男「…なんで、俺はまったく、モテないんだ……。」 (52)

男「俺の顔、ブサイクか…?」

友「いや、良いと思うけど。」

男「俺、性格悪いかな…?」

友「そんな事はないと思うけど。証拠に、僕とここまで仲が続いてるの、男くらいだよ。」

男「…じゃあ、なんでモテないんだ……。」

友「………。」

友「モテないくらいならいいけどさ、むしろ男、嫌われてるよね…。」

男「……うん。」

男「…やっぱ、性格悪いんだろうか……。」

友「だから、それはないって……。」

友「女の子に直接聞いた方が早そうだね。僕、聞いてこようか?」

男「…いや、俺が……。」

友「…ほっとけないから僕もついてく。」

男「なぁ、俺、なんかしたか?」

幼馴染「何が…?てか、急に何?」

男「あ、いや……あのさ……その…。」

友「男が、自分が妙に嫌われてるから、気になるんだって。」

幼馴染「…あ、あぁ…そ、そうなんだぁ。」

友「だから、何かヒントでもくれたら嬉しいかなって!」

幼馴染「…ひ、ヒントかぁ、は、はははは。」

男「頼む、何か嫌な事をしたなら謝る。…だから!」

幼馴染「………。」ガタッ

幼馴染「自分に聞いてみれば?」

男「……え?」

幼馴染「じゃあ、私、パン買ってくるから。」

スタスタスタスタスタスタ

男「……え?」

友「すごい嫌われ様だね……。」

友「男、自分の事を嫌ってない中での女の人って他に誰が居る?」

男「………。」

男「…母さん、くらいかな……。」

友「…oh。」

男「ってか、お前はいいよな。」

友「どうして?」

男「女に嫌われないどころか、好かれてる傾向があるから。」

友「それは…何ていうか、マスコットみたいな感覚だと思うよ…。」

友「ほら、僕、男の癖に、女顔だからさ……。」

男「…それもオリジナルティとしては良いと思うけどな。」

友「ほ、ほんと?」

男「おう、俺は好きだぞ、そういうのも。」

友「そ、そっか…///」

男「…じゃあ、俺は適当に聞いてくかなぁ。

男「友、お前は先に、飯食ってていいぞ。」

友「僕も手伝うよ。」

男「良いのか? なんか、付きあわせて悪いな…。」

友「ううん、気にしないで。」

友「僕が好きでやってる事だから。」

男「…そっか…ありがと。」

友「どういたしまして。」ニコッ

男「まったく、手応えなかったな…。」

友「…だね。」

友「ここまで、嫌われてるとなると…流石に何かしたのか、疑いたくなるよ…。」

友「何か心当たりはないの?」

男「…心当たりつってもなぁ…。」

友「何か、知らない間に他人を傷つける様な事をしていた、とか。」

男「……って、言われてもなぁ……。」

友「…じゃないと、嫌われないはずなんだけどなぁ…。」

男「……んー…。」

友「やっぱり何も思いつかない?」

男「……うん。」

男「ただいまぁ。」

妹「………。」

男「なんだ、居るんじゃないか…。返事くらいしろよ。」

妹「………。」

男「……無視かよ。」

男「なんか俺、お前に嫌われる様な事したか?」

妹「………。」ガタッ

男「……っ。」

スタスタスタスタスタスタスタ

バタンッ

男「………。」

男「…どういう事なんだ。」

ピンポーン ピンポーン

男「…ん。」

男「はい、今開けますから。」

ガチャッ

少年「えっと、その…。」

男「あ、君か。」

男「ちょっと待ってね、今、妹呼んでくるから。」

少年「…あ、あの…お兄さん。」

男「うん?」

少年「ぼ、僕、その……。」

男「……。」

少年「や、やっぱりなんでもないです!」

少年「妹ちゃん呼んでくださいっ!」

男「了解。」

男「おい、妹ー。」コンコン

男「少年くん来てるぞー。」

「………。」

男「お前に会いたいってさ。」

「ほ、ほんと?」

男「あぁ、本当だよ。」

男「今、待ってるみたいだから早く行ってやれ。」

「う、うん…。」

男(なんだ、普通じゃないか……。)

男(妹はそこまで、俺の事を嫌ってないのか……?)

少し飯食ってくる!

頭の整理しないと書き込み時間が開くばかりなんだよな。

やらせねえよ!?

ありがとう
大分、落ち着いた

続き書く!

男「っていう事が昨日あってさ。」

友「えっとっ…その男の子っていうのは妹ちゃんの友達の子?」

男「あぁ、結構前から家に来るようになってさ。」

男「俺もたまーに、話とか混ざったりして、三人で遊んだりって事もあったりする。」

友「へぇ。」

男「何かここ最近来てない日もあったらしいんだけどさ。」

友「らしいって?」

男「あぁ、その期間は俺、寄り道とか多かったから、知らないんだよね。」

友「なるほど。」

友「っていうか、今の話だとさ。」

友「妹ちゃん、ただ拗ねてただけなんじゃない?」

男「…かもしれんな……。」

友「結局、振り出しに戻った訳だね。」

男「まぁ、そうだな。」

男「お前は、なんか心当たりとかないのか?」

友「えっ…?」

男「いや、俺自身、気付いてない事もあるだろうしさ。」

男「客観的な意見で。」

友「んー……。」

友「基本、君を嫌う子ってのは、運動部に多いかなぁ…。」

男「どうして?」

友「そこまでは分からないけど、なんかそんな気がする…。」

男「運動部なぁ…。」

男「やっぱり、幼馴染に聞いてみるしかないかなぁ……。」

友「じゃあさ、僕が聞いてこよっか?」

男「でも…俺の事だし……。」

友「いいよ、どうせ、男が聞いても冷たくあしらわれるだけだろうし。」

男「……それは、そうだけど……。」

友「とりあえず、僕に任せなよ!」

男「…悪いな。」

友「良いって、謝んないでよっ!」

友「じゃあ、行こうかな。」

男「おう、頼む。」

友「任せといてよ!ささっと聞いてくるよ!」

幼馴染「そ、それで…と、友君が?」

友「うん。」

友「男も困っててさ、僕はそれを、どうにかしてあげたいんだよ。」

幼馴染「ど、どうしてそんなに男にこだわるの?」

友「えっ…?」

友「と、友達……だから、かな…?」

幼馴染「そうなんだ……。」

友「それで、理由だけでも、教えてくれないかな?」

友「別に、男を好きになれ、とは言わないからさ。」

幼馴染「………。」

幼馴染「男には、悪いと思うんだけど……。」

幼馴染「なんか、見てると…むしゃくしゃして……。」

友「その理由は?」

幼馴染「…ご、ごめん、…言えるのはそれだけ…。」

友「んー……。」

男(遅いなぁ……。)

男(暇だし、携帯弄ってるが。)

男(まったく面白くねえ、なんでだ。)

男(妙に緊張してるか、なのか。あぁ、トイレ行きたくなってきた……。)

男「……はぁ。」

友「おまたせ、男っ。」

男「お、おう。おかえり。」

男「どうだった?」

友「………。」

友「聞かない方がいいよ?」

男「えっ?」

友「まぁ、聞かない方がいいよ。絶対。」

男「そう言われると、気になってしまう……。」

友「後悔しない…?」

男「……聞いてみないと分からん。」

友「…なんか、見てると腹が立つんだって。」

男「…り、理由は?」

友「教えてくれなかった。」

男「はぁ…!?」

友「ね、後悔するでしょ?」

男「………んぅ。」

友「まぁ、人生色々あるよ。頑張って行こうよ。」

男「……おう。」

男(幼馴染は俺を見るとイラつくのか……。)

男(……どうしたらいいんだよ…付き合えないじゃねえか…くそ……。)

すまん、夕食作るんで退室

ここまで伸びるとは思わなかったとりあえず続きは9時くらいになるかなぁ…。

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年10月26日 (月) 01:21:46   ID: FNX4o9x-

2 :  WildMiku   2016年01月03日 (日) 19:20:58   ID: crzxZ1AM

謎すぎるss

3 :  SS好きの774さん   2016年05月14日 (土) 03:47:41   ID: cv0uZffH

二度と書かないでね

4 :  SS好きの774さん   2016年07月08日 (金) 05:55:41   ID: JBdeBBlF

まさか、「本当は好きだけど照れ隠しで冷たくしちゃう」とかいうクソ展開にはならんだろうな?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom