ほむら「ループしたらさやかになってた」(25)

ほむら「どういう事なの…」

ほむら「見た事のない部屋。鏡を覗くと美樹さやかが映る現実。」

さやか母「さやかー!いつまで寝てるの!」

ほむら「下の階からの怒声…私、さやかになってる!?」

ほむら「叩き出されて結局学校に行くはめになったわ…。」

ほむら「さやか母、恐るべし。」

ほむら「私が美樹さやかになったという事は、今私の体には美樹さやかがいるのかしら?」

ほむら「ややこしいわ…どうしてこんな事になったの。」

ほむら「入れ替わりとかベターすぎて皆見飽きてるでしょうに…」

仁美「あら、さやかさんおはようございます。」

ほむら「あ、えっと志筑さん…じゃなくて仁美!おはよう!」

仁美「え?」

ほむら「え?」

仁美「まぁ、急にどうなさったんですの?」

ほむら(頑張って美樹さやかに近付けたつもりだけど…どうしよう、似ていなかったのかしら?)

ほむら「あ、えっと。あはは、あたし何か変な事言ったかなぁ?」

仁美「いえ、何だか今日のさやかさん、随分快活な雰囲気だなぁと思いまして。」

ほむら「あ、あたしはいつでも元気でしょ!?」

仁美「元気、と言うよりかはミステリアスで落ち着きのある冷静な、そんなイメージの方が先行してしまいますわ。」

ほむら(さやかがミステリアス?そんな筈は…。)

ほむら(これは入れ替わったなんて単純な話ではないのかもしれないわね)

仁美「も、もしやこれは俗に言うイメチェンでは!?ご、ごめんなさいさやかさん!私ったら無粋な事を…!」

ほむら「あ、そんな気にしないでよ仁美。あ、あはは…あは。」

まどか「おーはよーう!二人共!」

ほむら「まどか!?」

仁美「まどかさん、おはようございます。」

ほむら(ああ、マイエンジェル…!そうよね、こんな非常事態であってもあなたは必ずあなたとして存在してくれる!)

ほむら(考え及ばなかったけれど、美樹さやかになったという事は気兼ねなくまどかに触れられるという事)

ほむら(これは事故でも非常事態でもない。私が今まで頑張ってきた、そのご褒美なのかもしれない)

ほむら(彼女が笑って駆け寄ってきてくれる、それが何よりの証拠よ)

まどか「ふっふっふっ、さーやーかー。今日もでっかいおっぱいぶら下げおって…けしからーん!」ムニッ

ほむら「」

ほむら「ひゃあぁあああ!?///」ビタンッ

まどか「あははは!尻もちとは!さやかは本当に可愛い反応するなぁ」

仁美「もうまどかさんったら。さやかさんが嫌がってますわよ?」

まどか「へーきへーき。」

ほむら(不意打ち…!不意打ち…!)

ほむら(って言うか、今のまどかはどう見ても…)

まどか「さやかはあたしの嫁になるのだー!」

ほむら(さやかだわ…!)

ほむら(私は美樹さやかで美樹さやかはまどか?どうして?一体、なんで…)


仁美「まったく。とりあえず学校に行きましょう?遅刻してしまいますよ?」

まどか「おっけーい!…あれ?さやか顔色悪いよ?大丈夫?」

ほむら(まどか…まどか…)

ほむら「とりあえず…私の事は『黒さや』さやかの様なまどかの事は『青まど』と表記しましょう」

ほむら「ややこしいのを更にややこしくしてる気もするけど、この方が想像しやすいわよね。異論は認める。」



黒さや「……。」

青まど「おーい、さやかってばー。そんな怒るなよー。」

仁美「もう5時間目だというのにまだ一度も口を開いてない。まどかさんのせいですわよ?」

青まど「そんな…いつもの事じゃんか!さやかー、胸揉まれるのそんなに嫌だったの?」

黒さや(まどかに揉まれて嫌な訳ある筈がない。違う…違うのよ。あなたはまどかであってまどかじゃない)

黒さや(…そうだ。今、私の身体はどうなっているのかしら?まさか存在していない、とか…)

黒さや(じゃあ!じゃあまどかは!?今あの子の心はどこにあるっていうの!?)

青まど「ねぇ、さやかー」

黒さや「…ちょっと黙っててくれる?」ゴゴゴゴ

青まど「ひぃっ!」

黒さや(というか…気になる事が一つ)

黒さや「美樹さやか、あなた一体どういうつもり?」コソッ

青まど「は?」

黒さや「とぼけないで。いつまどかに成り変わったの?」コソコソ

青まど「な、何を言ってるのさ…」

黒さや(自覚がないの?そんな気はしていたけれど…)

キーンコーンカーンコーン

青まど「あ、始業のチャイム…。あーと、何かよく分かんないけど朝の事はホントごめん!次からは自重するから許してよ。それじゃ!」スタスタ

黒さや「……」

黒さや(混乱してきた…何か、何か一つでも良い。解決の糸口は…)

キラリッ

黒さや「!」ガタタッ

先生「美樹、どうした?今は授業中だぞ」

黒さや「すみません。なんだか気分が優れなくて…早退します。」バタバタッ

先生「おいコラ待ちなさい!美樹!」

黒さや(あった、見付けた。解決の糸口)

黒さや(どうして今まで気が付かなかったのかしら。この左手中指に嵌められた指輪、魔法少女の証…!)



黒さや「ここまでこればもう大丈夫…」

黒さや「そうよね、いくら可笑しな事態になったとしても魔法少女である事に変わりはない。これで何か、打開策を考えなくては」ポォオオ

黒さや「形状変化…っと。ソウルジェムが青い。これもさやか準拠なのね」

黒さや「打開策を考えて見つからないようならすぐに時間遡行する。こんなイレギュラー事態にに付き合ってられる時間はないわ」

黒さや「とりあえず様子見よ、変身!」パァアアア

黒さや「やっぱり、マントの服なのね」ハラリ

黒さや「盾は異常ないかしら?この姿で砂時計がちゃんと作動するかどうか…」





黒さや「」

黒さや「……」



黒さや「……」

剣ポイッ

剣召喚!

黒さや「……」

剣ポイッ

剣召喚!

ポイッ

召喚!

ポイッ!

召喚!!



黒さや「いやぁぁああああ!!」

黒さや「何度武器を召喚しても盾が!盾が出ない!」

黒さや「魔法装束がさやか準拠だった時点で嫌な予感はしてたのよ!」

黒さや「だからってこんな…こんなの酷い」

黒さや「もう時間を巻き戻せない。まどかを救うチャンスがこの一回しかない。のに、肝心のまどかがいない」

黒さや「……」グスッ

黒さや「…もしかしてコレ、剣型になっただけで私の能力事態は受け継がれてるかも…」


スパスパッ!

プスッ、ブスッ

ザクッザクッ!

ザシュッ!


黒さや「そんな事はなかったわ!!#」ブン投ゲッ

キュウべぇ「やぁさやか、最近調子はd」ザシュッ

黒さや「あ」

黒さや(投げた剣が見事に刺さった…)

キュウべぇ「」チーン

黒さや(そうだった、そうだったわね。こんな事態を招けるのはお前ぐらいのものだもの)

黒さや「出てきなさい、インキュベーター」ガシッ

黒さや「放置するには忍びないこの亡骸、回収したいんでしょう?」ブラン




キュウべぇ「…やれやれ、これはどういう事だい?どうして君がその名を知っているのかな」ヒョコッ

黒さや「この穢らわしい残骸はくれてやるわ。だから私の質問に答えなさい」ポイッ

キュウべぇ「随分な横暴な取引だね」トコトコ

黒さや「何のつもり?お前の目的は何?」

キュウべぇ「? 何を言ってるんだい美樹さやか」

黒さや「紛らわしい…暁美ほむらと呼びなさい」

キュウべぇ「暁美ほむら?さやか、君はほむらの事を知っているのかい?」

黒さや「知っているも何も…/キュウべぇ「ほむらは時機にこの街に住居を移すそうだ。既に魔法少女がいると話したら喜んでいたよ」

黒さや「!?」

キュウべぇ「今日はその話をしに来たんだ。しかしまさか君がほむらの事を知っていたとはね。関係次第で君達は良きパートナーになれるかもしれないよ」

黒さや「ま、待ちなさい。お前は何を言って…」

キュウべぇ「彼女はベテランだから戦闘面においては何も心配する必要はない」ハグハグ

キュウべぇ「彼女は今まで孤独だった。1人で戦い続けてきたほむらにとって、君は大きな刺激となり得るだろうね」ングング

キュウべぇ「きゅっぷい」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年10月08日 (水) 00:01:51   ID: ACGgJgrU

ここで…終わり…だと…!?

2 :  SS好きの774さん   2015年02月07日 (土) 00:17:31   ID: nk8n9o4O

黄ほむまだー

3 :  SS好きの774さん   2015年02月28日 (土) 03:36:28   ID: LtTc5PdY

え、続きは?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom