【デレマス】愛海「二人で」七海「お仕事」 (15)

棟方愛海「ちょっとプロデューサー、大変だよ!」

P 「どうした?二人の出番はもうすぐだぞ」

愛海「だから問題なんだよ!撮影直前になってこんなこと…とにかくこっちに来て!」

P 「あ、ああ」



~ロケバス~

浅利七海「いつでも心はすいすい泳ぐ熱帯魚気分~♪」

P 「お疲れ、七海」

七海「大トロみたいなお仕事、いつもありがとなのれす、プロデューサー!」

P 「相変わらずだな。本番直前でも元気いっぱいだ」

七海「プロデューサーさんと、もっとたくさんの人の心を釣り上げます~。」

P 「おう、よろしく頼むぞ」

愛海「呑気に会話してるけど、何か気付かない?」

P 「何かって、別段おかしいところは…。普段通りの七海にしか見えない」

七海「プロデューサーは七海にとっての灯台なのれすよ~」

P 「もちろんだ。愛海も何か言ってやれよ」

愛海「無駄だよ。今の七海ちゃんとは会話が成立しないよ」

P 「何だ?今日も海や魚のことで頭が一杯だからか?」

七海「おさかなの魅力、語りましょうか~?」

P 「悪かった悪かった」

愛海「本当に気付いてないんだ。とにかく七海ちゃんの言う内容をよく聞いてよ」

七海「コンディションはばっちりぴちぴちれす!」

P 「仕事前の七海の日常にしか」

七海「旗も潮風の中を泳いでますよ~」

P 「旗?」

七海「ついに事務所に水槽が~。七海、信じて待ってたんれすよ~」

P 「事務所に水槽?ずいぶん前の話だな」

七海「そう…ワンピースにいるのはヒトデなのれす!」

P 「え?今日の服はワンピースじゃないだろ?」

七海「おはようございます~。朝釣りから始めますか~」

P 「!?こ、これはまさか!」

愛海「そう、そのまさかだよ」

七海「お昼れすね!どんなおさかな定食にしますか~?」

P 「さっきからどこかで聞き覚えがある言い回しばかりだと思ったが」

七海「ふぁ~…おさかなも夜にはおやすみするのれす~…」

愛海「デレステのカード台詞しかしゃべれなくなってるの」

P 「なんじゃそりゃ!!!!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1633751287

P 「なんてことだ…これから商店街の食べ歩きロケなのに」

七海「みなさんの心をしっとりさせます~。海みたいに~」

P 「俺は汗でしっとりしてきた」

七海「素材を活かしてお刺身に~」

愛海「プロデューサーは何かわからない?」

七海「好きな寿司ネタはもちろんいくられす~」

P 「わかるヤツがいるほうがおかしいこんな珍バグ」

七海「狙うは、マグロの豪華3点盛りれす…!」

愛海「もういっそお寿司屋さんのロケに変更してあげたほうが」

P 「今から無理だよ…」

スタッフ「棟方さん浅利さん、スタンバイお願いします!」

P 「うっ…七海は基本的に食べさせてればいいから、愛海がうまく返してくれ!頼むぞ!」

愛海「そんな!何か案を考えてよ!?」

P 「しかしなぁ」

七海「七海、待つのも好きれすけど」

P 「待たせちゃもらえないんだよ…と、とにかく時間だから行くしかない!」

愛海「行くの!?」

七海「水族館に」

P 「行かねえよ!?」

七海「お休み中の今のうちに…おさかな焼きますね~」

愛海「まさに今からお仕事なんだってば!」

P 「とにかく現場に!」

愛海「もう~~!!」

七海「浅利七海れす~」

愛海「棟方愛海です!今日はこの商店街で、たくさんおいしいものを見つけたいと思います!ここはまだ入り口ですけど、もういい香りが漂ってくるな~」

七海「生臭くないれすよ~」

愛海「そりゃそうだよ!そ、それでは早速こちらのお店にお邪魔してみましょう!」

七海「いい匂いれす~」

愛海「ここはテイクアウトで買える焼きそばが人気なんだよ。しかも、人気メニューは海鮮焼きそば!」

七海「カクレクマノミさんにナンヨウハギさん…ハリセンボンとか~」

愛海「およそ食用じゃないね!?イカとかだよ普通。それじゃあお店の方にインタビューしに行こっか」

七海「進め~れすっ!」

愛海「こんにちは!」

店主「どうも!」

愛海「ここは海鮮焼きそばが大人気だそうですね」

店主「ああ!俺は焼きそば一筋50年!この道一筋過ぎて、未だに嫁さんもいねえけどな!」

愛海「そんな、素敵なご主人なのに勿体ない~」

七海「沈まないのかな~」

愛海「ちょっ!」

店主「ははは、いいんだいいんだ、俺にとっちゃこの鉄板が嫁みてえなもんだから」

七海「よくお似合いれす~」

店主「がははは」

七海「心が広いお人なのれすね~」

愛海「いや本当だわ。あ、飲み物も頼もう。あたしはウーロン茶」

七海「ウオッカで」

愛海「何を言ってるのかな!?」

七海「やっぱり生で」

愛海「ダメダメダメだから!」

七海「酔わせるれす」

愛海「何それあたしに飲ませる算段?」

七海「イチコロれすね~」

愛海「そういう登り方はよくないよ!?芸能生命がイチコロになるから二人ともウーロン茶ね」

主人「お待ち!」

愛海「ありがとうございます!それじゃあいただこうか。ぱくっ…」

七海「美味しいれすよ!」

愛海「これすごいね!魚介の風味がすっごく合ってる!これは七海ちゃんも大満足でしょ」

七海「調べてみてくらさい」

愛海「なんで濁すの!?さっきあんなにいい笑顔でおいしいって言ってたのに。…あ、七海ちゃん」

七海「ひょわわっ!?」

愛海「そんなに驚くことなくない!?いや、お箸の持ち方すごくキレイだなって思って」

七海「とうとう気づいたれすね?」

愛海「なぜ不敵な笑み」

七海「前歯の白さ、よく褒められます!トラフグの歯みたいに頑丈れすよ~」

愛海「お箸だってば!」

七海「お箸の持ち方、父さまに厳しくしつけられたのれす。海の女の品格れす!」

愛海「へえ~」

七海「父さまはマグロ遠泳漁に出てそのまま…

愛海「えっ」

七海「帰ってきましたね~」

愛海「何だったの今の含み」

七海「ふぃっしゅ☆」

愛海「キメポーズ!?」

七海「…よし、食いつきオーケーれす」

愛海「芸人にでも転向するの?」

愛海「次のお店は、こちら!」

七海「今日のオススメは、浅利七海れすよ~。ぴちぴち新人アイドルれすっ!」

愛海「自己紹介はもう大丈夫だから。ここで食べるのは中華まん!」

七海「ひんやりれすか?ほかほかれすか?」

愛海「ひんやりだとしたらまだ解凍前だね。おお、さっきの所にも負けないくらい人がいる!」

七海「七海のお歌を聴きにきたれすかね~」

愛海「何その方向性おかしい自信。すみませ~ん」

主人「いらっしゃい」

愛海「肉まん二つください!」

主人「ありがとうございます。うちは味はもちろん生地や蒸す温度にこだわっててね、ふわふわのふかふかな肉まんですよ」

愛海「ふわふわ!ふかふか!うひひ、いい響き…きっとまるでお山…」

七海「…冗談がお上手れす~」

愛海「ごめんなさい!?」

主人「どうぞ」

愛海「おお~手触りが違う!もぐっ…味もすっごくジューシー!」

七海「口どけは大トロのよう」

愛海「はぁん、これは最高だよ」

七海「美味しくて、魅力がいっぱい!七海もそうなりたいれす」

愛海「そうだね。あたし達も、このふわふわな肉まんみたいに人を惹きつけるアイドルにならなきゃ」

七海「七海、気づいたことがあったのれす!」

愛海「何?」

七海「いっぱいのお客さんがいて、一緒に笑って、一緒に驚いて、一緒に美味しい顔になる。ここは、アイドルのステージみたいらって!」

愛海「おお~素敵なコメント!」

七海「父さまが教えてくれたのれす~」

愛海「何者なの!?」

七海「ふぃっしゅ☆」

愛海「だから何で芸人っぽく落とすの!!」

愛海「そして今日は特別に、ここで中華まんの手作り体験をさせてもらえることになりました!」

七海「心がぴちぴち跳ねちゃうれす!はじめてのことはドキドキなのれすよ!」

愛海「もちろん皮から作るよ♪まずは予備発酵させておいたイースト液、小麦粉、塩を入れてかき混ぜてっ」

七海「しっかりこねて~、伸ばす!」

愛海「うわっ、こねて伸ばすの結構力が要る!」

七海「こ~ねこ~ね♪」

愛海「七海ちゃん、すごく順調じゃん。あたしは早くもちょっと疲れてきちゃったのに」

七海「釣りで鍛えた腕なら、しっかり伸ばすのも苦しくないのれす」

愛海「さすが!あたしも、それくらいできたらなあ」

七海「網を投げる腕力をつけるのれす~」

愛海「漁はしないけどね。さて、生地を伸ばして、切って…あれ?七海ちゃん、それは?」

七海「七海が買ってきたクッキー型れす~」

愛海「それで中華まん作りは無理があるよ。横着しないでちゃんと包丁で切ろう?」

七海「あう~」

愛海「いよいよ餡を入れるよ!七海ちゃんは何を使うの?」

七海「お魚のすり身れす!」

愛海「さすがだね。できあがったら蒸していくよ」

七海「七輪持ってきますか~?」

愛海「蒸すの。焼くんじゃないの」

愛海「…あれ?七海ちゃん、蒸す直前のやつに…何か白い液体をかけた!?」

七海「おいかわ牛乳を使ったのれす!」

愛海「なぜここで!?」

七海「意表を突くため」

愛海「やめてよそんな意外性!」

七海「思い切りが大事なのれす♪」

愛海「そこは思い切らないでほしかった」

七海「コクが全然違うのれすよ~」

愛海「それ普通に飲む場合の感想だよ。えっえっ中華まん蒸す前に牛乳かけるって何?おいしくなるの?」

七海「コツは気持ち!技術は無くても気持ちは込められるのれす。大切な気持ちを込めればとっておきスペシャルになるのれす」

愛海「保険かけるようなこと言い始めた!…さて、蒸しあがったけど」

七海「クッキーと一緒に、ご賞味あれ~♪」

愛海「中華まんと食べ合わせるものじゃないでしょ」

七海「美味しそうれすか?美味しそうれすよねえ!」

愛海「圧!なんか、変わった匂いするし…」

七海「これが都会の匂いれすか…」

愛海「違うと思うよ。怖いから七海ちゃん先に食べてよ」

七海「美味しそうだからって、つまみ食いはらめれすよ~?」

愛海「しないよ!先食べてって言ってるじゃん!」

七海「食べちゃいましょ~」

愛海「どう?」


七海「ぐぇ~っ」


愛海「!?」

七海「失敗作」

愛海「案の定だったか~」

七海「泡となって消えるのれす~」

愛海「結構自分を責めてる!?」

七海「無理れした」

愛海「いやいや…これ番組どう締めたらいいかな」

七海「ふぃっしゅ☆」

愛海「それやっとけばいいと思ってるね!?」

P 「昨日は大変だった…」

P 「今日の二人の仕事は、七海が仕掛け人のドッキリ番組の収録か。まああれから七海の口調も元にもどったし、大丈夫なはず…」

七海「ちょっとプロデューサー、大変れす!」

P 「どうした?収録の時間はもうすぐだぞ」

七海「だから問題なんれす!本番直前になってこんなこと…とにかく楽屋に来てくらさい!」

P 「あ、ああ」





~楽屋~

愛海「目標は、アイドル全員をこの手でアレしちゃうこと…」

P 「お疲れ、愛海」

愛海「って、プロデューサー、どうしてここに…!」

P 「相変わらずだな。本番直前でもお山のことか」

愛海「プロデューサーも、一緒にお山を目指そっ!」

P 「はは、ほどほどにな」

七海「呑気に会話してますけろ、何か気付かないれすか?」

P 「何かって、別段おかしいところは…。普段通りの愛海にしか見えない」

愛海「険しい山もプロデューサーとなら登っていけそう☆」

P 「もちろんだ。愛海も何か言ってやれよ」

七海「無駄れす。今の愛海ちゃんとは会話が成立しません」

P 「何だ?いつも以上にお山で頭がいっぱいだからか?」

愛海「プロデューサー、あたしが暴走したら止めてね☆」

P 「悪かった悪かった」

七海「本当に気付いてないんれすね。とにかく愛海ちゃんの言う内容をよく聞いてくらさい」

愛海「指の調子も絶好調…!」

P 「仕事前の愛海の日常にしか」

愛海「LIVEの後に食べるかき氷はカクベツだよ~♪」

P 「かき氷?」

愛海「一緒に家具屋さんに来るなんて、家族みたいだよね!ねっ」

P 「家具屋?ずいぶん前の仕事の話だな」

愛海「スカーフ巻くときは手伝うから、遠慮しないでね裕美ちゃん !」

P 「え?今日はいないぞ?」

愛海「今日もお山との出会いを求めて!いざぁ!」

P 「!?こ、これはまさか!」

七海「そう、そのまさかれす」

愛海「お昼ごはんの肉まん…ちょうどいい大きさ…」

P 「さっきからなんかデジャブだと思ったが」

愛海「夜遅くまでお疲れさまー。肩もんであげよっか☆」

七海「デレステのカード台詞しかしゃべれなくなってるのれす」

P 「また!!!!?」

P (ちょっと待て!これからドッキリのためのニセ番組の体…その前に七海が引退の相談をしたりして、そんな楽屋の様子を隠しカメラでおさめるのに!)

愛海「棟方愛海、全身全霊で挑戦しますっ!」

P 「今日は何にも挑戦させたくなかったなあ」

愛海「早苗さんと一緒にエステ受けて、もうスベスベだよー!」

七海「プロデューサーは何かわからないのれすか?」

愛海「おぉっ…!早苗さんのお山の揺れ具合は、もはや犯罪級ですねっ!」

P 「わかるヤツがいるほうがおかしいこんな珍バグ」

愛海「また早苗さんたちと遊びに行きたいなー♪」

七海「もういっそ早苗さんを呼んでくらさい」ハァ

P 「やる気なくさないで!七海が忘れられてるわけじゃないから!多分!」」

スタッフ「棟方さん浅利さん、本番30分前です!よろしくお願いします!」

P (うっ…ドッキリを始めろの合図だ!もうやるしかない、七海がうまく返してくれ!頼むぞ!)

七海(そんな!何か案は無いんれすか!?)

P (しかしなぁ)

愛海「な、なんかドキドキしてきた!」

P (こっちのセリフだよ!と、とにかく時間だからやるしかない!)

七海(やるんれすか!?)

愛海「プロデューサーに、おねだりのポーズ♪」

P (やらなくていいよ!)

愛海「プロデューサーはどんな夢も叶えてくれる…そう信じてるんだ」

七海(こんなタイミングで頼られても苦行れすね)

P (とにかく実行だ、俺は出るぞ!)

七海(もう~~!!)

七海「愛海ちゃん…実は、ちょっと聴いてほしい話があるのれす。いいれすか?」

愛海「なんでも言ってみてね」

七海「ありがとうれす。実は…」

愛海「ちゃんと伝わったよ!」

七海「今から伝えるんれす。あの…七海のいいところって、なんだと思います?」

愛海「そう簡単にはしゃべらないよ♪」

七海「しゃべってほしいのれすが…七海のいいところ…」

愛海「二足歩行なんだよ」

七海「生きてるらけで満点みたいなやつありがとうれす」

愛海「黙ってれば可愛いらしい」

七海「鏡に言っているのれすか?」

愛海「空っぽに見えても、夢と希望はたっぷりつまってるんだよ♪」

七海「ありが…空っぽに見えてるんれすか!?愛海ちゃん!!」

愛海「…あ、呼んだ?」

七海「呼んだ?じゃないれす、さっきから会話してたのに」

愛海「集中してたから、気づかなかったよ」

七海「何なんれすかあなたは」

愛海「青森から転校してきました、棟方愛海です。よろしくお願いしますっ」

七海「今更な情報どうもれす。さっきから話が進まないので強引にれも進めますよ」

愛海「どーんとこい☆」

七海「気合だけはいいれすね…。…七海、アイドルとして自信を無くしているのれす」

愛海「そんなに気にしてないんだ」

七海「よっぽど気にしてないとこんなこと言わないれすよ!?すれ違い激しいれすね!?」

愛海「つまり両想いってことだよね♪」

七海「すれ違ってるのれす。実は、七海は、七海は…」

愛海「ん?」

七海「アイドルをやめようと思っているのれす!」

愛海「…」

七海「…」

愛海「はぁぁぁぁぁん!!」

七海「!?」

愛海「ほわあああああああっ!」

七海「えっ…えっ!?」

愛海「はうううううううっ!!ふわああああああ!!」

七海「な、な、何れすか!?」

愛海「あっ、ごめんごめん、思わずよだれが…じゅるり」

七海「なぜそうなるのれす」

愛海「体がゾクゾクッてなっちゃったもん」

七海「え」

愛海「興奮してきた」

七海「ろういう変態さんなんれす!?」

愛海「呆れた視線も、癖になりそう…!」

七海「七海をろんな目で見ているのか」

愛海「ママぁ…♪」

七海「バブみ感じるところあったれすか!?」

愛海「尊すぎるもん…!たまんないっ!」

七海「やば」

愛海「ドキドキ…ドキドキ…気持ちがふわふわして…これが、恋っ!?」

七海「そんなロマンスは認めないれす」

愛海「はぁん、もうダメ!気持ち、抑えきれないのぉっ」

七海「飛び込んでくるんじゃないれす!と、とにかく!七海は、夢とか目標とかわかんなくなったのれすよ!アイドルは、もう終わりれす!」

愛海「ねぇ」

七海「何れすか」

愛海「アイドルってかわいくてキラキラしてる女の子だって思ってたんだけど……それだけじゃないんだね」

七海「…?」

愛海「つらいことにも耐えて、頑張って……頑張ってる姿は、あたしが思ってたよりずっとキラキラしてるよ!」

七海「愛海ちゃん」

愛海「目標があるのなら、そこに向かって一生懸命走るっ!あたしはずっとそうしてきたよ!でも、その目標がない人は……歩いていいんじゃないかな」

七海「歩いて…いい?」

愛海「なにも目的がないのに走るのって、ツラいだけだもん。きっと今は、それが見つかっていないだけで、いつか見つかるよ。だって、目標へ突き進むパワーに限界はないんだもん」

七海「そうなんれしょうか」

愛海「あたしたちの進む道は、あたしたちが決めるんだから…行こう!この手で未来を掴むために!みんなで力を合わせよう。あたしたちが立つステージは、あたしたちの手で作るんだ!」

七海「!」

愛海「さあ行くよ!あたしたちの未来へ全力疾走!」

七海「そ、そうれすよね!」

愛海「いくら悩んでも大丈夫。みんな一緒なら、きっと答えは見つかるよ」

七海「見つかるれすか!?」

愛海「うそうそ、冗談♪」

七海「ああーせっかくいい流れらったのにいいいい!!」

七海「でも、素敵な話が聴けて嬉しかったれすよ。それじゃ、このタイミングれ…じゃーん!」

愛海「あーっ!」

七海「このプラカードをご覧あれ♪大成功!なのれす!ふふふ、恥ずかしいれすか~?」

愛海「透明になる薬とか、作ってくれないかなぁ?」

七海「消えたいレベル!?」

以上です。七海誕生日おめでとう!!


過去作

【デレマス】日菜子「高まれ☆妄想力!むふむふシチュエーション!フリスク・GBNS回」
【デレマス】日菜子「高まれ☆妄想力!むふむふシチュエーション!フリスク・GBNS回」 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590162649/)

【デレマス】雫・まゆ「私たちと」加蓮・忍「宝石」
雫・まゆ「私たちと」加蓮・忍「宝石」 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1589370811/)

読んでなくても問題ないシリーズ作

【デレマス】朋「フォーチュン・ドリーマーズの」日菜子「お仕事」
【デレマス】朋「フォーチュン・ドリーマーズの」日菜子「お仕事」 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1588281039/)

【デレマス】忍「二人で」美穂「お仕事」
【デレマス】忍「二人で」美穂「お仕事」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1588947510/)

【デレマス】忍「智絵里ちゃんと」美穂「お仕事」
【デレマス】忍「智絵里ちゃんと」美穂「お仕事」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1589143120/)

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom