短編SS集  (127)

ひたすらSSを書いていく安価も取る

火の四天王との対決 悪知恵勇者ポルピー

火の四天王「クッククク·····よく来たな·····」

ポルピー「お前が火の四天王か。」

火の四天王「そういうお前は勇者ポルピー!」

ポルピー「なぁ。」

火の四天王「なんだ?」ゴゴゴ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1501503270


ポルピー「お前は火について詳しいんだよな。」

火の四天王「まぁな、火の四天王だからな。」

ポルピー「じゃあ火を使って料理する『焼肉』についても知っているよな。」

火の四天王「焼·····肉!?」

ポルピー「そうだ!焼肉だ!」

火の四天王「焼肉だと···なんだそれは····」

ポルピー「焼肉も知らないのか?」

火の四天王「焼肉だと···(なんだそれは···)」


ポルピー「焼肉も知らないのか····火の四天王のくせに。」

火の四天王「焼肉·····あああああ!知っているぞ!」

ポルピー「ほう····どういう料理なんだ?」

火の四天王「火を使って安価下1する料理だ!」


火の四天王「火で焼肉するんだ!」

ポルピー「ほう·····焼肉ってなんだぁ····」

火の四天王「焼肉は!焼肉なんだよ!」ボォォォォ!

ポルピー「ここで僕を始末したら僕に知恵比べで負けたことになるんだぜ。」

火の四天王「クッ·····」

ポルピー「焼肉ってのは火で自分を焼く料理なんだ!」

火の四天王「なん····だと··」


ポルピー「さぁ!火の四天王なんだろ!料理しろよ!」

火の四天王「······いいよ!やってやるよ!」

ポルピー「は!イッキ!イッキ!」

火の四天王「うぉぉぉぉぉぉ!」ジュウウウウウ

ポルピー「········」ニヤリ

ポルピー「さて····水の四天王の所行くか····」

火の四天王 自分で自分を焼いて死亡


次の短編SS 安価下1

1 悪知恵勇者ポルピー 水の四天王と対決

2 他の短編SS

3 短編SSリクエスト SSの名前を書いてください。



男「········」ポチポチ

妹「お兄ちゃんーー!」

男「なんだよ····」ポチポチ

妹「これの使い方教えてー!」

そう言って妹が持ってきたのは···コンドームだった!


ちょっと風呂入ってたゾ

男「妹·····それどこから持ってきたんだ!?」

妹「ん?パパとママの部屋。」

男(あいつら·····)

妹「ねぇねぇ!どうやって使うのー。」

男「こいつはコンドームって言って!安価下1に使うんだ!」


男「開けゴマって言ってドアを開けるために使うんだ!」

妹「本当?」

男「本当だよ!」

妹「本当?」

男「本当だよ!」

妹「でもパパとママは安価下1に使うって言ってたよ。」


妹「よく噛んだ後、相手にそれを口移しして相手もそれをしてを繰り返すんだって!」

男(なんだ····コンドームを使った新手の変態プレイか!)

妹「それじゃあ、お兄ちゃんとやってみたい!」クイッ

男「おい!ちょっと待て!やめろぉ!」

妹「んっ·····」チュ

ズッキューン!

男「······」

コンドームの使い方 完


次の短編SS 安価下1

1 勇者ポルピー 水の四天王と対決

2 他の短編SS

3 短編SSリクエスト SSの名前を書いてください。


少女「虫歯になっちゃった、でも歯医者は怖いの、どうすればいいの?」

虫歯の悪魔「いっそそのまましとけよぉー!」

歯の妖精「駄目だよ!ちゃんと治さないと!」

少女「どうすればいいの?」


虫歯の悪魔「安価下1すれば歯医者に行かなくてすむぜぇー!」

歯の妖精「安価2すれば歯医者さん怖くなくなるよ!」


虫歯の悪魔「歯が痛くなるまでほうっておけばいいんだよ。」

虫歯の悪魔「歯が痛くなったら歯医者に行けばいいんだよ!」

少女「そ、そうよね!」パァ

歯の妖精「虫歯をほうっておけば脳にバイ菌が回って死んじゃうんだよ!」

少女「え····そうなの!?」サァ······

虫歯の悪魔「馬鹿だなぁ!虫歯は安価下1すれば治せるんだよ!」

歯の妖精「嘘だよ!歯医者さんに安価下2してもらわないと治せないんだよ!」


少女「ううーん!どっちを選べはばいいの?」

虫歯の悪魔「普通に放置すりゃいいんだよ!」

歯の妖精「そんなの駄目だよ!」

ワイワイガヤガヤワイワイガヤガヤ!

母「○○ちゃーん!お菓子あげるから歯医者さんに行ってー!」

少女「はーい♪」

二人「「えーっ!?」」ズコォー!

虫歯の悪魔「お前も大変だな。」

歯の妖精「そちらこそ。」

第3 虫歯になっちゃった、でも歯医者は怖いのどうすればいいの? 完


次の短編SS 安価下1

1 勇者ポルピー 水の四天王と対決

2 他の短編SS

3 SSリクエスト SSの名前を書いてください。


第4 化け物には化け物をぶつけるんだよ。

親友1「貞子にとりつかれた!」

親友2「伽椰子にとりつかれた!」

親友「「ギャアーーーー!」」

親友「「何とかしてくれ男!」」

男「うるせぇ!今オカ研の部長に電話してるからよ!」


オカルト研究会部長「もしもし···男君?」

男「あの化け物の退治の仕方を教えてくれよ。」

オカルト研究会部長「彼らを操る方法なら知ってるよ。」

男「マジ!」

オカルト研究会部長「貞子は安価下1 伽椰子は安価下2をすると操れるよ。」

息子の俊雄くんのフリ


男の部屋

貞子「········」クルクル····きっと来る·····

男「水晶のように美しい!(元社長)」

親友1「ビューティー!(ラヴリカ)」

親友2「(姿が)グット!(現社長)」

貞子「///////」ポッ

男(チョロい(確信))

親友の部屋

親友2「ママー!」ボイスチェンジャー

伽椰子「········!?」ガバッ!

親友2(苦しい······)

男「さて!どうすりゃいいんだ!」

オカルト研究会部長「貞子と伽椰子を相討ちさせろ!そしたら呪いは消える!」

男「分かった!貞子!あいつを襲ってくれ!」

貞子「·····」コクッ!

貞子が親友2に襲いかかる!

親友2「ふぁっ!」

伽椰子「·····!?」ギラーン!


貞子と伽椰子が激しくぶつかりあう。

親友2「ひぃぃぃぃ!何でこんなことすんだよ!」

男「部長!次はどうするんだ!」

オカルト研究会部長「あとは待ってろ!すぐに消える!」

すると徐々に両者の体が薄くなっていきそして消えていく·····

男「終わったか·····」

親友1「ふぅー怖かったぁ。」

親友2「悪いことした気がするぜ···」

第4 化け物には化け物をぶつけるんだよ。 完


次の短編SS 安価下1

1 勇者ポルピー 水の四天王と対決

2 別の短編SS

3 短編SSリクエスト SSの名前を書いてください。

4 僕の考えたコロシアイ

5 僕の考えたスーパーコロシアイ

6 僕の考えたニューコロシアイ



怠け者の少年「今日は夏休み最後の8月31日、夏休みの宿題やってない!うわーん!どうしよう!」

怠惰の悪魔「宿題なんかしなくても····いいだろぉ!」

真面目天使「いけません!意地でも一気にやるのです!」

怠惰の悪魔「安価下1をして遊ぼうぜー!」

真面目天使「私が安価下2を貸してあげます!これで国語の宿題をやってください!」

天使と悪魔みたいな対立意見のパターンさっきもみたぞ

誰かが迷ってるっぽいタイトルだと悪魔と天使を出してしまう·····
98VS77! 悪魔の勝利!

怠惰の悪魔「うぃー!楽しいー!」

怠け者少年「うん!そうだね!」

真面目天使「もう!安価下1を貸しますからちゃんと算数の勉強をしてください!」

怠惰の悪魔「なぁなぁ!次は安価下2して遊ぼうぜぇ!」

妹「おいクソにぃ! お前どうせ今年も宿題ためてんだろ!? あたしが勉強見てやるよ!」
姉「あら、弟は私とお勉強するのよ。頭のいいあなたでも、さすがに学年が上の勉強はわからないでしょう?」
妹「ぐぬぬ……」

みたいなことやれば俺は嬉しい


00VS2 天使の勝利!

真面目天使「そうです、ここをこうするんですよ。」

怠け者少年「ありがとう!分かりやすいよ!」

怠惰の悪魔(グヌヌヌ·····)

怠惰の悪魔「次は安価下1して遊ぼうぜぇ!息抜きも必要だろ!」

真面目天使「駄目です!安価下2を貸してあげますから理科の勉強をしましょう!」


シミュレーション入門(86)VS自殺(20)

天使の勝利!

真面目天使「フフフ·······」

怠け者少年「スゴいよ!スラスラ解けちゃう!」

怠惰の悪魔「グヌヌヌ······最後に安価下1して遊ぼうぜぇ!」

真面目天使「いいえ!このまま安価下2を貸してあげますから社会の宿題も終わらせましょう!」

チーン!48VS36! 悪魔の勝利!

怠惰の悪魔「どうだ!死神の霊体離脱は最高に興奮するだろ!」

怠け者少年「うん!死神さんありがとー!」

死神「いえいえ、それほどでも···」

怠惰の悪魔「これで2対2 引き分けだな。」ニヤリ

真面目天使「むぅー!次は負けませんよ!」

怠け者少年「zzzzz」スッー

第5 夏休みの8月31日(以下略) 完


SS5個 突破記念! ということでちょっとゲームスレっぽいのをしてみます。

クロノスの大冒険 テストプレイ

ご察しのとおり某ジャンプ漫画の二次創作ゲームのリスペクトゲームスレである。

目標 7つのダンジョンを突破しよう!

今回挑むダンジョン コンマ下1

1から2 エグゼイドの迷宮

3から4 ブレイブの迷宮

5から6 スナイプの迷宮

7から8 レーザーの迷宮

9から0 ゲンムの迷宮




4 ブレイブの迷宮 
階層 20階

時間帯は40話 

クロノス「ん······ここは····」

仮面ライダークロノスこと壇正宗が目を覚ます。

クロノス「ここはどこだ·····!?」

クロノス(私が変身できている····つまりクロニクルガシャットは再生したということか!)

クロノスの初期ステータス

体力 250

攻撃翌力 コンマ下1

ブロック コンマ下2

スピード コンマ下3




辺りを見回すとカバンが落ちていた。

クロノス「なんだこれは·····」

クロノスが手にしたガシャットまたはガシャコンウェポン コンマ下1から3

71から00はトロフィーガシャット

おっ、また結果の分からないコンマか
70以下はどうなんだよ


答え 1から70はおたのしみ

残りのガシャット コンマ下1から2

アイテム

ガシャットトロフィー

ガシャットの使い道
発動 効果を発動します、ガシャットは消えてしまいます。
装備 1から3のスロットから装備できそれぞれ効果が違います。


初期アイテム一覧

ガシャットトロフィー×2
13個集めるとクロニクルガシャットをゲットできる。

No.14ジュージューバーガーガシャット

発動した時の効果 体力の全回復
スロット1 ケチャップキャノン
ライダーに大ダメージ
スロット2 マスタードキャノン
バグスターに大ダメージ
スロット3 パンズカッター
3体のモンスターにダメージ

ジュージューバーガーガシャットをどこに装備しますか? 安価下1

装備しないもOK

スロット

1 無し
2 無し
3 無し


訂正

ガシャットトロフィー× ガシャットロフィー○

安価は下にずらしてください。

既に取ってある場合はそれを採用

とりあえず1にさせていただきます。
1にジュージューバーガーガシャットを装備しました。

クロノス「ガシャットロフィーとガシャットか·····有効活用させてもらう·····」

ブレイブの迷宮 1階 1/3

発生イベント コンマ下1

1から3 敵

4から6 アイテム

7 仲間

8 時間停止ボタン

9 クロノス攻略クエスト

0 階段



敵が現れた! 2

クロノス「なんだ·····」

現れた敵 コンマ下1

81から00は戦闘員 戦闘ショートカット

敵ステータス

エグゼイドレベルX
レベルXXに変身する前のエグゼイド
ステータス
体力 10
攻撃翌力 10
スピード 10
ブロック 5

エグゼイド「·····」

クロノス「マイティブラザーズXXだと····」

スピード クロノス→エグゼイド

クロノスの行動 安価下1

1 ケチャップキャノン

2 基本攻撃


ゾロ目! 2×3 ガシャットロフィー6個ゲット!

基本攻撃 相手に1桁コンマダメージ

クロノス「食らえ!」

クロノスの基本攻撃によるダメージ 1桁コンマ下1+23

短編SS書けよ
スレタイ詐欺じゃねえか

5階くらいに行けば一旦中断できるゾ。

エグゼイド 完全撃破 

全てのステータスが3アップしました。

クロノス「んっ?」

ドロップしたアイテム 1かり70は普通のアイテム 71から00はガシャットロフィー×6 コンマ下1

短編SSを書きます、安価も取ります→ほぼ全部安価取ってる上にそれをコピペしてるだけのカスみたいな内容
記念にゲームっぽいのをやります→結局いつもの乱立放り投げスレと同じような糞安価SS(のようなもの)

このクソみたいな乞食っぷりには辟易しますわ

ってか「某ジャンプ漫画の二次創作ゲーム」ってなんだ?もしかして『トルネコの大冒険』?
トルネコはドラクエ外伝だから「ジャンプ漫画」の二次創作ゲームじゃないし、そもそも二次創作の使い方も間違ってる
そもそもトルネコ(ってかローグライク)のリスペクトなんて欠片も感じないシステムだし、舐め腐るのもいい加減にしろやボケ

クロノス風に言うなら「今こそアホは極まれり!」って感じなだな、本当に馬鹿過ぎる

ディアボロの大冒険なんだよなぁ·····

8 ギリギリチャンバラガシャット
効果 ギリギリチャンバラ属性のバグスターを即死させる。
1 一刀流 相手に1桁コンマ×2のダメージ
2 二刀流 相手に1桁コンマ×5のダメージ
3 三刀流 全体攻撃

どのスロットに装備するか 安価下1 2か3

おっと、そんなのもあるのか、そいつはスマンかった
ってか>>1みたいなカスにローグライクなんかやれる知能があるとは思わなかったわwwwwメンゴメンゴwwwwww



どのスロットに装備するか 2から3 安価下1

100レスいくまえにこのスレも放り投げるに100万ジンバブエドル


第1階 2/3

クロノス「~~~~~♪」

次のイベント コンマ下1

1から3 敵

4から6 アイテム

7 仲間

8 時間停止ボタン

9 クロノス攻略クエスト

0 階段

3 敵!

クロノス「またか······」

出会った敵 コンマ下1 81から00は戦闘員


敵の種類をあんこで判定

短編SSのリクエストは募集中だゾ。

リクエスト短編SSのタイトル 安価下~ 

安価の連投OK 

例 コンドームの使い方


No.2 エグゼイドレベル2

ステータス

体力 10
攻撃翌力 5
ブロック 5
スピード5

エグゼイド「········」

クロノス(馬鹿な!?エグゼイドはさっき確かに『絶版』した筈だ!)

行動 クロノス→エグゼイドレベル2

クロノスの行動 安価下1

1 ケチャップキャノン

2 二刀流

3 基本攻撃


あんこで決定 

1から3 ケチャップキャノン

4から6 二刀流

7から0 基本攻撃



二刀流 相手に1桁コンマ×5

クロノス「まぁ····いい再度『絶版』するまで····」

クロノスの二刀流!

ダメージ 1桁コンマ下1×5-5+26

ゾロ目 ガシャットロフィー5×2=10 ガシャットロフィーを10個獲得しました。

合計 18

相手に46ダメージ エグゼイドを撃破しました。 クロノスの全ステータスが3アップしました。

クロノス「んっ·····?」

ドロップしたアイテム あんこ 81から00はガシャットロフィー×2


No.4 爆走バイクガシャット
効果 バグスターの消滅
スロット1 対ライダー用車輪 
ライダーに大ダメージ
スロット2 対バグスター用車輪
バグスターに大ダメージ
スロット3 爆走エンジン
必ず最初に攻撃できる。

スロット3に爆走エンジンを装備します。

現在のスロット

1 ケチャップキャノン ジュージューバーガー

2 二刀流 ギリギリチャンバラ

3 爆走エンジン 爆走バイク


ガシャットロフィーが13個集まったのでクロニクルガシャット(クロノス用)をゲットしました。

残りのガシャットロフィー 5

クロノス「爆走バイクと·····仮面ライダークロニクルか·····」

クロニクルガシャット(クロノス用)を使用しますか? 安価下1

1 使用 2 使用しない。

効果 クロノスの強化 階層を10階層飛ばす

ちなみにクロノス用の仮面ライダークロニクルガシャットは装備することができません。


クロノスの全ステータス+20

1→11階 

クロノス「な、なんだ·····」

クロニクルの起動と同時に地震の様な物が発生しクロノスがブラックホールの様な物に吸い込まれていく····

クロノス「な、なんだこれは!グアッー!」

ブレイブの迷宮1から5階編 6から10階編 次回へ続く



ちなみに一個短編SSがおわるごとに一階ごとに進めるゾ。

例 11階で終わる→短編SSをやる→12階になる。

次の短編SS 安価下1

1 勇者ポルピーシリーズ

2 SSリクエスト SSの名前を書いてください。


第8 学校の怖い噂 トイレの花子さん 現在のテストプレイの階層 13階

親友1「よっしゃあ!来たぜ!深夜の学校!」

親友2「さっそく探検だ!」

男「会長がいるからいいけどあんまり無茶すんなよ!」

オカルト部会長「クク······」

探索中に起こった事 安価下1

3階 女子トイレ前

男「深夜だからって女子トイレ入っちゃ····駄目だろ!」

親友1「じゃあ誰が入るかジャンケンで決めるか?」

親友2「そうしよう!そうしよう!」

オカルト部部長「ククク·····」

四人「「「「ジャンケーン!ポーン!」」」」

誰が行くか コンマ下1

1から3 男

4から6 親友1

7から9 親友2

0 オカルト部部長


親友2「大丈夫だ!こう見えても俺は悪霊を騙した男だ!」

男「頑張れよー!」

女子トイレ 3階

親友2「三回ノックすりゃいいんだろ·····」コンコンコン

親友2「花子さん遊びましょう!」

現れたのはコンマ下1

1から5 リアル花子さん

6 男の妹

7 ギャルとその彼氏

8 黒ギャルとその彼氏

9 ボイスレコーダー

0 何もない···


何もない······

親友2「あの噂デマだったのかよ····」

親友2「しかも便所汚いし·····」

親友2「おーい!誰もいなかったぞ!」

親友2「あれっ、皆?どこいったんだー!」


すると紙きれが落ちてありそこに以下の内容が書かれてあった····

遊びましょう····

親友2「ど、どういうことだよ····俺のことからかってるんじゃねぇだろうな!」

親友2「とりあえずどうする····」

親友2がどこへ行くか 安価下1

外へ出るも可能

とりあえずつけてみたゾ。
これなら別人に間違えられる心配も無し

親友2「巫女ちゃん!」

親友2「開けてくれぇ!」

巫女「こんな深夜にどうしたんですか·····」

親友2「何か変なのとりつかれちまったみたいなんだ!なんとかしてくれ!」

巫女「お払いですね、分かりました。」

親友2 お払い中


親友2「ふぅ····これで少しは楽になったぜ····」

巫女「おやくにたててなによりです。」

親友2「それよりも···あいつらを何とかしないとな····」

学校の怖い話 トイレの花子さん 完 続く?

次の短編SSの名前 安価下1


次の短編SS 安価下1

1 勇者ポルピー

2 SSリクエスト SSのタイトルを書いてください。


次の短編SS 安価下1

1 勇者ポルピー

2 リクエストSS 短編SSのタイトルを書き込んでください。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom