくない、と言う話は本当のようだ」

祢大将「であれば、中将殿からも聞いているが、政府には過度な期待をせぬよう、言って聞かせねばならないな」

提督「そっちもあまり気を使ってくれなくていいぞ? 政府からは、曽大佐艦隊の襲撃の前に、交渉のための書類だけは受け取ってるんだ」

提督「その中に変なことが書いてありゃ、こっちから文句を言うつもりでいる」

祢大将「そうか。まったく接触していないわけではないのだな」


提督「あまりに話が通じない時は、海軍に話を回させてもらうつもりだが、まだ始まったばかりだしな……できる限り、こっちでやるさ」

提督「ただ、曽大佐と俺の弟があんな真似しやがったからな……正直、この後の話がどう転ぶかは予想できねえ」

提督「確か、政府に対する海軍の窓口は中将だったよな?」

X大佐「今はね。現状、与少将も一緒に窓口になってて、そのうちその任を引き継ぐ予定だよ」

提督「与少将の見た目だと舐められそうだな。あいつら、駆逐艦娘のことも、子供だと思って侮ってたらしいからなあ」

提督「極力俺たちでなんとかするが……これから連中がどんな態度取ってくるか、心配なのは変わらねえな」

祢大将「なるほど、政府とは穏便にことを進めようとしている、ということか」

祢大将「であれば、ストレートに訊こう。君は、政府の人間を襲撃している者に心当たりはあるかね?」

提督「は? ……なんだそりゃ?」

祢大将「やはり知らないかね。今の話しぶりから、関わっているようには思えないからこそ訊いたのだが」

X大佐「あの、それはもしや、先日の政府との会談を予定していた官僚が暗殺されかけた事件のことですか?」

提督「ああ!? 誰だよ、そんなことしやがんのは! そこまで俺たちの嫌がらせがしてえのかよ、くそが……!」ウヘェ

コロラド「提督は本当に知らないの?」

提督「知らねえよ! そもそも碌に知らねえ島の外のことを、俺たちがどうやってコントロールしろってんだよ!」

提督「普通に俺たちの妨害をしたい馬鹿がやらかし……」ハッ

X大佐「提督?」


提督「……つうか、もしかしてそれもエフェメラの仕業か? くそ、あいつマジで手あたり次第じゃねえか……?」ブツブツ

秘書「何か知っているのですか?」

提督「……喋ってもいいが、あんたたちが俺の考えを信じられるかどうかがわからねえ」

提督「ただ、俺の考えっつうか予測が正しいなら、政府の人間への襲撃は一時的にでも止まるはずだ」

コロラド「? なにそれ、どういうこと?」

提督「俺が想定した犯人は、お前があの時、俺たちと一緒に見てたあの機械人形だよ」

コロラド「機械……ああ! あの Mechanical blonde girl ね! あいつ、結局何者だったの……?」

提督「……邪悪な神の下僕、ってところか。あいつは、世界を恐怖に陥れる邪悪な神を、この世界に呼び寄せようとしていたんだ」

コロラド「What's !?」

秘書「邪悪な神……!?」

提督「コロラドが言うメカ女……エフェメラって名前なんだが、そいつが俺の考える政府要人の襲撃犯だ」

提督「そいつは、その邪悪な神に作られた下僕でな。俺は、そいつに生まれる前から目をつけられていたらしい」

コロラド「生まれる前から!?」

提督「知ってると思うが、俺は半分深海棲艦だ。そういう特殊な生まれの人間を生贄にして、自分の崇拝する神の復活を企んだらしいんだ」

提督「そのために俺の父親に接触して、一族の繁栄を約束する代わりに、俺をその邪神の餌にしろと持ちかけたんだとよ」

X大佐(それで、提督は家族を忌み嫌っていたのか……)ムムム…


提督「ところが、俺が予想以上にしぶとく生きのびてた。それで、そいつはおそらく計画を途中で変更したんだろう」

提督「俺を、その神に対する餌じゃなく、その神そのもの……そいつの依り代しようとした」

提督「結果的にはそれも失敗して、エフェメラは自滅したんだけどな」

コロラド「そういえば提督って、あの島の住人の一部からマジンサマって呼ばれてたわね?」

秘書「それが、エフェメラの崇拝する邪悪な神の名前ですか」

提督「……まあ、な。あんまり話したくないが、H大将とかにも喋ってるし、今更か……」ハァ

提督「とにかくだ。あいつは、俺に絶望を味わわせて、今以上に人間を憎むように仕向けたかったか……」

提督「あるいは俺たちに人間を殺させて穏便な解決を阻害することで、俺が人間と戦わざるを得ない状況を作りたかったんだろう」

提督「おそらく、政府の人間の暗殺もそのうちの一手だな。人間側に不信感を抱かせるための離間工作とも考えられるし」

提督「そうじゃなければ、エフェメラ自身が俺たちの島に乗り込みやすいように、邪魔になりそうな人間を退場させようとしてた、とかか」

祢大将「……どう思う」

秘書「嘘をついているようではないようです。確信しているわけでもないようですが」

祢大将「彼自身が正確な情報を掴めていないということか」

提督「あまり無理言ってくれんじゃねえよ。俺たちは日本で起きていることなんか全然情報入ってこないんだぞ」

提督「曽大佐の情報も、X大佐たちから善意でもたらされただけで、曽大佐の襲撃に川提督が関わってることすら知らなかったんだ」

提督「祢大将が呉の鎮守府の元締めだってことも、言われなきゃ知らなかったくらいには疎いんだぜ?」


提督「そういう限られた情報のなかで、俺たちと政府の関係を乱そうとする奴と考えて思い当たったのが、そのエフェメラくらいなんだ」

提督「そっちの秘書が魔物退治の専門家だってんだから、そういう関わりがあるのかと思ってそいつを挙げたが……」

提督「それ以外の意味で言えば俺の父親も何を考えているかわからねえ。が、俺はあいつとは縁を切ったし、調べるんならそっちで頼みたい」

提督「国会議員になったって聞いたが、それでどこまで力を持ってるのか、俺は微塵も知らねえからな」

提督「弟が馬脚を現したことと、エフェメラの支援がなくなったことで多少力が削がれたと思いたいが……それも俺も希望的観測だな」

祢大将「なるほど……」

提督「ここまでぶっちゃけたついでだ、俺の考える不確定情報はもうふたつある」

提督「ひとつは、暗躍しているエフェメラが他にいないかどうかだ」

コロラド「え? あいつが他にもいるの?」

提督「魔神が作り出した自動人形であるエフェメラは、複数体いる。俺が知っているのは、俺の父親に接触した奴と、俺に味方した奴」

提督「前者はこの前ぶっ壊れて、後者は今のところ行方不明……ほかに何体いるかは俺も知らない」

提督「ただ、今のところエフェメラたちは全員、魔神のために動いてる」

提督「俺の父親に接触したエフェメラがこれまで何をしていたかを考えれば、人間にとって良くない存在であることは間違いないはずだ」

祢大将「……」


提督「それからもうひとつは、俺以外の魔神の存在だ」

秘書「魔神が複数体いると?」

提督「魔神はかつて1柱だったが、封印の際にいくつもに分かたれて封印されたらしい。俺はその魔神の力の一部を持っている」

提督「分かたれた力の残りがどこにあるかはわからない。ついでに言うと、そいつらは絶対に俺とは性格が違うはずだ」

コロラド「絶対になの?」

提督「本来の魔神は、暴力と恐怖で人間を支配してたって聞いてる。だったらそいつも凶暴で残虐な性格って考えるのが自然だろ?」

提督「俺みたいに、いまの仲間たちとおとなしく平穏に暮らすことを望んでいる魔神なんてもののほうがイレギュラーなはずだ」

提督「その俺以外の魔神が、どんな形で現れるのか、それとも現れないのか……そこも俺には予測できない」

秘書「……」

提督「どうだ。こんな不安を煽るだけの絵空事みたいな話、あんたたちは、はいそうですかと信用できるか?」

コロラド「私は、あのエフェメラ? ってやつを見たから信じるわよ。提督が変身したところも見たしね!」

提督「……お前、見たからって信じるの早すぎるな?」

祢大将「普通の人間には見えない妖精も、存在を確認されている。君の話も、全く信用しないわけにはいくまい」

秘書「そうですね……実物を見るまではなんとも言えませんが、聞き流して良い話ではないと思います」


提督「ふーん、信じるってか。それじゃあ、少しだけ見せてやるか……論より証拠だ」ズズ…

秘書「! みなさん、下がってください……!」

X大佐「こ、この寒気は……!?」

 ズズズズ…

提督『ふふ……そこまで怯えなくていいんだぜ……?』

秘書「地獄の底から響いてくるような声……あなたが魔神ですか」

提督『……然り。我は、名を穢されし、魔を統べる神』

X大佐「っ!!」

コロラド「う、うわ……口調まで変わってる!?」

祢大将「……名を穢された……?」

提督『我の名は、眩き光に焼き消されたが故、今は提督の名と姿を借りている』

秘書「……」ジリッ

提督『……ああ、まどろっこしいな、この喋り方。もとに戻らせてもらうか』

 ズズズズ…

提督「魔神はな、敵対する神に名前を隠されちまったんだよ。だから、俗称だった『魔神』がいまの神の名前さ」

秘書「……」


提督「ああ、警戒しなくていいぞ。今のは魔神のことを知って欲しくて、ちょっとだけ力と雰囲気を外に出しただけだ」

提督「今ので魔神の気配は覚えたろ? こんな雰囲気を感じたら、魔神やその息のかかった奴がいると思ってくれ」

提督「俺も、俺以外の魔神の存在には警戒してるんだ。もし、やばいと思ったらこっちに連絡してくれていい」

祢大将「協力する、と言うのかね?」

提督「俺個人の判断としては、一応な。まあ、うちの連中の中には嫌がる奴も出てくると思うんだが……」

提督「とにかく、元来の魔神が世界に破壊と恐怖をもたらすというのなら、俺たちの望む平穏も同じように脅かされるはずだ」

提督「お互いどのくらい協力できるか、いざってときに戦力になれるかはわからねえが……」

提督「無駄にいがみ合って足を引っ張り合うのは、この手の話じゃあ絶対に避けるべきだろ?」

提督「俺たちのスタンスは変えてねえ。平時は疎遠にして、必要な時だけ手を組む。思想の違う生き物が共存するにはそれしかねえ」

秘書「……あなたは、本当に、人を害する気はないのですか」

提督「さっきも言ったが、俺たちは、俺たちの穏やかな暮らしを守りたいってだけだ。邪魔する奴が人間かどうかは関係ねえ」

秘書「……本当に、珍しいですね。私が見てきた世の魔物は、人間を食い物にする暴力と欲望の獣ばかりでしたので」

秘書「あなたが、妖精と仲良くしていたというのも、話を聞いた今なら頷けます」

提督「……仲良くできた相手が妖精だけだったってだけさ。その妖精が、俺の親代わりみたいなもんだった」

提督「その妖精が悲しむような真似はしたくない。だから人を必要以上に傷つけもしなかった……魔神の餌にならなかったのはそのおかげだ」


提督「あいつがいなかったら、この場にいることも、艦娘と出会うことも、なかっただろうな」

祢大将「……」

秘書「……」

提督「ただ……その妖精は、深海棲艦の遺骸から作られた弾丸によって、一度この世界から消されている」

X大佐「……」

提督「うちの鎮守府には、その深海棲艦の遺骸から作った武器に苦しめられた艦娘や……」

提督「まさしく武器に作り変えられていた深海棲艦がいるんだ」

X大佐「……軽巡棲姫のことだね?」

提督「ああ。だから、それを作るのに関わった人間どもに限っては、俺は容赦するつもりはねえ」

提督「泣いて許しを請うたとしても、そいつらだけは絶対に許さねえ……!」ズズズ…

コロラド「……」ゾクッ

祢大将「深海棲艦から作った武器と言うと、中将の息子の大佐が研究していた武器のことだな?」

提督「ああ。そいつの一味以外にも、研究している奴らがまだ海軍内のどこかに潜んでいるらしい」

提督「J少将がその辺の情報を持ってたらしいんだが、残念ながらそうと知らずに俺が殺っちまったからな」

提督「海軍の中にそいつらを支援してる連中が潜んでる限りは、俺たちが海軍を無条件に信じることはできねえと思ってくれ」


提督「できれば情報を貰えると助かる。そいつらの首を差し出してくれてもいいが、できればそいつらは俺の手で始末したい」

祢大将「……わかった、心に留めておこう。魔神に関する情報提供、感謝する」

秘書「……」ペコリ

祢大将「さて、他にあるかね?」

提督「窓口はどうする? X大佐に頼んでもいいのか?」

X大佐「うん、それは僕が窓口になろう。祢大将殿もよろしいでしょうか」

祢大将「いいだろう。機を見て連絡しよう」

提督「……」ペコリ

祢大将「では、我々はここでお暇しよう。提督、君と話ができて良かった。今後も、良い距離感の付き合いを期待しているよ」

秘書「……失礼いたします。ご無礼、ご容赦を……」

提督「……」ケイレイ

X大佐「祢大将殿、お時間ありがとうございました」ケイレイ

 スタスタ パタン

提督「……ふう、やれやれ」

X大佐「緊張したかい?」

提督「秘書の女がずっとこっちを見張ってたからな」


提督「こっちの言い分無視して何か仕掛けてくるかと思ったが、そんなこともなくてほっとしただけだ」

コロラド「ところで、なんであの女性がタイ・マーシー? ってわかったのよ」

提督「なんとなくわかるんだよ。修験道か何かをやってるみたいだったな、あれは」

コロラド「シュゲン……ふーん……?」

提督(魔神の目を使って略歴を見ただけなんだけどな。本当にあって助かるぜ、この力)

提督(あの女、家を出てから出家しようとしたらしいが、その寺で修行して魔物退治の力を得た、ってことらしいな)

X大佐「そういえば、祢大将が妖精と話ができる女性と知り合いだという噂があったなあ。おそらくあの人がそうなんだろうね」

提督(……となると、妖精を見つけてくれたのも、あの女か。礼を言い損ねたな、失敗したぜ)

X大佐「魔物と戦えるというのも、そういう不思議な力がなにか関係しているのかもしれないね」

コロラド「妖精は Demon じゃないと思うんだけど?」

提督「普通の人間には対応できない、って意味じゃあ、そこまで遠いもんでもないと思うがな」

提督「艦娘だって、人間にしてみりゃ十分にファンタジー世界の産物だろ。存在している以上はそうとも言えなくなったが」

コロラド「……」


提督「ま、なんにせよ、本当なら仲良くできてりゃ種族なんてなんでもいいんだ。面倒臭く考えなくて済む方がいい」

X大佐「……人間がみんな、君みたいな考えを持っていたら、争いが起こらなかったんだろうね」

提督「だといいけどな。世の中そんなに簡単じゃねえからなあ……なあ、X大佐?」

X大佐「何かな?」

提督「お前、さっき俺が魔神の気配を出したとき、怖かったろ?」

X大佐「……それは、そうだね……恐ろしいと思ったよ」

提督「この力のことはできるだけ内密にしてくれよ。たとえその力を使わないと知っていても、それに対抗する力が欲しくなるのが人間なんだ」

X大佐「……」

提督「艦娘だって、軍の規則とか権利とかで縛って人間が『運用』してるだろ。まともに戦ったら艦娘にかなわないから、ってよ」

X大佐「それは……」

提督「残念ながら、世の中、X大佐みたいに艦娘から信用されてる人間ばかりじゃねえ」

提督「お前たちみたいに信頼関係を結べてるならともかく、大多数は……特に一般人は艦娘と縁のない人間ばかりだ」

提督「そいつらにしてみりゃ『それ』を抑え込む組織なりなんなりがないと、恐怖を感じるのは無理もないと思ってる」

X大佐「……」


コロラド「私たちは、海の平和のために戦ってるんだけど」

提督「そうであってもだ。俺たちも同じで、条件付きだが害意がないことを証明……表明し続けないと、人間に寝首を掻かれると思ってる」

提督「そうでなくても、手前の利益のために俺たちを利用しようとしたり、一時の感情で陥れようとしたりする人間は必ず現れるからな」

提督「さっきも言ったが、お前はくれぐれも気を付けとけよ? ただでさえお人好しが過ぎるからな」

X大佐「……ありがとう。やっぱり君は、いい人だね」

提督「ビジネスの一環だよ。あんたに倒れられたら俺も困るってだけの話だ」

提督「とにかく、お前も何か身の回りでやばい話があるなら、こっちに投げとけ。わかる範囲で返事は返してやるからよ」

コロラド「Hm... 私、知ってるわ。こういうのをツンデレって呼ぶのよね?」

提督「つん……?」

X大佐「あははは……ちょっと違うと思うけどね?」

コロラド「……ねえ、そういえば、あなたが海に吹き飛ばした男がいたじゃない。弟なんでしょ? あいつ、どうなったの?」

提督「どうって、吹っ飛ばしてその後は俺も知らねえよ。どうでもいい」

コロラド「どうでも!?」

提督「あんな不始末やってのけたんだ。どのみち、島にはどうやっても来られねえだろ?」

X大佐「彼なら、その後救助されたよ。今は全身打撲で入院してる」

提督「ふーん」

X大佐「……おそらく、H大将殿から詳しい連絡が来るだろう。あとで連絡するよ」

提督「ああ……よろしく頼むぜ」

コロラド「?」


 * 退室後 巡視船内通路 *

コロラド「ねえ、提督? 曽大佐と違って、N特務大尉は酷い目に遭わせなかったみたいだけど、それはどうして?」

提督「ん? えーと……N提督の件で言えば、正確には卯月から頼まれたから、だな」

コロラド「ウヅキ?」

提督「あいつの鎮守府にいた駆逐艦娘の一人だ。そいつが、洗脳ツールでおかしくなった仲間と、N提督を助けたいと言ってたんだよ」

コロラド「だから、N特務大尉には何もしなかったの?」

提督「ああ。しょうがねえから、文句言うだけ言って、俺は手は出してねえ」

提督「卯月は、N提督のやり方は間違ってるとは言っていたが、同時に、N提督が故郷を取り戻したい気持ちも、理解できてたようだった」

提督「妙高たちも同じかどうかはわからねえが、そこまで厳しくしなくていいと思ったからこそ、今もああやって補佐してやってんだろう」

コロラド「ふぅん……いい関係なのね。それじゃ、曽大佐とは対応が全然違ってて当然だわ」

提督「まあな。聞いた限りじゃ、曽大佐に従う艦娘はいなかったんだろう?」

コロラド「人の話を聞かない狂信者的な子はいたわよ。問題あり過ぎて、今頃、Dailyの解体任務の候補になってるんじゃないかしら」

提督「……手の施しようがない、ってか?」

コロラド「気の毒だけどね。でも、変な話よね? 私たち艦娘は、艦隊のころの記憶を持ってて、自分の意志がちゃんとあって」

コロラド「建造された時から話ができるって言うのに、どうしてあんな男にほいほい騙されちゃうのかしら」


提督「……確か、お前が聞いてきた話だと、歯向かう艦娘に大声で圧力をかけたんだったよな?」

コロラド「歯向かうっていうか、曽大佐の考えとちょっとでも違うと、怒鳴られてたみたいね? 手が出るのも珍しくないみたいだったわ」

提督「だとしたら、騙されたというより、歪まされた、だな。俺の父親と似たような手口か」

コロラド「え?」

提督「曽大佐は、艦娘が自分に逆らわないように、自分の言うことが絶対だと言い聞かせてきたんだろう」

提督「正しいことも時折混ぜて、艦娘の各々の思想を間違いだと必要以上にぶっ叩く。叩いて叩いて、歪ませたってことだ」

提督「頑なな奴なら反発するかもしれねえが、艦娘が、自分を率いる司令官からそんな態度を取られ続ければ、歪みもするさ」

コロラド「今の話だと、あなたも Moral harassment を受けていたってこと?」

提督「まあ、歪んでるのは違えねえ。曽大佐も、姉妹に貶められて歪んだから女を敵視して、女を自分より下に見ようとしたんだろう」

提督「その結果があの鎮守府なんだろうさ。思えば深海棲艦も女ばっかりだし、そいつらにも屈したくなくて躍起になった、ってとこか?」

コロラド「あなたの父親もそうだったの?」

提督「俺の場合は妖精の存在の全否定から来る俺の全否定だな。俺が折れねえんで、あっちも言い方が過激になったのかもしれねえが……」

提督「当時の父親が何を考えてたかはわかんねえし、今も理解したいとは思わねえ」

提督「そもそも生まれる前に俺を生贄にする宣言してんだぜ。俺の存在はあいつにとっちゃあ……」

コロラド「……提督?」

提督「荷物……邪魔者……? ちょっと違うな……実際、あいつにとって、なんだったんだろうな、俺は」

提督「なんて言えばいいかわからねえや……」

コロラド「……」

今回はここまで。

>459
提督だけで属性過多になっているので、ちょっと設定盛りすぎたかと反省しています。

>460
大人になる路線があるかどうかは、後に提督の口から言わせることにします。

>461
書きためていた分を投下したので、久々に間が開いてしまいました。

またお時間いただきたいので、またよしなにお願い致します。

書き込みテスト


おお、やっと書き込めた。
ここしばらくまったく書けなくてぐんにょりと悩んでて
ようやくある程度の形になったので投下しようとしたら
書き込みできずへこんでおりました。ひとまず書き込めるっぽいので投下します。

今回初めて名前が出てくるメディウムはこちら。

・フローラ・チュウシャキ:注射器を抱えたナースのメディウム。注射器を射出し、刺さった人間に謎の液体を注入して体調を崩させる罠。
  巨大な注射器を抱えたナース姿の女性。柔和に見えるが薬物による尋問拷問もこなせるくらいには酷薄。魔神様も実験台の候補らしい。
・クロエ・ワンダーバルーン:サーカスのピエロのような装束のメディウム。風船が人間を包み込み、ふわふわと空へ飛ばしてしまう罠。
  たくさんの風船を持ち歩く道化師。笑顔を振りまきつつ風船を配り、あらゆる悩みも空へと導いて、問題を忘れさせてしまおうとする。
・シャルロッテ・バナナノカワ:バナナを模した衣装を身に纏ったメディウム。足元におかれたバナナの皮が、人間を転ばせ怒らせる罠。
  アイドルを自称する少女。キラキラしたものが好きでステージ上でも輝くためアイドルを目指す。努力する姿は人に見せたくないタイプ。


 * 墓場島鎮守府 埠頭~本館連絡通路 *

提督「……」

大和「提督? こちらへ戻られてから、ずっと表情が優れないようですが……大丈夫ですか?」

提督「んー……まあ、ちょっと昔のことで考え事をしててな」

ニコ「もしかして、ぼくたちが関係することかな?」

提督「いや、俺が小さいころ……子供だった頃の話だ。だから、お前たちとはまだ出会ってないころの話になるな」

提督「多分、お前たちに話しても理解できない話だ」

大和「私たちにはわからないと仰るんですか!?」

戦艦水鬼改「ソレハ聞キ捨テナラナイワネ?」

提督「いやいや、わかんねえと思うぞ? だって俺の父親が何を考えてたか、って話なんだ」

ニコ「父親が?」

提督「ああ。あいつは俺が生まれる前に、エフェメラに言われて俺を魔神の生贄に差し出す契約をしたらしいんだよ」

提督「それから15~6年くらい、まともな親子関係じゃなかったとはいえ、一応は一緒に暮らしてたんだ」


提督「その間、あいつが何を考えて俺を育てていたのか、どんなつもりで俺と接していたのかがわからなくってなあ……誰か説明できるか?」

大和「……」

ニコ「……」

戦艦水鬼改「ソレハ確カニ、理解デキナイワネェ……」

大和「むしろ理解したくもありませんね」

ニコ「そういうことなら、エフェメラの思惑が多分に絡んでいた、と、考えるべきかな」

戦艦水鬼改「確カ、世間体ヲ気ニシテイタ、トカイウ話モ、ナカッタカシラ?」

大和「仮にも議員をやっているというのですから、義務教育中の息子を放り出すわけにはいかなかった、というのはあるでしょうね」

提督「むしろ、出来の悪い息子でも向き合って育てたっつう実績ができれば、逆に箔もつくか?」

大和「そういう見方もできるかもしれませんね。だとしても、結果的に勘当されているのですから、箔と言うほどのものもないのでは……」

戦艦水鬼改「トニカク、父親ノモトヲ離レタ後ニ、海軍ニスカウトサレテ、提督業ニ就イタンデショウ?」

戦艦水鬼改「私ニトッテハ、提督ガコノ島ニ来テクレタノハ、結果的ニ良カッタ話ダケレド」

戦艦水鬼改「ソレデ父親ノ評価ガ上ガッテタリスルノハ、チョット気分ガ悪イワネェ?」

大和「ええ、まったくです。提督は、ずっと一緒にいた妖精さんにいろんなことを教わったと聞いています」

大和「そもそも提督は、妖精さんとお話ができると言うだけで、必要以上に悪し様に言われたのですから、それだけでも心外です!」プンスカ!


提督「……やっぱり、つまるところは世間体か。学生時代のいじめの事件で弁護士呼んだのもそういうことだろうな」

ニコ「べんごし?」

提督「ガキのころにいじめで自殺した奴がいたんだよ。俺は関わっちゃいなかったんだが、教師どもが俺に言いがかりをつけてきてなあ」

提督「それで親が弁護士呼んで、俺が関係ないことを俺の代わりに証明したんだ」

提督「そこだけ見れば子供思いにも見えるが、ありゃ単純に手前の保身のために呼んだんだろうな」ウンウン

大和「提督が納得できる答えを見つけたのはよろしいんですけどぉ……」ムー

戦艦水鬼改「改メテ、ソイツガ屑ダッテコトガ理解ッタワ」ムスッ

ニコ「魔神様、いつでもぼくたちを使ってくれていいんだからね」

提督「大丈夫だよ、そっちはそのうち人間どもの手で裁かれるはずだ」

大和「そうなんですか?」

提督「H大将がそいつの金回りを調べてる」

提督「調査に手こずってたらしいが、あいつの背後にいたエフェメラが調査の邪魔していたとしたら、あれから少しは進展があるはずだ」

提督「その後のお裁きの結果に納得いかなかったら、ニコたちの手を借りるかもしれねえが……」

提督「H大将たちが無能でない限りは、放っておいても二度と関わることはねえだろうな」


ニコ「魔神様はそれでいいの……?」

戦艦水鬼改「弟ニモ同ジ対応ダッタワネ。ソモソモ、関ワリアイタクナイ、ッテコトカシラ?」

提督「下手に関わってぎゃーぎゃー喚かれても、つまんねえ捨て台詞吐かれて強がられても不愉快なだけだしなぁ」

ニコ「言葉を封じるメディウムが必要かな……フローラあたりにそんな薬がないか、聞いてみようかな」

提督「喋れなくして顔に一発蹴りでも……いや、やっぱやめとくか。どうせ許す気もねえし、何やったって気が晴れそうにねえな」

戦艦水鬼改「トリアエズ、ソイツノ考エヲ理解シヨウトスルノハ、ヤメタホウガイインジャナイ?」

提督「……そうか?」

大和「私も同感です。いくら考えても、提督のストレスにしかならないと思います」

ニコ「そうだね。殺す以外で関係を断ちたいと言うのなら、そいつらことは忘れてしまったほうがいいよ」

ニコ「どう始末するか、って方向でなら、ぼくたちがいくらでも考えてあげるけど?」

提督「……そうだなあ。どうしてそういう考えに至るのかを知りたくて考えてたんだが、狂ってるなら理解しようとするだけ無駄か」

戦艦水鬼改「一族ノ?栄ッテイウ、エフェメラトノ約束ノタメニ、アナタヲ生カシテイタ、トイウ程度ノ理由シカ、ナサソウジャナイ?」

大和「……提督がお労しい限りです」


提督「そう渋い顔すんな。今はそいつから離れたわけだし、こうやってお前たちに心配もされてるから、俺的にはすげえ救われてんだぜ」

大和「そ、そうですか?」

提督「そうだよ、おまけにこっちはみんな俺の味方をしてくれて、至れり尽くせりだ。こんなボヤキに付き合ってくれて、本当に助かってる」

ニコ「魔神様、こういうことは自分だけで抱え込まなくていいんだよ? お姉ちゃんは、いつでも相談に乗ってあげるからね」

大和「その通りです! 提督はおひとりではないんですから! 大和もいつでも力になります!」

提督「なんか、お前たちは、自分自身のことより俺のことを心配してくれてるからなあ。そう思えば、昔のことなんて些細なもんだな」

戦艦水鬼改「フフ、気分ハ晴レタヨウダナ? 褒メテクレテ、イインダゾ?」ニヤッ

提督「そうだな……」

大和「それでは!!」リョウテヒロゲ

提督「ハグしろってか……いいけどよ」ギュ

大和「ありがとうございます!」ギュー

提督「んで、ニコはどうする?」

ニコ「えっ!? ぼ、ぼくも、その……同じでいいよ……」マッカ

提督「そうか?」ギュ

ニコ「……///」ギュー


提督「ル級……じゃなかった、水鬼はどうする」

戦艦水鬼改「ソウネエ、ソレジャ私ハ……」ズイ

 ンチューーー…

提督「!?」

ニコ「」

大和「」

戦艦水鬼改「……ンフッ」ペロリ

戦艦水鬼改「次ハ、モウ少シ、長メニイタダクワネ?」ニヤッ

提督「……そうか。まあ、お手柔らかにな」セキメン

ニコ「魔神様!? お、お姉ちゃんはそんなこと許してないよ!?」

大和「提督! 私も! 今後は私もそっちのがいいです!!」

ニコ「ちょっ、ぼくの話、聞いてた!?」

戦艦水鬼改「フフフッ」ニマニマ


 * 執務室 *

吹雪「あわわわ……し、司令官! 早くここから避難したほうがいいですよ!?」

提督「……」

軽巡棲姫「提督……? アナタハ、コイツト、ナニヲ、シテタノォ……!?」ヌォォォ…

戦艦水鬼改「オ前ニ、コイツ呼バワリハ、心外ネエ」

提督「……もしかして、アレ、見てたのか?」

クロエ「ええ、見てたらしいですよ? 先ほど遠征から戻ってきて、真っ先に執務室へおいでになりまして」

クロエ「それで、団長が戻って来てない、ということでそこの窓から外を眺めましたところ、団長のキスシーンを目撃したようです!」

クロエ「いやー、ニコさんもいるその真ん前で! 真昼間から団長も隅に置けませんねえ!」

ニコ「ぼくは許可してないよ?」

クロエ「おや、そうなんですか? そういうニコさんもニコさんで、大和さんの次に団長と抱き合っていたところは私も目撃しましたが?」

提督「そこまで見てて、お前は俺のキスシーンは見てなかったんだ?」

クロエ「軽巡棲姫さんに窓際から引き剥がされまして! で、ニコさん? 抱き着いたのはどうなんです? 本当なんですか?」

ニコ「! そ、それは……ぼくは魔神様のお姉ちゃんなんだから、そのくらい……!」


軽巡棲姫「オネエチャンダカラッテ、ナニヲシテモイイト思ッテルノォ?」ヌラリ

ニコ「……うん。いいと思ってるけど?」フンス!

クロエ「開き直った!?」ガーン

提督「……」

クロエ「えー、団長? 団長からの何かしらの申し開きはございませんので?」

提督「面倒臭え」

クロエ「めんどう!?」ガビーン!

吹雪「司令官ってそういう人ですもんね」タラリ

大和「今の沈黙で、そう仰るのではないかと思っていましたが……」

クロエ「は、はあ、そうですか……それはそれとして、団長? そもそも、なぜニコさんたちと抱き合うようなことになったんです?」

提督「ちょっとした悩みを相談してたんだ。それで気分が晴れたから」

軽巡棲姫「ナンデ私ニ相談シテクレナカッタノォォオ!!?」

提督「こればっかりはタイミングの問題だろが。お前はいろいろ間が悪かったんだよ、この場は諦めろ」

吹雪「悩みって、どんな悩みだったんですか?」

提督「ん? 俺の父親が何を考えて俺を育ててたのかわからなくてな」


提督「生まれる前から魔神の生贄にすることを決めてたってのに、どの面下げて父親面してたのか、お前たちは理解できるか? って」

吹雪「……」

軽巡棲姫「……」

クロエ「……」

提督「そこでクロエまで同じ顔すんのかよ」

ニコ「ぼくたちもこんな顔してたのかな?」

戦艦水鬼改「シテタワヨ?」フフッ

クロエ「私としたことが、思わず顔が固まってしまいました……しかしなるほど! そういうお悩みでしたら、このクロエの出番ですね!」

クロエ「そんな悩むにも馬鹿馬鹿しい悩みは、紙に文句を書きなぐって、この風船に括りつけて飛ばしてしまえばいいんですよ!」

吹雪「えええ!? それじゃ根本的な解決にならないんじゃ!?」

軽巡棲姫「私ナラ、提督ノ悩ミノ種ハ、根絶ヤシニ、シテキテアゲルワヨォ……?」

提督「いや、そこまでやる必要ねえって。忘れちまおうぜ、ってことで話は終わったんだ」

吹雪「い、いいんですか? 何もしなくて!」

戦艦水鬼改「イイコトニ、シタワ。ソモソモ、私タチモ、ソイツノ考エヲ理解デキルト思エナイシ? 考エルダケ、時間ノ無駄デショ」

大和「それに、海軍が大佐との関係を探っています。私たちが手を下すまでもなく、人の法の裁きを受けるでしょう」


ニコ「そいつのことを考えても、腹が立つだけだしね。図らずともクロエの考え方が一番近いかな?」

クロエ「おお……!」

軽巡棲姫「チョット、納得イカナイノダケレド」

提督「俺の不快な相手をどうにかしようって気持ちはありがたいが、近々ケリの着きそうな話だからな。まあここは穏便に頼むぜ」ナデ

軽巡棲姫「……アナタガ、ソウ言ウノナラ、仕方ナイワネ……」モジモジ

吹雪「あ、し、司令官! 私も、なにかあればお手伝いしますから!」

提督「ああ、わかった。なんかあったら頼りにさせてもらう」ナデ

吹雪「はいっ!」パァッ

クロエ「……」

大和「クロエさんが面白くなさそうな顔をしてますね?」

ニコ「クロエだけ頭を撫でられてないからかな?」

クロエ「はっ!? いえいえ、なんのことでしょう!? そのような顔は」

戦艦水鬼改「シテタワヨ?」

クロエ「してないですよ!?」

提督「つうか、頭撫でるのも本人が望めばなんだけどな。吹雪や軽巡棲姫は前々からそうしてたから、自然な流れで撫でたけどよ」


提督「むしろ、男に頭撫でられるのって、普通なら抵抗あるもんだろ? クロエだってそうじゃねえか?」

クロエ「はっ!? い、いえいえそんなことは! 団長から褒めていただけるというのは恐れ多いと言いますか、なんと言いますか」

戦艦水鬼改「ソウハ言ウケド、アナタ、イ級タチノ頭モ撫デテタデショ?」

提督「あ、そ