【モバマス】エッチになれば固くなるモノ (12)

加蓮「なーお、クイズの時間だよ」

奈緒「クイズ?……やだなぁ、絶対変な問題出すんだろ」

加蓮「ででん!」

奈緒「人の話は聞け!」

加蓮「エッチになればなるほど固くなるものってなーんだ?」

奈緒「Hになればなるほど……固くなるモノ……(///)」

加蓮「さぁ、答えはナニかな、ナニかな~?」ニヨニヨ

奈緒「こっ、答えられんよっ。そんな……ゴニョゴニョ……だなんて(///)」

加蓮「ンー?なおってば、一体ナニを想像したのかなー?(棒)」

奈緒「そ、それは……(///)」

加蓮「それはー?」

バァン

二人『!?』



凛「答えは、プロデューサーのオ○ンチ○だよっ!」

加蓮「」

奈緒「ば、馬鹿ぁ!!そんなこと大声で言うなぁ!」

凛「だって固いまんまじゃない。プロデューサーのオチ○チンって」

奈緒「そ、そうだけどさぁ……三回中に出されてもまだ固かったことあったし(///)」

凛「私なんて、朝までずっとシテたのに、まだ固かったことあったんだから」

加蓮「」

凛「ん?加蓮?」

奈緒「加蓮?……また果てたか?」

加蓮「」

奈緒「仕方がないなぁ。たしか、首のここを摘めば……」コキッ

加蓮「あ……私……」

凛「あ、復活した」

奈緒「それで……」

バァン

三人『!?』



未央「プロデューサーのオチンチ○も固いけど、私の○リトリスだって固くなるよ!!!」

茜「あと、乳首も固くなります!!!」

藍子「二人とも、そんなことを大きい声で言わないで!!」



加蓮「」

奈緒「あ、加蓮がまた果てた」

凛「ちょっと、今復活したばかりなのに」コキッ

加蓮「んん……」

茜「ごめんなさい!!!」

加蓮「」

藍子「あ、加蓮ちゃん?」

未央「い、逝きやすくなっちゃったね」

凛「誰のせいかなぁ?」メラメラ

未央「で、生き返らせないの?」

奈緒「いや、この分だと……」

バァン

卯月「中イキが一番キモチイイですよね!」

加蓮「」



奈緒「ほら……」

藍子「なーるほど」

響子「卯月ちゃんはそう言うけど、クリを弄ってもらってイク方が好きですから……」

美穂「わ、私はアクメの最中に奥を突かれるのが……(///)」

茜「意外にM気質ですね!!!」

奈緒「いやぁ、中を突かれながらクリをいじられるのは悪くないからなぁ」

未央「みんなはアナルでイったことってあるかな?」

響子「えっと、スタジオからの帰りにバイブを後ろに入れて貰って……」

卯月「バイブもいいですが、やっぱり生です!」

藍子「生でお尻をしてもらうのは、プロデューサーさんが病気になったらしばらくしてもらえないって聞きますので……」

未央「美嘉姉だっけ?自分のプロデューサーが性病になったのって」

凛「あっ、馬鹿。そういうのは知ってても言わないの!」

茜「自分に原因があるって思っちゃいますからね!!!」

奈緒「あ、アタシのプロデューサーはちゃんとゴムしてくれてるから……」





加蓮「」

奈緒「あ、そういえば、加蓮を生き返らせるのを忘れてた」

凛「あんまり長い間生きてないと、芳乃を呼ぶことになるからね」コキッ

加蓮「……」

加蓮「……ぁ」



未央「お、よかった。生き返ったみたいだね」

茜「それじゃあ、解散しましょう!!!」

藍子「……というより、シテほしくなっちゃいましたね」

卯月「今日は土曜日ですし、ラブホテルも満員なとこが多いですから」

美穂「こういう時、寮だからなぁ……」

響子「えっと……逆に、声を潜めたまましてもらいたくなりませんか?」

奈緒「事務所のシャワー室でヤッて見つかったありすの例があるからなぁ」

凛「あれ、ありすなの?千枝かと思ったよ」

美穂「千枝ちゃんは、こないだ蘭子ちゃんになすりつけてたからなぁ……」

響子「颯ちゃんにも……でも二人もヤッてなのは事実でしたから」

卯月「美優さんや奏ちゃんに茄子さんも声が大きいですよね!」

藍子「意外だけど、クールの子って声がおっきいからなぁ……愛梨さんや夕美さんに柚ちゃんはかなり声が小さいですし」

奈緒「キュートだと桃華がすごかった反面、智絵里は静かだしな」





加蓮「」

~~~~~~~~
~~~~~~~
~~~~~~
~~~~~
~~~~
~~~
~~




加蓮「もーっ!まったくひどいんだから!」

加蓮「人が三途の川を渡ってる最中にワイダンをやってるなんて!」

加蓮P(以下P)「まぁまぁ、アイドル一人ずつにプロデューサーがついている弊害みたいなもんだよ」

加蓮「でもなぁ……」



加蓮「私だって性欲ってあるんだからね」

P「おいおい、今日だけで何回あの世を行き来したかと……」

加蓮「ね……お願い」チュッ



P「ゴムはあったかな?」

加蓮「ふぁ……んっ……ジュルッ……んんぅ──」

加蓮「んっ!……ふぅち……くぅんっ、チュッ──んんっ……!」

加蓮「んはぁ……ふぅふぅ……ぷはぁ──っ!?」

加蓮「はぁはぁ……」

加蓮「ふぅぅ……」

トサッ

加蓮「ぁ……」


加蓮「クチュ……あっ、あっ、ぁ……はっ、はぁぁ──あっ、はぁ……クチュ、はぁっ……」

加蓮「あ、あっ、そこ……クチュ──あ、だめ、だめぇ!」

加蓮「グチュ……っ、ぁ……グチュグチュ……ぁ、あ、──っ、やぁ……」

加蓮「ビクッ……あっ、あっ……っ、はっ、あっ──はぁんっ、グチュ……も……も、ダメ……指──ダメ……っ!!」

加蓮「ビクッ……ビクッ、はーっ、はーっ……」

加蓮「…………」

加蓮「あ……グチュリ……は、入っちゃう……?」

加蓮「ゆ、ゆっくり……ね」

加蓮「グググッ……あ、あっ……ビクッ、あ……あ!」

加蓮「あ……はっ、はっ、……入っちゃったんだぁ……ピクッ……プロデューサーの……私の中に……全部……」

加蓮「ピクッ……ひぁんっ!」

加蓮「や、やだ、変な声でちゃった……フッフッ……あ、あっ……あ、ん……」

加蓮「こ、コーフンしてる?……じ、自分が育てたアイドル相手に……ヌププッ、ひぁぁっ!」

加蓮「っく、ゃ……グチュ、んっあ、ダメ、っ……!」

加蓮「あっ、んぁ……んんっ、ピクッ、くぅぅぅ、や……あぁん!」

加蓮「あっ、あっ……お、奥ぅ……あ────ビクビクッ」

加蓮「ズチュッ……あ──?な、なんで出しちゃうの?」

加蓮「え?体制?」

加蓮「こ、こう……?」

加蓮「ズププププ……あ゛あああぁぁっ?!」

加蓮「ヌチュヌチュ……あ、あっ、あんっ、はっ……あ!」

加蓮「ヌチュヌチュっ、や、やんっ、や、ダメ、っ……ちょ、ま……っ……ひぁんっ!」

加蓮「パンパンッ、あっ、ん、んんっ……や、っあ」

加蓮「グチュグチュ、あっあっ、あ──だめ、まって……ほんと、……だめ──は、はっ、あぅっ……ん、んっ、ガクッ、ぁ────!!」

加蓮「チュブチュブ、む、むりぃ、も、もう……つよ、ひっ……ぅっ……すぎぃ……」

加蓮「バチュパチュ、んっっ、あぁっ──くぅぅぅ……だめ、ぅ、だめぇぇっ!!」



加蓮「っぁぁぁ……っ、ビクッ、ひっ、ぁうああああっっっ────っ!!」

加蓮「ビクッ、っあ、あ、ビクッ、ふぅふぅ……ビクッ、あぁ──」

加蓮「ビクッ、はぁはぁ……ズププッ、あ、あっ、ダメダメ、今、う、ビクッ、うごかない……ヌポッ、だめぇ……」

加蓮「はぁっはっ、はぁっはぁ……」

加蓮「ドロッ、あ、ナカ……出てきたぁ……」





加蓮「ねぇ、どうだった?アイドルの味は?」

加蓮「ふふっ、いいからいいから」

加蓮「あ、うん。大丈夫。なんてったって」





加蓮「チュッ、あなたが育てた……おま○こだよ」

おしまい

ちなみに、名前だけが出たアイドル含めて、大抵は当方の過去作品で経験させてますのであしからず

あ、次は美波をレ○ププレイさせる話予定

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom