P「安価でアイドルプロデュースしてIA大賞受賞を目指す」2 (911)


初めに…

このSSは
P「安価でアイドルプロデュースしてIA大賞受賞を目指す」
P「安価でアイドルプロデュースしてIA大賞受賞を目指す」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362578656/)
の続きとなっています

読まなくてもわかるように話を展開していくつもりですが、
前スレの内容を引き合いに出すことも多いと思うし、更に遅筆なので、
暇があれば読んでくれたら嬉しいです

これまで決まっている設定等は>>2以降に書いていきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1364746895


主人公ユニット:ユニット名『フェアリーズステップ』
・プロデューサーはP
・我那覇響(リーダー)
・双海真美
・如月千早

ライバルユニット:ユニット名『スプラッシュ』
・プロデューサーは秋月律子
・高槻やよい(リーダー)
・天海春香
・四条貴音

そのほかこれまで登場した765プロの面々
・高木社長
・音無小鳥
・三浦あずさ
・萩原雪歩

これまで登場した他事務所の人達
・水谷絵理
・サイネリア
・尾崎玲子
・魔王エンジェルの面々
・黒井社長
・あまとう


・基本的にP視点で話が進んでいきます
・ときどき回想編に入ることもあるので、その場合は安価もなくなりPも登場しなくなります

・安価で誰かを登場させる場合、あるいは曲を決める場合、
 シンデレラガールズやミリオンライブ固有のキャラクターや楽曲は無しでお願いします

・活動は全部で55週の予定。現在は19週目が終わったところ

以上です。前スレの残りが少なくなってきたので、とりあえず立てました
次は月曜日の夕方から書けるかと思います

それではまた改めてよろしくおねがいします



あと使った曲も書いた方がいいんじゃないか?

>>4確かに

これまで話の中で登場してる設定の楽曲です

フェアリーズステップ
・1stシングル『Next Life』
・2ndシングル『空』
・3rdシングル『MUSIC♪』
・響ソロ曲『DREAM』
・真美ソロ曲『黎明スターライン』
・千早ソロ曲『目が逢う瞬間』

スプラッシュ
・1stシングル『SMOKY THRILL』
・2ndシングル『キミはメロディ』
・やよいソロ曲『まほろば』
・貴音ソロ曲『Princess Snow White』
・春香ソロ曲『SWITCH ON』

三浦あずさ
・1stシングル『ラ・ブ・リ』


※今は活動してない子達の楽曲

ナムコエンジェル(あずささんと律っちゃんのユニット)
・『シャララ』

月光花(響と貴音による961プロ時代のユニット)
・『KisS』

水谷絵理
・『“HELLO!!”』
・『クロスワード』


※あと一応、この子達も

サイネリア
・『WORLD OF PAIN』

魔王エンジェル
・『ラッキースター!』


・これらの楽曲は、新曲をリリースするときには除外してもらう…かもしれません
 でも一応、その都度除外曲一覧は書いていきます
・あと追記ですが、安価で曲を決める場合、カバー曲とジュピター曲は無しでお願いします

今日からこちらで書くつもりでしたが、
やっぱり前スレを使い切ってからにすることにしました
ですからこのスレを使い始めるのは明日からになる…かもしれません

少し遅くなってしまいましたが再開します


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 20週目 朝


P(ここまでのあらすじ)

P(我那覇響、双海真美、如月千早の三人で構成される、
 765プロの新ユニット、『フェアリーズステップ』)

P(ミニアルバム『MUSIC♪』の発売に向けて、毎日忙しい日々を送っていた)



P(目指すはアイドルアカデミー大賞の受賞だ。そのためにはまず、
 活動36週目に発表される『運命のランキング』で20位以内に入らなければならない)

P(現在活動20週目であり、2ndシングル『空』の最高記録は57位だった。
 着実に人気を獲得しつつあるものの、まだまだ20位までには程遠い……)

P(彼女達がトップアイドルとして輝けるかどうかは、俺のプロデュースにかかっている。
 今日も頑張っていこう!)



  *  *  *



P「えーっと、今週の予定は……」



ガチャッ

??「おはようございまーす」

P「ああ、おはよう!」


P(誰かが事務所に入ってきたようだ。彼女は……)


>>10
※765プロの女の子のうち誰かでお願いします

律子


律子「あら、おはようございます、プロデューサー」


P(事務所の扉を開けて入ってきたのは、
 765プロに所属するもう一人のプロデューサー、秋月律子だった)

P(律子は、高槻やよい、天海春香、四条貴音の三人で構成される
 『スプラッシュ』というユニットのプロデュースをしている)

P(……だが、これまで本人から直接聞いたことはなかったものの、
 彼女自身も昔アイドルをやっていたということを、俺は知っていた)


『朝でも──……夜でも──……夢でもね、シャララ──……♪』


P(かつて765プロで活動していたというデュオユニット、『ナムコエンジェル』。
 律子はそのメンバーだったらしいのだ)



  *  *  *



律子「いつもこんなに早くから出勤してるんですか?」

P「いや、そういうわけじゃないよ。今日はたまたま」

律子「……ふふっ、そんなこと言っちゃって。
   小鳥さんも言ってましたよ、最近プロデューサーは働きすぎてるって」

P「あはは……」

P(怒られそうだから、先週ついに道端で倒れたということは黙っておこう……)

律子「でも、本当、頑張ってるみたいね。フェアリーズステップも、
   みるみる人気が出てきたし、私も負けてられないなぁ」


P(しかし、こうして律子と二人きりになることも珍しいな。
 いつもは大抵、ユニットのメンバーと一緒だから……)

P(せっかくだから、少し話でもしようかな。でも、何の話題がいいだろうか)


1 律子のアイドル時代について
2 律子の眼鏡について
3 律子のプロデュースするアイドル達について
4 その他

>>12

1


P(律子のアイドル時代について、思い切って聞いてみよう)


P「そういえばさ……、律子は昔、アイドルをやっていたんだって?」

律子「えっ!? そ、それ、誰から聞いたんですか?」

P「スプラッシュの子からだよ」

律子「うちのユニットの? 春香あたりかしら……ったく、ホントにお喋りなんだから」

P(本当は貴音なんだけどな)

律子「……ええ、まぁ、確かに私は、昔アイドルをやってましたけど……。
   でもアレは成り行きというかですね、人手が足りなかったら、それだけですっ」

P「そんなに恥ずかしがらなくても、いいんじゃないか?」

律子「は、はは、恥ずかしがってませんけど!?」

P「ほら、これ」ペラッ

律子「? これ……って……」

P「律子のアイドル時代の宣材写真」

律子「返してくださいっ!!」バッ


律子「もう、どこから取ってきたのよ……!」

P「事務所のファイルを調べたらすぐ出てきたよ。律子、良い顔してるじゃないか!」

律子「……」

P「……ごめん、アイドル時代のことは、あまり思い出したくなかったのか?」

律子「……そういうわけじゃ、ないんです。
   でも、今の私は、あくまでスプラッシュのプロデューサーだから」

律子「昔のことは昔のこと。振り返ってばかりもいられないわ」



P(とは言いつつも、律子の顔にはどこか、さみしさが浮かんでいるように見えた)

P(……律子がアイドル時代に組んでいたデュオユニット『ナムコエンジェル』。
 そのもうひとりの構成メンバーは、三浦あずささんだったという)

P(あずささんは過去、とあるオーディションで事故に合い、
 幸い怪我こそ無かったものの、心に大きな傷を負ってしまったらしい)

P(そんなあずささんも、今ではアイドルとして元気に活動しているが……、
 もしかして、まだ律子は、あずささんについて思うところがあるのだろうか)



P「……なぁ、律子」


1 アイドルに戻りたいとは思わないか?
2 あずささんのこと、どう思ってるんだ?
3 元気が無くなったときにはこれだ! ハイ、ターッチ!
4 その他

>>15

2


P「あずささんのこと、どう思ってるんだ?」

律子「……!」

P「……悪い。実は、律子達の間に起こったこと、聞いちゃったんだ」

律子「……そうですか。いえ、調べればすぐわかることですし、
   別に後ろめたい気持ちになる必要も、謝る必要もありません」

律子「えっと、それで……どう思ってるか、でしたっけ?」

P「ああ……。あ、でももちろん、言いづらいなら言わなくてもいいよ」

律子「……」スック


テクテク……


P「……どこに行くんだ?」

律子「コーヒー、いれてきます。話をするのは、それからでいい?」

P「……わかった」


──────
────
──


律子「はい、どうぞ」コトッ

P「ありがとう、俺の分まで悪いな」

律子「ついでですから、お気になさらずに」

P「……」ズズッ

P「……美味いよ」

律子「ふふふ、これでも元事務員でもありましたからね」キラン

P「アイドルでもあり、事務員でもあったのか?」

律子「そうそう。あの頃はほーんと、今とは違う意味で毎日が大変だったわ」

律子「……ふふっ、懐かしいなぁ」


  *  *  *


チュン、チュチュン……

            ぴよぴよ……


P(それから俺達はしばらくの間、外から聞こえる小鳥の鳴き声に耳を傾けながら、
 黙ってコーヒーをすすっていた)

P(律子は言葉を捜している。自分があずささんのことを、どう思っているのか。
 あるいは、どう思っていたのか……)

P(そして……)


律子「……あずささんとは、ひとつ約束をしていたんです」

P「約束?」

律子「ええ。私がプロデューサーになったら、絶対にあなたをプロデュースします、って」


律子「765プロの今のメンバーは、貴音と響を除けば、みんなほぼ同期と言ってもいいんですけど、
   私とあずささんはその中でも、一番の古株だったんですよ」

律子「だから、私達はいつも一緒だった。のんびりしていて、目を離せばいつも迷子になる
   あずささんのことを、私は放っておけなかったし……、
   あずささんもあずささんで、私のことを、まるで妹のように可愛がってくれたから」

律子「……でも、あんなことがあって……」

P「……事故のことか?」

律子「……はい。あの事故があってしばらくの間は、あずささんは心を閉ざしてしまったわ」


  *  *  *


律子「私はあずささんに、なんとか元気になってもらいたかった。
   同じ事務所の仲間としても、ひとりの友人としても」

律子「……だけど結局、私はあずささんに何もしてやれませんでした。
   あずささんが立ち上がれたのは……貴音と、そして何より、響のおかげだったから」

P「響?」

P(そういえば、先週も音無さんが、響とあずささんがどうこうって言ってたな)

律子「響から、話を聞いてませんか?」

P「あ、ああ、特には何も……」

律子「そう……。ま、こんなことも、あの子にとっては当たり前のことで、
   話すまでも無いと思ったのかもしれないわね」

P「……なぁ、律子。響とあずささ──」

律子「え?」

P「……いやごめん、なんでもない」


P(響とあずささんの間に何があったのかは、誰か他の人から聞くより、
 今度直接本人達のどちらかから聞く、と決めていたんだったな)

P(今はそれより、律子自身の話を聞くとしよう……)


律子「……ま、とにかく! そんなことがあったから、私はあずささんに対して、
   罪悪感……みたいなものを感じているのかもしれません」

P「ざ、罪悪感?」

律子「んー……言葉は悪いかもしれないけど、あずささんと一番近くにいた私が、
   結局、何もしてやれなかったわけですから」

律子「そして私は、あずささんがアイドルとして復帰するのを待たずに、
   プロデューサーになって、前に進んでいってしまった……」

P「でもそれは、当時の765プロの事情を考えたら、しかたないことだったじゃないか。
 律子が新しいことを始めなければ、765プロは倒産していたかもしれないんだし」

律子「……そう言ってもらえれば、少しは心が軽くなります。
   でもそれだって、本当は……あずささんのこと、そして無力な自分に対して、
   目を背けたかったから、かもしれません」

律子「誰かの為に何か出来れば、私はそれで、自分を許せ──……」

P「……?」

律子「……な、なに話してるのかしら。私ったら……」カァァ

律子「わ、忘れてくださいっ! 別に、いつもこんなこと考えているわけじゃありませんから!」

P「……律子」

律子「え? なんですか?」


1 弱みを握ったぞ!
2 そんな風に考える必要はないよ
3 あずささんと、ちゃんと話すんだ
4 その他

>>20


P「あずささんと、ちゃんと話すんだ」

律子「話す……?」

P「あずささんが今どんなことを思っているのか、俺は知らない。
 でも俺は、あずささんは決して、律子のことを責めてなんかいないって思う」

P「そりゃあ、付き合いも長くないし、二、三回くらいしかちゃんと話したこともないけど、
 それくらい俺にだってわかる。あずささんは本当に、優しい女性だ」

P「そしてそれは……、律子のほうが、俺なんかより、よっぽど知っているだろ?」

律子「……そう、ね」

P「怖いのか?」

律子「こ、怖くなんてないわよ!」

P「でも顔に書いてあるぞ、『もしあずささんに嫌われてたらどうしよう〜!』ってさ」

律子「んなっ……! そんなことありませんっ!」

P「本当か?」

律子「本当に!」

P「じゃあ、何の問題もないよな」

律子「……はぁ。あなたという人は、どうしてこう、
   他人の問題にズカズカ入り込んでくるのかしら」

P「あはは……迷惑だったら、謝るよ」

律子「……」

律子「……いーえ、そんなことありません」


律子「……確かに、あなたの言う通り。いつまでもこうしてウジウジしてるなんて、私らしくないわね」

律子「背中を押してくれて、ありがとうございます。
   機会があれば、今度、あずささんと話してみることにするわ」

P「そっか……今更だけど、偉そうなことを言っちゃって、悪いな」

律子「ふふっ、気にしないでください。私達は765プロの仲間なんですから、遠慮は無用。
   むしろ、言いたいことはどんどん言ってくださって結構ですよ」



ガチャッ

「「「おはようございまーす!」」」



律子「お、きたきた……」

P「そろそろ、時間だな」

律子「ええ。プロデューサー殿、今日も張り切っていきましょう!」

P「ああ!」


P(律子とあずささんが、これからどうなるかはわからないが……、
 律子がこの調子なら、きっとうまくいくだろう)

P(……よし! それじゃあこれからは、俺の仕事をしなければいけないな。
 今日も、元気にアイドルプロデュース開始だ!)


パーフェクトコミュニケーション!



  *  *  *


P(さてと……)

P(俺の担当アイドル三人が来たところで、
 そろそろ今週のスケジュールを決めないといけないな)

P(今週はついに、みんなのソロ新曲三曲と、ユニットの新曲一曲を収録したミニアルバム、
 『MUSIC♪』の発売週だ)

P(発売までに、少しでも多く注目を浴びるためには、何をしたらいいだろうか?)


1 全国放送の番組のオーディション
2 あいさつまわりのお仕事(店頭PR)
3 その他

>>24

2


首都エリア


  ──────────────────────
         営業:挨拶まわりのお仕事
  ──────────────────────


                                  新宿
                      ──────────
                          活動 20週目 昼


P(フェアリーズステップが、都内にある某CDショップへとやってきた。
 店頭で新曲のPRをするためだな)

P(お店の人と相談したところ、新曲だけじゃなくて、
 これまで発売したCDも含めた特集コーナーを設置してもらえることとなった)

P(そこで、自分達が直接販促を行っても良いということになったのだが……)


P(今日は、どのアイドルのプロデュースに、特に力をいれようかな?)


1 響
2 真美
3 千早

>>27

2


【挨拶まわりのお仕事(真美編)】


ワイワイ……

     ガヤガヤ……


真美「おねがいしまーす!」

ファンA「フヒッ、ま、真美たん!?」

真美「お、兄ちゃん、真美のこと知ってんの〜?」

ファンA「もも、もちろん! ぼく、『THE DEBUT』で見たときから、
     ずっとフェアリーズステップの虜で! いつも応援してましゅぅっ!」

真美「ホント!? んじゃんじゃ、CD買ってってよ〜!」

ファンA「はいぃ!」

真美「あんがと! んっふっふ〜、もう一枚買ってくれたら、なんとなんと、
   真美がサイン書いてあげちゃうよ〜!」

ファンA「十枚買います」

真美「やったぁ〜ん! ついでに! なんとなんとなんと、これまでのCDも買ってくれたら、
   千早お姉ちゃんが『にゃんにゃん♪』ってしてくれるってさ!」

千早「えっ!?」

ファンA「ちょっとATM行ってきますぅぅ!」ドテドテ



P「……」チラッ

P(順調……だよな? うん、順調順調……)


真美「千早お姉ちゃん! さん、はいっ!」

千早「にゃ……にゃんにゃん……」カァァ


ウォォォォ!!!! 可愛いィィィィ!!!


千早「あ、ありがとうございます……。くっ……!」



P(何はともあれ、売り上げは順調に伸びているみたいだ。
 やっぱり、無名時代とは違って、こうやって直接売り込む方法は効果があるようだな)

P(でも……)



P「真美、真美……」クイクイ

真美「え? どったの兄ちゃん」

P「ちょっといいか?」

真美「はーい」トテトテ


  *  *  *


真美「んで、どしたの?」

P「……真美が頑張ってくれてるおかげで、売り上げはかなり良いんだけどね。
 だけど、ちょっと……サービスの仕方が気になっちゃってな」

真美「サービス?」

P「『今ならなんともう一枚つけちゃうよ〜!』とか、『サインもしてあげちゃう!』とかな。
 ファンの皆は喜んでくれてるようだけど、もう少しなんとかならないか?」

真美「え〜。でもでも、ただフツーに売ってるだけじゃつまんないっしょ!」

P「うん、まぁ……そう言うとは思ったけどさ。だけど、真美……」


1 全員に同じサービスをしてやるのは難しいだろ?
2 俺があとで偉い人から怒られるんだよ……
3 ……やっぱりなんでもない。好きにやってくれ
4 その他

>>30

1


P「全員に同じサービスをしてやるのは難しいだろ?」

真美「そんなことないもん! 真美のサービスは108式まであるもん!」

P(言ってることはよくわからないけど、たぶんまだ自分はやれるってことが言いたいんだろうな)

P「真美の元気がまだ有り余ってるのはわかった。
 でもな……、ほら見てみろ、千早のあの顔を」

真美「え? 千早お姉ちゃん?」



ファンB「あの、一枚いいですか?」

千早「……ぁりがとうございます……」ボソボソ



真美「ちっちゃくなってる……」

P「目が逢ったらまたさっきのをやらされると思って、あんなんになっちゃったんだ。
 あれじゃあ、ファンのみんなも喜んでくれないだろ?」

真美「うん……そだね。真美、千早お姉ちゃんにヤなことさせちゃったのかな……」

P「もちろん、みんなを喜ばせてあげようっていう真美の心がけは立派だ。
 ただ、そのやり方を変えて欲しいって話だよ」

真美「……うーん……」


真美「……みんながおんなじくらい喜んでくれて、
   そんでそんで、千早お姉ちゃんが恥ずかしくなくて……」

真美「……」


ポクポクポク……

ティーン!


真美「兄ちゃん! 真美、ヒラメだよ!」

P「閃いた、な。何か思いついたのか?」

真美「うん! んっとね……」ゴニョゴニョ

P「ふんふん……」

真美「……ライブ、やろうっ」ヒソヒソ

P「えっ!? ら、ライブ?」

真美「うあうあー! 兄ちゃん、声がおっきいよ〜!
   ヒミツにしとかないと、みんなうわーいってビックリしてくんないっしょ!」

P「……ここでシークレットライブをやるのか? 今から?」

真美「うん! そんでから、新しい歌ババーンって歌えば、
   きっとみんなも『買う買う〜!』ってなるかんね!」

P「う、う〜ん……確かに、そういうのもアリかもしれないけど、でも……」


1 わかった!
2 ダメだ!
3 その他

>>33

3店の人に相談してくる


P「わかった、と言いたいところだが……、まずはお店の人と相談してくるよ。
 勝手に始めたりしたら、真美達のイメージも下がってしまうからね」

P「それでもし、NGだということになったら、おとなしく諦めるんだ。いいな?」

真美「うん。でもでも、兄ちゃんは心配症だな〜。
   お店の人だってきっと、そっちの方が楽しいって思ってくれるっしょ!」

P「楽しいかどうかは、俺達が判断することじゃない。
 これは仕事なんだから、あちら側の都合を無視することは絶対に出来ないんだ」

P「……まぁもちろん、こちらの意図はちゃんと伝えてくるからさ。
 これはあくまで、CDの売り上げを伸ばすための販促の一環であり、
 決して好き勝手やりたいわけではないということ。お店側にも利益がある、ということ」

P「そこまで言えば、きっとわかってもらえるはずだ」

真美「……」

P「な、なんだ? そんな目で見つめて……」

真美「真美、いま……兄ちゃんのこと、
   初めて、ちゃんとお仕事出来る人みたいに見えたよ〜……!」

P「あはは……今までなんだと思ってたんだ?」

真美「んー、遊んでくれる兄ちゃん?」

P「……ま、とにかく行ってくる。それまでちょっと待っててくれ」

真美「ラジャーだよ〜っ!」


──────
────
──



P(そして……)



──……♪ ──……♪


 ざわ……

        ざわ……


「え、あれって……」

「うそ、マジで?」



♪黎明スターライン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

真美『ふわり──……静寂をつらぬき──……♪』



「真美ちゃんだっ!」

「うわっ、写真写真っ!」



P(店の人に相談したところ、無茶苦茶なお願いだというのにも関わらず、
 二つ返事でこの件について了承してくれた。
 なんでも今の店の責任者も、フェアリーズステップの大ファンだということで……)

P(決定してからは早かったな。大急ぎで店前にある広場に仮設ステージを設置して、
 そこで順々に一曲ずつ、歌を披露してもいい、ということになった)



真美『さあ! こ・こ・か・ら ほ・しへ──……♪』

真美『つぅなぁごーおー夢を──……♪』

ワァァ……!



  *  *  *



真美『今の歌も、「MUSIC♪」に入ってるよ〜ん! みんな買ってね〜!』

ハーイ!



P(……しかし、まぁ)

P(いつも突拍子も無いアイデアを思いつく真美だが、今回はそれに助けられたな)

P(真美の自由な発想のおかげで、良いPRになったようだ!)


パーフェクトコミュニケーション!


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 20週目 夜


P(さて、今週の仕事も終わって……俺達は765プロ事務所へと帰ってきた)

P(今週は、良い活動ができたな! これからもこの調子で頑張っていこう!)



ガチャッ

P「ただいまもどり──……

どんっ!

春香「わぁっ!」 P「あ痛っ!」


どんがらがっしゃーん!


P「あたた……は、春香!? 大丈夫か?」

春香「あぅぅ……は、はい……」


P(ドアを開けるなり俺とぶつかってしまったこのリボンの少女は、天海春香。
 765プロのもうひとつのユニット『スプラッシュ』に所属する、人気アイドルだ)


春香「あーあ……せっかく今日は、一回も転ばずにいたのになぁ……。
   もう、プロデューサーさんのせいですよっ!」

P「ご、ごめん! そんな一年に一度あるかないかの記念すべき日だなんて、知らなかったんだ……」

春香「……なーんて。えへへ、冗談です♪
   本当は五回転んじゃってましたから、気にしないでください」


P「ああ、そういえば春香、お誕生日おめでとう!」

春香「わぁっ、ありがとうございますっ!
   ……でもプロデューサーさん、私の誕生日は今日じゃないですよ?」

P「え? あれ、そうだったっけ……」

千早「そうですよ、プロデューサー。もう八月も終わりなのに、何を今更……」

春香「あ、千早ちゃーん! えへへ、お疲れ様!」


P(疲れすぎてるのかな……、今日が四月三日だと勘違いしてしまった)


  *  *  *


春香「それじゃあ、そろそろ私は帰りますね。早く帰らないと終電無くなっちゃう。
   お疲れ様でしたー!」

P「ああ、お疲れ」


P(こんな遅くまで仕事をしていた疲れも見せず、春香は元気に帰っていった)

P(……さて、それじゃあ俺達も、今週の報告をするとしようかな!)



  *  *  *


P「……ということで、今週はこんなもんかな。
 無事に新CDも発売されたし、みんな、今日まで本当にお疲れ様!」

「「「はい!」」」

P「今回のCDは初のミニアルバムということで、レッスンや仕事の量もケタ違いだったな。
 だけどその努力の分、素晴らしい作品を作り上げることができたと思う」

P「このCDなら、20位以内に入ることも可能かもしれない。いや、絶対にいけるはずだ!」

P「えー、であるからして……来週以降のために、各自英気を養って……」クドクド

真美「……zzz……」

響「ま、真美、起きなきゃダメだぞ!」

P「……いや、いいんだよ。みんな疲れてるだろうな。それじゃあ、今日はもう……」



1 解散!
2 響を残して解散!
3 千早を残して解散!

>>42
※2か3の場合、残したアイドルとの会話が発生します

3


P「千早を残して解散!」

千早「え、私ですか?」

P「千早にはちょっと、このあと話があるんだ。いいか?」

千早「……はい」



  *  *  *



千早「それでプロデューサー、話というのは?」

P「……実はさ」


1 千早個人に、歌の仕事の話が来てるんだ
2 千早にプロポーズしようと思ったんだ
3 特に用はない。話したかっただけだよ
4 その他

>>45

1


P「……ほら、これ」ペラッ

千早「これは……オーディション、ですか?」

P「千早個人に、歌の仕事の話が来てるんだ。
 まぁ仕事と言っても、オーディションのオファー、なんだけどな」

千早「歌……合格すれば、歌が歌えるんですね」

P「……ああ。でも、個人的には、断ろうかと思っている」

千早「え? それは……なぜですか?」

P「ひとつは、オーディションのオファーがユニット単位でなく、千早個人宛てだということ」

P「この番組の規模は、割と大きい。合格すれば、確かに注目を浴びることが出来るだろう。
 だけど俺は、前にも言ったよな? 大きな仕事は、みんなでやっていきたいってさ」

千早「……」



P(こんなこと、心配する必要はないかもしれないが……)

P(もし千早がこれに合格して、千早だけが注目を浴びるようになれば……、
 それにより、ユニット内の空気が悪くなる可能性もある)

P(そして、何より……)



P「……この部分、見てみろ」チョイチョイ

千早「……?」

P「番組のスポンサーのところ」

千早「! これは……」


千早「……961プロダクション、黒井崇男!?」


P(961プロダクションといえば、765プロをやたらと敵対視しているライバル事務所のことだ)

P(俺達が直接被害を受けたことは、まだないが……)



千早「……罠、かもしれないと?」

P「その可能性もある」



P(俺達は以前、貴音から、961プロダクションと黒井社長についての話を聞かされていた。
 そして、どうしても不信感を拭いきれないままでいたのだ)

P(765プロのアイドルが参加したオーディション会場に、黒井社長がいて、
 そして、あずささんは──)


 『……ガッシャーン!!』


P(……たまたまかもしれない。しかし、そうではないかもしれない。
 いずれにせよ、961プロとは距離を取っておくことに越したことはない、と俺は思う)



  *  *  *



千早「……プロデューサーは、なぜこの案内を、私に見せたんですか?
   断るつもりなら、私に見せずに捨ててしまえばよかったのに……」

P「歌の仕事であることには間違いないからな。
 こういったことで、千早に隠し事はしたくないから」

千早「……」

P「……どうする?」

千早「……私、は──」


千早「私は……このオーディション、受けたいです」


千早「……」

P「……」


P(千早が強い眼差しで案内をじっと見つめている)

P(きっと、961プロへの疑惑も、俺が考えるようなユニットへの影響も……、
 全てひっくるめて、それでも尚、歌を歌いたいと思っているんだろうな)

P(……それなら、俺は)


1 わかった、千早の意見を尊重しよう
2 それでもやっぱり、ダメだ

>>49
※1の場合、次々週(22週目)の内容が、千早のオーディション編になります

1


P(……ユニットへの影響? そんな心配、する必要ないだろう。
 今まで俺は、彼女達の何を見てきたんだ?)

P(これくらいのことで、みんなの絆が壊れることなんて……、絶対にない!)


P「……わかった、千早の意見を尊重しよう」

千早「プロデューサー……!」

P「罠かもしれない、が……その日は俺が一日ついていてやるから、心配するな」

千早「え!? い、一日、私と一緒にいてくださるんですか……?」

P「ああ! だから千早は何も気にせず、
 961プロの疑惑ごとぶっ飛ばすような歌を、歌ってくれ!」

千早「……はい!」



  *  *  *



P「それじゃあ、お疲れ。今日のところはもう帰って、ゆっくり休んでくれ」

千早「はい、お疲れ様でした!」



P(こうして千早は、再来週に開催されるオーディションに単身で参加することになった)

P(さて、俺は……少しでも、961プロについて──



テクテク……


千早「……あら?」

P「ん? どうした?」

千早「ドアに近くに、写真が……もしかして、さっき春香が落したのかしら」

P「春香? あぁ、そういえばさっき、転んでたっけ」


ペラ……


千早「……誰かしら、これ?」

P「一応、俺が預かっておくよ。律子にでも渡しておくからさ」

千早「ええ、じゃあ、お願いします。それでは……」


バタン……


P「……」ペラ


P(それは、小さな女の子のスナップ写真だった。
 栗色のボブカットに、アホ毛が二本。その顔には、満面の笑みが浮かんでいる)

P(歌っているようだけど……もしかして、この子もアイドルか?)

P(……ん? ああ、小さく名前が書いてある。春香が書いたのだろうか)


P「……」

P「……日高、愛?」

P「これと似た名前を、どっかで聞いたことがあるような……まぁ、いっか」



  *  *  *



P(──この写真との出会いが)

P(めぐりめぐって、様々な人との繋がりを経て……)

P(IA大賞を揺るがす、あの大きな事件に繋がるとは……)

P(このときの俺は、知る由もなかったのである──)


P(……なんてな)


【活動 20週目 おわり】

今日はこれで以上です。お付き合いありがとうございました。
はるるん誕生日おめでとう!

次は木曜日の十八時くらいから書けるかと思います

>>1です
今日十八時から再開するって言ったけど、都合により今日は書けなくなってしまいましたすみません
明日は書けると思います

再開します


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 21週目 朝


P(前回のあらすじ……)

P(新CD『MUSIC♪』の発売ということで、店頭での宣伝を行うことになったフェアリーズステップ。
 真美のアイデアにより急遽ライブを行うことになったが、それがかえって良いPRになったようだ)


P(そして、その夜……事務所に帰ってきた俺は、
 千早に、千早個人宛てに届いたとあるオーディションについての話をした)

P(歌の仕事であるから、本来ならば、これは素直に喜ぶべきなのかもしれない。
 しかしながら、その番組スポンサーは、961プロダクションの黒井崇男なのであった。
 961プロといえば、765プロをやたらと敵対視している、あのライバル事務所だ……)

P(……オーディションは、来週に開催されることになっている。
 それまでに、俺も少しでも961プロについて調べておかないといけないな)



  *  *  *



P「……そういえば」

ペラッ

P「この写真、まだ俺が持っていたままだったな」


P(それは先週の夜に事務所で千早が拾った、ある女の子の写真だ。
 日高愛と書かれているが……)


P「……まさか、あの日高舞の娘、だったりして……」


P(日高舞といえば、今から十数年前に日本で大ブレイクしたアイドルだ)

P(たった三年間の活動の中で、発売したCDは全てミリオンヒットを達成。
 今でも当時の日高舞を特集した特番が放送されたりしているし、
 日本中、いや世界でも知らない人はいない、伝説のアイドル……)

P(結婚と妊娠を機にスパっと芸能界を引退してから、
 その行方は一切公表されていなかったが、もし、この子が日高舞の娘なら……)


P「……ま、名前が似ているだけだろう。
 本当に娘なら、今まで誰も注目していないはずがないしな」


ガチャッ

「おはようございまーす!」


P(そんなことを考えているうちに、女の子がやってきたようだ。
 えーっと、彼女は……)


>>59
※765プロの女の子のうち誰かでお願いします

伊織


伊織「おはようございまーす!
   ……って、アンタだけ? 元気に挨拶して損しちゃったわ」

P「いきなりご挨拶だな……おはよう、水瀬さん」



P(このおでこが光り輝く少女の名前は、水瀬伊織)

P(俺が765プロに入社したときに自己紹介をして以来、今まであまり話したことはなかったのだが、
 実は俺は、少しだけ彼女に苦手意識を持っていたりするのであった)

P(なぜなら水瀬さんは……)



伊織「あーあ、なんだかノドが乾いちゃった。
   ねぇアンタ、ちょっとオレンジジュース買って来てよ」

P「……俺も仕事中なんだけどな」

伊織「あら、そうは見えなかったけど。まだ他のみんなも来てないし、
   どうせヒマをもてあましてたんでしょう?」

P「う……い、いやでも、事務所を留守にするわけにもいかないし。
 そこにある自販機のジュースじゃ、果汁100パーセントじゃないからって文句言うじゃないか」

伊織「留守番くらい私にだって出来るわ。いいからさっさと行くっ!」



P(見た目の可憐さとは裏腹に、とんでもなくワガママな女の子だったからだ……!)

P(オレンジジュースを買って来いと言われたが、どうしようかな……)


1 ダッシュで買ってこよう
2 お断りだ!
3 一緒に行こう
4 その他

>>61

4 オレンジを買ってくる


P「……ふふ。そんなに果汁100パーセントオレンジジュースが飲みたいか?」

伊織「だから、さっきからそう言ってるじゃない。聞いてなかったの?」

P「よーしわかった。それじゃあ、速攻で買って来て飲ませてやる! 待ってろよ!」タタッ

伊織「にひひっ♪ そうそう、最初からそうやって、
   素直に言うことを聞いていればいいのよ」



  *  *  *



ガチャ

P「ただいま」

伊織「あら、本当に早かったわね。それで、オレンジジュースは?」

P「ほら、これ」ガサッ

伊織「? ……ねぇ、それなに?」

P「オレンジだよ」

伊織「それは見ればわかるわよ! アンタが手に持ってるのは、
   大量のオレンジが入ったスーパーの袋でしょ? 私が欲しいのは……」

P「今から作る」

伊織「……は?」

P「今からこれを使って、絞りたてオレンジジュースを作ってやる!
 フゥーハハハ! 美味しいぞぉ!」

伊織「頭がどうかしてるんじゃないの」


伊織「ちょっとアンタ! 誰がいつ、こんな形で
   絞りたてのオレンジジュースを提供しろと言ったの!?」

P「ん? いらないのか?」

伊織「いらないも何も……、そもそもここにはミキサーも無いし、どうやってそれをジュースにす

P「フンッ!!!」


グシャッ

ポタ……ポタ……


伊織「」

P「どぉうだ……日頃から握力だけは鍛えているからな、
 たかがオレンジひとつ握りつぶすくらい、造作もない」

伊織「……あ、あぁ、そうですか……うわぁ……」


P(水瀬さんが、俺の腕をしたたるオレンジ果汁を見て言葉をなくし、
 どこか恍惚の表情を浮かべているに見える。少しは見直してくれたのだろうか)

P(さて、どうしてやるかな……)



1 直接口の中にオレンジ果汁を垂らし流してやろう……!
2 ちゃんとコップに入れて、ジュースの形にしてやろう
3 その他

>>65

3 おれはしょうきにもどった!


伊織「……ギョエーってドン引きって、このことを言うのね……」

P「え?」

伊織「……」

P「!」ハッ


P(おれはしょうきにもどった!)

P(水瀬さんは恍惚の表情を浮かべていたんじゃない!
 俺の奇行を見てドン引きしていたんだ……!)



P「……な、なーんちゃってな! ウソウソ、ちょっとしたジョークだよ!」

伊織「はぁ?」

P「ビックリしただろ? ほら、ちゃんとジュースも別に買って来てあるからさ」

伊織「……ああ、そう。それじゃあ、ありがたくいただくわ」

P「う……」



P(そう言った水瀬さんの目には、これまで見たことが無い種類の色が浮かんでいた)

P(怒るのでも、蔑むのでもない。まるで、悲しんでいるというか……哀れんでいるというか……)

P(……でもなぜか、こういうのも、悪い気はしないな。ふふ……)



  *  *  *


伊織「こく、こく……」

P「オレンジうめぇ」ガツガツ

伊織「……」チラッ

P「……ん? どうした?」

伊織「……別に。アンタって、つくづく変人よねって思っただけ」

P「変人って……失礼な物言いだな」

伊織「まぁ、ただでさえあのメンバーをプロデュースしてここまで有名にしたんだから、
   普通じゃないとは思ってたけど」

P「フェアリーズステップのメンバーは、みんな素直な良い子だよ。
 それに、才能もある。俺はただ、サポートしただけさ」

伊織「……」

スッ

伊織「ご馳走様。それじゃあ私、レッスンに行くわね」

P「あ、ああ」

伊織「……ジュース、美味しかったわ、ありがとう」

P「あはは、水瀬さんが素直にお礼を言うなんて、明日は雨が降るかな!」

伊織「むっ! それ、どういう意味よ!?」

P「じょ、冗談です、ごめんなさい……」


伊織「もう……あと、それ、いい加減にやめてくれる?」

P「それって、なんのことだ?」

伊織「『水瀬さん』って呼ぶの。私には、水瀬さんじゃなくて、
   伊織ちゃんっていうキュートでプリティな名前があるんだから」

P「……わかったよ、伊織」

伊織「……アンタが──……だったら……」ボソボソ

P「え?」

伊織「なんでもない。それじゃあね、プロデューサー!」


タッタッタ……


P「……」

P「……プロデューサー、か。アンタじゃなくて、そう呼んでもらえたのは、
 もしかしたら初めてだったかもしれないな……」


ノーマルコミュニケーション!


──────
────
──


ガチャッ

響「はいさー……うわぁっ! な、なにこれ!?」

真美「うあうあー! 事務所がオレンジ色に染まっちゃってるよ〜!」

P「ああ、響に真美じゃないか」モグモグ

響「あ、プロデューサー! えへへ、はいさーい!」

P「はいさい。ふたりも、オレンジ食べるか?」

響「うん!」

真美「食べる食べる〜!」



  *  *  *



千早「おはようございま……」

真美「見てみて! オレンジの皮を使って……じゃーん! ウルトラマーン!」

響・P「ぶっはっはっは!」

千早(何これ。事務所がオレンジ色に染まって、柑橘系のとても良い香りがするわ)


P「さて、みんなも来た所だし、そろそろ今週のスケジュールを……」

高木「ウォッホン! おはよう、諸君!」

「「「おはようございまーす!」」」

P「社長! お久しぶりです!」

高木「毎日顔を合わせているのに何を言っているのだね君……」


  *  *  *


高木「それはそうと……君達に朗報だ。
   スプラッシュと、再びフェスで対決する機会がめぐってきたぞ!」

P「スプラッシュとフェス……ですか?」

高木「うむ。今週末に山梨で開催するフェスがあり、
   律子君たちもそれに参加する予定だったのだが……」

高木「どうやら、参加予定だった他の何組かが、直前になってそれを取り消したらしい。
   今のスプラッシュと対決して、敗北することを恐れたのだろうね」

P「なるほど……」



P(やよい、春香、貴音で構成される765プロのもうひとつのユニット、『スプラッシュ』は、
 今ではメジャーアイドルとして名を馳せている人気ユニットだ)

P(ライブを行えばチケットはすぐに売り切れ、テレビやラジオでも引っ張りだこ。
 最近発売された新曲『Colorful Days』も大ヒットを飛ばしており、
 このまま順調にいけばIA大賞ノミネートは確実、とまで言われている)


P(……俺達は以前、彼女達とフェスで対決する機会があった。
 あのときは何も出来ずに敗北してしまったが……)

P(しかし、フェアリーズステップだって、今日まで何もせず過ごしてきたわけじゃない。
 人気も、実力も、今では決してスプラッシュにも劣ってはいないはず。
 ここで勝つことができれば、彼女達の自信を確固たるものにできるだろう……)


P「……わかりました。それじゃあ俺達、そのフェスに参加してみます!」

高木「おお、そうか!」

P「みんなも、それでいいよな?」

千早「はい!」

響「へっへーん! この前はモヤモヤしてて負けちゃったけど、
  今の自分は違うぞ! 貴音と思いっきり、正々堂々勝負してみせるさー!」

真美「……今週末……フェス……うーん」

P「真美、何か気になることでもあるのか? 実は参加したくなかったり……」

真美「へ? あ、ううん、そーじゃないんだけどね……
   ねぇねぇ社長さん、そのフェスのチケットって、もう売り切れちゃったの?」

高木「チケット? そうだな、前売り券はもう売り切れたようだが……、
   当日朝から並べば、まだ当日券が手に入る可能性もあるだろうね。誰か、誘いたい人でもいるのかい?」

真美「うん……」

高木「……わかった。それならばここは私が、なんとかチケットを手に入れてみせよう!
   だから君達は、なんの心配もせず、フェスの準備をしてくれたまえ!」

真美「ホント!? わぁーい! ありがと、社長さん!」クルクル


  *  *  *


P(こうして俺達は、今週末に開催されるフェス、『FUJISAN ROCK』に参加することとなった)

P(スプラッシュとの二度目の対決……ここでの勝負の結果が、
 今後のフェアリーズステップの運命を左右することになるのは、間違いないだろう)

P(同じ相手に二度も負けてしまうと、さすがの彼女達も自信を喪失してしまうかもしれない。
 しかし勝つことが出来れば、自分達の成長を実感し、明日へのステップに繋がるはずだ)

P(絶対に負けられない戦いが、ここにある。気合いを入れていこう!)


山梨


  ──────────────────────
          フェス:FUJISAN ROCK
  ──────────────────────


                    パラロス広場野外ステージ
                   ────────────
                          活動 21週目 昼


P(それから、レッスンや仕事をこなしつつ数日が経過し……ついに、フェス当日となった)



ひゅるるるるぅ〜……


      ぱんっ! ぱぱんっ!!




P「おー……花火が上がってるぞ。まるでお祭りだ……」



P(日本一高い山、富士山……。今回のフェス会場であるパラロス広場は、
 雄大な富士山を目の前に望める場所に作られた、とある遊園地に隣接している)

P(偶然だが、その遊園地は先々週に響と一緒に仕事を行った場所だな。
 今回は、多目的に利用されるこの広場にテントとステージを設置し、
 アイドル達がそこで歌を披露するという形になっている)



ワイワイ……

     ガヤガヤ……



P(広場内にはそこかしこで屋台が設置されており、
 フェスの参戦する人も、まったく関係の無さそうな人達も、
 みんな、どこか浮き足立っているように見える)

P(しかし……!)



P「ごほん! 俺達は、あくまで仕事に来た身だ。
 遊んでなんていられないんだぞ、真美」

真美「うあうあー! まだなんも言ってないじゃんっ!」



じゅー……

   じゅーじゅー……


真美「ふわ〜……なーんか、良い匂いするっぽいよ〜……」

ぐ〜 ぎゅるるる

真美「兄ちゃん! あの焼きそばが真美のこと呼んでる!」

P「……出場者控えのテントに行けば、お弁当がもらえるはずだから。
 それまで頑張ろう、な!」

真美「えー! せっかくお祭りムードむんむんなのに、
   あんま美味しくないお弁当しか食べられないなんて、もったいないっしょ!」

P「気持ちがわかるけどさ……真美だって、もう無名じゃないんだぞ。
 こんな公衆の面前で堂々と食事なんてしたら、大騒ぎになるだろ?」

真美「うー……大騒ぎになんてならないもん! ほら見てよ、あそこの屋台っ!」

P「え?」クルッ



貴音「ますたー殿。もう一杯、お願いいたします」

店員「あいよ」


ざわ……

     ざわ……


「銀色の女王だ……」

「すげぇ、もう焼きそば五杯目だぞ……ウワサ通りの大食いだ……!」



P「コラーーー!!!」

貴音「はて……まぁ、プロデューサーではありませんか!
   それに皆も……うふふっ、ご機嫌よう」

P「ご機嫌ようじゃない! フェス前だっていうのに、
 こんなところで焼きそば食って唇テッカテカにしてていいのか!?」

貴音「……し、失礼いたしました」フキフキ


貴音「ご馳走様でした。真、美味しゅうございました……」

店員「またどうぞ」


  *  *  *


P「ったく……律子はどうしたんだ?」

貴音「律子嬢でしたら……ふふ、今頃、あずさを探しにいっているかと」

P「え? あずささん?」

貴音「おや、聞いておりませんでしたか? 高木殿の計らいで、ちけっとを一枚
   余分に入手することが出来たので、あずさは本日、私達の応援に来てくださっているのですよ」

P「ああ、そういえば……チケットを手に入れるとかなんとか言ってたっけ。
 真美、それはどうなったんだ?」

真美「真美ももらったよ! たぶん、来てくれてると思うけど……」

P「学校の友達でも誘ったのか?」

真美「ううん、絵理おねーちゃん。最近、またメールしてくれるようになってね、
   真美ちゃんに会いたいって言ってたから、ポストにいれといたんだ〜」

P「……そっか」



P(真美がおねーちゃんと呼ぶ女性の名は、水谷絵理。
 以前亜美や真美と親しくしてくれていたという、元ランクCアイドル……)

P(直接会ったことはなかったものの、これまで俺は、水谷さんに関わる話を何度か聞いてきていた)

P(真美との話。尾崎さんやサイネリアとの話。
 そして……かつてあずささんを襲ったという事故の話)

P(……彼女は、今ここにいるのだろうか?)



真美「会えるかな〜?」

P「……真美が会いたいと思えば、会えるさ。終わったら、メールすればいい」

真美「うん! そだね!」


──────
────
──


響「そんでさー、その時プロデューサーが……えへへ」

貴音「……うふふっ、それは良かったですね、響」ニコォ

響「べ、別に良いわけじゃないけど……ていうか貴音、なんか怖い顔してないか?」

貴音「……決してそのようなことはありませんよ。断じて私は、
   軽々しく響の心を弄ぶようなことを言ったプロデューサーを憎らしく思ってなど……」

響「え、えっ……」



P(二人が何を話しているかはわからないけど、仲良きことは素晴らしきだな!)

P(さて、俺達の控えのテントは──)

P「……ん?」



テクテク……

律子「……もうっ、相変わらず方向音痴なんだから!」

あずさ「うふふっ、ごめんなさいね、律子さん」



P「律子と、あずささんだ……」

P(……二人がこんな風に隣り合って歩いているのを見たのは、初めてかもしれないな)


『……背中を押してくれて、ありがとうございます。
機会があれば、今度、あずささんと話してみることにするわ』


P(きっと、先週こう言っていたとおり、律子はあずささんと話をしたのだろう。
 そしてまた……、昔のような関係に、戻れたのかもしれない)


1 二人に声をかける
2 そっとしておく

>>77


P(余計なお節介かもしれないが……二人に声をかけよう)


P「やあ、律子。それにあずささんも、おはようございます」

律子「あ、プロデューサー……」

あずさ「まぁ、プロデューサーさん! ふふっ、おはようございますー♪」

P「あずささん、随分機嫌が良いみたいですね」

あずさ「ええ。これもプロデューサーさんのおかげ……なーんてね」

律子「……」ポリポリ

P「……律子」

律子「え?」

P「あずささんと、ちゃんと話せたみたいだな。良かったじゃないか、仲直りできて」

律子「……まぁ、その……おかげさまで……」

あずさ「うふふっ♪ 律子さんったら、おかしいんですよ〜。
    私の顔を見るなり、いきなり『ごめんなさい!』なんて言っちゃって」

律子「だぁぁぁぁ! あ、あずささんストップストップ!
   そのことは言わないでくださいよ……恥ずかしいなぁ、もう」


貴音「……うふふっ」

響「貴音、なんで笑ってるんだー?」

貴音「いえ……ただ、律子嬢も、やはり人の子であったと確認が出来ましたので、
   私は、それが嬉しかったのですよ」

律子「……ちょっと貴音? それどーいう意味よ?」


  *  *  *


あずさ「……プロデューサーさん。ありがとうございました」ペコッ

P「え? 何がですか?」

あずさ「プロデューサーさんのおかげで、私達、
    昔みたいに、こうやって話すことができるようになりましたから」

P「……俺は何もしていませんよ。勇気を出したのは、律子ですから」

あずさ「それでも、です。私達が何より必要としていたのは、きっと、
    そっと背中を押してくれる、誰かのあたたかい手だったんだと思います」



響「律子、顔真っ赤だぞ。なんかあったのか?」

律子「う、うるっさい!」



あずさ「……律子さん、楽しそう」

P「……あずささん、あの……」

あずさ「……?」


1 結婚してください
2 律子に、プロデューサーになってもらいたいですか?
3 律子と、どんな話をしたんですか?
4 その他

>>80

2


P「……律子とどこまで話をしたかはわかりませんが、実は俺、律子から聞いてたんですよ。
 律子がプロデューサーになったら、あずささんをプロデュースするって、約束していたんですよね?」

あずさ「……はい」

P「今でも律子に、プロデューサーになってもらいたいですか?」

あずさ「んー……そうですねぇ……」

あずさ「……」

あずさ「……ふふっ、わからない、かな」

P「わからない?」

あずさ「ええ。律子さんと一緒なら、確かに私は、いくらでも頑張れるって思うし、
    今よりもっと、毎日が楽しくなるんだろうなって思います」

あずさ「でも私は、今の……『スプラッシュ』のプロデューサーである律子さんのことも、
    以前と同じくらい大好きですから。だから、どちらがいいかなんて、選べません」

P「……」

あずさ「……律子さん、生き生きとしていて、毎日が楽しそうだなって、ずっと思ってたんです。
    それが、私が律子さんに話しかけられなかった、理由のひとつ。
    私のことを思い出してしまったら、律子さんの足を引っ張ってしまう気がして……」

あずさ「……なーんて。うふふっ、ダメですね、私ったら。
    こんなこと言ったら、また律子さんに怒られちゃうわ」



P(……あずささんは、自分のことよりも、
 律子のことを考えて、これまでずっと過ごしてきたのか)

P(きっと本当は……、これまで失った時間の分、
 もっと律子にそばにいて欲しいと、そう思っているんだろうな……)


1 これからは律子の代わりに、俺がそばにいますよ
2 これからゆっくり取り戻していけばいきましょう
3 スプラッシュに入っちゃえばいいんです
4 その他

>>82

2

>>82把握
でもすみません、その前に少し>>81を修正 意味は変わってないからご容赦ください
×2 これからゆっくり取り戻していけばいきましょう
○2 これからゆっくり取り戻していきましょう


P「……あずささん、これからゆっくり取り戻していきましょう。
 二人の間には、まだたくさんの時間があるんですから」

あずさ「……そう、だといいんですけど。いえ、よくはないというか……」

P「え?」

あずさ「んー……だって、『スプラッシュ』はもう、
    このままいけばIA大賞にノミネート確実なんですよね?」

P「ええ、まぁ……そう言われてはいますね」

あずさ「そうしたら……あと一年も経たないうちに、また離れ離れになってしまいますー……」

P「……どういうことですか?」

あずさ「あら? プロデューサーさん、ご存知ではなかったんですか?」

P「……」


ドクン、ドクン……


P(……なんだろう。心臓がイヤに高鳴っている)

P(あずささんは、何を言っているんだ? IA大賞にノミネートされたら、離れ離れになる?)



あずさ「……IA大賞にノミネートされたユニットの、プロデューサーさんは……」



P(IA大賞。俺達が目標として掲げる、夢の舞台……)

P(そのノミネートを目指して、俺達はずっと……)



あずさ「IA大賞のグランドファイナルが終わったら……」


あずさ「一年間の、ハリウッド研修に、行くことになるんですよ」


──────
────
──

律子「ハリウッド研修? あぁ、確かにそれは、
   IA大賞ノミネートユニットのプロデューサーには、権利として与えられますね」

P「……律子、知ってたのか?」

律子「ええ、もちろん。というか、知らない方がおかしいっていうか……」

P「……」

律子「……しゃ、社長や小鳥さんから、何も聞いていませんでした?」

P「ああ……」

律子「あちゃー……まぁ、社長もあずささんのプロデュースで忙しかったからかな」



P(──その後、俺は、律子から例のハリウッド研修について説明を聞かされた)

P(それは、全てのプロデューサー業に就く者が憧れる研修であり、
 本場のショービジネスやマネジメントについて学び、確実にキャリアアップに繋がる、と)


P(……知らなかった。このままみんなのプロデュースがうまくいけば、俺は……)

P(フェアリーズステップのみんなと、離れ離れになる……のか)


  *  *  *


あずさ「あ、あの〜……もしかして、私、何かまずいこと……」オロオロ

P「あ……い、いえ、いいんです。いずれ知るべきことでしたから」

律子「……気持ちはお察ししますけど、プロデューサー殿?
   そんなことで、あなたが動揺していてはダメですよ」

P「……ああ。そうだな」


P(……確かに少し驚いてしまったけど、俺達はまだ、ノミネートすらされていないんだ。
 どうなるかわからない未来のことを想像して不安になるより、今日これからのことを考えよう)

P(それが、彼女達の為だから……!)


──────
────
──

響「……プロデューサー?」クイクイ

P「ん、ああ……どうした、響」

響「どうした、はこっちの台詞だぞ。なんかあったの?
  さっきからボーっとしてるけど……」

P「……いや、大丈夫。なにもないよ」

P(俺としたことが、顔に出てたみたいだな……)


  *  *  *


P「……それより、響! 調子はどうだ?
 今日はいつもより、長く歌うことになると思うけど……」

響「うん! えへへ、今日は自分、バッチリだぞ!
  律子達にはゼッタイ、負けないからね!」

律子「あーら、それはこっちの台詞よ、響」

響「うげっ、律子、まだいたのか……」

律子「うげって何よ……私達だって、
   2ndシングル『キミはメロディ』を出してから、ただ遊んでいたわけじゃないんだからね」

律子「今日歌うのは、全てがステージでは初披露の新曲。
   事前に情報は流してあるから、ファン達はそれを期待してくれているはず……
   ふふ、前と同じだと思ったら、大間違いなんだから」

響「ぐぐ……で、でも! 自分達だって……!」

あずさ「はい、そこまで〜!」

響・律子「えっ?」

あずさ「もう、響ちゃんも律子さんも……ふたりとも、めっ! ですよ」


あずさ「スプラッシュも、フェアリーズステップも、今日はケンカをしにきたんじゃないでしょう?」

律子「で、でもあずささん。ケンカって言い方は悪いかもしれないけど、
    フェスっていうのは、アイドルにとっては勝負の舞台で──」

あずさ「プロデューサーさん。フェス、フェスティバル……、
    それは、音楽祭という意味なんですよね?」

律子(スルーされた……)

P「ええ、まぁ……そうですね」

あずさ「それなら、お祭りを楽しまなくっちゃ! うふふっ……♪」

P「……だってさ、律子」

律子「……あはは」

響「んー、よくわかんないけど……結局自分、どうしたらいいんだ?」

P「……そうだな」


1 思いっきり、楽しんでこい!
2 全力で、潰す気でやれ!
3 頑張り過ぎない程度にやれ
4 その他

>>88

4 全力でやるのはもちろんだが、勝負にこだわらず、楽しんでこい!


P「全力でやるのはもちろんだが……、勝負にこだわらず、楽しんでこい!」

響「そ、それって、負けてもいいってことかっ!?」

P「そうじゃない。難しいことは考えるなってこと。
 相手のステージも全部ひっくるめて、この音楽祭を楽しんでくるんだ」

響「貴音達のステージも……」

P「そうだ。そうすればきっと、全員で、最高の舞台を作り上げることができるからさ!」

響「……わかったぞ! スプラッシュは敵じゃないってことだね!」

P「……ああ。スプラッシュは敵じゃない。仲間だ!
 そうして頑張った結果が、勝ちでも負けでも……」

P「観客の心には、はっきりと刻まれるはずだ。お前たちの歌う姿がさ!」

響「うんっ!」




律子「……はぁ」

あずさ「うふふっ、力、抜けちゃいましたか?」

律子「そうですね……。でも──」



P・響「えいえい、おー!」



律子「……響、楽しそうにしてる。ふふっ、これは私も、負けてられないかな」

あずさ「……律子さんも、楽しんできてくださいね」

律子「はい!」


──────
────
──

ピンポンパンポーン

「……ご来場のお客様にご連絡致します。
もう間もなく、ステージを開場しますので、チケットをお持ちのお客様は……」


ワァァァ……!


  *  *  *


スタッフ「……みなさん、そろそろ時間なので、お願いします!」

スタッフ「それと、お隣のステージでは、スプラッシュが本番の準備に──……って、あれ!?」

P「え?」



タッタッタ……

春香「響ちゃーん! 千早ちゃーん! 真美ぃ〜!」

響「あ、春香〜! おーい!」ブンブン

やよい「えっへへー、おっはようございまーっす!」

千早「高槻さんも……」

P「お、お前達、なんでここにきたんだ!?
 こっちはフェアリーズステップ側なんだけど……」

律子「勝負にこだわらず、って言ったのはあなたでしょ?」

P「律子……」

律子「……ふふっ。さ、それじゃあもう、私達の役割はここまで。
   あとは、アイドル達にまかせましょう!」

P「……ああ!」


  *  *  *


スタッフ「……む、向こう? に負けないくらい、ステージを盛り上げてくださいね!
     それじゃあ私は、このへんで……」



P「……よし、それじゃあみんな……!」

律子「はりきって、行ってらっしゃいっ!」



「「「はいっ!」」」





響「……みんなっ! 気合いをいれていくぞっ!」

やよい「うっうー! みんなで、がんばっちゃいましょー!」


「「「はいっ!!」」」






千早「……3!」

貴音「……三!」



                                 真美「2っ!」

                                 春香「2!」


        
               響「……1っ!」

              やよい「いーっち!」




             「「「765プロ──……」」」




           「「「ファイト────っ!!!」」」







P(こうして……、俺達の音楽祭が、始まった)





765プロダクション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

真「ほらほら、美希! 起きなってば!」

美希「……んー……。なーに、真くん……?」

雪歩「テレビ、始まっちゃいますぅ!」

美希「テレビ〜? あふぅ……なんかあったっけ?」

真「今日のフェスは生中継してるから、みんなで応援するって言っただろー!?」

亜美「うあうあー! 始まっちゃうよ〜!」

伊織「ちょっとあんた達、静かにしなさいよ! 聴こえないじゃない!」



『ワァァ……!』



小鳥「……あっ、うつったうつった! 最初は千早ちゃんの、『目が逢う瞬間』ね」

美希「千早さん……?」




──……♪


『……目と目が逢う 瞬間 好きだと気付いた──……』

『あなたは今 どんな気持ちで いーるーの──……?』

『ワァァァァ……!!』




美希「……」

美希「……ふーん」




P(ステージに立つ者も、ステージを観る者も……)

P(それぞれが抱えた様々な想いと共に、音楽は響いてゆく)





♪フラワーガール
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

貴音『ねぇいいかな もっと笑顔 送ってみて──……!』

貴音『そうよ 指の先まで 真っ赤になるわ あーなたが好き──……♪』



  *  *  *



「貴音さまーーー!!」

「愛してるぅぅぅぅーーーーー!!!」

ウォォォ……!!



タッタッタ……

秋月涼「はぁ……はぁ……!」

桜井夢子「ったく、こう人が多くちゃゼンゼンわかんないわ! 一体どこに……あっ!」

絵理「……っ!」

夢子「涼、いたわ! あそこっ!」

涼「……絵理ちゃん! 待って!!」ガシッ

絵理「ひぅっ!」

涼「最後まで見ていかないのっ!? あの子に──」



涼「真美ちゃんに会いたかったんでしょう!?」




♪黎明スターライン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

真美『到来 黎明 Swing-by! Starline's Day──……っほぉーっれぃっ!』

真美『……んっふっふー! じゃっじゃーんっ!』ヒョイッ


「あれ? あれって……」

「サイリウム?」


真美『みんなー……笑顔になれぇぇぇぇぇ────っ!!!』

ワァァァ……!

真美ちゃーーん!!



  *  *  *



絵理「……もう、疲れた……」

涼「……っ! 絵理ちゃ──

夢子「ふざけたこと言ってんじゃないわよっ!!」

絵理「っ!」

夢子「涼がどんな気持ちで、ヒキコモリのあなたをここに連れてきたと思ってんの!?
   涼だけじゃない、あのヘンチクリンだって、あのプロデューサーだって……」

夢子「全部……全部、あんたの為にっ!」




♪乙女よ大志を抱け!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

春香『乙女よ 大志をいだっけ! 笑顔武器にしちゃおう♪』

ハイハイ!

ワァァァァ……!



        あなたにとってのアイドルが、『夢』が──……なら──!



P「……?」



──最初から、アイドルになんて、ならなければよかったのよっ!!




春香『──乙女よ 大志をいだっけっ!! いっぱい幸せつーかもぉー♪』

春香『や・れ・ばできるっ、女諸君っ!』


ハァイ!!!


春香『もっかいいっくよーっ!』


ワァァ……!!




P「……」

P(今、一瞬……歓声の中から、誰かの叫び声が聞こえたような……)





♪ゲンキトリッパー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やよい『──LISTEN, I JUST GIVE YOU MY VOICE!!』

やよい『あたしのWAVEを飛ばしてみるから♪』

やよい『ね・ぇ! 聞こえたら ココに来てよ ねぇ──……♪』


ワァァァァァ!!!

やよいちゃーん!!!




絵理「……えぐっ、ひぐっ……!」

涼「……絵理ちゃん」

絵理「もう、わたしのことは……放っておいて……!」

涼「……ほっとかない、ほっとけないよ」

絵理「なん、で……!?」




  *  *  *





♪DREAM
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

響『──夢が夢じゃ終われないから 私の今になりなさい』

響『傷ついてもいいさ 苦しくてもいいさ……! 嗚呼どんな罪でも来なよ──……♪』



ひびきーーーーーん!!!

かわいいぃぃぃぃぃー!!!






涼「だって、それは──……」

涼「それは、私の夢を諦めることと、一緒だからっ……!」




──────
────
──



ヒューヒュー!

ワァァァ……!



響『……それじゃあ、最後の曲、いっくぞーっ!』

やよい『えっへへー、最後の曲は……』


響・やよい『『みんなと、いっしょにっ!』』



ウォォォ……!!




千早『私達が奏でる、音楽が!』

貴音『私達が織り成す、色彩が!』


真美『ずっとずーっと! 響き渡って!』

春香『いつまでも! 色褪せずに!』


響・やよい『『──あなたの心に、残りますようにっ!』』





響・真美・千早『「MUSIC♪」っ!!』


ワァァァァ!




やよい・春香・貴音『「Colorful Days」っ!!』


ウォォォォォ!!





P(音楽祭は、続いていく)




961プロダクション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


『ワァァァ……!』


冬馬「……」

冬馬「……なーにが、みんなといっしょに、だ。くだらねぇ……」

黒井「ああ、実にその通りだ……!」

冬馬「黒井社長、こんなモン俺に見せて、どういうつもりだよ」

黒井「……フン。この中に、来週のオーディションでツブしてもらう相手がいるからな」

冬馬「……何?」

黒井「クックック……それは──……」





P(たくさんの思いをのせて、彼女達は歌を歌う)





東豪寺プロダクション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

麗華「……」

りん「麗華、何観てんの?」

ともみ「……テレビ? ああ、あのフェスだね」

りん「うっへー、珍しいね。麗華が他のアイドルが出てるテレビ観るなんてさ」

麗華「……別に、ただの研究よ」



……── VOLUME上げて 最高に

      STANDBY STAND UP てっぺん目指せ!! ──……



麗華「……スプラッシュ、フェアリーズステップ。その中でも、特に……彼女」




千早『奏でよう 夢のMUSIC……音符の翼──……♪』




麗華「如月千早……」

麗華「放っておいたら、私達の計画のジャマになりそうだし……、
   大きな芽になる前に、ここでツブしておくのも、いいかもね」



ワァァァ……!



P「……律子」

律子「……?」

P「アイドルってさ、良いよな」

律子「どうしたんですか、急にそんなこと言って……」

P「こないだ雪歩と初めてちゃんと話してみて、俺、ようやく気付いたんだよ。
 アイドル達はみんな、ひとりひとり、別の魅力を持っているって」

P「フェアリーズステップも、スプラッシュも、あずささんも、みんなみんな……」

律子「……そうね」

P「響達にソロ曲をやらせようと思ったのも、ユニット単位ではない、
 それぞれの魅力を、ファンの皆にもっとよく知ってもらいたいって考えたからなんだ」

律子「ふふっ、どうやらそのたくらみは、大成功だったみたいですね」

P「……ああ。響達は、本当によくやってくれた」




P(音楽祭は、終わらない)




P「それでさ……今、俺はこう考えてる」

P「やっぱり彼女達は、全員で765プロなんだって。ひとりひとりが生み出す、色や音、光。
 それらが調和すれば、こんなにも素晴らしい舞台を作り上げることだって出来る」

律子「……」

P「フェアリーズステップとスプラッシュ。六人集まっただけで、こうなんだ。
 それがもっともっと集まったら、どうなると思う?」

律子「……さっきから、何が言いたいんですか?」




P(……そしてアイドル達は、次のステージへと進んでゆく)




P「……なぁ、律子」

P「俺と、手を組まないか?」



P「765プロには、日の目を浴びていないアイドル達が、まだまだたくさんいる」

P「俺はさ、もっともっと! たくさんの人達に、みんなの魅力を知ってもらいたいんだ!」

律子「……それって、つまり……」

P「ああ!」




P(それは、響と向き合うことを決めた貴音のように)

P(競い合い、争い、どちらが上かを決めるのではなく……)

P(切磋琢磨し、ともに手を取り……、隣合って、歩んでいくように)




P「……全員だ! 全員、俺達の手でプロデュースしてやろう!」

律子「……IA大賞を獲得できる椅子は、例年通りならたったひとつよ。
   自分からライバルを増やす気?」

P「……ちがうよ」

P「ライバルじゃない。俺達は、仲間だ」


律子「……それで?」

P「え?」

律子「具体的なプランはどうお考えなんですか?
   フェアリーズステップはどうするの? 一旦ユニットを解散させるわけ?」

P「ユニット解散なんて、そんなことするわけないだろ!?
 響達にはこれまで通り頑張ってもらって、あとの皆は、その……気合いと根性で」

律子「……呆れた。そんなこと、出来るわけないでしょ?
   ただでさえ、ひとつのユニットの面倒を見るだけで手一杯だっていうのに」

P「うっ……だ、だからこそ、俺と律子、それに音無さんで協力しあってだな……」

律子「これ以上負担を増やす気? あなた、本当に倒れますよ?」

P「……。……やっぱり無理か?」

律子「無理無理。現実的じゃなさすぎる。しかも肝心なプランもまったく決まってなく、
   大変だろうけど気合いと根性でどうにかする! なんて、夢物語もいいところだわ!」

P「……はい。そうですよね……」



  *  *  *


『アンコール、いっくぞー!』

ワァァァァ……!



律子「……ふふっ、でもまぁ……そういう夢物語は、嫌いじゃないですけどね。
   私としても、くすぶったままでいる子達をこのまま放っておくなんて、心苦しいと思うこともあるし」

P「ってことは──!」

律子「やるかどうかは別問題。もう少しちゃんと考えを練ってから、また話をしてください」

P「そうだなぁ……じゃあ例えば、13人ユニットとかどうだ?」

律子「練ろと言っているでしょうが!! 思いつきで喋るんじゃ……っていうか、13人?
   うちにいるアイドルは、全部で12人じゃ……」

P「律子」ピッ

律子「……」

律子「ほーんと、バカね……」


P「あはは! 実はもう、ユニット名も思いついてるんだぞ! 聞いてくれるか?」

律子「はぁ……じゃあいいです、気が済むまで話してみてください」



P(……そこに、一人でも輝きたいと願う女の子がいる限り)

P(俺達のプロデュースは、続いていく)



P「ユニット名は──……」



P(夢物語だと笑われるかもしれない。
 だけど、全ての現実は、みんな『夢』から生まれるんだ)

P(女の子達が願う、小さな夢を、大きな現実に変えてやること……)

P(それが、俺達プロデューサーの仕事だから……!)



P「……『765プロオールスターズ』!」



P「安価でアイドルプロデュースしてIA大賞受賞を目指す」


前編おわり


今日は以上です。お付き合いありがとうございました
次は月曜日に書けるかと思います

再開します
ちなみに、前回全員プロデュースだーなんてことをPが言いましたが、
それはあくまでPの理想で、絶対にそうなるわけではありません。
これからのPの安価行動次第でそういうことになる可能性もあるというだけ
ここから先もメインとなるのは響真美千早の三人のつもりです



         都内 某書店
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


P「……お、あったあった」


『熱狂の渦につつまれた「FUJISAN ROCK」
スプラッシュとフェアリーズステップ、現在大注目の2大ユニットを徹底解析!』


P「……」ペラッ

P「ふふふ……良い記事書いてもらえたな……」



P(フェス『FUJISAN ROCK』が開催されたあの日から、数日が経過した。
 あのフェスはテレビ中継していたということもあり、全国からの注目度もググッと上がったようだ)

P(フェアリーズステップの皆は、本当に立派なアイドルとして成長してくれた。
 この分なら、贔屓目を無しにしても、十分IA大賞ノミネートを狙える位置にいるだろう)

P(ちなみに、あのフェスでどちらが勝ったかというと──)



「……なぁ、765プロだったらだれ推し?」

「うーん、天海春香かな〜」

「ぼくは、我那覇響ちゃん!」

「如月千早も……」



P(……ま、どちらが上かなんて、そんなのは野暮なことだな。少なくとも、
 フェアリーズステップがようやくスプラッシュと肩を並べられたということは、確かな事実なんだから)



P「すいません店員さん、この雑誌十冊ください!」


──────
────
──



             双海家
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ジリリリリ……


亜美・真美「すぴー……すぴー……」


ジリリリリ……!


真美「……んー……うっさぁい!」


ガチャッ!


真美「ん〜……むにゃむにゃ……」

亜美「んっふっふ〜……真美ぃ〜……」ギュッ

真美「熱いよ亜美ぃー……」

亜美「……zzz……」

真美「……」



真美「うわぁぁっ!!」ガバッ

亜美「んぎゃっ!」

真美「うあうあー! 亜美亜美ぃ、もう朝だよ〜!」

亜美「え〜? 朝〜……?」

真美「ほら、起きてっ!」ユサユサ

亜美「……はーい……」



  *  *  *


亜美・真美「いってきまーす!」


タッタッタ……


亜美「うあうあー! 遅刻しちゃう〜!」

真美「亜美のせいだよ〜! 亜美がもう一回、もう一回って言うから〜!」

亜美「真美だってノリノリだったじゃんー!」


タッタッタ……


亜美「おっと……そんじゃ、亜美はこっちだから。真美、今日もお仕事ガンバってね!」

真美「うん! 亜美もガッコ、ガンバってね!」

亜美・真美「バイバーイ!」


──────
────
──



            千早の家
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


──……♪

千早「……LISTEN, I JUST GIVE YOU MY VOICE」

千早「あたしのWAVEを──って、もうこんな時間ね」

千早「そろそろ行きましょう……」ピッ




ガチャッ

千早「けほ、こほっ……」

千早「……? 風邪かしら……」

千早「……ん、ん」

千早「……気のせい、だといいんだけど」


──────
────
──


       765プロ事務所前
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

P「……ん?」



響「……うぅ〜……まだ返事、来ない……」テクテク



P「遠くに見えるあれは……、たぶん、響だな。携帯見てうなっているようだけど……」

P(余所見して歩いてたら危ないし、ちょっと声をかけてみようかな。
 でも、どんな風に声をかけるか……)


1 ジェントルに
2 ワイルドに
3 デンジャラスに
4 やっぱり声をかけない

>>117

1


P(765プロ一のジェントルマンと呼ばれている俺だ。
 ここはひとつ、紳士的にいこう!)



P「もし……お嬢さん」

響「え? あぁ、プロデューサー!」

P「どうかされましたか? 何やらお悩みのようですが」

響「あはははっ! 何その喋り方、変なの〜! なんか気持ちワルイぞ!」

P「うっ」グサッ

響「あ、もしかしてそういうゲームか?
  それじゃあ、自分も清掃なお嬢様っぽく喋ったほうが良い?」

P「清掃? 清楚ってことかな……」


P(うーん、もしかしたらこれは、いつもと違う響が見れるチャンスか?)


1 それじゃあ、そういう喋り方で頼む
2 いつも通りでいいよ
3 いっそのこと喋るな
4 その他

>>119

2


P「いや、いつも通りでいいよ。俺も普通に喋るからさ」

響「ふーん。なんかよくわかんないけど、わかったぞ!」

P「それで、響。何かあったのか? 浮かない顔してたみたいだけど」

響「うぇ!? み、見てたのか?」

P「ああ。もちろん、俺に言いにくいことだったらいいんだけど……」

響「……実はね」


  *  *  *


P「……友達から、メールが返ってこない?」

響「うん……」


響「自分がまだ中学生で、沖縄に住んでた頃……、
  一緒にアイドル目指してた友達がいたんだ。アリサっていうんだけど……」

響「そのアリサから、一ヶ月くらい前に急にメールがきて……えーっと、これ」スッ

P「見てもいいのか?」

響「……うん」


…………………………
From:アリサ
Sub:無し


がんばれ
…………………………


P(響と中学生が一緒だったということは、その子も今、高校生なのだろう。
 しかしこのメールには、絵文字も顔文字もなく、ただ『がんばれ』としか書かれていない。
 今時の高校生にしては、随分と簡素だな……)


  *  *  *


響「それまでアリサとは、ずっとメールも電話もしてなかった。
  だから自分、ちょっと嬉しくなっちゃって……返事、したんだ」

P「そしたら?」

響「……『応援してる。でももう、私にはメールしてこないで』、って」

P「……」



P(一ヶ月くらい前といえば──……)


『え!? あ、そのー……なんでもない、なんでもないぞ!』


P(確かこんな感じで、響の様子がおかしかったことがあったな。プライベートで問題があった、と……。
 もしかしたら、今響が言ったやり取りをしたのも、あのときだったのだろうか?)

P(……あのときは、その直後に貴音から昔の話を聞いたから、
 響が悩んでいるのは、てっきり貴音に関することなのかと勝手に思っていた。
 そしてそれはもう、解決したものかと……)


響「プロデューサー、あのとき言ったでしょ? 真美や千早に相談しろ、って」

P「ああ。二人に話してみたのか?」

響「うん。そしたら、それはゼッタイにおかしい、ちゃんと連絡した方が良い、って言われたんだ。
 だからさ、それから自分、暇なときに何度かアリサにメールしたり、電話をかけたりしてるんだけど……」

P「……それが、返ってこない、ということか」

響「そーなんだよぉ〜! うぅ、自分、なにかしちゃったのかな……
  もう、アリサとは、一生会えないのかな……」

P「……」


1 来週、沖縄に行ってみるか
2 そんなことはない、またいつか会えるよ
3 昔の友達のことなんて、考えるな

>>123
※1を選んだ場合、次週の内容が響と沖縄編になります

2


P「……そんなことはない、またいつか会えるよ」

響「ほ、ほんとか?」

P「ああ。だって、メールで言ってくれたんだろ?
 がんばれ、応援してるってさ」

P「それなら、今でもアリサさんは響のことを見てくれているはずだ。
 きっとアリサさんは、自分のことを考えるより、響にもっと活躍してもらうことを願っているんだ」

響「……そうかな」

P「……たぶんな」

響「……」

P「……なぁ、響。どうして、それまでずっと連絡してなかったんだ?」

響「そ、それは──」


テクテク……

真美「あ、兄ちゃんにひびきんだ! おーい!」

千早「おはようございます、ふたりとも」


P「ん? ああ、真美! それに千早も……おはよう」

響「……えへへ、はいさーい!」

P「……」


  *  *  *


P(二人と合流してからは、響はまたすぐ、いつもの調子に戻っていった)

P(友達のこと、気にはなるだろうけど……もう一生会えないなんてことは、ゼッタイにない。
 もし仮に、その友達の身に何かあったとしたら、さすがに響にも連絡がいくだろうし……)

P(……響はもう、有名アイドルに足を踏み入れている最中だ。
 今は本当に大切な時期だし、響には、夢を叶えるためにこれからも──)



P「……夢?」



P(響の夢、って……なんだ?)

P(トップアイドルになること? IA大賞を取ること?
 もちろんそれもあるだろうけど……本当に、それだけか?)

P(……かつての貴音は、確固たる夢──使命を持っていたようだ。
 それに千早も、将来的には世界で通用する歌手になりたいと言っていた。
 響には何か、これだという目標は……トップアイドルになってやり遂げたい目標は、あるのだろうか)


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 22週目 朝


P「さて、と……皆、先週にも言ったように、俺と千早は今日、オーディションに行ってくる」

響「うん! 千早、ちばりよー!」

真美「千早お姉ちゃん、ゼッタイゼッタイ、勝ってきてね!」

千早「ええ、ありがとう。全力を尽くしてくるわ」


P(実は、先週のフェスが終わったあとに、響と真美には
 千早が受けることになったオーディションの話をしておいたのであった。
 こういうことを、ユニット内での秘密事にはしたくないからな)

P(……まぁ、二人に余計な心配をかけさせないために、
 今回のオーディションに961プロが絡んでいるかもしれないとは、言わなかったけど)


  *  *  *


P「響と真美は今日、いつも通りラジオの収録だったな。
 スタジオまでは送っていくから、終わったらまた連絡をくれ。迎えにいくからさ」

響・真美「はーい!」

P「うん、良い返事だな! それじゃあ、さっそく行くか!」

「「「はいっ!」」」


──────
────
──


東京


  ──────────────────────
         オーディション:TOP×TOP!
  ──────────────────────


                                 まる東
                      ──────────
                          活動 22週目 昼



P(響と真美をスタジオまで送っていった俺は、そのままの足で千早を連れてテレビ局へとやってきた)

P(……うぅ、しかし、イヤな予感がするな)



P「……千早、課題曲の『GO MY WAY!!』は練習してきたか?」

千早「はい。時間はあまりなかったものの、
   私なりに納得のいくレベルには仕上げてきました」

P「はは、愚問だったな。千早自身が納得行くなら、それはもう文句のない出来だろう」



P(……俺が弱気になっていちゃいけないな。
 千早と約束したんだから、今日一日はずっと一緒についていてやるって)

P(俺の仕事は、千早を守ること。そして……信じることだ)


──────
────
──


P(今回のオーディションで女性アイドル用に出された課題曲、『GO MY WAY!!』は、
 この業界では一般的に歌われる楽曲のうちのひとつだ)

P(なんでも作曲家がIAUに提供した楽曲のようで、
 IA大賞に関連するオーディションの多くでこの歌が用いられている。
 審査員の曲の好みに偏らず、公平に審査をするためだな。
 フェアリーズステップも何度か、これをオーディションで披露する機会もあった)

P(……ま、それはともかく)



P「さ、千早。そろそろ時間だから、着替えておいで」

千早「……あの、プロデューサー」

P「ん?」

千早「……いえ、やっぱりなんでもありません」

P「……」


P(さすがに、俺にだってわかる。
 千早は何か、俺に言いたいことがあるんだな……)


1 着替え、一緒について行って欲しいんだな?
2 もしかして、体調が悪いのか?
3 961プロが関係しているかもしれないから、不安なのか?
4 その他

>>130


P(いつ961プロが妨害をしにくるかもわからないこの場所で、
 きっと千早は、なんだかんだ言って、不安を感じているんだろう……)

P(……俺は千早と約束したんだ。今日は一日、一緒にいてやるって)

P(それなら俺は、片時も、千早のそばを離れるわけにはいかない……!!)



千早「それでは……」クルッ

P「待ってくれ、千早」

千早「え?」

P「……言わずともわかるよ。千早の考えていることはさ。
 これまでどれだけの時間、一緒に過ごしてきたと思っているんだ?」

千早「ほ、本当ですか?」

P「ああ!」


P「……着替え、一緒について行って欲しいんだな?」

千早「……は?」


P「着替えっていうのは、一番無防備になる瞬間だ。
 そんなときに、ひとりでいるのは心細いだろう……」

千早「いや、あの」

P「いいんだ! わかってるから。大丈夫、俺が千早の着替えを見守っているから」

千早「ええっ!? プロデューサーの目の前で着替えろと!?」

P「ああ、もちろん! さぁ、行こう!」グイッ

千早「ちょ、ちょっと……ぷ、プロデュ──!」

P「あははは! なぁに、心配するな! 目は細めておくからさ!」

千早「こ、この……!」



  *  *  *



P「痛い……」ヒリヒリ

千早「……もう」

P「ほんの冗談だったのに……」

千早「……」プイッ


千早「……心配してくれるというお気持ちはありがたいですが、
   そこまでしてくれなくても結構です。それに……」

P「それに?」

千早「……私の着替えなんて見ても、面白くないでしょう」

P「うーん、そんなことはないと思うんだけどな」

千早「え……」

P「だって俺……」


1 千早のことを、とても魅力的だって思ってるから
2 千早のことを、性的な目で見ているから
3 どちらかと言えば、小さい方が好きだから
4 その他

>>134


P「だって俺、千早のことを、とても魅力的だって思ってるから」

千早「……! そ、そう……なんですか?」

P「ああ。もちろん、千早だけじゃなく、響や真美のこともだけどね。
 俺のプロデュースするアイドルは、みんな世界一可愛いって常々思ってるよ」

千早「……あぁ、そういうこと……そういう意味での、魅力的……」

P「……えーっと、千早?」

千早「……」



千早「あの、プロデューサー。もしも、なんですけど……」

P「あ、ああ」

千早「もしも、あなたにとって誰が一番か、と聞かれたら……どう、答えますか?」

P「……」


1 響
2 真美
3 千早
4 そんな質問には、答えられない
5 その他

>>137

4


P「……そんな質問には、答えられないよ。
 フェアリーズステップの中で順位をつけるなんて……」

千早「……ふふっ、そうですよね。
   それが一番、あなたらしい答えだと、私も思います」

P「……」

千早「すみません、意地悪な質問をしてしまって。
   特に意味はありません。なんとなく、聞いてみたくなっただけですから」



P(そう言って千早は微笑んだが、しかし、どこかさみしそうにも見えた)

P(なぜ急に、こんな質問をしてきたのかは、俺にはわからない。でも──)



千早「それでは、私はもう着替えに……」

P「千早、待ってくれ」

千早「え?」

P「……さすがに着替えを見るなんてことはしない。
 でもせめて、控え室の前までは送っていくよ」

千早「大丈夫ですよ、そこまでしてくれなくても……、心配ありませんから」

P「俺が、お前をひとりにしたくないんだ。いいか?」

千早「……」

千早「……は、はい」


──────
────
──



            控え室前
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

P(千早が控え室に入っていくを見届けた俺は、
 特にすることも無かったが、その場を離れることが出来ずにいた)

P(……片時も目を離すわけにはいかない。
 さっきは着替えを見るなんて言って冗談っぽく千早にああ言ってしまったけど、
 俺はこのテレビ局に入ってからずっと、どこか胸騒ぎを感じていたからだ)


P「……」ソワソワ


ガチャッ

P「お、おお、ちは──

あずさ「あら?」

P「……あれ? あずささん!?」

あずさ「まぁ、プロデューサーさん! うふふっ、おはようございますー」


  *  *  *


あずさ「千早ちゃんがいたから、もしかしたらと思ったんですけど、
    まさかこんなに早く会えるなんて……」

P「あずささんも、今日のオーディション……『TOP×TOP!』に?」

あずさ「ええ。社長のおかげで、このオーディションに参加することが出来たんです」

P「そうだったんですか……でもどうやって、ここまでたどり着いたんですか?
 見たところ、社長もいないようですけど」

あずさ「それは……律子さんに、送ってもらって。ふふっ」



P(控え室から出てきたのは、765プロでソロ活動をしている、三浦あずささんだった)

P(……今回のオーディション、あずささんにも声がかかってきていたのか。
 知らなかったな……)


P(……かつて、あずささんの身に降りかかったという事故。
 それは当然、高木社長もご存知のことだろう)

P(そしてその事故の現場に、961プロの影があったということも、
 あの社長のことだから、きっと知っているはず……)

P(それなのに、なぜ再びあずささんを、
 961プロが関係するオーディションに参加させたんだ?)



P「……あずささん」

あずさ「はい、なんですか?」


1 場所を替えて、少し話をしましょう
2 俺と一緒に、ここで千早を待っていましょう
3 いえ、なんでもありません
4 その他

>>141

2


P「俺と一緒に、ここで千早を待っていましょう」

あずさ「え、ええ……それは構いませんけど、
    プロデューサーさん、どうかされたんですか?」

P「な、なにがですか?」

あずさ「……なんだか、怖い表情をされているように見えます」

P「あ、いや……あはは」サスサス

P(顔に出ていたのか。俺としたことが……)


  *  *  *


あずさ「……うふふっ、プロデューサーさん?」

P「え?」

あずさ「私のことなら、もう大丈夫ですから。
    社長は、何もかもわかった上で、私をここに送り出してくださったんです」

あずさ「だから、私……怖いものなんて、何もありません」

P「……」


P(この人は、本当に……、
 のんびりしているのか実は鋭いのか、わからないな)


あずさ「それはともかく……。プロデューサーさん、
    実はさっき、控え室の中で気になることがあって……」

P「気になること?」

あずさ「はい……あの、これを渡され──」


冬馬「──おい、ジャマだ!」

あずさ「え?」クルッ


ドンッ!


あずさ「きゃっ!」

P「なっ……あ、あずささん、大丈夫ですか!?」

あずさ「は、はい……」

冬馬「チッ……道の真ん中でくっちゃべってんじゃねーよ」

P「……なんだ君は、ぶつかってきたのはそっちだろう!?」

冬馬「道をふさいでたのはお前達じゃねぇか」

P「……!」カチン


1 胸倉を掴む
2 「とにかく、あずささんに謝ってくれ」と言う
3 「名前を名乗れ」と言う
4 その他

>>144

あまとうがキレるように煽る

>>144
把握
でもすみません、アイステ+を聴くので三十分ほど休憩します


P「……フー……あずささん、一旦、控え室に入っていてもらえますか?
 俺は彼と、少し話をするので」

あずさ「……わかりました。あの、プロデューサーさん。
    私は、大丈夫ですから……あまり、事を大きくしないでくださいね」

P「はは、わかっていますよ」


ガチャ……

バタン


冬馬「……なんだよ、文句あんのか?」

P「当然だ。彼女は俺の担当アイドルだからな」

P(まぁ、ウソだけど……)

P「オーディション前だぞ。もし転んで怪我でもしたら、どう責任を取ってくれるんだ?」

冬馬「バカバカしい……これくらいで怪我するなんて、鍛え方がなってねぇ証拠だろ」

P「それは君の物差しだろう。男女での身体の強さの違いくらい、中学生だってわかる。
 それとも君は、図体ばかり大きくて、まだ中学生になりたてなのか?」

冬馬「は? ……おい、あんた、俺にケンカ売ってんの?」

P「ケンカをしたいんじゃない、君の意見が聞きたいんだ。
 いいから質問に答えてくれ。もし彼女が怪我をしたら、どうしてくれる?」

冬馬「……チッ、めんどくせーな……。
   ぶつかったのは悪かったよ、これでいいんだろ?」

P「お、謝ることは出来るんだな。これでようやく小学生レベルだ」

冬馬「……。……あんた、本当にケンカ売ってるみてぇだな」プルプル


P(効いてる効いてる)


P「ここにいるということは、君も今日のオーディションに参加するつもりなんだな?
 所属事務所と名前は?」

冬馬「答える義理はねぇ」

P「君が答えたくなくとも、責任の所在というものはハッキリさせておかなければならないだろ。
 それくらいわかってくれ」

冬馬「責任だぁ?」

P「さっきから何度も言っている。彼女が怪我をしていた場合、についてだよ」

冬馬「普通に歩いてたじゃねぇか! アレが怪我をしているように見えるってのか!?」

P「俺は医学に関しては素人だからな。一見しただけじゃわからない」

冬馬「……チッ……ほんと、ツいてねーな。こんな奴に絡まれるなんてよ」

P「答える気は無いのか?」

冬馬「……ま、すぐにわかることだから教えてやるけど。
   俺は、天ヶ瀬冬馬だ。所属は、961プロダクション」

P「……」


P(961プロだって? 961プロの、天ヶ瀬冬馬……)


冬馬「……大体よ、あんたはなんなんだ?」

P「ん? どういうことだ」

冬馬「さっきからやたらと絡んでくるけど、俺になんか恨みでもあるわけ?」

P「恨みと言えば、さっきのことだな。それだけで、十分だろ」

冬馬「……あんた、あの女のなんなんだよ。
   担当って言ってたけど、プロデューサーってことか?」

P「ああ。俺はこういうものだ」

スッ

冬馬「……765プロ? はーん……」

グシャッ

P「おいおい、せっかく渡した名刺をすぐ握りつぶすなんて、ちょっとショックだな」

冬馬「……あんた、765プロのプロデューサーか。
   道理で、いちいち腹立つ言動をしてくるわけだぜ」

P「765プロだから、なんだって言うんだ?」

冬馬「知ってるぜ。765プロは、裏でコソコソ汚いマネをしている、
   口先だけの事務所だってな」

P「……なに?」

冬馬「どうせさっきのあの女も、お前に枕でもして仕事を貰ってるんだろ?
   だから無名の癖にこのオーディションに参加できるんだ」

P「彼女のことを知らないのは、君の知識不足だ。
 というか、口を慎んでくれ。好き勝手にそんなありもしないことを言われても困る」

冬馬「あぁ、虫唾が走るぜ……! そんなことしてる奴らと、
   同じ舞台に立って勝負しなきゃならないなんてよ!」

P「……ああ、そういうことか」

冬馬「あん?」



P「お前、童貞だろ」

冬馬「……はぁぁぁぁあぁぁ!?」


P「だからいの一番に、枕なんて想像をするんだな。頭の中それしか考えてないから……」

冬馬「ど、どどど、童貞ちゃうわ!!」

P「うわぁ……典型的な童貞の反応だ……ちょっと童貞の匂いがうつるから、あっち行ってください」

冬馬「ふぉぉぉぉぉぉ!! だからよぉぉ!!!」

P「でも、ま、いいんじゃないか?」

冬馬「……は?」

P「そっちの方が、ファン達も喜ぶだろうし。アイドルの鏡だよ、うん」

冬馬「……」プルプル

P「でも、うちのアイドルには近寄らないでくれる?
 童貞って見境ないってウワサだし……」

冬馬「……テメェ!!」ガシッ

P「……暴力を振るうのか」

冬馬「……っ」

P「アイドル達が傷つかないで、それで君の気が済むなら、俺は別に構わないけどな。
 でもそんなことをしたら、さすがの961プロといえど、問題になるんじゃないか?」

P「それとも……それも、金の力で、もみ消すのか?」

冬馬「はぁぁぁぁ〜……!」

バッ

冬馬「……んなことしねぇよっ、クソ!
   勝負は、舞台の上でするもんだからな……!」


P「……ま、今日はお互い全力を尽くそうじゃないか!」

冬馬「……マジで腹立つぜ、あんた。ぜってぇ力で潰してやるからな」


テクテク……

冬馬「あー、くそ……胸糞わりぃ……誰が童貞だ、
   俺の童貞はTEN●Aに捧げたっつーの……」ブツブツ


P(行ってしまった……)

P(……)



P「やーい、童貞の鬼ヶ島羅刹〜!」

冬馬「やっぱ一回殴るっ!!」ダッ

P「わぁい!」

タッタッタ……


バッドコミュニケーション……

冬馬の親愛度がとても下がった!


──────
────
──

P(……さて)

P(うまく天ヶ崎竜馬を撒けたようだな。まったく、最近の若いもんはなっとらん。
 いきなりあんな態度を取られたら、さすがの俺もピクピクしちゃうよ)

P(……まぁ、ちょっとやり過ぎたかもしれないけど。大人気なかったかな)


  *  *  *


千早「……あ、プロデューサー」

あずさ「……」

P「おお、千早にあずささん。もう準備は万端みたいだな!」

千早「……はい」

あずさ「えぇ、まぁ……」モジモジ


P(あれ? ふたりとも、どこか様子がおかしいような……)

P(千早は暗い顔をしているし、あずささんは、顔を真っ赤にしてモジモジしている。
 考えてることは……どうやら、千早とあずささんで違うみたいだ)


1 千早に何があったのか聞く
2 あずささんに何があったのか聞く
3 両方に、何があったのか聞く
4 どちらにも聞かない

>>159

4 もしかしてさっきの会話聞いてた?

安価ミスったから下のにしてくて

>>161
ごめんなさい、一度決まった安価を撤回するのは基本的に無しの方向でいきます
4がその他で、Pがその台詞を言うみたいな感じで続けていきます


P「あの……もしかしてさっきの会話聞いてた?」

あずさ「! い、いえ、決して私は、その〜……!」パタパタ

千早「え? さっきの会話? なんのことでしょうか……」


P(うーん、この二人の反応からして……)


P「……あずささん」

あずさ「は、はぃ……」

P「……聞いてましたね?」

あずさ「……あんなに大きな声で、その……──なんて、言うものですから……」

P「……」

あずさ「うぅ……」カァァ



P(──俺は、一度決めたんだ)

P(もう二度と、アイドル達を悲しませてはいけない。
 だから、下心が見え隠れするようなことは考えないって)

P(でも……でも、今のあずささんの様子を見たら……!)



1 難聴のフリして、もう一回今の部分をはっきり言わせてやろう……!
2 あんな会話を聞かせてしまったことを謝ろう
3 「俺も童貞ですから安心してください」と言おう
4 その他

>>164

4 それより千早、さっきから気になってたんだが体調悪いのか?


P(……今、下手に言葉を重ねても、あまり意味はないだろうな)


P「すみません、あずささん。さっき聞いたことは、あまり気にしないでください。
 あはは、ちょっと俺も、子供すぎました」

あずさ「……はい。わかりました……」パタパタ

P「それより千早……」

千早「!」

P「さっきから気になってたんだが、体調悪いのか?」

千早「あ……そ、その……ん、ん」

千早「……実は、少しだけ、ノドに違和感があるんです。
   つい先程までは、なんともなかったのですが……」

P「な、なんだって!? なんでそれを早く言わない!」

千早「そ、そんなに驚くことですか? というか、
   早く言えと言われても、こうなったのはついさっきのことですから……」



P(……もう、随分前のことになるけれど、
 千早は以前、熱を出してレッスンを休んでしまうことがあった)

P(後日聞いた話では、その熱を出す直前にも、ノドに違和感があったと……)

P(千早が小さい頃から頻発しているという、急激な熱。
 もしかしたらノドの痛みは、その前兆なんじゃないか……!?)



千早「……プロデューサー。この程度なら、私は問題なく歌えます。
   ですから、あまり気にしないでください」

P「……」


P(……千早は歌いたいと言っている。
 しかし、プロデューサーとしては、万が一のことを考えなくてはいけない)

P(どうする……?)



1 わかった
2 オーディションは中止だ。病院に行こう
3 その他

>>166
※1か2のどちらを選んでも、千早の親愛度が下がるということにはなりません

2


P「……オーディションは中止だ。病院に行こう」

千早「え……!? そ、そんな!」

P「千早、わかってくれ。俺は、今日の仕事で千早が活躍することよりも、
 千早の身のほうが大事なんだよ」

千早「私に、歌を……歌わせてくれないんですか?」

P「もちろん、歌わせてやる。でもそれは、何も今日にこだわらなくていいだろう?
 俺たちには──千早には、まだたくさんの時間があるんだから」

千早「……」

P「俺はお前のプロデューサーだ。俺を信じろ。このオーディションの分、
 もっとたくさん、仕事を取ってきてやるから! だから……!」

P「だから……、今日は、帰ろう」

千早「プロデューサー……」

あずさ「……千早ちゃん。アイドルは、みんなを笑顔にするお仕事……でしょう?」

あずさ「だから、あなたの一番のファンでいてくださるプロデューサーさんを、
    まずは笑顔にさせてあげなきゃ。ね?」

千早「……わかりました」


千早「ワガママを言ってしまって、ごめんなさい。
   今日のオーディションは、不参加とさせていただきます」

千早「それと……あずささん、プロデューサー……」

P「ん?」

千早「……ありがとうございます。私の為に、そこまで言ってくれて」

あずさ「……うふふっ。当然でしょう。私達は、仲間なんですから。
    そうですよね、プロデューサーさん?」

P「……ええ、もちろんです!」


  *  *  *


P(それから俺は、オーディションの責任者の方に、
 体調不良を理由に如月千早の参加を辞退するという旨を伝えた)


ディレクター「そうですか……如月さんには私達も注目していましたから、残念です。
       お体に気を付けてくださいね」


P(突然の不参加ということで、多少は怒られるかもと思っていたが……
 逆に心配されてしまったな。それだけ、千早というアイドルを、皆が大切に思ってくれているのだろう)

P(そして……)



P「……それじゃあ、あずささん。オーディション、頑張ってくださいね」

あずさ「はい! 千早ちゃんの分まで、頑張っちゃいます〜!」

P「迎えは、必要ですか?」

あずさ「いえ、帰りも、律子さんが迎えにきてくださるということですから……
    それより、プロデューサーさん」

P「え?」

あずさ「出来るだけ、千早ちゃんのそばにいて……そして、信じてあげてくださいね」

P「信じる……?」

あずさ「……はい。それでは、行って来まーす」


──────
────
──



             車の中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


P「さて、と……千早、乗ったな? それじゃあ、病院に──」


バタン……


P「!?」

千早「……はぁ、はぁ……!」

P「……おい、千早、大丈夫か!?」

千早「だい、じょう……ぶ」

P「顔、真っ赤じゃないか……! やっぱり、無理してたんだろう!?」

千早「っ! む、無理、なんて……」

P「……怒鳴ってごめん。すぐ病院に連れて行くから、もうちょっと、頑張ってくれ!」

千早「……は、い……」



ブロロロロ……


千早「ハァ……っ、けほっ、こほ!」

P「……」


P(千早の容態は、刻一刻と悪くなっている。
 彼女の身を案じオーディションを辞退して、正解だったようだ……)

P(でも、さっきまで──控え室に入るまでは、確かにいつも通りの千早だったのに、
 一体なんで……!?)


千早「すみません、プロ、デュ……どうして……こんな、とき、に……」

P「いいから、もう喋らないでくれ」

千早「……あの、でも、これ……だけ」

P「……なんだ?」

千早「……小さい頃から、かかりつけの、病院が……あるんです。
   私を、連れていくなら、そこに……」

P「……わかった」


──────
────
──



              病院
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ガチャ

老医師「……」

P「! せ、先生、千早の様子はっ!?」

老医師「症状は落ち着いた、今はよく眠っているようだ」

P「そ、そうですか……はぁ」

老医師「君は……千早君のプロデューサー、だったかな」

P「……はい」

老医師「……それならば、今の彼女にとっては、君が保護者ということになるね。
    千早君についての話を、しておくべきだろう」

P「千早についての、話?」

老医師「ウム……。彼女が、その心とノドに抱えた……、問題の話だ」

P「……え」


老医師「……私は、千早君のことは、小さい頃から良く知っている。
    彼女を取り巻く、複雑な家庭環境のことも、ね」

P「千早の、家庭環境──」



  *  *  *


P(俺は以前、千早にそれを聞かされたことがある)



『このお墓の下に、私の弟が……、眠っているんです』



P(それは、九年前、弟さんを事故で亡くしたということ……)



『……きっとあの人達は、そうすることでしか、自分を保てなかったんでしょう。
私は、本当に長い間……そんな二人のことを、ずっと近くで見てきました』



P(……それは、長い間傷つけあった末に離婚した、千早の両親のこと……)


  *  *  *



老医師「……九年前。彼女はね、自身の弟を失ったときに……、その声をも失ってしまったのだよ」

P「声を、失う……?」

老医師「ああ。言葉を話すことが、一切出来なくなってしまったのだ」


老医師「まだ幼かった千早君は、大好きな歌を歌うことはおろか、
     他人とまともにコミュニケーションを取ることもできなくなってしまった」

老医師「幸いにして、一年ほど経った頃、彼女は突然に声を取り戻したが……
     決して、完治したというわけではない。その傷跡は、今でも彼女のノドにある」

P「傷跡? どういう、ことですか……?」

老医師「千早君は……今でも、ノドに大きな炎症を患っているんだ。
     そしてそれが悪化すると、熱という形になって、彼女の身を苦しめる」

P「……!?」


  *  *  *


P「……そ、それじゃあ、千早はなんで歌えるんですか!?
 炎症があるなら、普通は──」

老医師「……歌えないよ」

P「え……?」

老医師「本来なら、決して歌えない。千早君が今も歌えるのは、
     神様から授かった、強靭なノドの強さと、意思の強さのおかげだ」



P(……)



老医師「千早君はね……、叫びながら、歌っている。
     常人なら、ものの数秒で声が枯れてしまう、そういう声の出し方をしてね」



P(なんだ、これ……)



老医師「それに伴う痛みは、我々には計り知れないだろう。
     しかし、それでも尚、千早君は歌を歌う……」



P(これ、本当に……本当の、ことなのか……?)


P「……じゃあ、なんで!? なんで先生は、千早を止めないんですか!?」

P「歌うことが、千早を苦しめてるなら、それならどうして……!?」

老医師「それは、君が一番よく知っているだろう」

P「え……?」

老医師「……先程も言った、彼女の意思の強さ。
     自身の夢を叶える為の、心の在り様」

老医師「小さい頃から知っている、からこそ……私には、
     千早君が苦しんでいるときに、その痛みを和らげてやることしかできないのだ」

P「……」

老医師「……千早君のプロデューサーとして、
     これからどういう選択をするのかは、君の自由だ」

老医師「しかし……医師ではない、私個人の意見としてはね」


老医師「彼女の夢を、彼女の翼を折ることは……
     決して、して欲しくないと……、そう思っている」


──────
────
──



            病院の外
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


P(千早の主治医から、千早の話を聞いた俺は……どうすることも出来ず、
 ただ、冷たい風を浴びて、心を落ち着かせようと努めることしか出来なかった)



ぴゅひゅるるる〜……



P(……もう、九月か。千早達と知り合って、五ヵ月以上が経とうとしている)

P(確かに、夢に向かって、俺たちは着実に歩を進めてきた。
 しかしその裏で、ずっとずっと……千早は苦んでいただなんて……)



P「……千早、俺は……」

P「俺がしてきたことは、本当に……正しかったのか……?」

P「……」





ピピピピ……


P「……電話?」



着信:我那覇響



P「……響か。そういえば、収録が終わったら迎えに行くって言ってたっけ」



ピッ



P「……もしもし」

響『あ、プロデューサー? こっちの収録、終わったぞ!』

P「ああ、お疲れさん」

響『……。プロデューサー、どうしたんだ?
 もしかして、千早、オーディションうまくいかなかったのか?』

P「……あのさ、響」

響『んー、なに?』

P「響は、どうしてアイドルなんだ?」

響『へ? どーしてって……どういうこと?
  自分、アイドルじゃなかったら、なんなんだ? え? あれ?』

P「あ、いや……混乱させてごめん、言い方が悪かったな」


P「……響の夢は、なんだ? トップアイドルになったら、何をしたい?」


響『夢?』

P「ああ……」

響『……夢は、トップアイドルになることだぞ。プロデューサーも知ってるでしょ?』

P「その先は?」

響『その先?』

P「トップアイドルになって、それからのこと」



P(──千早は、世界に羽ばたく歌手になりたいと、そう言っていた)

P(それが、千早の夢。それを叶えるために、千早は……)



響『……なーんか、そういう話、前もしたね。覚えてるか?
  ほら、千早とプロデューサーが、初めて会ったとき』

P「ち、千早?」

響『うん。それでさ、自分はそのとき……よくわかんないって、言ったんだ』

P「……そうだった、かもな」

響『……自分、ほんとのこというと、今でもよくわかんない。
  トップアイドルになったその先なんて、考えたこともないさー』

P「……そっか。いやごめんな、急に変な話をし──


響『でもさ!』


響『でも、自分……アイドルを続けて、前より強くなれたって思う』

響『昔は、仲間なんていらないって思ってた。こっちに来てから、
  一人で何でも出来る、いや、しなくちゃいけないって思ってたんだ』

響『だけど、プロデューサーももう知ってると思うけど……それでも、
  いろんなこと、うまくいかなくて……』



響『……それでも、今は違う』

響『貴音と出会って、皆と出会って……しかってくれたり、
  ほめてくれる仲間がいるから、自分はさみしくないし、前を向いていられる』

響『それがめちゃくちゃ楽しいから……だから、トップアイドルになって、
  胸を張って島に帰って、あんまーに会って……』



響『……それから、再出発したい!』

P「……再出発?」



響『うん! それでまた、皆と手を繋いで、走り出したいんだ!』

響『そしたらまた、毎日、自分にとっての「新しい日々」が始まるから!』


響『そこから先の、自分たちの未来は……きっともう、負けたり、へこんだりしない』

響『世界が呼んでるなら飛び込むし、そうじゃなくても、
  ずっとずっと、皆と一緒に笑いあっていきたい』

P「……」

響『えへへ……そういう未来を作るのが、今の自分の夢、だぞ』

P「……そっか」

響『……ねぇ、プロデューサー』

P「え?」

響『自分と真美は、大丈夫さー。都会の電車はムズかしいけど、
  地球は丸いし、いつかちゃんと事務所に帰れるから!』

P「……」

響『だから、今は──……』





P「……ああ、わかった」

響『……うんっ! 自分達、事務所で待ってるからね!』


──────
────
──


ガチャ……


千早「……あ、ぷろ……けほ、こほっ」

P「……千早、もう、起きてていいのか?」

千早「……はい。大分ラクになりましたから。
   ご心配をかけてしまって、すみません」

P「いいんだよ、そんなこと。俺はお前のプロデューサーなんだからな」


  *  *  *


P「……なぁ、千早」

千早「え……?」

P「先生から、聞いたよ。千早のノドのこと」

千早「……! そう……ですか」

P「……」

千早「……プロデューサー。私……私、は……うたを……!」


ドクン ドクン……


P(──ここがきっと、分岐点だ)

P(千早のプロデューサーとして、
 俺は彼女に、なんて声をかけてやればいい?)

P(俺は……、千早に、歌を……!)



1 歌わせてやる
2 もう歌わせることなんて、できない

>>181
※話がめちゃくちゃ分岐する安価です。1か2のどちらかでお願いします
※選択によっては、安価が最後のひとつだけになり、EDまで一直線になります

1


P「……歌わせてやる」

千早「っ! ほ、ほんとう、に……?」

P「プロデューサーは、アイドル達の夢を、現実にしてやるのが仕事だ。
 それに、仕事云々を抜きにしたって……」


P「俺は何より、千早の歌っている姿が、好きだから」

千早「……っ」


P「……さっき、約束したよな。『俺はお前のプロデューサーだ。俺を信じろ』ってさ」

P「千早は、ひとりじゃない。俺が──いや、俺達が、ずっと千早のそばにいる。
 苦しいとき、それを助けてやれる、それを分かち合える、大切な仲間達がいるんだ」

千早「……なか、ま」



P「だからもう、千早の夢は、千早だけの夢じゃない」

P「今の俺には、こうやって、馬鹿みたいに手を差し出してやることしかできないけれど──」



P(──響が、それを教えてくれた)



千早「……」

千早「……十分です」



P(手と手を繋いで、走り出す。そう、何度でも何度でも……俺たちは再出発できる)



千早「……その手は」



P(そうすればまた、いつだって、俺たちにとっての「新しい日々」が始まるから)



千早「この私を、立ち上がらせることができるのですから……!」



──────
────
──


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 22週目 夜





ガチャッ


千早「ただいまもどり──」


響「千早っ!」

真美「千早お姉ちゃーんっ!」


ぎゅぅぅ!


千早「きゃっ……な、なに!?」

響「大丈夫か!? な、なんともないか!?」

真美「真美、真美ねっ! 事務所がえっできでからも、ずっとジンパイでぇぇ……!」ボロボロ

千早「……」チラッ

P「……俺は、何も話してないよ」

千早「……」


ぎゅっ……


千早「……心配をかけて、ごめんなさい」

響「千早ぁぁ……!」

真美「うぇぇぇぇ……!」

千早「オーディションは、辞退しちゃったの。体調不良だからって」

響「そ、そんなこと、どーでもいいぞっ!」

千早「……そうね」


千早(きっと今、私が言うべき言葉は……これじゃない)




千早「我那覇さん……いえ」



千早「……響」

響「!」


千早「それに、真美」

真美「え……?」



千早「これからも……ずっと、私と一緒に、いてくれる?」

響・真美「「そんなの、当たり前だぞっしょ!!!」」

千早「……っ」



ポロポロ……



千早「……あり、がとう……」

千早「ふたりとも……大好きよ……!」


──────
────
──


響「えっへへー……千早、もっかい言ってみて!」

千早「えぇ!? で、でも……」

響「ほらほら早く〜!」

千早「……ひび、き」

響「もっかい! もっかい!」

千早「……も、もういいでしょう、我那覇さん!」

響「えー」


P「……あはは」

P(千早がいつでも素直になれる日がくるのは、もう少し先みたいだな)



P(……俺はあれから、千早の主治医に、再び話を聞きに行った)

P(俺には、千早の翼を折ることは出来ない……
 しかしこれから俺達は、千早に対して具体的にどう接すれば良いのかと)

P(どうすれば、彼女の痛みを、少しでも和らげることが出来るのか、と……)



P(そして、聞いた)

P(どうやら、千早の心に大きなストレスがかかったとき、
 それと連動するかのように、彼女のノドの調子が悪くなるらしい)

P(だから、そばにいる人達に出来ることは……、
 千早の心に少しでも負担をかけないように、支えてやることしかない……とのことだ)



P(……しかし、それならば、一体なんだったのだろうか?)

P(今回、千早の心に大きな負担をかけた、そのストレスの正体は?)

P(オーディション前の緊張? それとも──)




P「……それとも、これ……か?」




P(今、俺の手には、一枚の名刺が握られている)

P(……車の中に、落ちていたものだ。そして、俺がこれを見るのは、
 今日二回目のことだった……)




P(一度目は──あずささん)



『それはともかく……。プロデューサーさん、
実はさっき、控え室の中で気になることがあって……』

『はい……あの、これを渡され──』



P(ピピン板橋が途中で現れたことにより、
 チラッとしか見ることは出来なかったが……)

P(あのときあずささんの手に握られていたものは、
 間違いなく、この名刺と同様のデザインをした紙だったと思う)

P(……)



テレビ『……えー!? そうなんですか? わぁ、すっごく嬉しいですー♪』



P(今テレビ画面に映っているのは、本日千早が参加するはずだったオーディションの番組、
 『TOP×TOP!』の生放送だ)

P(……そこに、あずささんの姿は無かった。
 どうやら、不合格になってしまったらしい)

P(オーディションに負けることは、誰しも経験することだ。
 しかしそんなことより、何より俺が気になっていたことは……)



テレビ『はい♪ 私達、魔王エンジェルも──』



P(テレビ画面の向こうで笑顔を振りまく、この少女の名前と)



テレビ『──IA大賞目指して、頑張ろうかなって!』



P(俺の手の中にある、この名刺に書かれている名前が……一致していることだった)



  *  *  *



P(──東豪寺プロダクション所属ユニット、魔王エンジェル)

P(そのプロデューサーであり、同時にリーダーである、彼女の名前は……)



P「東豪寺、麗華……」



P(それが千早の不調の直接の原因になったかは、わからない。
 しかし、彼女はどういうつもりで、千早とあずささんに名刺を渡したんだろうか)

P(……東豪寺プロ、そして、961プロ。
 今日俺達は、これら二つのプロダクションと関わった)

P(あのとき、あの場所で……俺の知らないところで、
 一体、どんな考えが渦巻き、一体、何が起こっていたのだろうか)


【活動 22週目 おわり】

今日はここで以上です。お付き合いありがとうございました
次は水曜日に書けるかと思います

ちなみに、これから先、千早→響の呼称が『我那覇さん』から『響』に変わるというわけではありません
千早がデレた時だけ『響』呼びになるって感じで

こんな時間になってしまいましたが再開します


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 23週目 朝


P(前回のあらすじ……)

P(体調を考え、参加予定だったオーディションを辞退することになった千早。
 そして俺は、千早の隠された事実を知ることになる)

P(かつて弟さんを事故で失って以来、千早はずっと、
 ノドの痛みと戦いながら歌を歌ってきたということ……)

P(しかし俺には、千早から歌を──夢を奪うことが出来なかった)


P(……この選択が正しいものになるかどうかは、きっと、
 これからの俺のプロデュースにかかっているのだろう)

P(仲間達と手を取り、助け合い、そして彼女に夢を掴ませてやる。
 俺に出来ることは、それだけだ)



  *  *  *



ガチャッ!

「おはようございまーす!」


P(そんなことを考えている間に、女の子が出社してきたようだ。
 えーっと、彼女は……)


入ってきたのは……
>>198
※ピヨ含む765プロの女の子のうち誰かでお願いします

ゆきぽ


P「おはよう……って、あれ?」


ガラーン……


P「誰もいない? いやでも、確かにいま、
 ドアが開いておはようございますって声が聞こえたような──

??「ぽぇー」

P「!?」サッ

??「ぽっ」ササッ

P「な、なんだ……!?」


P「何者かが、ここに入ってきた……!?」キョロキョロ


P「お、おい! 誰だ!? 誰がいるんだ!?」

雪歩「……あ、あのぅ」

P「そこかぁ!」グルンッ

雪歩「ひぃぃっ!?」

P「……って、萩原さん? どうしてこんなところに」

雪歩「ええっ!? わ、私が事務所にいたら、そんなに変ですか!?
   そりゃあ、全然有名になってないし、お仕事もほとんどないですけど、そこまで言わなくても……」

P「ああ、違う違う! ごめんよ、泣かないでくれ。
 今、萩原さん以外の何者かが、事務所に入ってきた気がしたんだけど……」

雪歩「何者か……?」

P「ああ。ぽぇーって鳴いてたんだ」



P(……しかし、今になってあたりを見回してみても、
 事務所の中には、萩原さんと俺以外誰もいなかった)

P(先ほど感じた面妖な気配ももうない。あれは一体……?)



雪歩「……それはもしかしたら、妖精さんかもしれませんね」

P「よ、妖精?」

雪歩「はい! プロデューサー、聞いたことないですか? 良いアイドル事務所には、
   ぷちどると呼ばれる小さな妖精が住み着いて、みんなに笑顔をプレゼントしてくれるんですぅ!」

P「……初めて知ったな。座敷わらしみたいなもの?」

雪歩「たぶん、そうだと思います。私はそういうの、
   ちょっぴり怖いから、あまり会いたくないですけど……」


P(たしかに、さっきは少し驚いてしまったけど、
 今こうして冷静に考えてみると、悪い生き物って感じな気配じゃなかったな)

P(良いアイドル事務所、か……ふふ、それなら、そういうことにしておこうか)


コソコソ……

??「……ぱぅー」


  *  *  *


P「おっと……忘れるところだった」

雪歩「え?」

P「おはよう、萩原さん」

雪歩「あ……は、はい! おはようございます、プロデューサー。
   えへへ、せっかくですから、またお茶、いれますね」

P「いいのか? アイドルにいきなりお茶くみさせるなんて、
 なんだか悪いな……」

雪歩「気にしないでください。今回の私には、
   これくらいしか……出来ることがありませんから」

P「……今回?」

雪歩「それじゃあ、ちょっと待っててくださいね!」パタパタ

P「あ、ああ」


雪歩「はい、どうぞ」コトッ

P「ありがとう、いただくよ」

ズズッ……

P「……うん、美味い」

雪歩「えへへ……ありがとうございます」ニコニコ



P(萩原さんは、初めてちゃんと話したあの時以来、
 時折こんな風に、俺にお茶をいれてくれる)

P(男性が苦手、ということだったけど、
 もしかしてそれは、もう克服したのだろうか?)

P(それにしても、萩原さんと言えば──……)



P「……」



P(……よし、思い切って、ちょっと聞いてみようかな)



P「萩原さん……ちょっと聞いてもいいかな」

雪歩「はい、なんですか?」

P「あのさ……」



1 男性恐怖症はもう克服したのか?
2 俺のこと、好きになったのか?
3 ???
4 その他

>>207
※選択肢3は、その他というわけではありません。
 Pがとある質問を雪歩にすることになります

じゃあ3



P「……萩原さん。今から言うことは、ちょっと普通じゃないと思うかもしれない。
 でも決して、頭がおかしくなったわけじゃないから、聞いてくれ」

雪歩「は、はい……」



P「……『 i 』って歌、知ってる?」

雪歩「……!」



  *  *  *



P「実は俺、一ヶ月くらい前だったかな……寝不足と疲労のせいで、
 道端で倒れることがあったんだよ。こうバターンって」

雪歩「ええっ!?」

P「でもそのときはさ、誰かが俺を助けてくれたみたいなんだ。
 それで俺、そのとき夢の中で、歌を聴いたんだけど……」



……—— 言葉だけでは言えない 熱い気持ちを 

           少しだけでも届けられたならば……幸せ ——……



P「……聴いたことがない曲だった。でもどこか、懐かしい曲だった。
 それが……、『 i 』」

雪歩「……」

P「あのときから、ずっと気になってたんだ。あの歌は、夢の中で聴いたんじゃない。
 俺を助けてくれたその誰かが、俺のそばで歌ってくれてたんじゃないかって」

P「それは……萩原さん、君だったんじゃないか?」

雪歩「……どうして、そう思うんですか?」

P「声がそっくりだったから。そして、走り去っていく姿も、
 今となって思い返してみれば、萩原さんそのものだったって思う」

雪歩「……」


雪歩「……いいえ、違いますよ、プロデューサー」

P「あ、やっぱり勘違いだった?」

雪歩「はい。私、プロデューサーが倒れたなんて、今初めて知りましたし……
   それにそもそも、『そんな夜中に』外を出歩いてたら、お父さんに怒られちゃいますから」

P「そ、そっか……いやごめん、変なこと言っちゃったな」

雪歩「でも、ひとつだけ……これ」


スッ……


P「これって……ノート?」

雪歩「えへへ、実は私、詩を書くのが趣味で──あぁ! そ、そのページは見ちゃダメですぅ!」

雪歩「ここの……このページを、見てください」

P「……これって」

雪歩「……はい」


雪歩「『 i 』というのは、私が今書いている……未完成な詩、なんです」


雪歩「──ときどき、こんな夢を見るんです」

雪歩「夢の中の私は、現実の私とは全然ちがって、
   大勢のファンの皆さんの前で堂々と歌を歌える、立派なアイドルになっていました」

雪歩「……ううん、本当はちがう。私はいつまで経っても、弱虫で泣き虫なままだったんです。
   それでも、私のことを支えてくれる大切な仲間のおかげで……、ずっとずっと、強くなれていました」

P「……」

P(それは、俺があのとき見た夢と、少し似ているような……)


雪歩「それで……その夢を見たときは決まって、
   目が覚めると、泣いちゃうんです」


  *  *  *


雪歩「あれは『夢』で、今の私にとっての『現実』じゃない。
   あたたかさを失ってしまった分、さみしさと悲しさは、余計に私の心を苦しめて……」

雪歩「……だから私は、少しでもそれを──夢の中で一緒に歌ってくれた仲間への、
   感謝の気持ちを忘れない為に、この詩を書き始めました」

雪歩「読み返せば、いつでも会えるように。
   どんなにつらいことがあっても、一人で乗り越えられるように、って……」

P「……そうだったのか」

雪歩「えへへ……なんて、私のほうこそ、変な話しちゃいましたね」

P「あはは、そんなことないさ。これでおあいこ、だな」

雪歩「……はい」


雪歩「あの、プロデューサー……」

P「ん?」

雪歩「そ、その……じ、実は、その夢の中で、
   私をプロデュースしてくれていた人は、プロデューサー……だったんです」

P「え、俺?」

雪歩「……きっと」


  *  *  *


雪歩「夢の中のプロデューサーは、いつでも私の隣にいてくれて、
   いつでも私に、最初の一歩を踏み出させてくれました」

雪歩「だから、私は、そんなプロデューサーのこと……が……」

P「……? どうした、萩原さん」

雪歩「ななな、なんでもないですぅっ!
   そ、そういうことが言いたいんじゃなくて……! あ、ぅぅぅ……!」

P「お、おちついてくれ! スコップをしまうんだ!
 ほら、深呼吸深呼吸!」

雪歩「は、はいぃ……すー……はー……」


雪歩「……落ち着きましたぁ」

P「そっか……」

雪歩「……あの、プロデューサー。お願いがあるんですけど……」

P「お願い?」

雪歩「一度だけでいいから、私のことを、『萩原さん』じゃなくて……、
   『雪歩』って呼んでくれませんか?」

雪歩「夢の中のプロデューサーは、いつでも私をそう呼んでくれていたから。
   だから、そうしたら私は……、きっと今より、頑張れる気がするんです」

P「……」


1 もちろん、いいよ
2 ……ダメ

>>213

1


P「……もちろん、いいよ」

雪歩「!」

P「一度だけじゃない。これから先も、そう呼ばせてもらってもいいかな?
 俺達は、同じ事務所の仲間なんだから」

雪歩「は、はい、もちろん!」

P「……ありがとう。それじゃあ……」

スッ

雪歩「え……これ、なんですか……?」

P「いやぁ、親愛の意味を込めて、握手でもしよっかなって。
 まぁ、まだ男性が怖いなら、無理にすることはないけど……」

雪歩「……」


ぎゅっ……


雪歩「……怖くなんて、ありません。プロデューサーなら、全然、平気です」

P「……これから、改めてよろしくな。雪歩!」

雪歩「……っ!」


ぽろぽろ……


P「え!? な、なんで泣いてるんだ!? そんなにイヤだった?」

雪歩「ちがい、ます……!」



雪歩(……私の名前を呼ぶ、その声は)

雪歩(私の手を引っ張ってくれる、その大きな手は──……)



雪歩「私こそ、よろしくお願いします、プロデューサー……!」



雪歩(間違いなく……、夢の中で私が恋をしていた、その人のものだったから……)


──────
────
──


雪歩「えへへ……それじゃあ、私はもう、レッスンに行きますね」

P「ああ、頑張っておいで」

雪歩「はい!」


バタン……


P「……ん? あれ……これって」

P「萩原さ──じゃなくて、雪歩が持っていたノートだ。
 しまうのを忘れちゃったみたいだな」

P「……」



1 少しだけ中身を覗いて、預かっておこう
2 覗かずに預かっておこう
3 放置しておこう
4 その他

>>216

2


P(一瞬だけ、覗いちゃおうかな、なんて考えが浮かんだけど……さすがに失礼だな)

P(でも放置してたら誰かに見られてしまうかもしれないし、
 とりあえず預かっておいて、あとで雪歩に返そう)


  *  *  *


P(……今の俺の担当アイドルは、フェアリーズステップだ。
 響と真美と千早と……四人でずっとやってきた)

P(雪歩のプロデューサーは、俺じゃない。
 だから、雪歩が見た夢も、俺が見た夢も……今の俺達には、なんの関係もない)

P(それなのに、なんでだろうな……)


ズキッ……


P(……こんなにも、胸が痛くなってしまうのは)


パーフェクトコミュニケーション!





※ステージのゲストとして、雪歩を呼べるようになりました

※フェアリーズステップの知名度が一定に達したので、
 これから先、クインテッドライブ(五人でのライブ)という選択肢が現れるようになります
 それを選択した場合、ゲストを二人呼んでステージを行います

※現状でゲストに呼べるのは、以下のアイドルです

・高槻やよい
・天海春香
・四条貴音
・三浦あずさ
・萩原雪歩


※彼女達以外の女の子(事務員さん含む)も、親愛度が上がれば呼べるようになります

※765プロ全員がゲストに呼べるようになると、その時点でルートが分岐します
 前々回の最後にPが言っていた新ユニット、『765プロオールスターズ』をプロデュース出来るようになります

※もしそうなったとしても、全員プロデュースルートに入るか、最後までフェアリーズステップで行くかは、
 結局は安価で決めるつもりです


P(……なーんてことを考えてみたけど)

P(でもだからといって、フェアリーズステップの活動を中途半端にするわけにはいかないな。
 とにかく今は、目の前の目標に向かって前進していかないと)


ガチャッ

「「「おはようございまーす!」」」

P「おはよう、みんな!」


  *  *  *


P「……千早、ノドの具合はどうだ?」

千早「今のところは、何の問題もありません。
   ……ふふっ、心配してくれているんですか?」

P「そりゃそうだろう。また何か違和感を覚えたら、すぐに言ってくれ」

千早「……はい。約束します」



P(千早のノドは、千早の心に大きなストレスがかかったときに、
 悪化してしまう可能性があるらしい)

P(だからこれからは、千早の様子をもっと注意──



千早「もっと注意深く見てやらないと、……って、考えていますね?」

P「心を読むなよ……」

千早「心を読むまでもなく、顔を見ればわかります。
   でも私、そこまで過保護にされなくても、平気ですから」

P「強がりじゃないか?」

千早「もちろん。ですからプロデューサーは、プロデューサーの思うとおりに、
   これまでと同様、私達を厳しく指導してください」

千早「私だけトクベツ扱いされると、私としては、かえってやりづらくなってしまいますから」

P「……わかった」


千早「……まぁ、でも……」

P「ん?」

千早「……かと言って、放っておかれるのも、いやですけれど」

P「……ちは──

千早「ぷ、プロデューサーは、私のプロデューサーなんですからっ。
   私の──私達の夢を叶えさせるのが、あなたの仕事でしょう?」

千早「で、ですから……今言ったことは別に、特に深い意味があるわけではありません!
   勘違いをしないでくださいね!」

P「……」


P(なんと可愛らしい……)


響「」ピクピク


P(聞き耳立ててる子もいるけど、ここは千早に、
 こう言ってやるとしようか……)


1 それくらい、ちゃんとわかってるって
2 勘違いって、どういうこと?
3 ずっと千早のことを見てるよ
4 その他

>>224


P「それくらい、ちゃんとわかってるって。
 俺はあくまでお前達のプロデューサー、勘違いなんてするはずないだろ」

千早「……そ、そうです、よね」

響「……ほっ」

真美「ひーびきんっ!」ポンッ

響「え? 真美?」

真美「んっふっふ〜……こちょこちょこちょ〜!」

響「うひゃああ!? や、やめ……あはっ、あははは!」


こちょこちょ……


響「あっひゃひゃ! んなっ……、なんでこんなことするんだよー!?
  真美、イタズラするならピヨコに……」

真美「……」

響「……真美?」

真美「ふーんだ! 知んないっ!」プイッ

響「えっ……!?」


P(……? 真美、どうしたんだろう。
 ちょっとご機嫌ナナメみたいだな……)


──────
────
──

P(真美の様子は気になるが……もういい加減に時間だ。
 真美にはあとで、機会があれば話を聞いてみることにしよう)

P(さて、今週は……何をしようかな?)


1 フェス(VSサイネリア)
2 営業(全国TVCMのお仕事)
3 クインテッドライブ
4 特別なことはせず、買い物に行こう!

>>228
※3を選んだ場合、そのあとに誰をゲストに呼ぶかの安価を出します
※4もアイドル活動として意味のないものではありません

ならば4


P「よし、みんな……今週は特別なことはせず、買い物に行こう!」

「「「買い物?」」」

P「うん。そろそろ新しいステージ衣装やアクセサリ、欲しくなってきたところだろ?」

P「今までは俺のセンスで選んじゃってたけど、もう歌える楽曲もかなり多くなってきた。
 一式そろえるくらいのマニーならあるから、みんなで選ぼうじゃないか」

真美「ほんと!? わぁーい!」クルクル

P(あれ? さっきまで不機嫌だったのに……やっぱり女の子だし、
 買い物という言葉の響きには弱いのかな)


  *  *  *


P「……ごほん! でももちろん、今週まるまる休みってわけじゃないからな。
 レッスンや記者の取材、レギュラー番組のラジオ収録はしっかりと行う。OK?」

「「「はい!」」」

P「よし! それじゃあ、さっそく行こうか!」


──────
────
──


首都エリア


  ──────────────────────
              ショッピング
  ──────────────────────


                           LUCKY RABBIT
                      ──────────
                          活動 23週目 昼


P(というわけで……俺達は、全国チェーン展開している衣装とアクセサリのショップ、
 『LUCKY RABBIT』へとやってきた)

P(俺もこれまで、ひとりで何度かここに足を運んだことがあるが、
 みんなを連れてきたのはこれが初めてだな)



ガー……

ヤスコ「いらっしゃいま──……あ、どーも!」

P「こんにちは。ちょっと見ていってもいいですか?」

ヤスコ「もちろん! ちょうど今セールやってますから、どんどん買っていってくださいね!」



P(オーナー兼デザイナーであるヤスコさんは、
 常に手のひらをパーにしている、真っ黒で気さくな女性だ。
 この若さでここまで大成功してるなんて、ちょっと羨ましくなっちゃうな)

P(……さて、と。そんなことより……)



P「三人とも、それぞれ衣装の好みが違うのか……バラバラに見ているみたいだな」

P「放っておいたら連れてきた意味もないし、それじゃあ……
 この子の買い物に、付き合ってみるとするか!」



1 響
2 真美
3 千早

>>233

2


【ショッピング(真美編)】

P(先ほども言ったけど……アイドルによって、衣装の好みはバラバラだ)

P(ボーカルを得意とする千早は、ボーカルイメージがアップするフローラル衣装を中心に見ているし、
 ダンスを得意とする響は、ダンスイメージがアップするラグジュアリー衣装が気になるようだ)

P(そして、真美はというと──……)



真美「おぉ〜……これ、めっちゃ可愛い!」

P「気に入ったのはあったか?」

真美「あ、兄ちゃ〜ん! うん、これなんだけどね〜……じゃっじゃーん!」

P「う、うむ……確かに可愛いな、うん」



P(ボーカル、ダンスときたから、ビジュアルイメージがアップするスターリー衣装かと思いきや……)

P(真美が目を付けていたのはなんと、エクステンド衣装だった。
 要するに、他の三種とは異なる、独自でテーマでデザインされたヘンテコ──)

P(──なんて言ったら失礼だな。もちろん、可愛いのもたくさんあるんだから)



P「……でも真美、アロハ服はないんじゃないか? ハワイじゃあるまいし」

真美「えー!」

P「気になるのはわかるけど、もっとちゃんとした衣装にしよう! な!」



P(何より、このアロハ服、55万マニーもするし……
 そんなのをホイホイ買ってたら、事務所が潰れてしまう……)


──────
────
──

P(そして、真美と一緒にあーでもないこーでもないと言いつつ、数十分が経過し……)


真美「兄ちゃん……!」

P「ああ……! 真美、やっぱりお前にはセンスがあるみたいだな!」

真美「んっふっふ〜! ま、それほどでも、あるけどねっ!」


P(ついに、三つの衣装に絞ることができたのである!)



  *  *  *



P(これらの衣装は、俺が今みんなに歌わせようとしている、
 あの曲のイメージにぴったりだな……)

P(所持金を考えると、衣装を買えるのはせいぜい一着だろう。
 アクセサリの類は響と千早にまかせるとして、
 今回購入する新ステージ衣装は……これに決まりだ!)



1 プリマコンツェルト♪(『私はアイドル』)
2 マイディアヴァンパイア(『きゅんっ!ヴァンパイアガール』)
3 スターライトエージェント(『エージェント夜を往く』)
4 やっぱり選びなおそう。その他(衣装名)

>>237
※『』内に書かれている楽曲が、フェアリーズステップの使用楽曲に加わります
※これが4thシングルになるというわけではありませんが、
 選ばれた曲が各アイドルの好みと合致した場合、親愛度とやる気はググッとアップします
※4の場合、アイマスに登場した衣装でお願いします。
 選ばれた衣装によっては楽曲追加もあるかもしれません


P「……『スターライトエージェント』だ!」

真美「うんうん! これ、メッチャカッコいいよね〜!」



P(『スターライトエージェント』……)

P(星降る夜空から舞い降りたエージェントをイメージした衣装。
 今宵はステージのクラウンとなり、色とりどりのスパンコールを
 満天の星空の如くきらめかせ、思うがままのひと時を……)

P(と、説明に書かれているな)

P(青と黒を基調としたドレスの裏にちりばめられた星屑の空。
 アイドルが踊るたびに、そのきらめきは様々な表情を見せてくれる。
 これを着てステージに立てば、ダンスアピールが一層引き立つことだろう……)


  *  *  *


P「あのさ、真美。3rdシングルを決めるときに、
 最後まで候補に残っていた曲のこと、覚えてるか?」

真美「『エージェント夜を往く』のこと?」

P「そうそう。この衣装、それを歌うのにぴったりだって思うんだ。
 だから今度から、ちょっと練習してみような。きっとライブでも盛り上がるぞ!」

真美「うんっ、オッケー! んっふっふ〜、とかちつくちて〜!」



P(『エージェント夜を往く』は、真美が特に気に入っていた曲だ。
 買い物と新曲のおかげで、真美のやる気がググッと上がったみたいだな!)


パーフェクトコミュニケーション!


※『エージェント夜を往く』がフェアリーズステップの使用楽曲に加わりました


──────
────
──


P(さて、無事に新ステージ衣装が買えたな。
 アクセサリは響と千早の意見を優先する、ということになったから、
 今は二人に選んでもらっているところなんだけど……)



響「ねぇねぇ千早! これなんていいんじゃないか?」

千早「そうね……でも少し、派手すぎるような気もするけれど」

響「んー、そう? それじゃあ……これ!」

千早「あ……これなら、ふふっ、良いんじゃないかしら」



真美「……んー……」ジー

P「……?」



P(真美が、響と千早のことをジッと見つめている。
 そういえばさっきも、真美は響にちょっかいを出していたっけ)

P(……今では機嫌も直ったようだが、
 真美はあのとき、どんなことを考えていたんだろう)

P(二人に混ざって買い物してくるんだ、と言うことも出来るけど、
 もしもそれが、二人には言いたくないことだったら? うーん……)



P「……なぁ、真美」

真美「え? なーに、兄ちゃん」


1 二人に混ざって買い物してくるんだ
2 俺と二人で、ちょっと外にいこうか
3 その他

>>240

2


P「俺と二人で、ちょっと外にいこうか。
 店の前にソフトクリーム売ってるワゴンがあったろ? あれ食べにいこう」

真美「えっ、いいのっ!?」

P「ああ。実は俺もちょっと疲れちゃったし、一緒に休憩しよう」

真美「行く行くっ! ほらほら兄ちゃん、そうと決まったらレッツラゴーだよ!」グイグイ


  *  *  *


             店の外
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

真美「んー……♪」ペロペロ

P「美味いか?」

真美「うんっ! 兄ちゃん、ありがと!」

P「……」


P(いつもはプロとして、ステージでもテレビでも、
 しっかりと自分の役割を果たしてくれている真美だけど……)

P(こうやってソフトクリームを舐めている姿は、
 どこにでもいる、ただの十三歳の女の子にしか見えない)



真美「……兄ちゃん? どったの?」



P(アイドルとしては着実に成長しているけど、
 青春時代の入り口であるこの二度と戻らない日々を、
 レッスンと仕事で毎日消費して……)

P(真美は本当に、それでいいのかな)



真美「兄ちゃん、ねぇ……」



P(俺はちゃんと、真美に、楽しいアイドル生活を送らせてやれてるのかな……)



真美「──兄ちゃんっ!!」

P「うぉっ!? な、なんだ急に、大きな声出して……なんかあったのか?」

真美「うあうあー! なんかあったの、は真美の台詞っしょ!
   兄ちゃん、ずっとボーっとしてたけど、なんかあったの!?」

P「あ、いや……ごめん、なんでもないよ」

真美「……ほんと?」

P「……、あのさ、真美」


1 「アイドル、楽しいか?」と聞こう
2 「響達と、何かあったのか?」と聞こう
3 黙って頭を撫でよう
4 その他

>>242

頭撫でながら1


P「……」

スッ

真美「っ!」ビクッ

P「そ、そんなに怯えるなって。変なとこ触ると思ったのか?」

真美「うん……」

P「即答か……」

P(まぁ、これまでの俺の行動を省みたら、
 それも仕方ないかもしれないけど)


なでなで……


真美「……あたま?」

P「イヤだったら、言ってくれよ」

真美「……。……ううん、イヤじゃないよ」


真美「なんか、眠くなっちゃう……ふわ〜ぁ」


P「あのさ、真美」

真美「んー……?」

P「アイドル、楽しいか?」

真美「……そんなの、トーゼンっしょ」

P「最近忙しくなってきたけど、それでもか? つらくないか?」

真美「うん。真美、これくらいヘッチャだよ……」ウトウト

真美「毎日……ひびきんと、ちはや、お姉ちゃんと……」


つつー……


真美「……」ゴシゴシ

P「真美、お前……泣いてるのか?」

真美「兄ちゃん」

P「え……?」

真美「……そのまま、頭、なでなでしてて」


真美「……アイドルは、ほんとに、めっちゃ楽しいよ」

真美「踊るのも歌うのも大好きだし、
   ファンの兄ちゃんとか姉ちゃんが喜んでくれたら、真美も嬉しい」

真美「でもぉ……」

P「……」

真美「……ほんとのこというとね、ちょっと、さみしいんだ」

P「さみしい?」

真美「だって、だって……!」

真美「千早お姉ちゃんと、ひびきんが……!」

P「……っ!」


P(やっぱり、二人と何かあったのか……!?)

P(普段どおりに見えて、もしかしたら裏では……、
 真美だけひとりぼっちになるような、そんな状況に……!?)





真美「最近、イチャイチャしすぎなんだもんっ! うあうあー!」

P「……は?」


真美「兄ちゃんは知らないかもしんないけどさっ!
   ひびきん達、最近ずっとくっついてんだよ!」

P「えっ……ま、マジで?」

真美「こないだ、千早お姉ちゃんが一回だけ、
   ひびきんのこと名前で呼んだことあったっしょ?」

真美「あれからずっと……」



  *  *  *



響『ねぇねぇ千早ー』

千早『な、なに?』

響『ちゃんと自分のこと、名前で呼ぶようにしてよー』

千早『……でも今更、そんなの……』

響『なんで?』

千早『……恥ずかしいじゃない』

響『恥ずかしくないぞ! 自分もそっちのほうが嬉しいしっ!』

千早『う、嬉しい?』

響『うん! だって、仲良くなれたって感じがするでしょ!』

千早『……』

響『千早、言ってたじゃん、「大好きよ」って。あれ、ウソだったのか?』

千早『う、ウソなんかじゃ……』

響『じゃあじゃあっ!』

千早『……。……ひび、き……』

響『もっかい! ねぇもっかい!』

千早『ほ、ほらっ! もうレッスンの時間よ、行きましょうっ!』



  *  *  *



真美「って感じでさー」

P(真美のモノマネすげぇ)


真美「そんでさ、そんでさ!」

真美「ひびきんは千早お姉ちゃんとあーんなにイチャイチャしてるくせに、
   真美がイタズラしたら、ひびきん怒るんだよ。兄ちゃんもさっき見たっしょ?」

P「それとこれとを同列に扱うのもどうかと思うけど……」



P(しかし……、思ってたより、全然くだらない話でよかった……)

P(響はただ単に、千早と仲良くなれたことが嬉しかっただけだろう。
 最初は、千早と組むことに少し不安になってたくらいだしな)



真美「だから真美ね……、真美だけ、
   ひびきんからキラわれちゃってるんじゃないかなって……」

P「……」



P(しかしながら、真美にとっては、重要なことなんだ。
 真美は確かに、それによってさみしさを感じてしまっているんだ。
 気にするな、なんて気休めを言っても、今の真美は納得できないだろう)

P(それなら……!)



1 俺から響に言っておくよ
2 俺から千早に言っておくよ
3 二人に、正直な自分の気持ちを伝えるんだ
4 その他

>>248

3


P「二人に、正直な自分の気持ちを伝えるんだ」

真美「……真美の気持ち?」

P「うん。それがきっと、一番の近道だからさ」

真美「で、でもでも! それでひびきんから『うん、嫌いだぞ』なんて言われたら、
   真美もう、うあうあー! ってなって、泣きたくなっちゃうかも……」

P「それは、真美が響のことが好きだからだろ?」

真美「……うん」

P「大丈夫、その気持ちさえあれば、何度ケンカしたって仲直りできるから」


P(そもそもこれは、ケンカでもないしな。
 仲間はずれにされた、って真美が勘違いしているだけだ)


真美「……じゃあ、もしダメだったら?」

P「そうだな〜……そしたら俺、真美を騙した罰として、
 社長に白ペンキぶっかけたらどうなるか確認してやる」

真美「おお〜……兄ちゃん、ホンキっぽいね!」

P「あはは、まぁ勝ちが決まってる勝負だしな!」

真美「うあうあー! 真美も負けないもんっ!」

P「真美が勝ったら色々とえらいことになりそうだから勘弁してもらいたいが……。
 とにかく、ほら。そうと決まったら行っておいで」

真美「え……兄ちゃん、ついてきてくんないの?」

P「……行かないよ。俺は、真美だけの味方じゃない。
 真美達みんなの味方だから」

P「みんなを信じてるから、何も心配もしてない。だから、ここで待ってることにする」

真美「……真美のことも?」

P「もちろん」

真美「……うん、わかった。それじゃあ真美、行ってくるよ〜!」


──────
────
──


P(それから……)



<真美、ひびきんのこと大好きっ!!

<えええぇぇっ!?



P「……あはは。外まで聞こえる声で何言ってんだ、真美のやつ」



P(真美はどうやら、俺の言ったとおり、
 自分の正直な気持ちを響と千早に伝えられたようだ)

P(そして、その結果は──……)


  *  *  *


タッタッタ……

真美「あっ、いたいた! 兄ちゃ〜んっ!」

P「おー、真美」

真美「アクセサリ、三人で何買うか決めたよっ! 早く、早くっ!」グイグイ

P「わかったわかった……そんなにひっぱるなって。
 それで、どんなのにしたんだ?」

真美「んっふっふ〜、まだヒミツだよーん! 兄ちゃん、めっちゃビックリするかんね!」



P(その結果は……)

P(真美のこの笑顔を見れば、わざわざ聞くまでもないよな)


パーフェクトコミュニケーション!

ちょっと中途半端になってしまったけど、とりあえずここで以上です
お付き合いありがとうございました

ちなみに、雪歩の夢というのはつまり前回のSSのことです
たぶんこれ以上今回のSSには関わらせないので、許してください
続きは今日の夜からまた書けるかと思います

再開します


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 23週目 夜


P(『LUCKY RABBIT』での買い物を終えた俺達は、
 購入したステージ衣装やアクセサリ類を預ける為に事務所に戻ってきた)



千早「も、もういいでしょう! 真美っ、写真撮らないで……!」

真美「えー、でも千早お姉ちゃん、めっちゃかわいいよっ!」

響「うんうん! じゃあ次は、この『ねこみみ』だー!」

真美「『ねこしっぽ』もあるよっ!」

千早「えぇっ!? ちょ、ちょっと、ふたりとも……!?」



P(新しい衣装に三人ともご満悦だな!)

P(真美が悩んでいたことももうすっかり解決したようだし、
 アイドル達にとって良いリフレッシュになったみたいだ)


  *  *  *


P「今日の反省は……買い物しただけだし、特にいらないか。
 それじゃあみんな、今日はもうやることもないから解散ってことで」

「「「はいっ!」」」


P(さて……、でも少し、時間が余ったな)

P(誰かと、話でもしておこうか?)


1 話す
2 話さない

>>257
※1の場合、誰と話すか指定してください

1,響


P(響と、話でもしよう。そういえば最近は、
 響とふたりきりになって話すチャンスもあまり無かったからな)


P「響、このあとちょっと時間あるか? 話があるんだけど」」

響「うん、いいぞ!」

真美「ひびきんだけ?」

千早「……何の話をするんですか?」

P「リーダーとして今後の活動の相談があるってだけだよ。
 ほらほら、千早と真美はもう家に帰るんだ」

「「はーい」」


  *  *  *


響「で、話ってどんなことするんだ? 新曲とか!?」

P「新曲? あー、そういえばそろそろそんな時期か……。
 カップリング曲は『エージェント夜を往く』にすることにしたんだけど、
 A面はまた今度、みんなで決めることにするよ」

響「そっか……まぁ今までずっとそうしてきたんだし、それがいいよね!」

P「ああ。えーっと、それで話なんだけど……実はさっき真美から、
 千早と響が最近仲良いって話を聞いたんだ」

響「へ? 千早と自分が?」


P(なんのこと? って顔してるな。やっぱり響にとっては、
 別に意識してそうしてるってわけじゃなかったみたいだ)


1 千早に対して苦手意識は無くなったのか?
2 千早だけじゃなくて、俺とも仲良くしてくれ!
3 ユニットとしてうまくいっているみたいで良かったよ
4 その他

>>259

3


P「ユニットとしてうまくいっているみたいで良かったよ。
 これもリーダーである響が頑張ってくれてるおかげだな!」

響「えへへ、そ、そう?」

P「もっと胸をはっていいんだぞ。今のユニットの雰囲気はとても良い、
 まさにかしまし状態なんだから」

響「かしましって?」

P「みんなの仲が良くて、絶好調って意味だよ。ダンスや歌で、
 響がふたりを引っ張ってきてくれたから、今のユニットの状態があるんだ」

響「あっはっは! や、やっぱりそう?」

P「ああ! もちろん、レッスンやステージだけじゃなくて、
 普段の生活でもそう。響に空気を良くしてもらったこと、今まで何度もあったしな!」

響「そっかぁ〜……! 自分でも、やっぱりそうかなーって思ってたけど、
 プロデューサーが言うならホントなんだろうね! でへ、でへへへ」


P(響の顔がゆるゆるになってきた)

P(ちょろかわ)

P(こういう響を見てるとアレだな、
 ちょっと意地悪したくなるな……で、でも……)



1 「話は以上だ、お疲れさま」と言おう
2 「ユニットは絶好調だけど、響自身はどうなんだ?」と聞こう
3 このまま褒めるだけ褒めてから、唐突に突き放して様子を見よう……!
4 その他

>>261

2


P「でも、ユニットは絶好調だけど、響自身はどうなんだ?」

響「自分のこと?」

P「ああ……」



P(先週の朝、響は、こんなことを言っていた)

P(なんでも沖縄に住んでいた頃の友人、アリサさんと連絡が取れなくなったらしく……)


『うぅ、自分、なにかしちゃったのかな……
もう、アリサとは、一生会えないのかな……』


P(……あれから約一週間。何か良い方向には進んでいったんだろうか)



P「アリサさんから、連絡はあったのか?」

響「……まだだぞ」

P「……そっか。あのさ、響、ちょっと聞いてもいいか?」

響「なに?」

P「あのときも聞こうと思ったんだけど……、
 どうして、それまでずっと連絡してなかったんだ?」

響「……」

P「確か、アリサさんからメールが来るまで、
 電話もメールもしてなかったって言ってたよな。
 友達だったなら、なんで……」

響「……そっか。プロデューサーにはまだちゃんと、言ってなかったっけ。
  えへへ、なんか順番が逆になっちゃったけど、せっかくだし、今言うね!」


響「実は、自分……島を出るときに、みんなに大みえ切ってきちゃったんだよ。
  トップアイドルになるまで、ゼッタイ島には帰らないって」


響「自分とアリサはさ、アイドルになって、有名になって、
  色んな舞台に立って踊って、みんなを笑顔にしたいって……そういう夢を、いつも話してたんだ」

響「でも高校生になって、その夢を家族に話したら……
  兄貴から『お前なんかじゃ絶対にアイドルになんてなれっこない』みたいなこと言われて、
  それで自分、そんなことないし! って……ついつい、ね」

P「……そうだったのか。でもだからと言って、連絡も取らないなんて……」

響「……それじゃ、ダメだったんだよ」


  *  *  *


響「島を出てこっちにきてからはさ、これからは全部、
  自分ひとりの力で頑張らなきゃいけないって思った」

響「自分のことを助けてくれる仲間は誰もいない。頼れるのは自分だけ……」

響「……ほんとのこと言うと、ちょっとさみしかった。
  でも、自分の夢だって本気だから、すぐにトップアイドルになって、
  それで胸を張って島に帰るのがイチバンだって、そう思ったんだ」



P(……大みえを切ってしまったことに加えて、
 さみしいからと言って故郷のみんなに連絡をしたら、その決心がにぶってしまう。
 きっと響は、そう考えたんだろうな)

P(でも──)


『響ちゃんは、ああ見えて、実はとっても寂しがりやさんなんですよ』

『口では平気、なんでも出来る、って言うけれど……、それはただの強がり。
本当は……誰よりも、他の人の力を必要としているんです』


P(……以前、あずささんもこんなことを言っていた)

P(それでも尚、さみしさは常に響の心を苦しめていて……だから響は、
 その心の隙間を埋めるために、たくさんのペット達と一緒に暮らしているのかもしれない)


  *  *  *


P「……響。今でも、それは変わらないのか?」

響「んー……そうだね。アリサのことは気になるから連絡はしてるけど、
  今更、こんな中途半端なまま島に帰ったり、電話したりするのは……」

響「……まぁ前に一回、帰っちゃったけどさ」

P「え? 響、お前いつ沖縄に……あ!」

響「思い出したかー? ほら、スプラッシュと最初にフェスをやったとき!」

P「……そうだった」



P(フェアリーズステップが活動を開始してから二ヶ月が過ぎた頃……
 俺達は、沖縄で開催される『RISING MOON』というフェスに参加した)

P(だからあの時、響は──)


『え!? い、いやなんでもないぞ! なんくるない!』


P(……こんな感じで、ずっと様子がおかしかったのか。
 予定よりずっとはやく、沖縄に帰ることになっちゃったから)

P(あの時点で、ちゃんと話を聞いてやれば良かったかな……)


P「……ごめんな。もうちょっと気を遣ってやるべきだった」

響「べつにいいよ! あの時は結局誰とも会わなかったし……、
  それに自分、アイドルやって全国飛び回ってたら、
  いつかはああいうこともあるって、わかってたしさ」


  *  *  *


響「まー、とにかくそういうことで、自分は、トップアイドルになるまで
  家族にも島もみんなにも連絡しないって決めたんだ」

響「応援してくれるのはありがたいけど、頑張るのは自分──いや、自分達だからね」


P(そう言った響の目には、確かな意思が浮かんでいるように見えた。
 故郷は振り返らず、前を進んでいこうと、そう強く決意する意思が……)


P(──でももし、それすらも、響の強がりだとしたら?)

P(あるいは、本当に……強がりでもなんでもなく、響の決意は本物だとしたら?)


P(……今の俺には、判断がつかない。でも……)

P(響が、アリサさんのことを気にしているのは、はっきりとした事実だろう)



1 響には黙っておくが、来週の活動は沖縄のものにしよう
2 響に「沖縄に行って直接アリサさんに会うんだ」と言おう
3 ふたりの問題だ。俺は特になにもしないでおこう
4 その他

>>266

1


P(……よし、決めた)

P(響には黙っておくが、来週の活動は沖縄のものにしよう)


P(響がこれから先、迷い無くアイドルを続けていく為には、
 アリサさんとのことを放っておくわけにはいかないと、俺は思う)

P(しかし、今の響に、もう一度沖縄に帰るんだと言っても、
 それが正しい道に繋がるかどうかはわからない……)

P(もしかしたら反発するかもしれないし、心が揺らいでしまうかもしれない。
 でも、響が今言ったように、それがアイドル活動としてなら……!)



響「……プロデューサー?」

P「……響の考えはわかった。
 すまなかったな、プライベートなことを聞いたりして」

響「ううん、これくらい別にいいさー! それで、あのさ……」

P「ん?」

響「自分の話ばっかりしちゃったけど……まだしないのか?」

P「まだって……なんのこと?」

響「ユニットの今後の活動の相談をする、って、自分で言ってただろー!?」

P「……」



P(俺がさっき千早と真美に言ったことを、本当だと思ってたのか……なんて純粋な子)

P(ただ話がしたかっただけで、相談なんて特に無いんだけどな。
 今では多く仕事も入ってくるようになったし、
 これまで通りコツコツやっていくことがベストだって思うから)

P(……でも一応、響にこう言っておこうか)



1 さっきのは響とふたりきりになるための口実だよ
2 響に相談しても意味ないしなぁ
3 響の様子を気にかけるのも、アイドル活動をする上で大事なことだろ
4 その他

>>268

1+からかう


P「……」ティン

P(面白そうだし、ちょっとからかってやるか……!)



P「……なぁ、響。ちょっと耳貸してくれ」

響「え? な、なんだ?」

P「……あのさ」ボソボソ

響「!」ゾクゾクッ

P「さっき、真美と千早に言ったこと……」

響「う、うん……」


P「あれは、響とふたりきりになるための……口実だよ」

響「え……!?」


響「こ、口実って、どういう意味だ……!?」

P「言い逃れや言いがかりの材料。また、その言葉という意味」

響「へー」

P「つまり、俺は……、真美達に、ちょっとウソをついちゃったんだよ」

響「……ダメだぞ、プロデューサー。ウソつくなんて……」

P「わかってる。でも仕方ないだろ? こうでもしないと、
 お前とふたりきりになれなかったんだから」

響「そ、そんなの……またいつだって、チャンスあるじゃんっ!」

P「今すぐに、なりたかったんだ」

響「!」

P「音無さんは別室で仕事をしている。しばらく手が離せなさそうだったし……
 つまり今、俺達をジャマする人は誰もいないんだよ」

響「!」

P「……ふふ。それがどういう意味か、わかるか?」

響「え、え、えぇぇ……!?」カァァ

響「……わ、わかんない……」

P「……なぁ、響」


1 もう最後まで突っ走るぞ。「こっちにおいで」と響に言おう……!
2 もうこのへんにしておいてやろう
3 その他

>>271

1


P(……もうこうなればヤケだ)

P(どうなるかはわからないけど、俺の行動次第でとんでもないことになりそうな気もするけど、
 最後まで突っ走ってやろう……!)



響「うぅ……も、もう自分、プロデューサーが言ってること、ゼンゼン……!」

P「響」

響「え?」

P「……こっちにおいで」

響「……っ」


響「……う、うん……」


  *  *  *


P(……でもまさか、本当に来るとは)



響「おじゃまします……」

P「あ、ああ……」


ギシッ……


P(椅子に座った俺のふとももの上に、響が乗っかってきた)

P(人間座椅子の変形と言う感じだろうか。
 向かい合って抱き合っているわけではなく、響は背中をこちらに向けているので、
 その表情を俺には見ることはできないが……)

P(熱くなった響の体温は、たとえ背中越しでもこの胸に感じることができる)



響「うぅ……」モジモジ



P(さっきまでの元気はどこに行ったのか、響はまるで、
 借りてきた猫のように身体を縮ませてしまっていた)

P(すぐ目の前に見える二本のアホ毛は、さっきから落ち着かずにぴょこぴょこ動いている。
 俺の鼻先にはちょうど響のつむじがあり、そこからなんだか良い匂いがしてくるし……)



P「すぅー……はぁー……」



P(──あたたかい、女の子の香りだ)

P(それにしても……位置的にはしかたないのかもしれないが、
 さっきからポニーテールがちょくちょく口の中に入ってくるな。もぐもぐ……)


P(響は響でこの状況に混乱しているんだろう。
 俺が何をしているか認識できていないようだし、今のうちに堪能しておこう……)



響「……ね、ねぇ、プロデューサー」

P「響のポニーテールくんかくんか……え? なんだ?」

響「あのさ、さっきからちょっと、自分、ふらふらするんだけど……」



P(ただ乗っかっているだけだから、バランスがうまく取れないんだな。
 よぉし、それなら……!)


ぎゅっ……


響「!」

P「うん、これで安定した」

響「そそそ、そうだね! あは、あはは……」



P(両腕を回して響の小さな身体を抱きしめると、彼女の体温の高さ、
 そして激しく鳴り続ける心臓の鼓動は、より一層はっきりと伝わってきた)

P(俺の腕の位置にはちょうど響のおなかがあり、その柔らかさが感じられる。
 普段激しいレッスンやトレーニングをしているから、筋肉の量は一般的な女子高生より
 遥かに多いんだろうけれど、やっぱり響は女の子なんだな……)



響「……プロデューサーの心臓、バクバク言ってる」

P「……響の心臓もだよ」

響「そ、そんなことないしっ! 背中越しでわかるわけないだろー!?
 っていうか自分、完璧だから、これくらいでドキドキなんてしてないしっ!」

P「じゃあ、なんとも思わないのか?」

響「……っ」



P(……心臓の鼓動は、加速していく)

P(それは響の心臓なのか、それとも俺の心臓なのか──俺にはもう、その判断が出来なくなっていた)

P(なぜなら今、俺と響の距離はゼロになり、そして……ひとつになっていたからだ)


響「なんとも、思わなく……」

響「……ない゛……!」プルプル

P「……響?」

響「でも自分! もうホントに……、
  これがどーいうことなのか、ゼンゼンわかんないぞっ!」



響「プロデューサーがなんで、こんなことするのかわかんない……っ」

響「観覧車に乗ったとき、なんで隣に座ってきたのかも!
  なんであのとき自分に、綺麗だって言ってくれたのかも!」

響「なんでいつも……、自分に優しくしてくれるのかも……!」



ぽろぽろ……



響「……自分がプロデューサーのことをどう思っていて」

響「プロデューサーが自分のことをどう思っているのかも……」

響「自分には、全部、全部っ! ゼンゼン……わかんない……っ!!」



ぽた、ぽた……



P(……俺の腕の上に、響が零した大粒の涙が落ちてくる)

P(そしてようやく、俺は気付くことが出来た)


P(この状況が、いかに深刻なものかということに)

P(響が、冗談でもなんでもなく……、
 本当に、真剣に、何がなんだかわからなくなっているということに)



響「う、うぇぇぇん……!」



P(響が俺をどう思っているか……それは、俺にはわからない)

P(でも……俺は響を、どう思っているんだ?)

P(ただの担当アイドル? それとも……それ以上の感情を、抱いてしまっているのか?)



P(俺は────)

P(響に、なんて言ってやればいい?)



1 響のことが、好きだ
2 今はまだ、俺の気持ちは言えない
3 響のことは、大切なアイドルだと思っている
4 その他


>>276
※話がめちゃくちゃ分岐する安価です
※1〜3のどれを選んでも、この時点では響の親愛度が下がるということにはなりません

響のことは大切な相棒だと思っている


P「響のことは……」

響「……」

P「大切な相棒だと思っている」

響「……相棒?」

P「……うん。初めて出会った時、俺がそう言ったように」



『思っていることをお互いに言い合って、心から信頼できるパートナーになって……
そうして俺達はふたり、二人三脚で頂点を目指して走っていくんだ!』



P「そして、響が、こう言ってくれたように」



『……相棒、でしょっ!』

『それなら、これから一緒に……ふたりで一緒に、自信を持てるようになっていけばいいさー!』



P(……その気持ちは、ウソじゃない)

P(俺にとって響は、かけがえの無い相棒で……そして、大切な存在だ)


P(……でも、響が求めているのが、
 そんな言葉じゃないということも……、わかっている)

P(けれど、俺が今抱いているこの気持ちがどんな形なのか、
 どんな言葉で表現するべきなのか──それは、わからない)



P(はっきりとしない中途半端な気持ちを口にして、
 響を傷つけたくはない)

P(響はそれを望んでいないだろうし、そもそも、
 俺自身、そんなことをしたら自分を許せなくだろうから)

P(だから俺には……響に、こう言うことしか出来なかった)



P「……出会ったときから、ずっとずっと、ふたりで一緒に歩いてきた。
 響は、俺にとって……、今でも、そしてこれからも、大切な相棒だ」




響「……そっか」



P(長い沈黙の末に、響はただ一言、こう言った)

P(表情はわからない)

P(怒っているのか、泣いているのか。響の心がいま、
 響をどんな顔にさせているのかは……俺の位置からではわからない)

P(お互いの身体の距離はゼロになっても、
 その心までは、ゼロになっていなかったんだ)



響「……えへへ。自分も、プロデューサーのことは……相棒だって、思ってるよ」

P「……うん」

響「でもさ、プロデューサー。相棒って、ここまでしていいのか?」

響「こんな、ぎゅっ、って……」

P「……いいんだよ。響は知らなかっただろうけど」

響「そーなのか……相棒は、ぎゅってしていいんだ」



響「じゃあさ、もっと……強く抱きしめて」



ぎゅぅぅ……


響「んっ……」

P「……こうか?」

響「もっ、と……」

P「……ああ」


  *  *  *


響「ぷろ、でゅーさー……」

響「……やっぱり、自分、イヤだ」

P「イヤ?」

響「こんなっ、背中向いてるなんて……」

響「プロデューサーの顔、見れないなんて、イヤだぞ……!」

P「……」

響「だから、そっち……、向いてもいい?」


1 いいよ
2 だめだ

>>280

1


P「……ああ、いいよ」

響「そ、それじゃあ……」モゾモゾ


  *  *  *


P(響はモゾモゾと器用にお尻だけを使って回転し、その身体を俺の方を向けた。
 その際にふとももに感じた柔らかい感触については、今は割愛しておこう)

P(椅子の背もたれがちょうどTの字を描く形をしていたので、
 響のすべすべの足は、その隙間から外に投げ出すことが出来たようだ)

P(しかし、この体勢は、その……うまく表現できないな。
 どうしても、なんていうか……アレを連想させてしまう。まぁつまり、対面ざ──


響「プロデューサー……?」

P「は、はいっ」

響「なんかいま、変態なこと考えてなかったか?」

P「そ、そんなことないよ……」


  *  *  *


響「……えへへ」

P「……響、怒ってないのか?」

響「怒る? なんでだ?」

P「だって、俺──

響「プロデューサー」

P「……」

響「自分、プロデューサーが、相棒だって言ってくれて……、嬉しかった。
  大切だって言ってくれたから……、嬉しかった」

響「……だから、それだけで、十分さー」


響「それより、プロデューサー! ん!」

P「な、なんだ?」

響「……んー!」

P「……?」

響「……。……せっかく正面向いたんだから、はやく、ぎゅってしろー」

P「あ、ああ……そうだな」



  *  *  *



P(俺は正面から響を抱きしめ、
 響もまた、俺の背中に手をまわしてきた)

P(響の身体の柔らかさを全身で感じられるし良い匂いはさっきより濃くなっている気がするし
 響は顔を俺の胸に押し付けて唇とかほっぺとかあああああもう頭がどうにかなりそう)


響「……自分」

P「え」

響「自分、怒ってない……怒ってないけど……」

P「……」

響「……バカ」


響「プロデューサーの、バカ……!」


P「ひ、び──」

響「自分のこと、いつだって、大切だって言ってくれても……!」

響「それでもプロデューサーは……──き、とは、言ってくれないのに……!」

P「っ!」

響「なんで……! なんでこんなに、優しくするんだよぉ……!
  なんで自分のワガママ、聞いてくれるんだよぉ……!」

P「……」

響「う、う……うぇぇぇん……!」


ぽろぽろ……


P(小さく拳を握り締め、俺の胸を何度も何度も叩きながら……
 響の瞳から、再び、涙が零れ落ちた)

P(響が言っていることは、なにもかも、間違いなく、正しい。
 だから、俺にはもう……、何も言えなかった)

P(もう、タイミングは去ってしまった。
 今このタイミングでは、何を言ってもウソに聞こえてしまうだろう)



響「バカ、バカ……!」

P「……うん」

響「突き放してくれないなら、そんな風に言うなら……、
  もしかしたら、って……思っちゃうだろ……!」



P(……だから今、本当に馬鹿で、どうしようもない俺に出来ることは)

P(響の言葉を、全部、受け止めてやることだけだ)



響「そっちの方が、苦しいのに……!」

響「自分の気持ち、いつも、振り回してぇ……!」


響「バカぁ……もう、お前なんて、バカデューサーだぁ……!」


──────
────
──


響「……それじゃ、自分、もう帰るね」

P「本当に、送っていかなくていいのか?」

響「……うん。ひとりでもちゃんと帰れる。心配しなくても、へーきだぞ」



P(……そう言った響の目には、真っ赤な跡が残っていた)


  *  *  *


P(俺が言った言葉は、プロデューサーとしては決して間違ってはいなかったと思う。
 けれど、間違っていなかったとしても、それが必ずしも正しいとは限らない)

P(正しいとか間違っているとかの問題ではないんだ。
 きっと正解なんてないし、0か1かの繰り返しでは答えを導き出せない。
 それくらい、心というものは複雑に出来てしまっている)


P(ただひとつ、確かなことは────)



ガチャ……

響「……プロデューサー!」

P「ど、どうしたー?」

響「えへへ……」



響「……ばーかっ!」

P「……」



響「それじゃ、バイバーイ! また明日ねっ!」


……バタン!



P(──響の言うとおり)

P(俺が、大馬鹿者だ、ということだけだろう)

P(そもそも、からかってやろうと思ったことが発端なわけだしな……)


【活動 23週目 おわり】

あまり進まなかったけど、とりあえずこれで以上です お付き合いありがとうございました
また今日の夜から書けるかと思います

今日書くと言っていたけど、都合により書けなくなってしまいました
次は月曜日に書けるかと思います すみません

こんな時間になってしまいましたが再開します


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 24週目 夜


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 24週目 朝


P(前回のあらすじ……)

P(先週は、フェアリーズステップの三人を引き連れて『LUCKY RABBIT』へ買い物に行った。
 新ステージ衣装をみんな気に入ってくれたし、良いリフレッシュになったようだ)

P(そしてその夜、俺は久しぶりに響とふたりきりで話をしたのだが……)



『……自分がプロデューサーのことをどう思っていて、
プロデューサーが自分のことをどう思っているのかも……』

『自分には、全部、全部っ! ゼンゼン……わかんない……っ!!』



P(……最初はからかうだけのつもりだったのに、
 気が付けば、響を泣かせることになってしまっていた)

P(それもこれも、俺が大馬鹿者だったからだ……)

P(結果として響はそれほど怒りを溜め込みはしなかったようだけど、これからはもっと、
 アイドル達の心を考えて行動を取るようにしなければ。涙を見るのは嫌だからな……)

P(……全てを変えるという覚悟があれば、また話は別だけど)



  *  *  *



ガチャッ

P「おはようございまーす」

??「あ、おはようございます!」

P「あれ? 君は……」


P(この子が俺より早くに出勤してきているのも珍しいな。
 えーっと、彼女は……)


そこにいたのは……
>>293
※ピヨ含む765プロの女の子でお願いします

まこちん


真「おっはようございまーっす、プロデューサー!」

P「おはよう、まこちん! 今日も朝から元気だなぁ」

真「へ? まこちん?」

P「おおっと、ごめんごめん、真美みたいな呼び方になっちゃったな。
 そうじゃなくて……菊地さん」



P(この黒髪ショートヘアの元気いっぱいな女の子の名前は、菊地真。
 ボーイッシュな見た目をしており、性格や言葉遣いも男の子っぽいが、
 音無さんいわく、中身は誰よりも乙女だということらしい……)

P(俺は今まで、あまりしっかりと彼女と話をしたことがないので、
 残念ながらそういう部分はまだ見たことはないけどな)



真「あ、ダメですよ、プロデューサー。自己紹介のときも言ったけど、
  ボクのことは菊地さん、じゃなくて、真って呼んでください!
  へへっ、同じ事務所の仲間ですからねっ!」

P「あ、ああ。ごめんよきく……じゃなくて、真」

真「はいっ!」



P(しかし、あまり話をしたことがないとは言っても、
 彼女がとても爽やかで誠実な人物だということは伝わってくる)

P(良い子なんだよなぁ、本当に……。というか、普通にしてても可愛いし)



  *  *  *



P「ところで、今日はどうしてこんなに早くに事務所に来てたんだ?
 まだアイドルのみんなが来るような時間じゃないと思うけど……」

真「あぁっ、そうだった! すっかり忘れてたよ……。
 えっと、プロデューサー。実はボク、プロデューサーにお願いがあるんですけど……」

P「お願い?」

真「あの……今週だけでいいから、ボクを、
 フェアリーズステップの活動に参加させてもらえませんかっ!?」

P「ええっ!? そ、それってつまり……」


1 俺のことが好きってこと?
2 もちろんオッケー!
3 フェアリーズステップの新メンバーになりたいってこと?
4 とにかく、理由を話してくれ
5 その他

>>295

4


P「とにかく、理由を話してくれ。何も聞かないことには、OKともNOとも言えないからね」

真「あぁっ、確かにそうですねっ! すみません、ボクとしたことが、急ぎすぎちゃいました。
  さっすがプロデューサー、いつでも冷静ですね!」

P「あはは……まぁ、これくらいでそんなに褒めてもらわなくても。
 当然というか、常識というか……」

真「またまた、ご謙遜を! えーっと、それで、理由っていうのがですね……」


  *  *  *


真「ボク、このままじゃいけないって思ったんです」

P「……どういうことだ?」

真「ボク達がデビューしてから、もう半年……。
  アイドル候補生として過ごしていた時間を考えると、
  もう一年以上もこの事務所で過ごしているってことになります」

P「ああ、たしかn

真「それなのに! スプラッシュやフェアリーズステップの皆はあんなに有名になってるのに、
  ボクはまだ、これと言った大きな活躍もしていなくて……」

P「うん、いや、あの

真「受ける仕事といえば、ドラマのエキストラの通行人Aとか、よくてデパートの屋上でミニライブとか……。
  もちろん、そういう仕事だって大切だって思いますし、真剣にやりますけど……、
  でもこれって、なんか違うんじゃないかなって、最近思い始めたんです」

P「……」

真「ボクが思い描いていたような、ぷりっぷりの可愛い衣装着てステージで歌って踊る、
  そういうアイドル像とはどんどん離れていっている気がするんです!」

真「だから、もう待ってるだけじゃなくて、
  自分から未来を変えていかなきゃって、そう思ったんですよ!」

真「そのためには、レッスンを頑張るだけじゃダメだ。
  今活躍してるみんなから、何か学べるものはないかなって──!」

P「わかった! わかったから、少し落ち着いてくれ!」

真「えっ! わかったってことは、OKってことですか!?」

P「あ、いや……とにかく、真の熱意は伝わったってこと。
 そういうことで、フェアリーズステップの活動に着いて行きたいって言い出したんだな?」

真「はいっ! ボクに足りないところ、少しでも多く勉強していきたいんですっ!」



P(いやぁ、しかし、すごい勢いだったな……。
 まぁそれだけ、今の状況を変えたいと、強く願っているということだろう)

P(でも着いていくと言っても、うちの活動だって今や簡単なものじゃない。
 もし着いてきたところで、役割を与えるどころか、あまりかまってやることも出来ないかもしれないが……)


1 いいよ
2 ダメだ
3 代償としてその身体を払ってくれるなら、同行を許そう
4 その他

>>297


P「……うん、いいよ」

真「本当ですか!? へへっ、やーりぃっ!」

P「でもひょっとしたら、真が思っているようなことにはならないかもしれない。
 こっちはこっちで忙しいだろうし、ただ見ているだけになるかもしれないけど……それでもいいか?」

真「それくらい、承知の上です! ありがとうございますっ、プロデューサーっ!」

P「どういたしまして。それじゃあ、とりあえず今週一週間……よろしく頼むな!」

真「はいっ、お願いしますっ! ボク、少しでも立派なアイドルになれるように、
  これからもバリバリ頑張っていきますね!」



P(こうして、今週限定だが、真が俺達の活動に同行することとなった)

P(……でも、さっきはああ言ったけど、一応気にかけてはおかないとな。
 俺の担当ではないとはいえ、真もれっきとした765プロのアイドルだ)

P(アイドルの夢を現実にさせてやるのが、プロデューサーの仕事。
 機会があれば、真にも何か役割を与えてやるとしよう……)


パーフェクトコミュニケーション!


──────
────
──

真美「へ〜、そんでまこちんが今週、一緒に来ることになったんだ〜」

真「うん! みんな、もしかしたら迷惑かけるかもしれないけど……ボク頑張るから、よろしくねっ!」

響「迷惑だなんて、そんなことないさーっ!
  自分達も、真といっしょなら楽しいし! ね、千早!」

千早「そうね。それに、私達の方こそ、真から学べることもあるだろうし」


P(その後事務所に集まったフェアリーズステップの三人に事情を話すと、
 みんな真の同行について、快く承諾してくれた)

P(これも真の人徳というか、性格の良さのおかげだろうな)


  *  *  *


P「さて……」

P(ということで、そろそろ、今週のスケジュールを決める時間だ。今週は確か──……)


響「……」チラッ

P「お、おう、どうした響」

響「な、なんでもない……」プイッ

真美「どうしたのひびきん、ニヤニヤしちゃって?」

千早「それになんだか、顔が赤いようだけど……」

響「うぎゃー! そそ、そんなことないしっ!」

P「……」


P(……怒ってはいないようだけど、
 先週のことは綺麗さっぱり忘れたというわけでもなさそうだな)

P(かくいう俺も、ちょっとだけ……)


P「……いけないいけない。今は仕事に集中しないと!」ブンブン

真「どうしたんですか、プロデューサー?」

P「あ、ああいや! スケジュールをどうしようかって考えてるだけだよ」


P(……そうそう、響の顔を見て思い出したけど、
 今週は沖縄で活動するということに決めたんだったな)

P(響が中学生の頃、共にアイドルを目指していたという友人、アリサさん。
 しかし今は何か事情があって音信普通になっているようで……
 響はそれを気にかけていたから、アリサさんと直接話し合う機会を作ってやろうと思ったんだ)

P(余計なお世話かもしれない。でも俺は、少しでも響に、笑顔でアイドルを続けてもらいたいから……)

P(えーっと、沖縄で出来る仕事と言ったら……これくらいか。どれにしようかな?)



1 地方テレビCMのお仕事
2 クインテッドライブ
3 フェス(VS秋月涼)

>>300
※2の場合、この後に誰をゲストに呼ぶかという安価を出します


P(……それにしても、秋月涼? 初めて聞いた名前だな。どこの事務所の子だろう)


P「さて、それじゃあみんな、今週はちょっと遠征だ。
 沖縄に行って、フェスに参加するぞ!」

響「えっ!? お、沖縄なのか!?」

P「ああ、そうだ。ちょうど仕事が入ってたからな」

響「……」

P「……どうする、響。嫌だと言うなら、違う仕事にするけど」

響「……。……ううん、嫌じゃない。
 プロデューサーは、自分の為に、そうしてくれたんだよねっ!」

P「あはは、響の為? なんのことだか……」

響「えへへ……よーっし、みんな、気合いを入れていくぞーっ!」

千早・真美「「はいっ!」」


  *  *  *


真「へぇ〜、やっぱりすごいなぁ。沖縄とかもバンバンいっちゃうんだ……」

P「まぁ、いつでもこうってわけじゃないけどね。真は、フェス、見たことあるか?」

真「はい! とはいっても、テレビとかだけですけどね。
 それで、相手はどういう人なんですか?」

P「えーっと、資料によると……」ペラッ

P「相手のアイドルの名前は、秋月涼。所属事務所は──」

真「え、涼っ!?」

千早「……そうだったんですか。秋月さんが相手……」

P「あれ? ふたりとも、この秋月さんってアイドルと、面識があるのか?」

千早「私は、少しだけ。どちらかと言えば、真の方が詳しいのではないでしょうか」

真「そうだね……。ボクと涼は、レッスンスタジオで何回か会ったことがあるんですよ。
  千早達がユニットを組んだ頃くらいからかなぁ」

P「へ〜、そうだったのか」


P(レッスンスタジオで、他の事務所の子と出会う……か)

P(なんだか、真美と水谷さんの関係みたいだな)



真「そんなことより! プロデューサー、知ってますか?
  その涼っていうのが実は……」

P「え? な、なんだ?」

真「なんとなんと……律子の、いとこなんですよっ!」

P「……ええっ!?」


──────
────
──


沖縄


  ──────────────────────
          フェス:スペシャルフェス
  ──────────────────────


                               Y−B−R
                      ──────────
                          活動 24週目 昼



ワイワイ……

      ガヤガヤ……



P(──さて、ようやく着いたぞ。俺達が活動を開始して以来、二度目の沖縄だ)

P(今日参加するフェスの相手は、律子のいとこであるという秋月涼。
 所属はなんと、水谷さんがかつて所属していたという876プロダクションらしい)

P(876プロには現在、この秋月涼しか活動アイドルがいないようだ。
 そして、この秋月さんがデビューしたのは、フェアリーズステップとほぼ同じ。
 しかしながら、知名度で言えば、フェアリーズステップのほうが上みたいだな)

P(……いやいや、だからと言って油断するわけにはいかない!
 知名度と実力に、直接の関係はない。俺も気合いを入れていかないといけないな)



P「えーっと、それじゃあみんな。控え室はこっちだから……」テクテク

男の子「!? ど、どいてくださーいっ!」

P「え?」

ドンッ!

男の子「うわぁっ!」ドテッ

P「っと……す、すみません! 余所見しちゃってて……怪我はないですか?」

男の子「は、はい……こちらこそ、ごめんなさ──って、時間ないんだったっ!」

男の子「ぎゃおおん! 社長に怒られちゃうよぉ〜! そ、それじゃあ僕はこれでっ!」タタッ

P「は、はい……」


P(随分あわただしい男の子だったな。でも、あの見た目……)

P(眼鏡をかけて、あまり垢抜けない感じだったけど、綺麗な顔をしていた……すべすべで……)


P「……ごくり」

P「!」ハッ


P(な、なにを考えているんだ俺は。沖縄の日差しに頭がやられちゃったのか?)

P(きっと、今日のフェスを見に来たお客さんのひとりだろう。あまり気にしないでおこう……)

すみませんアイステ始まったのでちょっと休憩します



  *  *  *


P「……よし、みんなメイクに行ったか」

真「うーん、今の……」

P「ん? どうした真、うなっちゃって」

真「え? あ、あぁプロデューサー……。いやー、実は、
 さっきプロデューサーにぶつかった男の子、どっかで見たことある気がするんですよね」

P「さっきの子?」

真「はい。でも、どこだったかなぁ〜……」

P「あはは、もしかしたら、真のファンのひとりかもしれないな!」

真「ええっ!? それ、ほんとですか!?」

P「あ、いやごめん、適当に言っただけ……」

真「なーんだ……っていうか、そりゃそうですよね。
  ボク、ファンのみんなの顔はひとりひとり、ちゃんと覚えていますから!
  もしファンだったら、あの男の子のこと、忘れるわけがありません!」

P「え、そうなのか!? それってかなり凄いことなんじゃ……」

真「あはは……まぁそれも、ファンの数──特に男の子のファンの数が少ないからなんですけどね」



P(真はこう言っているが、それでもこれは、ファンのことを大切に思っている証拠だな。
 それはアイドルとして、一番大切な心構えだ)

P(よし、ここは真に、こう言ってやるとするか!)



1 それでも、立派だよ
2 ファンの数が増えるように、これから精進するんだぞ!
3 女の子のファンが多いなんて、まるで男の子みたいだな!
4 その他

>>306

1


P「それでも、立派だよ。ファンのことを大切に思っている証拠だ。
 真はきっと、良いアイドルになるぞ」

真「うわぁ〜……そ、それ、ホントですか!?」パァァ

P「あ、ああ。そんなにはなまる笑顔になるなんて、そこまで嬉しかったか?」

真「そりゃそうですよっ! ボク、プロデューサーのことは凄い人だって思ってますから!
  そんなプロデューサーにそう言ってもらえるなんて、感無量ですっ!」

P「え? 俺が凄い? なんでまた……」

真「へへっ、だって……響達をここまで有名にしたのは、
  間違いなくプロデューサーじゃないですかっ!」

真「プロデューサーのプロデュースを受けていないボク達も、いつも話してるんです。
  やっぱり、敏腕プロデューサーがいると違うんだろうなって!」

P「……」



P(あまり話したことが無かったのに、真が俺のことをやたら信頼しているのは、
 そういうことが理由か。実績がある、と思われているんだろうな)


『まぁ、ただでさえあのメンバーをプロデュースしてここまで有名にしたんだから、
普通じゃないとは思ってたけど』


P(そういえば以前、伊織もこんなことを言っていた。
 あれはもしかして、伊織なりの、俺に対する評価だったんだろうか)

P(でも……)



P「……あのさ、真」

真「はい、なんですか?」



1 そんなこと言われたら照れるだろ……ば、ばかっ
2 フェアリーズステップがここまで有名になったのは、みんなの力だ
3 過大評価だとは思うけど、ありがとう
4 その他

>>308

2


P「そう言ってもらえるのはありがたいけど……、
 フェアリーズステップがここまで有名になったのは、みんなの力だ」

真「みんなの力?」

P「ああ。俺はただ、みんなのサポートをしただけに過ぎないからさ」


  *  *  *


P「明るく元気で、ユニット内でのムードメーカーでいてくれる真美。
 歌にかける想いは誰よりも真剣な千早。そしてなにより……」

P「……努力家で、いつだってみんなをひっぱってくれる、リーダーの響。
 その三人と一緒に、手と手を取り合って、これまでやってきたんだ」

真「……」

P「だから俺は、真が言ってくれるほど、凄い人なんかじゃないんだよ。
 俺だけの力では、ここまで成長することもなかっただろうしね」

真「……」

P「って、どうした? さっきから目をつぶってうんうんって頷いてるけど……」

真「……へへっ、ボク、感動しちゃいました! やっぱりプロデューサーは凄い人なんですねっ!」

P「い、いやだからさ」

真「いいんですっ、そんなに謙遜しないでくださいっ!」

真「今のプロデューサー、三人のことをほんっとぉ〜……に!
  心から信頼しているって顔をしていましたっ!」

P「……まぁね、相棒だからさ」

真「相棒かぁ〜……いいなぁ、そういうの憧れますっ!
  なんていうか、ユニットに歴史あり、っていうか……やっぱり、
  そういう時間があったからこそ、今のみんながいるんですよね」

真「ボク今、何かひとつ、掴めた気がします! ありがとうございます、プロデューサー!」



P(そう言って、真はまたとびきりの笑顔を見せてくれた)

P(ユニット内での絆、団結力……それが、俺達の最大の武器だ。
 誰か個人の力だけで、ここまでやってこれたんじゃない。
 それがわかってもらえたなら、俺も嬉しいな)


パーフェクトコミュニケーション!


──────
────
──

P(真とそんな話をしているうちにも、時間は過ぎていき……)

P(とうとう、本番直前となった)


ワァァ……!


スタッフ「……皆さん、そろそろ時間なので、お願いします!」

スタッフ「お隣のステージでは秋月涼が本番の準備に入っています。
     スペシャルなステージになりそうですよ!」

スタッフ「向こうに負けないくらい、ステージを盛り上げて下さいね!」


「「「はいっ!」」」


  *  *  *


P「さてと……みんな、準備はいいか?」

響「ばっちりさー! 自分、いつでもいけるぞっ!」

真美「んっふっふ〜! まこちん、真美達のすっごいとこ、めっちゃ見といてね!」

真「うん! この目に焼き付けておくよっ!」

千早「ふふっ、それなら、あまり格好悪いところは見せられないわね」

P「まぁ、だからと言って、あまり気負いすぎるなよ?」

千早「わかっています。私達に出来るのは、今ある実力を最大限に発揮することのみ。
   真、いつも通りの私達の姿、見ていてね」

真「わぁ〜……千早、なんかカッコいいなぁっ!」

P「よし、それじゃあ……みんな! いってこいっ!」


「「「はいっ!」」」



響「よーっし! それじゃあみんな、気合いを入れていくぞっ!」

真美「うん!」

千早「ええ!」



千早「3!」

真美「にーいっ!」

響「……1っ!!」



「「「……ターッチ!!!」」」

パチン、パチンパチン!



ワァァァ……!


──────
────
──



♪ MUSIC♪
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


──……♪



『……さあ PLAY START MUSIC♪』


ウォォォ!!


真「っ!」

P「……」


『進めGO!! かけ出すMELODY 今へ──……♪』


ひびきーんっ!

真美たーーーーん!!!

ちひゃぁぁぁぁぁぁぁああぅうえっうえぇっげほっごほっ


『もう DON'T STOP MUSIC♪ 掴めGOAL……!!』

『のり出すRHYTHM 未来へ──……♪』



真「うわぁ……!」

P「……すごいか? 初めての生のフェスは」

真「……はいっ!」


真「ファンのみんなの熱気が、舞台袖のここまで伝わってきて……」

P「……」

真「三人とも、こんなにたくさんの人の前なのに、あんなに堂々と歌って……」



『PHRASE!! 心を 自由に描いてみよう……♪』

『歌詞(ことば)にして 声にして……響いてく──……♪』



真「……なんていうか、めちゃくちゃ、カッコいいですっ!」

P「……なぁ、真。俺がみんなのプロデューサーをやってて、
 一番喜びを感じる瞬間って、いつだかわかるか?」

真「一番の喜び? うーん、そうですねぇ……
  オーディションに受かったとき、とかですか?」

P「もちろん、それもある。でもな……一番は、違う」



『FRESH!! 歌うよ 音楽に壁なんてない……♪』

『VOLUME上げて 最高に STANDBY STAND UP♪』



真「……それじゃあ、いつなんですか?」

P「……それは──」



『……てっぺん目指せ!!』


ワァァァァァ!!



P「みんなと一番近いこの場所で、歌が聴けるっていうことさ」




『奏でよう 夢のMUSIC 音符の翼──……♪』

『どこまでも 翔ばたいてゆけるPOWER♪』



P「俺は彼女達の努力を、いつだって近くで見守ってきた。
 だから、三人がステージに立ち、その成長を見せてくれたとき。
 輝いている三人を見て、ファン達が喜んでくれているのを見たとき……」

P「そういうときに、一番喜びを感じるんだ」

真「……プロデューサー」



『鳴らそう 好きなMUSIC どんなKEYだって──……♪』



P「……よく見ておくといいよ。ここは、特等席だからな!」

真「……はいっ!」



  *  *  *



千早『歌えばほら 新しいDOOR』


真美『開いてく 輝いて♪』


響『始まる世界──……』



『『LISTEN──……』』



響『……私のMUSIC♪』



ワァァァァ……!


──────
────
──



♪ ヒミツの珊瑚礁
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


涼『……夢と夢が恋に落ちるヒミツの珊瑚礁♪』

涼『流れた雲と白い砂 水飛沫弾く 空色──……』


……ワァァァァ!


涼『っ!』

涼(……やっぱり、あっちの……千早さん達のステージ、凄いな)

涼(僕なんかじゃ、とても……)



涼ちーん!

がんばれぇぇ!!



涼『……』ニコッ



うほっ!!!

かわいいぃぃぃぃ!

愛してるぅぅぅぅぅぅ!!



涼(──でも、最後まで、歌いきらないと……!)

涼(僕のことを応援してくれる、ファンの皆さんのためにも……!)



涼『……胸に抱いた全て今 ここから生まれるなら』

涼『濡れた瞳 揺れる鼓動 眩しい今日のはじまりに──……♪』



涼(そして──……)



涼『キミとさ ボクがいるのさ──……♪』



涼(絵理ちゃんの、ためにも……!)

──────
────
──


──────
────
──


パチパチパチ……!


響『えへへっ……みんな、ありがとーっ!』


  *  *  *


真「……プロデューサー! すごいっ、すごいですよっ、響達!」

P「あはは、そうだな。拍手が鳴り止まないよ」

真「いやぁ、涼には悪いけど、やっぱりこっちの方が盛り上がっちゃいましたねっ!」

P「……でも、まだ終わってないぞ」

真「え? でも……」

P「ほら、見てごらん」



……アンコール!

アンコール!!



真「……アンコールの声、あんなに」

P「……」

真「……」



P(歌が続いている間、真はずっと、目をキラキラと輝かせながらステージを見ていた)

P(歌を聴きながら、ファン達の歓声を聞きながら……、
 いつか自分もあの場所に立ってやると、そう誓っていたんだろうな……)



P「……なぁ、真」

真「え? な、なんですか?」



1 アンコール、参加してみるか?
2 いや、なんでもない

>>319

1



アンコール アンコール……!

     アンコール アンコール……!



P「……アンコール、参加してみるか?」

真「え……っ!? ぼ、ボクがですか!?」

P「ああ。あそこに、立ってみたいんだろ?」

真「……でもボク、みんなの歌、振り付け込みでは歌えないですし……」


タッタッタ……


真美「まっこちーん!」ピョンッ

真「わぷっ……、ま、真美!?」

P「お疲れ、みんな!」

真美「んっふっふー! おっつかれちーん!」ギュー

真「ちょ、ちょっと、苦しいよ……」

響「えへへっ、どうだった、プロデューサーっ!」

P「ああ! 最高のステージだったぞ! 次はアンコールだな」

千早「そうですね。それじゃあ曲を……あら?」

真「……」

千早「……ふふっ、プロデューサー。曲はもう、決まっているみたいですね」

P「……ああ!」


  *  *  *


P「さて……どうする、真」

真「……っ」

P「あの場所に行きたいのか、行きたくないのか」

P「選ぶのは、お前だ」

真「ボク、は……」


真「……行きたい」

真「ボクも、あのステージに立ちたいですっ! プロデューサー!」

P「……よし! 決まりだな!」


真「でも、ステージ衣装はどうするんですか? それに、曲も……」

真美「だーいじょうぶっ! こんなこともあろうかと、衣装は兄ちゃんが用意してくれてたのだよ!」

真「そ、それホントですか!?」

P「うん、まぁ……さすがにこうなるとは思ってはいなかったけど、
 予備の衣装は持ってきてあるよ。たぶん、真なら着れるだろう」

響「それに、真なら……、この歌だって、なんくるないさー!」

千早「そうね。真、随分気に入っていたみたいだから」

真「ボクが、気に入ってた歌?」

P「よし、それじゃあそうと決まったら、みんな! 急いで着替えてくるんだ!」


「「「はいっ!」」」


P「……ほら、真も」

真「……」



アンコール アンコール……!

     アンコール アンコール……!



P「……ファン達を待たせるなんて、アイドル失格だぞ?」

真「アイドル……」

P「そうだ。ステージに立つと決めた瞬間、女の子はみんなアイドルになるんだからな」

P「ファン達に……菊地真というアイドルを、思いっきり見せ付けてこいっ!」

真「……はいっ! わかりましたっ!」


──────
────
──



アンコール アンコール……!

     アンコール アンコール……!

 アンコ──……



タッタッタ……

響『……みーんなー!』

真美『お〜待たせ〜っ!』



ワァァァ!!



千早『アンコールのご声援、ありがとうございます。
   私達は、そのお気持ちに応えるべく……ふふっ』

真美『今日は最後に! みんなが初めて聴く曲を、歌っちゃうよーんっ!』



ざわ……

新曲ってことー!?



響『うんっ! それに、スペシャルゲストも呼んでるんだぞっ!』

千早『それでは、紹介します! 私達765プロダクションの、
   大切な仲間のひとりである──……』

真美『……菊地! 真くんだよーん!』



え!?

くん!? 男っ!?



真『ちょ、ちょっと真美!? 真くん、じゃなくて、ちゃん、だろーっ!?』

真美『えー。でもでも、真ちゃん、なんてまこちんには似合わないっしょ〜』

真『いやでも……! あぁっ、ご、ごめんなさいみなさんっ!
  ボクは、れっきとした、女! ですからねっ!』


アハハ……


千早『真、それより先に、自己紹介をするべきでしょう?』

真『みんながそういう感じにしたんじゃないかー!』


あはははは……!



真『……ゴホン! えっと、それでは、改めて……』

真『ボク、菊地真っていいます! 今日はトクベツに、
  ゲストとしてアンコールに参加させてもらえることになりました!』

真『たぶん、ボクのことを知っている人はいないと思うけど──……』



……真ちゃーん!

俺は知ってるぞー!!



真『え……!? ほ、ほんとですか!? うわぁ……感動だなぁ……!』

真『えへへ、一生懸命歌いますから、今日はぜひぜひ!
 ボクのことを、もっともっと! たっくさん! 覚えていってくださいねっ!』



はーい!!


  *  *  *


響『……よーっし! それじゃあみんな、行っくぞーっ!』

千早『私達、フェアリーズステップの新曲……』

真美『今日は、初披露しちゃうよーん!』



『『……せー、の!』』




『『『……エージェント、夜を往く!』』』



わぁぁぁぁぁ……!


──────
────
──


♪ エージェント夜を往く
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


『『──もっと! 高めて果てなく 心の奥まで──……♪』』

真・真美『あなた だけが使えるテクニックで!』

真美『とかちつくちて♪』


かわいい!!!!!!!!



  *  *  *



P(……先週購入した新ステージ衣装、『スターライトエージェント』)

P(やっぱり、この曲にぴったりだったみたいだな!
 みんなが舞うたびに衣装もきらめき、ステージの上はまるで満点の星空だ)

P(ファン達も新曲に大喜びのようだし、新CDのカップリング曲として、良いアピールになったようだ。
 こんなこともあろうかと、先週からさっそく練習させておいて良かったな……)

P(……それに、何より)



真『もっと 染めてよ激しく 世界の色まで──……♪』


真ちゃぁぁぁぁぁん!!

わ、私、もう倒れそうですぅぅっ!!



P(真がステージの上で、本当に楽しそうに歌って踊る姿……。
 これを見ることが出来たのが、一番の収穫だろう)

P(今日は本当に、最初から最後まで、素晴らしいステージになったようだ……!)


──────
────
──

真「……あっ、プロデューサー!」タタッ

P「おー、真! お疲れさん」

真「お疲れ様ですっ! 今日はほんっとーに、ありがとうございました!」

P「お礼なんていいんだよ。こっちとしても、真が入ってくれたことによって、
 ステージが更に盛り上がって大助かりだったしな!」

真「いやぁ〜、そんなぁ……えへへ」

P「楽しかったか?」

真「はいっ、そりゃあもうっ! あの、それでですね……」

P「ん?」

真「もし、迷惑じゃなかったらですけど……
  良かったら、これからもたまに、ステージに呼んでもらえたらなって……」

P「……」

真「って、ごめんなさい! こんなこと、贅沢すぎるし、ワガママですよね。
  今日参加させてもらっただけでボクは……」

P「……いや、いいよ」

真「え」

P「むしろ、こっちからお願いしたいくらいだ。今日のアンコールを見てわかった、
 真はこれまで、チャンスに恵まれなかっただけで、十分な実力を持っているってさ」

真「ほ……ホント、ですか……!?」

P「ああ! だから、今週だけとは言わず……これからもよろしくな、真!」

真「……は、はいっ、よろしくお願いしますっ! へへっ、やーりぃっ!!」



パーフェクトコミュニケーション!



※ステージのゲストとして、菊地真を呼べるようになりました

※クインテッドライブにおけるゲストとして呼べるアイドルは、現状では以下の通りです

・高槻やよい
・天海春香
・四条貴音
・三浦あずさ
・萩原雪歩
・菊地真



P(さて……)

P(これで、沖縄での仕事は終わりだ。
 しかし俺にはまだ、やることが……大切な仕事が、残っている)

P(それは──)


  *  *  *


P「……響」

響「! プロデューサー……」

P「このあと、少し時間が余ってしまったんだ。
 飛行機の搭乗時刻まで、結構あるんだよな」

響「……そっか」

P「だからさ……この空いた時間で、沖縄、案内してくれないか?」

響「……」

P「まぁ、もしかしたらそうしているうちに、
 『響の昔の知り合い』に会うかもしれないけど……それでも良かったら」

響「……」



響「うん。わかった」



響「でも自分、みんなを案内する前に、寄らなきゃいけないとこがあるんだ」

P「それは、どこだ?」

響「……友達のところ。プロデューサー、それにもついてきてくれるか?」

P「……もちろん。響が行くところなら、
 俺はどこへでもついて行くよ。相棒、だからな」

響「……えへへ、ありがと!」


  *  *  *


P(──それは)

P(響が心に抱えたわだかまりを、解いてやること)

P(この余計なお節介を、響は受け止めてくれた。
 それなら俺は、最後まで見届けてやろう)

P(たとえどんな結果が待っていようとも……最後まで、響のそばで)


【活動 24週目 つづく】

中途半端になっちゃいましたけど、眠気が限界なのでとりあえず以上です
今日の夜からまた書けるかと思います お付き合いありがとうございました

>>1です
火曜日に書くとか言ったのに、鯖落ちしてからなんの音沙汰も無くてすみません
今週はちょっと時間が取れそうにないので、次の月曜日からまた再開します

再開します


南エリア


  ──────────────────────
             ある日の風景
  ──────────────────────


                                 沖縄

                      ──────────
                          活動 24週目 夕



ザザァ……

   ザザァ……



響「……自分達が今いるこの島は、自分が住んでたところじゃないんだ」

P「本島出身じゃなかったのか?」

響「うん。自分が生まれ育ったのは、ここから少し離れた、小さな島」



P(耳に心地よく響く潮騒を聞きながら、俺と響は、
 人もまばらになった海岸沿いの砂浜を歩いていた)

P(響が故郷に住んでいた頃の旧友──アリサさんと約束した場所へ行く為だ)



  *  *  *



響「狭くて、なんにもなくて……会う人みんなが、知ってる人で。
  外との繋がりなんて、テレビくらいしかなかったんだぞ」

響「『歩いて五分のとろこにコンビニがあるなんて都会だな』って美希に言ったら、
  馬鹿にされちゃったくらいだし。えへへ……」

P「そっか……」



ザクッ

  ザクッ……



P(足を踏みしめるたびに、細やかで柔らかい砂の上に足跡が残っていく)

P(目線を上げれば、雲影がはっきりと浮かぶ夕暮れの空と、どこまでも広がる鮮やかな色の海、
 そして遠い水平線の向こうに夕日が沈んでいく様子が見える)

P(……これほどまでに美しい風景を、俺は今日まで見たことがなかった)



響「……でも、だからこそね!」



P(そう言うと、島に住んでいた頃の思い出を語っていた響は、
 くるりと俺のほうへと振り返った)

P(少し日焼けしたその顔には、柔らかな笑顔が浮かんでいる。
 懐かしんでいるような、照れているような……とても優しい表情だ)



響「だからこそ……」

響「島に住んでる人達は、自分にとって……、みんな、大切な家族だったんだ」


P(前回のあらすじ)

P(響が沖縄に住んでいた頃、一緒にアイドルを目指していたというアリサさん。
 彼女と響を会わせる為に、俺は今週、沖縄で仕事をすることを選んだ)

P(そして、フェス終了後……)



千早『……そういうことでしたら、わかりました。私達はここで待っていることにします』

真美『そだね。真美もオッケーだよ!』

真『うーん、なんのことかいまいちわからないけど……
  とにかく! 響にとっては大切なことなんですね!』



P(フェアリーズステップのメンバーと、今週活動を共にしていた真に、
 俺と響は事情を話し……そして今、約束の場所へと向かっているのであった)

P(千早と真美は、前からアリサさんの件について響に相談を受けていたらしい。
 俺が以前、響に『二人にも相談するんだ』と言ったからだな)



  *  *  *



ザザァ……

   ザザァ……



P「アリサさんには、連絡しておいたのか?」

響「うん。沖縄で仕事をするってプロデューサーが言ったあと、すぐメールはしといたぞ。
  まぁ、返事は無かったけど……」



ザッパーン!



響「……でも、きっと来てくれる。自分、なんとなくそう思うんだ!」

P「……そっか。やっぱり、友達のことだからわかるのかな」

響「まーね! えへへ……」



P(そうは言うものの、やはり不安は消えないんだろう。
 響の顔に浮かんでいた笑顔が、少しだけぎこちないものになった)

P(……俺が一緒にここまで着いてきたのは、響のそんな不安を消してやるためだ。
 そして心おきなく、アリサさんと話をさせてやるため……)

P(それなら──!)



※タッチしてください


1 手 
2 頭
3 ほっぺ
4 その他(身体の部位)

>>336

ほっぺをつねる


P「……」ティン

P(そうだ。響の不安を消してやるためには、こうするのが一番だろう……!)


P「ねぇひびきん こっち向ーいて」

響「へっ?」クルッ

P「えーい!」


ぐにっ


響「んにゃっ!?」

P「うりうり」


ぐにぐに


響「にゃ、にゃにすんだにょー!」

P「うわぁ、ほっぺ超やわらけぇ……これ柔軟剤使ってるだろ」

響「うー……つかってにゃいしっ! はーにゃーせー!」

P「あははっ! そんなこと言って、あんまり抵抗してないじゃないか!」

響「……」カァァ

P「……あ、あは」


P(夕日に照らされているから、顔の色が変わったかはいまいちわからないが、
 この両手に伝わる響のほっぺの温度が、少しだけ高くなった気がする)

P(ど、どうしよっかな。なんか微妙な空気になっちゃった)



1 もう少しこねくりまわそう……
2 離してあげよう
3 せっかくだし、このままキスをしよう……!
4 その他

>>338
※3を選んだ場合に限り、話がめちゃくちゃ分岐します

1


P(口では離せと言っておきながら、響のこの表情……。決して嫌がってるわけじゃないんだろう。
 いわゆるツンデレ? ってやつだな)

P(よーし、それなら……!)



P「……」グニグニ

響「うぅー……ま、まだやるの?」


さわさわ


響「あはっ、あははは! くすぐっちゃいよぉ〜!」

P「可愛い……」

響「!?」

P「あ、いや……」

響「……こ、こんなことして、楽ひいか?」

P「楽しいっていうのも当然あるけど、何より、響をリラックスさせてやる為だよ」クニュクニュ

響「りりゃっくしゅ? っていうか、楽ひいんだ……」

P「ああ。響、ちょっと表情が固くなってたからさ」コヌコヌ

響「……」

P「……大好きな人と会うなら、笑顔でいないとな」グニグニ

響「……しょっか。ぷろりゅーしゃーは、そこまで考えてくれてたんだにぇ……」

P「もちろん」モミモミ

響「えへへ……しょれなら……も、ちょっと、こうしててもいーぞ……」


──────
────
──


──────
────
──


ザザァ……

   ザザァ……



響「……プロデューサー」

P「ん?」

響「自分、プロデューサーのおかげで、めちゃくちゃリラックス出来たと思う。
  これならきっと、アリサともちゃんと話せるさー」

響「だから……ありがとね!」

P「……お礼なんて、いらないよ」

響「あっ! で、でもでも! いきなりほっぺをつねるなんて、
  ビックリするから、今度からはちゃんと言ってよね!」

P「ということは、事前に言えば、触らせてもらえるのか?」

響「……プロデューサーがそうしたいっていうなら、別にいいけど」モジモジ

P「……」

響「ち、ちがうぞ! そんなんじゃないんだぞ!」

P「そんなんって……?」

響「うぎゃー! 聞くなぁ〜!」



P(……と、とにかく)

P(先ほどまで浮かんでいたぎこちない笑顔は消え、
 今の響は、心から落ち着いているようだった。この分なら、きっと大丈夫だろう)

P(響のほっぺの柔らかさも堪能できたし、こうして正解だったな……)


パーフェクトコミュニケーション!



ザザァ……

   ザザァ……


P(それから……)

P(響と談笑しながらしばらく歩いていると、堤防に腰掛けている、
 綺麗に日焼けした一人の少女の姿が目に入ってきた)



響「……あ」

P「あれが?」

響「……うん。アリサだぞ」



P(……本当に来てくれたんだな。ひとまずは一安心、と言ったところか)

P(でも、まだ終わりじゃない。ここからは、響の戦いだ。
 アリサさんと再び昔のような関係に戻るためには、響が自分で、気持ちを全部伝えないといけない)

P(俺は……)



1 「俺も一緒に行くよ」と言おう
2 「行っておいで」と言って、背中を押そう
3 せっかくの再会なのに、BGMが足りないな。俺はここで歌でも歌っていよう
4 その他

>>342

2


P(俺に出来るのは、ここまでだ)

P(あとは、響の──響だけの、力で)



P「……行っておいで」ポンッ

響「プロデューサー……」

P「大丈夫。今の響なら、きっとうまくいくよ」

響「……うんっ! それじゃ、行ってきまーす!」


タッタッタ……


──────
────
──

 

──────
────
──


P(それから、約二十分ほどして……)



ザザァ……

   ザザァ……



響「……」

P「おかえり、響」

響「……うん」

P「それじゃあ、行こうか」

響「行くって、どこに?」

P「みんなのところ。待ってるだろうしさ」

響「……そうだね」



  *  *  *



テクテク

響「……ねぇ、プロデューサー。聞かないのか?」

P「何を?」

響「何をって……どんなこと話したのか、とか、うまくいったのか、とか!」

P「聞かなくても、わかるよ。響のその表情を見たら」

響「……そっか!」



P(アリサさんとの話し合いを終え、俺のところまで帰ってきた響の顔には、
 満面の笑みが浮かんでいた)

P(それは、俺がこれまで一緒に過ごしてきて、初めて見る種類の笑顔。
 響が心に抱えていた問題は、この瞬間、全て消え去ったのだろう)

P(……良かったな、響)


響「……プロデューサー、前に言ってくれたよね」


『それなら、今でもアリサさんは響のことを見てくれているはずだ。
きっとアリサさんは、自分のことを考えるより、響にもっと活躍してもらうことを願っているんだ』


響「ってさ。あれ、ほんとにそうだったみたい。
  自分達のCDは全部買ってるし、学校でも毎日ジマンしてるって言ってた!」

P「それならそうと、言ってくれればよかったのにな」

響「えへへ、ほんとだよね! あ、あとあと!
  アリサ、今日のフェスも観にきてくれてたんだって!」

P「へぇ、そうだったのか」

響「自分が送ったメールを読んでから、すぐ本島に飛んできてくれて……
  朝から並んで、ようやく当日券買えたって言ってたぞ」

響「人気がありすぎてチケット買えないから困る! なーんて言われちゃったし。えへへ……」

P「そっかそっか……光栄なことだな」

響「……でも、まだだよね」


ザザァ……

   ザザァ……


響「まだ、自分達はトップアイドルじゃない。
  プロデューサーのおかげでここまで来れたけど、まだ、最初の目標は果たしてないんだ」


  *  *  *


響「アリサと会って、島のこととか、自分の今のこととかをちゃんと話してみて、
  自分、改めて気付いたんだ。自分はひとりじゃないって」

響「大切な仲間や、765プロのみんなや、島の友達や、他にもいろいろ!
  みんなが自分に、夢を預けてくれてる! それがわかったら、なんか背中がジーンとしてきちゃって……」

響「……こんな風に、静かに嬉しい気持ちになったの、自分、初めてなんだ!」

P「……」

響「多分、自分……今回のことで、すごく成長できた。プロデューサーがこうしてくれて、本当に良かったぞ!
  昨日までの自分が小さかったって、今では素直に思えるんだ」

響「だから……もう、負けられない。色んなものを背負ってるっていうことが、自分に力をくれる!
  そんな色んなものに……、自分は恩返しがしたい。トップアイドルになって、立派に成長してみせることで」

響「……だからさっ! プロデューサー!」

P「なんだ?」


……ザッパーン!


響「えへへ……これからも、プロデュース! お願いしまーす!」

P「……ああ、もちろん!」



P(……響の小さな身体に、大きな期待がかかっている)

P(しかし響は、その期待の大きさには物怖じせずに、
 むしろそれを力に変えて、これからも頑張っていくと決めたようだ)

P(それなら俺は、最後まで……響のそばにいて、見守っていてやろう。
 プロデューサーとして、相棒として。響が折れないように、支えてやれるように)


パーフェクトコミュニケーション!



テクテク

P「えーっと……こっちだったっけ。みんなが待ってる場所」

響「……」

P「……響、どうした?」

響「……あのさっ、プロデューサー!」

P「ん?」

響「飛行機の時間まで、まだ、ちょっとある……よね」

P「ああ、確かにそうだけど……でも、それほど余裕もないぞ」

響「そ、そうだよね! ごめん、やっぱなんでもない!」

P「……言ってみな」

響「……。もうちょっとだけ、自分とふたりで……散歩しないか?」

P「……」


P(響のことは、今でもみんな心配しているだろう)

P(だから、早くみんなのところに戻って報告してやった方がいいとも思うが……
 でも、響も響で、まだ俺に何か話したいことがあるのかもしれない)


1 いいよ
2 ダメだ

>>347

1


P「……いいよ」

響「ほ、ほんと!? イヤじゃないか!?」

P「響と一緒にいることが、イヤなわけないだろ。
 ただし、本当にちょっとだけな。飛行機に乗り遅れたら大変だから」

響「うん! わかってる!」

P「……それじゃあ、また海に向かってUターンしよっか」



  *  *  *



P(そうして俺と響は、再び、先ほどの海岸まで戻ってきた)

P(ちなみに……。言い忘れていたが、アリサさんは、響と話したあとすぐ島に戻っていったらしい。
 響にその理由を聞いたら、『プロデューサーがいるからだぞ』なんて言われてしまったけど……)

P(……何か、俺がいたらマズイ話でもしていたのだろうか?)


テクテク……


響「……プロデューサーはさ」

P「ん?」

響「いつでも、自分に優しいよね。自分のワガママ、なんでも聞いてくれる。
  それってやっぱり……前言っていたみたいに、相棒、だから?」

P「……うん」

響「……。うん、決めた!」

P「決めた? 一体何を……」

響「ううん、なんでもない! ただ、自分にもう一個、目標が出来たってだけさー!」

P「目標?」

響「今はナイショ! でも、自分たちがトップアイドルになれたとき──IA大賞を受賞出来たときに、
  プロデューサーにもちゃんと言う。だからそれまで……、待ってて!」

P「あ、ああ。わかったよ」

響「えへへ……約束だぞ!」



【トップアイドルになったときに、響と話す】

※アイドルとの『約束』が出来ました

※今後、『約束』が出来たらこんな風にアナウンスします。
 約束が果たされなかった場合や、果たされないことが確定した場合、アイドルのテンションが物凄く下がります。
 その代わり、果たされた場合、アイドルのテンションとやる気が物凄く上がります



ザザァ……

   ザザァ……



響「──いつだって、微笑んで……歩き出せる仲間となら……♪」

P「……? それ、歌?」

響「うん。自分がプロデューサーともうちょっと話したかったのは……、
  これを聴いて欲しかったからなんだ」

響「これは、自分とアリサがアイドルになったら、
  そのとき一緒に歌おうって約束してた、オリジナルなのさー!」

P「オリジナルって……響、作詞とか作曲できたのか?」

響「へへーん! まぁ自分、完璧だからな!」

P「……本当に?」

響「う……ほ、本当は出来ない。アリサと一緒にあーでもないこーでもないって言いながら、
  めちゃくちゃ時間をかけて作ったんだ……」

響「……でも、あの頃ふたりで一生懸命考えた、自分たちだけのアイドルソング。
  ちゃんとしたカタチにはなってないと思うけど……プロデューサー、聴いてくれるか?」

P「……もちろん」



P(響とアリサさんが一緒にアイドルを目指していた頃、ふたりで作り出した曲。
 きっと、いろんな想いが詰まった歌なんだろう)

P(まだ中学生だったふたりはきっと、この歌をステージで歌うことを夢見て……)



響「えへへっ! それじゃあ、行くぞ! すぅー……」

P「ああ、ちょっと待ってくれ!」

響「え?」

P「その前に、タイトルを教えてくれよ」

響「あぁっ、そうだね! えへへ……それじゃあ、発表しまーっす!」

響「この歌のタイトルは……」



P(きっと響は、アリサさんとのことが解決したから、再びこの歌を歌おうと思い立ったのだろう)

P(背負っているものの大きさを実感し、それを踏まえた上で、
 また『新しい日々』を歩いてくために……この、思い出の歌を)

P(そんな、ふたりだけの大切な歌。その歌のタイトルは──)



響「……『Brand New Day!』」


♪ Brand New Day!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



……進め 負けない ここから始まる

手と手を繋いで 走り出す

自分たちの未来は──……♪



P(潮騒をBGMに歌う響の姿を見ながら、俺は、
 以前、響が言ってくれた言葉を思い出していた)

P(千早の抱えた問題が発覚し、目の前が真っ暗になってしまった、あのときのことだ)



『うん! それでまた、皆と手を繋いで、走り出したいんだ!』

『そしたらまた、毎日、自分にとっての「新しい日々」が始まるから!』



P(……俺はこの言葉に、随分と救われた)

P(夢へと歩く道の途中、たとえ高い壁が立ちふさがろうとも、
 仲間と一緒なら、きっとなんとかなる。それを改めて教えてもらえたんだ)



  *  *  *



負けたり へこんだりしない

世界が呼んでいるんだから

飛び込んじゃえば──……♪



『そこから先の、自分たちの未来は……きっともう、負けたり、へこんだりしない』

『世界が呼んでるなら飛び込むし、そうじゃなくても、
ずっとずっと、皆と一緒に笑いあっていきたい』

『えへへ……そういう未来を作るのが、今の自分の夢、だぞ』



P(この歌にはきっと、響自身の気持ちが込められているんだろう。
 ひとりでなんでも出来る、じゃない。仲間と一緒にいるからこそ、響は本当の自分自身でいられる)

P(……今、わかった)



響「──たぶん All Right!」



P(響は今この瞬間……、本当の意味で、生まれ変わったんだ)


──────
────
──


響「えへへ……以上です!」

P「……ありがとう、聴かせてもらえて」

響「……あのさ、どうだった?」

P「本当に良い歌だったよ。響の気持ち、しっかり伝わった」

響「ほんと!? それじゃあそれじゃあ、CDにも出来るかな!?」

P「あはは、それが目的だったのか?」

響「う、そ、それだけじゃないけど……でも、チャンスがあればって思って……」

P「……そうだなぁ」


1 4thシングルの曲は、これで行こうか
2 そうさせてやりたいけど、俺達だけで決められることじゃないからな

>>352
※1の場合、4thシングルの曲を決める際に安価が発生せず、強制的に『Brand New Day!』になります
※2の場合は、曲決めの際に通常通り安価を取ります
※どちらを選んでも、響の親愛度が下がることはありません。
 加えて、4thシングルに選ばれなかったとしても、この曲の出番はこの先またあります…たぶん

2


P「そうさせてやりたいけど、俺達だけで決められることじゃないからな」

響「うーん、そっか……まぁ、そうだよね。自分達、いつもみんなで曲を決めてたし」

P「……いいのか? 意外にあっさり納得したみたいだけど」

響「えへへっ、そりゃそうさー! だってこれは、もちろん色んな人に聴いてもらい曲ではあるけど、
  それならちゃんと、カタチにしてからの方がいいって思うから!」

響「それに、自分……ホントのこと言うと、プロデューサーに聴いてもらえたから、
  それで十分だとも思うんだ」

P「響……」



P(きっと、あの歌を歌うこと自体が、響にとっての決意表明みたいなものだったんだろう)

P(それならこれは、俺と響だけの大切な秘密にしておこう……)



P「……また、聴かせてくれよ」

響「うんっ!」


パーフェクトコミュニケーション!

訂正
×響「えへへっ、そりゃそうさー! だってこれは、もちろん色んな人に聴いてもらい曲ではあるけど、
  それならちゃんと、カタチにしてからの方がいいって思うから!」
○響「えへへっ、そりゃそうさー! だってこれは、もちろん色んな人に聴いてもらいたい曲ではあるけど、
  それならちゃんと、カタチにしてからの方がいいって思うから!」
でオナシャス


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 24週目 夜


P(それから……)

P(みんなのところに戻った俺達は、ことの一部始終を報告した。
 まぁ、歌のことはナイショにしておいたから、正確に言えば一部始終じゃないが)

P(ナイショにして欲しい、と言われるかとも思ったけど、
 響は、今のメンバーになら全部打ち明けてもいいと言ってくれたんだ)

P(……しかしみんなも、俺と同様、それについて根掘り葉掘り聞こうとはせず、
 ただ、響が抱えていた問題が解決したことを喜んでいてくれた)

P(本当に、良い仲間を持ったな……)


  *  *  *


P(そうして今、約三時間の空の旅を終え、ようやく俺は東京の事務所へと帰ってきた)

P(しかし、長い一日だったな……今日だけで色々なことがあって、さすがに少し疲れた……)



ガチャッ

P「ただいま戻りましたー……」

小鳥「あら、お帰りなさい、プロデューサーさん」

P「音無さん……お疲れ様です」

小鳥「はい、お疲れ様です……大丈夫ですか?
   なんだかプロデューサーさん、目に生気がないというか……」

P「はは……そ、そんなことないですよ」

小鳥「……今、コーヒーいれますね。ちょっと待っていてください」

×P(ナイショにして欲しい、と言われるかとも思ったけど、
 響は、今のメンバーになら全部打ち明けてもいいと言ってくれたんだ)
○P(アリサさんとのことはナイショにして欲しい、と言われるかとも思ったけど、
 響は、今のメンバーになら全部打ち明けてもいいと言ってくれたんだ)

前後で意味がなんかおかしく見えたので訂正
あとすみません、今から三十分ほど席を離れます

 
小鳥「はい、どうぞ」コトリ

P「すみません、いただきます」

ズズッ

P「ふぅ……美味しいなぁ。ありがとうございます、音無さん」

小鳥「ふふっ、どういたしまして」


  *  *  *


小鳥「フェアリーズステップのみんなと、あと真ちゃんはどうしたんですか?」

P「今日は先に帰らせました。長旅でしたし、みんな疲れているでしょうから」

小鳥「……なるほど、だからそんな顔してるんですね?」

P「え? どういうことですか?」

小鳥「プロデューサーさん、アイドルのみんなの前だとすぐカッコつけて、
   たとえ疲れてても全然平気だって顔してますから」

小鳥「だから、今はその反動がきてるんでしょう。また無理なさるんですから……」

P「……そんなこと、」

小鳥「あります。社長への報告は私が済ませておきますから、
   プロデューサーさんも、今日は早くお帰りになって休んだほうがいいですよ」

P「……」ポケー

小鳥「……? どうかされたんですか?」

P「あ、ああいえ! なんでもないです、なんでも……」


P(音無さんの優しさが五臓六腑に染み渡る……やばい、ちょっと泣きそうだ)


1 それじゃあお言葉に甘えて、今日はお先に失礼します
2 音無さんの旦那さんになれる人は、幸せですね
3 なんでそんなに優しいのにこの年まで恋人が出来なかったんですかね
4 その他

>>359

小鳥さんはいい女性だなぁ…(ちょっと泣きながら)


P「……」


P(思えば俺は……、確かに音無さんの言う通り、
 アイドルのみんなの前ではいつもカッコつけていたかもしれない)

P(プロデューサーとして、みんなの頼れる存在であろうとして……)

P(もちろんそれがイヤだとか、辛いとかいうわけではない。
 大切なみんなの為に尽くせることは、俺にとっての幸せだから)

P(だけど……)



P「……スン……グスン」

小鳥「プロデューサーさん……?」



P(だけど……こんな風に気遣ってもらえたこと、これまであっただろうか)

P(『いつもありがとう』って言ってもらえることは、何度かあった。
 俺にとってはその言葉が何より原動力で、よーしまた頑張ろう! って思えるんだ)

P(でも、『無理しないでいいんだよ』『休んでもいいよ』なんて言われたことは……)



P「う、うぅ……」ジワッ

小鳥「な、泣いてらっしゃるんですか……!?」

P「あ、あぁ……す、すみません!」ゴシゴシ

小鳥「……何か、悲しいことでもあったんですか?」

P「違います! ただ、本当に……小鳥さんは良い女性だなぁって思って……」

小鳥「え」

P「だから、決して……悲しくなってるわけじゃ……」

小鳥「……」



小鳥(……いま、なんて?)

小鳥(良い女性って言われた? 褒められた?)

小鳥(いやいやいやいや、それは確かに嬉しいけどもう空も飛べる気持ちだけど、
   もっと、大切な……いつもと、違うことが起きたような……)



小鳥「……!」ハッ

小鳥「ぷ、プロデューサーさん! いいいいま、なんておっしゃいました!?」

P「え? だから、悲しくて泣いてるわけじゃないって……」

小鳥「そうじゃなくて! もうちょっと前ですぅ!」

P「前? えーっと……小鳥さんは良い女性だなぁって」

小鳥「!!!!」



小鳥(や、やっぱり……)

小鳥(いま、プロデューサーさん……私のことを、『音無さん』じゃなくて)

小鳥(『小鳥さん』、って……!!)


小鳥「ことり……さん」

P「……あ。す、すみません音無さん! 俺としたことが、ついつい気安く下の名前で」

小鳥「いいんですっ!!」クワッ

P「ひぃっ」

小鳥「思えばこれまで長かった……私、知っています。
   プロデューサーさんは、初対面の人には基本的に苗字で呼ぶってこと」

小鳥「そして、仲良くなった子にだけ、下の名前で呼ぶということも……」

P「はぁ……そうでしたっけ? あまり意識したことなかったな」

小鳥「私とプロデューサーさんが知り合って、もう結構経ちます。
   それで私は、いつも思っていたんです。『私のことはいつ名前で呼んでくれるのかしら』って」

P「……」

小鳥「うふふふ……でも、それも今日で終わりですね!
   これからは遠慮せず、小鳥ちゃん、でも、小鳥姉さん、でも、
   なんと呼んでくださっても結構ですから!」

P「そ、そうですか」



P(音無さん、なんだかやけにハイテンションだ。
 そんなに苗字で呼ばれることがイヤだったんだろうか?)

P(それだったら、ちょっと悪いことしたな……)



P「ごほん! わかりました。それじゃあ……これからは、こう呼ばせてもらいますね」


1 小鳥さん
2 音無さん
3 ピヨちゃん
4 小鳥
5 その他(呼称)

>>362


P「それじゃあ、これからは……ピヨちゃんって呼ばせてもらいますね」

小鳥「そうそう、小鳥ちゃん……え?」

P「ピヨちゃん」

小鳥「ぴ、ピヨ?」

P「はい。親しみと亜美真美へのリスペクトを込めて」

小鳥「……」

P「ピヨちゃんさん……ありがとうございます」

小鳥「いやいやいやいや! おかしいでしょう!?」

P「えっ」

小鳥「百歩譲ってピヨちゃん、だけならいいとします! いやそれも変ですけど!」

P「ピヨちゃんって呼ばれること、イヤだったんですか?
 それなら今度、真美達にも言っておかないといけないな……」

小鳥「違いますぅっ! 亜美ちゃん真美ちゃんなら、まだわかるんです!
   あの二人はそういうキャラクターだし、あだ名をつけてもらえるのは私としても構いませんから!」

小鳥「そうじゃなくて……ピヨちゃんさん!? え!? さかなくんさんばりの違和感!」

P「でも、ちゃん付けなんて……そういうねn」

小鳥「そういう年齢でもない、と言いたいんですか!?」

P「……じゃなくて、年上ですから、ちゃん付けなんて出来ないってことです」

小鳥「それならぁ! さっきみたいに小鳥さんって呼んでくださいよぉ! あるいは小鳥!」

P「呼び捨てなんて、なおさら出来ません! 失礼じゃないですか」

小鳥「べ、別にそんなこと……」ゴニョゴニョ

P「……」

小鳥「……と、とにかく! ピヨちゃん、はやめてください。
   プロデューサーさんからそう呼ばれるのは、なんだか恥ずかしいですし……」

P「じゃあ、これまで通り音無さんで……」

小鳥「バカヤロー!! 話を聞いてなかったのか!!」ムキー

P(わぁ、面白いなぁこれ)



P(そんなやり取りをしたのち、結局これからは、小鳥さんと呼ぶことになった)


P「あはは、すみません、ついつい反応が面白くて……」

小鳥「うぅ……プロデューサーさん、イジワルです……」

P「……小鳥さん」

小鳥「! は、はい! なんですか?」

P「あ、いえ……慣れようと思って、呼んでみただけです」

小鳥「あ、そ、そうですか……呼んでみただけ……」



小鳥(まるで、恋人同士みたいね……ウフフ)

小鳥(そういえばプロデューサーさん、いつになったら私にまた改めて告白してくれるのかしら?
   もうそろそろ? いやいや、まだよね……今は前にも増して、大切な時期ですもの)

小鳥(でも、そんなことを言ったら、これから先なおさらチャンスがないんじゃ……?
   もうあと数ヶ月でクリスマス、運命のランキングの発表だし……)



小鳥「うーん……」ブツブツ

P「……ピヨちゃん」

小鳥「!?」

P「ふふ……」

小鳥「あぅぅ……」カァァ



P(やっぱり可愛らしい女性だな、この人は……)

P(響に対する『ひびきん』呼び同様、これからは、
 ここぞというときにピヨちゃんと呼ぶようにしよう)


パーフェクトコミュニケーション!



  *  *  *


小鳥「と、とにかく! プロデューサーさん、さっきも言ったように、
   今日はもうお帰りになって結構ですよ」

P「ありがとうございます。……小鳥さんはまだ残っているんですか?」

小鳥「はい。まだ、律子さん達が帰ってきていませんからね。
   今日の事務所の鍵の当番は私ですから、先に帰るわけにはいきません」

P「律子達……スプラッシュは、いつもこんな遅くまで活動しているんですか」

小鳥「いつもこうというわけでもないですけどね。なんでも今日は、フェスに参加して──


ガチャッ

律子「……ただいま戻りました」


小鳥「あら、噂をすれば……。お帰りなさい、律子さ……ん?」

律子「……」

春香「……はぁ」

P「……お疲れ。春香と、律子だけか?」

律子「あ、プロデューサー……はい。やよいは、
   家の手伝いをしなくちゃいけないということでしたから」

P「貴音は?」

律子「調べ物がある、と言って……フェスが終わったら、どこかに消えちゃいました」

P「……」



P(事務所に帰ってきた律子と春香は、いつもと違って、
 とても暗い顔をしていた。もしかして、仕事で何か失敗でもしたんだろうか?)

P(どうしよう、他のユニットの活動についてあれこれ聞くのもどうかと思うけど……)


1 律子に話を聞く
2 春香に話を聞く
3 両方に話を聞く
4 どちらにも詳しくは聞かない

>>367

3 何か悩みがあるなら聞くぞ


P「……なぁ、ふたりとも。何かあったのか?
 俺でよかったら、何か悩みがあるなら聞くぞ」

春香「プロデューサーさん……で、でも」チラッ

律子「……いいのよ、春香。これは私達だけじゃなくて、
   きっと765プロ全体の話だから」

P「765プロ、全体?」

律子「ええ……今日フェスで私達が戦った相手、それはきっと、
   これからフェアリーズステップ──特に千早にも、関わってくるでしょうから」

P「……千早だって?」



  *  *  *



律子「プロデューサーは今、悩みがあるなら聞くと言ってくれたけど……
   私達が抱えているのは、悩みとは少し違う種類のものなんです」

律子「悩みじゃなくて……、問題。もしかしたら、もう……わ、私達は……!」

春香「り、律子さん……」

P「……フェスに参加した、って言ってたな」

律子「……はい。単刀直入に言ってしまえば、
   今日、私達スプラッシュは……フェスに参加し、完敗しました」

P「……」



P(今のスプラッシュは、ランクCアイドルだ。
 しかも、あと少しでランクBにも届くという、立派なメジャーアイドル……)

P(そのスプラッシュを破るなんて……)



律子「ただ負けただけなら、こんな風に落ち込んだりしません。
   ただ、その負け方が……あまりにも、ひどかった」

春香「……私達は、たったひとりのアイドルに、手も足も出なかったんです」

P「ひ、ひとり!?」

律子「プロデューサー殿も、ご存知ですよね?
   フェスの勝敗は、最終的に集まってくれたお客さんの数で決まるって」

P「ああ……だからこそ、多くのファン層を集められるユニット編成のアイドルが、今は主流なんだ。
 ひとりひとりに付いたファン、その総数で勝負することができるから」

P「ソロで活動するなんて、今では全体の三割にも満たないはずだが……」

律子「……それでも、負けた。あっちのステージは、常に歓声に包まれていて、
   春香達がいくらアピールしても、それがかき消されてしまうくらいの盛り上がりだったのよ」

P「……」

律子「今回のフェスは、規模も大きかった。だからIAUの審査員も、何人も視察にきていたはず。
   私達は万全を期して、何日もレッスンを重ねて、今日まで頑張ってきたのに……!」

春香「……っ」

律子「私達は、たったひとりのアイドルに劣ると、証明されてしまった……。
   こんなんじゃ、スプラッシュはもう……、IA大賞受賞なんて、不可能に……!」

P「……!」


P(スプラッシュの、IA大賞受賞が……不可能、だって……?)


律子「ごめん、ごめんね、春香……!」

春香「……」

律子「私は……自分が、情けない……! 本当なら、
   プロデューサーのこんな姿、アイドルに見せちゃいけないのに……!」

春香「そ、そんな……謝らないでください、律子さん。
   フェスで力を発揮出来なかったのは……私達、なん……ですから」ジワッ

春香「う、うぅ……!」



P(律子も春香も、フェスに負けたショックで、本当に落ち込んでいる。
 何より、夢が途絶えてしまったかもしれないというショックで……)

P(……簡単な言葉では、ふたりの心には何も届かないだろう。
 今の俺が、ふたりに出来ることは──)



1 何もない
2 律子を、叱ること
3 慰めを言うこと
4 その他

>>370

2+律子たちをもう一度奮い立たせる何か一言



P(今の俺に出来ることは──……)

P(生意気でもなんでもいい。何が何でも、律子を立ち上がらせてやらなければ……!)



P「……律子」

律子「……はい」

P「律子は、前に俺に言ってくれたよな?
 ほら、スプラッシュとフェアリーズステップが初めてフェスで戦った、その前の週に」


『ユニットの中で、誰よりも、あなたが……
プロデューサーがしっかりしていないと、みんな、不安になっちゃいますからね』


P「……ってさ」

律子「……よく覚えていますね、そんなこと」

P「当然だ。俺はその言葉を胸に抱いて、これまでやってきたんだから」

律子「……」

P「今、それをそっくりそのまま、お前に言おうと思う」

律子「え……」

P「──しっかりするんだ、律子!」

律子「っ!」ビクッ

P「プロデューサーであるお前が、春香の前で弱気になってどうする!?
 律子はスプラッシュの大黒柱なんだぞ! お前が折れてしまったら、
 スプラッシュはそれこそ、本当に崩壊してしまうだろうっ!?」

春香「プロデューサーさんっ、そんなこと……!」

律子「……春香、黙ってて」

春香「律子さん……でもっ!」

律子「いいのよ。プロデューサー殿、続けてください」

P「……スプラッシュがここまで有名になれたのは、アイドル達の力だけじゃない。
 だけど、律子の力だけでもない」

P「全員で手と手を取り合って、今日まで頑張ってきたんじゃないのか?」

律子「……その通りです。フェアリーズステップと、同じように……」

P「だったら、ひとりで責任を背負い込むんじゃなくて……なによりまず、アイドル達を信じてやってくれ。
 春香達ならもう一度立ち上がれるって、信じるんだ」

P「それが……、プロデューサーの、一番大切な仕事だろ?」

律子「……、プロデューサー、殿」


律子「でも、もう……私達は、」

P「でも、は禁止だ。過去を振り返るんじゃなくて、未来を考えよう」

律子「未来って言っても! それじゃあ、どうしたらいいんですか……」

律子「どうすれば、あのアイドルに負けたことを帳消しに出来るの!?」

P「何言ってるんだ。余裕だろ、そんなこと」

律子「え……」

P「運命のランキングが発表され、IA大賞のノミネートアイドルが決定されるまでに、
 もう一回、そのアイドルと戦って……、そして勝てばいい」

律子「……簡単に言ってくれますね」

P「運命のランキングが発表されるまで、あと二ヶ月もあるからな」

律子「二ヶ月しか……」

P「もう一回言うぞ。二ヶ月も、だ。二ヶ月あれば、いくらでも成長できる。
 それは、俺自身が一番よく知っているから」

P「フェアリーズステップがスプラッシュと最初に戦い、見事に敗北してしまってから……
 再びフェスでめぐり合ったあの瞬間まで、およそ二ヶ月……」

P「二度目に戦った俺達は、以前と同じに見えたか?」

律子「……いいえ。前とは、見違えるようでした」

P「……それなら、もう話は簡単だ! 大丈夫、律子達なら出来る!」

P「なんて言ったってスプラッシュは、初めて会ったときからずっと、
 俺が理想だって思うユニットだったんだからさ!」

律子「……」


律子「……ほんと、参っちゃうな」

律子「気付かないうちに、アイドル達だけじゃなくて……
   あなたまで、こんなに成長しちゃってるんだから」

律子「だいぶ予想以上だわ……」


律子「……そうね。ごめんなさい、プロデューサー」

律子「私、自分がやるべきことを見失っていたみたい。
   私がアイドルを辞めてプロデューサーになったのは、みんなをもっと輝かせてやるため」

律子「それなのに、今の私は……最低だった。
   アイドル達の心のケアもしないで、自分ばっかり落ち込んで……」

春香「……律子さん」

ギュッ

律子「え……は、春香?」

春香「……私達の心のケアなんて、もう考えなくて大丈夫です。
   私も、今のプロデューサーさんの言葉のおかげで、やるべきことがわかりましたから」

春香「やよいと貴音さんのことなら、私に任せておいてください。だから律子さんは、
   これまで通り、私達のプロデュースを、お願いします」

律子「……ふふっ。頼りにしてるわよ?」

春香「はいっ! えへへ……」



P(どうやら二人は、なんとか立ち直ってくれたみたいだな)

P(もちろん、本当に厳しいのはこれからだけど……
 しかし、律子達なら、きっと大丈夫だろう)



  *  *  *



律子「プロデューサー殿。その……」

P「ん?」

律子「……ありがと」

P「……いいよ、礼なんて。仲間だろ?」

律子「でも、仲間とはいえ……、IA大賞を目指すライバル、でもあるでしょ?
   それなのにどうしてわざわざ、私達にエールを送ってくれたんですか?」

P「前にも言ったじゃないか。俺は765プロ全員で、IA大賞受賞を目指したいんだって。
 それなら、スプラッシュにここでリタイアされてもらっては困るからな!」

律子「あ……あはは。あれ、まだ考えてたんですか?」

P「……まぁもちろん、それよりもまずはフェアリーズステップだけどね」


P(……適当にまた夢物語を理由にしてみたけど、本当は、そんなことじゃないんだ。
 俺がああいう風に言ったのは、ただ、放っておけなかっただけ。それだけなんだが……)

P(律子には、黙っておこう。なんか照れくさいし)


パーフェクトコミュニケーション!


P「それで、律子。また掘り返して悪いが、さっきの話、詳しく聞かせてくれないか?
 千早が絡んでるって話だけど……」

律子「……はい。正確には、絡んでるかもしれない、ってだけなんですけど」

P「……まず、そのフェスの相手は、誰だったんだ?」

律子「……天ヶ瀬冬馬」

P「っ!」

律子「知っていますか? あの961プロに所属する、男性アイドルです」



P(鬼ヶ島羅刹……)

P(それはもしかして、先々週にテレビ局で出会い、あずささんを転ばせた上、
 散々俺達に因縁を付けてきたアイツか……!?)



『ど、どどど、童貞ちゃうわ!!』



P(……やばい、これしか思い出せない。
 というか、思い返せば思い返すほど、因縁を付けたのは俺だったような気さえしてくる)



  *  *  *



律子「……対戦相手が765プロだとわかると、
   天ヶ瀬冬馬がこちらにやってきて、こう言ったんです」


『……なんだ、如月千早じゃねーのか。
スプラッシュ? 知らねぇな。チッ、とんだ期待ハズレだぜ』


律子「って! もうそれでカッチーン! ですよっ!」

P「お、落ち着けって」

律子「と・に・か・く! あの青年一号、千早に対してだけ興味を抱いていたみたいで……
   ったく、千早の悪質なファンか何かかしらね!」

P「……」



P(……律子の言う通り、あの童貞は俺の可愛い千早のファンだったのかもしれない。
 でも、そうではない可能性もある……)

P(ピピン板橋と出会ったのは、オーディション会場の控え室前だった)

P(千早は体調不良によりオーディションを辞退したけど……予定通りに行けば、
 アイツはオーディションで千早とぶつかる相手だったはず)

P(とすると……)


『勝負は、舞台の上でするもんだからな……!』


P(勝負に対して、異常に執着していた様子もあったし……
 律子の話も合わせて考えると、アイツはもしかして、千早と戦いたかったのか?)

P(……そういう可能性も、あるのかもしれないな)


春香「……」チラッ

P「……話を聞かせてもらえてありがとう。
 これからも、961プロには気をつけることにするよ」

律子「ええ、そうしてください。……千早とのことは抜きにしても、
   天ヶ瀬冬馬の実力は確かなものでしたし」

P「ああ」

春香「……」



  *  *  *



春香「……それじゃあ、私はそろそろ帰りますね。
   お疲れ様でした、プロデューサーさん、律子さん、小鳥さん」

小鳥「春香ちゃん、終電ギリギリじゃない? 大丈夫?」

P「え、こんなに早くに終電なのか?」

春香「えへへ、私の家は、ここから電車で何時間もかかっちゃいますから」

P「駅まで、車出そうか?」

春香「あー……本当ですか? そ、それな」

律子「プロデューサー、それなら、私が車出しますよ」

P「まぁ、そっか。春香は律子の担当だもんな」

春香「だ、大丈夫です律子さんっ! まだちょっとは余裕、ありますから!
   それじゃ、おっつかれさまでーっす!」タタッ

小鳥「あぁっ、春香ちゃん! 急に走ると……!」

春香「へ? ……うわ、うわわわぁっ!」


どんがらがっしゃーん!


春香「あいたたた……えへへ、それじゃあ……」


ガチャ……バタン


P(……春香、なんだか様子がおかしかったな。気のせいか?)


P(……まぁ、気のせいだろ。春香があわただしいのはいつものことだし)


P「それじゃあ、そろそろ俺も帰ろうかな──


ピピピ


P「ん? メール……」


ピッ


………………………………
From:天海春香
Sub:無し

プロデューサーさん
少し、話、できますか?

出来れば、律子さんには
ナイショで…。

事務所近くの公園で、
待ってます。
もし来れないようだったら、
連絡ください。

春香より
………………………………


P「……」チラッ

律子「? どうしたんですか?」

P「あ、いや……じゃ、お疲れ様でした」



P(……律子にはナイショ? 一体、何の話だろう……)



              公園
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ぴゅーひゅるる〜


春香「はぅ……うぅ、寒いなぁ」プルプル

P「……春香、お待たせ」

春香「! ぷ、プロデューサーさん!」

P「ほら、ココア。あったまるから」スッ

春香「わぁ……ありがとうございますっ!」



  *  *  *



春香「それにしてもプロデューサーさん、ホントに来てくれたんですね。私、嬉しいですっ!」

P「どういたしまして。でも、あんまり時間は取れないぞ。終電、あるんだろ?」

春香「……ウソ、ついちゃいました」

P「ウソ?」

春香「ほんとは今日、あずささんのお家に泊まる約束をしているんです。
   家にもそう連絡してあるから、終電を気にする必要、ないんですよ」

P「あずささんの家……」

春香「そうです。えへへ……あずささんに、今日のこと、慰めてもらおうと思って」

P「……」


P(あずささん、一人暮らしだったのか。というか……)


P「千早の家じゃ、ないんだな」

春香「え? な、なんでですか?」

P「いやぁ、千早と春香はいつも仲良さそうにしてるからさ。
 千早は大体、スプラッシュのメンバーか春香と一緒にいる感じだし」

春香「……今日は、なんとなく、千早ちゃんとは顔を合わせづらくて」

P「どうしてまた……いや、まぁ、そうか」


P(フェスで大敗した相手が、千早のことを気にしていた。
 そのことが、春香の頭に残っているんだろうな)

P(ボロを出したら、千早に余計な心配をかけさせてしまうかもしれない。
 千早のことを考えてこその、春香なりの気遣いだったのだろう)

訂正
×P「いやぁ、千早と春香はいつも仲良さそうにしてるからさ。
 千早は大体、スプラッシュのメンバーか春香と一緒にいる感じだし」
○P「いやぁ、千早と春香はいつも仲良さそうにしてるからさ。
 千早は大体、フェアリーズステップのメンバーか春香と一緒にいる感じだし」
でオナシャッス


P「それで、話って? もしかしてまた、今日のフェスの話か?」

春香「……いえ、違います。
   これは、完全に個人的なお願いなんですけど……」

P「遠慮せず、言ってごらん。期待に副えるかどうかは約束できないけどね」

春香「……はい」


  *  *  *


春香「……あの、プロデューサーさん」

春香「フェアリーズステップのプロデュースが忙しいのは、承知の上です。
   でも、それを踏まえた上で、お願いします」

春香「もうひとり、アイドルをプロデュース……出来ませんか?」

P「……え? それって……」


1 春香が俺の担当アイドルになりたいってこと?
2 無理無理! NOに決まってるだろ!
3 とにかく、詳しく話を聞かせてくれ
4 その他

>>381

3


P「……とにかく、詳しく話を聞かせてくれ。そうじゃなくちゃ、なんとも言えないよ」

春香「あ、そ、そうですよね……すみません」

春香「あの、まずはこれ、見てくれますか?」ペラッ

P「これは……あぁ、あの写真か」



P(春香が差し出してきたものは、千早が以前事務所で拾って、俺に預けた写真だった)

P(ここまで描写はしていなかったものの、
 実はこの写真を手に入れた翌日に、俺は律子にこれを渡しておいたのである。
 そのまま律子経由で春香に返しておいてもらうためだ)

P(……日高愛と書かれた、この少女。
 春香はもしかしてこの子を、俺にプロデュースして欲しいと言うのだろうか?)



  *  *  *



春香「実は以前、私、オーディションの特別審査員としてお仕事をする機会があったんです」

P「へ、へぇ〜。やっぱりすごいな、スプラッシュ……。
 そんな大きな仕事の話、こっちには舞い込んでこないよ」

春香「あ、でも、そんなに大きなオーディションってわけでもないですよ?
   アイドルになりたての子とか、これからアイドルになるって子達を対象とした、小さなオーディションで……」

春香「とにかく、そこで私は、この子に出会ったんです。
   この写真の……、日高愛ちゃんに」

P「日高、愛……」

春香「……この子の笑顔は、ほんとにはなまるだったんです。
   いろんな子を見ましたけど、愛ちゃんだけは、なんかこう……ビビビ! っと感じるものがありました」

春香「歌もダンスもへたっぴだったけど、元気いっぱいで一生懸命で……
   なんだか、昔の自分を見てるみたいだなぁ、って、そう思ったんです」

P「……なるほど。だから、放っておけなかったんだな?」

春香「はい。それで、そのあと話しかけて、お友達になれたはいいんですけど……
   結局私は、何もしてやれなくて。ただ、ちょっとだけ励ますことしか出来ませんでした」


  *  *  *


P「彼女は──日高さんは、今もまだ?」

春香「そうなんです……どのオーディションも全滅、
   芸能事務所に応募しても書類審査の時点でダメらしくて……」

P「……」

春香「これが、私の余計なおせっかいだってことも、
   こんなことしてる余裕もないってことも、わかってます!」

春香「でも、放っておけないから……これ以上あの子が泣く姿は、見たくないから……」

春香「だから、プロデューサーさん。プロデュースするのが無理なら、
   どこかの事務所のコネとか、持ってたりしないかなぁ、なーんて……えへへ」

P「……うーん、色々と言いたいことはあるけど……まず、アイドルがコネとか言うんじゃない」

春香「はいっ、ご、ごめんなさい……」

P「しかし、コネ、か……」


P(……ないことも、ない、か? あの人なら、もしかして……)


P「……よし、わかった」

春香「え!? プロデュース、してくれるんですか? 愛ちゃんを765プロに!?」

P「違うよ。うちに所属するアイドルは、基本的に社長が選んでくるんだからさ。
 貴音や響っていう例外はあったものの、あれも律子が実力を認めたからこそだ」

P「そもそも、今の765プロはこう見えてもいっぱいいっぱいなんだ。
 プロデューサーふたりと、小鳥さん、社長が全力を出して、今の状態を保っているんだから」

P「……IA大賞も前半戦が終わろうとしている。時期も時期だし、厳しいことを言うようだけど、
 経験の無いアイドルを受け入れられる余裕は無いだろう」

春香「そう、ですよね……はぁ」

P「まぁそう落ち込まないでくれ。春香が言ったように、ある事務所にコネはある。
 そして、釣られてくれそうな材料もある」

春香「ほ、ほんとですか?」

P「うん。もちろん、確定ではないけど……」

春香「それでも構いません! 何より、あの子にチャンスを与えてくれれば、それで……!」



P(……春香、随分とこの子に感情移入しているみたいだな)

P(それが良いことか悪いことかの判断は、俺には出来ない。
 他人を思いやることと、自分の立場……。
 どちらかだけを優先しろ、なんて、担当プロデューサーでもない俺が言えることじゃないだろう)



春香「それで、その事務所っていうのは……」

P「ほら、この名刺」スッ

春香「……876プロダクション?」

P「ああ。そして、俺の勘が正しければ……今その事務所は、
 新人アイドルをノドから手が出るほど欲しがってるはずだ。
 なにせ、今あの事務所には、秋月涼というアイドルひとりしか所属していないからね」



P(──それは以前、俺がレッスンスタジオで出会った、ある女性プロデューサーの名刺だ)

P(そのプロデューサーの名前は、尾崎玲子さん。
 サイネリアと行動を共にしていた、水谷絵理の元プロデューサー……)

P(話してみる価値はあるだろう。個人的に、876プロには興味もあるし)



P「とにかく、一度俺から尾崎さんに連絡してみる。それで好感触が得られたなら、
 また春香に報告するから、そしたら日高さんを事務所に連れてきてくれ」

春香「はいっ! わかりました! ありがとうございます、プロデューサーさんっ!」


パーフェクトコミュニケーション!



  *  *  *



P(しかし、日高愛、か……)

P(やっぱり気になるんだよな、この名前。もし俺が思ってることが正しければ、
 この子は876プロじゃなくて、無理にでもうちで引き取ったほうがいいんじゃないか……?)

P(……まぁ、それも現金な話だな。とにかく今は、
 春香の相談にうまく乗れたみたいで良かった、とだけ思っておこう)


【活動 24週目 おわり】

とりあえず以上です お付き合いありがとうございました
今日の夜にまた再開できるかと思います

こんな時間になってしまいましたが再開します


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 25週目 朝



チュン、チュチュン……


P「はい、はい……ええ、かしこまりました」

P「それでは、また後日こちらから連絡いたしますので……」



  *  *  *



P(前回のあらすじ……)

P(沖縄での仕事から帰ってきた俺は、律子から、
 スプラッシュのIA大賞受賞が不可能になりそうだということを聞いた)

P(原因はフェスでの大敗。そしてその相手は、あの961プロの天ヶ崎竜馬……)

P(説得の甲斐もあってなんとか立ち直ってくれたようだが、
 俺達フェアリーズステップも、これから961プロの動向には気をつけないといけないな)

P(そして……)



『もうひとり、アイドルをプロデュース……出来ませんか?』



P(そしてそのあと俺は、春香から、日高愛という少女をプロデュースできないか、
 あるいは彼女が所属できそうな事務所はどこかないかという相談を受けた)

P(しかし今の765プロには、新人アイドルを受け入れる余裕はない。
 そこで俺は、876プロのプロデューサーである尾崎玲子さんを紹介する、と約束したのであった)



  *  *  *



P「……はい、では失礼します」


ピッ


P「ふぅ……。なんとか約束を取り付けられたか。
 とりあえずは、第一段階クリアだな」



P(今俺がしていた電話は、その尾崎さんへの連絡だったのである。
 スプラッシュの天海春香が目をつけたダイヤの原石がいるから会ってみないか、という……)

P(俺は実際日高さんに会ったことがないから、多少誇張して話してしまったけど、
 それはちかたないね。オーディションに全滅しまくってるなんて言ったら会ってくれないもの)

P(さて……)



ガチャッ

??「おはようございます」

P「ああ、おはよう!」



P(誰かが事務所に入ってきたようだ。えーっと、彼女は……)


>>391
※765プロの女の子でお願いします

律子


P「おはよう、律子」

律子「あ、一番乗りかと思ったのに。ふふっ、おはようございます」


  *  *  *


律子「さーって、と……さぁ、何から手を付けてやろうかしら」

P「なんだか、気合い十分って感じだな」

律子「そりゃそうですよ。あなたが先週言ってくれたように、
   もうへこたれてる余裕も時間もありませんからね。私も気合いを入れていかないと!」

律子「初心忘れるべからず。あの頃に戻ったつもりで、
   これからまたあの子達をプロデュースしていくつもりです!」



P(先週落ち込んでいた姿もどこへやら……
 律子は今、やる気に満ち溢れているようだ)

P(やっぱり、落ち込んでいる姿より、こうして元気でいる姿の方が魅力的だな)



律子「……ところで、プロデューサー」

P「ん? なんだ?」

律子「こうしてふたりきりになれたのも何かの縁ですし……
   ちょっと、話したいことがあるんですけど、いいかしら」

P「ふたりきりで話したいこと? それって……」


1 こ、告白とか……?
2 プロデュースの相談とか?
3 秋月涼のこととか?
4 その他

>>394

3


P「それって、秋月涼のこととか?」

律子「え、涼? プロデューサー、涼のことをご存知なんですか?」

P「あ、ああ……というか、その反応だと、話したいこととは違ったみたいだな」

律子「ええ、まぁ……でも、完全に違うとも言い切れないかな。
   涼のことは、あなたに話しておきたいことでもありましたし」


  *  *  *


律子「なるほど……先週、フェアリーズステップがフェスで戦った相手が、涼だったのね」

P「うん。真から聞いたけど、彼女は律子の従妹なんだって?」

律子「……そうです、従弟」

P「……?」


P(なんだろう。同じ『いとこ』って言葉なのに、なぜか違和感を覚える)


律子「あの子は、いつだったかな……そうそう、
   ちょうどフェアリーズステップがユニットを結成した頃に、
   876プロからアイドルデビューしたんですよ」

P「そうらしいな。その点については、俺も知ってる。
 876プロには今、彼女しか所属アイドルがいないってことも」

律子「最初は、私もいるからってことで765プロでデビューしようと考えたみたいなんですけどね。
   でもあの頃の765プロには、そんな余裕はありませんでしたし……」

律子「それにそもそも、あのナヨナヨした子がアイドルをやれるなんて、
   これっぽっちも思いませんでしたから」

P「あはは……厳しいな。でも、ステージで遠目に見ただけだけど、
 可愛らしい子って印象だったぞ。女の子としての魅力が溢れてるっていうか」

律子「…………」

P「え……な、なんですか? その目」

律子「うぅ〜ん、女の子としての魅力、か……やっぱりそうですよね。
   でも、あなたの口からそれを聞くと、さすがに……うぅん」

P「……律子、もしかしてさ」


1 律子も、秋月涼みたいな女の子になりたいのか?
2 俺がこんなことを言ったから、嫉妬してるのか?
3 秋月涼は、実は女の子じゃなかったり? なんちゃって
4 その他

>>396

3


P「秋月涼は、実は女の子じゃなかったり? なーんちゃって!」

律子「……」

P「え、えっと……ほら、せっかくボケたんだからいつもみたいにツッこんでくれよ。
 そんなわけないでしょー! って。この状態で放置されるのはつらいよ……」

律子「そ、そんなわけないでしょー」

P「すごく棒読みだ……」

律子「……。……まぁ、あなたになら言っておいてもいいかな」

P「え?」

律子「いいですか、プロデューサー殿。これは絶対に、ぜぇーったいに!
   関係者以外には他言無用よ!?」

P「あ、ああ。なんだよ、そんなに念を押して。俺はそんなに口の軽い男じゃないぞ」

律子「……実はですね」



  *  *  *



P「……は?」

P「え、いやいや……うそ、だろ? はは、律子もそんな冗談を言うんだな!」

律子「その反応で正しいと思います。でも、残念ながら事実なんですよ」

P「……マジで?」

律子「大マジ」

P「……」

P「秋月涼が、実は……男……?」


P(秋月さんは、涼ちゃん、じゃなくて……涼ちん、だって……!?)


律子「あの子も最初は、男の子アイドルとしてデビューしようって考えていたんです。
   それで男らしくなりたいって思ったんでしょうね。
   でも、あの見た目と性格でしょ? 草食系っていうか……」

P「性格については知らないけど……見た目は確かに、女の子そのものだったな」

律子「で、さっきも言ったようにうちでは引き取れないってことになったんですけど、
   なんだかんだでやっぱり可愛いいとこですから、放っておくことも出来なかったので……」

律子「私の知り合いのツテで、876プロに務めるマネージャー、
   岡本まなみさんに会わせたんですよ。紹介はするから、あとはチャンスを自分で掴みなさいって」

P「……だからって、なんで女装アイドルになるってことになったんだ?」

律子「あー、それは……まなみさんに会わせたとき、
   ちょうどステージに立つアイドルがひとり足りなくなっちゃってて……」

P「まさか、それで秋月さんを?」

律子「……はい。そして、ステージ衣装は、女性用のものしかありませんでした」

P「律子、止めなかったのか?」

律子「あはは……なんていうか、正直に言うと」



『無理無理無理だよぉ〜! 律子姉ちゃん、なんとか言ってぇ〜!』

『だーいじょうぶよ! 似合ってる似合ってる! ほれほれ、行ってきなさい!』

『ぎゃおおおおん!!!』



律子「って……最初見たときはビックリしたけど、段々、
   私も面白くなっちゃったっていうか。いやぁー、でもまさかこんなことになるとは」

P(鬼か……)


律子「で、今に至るって感じですかね。まなみさんは、
   『ちゃんと男の子としてデビューさせてあげますよ』なーんて言ってたけど、
   結局こうなっちゃったみたい」

P「……めちゃくちゃだ。っていうか、いきなりステージに立って踊れる秋月さんも凄いな」

律子「まぁ、あのときステージで歌う予定だった歌は、『GO MY WAY!!』でしたから。
   知らない人はいないでしょう?」


P(以前も言ったが、『GO MY WAY!!』はこの業界ではよく歌われている楽曲のひとつなのである。
 とはいえ、土壇場で女装してそれを歌って踊るなんて、普通の人に出来ることじゃない)

P(才能か、あるいは……最初からそういう趣味があったか。そのどちらかだ)


  *  *  *


P「……しかし、良いことを聞いたな」

律子「え?」

P「あ、いや、なんでもないなんでもない!」

律子「……プロデューサー殿? さっきも言いましたけど、
   絶対、関係者以外には話さないでくださいね?」

律子「こんなことが公になったら、876プロも、あの子も、あの子のファンも……
   みんな大変な目にあっちゃいますから」

P「わかってるよ。関係者以外には、誰にも言わないさ」



P(……逆に言えば、関係者になら、話してもいいってことだよな。ふふ……)


律子「それでですね、ここからが大事なことなんですけど……」

P「うん? まだ何かあったのか」

律子「さっきも言ったでしょ? 涼のことは、あなたに話しておきたかったって。
   実は、あの子……最近私に言ってきたんです」


『フェアリーズステップに会わせて欲しい』


律子「って……」

P「俺の担当アイドル達に?」

律子「ええ。理由を聞いても、はぐらかされちゃったので、
   詳しいことは私にもわからないんですけど……でも特に、真美に会いたがってたみたい」

P「真美? もしかして、知り合いだったりするのかな」

律子「面識があるわけではないようです。ただ、珍しく真剣な目をしてたから、
   ただの興味本位で会いたいわけではない、とも思います」

律子「……どうですか? 他の事務所のことですし、理由もはっきりしない。
   だから私も、無理にとは言いませんけど」

P「うーん……」


P(俺も876プロには用事があったし、
 この機会にまとめて済ませておいてもいいかもしれない)

P(……でももちろん、こちらにも仕事はある。俺個人ならともかく、
 うまく時間の折り合いをつけられるか、微妙なところだな)


1 いいよ
2 難しいかな

>>401
※1の場合、次週の内容が876プロ訪問編になります


P「いいよ。考えておこう」

律子「本当ですか! ありがとうございます、プロデューサー!」

P「なんだ、やっぱり律子も、会わせてあげたいって思ってたのか?」

律子「あー、まぁ……あの子が今みたいな状況になっちゃったのは、
   半分私の責任でもありますからね。だから、なるべく涼の要望には応えてあげたいっていうか」

P「……ふふ、良いお姉ちゃんだな」

律子「そ、そういうつもりじゃないわよ! もう……」



  *  *  *



P(それから俺は、再び尾崎さんに連絡を取った)

P(来週であれば、あちらも一日だけ都合がつくとのこと。
 それまでに日高さんとも顔を合わせておいて、そのとき一緒に連れていくとしよう)

P(フェアリーズステップのみんなには、あとで俺から話しておけばいいだろう。
 その点については、特に問題もなくいくはずだ……たぶん)

P(……来週は、先週並にまた忙しくなりそうだな。そんな予感がする)


パーフェクトコミュニケーション!



P「はい、それじゃあ来週の木曜日に……はい、ええ。
 よろしくお願いします。では、失礼します」


ピッ


P「……よし。あちらともアポイントメントが取れた。
 ということで、来週行ってくることにするよ」

律子「……」

P「? 律子、どうした?」

律子「あ、いえ……。ただ、こんなにトントン話を進めていけるなんて、
   さすがだなと思いまして。876プロのプロデューサーと、知り合いだったんですか?」

P「うん、まぁな。以前会うことがあってさ」

律子「……フェアリーズステップの急成長、他のアイドルからの信頼。
   そして、プロデューサーとしての手腕……なんだか、差をつけられちゃった気がするわ」

P「ええっ!? な、何言ってるんだよ、俺なんてまだまだだって。
 今のだって、たまたまタイミングが良かったっていうか……」

律子「またご謙遜言っちゃって……あなたが『まだまだ』のレベルだったら、
   今の業界のプロデューサーのほとんどが、話にならないレベルになりますよ」

P「……」

律子「……あの頃、あなたみたいな人がいたら、私もアイドル──



ガチャッ

「「「おはようございまーす!」」」



律子「っと……もうお喋りは終わりみたいね」

P「……律子、今──」

律子「なんでもありません。さぁ、今日も張り切って、アイドルプロデュースを始めましょう!」

P「……ああ、そうだな」



P(……もしかして、律子は)

P(今でも、アイドルだった頃の自分に……未練を抱いているんだろうか)


──────
────
──


P(……律子のことは気になるが、今はアイドル活動の時間だ。
 ちゃんと区切りをつけていかないといけないな)


P「さてと、今週は……」

響「ねぇねぇ、プロデューサー!」

P「ん? どうした響。何か仕事の希望でもあるのか?」

響「希望っていうか……あのさ、そろそろ、新曲決めようよ!
  前に言ってただろー、みんなで決めるって」

P「……あ。そういえばそんなことも言ってたっけ」

響「うえぇ!? 忘れてたの!?」

P「ち、ちがうちがう。響がそう言ってくるかって試しただけだよ」

響「あ、そうだったのかー。えへへっ、自分、ちゃんと覚えてたぞ! 偉いでしょ!」

P「う、うん、そうだな。偉い偉い」

響「えへへ」

P(ちょろい……)


  *  *  *


P(まぁ、俺が本当に覚えていたのかどうかはこの際置いておいて……)

P(フェアリーズステップは先週、新曲『エージェント夜を往く』を
 ファンの前で初披露したのであった)

P(もちろん、この曲をA面にして新CDを売り出しても良かったんだけど、
 これまでずっと、新曲のタイトルはみんなで相談して決めてきていたからな。
 俺の判断でやらせたこの曲は、4thシングルのカップリングという位置づけにしておこう)



P「……よーし、それじゃあそろそろ、新曲行っとくか!
 『MUSIC♪』も長いこと歌ってきたからな」

響「うんっ!」

千早「はいっ!」

真美「んっふっふ〜、どんな曲になるのかな〜。ちょー楽しみ〜!」


  *  *  *


P(それから俺達は、いつも通り、みんなで話し合って新曲のタイトルとなる曲を選んだ)

P(リリースする楽曲は、皆の宝となる大切なものだ。これによってググッとやる気が上がったり、
 安価とは関係無しに、何か特別なコミュニケーションも起こる……かもしれない)

P(そして決まった、フェアリーズステップの4thシングルは……!)



※次のレスで安価を出します


※除外曲

フェアリーズステップ
・『Next Life』
・『空』
・『MUSIC♪』
・『DREAM』
・『黎明スターライン』
・『目が逢う瞬間』
・『エージェント夜を往く』

スプラッシュ
・『SMOKY THRILL』
・『キミはメロディ』
・『まほろば』
・『SWITCH ON』
・『Princess Snow White』
・『Colorful Days』
・『ゲンキトリッパー』
・『乙女よ大志を抱け!!』
・『フラワーガール』

三浦あずさ
・『ラ・ブ・リ』

水谷絵理
・『“HELLO!!”』
・『クロスワード』

秋月涼
・『ヒミツの珊瑚礁』

その他
・『シャララ』
・『KisS』


※これらの曲は、これまでお話の中でアイドル達が歌ってしまっているので無しでお願いします
※それに加えて、ジュピター、シンデレラガールズ、ラジオ、カバーの楽曲も無しでお願いします
※アイマス曲でお願いします



フェアリーズステップの4thシングルは……
>>406

TODAY with ME



  4thシングル 『TODAY with ME』


響「うんうん!」

千早「ふふっ、やっぱり……」

真美「これ! だよねぇ〜!」

「だぞっ!」「くっ」「ちー!」

P「え?」クルッ

響「どうしたんだ、プロデューサー。うしろになんかいた?」

P「あ、いや……」


P(疲れてるのかな。なんか今、みんなが変な言葉を喋ったような気がしてしまった)


  *  *  *


P「と、とにかく。三人とも、4thシングルはこれでいいな?」

「「「はいっ!」」」



P(『TODAY with ME』……)

P(過去と未来をつなぎ合わせた今日この日を、仲間と共にいられる喜びを歌った楽曲だ。
 前向きな歌詞と飛び跳ねるような曲調……実にアイドルソングらしいポップスだな)

P(この曲は、響も千早も真美も、みんなが気に入ってくれたようだ。
 この分なら、それぞれのソロバージョンを収録してもいいかもしれないな……)



P「よし! それじゃあみんな、この新曲に加え、『エージェント夜を往く』……」

P「この二曲を完璧にマスターして、もっともっと、全国にフェアリーズステップをアピールしていこう!」

「「「おー!」」」


【活動 25週目 つづく】

すみません、めちゃくちゃ短いけど今日はこれで以上です
次は木曜日に書けるかと思います お付き合いありがとうございました

再開します


P(前回のあらすじ……)

P(律子から、彼女のいとこの秋月涼さんについての話を聞いた)

P(秋月さんは現在、男の子であるにも関わらず、女の子アイドルとして活動しているようだ。
 その背景には様々な事情があるようだが……未だにちょっと信じられないな)

P(更に、どうやら秋月さんはフェアリーズステップ──中でも、特に真美に会いたいと言っているらしい。
 そこで、来週はみんなを引き連れて秋月さんが所属する876プロダクションにお邪魔することになった。
 俺も俺で、876プロには日高さんの件で用があったから、そのついでにな)

P(……来週はまた忙しくなりそうだ。まぁ、この先のことはとりあえず置いておいて……)



  *  *  *



P「さて……4thシングルも無事『TODAY with ME』に決まったし、
 そろそろ今週のスケジュールを決めないとな」



P(ちなみに、先月発売したミニアルバム『MUSIC♪』の最高記録は35位だった。
 発売したときは『20位以内も狙えるぞ!』なんて言ってみたけど、やはり壁は厚かったようだ……)

P(しかし、2ndシングル『空』が57位だったことを考えると、大躍進であることには間違いない。
 このペースでいけば、運命のランキングで20位以内に入ることも決して夢ではないだろう)

P(運命のランキングが発表されるのは活動36週目……
 現在が活動25週目だから、残る時間は三ヶ月弱。最後まで気を抜かずにいこう)



P「ということなんだけど……それじゃあ、今週は何をしようかな?」



1 営業(全国ネットのお仕事)
2 全国オーディション
3 クインテッドライブ

>>412

3


P「うーん……」ペラッ

P(……よし、この箱なら、今からでも抑えられそうだな)


  *  *  *


P「それじゃあみんな! 今週は、クインテッドライブを開催しよう!」

真美「食いだおれライブ? わぁ〜、それめっちゃおもろそう!
   赤白のシマシマの衣装とか着るの!?」

響「あっ、それ自分も知ってる! 太鼓叩いてるやつだよねっ!」

千早「ふたりとも、大阪名物は関係ないわ。
   クインテッドライブというのは、ゲストを呼んで行うライブのことよ」

響・真美「ゲスト?」

P「そう。大抵の場合、ライブもフェスもオーディションも三人一組で行うのが俺達のやり方だけど、
 クインテッドライブでは二人ゲストを呼んで、計五人でステージパフォーマンスを行うことなる」

響「へー。でも、なんでわざわざ五人でするんだ?」

P「簡単に言っちゃえば、集客率が良いからだよ。ゲストが来るってことを告知しておけば、
 フェアリーズステップだけでなくて、そのゲストのファンの興味を引くことも出来るからな」

P「更に言えば……そうして来てくれたファンには、フェアリーズステップのアピールを。
 フェアリーズステップ目的で来てくれた人には、ゲストのアピールを同時に行うことにもなる。
 つまりお互いにとって、新規のファンを大量ゲット出来るチャンスになるってことだよ」

真美「ふーん……それって、めっちゃ良いことだらけっぽいね!
   そんじゃあ、いつもそれしちゃえばいいのに〜。
   むしろもう、765プロ全員でうわーいってライブやればいいんだよ!」

P「そうしたいところなんだけどな。でも、人数が多いことの利点も多いけど……
 多すぎると、ひとりひとりが霞んじゃうかもしれないだろ?
 それに、多人数でのステージっていうのは、単純に難しいんだ」

P「三人はいつも一緒にいるからあまり意識したことはないかもしれないが、
 全員の息を合わせること、全体のバランスを考えたパフォーマンスをすること……
 個々人のレベルに大きな違いが出てくると、ちぐはぐな印象を与えて、かえってイメージが悪くなっちゃうし」

響・真美「????」

P「……ま、まぁ、そんな心配はないだろうけどね。
 とにかく、今週末のライブに向けて、ゲストのふたりと一緒に頑張っていこう! ってことだ! OK?」

「「「はーいっ!」」」


  *  *  *


千早「それで、プロデューサー。ゲストの二人は、誰を呼ぶんですか?」

P「それはもう決めてあるぞ。今回のライブで、ゲストに呼ぶのは……このふたりだ!」


>>414
>>415
※以下の765プロアイドルの中から選択してください

・高槻やよい
・天海春香
・四条貴音
・三浦あずさ
・萩原雪歩
・菊地真

※それ以外のアイドルを指定した場合、ハードモードになります
※ハードモードでは、この後に発生するコミュでパーフェクトを取らない限り、ライブが必ず失敗になります
※失敗が重なると、36週目で20位以内にランクイン出来ず、BADENDになる可能性も

やよい

あずささん


P「ゲストに呼ぶのは、やよいと……」

千早「!」ピクッ

P「それと、あずささ……どうした千早。今ピクッとしなかった?」

千早「い、いえ……。高槻さんと、あずささんですね」

P「ああ。二人とも、実力的には申し分ないからね。
 スプラッシュのリーダーであるやよいは言わずもがな、
 あずささんも、ソロで活動しているアイドルの中ではトップの人気だ」

千早「……」

P「むしろ、ふたりの勢いに負けないように──」

千早「はい! 私、高槻さんの前では決して失敗などしません!」キリッ

P「お、おう。随分やる気になったな」

千早「ふふっ……」


P(なぜか、やよいが来ると聞いた途端千早のテンションがかなり上がったようだ。
 俺が知らないだけで、ふたりは仲が良かったのかな?)


P「まぁ、ということで、今回のライブは……」

P「響、真美、千早。そしてやよいと、あずささん。
 この五人で行うことになる! みんな、気合いを入れていこうな!」

「「「はいっ!」」」


──────
────
──



           数時間後
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


律子「なるほど……それで、やよいを今週貸してくれ、ってことなんですね?」

P「はい……」

律子「……あのですね、プロデューサー殿?」

P「言いたいことはわかっております。急な話で申し訳ございません」

律子「……まぁ、いいでしょ。あの子にとっても、良い経験になるでしょうし。
   それにもうサイトで告知してしまったなら、今更ダメとも言えないしね」

P「ほ、本当か!? ありがとう、律子! 恩にきるよっ!」

律子「た・だ・し! ちゃーんとやよいのこと、アピールしてやってくださいね?
   それと、今度からは前もって言うこと。事後報告なんて、
   社会人として最もダメなことなんですから!」

P「おう、わかった!」

律子「ったく、返事ばっかりいいんだから……」


  *  *  *


律子「……あ、でも、プロデューサー?」ニヤッ

P「ん? どうした、そんなにニヤニヤして」

律子「ふふっ、やよいのこと、預けるのは構いませんが……
   せいぜい、やよいに取られないように気をつけてね♪」

P「取られる? なんのことだ?」

律子「ステージの主役の座。ゲストだからって余裕な気持ちでいたら、
   その立場、すぐ入れ替わっちゃいますからね」

P「あはは! 何言ってるんだよ。そりゃあやよいの実力は大したもんだとは思うけど、
 主役を取られるなんてそんな……」

響「プロデューサー、いつまで話してるんだ?」

真美「やよいっちもあずさお姉ちゃんも待ってるからさー、もうレッスン行こうよー!」

P「あ、ああ、そうだな。それじゃあ律子、行ってきます!」

律子「はーい、お気をつけてー」フリフリ


       レッスンスタジオ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


P(……さて、レッスンスタジオに着いたぞ)


あずさ「ふふっ、みんな、今週はよろしくね〜」

響「うんっ! あずささんがいれば、百人力さー!」

やよい「私も、ガンバっちゃいまーっす!」ピョンッ

千早「……」

真美「千早お姉ちゃん、なんか、めっちゃ目がマジっぽいね〜」


  *  *  *


P(あずささんとやよいとも合流したし、
 今週末のライブに向けてさっそく合同レッスンをしていこう)

P(でも……曲、どうしようかな?)

P(五人でのライブ……。これまで練習したきた曲を五人編成にしてもいいが、
 それらは元々、三人用として考えられた構成だ。うまく噛み合うかどうか……)

P(もちろん、最初から最後まで全員出ずっぱりということはない。
 それだと体力が持つはずがないからな。しかし、だからといって適当にするわけにはいかない。
 ゲストを合わせた五人でのステージというのは、クインテッドライブの華だ)

P(……いっそのこと、新しい曲をこの五人にやらせるというのもひとつの手か?)


1 やらせる
2 やっぱり既存曲でやろう

>>419
※1の場合、このあと何の曲をやらせるかの安価を出します

1


P「……よーしみんな、聞いてくれ! 今度のライブでは、五人での新曲を披露するぞ!」

真美「えっ!? 兄ちゃん、それ本気〜……?」

P「本気も本気だ。……なんだ、真美。一週間で覚えきる自信がないのか?」

真美「そ、そんなんじゃないもん! 真美が本気出せば、そんくらいよゆーっしょ!」

P「だよな! それならそれに加えて、『TODAY with ME』も発表するけど、いけるよな!」

真美「……!?」

響「へっへーん! プロデューサー、それくらいでいいの?
  自分、もう二、三曲くらい覚えられるぞっ!」

真美「うあうあー! ひびきんっ! そんなこと言ったらぁ〜……」

千早「そうね。歌える機会が増えるのであれば、いくらでもレッスンは重ねるつもりです」

やよい「わぁ〜……わ、私もメラメラーって気合いが入ってきましたっ! よーっし、やるぞー!」

真美「……あずさお姉ちゃん……みんなが、みんなが……」

あずさ「……頑張りましょうね、真美ちゃん」

真美「うあうあ〜!」


  *  *  *


P(まぁ、なんだかんだ言って、真美も頑張れる子だ。
 あとでご褒美にお菓子でも買ってあげればやる気も上がるだろ)

P(さてと……それならさっそく、このライブで歌う新曲を決めないといけないな)

P(ライブで歌う、五人での新曲は……これだ!)


※次のレスで安価を出します


※除外曲

フェアリーズステップ
・『Next Life』
・『空』
・『MUSIC♪』
・『DREAM』
・『黎明スターライン』
・『目が逢う瞬間』
・『TODAY with ME』
・『エージェント夜を往く』

スプラッシュ
・『SMOKY THRILL』
・『キミはメロディ』
・『まほろば』
・『SWITCH ON』
・『Princess Snow White』
・『Colorful Days』
・『ゲンキトリッパー』
・『乙女よ大志を抱け!!』
・『フラワーガール』

三浦あずさ
・『ラ・ブ・リ』

水谷絵理
・『“HELLO!!”』
・『クロスワード』

秋月涼
・『ヒミツの珊瑚礁』

その他
・『シャララ』
・『KisS』


※これらの曲は、これまでお話の中でアイドル達が歌ってしまっているので無しでお願いします
※それに加えて、ジュピター、シンデレラガールズ、ラジオ、カバーの楽曲も無しでお願いします
※アイマス曲でお願いします

※ここで決まった曲は、フェアリーズステップ、スプラッシュ、あずささんの持ち歌に加わります


クインテッドライブで歌う新曲は……
>>423

MEGARE!



  クインテッドライブ新曲 『MEGARE!』


P(『MEGARE!』……)

P(『アイドルはかわいく楽しく、めっちゃ頑張る!』というテーマで作詞作曲された、
 アイドルの裏事情をコミカルに歌った楽曲だな)

P(大人の事情で決まったつらいことでも、大切なファンの為なら乗り越えられる。
 だから、めっちゃ頑張れ私! 略してめがれ! って歌だ)



P「だから、な! 真美もめがろう!」

真美「兄ちゃんの都合で決まったつらいことなのに……」

P「そう言うなって。あとでケーキおごってやるから」

真美「そ、そんなんでつられるほど、真美は安いオンナじゃないもん」

P「プリンもつけよう」

真美「……」

P「……」

真美「……駅前のあのちょー有名お菓子屋さんのじゃなきゃやだ」

P「もちろん。ついでに、パフェも買ってあげよう」

真美「ほんと!? わぁーい! んっふっふ〜、それじゃあ真美、めっちゃ頑張るっ!」

P(ちょろい……)


  *  *  *


P「じゃ、さっそくレッスンを……」

ぽたっ

P「ん? なんだ、この水滴が落ちるみたいな音……」

やよい「あぅ……けーき……」ジュルリ

ぽたっ ぽたっ

P「……大丈夫だよ、やよい。みんなに買ってあげるから」

やよい「えぇっ!!? ほ、ほほ、ほんとですかっ!? そんなに高級なものを!?」

P「お、おう、約束するよ。だからやよいも頑張ろうな」

やよい「はーい! 私、すっごく嬉しいかもですーっ! うっうー!」ピョンッ


  *  *  *


P(その後、床に落ちたやよいのよだれを自分のハンカチで丁寧に拭き取りポケットにしまった俺は、
 みんなが和気あいあいとレッスンを行う様子を静かに見守っていた)

P(『MEGARE!』は765プロ全員の為に作られた曲だ。
 だからみんながレッスンに取り組む様子は真剣そのものだったし、
 その結果として、実りのあるレッスンになったようだ)

P(初めてのクインテッドライブ……うまく行くといいな!)


パーフェクトレッスン!


東京


  ──────────────────────
              ある日の風景
  ──────────────────────


                                帰り道
                      ──────────
                          活動 25週目 夜




P(クインテッドライブを開催すると決めたあの日から、数日が経って……)


テクテク……


P「……ついに、明日か」

P「みんな地獄の特訓と言っていいくらいの猛練習を積んできたし、
 きっと大丈夫だよな……」

P「……」


P(自分でやらせておきながらなんだけど、ここ数日は本当にハードだった。
 フェアリーズステップは新曲を二曲も披露することになったし、
 あずささんは、慣れない多人数でのダンスに多少困惑していたようだった)

P(なんとかかんとかカタチにはなったものの、
 普通に考えたら、このハイぺースで身体がついていくはずがない。
 みんな、あまり顔には出さないけど、疲労が溜まっているんだろうな……)


  *  *  *


P「……いけないいけない。俺が弱気になってどうする。
 この前律子にあんな風に言ったんだ、俺はみんなを信じて堂々としていないといけないな」

P「えーっと、それじゃあ今日は帰りにスーパーに寄って……」


カラカラカラ……


P「ん? あれは……」


やよい「わたしだけがでーきるスマイル♪ めちゃめちゃ ミリョクでしょ♪」テクテク


P「……やよい? こんな時間に……」


P(カラカラという音に気が付いて振り向くと、そこには、
 大きなスーツケースを引っ張って歩いているやよいの姿があった)

P(やよいはまだ俺には気付いておらず、ご機嫌に鼻歌を歌っているようだけど……)

P(……どうしようかな)


1 音も立てず忍び寄り、抱きつく
2 だーれだ? って言いながら目隠しをする
3 普通に声をかける
4 見なかったことにしよう
5 その他

>>427

1


P「……」ササッ


やよい「せかいじゅう えーがーおになぁれ♪ あっはっはっは♪」


P(……ふふ、油断しきっているようだ)

P(俺が音も立てず後ろから忍び寄っているのも気付かず、
 のんきに二曲目を口ずさんでいる)

P(やよい)

P(やよい……)


P「……」ソロリ ソロリ


P(やよいと俺の間の距離が、どんどん縮まっていく)

P(──この汚れた世界に舞い降りた天使。砂漠に咲く一輪の花。
 気が付けば俺は、そんなやよいのうなじに生えた産毛が目視できるくらいの位置まで達していた)

P(この手を少し伸ばせば、やよいの身体に触れることが出来るんだ)

P(なんだか……ドキドキしてきた……)


P「ハァ……ハァ……」


ドックン ドックン……


P「……ごくり」

やよい「せかいじゅう えーがーおにしーちゃおー♪ わっはっはっは♪」

P「……やよい(裏声)」

やよい「えっ?」クルッ





やよい「あれ? 誰も、いな




P「油断したな! こっちだ!」

やよい「え──……」


がばぁっ


やよい「!?」

P「あああああああんやよいぃぃいぃぃぃぃ!!!」


ぎゅぅぅぅぅぅ!!


P「うわっ、うわあ! やわらかぁい!」グニグニペタペタ

やよい「!!? あ、え? え、ええっ!?」

P「ふほぉぉぉお良いにおぉいひぃぃやあああ!!」クンカクンカ



むぎゅぅぅ……


P「うぅぅぅぅうんやよいぃぃぃい……小さな身体……ああ……」

やよい「? ……!? はわ、はわわわ……!!」

P「ふ、ふ、ふほっ、うん、レッスンあとの、汗のかおりっ」

やよい「ち、ちちち、チカンさんですかっ!!?」


P(どうやら突然のことに混乱して、俺だってことに気付いてないらしい)

P(それなら……!)


P「ちがうよぉ! 俺はやよいのお兄ちゃんだよぉ!」

やよい「わ、私は一番のお姉ちゃんですっ! お兄ちゃんなんていないかなーってっ!!」

P「血のつながりなんてそんなこと小さいことだよぉ!」

やよい「……すぅー……」

P「おっと、声は出すなよ」ギュッ

やよい「……んー! んー!」

P「ふふ……通報されたら大変だからな」

やよい「……! ……!」ジタバタ


ジワ……


P「あ……」

やよい「んんー……」ウルウル

P「……なみだ……」


P(……やよいは、簡単には泣かない子だ。いつだって元気いっぱいで、
 笑顔を絶やさず……家族の為に、ファン達の為に頑張っているんだ)

P(そんなやよいに抱きつき、あろうことか匂いを嗅ぎ……、
 やよいが混乱していることを良いことにお兄ちゃんだよぉなんて言いつつ手で口をふさぎ、
 その身を襲う恐怖で涙を浮かべさせた、ゲスな顔をした成人男性がひとり)



P(俺だった)

P(それは、どうしようもなく間違いなく、俺だった)


1 逃げよう
2 土下座して謝ろう
3 このまま抱きつき続けよう
4 その他

>>434
※話が分岐する重要な安価です
※選択次第では、安価があとひとつだけになり、エンディングまで一直線になります
※でもまぁアレな結末だったらこの時点からまたコンティニューします

2



P(俺は、一体何をしていたんだろう──)


P「……」パッ

やよい「……ぷはっ」

P「や、やよい」

やよい「あぅ……そ、その、あなたは……」

P「俺だ……」

やよい「え!? プロデューサー!?」

P「ごめんなさぃい!!!」


ズサッ


やよい「あの……」

P「ごめんっ、ごめんな、やよい……!!」

P「お、俺っ、とんでもないことをぉお……!!」ガンッガンッ

やよい「!! プロデューサー、頭から血が出ちゃってますっ!」

P「いいやいいんだ! これくらい、やよいが感じた恐怖に比べたら……!!」


ドクドク……


やよい「……あ、あたまを、上げてください」

P「でも……」

やよい「メッ! ですよっ!」

P「っ!」

やよい「……ちゃんとお話しないと、わかりません。
    それなのにごめんなさいって言われても、
    私、どうしたらいいかわからないかなーって……」

P「……」

やよい「……チョウスケ達が悪いことしたときだって、ちゃんと理由を話すまで、
    私は許してあげません。だからプロデューサーも……」

P「……はい」



P「──やよいの汗の匂いを、嗅ぎたかったんだ」

やよい「えっ」

P「いやちがう。正確に言えば、やよいの汗をかいているか確かめたかった。それだけなんだ」

やよい「……」

P「やよいは今日も、レッスンが終わるなり、シャワーも浴びずにすぐ帰って行っちゃっただろ?
 スーパーの特売セールがあるって言って」

やよい「はい……」

P「そのスーツケース。確か、みんなと話してたよな。
 それは伊織からプレゼントしてもらった、特注の買い物バッグなんだって」

P「やよいはいつも家族の為に頑張ってる。今日みたいに、みんなといる時間を削ってまで……。
 だからそんなやよいが、汗で気持ち悪い思いをしていないかなって、確かめたかったんだ。
 それに、もう寒い季節になってきた。汗をかいたまま外を出歩いたら、風邪を引いてしまう」

P「……俺は律子からやよいを預かっている身だ。やよいの体調を考えるのが、一番の仕事だから」

やよい「……そうだったんですか……」

P(いけるか……?)

やよい「でも、あんなやり方じゃなくても良かったんじゃないかなーって……」

P(ですよねー)


  *  *  *


P「……というのは半分。正直に言うと、もう半分、別の理由がある」

やよい「別の……?」

P「……単純に、やよいのことを抱きしめたかったんだよ」

やよい「!」

P「変態だって感じるだろうけど……俺、いつも思ってるんだ。
 やよいは本当に可愛い。思わず抱きしめてなでなでしたくなるって」

やよい「あぅ、その……」

P「……でも、俺はプロデューサーだから。
 仕事上の関係でしかいられないから、今までずっと我慢してきた」

P「それなのに……ここにきて、鼻歌を歌うやよいがあまりにも可愛過ぎて、
 自分で自分のことを抑えられなくなっちゃったんだ」

やよい「……」

P「……本当に、ごめん」

やよい「ぷ、プロデューサー……」

×P「いやちがう。正確に言えば、やよいの汗をかいているか確かめたかった。それだけなんだ」
○P「いやちがう。正確に言えば、やよいが汗をかいているか確かめたかった。それだけなんだ」


やよい「……」

P「本当にすまなかった……こんなことになったら、
 もう明日のライブも出たくなくなっちゃうよな……」

やよい「そ、そんなことありませんっ!」

やよい「今までみんなと一緒にガンバってきたレッスンがムダになっちゃうなんて、
    そっちの方が私はイヤかもですっ!」

P「本当か……?」

やよい「……はい。それと……」

やよい「私は、もう怒ってもいません。ビックリしちゃったけど、
    プロデューサーは、ちゃんと謝ってくれました」

やよい「そ、それに……理由も、話してくれたし……えへへ」モジモジ

P「……」

やよい「でも、こういうことは、もうしちゃだめですよっ!」

P「……うん。もちろん」

やよい「あと……みんなには、ナイショにしてください」

P「ナイショって、抱きしめたことを?」

やよい「そのことも、そのあと私に言ってくれたことも、ゼンブです……。
    きっと、プロデューサーがそう言ったってみんなが知ったら、悲しんじゃいますから」

やよい「……私も、誰にも言いません。だからこれは、ふたりだけのヒミツ、ですっ」

P「……わかった」


P(やよいのあまりの天使っぷりに、俺の下劣さがより一層際立つ)

P(本当に……反省しないといけないな)


ノーマルコミュニケーション!


  *  *  *


P(というか、下心が見える選択肢は考えないようにするんじゃなかったのか?)

P(……きっと、調子に乗っていたんだろう。アイドル達との信頼関係も出来上がってきて、
 多少のことなら何しても許してくれるって……響のときも、そうだった)

P(……馬鹿だな、俺)


※やよいのおかげで心が洗浄されました
※今度こそ、下心が見え隠れする選択肢が減るようになります


P(……それから俺は、やよいを家まで送っていくことになった)

P(こんな夜中にひとりで歩いていたら、
 いつまた俺のような輩に目を付けられるかわからないから……)

P(きっとやよいとしては、複雑な気持ちだろう。あんなことがあった直後だし。
 しかし「送っていく」という俺の提案に対して、彼女はふたつ返事でOKしてくれた)

P(……本当に、優しい子だと思う。こんな俺に、
 もういつもと同じように接してくれるなんて……)


テクテク……

   カラカラカラ……


やよい「……あの、プロデューサー」

P「な、なんだ?」

やよい「……私、ちょっぴりうらやましかったんです」

P「羨ましい?」

やよい「この一週間、フェアリーズステップの皆さんとプロデューサーが、
    すーっごく仲良くしてるのを見て……」

やよい「だから私、いいなぁって……みーんな、
    プロデューサーのことが大好きなんだなって、思いました」

やよい「えへへ……私達は最近、あんまりそういう風に出来なかったから」

P「私達って、スプラッシュのことか?」

やよい「……はい」


  *  *  *


やよい「プロデューサーも知ってると思いますけど、
    私達はこの前、フェスで負けちゃって……」

やよい「……だから、律子さんも春香さんも貴音さんも、最近はすっごくシンケンなんです。
    いつもみたいに楽しくお喋りすることも、出来なくて……」

P「……さみしかったのか?」

やよい「……」


P(俺の問いに対し、やよいは何も言わなかった)

P(けれど、その瞳にはいつものような元気は宿っておらず、はっきりと寂しさが浮かんでいた)


やよい「……えへへ、ごめんなさいっ! なんか私、ヘンなこと言っちゃったかもー……」

P「……」


P(……やよいはユニットのリーダーだ。
 簡単に弱音を吐いてはいけないって、そう思っているのかしれない)

P(フェスで負けた悔しさと、ユニット内での急激な空気の変わりよう。
 こうなったことは、誰も悪くない。ただ、年齢の割にはしっかりしてるやよいの心でも、
 やっぱり戸惑いは隠せないんだろう……)


1 「愚痴っていいよ」と言おう
2 「しっかりしろ」と言おう
3 何も言わないでおこう
4 その他

>>448

いつも通り明るく元気にぶつかって行けばいいさ


P「……いつも通り、明るく元気にぶつかって行けばいいさ」

やよい「いつも通り……?」

P「ああ。やよいの目には、スプラッシュのみんなが真剣になりすぎて、
 余裕が全然無いように見えたのかもしれないけど……」

P「それはきっと、ちゃんとぶつかってないからだ。
 ……というのも、それもまた俺の責任でもあるんだけどね」

やよい「プロデューサーのセキニン?
    プロデューサー、なにかしちゃったんですか?」

P「やよいをクインテッドライブのメンバーにしちゃっただろ?
 だからやよいは、ここ最近、スプラッシュのみんなと共に過ごす時間が少なくなってしまった」

P「事務所で春香達と顔を合わせても、ゆっくり話す時間が取れない。
 そのことが、より一層、やよいの目にフィルターをかけてしまっていたんだと思う」

やよい「ふぃるたー……」

P「目が曇るってこと。……だからさ、
 今度のライブが終わったら、一番に律子達のところに行こう」

P「そうしてちゃんと話せば、すぐにわかるはずだ。
 スプラッシュのみんなは何も変わってない、って」

やよい「……ほんとですか?」

P「うん、俺が保障する。でもそのとき、やよいが怖気づいたらだめだぞ?
 そしたらみんなやよいを心配して、そっちの方が気になっちゃうだろうから」

P「だから……、いつも通り、明るく元気に! な!」

やよい「……はいっ! わかりましたっ!」


  *  *  *


やよい「えへへ……プロデューサーにそう言ってもらえて、
    なんだか元気が出てきたかもですっ!」

P「……」



P(でも、そうは言ったものの……)

P(春香達の心にまったく余裕が無い、とまでは言わずとも、
 竜馬との再戦に向けて、スプラッシュが真剣になっているということもまた事実だろう)

P(……)



P「……あのさ、やよい」

やよい「はいっ! なんですか?」

P「こんなこと言ってすぐ、こう言うのもなんだけど……
 もしも俺の言ったことが間違ってて、ユニット内の空気がイヤだなって感じたら……」


1 そのときは、俺が律子に叱ってやるからな
2 そのときは、友達に頼るんだぞ
3 そのときは、俺がよしよしって頭をなでてやるからな
4 その他

>>450

1


P「そのときは、俺が律子に叱ってやるからな。
 やよいをこんな気持ちにさせるなんて何やってんだ! ってさ」

やよい「……えへへ。大丈夫ですよ、プロデューサー」

P「え? 大丈夫って、どういうことだ?」

やよい「プロデューサーに言ってもらわなくても、私、自分でちゃんと言えますっ!」

やよい「……私、さっきはちょっぴりさみしくなっちゃったかもですけど、
    プロデューサーに今みたいに言ってもらえて、思い出せました。
    スプラッシュのみんなは、本当はいつだって、すーっごく仲良しだって!」

やよい「だから……、もしそうじゃなくなってたら、私がちゃんと言います。
    私はリーダーだから、私が、いつものみんなに戻してあげなくちゃいけないかなーって!」

P「……そっか」

やよい「私、何もできないかもですけど……、
    元気にリーダーをやることだけは、誰にも負けませんっ!」



P(……余計なお世話、だったかもな)

P(やよい達は、俺達フェアリーズステップよりもずっと長い間、
 三人で手を取り合ってここまでやってきたんだ。
 きっと俺の知らない苦難も、たくさん乗り越えてきたのだろう)

P(それなら、俺が言えることはもう何もない。
 むしろ、これ以上首を突っ込んだら、それは失礼に値するだろうな)



  *  *  *



やよい「それじゃあ、プロデューサー……
    私の家、もうすぐそこだから、ここまでで大丈夫です」

P「玄関まで送っていくよ」

やよい「はわっ、そ、そこまでしてもらわなくてもヘーキですっ!
    それに、もしチョウスケ達に見られたら、恥ずかしいし……」

P「そ、そうか……」


P(家族に見られたら恥ずかしいって、そんなにブサイクな面をしてるかな、俺……)


P「それじゃあ、やよい。また明日な」

やよい「はい! あ、でも……」

P「ん? どうかしたか?」

やよい「あの、プロデューサー! 最後に、アレをしましょーう!
    明日のライブの為に、気合いを入れるんですっ!」

P「アレって……ああ、あれか」

やよい「えへへ……」スッ


P(やよいが、腕をピンと伸ばして手のひらをこちらに向けてきた)

P(……やよいがアレをするといったら、アレしかないよな)


※タッチしてください


1 手のひら
2 頭
3 ほっぺ
4 その他(身体の部位)

>>452


やよい「……ハイ、ターッチ!」

P「ターッチ!」


ぱちんっ!


やよい「いぇーい! うっうー! バッチリ決まりましたーっ!」

P「これで、明日のライブも大成功間違い無しだな!」

やよい「はいっ! それじゃあプロデューサー、おやすみなさーい!」


  *  *  *


P(……そう言って、やよいは元気に走り去っていった)

P(俺の下心丸出しの欲望のせいで怖がらせてしまったけど、
 やよいはもう、そんなことは気にしていないみたいだ)

P(明るく元気で、いつだって笑顔で……さらに、こんなにも心優しい。
 やよいは本当に、天使かなにかなんじゃないかって、そう思う)

P(そんなやよいに対して俺が出来ることは、
 先ほどのことを深く反省し、気持ちを入れ替えることだ)

P(……明日のライブ、絶対に成功させないといけないな)


パーフェクトコミュニケーション!

また中途半端になってしまったけど、とりあえずここまでです
お付き合いありがとうございました
今から寝て、起きたらまた再開します

再開します


             新幹線
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

カタンカタン……

    カタンカタン……



P(あれから一夜が明け……ついに、ライブ当日となった)

P(俺達は今、新幹線に乗って兵庫県にあるライブ会場へと向かっているところだ)



響「すぅー……すぅー……」

真美「……亜美ぃ……それはヤキニクマンじゃなくて……ピヨちゃん……zzz……」

やよい「えへへ……すてーき……むにゃむにゃ」

千早「……」コクッコクッ



P(通路を挟んで向かい側のシートに座っているみんなは、ぐっすり眠っているみたいだ。
 普段早起きをするという千早でさえも、こっくりこっくりと舟を漕いでいる。
 やよいと隣同士に仲良く座って、まるで姉妹のように見えるな)

P(でもまぁ、みんながこうなってしまうのも無理はない。
 新横浜に到着して新幹線に乗ったのが、つい先ほどの午前六時……
 事務所に集合したのは午前五時前だったから、昨日は全然寝ていなかったんだろう)

P(開場は十七時なので、本番までまだ時間はあるけど、
 リハーサルのことを考えると、これでもギリギリのスケジュールなのである)



P「ふわぁ〜あ……」



P(……かく言う俺も、実はかなり眠い)

P(本当は前日にホテル入りでもしておけば良かったんだろうけど、
 今回のライブは急な決定だったし、そもそもレッスンが足りてなかったから……)

P(俺の管理不足のせいでドタバタしてしまってる感は否めない。
 今度からはもっと余裕を持って行動しないとな……)


  *  *  *



……パタン


P(ん?)


あずさ「……はぁ」


P(みんな寝ていると思ったけど……どうやら、
 俺の正面の席に座っているあずささんだけは起きていたようだ。
 あずささんは朝が弱いって話だし、真っ先に寝るかと思ったんだけどな)

P(……閉じた携帯電話を握り締め、ため息をついている。
 何か占いでイヤな結果でも出てしまったんだろうか……)



1 静かに話しかける
2 そっとしておく
3 その他

>>459

1



P(やっぱり、気になるな。ちょっと話しかけてみよう……)


P「……あずささん」ヒソヒソ

あずさ「あ……プロデューサーさん。
    ごめんなさい、起こしてしまいましたか?」

P「いえ、元々起きてました。それに、そんなに小さなため息くらいじゃ、
 眠りについた俺を起こすことは出来ませんから」

あずさ「……ふふっ。ため息、聞かれちゃってたみたいですね」


  *  *  *


P「……何かあったんですか?」

あずさ「……」

P「言いたくないならいいんです。でも、今だけは俺は、
 あずささんのプロデューサーだから……相談したいことがあれば、なんでも言ってください」

あずさ「……ありがとうございます、プロデューサーさん」

あずさ「あなたのプロデュースを受けているみんなは、きっと幸せですね……」



カタンカタン……

    カタンカタン……



P(そう言ったきり、あずささんは目線を窓の外に向けてしまった。
 流れていく景色をぼんやりと眺めているようだが、風景を楽しんでいるというわけではないのだろう)

P(……あずささんが今何を考えているかは、俺にはわからない)

P(のんびりしているようで、その実しっかりしていて……
 いつだって優しい、みんなのお姉さん。でも、あずささん自身は……
 今まで、誰かに頼ったりしたこと、あったのだろうか)



あずさ「……プロデューサーさん」

P「は、はい」

あずさ「あの……ひとつ、お伺いしたいのですけれど」

P「……なんですか?」

あずさ「……もしも、もしも私が、道に迷ってしまったら……、
    あなたは、私を助けてくれますか? 私を、導いてくれますか?」

P「……」


P(道に迷ったら? 迷子になったときの話だろうか?
 あずささんが迷子になるのはいつものことだけど、でもなんで急にこんな話を……)

P(うーん、もしもあずささんが道に迷ったら……そのとき俺は……)



1 もちろん、俺が迎えに行きます
2 約束は出来ません
3 その他

>>461


P「もちろん、俺が迎えに行きます」

あずさ「……、」

P「だから、遠慮せずに俺を頼ってください。
 この足が動く限り、絶対にあずささんを見つけ出してみせますから!」


響「うぅーん……」


P「っと……」


響「……うへへ、やよいぃ〜……」ギュー

真美「……く、苦しい……」


P「……声が大きかったかな。他のお客さんもいるのに、恥ずかしい……」

あずさ「プロデューサーさん」

P「え?」

あずさ「それなら……もし、それが……、たとえ──……」



カタンカタン……

    カタンカタン……



あずさ「大切なものと、引き換えにしても?」

P「……大切なもの?」

あずさ「プロデューサーさんが抱える大切なものと、私を天秤にかけたとき、
    私を選んで……助けてくれますか?」

P「……」



1 それは無理です
2 約束します
3 うるせえ! 黙って俺についてこい!(ドン
4 その他

>>463

3


P「……」

あずさ「……ごめんなさい。こんなことを言っても──

P「……せぇ」ボソッ

あずさ「え?」

P「うるせえ! 黙って俺についてこい!」ドンッ

あずさ「っ!」ビクッ


ざわ……


あずさ「ぷ、プロデューサーさん!?」

P「あずささん。そんなこと、いちいち確認する必要ありません。
 俺が助けるって言ったら、絶対に助ける。約束します」

あずさ「……」

P「でも、大切なものと引き換えになんてしません。
 あずささんが言っているのがなんのことか、俺にはわからないけど……」

P「俺は、そのどちらも、失わない。だからあずささんは黙って俺についてくればいい。
 あなたが抱える心配も、不安も、全部俺が吹き飛ばしてみせるから」

あずさ「──……」

P「だから、今はライブのことだけ考えてください。本当は眠いんでしょう?
 まだ到着まで時間はあるから、こんな話をしていないで、少しは身体を休めておくんだ」

あずさ「……わ、わかり、ました……」ドキドキ


パチパチパチ……


P「あ、いやどーも……皆さん、お騒がせしてすみません」ヘコヘコ

あずさ「ぷ、プロデューサーさん……」

P「え?」

あずさ「約束……」ジッ

P「……はい、忘れません」

あずさ「……うふふっ。ありがとうございます〜♪」



パーフェクトコミュニケーション!


【あずささんが道に迷ったとき、助けてやる】

※あずささんとの約束が出来ました


兵庫


  ──────────────────────
           ライブ:芸術鑑賞の夕べ
  ──────────────────────


                            大陶芸美術館
                      ──────────
                          活動 25週目 夕


             舞台袖
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

P(それから……)

P(会場に現地入りした俺達は、大忙しのスタッフ達とともにリハーサルを行い……、
 そしていよいよ、ライブ開催直前となった)

P(みんなの疲労も今がまさにピークだろう。
 しかし、ここを乗り越えれば、またひとつ大きく成長できるはずだ)



ポーン……

『……当美術館にお越しのお客様へご連絡申し上げます。
もう間もなくホールを開場いたしますので、ステージ鑑賞をご希望のお客様は……』



P(……いやーしかし、俺としたことが、新幹線では完全にアレだったな。
 俺についてこい! なんて、キャラでもないことを言ってしまった)

P(でも、あずささんと交わした約束は、ウソじゃない。
 決して忘れないようにしないといけないな)



  *  *  *



ざわ……

     ざわ……



真美「おぉ〜……兄ちゃん兄ちゃん! お客さん、めっちゃ入ってるっぽいよ〜!」

P「ああ。急な告知だったにも関わらず、めでたく満席になったらしい。
 これもみんなの人気のおかげだよ!」

真美「んっふっふ〜! ……でもなーんか、
   いつものお客さんと、ちょびっと違う人もいるような〜……」


P(本日のライブは、兵庫では有名なこの大陶芸美術館で行うことになっている。
 だから客層が少し違っているんだろう。それに、
 やよいやあずささんのファンだって、この中にはいるはず……)

P(まだフェアリーズステップのことをあまり知らない人にも、良いアピールになるといいな)



ヴ──……




スタッフ「……皆さん! そろそろ時間なので、お願いします!」

「「「はいっ!」」」

P「よーし、三人とも。まずはいつも通り、フェアリーズステップだけのステージだ。
 ゲストのやよいとあずささんが登場する時まで、ステージを最高に盛り上げるんだぞ!」

響「うんっ! 自分達にまっかせといてっ!」

やよい「みなさん、ガンバってくださいっ!」

あずさ「うふふっ、期待、してるわね〜」

P「それじゃあ……行ってこい!」

「「「はいっ!」」」



  *  *  *



響「……みんな! 気合いを入れていくぞーっ!!」

真美「おー!」

千早「ええ!」




千早「……3っ」

真美「2!」

響「いーっち!」




「「「えい、えい……お────っ!!!」」」



ざわ……

     ざわ……


……──♪ ──♪


ウォォォォ!


ひびきーん!

真美ちゃーん!

ちぃぃぃぃちゃああああああんふおぉぉおぉぉぉ!!!!



  *  *  *



♪ TODAY with ME
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


『『……あ・とすこしだけ あ・とすこしだけ……』』

『『みんなとここに いたい──……♪』』



ざわざわ……

ファンA「この曲なんだ?」

ファンB「新曲!?」



『『過去と未来を 繋ぎ合せて……』』

『『今日が 一番大事──……♪』』


ワァァァ……!



P(……無事に、ライブが始まった)

P(最後まで、何事もなく終わるといいんだけど……)


──────
────
──


──────
────
──


響『みーんなー! フェアリーズステップの我那覇響ですっ!』

真美『真美は真美だよー! ま、知ってるよね〜!』


あははは……


千早『ふふっ……私は、如月千早です。皆さん、
   今日はここまでお越しいただいて、ありがとうございます』

響『今聴いてもらったのは、自分達の新曲、「TODAY with ME」だぞ!』

真美『みんなっ、どうだったー!?』

千早『過去と未来を繋ぎ合せた今日を、仲間と共に過ごせる喜び……
   私達が歌に込めたその思いが、少しでも伝われば、嬉しいのですが』


最高だったよぉぉぉぉぉ!



   *  *  *



P「……よし。それじゃあやよい、あずささん。
 そろそろ紹介が入るから、スタンバイを」

やよい「はーいっ!」

あずさ「ええ。……行ってきます」


P(……それから)

P(響達の紹介を受けて、やよいとあずささんがステージへと登場した)



やよい『みなさーん! 今日は、盛り上がっていきましょーうっ!』

あずさ『よろしくお願いしますね〜!』


やよいちゃーーーん!!!

あずささぁん! 結婚してくれーーーー!!



響『えへへー、それじゃあそれじゃあ!
  次は、ふたりも一緒に、あの曲をやるぞっ!』

『『せーの……』』



『『『……「MUSIC♪」っ!!』』』

ワァァァ……!



P(既存曲の中でも、この歌だけは五人で歌えるようにしておいたのである。
 さすがに五人でのステージが『MEGARE!』だけでは物足りないからな)

P(ちなみに、『MEGARE!』はアンコールで歌う予定になっている。
 もうひとつの新曲を最後の最後に取っておくことで、よりインパクトを与えるという作戦だ)


  *  *  *


♪ MUSIC♪
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『奏でよう 夢のMUSIC 音符の翼──……』

『どこまでも 翔ばたいてゆけるPOWER──……♪』



P(五人でのステージパフォーマンスは、猛練習の甲斐もあって、完璧な出来となっていた。
 ファン達も大盛り上がりの様子だし、言うことなしだな)

P(……本当に、全てが順調だ。このままいけば、何もかもきっとうまくいく。
 そう、思わざるを得なかった──)



『……私の MUSIC♪』



P(──しかし)



  *  *  *



ワァァ……!


P「よし、いいぞみんな……! それじゃあ次は……」

スタッフ「……あ、いた! プロデューサーさん!」

P「え? どうしたんですか、スタッフさん」

スタッフ「実は……」


♪ エージェント夜を往く
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

響『……もっと! 高めて果てなく 心の奥まで──』

千早『あ・な・た、だけが使えるテクニックで』

真美『とかちつくちて♪』


かわいいー!



  *  *  *



P「え……!?」

タッタッタ……

やよい「プロデューサー! えへへっ、衣装替え終わりまし──」


P「あずささんがいないって……それ、ほんとですか!?」


やよい「……えぇっ!?」

P「あ、や、やよい……」

やよい「プロデューサー! あずささん、どっか行っちゃったんですか!?」

P「……」


P(……このあとソロで曲を披露する予定だったあずささんが、どこかに消えてしまったらしい)

P(あずささんは今、やよいと同様に、衣装替えに行っているはずだけど……)



P「……やよい、あずささんのこと、見てないか?」

やよい「うぅ、見てません……私が控え室に行ったときには、
    そこにはいなかったから、おトイレにでも行ってるのかなーって……」

P「そうか……」



P(……あずささん、もしかしてこの美術館内で、迷子にでもなっているのか?)

P(……もう間もなく、響達の『エージェント夜を往く』が終わる。
 続いてやよい、あずささんの順でソロ曲を歌うことになっていた)

P(どうする、時間はないぞ……!)



1 あずささんが来ると信じて待とう
2 あずささんを探しに行こう
3 あずささん抜きにして、セットリストを組みなおそう
4 その他

>>473

2



P(……俺は、あずささんと約束したんだ)


『もしも、もしも私が、道に迷ってしまったら……、
あなたは、私を助けてくれますか? 私を、導いてくれますか?』


P(その約束を、破るわけにはいかないだろう……!)


  *  *  *


P「……やよい」

やよい「はい……」

P「俺、あずささんを探しに行くよ。やよいの曲が終わるまでに、
 絶対にここに連れ戻してみせる。だからやよいは、何も気にせず歌ってくれ」

やよい「……わかりましたっ! えへへっ、それなら私に、まかせといてくださいっ!」

P「え? まかせるって……」

やよい「スタッフさん! あの……」トテテ

P「あ……や、やよい? 何をするんだ!?」

やよい「プロデューサーは、はやく探しにいってあげてくださーいっ!」

P「……ああ、わかった。それじゃあ、行ってくる!」


──────
────
──



タッタッタ……



P(……しかし、探すと言っても──)



P「はぁ……はぁ……!」

P「あずささーん! どこですかーっ!?」

P「くそうっ……! せめて、この美術館の中にはいるよなっ!?」



P(展示場にいたらさすがに人の目について見つけてもらえるだろうから、
 俺は今、一般のお客さんが入れないところを探しているのだが……)

P(この美術館だって、相当な広さだ。全てを見てまわっている時間はない。
 控え室にはいないとなると、一体どこに……!?)



1 女子トイレ
2 客席
3 控え室
4 ……探すのを諦める
5 その他

>>476

1


P「……そうだ。さっき、やよいもこう言っていた……」


『うぅ、見てません……私が控え室に行ったときには、
そこにはいなかったから、おトイレにでも行ってるのかなーって……』


P「女子トイレ……!!」

P「……きっと、俺が求めるものがそこにある。行くぜっ!」

タッタッタ


──────
────
──




           女子トイレ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


P「……」コソコソ

P「……よし。人が出て行くのを見計らって、首尾よく女子トイレに潜入することが出来た」

P「女子トイレってこんな感じなのか……当たり前だけど、小便器がない。
 なんだか、空気が綺麗な気さえする。うぅん、緊張するな……」

P「ダメだダメだ。そんなんじゃ、目的を達成できないぞ。
 緊張をほぐすために、まずは深呼吸をして落ち着かないと……!」



P「すぅー……はぁー……」



P「うーん……! なるほど、なるほど……」


P「……」

P「……よしっ!」



P「今のうちに出よう……」トボトボ



P(人がいないのを確認出来ればそれでよかったのに、
 何やってんだ、俺……時間は無いんだぞ)

P(誰にも見られてなくて本当に良かった……)

P(……でもここは、控え室に一番近いトイレだから、
 今日出演しているみんなは、この女子トイレを使ったのかもしれないんだよな)

P(そう考えると……うーん……なるほどなるほど……)



────────
────
──



P「しかし、本当にどうする……!?」

P「こうなると、もう何も心当たりがないぞ……」

P「……」


P(──時間は、どんどん失われていく)

P(おそらく今、やよいのソロ曲の二番に入ったといったところだろう)

P(くそ、くそう……あずささん、今どこにいるんだ……!?)


P「もう、俺だけの力じゃ、どうしようも……」



1 諦めて戻ろう
2 試しに電話をかけてみよう
3 闇雲でもいいからまだ探そう
4 その他

>>479

2


P「……」

P「……試しに、電話でもかけてみる、か」


P(でも、そんなことをしたって意味がないことは……わかっている)

P(携帯電話は各自控え室のロッカーの中に入れておくように言っておいたし、
 先ほど見たステージ衣装姿のあずささんが、携帯電話を持っている様子もなかった)



プルルルル……



P(だから、今電話を鳴らしたところで……)

P(あずささんのロッカーの中の携帯電話が、ひとりで震えるだけ──)



ピッ



P「……え?」

『……』

P「つ、繋がった……? も、もしもしっ!?」

『プロ、デューサー……さん』

P「あずささんですかっ!?」

『……はい』


あずさ『私は……あずさ、です』


P(どうして電話が繋がったのか。いつ携帯電話を取りにいったのか)

P(そして、どうして……、あずささんの声が震えているのか……)




P(──そんなことは、どうだっていい!)

P(全ては、あとから知ればいい……今、俺がするべきことは……!)




P「あずささん! 今どこですかっ!?」

あずさ『ごめんなさい、プロデューサーさん……』

P「ごめんって、何が……!?」

あずさ『私……やっぱり、選べませんでした』

あずさ『私は、昔から優柔不断な性格で……
    大切なもの、どちらかだけを選べって言われても、そんなこと、出来なかったんです』

P「……」

あずさ『だから、ごめんなさい。最後に、謝っておきた──』

P「──あずささんっ!!」

あずさ『っ!』

P「もう一度聞きます。今、どこですか」

あずさ『……』


あずさ『控え室、です……』

P「今から迎えにいきます」


あずさ『でも……! もう、私は……!』

P「さっきも言ったでしょう。あずささんが道に迷ったら、
 俺は絶対助けてやるって。迎えに行くって……約束した」

P「だから、そこを動かないでください。
 お願いだから、俺にその約束を、果たさせてください」

あずさ『プロデューサー、さ……』

P「それじゃっ!」


ピッ


……パタン


P「……よし! 行くぞ!」タタッ


──────
────
──



             控え室
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


P「……あずささん」

あずさ「……」



P(そこには、先ほどのステージ衣装のままの、あずささんがいた)

P(その身体は震え、瞳は赤くなっている。きっと、今の今まで泣いていたんだろう)

P(その涙の理由は、俺にはわからない。
 みんなに迷惑をかけたことが彼女の心を責めたのか、
 それとも、もっと他の……)



あずさ「プロデューサーさん、私は……」

あずさ「私は……!」



P(今のあずささんは、とても歌など歌える状態ではない)

P(しかし、俺は……あずささんをステージに連れて行かなければならない。
 みんなで作り上げたステージを、最後までカタチにさせてやらなければならない)

P(彼女の手を掴み、全力で走れば……今ならまだ、ギリギリ間に合うはず。
 衣装は結局変わっていないが、それくらい小さな問題だ)

P(大切なことは、あずささんがここにいること……)


P(俺は──……)



1 手を握り、走る
2 震えるあずささんの身体を抱きしめる
3 ばかやろう! と怒鳴る
4 その他

>>483

1


P「……あずささん。行きましょう」ギュッ

あずさ「は、離してください……!」

P「離さない! どうしてそんな風に言うんですか!?」

P「それじゃあ、まるで……もうステージに立つもりは無い、みたいじゃないですか!!」

あずさ「そうですっ!」

P「なっ……!?」

あずさ「わ、私は、もう……765プロを、辞めるから……!」



P(……わけがわからない)

P(わからなさすぎる……! なんで、辞めるだとかそういう話になってるんだ!?)



あずさ「ごめんなさい、プロデューサーさん……!」

P「……っ。ステージが、どうなってもいいんですか?
 みんな、あなたのことを待っているんですよ!?」

あずさ「良いわけありませんっ! でも、でも……!
    こうしないと、これから先……、みんなのステージが、全部壊れちゃう!」

P「わけがわからないっ! あずささんが765プロを辞めないと、みんなのステージが壊れる!?
 そんなわけないでしょうっ! なんでそうなるのか、理由を話してくださいっ!」

あずさ「言えませんっ! いいから、私のことはもう……、放っておいてください……!」

P「……っ」



P(──あずささんは今、こう言った)

P(自分は765プロを辞める。そうじゃないと、みんなのステージが壊れるから。
 だからもう、放っておいて欲しい……と)

P(正直、全く事情がわからない。見当もつかない。だけど──)



あずさ「う、ぅ……!」



P(……きっと、ここが分岐点だ)

P(俺の行動次第で、この先の未来が大きく変わる)

P(俺は、あずささんに……なんて声をかけてやればいい?)



12

うわぁ間違って途中送信しちゃった
>>484は無かったことにしてください


P「……あずささん。行きましょう」ギュッ

あずさ「は、離してください……!」

P「離さない! どうしてそんな風に言うんですか!?」

P「それじゃあ、まるで……もうステージに立つもりは無い、みたいじゃないですか!!」

あずさ「そうですっ!」

P「なっ……!?」

あずさ「わ、私は、もう……765プロを、辞めるから……!」



P(……わけがわからない)

P(わからなさすぎる……! なんで、辞めるだとかそういう話になってるんだ!?)


  *  *  *


あずさ「ごめんなさい、プロデューサーさん……!」

P「……っ。ステージが、どうなってもいいんですか?
 みんな、あなたのことを待っているんですよ!?」

あずさ「良いわけありませんっ! でも、でも……!
    こうしないと、これから先……、みんなのステージが、全部壊れちゃう!」

P「わけがわからないっ! あずささんが765プロを辞めないと、みんなのステージが壊れる!?
 そんなわけないでしょうっ! なんでそうなるのか、理由を話してくださいっ!」

あずさ「言えませんっ! いいから、私のことはもう……、放っておいてください……!」

P「……っ」



P(──あずささんは今、こう言った)

P(自分は765プロを辞める。そうじゃないと、みんなのステージが壊れるから。
 だからもう、放っておいて欲しい……と)

P(正直、全く事情がわからない。見当もつかない。だけど──)



あずさ「う、ぅ……!」



P(……きっと、ここが分岐点だ)

P(俺の行動次第で、この先の未来が大きく変わる)

P(俺は、あずささんに……なんて声をかけてやればいい?)



1 ほっとかない! ほっとけないよ!
2 ……そこまで言うなら、わかりました
3 その他

>>487

あずささんをほおっておくなんて出来ません
それに、俺もあずささんのステージを見たいファンの一人です


P「……あずささん。いいですか、よく聞いてください」

あずさ「……」

P「あなたがなんと言おうと、俺は……、
 あずささんを放っておくなんて、出来ません」

あずさ「……どう、して……?」

あずさ「あなたは、フェアリーズステップの皆のプロデューサーで……、
    私のプロデューサーでは、ないのに……!」

P「……そうですね」

P「確かに、俺があなたのプロデューサーでいられるのは、今週だけだ。
 でも、プロデューサーかどうかなんて関係ない」

P「だって、俺たちはみんな、仲間だから……!」

あずさ「……なか、ま」

P「……それに俺も、あずささんのステージを見たいファンの一人です」

P「あなたの歌を、すぐそばで聴きたい。
 だから、765プロを辞めるなんて、そんなことは言わないでください」

P「そうなったら俺は……さみしいし、悲しいです」

あずさ「……」



P「……あずささんが何を考えているのか、どんな事情があるかは、知りません。
 だから、今の俺にはただ……、こうすることしか出来ない」

あずさ「え……?」



P(──いつだってそうだった)

P(悲しみに暮れ、未来に絶望して泣いているアイドルがいるとき、
 最後に俺に出来ることは、こうやって……)



P「……こうやって、馬鹿みたいに手を差し出してやることしか出来ません」

スッ

あずさ「……」

P「……だけど、掴んでさえくれれば、俺はその手を絶対に離さない。
 迷子になってから見つけ出すんじゃなくて……、もう決して、迷子になんてさせない」

あずさ「……、……でも、私がその手を掴んだら……」

P「大切なものを失う、ですか?」

あずさ「……はい」

P「さっきも言ったでしょう。俺は、そのどちらも、失わない」

P「もう一度、約束します。あずささんが抱える心配も、不安も、
 全部俺が吹き飛ばしてみせるから」

P「だから、怖くない。どこでも、あなたの行きたいところに連れていってみせるから……!」

あずさ「……っ」

P「だから……俺と一緒に、行きましょう! あのステージに、もう一度……!」

あずさ「……、プロデューサー、さん……!」



あずさ「……」


ギュッ……


P(……あずささんの手は、小さく震えていた)

P(しっかりしていて、大人の女性のようにも思えるけれど、
 彼女はまだ、たったの二十一歳の女の子なんだ……)


  *  *  *


あずさ「……あたたかくて、大きな手」

あずさ「律子さんとのときも、そうでした……。
    プロデューサーさんはいつだって、私達の背中を、優しく押してくれるんですよね」

あずさ「そして、そのことが……、私達にとって、何よりも大きな力になるんです」

P「……」

あずさ「プロデューサーさん。お願いがあります」

P「……なんでも言ってください」

あずさ「……ひとりでは、きっとまた、迷子になってしまうから」

あずさ「だから私を……、連れていってください。
    もう迷わないように、手を繋いで……」



あずさ「……あのステージへ!」

P「……はい!」



             舞台袖
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ワァァァァ……!



響「はぁ……はぁ……!」

真美「うえ〜、きっつぅ……!」


タッタッタ……


千早「……! ふたりとも、来たわ!」

P「みんな、遅れてごめん!」

響「プロデューサー! もうおっそいぞー!」

響「……って、あれ?」

あずさ「あ、あの、私……」

響「……」チラッ

P「な、なんだよ」

響「うぎゃー! なんであずささんと手繋いでるのっ!?」

P「あ、いやそれは……はは」


  *  *  *


P「ごほん! そんなことより、ステージはどうなってるんだ?」

真美「それがさ〜、もうすっごいんだよ! 真美もうクタクタ〜……」

P「え? すごいってなにが……?」

千早「……高槻さんです」

P「やよい?」

響「そうそう! ほら、聞こえるでしょ!」



『いっぇーい! それじゃあ、次の曲、いっちゃいまーっす!』

イエーイ!!!



P「……」

響「やよいってば、さっきからずー……っと!
 ステージに立って歌って踊ってるんだぞ!」

P「……えっ」


P(あとから聞いた話では、こうだ……)

P(こんなこともあろうかと、律子はやよいに、
 スプラッシュの音源CDを持たせておいたらしい)

P(……俺達が帰ってくるまで、軽く二十分はあった。その二十分の間、
 やよいはずっとステージに立ち、スプラッシュの歌をソロで歌っていたとのことだ)

P(響達も、踊れる楽曲はバックダンサーとして一緒に踊っていたようだが……
 やよいのあまりのパワーに、今、こうしてクタクタになっているのであった)


P「あんなに小さい身体して、どれだけ体力あるんだ……」


P(律子が言っていた言葉の意味が、ようやくわかったような気がする。
 ステージの主役の座を奪われないように、気をつけろって……)



  *  *  *



タッタッタ……

やよい「……ああっ! あずささんっ!」

あずさ「やよいちゃん……それに、みんなも……」

あずさ「本当に……、ごめんなさい」ペコリ

やよい「えっへへー! 大丈夫ですっ!
    いーっぱい歌を歌わせてもらえたから、私、楽しかったかなーって!」

響「そうだよっ、あずささん! 自分達も、ゼンゼン気にしてないから!」

千早「そんなことより……」

真美「うんうん! ファンの兄ちゃんと姉ちゃん、
   あずさお姉ちゃんのこと、ずっと待ってたんだかんね!」

あずさ「……っ!」

P「……あずささん」

P「俺達にも、聴かせてください。あなたの歌を」


あずさ「……はいっ!」




──……♪


ウォォォ……!


あずさ『……みなさん。お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした』


<あずささーん!

<待ってたよー!!


あずさ『……私がこの場所に立てるのは、私のことを支えてくださっている、
    大切な人達と……大切な、ファンの皆さんのおかげです』

あずさ『ときには、道に迷うこともあるけれど……いつだって、
    私のことを見守ってくれている、たくさんの人達がいるから、
    私はアイドルでいられる』

あずさ『……私は今日、そのことを、ようやく実感することができました』



あずさ(──だから、もう迷わない)



あずさ『そんな、たくさんの人達へ……。
    精一杯の、感謝の気持ちを込めて……』



あずさ(心配や不安は、全て消してくれると、あの人が約束してくれたから……)

あずさ(だから、私は強くなれる。輝いた未来へと、まっすぐに、歩いていける……!)




あずさ『……「まっすぐ」!』



ワァァァァ……!



♪ まっすぐ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

あずさ『……ねぇ 今まで なんとも思わないで──……』

あずさ『楽しく過ごしてきたのに 最近──……♪』




  *  *  *




麗華「……」

麗華「そう」

麗華「ええ、わかったわ。こっちは……」



『だけど この空が いつも私のこと見守ってる』

『もっともっと強く 励ましてる──……♪』

ワァァァ……!



麗華「……失敗みたい。私の指示に従わず、のんきに歌を歌っているわ」

麗華「如月千早といい、三浦あずさといい……その才能を、
   こんな場所で遊ばせておいて、もったいないと思わないのかしらね」

麗華「え? ……まぁ、そうね。それならそれで、別に構わないわ」

麗華「ふふっ、そう、当初の計画通り。『お願い』して、
   あの事務所に仕事を回さないようにするだけ」

麗華「ええ、そうよ。それじゃ、またあとで……」


ピッ……


麗華「……三浦あずさ」

麗華「あなたの選択が、間違っているとは言わない。でも……」

麗華「でも、私達魔王エンジェルの敵になるという道を選ぶのなら……、
   それなら私達はいつも通り、私達のやり方で……」


……パタン


麗華「……潰すだけよ」


♪ MEGARE!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


『『……私だけができるスマイル めちゃめちゃ魅力でしょ?』』

『『私だけのとっておきポーズ ドッキリ&セクシー♪』』

ウォォォォ!!



P(……このアンコールで、今回のライブは本当に終わりだ)

P(初めてのクインテッドライブ……。途中でアクシデントが起きてしまったけど、
 みんなのフォローのおかげで、なんとかやり切ることが出来た。
 ファン達も大喜びだったし、結果として、大成功に終わったと言えるだろう)

P(色々と迷惑をかけてしまったスタッフの方達には、
 あとで俺から謝っておけばいいとして……まぁ、それはともかく)

P(……本当に、長い一日だったな)



『『めーざせーアイドルNO.1……♪』』

『『がんばるよ♪ いえい!』』

いぇーい!!



P(やよいとあずささんと一緒に活動をするのも、これで終わりだ。
 だけど、この一週間で、俺はより深く二人のことを知ることが出来た)

P(それはきっと、ただアイドル活動をしていただけでは得られなかったものだ。
 同じ765プロの仲間として、この思い出を大切にしていこう……)


  *  *  *


P(……それにしても、あずささんをあそこまで追い詰めた原因は、
 一体なんだったのだろうか?)

P(自分が765プロを辞めなければ、みんなのステージが壊れる?)

P(それって、どういう──)


ピピピ……


P「ん? 電話だ……音無さん?」


ピッ


P「はい、もしもし──」

小鳥『あっ、ぷ、プロデューサーさん! たた、大変ですっ!』

P「え、大変って……とにかく落ち着いてください! 一体何があったんですか?」

小鳥『それが──……』

P「……え」


──────
────
──


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 25週目 夜



プルルルル……

        プルルル……


P「……いえ、ですが……! は、はい……
 そういうことでしたら、かしこまりました……」

P「ええ、またよろしくお願いします……失礼します」


ガチャッ


小鳥「……プロデューサーさん」

P「……またです」

小鳥「やっぱり……はぁ」



  *  *  *



P(音無さんから連絡を受けた俺は、ライブに関するもろもろの後処理を済ませると、
 一目散に東京の事務所へと帰ってきた)

P(五人のアイドル達は、今日は事務所に寄らせず、東京で現地解散させている。
 こんな事態になっているなんて、あの子達に見せるわけにはいかないからな)

P(……こんな事態というのは、つまり──)



P「……入っていた仕事が、次々にキャンセルになっている」

ガチャ

律子「……こっちもです。どういうことなんですかね、これは」



P(一件や二件なら、まだわかる。しかし、
 765プロ全体でここまでキャンセルが続くとなると、これは……)

P(……何かの圧力、か?)


P(……いや、考えすぎだろう)

P(第一、うちに仕事を回さないようにして、一体誰が得するんだ?)

P(それに、圧力をかけられるほど大きな力を持った組織と、
 765プロが関わったことなんて──)



P「……あ」

律子「あはは……プロデューサー殿も、やっぱり気付きましたか?」

P「もしかして……961プロ、か?」



P(可能性は十分にある。961プロは765プロを目の仇にしているようだし、
 あの超大手事務所なら、様々な方面から圧力をかけるのも容易いはず)

P(……もちろん、まだ確証は得られないが)


  *  *  *


P「……結局、来週に残った仕事は、レギュラーのラジオ番組だけか。
 はは、見事にすっからかんになったな!」

律子「笑い事じゃないですよ、ったく……あーあ、どうしようかしらねぇ」

P「は、は……」


P(本当に、どうする……?)

P(961プロに正式に抗議するか?
 いや、まだ何も961プロの圧力だと確信したわけでもないし、
 もしあちらが金の力で本気で潰してくるつもりなら、正直うちには勝ち目はない)

P(……くそっ。IA大賞ノミネートがかかった、大切な時期だって言うのに……!)



P「……ああ、もうっ」グシグシ

小鳥「お、落ち着いてください、プロデューサーさん。
   ほら、お茶でも飲んで……」

P「すみません、いただきますっ! ごくごく……」



P(……もしこのまま仕事が入ってこなくなるようだったら、
 IA大賞どころか、みんなにアイドルを続けさせることも難しくなってしまう)

P(いや、ダメだ! そんなこと……絶対にさせるわけにはいかない!)



律子・P「「はぁ……」」

小鳥「あの、お二人とも……」

P「え? な、なんですか?」

小鳥「誤解をせずに聞いて欲しいんですけど……、
   961プロの仕業、と決め付けるのは、まだ早いかと思います」

律子「とは言っても……他に心当たりなんて」

小鳥「……黒井社長は、確かに765プロのことを敵対視しています。
   ですが、このようなやり方をしてくることは今までありませんでしたし……」


P(……小鳥さん、961プロについてよく知っているみたいだな)

P(まぁ、765プロの事務員として勤めて長いと聞くし、
 これまでも色々といざこざはあったんだろう、きっと……)



  *  *  *



小鳥「黒井社長はとにかく、実力で勝っているということを証明したいようなんです。
   だから、こういう元から断つみたいなやり方は、ちょっと考えにくいかと……」

P「……考えてみれば、そうですね」


P(黒井社長の765プロへの執着は、そりゃもう異常なものらしい。
 まぁ、俺はあまりあの人と関わったことはないけど……
 色々な人から話を聞いているうちに、そういうイメージが出来上がっていた)

P(……とにかく、本気で憎い、潰したいと思っているなら、
 回りくどい嫌がらせなんてせず、最初からこうしていればよかったんだ)



P「……小鳥さん。社長は今どこに?」

小鳥「社長は先ほど、東豪寺プロダクションへ行くと言って出ていかれました。
   ちょうど、キャンセルの電話が入り始めた頃からでしょうか……」

P「……東豪寺プロ?」



P(東豪寺プロダクションと言えば、魔王エンジェルが所属する事務所だ。
 あそこも961プロに劣らぬ、超大手事務所……)

P(そして、魔王エンジェルのリーダー兼プロデューサーである、東豪寺麗華。
 彼女は以前、千早とあずささんに、接触を図ったことがあるらしい)

P(765プロとも関わりがある、といえば……、あるか?)



P「東豪寺プロ……961、プロ……」

P(……ダメだ。頭がこんがらがって、何がなんだかわからなくなってきた)

P(というか、全然寝てないということもあって……もう、意識が朦朧と……)



小鳥「……律子さん、プロデューサーさん」

P「え……?」

小鳥「残念ですが、この件について今の私達に出来ることは、何もないと思います」

小鳥「でも、みんなのプロデューサーであるお二人には、
   しなくてはならないことがあるはずです。それがなんだか、わかりますか?」

律子「……そうですね」

P「……みんなを、不安にさせないこと」

小鳥「はい、その通りです! みんなに笑顔で、楽しくアイドル活動をさせることが、
   プロデューサーの一番大切なお仕事。しっかりしてくださいね、ふたりとも!」

律子・P「……はい」


──────
────
──


             帰り道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


テクテク……


P「……はぁ」


P(まさか、こんなことになるだなんて……)

P(せっかくライブが大成功に終わったっていうのに、台無しもいいところだよ)


  *  *  *


P(……でも、小鳥さんの言うとおりだ)

P(こんなことで俺がへこたれてなどいられない。俺には、
 響達をトップアイドルに導くという使命があるんだから)

P(仕事を奪われたなら、また新しく仕事を取ってくればいい。
 そして、今までどおり、みんなを笑顔でいさせてやらないと……)



P「ふわ〜ぁ……」



P(……とにかく、もうさすがに疲れた。
 今日のところはゆっくり休んで、来週以降への英気を養おう)

P(ええと、来週は確か……)



P「……あ、876プロへお邪魔するんだっけ」



P(尾崎さんに日高さんを紹介することと、秋月さんにみんなを会わせること……)

P(……正直、今となってはそれどころじゃないって感じだが)

P(でも、約束は約束だ。やるべきことは、ちゃんとこなしていかないとな。
 そもそも、仕事も無くなって暇になっちゃったし……)


【活動 25週目 おわり】

今日のところは以上です、お付き合いありがとうございました
次は月曜日の夜に書けるかと思います

再開します


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 26週目 朝


P(前回のあらすじ……)

P(先週は、ユニット結成以来初めてのクインテッドライブを開催した。
 猛レッスンの甲斐もあって、五人でのステージは予想を超えて遥かに素晴らしい出来であった)

P(輝いたステージ、盛り上がるファン達の大歓声……)

P(全てが順調だった。だから、このまま何事も無くライブは終了し、
 IA大賞ノミネートに向けて大きく歩みを進められると、そう思っていたのだが──……)



『わ、私は、もう……765プロを、辞めるから……!』



P(……あずささんは、確かにこう言った)

P(どうやらあのときの彼女は、迷子になったのではなく、
 自らの意思でステージを降りようと思っていたらしい)

P(あずささんはなんとか気持ちを持ち直し、
 再び765プロアイドルとして歩んでいくと決めてくれたようだが……、
 一体何があずささんをそこまで追い詰めたのか、その理由を俺はまだ知らないのであった)

P(彼女に話を聞こうにも、それからすぐ東京の事務所で大事件が起こってしまい、
 その対処に追われた俺にはそんな暇も無かったからだ)

P(その、大事件とは──……)



  *  *  *



ガチャ

P「……おはようございまーす」

P「って、こんなに早く来なくても良かったんだよな。
 今日は仕事と言った仕事は無いんだし……」

P「あはは、染み付いた生活習慣っていうのは、なかなか変わらないんだなぁ……あは、はぁ」



P(──その大事件とは、765プロに入っていた仕事が次々とキャンセルになってしまったということ)

P(一体どうして、こんなことになってしまったのか……
 あれからいくら考えても、俺には答えがわからないままなのであった)



  *  *  *



P「さーって、と。でもまぁ、やることは探せば見つかるはずだよな……」

P「……あれ?」

??「あ……」

P「君は……」



P(……律子がプロデュースするスプラッシュや俺が担当するフェアリーズステップだけでなく、
 他のソロ活動をしているアイドル達も、今週はほとんど仕事がないはず)

P(それなのに、ここにいる彼女は、どうしてこんなに早く事務所に出勤していたのだろう?)



そこにいたのは……
>>511
※765プロの女の子でお願いします

雪歩


P「おはよう、雪歩」

雪歩「お、おはようございますっ、プロデューサー!」


P(そこにいたのは、雪歩だった)

P(最近衣替えをしたらしく、今日もお気に入りらしい真っ白なコートに包まれている。
 なんだかモコモコとしていて可愛らしいな)



P「ええと、ゆき──」

雪歩「あのっ、わ、私、ええっと……あ、そうだ! お茶、お茶をいれてきますねっ!」

P「あ、ああ。ありがとう……」

雪歩「それじゃあ、待っていてくださいっ!」パタパタ

P「……? なんだろ、なんだか挙動不審だな」


  *  *  *


雪歩「……はい、どうぞ」コトッ

P「うん、いただくよ」


P(何も言わずともこうやってお茶をいれてくれる……
 雪歩、すっかりお茶くみ系アイドルになってしまったな)

P(……いやいや、そんなことを言ったら失礼か。
 そもそも、アイドルにお茶をいれさせること自体、普通じゃないもんな)



ズズッ……

雪歩「あの、いかがですか……?」

P「……美味しいよ。いつもありがとうな」

雪歩「えへへ……どういたしましてですぅ」

P「でも、こんなに早く来てどうしたんだ? というか、小鳥さんは?
 事務所の鍵は.今日、小鳥さんが開けることになってたはずだけど……」

雪歩「あ……小鳥さんなら、まだ来ていませんよ」

P「え、そうなのか? じゃあどうやって事務所に……」

雪歩「……あ、あの、プロデューサー!」

P「お、おう。なんだ、急に大きい声出して……」

雪歩「実は私、プロデューサーに謝らないといけないことがあってっ!」

P「謝らないといけないこと?」

雪歩「はい、その……うぅ……ご、ごめんなさいぃいぃっ!!」

P「……」



P(会話もうまく成り立たないまま、雪歩が急に謝ってきた)

P(とは言っても、全然心当たりがないんだけどな……)


P「えーっと……」

雪歩「こ、こんなダメダメな私なんて、穴掘って埋まっておきますぅ〜〜!」

P「ゆ、雪歩、待ってくれ! 事務所で穴掘ったら、
 また下のカラオケ屋に怒られちゃうから!」

雪歩「うぅ……ごめんなさい……」

P「……とにかく、顔を上げてくれよ。
 落ち着いて、なんで謝ってきたのか聞かせてくれ」



  *  *  *



P「……なるほど」

P「最近事務所に仕事が入ってこなくなったのは、自分のせいだって思ったんだな」

雪歩「はい……わ、私がこの間、せっかく入ってきた数少ないお仕事で、
   大失敗しちゃったからぁ……!」



P(当然のことだけど……俺達フェアリーズステップが活動している裏でも、
 雪歩を初めとしたソロアイドル達は、地道にアイドル活動を続けている)

P(残念ながら、俺がその全てを把握することは出来ないが……
 どうやら雪歩は、この前仕事で失敗をしてしまったようだ)



雪歩「デパートの屋上のミニライブで、美希ちゃんと一緒にステージに立ったんですけど……
   私、緊張のあまり歌詞が飛んじゃって、もう何がなんだかわからなくなって……!」



P(……その失敗のせいで765プロの評判が悪くなり、
 こんな状況になってしまったと、雪歩はそう思っているらしい。
 突き抜けたネガティブ思考の持ち主だな……)

P(うーん……実際、そんなことは全然関係ないと思うんだけど、
 なんて言ってやれば納得してもらえるだろうか)



1 とにかくまず、その失敗について慰めてあげよう
2 「雪歩ごときが失敗したところで影響があるわけないだろ」と言おう
3 「確かに、雪歩のせいだな。責任取れよ」と言おう
4 その他

>>514

1


P(とにかくまず、その失敗について慰めてあげよう。
 この状態じゃ、まともに話を聞いてもらえそうにもないしな……)


P「えー、ごほん。雪歩、失敗しちゃったってことだけど……」

雪歩「う……はい、ごめんなさい……」シュン

P「ああいや、責めてるわけじゃないって!
 この数分で何回ごめんなさいって言ってるんだ」

P「俺が言いたいのはさ、そんなこと気にするな! ってことだよ」

雪歩「で、でも……!」

P「雪歩が言うように、その失敗のせいで765プロに仕事が入ってこなくなったなら、
 それは確かに大事件だ。でも、もしそうだとしたら、さすがに俺の耳にも届くはず……」

P「だけど俺は、その件について今初めて知った。
 だからそれは、雪歩が思っているほど大きなミスなんかじゃなかったんだよ」

雪歩「ほ、ほんとですか?」

P「俺はそうだと思ってる。まぁもちろん、可能性がゼロってわけでもないけどね」

雪歩「やっぱりぃ……!」

P「だから、今からその可能性をゼロにしていこう」

雪歩「え? でも、ど、どうやって……」

P「……よく思い出してみてくれ、その時の状況を」

P「雪歩にとってはつらいかもしれないけど、
 歌詞が飛んでから、どんなことが起こった?」

雪歩「……それ、は──……」


──────
────
──

 
   回想 デパート屋上にて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


雪歩「……み、みなさん! わ、私は、萩原雪歩って言いますぅ!」

美希「ミキは星井美希なの! みんな、今日はよろしくね♪」



子供「わー、おかあさーん。すごいよあれー」

お母さん「そうねぇ。かわいいわねぇ」

子供「うんー!」


ざわざわ……


雪歩「……」


雪歩(小さい小さいイベントだって聞いたのに、人がこんなに……!)

雪歩(ひぃ、ふぅ、みぃ……)

雪歩(ざっと三十人は集まってますぅ!
   お、おお、お子様のお父さんと思しき男の人もいっぱい見てるし……!)

雪歩(あぅぅ……)


  *  *  *


雪歩「え、えっと……私達は、765プロで活動中のアイドルで……」

子供「なむこぷろー! 響ちゃん?」

お母さん「響ちゃんは今日は来てないみたいねぇ」

子供「そーなんだー」

雪歩「……」


雪歩(……やっぱり、765プロと言ったら、響ちゃん達フェアリーズステップか、
   やよいちゃん達のスプラッシュ……それか、あずささんなんだよね……)



美希「……雪歩、雪歩」ヒソヒソ

雪歩「っ!」

美希「まだ台詞、おわってないよ?」

雪歩「う、うん……ごめんね、美希ちゃん」



雪歩(……でも、負けちゃダメ)

雪歩(真ちゃんと一緒で、私も変わるって決めたんだから!)

雪歩(がんばって、雪歩! ここは気合いと根性で乗り切るんですぅ! )



  *  *  *


雪歩「……それじゃあ、聴いてください!」

美希「ミキと、雪歩で……」

雪歩・美希「「……『GO MY WAY!!』!」」





♪ GO MY WAY!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

美希『GO MY WAY!! GO 前へ──……♪』

雪歩『がんばーって、ゆきま──……


ワンワンッ!


雪歩『え』


子供B「あはは、待ってよー」トテテ

子犬「キャンキャンッ!」


雪歩(い、いい、犬ぅぅぅ!? なっ、ななな、なんでこんなところにっ!?)

雪歩(……そ、そういえばこの屋上には、犬と戯れようってコーナーがあったような)

雪歩(も、もしかして、そこから逃げ出して……!?)


  *  *  *


雪歩『い、ちばん大好きな……わた、しに……』


係員「ま、待ちなさい! そっちはダメ!」

子犬「わんわんっ」ダダダッ


雪歩(なんでまっすぐこっちに来るんですかぁぁぁ!!?)


子犬「キャウーン」タッ

雪歩『きゃあっ!!』

子犬「ぺろぺろ」

雪歩『あ、あぅ、ああ……──いやぁぁぁっ!』


キィ──ン……


美希『っ!』


ざわ……

     ざわ……


雪歩『こ、こないでくださいぃ……!』ブンブン


美希『……』

雪歩『い、いやぁ……!』

子犬「きゃんきゃん!」

係員「す、すみませんっ! ダメだってば! ほら、こっちに!」


ざわ……

    ざわ……


雪歩(……お客さん、みんな見てる)


雪歩『う、うぅ……!』ポロポロ


雪歩(……失敗しちゃった)

雪歩(失敗した失敗した失敗した失敗した私は失敗……!
    泣かないって決めたのに、泣いちゃったぁ……!)



雪歩『うぇぇん……!』

美希『……。……うん、それなら……』

スタッフ「……おい、一回止め──」

美希『あはっ☆ スタッフさん、止めなくてもいーよ!』

スタッフ「えっ」

美希『それより〜、今から二曲目を流して欲しいの! ねっ?』

スタッフ「は、はぁ……」



──……♪



美希『……しろい、いぬっ♪ しろい、いっぬ♪ しろいいぬ♪』


雪歩(美希、ちゃん……?)



♪ 白い犬
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


美希『──ホワイトドッグ!』




雪歩「……」

雪歩(美希ちゃんが歌う予定の曲って確か、『黒い犬』じゃなかったっけ……)



──……♪


雪歩『美希、ちゃん……』

美希『……えへへ、ほんとはね? この歌、「黒い犬」って言うんだ〜』

美希『でも……、きゃんっ!』

子犬「わふわふっ」ペロペロ

美希『あはっ☆ こーんなに可愛いゲストさんが、真っ白な子犬だったから、
   トクベツに変えちゃったの! よーしよしよし……良い子、良い子』ナデナデ

子犬「くぅーん」

美希『……ねぇみんな! なんだかこの子、雪歩みたいだなぁ〜って、思わない?』

雪歩『え……』

美希『真っ白で、キレイなところ!』

雪歩『……っ』


雪歩(美希ちゃん……)


  *  *  *


美希『……それじゃ、続きを歌うねっ!』

美希『次は、みんなもいっしょに歌ってくれたら、すーっごく嬉しいって思うな! いーい?』

はーい!

美希『ありがとうなの! じゃ、行くよ〜!』



雪歩(……こんなことになったのに)

雪歩(美希ちゃんは、私を怒るどころか……)



美希『──家族に愛されている♪ 癒しが仕事の白い犬〜♪』

美希『しろいっいっぬ♪ しろいいぬ♪ しろい、いぬ♪』

美希『ホワイトドッグ──……♪』


──────
────
──


──────
────
──


雪歩「……以上ですぅ」

P「……そのあとは、どうなったんだ?」

雪歩「えっと……美希ちゃんが『白い犬』が歌い終わる頃に、
   犬は係員さんと一緒に帰っていったみたいです」

雪歩「それで、そのあとはまた『GO MY WAY!!』をふたりで歌って……
   なんとか、イベントは終わりました」

P「なるほどな……」



P(……雪歩が犬を怖がって歌えない状態になってしまったけど、
 星井さんが機転を利かしてフォローしてくれたみたいだ)

P(それじゃあやっぱり、雪歩にはなんの責任もない。
 ステージ中の突然の乱入なんて、犬が苦手な雪歩じゃなくたってパニックになる)

P(それでも尚ステージを最後までやりきったんだから、むしろ、褒められるべきだろう。
 というか、管理不足だってことでこちらが謝られてもいいくらいだな)



1 「星井さんからはそのあとなにか言われたか?」と聞こう
2 「雪歩、よく頑張ったな」と言おう
3 「俺、その犬になりたいよ」と言おう
4 その他

>>522

1


P「星井さんからは、そのあとなにか言われたか?」

雪歩「美希ちゃんから、ですか? えっと……」

雪歩「イベントが終わったあと、美希ちゃんにごめんねって言おうとしたんですけど……」


  *  *  *


美希『えー……? むにゃむにゃ……そんなのいーよ、雪歩……。
   えへへ、それより、良かったね……』

雪歩『え? 良かったって……』

美希『お客さんたち、すっごく喜んでくれてたの……』

雪歩『……』

美希『だから、また、いっしょに……がんばろー……』

雪歩『美希ちゃん……』

美希『すぅ……すぅ……』

雪歩『……うん。頑張ろうね』


  *  *  *


雪歩「こんな感じで……疲れてたみたいで、すぐ寝ちゃったんですぅ。
   それでそのあと、社長が迎えに来てくれるまでぐっすりで……」

P「……そっか」

雪歩「私、美希ちゃんには、本当にお世話になっちゃいました。
   あのときひとりぼっちだったら、きっと、全部ダメだったし……」



P(星井美希……)

P(俺は今まで星井さんとはあまり関わりを持つことが無かったけど、
 雪歩の話を聞く限り、めちゃくちゃ良い子みたいだな)

P(才能もある。前向きに努力しようとする姿勢も感じられる。
 俺が知らなかっただけで、やっぱり765プロには、まだまだ素晴らしいアイドルがいるようだ)


  *  *  *


雪歩「あの、プロデューサー……それで……」

P「ん? あ、ああ。そうだな……」

P「……話を聞いて確信したよ。雪歩は最初、
 自分の大失敗のせいで765プロがこんなことになったって言ったけど、
 やっぱりそんなことは無かった」

P「だって、お客さん、喜んでくれてたんだろ?」

雪歩「は、はい……でも、」

P「でも、はいらないよ。アイドルにとって一番大切な仕事、それがなんだかわかるか?」

雪歩「一番大切なお仕事ですか? えっと、ミスしないで踊ること……?」

P「……ちがう。お客さん達を笑顔にすること。それが一番大切な仕事なんだ。
 それを達成できたなら、俺からは何も言うことは無い」

P「たとえそれが雪歩の力でなくても……星井さんのおかげだとしてもだ。
 トラブルがあれば、仲間に頼って乗り越えていけばいい」

P「だからさ……、その件については、本当に気にしなくていいんだよ」

雪歩「プロデューサー……」

0時半頃までちょっと休憩します


雪歩「ありがとうございます、プロデューサー……」

雪歩「えへへ、プロデューサーにそう言ってもらえたら、
   なんだか私、元気が出てきましたぁ!」

P「そっか……それはなによりだ」

雪歩「……だけど、」

P「ん?」

雪歩「それならどうして、今、こんなにお仕事がなくなっちゃったんですか?」

P「……」

雪歩「私のお仕事がなくなるだけなら、まだわかります。
   そもそも、いつもそれほど多いってわけでもないし……」

雪歩「でも、フェアリーズステップやスプラッシュのお仕事まで少なくなっちゃうなんて……
   最近みんな、レッスンしかしていないみたいだから……」

P「それは……」



P(──それは、確かなことは俺にもわからない)

P(ただ、なんとなくの予想というか……漠然とした予感はある)

P(これはきっと──……)


『社長は先ほど、東豪寺プロダクションへ行くと言って出ていかれました』


P(……これはきっと、東豪寺プロダクションが関係している)


  *  *  *


P(東豪寺プロダクション所属アイドルユニット『魔王エンジェル』。
 そのリーダー兼プロデューサーである東豪寺麗華は、
 以前あずささんに接触を図ったことがあるようだ)

P(そして、先週のあずささんのあの様子……)


『でも、でも……! こうしないと、これから先……、
みんなのステージが、全部壊れちゃう!」』


P(……そのあとあずささんが立ち直った直後に起きた、この事態。
 あまりにもタイミングと都合が良すぎる)


P(今から考えることは、あくまでも予想だけど……)

P(東豪寺プロダクションはあずささんになんらかの脅しをかけ、
 あずささんはそれを受けて765プロを辞めると決意したのだろう。
 ステージを壊す絶好のタイミングで行方不明になることにした……)

P(しかし、あずささんはその脅しに屈せず、最後には歌を歌いきった。
 東豪寺プロダクションはその報復として、765プロに圧力をかけることに……)

P(……一方的に東豪寺プロが悪者と決め付けての推測だけど、
 こう考えるのが俺の中で一番自然なんだ)

P(何より俺は、東豪寺プロには元から良い印象を持っていない。
 千早の心に大きなストレスがかかったあのときも、
 千早は東豪寺麗華と会っていたみたいだからな)


雪歩「プロデューサー……?」

P「あ、ああごめん。ついボーっとしちゃって……」

雪歩「……あの。もし、私に出来ることがあったら……」

P「……」

雪歩「な、なーんて……ごめんなさい! 私なんかじゃ、
   プロデューサーのお役には立てないですよね……」

P「雪歩……」


P(──プロデューサーとして、アイドル達に
 余計な心配をかけさせるわけにはいかない。
 そもそも俺が考えていることは、あくまで予想に過ぎないわけだし)

P(しかし、何も聞かないままだったら、みんなも納得が出来ないだろう。
 響達だって、レッスンばかり現状について、色々と思うところがあるようだし……)

P(どうしようかな……)



1 自分の考えを雪歩に話す
2 話さない
3 「役に立とうなど百年早いわ!」と言おう
4 その他

>>528

心配をかけない程度に話す


P(……だんまりを決め込んで、ただ現状を維持するようにと言っても、
 納得出来るわけがないだろう)

P(雪歩に話そう。でももちろん、心配をかけない程度に……)



P「……雪歩。役に立ちたいって思うその気持ちは本当に嬉しい。
 だけどこの件については、ひとまず俺達に任せておいてくれないか?」

雪歩「……私達じゃ、何も出来ないってことなんですね?」

P「……ああ、はっきり言ってしまえばそうだ」

雪歩「……っ」

P「でも勘違いしないでくれ、役に立たないって言ってるわけじゃない。
 雪歩たちはアイドルで、アイドル達に笑顔で活動させることが、俺達裏方の仕事だから」

P「だから雪歩には、これまで同様レッスンに励んで欲しい。
 またいつも通りの日常が戻ってきたときに、すぐにでも動き出せるようにさ」

P「そういう姿を想像することが、俺達にとって一番の活力になるんだから!」

雪歩「……わかりました。でも、ひとつだけ……」

P「なんだ?」

雪歩「これは……他の事務所が、関係しているんですか?」

P「……、……雪歩の口の固さを信頼して言うが、おそらくそうだ。
 裏が取れているわけじゃないから、他言はしないで欲しいんだけど……」

雪歩「……そうですか。私が原因じゃないってことは、やっぱり……」

P「やっぱり?」

雪歩「あっ、い、いえ! なんでもないですぅ!」



P(なんだろう? 雪歩は雪歩で、『自分が原因だ』と思う以外にも、
 なにか心当たりがあったってことかな?)

P(それは一体……)



雪歩「あ、あのプロデューサー! それよりっ!」

P「あ、ああ。どうした?」



P(……気になるって顔をしていたのが、バレたみたいだ)

P(だけど雪歩のこの態度を見るに、彼女としても、
 あまり聞かれたくはない話なのかもしれないな……)


雪歩「えっとぉ〜……そ、そのぉ……うーん……」

P「あはは……話すこと、考えてなかったのか?」

雪歩「ひぃん! その通りですぅ! で、でも、すぐに思いつきますから──あぁっ、そうだ!」

P「思いついた?」

雪歩「はいっ! あの、全然関係ない話なんですけど……
   プロデューサー、私の詩集ノート、知りませんか?」

P「え、詩集?」

雪歩「この間、プロデューサーに見せてから、どっかに行っちゃったんですぅ……
   だからもし、プロデューサーがその行方を知ってたらなって思って……」

P「……」



P(……あああああああ!!)

P(す、すっかり忘れてた!! そうだ、俺はあのとき──……)


『あれ、これって……萩原さ──じゃなくて、雪歩が持っていたノートだ。
しまうのを忘れちゃったみたいだな』

『放置してたら誰かに見られてしまうかもしれないし、
とりあえず預かっておいて、あとで雪歩に返そう』


P(とかなんとか言って、ずっと預かっていたまんまだったんだ!)



P「え、えぇっとぉ……知ってるっちゃ、知ってるかな」

雪歩「本当ですかぁ!?」パァァ

P「うん……預かっておいたんだ。
 でも今の今まで、すっかり忘れててた……ごめん」

雪歩「えへへ、いいんですぅ! あの、それじゃあ……」

P「あ、ああ……、デスクにしまってあるから、今持ってくるよ」



P(……やばい、やばいぞ……!)



  *  *  *


P「……はい」スッ

雪歩「良かったぁ……ありがとうございます」

P「怒らないのか? 勝手に持っていたこと……」

雪歩「だってプロデューサーは、ご厚意で預かっていてくれたんですよね?
   それなら私、全然気にしません!」


P(なんてまぶしい笑顔……。
 俺のことを心から信頼しきってくれているようだ)


雪歩「えへへ……お帰りなさい、私のノート……」

パラパラ……

雪歩「……あれ?」


P(──でもそんな信頼も、もしかしたらここで崩れてしまうかもしれない)



P(なぜなら俺はあのとき、雪歩のノートの最後の空白のページに、
 あるメッセージを書いておいたからだ!!)

P(もちろん、中身は覗いてない。でも俺、あのときの雪歩を見て、
 なんとなく心がすっきりしなくて……)


  *  *  *


あれは『夢』で、今の私にとっての『現実』じゃない。

      あたたかさを失ってしまった分、さみしさと悲しさは、余計に私の心を苦しめて……


一度だけでいいから、私のことを、『萩原さん』じゃなくて……、

                        『雪歩』って呼んでくれませんか?


  *  *  *


P(……それで、ついつい、こう書いちゃったんだよな……)


1 雪歩、愛してる
2 雪歩、頑張れ
3 プロデューサーオリジナルの詩
4 その他

>>533

3


P(それは──……!)

P(俺オリジナルの詩である!!!!!)



雪歩「ぷ、プロデューサー? これって……」

P「……ああ」

P「俺も、雪歩に触発されて……書いてみたんだ。心を込めた詩ってやつをさ」

雪歩「な、なんで私のノートに……?」

P「……へへっ。だってこれは──」



P(書いたはいいけど、ちょっと恥ずかしくて、
 さっきはやばいやばいなんて思ってしまったが……)

P(こうなったらヤケだな。堂々としよう。そうすれば恥ずかしくないっ! うん!)



P「雪歩……君へのメッセージだから」

雪歩「!」

P「ふふ……読んでみてくれないか?」

雪歩「は、はい……」

ペラッ……



雪歩「……、」

雪歩「キミは、時計──……」




〜 キミは時計 〜


キミは時計

嬉しいときは、飛び跳ねるように

悲しいときは、迷うように

キミは「今」この瞬間(とき)を刻んでいく


「夢」は「今」を願い

「今」は「夢」を願う

キミが刻む「時間」は、「夢」と「今」を抱いて

どんなときだって

どこまでも永遠に向かって……


さあ歩き出そう

キミらしく

今日を刻んでゆこう


キミは時計

そう、キミは夢見る時計


雪歩「──……」

P「……どうかな」



雪歩(……「夢」は「今」を願い、「今」は「夢」を願う)

雪歩(「夢」は「夢」で、「今」の私じゃなくて……、
   私は、その夢と現実のギャップが、とても悲しかったのに……)



雪歩「プロデューサー、は……」

P「……」



雪歩(夢の私も、今の私も、全て含めて私らしいと、
   そう言ってくれているんですね)

雪歩(私が夢見たあの私を……大切な思い出を、
   今の私は、受け入れていいんだよ、って……)



雪歩「……大切にします」ギュッ

P「……そっか」

雪歩「えへへ……私は、時計」

雪歩「自分らしく今日を刻む、私、夢見る時計──……」



  *  *  *



P(それから雪歩は、嬉しそうに小走りしながらレッスンへと向かっていった)

P(俺が書いた詩を、どうやら雪歩はとても気に入ってくれたようだ。
 ノートを大事そうにぎゅっと胸に抱きながら、詩を口ずさんでいたな)

P(……)



P(恥ずかちい)

P(うわぁぁぁ……! うぉぉぉ……!!)

P(今になってものすっごい恥ずかしくなってきた!
 これは俺の黒歴史決定だぁ……!!!)


パーフェクトコミュニケーション!


──────
────
──

P(……ちなみに、あとから聞いた話だけど、
 なぜ小鳥さんより早く雪歩が出勤してきていたかと言うと……)

P(雪歩は俺に謝る時間を作るためだけに、
 小鳥さんにお願いして、スペアの鍵を借りていたらしい)

P(なんでも、絶対に号泣するという自信があったから、
 それを他の人に見られたくなかったようで……)

P(小鳥さんも、雪歩のあまりの気迫についついOKしてしまったようだ。
 責めるわけではないが、スタッフ以外に鍵を持たせるなんて、
 褒められた行為というわけでもないな。一応あとで注意しておかないと)


  *  *  *


P(まぁ、そんなこんなで……)

P(雪歩とそんなちょっぴり恥ずかしいやり取りをしたすぐあとに、
 俺の担当アイドル達がようやく顔を出してきた)



P「お、おはようみんな」

響「はいさーい……」

真美「おはおはー……」



P(見るからにドンヨリしてる……)

P(ここ数日、ろくな説明もないまま、仕事もせずにレッスンだけの日々だったからな。
 みんなも今の事務所がおかしいっていうことには、とっくに気付いているんだろう)

P(……って、あれ?)



P「千早は……まだ来てないのか?」

響「え? あぁ、そういえばそうだね」

真美「どしたのかな、千早お姉ちゃん。いつもは一番に来るのに〜」

P「……」



P(今日は、このあとやってくる予定の春香と日高さん、
 そしてフェアリーズステップの皆を引き連れて、876プロへお邪魔することになっていた)

P(正直に言ってしまえば、日高さんの件の方が優先度は高いから、
 千早は来なくても問題があるわけじゃない)

P(だけど、一応この時間に集合するようには言っておいたし……
 無断で遅刻するなんて、千早らしくもない。電話してみるか……)



プルルルル……


P「……」


プルルルル……

ピッ

P「おっと……もしもし、ちは──


『おかけになった電話番号は、現在電波の届かない場所にあるか、
電源が入っておりません』


P「……え?」


P(千早が、電話に出んわ……)

P(……なんちって)


  *  *  *


ピッ……

P「……うーん」

響「千早、出なかったのか?」

P「ああ。一応、留守電にメッセージは残しておいたけど……」

真美「っ! 兄ちゃん、これは事件だよっ!」

P「ええっ? なんのこと?」

真美「いつも一番に事務所に来る千早お姉ちゃん……
   真美が遅刻したらめっちゃ怖い顔する千早お姉ちゃん!」

P「それは真美が悪いと思うけど……それで?」

真美「そんな千早お姉ちゃんが、遅刻するのに誰にもなーんにも言わないなんて、
   ゼッタイおかしいっしょ!」

真美「うあうあー! きっと今頃、悪の秘密組織につかまって、
   身体を改造されて、シャドー★セイレーンとして生まれ変わっちゃってるんだぁ〜!」

P「なんの漫画に影響されたんだよ……」



P(……でも、真美の言うことも一理ある。
 千早が遅刻すること自体珍しいのに、それを誰にも言わないなんて……)

P(事件なんて大げさにはしたくないが、もしも──……)



P「……っ」



P(──もしも、あの日のように)

P(今この瞬間も、熱にうなされ、苦しんでいるんだとしたら?
 そして、電話に出ることすらままならないんだとしたら……)



1 約束の時間までもうすぐだ。今は目の前の用事を済まそう
2 時間はあまりないが、一度千早の家に様子を見に行ってみるよ
3 その他

>>541

876に少し遅れる事を伝えて2


P「時間はあまりない、が……一度、千早の家に様子を見に行ってみるよ」

真美「おぉ〜! それでこそ兄ちゃんだよ〜!」

P「だけど、その前に……876プロの方にも連絡しておく。ちょっと待っててくれ」

ピ、ピ

プルルルル……


真美「……ねぇひびきん、そういえば真美達、
   なんで今日、他の事務所におジャマするんだっけ?」

響「プロデューサーが昨日言ってただろー、聞いてなかったのか?
  自分達と876プロのアイドルが、今度番組で共演するから、その顔合わせするんだぞ」

真美「あっ、そうだったね〜」


ピッ

『お待たせいたしました。876プロダクションでございます』

P(あれ? 聞いたことない声だな。尾崎さんじゃないのか)

P「いつもお世話になっております、私、765プロダクションの……──と申しますが」

『あ、765プロさん! いつもお世話になっておりますー。
ふふ、尾崎さんから話は聞いてますよ』

P(……随分フランクな電話対応だな)

『っと、いけないいけない……尾崎から話は聞いております。
例の新人アイドルをご紹介いただけるという件でしょうか?』

P「ええ。それで、ええと……」

『ああっ、わ、わたしったら、また……』


まなみ『申し遅れました。わたし──じゃなくて、わたくし、
     876プロの岡本でございます』

まなみ『ただいま尾崎につなぎますので、少々お待ち願えますでしょうか?』

P「は、はい。お願いします」


P(岡本──律子から以前聞いたことがある。確か名前は、岡本まなみさん。
 876プロに勤めるマネージャーだ)

P(……随分若々しい声だったな。もしかしたら、まだ十代なんじゃないか?
 律子がプロデューサーとして勤めるうちが言えたことじゃないが、
 最近は若いうちからバリバリ働く女性が増えたみたいだなぁ)


──────
────
──


ピッ……


P「よし……あちらとも連絡はついた。時間の変更はOKとのことだ。
 それじゃあさっそく、千早の家に行って来る」

響「うん!」スッ

真美「いこいこ!」ススッ

P「……お前達は、お留守番」

響・真美「「えー!? なんでー!?」」

P「言っただろ? これから春香が、新人アイドル(予定)を連れてくることになってるんだ。
 慣れない芸能事務所で、少々困惑することもあるかもしれない。
 だからお前達は、先輩として! 色々と心構えを伝授してやってくれ」

響・真美「「っ! せ、先輩として……!」」

P「ああ。よろしくな」

響・真美「「はーい!」」


P(先輩として……)

P(その言葉の響きに、ふたりは目を輝かせていた。
 なんてちょろ……じゃなくて、純粋な子達なんだろう)


  *  *  *


P(まぁ本当は、別にふたりを連れてきても良かったんだけど……)

P(もしも、本当に千早が例の症状を発してしまっているんであれば、
 その様子を響達に見せたくないというのが俺の本音であった)


『はぁ、はぁ……! ぷろ、でゅ……げほっ、ごほごほっ!』


P(……正直に言って、アレは尋常じゃない)

P(苦しむ千早の姿を見たら、優しいあの子達のことだ。
 きっと心配して、これから先、レッスンにも仕事にも手が付かなくなってしまうだろう)


『千早のことを傷つけるわけにはいかない。
常に様子をうかがっておかなければならない』


P(と、こんな風に考えてしまうはずだ。
 千早は何より、そういう風に特別視されるのが、一番イヤだろうからな)


  *  *  *


P(……さて、と。それじゃあ、行くか)

P(何事も無いといいけど……)


──────
────
──


           千早の家
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


……ピンポーン


P「……」


P「……うーん」


ピン、ポーン……


P(それから俺は、千早のマンションに到着し、
 何度かチャイムを鳴らしてみたものの……)

P(千早、全く出ないな)

P(可能性はふたつ。寝ているか、あるいはここにはいないか……)

P(電話も相変わらず繋がらない。
 どうしよう、余計に心配になってきたぞ……)



1 ドアガチャしよう
2 とりあえずこの場は退こう
3 「ちーはーやーちゃーん!! 遊びましょー!!」と叫ぼう
4 その他

>>545


P「……よぉし」


P(もしかしたら千早は、まだ寝ているのかもしれないな。
 仕方の無いやつめ。それなら、起こしてやろうじゃないか!)


P「すぅー……」


P(──俺の、この美声で……!)



P「……ちーはーやーちゃーん!!」

P「あっそびーましょーう!!!」



ガチャッ

隣人A「なんだ……?」

隣人B「なにこの声……」



P「ちーはぁーやぁーちゃーーーん!!! ねぇー起きてー!!!」



隣人A「怪しい人がいる……」

隣人B「通報しましょ、通報……」


P「──ちがうんです」

P「はい、俺……じゃなくて、私はその……断じてストーカーとかじゃなくて」

P「つい、童心に返っちゃったっていうか……はは」

P「ええ、いやだから……あの、どうか……どうか!
 この土下座に免じて、ことを大きくしないでいただけないでしょうか……!?」

P「今あの子は、とても大切な時期なんです!」

P「だから……! お願いしますっ! どうかっ!」



  *  *  *



P「……ふぅ」

P「まさか近隣住民から通報されて警察にしょっぴかれるなんて、夢にも思わなかったな」

P「でもまぁ、厳重注意で済んで助かった。これからは気をつけないと……本当に」




※Pがおまわりさんにつかまり、厳重注意を受けました
※厳重注意が三回重なると逮捕になり、その時点でプロデュースが終了して強制BADENDになります
※その他にも、なんらかの原因でPが現行犯逮捕された場合もプロデュースは終了します
※まぁさすがにそうなった場合はコンティニューします


P(……さて、気を取り直して)

P(結局、あの場では何も手がかりが得られなかったな)

P(しかし、あれだけ叫んでも何もリアクションが無かったってことは、
 おそらく千早は家にはいなかったんだろう……)



P「……ひとまず、ここは戻るしかないか」



P(交番で思ったより時間が取られてしまった。
 尾崎さんに少し遅くなると伝えたとはいえ、
 さすがにこれ以上待たせるわけにはいかないだろう)

P(一度事務所に戻って日高さんと顔を合わせ、
 そのあとすぐにみんなを連れて876プロに向かって……ギリギリか)

P(千早のことは非常に気になるけど……、
 だけど、芸能界に身を置く以上、信頼を失うことも絶対にあってはならない。
 876プロとは、これから先も交流がありそうな予感がするしな……)



P「……千早」

P「どこに行ってしまったんだ……?」


【活動 26週目 つづく】

とりあえずここまでです お付き合いありがとうございました
自分で書いておいてなんだけど逮捕ENDはなるべく避けるつもりです
今日の夜からまた再開できるかと思います

再開します


P(交番でおまわりさんからのお説教を聞き終えた俺は、
 再び765プロ事務所へと戻ってきた)

P(……千早のことは確かに気にかかる。でもとにかく今は、
 目の前の用事を済ませてしまわないとな)


  *  *  *


ガチャッ

P「ただいま戻りまし──



日高愛「えええええーーっ!?」

P「!?」



愛「そっ、そうなんですか!? わぁ〜、さすが響さんっ! オトナって感じですっ!」

響「ち、ちがうぞっ! 別にそんなんじゃ……!
  真美、テキトーなこと言うなー!」

真美「んっふっふ〜! そんなこと言って、
  ひびきんったら、めっちゃ顔真っ赤になってんじゃんっ!」

響「うぎゃー! ちがうったら〜!」

春香「わ、私もそれは初耳だなぁ……あはは、聞かなければよかったかも……」



P(……なんだか、随分賑やかだな)

P(今事務所にいるのは、響と真美、春香。
 あと、小鳥さんもなぜかすみっこでピヨピヨしてる)

P(そして……)



愛「むむむ……ということはあたしも、いつかはそういうことに……?」

春香「愛ちゃんにはまだ早いんじゃないかな……」



P(そしてこの栗色ボブカットの少女が、おそらく日高愛さんだろう)

P(春香がずっと気にかけていたという、アイドルを目指す女の子。
 確かに話で聞いていたとおり、元気な子みたいだな)

P(さてと、それじゃあ俺は……)



1 なんの話をしていたか聞こう
2 普通に挨拶をしよう
3 話に夢中でまだ気付いていないみたいだし、もう少し様子を見よう
4 その他

>>557

3


P(……話に夢中でまだ気付いていないみたいだし、もう少し様子を見よう)

P(ガールズトークで盛り上がってるところをジャマするのも、ちょっと気が引けるしな)



愛「……でもでも、あたし、ほんとにビックリしちゃいましたっ!
  フェアリーズステップの響さんって言ったら、あたしの憧れですからっ!」

響「えっ、そ、そうだったのか? えへへ〜……なんか照れちゃうなぁ、えへ、えへへ」

愛「はいっ! でもそんな響さんが、まさか──……」



愛「担当プロデューサーさんのこと、好きだったなんてっ!!」

P「ブフォ──────ッ!!!」



響「だからっ、それは真美が勝手に……あれ? なんだろ、今の音……」クルッ

P「げほっ、ごほ……」

響「……」

春香「あ……」

真美「……やば」

愛「あっ! あなたがプロデューサーさんですね!? あたし、日高愛っていいま

響「うぎゃーーーーーーーー!!!!!!」

「「「!!?」」」

響「ちっ、ちが、ちがうぞちがうぞちがうぞっ!!! そんなんじゃないだぞっ!!!」

P「う、うん」

響「ま、まま、真美が勝手に言っただけなんだからねっ!!?
  べ、別に自分、自分からそういうこと言ったわけじゃないんだからね!!」

P「そそ、そうだよな! あはは、真美のやつ、いつもいつも適当なこと言って困るよなぁ」

真美「うあうあー! テキトーなんかじゃないもんっ!
   だってひびきんったら、前にも……もがもが」

春香「はい、真美〜! ちょっとだけ黙ってようね! ね!?」ギュー

愛「あの、春香さん……」

春香「え、ど、どうしたの?」

愛「響さん、ちがうって言ってますけど……
  もしかしてこの人、プロデューサーさんじゃなかったんですか?」

春香「ああもうっ! ややこしいっ!」


  *  *  *


P「あは、は……」

響「じっ、自分、その……!」ウルウル


P(……響が涙目になってしまった。
 なんて声をかけてやればいいかな……)


1 好きじゃないって言うなら、それじゃあ俺のこと嫌いなのか?
2 そんなことよりさっそく876プロに行こうぜ!
3 大丈夫だよ、わかってるから
4 その他

>>560

まぁなんだ・・・お世辞でも嬉しいよ


P「響、あのさ……まぁなんだ……」ポリポリ

響「うぅー……」

P「……お世辞でも、嬉しいよ。ありがとな」

響「えっ……う、嬉しい?」

P「うん」

響「そ、そう……自分に好きって言われたら、プロデューサー、嬉しいのか……」モジモジ




真美「……」

愛「おぉ〜……あたし、こういうの、アニメで見たことあります!」

春香「愛ちゃん」

愛「はい」

春香「はぁ……私、もしかして、とんでもない現場に出くわしちゃったんじゃないかな……」


春香(……っていうか、響ちゃんはちがうとしか言ってないよね。
   お世辞がどうとかとか抜きにしても、『好きだ』って、
   プロデューサーさんに言ったわけじゃないんだけど……)

春香(あまりの事態に、プロデューサーさんもちょっと混乱してるのかな……)


真美「むぅ〜……」

春香「……? 真美、どうしたの?」

真美「なんでもない……」

春香「……えへへ、もしかしてヤキモチ? 自分から響ちゃんのことからかったのに、
   ほんとにこんな空気になっちゃったから」

真美「ちがうもんっ! うあうあ〜!」


P(それから……)

P(こんな場所でこれ以上この話題を続けるのはなんだかやばい気がしたので、
 俺達は気持ちを切り替え、改めて自己紹介を済ませた)



愛「あたし、日高愛っていいます!」

愛「アイドルになるのはずっと前からの夢でっ!
  今までずっとずーっと、一生懸命歌もダンスも練習してきました!」

愛「これからよろしくお願いしまーっす!!」

P「あ、ああ、よろしく」



P(──実に声がでかい)

P(それが、日高さんの第一印象だった)

P(元気なのは良いことだけど、鼓膜がビリビリする……)



P「まぁでも俺は、君の担当になるわけじゃないから……」

愛「あ、そ、そうですよね……うぅ、いきなり失敗しちゃったぁ……」シュン

春香「ああっ、落ち込まないで、愛ちゃん!」

愛「春香さぁん……あたし、こんなんで……」

春香「……プロデューサーさん」

P「え!? お、俺のせいか!?」



P(喜怒哀楽が激しいというかなんというか……。
 日高さんは、喜ぶときも落ち込むときも、どんなときでも一生懸命な女の子らしい)

P(……春香がこの子のことを放っておけないと思った気持ちも、
 今、なんとなくわかったかもしれないな)


  *  *  *


P「……ええと、みんな気になってるとは思うが」

P「どうやら千早は、軽く風邪を引いてしまっただけらしい。
 薬を飲んで寝てれば明日にでも復活するってことだから、あまり心配しないでくれ」

響「そっか〜……それならよかったぞ」


P(千早のことは、みんなには黙っておいた)

P(電話も繋がらない、家にもいない。
 そんなことがみんなに知られたら、絶対に心配してしまうだろうからな)

P(……今日の用事が終わったら、もう一度、千早の家に行ってみるとするか)


  *  *  *


P「よし……それじゃあみんな! さっそく、876プロへと行こうか!」

「「「はいっ!」」」


──────
────
──


東京
                           876プロ事務所

                      ──────────
                          活動 26週目 昼


P(……876プロダクションは、765プロと同じように、
 あるビルを間借りして設立された小さな事務所だった)

P(親近感がわくものの、他の事務所にお邪魔するのはこれが初めてだったから、
 やっぱり少しばかり緊張してしまうな)


  *  *  *


尾崎「お久しぶりです。こうして顔を合わせるのは、あのレッスンスタジオ以来ですね」

P「ええ。お変わりないようで何よりです」

真美「おざりーん! おはおはー!」

尾崎「ふふっ、こんにちは、真美ちゃん。それと……」

愛「こ、こんにちは! あたしっ、日高愛って言います!」

尾崎「話は聞いてるわ。なんでも、
   スプラッシュの天海春香さんが目にかけた、金の卵なんですってね」

愛「ええっ!? そ、そんな……」

尾崎「私は、この事務所でプロデューサーをしている、尾崎玲子。
   まぁ、外部スタッフなんだけど……これからよろしくね」

愛「……はいっ!」


P「尾崎さん、石川社長はいらっしゃらないんですか? 挨拶をと思ったんですけど……」

尾崎「社長なら今、涼──えっと、うちの事務所の所属アイドルの……」

P「秋月涼さんですね」

尾崎「ええ。それで──……」



P(どうやら、876プロダクションの経営者である石川実社長は今、
 秋月さんの仕事に付き添って外出中らしい)

P(秋月さんは現在、876プロに所属する唯一のアイドルだ。
 社長自ら力をいれるのも、当然のことなのかもしれないな)



尾崎「……すみません。確か、涼の希望で真美ちゃんたちを連れてきてくれたんですよね?
   この仕事はさきほど急に入ってきてしまったもので……」

P「ああ、いえ、いいんですよ。そういう事情があるならしかたありませんから」


  *  *  *


尾崎「……さて、日高さん。それじゃあさっそく、面接しましょうか」

愛「え? 面接……?」

尾崎「ええ。さっきはよろしく、と言ったけど、
   推薦だからと言ってすんなりと合格させるわけにはいかないのよ」

愛「……!」

尾崎「とは言っても、面倒な書類審査はあとまわしでいいわ。
   日高さん、あなたには、簡単に歌を歌ってもらいます」

愛「歌、ですか?」

尾崎「あなたもアイドルを目指すなら、歌のひとつも歌えるんでしょう?
   レッスン場が近くにあるから、そこで実力を見せてちょうだい」

愛「……は、はいっ! がんばりますっ!」



P(……紹介はした。ここからは、日高さんの頑張り次第だな)


P(しかし、秋月さんがいないとなると、ちょっと予定が変わってしまったな……)

P(もうすぐマネージャーの岡本さんも帰ってくるとのことだし、
 そしたらここで待たせてもらうか? それとも……)



春香「あ、あの、プロデューサーさん」

P「ん? どうした春香」

春香「……私達も、愛ちゃんの面接、見に行きませんか?」

P「えっ、なんで?」

春香「……私、なんとなく心配なんです。
   愛ちゃん、緊張してるみたいだし、うまくいくかなって……
   だから、一緒についていってあげて、何かアドバイスとか……」

P「……」



P(……春香の気持ちもわからないでもないけど)

P(でもこれ以上、他の事務所の事情に首を突っ込んでいいのか?)

P(それに、ここであちらに行ったら、今日は秋月さんに会えない……そんな予感もする)


1 わかった、お願いしてみよう
2 それは出来ないよ

>>567

2


P「……それは出来ないよ」

春香「……」

P「俺達はあくまで、765プロの人間だ。
 あまり他の事務所に肩入れするのは、余計なお世話になる」

P「それに……厳しいことを言うようだが、ここまで来て落ちてしまうようなら、
 いずれにせよこれから先、日高さんはアイドルとしてやっていけないだろう」

春香「そんなっ……!」

P「この業界の厳しさは、春香だってよく知っているはずだ。そうだろ?」

春香「……はい」

P「……日高さんを信じること。俺達や春香に出来るのは、それだけだよ」

春香「……わかりました。ごめんなさい、ワガママを言っちゃって……」



P(……春香だって、今や誰もが知るアイドルのひとりだ)

P(お手伝いをするだけならまだしも、感情移入して、
 日高さんの味方をすることが、必ずしも彼女にとって良い結果に繋がるとは限らない)

P(夢を叶えるためには、誰かの力を借りたっていい。
 それでも、この最初の一歩だけは、日高さんだけの力で踏み出さないといけないから……)



  *  *  *



P(それから、ほどなくして事務所へと帰ってきたマネージャーの岡本まなみさんに、
 俺達は挨拶を済ませた)


まなみ「はい。涼ク……じゃなくて、涼さんを待っているということでしたら、
    もちろん構いませんよ。ふふっ、賑やかになりそうですね〜」


P(……なんだか、ふわふわとした印象の女性だった。
 優しい人だっていうことは伝わってくるんだけど……)

P(なんでも876プロでは、極力、アイドル活動を各アイドルの自主性に任せているとのことだけど、
 大きな仕事は石川社長と尾崎さん、そして岡本さんで回しているらしい。
 だけど彼女には、ガツガツと仕事を取ってくるなんて、とても出来そうには見えないな)

P(……まぁ、そう考えるのも余計なお世話か)


──────
────
──

まなみ「はい、お茶ですよ。お菓子もどうぞ」

真美「わーい! ありがと、まなみーん!」

響「いただきまーっす!」

まなみ「ふふっ、みんなテレビで見るより、ずっと可愛いなぁ」

P「すみません、おもてなしされちゃって」

まなみ「いえいえ、大切なお客様ですから。それに……」

P「……?」



真美「もぐもぐ……うわっ、これめっちゃんまぁい! ほらほらひびきん、あーん!」

響「あーん……うん、美味しい! それじゃあこっちもー」



まなみ「……それに、こんな風な賑やかな風景も、
    最近はあまり見られなかったですし」

P「……」



P(……かつてこの事務所には、ひとりのアイドルが所属していた)

P(その名は、水谷絵理。真美がおねーちゃんと呼び慕う、元ランクCアイドル……
 しかし彼女は、フェアリーズステップがユニットを結成した頃に引退してしまったらしい)

P(彼女がどうして事務所を辞めることになったのか、俺は詳しくは知らない)

P(でもそのことが、未だに876プロで尾を引きずっているということだけは、
 今の岡本さんの表情からなんとなく察することができた……)



1 水谷さんについて聞いてみよう
2 秋月さんについて聞いてみよう
3 何も聞かないでおこう
4 その他

>>570


P(……ずっと気になっていたことだったし、良い機会かもしれない。
 水谷さんについて、岡本さんに聞いてみよう)


P「あの、岡本さん……」

まなみ「え?」

P「実は以前、うちのアイドルから聞いたことがあるんですけど……、
 水谷絵理というアイドルが、かつて876プロダクションで活動していたようですね」

まなみ「……はい」


  *  *  *


まなみ「絵理ちゃんは、尾崎さんが876プロに連れてきたんです。
    あれは、去年の今頃だったかな……」

まなみ「とってもおとなしい子で、最初は挨拶もろくにできなくて──……」


  *  *  *


絵理『こ、こんにち……は?』

石川『うーん、それでもいいんだけど……
   「おはようございます」が、この業界での挨拶の基本よ。
   朝でも夜でもね。わかった?』

絵理『ひぅっ! ごめんなさい……』

まなみ『社長、そんなに怖がらせなくても……』

石川『そ、そんなつもりはなかったんだけど……』


  *  *  *


まなみ「……わたし達も、目を合わせて会話が出来るようになるまで、
    随分時間がかかっちゃいました」

P「……そうだったんですか」



P(水谷さんは、とても気の弱い女の子だったらしい)

P(自己主張の弱い子は、この世界ではやっていくことは難しいだろう。
 でも、それなら……)



まなみ「あ。それならヘンだ、ってお顔をされてますね?」

P「……ええ。去年の今頃にアイドルになった、とおっしゃいましたよね?
 それなら、どんな魔法を使って、短期間でランクCまで上り詰めたのかと気になってしまって」



P(俺は岡本さんの話を聞きながら、ずっと前に貴音から聞いた話を思い出していた)

P(貴音と響は、765プロに所属する前、961プロに所属していたらしい。
 そして水谷さんと同じオーディションにぶつかったそのときには、
 既に彼女はランクCアイドルだった……)

P(おそらく、水谷さんが876プロに所属してから、
 一ヶ月くらいしか時間が経過していないにも関わらずだ。
 一体どうやって、そんな短い時間で、メジャーアイドルへと成長できたのだろうか?)



まなみ「……魔法なんて、何も使っていませんよ」

まなみ「ただ、絵理ちゃんには、とっても大きな才能があって……
    尾崎さんが、それを咲かせてくれたというだけのことです」


P「才能、か……」

P「あはは、それを言われたら、もう何も言えませんね」



P(尾崎さんが優秀なプロデューサーだったのか。
 それとも、岡本さんの言う通り、水谷さんにはとんでもない才能があったのか……)

P(おそらく、その両方だろう。そして──……)



まなみ「……尾崎さんと、絵理ちゃん。
    ふたりは、いつだって一緒にいました」

まなみ「絵理ちゃんが落ち込んだときには、尾崎さんが頭を撫でて励まして。
    絵理ちゃんがオーディションに合格したときには、一緒に喜んで……」

P「……とても仲が良かったようですね」

まなみ「はい。ふふ、見ていて、なんだかこっちまでドキドキしちゃうくらいでしたよ」



P(──そしてもちろん)

P(ふたりの間には、確固たる絆が存在していたんだ)


  *  *  *


P「……どうして、水谷さんはアイドルを?」

まなみ「……それは、わたしや社長にも、はっきりとしたことはわかりません。
    きっと、本当のことを知っているのは、尾崎さんだけ……」

まなみ「わたしももちろん、とってもさみしかった。
    でもそれ以上に、尾崎さんが落ち込んでいるようでした」

まなみ「……尾崎さん、わたしにこう零したんです」



『──絵理はもう、私のことを、信じられないって……』

『やっぱり、こんな……呪われた女じゃ、ダメだったのよね……』



P「呪い? それってどういう……」

まなみ「……わかりません。それ以来尾崎さんは、
    絵理ちゃんについての話をすることを、止めてしまいましたから」

P「……」

まなみ「でも、そのあとすぐかな……尾崎さんは、あの子と一緒に──


石川「……まなみ」


まなみ「!? しゃ、社長!? いつお帰りになって……」

石川「ついさっきよ。……ちょっと、口が緩すぎるんじゃないの?」

まなみ「ご、ごめんなさいっ!」


P(話の途中だったが、石川社長が戻ってきてしまった。
 今これ以上の話を聞くことは、難しいだろうな)

P(……岡本さんが最後に言っていた『あの子』というのは、
 おそらくサイネリアのことだろう。時期を考えても、辻褄が合うはずだ)

P(もしかして……サイネリアと尾崎さんが行動を共にしたのは、
 水谷さんがアイドルを辞めたことがきっかけだったのか?)


P「初めまして、石川社長。私は、765プロで──……」

石川「ああ、堅苦しい挨拶は結構です。高木社長から話は聞いていますから」

P「え? うちの高木と?」

石川「……大変なことになってるみたいね」

P「!」

石川「これも何かの縁でしょう。何か出来ることがあれば、なんでもご相談ください」

P「……はい! ありがとうございます!」


P(優しい人だな……)



  *  *  *



涼「はぇー……」

石川「涼、いつまでそんなところでボーっとしてないで入ってきなさい。
   あなたの希望で、フェアリーズステップの皆さんがいらっしゃってくれたのよ?」

涼「は、はぁ……」

石川「どうしたのよ?」

涼「……あの、社長」ヒソヒソ

石川「なに?」

涼「……なんだか、いつもより優しくないですか? 僕、びっくりしちゃって……」

石川「……ここで恩を売っておくことが、今後の私達の為になるでしょ」

石川「765プロは売れに売れてる事務所よ。
   だからいつもの状態だったら、付け入る隙も暇もない。
   でも今の弱っている状態なら、私達の言葉も印象に残るはず……」

石川「これから先、765プロが復活すれば、それは大きなコネクションになる。
   それにもし復活しなくたって、ライバルがひとつ潰れるということだから、
   うちにはなんのデメリットもない」

石川「優しい言葉をかけるだけなら、タダだしね」

涼「……」


涼(ちょっとでも見直したと思ったのに、台無しだよ……)


──────
────
──


P「さて……君が、秋月涼さんだね。
 以前フェスで当たったことがあるんだけど、覚えてるかな?」

涼「は、はい! 今日はわざわざ来ていただいて、ありがとうございます。
  本当なら、私の方からお伺いした方がいいって思ったんですけど……」

P「いや、いいんだ。こちらも別件で用事があったから」



P(彼女──いや、彼が、秋月涼か。律子のいとこで、
 876プロに所属する唯一のアイドル……)

P(近くで見るのは初めてだな。いやー、しかし……)



P「……」ジロジロ

涼「な、なんでしょうか?」

P「あ、いや……」



P(すべすべの肌。可愛らしい服装。
 見れば見るほど、女の子にしか見えない)

P(これが本当に男の子なのか?
 生まれてくるときに性別を間違ったんじゃないかな……)


  *  *  *


響「……ねぇ、プロデューサー」

P「ん? ああそうだ、お前達も自己紹介を──

響「なんで、男の子なのに女の子の格好してるんだ?」

P・涼「「……え?」」

響「え?」

真美「ひーびきーん、なに言ってんの?
   ここには男の子なんて、兄ちゃんしかいないっしょ?」

響「でも、この──

涼「あはっ! あははは! な、なにを言ってるんですか!」

P「そ、そうだぞ響! さすがにそれは失礼だって!」

響「だ、だって」

P「あーほら! ふたりとも、自己紹介するんだ!
 今日はこれから打ち合わせするんだしな!」

響「うーん、なんでだ……? 都会では、そーいうのが流行ってんのかな」



P(──危ないところだった)

P(さすが沖縄生まれだな。響はどうやら、
 秋月さんが男の子であることを見抜いてしまったらしい)

P(まぁ、ここにいる人で秋月さんの正体を知らないのは真美だけなんだけど……
 一応、知らないフリをしておかないと……)


P(……ちなみに)

P(言うのをすっかり忘れていたが……春香は今、この場所にはいない)

P(岡本さんが帰ってきた頃に、春香の携帯に電話がかかってきて、
 会話が終わるやいなや俺達に挨拶をしてそのまま帰っていってしまったんだ。
 どうやら、誰かに呼び出されたらしいな)



  *  *  *



P(それから俺達は、今度収録するラジオ番組についての打ち合わせをした)

P(響達がレギュラーを勤める、あのラジオだ。
 今回は、秋月さんをゲストに呼ぶ、ということになっている)

P(きっかけはどうあれ、こうして顔を合わせることになったんだから、
 それなら本当に共演しようか! ということで、尾崎さんと話をしておいたのであった)



P「ってな感じで……それじゃあ、今のところ話しておくのはこのくらいかな」

涼「はい! ふふっ、私、すっごく楽しみです!」

響「うん! 自分もだぞ!」

真美「んっふっふ〜、765プロのみんな以外をゲストに呼ぶなんて、初めてだねっ!」



P(打ち合わせは滞りなく終わった)

P(……まぁ、こんな事態になってしまったし……
 そのラジオ番組も、本当に収録出来るかどうか、まだわかったもんじゃないだけどな)


──────
────
──


P「……さて。それじゃあ、仕事での話はこれで以上だな」

涼「っ! あ、あの……」

P「わかってる。真美と、話をしたかったんだろ?」

真美「へ? 真美? お姉ちゃん、真美になんかお話があんの?」

涼「……うん。あのね、真美ちゃん……、
  このあとちょっと、私に付き合ってくれないかな?」

真美「真美だけ?」

涼「出来れば、それがいいんだけど……」

P「……」


P(秋月さんはどうやら、真美をどこかに連れ出したいらしいな)

P(それって、一体どこに──……)


ピピピ……


P「っと……すまん、電話だ。ちょっと席を外す」

P「真美、行くなら行くで構わないけど……俺が戻るまで、一応待っててくれないか?
 どこに行くかだけでも把握しておきたいから」

真美「いいよ! んっふっふ〜、兄ちゃん、
   真美のことならなんでも知りたいんだもんね!」

響「え!? それってどーいう意味だー!?」

P「あはは……それじゃ、行ってくる」



           事務所外
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ピピピピ……

P「ええと……誰からだろ──って!?」


着信:如月千早


P「……千早!?」


ピッ


P「も、もしもし!? 千早か!?」

千早『っ! ぷ、プロデューサー……』

P「おい、今どこにいるんだ!? 連絡をしても繋がらないし、
 家に行ってもいないようだったから……」

千早『あ……す、すみません。ご心配をおかけしてしまって』

P「……身体は、平気か?」

千早『はい。あの……ごめんなさい、今まで連絡もせず……
   今から876プロに向かっても、間に合うでしょうか?』

P「いや、もう打ち合わせも終わってしまったから……
 そんなことより、今までどこにいたんだよ?」

千早『……それは────……』





P「……え」

P「東豪寺、プロダクション……?」



『……電話では、あまり詳しいニュアンスまでは話せないかと』

『よければ、このあと時間をいただけませんか?
出来れば我那覇さんと真美も一緒に……全員で、話をしたいと思います』



P(……千早は、こう言っていた)

P(東豪寺プロダクションに、なんの用があったんだ?
 というか、用があったのは、本当に千早のほうなのか……?)

P(……)


ガチャッ


真美「あっ、兄ちゃ〜ん!」トテテ

P「あ、ああ、真美……それで、決まったのか?」

真美「うん……あんね、真美……、
   これから涼お姉ちゃんと一緒に、おねーちゃんのとこに行くんだ」

P「おねーちゃん? それって……」

真美「……絵理おねーちゃん」

P「!」

真美「あのさ、兄ちゃん。それで、お願いがあるんだけど……」

P「お願い……?」

真美「真美と一緒に、着いて来てくんないかな……?
   真美、ちょっぴり、こわいんだよ〜……
   おねーちゃんと何話したらいいか、わかんなくて……」

P「……」



P(一ヶ月前の、あの日──……)


『会えるかな〜?』

『……真美が会いたいと思えば、会えるさ。終わったら、メールすればいい』


P(スプラッシュとの二度目のフェス……。
 真美はあのとき、水谷さんをフェスへと誘っていた)

P(しかし結局、その日は水谷さんとは会えなかったらしい。
 そしてなぜか、それまで続いていたメールのやり取りも、途端に途絶えてしまったようだ……)



  *  *  *


P(……真美は、自分が何か悪いことをしちゃったのではないかと、
 不安に思っている。もしかして、嫌われてしまったのではないかと……)

P(だから今、こうして臆病になってしまい、
 俺に頼ってくるのも、仕方のないことかもしれないな)

P(水谷さんに会いたい。けれど、会うのが怖い……。
 出来れば俺も、そんな真美の力になってやりたいとは思う)



P(──しかし、どうする?)

P(真美のお願いを聞いて、俺も一緒に付いていってやるか?)

P(それとも、千早の言うとおり、これから真美と響を連れて千早の元へと行くか……)



1 真美のお願いを聞いて、水谷さんのところへ行く
2 千早の言うとおりにして、響と真美を連れて千早のところへ行く
3 真美はひとりで行かせて、響だけ連れて千早のところへ行く
4 千早も連れて、水谷さんのところへ行く
5 その他

>>581

4


P「……、」

響「……プロデューサー」

P「え?」

響「あのさ、自分、ちょっと聞こえちゃったんだ。
  さっきの電話……あれ、千早でしょ?」

P「……ああ」

響「それでプロデューサーは、迷ってるんだよね。
  千早のとこに行くか、真美と一緒に行くかって……」

P「……」

響「自分、どっちがいいかなんてわかんないけど……、
  そうやって悩むなんて、プロデューサーらしくないって思うぞ」

P「……どういうことだ?」

響「……プロデューサーなら、どっちかだけを優先したりしない」

響「自分達が困ってるなら、すぐ飛んできて助けてくれるし、
  自分達が話したいって言うなら、すぐに会いにきてくれるって思うさー」

響「だから、真美か千早……、
  どっちかだけを取るなんて、プロデューサーらしくない!」

P「……響……」



P(……そうだな。どちらかだけを選ぶことなんて、出来ない)

P(千早が話したいというなら、俺は話を聞きに行く。
 真美がついてきて欲しいというなら、俺はどこまででもついて行く)

P(最初から決まってたんだ、こんなことは……!)


  *  *  *


P「……ありがとう、響。お前のおかげで、
 俺がこれからどうすればいいかわかったよ」

響「えへへっ! それで、どーするんだ?」

P「……千早も連れて、水谷さんのところへ行こう!」

響「うんっ! それでこそ、自分達のプロデューサーだぞ!」

P「真美、それと秋月さん。それでもいいかな?」

真美「うん! みんなが来てくれるなら、百人力……
   いや、千人力くらいはあるっしょ! たぶん!」

涼「私も、それでいいです。皆さんなら、きっと絵理ちゃんと話が出来ますから……」

P「……よし、それじゃあ、決まりだ!」


P「行こう、みんな!」

「「「はいっ!」」」



P(こうして俺達は、千早も連れて、水谷さんのところへ向かうことになった)

P(なぜ千早が、東豪寺プロダクションへと行っていたのか……。
 そしてなぜ、秋月さんが真美を水谷さんに会わせようと思ったのか)

P(……それはきっと、もう間もなく明らかになるだろう)









P(──そして、ずっとずっとあとになって、俺は思い知ることになる)

P(このタイミングで、この選択を取ったことが……)

P(めぐりめぐって、IA大賞に関わる全ての人間の運命を、
 大きく狂わせるきっかけになってしまったということを……)


P(全てが決まっていた出来レースをぶち壊す、最初の一歩になったということを)


P(……しかしもちろん、そんなことは、
 このときの俺には、まだ知る由もないのであった)


【活動 26週目 つづく】

とりあえず今日は以上です お付き合いありがとうございました
次は金曜日の夜に再開できるかと思います

再開します


             車の中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


P(それから俺は、再び千早に連絡し簡単に現状を説明した)

P(これこれこういうわけで、水谷さんの家に行くことになった。
 だからフェアリーズステップの一員として、千早にも着いてきてほしいと……)

P(水谷絵理さんのことは、千早もよく知っていたらしい。
 765プロの皆は約一年前、彼女と一緒にレッスンをしていた時期もあったという話だから、
 当然といえば当然のことかもしれないな)



『……わかりました。そういうことでしたら、私ももちろん同行します。
お話をするのは、それが済んでからでもいいでしょう』



P(電話の向こうでこう言った千早に対し、俺は、
 これから千早が今いるという自宅のマンションに向かうという旨を伝えた)

P(……そして今、俺達はようやく千早とも合流し、
 水谷さんの家へと向かって車を飛ばしているのである)



  *  *  *



ガァァァ──……



真美「……千早お姉ちゃん、だいじょぶ〜?」

千早「え? 大丈夫って、なにが?」

真美「だって、風邪引いちゃってたんでしょ?」

千早「……」チラッ

P「……あ、秋月さん。こっちの道でいいのかな?」

涼「はい。この道をまっすぐ行って、それで……」

千早「……真美、それに我那覇さん。
   心配かけてごめんなさい。私はもう大丈夫よ」



P(……どうやら千早は、俺が真美と響に『千早はただの風邪だから心配するな』
 という嘘をついたということに気付いたらしい)

P(俺の意図をわかってくれたのか、千早も特に俺を責める様子もなく、
 その話に合わせてくれたようだ)

P(バレたらバレたで、また一段と話がややこしくなりそうだから、
 とりあえずは助かった……かな?)


涼「……あの、皆さん」

涼「絵理ちゃんの家に到着する前に、
  皆さんには簡単にお話をしておきたいと思います」

涼「絵理ちゃんがなぜ、アイドルを辞めることになったのか……私が知る範囲で良ければ」



  *  *  *



涼「絵理ちゃんと私が最初に出会ったのは、今年の春……。
  私が律子姉ちゃんからまなみさんを紹介されて、
  初めて876プロダクションに足を踏み入れたときのことです」

涼「……でもそのときにはもう、絵理ちゃんはアイドルではありませんでした」

涼「というか、正確に言えば、絵理ちゃんが876プロを辞めるという話をしていた現場に、
  タイミング悪く私が遭遇しちゃったんですけどね……」



P(以前、真美から聞いていたとおり……、
 今年の春──すなわちフェアリーズステップがユニットを結成した頃に、
 水谷さんはアイドルを辞めてしまったらしい)



涼「……絵理ちゃんは、現状があまり理解できずオロオロしていた私の横を、
  涙を流しながら走り去っていってしまいました」

涼「そんな私の存在にようやく気付いた石川社長は、
  しばらくジロジロと私のことを見ながら、突然こう言ったんです──……」



『……閃いた!』



涼「って……はぁ……」


P(……なんだか、秋月さんのテンションが下がったような気がする。
 石川社長は、彼女──いや、彼に、なんて言ったんだろう?)


涼「社長は、私に──……」

涼「……」

P「……?」

涼「ま、まぁ! 社長が私になんて言ったかはおいておいて……」

P「え!? ここまでもったいぶっておいて、言わないのか?」

涼「うぅ、だって……それを言ったら、私の──が……」ブツブツ



P(ブツブツと何をつぶやいているのかはよくわからないけど……
 どうやら秋月さんには、その点については詳しく話したくない事情があるようだ)



涼「っていうか、ここは飛ばして話せば良かったじゃないかぁ……僕のバカバカ……!」ブツブツ



P(どうしようかな……)



1 「それはもしかして、君の正体に関することか?」と聞こう
2 「それについては話さなくてもいいから、続きを聞かせてくれ」と言おう
3 「この話自体、もうしなくていいよ」と言おう
4 その他

>>590


P(……とにかく今は、水谷さんのことを知るほうを優先すべきだな。
 言いたくないなら、無理に言わせることもないだろう)

P(もしかしたら、彼の正体に関することかもしれないしな)


P「……それについては話さなくてもいいから、続きを聞かせてくれ」

涼「は、はい」


  *  *  *


涼「皆さんご存知かもしれませんが……、
  絵理ちゃんのプロデューサーは、尾崎玲子さんだったんです」

涼「これは社長から聞いた話で、私も詳しくは知らないんですけど……
  絵理ちゃんは尾崎さんと一緒に、それこそ異常なスピードでメジャーアイドルへと成長していきました」

P「異常?」

涼「……そうです。デビューしてから一ヶ月ちょっとでランクCアイドルになるなんて、
  決して、普通じゃありません」

P「……でもそれは、彼女に才能があったからだろう?」



P(さっき、岡本さんも言っていた……)


『……魔法なんて、何も使っていませんよ』

『ただ、絵理ちゃんには、とっても大きな才能があって……
尾崎さんが、それを咲かせてくれたというだけのことです』


P(あのときは俺も、そういうことかと納得してしまったけど……本当は、違うのか?)


  *  *  *


涼「才能があったのは、本当だと思います。
  私も昔の絵理ちゃんの映像を見る機会がありましたから、それくらいはわかります。
  そして、尾崎さんが優秀なプロデューサーであったということも……」

涼「──でも、それだけじゃなかった」

P「それは?」

涼「……今から言うことは、確かなことではないから、
 絶対に他言しないでくださいね」

P「……ああ」

涼「……」


涼「デビューしてからずっと、絵理ちゃんのまわりでは……、
  不思議な出来事が続いていたんです」


P(……それから秋月さんは、水谷さんの周囲に起こったという
 不思議な出来事について話してくれた)


涼「絵理ちゃんだって、最初は経験の無いアイドルだった。
  選考に落ちることもあれば、ライバルに負けてしまうこともありました」

涼「でもそんなとき、たまに、『落ちたはずの選考に合格する』ということがあったようなんです」

真美「……、」

響「落ちたのに合格? なんでそんなことが起こるんだ?」

涼「……他のアイドルの、キャンセルです」


  *  *  *


P(……一度結果が出た選考において、その合格者が事情により出演が難しくなった場合、
 二位以降の者が繰り越しで合格になるということはよくある話だ)

P(しかし、水谷さんのまわりでは、そんなことが頻発していたらしい。
 ときには病気、ときには交通事故……)

P(そして──……)



涼「……私はそれを、絵理ちゃん本人から聞きました」

涼「絵理ちゃんも、自分が関わったオーディションでそういうことが続いていたことに、
  だんだん薄気味悪さを感じていたみたいです」

P「……秋月さんは、水谷さんがアイドルを辞めたあとも、彼女と関わりを持っていたのか?」

涼「はい。社長の指令でしたから……。もちろん、
  ちゃんと話せるようになるまで、随分時間がかかっちゃいましたけど」

P「指令?」

涼「あ、それ、は……」

P「……話の腰を折ってすまない。続きを頼む」

涼「……はい」


P(おそらく、石川社長が秋月さんに出したという指令……、
 それが、さっきも口を噤んだ理由に関わっているんだろうな)


涼「……そんな中、事故が起こってしまったんです」

涼「それまで積み重ねてきたあらゆるものを壊してしまう、
  全てのきっかけとなった事故……」

涼「それは……とあるオーディションで起こりました」



P(……オーディション? 事故?)

P(そんな話を、俺は以前──……)


  *  *  *


ブロロロロ……


P「……水谷さんが、怪我でもしたのか?」

涼「……ちがいます」

涼「幸い、怪我人は誰もいませんでした。でも、それでも、
  絵理ちゃんにとっての大切な人が、心に大きな傷を負ってしまったんです」



『……また、わたしのせいで、誰かの心が壊れちゃった……!』

『なんで? なんで……!?』



P「……」

涼「そして、その大切な人というのが、
  ほかでもない、あなた達に関係しているんです」

P「……、それって、もしかして……」

涼「……はい。その人は──……」



涼「皆さんと同じように、765プロに所属するアイドル……」

涼「三浦あずささん、だったんです」


P「……」


P(……やっぱり、そうか)

P(ずっと前に貴音から聞いた、
 響と貴音が961プロに所属していた頃に開催されたオーデション……)

P(水谷さんも参加していたその選考で、照明が落ちてくるという事故があり、
 その事故に巻き込まれたあずささんは、心に大きな傷を負ってしまった)

P(もう歌えない、もうステージに立つことが出来ないと、そう思わせてしまうほどの……)


  *  *  *


真美「あずさお姉ちゃん……?」

涼「……うん。真美ちゃんももちろん、覚えてるよね?
  765プロの皆さんは、一年前、絵理ちゃんと一緒にレッスンをしていた時期があったってこと」

真美「……うん。真美、そこでおねーちゃんと仲良くなったんだもん」

涼「絵理ちゃんは、765プロのみんなのことを、とても大切に思っていたみたいなんだ」

涼「そして、当然、あずささんのことも……」

響「……そーだったんだ……」


P(響はその頃、まだ765プロに所属していなかった。
 だから、みんなが水谷さんと交流があったということを知らなかったのかもしれない)

P(……小鳥さんいわく、あずささんが再び立ち上がれるようになったのは、響のおかげらしい。
 更に言えば、響はあずささんの命の恩人であるんだけど……)

P(本人はあまり、そのことを深く考えたことがなかったみたいだな。
 まぁそれも響らしいというかなんというか……当たり前のことだと、そう思っているんだろう)


  *  *  *


涼「……でもそれは、あくまでも、きっかけに過ぎませんでしcた」

涼「もうこんなこと、二度と起こすわけにはいかない。
  そう考えた絵理ちゃんは、調べ始めたんです」

涼「なんでこんなことが起こるのか? もしかしたら、
  自分は呪われているんじゃないかって……」


P(……呪い)

P(尾崎さんも、水谷さんが辞めた直後に、そんなことを言っていたみたいだけど……)



涼「……そしてそれから、紆余曲折あって……、
  あるアイドルデュオが自分に関わっていると、知ることが出来たんです。
  不本意なカタチで知ってしまったというほうが、正しいかもしれませんが……」

P「アイドルデュオ?」

涼「はい。そのアイドルデュオの、ユニット名は──……『riola』」

真美「えっ!? 『riola』!?」

P「……真美、知ってるのか?」

真美「知ってるってもんじゃないよ! だって……!」


真美「『riola』は、真美と亜美がちっちゃい頃に会って……、
   ふたりみたいなアイドルになりたいなって思う、きっかけだったんだもん……」


真美「……真美と亜美はちっちゃい頃、パパとママに連れられて、
   デパートの屋上で『riola』のライブを見たんだ」

真美「ふたりとも、とっても優しくて……だから、真美達は……」

P「……そうだったのか」

真美「ねぇお姉ちゃん! 『riola』と絵理おねーちゃんに、どういう関係があったの!?」

涼「……、それはね……」

涼「『riola』のメンバーのうち、一人が……尾崎さんだったんだよ」


  *  *  *


涼「『riola』は、尾崎玲子さんと近藤聡美さんという、
  ふたりのメンバーで構成されていました。
  でも尾崎さんは、絵理ちゃんにひたすらそのことを隠していた……」

涼「この件について調べていくうちに絵理ちゃんが出会った、
  『ある人物』から提供された情報を元に、絵理ちゃんは『riola』の存在を知ってしまいました」

涼「だけど尾崎さんは、そんな絵理ちゃんに対して、近藤さんだけを会わせて、
  自分が『riola』であることは明かさなかったんです」

P「それは、なぜ?」

涼「……どうして尾崎さんがそれを隠したのか、私にはわかりません。
  でも、これだけは確かなことです」



涼「絵理ちゃんは、自分の気持ちが一方通行であると思うようになってしまった」

涼「ずっとずっと尾崎さんとふたりでやってきたのに、絵理ちゃんは、
  結局のところ自分はひとりなんだって、思うようになってしまったんです」

涼「──それは絵理ちゃんにとって、致命的でした。
  絵理ちゃんにとって、尾崎さんは……世界でただひとり、百パーセント心を許せる存在だったから……」



P「……、」


P(そうして、唯一のパートナーを信じられなくなってしまった水谷さんは……、
 もう、立ち上がれなくなってしまった)

P(……秋月さんが言った話は、ことの全貌ではないだろう。
 きっとまだ話していない部分もあるし、秋月さん本人が知らない部分もある)


ブロロロロ……


P(……水谷さんにとって、尾崎さんが世界でただひとり心を許せる存在?
 出会って間もない女性を、なぜそこまで信頼できたんだ?
 水谷さんの心に踏み込める人は、他には誰もいなかったのか? たとえば、家族とか……)

P(それに、一体誰が、水谷さんに『riola』のことを教えたんだ……?)

P(色々と、気になることはあるが……でももうすぐ、水谷さんの家に着いてしまう)

P(質問出来るとすれば、せいぜいあとひとつくらいだな)



1 尾崎さんについて
2 riolaの存在を水谷さんに伝えたという、『ある人物』について
3 秋月さんが石川社長から受けた指令について
4 何も聞かない
5 その他

>>597

2


P「……秋月さん。水谷さんの家に着く前に、最後にひとつ、聞いてもいいかな」

涼「はい……」

P「『riola』の存在を水谷さんに伝えたという、『ある人物』について、
 知っている限りでいいから、教えてくれないか」

涼「……それは」


涼「961プロダクションの代表──黒井社長、です」

P「……っ!? く、黒井社長!?」


涼「……あのオーディションのあと、
  絵理ちゃんは事故の真相を明かそうと動き始めました」

涼「でも、心当たりは何もない。だからまず、手始めに、
  『そのオーディションに参加していた全てのアイドル』について、調べ始めたんです」

涼「そして──……」

P「……! 『月光花』、か……!」

響「え!? じ、自分と貴音のユニット?」

涼「……そうです。響さん達が以前所属していた、961プロダクション……
  その事務所に、出会ってしまったんです」


  *  *  *


P「……秋月さんは、響達が元961プロであることを?」

涼「絵理ちゃんから、教えてもらいました。
  絵理ちゃんが調べ始めた頃、まだ『月光花』のプロフィールは
  961プロダクションのサイトに掲載されていたようでしたから」

涼「……そして、まぁなんというか……絵理ちゃんとサイネリアは、
  直接961プロダクションに乗り込んだんですよ」

P「サイネリア!?」

涼「あ、えーっと……絵理ちゃんの友人で、ネットアイドル仲間で」

P「……いや、ごめん。彼女については知っているから、続きを」


P(……無茶苦茶だ。怪しいと思ったとはいえ、961プロに直接乗り込むなんて)

P(水谷さんって、意外と行動力がある……のか?
 色んな人から話を聞くうちに、内に篭りがちな女の子だと思っていたな)


  *  *  *


涼「……そこで出会った、黒井社長。
  黒井社長は、『riola』の存在について、絵理ちゃんにほのめかしました。
  尾崎さんがそのメンバーであることは隠したまま……」

涼「黒井社長はそのとき、親身になって優しく絵理ちゃんに接したようです。
  絵理ちゃんもそんな黒井社長の言葉を信じ……
  そして、尾崎さんの紹介で、近藤さんと出会いました」



『……あなたが、「riola」?』

『ええ。初めまして、水谷さん。玲子から、話は聞いているわ』



涼「『riola』──近藤さんと出会った絵理ちゃんは、
  ひとまずはこの件について関係がないと安心したんですが……
  そんなとき、黒井社長から、876プロへと電話がかかってきて……」



『……ウィ。「riola」について、もうひとつわかったことがあったのだよ』

『実は、「riola」はソロでは無く──……』



P「……実に白々しいな」

涼「あはは、本当ですよね……」


P(──かつて、ひとつの芸能事務所があった)

P(その事務所は、経営者が超のつくほどの遊び人であり、
 女、暴力、ギャンブル等……常に悪い噂が絶えない、ひどい事務所であったという)

P(そのせいで、経営はどんどん傾いていき……
 そしてついに、所属アイドルが最後のひとつだけになってしまった)

P(それが、『riola』……)


  *  *  *


P(……『riola』が最後にどうなったのかはわからない。
 一部では、自殺したという噂も流れていたらしい)

P(そして死した今でも、現役アイドルに様々な呪いをかけていると……)

P(黒井社長は、961プロへと乗り込んできた水谷さんに対し、
 『呪いといえば──』という切り口でこの話を始めたらしい)

P(呪いなんて非科学的なものをそこまで信じるのも考えづらいが、
 藁にもすがる思いであった水谷さんは、『riola』について興味を持ってしまったようだ……)



涼「……黒井社長の意図はわかりません。
  でもきっと、黒井社長は、全てを知っていたんだと思います」

涼「事故の真相も、『riola』がデュオユニットであることも……最初から。
  その上で、最終的に絵理ちゃんがこうなるように、仕組んだんじゃないかと……」

P「なぜ、そう思うんだ?」

涼「……私も、961プロダクションとは、これまで何度か関わることがありましたから」



P(……結局のところ、呪いなんてものは存在せず、『riola』は生きていた。
 しかし結果として、水谷さんの心には、尾崎さんに対する不信だけが強く残り……)

P(そしてついに……彼女は、挫折してしまった)



ガァァ──……


涼「……あ」

P「あの家か?」

涼「……はい。あれが、絵理ちゃんの家……」



P(……今、秋月さんから聞けるのは、これくらいだろう)

P(続きは、水谷さんから聞くしかない。
 もちろん、彼女が話してくれればの話だけど……)



──────
────
──



          絵理の家前
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

P(近くの駐車場に車を停め、
 俺達はついに、水谷さんの家の前までやってきた)

P(水谷さんの家は一見すると、まわりの住宅となんら変わらない、
 ごく普通の一軒屋に見える。しかし……)

P(……なぜか、人が生活している気配というものが全く感じられない)



P「……」ジッ



P(まだ日も出ているというのに、全ての部屋のカーテンが締め切ってある。
 それはまるで、外界との接触を避けたがっているようにも見えた)

P(水谷さんひとりだけが引きこもっているだけならまだしも、家の人はどうしてるんだ?
 彼女について何か言う人は、誰もいないのだろうか……)


  *  *  *


P「ま、とにかく行くしかないか……それじゃあ、みんな──」クルッ

響「……」

真美「……」

千早「……」

P「……」


P(先ほどは車の中で、俺と秋月さんの話を黙って聞いていてくれた三人だが、
 今その顔には、それぞれべつの表情が浮かんでいた)

P(きっとみんな、思うところあるのだろう……。
 チャイムを押す前に、誰かと話をしておこうか?)


1 響
2 真美
3 千早
4 誰にも話しかけない

>>605

4


P(……誰にも話しかけないでおこう)

P(今はそれより、話を進めなくては)


  *  *  *


涼「……それじゃあ、行きますね」


ピン、ポ──……ン


P「……」

涼「……」


シーン……


P「あれ? 出ない?」

涼「……大丈夫です」

ガチャッ

P「……鍵、開いてたのか」

涼「ここに来る前に、メールしておきましたから。
  チャイムを押すのは、私が到着したということを伝えるだけの合図……」

涼「会ってもいいなら鍵を開けておいてもらって、ダメなら締め切ったまま。
  それが、私と絵理ちゃんの間の、ルールなんです」

P「無用心すぎないか?」

涼「……あはは、まぁ、そういうところがあるんですよ」



        絵理の部屋前
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

コンコン……


涼「……絵理ちゃん」

『……』

涼「……フェアリーズステップの皆さん、来てくれたよ」

『……、はい、って……?』

涼「うん。それじゃ、皆さん……行きましょう」


──ガチャッ


P(……いよいよ、ご対面か)

P(水谷絵理……これまで俺は、色んな人から、
 彼女の人物像について聞かされてきた)

P(でも、この目で見るのは、これが初めてだ。
 元ランクCアイドル……一体、彼女は今、どんな顔をしているんだろうか……)





P(……彼女の部屋に入ったとき、最初に目に入ったのは、
 ふたつのディスプレイから溢れる光だった。これらは、PCのモニターだろうか)

P(それはカーテンを閉め切った薄暗く湿った部屋の中における、唯一の光源。
 ぼんやりと部屋全体が照らされているが、決して心が温かくなるような光ではない)

P(そして──……)



絵理「……」



P(PCの傍らに置かれたベッドの上に、彼女はいた)

P(寝巻き姿のままの水谷さんは、膝を抱えて、じっとどこかを見つめている。
 その目線の先には、茶色のブレザーが壁にかけられているようだが……)

P(これは、彼女の学校の制服か?)



絵理「……れ?」

P「え……」

絵理「……だ、れ?」

P「……っ」



P(……目線をピクリとも動かさないまま、彼女がたずねてきた)

P(俺は以前、彼女の歌を聴く機会があった。
 だから彼女が本来、甘いソプラノの声を持っているということは知っていたのだが、
 しかしながら今聴いたその声は、かすれて潰れて、とても元アイドルの声とは思えない……)

P(『誰?』……それはおそらく、俺に対する質問だろう)



1 俺は、君のお兄ちゃんだよ
2 俺は、真美のプロデューサーです
3 俺のことなんてどうでもいいじゃないか
4 その他

>>609

2


P「……俺は、真美のプロデューサーです」

絵理「真美ちゃんの、プロデューサー?」

P「ああ。初めまして、水谷さん」

絵理「……、」


P(……それきり、彼女は俺に対する興味を失ってしまったようだった)

P(真美のお願いだからと言ってここまでノコノコついてきてしまったけど、
 本当に良かったのかな……)

P(まぁ、ダメだったら拒絶するだろう……たぶん)


  *  *  *


真美「おねーちゃん……」

絵理「……真美ちゃん」

真美「あ、あんね、真美、この間ライブやったんだ!
   もーめっちゃ遠いしレッスンも大変だし、真美……」

絵理「知ってるよ。サイト、見たから」

真美「う……そ、そっか」

絵理「……」



P「……なぁ、秋月さん」ヒソヒソ

涼「え? なんですか?」

P「今更だけど……そもそもなんで、水谷さんのところに真美を連れてきたんだ?」

涼「……絵理ちゃんが、会いたいって言ったからです」

P「……その割りには、あまり嬉しがっているようには見えないんだけど」

涼「……嬉しがってるんですよ、あれでも。ほら、見てください」

P「……」



真美「それでさそれでさ! 真美ね……」

絵理「うん……」



涼「相槌、打ってるでしょう?」

P「……あれが、喜んでる証拠なのか」

涼「あはは……慣れない人には、そう見えないかもしれないですよね……」


P(それからも真美は懸命に話しかけ、水谷さんもそれにうんうんと相槌を打っていた)

P(秋月さんいわく、それは喜んでいる証拠のようだけど……
 しかし俺からは、真美がただから回りしているようにしか見えなかった)

P(そしてそれは、真美も同じように感じていたんだろう。
 やがて、真美は──……)



真美「……おねーちゃん。ごめんね」

絵理「え……?」

真美「真美、聞いちゃったんだ……おねーちゃんが、なんでアイドルを辞めたかってこと」

絵理「……」

涼「……私が話したんだよ」

絵理「……そう」


  *  *  *


真美「……真美、おねーちゃんにアイドルに戻ってきて欲しい」

絵理「……なんで?」

真美「そんなの決まってるっしょ!? このままじゃ、おねーちゃん、
   もっともっとダメになっちゃうよっ!?」

絵理「……ダメで、いい? わたしはもう、
   真美ちゃんたちが活躍してるのを見れれば、それで……」

真美「よくないっ!!」バンッ

絵理「ひぅっ!」

P「お、おい、真美……」

真美「そんなんゼンゼン良くないっ! 今のおねーちゃんに応援されたって、
   そんなの、ゼンゼン嬉しくないもんっ!!」

P「……、」



P(……真美、ヒートアップしているみたいだ)

P(水谷さんが、随分と怯えている……)



1 真美をなだめよう
2 黙って様子を見よう
3 響と千早を連れて、部屋から出て行こう
4 その他

>>612

2


P(……黙って様子を見よう)

P(余計なことはせず、今は真美を信じて、任せるんだ……)


  *  *  *


真美「……ねぇおねーちゃん、おざりんのこと、
   そんなにショックだったの……?」

絵理「……っ」

真美「おざりんだって、きっと、恥ずかしかったんだよっ!
   前にアイドルをやってたなんて──」

絵理「……──で」

真美「え……?」


絵理「──適当なこと、言わないでっ!」

真美「っ!」ビクッ


絵理「真美ちゃんに何がわかるの!?」

絵理「わ、わたしには、尾崎さんだけだった……!
   尾崎さんのことならなんでもわかるし、尾崎さんなら、
   わたしのこと、なんでもわかってもらえると思ってたっ!」

真美「……」

絵理「それが、裏切られたって気持ち……、きっと真美ちゃんにはわかんない!」

真美「……──っかんないよっ!!」

絵理「……!」


真美「わかんない! わかんないわかんないっ!」

真美「自分のプロデューサーがほんとのこと話してくれない気持ちなんて、真美にはわかんない!
   兄ちゃんはずっと、真美たちの味方だったからっ!」

真美「だから、なんでおねーちゃんがそんなにヘコんでるかなんて、わかるわけないっしょ!?」

絵理「じゃ、じゃあ……」

真美「だからって、ほっとけないっ! 真美、知ってるから!」


真美「『riola』が──おざりんが、めっちゃ優しい人だってっ!」

絵理「……っ!」


  *  *  *


真美「……真美と亜美は、『riola』に憧れて、アイドルになりたいなって思ったんだよ」

真美「そ、そりゃあ、涼お姉ちゃんに言われるまで、
   おざりんが『riola』だってわかんなかったけど……」

真美「……でも、覚えてるもん。めっちゃ優しくしてくれて、頭を撫でてくれて、
   その手のあったかさは、真美、ちゃんと覚えてるもん……」

絵理「……」

真美「おねーちゃんも、そうっしょ!?
   ほんとは、知ってんでしょ!? わかってるんでしょ!?」

真美「おざりんは悪い人じゃないって! きっと、なんか理由があったんだって……!」

絵理「……、わかんない……!」

真美「ウソだよっ!」

絵理「ウソじゃない! じゃあなんで、尾崎さんは、わたしに黙っていたの!?
   うしろめたいことがないなら、最初から言ってくれればよかったのにっ!」

真美「……そんなの、真美にはわかんない。
   でもっ! 真美がわかんなくても、わかる人はここにいるよっ!」

絵理「え……?」

真美「──千早お姉ちゃんっ!!」

千早「えっ わ、私?」

真美「……千早お姉ちゃんなら、ウソをつくことの、プロおへそ鳴ってるもん」

千早「プロフェッショナルって言いたいの……? というか、ウソなんて私……」

真美「でも、真美達にずっと黙ってたっしょ? ノドのこと」

千早「……!」

真美「千早お姉ちゃんは、ごまかしてるつもりっぽいけど……
   それくらい、真美とひびきんだって、知ってるもん……」



P「響、お前達……」

響「……わかんないわけないでしょ。プロデューサーと千早の間にヒミツがあって、
  それが千早の夢に関係してるってことくらい……、なんとなくわかるさー」

響「千早のノドのこと、プロデューサーは最近、いつも心配してる。
  だからきっと千早は、ノドになんか問題があるんだって……」

P「……そっか。ごめんな、ちゃんと話してなくて」

響「……ううん。いいんだ、そんなこと」


真美「千早お姉ちゃん……」

千早「……ええ」


絵理「ちは、や……さん」

千早「水谷さん。お久しぶりね」

絵理「……うん」

千早「……真美はああ言ったけど、正直に言って、私には、
   あなたのプロデューサーの気持ちはわからないわ」

千早「でも、これだけはわかる……それは──……」

チラッ

P「……ん? な、なんだ?」

千早「……プロデューサーとアイドルというのは、
   単なる仕事上の関係ではないということ」

千早「いつも余計なことを言って、人の心にズカズカと踏み込んできて……、
   そしていつだって、私達アイドルのことを振り回す。
   プロデューサーっていうのは、そういうもの……」

P(そんな目で見られてたのか、俺……)

絵理「……」

千早「……でもね」

千早「今の私には、それが、心地よいとも感じられるのよ」


  *  *  *


千早「私達のプロデューサーは、いつだって割と正直というか……
   むしろ自分に正直すぎて、私にはとても理解できない行動を取ることも多いわ」

千早「……だから私は今まで、ウソをつかれていると感じたことは少なかった。
   でもきっとこれから先、ともに過ごす長い時間の中で、ウソをつかれることもある。
   本心を偽り、誤魔化してしまうこともあると思う」

千早「でも、もしもそうなったとしても……、私はこの人のことを責めたりしないという自信があるの。
   そのウソすらも、私達のことを想ってのことだと、信じているから」

絵理「……どうして、そこまで信じられるの……?」

千早「……理由なんてないわ。ただ、『一緒に歩こう』と差し出してくれた手の温もりを、
   私はきっと、生涯忘れない」

絵理「……」



『……がんばってみない? 私といっしょに』

『いっしょ……誰かと、いっしょ……』

『うん。ひとりじゃ見られない夢、きっと見られるから──……』



絵理「……っ、尾崎、さん……」

千早「……水谷さん。あなたにも、あるでしょう?」

千早「プロデューサーといっしょに作ってきた、
   偽者じゃない、本物の思い出が……」


絵理「……思い出、ある……」

絵理「いっぱい、あるよ……! 尾崎さん……!」


ポロポロ……


千早「……水谷さん。思い出は、思い出すためにあるのよ。
   後悔するためにあるんじゃない」

千早「振り返ると、ときには弱くなってしまうこともなる。
   あの頃に戻りたい、と感じてしまうこともある……」

千早「でもきっと、それを越えたとき……、
   あなたはもっと高くへと飛べるようになるはず」


千早「だから……涙を拭いて」

千早「泣くなら、ひとりじゃなくて……誰かの胸の中で、泣きなさい」


  *  *  *


絵理「……」ゴシゴシ

絵理「……、真美ちゃん」

真美「なーに?」

絵理「真美ちゃんたちは……プロデューサーさんのこと、好き?」

真美「……うん。真美は、兄ちゃんのこと、大好きだよ」

P「……」

P(真美……)


真美「……ううん、兄ちゃんだけじゃないよ。
   真美はね、ユニットのみんなのことが、メッチャ好きなの」

真美「アイドルは楽しい。みんなと一緒だと、もっと楽しい!」

真美「みんなと一緒なら、つらいことは、全然つらくなくなっちゃう。
   みんなと一緒なら、楽しいことは、もっともっと楽しくなっちゃう!」

真美「みんなと一緒なら……! なんだって、出来ちゃうんだからっ!」




真美「今まで作ってきた大事な思い出にバイバイして、
   お別れにただ向かっていくだけなんて、そんなのさみしすぎるっしょ!」

真美「だからお願い、おねーちゃん……!」ガシッ

絵理「っ!」

真美「もう一回……おざりんと、お話して!」

真美「そんで、元気になって……また真美達といっしょに、お買い物、行こうよ……!」ポロポロ


絵理「……真美ちゃんは、こんなわたしを、まだ……」

真美「トーゼンっしょ! おねーちゃんは、真美のおねーちゃんだもん!」

絵理「……っ!」

真美「真美にだって、おねーちゃんとの思い出、たくさんある……
   それをぜんぶ、無かった事にするなんて……真美、ヤダよ……!」


P「……」

響「……プロデューサー」

P「……。ああ、そうだな」



P(ずっと暗いままだった水谷さんの表情が、少しずつ変わってきた。
 きっともう、俺達に出来ることは何もないだろう……)

P(あとは、水谷さんと……尾崎さん次第だ)


ガチャッ


P「……行こう、みんな」



──────
────
──



             車の中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

P(それから、水谷さんの家をあとにした俺達は、
 再び車へと乗り込んだ)



涼「……皆さん、今日は本当に、ありがとうございました」

涼「あんな表情の絵理ちゃんを見たのは、初めてでした。
  私だけでは、無理矢理外に連れ出すので精一杯だったから……」

真美「……おねーちゃん、元気になるかな」

涼「……大丈夫。あとは私に任せておいて」

涼「私から、尾崎さんに今日のことを話をしてみる。
  そして、今度こそ……ふたりを会わせてみせるから」

P「……君は、どうしてそこまで水谷さんに……?」

涼「……あはは、どうしてかな」


  *  *  *


涼(もしかしたら僕は、社長の言う通り──……)



『……秋月さん、いえ、涼』

『今のあなたからは、男の子としての魅力なんてこれっぽっちも感じられない。
だから、女の子としてデビューさせます。そうじゃなきゃ、うちでは採用はしないわ』

『……でも、今から出すふたつの条件のうち、
どちらかひとつでもクリアすれば、男の子としてデビューさせてあげてもいい』

『それは──……』



涼(……それは)

涼(まずひとつ目の条件。女の子アイドルとして、成功をおさめること……)

涼(そして、もうひとつの条件は──)



涼「……絵理ちゃんの心を、掴むこと……」

真美「お姉ちゃん、なんか言った?」

涼「……ううん。なんでもないよ」



涼(男の子アイドルとしてデビューするという気持ちがあるなら、
  女の子ひとりの心くらい、掴んでみせろって……)

涼(惚れさせて、笑顔にしてみせろ、って……)

涼(……最初は、なんて無茶苦茶なって思ったけど、
  絵理ちゃんと関わるうちに、いつの間にか、僕は──……)




──────
────
──


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 26週目 夜


P(……長い長い一日を終えた俺達は、ようやく765プロ事務所へと帰ってきた)

P(でも、まだ終わりじゃない。これから、千早と話をしなければ……)


  *  *  *


ガチャッ

P「ただいま戻り──


愛「うぇぇぇぇぇぇええええん!! はるがざぁん……!!!」

春香「お〜、よしよし……」


P「あ、あれ? 日高、さん? それに春香も……」

春香「あ、プロデューサーさん……お帰りなさい」

愛「おがえりなざいぃぃ……!!」ボロボロ

P「……あのさ、もしかして」

春香「……そうなんです」



春香「愛ちゃん、876プロの面接……落ちちゃったんですよ……」

P「……」

愛「ごめんなざぁぁぁい!!! せ、せっかく、紹介してもらったのにぃぃ!!」

キーン……

P「お、おう……謝らなくていいから、とにかく、声のボリュームをおさえてくれ……」



P(……なんてことだ)

P(ここにきて、まだ876プロか……)


P(先ほど俺達が876プロにいるときに、
 春香は誰かから呼び出されて出て行ったけど……)

P(どうやらそれは、尾崎さんからの連絡だったらしい。
 尾崎さんはいつの間にか、メジャーアイドルの春香と連絡先を交換していたようだ。
 なんというか、抜け目がないな……)

P(……まぁ、それはさておき)


  *  *  *


P「……なるほど、つまりこういうことだな」

P「不合格をつきつけられた日高さんがぎゃんぎゃんと泣き出してしまい……
 途方にくれた尾崎さんは、春香に頼ってきた」

P「春香も春香で、俺が『あまり他の事務所に肩入れするな』と言ったことを気にして、
 俺達には行き先も告げずに出て行った、と……」

春香「えへへ……ごめんなさい」

P「いやまぁ、それはいいんだけどな……」

愛「ぐすっ、ぐすっ……あ、あたし……歌もダンスも、もう、なにもかもダメだって……!」

P「……は、はは」


P(何もかもダメって……相当だぞ。
 日高さんって、そんなに出来ない子だったのか?)

P(……さて、なんて声をかけてやったもんかな)



1 ドンマイドンマイ! 次あるよ! 
2 今から大切な話をしなきゃいけないから、帰れ
3 歌やダンスがダメでも、日高さんの元気な姿はとても魅力的だよ
4 その他

>>624

泣いてるだけじゃダメなままだよ


P「……日高さん、泣いてるだけじゃダメなままだよ」

愛「ご、ごめんなさいぃ……!」

P「謝るのもダメ。泣いたり謝ったりする姿が、
 アイドルとして魅力的とはとても思えないからね」

愛「え……? アイドル?」

P「君は、アイドルになりたいんだろ?
 それじゃあまずは泣きやんで、笑顔にならなくちゃ」

愛「……ずびっ。プロデューサーさん……」

P「アイドルたるもの、何をするにも、最初は笑顔だ。
 なーに、876プロ以外にも事務所はたくさんある。一度や百度の失敗くらい、気にするな!」

愛「……はいっ! あたし、ちょっと元気が出てきましたっ!」

愛「むおおおお! がんばるぞーーっ!」



P(どうやら、ちょっと元気になってくれたみたいだ)

P(……でも、これでちょっとなのか? 本当に感情の揺れ幅が広いな)



  *  *  *



P「……さて、それじゃあ小学生はもうお家に帰る時間だな。
 帰り道、わかるかい?」

愛「あ、あたしっ、小学生じゃありませんっ! ちゅーがくせーですっ!」

P「あ、そうだったのか……ごめんごめん」

愛「むぅ〜……」


プルルル……


ガチャッ

小鳥「……はい、765プロダクションでございます」

小鳥「え? は、はぁ……ええ!? あ、いえ、いつもお世話になっております」

小鳥「はい、はい……かしこまりました。では少々お待ちください……」

スッ

小鳥「……プロデューサーさん。お電話です」

P「あぁ、はい。えーっと、どちらの?」

小鳥「876プロダクションの石川実社長とおっしゃってるんですけど……」

P「……え? 石川社長?」


P(石川社長がうちに何の用だろう……)

P(もしかして俺、何かやらかしたか……?)



P「……お待たせしました」

石川『あぁ、お疲れ様です。石川です』

P「はい、お疲れ様です……あのそれで、ご用件は?」

石川『そちらに、日高愛は行ってないかしら?』

P「日高さん? それなら、確かに……ここにいますけど」

石川『やっぱりね……申し訳ないんだけど、その子、
   こっちまで帰ってくるように伝えてくれる?』

P「え? でも……」チラッ


愛「……?」


P「……不合格にしたんじゃなかったんですか?」ヒソヒソ

石川『ええ、そうよ』

P「それじゃあどうして……」

石川『ふふっ、ちょうど今、面白いことがわかってね……。
   実力はこれから伸びることに期待して、改めて、
   私が一対一の面接をしてあげようって思ったのよ』

P「面白いこと?」

石川『それはナイショ。とにかく、よろしくお願いします。それでは……』

P「あっ、ちょっ!」


プープープー……


P「……切れた」


P(面白いことって、一体なんなんだろうな……)



P(石川社長が何を考えていたかはわからないが……
 でもとにかく、これは日高さんにとっての朗報であることには違いないな!)


P「聞いてくれ日高さん! 876プロの石川社長が、改めて君の面接をしてくれるそうだ」

愛「うえええっ!? ほ、ほんとですかっ!?」

P「ああ! 良かったな、チャンスが再びやってきたぞっ!
 きっと、今は実力が無くても、これから伸びるってことに期待してくれたんだよ!」

愛「わぁ〜……!」キラキラ

愛「あ、あたしっ、今度こそ、一生懸命がんばりますっ!!」

P「うん、その意気だっ!」


  *  *  *


愛「それではみなさんっ! お世話になりました!」ペコッ

響「がんばってね! 自分達も応援してるさーっ!」

愛「ありがとうございますっ! それじゃあ……さよーならーっ!」


ガチャッ

バッターン!



P(──そうして日高さんは、嵐のように去っていった。
 しかし本当に、最後まで元気いっぱいな子だったな……)

P(その一生懸命さが、いつか報われることを信じて……
 今はただ、彼女の面接がうまくいくことを、願っていよう)

P(ふふ、次にあったときは、フェアリーズステップのライバルになってたり……なーんて)


ガチャッ!


愛「……あ、あのっ! プロデューサーさん!」

P「あれ? 随分早い再会だな……」

愛「あ、あたし! ここから876プロへの道、わかんないですっ! 助けてくださ〜い……」

P「……は、はは……よしわかった! 乗りかかった舟だ、事務所まで送っていくよ」



P(──そうして俺は、日高さんを再び876プロまで連れていくことになった)

P(千早と東豪寺プロについての話をしようと思ったんだけど……、
 それもまた、もう少しあとになりそうだな)

P(チャチャっと日高さんを送ってきて、
 帰ってきてからじっくり話をするとしよう……)



愛「わ〜……本当に、なにからなにまで、ありがとうござまいますっ!
  それじゃあプロデューサーさん! よろしくお願いしまーすっ!」

P「ああ、よろしく……」


P(……それにしても、本当に長い一日だ。
 いつになったら終わるんだろう……)



【活動 26週目 つづく】

今日は以上です お付き合いありがとうございました
次書くはたぶん、月曜日になります

再開します


東京
                           876プロ事務所

                      ──────────
                          活動 26週目 夜


P(……それから俺は、日高さんを車に乗せて、
 再び876プロ事務所があるビルの前へとやってきた)



愛「ありがとうございましたっ、プロデューサーさん!
  ここまで来れば、あたし、もうだいじょぶですっ!」

P「そっか……それじゃあ、面接がんばってな」

愛「はいっ!」



  *  *  *



P(……それにしても、石川社長が言ってた面白いことって、
 一体なんのことなんだろう?)

P(尾崎さんが何もかもダメと評価した彼女を、
 改めて面接してあげるほどの何か……)

P(ここで俺も876プロの中に入っていけば、それについて知ることが出来るかもしれない。
 でも今俺は、フェアリーズステップのみんなを765プロで待たせているんだよな……)



1 日高さんについていこう
2 765プロに帰ろう
3 その他

>>633

2


P(──昼間、自分から春香に言ったことを思い出せ)

P(俺達はあくまで、765プロの人間だ。
 あまり他の事務所に深く関わる必要もないだろう)

P(まぁそんなこと言っても、水谷さんの一件もあったし、今更って感じだけど……
 そもそも、石川社長が素直にそれを教えてくれる可能性だって低いだろうしな)

P(……今はそれより、千早の話──東豪寺プロの話を、聞きにいかなければ)



愛「あの、プロデューサーさん?」

P「ん、ああ……どうしたんだい?」

愛「なーんか、難しいお顔してましたけど……だいじょぶですか?」

P「……いや、なんでもないよ。
 今日は色々とあったから、ちょっと疲れちゃっただけさ」

愛「そーですか……でも、もし元気がなくなっちゃったときは、イチゴ牛乳を飲むといいですよっ!

P「イチゴ牛乳?」

愛「あたし、大好物なんですっ!」

P「あはは……」


P(……励ましてくれているんだろうか。優しい子だな)


  *  *  *


愛「それじゃあ、いってきまーっす!」

P「ああ、うまくいくことを祈ってるよ。それじゃあ……また」


……バタン

ブロロ……


──────
────
──


東京
                           765プロ事務所

                      ──────────
                          活動 26週目 夜


ガチャッ

P「……ただいま戻りましたー」

響「あっ、プロデューサー!」トテテ

P「響……」

響「えへへっ、おかえりなさーい! 無事に届けられたかー?」

P「……、あ、あぁ……」



P(……なんだろう。なんだかんだ言って、
 俺はずっと気を張っていたのかな……)

P(仕事が急に無くなってしまって、慣れない他の事務所と関わって……)



『……でもね。今の私には、それが、心地よいとも感じられるのよ』

『うん。真美は、兄ちゃんのこと、大好きだよ」』

『えへへっ、おかえりなさーい!』



P(みんなが今、どんな思いでいるのかって、
 心配になっていたのかもしれない)


  *  *  *


千早「……プロデューサー?」

真美「兄ちゃんどったの〜? 早く入ってきなよ〜」

P「……」



P(ドアを開けた俺に向かって犬のように駆け寄ってきた響の姿を見て、
 いつもと同じように過ごす、真美や千早の姿を見て……)

P(なんだか随分久しぶりに、自分の場所に帰ってきたって気持ちになってしまった)

P(……響たちだって、本当は不安でしかたないはずなのに……
 俺がこんなんじゃ、情けないな……)



1 「みんなは、どうして笑顔でいられるんだ?」と聞こう
2 響の頭をなでなでしてやろう
3 さっそく千早の話を聞こう
4 その他

>>637

2


響「ねぇねぇプロデューサー、なんかあったのかー?」

P「……いーや、何もないよ。そんなことより、ほら、響、こっちおいで」

響「え? なになに?」

P「……よーしよしよし!」

ワシャワシャ

響「へ? ……うえええっ!?」

P「響はかわいいなぁ!」ナデナデ

響「ちょっ、プロデュ……もーやめてよーっ! み、みんな見て……」カァァ

P「恥ずかしがるなって! それにしても響の髪の毛、柔らかいなぁ……
 これ柔軟剤使ってるんじゃないか」

響「うぅ……なんにも使ってないし……」

P「……響、こうされるのイヤか?」

響「え!? え、えー……」

P「……」

響「……イヤなわけ、ないだろー」ボソッ

P「ほーれほれほれ!」ワシャワシャ

響「うぎゃー!」




千早「……まったく、帰ってきて早々、何をやっているのかしら」

真美「……ねー、千早お姉ちゃん」

千早「え? 真美、どうしたの?」

真美「千早お姉ちゃんはさ、あーいうの見て、モヤっとしたりしないの?」

千早「ああいうのって……」

真美「……兄ちゃんとひびきん、めっちゃイチャイチャしてんじゃん。
   真美、なんかよくわかんないけど、3モヤっとくらいしちゃってるよ〜……」

千早「……真美、あなた……」


千早「……そうね。正直に言って、私も何も感じないというわけじゃないわ」

真美「じゃあじゃあどうして、なんでもないって顔してられんの?」

千早「……プロデューサーがああやって我那覇さんにちょっかいを出すのは、
   大抵、心に何か抱えているときだから」

真美「何かって?」

千早「それは、私にもわからない。でも、きっと──……」



響「……えへへ」

P「おや、響、なんだか眠たそうな顔してきたな」

響「んー、そんなことないし……ふわぁ〜……」



千早「……きっと、ああいう役目は、我那覇さんにしか出来ないことなのよ。
   私があの立場になったらきっと拒絶するだろうし、真美だったら茶化してしまうでしょう?」

真美「……」

千早「だから、気にしない。今の私にとっては、こういう日常も、大切なものだと思えるから」

真美「……今日の千早お姉ちゃん、なんかオトナって感じだね」

千早「ふふっ、真美は、まだまだお子様ね」

真美「うあうあー! 真美だってオトナだもん! ゼンゼン気にしないもん!」

千早「本当に?」

真美「……ウソ」

千早「それなら、それでいいのよ。無理にガマンする必要ないわ」

真美「……千早お姉ちゃんの言ってること、よくわかんないっぽいよ〜」

千早「……大丈夫。あなたにも、きっとわかる日が来るから」


──────
────
──


P(さてと……)

P(響分もたっぷり補充できたことだし、改めて、話を進めるとしよう)


  *  *  *


P「……みんな、俺が876プロに行っている間、待たせて悪かった。
 さっきは詳しく説明できなかったけど、みんなに残ってもらったのは、話をするためなんだ」

真美「兄ちゃん兄ちゃん、話ってなに? 面白い話?
   兄ちゃんのダジャレ100連発〜、とか!?」

P「それはまた別の機会にしておこう。需要があるのは千早くらいだろうからな……」

響「……もしかして、最近、自分たちの仕事が減ってきてることの話か?」

P「それは──」

千早「……そうよ。我那覇さんの言う通り」

響「へ? 千早、なんか知ってるの?」

P「……実はな、これからする話は、俺からする話じゃないんだ」



P(……今日、千早にずっと連絡が繋がらなかったのは、
 彼女が東豪寺プロダクションに行っていたかららしい)

P(そして千早は、その件について全員で話をしたいと……そう言ったんだ)



P「……千早、頼む」

千早「……はい」


──────
────
──


千早「……でも、何から話したらいいかしら。この話はまだ、
   プロデューサーにもしていなかったから……ええと……」

P「ゆっくりでいいよ。話の脈絡が無くても、こっちでちゃんと理解するから」

千早「……わかりました。では、単刀直入に言います」

千早「現在、私たちが直面している大問題……、
   仕事が次々にキャンセルになっている、この現状を引き起こした人物は──」



P(……そうして千早は、話し始めた)

P(今、765プロが抱えている大事態と、
 そのきっかけとなった、あの日の出来事について……)

P(そして──……)



  *  *  *



千早「……それは」

千早「東豪寺プロダクション所属アイドル、
   『魔王エンジェル』のリーダーであり、プロデューサーでもある……」

千早「東豪寺、麗華さんです」

P「……」

響「とーごーじ……」

真美「……冷夏?」

千早「そして……彼女はあの日、私にこう言いました」



『今年のIA大賞、グランプリに輝くのは……』

『961プロダクション所属アイドル、天ヶ瀬冬馬』

『……それはもう、決まっていること』



千早「……と」



P(──そして)

P(俺達がずっと目指していた、アイドルアカデミー大賞……)

P(その栄光の舞台に隠された、本当の姿について……)



『千早と麗華』編

※回想編になるのでしばらく安価がなくなります
※そんなに長くはなりません





千早(……それは、私が参加するはずだった、
   あのオーディションが開催された日のこと……)

千早(プロデューサーとのやり取りを終えた私は、
   オーディション用のジャージに着替えるために、控え室へと入っていったのでした)



             控え室
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ガチャッ

千早「失礼しま──

あずさ「きゃあっ!」


ふにょんっ!


千早「えっ!? この柔らかさは……あずささん?」

あずさ「え……? あらあら、千早ちゃんじゃない! ふふっ、こんにちは〜」

千早「お、おはようございます……」



  *  *  *



千早「あずささんも、今日のオーディションに参加されていたんですね」

あずさ「ええ。でもまさか、千早ちゃんもだなんて……」

千早「……」



千早(──その日行われたオーディションは、プロデューサーもご存知の通り、
   765プロを敵対視する961プロダクションが関わっているかもしれないというものでした)

千早(ですから私は、そんなオーディションにあずささんが参加するのは、
   正直に言って、あまり良くはないのではないかと思ったのですが……)



あずさ「……千早ちゃん」

千早「え?」

あずさ「ふふっ、大丈夫よ〜。千早ちゃんのお顔を見て、私、すぐにわかっちゃったから」

千早「わかったって……何がですか?」

あずさ「高木社長が、どうして私をここに送り出したかってこと。
    千早ちゃんがここにいるということは、プロデューサーさんもいらっしゃるのよね?」

千早「……はい」

あずさ「きっと社長は、プロデューサーさんがここにいるから、
    私のことは何も心配せずにいてくださったのよ。だから……、私は大丈夫」

千早「あずささん……」

あずさ「うふふっ、今日は、楽しみましょうね〜♪」

千早「……はい!」


千早(あずささんはそれから、ノドが乾いたから自動販売機に行ってくると言って控え室を出て行きました)

千早(ひとりでは迷子になってしまうのではないかとも思いましたけど、
   控え室の外にはプロデューサーがいるはずだからその心配もないだろうと思いなおし、
   私も素直にそれを見送ったのでした)



千早(──思えば、それがいけなかったのかもしれません)

千早(あずささんにお願いをして、近くにいてもらえばよかったのかもしれません。
   そうすればきっと、私は、『彼女』に接触されなくて済んだのですから──……)



  *  *  *



千早「えっと……衣装は……」ガサゴソ

麗華「あの……すみません。如月千早さんですよね?」

千早「え? そうですけど……」

麗華「やっぱり! わぁ〜、私、千早さんの大ファンなんですっ!
   こんなところで会えるなんて、麗華感激♪」

千早「……麗華? あの、もしかしてあなたは……」

麗華「あっ、ごめんなさぁ〜い! 私、うっかりしちゃってて、
   自己紹介を忘れちゃってました☆」

千早「はぁ……」

麗華「私、魔王エンジェルっていうアイドルユニットに所属してる、東豪寺麗華って言います!」

千早「……知っています」



千早(……東豪寺プロダクションの魔王エンジェルといえば、
   『ラッキースター』という曲がここのところ毎週トップにランクインしている、
   誰もが知っている人気アイドルです)

千早(ですが、私は……)



麗華「わぁ、千早さんに知っていてもらえるなんて、私、とっても嬉しい!」

千早「……、」



千早(正直に言って、魔王エンジェルの歌には不快感しか覚えていなかったので、
   悪い意味での印象のほうが強かったのでした)

千早(さすがにその場では言いませんでしたけど……)


麗華「あーあ。でも、今日のオーデで千早さんと一緒だなんて、
   私、もうダメかもしれないなぁ〜」

千早「ダメ、とは?」

麗華「だって千早さん、『ユニットならともかく』、ソロで挑戦するんだったら、
   私には勝ち目がないですよ〜」

千早「……ユニットならともかく? それは、どういう意味ですか?」

麗華「そのまんまの意味です☆」

千早「……意味がわかりません」

麗華「うふふっ、それなら教えてあげますね。だって──……」



麗華「あなたのユニットのメンバーは、どう考えても、
   あなたの足を引っ張っているようにしか見えませんから」

千早「……」



千早(……完全に、私のことを挑発している)

千早(しかも、かなり安っぽい挑発です。そんなものは無視するに限ると思い、
   私もその場を立ち去ろうとしたのですが……)


  *  *  *


麗華「あれあれ? どうしたんですか、怖い顔しちゃったら、
   せっかくのキレイなお顔が台無しですよ〜」

千早「……それでは、私はこれで」スタスタ

麗華「あぁっ、待ってくださいよ〜」ギュッ

千早「……っ、なにか?」

麗華「──……子供ね」ボソッ

千早「……は?」



千早(……腕をつかまれた瞬間──途端に、彼女の雰囲気が変わりました)



麗華「無視しようと思ったんでしょうけど、
   顔に出している時点で、あなたはまだまだ未熟なのよ」

千早「……っ」

麗華「心当たり、あるんでしょう? あなたは心のどこかでそう思っている。
   自分ひとりなら、もっと高くに羽ばたけるのに、って」

千早「そんなことありません! 私は……!」

麗華「ムキになるのが、なによりの証拠よ」

千早「……」

麗華「まぁ、そんなことはどうでもいいわ。
   あなたにとって良い話があるんだけど、聞いていかない?」

千早「結構です。自分に必要な情報は、自分で集めますから」

麗華「それでもいいけど。でもその代わり、さっきの胸が大きな彼女──」

千早「……あずささんのことですか?」

麗華「そう。彼女に、同じ話をするだけだから」

千早「……」


千早(良い予感がするはずありません)

千早(でも私は、これから先あずささんが何かされるくらいなら、
   私がこの場で話を終わらせてしまう方がいいだろうと思い、東豪寺さんの話を聞くことにしました)

千早(……昔から──プロデューサーが765プロに入社する以前から、そうでした。
   あずささんは、優しすぎるゆえに、優柔不断なところがある……)

千早(もし、『何かと引き換えに要求を飲め』と言われたら……、
   あずささんならそうしてしまう可能性があると、そう思ったのでした)


  *  *  *


麗華「良い話っていうのは、ふたつあるの」

麗華「まずひとつ……あなたも当然目指しているであろう、IA大賞。
   それを受賞するのが誰かを、私は知っているのよ」

千早「……先ほどから、おっしゃっている意味がよくわかりません。
   IA大賞は、まだ始まってすらいない」

千早「運命のランキングが発表されるまでに、まだ二ヶ月以上もある。
   それなのに、まるで『受賞者が最初から決まっている』みたいな言い方を……」

麗華「その通り。決まっているのよ」

千早「……」

麗華「よく考えてもみて? 今回のオーディションの課題曲は、なに?」

千早「『GO MY WAY!!』……。それがなにか?」

麗華「それは、作曲者がIAU(アイドルアカデミー連合協会)に提供した楽曲よね。
   春先ならまだしも、運命のランキングに直接影響するこの時期におけるオーディションで、
   それが使われるという意味……賢いあなたにはわかるでしょう?」

千早「……それ、は……」



千早(それは──)

千早(このオーディションが、IAUの息がかかっているもの、ということ)

千早(プロデューサーも言っていたように、このオーディション──『TOP×TOP!』は、
   確かに規模が大きかった。でも、それが一体なんだと言うの?)



麗華「加えて、今回のオーディションのスポンサー……あなたも知っているでしょう?」

千早「……、961プロ?」

麗華「その通り。誰もが簡単に気付けることだと思うんだけど、きっとみんな、
   『そんなわけはない』って、勝手に脳が判断しちゃってるのよね。ほんっと、バカみたい」

麗華「いい? 今から私が言うこと、ちゃんと聞くのよ」




麗華「──アイドルアカデミー連合協会と、961プロダクションは、繋がっている」

千早「……!」


千早(──IAUと、961プロが繋がっている)

千早(もしその話が本当なら、私達が目指していたものは一体──……)



麗華「私は、こう見えても顔が広いのよ。
   IAUの偉い人ともお喋りする機会もあったしね」

千早「……」

麗華「ふふっ、この会場にも、いるんじゃないかしら。
   黒井社長が随分熱心に育てていらっしゃるという、あの男が……」

千早「……」

麗華「気になる? 気になるわよねぇ?」

千早「…