【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる 12 【安価】 (1000)


【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる【安価】

浮遊城に囚われていたのは英雄達だけじゃない――――
この死と隣り合わせの世界で、おっかなびっくり生きていた。
君と僕と、貴方と貴女の物語。



※ソードアート・オンラインの二次創作安価スレッドです。

※安価とコンマで作成された主人公の視点で物語が進みます。地の文中心、挿絵程度にAA。

※街中引篭りから生産プレイ、まじめに攻略、いちゃこら漫遊記、転移門使えないの不便だぜイッツ・ショウ・タイムまで、

※どう過ごし、どう生きて、何を為すか――――シリアスになるもコメディになるも主人公の個性と安価とコンマのお導き次第。

※主人公のHPがゼロになると《生命の碑》にある主人公のプレイヤーネームに打ち消し線が入り死因と日時が刻まれます。

※主人公が死んでも主人公が生み出したアイテムや主人公が助けた命は耐久値やHPが尽きるまで世界に存在し続けます。

※運が良ければソードアート・オンラインがクリアされた後も――――



※ルールはSAOらしさと判定処理のし易さを重視した(つもりの)GURPSモドキです。

※人間が処理する都合上計算式をシンプルにする為に原作で明示されている数値(初期HPなど)を一部泣く泣く変更しています。

※基本SAO世界における仕様の範囲でなんでもありですが不自然な安価等は安価下にさせて頂くかもしれません。

※原作で未登場の情報はコンマと安価などで独自設定を作成、補填していきますのでオリジナル要素が苦手な方はごめんなさい。

※最初に習得したり訪れるなどした際にコンマと安価などで決まったデータ、名称、設定はそれ以降も使用し続けます。

※原作で設定が追加されたのを確認次第、エリアやスキルなどの独自設定を原作準拠の名称や内容に差し替える可能性があります。

>>1は原作とアニメのみでゲームは未プレイです。既出データの見落としや誤りなどございましたらご指摘頂けたら幸いです。

※二次創作スレッドを立てるの自体初めてなもので間違えたり滞ったりするかもしれませんがご容赦下さい。

※以下のルールみたいなものは、ほぼ>>1する人向けの図表とデータ、解説、覚書きです。

※明文化した方がフェアだと考えただけで、判定方法だけ読んで頂ければデータの類は覚えなくとも遊んで頂けます。

※同一IDでの連投による安価の取得や、安価の連続取得はご遠慮下さい。

※ゲームバランスの都合上データの数値は調整、改訂される事があります。

※処理方法や解説、データ類は全て以下のwikiに掲載されています。

http://www46.atwiki.jp/livinginsao/

※wikiは多くの方のご協力で成り立っております。厚く御礼申し上げます。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415471841


◆過去スレッド

001 【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402723340/)
   (Introduction 黒木 燐太郎 誕生 System Tutorial Prologue -黒木 燐太郎-)

002 【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる 2 【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403360618/)
   (《リンクシーズ》 重さ 煙草 検証 準備完了 子供を救え 助手と素材狩り 検証II)

003 【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる 3 【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404310691/)
   (寝相 涙 柔らかい お揃い 猫妖精 苦戦 約束 一条綾音 奇跡 酒乱美中年)

004 【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる 4 【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405177713/)
   (パンツ 機転 信頼と願い 望み 部屋まで一緒 這ってでも 三人で素材狩り 耳飾 大量)

005 【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる 5 【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405960200/)
   (出陣 貸切 おねだり 祝勝会 ご令嬢 轟沈I プレイヤーの味方 轟沈II 年下女子円卓会議)

006 【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる 6 【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406880253/)
   (けじめ 街開き 祭 敬意 不意打ち また一緒に 狂戦士 感じろ 鏡 半裸 黒づくめ)

007 【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる 7 【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407667496/)
   (信頼 帰る場所 出逢えた 羨望 二人で 何故 生きたい 恋人と親友 温泉旅行)

008 【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる 8 【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408542653/)
   (《カタナ》 黒紅 混浴 鞘 老人と大男 2つの勇気 地味鍛冶屋 悪い大人 祝勝会II)

009 【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる 9 【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409583468/)
   (混沌 本物 出逢い 教科書 大切なこと 吐息 悲愴 屹立 キャラメル 月)

010 【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる 10 【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411314072/)
   (報告 灰かぶり姫 接触 願い 星 宣誓 星と月 運命 《鼠の知育会》 祝勝会III 緞帳)

011 【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる 11 【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413206309/)
   (勧誘 受諾 共有 反則 奔放 一致 過剰 悪夢 抱擁 冥利 尾行 詮索 謝罪 義務 素顔)

012 【SAO】アインクラッドでおっかなびっくり生きる 12 【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415471841/)
   (nobody knows)


◆判定方法

ステータスやスキルなどの基準値に補正を加えたものを《目標値》と呼ぶ。

《目標値》に対するコンマ判定は、値が小さい程良い結果となる。

コンマの値が《目標値》以下なら成功。一桁(0~9)コンマ判定での0と、二桁(00~99)コンマ判定での00は特殊成功。

二桁(00~99)コンマ判定での99は特殊失敗。

特殊失敗の内容は状況次第だが、大抵の場合《目標値》が99を超えていても外的な要因や不意のトラブルなどで失敗する。


《目標値》からコンマの数字を引いた値を《成功度》と呼ぶ。

※《目標値》12の時コンマが06なら《成功度》は06
※《目標値》977の時コンマが51なら《成功度》は926

《成功度》が多ければ多いほど良い結果だった事になる。


戦闘や競争などで競い合う場合は《成功度》の比べあいで解決する。
《成功度》の多い方の勝ちになる。《成功度》が同値の場合は互角。

例:AさんとBさんが料理の腕前を競い合うことになりました。
Aさんの《目標値》は30でコンマが60でした。Aさんの《成功度》は-30です。
Bさんの《目標値》は29でコンマが40でした。Bさんの《成功度》は-11です。
二人とも判定に失敗しているのでどちらも黒焦げですが、《成功度》の多いBさんの料理の方が若干まともでした。


《目標値》に対するコンマ判定では、補助効果や状況等の良い補正は+(プラス)、悪い補正は-(マイナス)で表現される。
これは《目標値》がプラスになる(増える)ほど成功し易くなったり、より《成功度》が増えるため。


※十分に鍛え上げられた高いステータスやスキルによる行動は、《成功度》の比べあいに敗れる、
妨害に成功される、自発的に中断するなどの要因以外では失敗しなくなる。

※一桁(0~9)コンマの目を使ってランダムイベント表を振る場合など、コンマの値自体が問題になる場面では、
より小さい値が出た方が結果が良くなるので、良い補正は-(マイナス)、悪い補正は+(プラス)で表現される。


◆《目標値》として使われる値をランダムに決定する時は値が大きい程良い結果となる。

キャラクター作成時にコンマを利用してランダムでプレイヤーの《能力値》などを決める場合や、
初対面の相手との初期《友好度》を決める場面では、コンマの値が大きい方が良い数値として扱われる。

※この場合の安価指定では(0~9)ではなく、0を10として(1~10)と表記する。

これは《能力値》も、《友好度》も《目標値》(あるいはその補正)として使われる数値であるため。

《成功度》が多ければ多いほど良い結果だった事になる。つまり《目標値》もまた多ければ多いほど良い。


◆計算処理方法

ダメージ計算や基準値を割り算して補正の数値を求める場合など、計算処理の結果発生した小数点以下の値は切り捨てる。

※重量を扱う場合と、小数点以下の扱いを特記してある場合を除く。


◆友好度

全ての知性間には相互に《友好度》が存在する。
《友好度》の値がプラスになる程親しさ、0から遠ざかる程想いの強さを表す。

初めて誰かと関係した際、相互に初期《友好度》を決定する。
初対面の場合は一桁(1~10)コンマの値に態度や口調、容姿、カリスマ、名声などの補正を加えた和を初期《友好度》とする。

《友好度》は行動や選択、その結果、イベントなどで随時変動する。《友好度》には上限も下限も無い。

一緒に行動する+1~、一緒に行動し成果を出す+2~、命を助ける+5~など。

双方の《友好度》と主人公の選択や行動次第では《恋人》などの特別な関係になる場合もある。
合意の上でならシステム的に《結婚》する事も可能(後述)。情報とストレージは共通化され所持容量限界は双方の値の和になる。

《友好度》の高いプレイヤーに対して人格を貶める様な手酷い仕打ちをしたり、明確にPKを仕掛けるなどした場合、
もしくは《友好度》の低いプレイヤーに対し絶望的な状況下や絶体絶命の危機にその身を賭して命を助けるなどした場合、
《友好度》の数値はそのままにプラスがマイナスに、マイナスがプラスに反転する事がある。

 90~ 希望 hope 生きる意味そのもの 崇拝
 80~ 慈愛 love 相手の望まない事は出来ない 相手の為なら全てを敵に回してもいい 信仰 faith
 70~ 愛  相手の為なら身を投げ出す事も厭わない 身を挺して守ろうとする 魂の友 忠誠 友好度が下がらなくなる
 60~ 親愛 自分より相手を優先する 理解 何も言わずとも協力してくれている 無二の親友 忠節 心酔
 50~ 親密 気付くと目で追っている 傍に居たくなる 進んで協力を申し出てくれる 親友
 40~ 友好 好意 信頼 大まかな性格や好みを覚えて貰える 協力的 頼れる人 親しい友人
 30~ 良い 顔と名前を覚えて貰える 協力的 良き隣人 友人
 20~ 悪くない 顔を覚えて貰える 挨拶をして貰える 顔見知り
 10~ さほど悪くない 挨拶をすると返してくれる 知り合い
 0  無関心 無意識
-10~ あまり良くない 挨拶をされなければ素通りする
-20~ 良くない 不信感 やや喧嘩腰 協力要請は利が無い限りやんわり断られる
-30~ 悪い やや警戒 気分が悪くなる 喧嘩腰 利害が一致しても協力に躊躇う
-40~ 嫌気 警戒 不愉快 目を合わせて貰えない 利害が一致しても協力しない
-50~ 反感 顔を見るのも嫌 露骨に避けられたり無視される 利害が一致しない限り敵対
-60~ 嫌悪 積極的に陥れようとする 剣を向けるのを躊躇わない 利害が一致しても敵対
-70~ 憎悪 殺すことを躊躇わない 相手だけでなく相手の親しい者や好む物も憎む 友好度が上がらなくなる
-80~ 憤怒 wrath 相手に関わる全ての存在を憎悪する 狂気 妄信
-90~ 絶望 相手を生かす世界そのものを憎悪する 憎悪する事そのものが存在理由


◇想いはシステムを超える

《友好度》がプラスの相手を助ける為に行動する時、《友好度》の値が《目標値》か基準値にプラス補正される。
《友好度》がマイナスの相手を害する為に行動する時、《友好度》の値が《目標値》か基準値にマイナス補正される。

例1:AさんのKさんに対する《友好度》は79(愛)です。
麻痺で動けない筈のAさんが命の危機に瀕するKさんを身を挺して助けようとする時、意志力判定の《目標値》にプラス79されます。

例2:JBさんのKさんに対する《友好度》は-71(憎悪)です。
JBさんがKさんを殺す為にKさんに向かって武器を使う時、《目標値》にマイナス-71(=+71)されます。
結果、超人級の反射神経や主人公補正を掻い潜りなんとか攻撃を当てる事が出来ました。

《友好度》による《目標値》や基準値への補正は物理的な行動だけでなく生産系スキルなどにも影響を及ぼす。
プラスにしろマイナスにしろ強い想いほど影響が大きく、ただ事務的に作られたアイテムよりも、
大切な人の為に作られたアイテムや、憎む相手を害する為に作られたアイテムの方が良い性能になりやすい。


◇初期《友好度》

初対面の場合、一桁(1~10)コンマの値に態度や口調、容姿、カリスマ、名声などの補正を加えた和を初期《友好度》とする。

プレイ開始時点で既に関わりがある場合、以下の一桁(0~9)コンマを利用した人間関係ランダム決定表で初期《友好度》を決定する。

◇人間関係ランダム決定表

0 最高に相性が良い (容姿やカリスマ、名声などによる補正の和)+30
1 かなり相性が良い (容姿やカリスマ、名声などによる補正の和)+20
2 相性が良い (容姿やカリスマ、名声などによる補正の和)+15
3 相性は悪くない (容姿やカリスマ、名声などによる補正の和)+10
4 悪くはない (容姿やカリスマ、名声などによる補正の和)+5
5 良くはない (容姿やカリスマ、名声による補正の和)-5
6 相性が良くない (容姿やカリスマ、名声などによる補正の和)-10
7 相性が悪い (容姿やカリスマ、名声などによる補正の和)-15
8 かなり相性が悪い (容姿やカリスマ、名声などによる補正の和)-20
9 最悪の相性 (容姿やカリスマ、名声などによる補正の和)-30


◆レベル別敵戦闘力表 Lv1~Lv30

そのレベルの敵が持つ基本的な戦闘能力を表す。
この表の値を元に『攻撃力が高い』『HPが少なめ』など敵個体毎に調整、個性化するなどして使用する。
また敵の分類や形態に応じて特殊な攻撃方法を設定する事も出来る。その際行動選択はランダム表を作成、利用する。

例:突進(打撃) 命中:+20 攻撃:《攻撃力》+10 (フレンジー・ボア Lv1)

自前の毛皮や牙しか装備していない所謂通常モンスターを想定している一覧表である為、
武器や防具を装備した敵を出す場合は同レベルプレイヤーの数値や該当層NPCショップの下限《品質値》等を参考に増強する。
ソードスキルを使用する個体はソードスキルを使うというだけで相当に強力なので数値を盛り過ぎないように注意。

フィールドボスやフロアボスなど大人数で戦うことが前提になるモンスターはより強力かつ数十倍以上のHPを持っている。

クエスト関連イベントmob(イベントの進行で自動的に死亡したりする)などは数層上クラスの基本戦闘能力を持つ場合もある。


Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

001   1    1    155     0     1      10     21     1    33
002   3    2    315     0     5      15     29     8    57
003   4    4    470     1    11     20     36     14    81
004   6    5    630     5    19     29     44      21    113
005   7    7    785    10    29     39     51     27    146
006   9    9    945    20    44     54     59     34    191
007   11    11    1105   30    59     69     67     41    236
008   13    13    1265   40    74     84     75     48    281
009   15    15    1425   50    89     99     83     55    326
010   17    17    1585   60    104    114     91     62    371

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

011   20    19    1750   70    119    129    100    70     418
012   22    22    1910   80    135    145    108    77     465
013   25    24    2025   90    150    160    117    85     512
014   27    27    2235   100    166    176    125    92     559
015   30    29    2400   110    181    191    134   100    606
016   33    32    2565   120    197    207    143   108    655
017   36    35    2730   130    213    223    152   116    704
018   39    38    2895   140    229    239    161   124    753
019   42    41    3060   150    245    255    170   132    802
020   45    44    3225   160    261    271    179   140    851

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

021   48    48    3150   170    278    288    188   148    902
022   52    51    3560   180    294    304    198   157    953
023   55    55    3725   190    311    321    207   165   1004
024   59    58    3895   200    327    337    217   174   1055
025   62    62    4060   210    344    354    226   182   1106
026   66    66    4230   220    361    371    236   191   1159
027   70    70    4400   230    378    388    246   200   1212
028   74    74    4570   240    395    405    256   209   1265
029   78    78    4740   250    412    422    266   218   1318
030   82    82    4910   260    429    439    276   227   1371

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》


◆レベル別敵戦闘力表 Lv31~Lv70

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

031   87    86    5085   270    446    456    287   237   1426
032   91    91    5255   280    464    474    297   246   1481
033   96    95    5430   290    481    491    308   256   1536
034  100   100    5600   300    499    509    318   265   1591
035  105   104    5775   310    516    526    329   275   1646
036  110   109    5950   320    534    544    340   285   1703
037  115   114    6125   330    552    562    351   295   1760
038  120   119    6300   340    570    580    362   305   1817
039  125   124    6475   350    588    598    373   315   1874
040  130   129    6650   360    606    616    384   325   1931

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

041  135   135    6825   370    625    635    395   335   1990
042  141   140    7005   380    643    653    407   346   2049
043  146   146    7180   390    662    672    418   356   2108
044  152   151    7360   400    680    690    430   367   2167
045  157   157    7535   410    699    709    441   377   2226
046  163   163    7715   420    718    728    453   388   2287
047  169   169    7895   430    737    747    465   399   2348
048  175   175    8075   440    756    766    477   410   2409
049  181   181    8255   450    775    785    489   421   2470
050  187   187    8435   460    794    804    501   432   2531

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

051  194   193    8620   470    813    823    514   444   2594
052  200   200    8800   480    833    843    526   455   2657
053  207   206    8985   490    852    862    539   467   2720
054  213   213    9165   500    872    882    551   478   2783
055  220   219    9350   510    891    901    564   490   2846
056  227   226    9535   520    911    921    577   502   2911
057  234   233    9720   530    931    941    590   514   2976
058  241   240    9905   540    951    961    603   526   3041
059  248   247   10090   550    971    981    616   538   3106
060  255   254   10275   560    991   1001    629   550   3171

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

061  262   262   10460   570   1012   1022    642   562   3238
062  270   269   10650   580   1032   1042    656   575   3305
063  277   277   10835   590   1053   1063    669   587   3372
064  285   284   11025   600   1073   1083    683   600   3439
065  292   292   11210   610   1094   1104    696   612   3506
066  300   300   11400   620   1115   1125    710   625   3575
067  308   308   11590   630   1136   1146    724   638   3644
068  316   316   11780   640   1157   1167    738   651   3713
069  324   324   11970   650   1178   1188    752   664   3782
070  332   332   12160   660   1199   1209    766   677   3851

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》


◆レベル別敵戦闘力表 Lv71~Lv100

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

071  341   340   12355   670   1220   1230    781   691   3922
072  349   349   12545   680   1242   1252    795   704   3993
073  358   357   12740   690   1263   1273    810   718   4064
074  366   366   12930   700   1285   1295    824   731   4135
075  375   374   13080   710   1306   1316    839   745   4206
076  384   383   13320   720   1328   1338    854   759   4279
077  393   392   13515   730   1350   1360    869   773   4352
078  402   401   13710   740   1372   1382    884   787   4425
079  411   410   13905   750   1394   1404    899   801   4498
080  420   419   14100   760   1416   1426    914   815   4571

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

081  429   429   14295   770   1439   1449    929   829   4646
082  439   438   14495   780   1461   1471    945   844   4721
083  448   448   12450   790   1484   1494    960   858   4796
084  458   457   14890   800   1506   1516    976   873   4871
085  467   467   15085   810   1529   1539    991   887   4946
086  477   477   15285   820   1552   1562   1007   902   5023
087  487   487   15485   830   1575   1585   1023   917   5100
088  497   497   15685   840   1598   1608   1039   932   5177
089  507   507   15885   850   1621   1631   1055   947   5254
090  517   517   16085   860   1644   1654   1071   962   5331

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

091  528   527   16290   870   1667   1677   1088   978   5410
092  538   538   16470   880   1691   1701   1104   993   5489
093  549   548   16695   890   1714   1724   1121   1009   5568
094  559   559   16895   900   1738   1748   1137   1024   5647
095  570   569   17100   910   1761   1771   1154   1040   5726
096  581   580   17305   920   1785   1795   1171   1056   5807
097  592   591   17510   930   1809   1819   1188   1072   5888
098  603   602   17715   940   1833   1843   1205   1088   5969
099  614   613   17920   950   1857   1867   1222   1104   6050
100  625   624   18125   960   1881   1891   1239   1120   6131

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》


◆レベル別敵戦闘力表 Lv101~Lv130

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

101  636   636   18330   970   1906   1916   1256   1136   6214
102  648   647   18540   980   1930   1940   1274   1153   6297
103  659   659   18745   990   1955   1965   1291   1169   6380
104  671   670   18955  1000   1979   1989   1309   1186   6463
105  682   682   19160  1010   2004   2014   1326   1202   6546
106  694   694   19370  1020   2029   2039   1344   1219   6631
107  706   706   19580  1030   2054   2064   1362   1236   6716
108  718   718   19790  1040   2079   2089   1380   1253   6801
109  730   730   20000  1050   2104   2114   1398   1270   6886
110  742   742   20210  1060   2129   2139   1416   1287   6971

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

111  755   754   20425  1070   2154   2164   1435   1305   7058
112  767   767   20635  1080   2180   2190   1453   1322   7145
113  780   779   20850  1090   2205   2215   1472   1340   7232
114  792   792   21060  1100   2231   2241   1490   1357   7319
115  805   804   21275  1110   2256   2266   1509   1375   7406
116  818   817   21490  1120   2282   2292   1528   1393   7495
117  831   830   21705  1130   2308   2318   1547   1411   7584
118  844   843   21920  1140   2334   2344   1566   1429   7673
119  857   856   22135  1150   2360   2370   1585   1447   7762
120  870   869   22350  1160   2386   2396   1604   1465   7851

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》

121  883   883   22565  1170   2413   2423   1623   1483   7942
122  897   896   22785  1180   2439   2449   1643   1502   8033
123  910   910   23000  1190   2466   2476   1662   1520   8124
124  924   923   23220  1200   2492   2502   1682   1539   8215
125  937   937   23435  1210   2519   2529   1701   1557   8306
126  951   951   23655  1220   2543   2553   1721   1576   8393
127  965   965   23875  1230   2570   2580   1741   1595   8486
128  979   979   24095  1240   2597   2607   1761   1614   8579
129  993   993   24315  1250   2624   2634   1781   1633   8672
130  1007   1007   24535  1260   2651   2661   1801   1652   8765

Lv  筋力  敏捷力  HP 攻防技術《命中力》《回避力》《攻撃力》《防御力》《個人総合力》


◇Player Personality (Potential)

◇Full Name(氏名):黒木 燐太郎 Rintarou Kuroki ◆Age(年齢):20 ◆Gender(性別):男性

◆Handedness(利き手):右 ◆Belong(所属):フリーター

◆Background(背景):

2002年09月06日(金)生まれ。天涯孤独。考案したセキュリティシステムに致命的な脆弱性。
挙句に自分の研究成果がテロリストの手に渡り悪用され、任期終了と同時に蹴落とされ職を失い学会も追放された。
燻り中にネットでSAOと茅場晶彦を知り興味本位でSAOを購入。
10,000人がSAOに囚われた運命の日、たまたま所要で被害を免れたが、茅場晶彦の犯行声明を聞いた時、体が勝手にSAOを起動していた。
保全と被害拡大を防ぐ為、既に外部からのアクセスは遮断されていたが、2ヶ月と8日後、貴方はついに浮遊城への扉を開く。

◇Player Potential(能力値)

◆Strength(身体能力):4
◆Vitality(生命力):5
◆Dexterity(器用さ):9
◆Reflexes(反射神経):10
◆Sensitivity(知覚力):6
◆Intelligence(知識力):10
◆Willpower(意志力):3
◆Imagination(想像力):6

◆Life Points(生体耐久値):9
◆Fatigue Points(疲労耐久値):180

◇Aadvantage & Disadvantage(特徴)

*『ハーバードの秀才』
貴方は飛び級でハーバードを卒業しています。在学中に縁のあった生徒や教授、研究者の協力を仰ぐ事が出来ます。
「つーわけで俺の身体、宜しく」「はい?」

*『ド変態』
貴方は弩級の変態(スリル狂)です。
スリル狂の貴方は危険なシチュエーションに何故か悦びを覚えます。しかも無自覚なので自分の変態性を理解していません。
他プレイヤーが貴方と同様に何かしらの性癖を持つ『変態』か、“勇気”と“狂気”の区別がつかない子供であるか、
もしくは既に貴方への《友好度》が30以上ある場合を除き、貴方の変態ぶりを知った瞬間《友好度》が-20されます。

*『科学者』
貴方は情報工学分野で高名な科学者です。
貴方の専攻する学術分野の学生や研究者、科学者が貴方の名声に気付いた場合《友好度》+5。

*『お気楽野郎』
普段の貴方は表面的には軟派で気まぐれなお気楽野郎そのものです。
貴方の態度を好ましく思わない『お堅い』他プレイヤーの《初期友好度》に-10補正。
貴方への評価が見直される機会が有った場合、元の印象が悪い分《友好度》上昇値にx2ボーナス。

*『後援者(武術の師匠)』
現実世界では頼りになる貴方の師匠。でもさすがにSAOの中では……。
「マジか……」「え?」

*『不精髭を剃って前髪を下ろすとイケメン』
爽やかな好青年そのものな風貌で同性と異性両方の初期《友好度》に+8を得る。
容姿に対する劣等感や嫉妬を持つプレイヤーの初期《友好度》に-8。

◆Skills(技能)

*情報工学:10
*武術(流派:東方不敗):4
*クラッキング:1
*破壊工作:3
*フェンシング:8
*剣道:7
*東方不敗流精神制御術:4
*曲刀:1

◆Quirks(癖)

*大抵の不幸なら軽く流せるが、本当に辛い事があると一人で抱え込んでしまう
*行き詰まるとタバコを吸う
*夜型人間
*気配を消して歩く
*観察癖

◆FDVRLV(FDVR適応値):1349327s


◇プレイヤーネーム:AteR(アーテル) ◆ギルド:      ◆属性:グリーン ◆名声:二つ名など

◆所持金(コル):636,289

◆レベル Lv:17  ◆経験値 EXP: 9817/34000  (nextEXP=Lv x2000)
◆ヒットポイント HP:3275/3275  (Lv x150+筋力x5)
◆筋力  STR:37 (+108 )【= 145 】  《攻撃力》: 331 《防御力》: 234 《個人総合力》:1238
◆敏捷力 AGI:34 (+95 )【= 129】  《命中力》: 400 《回避力》:盾(-) 武器防御(-) 《避け》:(273)

◇装備

◆防御力総計:84 ◆回避力総計:128

◇所持重量総計(kg):98.058 (+17.023)【=115.081】/◆所持容量限界(kg):161.3 (+49)【=210.3】 (筋力+10+所持容量拡張x0.5)
             ◇装備重量合計(kg):90.558/◆限界重量(kg):155 (筋力+10+限界重量拡張x0.5)

両手━黒紅(クロベニ) (カタナ 攻182 速102 命132 耐466 筋力+30 敏捷力+20 64.26kg)
頭━フィーライン・ベレー (革装備 防7 回10 耐304 敏捷力+8 2.295kg)

┣ディセプション・マント (革装備 外套 防13 回19 耐387 筋力+18 敏捷力+18 4.851kg)
┣アッシュレザー・ジャケット (革装備 防12 回17 耐326 筋力+10 3.834kg)
┣インフォールド・ライトブレスト+12 (革装備 防14 回28 耐372 阻害耐性+10 筋力+6 敏捷力+7 2.8kg)
┗ライトコットンシャツ (衣類 耐150 0.1kg)
腕━シーズ・グローブ (革装備 防4 回5 耐321 筋力+7 1.46kg)

┣アクリス・ブレー (革装備 防18 回26 耐691 筋力+26 敏捷力+34 阻害耐性+5 4.88kg)
┗ダークアンダー (衣類 下着 耐150 0.1kg)

┣イニシエート・ブーツ (革装備 防12 回17 耐360 筋力+5 4.04kg)
┗コットンハイソックス (衣類 耐150 0.1kg)

┣トゥループス・ソードベルト (革装備 剣帯 防4 回6 耐339 筋力+6 敏捷力+8 1.638kg)
┗ソフトレザーポットストックポーチS5 (革装備 耐300 0.2kg)
右手指━
左手指━マリッジリング(Pair Marriage Ring of Platinum AteR-Tomomi M)
アクセサリ━パルセイション・イヤリング(《聞き耳》スキル熟練度+20)

◇スキル  ◆スキルスロット数: 4/4

・カタナ(018.40)・索敵*(200.1)・戦闘時回復(1000)・所持容量拡張(012.60)

◆セット可能スキル

片手直剣、曲刀、短剣、片手斧、片手戦棍、片手槍、投剣、鞭、カタナ、
盾、武器防御、威嚇、挑発、軽金属装備、重金属装備、所持容量拡張、限界重量拡張、戦闘時回復、
指揮、耐毒、索敵、識別、隠蔽、忍び足*、聞き耳、鍵開け、罠解除、軽業、暗視、疾走、騎乗、
鍛冶、裁縫、革細工、木工、彫金、錬金術、料理、大工、石工、陶芸、
音楽、絵画、釣り、畜産、農耕、収集、鑑定、商談、掃除 *habit bonus (+2.0/1day)

◇人間関係

主人公 《(118)》「有り難う、助かった」⇔「いえ、良かったです」《(125)》 トモミ(フレンド・伴侶) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(82)》「ああ、必ず」⇔「アー坊が渡してネ」《(88)》 アルゴ (フレンド・親友・共同経営者) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(26)》「大丈夫か?」⇔「大丈夫」《(49)》 マサムネ (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(46)》「何がだ?」⇔「やっぱりさすがだな」《(58)》 キリト(フレンド) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(39)》「何よりです」⇔「お客さん増えてありがたいよ」《(42)》 バルドヴィーノ (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(36)》「幸運を祈っておく」⇔「私も頑張ります」《(36)》 アスナ (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(29)》「そうだったのか」⇔「有名だな」《(35)》 エギル(フレンド) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(24)》「子供達の偉大な教師」⇔「子供達の恩人」《(42)》 サーシャ (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(20)》「ん?」⇔「こいつの事好き過ぎでしょ……」《(31)》 リズベット (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(12)》「有り難う」⇔「末永く幸せになっちまえ」《(22)》 クライン (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(07)》「《鼠の知育会》纏め役」⇔「オーナー社長の若先生」《(24)》 ハインリッヒ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
主人公 《(15)》「《鼠の知育会》スタッフ」⇔「恩人」《(33)》 ロビタ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
主人公 《(13)》「《鼠の知育会》会計役」⇔「オーナー社長」《(24)》 メイナード (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
主人公 《(17)》「《鼠の知育会》スタッフ」⇔「人徳ある人」《(32)》 ジェイコブ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
主人公 《(10)》「《鼠の知育会》スタッフ」⇔「オーナー社長さん」《(25)》 ギデオン (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]

主人公 《(20)》「本当に有り難い」⇔「トモミちゃんの凄い彼氏」《(26)》 タチアナ (バルド嫁) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(12)》「熱血」⇔「マジで通称学者先生」《(21)》 ダリミル (エギル友人) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(18)》「穏和」⇔「さすがリアルに学者先生」《(24)》 ラディスラフ (エギル友人) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(12)》「賢明」⇔「やはりリアルに学者先生」《(23)》 オレク (エギル友人) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(12)》「捻り鉢巻丸アフロ」⇔「爆発しろ」《(18)》 ディール (風林火山) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(07)》「青髪槍使い」⇔「爆発しろ」《(15)》 クニミツ (風林火山) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(05)》「バンダナ口ひげ」⇔「チート紳士」《(24)》 ダイナム (風林火山) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(06)》「茶髪でこ出し」⇔「爆発しろ」《(19)》 イッシン (風林火山) [8層主街区《フリーベン》]
主人公 《(14)》「長身黒髪」⇔「チート紳士」《(26)》 ハリーワン (風林火山) [8層主街区《フリーベン》]

黒木燐太郎 《(-46)》「底浅陰気根暗エロもやし○す」⇔「黒木君と言ったかな?」《(7)》 茅場晶彦


◇Player Personality (Potential)

◇Full Name(氏名):島津 禎実 Tomomi Shimazu ◆Age(年齢):16 ◆Gender(性別):女性

◆Handedness(利き手):右 ◆Belong(所属):都内の高校1年生 地学部

◆Background(背景):2006年09月06日(水)宮崎県都城市生まれ。
小学1年生の時に両親の仕事の都合で引っ越してきた。
マンションに祖父と共働きの両親と少し歳の離れた優秀な姉の5人暮らし。
幼い頃からあれこれとお稽古を受けてきたがあまり実らなかった様子。
地学部に入ったのは天文部が無かったから。
と言っても地学部も存続の危うい状態で活動内容は専ら読書。
ゲーム好きでシスコン気味な姉が、姉の婚約者とうまくいくかちょっと心配中。

◇Player Potential(能力値)

◆Strength(身体能力):3
◆Vitality(生命力):6
◆Dexterity(器用さ):5
◆Reflexes(反射神経):4
◆Sensitivity(知覚力):4
◆Intelligence(知識力):6
◆Willpower(意志力):7
◆Imagination(想像力):5

◆Life Points(生体耐久値):9
◆Fatigue Points(疲労耐久値):210

◇Aadvantage & Disadvantage(特徴)

*後援者
母方の祖父。何故だか矢鱈顔が広いみたい。母も姉妹も幼い頃から溺愛されて育った。

*運動音痴
肉体的なコンマ判定において成功度が幾ら多くとも一の桁が9だった時失敗扱いになる。
(0~9判定での9と、00~99判定での09、19、29、39、49、59、69、79、89、99が自動失敗)

*じっとしていれば可愛い
同性プレイヤーの初期友好度に+5、異性プレイヤーの初期友好度に+10を得る。
容姿に対する劣等感や嫉妬を持つプレイヤーの場合同性の初期友好度に-10、異性の初期友好度に-5

◆Skills(技能)

*料理:9
*礼儀作法:3
*華道:1
*茶道:2
*天文学:4

◆Quirks(癖)

*自転車に乗れない
*空を見上げるのが好き
*泳げない
*懸垂も逆上がりもできない
*人前に出るのが苦手

◆FDVRLV(FDVR適応値):????????


◇プレイヤーネーム:Tomomi(トモミ) ◆ギルド:         ◆属性:グリーン ◆名声:二つ名など

◆所持金(コル):636,289

◆レベル Lv:13 ◆経験値 EXP: 4215/26000 (nextEXP=Lv x2000)
◆ヒットポイント HP:2145/2145 (Lv x150+筋力x5)
◆筋力  STR:39 (+0  )【= 39 】  《攻撃力》:62 《防御力》:116 《個人総合力》:583
◆敏捷力 AGI:10 (+41  )【= 51 】  《命中力》:187 《回避力》:盾(218) 武器防御(   ) 《避け》:(163)

◇装備

◆防御力総計:71 ◆回避力総計:104

◇所持重量総計(kg):17.023 (+98.058)【=115.081】/◆所持容量限界(kg):49 (+161.3)【=210.3】 (筋力+10+所持容量拡張x0.5)
             ◇装備重量合計(kg):17.023/◆限界重量(kg):49 (筋力+10+限界重量拡張x0.5)

右手━フランジド・メイス (片手戦槌 攻20 速20 命20 耐270 5.2kg 要求筋力値10)
左手━ライトブラスバックラー (盾 防16 回20 耐216 4kg)
頭━

┣シンダー・フーデッドケープ+2 (革装備 防13 回19 耐329 敏捷力+7 1.942kg)
┣アッシュ・セーラーワンピース+3 (革装備 防17 回26 耐349 敏捷力+13 2.292kg)
┗ドルチェドラウズブラ (下着 耐120 0.2kg)
腕━ディアレザーアイボリーブレスレット (装身具 耐30 0.2kg)

┣アッシュ・オーバーニーソックス+3 (革装備 防13 回21 耐332 敏捷力+14 1.185kg)
┗ドルチェドラウズショーツ (下着 耐120 0.1kg)
足━アッシュ・ローファー+2 (革装備 防10 回16 耐318 敏捷力+7 1.204kg)
腰━ソフトレザーポットストックポーチS5 (革装備 防2 回2 耐310 0.7kg)
右手指━
左手指━マリッジリング(Pair Marriage Ring of Platinum AteR-Tomomi F)
アクセサリ━鏡面鉱石のペンダント(装身具 Pendant of Mirror Surface Ore)

◇スキル  ◆スキルスロット数: 4/4

・片手戦棍(087.31) ・盾(055.39) ・鍛冶(198.5) ・商談(030.7)

◆セット可能スキル

片手直剣、曲刀、短剣、片手斧、片手戦棍、両手戦棍、片手槍、投剣、鞭、
盾、武器防御、威嚇、挑発、軽金属装備、重金属装備、所持容量拡張、限界重量拡張、
指揮、耐毒、索敵、識別、隠蔽、忍び足、聞き耳、鍵開け、罠解除、軽業、暗視、疾走、騎乗、
鍛冶、裁縫、革細工、木工、彫金、錬金術、料理、大工、石工、陶芸、
音楽、絵画、釣り、畜産、農耕、収集、鑑定、商談、掃除

◇人間関係

トモミ 《(125)》「いえ、良かったです」⇔「有り難う、助かった」《(118)》 アーテル (フレンド) [現在位置エリア名]
トモミ 《(71)》「有り難うございます」⇔「トモちゃんの方が相応しい」《(70)》 アルゴ (フレンド) [現在位置エリア名]
トモミ 《(54)》「ありがとうございます」⇔「おめでとう」《(48)》 マサムネ (フレンド) [現在位置エリア名]
トモミ 《(50)》「頼れるお兄さん」⇔「恩師のお孫さん」《(48)》 エギル (フレンド) [現在位置エリア名]
トモミ 《(35)》「優しいお姉さん」⇔「しっかりした娘さん」《(32)》 サーシャ (フレンド) [現在位置エリア名]
トモミ 《(13)》「釣り好きおじさん」⇔「良く出来た娘さん」《(21)》 ニシダ (フレンド) [現在位置エリア名]
トモミ 《(09)》「釣り好きお兄さん」⇔「トモミさん可愛い」《(28)》 ヤマナカ (フレンド) [現在位置エリア名]
トモミ 《(33)》「ありがとうございます」⇔「良かったね」《(38)》 バルドヴィーノ (フレンド) [現在位置エリア名]
トモミ 《(45)》「いえ、それがまだ……」⇔「試してみた?」《(48)》 タチアナ (フレンド) [現在位置エリア名]
トモミ 《(26)》「はい」⇔「一緒に頑張ろう」《(25)》 アスナ (フレンド) [現在位置エリア名]
トモミ 《(02)》「木工職人のお兄さん」⇔「鍛冶職人のお嬢さん」《(18)》 ハーキュレス (フレンド) [現在位置エリア名]
トモミ 《(22)》「ありがとうございます」⇔「やったわね、おめでとう」《(21)》 リズベット (フレンド) [現在位置エリア名]
トモミ 《(10)》「ありがとうございます」⇔「あーその、ご結婚おめでとうございます」《(19)》 クライン (フレンド) [現在位置エリア名]

トモミ 《(22)》「ありがとうございます」⇔「結婚おめでとうございます」《(16)》 キリト(アルゴさんとアーテルさんのお友達) [現在位置エリア名]


──────────────────────────────────────────────────

◆クエスト一覧

◇オファーリスト

*『囚われた子供達を救え』 ボーナス経験値:無し 報酬コル:無し 場所:1層《はじまりの町》東7区教会 依頼主:サーシャ
*『教科書を再現せしめよ』 ボーナス経験値:??? 報酬コル:??? 場所:1層《はじまりの町》東7区教会 依頼主:無し

◇コンプリートリスト

*『神体を再び』 ボーナス経験値:1000 報酬コル:2500 報酬:シルバーインゴット 場所:1層《セノル》 依頼主:グーデル=ソライエ
*『神体に封じられしもの』 ボーナス経験値:1000 報酬コル:2500 報酬:《安らぎの香》 場所:1層《セノル》 依頼主:グーデル=ソライエ
*『嘆きの森乙女』 ボーナス経験値:1200 報酬:3,000コル 報酬:フォレストディアの革 場所:6層《ハーリー》 依頼主:クッカ=ホランティ
*『彼女達の勇気に応えよ』 ボーナス経験値:無し 報酬コル:無し 報酬:恋人と親友 場所:- 依頼主:トモミ&アルゴ
──────────────────────────────────────────────────

──────────────────────────────────────────────────
◆アイテムストレージ

◇所持重量総計(kg):98.058 (+17.023)【=115.081】/◆所持容量限界(kg):161.3 (+49)【=210.3】 (筋力+10+所持容量拡張x0.5)

・アーテルの装備しているアイテム 90.558kg
・トモミの装備しているアイテム 17.023kg

・《共通アイテムウィンドウ(Tomomi)》(《結婚》した現状全く意味が無いが記念にタブを残してある)

・《アルゴの攻略本》(10層フィールド分まで)x1 ※暗記済み。Intelligence(知識力)を《目標値》にした一桁コンマ(0~9)判定で思い出せる。
・《全クエスト必勝ガイドブック β版》x1 ※7層時点までで判明しているクエストの情報を調べる事が出来る。
・《煙草》 x∞ ※7層カジノロビー売店、1箱300コル。まとめ買い済みで補充が不要になっている。
・アンクースミステッド・グラス(Uncouth Misted Glasses)x1 ※目元の見えないセンスの悪い黒眼鏡。非装備品扱い。
  (プレゼントしてくれたトモミ、アルゴ、マサムネの前以外では常時着用)
・鏡面鉱石のペンダント(Pendant of Mirror Surface Ore)x2
・トモミの選んでくれたニットのマフラー(ウール、地味目のタータンチェック柄)x2

・コットンケミローブ(耐160 0.5kg) ※街着。

・転移結晶x1――――――1kg x1=1kg
・解毒結晶(薬品)x1―――1kg x1=1kg
・回復結晶(薬品)x1―――1kg x1=1kg
・解毒ポーション(薬品)x2―――0.5kg x2=1kg
・ポーション+2(薬品)x6―――0.5kg x6=3kg

(計7.5kg)

・《安らぎの香》x2――『モンスターを鎮める香』モンスターを飼い慣らせるかの《友好度》判定時に、モンスターの種類問わず+2補正

・ベンダーズカーペットx1 5kg(プレイヤーのアイテムストレージには入れられない仕様の為、宿の外部ストレージに納めてある)
──────────────────────────────────────────────────


──────────────────────────────────────────────────
◆ベンダーズカーペット  ◇所持重量総計(kg):  /◆所持容量限界(kg):5,000

スミスハンマー(要求熟練度150、100、50)
やっとこ(要求熟練度150)
金床(要求熟練度150)
携帯炉(要求熟練度150)

ウールチェックプリーツスカート (布装備 防00 回01 耐240 0.5kg) 登場時の装備。
リネンホワイトブラウス (衣類 耐200 0.3kg) 登場時の装備。
ウールダークローズタイ (装身具 耐25 0.1kg) 登場時の装備。

ソフトレザーパンツ (防1 回2 耐307 0.5kg) アーテルから譲り受けた。
デディケート・シミター (曲刀 攻28 速25 命24 耐251 6.384kg) アーテルから譲り受けた。決意の記念。一度も振るわれなかった宝物。
リライアンス・エッジ (曲刀 攻49 速45 命41 耐294 筋力+15 11.48kg)
サイリウム・シミター (曲刀 攻92 速70 命70 耐344 《隠蔽》-20 《暗視》+20 19.6kg 強化残り試行回数46 要求筋力値38)
ディアレザー・ライトアーマー (革装備 防11 回16 耐355 3.72kg) アーテルから譲り受けた。

ブリージー・マント (革装備 外套 防11 回16 耐355 敏捷力+10 3.72kg)
プロバイド・ボクサー (革装備 防18 回26 耐390 筋力+6 6kg)

カトラリーセット(6客分)x1
テーブルウェアセット(6客分)x1
コーヒー・スプリングポット(Coffee Spring Pot)x1
ティー・スプリングポット(Tea Spring Pot)x1
グリーンカモミーラティー・スプリングポット(Green Camomila Tea Spring Pot)x1
アイスティー・スプリングポット(Ice Tea Spring Pot)x1
クリーミー・スプリングミニポット(Creamy Spring Mini Pot)x1
マグカップx8 ((ギルメンの人数分)シンプルなマグカップ。買い足せる様に単品売りの同じ品)
ティーカップx3
ペアカップx1 (他と同じカップだと見分けがつかないので購入した普段使い用のペアカップ。同じ意匠で色違い)

歯ブラシ(青と桃)x2 (Toothbrush Ultramarine Blue & Coral Red)
歯磨き粉(ミント)x1 (Tooth Paste Peppermint Flavor)

上下セットパジャマ(紺)x1 (Couth Pajama Gacket Konai x1 & Couth Pajama Trousers Konai x1)
上下セットパジャマ(臙脂)x1 (Couth Pajama Gacket Enji x1 & Couth Pajama Trousers Enji x1)
ルーズ・アンダートランクスIB (Loose Under Trunks Ivory Black)x1 (男性用下着(黒)ゆったりしたトランクス型)
ウォームフォイズンブラ&ショーツx1 (Warm Foison Brassiere & Panties)
ドルチェドラウズブラ&ショーツx1 (Dolce Drowse Brassiere & Panties)
コットンアイボリーハーフトップ (下着 耐70 0.2kg) (初期装備の色違い)
コットンアイボリーアンダー (下着 耐60 0.1kg) (初期装備の色違い)
その他、私服、下着、寝巻き、タオル等。

毛糸(赤、白、ピンク)
柔らかい獣毛のバスマットx1 →《リンクシーズ》の宿、浴室に設置中
ミルクボディーソープx5 →《リンクシーズ》の宿、浴室に設置中
ミルクシャンプーx5 →《リンクシーズ》の宿、浴室に設置中
ミルクリンスx5 →《リンクシーズ》の宿、浴室に設置中
触り心地の良い柔らかい獣毛のケット(セミダブル)x2 →《リンクシーズ》の宿に設置中
厚手のカーテン(薄い茶色でシンプルな模様)x1組 →《リンクシーズ》の宿、居間に設置中
兎の縫いぐるみ(50立方cm)x2 →《リンクシーズ》の宿、ベッドサイドに設置中
ニット・マフラー(ウール、地味目なタータンチェック柄)x1→アーテルのストレージ一覧に追加。
パーティードレス(白・ハイウエストシフォンロング肩だしレース)x1
オペラパンプス(白)x1
ブーケx1
フォーマルスーツ(黒・シングル)x1
シューズx1

カタナの鞘x10

スチールインゴットx38
生産に使用すると熟練度の上がるランクのインゴットx2
──────────────────────────────────────────────────


001~1000:使用可能になるスキル熟練度の値を表す。
射程:同じ射程でも間合いが大きい場合と間合いを詰める(突進技)場合がある。
《攻撃力》~、《命中力》~:システムアシストによる威力補正や命中補正の大きさを表す。
次ターン行動順まで《回避力》-~:使用後の硬直(隙)の大きさを表す。
●or◎:再使用可能時間の長さを表す。●は毎ターン使用可能、◎は使った次のターン使用不可。

※複数連撃における攻撃判定時の特殊成功(00)による与《最終ダメージ値》増加は連撃全段に適用。

※ソードスキルの数が足りない時はいつでも任意で追加調整して良い。
※*が付いている項目は遊ぶ過程で作られた独自設定です。原作とは異なります。
※(仮)は仮称です。最初に習得した主人公が現れた時に、仮称をそのまま採用するか自由安価で募るかを安価で選択、確定します。
※原作で設定追加が確認出来次第、原作準拠の設定に差し替える場合があります。


◆カタナ

001 ●法眼(ホウゲン)(仮)* 【射程:1 《攻撃力》+120 単発攻撃 《命中力》+100 次ターン行動順まで《回避力》-40】
(基本技、正眼からの上段斬り下ろし、単体)

001 ●薄雪(ウスユキ)(仮)* 【射程:1 《攻撃力》+120 単発攻撃 《命中力》+100 次ターン行動順まで《回避力》-40】
(基本技、八双からの中段胴斬り、単体)

001 ●布引(ヌノビキ)(仮)* 【射程:1~5 《攻撃力》+120 単発攻撃 《命中力》+100 次ターン行動順まで《回避力》-40】
(基本技、脇構えからの突進中段逆胴斬り、単体)

050 ◎金葉(キンヨウ)(仮)* 【射程:1 《攻撃力》+120 x2連撃 《命中力》+80 次ターン行動順まで《回避力》-60】
(平正眼から残心まで切っ先が描く黄金色の軌道エフェクトがひらひらと舞い落ちる高速の袈裟斬り逆袈裟二連撃、単体)

075 ◎醒睡(セイスイ)(仮)* 【射程:1 《攻撃力》x1.4 単発攻撃 《命中力》+20% 次ターン行動順まで《回避力》-40%】
(地の構えからの無音、無拍子突き、単体)

100 ◎辻風(ツジカゼ) 【射程:1~10 《攻撃力》x1.2 単発攻撃 《命中力》+20% 次ターン行動順まで《回避力》-70%】
(居合い系直線遠距離技、単体)

200 ◎梁塵(リョウジン)(仮)* 【射程:1 《攻撃力》x1.25 x2連撃 《命中力》+30% 次ターン行動順まで《回避力》-50%】
(鍔鳴りの音に斬られたかの様な速く美しい居合い系二連撃、単体)

300 ◎大鏡(オオカガミ)(仮)* 【射程:1 《攻撃力》 単発攻撃 《命中力》+10% 次ターン行動順まで《回避力》-30%】
(水鏡に映した剣気を斬る活人剣、対象の《攻撃力》を戦闘終了時まで《最終ダメージ値》の2%分下げる。与ダメージ無し。この効果は累積する、単体)

400 ◎浮舟(ウキフネ) 【射程:1 《攻撃力》+150 単発攻撃 《命中力》+120 次ターン行動順まで《回避力》-60%】
(このスキルの対象プレイヤーおよび中型までのmobを吹き飛ばす斬り上げ技、命中直後転倒状態にする、単体)

500 ◎蜻蛉(カゲロウ)(仮)* 【射程:1 《攻撃力》x2 単発攻撃 《命中力》+20% 次ターン行動順まで《回避力》-80%】
(天の構えからの先々の先、幻の袈裟斬りを呼び水に放つ逆風の太刀、単体)

600 ◎幻月(ゲンゲツ) 【射程:1 《攻撃力》x1.5 単発攻撃 《命中力》+20% 次ターン行動順まで《回避力》-150】
(同一動作からの上下完全二択縦斬り技、このスキルに対する《回避力》判定に-25%の補正効果、単体)

700 ◎緋扇(ヒオウギ) 【射程:1 《攻撃力》+350 x3連撃 《命中力》+30% 次ターン行動順まで《回避力》-80%】
(高速天地二段斬りからの突き、三連撃技、単体)

800 ◎旋車(ツムジグルマ) 【射程:1~3、範囲 《攻撃力》x1.4 単発攻撃 《命中力》+200 次ターン行動順まで《回避力》-90%】
(溜め斬りを地面に叩きつけ生ずる深紅の竜巻による全方位範囲重斬撃技)

900 ◎凌雲(リョウウン)(仮)* 【射程:1~3 《攻撃力》x1.7 x9連撃 《命中力》+30% 次ターン行動順まで《回避力》-95%】
(縮地からの斬り下ろし、袈裟斬り、右薙ぎ、右斬り上げ、逆風、左斬り上げ、左薙ぎ、逆袈裟斬り、中段突きの九連撃、単体)

950 ◎絶空(ゼックウ) 【射程:1~5 《攻撃力》x5.2 単発攻撃 《命中力》+30% 次ターン行動順まで《回避力》-95%】
(カタナ上位技、居合い系抜き打ち重斬撃技、単体)

1000 ◎居合(イアイ) 【射程:1~3 《攻撃力》x3 単発攻撃 《命中力》+50% 次ターン行動順まで《回避力》-100%】
(カタナ最上位技、居合い系の極、神速の抜刀術、このスキルに対し《回避力》判定を行う事は出来ない、単体)


       ,. -―-,)、
      /カゞ;' ;'´ ヾ`ヽ   いつもありがとうございます
    !i {ミl lレハリ゙ヾリ)

     川ト(トfノ Hヽ k|    お陰様で新しいスレッドが迎えられました
    ノ ソゞ∩''' ワ''∩!
   ((´   ヾ.j´怯!'iソ.    本スレッドでもどうぞよろしくお願いいたします


※前スレ999 5 4-30=《目標値》-26なので0(特殊成功)以外失敗。

──────────────────────────────────────────────────
※『オネーサンが思いついたこと』は達成されました。
──────────────────────────────────────────────────

※前スレ948 【コンマの流れで具体的になった場合はそのまま適用されます】。
→『違法行為を思いとどまるだけの理性と落ち着きは残っていた』事になりました。


※次回オネーサンにじっくり《観測》されながらトモミといちゃこらします。

※2人のいちゃこらを見たアルゴがどうなるかはコンマ次第です。
満足して気が済むかもしれませんし、興奮しちゃうかもしれません。

※『違法行為を思いとどまるだけの理性と落ち着きは残っていた』事になりましたので、
その際のコンマ表判定に有利な補正が加わります。

※また、コンマ表の内容から違法行為(軽犯罪)である《無断家宅侵入》や《窃視(のぞき)》は取り除かれます。


※無事に前スレを使いきれたところで《つづく》です。

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。



                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    主人公の選択やコンマに良し悪しや善悪はありません
               /::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::ヽ
            /::::/:::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::ヽ:::ヽ::::::::ヽ

             /::::/:::::::/:::/::::::/:::l::::::::::::::ヽ::::Y::ハ::::::::::::、   主人公の選択と、その結果を尊重したいと思っています
           j:::::/::::::/::::/::/:/l::::l:::::::::::l:::::ト:::::i::::::i::::::i:::::、
           i::::;:::::::::l:::::l:::j:/__l:::l:::::::::l::l-十i‐-::::::!:::::l:::::i
           i::::i:::::::::l::::/{:l  l:::l:::::::::l::}l:::l l:::l:::}::i:::::l::::::i
           i::::!:::::::::l::::l::/l:l `i:::l:::::::l::l }::l l:::l:ノl::l:::::l:::::::}    仮にですが、アルゴがマサムネと入浴していた場合

               i:::i::::::::::l:::lY ll_ い::::::lノ l云zr-ミl::l::::lハ::::j
            l::l:::::l::::l:::lT代jこ` "⌒ 弋;;;タ '"l::l::::l l:/
             i:l:::::l::::l:::l ゞ;;シ       ``~` /}:l::::j ノl    マサムネの部屋に泊めてもらえないかと相談する事で
               il:::::l:::::l::ゝ      '     ハ:j::::/l l:l
                い:l::::::l\          ノ:::ノ::/::l j:l
              i:::::l::::::l:::::`ト 、   ⌒   イ:::::/:/:::::lノノ   クロリンとトモミの部屋への侵入を試みようとするルートでした
              }:ヽl:::ヽl::::::::/{  ー- イj ヽ::::://:::::::::iノ
               l::::::\:::::/{ \   / } X::::::::::::::i
             ノ:::>''"/  i   ハ /ハ l  l`ー-ニ:l      また、クロリンがアルゴとトモミのいる浴室に向かわず
           -‐''"    /   l /\ V / 癶j   i     ̄ ヽ
         /       /    l / `Y ̄ Y   l    }         l
         { ヽ     \   K   い_/   l  /     / l   アスナとキリトが帰って来た(シーンに飛んだ)場合
            l  `、     \ l∧  / ハ /:l 〈    l /  {
         ノ   ゙、 l    /  l:.∧/   ∨:.:l  ヽ    l /   ハ
         {    ゙、 l  /  l:.:.:∧    /:.:.l   Y  l/     }`、    パーティ&ギルドメンバー解錠可なのを利用して
        /l     ゙、l  {    l:.:.:.:.∧  /:.:.:.:l   l  /    /ノ::::\
       /:::l     i  ∨   ト:.:.:.:∧ /:.:.:.:.:l  l  j    / l::::::::::::\
     /:::::::::l  ゙、  l  V   l:.:\:.:..V.:./:.l  l  l    /  l::::::::トミ::`''ー--‐   無断で進入を試みようとするルートでした
  ー-‐彡/:::::::::::l   `、  i   ∨  l:.:.:.:.:.\∨:.:.:.:l  l  l   /  lヽ:::::i   ̄
     /:::::::::::::::l    ヽ l   ∨ l:.:.:.:.:.:.:.l }:.:.:.:.:.l  l   l  /   { V::i
    /:::::::::::l:::::::l     \   V !:.:.:.:.:.:.:l l:.:.:.:.:.:l j   {/    }  i:::i
   /:::::/::/l::::::::l      ヽ  V l:.:.:.:.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:l !  /    /  /   i::}   クロリンとトモミのそれを見てアルゴがどう反応するかは
   /::::/l:::l l:::::::l  \    i   ゙、!:.:.:ー--rr―:.:.l l  /  /  !   l::l
  /::::/ l:::l l:::::::l    ミ  l   j:.:.:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.!l  / /   lヽ  l:j
  /::::/ l:::l l:::::八      `ー、 j:.:.:.:.:.:.:イ「 ̄:.:.:.:l //     l::::ハ jノ   今日のコンマ表判定次第ですのでまだ不明ですが
  j::::l  l:::l い::{ ヽ        }ノ:.:.:.:.:. ̄Tl:.:.:.:.:.:.:∨        ト::::::i/
  l::::l   !::l 、:::::i ト、       ∨:.:.:.:.:.:.:.:jl:.:.:.:.:.:.:./       j V:::}
  {::::l   い  \∨ハ        ∨:.:.:.:.:.:∥:.:.:.:.:.:/       /  }:::j   『理性と落ち着き』の影響で違法行為等の可能性が消えた結果
  λ{   \   ソ  ゙、       ∨:.:.:.:/\:.:./      /l  ノノ
   \      /   ゙、       ∨:/:::::\/      / { /
         }     \      ∨::::::::::ノ      /   \     コンマ表の内容は比較的マイルドになった……と思います


※今日ものんびり楽しんでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。



2023年01月31日(火) PM 08:40

そもそも、だ。

健康な若い男女、それも新婚の夫婦なら至極当然で自然な欲求の筈だ。

しかも俺もトモミも未経験から始めた謂わば覚えたてという奴で、

その上アバターの身体なら妊娠によってトモミの希望や予定を邪魔してしまう心配も無い。

俺は生んで貰うつもりも責任を取るつもりも満々だが、トモミは身体に負担がかかるからな。

現実に帰ってからはトモミとトモミの体調に配慮して計画的に幸せにすべくシミュレーションを行っている。

要するに、だ。

プロポーズ以来、時間と体力に余裕がある時や2人の気分が盛り上がった時には素直に愛を交わしてきた。

俺とトモミにとって、状況が許すなら求めてしまうのは自然な在り方だと思う。

だからいま、こうしてトモミを抱いているのも自然な事なのだ。

だが招いた客の事を邪魔だとか疎ましく思ったりしている訳では無いということは繰り返し表明しておきたい。

トモミの友人達を持て成したり、親交を深めることも、俺達2人にとっては大切なのだ。

既に十分具合が良くなっていたトモミに導かれて、俺は制御不能のそれをあてがった。

トモミがゆっくりと腰を下ろすのを支えながら、俺は感触に身もだえする。

中はその、具合がいいのだ。

そこには遊びが殆ど無く、つまりきつく俺を締め上げていて、さらに熱くうねっている。

動こうとすると直ぐに果ててしまうので、自然と挿し入れたまま愛撫したりキスしたりする事が増えた。

トモミとアルゴが大きいと言ってくれるのは、まあ……悪い気はしないのだが、

俺自身は至って平均的なサイズだと思う。

他の比較したことなぞ無いから、ただの憶測だがな。

トモミとアルゴが小柄だから相対的に大きく感じるのではないだろうか。

根元まで入らないなどと気にしていたが、もともと伸縮性の高い器官だ、すぐに馴染むだろう。

それに根元まで入らないなどというのは瑣末な問題だ。

こうしてトモミと繋がりながら抱き合えているだけで、俺は幸せなのだから。

トモミの何度目かの痙攣に締め上げられて俺もついにトモミの中で果ててしまった。

俺の様子でそう察したのか、トモミは潤んだ瞳で微笑むと俺に優しくキスをしてくれた。

鼻孔を擽るミルク石鹸の甘い香りで脳が焼けそうだ。

俺は我ながら呆れるくらい静まる気配の無いそれを突き立てたまま、ゆっくりと愛撫を再開した。

もう少し慣れたらゆっくり動かすところから始めてみるつもりだ。

早くトモミの中もじっくりと愛撫出来る様になりたいものだと思う。



※次でアルゴがどうリアクションするかのコンマ表判定を行います。

※よろしいでしょうか。幸運を祈ります。


※アルゴの◆Willpower(意志力):8に基づく一桁(0~9)コンマ判定。
(《目標値》に対する補正:最愛の男性の前で全裸状態という状況-10、手の届く距離で最愛の男性と親友が本気SEX-10、
違法行為を思いとどまるだけの理性と落ち着きボーナス+10 魂の友+5 親友+5 計:±0)


000 00+アーテルとトモミとの関係を無二の物としながらも、自身の新しい恋愛に前向きになります。

00 アーテルと肉体関係を持つのは3人とも幸せになれなくなるから駄目だけど、トモミとなら問題無いと考えます。

   トモミとアルゴの関係が物理的にも精神的にもより親密で密接で深いものになります。
   アーテルとトモミ双方に対する自分の居場所を確立した事で精神的に安定します。
   以降、アーテルに性的に誘惑されない限り、アーテルへの愛欲や肉欲で平常心を失う事はなくなります。

0 アーテルと肉体関係を持つのは3人とも幸せになれなくなるから駄目だけど、トモミとなら問題無いと考えます。
  トモミとアルゴの関係が物理的にも精神的にもより親密で密接で深いものになります。

1 現実とは違うであろう環境で2人が正常に愛し合えていて良かったと心から安堵します。
  トモミが気持ちよくなれるように手伝います。
  トモミが嫌がるかもしれない事はしたくないですし倫理に悖るのでアーテルに直接触れる事はありません。

2 現実とは違うであろう環境で2人が正常に愛し合えていて良かったと心から安堵します。
  アーテルが気持ちよくなれるように手伝います。
  トモミが嫌がるかもしれない事はしたくないですし倫理に悖るのでアーテルに直接触れる事はありません。

3 1+トモミの◆Willpower(意志力):7判定。失敗するとアルゴに見られての行為が少し癖になってしまいます。

4 2+アーテルの◆Willpower(意志力):3判定。失敗するとアルゴに見られての行為が少し癖になってしまいます。

567 現実とは違うであろう環境で2人が正常に愛し合えていて良かったと心から安堵します。

8 意に反して手が動いてしまいます。
  (アーテルの◆Sensitivity(知覚力)判定。気付いた場合指摘するか無視するか誘うか等選択になります)

9 達してしまいました。
  (アーテルの◆Sensitivity(知覚力)判定(プラス補正有り)。気付いた場合指摘するか無視するか誘うか等選択になります)

99 達してしまいました。愛欲や肉欲にはかないませんでした。トモミとアーテルに泣きながら懇願してしまいます。

   (アーテルの◆Willpower(意志力):3判定を伴う行動選択。意志判定に失敗した場合や選ばれた選択肢によっては、
   他プレイヤーや次回以降の主人公が『アルゴと結ばれる』難易度がVery HardからUltimate Hardになる可能性があります)

999 達してしまいました。友情は愛欲や肉欲にはかないませんでした。アーテルに泣きながら懇願してしまいます。
   (アーテルの◆Willpower(意志力):3判定を伴う行動選択。意志判定に失敗した場合や選ばれた選択肢によっては、
   他プレイヤーや次回以降の主人公が『アルゴと結ばれる』難易度がVery HardからUltimate Hardになる可能性があります。
   またトモミとアルゴの関係に悪い影響が出る可能性があります)


↓1

1


>>28 9

──────────────────────────────────────────────────
9 達してしまいました。
  (アーテルの◆Sensitivity(知覚力)判定(プラス補正有り)。気付いた場合指摘するか無視するか誘うか等選択になります)
──────────────────────────────────────────────────

※アーテルの◆Sensitivity(知覚力):6を《目標値》にした一桁(0~9)コンマ判定です。
(《目標値》の値に対する補正:+1)


↓1


>>31 1 6+1=《目標値》7 《目標値》以下だったので知覚判定成功。 7-1=《成功度》6


トモミは寂しがりなのか、不安なのか、

具合が良くなってくると俺を求めて両手を伸ばしてくる事が多い。

だからなのか、こうして最初から互いにしっかりと抱き合える体勢は落ち着くらしい。

俺の胸に豊かな胸部を押し付ける様に、俺の肩に頬を預けてくれる。

喘ぐ吐息が俺の耳を擽る。

トモミと繋がった部分が硬度を増すのを感じながら、

トモミの背中をゆっくりと撫で上げていた俺はふと気付いてしまった。

俺とトモミの横から聞こえる、押し殺した切ない喘ぎ声に。

「……、……っ」

そっと愛撫を続けながら横目で様子を伺うと、

へりにもたれ掛かった姿勢のアルゴがもぞもぞと紅潮させた身体を動かしていて、

「……!…………っ!!」

そしてそのまま痙攣しだした。

気付かれてはいけないと思ったのだろうか、

必死に口元を押さえ、湯船のへりを強く握り締めていた。

俺の視線に気付く余裕は全く無い様だ。

トモミと結ばれる前の俺なら解らなかったかもしれないが、いまなら解ってしまう。

アルゴは俺とトモミが繋がり合うのを見ながら自分を慰めていたのだ。

俺は――――



1:「…………」(見なかった事にして、トモミと愛し合うのに専念する)

2:「アルゴ、どうした?」(解ってしまっているが、敢えて聞く)

3:「……自慰だけで満足か?そうやって我慢しているだけでいいのか?」(煽ってみる)

4:「なあ、アルゴ。寂しいなら遠慮なく言ってくれ」(遠まわしに誘ってみる)

5:「なあ、アルゴ。俺達にして欲しいことはあるか?」(問うてみる)

6:その他、台詞でも行動でもなんでも自由にお書き下さいね。


↓3


※覗きで感じちゃう不法侵入常習オネーサンになっちゃったりする可能性が無くなった分マイルドだったらしいです。

>>41 5


「なあ、アルゴ。俺達にして欲しいことはあるか?」

気付かれているとは思わなかった、いや、気付かれていると思いたく無かったのか……?

俺が声をかけるとアルゴは火照った身体をびくりと震わせた。

紅潮しきった顔をゆっくりと上げて、泣き出しそうなくらい潤んだ大きな瞳で俺とトモミを見る。

俺と、俺と繋がったままのトモミと、アルゴの視線が交錯する。



※アルゴの◆Willpower(意志力):8を《目標値》にした一桁(0~9)コンマ判定。
(《目標値》に対する補正:最愛の男性の前で全裸状態という状況-10、手の届く距離で最愛の男性と親友が本気SEX-10、
違法行為を思いとどまるだけの理性と落ち着きボーナス+10 魂の友+5 親友+5 慰めてしまった直後-3 罪悪感+2 計:-1)


00 「して欲しいコト、か……もっとよく見せてくれル?」

0 「して欲しいコト、か……トモちゃんの為にもう少し頑張ってみて欲しいかナ」

123 「うン、ありがとネ。いまは特に無いヨ。ゆっくり楽しんでネ」

4567 「……い、いや、特に無いかナ。ちょっとのぼせちゃってネ。少し涼もうかナ……」

89 必死に自制するも愛欲や肉欲にはかないませんでした……。トモミとアーテルに泣きながら懇願してしまいます。

   (アーテルの◆Willpower(意志力):3判定を伴う行動選択。意志判定に失敗した場合や選ばれた選択肢によっては、
   他プレイヤーや次回以降の主人公が『アルゴと結ばれる』難易度がVery HardからUltimate Hardになる可能性があります)

99 必死に自制するも友情は愛欲や肉欲にはかないませんでした……。アーテルに泣きながら懇願してしまいます。
   (アーテルの◆Willpower(意志力):3判定を伴う行動選択。意志判定に失敗した場合や選ばれた選択肢によっては、
   他プレイヤーや次回以降の主人公が『アルゴと結ばれる』難易度がVery HardからUltimate Hardになる可能性があります。
   またトモミとアルゴの関係に悪い影響が出る可能性があります)


↓1


>>46 0 アルゴオネーサンの鋼の自制心に敬礼。

※《目標値》以下なら成功です。《成功度》が多ければ多い程上手くいった事になります。
※今回の場合◆Willpower(意志力):8という《目標値》に-1補正で7が最終的な《目標値》だったので、
コンマ表の中身が7以下は成功、8以上は失敗という内容になっています。

※コンマ判定の《成功度》によってどういう結果になるか予め明記して、
そこに00や99などをボーナスとして付記している形式になります。

※『コンマの値に対する補正』と言う形式と、『《目標値》に対する補正』と言う形式を、
両方使っているせいで紛らわしいですね、すいません。



「して欲しいコト、か……トモちゃんの為にもう少し頑張ってみて欲しいかナ」

真っ赤な顔で、だが平然とそんな事を言い出すアルゴに驚かされる。

どう見ても自分を慰めていた、間違いなく。

アルゴの身体に残る熱の証が彼女の白い肌をピンクに染め上げている。

だが口調や態度はもう、平常時のそれの様だ。

俺の気のせいだったのかもしれないと思ってしまうくらい自然だった。

「トモミの為なら幾らでも頑張るが……どういう事だ?」

「えーっとネ」

「私も経験がある訳じゃないから解らないケド、もう少し動くといいんじゃないかナ」

「それは……その、具合が良くてだな、動くに動けんのだ」

「こういうの、なんて言ったかナ……そうそう」

「ん?」

「アー坊は早漏なんだネ」

「ぐっ」

「え、えっと……」

「いや、いいんだ、その通りだ」

「そりゃ気持ち良さそうだったけどサ、いつまでもそれじゃちょっと可哀想だヨ」

そう言うと、アルゴは湯船から立ち上がって俺とトモミに紅潮した身体を晒して、

「女の子はネ、ここでも気持ちよくなれるんだヨ」

自分の下腹部を手で指し示した。



湯船から出たアルゴが、俺とトモミの前で首を捻る。

「うーン、力を抜いてみればいいんじゃないかナ……」

「力を?」

「いや、アー坊がじゃなくてトモちゃんが」

「えっと……」

「緊張してるよネ」

「ま、まだちょっと……」

「ちょっと触ってイイ?」

「あ、はい」

「この辺りかナ……ちょっと待ってネ。……うン、この辺りかナ」

トモミの下腹部と自分の下腹部を交互に触れて確認しながら、

アルゴはとんでもない事を言い出した。

「えーっと……おトイレ済ませるときみたいにすれば力抜けるんじゃないかナ?」

「え」

「アー坊、ちょっとトモちゃん横にしてくれル?」

「あ、ああ」

繋がった体勢のまま一旦抱え上げてトモミの身体ゆっくりと横たえて、

俺達を横から確認したアルゴの指示でさらにトモミの腰を両手で抱え上げた。

「み、みえ……」

「繋がってるところ、見えちゃうネ」

「は、はい……」

「さ、アー坊。頑張ってそれが出たり入ったりする所を見せてあげてネ」

「う、うむ」

意を決してゆっくりと腰を引くと、トモミが恥ずかしそうに呻いた。

「うう、太くてぬれぬれです……」

「えっちだよネ……ほら、アー坊頑張レ」

「くっ……いいか?」

「はい」

痛いくらい張り詰めた下半身に伝わる感触で暴発しない様に必死で耐えながら、

慎重に引っ張り出して、また注意深く沈める行程をゆっくり繰り返す。



「トモちゃん、息を吐いテー」

「は、はい」

「吐いて吐いテー」

「……!!」

「はい吸っテー」

「吸って吸っテー」

「吐いテー」

「っはぁ……」

不思議なものだ、トモミが深呼吸を繰り返す度に締め付けが楽になっている……気がする。

リラックスできているからか……それともトモミの意識が逸れているからか?

「アー坊、撫でたりキスしながらしてあげると嬉しいと思うヨ」

「ああ」

抱えた腰から背中へと撫で上げながら啄ばむように繰り返し口付けする。

表情から伺うにトモミの具合もいい様だ。

もう少し焦らしてから抱き上げてやろう。

しかし腰を動かすというのは難しいものだな……ゆっくりでもこれだけ難しいのだ、

テンポ良く動作を繰り返せる様になる為にも練習に励むしかあるまい。

「トモちゃんこことかドウ?」

「あっ、ああっ」

「ホラ、アー坊のえっちで凄いのがトモちゃんの中をゆっくり出たり入ったりしてるヨ……」

「……ぅっく、は、恥ずかしい……です……」

「トモちゃんかわいいネ」

「ホラ、アー坊が上手だカラ、トモちゃんこんなにとろとろだヨ……」

「……あ、アーテルさん……」

トモミの上半身を軽く抱き上げて俺を求めて延びる手を安心させてやると、

俺の首に捕まるトモミの身体を押しつぶすように繰り返し繰り返し夢中で貫いた。


「いやァ、いい湯ダネ」

「……ああ、そうだな」

ぐったりしてしまったトモミをミルク石鹸で丹念に全身くまなく洗いなおしてやって、

俺自身も洗いなおしてから湯船に浸かる事にした。

心地よい疲労感と充足感。

俺に抱きつくように身を寄せてくれているトモミの柔らかさと湯を堪能する。

……いや、待て、何でこうなった。

アルゴ先生のSEX講座か。

なんでアルゴは平然としていられるんだ……。



2023年01月31日(火) PM 09:50

「いやァ、えっちだったネ」

「ぐっ」

「トモちゃんのとアー坊のが混ざり合って、トモちゃんからあんなに溢れテ」

「ぐぅ」

「引き抜いたアー坊の凄いのがてらてら濡れていて、いやーえっちだっタ」

「トモちゃんも、頑張ったアー坊もえらいえらい」

同じ湯船に浸かった全裸の年下美少女に自分達の行為を解説されると、

なんというか、こう……無性に気恥ずかしい。

アルゴは妙に上機嫌な様子なのだが、何故そうまで楽しそうなのかがさっぱり解らない。

何故なのか、どうしてこうなったのか……落ち着いて考えてみよう。

まずアルゴが俺とトモミに2人でゆっくり出来る筈だったのを邪魔したからと詫びてきて、

ゆっくり出来なかった分を浴室で楽しめばいいと提案してきた。

《転移結晶》を提供したりフォローをするとまで言ってくれた上で、だ。

その後……俺とトモミの行為を見ながら自慰に耽っていた。

切なげな様子と達した直後の痙攣するピンク色の裸身は暫く忘れられそうに無い。

俺が気遣いのつもりで「して欲しいことはあるか?」と声をかけたら、

スイッチでも切り替えたみたいに平常通りの振る舞いに戻って、

挙句、俺にもう少し頑張れときた。

そして未経験らしいアルゴに、一応経験者である俺とトモミが導かれるように快楽を貪った。

……解らん、なんだこの流れは。

これは自惚れかもしれんが……アルゴとも随分親しくなれたと思っていた。

それこそ、風呂場で裸の付き合いが出来る程度には。

信頼も得て、意図や行動も読めるようになったと思っていたのだが……。

俺はまだアルゴの事を十分に理解出来てはいない様だ。

今もこうして一緒に入浴している以上、嫌われている訳では無いのはおそらく間違いない。

……と、思うのだが……。

つまりどういう事なのかが解らんと、なんというか、その、どう接していいのか解らん。

俺とトモミの今後の為にも、もう少し情報を引き出さねばならん。

それも、誰にも邪魔されずに話せる今のうちに、だ。

うつらうつらしているトモミの身体をしっかりと支えなおしながら、

俺はアルゴという美しく聡明な、奥深い神秘の年下女子の《検証》に挑む覚悟を決めた。


                           《つづく》


※どうしてこうなった……というところで《つづく》です。

※次回、風呂問答の予定です。どうしよう。あとマサムネとリズベットがどうしているかをコンマで決めたりかな。

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。


                /: : : : \

                /: : : : : : : \ / |         新スレ冒頭から糖度高めでお送りしております
                ': : : : : : : : : :Υ_: 、
               ノ: : : : : : : : : : : ヽ: __: \― ┐
                  /W\: : : : z: ´ ̄ ̄ <: : : \: : !     求めたら喜んでくれる子達なのでしょうがないとはいえ
                Ν   ` ´          <: :ヽ’
    な        ,                〉: : l: : > _

             , ~~ィ  〈 、_ 彡⌒ヽ 〈: : : 、: : : :/   アスナさんがキリトくんをがっちりゲットした事で
    ん         〈⌒二"l    ヽ≦ニヽ     i: : : : 、/
             〉/ ̄.ノ    .:  ::::`     ,: : : : : '|
     で          | '::/ 〈 、   :  :::|    ,: :/⌒i:|     昨日今日と女っ気/Zeroになった最前線で奮闘している
             | l::      __  |::  /  L' ィ ,:,
    や       | |:ー   ̄  _ ヽ::  |    / ノ /,
             | V ̄ ̄ ̄ ̄  `´l  |   ' //     独り身の皆さんが血涙流しそうな状況になっていますね
    あ       |  |  -=ニニニニニニ |   r-/: :,
             、.L≦二二二二二,   / |: :/
     ぁ        |::、r---ァ    /:/ /  ,”     年下全裸美少女の手伝いと応援を受けながら嫁と夫婦の営み
              |:::;VlllV   /i!      ,
     ぁ 、       ̄ 、 ̄ ̄   ::      ,
      / )|         ヽ ---  ::       、       ……これなんてプレイ?これだけ濃密な体験や時間を
     , " /      -   マ ,    :.   /.   \
     ,  |     /   |   } 、   ::   '      \>
    ,   |      |   //∧:.     :.  /      ./ニニ> 、     共有していたら、そりゃ関係も深まろうというものです
     |  {     /  /  /ニ/}     : ,     ./ニニ/  \
     |   |  <⌒ヽ /  ,ニニ' {     :.    /ニニ/       \


【まとめ。】

リズベットの直截的な質問を耳にしたのを切欠に、アーテルとトモミの営みを見守るべきだという義務感に目覚める。(00からの0)
判定の結果、トモミとアルゴの2人がツイン側の浴室を先に使う事になる。
アーテルとトモミの営みを見守る為にどうすべきか悩む中、浴室に来たアーテルを見て法に触れずに済む妙案を思いつく。(00)
アーテルが浴室に来た事実のフォローも兼ねた提案で、アーテルとトモミの営みを見守る事に成功する。
密室で全員裸かつ間近で見守っている事による性的興奮・肉欲に抗うのに失敗、自分を慰める手を止められず、達してしまう。(9)
気取られないように口元を押さえ堪えるも、アーテルに高《成功度》で看破される。(アーテルのコンマが1)
アーテルからの問いを切欠に、驚異的な意志力で達した直後の身体と自慰を看破された動揺から脱し、
普段と変わりなく見える言動でアーテルとトモミの営みを直接手伝い、応援する。(0)
事後そのままトモミを湯船に運ぶ所まで手伝ってから同じ湯船に浸かって仲良く談笑。←いまここ。


※所用を済ませてからになりますが、少しずつでも進めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚

※ところでマサムネとリズベットは何をしているのかな?

※クロリン達には詳細は解らないままですが、クロリン達が部屋に戻った時の雰囲気などに影響します。


00  789+ちょっと盛り上がりすぎてお風呂で《倫理コード解除設定》の検証をしてしまった様です。(2人の仲が深まります)

0  789+ちょっと盛り上がりすぎてシングル部屋で《倫理コード解除設定》の検証をしてしまった様です。(2人の仲が深まります)

123  789+出てくるのが遅いので2人でシングル側のお風呂に入っちゃいました。(2人の仲が深まります)

456  789+マサムネの軽金属装備が超軽く。リズベットさんすげー。
    (マサムネの装備重量とリズベットの商売用の物資がごっそり減って、マサムネの所持金ががっつりリズベットに移動します)

789  マサムネが差しさわりの無い範囲で情報提供してリズベットの知的好奇心を満たし、疑問を解消してくれました。
    (2人の仲が深まり、リズベットがゲームの中でも本当に可能なのだという情報などを得ます。
     ※リアル個人情報及びアーテルの身元や途中乱入してきた事などは一切話していません)

99  何があったのか解りませんがマサムネとリズベットの仲が拗れた様です。(マサムネ⇔リズベット間の《友好度》が下がります)


↓1

いよっ



          /:::::::⌒ζ:::::::::::::::::::::::::::::\       今回は『《倫理コード解除設定》を解除すると
           /::::::::::::-‐Y⌒:::::::::::::::::::::::\:::\
        /:::::::/::::::::/::ヽ::::::::::::\::::::::::::::ヽ:::ヽ
      /::::::::::/::::::::::::/::::ハ::::::::\:::ヽ::::::::::::::::::::::、     本当に男女間で性交出来てしまうのか』という

      /:::::u:/:::::::::::::/:::::i:::::l::::::::::::::::::::゙;:::::::::::::::::::::、
     /:::::::::j:::::::::::::::l:::::::::::::::l:::::::::::\:::::i:::::゙;:::::::U::::i

     j::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::ト:::::::::::::::ヽ::i::::::l:::::::::l::::l     疑問に対してのフォローや情報提供になりますので
     l::::::::::::l:::::::::::::/l::::::::::::l:::l ∨::::::;;;;;;::::l::::::l:::::::::l::::}
     l::::::::::::l:::::::::::::l l::l::::::::::l:::l X":::::::::::::i::::::l:::l:::::}::::!
     j::::::::::::i:::::::::::::l-い:::::::::い  ヽ::::ヾ:::::l:::::l:::l:::::lヽ{     必然的にそっち系統の話になってしまうというのと
     {::::u::::::い:::::::::l ヽ::\::::::::ヽ   ̄_,,二l::::::::l:::::l }
     !:::::::::::ゝl\ゞゝ \  ̄ ̄   >'"⌒i:::j:::l::::j_/i
     ヽ:::::::::::::ゝ  _,,,,_       ;:;:;:;:; j:/l::::::ハ:::::}     《倫理コード解除設定》を解除した場合、性感等の制限が外れ
      Y::::ヽ:::\ ㌢'"⌒    ::.     ノ l::::/:::::ノ
      弋::::人:::::\ ;:;:;:;:;   `    ,   /l::/::::::/ヽ
       jヽいヽー-ヽ     、__  / /::j/::::ソ  }_ノ       ……つまり快感を感じて気持ちよくなれてしまう為
       乂メ:ト:::\  >ーr- へ__. ィ" l \弋__,,,、ノ:::::::`ヽ、

     /:::::/ \\/7" ̄ / Y-ヽ_ノ  ヽ  \:::::::\::::::::\
    /:::/::/ ヽ   /:::7  / /  {-~⊃_}    `ヽ、::\:::::::ヽ     こんな感じのコンマ表になったというだけです
   /:::::/::/  Y  //゙、 / ///_     ̄  ー- 、\::ヽ:::::ハ
   /::/:::/ j    い/   \__//_/::::::::::: ̄::::ー-      /  Y::Y:::} }
  {/{:::/ ノ     У     / ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::7  /}::j:::jノ    マサムネやリズベットに同性愛の気があったり
    ゝ( { {   /           〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / }ノ::ノ
      j ヽ /         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /l j/
     / /        __/:r、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// / }      密室に2人を放り込んだり2人きりにすると

     //            r(\::ヽYi:::::::::::::::::::::::::::::::::/  /  /
    У         r、ヽヽ\/ヽ:::::::::::::::::::::::::::/ /   {
   〈         /:::`r-‐彡  ヽ \::::::::::::::::::://    ノ     そういう関係になってしまうという訳ではありません
     V       /:::::::::::乂ヽ ヽ  メ }::::::::::::::::/  ノ   {
      }     /:::::::::::::::::::::ヽヽ  イ  人::::::::::://   ノ }
     └--‐<:::::::::::::::::::::::::::::::}  ̄     \::/-‐  ̄  ノ     一応念のため補足です。


※遅くなってすいません、今夜ものんびり楽しんでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


>>65 4  789+マサムネの軽金属装備が超軽く。リズベットさんすげー。


※マサムネの軽金属装備は以下の4点です。

エンプリファイ・ライトブレストプレート (軽金属装備 防63+1 回79 耐592 筋力+15 14.256kg) ※残り試行回数 27

クルー・ライトプレートガントレット (軽金属装備 防29+1 回36 耐515 筋力+9 6.588kg) ※残り試行回数 29

ハーロウ・クウィス (軽金属装備 防159+1 回199 耐809 筋力+15 敏捷力+16 35.91kg) ※残り試行回数 41

アカンパニー・レギンス (軽金属装備 防94+1 回118 耐662 筋力+23 敏捷力+26 21.276kg) ※残り試行回数 38


            /       j         \  \
               }  .l/ \       \  ゚,
          /    ′/l|   \         ‘, ゚     強化を重ねる毎に必要な素材の数がどんどん増えてくの
          .′/  //  ||     ` <ヽ  ゚,  ’│
         ,゚ ./ {二}_,..--リ、     , ---|!} |   ‘ |
         | |  {  ,r==ミ     z==ミリⅥ   :,|     強化する装備と強化の段階で要求される素材が変わるから
       / |  |  / _爪      _爪‘, !}   {
.      /  ‘  { 〈 込リ     込リ 〉 |     \
    -=彡-=ァ乂 ヘ、' . '     、   ' . ' /  /ー―ヽ   あたしが商売用にストックしてた残り素材の種類と数だけで
.         /  | `!¨           -=彡: ´ |   |
         i   :|  ハ    、__ ___,,   /:  |   |
         |   :!  :入          イ:::  j  |     どこまで強化出来るかは……まー運次第かな?
         リ、::’:,::::个:....      ィ:::|::::   { :/リ
         \: :}: ::::|::::_| >  < |: :|:: /}/}/
            `ヾ八i::/⌒>┬<⌒:,ハ/           あらゆる素材を常備するのは厳しいからねー
                 /     .|     ∧
      ,,- 、___,,--―{     .|     }> .,
.     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ| (f) /\ (f) /ヽ:.:.:.:.:.:`ー‐<¨ヽ
    /:.:.:.:.:.,:.=====彡:∧ .//:ハ  ヽ,∧:.:ミト :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.   /:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:./イ~~ ̄乂ノ ̄`ヽ \:.:.:.:`ミト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘.

※マサムネの◆所持金(コル):693,095


000 4部位それぞれ+15ずつ。マサムネの所持金が60%リズベットへ。

00 4部位それぞれ+10ずつ。マサムネの所持金が40%リズベットへ。

0 4部位それぞれ+8ずつ。マサムネの所持金が30%リズベットへ。

123 4部位それぞれ+6ずつ。マサムネの所持金が20%リズベットへ。

456 4部位それぞれ+5ずつ。マサムネの所持金が15%リズベットへ。

789 4部位それぞれ+4ずつ。マサムネの所持金が10%リズベットへ。


↓1


>>72 9  789 4部位それぞれ+4ずつ。マサムネの所持金が10%リズベットへ。

※4部位それぞれ+4ずつ。マサムネの所持金が10%リズベットへ。

エンプリファイ・ライトブレストプレート (軽金属装備 防63+1 回79 耐592 筋力+15 14.256kg) ※残り試行回数 27
クルー・ライトプレートガントレット (軽金属装備 防29+1 回36 耐515 筋力+9 6.588kg) ※残り試行回数 29
ハーロウ・クウィス (軽金属装備 防159+1 回199 耐809 筋力+15 敏捷力+16 35.91kg) ※残り試行回数 41
アカンパニー・レギンス (軽金属装備 防94+1 回118 耐662 筋力+23 敏捷力+26 21.276kg) ※残り試行回数 38


       /::::/::/::::::::::::/:::::::::::::::/ j:/ l:::::l::::::::::::::l::トl:::::::::::::::::::::::::l::i
      j:::::/:::j::::::::::::/::::::::::::::/ ∥  l::::l::::::::::::l::l::} i::::::::::::::::l:::::::l:::i
      !:::/::::l::::::::::::j::::::::::::::/_/_ !::::::::::::::::j::l::l !:::l:::::::::::l:::::::l:::i    データ更新の方は次回までの宿題にさせて頂きますが
     j:::/:::::l:::::::::::::{:::::::::/ ̄ /   ̄j::}::::::::::::::::ハ:!__i:::l::::::l::::l::::::::l:::l
     l::j:::::::l::::::::::::::l::::::/  /    ハl::::::::::::/l/ l  l::ハメl::::j::::::::}:::i
     l::l::::::::l:::::::::::::/l:/ _/ ー-、 / ノ:::::::::/ / ノ__ j/ l::::j:::ハ:::::::i::::}    ええとトータルで4x4=16kg軽くなる予定で

     l:l:::::::::l:::::::::::l::x彡斧犾(~\  ー-/   ,,..xzzxl:::::∥::::::::!l:::!
     j:l:::::{ l:::::::::::l::lヾ{::(;;;;ノ:ノ         斧犾こヾY/:::::::::::l !:!
     /l:!:::::ヽl:::::::l::::トl  ゞ;;;シ         {(;;;ノ/ ノ癶::::::::::::j l:l    ◆所持容量限界(kg)の空きが26.15kg
    /:::l:::::::::::l:::::::l::::l \             `ミシ  /::::::::::::::::! ll
     j:::::i:::::::::λ:::::、:::ト、          "         / l::::::::::::::j !
    {::::::i::::::::::::V::::::::::l:\                  ノ l::::::::::::/ /    ◆限界重量(kg)の余裕18.45kgになりそうです
     乂:::い:::::::::V:::::::::゙、} \   `   ノ     /} ノl:::::::::/ /
      \::::::::::::::\:::::ト\       "  _,,.. ‐''":::::ノ  ノイ://
      ζヽ::::::::ヽ:::\l{     ` ー 1くー-ニ二/〉_ j/     アーテルと一緒にレベル上げするだけなら十分ですが
      乂 `⌒"// \       l \ー--- ̄`ヽ
 `ー=彡:::::::`~/ {{    \      ハ  ヽ        Y
  /::::::::::::::/  /{ !    \       Y  ゙、     ハ     仮に前線に同行させるとしたらもう少し余裕が欲しいかも?
 /:::::/::::::/  /  い     \     }癶  Y    l/ }
/::::::/:::/  /   ヽヽ      \  '"j l トj    l j


※コンマご協力ありがとうございました。


※アルゴ視点ですと本名と身元を互いに明かしあい、
告白という形で素直な気持ちも打ち明けた最愛の男性と最愛の女性がアーテルとトモミで。
さらに3人きりの密室、至近距離で生まれたままの姿を互いに見せ合い、素顔も明かし、
トモミと裸同士で愛撫し合い、睦みあいを見せて貰い、その上自分の自慰を見られるという……
もうこれ以上何を隠せばいいのかという状態です。

※えっと……もう何も怖くない?

※犯人役が探偵役と助手役にめろめろなのでミステリーにならない感じになりそうです。


>>58の続きからです。



俺の左腕の内に収まり俺の胸に身体を預けるトモミの腰を、

左手でそっと抱えなおしながら、同じ湯船に浸かるアルゴを慎重に観察する。

俺に抱かれたトモミが如何に可愛かったかを嬉しそうに話している様子に、

少なくとも怒っていたり不機嫌だったりといった印象は受けない。

むしろ随分と機嫌が良いように見える。

俺はこうして3人だけで過ごしている今のうちに、

アルゴの真意や行動の意味を少しでも把握しておかねばならない。

傲慢にも理解出来ている気になっていた己の慢心が呪わしい。

いま再び俺はこれまで縁遠く戸惑わされる事も多かった年下女子という存在、

俺の目の前で嬉しそうに微笑むこの美しく聡明な少女に向かい合わなくてはならない。

俺とトモミの為にも、俺とトモミの愛するアルゴという無二の親友の為にも、だ。

さて、何をどう聞き出したものか。



※今この浴室にはアルゴとアーテルとトモミだけです。


1:「アルゴ、お前の本当の目的は何だったんだ?」

2:「アルゴ、お前は少しばかり詳しすぎる。本当に処女なのか?」

3:「アルゴ、もう一度聞かせて貰うが……俺達にして欲しいことはあるか?」

4:「アルゴ、自慰は良かったか?」

5:台詞でも行動でもなんでも自由にお書き下さいね。
  ただし影響力の大きい行動の場合、多数決にさせて頂く可能性があります。


↓3

風呂突入なんてやってる時点でクロリンも相当クレイジーだぜ
1


>>77 1


「アルゴ、お前の本当の目的は何だったんだ?」

「本当の目的はなんだったんだ、カ……」

「アー坊、トモちゃん、怒らないで聞いてくれル?」



1:「内容によるが、善処しよう」

2:「聞かない事にはなんとも言えんな」

3:「どんな目的だったとしても怒ったりはしない。叱りはするかもしれんがな」

4:どう返事をするか、ご自由にお書き下さいね。


↓3


※これまでに選ばれてきた選択肢と、積み重ねてきたコンマを尊重しているだけのつもりなのですが、
どうも私にはアルゴの心情を解り易く文章にするスキル熟練度が足りていない様ですので、少し巻いてみようと思います。

>>81 1


「内容によるが、善処しよう」

「うン、ありがとネ」

俺やトモミに愛想を着かされるのが怖いのだろうか。

少し怯えた様子で聞かせてくれた本当の目的だったというソレは、

『俺とトモミの性交渉を見守る事』だった。

先刻リズベットが俺に『で?もうヤったの?』と直裁に問うた時、

アルゴは強烈な義務感を覚えたのだそうだ。

俺とトモミに《倫理コード解除設定》の情報をくれたのはアルゴだ。

だが、《倫理コード解除設定》で本当にアバターの身体である男女間で性交渉が可能なのか。

アルゴ自身は実際に己の目で見て確認出来ては居なかった。

システムに詳しいという彼女のブレインから情報提供を受け、

自ら《倫理コード解除設定》を試し、性感や快感に類する感覚がアクティブになるのを確かめただけ。

確認する為には男性プレイヤーに依頼して実際に挿入して貰わねばならない。

カップルに《倫理コード解除設定》の情報を提供、協力を要請し立ち合わせて貰うという手もあるか……。

どちらも年若い女性プレイヤーには選びづらい、困難な方法だ。

《倫理コード解除設定》が広く知れ渡ってしまった場合、治安や風紀の悪化も懸念される。

だから未確認であった事自体には文句は言えないし、責める気持ちにもならない。

結果的に俺とトモミにとってこの上なく有り難い情報だったしな。

リズベットの『で?もうヤったの?』と言う質問に対し、俺はただ無言で視線だけを返した。

アルゴが己の提供した情報の精度に不安を覚えたのも仕方が無いだろう。


もう一度怒らないで聞いてくれるかと俺とトモミに確認した上で、

アルゴはさらに「アー坊とトモちゃんが上手に出来ているのかも心配だったんダ」と小さな声で教えてくれた。

まあ、実際俺とトモミは緊張してしまってリラックスするのに随分苦労をしたしな、何事も初めては難しいものだ。

年下の小娘に『上手く性交出来ているか』などと心配されたら、大抵の男は自尊心から気分を害するかもしれない。

だが、俺とトモミにとってアルゴは自分達のプライド以上に大切な存在で、

そのアルゴが真剣に俺達を想い、案じてくれた事に、感謝こそすれ怒る理由などこれっぽっちも無かった。

「……でも、本当は……ただえっちな事に興味があっただけかもしれない」

「身勝手な理由で……2人を利用しちゃったネ。……ともみ、りんたろう、ごめんなさい」


俺とトモミに向かって下げられた小さな頭に右手を乗せて軽く撫でてやる。

さて、このうな垂れた小さな親友の頭を、どう上げさせてくれようか。

トモミと顔を見合わせて考える。



1:「それで、そのえっちな事はどうだった?自慰は気持ちよかったか?」

2:「興味があっただけで謝らねばならんのなら2人に甘えて裸を拝みに来た俺なんぞ死刑だな」

3:「私、アルゴさんは経験者さんなんだとばかり思っていました……すごく良かったですから」

4:台詞でも行動でもなんでも自由にお書き下さいね。


↓3

まあ、なんだお前の役に立てたのなら別に構わんさ


>>87 4 まあ、なんだお前の役に立てたのなら別に構わんさ


「まあ、なんだお前の役に立てたのなら別に構わんさ」

「……ごめん……」

ううむ、もう一押しか?

「繰り返しになるが、敢えてもう一度言おう」

「俺とトモミはこれからもお前の役に立ちたいと思っている」

「はい」

「……」

「お前の役に立てたなら光栄というものだ」

「です」

「お前の役に立てるなら、これからもえっちな事をしたいと思っている」

「はい」

「……はい?」

「そうか、トモミも協力してくれるか」

「そ、それアーテルさんがしたいだけじゃないですか」

「したくなかったか?困ったな、無理強いはしたくないのだが……」

「……し、したくなくはない……ですけれど……」

「うむ、一緒に頑張ろう」

「うう、が、がんばります……」

「…………」

ううむ、少しばかり身じろぎした気はするのだがな……。

何を思いつめているのやら。

これはどうしたものかな。



1:「……ところでアルゴ、えっちな事はどうだった?自慰は気持ちよかったか?」

2:「……大体だな、興味があっただけで謝らねばならんのなら2人に甘えて裸を拝みに来た俺なんぞ死刑だ、死刑」

3:「あ、アルゴさん、その、また色々教えてくださいね」

4:「……あのな、アルゴ。そろそろ湯船の中でお前が上機嫌だった理由を聞かせて貰ってもいいか?」
                  ・ ・ ・
5:「……まあ、なんだ。目的だった事は解った。今はどうなんだ?俺達に役立てる事があるなら言ってくれ」

6:台詞でも行動でもなんでも自由にお書き下さいね。


↓3

1


※ああ……新しい台詞2つしか用意出来なくてそのままだと2択になってしまうからと、
直前ので水増ししてしまったばっかりに……なんだか気を遣わせちゃってすいません……。

>>91 1


「……ところでアルゴ、えっちな事はどうだった?自慰は気持ちよかったか?」

右手の下の小さな頭がびくりと反応した。

小柄な身体が微かに震えている。

自慰行為に耽っている所など、他人に一番見られたく無い姿だろうからな。

俺も《倫理コード解除設定》を試した時に腫れ上がった下半身を鎮める必要に迫られた訳だが、

この浴室に駆け込んで1人で処理をする事にしたのはトモミの目を避けるためだった。

俺に見られていたという事実をわざわざ蒸し返されて怒りで肩が震えるのも当然と言えよう。

正直後が怖いが、少しでも言い返すなり怒るなり反応を見せてくれればいいのだが。

「……え?」

「なんだ、気付いていなかったのか」

「はい……」

「口元を押さえて湯船のへりにしがみついてな、俺が見ているのにも気付かずに耽り続けてそのまま―――」

俺が言い切る前にアルゴが俺の右手を押しのけて立ち上がった。

「気持ちよかったヨ!」

「悪イ!?」

「いや、悪くないぞ。具合が良かったなら何よりだ」

「ぐっ」

「肩まで真っ赤になって必死に声を押し殺しながら痙攣している姿はなかなか可愛かったぞ」

「ぐう……」

「自慰ですか……」

「……お、オナニーくらい別に普通でしョ、トモちゃんだってしてるよネ?」

「え」

「こっちでは《倫理コード解除設定》知らないと無理だケド、現実ではしてたよネ?」

「いえ、私は……」

「全然オナニーした事無し?全く無しの未経験なノ?」

「いえ、あの、そういう訳では……」

「アー坊、トモちゃんもオナニーしまくりだったってサ」

「し、しまくりじゃないです」

「仮にしまくりでも喜びこそすれ嫌いになったりはせんから安心してくれ」

「うぅ……」

「アルゴの言うとおり普通の事だ。自慰も、えっちな事も、それらに興味がある事もな」

「だからアルゴ、お前は何も悪くない」

「気にしなくていいんだ」


※また先ほどと同じ選択肢も申し訳ないですので、この状態から巻いてみるのです。


「……2人は本当に優しいよネ……」

湯船の中で、俺とトモミの前に立ったままのアルゴが、

その身体を俺達の目に晒したままぽつりと呟く。

「……つい、甘えたくなっちゃうヨ」

「遠慮なく甘えればいい」

「それがお前の目的や、お前自身の目的の役に立つのなら、俺達は協力を惜しまない」

「私達は、いつも一緒です」

「……本当に、ありがとう」

「これは私の……」

「私のただの我儘だから……いくら2人が優しくても、協力して貰う資格はないと思う」

「2人が断るのも当然で……だから、その……駄目でもともとで……」

「ただ、私の中で区切りを付けたいだけなんだと思う」

「だから……拒んでくれても、きっと私は感謝すると思う」

「貴方達なら信じられる」

「ともみ、りんたろう」

「話を聞いて貰っても、いいかナ」



                         《つづく》



※次回アルゴのほぼ独白から多数決を予定しております。

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。


※ああ、やってしまった……。

>>93の訂正です。

誤)「それがお前の目的や、お前自身の目的の役に立つのなら、俺達は協力を惜しまない」

正)「それがお前の目的や、お前自身の役に立つのなら、俺達は協力を惜しまない」


自分のうっかりで色々台無しにしてしまって凹みつつ逃走なのです。


                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::ヽ    今夜は多数決を予定しております
            /::::/:::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::ヽ:::ヽ::::::::ヽ

             /::::/:::::::/:::/::::::/:::l::::::::::::::ヽ::::Y::ハ::::::::::::、
           j:::::/::::::/::::/::/:/l::::l:::::::::::l:::::ト:::::i::::::i::::::i:::::、   セーブもロードも出来ない一度きりの選択肢で
           i::::;:::::::::l:::::l:::j:/__l:::l:::::::::l::l-十i‐-::::::!:::::l:::::i
           i::::i:::::::::l::::/{:l  l:::l:::::::::l::}l:::l l:::l:::}::i:::::l::::::i
           i::::!:::::::::l::::l::/l:l `i:::l:::::::l::l }::l l:::l:ノl::l:::::l:::::::}   選択以降、再び同じ問題に煩わされる事は無くなります

               i:::i::::::::::l:::lY ll_ い::::::lノ l云zr-ミl::l::::lハ::::j
            l::l:::::l::::l:::lT代jこ` "⌒ 弋;;;タ '"l::l::::l l:/
             i:l:::::l::::l:::l ゞ;;シ       ``~` /}:l::::j ノl   多数決を行う直前に少し考える時間を設ける予定です
               il:::::l:::::l::ゝ      '     ハ:j::::/l l:l
                い:l::::::l\          ノ:::ノ::/::l j:l
              i:::::l::::::l:::::`ト 、   ⌒   イ:::::/:/:::::lノノ
              }:ヽl:::ヽl::::::::/{  ー- イj ヽ::::://:::::::::iノ    多数決の結果、アーテルがどういう選択をしても
               l::::::\:::::/{ \   / } X::::::::::::::i
             ノ:::>''"/  i   ハ /ハ l  l`ー-ニ:l
           -‐''"    /   l /\ V / 癶j   i     ̄ ヽ    アーテルとトモミとアルゴの絆はより深く強固になり
         /       /    l / `Y ̄ Y   l    }         l
         { ヽ     \   K   い_/   l  /     / l
            l  `、     \ l∧  / ハ /:l 〈    l /  {    アルゴの精神状態は完全に安定します
         ノ   ゙、 l    /  l:.∧/   ∨:.:l  ヽ    l /   ハ
         {    ゙、 l  /  l:.:.:∧    /:.:.l   Y  l/     }`、
        /l     ゙、l  {    l:.:.:.:.∧  /:.:.:.:l   l  /    /ノ::::\    アーテルやトモミへの愛情や感情から病んだり
       /:::l     i  ∨   ト:.:.:.:∧ /:.:.:.:.:l  l  j    / l::::::::::::\
     /:::::::::l  ゙、  l  V   l:.:\:.:..V.:./:.l  l  l    /  l::::::::トミ::`''ー--‐
  ー-‐彡/:::::::::::l   `、  i   ∨  l:.:.:.:.:.\∨:.:.:.:l  l  l   /  lヽ:::::i   ̄     精神的に不安定になったり、ネガティブになったり
     /:::::::::::::::l    ヽ l   ∨ l:.:.:.:.:.:.:.l }:.:.:.:.:.l  l   l  /   { V::i
    /:::::::::::l:::::::l     \   V !:.:.:.:.:.:.:l l:.:.:.:.:.:l j   {/    }  i:::i
   /:::::/::/l::::::::l      ヽ  V l:.:.:.:.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:l !  /    /  /   i::}     嫉妬に苦しんだりする事は一切なくなります
   /::::/l:::l l:::::::l  \    i   ゙、!:.:.:ー--rr―:.:.l l  /  /  !   l::l
  /::::/ l:::l l:::::::l    ミ  l   j:.:.:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.!l  / /   lヽ  l:j
  /::::/ l:::l l:::::八      `ー、 j:.:.:.:.:.:.:イ「 ̄:.:.:.:l //     l::::ハ jノ    トモミについても同様です
  j::::l  l:::l い::{ ヽ        }ノ:.:.:.:.:. ̄Tl:.:.:.:.:.:.:∨        ト::::::i/
  l::::l   !::l 、:::::i ト、       ∨:.:.:.:.:.:.:.:jl:.:.:.:.:.:.:./       j V:::}
  {::::l   い  \∨ハ        ∨:.:.:.:.:.:∥:.:.:.:.:.:/       /  }:::j    ※ただし3人のうちのいずれかが死亡した場合は除きます
  λ{   \   ソ  ゙、       ∨:.:.:.:/\:.:./      /l  ノノ
   \      /   ゙、       ∨:/:::::\/      / { /
         }     \      ∨::::::::::ノ      /   \


※今夜ものんびり楽しんでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。



「私を……ソードアート・オンラインっていう、この世界の中でだけ、ともみと、りんたろうの愛人にして欲しい」

アルゴは自分の心臓の上に両の手を重ね合わせて……祈るように、穏やかな調子でそう言った。

「この世界の中でだけ……」

「俺とトモミの……?」

「うン」

「ともみと愛し合いたいし、りんたろうにも抱きしめてもらいたい」

「ともみとりんたろうには、無事に生き延びて現実世界で幸せになって欲しいから」

「誰からも祝福される夫婦に、家族になって欲しいから、だから……この世界の中でだけ」

「この世界の中だけなら……現実の肉体に影響は無いから、気持ちだけ、心だけ繋がりあえると思う」

「当然私達以外には絶対に秘密にする」

「2人に不倫や浮気みたいな事はさせたくないし、2人がお互いを疑うような事もさせたくないから」

「だから2人の愛人」

「2人が揃っているときだけの愛人」

「2人が揃っていないとき、どちらか片方とだけ肉体関係を持つことは絶対にしない」

「現実世界では絶対に肉体関係は持たない」

「ともみの子供と私の子供が遺産相続争い、なんて安いドラマみたいな最悪の展開は絶対に嫌だからネ」

「それは……なんだかあんまりじゃないですか、辛くないですか?」

「辛くないヨ。2人の仲間に入れて貰えるだけで……すごく嬉しい」

「さっきも2人がえっちな事をするのを手伝えて、すごく、すごく嬉しかった」

「仲間として受け入れて貰えた気がして、すごく嬉しかった……」

「満たされたような気分だった……」

「……本当は2人が無事に愛し合えているのを確認できたら、あたたかく見守るだけのつもりだったんダ」

「でも、出来なかった」

「駄目だと解っていても身体が火照って、むずむずして、手が止められなかった」

「アルゴさん……」

「2人には私自身のこと、たくさん知ってもらったよネ」

「本当の名前、身元、生まれた日、私の……大好きだっていう、本当の気持ち」

「こうやってお風呂に一緒にはいってくれて、何も隠していない裸の私自身を知ってもらって」

「素顔も知ってもらって、そして……私がどんな風に自分を慰めていたのかも」

「すごく恥ずかしかったし、今こうしていてもどきどきするけど……もうここまでくると何も怖くないかもネ」

「私が2人に見せていないのは、もうここ位じゃないかナ」

アルゴはそう言うと湯船のへりに腰をかけて、両脚を広げた。

「!おい」

「いいの、2人に見て貰いたいんダ」

そのまま両手を自分の細い割れ目の右と左にあてがって、押し広げて中身をさらけ出した。

手を伸ばせば触れられてしまう距離だ。

濡れた肉の赤みがかったピンク色や、その造形が細部まで《観測》出来てしまった。

「……きれいです」

「ありがとう……」



「さっきはここをこうやって撫でたり……」

「ちょっと指をいれて……こうやって少し曲げて、内側の……入り口の上辺り……」

「この辺りをこうやって……擦ったりしてたんだヨ」

自ら押し広げてさらけ出した肉を、撫でたり指し示したり、実際にそうして見せながら、

アルゴは俺とトモミに自分がやってしまった行為の仔細を告白した。

「アルゴ……」


※アーテルの◆Willpower(意志力):3の代わりに*東方不敗流精神制御術:4を《目標値》に一桁(0~9)コンマ判定。
(《目標値》に対する補正:全裸のトモミとアルゴの前で全裸状態という状況-10、間近でやりかたを告白-10 計:-20)

※訳:頑張って0(特殊成功)を出して下さいね。

※判定に失敗してもトモミと一緒にアルゴの告白を聞いているこの状況で襲い掛かったりはしませんのでご安心下さい。


↓1

うい


>>102 2 4-20=《目標値》-16  0(特殊成功)以外なので失敗。


自慰をしている姿などあまり他人に見られたいものではないだろう。

俺とトモミには何も隠し立てしないという、アルゴの堅い決意と強い意志を感じながらも、

その艶かしさと背を走る背徳感に、俺は否応も無く性的な興奮を覚えてしまった。

悲しいかな、今は現実と異なり精神的な疲労や気力が許す限りいつまででも続けられる身体だ。

俺の下半身は再び激しく張り詰めて、その存在を主張した。

「……これで全部」

「私の2人に対する気持ちも、したいことも、隠れていたところも」

「……あ、くちの中とか……お、おしりの穴とかも、見る?」

「い、いや、そこまでせんでいい、大丈夫だ」

「わかった。……ありがとね」


「それで……どうかナ」

「さっきも言ったケド、私の我儘で……2人が断って当然の、無理なお願いなのはちゃんと解ってるつもり」

「ともみと、またさっきみたいに愛し合いたいし、りんたろうにも抱きしめてもらいたい」

「そんな気持ちを、2人には知ってもらいたかったのかな」

「……やっぱり我儘、私のエゴだネ」

「だから……拒んでくれても、受け入れてくれても、応えてくれさえすればそれでもう、十分嬉しいヨ」

「YESでもNOでも無く、ただ無視されたり、見放されたらと思うとすごく怖いけどネ……」

「軽々しく返事は出来んが、必ず応えるし、見放したりはせんから安心してくれ」

「何があっても、ずっと一緒ですよ」

「ありがと……ありがとね」

「ともみ、りんたろう、私は……2人に逢えて本当に良かった」

「私もです」

「俺もだ」

「……アルゴさん、少し、いいですか?」

「うン」

「私がこれを言うのはとても残酷なことだと思うんですけれど……でも言っておかないといけないって思うんです」

「私の為を思っての事だと思うから、ちゃんと聞くヨ」

「私たちの関係がこれからどう変わっても、アルゴさんは、アルゴさんを支えてくれる人を探すのを止めないでください」

「うン」

「アルゴさんを1番に想ってくれる人が見つけられたら、ちゃんとその人をアルゴさんの1番にしてあげてください」

「私の幸せの為に、か……」

「はい」

「解った、約束する」

「私は2人に甘えて立ち止まったりしない。私は私の幸せを探し続ける」

「私という存在、この魂に誓って」



「私もアルゴさん……――――さんと、燐太郎さんを信じています」

「私も……もっと深く、心で繋がりたいです」

「ですから、私は受け入れてもいいと思います」

「そうか……」

「はい」

「もちろん燐太郎さんの最終的な判断に従いますから、安心してくださいね」

「どちらでも、いまの私たちなら大丈夫だと思います」

「燐太郎さんの感じるまま、思うまま、安心して選んでくださいね」

「うン、私もそれでいい」

「ともみ、ありがとうね」

「気が早いですけれど、これからも宜しくお願いいたします」

「こちらこそ、宜しくお願い致します」


2人は判断を俺に委ねてくれた。

アルゴを、俺とトモミ、2人の愛人として受け入れるかどうかを選ばなくてはならない。

愛人として受け入れる場合の条件はこうだ。

まずSAOというこの世界の中だけに限り、ゲームクリア後の現実では絶対に肉体関係を持たない。

この世界の中でも、俺とトモミが両方揃っている時のみに限る。

俺とトモミのどちらか片方しか居ない場合に、アルゴがどちらか片方とだけ肉体関係を持つのは禁止だ。

アルゴが俺とトモミの関係に配慮して申し出てくれた事だ、破るわけにはいかない。

そしてこの関係は俺とトモミ、アルゴの3人以外には秘密にする。

俺がログインする前に自作ツールで上書きするアカウントを選ぶ為の情報収集に利用した様に、

誰がいつ、どこに居たのかとレベルはログとして残っており、

アクセス出来る権限か技術があれば、外部からそのログを確認するのはさほど難しく無い。

だが確認出来るのはレベルと居場所だけだ。

俺とトモミとアルゴが一緒に居る事は解っても、何をしているのかまではログに残らない。

まあ下世話な想像をされる事までは止めようが無いが、それだけで批判される謂れは無いし、

被害者の数が多く、解るのはレベルと居場所だけにも関わらずデータ量だけは膨大だ。

被害者の個人情報の塊でもあるから一般に公開される事はまず無いだろう。

それに事件が解決して現実に戻りさえすれば、物証として保管されたログを改竄すること位さして難しくは無い。

完全に消し去るのは物理的に不可能だが、ログが不正確であてにならないと思わせる程度なら余裕だ。

この世界での肉体関係が現実の身体に影響を及ぼす事も無い。

俺と愛し合っているトモミも、現実の肉体はまだ清いままだ。


結局の所、俺がトモミやアルゴとの関係を考えた上でどうしたいのか、何を望むのか、

どうすべきだと考えるのか次第という所か。

俺はトモミやアルゴとどうなりたいのだろうか。

これからの人生をともに歩んでいく為にも、俺は選択しなければならない。


※この後22時45分から多数決を行おうと思います。一度しかない選択の機会を楽しんで頂けたら幸いです。



※この選択は一度きりの機会です。またセーブもロードも出来ません。

※どちらが選ばれてもアーテル、トモミ、アルゴの絆はより深く強固なものとなります。
これ以降、アルゴの精神状態は完全に安定します。
アーテルやトモミへの愛情や感情から病んだり、精神的に不安定になったり、
ネガティブになったり、苦しんだりする事は一切なくなります。
トモミについても同様です。
ただしアーテル、トモミ、アルゴのいずれかが死亡した場合は除きます。



※どちらか1つをお選び下さい。多数決になります。



1:アルゴの希望を受け入れる。
   (SAOの中でのみ、アルゴをアーテルとトモミの愛人として受け入れます。
    アーテルとトモミが揃っている場合に限り、アルゴはアーテルとトモミ両方と愛し合う関係になります。
    これによってアルゴの情報屋としての行動や能力が損なわれる事はありません。
    事前に連絡を入れてアーテルとトモミの承諾が得られた場合、アーテルとトモミの部屋に泊まりに来ます。
    愛人関係はアルゴが《アルゴを支え1番に想ってくれる人》と相思相愛になるか、SAOがクリアされるまで続きます。
    これまで以上に3人の絆は強固になり、愛人関係が終わっても、アルゴとの友情は生涯続きます)


2:アルゴの希望を受け入れない。
   (受け入れ無い事で《友好度》が下がったり、3人の友情が損なわれたりする事はありません。
    受け入れなくとも今回の告白ややりとりを切欠にアルゴの精神状態は完全に安定します。
    これによってアルゴの情報屋としての行動や能力が損なわれる事はありません。
    これまで以上に3人の絆は強固になり、アルゴとの友情も生涯続きます)


↓ 最初に5票投じられた方が選択されます。どうぞよろしくお願いいたします。

どんだけ血の涙流してトモミ選んだと思ってんだ
2

2


>>109 >>111 >>114-116 2  アルゴの希望を受け入れない。


※ご投票ご協力ありがとうございました。

※予め書かせて頂いたとおり、どちらを選んでも友情が損なわれる事はありませんでしたが、
アルゴは自分の事を大事に考えてくれた上での選択と納得し、アーテルとトモミに心から感謝してくれます。

※受け入れるのも友情・愛情ですが、受け入れないのも友情・愛情ですね。

※コンマが原因でこの3人の友情や関係が揺らぐことはもうありませんのでご安心下さい。


※個人的にもコンマを楽しませて頂きましたし、お陰でなかなか濃く印象深いイベントになったと思います。

※どちらが選ばれるか解りませんでしたので、書き溜めはここまでです。
投下速度はゆっくりになってしまいます、すいません。

※それではちょっと書いて来ますね。


>>109 >>111 >>114-116 2  アルゴの希望を受け入れない。


あれは丁度2週間前か。

同じ様にアルゴとトモミを前にして悩んだ事がある。

あれほど悩んだ事はこれまでの人生で一度も無かった。

悩んだ末に、俺はトモミを選んだ。

その時、俺はアルゴにこう言った。

『俺はトモミと一緒に生きたい』

そんな俺に、アルゴは「うン、正直でよろしい」と微笑んでくれた。

この世界が仮想で、仮初のものでも、俺達はここで間違いなく生きている。

生きるという事はやり直しが利かないという事だ。

やり直しが利かないからこそ、尊いのだと思う。

確かに現実の肉体に影響を及ぼす事は無い。

だが、ゲームがクリアされたから、現実世界に帰ったからと、無かった事になど出来ない。

もしアルゴを抱くのなら、その事実とちゃんと一生向き合い、責任を取るべきだ。

こうしてこの世界で生きて、愛し、悩み、苦しんだのを、無かった事にしてはいけないと思う。

アルゴやトモミは馬鹿な俺の過ちも気にしないからと笑って許してくれるかもしれないが、

それに甘えて軽々しくアルゴの身体を抱き貫いてしまう訳にはいかない。

そんな無責任なことをアルゴに対してしたくはないし、

将来アルゴが出会うべき運命の相手にも申し訳ない。

アルゴが俺とトモミを祝福してくれた様に、俺もアルゴを祝福できる身でありたい。

だから――――


「受け入れることは出来ない」

「……うン、ありがとう」

「すまんな」

「ううん、嬉しいヨ」

「私の事を真剣に想ってくれてるんだって解るもノ、嬉しくないわけが無い」

「ああ……良かった、私は本当に大切に想って貰えているんだネ……」

「言ったじゃないですか、ずっと一緒です」

「ああ、一緒だ」

「うン、一緒だネ」

「ともみ、りんたろう、これからもずっとずっと、よろしくネ」

「こちらこそ、だ」

「よろしくお願いします」

俺達はやり直しの利かない時間を生きている。

絶対に正しいものなど無い。

悩み、迷ったが決断した甲斐はあったと想う。

穏やかで晴れ晴れとしたアルゴの柔らかな笑顔がなによりの報酬だった。


「あの、アルゴさん」

「大丈夫、約束は有効だし、ちゃんと覚えてるヨ」

「私の幸せを想ってくれている2人を裏切る事なんて出来ないからネ」

「ちゃんと探すヨ、私の《1番》を、ネ」

「……はい」

「ところでトモちゃん」

「?はい」

「アー坊のそれ、なんとかしてあげてくれル?」

「え?……あ」

「……何故そこでわざわざ指摘する、何かこう、色々と台無しではないか」

「にひひ、後学の為に見せて貰ってもイイ?」

「それは別に構わんが……いいのか?」

「うン。もう平気だヨ。トモちゃんも遠慮しないで大丈夫」

「え、でも……」

「トモちゃんにしか出来ない事だヨ。アー坊をよろしくネ」

「は、はい」

「と、その前にアー坊、ちょっと立ち上がってよく見せてくれル?」

「……あれだけ恥ずかしいところを見せ合ってしまった以上、今更か……」

「私も《1番》の人との初体験を失敗したくないからネ」

「それにこんな事を頼めるのは2人だけだシ」

「まあ、役立つというのなら協力しよう。好きなだけ観察してくれ」

「ありがとネ。えーっと、アー坊のペニスなんだケド」

「おい」

「うン?」

「その見た目でそういう事を言うのはやめろ」

「はイ?」

「アルゴさん可愛いんですから、言葉には気をつけないと……」

「ほ、褒められて悪い気はしないケド、ちょっと過敏すぎじゃ無いかナ……」

「まァいいや、えっと、じゃァ……おちんちンなんだケド」

「可愛く言っても駄目だ」

「えーど、どうしろって言うのサ」

「指示代名詞で問題ないだろう」

「むぅ、な、ならえーっと、アー坊のそれなんだケド」

「うむ」

「オレっちがおま……ここを見せて説明していた時に大きくなったよネ」

「まあ、そうだ」

「どきどきしタ?」

「性的に興奮を覚えたからこうなっている」

「そ、そっか……女子としてちょっと自信がついたヨ、ありがとネ」


※すいません、うとうとしてしまっていました……。


「素朴な疑問なんだケド」

「男の人はみんなこんなに大きいノ?」

「せいぜい平均程度だとは思うが……比較した事なんぞ無いから正確には解らん」

「これより大きかったらどうしよウ……」

「えっと、緊張してたからというのもあるかもしれないんですけれど、私も最初すごくきつくていっぱいいっぱいで」

「うン」

「でも少しずつですけれど入るようになりましたから、大丈夫だと思います」

「そっか、ありがとう。ちょっと安心したヨ」

「一応なんだが……形や大きさには個人差がある」

「うン」

「つまり小さい可能性もあるが、小さいと言われると大抵の男は傷つくから指摘しない方がいい」

「う、うン。解っタ」

「まあ、なんだ。どちらかというと相性の方が大事だと思うぞ」

「形だの大きさだのよりも、体格まで含めて、お互いに具合がいいかどうかの方が大事だと思う」

「えっと、最初はうまくいかなくても、慣れたり工夫したりすればきっと大丈夫です」

「試行錯誤している真っ最中の俺達が言うのだから間違い無いな」

「そうですね」

「やっぱり実際に体験している人に聞くのが一番だネ、安心しタ」

その後もやれ「傘みたいな部分が中で引っかかって痛かったりしなイ?」だのなんだの、

色々と尋ねられたので、トモミと一緒に解る範囲で一つ一つ答え続けた。

性に対する不安や興味、好奇心というものは男女共通なのだな。

物言いは失礼だったが、年下床掃除回転鍛冶トップ職人女子には少し悪い事をしたかもしれん。

泣かせてしまったのは、失敗だった。

もうマサムネがフォローしてくれている可能性が高いが、

機会に恵まれたら簡単な質問に答える位はしてもいいかもしれん。

情報屋アルゴにではなく、1人の女子に情報提供をし終えた後、

トモミに協力してもらって再度膨張した下半身を鎮めて貰った。

アルゴが心配だったのだが、当の本人から強く勧められたのだ。

そのまま《倫理コード解除設定》を戻すと人前に出られない状態になるから止むを得ないというのもある。

とはいえまたトモミをぐったりさせてしまうと時間的に厳しい。

話し合ってトモミがタチアナさんから幾つか教わったらしい必殺技の練習に付き合うことになった訳だが、

結果的に興味深そうに見学していたアルゴに必殺技が継承されてしまった気がする。

将来アルゴが見つけ出すであろう《1番》氏の幸運を祈る。



2023年01月31日(火) PM 10:30

トモミの下着はこれまでへそだし密着ランニングシャツと言った感じだったのだが、

新しい下着は左右のカップに片方ずつ収める所謂普通一般的なタイプであろうそれだった。

我ながらどうかと思うのだが、豊かな胸の形そのものと谷間が拝める女性らしい下着姿、それ自体と、

胸元に向けた俺の視線を受けて恥ずかしそうにするトモミが俺と将来を誓い合ってくれているという事実に感動した。

上下揃いの柔らかそうな下着は可愛らしく落ち着いた淡い水色で、とても良く似合っていると思う。

あらゆる物体間には引力が働いているのだから止むを得ないとばかりに胸に顔を埋めたい衝動に駆られたが、

マサムネとリズベットを待たせている以上また盛り上がって時間を費やしてしまう訳にもいくまい。

幸い《倫理コード解除設定》を既に戻していたので下半身が熱くなる事も無く、どうにか自制出来た。

午後に年下女子達で買出しに出た時に寄っていたあの下着屋で買ったものだな。

場所は覚えたから、2人で出かけてトモミの下着を選ぶのも楽しいかもしれん。

トモミはもう1セット下着を購入したそうだから、そちらも色々な意味で楽しみだ。

アルゴにトモミの下着姿について感想を求められたので、感動したと答えたら2人に笑われた。

ちなみにアルゴの下着は艶の在る白地に細かく編まれた柔らかそうな装飾が施されたものだった。

アルゴのこういう無防備な姿を見るのはこれで最後にしなくてはと強く思う。

受け入れて貰えてしまう気はするのだが、トモミとアルゴが一緒に入浴しているところに混ざるのはもう止めておくつもりだ。

今回は結果的に丸く収まったからいいものの、大事になったのは間違いない。

アルゴの裸や下着姿は俺がおいそれと目にしていいものではない。

俺とトモミの為にも、アルゴの為にも、線引きはしっかりとしなくてはな。



トモミが選んで買ってくれた下着は黒いトランクスタイプだった。

締め付けが無い分楽でなかなか具合が良かったので、遠慮無く普段使いさせて貰う事にする。

トモミのパジャマは臙脂色で、前をボタンで留める上着とズボンがセットになったスタンダードなものだった。

鎖骨がひかえめに覗く襟元、合わせたボタンを引っ張る様に存在感を主張する胸元、

抱き寄せて撫でたくなる腰周りのシンプルでなだらかなラインもいいし、ゆったりとした袖から覗く小さな手足も可愛らしい。

同じデザインで色違いのものを俺の分として買ってくれてあるので、後で戻ったら早速着させて貰うつもりだ。

アルゴの寝巻きはなんだろうか、厚めの暖かそうな素材で、短めの袖で膝下までのゆったりとしたもので……。

こういうのもワンピースというのか?ナイトキャップやスリッパが似合いそうな、クラシカルな感じのデザインだった。

目の保養をさせて貰ったところでアルゴに貰った《転移結晶》をストレージからオブジェクト化する。

俺は2人に先んじて着替えを終えていて、既にフル装備状態だ。

俺が《リンクシーズ》の《転移門》広場に転移した直後に2人が浴室を出る。

会話が盛り上がってしまったという線でいくらしい。

午後8時30分位からだったから、トータル2時間も入浴していた事になる。

言い訳として通用するのか気がかりだったが、俺が一緒に出ては元も子もない。

任せるしかないのは心苦しいが、躊躇した分だけマサムネとリズベットを待たせる事になる。

「その、色々とすまんな」

「ううン、私には必要で……かけがえの無い時間だったと思う」

「お陰ですっきりしたし、得たものも大きかった。だから気にしないでネ」

「俺にとっても有意義な時間だった。礼を言わせてくれ」

「私もお礼とお詫びを言いたいです、その、ごめんなさい」

「お互い様だヨ。2人共ごめんネ、そして、ありがとう」

「さ、急がないとだヨ、アー坊」

「ああ、そうだな」

「アーテルさん、いってらっしゃい」

「いってらっしゃイ」

「いってきます」

こんな使われ方をした《転移結晶》は恐らくこれが初めてだろう。

俺と、嫁と、俺達の親友である美少女の3人で混浴していた風呂場から脱出する為に《転移門》広場に飛んだ俺は、

2人に頼まれた夜食を購入するべく1人、オレンジ色に浮かび上がる《リンクシーズ》のメインストリートへと駆け出した。


                   《つづく》

※3人と入れ違いにマサムネとリズベットが入浴している間どう行動するかという選択肢を、
キリトとアスナが帰って来る翌日昼に飛ぶ選択肢も含めて幾つか提示するところまで進めたかったのですけれど、
うとうとしてしまって遅れた影響で大分厳しくなってしまいましたのでここまでで《つづく》です。

※遅くなってしまってすいませんでした。

※読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。


※ありがとうございます。反応を頂けて嬉しいです。


※まず今後も刺激が強い展開を避けられる選択肢を用意していこうと思います。


※一応そのもの自体を意味する名詞や擬態語、日常余り使われない類の名称、名詞等は、
(クロリン視点の一人称ですのでクロリンの設定上の個性表現も兼ねて)
極力使用を控える事で配慮していたつもりだったのですが、
それでは不十分、あるいは方針が不適当な様でしたら再考したいと思います。

テキスト自体に全くニーズが無い様でしたら、
主人公や他プレイヤー達の台詞、感情表現、情景描写等のテキストを全部省いて、
箇条書きで最低限の説明と結果だけ書く形式も考慮します。

R-18警報というのはどう出せばいいのでしょうか。
ここから下○レス分は18禁です、みたいな感じなのかな……?


※相互の《友好度》、環境・状況、他プレイヤーの性格・動向、積み重ねてきたイベント等を参照した上で、
コンマの結果と主人公の選択を尊重・反映した展開にしたいと考えています。
今回以上に大人な展開や描写が成立する可能性は、よりシビアな条件が求められる分だけ低くなります。


>>1を気を遣って頂けるのは有り難いですし、とても嬉しいのですが、
選択肢や安価は>>1を気にせず皆さんの好みや考え、見たい物等々、自由に選んで頂けたら幸いです。
選択肢以外の内容を直接自由に書き込んで頂くのも歓迎です。

何をどう選んでも必ず上手くいく様ではゲーム性が損なわれてしまいますので確約は出来ませんが、
出来るだけ本文や内容に取り入れていきたいと思っています。


※今後も選ばれた安価やコンマを尊重し、公正に回していけるように努めたいと思います。


※ギルド発足までで一区切りにする予定だったのですが、
投稿容量を超過してしまった関係で一旦入浴後のタイミングで《友好度》推移をまとめさせて頂こうと思います。

今夜は遅くなった関係でそれらの作業がまだ終えられていません。
申し訳ないのですがデータ更新や環境整備等の作業に当てさせて頂きたいと思います。

※読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。


       /::::/::/::::::::::::/:::::::::::::::/ j:/ l:::::l::::::::::::::l::トl:::::::::::::::::::::::::l::i
      j:::::/:::j::::::::::::/::::::::::::::/ ∥  l::::l::::::::::::l::l::} i::::::::::::::::l:::::::l:::i
      !:::/::::l::::::::::::j::::::::::::::/_/_ !::::::::::::::::j::l::l !:::l:::::::::::l:::::::l:::i    ありがとうございます
     j:::/:::::l:::::::::::::{:::::::::/ ̄ /   ̄j::}::::::::::::::::ハ:!__i:::l::::::l::::l::::::::l:::l
     l::j:::::::l::::::::::::::l::::::/  /    ハl::::::::::::/l/ l  l::ハメl::::j::::::::}:::i
     l::l::::::::l:::::::::::::/l:/ _/ ー-、 / ノ:::::::::/ / ノ__ j/ l::::j:::ハ:::::::i::::}    では書く際はここからちょっぴり大人の時間的な

     l:l:::::::::l:::::::::::l::x彡斧犾(~\  ー-/   ,,..xzzxl:::::∥::::::::!l:::!
     j:l:::::{ l:::::::::::l::lヾ{::(;;;;ノ:ノ         斧犾こヾY/:::::::::::l !:!
     /l:!:::::ヽl:::::::l::::トl  ゞ;;;シ         {(;;;ノ/ ノ癶::::::::::::j l:l    告知を載せてから書いてみようと思います
    /:::l:::::::::::l:::::::l::::l \             `ミシ  /::::::::::::::::! ll
     j:::::i:::::::::λ:::::、:::ト、          "         / l::::::::::::::j !
    {::::::i::::::::::::V::::::::::l:\                  ノ l::::::::::::/ /
     乂:::い:::::::::V:::::::::゙、} \   `   ノ     /} ノl:::::::::/ /    今夜ものんびり楽しみたいと思います
      \::::::::::::::\:::::ト\       "  _,,.. ‐''":::::ノ  ノイ://
      ζヽ::::::::ヽ:::\l{     ` ー 1くー-ニ二/〉_ j/
      乂 `⌒"// \       l \ー--- ̄`ヽ        どうぞよろしくお願いいたします
 `ー=彡:::::::`~/ {{    \      ハ  ヽ        Y
  /::::::::::::::/  /{ !    \       Y  ゙、     ハ
 /:::::/::::::/  /  い     \     }癶  Y    l/ }
/::::::/:::/  /   ヽヽ      \  '"j l トj    l j


※私がまた何か仕出かしていたり等々、ご意見ご指摘お叱りなどございましたらお聞かせ頂けたら嬉しいです。

※まずは宿題のデータ更新です。


>>72 9  789 4部位それぞれ+4ずつ。マサムネの所持金が10%リズベットへ。

※4部位それぞれ+4ずつ。マサムネの所持金が10%リズベットへ。


マサムネの◆所持金(コル):693,095→623,786

リズベットの◆所持金(コル):386,955→456,264


・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚


※装備情報を更新します。

Before エンプリファイ・ライトブレストプレート (軽金属装備 防63+1 回79 耐592 筋力+15 14.256kg) ※残り試行回数 27
 ↓
After エンプリファイ・ライトブレストプレート+4 (軽金属装備 防63+1 回83 耐592 筋力+15 10.256kg) ※残り試行回数 23 new!


Before クルー・ライトプレートガントレット (軽金属装備 防29+1 回36 耐515 筋力+9 6.588kg) ※残り試行回数 29
 ↓
After クルー・ライトプレートガントレット+4 (軽金属装備 防29+1 回40 耐515 筋力+9 2.588kg) ※残り試行回数 25 new!


Before ハーロウ・クウィス (軽金属装備 防159+1 回199 耐809 筋力+15 敏捷力+16 35.91kg) ※残り試行回数 41
 ↓
After ハーロウ・クウィス+4 (軽金属装備 防159+1 回206 耐809 筋力+15 敏捷力+16 31.91kg) ※残り試行回数 37 new!


Before アカンパニー・レギンス (軽金属装備 防94+1 回118 耐662 筋力+23 敏捷力+26 21.276kg) ※残り試行回数 38
 ↓
After アカンパニー・レギンス+4 (軽金属装備 防94+1 回122 耐662 筋力+23 敏捷力+26 17.276kg) ※残り試行回数 34 new!


計 回避力総計+19  装備重量-16kg

──────────────────────────────────────────────────
◆レベル Lv:18  ◆経験値 EXP: 6650/36000  (nextEXP=Lv x2000)
◆ヒットポイント HP:3305/3305  (Lv x150+筋力x5)
◆筋力  STR:59 (+62  )【= 121 】  《攻撃力》: 283 《防御力》: 479 《個人総合力》:1924→1943up!
◆敏捷力 AGI:18 (+56  )【= 74 】  《命中力》: 453 《回避力》 武器防御(709→728up!) 《避け》:(524→543up!)

◇装備

◆防御力総計:353 ◆回避力総計:438→457up! ◇所持重量総計(kg):132.05→116.05/◆所持容量限界(kg):142.2 (筋力+10+所持容量拡張x0.5)
.                         ◇装備重量合計(kg):128.55→112.55/◆限界重量(kg):131 (筋力+10+限界重量拡張x0.5)

両手━イクセシブ・グレートアクス (両手斧 攻154 速36 命105 耐347 敏捷力+9 46.44kg)
頭━

┣スキッピー・マント (革装備 外套 防4 回6 耐320 敏捷力+1 1.38kg)
┣エンプリファイ・ライトブレストプレート+4 (軽金属装備 防63+1 回83 耐592 筋力+15 10.256kg)
┣スカーレットスカーフ (装身具 耐25 0.1kg)
┣ダークネイビーカラーセーラー (衣類 耐200 0.6kg)
┗ポテンシャルナープブラ (下着 耐130 0.2kg)
腕━クルー・ライトプレートガントレット+4 (軽金属装備 防29+1 回40 耐515 筋力+9 2.588kg)

┣ウールSラインダークネイビープリーツ (衣類 耐280 0.5kg)
┣ハーロウ・クウィス+4 (軽金属装備 防159+1 回206 耐809 筋力+15 敏捷力+16 31.91kg)
┣ナイロンブラックタイツ (衣類 耐200 0.2kg)
┗ポテンシャルナープショーツ (下着 耐120 0.1kg)

┣アカンパニー・レギンス+4 (軽金属装備 防94+1 回122 耐662 筋力+23 敏捷力+26 17.276kg)
┗ダークローファー (革類 耐300 0.8kg)
腰━ソフトレザーポットストックベルトS5 (革類 耐300 0.2kg)
右手指━
左手指━
アクセサリ━プライアント・イヤリング(Pliant Earring)(アクセサリ 敏捷力+4)
──────────────────────────────────────────────────

※最早通常mobとの殴り合い自体は現状全く問題が無い域です。

※戦闘外での負傷や状態異常攻撃に対する備えが殆ど出来ない問題が改善されました。


※人間関係が更新されました。
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(118)》「有り難う、助かった」⇔「いえ、良かったです」《(125)》 トモミ(フレンド・伴侶) [8層主街区《フリーベン》]

 別れるつもりなんて無い(お仕置き)+1 ↓ もうお前が側に居てくれない人生なんて考えられん(お仕置き)+1
   一緒に性果+2 ずっとずっと一緒+2 ↓ 美少女扱い+1 外出時も心配してくれる+1 一緒に性果+2 ずっとずっと一緒+2

主人公 《(123)》「ああ、一緒だ」⇔「ずっと一緒です」《(132)》 トモミ(フレンド・伴侶) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(82)》「ああ、必ず」⇔「アー坊が渡してネ」《(88)》 アルゴ (フレンド・親友・共同経営者) [8層主街区《フリーベン》]

    結婚祝い(スーツとドレス)+2 裸の付き合い+1 ↓ 美少女扱い+1 外出時も心配してくれる+1 義務感に目覚める+3
 秘密の素顔+2 一緒に性果+2 ずっとずっと一緒+2 ↓ 裸の付き合い+1 凄いアレ+1 素顔を褒めてくれた+2 一緒に性果+2
   何も隠し立てしないという堅い決意と強い意志+3 ↓ 私の事を真剣に想ってくれてる+3 ずっとずっと一緒+2

主人公 《(94)》「すまんな」⇔「ううん、嬉しいヨ」《(104)》 アルゴ (フレンド・魂の友・共同経営者) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
──────────────────────────────────────────────────
トモミ 《(71)》「有り難うございます」⇔「トモちゃんの方が相応しい」《(70)》 アルゴ (フレンド) [現在位置エリア名]

        結婚祝い(スーツとドレス)+2 裸の付き合い+1 ↓ 抱擁+1 ぴったり爪+1 義務感に目覚める+3
 むにむに+1 一緒に性果+2 約束+1 ずっとずっと一緒+2 ↓ 裸の付き合い+1 むにむに+1 一緒に性果+2 約束+1
       何も隠し立てしないという堅い決意と強い意志+3 ↓ 私の事を真剣に想ってくれてる+3 ずっとずっと一緒+2

トモミ 《(83)》「探すのを止めないでください」⇔「約束する」《(85)》 アルゴ (フレンド・魂の友) [現在位置エリア名]
──────────────────────────────────────────────────

※本心、欲望、身も心も全て晒しあい、互いに心から信じ想いあう意志と決意を再確認した事で、3人の絆が不動の物となりました。

※お互いが唯一無二の、魂の友と言うべき存在になりました。3人の絆は揺らぐこと無く一生涯続きます。

※たとえ死に別たれても寂しさに耐えられずに精神を病んだり後を追ったりしない限り今際の際まで絆は残り続けます。

※続いてその他の更新情報です。


※人間関係が更新されました。
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(26)》「大丈夫か?」⇔「大丈夫」《(49)》 マサムネ (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]

           気遣い+2 ↓ 美少女扱いは悪い気はしないけどアルゴの気持ちを考えたら止めた方がいい±0
                  ↓ 心配してくれるのは嬉しいけど買物までとか過保護±0 しょうがないなぁ+1

主人公 《(28)》「(借りっぱなしだな……)」⇔「(ストーカーだわ色んな意味で女の子泣かせだわ……)」《(50)》 マサムネ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(46)》「何がだ?」⇔「やっぱりさすがだな」《(58)》 キリト(フレンド) [8層主街区《フリーベン》]

    勧誘(サブマス)+1 ↓ 遠慮-1 助言と応援+1 承諾+2

主人公 《(47)》「何がだ?」⇔「やっぱりさすがだな」《(60)》 キリト(フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(39)》「何よりです」⇔「お客さん増えてありがたいよ」《(42)》 バルドヴィーノ (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]

 特別な装備を有り難うございます+2 ↓ 職人冥利に尽きるね+2

主人公 《(41)》「有り難うございます」⇔「職人冥利に尽きるね」《(44)》 バルドヴィーノ (フレンド) [10層主街区《トリーシェル》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(20)》「ん?」⇔「こいつの事好き過ぎでしょ……」《(31)》 リズベット (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]

 謝れる奴+2 悪い事をしたな+1 ↓ 秘密の共有(《カタナ》使い)+1 彼女居るのに他の子も誉めるのはちょっと-1
                     ↓ 過保護ストーカー-1 罪悪感-2 怖い-3

主人公 《(21)》「……」⇔「……失礼な事を聞いてしまってすいません……」《(25)》 リズベット (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(12)》「有り難う」⇔「末永く幸せになっちまえ」《(22)》 クライン (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]

                     ↓ マサムネの情報+1

主人公 《(12)》「気にするな」⇔「変な事聞いて悪かったな」《(23)》 クライン (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(36)》「幸運を祈っておく」⇔「私も頑張ります」《(36)》 アスナ (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]

 勧誘(サブマス)+1 ↓ 遠慮-1 助言と応援+1 承諾+2 秘密の共有(本名と身元)+2

主人公 《(37)》「幸運を祈っておく」⇔「私も頑張ります」《(40)》 アスナ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(24)》「子供達の偉大な教師」⇔「子供達の恩人」《(42)》 サーシャ (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]

                        ↓ 勧誘+1

主人公 《(24)》「子供達の偉大な教師」⇔「子供達の恩人」《(43)》 サーシャ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(20)》「本当に有り難い」⇔「トモミちゃんの凄い彼氏」《(26)》 タチアナ (バルド嫁) [8層主街区《フリーベン》]

          大変さを理解+1 ↓ 大変さを理解+1 バルドのお得意様+2

主人公 《(21)》「本当に有り難い」⇔「トモミちゃんの凄い彼氏」《(29)》 タチアナ (バルド嫁) [8層主街区《フリーベン》]
──────────────────────────────────────────────────
──────────────────────────────────────────────────
トモミ 《(54)》「ありがとうございます」⇔「おめでとう」《(48)》 マサムネ (フレンド) [現在位置エリア名]

                      ↓ また凄い装備を……+1

トモミ 《(54)》「神様じゃないです」⇔「神様トモミさま」《(49)》 マサムネ (フレンド) [現在位置エリア名]
──────────────────────────────────────────────────
トモミ 《(22)》「ありがとうございます」⇔「やったわね、おめでとう」《(21)》 リズベット (フレンド) [現在位置エリア名]

 超高品質装備(敬意)+1 ちゃんと謝れるひと+2 ↓ トンデモ足・ぴったり爪・反則カタナ(敬意)+3 すいません+1

トモミ 《(25)》「こちらこそすいません」⇔「トモミさんもごめんなさい」《(25)》 リズベット (フレンド) [現在位置エリア名]
──────────────────────────────────────────────────

※気遣いやフォロー、お風呂を共にする事などでマサムネ⇔リズベット間の《友好度》も増加しています。

アーテルからリズへの「悪い事をしたな」は+1じゃなくて-1ってことかしら

強化で重量を減らせるってことは、要求筋力値よりちょっと重い装備が出来た場合は強化すれば解決するのか


>>143  ありがとうございます助かります。素で気付いていませんでした……算数まちがえるとはづかしい……

※以下の様に訂正させていただきます。クロリンの年下女子全般に対するおおらかさが少しアップした……!

──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(20)》「ん?」⇔「こいつの事好き過ぎでしょ……」《(31)》 リズベット (フレンド) [8層主街区《フリーベン》]

 謝れる奴+2 悪い事をしたな+1 ↓ 秘密の共有(《カタナ》使い)+1 彼女居るのに他の子も誉めるのはちょっと-1
                     ↓ 過保護ストーカー-1 罪悪感-2 怖い-3

主人公 《(23)》「……」⇔「……失礼な事を聞いてしまってすいません……」《(25)》 リズベット (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────

>>144
あ、すいません、強化で軽量化を計っても、
もともとの《要求筋力値》は変化しない、という事にさせて頂いております。
http://www46.atwiki.jp/livinginsao/pages/54.html



2023年01月31日(火) PM 10:45

《転移結晶》で脱出した俺は、トモミとアルゴから頼まれたゴマプリンもどきを5つ購入して帰宅した。

トモミとアルゴの分だけでなく全員分買ったのは、まあ……回転床掃除トップ年下鍛冶女子への詫びという所だ。


アーテルとトモミの◆所持金(コル):636,289→636,259


有意義な時間だったのは間違いないが、正直な所少々刺激的だった影響で気だるさを感じる。

甘い物を楽しみながら3人でゆっくり出来るといいと思うのだが、

マサムネとリズベットはもう風呂から上がってしまっただろうか。

もし勢ぞろいしていたら騒がしくて気が休まらないかもしれんな……。



※マサムネとリズベットは……?


00 「2時間近く何してたんだろうね……」「ま、まさかあの2人って……」(何やってたのか1時間30分位出てきません)

0 「2時間近く何してたんだろうねー」「寝ちゃってたとかー?」(あと1時間位びばのんのん)

123 「あ、この石鹸いい匂い」「ホントだ」「折角だし私達もゆっくりしようか」「そうね」(あと45位びばのんのん)

456 「あ、この石鹸いい匂い」「ホントだ、いいの使ってるわねー」(あと30分位出てきません)

789 とっくに出てる。超カラスの行水。(女子力いくえふめい)

99 むしろまだ入ってない。何してるの。

↓1


>>146 0 「2時間近く何してたんだろうねー」「寝ちゃってたとかー?」(あと1時間位びばのんのん)

※《汚れエフェクト》類が短時間で完全消滅する仕様だったお陰で助かった模様です。


「ただいま」

「おかえりなさい」

「おかえり。店の場所解っタ?」

「ああ、問題ない。買ってきた」

「ありがとうございます」

「ありがとネ。先に食べちゃウ?」

「折角ですから、2人が出てくるのを待って皆で頂きましょうか」

「そうだネ」

「ああ、もうアイテム欄(ストレージ)を見ていたのか」

「あー……なるほど、見れば確認出来たんですね」

「勘だったのか……」

「勘じゃないヨ、確信してタ。トモちゃん一度もメニュー開かなかったヨ」

「優しいですから」

「うン」

「……お前達に2つずつと、俺の分1つで計5つという配分にしようと思うのだが、どうだろうか」

俺のアイデアは残念ながら却下された。

マサムネと回転床掃除鍛冶年下トップ女子はまだ出てきていない様なので、暫くは気兼ねなく寛げそうだ。

座り込んでトモミが注いでくれたコーヒーを啜る。

穏やかで楽しそうな様子を見るに、トモミとアルゴはより一層親密になれたようだ。

大事になってしまいはしたが、本当に良かった。

この2人に労って貰える俺は果報者だと思う。


「ところでアー坊、ちょっと考えたんだケド、いいかナ?」

「ああ、なんでも言ってくれ」

「ありがとネ」


「アー坊はネ……かっこいいんだヨ」

「かっこいいです」

「は?」

「自覚が薄いみたいだから繰り返すケド、アー坊はかっこいいノ」

「かっこいいです」

「そ、そうか……」

この美少女2人から褒められるのは男として悪い気はしないのだが……。

「悪い気はしないみたいですけれども……あまり自惚れたくは無いのかな?」

「うン、謙虚なのもまたかっこいいんだよネ」

「俺の心を読むな」

「トモちゃんと順調に付き合えていて気が抜けちゃったのかナ?」

「む?」

「帰ってきたらゆっくりしたい気持ちも解るから、トモちゃんもオレっちも怒ってるわけじゃないんだケド」

「なにかやらかしてしまっていたか、すまんな……」

「いや、アー坊は悪くないヨ、むしろ被害者かナ」

「ちょっと自慢みたいでどうかとも思うのですけれども……」

「かっこいいのは事実だし、胸を張っていいと思うヨ」

「どういう事だ?」

「かっこいいんだヨ」

「かっこいいんです……」

「お、おう……」

「あのネ、アー坊。出来たらでいいんだケド……」

「この部屋に居る時でも、アー坊の素顔を知らないお客サンが来た時は眼鏡着けていて貰えるかナ」

「素顔でのんびりしてちゃ駄目なんて事は無いから、アー坊が悪いわけじゃないんだケド」

「女子は特になんだケド……アー坊がかっこよすぎて、こう……ときめいちゃうんだよネ……」

「ちょっと独占欲みたいで申し訳ないのですけれども……」

「いやいや大事だヨ、その気持ち大事」

「アー坊、トモちゃんがアー坊の事を独占したいってサ」

「ああ、それなら前にも聞いたな」

「あ……そうですね、言いましたね」

「言ってたネ……今でも全く後悔してないシ、むしろよく頑張ったって感じダ」

「そうですね、私もあの時頑張れて本当に良かったです」

「まあ、その、なんだ。何度言って貰っても嬉しいものだな」

「ありがとう」



1:「心配をかけてすまなかった。今後は自室に居る時も、俺の顔を知らない客が来たら眼鏡を付ける事にする」
   (今後アーテルの素顔(同性と異性両方の初期《友好度》に+8)を知らない他プレイヤーが居る場合は、
    たとえ自室に居る時でもトモミとアルゴとマサムネがプレゼントしてくれた野暮眼鏡を着用している物とします)

2:台詞でも行動でもなんでも自由にお書き下さいね。


↓3

1


>>152 1  選択肢になっていなくてすいませんでした……断ったり保留したりする言い様が思いつかなかったのです。


マサムネと回転鍛冶屋トップ掃除年下女子が出てきたのは日付が変わる少し前だった。

まだ引け目を感じているのか、それとも単に怖がられているのか、リズベットは俺と目を合わせようとしなかった。

まあこればかりは仕方が無い、マサムネがフォローしてくれた上でこうなら俺が何をしてもさほど結果は変わらなかっただろう。


振舞ったゴマプリンもどきは癖があって単体では正直かなり甘かったのだが、コーヒーと合わせると絶品だった。

少しばかり頑張りすぎた俺を気遣って選んでくれたのだろう、甘みが疲れた心身に沁みるようで本当に美味い。

夜型人間だったのにトモミやアルゴの影響ですっかり健康的な生活になってしまったのと同様に、

甘い物好き人間に改造されきってしまう日もそう遠くは無い気がした。


           ヘ;ハ. 〈   i、_!ト                              2023年01月31日(火) PM 12:00
               "ヽ fヽ  .ハ!`       「さて、どうするかな」
              ヽ.,ー', / レ`
、           ,--<\¨´ |    ◇プレイヤーネーム:AteR(アーテル) ◆レベル Lv:17 ◆ギルド:

. \         ノ  ̄ ̄`ー┴ヽ__          , -‐-、_/!
  ヽ____  〈            ̄ニヽ      /      !,、  ,、 ◆所持金(コル):636,259
   \      >゙  __ \    f´  \ ___/      ノ´(_,'7,'/
     ー、  f ゝ ´ ̄`ー<゙┬、 〈`ヽ   トーァ,′   /i/ '´ ___/  ◆ヒットポイント HP:3275/3275  (Lv x150+筋力x5)
         |    /  / |:::::\__{ , 、 、\  ___./  \/    .◆経験値 EXP: 9817/34000  (nextEXP=Lv x2000)
         |  `´    ∧  |::::::::::::::| i:} iヽヽ、>/     __/ |     .◆Fatigue Points(疲労耐久値): 56/180
     ____/!        〉 /:::::::::::::∪:ト、!゙ゝ'イ   / ノ./
  / ̄              //.:::::::::::::::::::::|ヽ\____.イ   / A:ステータスを確認する。   G:トモミのステータスを確認する。
<              /:.\::::::::::::::::::::|ヽi !___,   /
  `ヽ              /、::::::::::::::::::::::::::::∧ ー-、__/     .B:装備を確認する。      .H:トモミの装備を確認する。
              / 〉::::::::::::::::::::::::::::::::∧
________/   〈::::::::::::::::∠_________〉          .C:スキルを確認する。      I:トモミのスキルを確認する。
               >-<――┴┴ト!{

               {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{:;:;!i!;!_          .D:ストレージを確認する。    J:独立ストレージを確認する。
                  ,':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/〉:;:;i!:;ト、
                  {:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;/:;/:l!;:;:;∨        .E:フレンドリストを確認する。  .K:トモミのフレンドリストを確認する。
               〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;//:;:;:;:l!;:;:;:;∨
               |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∧:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∨        F:クエスト一覧を確認する。  L:トモミのクエスト一覧を確認する。

※アルファベットを選択すると各種ステータスや情報を確認できます。

※フレンドリストでフレンドの現在位置確認や、フレンドメッセージの送受信を行えます。


1:「見てよこれ、ジャージよジャージ。あたしどうしようかと思っちゃったわよ……」
   (夜更かしモード。パジャマトーク的な事象を《観測》したい場合はこちらです)

2:「そう言えば誕生日はいつなんだ?」「あー何才かは言ったケド、生まれた日は言って無かったネ」
   (シングル部屋とツイン部屋に分かれて仕切りを閉め、就寝モードその1。
    ツイン部屋側はアーテル、トモミ、アルゴの3人。
    この選択肢を選んだ場合のみ、『アーテルとトモミの誕生日が同じ』事が判明する。
    誕生日が判明するイベントは後日にとっておきたい場合は他の選択肢をお選び下さい)

3:「アルゴさんを2人で挟んで寝ましょうか」「そうだな」
   (シングル部屋とツイン部屋に分かれて仕切りを閉め、就寝モードその2。アルゴが幸せ死する。
    3人の関係は完全に安定した為、今回に限らずアルゴ相手の肉体関係は発生しない)

4:「アー坊はこの寝顔を毎朝独占してるんだネ」「うむ」
   (2023年02月01日(水) AM 06:50の朝食前に飛ぶ。キリトとアスナが帰って来る前(午前中)に何か行動したい場合はこちら)

5:「納得して頂いた上でギルドに参加して頂きたいと思います」
   (2023年02月01日(水) PM 02:00の昼食後に飛んでギルド結成会議。
    ギルド名称やギルド関係のルールなどに意見したい場合はこちらをお選び下さい)

6:クラインが《カタナ》スキル習得に気付く。
   (2023年02月22日(水) AM 08:00の朝食後に飛ぶ。
    ギルド名称やギルド関係のルールなどはアスナの提案そのまま容れられてギルド結成したとして扱う。
    ギルド名称やルールは提案すれば何度でも変更可能。
    キリトとアスナが《攻略》にどこまで参加したかを判定で決定後、《攻略》の進行具合や成否等を判定する。
    飛ぶ日時までの大まかな行動指針を決めて経験値稼ぎが含まれる場合は大まかに成果を計算する。
    クラインが誰に相談するか判定。アルゴに相談した場合、アルゴはトモミを紹介してくれる)

7:「ビーストテイマー?」「小型モンスターを味方にして一緒に戦えるみたいだネ」
   (2023年02月27日(月) PM 07:00の夕食後に飛ぶ。この日《フリーベン》に初のビーストテイマーが出現し話題になる。
    ギルド名称やギルド関係のルールなどはアスナの提案そのまま容れられてギルド結成したとして扱う。
    ギルド名称やルールは提案すれば何度でも変更可能。
    キリトとアスナがどこまで《攻略》に参加したかを判定で決定後、《攻略》の進行具合や成否等を判定する。
    飛ぶ日時までの大まかな行動指針を決めて経験値稼ぎが含まれる場合は大まかに成果を計算する。
    ギルマスが新人勧誘に乗り出すか、シリカと遭遇するか等は判定で決定する。
    この日以降、狙って(自発的に)モンスターのテイミングを試みる事が可能になる)

8:その他何かございましたらご自由にお書き下さいね。


↓5


※時間が遅くなってしまいましたので安価は少し長めにさせていただこうと思います。

※今夜は思うように手が動かなくて無念でした……遅くなってすいません。

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。

6

5



ご連絡とお詫びです


今回運良く気付けたお陰で自覚できて過失に気付き愕然としたのですが、

完全に失念してしまっていたばかりに、かなり前からIDの確認が疎かになってしまっていました……。

話を回したり情報管理したりするのにいっぱいいっぱいになってしまったのが原因だと思います。

これまで気付かないまま見過ごしてしまっていた可能性はかなり高そうです……。

今後はこういった不注意やミスを無くせるよう努めていく所存です。

ルールを設けてお願いしていたのはこちらですのに本当に申し訳ありませんでした。

本来ルール通りなら安価を取得出来ていた筈の皆様には重ねてお詫び申し上げます。


当スレッドでは同一IDでの連投による安価の取得や、安価の連続取得はご遠慮お願いしていました。

申し訳ないのですが今回は下にずらして>>161を採用させて頂こうと思います。

ギルドの名称は折角ですし範囲自由安価で候補を出して頂いて多数決で決めたいと思います。

決定したギルドの名称はこのスレッド独自の名称、設定として今後も使われ続けます。

名付けの機会を楽しんで頂けたら幸いです。



※ギルド旗上げに参加するメンバーは以下の通りです。

◆日時:2023年02月01日(水)
──────────────────────────────────────────────────
●アスナ Asuna .─────Lv25 細剣 ギルドマスター

○キリト Kirito ──────Lv26 片手直剣 《ビーター》

○アルゴ Argo ──────Lv22 片手戦爪 情報屋 《鼠のアルゴ》 《鼠の知育会》共同オーナー

○アーテル AteR ─────Lv17 カタナ 《鼠の知育会》共同オーナー

○トモミ Tomomi ...─────Lv13 片手戦棍 盾  鍛冶 (198.5)

○マサムネ Masamune ───Lv18 両手斧

○リズベット Lizbeth .────Lv18 片手戦棍  鍛冶 (267.0)

○サーシャ Sasha .─────Lv05 短剣
──────────────────────────────────────────────────

※旗上げに参加したメンバー全員それぞれ相互に《友好度》を『一緒にギルド結成・参加+3』分加算予定です。

※『アスナというプレイヤーがギルドに所属』したり『教科書が話題になる』のは、ある人物の興味を引く切欠になり得ます。
後者は《鼠の知育会》発足が2日前(2023年01月30日(月))ですので最初の1冊が委託されるまでもう数日かかりますが、
前者はアスナ自身がギルドを立ち上げた場合も含まれます。

※今後はより一層原作世界線との差異が目立つようになっていくと思われます。
黒木燐太郎はまだ誰も《観測》した事のない世界をどう生きていくのでしょうか……。

※また夜遅くになってしまうかもしれませんが、少しずつでも進めていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


                /:::::::::_ノ-―― -
           /::/:/:::::::::::::::::::::::::::--`丶、
            /':::::/:::::/::|::: /::::::::::::::::::::::::::::::\    マサムネの可愛い装備の秘密は守られたようです
       /' ⌒/::::::::::::/:::::::/:::::::::/::ヽ:::\::::ヽ

.       /     , ::i:::::::/:::::::/::::::::::: / :::::|、::::::::::::::::.
      /'   /::i:::|:::::::::::::::'::::::::::::::::/ }::::|:::ヽ::::::::::::::.    クロリンが買物をずっと見守っていたのはバレバレで
      |:l /:::: /:/|::::|::::::::|::::::::::::/ /::::j|_ハ ::|::::::::i
      |/:::::::::/:/V |::::::::|__彡'  ̄/:::::从 /' | :|::::::::|
     /::::::::::::/ '   、|::::::::|ミ、_、 __彡/ィ示㍉::|::::::::|    年下女子達には秘密でもなんでも無かったのですが
      /::::::::::::::i:    |:::::从乂¨¨´ノ⌒( vソ ノ 人::::::|
    i:::::: /从:|:    |:::::::::|ヽ..:¨¨´  '  ーハ:彡へ 从
    |::: /   、     从:::: |:\ `ノ)_   イ__}ハ:::::ヽ⌒ヽ   クロリンを茶化したり出来る雰囲気では無くなってしまいました
    |::::{`¨⌒ \ _/ ̄::从_r, 7 /// / \:::::i

    |::人      ,  /〈\ヽヽ / / /     i::::|
     j'   \     i ∨  ハ ヽ y | {  /    |: ノ   最もクロリンも《索敵》スキル所持で性能を把握していますので
              人∧ ノ/   / ,ノ  〉, '     |'
          / V/ / {   〈<  V{i      |
            ,    /  '   、 /\  /'     /    見つかること位当然織り込み済みで見守っていた可能性が高いです
         /'    |  '   /     、 |     〈
        ノ     | |  〈      \     | 、
.        /     | |    \       \   /  \    何も疚しいことは無いと胸を張ってストーキングする夫プライスレス
      〈 ――っ〈 〉|ゝ  _ ノ-へ      ヽ'  \ \
       、  ̄  ヽ|  人     \       '    ` 、 \
          \     ;  /  ヽ   '   -=彡       \   、   リズベットはドン引きでしたが他の子達はまんざらでもなかった模様
          、   |       \  〉            \
              \__|\  \  \|  、          |   \ `、
                  li  \  \  〉  \       |    i  i


※進めたいと言っていたのに遅くなってしまってすいませんでした……。
開始時間が安定しないと参加しづらいですよね……申し訳ないです。

※今夜は安価もコンマもありません、そこまで届きませんでした……すいません。
ですので次回開始前にでもゆっくり読んでいただけたらと思います。

※既にご選択いただいていて、期日までに他プレイヤーにそう伝えるだけだったタスクと定期的に発生するタスクを、
(興味を引く対象なので)どういう状態なのかの再表示、再確認も兼ねて処理しておこうとしたのと、
舞台説明としてギルド結成会議に際し、サーシャさんの問題をどうクリアしたかなどを書いていたら、
前置きの段階まで用意した時点でこんな時間になってしまいました。

※今夜ものんびり楽しんでいきたいと思っていたらこの有様ですが……どうぞよろしくお願いいたします。



俺が居ては回転掃除床職人トップ年下女子の気が休まらないだろうと気を遣った訳では無いのだが、

年下女子達の側を離れて1人、マサムネと床トップ年下掃除職人回転女子が出た後の浴室へと向かった。

トモミとアルゴと一緒に十分浸かっていたのでそのまま寝てしまっても良かったのだが、

不衛生だと思われるのも癪だし、いつ入ったのかと疑われるのも面倒だ。

施錠もせずに下着まで《全解除》して湯船に直行、全身浸かってすぐに出る。

トモミと一緒の時には絶対に身体を洗い清めてから入浴するのだが、

既にふやけるくらい身体を洗いあった後だし大目に見て貰うとしよう。

トモミに選んで貰ったトモミのそれと色違いのパジャマに袖を通して、

もとい装備フィギュアにパジャマのアイコンをドラッグして戻ると年下女子達はもう寝る支度を始めていた。

シングル側のベッドにマサムネと回転(略)女子、ツイン側の片方にトモミとアルゴ、もう片方に俺という按配だ。

トモミに抱きつく様に布団に潜り込むアルゴの後頭部を見守りながら隣のベッドに横になる。

さっき浴室でトモミと一緒に試したVR世界で初めての、そして半月ぶりの歯磨きは……なんというか酷く懐かしい感覚だった。

底浅陰気根暗エロもやし主催のパーティに闖入してからまだ半月しか経っていないというのにな。

それだけこの半月が充実していたという事だろう、俺の人生で間違い無く最も濃密で、最も幸福な半月だった。

過去形なのは隣のベッドで休んでいる愛すべき年下女子達と、これからもっと幸福に幸せになる予定だからだ。

ミント味のキスも悪くなかった。

磨き心地もなかなか具合が良かった事だし、今度試しに磨きあいっこでもしてみるか。




────────────────────────────────────

◇World Condition ◆日時:2023年02月01日(水)AM 00:00

◆現在の最前線:010層  ◆生存プレイヤー数:7,269/10,000

◆士気 Morale【63】  ◆活気 Energy【81】((△+▲)x0.5=0~100)

     .★背徳、混沌【43】|――――†―――――|☆道徳、秩序【57】
 .★絶望、失意、自棄【15】|―――――――†――|☆△希望、光明、期待【85】
★焦燥、苛立ち、性急【22】|――――――†―――|☆▲余裕、安穏、冷静【78】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※17h40m 17x6=102+4=106 106x0.1=10.6 *habit bonus (+2.0/1day) =12.6 ・索敵*(200.1)→(212.7)





翌2月1日の午前中はアルゴとトモミを伴って3月末分までの給与を預けに《鼠の知育会》事務所に顔を出した。

《リンクシーズ》の《転移門》広場からすぐ近く、つまり俺とトモミの住む部屋の近所なので気楽なものだ。

スタッフ5人を代表して取り纏め役をお願いしているハインリッヒさんから順に1人1人挨拶する。

アルゴと折半する事になっている1か月分の給与を含む諸経費の半額、17,250コルを会計役のメイナードさんに預けた。

デザイン的な作業は俺にはどうしようもないが、出来ない事も無くは無い。

限界重量の余裕を活かして暫し環境づくりの仕上げを手伝い、その後軽く打ち合わせを行った。

《鼠の知育会》立ち上げ前からの予定通り、委託する教科書の奥付には俺の《プレイヤーネーム》を記載しないで貰う事にする。

文責はあくまで俺にあるが、《鼠の知育会》名義の発行物という形をとって貰う事で、

俺は俺の身元を探られるリスクを低減することが出来る。

同様にリスクを考慮してアルゴの《プレイヤーネーム》を直接記載するのも止めて貰う事になった。

あくまで日本語で《鼠の知育会》とだけ記載するという事だ。

Intellectual Training Institution of Argoとか載せたらアルゴの知名度を利用しようとしている様にも見えるしな。

逆に《アルゴの攻略本》はあくまでアルゴの名義で発行するものと再確認した。

迷惑がかかる可能性があるので《鼠の知育会》とは記載しないで欲しいとアルゴが再度お願いしたのだ。

これは記載内容に問題があった場合などに備えての配慮だな。

編集から委託までを請負って貰う事にはなるが、《アルゴの攻略本》はとにかく知名度が高い。

どんな不届きなプレイヤーが読んでいるか解らない以上、用心するにこした事は無い。


専門的なツールの無い貧弱な環境での段取りや手法がまだ確立出来ていないのだろう。

端々から苦心が伺えたが、ありがたい事に5人はなんとか来週までには最初の1冊をと意気込んでくれていた。

打ち合わせの後、俺とアルゴとトモミ、スタッフ達の8人で昼食を共にして、宿へと戻った。

勿論支払いは俺達が持ったのは言うまでもない。


アーテルとトモミの◆所持金(コル):636,259→618,855


ちなみにマサムネとトップ床掃除回転鍛冶年下職人女子は午前中2人でどこかへ出かけていた様だった。


2023年02月01日(水)午後1時27分。

《リンクシーズ》の俺とトモミの部屋に、

《ギルド結成クエスト》を無事にこなし終えたアスナ嬢とキリトが帰還した。


>>159 → >>161 5

5:「納得して頂いた上でギルドに参加して頂きたいと思います」
   (2023年02月01日(水) PM 02:00の昼食後に飛んでギルド結成会議。
    ギルド名称やギルド関係のルールなどに意見したい場合はこちらをお選び下さい)


2023年02月01日(水) PM 02:00

「アーテルさん、準備はよろしいですか?」

「ああ、問題ない」

「ええと、サーシャさんもよろしいでしょうか。今お時間大丈夫ですか?」

アスナ嬢が俺に向かって問う。

俺はそこまでを俺の発言も含めて全てそのまま一言一句違わずに打ち込みサーシャさんに送信した。

子供達の前で会議をする訳にはいかないので1層《はじまりの町》の教会に押しかけるのは憚られる。

当然の事ながら子供達を置いてサーシャさんにだけ来てもらう訳にもいかない。

そしてこの世界には遠距離で音声通話が出来る様な機能は無く、

そういった類の効果を持つアイテムも現時点では存在が確認されておらず、

あるのはシンプルで基本的な機能の《フレンド・メッセージ》位という環境だ。

ネットワークや量子コンピューターといったインフラの上に成り立っている世界ではあるものの、

内部から外部やネットにアクセスする手段は……最低限管理者用の機能はある筈だが、

生憎1プレイヤーには権限が無く、当然ながらPCも携帯端末も無いのでそれらを利用する事も出来ない。

ちなみに《プレイヤーネーム》さえ知っていれば使える《インスタント・メッセージ》という簡易メール機能もあるが、

これは同じ層に居ないと届かないし、届いたかどうかを確認する事も出来ない。

まあ簡単な事だ、遠距離でやりとり出来るのが《フレンド・メッセージ》機能だけなのなら、

《フレンド・メッセージ》機能で全て伝えてしまえばいい。

要するに誰が何と発言したかを全て打ち込んで送信してやればいい。

リアルタイムに近づける程大量のメッセージを細切れに送りつける事になるので、

在る程度まとめて送信する事で着信する回数を減らす様には配慮するが、

それでも逐一読まねばならないサーシャさんの負担が心配ではある。

送信する速度や読みやすい記録の仕方など、出来る範囲で改善していくつもりだ。

アスナ嬢は基本的に1層から動けないサーシャさんと連絡を取り合うためにフレンド登録をお願いしたそうだ。

そのアスナ嬢に、サーシャさんからすぐに返事が来た様で、

アスナ嬢が右側の、俺達には何も無く見える空間をタップ、表示される四角いウィンドウ表示――

可視化されていない上に裏側なので俺達にはただの四角い板なのだが――を確認して頷いた。

「お返事確認しました、有り難うございます」

「ええと、皆さんにはきちんと納得して頂いた上でギルドに参加して頂きたいと思います」

「それでは、説明を始めたいと思います」

「よろしくお願いいたします」


                          《つづく》

※次回アスナの説明をクロリンが要約したもの(お約束事)を提示、ご意見や提案などを自由安価。
その後ギルド名称の候補を範囲自由安価で出して頂いた後に投票いただいて決定という感じを予定しております。

※選択決定済みのタスクとその手続き、舞台作りのみで安価やコンマを用意出来ず申し訳ありませんでした。

※遅くまで読んで頂いて有り難うございました。お疲れ様でした。


.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:\
:.:.:.:.:.:/:.:.:/:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ
:.:.:.:./:.:.:/.:.:.:.:.l.:.:.:l:.:.:.:.:.:}:.:.l ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.、

:.:.:./:.:./l:.:.:.:./l:.:.:.:l::.:.:.:.ハ:.:.}  V:.:.:.:.:い:.:.:.:.:.:.:ヽ:.゙、:.:.:、
:.:./:.:./ !:.:.:./ l:.:.:.:l:.:.:.:./ l:.:l   V:.:.:.:l:.:l:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:、:.:.、    今期最も意志力の試される夜が今週もktkr
:.:.:.:./ l:.:./ l;,:.:.:.l:.:.:./ l:.:!   l:.:.:.:ト:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l:.:.:l

/:.:/ __j:斗''"l:.:.:.:l.:.:./ `l::ト,,,,_  l:.:.:.} l:.}:.:.:.l:.:.:.:.:.l:.:.l:.:.:l
:.:/ ̄|/   l:.:.:.j::./  j/    ̄~l:::::j-l:Ll:.:.:l:.:.:.:.:.l:.:.l:.:.:l    今夜はだいたい全体的にSAOIIの放映日です
/    l/   l:.:.:.:/   ∥      }:.ノ l! l:.:.l:.:.:.:.:.l:.:.l:.:.:.l
{    十‐-、l:.:.:/    /  r-― j:/ ノ  l:.:.:l:.:.:.:.:}:.:.l:.:.:.l
z≦爽ミx、 j/         ,,,斗た爽ミx、 l:.:.:}:.:l:.:.l:.:.l:.:.:.:!    録画予約等の確認や味がよく解らなくなっちゃったり
○o:Y:::リ             弋辷::::Y:::;;ノ≫l.:.:j:.:l:.:.l:.:.l:.:.:.:l
 ̄;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;   j   :;:;:;:;:;:;:;:;:; ̄`` r 、lハ:.ノ:.:.l:.:l:.:.:.:.l
:;:;:;/};:;:;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:r、:;:;:;:;{ ヽ ∨:.:l:.:l:.l:.:.:l    声を失っちゃったりする心の準備はよろしいですか

:;:/ }               { \ Y  、 V:.l:.:l:.l:.:.:l
/ /   r―-  ------┐   ゝ  ∨:l  ヽ ヾ:.:.:.l:.:.:l
 /   {い ̄::::::::::: ̄〈ノj     ヽ  ヾ}  } } Y:.l:.:.:.l    アクションに期待が高まるのでお口あんぐり待機です
./     、::::>――  、:::ノ      Y  {  l j /:.:l:.:.:.l
ノ      V         У      /{  、 l /:.:.:ll:.:.:l
ハ       \     { )    / i       /:.:.:.l l:.:.l    今夜ものんびり楽しんでいきたいと思います
 } \       ー '" | |   ,..ィ/ ノ     /:.:.:.:.' l:.:.l
   }:.:.ト 、      j ィ'l:.:.:/ /      /.:.;:.:./ l:.:.:!
   ヽ l  `'' ー '" ゙'" l:.:.:{/     /:.:.:./:./ l:.:.j    どうぞよろしくお願いいたします
     }          ├/     /:.:.:.:./:.:/  !:.:j
\   ノ          λ{    /:.:.:.:.:./:.:/  ノ:.ノ
    /               〉い   {_:.:.:./:.:/  /:./
   / \          / l    yヽ ̄ー-、_//
、__/)ヽ \     /  //l _/  ト\     ̄ `''ー-、
      /   ヽ  /   l  ̄     ノ { )}           ハ
\_ /)\/ヾY/⌒癶 /(l      / / l       ノ  }



アスナ嬢の説明、提案した約束事は以下の通りだ。

──────────────────────────────────────────────────

1.ギルド予算用の獲得コル(上納金)自動徴収機能は使用しない。


2.ギルドメンバー同士でパーティーを組んで狩りに出かける場合、
  ドロップアイテムは基本的にストレージにドロップ(獲得)した運の良い人の物とする。
  売却、譲渡、貸与、使用等、処分や扱いは手に入れた人の自由。
  特定のドロップアイテムを狙いに出かける場合などは当人同士で話し合って解決する。


3.ギルドメンバー専用共有アイテム欄(ストレージ)は常備回復薬置き場兼、共同アイテム倉庫、アイテム置き場とする。

  ※ギルドメンバー専用共有アイテム欄(ストレージ)はダンジョン扱いのエリアでは使用出来ません。ご注意下さい。

3.1 ギルドメンバー専用共有アイテム欄(ストレージ)に仕舞われているアイテムを無断で売却しないこと。

3.2 共同アイテム倉庫としては以下の様な用途が考えられます。

  ・持ちきれないアイテムや滅多に使わないアイテムを仕舞っておく。
  ・遠距離に居るギルドメンバーにアイテムを受け渡すのに用いる。
  ・個人のアイテムストレージでは重すぎて運べないアイテムを運搬する為に、移動中一時的に預ける。

  いずれの場合も仕舞う場合と取り出す場合にギルド宛にメッセージを送信して下さい。
  ギルド宛に送信する事でギルドメンバー全員に同じ文面のメッセージが届きます。

  ※ストレージの中で混ざってしまって誰の所有するアイテムなのか曖昧になってしまう為。

  例:Asuna → Guild_ML ポーション+2を30個入れておきます。
    Asuna → Guild_ML アイアンインゴットを15個入れておきました。自由に使って下さいね。
    Lizbeth → Guild_ML アイアンインゴットを2つ使わせて貰うわよー。後で完成品を入れておくから使える人居たらどうぞー。
    Asuna → Guild_ML キリト君に渡す為に回復結晶を3つ入れました。お受け取り下さい。
    Kirito → Guild_ML 回復結晶3つ、確かに受け取った。有り難う。  などなど。

3.3 ただし緊急時に常備回復薬を使用する場合には使用前のメッセージは不要です。
    (無事に緊急事態を脱することが出来て落ち着いてからお願いします)
    どれだけ使用しても構いませんので使用を躊躇ったりしないで下さい。

    ※常備回復薬は気が付いたらその都度こちらで補充しますが、回復薬を購入出来る場所に居ないなど、
      所在地によっては補充が遅れる事もありますので、もし所持金に余裕がある場合は使った分の補充をお願いします。


※ギルドメンバー専用共有アイテム欄(ストレージ)を使用する(アイテムを出し入れする)際には、
  自動的に『上記の様にメッセージを入れる事で所有者や扱いをギルドメンバー全員に明示している』ものとして扱う。


4.仲良くなってギルドにお誘いしたい方が出来た場合はギルドマスターまでご相談下さい。
  メンバーと仲良くやっていけそうな方でしたら老若男女問わず歓迎です。
  ただし、女性プレイヤーが多いですのでナンパ目的の男性はお断りする事があります。


5.万一に備えて個人で貯金しておきますので、何か困ったら気軽に相談してくださいね。


6.また、戦力や人手、護衛などが必要な場合もお気軽にご相談下さい。

──────────────────────────────────────────────────


アイテムに関する決め事が多いのは、それだけトラブルの元になり易いという事なのだろうな。

さて、アスナ嬢の提案したこれらの約束事に対して何か意見や質問、指摘等は出るだろうか。

アスナ「何か気が付いたことや、質問、提案などありましたらお願いします」


※疑問、質問、提案等ございましたらなんでも自由にお書きくださいね。

※特に無い場合(これでいい場合)は、無しとお書き下さい。

↓1~5

なるべく質問で埋めた方がいいんだろうが如何せん問題点も判らん
なし


       /::::/::/::::::::::::/:::::::::::::::/ j:/ l:::::l::::::::::::::l::トl:::::::::::::::::::::::::l::i
      j:::::/:::j::::::::::::/::::::::::::::/ ∥  l::::l::::::::::::l::l::} i::::::::::::::::l:::::::l:::i   ※このレスは範囲に含みません
      !:::/::::l::::::::::::j::::::::::::::/_/_ !::::::::::::::::j::l::l !:::l:::::::::::l:::::::l:::i
     j:::/:::::l:::::::::::::{:::::::::/ ̄ /   ̄j::}::::::::::::::::ハ:!__i:::l::::::l::::l::::::::l:::l
     l::j:::::::l::::::::::::::l::::::/  /    ハl::::::::::::/l/ l  l::ハメl::::j::::::::}:::i   ※このレスの分、範囲を下に広げます
     l::l::::::::l:::::::::::::/l:/ _/ ー-、 / ノ:::::::::/ / ノ__ j/ l::::j:::ハ:::::::i::::}

     l:l:::::::::l:::::::::::l::x彡斧犾(~\  ー-/   ,,..xzzxl:::::∥::::::::!l:::!
     j:l:::::{ l:::::::::::l::lヾ{::(;;;;ノ:ノ         斧犾こヾY/:::::::::::l !:!   アスナさんはクラインやキリトに
     /l:!:::::ヽl:::::::l::::トl  ゞ;;;シ         {(;;;ノ/ ノ癶::::::::::::j l:l
    /:::l:::::::::::l:::::::l::::l \             `ミシ  /::::::::::::::::! ll
     j:::::i:::::::::λ:::::、:::ト、          "         / l::::::::::::::j !   あれこれ尋ねてギルドが揉めやすい場面や
    {::::::i::::::::::::V::::::::::l:\                  ノ l::::::::::::/ /
     乂:::い:::::::::V:::::::::゙、} \   `   ノ     /} ノl:::::::::/ /
      \::::::::::::::\:::::ト\       "  _,,.. ‐''":::::ノ  ノイ://     原因などをMMORPG初心者なりに学んだ様です
      ζヽ::::::::ヽ:::\l{     ` ー 1くー-ニ二/〉_ j/
      乂 `⌒"// \       l \ー--- ̄`ヽ
 `ー=彡:::::::`~/ {{    \      ハ  ヽ        Y     何かあったらアスナさんのせいじゃなくて私のせいです
  /::::::::::::::/  /{ !    \       Y  ゙、     ハ
 /:::::/::::::/  /  い     \     }癶  Y    l/ }
/::::::/:::/  /   ヽヽ      \  '"j l トj    l j


※日付の事を失念していました、ありがとうございます。

>>175-178


マサムネ「常備回復薬を使ったら使った人自身が補充する方がいいかな」

マサムネ「狩りが出来るなら買える位の持ち合わせはある筈だし、補充までしてもらっちゃうのはちょっと申し訳ない」

アルゴ「確かにその方が遠慮なく使えるネ」

アルゴ「ただ、常備薬が補充出来ていないタイミングで他の人が常備薬の必要なピンチになったら困るかナ」

アルゴ「狩場から回復薬を補充できる《圏内》に戻るのにも、時間がかかるしネ」

マサムネ「あー……確かに」

アルゴ「安地に付いたらでいいカラ、『使った後は種類と個数をメッセージで報告する』って言うのも明確にしておいた方がいいかナ」

アルゴ「そうすれば見落としが減ると思ウ。補充出来ていない、されていない状態は短ければ短い程いいと思うヨ」

トモミ「《圏内》に居て買える人が一旦代わりに補充しておくのはどうでしょう」

アルゴ「それは助かるケド、そうなると……」

マサムネ「ちょっと申し訳ないね」

トモミ「あー……難しいですね」

キリト「完全に平等なルールを作るのは不可能だ。そこはお互い様だと割り切った方がいい」

アーテル「譲り合ったり遠慮しあって困る様では本末転倒だな」

アスナ「えっと、じゃあ……」

アスナ「『常備回復薬を使用したら可能な限り使用した本人が補充する』っていうのと」

アスナ「『使用した後、危機を脱したら種類と個数をメッセージで必ず報告する』っていうのを付け加えるで、いいかしら」

──────────────────────────────────────────────────
3.3 ただし常備回復薬を使用する場合には使用前のメッセージは不要。
    常備回復薬を使用した後、危機を脱したら種類と個数をメッセージで必ず報告する。
    どれだけ使用しても構わないので使用を躊躇ったりしないこと。

    ※常備回復薬を使用したら可能な限り使用した本人が補充する。
      《圏内》等すぐに回復薬を購入出来る場所におり、
     かつ所持金に余裕があるギルドメンバーに代わりに補充して貰った場合は、
     直接費用を支払うか、あるいは代わりに補充し返すこととする。
──────────────────────────────────────────────────

アスナ「こんな感じで……どう?」


1:いいよ。

2:もう一声。(どう修正するか等お書き添え下さいね)


↓3

1


>>184 1


アスナ嬢の提案した修正案は全会一致で可決された。

つまりこの様になった訳だな。

──────────────────────────────────────────────────

1.ギルド予算用の獲得コル(上納金)自動徴収機能は使用しない。


2.ギルドメンバー同士でパーティーを組んで狩りに出かける場合、
  ドロップアイテムは基本的にストレージにドロップ(獲得)した運の良い人の物とする。
  売却、譲渡、貸与、使用等、処分や扱いは手に入れた人の自由。
  特定のドロップアイテムを狙いに出かける場合などは当人同士で話し合って解決する。


3.ギルドメンバー専用共有アイテム欄(ストレージ)は常備回復薬置き場兼、共同アイテム倉庫、アイテム置き場とする。

  ※ギルドメンバー専用共有アイテム欄(ストレージ)はダンジョン扱いのエリアでは使用出来ません。ご注意下さい。

3.1 ギルドメンバー専用共有アイテム欄(ストレージ)に仕舞われているアイテムを無断で売却しないこと。

3.2 共同アイテム倉庫としては以下の様な用途が考えられます。

  ・持ちきれないアイテムや滅多に使わないアイテムを仕舞っておく。
  ・遠距離に居るギルドメンバーにアイテムを受け渡すのに用いる。
  ・個人のアイテムストレージでは重すぎて運べないアイテムを運搬する為に、移動中一時的に預ける。

  いずれの場合も仕舞う場合と取り出す場合にギルド宛にメッセージを送信して下さい。
  ギルド宛に送信する事でギルドメンバー全員に同じ文面のメッセージが届きます。

  ※ストレージの中で混ざってしまって誰の所有するアイテムなのか曖昧になってしまう為。

  例:Asuna → Guild_ML ポーション+2を30個入れておきます。
    Asuna → Guild_ML アイアンインゴットを15個入れておきました。自由に使って下さいね。
    Lizbeth → Guild_ML アイアンインゴットを2つ使わせて貰うわよー。後で完成品を入れておくから使える人居たらどうぞー。
    Asuna → Guild_ML キリト君に渡す為に回復結晶を3つ入れました。お受け取り下さい。
    Kirito → Guild_ML 回復結晶3つ、確かに受け取った。有り難う。  などなど。

3.3 ただし常備回復薬を使用する場合には使用前のメッセージは不要。
    常備回復薬を使用した後、危機を脱したら種類と個数をメッセージで必ず報告する。
    どれだけ使用しても構わないので使用を躊躇ったりしないこと。

    ※常備回復薬を使用したら可能な限り使用した本人が補充する。
      《圏内》等すぐに回復薬を購入出来る場所におり、
     かつ所持金に余裕があるギルドメンバーに代わりに補充して貰った場合は、
     直接費用を支払うか、あるいは代わりに補充し返すこととする。


※ギルドメンバー専用共有アイテム欄(ストレージ)を使用する(アイテムを出し入れする)際には、
  自動的に『上記の様にメッセージを入れる事で所有者や扱いをギルドメンバー全員に明示している』ものとして扱う。


4.仲良くなってギルドにお誘いしたい方が出来た場合はギルドマスターまでご相談下さい。
  メンバーと仲良くやっていけそうな方でしたら老若男女問わず歓迎です。
  ただし、女性プレイヤーが多いですのでナンパ目的の男性はお断りする事があります。


5.万一に備えて個人で貯金しておきますので、何か困ったら気軽に相談してくださいね。


6.また、戦力や人手、護衛などが必要な場合もお気軽にご相談下さい。

──────────────────────────────────────────────────


アスナ「ありがとうございました」

アスナ「それでは続いてギルドの名前を考えたいと思います」



アスナ「《ギルド結成クエスト》をクリアしてギルド結成用のシギルは入手済みです」

アスナ「これを使用したらまずギルド名を入力するのよね」

キリト「そうだ。ちなみにギルド名は後から自由に、何度でも変更出来るから安心してくれ」

アスナ「ありがとキリト君」

アスナ「そういう訳ですので、折角ですからみんなで名前を考えたいと思います」

アルゴ「アーちゃんは何か、こうしたいかナってアイデアは無いノ?」

アスナ「わ、わたし?わたしは……ちょっと恥ずかしいんだけど……」

アーテル「《ヤドリギ騎士団》だったか?」

アスナ「あ、はい」

アルゴ「ヤドリギ……ミストルティンだったかナ?」

キリト「さすがに詳しいな」

アルゴ「受け売りだヨ」

リズベット「どーいう意味なの?」

アスナ「えっと、昔から神聖な植物だとされている木の名前なの。クリスマスに飾ったりするんです」

アーテル「ヤドリギは《不滅》や《豊饒》を象徴する植物なのだったか」

アーテル「花言葉は『困難に打ち勝つ』『忍耐強い』『征服』『克服』……だったか?」

アルゴ「ほー」

アーテル「ちなみに欧米ではクリスマスに飾ったヤドリギの下で出会った男女はキスをしても良いという習慣g」

アスナ「わ、わー!」

アスナ「わ、わたしのアイデアはいいんです!それよりみんなのアイデアを聞きたいな」



※ギルド名の候補が集まった後で、多数決をして決定します。

※投票の際ご自分で挙げて頂いた候補への投票はご遠慮いただきますのでご注意下さいね。


※ギルド名称のアイデア、その候補を自由に1点ずつお書き下さいね。


↓1~5

《Hall of World》
世界会館。各個と世界を繋ぐ広間として。

(略称のHoWでトモミに「はぅ」って言わせたいだけ)

イージス


>>188-189 >>191-193

※候補のアイデアありがとうございます。


1:《Hall of World》 世界会館。各個と世界を繋ぐ広間として。

2:ミストルティナ

3:イージス

4:Thinking reeds

5:ミスリル



※それでは以上5つの候補の中からお一人様1点お好きなものに1票よろしくお願いいたします。

※ご自分で挙げて頂いた候補への投票はご遠慮くださいませ。


↓最初に4票入ったものが選択、決定されます。


>>196-199 1:《Hall of World》 世界会館。各個と世界を繋ぐ広間として。

※ご投票有り難うございました。

※個人的に哲学入っているものが中二的にちょっと刺さりました。底浅陰気根暗エロもやしは何も知らない。


キリト「えー厳粛なる投票の結果」

アスナ「挙手制だったけどね」

キリト「ギルド名は《Hall of World》に決定しました」

ここで拍手、と。

やや間抜けだがパチパチとか書くのもどうかと思うので、サーシャさんにはこれで勘弁して貰おう。

アルゴ「Hall of World、略してHoWだネ」

トモミ「はぅ」

アーテル「だいたいあってる」

アルゴ「オレっち達は常に問い続けなきゃいけないんだネ」

トモミ「うぅ」

アーテル「(可愛いな)」

アルゴ「(かわいいネ)」

マサムネ「あ、あれは気にせず進めてね」

アスナ「あ、う、うん」

アスナ「えっと、それではシギルを使いますね」

──────────────────────────────────────────────────

※ギルド《Hall of World》が発足しました。

※アスナはギルド《Hall of World》のギルドマスターになりました。

※アーテル、トモミ、アルゴ、キリト、マサムネ、リズベット、サーシャは《Hall of World》のギルドメンバーになりました。

──────────────────────────────────────────────────

アルゴ「さ、アーちゃん」

アスナ「うん。えっと……」

アスナ「今、こうしてわたしの話を聞いてくださっている皆さんは、自分の大切なものや成すべき事をもう見つけている凄い方々です」

アスナ「わたしは皆さんを心から尊敬しています」

アスナ「わたしも必要な時に助けを求める誰かを助けられる様に……強く、強くなりたいと思います」

アスナ「このギルド《Hall of World》が、この世界の中でわたし達1人1人を繋ぐ『場』になるように」

アスナ「より多くの人達を助けて、多くの人達の笑顔で溢れる『場』になるように、頑張っていきたいと思います」

アスナ「未熟なギルマスですが、どうぞよろしくお願いいたします」


                     《つづく》


※次回、サーシャさんが気を遣って「皆さんからの寄付のお陰でこちらは十分助かっていますから」と、
自分から辞退してくれるお陰で子供達をどうするか悩まずに済むので、
このまま場所を変えずにアーテルとトモミの部屋で『祝宴』、という感じを予定しております。
とりあえずこれからどうする?という話になります。
行動指針やスケジュール等を決定して一気に処理する選択肢を用意したいと思います。

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。


※見落としてしまっていた事に気付いたのでこっそり幕間的な。


アーテル「思ったんだが」

アーテル「《圏外》に出る場合、どこにいくか予めメッセージで報告しておくというのはどうだ?」

マサムネ「?……まあ、普通にいいアイデアだと思うけど」

アーテル「ダンジョン扱いのエリアで遭難してしまった場合、救助に向かわねばならんからな」

マサムネ「ぐっ……」

キリト「ダンジョン扱いのエリアではフレンドリストやギルドメンバーリストから位置情報を調べられなくなる」

キリト「行き先を事前に言っておきさえすれば、どこに助けに行けばいいのか解る、か」

アルゴ「厳密にはインスタンスエリアもだネ。位置情報も調べられないし、メッセージの送受信も出来なイ」

キリト「ああ。ソロなら自力でなんとかするしかない。でも、仲間が居るなら……」

アスナ「……事前に知らせておかない理由は無いね」

キリト「ああ」

アスナ「約束事に付け加えておきますね」

アーテル「だそうだ。決まり事だからな、守れよ」

マサムネ「……決まったならしょうがないね」

リズベット「むむ?」

トモミ「マサムネさん、シングル側のテーブルもお借りしてよろしいですか」

マサムネ「あ、うん。運ぶよ」

トモミ「ありがとうございます」

アーテル「皿とフォークを並べるのを手伝おう」

トモミ「はい」

キリト「カトラリーセットにテーブルウェアセットか……」

アスナ「キリト君、うちも今度買いに行こっか」

キリト「あ、ああ」

トモミ「……あ、6客分では足りないですね……どうしましょう」

アーテル「俺は手づかみでいい、客を優先してくれ」

トモミ「はい。あ、でしたら……」

アーテル「……ふむ、そいつは名案だな」

アルゴ「(オレっちはマイフォーク持ってるケド、内緒にしておこうかナ)」

リズベット「(……うん、気合入れて彼氏探そう。じゃないとこれ、幸せオーラで死ぬわ)」

マサムネ「持って来たよ、こっちのテーブルにくっつけるね」

トモミ「あ、ありがとうございます」

アーテル「しかし……サーシャさんには気を遣わせてしまったな」

アルゴ「まあ、しょうがないネ」

トモミ「子供達を保護して一緒に暮らすっていうのは、本当に大変ですね……」

アーテル「あれだけ多いと尚更だな」

アルゴ「ところでアー坊。何故かオレっちも寄付した事になってたんだケド、どういう事かナ?」



                       《今度こそつづく》


            /                     ヽ
          /     :/    .::/         \     \
       ,      .:′  .:::/ .::/  :,   .:|   i: レヘハ   ミ
         ′    .:'  ..:::/ .::/ .::/ !   .:|   .:|: |'⌒ヘ     \
       |   . :_:j    :′ :/ .::/ |  .:'  .:.:川   | ::. \ ヽ
.      r'フ7ァ'´ : : i   | : .' _.:/-‐1 .:/ .::/:/:.|‐- .」:_:i:.: ' .:ト、 :',
     乂: :ト-:ニ: .:」: :i .:| .:i .::/   | .:/ ; イ: ハ: |   |:.:ハ:.:.i:.:|ハ :i
.        Τトミ_: .:_|: ハ :l .:|:/ -‐ .jノ}/ j/ }ノ- _从 :.}:.:|:ノ  jノ     結城明日奈はギルマスである
          | |.:.:f'´ iハ∧  .:{ ,,x=≠=        ==ミvヘ 小:|
.       | | 八、j八 \.:.く                 { Ⅴ}リ
          l//.:.:.:>/゙XぅYヽ:.\    ,.  -‐ ‐┐   .}  |ノ
         ///:/: .:|/ / | トミ=-'  {        }  ,.イ |     先週からの新EDが既に色々ヤバかったのですが
      〃/ : /_:」 {  | L._     ヽ      / /  ∠
       / /.::/三 |        ゛ ‐-   ___,...イ    ∠,,_ \
     / /.::/三   `ー--, _    Y┬┬{ .{   {丿 〉三}    リニューアルしたOPも全力で泣かせに来ていてヤバイ
      { :i . :|三      {  〈  ̄⌒}. l l 〉、__/ / >ニ}


※そして京子さんが大物でした、たぶんつよい。

※旗上げに参加したメンバー全員それぞれ相互に《友好度》が『一緒にギルド結成・参加+3』分加算されます。

※今夜ものんびり楽しんでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


※「おそらく想像通りだ、すまん」と謝っただけで正確に言い当てたアルゴさんを「さすがだ」と褒めたら凄く嬉しそうに許してくれたらしいです。


2023年02月01日(水) PM 03:30

シングル部屋から運んできたテーブルとこちら側のテーブルをくっつけて並べた上に、

昨日用意した串焼きや揚げ菓子が盛られているケータリング風のバスケットが6つ、

大きめのホールケーキが2つ、焼き菓子の収められた箱が2つ、

1リットル分注げる耐久値を持つソフトドリンクのボトルが各種8本にシャンパンもどきが4本。

トモミが買って来た分で全てだと思っていたのだが、どうやら4人で手分けして買い込んでいたらしい。

幾らなんでも買い込みすぎだ、どれだけ食べる気なのだ。

幸い原理的に食べ過ぎて現実の肉体が体調を崩す可能性はほぼゼロだが、

感覚としての満腹感は存在するので、食べ過ぎた場合は満腹感が暫く続くかもしれない。

6客分の備えしかなかった関係でフォークが足りなかったのだが、

よく考えればグラスも無かったので、シャンパンもどきはマグカップで飲むことになった。

トモミは来客を想定して備えてくれていたのだが、

さすがにパーティーを催す事になるなどと想像出来ないだろうし、

そもそも未成年が飲酒する場面を想定して準備出来たらそれはそれで問題だ。

まあ、この世界の酒は全てアルコール無しのもどきなのだが。

全員の手持ちマグカップに注がれたシャンパンもどきのボトルを見るに、

設定されているアイテム名は『パーストコンクェスト(Path to Conquest)』と言うらしい。

『征服への道』という所だろうか。

底浅陰気根暗エロもやしの世界を天辺まで攻略してやるという意図のチョイスなのかもしれないが、

違う意味にとれなくも無く、個人的にはそちらも悪くなく思えた。

実際の所やたら価格設定の高い高級炭酸ジュースでしかないのだが、

未成年のギルドメンバー達が雰囲気を楽しむにはうってつけなのではないだろうか。

……冷静に考えたら確実に成人しているのは俺だけか。

サーシャさんは教職課程を取っていたそうだから少なくとも大学生ではあるだろうが……。

これは大人としてしっかりせねばいかんな。



1:アスナ「それでは、乾杯!」
  (祝宴イベントを楽しみます。友好を深めたりしたい場合はこちら)

2:キリト「俺とアスナは前線に戻るつもりなんだけど、みんなはどうするんだ?」
  (ギルド結成後の大まかな行動指針を話し合います。大まかな行動指針を選択します)

3:アスナ「皆さんお疲れ様でした」
  (滞りなく祝勝会を終えました。キリト、アスナ、リズベット、アルゴは前線へ向かいます。
  マサムネはアーテルがマサムネの主体性に任せる場合に限りコンマ。トモミはアーテルと行動をともにします。
  行動内容(スケジュール)の選択後、キリトとアスナが前線を離れていた影響の判定や、
  アスナのギルドに対する各種反応、ある人物の反応等をコンマ判定します)

4:何かしたい事や言いたい事などございましたらご自由にお書き下さいね。


↓3

2

クロリン方式で「通常popする」ような「人気がない(他者とかち合わない)」
「大型」ないし「特大」のモンスターを狩りたいんだが、そういった敵性mobってないかね

現状だと二軍レベルから上を目指しにくいし、少しでも経験値の得られるmobを相手にしたい


>>215 2


キリト「俺とアスナは前線に戻るつもりなんだけど、みんなはどうするんだ?」

リズベット「あたしは攻略してる人達を追いかけて拠点になる町で商売するつもり」

アスナ「なら、わたし達と一緒に行く?」

リズベット「お願いできたら道中心強いけど……お邪魔じゃない?」

アスナ「全然お邪魔じゃないよー、安全の為にも固まって移動しましょう」

アルゴ「オレっちもご一緒させて貰っていいかナ?」

アスナ「勿論、喜んで」

キリト「これで前線に戻って《攻略》の支援や経験値稼ぎをするのが4人か」

キリト「マサムネはどうするんだ?」

マサムネ「私?私は……」



※少し迷っている様子のマサムネにどう声をかけますか。


1:「人気の無い場所で地味な経験値稼ぎを予定しているんだが、一緒にどうだ?」
  (一緒に前線の1階層下である9層で経験値稼ぎ兼素材狩りをしないかと誘います)

2:「いつまでも世話になりっぱなしも悪いからな、好きにしてくれると助かる」
  (マサムネの主体性に任せます。コンマで判定)

3:台詞でも行動でもなんでも自由にお書き下さいね。


↓3


>>216

「大型」でプレイヤーの3倍位、「特大」はそれ以上と設定していますので、
さすがに「特大」は居ても個体数があまり多くない気がします。
「大型」ならリポップ回せる程度の数が配置されている場所もあるかもしれません。

ただ《基準となる経験値》にボーナスのある「大型」や「特大」mobは、
余程凶悪な攻撃方法を持つとか物凄く強いとかでも無い限り、自然と人気が出てしまう気がします。

HPが矢鱈多いとか理不尽に堅いとかレベルに対して凶悪に強いとかでもよろしければ、
「通常ポップする(レアポップではない)」「人気の無い」「大型」mobを出すこと自体は可能です。
クロリン方式上の処理として実際に上級戦闘していると仮定してシミュレーションした結果、
倒すまでのターン数があまりに嵩んでしまう様でしたら1時間あたりの成果も減らさざるを得ませんが、
貰える経験値の多い敵を少し狩るか、貰える経験値の少ない敵を多く狩るかは主人公の選択次第ですね。


>>220 1


アーテル「人気の無い場所で地味な経験値稼ぎを予定しているんだが、一緒にどうだ?」

マサムネ「そうだね、まだレベル18だし、地道に行こうかな」

マサムネ「トモミのボディーガードなんだし一緒に居ないとね」

トモミ「ありがとうございます。いつもすいません……」

マサムネ「装備でお世話になりまくってるし、お互い様だ」

キリト「レベルこそ追いついていないが、前線でも十分通用すると思うんだけどな……」

アスナ「同感だけど、安全が一番大事だよ」

キリト「そうだな」

アスナ「アーテルさん、マサムネさん。慌てなくていいですから安全第一でお願いしますね」

マサムネ「うん、解った」

アーテル「了解した」

俺が《戦闘時回復》スキルを完全習得している事を知っているのはアルゴ、トモミ、マサムネ、キリトだけだ。

アスナ嬢やリズベットは知らないので、心配されても仕方が無い。

心配して貰えるというのは有り難い事なのだが、黙っている事について多少罪悪感を覚えなくも無い。

レベルと言う説得力の在る強さの指標を早めに上げて、

あまり心配させずに済む様にしたいものだな。


2023年02月01日(水) PM 05:30

随分と飲み、食べ、話した。

夕食と言うには少しばかり早い時間帯だったが、これだけ飲み食いしたら十分だろう。

食べ切れなかった分を持って返って夜食にして貰うのもいい。

耐久値が切れる前にストレージに突っ込めば大丈夫だと思うんだが、

こういうセットになっている料理でそれが可能なのかどうかまではさすがに解らん。

見通しの悪くなる夜間の移動を避けるなら、4人はそろそろ前線に向かって出発した方がいい頃合だろうか。

さて、何かし忘れていた事や、しておいた方がいい事はあったかな。



※何か言いたい事、話したい事、したい行動などございましたら何でもご自由にお書き下さいね。

※もう十分だと思われましたら『無し』等々とお書き込み下さい。

↓1~3

トモミとイチャイチャ

↑を健全な範囲で


>>222-224

※3人がああなったのは極まった値の《友好度》だけでなく施錠可能で防音完備かつ全裸標準の環境+コンマの悪戯でした。
さすがに人前で不健全な事をするのは幾ら《友好度》が極まっていても抵抗感や恥じらい、倫理観などで難しいと思います。

《露出狂》や《マゾ》といった性格(特徴)のプレイヤーならやらかしてしまうかもしれません。
……そういえば《マゾ》な人が居ましたね……その人がリズベットに『教えた』ばっかりに巡り巡ってとんでもない事に……。
本編ではまだ台詞ゼロですのに、悪い影響力強すぎです。

※ええと……食べさせあう位ならセーフでしょうか……挨拶程度の軽いハグもセーフ?
キスもまぁディープなのでなければ……ほっぺにとかならセーフですよね、多分。


トモミ「アーテルさん、このジュース甘くて美味しかったですよ」

アーテル「なら試してみるか、頂こう」

トモミ「はい」

アーテル「勺をしてくれるのは嬉しいのだが、あまり食べられていないのではないか?」

トモミ「ありがとうございます。ちゃんと頂いていますので、大丈夫です」

アーテル「それならいいのだが……この揚げ菓子はどうだ?なかなか美味かったぞ」

トモミ「あ、ありがとうございます」

アーテル「うむ、ほら」

トモミ「……アーテルさん?」

アーテル「口を開けるのだ」

トモミ「あ、はい、えっと……」

アーテル「ほら、早く口を開けないと、口の周りが油で汚れてしまうぞ」

トモミ「はぅ」

トモミ「うぅ、押し付けないで下さい……あー……む」

アーテル「よしよし」

トモミ「んぐむぐ」

アーテル「もたもたしているので口の周りが汚れてしまったな……」

アーテル「仕方が無い、舐めてやろう」

トモミ「!?*☆$жЯ¢※Й◎∬!!!!??」


アスナ「仲良しさんだねー」

アルゴ「テンパって真っ赤なトモちゃん可愛い……」

キリト「あ、アルゴ……?」

リズベット「イケメンが少し身を屈める様にして頬を舐めるとか本っ当に絵になるわよね……」

マサムネ「まあ、否定はしないけど……」

リズベット「って言うか一々エロ過ぎなのよーっ!」

アスナ「……♪」

キリト「(アスナが腕を……?って、アスナ、当たってる当たってる……!)」

アルゴ「リズちゃんも早く年上の素敵な彼氏を見つけられるといいネ」

リズベット「お陰様で気合入りまくりよ、頑張って探すわー」

マサムネ「エロい彼氏を?」

リズベット「うっ……ほ、ほどほどで!」



※あ、何か忘れていると思ったら……。
アーテルがリアルタイムで文字起こししてメッセージ中継した事についてのリアクションを忘れていました……。
自分も普通に会話に混ざりながらリアルタイム文字起こし中継とかいう変態的な事をしていたのを活かし損ねたとかショックです。


アーテル「エロい事を聞いてくる奴にエロ呼ばわりされるのは心外だな……」

リズベット「……!」

リズベット「す、すいません……」

アーテル「ああ、いや、気にするな。年齢的に興味があって然るべきだと気付いた」

アーテル「俺には聞きづらいだろうが、トモミにならどうだ?

アーテル「何か解らない事や不安な事があったら気軽に聞いてみるといい」

トモミ「解る範囲でしたら……」

アーテル「だそうだ」

リズベット「あ、ありがとうございます」

アーテル「あとな、俺も口が悪い方だから、敬語でなくとも気にせんぞ」

アーテル「堅苦しいのは苦手でな……その、気が向いたらでいいんだが、出来れば気楽に接してくれると有り難いんだが」

アーテル「敬語はもっと尊敬できる相手用にとっておくといい」

リズベット「……はい」

アルゴのお陰で興味があって然るべき年頃なのだと気付いたというのもあるし、

何より俺がギクシャクしているとトモミやアルゴ、マサムネがやりづらいだろうからな。

本人の罪悪感ばかりはどうしようもないし、どう思われているのかも解らんが、

対応に困るのであまり気に病まないでくれると助かるのだが。


アスナ嬢の〆の挨拶をもって祝勝会はお開きとなった。

前線へ向かうと言っていたアルゴ、アスナ嬢、キリト、リズベットの4人は、

《圏外》に出る前にちゃんと目的地である《圏内街》を書いてギルド宛のメッセージで知らせてきた。

俺達が《圏外》へ出る時もメッセージでの報告を忘れないようにしなくてはな。


※人間関係が更新されました。
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(123)》「ああ、一緒だ」⇔「ずっと一緒です」《(132)》 トモミ(フレンド・伴侶) [7層主街区《リンクシーズ》]

 一緒にギルド結成・参加+3 ↓ 教科書作りを思いだしました中継+1 一緒にギルド結成・参加+3

主人公 《(126)》「ああ、一緒だ」⇔「ずっと一緒です」《(136)》 トモミ(フレンド・伴侶) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(94)》「すまんな」⇔「ううん、嬉しいヨ」《(104)》 アルゴ (フレンド・魂の友・共同経営者) [7層主街区《リンクシーズ》]

 一緒にギルド結成・参加+3 ↓ 超絶中継+1 一緒にギルド結成・参加+3

主人公 《(97)》「すまんな」⇔「ううん、嬉しいヨ」《(108)》 アルゴ (フレンド・魂の友・共同経営者) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(28)》「(借りっぱなしだな……)」⇔「(ストーカーだわ色んな意味で女の子泣かせだわ……)」《(50)》 マサムネ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]

 一緒にギルド結成・参加+3 ↓ 変態中継+1 一緒にギルド結成・参加+3

主人公 《(31)》「一緒にどうだ?」⇔「一緒に居ないとね」《(54)》 マサムネ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(47)》「何がだ?」⇔「やっぱりさすがだな」《(60)》 キリト(フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]

 一緒にギルド結成・参加+3 ↓ 超人中継+1 一緒にギルド結成・参加+3

主人公 《(50)》「何がだ?」⇔「やっぱりさすがだな」《(64)》 キリト(フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(37)》「幸運を祈っておく」⇔「私も頑張ります」《(40)》 アスナ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]

 一緒にギルド結成・参加+3 ↓ 反則中継+1 一緒にギルド結成・参加+3

主人公 《(40)》「幸運を祈っておく」⇔「私も頑張ります」《(44)》 アスナ (フレンド・ギルドマスター) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(24)》「子供達の偉大な教師」⇔「子供達の恩人」《(43)》 サーシャ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]

 一緒にギルド結成・参加+3 気遣い+1 ↓ 特段の配慮+2 一緒にギルド結成・参加+3

主人公 《(28)》「子供達の偉大な教師」⇔「子供達の恩人」《(48)》 サーシャ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(23)》「……」⇔「……失礼な事を聞いてしまってすいません……」《(25)》 リズベット (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]

 一緒にギルド結成・参加+3 ↓ 反則中継+1 一緒にギルド結成・参加+3

主人公 《(26)》「気にするな」⇔「……」《(29)》 リズベット (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(07)》「《鼠の知育会》纏め役」⇔「オーナー社長の若先生」《(24)》 ハインリッヒ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
主人公 《(15)》「《鼠の知育会》スタッフ」⇔「恩人」《(33)》 ロビタ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
主人公 《(13)》「《鼠の知育会》会計役」⇔「オーナー社長」《(24)》 メイナード (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
主人公 《(17)》「《鼠の知育会》スタッフ」⇔「人徳ある人」《(32)》 ジェイコブ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
主人公 《(10)》「《鼠の知育会》スタッフ」⇔「オーナー社長さん」《(25)》 ギデオン (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]

 有り難い意気込み+2 昼食を共に+1 ↓ 願われ任された+2 昼食をご馳走になった+1 愛妻家(ギデオン以外の4人)+3

主人公 《(10)》「《鼠の知育会》纏め役」⇔「オーナー社長の若先生」《(30)》 ハインリッヒ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
主人公 《(18)》「《鼠の知育会》スタッフ」⇔「恩人」《(39)》 ロビタ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
主人公 《(16)》「《鼠の知育会》会計役」⇔「オーナー社長」《(30)》 メイナード (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
主人公 《(20)》「《鼠の知育会》スタッフ」⇔「人徳ある人」《(38)》 ジェイコブ (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
主人公 《(13)》「《鼠の知育会》スタッフ」⇔「オーナー社長さん」《(28)》 ギデオン (フレンド) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────

※旗上げに参加したメンバー全員それぞれ相互に《友好度》が『一緒にギルド結成・参加+3』分加算されています。


※キリトとアスナの姿が無かった2日間の前線の様子や、その影響は?

※主にアスナの姿が見えないことによる士気の低下は反映済み。


0000 何があったの……まさかの合併。1日後(02月02日(木))にフロアボス到達・攻略。(1日早まる)

000 DKBとALSまさかの同盟。1日後(02月02日(木))にフロアボス到達・攻略。(1日早まる)

00 「こっからはテスター連中に頼れん以上協力せな」「そうだな」提携。2日後(02月03日(金))にフロアボス到達・攻略。(遅延無し)

0 DKBとALSが僅かながら歩み寄り協調。順調。2日後(02月03日(金))にフロアボス到達・攻略。(遅延無し)

123 DKBとALSの競争激化。《攻略》速度上昇。2日後(02月03日(金))にフロアボス到達・攻略。(遅延無し)

4567 3日後(02月04日(土))にフロアボス到達・攻略。(1日遅延)

8 DKBとALSの対立で一時緊張状態に。4日後(02月05日(日))にフロアボス到達・攻略。(2日遅延)

9 《攻略》中、連携ミスでDKBとALS双方に被害が出る。関係悪化。4日後(02月05日(日))にフロアボス到達・攻略。(2日遅延)

99 《攻略》中、事故でDKBとALS双方に死者が出る。4日後(02月05日(日))にフロアボス到達・攻略。(2日遅延)

999 DKBとALSの対立で双方にオレンジになるメンバーが出る。関係最悪。フロアボス《攻略》が困難に。

9999 DKBとALSの対立で双方に死者が出る。前線崩壊の危機。


※DKB=《ドラゴンナイツ・ブリゲード》
※ALS=《アインクラッド解放隊》


↓1


※コンマご協力ありがとうございます。

>>229 5 3日後(02月04日(土))にフロアボス到達・攻略。(1日遅延)



※アスナのギルド立ち上げと、キリトの参加を知った《フロントランナー》達の反応は?


※0程良く、9程悪い。(補正抜きのコンマそのものの値が00なら特殊成功、99なら特殊失敗)


↓1 キバオウ(コンマの値に対する補正:-3)

↓2 キバオウの周囲(コンマの値に対する補正:+4)

↓3 リンド(コンマの値に対する補正:-2)

↓4 リンドの周囲(コンマの値に対する補正:±0)

↓5 その他一般(コンマの値に対する補正:-4)



  ※コンマをお願いしたところで《つづく》です。

  ※次回『アスナのギルド参加』を知ったあるプレイヤーの反応をコンマで決めた後、

    アーテルとトモミとマサムネの狩りのスケジュールを決定、
    その後何日後まで飛んで、その間分の成果を計算、処理するかの選択等を予定しております。

  ※あるプレイヤーの反応如何ではイベントが発生します。

  ※未成年の前でしたしもう少し落ち着いたいちゃこらの方が良かったでしょうか……すいません。
    新婚補正という事でご容赦頂けたら助かります。

  ※今夜も遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様えした。

へーい
乙ー


>>228にあるけどコンマ9999ってどう考えても無理だし用意しなくていいと思うの


※アスナのギルド立ち上げと、キリトの参加を知った《フロントランナー》達の反応は?


>>231 5  5-3=2 キバオウ:2

>>232 4  4+4=8 キバオウの周囲:8

>>233 2  2-2=0 リンド:0

>>234 7  7±0=7 リンドの周囲:7

>>235 5  5-4=1 その他一般:1


     /:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
     /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.Y:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:.:.:.:.:ハ   ギルマス2人は『ライバルギルドに入られるよりずっと良い』とか
    ;.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l:.:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.l ヽ:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.、:.:.:.:.:.i
   j:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:./ l:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.}:l  Y:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:、:.:.:.:.:!

   i:.:.:;:.:/:.:/:.:.:./.:.:./  l:/l:.:.:.:.:.:.:.:j:.!   l:.:.ト、:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.、:.:.:.:}   『《ビーター》に首輪が付いてほっとした』とかでしょうか……?
   j:.:.j:.j:.:.:l:.:.:.:.{,;,:./-―ll l:.l:.:.:.:.:.ノl:l   ̄l:.:厂、:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:!.:.:.:l
   j:.:j:.:l:.:.:l:.:/:.:!.:./   l l:.l:.:.l.:.:j |   l:.j   V.:.:.:.:.}:.:.:.:.:i:.:.:.l
   l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:./l:.i       l:l い:.l     jノ   V:.:.:.:j:.:.:.:.:.l:.:.:.l   リンドさんなんかアスナのギルド立ち上げを祝福しちゃう勢いの様です
   l:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:j l.l       l ヾ:{    ァ-‐___ }:.:.:./:.:.:l:.:.i.:.:.:l
   !:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:l  l _,, ̄`         孑''冖''ミ>/:.:.:.:l.:.:j:.:.:.l
   !:.:l:.:.l.:.:.:.:.:.{,,ィ彡''"⌒`               j/:.:l:.:.:.:l.:.:j:.:.:.:l   一体何があったのか……そして周囲の幹部プレイヤー達は……
   j:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.λ⌒           j:.         j:.:ハ:.:.:l:.:.j:.:.:.j:l
   l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ                     /:/:.j:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.l
   !:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ        r- -‐┐   /)}/}:.ノ:.:ハ:.:.:.:.:.!l:.l   基本クロリンの一人称視点ですのでどこまで描けるかは解らないですが
  l:.l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.\     、   ノ    /_ }/∥:.:.:./:.:.:.:.:.:.l l.:l
  l:.l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:>、     /  _//) }/}:.:./:.:/:.:.:.:.l l:.l

  l:.l:.:.:.:.い:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:__/ |`'''ー  __ ィ /// / /:.:.:/:./:.:l.:.:.:l|l     きっちり今後の参考にさせて頂こうと思います
  l:.:l:.:.:.:.ゞ、:.:.:l:.:.:./ /  λ      // / /  /:.:./:./:.:.:j:.:.:.l j:.l
  / ̄ ̄ ̄\゙、   !   ゙、   / / /  /  /Y⌒Tー---┴┴--、
 / {       /\  l     \ / / /  /   / l   i        ハ    コンマご協力ありがとうございました
 {        {    l        /  /  /l   ∥ l   l       /  }


        /:::::::::::::::::::/::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::ヽ
       '::::::::::::::::/::/::::::::::::::/:::::::::::::::/l::::::::::::::::ト::::::::::::::::::::い
     j::::::::::::::/::::;::::::::::::::/::::::::::::::::/ l:::::::::::::l::l ∨::::::::::::!::::::i    >>237

     !::::::/:::/:::::j:::::::::::::;::::::::::/:::::/ l:::::::::::::l::} l:::l::::::::::l:::::::i
     !::::j::::::::::::::i::::::::::::j:::::::::/:::::/  j::::::::::::j::j  l::トl::::::::l:::::::i
     l::::l::::::::::::::l::::::::::::l-‐::/T::/⌒ /l:::::::::/l:j-‐j::}-l:::::ハ::::::l

       !::l::::::::::::::l::::::::::::l::/ //--//:::::::/ jノ__ ノノ }::/:::i:::::i
      l::l::::::::::/ l::::::::::::l,x斧犾~㍉ メ//  斗F气 !::::::::i:::::l         あっ
      l::l::::::::{ l::::::::::<( {    ノ      イ   ノ)〉!::::::::}::::l
       l:::l::::::l::\l::::::::::::l `ー''゙        弋 .シ /::l::::::::j::::l
     j::::l::::::l:::::l::l::::::::::::l           ,      ,::/l:::::::/:::j
     /:::::l:::::::::::l::::い:::::::ト、               ノ/ j:::::/:/:;
     /::::::::l::l:::::::l::::/ト、:::l \   ` ;;;;''   ィ::::::{ ノ//j:/   ……無理ですね、無理じゃないですか
   -‐  ̄l::l:::::::l7  λ\ ト三 三 三 三 三 三三Yl::/ ノ
 /-‐く   い::::::l   ゙、  l |              |\
/    { \ ゙、:::::人   У\ ぷろぐれっしぶ2 l-、ヽ   全然気付いていませんでした、あ、あははは……
   /八  ヽヽ::::::ヽ /-- 、\         / ノ  i
   /  ヽ  ヾ\::::ヽ{    \┘          〈// ノ  i



          /:::::::⌒ζ:::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::-‐Y⌒:::::::::::::::::::::::\:::\    はは、は……恥ずかしい……お、お騒がせしてすいません
        /:::::::/::::::::/::ヽ::::::::::::\::::::::::::::ヽ:::ヽ
      /::::::::::/::::::::::::/::::ハ::::::::\:::ヽ::::::::::::::::::::::、

      /:::::u:/:::::::::::::/:::::i:::::l::::::::::::::::::::゙;:::::::::::::::::::::、    お察しの通りなんとなく増やしてみただけでした
     /:::::::::j:::::::::::::::l:::::::::::::::l:::::::::::\:::::i:::::゙;:::::::U::::i

     j::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::ト:::::::::::::::ヽ::i::::::l:::::::::l::::l
     l::::::::::::l:::::::::::::/l::::::::::::l:::l ∨::::::;;;;;;::::l::::::l:::::::::l::::}    そうですよね……後ろから4つ目の桁は十秒の桁なんですよね……
     l::::::::::::l:::::::::::::l l::l::::::::::l:::l X":::::::::::::i::::::l:::l:::::}::::!
     j::::::::::::i:::::::::::::l-い:::::::::い  ヽ::::ヾ:::::l:::::l:::l:::::lヽ{
     {::::u::::::い:::::::::l ヽ::\::::::::ヽ   ̄_,,二l::::::::l:::::l }    さっぱり意識していませんでしたので以前にもやらかしてるかも……
     !:::::::::::ゝl\ゞゝ \  ̄ ̄   >'"⌒i:::j:::l::::j_/i
     ヽ:::::::::::::ゝ  _,,,,_       ;:;:;:;:; j:/l::::::ハ:::::}
      Y::::ヽ:::\ ㌢'"⌒    ::.     ノ l::::/:::::ノ     ご助言頂いた通り、000と999までにしておこうと思います
      弋::::人:::::\ ;:;:;:;:;   `    ,   /l::/::::::/ヽ
       jヽいヽー-ヽ     、__  / /::j/::::ソ  }_ノ
       乂メ:ト:::\  >ーr- へ__. ィ" l \弋__,,,、ノ:::::::`ヽ、    ご指摘ありがとうございました

     /:::::/ \\/7" ̄ / Y-ヽ_ノ  ヽ  \:::::::\::::::::\
    /:::/::/ ヽ   /:::7  / /  {-~⊃_}    `ヽ、::\:::::::ヽ
   /:::::/::/  Y  //゙、 / ///_     ̄  ー- 、\::ヽ:::::ハ
   /::/:::/ j    い/   \__//_/::::::::::: ̄::::ー-      /  Y::Y:::} }    昨晩は触れ忘れた件と決め忘れた件と合わせて
  {/{:::/ ノ     У     / ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::7  /}::j:::jノ
    ゝ( { {   /           〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / }ノ::ノ
      j ヽ /         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /l j/    この出せないコンマに気付かなかったのでミス3つです
     / /        __/:r、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// / }

     //            r(\::ヽYi:::::::::::::::::::::::::::::::::/  /  /
    У         r、ヽヽ\/ヽ:::::::::::::::::::::::::::/ /   {    思考力落ちているときはだめだめですね、反省しました
   〈         /:::`r-‐彡  ヽ \::::::::::::::::::://    ノ
     V       /:::::::::::乂ヽ ヽ  メ }::::::::::::::::/  ノ   {
      }     /:::::::::::::::::::::ヽヽ  イ  人::::::::::://   ノ }    も少し集中出来るように努めようと思います
     └--‐<:::::::::::::::::::::::::::::::}  ̄     \::/-‐  ̄  ノ


※片付け物が済んでからになってしまいますが……今夜もどうぞよろしくお願いいたします。


※決め忘れていたこと。

※カラー・カーソルに表示されるギルドタグ(ギルドのシンボルマーク)はどうしましょう。


1:人助け的な意味で白地に赤十字でいいんじゃない?(地味にヒースなんとかさんへの嫌がらせ)

2:自由に考えたいのだぜ。(範囲自由安価で候補をお願いして多数決で決定します)

3:システム>>1に委ねる。他にも考えて選択肢を用意してくるのだ。(用意された選択肢から選んで頂きます)


↓先に3票入った選択肢で決定されます。


※ご投票ありがとうございました。


>>247-248 >>250 3 (用意された選択肢から選んで頂きます)

※白地に赤い十字と、青っぽい地球っぽいのと、あともう一つ二つ何か考えてきて、そこから選べるようにしようと思います。


※確認したところ(アニメ版は)風林火山が赤地に白の四つ割り菱、
月夜の黒猫団が縦に白色、水色、白色の地に三日月と尾の長い黒猫でした。
結構何でも有りな様です。


※ささっと用意して提示出来たらかっこよかったのですけれど、
SAOの中はネットで画像検索してマークにしたり出来ない環境なので、
シンプルなものを……とかなんとか考え始めたら思いのほか難しく苦戦してしまいました。
今夜も~と言っておきながら話を進められないばかりか、結局2晩もお待たせしてしまってすいませんでした。

シンプルなものほど難しいものですね……デザイナーさんも神様だとしみじみ思いました。


※明日の夜、じゃなくて今夜、えっと19日の夜に以下の選択肢から多数決をお願いして決定しようと思います。

http://www46.atwiki.jp/livinginsao?cmd=upload&act=open&pageid=95&file=001%E9%BB%92%E6%9C%A8%E7%87%90%E5%A4%AA%E9%83%8E_%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%BF%E3%82%B0.png

・血盟騎士団風(アニメ版)
・血盟騎士団風(原作記述版)
・水色の丸い環を立ち上げメンバーの人数で構成したもの。
・シンプルな水色の丸。
・水色の地に夜明けの光輪。
・水色の地にそのまま地球風。

 ※DKBや解放隊と被らないように青や緑ではなく水色にしてみましたが、
  色の変更は容易ですので、色の変更も込みで投票して頂こうと考えています。


※ご心配をおかけしてすいませんでした。お疲れ様でした。


                -―――-、 _
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒ヾ-―-ミ:.`ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:.:.:.:.:./.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:ヽ     原作における月夜の黒猫団はメンバーの平均レベルが
        /:.:.:.:.:.:.://:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.l::.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:、

        /:.:.:.:.://:/:.:.:/l:.:.:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:l:.l:.:.:.:.:.:い:.:.:.:!
       /:.:.:.:.:‐十{‐-j {:.:.:.:.:.:.:./ }:.:.:.}:j:.:l:.:.:.:.}:.:i:.:.:.}     2023年04月の時点でもまだ17前後だと思われますので
       l:l:.:.l:.:.トl _‐┘l{:.:.:.:.:/⌒ト:.ノノ:.:}:.:.:.:.:.:.}:.:.:j

         {:{:.:.:i:.:.l〃r笊ミ   ̄ r- L/ノメj:.:.:.:.:.:.ハ::.:;
       い:.:乂l 弋;ソ      'う芯ミ< ノ:.:.:.:/:/:.:.:.j     現在Lv17のクロリンは実は既に追い抜いちゃっています
       ヾ }\{\ `` ,     弋炒 )シ:.:.:.:/}/:.:.:.:/
        /:.:.人           ``/:.:/ノ:.:.:.:./
        /:.:.:.:ノ:.\  、      彡イ:.:.:.:.:.:.:.l:.:.i     《フロントランナー》のトップ剣士と比べたら低く感じますが
      /  ̄ ̄ ̄ / `ト _    イ}ヽ:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.{
    /⌒ヽ     /  l \  / j l`ー-:.:.:.:l:.:.i
    /   ヽ   /   ll  ヽ/  /j  l    `ヾ、l     一般プレイヤー目線ではクロリンもかなり凄く見えるはず
    l     、 }/   l:l/^Y^ヽ /:j  l  }    Y
    l       ∨\__ l::l {⌒} /::/  l  !  / }
     !      }  / l>l }-{ /:::/r-‐┘ j /  /`、
   /:ト、  ゙、 l/  l::::l/  l/:::/ \   /   /l\\     そうは言っても早くレベルを上げたいのが人情というものです
-=彡/:.:l    `、l ∨  l::∧ /::::/   > /   /:.:l    \
   //:.:l     ヽ ∨ l:::::∨::::/  / /   /:.:.:.:i
   {{:.:.:i        } ∨ l\::i:::/  /  /  / /〉:.:}:.:l       ある程度纏まった日数飛ばしてその間の成果を計算すると
   ヾい:i       {  ∨l:::::::}:j / / /  /:.:.:ハ}
     \:l     l    ヽl:::::j:l / / /  /:..ノ/ ノ
       l     l     }::::l:{ イ/   //l/      そろそろスキルスロットが増えて5つになるLv20が見えてきますね
      ト       l    l:::::l::l /    /  ノ
      l∧    l   l::::::{:∨    /l

      l  ヽ   }   l::::::У    /人       現在はカタナ、索敵、戦闘時回復、所持容量拡張の4つです
      /l      l   l:::::/     / \}
     ノ l        !  人:/     /   \
      /  l      l    /     /\    \           5つ目のスキルスロットにどのスキルをセットするのか
    /  |       l    /     /メ `ーニ__ー--- 、
   /     !     l   /     ハ ̄//`ー-、三三ニー┴--
   ;     l     l   ;      i ハ/三/ ̄""'''ーニこ⌒`      そろそろ考えておいて頂けたら幸いです
   j     l     l  j     i  i /           ̄
   {     l     l  l     i   i7
   i     l     l  l       j    }


※今夜ものんびり楽しんでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


※って、よく考えたらLv20になるまでにスキルが関係する部分だけでもルール整備を終わらせないとだ……。

※《索敵》と《隠蔽》、《忍び足》と《聞き耳》。
及び明るい、暗い、足場が悪い等の環境表によるペナルティを緩和する《暗視》、《疾走》、
トラップのルールを整備するときにセットで整える《鍵開け》、《罠解除》は、
現在の曖昧な効果表記から具体的な効果へと変更されます。

※って書いてもルール見ないと必要かどうかの判断がつかないですよね……。

※がんばります。


       ,. -―-,)、
      /カゞ;' ;'´ ヾ`ヽ
    !i {ミl lレハリ゙ヾリ)

     川ト(トfノ Hヽ k|   それでは次でギルドタグの多数決を行わせていただきます
    ノ ソゞ∩''' ワ''∩!
   ((´   ヾ.j´怯!'iソ


>>247-248 >>250 3 (用意された選択肢から選んで頂きます)

http://www46.atwiki.jp/livinginsao?cmd=upload&act=open&pageid=95&file=001%E9%BB%92%E6%9C%A8%E7%87%90%E5%A4%AA%E9%83%8E_%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%BF%E3%82%B0.png



※ギルドタグの形をお選び下さい。


A:白地に十字の血盟騎士団風(アニメ版)

B:白地に赤十字の血盟騎士団風(原作記述版)

C:白地に水色の丸い環を立ち上げメンバーの人数で構成したもの。

D:白地にシンプルな水色の丸。

E:水色の地に夜明けの光輪。

F:水色の地に世界地図もどきのそのまま地球風。



※配色を変更しますか?


1:このままの配色でOK。

2:配色を変更する。(こちらが選択された場合は変更したい色の候補を範囲安価し多数決で決定)
  参考用:http://www.color-sample.com/


※ギルドタグの形と配色を同時にご選択下さい。(例:D2、E1など)


↓最初に3票入ったものが選択されます。

C1

C1


>>263 >>265-266 C1


※ご投票ありがとうございます。

※ギルドタグが以下の様に決定しました。


C:白地に水色の丸い環を立ち上げメンバーの人数で構成したもの。+1:このままの配色でOK。


       ,. -―-,)、
      /カゞ;' ;'´ ヾ`ヽ
    !i {ミl lレハリ゙ヾリ)

     川ト(トfノ Hヽ k|   他ギルドのプレイヤーから「円卓」とか呼ばれちゃうかも?(土曜アニメ的妄想)
    ノ ソゞ∩''' ワ''∩!
   ((´   ヾ.j´怯!'iソ



※それでは続きまして、とある人物についての判定をお願いしたいと思います。

※ちょっと重要になるかもしれないし、そうでもないかもしれない、でもちょっと重要な内容になっております。


※ギルド加入前と加入後の(外観の)変化は、カラー・カーソルにギルドタグが付くだけなのですが、
《攻略》に寄与する1トッププレイヤーとしてアスナさんに注目していたとある人物は、
“システムに詳しい”ので調べれば誰がギルドマスターなのかをすぐに確認する事ができます。
さて、アスナさんを自分のギルドに勧誘する気満々だったとある人物は――――?


000 恋人が(1~10)週間病に伏せる。
   (とある人物は1人で宿に閉じこもる事が多くなり、事態に気付くのが遅れます。とある人物のメンタルに影響します)

00 「君が以前、彼をそう評していたのを思い出してね。深く納得したよ」「折角来てくれたのだ、楽しんで貰わねばな」

   (アスナに選ばれていたのが切欠で身元と不正アクセスしたのがばれました。が、なんの処罰も無いまま過ごせます。
   何も起こる気配が無いので露呈したとは気づけません。とある人物の期待に応えると…………?)

0 「その方を勧誘したいと考えているのですが、ご意見を伺ってもよろしいですか?」「オレっちのブレインの1人でもあるネ」
  (フロアボス《攻略》が一段落ついたタイミングで新人の勧誘について相談されるイベントが発生します。
  勧誘に賛成するか、反対するかは多数決で選択。接触した場合、互いに◆Intelligence(知識力)判定)

123 「ゲームプレイヤーの意志と決断は尊重されるべきだ。演出は多少変えざるを得ないが、シナリオには全く問題無い」

456 「今の《攻略》ペースであれば時間的余裕はまだある。彼女のギルドがいつまで存続するか、暫く見守るのもよかろう」

789 「あの彼女がどのようなプレイヤーをギルドメンバーに選んだのか実に興味深い。少しばかり調べてみるとしよう」
   (接触した場合、互いに◆Intelligence(知識力)判定)

99 「いい機会だ。そろそろ不正ユーザーに対処しておくのもいいだろう」

   (実はというかやはりというか、気付いた上で判断を保留、放置していたという事になります。
   アスナに選ばれているのを見てそろそろ然るべき対処をする必要があると考えます。
   即Endingになる可能性が極僅かに含まれるコンマ判定を強いられるイベントが遠からず発生します)

999 「ここはゲームらしく、君に選択する機会を与えよう」
   (実はというかやはりというか、気付いた上で判断を保留、管理者権限で生活を全て監視されていたという事になります。
   周囲に多大な影響を与えアスナに選ばれるに至ったのを憂慮し、そろそろ然るべき対処をする必要があると考えます。
   即Endingになる可能性が僅かに含まれるコンマ判定や重要な選択(多数決)を強要されるイベントが遠からず発生します)

↓1


>>269 0

0 「その方を勧誘したいと考えているのですが、ご意見を伺ってもよろしいですか?」「オレっちのブレインの1人でもあるネ」
  (フロアボス《攻略》が一段落ついたタイミングで新人の勧誘について相談されるイベントが発生します。
  勧誘に賛成するか、反対するかは多数決で選択。接触した場合、互いに◆Intelligence(知識力)判定)


             . :_´:_:_:____ ̄  `  、
           /-- 、: : : : : : :     、 \
         ,:′_,rヘ \: : :\: : : : :   \  、
          //    ∨’。 、:\: : : :}    \}
         {   ,. ‐ァ ∨:, 、\: : : : :|  :.   |
        | | //_,. │.! ゞミ: --、: : : : : :  |                 多少計画とは異なるが
        | |' ィぅア  |: |  \{ ⌒ヽ: : : : :. |
           〉 \    |: | |    //: : : : : :..|
        /   `   |: | |     /: \: : : : {                     彼女がリーダーの方が
        \ `      |: | |    {  \_:_: :/タ> .,___________
         } ____   vハ!   } -‐…___ ̄ ̄ ---------- `ヽ
          ヽ‐ ´    Vハ / | 「〈`´〉::::::::::::::::::::::.       ‘,           より大きな効果を期待出来る
           ゝ'"    }:.:}´ /l |:〈ハ〉:::::::::::::::::::::::::.         ‘,
           {__,,... }:.:}イ rくl |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.         〉
            //::::{:.:{、.ト l |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...  /

           く. 〈:::::::::::`ヾ\、l |:::::::::::::::::::::::::,.  ⌒ヽ-――- 、`ヽ
                \;:::::::::::::{/i:i:iノ .′::::::::::::::::::´⌒ヽ  :,:::::::::::   | |:,
             __ヽ ::::::::{i//:::::::::://::::::::::/: : |  |:::::::::    | |.∧
           /:::::::::::::\rく/ ::::::::/ ::/::::::::::/:::::: |  |:::::::    | | ∧

             /:::::::::::::::::}ノ {::::::::::/:::::::/:::::::::::':::::::::::|  |:::::::    | |   ハ
            /ソ::::}::::::::::::/ /:::::/::::::::::/::::::/:::: /::::::|  |:::::    / ./   ∧
        /:::::::/:::::::::::/ /::::::::::::::::::::: /:::/:::::::::/::::::/   /::::    / ./    ∧


※ギルド参加希望者をすげなく追い返すも良し、加入させて新人いじめするも良し。

※ただし運が悪いとバレてヤバイ。(現時点ではお互いにお互いの正体はバレていません)

※ギルドメンバーでパーティーを組む場合はスキル構成上「メイン盾来た」状態なので有り難いといえば有り難いかもしれませんね。


・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚


※現在は2023年02月01日(水) PM 06:00です。

《フロントランナー》達が《迷宮区》のフロアボス部屋に到達、偵察し《攻略》開始するのは02月04日(土)昼ごろからです。


※02月04日(土)の午後に上記のイベントが発生するのが確定しました。


※常に最前線の1層下で最もレベルの高い獲物を狩る場合、
フロアボスが攻略されると、1層上の狩場に移動して獲物をよりレベルの高いmobに変えられる様になります。


※明日02日と明後日03日をどう過ごすか決めたいと思います。



2023年02月01日(水) PM 06:00

ギルド《Hall of World》の門出を祝う宴の後片付けはあっという間に終わってしまった。

片っ端からアイテムストレージウィンドウに入れるだけだからな。

名残惜しむ暇も風情も何もあったものでは無いが、便利で楽なのは間違いない。

ちなみにバケットに余ってしまっていた料理とドリンクは今夜の夜食と明日の朝食決定だ。

シングル部屋から持って来ていたテーブルを戻し終えたマサムネが早速とばかりに聞いてきた。

「『人気の無い場所で地味な経験値稼ぎ』って言っていたけど、もう狩場や敵は決まっているの?」

「いや、まだだ」

「そうなんだ」

「まあ、アルゴさんがフィールドボス攻略は既に終わっているって言っていたしね」

「うむ、よりレベルの高い敵を狩るのが最も効率がいいからな」

「《フロアボス》が無事に倒されたら狩場を1つ上に変えるチャンス、か」

「その層のフィールドで最もレベルの高い敵を狩るには《迷宮区》付近まで行かねばならんからな」

「順調でも片道2時間はかかるから、出来ればじっくり腰を据えて狩りたい所なのだが……」

「行ってたった1日狩りをしただけで狩場変更しに戻る事になるかもね」

「まあ、そうなったらなったで《攻略》が順調だったという事だから、喜ばしい事ではあるのだが」

さて、どうするかな。


           ヘ;ハ. 〈   i、_!ト                              2023年02月01日(水) PM 06:00
               "ヽ fヽ  .ハ!`       「さて、どうするかな」
              ヽ.,ー', / レ`
、           ,--<\¨´ |    ◇プレイヤーネーム:AteR(アーテル) ◆レベル Lv:17 ◆ギルド:

. \         ノ  ̄ ̄`ー┴ヽ__          , -‐-、_/!
  ヽ____  〈            ̄ニヽ      /      !,、  ,、 ◆所持金(コル):618,855
   \      >゙  __ \    f´  \ ___/      ノ´(_,'7,'/
     ー、  f ゝ ´ ̄`ー<゙┬、 〈`ヽ   トーァ,′   /i/ '´ ___/  ◆ヒットポイント HP:3275/3275  (Lv x150+筋力x5)
         |    /  / |:::::\__{ , 、 、\  ___./  \/    .◆経験値 EXP: 9817/34000  (nextEXP=Lv x2000)
         |  `´    ∧  |::::::::::::::| i:} iヽヽ、>/     __/ |     .◆Fatigue Points(疲労耐久値): 180/180
     ____/!        〉 /:::::::::::::∪:ト、!゙ゝ'イ   / ノ./
  / ̄              //.:::::::::::::::::::::|ヽ\____.イ   / A:ステと装備を確認する。    G:トモミのステと装備を確認する。
<              /:.\::::::::::::::::::::|ヽi !___,   /
  `ヽ              /、::::::::::::::::::::::::::::∧ ー-、__/     B:スキルを確認する。       H:トモミのスキルを確認する。
              / 〉::::::::::::::::::::::::::::::::∧
________/   〈::::::::::::::::∠_________〉          C:ストレージを確認する。     I:独立ストレージを確認する。
               >-<――┴┴ト!{

               {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{:;:;!i!;!_          D:フレンドリストを確認する。   J:トモミのフレンドリストを確認する。

                  ,':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/〉:;:;i!:;ト、
                  {:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;/:;/:l!;:;:;∨        E:クエスト一覧を確認する。    .K:トモミのクエスト一覧を確認する。
               〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;//:;:;:;:l!;:;:;:;∨
               |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∧:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∨       F:ギルドメンバーを確認する。   L:ギルド専用ストレージを確認する。

※アルファベットを選択すると各種ステータスや情報を確認できます。

※フレンドリストでフレンドの現在位置確認や、フレンドメッセージの送受信を行えます。

◆現在の最前線:010層


1: 「短期間しか狩れないだろうがまあ、ちょっとした旅行だと思えば問題ない」
  (明日の朝から9層フィールド《迷宮区》最寄の《圏内街》へ移動。Lv15のmobを獲物にスケジュール狩りを行う。
   トモミも連れて行くかどうか、トモミも一緒に狩りをするかどうか、mobを選んで狙うドロップ品等を選択。
   スケジュール狩りの内容を決定後、日数を02月04日(土)の午後まで飛ばして成果を計算するか、
   《圏内街》の名称を決めて実際に向かうか(《圏内街》でのイベントを楽しむか)を選択)

2:「短期間しか狩れないのは間違いないし、今日のうちに移動しておくか」
  (今から9層フィールド《迷宮区》最寄の《圏内街》へ移動。Lv15のmobを獲物にスケジュール狩りを行う。
   トモミも連れて行くかどうか、トモミも一緒に狩りをするかどうか、mobを選んで狙うドロップ品等を選択。
   スケジュール狩りの内容を決定後、日数を02月04日(土)の午後まで飛ばして成果を計算するか、
   《圏内街》の名称を決めて実際に向かうか(《圏内街》でのイベントを楽しむか)を選択)

3:「人気の無い地味な狩場を近場で探してスキル上げに専念してみるか」
  (活かさず殺さず殴り続ける事で1時間辺り360回分武器スキル熟練度獲得機会を得ます。
   レベルの低い敵を選べばトモミの盾スキルなどの防御系のスキルも比較的安全に上昇させる事が出来ます。
   トモミも連れて行くかどうか、トモミも一緒に狩りをするかどうか、など内容を決定後、
   日数を02月04日(土)の午後まで飛ばして成果を計算するか、
   拠点にする《圏内街》の名称を決めて実際に向かうか(《圏内街》でのイベントを楽しむか)を選択)

4:したい事、したい行動、なんでも自由にお書き下さいね。


↓3



イクセシブ・グレートアクスに変わる両手斧が出来るまで
毎日最後に一回だけ、スキル上限150でトモミに生産してもらう


>>278 1+イクセシブ・グレートアクスに変わる両手斧が出来るまで
         毎日最後に一回だけ、スキル上限150でトモミに生産してもらう


       /::::/::/::::::::::::/:::::::::::::::/ j:/ l:::::l::::::::::::::l::トl:::::::::::::::::::::::::l::i
      j:::::/:::j::::::::::::/::::::::::::::/ ∥  l::::l::::::::::::l::l::} i::::::::::::::::l:::::::l:::i
      !:::/::::l::::::::::::j::::::::::::::/_/_ !::::::::::::::::j::l::l !:::l:::::::::::l:::::::l:::i   トモミの《鍛冶》スキル熟練度は・鍛冶(198.5)ですので
     j:::/:::::l:::::::::::::{:::::::::/ ̄ /   ̄j::}::::::::::::::::ハ:!__i:::l::::::l::::l::::::::l:::l
     l::j:::::::l::::::::::::::l::::::/  /    ハl::::::::::::/l/ l  l::ハメl::::j::::::::}:::i
     l::l::::::::l:::::::::::::/l:/ _/ ー-、 / ノ:::::::::/ / ノ__ j/ l::::j:::ハ:::::::i::::}   問題なく上限150に設定して生産を行う事が出来ます

     l:l:::::::::l:::::::::::l::x彡斧犾(~\  ー-/   ,,..xzzxl:::::∥::::::::!l:::!
     j:l:::::{ l:::::::::::l::lヾ{::(;;;;ノ:ノ         斧犾こヾY/:::::::::::l !:!
     /l:!:::::ヽl:::::::l::::トl  ゞ;;;シ         {(;;;ノ/ ノ癶::::::::::::j l:l   2日終了後と3日終了後の合計2回、ではなく
    /:::l:::::::::::l:::::::l::::l \             `ミシ  /::::::::::::::::! ll
     j:::::i:::::::::λ:::::、:::ト、          "         / l::::::::::::::j !
    {::::::i::::::::::::V::::::::::l:\                  ノ l::::::::::::/ /   現在の物より優れた《品質値》かプロパティを備えた
     乂:::い:::::::::V:::::::::゙、} \   `   ノ     /} ノl:::::::::/ /
      \::::::::::::::\:::::ト\       "  _,,.. ‐''":::::ノ  ノイ://
      ζヽ::::::::ヽ:::\l{     ` ー 1くー-ニ二/〉_ j/     両手斧が出来上がるまで毎晩、という事ですよね
      乂 `⌒"// \       l \ー--- ̄`ヽ
 `ー=彡:::::::`~/ {{    \      ハ  ヽ        Y
  /::::::::::::::/  /{ !    \       Y  ゙、     ハ   了解です
 /:::::/::::::/  /  い     \     }癶  Y    l/ }
/::::::/:::/  /   ヽヽ      \  '"j l トj    l j


※ちなみにイクセシブ・グレートアクスの詳細アイテムステータスは以下の通りです。

────────────────────────────
◆作成日:2023年01月20日(金)8層攻略時点

所有者:Tomomi→Masamune(2023年01月27日(金)9層攻略時点)

《アイテム名》 イクセシブ・グレートアクス(Excessive Great Axe)
《種別》 両手斧   《射程》 1~2   《タイプ》 斬撃
《要求筋力値》 46  《強化値》    《残り試行回数》 25
《攻撃力ATK》 154  《攻撃速度SPD》 36  《命中力ACC》 105
《耐久値DUR》 347/347  《装備重量WEI》 46.44kg
《その他プロパティ》 敏捷力+9
《製作者》 made by Tomomi
────────────────────────────
(0129)



※では、宿題として《成果》を計算してくるのに必要な情報を選んで頂きたいと思います。


※まずは……


※9層フィールド《迷宮区》最寄の《圏内街》へ行く際に、トモミを一緒に連れて行きますか?

  (連れて行かない場合は戦闘に参加させる事は出来なくなります。《鍛冶》スキル上げは連れて行かなくとも可能です。
   連れて行かない場合は、アーテルとマサムネの2人旅になります)


1:連れて行く。

2:連れて行かない。


↓3

1


>>286 1 トモミを連れて行く。


──────────────────────────────────────────────────
明日2023年02月02日(木)の朝から9層フィールド《迷宮区》最寄の《圏内街》へ移動。Lv15のmobを獲物にスケジュール狩りを行う。
トモミも連れて行く。mobを選んで狙うドロップ品等を選択。
スケジュール狩りの内容を決定後、日数を02月04日(土)の午後まで飛ばして成果を計算するか、
《圏内街》の名称を決めて実際に向かうか(《圏内街》でのイベントを楽しむか)を選択。

+イクセシブ・グレートアクスに変わる両手斧が出来るまで毎日最後に一回だけ、スキル上限150でトモミに生産してもらう
──────────────────────────────────────────────────


◆Lv15のmobを獲物に狩りを行います。どういうmobを獲物として設定しますか?


   ※複数選択可能です。


A:討伐系クエストの対象モンスター。(クリア報酬としてボーナス経験値1800expが獲得出来ます。目撃される確率+50%)

B:納品系クエストのドロップ対象モンスター。(クリア報酬としてボーナス経験値1500expが獲得出来ます。目撃される確率+40%)

C:リポップ(再湧出)が早く戦闘回数を稼ぎやすいモンスター。(成果として討伐数+5/1h。目撃される確率+50%)

D:リポップ(再湧出)がかなり早く戦闘回数を稼ぎやすいモンスター。(成果として討伐数+10/1h。目撃される確率+60%)

E:大型モンスター。(《基準となる経験値》に+50%される。目撃される確率+70%)

F:有用なレアアイテムを落とすレアモンスターの抽選対象モンスター(出現率とアイテムをコンマ判定で決定。目撃される確率+40%)

G:《鍛冶》素材をドロップするモンスター。(コンマで決定した金属系素材アイテムを獲得出来ます。目撃される確率+10%)

H:《革細工》素材をドロップするモンスター。(ランク9皮素材アイテムを獲得できます。目撃される確率+20%)

I:攻撃力が高くソードスキルを使用してくるモンスター。
 (《回避力》や《防御力》が低い場合、アーテル以外が防御系スキルの上昇機会を得ようとすると討伐数減少。目撃される確率-20%)

J:攻撃力が極めて高くソードスキルを連発してくるモンスター。
 (《回避力》や《防御力》が高くない場合、アーテル以外が防御系スキルの上昇機会を得ようとすると討伐数減少。目撃される確率-30%)

K:ヒットポイントが多く堅いモンスター。(倒すのに要するターン数が嵩む場合、討伐数減少。目撃される確率-10%)

L:ヒットポイントが極めて多く著しく堅いモンスター。(倒すのに要するターン数が嵩む場合、討伐数減少。目撃される確率-20%)

M:厄介な特殊能力を所持するモンスター。
 (特殊能力の内容に応じて、目撃される確率-10%~-50%(アクティブリンクで-10%、危険な状態異常で-20%、致命的な状態異常で-50%))


 ※《戦闘時回復》スキルの熟練度が異常な値の為、他プレイヤーに戦闘を目撃された場合誤解される可能性が高いです。

 ※アルゴと以前『人前では戦わない』と約束を交わしています。


↓3

GI


>>290 GI

  G:《鍛冶》素材をドロップするモンスター。(コンマで決定した金属系素材アイテムを獲得出来ます。目撃される確率+10%)

  I:攻撃力が高くソードスキルを使用してくるモンスター。
   (《回避力》や《防御力》が低い場合、アーテル以外が防御系スキルの上昇機会を得ようとすると討伐数減少。目撃される確率-20%)

※ちょっと試験的に大型モンスターとか含めて各種条件をある程度自由に選択出来る様にしてみようと思ったのですが、
コンマ次第で決まる内容とか、敵が強くなる場合どの程度数値が上昇するかとか、
詳細をきちんと明記しないと選び難いですね。すいませんでした。

──────────────────────────────────────────────────
明日2023年02月02日(木)の朝から9層フィールド《迷宮区》最寄の《圏内街》へ移動。Lv15のmobを獲物にスケジュール狩りを行う。
トモミも連れて行く。《鍛冶》素材をドロップし、攻撃力が高くソードスキルを使用してくるmobを獲物として設定。
スケジュール狩りの内容を決定後、日数を02月04日(土)の午後まで飛ばして成果を計算するか、
《圏内街》の名称を決めて実際に向かうか(《圏内街》でのイベントを楽しむか)を選択。

+イクセシブ・グレートアクスに変わる両手斧が出来るまで毎日最後に一回だけ、スキル上限150でトモミに生産してもらう
──────────────────────────────────────────────────


「ちょっと教えて貰いたいのだが、いいか?」

「はい、なんでしょう」

「アイアンインゴットで《鍛冶》スキル熟練度は上昇するか?」

「いえ、上がらなくなってしまいましたね……」

「シルバーは?」

「シルバーでも上がらないみたいです」

「コバルトインゴットは?」

「上がらなかったかな……」

「アルミンインゴットはどうだ?」

「あ、それは熟練度上がりました」

「ふむ……すまんが上がらなかった覚えがあるものを全部教えてくれ」

「はい」



↓1 ※選択したモンスターが落とす金属系素材アイテムは?(一桁(0~9)コンマ判定)

 0 プランク・オブ・スチール (R18 耐久タイプ)

 123 プランク・オブ・ジルコ (R13 攻撃タイプ)

 456 プランク・オブ・ニッケル (R12 回避タイプ)

 789 プランク・オブ・アルミン (R10 軽量タイプ)


↓2 ※ドロップ率は?(一桁(0~9)コンマ判定)

 0 討伐数x200%

 123 討伐数x100%

 456 討伐数x50%

 789 討伐数x25%


↓3 ※オマケはある?(一桁(0~9)コンマ判定)

 0 ある。同じ種類のインゴットを討伐数x100%ドロップ。

 123 ある。同じ種類のインゴットを討伐数x50%ドロップ。

 456789 ない。

1


>>292 2 選択したモンスターが落とす金属系素材アイテムは? 123 プランク・オブ・ジルコ (R13 攻撃タイプ)

>>293 2 ドロップ率は? 123 討伐数x100%

>>294 6 オマケはある? 456789 ない。


──────────────────────────────────────────────────
明日2023年02月02日(木)の朝から9層フィールド《迷宮区》最寄の《圏内街》へ移動。
Lv15のmobを獲物にスケジュール狩りを行う。トモミも連れて行く。
mobは《鍛冶》素材《プランク・オブ・ジルコ(R13 攻撃タイプ)》を討伐数x100%の確率でドロップする。
攻撃力が高くソードスキルを使用してくるmobを獲物として設定。他プレイヤーに目撃される可能性0%。
スケジュール狩りの内容を決定後、日数を02月04日(土)の午後まで飛ばして成果を計算するか、
《圏内街》の名称を決めて実際に向かうか(《圏内街》でのイベントを楽しむか)を選択。

+イクセシブ・グレートアクスに変わる両手斧が出来るまで毎日最後に一回だけ、スキル上限150でトモミに生産してもらう
──────────────────────────────────────────────────


※どういうスケジュールで狩りを行いますか?

 (平均でコンマ5が出たとして処理する所を『トモミと以心伝心:-1』『マサムネとは慣れている:-1』の補正を加えて成果を計算)


1:トモミも含む3人で午前に2時間30分、午後に2時間30分狩りを行う。

   (2時間30分で討伐数300で150疲労。疲労回復するのに3時間10分(睡眠)or4時間10分(休息)必要。
    トモミが片手戦棍スキルの熟練度を得る事が出来る。狩り以外の行動を組み込む余裕有り)


2:トモミも含む3人で午前に2時間30分、午後に2時間30分、夜に2時間30分狩りを行う。

   (2時間30分で討伐数300で150疲労。疲労回復するのに3時間10分(睡眠)or4時間10分(休息)必要。
    トモミが片手戦棍スキルの熟練度を得る事が出来る。少しなら狩り以外の行動を組み込む余裕有り)


3:マサムネと2人で午前に3時間、午後に3時間狩りを行う。

   (3時間で討伐数330で165疲労。疲労回復するのに3時間30分(睡眠)or4時間40分(休息)必要。
    2人が狩っている間、トモミは《鍛冶》スキルの熟練度上げを行う。狩り以外の行動を組み込む余裕有り)


4:マサムネと2人で午前に3時間、午後に3時間、夜に3時間狩りを行う。

   (3時間で討伐数330で165疲労。疲労回復するのに3時間30分(睡眠)or4時間40分(休息)必要。
    2人が狩っている間、トモミは《鍛冶》スキルの熟練度上げを行う。
    狩りを行って食事をし、睡眠か休息で疲労を回復する以外の行動が取れない)


↓3


※この投稿は数えません。

※予め成果の計算を宿題として事前に行っておきたいですので>>295の選択肢を選んで頂けたら助かります。

※狩り以外の行動を組み込む余裕があるスケジュールが選ばれた場合は、
余った時間で何をするか(辞書を作る、問題集を作る、デートする、etcetc...)を自由安価でお願いする予定です。

※スケジュール決定後は、02月04日(土)の午後(フロアボス討伐後)まで飛ばして成果を計算し獲得するか、
《圏内街》の名称を決めて《圏内街》でのイベントを楽しむかの選択になります。

※10層フロアボス攻略の内容などについてのコンマ判定等も予定しています。

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。

2度目の書き込みになるから安価のカウント外で。
時間が3時を過ぎたら安価を短くした方がいいと思う。
みんな寝てるよねJK
時間帯によって人の多さは変わるから安価指定を短くしたり長くしたりは他のスレでもやってるしどうかな?

あれ、まだ安価生きてるっぽい
じゃあ2


                      /:::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /::::/:::/:::::::/:::::::::::::::::::\::::::::ヽ
                  /:::::/:::::/::/:::::/::::/:::::::::::::::l:::::::U::::::::::、   >>299
                 /:::::::::::::/:/:::::/:::l::j:l::::::::::::l:::l::::::::::i:::::i:::::、
              j::::U:::::/::;:::::/l::/l::l:l::::::::::::!l::!l:::::l::::l:::::i:::::i

              i:::::j:::::::l::::l:::l-{:{十l:l:::::::::::l }:l l:::::l::::l:::::i:::::i     ですよね、普通寝ておられますよね
              i:::lj::::::::l::「l::l l:l`{ ト{:::{:::::j Tl''ト::l::::l::::::l:::::l
              i:::l:::::::::ト::l トl _  トい:/'"j l::ノl::::l::::::l:::::}

                   i::j::::::::::l彡=ミ`    V --__ j/ l::::l::::::l:::::l     時間帯を見て調整してみようと思います
                l:j:::l:::八         '"~~㍉ j::/l:::l::!l:::j
                 j:l:::l:::::l::\       ''     //ノ::l::l }ノ
                 ノ::l:::l:::::l:人    _      //:::::l::l::j       ご助言ありがとうございました
                  //::l:::l:::::l::::::l\ `ー- "   イ/::::ノj::l::{
               //:::::ゞヽ::l::ィ代     -‐ 水"::::::::/:::从人
                 /:::::::::::::/ l  \  / } ト::::::::::::::l
            /::::>''"/  i  ハ /ハ l  ゙、 `<{        本当は早めに始めて早めに終われるのが
           -‐''"    /   l /\ V / 癶j  ヽ    ̄ ヽ
         /       /    l / `Y ̄ Y   l    }         l
         { ヽ     \   K   い_/   l  /     / l      色々な意味で理想的なのですけれど……
            l  `、     \ l∧  / ハ /:l 〈    l /  {
         ノ   ゙、 l    /  l:.∧/   ∨:.:l  ヽ    l /   ハ
         {    ゙、 l  /  l:.:.:∧    /:.:.l   Y  l/     }`、        いつも遅くなりがちですいません
        /l     ゙、l  {    l:.:.:.:.∧  /:.:.:.:l   l  /    /ノ::::\
       /:::l     i  ∨   ト:.:.:.:∧ /:.:.:.:.:l  l  j    / l::::::::::::\
     /:::::::::l  ゙、  l  V   l:.:\:.:..V.:./:.l  l  l    /  l::::::::トミ::`''ー--‐      出来るだけ早められるように
  ー-‐彡/:::::::::::l   `、  i   ∨  l:.:.:.:.:.\∨:.:.:.:l  l  l   /  lヽ:::::i   ̄
     /:::::::::::::::l    ヽ l   ∨ l:.:.:.:.:.:.:.l }:.:.:.:.:.l  l   l  /   { V::i
    /:::::::::::l:::::::l     \   V !:.:.:.:.:.:.:l l:.:.:.:.:.:l j   {/    }  i:::i         努めていきたいと思います
   /:::::/::/l::::::::l      ヽ  V l:.:.:.:.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:l !  /    /  /   i::}
   /::::/l:::l l:::::::l  \    i   ゙、!:.:.:ー--rr―:.:.l l  /  /  !   l::l
  /::::/ l:::l l:::::::l    ミ  l   j:.:.:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.!l  / /   lヽ  l:j
  /::::/ l:::l l:::::八      `ー、 j:.:.:.:.:.:.:イ「 ̄:.:.:.:l //     l::::ハ jノ       今夜ものんびりいきたいと思います
  j::::l  l:::l い::{ ヽ        }ノ:.:.:.:.:. ̄Tl:.:.:.:.:.:.:∨        ト::::::i/
  l::::l   !::l 、:::::i ト、       ∨:.:.:.:.:.:.:.:jl:.:.:.:.:.:.:./       j V:::}
  {::::l   い  \∨ハ        ∨:.:.:.:.:.:∥:.:.:.:.:.:/       /  }:::j      どうぞよろしくお願いいたします
  λ{   \   ソ  ゙、       ∨:.:.:.:/\:.:./      /l  ノノ
   \      /   ゙、       ∨:/:::::\/      / { /
         }     \      ∨::::::::::ノ      /   \


>>302 2

2:トモミも含む3人で午前に2時間30分、午後に2時間30分、夜に2時間30分狩りを行う。

   (2時間30分で討伐数300で150疲労。疲労回復するのに3時間10分(睡眠)or4時間10分(休息)必要。
    トモミが片手戦棍スキルの熟練度を得る事が出来る。少しなら狩り以外の行動を組み込む余裕有り)


──────────────────────────────────────────────────
明日2023年02月02日(木)の朝から9層フィールド《迷宮区》最寄の《圏内街》へ移動。
Lv15のmobを獲物にスケジュール狩りを行う。トモミも連れて行く。
mobは《鍛冶》素材《プランク・オブ・ジルコ(R13 攻撃タイプ)》を討伐数x100%の確率でドロップする。
攻撃力が高くソードスキルを使用してくるmobを獲物として設定。他プレイヤーに目撃される可能性0%。
トモミも含む3人で、2時間30分ずつ1日3回、午前午後夜と狩りを行う。
スケジュール狩りの内容を決定後、日数を02月04日(土)の午後まで飛ばして成果を計算するか、
《圏内街》の名称を決めて実際に向かうか(《圏内街》でのイベントを楽しむか)を選択。

+イクセシブ・グレートアクスに変わる両手斧が出来るまで毎日最後に一回だけ、スキル上限150でトモミに生産してもらう
──────────────────────────────────────────────────


※疲労を回復する手段として睡眠を選ぶか休息を選ぶかで変わりますが、
30分~2時間30分程『狩り(狩場への移動)』『疲労回復』『食事』以外の行動を予定に組み込む余裕があります。


※予定に組み込みたい行動がありましたらご自由にお書き下さい。(例:何かの作業、デート、など)
  特に無い場合はなしとお書き下さいね。その場合は体力を使わない範囲でのんびりいちゃこらしていた事になります。


↓3

アイテムって何持ってるかわからないのかな?
ポーション類はやっぱり揃えておきたい

アインクラッドで生活するなら覚えておきたい英単語帳とか作ってみたい


>>307 アインクラッドで生活するなら覚えておきたい英単語帳とか作ってみたい


※クロリンはゲーム初心者ですのでMMORPG独自の略語やスラングにはあまり強くない可能性があります。
学習能力や記憶力が凄いのでなんとかなってしまう可能性もありますね。
その辺りは最終的にコンマに聞く方向で処理したいと思います。

※今回検討した事で、今後英語やMMORPGに詳しいプレイヤーに対して相談するという選択肢を加えようと思います。


──────────────────────────────────────────────────
明日2023年02月02日(木)の朝から9層フィールド《迷宮区》最寄の《圏内街》へ移動。
Lv15のmobを獲物にスケジュール狩りを行う。トモミも連れて行く。
mobは《鍛冶》素材《プランク・オブ・ジルコ(R13 攻撃タイプ)》を討伐数x100%の確率でドロップする。
攻撃力が高くソードスキルを使用してくるmobを獲物として設定。他プレイヤーに目撃される可能性0%。
トモミも含む3人で、2時間30分ずつ1日3回、午前午後夜と狩りを行う。空き時間に実用英単語帳を検討。
日数を02月04日(土)の午後まで飛ばして成果を計算するか、
《圏内街》の名称を決めて実際に向かうか(《圏内街》でのイベントを楽しむか)を選択。

+イクセシブ・グレートアクスに変わる両手斧が出来るまで毎日最後に一回だけ、《品質値》上限150でトモミに生産してもらう
──────────────────────────────────────────────────



※処理方法をお選び下さい。


1:「その方を勧誘したいと考えているのですが、ご意見を伺ってもよろしいですか?」「オレっちのブレインの1人でもあるネ」

 時間を02月04日(土)の午後(フロアボス攻略後)まで飛ばす。
 上記スケジュールで02月02日(木)、02月03日(金)の計2日間狩りを行ったとして成果を計算、獲得する。
 また2回(2晩分)、補正を加えた後の最終的な《品質値》の上限150で両手斧作成を試みる。
 現在使用しているイクセシブ・グレートアクス(《品質値》129)より優れた両手斧が作成出来た時点で一旦終了。
 (条件:《品質値》130以上かより優れたプロパティの付いた両手斧)
 フロアボス攻略関連の判定後、アスナから新人の勧誘について相談されるイベントが発生。



2:「明日からの狩場と獲物を決めたぞ」「お疲れ様です」

 成果計算、獲得、生産は選択肢1:と同様に2日間分一括で処理するが、狩りの時間以外は飛ばさない。
 現在時刻(2023年02月01日(水) PM 06:00)から再開し、2月1日(水)夜の行動を決定、処理する。
 就寝、起床後9層フィールド《迷宮区》最寄の《圏内街》の名称と特徴を範囲自由安価で候補を決め、多数決で決定。
 移動時のイベント判定。『狩り(狩場への移動)』『疲労回復』『食事』以外に組み込んだ予定や行動を行うイベントを《観測》する。



3:その他《観測》したい事、処理方法などをご自由にお書き下さい。臨機応変に処理致します。


↓3

1


>>306

※現在の所持アイテムは>>13にあるとおりになっております。
《ベンダーズ・カーペット》も持ち込みますので>>14もですね。
さらに《ギルドメンバー専用アイテムストレージ》にギルマスさんが常備薬として回復アイテムを入れてくれてあります。

──────────────────────────────────────────────────
◆ギルドメンバー専用アイテムストレージ  ◇所持重量総計(kg):  /◆所持容量限界(kg):∞

解毒ポーションx60
解毒結晶x3
ポーション+2x50
回復結晶x2

──────────────────────────────────────────────────

ギルドメンバー専用アイテムストレージの常備薬に関するギルド内のお約束事はこんな感じです。

・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚

3.3 ただし常備回復薬を使用する場合には使用前のメッセージは不要。
    常備回復薬を使用した後、危機を脱したら種類と個数をメッセージで必ず報告する。
    どれだけ使用しても構わないので使用を躊躇ったりしないこと。

    ※常備回復薬を使用したら可能な限り使用した本人が補充する。
      《圏内》等すぐに回復薬を購入出来る場所におり、
     かつ所持金に余裕があるギルドメンバーに代わりに補充して貰った場合は、
     直接費用を支払うか、あるいは代わりに補充し返すこととする。

・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚


  I:攻撃力が高くソードスキルを使用してくるモンスター。
   (《回避力》や《防御力》が低い場合、アーテル以外が防御系スキルの上昇機会を得ようとすると討伐数減少。目撃される確率-20%)

──────────────────────────────────────────────────
Lv15* フォールン・エルフ・ゼーレット Fallen Elf Zealot *
  (不死類人型、中型、戦術、高攻撃力、両手剣・軽金属装備、両手剣SS使用、9層F)*
──────────────────────────────────────────────────

※攻撃力が高くソードスキルを使用してくるモンスターとして設定。

※レベル別敵戦闘力を参照しLv15のデータを元に《攻撃力》を増強、装備分として《命中力》《回避力》《防御力》を調整。

※フォールン・エルフ・ゼーレット Fallen Elf Zealot *は、
  設定されているスキル熟練度の値が110の為範囲攻撃ソードスキルを使用してこない。

※Lv13のトモミはフォールン・エルフ・ゼーレットによる急所狙いの両手剣SSを4回に1回しか避けられず、
  HPがほぼ半減、運が悪いとニアデス状態になるので、ターゲットを取るアーテルとマサムネの反対側から攻撃する。

※トモミはソードスキルを使用しない限り(回避を捨てて全力攻撃(《攻撃力》x2にして攻撃)しても)フォールン・エルフ・ゼーレットにダメージを与えられない。

※フォールン・エルフ・ゼーレットは回避を捨て《攻撃力》x2にするオプションの全力攻撃で、
  かつ単発系のソードスキルを放たない限りマサムネにダメージを与えられない。

※フォールン・エルフ・ゼーレットは回避を捨て《命中力》x2にするオプションの全力攻撃で、
  かつシステムアシストによる命中力補正の高い単発系のソードスキルを放ってもマサムネに攻撃を当てられない。
  (攻撃時に00を出すか、マサムネが99を出さない限り当てられない)

※フォールン・エルフ・ゼーレットはマサムネのあらゆる攻撃を避けられず、マサムネが1%の確率でミスするのを祈るしか無い。
攻撃を捨てて《回避力》x2にするオプションの全力防御を行ってもソードスキルは回避出来ない。

※マサムネの3連撃ソードスキルを喰らうと全力防御していないフォールン・エルフ・ゼーレットのHPは1/4以上吹っ飛ぶ。
マサムネが全力で3連撃ソードスキルを撃つと、全力防御していないフォールン・エルフ・ゼーレットのHPは2/3以上吹っ飛ぶ。
マサムネが弱点を狙って全力で3連撃ソードスキルを撃つと、全力防御していないフォールン・エルフ・ゼーレットのHP2400は1撃で消し飛ぶ。

※マサムネとの戦闘に比べればアーテルとの戦闘は一見比較的勝負になる様に見える。
が、フォールン・エルフ・ゼーレットは回避を捨て《攻撃力》x2にするオプションの全力攻撃でソードスキルを放ち、
アーテルの弱点に見事叩き込んでも、アーテルのHPはそのターンの終了時に全快する。
フォールン・エルフ・ゼーレットの全力攻撃がアーテルの回復量以上のダメージを与えられる可能性は僅か1%(攻撃時に00を出した場合)
しかもその次のターンにも確率1%以下を引けないとアーテルのHPはそのターン終了時に無慈悲にも容赦なく全快してしまう。

※シミュレーションした結果、酷いイジメが発覚しました。


※ここまで強さに差があるとどうにでも出来てしまいます。

※2時間30分(150分)で討伐数300ですので1匹辺り30秒(1ターン約10秒なので3ターン)以下で倒している計算になります。

※アーテルがフォールン・エルフ・ゼーレットを殴ってpull(釣る、攻性化)して2人の下へ運ぶ。
マサムネ、アーテルを追いかけて向かってきたゼーレットにソードスキル1本入れてターゲットを取る。
マサムネ以降行動順をトモミの直後に遅らせる(トモミが攻撃するのを確認してから殴る)トモミ攻撃を当てる事に専念。(1ターン終了)
アーテル、トモミ、行動順を遅らせているマサムネ、ゼーレットの順で攻撃。ゼーレットのターゲットはマサムネ。(2ターン終了)
アーテル次のゼーレットを釣りに行く。トモミが殴ったのを確認してマサムネが全力ソードスキルで消し飛ばす。(3ターン終了)
アーテルゼーレットを殴って連れて戻ってくる、マサムネ出迎えソードスキル1本~(繰り返し)

※一体倒す毎に、アーテルの《カタナ》スキルは2回、トモミの《片手戦棍》スキルは3回、マサムネの《両手斧》スキルは3回、
マサムネの《武器防御》スキル&《軽金属装備》は1回の熟練度獲得機会を得る。

・アーテルの《カタナ》スキル 0.01x2x1800=+36
・トモミの《片手戦棍》スキル&マサムネの《両手斧》スキル 0.01x3x1800=+54
・マサムネの《武器防御》スキル&《軽金属装備》 0.01x1x1800=+18

※1日辺り討伐数900で、《プランク・オブ・ジルコ(R13 攻撃タイプ)》が討伐数x100%の確率でドロップする為、
2日で《プランク・オブ・ジルコ(R13 攻撃タイプ)》x1800を得る。

※3人パーティーなのでマサムネは2日間で600個分の《所持容量拡張》スキル熟練度獲得機会を得る。
さらに《ベンダーズ・カーペット》と宿泊先の収納などを利用して一旦預けるなどしつつ、
アーテルとトモミのストレージに入った分のプランクも一度マサムネのストレージに入れると合計で1800個分の熟練度獲得機会を得る。
(1回の狩りでマサムネの鞄に20kg、アーテルとトモミの鞄に40kg。
混ざらないように20kgを一旦宿泊の収納などへ預け、2回に分けてマサムネに渡す)

・マサムネの《所持容量拡張》スキル 0.01x1800=+18

マサムネは素材を全てトモミに譲渡してくれるので、トモミ(とアーテル)は2日で《プランク・オブ・ジルコ(R13 攻撃タイプ)》x1800を得る。


>>312 1

──────────────────────────────────────────────────
明日2023年02月02日(木)の朝から9層フィールド《迷宮区》最寄の《圏内街》へ移動。
Lv15のmobを獲物にスケジュール狩りを行う。トモミも連れて行く。
mobは《鍛冶》素材《プランク・オブ・ジルコ(R13 攻撃タイプ)》を討伐数x100%の確率でドロップする。
攻撃力が高くソードスキルを使用してくるmobを獲物として設定。他プレイヤーに目撃される可能性0%。
トモミも含む3人で、2時間30分ずつ1日3回、午前午後夜と狩りを行う。空き時間に実用英単語帳を検討。

+イクセシブ・グレートアクスに変わる両手斧が出来るまで毎日最後に一回だけ、《品質値》上限150でトモミに生産してもらう
──────────────────────────────────────────────────
Lv13で40exp、Lv14で36exp、Lv15で33exp、Lv16で30exp、Lv17で26exp、Lv18で23exp、Lv19で20exp、Lv20で16exp獲得。
──────────────────────────────────────────────────

※1日目 獲得経験値 全討伐数900匹

 トモミ◆レベル Lv:13  ◆経験値 EXP: 4215/26000 (nextEXP=Lv x2000)

26000-4215=21785÷40exp=544.625 40exp x545=21800 ◆レベル Lv:13  ◆経験値 EXP: 4215→26015/26000 (nextEXP=Lv x2000)

残り討伐数900-545=355 ◆レベル Lv:14  ◆経験値 EXP: 15/28000 (nextEXP=Lv x2000)

355x36exp=12780 ◆レベル Lv:14  ◆経験値 EXP: 15→12795/28000 (nextEXP=Lv x2000)

※トモミLv13→Lv14 ステータスアップポイント+5


※2日目 獲得経験値 全討伐数900匹

 トモミ◆レベル Lv:14  ◆経験値 EXP: 12795/28000 (nextEXP=Lv x2000)

28000-12795=15205÷36exp=422.36... 36exp x423=15228 ◆レベル Lv:14  ◆経験値 EXP: 12795→28023/28000 (nextEXP=Lv x2000)

残り討伐数900-423=477 ◆レベル Lv:15  ◆経験値 EXP: 23/30000 (nextEXP=Lv x2000)

477x33exp=15741 ◆レベル Lv:15  ◆経験値 EXP: 23→15764/30000 (nextEXP=Lv x2000)

※トモミLv14→Lv15 ステータスアップポイント+5   2日間合計:Lv13→Lv15 ステータスアップポイント+10

──────────────────────────────────────────────────
◆レベル Lv:13→15up!  ◆経験値 EXP: 15764/30000 (nextEXP=Lv x2000)
◆ヒットポイント HP:2145/2145→2495up! (Lv x150+筋力x5)
◆筋力  STR:39→49up! (+0  )【= 39→49up! 】  《攻撃力》:62→72up! 《防御力》:116→126up! 《個人総合力》:583→603up!
◆敏捷力 AGI:10 (+41  )【= 51 】  《命中力》:187 《回避力》:盾(218) 武器防御(   ) 《避け》:(163)

◇装備

◆防御力総計:71 ◆回避力総計:104

◇所持重量総計(kg):17.023 (+98.058)【=115.081】/◆所持容量限界(kg):49→59up! (+161.3)【=210.3→220.3up!】 (筋力+10+所持容量拡張x0.5)
             ◇装備重量合計(kg):17.023/◆限界重量(kg):49→59up! (筋力+10+限界重量拡張x0.5)
──────────────────────────────────────────────────

・片手戦棍(087.31)→(141.31)up! ・盾(055.39) ・鍛冶(198.5) ・商談(030.7)

──────────────────────────────────────────────────
◆レベル Lv:15  ◆経験値 EXP: 15764/30000 (nextEXP=Lv x2000)
◆ヒットポイント HP:2495/2495 (Lv x150+筋力x5)
◆筋力  STR:49 (+0  )【= 49 】  《攻撃力》:72 《防御力》:126 《個人総合力》:603→657up!
◆敏捷力 AGI:10 (+41  )【= 51 】  《命中力》:187→241 《回避力》:盾(218) 武器防御(   ) 《避け》:(163)

◇装備

◆防御力総計:71 ◆回避力総計:104

◇所持重量総計(kg):17.023 (+98.058)【=115.081】/◆所持容量限界(kg):59 (+161.3)【=220.3】 (筋力+10+所持容量拡張x0.5)
             ◇装備重量合計(kg):17.023/◆限界重量(kg):59 (筋力+10+限界重量拡張x0.5)
──────────────────────────────────────────────────

※1つのポーションが生死を分つかもしれないと思うとストレージ容量が増える筋力にポイントを振りたくなってしまうようです。
ストレージ容量に余裕が出来たら多めに回復薬を所持する様にしてあげると喜びます。


※安価間違えた……>>311でした。すいません。

──────────────────────────────────────────────────
明日2023年02月02日(木)の朝から9層フィールド《迷宮区》最寄の《圏内街》へ移動。
Lv15のmobを獲物にスケジュール狩りを行う。トモミも連れて行く。
mobは《鍛冶》素材《プランク・オブ・ジルコ(R13 攻撃タイプ)》を討伐数x100%の確率でドロップする。
攻撃力が高くソードスキルを使用してくるmobを獲物として設定。他プレイヤーに目撃される可能性0%。
トモミも含む3人で、2時間30分ずつ1日3回、午前午後夜と狩りを行う。空き時間に実用英単語帳を検討。

+イクセシブ・グレートアクスに変わる両手斧が出来るまで毎日最後に一回だけ、《品質値》上限150でトモミに生産してもらう
──────────────────────────────────────────────────
──────────────────────────────────────────────────
Lv15のmobを3人で狩り。1匹毎の獲得経験値:
Lv13で40exp、Lv14で36exp、Lv15で33exp、Lv16で30exp、Lv17で26exp、Lv18で23exp、Lv19で20exp、Lv20で16exp
──────────────────────────────────────────────────

※1日目 獲得経験値 全討伐数900匹

 マサムネ◆レベル Lv:18  ◆経験値 EXP: 6650/36000  (nextEXP=Lv x2000)

900x23exp=20700 ◆レベル Lv:18  ◆経験値 EXP: 6650→27350/36000  (nextEXP=Lv x2000)


※2日目 獲得経験値 全討伐数900匹

 マサムネ◆レベル Lv:18  ◆経験値 EXP: 27350/36000  (nextEXP=Lv x2000)

36000-27350=8650÷23exp=376.08... 23exp x377=8671 ◆レベル Lv:18  ◆経験値 EXP: 27350→36021/36000  (nextEXP=Lv x2000)

残り討伐数900-377=523 ◆レベル Lv:19  ◆経験値 EXP: 21/38000  (nextEXP=Lv x2000)

523x20exp=10460 ◆レベル Lv:19  ◆経験値 EXP: 21→10481/38000  (nextEXP=Lv x2000)

※マサムネLv18→Lv19 ステータスアップポイント+6

──────────────────────────────────────────────────
◆レベル Lv:18→19up!  ◆経験値 EXP: 10481/38000  (nextEXP=Lv x2000)
◆ヒットポイント HP:3305/3305→3470up!  (Lv x150+筋力x5)
◆筋力  STR:59→62up! (+62  )【= 121→124up! 】  《攻撃力》: 283→286up! 《防御力》: 479→482up! 《個人総合力》:1943→1955up!
◆敏捷力 AGI:18→21up! (+56  )【= 74→77up! 】  《命中力》: 453→456up! 《回避力》 武器防御(728→731up!) 《避け》:(543→546up!)

◇装備

◆防御力総計:353 ◆回避力総計:457 ◇所持重量総計(kg):116.05/◆所持容量限界(kg):142.2→145.2up! (筋力+10+所持容量拡張x0.5)
.                         ◇装備重量合計(kg):112.55/◆限界重量(kg):131→134up! (筋力+10+限界重量拡張x0.5)
──────────────────────────────────────────────────

・両手斧(222.93)→(276.93)up! ・武器防御(185.22)→(203.22)up! ・軽金属装備(072.32)→(090.32)up! ・所持容量拡張(022.40)→(040.40)up!

──────────────────────────────────────────────────
◆レベル Lv:19  ◆経験値 EXP: 10481/38000  (nextEXP=Lv x2000)
◆ヒットポイント HP:3470/3470  (Lv x150+筋力x5)
◆筋力  STR:62 (+62  )【= 124 】  《攻撃力》: 286 《防御力》: 482 《個人総合力》:1955→2027up!
◆敏捷力 AGI:21 (+56  )【= 77 】  《命中力》: 456→510up! 《回避力》 武器防御(731→749up!) 《避け》:(546)

◇装備

◆防御力総計:353 ◆回避力総計:457 ◇所持重量総計(kg):116.05/◆所持容量限界(kg):145.2→154.2up! (筋力+10+所持容量拡張x0.5)
.                         ◇装備重量合計(kg):112.55/◆限界重量(kg):134 (筋力+10+限界重量拡張x0.5)
──────────────────────────────────────────────────

※簡易戦闘ルール上Lv39(32層のmobでもっとも高いレベルの値)のmobまで自動勝利出来る様になりました。


──────────────────────────────────────────────────
明日2023年02月02日(木)の朝から9層フィールド《迷宮区》最寄の《圏内街》へ移動。
Lv15のmobを獲物にスケジュール狩りを行う。トモミも連れて行く。
mobは《鍛冶》素材《プランク・オブ・ジルコ(R13 攻撃タイプ)》を討伐数x100%の確率でドロップする。
攻撃力が高くソードスキルを使用してくるmobを獲物として設定。他プレイヤーに目撃される可能性0%。
トモミも含む3人で、2時間30分ずつ1日3回、午前午後夜と狩りを行う。空き時間に実用英単語帳を検討。

+イクセシブ・グレートアクスに変わる両手斧が出来るまで毎日最後に一回だけ、《品質値》上限150でトモミに生産してもらう
──────────────────────────────────────────────────
──────────────────────────────────────────────────
Lv15のmobを3人で狩り。1匹毎の獲得経験値:
Lv13で40exp、Lv14で36exp、Lv15で33exp、Lv16で30exp、Lv17で26exp、Lv18で23exp、Lv19で20exp、Lv20で16exp
──────────────────────────────────────────────────

※1日目 獲得経験値 全討伐数900匹

 アーテル◆レベル Lv:17  ◆経験値 EXP: 9817/34000  (nextEXP=Lv x2000)

900x26exp=23400 ◆レベル Lv:17  ◆経験値 EXP: 9817→33217/34000  (nextEXP=Lv x2000)


※2日目 獲得経験値 全討伐数900匹

 アーテル◆レベル Lv:17  ◆経験値 EXP: 33217/34000  (nextEXP=Lv x2000)

34000-33217=783÷26exp=30.11... 26exp x31=806 ◆レベル Lv:17  ◆経験値 EXP: 33217→34023/34000  (nextEXP=Lv x2000)

残り討伐数900-869 ◆レベル Lv:18  ◆経験値 EXP: 23/36000  (nextEXP=Lv x2000)

869x23exp=19987 ◆レベル Lv:18  ◆経験値 EXP: 23→20010/36000  (nextEXP=Lv x2000)

※アーテルLv17→Lv18 ステータスアップポイント+6



※現在のステータスは以下の通りです。
──────────────────────────────────────────────────
◆レベル Lv:17→Lv18up!  ◆経験値 EXP: 20010/36000  (nextEXP=Lv x2000)
◆ヒットポイント HP:3275/3275  (Lv x150+筋力x5)
◆筋力  STR:37 (+108 )【= 145 】  《攻撃力》: 331 《防御力》: 234 《個人総合力》:1238
◆敏捷力 AGI:34 (+95 )【= 129】  《命中力》: 400 《回避力》:盾(-) 武器防御(-) 《避け》:(273)

◇装備

◆防御力総計:84 ◆回避力総計:128

◇所持重量総計(kg):98.058 (+17.023)【=115.081】/◆所持容量限界(kg):161.3 (+59)【=220.3】 (筋力+10+所持容量拡張x0.5)
             ◇装備重量合計(kg):90.558/◆限界重量(kg):155 (筋力+10+限界重量拡張x0.5)
──────────────────────────────────────────────────


※ステータスアップポイント+6を、筋力と敏捷力に自由に割り振って下さい。


↓3

筋力全振り


>>320 筋力全振り

※ステータスアップポイント+6を全て筋力に振ります。

──────────────────────────────────────────────────
◆レベル Lv:17→Lv18up!  ◆経験値 EXP: 20010/36000  (nextEXP=Lv x2000)
◆ヒットポイント HP:3275/3275→3455up!  (Lv x150+筋力x5)
◆筋力  STR:37→43up! (+108 )【= 145→151up! 】  《攻撃力》: 331→337up! 《防御力》: 234→240up! 《個人総合力》:1238→1250up!
◆敏捷力 AGI:34 (+95 )【= 129】  《命中力》: 400 《回避力》:盾(-) 武器防御(-) 《避け》:(273)

◇装備

◆防御力総計:84 ◆回避力総計:128

◇所持重量総計(kg):98.058 (+17.023)【=115.081】/◆所持容量限界(kg):161.3→167.3up! (+59)【=220.3→226.3up!】 (筋力+10+所持容量拡張x0.5)
             ◇装備重量合計(kg):90.558/◆限界重量(kg):155→161up! (筋力+10+限界重量拡張x0.5)
──────────────────────────────────────────────────

   ※02月01日(水)→02月02日(木)
    17h10m 17x6=102+1=103 103x0.1=10.3 *habit bonus (+2.0/1day) =12.3 ・索敵*(212.7)→(225.0)

   ※02月02日(木)→02月03日(金)
    17h00m 17x6=102 102x0.1=10.2 *habit bonus (+2.0/1day) =12.2 ・索敵*(225.0)→(237.2)

   ※02月03日(金)→02月04日(土)
    17h00m 17x6=102 102x0.1=10.2 *habit bonus (+2.0/1day) =12.2 ・索敵*(237.2)→(249.4)


・カタナ(018.40)→(054.40)up!・索敵*(212.7)→(249.4)up!・戦闘時回復(1000)・所持容量拡張(012.60)→(030.60)up!

──────────────────────────────────────────────────
◆レベル Lv:Lv18  ◆経験値 EXP: 20010/36000  (nextEXP=Lv x2000)
◆ヒットポイント HP:3455/3455  (Lv x150+筋力x5)
◆筋力  STR:43 (+108 )【= 151 】  《攻撃力》: 337 《防御力》: 240 《個人総合力》:1250→1286up!
◆敏捷力 AGI:34 (+95 )【= 129】  《命中力》: 400→436up! 《回避力》:盾(-) 武器防御(-) 《避け》:(273)

◇装備

◆防御力総計:84 ◆回避力総計:128

◇所持重量総計(kg):98.058 (+17.023)【=115.081】/◆所持容量限界(kg):167.3→176.3up! (+59)【=226.3→235.3up!】 (筋力+10+所持容量拡張x0.5)
             ◇装備重量合計(kg):90.558/◆限界重量(kg):161 (筋力+10+限界重量拡張x0.5)
──────────────────────────────────────────────────

※紛らわしいですので日付を跨ぐときに処理される索敵スキル熟練度もここで処理しました。

※2連撃ソードスキルが使えるようになって火力が増しました。

※簡易戦闘ルール上Lv26(20層のmobでもっとも高いレベルの値)のmobまで自動勝利出来る様になりました。

※そろそろ武器と盾を持った状態の嫁もお姫様抱っこ出来るかも……?


※忘れてた。

((敵Lv15×5)+25)÷戦闘参加人数3人=1人頭、敵1体につき33コル

33コル×1800=1人59,400コル

9層NPC革職人への《修理》依頼料……アーテルもトモミも被弾していないのでゼロ。

飲食代 1食20コルとして計算。20x9=180

宿泊費 2晩分 1晩:1人90コルとして計算。(アーテルとトモミは2人部屋で180として計算)



マサムネの◆所持金(コル):623,786→683,186-180-180  =682,826

アーテルとトモミの◆所持金(コル):618,855→737,655-360-360  =736,935


※アーテルとトモミは2日で《プランク・オブ・ジルコ(R13 攻撃タイプ)》x1800を得ました。
                     →《ベンダーズ・カーペット》のアイテム欄(ストレージ)に収納します。

 ※ちなみに1800個全てインゴット化するとジルコ・インゴットx180になります。
180回インゴット化するだけでトモミの《鍛冶》スキル熟練度が・鍛冶(198.5)→(216.5)になります。



※ところで2日間の空いた時間で実用英単語帳はどうなったのでしょう……?一桁(0~9)コンマ判定。


0 何故か普通の英和辞書になってしまった。語彙に偏りがあるからもう1~2人英語に詳しい人物に手伝って貰えば辞書の原稿出来るよ。

123 ゲーム初心者には無理?天才の学習能力舐めんな。既に完成した。《鼠の知育会》に持ち込めば即委託出来るレベル。

456 粗方纏め終えた。が、一応MMORPGに詳しそうなアルゴやキリト、マサムネ辺りにチェックを頼んだほうがいいかもしれない。

789 ネットスラングは大体解るがMMORPGの文化由来の用語や作法はよく解らんのだが……。


↓1

せい


>>323 2

※ゲーム初心者には無理?天才の学習能力舐めんな。既に完成した。《鼠の知育会》に持ち込めば即委託出来るレベル。

※《鼠の知育会》スタッフ達が過労で倒れそうな生産力です。

※《鼠の知育会》事務所に向かって依頼する事で委託可能になります。
チェック入れて編集し、オブジェクト化出来る本にして各層《主街区》のNPCショップに委託するのに半日かかります。


・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚

──────────────────────────────────────────────────
+イクセシブ・グレートアクスに変わる両手斧が出来るまで毎日最後に一回だけ、《品質値》上限150でトモミに生産してもらう
──────────────────────────────────────────────────


※トモミさんの両手斧チャレンジ!(2晩分)


                      -‐/`ヽ‐-ミ
             /`ヽ/  . :/   .:   ⌒¨ヽ
               /   '   . :i  . :i {   .:  :.
           / . .:i    . : }   . :} j   :∧:.i }
             /  . :{     . : }  . .;仏 :/\jハj
          /  . :イ   . : ; . :/ /〉 .:{ ≫{_
        ー=彡' . :/ }  . . .:/ . :/ .:トレ个'"" j     が、がんばります……!
         ー=彡'  _ノ . . : : / . :/ . .:{ | :| /´¨
             ム从人{ . :{从ハ{ {.:l 〈_
                ///   {ハ {//∠ニニヾ
            ///    V〃二ニニニニi

           /〃       { {{二ニニニニニ|
         ∠二二二二二二」ニニiニニニニ|
           /_仁二二二二ニニ|ニニニニ|

              /ニ|ニニニニニニニニニニ|ニニニニ|
          /=ニ|ニニニニニニニニニニ|ニニニニ|
            /ニ二|二二ニニニニニニ/|ニニニニ|


※折角なので《ベンダーズ・カーペット》の中に仕舞いっぱなしの
『生産に使用すると熟練度の上がるランクのインゴットx2』を使用しましょう。



※生産に使用すると熟練度の上がるランクのインゴットx2は、何インゴット?(好きなインゴットをお選び下さい)

   ※条件を満たすのはランク10以上のインゴットです。
   ※防具向けのタイプを持つ素材は省きました。
   ※素材による補正後の最終的な《品質値》上限はランク10のアルミンインゴットでも300ありますので、
    補正後の最終的な《品質値》上限を150に設定して製作する今回はどれを選んでも大丈夫です。


1:アルミンインゴット(ランク10 軽量タイプ)

2:ジルコインゴット(ランク13 攻撃タイプ)

3:マンガンインゴット(ランク14 速度タイプ)

4:アルゲンティウムインゴット(ランク15 攻撃タイプ)

5:ステンレスインゴット(ランク20 命中タイプ)


↓3


>>328 4:アルゲンティウムインゴット(ランク15 攻撃タイプ)

────────────────────────────────
《両手斧》を補正後の最終的な《品質値》上限を150で製作します。
4:アルゲンティウムインゴット(ランク15 攻撃タイプ)――武器の最終的な攻撃力の値に+5%
トモミの生産スキルは・鍛冶(198.5)です。
トモミ→マサムネの《友好度》は57です。
────────────────────────────────


※製作方針はどのプロパティを重視しますか?


A:「攻撃力重視」――武器の最終的な攻撃力の値に+5%

B:「速さ重視」――武器の最終的な攻撃速度の値に+5%

C:「命中重視」――武器の最終的な命中力の値に+5%

D:「耐久重視」―――装備の最終的な耐久の値と重量に+5%

E:「軽さ重視」――装備の最終的な重量と耐久に-5%


↓3

A


>>332 A:「攻撃力重視」――武器の最終的な攻撃力の値に+5%


※参考用詳細データ。
────────────────────────────
◆作成日:2023年01月20日(金)8層攻略時点

所有者:Tomomi→Masamune(2023年01月27日(金)9層攻略時点)

《アイテム名》 イクセシブ・グレートアクス(Excessive Great Axe)
《種別》 両手斧   《射程》 1~2   《タイプ》 斬撃
《要求筋力値》 46  《強化値》    《残り試行回数》 25
《攻撃力ATK》 154  《攻撃速度SPD》 36  《命中力ACC》 105
《耐久値DUR》 347/347  《装備重量WEI》 46.44kg
《その他プロパティ》 敏捷力+9
《製作者》 made by Tomomi
────────────────────────────
(0129)



────────────────────────────────
《両手斧》を補正後の最終的な《品質値》上限を150で製作します。
4:アルゲンティウムインゴット(ランク15 攻撃タイプ)――武器の最終的な攻撃力の値に+5%
A:「攻撃力重視」――武器の最終的な攻撃力の値に+5%
トモミの生産スキルは・鍛冶(198.5)です。
トモミ→マサムネの《友好度》は57です。
────────────────────────────────


※1晩目でイクセシブ・グレートアクスより優れた《品質値》orプロパティになった場合、
2晩目は行わなかった事になり、余ったアルゲンティウムインゴットx1は保管されます。



※1晩目

 ↓1 《品質値》を求めます。198を《目標値》にした二桁(00~99)コンマ判定。

 ↓2 《品質値》ランダム補正表を使用します。二桁(00~99)コンマ判定。

 ↓3 《強化試行回数》を決定します。一桁(1~10)コンマ判定。



※2晩目

 ↓4 《品質値》を求めます。198を《目標値》にした二桁(00~99)コンマ判定。

 ↓5 《品質値》ランダム補正表を使用します。二桁(00~99)コンマ判定。

 ↓6 《強化試行回数》を決定します。一桁(1~10)コンマ判定。

A

1

ほい


────────────────────────────────
《両手斧》を補正後の最終的な《品質値》上限を150で製作します。
4:アルゲンティウムインゴット(ランク15 攻撃タイプ)――武器の最終的な攻撃力の値に+5%
A:「攻撃力重視」――武器の最終的な攻撃力の値に+5%
トモミの生産スキルは・鍛冶(198.5)です。
トモミ→マサムネの《友好度》は57です。
────────────────────────────────

※1晩目でイクセシブ・グレートアクスより優れた《品質値》orプロパティになった場合、
2晩目は行わなかった事になり、余ったアルゲンティウムインゴットx1は保管されます。

──────────────────────────────────────────────────

◆1晩目

※《品質値》を求めます。198を《目標値》にした二桁(00~99)コンマ判定。

>>334 33  《目標値》198-33=165  165+素材ランク15+《友好度》57=《目標値》237

※《品質値》ランダム補正表を使用します。二桁(00~99)コンマ判定。

>>335 46  45~49 0% +追加プロパティ  《目標値》237+0% 補正後の最終的な《品質値》上限を150で製作。

※《強化試行回数》を決定します。一桁(1~10)コンマ判定。

>>336 4  (素材ランク15+《友好度》57)÷2+4=40

──────────────────────────────────────────────────

◆2晩目

※《品質値》を求めます。198を《目標値》にした二桁(00~99)コンマ判定。

>>337 36  《目標値》198-36=162  162+素材ランク15+《友好度》57=《目標値》234

※《品質値》ランダム補正表を使用します。二桁(00~99)コンマ判定。

>>338 28  25~29 +20% +追加プロパティ  《目標値》234+20%=280.8 《目標値》280 補正後の最終的な《品質値》上限を150で製作。

※《強化試行回数》を決定します。一桁(1~10)コンマ判定。

>>339 1  (素材ランク15+《友好度》57)÷2+1=37

──────────────────────────────────────────────────

※どちらも基本性能は《品質値》150で同じになったので……先に追加プロパティを見て見ましょうか。

◆1晩目

◇使用素材(心材)のランク+《友好度》が51~100
| 0 筋力+(1~10)x4+10  敏捷力+(1~10)x4+10  特殊プロパティ
| 1~4 筋力+(1~10)x3+5  敏捷力+(1~10)x3+5
| 5~8 筋力+(1~10)+10  敏捷力+(1~10)+10
└ 9 筋力+(1~10)+5  敏捷力+(1~10)+5


↓1 付加される追加プロパティの計算式

↓2 付加される筋力の度合い

↓3 付加される敏捷力の度合い


◆2晩目

◇使用素材(心材)のランク+《友好度》が51~100
| 0 筋力+(1~10)x4+10  敏捷力+(1~10)x4+10  特殊プロパティ
| 1~4 筋力+(1~10)x3+5  敏捷力+(1~10)x3+5
| 5~8 筋力+(1~10)+10  敏捷力+(1~10)+10
└ 9 筋力+(1~10)+5  敏捷力+(1~10)+5


↓4 付加される追加プロパティの計算式

↓5 付加される筋力の度合い

↓6 付加される敏捷力の度合い

うい

1

はい

────────────────────────────────
《両手斧》を補正後の最終的な《品質値》上限を150で製作します。
4:アルゲンティウムインゴット(ランク15 攻撃タイプ)――武器の最終的な攻撃力の値に+5%
A:「攻撃力重視」――武器の最終的な攻撃力の値に+5%
トモミの生産スキルは・鍛冶(198.5)です。
トモミ→マサムネの《友好度》は57です。
────────────────────────────────

※1晩目でイクセシブ・グレートアクスより優れた《品質値》orプロパティになった場合、
2晩目は行わなかった事になり、余ったアルゲンティウムインゴットx1は保管されます。

◆1晩目

◇使用素材(心材)のランク+《友好度》が51~100
| 0 筋力+(1~10)x4+10  敏捷力+(1~10)x4+10  特殊プロパティ
| 1~4 筋力+(1~10)x3+5  敏捷力+(1~10)x3+5
| 5~8 筋力+(1~10)+10  敏捷力+(1~10)+10
└ 9 筋力+(1~10)+5  敏捷力+(1~10)+5

>>344 5  5~8 筋力+(1~10)+10  敏捷力+(1~10)+10

>>345 4  筋力+4+10=筋力+14

>>346 9  敏捷力+9+10=敏捷力+19


◆2晩目

◇使用素材(心材)のランク+《友好度》が51~100
| 0 筋力+(1~10)x4+10  敏捷力+(1~10)x4+10  特殊プロパティ
| 1~4 筋力+(1~10)x3+5  敏捷力+(1~10)x3+5
| 5~8 筋力+(1~10)+10  敏捷力+(1~10)+10
└ 9 筋力+(1~10)+5  敏捷力+(1~10)+5

>>347 5  5~8 筋力+(1~10)+10  敏捷力+(1~10)+10

>>348 5  筋力+5+10=筋力+15

>>349 0 10  敏捷力+10+10=敏捷力+20


              ___
       / ̄ >'"       ̄``ヽ、_

       / /                     ̄ヽ
      /       /               l
      /      xミ、 イ          ヽ /    l    ※トモミさんチャンス
      ∥  / //⌒⌒l l  } l  }   ∨ /   |
     ∥ / j 斗/‐   jノl‐十- 、/   l l /   |
     { { { { /x=ミ、 ノ l 云zx/l /  j {/   |l     01234 1つだけ余っていたインゴットで寝る前にもう一度頑張ってみたらしい
     /l/l ト l l《 f(沁  ノ" ん心Y /ノ\l     !|
    / 人 lハ 弋タ    弋_少ノ // }Χ / l j
    { /l .l  λ:::.  '    :::::/イ /_ノ/  / l j      56789 残念、2晩目の両手斧は生まれてくることが出来なかった
    l/ l  l/l l人   、 __     / / / / ∥ /j/
    { l l トl />、   _,,.ィ/ メ / /l  ! / /
      人{  Y:::::::::::.....:フヽ //> l/ { { /       ↓1 一桁(0~9)コンマ判定
        /::j::::::::::::::/  / /::::::::...\ l
        {:::{:::::::::::/   -‐/::::::::::::::::::::...ヽl
          l::l::::::./⌒\/::::::::::::::...>-‐-ミ}
        ノ::l::::/:::::::/::::::::::::::::/:::::::::::::::...Y
      /::::ハ/::/::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::!

       /::::::::::rl/-―-‐''"::::::::::/::::::::::::::::::::::::l
     ,::::://j }::::::::::::::::::::::::::::j:::::::::::::::::::::::::::}
     {::::{ /l l l:::::::::::::::::::::::ヾl::::::::::::::::::::::::::/

1


>>351 7 残念、2晩目の両手斧は生まれてくることが出来なかった

《残り試行回数》 40
筋力+14 敏捷力+19


※補正後の最終的な《品質値》上限150に《両手斧》のプロパティバランスの補正を加えます。

攻撃力120% 180 「攻撃力重視」&「攻撃タイプ」――武器の最終的な攻撃力の値に+10% → 198

攻撃速度28% 42

命中力82% 123

耐久値125%+255 442.5 442

装備重量40% 60kg


────────────────────────────
◆作成日:2023年02月02日(木)10層攻略時点

所有者:Masamune

《アイテム名》 ???・???
《種別》 両手斧   《射程》 1~2   《タイプ》 斬撃
《要求筋力値》 60  《強化値》    《残り試行回数》 40
《攻撃力ATK》 198  《攻撃速度SPD》 42  《命中力ACC》 123
《耐久値DUR》 442/442  《装備重量WEI》 60kg
《その他プロパティ》 筋力+14 敏捷力+19
《製作者》 made by Tomomi
────────────────────────────
(0150)


>>333のイクセシブ・グレートアクスと比べるまでもありません。
※ついにねんがんのきんりょくぼーなすぶきをてにいれたぞ!


※装備名称の決定方法を選択します。

※SAO的なお約束として、名称は英語(神聖語)である必要があります。


1:システム>>1に委ねる。

2:自由安価で決める。和英辞典便利。
http://www46.atwiki.jp/livinginsao/pages/51.html

↓2

1


>>355 1:システム>>1に委ねる。

※ありがとうございます。名称候補を考えるのと装備更新(余裕で装備可能です)は次回までの宿題とさせて頂こうと思います。

※もう忘れ物は無いかな……?2023年02月04日(土)の午後(フロアボス攻略後)に飛ぶ前に少し判定をお願いしますね。



※アスナはキリトと10層フロアボスの偵察部隊に参加志願した様です。一桁(0~9)コンマ判定。

(コンマの値に対する補正:キバオウの心証が良い-1、リンドの心証がとても良い-2 計-3)


0 合同偵察部隊全体の指揮を任せたい言う話になったんやけど、頼んでもええやろか。(アスナさんが『次にセットするスキルは《指揮》にしよう』と決めたようです)

12 さよけ。ほな、1パーティあんさんらに任せるわ。(アスナさんが『次にセットするスキルは《指揮》にしよう』と決めたようです)

345 そない参加したい言うなら混ぜてやらん事も無いわ。隅っこで大人しくしとれよ。

6789 偵察に加わりたい?戦力は足りとる。大体ギルド言うても2人やんけ、黙って待っとれ。


↓1


>>357 1  1-3=0 合同偵察部隊全体の指揮を任せたい言う話になったんやけど、頼んでもええやろか。

※アスナさんが『次にセットするスキルは《指揮》にしよう』と決めたようです。


※わお。

※その他一般の《フロントランナー》達も大変好意的(>>244)ですので、
アスナさんが合同偵察部隊のレイドリーダーに抜擢されて偵察部隊の士気が上がった様です。

※キリトとアスナは2人合わせて約400kgの回復アイテムを持ち込み、提供する事が出来ます。

※数回の偵察でパターンの切り替わりまで情報を得、
フロアボス扉外で待機していたアルゴがその場で情報を纏めて《圏内街》へ戻って即情報公開しました。

※キバオウとリンドが好意的なのでフロアボス討伐レイドにも問題なく参加する事が出来ます。

※判定するまでもなく10層フロアボスは無事に攻略されました。



※ところで10層フロアボスのLAはどなたが持って行ったのでしょう。


01 LA取りすぎ伝説。

23 うちのギルマス。

456 戦闘レイド側でしたがパーティーローテーションのタイミングが悪く控え中に倒されました。
   追加コンマ判定、0:その他プレイヤー、1234:DKB《ドラゴンナイツ・ブリゲード》、5678:ALS《アインクラッド解放隊》、9:なんとかさん

789 レイド切り替えの都合で所属レイドが待機中のタイミングで倒されました。
   追加コンマ判定、0:その他プレイヤー、1234:DKB《ドラゴンナイツ・ブリゲード》、5678:ALS《アインクラッド解放隊》、9:なんとかさん


↓1

1


>>359 3

※自力で取ったLAと恋人が装備出来ないフロアボスレアドロップアイテムの影響で鬼強いうちのギルマスがやった様です。


       /    /   //⌒ヾ彡Y       |\   :,
        /      ′   //     |l |     │、\_}
.       /  /  ,|     .′    _,,..|l ∧. !     |: :ヽ ゚,...ト、
      /   j  ./ |   /| | ,.  '" ,ノリ } |    |:_:_:} j :}:| `ヽ
    /} j  | /__ ゚, ./ ..| ´r―,.-=云ミt| |    |  / :ノ」   }
    .′|  | {  `リ  }.|  ,/ _ノ爪l} /| /     .|ヽ´⌒´゙l     }
    | |│ l {イ汽ミ  リ    、込少'′/ /  │ }   | }   ′
    |/   乂} いrタ          /ィ/     | .′   :|: :{/:/
      \{、ム   「           / |     .j/ {  |: :{リ
         \}             |    /: :  {  |: :{
         | :ハ       ノ     1   ': : :     ∨
         | :' 八   `  ´        ;    ハ: : : : .    ‘。
         l/: : : :\       ,  ´ ′ /:i:i}: : :,  ---- 、
          ′: : :j: : :丶 _,. ィ     ,,./  /´ ̄{:/        ヽ
        /: : : : 八: : : : : : : : 〉r<:i:/  /   /           ,
         /: : : : /___゚。_:_:_:_ ィ⌒ヾ「 /  / /               ′
.        /: : : : /´       //  jl{/  /  {                ,
       /: : : : /      //   「i:/  /  i{               ′


※フロアボスのレアドロップ品はどんなアイテムなのでしょう?

※まだ未完成なドロップ決定表を再び試用なのです。


◇装備(装備種) (0~9)
  0123:武器(武器種)、4567:防具(防具種)、8:指輪、9:アクセサリ


↓1

うい


>>361 8 指輪

※指輪ですか、今の装備状況でしたら……アスナが使う可能性が高いかな。

※フロアボスのユニークレアドロップ品が、本人もキリトも装備できないものだった場合、
装備可能なギルドメンバーが居たら押し付けられる可能性が高いです。


※アイテム作成のアイデア用に、フロアボスがどんなモンスターだったのかを判定させて頂けたら助かります。


↓1 分類。一桁(0~9)コンマ判定。

↓2 幻想。↓1が0だった場合に参照する。一桁(0~9)コンマ判定。

それ


>>363 0 幻想

>>364 2 神話

※コンマご協力ありがとうございます。神話ネタのモンスターを引っ張ってきて設定しようと思います。



>>311 1 「その方を勧誘したいと考えているのですが、ご意見を伺ってもよろしいですか?」「オレっちのブレインの1人でもあるネ」


2023年02月04日(土) PM 03:00

アスナ「その方を勧誘したいと考えているのですが、ご意見を伺ってもよろしいですか?」

アルゴ「オレっちのブレインの1人でもあるネ」

アーテル「……あーその、なんだ、まずはフロアボス討伐無事終了おめでとう。3人とも頑張ったな」

アスナ「ありがとうございます」

アルゴ「2人とも偵察から本番まで大活躍だったヨ」

キリト「偵察から攻略にスムーズに移行できたのはアルゴのお陰だろ」

トモミ「お飲物はいかがですか?コーヒーと紅茶と緑茶とアイスティーと」

キリト「あ、コーヒー頂きます」

アスナ「紅茶をいただきますね」

アルゴ「コーヒーな気分かナ」

トモミ「はい」

アーテル「いや、まあなんでもいいのだが、何故戻って直ぐに集まるのがウチなのだ……」

アルゴ「通いなれてるからネ」

アスナ「すいません、つい」

キリト「あ、ありがとうございます」

トモミ「いえいえ」

アーテル「で、なんだ、新人を勧誘したいんだったか」

アスナ「はい」



0 「その人は以前から度々お世話になっている凄腕の盾役さんで、今日のボス戦でも同じパーティーでした」

123 「その人は以前お世話になった事があるプレイヤーさんで、今日のボス戦でも同じレイドでした」

456 「その人はボス戦で何度か見かけたことがあるのにまだギルド未加入の珍しいプレイヤーさんなんです」

789 「その人とは今日のボス戦で初めて会ったんですけれど、是非参加させて欲しいそうなんです」

↓1

ひくく


>>366 8  どうやら直接接触せずにこそこそステータスやパラメーターを覗き見て興味を惹かれていたようです。


アスナ「その人とは今日のボス戦で初めて会ったんですけれど、是非参加させて欲しいそうなんです」

アスナ「一応、『うちは《攻略ギルド》ではないですし、女の子中心で肩身が狭いかもしれないです』って伝えたんですけれど」

アスナ「『それでも構わない。現実に待たせている妻が居るからそれなりに接し方は心得ているつもりだ』ですって」

アルゴ「ンで、アーちゃんがオレっちに相談してくれて、オイラのブレインの1人である事が解ったって寸法だネ」

キリト「片手直剣に盾持ちの重金属装備で、完全にタンクビルドのプレイヤーだったな」

キリト「今日見た限りでは盾役としての立ち回りは文句無しだった」

キリト「その上、アルゴのブレインが勤まるって言うんだから文武両道というか反則というか……」

……そこで何故皆して俺を見るのだ。

アーテル「盾役として優秀で情報にも聡いのは解ったが、まるで人物像が見えてこんな」

アスナ「あ、えっと……20代後半から30代位かしら」

アルゴ「ホワイトブロンドの長髪を後ろで結わえていテ、身長はアー坊より少し高いかナ?」

アルゴ「真鍮色の瞳で……って見た目の色は幾らでも変えられるからあんまり意味無いカ」

アスナ「あー、あと声が渋かった」

アルゴ「ああ、確かに渋いネ」

アーテル「よく解らんが、なんというか……派手だな」

アスナ「日本人離れした雰囲気ではあるかも」

アルゴ「情報提供者については守秘義務があるカラ、濁した言い方になっちゃうんだケド」

アルゴ「アー坊、アレの情報をオレっちに提供してくれたプレイヤーさんだヨ」

アレ……というと、《倫理コード解除設定》か。

そういえばアルゴが俺とトモミにアレを教えてくれた時に、仕様に詳しいブレインが居ると言っていたな。

マサムネ「ギルドメンバーでパーティーを組むならタンクが居てくれると嬉しいかな……」

キリト「アタッカー的にはまあ、確かに。贅沢を言えば2枚欲しい所だけどな」

アーテル「優秀で編成上もギルドとしても都合が良いなら問題ないのではないか?」

アーテル「逢った事も無い奴について意見を求められてもな」

アスナ「わたし達がこうして一緒に居る様になったのはアーテルさんのお陰ですから」

アスナ「アーテルさんに話を通すのが筋だと思うんです」

立てて貰えているというのはさほど悪い気はしないが、正直そこまで気にせんでもいいと思うのだがな。

どうやら俺は新人の勧誘について判断し意見を述べねばならんらしい。

どうしたものかと考えていたら、前線から戻って一旦仕入れに寄って来たらしい大回転床掃除年下鍛冶少女が合流した。

俺とトモミの部屋はたまり場では無いのだがな……祝宴会場にしてしまったのが拙かったのだろうか。

あまり頻繁に集まられるようだと夫婦らしいことがし難くなって正直困るのだが。

……まあドリンクを勧めるトモミがなんだか嬉しそうなので大目に見てやるとするか。


                          《つづく》

※すいませんうとうとしてしまっていました。

※次回ギルド入り希望者をどうするのか、実際に逢ってみてから決める等の選択肢込みで多数決する所から始めたいと思います。

※今夜も遅くまで読んで頂いて有り難うございました。お疲れ様えした。


        /:::::::::::::::::::/::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::ヽ
       '::::::::::::::::/::/::::::::::::::/:::::::::::::::/l::::::::::::::::ト::::::::::::::::::::い   キリの良いところで『良い最終回だった』『めでたしめでたし』と
     j::::::::::::::/::::;::::::::::::::/::::::::::::::::/ l:::::::::::::l::l ∨::::::::::::!::::::i

     !::::::/:::/:::::j:::::::::::::;::::::::::/:::::/ l:::::::::::::l::} l:::l::::::::::l:::::::i
     !::::j::::::::::::::i::::::::::::j:::::::::/:::::/  j::::::::::::j::j  l::トl::::::::l:::::::i   一気にエンディングへ飛ぶという選択肢もありますが
     l::::l::::::::::::::l::::::::::::l-‐::/T::/⌒ /l:::::::::/l:j-‐j::}-l:::::ハ::::::l

       !::l::::::::::::::l::::::::::::l::/ //--//:::::::/ jノ__ ノノ }::/:::i:::::i
      l::l::::::::::/ l::::::::::::l,x斧犾~㍉ メ//  斗F气 !::::::::i:::::l   クロリンでSAOゲームクリアを目指そうとする場合
      l::l::::::::{ l::::::::::<( {: : ::: ノ      イ :: :::ノ)〉!::::::::}::::l
       l:::l::::::l::\l::::::::::::l `ー''゙        弋;;シ /::l::::::::j::::l
     j::::l::::::l:::::l::l::::::::::::l           ,      ,::/l:::::::/:::j   避けては通れないのがリアル知人との関係です
     /:::::l:::::::::::l::::い:::::::ト、               ノ/ j:::::/:/:;
     /::::::::l::l:::::::l::::/ト、:::l \   ` ;;;;''   ィ::::::{ ノ//j:/
   -‐  ̄l::l:::::::l7  λ\ ト三 三 三 三 三 三三Yl::/ ノ   接近遭遇した場合は相互に(調べられた場合は一方的に)
 /-‐く   い::::::l   ゙、  l |              |\
/    { \ ゙、:::::人   У\ ぷろぐれっしぶ2 l-、ヽ
   /八  ヽヽ::::::ヽ /-- 、\         / ノ  i   正体を看破出来るかどうかのコンマ判定を行います
   /  ヽ  ヾ\::::ヽ{    \┘          〈// ノ  i



            /::::/:::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::ヽ:::ヽ::::::::ヽ
             /::::/:::::::/:::/::::::/:::l::::::::::::::ヽ::::Y::ハ::::::::::::、    その結果次第で以降の展開や雰囲気がかなり変わりそうです
           j:::::/::::::/::::/::/:/l::::l:::::::::::l:::::ト:::::i::::::i::::::i:::::、
           i::::;:::::::::l:::::l:::j:/__l:::l:::::::::l::l-十i‐-::::::!:::::l:::::i
           i::::i:::::::::l::::/{:l  l:::l:::::::::l::}l:::l l:::l:::}::i:::::l::::::i    可能性として有り得る結果は以下の4つです
           i::::!:::::::::l::::l::/l:l `i:::l:::::::l::l }::l l:::l:ノl::l:::::l:::::::}

               i:::i::::::::::l:::lY ll_ い::::::lノ l云zr-ミl::l::::lハ::::j
            l::l:::::l::::l:::lT代jこ` "⌒ 弋;;;タ '"l::l::::l l:/     1.お互いにお互いの正体に気付かない
             i:l:::::l::::l:::l ゞ;;シ       ``~` /}:l::::j ノl
               il:::::l:::::l::ゝ      '     ハ:j::::/l l:l
                い:l::::::l\          ノ:::ノ::/::l j:l      2.お互いにお互いの正体に気付く
              i:::::l::::::l:::::`ト 、   ⌒   イ:::::/:/:::::lノノ
              }:ヽl:::ヽl::::::::/{  ー- イj ヽ::::://:::::::::iノ
               l::::::\:::::/{ \   / } X::::::::::::::i       3.ヒースなんとかさんはアーテルが黒木燐太郎だと気付くが
             ノ:::>''"/  i   ハ /ハ l  l`ー-ニ:l         アーテルはヒースなんとかさんの正体に気づかない
           -‐''"    /   l /\ V / 癶j   i     ̄ ヽ
         /       /    l / `Y ̄ Y   l    }         l
         { ヽ     \   K   い_/   l  /     / l    4.アーテルはヒースなんとかさんが●●●●だと気付くが
            l  `、     \ l∧  / ハ /:l 〈    l /  {      ヒースなんとかさんはアーテルの正体に気付かない
         ノ   ゙、 l    /  l:.∧/   ∨:.:l  ヽ    l /   ハ
         {    ゙、 l  /  l:.:.:∧    /:.:.l   Y  l/     }`、
        /l     ゙、l  {    l:.:.:.:.∧  /:.:.:.:l   l  /    /ノ::::\    この中では3の結果になる可能性が一番高いです
       /:::l     i  ∨   ト:.:.:.:∧ /:.:.:.:.:l  l  j    / l::::::::::::\
     /:::::::::l  ゙、  l  V   l:.:\:.:..V.:./:.l  l  l    /  l::::::::トミ::
  ー-‐彡/:::::::::::l   `、  i   ∨  l:.:.:.:.:.\∨:.:.:.:l  l  l   /  lヽ:::::i      アーテルのは言ってしまえばただの変装ですが
     /:::::::::::::::l    ヽ l   ∨ l:.:.:.:.:.:.:.l }:.:.:.:.:.l  l   l  /   { V::i
    /:::::::::::l:::::::l     \   V !:.:.:.:.:.:.:l l:.:.:.:.:.:l j   {/    }  i:::i
   /:::::/::/l::::::::l      ヽ  V l:.:.:.:.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:l !  /    /  /   i::}   ヒースなんとかさんはゼロから作られたアバターで
   /::::/l:::l l:::::::l  \    i   ゙、!:.:.:ー--rr―:.:.l l  /  /  !   l::l
  /::::/ l:::l l:::::::l    ミ  l   j:.:.:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.!l  / /   lヽ  l:j
  /::::/ l:::l l:::::八      `ー、 j:.:.:.:.:.:.:イ「 ̄:.:.:.:l //     l::::ハ jノ   見た目完全に別人ですので看破するのが難しいのです
  j::::l  l:::l い::{ ヽ        }ノ:.:.:.:.:. ̄Tl:.:.:.:.:.:.:∨        ト::::::i/
  l::::l   !::l 、:::::i ト、       ∨:.:.:.:.:.:.:.:jl:.:.:.:.:.:.:./       j V:::}
  {::::l   い  \∨ハ        ∨:.:.:.:.:.:∥:.:.:.:.:.:/       /  }:::j
  λ{   \   ソ  ゙、       ∨:.:.:.:/\:.:./      /l  ノノ


     /:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
     /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.Y:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:.:.:.:.:ハ   1.お互いにお互いの正体に気付かない
    ;.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l:.:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.l ヽ:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.、:.:.:.:.:.i
   j:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:./ l:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.}:l  Y:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:、:.:.:.:.:!

   i:.:.:;:.:/:.:/:.:.:./.:.:./  l:/l:.:.:.:.:.:.:.:j:.!   l:.:.ト、:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.、:.:.:.:}     1の場合は他プレイヤーと同様に初期《友好度》を決定します
   j:.:.j:.j:.:.:l:.:.:.:.{,;,:./-―ll l:.l:.:.:.:.:.ノl:l   ̄l:.:厂、:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:!.:.:.:l
   j:.:j:.:l:.:.:l:.:/:.:!.:./   l l:.l:.:.l.:.:j |   l:.j   V.:.:.:.:.}:.:.:.:.:i:.:.:.l
   l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:./l:.i       l:l い:.l     jノ   V:.:.:.:j:.:.:.:.:.l:.:.:.l     何かの切欠で後からお互いの正体が露見した場合は、
   l:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:j l.l       l ヾ:{    ァ-‐___ }:.:.:./:.:.:l:.:.i.:.:.:l
   !:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:l  l _,, ̄`         孑''冖''ミ>/:.:.:.:l.:.:j:.:.:.l
   !:.:l:.:.l.:.:.:.:.:.{,,ィ彡''"⌒`               j/:.:l:.:.:.:l.:.:j:.:.:.:l     リアル《友好度》の値と合計して処理します
   j:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.λ⌒           j:.         j:.:ハ:.:.:l:.:.j:.:.:.j:l
   l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ                     /:/:.j:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.l
   !:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ        r- -‐┐   /)}/}:.ノ:.:ハ:.:.:.:.:.!l:.l    黒木燐太郎 《(-46)》⇔《(7)》 ●●●● ←これに対し
  l:.l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.\     、   ノ    /_ }/∥:.:.:./:.:.:.:.:.:.l l.:l
  l:.l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:>、     /  _//) }/}:.:./:.:/:.:.:.:.l l:.l

  l:.l:.:.:.:.い:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:__/ |`'''ー  __ ィ /// / /:.:.:/:./:.:l.:.:.:l|l    アーテル 《(30)》⇔《(-20)》 ヒースなんとか ←こうだった場合
  l:.:l:.:.:.:.ゞ、:.:.:l:.:.:./ /  λ      // / /  /:.:./:./:.:.:j:.:.:.l j:.l
  / ̄ ̄ ̄\゙、   !   ゙、   / / /  /  /Y⌒Tー---┴┴--、
 / {       /\  l     \ / / /  /   / l   i        ハ     こうなります→ 黒木燐太郎 《(-16)》⇔《(-13)》 ●●●●
 {        {    l        /  /  /l   ∥ l   l       /  }



                /:::::::::::::::::::::::::::⌒ヾ::⌒::::::::::`ヽ、
                 /::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::\:::::::::::\    2.お互いにお互いの正体に気付く
             /:::::::::::::/::::::::::::/:::::/::::::::ハ::::::::::ヽ::\::::ヽ

               /::::::::::/::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::i:::::::::::::::::::ヽ:::::、
            j::::::::::/::::::::::::/::::::::::/:::::::::::::::::::i::::::i::::::::Y::::゙;::::゙;     2の場合は両方ともにリアル《友好度》そのままです

               l:::::::::/:::::::::::/::::::::::/j:::l:::::::::::::::::i::::::i::::::::::i::::::i::::::!
                l::::::::::::::::::::::::::::::::::/ i::::l::::::::::::::l::lヽ:::l::::::::::}::::::i:::::}
               l::::::::::::::::::::::::::::l:::/  l:::l l::::::::::::}::! i:::ト::::::::l:::::::i::::l     3や4の場合は、正体に気付いている側だけ
               l:::::::::::::::::::::::::/l:/-―l::l }:::::::::jlノ―l::l-l:::::ノl:::::l::::i
              l::::::::::::::::::::::::l {   l:! ノl:::::://  l/ l::/`l:::::l:::l
              l::::::::::::::::::ト:::{ __l,,,,_‐-l、 ノ;;;;// r―/_l/ j:ノ::l:::!     リアル《友好度》の値そのままになります
            l::::::::::::::::::l シ斧笊こヽ     ィ斧狄"㍉イ::::l::l

               l::::::::::::::::::ト 弋ゞシ:ノ       弋ゞシノ /メ::::::l:l
               l:::::::::::::::::::l  `'''"     .:.     ``"゙ /:::::::j::l
              }::::::::::::::::::::ト、        "       ノ::::::::ノ::{      ヒースなんとかさんに黒木燐太郎だとバレても
            j:::::::::::ト::{いl l\    、   ,     / l:::::::lー-、
            /::::l:::::::「 l:゙、゙、l  `ト        イ ヽ !::::::lー--ト、
           /:::::l::::::::l l \\ \  ー-‐"/  i  ヘ い:{   } }   その段階ではまだ不正アクセスまではバレていません
           // l::::::::l l   l   \   /   i  l l:::::i   / l
         / / l::::::::l l   l    ヽ /    j   l l:::::l  / l
        /__/   λ::::∧ l   ト、 /⌒∨ /\ /l   l l:::::V  l::゙、   不正アクセスがバレる=ペナルティのリスク発生なのですが
        /   \   ∨:::::゙、l   l  \\_/ /  l  / l::::l::l  l:::::\
      /{     \ ∨::::::\   l   〈    ̄l   l 〈  l::::l::l /l::::::トミー--‐ノ
     /::::∧    ヽ   V::::ヾミ=- ト、 ヽ  j  /l  ヽ  l::::l::}  l:::::::l   ̄     ●●●●からクロリンへの《友好度》が
 、__/::::/::::∧    `、  ∨:::ハ \  l:.゙、 / ̄ ヽ /:.l   〉ノ/::lノ  l:::ト:::l
    ̄ /:::::::::l∧     \  }ハ::::}  }  l:.:.∨     /:.:.l   / / }:j   l:::ハ}
     /::::/::/l::∧           }ノ 〈  l:.:.:\  /:.:.:.l  /  j/    l/ j    低いほどペナルティの内容や確率が苛烈になります
     {:::/{::{ l:::∧          ノ   \ l:.:.:.:.:ヽ/:.:.:.:ノ  /  ノ    l


       /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.\:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ヒースなんとかさんの◆Intelligence(知識力)は
    /:.:.:.:.:.:/:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.゙、:.:.:.:.:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
   /:.:./:.:.:.:./:.:.:/l:.:.:.:.:.:.:.:.l \:.:.:.:゙、:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
   /:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/ l:.l:.:.:.:.:.:.:.:i  \:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i   黒木燐太郎と同等の10です
  /:./:.:.:.:.:.:j:.:.:/ {:.{:.:.:.:.:.:l、:l  _ヽ:.:.ト:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!

  ,:.:./:.l:.:.:.:.:.l:.:/ ノl:.ト:.:.:.:.:.lミ「 ̄   V} V:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  !:./l:.l:.:.:.:./{斗''゙  い \:.:l `r-‐__,,,,L、_l:.:.:.:.:.:.:l.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   10という値は生まれ持つ能力値の最高値なのですが
 j:./ l:.l:.:.:./ l:{ -―、ヾ   \  /_.笊沁ヾ>:.:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
 {:.{ l:.l:.:.:ハ ,y勹芯ミ       { (;;;ノリ ノl:.:.:.:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

 l:.:l l:.l:.:.:.:.-<( { (;;}}        ゞ~'゙  l:.:.:.:.:.:l:.:.ト:.:゙、.:.:.:.゙、:.:l   ヒースなんとかさんはクロリン以上に業績や名声、天才性等を
  ゞ λい:.:ハ 乂,,シ ,;      ;:;:;:;:;:;:; /l:.:.:.:.:.l.:.:lノ:.:.:゙、:.:.:.:゙、l
    `ト:.:// } ;:;:;:;:;:;           / l:.l.:.:.:.j:.:j:.:.゙、:.:゙、:.:.:.:.:l

     i:.:{ { i             __,    { j:/l:.:.:.:.:./:.:.:.:゙、:.゙、.:.:.:.l   《特徴》や背景、経歴によって補強されている人物です
     i:.:.:.`} λ     ー ''" ̄    / 〃l.:.:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、:.:.、
     l:.l:.:.λ > 、       /   / j:.:.:/:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\゙、
      !:.l:.:.:.:ト、   `  、__   /     /ノ/__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   能力値9と10の差も相当ありますが
       い:.:.:.l lト、    ヽ`T{     / / 〉 `r-‐  ̄ ̄ ̄>
      ヾ \l l:.:.ト、   } / i     ヽ__ /  l     /
        / /( \   /  } ∧  / ∨  l /  /      能力値10とクロリンやヒースなんとかさんの差も相当です
        / {_/ \   //} jハ }/  /ヘ  !j  /
        / / \  `ミム |:::l/ /  /   ∧ j l  /
      __{/   \   /l::::l/\ /       ∧ l /         クロリンの知識力が10++、ヒースなんとかさんは10++++
      / /      ヽこム「:::::ζ/       ∧ {
     / /         / {;;;;;;ノ∨           ∧      /
     / /         / /::::l  ∨           ∧  /     と言う感じでしょうか……+という表記に意味が在る訳では無く
    / /         /l /:::::::l  /∨          ∧ /
    {/         /:.:.:l::::::::::l/:.:.:∨         ∧
    / {           / l:.:.:l::::::/:.:.:.:.:.:.l∨         ∧      どちらも判定の《目標値》としては10なのですけれどもね


※黒木燐太郎を始めとした主人公と、原作主人公格と、シナリオ上の一部例外キャラに限り、
後天的に人間の限界を突破して11、12と成長する可能性があります。

※ちなみに茅場晶彦の◆Imagination(想像力)は生まれつき人間の限界を逸脱した値です。


※不正アクセスがバレるのはどういう時でしょうか。


        /:::::::::::::::::::/::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::ヽ
       '::::::::::::::::/::/::::::::::::::/:::::::::::::::/l::::::::::::::::ト::::::::::::::::::::い    管理者権限で詳しく調査されたら高確率でバレます
     j::::::::::::::/::::;::::::::::::::/::::::::::::::::/ l:::::::::::::l::l ∨::::::::::::!::::::i

     !::::::/:::/:::::j:::::::::::::;::::::::::/:::::/ l:::::::::::::l::} l:::l::::::::::l:::::::i
     !::::j::::::::::::::i::::::::::::j:::::::::/:::::/  j::::::::::::j::j  l::トl::::::::l:::::::i    ですのでヒースなんとかさんの前でその件について話したり
     l::::l::::::::::::::l::::::::::::l-‐::/T::/⌒ /l:::::::::/l:j-‐j::}-l:::::ハ::::::l

       !::l::::::::::::::l::::::::::::l::/ //--//:::::::/ jノ__ ノノ }::/:::i:::::i
      l::l::::::::::/ l::::::::::::l,x斧犾~㍉ メ//  斗F气 !::::::::i:::::l    コンマ表で99や999の内容・結果として調査されたりします
      l::l::::::::{ l::::::::::<( {: : ::: ノ      イ :: :::ノ)〉!::::::::}::::l
       l:::l::::::l::\l::::::::::::l `ー''゙        弋;;シ /::l::::::::j::::l
     j::::l::::::l:::::l::l::::::::::::l           ,      ,::/l:::::::/:::j    ちなみにヒースなんとかさんはカーディナルの性能を知っているので
     /:::::l:::::::::::l::::い:::::::ト、               ノ/ j:::::/:/:;
     /::::::::l::l:::::::l::::/ト、:::l \   ` ;;;;''   ィ::::::{ ノ//j:/
   -‐  ̄l::l:::::::l7  λ\ ト三 三 三 三 三 三三Yl::/ ノ     《戦闘時回復》完全習得を見られても(興味は持たれるでしょうが)
 /-‐く   い::::::l   ゙、  l |              |\
/    { \ ゙、:::::人   У\ ぷろぐれっしぶ2 l-、ヽ
   /八  ヽヽ::::::ヽ /-- 、\         / ノ  i     『放置されているなら上昇させた手段は仕様の範囲』と判断します
   /  ヽ  ヾ\::::ヽ{    \┘          〈// ノ  i


※こんなところでしょうか……今夜ものんびり楽しんでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


※まずは宿題から失礼します。


>>355 1:システム>>1に委ねる。

────────────────────────────
◆作成日:2023年02月02日(木)10層攻略時点

所有者:Masamune

《アイテム名》 ???・???
《種別》 両手斧   《射程》 1~2   《タイプ》 斬撃
《要求筋力値》 60  《強化値》    《残り試行回数》 40
《攻撃力ATK》 198  《攻撃速度SPD》 42  《命中力ACC》 123
《耐久値DUR》 442/442  《装備重量WEI》 60kg
《その他プロパティ》 筋力+14 敏捷力+19
《製作者》 made by Tomomi
────────────────────────────
(0150)

グレートアクス(Great Axe)――巨大な戦斧。
ポールアクス(Pole Axe)――棒状武器寄りの戦斧。


※上記両手斧の装備名称を選択して下さい。


1:アルゲンティウム・グレートアクス(Argentium Great Axe)――Argentium(素材名。アルゲンティウムシルバー。※アルゲンティウムは商標登録だそうです)

2:アルゲンティウム・ポールアクス(Argentium Pole Axe)

3:シバルリック・グレートアクス(Chivalric Great Axe)――Chivalric(騎士道の、騎士道時代の、騎士的な)

4:シバルリック・ポールアクス(Chivalric Pole Axe)

5:アウェイテッド・グレートアクス(Awaited Great Axe)――Awaited(希望的に期待される、待ちわびた、待望の)

6:アウェイテッド・ポールアクス(Awaited Pole Axe)

7:モデュレイト・グレートアクス(Modulate Great Axe)――Modulate(声、音声、調子などを(特に低い方へ)変える、調節する、調整する。語源は尺度に合わせるという意味のラテン語)

8:モデュレイト・ポールアクス(Modulate Pole Axe)

9:センチュリオンズ・グレートアクス(Centurion's Great Axe)――Centurion(古代ローマの百人隊(century)の隊長、百人隊長)

10:センチュリオンズ・ポールアクス(Centurion's Pole Axe)

11:もっと、もっとだ。もっと考えて故意、ハリー!ハリー!!


↓3

3


>>387 3 シバルリック・グレートアクス(Chivalric Great Axe)

※以下の様に性能と名称が確定しました。

────────────────────────────
◆作成日:2023年02月02日(木)10層攻略時点

所有者:Masamune

《アイテム名》 シバルリック・グレートアクス(Chivalric Great Axe)
《種別》 両手斧   《射程》 1~2   《タイプ》 斬撃
《要求筋力値》 60  《強化値》    《残り試行回数》 40
《攻撃力ATK》 198  《攻撃速度SPD》 42  《命中力ACC》 123
《耐久値DUR》 442/442  《装備重量WEI》 60kg
《その他プロパティ》 筋力+14 敏捷力+19
《製作者》 made by Tomomi
────────────────────────────
(0150)

                   _ . .-.‐.-.. _
              .ィ": : : : : : : : : :`: .、
              /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ     いつもながら凄すぎる……素材を提供してはいるけど
          /': : : :i: : : : :i!: : 、 : : : : : : ゙:.

          .':': : : : !: : !| :!|',: : ',: i : : : ',:',:',
            l ; .: : : :l:i l l l | ゙、、:i__l__: : !l: i i    この借りを返すには全然足りていない気がする
.           |:'!i :i: :ニlヱT' ,! 豸;┬、 : l.l: l: !
         |l !l: ',: :ヾ辿リ/   ゙.㌢イ! : l|l: l !l
.            l l.!: :、: !、/  ′  . ',: : :l:'l l !    もうトモミを嫁に貰って私が責任もって養うしか
           '、V:i、:l:>:.._´. イー-!: 7.:l/
              ゙、:〉、{ ,:i}    {i:.、_'|/ヾ'
                ,、`='^´:{'.-.‐.-.l:::::::'>,、        「真顔で言うな笑えんから止めろあとお前にはやらん」
            / ∨:::::::::l::o::o:7:::::::::::/ ヽ
            .' ゙、 l.\:::Λ::゚::/:::::::/' / Λ                           _ ...
            l  ゙、.'゛、:ミヾ:∨>'.:_ノ !/  ' ヤ‐-.、                         ..ィ.:´.>-
             }i  ′  `〔ニニ!.二-‐=ニア'∧<.:.:ヽ、_ _     ___     _...ィ":.:.:/´
            八  {-― ‐ -:`ヾ、‐-‐~'―‐-、‘, `ー-==ニニ二:._:.:.:.:.:.:.:.` ̄´:.:.:.:._:.>′
         ′ ゙ !     .::.  ``ー┬=、〆 Λ             ``ー‐-― ''"´
          ノ   .}           }l   :  ' ‘,
.          / ゙ .  7゙ヽ.       . _ ハ ′    ∧
.       /     /`ー -        ,.〉 !      ' ‘,_
      /     /             ハ .!         i.:>:..._
       /     /                ∧.! ,       l゙'<.:.:.:.>:...._  _ ...... -‐=ニ二ニ=ー:--
      .′   ./                / l ∨      l    ``''ー<.:´:.:.:.:.:.>''"´    ``゙'<.:.:.:
      !     /               '   l ',       {          ̄´               ``
.     ヽ.__/. _                 l !、  _彡{
       |:::::/::::::::::≧:‐.-...........................-‐≦{, | ̄ノ:::::::::!
       |:::/::'::::::::/::::::::::::i:::ー‐::"|;;::::-‐::!:"::::ヽ{´:::::::::::::::|
      7::::::::::::7::::::::::::::!::::::::::::::',::::::::::::::、_:_::゙ヽ-‐''7´
.     く:::::::::::::!:::::::::::::::|:::::::::::>、>;'"´;:;:;:;l::::::::〕ノノ

.         ``iー{_:ニ=-‐'ーi≦Λ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l‐'''^´


>>388 ◆作成日:2023年02月04日(土)11層攻略時点の間違いです。


※マサムネが装備を更新しました。

Remove イクセシブ・グレートアクス (両手斧 攻154 速36 命105 耐347 敏捷力+9 46.44kg)
 ↓
Equip シバルリック・グレートアクス (両手斧 攻198 速42 命123 耐442 筋力+14 敏捷力+19 60kg)new!

──────────────────────────────────────────────────
◆レベル Lv:19  ◆経験値 EXP: 10481/38000  (nextEXP=Lv x2000)
◆ヒットポイント HP:3470/3470→3540up!  (Lv x150+筋力x5)
◆筋力  STR:62 (+62→76up!  )【= 124→138up! 】  《攻撃力》: 286→344up! 《防御力》: 482→496up! 《個人総合力》:2027→2143up!
◆敏捷力 AGI:21 (+56→66up!  )【= 77→87up! 】  《命中力》: 510→544up! 《回避力》 武器防御(749→759up!) 《避け》:(546→556up!)

◇装備

◆防御力総計:353 ◆回避力総計:457 ◇所持重量総計(kg):116.05→129.61/◆所持容量限界(kg):154.2→168.2up! (筋力+10+所持容量拡張x0.5)
.                         ◇装備重量合計(kg):112.55→126.11/◆限界重量(kg):134→148up! (筋力+10+限界重量拡張x0.5)

両手━シバルリック・グレートアクス (両手斧 攻198 速42 命123 耐442 筋力+14 敏捷力+19 60kg)new!
頭━

┣スキッピー・マント (革装備 外套 防4 回6 耐320 敏捷力+1 1.38kg)
┣エンプリファイ・ライトブレストプレート+4 (軽金属装備 防63+1 回83 耐592 筋力+15 10.256kg)
┣スカーレットスカーフ (装身具 耐25 0.1kg)
┣ダークネイビーカラーセーラー (衣類 耐200 0.6kg)
┗ポテンシャルナープブラ (下着 耐130 0.2kg)
腕━クルー・ライトプレートガントレット+4 (軽金属装備 防29+1 回40 耐515 筋力+9 2.588kg)

┣ウールSラインダークネイビープリーツ (衣類 耐280 0.5kg)
┣ハーロウ・クウィス+4 (軽金属装備 防159+1 回206 耐809 筋力+15 敏捷力+16 31.91kg)
┣ナイロンブラックタイツ (衣類 耐200 0.2kg)
┗ポテンシャルナープショーツ (下着 耐120 0.1kg)

┣アカンパニー・レギンス+4 (軽金属装備 防94+1 回122 耐662 筋力+23 敏捷力+26 17.276kg)
┗ダークローファー (革類 耐300 0.8kg)
腰━ソフトレザーポットストックベルトS5 (革類 耐300 0.2kg)
右手指━
左手指━
アクセサリ━プライアント・イヤリング(Pliant Earring)(アクセサリ 敏捷力+4)
──────────────────────────────────────────────────

※簡易戦闘ルール上、Lv41の敵(34層以下の敵全て)に自動勝利出来る様になりました。

※3連撃ソードスキルを全力で弱点にぶち込み3189ダメージ叩き出して、
現在の最前線である11層で最高のレベルを持つ(武器や装備を持たない標準的な)
Lv17モンスター(HP2730)を一撃で消し飛ばす一般プレイヤーさんすごいですね。

※このマサムネですらキリトさんには攻撃を当てられないのです(武器で受け止めたり受け流されたりで全部防がれます)が、
ただ、《個人総合力》だけならキリトさんの背中が見えてきました……。
レベル差7もある上に装備の能力値補正がえげつない事になっているキリトさん相手に大健闘です。
重量の問題さえクリア出来れば両手武器や金属装備は強いという事ですね。


※ところでアーテルとトモミの《ベンダーズ・カーペット》の中に、バルドさんお手製のこんな装備が余っているのですが……。
──────────────────────────────────
ブリージー・マント (革装備 外套 防11 回16 耐355 敏捷力+10 3.72kg)
──────────────────────────────────
(トモミが現在使用している背装備にはやや見劣りしますし、こちらにはフードが無いのでナンパ防止の役には立ちません)


※マサムネに譲るか貸すかしますか?(譲るか貸すかした場合は装備更新します)


1:「バルドさんのお手製でな、大事に使ってくれると助かる」(マサムネに譲渡する)

2:「バルドさんのお手製でな、大事に使ってくれると助かる」(マサムネに貸与する)

3:「もう使う予定が無いものでも(アーテルさんの装備は)できれば全部大事にとっておきたいです」(カーペットに引き続き保管する)


↓3


>>392 1 「バルドさんのお手製でな、大事に使ってくれると助かる」(マサムネに譲渡する)


「バルドさんのお手製でな、大事に使ってくれると助かる」

「いま装備しているマントもバルドさんのお手製なんだよね……バルドさんにも頭が上がらないな」


※マサムネが装備を更新しました。

Remove スキッピー・マント (革装備 外套 防4 回6 耐320 敏捷力+1 1.38kg)
 ↓
Equip ブリージー・マント (革装備 外套 防11 回16 耐355 敏捷力+10 3.72kg)new!

──────────────────────────────────────────────────
◆レベル Lv:19  ◆経験値 EXP: 10481/38000  (nextEXP=Lv x2000)
◆ヒットポイント HP:3540/3540  (Lv x150+筋力x5)
◆筋力  STR:62 (+76  )【= 138 】  《攻撃力》: 344 《防御力》: 496→503up! 《個人総合力》:2143→2178up!
◆敏捷力 AGI:21 (+66→75up!  )【= 87→96up! 】  《命中力》: 544→553up! 《回避力》 武器防御(759→778up!) 《避け》:(556→575up!)

◇装備

◆防御力総計:353→360 ◆回避力総計:457→467 ◇所持重量総計(kg):129.61→131.95/◆所持容量限界(kg):168.2 (筋力+10+所持容量拡張x0.5)
.                         ◇装備重量合計(kg):126.11→128.45/◆限界重量(kg):148 (筋力+10+限界重量拡張x0.5)

両手━シバルリック・グレートアクス (両手斧 攻198 速42 命123 耐442 筋力+14 敏捷力+19 60kg)
頭━

┣ブリージー・マント (革装備 外套 防11 回16 耐355 敏捷力+10 3.72kg)new!
┣エンプリファイ・ライトブレストプレート+4 (軽金属装備 防63+1 回83 耐592 筋力+15 10.256kg)
┣スカーレットスカーフ (装身具 耐25 0.1kg)
┣ダークネイビーカラーセーラー (衣類 耐200 0.6kg)
┗ポテンシャルナープブラ (下着 耐130 0.2kg)
腕━クルー・ライトプレートガントレット+4 (軽金属装備 防29+1 回40 耐515 筋力+9 2.588kg)

┣ウールSラインダークネイビープリーツ (衣類 耐280 0.5kg)
┣ハーロウ・クウィス+4 (軽金属装備 防159+1 回206 耐809 筋力+15 敏捷力+16 31.91kg)
┣ナイロンブラックタイツ (衣類 耐200 0.2kg)
┗ポテンシャルナープショーツ (下着 耐120 0.1kg)

┣アカンパニー・レギンス+4 (軽金属装備 防94+1 回122 耐662 筋力+23 敏捷力+26 17.276kg)
┗ダークローファー (革類 耐300 0.8kg)
腰━ソフトレザーポットストックベルトS5 (革類 耐300 0.2kg)
右手指━
左手指━
アクセサリ━プライアント・イヤリング(Pliant Earring)(アクセサリ 敏捷力+4)
──────────────────────────────────────────────────

※スキッピー・マント (革装備 外套 防4 回6 耐320 敏捷力+1 1.38kg)が返却されました。《ベンダーズ・カーペット》に収納します。

※簡易戦闘ルール上、Lv42の敵(35層以下の敵全て)に自動勝利出来る様になりました。
  35層というとあれです、原作でシリカがピナを失った《迷いの森》がある層です。


※宿題完了です、ありがとうございました。それでは本編に戻ります。>>369の続きからです。


2023年02月04日(土) PM 03:00

妻の待つ現実へと帰る為に戦う20代後半から30代位の男性プレイヤーで、

優秀な盾役で編成上もギルドとしても都合が良く、システムに詳しい情報提供者。

見た目の印象は日本人離れした雰囲気などと言われているが、

これはまあ派手なカスタマイズの影響だろう。

集団戦で周囲を上手く連携を取ろうとするのなら、目だった方が都合がいいのだろうか。

その辺りは経験が無いので憶測でしか無いが……ともあれ、

そんなプレイヤーが参加させて欲しいと申し出てくれた件について、

我がギルドマスター嬢は『勧誘したいと考えている』と明言しているので、

都合も良いという話だし、それならそれで問題無いではないかと思うのだが、

それでも俺の意見が欲しいのだそうだ。

さて、どうしたものか。



※多数決をお願いします。


1:「真面目に返事をさせて貰うとだ、やはり実際に逢って話してみないことには判断がつかんな」
  (面接する、10層フロアボス攻略祝勝会に招待するなど、逢うシチュエーションを選択)

2:「まだ旗上げした直後だし、もう少し落ち着いてから受け入れた方が良いのではないか?」
  「そのプレイヤーの人となりをもう少し見てからでも遅くはあるまい」
  (決断先延ばし、保留)

3:「《攻略ギルド》ではないという建前なら、腕の立つ《フロントランナー》を加えるのは他のギルドを刺激しないか?」
  (やんわり否定)

4:「繰り返しですまんが、俺達は君達の意志や選択を尊重し、応援する。後悔しない様にしてくれさえすれば、それでいい」
  (肯定)


↓先に3票集まったものが選択されます。

4


※正)集団戦で周囲と上手く連携を取ろうとするのなら、目だった方が都合がいいのだろうか。

>>396-398 4


アーテル「繰り返しですまんが、俺達は君達の意志や選択を尊重し、応援する」

アーテル「後悔しない様にしてくれさえすれば、それでいい」

トモミ「はい」

アスナ「ありがとうございます」

アルゴ「今なら《主街区》に居るヨ。どうすル?紹介すル?」

アスナ「えーっと……」



※トモミとアルゴに誓って素顔を知らない相手が居る時は、たとえ自室でも年下野暮眼鏡は外しません。


1:「先方の都合も良いようなら紹介してくれ。出来れば外で会って話すのがいいな」

2:「先方の都合も良いようなら紹介してくれ。うちに来てもらえるなら茶位は出す」

3:「なんなら祝勝会に招待するか。10層フロアボス戦に参加していたのなら資格は十分だ」

4:台詞でも行動でもなんでも自由にお書き下さいね。


↓3


※シバルリック・グレートアクス製作により、トモミが《鍛冶》スキル熟練度を0.1得ました。 ・鍛冶(198.5)→(198.6)
加算を忘れていました、遅くなってすいません。

>>402 2


アーテル「先方の都合も良いようなら紹介してくれ。うちに来てもらえるなら茶位は出す」

アルゴ「解っタ、アーちゃんもイイ?」

アスナ「はい、お願いします」

キリト「うっ、ちょっとだだ甘い思い出が……」

アスナ「苦い思い出じゃなくて?」

赤くゆったりしたフード付き長袖上着と同色の長ズボンを着た長身の男が、

出迎えに行ってくれたアルゴに連れられて俺とキリト+未成年女子4人の待つ我が家にやってきたのは、

アルゴが部屋を出てから僅か5分後の事だった。



>>395で時間進めるの忘れていました……。


       ,. -―-,)、
      /カゞ;' ;'´ ヾ`ヽ  さて、続いて今後の展開を左右する、判定を行いたいと思います。
    !i {ミl lレハリ゙ヾリ)

     川ト(トfノ Hヽ k|
    ノ ソゞ∩''' ワ''∩!  心の準備はよろしいですか
   ((´   ヾ.j´怯!'iソ


※アーテルとヒースクリフは互いの正体に気付くでしょうか。

※アーテル=黒木燐太郎と気付かれる事が、即不正アクセスした事に気付かれる事にはなりません。
ただし何かの切欠で疑念を持たれるなどして管理者権限でシステム的に確認された場合、高い確率で気付かれます。
ヒースクリフからアーテルへの《友好度》が低下する程、不正アクセスに気付かれた時の対応(コンマ表の内容や確率)が苛烈になります。



※アーテルの◆Intelligence(知識力):10に補正を加えた値を《目標値》とした(0~9)コンマ判定。
(《目標値》に対する補正:現実と全く異なるゼロから作られた姿-10、茅場晶彦に対する強い感情+1 計-9 10-9=《目標値》1)

↓1


※ヒースクリフの◆Intelligence(知識力):10に補正を加えた値を《目標値》とした(0~9)コンマ判定。
(《目標値》に対する補正:年下野暮眼鏡-5 計-5 10-5=《目標値》5)

↓2

1


>>405 0  《目標値》1以下なので成功。
  アーテルは仕種でヒースクリフの正体が茅場晶彦であると看破しました。

>>406 2  《目標値》5以下なので成功。
  ヒースクリフは前髪を下ろし年下野暮眼鏡+不精髭姿のアーテルの正体が黒木燐太郎であると看破しました。


        /:::::::::::::::::::/::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::ヽ
       '::::::::::::::::/::/::::::::::::::/:::::::::::::::/l::::::::::::::::ト::::::::::::::::::::い
     j::::::::::::::/::::;::::::::::::::/::::::::::::::::/ l:::::::::::::l::l ∨::::::::::::!::::::i    ぎゃわああああああああ

     !::::::/:::/:::::j:::::::::::::;::::::::::/:::::/ l:::::::::::::l::} l:::l::::::::::l:::::::i
     !::::j::::::::::::::i::::::::::::j:::::::::/:::::/  j::::::::::::j::j  l::トl::::::::l:::::::i
     l::::l::::::::::::::l::::::::::::l-‐::/T::/⌒ /l:::::::::/l:j-‐j::}-l:::::ハ::::::l    ……えーと、>>380-381における2に該当します

       !::l::::::::::::::l::::::::::::l::/ //--//:::::::/ jノ__ ノノ }::/:::i:::::i
      l::l::::::::::/ l::::::::::::l,x斧犾~㍉ メ//  斗F气 !::::::::i:::::l
      l::l::::::::{ l::::::::::<( {    ノ      イ   ノ)〉!::::::::}::::l   ですのでリアル《友好度》の値がそのまま適用されます
       l:::l::::::l::\l::::::::::::l `ー''゙        弋 .シ /::l::::::::j::::l
     j::::l::::::l:::::l::l::::::::::::l           ,      ,::/l:::::::/:::j
     /:::::l:::::::::::l::::い:::::::ト、               ノ/ j:::::/:/:;    さて、問題はここからです……
     /::::::::l::l:::::::l::::/ト、:::l \   ` ;;;;''   ィ::::::{ ノ//j:/
   -‐  ̄l::l:::::::l7  λ\ ト三 三 三 三 三 三三Yl::/ ノ
 /-‐く   い::::::l   ゙、  l |              |\      続いて判定お願いします
/    { \ ゙、:::::人   У\ ぷろぐれっしぶ2 l-、ヽ
   /八  ヽヽ::::::ヽ /-- 、\         / ノ  i
   /  ヽ  ヾ\::::ヽ{    \┘          〈// ノ  i


※現在の《友好度》
──────────────────────────────────────────────────
黒木燐太郎 《(-46)》「底浅陰気根暗エロもやし○す」⇔「黒木君と言ったかな?」《(7)》 茅場晶彦
──────────────────────────────────────────────────


※ヒースクリフさん、リアル知り合いが目の前に居ますけれど……今、どんな気持ち?

※ヒースクリフからアーテルへの《友好度》が低下する程、不正アクセスに気付かれた時の対応(コンマ表の内容や確率)が苛烈になります。


000 大歓迎。《友好度》+32 不正アクセスに気付いた場合それを不問とし、追加で《友好度》が上昇する。

00 歓迎。《友好度》+16 不正アクセスに気付いた場合それを不問とし、追加で《友好度》が僅かに上昇する。

0 歓喜。《友好度》+8 不正アクセスに気付いた場合それを不問とする。

1 興味。《友好度》+4

23 好奇心。《友好度》+2

45 無関心。《友好度》±0

67 違和感。《友好度》-2

8 疑問。《友好度》-4

9 不審。《友好度》-8

99 警戒。《友好度》-16 管理者権限でシステム的に確認される。不正アクセスに気付かれる可能性大。

999 厳戒。《友好度》-32 管理者権限でシステム的に念入りに確認される。不正アクセスに気付かれる可能性極大。


↓1

南無三!


>>413 9 不審。《友好度》-8

※人間関係が更新されました。
──────────────────────────────────────────────────
黒木燐太郎 《(-46)》「底浅陰気根暗エロもやし○す」⇔「黒木君と言ったかな?」《(7)》 茅場晶彦

                               ↓ 不審-8

黒木燐太郎 《(-46)》「底浅陰気根暗エロもやし○す」⇔「…………」《(-1)》 茅場晶彦
──────────────────────────────────────────────────

※ID見ていたら999って本当に出るんだなぁと解ってがくぶるしました。

※知性だの経験だの魂だのに夢中でゲームに全く興味を示さなかった男が何故ここに居る……?みたいな。
まだセーフですが、《友好度》がマイナスに突入したのはじわじわと厳しいですね。

※クロリンも大先輩も賢いですので即座に暴露大会にはなりません。
暴露や指摘が出来ること自体が自分の身元を明かす結果に繋がるからです。
クロリンもここで指摘しても何の証拠も無い上に周囲の年下少年少女達を巻き込む可能性があると良く理解しています。



2023年02月04日(土) PM 03:15

「いらっしゃいませ」

トモミがその男を出迎えてくれる。

これが現実なら蹴りだして塩の塊でもぶつける所だが、生憎そういう訳にはいかん。

初対面の筈の俺がいきなり嫌悪感を露にしたら不自然なんてものではないからな。

もうその男の動作、一挙手一投足があの男に被って見える。

解り過ぎる位に明確に解ってしまった。

俺とトモミの部屋に招かれているこの男が茅場晶彦なのだと。

そのアバターはこうしてプレイヤーに混ざって遊ぶ為にわざわざ用意したんだろうが、

外見が変わっても重心移動や細かな振る舞いがそのままだ。

全くお粗末なものだな、念願を果たしてしまって焼きが回ったのではないか。

「ご紹介に預かりました、ヒースクリフです」

「アーテルです。よろしくお願いします」

常套句で心にも無い歓迎をしながらルーチンワークで握手に応じる。

底浅陰気根暗エロもやしだと思うとなんの罪悪感も覚えずに愛想よく振舞えるな。

周りの人間なんざ見ては居なかったこの男なら愛想笑いでも別段問題あるまい。

俺の思考を察してくれた事のあるトモミとアルゴが、

俺の振る舞いに違和感を覚えてしまっているかもしれない事だけが気がかりだ。

下手を打つとトモミとアルゴだけでなくここに居る全員を巻き込みかねない。

俺がどこの何者なのかという事はもう看破されているという前提で行動した方がいいのは間違いなかった。

俺に気付けて茅場晶彦に気付けない筈が無いからな。

「あの、先日は……ありがとうございました」

「たまたま向かう方向が同じだっただけだ、しかし奇遇な事もあるものだね」

何が奇遇なものか、今回是非参加させて欲しいなどと言ってきた以上マサムネにも興味があったんだろう?

「それでは、よろしくお願いしますね。ヒースクリフさん」

こうして俺達のギルドに、その気になればいつでも俺達を殺せるこの世界の神が加わった。


                   《つづく》

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。


※流派東方不敗とは


     知識力判定で0(特殊成功)を叩き出して重心移動や細かな動作、

         立ち振る舞いが記憶通りなのを確認、外見の全く違う人物を同一人物と看破
                    ↓
           _, ,ィニイー'、_,

          /;;;;;;;/;;;;三ミ(`_            ._ . .-.‐.-.. _
        、Ⅵ;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ;く          .ィ": : : : : : : : : :`: .、
        ヾj;;;;;;;、ハ!ヽ`゙‐i!{〉};;ト、     ./: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
        >!ヘム 、jィニ, l!ノヘ、     /': : : :i: : : : :i!: : 、 : : : : : : ゙:..  ←知覚力に基づくコンマ表で0(特殊成功)を叩き出して
          ノ' 弋 ` ,.--〈,.-┴―‐、 ':': : : : !: : !| :!|',: : ',: i : : : ',:',:',

             マ/ ,    ̄`ー‐、.l ; .: : : :l:i l l l | ゙、、:i__l__: : !l: i i         トモミの歩幅が微妙に変化したのを察知
              ( /!    i〉!    .|:'!i :i: :ニlヱT' ,! 豸;┬、 : l.l: l: !
              ∧ノ   V   ..|l !l: ',: :ヾ辿リ/   ゙.㌢イ! : l|l: l !l      .,. -―‐-、      アーテルとトモミのアレ看破
              / `ヽ   ∨   .l l.!: :、: !、/  ′  . ',: : :l:'l l !   . </;i;i;i;i;i;i;i;i;\
               〈 ,'  ヽ__,  V     '、V:i、:l:>:.._´. イー-!: 7.:l/  / /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;∧
            /  /'    〉     .゙、:〉、{ ,:i}    {i:.、_'|/ヾ' / /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;∧
   r、____    ∨__/     /     .,、`='^´:{'.-.‐.-.l:::::::'>,、.   /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i∧
   `ニ=一_, `ヽ. /_      /      ./ ∨:::::::::l::o::o:7:::::::::::/ ヽ /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;‘,
    ゝ-‐〈 /,_ `ヽ ∧.   /       ' ゙、 l.\:::Λ::゚::/:::::::/' / Λ;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;             _ ...
    `¨¨`ヽヘニ=- '  〉 / \      l  ゙、.'゛、:ミヾ:∨>'.:_ノ !/  ' ヤ‐-.、;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;              ..ィ.:´.>-
             \__/イ    \_    .}i  ′  `〔ニニ!.二-‐=ニア'∧<.:.:ヽ、i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i    _     _...ィ":.:.:/´
                 !      `  八  {-― ‐ -:`ヾ、‐-‐~'―‐-、‘, `ー-==ニニ二:._:.:.:.:.:.:.:.` ̄´:.:.:.:._:.>′
                 ∨         ′ ゙ !     .::.  ``ー┬=、〆 Λ             ``ー‐-― ''"´
               ∨      ノ   .}           }l   :  ' ‘,   .\;i;i;i;i;i;i\_/;i;i;i;i;i゙,
                  \   \_../ ゙ .  7゙ヽ.       . _ ハ ′    ∧  . /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i|
               /.:.:\_  /     /`ー -        ,.〉 !      ' ‘,_..´;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:../     /             ハ .!         i.:>:..._.;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     /                ∧.! ,       l゙'<.:.:.:.>:...._  _ ...... -‐=ニ二ニ=ー:--
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′   ./                / l ∨      l    ``''ー<.:´:.:.:.:.:.>''"´    ``゙'<.:.:.:
                   !     /               '   l ',       {          ̄´               ``
                     ヽ.__/. _                 l !、  _彡{
                    |:::::/::::::::::≧:‐.-...........................-‐≦{, | ̄ノ:::::::::!
                    |:::/::'::::::::/::::::::::::i:::ー‐::"|;;::::-‐::!:"::::ヽ{´:::::::::::::::|
                         7::::::::::::7::::::::::::::!::::::::::::::',::::::::::::::、_:_::゙ヽ-‐''7´
                     く:::::::::::::!:::::::::::::::|:::::::::::>、>;'"´;:;:;:;l::::::::〕ノノ
                         ``iー{_:ニ=-‐'ーi≦Λ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l‐'''^´


※今夜はだいたい全体的にSAOIIの放映日です。録画予約やほむほむする心の準備はよろしいですか。

※地震大きかったですね、皆さん大丈夫でしょうか……。

※今夜も楽しんでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


       /::::/::/::::::::::::/:::::::::::::::/ j:/ l:::::l::::::::::::::l::トl:::::::::::::::::::::::::l::i
      j:::::/:::j::::::::::::/::::::::::::::/ ∥  l::::l::::::::::::l::l::} i::::::::::::::::l:::::::l:::i   ヒースなんとかさんはトップ剣士達の動向に興味津々です
      !:::/::::l::::::::::::j::::::::::::::/_/_ !::::::::::::::::j::l::l !:::l:::::::::::l:::::::l:::i
     j:::/:::::l:::::::::::::{:::::::::/ ̄ /   ̄j::}::::::::::::::::ハ:!__i:::l::::::l::::l::::::::l:::l
     l::j:::::::l::::::::::::::l::::::/  /    ハl::::::::::::/l/ l  l::ハメl::::j::::::::}:::i   自分の作り出した世界を攻略することに力や情熱を注いでくれる
     l::l::::::::l:::::::::::::/l:/ _/ ー-、 / ノ:::::::::/ / ノ__ j/ l::::j:::ハ:::::::i::::}

     l:l:::::::::l:::::::::::l::x彡斧犾(~\  ー-/   ,,..xzzxl:::::∥::::::::!l:::!
     j:l:::::{ l:::::::::::l::lヾ{::(;;;;ノ:ノ         斧犾こヾY/:::::::::::l !:!   怯えて閉じこもるのではなく自分の作り出した世界を生きてくれる
     /l:!:::::ヽl:::::::l::::トl  ゞ;;;シ         {(;;;ノ/ ノ癶::::::::::::j l:l
    /:::l:::::::::::l:::::::l::::l \             `ミシ  /::::::::::::::::! ll
     j:::::i:::::::::λ:::::、:::ト、          "         / l::::::::::::::j !   そんなプレイヤー達の存在や頑張りが彼を満たすのでしょう
    {::::::i::::::::::::V::::::::::l:\                  ノ l::::::::::::/ /
     乂:::い:::::::::V:::::::::゙、} \   `   ノ     /} ノl:::::::::/ /
      \::::::::::::::\:::::ト\       "  _,,.. ‐''":::::ノ  ノイ://   ですのでアーテルの非常識なゲーム《攻略》っぷりや
      ζヽ::::::::ヽ:::\l{     ` ー 1くー-ニ二/〉_ j/
      乂 `⌒"// \       l \ー--- ̄`ヽ
 `ー=彡:::::::`~/ {{    \      ハ  ヽ        Y   アインクラッド充っぷりを知れば自然と評価してくれる可能性もあります
  /::::::::::::::/  /{ !    \       Y  ゙、     ハ
 /:::::/::::::/  /  い     \     }癶  Y    l/ }



          /:::::::⌒ζ:::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::-‐Y⌒:::::::::::::::::::::::\:::\    が、アーテルからヒースなんとかさんへの《友好度》は
        /:::::::/::::::::/::ヽ::::::::::::\::::::::::::::ヽ:::ヽ
      /::::::::::/::::::::::::/::::ハ::::::::\:::ヽ::::::::::::::::::::::、

      /:::::u:/:::::::::::::/:::::i:::::l::::::::::::::::::::゙;:::::::::::::::::::::、    やはりというかなんというかなかなか厳しいものがありますね
     /:::::::::j:::::::::::::::l:::::::::::::::l:::::::::::\:::::i:::::゙;:::::::U::::i

     j::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::ト:::::::::::::::ヽ::i::::::l:::::::::l::::l
     l::::::::::::l:::::::::::::/l::::::::::::l:::l ∨::::::;;;;;;::::l::::::l:::::::::l::::}    一応アーテルからの《友好度》が変化するタイミングでは
     l::::::::::::l:::::::::::::l l::l::::::::::l:::l X":::::::::::::i::::::l:::l:::::}::::!
     j::::::::::::i:::::::::::::l-い:::::::::い  ヽ::::ヾ:::::l:::::l:::l:::::lヽ{
     {::::u::::::い:::::::::l ヽ::\::::::::ヽ   ̄_,,二l::::::::l:::::l }    《友好度》変化をコンマで決めるか選択肢の中から決めるか
     !:::::::::::ゝl\ゞゝ \  ̄ ̄   >'"⌒i:::j:::l::::j_/i
     ヽ:::::::::::::ゝ  _,,,,_       ;:;:;:;:; j:/l::::::ハ:::::}
      Y::::ヽ:::\ ㌢'"⌒    ::.     ノ l::::/:::::ノ      どちらの方法を採るかを自由に選んで頂く予定です
      弋::::人:::::\ ;:;:;:;:;   `    ,   /l::/::::::/ヽ
       jヽいヽー-ヽ     、__  / /::j/::::ソ  }_ノ
       乂メ:ト:::\  >ーr- へ__. ィ" l \弋__,,,、ノ:::::::`ヽ、     敵対するだけならむしろ悪化した方が

     /:::::/ \\/7" ̄ / Y-ヽ_ノ  ヽ  \:::::::\::::::::\
    /:::/::/ ヽ   /:::7  / /  {-~⊃_}    `ヽ、::\:::::::ヽ
   /:::::/::/  Y  //゙、 / ///_     ̄  ー- 、\::ヽ:::::ハ    嫌がらせや攻撃が捗るのかもしれませんが
   /::/:::/ j    い/   \__//_/::::::::::: ̄::::ー-      /  Y::Y:::} }
  {/{:::/ ノ     У     / ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::7  /}::j:::jノ
    ゝ( { {   /           〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / }ノ::ノ    最初から敵対する以外の選択肢や可能性が無い様では
      j ヽ /         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /l j/
     / /        __/:r、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// / }

     //            r(\::ヽYi:::::::::::::::::::::::::::::::::/  /  /    ゲームとしてどうかと思いますしね
    У         r、ヽヽ\/ヽ:::::::::::::::::::::::::::/ /   {
   〈         /:::`r-‐彡  ヽ \::::::::::::::::::://    ノ


※ちなみにどういう感じがお好みでしょうか。


1:喧嘩の美学はタイマンだしヒーローは孤独なものだよ。
  常に見られているのを想定して誰にも真実を明かせないまま孤独な戦いを強いられるクロリンが見たいよ。
  雰囲気は暗くて余裕が無い感じになるかもだけど執念クロリンはかっこいいかも。


2:いやいやクロリンの周りに居る面々がそんなのを許すとでも?絆の力に賭けるよ。
  可能性は低いかもしれないけど……このシチュエーションにおけるクロリンのほんの僅かな変化から、
  色々と察して何も言わなくとも協力してくれる人が、もしかしたら現れるかもしれないよ。
  前提条件を満たしているギルドメンバー4人がどの程度理解出来たかコンマ判定を行うよ。


↓多数決で最初に3票投じられた方が選択されます。

2 せっかくだから、俺は絆の力を選ぶぜ!


>>443-445 2

※アーテルが【デスゲーム開始後に不正に乱入してきたプレイヤー】である事を知っており、
アーテルから【茅場晶彦の話を聴いている】事がこのコンマ判定を行うのに必要な前提条件です。
この条件に当てはまるのはトモミ、アルゴ、キリト、マサムネの4人です。


※通常《友好度》が60を超えると何も言わずとも意図を察してくれたりする様になりますが、
《友好度》が幾ら高くてもギルドメンバーの大半が集まり、ギルドに新人を迎え入れて持て成している状況では、
作業していたり等で目を離していてアーテルの一瞬の繊細な表情の変化等を見落とす事は十分に有り得ますので、
《友好度》の値に基づいた自動成功ではなくコンマ判定を行うという形を採ります。

※『大まかな性格や好みを覚えて貰える』のが《友好度》40です。
冷静かつ一見友好的に振る舞うアーテルの内面や感情を敏感に感じ取り、その理由を推察するのは、
《友好度》が最低でもその位無いと話にならないくらい難しい事ですので、難易度による補正として-40します。

http://www46.atwiki.jp/livinginsao/pages/18.html

──────────────────────────────────────────────────
《成功度》0~9 アーテルの様子に違和感を覚える。
《成功度》10~19 アーテルの様子に強い違和感を覚える。明らかに様子がおかしいと気付く。
《成功度》20~29 アーテルの緊張、怒り、嫌悪感に気付く。そうなった理由としてタイミング的に新人を疑える。

《成功度》30~39 この《成功度》を達成するのに最低でも《友好度》が70必要な、熟年夫婦並の理解。
           アーテルの感情に気付いた上で冷静に振舞おうとするのに協力してくれる。
           そうなった理由としてタイミング的に新人を疑える。

《成功度》40~49 この《成功度》を達成するのに最低でも《友好度》が80必要な、通常有り得ないレベルでの理解。
           何も言わずともアーテルの態度とそうなったタイミングから新人の中身、正体を疑える。

《成功度》50~59 この《成功度》を達成するのに最低でも《友好度》が90必要な、通常有り得ないレベルでの理解。
           何も言わずともアーテルの態度から新人の中身、正体を推察し警戒出来る。

《成功度》60~69 この《成功度》を達成するのに最低でも《友好度》が100必要な、通常有り得ないレベルでの理解。
           何も言わずともアーテルの態度の理由と新人の中身、正体を正確に理解し、協力してくれる。

《成功度》70~79 極めて深く理解。ある種の奇跡。
《成功度》80~89 完全に理解。完全に奇跡。

《成功度》90~ もしこんな《成功度》が叩き出せたら一瞬視線を交わすだけで声に頼らずにしっかり話し合えた域。
          トモミとアルゴは(難易度補正の無い)平常時なら10回に2回~4回位このレベルでアーテルを理解してくれる。
──────────────────────────────────────────────────


※アーテルへの《友好度》の値に-40の補正を加えたものを《目標値》に二桁(00~99)コンマ判定。


1↓ トモミ アーテルへの《友好度》136 136-40=《目標値》96

2↓ アルゴ アーテルへの《友好度》108 108-40=《目標値》68

3↓ キリト アーテルへの《友好度》64 64-40=《目標値》24

4↓ マサムネ アーテルへの《友好度》54 54-40=《目標値》14

1

うい

ほい


>>448 05  トモミ アーテルへの《友好度》136 136-40=《目標値》96  96-05=《成功度》91

>>449 98  アルゴ アーテルへの《友好度》108 108-40=《目標値》68  《目標値》以下を出せなかったので失敗。

>>450 33  キリト アーテルへの《友好度》64 64-40=《目標値》24  《目標値》以下を出せなかったので失敗。

>>451 15  マサムネ アーテルへの《友好度》54 54-40=《目標値》14  《目標値》以下を出せなかったので失敗。


※アルゴやキリト、マサムネが鈍いとか、情が薄いとかではありません。
ほんの一瞬他を見ていた、などなど、ただ間が悪かっただけなのです……。

※ただ、トモミの《成功度》が奇跡的な値なので、アルゴとマサムネについてはもう一度チャンスがあります。

──────────────────────────────────────────────────
《成功度》90~ もしこんな《成功度》が叩き出せたら一瞬視線を交わすだけで声に頼らずにしっかり話し合えた域。
          トモミとアルゴは(難易度補正の無い)平常時なら10回に2回~4回位このレベルでアーテルを理解してくれる。
──────────────────────────────────────────────────


アスナ「一通り自己紹介は済んだかな?」

キリト「ああ、一周した」

アスナ「えっと、あともうお1人、サーシャさんって方がおられます。後でご紹介しますね」

ヒースクリフ「ふむ、今ここにはおられないと」

アスナ「はい。お忙しい方ですので」

ヒースクリフ「なるほど、了解した。面倒をかけて申し訳ないが宜しく頼みます」

アスナ「いえいえ」

トモミ「……にぎやかになるのっていいですね」

アルゴ「うン」

アスナ「ええ」

トモミ「えっと、不謹慎なのですけれど……」

アルゴ「うン?大丈夫だヨ」

トモミ「私、私達をここに閉じ込めてくれた人にお礼が言いたい気分です」

キリト「!」

リズベット「え!?」

ヒースクリフ「……!?」

アルゴ「……」

アスナ「えっと……どういう……」

トモミ「こうしてみなさんと出会えたのって……その人のお陰でもあるのかなって思ったんです」

トモミに注目していた全員が唖然としていた。

当然だ、トモミ達をここに閉じ込めた男、茅場晶彦はもう2,500人以上殺している大量殺人犯なのだから。

普段のトモミなら、人前でこんな事は絶対に言わない。

これは底浅陰気根暗エロもやしへの嫌悪に目を曇らせた俺へのメッセージだ。

そう、悪い事ばかりでは無かった。

不謹慎だろうが俺とトモミにとっては紛う事なき真実だ。

トモミから差し伸べられた暖かい想いに、俺の中の苛立ちが僅かずつ溶けていくのを感じる……。


※トモミへの《友好度》の値に-30の補正を加えたものを《目標値》に二桁(00~99)コンマ判定。(注目しているので難易度低下)

1↓ アルゴ トモミへの《友好度》88 88-30=《目標値》58

2↓ マサムネ トモミへの《友好度》52 52-30=《目標値》22

アルゴォ!!


>>459 23  アルゴ トモミへの《友好度》88 88-30=《目標値》58  58-23=《成功度》35

>>460 98  マサムネ トモミへの《友好度》52 52-30=《目標値》22  《目標値》以下を出せなかったので失敗。

──────────────────────────────────────────────────
《成功度》30~39 この《成功度》を達成するのに最低でも《友好度》が70必要な、熟年夫婦並の理解。
           アーテルの感情に気付いた上で冷静に振舞おうとするのに協力してくれる。
           そうなった理由としてタイミング的に新人を疑える。
──────────────────────────────────────────────────

※トモミの感情やアーテルを見る眼差しの優しさ、新人を見る視線の揺れに気付いた上で、
  タイミングとトモミのヒントを切欠に新人を疑える様になりました。

※追加でアルゴのみ、状況から分析、推理で真相に辿り着けるかの判定をお願いします。


※アルゴの◆Intelligence(知識力):6にトモミのヒントによる補正+1を加えた値7を《目標値》にした一桁(0~9)コンマ判定。

↓1


※ああ、私のせいで下なイメージが……マサムネさんは戦力的にはヤバイ位輝いています。
回避捨てて全力で当てに行かないとアーテルはマサムネに攻撃当てられないですし、
回避に専念してもアーテルはマサムネの攻撃を2回に1回以上受けてしまいます。
また、マサムネに本気で殴られていい所に喰らったらHPを一気に1/5近くまで減らされます。

>>465 7 《目標値》7 7-7=《成功度》0 《目標値》以下だったので成功。


アルゴ「(……!)」

アルゴ「(なるほど……まさかそんな事とはネ……トモちゃんのヒントが無かったらヤバかったヨ)」

アルゴ「!……そうだネ、オレっちもお礼が言いたいナ」

アルゴ「その位、この世界での出会いはオレっちにとってかけがえの無い物だったヨ」

アスナ「それは……わたしもです」

キリト「……俺もだ」

アルゴ「アー坊はどうかナ?」

ヒースクリフ「…………」


1:「勿論、俺もだ。俺はこの世界にログインして良かったと思ってる」

2:「お前達と出逢えたからな。後悔していない」

3:「正直、この世界で出逢えていなかったらどうなっていたか……もう全く想像もつかんよ」

4:なんでもご自由にお答え下さいね。


↓3

3


>>472 3


アーテル「正直、この世界で出逢えていなかったらどうなっていたか……もう全く想像もつかんよ」

アルゴ「そうだネ……」

トモミ「この世界に来る事も無く、出逢えていなかったら……普通に高校大学と卒業して……誰かと結婚したりしたのかな?」

アーテル「勘弁してくれ、俺以外の男となんて考えたくも無い」

トモミ「すいません。私もアーテルさんがいいです、他に考えられません」

リズベット「なんか運命って感じでいいわよね」

アスナ「そうだねー」

アルゴ「まぁ……でもやっぱり気をつけた方がいいかナ。不謹慎なのは確かだからネ」

トモミ「そうですね~すいません」

アルゴ「それに……安全を考えるなら、念の為、茅場晶彦の事も口に出すべきじゃないネ」

トモミ「ああ、プレイヤーを監視しているかもしれないんでしたっけ」

アルゴ「うン。悪口でも言おうものなら接続切られてお陀仏かもだヨ」

キリト「確かに、それはそうだなぁ……そう出来るだけの権限はある筈だからな」

マサムネ「GMの親玉だからね。一般的なMMORPGのGMが出来る事以上の事は出来ると考えた方が自然だね」

キリト「強制ログアウト位は余裕だろうなぁ」



0 「それはまず無いだろう。考えてもみたまえ、もし君達がゲームの作者だったとして……遊んでくれるプレイヤーを害するかね」

123 「それはまず無いだろう。考えてもみたまえ、わざわざ苦労して囲った羊を逃がすかね」

456 「君達は茅場晶彦が憎くは無いのかね。君達の時間と自由も奪われている筈だろう?」

789 「君達は随分と寛容なようだが……まさか《攻略》は諦めるとか言い出したりしないだろうね?」


↓1


>>474 4


ヒースクリフ「君達は茅場晶彦が憎くは無いのかね。君達の時間と自由も奪われている筈だろう?」

トモミ「ヒースクリフさんは奥さんと離れ離れなのでしたね……すいません」

ヒースクリフ「……いや、責めたつもりでは無かったのだ。頭を上げて貰えると助かる」

ヒースクリフ「ただ、フロアボス戦に参加している位《攻略》に熱心だとは思えない寛容さだったのでね」

アルゴ「犠牲者は大勢出たしネ、キツかったのも間違いなイ」

アルゴ「ただ……悪い事ばかりじゃ無かったからネ、個人的には感謝もしてるヨ」

トモミ「はい、悪い事ばかりじゃありませんでした」

俺はこのゲームがデスゲームと化したのを知っていて自分から無理やり途中参加した口だから、

俺が底浅陰気根暗エロもやしを快く思わないのはこの世界に閉じ込められたからでも、自由と時間を奪われたからでもない。

単に気に食わないだけなのだが……トモミやアルゴや、皆は違う。

正真正銘底浅陰気根暗エロもやしに貴重な時間と自由を奪われ、死の危険に晒されたのだ。

そんな年下少年少女たちの冷静で落ち着いた言動が底浅陰気根暗エロもやしを戸惑わせている。

それを小気味酔い気持ちで眺めながら俺は、

年下少年少女たちは俺や底浅陰気根暗エロもやしよりずっと大人なのかもしれないと思った。



1:「……ああ、確かに悪い事ばかりじゃなかった」

2:「不謹慎で申し訳ないが、個人的には良い事ばかりだった」

3:「ヒースクリフさんはご結婚されていたんですね。奥さんはどんな方なんですか」

4:「悪い事を減らす為にも早くレベルを上げたいところだな」

5:なんでも自由にお書き下さいね。


↓3

1


>>478 1


「……ああ、確かに悪い事ばかりじゃなかった」

茅場晶彦の前でそう口に出して言いきれた俺に、トモミとアルゴが嬉しそうに微笑んでくれる。

憎む必要も恨む必要も無い、ただ俺は俺であればいい。

トモミとアルゴの瞳が雄弁にそう告げている気がする。

実の所俺よりずっと大人であるらしいトモミには、俺の幼稚な考えなぞ完全にお見通しらしい。

何も言わずとも繋がっているという、確かな実感がある。

お陰で前向きになれたと礼を言いたい衝動に駆られたら、照れくさそうな顔をされた。

トモミに乗って底浅陰気根暗エロもやしを煽っていたアルゴも既に解ってしまっている様だ。

大方状況とトモミの言動から見抜いたのだろう。

その知性の閃きと、恐るべき洞察力をもたらす彼女の弛まぬ意志を、俺は心から尊敬する。

何の権限も無く、底浅陰気根暗エロもやしの前ではただ余裕ぶって見せてやる事しか出来ない俺は、

どうやらあらゆる意味でもう1人ではないらしい。

一蓮托生という奴だ。

誰も巻き込むわけにはいかないと覚悟を決めた筈が、

心強い味方を得られたと解った途端にこの有様だ。

ああ――――安心した。

俺はどうやら弱くなってしまったようだ。

いや、もともと弱かったのにようやく気付けたのだろうか……。

1人であれだけ寝っ転がっていたというのに、今ではもう……1人には耐えられそうに無い。

その温もりを、暖かさを、ずっと感じていたいと思う。

この世界が終わっても、ずっと、ずっと。

「無事に生きて帰る為にも――――良いことで一杯にしたいものだな」

俺がそう言うのを待っていたのか、あるいは解っていたのか。

間髪いれずに「はい」と返って来たのは言うまでも無い。


                           《つづく》

※すいませんうとうとしてしまっていました……遅くなってすいません。

※次回、黒木燐太郎から茅場晶彦への《友好度》の変化を、選択肢から選ぶか、
コンマで決めるか選択して頂いた後、祝勝会を開くなら一気に祝勝会開始時点に飛ぶ選択肢、
クラインから連絡があるかもしれない選択肢、ビーストテイマー誕生時に飛ぶ選択肢などを予定しております。

※最後にヒースクリフさんの反応を決めさせて頂こうと思います。

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。


※人間関係が更新されました。

──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(126)》「ああ、一緒だ」⇔「ずっと一緒です」《(136)》 トモミ(フレンド・伴侶) [7層主街区《リンクシーズ》]

 時の神に祝福された奇跡、至上の繋がり+5 安堵+1 依存+2 ↓ 時の神に祝福された奇跡、至上の繋がり+5

主人公 《(134)》「(俺を1人にしないでくれ)」⇔「(ずっと一緒です)」《(141)》 トモミ(フレンド・伴侶) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
主人公 《(97)》「すまんな」⇔「ううん、嬉しいヨ」《(108)》 アルゴ (フレンド・魂の友・共同経営者) [7層主街区《リンクシーズ》]

   敬愛すべき弛まぬ意志+2 安堵+1 ↓ 一蓮托生の仲間になれた+3

主人公 《(100)》「俺は1人じゃないんだな」⇔「今頃気付いたノ?」《(111)》 アルゴ (フレンド・魂の友・共同経営者) [7層主街区《リンクシーズ》]
──────────────────────────────────────────────────
──────────────────────────────────────────────────
トモミ 《(86)》「探すのを止めないでください」⇔「約束する」《(88)》 アルゴ (フレンド・魂の友) [現在位置エリア名]

 熟年夫婦の様に確かな理解+3 心強い援護+2 ↓ 熟年夫婦の様に確かな理解+3

トモミ 《(91)》「気付いてくれると思っていました」⇔「トモちゃんのお陰だヨ」《(91)》 アルゴ (フレンド・魂の友) [現在位置エリア名]
──────────────────────────────────────────────────

※もし仮に黒木燐太郎が◇Dead Endingを迎えても、そのエンディングは厚いものになりそうです。

※もし仮にトモミが死亡したら……ちょっとどうなるか解りません。


・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚


※現在の人間関係。
──────────────────────────────────────────────────
黒木燐太郎 《(-46)》「底浅陰気根暗エロもやし○す」⇔「…………」《(-1)》 茅場晶彦
──────────────────────────────────────────────────

※ヒースクリフさん、未成年のプレイヤー達やリアル知り合いから感謝されちゃったり悪い事ばかりじゃなかったとか喜ばれた上に、
リアル知り合いが様変わりした挙句すっかりどっぷりアインクラッド充な生活を送っているのを目の当たりにしちゃいましたけど。
……今、どんな気持ち?

※ヒースクリフからアーテルへの《友好度》が低下する程、不正アクセスに気付かれた時の対応(コンマ表の内容や確率)が苛烈になります。



000 大歓迎。《友好度》+24 不正アクセスに気付いた場合それを不問とし、追加で《友好度》が上昇する。

00 歓迎。《友好度》+18 不正アクセスに気付いた場合それを不問とし、追加で《友好度》が僅かに上昇する。

0 歓喜。《友好度》+12 不正アクセスに気付いた場合それを不問とする。

1 感動。《友好度》+9

23 快哉。《友好度》+6

45 唖然。《友好度》+3

67 動揺。《友好度》±0

8 困惑。《友好度》-2 ギルド《Hall of World》のメンバーに対する質問が自然と多くなる。

9 疑問。《友好度》-4 アーテルとトモミに対する突っ込んだ質問が自然と多くなる。

99 戦慄。《友好度》-8 以降アーテルの生活が監視・確認される様になる。ヒースクリフの就寝時、ログアウト中、戦闘中は除く。

999 畏怖。《友好度》-16 以降アーテルの生活が管理者用のログ機能もフル活用した上で24時間全て監視・確認される。


↓1


>>482 1 感動。《友好度》+9

──────────────────────────────────────────────────
黒木燐太郎 《(-46)》「底浅陰気根暗エロもやし○す」⇔「…………」《(-1)》 茅場晶彦

                        ↓ 感動+9

黒木燐太郎 《(-46)》「底浅陰気根暗エロもやし○す」⇔「…………」《(8)》 茅場晶彦
──────────────────────────────────────────────────

※ヒースなんとかさんは不覚にも感動を覚えてしまった様です。

※ヒースなんとかさんからギルドメンバーへの《友好度》も加算されました。


※少し体調が不安定で夜までにどうにかしたかったのですが、上手くいきませんでした……。
祝日を寝て過ごすとか残念な人すぎて自分で自分を犯人です。

※次回クロリンからヒースなんとかさんへの《友好度》をコンマで決める場合はハイリスクハイリターン、
選択肢として自由に選ぶ場合はリスクゼロのローリターンと言う、以下の様な感じを予定しております。

000  コンマ判定で決める場合《友好度》+40
00  コンマ判定で決める場合《友好度》+24  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》+6
0  コンマ判定で決める場合《友好度》+16  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》+4
123  コンマ判定で決める場合《友好度》+8  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》+2
45  コンマ判定で決める場合《友好度》±0  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》±0
678  コンマ判定で決める場合《友好度》-8  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》-2
9  コンマ判定で決める場合《友好度》-16  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》-4
99  コンマ判定で決める場合《友好度》-24  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》-6
999  コンマ判定で決める場合《友好度》-40

※クロリンは自分から乱入したのでヒースなんとかさんによって直接デスゲームに巻き込まれた訳では無く、
目の上のたんこぶというか、コンプレックスというか、多分に精神的なものですので、クロリン次第で劇的に変化は起こり得そうです。
トモミやアルゴと出逢えたのの恩人だと思えば劇的に上がるでしょうし、
だがトモミやアルゴをデスゲームに巻き込んだ加害者だと思えば際限なく下がりもするでしょう。

※クロリンのヒースなんとかさんへの《友好度》は影響力が大きいですので(決め方も含めて)自由に選んで頂ければと思います。

※今夜は進められなくて申し訳ありませんでした。


        /:::::::::::::::::::/::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::ヽ
       '::::::::::::::::/::/::::::::::::::/:::::::::::::::/l::::::::::::::::ト::::::::::::::::::::い   なんだかどきどきさせてしまったみたいですいません
     j::::::::::::::/::::;::::::::::::::/::::::::::::::::/ l:::::::::::::l::l ∨::::::::::::!::::::i

     !::::::/:::/:::::j:::::::::::::;::::::::::/:::::/ l:::::::::::::l::} l:::l::::::::::l:::::::i
     !::::j::::::::::::::i::::::::::::j:::::::::/:::::/  j::::::::::::j::j  l::トl::::::::l:::::::i   《倫理コード解除設定》を知った時みたいに
     l::::l::::::::::::::l::::::::::::l-‐::/T::/⌒ /l:::::::::/l:j-‐j::}-l:::::ハ::::::l

       !::l::::::::::::::l::::::::::::l::/ //--//:::::::/ jノ__ ノノ }::/:::i:::::i
      l::l::::::::::/ l::::::::::::l,x斧犾~㍉ メ//  斗F气 !::::::::i:::::l   選択肢に《友好度》がどの位変化するか明示しておく予定でした
      l::l::::::::{ l::::::::::<( {: : ::: ノ      イ :: :::ノ)〉!::::::::}::::l
       l:::l::::::l::\l::::::::::::l `ー''゙        弋;;シ /::l::::::::j::::l
     j::::l::::::l:::::l::l::::::::::::l           ,      ,::/l:::::::/:::j   《友好度》が下がっても即どうこうなる訳ではありません
     /:::::l:::::::::::l::::い:::::::ト、               ノ/ j:::::/:/:;
     /::::::::l::l:::::::l::::/ト、:::l \   ` ;;;;''   ィ::::::{ ノ//j:/
   -‐  ̄l::l:::::::l7  λ\ ト三 三 三 三 三 三三Yl::/ ノ   『《攻略》して欲しいヒースクリフ』に協力したくないから《攻略》止める
 /-‐く   い::::::l   ゙、  l |              |\
/    { \ ゙、:::::人   У\ ぷろぐれっしぶ2 l-、ヽ
   /八  ヽヽ::::::ヽ /-- 、\         / ノ  i   と言うわけにもいかないですしね
   /  ヽ  ヾ\::::ヽ{    \┘          〈// ノ  i



          /:::::::⌒ζ:::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::-‐Y⌒:::::::::::::::::::::::\:::\    ただちょっと、もし万一茅場晶彦に頼み事やお願いをされる展開になった場合に
        /:::::::/::::::::/::ヽ::::::::::::\::::::::::::::ヽ:::ヽ
      /::::::::::/::::::::::::/::::ハ::::::::\:::ヽ::::::::::::::::::::::、

      /:::::u:/:::::::::::::/:::::i:::::l::::::::::::::::::::゙;:::::::::::::::::::::、   《友好度》が低いと協力したり頼みを聞くのが難しくなるだけです
     /:::::::::j:::::::::::::::l:::::::::::::::l:::::::::::\:::::i:::::゙;:::::::U::::i

     j::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::ト:::::::::::::::ヽ::i::::::l:::::::::l::::l
     l::::::::::::l:::::::::::::/l::::::::::::l:::l ∨::::::;;;;;;::::l::::::l:::::::::l::::}   起こるかもしれない展開の幅を狭めてしまう可能性がありますので
     l::::::::::::l:::::::::::::l l::l::::::::::l:::l X":::::::::::::i::::::l:::l:::::}::::!
     j::::::::::::i:::::::::::::l-い:::::::::い  ヽ::::ヾ:::::l:::::l:::l:::::lヽ{
     {::::u::::::い:::::::::l ヽ::\::::::::ヽ   ̄_,,二l::::::::l:::::l }   自由に選んでいただいたほうがいいかなぁと思った次第です
     !:::::::::::ゝl\ゞゝ \  ̄ ̄   >'"⌒i:::j:::l::::j_/i
     ヽ:::::::::::::ゝ  _,,,,_       ;:;:;:;:; j:/l::::::ハ:::::}
      Y::::ヽ:::\ ㌢'"⌒    ::.     ノ l::::/:::::ノ    あ、勿論『正体をばらして台無しにしてやる』という方向で
      弋::::人:::::\ ;:;:;:;:;   `    ,   /l::/::::::/ヽ
       jヽいヽー-ヽ     、__  / /::j/::::ソ  }_ノ
       乂メ:ト:::\  >ーr- へ__. ィ" l \弋__,,,、ノ:::::::`ヽ、    敵対する選択肢はいつでも自由に選ぶ事が出来ます

     /:::::/ \\/7" ̄ / Y-ヽ_ノ  ヽ  \:::::::\::::::::\
    /:::/::/ ヽ   /:::7  / /  {-~⊃_}    `ヽ、::\:::::::ヽ
   /:::::/::/  Y  //゙、 / ///_     ̄  ー- 、\::ヽ:::::ハ   上手くいけばゲームクリアを早められる可能性があります
   /::/:::/ j    い/   \__//_/::::::::::: ̄::::ー-      /  Y::Y:::} }
  {/{:::/ ノ     У     / ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::7  /}::j:::jノ
    ゝ( { {   /           〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / }ノ::ノ    下手を打つとヒースクリフのアバターを廃棄されて見失ったり
      j ヽ /         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /l j/
     / /        __/:r、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// / }

     //            r(\::ヽYi:::::::::::::::::::::::::::::::::/  /  /    回線を落とされて死亡したりする可能性があります
    У         r、ヽヽ\/ヽ:::::::::::::::::::::::::::/ /   {
   〈         /:::`r-‐彡  ヽ \::::::::::::::::::://    ノ
     V       /:::::::::::乂ヽ ヽ  メ }::::::::::::::::/  ノ   {    その辺りはクロリンへの《友好度》も影響しそうです
      }     /:::::::::::::::::::::ヽヽ  イ  人::::::::::://   ノ }
     └--‐<:::::::::::::::::::::::::::::::}  ̄     \::/-‐  ̄  ノ


※他にも何か解り難い点やおかしい点、うっかりミス等ございましたらお詫びや説明致しますので、
お気軽にお書き頂けたらと思います。

※熱は下がったのですが一応無理しない範囲で少しずつ進めていきたいと思います。

※どうぞよろしくお願いいたします。


       /::::/::/::::::::::::/:::::::::::::::/ j:/ l:::::l::::::::::::::l::トl:::::::::::::::::::::::::l::i
      j:::::/:::j::::::::::::/::::::::::::::/ ∥  l::::l::::::::::::l::l::} i::::::::::::::::l:::::::l:::i   茅場晶彦への《友好度》下げる選択をするメリットも
      !:::/::::l::::::::::::j::::::::::::::/_/_ !::::::::::::::::j::l::l !:::l:::::::::::l:::::::l:::i
     j:::/:::::l:::::::::::::{:::::::::/ ̄ /   ̄j::}::::::::::::::::ハ:!__i:::l::::::l::::l::::::::l:::l
     l::j:::::::l::::::::::::::l::::::/  /    ハl::::::::::::/l/ l  l::ハメl::::j::::::::}:::i   一応先に明示しておこうと思います
     l::l::::::::l:::::::::::::/l:/ _/ ー-、 / ノ:::::::::/ / ノ__ j/ l::::j:::ハ:::::::i::::}

     l:l:::::::::l:::::::::::l::x彡斧犾(~\  ー-/   ,,..xzzxl:::::∥::::::::!l:::!
     j:l:::::{ l:::::::::::l::lヾ{::(;;;;ノ:ノ         斧犾こヾY/:::::::::::l !:!   《友好度》が低いほど(強く怨んだり憎んだりしているほど)
     /l:!:::::ヽl:::::::l::::トl  ゞ;;;シ         {(;;;ノ/ ノ癶::::::::::::j l:l
    /:::l:::::::::::l:::::::l::::l \             `ミシ  /::::::::::::::::! ll
     j:::::i:::::::::λ:::::、:::ト、          "         / l::::::::::::::j !   茅場晶彦と直接殴り合って戦う場合の戦闘に有利になります
    {::::::i::::::::::::V::::::::::l:\                  ノ l::::::::::::/ /
     乂:::い:::::::::V:::::::::゙、} \   `   ノ     /} ノl:::::::::/ /
      \::::::::::::::\:::::ト\       "  _,,.. ‐''":::::ノ  ノイ://   《友好度》が-100なら、《目標値》にマイナス-100分の補正です
      ζヽ::::::::ヽ:::\l{     ` ー 1くー-ニ二/〉_ j/
      乂 `⌒"// \       l \ー--- ̄`ヽ
 `ー=彡:::::::`~/ {{    \      ハ  ヽ        Y   つまり《目標値》に+100の補正で、その分《成功度》も大きくなります
  /::::::::::::::/  /{ !    \       Y  ゙、     ハ
 /:::::/::::::/  /  い     \     }癶  Y    l/ }
/::::::/:::/  /   ヽヽ      \  '"j l トj    l j



※それではクロリンから茅場晶彦への《友好度》の決定方法をお選び下さいね。

──────────────────────────────────────────────────
000  コンマ判定で決める場合《友好度》+40
00  コンマ判定で決める場合《友好度》+24  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》+6
0  コンマ判定で決める場合《友好度》+16  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》+4
123  コンマ判定で決める場合《友好度》+8  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》+2
45  コンマ判定で決める場合《友好度》±0  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》±0
678  コンマ判定で決める場合《友好度》-8  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》-2
9  コンマ判定で決める場合《友好度》-16  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》-4
99  コンマ判定で決める場合《友好度》-24  選択肢として自由に選ぶ場合《友好度》-6
999  コンマ判定で決める場合《友好度》-40
──────────────────────────────────────────────────


1:コンマ判定で決める。(000~999で+40~-40)

2:選択肢として自由に選んで決める。(+6~-6の間で任意)


↓先に3票集まった方法が選択されます。

ドーセヒースクリフはアスナに任せっきりのニート箱庭観賞チートプレイしてたしヘーキヘーキ
1


>>502-504 1

       ,. -―-,)、
      /カゞ;' ;'´ ヾ`ヽ
    !i {ミl lレハリ゙ヾリ)

     川ト(トfノ Hヽ k|   コンマに委ねるのも安価スレの醍醐味ですよね
    ノ ソゞ∩''' ワ''∩!
   ((´   ヾ.j´怯!'iソ


※現在の人間関係。
──────────────────────────────────────────────────
黒木燐太郎 《(-46)》「底浅陰気根暗エロもやし○す」⇔「…………」《(8)》 茅場晶彦
──────────────────────────────────────────────────


※それでは神のご加護のあらんことを。

──────────────────────────────────────────────────

000  コンマ判定で決める場合《友好度》+40

00  コンマ判定で決める場合《友好度》+24

0  コンマ判定で決める場合《友好度》+16

123  コンマ判定で決める場合《友好度》+8

45  コンマ判定で決める場合《友好度》±0

678  コンマ判定で決める場合《友好度》-8

9  コンマ判定で決める場合《友好度》-16

99  コンマ判定で決める場合《友好度》-24

999  コンマ判定で決める場合《友好度》-40

96(きゅうじゅうろく)  2人の誕生日特殊ボーナスで、現在の《友好度》が±逆転。

──────────────────────────────────────────────────

↓1

00


>>506 2

※人間関係が更新されました。
──────────────────────────────────────────────────
黒木燐太郎 《(-46)》「底浅陰気根暗エロもやし○す」⇔「…………」《(8)》 茅場晶彦

 トモミやアルゴと出逢えた事には心から感謝しているが、
 冷静に考えたらお前がデスゲームなんぞ始めずに普通にサービス開始されていれば、
 俺もさして苦労せずにログインできたし、その場合でもトモミと出逢えた自信、いや確信があるし、
 やはりどう考えてもお前が悪い絶対に感謝なんぞしてやらんからな+8  ↓

黒木燐太郎 《(-38)》「底浅陰気根暗エロもやし煮る」⇔「…………」《(8)》 茅場晶彦
──────────────────────────────────────────────────


           ヘ;ハ. 〈   i、_!ト                              2023年02月04日(土) PM 03:30
               "ヽ fヽ  .ハ!`       「さて、どうするかな」
              ヽ.,ー', / レ`
、           ,--<\¨´ |    ◇プレイヤーネーム:AteR(アーテル) ◆レベル Lv:18 ◆ギルド:《Hall of World》

. \         ノ  ̄ ̄`ー┴ヽ__          , -‐-、_/!
  ヽ____  〈            ̄ニヽ      /      !,、  ,、 ◆所持金(コル):736,935
   \      >゙  __ \    f´  \ ___/      ノ´(_,'7,'/
     ー、  f ゝ ´ ̄`ー<゙┬、 〈`ヽ   トーァ,′   /i/ '´ ___/  ◆ヒットポイント HP:3455/3455  (Lv x150+筋力x5)
         |    /  / |:::::\__{ , 、 、\  ___./  \/    .◆経験値 EXP: 20010/36000  (nextEXP=Lv x2000)
         |  `´    ∧  |::::::::::::::| i:} iヽヽ、>/     __/ |     .◆Fatigue Points(疲労耐久値): 180/180
     ____/!        〉 /:::::::::::::∪:ト、!゙ゝ'イ   / ノ./
  / ̄              //.:::::::::::::::::::::|ヽ\____.イ   / A:ステと装備を確認する。    .G:トモミのステと装備を確認する。
<              /:.\::::::::::::::::::::|ヽi !___,   /
  `ヽ              /、::::::::::::::::::::::::::::∧ ー-、__/     .B:スキルを確認する。       .H:トモミのスキルを確認する。
              / 〉::::::::::::::::::::::::::::::::∧
________/   〈::::::::::::::::∠_________〉          .C:ストレージを確認する。     I:独立ストレージを確認する。
               >-<――┴┴ト!{

               {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{:;:;!i!;!_          .D:フレンドリストを確認する。   J:トモミのフレンドリストを確認する。

                  ,':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/〉:;:;i!:;ト、
                  {:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;/:;/:l!;:;:;∨        .E:クエスト一覧を確認する。    K:トモミのクエスト一覧を確認する。
               〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;//:;:;:;:l!;:;:;:;∨
               |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∧:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∨        F:ギルドメンバーを確認する。  L:ギルド専用ストレージを確認する。

※アルファベットを選択すると各種ステータスや情報を確認できます。

※フレンドリストでフレンドの現在位置確認や、フレンドメッセージの送受信を行えます。



1:「変わった間取りだがここがギルドハウスという事でいいのかな?」
  (自己紹介からの雑談という名のギルドメンバー交流を継続します)

2:「(周囲の監視の目が多いほど悪巧みされ難いだろうし)今回もやるか、祝勝会」
  (10層フロアボス犠牲者無しでの討伐を記念して祝勝会を行います。エロもやしは強制参加です)

3:「(巻き込む恐れがあるし)今回はやめておくか、祝勝会」
  (今回は祝勝会開催を止めておきます。新人紹介兼交流会は解散になります。アーテル自身とマサムネの行動選択です。
  何も用事が無い場合、アスナ、キリト、リズベット、アルゴ、ヒースクリフは11層《主街区》から次の拠点へ出発します)

4:「なぁんだコレ、《カタナ》スキル……だと……?」
  (クラインが《カタナ》スキル習得に気付く。2023年02月22日(水) AM 08:00の朝食後に飛ぶ。
   《攻略》の進行具合や成否、イベント等を判定する。
   飛ぶ日時までの大まかな行動指針を決めて経験値稼ぎが含まれる場合は大まかに成果を計算する。
   クラインが誰に相談するか判定。アルゴに相談した場合、アルゴはトモミを紹介してくれる)

5:「ビーストテイマー?」「小型モンスターを味方にして一緒に戦えるみたいだネ」
  (2023年02月27日(月) PM 07:00の夕食後に飛ぶ。この日《フリーベン》に初のビーストテイマーが出現し話題になる。
   《攻略》の進行具合や成否、イベント等を判定する。
   飛ぶ日時までの大まかな行動指針を決めて経験値稼ぎが含まれる場合は大まかに成果を計算する。
   ギルマスがさらなる新人勧誘に乗り出すか、シリカと遭遇するか等は判定で決定する。
   この日以降、狙って(自発的に)モンスターのテイミングを試みる事が可能になる)

6:「もう新学期ですね。本当ならいまごろ高校2年生かぁ」
  (2023年04月01日(土) AM 08:00の朝食後に飛ぶ。《攻略》の進行具合や成否、イベント等を判定する。
   飛ぶ日時までの大まかな行動指針を決めて経験値稼ぎが含まれる場合は大まかに成果を計算する)

7:その他なんでも自由にお書き下さいね。


↓3

1→2


>>511 1→2

◆日時:2023年02月04日(土) PM 03:30
──────────────────────────────────────────────────
●アスナ Asuna .─────Lv26 細剣 ギルドマスター

○キリト Kirito ──────Lv26 片手直剣 《ビーター》

○アルゴ Argo ──────Lv22 片手戦爪 情報屋 《鼠のアルゴ》 《鼠の知育会》共同オーナー

○アーテル AteR ─────Lv17 カタナ 《鼠の知育会》共同オーナー

○トモミ Tomomi ...─────Lv13 片手戦棍  鍛冶 (198.6)

○マサムネ Masamune ───Lv18 両手斧

○リズベット Lizbeth .────Lv18 片手戦棍  鍛冶 (279.0)

○サーシャ Sasha ─────Lv05 短剣

○ヒースクリフ Heathcliff .──Lv25 片手直剣、盾
──────────────────────────────────────────────────


ヒースクリフ「変わった間取りだがここがギルドハウスという事でいいのかな?」

アスナ「いえ、ここはアーテルさんとトモミさんのお住まいです」

アスナ「広くて集まり易いので、ついお邪魔してしまっています」

ヒースクリフ「……シングルとツインのコネクティングルームに見えるのだが……」

リズベット「そこを指摘しちゃうとか恐れ知らずだわね……」

キリト「あ、ああ……」

ヒースクリフ「……?」

マサムネ「シングル側には私が住んでいるんです」


0 「この世界は法の及ぶところでは無いが、女性を泣かせるのはどうかと思うのだが……」(あらゆる意味でお前が言うな)

123 「なるほど、余程甲斐性があると見える」(アーテルの方を見ながら)

456 「親戚か何かかね」

789 「なるほど、君のユニークアビリティ対策という訳だね」


↓1

1


>>513 1


ヒースクリフ「親戚か何かかね」

マサムネ「いえ、親戚とかではありません。知り合いではありましたけど」

ヒースクリフ「なるほど、トモミさんの」

マサムネ「いえ、アーテルの知り合いです」

ヒースクリフ「ほう」

いや、こっち見んなエロもやし。

ヒースクリフ「先ほどの紹介でアーテルさんとトモミさんはご《結婚》されていると伺ったのだが……」

トモミ「はい、そうです」

ヒースクリフ「ふむ……なるほど」

リズベット「いやいや、なるほどじゃないわよ。何を納得してんのよ」

ヒースクリフ「?アーテルさんとトモミさん夫妻と、マサムネさんが同じ物件に同居している」

ヒースクリフ「ギルドメンバーの交流の場にもなっている」

ヒースクリフ「どこか間違っていたかね?」

マサムネ「ど、同居っていうか、その……」

ヒースクリフ「当人達及びギルドメンバーが納得づくなら何も問題ない」

リズベット「アスナ、この人もちょっとおかしい」

アスナ「ちょ、ちょっとリズベット」

ヒースクリフ「ああ、込み入ったことを聞いてしまったね、すまない」

アルゴ「それもそうだケド、そういう問題じゃ無いって言うかなんていうカ……」

年下の凛子さんにほだされて懐いたらしいが、それ以外の対人関係断崖絶壁な引篭りもやしに多くを期待するのが間違いなのだ。

出来るのは技術と学術とビジネスの話だけで、当然対年下女子スキル熟練度など皆無だろう。

凛子さんの包容力や人間性が凄かっただけであって、もやしは所詮もやしでしか無い。

……トモミと出逢うまで童貞だった俺が言うのもなんだが……。

リズベット「折角かっこいいのに……なんでこうちょっと変なイケメンばかり集まるかなぁー」

キリト「このギルド、男は俺とアーテルとヒースクリフさんだけなんだが……変なのか……?」

アスナ「キリトくんはかっこいいし、キリトくんだから大好きだよ」

キリト「お、おう……」

リズベット「人前だってのに、アスナも結構大胆よね」

アスナ「あ、あはは……アーテルさん達がいつも仲良しだから、つい」

マサムネ「アスナも悪い影響を受けてるな……」

アルゴ「いい影響かもダヨ」

ヒースクリフ「……外見を褒められてもあまり嬉しくは無いな」

そりゃそうだろうよ、リアル容姿でアバター作り直して出直して来い。


                          《つづく》

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。

※頭良すぎて周りと少しずれている位を狙いたいところなのですがむつかしい……アホっぽくならないように頑張りたいと思います。


※クロリンとトモミとマサムネでレベル上げした分がうっかり抜けていました、すいません。お詫びと訂正です。

◆日時:2023年02月04日(土)
──────────────────────────────────────────────────
●アスナ Asuna .─────Lv26 細剣 ギルドマスター

○キリト Kirito ──────Lv26 片手直剣 《ビーター》

○アルゴ Argo ──────Lv22 片手戦爪 情報屋 《鼠のアルゴ》 《鼠の知育会》共同オーナー

○アーテル AteR ─────Lv18 カタナ 《鼠の知育会》共同オーナー

○トモミ Tomomi ...─────Lv15 片手戦棍 盾  鍛冶 (198.6)

○マサムネ Masamune ───Lv19 両手斧

○リズベット Lizbeth .────Lv18 片手戦棍  鍛冶 (279.0)

○サーシャ Sasha ─────Lv05 短剣

○ヒースクリフ Heathcliff .──Lv25 片手直剣、盾
──────────────────────────────────────────────────

◆更新履歴
──────────────────────────────────────────────────
Ver1.15 2014年11月25日(火)
  ――――経験値を獲得出来るレベルの上限を敵のレベル+9から敵のレベル+19に拡大。拡大に伴い表の修正。

  ――――経験値の項、◆戦闘で敵を倒した時に得られる経験値の記述を変更。

  旧)自分のレベルが敵のレベルを1上回る毎に《基準となる経験値》を-10%
  新)自分のレベルが敵のレベルを1上回る毎に《基準となる経験値》を-5%

  ――――経験値の項、◆戦闘で敵を倒した時に得られる経験値に記述を追加。

  旧)以下の表の2~6人の欄は参考用に人数で頭割りした数値。
  新)以下の表の2~6人の欄は参考用に人数で頭割りした数値。(小数点以下は切り捨て)

  ――――経験値の項、記述を変更。

  旧)敵のレベルを+5レベル上回ると《基準となる経験値》は50になる。
    敵のレベルを-5レベル下回ると《基準となる経験値》は150になる。

  新)敵のレベルを+10レベル上回ると《基準となる経験値》は50になる。
    敵のレベルを-10レベル下回ると《基準となる経験値》は200になる。
──────────────────────────────────────────────────

※自分よりレベルの低い敵mobから獲得出来る経験値が増えます。

※よりレベルの低い敵mobからも経験値を得られるようになる為、低レベルプレイヤーは安全マージンを確保し易くなり、
中レベルプレイヤーは高レベルプレイヤーに追いつき易くなり、高レベルプレイヤーは安全マージンを保ち易くなります。

       ,. -―-,)、
      /カゞ;' ;'´ ヾ`ヽ   《攻略》の進行速度と全体の獲得経験値量が噛み合っていませんでしたので修正させて頂きました
    !i {ミl lレハリ゙ヾリ)

     川ト(トfノ Hヽ k|
    ノ ソゞ∩''' ワ''∩!   人目を避けたい関係上クエストで経験値を得にくかったクロリンも少しは楽になるかも
   ((´   ヾ.j´怯!'iソ


※今夜ものんびり楽しんでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


2023年02月04日(土) PM 03:30

アーテル「(周囲の監視の目が多いほど悪巧みされ難いだろうし)今回もやるか」

トモミ「(バルドさんとタチアナさんは)準備万端、気合十分みたいです」

アーテル「そうか、今回も(会場選びで)お力添え頂く事になりそうだ。宜しくお願い致しますと伝えてくれるか」

トモミ「はい。何か(祝勝会会場に求める)条件はありますか」

アーテル「許容量が大きい(箱だ)と助かるな。現場でかち合わない様に今回も配慮(して貸切に)するとしよう」

アルゴ「万一(茅場晶彦に何かされた時)に備えて(他のプレイヤーを巻き込まない様にっていう配慮)かナ?」

アーテル「うむ、(ばれたくは無いだろうからまず問題無いだろうが)まあ、そんな所だ」

アーテル「ここで(祝勝会を)やっておく(と、エギル達に顔を覚えて貰えて前線でも牽制出来るから、その)メリットは大きい」

トモミ「(参加人数が多ければ多いほど安全なのでしたら)今居られない方々全員に(祝勝会開催の)メッセージを送っておきますね」

アーテル「俺も手伝おう。問題は(2時間前までフロアボス攻略に参加していたメンバーの)体力だが……」

アーテル「キリトは(飲み食いする体力は)大丈夫か?」

キリト「ああ、問題ない」

アスナ「わたしもです」

アーテル「そうか、さすがだな」

リズベット「あたしもおっけーよ」

アーテル「やる気十分という所か」

リズベット「まーね、あたしも頑張らないとね」

リズベット「風林火山の面々はあたしが連絡しとくわよ」

アーテル「そうか、助かる」

アーテル「ヒースクリフさん、体力はもう回復しましたか」

ヒースクリフ「気遣いすまないね。こちらは問題ない」

アーテル「ちなみにこの後ご予定は?」

ヒースクリフ「いや、無い。私も(狩りに)是非同行させて貰おう」

アーテル「勿論。歓迎しますよ、ヒースクリフさん」


※ほぼギルドメンバーになったので予定あわせも楽々ですね。


↓1 ※クライン@風林火山

0 「世話んなってばっかですまねぇな……。祝勝会?そりゃおめぇ、勿論行きます、行かせて頂きます」
12 「リズベットさんの方から連絡頂けるなんて……行きます、絶対行きます。全員連れて馳せ参じます」
345678 「ご連絡ありがとうございます!ウチの野郎共と一緒にお邪魔します!」
9 「リズベットさんすんません。折角声かけて下さった所もーしわけ無いんすけど、ちょいとこの後予定が……」


↓2 ※エギル@仲間達

0 「愚問かもしれんが、念のためだ。アーテルとは仲良くやってるか?おっと、返信で山ほど惚気を送ってこなくていいからな」
12 「そうかい、噂の新顔タンク氏に会えるってんなら行くしかないな」
3456789 「実は予定を開けてあったんだ、また声をかけてくれるだろうってな」


↓3 ※バルドヴィーノ&タチアナ夫妻

0 「トモミちゃん達と同じギルドっていうのも楽しそうね」「そうだね~」
123 「11層で~といきたい所だけどさすがに《街開き》直後でチェック出来てなくてね……」(10層 2時間貸切飲み物フリーで9,000コル)
4567 「11層で~といきたい所だけどさすがに《街開き》直後でチェック出来てなくてね……」(10層 2時間貸切飲み物フリーで10,000コル)
89 「11層で~といきたい所だけどさすがに《街開き》直後でチェック出来てなくてね……」(10層 2時間貸切飲み物フリーで12,000コル)


↓4 ※サーシャさん@子供達【2023年01月30日(月)現在子供たちの数は9人です】

0 「あれからさらに4人の子供達を保護出来ました」
1 「あれからさらに3人の子供達を保護出来ました」
234 「あれからさらに2人の子供達を保護出来ました」
5678 「あれからさらに1人の子供達を保護出来ました」
9 「あれ以降まだ1人も保護できていません……もう居ないならそれにこしたことはないのですが、念の為に探し続けます」

そおい

1

てや


>>537 0 ※クライン@風林火山

→0 「世話んなってばっかですまねぇな……。祝勝会?そりゃおめぇ、勿論行きます、行かせて頂きます」


※おや、クラインとリズベットの距離感が……?(クラインが比較的緊張せずに喋れるようになったみたいです)


>>538 5 ※エギル@仲間達

→3456789 「実は予定を開けてあったんだ、また声をかけてくれるだろうってな」


>>539 2 ※バルドヴィーノ&タチアナ夫妻

→123 「11層で~といきたい所だけどさすがに《街開き》直後でチェック出来てなくてね……」(10層 2時間貸切飲み物フリーで9,000コル)

アーテルとトモミの◆所持金(コル):736,935→727,935



>>540 7 ※サーシャさん@子供達【2023年01月30日(月)現在子供たちの数は9人です】

→5678 「あれからさらに1人保護出来ました」

→【2023年02月04日(土)現在子供たちの数は10人です】

※10人の子供たちがヒースなんとかさんにまとわりつきます。



2023年02月04日(土) PM 04:00

ヒースクリフ「……こういう事なら奥で装備を全解除してきたいのだが」

アスナ「子供たちはそのままの方が喜んでくれると思いますよ」

アスナ「もちろん、ヒースクリフさんが良ければですけれど」

リズベット「フルプレートアーマーはファンタジー!って感じでかっこいいわよね」

マサムネ「そうだね、さすがに堅そうだ」

アスナ「ここまで綺麗に揃えている人はなかなか居ないですから、きっと大喜びですよ」

トモミ「前回はエギルさんがもてもてでしたけれど、今回はヒースクリフさんがもてもてになりそうです」

アルゴ「あんまり無理言ってヒースクリフさんを困らせちゃダメだヨ、着心地はあまりよく無さそうだしネ」

マサムネ「あーうん、凄く重そう。私じゃ装備出来ないんだろうな……」

アスナ「凄いよね、わたしも無理だろうなー」

トモミ「ヒースクリフさんなら子供をおんぶしてあげるのも簡単ですか」

マサムネ「簡単だろうね、多分3人位余裕なんじゃないかな……」

トモミ「余裕ですか、ちょっとうらやましいです」

アルゴ「まあ……確かに羨ましいネ」

ヒースクリフ「…………」


              _,..-ー.: : : :. :. :. :.=- 、,,
          __.ィ´: : :.',.: : : :.i.: : : :. :./.: :.`ヽ      ※がんばれヒースなんとかさん
         / ,゙- .,.:.:., -.,.: :. :. .:./.: : : :./:ハ

      ,,‐''''¨""   /.:.:./,,,,/l. : : : : /: : :./.:.:r≦l       000 一旦ログアウトした時に凛子さんから告げられる衝撃の事実。
        |   ,..-ニ-'´   .l,, _ ,,...厶孑ヘ: ヽミミミ
       l   .:l /´   _.ィ.           ',: : Vミミl       00 生命礼賛。
      l  .:y'  .:/".    ,..-.''7.    ',: : Vミ!
.      /   .'  .::/;; _.ィ´    ./.     ',.: : lミl       0 子供たちとナチュラルに気が合う。
     /      .::∠.'"  _,..-'"/   ,,,, -‐'i.: :.lミl
.    ,r'      ´     ,.ィ´,,,   , -‐厶孑'''}.: : lミ, 、      123 実は割りと子供好き。
   /          <´////ヽ ィ《"´ヒスク.}: : :レ,, l
.  /              ̄ ミ.,l 巛ii`¨.   |: :.リフ ,'      456 子供には特に関心が無い。
 /           ./777  //l. `ヽ:.    |: :レ ./
.″           ////l  /'/,l.         |: l_/        789 子供は苦手だがこの将来性あるギルドに参加し続ける為にも耐えねばなるまい。
            /////`¨///,       /|: |
       ,..-'" .l////////.  `.      /: |: l           99 年若い方が柔軟にゲームに対応出来そうだ。
       /   /!、////___ ___     /|: :ト 、            将来の戦力としてギルドに勧誘してはどうか。
     /   /////、//,´ ........... `.  ,イ. |: :|ヽ `丶、
   .;;;l   ////l//l/` 、       _.ィ´._|: :|: :ヽ: : : :``''=''7     999 いつもの調子で話していて号泣させちゃうよ。
   ,;;l ,..''´//////レl///`ー- -‐'7/::::::::::::::|: :|: : :.ハ.: : : :. :. :.ト 、_

  ,;;;;l'///////////l/l/////////|::::::::::::::::: |: :|.: : :.l.: : : :. :. :.ヽ ``    ↓1
  ,;;;;;l///////,l/////l/"/////.   ̄ ̄ ̄ | |: : : :l.: : : : : :. :. :.ヽ


※コンマをお願いしつつすいませんが《つづく》です。

※今夜はあまり進められなくてすいませんでした。

※次回各人うろうろ形式で祝勝会になります。

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。

※風邪等にはご注意下さいませ。

00


※すいません遅くなってしまいました……。
さすがに今からですと厳しいですので出来る範囲で下準備なり作業なりをしておこうと思います。

※来月下旬にも何日か遅くなって進められない日があると思います。
年明けは多分大丈夫だと思うのですけれど、もし厳しそうでしたら早めにごめんなさいしておきたいと思います。


>>544 2 実は割りと子供好き。


          /:::::::⌒ζ:::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::-‐Y⌒:::::::::::::::::::::::\:::\    『実は割りと子供好き』ですね、ありがとうございます
        /:::::::/::::::::/::ヽ::::::::::::\::::::::::::::ヽ:::ヽ
      /::::::::::/::::::::::::/::::ハ::::::::\:::ヽ::::::::::::::::::::::、

      /:::::u:/:::::::::::::/:::::i:::::l::::::::::::::::::::゙;:::::::::::::::::::::、   0ほどプレイヤーにとって良い結果になる表だったのですけれど
     /:::::::::j:::::::::::::::l:::::::::::::::l:::::::::::\:::::i:::::゙;:::::::U::::i

     j::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::ト:::::::::::::::ヽ::i::::::l:::::::::l::::l
     l::::::::::::l:::::::::::::/l::::::::::::l:::l ∨::::::;;;;;;::::l::::::l:::::::::l::::}   ……コンマ神さまはダイレクトな精神攻撃がお望みのようです
     l::::::::::::l:::::::::::::l l::l::::::::::l:::l X":::::::::::::i::::::l:::l:::::}::::!
     j::::::::::::i:::::::::::::l-い:::::::::い  ヽ::::ヾ:::::l:::::l:::l:::::lヽ{
     {::::u::::::い:::::::::l ヽ::\::::::::ヽ   ̄_,,二l::::::::l:::::l }   クロリンが築いてきた縁や絆、してきた事が、ここに来て
     !:::::::::::ゝl\ゞゝ \  ̄ ̄   >'"⌒i:::j:::l::::j_/i
     ヽ:::::::::::::ゝ  _,,,,_       ;:;:;:;:; j:/l::::::ハ:::::}
      Y::::ヽ:::\ ㌢'"⌒    ::.     ノ l::::/:::::ノ    ヒースなんとかさんに突き刺さりまくりですね
      弋::::人:::::\ ;:;:;:;:;   `    ,   /l::/::::::/ヽ
       jヽいヽー-ヽ     、__  / /::j/::::ソ  }_ノ
       乂メ:ト:::\  >ーr- へ__. ィ" l \弋__,,,、ノ:::::::`ヽ、    子供好きなのでしたら寄付や教科書の事を知ったら

     /:::::/ \\/7" ̄ / Y-ヽ_ノ  ヽ  \:::::::\::::::::\
    /:::/::/ ヽ   /:::7  / /  {-~⊃_}    `ヽ、::\:::::::ヽ
   /:::::/::/  Y  //゙、 / ///_     ̄  ー- 、\::ヽ:::::ハ    クロリンへの《友好度》が上昇しそうです
   /::/:::/ j    い/   \__//_/::::::::::: ̄::::ー-      /  Y::Y:::} }
  {/{:::/ ノ     У     / ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::7  /}::j:::jノ
    ゝ( { {   /           〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / }ノ::ノ   デスゲーム化したらどうなるかくらい当然予測済みで
      j ヽ /         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /l j/
     / /        __/:r、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// / }

     //            r(\::ヽYi:::::::::::::::::::::::::::::::::/  /  /    その上でやった事ですから後悔なんてしないでしょうけれど
    У         r、ヽヽ\/ヽ:::::::::::::::::::::::::::/ /   {
   〈         /:::`r-‐彡  ヽ \::::::::::::::::::://    ノ
     V       /:::::::::::乂ヽ ヽ  メ }::::::::::::::::/  ノ   {    子供たちや女の子達に囲まれるのは地味にしんどそうですね
      }     /:::::::::::::::::::::ヽヽ  イ  人::::::::::://   ノ }
     └--‐<:::::::::::::::::::::::::::::::}  ̄     \::/-‐  ̄  ノ


※選択によって色々イベントが積み重なったり000等々コンマの導きがあったりしたらそういう事になる可能性もあります。

※柔軟に対応いたしますので、処理的な事はあまり気にせず『選択すること』や『コンマ』をお楽しみ頂けたら幸いです。


                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::ヽ
            /::::/:::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::ヽ:::ヽ::::::::ヽ   子供たちと書いていますが小学生から中学生くらい

             /::::/:::::::/:::/::::::/:::l::::::::::::::ヽ::::Y::ハ::::::::::::、
           j:::::/::::::/::::/::/:/l::::l:::::::::::l:::::ト:::::i::::::i::::::i:::::、
           i::::;:::::::::l:::::l:::j:/__l:::l:::::::::l::l-十i‐-::::::!:::::l:::::i   10~12才位が多いのかな?最終的に二十数人になります
           i::::i:::::::::l::::/{:l  l:::l:::::::::l::}l:::l l:::l:::}::i:::::l::::::i
           i::::!:::::::::l::::l::/l:l `i:::l:::::::l::l }::l l:::l:ノl::l:::::l:::::::}

               i:::i::::::::::l:::lY ll_ い::::::lノ l云zr-ミl::l::::lハ::::j   トモミとアルゴに保護されたギンが12才という事にさせて頂きましたが
            l::l:::::l::::l:::lT代jこ` "⌒ 弋;;;タ '"l::l::::l l:/
             i:l:::::l::::l:::l ゞ;;シ       ``~` /}:l::::j ノl
               il:::::l:::::l::ゝ      '     ハ:j::::/l l:l   12才というと実はシリカさんと同い年なんですよね
                い:l::::::l\          ノ:::ノ::/::l j:l
              i:::::l::::::l:::::`ト 、   ⌒   イ:::::/:/:::::lノノ
              }:ヽl:::ヽl::::::::/{  ー- イj ヽ::::://:::::::::iノ   他の同年代プレイヤーがサーシャさんのお世話になっている事を思えば
               l::::::\:::::/{ \   / } X::::::::::::::i
             ノ:::>''"/  i   ハ /ハ l  l`ー-ニ:l
           -‐''"    /   l /\ V / 癶j   i     ̄ ヽ   SAOに適応しただけでなく中層の有名人にまでなったのですから
         /       /    l / `Y ̄ Y   l    }         l
         { ヽ     \   K   い_/   l  /     / l
            l  `、     \ l∧  / ハ /:l 〈    l /  {   シリカさんがどれだけ特別な存在なのかがよく解ります
         ノ   ゙、 l    /  l:.∧/   ∨:.:l  ヽ    l /   ハ
         {    ゙、 l  /  l:.:.:∧    /:.:.l   Y  l/     }`、
        /l     ゙、l  {    l:.:.:.:.∧  /:.:.:.:l   l  /    /ノ::::\   そんなシリカさんが《ビーストテイマー》になるまであと23日
       /:::l     i  ∨   ト:.:.:.:∧ /:.:.:.:.:l  l  j    / l::::::::::::\
     /:::::::::l  ゙、  l  V   l:.:\:.:..V.:./:.l  l  l    /  l::::::::トミ::`''ー--‐
  ー-‐彡/:::::::::::l   `、  i   ∨  l:.:.:.:.:.\∨:.:.:.:l  l  l   /  lヽ:::::i   ̄
     /:::::::::::::::l    ヽ l   ∨ l:.:.:.:.:.:.:.l }:.:.:.:.:.l  l   l  /   { V::i
    /:::::::::::l:::::::l     \   V !:.:.:.:.:.:.:l l:.:.:.:.:.:l j   {/    }  i:::i   子供達とは全く関係ないのですがアニメでピナの声を
   /:::::/::/l::::::::l      ヽ  V l:.:.:.:.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:l !  /    /  /   i::}
   /::::/l:::l l:::::::l  \    i   ゙、!:.:.:ー--rr―:.:.l l  /  /  !   l::l
  /::::/ l:::l l:::::::l    ミ  l   j:.:.:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.!l  / /   lヽ  l:j   アルゴ(の中の人)が受け持っていた事に今頃気付きました
  /::::/ l:::l l:::::八      `ー、 j:.:.:.:.:.:.:イ「 ̄:.:.:.:l //     l::::ハ jノ
  j::::l  l:::l い::{ ヽ        }ノ:.:.:.:.:. ̄Tl:.:.:.:.:.:.:∨        ト::::::i/
  l::::l   !::l 、:::::i ト、       ∨:.:.:.:.:.:.:.:jl:.:.:.:.:.:.:./       j V:::}   全く気付いていませんでした……奥深いです
  {::::l   い  \∨ハ        ∨:.:.:.:.:.:∥:.:.:.:.:.:/       /  }:::j
  λ{   \   ソ  ゙、       ∨:.:.:.:/\:.:./      /l  ノノ
   \      /   ゙、       ∨:/:::::\/      / { /   アルゴと言えば以前AA欲しさに試行錯誤したことがありました
         }     \      ∨::::::::::ノ      /   \


※画像からAAを作れると知ってあれこれ試してみたものの……上手くいかず夢破れた名残を恥を忍んで上げてみます。
http://www46.atwiki.jp/livinginsao?cmd=upload&act=open&pageid=95&file=001%E9%BB%92%E6%9C%A8%E7%87%90%E5%A4%AA%E9%83%8E_%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E6%84%9F%E3%81%98%E3%81%AE2%E9%9A%8E%E8%AA%BFL.jpg

※色々アドバイスやご配慮ありがとうございます。遅くなってしまってすいませんでした。

※少しずつでも進めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。



2023年02月04日(土) PM 04:05

10層フロアボスが無事に討伐されたのが3時間程前になる。

アスナ嬢とキリトによって11層《主街区》の《転移門》がアクティベートされたのがその約40分後。

現在は所謂《街開き》を祝い、観光がてら11層《主街区》へと向かうプレイヤーで通りはごった返している。

そんな状態の通りを子供たちやマサムネに歩かせるのはリスクが大きいので、

1層《はじまりの街》教会へサーシャさんと子供たちを迎えに行く班と、

会場である10層《トリーシェル》のNPCレストラン《dramatic irony》までマサムネを輸送し、

貸し切って会場として押さえる班とに分かれた。

俺は支払いの関係で勿論後者だ。

恙無く貸切の手続きと支払いを済ませて引き続き必要な連絡のやり取りを行う。

一段落した辺りで子供たちを迎えに行ってくれたメンバーも到着、合流した。

アスナ嬢からサーシャさんを紹介された全身フル装備状態のヒースクリフは、

サーシャさんが7層《リンクシーズ》の俺とトモミの部屋に来られなかった理由を知り、

サーシャさんの行いに感銘を受けたのか諦めたのかは解らないが、大人しく子供たちの玩具になっていた。

大きな盾に片手直剣、全身金属鎧の姿など現実ではそうそう拝めない代物だ。

子供たちには巨大ロボにでも見えているのかもしれない。

ヒースクリフの仏頂面にびびりながらも恐々触ったり興奮したりと大騒ぎだった。

ギン「すごいや、僕達もこういう格好出来るのかな……」



※ギン君は今レベル幾つかな?


0 Lv6になってた。

123 Lv5になってた。

456 Lv4になってた。

78 Lv3になってた。

9 年下の子達の面倒を見ながら留守番をする必要があって時間が取れなかった。Lv2のまま。


↓1


>>565 7

ヒースクリフ「君はレベル幾つかね」

ギン「レベル3」

ヒースクリフ「それならばクオリティの低い、軽い物を選べば現時点でも可能だ」

ギン「ホントに?」

ヒースクリフ「ただし《軽金属装備》スキルか《重金属装備》スキルをスキルスロットにセットする事が必要になる」

ヒースクリフ「金属系装備は防御性能が高いかわりに比重が大きいのが特徴なのだ」

ヒースクリフ「金属系装備で身を固めたいのならば、筋力を優先してステータスアップポイントを割り振るといい」

ギン「う、うん」

ヒースクリフ「……君達は自分達が周りの大人と比べて取るに足らない子供だと思っているかもしれないが」

ヒースクリフ「この世界ではレベルさえあげてしまえば大人と同等の力を得られるのだ」

ギン「うん、アーテル兄ぃもそう言ってた」

ヒースクリフ「ふむ、そうか」

ヒースクリフ「現実では体力的にも経済的にも子供が大人に勝つ事は困難を極めるが、この世界でならその限りではない」

ヒースクリフ「大人以上に金を稼いでサーシャさんを助けることも可能なのだ」

ギン「うん」

ケイン「あのね、ギンとミナとで毎日少しずつ青イノシシ狩ってるよ」

ヒースクリフ「そうか、その調子で頑張りたまえ」

――――何も知らずに聞けばいい事を言っている様にしか聞こえないのだろうが……。

子供たちをこの状況に追い込んだ張本人であるお前が言うのはどうなのだろうな。

この世界は現実世界より公平だとでも?

俺は底浅陰気根暗エロもやしの言い様を――――



1:欺瞞だと思った。

2:傲慢だと思った。

3:演出だと思った。

4:なんでもご自由にお書き下さいね。


↓2

3


>>568 3


俺は底浅陰気根暗エロもやしの言い様を――――演出だと思った。

誰もが救われていて誰もが平等な優しい世界など絵空事だ。

現実でさえ少なくない数の子供たちがネグレクトや身体的、性的な虐待を受けている。

子供たちだけではない、大人だって飢えたり凍えたり傷ついたり血を流したりしている。

事故による死者、怪我や病による死者、犯罪による死者、争いによる死者、飢えによる死者、

自殺による死者、老いによる死者……現実は死で溢れている。

余程革新的なブレイクスルーが無い限り、この世から死が無くなる事は無いだろう。

人間は環境によって生かされている以上、災害による犠牲も無視出来ない数に上る。

生命が失われるのもまた現実なのだ。

理不尽なのも現実なのだ。

VRMMORPGに監禁されるという理不尽に際し、『武器を手に取り健気に立ち上がる弱く可哀想な存在』をダシにして、

この世界の現実感、リアリティを高めようとしているのではないか?

そんな可哀想な存在に道を示す模範的、規範的なリーダーシップを演出しているだけなのではないか?


確かに俺も以前、『能力値やレベルが上回っていれば子供でも大人に勝てる』とギンに言った。

筋力で上回れば力比べに勝てるという、ゲーム上の数値で上回った場合の例えを引き合いに出して、

レベル上げや装備などの準備を怠らなければ、身体が小さかろうがモンスターに打ち勝つ事が出来ると教えたかったからだ。

だが『大人と同等の力を得られるか』と問われれば、NOと答えざるを得ない。

経験や判断力、分析力や理解力は能力値やレベルでは上昇しないからだ。

そして公平でも無い。

大人は享受して来た、本来受けられるはずだった教育も、機会も失われるからだ。


これらは必ずしも正確ではない。

俺の憶測に過ぎないからだ。

底浅陰気根暗エロもやしの考えている事なぞ想像したくも無い。

もしかしたら自分の仕出かした事の罪深さに恐れ戦き心底子供たちを案じているのかもしれないが、

俺にはそう見えなかったという、ただそれだけの事だ。




※ところで《鼠の知育会》のスタッフ達は誘ったのでしょうか?

(PM 04:00からPM 06:00まで祝勝会として夕飯をご馳走するだけですので、
招いた場合でも、それが原因で教科書作成作業の完了日時が遅れる事はほぼありません。
既にスタッフ達とギルドメンバーとは相互に引き合わせた上で紹介済みです。
招いた場合SAO用の実用英単語帳の原稿x1を渡す事が出来ます。
祝勝会に参加しているのはギルドメンバーだけではありませんし、
スタッフ達は良い大人ですので招かなかった事が原因で揉めたりもしません。お好みでお選び下さいね)


1:メッセージ入れて誘った。(ヒースクリフ合わせて31名+スタッフ5名とロビタさんの婚約者で計37名になります)

2:誘ってない。(他に誘わない場合、ヒースクリフ合わせて31名になります)

3:他にも誘いたい方がおられましたら自由にお書き添え下さいね。


↓2

2


>>571 2 誘ってない。


※2023年02月04日(土)(10層フロアボス討伐後) 第04回 祝勝会参加者名簿 10層《トリーシェル》のNPCレストラン《dramatic irony》
──────────────────────────────────────────────────

◆アーテル     20才 ♂ 乱入プレイヤー。SAO開発関係者。トモミの夫。既婚者。《鼠の知育会》共同経営者。ギルド《Hall of World》メンバー。
◆トモミ       16才 ♀ 鍛冶職人。アーテルの妻。既婚者。ギルド《Hall of World》メンバー。
◆マサムネ    17才 ♀ アーテルのリアル姉弟子。MMORPG経験者。ギルド《Hall of World》メンバー。

◆アルゴ  .    ??才 ♀ 情報屋。SAOβテスター。《鼠の知育会》共同経営者。ギルド《Hall of World》メンバー。
◆キリト   .   14才 ♂ 《フロントランナー》 トッププレイヤー。MMORPG経験者。SAOβテスター。ギルド《Hall of World》メンバー。
◆アスナ   .   15才 ♀ 《フロントランナー》 トッププレイヤー。ギルド《Hall of World》ギルドマスター。
◆リズベット    15才 ♀ トップ鍛冶職人。ギルド《Hall of World》メンバー。

◆サーシャ     20代前半 ♀ ゲームに適応出来なかった低年齢プレイヤーたちを保護。ギルド《Hall of World》メンバー。
◆ヒースクリフ   20代後半~30代? 《フロントランナー》 ギルド《Hall of World》メンバー。

◆バルドヴィーノ .30代 ♂ 革細工職人。タチアナの夫。既婚者。
◆タチアナ     .20代前半 ♀ バルドヴィーノの妻。既婚者。

◆エギル   .   25才以上 ♂ 《フロントランナー》 友人達の纏め役。友人知人多数。既婚者。
◆ダリミル     20代前半 ♂ 《フロントランナー》 既婚者。
◆ラディスラフ   .30代前半 ♂ 《フロントランナー》 既婚者。
◆オレク      20代後半 ♂ 《フロントランナー》 既婚者。

◆クライン      22才 ♂ ギルド《風林火山》ギルドマスター。MMORPG経験者。
◆ディール    . 20代 ♂ ギルド《風林火山》 MMORPG経験者。
◆クニミツ     20代 ♂ ギルド《風林火山》 MMORPG経験者。

◆ダイナム     20代 ♂ ギルド《風林火山》 MMORPG経験者。
◆イッシン     20代 ♂ ギルド《風林火山》 MMORPG経験者。
◆ハリーワン  .  20代 ♂ ギルド《風林火山》 MMORPG経験者。

◆サーシャ     20代前半 ♀ ゲームに適応できずに精神的に問題を来たした低年齢プレイヤーたちの保護を行っている。
◆子供たち10人
――――――――――計31名
──────────────────────────────────────────────────



2023年02月04日(土) PM 04:10

バルドさんにタチアナさん、エギルとその友人達、クライン達《風林火山》の面々も無事に集まり、全部で31人になった。

連絡を入れてから開催までの時間が余り無かったにも関わらず、これだけ集まって貰えるとは有り難い限りだ。

各人思い思いに注文したドリンクのグラスが行き渡ったのを確認してから挨拶を始める。

長話もどうかと思うので手短に、10層攻略とフロアボス討伐を労う祝勝会の開始を宣言した。

初参加の底浅陰気根暗エロもやしが居るので自己紹介からになるが、

先に我らがギルドマスター、アスナ嬢からギルド《Hall of World》の結成報告がされた。

エギル達も《風林火山》の面々も好意的に受け入れてくれている様なので、今後も変わらず仲良くやっていければ幸いだ。

バルドさんとタチアナさんは……特にタチアナさんが結構乗り気になっている様に見えるのだがどうなのだろうか。

何かと良くしてくれる俺とトモミの恩人の1人なので、もし希望して貰えたのなら歓迎したいと思う。

底浅陰気根暗エロもやしの為にと考えると業腹なので、もやしを晒し者にするつもりで場を回す。

《フロントランナー》であるエギル達には特にしっかりと顔を覚えて貰って、

前線で不審な行動を取り難いように牽制するのが目的なので、つもりどころか晒し者にする気満々なのだが。

トモミとアルゴと大人たちの協力のお陰で自己紹介は滞りなく終了し、場は混沌のフリータイムへと突入した。

何がどうなるのかは全く予想が出来ないが、とりあえず夜に小腹が空かない様しっかり食べておこうと思う。


                                《つづく》


※次回本格的に祝勝会開始です。絡みづらい底浅陰気根暗エロもやし相手に周囲の大人が苦労しそうな気がします……。

※祝勝会まで陰気にならない様に祈りつつ。

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。


    ヘ::::::::::::::://////lヽ///////////////////////////////////////////

      `ヾ::::::∨////l  `\////// /////////////////////ノ⌒)////   私もそこそこのMMORPGプレイ歴ですが
         Ⅵ:::::::`ヾ/l  \ ヽ  ヽノ,ノ'′ //////////////////{{  j////
          }:}、::ノ:::::::j 、_  `ヽ、ゝ{   r=≠''"⌒厶、⌒>//////////ハ/ノハ//
      __...///:::::::::〈、、__`ヾゞ、、 ∨/,/'′   ,イ。 )ン'⌒ー<`ヽ////// .:}/   他のプレイヤーさんを呼ぶ時はもっぱら『さん』付けですね
.     /:::::::::::::::::::::イ:::::ヘ `ヾ≧、、 `ヾイぐ、  _∠ゝ-<`ヽ /  ,.イ ∨//ノ .:ノ/
  /::::::::: /7ハ/:/:::::::::::\=≠O≧7/ `iヘ<二_`ヽ `ン   ノ:ノ:.:.///{....:.:////
 /::::::::::::/⌒)//i:::::::::///!ヘ、__,,/|   l//ヽ、、    ̄ ̄ 〈// :.:////777////   アバターをリアルの外見にされてしまった今のSAOと異なり
./:::::::::/   / {:i!::::::////l `ーイ:|   l////ヽ 二ニ = ー 、∨ヘ////////////
:::::::/        }i!::::////∧\   ノ|   l/////ハ ー ,ィく、\ ヽV////////////
:/        li!:::{//////\ヾ  |   l//////ノ ィ升≠テヾ}}:.:Y/////:.l/////   MMORPGでは相手の言動でしか年齢の判断がつきませんが
:           ji!::::}////////ヽ、:|___ j ∠彡' ̄ ハハハ人// ://////:.: l/////
    )    /::::://∨//////ハ`ヾW´ ____ --==彡イ/イ////:.:.:.:l/////
.__,.イ( ___....ィ::::::::/::::::///////>ヽ、ヾ- ´___..,,,,,,,,,、、、ミ、、  //////l:.:.:.:.:j/////   年上っぽい人でも年下っぽい人でも全て『さん』付けです
//////::://////////////´    ハ  厂イト下   `ヾ  ///////l:.:.:. //////
i!///::://///////////     ///∧ ノ ノ  `ヾ  .::////////l:.:.:///////



:::::::::::i!/ /::::::::::::::::::::::::i':::::::,、:::::::::ノ:::::::`ヽ
:::::::_ノ'/::::::::::: ,r'´ ソ'゙:::::::'⌒__´::::`ノ::::r''´::   『呼び捨てでいい』って認め合って互いにフランクに呼び合う人達も居る様ですが
::::i!´:::::::::::::::,,ッ'´::::´::::,ッ''"´ ̄ `ヽソ、_,,ゞ、::
::::{!ッ''´::::,,ッ'´:::::::::::::/        ノ;' ノヾ}!:
,,ツ'Y´⌒}!'ilッ''"´_,〈ー- ..,,_,,.. ='´彡´ メ:::::   個人的には回線の向こうに実在する人間を呼び捨てにするのは抵抗ありますね……
::::,r'ゞ、:::::`゙'ー-= ..,,__ `"''ー- ..,,__,,..ノヽ ノ:
'´ , -‐'`ー::::-::..,,_:::::::::::::`''ー- ..,,__}!_ノヽ
:::::::、,,_,r=ゞ、ノ }!´ ̄ ̄`''ー- ..,,_::::,::::::ヾ、ノ:   SAOでは見た目で解ってしまいますから尚更呼び捨てにはし辛いです
:::::::::::::、__::::、__:::::::::ヽ:::::::::::\_:::::`ヾ、:::::}!、:::
ヾッ;;、:::::::ヾ}!::`ヽ:::::::';;,:::::::::::::::`!、:::::ヾ、:::::`::
;;;;;;;;;;;;`ヽ::::';;,::::ヾ:::::::::';;,::::、:::::::::::::ヽ_:::::`ヽ_:   相手が自分より目上か目下かで態度を変えたく無いというのもありまして
;;;;;;;;;;;;;;;;リ::::::::::::::::\  ヽ {!、:::::::::::::`ヽ:::::::}:
;;;;;;ツ'''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::';,:::::';
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::\::   私は老若男女問わず全て『さん』付けで呼ばせて頂いてます
__,.、_:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::';;,:::::::::::::::::::
_,,..... -‐- 、 ーァ-、.,,_ ';,::::::::::::::}!::::::::::::::::::

 |!      ゙|! ̄`\_゙ヾ、:::::::::::`!:::::::::::::::   水臭いと言われると返す言葉も無いですが、個人的にその方が楽なんですよね
_人.,_    _}!、    }! `ヽ}!::::::::::::::::::::::::::::
   `i!ー''"´ ヽッ-‐'‐、  }!:::::::::::::::::::::

    .|!     }!   `i!'゙リ:::::::::::::::::    その辺りは色々と個人差や考え方の違いがあって然るべきだと思います
;;=-―┴―----'ー--- 、リ_ノ:::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;,,,,,,,......,,, --―''''"´ ̄`ヽ:::::::::::::    どれがあっているとか間違っているとか言う事では無いですよ



                     ---
                 ´        `
             /              \
            /                   :.
          ,ノ、          ,′         '.
             |  \      /              ヽ    そんなだから彼女の1人も出来んのじゃ
             |          .′      ,,..  ''"   /
             |       ,    -‐ '"   ,..::::::::/
          _:,      ':,  |  ,.:::'   ,.   ,.:':.:.:.:.:/    そもそも親しく話せる相手がおらんしな
          ∨ \ :::..':,│ ,:':,:'  /  ,::.:.:.:.:.:/
          〈    `丶::::..:::::/  __,   !.:.:.:.:./´'.
           {:ミ\     〉::f  ''"´    ヽ.:./ 7/    「爺さん頼むからやめてくれ」
          _У ゝ=` 、∧ r\__,,,.. -rrrァ::'’''  /

        /::小    '"::} r''ヾミ¨三¨´:ミ、 /イ:、

    ___//:.:.:/: }:, r‐r‐< / | :、     //:.:.:l: :\
   / : :.:.:.: ':.:.:./: .ハ.!ト、_   ヽ__/ `7''>:、 / /:l:.:.:.:!:.: :..\
 /: : : :.:.: : i:.:.:.' : . : l\ ` ー======イ / ィ: . |:.:.:.:!:.:.: : : :\

´: : : : : :.:.: : :! :.:.l : . : .! lヽ´ ̄ ̄`ヽ  イ´ /: .│: : l.:.:.: : : : : :\
: : : : : :: : : : :! : :.!: . : . l l:.:.:.`ー― '":.:.:.:./../: . :.:| : : :l :.:: : : : : : : :\


※なんぞこれ。今夜ものんびりいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたいします。


※まず参加者達がどう動くかをコンマで判定し、その後アーテルがどの輪に加わるか、もしくは様子を見守るかを選択して頂きます。

※サーシャは基本的に子供達の側から離れません。キリトとアスナは基本的に2人で固まって行動します。
※エギルの友人ダリミル、ラディスラフ、オレクは、基本3人で固まって行動しますが、サーシャが大変そうな時は子供達の相手をしてくれます。
※タチアナは基本バルドヴィーノと一緒ですが、年下の少女達が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※バルドヴィーノは基本タチアナと一緒ですが、他の男性陣が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※《風林火山》のディール、クニミツ、ダイナム、イッシン、ハリーワンは、基本5人で固まって行動します。
※子供達はギンを含めて基本10人で固まって行動します。名前良く間違えてごめんね。

↓1 ◆ヒースクリフ
   01 アーテルに質問。
   23 トモミに質問。
   45 アスナに質問。
   67 マサムネに質問。
   89 子供達の所へ。

↓2 ◆アスナとキリト
   0123 アーテルに相談あれこれ。
   456 ヒースクリフのフォロー。
   7 エギルかエギルの友人達に他ギルドの話を聞きに。
   8 クラインか《風林火山》の面々と交流を深めに。
   9 バルド夫妻を勧誘に。

↓3 ◆クライン
   012 アスナさんギルド発足おめでとうございまっす。
   345 リズベットに礼とかその、なんつーかアレだ。
   67 ヒースクリフに挨拶。
   89 マサムネさんの所。

↓4 ◆エギル
   012 アスナとキリトにcongratulations。
   345 ヒースクリフに挨拶。
   6 トモミに用事。
   7 アルゴに用事。
   89 子供達のフォロー。

↓5 ◆エギルの友人達3人
   0123 ヒースクリフに挨拶。
   456 アスナさんギルド発足おめでとう。
   78 バルド夫妻とまったり。
   9 エギルの所へ。

↓6 ◆リズベット
   0124 クラインの所へ。
   45 《風林火山》の所へ。
   678 マサムネの所へ。
   9 トモミの所へ。

↓7 ◆マサムネ
   012 ヒースクリフのフォロー。
   345 子供達のフォロー。
   67 トモミのフォロー。
   89 アルゴのフォロー。

↓8 ◆子供達
   01 「アーテル兄ぃ」「アーテルお兄ちゃん」
   23 「マサ姉ぇ」「マサムネお姉ちゃん」
   4567 「このご飯も美味しい!」「甘くておいしい」
   89 「武器かっこいい!」「装備すっげー」

↓9 ◆風林火山ギルメン達
   0123 ヒースクリフに挨拶。
   456 アスナさんギルド発足おめでとうございます。
   78 リズベットさんにお礼。
   9 クラインの後押し。

↓10 ◆アルゴ
   0123 茅場晶彦を視界に収めつつアーテルの所へ。
   456 茅場晶彦を視界に収めつつトモミの所へ。
   789 茅場晶彦を視界に収めつつ臨機応変にフォロー。

↓11 ◆トモミ
   0123 茅場晶彦を視界に収めつつアーテルの所へ。
   45 茅場晶彦を視界に収めつつアルゴの所へ。
   67 茅場晶彦を視界に収めつつタチアナさんの所へ。
   89 茅場晶彦を視界に収めつつ子供達のフォロー。

※はてさてどうなりますやら。

ハーキュレスさんは是非呼びたいわ
SAOの中でもっとも強そうな外見なのに(現実では最強で最狂かも?)職人ww
ハーキュレスさんは身長と体重はFateと同じ?

うい

てい

ほい

やはりトモミに行くかモヤシ炒め


※サーシャは基本的に子供達の側から離れません。キリトとアスナは基本的に2人で固まって行動します。
※エギルの友人ダリミル、ラディスラフ、オレクは、基本3人で固まって行動しますが、サーシャが大変そうな時は子供達の相手をしてくれます。
※タチアナは基本バルドヴィーノと一緒ですが、年下の少女達が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※バルドヴィーノは基本タチアナと一緒ですが、他の男性陣が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※《風林火山》のディール、クニミツ、ダイナム、イッシン、ハリーワンは、基本5人で固まって行動します。
※子供達はギンを含めて基本10人で固まって行動します。名前良く間違えてごめんね。

>>584 3 ◆ヒースクリフ   23 トモミに質問。

>>585 7 ◆アスナとキリト   7 エギルかエギルの友人達に他ギルドの話を聞きに。

>>586 3 ◆クライン   345 リズベットに礼とかその、なんつーかアレだ。

>>587 1 ◆エギル   012 アスナとキリトにcongratulations。

>>588 4 ◆エギルの友人達3人   456 アスナさんギルド発足おめでとう。

>>589 7 ◆リズベット   678 マサムネの所へ。

>>590 6 ◆マサムネ   67 トモミのフォロー。

>>591 2 ◆子供達   23 「マサ姉ぇ」「マサムネお姉ちゃん」

>>592 1 ◆風林火山ギルメン達   0123 ヒースクリフに挨拶。

>>593 6 ◆アルゴ   456 茅場晶彦を視界に収めつつトモミの所へ。

>>594 8 ◆トモミ   89 茅場晶彦を視界に収めつつ子供達のフォロー。


※コンマご協力ありがとうございます。おおう……トモちゃん周りがカオスだヨ。

※調べてみたのですが本当に身長253cm、体重:311kgで、松葉杖無しで飛んだり跳ねたり出来る位健常だと
ギネス級どころじゃない凄さですので、さすがにそこまで大きい人ではないと思います。


バルド⇔タチアナ

エギル⇔アスナとキリト⇔エギルの友人達3人

                子供達→マサムネ←リズベット←クライン
                 ↑     │
風林火山→ヒースクリフ→トモミ←──┘
                 ↑
                アルゴ



2023年02月04日(土) PM 04:20

エギルとその友人達はアスナ嬢とキリトにギルド発足の祝辞を述べた後、

最前線で《攻略》に関わっている他の《攻略ギルド》の動向について話し合っている様だ。

現役の《フロントランナー》で今回のフロアボス戦でも盾役をこなした底浅陰気根暗エロもやしに、

最前線合流を目指す《風林火山》の面々が我先にと挨拶をしていた。

騒々しくも力強い挨拶を受けた後、底浅陰気根暗エロもやしはサーシャさんを手伝って子供達の側に居るトモミへと近づいていく。

トモミに用があったらしきマサムネが、それを見て子供達に向き直り、

マサムネに用があったらしいリズベットはクラインに振り向いた。



※対象は?


1:バルド夫妻

2:エギルとその友人達+アスナ嬢とキリト

3:ヒースクリフとトモミ+アルゴ

4:サーシャ+子供達とマサムネ

5:リズベットとクライン



※行動は?


A:様子を見守る。

B:話の輪に加わる。

C:その他なんでも自由に行動をお書き下さいね。



※対象と行動を同時に選択して下さい。(例:2A、4Bなど)


↓3

4B


>>600 4B


ケイン「マサ姉ぇ」

ミナ「マサムネお姉ちゃん」

子供たちが纏わり付くのをマサムネが苦笑いしながら受け止める。

マサムネ「うん、何かな」

ケイン「槍じょうずになったよ」

マサムネ「うん、えらいね」

マサムネが1人1人頭を撫でてやると大変な喜ばれようだった。

アーテル「大人気だな」

マサムネ「お陰様で」

サーシャ「なんだかすいません……」

マサムネ「いえいえ」

マサムネ「あっちはいいの?」

あっちとはあれか、俺の嫁が底浅陰気根暗エロもやしに応対しているあれか。

正直いらっとするが、トモミなら大丈夫だし、アルゴも側に居てくれているので問題あるまい。

アーテル「問題ない」

マサムネ「結構な信頼ぶりだね」

アーテル「何かあったら呼ばれるだろうしな」

マサムネ「それもそうか」

そうは言っても気にはなるので視界に収めていたら、トモミと一瞬目が合った。

どうも底浅陰気根暗エロもやしに俺とどこで知り合ったのかを聞かれたらしい。



1:『俺達に疚しい事など無い、話してしまって大丈夫だ』

2:『俺達に疚しい事など何も無いが、あまり知られたくは無いな……』

3:『プライバシーを理由に拒否してくれていいぞ』

4:トモミになんて返しますか。ご自由にお書き下さいね。


↓2

1


>>603 2


『俺達に疚しい事など無い、話してしまって大丈夫だ』

そう実際に口にした訳では無いのだが……多分だが、通じた気がする。

さっきトモミと目を合わせた一瞬感じた迷いはもう、感じられなかった。

俺と何時どこで出逢ったのかを底浅陰気根暗エロもやしに答えている、と思う。

まあ俺がトモミと出逢ったのはこの世界でだという事は既にエロもやしの前で話しているしな。

それに俺が乱入プレイヤーである事をトモミが話す事は有り得ない。


『一緒にこそこそしてみんなを騙しましょう』

『みんなと言わず、世界を騙してやろう』


それでもなお悟られたなら、それはもうエロもやしがエロかったというだけの話だ。

もし対応していたのが俺でも悟られただろう。

全くはた迷惑な底浅陰気根暗エロもやしだ。


マサムネ「もっと嫉妬とかするかと思った」

アーテル「話しかけられただけで一々嫉妬していたら大変そうだな」

アーテル「まあ、正直愉快な気分では無いが」

マサムネ「それって嫉妬とどこが違うの……」

サーシャ「独占欲でしょうか」

アーテル「ふむ……独占欲ですか」

サーシャ「他の男の人を、トモミさんに触れさせたく無いとか、そういう気持ちです」

アーテル「ああ、それですね。心底嫌なので間違いないです」

サーシャ「お好きなんですね」

アーテル「はい」

即答したら笑われた。

サーシャ「これまでは想像出来なかったですけれど、アーテルさんって意外と子供っぽい所があるんですね」

アーテル「ああ、危なっかしい子供とか、よく言われますね」

サーシャ「トモミさんはアーテルさんのそういう所に惹かれたのかもしれないですね」


※まず参加者達がどう動くかをコンマで判定し、その後アーテルがどの輪に加わるか、もしくは様子を見守るかを選択して頂きます。

※サーシャは基本的に子供達の側から離れません。キリトとアスナは基本的に2人で固まって行動します。
※エギルの友人ダリミル、ラディスラフ、オレクは、基本3人で固まって行動しますが、サーシャが大変そうな時は子供達の相手をしてくれます。
※タチアナは基本バルドヴィーノと一緒ですが、年下の少女達が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※バルドヴィーノは基本タチアナと一緒ですが、他の男性陣が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※《風林火山》のディール、クニミツ、ダイナム、イッシン、ハリーワンは、基本5人で固まって行動します。
※子供達はギンを含めて基本10人で固まって行動します。名前良く間違えてごめんね。

↓1 ◆ヒースクリフ
   012 アーテルに質問。
   345 アスナに質問。
   67 マサムネに質問。
   89 子供達の所へ。

↓2 ◆アスナとキリト
   0123 アーテルに相談あれこれ。
   456 ヒースクリフのフォロー。
   78 クラインか《風林火山》の面々と交流を深めに。
   9 バルド夫妻を勧誘に。

↓3 ◆クライン
   012 アスナさんギルド発足おめでとうございまっす。
   345 これも美味かったぜ、食う?
   67 ヒースクリフに挨拶。
   89 マサムネさんの所。

↓4 ◆エギル
   1234 ヒースクリフに挨拶。
   56 トモミに用事。
   78 アルゴに用事。
   9 子供達のフォロー。

↓5 ◆エギルの友人達3人
   0123 ヒースクリフに挨拶。
   45678 バルド夫妻とまったり。
   9 エギルの所へ。

↓6 ◆リズベット
   01234 クラインの所へ。
   56 《風林火山》の所へ。
   78 子供たちに人気で話せなかったのでもう一度マサムネの所へ。
   9 トモミの所へ。

↓7 ◆マサムネ
   012 ヒースクリフのフォロー。
   345 子供達のフォロー。
   67 トモミのフォロー……し損ねたな……。
   89 アルゴのフォロー。

↓8 ◆子供達
   0123 「アーテル兄ぃ」「アーテルお兄ちゃん」
   4567 「このご飯もつるつる」「さくさくしておいしい」
   89 「武器かっこいい!」「装備すっげー」

↓9 ◆風林火山ギルメン達
   12345 アスナさんギルド発足おめでとうございます。
   678 リズベットさんにお礼。
   9 クラインの後押し。

↓10 ◆アルゴ
   0123 茅場晶彦を視界に収めつつアーテルの所へ。
   456 茅場晶彦を視界に収めつつトモミの所へ。
   789 茅場晶彦を視界に収めつつ臨機応変にフォロー。

↓11 ◆トモミ
   0123 話した直後ですので一旦茅場晶彦を見ないようにしつつアーテルさんの所へ。
   456 話した直後ですので一旦茅場晶彦を見ないようにしつつアルゴさんに感謝。
   78 話した直後ですので一旦茅場晶彦を見ないようにしつつタチアナさんの所へ。
   9 話した直後ですので一旦茅場晶彦を見ないようにしつつ子供達のフォロー。

※はてさてどうなりますやら。

※コンマをお願いしつつ《つづく》です。うとうとして遅くなってしまってすいませんでした。

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。

乙です

乙でしたー

乙ですー

乙です

乙です
もやしのコンマがファンブルで草

99もったいない?w

乙ー
システム外スキルと化した目と目で会話が凄すぎる

乙乙

おつー


.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:\
:.:.:.:.:.:/:.:.:/:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ
:.:.:.:./:.:.:/.:.:.:.:.l.:.:.:l:.:.:.:.:.:}:.:.l ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.、

:.:.:./:.:./l:.:.:.:./l:.:.:.:l::.:.:.:.ハ:.:.}  V:.:.:.:.:い:.:.:.:.:.:.:ヽ:.゙、:.:.:、
:.:./:.:./ !:.:.:./ l:.:.:.:l:.:.:.:./ l:.:l   V:.:.:.:l:.:l:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:、:.:.、    本日はだいたい全国的にSAOIIの放映日ですよ
:.:.:.:./ l:.:./ l;,:.:.:.l:.:.:./ l:.:!   l:.:.:.:ト:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l:.:.:l

/:.:/ __j:斗''"l:.:.:.:l.:.:./ `l::ト,,,,_  l:.:.:.} l:.}:.:.:.l:.:.:.:.:.l:.:.l:.:.:l
:.:/ ̄|/   l:.:.:.j::./  j/    ̄~l:::::j-l:Ll:.:.:l:.:.:.:.:.l:.:.l:.:.:l    カリバーとかキャリバーとかぶっ放してダイーンさせたり
/    l/   l:.:.:.:/   ∥      }:.ノ l! l:.:.l:.:.:.:.:.l:.:.l:.:.:.l
{    十‐-、l:.:.:/    /  r-― j:/ ノ  l:.:.:l:.:.:.:.:}:.:.l:.:.:.l
z≦爽ミx、 j/         ,,,斗た爽ミx、 l:.:.:}:.:l:.:.l:.:.l:.:.:.:!    録画予約や2時まで正座待機な心の準備はよろしいですか
○o:Y:::リ             弋辷::::Y:::;;ノ≫l.:.:j:.:l:.:.l:.:.l:.:.:.:l
 ̄;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;   j   :;:;:;:;:;:;:;:;:; ̄`` r 、lハ:.ノ:.:.l:.:l:.:.:.:.l
:;:;:;/};:;:;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:r、:;:;:;:;{ ヽ ∨:.:l:.:l:.l:.:.:l    オープニングを繰り返し見てテンションを上げたりしつつ

:;:/ }               { \ Y  、 V:.l:.:l:.l:.:.:l
/ /   r―-  ------┐   ゝ  ∨:l  ヽ ヾ:.:.:.l:.:.:l
 /   {い ̄::::::::::: ̄〈ノj     ヽ  ヾ}  } } Y:.l:.:.:.l    今日ものんびり楽しんでいきたいと思います
./     、::::>――  、:::ノ      Y  {  l j /:.:l:.:.:.l
ノ      V         У      /{  、 l /:.:.:ll:.:.:l
ハ       \     { )    / i       /:.:.:.l l:.:.l    どうぞよろしくお願いいたします
 } \       ー '" | |   ,..ィ/ ノ     /:.:.:.:.' l:.:.l
   }:.:.ト 、      j ィ'l:.:.:/ /      /.:.;:.:./ l:.:.:!
   ヽ l  `'' ー '" ゙'" l:.:.:{/     /:.:.:./:./ l:.:.j
     }          ├/     /:.:.:.:./:.:/  !:.:j
\   ノ          λ{    /:.:.:.:.:./:.:/  ノ:.ノ
    /               〉い   {_:.:.:./:.:/  /:./
   / \          / l    yヽ ̄ー-、_//
、__/)ヽ \     /  //l _/  ト\     ̄ `''ー-、
      /   ヽ  /   l  ̄     ノ { )}           ハ
\_ /)\/ヾY/⌒癶 /(l      / / l       ノ  }


※サーシャは基本的に子供達の側から離れません。キリトとアスナは基本的に2人で固まって行動します。
※エギルの友人ダリミル、ラディスラフ、オレクは、基本3人で固まって行動しますが、サーシャが大変そうな時は子供達の相手をしてくれます。
※タチアナは基本バルドヴィーノと一緒ですが、年下の少女達が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※バルドヴィーノは基本タチアナと一緒ですが、他の男性陣が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※《風林火山》のディール、クニミツ、ダイナム、イッシン、ハリーワンは、基本5人で固まって行動します。
※子供達はギンを含めて基本10人で固まって行動します。名前良く間違えてごめんね。

>>608 99 ◆ヒースクリフ   89 子供達の所へ。

   ※この場合99(特殊失敗)に意味は無いのですが、面白いので行こうとして行き損ねたという事で。

>>609 1 ◆アスナとキリト   0123 アーテルに相談あれこれ。

>>610 7 ◆クライン   67 ヒースクリフに挨拶。

>>611 3 ◆エギル   1234 ヒースクリフに挨拶。

>>612 6 ◆エギルの友人達3人   45678 バルド夫妻とまったり。

>>613 3 ◆リズベット   01234 クラインの所へ。

>>614 6 ◆マサムネ   67 トモミのフォロー……し損ねたな……。

>>615 4 ◆子供達   4567 「このご飯もつるつる」「さくさくしておいしい」

>>616 0 ◆風林火山ギルメン達   ※……0が無いですね、やらかしました……後だしでフォローに動くのがいいかしら。
   12345 アスナさんギルド発足おめでとうございます。
   678 リズベットさんにお礼。
   9 クラインの後押し。

>>617 0 ◆アルゴ   0123 茅場晶彦を視界に収めつつアーテルの所へ。

>>618 3 ◆トモミ   0123 話した直後ですので一旦茅場晶彦を見ないようにしつつアーテルさんの所へ。


※コンマご協力ありがとうございます。綺麗に分かれました。

バルド夫妻←エギルの友人達3人

GOHAN←子供達←ヒースクリフ←クライン←リズベット
         ↑     ↑
       サーシャ  エギル

アスナとキリト→アーテル←トモミ←マサムネ
            ↑
           アルゴ


以前倒しやすい敵と注意すべき敵、戦ってはいけない敵に色分けしたギンの《攻略本》を使い、

実際に戦う場合のコツや戦ってはいけない敵とその理由を明確に努めて解り易く再度説明する。

経験と学習は大事だが、やり直しが利かない現状で経験させるのがリスクになる場合は情報で補うしかあるまい。

槍のリーチを活かす戦術上、武器落とし(ディスアーム)を使うスワンプコボルド・トラッパーは危険極まりない。

1層フィールド北西の湖沼地帯には絶対に近づくなと念を押しておく。

また無理をしない事、危険を感じたらすぐ逃げる事と並んで数的優位を維持し続ける事の重要性も再確認しておく。

ソードスキル3セットで沈む敵相手なら3人居れば反撃を受けることなく狩れる。

ギン、ケイン、ミナには必ず3人で狩りをする様に言い含めておいた。


2023年02月04日(土) PM 04:35

リズベット「そ、そうだクライン、あの、これなんだけど」

クライン「あ、悪ぃ。世話んなるかもしんねぇから、ちっと挨拶しておかねぇと」

リズベット「……クラインは《最前線》目指してる《攻略ギルド》のギルマスなんだし、そういうの大事よね」

クライン「……」


↓1  00「おう、大事だぜ」 012345「まあ、なんだ、慌てるこたぁねぇか」 6789「おっ、さすが解ってんな」


>>624 9 「おっ、さすが解ってんな」


クライン「おっ、さすが解ってんな」

リズベット「そりゃー解るわよ」

クライン「おう、ほいじゃちっと行ってくらぁ」

リズベット「うん、いってらっしゃい」

リズベット「…………」


ギン達か俺に用でもあるのかこちらに来ようとしたエロもやしを、エギルが呼び止めてくれた。

偶然以外の何ものでも無いのだが、実に清清しい。

底浅陰気根暗エロもやしの目論見を邪魔してくれたエギルを心から讃えたい。

足の止まった底浅陰気根暗エロもやしにクラインも間合いを詰める。

素晴らしい連携だ。


※《風林火山》の大人たちは……?

0123456 やれやれしょーがねーなー。ギルマスのケツ持つのも俺らの仕事だな。1人になったリズベットさんをフォローするぜ。

789 タチアナさんがリズベットさんの所に向かったから、任せるのがベスト。バルドさんとエギルの友人達の所に合流するぜ。

↓1

1


>>630 9

※タチアナさんがリズベットさんの所に向かったから、任せるのがベスト。バルドさんとエギルの友人達の所に合流するぜ。


※こうなりました。


《風林火山》→バルドヴィーノ←エギルの友人達3人

GOHAN←子供達      ヒースクリフ←クライン   リズベット←タチアナ
         ↑           ↑
       サーシャ       エギル


アスナとキリト→アーテル←トモミ←マサムネ
            ↑
           アルゴ



※アーテルに相談あれこれ。色々あるけどまずはどれ?


            ,. : : : : : : :          ヽ.,
.         /: : : : : : : ..: : :        \
         . : : : : : : :./: : /: :    }ィ}     丶      00 「その、わたし達もお2人みたいに抱き合ったりしたいんですけれど――――」
       /: : : : : : : / : : ′ .:   /⌒;  ゚:,   :.
       .′: : |: : : :′: :{:.:..: :   //   い  ゚,   ;
      .′ : : |: : : {: : :/| j: : : //     i:|゚,  }   }     0 「《結婚》を考えているんですけど――――」
      |..: : : :.|: : /} : , j:ハ : :.// _____  }| ゚, }   }
      |..: : : :.|: :.{│:ム斗-{: : /    ` jト ∨   ,小、
      |..: : : :.l : 匕}ノ ___ ∨:′ r―-   .} / /...| \.   123 「毎回お邪魔するのもご迷惑になりますし――――」
      l: :.、 : ∨|  ____,, リ    z===ミ// / .} |
.       ,: : :゚:, : : :{t〃´ ̄`        `~// / .イリ
.       ′, : \: :\:.:.:.:     ,      彡イ: | |       456 「勧誘についてなんですけど――――」
      }i、, : : {`ーヘ、          ´ /:/ | |
      }i1 ゚:,: :{: :{入    ,. --、    /:/ .!j|

      }i.|: : ゚:,: :, : :个:..     ー‐ ′ イ: :′  ハ       789 「あの子達のことなんですけど――――」
      ∥|: : : ゚:, :゚。: }i: : :}`   ..,__/ {: :{: :i   {  ,
     〃 |: : : } ゚,: :゚。リ: ノ       {、: : :|   |:. ′
.     〃 ,: : : ノ:..:} :ハ´           ` |   |::.. :,       ↓1
.     '/  /> ´  } : : :,_____      _____,,.|   { `   、
   // , ´     ,: : : :} r===ニニ ヾゝ..,,  v  ゚。     ヽ
.  // /      ノ: :.ハ:}ゝ二二ヽ `¨ `ヽ  V  ゚,     i

うらー

もし00出たとしてもお子様がいる+悪用されると不味い情報だから後でねって断っとけば穏便にすむよ!


※抱き合うだとアスナさん子供達の前で何を言ってるのって感じになっちゃいますか?ハグと書けば良かったですかね。


>>637 8 789 「あの子達のことなんですけど――――」


一通り復習を終えて料理に向かった子供達と入れ違うようにアスナ嬢とキリトがやってきた。

エロもやしから解放されたトモミとアルゴも一緒だ。

アーテル「大人気だったな、疲れていないか?大丈夫か?」

トモミ「はい、大丈夫です」

……うむ、やせ我慢はしていない様だし、見た所問題なさそうだな。

だが俺のせいで苦労をかけたのは間違いない。

思わず抱きしめたくなるが、ここは全力で労る一択だ。

アルゴ「トモちゃん何飲ム?」

トモミ「え、えっと、同じものでもいいですか」

アーテル「これなんか美味かったぞ、あーん」

トモミ「あ、あー……む」

アーテル「口に合うといいんだが」

頬張ったまま全力で頷くトモミが可愛らしい、問題なく口に合った様だ。

マサムネ「何やってるんだか」

アスナ「アーテルさん、少しいいですか?」

アーテル「うむ」

アスナ「あの子達のことなんですけど――――ギルドに誘ってみてはどうでしょう」

アーテル「ふむ……」

アスナ「《ギルドストレージ》や常備薬は、レベルが低くて自分のストレージ容量が小さい間ほど役立つと思うんです」

アスナ「危険が伴いますから無理に適応させる必要は無いと思いますが」

アスナ「望む子達の手助けはし易くなると思うんです」


1:「そうだな。誘ってやって貰ってもいいか?」(ギン、ケイン、ミナ+7人の子供達がギルドに加入します)

2:「確かにその通りだとは思うんだが、巻き込む可能性がある以上もう少し慎重に考えたい」(保留する)

3:「戦わずに済むにこした事は無いし、焦らせてしまわないか心配だ。物資に頼って無茶をされても困るな」(反対する)

4:その他なんでもご自由にお書き下さいね。


↓3

うーん、1


※あ、安価間違えた……>>634でした。

>>641 1


この腰が低くてあまりリーダーらしくないギルドマスターや年下少年少女達に、

万一の時に『あの時ギルドに誘ってさえいれば助かったかもしれない』と後悔させるよりは、

ここで覚悟を決めてしっかり責任もって面倒を見た方がいいかもしれんな。

アーテル「そうだな。誘ってやって貰ってもいいか?」

アスナ「はい」


※ちょっとお手数おかけします……。

※《プレイヤーネーム》は最後に自由安価でお願いする予定です。


◇性別 (0~9)  0~2:女性、3~9:男性

◇年齢 (0~9)  0:9才、12:10才、34:11才、567:12才、89:13才

◇容姿 (00~99)

◇特徴 (00~99) ※年齢不相応な物が出た場合は振り直し。


◆A
1↓性別
2↓年齢
3↓容姿
4↓特徴

◆B
5↓性別
6↓年齢
7↓容姿
8↓特徴

◆C
9↓性別
10↓年齢
11↓容姿
12↓特徴

◆D
13↓性別
14↓年齢
15↓容姿
16↓特徴

◆E
17↓性別
18↓年齢
19↓容姿
20↓特徴

◆F
21↓性別
22↓年齢
23↓容姿
24↓特徴

◆G
25↓性別
26↓年齢
27↓容姿
28↓特徴

ほい

1

ドンドン行こう

1

ふぉい

流石に複数回やっても大丈夫だよね

どんどんやっちゃうよ!

加速加速

うらー

1

もういっちょ

まだまだ足りんぞ!

ソロソロカナー?

なんて大量安価

ふぉいふぉい

670まで

670まで頑張って


※大量のコンマご協力ありがとうございました。

※以前特徴は何回か振りたいとご希望頂いています。
《プレイヤーネーム》まで決まった後に追加でお願いする予定……だったのですが、もう十分個性的ですかね……?
特徴を追加で判定するかどうかを最後にお伺いします。

◇性別 (0~9)  0~2:女性、3~9:男性

◇年齢 (0~9)  0:9才、12:10才、34:11才、567:12才、89:13才

◇容姿 (00~99)

◇特徴 (00~99) ※年齢不相応な物が出た場合は振り直し。


◆A
>>643 4  性別 男性
>>644 2  年齢 10才
>>645 10  容姿 10~14:同性+3異性+6
>>646 02  特徴 02:反射神経

◆B
>>647 3  性別 男性
>>648 5  年齢 12才
>>649 42  容姿 40~54:平凡な容姿
>>650 72  特徴 72:臆病

◆C
>>651 4  性別 男性
>>652 1  年齢 10才
>>653 51  容姿 40~54:平凡な容姿
>>654 70  特徴 70:障害

◆D
>>655 0  性別 女性
>>656 3  年齢 11才
>>657 30  容姿 30~34:同性+1異性+2
>>658 27  特徴 27:長命

◆E
>>659 8  性別 男性
>>660 0  年齢 9才
>>661 96  容姿 95~97:同性-5異性-9
>>662 75  特徴 75:自罰的

◆F
>>663 4  性別 男性
>>664 5  年齢 12才
>>665 50  容姿 40~54:平凡な容姿
>>666 64  特徴 64:中性的

◆G
>>667 0  性別 女性
>>668 3  年齢 11才
>>669 11  容姿 10~14:同性+3異性+6
>>670 00  特徴 00:完全記憶

Bの子は《圏内》に居る事を望みそうです。Cの子は現実では障害持ちですがアインクラッドでは健常です。
Eの子は家庭環境に問題がありそうな気配がします。
Gの子は物心付いてから見聞きした事を全て完全に記憶しています。知識も、情報も全部、です。

──────────────────────────────────────────────────
◆A
>>643 4  性別 男性
>>644 2  年齢 10才
>>645 10  容姿 10~14:同性+3異性+6
>>646 02  特徴 02:反射神経
──────────────────────────────────────────────────

◆Aくんの《プレイヤーネーム》を自由にお書き下さいね。

↓3

Shuya

>>676


>>678>>676 Shuya

──────────────────────────────────────────────────
◆Shuya  Lv3 男性、10才、同性+3異性+6、反射神経 ※身体的に優れた資質を持つのでギンと同等のレベルになっているものとします。
──────────────────────────────────────────────────


※システム上《プレイヤーネーム》はアルファベット、頭文字は大文字。文字数制限は18文字です。
大文字、スペース使用可能です。数字や記号は使えません。呼ぶ場合や呼ばれる場合はカタカナ表記になります。

──────────────────────────────────────────────────
◆B
>>647 3  性別 男性
>>648 5  年齢 12才
>>649 42  容姿 40~54:平凡な容姿
>>650 72  特徴 72:臆病
──────────────────────────────────────────────────

◆Bくんの《プレイヤーネーム》を自由にお書き下さいね。

↓3

toma


>>682 toma

──────────────────────────────────────────────────
◆toma  Lv1 男性、12才、平凡な容姿、臆病
──────────────────────────────────────────────────
※臆病と言うのは悪い事ばかりではありません。その分慎重とも言えます。


※システム上《プレイヤーネーム》はアルファベット、頭文字は大文字。文字数制限は18文字です。
大文字、スペース使用可能です。数字や記号は使えません。呼ぶ場合や呼ばれる場合はカタカナ表記になります。

──────────────────────────────────────────────────
◆C
>>651 4  性別 男性
>>652 1  年齢 10才
>>653 51  容姿 40~54:平凡な容姿
>>654 70  特徴 70:障害
──────────────────────────────────────────────────

◆Cくんの《プレイヤーネーム》を自由にお書き下さいね。

↓2

kazu


>>685 kazu

──────────────────────────────────────────────────
◆kazu  Lv1 男性、10才、平凡な容姿、障害
──────────────────────────────────────────────────
※恐怖と混乱さえ乗り越えられれば、アインクラッドは彼にとって現実より自由で過ごし易い素晴らしい世界になるでしょう。


※システム上《プレイヤーネーム》はアルファベット、頭文字は大文字。文字数制限は18文字です。
大文字、スペース使用可能です。数字や記号は使えません。呼ぶ場合や呼ばれる場合はカタカナ表記になります。

──────────────────────────────────────────────────
◆D
>>655 0  性別 女性
>>656 3  年齢 11才
>>657 30  容姿 30~34:同性+1異性+2
>>658 27  特徴 27:長命
──────────────────────────────────────────────────

◆Dちゃんの《プレイヤーネーム》を自由にお書き下さいね。

↓2

Alicia


>>691 Alicia

──────────────────────────────────────────────────
◆Alicia  Lv1 女性、11才、同性+1異性+2、長命
──────────────────────────────────────────────────
※いつまでも若々しく元気な女性になりそうです。


※システム上《プレイヤーネーム》はアルファベット、頭文字は大文字。文字数制限は18文字です。
大文字、スペース使用可能です。数字や記号は使えません。呼ぶ場合や呼ばれる場合はカタカナ表記になります。

──────────────────────────────────────────────────
◆E
>>659 8  性別 男性
>>660 0  年齢 9才
>>661 96  容姿 95~97:同性-5異性-9
>>662 75  特徴 75:自罰的
──────────────────────────────────────────────────

◆Eくんの《プレイヤーネーム》を自由にお書き下さいね。

↓2

Jinx


>>694 Jinx

──────────────────────────────────────────────────
◆Jinx  Lv1 男性、9才、同性-5異性-9、自罰的
──────────────────────────────────────────────────
※外見は事故によるもの。事故に巻き込まれて妹が死んじゃったのは僕といっしょにいたせい。
そんな僕をパパとママは変わらず愛してくれる……的なへびーな妄想。


※システム上《プレイヤーネーム》はアルファベット、頭文字は大文字。文字数制限は18文字です。
大文字、スペース使用可能です。数字や記号は使えません。呼ぶ場合や呼ばれる場合はカタカナ表記になります。

──────────────────────────────────────────────────
◆F
>>663 4  性別 男性
>>664 5  年齢 12才
>>665 50  容姿 40~54:平凡な容姿
>>666 64  特徴 64:中性的
──────────────────────────────────────────────────

◆Fくんの《プレイヤーネーム》を自由にお書き下さいね。

↓2

Kaoru


>>697 Kaoru

──────────────────────────────────────────────────
◆Kaoru  Lv1 男性、12才、平凡な容姿、中性的
──────────────────────────────────────────────────
※二次成長後もあまりごつごつしません、平凡ではあっても非凡でモテるかも。


※システム上《プレイヤーネーム》はアルファベット、頭文字は大文字。文字数制限は18文字です。
大文字、スペース使用可能です。数字や記号は使えません。呼ぶ場合や呼ばれる場合はカタカナ表記になります。

──────────────────────────────────────────────────
◆G
>>667 0  性別 女性
>>668 3  年齢 11才
>>669 11  容姿 10~14:同性+3異性+6
>>670 00  特徴 00:完全記憶
──────────────────────────────────────────────────

◆Gちゃんの《プレイヤーネーム》を自由にお書き下さいね。

↓2

Index


>>702 Index

      _人_    ,. -―――-、
      `Y´  /  ,. -―――-\
           /     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ _人_
        /    厶r ァ: TT T <:.:.} `Y´        およばれゴハンさいこうなんだよ
        /   イ: : !./|⌒|メ /|ハr: : >
       ,'    |/!,ィf穴   fハハ: :| _!_
       |    i |: |  r.リ   r.リ iV  .!    , -―-っ  r‐┐r‐┐
       |    ん|: | "    ' ` ,;| *     /    ̄三ア ̄ ̄ ̄ ̄ア
       |   / /|: |  {⌒ 7  ,从   /7  , -―<_____,/
       /!  ,/∧.|: |  、__ ,. rく|: :|  /!:::/ /| /「 --r―‐'´
      /   /厶__|: ト、/ヽ.:././ |: :|/  |:::|/  |イ:::::i /|
.     /   /   \!.::.:r个く__|イ    |::::|   / !:::::|/  ,|
     /   /   ―' ´ ̄ ̄>彳     |::::|  ,' !:::::!  /
   /   〃       ー'      /\:|  ! |:::::!  /
   /    | |               \/:|  ,'  |::::i /
  /    | \__/           {:::::|/  |::::| !

  |\   |  / /  ̄|T7' <_____,>'ー―‐┴┴'      ※自動的にAAとCVが決まった予感

  |::::::\  |       |:::|: :|::||  |: :|
  「\::::::`::|       |:::|: ハ.||  |: :|
  |: ハ:\:::::|       |:::|:.| ||  |: .!                 ※シスター服は多分サーシャ先生の影響です
  V |ハ「¨         |:::|:.| ||  |:/

──────────────────────────────────────────────────
◆Index  Lv1 女性、11才、同性+3異性+6、完全記憶
──────────────────────────────────────────────────
※完全記憶の影響で平均より高い◆Intelligence(知識力)を持ちます。
ある種の超能力者です。一度見聞きした事は絶対に忘れません。物忘れをするという事がありません。
体験した出来事は全て映像と音声で記憶し続けます。他人との会話も一言一句覚えています。
記憶力だけなら茅場晶彦や黒木燐太郎といった天才達より優れます。
経験を重ねて分析力や洞察力、観察力、知恵などが培われれば一角の人物になる可能性があります。
ただし本人にやる気がある場合に限りますが……。
また、どんなに嫌な事でも忘れることが出来ません。
忘れられない事が精神的に負担になり、悩んだり苦しんだりする可能性があります。

※今までに見てきた国語や音楽の教科書の記述を完全に再現出来ます。


──────────────────────────────────────────────────
★サーシャ Sasha ◆Intelligence(知識力):6 同性+1異性+2

【2023年02月04日(土)現在子供たちの数は10人です】

★ギン Ginn 男性、12才、同性+1異性+1、意志の強さ ◆Intelligence(知識力):4
トモミとアーテルが助けて教会に連れて行った子供。 片手槍 2023年02月04日(土)現在Lv3

★ケイン Kain 男性、11才、平凡な容姿、方向感覚 片手槍 2023年02月04日(土)現在Lv3

★ミナ Mina 女性、10才、同性+2異性+3、鋭敏聴覚 片手槍 2023年02月04日(土)現在Lv3

★シュウヤ Shuya 男性、10才、同性+3異性+6、反射神経。片手槍 2023年02月04日(土)現在Lv3

★トマ toma 男性、12才、平凡な容姿、臆病

★カズ kazu 男性、10才、平凡な容姿、障害(リアルで)

★アリシア Alicia 女性、11才、同性+1異性+2、長命

★ジン Jinx 男性、9才、同性-5異性-9、自罰的

★カオル Kaoru 男性、12才、平凡な容姿、中性的

★インデックス Index 女性、11才、同性+3異性+6、完全記憶
──────────────────────────────────────────────────

※コンマご協力有り難うございました。


※もう1回ずつ《特徴》を設定しますか?※年齢不相応な物が出た場合は振り直しになります(酒乱など)


1:もう十分濃いからこのままでOK。

2:もう1回GO。


↓先に3票入った方を選択いたします。

1
(ぶっちゃけめんどくさいし)


>>704-706 1

◆《Hall of World》 Guild Members List

◆日時:2023年02月04日(土)
──────────────────────────────────────────────────
●アスナ Asuna .─────Lv26 細剣 ギルドマスター (女性、15才)

○キリト Kirito ──────Lv26 片手直剣 《ビーター》 (男性、14才)

○アルゴ Argo ──────Lv22 片手戦爪 情報屋 《鼠のアルゴ》 《鼠の知育会》共同オーナー (女性、??才)

○アーテル AteR ─────Lv18 カタナ 《鼠の知育会》共同オーナー (男性、20才)

○トモミ Tomomi ...─────Lv15 片手戦棍 盾  鍛冶 (198.6) (女性、16才)

○マサムネ Masamune ───Lv19 両手斧 (女性、17才)

○リズベット Lizbeth .────Lv18 片手戦棍  鍛冶 (279.0) (女性、15才)

○ヒースクリフ Heathcliff .──Lv25 片手直剣、盾 (男性、??才)

○サーシャ Sasha ─────Lv05 短剣 (女性、20代前半)

○ギン Ginn  ───────Lv03 片手槍 (男性、12才、同性+1異性+1、意志の強さ)

○ケイン Kain ───────Lv03 片手槍 (男性、11才、平凡な容姿、方向感覚)

○ミナ Mina ────────Lv03 片手槍 (女性、10才、同性+2異性+3、鋭敏聴覚)

○シュウヤ Shuya ─────Lv03 片手槍 (男性、10才、同性+3異性+6、反射神経)

○トマ toma ────────Lv01  (男性、12才、平凡な容姿、臆病)

○カズ kazu ────────Lv01  (男性、10才、平凡な容姿、障害(リアルで))

○アリシア Alicia ──────Lv01  (女性、11才、同性+1異性+2、長命)

○ジン Jinx ────────Lv01  (男性、9才、同性-5異性-9、自罰的)

○カオル Kaoru ──────Lv01  (男性、12才、平凡な容姿、中性的)

○インデックス Index ────Lv01  (女性、11才、同性+3異性+6、完全記憶)
──────────────────────────────────────────────────

※平均年齢の凄く若いギルドですね。

※実はギンとキリトはたった2才しか違いません。12才のシリカも加わり易いギルドにはなったかも?



※ギルドメンバーリストからメッセージを送信したり、位置情報をサーチしたり出来る様になりました。(書き添え忘れた)

※どう見ても《攻略》以前なLv1の子供達を見て、ヒースなんとかさん愕然としそうですね。

※アーテルが以前与えた片手槍x4はギン、ケイン、ミナ、シュウヤが使っています。
他のメンバーにも武器や装備を自由に与える事が出来ます。

※アーテル兄ぃ(アーテルお兄ちゃん)マサ姉ぇ(マサムネお姉ちゃん)トモ姉ぇ(トモミお姉ちゃん)は特に好かれています。
アドバイスをすれば聞いてくれる可能性が高いです。



アスナ「あと、《圏外》に出るときはギルド宛に行き先をメッセージでおくること」

ミナ「はい」

ケイン「はーい」

アスナ「迷子になったり危なくなったら助けに行けるようにする為の約束だから、必ず守ってね」

ギン「わかった、アスナ姉ぇ」

シュウヤ「おくってみた!」

アスナ「……うん、ちゃんと届いてるね」

トマ「外に出ないならおくらなくてもいい?」

アスナ「んー……サーシャ先生が一緒じゃない時は送ってくれるかな?」

トマ「う、うん」

アリシア「念のためね!」

アスナ「うん、そう。よく出来ました」

アリシア「ふふーん」

ジン「……」

アスナ「大丈夫かな?もし忘れちゃったらお姉さんかお兄さんに聞いてね」

カオル「はーい」

インデックス「>>186>>205かも」

アスナ「え、ええ。……大丈夫そうね」

アーテル「……」

インデックス「あとおかわりなんだよ」

マサムネ「うん、食べすぎには注意するんだぞ」

インデックス「ありがとマサムネお姉ちゃん」

トモミ「賑やかになりましたね」

アーテル「そうだな」

こうしてみるとどの子も個性的だ。

1人1人が大きな可能性を秘めている。

必ず全員、現実で待つ両親の元へと生きて帰還させてやらねばな。


※まず参加者達がどう動くかをコンマで判定し、その後アーテルがどの輪に加わるか、もしくは様子を見守るかを選択して頂きます。

※サーシャは基本的に子供達の側から離れません。キリトとアスナは基本的に2人で固まって行動します。
※エギルの友人ダリミル、ラディスラフ、オレクは、基本3人で固まって行動しますが、サーシャが大変そうな時は子供達の相手をしてくれます。
※タチアナは基本バルドヴィーノと一緒ですが、年下の少女達が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※バルドヴィーノは基本タチアナと一緒ですが、他の男性陣が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※《風林火山》のディール、クニミツ、ダイナム、イッシン、ハリーワンは、基本5人で固まって行動します。
※子供達はギンを含めて基本10人で固まって行動します。名前良く間違えてごめんね。

↓1 ◆ヒースクリフ
   01234 アーテルさん、これはどういう事かね。
   56789 アスナさん、これはどういう事かね。

↓2 ◆アスナとキリト
   0123 続アーテルさんに相談あれこれ。
   456 ヒースクリフさんのフォロー。
   78 クラインさんか《風林火山》の面々と交流を深められたらいいな。
   9 バルド夫妻を勧誘に。

↓3 ◆クライン
   0123 アスナさんギルド発足おめでとうございまっす。
   4567 お陰で無事に挨拶出来たぜ
   89 マサムネさんの所。

↓4 ◆エギル
   01234 アスナにおいおいマジか。
   56 トモミに用事。
   78 アルゴに用事。
   9 子供達のフォロー。

↓5 ◆エギルの友人達3人
   01234 ヒースクリフに挨拶。
   5678 バルド夫妻とまったり。
   9 エギルの所へ。

↓6 ◆リズベット
   0123 クラインの所へ。
   456 《風林火山》の所へ。
   78 子供たちに人気で話せなかったのでもう一度マサムネの所へ。
   9 トモミの所へ。

↓7 ◆マサムネ
   012 ヒースクリフのフォロー。
   345 子供達のフォロー。
   67 トモミのフォロー……特に必要無かったな……。
   89 アルゴさんのフォローのフォロー。

↓8 ◆子供達
   012 「アーテル兄ぃ」「アーテルお兄ちゃん」
   345 「トモ姉ぇ」「トモミお姉ちゃん」
   678 「このご飯もあつあつ」「とろとろしておいしい」
   9 「武器かっこいい!」「装備すっげー」

↓9 ◆風林火山ギルメン達
   01234 アスナさんギルド発足おめでとうございます。
   5678 リズベットさんにお礼。
   9 クラインの後押し。

↓10 ◆アルゴ
   01 茅場晶彦を視界に収めつつアー坊の所へ。
   23 茅場晶彦を視界に収めつつトモちゃんの所へ。
   456789 茅場晶彦を視界に収めつつ臨機応変にフォロー。

↓11 ◆トモミ
   01 茅場晶彦を視界に収めつつアーテルさんの所へ。
   23 茅場晶彦を視界に収めつつアルゴさんに感謝。
   45 茅場晶彦を視界に収めつつタチアナさんに感謝。
   6789 茅場晶彦を視界に収めつつ子供達のフォロー。


※はてさてどうなりますやら。コンマをお願いしつつ《つづく》です。

※コンマ沢山ご協力頂いてありがとうございました。
名も無きその他プレイヤーでなくなる(名前が付く)だけで重みが随分違ってきますね。
孤独ではない今の黒木燐太郎なら全てを支えきるのも不可能ではないと思います。

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。

乙です
お楽しみは、これからだ!


孤独では無くなったクロリン
もやしの反応は如何に!

乙です

ヒースクリフとアーテルの絡みが楽しみでしょうがない!
バッド行きに繋がる可能性はあるけどオリジナル要素としては最上級に面白い設定だよな!


もやしが何か言ってきたら
犯罪者プレイヤーを除いて攻略に貢献していないプレイヤーはいないって言ってやりたい

乙ー

1

おつおつ
インデックスに合わせてtomaはトーマと読んでみたいかも


>>726-728

                __ -―――-......__
            -‐r⌒ ァ''":.:.:.:.:.:.:.u:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、
       /:.:.ζ /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      AAは変態かつ天才ですが>>1は変態なだけのアホですので

      /:.:.:/{ /\:.:U.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.//l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

       /:.:.:/:.f/{:.{:.:.:.:\:./:.:.:.:.:./:.:./ // l:.:l:.:.:.:.:.:u..:.:.:.:.:.:ヽ
     j:.:.:./:./:.:.:い:.:.:.:.:./:.:.:.:.:./:.:/  ∥  {:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.}:.い.:.:.:、   何か間違えていたら遠慮なくお叱りご指摘等々頂けたら助かります
     l:.:./:.:ハ:.:.:.乂\:./:.:.:.:.:.:j:.:/-―{L、 l:.!l:l:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.i.:.:.:i

     !:./:.:.{:.:い:.:.:.\/:.:.:.:.l:.:.ト{  -―-ミ十!l:.:.:.:.:/ l:.:.:.}:.ト:l
     !/:.:.:.i:.:.:、:.:.:.γj:.:.:.:.:.{:.:.l=(     ヽ }:.:/へl:.:.:.j:.:} }    と言うか私がしっかり読みを確認すべきでした、申し訳なかったです

      /:.:.:.:λ:.:\:.{ l:.:l:.:.:.:l:.:l   ゝ     ノ=ミ/-―-jノ:./lノ j
    /:.:.:.:.:.:.:.ト:.:.:.:.:.:ゝl:.:l:.:.:.:.l:.l      ̄ ̄    {    }/ j ノ
    /:.l:.:.:.:.:.:.:l:.ト、:.:.:.:.:l:.l:l:.:.:.:ト:l. u       / 、_ノ:l       ……もしかしてJinxもジンじゃなかったのでしょうか……
    /:/l:.:.:.:.:.:.:.l:l \:.:.:.l:lミl:.:.:.:l \    ’::..__    ノ:.:.:l:.:l
   /:/ l:.:.:.:.:.:.:.:.l   >-l い:.:l       ""  /:.:.:.:l:.:l
  // l:.:.:.:.:.:.l:.:.l    ∧ 、:.:.i 丶、       イ l:.:l:.:.:.j:.:!      他にも想定していた読み方と違ったものがありましたら
  //  l:.:.:.:.:.:.:l:.:.l   へ   \l  / ''ー/   j/l:.:.:/l:j
 ∥  l:.:.:.:.:.斗‐< \  `丶、   /        ノ j:./ ノ
 jj    l:./      \ \   \/\       j/        同様に多数決をお願いしたいと思います
 {l    / u.      ヽ \   __ヽ \    /
 i:l  /     ゙、   \ ゙、  ヽ/癶 { ハ ト、
 い  {     ゙、    ヽ ゙、   ゙、\:\}:::Y ゙、\ __        今夜は進められなくてすいませんでした
 ゙、:.\l      \   ヘ ト、  ゙、 r"⌒\ \  ト、
  \:.l       `ヽ、  l \  ゙、\:::::::::ハ ヽ| ヽ



★tomaくん(男性、12才、平凡な容姿、臆病)の《プレイヤーネーム》はなんて読むの?


1:トーマなんだよ!

2:トマでいいかも。



★Jinxくん(男性、9才、同性-5異性-9、自罰的)の《プレイヤーネーム》はなんて読むの?


A:ジンクスなんだよ!

B:ジンでいいかも。

C:ジンエックスね。(銃士X感)

D:ジンイクスです。(マスケティア・イクスさんのキャラデザは正直びっくりしました)

E:ジンバツだろう、性格的に考えて。

F:他に読み方がございましたら自由に書いてやって頂けると助かります。



※両方同時にお選び下さい。(例:1A、2Bなどなど)


↓それぞれについて先に3票入ったもので決定とさせて頂きます。

1B

2B

1A

B

こいつもしかしてtomaじゃね?

逃したっつってるから訂正(のチャンス)って事だろ

深夜明け方まで気が抜けんのう

年齢的には
※将来はこんな感じかもね(AA略
でしかないしな


※ご投票ご協力ありがとうございました。遅い時間にすいませんでした。


★tomaくん(男性、12才、平凡な容姿、臆病)の《プレイヤーネーム》はなんて読むの?

>>730-731 >>734 1:トーマなんだよ!


★Jinxくん(男性、9才、同性-5異性-9、自罰的)の《プレイヤーネーム》はなんて読むの?

>>730 >>733 >>735 B:ジンでいいかも。


※それではtomaくんをトーマくんに改めさせていただきますね

※私が間違えて読んでしまっている子が他にもまだおりましたらご指摘頂けたら幸いです


          /:::::::⌒ζ:::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::-‐Y⌒:::::::::::::::::::::::\:::\    《不幸》という特徴もあるので足せばよりそれっぽく出来るのですが
        /:::::::/::::::::/::ヽ::::::::::::\::::::::::::::ヽ:::ヽ
      /::::::::::/::::::::::::/::::ハ::::::::\:::ヽ::::::::::::::::::::::、

      /:::::u:/:::::::::::::/:::::i:::::l::::::::::::::::::::゙;:::::::::::::::::::::、   >>1がそのキャラに対し毎回必ず不幸な偶発事故を発生させるという
     /:::::::::j:::::::::::::::l:::::::::::::::l:::::::::::\:::::i:::::゙;:::::::U::::i

     j::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::ト:::::::::::::::ヽ::i::::::l:::::::::l::::l
     l::::::::::::l:::::::::::::/l::::::::::::l:::l ∨::::::;;;;;;::::l::::::l:::::::::l::::}   ある意味トモミさんの《運動音痴》よりおもしろヒドイ特徴でして……
     l::::::::::::l:::::::::::::l l::l::::::::::l:::l X":::::::::::::i::::::l:::l:::::}::::!
     j::::::::::::i:::::::::::::l-い:::::::::い  ヽ::::ヾ:::::l:::::l:::l:::::lヽ{
     {::::u::::::い:::::::::l ヽ::\::::::::ヽ   ̄_,,二l::::::::l:::::l }   《主人公》自身や自分で対処出来るキャラが《不幸》ならまだしも
     !:::::::::::ゝl\ゞゝ \  ̄ ̄   >'"⌒i:::j:::l::::j_/i
     ヽ:::::::::::::ゝ  _,,,,_       ;:;:;:;:; j:/l::::::ハ:::::}
      Y::::ヽ:::\ ㌢'"⌒    ::.     ノ l::::/:::::ノ   庇護下にある《臆病》な12才男子の周辺でトラブルが続発すると
      弋::::人:::::\ ;:;:;:;:;   `    ,   /l::/::::::/ヽ
       jヽいヽー-ヽ     、__  / /::j/::::ソ  }_ノ
       乂メ:ト:::\  >ーr- へ__. ィ" l \弋__,,,、ノ:::::::`ヽ、   難易度が有頂天というか理不尽にも程があるかと思いますので

     /:::::/ \\/7" ̄ / Y-ヽ_ノ  ヽ  \:::::::\::::::::\
    /:::/::/ ヽ   /:::7  / /  {-~⊃_}    `ヽ、::\:::::::ヽ
   /:::::/::/  Y  //゙、 / ///_     ̄  ー- 、\::ヽ:::::ハ   特徴プレゼントは自重しておく方が良いと判断しました
   /::/:::/ j    い/   \__//_/::::::::::: ̄::::ー-      /  Y::Y:::} }
  {/{:::/ ノ     У     / ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::7  /}::j:::jノ
    ゝ( { {   /           〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / }ノ::ノ
      j ヽ /         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /l j/   《主人公》の持つ特徴としてはなかなか良いと思いますので
     / /        __/:r、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// / }

     //            r(\::ヽYi:::::::::::::::::::::::::::::::::/  /  /
    У         r、ヽヽ\/ヽ:::::::::::::::::::::::::::/ /   {   今後新規に《主人公》を作るときとかに如何でしょうか
   〈         /:::`r-‐彡  ヽ \::::::::::::::::::://    ノ
     V       /:::::::::::乂ヽ ヽ  メ }::::::::::::::::/  ノ   {
      }     /:::::::::::::::::::::ヽヽ  イ  人::::::::::://   ノ }   刺激的かつヒロイックでなかなか素敵な特徴だと思います
     └--‐<:::::::::::::::::::::::::::::::}  ̄     \::/-‐  ̄  ノ


※集団で1人に悪い事が起こる場合《不幸》なプレイヤーが居たら真っ先に対象になるので、ある意味メイン盾になれるかも。

※今夜ものんびり楽しんでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


※サーシャは基本的に子供達の側から離れません。キリトとアスナは基本的に2人で固まって行動します。
※エギルの友人ダリミル、ラディスラフ、オレクは、基本3人で固まって行動しますが、サーシャが大変そうな時は子供達の相手をしてくれます。
※タチアナは基本バルドヴィーノと一緒ですが、年下の少女達が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※バルドヴィーノは基本タチアナと一緒ですが、他の男性陣が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※《風林火山》のディール、クニミツ、ダイナム、イッシン、ハリーワンは、基本5人で固まって行動します。
※子供達はギンを含めて基本10人で固まって行動します。名前良く間違えてごめんね。

>>713 3 ◆ヒースクリフ   01234 アーテルさん、これはどういう事かね。

>>714 8 ◆アスナとキリト   78 クラインさんか《風林火山》の面々と交流を深められたらいいな。

>>715 3 ◆クライン   0123 アスナさんギルド発足おめでとうございまっす。

>>716 4 ◆エギル   01234 アスナにおいおいマジか。

>>717 2 ◆エギルの友人達3人   01234 ヒースクリフに挨拶。

>>718 5 ◆リズベット   456 《風林火山》の所へ。

>>719 2 ◆マサムネ   012 ヒースクリフのフォロー。

>>720 6 ◆子供達   678 「このご飯もあつあつ」「とろとろしておいしい」

>>721 4 ◆風林火山ギルメン達   01234 アスナさんギルド発足おめでとうございます。

>>722 6 ◆アルゴ   456789 茅場晶彦を視界に収めつつ臨機応変にフォロー。

>>723 8 ◆トモミ   6789 茅場晶彦を視界に収めつつ子供達のフォロー。


※アルゴは茅場晶彦と全体を同時に視界に収められるポジションで……こんな感じでしょうか。

リズベット→《風林火山》⇔アスナとキリト⇔クライン
                   ↑
        トモミ       エギル「あんた達がそこまで背負う必要は無いと思うんだがな……」
         ↓
GOHAN←子供達←サーシャ

         ┌─エギルの友人達3人
         ↓
アーテル←ヒースクリフ←マサムネ
         ↑
        アルゴ



2023年02月04日(土) PM 05:00

加入申請を承諾する事でギルドに加入状態になり、

ギルドマスターのアスナ嬢からお約束事を言い含められた子供たちは再び料理を囲んで大騒ぎだ。

サーシャさんが落ち着いて食べられるようにとトモミが子供たちをフォローしてくれている。

やはり子供たちに囲まれて嬉しそうにしているトモミは良いものだ。

技術発展と医療関係者の尽力で極めて安全になっているとはいえ出産が命がけの行為である事には変わりない。

トモミに無理をさせるつもりは無いが、叶うならば賑やかで暖かな家庭を築きたいものだと思う。

アスナとキリトのところにはクラインと《風林火山》の面々が集まっていた。

《風林火山》の連中にリズベットが話しかけに行った辺りでエギルも加わって、何やらアスナとキリトを案じてくれている様だ。

まあギルドメンバーがいきなり2倍に増えた上に、大半がLv1の非戦闘員かつ小学生以下の子供たちだからな。

その小学生以下の子供たちとさほど歳の変わらない2人だけに背負わせるわけにはいくまい。

エギルの厚意や配慮に甘えずに、俺も責任持って2人と子供たちを支えていかねばな。

俺が志を新たにしていたら、エギルの友人達から挨拶を受けていた底浅陰気根暗エロもやしと目が合ってしまった。

うげぇと思っても顔に出すわけにはいかない今の様なシチュエーションでは常に目元を隠してくれる野暮眼鏡が有り難い。

そのまま《攻略》の話でもしていてくれればいいと思ったのだが……嫌な予感は当たるものだ。

底浅陰気根暗エロもやしはエギルの友人達との会話を早々に切り上げて真っ直ぐ俺の側へとやってきたのだった。


ヒースクリフ「アーテルさん、これはどういう事かね」

アーテル「どうかしましたかヒースクリフさん」

アルゴ「いやいや、アー坊。これは全くけしからんヨ」

アーテル「いや、これと言われても何がなんだか解らんのだが」

子供たちの向こう側からしっかりとこちらをチェックしてくれているトモミと、

底浅陰気根暗エロもやしが来て早々柔軟に対応してくれているアルゴが心底頼もしい。

マサムネ「ヒースクリフさんどうかしたんですか?」

どうもギルドの新人であるところのヒースクリフをフォローしようと考えてくれていたらしいマサムネまで側に来た。

トモミもアルゴもマサムネも俺の本名と身元、そして途中乱入プレイヤーである事を知っている。

さながら底浅陰気根暗エロもやし包囲網と言った感じだな。

ただマサムネはヒースクリフと名乗るこの男が底浅陰気根暗エロもやしだという事にはまず間違いなく気が付いていない。

マサムネだけではない、アスナ嬢やキリトも気付いていない筈だ。

彼女たちが鈍いという訳では無い、むしろ俺の変装をすぐに看破した位鋭いのだが、

そもそもこのヒースクリフと名乗るアバターは茅場晶彦とは全く違う外見なのだ。

実際の茅場晶彦本人の立ち振る舞いを見た事が無いであろう彼女らでは気付きようが無い。

落ち着いて対応していたつもりの俺を見ただけで違和に気付き、看破してくれたトモミとアルゴが特別過ぎただけだ。

いや特別などという有り触れたものではないな、奇跡と言っていいレベルだと思う。

俺達はナーヴギアと回線インフラを媒介にコードに置換されたデジタルデータをやり取りしているに過ぎない。

そんな環境下でトモミとアルゴが起こしたこの奇跡を知ったら、底浅陰気根暗エロもやしはどんな顔をするだろうか。

気付いていない以上、底浅陰気根暗エロもやしを刺激する様な事を口にしてしまう可能性はあるが、

それは仕方の無い事だし、茅場晶彦の被害者としては自然な言動であるとも言える。

俺達がフォローしようと下手に言い繕う方が余程不自然なので、留意した上で臨機応変に対応せねばなるまい。

ヒースクリフ「何、アーテルさんはどういう考えなのか、少し説明を求めたいと思ってね」

ヒースクリフ「……だが、個人的には他にも色々と聞いてみたいことがあるのだ、どうしたものかな」

嫌な予感しかしないし質問責めにされるのは面倒なので正直拒否したいが、残念ながらホスト側である以上無碍には出来ない。

俺に解る範囲で宜しければと無難に返す事にした。



000 「……彼女のどんなところに惹かれたのだね」

00 「……この世界についてどう思うかな……?」
   「どう見て、どう感じたか。参考までに聞かせては貰えんかね」

0 「子供達に対して熱心にあれこれと指導していた様だが、子供が好きなのかね?」

123 「サーシャさんに伺ったのだが……幼年プレイヤーはゲーム開始時に多かれ少なかれパニック状態に陥ったそうだね」
   「こういった催しに彼らを招く事についてどう考えるのかな……?」
   「ここ暫くは犠牲が出ていないからまだいいが……例えば《攻略》で死者が出たらどうするのかね」

456 「私は先ほど同等だと気休めを口にしたが、実際のところ大人との気力体力の差は如何ともし難い」
   「また、最前線で《攻略》に当たっている各ギルドは対立し、一触即発と言った事態になった事も少なくないそうだ」
   「子供達を全員ギルドメンバーにした様だが……本当に巻き込んで良かったのかね?」

789 「ドリンクを注文したのだがコルが引き落とされなくてね。NPCは既に支払い済みだと言う。どうやったのかな……?」

99 「実際に捕虜が大勢死んでいる脱出不可能な強制収容所の内部にわざわざ捕虜として潜り込んだ元職員が居たとして」
   「この元職員は何を考えて自ら捕虜になったのだろうね?」

999 「志半ばで凶刃に斃れた若者が居たとする。死後、若者の記録は生きた証も名前も何もかも全て消されてしまった」
   「善悪で言えば若者を殺した者は間違いなく悪だろう。では若者の記録を殺した者は?」

↓1

不幸プレゼントとかいらない。やらなくてよかった……


>>755 3


ヒースクリフ「サーシャさんに伺ったのだが……幼年プレイヤーはゲーム開始時に多かれ少なかれパニック状態に陥ったそうだね」

アーテル「ええ、そう伺いました」

ヒースクリフ「こういった催しに彼らを招く事についてはどう考えているのかな……?」

アーテル「と言いますと?」

ヒースクリフ「ここ暫くは犠牲が出ていないからまだいいが……例えば《攻略》で死者が出たらどうするのかね」



1:「祝う気持ちにはなれないでしょうし、子供たちにも知らせたく無いですからね。その時は開催を自粛するつもりです」

2:「死者、ですか。HPがゼロになっても本当に死ぬのかどうかは知りませんが、犠牲者への敬意は表しますよ」

3:「何人犠牲者が出たとしても、生きて帰ってきた仲間の帰還を喜び、労るつもりですが何か問題でも?」

4:「犠牲者への敬意は表しますし冥福も祈りますが仲間の生還は祝いますよ。多分ですが、犠牲者も暗い顔をされたくないでしょうしね」

5:「現実でも毎日大勢亡くなられていますが、身近な人が無事に帰った時や誕生日や記念日を祝いますよね」

6:ヒースなんとかさんになんと返すのか、なんでも自由にお書き下さいね。


↓3

戦士の生還は普通祝うものでしょう。


>>759 4


アーテル「犠牲者への敬意は表しますし冥福も祈りますが仲間の生還は祝いますよ」

アーテル「多分ですが、犠牲者も暗い顔をされたくないでしょうしね」

ヒースクリフ「わざわざ子供達に配慮して隠すような事はしないと言うのだね」

アーテル「誰だっていつかは死ぬのが現実です。割り切って乗り越える事を覚えなくては戻っても生きていけません」

アーテル「尊い犠牲に対して敬意を払い、冥福を祈るという事を教えるのも大人の役目だと思いますよ」

アーテル「俺が言うのもなんですがね」

ヒースクリフ「いや、正論だと私も思う」

ヒースクリフ「そこまで考えた上でなら、何もいう事は無い。差し出がましい口を利いてすまなかったね」

アーテル「こちらこそご心配をおかけしてすいませんでした」

ヒースクリフ「死ぬのが現実、か」

ヒースクリフ「ならば死の存在するこの世界もまた現実なのだろうか」



1:「この出来の悪い世界は完膚なきまでに偽物ですが、ここでこうして考えている俺達は本物だと思います」

2:「俺や仲間や貴方が立っているこの場所は、紛れもない現実ですよ」

3:「茅場晶彦はこの世界を少しでも現実に近づけたかったんじゃないですかね」

4:「リアルとゲームを混同するのは我ながらどうかと思いますがね」

5:なんて返しますか?なんでも自由にお書き下さいね。


↓3

1


>>763 1


アーテル「この出来の悪い世界は完膚なきまでに偽物ですが、ここでこうして考えている俺達は本物だと思います」

トモミとアルゴが俺を見ているのが解る。

大丈夫だ、底浅陰気根暗エロもやしのあの妄執はこの程度で満たされるほど浅くはない。

それに媚びて見せた所ですぐに看破されて返って状況が悪くなる可能性が高い。

ヒースクリフ「……なるほど、確かに相違ない」

底浅陰気根暗エロもやしは思い出したかの様に深く頷くと、静かに肯定した。

ヒースクリフ「しかしそこまで言われては茅場晶彦も形無しだな」



1:「茅場晶彦は本物ですよ」

2:「いまや立派な大量殺人犯ですが、俺は尊敬に値すると思っていますよ」

3:「ただ現実ではないというだけです」

4:「心底来て良かったと思ってますよ。偽物ですが、本物以上に濃密でした」

5:「茅場晶彦がこの会話を聞いていたらブチ切れますかね」

6:「型破りなのは間違いないですね」

7:なんて返しますか?なんでも自由にお書き下さいね。


↓2

163


>>768 163


アーテル「茅場晶彦は本物ですよ」

アーテル「型破りなのは間違いないですね」

アーテル「ただ現実ではないというだけです」

ヒースクリフ「…………」



※私が会話の流れを上手く掴めず判定や評価が難しかったですので、今回はコンマに聞いてみる事にしたいと思います。

※まずこの段階までの対底浅陰気根暗エロもやしの人間関係を更新します。

──────────────────────────────────────────────────
黒木燐太郎 《(-38)》「底浅陰気根暗エロもやし煮る」⇔「…………」《(8)》 茅場晶彦

  演出だと思った。-2                   ↓ 子供への配慮(割りと子供好き)+2 この世界で+2
                                 ↓ 考えた上で+1 率直+1

黒木燐太郎 《(-40)》「底浅陰気根暗エロもやし煮る」⇔「…………」《(14)》 茅場晶彦
──────────────────────────────────────────────────

※上記の茅場晶彦から黒木燐太郎への《友好度》に以下のコンマで決定した修正を加えます。


000 大歓迎。《友好度》+16 今後不正アクセスに気付いた場合それを不問とし、追加で《友好度》+8加算。

00 歓迎。《友好度》+12 今後不正アクセスに気付いた場合それを不問とし、追加で《友好度》+4加算。

0 歓喜。《友好度》+8 今後不正アクセスに気付いた場合それを不問とする。

1 興味。《友好度》+6 祝勝会以降アーテルの生活が管理者用のログ機能もフル活用した上で24時間全て監視・確認される。

23 尊重。《友好度》+4 再度違う質問をしても良いか許可を求める。

45 確認。《友好度》+2 再度違う質問をしても良いか許可を求める。

67 注意。《友好度》±0 再度違う質問をする。

8 違和。《友好度》-1 祝勝会以降アーテルの生活が監視・確認される様になる。ヒースクリフの就寝時、ログアウト中、戦闘中は除く。

9 猜疑。《友好度》-2 祝勝会以降アーテルの生活が管理者用のログ機能もフル活用した上で24時間全て監視・確認される。

99 疑念。《友好度》-4 祝勝会後に管理者権限でシステム的に確認される。不正アクセスに気付かれる可能性大。

999 用心。《友好度》-8 祝勝会後に管理者権限でシステム的に念入りに確認される。不正アクセスに気付かれる可能性極大。


↓1

ほい


>>770 4

※45 確認。《友好度》+2 再度違う質問をしても良いか許可を求める。

──────────────────────────────────────────────────
黒木燐太郎 《(-40)》「底浅陰気根暗エロもやし煮る」⇔「…………」《(14)》 茅場晶彦

                     ↓ +2

黒木燐太郎 《(-40)》「底浅陰気根暗エロもやし煮る」⇔「…………」《(16)》 茅場晶彦
──────────────────────────────────────────────────


※コンマありがとうございます。苦戦して遅くなったり組み立てられなかったり申し訳なかったです。

※一応どちらもちゃんと即座に揚げ足を取られるワードは使わず話題にせずに会話をしているはず……なのですが、
もしやらかしていた場合は、クロリンやヒースなんとかさんのうっかりではなく私のミスです。

※双方互いにお互いの正体を看破していて探り探りな会話が白々しいせいか、
側に居るのにアルゴオネーサンやマサムネを上手く会話に加わらせられませんでした……。
もう少し関係性や方向性がはっきりすると楽になりますので、それまで踏ん張りたい気持ちです。

※半端なところですいません、遅くまで失礼しあした読んで頂いてありがとうございます。お疲れ様でした。


もやしは本物(の狂人)
(発明したものが)型破りなのは間違いない
(でもこの世界は)現実ではない

1で肯定して
6で奔放さ・傍若無人ぶりを指摘して
3で残念がってるんだろう。組み立てとしては


※まさか《体術》スキルを取りに行くシーンが描かれるとは思いませんでした@コミック版プログレッシブ。
女の子少ないですからね、可愛い女の子なら尚更というか、話題になるのも仕方が無いですよね。
《Hall of World》は子供達を加えたお陰で男女比が近づきましたが、全体の比率を考えればまだまだ女の子が多く、
しかも所属している女の子全員可愛いというチートギルドですので話題にならないほうがおかしいと思いました。


          /:::::::⌒ζ:::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::-‐Y⌒:::::::::::::::::::::::\:::\
        /:::::::/::::::::/::ヽ::::::::::::\::::::::::::::ヽ:::ヽ
      /::::::::::/::::::::::::/::::ハ::::::::\:::ヽ::::::::::::::::::::::、   >>774 >>776

      /:::::::::/:::::::::::::/:::::i:::::l::::::::::::::::::::゙;:::::::::::::::::::::、
     /:::::::::j:::::::::::::::l:::::::::::::::l:::::::::::\:::::i:::::゙;:::::::::l::::i

     j::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::ト:::::::::::::::ヽ::i::::::l:::::::::l::::l   なるほどなるほど、ありがとうございます
     l::::::::::::l:::::::::::::/l::::::::::::l:::l ∨::::::;;;;;;::::l::::::l:::::::::l::::}
     l::::::::::::l:::::::::::::l l::l::::::::::l:::l X":::::::::::::i::::::l:::l:::::}::::!
     j::::::::::::i:::::::::::::l-い:::::::::い  ヽ::::ヾ:::::l:::::l:::l:::::lヽ{   お陰様でぴこんと繋がりましたので
     {:::::::::::::い:::::::::l ヽ::\::::::::ヽ   ̄_,,二l::::::::l:::::l }
     !:::::::::::ゝl\ゞゝ \  ̄ ̄   >'"⌒i:::j:::l::::j_/i
     ヽ:::::::::::::ゝ  _,,,,_       ;:;:;:;:; j:/l::::::ハ:::::}   >>769で省略された部分という形で書いてみました
      Y::::ヽ:::\ ㌢'"⌒    ::.     ノ l::::/:::::ノ
      弋::::人:::::\ ;:;:;:;:;   `    ,   /l::/::::::/ヽ
       jヽいヽー-ヽ     、__  / /::j/::::ソ  }_ノ
       乂メ:ト:::\  >ーr- へ__. ィ" l \弋__,,,、ノ:::::::`ヽ、   その後クロリンからの《友好度》を選択して頂いて

     /:::::/ \\/7" ̄ / Y-ヽ_ノ  ヽ  \:::::::\::::::::\
    /:::/::/ ヽ   /:::7  / /  {-~⊃_}    `ヽ、::\:::::::ヽ
   /:::::/::/  Y  //゙、 / ///_     ̄  ー- 、\::ヽ:::::ハ   然る後に違う質問をしても良いか問われるものとします
   /::/:::/ j    い/   \__//_/::::::::::: ̄::::ー-      /  Y::Y:::} }
  {/{:::/ ノ     У     / ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::7  /}::j:::jノ
    ゝ( { {   /           〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / }ノ::ノ   答えてもよし、アルゴさんが気を遣ってくれた事にしてもよしです
      j ヽ /         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /l j/
     / /        __/:r、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// / }

     //            r(\::ヽYi:::::::::::::::::::::::::::::::::/  /  /
    У         r、ヽヽ\/ヽ:::::::::::::::::::::::::::/ /   {    それでは今夜ものんびり楽しんでいきたいと思います
   〈         /:::`r-‐彡  ヽ \::::::::::::::::::://    ノ
     V       /:::::::::::乂ヽ ヽ  メ }::::::::::::::::/  ノ   {
      }     /:::::::::::::::::::::ヽヽ  イ  人::::::::::://   ノ }     どうぞよろしくお願いいたします
     └--‐<:::::::::::::::::::::::::::::::}  ̄     \::/-‐  ̄  ノ



アーテル「この出来の悪い世界は完膚なきまでに偽物ですが、ここでこうして考えている俺達は本物だと思います」

トモミとアルゴが俺を見ているのが解る。

大丈夫だ、底浅陰気根暗エロもやしのあの妄執はこの程度で満たされるほど浅くはない。

それに媚びて見せた所ですぐに看破されて返って状況が悪くなる可能性が高い。

ヒースクリフ「……なるほど、確かに相違ない」

底浅陰気根暗エロもやしは思い出したかの様に深く頷くと、静かに肯定した。

ヒースクリフ「しかしそこまで言われては茅場晶彦も形無しだな」

現実世界のインフラに依存している世界という時点で、もうどうしようもなく偽物だからな。

仕様の上でも現実にあってこの世界に無い不自然が多すぎる、偽物呼ばわりされても否定出来んだろう。

しかしまあ、これまで誰も作り出せなかった『本物の偽物』を生み出したという点は評価してやらなくもない。

アーテル「いや、茅場晶彦は本物ですよ」

茅場晶彦という『本物の狂人』が凄まじい技術的成果と多大なコストを無駄に費やし、

何をするかと思えばよりにもよってゲーム作りかと正直失望したものだが、

トモミやアルゴと出逢えた今ならまあ、その意義に多少理解を示してやらなくもない。

ヒースクリフ「ほう、あれを褒めるのかね?」

アーテル「ええ、まあ」

ヒースクリフ「ふむ、君も彼女同様変わっているな。いや、君がそうだから彼女もああなったのか……?」

アーテル「さて、どうですかね」

トモミがああだったから俺がこうなったのだと思うのだが……悪い影響を与えてしまったという自覚はある。

アーテル「ただまあ、色々な意味で型破りなのは間違いないですね」

アーテル「だからこそ結果を出せた訳ですが」

ヒースクリフ「ついでに掟破りの横紙破りという所か」

アーテル「それはもう。サービス業者が顧客を拉致監禁したわけですしね、完全に法に触れています」

アーテル「いや現実の肉体はそのままで監禁しているのは意識だけか、現行の法律で裁けるのかな」

ヒースクリフ「10,000人を意識不明にして3,000人近く殺しているのだからさすがに実刑は免れんのではないかね」

まあ……なんだ、あまり人の事は言えない気もするが、罪に自覚的で冷静な犯罪者というのも性質が悪いな。

アーテル「……茅場晶彦が捕まったらこの世界も終わりですかね」

ヒースクリフ「さて、どうだろうか」

逮捕後に茅場晶彦が持つ管理者権限を無事に押さえられればそこで終わるだろうが、

もし権限を確保出来ないまま自殺でもされたら最悪の場合、現実世界側で環境を維持出来なくなるまで続く事になるな。

たとえゲームクリアしても管理者不在ではログアウト出来ないというケースも十分に考えられる。

現実の肉体が耐え切れず囚われたプレイヤーが全員衰弱死する前に解決手段が明らかになるという保証もない。

ヒースクリフ「しかし……まるで惜しむような口ぶりだね」

アーテル「……悪い事ばかりじゃありませんでしたからね」

ヒースクリフ「完膚なきまでに偽物で、出来の悪い世界では無かったのかね?」

アーテル「ただ現実ではないというだけです。現実は人間に都合よく出来すぎていますからね」

アーテル「まあ、そうは言ってもそこに帰るんですが」

アーテル「ここでは《結婚》出来ても《親》にはなれませんし」

ヒースクリフ「…………」


       ,. -―-,)、
      /カゞ;' ;'´ ヾ`ヽ
    !i {ミl lレハリ゙ヾリ)

     川ト(トfノ Hヽ k|    《友好度》の処理方法をお選び下さいね
    ノ ソゞ∩''' ワ''∩!
   ((´   ヾ.j´怯!'iソ


1:……なんかちょっとデレていませんかコレ。(《友好度》+5)

2:どの位かは解りませんがデレているのは間違いないですね。(加算する《友好度》をコンマで決定。《友好度》+1~+16)

3:俺が、俺達がクロリンだ。(《友好度》の変化を自由に選んで決める。+6~-6の間で任意)

4:それが世界の選択か……!(《友好度》の変化をコンマ判定で決める。000~999で《友好度》+40~-40)


↓3

1


>>782 1

※なんの《友好度》なのか明記し忘れていましたね、すいません。クロリンからの《友好度》でした。

※1:……なんかちょっとデレていませんかコレ。(《友好度》+5)

──────────────────────────────────────────────────
黒木燐太郎 《(-40)》「底浅陰気根暗エロもやし煮る」⇔「…………」《(16)》 茅場晶彦

               +5      ↓

黒木燐太郎 《(-35)》「底浅陰気根暗エロもやし煮る」⇔「…………」《(16)》 茅場晶彦
──────────────────────────────────────────────────


※当初の茅場晶彦からの無関心っぷりを見るに、現実ではここまでしっかり話し込んだことは無かったのでしょうね。

※とはいえまだついさっきギルド加入で顔を合わせたばかりですからね、劇的なのも素敵ですが自然なのも良しです。



2023年02月04日(土) PM 05:15

性交出来ても子作り出来ないとか全く話にならない所詮偽物は偽物だな、

現実のインフラに依存しないと成り立たない上に、そもそも現実から人間を連れてこないと何も変わらない世界なんて空虚すぎる。

本気で世界が作りたいのなら人の魂や意志を作るところから始めやがれお前に出来るものならな。

……という意味の発言は正直なところではあったのだが、少々飛ばしすぎたのか、

それとも既に立派な大量殺人犯になった自分には家族を持つのは難しいのを悟って嘆いたのか、

その心情は解らないし解りたいとも思わないが微妙な苦笑いをされてしまった。

いらん説教をされるよりはいいかもしれないが、何も言われないのもそれはそれで腹が立つな。

ヒースクリフ「申し訳ないのだが、もう少し話を聞かせて貰ってもいいかね?」


1:「……俺に解る範囲で宜しければ」

2:イラッとしたのに気付いたアルゴが気を遣ってヒースクリフに逆質問してくれたよ。

3:申し訳ないと思うなら遠慮しろよとか考えてしまって生じた隙にマサムネさんが忌憚の無い感想を聞かせてくれたよ。

4:台詞でも行動でもなんでも自由にお書き下さいね。


↓3


>>786 3

                  . -,,‐ -  .
               ィ": : : : : : : : : : :` 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.          /: : : : : : : : : : : : ; ; : ,: : : : : :゙.        000 好きだった人に似ている上に一見遥かにまともそう
        .': : : : :i : : :'i: :|l',: :.',:',: :', : : : : : ゙.
          i : !: : : !: l: l|: :|| ゙,:. :',:', : ! : : : :..:.::
          |: :|: : : l: il_」j: ll  ',-l一-}:、: : :.:.:.|       00 アーテルと普通に会話出来ている……なんて人格者なんだ
          l : ! : ィ',´j:.j_V|  ゙、jr=≠; : : :.:i:.|
        l: :!,:', :ィ'V:ゔ !   {V;;リ'|: : .:.リ:!l
.        l:.| ',:',: :゙',ゞ'"/ l    ̄ 'l : .:/,リl!       0 ヒースクリフさんとアーテルってなんだか似てますね
        'l ', ',:、: :', /  _    .ィ:|: :/.:/
.            '、':..、:.',>.、、  ..:个'、!:/.:.;′
            `゙:{\{´ ,! `   :|、 j'^l;/         123 あの、ヒースクリフさんの喋り方ってロールプレイですか?
                >'/'!   :〉::>:.._
           ,、‐:'":::::::{_ ....... _/:::::::::::::::`>、
.          ,イ. ヽヽ:::::::::!:∵::;イ:::::::::::::>'"  ヽ     456 ゲームとリアルをごっちゃにするのはどうなのかな……
          / l  ,'ミ゙ミ_ー::|::::/-‐_:>.:/   . ^!
.         /  ', ,′ーニヌ'∨イニ-‐"  :.i . '   !
.       /'   ゙}     }‐__‐{        ゙l/   |     789 リズベットの言うとおりだ、ちょっとおかしい
.     / :.     :!-. ==7:}:..:.{===- . _.l:.     l
    ,イ  ゙、. :/.!::..... . .,'.:l.:.:.:.i:..  .. ...:.:.:!:    :l
.   /.:.:>:ミ <  |:..:. . . !.:.!.:.:.:.:l:.: :.: . : . .!    :l     99 ヒースクリフさんってゲーム廃人さんですか
    ゙.:    ヽ、 |:. :.  l.:.:l.:.:.:.:.:l:.  :. . .,'|     :l
.     }    ーヽ|    |.:.}.:.:.:.:.:.:!   ヽ.:.i .!      .:}
     }      :l   └|.:.:.:.:.:.:.j   ,ィ.:〉}       :l.   999 ヒースクリフさんも変態っぽいですね
    | ....:.;.ィ≠! ,   └‐''"´  /.:∧ !     :l
.     l :.:./::/:;7:'                Λ!     .:l
     ゙ゞ'、{://              l       :l  ↓1
       `'{ /                   |         :l

てい


>>788 4


マサムネ「ゲームとリアルをごっちゃにするのはどうなのかな……」

ヒースクリフ「!」

アルゴ「!?」

おおう、ぶった斬りおった?ゲームの事はよく解らんが……あれか、フィクションを現実と混同するなとかそういう事か。

マサムネ「ちょっと廃プレイしないといけなくなっただけで、実際は病院かどこかで寝ていますよね、私達」

アルゴ「それはまぁ、そうだろうネ」

マサムネ「VRMMOって言ってもMMOや他のゲームと同じで、世界もアバターも全部、サービス終了したら消えるだけのデータです」

マサムネ「どんなに出来が良くてもゲームはゲームだと思います。現実が消えてなくなるわけじゃない」

マサムネ「ゲームに没頭していても時間は過ぎていてまた朝が来ます。睡眠不足でも学校行ったりしなきゃいけません」

ヒースクリフ「…………」

マサムネ「HPゼロになると死ぬんですか。そうですか。それでもゲームですよね、これ。全然リアルじゃないですし」

マサムネ「ナーヴギアに脳を焼かれるんでしたっけ、死ぬって言っても現実で殺されているだけですよね」

アルゴ「あ――うン。その通りだヨ、マーちゃん」

アルゴ「アー坊もヒースクリフさんもそれはちゃんと解ってるから大丈夫、ごっちゃにはしてないヨ」

マサムネ「あ、そうなんだ。ごめん」

アルゴ「ゲームだけど『一生懸命後悔しない様に頑張らなきゃいけないって意味では現実と一緒だネ』って感じかナ」

マサムネ「この世界もまた現実なのだろうか、とかって聞いて勘違いしちゃったかな、ヒースクリフさんもすいません」

ヒースクリフ「……リアルではないかね?」

マサムネ「え?」

ヒースクリフ「リアルではなかったかね?」

マサムネ「ああ、えっと」

マサムネ「世界初のVRMMORPGだって凄く期待しましたし、没入感や臨場感は凄いとは思いましたけど、リアルではないですね」

ヒースクリフ「ふむ……」

ヒースクリフ「参考までに聞かせて貰ってもいいかな?どの辺りがリアルではないと思うのだね」

マサムネ「まず殴られても大して痛くないところかな……」

アーテル「そこで真っ先に殴られる痛みを挙げる女子はお前くらいだと思うが」

マサムネ「アバターの身体には血が通っていないですし、呼吸も感覚だけ、汗臭くもならない、怪我もせず傷も残らない」

マサムネ「毛穴から汗が噴出したり毛が逆立つ感覚はあっても、脳がそう感じているだけなのか鳥肌ひとつ立たない」

マサムネ「アバターの身体は現実より非力で鈍いですし、壁を殴っても壊せないですし、斬っても斬られても血は出ません」

マサムネ「それどころか死体も残らず砕けて消えてしまいます」

マサムネ「mobはかなりよく出来ていると思いましたが背景オブジェクトはちょっと……全く気配が感じられません」

ヒースクリフ「…………ふむ…………」

ああ、これはいかん、冗談抜きでいかん、洒落にならん。

マサムネ基準で再調整されたらクリア不可能な文字通りのデスゲームになってしまう。



アーテル「本当は幾らでもリアルに出来るが、それらはあえてそう調整されているのだ」

マサムネ「そうなんだ」

アーテル「痛覚が現実どおりだとモンスターに攻撃される度にショックで動けなくなるだろう」

アーテル「四肢がもげたり内臓を抉られるような傷を受けたらHPゲージと無関係にショック死してしまうぞ」

マサムネ「ああ……それは困るね」

アーテル「言い換えれば茅場晶彦はいつでもそういう状態に出来るが、敢えてそうしていないのだ」

アーテル「何故だか解るか?」

マサムネ「……ゲームだから?」

アーテル「恐らくそうなのだろうと俺も思う」

アーテル「ゲームについては詳しくないが、ゲームとしての決めというか、ある種の公平さなのではないか?」

ヒースクリフ「私見だが……クリア不可能なゲームは未完成品、あるいは不良品と呼ばれるのではないかな」

ヒースクリフ「そういった状態を放置したままにする様な人物には思えんね」

アルゴ「進行不可能になったりクリア不可能だったりって言うのはゲームとしてはかなり深刻なバグだからネ」

アルゴ「普通はデバッグで発見され次第真っ先に、最優先で修正されるヨ」

ヒースクリフ「うむ、相違ない」

アーテル「(正直助かったが、喜んで表情を緩めないように注意だな)」

アルゴ「(そうだネ)」

マサムネ「なんだか話していると悪い人には思えなくなってくるね……」



1:「ストックホルム症候群と呼ばれている状態なのかもしれんな」

2:「想像と現実をごっちゃにして大量殺人犯だという事を忘れてしまわないようにしなくてはな」

3:「まあ、そうだな……実際に話してみたら案外気があって、ゲームの話で盛り上がれたりするかもしれんぞ」

4:「良し悪しや善悪の基準は人それぞれだからなんとも言えんが……まあ、解らんでも無い」

5:台詞でも行動でもなんでも自由にお書き下さいね。


↓3


※今日は意識が途切れだすのが早くて遅くなりました、すいません。半端ですが安価をお願いして《つづく》です。

※次回祝勝会第4ラウンド、位置関係のコンマ判定を予定しております。

※新調したキーボードに大分慣れてきました、快適です。メイドインジャパン最高です。

※遅くまで読んで頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。

3


        /:::::::::::::::::::/::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::ヽ
       '::::::::::::::::/::/::::::::::::::/:::::::::::::::/l::::::::::::::::ト::::::::::::::::::::い   はやぶさ2打ち上げ成功おめでとうございます
     j::::::::::::::/::::;::::::::::::::/::::::::::::::::/ l:::::::::::::l::l ∨::::::::::::!::::::i

     !::::::/:::/:::::j:::::::::::::;::::::::::/:::::/ l:::::::::::::l::} l:::l::::::::::l:::::::i
     !::::j::::::::::::::i::::::::::::j:::::::::/:::::/  j::::::::::::j::j  l::トl::::::::l:::::::i   無事目的を達成して帰還できます様に祈るばかりです
     l::::l::::::::::::::l::::::::::::l-‐::/T::/⌒ /l:::::::::/l:j-‐j::}-l:::::ハ::::::l

       !::l::::::::::::::l::::::::::::l::/ //--//:::::::/ jノ__ ノノ }::/:::i:::::i
      l::l::::::::::/ l::::::::::::l,x斧犾~㍉ メ//  斗F气 !::::::::i:::::l   ちなみにはやぶさ2帰還予定の平成32年末、クロリンは18才です
      l::l::::::::{ l::::::::::<( {: : ::: ノ      イ :: :::ノ)〉!::::::::}::::l
       l:::l::::::l::\l::::::::::::l `ー''゙        弋;;シ /::l::::::::j::::l
     j::::l::::::l:::::l::l::::::::::::l           ,      ,::/l:::::::/:::j   SAOの正規サービス開始はその2年後の平成34年11月になります
     /:::::l:::::::::::l::::い:::::::ト、               ノ/ j:::::/:/:;
     /::::::::l::l:::::::l::::/ト、:::l \   ` ;;;;''   ィ::::::{ ノ//j:/
   -‐  ̄l::l:::::::l7  λ\ ト三 三 三 三 三 三三Yl::/ ノ   平成26年、本日2014年12月3日時点ではクロリン12才です
 /-‐く   い::::::l   ゙、  l |              |\
/    { \ ゙、:::::人   У\ ぷろぐれっしぶ2 l-、ヽ
   /八  ヽヽ::::::ヽ /-- 、\         / ノ  i   飛び級しまくりみたいですのでもう小学生じゃないのかも?
   /  ヽ  ヾ\::::ヽ{    \┘          〈// ノ  i


※厳しい冷え込みにがくぶるしつつ、今夜ものんびり楽しんでいきたいと思います。

※どうぞよろしくお願いいたします。


>>797 3

実際にリアルに、現実どおりの痛みを感じるように調整されたら《攻略》は不可能になるだろう。

ただでさえ死ぬリスクがある戦闘行為を、激しい痛苦に耐えながら続けられる人間はまず居ない。

それこそ現代人離れしたリアルに逸般人なごく一部の人間しか戦闘出来なくなってしまう。

もし底浅陰気根暗もやしが無駄にサービス精神旺盛な人間だったらと仮定すると空恐ろしい。

ナチュラルな雑談が洒落にならない事態に発展する所だった。

マサムネ「なんだか話していると悪い人には思えなくなってくるね……」

悪い人かどうかは興味も無いが、底浅で陰気で根暗でエロいもやしなのは間違いないぞと教えてやりたくなるな。

そもそも最初に茅場晶彦をもやし呼ばわりしたのは凛子さんだったりする。

凛子さんを否定出来るものならしてみろとか言ってやりたい誘惑に駆られない事も無いが、

それは自ら身元を明かすも同然だからな……まあ、十中八九、というかほぼ間違いなく既にばれているだろうが。

まだばれていないなどという殆どありえない可能性に賭ける訳にもいかんから、そう想定して言動を決めるべきだしな。

あっちは現実の姿とは全く異なる別アバターだが、こちらは言ってしまえばただの変装だ。

完全に目元を隠してくれてはいるが、全く別人に成り代わるよりは格段に気付かれ易かろう。

俺の場合身元がばれると面倒なのは茅場晶彦に対してのみに限った話では無いから、

今後もトモミとアルゴとマサムネがくれた野暮眼鏡は欠かせなさそうだ。

……茅場晶彦は自由にログインログアウト出来ると考えるのが自然で、

管理者用のツールどころか現実側のツールやハードも使える以上、定点観測位余裕で可能だ。

なにせ幾らでも録画出来るのだから、後はホイール回して要所だけ確認すればいい。

つまり万全を期すなら24時間監視されていると想定してずっと着用し続ける必要があるのだが、

入浴中や寝るときまで野暮眼鏡オンはさすがに厳しいものがあるな。

そういう意味では既にばれていると考えた方が楽でもあるのは確かなのだが、

お目こぼしを期待したり想定が甘かったりする場合と大差ない行動なので、何かこう、負けたような気にならなくもない。

アーテル「まあ、そうだな……実際に話してみたら案外気があって、ゲームの話で盛り上がれたりするかもしれんぞ」

我ながら全く笑えない冗談だ。

マサムネ「こんなゲーム作っちゃうくらいだから相当好きそうだよね」

ヒースクリフ「ちなみにマサムネ君はこれまで何で遊んでいたのだね?」

マサムネ「Fatal Phantasy XXIと、あとたまにMaster Hander Zweiを友達と遊ぶ位でした」

ヒースクリフ「ファンタジーならElder Tales TributeやDungeon's Trial VI、World Fragmentあたりはどうだね?」

マサムネ「興味はあったんですけどね、部活で忙しくて」

ヒースクリフ「カジュアルなのが好みなら、古典だがWorld of Witchcraftも遊び易い環境が整っていると思うが」

マサムネ「英語、解りません……」

ヒースクリフ「……なるほど、だから国産のを選んでいたのだね」

アーテル「……もしかしなくてもゲームの話……だな?」

アルゴ「そうだネ、オンラインゲームの話だヨ。有名どころノ」

……笑えない冗談だ……というか絶対わざとやってるだろこのやろう。

俺が正体に気付いている事を悟っているのはもうほぼ間違いないだろうが、まさかトモミやアルゴまで気付いているとは思うまい。

隠し通せればいつか底浅陰気根暗エロもやしに対するアドバンテージになるかもしれない。

2人の安全の為にも、打ち合わせや相談をする時には常に聞かれているという前提で伏せて話した方が良さそうだな。


※まず参加者達がどう動くかをコンマで判定し、その後アーテルがどの輪に加わるか、もしくは様子を見守るかを選択して頂きます。

※サーシャは基本的に子供達の側から離れません。キリトとアスナは基本的に2人で固まって行動します。
※エギルの友人ダリミル、ラディスラフ、オレクは、基本3人で固まって行動しますが、サーシャが大変そうな時は子供達の相手をしてくれます。
※タチアナは基本バルドヴィーノと一緒ですが、年下の少女達が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※バルドヴィーノは基本タチアナと一緒ですが、他の男性陣が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※《風林火山》のディール、クニミツ、ダイナム、イッシン、ハリーワンは、基本5人で固まって行動します。
※子供達はギンを含めて基本10人で固まって行動します。名前良く間違えてごめんね。

↓1 ◆ヒースクリフ
   0123 マサムネ君とネトゲ話。総プレイ時間はさほどでも無いが一通り参考にしたからね、そこそこ詳しいつもりだ。
   4567 アーテル君にまだ聞きたいことがあったのだった。
   89 アスナさん、これはどういう事かね。

↓2 ◆アスナとキリト
   012 続アーテルさんに相談あれこれ。
   345 ヒースクリフさんのフォロー。
   6789 バルド夫妻を勧誘に。

↓3 ◆クライン
   012 おっと、アーテルにも挨拶しとかねぇとな!
   3456 お陰で他ギルドへの挨拶は一通り終わったぜ。
   789 マ、マサムネさん、こんちわっす。

↓4 ◆エギル
   01234 トモミに用事。
   5678 アルゴに用事。
   9 子供達のフォロー。

↓5 ◆エギルの友人達3人
   0 ネトゲ話が続いていたら参戦、続いていなかったら3人で昔(のネトゲ)話でもするか。
   1234 《風林火山》の連中と交流。歳も近いしな。
   5678 バルド夫妻とまったり。
   9 エギルの所へ。

↓6 ◆リズベット
   01234 クラインの所へ。
   567 マサムネの所へ。
   89 トモミの所へ。

↓7 ◆マサムネ
   01234 ヒースクリフさんのフォロー。
   5 子供達のフォロー。
   67 トモミのフォロー。
   89 アルゴさんのフォローのフォロー。

↓8 ◆子供達
   012 「アーテル兄ぃ」「アーテルお兄ちゃん」
   345 「トモ姉ぇ」「トモミお姉ちゃん」
   6789 「おなかいっぱい」「これなんてよむの?」「さあ」「ギルドマスターってなんかわざっぽい」

↓9 ◆風林火山ギルメン達
   01 アーテルさんに挨拶で〆ってトコか。
   23 ネトゲ話が続いていたら参戦、続いていなかったら少し飲み食いに専念しとくか。
   45 バルドさんからモテの極意を聞き出そうぜ。
   67 俺達も子供達から元気を貰おうぜ。
   89 ギルマスのケツを蹴りに行くか。

↓10 ◆アルゴ
   01 茅場晶彦を視界に収めつつアー坊の所へ。
   23 茅場晶彦を視界に収めつつトモちゃんの所へ。
   456789 茅場晶彦を視界に収めつつ臨機応変に警戒&フォロー。

↓11 ◆トモミ
   01 茅場晶彦を視界に収めつつアーテルさんの所へ。
   23 茅場晶彦を視界に収めつつアルゴさんに感謝。
   4567 茅場晶彦を視界に収めつつタチアナさんに感謝。
   89 茅場晶彦を視界に収めつつ子供達のフォロー。


※はてさてどうなりますやら。

へーい

.

はい

ほい

よし、マサムネそのままもやしを引き付けておいてくれ

ほい

のびないし連投いいかな?

はい


※コンマご協力ありがとうございます。助かります。お気遣い感謝です。

※サーシャは基本的に子供達の側から離れません。キリトとアスナは基本的に2人で固まって行動します。
※エギルの友人ダリミル、ラディスラフ、オレクは、基本3人で固まって行動しますが、サーシャが大変そうな時は子供達の相手をしてくれます。
※タチアナは基本バルドヴィーノと一緒ですが、年下の少女達が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※バルドヴィーノは基本タチアナと一緒ですが、他の男性陣が1人になっていたらフォローしに向かいます。
※《風林火山》のディール、クニミツ、ダイナム、イッシン、ハリーワンは、基本5人で固まって行動します。
※子供達はギンを含めて基本10人で固まって行動します。名前良く間違えてごめんね。

>>813 0 ◆ヒースクリフ   0123 マサムネ君とネトゲ話。総プレイ時間はさほどでも無いが一通り参考にしたからね、そこそこ詳しいつもりだ。

>>814 1 ◆アスナとキリト   012 続アーテルさんに相談あれこれ。

>>815 1 ◆クライン   012 おっと、アーテルにも挨拶しとかねぇとな!

>>816 7 ◆エギル   5678 アルゴに用事。

>>817 2 ◆エギルの友人達3人   1234 《風林火山》の連中と交流。歳も近いしな。

>>818 1 ◆リズベット   01234 クラインの所へ。

>>819 0 ◆マサムネ   01234 ヒースクリフさんのフォロー。

>>820 4 ◆子供達   345 「トモ姉ぇ」「トモミお姉ちゃん」

>>821 1 ◆風林火山ギルメン達   01 アーテルさんに挨拶で〆ってトコか。

>>822 3 ◆アルゴ   23 茅場晶彦を視界に収めつつトモちゃんの所へ。

>>823 4 ◆トモミ   4567 茅場晶彦を視界に収めつつタチアナさんに感謝。

※はてさてどうなりますやら。

ヒースクリフ⇔マサムネ

       《風林火山》ギルメン達←エギルの友人達3人
            ↓
アスナとキリト→アーテル←クライン←リズベット

タチアナ←トモミ←子供達
        ↑
       アルゴ←エギル