エレン「クリスタの性奴隷になった」(418)


一方こちらは亀有公園前派出所トイレ

両津勘吉「ボルボ…ボルボ…」シコシコ

大原部長「こら〜っ!!両津っ貴様またボルボで自慰なんてしおって!」

両津勘吉「げっ部長!!これにはわけがありまして」

大原部長「言い訳するんじゃない!さあ今からワ



とある倉庫


…ガチャ


…バタン


クリスタ「…遅かったね、エレン」

エレン「ク、クリスタ…わ、悪い。ちょっとミカサに捕まっちまってさ」アセアセ

クリスタ「…そっか、何か言われた?」

エレン「いや、上手くごまかしたから大丈夫だと思う」

クリスタ「…ならいいよ………じゃあとりあえず」







クリスタ「服、全部脱ごっか?」ニコ

エレン「あ、あぁ」ヌギヌギ

クリスタ「ふふっ、もう最初の頃みたいに抵抗しないんだね」

エレン「うぅ…」

クリスタ「素直なエレンは可愛くて好きだよ」

エレン「ク、クリスタ…俺、もう…」

クリスタ「あはっ、エレンのここ…まだ脱いだだけなのに、もうこんなに大きくなってるね」

エレン「ハァハァ…ク、クリスタ…」

クリスタ「…そうだね、ちゃんということ聞く子にはご褒美あげないと…ね?」

クリスタ「じゃあ、エレンはどうして欲しいのかな?」

エレン「…触ったりしてほしいです…」

クリスタ「触る?どこを触って欲しいのかな?」

エレン「………チンコを…」


クリスタ「…聞こえないなー」ニコニコ


エレン「…っ!ご主人様に俺のチンコを触ってもらいたいんです!!」

クリスタ「うん!よく言えました♪」

ごめん、書き初めようかと思ったけど携帯の電池ないから中断します。

ってか需要あんのかこれ

何にせよオナニーなんで短くして終わらせます。

クリスタ「じゃあ、触ってあげるね♪」

そう言うとクリスタはエレンのナニをゆっくりとしごき始めた

クリスタ「…どう?気持ちいい?」

エレン「くっ!……うぁあっ………」

クリスタ「言葉になってないよ?…気持ちいいならちゃんと、気持ちいいって言わなきゃ駄目でしょ?」

エレン「…うぅ………気持ちっ…いいッ…です…」

クリスタ「そっかそっかー気持ちいいんだね♪」ニコニコ



クリスタ「じゃあ、もうちょっと激しくするね?………でも勝手に出しちゃ駄目だからね?」

エレン「えっ!?ちょっ!ちょっと待って!!」

クリスタ「待たない〜♪」


そう言ってクリスタは手の動きを早める

エレン「うああッ!!…はぁッ、あああッ」

エレン「うぁぁッ!!…無理だっ…こんなの………くぅっ!…我慢できない!」

クリスタ「イイ子だからまだ我慢しなさい。出来なかったら………エレンの事捨てちゃうかも」

エレン「ッ!?……そ、そんな!?…うぁあああ!」

クリスタ「エレンは強い子だから我慢できるよね♪」

エレン「んっ…くっ…はぁッはッ………うぅッ!!」



クリスタ「ん〜…そろそろ限界かなぁ?もうちょっと我慢できる?」

エレン「ッ!これ以上は…うぁ…本当っに…無理ですッ」

クリスタ「仕方ないな〜じゃあ、いつも通りちゃんとお願いして?」

エレン「ク、クリスッ!?[ギュウッ!!?]うぁあぁ!?」

クリスタ「…名前じゃなくてご主人様でしょ?」ムー

エレン「はぁ…はぁ…イ、イかせて下さいご主人様ぁ!!」

クリスタ「そうそう♪じゃあ…見ててあげるからいっぱい出していいよ♪」

エレン「イッ!イクッ!!…あぁぁぁぁ!?」ドピュドピュ


クリスタ「あはっ♪凄ーい!いっぱい出てるね!」

エレン「……うぁ…あぅ…あぁ……」ビクビク

クリスタ「こんなに沢山だすなんて…そんなに気持ちよかったんだ?」

エレン「あ………うぅ…うぁ………」

クリスタ「もう何も考えられないって顔だね。ちゃんと我慢できたし、エレンは本当イイ子だね」ナデナデ

エレン「うぅ…ご主人様ぁ…」

クリスタ「よしよし…じゃあ、私は先に寮に戻るから、後片付けよろしくね?」
チュッ

エレン「は…はぃぃ…」

クリスタ「ふふっ、また明日可愛がってあげるからね、大好きだよ、エレン♪」

とりあえず今日はここまで

…パトラッシュ………僕もう疲れたよ

もうゴールしてもいいよね?

早く書いてくれないと>>1を襲う

>>30 なんでや!>>1関係ないやろ!いい加減にしろ!!

ちゃうんや…俺も>>1に心を弄ばれた被害者なんや…

31だけど、ちょっと質問していい?

もし書き続けるなら、これ以降外のキャラも絡ませていいのか(エロではない)、それともエレンとクリスタのみで突っ走るべきなのかどっちがいい?

夜勤が終わった…

じゃあ、他のキャラは出すにしてもちょい役にするね
ってか皆よくエロ書けるね…誤字がないか見直しするたびに死にたくなるんだが
あとコテハンってやったほうがいいの?やるならどうやるかも教えてくださいエロい人

クリスタが去ってしばらく後の倉庫



エレン「……ふぅ……そろそろ片付けないとな…」

エレンは先程の行為の余韻が長引いたために、やっと行動し始めようとした所だった。

エレン「…なんでこうなったんだっけ………」

そう呟いたエレンはこうなってしまった、事の発端を思い返しながら、行為の後始末に取り掛かった。

エレン(…確か、馬術の訓練でクリスタとペアを組むようになって…色んな事を教えてもらって。…代わりに格闘術や立体起動の事を教えてやるようになって………)

エレン(それで…よく一緒に行動するようになった。………そういや、それ以来ユミルがよく睨んでくるようになったなぁ…ハハッ……ハァ…)

実際、訓練生の間ではエレンとクリスタが付き合っているのでは?…と噂になったりもしていた程である。

エレン「…最初は大事な仲間だとしか思ってなかったんだけどな…」

長い時間を共に過ごす内にエレンはクリスタに段々と惹かれていった。また、それはクリスタも同じだったようで…

エレン「いきなり告白されたんだよな…」

エレン(まさかクリスタも俺の事好きになってくれてたなんて…正直無理だと思ってたからな)

もちろんエレンの返事は決まっていた。後は二人が仲良く幸せな普通のカップルになる………はずだった。
エレン「そうそう、問題は返事した後だったんだよな…」

時は遡って告白の日



クリスタ「………私…エレンの事が好き」

エレン「………えっ?」

エレン「………………」

エレン「………うえぇっ!!?」

夕食後に呼び出されたエレンはクリスタの突然の告白に驚きの声を隠せないでいた。

クリスタ「あ………ご、ごめんね!いきなりこんな事言われても…迷惑だよ…ね」

エレン「い、いや…」

クリスタ「…本当にごめんね。…でももう我慢できなくなっちゃったの………エレンが隣にいるだけでドキドキすることが多くなって…胸が苦しくて…辛くて………だからどうしても伝えたかったの…」

エレン「……そ…そっか…」
クリスタ「………やっぱり迷惑だよね、私なんかじゃエレンに相応しくないもんね…」

エレン「っ!?い、いや、ちょっと待てクリスタ!」

クリスタ「いいよエレン、無理…しなくて…本当は…っ!私の事っ………ずっと面倒な子だと思ってたんだよね?…」グス

エレン「は、はぁ!?」

クリスタ「…最近何となく感じてたんだぁ…エレンに距離を置かれてるなって…」

エレン「あ、いや!ち、ちが、それは違くて!いやでもそうなんだけど………うああぁぁ!!俺は何言ってんだ!?」

エレンには思い当たる節があった。

あの噂………二人が付き合っているという噂があった為に二人でいるのが気恥ずかしくなったエレンは、訓練においてもプライベートにおいても、クリスタと一緒にいることを少し避けるようになっていた。

もう駄目だ、寝る。

なんかグダりそうな気もするし全然終わる気がしない。

とりあえずお休み。

>>52の穴で現在∠(゚Д゚)/イェェェェェェェガァァァァァァァ!!!!!!!中

>>53 ………え?

クリスタ「…ごめんね…無理に付き合わせちゃって………今までありがとう…」

そう言ってクリスタはその場を去ろうとした…が。

エレン「っ!………クリスタ!!」

クリスタ「はぅ!…な、何?」ビク!

エレン「俺…クリスタの事が好きだ!!」

クリスタ「………ふぇ?」

エレン「だから!俺もクリスタの事が好きなんだ!」

クリスタ「……………えぇぇぇ!?…そ、そんな…う…嘘だよ…だってエレン最近ずっと私の事避けて…」

エレン「あ、あれはその………皆が噂してるのはクリスタも知ってるだろ?」

クリスタ「…う、うん。私達が付き合ってるんじゃないかって事だよね?」

エレン「そうそれ!…それで最近、皆に茶化される事が多くなってさ…正直……うぅ…は、恥ずかしかったんだよ!」

クリスタ「…恥ずかしい?」

エレン「あぁ、勘違いするなよ!?クリスタと付き合ってるって思われる事が恥ずかしいって意味じゃなくて…」

エレン「…付き合ってはいないけど、クリスタが好きなのは事実だったから…茶化されるのが凄い恥ずかしくてさ…」

エレン「だから………本当は一緒に居たいのに、距離置いちまってさ…」

クリスタ(そっ…か、だから最近…)

クリスタ「………あ、じ、じゃあさっきの好きって!」

エレン「そ、そうだよ!…俺の正直な気持ちだよ!」

クリスタ「……………」

エレン「た、頼むから何か言ってくれよ…恥ずかしくて死にそうだ…」

クリスタ「………………よ…った…」

エレン「な、何?」

クリスタ「…うえぇぇぇん!!」

エレン「え!?ちょ、クリスタ!?」オロオロ

クリスタ「よかったぁぁ!!よかったよぉ!…」グスグス

エレン「あわわ!?ク、クリスタ、頼むから泣かないでくれよ」オロオロ

クリスタ「むり!無理だよぉ!…うえぇぇぇん!」

エレン「………あー…ったく!!」ギュ

クリスタ「ふぇ!?」

泣き止まないクリスタを見て、エレンは咄嗟に両手を伸ばして彼女を抱きしめた。

クリスタ「あ、あのエレン!?」アタフタ

エレン「………元はと言えば俺が悪いんだから、これぐらいさせてくれ」

クリスタ「ぐす…で、でも服が汚れちゃうよ?」

エレン「服なんてどうでもいいから………早くいつもみたいに……………笑顔のクリスタになってくれよ」ナデナデ

クリスタ「ひぐ…ぐす……ふえぇぇぇん…」

エレン「ごめんなクリスタ…ごめんな」ナデナデ

………………
……………
…………
………
……



クリスタ「…うん、もう大丈夫…」

エレン「そっか、よかったよかった」

クリスタ「…ごめんね、服びしょびしょにしちゃって…」

エレン「ああ、クリスタに汚されたならこの服も本望だって」

クリスタ「………ばか…」

エレン「…すいません」

クリスタ「…ふふっ………ありがとねエレン」ニコ

エレン「あ………うん、やっぱクリスタには笑顔が似合ってる」

クリスタ「あぅ………恥ずかしいからあんまり口にしないで…」カァー

エレン「でも本当の事だぞ?」

クリスタ「だ、だから………あぅぅ」プシュー

エレン「どうしたクリスタ?」

クリスタ「………ねぇエレン」

エレン「おう、何だ?」

クリスタ「…もう一度最初からやり直すね?」

エレン「え?………あ、ああ!」

クリスタ「…私、エレンの事が好き…ううん…スッゴく好き!大大大好き!!」

エレン(うわぁ、凄い顔真っ赤だな…ってか多分俺もだけど…)

エレン「…うん、俺もクリスタの事が好きだ!」

「「だから私(俺)と!!」」
……………
…………
………
……

エレン「それがどうしてこうなった…」

本当どうしてこうなったのか…

エレン「まあ、確かに束縛は強いほうだったからな…」

そう…付き合いだしてからのクリスタはエレンに対して強い執着心をみせるようになった。

エレン「食事は必ず一緒に取るようになったし(ミカサはなぜか睨んでくるし)格闘術もアニとはほとんど組まなく…いや組めなくなったしな…」

エレン(気付いたら彼氏彼女から、なぜかご主人様とペットになっていたんだよな…)

勿論、お互い愛し合ってる事は間違いないし、言うまでもない。

ただ…この時エレンはまだ知らないが、クリスタの愛情という物に対して(つまり、エレンへ)の異常な執着は、彼女の過去に関係していたりする…が、それはまた別のお話

風呂いってきます。

とりあえず今日はエロはないよ…
エロだけ求めてた人はごめんね。

エレン「…っと、とりあえずこんだけやれば大丈夫かな…そろそろ時間もやばいし、急いで戻らないと…」
クル

サシャ「……………」

エレン「……………」

サシャ「………こんばんは」

エレン「………こんばんは」
サシャ「……………」

エレン「………えっと、いつからそこに?」

サシャ「ご主人ぁ!………って辺りからですかね」

エレン「」

エレン「…っと、とりあえずこんだけやれば大丈夫かな…そろそろ時間もやばいし、急いでもどらないと…」クル

サシャ「………………」


エレン「………………」


サシャ「………こんばんは」

エレン「………こんばんは」

サシャ「………」



エレン「………えっと、いつからそこに?」

サシャ「…ご主人様ぁ!…って辺りからですね」

エレン「」

誤字ってたんで訂正しました。

その頃、寮に戻ったクリスタは………



クリスタ「今日のエレンも可愛かったなぁ…///」

ユミル「クリスタ!!」

クリスタ「ひゃっ!?…もう!脅かさないでよユミル!」

ユミル「何処行ってたんだよ!ずっと探してたんだぞ?」

クリスタ「探してた?どうして?」

ユミル「そりゃイチャイチャする為に決ま…って探してた理由はどうでもいいんだよ!何処に行ってたかを聞きたいんだ!」

ユミル「…まさか、こんな時間まで死に急ぎ野郎とイチャイチャしてたのか!?」

クリスタ「ちょ、ちょっとユミル、お、落ち着いて」

ユミル「あの野郎…付き合うのを許してやったからって調子にのってやがるんだな!?」

ユミル「こりゃいっぺん痛いめに合わせてやらないといけないみたいだなぁ」

クリスタ「ッ!?駄目だよ!!」

ユミル「(ビク!?)で、でもクリスタ…」

クリスタ「でもじゃないよ!エレンに酷い事したら、いくらユミルでも許さないからね!」

ユミル「…わ、分かってるよ、ちょっとした冗談だから…そんなに怒るなよ…」

クリスタ「冗談でもそんな事言っちゃダメ!」

ユミル「………ごめんなさい」

クリスタ「もう…分かってくれたならいいよ…じゃあ、そろそろ部屋に戻ろっか」ニコ

ユミル「あ、ああ…」

ユミル(なんでよりにもよって死に急ぎ野郎なんかにクリスタは………クソ!)

場所は変わって
倉庫から寮への道中

サシャ「いやぁ、お二人が付き合ってるのは知ってましたけど…まさかあんな事をしてるとは思いもしませんでした」

エレン「………」

サシャ「食糧庫から帰る途中、何やら声が聞こえたので気になって見に行ったんですよ、そしたらエレンが…エレン「サ、サシャ」

サシャ「なんですかエレン?」ニコニコ

エレン「…頼む!今日見たことは秘密にしておいてくれ!」

サシャ「………勿論誰にも言いませんよ」

エレン「ほ、本当か!?」

サシャ「私だってお二人を困らせたくはありません、それに嫌いな人ならまだしもお二人…特にクリスタは私の恩人ですから」

エレン「あ、ありがとうサシャ!」

サシャ「いえいえ!これで当分私のパンは二個になる訳ですから気にしないで下さい」

エレン「………え?」

サシャ「明日からの食事が楽しみですねエレン!」

エレン「い、いや、ちょっと待て!お前もしかして!?」

サシャ「私は遠慮したい所なんですが、エレンがどうしても!と言うのであれば仕方ありません。ありがたくいただきましょう」

エレン「………サシャ」

サシャ「はい?なんですか?」

エレン「…お前今日食糧庫に忍び込んだんだろ?その事を教官が知れbサシャ「残念ながら今日は警備が厳しかったので何も盗ってはいません」

エレン「」

このまま、サシャアとエロ展開想像した俺は糞だ。

サシャ「そうですか、エレンは私の善意を仇で返そうとした訳ですね…」

エレン「い、いや…」

サシャ「大丈夫ですよ、私は全く気にしてません」

エレン「………サシャ!」

サシャ「パンだけでなくスープも頂けるとは、とてもありがたいです、エレンもクリスタと同じで私にとっての神様ですね!」

エレン「」

サシャ「寮も近くなってきましたし、ここでお別れですね。ではまた明日食堂で会いましょう!おやすみなさいエレン!」ニコニコ

そう言うと、サシャはとてもいい笑顔で手を振りながら女子寮の方へと走っていった。

エレン「」

エレンは何も言えなかった………何も言えなかった…


エレン「」

>>78 ごめん、クリエレのみでって意見が多かったから今回はなしです。

実はその展開も考えていたから安価とったんですよね。

オムライス作ってくる。
また後で更新します。

翌日、食堂

クリスタ「おはようエレン!」

エレン「…おはようクリスタ」

クリスタ「あれ、どうしたの?なんか元気ないね?」

エレン「いや…昨日、あの後いろいろあってさ…」

クリスタ「?」

サシャ「エレェェェン!!」

エレクリ「!?」ビク

サシャ「おはようございます!!」

エレン「ああ、おはようサシャ…」

サシャ「クリスタもおはようございます!」

クリスタ「お、おはようサシャ…朝から元気だね」

サシャ「それはもう!昨日から楽しみにしていた朝食ですからね!」

クリスタ「ふふっ、本当サシャは食べ物が好きだね」

エレン(違うんだクリスタ…いや、間違ってはいないけど…こいつがいつもよりテンション高いのは別の理由があるんだよ)

ユミル「朝っぱらから煩いぞ芋女」

サシャ「あ、ユミルもいたんですね」

ユミル「最初からずっといたわ!」

エレン「ユミルもおはよう」

ユミル「お前と挨拶する気はねえよ、この死に急ぎ野郎」

エレン「お、おお…相変わらず冷たいな…」

クリスタ「もうユミルったら…」

サシャ「そんな事より早く席について食事にしましょう!パァンですよパァン!」

クリスタ「クス、そうだね。そろそろ座ろっか」

ユミル「ああ、そうだな」ギロ

エレン(…なんか凄いユミルが睨んでくるな………いやいつもの事なんだけど…今日は特に酷い気がする)

サシャ「それじゃあエレン!」

エレン「ああ、分かってるよ。ほら…」

クリスタ「?なんでサシャにパンを?」

サシャ「それがパンだけではないんですよ!ね、エレン!」

エレン「スープもだろ………流石に全部は無理だぞ?」

サシャ「そこまで私も鬼じゃありませんよ、ではではありがたくいただきます!」

ユミル「なんだ?お前腹へってないのか?」

エレン「いや、ちょっとな…」

クリスタ「もしかして具合悪いの?なら教官に伝えてこようか?」

エレン「いや、そんなんじゃないんだ。ちょっとサシャとの約束でな…」

サシャ「そうです!私とエレン、二人だけの秘密です!」

クリスタ「…え?」

ユミル「あ?お前芋女と何があったんだよ」

エレン「いや、別に大した事じゃないんだ」

エレン(クリスタとやってた所見られたからなんて…ユミルに言える訳ねぇ…)
ユミル「ふーん、まあ何にしろ、災難だな」

サシャ「パァン♪パァン♪うふふ♪」

ユミル「うぜえぞ芋女」

クリスタ「…駄目だよエレンちゃんと食べないと………私の分けてあげるから」

エレン「いやいいって、俺が自分でやったんだから」

クリスタ「でも…」

サシャ「はぐっはぐっ♪」

エレン「もっとゆっくり食えよサシャ、ははっ」

クリスタ「……………」

ユミル(…クリスタ?)

今日はここまで

寝ます
また明日書けたら書きます
おやすみなさい

ー対人格闘術訓練場ー

アニ「エレン」

エレン「ん?なんだアニ?」

アニ「何って…今日は私と組む約束だろ?あんたが言ったんじゃないか…」

エレン「あ、ああ。そうだっけか?」

クリスタ「エレーン、今日も一緒にやるんだよね?」

エレン「あ、クリスタ…悪い、今日アニと約束してたみたいでさ…」

アニ「という訳だからさ、悪いね」

クリスタ「…そうなんだ………それじゃ仕方ないね…」

エレン「ごめんな」

アニ「ほら、早く行くよ」グイ

エレン「うお!そんな強く引っ張るなよ!」ズルズル






クリスタ「……………」

格闘術訓練終了後

ー立体起動訓練場ー

訓練開始前

ミカサ「エレン」

エレン「ミカサ?なんだよ」

ミカサ「突然だけど、明日は休日」

エレン「あー、そういや久々の休みだな…で、それがどうかしたか?」

ミカサ「最近エレンはクリスタといつも一緒………ので、明日は久々に私と買い物にでも行こう」

エレン「………あ〜、二人きりで…か?」

ミカサ「私はそのほうがいいけれど、問題があるならばアルミンも一緒に連れて三人で行こう」

アルミン「え?僕も?」

ミカサ「そう、三人で行こう」

アルミン「まあ、僕は別に大丈夫だけど…」

エレン「んー…まあ三人でなら別にiミカサ「じゃあ、そういう事で、私は先に行く…」バシュ

アルミン「あ、待ってよミカサ」バシュ

エレン「お、おい!まだ話は………って、行っちまいやがった…」

エレン(まあ、三人でならクリスタも許してくれるだろうし…今夜会う時に話せばいいか…)バシュ









クリスタ「………………」

ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー




ー食堂ー

エレン「疲れたー…今日もやっと終わりか…」

サシャ「………エレン」

エレン「うぉ!?…なんだサシャかよ…驚かせn…」

エレン(…あれ?なんか元気ないような…)

エレン「ああそっか、パンを取りに来たんだろ?ほら、持ってけよ」

サシャ「…いえ、本当は朝食の時だけしか貰おうと思ってませんでしたから」

エレン「あれ?そうなのか?でも昨日…」

サシャ「…っ!本当にすいませんでした」

エレン「……サ、サシャ?」

サシャ「ちょっと意地悪したかっただけなんです…エレンの事困らせてしまってごめんなさい…」

エレン「い、いや、別にそんな謝らなくても」アセアセ

クリスタ「エレーン♪」ダキッ
サシャ「ッ!!」ビクッ

エレン「うぉっ!っと…クリスタ、いきなり飛びついてくるなよ!危ないだろ?」

クリスタ「えへへ、エレンはそう言いながら、いつもちゃんと受け止めてくれるもんね?」

サシャ「そ、それでは私はこのへんで…」

エレン「お、おいサシャ!?………一体どうしたんだあいつ…」

クリスタ「…ねぇエレン、早く食べないと時間がなくなっちゃうよ?」

エレン「あ、ああ…そうだけど…」

エレン(明日帰ってきたらちょっと話かけてみるか…)

アニ「エレン」

エレン「お?今度はアニか…何か用か?」

アニ「…格闘術の訓練だけど………私は当分あんたとは組めそうにないから…」

エレン「は?ただでさえ最近そんな組んでないだろうが…なんか理由があんのか?」

アニ「っ!それは(チラッ)………とにかくそういう事だから………じぁあね…」スタスタ

エレン「はぁ!?ち、ちょっと待てよアニ!」

クリスタ「エレン!!」

エレン「ク、クリスタ?」ビクッ

クリスタ「きっとアニにも言えない事情があるんだよ、だから無理に聞いちゃ駄目」

エレン「い、いや、だってよ…」

クリスタ「…アニには今度私から聞いてみるから、エレンはそっとしておいてあげて」

エレン「………分かったよ」

クリスタ「うん、素直でよろしい!」ニコ

エレン(………さっきアニが一瞬クリスタの方を見たような気が……気のせいか?)

アルミン「エレン!」

エレン「…ったく、今度はアルミンかよ…まさかとは思うが、明日の約束が駄目になったとかじゃないよな?」

アルミン「………」

エレン「………おい?アルミン?」

アルミン「…実はそうなんだよね…明日は大事な用があるのを忘れててさ…僕は行けなくなっちゃってさ…」

エレン「まじかよ…」

アルミン「ミカサには僕から伝えておくから………じゃあまた、本当ごめんね!…」

エレン「ア、アルミン!………なんなんだよさっきから…」

クリスタ「…ミカサ…せっかく約束したのにね」クスッ

エレン「え?」

クリスタ「ううん!何でもないよ!それよりエレンってば、私に内緒でアルミンと遊びに行こうとしてたんだ?」

エレン「い、いや、ちゃんと言うつもりだったんだよ…ごめん」

クリスタ「ふふっ、いいよ許してあげる…そのかわり…明日は私と一緒にお出かけしようね?」

エレン「…プッ……明日も…だろ?」

クリスタ「そ!明日も明後日も…これからずっと一緒だよ…ね!エレン」ニヤ

エレン「ッ!?」ゾク

エレン(………なんでだ?…いつもの笑顔のクリスタなのに…)



(少し………怖い感じがした…)

とりあえず一段落…

大丈夫、一応BADENDにはしない(予定)だから。

もう少ししたらエロ表現入ると思うから嫌な人はスルーしてね

後、SS初心者だから、文章とかに注意とかあればしていただけると参考にしたいです。

ここまで見て下さった方々ありがとうございます。
皆様のささやかな暇潰しになれば幸いです。
引き続き、頑張っていきますのでよろしくお願いします。

夕食後

クリスタ「じゃあ…いつもの場所で待ってるね」

ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー




エレン「今日もこの時間がやってきたか…」

この時間…夕食後のこの時間に、エレンとクリスタはいつもの場所で待ち合わせしている。

エレン「………うぅあぁぁぁ!?………///」

エレンは昨日の事を思い返して一人悶えていた。

エレン(ま、毎度の事だけど恥ずかしすぎる!!…いや、確かに気持ちいいんだけどさぁ…)

夕食後

クリスタ「じゃあ…いつもの場所で待ってるね」

ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー


ー倉庫へ向かう道中ー

エレン「今日もこの時間がやってきたか…」

この時間…夕食後のこの時間に、エレンとクリスタはいつもの場所で待ち合わせしている。

エレン「…うぅ……うぅあぁぁぁ!?………///」

エレンは昨日の事を思い返して一人悶えていた。

エレン(ま、毎度の事だけど恥ずかしすぎる!!…いや、確かに気持ちいいんだけどさぁ…)

ごめん、訂正しました。

エレン「………俺ってやっぱ変態なのかな…」

…最初の頃は、エレンも抵抗しようという意思が強かった。

しかし回数を重ねていく内に、どんどんとクリスタの言いなりになっていった。
エレン(あんな恥ずかしい事言わされて…でも…好きな人に虐められるのって凄い興奮するんだよな………いやいや!?俺は何言ってんだ!?)

………着実にエレンはドMの道に目覚めようとしていた。

エレン「っと、もうそろそろ着くか…」

気付けば…クリスタの待つあの倉庫がもうすぐ、という所だった。

エレン(誰にも見られないようにしたし………つけられてるような気配もない………よし、行くか…)

クリスタ「…待ってたよ、エレン」ニコ

エレン「…お待たせしました………ご主人様…」

クリスタ「…どうすればいいかは………分かってるよね?」ニコニコ

エレン「…はい」

主人が何を望んでいるのか、エレンは理解していた。
エレン「うぅ…」ヌギヌギ

理解はしている、しかし、慣れたとはいっても、好きな人の前で…自分だけ裸になるのはやはり恥ずかしいエレンであった。

クリスタ「早く下も脱ぎ脱ぎしようね」ニコニコ

エレン「………全部脱ぎました…」

ここまで、じゃあの

これはあれなのか………実はクリスタは男の娘でした的な話にしろと?

クリスタ「ふふっ、じゃあまずは………キスしよっか?」

エレン「は、はい…」

エレンが返事をすると
クリスタの顔がゆっくりと近づいてくる…

ちゅ…と音をたてて二人の唇が重なる

クリスタ「んっ…ふ…」

エレン「んんッ!?…はぁ…あっ……んっ…」

クリスタ「はぅ…んっ……ふぅん……ぷはぁ」

エレン「ふっ………はぁはぁ…」

クリスタ「………ふふっ、エレンのココ…キスしただけなのに…もうこんなに大きくなってるね」サワサワ

エレン「あ……は…」

クリスタ「ふふ、目がとろけちゃってるね………もっと触ってほしい?」シコシコ

エレン「あっ……ああっ!ご主人様ぁ!!」

クリスタ「可愛いよエレン………じゃあ、そこに横なって」

エレン「は、はい!」

エレンにはもう羞恥心など全くなかった。

ご主人様に可愛いがってもらいたい…虐められたい…イカせてもらいたい

もうエレンはクリスタの従順なペットになっていた…

エレン「…こ、こうですか?」

クリスタ「そうそう♪じゃあまずは…」









クリスタ「足でしてあげるね?」ニコ

エレン「え!?あ?足!?」

クリスタ「そう♪…もしかして嫌なの?」ニコニコ

エレン「!?い、嫌じゃないです!凄く嬉しいです!」

クリスタ「そうだよね、嫌な訳ないよね♪…じゃあ準備するからちょっと待ってね…」スッ

エレン「あ…」

靴を脱いだクリスタの綺麗な素足が、エレンの視界に入ってきた…



クリスタ「んしょ…っと…はい、お待たせ♪」

エレン(………ああ、俺…また今日もクリスタに…)
クリスタ「えっと後は………あ、あったあった♪」

クリスタは調度イスになるものを、横になっているエレンの右隣に置いて座った。

エレン(………白)

クリスタ「…どこ見てるのエレン」ムー

エレン「あ…むぐッ!?」

突然エレンの口内にクリスタの足が入ってきた。

エレン「んむぅ!?………んぅッ!」

クリスタ「…どう私の足、美味しい?」

エレン「ふむぅ………ん……おぃ…ひぃ…です」ピチャピチャ

クリスタ「ふふっ、くすぐったいよエレン」

エレン「はぅ……む…はぁ……はむ…」

クリスタ「…こっちも触ってあげるね」

エレン「…ッ!あ…ふ……あ…あぁッ!…」

クリスタ「凄いパンパンだね、そんなに興奮してるんだ?」コシコシ

クリスタ「だから違うってば…」グイ

エレン「ふぐぅッ!?」

クリスタ「何回言ったら覚えるのかな?」ニコニコ

エレン「んんッ!……ふ…は……はぁはぁ」

クリスタ「もう…まあいっか♪そんだけ気持ちいいって事だよね?」

エレン「んぅ!?…んーッ!?」

クリスタ「あ、もしかしてイキそうなのかな?」コシコシ

エレン「ふむぅ!!………むぅ!!」

クリスタ「………」パッ

エレン「ッ!!?あぁッ、なっなんで!?」

クリスタ「…エレンさ…私に言わなきゃいけない事があるよ…ね?」

エレン「………え?」

クリスタ「…あるよね?」グッ

エレン「ッ!?うあぁぁぁぁ!!」

エレン(な、なんだ!?なんかクリスタすっげぇ怒ってる!?)

クリスタ「………どうしてサシャにパンを分けてあげたの?」グッ

エレン「…ッああぁ!!」

クリスタ「どうしてアニと一緒に訓練したの?」グリグリ

エレン「!?そ、それはぁッ!」

クリスタ「…まぁこの二人はまだいいかな………問題は…」





「…どうして私じゃなくて、ミカサと遊びに行こうとしたのかな?」パッ


エレン「あ……くっ…」(ま、まさか…み、見られてたのか!?まずい早く何か言わないと!?)

風呂行く…アデュー
ノシ

誤字がやばい…ちょっとこれはあかん

>>146から修正

エレン「うあぁぁッ!クリスタぁ!!」

クリスタ「…だから違うでしょ?」グイ

エレン「ふぐぅッ!?」

クリスタ「何回言ったら覚えるのかな?」ニコニコ

エレン「んんッ!……ぷは………はぁはぁ」

クリスタ「もう…まあいっか♪それだけ気持ちいいって事だもんね?」

エレン「んぅ!?…んーッ!?」

クリスタ「あ、もしかしてイキそうなのかな?」コシコシ

エレン「ふむぅ!!…ふむぅッ!!」

クリスタ「………」パッ

エレン「ッ!!?あぁッ、なっなんで!?」

クリスタ「…エレンさ…私に言わなきゃいけない事があるよね?」

エレン「………え?」

クリスタ「…あるよね?」グッ

エレン「ッ!?うあぁぁぁぁ!!」

エレン(な、なんだ!?なんかクリスタすっげぇ怒ってる!?)

クリスタ「………どうしてサシャにパンを分けてあげたの?」グッ

エレン「ッああぁ!!」

クリスタ「どうしてアニと一緒に訓練したのかな?」グリグリ

エレン「!?そ、それはぁッ!!」

クリスタ「…でもまぁ…この二人はまだいいかな………問題は…」





「…どうして私じゃなくて、ミカサと遊びに行こうとしたのかな?」パッ

エレン「あ……くぅッ…」(ま、まさか…み、見られてたのか!?は、早く何かいわないと!?)

エレン「クリスタ…あ、あれは…ふむぅっ!?」

何かを話そうとするエレンを遮るように
クリスタはエレンの口内に自らの足を突っ込んだ。

クリスタ「…私の事、飽きちゃったのかな?」

エレン「ちが!?んんッ!!…んぅッ!?」(やばい!?何も言え…)

クリスタ「………そっか」スッ

エレン「ぷはっ!?クリスタちが「離れられなくしちゃえばいいんだよね♪」う………え?」

クリスタ「よいしょっと…」
エレン「………何してるんだクリスタ?」

クリスタ「ん〜?…エレンが逃げられないようにしてるの♪」

エレン「………は?」

クリスタ「…うん♪これでよし!」ギュ

クリスタ「じゃあ続きしよっか♪」ニコ

エレン「え?え?」

エレンは現状を理解できずにいた。
クリスタは何を思ったのか、エレンの両腕を丈夫なロープで倉庫の棚に縛りつけたのだ………なんで都合よくロープがあるのかって?
倉庫なんだからあってもおかしくないよね!
という訳で続きます。

なんだ、10数回以上しか抜けないぞ

>>157 エレンですらまだ射精させてもらってないのに…

今日も書き溜めはないからゆっくり書いていきます。

エレン「ちょ?クリスタ?」

クリスタ「もう!呼び方また戻ってるよ?」グニグニ

エレン「あぅ!?」

エレン(ま、また足で!?うぅ!?)ビクビク

クリスタ「あは♪凄い元気だね!さっき中途半端に止めちゃったからかな?」

エレン(やばい!!さっきイカせてもらえなかったから、もうッ!!…)

エレン「イ、イッ…」

クリスタ「」パッ

エレン「ッ!?ああ!?」

クリスタ「イキそうになったんだよね?…でもまだ我慢しようね♪いっぱいいっぱい我慢した方が、もっともっと気持ちいいよ?」

エレン「うぅ…」

足をもじもじさせるエレン
エレン(ッ!!イキたい!)

あと少し…あと少し刺激があれば…
そう思いエレンは身をよじって床にペニスを擦り付けようとする………が…

クリスタ「ダメだよ〜♪」

すぐにクリスタの足で押さえ付けられてしまう。
両腕も使えない為、エレンは何もできなくなってしまった。

エレン「クリ!?…っ!ご、ご主人様!頼むからもうッ!!」

クリスタ「ダーメ♪もっといっぱい感じてからね…」サワサワ

再びクリスタの足がエレンのペニスを優しくいじり始めた。


エレン「はぁぁ!…も、もっと強く!!」

クリスタ「ダメだってば、も少し我慢できたらイカせてあげるから」

エレン「うぅッ!!?お願いします!もう耐えられない!イカせてください!」

クリスタ「………」サワサワ

エレン「うぅ……あぁ…」

聞こえないフリをしているのか…エレンの叫びも虚しく…
クリスタはエレンがイクかイカないかギリギリのところでエレンのペニスをいじり続けた。

エレン「はああぁ………あぅぅ!?…あぁ!…」

クリスタ「…ねぇエレン」

エレン「くぅ!?………な、なんですかご主人様ぁ!?」

クリスタ「…エレンが私と約束してくれるって言うなら………イカせてあげてもいいよ?」

エレン「や、約束?…はぅぅ!…」

クリスタ「そう約束、これからずっと私だけの物になるって…そしたらエレンの事、イカせてあげる」コシコシ

エレン「あぅぅ!!…約束します!約束しますからぁ!」

クリスタ「…私に秘密で誰かと何処かに行ったりしない?」コシコシ

エレン「あぁッ!!…し、しません!!」

クリスタ「絶対に?誓える?」コシュコシュ

エレン「誓いますぅッ!!誓いますからぁぁぁ!!?」

一旦休憩、今更ながらキャラ崩壊ぱねぇな…

最悪だ、サゲ忘れた…

クリスタ「…信じてるからね?」

エレン「はやく!はやくうぅ!!」

クリスタ「ふふっ、じゃあイカせてあげるね♪」

ぎゅむっ、とエレンの欲望むき出しのペニスを踏み…


クリスタ「いっぱい出していいよ♪」ゴシュゴシュゴシュ

エレン「ッあ!?いッ、イク!!イっちゃいます!!ご主人様ぁ!!」

エレン「うあぁぁッ!!あぁぁッ!!?」ドビュドビュゥゥゥ!!



凄まじい勢いでエレンのペニスが射精を始めた。

クリスタ「ふん♪ふ〜ん♪」ゴシュゴシュ


エレンの全身を恐ろしい感覚が駆け巡る。
男として駄目にされる、心も体も支配されてしまうような…そんな恐怖と快感!

エレン「んぁ…あ…あぁぁぁ…」ドピュドピュ

エレン「………!!…………!!!」ビクンビクン

全身を震わせるエレンを、鼻歌交じりに楽しそうにクリスタは責め続けた。

クリスタ「♪」



ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー






あれからどれくらい経ったのだろうか…

エレン(………チンコが痛ぇ…)

途中から頭が真っ白になっていたエレンはやっと気がついたようだった。

今日はここまで
次回本番いって、後少ししたら終わるかな。

ここまで読んでくれた皆様、次回もよろしければお付き合いください。

ありがとうございました。

クリスタ「はむ……んっ………凄い…こんなに沢山…♪」レロ

エレン「あ………ふ…」

クリスタ「………ぷはっ…エレン、大丈夫?」

エレン「………なんとかな…」

クリスタ「なら次は私の番だね♪」

エレン「!?い、いや、無理だって…俺もう限界…」

クリスタ「でもこっちはまだ凄い元気だよ?…ん」ピチャ

先程あれだけ射精したにもかかわらず、エレンのペニスはまだ硬さを失っていなかった。

エレン「あ、くっ………ま、まだ敏感だから、あぁッ!?」

クリスタ「あむ♪……ふ……ろお?ひもひいい?」レロレロ

エレン「ほ、ほんと…あっ…む…むり……ひうっ!?…」

クリスタ「ん、ふぁ………あむ♪……んん…」チュプ ピチャ

エレン「ひっ……くぅ!…うぁぁ…」

クリスタ「ん、あ……ぷはぁ………本当に私としたくないの?」シコシコ

エレン「ッうぅ………あぅぅ…」

クリスタ「はふ……んんっ…ほんろに…ひなふへいいほ?」レロレロ

エレン「ッ!…し、したいです!…ご主人様とセックスしたいです!!」

クリスタ「………」ジュポジュポ

エレン「ひぅ!?……うぁぁ…」

クリスタ「んー……ぷぁ…はぁ………あは♪やっぱりエレンもしたいんだね♪」

クリスタ「よいしょ…っと」

クリスタがエレンの上にまたがる

クリスタ「ッ…私ももう我慢できないから…」クチュ

エレン(クリスタのあそこ…めちゃくちゃ濡れてる…)

「エレンの…挿入れちゃうね?」

ズプズプ

クリスタ「んんっ!」

エレン「うぁぁ…」

エレン(ッ!やばい、クリスタの膣内気持ちよすぎッ!?)

クリスタ「あぅ…あっ…やぁっ!………んんっ!」

エレン「はぁ…はぁ…これ、やばッ…」

クリスタ「いいよぉエレン!エレンのスッゴく気持ちいいよぉ!!」

エレン「ッ!…ク、クリスタ…くっ!…これ解いてくれ!」

クリスタ「ふぇ?…あっ…やぁ…ち、ちょっと…まっ…てぇ」

なんとかエレンの縄を解くクリスタ

エレン(…ちょっと跡が残っちまって…ッ!?)

クリスタ「あ、は…ボーッとしてちゃダメだよぉ♪……んんっ!!」ヂュプヂュプ

エレン「うあぁ…ッ!あ…くぅ!?」

クリスタ「ふああっ!エレッ!…んんッ!………あは…はぁはぁ…エレンは気持ち…いい?ひぅ!?…気持ちいいよね?……あぅぅっ!」ヂュ!ズチュ!

エレン「はぁ、はぁ、はぁ…クリスタの中ッ!気持ちいい!」

クリスタ「あはっ♪…あんっ!よかったぁ!…んんっ!」

クリスタ「あ…うぅ!エレン…キスしてほしいよぉ!…」

エレン「はぁ…はぁ…んむっ!」

クリスタ「ッ!…ん、あ、んんっ……んぁぁ!…」

エレン「はぁはぁ…好きだクリスタ!大好きだ!!」

クリスタ「んんッ!私もぉっ!!あっ!エレンの事大好きなのぉ!!」

エレン「あ…はぁ…はぁ…も、もうイキそうだ!」

クリスタ「ッ!いいよぉ!エレンのちょうだい!全部私の中にちょうだい!!」

互いに全身を揺すり、揺らしあう!
あそこの熱さが限界に達する!

エレン「いっ…くうぅぅ!クリスタぁ!」ビュクビュクビュク

クリスタ「ひっ!?…んあぁぁぁぁ♪」ビクンビクン

ガクガクと全身が震える!
心の底から「ひとつになった」感覚で満たされる!

エレンの熱く勢いある射精がクリスタの膣内を満たし、クリスタもまたエレンのものを熱く締め付ける!

クリスタ「ぁ………ぁ…えれ…ん…」ビクンビクン

エレン「ん……はぁはぁ…くり…すたぁ…」ビクビク

よし乗り越えた。

明後日までには完結させるつもり

じゃあな皆
俺は純粋なデレユミを書く作業にもどる
ノシ

ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー




クリスタ「…よし!お片付け終了♪」

エレン「………なぁクリスタ」

クリスタ「なーにエレン?」ニコニコ

エレン「…お前さ…皆に何かしたのか?」

クリスタ「皆?………ああ、サシャ達の事?」

エレン「…そう」

クリスタ「…気になるの?」

エレン「ああ」

エレン(多分だけどサシャやアニはクリスタに怯えてた。アルミンはちょっとわかんねぇけど…)

エレン(クリスタの事は好きだけど………もしあいつらに酷い事してたら…)

クリスタ「んー、内緒♪」

エレン「クリスタ!!」

クリスタ「ひっ!?」ビク

エレン「…俺はお前の事が好きだ…でも、仲間を傷つけるような奴は大嫌いだ!」

クリスタ「エ、エレン…」

エレン「もしお前がサシャや皆に酷い事してたなら…俺はお前とはもう一緒にいられない」

クリスタ「あ……ぅ」

エレン「………何も言ってくれないんだな?」

クリスタ「………」ウツムキ

エレン「…ならもう「ご…んな…ぃ」…え?」

クリスタ「ごめんなさいごめんなさい」プルプル

エレン「…クリスタ?」

クリスタ「ごめんなさい!ちゃんと謝るからぁ!!だから私の事捨てないでよぉ!!」

エレン「………」

クリスタ「ひっぐ…お願いだから嫌いにならないでぇ…うぅ………私を一人にしないでよぉ…」

エレン「………」ギュ

クリスタ「ひっく…ひっ…」

エレン「…ごめんな?」

クリスタ「ふぇ?…うぅ…な、なんで?悪いのは私なのに…ひっく」

エレン「…絶対に一人になんてさせない。クリスタの傍にずっといるから…」

クリスタ「うぅ……ごめんなさいエレン…ごめんなさい…」プルプル

エレン「クリスタの事…絶対に嫌いになったりしないから…だから…」





エレン「…ちゃんと話してくれよ、な?」ナデナデ

クリスタ「う……すん…」

エレン「…」ナデナデ

クリスタ「………もう大丈夫…」

エレン「本当か?」ナデナデ

クリスタ「あぅ…本当に大丈夫だよぉ…///」

エレン「そっか、なら話してくれるか?」

クリスタ「………うん…」

エレン「じゃあまず、サシャに一体何したんだ?」

エレン(正直、クリスタがサシャ…ってか、皆に酷い事するなんて想像つかないんだけどな…)

エレン「さっきも言ったけど、たとえどんな答えが返ってきても、俺はクリスタを絶対に嫌いになったりしないから」

エレン(最悪友情が壊れちまうかもだけど…クリスタを一人にする訳にはいかないしな…)

今日書くんでしばしお待ちを…

一応言っとくと、もうエロは(予定では)ないよ

クリスタ「うん………えっとね…」



ーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー


格闘術訓練、開始前

クリスタ「サシャー」

サシャ「クリスタ?どうかしましたか?」

クリスタ「朝食での事なんだけどね…」

サシャ「?」

クリスタ「エレンの分の食事をとらないであげてほしいの…」

サシャ「ああ、その話ですか!」

クリスタ「そう、だからお願い」

サシャ「うーん、こればっかりはエレンとの約束ですからねー」

クリスタ「代わりに私の分をあげるから…」ウルウル

サシャ「って言われてもですね…」

クリスタ「うぅ…」

ユミル「おい、芋女」

サシャ「!?」ビクッ

クリスタ「あ…ユ、ユミル」

ユミル「お前なに私の嫁泣かしてんだ?…ああ!?」

サシャ「い、いやぁ…」アセアセ

クリスタ「ユ、ユミルやめて、私が無理を言ってるだけだから…」

ユミル「全部聞いてたっての。芋女…お前いったい死に急ぎ野郎とどんな約束したんだよ?」

サシャ「ビクッ……それは言えません…」

ユミル「あ?…もしかしてあの野郎、お前にも手を出してんじゃねぇだろうな?」

クリスタ「」ビク

サシャ「ち、違いますよ!?確かにエレンの事は好きですけど、それはあくまで友達としてで…って、とにかく違いますから!」

ユミル「…本当だろうな?」

サシャ「本当ですよ!…それにエレンとの約束も実際クリスタの為みたいなもんですし…」

クリ・ユミ「え?(あ?)」

サシャ「と、とにかく約束については言えないんです」

サシャ(ユミルがいる前でなんて尚更無理です…)

ユミル「…そうか」

サシャ「分かってくれましたか?」

ユミル「じゃあ私がお前の食事を貰えばいいって事だな?」

サシャ「…は?」

クリスタ「…ユミル?」

ユミル「だから、お前はあの野郎からパンを貰うだろ?その後私はお前から二人分のパンを貰えばいい訳だ」

サシャ「………いや、おかしいですよね!?」

クリスタ「ユ、ユミル…」

ユミル「あ?何がおかしいんだよ?」

サシャ「だってそれだと私の分がないjユミル「入隊初日に気絶したお前を、女子寮まで背負ってやったのは誰だったっけなぁ」ニヤ

サシャ「」

ユミル「まさか忘れたなんて言うんじゃねぇよな?」ニヤニヤ

サシャ「…はい…ユミルは私の命の恩人です」

クリスタ「ち、ちょっとユミル」

ユミル「任せろってクリスタ…まあ私もそこまで鬼じゃねぇよ」

サシャ「っ!ほ、本当ですか!」

ユミル「ああ、お前があいつから食事を奪いさえしなければな」ボソッ

サシャ「…ですよね」

ユミル「で、どうする?」

サシャ「…わかりました…それでいいです…」

ユミル「よし決まりだな…クリスタ、芋女がもうエレンから食事を取らねぇってさ」

クリスタ「…本当?」

サシャ「はい、もうエレンからパンを取ったりしません!」(全部取られてしまっては元も子もないですからね…)

クリスタ「…ありがとうサシャ」

サシャ「いえいえ!」

サシャ(まあ元から今日だけのつもりだったから構わないんですけど、夕飯のパンが増えないのは残念ですが………朝食だけでよかったと言う事にしときましょう)

クリスタ「…じゃあ、私先に行くね!本当にありがとうサシャ!」タッタッタッ

サシャ「いえいえ」

ユミル「…おい、サシャ」

サシャ「ッ!ユミル、まだいたんですか…」

ユミル「クリスタにああ言っちまった以上、約束は守るよな?」

サシャ「…当たり前じゃないですか」

ユミル「そうかそうか♪そりゃよかった………で話の続きなんだけどよ」

サシャ「?」

ユミル「クリスタを泣かせた事に関しては別勘定だと思うんだが…な?」

サシャ「………えっと、つまり?」

ユミル「いやぁ調度よかったよ、明日の当番代わってくれるなんてなぁ!」

サシャ「」

ユミル「あ、後ついでに言っとくけどよ…」

サシャ「…まだあるんですか?」

ユミル「クリスタの前であの野郎にあんまり近付くなよ?面倒な事になるからな」

サシャ「…面倒な事?」

ユミル「いいから、とにかくそうしろよ?………じゃないと当分の間お前の飯は私の胃に入ることになるぞ?」ギロ

サシャ「」ブルブル

クリスタ「…サシャにはこんな感じでお願いしに行ったの…」

エレン「……………え?それだけ?」

クリスタ「う、うん…それだけだけど…」

エレン(どんな事したかと思ったら、クリスタ何もしてねぇじゃん…むしろユミルがやってるし)

注意
クリスタとエレンはクリスタが離れた後、ユミルがサシャを脅した事は知りません

エレン「じ、じゃあアニは?」

クリスタ「えっとアニは…」

ーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

夕食前

クリスタ「アニ」

アニ「ん?…何?」

クリスタ「大丈夫かなと思って」

アニ「ああ、気付いてたの?」

クリスタ「…うん、あの日だよね?」

あの日です。

アニ「…いつから気付いてたの?」

クリスタ「えっと、訓練でエレンと話してた時からかな…」

アニ「…そう、でも心配しなくていいよ…そんなにたいしたことないかrクリスタ「嘘つき」っ!?」

クリスタ「皆はわからないかも知れないけど、私にはわかるんだから!アニ、スッゴく辛そうだもん!」

アニ「………あんたには敵わないね」フッ

クリスタ「もう、エレンとの訓練だって無理しなくてよかったのに…」

アニ「…約束してたからね」

限界、寝る

ごめん、デレユミ書くのに夢中になってた…

明日には書く

クリスタ「明日もエレンと?」

アニ「ああ、あいつ今日の訓練でやった技が随分気にいったみたいでね…」

クリスタ「もう…ちゃんと無理なら無理って言わないと駄目でしょ?エレンには上手くごまかしておくから、明日はゆっくりしてなさい!」

アニ「…怒ってないのかい?」

クリスタ「え?何が?」キョトン
アニ「あんただって本当はあいつと…エレンと一緒にやりたかったんじゃないの?」

クリスタ「んー…確かにエレンと一緒には居たいよ?でもエレンってば、アニと訓練してるとスッゴく楽しそうなんだもん。…嫉妬しちゃうくらいに、ね」ニコ

アニ「…」

クリスタ「………嬉しいの?」ニヤニヤ

アニ「ッ!?///」ボン

クリスタ「ふふっ♪でもエレンはあげないからね?」

アニ「な、なに勘違いしてるんだい!?別に私はそんなんじゃないから!」

クリスタ「あれ、違うの?」
アニ「少なくともあんたが思ってるような………あんたみたいな感情を持ってる訳じゃないよ…」

クリスタ「え、本当に?」

アニ「ただ…あいつは私には無いものを持ってる…自分に正直に、真っすぐ生きてる」

クリスタ「…そうだね」

アニ「私はあいつのそんなところに…憧れてるって言うの…かな」

クリスタ「うんうん!それすっごい分かるよ!」

アニ「だから…人としては…あいつの事、好きなのかもね」

クリスタ「………そっか♪」ニコ

アニ「…ッ!///ほら、話は終わりだろ?そろそろ戻るよ…///」スタスタ

クリスタ「あ、待ってよアニ!」タッタッタッ

アニ(…せめて今だけでも)

アニ「…幸せになりなよ?」ボソッ

クリスタ「え?」

アニ「…何でもないよ、早く行くよ」クスッ

クリスタ「あ…う、うん」

クリスタ(…笑ってるほうがアニも可愛いのになぁ…)

ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー


エレン「…あいつ、体調悪かったのかよ…」

クリスタ「エレン全く気づかなかったの?」

エレン「いや、だってあいついつも怒ったような顔してるから…」

クリスタ「もう!アニだって女の子なんだからちゃんと気づいてあげないとダメだよ!」

エレン「ご、ごめん」

エレン(じゃあ、あの時クリスタのほうを見たのはごまかしといてって意味だったのか)

エレン「…じゃあ、アルミンは?」

クリスタ「…アルミンにはエレンとの約束を断ってってお願いしたから…」

エレン「な、なんでそんな事…」

クリスタ「なんでって…やっぱり覚えてなかったんだね…」

エレン「え?え?」

クリスタ「エレン…明日が何の日か知ってる?」

エレン「何の日って…明日は久しぶりの休日…」

クリスタ「…………明日は私とエレンが恋人同士になった日だよ…」

エレン「え!?あ、あれ?…もうそんなになるっけ?」アセアセ

クリスタ「…エレンから何も言ってくれないし、私からお出かけに誘おうと思ったら…ミカサやアルミンと約束しちゃってるし…」ズーン

エレン(や、やばい、普通に忘れてた…よく考えたらあれからもう一年経ってんのか…ずっと一緒だったから全然考えてもいなかった…)

クリスタ「そうだよね…エレンにとっては記念日なんて…別にどうでもいいよね…」

エレン(まずい…非常にまずい…)

クリスタ「…正直、アルミンがエレンとの約束を断ってくれた時ミカサに対して優越感は抱いたよ?…でも、私だってずっと明日の為にいろいろ準備とかしてたんだもん…なのに…」グス

エレン「ご、ごめんなさい!!」ドゲザー

クリスタ「……うぅ…」ヒック

エレン「本当にごめん!俺が悪かった!すいませんでしたぁぁ!!頼むから許してくださいぃぃ!!」ドゲザァァァ

クリスタ「………本当に悪いと思ってる?」グス

エレン「許してくれるなら何でもする!だから頼むから泣かないでくれ!」

今日ここまで

じゃあまた明日

今日はここまで

じゃあまた明日

クリスタ「…何でも?」

エレン「ああ!何でもやる!」

クリスタ「…絶対だよ?」

エレン「約束する」

クリスタ「えへへ…じゃあ許してあげる♪」

エレン(…可愛い)

クリスタ「…じゃあ、明日もお出かけするし、今日はもう戻ろっか!」

エレン「…そうだな」

クリスタ「………ん!」

エレン「…?何この手は?」

クリスタ「………ん!」

エレン「えっと…こういう事か?」ニギ

クリスタ「うん!よく出来ました♪」ニコニコ

エレン(…本当にしてる時と違って普通の可愛い女の子なんだよなぁ)

これってエレンまだ裸のまま?

エレン(なんでああいう事してる時は人が変わったようになるんだろうか…)

エレン「そういえばさ…」

クリスタ「んー?」

エレン「さっきの…ってか、いつも…その………してる時の話なんだけどさ」

クリスタ「ッ!?…う、うん///」

エレン「前から思ってたんだけど、クリスタって凄いいつもと違うよな?なんでかなって思って…」

クリスタ「…や、やだなぁエレン…私はいたって普通にしてるつもりだよ?」アセ

エレン「そう…なのか?」

クリスタ「そ、そうだよ!皆あれが普通なんだから!」アセアセ

エレン「あれが…普通なのか………そうなのか…」

>>230 一応>>186の時点で二人とも服着てる感じです。

エレン(まさか、あれが普通の男女の愛し合い方だとは…ってことはフランツやハンナも!?………いや、考えるのはやめとこう…なんか悪いしな…)

クリスタ(とっさに嘘ついちゃった…本当はエレンが可愛すぎてとにかく虐めたくなっちゃうだけなんだけど…そんなの絶対言えないよ///)

エレン「そっか…じゃあ俺、恥ずかしいけど次からも頑張るよ!」

クリスタ「う、うん」

クリスタ(頑張る!?頑張るってどう頑張るの!?)
エレン「それにさ…」

クリスタ「え?」

エレン「最近はなんか…その………クリスタに虐められるのが嬉しいんだ」

クリスタ「」

エレン「本当は俺って変態なのかなって不安だったんだけどな、皆これが普通なんだな…よかったー///」

クリスタ(…凄くまずいような気もするけど………可愛いからいっか!私にとっては好都合だしね♪)

クリスタ「次は泣かせてみたいな…」ボソッ

エレン「え?」

クリスタ「ううん、なんでもないよ」ニコニコ

エレン(これは絶対何かある顔だ…)ゾクゾク

ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー



クリスタ「…そろそろ寮に着いちゃうね…」

エレン「…そうだな」

クリスタ「…ねぇエレ、んん………ッ!?」

エレン「ん…は…」チュ

クリスタ「んん…は…んっ…」

エレン「…これで合ってた…か?」ポリポリ

クリスタ「…やりすぎだよ///」

エレン「え!?やっぱ駄目だったか!?」

クリスタ「だ、ダメじゃないけど、その………ま、またしたくなってきちゃうから…ッ!///」

エレン「あ、ご、ごめん///」

ユミル「…いいや許さねぇよ…」

クリ・エレ「ッ!?」ビクッ!

クリスタ「ユ、ユミル!?い、いつからそこに!?」アワアワ

ユミル「そんな事どうでもいい…今はとにかくこの死に急ぎ野郎を本当に殺してやらないとな」ゴキゴキ

エレン「」

クリスタ「ダ、ダメ!」ダキッ
ユミル「ッ!?クリスタ離せ!私はこいつを殺さないと気がすまねぇ!」

クリスタ「だからダメだってば!エレン!早く行って!」

エレン「はっ…わ、悪いクリスタ!!」ダッ

ユミル「ッ!待ちやがれこのクソ野郎!!クリスタ!お前もいい加減離せ!」グッ
クリスタ「離したらエレンに酷い事する気でしょ!?」

ユミル「当たり前だろうが!!あの野郎よりにもよって…私の目の前でクリスタにキスしやがって!…うがぁぁぁ!絶対に殺してやるぅぅ!!」ジタバタ

クリスタ「お願いだから落ち着いてよぉ!」ギュウゥゥ!

エレン(すまんアルミン、ミカサ…俺近い内に殺されるかもしれん…)

ーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー


翌日

エレン「…よく考えたら昨日どこで待ち合わせとか聞いてない…」

エレン(とりあえず食堂に行きゃ会えるだろうけど………ユミルがなぁ…)

エレン「………考えても仕方ないか…よし!」



ー食堂ー

エレン「えっと…クリスタは…」キョロキョロ

クリスタ「あ…お、おはようエレン…」

エレン「っ!?…お、おう…おはようクリスタ…大丈夫か?」

クリスタ「なんとか…」

エレン「ユ、ユミルは?」

クリスタ「………一応説得はできたけど…ものすごく機嫌が悪いよ…今は部屋でふて寝してると思う」

クリスタ(エレンと私がしてたって事がバレなかったのが不幸中の幸いかな…)

エレン「…俺殺されずに済みそうか?」

クリスタ「多分、でも当分ユミルには話し掛けないほうがいいかな…」

エレン「わ、分かった。で今日の事なんだけど…」

クリスタ「あ、そうだね…とりあえず、朝はここで済ませちゃおっか」

エレン「分かった。じゃあその後は、いつもの待ち合わせ場所でいいか?」

クリスタ「うん!ご飯食べたらすぐ用意してお出かけしようね♪」

エレン「了解!」

電池ないんでちょっと腹筋してる間に充電します。

クリスタ「えっと、席は…ここでいっか♪」

エレン「さすがに皆、休日は食堂で飯は食わないか…」

クリスタ「休日ぐらい外で美味しい物食べたいもんね。はいエレン、あーん」

エレン「いや、ちょっとそれはさすがに恥ずかしいっていうか…」

クリスタ「人が少ないから大丈夫だよ?ほら、あーん」

エレン「えっと…」

クリスタ「………何でもするって言ったのに…」グス

エレン「喜んでいただきます!」

クリスタ「はい、あーん」

エレン「あーん…///」パクッ

クリスタ「どう?美味しい?」

エレン「いつもの飯だけど…クリスタに食わせてもらったほうが美味い気がする」

クリスタ「本当?じゃあ、私にもしてほしいな!」

エレン「わ、分かった…えっと、あ、あーん///」

クリスタ「あーん♪」パクッ

エレン「ど、どう?」

クリスタ「うん!エレンに食べさせてもらったほうがスッゴく美味しく感じる♪」ニコニコ

エレン「そ、そっか///」

クリスタ「でも、やっぱりちょっと恥ずかしいね///」

エレン(ッ!///クリスタ本当可愛すぎるだろ!俺こんな幸せでいいのか!?)
エレン「…駄目だ、我慢できない」ガバッ

クリスタ「ふぇ?んっ!?」

エレン「ん……はぁ………ごめん、キスしたくて仕方なかった…」

クリスタ「…もうエレンってば///」モジモジ

ジャン(あいつらまじふざけんなよ!あーんは恥ずかしくてキスは恥ずかしくないのかよ!エレンは死ね!!)

エレン「…じゃあ、そろそろ飯も食い終わったし、準備するか」

クリスタ「そうだね、じゃあまた後でね、エレン」

エレン「おう、また後でな!」




ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

ー待ち合わせ場所ー

エレン「…クリスタまだかな」

エレン(…ってか、本当…記念日忘れるとか、俺って最低だよな………絶対今日はクリスタを楽しませてやらないと…)

クリスタ「…ご、ごめんね。ちょっと用意に時間掛かっちゃって…」タッタッタッ

エレン「あ、いや全然大丈………」クル

エレン(…あーもうやばい…何がやばいって目の前に天使がいる。すっげえ可愛い天使が…これが俺の彼女?…夢じゃないよなこれ…ってかなんか、昨日ぶっちゃけた辺りからなんか俺おかしくなってんな…)

クリスタ「どうしたのエレン?」

エレン「あ、ごめん…ちょっとクリスタに見とれてた…」

クリスタ「えへへ、今日の為に用意した服なんだよ?…似合ってるかな?」フリフリ


エレン「すっげえ似合ってる、いや本当に…」

クリスタ「ふふっ、ありがとう///」テレ

クリスタ「じゃあ行こっか!」ギュー

エレン「お、おう」

エレン(む、胸が当たって…胸がぁぁぁ!)

クリスタ「エレンっとお出かけー♪」

エレン(…今までそんなに考えなかったけど、クリスタって本当可愛いんだな…いや勿論可愛いとは前々から思ってたけど。なんだろ、昨日夜に覚悟決めたのが関係あんのかな?)

クリスタ「最初はどこに行こっかな〜♪」

エレン(…絶対今日決めてみせる!)

クリスタ「エレンはどこがいいと思う?」

エレン「え!?あ、ああ、えっとそうだな…とりあえず、市場に行ってみるのが無難じゃないかな?」

クリスタ「そうだね!じゃあ、市場に向けて出発だー!」

エレン「お、おー!」

ー市場ー

クリスタ「うわぁ、やっぱり色んなお店があるね」

エレン「まぁ、一日中ここで時間潰せるぐらいだからな」

クリスタ「あ、洋服屋さんだ!エレン見に行こうよ!」グイグイ

エレン「わ、分かったからそんな引っ張らないでくれ」



ー洋服屋ー

クリスタ「この服凄い可愛い!」

エレン「どれどれ…お、クリスタに凄い似合いそうだな」

クリスタ「本当?じゃあこれ買っちゃおうかな」

エレン「え、そんなあっさり決めていいのか?」

クリスタ「だってエレンが似合うかもって言ってくれたんだもん、買う理由としては十分過ぎるよ!」

エレン「そ、そっか…じゃあ次のデートの時はその服を着てるとこが見れるんだな」

クリスタ「エレンがちゃんと誘ってくれたらね!」

エレン「もちろん」

クリスタ「約束したからね?…じゃあ買ってくるね!すいませーんこれ下さーい」タッタッタッ

エレン(………買ってあげてもよかったんだけど、あれを買うと予定の物が買えなくなるからなぁ…)

エレン「訓練兵の給金じゃギリギリだからなぁ…我慢我慢」

クリスタ「お待たせ♪」

エレン「お、じゃあそろそろ次行くか?」

クリスタ「うん!えっと…次は馬用のブラシを見に行きたいんだけど…」

エレン「よし、じゃあ早速見に行こう」



ー乗馬用品店ー

クリスタ「うーん、どれにしようかな…」

エレン「…クリスタって本当、馬達と仲いいよな」

クリスタ「え?」

エレン「いや、馬術だって訓練兵でトップクラスだしさ。やっぱり馬と意思疎通出来てるからだよな?」

クリスタ「…まあ、そうだね。…でも別に凄い事じゃないよ?ただあの子達と接する機会が普通の人より多かったってだけだよ…」

エレン「例えそうだとしても、それはクリスタの実力だろ?ならもっと誇っていいと俺は思うぞ」

クリスタ「…ありがとう。でも…そうだね、今は馬術が得意でよかったって思ってるよ」

エレン「まあ、トップに立てるってのはいい事だよな」ウンウン

クリスタ「ふふっ、違うよ」クスクス

エレン「え?違うのか?」

クリスタ「まあそれも確かにあるにはあるけど、そうじゃなくて…」

エレン「?」

クリスタ「…馬術が得意だったからエレンと仲良くなれた、恋人同士にもなれた…今こうして二人でデートできるのも全部あの子達のお陰なんだよ?だから凄く感謝してる」

エレン「………そっか///」

クリスタ「だからエレンもあの子達を大切に扱ってあげてね?」

エレン「…分かった。それも約束する」

クリスタ「…ありがとう」ニコ

エレン「ッ!?///」ボンッ

クリスタ「…?どうしたのエレン?」

エレン「…何でもないです///」

クリスタ「?ならいいんだけど」

エレン「あ…ちなみにもう買うやつは決めた?」

クリスタ「ううん…まだ悩んでる」ジー

エレン「じゃあ、悪いけど俺ちょっと行かなきゃいけない所があるんだ」

クリスタ「え?そうなの?じゃあ、先にそっちに…」

エレン「いや、俺一人で済む用事なんだ、だからクリスタはここで選びながら待っててくれ」

クリスタ「う、うん、分かった」

エレン「じゃあ、ちょっと行ってくるな!」ダッ

クリスタ「あ、エレン!…もう行っちゃった…」

クリスタ(何の用事かな…)

ーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー



クリスタ「エレン遅いなぁ…」

クリスタ(もうとっくにブラシも買い終わっちゃったし…何処に行ったのかな…)

クリスタ「つまんなくなっちゃったのかな…」

クリスタ「…ッ!」ブンブン

クリスタ(そんな風に考えちゃ駄目…きっと大事な用事なんだよ………きっとそう…)

クリスタ「…エレン…早く会いたいよ」

エレン「はぁ…はぁ…わ、悪い待たせちまったな…」

クリスタ「…!エレン!」

一旦休憩します

もうすぐ終わる

…後は幸せになるだけです

エレン「はぁ…ごめん思ったより時間掛かっちゃってさ…」

クリスタ「…遅すぎるよ!凄く心配したんだからね!」ムー

エレン「本当ごめん!」

クリスタ「もう、一体何してたの?」

エレン「…それはまだ内緒」

クリスタ「…?まだって事は後で教えてくれるの?」

エレン「ま、まあこの話は後にして…と、とりあえずそろそろ飯食いに行かないか?」

クリスタ「…いいけど」

エレン「よし!じゃあ行こうぜ」ニギ

クリスタ「………」ジー

エレン「…な、何?」

クリスタ「エレン、何か怪しい…」

エレン「…ちゃんと後で話すからさ、もうちょっとだけ待ってくれな」

クリスタ「…分かった」

ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー


エレン「…」チラ

クリスタ「………」

エレン(うーん、ずっと黙ったまんまだな………まあ当然っちゃ当然なんだけど…)

クリスタ「………」

エレン(…気まずい)

クリスタ「…ねぇ」

エレン「ん?」

クリスタ「…どこに向かってるの?」

エレン「あ、ああ…もうちょっとで着くからさ、後少しだけ待ってくれ」

クリスタ「…」

エレン「…お、見えてきた見えてきた」

クリスタ「?」

エレン「今日の夕食はここにしようって決めてたんだ」

クリスタ「………ここって…えぇぇ!?こ、ここ凄い高いレストランだよ!?」

エレン「まあ…そうだな、俺達の給金じゃ普通は来れないな」

クリスタ「じ、じゃあなんで…」

エレン「ま、いいからいいから、早く中に入ろうぜ」

クリスタ「ほ、本気なの?」
エレン「本気」

クリスタ「だ、だって服装とか…」アワアワ

エレン「クリスタは問題ないし、俺だって今日はちょっとピシッと決めてきてるだろ?」

クリスタ「そ、そういえば…いつもよりキッチリしてるなぁ、っては思ってたけど…」

エレン「まあ次いでに言うと個室だからな」

クリスタ「ふ、ふぇぇ!?そんなお金どこから!?」

エレン「とにかく中に入るぞ!」グイ

クリスタ「ちょ、ちょっと待ってよー!!」

ー店内の個室ー

クリスタ「ほ、本当に入っちゃったよぉ…」

エレン「だから本気だって言っただろ?」

クリスタ「私そんなお金持ってないよ!?」

エレン「…クリスタに出させる訳ないだろ」ハァ

クリスタ「で、でもエレンだって私と同じ額の給金でしょ!?」

エレン「そりゃそうだな」

クリスタ「ま、まさか何か悪い事を…」

エレン「…へ、変な事言うなよな、ちゃんとした真っ当な金だっての」

エレン(…まあ、貯金全部に、アルミン…ってか男友達皆に借りてやっとだけどな…それでも全部含めてギリギリなんだけど………皆には本当に感謝しないとな…)

クリスタ「で、でもでも…」アワアワ

エレン「いい加減落ち着けよ。ほら、もう料理が来るぞ」

クリスタ「ふ、ふぇぇ…」

エレン「………すげぇな」

クリスタ「もう引き返せないよぉ…」

二人の目の前には見たこともないような料理が並べられていく。

エレン「さて、じゃあ頂くとするか!」

クリスタ「…本当にいいの?」

エレン「さっき自分で引き返せないって言っただろ?さ、まずは乾杯しようぜ」

クリスタ「あ…」

エレン「ほら、乾杯!」

クリスタ「うぅ……か、乾杯…」

エレン「さて!何から食べるかなっと…とりあえず肉かな」

クリスタ(こ、こんなの絶対おかしいよぉ!)

エレン「ほら、クリスタあーん」

クリスタ「え!?…あ、あーん///」パクッ

クリスタ「…」モグモグ

エレン「…どう?」

クリスタ「………」

エレン「…クリスタ?」

クリスタ「…ッ!美味しいに決まってるでしょ!」

エレン「…ぷっ、あはは、そりゃよかった」ニコ

クリスタ「…ほんと、美味しいに決まってるよ」ボソッ

エレン「お、おお…まじでうめぇな…こんなの生まれて初めて食べたぞ…」

クリスタ「………どうして?」

エレン「へ?」

クリスタ「どうしてこんな事してくれるの?」

エレン「…あー………俺さ、今日が一年目の記念日だって事忘れてただろ?」

クリスタ「…うん」

エレン「…言い訳にしかならないけど…どうでもいいと思ってたとか、そんなんじゃなくてさ…」

クリスタ「…うん」

エレン「クリスタが何時も一緒に居てくれるから…毎日幸せで…時間が経つのを忘れちまうほどで…」

クリスタ「………」

エレン「クリスタに言われた時、本当に悪い事したって思った、自分だけ幸せならいいのかよって…」

クリスタ「わ、私だって…」

エレン「まあ、最後まで聞いてくれよ」

クリスタ「…」

エレン「…だから今日は、絶対クリスタを幸せにしてやる!…って昨日からずっと考えてたんだ」

クリスタ「…」

エレン「…皆にも色々協力してもらって、ここで食事しようって決めて…本当スッゴい色々考えた」

クリスタ「…ありがとう」

エレン「いや、それぐらいは当然だろ?俺がした事に比べるとまだ全然大した事じゃないしな」

クリスタ「そ、そんなこと…」

エレン「…で、ここからが本題なんだけどさ」

クリスタ「?」

エレン「………そ、その…」

そろそろお別れの時間やで…

エレン(…うわぁぁぁ目茶苦茶緊張する!!覚悟してきたはずなのに………今言わないでいつ言うんだよエレン・イェーガー!!)

クリスタ「…エレン?」

エレン「クリスタ!」キリッ

クリスタ「は、はい!?」

エレン「こ…これを受けとってほしい」スッ

クリスタ「え、な、何これ?」

エレン「…開けてみてほしい」

クリスタ「え…あ……う、うん」パカッ

クリスタ「………え?…え?」

クリスタ(…こ、これって!?)

エレン「…昨日約束したよな、クリスタだけの物になるって…」

クリスタ(そ、そういえば…)

エレン「でも、言葉だけじゃクリスタを安心させられないだろ?だから…それ」

クリスタ(ゆ、指輪だよね…)

エレン「…俺はクリスタだけのものになる、だからクリスタも俺だけのものになってほしい」

クリスタ「…それって…」



エレン「…クリスタ」








エレン「…俺と…結婚してくれ」



クリスタ「ッ!!///」カァァァ

クリスタ「あ……あうぅ///」

エレン(言った………ついに言っちまった…)

クリスタ(………駄目だ…嬉しすぎて泣きそうだ…)ウツムキ

エレン「………」

エレン(やる事は全部やった…後は…待つだけだ)

クリスタ「………」

クリスタ(…本当なら、即答したい所だけど…)

エレン「………クリスタ?」

クリスタ(…言わなきゃ…駄目………だよね…)

クリスタ「エレン…」

エレン「ッ!な、なんだ?」ドキドキ

クリスタ「…私…ね……返事をする前に…言わなきゃいけない事があるの…」

エレン「…え?」

クリスタ「それを言ったら…エレンは私の事………嫌いになるかもしれない…」…グスッ

エレン「え?え?」

エレン(…えぇぇ!?ちょっと待って予想外すぎる展開なんだが!?)

クリスタ「そうなるのは…嫌だけど………ヒック…でも…秘密にしたままじゃいけないの………私…本当は…」ウツムキ

エレン「ちょ、ちょっと待って!一旦落ち着かせてくれ!」

クリスタ「………うん…」

エレン(どういう事だ!?一体なんの話だ!?もしかして…実は私男の娘なの!って馬鹿か!!そんな訳ねえだろ!!)

エレン(えっとじゃああれか!?本当はエッチする時は男が強く行くべきだったとか………ありうる!!いやいやでもクリスタはノリノリだったように見えたぞ!?…ッ!そうか、あれは嫌々だったのか!?そうだそうに違いない!本当は俺が強く行くべきだったんだ!!)

クリスタ(…どうしよう………せっかくエレンにプロポーズされたのに………もし嫌われちゃったら………ッ!やだ!そんなの絶対やだよぉ!)ウルウル

エレン「…いや待てよ!他にも考えられる事はないか!?そう例えば…ッ!ユミルか!?実はユミルとも付き合ってたとか!?ああ!!これだ!これが一番しっくりくる!だっておかしいよな!俺と付き合ってからもユミルとイチャイチャして………いや、まてよ…俺と付き合ってるのはフェイク!?…うあぁぁぁこれだ絶対これだ!」

クリスタ(…でも秘密にしままなんて駄目だよね………エレンは私の事こんなに思ってくれてるのに、私だけ嘘をつくなんて…卑怯だよね…)

エレン(…そうだよな…よくよく考えたら、男子に一番人気のクリスタが俺なんかを選ぶはずがねえよな…クリスタは女の子が好きだったんだ………終わった、俺の初恋は終わった…)

エレン「…もういいぞクリスタ…覚悟は出来た…」

クリスタ「う、うん…じゃあ………言うね…」

エレン(…駄目だー覚悟したっつっても泣きそうだ…どうすりゃいいんだよ…)
クリスタ「私…本当は…」グスッ

エレン(いや…ちゃんと受け止めてやれよエレン…クリスタだって泣きながら話そうとしてくれてるじゃねぇか…男なら最後までシャンとしろ)

エレン「…本当は?」

ごめん訂正する…最後にやらかすとか本当だらしねぇな…

エレン(えっとじゃああれか!?本当はエッチする時は男が強く行くべきだったとか………ありうる!!いやいやでもクリスタはノリノリだったように見えたぞ!?…ッ!そうか、あれは嫌々だったのか!?そうだそうに違いない!本当は俺が強く行くべきだったんだ!!)

クリスタ(…どうしよう………せっかくエレンにプロポーズされたのに………もし嫌われちゃったら………ッ!やだ!そんなの絶対やだよぉ!)ウルウル

エレン(…いや待てよ!他にも考えられる事はないか!?そう例えば…ッ!ユミルか!?実はユミルとも付き合ってたとか!?ああ!!これだ!これが一番しっくりくる!だっておかしいよな!俺と付き合ってからもユミルとイチャイチャして………いや、まてよ…俺と付き合ってるのはフェイク!?…うあぁぁぁこれだ絶対これだ!)

クリスタ(…でも秘密にしままなんて駄目だよね………エレンは私の事こんなに思ってくれてるのに、私だけ嘘をつくなんて…卑怯だよね…)

エレン(…そうだよな…よくよく考えたら、男子に一番人気のクリスタが俺なんかを選ぶはずがねえよな…クリスタは女の子が好きだったんだ………終わった、俺の初恋は終わった…)

エレン「…もういいぞクリスタ…覚悟は出来た…」

クリスタ「う、うん…じゃあ………言うね…」

エレン(…駄目だー覚悟したっつっても泣きそうだ…どうすりゃいいんだよ…)
クリスタ「私…本当は…」グスッ

エレン(いや…ちゃんと受け止めてやれよエレン…クリスタだって泣きながら話そうとしてくれてるじゃねぇか…男なら最後までシャンとしろ)

エレン「…本当は?」

ちゃんと完結させるから大目にみてくれ…

…本当申し訳ない

訂正前の方がテンパってて良かったかもw

>>295 ほう…じゃあ好きなほうで各自補完してくれ…

クリスタ「本当は私………」

エレン「…」ゴクリ

クリスタ「貴族の娘なの…」

エレン「…あぁ、やっぱりね思った通りだよ…」

クリスタ「え?」

エレン「え?」

クリスタ「…え?し、知ってたの!?」

エレン「え?ご、ごめんもう一回言ってくれるか?」

クリスタ「だ、だから…私、本当は貴族の娘なんだよ…」

エレン「ん?ん?んんっ!?」

エレン(え、ちょっと待って…どういう事?貴族の娘?クリスタが?………はぁ!?)

クリスタ「………そっか、エレン知ってたんだ…」

エレン「いや…初耳です…」」

クリスタ「あ、あれ?でもさっき…」

エレン「いや………ちょっと予想してた答えと違いすぎて…」

クリスタ「………何だと思ったの?」

エレン「え!?い、いや…大した事じゃないからさ…あは、あははは…」

エレン(いや、確かに予想外ではあったけど………えぇぇぇ?)

クリスタ(やっぱりエレン動揺してる………当たり前だよね…)

エレン「…えっと、それがどうかしたのか?」

クリスタ「………え?」

エレン「いや、だからそれがどうかしたのかって…」

クリスタ「どうかしたのかって…ッ!私!ずっとエレンの事騙してたんだよ!?」

エレン「え、騙してた事になんのかそれ?」

クリスタ「」

エレン「いや、だって俺、別にどこの生まれかなんて聞いた事ないだろ?」

クリスタ「そ、それはそうだけど…」

クリスタ「そ、それはそうだけど…」

エレン「じゃあ、問題なくね?…あ、やっぱ親御さん的に無理って事?それなら納得できるけど…いや、やっぱり納得できない」

クリスタ「ち、違うの…」

エレン「違う?…あ、クリスタが本当は俺の事好きじゃないとかそういう事なのか?」

クリスタ「そ、それも違うよ!エレンの事は大好きだよ!」

エレン「ありがとう」

クリスタ「あ///…ち、違うの…そうじゃなくて…」

エレン「じゃあ、一体何なんだ?」

クリスタ「………私…本当はクリスタって名前じゃないの…」

エレン「」

エレン「あぁ、そう来る?そう来るのか…」

クリスタ「…ね、私ずっとエレンの事騙してたでしょ?」

エレン「そうだな…じゃあ、本当の名前教えてくれよ」

クリスタ「…え?」

エレン「俺の事騙して悪いと思ってたんだろ?じゃあ今教えてくれたらいいじゃねえか」

クリスタ「そ、そんな簡単な事じゃnエレン「ああもう面倒くせえな…」グイ…ッんんっ!?」

エレン「んっ…」

クリスタ「んんっ!?んー!?」

クリスタ(な、なんで!?なんで今このタイミングでキス!?)

エレン「ぷはっ!」

クリスタ「…あ…あぁ…///」

エレン「貴族の娘だとか、名前が違うとかどうでもいいだろそんな事」

クリスタ「え…ええ?///」

エレン「大事なのはさ…クリスタ…あ、いや本当違うんだっけか?…まあいいや…お前が俺を好きかどうかだろ?」

クリスタ「う、うぅ///」

エレン「それとも何か?さっき大好きって言ったのは嘘なのか?」

クリスタ「!う、嘘じゃないよぉ!///」

エレン「じゃあ、俺のプロポーズへの返事は?」

クリスタ「…え、で、でも」

エレン「…早く言わないともっかいキスするぞ?」

クリスタ「ッ!?///け、結婚します!///エレンと結婚します!///」

エレン「…俺だけのものになる?」サワ

クリスタ「ひっ!///なる!なるからぁ!///」

エレン「じゃあ、約束のキスな」

クリスタ「え!?え!?んんっ!!?///」

エレン「んー♪」

訂正

エレン「本当違」×

エレン「本当は違」○

エレン「んは…ふー、じゃあキスもしたし…飯さっさと食っちまおうぜ…冷めちゃってるしな」

クリスタ「んあ///…あ…あう…」

エレン「お、すげえなクリスタ、ここの料理冷めないように工夫してあるぜ!まだあったかいままだぞ!」

クリスタ「ふ、ふぇぇ?///」

エレン「ほら、クリスタあーん」

クリスタ「………あ、あーん///」

エレン「よしよし、飯終わったら可愛がってやるからな」ナデナデ

クリスタ「………うん、可愛がってほしい///」

クリスタ(もう、どうでもいいやぁ///だってこんなに幸せなんだもん///)

くそ

エレン「冷めちゃってるしな」×

エレン「冷めちゃってるだろうしな」○

ーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー


数日後

ーいつもの場所ー

ガチャ………バタン

エレン「…随分遅かったな」

「…ご、ごめんなさいエレン…ユミルに捕まっちゃって…」

エレン「…大丈夫なのか?」

「う、うん…多分大丈夫だと思うよ…」

エレン「…そっか、じゃあとりあえず…」





エレン「服全部脱げよ、ヒストリア」

ヒストリア「…は、はい///」ヌギヌギ

エレン「…」ジー

ヒストリア「うぅ///」

エレン「んー…なんで、もう濡れてるんだ?」クチュ

ヒストリア「ひゃぅ!?///あ、そ、それはぁ!?」

エレン「ずっと期待してたのか?…ヒストリアは本当にいやらしいな…」ボソッ

ヒストリア「ッ!ご、ごめんなさい///」

エレン「謝るなよ…可愛いぞ」クチュクチュ

ヒストリア「あ、あぁ!?///」ガクガク

エレン「…」スッ

ヒストリア「あ…あうぅ///」モジモジ

エレン「…今日もたくさん可愛がってやるからな」

ヒストリア「う、うん///もっとヒストリアの事可愛がってください…ご主人様ぁ!///」



ー完ー

じゃあの
ノシ

今更ながらネタバレ注意な

え、これエロいるの?
俺ドMだからドS視点は厳しいかなって思うんだけど

やられて嬉しいことをエレンにやらせればいいんでないかい(適当)


でもまぁ蛇足な感じもする

>>337 ですよね。

私的にはこの終わり方しか考られなかったので、これで終わりにしときます。

読んでいただいた皆様
本当にありがとうございました。

もしまたSS書くことあったら生暖かい目で見てやってください。

お疲れ様でした!

なんか凄いレスが…

本当ありがとうございます。

その後ですか………それは少し書きたいですね、忘れられそうな頃にひっそり書こうかと思います。

…エロのない、ほのぼのなその後にしたいと思います。
蛇足かも知れませんが

数年後



ヒストリア「ーよし、できたできた♪」

ガチャ………バタン

ヒストリア「あ、帰ってきた帰ってきた♪」



ユミル「帰ったぞクリスタぁ!!」

ヒストリア「お帰りなさい、ユミル」ニコ

ユミル「あ〜!疲れた疲れた!」ドサッ

ヒストリア「今日もお勤めご苦労様、調度食事の用意も出来た所だから」

ユミル「さすがは私のヒストリア!帰ってくると本当癒されるぜ!」

ヒストリア「もうユミルったら」クスクス

ユミル「ったく憲兵団なんか入るんじゃなかったぜ…あそこで仕事してるとイライラしすぎておかしくなりそうだ」

ヒストリア「…仕方ないよ、ここは平和過ぎるから………でもユミルまでお仕事サボっちゃダメだからね?」

ユミル「わかってるよ、そんな事したらあいつもうるさいしな…」

ヒストリア「うん、わかってるならよろしい!」

ユミル「…そういや、あi「お姉ちゃーーん!!」ダキッうぉ!?」

「お帰りなさいお姉ちゃん!!」ギュウゥゥ

ユミル「ったく、いきなり飛びついてくるなっていつも言ってるだろ?」ナデナデ

「えへへー、だってお姉ちゃんが帰ってくるの嬉しいんだもん!」ニパー

ユミル「…あぁもう!可愛いなこんちくしょう!」ギュウゥゥ

ヒストリア「ふふっ、なんか本当の姉妹みたいだね」

ユミル「あぁ、こんなに可愛いのに…あいつとヒストリアの子だとは本当に思えねえ…」

ヒストリア「…正真正銘、私とエレンの娘です!!」

「パパとお母さんの娘です!!」

ユミル「わかったわかった…んで、そのパパは次はいつ帰ってくるんだ?」

「いつ帰ってくるんですか!?」

ヒストリア「ふふっ、明日には帰ってくるよ」

「明日!…わぁい!!」

ユミル「…ちっ、別に帰ってこなくていいのに…」

ヒストリア「こら、そんな事言わないの」

ユミル「冗談だよ………あいつも私の大事な家族だしな」

ヒストリア「うん!私達は皆家族だよ!」

「皆家族ー!!」

ヒストリア「ふふっ」ナデナデ

ユミル「っても、まさかエレンがあんな事言い出すなんてな…」

ヒストリア「…またその話?」クス

ユミル「お前だって何回もするじゃねぇか…」

ヒストリア「だって何度でも話したくなるんだもん…」

ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー


エレン「二人に大事な話がある」

クリスタ「?」

ユミル「あ?私にもか?」

エレン「二人ともだ………来年には俺達はここを卒業して配属先を選ぶ事になるだろ?」

クリスタ「………うん」ギュ

ユミル「………ああ…その話か…」

エレン「多分このままいけば、俺達は三人とも上位10人に入れると思う。ヒ…クリスタもユミルも凄い頑張ったしな」

クリスタ「…エレンのおかげだよ」

ユミル「お前と一緒だと手を抜きたくても抜けないからな」

エレン「二人と…三人一緒に訓練するのは俺にとって凄い大切な時間になった。」

クリ・ユミ「…///」

エレン「ま、まあそれは置いといて///………俺は予定通り調査兵団に行く」

クリスタ「も、もちろん私も!」

ユミル「クリスタが行くってんならしゃあねぇな、私も調査兵団に…」

エレン「いや、お前達は調査兵団に来るな」

クリ・ユミ「え(は)!?」

エレン「…これは俺の我が儘だけどさ…クリスタには兵士をやめてもらいたい。」

クリスタ「な、なんで!?」
ユミル「…お前何考えてんだよ…」

エレン「クリスタには内地で暮らしてもらう。ユミル…お前には憲兵団に行ってもらってクリスタを守ってやってほしいんだ」

クリスタ「ど、どうして!?た、確かに私じゃエレンの足手まといになるかも知れないけど…」

ユミル「…」

エレン「調査兵団に行くって事は、いつ死んでもおかしくないって事だ…俺はお前達をそんな危険な所に連れて行きたくない」

クリスタ「ッ!それは私達も同じだよ!」

ユミル「…お前も憲兵団に来ればいいじゃねぇか、そんで二人でクリスタの事守ってやれば…」

エレン「俺には夢がある、皆で外の世界に行くっていう大事な夢がな…」

クリスタ「だ、だったら私達も…」

エレン「子供が出来たんだろ?」

クリスタ「ッ!?」

ユミル「は?」

エレン「まあ、そりゃあんだけやってりゃ出来ないほうがおかしいもんな」

ユミル「ちょ、ちょっとまてよ!おいクリスタ!どういう事だ!?」

クリスタ「………いつから知ってたの?」

エレン「少し前から…様子がおかしいなって思ってさ…そんで気づいた」

ユミル「え?え?何?クリスタ?お前妊娠してんのか?」

クリスタ「………うん」

ユミル「は、はあぁぁぁぁ!!?」

エレン「…声でかすぎだユミル」

ユミル「お、おま、おまえぇ!ふざけんなよ!?何私の知らない間にクリスタ孕ませてんだこの死に急ぎ野郎!!」ガッ

エレン「ユミル!!!」

ユミル「ッ!………な、なんだよ…」ビクッ

エレン「…後でいくらでも殴らせてやるから、今は落ち着いて聞いてくれ…頼むから…」

ユミル「………わかったよ…」パッ

とりあえずここまで

エレン「…子供が出来たって事は兵士になる事自体諦めるしかないだろ?」

クリスタ「………」ギュ

ユミル(まじかよ、クリスタが妊娠してたなんて…どうすりゃいいんだよ…)

エレン「もちろん責任はとる、だから安心して…」

クリスタ「じゃあ、行かないでよ…」

エレン「クリスタ…」

クリスタ「ッ!だって調査兵団に行っちゃったら、エレンだっていつ死んでもおかしくないって事じゃない!…もし、もしエレンが死んだりしたら…私…私…」グス

ユミル「クリスタ…」

エレン「…信じてもらえないかも知れないけどさ、俺は絶対生きて帰ってくるよ」ナデナデ

クリスタ「ヒック…グス…」

エレン「…大事な家族を残して先に死んだりしねぇよ」

クリスタ「…グス………約束…」

エレン「ん?」ナデナデ

エレン「ん?」ナデナデ

クリスタ「ッ!約束!…約束してよ!絶対帰ってくるって!」

エレン「…ああ、約束するよ」ギュ

クリスタ「あ………ぅぅ…ヒック…ぅわぁぁぁん…」ギュウゥゥ

エレン「…ユミルは?」

ユミル「な、なんだよ?」

エレン「俺がいない間…クリスタの事、お前に任せていいか?」

ユミル「………当たり前だ馬鹿…お前に言われなくてもそうするっての…」

エレン「じゃあ、ユミルもこっち来いよ」グイ

ユミル「は?ーーッ!?///」

エレン「…これから俺達は四人で家族だ」ギュウ

ユミル「いや!?お前何私も勝手に入れてんだよ!?///」

エレン「…嫌なのか?」

クリスタ「ぁ…私も…ッ私もユミルと一緒がいい!」グス

ユミル「え…えぇぇ…///」

エレン「だってさ…で、どうなんだよ?」

ユミル「………」

クリスタ「グス…ユミル?」

ユミル「……ちっ…一つだけ条件がある…」

エレン「…なんだ?」

ユミル「…私とも約束しろ…絶対帰ってくるって………そしたら、お前も含めて…ッ!///家族になってやるよ!///」

エレン「…わかった、ユミルとも約束する」

ユミル「絶対だぞ!…もし死んだりしたら私が殺しに行くからな」

エレン「いや、意味わからねえぞ?」

ユミル「うるせぇ!///とにかく無事に帰ってこいよ!」

エレン「…了解」

エレン「………絶対帰ってくるよ…そんで、いつか皆で外の世界に行こう」ギュ

クリスタ「…ぅん……うん!」ギュウゥゥ

ユミル「…ったく三人揃って何やってんだかな………でも…家族か………悪くないな…」ギュウ

エレン「ああ…俺達は家族だ」

クリスタ「うん!私達は家族だよ!」グス

ユミル「…仕方ねえから家族で我慢してやるよ…」

ーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

ヒストリア「…懐かしいね」

ユミル「…懐かしいな」

「スゥ…スゥ…」

ヒストリア「ふふっ、また寝ちゃってる」

ユミル「いっつも、この話すると途中で寝ちまうんだよな………よいしょっと…」ダキ

ヒストリア「…大きくなったら最後までちゃんと聞いてくれるかな?」

ユミル「大きくなってもその話すんのか?…っと、ベッドに運んでくるわ…」

ヒストリア「あ、お願いするね」

ヒストリア(………明日はエレンが帰ってくる…早く会いたいな…)

ユミル「ーーよし、寝かせてきたぞ」

ヒストリア「ごめんね、ありがとう」

ユミル「………あいつ頑張ってんのかな…」

ヒストリア「期待の英雄って呼ばれてるぐらいだからねー」

ユミル「ああ、あいつがまさか巨人になれるなんてな…」

ヒストリア「正直、最初はちょっとショックだったね…」

ユミル「…まあでも、その力のおかげで今あいつは生きてるんだよな」

クリスタ「うん!…多分今も皆の為に凄い頑張ってると思うよ」

ユミル「…そうだよな」

ヒストリア「きっとそうだよ」


コンコン

ヒストリア「?こんな時間に誰だろう?」

ユミル「…待てヒストリア」

ヒストリア「…ユミル?」

ユミル(誰かにつけられたのか?…まさかヒストリアの事がバレたのか?いやでも、内地っていってもここは端のほうだしな…)

ユミル「注意するにこしたことはないか…」ジャキ

ヒストリア「ユ、ユミル!?」

ユミル「お前は一応下がってろ………誰だ!」

………シーン

ユミル「…ちっ、返事なしかよ…」

ヒストリア「ッ!ユミルひょっとして…」

ユミル「…逃げる準備はしとけよヒストリア」

ヒストリア「う、うん」

ユミル「………」…ガチャ…バン!!



エレン「いてぇ!!?」

ユミル「…あ?」

ヒストリア「…え?」

エレン「うおぉぉ!!鼻が!鼻がぁぁぁぁ!!!」

ユミル「………お前は何してんだ…」

ヒストリア「え?え?え?」アワアワ

ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー


エレン「悪い、悪い、驚かそうと思っててさ…まさかこうなるとは…」アハハ

ヒストリア「ちょっと動いちゃダメだよ、ああ!?鼻血が!」

ユミル「ほっとけよそんな馬鹿」

エレン「…酷いなおい」

ヒストリア「でも、エレンが悪いよ…」

エレン「…すいませんでした」

ユミル「ったく、ヒストリアの事考えたら普通はあんな真似しねえよ」

エレン「…返す言葉もありません…」

ヒストリア「ま、まあエレンも悪気があった訳じゃないし…」

ユミル「それが問題なんだよ…」

エレン「でも、ユミルがいるから大丈夫だろ?お前は何があってもヒストリアを守ってくれるって、俺は信じてるからな」

ユミル「そりゃそうだが…ってそういう問題じゃねえよ!!一々不安になるような事すんなって言ってんだ!」

エレン「…ごめんなさい」

ヒストリア「あ、あはは…」
ユミル「っつかお前、なんでここにいんだよ?」

ヒストリア「そ、そういえば帰ってくるのは明日って…」

エレン「いや、実は数日前には帰ってきてたんだけどさ、戻ってからの仕事が多くて家までは帰れなかったんだ」

ヒストリア「じゃあ何で今日帰ってこれたの?」

エレン「ああ、皆が代わりに残りの仕事引き受けてくれたんだ。嫁さんを大事にしろって言われてな」

ユミル「…さすが英雄ってとこか、皆に慕われてるみたいだな」

エレン「そう呼ばれんのも楽じゃないけどな…あ、ヒストリア、ユミル」

ヒス・ユミ「?何?(何だよ?)」

エレン「…ただいま」



ヒス・ユミ「………」



「「おかえり(なさい!)」」

おまけって長さじゃねぇぞコレ!!

また休憩する。

ミカサは多分、調査兵団での現地妻気取りでホクホクしてる

蒲鉾うめぇ

ミカサもちゃんと書く段階で設定考えてあるから書くよ



>>382 ネタバレしやがって…

じゃあ、ゆっくり再開していきます

エレン「そういやあいつは?」キョロキョロ

ユミル「ああ、さっき寝ちまったよ」

ヒストリア「エレンが帰ってくるのすっごい楽しみにしてたよ?」

エレン「…やっぱいいなぁ、家族って」グス

ユミル「うぜぇ…」

ヒストリア「ふふっ…そういえば…アルミンとミカサは元気にしてる?」

エレン「…あ、ああ、アルミンとは相変わらず仲いいし、あいつ凄い元気だよ!」

ユミル「ミカサは?」

エレン「………」

ヒストリア「…エレン?」

エレン「ま、まあその話は後にしてさ…ほ、ほら俺、腹減ってるし、飯にしようぜ!」

ユミル(まさか…)

ヒストリア「…ねぇエレン…」

エレン「な、何だ?」アセアセ

ヒストリア「…まさかとは思うけど」








「浮気とか………してないよ、ね?」ニコ



エレン「ッ!?」

ユミル(………こえぇ…部屋戻ろっと…)

エレン「いやまてよヒストリア!?何勘違いしてるんだよ!?」アセアセ

ヒストリア「勘違い?私何か勘違いしてるのかな?あ、あとさ…」ニコニコ



「どうしてそんなに焦ってるの?」ゴゴゴゴゴ

エレン「い、いや、ユミル!」

ユミル「………私を巻き込むなよな…ってか何もしてないなら正直に話せばいいだろうが」

エレン「………言わないと駄目ですか…」

ユミル「…まあ、浮気してるってんなら私もお前を殺さないといけなくなるが…」ゴキゴキ

エレン「やめてください、本当お願いします」

ユミル「…ったく、ならさっさと話せよ。お前が浮気するとは私も思ってないし…ヒストリアも一旦落ち着けって」

ヒストリア「………うん」

エレン(…娘よ、お父さん…今日死ぬかも…)

ヒストリア「…エレン、怒らないからちゃんと話して…ね?」

エレン「あ………じ、実はさ…」



ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー


ミカサ「エレン、あーん」

エレン「や、やめろよミカサ!飯ぐらい一人で食えるって!」

ミカサ「…エレンは言った、クリスタと結婚してもミカサも大事な家族だ…って」

エレン「そ、それは確かに言ったけど…」

ミカサ「…家族ならご飯の食べさせあいぐらいするはず」

エレン「い、いや、確かにそうかもだけど…俺とお前じゃ家族つっても…」

ミカサ「…私は大事な家族ではないの?」

アルミン(ミカサの目から光か消えた…)ゾクッ

エレン「!?ち、ちが…お前もクリスタ達と同じで大事な家族だよ!」

ミカサ「クリスタと同じ?…私のほうがエレンとずっと前から一緒にいるのに?」

アルミン「」ガタガタ

エレン「ッ!い、いやでもやっぱそれはさ…」

ミカサ「…やはりあの二人と家族になるのを認めるべきではなかった…エレンが私の事も大事にしてくれるって言うから…なのに…」ゴゴゴ

アルミン「」ブルブル

エレン「わ、わかった!ク、クリスタよりお前のほうが大事な家族だよ!」

ミカサ「!」ピクッ

アルミン(それを言っても駄目だエレン!どっちにしろ終わりしか僕には見えないよ!)

ミカサ「…本当!?」パァァァ

エレン「あ、ああ、本当だ」
エレン(クリスタごめん!)

ミカサ「なら今日から夜は一緒に寝る事にしよう」

エレン「!?」

アルミン(やっぱり駄目だ…もう無理なんだ…)

エレン「な、なんでそうなるんだよ!?」

ミカサ「…?エレンは家で寝る時、クリスタと一緒に寝ないの?」

エレン「え?い、いやもちろん一緒だけど…」

ミカサ「ならクリスタよりも大事な家族である私と一緒に寝ないのはおかしい、違わない?」

エレン「え、えぇぇぇ…」

ミカサ「………それともさっきの言葉はやはり嘘?」

エレン「う、嘘じゃねぇよ!」

ミカサ「じゃあそういう事で……はい、あーん」

エレン(………どうしよう)

アルミン(………ご愁傷様)



ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー


エレン「…みたいな事がしょっちゅう………」

ヒストリア「………」

ユミル「………」

エレン「だから決して浮気とかしてる訳じゃないから安心してくれ…」

ユミル「…いや、そういう問題じゃねぇだろ」

ヒストリア「………だよ…」

エレン「え?」

ヒストリア「そんなの浮気と一緒だよぉ!」

エレン「ええ!?」

ユミル「いや、ええ!?じゃないだろ…」

エレン「だって、俺は別にミカサに手をだしたりはしてないぞ?」

ユミル「でも一緒に寝たんだろ?」

エレン「それは………仕方なかったんだよ…」

ヒストリア「うわぁぁぁん!やっぱり浮気してるじゃない!」ポカポカ

エレン「痛い!ヒストリア地味に痛いって!」

ユミル「これはどう考えてもお前が悪いな」

「うぅ………お父さんの声がするぅ…」

エレ・ヒス・ユミ「!?」

「……あ…お父さんだぁ!…あー!?またお母さんとイチャイチャしてる!お母さんばっかりズルい!!私もお父さんとイチャイチャする!!」バッ

エレン「あ、娘よちょっと待っ…うわぁぁぁ!」

ヒストリア「え、きゃぁ!?」

ユミル「…私は先に寝るからな、後は好きにしてくれ…」スタスタ

「ッ!!お姉ちゃんもイチャイチャするの!!」グイッ

ユミル「は?いや、ちょ、ま!?」グラッ



「ちょ、く、苦しい」

「エレン!!私よりミカサのほうが大事ってどういう事なの!?」

「お父さん!お母さん!お姉ちゃぁぁぁん!!///」ギュウゥゥ

「なんで私までぇぇぇ!!」

数分後

ヒストリア「ーさて、じゃあそろそろ食事にしましょうか♪」

ユミル「…そういや、なんだかんだまだ食べてなかったな」

「皆でごはんだぁ!わぁぁぁい♪」

エレン「………酷い目にあった…」

ヒス・ユミ「自業自得だよ(ろ)」

「ごっはん♪ごっはん♪」

エレン「ヒストリアの飯か…久しぶりだな…」

ユミル「私は毎日食ってるけどな!」

ヒストリア「ふふっ、大したものじゃないけどね」

「お母さんの料理は世界一美味しいよ!」

エレン「ああ、そうだな!」

「でも、お姉ちゃんの作る料理も美味しいと思います!」

エレン「…ユミルの手料理?」チラ

ユミル「………なんだよ」

エレン「いや、お前料理とか出来たんだな…」

ユミル「お前失礼だな…料理ぐらい出来るに決まってんだろ」

エレン「へぇ、じゃあ今度食べさせてくれよ」

ユミル「…考えてといてやる」

エレン「おう」

ヒストリア「準備できたよ〜」

エレン「おお…本当に美味そうだな…」

「早く!早く食べようよ!」

エレン「わかったわかった、じゃあ早速…」



「「「いただきます!」」」

ヒストリア「はい、召し上がれ♪」

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー


エレン「ーさて、飯も食ったし…そろそろ寝るか…」

「スゥ…スゥ…」

ユミル「まーた寝ちまったぞこいつ」

ヒストリア「夜も遅いしね、仕方ないよ」

ユミル「ふぁぁ……眠い…私は先に自分の部屋に行くぞ」スタスタ

ヒストリア「あれ?今日は一緒に寝ないの?」

ユミル「…今日ぐらい親子三人で寝ろよ、明日また一緒に寝ようぜ…じゃあな…」

エレン「ああ、おやすみユミル」

ヒストリア「気を使わくてもいいのに…おやすみユミル」

ユミル「…」ヒラヒラ

エレン「…じゃあ、俺達も寝るとするか…よっと」ダキッ

ヒストリア「あ…うん」

「…zzz」

ー寝室ー

エレン「…久しぶりだな、こうして三人で寝るのは」


ヒストリア「…そうだね」

エレン「………たくさん辛い事があった」

ヒストリア「…うん」

エレン「…何度もくじけそうになった」

ヒストリア「………」

エレン「…でも」

ヒストリア「…」

エレン「こうしてここに帰ってくる度に…また頑張ろうって思える。だから俺はまだ諦めずに戦い続ける事ができるんだ…」

ヒストリア「…」ギュウ

エレン「ヒストリア…」

ヒストリア「…何?」

エレン「…俺の家族になってくれてありがとう」ギュ

ヒストリア「…こっちの台詞だよ」グス

「スゥ…スゥ…ムニャ…」

エレン「…明日は四人で何処かに出かけるとするか…」

ヒストリア「…いいね」

エレン「なら早く寝ないとな…おやすみヒストリア…ん…」

ヒストリア「ん///……おやすみなさい、エレン///」

「オトウサン…オカアサン…」

エレ・ヒス「ん?」

「ムニャ……オヤスミナサイ…zzz」

エレ・ヒス「…」クス










「…おやすみ、クリスタ」チュ



クリスタ「エヘヘ///………zzz」



ー終わりー

以上で、エレン「クリスタの性奴隷になった」は本当に終わりです。

まだ書きたい事はありますが、おまけはこれぐらいが調度いいかな…と
本当に書きたい事書くとまた長くなってしまうので…
読んでくださった皆様本当にありがとうございました。

一応、質問とかあれば答えますので何でも聞いてください。

ではまたー

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年09月30日 (火) 17:41:29   ID: 5mKsFB5b

スゲェいい話でした

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom