エレン「この長い髪を切る頃には」(993)



*続編です。ミカサ「この長い髪を切る頃には」の続き。今度はエレン視点で書いていきます。

*現パロです。現在、エレンの髪がちょっとずつのびてます。(ミカサよりちょい長め。小さいしっぽ有り)

*舞台は日本ですがキャラの名前は基本、カタカナのまま進めます。漢字の時もあるけど、細かいことは気にしない。

*実在の人物とかは名前やグループ名等をもじってます。時事ネタも有り。懐かしいネタもちらほら。

*原作のキャラ設定は結構、崩壊。パラレル物苦手な方はご注意。

*原作のキャラ性格も結構、崩壊。原作と比べて「誰だてめえ」と思った方はそっと閉じ推奨。

*レスに対するお返事レスは返せない事が多いかも。体力温存の為。無視してる訳じゃないんで、OK?

*安価以外の提案は基本拾えません。もし展開が被ったら読者に先を読まれたって事。OK?

*感想は毎回有難い。でも自分の妄想話を書くのはNG。読んでいる人が混乱するから。本編と混ざると話の筋が追いづらくなるよ。

*ラスト100レスは完成する迄、レス自重お願いします。レス足りないと思ったら書き手としてプレッシャー過ぎる。(ガクブル)

*現在、ジャン→ミカサ、オルオ→ペトラ→リヴァイ←ニファ リヴァイ(?)→ハンジ←モブリット ライナー→クリスタ←アルミン←アニ(?)←ベルトルトあたりもちらほら(?)見えてます。というか、そのつもりで書いてます。

*しかし基本はエレミカ(ミカエレ)です。エレンから告白しちゃったしね。前回。

*モブキャラも多数出演。オリキャラ苦手な方もご注意。キャラ濃い目。



*そんな訳で、現在設定しているオリキャラをざっとご紹介。

マーガレット(2年生♀)→演劇部大道具リーダー。漫画描ける。腐ってる女子。

スカーレット(2年生♀)→演劇部大道具。立体造形専門。ロボットもいける。

ガーネット(2年生♀)→大道具大道具兼衣装。コスプレ好き。

アーロン(2年生♂)→役者。元野球部。高校から演劇始める。

エーレン(2年生♂)→役者。元サッカー部。高校から演劇を始める。

カジカジ(1年生♂)→役者。名前にちょっとコンプレックス有。

キーヤン(1年生♂)→役者。歌はうまい。

マリーナ(1年生♀)→役者。少年の声が出せる。ナレーションうまい。


*モブキャラが多いのは演劇部のメンバーが足りなかったからだよ。(主要キャラ全部演劇部員にするのも変だしね)

*原作のモブの名前が判明すれば……途中加入もあるかもです。

*あ、外伝のキュクロとシャルルも出てます。二人は野球部投手とマネージャー。


*そんな訳で、現パロ(エレン視点編)を始めます。OK?

よし、ちゃんと新しいスレ立てられたので、
問題なく続き書いていきます。

……が、とりあえず今日はここまで。寝ます。またね。

>>1
後提案キャラクターを考えただが、
ジャック
天真爛漫元気一杯の高校生。エレンを尊敬する青年。
クイン
ミカサの友達で優しい高校生。マーガレットの中学時代の同僚。
スペド
人に対する行動が多いミカサ達の先輩。部活の時だけ、仲間思いをする。
ディア
女たらしの困った先輩。ユミルに一目惚れをしている。
名前の由来はトランプから来てます。ぜひこのキャラクターを登場させてください。

>>3
うん。却下です。
安価取ってないのに、設定持ってこられても困る。
こっちにはこっちの予定がある。
新キャラは、今のところ募集してないです。

安価って言葉の意味、もしかして知らないのかな?
安価はこっちからリクエストを受け付けるという意味合いで、アンケートを取る事。
なので安価は基本絶対。そして責任重大。
よほどの理由がないと安価の内容は変更出来ない。

それ以外の時に、そういう設定や、自分の案を出されても困るんだ。
私は私の思う萌えを書きたい。そのために集中したい。

本当は寝たいんだが……これ以上、負担をかけないで欲しい。

>>1
に書いた、

*安価以外の提案は基本拾えません。もし展開が被ったら読者に先を読まれたって事。OK?

というのは、

個人的な妄想や設定の案を持ってこられても、それを採用できません。
って言う意味で書いてたけど、伝わらなかったのかな?

基本、拾えないというのは、
たまには案がかぶっちゃう場合もあるかもしれないけど、
それを変更せずに書いちゃうこともあるって事。

その人が提案したから書くわけじゃない。偶然という事もある。

文章の書き方って難しいね。意味がなかなか伝わらないかな…。

>>6
確かに無理な可能性がありますが貴方は今まで俺のキャラクターを脇役扱いをしてたじゃないんですか。俺の新しいスレッドにキャラクターを提案したら必ず載せるからどうかお願いします。

貴方は自分ばかり決めて楽しいですか?

>>7
貴方は今まで俺のキャラクターを脇役扱いをしてたじゃないんですか。

した覚えはないです。

>>8
そもそも、自分が決めて書くから楽しいんです。
あなたに決められると不快です。迷惑です。予定が狂います。

ここはリレー小説のスレではありません。
どうもリレー小説の方とごっちゃにしているようだけど、
ここでリレー小説、SSと同じような扱いをしてもらっては困ります。

私はあくまで、

『進撃の巨人』のキャラクターがもしも高校生だったら。

という現代パロディの「自分の妄想」を書きたい。そしてエレミカを愛でたい。
そのために書いてるのであって、あなたの為だけに書いている訳ではない。

他にも読んでいてくれる方がいらっしゃる。
ので、そういう設定などの提案等は受け付けられません。

これ以上、設定の押し付けをされても、今後はスルーします。
読んでいる方は読みにくいかもしれませんが、
面倒臭いと思うかも知れませんが、私はマイペースに、
出来た時に出来た分に一気にどかっと投下するので、宜しくお願いします。

オレは馬鹿だ。誰よりも馬鹿だ。

どんなに後悔しても、時は戻らない。

オレより、馬鹿な人間なんて、この世界にいるのだろうか?

そんな風に思ってしまうほど、この日のオレは落ち込んでいた。何故なら、大ポカをやらかしてしまったからだ。

あの日、演劇大会の帰宅の時、オレはミカサに告白してしまった。隠していた気持ちを伝えてしまった。

何故なら、あの時のオレは演じた「レナ」の心境とシンクロしてしまっていたからだ。

以前、オレとミカサは海に遊びに行った後、バスの路線を間違えて、うっかり旅館に泊まる事になってしまった。

あの時、オレは自覚した。ミカサで自分の下半身が反応してしまった事を。

そしてそれをミカサにも見られていた。だから、バレていたと、思っていたんだ。

そう、レナ王女と同じく「秘密がバレていた」んだとばかり思っていたんだ。

だからもう、これ以上は誤魔化さないで、伝えてしまおうと思った。

思ったのに………。

ミカサ『え? ああ……そうね。私も好き』

案の定、一回目では意味が通じなかったようだ。

エレン『いや、じゃなくてな』

エレン『ミカサ、オレの言ってるのは、その……レナがタイ王子を好きになったような、いや、タイ王子がレナを好きになったような、好き、なんだが』

オレはちゃんと誤解のないように言った。すると、やっと意味が呑み込めたのか……

ミカサ『ああ……………ええ?!』

と、時間差で驚いた。あ、やっと通じたな。

ミカサ『それって、私の事を、女として、好き?』

エレン『ああ』

ミカサ『エッチ、したいの?』

エレン『あー今すぐじゃねえけど。出来るんだったら、してえかなって』

ミカサ『……………』

ミカサはポカーンと口を開けたままだ。

あーあ。遂に言っちまった。でも、妙にすっきりしているのも本音だ。

あの時の、レナのように。素顔を晒した、彼女のように。

しかし、ミカサの次の言葉で、オレは自分の告白が早計だった事を知る。

ミカサ『………………気づいて、なかった』

…………ん?

いやいやいや、待ってくれよ、ミカサ。

全く気づいてなかったとか、それはあり得ないだろ?

だって、お前、見ただろ。あの日、あの時、あの場所で。

オレの下半身、テント張っちまってるの。

便所に逃げ込んだから、分かるだろ? 便所行く直前、見てただろ?

エレン『え……でも、あの時』

ミカサ『あの時?』

エレン『オレと一緒に旅館泊まった時、見てただろ? オレのここ』

と、恥ずかしいが一応、あそこを指さす。しかしミカサは即答だった。

ミカサ『いいえ』

エレン『え?』

ミカサ『というより、あの時の事は、かなり意識がフワフワしていて、細部が思い出せないの』

エレン『えっ………』

って事は何か? オレの勘違い?

劇中で言うなら、実はタイ王子がド近眼過ぎて秘密がばれてませんでした?

みたいなもんか?

見てたけど、見てなかった? え?

そんな感じか? じゃあ、ミカサは、本当にオレの気持ちに気づいてなかった……?

そう、思考が回った瞬間、青ざめた。ふらっと。

そ、そんな………じゃあオレが今、言ったのって、言い損か?

言わなければまだ、隠し通せた? あ、あははははは………。

ミカサ『でも、ジャンと仲良くすると何故か、エレンがやきもち焼いてるのは気づいてた』

エレン『そっちは気づくのか! だったら分かっててもよさそうなもん……』

ミカサ『でもそれは、なんというか、お母さんが取られて寂しい……みたいな? そんな感情? に近いのかと思ってた。

おー……。そうか。そんな好意的な解釈……って、ねえだろ。

ああ、もう。これは完全にオレの凡ミスだ。

言うタイミングが早すぎた。というより、言うべきじゃなかったんだ。

エレン『…………』

ミカサ『……………』

エレン『あの……』

ミカサ『今日はもう疲れたので、明日考える』

エレン『そ、そうか……』

ミカサ『先に部屋に戻る。おやすみなさい』

エレン『お、おう………』

……………。

以上が昨日の顛末だ。ほらな? オレ、馬鹿だろ?

布団の中で反省中だ。猛反省中だ。

ちなみに睡眠はとってない。一切な。徹夜だ。眠れる訳ねえだろ。

口が滑ったと言うべきか。それとも昨日の演劇の熱気に酔ってしまったというべきか。

なんか、あの時のオレ、ハイテンションになりすぎてたんだよ。

今までの自重が全部、パーだ。

ちなみにいつからオレがミカサの事、気になってたか。教えてやろうか?

アレは、ミカサと初めて出会った時の事だ。

あの日から、丁寧に説明してやるよ。

……という訳で、新キャラは出ません。
だってここからはエレンの回想だもの。
エレンがいかにミカサを愛でていたかを、書いていくんだもの。
元々、そういう予定だったんだ。てへぺろ☆

だから、前スレのミカサ「この長い髪を切る頃には」と
同時に読んでいってもいいよ。振り返ってみようぜ。というスレです。

では、続きはまた。






あれは忘れもしない。3月21日の事だった。

春休みが始まって気が緩んでいた中学卒業したてのオレは、その日の前日、いきなり親父に「明日、大事な話がある。父さん再婚するから」と報告された。

ああ、相手は多分、あの人だよな。写真とかで顔は知ってる。

実際会うのは初めてになるが、おっとりとした雰囲気の優しそうな女性だったのを覚えている。

その人を交えて紹介を兼ねて食事会をするという話になったので、オレは親父に前もって言われた店に向かっていた。

しかし初めて来る場所で、ちょっと……道に迷ってしまったんだ。

エレン「あれー? ここで合ってるよな?」

と、地図を片手に確認しながら歩いていたら、道の途中で何だか険悪な空気を感じた。

道の向こうで、女の子がガラの悪そうな男達に絡まれていたのだ。

綺麗な女の子だと思った。長い黒髪の、切れ長の瞳。

芸能人で言うと誰に似てるかな。あ、マキ・ホリナミとか、アイ・ハシウエとか?

そんな感じのボーイッシュな感じでもあったけど、体のバランスは、こう、いい感じにボン・キュとしている。

華のある女の子だと思った。家宝塚(女だけの劇団学校)とかでも活躍出来そうな感じの背の高めの女の子だ。

そして時計をチラチラみている。あまり時間がないんだろう。

不良達に絡まれて「面倒臭いな」というのが顔にありありだった。

オレもこの時、本当は急いでいたし、放っておくべきだったんだろうけど。

…………あー、なんていうか、理性より感情が先に動くってやつか?

頭の中で本当は「こうしなくちゃ」と思ってても、感情が邪魔して、手が出たり、行動したりする時がある。

その時のオレがまさにそれで、考えるより先に行動しちまった。

オレはそのグループに自分から声をかけたんだ。

エレン「おい、そこのお前ら」

不良少年1「あ? なんだてめーは」

エレン「迷惑してんだろ。離してやれよ」

不良少年1「は? お前、この子のなんなの?」

エレン「…………か、家族だ」

ちょっと無理やりすぎるかな。まあ、いいや。

不良少年2「はあ? 嘘つけ。顔、全然似てねえだろ」

エレン「で、でも家族なんだよ! よ、よく見れば似てるところもあるだろ?!」

すまん。いきなりの嘘で。他にいい訳が思いつかなかった。

とにかく追っ払う口実さえ作れればそれでよかった。

エレン「つか、いい加減にしろよてめーら。人の時間を奪ってんじゃねえぞ!」

不良少年2「はあ?! 奪ってるのはそっちなんですけど?! 邪魔すんじゃねえよ!」

エレン「邪魔してんのはそっちなんだよ! この子はこの後、用事があるんだよ! てめーらに構っている時間なんてねえんだよ! いいから離せっつってんだろ!」

オレが時間を稼げば、その間に逃げてくれるだろう。

そう思ってオレは特攻をかけた。だけど、相手の方が一枚上手で喧嘩慣れしていた。

しまった。奴らにマウントポジションを取られ、両顔をボコボコにされ始めた、その時、

ゴス! ガッ! ボッ!

風が鳴った。

風を切る音が響いて、そいつらは時間差で地面に堕ちた。

………え?

今、この女の子が倒しちまった? のか?

ミカサ「………ごめんなさい。手助けが遅れて。まさかあなたが先に手を出すなんて思わなかった」

助けた筈が逆に助けられてしまった。

いや、その……ごめんなさい。一瞬だけ、パンツ見えました。

……じゃねえよ!

エレン「いや……つか、なんつー強さだよ」

ミカサ「あなたの方こそ少し無謀過ぎる。お節介は嬉しいけれど時と場合による」

エレン「ふん……男として間違った事はしてねえよ」

この時のミカサは正装のワンピース姿だったんだ。

だから彼氏か? 誰かと待ち合わせなのかな? とも思ったんだよ。

エレン「腕時計をずっとチラチラ見てたしな。傍から見て困ってたように思えたから。待ち合わせに遅れそうになってんのかと思ってさ」

ミカサ「うん。正解。ありがとう。そこまで気遣ってくれて」

女の子らしい格好とそのハイキックのギャップにオレはうっかりドキドキしていた。

エレン「いいって。オレもこの後に用事があるし、そういう時、邪魔されるとイライラすんだろ?」

ミカサ「え? あなたも用事があるのに助けてくれたの? いい人なのね」

エレン「あ………ま、まあ……遅刻したら相手に謝るしかねえけどな。じゃあな! オレも急ぐから!」

誤魔化すようにオレはその場を後にした。あの子も忙しなくその場を去る。

ああ、やっぱり急いでたんだな。無理をして正解だった。

あの子がデート(?)に遅れない事を祈る。

さて、オレも自分の用事を急ごうっと。








エレン「親父! 遅れてごめん! ちょっと道に迷っちまって!」

ミカサ「!」

エレン「!」

親父のくれた地図が分かりにくかったせいで遅れて滑り込んだら何故かあの子がそこにいた。

えええええ? 何でだ? 何でここにあの子がいるんだ?!

グリシャ「エレン。いいから座りなさい。早く」

エレン「ああ、すみません……(ペコリ)」

とりあえず遅れた事を謝罪してオレは席に着いた。

グリシャ「息子のエレンです。そちらのミカサさんとは学年が同い年になると思います」

ミカサの母「まあ、とても愛らしい息子さんですね」

うっ。またか。けっこう言われるんだよな。

オレ、死んだ母さんに似たせいか、たまにだけど女に間違われる事もある。

名前も「エレン」だろ? 女性名に多い名前だからか、余計に。

まあ、オレの親友の「アルミン」に比べたらその頻度は少ないけど。

グリシャ「いやいや、愚息ですよ。こんな席にも遅刻してくるような息子ですし」

エレン「だから、道に迷ったって言ってるだろ?! 大目に見てくれよ」

ミカサ「私も迷ったので、同罪です」

ウインク、を一回だけ貰って合図された。どうやらさっきの事は伏せているようだ。

まあその方がこっちも有難いけどな。

ミカサの母「まあまあ、いいじゃないですか。今日はいろいろ、お互いの事を話しましょう。今後の事も含めて……」

グリシャ「ですね。エレン、新しい家族になる二人とちゃんと仲良くするんだぞ」

エレン「………それはそっちの出方次第だけど」

グリシャ「こら、エレン」

エレン「ふん……まあ、女だし、守ってやろうとは思うけど?」

なんとなく、この「エレン」という人がどんな人間なのか分かってきた気がする。

ミカサ「ふふふ………」

くそ! さっきの事、思い出してやがるな!

あれはなあ、ちょっと油断しただけだ!

適当に時間稼いだら、オレも後で一人で走って逃げるつもりだったんだよ!

グリシャ「全く……そんなんだから、友達も一人しかいなんだぞ、エレン」

エレン「別にいいだろ。一人いれば。アルミンと仲良くやってるし」

グリシャ「そうは言ってもね。今年の春からは高校生になるんだし、中学生の時のままの交友関係じゃいけないよ」

エレン「んー……まあ、そりゃそうだけどさ」

グリシャ「そう言えば、そちらのミカサさんは、春からはどちらに?」

ミカサ「講談高校です」

エレン「なんだ。俺と同じ高校か。じゃあそんなに頭良くねえな」

エレン「頭よかったら、集英の方に行くだろ」

グリシャ「こら、エレン」

父さんに怒られた。いけね。ちょっと言い過ぎたか?

でも、事実だもんな。これ。学力だけで言えば集英の方が上なんだ。

>>30
訂正。


なんとなく、この「エレン」という人がどんな人間なのか分かってきた気がする。


これカットです。ミカサ視点混ざってる。代わりに、

男だしな。女は守るもんだろ。

というエレンの心境が入ります。
エレンは女の子守るヒーローだからね!
失敗することもあるけどね!

この時のミカサは思えば何かちょっとだけ変だったな。

今思うと、この時のオレはすっげえ失礼な事を言っちまった。反省してる。

だってミカサは学力で言えば集英レベルだったのに、事情があったせいでそっちに行けなかったんだ。

でも当時のオレは空気読めないアホだったから、悪びれもしないで話をそのまま続けた。

エレン「なんだよ。事実だろ? この辺は頭いい奴、皆、集英に行くしな。アルミンは集英に行く学費がなくて泣く泣く諦めたけど。そういう事情がない限りは集英に行くだろ?」

ミカサ「その、アルミンというお友達も講談?」

エレン「そうだな。アルミンは特待生扱いで講談に入った。多分、首席になるんじゃねえのかな?」

後でアルミンとミカサがほぼ同じ学力だっていうのを知った時は本当に驚いた。

ちなみにアルミンはやや理系で、ミカサがやや文系のオールラウンダータイプというのは既に周知の事だな。

しかしこの後、アルミンがインフルエンザにかかっちまって、ミカサが代わりに壇上にあがってスピーチの失敗をやらかすんだよなー。

あの時は代わってやれるなら代わってやりたかったぜ。本当、可哀想だった。

エレン「アルミンみたいな特別な例を除けば、講談に来る奴は皆、頭悪くて運動神経のいい奴ばっかだよ。講談はスポーツに力入れてる学校だからな。全国制覇も何度かしてるし、そっちの方じゃ有名だ」

ミカサ「という事は、エレンも運動神経は良い方なのね」

エレン「まあまあかな。全国レベルって訳じゃねえけど」

ミカサ「そう。では、部活にも入るの?」

エレン「おう! なんか面白そうなのがあれば入るつもりだ」

ミカサ「一緒に、見て回ってもいいだろうか?」

エレン「いいぞ。じゃあその時、アルミンもついでに紹介するわ」

ミカサ「是非、お願いする」

そうそう。後でミカサがアルミンを女の子と間違えたのも、まあ今思うと笑い話だな。

いや、間違われる頻度は多いけど。あの時のアルミン、落ち込んでたっけ。

そんなこんなで食事会はそう長い時間は行わず、適当な時間で切り上げた。

初めての体面だったしあんまり長く話すのも疲れるしな。

家に帰ってからオレは父さんと話した。

エレン「父さん………」

グリシャ「ん? なんだ?」

エレン「ミカサの部屋、東側の空いてる畳の部屋でいいんだよな?」

グリシャ「空いているのはそこだね。掃除をしておかないとね」

エレン「いや、それはオレがやっとく。父さんは忙しいしな」

グリシャ「ふむ。では任せるよ。エレン」

という訳でオレはミカサがうちにやってくる予定の3月29日まで念入りに掃除した。

ミカサのお母さんは、父さんと同じ部屋を使う予定だ。

母さんが亡くなってからもう随分時が経ってしまった。父さんが再婚するも自然の流れなんだろう。

相手もいい人そうだ。だから特にオレも反対しなかった。

ただひとつだけ気がかりだったのは、むしろ連れ子のミカサの方だ。

ミカサとうまくやっていけるかな。オレ、女が好きそうな話題とかあんまり知らねえし。

学校でも女子からは割と敬遠され気味だったし、アルミンとばっかつるんでたし、うまくやれるか心配だった。

エレン「んー……とりあえず、ゲームでもやらせてみっかな」

ゲーム嫌いと言われたら困ってしまうが、まずはそこから初めてみるか。

と、オレは計画して、クリアしているゲームの中からいろいろ吟味したりしたのだった。





そんな訳であっと言う間に引越しの日はやってきた。

引っ越し業者がトラックで荷物をどんどん運ぶ。思ったより荷物少ねえな。これなら早く終わりそうだ。

ミカサが何故かベランダでニヤニヤしていた。ベランダには何も置いてないんだけどな。

ミカサのツボをつく何かがあったんだろうか? と、この当時は思っていたが、後でその理由が判明する。

ミカサはこの広いベランダで雨の日でも思いっきり洗濯物を干せるという事にテンションが上がっていたそうだ。

アパート暮らしだったから、そういうのが今まで出来なかったらしい。

そういうもんなのか? 良く分からんが、まあニヤニヤされるのは悪くない。

エレン「おー終わったか? ミカサ」

ミカサ「うん。もうだいたい終わった」

エレン「んじゃ、この後は昼飯だ。そば食うぞ」

引越しをしたらそばを食うのは定番だな。理由はねえけど。

オレ達は四人で台所でそばを食べながら今後の事を話し合った。

グリシャ「昼食を食べ終えたら、必要な物があれば追加して買いに行こう。車を出すよ」

エレン「ミカサの部屋、俺より殺風景だったぞ。何か置いたらどうだ?」

ミカサ「そうだろうか?」

エレン「女の子の部屋なんだし……そうだ。カーペットとか、どうだ?」

ミカサ「畳なので要らない」

エレン「いや、色合いを女の子の部屋っぽくしていいって話をしてるんだが」

ミカサ「尚更要らない」

グリシャ「ミカサ、遠慮しなくていいんだよ。欲しい物があったら言って欲しい」

エレン「金なら持ってるからな。父さんは」

グリシャ「エレン、一言多いよ。まあ、事実だけど」

医者だしな。かなり稼いでるって自分で言ってた。

ミカサ「今、欲しい物は特に浮かばない……」

ミカサは遠慮している訳ではなさそうだった。

エレン「そうなのか。んーじゃあ、俺が昔使ってた物とかやるよ」

ミカサ「いいの?」

エレン「捨てるのが面倒で押入れに入れっぱなしだった物がいくつかある」

この際だからリサイクルしよう。それがいい。

ミカサ「では、それでいい」

エレン「おばさんは、何か新しいものを買わなくていいんですか?」

とりあえずまだ「おばさん」と呼んだ。まだ「母さん」とは呼びづらい。

義理の母親だからかな。オレにとっては亡くなった母が「母さん」なんだ。

ミカサの母「ええ。今すぐ必要な物はないわ。私の家にあった物を引き続き使えば済むことよ」

グリシャ「では午後からはどうしようか」

エレン「二人で出かけてくれば? オレ達は家にいるよ」

グリシャ「………喧嘩はするなよ?」

エレン「しねえって! 大丈夫だってば」

グリシャ「じゃあ午後からは分かれて行動するか。エレン、留守は頼んだぞ」

という訳で早速二人の時間だ。とりあえずオレの部屋にミカサを招き入れる。

しかしミカサがオレの部屋に入った途端、眉間に皺が寄った。

ん? 別にゴキブリとかいねえよな。掃除機も一応、かけておいたんだが。

ミカサ「エレン、布団は干すか押し入れに入れないと」

エレン「え? 面倒くせえからいいよ」

ああ、それか。これがオレの標準だからな。

ミカサ「折角天気がいいのだから、今からでもいい。干そう」

ミカサが言うが早いがさっさと持ち上げていこうとした。

エレン「わー! 勝手なことすんなって! 馬鹿、やめろ!」

ミカサ「何を恥ずかしがっているの? 布団を干さない方が恥ずかしいのに」

エレン「そういう問題じゃねえよ。なんていうか、布団なんてたまに干せばいいだろ」

ミカサ「何日に1回のペース?」

エレン「………月一?」

ミカサ「ダニが繁殖しているに決まってる! 病気になったらどうするの」

エレン「死にゃしねえってば! その程度の事で」

ミカサ「信じられない。男の人って皆そうなの?」

エレン「あー…どうだろうな? 父さんは忙しくて家事なんてしてないし、俺もそういう話は他の奴とはしねえから分からん」

ミカサ「エレン、あと部屋の掃除もしよう。ちょっとごちゃごちゃし過ぎている」

エレン「ええ? これが普通なんだけどな……」

ミカサ「普通ではない。絶対、普通ではない。うちの母はまめに掃除をしていた」

エレン「そっかあ……うち、母さん、早くに亡くなったから、その辺はよそと違うのかもな」

ミカサ「え?」

あれ? 父さん、こっちの家の事情話してなかったんかな。

エレン「あれ? 聞いてねえの? 俺の母さん、俺が9歳の時に亡くなってるんだ」

ミカサ「そうなの? 偶然ね。うちは父の方が9歳の時に亡くなっている」

エレン「え? そうなのか。そりゃあ大変だったなあ」

ミカサがこっちに来て正座した。

ミカサ「エレンも大変だったのね」

エレン「ん? まあ、そりゃはじめは大変だったけどもう慣れた」

オレもリラックスして話を続けた。

エレン「母さんがいなくなってからは、口うるさく言う人がいない訳だし、ついつい自分のペースで生きてたんだよな。父さんも忙しいし、父さんはそういうのにはうるさいタイプじゃねえし」

ミカサ「ではこれからは、私が代わりに口やかましく言ってあげよう」

え? ちょっと……それはまずい。

もし勝手に部屋の中を漁られたら見られたらまずいもん、結構ある!

タンスの中とか、エロ本隠してるのに。アルミン経由で貰ったやつとか!

エレン「げげ! それは勘弁してくれよ。オレの世話なんかしなくていい!」

ミカサ「ダメ。私が定期的にチェックしようと思う」

エレン「ううう………参ったな。まさかこんな事になろうとは」

ミカサ「ふふ……」

いかん。主導権を握られる。まずいなこれ。

エレン「…………分かったよ。今度からは真面目に自分で掃除する。この話はおしまい。次行くぞ」

あんまり深くこの話をするのは危険だと察知して話題を逸らすことにした。

オレは押入れを漁ってミカサにあげる予定の物を取り出した。

エレン「カーペットなら前に買った予備があったはず。緑色だけどいいよな?」

ミカサ「構わない。それを敷いておく」

エレン「他には……ああ、使ってないノートパソコンとかもあるな。XPだけどいいよな?」

ミカサ「XP?」

エレン「え? 知らねえの? パソコン触ったことねえの?」

ミカサ「授業でしか、ない」

エレン「まじか……学校じゃどのバージョンだった?」

ミカサ「2000だったような?」

エレン「古! いや、まあ、使えなくはないけど。お前、どんな中学校にいたんだよ」

ミカサ「街からは遠い、割と田舎の方かも」

エレン「そうか……日本もまだまだ発展してねえ学校もあるのか」

ちなみにXPはもう2014年の4月9日迄でサービス終了してるから、ネットには繋げないけどな。

でもソフト関係はXPが一番だ。動作も安定しているし、エクセルとかワードとかを使うのであればXPでも十分だ。

つまりミカサが使ってた2000は、恐らくソフトの勉強用に残ってた奴なのだろう。

うちの中学にそんな古いパソコンあったっけ? とアルミンに聞いたら「一台だけあったよ」との事だった。

何でも、ミカサは人がいいからか、他の人が新しいパソコンを使いたがってるのを見て、遠慮して古いのを使ってたらしい。

もうなんかな、いじらしいよな。ミカサのこういうところ。

あと、シガンシナ区中は、街からは少し離れている。郊外にある中学校だった。

ミカサの住んでいた場所は、校区でいうと端の方で、オレが生活している地域とはちょっと離れていたそうだ。

エレン「じゃあそういうのも含めて俺がいろいろ教える。あ、携帯のアドレスも交換しておこうぜ」

そしてミカサのガラケーが最古のガラケーだというのを知った。

サービス終了したらどうする気なんだ。さすがに買い替えるよな?

まあ、まだ壊れてないからギリギリまで使うらしいが、ミカサらしいちゃらしい。

オレも人の事はあんまり言えないが、今度機会があればスマホにしようかな。

出来ればアルミンと同じ時期に買い替えたい。分からんことあったらアルミンに聞けるから。

エレン「オレも早くスマホにしてえけどな。ついついこいつに愛着があって買い替え時期を逃してるんだよな」

この携帯はアルミンと同じ時期に買ってもらった機種なんだ。

一緒にいろいろ選んで、これにしようぜって、決めたものだから愛着がある。

エレン「お、お前もガラケー族か。じゃあ赤外線使えるな。ほい」

ミカサ「赤外線? どれ?」

エレン「ああ、暫く使わないと忘れるよなーって、おい!」

赤外線ついてない携帯。いつ出た奴か忘れたな。これ。

エレン「これ、相当古い機種だろ?! え……まさか赤外線、入ってないとか?」

ミカサ「よく分からない。とりあえず、電話とメールは出来るけども」

エレン「いや、赤外線はあるだろさすがに………ええ?! ついてねえ?!」

ミカサ「でもちゃんと電話は出来るので構わない」

エレン「お前、これはまずいって! ガラケーの中でも最古の部類に入るって」

ミカサ「まだ使えるので大丈夫」

エレン「いや、明日にでも壊れる可能性あるぞ」

ミカサ「そ、そうだろうか?」

エレン「生きてる事が奇跡だ。その携帯は。物持ち良すぎるだろ」

エレン「いや、そもそもそれに対応するサービスが生きてたって事の方が驚きだ。オレにとっては」

ミカサ「私はそこまで交友関係も広くないし、これで十分なのだけども」

エレン「いや、でも、これ、親父に見せたらさすがに買い替えろって言われるレベルだぞ」

ミカサ「そう……それは困る」

ぎゅっと大事そうに持ってる。ミカサも思い出があるのかもしれんが。

ミカサ「私はこれでいいので。エレンのアドレスに一度、メールを送る」

エレン「あ、ああ………」

このやり方で交換したのいつぶりかな。覚えてねえ。

まあそれでも何とか、ささっと登録してこれでOK。

ミカサとの連絡が携帯で取れるようになった。これで安心だ。

さて、この後どうするかな……。

ミカサ(じーっ)

ミカサが落ち着かず、部屋の中を見ている。

そうだ。こういう時の為にゲームのソフトを吟味しておいたんだ。

エレン「よし、父さんいないし、ゲームするぞ!」

ミカサ「ゲーム? 何をするの?」

エレン「テレビゲームだ。いろいろあるぞ。ミカサは何が好きだ?」

オレは女の子でも出来そうなソフトをいくつか考えておいた。

パズルとか、いいかな? とぼんやり考えていたら、

ミカサ「テレビゲームはやった事がない……」

という驚きの返事だった。

エレン「えええ?! 今時いるんか、そういう奴」

ミカサ「ここに一人いる」

エレン「へー」

こいつは予想の斜め上だった。

だったらちょっとミカサの情報を集めないとな。

エレン「もしかしてミカサはアレか? スポーツやってたとかか?」

ミカサ「やってない。中学は部活に入ってない」

エレン「じゃあ、家の手伝いで忙しかったとか?」

ミカサ「………まあ、そんなところ」

ん? 何かまた、変な顔してんな。

思えばこの時、ミカサは中学時代の黒歴史を思い出していたんだろう。

ミカサが美人なのは分かっていたが、まさか返り討ちにして相手の骨折るくらい強いとは、当時は思ってなかった。

エレン「そっかそっか。だったらオレのいち推しのゲームをしよう」

オレはとりあえず、そういう事なら一押しソフトを出す事にした。

エレン「オレはこの、ICO×ICOっていうゲームが好きなんだ」

ミカサ「イコイコ? どういうゲーム?」

エレン「アクションと謎解きだな。複雑なアクションもあるけどストーリーが泣けるんだ」

ウイイイイイン………

ディスクを読み込んでゲームが始まった。

オープニングが始まり、操作出来るようになるまでしばし待つ。

これは知る人ぞ知る人気のゲームだ。ホラーチックでアクション有、謎解き有、そして最後は泣ける。

まずはオレが見本で動かし方を見せてやる。

このゲームは小さな少年と少女の物語だ。

主人公は木の棒を振り回しながら少女を守って手を繋いで先を進む。

お城の中を探検しながら外の世界に出ようとするけど、黒い影に阻まれて油断するとすぐ少女が攫われる。

ミカサ「む、難しそう……」

エレン「慣れるまでが大変だった。やってみるか?」

とりあえずやらせてみる。すると、

エレン「馬鹿! 少女を奪われたら、他の黒い影は無視しろ! 急がないと穴の中に吸い込まれるぞ!」

ミカサ「え? そうなの?」

エレン「急げ! 黒い穴に吸い込まれたらゲームオーバーだ!」

このゲームの肝であるここを、何度もクリアするのがこのゲームの醍醐味だ。

おお、うまいうまい。ミカサ、初めてにしてはアクションうまいな。

ミカサ「ドキドキした……」

エレン「間一髪だったな」

ミカサ「こんなのがずっと続くの? 心臓に悪い」

エレン「それがこのゲームの醍醐味だからな」

ミカサ「そうなのね。分かった。気をつける」

話を進めると謎解きがある。案の定、立ち往生だ。

ミカサ「? 何をすればいいの?」

エレン「ここを渡るには普通の方法じゃダメなんだ。頭を使って、岩とかを運んで道を作る」

ミカサ「なるほど」

エレン「初見じゃ難しいよな。ここはオレがやってやるよ」

ここをやらせると時間取られるのでオレが代わりにやってやった。

アクションはミカサ、謎解きはオレがやってコントローラーを交互に交替していく。

ミカサは集中してやってる。とりあえず、それなりに楽しんでいるようだ。

ミカサ「あ………エレン、もうこんな時間」

おっと、時間が過ぎるのは早いな。もう夕方だ。

エレン「あ? 本当だ。しょうがねえ。セーブすっか」

セーブして一旦区切る。続きはまた今度だ。

ミカサ「初めてゲームをやったけれど、面白かった」

エレン「初めてにしちゃ上出来だよ。ミカサ、運動神経いいのか?」

ミカサ「た、多分……」

あれだけのハイキック。そうとう運動神経がいいんだろう。

エレン「なるほどな。通りでアクションうまい筈だ。慣れるのオレより早かったぞ」

ミカサ「そう?」

エレン「んーだったら、アクション系のゲームがミカサには向いてるかもな。オレがいない時でも、好きなのあったら勝手に遊んでてもいいぞ」

ミカサ「いいの?」

エレン「いいよ。うちにあるのは一通りクリアしてるソフトだしな。全クリしてないソフトはねえし」

ミカサ「エレンはゲームが好きなのね」

エレン「ま、それなりにな。男の子だしな」

と、ひとまず話していたら親父たちが帰ってきた。

エレン「あ、父さん帰ってきたな。下に降りようぜ」

ミカサ「うん」

階段を降りると、親父がお土産をくれた。

あ、これ、たしか「くまもん」とかいうゆるキャラだ。

またゲーセン行ってきたんか。全く。ぬいぐるみ増やし過ぎだろ。

親父の部屋には似たような物がベッドの周りに結構ある。

ぬいぐるみの収集家、じゃなくて、ゲーセンで取ってくる事自体が好きなんだけど、数が多すぎる。

取ってくるならお菓子にしてしてくれ。そしたら食べるのにな。

グリシャ「ああ。ほらこれ、可愛いだろ?」

親父が自慢げだ。おや? ミカサの顔が緩んでいる。

ああ、やっぱりこういうの、好きなのか。女の子だもんな。

グリシャ「UFOキャッチャーで久々に取れたんだ。ミカサにあげようと思って」

エレン「その年でゲーセン行ってきたんか」

グリシャ「夕飯の買い物のついでだよ。父さん、こう見えてもうまいんだぞ?」

エレン「オレの方がうまいし」

と、ついつい張り合ってしまうが。

いや、本当に。オレもUFOキャッチャーは得意だ。

ミカサ「あ、ありがとう……ございます」

お? なんか可愛い顔している。こういう顔、いいな。

…………って、じっと見つめるのも失礼か。やめておこう。

エレン「オレはいらね。ミカサ、オレの分はミカサにやるよ」

ミカサ「両方貰ってもいいの?」

エレン「いいよ。部屋にでも飾っておけば?」

ミカサ「あ、ありがとう……」

ますます喜んだ。こんなもんでいいのか。ミカサ。

親父も嬉しそうだ。だよな。

早速階段を登って、部屋にくまもんを置いてくるミカサの後姿を見守る。

……………。早い早い。階段登るのはええよ。

ま、いっか。浮かれているのはいいことだ。

と、その時のオレは呑気に考えていた。だからだろうか。

その後、オレはいきなり、大失敗をやらかす事になる。

そう。初日の風呂の件だ。

この時のオレは、なんか妙に浮かれていたせいで、浮かれた気分のまま「風呂にでも入るか~♪」と思った訳で。

誰かが先に風呂に入っている。なんて事が今までなかった生活をしてたせいで、そういう気遣いが失念していた。

エレン「ふふーん……」

ミカサ「…………え?」

エレン「…………あ」

ミカサが、オレより先に風呂、入ってたんだ。

この時、不謹慎にもミカサの体を上から下まで目に入れようと凝視した。

そうしようと思ってした訳じゃねえ。体が勝手に、脳が動いたような感覚だ。

玉ねぎ切ると涙出たり、飯食った後は眠くなるような、そういう強制的な動きだ。

オレの両目はついつい、ミカサの体の細部までじっと脳内に焼き付けようと動いていた。

エレン「…………」

ミカサ「…………」

腕とか、足とか、綺麗だった。筋肉のつき方のバランスとか理想的だと思った。

胸もある。こいつ、いい乳してる。形といい、色といい。理想的な乳だ。

しかしそれよりもまず、先に目に入ったのが……

エレン「腹筋すげえ……!」

叫んだ直後、オレのほっぺは当然、衝撃が走った。

そして親父には失笑されて、ミカサには怒られる羽目になった。

それが切欠になって我が家の新しい風呂のルールが確立されたわけだけど…。

ミカサは不機嫌だった。当然だが。

ミカサ「…………」

エレン「まだ怒ってるのか? 機嫌直してくれよ」

ミカサ「怒ってはいないけど何だか釈然としない」

エレン「腹筋を見られた事がか? いや、あんだけすげえの見せられたらそら、胸より先に腹筋見るだろ」

ミカサ「………私の胸は腹筋に負けた。けしてペチャパイではないのに」

エレン「いや、全く見てねえ訳じゃねえけど」

ミカサ「…………エレンはムッツリスケベのようね」

エレン「お前、それを言わせるか?!」

だって見るだろ?! あんな場面に遭えば男なら誰だって見るだろ?!

ああもう、あんまり変な気分にさせないで欲しいんだが。

折角落ち着いてきてた熱が、再熱しそうだった。

これは、ミカサが好きだからとかの、そういうのじゃない。

男の生理現象だ。ミカサ以外の女でも、同じような場面に遭えば同じ状態になる。

事故だった訳だし、忘れよう。気持ちを早く切り替えたい。

エレン「あーもう、今回のは事故だからな! お互いに水に流そうぜ。いいな!」

ミカサ「それは今後のエレンの態度次第」

エレン「………オレのセリフ、微妙にパクるんじゃねえよ」

くそ……なんか既にミカサの手の上に乗せられているような気がする。

ミカサ「……嘘。冗談を言ってみた」

エレン「あっそ。じゃあ許してくれるんだな?」

ミカサ「家族になったのだから、許す」

エレン「………まあ、ならいいんだけど」

部屋に戻ることにした。もう、寝る前にでも1回抜いて、さっさと寝ちまおう。

エレン「慣れるまでは本当、気をつけねえといけないな。……お互いに」

ミカサは家族だ。そういう意識で接していかないと。

そう、自分に言い聞かせていたんだ。

エレンは割と初期の頃からグラグラ。
幼い頃から一緒に居る場合と、途中でいきなり家族になる場合では、
きっと勝手が違うんだろうな、という妄想ですが。

とりあえず、ここまで。続きはまた。





3月30日。この日はオレの誕生日だった。

アルミンがうちに来る予定だったんで、早速家にあがらせた。

エレン「よーアルミン! あがれあがれ」

ミカサ「ゆっくりしていくといい」

アルミン「…………えっと、もしかして、エレンの彼女?」

エレン「馬鹿! 違うって! ミカサはその……」

アルミンに事情を説明しようとする前にミカサが口を開いてしまった。

ミカサ「彼女はアルミンさんの方でしょう?」

アルミン「え……? (青褪め)」

エレン「はあ? (青褪め)」

ミカサ「隠さなくてもいい。これだけの美少女。自慢していいと思う」

うんうん。と何故か納得された。

いや、アルミンは確かにある意味では美少女だけどさ。

オレ、前に一度説明したんだけどな。忘れてるのか?

アルミン「エレン……? これってどういう事?」

エレン「いや、オレ、ちゃんと説明したぞ?!」

アルミン「じゃあ何で勘違いしてるの?! 僕は男なのに!!」

エレン「知らねえよ! オレはちゃんとアルミンは友人だってミカサに言っておいたし!」

もしかして「男の友人」という発想がなかったのか?

でも普通、男が「友人」って言えば先に連想するのは「同性」だと思うんだが。ミカサは男性の友人の方が多いのかな? 

ミカサ「待って待って。アルミン……は、男性なの?」

アルミン「見れば分かるだろ?! 胸もないよ?!」

そうそう。アルミンは胸板が薄い。オレよりも。

ミカサ「ただの貧乳だと思ってしまった」

あー。そうか。なるほど。

アルミン「酷いよ! 僕は正真正銘、男の子だから! 今日だって、ラフな格好だろ?!」

ミカサ「Tシャツとズボンなら私だって同じ」

ミカサ「あと、声も可愛いと思ってしまったので女性だと思ったの」

あ、そっか。アルミン、声も高めだからな。

声変わりしきってないというか、もうちょい声が低くなれば間違われる回数も減るんだろうけど。

アルミン「もう何回目になるか分からないけど、僕はそんなに女の子に見えるのかな……」

エレン「あ、アルミン、そんなに落ち込むなって……」

アルミン「だってだって……(しくしく)」

あーあ。毎回フォローが大変なんだよな。これ。

一旦、拗ねちまうとオレが宥めるしかない。

ミカサ「ごめんなさい。間違えてしまって」

アルミン「うん。いいよ。しょうがないから。僕は小柄だし、筋肉も薄いし、声だって高いし……」

ミカサ「いえ、それ以前に顔が可愛いのが一番、間違われる要素だと思う」

アルミン「………うん。そうだね。分かっているんだけどね」

こういう時はあの手に限る。

エレン「ミカサ、冷蔵庫にプリンあっただろ」

ミカサ「あ、ある……」

エレン「後で部屋に持ってきてくれ。それで多分、大丈夫だから」

プリン食わせたら表情が変わった。

何かあった時は、アルミンには甘い物を食わせるのが一番だ。

アルミン「んー美味しい! 生き返った!」

エレン「アルミンは甘いもの好きだよな」

アルミン「プリンを嫌いな奴なんて見たことないよ」

エレン「オレも嫌いじゃないけどさ。アルミンは美味そうに食うよな」

ミカサ「確かに」

エレン「ん? ミカサの分は持ってきてねえのか?」

ミカサ「うん。冷蔵庫には2個しかなかった」

エレン「あっちゃー……だったらオレのを半分やるよ」

ミカサ「いいの?」

エレン「食べたそうにしてたからな」

ミカサもきっと甘い物は好きなんだろう。目がそう語っていた。

ミカサ「では、残りを頂きます」

そしてアルミンがオレを小突いた。

アルミン「ところでエレン、その子は……」

エレン「ああ、前にメールで言っただろ? ミカサだよ。オレの新しい家族だ」

アルミンには前もって事情を説明していた。

今日、会わせられるなら会わせてやろうと思ってたんだ。

幸いミカサの方に何も用事がなかったから、早めに二人を引き合わせる事が出来た。良かったぜ。

アルミン「ああ! やっぱり! そっか……同い年の女の子って言ってたからもしかしてって思ってたんだ」

やっぱりさっきのはわざとだったか。アルミン。

エレン「昨日、うちに来たばっかりだ。まだ実感はねえけどな」

ミカサ「それはお互い様」

アルミン「へー……まるでエロゲの主人公みたいだね、エレン」

エレン「ぶ! あ、アルミン……それは言うなよ」

出来るだけそれは考えないようにしたい。

出ないと初日の大失敗の件を思い出してしまうからだ(つまりミカサの素っ裸)。

早速初日から、ラッキースケベが発動したなんて知られたら、アルミンが黒ミン(黒い笑顔のアルミンの事。心の中で勝手にそう呼んでいる)状態になっちまう。

アルミン「だってある日突然、自分に血の繋がりのない家族が出来て同居だなんて、よくある設定じゃないか」

エレン「よくある設定だろうが何だろうが、現実にも起きたんだからしょうがねえだろ」

世の中にオレと同じような境遇になっちまった奴ってどれだけいるんだろうな?

尚且つ、ミカサのような美人と一緒に暮らす確率は……多分、天文学的な数字になりそうな気がする。

ミカサ「エロゲ? エロゲって何の事?」

アルミン「エロゲを知らないの?」

エレン「昨日、ようやくテレビゲームをしたような奴だから、知らないのも無理ねえか」

アルミン「え? そうなの?」

エレン「どうもミカサはそういうのに疎いらしい。まあ、エロゲっていうのは、エロいゲームの略称だよ。男の子なら一度は挑戦するゲームの事だ」

ミカサ「そう。女の子はしないゲームなのね」

アルミン「普通はやらないね。あ、そうそう。エロゲで思い出した。エレン、誕生日おめでとう」

アルミン「今回も僕のおすすめだよ。存分に楽しんで」

エレン「おう……開けるぞ。(カサカサ)……って、エロゲかよ?!」

ミカサ「どんなの? (覗き見る)」

エレン「馬鹿見るな! 女の子は見ちゃダメ!」

ミカサ「そう言われると見たくなる」

エレン「ちょ、アルミン、ミカサがいる前で渡すなよこれ!」

女子に見せるようなもんじゃねえのに!

アルミン「えー? いいじゃない。別に(ニコニコ)」

アルミン、確信犯だな。若干、顔が黒ミンだ。

ミカサ「いいと思う。後で私もやってみる」

エレン「お前はやったらダメだろ?!」

ミカサ「エレンは好きな時にゲームをしていいと言った」

エレン「エロゲは除くに決まってるだろ! そもそもエロゲは本当は18歳未満はやっちゃダメなんだからな!」

ミカサ「……だったらどうやって手に入れたの?」

アルミン「おじいちゃんの名義でこっそり購入した」

エレン「お前、ゲスいなー……(遠い目)」

アルミンのこういうところは真似出来ない。すげえ。

アルミンはオレよりも大胆な行動を起こす時がある。そのおかげで毎回助けられてる。

特にエロ方面では、オレの師匠的存在。それがアルミンだ。

アルミン「おじいちゃんはゲームソフトなんてよく分かんないし、作品タイトルとパッケージだけじゃそういうのだって分からないから大丈夫だよ」

エレン「まあ、おじいちゃんに感謝だけどさ。うん、ありがとな、アルミン」

有難く頂戴する。後でやろうっと。

ミカサ「今日はエレンの誕生日なのね。知らなかった」

エレン「言ってなかったしな」

ミカサ「では、折角なのでケーキでも作ろう。少し待ってて欲しい」

エレン「え? 別にいいよ。買ってくれば……」

ミカサ「作るほうが美味しい。材料は多分、あると思うから」

と言ってさっさと準備し始めちまった。

しばし待つこと数十分。出来上がったのは簡単なケーキ(ミカサ談)だったそうだが、オレから見れば市販のケーキとそんなに大差なかった。

エレン「ミカサ、お前、こんな特技があったんだな」

ミカサ「料理は全般出来る」

アルミン「ますますエロゲの主人公みたいだ。爆発しろ(小声)」

エレン「オレも好きでこうなった訳じゃねえんだけど?!」

黒ミンが発動中だ。

でも仕方がない。オレもアルミンの立場なら同じ事言ってる。絶対な。

それが男の嫉妬という物だ。理屈じゃねえ。

ミカサ「アルミン、心配しなくていい。もし襲われそうになったら返り討ちにする自信はある」

アルミン「え?」

エレン「あ、そうだぞ。ミカサ、こう見えても滅茶苦茶強いんだ。男三人ハイキックでのした経験があるんだぞ」

確かあの時、囲まれてたのは4人で、一気に3人のしたから、残り一人は逃げていったんだよな。

それにしたって強かった。空手かなんか習ってるんかな?

アルミン「え? 男三人をのした?」

ミカサ「護身術の心得はあるので、襲われそうになっても大丈夫」

エレン「それ以前に家族だしな。そういう目じゃ見れねえよ」

というか、見ちゃいけねえ。

自制しねえとな。これから先も。

アルミン「……ごめんごめん。僕もからかい過ぎたよ」

アルミン「あ、そう言えば、昨日、僕のところに連絡が来たんだけど、ミカサの方にも来たかな?」

ミカサ「挨拶の話?」

アルミン「そうそう。今年は首席が二人って事だから、二人で挨拶するか、一人でやるか決めないといけないそうだけど、僕が受けてもいいの?」

ミカサ「お願いしたい。私は挨拶が苦手、なので」

アルミン「分かった。じゃあ僕が引き受ける方向で話を進めておくね」

ミカサ「助かる」

アルミンとミカサだけが分かる話にオレは首を傾げてしまった。

エレン「ん? 何の話だよ」

アルミン「ああ、だから、首席入学者の新入生代表の挨拶の話だよ。今年は僕とミカサが首席合格したんだよ」

エレン「へ? アルミンだけじゃなかったのか?」

アルミンと互角って、どんだけ頭いいんだ。

アルミン、中学時代もずっと首席だったんだぞ。成績良かったんだ。

アルミンの方がイェーガー家に生まれた方が良かったんじゃねえの? とまで、周りに言われるくらいだったんだ。

オレん家、医者だからさ。もしアルミンが将来医者になるんなら、きっと親父も喜んで協力してくれると思うんだが。

アルミンはまだ将来の事ははっきりとは決めてないらしい。

エレン「つか、ミカサ。お前そんなに頭良いんならなんで集英受けてねえんだ?」

ミカサ「う……が、学費の問題が」

エレン「それだったら父さんと再婚するの決まった時点で大丈夫だった筈だろ? なんなら今からでも編入すれば……」

そうだ。オレが親父から再婚話を聞かされたのはつい最近だけど、再婚する旨はもっと早く決まってた筈だ。

ミカサのお母さんにプロポーズしたのはきっと、もっと前の筈だし、親父なら集英に出す学費くらい、ポンと出せる筈だ。

ミカサ「それは出来ないと思う。その、いろいろ事情があるの」

この時のミカサにも今思うと悪い事をした。

でもオレもまさか「内申点」の方で落とされる場合があるなんて、発想がなかったんだ。

エレン「ふーん、変わった奴だな。何か後ろめたい事でもあんのか?」

アルミン「まあまあ。制服目当てで講談に来る女子もいるよ。ね?」

ミカサ「! そ、そう。私は制服目当てで講談に入った」

アルミンの言い訳に便乗している。

まあ、確かに講談の緑色の制服は割と評判は悪くないんだが。

ちなみに集英高校は白と赤色だった筈。ベースが白でリボンとかラインが赤色だった。

白学ランって、他じゃあんまり見かけない。だからすぐ「あ、集英だ」って分かるんだ。

エレン「なんか取ってつけたような言い訳に聞こえるが……まあいいや」

この時は、まあそれ以上は突っ込まなかったが。

エレン「今日は三人揃ってるし、またゲームしようぜ」

今日は三人いるから桃色鉄道でもしようかな。

プレステ2の方のスイッチを入れる。オレの家にはプレステ2、SFC等の昔のハードもあるし、PS3やWiiの方もある。

母さんが亡くなってからは親父が頻繁にオレにゲームを買ってくれたんだ。

勿論、親父自身もゲーム好きなんだけどな。あの年でゲーセン行くような親父だし。

でも、親父は医者の仕事が忙しいから滅多にゲーム機には触らない。

丸一日お休みの時くらいか? 一緒に遊んだりしてたのは。

だから、専らアルミンとゲームする事の方が多かった。

桃色鉄道は鉄道会社の社長になって日本全国の物件を買っていくボードゲームのようなゲームだ。

2PプレイとCPUを一人選んで、まあさくっと5年プレイくらいでいいだろう。

100年プレイだと時間かかり過ぎるし1年だと短すぎる。2人の時は10年プレイだが、今日は3人いるし、まあこんなもんだろ。

そしてルールを大体説明していざ開始。

お馴染みの音楽を鳴らしながら、目的地へ急ぐ。サイコロ転がして先を行く。

誰かが1着で辿り着いたら、また抽選で目的地を設定して最初から。これを何度も繰り返すんだ。

スーパーキングボンビー『スーパーキーングボンビー!』

ミカサ「?!」

うおい?! いきなりスーパーキングボンビーかよ!

ミカサの操作するキャラがスーパーキングボンビーに取りつかれた。はええよ!

あああ、見る見る間に所持金が赤字になっていくな。可哀想に。

一度リズムを崩されると立て直すのには時間がかかる。

アルミンは当然、ここで新幹線カードを連発して使う。

ミカサ「ああああアルミン?!」

アルミン「ごめん、ミカサ。こういう時は逃げるのが定石なんだ」

ミカサ「ガーン……」

という訳で、5年プレイでは当然、巻き返すのには時間が足りずミカサがどべだった。

ミカサ「………もう一回、お願いします。今度こそは」

今度はアルミンの代わりにオレがプレイする。

しかし何度やってもミカサには貧乏神が憑依する。なんだこの好かれっぷりは。

もう見ていて可哀想になってきたんで、別のゲームソフトを取り出した。

今度は「ぽよぽよ」だ。これならミカサでも出来るだろう。

初日にやらせるか迷ったソフトだ。可愛いキャラがいっぱい出てくるし、頭つかうからいいと思ったんだ。

アルミンとミカサが対戦プレイだ。

アルミンはぽよぽよが大得意だ。早い早い。連鎖組むのが毎回神業だ。

しかし、ミカサも負けていない。アルミンより若干遅いが、連鎖を組む理屈は理解して結構、互角の戦いを繰り広げている。

アルミン「うわ?! 追いつかれた?」

アルミンが珍しく焦っている。おじゃまぽよがどっかーん☆

負けじとミカサの方にもどっかーん☆

おじゃまぽよを消しながら、お互いにまた連鎖を組みなおす。

1時間くらい戦っていただろうか。勝敗は……僅差でアルミンの勝ち。

アルミン「おあーギリギリだった! 負けるかと思ったよ!」

ミカサ「うぬぬ」

ミカサが悔しそうだった。こりゃ、練習させればもっといい勝負になるんじゃねえか?

そんな訳で、ちょっと練習させてみる事にした。

すると今度はもっと白熱した試合になり、ちょっとこれ、録画してえなって思うくらいの好勝負になった。

結果は3勝2敗でアルミンが勝ったが、アルミンが久々に「いやー面白かった!」と言っていた。

ミカサ「強い。アルミンには勝てなかった」

アルミン「いやいや、これは経験の差だよ。多分、次は負けるね」

と、お互いに握手した。実にいい勝負だったぜ。

もう外も暗くなってきたんで、そろそろアルミンが帰る時間だ。

アルミン「おじゃましましたー」

エレン「おう! また遊びに来いよ!」

アルミン「うん! また来るよ。ミカサも、宜しくね」

ミカサ「うん。またお菓子でも作って待ってる」

アルミン「出来れば今度はクッキーをお願いしてもいい?」

ミカサ「構わない。リクエストがあればどんどん受け付ける」

アルミン「やった! 楽しみにしてるね」

と、言って大分薄暗くなった夕方にはアルミンは帰っていった。

ミカサ「しかし私は、運が左右するゲームは向いてないようね」

エレン「何回やっても、桃色鉄道どべばっかだったもんな」

ミカサ「スーパーキングボンビーが憎たらしい。何度コントローラーを壊したいと思ったか」

エレン「気持ちは分かるが、壊すなよ」

ミカサ「エレンもだけど、アルミンはああいう頭を使うゲームが得意のようね」

オレはアルミン程じゃねえけどな。

エレン「アクションは苦手だけどな。ぽよぽよとか、パズル系も凄まじく得意だよ」

ミカサ「ゲームもいろいろあるのね。奥が深い」

エレン「RPG系も結構、面白いのあるぞ。今度、ドラクエ5をやらせてやるよ」

ミカサ「うん。やってみる」

そんな訳で、春休みの残りはドラクエとかFFとか聖剣とかRPG系をやらせてみた。

すると面白い事が分かった。ミカサはレベル上げをマックスまで上げる作業が苦にならないそうだ。

エレン「まぞいプレイのやり方だな……」

ミカサ「まぞい?」

エレン「Мっぽいって事だ。そういう時間をとられるプレイの事を指すんだが」

ミカサ「そうかしら? コツコツ上げていく作業は楽しい」

物語そっちのけでレベルあげやってる。そして最強にしてからラスボスを倒すので、ラスボスが弱すぎる事になるんだ。

ミカサ「♪」

エレン「オレと全く逆だな。オレはレベル上げは適当で、ラスボスをギリギリで倒すのが好きだけどな」

ミカサ「ラスボスはおまけ。むしろレベル上げがメイン」

エレン「まあ、そういうタイプもいるんかな」

そう言われればミカサは勉強も割とコツコツやってるようだ。

家事もコツコツ。とにかくまめに動いている。

ついでにいうなら、筋トレもコツコツ。リビングでビデオを見ながら腹筋トレーニングに遭遇した時はびびったな。

おかげでミカサがうちに来てからは毎日、我が家が綺麗だ。

ミカサのお母さんも家事やってる上にミカサもやってるんだ。隙がねえ。

ちょっとうちの中がうちじゃないみたいな綺麗過ぎる状態で、正直こそばゆい。

でもそれ言っちまうと、ミカサの努力を踏みにじるような気もするし、まあいいか。好きにやらせよう。

家事の合間にゲームをちょこちょこやらせる。そんな感じで春休みは平穏に過ぎていった。

この頃から既にミカサの家事っぷりにこそばゆい思いをしていたエレン。
そしてミカサは割と完璧主義。
だってあの鋼の肉体はちっとやそっとの努力じゃ作れない。

そんな訳でここまで。続きはまた。

何かいつの間にかえらい事になってるな。>>1です。

ちょっと今回の件は私の手に負えない感じなので、暫く更新をお休みします。
んで、エレン編は全部、きちんと全部の文章を完成させてきます。
もしその間に、このスレが落ちちゃったら、新しくスレを立て直します。
落ちてなかったら、このスレで続きを投下します。

正直、なんか考えるの疲れちゃったんで。ごめんね。
暫く休ませて貰います。長期休暇とるわ。

>>1です。皆ありがとう。凹んでたから、応援嬉しい。

>>1には詳しく書いてはいなかったが、
私がモブオリキャラを出しているもう一つの理由を書いておきます。

実は以前、進撃のキャラが(特にミーナが多いらしいが)腐った女子、
つまり腐女子キャラとして描かれているのが、嫌だ。残念だとか、
凄く嫌悪感を示している方がいるのを別のスレで見かけて、
「確かに自分の贔屓の進撃キャラが「ヨゴレ役(腐女子や変態役)」やってたら嫌かもな」
と思ったんですよね。

んで、この作中でも腐女子出したかったけど、
進撃キャラの中で出すと、誰かが傷つく。だったらいっそ、
モブオリキャラにやらせよう。って思って、
仮に「マーガレット」とつけたんですね。

そして加えて言うなら、
この作品内ではモブキャラにはそういう「ヨゴレ役(腐女子や変態役)」や「悪役(ヒール)」を
担ってもらうケースが多い。

その場合、進撃キャラにそれをやらせると、やっぱり誰かが嫌かなと思うし、
モブキャラなら、いいか。って思って、仮に名前をつけたんです。

モブキャラを読者参加型の物にしてしまうと、この
「ヨゴレ役「悪役(ヒール)役」をやらせた場合、
進撃の巨人キャラを使う場合と同じ事が起きると思ったんですね。

自分の考えたキャラがこんな酷い扱いされるなんて許せない!

という、キャラクターの使い方に絶対、文句が出てくる。
(現にそういう行動を起こしている方、いらっしゃいますしね)

本当は極力、進撃キャラのみでの物語を作りたかった。
けど、進撃キャラだけだと、キャラクターの名前の数が足りないのに加え、
そういう「ヨゴレ役(腐女子や変態役)」と「悪役(ヒール)」を誰にやらせるか
で、かなり頭を悩ませる羽目になる。それが嫌だったんですね。

今はまだ、マーガレットさんだけですが、
他のキャラもおいおい、汚すつもりだったし(笑)。
ちゃんと目的があって、出しているんで、
「何のために」出てくるキャラなのか、良く分からないキャラとか、
極力出さないように心掛けているんですよ。

ここは、エレミカ最優先の作品です。残りはおまけみたいなもんです。
おまけはおまけの領分を超えさせたくない。

という思いがあり、モブオリキャラ出してますが、
そういうのが苦手な方もいるだろうというのは重々承知です。
ただその場合は「オリキャラが苦手」な人だけがここを避ければいい話なので、
どちらを取るべきかと考えた時、私はモブオリキャラを出しました。

まあ、こんな話を>>1に書いても、長すぎるし、省略しようとも思ったんですが、
ここまでスレが荒れちまうとは思ってもみなかったんで。

更に言うなら、こんなのは話さなくても、
大体皆、分かってるだろうと思ってたんですが、
それが分からない方もいらっしゃるというのに面喰いました。

これだけ話しても多分、こっちの言ってる意味が分からず、
それでもやっぱり「読者の意見を聞け!」という声が出るかもしれません。

でも、匿名掲示板では、そう言った「作品」に関する意見は
「安価」の時にしか反映しない、というのは恐らく皆さんの周知の事実。
なので私は掲示板のルールに則り、今後も姿勢を変えません。

以上です。まあ完成させるのに時間はかかるけど、
エレンの回想だし、何とかなると思います。頑張るよ。

皆さん、本当に応援ありがとう。それではいつか、また。

現在の進行状況→演劇部のメンバーの自己紹介あたり。

せめてものお詫びとして定期的に進行状況を書いておきます。
大体の目安にしてね。

*注意 すみません。愚痴ります。






書き手側からすれば、本音を言えば、
面白いネタは安価に関わらず、どんどん採用したいんですけどね。
でもそんな事言い出すと、面白くないネタを持ってくる、
採用されない人達が「不平等だ!」
って声もあがるだろうし、頭痛いところなんですよね。

あと、私が提案を拒否ったせいで、
まるで私が読者の意見を無視しているような言い方で、
あちこち他のスレで文句も言ってるようだし、正直、心外なんですよね。

この物語の根幹である部分を、私、安価で何度か読者に託してますから。

そう。演劇のヒロインをエレンかミカサ、どっちが演じるか。とか。
ここ物凄く悩んだんですよ。物語の展開ががらっと変わるから。
そういうのを含めて、出来るだけ読者の意見に沿う形で書いてたのになー(涙)。

あとどうなんですかね?
そういう読者参加型の物語って、読んでいる側からしてみたら、
読んでて楽しい物なんですかね?

自分は「安価」以外でそういうのをやってるのを見かけた事ないんで、
正直、共感出来ないですが、

ヨゴレ役でも悪役でもいいから、
自分の考えたキャラを使ってくれ!

みたいな人って、存在するんですかね?

ミカサをナンパして、ぼこられる通行人役でもいい!

とかなら、まだ話は分かるんですが。
正直、チョイ役でないクラスのモブキャラを、
読者に決めて貰って、それを動かすのって、かなり責任重大。プレッシャー。

まあ、私がオリモブキャラをかなり前面に出しちゃったせいで、
こんな感じになっちゃった部分もあるので、
正直、反省中です。すみません。


愚痴ってすみません。作業に戻ります。それではまた。

話を作るのは>>1だし書きにくくなるようなネタを他者が無理に捩込ませるのはおかしい
そんなにそのネタが見たいなら他所で自分で書けって話

まあこんなの滅多にない事だし今回は運が悪かっただけだと思う

あんな書き込みがあった後でも>>1が書くのやめないでくれて本当によかった
投下気長に待ってるよ

荒らしの言葉を真に受ける必要はない
あちこちのスレ荒らしてる典型的な荒らしなのになんでNGにしないのか
VIPで「彼女できちゃったイエーイ」って釣りスレを何度か立てて煽り慣れしてみるのも良いのでは?

>>68
そう言って貰えると胸の荷が降ります。ほっとする。

>>69
NG設定というのは、読む時に、指定のIPの書き込みを読まない(表示させない)方法
という意味だと思ってたんですが…
もしかして、書き込ませない方法もあるんですかね?

本当なら例の人のコメントは書き込ませない方がいいんでしょうが、
それだと、アクセス拒否の権限のある、管理人しか出来ないと思ってたんで、
もしスレ限定で拒否れるなら、やり方があるならそれをしたいです。

本当は本人が納得してくれるのが一番でしょうが、
どうも話しても話の通じる相手ではなさそうなので…。

>>69
ちょっとぐぐってきました。

ああ、すみません。NG設定には専用ブラウザが必要みたいですね。
なるほど。勉強になりました。

何か、例の変な人が大分、大人しくなって落ち着いたみたいなんで、
とりあえず、今出来ているところまで、UPします。

んで、もしまた似たような事が起きて、暴れられたら、
その時はまた雲隠れして書き溜めてきます。

コロコロ方針変えてごめんね。
やっぱりあんまり更新の間を空き過ぎると、自分のモチベ維持するの大変だ。
実際にやってみて分かった。自分はまめにUPする方がいいみたい。






そして時が経ち、春休みも終わり、入学式も明日に迫ったというその日。

アルミンから電話がきた。声が枯れていてしんどそうな気配だった。

アルミン『ごめん…エレン……入学式、無理っぽい。げほげほげほ…』

咳が混ざって聞き取りづらい。でも要件をまとめるとどうやら、

エレン「え? 時期ハズレのインフルエンザだって?! 入学式出れない?! どうすんだよ!」

アルミン『今からそっちに……げほげほ……メール送るから、ミカサに………』

ああもう、聞き取りづらい。何度か「ああ」と聞き返しながら、

エレン「は?! 挨拶文はメールするからミカサに託すだって? あーもう、しょうがねえな」

エレン「お大事にな。無理はすんなよ!」

まじかよ……こんな事ってあるんだな。

メールを確認すると、ちゃんと届いていた。それをミカサに転送する。

エレン「悪い。ミカサ。アルミン、何故か知らんが今頃、インフルエンザにかかって入学式は来れねえってさ。お前が挨拶するしかないぞこれ」

ミカサ「ううう……この場合は仕方がない」

ミカサががっくりしている。よほど壇上に上がりたくないんだろう。

ミカサ「エレン、私の格好を見て、私だと分かる?」

丁度その時、ミカサは講談高校の制服を着ていた。

まあ、当たり前の話だが、分かるんじゃねえのか?

エレン「そりゃ分かるだろ。一発で」

ミカサ「うう……困った。どうする?」

眉間に皺を寄せている。何か後ろめたい事でもあるんだろうか。

エレン「中学の時の自分を隠したいのか?」

ミカサ「……平たく言えばそうね」

ふーん。だったら話は早い。

エレン「だったらこの長い髪でも切ってイメチェンしてみたらどうだ?」

ミカサ「!」

高校デビューとかやる奴だっているんだ。入学式を前に髪くらい切ってもいいだろ。

4月だし、この長い髪を切るには丁度いい頃なんじゃねえか、とも思うし。

エレン「なんならオレが今から切ってやるよ」

ミカサ「お願いする」

オレはすぐさま準備をした。その間にミカサには私服に着替えて貰う。

小さい頃、オレの髪は母親に切って貰っていたので、切る時の道具は一通り揃っていた。

その道具を引っ張り出して、ええっと、タオルを首に巻いてビニール巻いて…。

大体こんな感じかな。洗面所の前で準備して、鏡を前にしてミカサの髪を触ってみた。

さらさらとした、綺麗な黒髪だった。癖の少ない髪質だ。

エレン「ストレート、いいなー」

ミカサ「そう?」

エレン「オレの髪、癖つきやすいんだよ。寝癖とかもな」

ミカサ「私も寝癖くらいならつく。たまに」

エレン「そっか? でも、オレはサラサラの方が羨ましいぜ」

ミカサ「私はエレンのような髪の方がいい」

と、お互いにお互いの髪質を羨ましがる。

まあこれは無い物ねだりだ。言ってもしょうがねえ。

エレン「んじゃ切ってくからな。あんまり動くなよ」

ミカサ「了解した」

とりあえず、髪をどの辺まで切るか、イメージしてみる。

肩につくくらいのセミロングか、耳が隠れるくらいのボブカットか。

エレン「アルミンと同じくらいでいいかな」

ミカサ「任せる」

エレン「一応、様子見ながらだんだん落としていくぞ」

と、いう訳で少しずつ切ってみる。いきなりバッサリ切り落として失敗したら嫌だしな。

エレン「………とりあえず、セミロングまで落としたぞ。まだ切ってもいいか?」

ミカサ「どんどん切って。別人にして欲しい」

エレン「あんまり切り過ぎるのもなあ」

ミカサ「でも、もう少し切って欲しい」

任せるとか言いながら、切って欲しいと言ってる。

んーこの場合は、アルミンくらいまで落とす方が正解かもな。

という訳で、もうちょい切り落とす。大分印象が変わったな。

素人のカットにしては上出来かな? まあこんなもんか。

アルミンの髪型を参考にしながらミカサの髪を整えた。

エレン「うん。これでいいんじゃねえかな」

ミカサ「ありがとう。エレン」

エレン「いいよ。オレ、短いのも結構好きだし」

実際やってみると、想像していたイメージとの差があった。

ミカサの顔にはボブカットも似合うようだ。

ミカサ「え?」

エレン「あ……いや、今のは何でもねえよ」

似合ってるから好きなんだよ。項が見えるからとかじゃねえぞ?

ミカサ「エレンは髪の短い方が好きなのね」

エレン「いや、長いのも好きだけどな! 似合ってればどっちでもいいんだよ!」

ミカサ「では私はどっちが似合う?」

比べて考えれば…。

エレン「………短いほうかな」

ミカサ「なるほど。それは知らなかった」

ミカサの機嫌が良くなった。

ミカサ「だったらきっと大丈夫ね」

そう言って微笑んだミカサは、一体、何を恐れているのか。

この時点では分からなかったけど、この時も自分の過去を誰かにバラされたら…とミカサは心配していたんだろう。

本音を言えばもっと早くその話を聞きたかったけど。

まあしょうがねえよな。人の事だし、あんまり根掘り葉掘り聞くようなもんでもねえし。

そう思って、その時は深くは触れず、さっさと後片付けを済ませたんだ。






そして入学式がやってきた。

準備を全て整えて入学式に間に合うようにオレとミカサは一緒に家を出た。

電車を乗り継いで最寄駅で降りて学校までは徒歩で移動する。

新しい制服に身を包んだ同世代の人間が楽しそうに学校に向かってる。

クラス分けはどうなってるかな。アルミンと一緒がいいけどな。

学校の門をくぐると奥に進んだ広場にクラス分けの発表がされていた。

お、アルミンより名前が上の奴がいる。


1年1組

アニ・レオンハート

アルミン・アルレルト

エレン・イェーガー


珍しい。アルミンは「あ」から始まるから大抵名簿は1番だったのに。

きっとアルミン、この事知ったら喜びそうだな。久々の「2番」だから。

オレは3番目だ。アルミンのすぐ下に名前があった。

下の方にも目を移動させる。あ、ミカサの名前もあった。

エレン「あ、あった。ミカサも同じ1組みてえだぞ」

ミカサ(ほっ)

あ、今、ほっとした顔したな。そりゃそうか。

エレン「校舎はどこだ? あ、あっちに案内がしてあるな」

ミカサと一緒に教室に向かう。講談高校は大きな高校なので敷地も広い。

至る所に案内板が書かれているので迷う事はないが、それがなくなったら迷いそうだ。

教室に着くと半分位の席が埋まっていた。オレはミカサとは席が大分離れていた。

近くの奴に話しかけようか迷う。ここで交流しておかないと、後々響きそうだなと思ったし。

でも、どいつに話しかけるべきか。判断材料がまだ何もねえ。

とりあえず周りを観察する事にした。すると、隣の男子がやたら左後ろの方を見ているのに気付いた。

そう。オレの左隣の席のジャンだ。

今思うと、入学式の時からミカサの事、気にしてたんだよな。多分。

エレン「おい」

ジャン「………………」

エレン「おい、お前、名前なんての」

ジャン「………あ? 今、オレに話しかけたのか?」

エレン「そうだよ」

ジャン「ジャン・キルシュタインだ。そっちは?」

エレン「エレン・イェーガー。シガンシナ区中出身だ。どこ中だよ」

ジャン「オレはトロスト区中だ」

それだけ言って会話が途切れた。また、後方の女子の方をチラッと見てる。

後ろの方には黒髪の女子が何人かいる。だからつい、

エレン「お前、黒髪のストレートが好みなのか?」

ジャン「ぶふーっ!」

あ、あからさまに動揺しやがったこいつ。ビンゴだ。

ジャン「ななんあないきなり何の話だよ。つか、何で分かった」

エレン「不躾に後ろの女子ばっかりチラチラ盗み見してりゃ嫌でも分かる」

ジャン「いや、全然見てねえし。ああ見てねえ。そっちの勘違いだろ? (滝汗)」

やれやれ。誤魔化し方もここまでくるといっそ潔い。

エレン「まあいいけどな。別に」

人の好みに口を出すつもりはない。

だけど、あんまり不躾に盗み見るのもどうかとは思う。

ジャン「そ、そういうお前の方が、実は見てたんじゃねえの?」

エレン「はあ?」

ジャン「オレに罪を被せるなよな。ひでえ奴だな、お前」

エレン「濡れ衣だ。つか、別にオレはそれ自体を責めてる訳じゃねえよ。人の好みに口を出すつもりはねえし」

ジャン「そ、そうか……まあ、オレも同感だが」

エレン「ただ、見るなら見るでもうちょっとやり方があるだろって話だ」

ジャン「……………わ、悪かったよ」

お? 案外素直な奴だな。

ジャン「………(チラリ)」

もっと遠慮がちになっただけかよ!!

思わず椅子からずっこけようになったその時、

キース「このクラスを受け持つことになったキースだ。宜しく」

と、担任の先生が教室に姿を現した。

目が鋭い。中年の男性教諭だった。頭はつるっぱげだ。剃ってんのかな。

体もかなりがっしりしている。柔道か空手か、格闘技をやってそうな筋肉のつき方をしてそうだ。

服の上からでも分かる。何故なら背広がかなりきつい印象だったからだ。

キース「まだ半分くらいしか揃ってないな。まだ時間はあるが……あと15分程で入学式が始まる。少し早いが廊下に並んで待機しよう」

キース先生の合図で皆、廊下に出て並び始める。勿論男女は別々だ。

オレはクラスの中では真ん中くらいか。ミカサは女子の中では後ろの方だった。

教室に居た全員が揃った頃、一人だけ遅れてポニーテールの女子生徒が滑り込んできた。

口には食パンを加えている。実際、そういう事をする人間を見たのは始めてだ。

ミカサとはまた違った系統の美人だった。芸能人で言うなら…誰だろ。

マリナ・ニシウチとかかな。雰囲気が似ている気がする。

キース「こら! 貴様! 時間ギリギリだぞ! 食べ物を口に咥えて走るな!」

サシャ「はひ! もうひはへあひはへん! (はい! 申し訳ありません!)」

キース「さっさと飲み込め!」

サシャ(ごっくん!)

サシャ「はい! ギリギリで申し訳ありません!」

キース「まあいい。間に合ったからな。名前は?」

サシャ「は! サシャ・ブラウスであります!」

キース「サシャ・ブラウス、出席と。さっさと並べ! 適当に!」

サシャ「はい!」

サシャと名乗ったその子はミカサの前に滑り込んだ。

キース「まだコニーとかいう生徒が来てないが……待っている訳にもいかん。先に進むぞ」

キース先生は一人を放置してさっさと体育館に移動を始めた。

一クラス35人。10クラス分がぞろぞろと移動し始めた。

中学の時より人数が多い。体育館も二階席まである。でけえ。

2年、3年は先に席について待っていた。保護者も多数出席している。

ちなみにオレんとこは途中から参加するとか言ってたな。親父は遅れてくるって言ってた。

校長先生の話が始まった。若い先生だな。まだ20代かも?

アルミンより細身の男って初めて見たかも。いや、まじで細い。

オレも男にしては細身の方だが……飯食ってるのか心配になる細さだった。

校長先生『えー……この学校の校長を務めております。ハジメ・イサヤマと申します』

ハジメ先生の挨拶から始まって、教頭、来賓、在校生等の挨拶が終わった。

挨拶を聞いているだけってのは、正直眠い。まあ、それもあともうちょっとで終わるけど。

後はミカサの挨拶で終わりかな。

それが終わったら、諸注意があって、新入生は退場だ。教室に一旦戻る。

校長「では、入学生代表挨拶、ミカサ・アッカーマン、前へ」

ミカサ「は、はい!」

声、裏返ってる。大丈夫かな。



ゴン☆


勢い良く一礼して、頭をマイクにぶつけやがった。

音が静寂な舞台から広がって失笑が広がる。やっちまったな。

あれ?

何か様子がおかしい。カンペ出す素振りはあるけど、まさか、見つからないのか?

カンペを無くしたようだ。あ、でも大体暗記してるって言ってたし、大丈夫だよな?

と、安易に考えていたら、とんでもない事になった。

ミカサ「私は…強い。あなた達より強い…すごく強い……ので、私はどんな相手に襲われても蹴散らす事が出来る。例えば…一人でも」

ん? 日本語でOK? と言いたくなるようなスピーチだった。

いかん。あいつ、パニックになってやがる。

自分でも何話しているか分かってないんだろう。でも、まだ続く。

ミカサ「あなた達は…腕が立たないばかりか…臆病で腰抜けだ。とても残念だ。ここで私を羨み、指をくわえたりしてればいい。くわえて見てろ」


生徒一同(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)


とりあえず、ここが掲示板とかだったら「もちつけ」と言いたくなる場面だった。

ミカサ「この世界は残酷だ。戦わなければ勝てない。だから私は戦い続ける。この場所で、何としてでも勝つ! 何としてでも生きる!」

ジャン「お前の言語が残念だ……」

ジャンが思わず呟いてツッコミを入れた。気持ち分かるがここで言うなよ。

そしてミカサの挨拶が終わって場が凍り付いて、しばし時間が過ぎて……

進行の先生「えーありがとうございました。続きましてはー……」

諸注意があり、そして退場となった。ミカサの方を見ると、ダメだ。目が死んでた。

後で慰めてやるしかねえな。これは。

教室に戻って席に着くと、いつの間にか全員揃っていた。

あれ? コニーとかいう奴、いつ来たんだ? 式の途中で合流したんかな。

キース「コニー・スプリンガー。遅刻っと」

コニー「げっ……やっぱバレてた?」

キース「ふん。式の途中にこっそり入ってきた度胸は認めるが、わしの目は誤魔化されんぞ」

コニー「ちぇーうまくいったと思ったのにな」

と、反省する素振りは全くねえな。

キース「えーとりあえず今日は一旦、ここで解散となるが、午後は体育館の方で部活動紹介を行う予定だ。興味のある生徒は参加する事。これは強制参加ではない。また、実際の部活動の方を先に見たい生徒はそちらを見に行っても構わない。部活に入らない者は帰宅しても良い。各自、自由に選択して午後を過ごすように。以上だ」

という訳で、キース先生の説明通りその後は各自自由行動となった。

オレはミカサの席の近くまで移動して、弁当を広げた。

ミカサ「……………」

昼飯を食うのすら忘れているようだ。オレはミカサの肩を叩いた。

ミカサ「は!」

エレン「ミカサ、お昼だぞ。飯食うぞ」

ミカサ「そ、そうね…」

やっと我に返ったのか、弁当を取り出した。二人で顔を合わせて弁当を食べる。

他の奴らも部活動紹介か部活動を見学に行く奴は弁当を持って来ているようだ。

弁当をさっさと食べ終わり、それでもまだ、気持ちが浮上しないのか、ミカサは落ち込んでいた。

エレン「あんま落ち込むなって。ミカサ……」

ミカサ「ごめんなさい。エレン。私はアルミンの作った挨拶文のカンペを紛失した上に、アドリブの挨拶も碌に出来なかった」

エレン「テンパってたのは分かる。だからしょうがねえだろ」

ミカサ「そもそもカンペを何処で紛失したのか……」

移動の途中でどっかに落としたんだろうな。多分。

ユミル「……あのさ、ミカサだっけ?」

ミカサ「?」

その時、ミカサより背の高い女子が話しかけてきた。

確かこいつが女子の中では一番、背がある。モデルみたいな体型だ。

ユミルはちょっと性格の悪いところがある。ま、取っつきにくい感じではないんだが。

この時もユミルがもっと早くカンペをミカサに渡してりゃなあとは思ったが。

ま、言ってもしょうがねえな。咄嗟の判断ミスって奴だ。

ユミル「あんた、移動の途中で紙切れ落としたよ。これ、さっきの挨拶で使うもんだったのか?」

ミカサ「!」

ユミル「悪いな。移動の途中だったし、私もすぐ中身を確認すれば良かったんだけどさ。すぐ体育館に移動しちまったし、あんまり不審な動きすると先生に目つけられるだろ? だから教室戻ってから返そうと思ってたんだけど、まさか挨拶のカンペだとは思わなかったんだよ」

ミカサ「そ、そうだったのね……」

ユミル「カンペ無くしてテンパった結果がアレだったんだろ? ククク……」

エレン「わ、笑うなよ。お前! ミカサは精一杯頑張ったんだぞ!」

ユミル「いや、分かってる。それは分かってるんだが。面白かったから、ついつい」

ほらな? こういうところ、性格悪いだろ?

ユミル「下手に真面目な挨拶よりは幾分かマシだね。私はあの挨拶、気に入ったよ」

ミカサ「………」

ユミル「私の名前はユミル。ま、そのまんまユミルって呼んでくれ」

ユミルと知り合える切欠にはなったが、こいつも残ってるって事は部活入るんかな。

エレン「ユミル、お前は部活入らねえのか?」

ユミル「ん? 私はクリスタ次第かな」

エレン「クリスタ?」

ユミル「そこで先輩達に囲まれて勧誘されてる金髪の美少女の事だよ」

そこには教室の隅で3人の女子の先輩に囲まれて困った顔をしている金髪の子がいた。

雰囲気がアルミンに似ている。背はアルミンより低いけど。

確かオレの席の後ろの子だったかな。ええっと、そのまた後ろがコニーで、その後ろがサシャだった筈だ。

まだしっかりとは話してないが、フランス人形のような女の子だなと思った。

ユミル「私はクリスタが入ったところに一緒に入るつもりだからどこでもいいんだよ」

エレン「それじゃただの腰巾着じゃねえか」

ユミル「お目付け役、と言って欲しいね。私とクリスタは一心同体なんだよ」

エレン「ふーん。ま、個人の考えには干渉しねえけど。オレはどうすっかなー」

クリスタの方が負担に思うんじゃねえか? とも思ったが、人の事なのでそれ以上は言わない。

ミカサ「見て回りたいところはないの?」

エレン「まあ、いくつかなくはないけど。ミカサ、一緒に行けそうか?」

ミカサ「うん。もう大丈夫」

顔色が良くなったようだ。良かった。良かった。

エレン「そっか。じゃあ、一旦、教室を出ようぜ」

そこでユミルとは分かれてオレ達は教室を出た。

部活動紹介の会を見に行ってもいいけど、オレは実際にやってる風景を先に見たかったんで、そっちに行く事にした。

グラウンドを見るとサッカー部が練習していた。

サッカー部員「おいごらあ! へばるの早すぎるぞ!」

サッカーは嫌いじゃない。だけど練習風景を眺めると、あまり空気がいいように思えなかった。

うまく言えないが、部員同士の仲はあまり良くねえのか?

お互いにお互いを見ないし、声掛けも少ない。

運動部だから厳しいのは承知だが、これってどうなんだ?

チームワークの必要な部活動でこういう空気なのは、何かなあ。

次はバスケ部に移動した。バスケ部は第二体育館の方で練習中だった。

ちなみに講談高校は体育館が3つある。体育に力を入れてるだけはある。

第一体育館は生徒の授業用。第二体育館が部活用。第三体育館が体操部や水泳部が使うようだ。

ちなみにプールは屋内、屋外両方あるという力の入れっぷりだ。

バスケ部も凄まじい練習だった。こっちはちゃんと声出しとかもやってるし、サッカー部よりはお互いを見てる。

ただ、お互いのミスに対して喧嘩したり、言い争いが起きていた。

それを先輩が止めたりして、また喧嘩している。

うーん。ここも空気が良くねえな。何でだ? もっとこう皆で「全国制覇!」って感じの練習なのかと思ってたけど。

野球部も見に行った。こっちもやっぱりそうだった。

あ、コニーとか言う奴も来てた。野球部に入るっぽいな。

コニー「お、お前も入るのか? 一緒に野球やろうぜ!」

エレン「いや、オレはまだ見学だけだ。決めてねえ」

コニー「え? そっかー。ここ、設備もいいし、野球やるにはいい環境だぞ?」

エレン「でもチームメイトとの相性もあるだろ?」

コニー「あー……そういうのは、後で考えればいいんじゃねえ? とりあえず、やってみろよ」

エレン「え、でも…」

コニー「ほら、グローブのつけかたから教えてやっから!」

という訳で何故かコニーと野球グラウンドの端っこでキャッチボールをする羽目になる。

しかしこのグルーブ、使いにくい。初めて触る硬球とグローブに苦戦した。

ボールを何度も零してしまった。キャッチボールがちゃんと続かねえ。

オレ、運動神経は悪い方じゃねえんだが。おかしいな。

コニー「んー……ま、最初は誰だってこんなもんだろ。慣れりゃすぐだって!」

ミカサ「女子は入れないの?」

コニー「女子はマネージャーならいつでも大募集だってさ!」

ミカサ「そう……」

あ、そっか。女子は野球部見学しても意味ねえな。

ミカサがマネージャー志望ならともかく。

エレン「ミカサ、お前マネージャーやりたいか?」

ミカサ「んー?」

曖昧な感じだった。ピンとはきてないようだ。

エレン「じゃあやめとくか。他のところ行ってみようぜ」

ミカサ「分かった」

コニー「気が向いたらまたこいよ!」

コニーと分かれて、オレ達は別のところに移動した。

エレン「なんか、練習風景が殺伐としてて楽しそうじゃなかったな」

ミカサ「そうね。素人お断りって雰囲気だった」

エレン「まあ、厳しいのは仕方ねえけどさ。全国目指してるところは何処もそうなんだろうけど」

ミカサ「そうね。全国制覇は並大抵の事では出来ない」

エレン「オレの中では『面白そう』なところに入りたいんだよな。練習は多少、厳しくてもいいけど」

ミカサ「なるほど。面白そうな部活、ね」

その時、パン! という破裂音のような音が聞こえた。

音のする方を見てみる。お? もしかしてここは弓道部か?

やっぱりそうだ。袴姿の女子や男子が道場から出たり入ったりしている。

エレン「お? ここはもしかして弓道部かな?」

ミカサ「弓道部?」

エレン「和風の弓矢を放つ部活だよ。アーチェリーとはまた違う弓矢だな」

ミカサ「ふむふむ」

ミカサが反応している。だったら見てみるか。

エレン「ちょっとだけ覗いてみるか」

先輩1「あら、入部希望者?」

エレン「見学しに来ました」

先輩2「だったら、こっちにおいで。ここからの方が練習風景が良く見えるよ」

道場の入口から中の方に案内された。そこは全体の練習を眺めるのには適した場所だった。

パン! といういい音が何度響いて的に刺さる。

これはちょっと面白そうだ。矢が刺さると気持ちよさそうだ。

先輩1「矢を射抜いてみる? うちは初心者でも歓迎するよ」

エレン「お願いします!」

先輩に一通り手ほどきを受けてから矢を構えた。

パン! と矢を放ち、的に向かって飛んでいったが……。

外れた。的外れもいいところだ。

エレン「あれ?」

先輩1「最初はそんなもんよ。的になかなか当たらないし」

エレン「もう一回やってみます」

端っこでもいいから当てたい。そう思って何度かやってみたが。

10本やってみて、全滅だった。嘘だろ…。

オレ、中学時代は体育5だったのに。キャッチボールといい、これといい、何で出来ねえの?

先輩2「うーん。何が悪いんだろ?」

先輩1「教え方が悪かったのかなあ?」

先輩2「そっちの子にもやらせみてもいい?」

先輩達が別の弓矢を用意してミカサにやらせた。


パン!


ミカサ「た、たまたま当たっただけだと思う」

ミカサ、言い訳するな。余計に空しくなるだろうが。

エレン「いや、いい。これで証明されたようなもんだろ。オレには矢を放つ才能がねえって事が」

ミカサ「そ、そんな筈はない。今のはたまたま運が良かっただけ」

と、いう訳でもう一本、矢を放ったのだが、


パン!


あ、やっぱり。そっか。オレ、実は自分で思ってる以上に運動神経悪いんだ。

中学時代の体育の先生は甘い評価だったんだな。そう思う事にした。

ミカサが焦っているのが見え見えだった。

エレン「いいよ。ミカサ。よけいに虚しくなるから」

「お邪魔しました」と言って道場を出た。

先輩達は「何で?」と首を傾げていて、しきりに首を捻っていた。

だがもういい。オレは運動部は入らない方がいい。そう決めた。

ミカサ「エレン!」

ミカサがオレを追いかけてきた。

ミカサ「エレン、その…………他の部活をみましょう」

エレン「ミカサは弓道部に入れば?」

ミカサは運動神経いいし、似合ってると思うぜ。

ミカサ「わ、私は別に弓道には興味ない」

エレン「ん? じゃあなんでやってみたんだよ」

ミカサ「そ、それはエレンと同じ部活に入ろうと思って……」

ピタッ

思わず立ち止まってしまった。顔が強張るのが自分でもわかる。

さっきのユミルもそうだったが、女子ってなんでこう、人と合わせようとすんだ?

それをされる側の気持ち、考えた事あんのかな。

エレン「あのなあ。いくら家族になったからって、そこまで揃えなくてもいいんだぞ」

ミカサ「え………?」

エレン「一緒に部活動を見て回るのはいいけどさ。入るところは自分で決めていいんだよ。オレに合わそうとするな」

ミカサ「え? な、何故……」

エレン「だって、ミカサがオレに合わせたら、ミカサ自身が本当にやりたい事が出来ねえじゃねえか」

そりゃ一緒にやれたらそれが一番いいが、相手に我慢させてまで一緒にはいて欲しくない。

ミカサの気持ちを犠牲にする必要なんてねえよ。

ミカサ「そんな事はないのだけども」

エレン「いや、そうだろ。今の弓道部だって、お前が「ふむふむ」と関心を示したから入ってみたってのに」

ミカサ「そ、そうだったの?」

エレン「そうだったんだよ。弓矢、上手だったんだから入ればいいじゃねえか」

一発で出来たんだ。才能がある証拠だろ?

ミカサはそこでようやく少し考えて答えてくれた。

ミカサ「いや、いい。あれは何回もやれば飽きると思うので」

エレン「そうか?」

ミカサ「うん。同じことを永延と繰り返すだけの部活は、ちょっと」

エレン「うーん。そうか。そう言われればそうかもな」

そっか。物珍しいから最初はいいけど、後で飽きる事もあり得るか。

エレン「じゃあ別のところにいくか。あ、でも、入りたいのが見つかったらオレに構わず入れよ?」

一応、念押ししておいた。

ミカサ「………分かった」

顔は納得してない。バレバレだ。

全く。ミカサなら大抵の部活はこなせるだろうに。

でも、こうやってオレについてくるところは、懐いた犬みたいで可愛いな、と思う自分もいる。

…………本当はダメだけどな。こういうの。ミカサの為にもならないし。

他、見てないところに行ってみるか。と、思ったその時、

マーガレット「重い~!」

スカーレット「女子の力じゃ持てないよ、これ」

ガーネット「あーせめて男子が一人入れば…」

何やら大きな木のセットのようなもの(テレビ番組などで背景に見かけるようなアレ)を運んでいる女子生徒が3人いる。

よいしょよいしょっと危なっかしい足取りだ。女子だけで運ばせるって危なすぎるだろ。

エレン「大丈夫っすか? 手伝いますよ」

マーガレット「わーありがとう! これ、体育館のすぐ傍の倉庫までお願いね」

エレン「遠いですね…」

ミカサ「私も手伝おう」


ヒョイ


スカーレット「わーいきなり軽くなった?! なんで?」

ガーネット「5人で抱えたからじゃない? やっぱり人数ないときついってこれ」

マーガレット「よし、備品管理倉庫までレッツゴー!」

カニのように横移動をしながらオレ達5人はセットを運び終えた。

マーガレット「ふーありがとう! 助かりました」

ミカサ「いえいえ」

エレン「困ってる時はお互い様だろ」

スカーレット「なんて心の清い子達なの! ちょっとお礼したいから部室に来ない?」

エレン「え? 部室? 何部ですか?」

ガーネット「演劇部だよ。うちらは大道具担当だけどね」

マーガレット「男子は少ないから男子部員が欲しいんだよね。ねえ君、うちに入らない?」

この時の「男子が少ない」は恐らく「大道具の男子」の事だろう。

実際部活に顔出したらそれなりに男子がいたので、それで合ってる筈だ。

エレン「うーん。演劇かー」

小学生の頃にそういうのは学校の行事で何回かやらされた記憶はある。

一年生の時、アルミンが白雪姫でオレが王子様役だった。

二年生の時はシンデレラで、やっぱりヒロインはアルミン。オレが王子様だった。

三年生の時は……アルミンがもうさすがに女役は勘弁してくれと言いだして、結局ピーターパン役をやった。オレは船長役だったかな。

だから舞台の上にあがるのは抵抗ないけど、劇をやるのは久々過ぎる。

エレン「ドラマとかはあんまり見ないし、演技の興味はないんですけど」

ミカサ「私もたまにバラエティを見るくらい」

マーガレット「ああ、その辺は別に関係ないよ。演劇部は役者だけでなく、裏方の仕事もあるからね」

エレン「裏方?」

スカーレット「うん。演技は出来なくても入れるよ。まあ一回、うちに来てくれれば分かるから」

そう熱心に勧誘されては顔を出さないわけにもいかねえな。

オレとミカサはとりあえず、音楽室のある校舎の4階まで移動した。

するとそこには女子の先輩達が窓を開けて校庭に向かって叫んでいた。

パク「あいうえおかきくけこさしすせそたちつてと………」

すげえ! 五十音を一気に息継ぎなしで発声練習をしている。

エレン「おお……なんか知らんが迫力あるな」

引き込まれる。ちょっと面白そうかもしれん。

マーガレット「大道具はこういう、大道具を腰にぶら下げて、舞台を走り回るのがお仕事だよ」

腰に専用のポーチをぶら下げて道具を説明してくれる。

スカーレット「馬鹿! そこは小道具でしょうが」

マーガレット「あ、そうだった。ごめんごめん!」

ん? ああ、大道具が小道具をぶら下げてって言いたかったのか。

エレン「おお? なんか格好いい」

ガッチャンガッチャン♪

動く度に音が鳴る。その工具セットが恰好いい。

マーガレット「大道具は体力勝負だけど、その分やりがいがあるよ。舞台を裏で支える役割なんだ。どう? 私たちと一緒に裏方やってみない?」

エレン「うーん。どうするかな」

スカーレット「大道具だけじゃなく、音響とか照明とかも裏方だから、選択肢はいろいろあるよ」

エレン「ミカサはどう思う?」

ミカサ「表舞台に出ないのであれば、入ってみてもいい」

ああ、壇上の挨拶がすっかりトラウマになってやがるな。

マーガレット「まあ、一回、この裏方ポーチを実際身につけてみてよ」

先輩達に実際に裏方ポーチをつけさせて貰った。

エレン「おお? なんかこの格好、いいな」

しっくりくる。これはいい。ちょっと楽しいな。

エレン「分かりました。とりあえず、仮入部って形でやってみます」

マーガレット「本当? いいの? やった!」

ミカサ「では私も仮入部で」

エレン「いいのか?」

ミカサ「重いものを運ぶのは得意なので大丈夫」

この顔は嘘ついてる感じじゃねえな。

良かった。ミカサも気に入ったみたいだな。

マーガレット「ますます有難いよ! 新入部員、ゲットだぜ!」

という訳でその日はそこですぐさま仮入部のサインをしてそのまま練習風景を見学させて貰った。

パク「おっぱいもみもみおっぱいもみもみおっぱいもみもみ!」

エレン「?!」

ミカサ「?!」

今の何だ? アレも発声練習か?!

マーガレット「あはは! ごめんね。アレも発声練習の一環なんだ」

女子なのにすげえ。全く平然と卑猥な言語を言ってやがる。

いや、こっちとしては物凄く嬉しいけどな。ありがとうございます。的な。

ミカサ「……………やっぱりやめた方が良かったかしら?」

あ、ミカサがドン引きしているようだ。無理もねえか。

マーガレット「わーやめないで! 大丈夫! アレはやりたい子だけがやる発声練習だから! 無理ならやらなくていいから!」

パク「ん? ああ……ごめんごめん。もっとソフトな発声練習にするね」

と言って、別の発声練習に入った。

パク「マンゴ子マンゴ孫マンゴ! マンゴ子マンゴ孫マンゴ! マンゴ子マンゴ孫マンゴ!」

ぶふーっ! いかん。ソフトどころか悪化している。

エレン「先輩! もっとソフトにお願いします!」

パク「え? もっと? じゃあ難易度落とすか…」

と言って別の早口言葉にして貰った。ふう。

パク「ブタがブタをぶったらぶたれたブタがぶったブタをぶったのでぶったブタとぶたれたブタがぶったおれた」

エレン「それ難易度上がってますよね?! 何しゃべってるのか分かんないんですけど?!」

パク「え? ああ、難易度は下がってるよ? 私、ま行苦手だから。ば行は大丈夫だよ」

エレン「そういう問題なんですか?」

パク「そうそう。苦手な行を中心に発声練習するといいんだよ。やってみる?」

という訳でその日はへんてこな早口言葉をいろいろ教えて貰った。

マーガレット「自分で作ってもいいよ。いい早口言葉があったらどんどん言ってね」

家に帰ってからも早口言葉が頭の中でループしていろいろ大変だった。

ミカサ「マンゴ子マンゴ孫マンゴマンゴ子マンゴ孫マンゴマンゴ子マンゴ孫マンゴ」

エレン「ミカサ! その早口言葉だけはやめてくれ!」

ミカサ「私もマ行は苦手かも……」

エレン「でもダメだ! 他の早口言葉にしろ!」

ミカサ「………分かった」

そんな感じで高校生活初日は無事(?)に終わったのだった。





次の日の最初の授業は、委員会や係等の役割を決めるロングホームルームが行われた。

キース「まずは先に学級委員を決めたいと思う。誰か立候補はおらんか」

先生の声に皆、視線を交わす。お前やらねえの? って意味でな。

誰も自分からはなりたいと思う人はいないようだ。面倒臭そうだもんな。

キース「立候補がいないなら推薦でもいい。誰かこいつにやって欲しいと思うのはおらんか」

ジャン「はい」

キース「ジャン・キルシュタインか。いいぞ。誰を推薦する?」

ジャン「オレはマルコがいいと思います」

マルコ「?! ちょっと、ジャン!」

ジャン「こいつ、真面目だし責任感もあるし、マメだし、級長タイプだと思います」

マルコ「やめてくれよ……そんな柄じゃないって」

ベルトルト「それなら僕も」

キース「ベルトルト・フーバー。他にいるか?」

ベルトルト「はい。ライナーがいいと思います」

ライナー「おいおい。俺もそんな柄じゃないんだが?」

ベルトルト「そんな事ないよ。ライナーはリーダー向きだと思う」

今度はさっき推薦されたマルコが挙手した。

マルコ「ジャンがいいと思います」

ジャン「おい、推薦された奴がし返すなよ」

マルコ「僕よりジャンの方が向いてると思ったんだよ。ジャンは口は悪いけど面倒見がいいからね」

キース「ふむ。三人も候補があがったなら、この中から男子の級長は決めても良いだろう」

そう言ってキース先生は黒板に三名の名前を書いて多数決を取り始めた。

そして票数がばらけて、結果が決まった。

キース「ふむ。集計結果、ライナー・ブラウンに決まったな。では、級長をお願いするぞ」

ライナー「困ったな。俺も柄じゃないんだが」

キース「しかし皆の意見だ。お願いしたいのだが」

ライナー「分かりました。ま、推薦された以上は仕方ないですね」

という訳で、クラスの男子の中では大柄なライナーが級長に決まった。

キース「女子の方で副級長も決めたい。女子の方には立候補者はいないか? 推薦でも構わない」

ミーナ「はい!」

キース「ミーナ・カロライナか。立候補か?」

ミーナ「いいえ! 推薦です。私はクリスタがいいと思います!」

クリスタ「え?!」

後ろの席のクリスタがびっくりした声をあげていた。

クリスタ「わ、私はその……皆のまとめ役なんて」

ミーナ「クリスタは面倒な事も嫌がらずにやる真面目な子なので任せてもいいと思います」

クリスタ「ちょっと、買いかぶり過ぎだって」

ユミル「…………」

ユミルが挙手した。

ユミル「はい。私はミーナの方がいいと思います」

ミーナ「?!」

ユミル「勝気で皆をぐいぐい引っ張っていけると思います」

キース「ふむ。クリスタ、ミーナ。あと一人くらい推薦して貰おうかな」

キース先生は黒板に名前を書いている。

サシャ「はい!」

キース「サシャ・ブラウス。芋を食いながら挙手するな。授業中だぞ」

サシャ(ごっくん)

サシャ「私はユミルがいいと思います!」

ユミル「?!」

ユミル「サシャ、お前……」

サシャ「ユミルは一歩引いて、皆のフォローをするのがうまいので」

ユミル「そんな訳ねえだろ」

サシャ「いえ、そうですよ? 意外と周りのことよく見てるじゃないですか」

ユミル「私はフォローした覚えはない」

サシャとユミルはどうやら知り合いっぽいな。

席が離れているのに好き勝手にしゃべってやがる。

キース先生は「おい、いがみ合うな」と二人を窘めて、

キース「では、女子はこの三名の中から決めるとするか」

キース先生は再び多数決を取り、結果、決まった。

キース「ではクリスタ・レンズに頼むとしよう。いいだろうか?」

クリスタ「わ、私ですか……」

キース「過半数を超えたからな。お願いしたい」

クリスタ「わ、私でいいんですか?」

ミーナ「いいと思うよ。クリスタは頑張り屋さんだからね」

ユミル「……………」

何なんだ? ユミルの顔。ちょっと過保護じゃねえか?

決めるのは本人だろ。クリスタ自身の気持ち次第だ。

クリスタ「分かりました。私で良ければ引き受けます」

キース「では早速、級長、副級長、前に出て他の委員を決めて行ってくれ」

というわけで早速仕事を任された二人は拍手喝采を受けながら前に出た。

ライナーの方はクリスタをチラチラ見ては顔を赤くしている。

ふーん。ライナーって奴はクリスタが好みなのか。

まあクリスタは可愛いしな。オレの好みじゃねえけど。

ライナーが板書をしてクリスタが台の前に立つ。

クリスタは小さいもんな。ライナーが書いていく方が効率的だ。

クリスタ「では続いて、他の委員を決めていきたいと思います」

クリスタ「他の委員も立候補、または推薦を募ります。まずは生活委員から……」

クリスタ「うーん、立候補も推薦もないなら他の委員から先に決めてもいいですか?」

ミーナ「いいと思います!」

クリスタ「では図書委員から先に決めたいと思います。立候補者はいますか?」

お、女子が何人か手挙げてるな。

男子はいねえ。これならアルミンを推薦しても通りそうだな。

アルミンは本が大好きだ。だから委員会は図書委員がいいって決めている。

メールには「エレンに任せる」とあったけど、アルミンの希望が通る方がいいよな。

ミーナ「はい! 図書委員やります!」

アニ「待って。図書委員なら私もやりたい」

ユミル「私もだ。やらせろ」

ハンナ「ずるい。私もやりたい」

エレン「あの、今日は欠席してるんですけど、推薦したい奴がいるんですけど」

クリスタ「はい。ええっと、エレン・イェーガー君ですね」

エレン「はい。アルミンは小学校の頃から図書委員ばっかりやってたんで、推薦してもいいですか?」

クリスタ「そうね。男子の立候補は他にいないし、経験があるなら彼に任せてもいいかな?」

男子一同は「いいと思いますー」と適当に答えている。

希望者が被らなくて良かったぜ。

クリスタ「じゃあ女子の方を………今度は立候補者多数だからくじ引きでいいかな?」

ライナー「いいんじゃないか? 立候補だしな」

クリスタ「じゃあちょっと待っててね。くじを簡単に作るから」

という訳でくじ引きでの抽選になった。各々、神妙な顔でくじを引いている。

アニ「………」

ミーナ「………」

ユミル「………」

ハンナ「………」

アニ「よし」

ミーナ「あーハズレたあ」

ユミル「ちっ…」

ハンナ「残念」

クリスタ「当たったのはアニですね。では図書委員はアルミン君とアニさんの二人に決まりました」


パチパチパチ……


クリスタ「続いては保健委員です。こちらも立候補、または推薦で決めます」

マルコ「はい」

クリスタ「はい、えっと、マルコ君」

マルコ「保健委員、やります」

クリスタ「男子は立候補者が出ました。他はいませんか?」


シーン……


クリスタ「女子の立候補者はいますか?」

ミーナ「はい」

クリスタ「ミーナ、やる?」

ミーナ「第二希望だけど、他にいないなら保健委員でいいや」

クリスタ「じゃあ決まりね」


パチパチパチ……


あれ? なんか黒板が変だな。あ、一個飛ばして決めたのか。

クリスタ「ん? あら? 体育委員、飛ばしちゃってた?」

ライナー「ん? 順番なんてどうでもいいだろ」

クリスタ「でも折角、順番通りに書いてあるのにごめんなさい(ペコリ)」

ちょっと眠くなってきた。あー眠い。早く終わんねえかなー。

クリスタ「体育委員、も決めたいと思います。誰か……」

コニー「はいはいはい! オレ、やる!」

クリスタ「げ、元気がいいですね。コニー・スプリンガー君?」

コニー「おう! オレ、小中全部、体育委員だったから!」

クリスタ「経験者がいるなら彼でいいですか?」

一同「賛成でーす」

クリスタ「じゃあ女子は……」

コニー「サシャ、お前やらねえ?」

サシャ「いいですよー。私も体育委員ばっかりやってたんで」

クリスタ「じゃあ二人で決定ですね」



パチパチパチ……



クリスタ「次は文化委員を決めます。立候補者、また推薦はありますか?」

ジャン「文化委員って、文化祭以外は暇な委員だよな?」

クリスタ「そうね。その代わり文化祭のシーズンだけは滅茶苦茶忙しいよ」

ジャン「うーん。どうするかな……迷うぜ」

マルコ「ジャンは楽な委員に入りたいの?」

ジャン「いや、楽な割には内申点もあげられるのがいいな」

マルコ「ちゃっかりしてるね」

無茶言ってやがる。馬鹿じゃねえの? こいつ。

キース「内申点が目当てなら級長か、生活委員が一番得点が高いぞ」

ジャン「一番きつい役職じゃないっすか……」

キース「ふん。楽して点を取ろうと思うなよ。まあ、委員会は入らないよりは入ったほうがこちらも成績をつけやすいんだがな」

先生の言う通りだと思った。

クリスタ「誰かいませんか? 文化委員は、文化祭以外はとても暇な委員ですよ?」

ライナーが笑ってる。クリスタの発言がツボったらしい。

すると、女子が一人挙手した。

ユミル「文化祭以外は暇なら、やってあげてもいいよ」

クリスタ「ユミル、ありがとう!」

ユミル「まあ、他にやりたい奴がいれば譲ってもいいけど。いなさそうだしな」

女子一同はユミルで異論はないようだ。

ライナー「ベルトルト、お前、中学の時も文化委員だっただろ」

ベルトルト「え? ああ、そうだけど」

ライナー「だったらノウハウ分かってるだろ。またやったらどうだ?」

ベルトルト「そう? でも他にやりたい人はいないかい?」

ライナー「いれば先に手あげるだろ。ベルトルトでいいか?」

男子一同「いいでーす」

クリスタ「決まりね。次は…整備委員ね」

ライナー「地味な委員だが、ようは掃除が好きな奴が向いてる委員だな」

クリスタ「そうね。掃除が得意な人にやってもらえるといいと思う」

掃除が得意。で連想したのはミカサだった。

ああ、ミカサがやるのがいいかもな。これ。

キース「ちなみに整備委員の担当教師はリヴァイ先生だ。先に言ってくが、生半可な覚悟では入らないほうがいいぞ」

ピタッ……

何名か、挙手しかけていた生徒が手をあげるのをやめた。

クリスタ「リヴァイ先生? 他のクラスの先生ですか?」

キース「ああ。体育担当の先生なんだが……まあ、潔癖症の先生でな。掃除に関してはスパルタで有名だ」

生徒1「そういや姉ちゃんがそんな事を言ってたような」

生徒2「ああ。うちも兄貴から話を聞いたことあるぜ」

ヒソヒソと声が聞こえる。どうやら上の学年の人達の間では有名な話らしい。

面倒な先生かもしれないのか。だったらパスした方がいいのかな。

でも誰かがやらねえと、次の議題にいけないしなあ。どうすっかな。

クリスタ「(空気が重い)……じゃあ先に緑化委員を決めるしかないようね」

ヒッチ「はいはい。私やる~」

クリスタ「えっと、ヒッチさんね」

ヒッチ「あれでしょ? 花に適当に水やっておけばいいんでしょ? 超楽そうだし」

クリスタ「ええっと、雑草をむしったり、肥料をあげたりもするんだけど…」

ヒッチ「え? でも毎日はしなくてもいいでしょ? 雨降ったら水やらなくて済むし、一番楽な委員じゃないの?」

今、一瞬クリスタが微妙な顔をした。

あー気持ちは分からんでもない。うちも母さんが生きてた頃は庭とかベランダでガーデニングしてたからな。

地味に大変なんだよ。特に虫とか気をつけないといけないし、まめな手入れが必要だ。

こういう派手なタイプの女がそういうの、得意だとは思えないが。

いや、でもそう決めつけるのは良くねえか。意外とやらせたらはまるかもしれんし。

ハンナ「あのう……私もやりたいんだけど」

フランツ「僕も……」

お? 希望者が被ったか。

ヒッチ「え? まじで? 女子の希望者重なっちゃったじゃん」

ハンナ「ごめんなさい。私、花とか好きなの」

ヒッチ「そう? じゃあ仕方ないね。譲ってあげるわ」

その方がいいかもな。かえって良かったと思うぞ。

クリスタ「ではフランツ君とハンナさんの二人で決定します」



パチパチパチ……



クリスタ「次は広報委員ですね」

ヒッチ「あ、代わりにそっちやるわ。掲示板に紙を貼ればいいんでしょ?」

クリスタ「そうね。印刷物を貼るのが主な仕事だよ」

ヒッチ「こっちは他に希望者いないよね?」

クリスタ「…………いなさそうね」

ヒッチ「じゃあ女子は私で決まりだね。男子は……そこのイケメン君入らない?」

どのイケメン君だよ。ああ、ジャンかな。視線の按配からすると。

オレは別にジャンをイケメンだとは思わねえけど。

ジャン「はあ? なんでオレだよ」

ヒッチ「楽して点数取りたいところが気に入ったの。同じ匂いがすると思って」

ジャン「あー確かにその通りだが、お前みたいにケバいのと一緒にする気にはなれねえな」

ヒッチ「あー? ケバい? この程度でケバいとかウケるwww今日、地味にしてきてるのにwww」

ジャン「その軽い会話のノリも苦手なんだよ。オレはもっと、凛とした女が好きなんだよ」

ヒッチ「へー……凛とした、ねえ。じゃあ、あそこの黒髪の子とかそれっぽいけど、あんたのタイプなの?」

視線の方向はミカサ、ユミルが座っている。え? マジか?

でもこの反応は、間違いない。入学式の時と同じ反応だ。

あの時は、先生が教室に来る前は、全員ちゃんと席についてた訳じゃないし、誰を見ているのかはっきり分からなかった。

でも今度は間違いない。ミカサか、ユミルだ。

…………可能性としてはミカサの方が高いよな。絶対。

いや、ユミルも別に顔はブスとかじゃねえけど。でもミカサよりは劣る。

身内の欲目かもしれんが。ユミルかミカサなら、ミカサかなと思ったんだ。

ジャン「バカ! 人を勝手に例えにするなよ。あくまで「そんな雰囲気」が好きなだけだ!」

ヒッチ「照れてる~ウケる~♪」

マルロ「おい、ヒッチ。脱線しすぎだ。うるさい」

ヒッチ「あ、マルロ。ごめんごめん。ついつい」

マルロ「全く……」

ヒッチとマルロは知り合いのようだ。

ヒッチ「あんたは委員会入らないの? 生活委員とか、向いてそうじゃない」

マルロ「他にやる奴がいないなら入ってもいいが……部活との両立の問題もある」

ヒッチ「何部に入ったんだっけ?」

マルロ「生徒会だ。生活委員より更に忙しい部署だよ」

ヒッチ「あらら……あんた本当にもの好きねえ」

クリスタ「広報委員の男子の方は立候補者はいませんか?」

ダズ「楽そうな委員ならやってもいいかな」

クリスタ「えっと、ダズ君ですね。他にいないなら彼で決定でいいですか?」

男子一同「いいでーす」

クリスタ「残ったのが生活と整備か……」

ライナー「マルロとか言った奴、生活の方に入る気ないか?」

マルロ「さっきも言ったが、生徒会に既に入っているからな。どうしてもってなら、入ってもいいが」

ライナー「では括弧で書いておこう。生活の方に入れそうな女子はいないか?」

女子生徒1「究極の二択よね」

女子生徒2「でもあと二人、誰か委員会に入らないと次に進まないし」

むしろ次の議題がメインなんだよな。こっちはさっさと終わらせたい。

研修旅行の班決めだ。今度、皆で旅行に行くんだ。

そのグループ分けをするんだが、早くそっちを決めたいんだよな。

エレン「生活と整備、どっちでもいいけど、どっちかに入ってもいいぞ」

一同「!」

エレン「このままだと次にいけないだろ? 時間が勿体無い」

そしたらミカサも挙手して、

ミカサ「私も、どちらかに入ります」

エレン「おい、真似すんなよ」

ミカサ「真似じゃない。空気を変えたいだけ」

だったらミカサが先に決めてくれ。候補一人しかいねえし。

マルロ「だったらミカサ、とか言った女子の方を先に決めてしまえばいい」

クリスタ「そうね。女子は今、ミカサさんしか候補がいないから、先に決めていいと思う」

その時、席に座っていたキース先生が書類をめくりながら言った。

キース「ふむ。ミカサ・アッカーマン。中学時代は無遅刻無欠席の健康優良児で成績も首席だったとあるが……委員会や部活は入ってなかったとあるな。掃除も得意で真面目にやっていたとある。経験はないが、生活でも整備でもどちらでもやっていけそうだな」

ミカサ「そ、そうでしょうか…?」

キース「ああ。どちらを選んだとしても悪くないと思うぞ」

生活委員でも、整備でもミカサならやれるだろう。

ミカサ「では私は……整備に入ります」

ミカサがこっちを見た。オレも頷いた。

ミカサ「整備の方に入ります」

クリスタ「では女子の整備委員はミカサさんに決定します」

ライナー「男子の方はエレンでいいか?」

エレン「別にいいけど」

これで残すは生活の女子だけ…と思ったその直後、

ジャン「ちょっと待ったあああああああ!」

ジャンが急に立ち上がった。な、なんだ?

ジャン「オレが整備に入る。エレンとかいう奴は生活に入れ」

エレン「はあ? お前、いきなり何なんだよ」

ジャン「マルロとか言う奴は、あくまで他にいなかったら、って言ってただろ。生徒会に既に入ってるし負担が大きくなるだろ?」

マルロ「まあ、そりゃな」

ジャン「だったらここはオレが一肌脱ぐしかないだろ」

ヒッチ「ククク……露骨過ぎwwwwwお腹痛いwwww」

ヒッチとか言う女が下品に笑いこけている。ああ、バレバレだなこれは。

確信した。ジャンはミカサに気がある。

エレン「そりゃそうだけど、今の今まで沈黙してた奴がいきなり何なんだよ」

ジャン「別にいいだろ! 気が変わったんだよ!」

だんだん腹が立ってきた。てめえ、そういうつもりなら……。

エレン「怪しいな。お前、まさかミカサ狙いとか……(むぐっ)」

明確に言いふらそうとした。その口を塞がれてしまった。くそ!

ジャン「さっさと書いてくれ。オレでいいだろ?」

ミカサ「待って。エレンは今、一度承諾した。エレンの気持ちをないがしろにしないで」

オレはジャンの手を外して言ってやった。

エレン「そうだな。オレ、一回承諾したしな。ここはくじ引きするべきだよな」

ジャン「うぐっ……譲ってくれねえのか」

エレン「てめえの態度があからさまにおかしいから、嫌だ」

ライナー「じゃあくじ引きするぞ。二択だからすぐ出来る。ちょっと待ってろ」

という訳で再びくじ引きを作って引くことになった。

エレン「せーの」

ジャン「!」

エレン「よっしゃ! オレの勝ち!」

ジャン「くそおおお!」

運が味方した。ざまーみろ!

エレン「残念だったな。お前が生活委員をやれ」

ジャン「くそ……面倒臭い委員しか残ってない」

キース「そうだな。生徒会と生活委員を両方やるのは大変だ。ジャン、貴様は何か既に部活には入ったのか?」

ジャン「いえ……」

キース「だったら生活委員に入っても損はしないぞ。ここは入ったらどうだ?」

ジャン「…………」

空気を読んだのかジャンはしばし考えて渋々承諾したようだ。

残りは生活委員の女子の方だ。こちらは立候補もあがらず、仕方ないので決まっていない女子の間でくじ引きとなって決まった。

そんな訳で他の各教科の係なども決まっていき、次はいよいよ、研修旅行の班決めだ。

クリスタ「えーっと、次は4月19日、20日の一泊二日の研修旅行の班を決めていきます」

研修旅行というのは、所謂交流会を兼ねた勉強合宿だな。

新入生全員が学校から割と近いとある温泉宿で一泊するイベントがあるのだ。

割と近いっつっても、高速バスで移動する距離ではあるが、正確に言えば隣の県に移動するだけだ。

そこは広大な山々と馬とかで有名だ。カルデラもある。観光名所であり、温泉地なのだ。

クリスタ「クラスの人数が35名なので、5名ずつ7班に分かれます。男女は混合でも構いません。班の人数の変更は出来ないので5人ずつきっかり分かれてください。決まった班から報告してください」

ここからは自由時間だ。

さーて、やっとミカサんとこに合流できるな。移動しよっと。

エレン「よう! ミカサ。とりあえず、アルミンとオレんとこに来いよ」

ミカサ「うん。勿論」

エレン「あと二人、入れば班が出来るから二人組に声をかけようぜ」

出来れば女子がいいな。女子。男子2人に女子3人がいい。

ミカサ「エレン、ユミルとクリスタはどうだろう?」

エレン「ええ? ユミル? あの性格悪そうな奴入れるのか?」

ミカサ「ユミルは別に性格が悪い訳ではない。ただ、口が悪いだけ」

エレン「そうか? まあ、ミカサがそう言うならいいけど、声かけてみるか」

という訳でユミルに声かけてみたんだが。

ユミル「悪い。実は私とクリスタとサシャで三人グループ作っててさ、こっちも二人組を探してるんだ」

エレン「そうか。残念だな」

ユミル「まあ、他のグループと見合わせてどうしてもってなら、私とクリスタがそっちに入ってもいいけど。サシャはコニーとも仲いいしな」

サシャ「そうですね。無理そうならコニーと組んでもいいですよ」

ミカサ「ではとりあえず他のグループにも声をかけてみる」

他に女子でペアで余ってそうなのいねえかな。

と、周りを見ていたら、こっちにジャンが近寄ってきた。

ジャン「よお。こっちはマルコと二人組だけど」

エレン「ああ? お前、またか」

ジャン「またかとか言うなよ。困ってるんだろ?」

エレン「マルコって、そいつ?」

さっきジャンを級長に推薦し返してた彼が合流した。

マルコ「初めまして。マルコ・ボットです」

マルコの方は何となく仲良くなれそうな気がした。雰囲気がいい。

エレン「まあ、二人組出来てるなら入ってもいいけどよ。ミカサが女一人になっちまうぞ?」

ミカサ「そうね。でも、この場合は仕方ないと思う」

可哀想だな。ジャンを追い出して女子一人こっちきてくんねえかな。

とも思ったが、ミカサがOKを出しているので仕方がない。

ジャン「だったら決まりでいいか?」

エレン「お前を入れるのは不本意だけどな」

ミカサ「エレン、折角入ってくれる人にそんな態度は良くない」

エレン「…………」

本当はミカサに我慢させたくねえんだけどな。

だって女子同士で友達作るチャンスだろ? いいんか? 本当に。

でも他の班もだんだんグループ出来てるみたいだし…。

エレン「まあ、しょうがねえか。さっさと決めないとあぶれちまうかもしれんからな」

班が出来た事にして、報告する事にした。








そんな訳でロングホームルームは無事に終わった。

2限目からは体力測定と身体測定だ。

男子はそのまま教室に残って着替える。緑色のジャージに着替え終わって教室を出ると、

マルコ「ジャン……しょうがないだろ。くじ運が悪かったんだから」

ジャン「くそ……」

と、オレの後からマルコとジャンが出てきた。

ジャンと目が合って睨まれた。いい気味だったけどな。

ニヤッと笑い返してやると、殴られそうになった。

ひょいっと避ける。廊下であぶねえ奴だな。

マルコ「ジャン! 八つ当たりだよ。やめなよ」

ジャン「分かってるけどよ。こいつの幸運が羨ましいんだよ!」

エレン「日頃の行いが悪い証拠だろ」

ジャン「うぐっ……」

思い当たる節があるのかぐうの音も出ないようだ。

男子は先に外で体力測定だ。その間に女子が身体測定と室内測定を大体終わらせる。

グラウンドに出ると50m走とか走り幅跳びとか、お馴染みの競技が待っていた。

早速、笛の合図に合わせて測定をする。

オレの記録は……うーん。どれも平均よりはいいけど、トップには届かない感じだ。

上位から数えて5番目くらいだ。やっぱり運動神経、悪い方じゃねえよな?

でも何であの時、キャッチボールも弓矢もうまく出来なかったのか。謎だ。

リヴァイ「おい、終わった奴はさっさと移動しろ」

エレン「あ、はい。すんません」

この時、オレは初めてリヴァイ先生と会ったが、この時はまだしっかりとは知らなかったので会釈だけ返した。

エルヴィン「外の体力測定が終わった者から休憩に入ってもいいぞ」

という先生の言葉を聞いてオレは早速、ミカサのところに合流する事にした。

エレン「身長いくつだった?!」

ミカサ「170cm……」

エレン「う……オレとあんまり変わらないな。くそう」

身長だけは割と頻繁に測ってる。親父の病院には身長測定器も体重計も医療用のが待合室にあるので、暇ある時はちょこっと隙をみて測らせて貰ってる。

先月は確か169cmだった。一か月で1センチ伸びていればいいんだが。

エレン「せめて昼飯に牛乳飲んでおこう」

ミカサ「今飲んでも変わらない気がするけど」

エレン「気分だよ。気分!」

そんな風に軽口叩いて言い合いながら、オレ達は弁当を教室まで取りに行った。

今日は教室で食べる訳にもいかない。机の上が皆、ごちゃごちゃだからだ。

天気いいし、どっか外で食いたいな。

適当な場所ねえかなーと考えていた、その時、

アニ「あの、良かったら……」

金髪の女の子が話しかけてきた。あ、確か出席番号1番の女の子だ。

アニ・レオンハート。名前もしっかり憶えている。覚えやすかったからな。

アニ「………あ、連れがいるのか。だったらいい」

踵を返そうとした、その瞬間、

ミカサ「待って。エレン、一緒にいいだろうか?」

エレン「え? いいよ。アルミンと一緒の委員になった女子だろ?」

アニ「うん……」

だったらついでに話しておこうと思った。

エレン「アルミン、インフルエンザで休んでてさー暫く迷惑かけると思うけどごめんなー」

アニ「別にいい。構わない」

という訳でその日の昼は三人で一緒に食べる事になったんだ。

エレン「どっかいいところねえかな」

アニ「中庭は人気があるから、もう人で埋まってるかもしれない」

ちょっと遅かったか。残念だ。早い者勝ちだもんな。

エレン「だな……あ、部室はどうだ? 演劇部の」

ミカサ「空いているだろうか?」

エレン「ダメ元で行ってみようぜ」

という訳で三人で演劇部の部室に行くことにした。

アニ「……演劇部員なの?」

ミカサ「うん。成り行きで大道具をする事になった」

アニ「へえ。なんか意外かも」

エレン「オレも自分でもそう思う。ま、これでも縁ってやつだろ」

音楽室まで移動する。そのすぐ傍に演劇部の部室がある。

ちなみに吹奏楽部の部室もその隣にある。吹奏楽部は吹奏楽部用の防音室が別にあり、そっちで練習している。

オレ達演劇部が使ってる音楽室は授業で使っている教室だ。

なので防音設備のレベルが違う。向こうの部屋はこっちより音が漏れにくいようになってる。

なのでこっちはこっちで騒がしくしていても、迷惑はかけないんだ。

部室にはテレビが設置されている。ブルーレイレコーダー付きだ。

先代の部員が投資して残しておいた物らしく、有難く使わせて貰っているそうだ。

2年の女子の先輩達が先にそこで弁当を広げながらアニメを見ていた。野球アニメみたいだ。

マーガレット「あ、エレン君、ミカサちゃん。どうぞどうぞ。一緒に見る?」

エレン「何見てるんですか?」

スカーレット「アニメだよ。タイヤのAを観てた」

エレン「タイヤのA? 何ですかそれ」

ガーネット「タイヤを毎日引っ張って走って体を鍛えてる投手が主人公の野球アニメだよ」

スカーレット「これ面白いんだよね~全巻あるから読んでみなよ」

と、部室に漫画本がドンと積まれていた。

ボロボロだな。古本屋で集めたのかな?

ああ、やっぱりそうだ。裏表紙にブックオフの値札シールがつけっぱなしだ。

加えて本がかなり焼けてる。これはそうとう回し読みしたか、自分で読んだかしたに違いないな。

アルミンも似たような読み方をするので、大体想像がついた。

好きだからこそ、何度もページをめくるとこうなっちまうんだ。

エレン「後で借りていってもいいですか?」

マーガレット「いいよいいよ~あれ? そっちの金髪美人は誰?」

ミカサ「クラスメイトです。一緒にお弁当を食べてもいいですか?」

スカーレット「いいけど……君、うちの部に入る?」

アニ「いえ、入りませんけど」

スカーレット「じゃあダメだよ~」

アニ「え?」

マーガレット「いや、いいから。部員しか部室使えないとか、ないから」

スカーレット「チッ……ほら、そこは騙して入部させないと」

マーガレット「悪評たつからやめてよ。それは」

マーガレット先輩が渋い顔している。

意外とスカーレット先輩、腹黒いんだな。次から用心しておくか。

ミカサ「アニ、ごめんなさい」

アニ「いや、いいけど。何だか騒がしい人達だね」

ミカサ「皆、いい先輩達なので、大丈夫」

アニ「うん。それは分かるけど。学校にアニメ持ち込んで観てもいいの?」

エレン「さあ? 校則には関係ないもん持ってきちゃいけないってあるけど、バレなければ別にいいんじゃねえ? 腹減ったから飯食おうぜ」

空いている机と椅子に座ってオレ達は弁当を広げた。

主人公の声『俺はまだ、クリス先輩に何も返してない……!』

マーガレット「やばい。もう、クリス先輩好き過ぎるだろこいつwwww」

スカーレット「わんこだよね。主人公わんこ化しすぎるわ」

ガーネット「そこが可愛い」

先輩達は先輩達で盛り上がっているのでこっちはこっちで話す事にした。

エレン「そう言えばアニはまだ部活入ってねえの?」

アニ「うん……まだ入ってないね。入るかどうか決めてない」

エレン「演劇部、見学してみねえか? 結構、練習風景は面白かったぞ」

早口言葉はちょっとアレだが。大道具のポーチは格好いいしな。

アニ「でも、役者とかはちょっと……舞台に立つんだろ?」

ミカサ「それは裏方に回れば、舞台に立たなくてもいいそうなので」

アニ「裏方? 大道具以外にもあるの?」

エレン「ああ。いろいろあるってさ。照明、音響、あと衣装か」

ミカサ「私も舞台に立たないならと思って入ったので。目立つのが苦手でも出来ると思う」

アニ「そう……まあ、考えておくよ」

と、アニはちょっと考えたようにしてそう答えた。

アニ「………………あのさ」

エレン「ん?」

アニ「アルミンってどんな奴?」

エレン「え? ああ、アルミンはオレの幼馴染で親友だよ。いい奴だけど」

アニ「そう」

と、言ってアニは黙り込んだ。何だ?

エレン「ん? 何か心配事でもあるのか?」

アニ「いや、別にそういう訳じゃないけど」

ミカサ「けど?」

何かアルミンに対して不安でもあんのかな?

アニ「名簿だって私のすぐ後ろの席だろ? 入学早々、休んでるから気になっただけ」

ミカサ「そう言えば、私のすぐ後ろの席も空いていたような」

あ、そういえば空いてたな。他にもちらほら欠席者がいたような。

アニ「ああ、ミリウスだっけか。あいつもインフルエンザだって聞いたような」

エレン「ええ? インフルエンザ流行ってんのか? 4月なのに?」

アニ「むしろもう一回、波がきてるらしいよ。気をつけないと」

エレン「まじかよ…アルミン、災難だったな」

親父大丈夫かな。仕事柄、インフルエンザに一番近い場所にいるからな。

今度、おばさんに免疫力を高める料理をリクエストしておこうかな。

ネギ味噌汁とか。大蒜入りの餃子とか。

ミカサ「………あの、ところで気になっていたけれど」

アニ「ん?」

ミカサ「アニのお弁当箱、可愛い……」

アニ「え? そう?」

ミカサ「うん。丸いし3段重ねだし。あまり見たことがない」

本当だ。ミカサに言われて気づいたが、アニの弁当箱は乙女チックだった。

ピンクで丸い。しかも3段重ね。あんまり見ない弁当箱だ。

それに比べてオレとミカサのは…。ああ、まあ、ごく普通の弁当箱だ。

オレのは黒の2段。ミカサのは白の2段箱だ。

ミカサが見比べて驚くのも無理ねえかな。

アニ「自分で買った。お弁当も自分で作ってるけど」

ミカサ「本当? すごい。綺麗」

エレン「ミカサも自分で作ってるだろ」

ミカサ「でも私のは茶色いので……」

ちなみに里芋とか南瓜とかの煮物とちくわや蒲鉾の煮つけがメインだ。

ミカサは和風も洋風もいけるが、弁当に入れる時は和風の方が作りやすいらしいんだ。

アニ「でも、栄養のバランスはいいんじゃないか? 私は自分の好きなものを入れてるだけだよ」

エレン「一個、なんかくれよ」

アニ「ダメ。あげない」

ミカサ「エレン、そういう時は交換をするのが普通」

アニ「そうそう。タダで貰おうとするのはダメ」

エレン「アルミンはくれるのになー」

ちぇ。まあ、オレも言ってみただけだけどな。

ミカサ「あの、交換をお願いしてもいいだろうか?」

アニ「いいよ。こっちのハンバーグと、そっちのかぼちゃ、交換しよう」

ミカサ「ありがとう……」

ミカサが嬉しそうにしている。女子の友達、出来そうな空気だ。良かったな。

な、なんか涙ぐんでる? おいおい。大丈夫か?

アニ「そ、そんなに感激しなくても」

ミカサ「ううん、嬉しい」

エレン「ちぇっ……交換ならオレはいいや。ミカサの作った分、全部食うし」

アニ「え? あんたの分の弁当、ミカサが作ってるの? 何で?」

ぎっくー!

しまった。うっかり要らんこと言った。

こいつ、矛盾点にあっさり気づいてツッコミやがった。

まるで逆転弁護士のなるほど君だ。いや、女だから、ちひろさんか。

まずいまずいまずい。犯人になったような気分で言い訳を考える。すると、

アニ「ああ、あんたら付き合ってるのか」

エレン&ミカサ「「違う!!」」

うわあ。やっちまった。ハモっちまった。余計に怪しくなった。

エレン「その、今日はたまたま、作って貰っただけで普段は違うんだ」

ミカサ「そう。今日はたまたま、私が一個多く持ってきてしまって、エレンにあげただけで」

アニの目がますます険しくなる。やっべー。

アニ「ああいいよ。別に否定しなくても。私は言いふらさないし」

ミカサ「いや、だから、その……」

アニ「そりゃにバレたら冷やかされるし面倒だしね。黙っておくからさ」

エレン「いや、違うんだ、その……」

アニ「しつこいね。私がそんなに口の軽そうな女に見えるの?」

ミカサ「いいえ、アニは口が硬そうだけど……その……」

いっそそういう事にしとくか? いや、でもな。

ダメだ。もうここは自白した方がいいだろう。

エレン「ミカサ、言ってもいいか?」

ミカサ「いいと思う。変に誤解されたくないので」

アニ「何が?」

ミカサも同じ気持ちだったようだ。だからオレは自分の父親がミカサの母親と再婚した事をアニに話した。

するとアニは「へー」という顔をして、言った。

アニ「なるほど。通りであんた達二人、仲いいと思った。それで弁当もミカサが作ってたって訳ね」

エレン「まあな。悪い。他言無用にしてくれ」

アニ「いいよ。人の家の話だし、言いふらすような事じゃないからね」

ああ、こいついい奴だな。助かった。

アニ「親の再婚か。要は連れ子同士って訳だね」

ミカサ「そうなる」

エレン「だな」

アニ「そっか……じゃあどんなに仲良くても恋人同士にはなれないわけだ」

エレン「そりゃそうだよ。何言ってんだ?」

ドキッ。何だ今の。

アニの言葉が妙に突き刺さった。

アニ「あ、気を悪くしないで欲しい。ただ、ちょっと思っただけだから」

…………。

アニの意味深な視線の意味を何となく理解したオレは汗が浮かんだ。

わ、分かってるよ。変な真似したり、手出したりしたら承知しねえって事だろ?

オレはそんな鬼畜じゃねえよ。警戒すんなって。誤解を招くだろ。

と、オレはアニに視線だけで訴えた。

すると、それに納得したのか、アニは話題を変えた。

アニ「ところで、ミカサ。このかぼちゃの煮付けってどうやって作るの?」

と、話題は料理の方にそれて昼を食べ終えた。

オレは牛乳を自販機まで買いに行った。その場で牛乳飲んで考える。

アニの言う通りだ。オレとミカサは法律上、兄妹、いや、姉弟になる。

だから恋人同士にはなれない。他人同士だけど。家族なんだ。

それは重々承知している筈なのに。

胸が妙にざわざわするのは、アニに言われたせいなのか。

それとも。

……考えるのやめよう。

オレは午後の身体測定の為に体育館に一人移動する。

ミカサもアニと一緒に今頃、外に出ただろう。

身体測定では170cmにのびていた。よっし! 1cmだけのびてた。

この調子で食後の牛乳を毎日続けようと思った。

しかし、その時、

ハンジ「ベルトルト・フーバー。192cm。81kg」

ハンジ「ライナー・ブラウン。185cm。95kg」

で、でけえええ。何だあの二人。あそこだけ規格外のでかさだろ?!

男子の嫉妬の視線が集まっている。当然だ。男子にとって背の高さは一種のステータスだからだ。

しかしそれを表立って言えないのが男の悲しさだ。

背中で泣くのが男という生き物なんだ。面倒臭いが。

ライナー「あーまたのびてたな。ベルトルト」

ベルトルト「もういい加減、成長が止まって欲しいけどね」

ふざけんな! だったら身長よこせ! という視線がベルトルトに集まる。

案の定、そう思った男子が文句を言い出した。

コニー「ずりーぞベルトルト! 3センチこっちによこせ!」

ベルトルト「ぼ、僕もあげられるならあげたいよ…」

ライナー「まあまあ無茶を言うな。コニー。毎日牛乳を飲め」

コニー「もう飲んでるんだけどなーなかなかのびねえんだよ。くそー」

ジャン「両親の遺伝的要素もあるんじゃねえの? ベルトルトの両親、背丈いくつだよ」

ベルトルト「両方、180cm超えてる」

コニー「すっげ! 両方って珍しくねえ? そりゃでかいはずだな!」

うちは両親共に中肉中背の家族だ。伸びるとしたらあと5cmくらいかな。

オレも178cmくらいは欲しいんだけどな。

マルコくらいの背丈は欲しい。じゃねえと、ミカサと並んだ時、格好悪いというか。

………って、何考えてるんだ、オレ。

コニー「そんだけでかいなら、野球やれよ! 投手とかいいんじゃねえか?」

ベルトルト「投手? 投手は背が高い方がいいの?」

コニー「その方が角度のある球を放れるしな。あ、でも外野でもいいかも。なあなあ、二人とも、野球部にはいらねえ?」

ライナー「まだ部活は決めかねているんだよな。もう少し考えさせてくれないか?」

コニー「いい返事を待ってるぜ!」

ジャン「……………」

マルコ「コニーは本当に野球が好きなんだね」

ジャン「あの頭みりゃ、そうだろうな」

マルコ「ぷぷっ」

ん? なんだ? 良く分からんが、マルコが笑ってジャンが諌めている。

この当時はこの会話の意味が分からなかったが、後にそれが判明する。

そう。実はジャンもマルコも野球経験者で、しかもバッテリーを組んでいた過去があった。

コニーがもしもそれを知ったら勧誘が酷くなるからここでは言わなかったんだろうな。

そして放課後になって、部活の時間になる。

この時期はまだそんなに忙しい時期じゃないそうで、割とまったり活動を行った。

学校の周りを軽くジョギングしたり、柔軟体操、発声練習をした後は、皆でしばらくだべっていた。

その話題の中でこの間の背景セットの話になった。

実はあの時、体育館の方では部活動紹介があり、演劇部も当然それに出ていた。

だから以前使った背景セットを体育館のステージで再お披露目したそうだ。

で、丁度通りかかったのは、そのお披露目が終わって片付けている最中だったそうだ。

あの背景セットは去年の公演で使用した物で、近いうちに解体予定だそうだ。

エレン「あれだけでかい物を解体するんですか? 勿体ねえ」

マーガレット「逆よ。勿体ないから解体して再利用するの。次の公演のセットに使用するからね」

スカーレット「材料を眠らせる方がダメなのよ。これはうちの伝統なの」

エレン「へー……そういうもんなんですか」

マーガレット「うちには解体の職人がいるからね。今日はまだ来てないけど」

スカーレット「うん。3年にすごい人たちがいるよ。まだ紹介してないけど」

エレン「そうなんですか。どんな人だろ……」

この解体職人というのはオルオ先輩の事だ。

オルオ先輩は今は役者をやる事が多いが、元々は裏方の人間だったので、そういう作業も出来る。

実際、それを見せて貰った時はその鮮やかな作業に惚れ惚れしたもんだ。

ペトラ「やっほー! 久しぶり!」

噂をすれば影だな。3年生の名札の生徒が入ってきた。

マーガレット「ペトラ先輩、お久しぶりです!!」

スカーレット「オルオ先輩も! やっとこっち来れるんですか?!」

オルオ「おう。まあな。待たせたな。お前ら」

ガーネット「グンタ先輩とエルド先輩は?」

オルオ「後から来る筈だ。今日はリヴァイ先生も来るぞ」

マーガレット「まじっすか! やべええええ! 部室掃除しとかないと!」

スカーレット「一年! 今から部室と音楽室の大掃除に入るぞ!」

一年一同「「「はっ! (敬礼)」」」

エレン「おお……何か急に忙しくなったな」

ミカサ「そうね。リヴァイ先生って、整備委員の方も担当していると言っていた先生よね」

ペトラ「そうだね。リヴァイ先生は忙しいからそんなにこっちには来れないけど、来たら必ず部室と音楽室のチェックが入るから、掃除出来てないとキレられて蹴り入れられるわよ」

エレン「えええ……体罰じゃないっすか」

ペトラ「愛のムチよ。愛の。これくらい耐えられないと、公演なんてもっとしんどいからね」

エレン「え?」

あー。リヴァイ先生の愛のムチをオレも食らう事になるとは。この時は思ってなかったな。

でもあれはしょうがねえ。周りをよく見ないで勝手な行動をした自分が悪い。

ペトラ「厳しさには慣れてた方がいいわよ。うん。早いに越したことはない。普段は緩いけど、うちはヤル時はやるんだから」

と言いながら既にペトラ先輩は10組の椅子と机を移動し終えている。

口は動かしながら仕事が出来るタイプだな。

オルオ「一年は窓拭きから始めろ! 2年は移動させた机を移動させた後の床部分をほうきで先にはけ! オレ達3年が雑巾がけで一気にやる!」

一同「「「「は!」」」」

オルオ「あと15分以内に仕上げろ! 遅くても30分以内にはリヴァイ先生が到着される! それまでに絶対間に合わせるぞ!」

そんな訳で全員で一斉に大掃除だ。

エレン「すげえ……あっと言う間に片付いていく」

普段もそんなにきたねえ訳じゃねえんだけどな。

チェック入れるリヴァイ先生の潔癖症ぶりが想像出来るぜ。

ペトラ「エルド、グンタ! 遅い!」

エルド「悪い悪い。こっちはホームルームが長引いた」

グンタ「担任の話が長いのなんのって」

ペトラ「いいから手貸して!」

そして3年生が増えて更に掃除が綺麗に仕上がった。

演劇部は1年5名、2年5名、3年4名の計14名の人数だ。

一年はオレとミカサの後に3人、新しいメンバーが入った。

まだそこまで親しい訳じゃねえけど、こいつらの事も追々、紹介しよう。

ミカサ「素晴らしい。皆でやるとこんなに早く綺麗になるのね」

ペトラ「先生が来る時はやっとかないと後が怖いからね」

オルオ「おい、久々に全員で発声練習始めるぞ!」

全員で合わせてやるのか。それは初めてやるな。

初日にお腹の底から声を出して遠くの方に飛ばすイメージで声を出せと先輩に言われた。

……あれ? でも今、オルオ先輩。全員って言ったよな。

でも、初日に会ったもう一人の2年生(多分)の女子が今日は来てない。

え? もしかしてあの人、部員じゃなかったのか?

3年生の声が大きい。2年と1年は負けている。

エレン「こ、声、でけえ……」

ミカサもちょっと汗を掻いているようだ。

エレン「どうすりゃあんな大声出せるんだ?」

ペトラ「腹筋がまだまだ甘い! 鍛えないとね!」

ミカサ「私はそこそこ腹筋ある方ではあるんですが…」

ペトラ「筋肉はあるだけじゃダメなのよ。宝の持ち腐れにならないように、使い方を意識して」

ペトラ「おへその下にたんでんって呼ばれる体の部位があるんだけど、そこに一番意識を持っていって」

ミカサ「こうですか? (手を添えてみる)」

ペトラ「うん。一回、それで声出してごらん」

ミカサ「あーーーーーーーー」

あ、全然違う。そうか。もっと下の方に力を入れるのか。

ペトラ「うまいじゃない! 素質あるわよ!」

ミカサ「あ、ありがとうございます…」

オレも頑張ってみよう。

エレン「あーーーーーー」

ペトラ「息が続いてないわね。一気に酸素を吐き出さないで、ゆっくり出して」

エレン「あーーーーーーーー」

ペトラ「そうそう。最初に全力で出し切ると後が続かないわよ。持久力も大事だからね」

エレン「はい!」

よっしゃ! ちょっとだけ上達したかな?

ペトラ「あら? 君、笑うと可愛いわね。表情筋がいい感じね! 役者希望?」

エレン「いえ! 裏方です!」

ペトラ「あらそう? 勿体無い。気が変わったらいつでも役者に来てもいいわよ?」

思えば遠い記憶になるが、小学生の頃も似たような事を言われたっけ。

だからこそ、2回も王子様を演じたんだ。アルミンはヒロインだったけど。

そしてこの時はまだ、まさかオレ自身がヒロイン役を演じる事になろうとは。

全く予想してなかったし、夢にも思ってなかったな。

発声練習が終わるともう一回、柔軟体操をやった。今度は全員で競争だ。

ミカサが1年の中では一番柔い。でもオルオ先輩も負けてねえ。

というか3年全員、柔すぎるだろ。やっぱり先輩は違うな。

ペトラ「今年は面白そうな子が入ってきてるわ。いい感じね」

オルオ「ま、最初はそんなもんだろ。これからが課題だな」

ペトラ「…………その、ちょっと斜めに構えた感じやめてくれる? 気持ち悪いんだけど」

オルオ「ふん。オレに命令する権利はまだない筈だが? ペトラ」

エルド「はいはい、次行くよ。折角全員揃ってるから、軽く自己紹介いこうか」

と、パンパンと手を叩いて場を切り替えたエルド先輩は自分から自己紹介を始めた。

エルド「3年2組のエルドです。役者と照明やってます。趣味は日本史・世界史。歴史全般です。夢は考古学関係の何かに携わること。今のところ教師目指してるけど、将来はインディー先生のようになります!」

と、簡潔に自己紹介が終わった。

あ、この流れだと全員に回るな。多分。

グンタ「3年2組のグンタです。役者と音響やってます。趣味は作曲。ゲーム音楽とかも割と好きです。得意なのは数学。数字には結構自信あるんで、テストの山はりは手伝えると思う。以上」

ペトラ「3年1組のペトラです。副部長やってます。役者と衣装もやってるけど、実質は私が部長です」

オルオ「おい!」

ペトラ「何? なんか文句ある?」

オルオ「部長はオレなんだが? オレ何だが?!」

笑ってはいけないと思うけど、笑いそうになった。

尻に敷かれているなあ。オルオ先輩。

ペトラ「えー、まあ、部長はオルオだけど、副部長の方が実際は忙しいです。所謂何でも屋だからね。台本を書く時もあるし、本を読むのが割と好きかな。アニメ・ドラマ、両方いけます。好きな芸能人はhideさんです!」

ああ、あのライク・アンド・シェルのボーカルのちいさいおっさんか。

あの年であれだけ歌えるってすげえよな。一番流行ってた頃は良く知らないけど。有名な曲はいくつか知ってる。

flowerとかREADY STEADY GOとかHONEYとかは代表曲だな。

他にもいっぱいあるけどここでは省略する。ミカサの表情には「?」が浮かんでいた。

エレン「ライク・アンド・シェルのボーカルだよ。知らねえの?」

ミカサ「ごめん。分からない…」

エレン「背のちっこいおっさんだよ。もういい年だけど、歌はうまい」

ペトラ「ちっこいおっさん言わないで!」

エレン「すみません。わかりやすく言ったつもりだったんですが」

ペトラ「うぐぐ……確かにちっこいおっさんなのだけども。そこがいいのよ!」

オルオ「自己紹介させてくれよ…」

ペトラ「あ、ごめんなさい。ついつい。次いいわよ」

オルオ「えー3年1組の部長のオルオです。俺も役者と台本書いたりしてる。元々は裏方だったんだが、いつの間にか役者がメインになった。ま、俺の才能をリヴァイ先生が見抜いてくれたおかげ何だが……」

ペトラ「はいはい。自慢自慢。次は2年の自己紹介ね」

オルオ「まだ途中何だが?!」

もう夫婦だな。この二人は。ある意味で。

この後は2年生の紹介になった。詳しく紹介していこう。

マーガレット「えー2年1組のマーガレットです。少年漫画が大好きで漫研と兼部してますが、将来はアニメーターか、イラストレーター希望です。手先は器用なので割と何でも作れます。金槌は私の相棒です。Gペンは私の恋人です。以上!」

この人が大道具のリーダー。裏方作業全般が出来る器用な人だ。でも脚本はやらないらしい。漫画は描けるけど文章に起こすのは苦手で、つまりギャグ漫画等の短い話を描くのが好きなんだそうだ。

全体的な雰囲気は逆転キャラの若い頃のちひろさんに似ている。

胸のないちひろさんを想像してほしい。多分、似てる。

失礼だから本人には言わないけどな。ここはオフレコで頼む。

スカーレット「2年2組のスカーレットです。私も手先はそれなりに器用です。趣味は粘土で立体を作ること。フィギュアも作れます。人前に出るのは元々は苦手ですけど、作るのは好きなので、ここにいます。宜しくね!」

大道具の副リーダー。立体造形のスペシャリストだ。それなりとか言ってるけど、これは謙遜だ。ロボットも作れる女子高生なんて珍し過ぎるだろ。

恐らく「仮面の王女」のレナ王女のイメージはスカーレット先輩の要素も混じってるんだろうな。

顔は男性キャラだけどテニプリ(テニスの王子達)の不二に似ている。

髪型は逆転キャラでいう葉中のどかみたいに毛先がくるんとしているボブカットだ。

たまに毒舌やら黒い発言したりしてるんで、根は性格が悪いんだろう。

普段は優しいけど、怒らせたら怖そうな気がする。多分、アルミンに似たタイプだ。

ガーネット「2年3組のガーネットです。手芸部と兼部してます。普段は大道具メインですが衣装作るのも好きなので、衣装もやってます。特技は見ただけで人のスリーサイズをだいたい測れる事です。以上」

この先輩に物凄く念入りにサイズを測られてあのエンパイア・ドレスを作って貰った。

勿論、一人ではなくペトラ先輩と共同作業だったらしいが衣装のデザイン等は全てガーネット先輩が担当したそうだ。

この先輩は……あーもう、逆転キャラばっかりですまんが、ついでにこの人も逆転キャラで例えると、あの人だ。

一番近いのは、きりおさんだ。眼鏡のドジっ子の。

たまに眼鏡をキラーンとさせてるからハンジ先生っぽくもなる。あんな感じだ。

アーロン「2年4組のアーロンです。役者やってます。元野球部ですが、高校から演劇に目覚めてこっちに来ました。以上」

アーロン先輩は野球やってただけあって体が大きくてがっしりしている。

あと顔が老けてる。高校生には見えない。大学生でも通じそうな大人っぽさがある。

エーレン「2年4組のエーレンです。同じく役者やってます。俺も演劇は高校からですが、結構楽しくやってます。俺は元サッカー部です。以上」

エーレン先輩はオレとちょっとだけ名前が違う。最初はびっくりしたな。

でも雰囲気はオレとは正反対だ。目は細いし顔立ちが柔和だ。優男だけど、凛としている。

ペトラ「次は一年いってみよー」

エレン「はい!」

まあ先にやった方が気持ち的に楽だしな。先頭いかせてもらうぜ。

エレン「1年1組のエレンです。部活に入るのは初めてですが、大道具のガチャンガッチャンが格好良くて入りました。まだ演劇のことはさっぱりわかりませんが宜しくお願いします!」

先輩一同「おー!」

マーガレット「分かる。このガッチャンガッチャンには何かロマンを感じるわよね」

エレン「はい! 装備品に魅力を感じました!」

スカーレット「使いこなせるようになると自分の分身のように感じるからね。うんうん」

エレン「ミカサ、次だろ?」

ミカサ「えっと、その………」

あ、まだ緊張してんな。こればっかりは慣れるしかねえんだけどな。

ミカサ「1年1組のミカサです。その………特技は、肉を削ぐことです。以上」

ペトラ「ええええ?! どういう事?!」

エレン「ミカサ、端的すぎるだろ。もうちょい詳しく」

オレが促すと、はっと我に返ったミカサが付け加えた。

ミカサ「ええっと、料理全般、出来ます。あと掃除も好きです。あ、歌もそれなりに歌えます。それくらいです」

ペトラ「なんだ。結構特技があるじゃない。そんなに恥ずかしがらなくてもいいのに」

エルド「いや、これは有りだ」

グンタ「ああ。期待の新人だ」

オルオ「こういうのが足りないんだよな。うちの部は。うんうん」

直後、ペトラ先輩のハリセンが何故か3年男子全員に直撃した。

オルオ「いってー! お前、どこからハリセン持ってきた!」

ペトラ「常備しているのよ。乙女の必需品なのよ」

オルオ「どの辺が乙女だ……悪かった。もう言わない。ハリセンしまえ」

ペトラ先輩を怒らせない方がいいな。と分かった瞬間だった。

ペトラ先輩も見た目は優しそうなんだけどな。怒るとこええ。

マリーナ「1年2組のマリーナです。役者希望です。将来の夢は声優です。男の子の声が得意なので、聞いてください」

マリーナ『僕にだって出来るさ! これくらい!』

マリーナ「こんな感じです」

エレン「うわあああすげえええ!」

オルオ「う、うまいな。一瞬で声が変わった」

ペトラ「これはまた期待の新人ね」

マリーナは茶色のウエーブがかった長い髪の女の子だ。

凄く女の子らしい顔立ちだ。丸顔で、目も大きい。

ライナーが食いつきそうだな。そういう系統の女の子だ。

カジカジ「1年2組のカジカジです。ガジガジではないです。カジカジです。間違えないようにお願いします。変な名前でよくからかわれますが、カジカジです。くれぐれもカジカジで覚えて下さい」

黒髪の丸顔。顔の系統はオレに似てるかもな。

普段は大人しい感じだが、しゃべったら結構、ひょうきんな奴だと分かった。

あと発声練習の「おっぱいもみもみ」とかも割と平気らしい。

オレはどうしても照れるからやらないが、自主的に練習している風景に出くわして、にこやかにどや顔された事がある。

コメディ系の台本やらせたら滅茶苦茶うまい。仮面の王女はシリアスが多かったが、もし台本がコメディ系だったらカジ(面倒で『カジ』と呼ぶ事が多くなった)の方が主役を演じていただろうと思う。

キーヤン「1年2組のキーヤンです。俺も歌はそれなりに歌えます。歌って踊れる声優目指してます。以上!」

面長のイケメンだ。ジャンをもっと格好良くしたような顔立ちだ。

こいつも「それなり」とか言ってたが謙遜もいいところだ。歌声は既にプロ級だ。

歌が上手過ぎるせいか、キーヤンが歌いだすと、他の文化部の奴らが音楽室に覗きに来る事もしばしばだ。

演技力だって凄い。オレは最初、タイ王子役はキーヤンに決まるかと思ってたくらいだ。

でも、ペトラ先輩が結局、ジャンを推したんだよな。

理由は『恋する男の人の目が出来てるから』という事だった。

この時点ではまだジャンは加入してない。

あいつがもしも加入してなかったら多分、オレはキーヤンと組んでいただろう。

ペトラ「今年も濃いメンバーが集まったわね」

グンタ「まあ、毎年の事らしいからな」

エルド「ああ」

リヴァイ「演劇部は変人の巣窟と呼ばれている部だからな」

部員一同「?!」

リヴァイ「遅くなった。すまない」

ペトラ「リヴァイ先生?! いつからそこに?!」

ペトラ先輩がハリセンで叩いた後くらいだったかな。

途中から見てたな。こっそりと。オレは気づいてたけど。

その後ろからひょいっと知らない人の影がふたつ。

イザベル「や! 今日は私達も来ちゃったよ」

ファーラン「相変わらずここは騒がしいぜ」

ペトラ「イザベル先輩?!」

オルオ「ファーラン先輩?!」

リヴァイ「さっきそこの廊下でこいつらと会ってな。話し込んでしまって遅くなった」

私服姿だ。大学生っぽい。ここの卒業生かな。

ファーラン「今年もそれなりに新入部員が入ったようだな。去年より少ないが……」

ペトラ「ま、まだまだ勧誘は続けます! ね?」

オルオ「はい! あと10人は増やしますので!」

ファーラン「言ったなオルオ? 二言はねえな?」

オルオ「はいいいいいい!」

オルオ先輩は自分で自分の首を絞めている。

ここから更に10人も増やすなんて現実的な数字じゃねえよな。無理だろ。

リヴァイ「おい、オルオ。無茶するな。ファーラン。お前もだ」

ファーラン「冗談だよ。ククク……」

リヴァイ「掃除もちゃんと終わってるな。新入部員も把握できたし、今日は久々に台本の読み合せでもするか」

リヴァイ先生はそう言って一度音楽室を出て行った。

そして何冊か台本を持ってくるとそれを部員全員に配った。

リヴァイ「さてと。今回は全員、くじ引きで役を決めるぞ。裏方も代役で出る場合もあるんだから一応、練習しとけ」

ミカサ「え?」

リヴァイ「ん? どうした?」

ミカサ「えっと、裏方も舞台に出る場合があるんですか?」

リヴァイ「ごく稀にだが、例えば出る予定の役者が怪我して出られなくなったり、そういう緊急事態の場合は裏方が役者を兼任する場合もある。だから、裏方もモブ役くらいは出来ないと困るんだ」

ミカサ「あ、モブ役ですね。メインではなく」

リヴァイ「当然だ。そもそも、裏方は裏で手いっぱいだからな。役者の練習なんてしている暇は殆どない」

エレン「なるほど」

リヴァイ「でも、例えば通行人だけでも必要な場面があったら、その時は衣装チェンジして間に合わせる事もある。まあ、表を知ってれば裏もやりやすいし、裏を知ってれば表もやりやすいんだがな」

と、リヴァイ先生の説明が終わって台本の読み合わせという練習を行う事になった。

そして一通り読み合せの練習が終わると、その日はそこで解散となった。

リヴァイ「あーエレンとか言ったか。お前、ちょっと残れ」

エレン「はい?」

何だろ? オレ、何かまずい事したっけな?

リヴァイ先生と二人きりで音楽室にしばし残らされた。

こうやって見てみると、リヴァイ先生って小さいな。オレより大分背が低い。年は20代かな。でも30代にも見える。

黒スーツに首元のスカーフをしている様は、どことなく、逆転の御剣検事を思い出す。

リヴァイ先生と向かい合って待っていると、先生はこう言い出した。

リヴァイ「お前、中学時代は特に部活には入ってなかったんだよな」

エレン「はい」

リヴァイ「でも体力測定では中の上くらいだったな」

エレン「はい…」

良く覚えてたな。あれだけの生徒の数の中で。

リヴァイ「ふむ。お前、裏方希望だと言っていたが…役者の方に回る気はないか?」

エレン「え? オレが役者ですか?」

ペトラ先輩にも言われたが、何でそんなに役者? 裏方の男子、少ないんじゃねえのか?

希望が通るとばかり思い込んでいたオレは少しばかりむっとしたが、リヴァイ先生はオレに説得を続けた。

リヴァイ「ああ。お前、裏方希望だって言ってたが、役者の方が向いてるかもしれんぞ」

エレン「そ、そうですかね?」

ああなんだ。裏方が向いてないんじゃなくて、役者の方が向いてるからなのか。

邪推してしまった。ちょっと恥ずかしい。

リヴァイ「今日の練習を見る限り、1年で一番、演技の幅があったのはお前だ。他の奴らより声は小さかったが、感情移入して台詞を読んでいただろう?」

エレン「はい。割と途中で泣きそうになりました」

リヴァイ「恐らく、性格的に向いてるんだよ。地は感情の波が激しい方だろう?」

エレン「うっ……バレましたか」

リヴァイ「喜怒哀楽が激しい事と、他者に感情移入をしやすい性格の奴は役者に多い。勿論、足りない部分も多々あるが、ハキハキ受け答えも出来るし、裏よりは表の方がいいと思ったんだが」

エレン「そ、そうなんですか……」

へー。そういうもんなのかな。

リヴァイ「ただ、お前の言うようにそのガッチャンガッチャンに憧れて大道具やる奴も少なくはない。一応、両方を視野に入れて、少し様子を見たらどうだ?」

エレン「分かりました。少し考えてみます」

オレはすぐに頷いた。第一希望は裏方だけど、確かに劇によっては表に出た方がいい場合もあるだろう。

臨機応変に行動した方がいいかもしれない。

リヴァイ「お前の相方のミカサの方は、表は無理そうだな。あいつは裏方メインがいいだろう」

ミカサの場合は表が出来ないから裏に回る。オレとは理由が違う。

エレン「そうですか……」

リヴァイ「顔は悪くないんだがな。中身が表向きじゃない。ヒロイン向きの顔だが、あれだけ緊張して台詞を言う奴も珍しいな。なんかトラウマでもあるのか?」

エレン「えっと、多分、新入生代表挨拶のアレが原因です」

リヴァイ「ああ、アレか。ちょっと変な挨拶だと思ったが、そうか。あの時のアレがあいつだったのか」

アレさえなきゃな、と思うが。後の祭りだ。

リヴァイ「ふむ。まあもう少し様子を見てみたい気持ちもあるが、とりあえずはミカサは裏メインでやらせた方がいいだろう。今年の1年は裏2名表3名で、劇よっては裏1名表4名でもいけそうだな」

エレン「そうですね。オレももうちょっと様子見てみます」

リヴァイ「そうしろ。とりあえず、俺がこっちに来れるのは週一が限界だ。他の部の顧問も兼任しているからな」

エレン「演劇以外も顧問しているんですか?」

リヴァイ「体操部だ。俺は体育教師だからな。演技については自身ではあまり出来ないが、ただ、客観的に見て指導するのは得意な方だからこちらも任されているんだ」

エレン「へー……役者をやってたとかじゃないんですね」

経験者じゃなくても顧問を任される場合もあるのか。大変だな。

リヴァイ「ああ。経験は裏方だけだな。裏の方がもっと綿密に指導は出来るが、あまり口を出すような事でもないしな。怪我だけには注意してあとは自由にやっておけ」

エレン「はい! ありがとうございました!」

リヴァイ「気をつけて帰れよ」

という訳で、リヴァイ先生から解放されて、その日は帰る事になった。

待ってたミカサと合流して一緒に帰る。

ミカサ「……………」

ミカサが全然しゃべらねえ。空気が重いな…。

エレン「元気ねえな。なんか買い食いしていくか? 腹減っただろ?」

ミカサ「いい。お腹はすいてない」

エレン「え? そりゃまずいな。もう夜の7時なのに腹減ってねえっておかしいだろ」

ミカサ「……………」

ダメだこれ。かなり重症だな。

エレン「疲れたのか? 演劇部、馴染めないのか?」

ミカサ「そういう訳ではないけれど」

エレン「ん?」

ミカサ「なんていうか、自分を再認識して勝手に凹んでいるだけ」

ああ。そうか。ミカサはテンパると頭の中、真っ白になるタイプみたいだな。

国語の成績は良くても実際の国語力はない。英語読めてもしゃべれないのと同じだな。

活字と実際の会話、コミュニケーションは別物だ。

エレン「あー……皆の前での挨拶、もうちょっとなんとかしたかったのか」

ミカサ「うん」

エレン「うーん。ミカサって混乱してる時って、頭の中どうなってるんだ?」

ミカサ「真っ白」

エレン「いや、真っ白なのは分かるけど。そうじゃなくて、ええっと、混乱する前! 混乱する直前はどんな感じだ?」

ミカサ「直前…?」

うまく言えねえな。オレも人の事は言えない。

一生懸命考えて言葉を選ぶ。ミカサの負担にならないように。

エレン「混乱する前は必ずある筈だろ? だって混乱するんだから。するならその前もある。だから、その「あ、今、混乱し始めてるな」っていう感覚、分かるだろ?」

ミカサ「え? え? え?」

エレン「それ! 今、ちょっと意味分からなくて混乱しそうになっただろ?」

ミカサ「あ………」

感覚的なもんって、人に伝えにくいよな。

だから実際やらせてみた方が早い場合だってある。

エレン「そう。そういう頭の変化の境目をさ、自分で意識出来るようになれば「今、緊張してんな」とか「今、頭が限界だな」とか分かるだろ?」

ミカサ「そうかもしれない」

エレン「そうやって自分を『客観的』に見るんだよ。そうすればそういう時はどうするべきか、分かるんだ」

ミカサ「自分を客観的に、見る……」

この「自分を客観視する」という作業って、物凄く大変なんだ。

実際にそれがやれている人ってのは少ないと思う。

けど、これが出来てこそ、「大人」だって、前に親父が言ってたんだ。

エレン「混乱したり、頭が限界に来てる時は、オレは目を一回閉じたりしてるけどな」

ミカサ「目を閉じる」

エレン「とにかくその瞬間「今、いつもの自分と違うな」っていう自分を感じるんだよ。感じたら、深呼吸でもなんでもいい。ちょっと違うことをするんだ」

ミカサ「違うこと……」

エレン「まあ、出来ないならオレがやってやるよ。ミカサが冷静じゃない時は、オレが止めてやるから」

一人で抱え込む必要なんてねえもんな。

誰だって苦手な事のひとつやふたつ、あるもんだろ?

エレン「そしたら多分、感覚が分かる筈だ。今度教えてやっから」

習うより慣れろだ。そういうもんだろ?

ミカサ「うん。ありがとう」

ミカサの気分がちょっとだけ浮上した様だ。良かった良かった。

エレン「お、家についた。腹減ったーめしめしー」

安心したら腹減った。今日のおかずは何だろうな♪

と思いながらオレは家に帰宅した。ああ、いい匂いだ。

今日は多分……カレーライスだな!

ミカサの母「おかえりなさい。今日はカレーライスですよ」

当たりだ。ラッキー♪

ご飯をついでルーをかけて、さあ、頂きます。

ミカサ「エレン……着替えてから食べた方がいいのでは?」

エレン「え? 腹減ってるし、いいよ」

ミカサ「制服にもし零したら、しみ抜きが面倒」

エレン「じゃーこうすりゃいいか?」

と、タオルを太ももの上にのせる。これで良し。

エレン「いっただきまーす」

オレはミカサより先にカレーを頂いた。ミカサは真面目なのでちゃんと着替えてから夕食を食べるが、オレは大抵、順番が逆だ。

だって腹減ってる時は先に何か入れたいだろ?

という訳で先に頂く事にする。んー……。

あれ? 何かいつもより味が違う。

甘い? いや、ルー其の物がいつも使ってる市販の物と味が違う気がする。

ミカサが降りてきた。ちゃんと私服に着替えてからご飯を用意する。

ご飯は各自でよそう。量を自分で決めて食べるからだ。

おばさんとミカサとオレの三人が先に夕飯を食べる。親父の帰りは大抵遅いからだ。

ミカサ(もぐもぐ)

エレン「ミカサ、これ、いつものカレーと味違わないか?」

ミカサ「? お母さん、ルー変えたの?」

ミカサの母「え? おかしいわね。ちょっと待って」

ミカサの母「あらあら。中辛を買ったつもりが、別の会社の甘口ルーを買ってたみたいだわ」

おーっと。すげえ凡ミスだな。味を間違えるのは良くあるが使うルーの会社も間違えたのか。

ミカサのお母さんはミカサよりドジだ。このオレがびっくりするようなドジをたまにやらかす。

ミカサ「もー…お母さん。エレンは中辛派だって前に言ってたでしょ?」

エレン「いいって。甘口も嫌いじゃねえし」

ミカサの母「ごめんなさいね。ついつい。ミカサが甘口派だったから、間違えちゃったわ」

エレン「ん? そうなんか? ミカサ」

ミカサ「んー……でも別に中辛も食べられなくはない。どちらかと言えば、甘口なだけ」

エレン「じゃあ交互にしようぜ。それか中辛と甘口混ぜてもいいかもな」

ミカサ「でも、私よりエレンの方が良く食べるので、エレンの味に合わせた方が」

エレン「そうか? まあ、そうして貰えるのは助かるっちゃ助かるが」

とまあ、こんな感じで、基本的には我が家の味は出来るだけ、オレか親父の好みにミカサの家が寄せてくれる事が多い。

何か悪いな。と思いつつも、それに甘えている自分がいる。

正直、嬉しいのだ。そういうのは。

エレン「あ、そういえばおばさん。最近、インフルエンザがまた流行ってるそうですよ」

ミカサの母「あらあら。そうらしいわね。テレビでも言ってたわ」

エレン「出来れば親父の為にネギ味噌汁とか、大蒜入りの料理とか、お願いしてもいいですか?」

ミカサの母「そうねー。体調を崩さないように、体を温める料理を作らないといけないわね」

ミカサ「それだったら生姜入りの料理もいい。生姜は体を温める」

エレン「だな。そんな感じのメニューでお願いします」

ミカサの母「分かったわ。明日は生姜焼きとネギ味噌汁にしましょうか」

と話しながらその日の夕食は和やかに食べ終えた。








それから数日の月日が流れ、アルミンのインフルエンザもようやく完治した。

アルミン「うー……しょっぱなからついてないよ。やっと治ったけど」

エレン「治って良かったな」

クラスの奴らもちらほら復帰している。もうピークは過ぎたのかもしれない。

アルミン「うん。でも皆、もうクラスの友達のグループ出来ちゃってるし、部活も入ったんだろ?」

エレン「ああ、まあ、オレとミカサは演劇部の裏方の大道具ってやつをやることになったよ」

ミカサ「今は今度、公演予定の背景のセットを作ってる」

アルミン「へー! 意外だな。エレンは球技系に入ると思ってたけど」

エレン「んー一応、球技も見て回ったけどな。何か思ってたより殺伐としてたから馴染めそうにないと思ってやめた」

部員同士の仲が悪そうな気配だったし、演劇部はその点は心配いらない。

ミカサ「演劇部は皆、いい人。仲良くやっている」

エレン「だよな。部室にはいつもお菓子とお茶があるし、練習の合間には皆で結構、喋ってるぜ」

オレは最近、空いた時間にはカジとキーヤンとちょこちょこ話すようになった。

最初は大人しかった二人だけど、話してみたら意外と面白い奴らだったんだよ。

ミカサは大道具のマーガレット先輩達に可愛がられているようだ。

アルミン「そうなんだ。いいなあ」

エレン「アルミンも演劇部入らないか?」

文化系の部活ならいいんじゃねえかなって、思ってつい、そう言っちまったけど、

アルミン「僕は特待生だからね。部活をやってる時間はないかも。成績落としたら学校通えなくなるし」

エレン「あ、そう言えばそうだったな。悪い」

アルミンにきっぱり拒絶されちまった。残念だ。

そっか。奨学金で高校に通ってる身分だから余裕はないんだろうな。悪い事言っちまった。

アルミン「いいよ。その代わりエレンとミカサが出る公演は観客として見に行くから」

エレン「おう! 待ってるぜ!」

話題が途切れた頃、アルミンは何かを思い出したように言った。

アルミン「あ、僕が休んでいる間のノート、写させて貰えるかな?」

エレン「いいぞ。コピー取っておくか?」

アルミン「うん。家のコピー機でコピー取ってから明日返すね」

エレン「了解」

アルミン「他に僕が休んでいる間に何かあった?」

ミカサ「委員会が決まった。エレンは整備委員会。私も整備委員。アルミンは休んでいたけれど、図書委員に推薦しておいた」

アルミン「わあ、ありがとう。図書委員、好きなんだ僕」

エレン「アルミンは小学校の頃からずっと図書委員やってたって言ったら認めてくれたんだよ。だからオレが推薦しておいたんだ」

アルミン「持つべきものは友達だ。ありがとう、エレン!」

エレン「いいって!」

と、オレ達が話し込んでいたらそこにアニがやってきた。

アニ「アルミン、だっけ? インフルもう治ったなら、今日から当番にいけるよね?」

今日は4月14日。月曜日だ。

今日からって事は月曜日の当番になったんかな。だろうな。

アルミン「うん。もう大丈夫だよ。ごめんね。エレンから聞いてたけど、僕の代わりに会議に出てくれたんでしょ?」

アニ「まあ1回だけね。どの曜日に当番するかを決める会議が一回あっただけだよ。私達は月曜日の昼休みになったから」

アルミン「分かった。今日から早速だね。じゃあもう、移動しないといけないね」

アニ「うん。じゃあ、アルミン、連れてくよ」

エレン「いってこーい」

ミカサ「いってらっしゃい」

アルミンを送り出して、オレは食後の牛乳を買いに行く。

最近は2本飲むようにしている。カルシウムを大量摂取中だ。

ミカサにも何か買っていこう。りんごとオレンジを1本ずつ買って教室に戻ると、ミカサはクリスタと話し込んでいた。

中学校の話をしているみたいだ。そういやまだミカサの出身中学聞いてねえ。

この時、その話題になったからそれを聞き出せたんだ。

エレン「そういや、ミカサってどこ中出身なんだ? オレも知らねえや」

ミカサ「え、エレン!」

エレン「ほい、ミカサにもお土産。りんごとオレンジどっちがいい?」

ミカサ「オレンジで」

エレン「じゃありんごはクリスタで」

クリスタ「くれるの? ありがとう!」

エレン「ついでだよ。んで、ミカサはどこの中学校出身だ?」

ミカサ「……………………………」

思えばミカサの中学時代の噂ってどの程度、学校内で蔓延してたんだろ?

端と端のクラスだったから届かなかっただけなのか。

それとも噂話にあんまり興味がなかったせいで、単に耳に入ってなかったのか。

オレの記憶の限りじゃミカサの噂話は聞いた事はなかった。

だからもしかしたら、必要以上にミカサが神経質になっていただけなんじゃ? とも思うんだ。

エレン「ちなみにオレとアルミンはシガンシナ区中な」

ミカサ「え?」

エレン「え?」

ミカサ「エレンも?」

エレン「へ?」

ミカサ「私も、シガンシナ区中……だけど」

後でアルミンにも確認したんだが、なんと中学時代にも首席が2人いたんだ。

つまりテストでアルミンと同じ点数を叩きだしてた子がいたそうなんだ。

個人情報保護法があるから、相手の名前は知らなかったそうだが、それがつまり、ミカサだった訳で。

アルミン自身はずっと、自分と同じ程度に高得点を取るその子の事が気になってたから、判明してすっきりしたと言っていた。

エレン「え? でもオレ、ミカサと中学時代に会った覚えがないんだが?」

ミカサ「私は5組だった」

エレン「オレは1組だったけど、いや、それにしたって、すれ違うくらいならありそうじゃないか?」

クリスタ「あーでも、同じ中学でもお互いに気づかないで生活するってことあるかもね」

ミカサ「そ、そういう事なのだろうか」

クリスタ「うん。私とマルコは同じクラスになるのは初めてだしね」

エレン「何だよーその頃から知ってたならなあ」

クリスタ「そういう事もあるって」

中学時代のミカサがどんな感じだったのか。今更だけど見てみたかったなと思うぜ。

クリスタ「シガンシナ区中なら私達の中学校よりもっと遠いね。講談高校までの通学も大変だったりする?」

エレン「あーまあな。でも電車はあるし、そこまで不便とは思わないな。乗り継ぎは1回だけだし」

ミカサ「通学は片道35分から45分程度だろうか」

クリスタ「へー意外。思ってたより時間かかってないんだ」

エレン「そうだな。中学の時は20分くらいだったけど、まあ、ちょっと遠くなった程度だよ」

自分の席について2本目の牛乳を開けて飲みながらオレは続けた。

エレン「遠いところから来てる奴は1時間超える奴とかもいるんだろ?」

クリスタ「いると思うよ。近い子は10分とかもいるけど」

エレン「高校来るといろんなところから来てるからな。通学遠い奴は大変だよな」

自転車で通うって手もあるけど、この辺、交通量が多いから危ないってのもあるんだよ。

だから講談高校に通ってる奴は、半分くらいが電車かバス通学だ。

自転車もいるっちゃいるが、この辺は好みで分かれるんだろう。

エレン「クリスタはどんくらいかかってるんだ?」

クリスタ「私は20分くらいかな。電車通学だけど乗り継ぎないから早いよ」

エレン「うちの高校、駅から近いからその点は楽だよな」

クリスタ「うん。あ、駅と言えばね……」

クリスタが急に神妙な顔つきになった。

クリスタ「最近、ちょっと怪しい奴がいるんだよね」

エレン「怪しい奴?」

クリスタ「うん。まあ、ぶっちゃけると痴漢っぽい奴?」

エレン「え? 痴漢されたのか? クリスタ」

クリスタ「いや、私じゃないよ。そういう噂が出てるの。ただねーその話がちょっと奇妙で」

ミカサ「奇妙?」

クリスタ「うん」

りんごジュースをすすって続ける。

クリスタ「うーんとね。まあ、その……男の子を狙う痴漢らしいの」

エレン「へ?」

クリスタ「しかも、女装男子限定っていう、まあ何ともアレな話なんだけどね」

エレン「ちょちょちょ……え? なんだそれ。そもそも何で女装男子が電車に乗る?」

クリスタ「最近、たまに見るじゃない。女装男子の子」

エレン「いや、オレは見たことないが」

クリスタ「そう? まあ、いるんだよ。で、うちらの学校の最寄駅付近で、そういう話が出てるから、女の子っぽい男子は気をつけた方がいいぞって何故かメールやら掲示板やらツイッターやら拡散情報が回ってるよ?」

アルミン。お前、やばいぞ。

エレン「アルミン、あいつ気をつけておいた方がいいかもな」

クリスタ「いや、エレン。あなたも十分許容範囲だと思うけど」

エレン「え?! オレ?! 狙われそうなのか?!」

クリスタ「間違われそうな私服は着ないほうがいいよ。赤色とか。暖色系の服は避けておいた方がいいかもね」

エレン「やべえ……オレ、赤色の服結構、持ってるけど?!」

男っぽい服装を心がけよう。黒いのとか。新しいの買っておかないとな。

ミカサ「大丈夫。その時は私が守ってみせる」

エレン「いやいやいや、そういう話なら暫くオレは電車通学やめて自転車に変えるぞ」

ミカサ「でも雨の日はどうするの?」

エレン「濡れてでも自転車で通ってみせる」

ミカサ「それはダメ。危ない。事故にあったらいけない」

エレン「…………父さんに車で送ってもらうとか」

ミカサ「そっちの方がまだいいと思う。犯人が捕まるまでは、特にアルミンは……」

エレン「アルミンの家はおじいちゃんしかいねえから保護者の送迎は期待出来ねえよ」

ミカサ「え?」

エレン「あ、言ってなかったか。アルミンの家、両親がいないんだ。他界してる」

クリスタ「あら……」

アルミンが小さい頃に亡くなってるんだ。詳しい事情はここでは伏せておくが。

まあ、それは追々いつか、説明する。

エレン「あ、って言っても亡くなったのは相当前だから。あんま暗くならないでって本人も言ってるし、好きにバラしていいって許可は貰ってる。辛気臭くされる方がアルミンも面倒なんだってさ」

クリスタ「そうなのね。ごめんなさい。何かよけいな事言ったせいで」

エレン「いいよ別に。むしろその可愛い男を狙う痴漢っていう話、知らなかったから聞けて良かったぜ。アルミンにも気をつけるように言っておくよ」

ミカサ「そうね。これはアルミンが一番気をつけるべき問題」

予鈴だ。昼休み終わっちまった。午後は体育だ。急がねえとな。

ミカサとクリスタと分かれて体育の準備に入る。ジャージに着替えて移動する。

今日は4月に入ってからの2回目の体育だ。女子は外でソフトボール。男子は体育館でリヴァイ先生の授業だった。

リヴァイ「今日はバレーかバスケだな。どっちがいい? お前らで決めろ」

意外だ。先生自身が決めないのか。

多数決でバスケになった。勿論、1組対2組の戦いになった。

ライナー、ベルトルト、ジャン、マルコ、コニーが最初のメンバーで出た。

オレも途中交代要員としてコートに出たりする。

ライナー「ふん!」

ライナーのダンクが決まった! こっちは長身コンビがいる。

ライナーとベルトルトのコンビネーション、そしてマルコの的確なパス。コニーの3Pシュート!

圧倒的な試合展開に2組の奴らはだんだんモチベーションが無くなってきたのか、後半、試合を投げるような適当なプレイになってきた。

ワンサイドゲームで1試合目が終わったその時、リヴァイ先生が「ふむ」と言い出した。

リヴァイ「ちょっと1組の方にいい選手が偏り過ぎているようだな。シャッフルするか」

エレン「え?」

リヴァイ「1組2組で混合チームを作る! 今からチームを4つに分ける。指示に従って分かれろ!」

うわ…いきなり知らない奴とチームを組まされた。

オレのチームには、知ってる奴がジャンだけか。

結構、ばらけちまったな。ライナーとベルトルトもチームを引き離された。

A、B、C、Dの4つのチームでブロック戦。ミニゲームを行った。

オレはAチームに居たが、試合は拮抗してなかなか勝負がつかない。

でもしょうがねえ。ゼッケンの色だけで判断して仲間にパスを回す。

僅差で一応勝ったが…。2組の奴ら、微妙な顔してるな。当然か。

エレン「ナイスシュート」

2組男子「お、おう…」

一応声をかけたが、空気が微妙だ。

2組の奴らはあんまり、運動神経いい奴いねえのか?

いやでも、うちの高校は割と体育に力入れてるのは有名だし、進学校って程でもない。普通のレベルの学校だ。

単にモチベーションの問題かな。そう思っていたら、

2組男子「はあ……やる気が出ないな」

エレン「…………?」

ジャン「ああ、同感だな」

何故かジャンが頷いている。

2組男子「分かるのか? お前」

ジャン「ああ、分かるさ。お前の気持ちは重々」

2組男子「ああ、やってられないよな! こんな体育!」

おいおい。リヴァイ先生がいる前でよくそんな事言えるな。

しらねーぞ。聞かれてても。こっちは見てないけど。

しかし何故か二人は意気投合して、

ジャン「ああ! なんだってこの高校は体育の授業の場所が……」

ジャン&2組男子「「男女、離れ過ぎだろ!?」」

エレン「え?」

何の話だ? いきなり。

ジャン「だってそうだろ? 女子はソフトボールだ。それはいいんだが、それをちらっとでも盗み見出来ないって…」

2組男子「テンション下がるよな…中学時代は、チラチラ、見る事が出来たのに」

ジャン「ああ。休憩時間、ちょっと足を伸ばせば見れた見れた」

2組男子「女子の様子が見たいのに……!」

ジャン「聞こえるのは女子の声だけ!」

2組男子「ああ、何という絶望!」

ジャン「なんという悲劇!」

ええっと。二人が言いたいのはつまり、男女が分かれて体育の授業をするのはいいが、うちの高校は広いから、その気配が遠い事を嘆いている。

という事なのか。

え? もしかして2組の奴らがやる気ないのってそのせいなのか?

ライナーとベルトルトのせいじゃなかったのか。

エレン「お、お前らなあ……」

アルミン「分かるよ。その気持ち」

エレン「あ、アルミンまで…」

何故かそこにアルミンまで加わった。

エレン「おまえ、Bチームの試合は……」

アルミン「もう終わったよ。今はCとDチームがやってる」

ジャン「アルミン、お前も見てたくちか?」

アルミン「当然じゃないか。中学時代から始まった男女隔離体育授業。しかしその距離感があるからこそ、僕達の思春期は青春なのさ」

アルミン。詩人なのか? その表現は。

アルミン「でもこの第一体育館は、グラウンドから大分遠い。おまけに講談高校は野球グラウンド、サッカー用グラウンド、陸上用グラウンドまである。授業用とは別に、だよ」

エレン「部活動に力入れているんだから仕方ないんじゃ……」

アルミン「そのしわ寄せは、女子の授業が見れないという部分に押し寄せているじゃないか!」

そもそも、授業中に女子の体育の授業を眺めちゃいけないけどな。

ただ空いてる時間があれば、そりゃちょっとくらい、見たりはするけど。

確かに中学時代は学校自体が高校よりは狭かったから、同じグラウンド内で別々の授業とか、あったな。

アルミン「僕はでも、その壁があるからこそ、やらないといけないと思うんだ」

アルミンはジャージのポケットから小さなオペラグラスを取り出した。

コンサートとかでステージを見るアレだな。

ジャン「何?! アルミン、お前、いつの間にそんなものを!」

アルミン「ふふふ……リヴァイ先生が、試合を見ている今がチャンスだよ」

エレン「い、いくのか…」

2組男子「オレもいかせてくれ!」

2組男子2「オレも!」

何故か2組の男子も巻き込んでの作戦になった。

第一体育館の窓からグラウンドを覗く。ちょっと遠いけど、女子のソフトボールの風景を目に捉える。

アルミン「見えた! クリスタが打席に立ってる!」

ジャン「ミカサは?!」

アルミン「ミカサがボールを投げてるよ! ああ、ストライクだ!」

エレン「ちょ…アルミン、オレにもちょっとだけ見せてくれよ」

アルミン「もうちょっとまって! クリスタの打席が終わるまでは……」

リヴァイ「お前ら、何をしている」


ぎっくー!


リヴァイ「アルミン・アルレルト。その手に持っている物は何だ?」

アルミン「えっと、その……」

アルミン「お、オペラグラスです」

リヴァイ「そんな物、体育の授業で使用する必要はねえ。女子の体育の風景、覗いてやがったな?」

アルミン「…………いいえ」

リヴァイ「では、何を覗いていた」

アルミン「ええっと……め、珍しい野鳥があそこに留まっていたので、つい! ぼ、僕、野鳥の観察が好きで、ついつい持ち歩いているんです!」

苦しい言い訳きたな、これ。信じるかな…。

リヴァイ「ほう。野鳥か。では見せてみろ」

リヴァイ先生にオペラグラスを渡した。

頼む。その辺の木に野鳥が留まっててくれ。

リヴァイ「本当だ。珍しいな。あんなところに、鳥がいる」

どこを見ているのか分からないが幸運にもリヴァイ先生は鳥を見つけたようだ。

リヴァイ「ふん……だがこのオペラグラスは授業が終わるまでは預かっておく。勝手な行動はするなよ」

一同「「「は、はい……」」」

そしてオレ達は無事にバスケの試合を終えて、アルミンはオペラグラスを返して貰った。

ジャン「咄嗟の嘘とはいえ、あれ以上疑われなくて幸運だったな」

アルミン「そうだね…鳥に感謝だね。リヴァイ先生、何処見てたのか良く分からなかったけど」

エレン「でも、もうやめようぜ。女子の体育の風景、見たいのは分かるが、リヴァイ先生の授業でそれやるの、無謀すぎるだろ」

アルミン「うう……そうだけどさ」

と、アルミンは悔しそうだった。

アルミン「女子が女子だけでキャッキャうふふしている風景がそこにあるのに、こっそり見れないなんて、男子のプライドに関わるというか」

ジャン「アルミン、お前の気持ちは凄く良く分かるぜ。エレンは腰抜け野郎だ」

カチーン☆

エレン「ああ? 今、なんて言った。ジャン」

ジャン「腰抜けっつったんだよ。リヴァイ先生が怖くて女子を見るのをやめるって事は、つまりそういう事だろ?」

エレン「関係あるか! 別にリヴァイ先生が怖い訳じゃねえよ。オレはただ……」

ジャン「いい子ぶるんじゃねえよ。お前だって、本当は女子の体育の風景を見たいんだろ! そして女子が「今日は暑いねー上脱いじゃおうか♪」とか言って上のジャージを脱ぐ瞬間に、遭遇したいんだろうが!」

ジャンが教室でそんな風に叫んでいたら、着替えて教室に戻ってきた女子の集団と出くわした。

女子一同(しらー)

ミーナ「ジャン、さいてー」

ハンナ「さいてー」

アニ「馬鹿じゃないの?」

サシャ「ジャンは一体、何を言ってるんでしょうか? 意味分かりませんね」

ユミル「分からない方がいいぞ。多分」

クリスタ「ジャン……(引いてる)」

ミカサ「?」

ミカサだけは「?」を浮かべているだけだった。

良かったなジャン。九死に一生を得たんじゃねえの?

ミカサだけは意味が良く分かってなかったからな。

掃除の時間中、ジャンはずっと落ち込んでいたが、オレはスルーして、放課後、アルミンに例の件を伝えたら、物凄い顔をされた。なんていうか…気持ち悪い食べ合わせを食った時のような嫌悪感の顔だ。

アルミン「ええっと、つまり女の子に間違われそうな格好をしているとやばいって事?」

クリスタ「最初に被害に遭ってしまった子は、女装男子だったけど、それから被害が拡大して、それに近い所謂、中性的な男の子も狙われるようになったらしいんだよね。だからスカートじゃなくても、女の子っぽい色合いの格好でもアウトって話だよ」

クリスタ「ただ、アルミン君の場合は男子の制服を着てても割とその……」

アルミン「いや、それ以上言わなくてもいいよ。うん」

クリスタの言葉を遮ってアルミンは大きなため息をついた。

アルミン「はあ……もう何だか嫌な世の中だよ」

アルミンは頭を抱えて机の上に頭をのせてしまった。

アルミン「そんな話を聞いた後に一人で帰りたくない……」

ミカサ「今日は一緒に帰ろう。アルミン。少し待ってて欲しい」

アルミン「いや、僕は早く家に帰らないとまずいんだ。おじいちゃんを長く一人にはしておけない」

エレン「そうだよな。オレ達の部活の終わる時間までは待っていられないよな」

ミカサ「では今日だけは部活を休ませてもらおうか、エレン」

エレン「その方がいいかもな」

アルミン「いや、それはダメだよ。二人を巻き込んでしまうのは……」

クリスタ「ごめんなさい。私がもっと体が大きくてアルミン君を守れるくらい強ければ…」

アルミン「いや、君づけはいいから。あと女の子に守られたら僕が死にたくなるからやめてくれ」

アルミンは男心と危険性を天秤にかけて悩んでいるようだ。

エレン「気持ちは分からんでもないが………アルミン、お前は可愛いからこの事実は曲げようがない」

アルミン「………エレンだって可愛い顔立ちしてるじゃないか」

エレン「オレは背がある分、まだいいんだよ。アルミンは背丈も……」

アルミン「うわああん! 身長欲しいよおおお!」

ミカサ「エレン、これ以上追い詰めてはダメ」

エレン「悪い。しかしどうしたもんかな」

何かいい手がねえかな。そう考えていたら、

アニ「何をさっきから騒いでるの?」

アニが教室に戻ってきた。でも鞄は持っている。忘れ物か?

ミカサ「忘れ物?」

アニ「ノートを忘れた。まだ帰ってないの? アルミン。あんた、部活入ってる訳じゃないんでしょ? さっさと帰ったら?」

クリスタ「実は……」

クリスタは例の噂の件をアニにも伝えた。すると、

アニ「ふーん。可愛い男の子を狙う痴漢の出没の噂、ねえ」

口の片方だけ器用に持ち上げてアニが笑っていた。

アルミン「笑い事じゃないのに」

アニ「いや、その……そういう事なら騒ぎが収まるくらいまでなら、私も一緒に帰ってやってもいいけど」

アルミン「え?」

アニ「シガンシナ区までは行かないけど。途中までなら電車も一緒だし、いいよ」

アルミン「いや、でも……」

アニ「それにしたってただの噂だろ? 実際、この学校の奴らの誰かが狙われたのならまだしも、噂だけが一人歩きしてるのかもしれないし、必要以上にびくびくしてもしょうがないと思うけど?」

アルミン「………それもそうだね」

クリスタ「じゃあ私も途中までアルミンと一緒に帰る」

アルミン「わあ……両手に華だな、これ」

アニ「あんた自身が痴漢になったら、大事なところを握り潰すからね」

アルミン「それは勘弁下さい。一応、僕は男の子なので……」

おお。なんか怪我の功名? 瓢箪から駒って奴か?

アルミンはデレデレしながら帰っていった。良かったな。

ん? あれ? そう言えば今日はいつもいる筈のユミルの姿がなかったな。

ちょっと気になったので明日もいなかったら、クリスタに聞いてみようと思った。






そして翌日、なんとユミルの奴もインフルエンザにかかっていた事が判明した。

クリスタ「あのね。最初はただの風邪だと思ってたらしいんだけど、次の日の朝にがーっと熱が上がっちゃって病院行ったら、インフルだって」

休み時間、その話を聞いて複雑な顔をしたのはアルミンだった。

ウイルス持ち込んだ訳じゃねえんだから、気に病む必要はねえんだけど。

何となくバツが悪いんだろう。アルミンは気の毒そうな顔をしていた。

アルミン「あっちゃー……こりゃまだ、時期ハズレのインフルの猛威はまだ収まってないね」

エレン「みたいだな。春なのにインフルって、変な感じだけど」

ミカサ「私は今まで一度もインフルエンザにかかった覚えがないのだけども」

エレン「え? そうなのか?」

そりゃすげえな。

ミカサ「学校を休んだ事がないので」

コニー「オレもオレも! 風邪ひいたことないぞ」

ジャン「コニーの場合は馬鹿はなんとかって奴だろ」

コニー「それはねえよ! オレは天才だからな。それにそれを言ったらミカサだって馬鹿って話になるだろ?」

ジャン「ミカサは馬鹿じゃねえよ。ミカサにはウイルスも寄り付かないんだよ」

ミカサ「? それはどういう意味だろうか?」

ジャンの顔がうぜえ。赤らめるな。頼むから。

ジャン「その……よく言うだろ。恐れ多くて、近寄れないとか」

エレン「ウイルスを擬人化すんなよ。気持ち悪いな」

思わず思った事が口から滑った。

ジャン「詩的と言えよ! この単細胞が!」

エレン「お前、何かとオレにつっかかってくるが、なんか恨みでもあんのか?!」

ジャン「自分の胸に聞け!」

根に持ちすぎだろ?! まだ委員会の件で妬んでるのかこいつは!

いや、それ以前にミカサに近寄り過ぎだ。離れろ。

ジャンといがみ合っていると、ミカサが間に入ってきた。

ミカサ「二人共、喧嘩はやめて!」

クリスタ「でも困った。もうすぐ研修旅行なのに。間に合うのかな」

ミカサ「そうね。今日を含めて4日しかない。間に合えばいいけど」

クリスタ「治らなかったらユミル抜きになるのかーやだなー」

サシャ「ですねえ。折角ですから治って欲しいですけど」

エレン「インフルだとお見舞いも無理だしな」

風邪とは違うからな。

ジャン「祈るしかねえんじゃねえの? 4日ならギリギリ間に合うだろ。根性があれば」

アルミン「いや……どうだろ。僕の場合は実質7日は完治に時間がかかってるからね」

エレン「ちょっと長かったよな」

アルミン「うん。熱がなかなか下がらなくてね。しんどかったよ」

確かに。インフルエンザは風邪より酷い。

ユミルは性格が悪い奴だが、だからと言って研修旅行に来れないのも可哀想だ。

何とか早く回復してくれるのを祈るしかない。そう願うだけだった。

という訳でここまで。一気に投下すると読む側が大変かな…。
それではまた。

>>121
訂正

ユミル「分からない方がいいぞ。多分」

この日は、ユミルお休みしてたのに間違えて出席させとった。ミスです。
ここはアニの台詞でしたね。

アニ「分からない方がいい。多分」

に変更でお願いします。






そんなこんなであっと言う間に研修旅行の前日の夜になった。

明日からいよいよ、皆と一泊二日の研修旅行だ。楽しみだな。

一名、面倒臭い奴がいるのが難点だが。まあその件は横に置いておく。

私服も新しいの買ったし。そうだ。ついでにミカサに見せておこうっと。

エレン「ミカサーちょっといいか?」

寝る前にちょっとだけ。ミカサはまだ起きてる筈だ。

ミカサ「どうぞ」

エレン「入るぞ」

新しい黒系の私服をミカサに見せてみる。どうだ?

エレン「赤色は女っぽく見えるってクリスタに前に言われてからちょっと黒とかも私服に加えて見たんだが、どうだ?」

ミカサ「いいと思う。黒は男の子っぽい」

エレン「そっか。寝る時は私服でいいってあったから、一応確認しとこうと思ってな」

ミカサ「似合ってると思う」

エレン「ミカサは私服、どんなの用意してるんだ?」

ミカサ「教えない」

エレン「何でだよΣ(゚д゚lll)」

ミカサ「ふふ……当日までの秘密にしておく」

むう。勿体ぶりやがって。まあ、いいけどさ。

エレン「ちぇっ……ちょっと見てみたかったのに」

ミカサ「普段、家でも私服姿は見ているのに?」

エレン「それとこれは別なんだよ。なんていうか、ちょっとワクワクするだろ?」

ミカサ「そうね。ドキドキする」

エレン「まあ、やる事は勉強だけどな。でも温泉もあるし、皆と遊ぶ自由時間も少しあるしな」

ミカサ「そう言えばそうだった」

自由時間で皆と仲良くなれたらいいな。

ミカサ「自由時間は特に頑張る」

エレン「おう。頑張れよ。オレも頑張る」

お互いに笑って、そして部屋に戻った。明日の為に寝る!




研修旅行の当日。綺麗に晴れた。いい天気だ。

貸し切りバスで高速に乗って隣の県へ移動する。

皆、大体、席に着いてる。まだ来てない奴いるかな。と、思ったその時、

時間ギリギリでユミルが来た。汗だくでバスに乗り込んできたのだ。

ユミル「悪い。ギリギリだけど来た……」

キース「大丈夫か? インフルエンザはもう完治したのか?」

ユミル「熱は落ち着いてます。咳はまだ少し出るけど……」

キース「やれやれ。一応、マスクはしておいてくれ。無理はするなよ」

まだ治ってねえのに、やっぱり来たか。

ミカサ「エレンはインフルエンザにかかったことある?」

エレン「あるけど、オレの場合は毎年親父に強制的に予防接種させられるから、かかったとしても症状は軽いな」

ミカサ「そうなの?」

エレン「ああ。酷くなるのは予防接種してない奴だ。ま、面倒臭いからやらない奴の方が多いけどな」

ミカサ「熱が下がっていれば動いてもいいの?」

エレン「本当は良くねえよ。けど、来ちまったからしょうがねえだろ」

追い返すわけにもいかんしな。クリスタの席の横に座ったみたいだ。

バスの席は適当だ。オレ達は一番後ろを陣取った。

ミカサを真ん中にして、アルミン、オレ、ミカサ、ジャン、マルコの順番だ。

何かいつの間にかこの順番になった。ジャンの奴、ちゃっかりしてやがるぜ。

ジャン「参ったな……ユミル、インフルのウイルス拡散する気かよ」

マルコ「ジャン、それは言いすぎだよ」

ジャン「だってあの様子じゃ絶対完治してねえよ? 参るぜ全く」

アルミン「うーん。治りかけって感じだね。僕もついこの間まであんな感じだったからな」

エレン「アルミンはちゃんと治るまで休んだもんな」

アルミン「いやでも、研修旅行と重なってたら僕も無理してでも来たかもしれないよ。だって、なかなかこんな機会ないじゃないか」

マルコ「そうだね。温泉に入れるのだし、やっぱり普通は来たいと思ってしまうよ」

ジャン「まあ気持ちは分からなくないが……」

バスが出発した。もう考えるのはよそう。

目指すのは某県の某温泉地。

大型バスの大群は35名と先生と運転手を乗せて一斉に走り出した。





バスの中は暇だった。

3DSとか携帯ゲームをこっそり持ってくれば良かったかなとも思ったが、今回は一応、そういうのはNGだ。

研修旅行はあくまで勉強が目的なので、関係ない物は持ってきちゃいけない。

スマホを持ってる奴らはこっそりゲームをやってるみたいだが、オレはガラケーだしな。出来なくはないけど。

アルミンは文庫本を読んでいた。あ、オレも小説本持ってくりゃ良かったぜ。

そんな中、ジャンが突然「ゲームでもしないか?」とミカサを誘っていた。

ミカサ「何をするの?」

ジャン「トランプ持ってきてる。ババ抜きくらいならバスの中でも出来るだろ?」

落ちたトランプ拾うふりしてミカサと接触する気だろ。バレバレなんだよ。

こんな狭い中でそういうのやるって事は、そういう事だ。

エレン「揺れるのに無理だろ。何無茶ぶりしてやがる」

ジャン「お前は誘ってねえよ」

ジャンに睨まれた。そらそうだけど。

ミカサ「え? エレンも誘わないの? 席が近いのに?」

ジャン「オレとマルコとミカサの三人でやろうと思ってな」

ミカサ「それはダメ。やるなら皆でやりましょう」

エレン「おい、やるのかよ」

ジャン「エレンはやりたくなさそうだから三人でいいんじゃないか?」

エレン「別にやらないとは言ってねえが……」

オレも暇だったから丁度いいけど。

ミカサ「トランプは確かにバスの中では散らかるので不向きだと思う」

ジャン「そ、そうか……」

ミカサ「違うゲームでもいいのなら……そうだ。しりとりはどうかしら?」

ミカサの提案にジャンがちょっとがっかりしているが、そこは妥協しろ。

工夫次第では面白くなるはずだ。

ジャン「しりとりか。普通のだと面白くねえな」

アルミン「何か縛り入れる?」

マルコ「そうだね。世界の国名や地名とか?」

エレン「ああ、そういうのならちょっと楽しめそうだな」

ミカサ「では、しりとり、の「り」から始まる国名、または地名、でスタートする」

ジャン「マルコからオレ、の流れが一番いいか」

マルコ「いいよ。じゃあ「リビア」」

悪い。ここから先の詳細はもう、オレ、はっきりとは覚えてねえんだ。

物覚えが悪いとか言わないでくれ。覚えているのはミカサが「また「あ」か」と唸ってたのと、マルコが「ま」ばっかり巡ってきたのとか。

そういう訳で、ここはちょっと省略して、問題なのは、アレだ。

ジャンがこのしりとり合戦のせいで、ミカサにもっと興味が沸いちまった事だ。

バスが止まって、皆がぞろぞろ降りて荷物を運んでいる中、ジャンが言った。

ジャン「ちょっと見直したんだよ。オレ、ミカサ程、頭がいい訳じゃないし、もし今度、分からないところあったら勉強とか教えてくれないか?」

ミカサ「え?」

まずい。あいつ、本気でミカサを落としにかかってる。

そういう理由に格好つけて、ミカサとの距離を縮める気だ。

エレン「お前の頭じゃミカサから教えて貰っても、どうせ成績上がらんだろ」

オレはつい、ジャンにつっかかった。

ジャン「なんだと?」

エレン「オレとあんまり変わらんだろ? 今のしりとりだって、お前の方が先に脱落したしな」

ジャン「それはオレが先攻だったから不利だっただけだろうが! サシの勝負なら勝てるに決まってるだろうが!」

エレン「よーし、言ったな! じゃあテーマを変えて今度はサシで勝負してやろうじゃねえか!」

ジャン「よし、じゃあ勝ったらオレ、ミカサと一日勉強会してもいいよな?!」

エレン「ああ、いいんじゃねえの? その代わりオレも勝ったら教えて貰うけどな!」

ミカサは呆れ果てていたが、何としても邪魔してやる。そう決意したんだ。







バスを降りてから宿に荷物を移動して男女が大部屋に分かれて、荷物を確認した。

一応、しおりの日程表を再確認する事にする。


日程表

4月19日

11:00 宿到着

12:00 昼食

14:00 知能テスト開始

16:00 知能テスト終了

17:00 夕食

18:00 入浴

22:00 就寝


4月20日

6:00 起床

7:00 朝食

8:00 実力テスト開始(国数英)

11:00 実力テスト終了後、宿チェックアウト

12:00 昼食

13:00 自由時間開始

17:00 自由時間終了(バスで学校へ戻る)


大体こんな感じだ。

知能テストはIQテストみたいな、クイズ番組とかでやるアレに近いテストだ。

実力テストは3教科だけだってのが救いだな。ラッキー♪

和室の団体用の大部屋から見える景色は、美しい山々だった。

空気が綺麗だな。そして田舎だ。でも悪くねえ。

ライナー「全員、荷物置いたか?」

マルコ「班ごとに人数確認後、食堂に移動するよ~」

ジャン「了解」

コニー「よっしゃ飯!」

男子は飯に対する行動が早い。女子より先に廊下に出て、合流して食堂へ移動した。

ミカサ「広い……」

エレン「滅茶苦茶でけえ食堂だな」

体育館と同じかそれ以上の大ホールで飯食うなんて初めてだ。

アルミン「すごいねえ」

ジャン「席どこだよ」

マルコ「こっちだね。1組3班って書いてある」

丸テーブルの中央に1組3班という目印があった。

バイキング形式の昼食のようだ。早い奴はもう食べ始めている。

エレン「おお、好きなもん取って食っていいみたいだな。肉くおうっと」

ミカサ「肉ばかりではいけない……」

エレン「野菜もちゃんと食べるって! 全く、本当、世話焼きだな」

ミカサ「うっ……」

あ、やっべ。言い過ぎた。

エレン「あ、いや。別にいいけどさ。んじゃ、取るぞ」

とりあえず取れそうな物からどんどん取っていく。

その中に馬刺しもあった。お、うまそうだな。

エレン「馬刺しがあった! 馬食べちゃうのか。うーん」

ジャン「…………(野菜取ってる)」

エレン「よし、食ったことないけど馬刺し食べようっと」

折角、馬刺しの名産地に来たんだから食わないとな!

ジャン「…………(野菜山盛り)」

エレン「ジャン、お前さっきから野菜ばっかだな。馬刺しいかないのか?」

ジャン「馬食うのは可哀想だろ。なんか……」

エレン「そりゃそうだけど、折角あるんだから食べた方がいいだろ?」

ジャンはこっちの提案を無視している。

エレン「あ、もしかしてお前、馬面だから気が引けるのか?」

ジャン「喧嘩売ってるのかてめえ……(ビキビキ)」

ミカサ「やめなさい。エレン。野菜を先に食べた方が太りにくいからそうしてるんでしょう?」

ジャン「(バレた)ああ、まあな」

ミカサ「ちゃんと健康管理をしている証拠。ジャンを見習ったほうがいい」

エレン「うっ………」

ミカサに説教されちまった。するとジャンが「ざまあ」って顔してこっち見た。

ジャン「ふん……ミカサの言う通りだな。肉ばっか食べたら頭悪くなりそうだしな」

エレン「わーったよ。オレも野菜からいけばいいんだろ! 全く!」

そこまで言われたら野菜取らない訳にもいかねえじゃねえか。

とりあえず目についた野菜サラダを適当に山盛りにしてテーブルに戻って飯を食う。

エレン「で? そろそろテーマは決まったか?」

と、ミカサに問い詰めてみると、

ミカサ「うっ……まだ」

エレン「地理問題はもうやめてくれよ。他のやつがいい」

ジャン「おい、注文つけるなよ」

エレン「地理問題はさっきやったからだよ。歴史とかいいんじゃねえの?」

ジャン「人物名とかか? それでしりとり勝負するのか?」

アルミン「いや、しりとりはもうやめよう。また「あ」と「ま」の呪いのように、同じのが回ってくると精神的に辛そうだし」

マルコ「うん。僕、マケドニア、マレーシア、マーシャル諸島の連続は本当にきつかったよ」

ミカサ「私も、愛知、アテネ、アイルランド、アラブ首長国連邦、秋田、青森、旭川をよく出せたと自分でも思う」

何かもう、レベルが違うよな。頭の出来が違い過ぎる。

ジャン「いや、その自分で言ったのをまた復唱出来るお前らの記憶力の方がすげえよ」

エレン「本当だな。オレ、もう自分の言ったのなんてあんまり覚えてねえよ」

アルミン「あはは……まあ、だったらさ。この丸テーブルにちなんで「山手線」ルールに変えようよ」

ミカサ「山手線?」

アルミン「所謂「古今東西」だね。テーマを決めて、無作為に条件にあうものを言っていくんだ」

マルコ「ああ、そっちの方がいいかもしれないね」

アルミン「うん。それなら判定もやりやすいし、テーマも1本だけじゃなく、いくつかやれば公平でしょ?」

ミカサ「そうね。3本勝負で2本先取で、とか?」

アルミン「そうそう。引き分けになったら再挑戦で」

ミカサ「分かった。では昼食後、知能テストが終わってからテーマを考えてみる」

マルコ「今度はノートに記録しようよ。ちゃんと公平にジャッジ出来るように」

アルミン「そうだね。もし誤字があったら減点出来るね」

エレン「うっ……誤字か」

ジャン「まあ、証拠になるし、いいんじゃねえの?」

わいわい相談しながら大体の方針が決まった。

オレはジャンを見る。あいつも見返してきた。

分かってる。何も言わなくても。大体、お互いに察しているのだ。

真剣勝負だ。負けられない。

これは男同士の、戦いだからだ!

夕食後に大体のテーマを教えて貰ったんで、勝負までの空き時間を使って勉強する事にした。

……と、その前に風呂の時間があったな。やべ。風呂を忘れるところだった。

ささっと服を脱いで裸で入場する。アルミンと一緒に中に入ると、

ライナーとベルトルトとコニーとジャンが壁に耳当てて何かやってた。マルコは頬を掻いて困った顔をしている。

覗き? にしては妙だ。耳を当ててる訳だから覗きじゃねえよな。

エレン「?」

アルミン「何やってるの?」

ライナー「しっ!」

何か聞こえるのかな? オレもついでに壁に耳を当ててみる。

アルミンも釣られて同じことをする。すると……

クリスタ『あ、ミカサだ! おっぱい揉ませて♪』

なにいいいい?!

今、かすかな声だけど、確かに聞こえた。

女子同士で胸、揉んでるのか?! ぐは!

ここの壁、薄いのかな。音が思ったより防ぎきれてない。

耳を澄ませれば隣の音が聞こえる。反響して響いているのだ。

でもそれに女子は気づいてない様子で、おしゃべりをしている。

オレはアルミンと頷いた。ライナーも頷く。

つまり、そういう事だ。

オレ達は唾を飲み込んで女子の会話に集中した。

アニ『やめなよ。あんたさっきから胸、触り過ぎだよ』

クリスタ『ふふふ……おっぱいを吸収してあげるわ』

その瞬間、ライナーが鼻血出してぶっ倒れた。ベルトルトが回収している。

サシャ『でもミカサも結構大きいですね。アニとあまり変わらない?』

アニ『胸なんて、あってもなくてもどうでもいいよ』

クリスタ『それはある人だから言える発言よ。つるぺたに謝って』

アニ『はいはい。でも今はつるぺたでも、いずれ大きくなるかもよ?』

クリスタ『努力はしているわ。1年後までにはCカップを目標にしてるけど』

それ以上、ライナーを刺激しないでやってくれ、クリスタ。

ライナーがまな板の魚みたいにビチビチに跳ねてるぞ。生きがいいな。

アニ『いや……ミカサの場合は胸が大きいというより腰が細いのか。異様に』

そうなんだよな。腰、細いんだよな。ミカサ。

ミカサ『え?』

アニ『身長の割には細いよ。なんで?』

サシャ『触ってもいいですか?』

ミカサ『NO!』

いけ! サシャ、いけ!

ごくり。男子の心がひとつになった瞬間だった。

サシャ『ええ? 胸じゃないんですよ? 腰ですよ?』

ミカサ『尚更ダメ。無理無理無理……』

拒否しているミカサを想像すると萌えた。

あ、ジャンも同じ事思ったのか、鼻を押さえて下向いてる。

クリスタ『ダメと言われると触りたくなるのが人間よね』

サシャ『ですねえ』

ミカサ『うっ……』

サシャ『という訳でちょっとだけ……』

ミカサ『あう!』

サシャがいったーーーー!

ミカサの「あう!」の声が可愛すぎてやべえ。

サシャ『? 別に脂肪がついてないですけど』

アニ『脂肪がない?』

サシャ『はい。むしろ固い?』

アニ『へー』

ミカサ『も、もうやめて貰えるだろうか』

ジャンが遂に崩れ落ちた。マルコが回収していった。

今の声、倒れる気持ちも分かる。

だがオレはまだ倒れない! ジャンよりは耐性がある!

もう少し女子会トークを盗み聞きしたかったオレ達は残ったメンバーで壁に耳を当てる。

アニ『もしかして、腹筋ついてる?』

ああ。板チョコみたいな腹筋だな。

ミカサ『ちょっとだけ……』

謙遜過ぎるだろ。ミカサ、本当の事を言ってやれ。

アニはそのくらいの事で引くような子じゃねえだろ。きっと。

アニ『へー。なるほど。だから腰がきゅっとしてて、引き締まってるのか。私と同じだね』

ミカサ『え?』

アニ『見る? 私も結構、鍛えてるんだ』



ざばあ……



うあああああああ。お湯の音しか聞こえない。

ここは想像するしかない。アニもミカサ並みに腹筋あんのか。是非見てみたい!

しかしそんな事を言ったら殴られるのがオチだな。

あ、アルミンが微妙な顔してる。知りたくなかったんかな。

アニ『ま、今は6つしか割れてないけどね。ちょっと最近、トレーニングさぼってたから。でもまた鍛えて8つに戻すよ』

サシャ『なるほど。アニは体を鍛えてるんですね』

アニ『実家が道場やっててね。小さい頃から親父に体を鍛えさせられた結果がこれだよ』

へー。そうなのか。

ミカサ『わ、私も実は……』


ざばあ……


静かになった。ぶったまげてんだろうな。

アニ『ま、負けた。8つ割れてる』

ミカサ『う、うん。実は私も体を鍛えてるの。自己流だけども』

自己流であれだけ鍛えられるのもミカサくらいなもんだろう。

サシャ『よーし、私も裸体を見せちゃいますよ』


ざばあ…


サシャ『どうですか?!』

アニ『身長の割には細いね。羨ましい』

クリスタ『この流れだと私も?』

アニ『そうだね。ま、嫌ならいいけど』

クリスタ『別に嫌ではないよ。見せちゃうよ』


ざばあ……


アニ『ふん。ま、今後に期待じゃない?』

クリスタ『酷い!』

サシャとクリスタは普通の体みたいだな。良かったなライナー。

ミカサ『そう言えばユミルは?』

クリスタ『あ、さすがに入浴はやめとくって。もう咳は落ち着いたし大分楽になったって言ってたけど、皆に気遣わせたくないって言ってたよ』

アニ『ま、それもそうだね。もしぶり返したらやばいし』

ミカサ『治ってきているなら明日の自由時間は大丈夫だろうか』

クリスタ『うん。本人はいけるだろうって言ってた』

ミカサ『そう。それは良かった』

ま、お大事にするに越したことはない。残念だが。

サシャ『あのですね。自由時間で思い出したんですが、紫色のソフトクリームが食べられるところがあるらしいんですよ』

アニ『紫芋のソフトクリームだろ? 知ってるよ』

サシャ『絶対、食べましょう! そこには食べ物のお土産もいっぱい売ってるそうなんですよ!』

クリスタ『そうだね。あ、でも班別の行動だからライナー達にも聞かないと』

アニ『こっちも一応、マルロ達にも聞かないと』

ミカサ『そう言えばヒッチは……見当たらないけど』

アニ『ああ、ヒッチ? 今頃男とイチャイチャしてんじゃないの?』

ヒッチ。ああ、ジャンにコナかけてたあの派手な女の事か。

アニ『ヒッチは男作るの早いけど別れるのも早いんだよね。一ヶ月単位で男替わってるっぽいし』

ミカサ『一ヶ月…?』

すげえな。そういう女もいるんだな。

サシャ『それはまたサイクルが早いですね』

クリスタ『一ヶ月で相手の事なんて分かるのかしら?』

アニ『まあ、飽きるのが早いだけかもね。だから今頃多分、男とどっか行ってると思うよ』

ミカサ『そ、そうなのね』

クリスタ『アニは彼氏いないの?』

ベルトルトがライナーを放置して壁に耳を当ててきた。

おや? こいつ、もしかしてアニの事が好きなんかな。

アニ『いないよ。いい男に出会えれば別だけど、いないし』

クリスタ『理想高そうに見えるね。どういうのが好き?』

アニ『とりあえず安定した収入を得られそうな男』

サシャ『そこですか! まあ、気持ち分かりますけど』

クリスタ『そうなんだ。まあ、私も同意するけど』

ベルトルトが「公務員受けよう」とぼそりと呟いたのを気づいたのはオレくらいか。

確定だな。こいつはどうやらアニ狙いらしい。

アニ『あと付け加えるなら……あんまり現実離れした夢を持ってる人はちょっと』

クリスタ『ん? どういう事?』

アニ『ミュージシャンとかお笑い芸人とか、俳優はまだいいけど。博打性の高い職業を選んだり、自分の夢を追いかけて家族をないがしろにする男は無理かな』

サシャ『やけに具体的ですね。思う男の人でもいるんですか?』

アニ『………うちの親父がね。ちょっとアホだから』

おっと、ここから先は聞かない方がいい気がする。

アルミンも同じことを思ったのか、耳を離して体を洗いに行った。

ベルトルトとコニーはまだ壁に耳をつけてるけど、風呂に入る時間もなくなるし、盗み聞きはこの辺で止めておこう。

アルミン「アニ…腹筋割れてるんだ。通りで本を運ぶ時、早いと思った」

男子の方の湯船に入ってアルミンがぼそりと呟いた。

エレン「作業がってことか? いいじゃねえか。強い女は嫌いじゃねえぞ。オレ」

アルミン「そ、そう? でもなんか怖くない?」

エレン「怒らせたら怖いだろうな。でも、それは自業自得だし。アルミンは腹筋が割れてる女は嫌いか?」

アルミン「そりゃタイプで言えば、ちょっとね……エレンは抵抗ないの?」

エレン「え? 別に。嫌悪感はねえけど。え? 珍しいかな」

アルミン「珍しいと思うよ。すごいね…」

そうなのか。そういうもんか。

その時、ジャンとマルコがこっちに来た。ようやく落ち着いたらしい。

ジャン「やべえ……まさかガールズトークをこんなところで聞けるとは」

マルコ「赤裸々だったね。向こう、気づいてなさそうだったし」

ジャン「無防備過ぎるだろ。くそ…」

ジャンが何を想像しているのかは大体想像がついた。

エレン「おい、ジャン。ミカサをオカズにすんじゃねえぞ」

ジャン「何で、んな事をおめーに言われなきゃなんねーんだよ」

エレン「盗み聞きしてた事、女子にバラしてもいいんだな?」

ジャン「……………絶対やらねえから勘弁してくれ」

よしよし。言質を取った。誰かが裏切ったら連帯責任だ。

アルミン「……………」

エレン「ん?」

アルミン「いや、そうだね。確かに今のをオカズにしたら、相手に申し訳ないよね」

アルミンも自主規制する事にしたようだ。その方がいいと思う。

なんていうか、そういうのは超えてはいけない線のような気がするんだ。

マルコ「ん? コニーとベルトルトが騒いでるね」

エレン「あいつら、まだ盗み聞きしてんのか」

風呂入らねえのかな。あんまり裸のまんまだと、風邪ひくぞ。

あ、コニーは大丈夫かもしれんが。

あいつらもこっちに来た。なんかコニーがすっげえ興奮している。

コニー「ちょー面白い事、聞いちまったぜ!」

マルコ「何を?」

コニー「ミカサの好み! 気が短い人が好きだって!」

ベルトルト「ち、違うよ。コニー。それは正確じゃないよ」

エレン「どういう意味だ?」

ベルトルト「好きなタイプの話から、気の短い人は嫌いな筈なのに、頭に思い浮かんだのは、気の短い人だったって話だよ」

ジャン「何?! それってミカサに好きな人がいるって事か?!」

ベルトルト「そこまで確定じゃないけど……多分、気になる程度の人ならいるのかもね」

ジャン「ままっまままマジか。そうか。そうか……」

ジャンが頷いてやがる。こいつ本当、たまにうぜえんだよな…。

ジャン「気が短い人は嫌いなのに、頭の中にはそいつがいる。分かるぜ。矛盾する心ってあるよな」

はーそうですか。興味ねえよ。

オレはそれよりも、コニーに話しかけた。

エレン「コニー、その話、あんまり人に言いふらすなよ」

コニー「え?! ダメか?」

エレン「いろいろ噂されるとミカサが困るだろ。それにただ、その場に話を合わせただけかもしれんのだし」

コニー「話を合わせただけ? あーそれもそっか。そうだよな。ノリで嘘ついちまう事もあるよな。わりーわりー」

コニーは納得した様だ。これで良し。

エレン「ジャンも真に受けるなよ。本当の事か分かんねえんだし」

ジャン「うっ……そ、そうだな。それもそうか」

一応、予防線を張っておく。これで変な騒ぎは起きない筈だ。

マルコ「ライナーは、まだ起きないね」

ベルトルト「我が生涯に一片の悔い無しって顔してるよ」

アルミン「むしろ燃え尽きたぜ。真っ白に…って感じかな」

ジャン「あいつもあいつで重傷だな…」

気持ちは分からんでもないが。ベルトルトも大変だな。

コニー「なあなあ、こっちはこっちで男子会やらねー?」

と、ライナーを抜いたメンバーで何故かそういう話になった。

マルコ「男子会? 好きな人の話でもするの?」

コニー「そういうのでもいいけど、まずはやっぱり「童貞卒業」のあぶり出しだろ?」

ぶふーっ! いきなりそういう話かよ!

コニー「なあなあ、この中で卒業した奴、いねえの? どんな感じだったか教えてくれよ」

ジャン「……………」

マルコ「……………」

アルミン「……………」

ベルトルト「……………」

オレも当然、沈黙した。童貞で悪かったな。

中学時代は女子に敬遠される事も多かったんだ。今はミカサが傍にいるけどさ。

コニー「何だよ。全員、童貞かよ。やったことあんの、オレだけかー」

な ん だ と ?

ジャン「はあ? 嘘つくなよ。コニー。お前みてえなモテなさそうな奴が卒業してるわけねえだろ?!」

コニー「え? それ失礼じゃねえ? オレ、言っとくけどモテるぞ?」

ジャン「そのいがぐり頭で嘘つくな! 一体いつ、どこでやったんだ?!」

コニー「えー? 聞きたいの? じゃあ教えてやるよ。中学時代の、卒業間際にさ、幼馴染の……」

ベルトルト「うわ、これは…」

アルミン「本当の話っぽいね」

コニーの話の按配に嘘臭さはなかった。ジャンが撃沈していく。

コニー「………と、まあ、中学卒業と同じ時期に童貞も卒業しちまったんだけど、他の奴らってどうなんかなーって思ってさ。案外皆、やってねえんだな」

ジャン(ギリギリ)

あーあ。ジャンの両目が赤い。嫉妬し過ぎて目が赤くなってやがる。

アルミン「その幼馴染とは今も付き合ってるの?」

コニー「そうだよ。高校は別だけど、野球部の試合の時は必ず見に来てくれるいい子なんだぜ!」

マルコ「へーいいなあ。そういうの。羨ましいね」

エレン「ああ。いいな、そういう爽やかなカップルは」

しかも幼馴染だろ? 理想的だな。

理想的過ぎてジャンの嫉妬が大爆発しているが。

ジャン「てめええええええ………」

コニー「何だよ。悪かったよ。オレもまさか全員、他の奴らがやってないなんて思わなかったんだよ」

アルミン「コニーは結構、ませてるんだね」

マルコ「だね。この中では一番の大人だ」

コニー「好きな人とかいねえの? さっさとつきあえばいいじゃん」

ジャン「それが出来れば苦労はしねえよ…」

マルコ「そうそう。告白するのって勇気要るよ」

アルミン「だよね。ましてやその子が人気のある子なら猶更だよ」

ベルトルト「同感…」

エレン「…………」

オレはノーコメントを貫いた。

コニー「ふーん。やってみねえと分かんねえと思うけどな。それに後で後悔してもしらねえぞ。人気のある子なら、余計に早く告白した方が有利な気がするけどな」

ジャン「うっ……」

アルミン「うぐっ」

マルコ「でも玉砕したら、その後が…」

コニー「だーから、玉砕してもいいから先手必勝だって!」

ジャン「誰しもお前みたいに死に急ぎ野郎にはなれないんだよ」

コニー「オレ、死に急ぎ野郎じゃねえけど?」

ジャン「例え話だよ! 玉砕覚悟で告白なんか出来るか!」

コニー「えー?」

と、まあこんな感じでコニーとジャンは恋愛観に関しては反りが合わないようだ。

オレは先に上がることにした。そろそろ時間だ。

コニー「あ、エレン! お前の意見、聞いてねえけど?!」

と、声をかけられたけど、

エレン「オレは秘密主義だ」

とだけ答えて先に風呂から上がることにした。

コニー「えーケチ! 後でもう一回聞いてやる!」

と、コニーにはニシシと笑われたが……。

今、思うとオレもコニーと同じ、特攻タイプだったみてえだ。

結果は伴わなかったけど、死に急ぎ野郎と呼ばれても仕方ねえかもな。

ああ、思い出すと落ち込む。今は考えるのはよそう。

風呂にあがってから就寝時間まではとにかく出来るだけ勉強した。

ジャンとの戦いに備えて。ジャンも遅れて勉強を始める。

その様子をコニーに「真面目が二人もいる?!」と驚かれたけどな。

とにかくその時は、コニーに構ってる暇はなく、お互いに真剣に勉強して夜を過ごしたのだった。

死に急ぎ野郎って、現代で言うなら「告白出来る勇気のある子」なのかな。
と思ってこうなった。
キリがいいところなんでここまで。続きはまた。

(*微グロ注意)



あれは雪の降る寒い日だった。

オレはその日、ずっと探していた、そのナンバーの車を偶然、目に入れた。

忘れない。あの日母さんの命を奪った、あの憎い車のナンバーを。

忘れない。あの日オレの目の前でひき逃げ事件を起こした巨悪を。

だけどオレは子供だったから、その時は何も出来なかった。

でもオレの母さんを奪ったあいつらを絶対許さない。

だから一日たりとも忘れた事はなかった。

この幸運を、神様に感謝する。

あいつらは人の形をした害虫だ。

この世界に存在しちゃいけないんだ。

大人が裁かないのであれば、オレが代わりに成敗してやる。

その為なら、この命すら、捨てても構わない。

オレは追いかけた。あの車の行方を。

幸い、あいつらはすぐ近くに車を止めて、降りた。

言い争う声が聞こえる。

何だ? 誰かを車の中に引き込もうとしている。

誘拐か?

きっとそうだ。

あいつらは悪い奴らだから、誘拐をしようとしているんだ!


『ミカサ! 逃げなさい! 早く!』

『んふぉsdfんfんsd;f?! (うるせえ! さっさとこっちに来い! 抵抗するな!)』


車の近くで赤い血が滴り落ちるのを見た。

あいつらは、また、悪い事をしようとして、人の命を奪うのか。

許せなかった。何としても、あいつらに。

一矢報いたい。


『さんdんsだfなf?! (しまった! どうする?! 殺しちまったか?!)』

『fなおdんふぁfn! (せめてこいつだけでも本国に持ち帰ろう!)』


女の子が一人、逃げた。

オレは迷いなく、その子の手を路地裏に引っ張り込んだ。



『しっ! しゃべるな』


あいつらの気配を読んで先回りする。

あいつらの武器をオレが奪ってやる。


『こっち』


女の子を連れてオレはこっそり走った。


『あれに乗れ!』


あいつらは今、油断している。

この隙をついて車を奪えば、こっちにも勝機がある。


『なんで? 出来ない』


女の子は怖がっている。無理もねえけど。

でも、今ここでやらないと。命が危ない。


『奴らが戻ってくる前に。早く!』


あいつらが戻ってくる前に。そうだ。この棒を使えばいい。

偶然、ゴミ置き場に置いてあった竹ぼうきを持って来て、それを使った。

棒を使って鍵を上に持ち上げる。これでドアが開いた。

車に乗り込んで座席に座る。


『助手席に乗れ!』


車の運転なんてしたことねえけど。

覚えている限りで動かす。親父の車と似ているから幸いだ。

足が短いからギリギリだったけど、何とかアクセルを踏み込む。

動いた。いける。あいつらが、こっちを見た。

見つかった。もう後戻りは出来ない。




キキキキキキ……!




あいつらを跳ねてやった。思いっきり。

即死だ。あいつらは死んだ。このオレが殺したんだ。

ドアを開けてあいつらの死体に近づく。



『やったか…?』


ざまあみろ。そう心の底から思った、その時、


『のあdhそあhふぉあ!? (まさかてめえがやったのか?! このクソガキ!)』


後ろから急に気配を感じて、振り向いたら、

もう一人の男に首を絞められていた。

やべえ。あと一人、いたのか。

くそ! 殺し損ねた…。


『……!』

『なふぉんふぉあ?! (ひき殺したのか?! てめえが!!)』


意識が遠くなる。まずい。オレも死ぬ。

あの女の子がこっちを見ている。


『戦え!』

『?!』

『おまえが、代わりに、こいつを……殺せ! オレごと、でも、いい!』


あの子に託すしかないと、思った。

こいつは日本語が分かってない。だから、こっちの声は喘ぎ声にしか聞こえない筈だ。


『今、それがある。だから…』


あの子が助手席から移動して運転すれば、出来る筈だ。

操作は難しくない。アクセルを踏んでハンドルを握れば子供でも動かせる。


『戦わなければ、死ぬだけ……』


オレが殺されたらきっと、あの子も死ぬ。殺される。

そう思って、残る力を振り絞ってオレはあの子に伝えた。


『戦わなければ……かて、ない……!』


その思いが届いたのか、あの子は動いた。

オレの首を絞めていた男は、完全に意識の外だったのか、

車が急に動き出したことに驚いて、オレを手放した。



キキキキキ………!


幸い、オレは道に転がって放り出されて、無事だった。

多少の擦り傷はあるけど、こんなの大したことない。

あの子が駆け寄ってきた。もうあいつらは全滅したよな。

だったら次にやる事はひとつだ。



『………まだ、間に合うかもしれない』

『え?』

『戻ろう。近くにいるんだろ』


もう手遅れかもしれないけど、あの子の両親の元に移動した。

雪の降る日だったからか、幸い、母親の方の出血が思ってたより少ない。

父親の方は、もう、無理だと思ったけど。

マフラーを脱いでそれを包帯の代わりにして止血した。

後は時間との戦いだ。



『今すぐ治療すれば、お母さんの方は助かるかもしれない』

『え……?』

『親父に連絡する。あと救急車も。緊急手術だ。運が良ければ助かるかもしれない』

『ほ、本当に?』

『分かんねえけど。一応、マフラーで出来る限りの止血はしといた』


今頃になって人の気配が集まってきた。

まずいな。詳しい事はバレたくない。

でも、その前に。



『手、震えてるぞ』

『え?』

『手袋、貸しといてやる』


あの子の手が震えていた。だから自分の手袋をやった。

マフラーも手袋もないから寒いけど、まあいいや。

家に帰ったらすぐ風呂に入ろう。


『じゃあな。誰に何を聞かれても「何が起きたのかわかりません」って言って貫けよ』


オレと女の子が大人をひき殺したなんて言っても誰も信じないだろう。

多分、オートマ車の誤作動の事故。程度にしか処理しねえだろな。

真実がバレたとしても、正当防衛だって言い張ればいい。

オレは警察が来る前に逃げた。あの子を一人、雪の中に残したままで。

胸の中には、消えない罪悪感を残したままで…。















久々に夢を見た。あの時の夢だ。

最近はあまり見る事もなくなってたのに。何でだ?

起きてみると体がだるかった。昨日、勉強し過ぎたせいかな。

あの時の女の子の顔はもう思い出せないけど、あの子には悪い事したなって、今でも思っている。

オレはオレ自身の復讐を、あの子に加担させたのだ。

やらなければ、オレ達の方がきっと殺されていたと思う。

あの後、警察の事情聴取が来たりしたけど、結局、オレが罪に問われる事はなかった。

あいつらは不法入国者で、拉致事件を繰り返していた犯罪グループの一員だったらしい。

親父には後でこの件がバレてしこたま怒られたけど。

オレは後悔はしていない。後悔しているとすれば、あの子を巻き込んだ事だけだ。

オレにもっと力があれば。一人でもあいつらを駆除できたのに。

あの子に協力させた事を、今でも申し訳なく思っているんだ。

体を起こして時間を確認すると、ああまだ5時過ぎか。もう一回寝ようかな。

……いや、折角早く起きたんだ。ギリギリまで勉強するか。

こっそり起きて歯磨いたり着替えたりして、身支度を大体やってから、皆を起こさないようにこっそりノートを広げる。

外は既に少し明るいので電気をつけなくてもノートの文字を読む事は出来る。

すると、オレの後に今度はジャンが目を覚ました。

ジャン「ん……げっ! もう起きてたのか、エレン」

エレン「ああ。たまたま早く目が覚めた」

ジャン「…………くそ、気合十分だな」

ジャンも慌てて起きて歯とか磨いて着替えてから、教科書とかを広げた。

黙々と朝の勉強をしていると、徐々に他のメンバーも起き始めた。

アルミン「ふあ……おはよー。あれ? 二人とも早いね」

エレン「あ、ああ」

ジャン「詰め込んでおかないと勝てないからな」

アルミン「そう? まあ、根を詰め過ぎるのも良くないけどね」

と、アルミンはいいながら洗面所に向かった。

マルコも起きだした。ライナーやベルトルトも。あ、もう6時か。

時間が経つのは早いな。

6時30分くらいになると大体、皆起きた。まだ寝てるのはコニーくらいか。

ジャンが叩き起こしてやっていた。

コニー「ふにゃ?!」

ジャン「そろそろ飯だぞ。起きろよ」

コニー「えーあと30分あるじゃん…」

ジャン「二度寝すると飯食いッぱぐれるぞ」

マルコ「まあそうだね。コニーの分のご飯なくなるよ」

コニー「それはまずい(がばっ)」

そんな感じで男子はさっさと用意して女子を迎えに行った。

ミカサが廊下で待ってた。ん? 何か顔色良くねえな。

ミカサ「何?」

エレン「いや、今日なんか調子悪いのかなって思って」

ミカサ「え?」

エレン「目、ちょっと赤い」

寝不足の時のアレだ。顔も全体的にむくんでいるように見える。

ミカサ「……洗顔の時に泡が目に入ったのかしら?」

んなわけあるか。誤魔化し方が雑だな。

ジャン「ああ、そう言う事もあるよな。たまには」

エレン「お前には聞いてねえし」

ジャンに邪魔されてムッとする。

ミカサ「エレン、そうつんけんしないで」

ジャンがあっさり騙されるのが悪い。

エレン「勝手に会話に加わろうとするからだ」

ジャン「何でてめえの許可がいるんだよ、こら」

エレン「オレがミカサに話しかけているからだよ」

ジャン「答えになってねえだろ、それ!」

ミカサ「エレン、ジャンは別に悪気はない。ただ、私に同意しただけ」

エレン「…………………」

何で誤魔化すんだろ。やっぱり何かあったんかな。

隠し事をされているのは分かったが、何でそれを隠すんだ?

オレ、ミカサの家族なのに。

バレないと思われているのが、何だか癪だった。

エレン「オレも見くびられたもんだな」

ミカサ「え?」

エレン「何でもねえ。あとそのピンク色のTシャツ、あんま似合ってねえぞ」

ミカサ「?!」

私服姿を楽しみにしていたが、結局いつものやつと同じじゃねえか。

新しいのを見れるのかと期待していたのに。似合ってない訳じゃないけど。

ミカサ、薄いピンクが本当に好きだよな。

ジャン「エレン! 女の子に向かって失礼な事言ってんじゃねえぞ!」

エレン「オレは思った事を言っただけだ。赤色とかのがマシだ」

ミカサ「うっ………」

その直後、ミカサの顔色が悪化した。

何だ? 今、オレ、まずい事を言ったのか?

ジャン「おいおい、大丈夫か?」

ミカサ「大丈夫。多分、昨日、食べ過ぎただけ」

アルミン「胃薬なら持ってるよ。僕ので良ければ……」

ミカサ「……後で貰えるなら頂きたい」

エレン「……………」

妙に引っかかった。今のはオレのせいで傷ついたというより、何かに反応したような。そんな感じだった。

でも朝飯の後は実力テストがあったし、結局その件を聞き返す事は叶わなかった。

慌ただしくチェックアウトを済ませて、バスに乗り込むと、ミカサに白紙の単語帳を渡された。

ジャン「お? これに回答を書けばいいんだな?」

ミカサ「うん。回答を書いてお互いに交互に表示していって、出せなくなったら負けで」

アルミン「これなら被ってないかどうかもチェックしやすいし、いいね」

エレン「なるほどな。考えたな」

ミカサ「お昼ご飯を食べ終えたら、自由時間なので、何処かで休んで早速やりましょう」

バスは昼食用の和風のレストランに到着して、今度は皆で焼肉だった。

エレン「おお……こんな感じの和風のお店で焼肉か。珍しいな」

アルミン「焼肉屋のチェーン店なら経験あるけど、和風レストランと焼肉って変な感じだね」

座るところが畳ってのは確かに珍しいかもしれない。

あぐらかけるってのはいいな。焼肉セットが届いて班ごとに昼飯を食べる。

ちなみにご飯のおかわりは自由のようだ。ラッキー♪

じゅーじゅーじゅー。

肉をどんどん焼いていく。野菜も一緒に焼いていくが、やっぱり肉から先に食べたいよな。

もういいかな。と思って箸を伸ばしたその直後、

ジャン「そこの肉、まだ焼けてねえぞ。食うな! エレン!」

エレン「オレはレア気味の方が好きなんだよ!」

ジャン「つかその肉、オレが置いた奴! 人の勝手に食うなよ!」

エレン「そんなのいちいち覚えてられるか! 食えそうなのから行くだろ普通!」

ジャンと諍いが起きてしまった。くそ。こいつとの相性はとことん悪いようだ。

アルミンが「はい、エレン」と言って肉くれた。ありがとうな。

エレン「サンキュー」

ジャン「お前らそれ、なに? ちょっと気持ち悪いんだが」

エレン「は?」

ジャン「アルミンもアルミンだ。エレンを甘やかしすぎだろ」

アルミン「へ?」

何でそんな事をジャンに言われなきゃならん?

ミカサ「アルミンのしている事はまるで女房役のようって言いたいのだと思う」

マルコ「ああ、まさにそれだね。アルミン、昔からそんな感じなのかい?」

アルミン「え? か、考えた事もなかった。エレンに食物あげるの、昔からだし」

エレン「アルミンは小食だからさ。給食もいつも半分しか食べられなくて、残りは全部オレが食ってた」

アルミン「うん。だからエレンに食べ物あげる癖がついちゃってたのかも」

アルミンはジャンと違って優しい奴だからな。

ジャン「うわあ……お前らホモ臭くて気持ち悪いぞ。自覚ないんだったら尚更悪い」

エレン「はあ? 何言ってるんだ。オレ、ホモじゃねえよ」

アルミン「僕もホモじゃないよ。失礼な」

アルミンはオレにとってエロの師匠みたいな存在だぞ。

女子の体育に一番食いついてたの、ジャンも見てただろうに。

ジャン「いや、見てて気持ち悪いんでやめてくれ。女子が男子の分の肉を焼いてるのは見てても別に何とも思わんが」

ミカサ「それは私に肉を焼けと言ってるのかしら?」

ジャン「い、いや……あくまで例えばの話だってば」

ふーん。お前、墓穴掘ったな。

エレン「じゃあミカサに焼いてもらえばいいか。頼む」

ミカサ「え?」

エレン「さーっとでいいから。さーっと焼いてくれ」

ジャン「アホか! オレはあくまで例え話をしただけだってのに!」

エレン「え? じゃあどうすればいいんだ?」

ジャン「自分で自分の分を焼けって言ってるんだよ!」

エレン「はー? それじゃ焼く面積を等分して焼くのか? 効率悪いだろ?!」

オレは自分の主張を引っ込めたりはしなかった。

エレン「だいたい、面積が丸いのにどうやって等分するんだよ! そんなやり方より、ざーっと焼いてぱぱっと食べたほうがいいだろ?」

ジャン「いや、だから焼き加減の好みがバラバラ何だから仕方ねえだろ。オレはちゃんと中まで焼けてる方が好きなんだ! ちょっと焼きすぎなくらいでもいい!」

エレン「肉が硬くなる寸前で食うって、お前の舌は馬鹿舌か? 肉の一番うめえ食い方で一回食ってみろよ」

ジャン「オレはレアが嫌いでウェルダン派になったつーの! てめえの食い方は邪道だよ!」

エレン「肉業界の人に謝れ! お前は今、肉を愛する全ての奴らを敵にまわした!!」

ジャン「上等だ! やんのかこら!」

ミカサ「ええっと、二人が喧嘩している間に肉を全て焼いてしまいましょう。ミディアムくらいで」

アルミン「賛成」

マルコ「異議なし」

ジャン「……………」

エレン「……………」

ミカサが焼肉奉行になっちまった。

まあ、これが一番平和的な解決方法だったのかもしれん。

ジャンは不機嫌な様子だったが、ミカサに焼いてもらえるのは嬉しいようで、もぐもぐ食ってやがった。

ちっ。これ、もしかしてジャンの作戦だったんかな。

気づいた時には遅かった。でも、ミカサに焼いて貰えるのは嬉しい。

ジャンとの戦いに備えてオレも黙ってもぐもぐ食べる事にした。

結局、肉を人に焼いて貰えるのって嬉しいですよね。
という訳でここまで。続きはまた。





飯を食い終わって近くの公園に移動した。

椅子があったからそこにミカサに座って貰って、ジャンと対決する。

ミカサ「じゃあ、先攻後攻を決めましょう。じゃんけんでいい?」

エレン「おう」

ジャン「さいしょはぐー」

エレン「じゃんけんポン! (グー)」

ジャン(チョキ)

エレン「オレが勝ったから、後攻でいくぜ」

ジャン「分かった。オレが先攻だな」

ミカサ「ではジャンが先攻で。山手線ゲームスタート! 最初のお題は…植物の名前(野菜・果物含む)です! あ、ただし漢字で書いて下さい」

ジャン「はあ?! 漢字?!」

ミカサ「ごめんなさい。先に言うのを忘れてた」

アルミン「ククク……」

アルミン、お前、わざとだなー?!

こういう意地の悪い事するのはアルミンの得意技である。

ジャンとの対決は、この時使った単語帳を見ながら思い出す。

ジャン「くそー……漢字で書くのか。自信ねえけどやるしかねえか」

ジャン「(カキカキ)……楓(かえで)」

エレン「(カキカキ)……苺(いちご)」

ジャン「(カキカキ)……南瓜(かぼちゃ)」

エレン「(カキカキ)……西瓜(すいか)」

ジャン「(カキカキ)……梨(なし)」

エレン「(カキカキ)……人参(にんじん)」

ジャン「(カキカキ)……桃(もも)」

エレン「(カキカキ)……蜜柑(みかん)」

食べ物系なら普段の生活で見かける事も多いからそこそこ自信はあった。

ジャン「くそ……まあ、みかんは食べるから見たことはあるよな」

ジャン「(カキカキ)……里芋(さといも)」

エレン「(カキカキ)……唐芋(からいも)」

ジャン「(カキカキ)……柚(ゆず)」

エレン「(カキカキ)……白菜(はくさい)」

アルミン「食べ物多いね」

マルコ「まあ、まだ序盤だから」

ジャン「(カキカキ)……大根(だいこん)」

エレン「(カキカキ)……茄子(なす)」

ジャン「(カキカキ)……小松菜(こまつな)」

エレン「(カキカキ)……桜(さくら)」

ジャン「(カキカキ)……梅(うめ)」

エレン「(カキカキ)……甘夏(あまなつ)」

ジャン「(カキカキ)……栗(くり)」

エレン「(カキカキ)……玉葱(たまねぎ)」

アルミン「おっと、エレン二回目のちょっと難しい漢字きたね」

マルコ「意外と漢字に強いのかな?」

エレン「親父が再婚するまでは、オレがスーパーで買い物したりしてたから、見たことある奴ならちょっと自信ある」

ジャン「うぐ……」

ジャン「(カキカキ)……小葱(こねぎ)」

エレン「おい、それはちょっとずるくねえか?」

「葱」を流用されてムッとした。

ジャン「別にずるくねえだろ? そういう食べ物あるだろ」

マルコ「ジャンはなかなか賢いなあ」

アルミン「だね。ここはまあ、エレンのミスかな」

エレン「ちぇっ……仕方ねえな」

エレン「(カキカキ)……貝割れ大根(かいわれだいこん)」

ジャン「オレの大根からの派生かよ」

エレン「人の玉葱取った奴に言われたくねえよ」

ジャン「ちっ…(カキカキ)……米(こめ)」

エレン「あ、そっか。それ忘れてたわ」

エレン「じゃあ…(カキカキ)……小麦(こむぎ)」

ジャン「(カキカキ)……玄米(げんまい)」

エレン「(カキカキ)……小豆(あずき)」

ジャン「(カキカキ)……大豆(だいず)」

エレン「(カキカキ)……胡瓜(きゅうり)」

アルミン「おおすごい。胡瓜はなかなか出てこないよ」

マルコ「ちょっと迷ったけど書いたね」

エレン「うろ覚えだよ。そろそろやばい」

ジャン「オレもちょっとやばくなってきた」

ミカサ「食べ物限定ではないのだけども」

ジャン「あ、そうだな。よし、ちょっと方向転換するぞ」

ジャン「(カキカキ)……紅葉(もみじ)」

エレン「(カキカキ)……銀杏(いちょう)」

ジャン「(カキカキ)……椿(つばき)」

エレン「(カキカキ)……松(まつ)」

ジャン「(カキカキ)……朝顔(あさがお)」

エレン「(カキカキ)……葵(あおい)」

ジャン「(カキカキ)……梓(あずさ)」

エレン「(カキカキ)……百合(ゆり)」

ジャン「(カキカキ)……蘭(らん)」

エレン「(カキカキ)……杏(あんず)」

ジャン「(カキカキ)……榎(えのき)」

エレン「(カキカキ)……菊(きく)」

ジャン「(カキカキ)……明日葉(あしたば)」

アルミン「あ、明日葉茶ってあるよね。飲んだ事あるの?」

ジャン「前にCMかなんかで通販のやつを見たことがあるだけだ」

アルミン「すごいね。そこから記憶を引っ張り出したか」

ジャン「そろそろやばい。エレン、もうギブアップしろよ」

エレン「嫌だね。もうちょいいける」

エレン「(カキカキ)……胡麻(ごま)」

アルミン「おっと、エレンまたもや結構難しいのきたね」

マルコ「よく覚えてたね」

エレン「胡瓜を思い出したら一緒に出てきた」

アルミン「なるほど。連想で思い出す場合もあるんだね」

ジャン「(カキカキ)……山葵(わさび)」

アルミン「ジャンも負けじといいの書いたね!」

ジャン「うろ覚えだ。確かさっき葵の字書いただろ。それで思い出した」

アルミン「エレン、敵を支援しちゃってるねー頑張れ」

エレン「くそー!」

エレン「(カキカキ)……柿(かき)」

ジャン「(カキカキ)……落花生(らっかせい)」

エレン「(カキカキ)……牡丹(ぼたん)」

ジャン「(カキカキ)……柊(ひいらぎ)」

エレン「(カキカキ)……三葉(みつば)」

ジャン「(カキカキ)……………………」

アルミン「おっと、ジャンの手が止まっている?」

マルコ「あんまり時間かかると失格だよ」

ジャン「分かってるよ。ちょっと間違えただけだ。書き直す」

ジャン「(カキカキ)……春菊(しゅんぎく)」

エレン「(カキカキ)……生姜(しょうが)」

ジャン「(カキカキ)……枝豆(えだまめ)」

エレン「(カキカキ)……山芋(やまいも)」

ジャン「…………」

アルミン「おっと、ジャンの手が完全に止まったー?」

マルコ「あと30秒以内だよ。持ち時間は1ターン1分以内だからね」

ジャン「……………ダメだ。もう出ない」

アルミン「ギブアップかい?」

ジャン「くそー! もうさすがにネタ切れだよ!」

ミカサ「一本目、エレンの勝利!」

エレン「やったー!!!」

粘り勝った。まずは一本目勝利だ!

ジャン「くそう。エレン、意外と漢字に強かったんだな」

エレン「いや、お前もなかなかだったぜ」

ジャン「オレは漫画のキャラで知った奴とかしかまともに出してねえよ」

エレン「ああ、柊とか蘭とかか」

らき☆スタとか名探偵コナン君とかな。

ジャン「あと、柚もだ。柚木っていうヒロイン、いるだろ」

エレン「ああ、マガジンにいるな。髪の長いヒロインな。なるほど」

もう新しい別の連載始まってるけど。

ちょっと前にそのヒロインが出ている恋愛漫画が載ってたな。

アルミン「覚え方でその人となりが分かるね」

マルコ「だね…」

ミカサ「では次の勝負にいってもいいだろうか?」

エレン「いいぜ」

ミカサ「次は先攻後攻を逆にしましょう。どうも後攻の方が有利に思える」

アルミン「そうだね。じゃあ次はエレンが先攻で」

エレン「おし、了解」

ミカサ「当然、こちらも漢字で書く場合は漢字で書いて貰う」

エレン「うぐ…どっかのクイズ番組のように平仮名記入は無しか」

ミカサ「どのみち、テストでは平仮名だと△(三角)扱いになるので漢字で覚えたほうがいいと思う」

エレン「分かったよ。じゃあいくぞ」

エレン「(カキカキ)……徳川家康」

ジャン「(カキカキ)……徳川家光」

エレン「(カキカキ)……徳川綱吉」

ジャン「(カキカキ)……徳川吉宗」

アルミン「徳川シリーズからきたね」

マルコ「全員、いくかな?」

エレン「(カキカキ)……徳川秀忠」

ジャン「(カキカキ)……徳川慶喜」

エレン「(カキカキ)……豊臣秀吉」

アルミン「あれ? もう徳川シリーズ終わり?」

マルコ「全員出てないのに…」

エレン「全員覚えてる訳ねえだろ」

アルミン「そこは全員、覚えようよ」

マルコ「まあマイナーな将軍もいるけどね」

ジャン「(カキカキ)……千利休」

エレン「(カキカキ)……織田信長」

ジャン「(カキカキ)……明智光秀」

エレン「(カキカキ)……石田三成」

ジャン「(カキカキ)……足利義満」

エレン「(カキカキ)……足利尊氏」

ジャン「別に日本人だけじゃなくてもいいよな?」

ミカサ「東洋、西洋問わずなので」

ジャン「じゃあちょっと変化球入れる。(カキカキ)……ザビエル」

アルミン「そこは『フランシスコ・ザビエル』って書いてあげて!」

ジャン「分かったよ! (カキカキ)……フランシスコ・ザビエル」

エレン「外人か……外人じゃねえけど(カキカキ)……天草四郎」

ジャン「キリスト教か。じゃあ(カキカキ)……イエス・キリスト」

アルミン「順番がおかしい」

マルコ「普通、キリスト、ザビエル、天草四郎だよね」

ジャン「うるせえな! 散らかっててもいいだろ別に!」

エレン「こんなの思いついた順に書くしかねえだろ」

エレン「(カキカキ)……ナポレオン」

アルミン「苗字は?」

エレン「え?」

ミカサ「フルネームで書かないと認められない」

エレン「嘘?! えっと、ナポレオンのフルネームってなんだっけ?」

頭が真っ白になりかけた。

普段、ナポレオンの名字なんて気にしたことねえ!

ジャン「オレに聞くなよ」

マルコ「あと30秒……」

エレン「うわーここで負けたくねえ! なんだっけ? なんだっけ?」

エレン「あ、ボナパルト! 確かボナパルトだった筈!」

エレン「『ボナパルト・ナポレオン』」

ミカサ「逆…」

エレン「あ、書き間違えた!『ナポレオン・ボナパルト』」

ジャン「今のはセーフなのか?」

アルミン「限りなくグレーだけど、まあおまけでいいんじゃない?」

マルコ「二度目はないよー」

ジャン「くそう。外人名はフルネームきついかもな」

ジャン「だったら……」

ジャン「(カキカキ)……伊藤博史」

マルコ「簡単なのに戻ったね」

ジャン「基本的なのを先に書かないとダメだろ」

アルミン「一理ある」

エレン「(カキカキ)……西郷隆盛」

アルミン「お、近代史かな。明治いくの?」

ジャン「(カキカキ)……大久保利通」

マルコ「受けてたったね。しばらくは明治が続くかな?」

エレン「(カキカキ)……樋口一葉」

ジャン「(カキカキ)……野口英世」

エレン「(カキカキ)……夏目漱石」

ジャン「(カキカキ)……福沢諭吉」

アルミン「あれ? もしかしてお金の偉人シリーズだった?」

マルコ「ああ、なんかそれっぽいね」

エレン「(カキカキ)……紫式部」

ジャン「(カキカキ)……清少納言」

エレン「(カキカキ)……小野小町」

ジャン「(カキカキ)……楊貴妃」

エレン「(カキカキ)……クレオパトラ」

ミカサ「七世のことでいいのね?」

エレン「へ?」

ミカサ「古代エジプトプトレマイオス朝最後のファラオ。普通、クレオパトラと言えば7世のことを指すのだけども、母親は5世。古代や中世には同じ名前の人物は多いので」

エレン「(そんなん知らんかった)ああ、それで」

まさかそんな細かいところまでツッコミ入るとは思わなかったぜ。

ミカサのジャッジが甘くて良かった。

ジャン「なんか卑怯臭いぞ。エレン……」

エレン「ミカサがジャッジしてんだからいいんだよ!」

ジャン「(カキカキ)……ブルータス」

アルミン「(ニヤリ)フルネームは?」

ジャン「え?! あ、しまった!」

アルミン「ま、普通はブルータスで正解だけどね。一応、フルネームでお願いしたいなあ(ちなみに『マルクス・ユニウス・ブルトゥス』が正解)」

ジャン「あああ……悪い! 変更していいか?」

ミカサ「時間内なら構わない」

ジャン「ええっと、じゃあ……」

ジャン「(カキカキ)……ジュリアス・シーザー」

エレン「誰だっけ? それ」

ジャン「なんか、クレオパトラのあたりで習ったような名前。多分、その辺りの歴史の人物だ」

マルコ「大雑把だけど、まあ間違ってはいないよ」

エレン「うーん。中世はそんなに得意でもないけど……」

エレン「(カキカキ)……ジャンヌ・ダルク」

ジャン「時代が飛んだな。まあいいが」

ジャン「(カキカキ)……マリー・アントワネット」

アルミン「(ニヤニヤ)フルネームは?」

ジャン「え?! これがフルネームじゃねえの?」

マルコ「違うよ。ま、でも普通はそれで覚えるよね」

ミカサ「マリー・アントワネットのフルネームは長いのでここは省略でもいいけれど」

アルミン「良かったね。ジャン。ミカサのジャッジが甘くて」

ジャン「すまん……」

ミカサ「ちなみに『マリー・アントワネット・ジョゼファ・ジャンヌ・ロレーヌ・ドートリシュ』がフルネームになる」

ジャン「長すぎるだろ!? どうなってんだよ?!」

本当だよ。どうなってるんだよ。昔の王族は。

ミカサ「王族の名前は長いのもあるので、長過ぎる場合は省略でいい。テストではマリー・アントワネットで正解なので」

エレン「いかん。カタカナはいろいろ危険だな。漢字に戻る」

エレン「(カキカキ)……劉備玄徳」

アルミン「三国志きたね!」

マルコ「三国志の人物だったら相当な数が出せるよ!」

エレン「いや、オレもメジャーどころしか覚えてないけどな。ゲームに出てくるのしか知らん」

ジャン「でも漢字で書けるってのが凄いな。エレン、やっぱり漢字強いな」

ジャン「(カキカキ)……諸葛亮孔明」

アルミン「ちゃんと『亮』の字も入れたね。通だね」

ジャン「三国志ならゲームでちょっとだけやった事あるからな」

エレン「(カキカキ)……張飛翼徳」

ジャン「(カキカキ)……関羽雲長」

エレン「(カキカキ)……曹操孟徳」

ジャン「(カキカキ)……趙雲子龍」

エレン「(カキカキ)……馬謖(ばしょく)」

ミカサ「『泣いて馬謖を斬る』の馬謖ね。なるほど」

エレン「え? そんなのあるのか?」

ミカサ「知らない? そういう故事成語もある。意味は『どんな優秀な者であっても、法や規律を違反した者の責任を不問にしてはならない』という意味だったはず」

エレン「そっちの故事成語は知らなかったなあ」

アルミン「いや、でも馬謖をすらすら書けるってエレン、やっぱり漢字強いね」

エレン「そっかな? 三国志やってればとりあえず一通り覚えるぞ。ちなみにオレは蜀派だ」

ジャン「オレはそこまでやりこんでねえよ。くそ……」

ジャン「(カキカキ)……夏侯惇(かこうとん)」

エレン「(カキカキ)……呂布奉先(りょふほうせん)」

ジャン「ダメだ。三国志はもう出てこない。先に降りる」

エレン「えーなんだよ。もっと出せよ」

ジャン「三国志限定じゃねえだろうが。違う時代にする」

ジャン「(カキカキ)……三蔵法師」

アルミン「ふふふ……ジャン、それは人物名じゃないよ」

ジャン「え?! 人物じゃねえ?」

アルミン「えっとね。所謂、一般名詞であって、固有名詞じゃないんだ」

ジャン「え? じゃあ役職みてえなもんなのか?」

アルミン「そうそう。でも多分、思い浮かんでいる三蔵法師の名前は聞いたことあると思うよ」

マルコ「漫画でも出てるよ」

ジャン「漫画……あ! そっか、こっちか!」

ジャン「(カキカキ)……玄奘三蔵」

エレン「え? なんだそれ。そんな漫画あったけ?」

ジャン「ちょっと古いが、あるだろ。タイトルちょっともじったやつ」

ジャン「あれ、うちにもあるんだ。読んでて良かったわー」

エレン「うーん。ジャンの知識は漫画からが多いのか」

エレン「まあ、オレも似たようなもんだけどな」

エレン「(カキカキ)……空海」

アルミン「宗教関係できたか」

エレン「まあな。日本にもいるだろ」

マルコ「キリストきたら仏教もいかないとね」

ジャン「(カキカキ)……シャカ」

ミカサ「漢字は?」

ジャン「え? 漢字あったけ?」

アルミン「あるよ。カタカナだと、漫画の方のシャカになるよ」

ジャン「くそー……漢字出てくるかな?」

ジャン「釈………迦? こんなんだったか?」

ミカサ「正解。うろ覚えでよく書けた」

ちなみにここはもし、テストで「カタカナで書け」と言われた場合は、

「ゴータマ・シッダールタ」とか何とか? で書かないとバツになるそうだ。(うろ覚えですまん)

漢字での指定の場合は「釈迦」でいいそうだが、正確に言うと、釈迦は一族の名前だそうで、釈迦はその始祖のような存在とも言われているそうだ。

全くややこしいよな、この辺の知識って。面倒臭いぜ。

ジャン「ふーギリギリセーフだな」

エレン「(カキカキ)……法然」

エレン「なんかこんな感じのやついただろ?」

アルミン「エレン、一応、周辺の知識もセットで覚えようね」

マルコ「南無阿弥陀仏を唱えた人ね」

ジャン「(カキカキ)……日蓮」

アルミン「対抗してきたね」

エレン「いたっけ? そんなやつ」

マルコ「南無妙法蓮華経を唱える方の宗教を作った人だよ」

アルミン「ほら、チーンと叩く方と、ポクポク叩く方の違いだよ」

エレン「ああ! そういう違いか! 仏教も宗派が分かれてるのか」

アルミン「この二つは今でも生活に根付いてるから知ってた方がいいよ」

エレン「なるほどな」

エレン「(カキカキ)……一休」

ミカサ「フルネーム……」

エレン「え?! こいつにもフルネームあんの?!」

ミカサ「ある。まあ、あまり有名ではないけれど」

エレン「えっと、その……変更してもいいか?!」

アルミン「残り30秒でいける?」

エレン「えっと、えっと……えっと…あー?!」

ジャン「ぶっぶー! 時間切れだよな!」

エレン「ちくしょー! 一休のフルネームなんてあんのかよ」

ミカサ「『一休宗純(いっきゅうそうじゅん)』アニメでは知恵者として知られる彼は、実際は自由奔放で奇行が多かったと言われている。詳しくはウィキペディア等で調べてみよう」

アルミン「まあ、お坊さんらしくはないよね。逸話を知ると」

マルコ「うん。破天荒な人だったみたいだしね」

ジャン「よっしゃああ! オレの勝ちだな」

まさかあの一休さんにフルネームがあるとは。知らなかったぜ。

エレン「一勝一敗か。次で決まるな」

ジャン「次は理科系用語だったな。今度も勝つ!」

ミカサ「待って。思ったのだけども、やはりこの勝負、先攻の方が不利な気がする」

アルミン「そうだね。しかも、前の人が答えた内容をヒントに次の言葉を探せるしね」

ミカサ「ここは最終問題は山手線ルールではなく、お互いに一気に、制限時間内に用語を出していくのはどうだろう?」

マルコ「被ってもいいの? 個数を競うってこと?」

ミカサ「うん。その方が平等な気がする……ので」

アルミン「いいかもね。そうしよう。じゃあ、最終問題はお互いに15分以内に書けるだけ理科系の用語を書く方で。多く書けた方が勝ちでいくよ」

エレン「分かった」

ジャン「ああ。構わないぜそれで」

ミカサ「では、用意」

エレン(原子記号……あと用具とかだな)

ジャン(宇宙関係や気象の用語でもいいよな)

ミカサ「スタート!」

カリカリカリカリ

制限時間内で書いていく。結果は確かこんな感じだった。

アルミン「さーて、確認してみようか」

マルコ「エレンの書いた個数を数えるよ」


【エレンの解答】

H(水素)N(窒素)C(炭素)Mg(マグネシウム)Ca(カルシウム)K(カリウム)

プレパラート 顕微鏡 シャーレ メスシリンダー アルコールランプ スポイト

フラスコ 三角フラスコ 試験管 ピンセット U字磁石


アルミン「全部で17個かな?」

ジャン「おい、三角フラスコとフラスコを別でカウントするのって有りかよ」

アルミン「うーん。似てるけど別物だしね。丸いフラスコと三角のふたつあるし」

マルコ「これは別で考えてもいいと思うよ」

ジャン「ちくしょう。その手があったか」

アルミン「続いてはジャンを数えるよ」


【ジャンの解答】

恒星 惑星 小惑星 ビックバン 星座

星団 自転 公転 軌道 銀河系

隕石 黒点 コロナ フレア 赤外線 紫外線


アルミン「あーおしい! 16個だ!」

マルコ「同じ理科系でも好みが違うね。全然かぶってないってすごいな」

アルミン「だね。よほどエレンとジャンはタイプが違うらしい」

エレン「ってことは、オレの勝ちでいいんだな?」

ミカサ「そうね。エレンの勝利」

エレン「よっしゃああああ!」

ジャン「くそおおおおおお! (がっくり)」

エレン「これでジャンはミカサとの勉強会は無しだな」

ジャン「くそう……(ギリギリ)」

これでジャンとの勉強会を阻止する事が出来た。そう、思ってたのに。

ミカサ「待ってエレン。これって普通、負けた方に教えてあげた方がいいのでは?」

エレン「え?」

ジャン「ん?」

と、ミカサ自ら待ったとかけてきたんで、オレは心底びっくりしたんだ。

ミカサ「だってそうでしょう? 負けた方が学力が劣っているという証明になるのだから、勉強を教えてあげるべきなのは、負けた方なのでは」

真面目か! いや、そういう話じゃなくてだな。これは……

ああああ。ジャンの顔つきがどんどん悪い顔になっていく。

勝負には負けたのに、結果的には勝ったから、喜んでやがる。

ジャン「そ、そうだよな! 負けた方が学力が劣ってるっていう事になるよな! だったら、負けたオレはミカサに教えてもらえるよな?!」

ミカサ「その必要があるのであれば……」

ジャン「よしゃああああ! 勝負には負けたが結果的には勝った!」

エレン(ギリギリギリ)

くそ! こんな事ならわざと負けた方が良かったか?!

いや、でもどの道、ジャンとミカサの勉強会は防げなかったかもしれん。

ミカサ自身がジャンの下心に気づいてないんじゃ、どうしようもねえ。

マルコ「良かったね。ジャン。ミカサとの勉強会が出来て」

ジャン「ああ! あの、ミカサ……今度、是非うちで」

ほらな! 勉強会なんてただの口実だ!

こいつは自分の家にミカサを引っ張り込みたいだけなんだよ!

エレン「やるんだったら図書館行け!」

ジャン「ああ?! どこでやろうが勝手だろうが! 邪魔すんなよ!」

ミカサ「いえ、やるんだったら図書館の方がいい。調べ物をするのに適しているので」

ジャン「うっ……でも、家にパソコンとかあるし」

ミカサ「ネットの情報は間違っている場合もたまにあるそうなので、やはり書物で調べる癖をつけた方がいいと思う」

アルミン「うん。ソースとしてはネットの内容は信憑性を疑う場合もあるよ。まあ、歴史の人物名等はさておき、例えば経済の内容とか、時事問題に関して言えば、たまに変な主張してる人の記事にあたっちゃう場合もあるからね」

マルコ「そうだね。それに図書館の方が静かだし、集中も出来るよ」

ジャン「………まあ、そこまで言うならそれでもいいけど」

ミカサ「では決まりで。いつがいいだろうか?」

ジャン「来週の日曜日とかどうだ?」

ミカサ「27日ね。特に予定もないし、大丈夫だと思う」

あーあ。ミカサが絶対勘違いしている。

ジャンはミカサとのデート(?)だと思ってるんだぞ。

腹立つな。何か腹が立つ。ジャンにもだけど、鈍感なミカサにもだ。

こうなったら何をやってでも邪魔してやる。

ミカサ「? エレン? どうしたの?」

エレン「その勉強会、やっぱりオレも混ぜてくれ」

ジャン「はあ?! 勝手についてくるなよ!」

エレン「いや、だって、勝敗は紙一重だったし。勝ったけど、さっきの最終問題だって、1個差だったし」

ミカサ「でもそうなると、勝負をした意味がなくなるような」

ジャン「そうだぞ! 何の為に勝負したと思ってんだ」

ミカサ「一人で二人の面倒を見るのはさすがに私も難しい。ので、ここはアルミンとマルコにも協力して貰いたい」

アルミンとマルコは同時に意図を読んで笑った。

こういう時、阿吽の呼吸が使えるのっていいよな。

アルミン「ああ、なるほど。僕とマルコがエレンを、ミカサはジャンを担当して一緒に図書館で勉強すればいいのか」

ミカサ「お願い出来るだろうか」

マルコ「全然いいよ。皆でやった方が楽しいだろうしね」

ジャン「マルコ! アルミン?!」

ジャンがオレ達をミカサから引き離してこそこそ言った。

ジャン「なんでついてくるんだよ! お前らまで!」

アルミン「え? 別にいいじゃない。何か僕たちがついていっちゃ都合が悪いの?」

マルコ「そうだね。都合が悪いんじゃ仕方ないけど」

ジャン「べ、別に都合は悪くねえけど……エレン、てめえ、どういうつもりだ」

エレン「ん? ミカサとジャンを二人っきりにさせたくないだけだ」

ジャン「何でだよ! 邪魔する気か?! まさかてめえも……」

マルコ「いやいや、それは僕達も同じだよ。なんかジャンが暴走しそうで怖いし」

アルミン「知らないよー? 何かやらかして失敗しても。フォローする人間がいた方がいいんじゃない?」

ジャンが考え込む。そしてついに、

ジャン「ああもう、それでいいよ。それで決定でいい!」

ミカサ「では、来週の予定は決まりね。定期考査に向けて少しずつ頑張りましょう」

そんな訳でジャンとの勝負とお勉強会の件は一応の決着を迎えた。

ただしこれからも気をつけないとな。

ジャンは隙あらばミカサとのデートを持ち込もうとするだろうし。

エレン「あー中間テストの後は体育祭だったよな。5月25日だったけ?」

アルミン「そうだね。まだ先だけど」

エレン「テストの後に体育祭か。まあ、体育祭あるからテストも頑張るか」

ミカサ「エレン、テストの方が重要なのでは?」

エレン「いや、それは分かってはいるが、気持ち的には体育祭の方が楽しみなんだよ」

体育祭は女子と一緒に体育が出来る日だ。

この間のように、こそこそと女子を覗き見る必要はない。

ジャン「ああ、その気持ちは分からんでもない」

エレン「だろ? 女子と一緒に体育が出来る機会って、体育祭だけだもんな」

ジャン「そうだな。女子の走るところとか、玉入れとか、見たいよな」

エレン「ああ。ジャンプしている女子を見れるのは楽しみだ」

ジャン「くそ……エレンに同意したくないのに同意してしまう自分がいる」

エレン「素直になれよ、ジャン」

ミカサの前だと本当、格好つけようとするな。ジャンの奴は。

この間のアレがトラウマになってるのかな。いい気味だけど。

アルミン「エレン、ミカサの前でそれ以上下世話な話はやめようね」

エレン「あ、悪い悪い」

アルミンもこの間のオペラグラスでの覗き見の件を思い出したのか、それ以上は言わなかった。

ミカサ「?」

あ、この様子だとミカサ、あの時のことは覚えてないっぽいな。

ミカサ「でも体育祭の前に球技大会もあるのでは」

アルミン「ああ、26日にあるね。でも球技大会は会場が男女別だよ」

マルコ「女子が体育館で、男子が外だからね」

エレン「女子はバレーで、男子がサッカーだったけ?」

ジャン「雨降ったら男子も体育館だけどな。バスケだろ」

エレン「オレ、サッカーよりバスケの方が好きだけどな」

ジャン「オレはサッカーの方が好きだな。ボール来ない時はさぼれるし」

エレン「それじゃつまらんだろ。参加してる雰囲気を味わえる方がいいだろ?」

ジャン「オレはそこまで真面目じゃないんでね。適度に休めるスポーツの方が好きだな」

アルミン「じゃあ野球とか? 攻撃側は打席に入らない時は休めるし」

アルミンが言うと、ジャンはちょっとだけ微妙な顔で答えた。

ジャン「ああ。好きだな。割と」

この時のジャンの顔は、凄く複雑そうだった。

好きなのに食べられない。そういう物を目にした時のような顔だったんだ。

マルコ「……というか、僕達二人、中学までは地域の野球チームに入ってたから」

その時、マルコが初めてその事をオレ達に話してくれた。

ジャン「馬鹿! マルコ、言うなって!」

ジャンは嫌がっているが、この時のジャンは単に照れ臭かったんだろうな。

マルコ「高校入ってお互いに野球やめちゃったけど、ジャンは野球うまいよ。バッテリー組んでたんだ」

エレン「ああ、通りで仲がいいと思ったぜ」

ジャン「あんまり恥ずかしい事、言うなって…」

気持ちは分からんでもないが。ジャンはいろいろ複雑だったんだろうな。

ミカサ「何故恥ずかしいと思うの? 野球はいいと思うけど」

マルコ「それがね……」

ジャン「マルコ、それ以上言ったら友達やめるぞ」

マルコ「ああ、ごめん。ごめん。じゃあ言わないでおくよ」

アルミン「ええ? そこまで言って黙秘? 気になるー!」

ミカサ「気になる……」

ジャン「うぐっ…」

マルコ「ミカサが気になるんじゃ、言った方がいいんじゃない?」

ジャン「くそ……その、あれだよ。髪! 髪で分かるだろ?」

エレン「髪?」

ジャン「髪、のばしたかったんだ。高校野球はコニーみたいに全員、丸刈りが必須だろ? それだと、彼女作れないって思ってさ」

エレン「……………関係なくねえか?」

実際、野球部の奴らって意外とモテたりするんだよな。

コニーだって彼女持ちだし。やっぱりスポーツしている男子はモテるんじゃねえの?

ミカサ「私もそう思う。髪型は、別に関係ないと思う」

モテるかモテないかは、やっぱりその人の持ってる素質だと思うぞ。

ミカサ「モテる人はどんな髪型でもモテる。現に坊主頭でも彼女のいる男なんて、中学時代にざらにいた」

エレン「だよな」

マルコ「僕もそれは言ったんだけどジャンが頑なに拒否してね。高校に入ったら絶対、彼女を優先にするから野球はやめるって……」

ジャン「そもそも野球部入ったら自由な時間が殆どねえだろうが! マネージャーと付き合うならまだしも!」

ミカサ「ん? つまりジャンは彼女を作って、彼女優先の高校生活を送るつもりなのね」

ジャン「お、おう。そうだよ」

お前の場合は既にミカサ中心になりかけてるしな。

エレン「そこまでガツガツするのはちょっと引かねえか?」

ジャン「うっ……」

アルミン「だよねえ。僕もそう思う」

マルコ「でも気持ちは分からないでもないよ。彼女、欲しいと思う気持ちは僕も共感出来る」

ジャン「マルコ……お前は親友だ」

マルコは本当に優しい奴だな。

ジャン「お前らは、格好つけ過ぎ。体育祭だけで満足すんのか?」

エレン「うっ……それを言われると辛いが」

アルミン「で、でも、それが普通じゃないのかな?」

ジャン「本性を隠すんじゃねえよ! 本当は彼女欲しいんだろ?! 曝け出せよ!」

マルコ「いや、ジャン。曝け出しすぎるのも良くないと思うよ?」

ジャン「何だよ。さっきは味方した癖に、優等生ぶる気か?」

マルコ「僕はあくまで共感すると言っただけで、実際に彼女を作りたいかどうかは別だよ」

あ、ミカサの眉間に皺が寄っている。

話についていけなくて困ってるみたいだな。

ジャン「どう違うんだよ」

マルコ「彼女は欲しい。でも、誰だっていいわけじゃない。ちゃんと恋愛して、この人とならいいなって思える子を探して、それから友達になって、っていう手順をちゃんと踏んだ上で、最終的に彼女になって欲しいって告白したいんだ」

ジャン「いや、それだったらオレと同じじゃねえか。どこが違うんだ?」

マルコ「ジャンの場合は、アンテナを張り過ぎ。そんなに焦らなくてもいいんじゃないかって言いたいんだけど」

ジャン「でも高校生活なんてたったの三年間だぞ! 気合入れないとあっと言う間に過ぎるだろうが」

マルコ「そうだけどさ。彼女の事も大切だけど、自分の時間だって大切だよ?」

エレン「あーそれは分かる。自分を犠牲にしてまで女に時間を割くのはちょっとなあ」

ジャン「でも、デートの約束と自分の用事が被った時、彼女を出来るだけ優先するのは普通じゃないのか?」

マルコ「それは内容によると思うけどね。自分の用事を犠牲に出来るなら、僕も彼女を優先するけどさ」

アルミン「ジャンの場合はそれを全部、犠牲にしそうで怖いんだよね」

ジャン「それのどこが悪いんだよ。彼女を大事にするんだぞ?」

エレン「重いと思うぞ? それをされる側は」

ジャン「そ、そうなのか…? み、ミカサはどう思う?」

ミカサ「え?」

ミカサ、今の話を理解してたんかな?

びっくりしている様子だったけど、

アルミン「女の子の側の意見も聞いてみたいよね。ミカサ、どう思う?」

ミカサ「えっと、その…」

アルミンにそう促されてオレもつい、興味が出てきた。

ミカサがなんて答えるか。女子の意見も聞いてみたい。

ミカサ「つまり、ジャンのようなタイプと、エレンのようなタイプ、どちらがいいかジャッジすればいいの?」

マルコ「そうだね。女の子はどっちが好きかな?」

ミカサはしばし時間を置いて考えたようだ。

ジャンが唾を飲み込んでいるのが分かる。いや、気持ちは分かるが緊張し過ぎだろ。お前。

そういうところが、うぜえって思われるんじゃないかと逆に心配になるわ。

そしていろいろ考え込んだ末、ミカサが遂に発表した。

ミカサ「エレンのようなタイプの方がいいと思う」

ジャン「うがっ……!」

へえ。そうなのか。そういうもんなのか。

ジャンはがっかりしているが、ミカサは「勘違いしないで欲しい」と言って注釈をつけた。

ミカサ「ジャンのように一途に愛されれば相手の彼女もとても幸せだと思う」

ジャン「そ、そうか?」

ミカサ「うん。自分の方に合わせてくれるのはとても嬉しいと思う」

アルミン「ん? じゃあなんでミカサはエレンタイプを選んだの?」

ミカサ「女の子は、自分に合わせて欲しいと思う半面、男の子に格好良くいて欲しいという願望もある」

マルコ「格好良く…」

ミカサ「そう。例えば、部活等で活躍している姿を見るのとか、自分以外の事であっても、それに夢中になってがむしゃらに頑張っている姿は格好いいと思う」

ジャン「そ、そういうもんか?」

ミカサ「うん。ジャンは野球が得意であるのであれば、その姿を見てみたいと思う。彼女という立場になればそれが普通だと思う。なのに、自分のせいで活躍する姿を見れない、となると、罪悪感に似た感情を覚えると思うの」

ジャン「うううううう~~~~ん」

ミカサの丁寧な説明に納得したのか、ジャンは一通り唸った後、

ジャン「それは盲点だった。くそう……そういう場合もあるのか」

ミカサ「あくまでも例えではあるのだけども。中学時代、部活で活躍している男子がモテるのはそのせいだったと思う。私も、頑張っている人を見るのは割と好き。例えそれが出来ていても出来なくても」

エレン「下手くそでもいいっていうのか?」

ミカサ「結果がすぐに結びつくわけでもない。努力する事が大事だと思う」

ジャン「そうか……オレ、頑張っている姿を学校で見せてなかったからモテなかったのか」

マルコ「いや、それだけが原因だとは思えないけど、まあ野球は学校の外でやってからね」

ミカサ「それは一因にあるのかもしれない。ジャン、モテたいと思うのなら尚更、何処か部活に所属した方がいいと思う。野球部は丸刈りが義務で嫌であるのならば、別の部活でもいいと思う。あなたのその才能を枯らしてしまうのは非常に勿体無い」

ジャン「そ、そうか……そういう考え方も有りだな」

やれやれ。ミカサ、お前、気づいてないのかな。

お前自身、オレに対して似たような事してたんだけどな。

それが分かってて、何で自分には当てはめられないんだか。

ジャン「ありがとう。ミカサ。何だかすっきりしたぜ」

ミカサ「お役に立てて何より」

エレン「…………」

オレは呆れると同時に何だかもやもやした。

ミカサ「どうしたの? エレン」

エレン「別に。何でもねえよ」

ミカサ「では何故、不機嫌な表情をしている?」

エレン「別に不機嫌じゃねえし」

ミカサ「嘘。エレンはすぐ顔に出る。何か気に障るような事を言っただろうか?」

気に障った訳じゃねえけど。

部活動の見学を見て回った時、オレも今のミカサと全く同じ事を思ったんだよな。

オレのせいで、ミカサの活躍する姿を見れないのは、正直言って罪悪感があった。

だからミカサはミカサ自身でちゃんと自分の興味の持てるところに入って欲しいって思ったんだ。

幸い、演劇部にはそれなりに興味があって楽しんでいるみたいだけど。

でも本当なら、もっとミカサが活躍できる部もあったかもしれない。

今更の話、だけど。ミカサもジャンと同じ気質を持ってるんだよな。

エレン「………お前、ブーメランって言葉知ってるか?」

ミカサ「知っている。こう、投げると自分に返ってくる武器の事よね?」

エレン「いや、武器の説明じゃなくてさ……まあいいや」

でもそれを言っても感覚的に伝わらない気がして、説明するのを放棄した。

アルミン「………つまりミカサは、自分の時間を大事にしている男の方が格好いいと思うんだね」

ミカサ「生活の中心を彼女にしてしまうのは、される側は嬉しい半面、申し訳ない気持ちも出てくると思う。だから適度に自分の時間を楽しんでいる人の方が余裕があっていいと思う」

だーかーら。ミカサ。お前が言うなって。

ミカサも自分を犠牲にして家事とかいろいろやってるだろ。

自分の時間は腹筋と勉強くらいしかやってないような気がするんだが。

もっと、友達と遊びに行ったり、いろいろ自由にやってもいいんだけどな。

エレン「………………」

でもここで言うのはやめよう。ややこしい事になりそうだからだ。

ミカサには首を傾げられたけど、

エレン「いや、何でもねえから。続けろ」

ミカサ「そう? まあ、つまりはそういう事なので、面倒臭いとは思うけれど、束縛し過ぎず、放置し過ぎず、が理想的だと思う」

マルコ「それが一番難しそうだね」

アルミン「まあ、彼女のいない僕らの言う事じゃないけど」

ジャン「これから作るんだよ! お前らも受身ばっかじゃダメだろ。気になる子とかいないのか?」

その瞬間、アルミンとマルコがほぼ同時に肩を揺らした。

ジャン「ははーん、その反応だといるな? 吐け! 二人共!」

アルミン「なんのことかな? あはははは……(ダッシュ)」

マルコ「僕はまだまだ、そんな……(ダッシュ)」

ジャン「あ、逃げやがった! オレに勝てると思ってんのかこの野郎!」

三人で追いかけっこが始まった。

あー多分、アルミンはクリスタ。マルコはミーナの事が気になってるんだろうな。

恋愛感情じゃないかもしれないが、ちょっと気になっている素振りは見かけた事がある。

ジャンもアホだな。そんなの本人の口から言わせなくても、様子を見てれば大体分かるだろ。

…………いや、あいつ、分かっててわざとやってるのかな。意地悪いから。

エレン「…………」

ミカサ「エレンは追いかけないの?」

エレン「人の事はどうでもいい。いいたきゃ自分から言うだろ」

ミカサ「エレンとジャンは本当に正反対の性格をしているようね。喧嘩さえしなければ、いいのに」

エレン「反対だからこそぶつかるんだろ、多分な」

さて。これからどうするかな…。

エレン「結構、時間潰しちまったな。これからどこか行くか?」

ミカサ「そういえば特に決めていなかった」

エレン「まあ、オレはお土産さえ後で買えたらそれでいいけどな。ミカサ、どっか行ってみたいところとかねえの?」

ミカサ「うーん。そう言えばサシャが紫芋のソフトクリームを食べるとか何とか言ってたような」

エレン「じゃ、他の奴らが反対しなけりゃ、そこ行くか」

という訳で適当なところで追いかけっこをやめさせて、オレ達は次の場所へ移動する事になった。

ミカサ、お前がそれを言うのか…。
と、エレンは実は思ってた場面です。ミカサはブーメランの自覚ないです。

とりあえず、ここまで。続きはまた。






バスや列車を乗り継ぎ、途中でタクシーを使ってその場所に移動してみると、沢山の人がいた。

家族連れもいるし、お年寄りの人もいる。訪れたその物産館では、多くの新鮮な野菜やお弁当が売られてた。

オレはいきなり団子とかいう饅頭と、親父用に酒のつまみをいくつか選んで買う事にした。

ミカサはクッキーの袋をいくつか持っていた。二人で会計を済ませてアルミン達より先に店の外に出た。

するとそこに、偶然、ソフトクリームを外で食べているサシャとクリスタと出会った。

サシャ「あ、ミカサ! こっちにきたんですね!」

クリスタ「やっほー! もう紫芋ソフトクリーム食べた?」

ミカサ「いいえ、さっき来たばかりなので。今から買おうと思ってる」

サシャ「早くしないとなくなりますよ! 一日限定個数販売ですから!」

ミカサ「そ、そうなの? それは知らなかった」

本当だ。すっげー人が並んでる。限定って言葉に釣られてるな。

オレもミカサと一緒に後ろの列に並んでみた。

しかし………

ミカサのところでラスト1個を言われ、オレの分まで回ってこなかった。

ミカサ「エレン、食べたい?」

エレン「まあ、そりゃあ……でも残り一個なら、半分こするしかねえよ」

ミカサ「そうね。では半分こしましょう」

ミカサが先に譲ってくれたので甘える事にする。

ミカサ「お味はどう?」

エレン「あんめ! あ、でもほのかに芋の味もするぞ」

ミカサ「で、では私も……」

回して食べようとした、その時……

ジャン「ちょっと待ったああああああ!」

今度は何なんだよ! ジャンがこっちに突進する勢いで近づいてきた。

ミカサ「?」

ジャン「さじ! さじで食え! 買ってくるから!」

ミカサ「面倒なのでいい」

ジャン「いや、ダメだって。つか、気づいてねえのか?!」

ミカサ「何が?」

ジャン「何がって、そういう食べ方、間接キスっていうだろ?!」

ああ? それがどうしたんだよ。

何か悪いのか?

ミカサ「ごめんなさい。気づいていなかった。エレン、そういうの苦手?」

エレン「んにゃ別に。ほら、早くしないと溶けるぞ」

ミカサ「おっとっと」

ソフトクリームなんだし、溶けるだろ。早く食わせてやりたいのに。

垂れたそれをミカサが器用に掬って舐めた。

その仕草が色っぽい。ちょっとラッキーな気分になった。

ミカサはソフトクリームが溶けきる前に全部食べた。

ジャン「………………」

ミカサ「ジャンも、もしかして食べたかったの?」

エレン「運が悪かったなー。残り一個だったんだよ。悪いな」

ミカサ「ひ、一口あげれば良かったのかしら。ごめんなさい」

ジャン「いや、そういう話じゃないんだ。うううう……」

あーもう、面倒臭い奴だな。

ミカサ「ジャン、そんなに落ち込まないで。いつかまた紫芋のソフトクリームを食べる機会はきっとある」

ジャン「いや、ソフトクリームはどうでもいいんだが……はあ。もういいよ」

どっか行っちまった。はあ。全く。

エレン「あんま気にするなって。ジャンはいろいろ気にし過ぎだ」

ミカサ「そうね。ちょっと神経質な部分があるのね。きっと」

アルミン「いや、君らの方が大雑把な気がするけれど」

アルミンにも言われた。いやだって、ソフトクリームが勿体ないだろ。

ミカサ「そう? でも、せっかくのソフトクリームが」

アルミン「いや、それは分かるけども。ここ、周りに人がいっぱいいるし、どう見てもその感じ、ただのカップルにしか見えないよ」

ミカサ「え?」

エレン「はあ?」

カップル? そうか?

別にこんなの、カップルじゃなくても家族でも友達でもするだろ?

オレ、アルミンとでも似たような事、出来るぞ?

ミカサ「そ、そんなつもりはなかった……」

エレン「オレもだよ。なんだそれ。何でソフトクリーム一緒に食うだけでそんな風に見られる?」

アルミン「その距離感、だね。いや、君らが仲いいのは認めるけども。ちょっと外では自重して欲しいかな」

距離感か。そんなに近く見えるのか?

自覚がなかった。自分では、全く。

いや、本当に。別にジャンに見せつけようとかそういう悪意のある話じゃない。

ミカサ「誤解なので、ジャンに説明してくる……」

アルミン「やめといたほうがいいよ」

ミカサ「ど、どうして?」

マルコ「今、下手にジャンを突っつくと、藪蛇だと思うよ」

ミカサ「そうなの? では私はどうしたら……」

アルミン「何もしなくてもいいけど、今後はちょっと気をつけよう。お互いにそういうつもりがないのだとしても、周りはそうは見ない場合もあるんだからね」

ミカサ「分かった」

ミカサがこっちに謝ってきた。

ミカサ「エレン、ごめんなさい。私のせいで、面倒なことになって」

エレン「いや、オレの方こそ悪かった。でも、あんま気にするなよ。オレ達は普通にしてりゃいいんだ」

ミカサ「うん………」

これって感覚の違いなんかな。ジャンにとっては、こういうのはカップル同士ですることで、オレにとっては、友達以上の親しさがあれば出来る。

価値観の違いって奴だろう。だから別にこっちが必要以上に悪びれる事はない。

マルコ「ジャンは僕が回収してくるね」

マルコがジャンのフォローに行ってきてくれるようだ。

ミカサ「マルコ、その……きっぱり否定しておいて欲しい!」

マルコ「分かってる。大丈夫だから」

マルコに任せりゃ後は大丈夫だろ。

ん? でもミカサの顔色が急に、変わった。

ミカサ「アルミン、ひとつ聞いてもいいだろうか?」

アルミン「何?」

ミカサ「ジャンは何故、逃げてしまったのだろうか?」

アルミン「え?」

ミカサ「その………自意識過剰だと言われてしまうかもしれないけれど、ジャンは、もしかして」

アルミンは瞬時に首を振って答えを拒否した。

アルミン「………………その質問を答える権利を僕は持ってないからノーコメントで」

ミカサ「エレン」

エレン「知らねえよ。自分で聞けば?」

オレも自分では言わなかった。アルミンも気づいているようだけど。

ジャンはミカサの事、好きなんだろうな。

でも、それは外野が話していい事じゃない。

本人以外の口から、ミカサの耳に届けていい話じゃないんだ。

ミカサ「……………」

鈍いミカサもようやく気付いたようだな。

ま、ここから先、どうするかは本人次第だけど……

ミカサ「やっぱり、確認してくる」

アルミン「ミカサ?」

ミカサ「曖昧なままではダメ。ちゃんと、向き合わないと」

ミカサはマルコを追いかけた。その様子をアルミンが、

アルミン「いいの?」

エレン「何が?」

アルミン「止めるかと思ってた」

と言ってきて、オレはため息をついた。

エレン「遅かれ早かれ、いずれはこうなってただろ。多分」

アルミン「でも今まで散々、邪魔してたじゃない」

エレン「それは………まあ、そうだけど」

自分でも不思議だった。でも、ミカサが気づいたんじゃしょうがねえかなとも思ったんだ。

エレン「…………」

アルミン「様子、見に行かなくていいの?」

エレン「いい。ミカサがそうしたいって言うなら、オレは止めねえよ」

そうだ。今まではミカサの方に全然自覚がなくて、ほいほいジャンに乗せられそうになってたのが気に食わなかったんだ。

ミカサ自身がジャンを選ぶっていうなら、それはもう、ミカサの問題な訳で。

オレがどういう言う話じゃないし。

アルミン「…………素直じゃないねえ。エレン」

エレン「あ? そうか?」

アルミン「うん。表情と言ってること、一致してないけど?」

エレン「…………」

アルミン「まあそれこそ、エレンが決める事だから僕は何も言えないけどね」

そうなんかな。オレ、やっぱり焼きもち妬いてるんかな。

そう、考え込んでいたその時、

ミカサとジャンがこっちに戻ってきた。その表情は悪くない。

エレン「…………遅かったな」

ミカサ「少し話し込んでしまった。ごめんなさい。遅くなって」

ジャン「携帯のアドレスとか交換してたんだよ。ミカサとはまだ交換してなかったからな」

エレン「へー」

順調に親密度を上げなさっているご様子だな。ジャン。

ミカサ「エレン?」

エレン「いや、別に。いいんじゃねえの? 友達が増えるのは」

もう既に友達以上なのかもしれんが、それをここで聞くのはちょっとな。

ミカサ「エレンもジャンと交換しておけば……」

エレン「オレはいらねえ。オレはまだ、ジャンと友達だとは思ってねえもん」

ジャン「気が合うな。オレもだ」

マルコ「ああもう、二人共。その遠まわしな愛情表現はやめなって」

ケンカするほど、という奴だと言わんばかりにマルコが言った。

そんなんじゃねえけどな。

エレン「その代わりマルコのアドレスは知りたいかな。マルコは友達だと思ってる」

マルコ「ええ?」

アルミン「あ、それは僕も欲しい。交換しよ」

マルコ「いいの? ジャンの分は……まあ、僕から教えておくよ」

ジャン「余計な事すんなって!」

ミカサ「ジャン、ここはマルコに任せるべき」

ジャン「……はい」

早速尻に敷かれてやがる。ジャンはミカサには頭上がらないみてえだ。

という訳で少々遅くなったが、オレ達は班同士で連絡先を交換し合った。

残りの時間は話し合いの末、馬に乗ろうという事になり、移動する事にした。

するとそっちでも偶然、ライナー達の班と合流する事になった。

ユミル「おーお前らもこっちにきたのか。結局、コースかぶってるな」

ライナー「なかなか楽しいぞ。馬に乗るのは初めてだが」

クリスタ「私は慣れてるけどね。親戚の家が牧場だから」

サシャ「楽しいですね~おっとっと。揺れるのに慣れるのが大変ですが」

あいつらは先に来てた事もあり、大分手さばきが慣れていた。

オレ達も遅れてインストラクターの方に指導を受けて馬に乗る。

ミカサ「眺めが全然違う…」

目線の高さが日常と全く違う。当然だけど、面白い。

不安定な目線の高さにドキドキした。

エレン「おー……こりゃいいなあ」

馬同士が勝手に仲良くし始めた。

オレの馬とミカサの馬は相性がいいようだ。

ジャン「あ、てめえらまた……」

エレン「オレ達じゃねえよ。馬同士が仲いいんだよ」

ミカサ「馬が勝手に仲良くやっているので」

ジャン「馬にも相性があるんかな」

エレン「あるんじゃねえの? 人間にもあるんだしな」

ポクポク草原を歩く。同じ日本とは思えないな。

でもこういうの、悪くねえ。風がとても気持ちいい。

出来るならもう少し、この辺を歩いてみたかったが、

アルミン「おっとと……あっという間だけどもう時間だよ」

エレン「えーもうかよ」

アルミン「仕方ないよ。また今度、ゆっくりここに来よう」

エレン「そうだな。また馬に乗りに来たいぜ」

短い期間だったが、こうして無事に研修旅行は終わりを告げた。

帰りのバスの中、皆がうとうと寝ている最中、オレはミカサと少し話した。

エレン「ミカサ」

ミカサ「ん? 何?」

ミカサも少しうとうとしていたようだが、

エレン「あのさ、ジャンの事だけど」

ミカサ「ジャン?」

ジャンが眠ってるのを一応、確認してからオレは聞いてみた。

エレン「ジャンの奴、お前の事、好きだって言ったのか?」

ミカサ「いいえ。ごめんなさい。アレは私の勘違いだったみたい」

と、きっぱり否定されてしまった。

ミカサ「自意識過剰だったみたい。ジャンにもドジだと言われてしまった。ジャンは私の事を、友人として好きなんだそう」

エレン「へ、へえ~~~~」

おいおいおい。結局、こいつ、告白しなかったのか。

ヘタレな奴だな。誤魔化して逃げたのか。

それとも、まだ告白するタイミングじゃないと判断したのか。

でもだったら、こいつ、今後もミカサにじっくり接近する気じゃ…。

そう考えた時、心底「うぜえええ」と思ってしまったが、寝ているジャンを起こす訳にもいかず、オレはがっくりするしかなかった。

ミカサ「でも嬉しい。友人として、見てくれるのはとても嬉しい」

エレン「そ、そうか?」

ミカサ「うん。私は今まで、まともな友人が作れなかった……ので」

この時もきっと、ミカサは中学時代の事を思い出していたのかもしれない。

まともに友人を作れなかった理由は、ミカサが不器用過ぎたのが原因だけど。

ミカサ「今度こそは……うまく友情を育みたい」

恐らく過去の男達は、ミカサと恋人になりたくて友達になって、結果的にミカサに迫っていたんだろう。

ジャンも過去の男達と同じなんだぞ。と言ってやりたくもなったが、それをここで言うのも可哀想な気がした。

もしかしたら、ジャンの奴はミカサの意志を尊重して友達のままで居てくれるかもしれんし。

…………いや、無理かな。

やれやれ。心配の種は尽きない。でも、

一番いいのは、ミカサ自身が幸せでいる事だ。

ジャンがミカサの味方でいる事は間違いないから。

多少の事は大目にみてやるべきなんだろうか…。

…………いや、やっぱり無理かな。

こいつ、ほっとくとどこまでも、うぜえええ事をし兼ねない。

ミカサが安心したように目を閉じている。

その様子をオレは眺める。

すると、そのミカサをこっそり見ている視線に気づいた。

あ、ジャンの奴、タヌキ寝入りしてやがったな。

視線だけで威嚇する。すると、慌てて誤魔化して寝やがった。

全く。油断も隙もねえ。

そう思いながら、オレはバスの中、揺られて家に帰ったのだった。






家に帰ってからミカサはすぐ部屋に戻った。

オレはミカサに言っておくべきか迷う案件について考えていた。

うんうん唸って、やっぱり言っておこうと思い、ミカサの部屋に顔を出す。

エレン「ミカサ? まだ起きてるか?」

ミカサ「もう寝るところ。何…?」

エレン「あ、眠いんならいいや」

ミカサ「待って。中途半端に起こさないで。用があるなら言って」

エレン「いや、大した用じゃなかったんだが」

ミカサ「だから、何?」

エレン「……………ジャンの事だけど」

オレは本心を隠さず言った。

エレン「あいつを演劇部に誘うのだけはやめてくれよ」

ミカサ「え?」

エレン「あいつが入ってきたら仲良くやれる自信はねえ」

ミカサ「それはジャンが決めることなので。私が口出す話ではないけれども」

エレン「いや、まあ、それならいいけどさ。なんかあいつ、入ってきそうで怖いんだよな」

ミカサ「もしそうなったとしても、それを止める権利は誰にもない」

エレン「…………まあ、それもそうか。悪い。らしくねえな。おやすみ」





数日後、遅れてジャンが演劇部に入ってきたので、部の先輩達は新入部員が増えた! と、とても喜んでいたようだった。

オレはそれを見て「やっぱりか…」と頭を抱える羽目になったんだ。

エレン「…………」

まあ、一回、休憩しようか。キリがいいところだしな。

こんな感じでオレは、ミカサと出会った時から正直言って…。

始めからクライマックスだったと言えなくもない。

出合い頭にパンツ見ちまったしな。あの時の光景は今も忘れない。

ただまだこの時点では、今のような強い感情じゃなかった。

なんていうか、ジャンがミカサにまとわりつくのがうぜええと思いつつ、嫉妬してた程度で、

ギリギリ家族愛の範疇だったとも思うんだ。

………え? ギリギリどころか、既にアウトだろって?

いやいや。この頃はまだ、そこまではいってない。

ミカサが可愛いのは認めるが、この頃はまだ、大丈夫だった。断言する。

本格的にやべえと思い始めたのは、もうちょっと先の話なんだ。

ま、という訳でここから先は、

回想第二章ってことで、順に振り返ってみるか。

という訳で、次は回想第二章。
一旦、ここで区切ります。続きはまた。

4月26日。土曜日。この日は球技大会だった。

晴れたおかげで男子は外でサッカーをやる事になった。

女子は体育館でバレーだ。球技大会は1年と2年だけが参加する。3年生は受験の準備があるから出ないそうだ。

女子のバレーの様子が見れないのは残念だが、負けた組は自由に他の試合を見ていて構わないようなので、ちらほら女子の姿も見える。

オレ達男子は話し合いの末、こんな感じで役割分担を決めた。


FW       エレン      ライナー

MF   ジャン   マルコ   コニー

          ミリウス    ナック

DF アルミン  トーマス   サムエル

GK          ベルトルト


ベルトルトがGK(ゴールキーパー)なのは、体が一番大きいのとリーチがあるからだ。

1試合目は割とあっさり勝てたけど、2試合目は少し苦戦していた。

後半戦に入っても2-1で負けていたのだ。

ユミル「どうした男子ー! 女子は優勝してきたぞー!」

ユミルの声に皆、すげ! まじで?! と反応した。

クリスタ「うん。優勝決めてきたよ。男子もガンバ!」

女子の声援のおかげでライナーの動きが凄まじく良くなった。

ヘディングシュートを決めて2-2.同点に追いついたのだ。

おっしゃ! ライナーのパワーの源(クリスタ)がきたから、この試合いける!

アニ「残り時間は5分くらいか」

ミカサ「同点に追いついたのだからきっと大丈夫」

アニもミカサもこっちに来た。

女子に見られているのといないのじゃ、やっぱ気合の入れ具合が違う。

男子全員の目の色が変わった。

ポジションみづらいなー何故だ。

FW   エレン  ライナー

MF ジャン  マルコ  コニー

    ミリウス  ナック

DF アルミン トーマス  サムエル

GK      ベルトルト

再チャレンジ。

本来のサッカーの試合は前半・後半45分ずつで1試合90分だが、この球技大会は試合数が多い為、短縮で前半・後半15分ずつの計30分のミニゲーム形式の試合になっていた。

つまり本来のサッカーの試合の戦略より短期決戦となる為、戦い方が変わってくる。

トーナメント形式なので、4試合、または5試合勝てば優勝だ。優勝するチームは30分×4、または5試合分動く事になる。勝ち抜くには体力の配分も重要になってくる。

コートは2面ずつ使っている。上に勝ち上がれば勝ち上がる程、休憩無しで次の試合に挑む事になる。

サシャ「時間ないですよー! 急いでー!」

引き分けにもつれ込んだら当然、PK合戦になる。

出来ればここでもう一点、欲しいところだが…。


ピー!


さすがにそこまでうまくはいかないか。

残念だがPK戦にもつれ込んだ。5本中、3本先取した方が勝ちになる。

先攻後攻は、後攻になった。1本目、ベルトルトが止めた。

1本目のこっちの攻撃。

ライナー「俺からいこう」

話し合いの末、ライナーが蹴る事になった。


ピー!

ライナーが合図と共に左に蹴った。

相手のGKは反対側に山を張っていたようで反応が遅れてボールがゴール端に決まる!

クリスタ「やったあああ! まずは先取点!」

ユミル「よし! いいぞライナー!」

ライナーが女子に向かってVサインしている。さすがライナーだ。

しかし2本目、ベルトルトが読み負けてセーブ出来なかった。

ミカサ「1対1ね」

ユミル「ベルトルさん、長身の利を生かせてないぞ」

ユミルの言う通りだ。ベルトルトは運動神経がいいのに、性格が気弱なせいでそれを生かしきれてない。

2本目の攻撃。次はジャンが蹴る事になった。

ジャンがミカサの方を見ていた。ミカサが手を振って答えると、案の定、テンションあげやがった。

まあ、それで決めてくれるならいいけどさ。

ジャンが右側にボールを蹴った。結果は果たして…。

ピー!

ジャンのシュートも決まった! よし!

これで2対1だ。次、ベルトルトがセーブすれば俄然有利になるけど…。

ユミル「あっちゃー…ベルトルさん何やってんだよ!」

そう思った途端、追いつかれてしまった。2対2だ。

そして次のマルコのシュートが……外れちまった。

これで現在の戦況はこんな感じだ。

2組 × ○ ○

1組 ○ ○ ×

この場合は先攻が取ったとしても、後攻で取り返せば続けられるが、もし後攻でダメだった場合は負ける。

プレッシャーがかかる場面になり、ベルトルトが遂に根をあげた。

ベルトルト「ごめん……ライナー、GKを替わってくれないかな」

ライナー「え? 怪我でもしたのか」

ベルトルト「そうじゃないけど……僕にGKが務まるとは思えない。ここは大事な場面だから、ライナーの方がいいと思う」

ライナー「………やれやれ。仕方ないな」

ライナーはベルトルトのグローブを受け取り、交替する事にした。

ユミル「あ、GK交代するみたいだぞ。ライナーに変わった」

アニ「ベルトルトは性格的にGKに向いてないのかもね」

サシャ「体格はGK向きなんですけどねえ」

ミカサ「仕方がない。誰にでも向き不向きはある」

ライナーの方が確かにGKには向いているのかもしれないが…。

オレはベルトルト自身がやって、もしそれで負けたとしてもそれを責めるつもりはなかった。

それはきっと、他の奴らも同じだと思うんだが。

オレ以外の、そう、マルコも似たような顔をしていた。

マルコ「ベルトルトはずるいねえ」

エレン「だよな」

これは悪口というより、何だろ。ただの感想かな。

本人を責めるつもりはないけど。ま、仕方ねえか。

相手チームのシュートは……よし! 防いだ!

ミカサ「ここで決めれば1組の勝ちね」

クリスタ「誰が行くんだろ……」

女子がざわざわしている。男子は誰も挙手しない。

自分で名乗りをあげるのは、勇気のいる場面だからだ。

ライナー「じゃんけんで決めるか?」

エレン「そうだな」

一同「「「じゃんけん……ポン」」」

じゃんけんに勝ってしまったんで、オレが行く事になった。

ドキドキする。ミカサの前だし、すかしたくはねえな。

アニ「あ、エレンがいくみたいだよ」

エレン「いくぞ!」

ピー。

笛の合図と共に走り出す。ゴール端を狙って、結果は……!

ミカサ「やった!」

放ったシュートはゴール端に突き刺さった!

よしゃあ! これで3回戦に出場決定だ!

ミカサにVサイン。お互いにVサインを返し合う。

そして直後、他の奴らに頭をポンポン叩かれた。

ライナー「本番に強い奴だな!」

エレン「たまたまだって!」

アルミン「でもよく決めたね! エレン、すごいや」

エレン「へへへ……ま、格好悪いところは見せられんだろ」

球技大会なんて、女子にいいところを見せる為にやるようなもんだ。

別に賞金が出る訳でもないし、他に理由なんてないだろ?

男子の心はその点においては一致団結している。次の試合に向けて作戦会議だ。

アルミン「あのね、1試合目と2試合目の試合内容を見て思ったんだけど……」

アルミンが1組男子を集めて意見を言い始めた。地面に何やらポジション変更の図を書き始める。

アルミン「今のライナーの動きを見て思ったんだけど、ライナーはGKに向いてると思う」

ベルトルト「うん。それは僕も思ったよ。出来るなら3試合目もお願いしたい」

ライナー「いいのか? 俺で」

アルミン「うん。ベルトルトは反応はいいけれど押し込まれると弱いみたいだ。多分、性格的にはDFの方が向いてると思う」

ベルトルト「僕自身、そう思うよ」

マルコ「でもそうなると右のFWは誰が代わりに入るんだい?」

アルミン「僕は右のFWにはコニーが一番向いてると思うんだ」

コニー「オレか?」

アルミン「うん。コニーはMFなのに前線よりに勝手に動いてたし、あんまり複雑な動きを要求されると頭混乱するんでしょ?」

コニー「バレたか」

アルミン「だから、来たボールをゴールに押し込む単純なポジションの方がいいと思う」

ジャン「だったらコニーの場所は誰が入る?」

アルミン「それも踏まえて、僕が考える新システムはこうだ」


FW      エレン    コニー

MF ミリウス     ジャン     ナック

DF サムエル     マルコ    トーマス 

      ベルトルト     フランツ

GK         ライナー

マルコ「DFの方が人数多いね」

ジャン「これじゃ攻めきれないだろ。せめてMFは4人必要じゃないのか?」

アルミン「いや、僕が言いたいのはMFの司令塔をジャン、DFの司令塔をマルコに任せたいと言う事なんだ」

マルコ「司令塔を二つ立てるっていうのかい?」

アルミン「それに近い感じだね。だからマルコにはMFとDFの橋渡し的なポジションに入って欲しいんだ」

ジャン「ああ、それを考えるとオレが受け取るのが妥当か」

アルミン「二人の呼吸は傍で見ててもぴったりなのが分かるからね」

マルコ「責任重大だなあ」

ジャン「ま、でもやるしかねえだろ」

エレン「アルミンは出ないのか?」

アルミン「僕はちょっと、ずっと試合に出続けるのは無理かな……」

ライナー「まあ、アルミンは監督ポジションで皆を客観的に見てくれる位置でも構わんさ」

フランツ「そうだね。3試合目はこの新しいシステムでやってみようか」

男子一同「おー!」

とりあえず新しい方針が決まった。これで試してみる。コートが空き次第、次の3試合目に入る。

次は5組との対戦だった。笛が鳴って、試合が始まった。

最初はボールを相手に奪われて攻められたけど…。

ベルトルトのカウンターボールが滅茶苦茶伸びてびびった。

コニーがMF寄りに下がってたとは言え、あのラインからコニーのいる付近まで普通、ボール飛ばないぞ?!

ボールを受け取ったコニーが瞬時に前線にあがる。そしてそのままドリブルで切り抜けて、シュートを決めた。

開始3分程度で1点目が入った。やった! 先取点が取れた!

ユミル「よしゃあああ! いいぞベルトルト!!!」

おお? ユミルがえらく興奮してやがる。あいつ、スポーツ観戦好きみてえだな。

ノリノリで応援されるとこそばゆいけど、嬉しいもんだ。ベルトルトも例外じゃねえな。

ミカサとアルミンがベンチで何かしゃべってるみたいだけど、こっちまでは聞こえない。

きっと解説でもしてんのかな。アルミンは親切な奴だからな。

にしてもベルトルトの動きがいいな。GKの時より、のびのびとプレイしているのが傍で見てても分かる。

2試合目の時と違って3試合目はすごくやりやすかった。

システム変更をして正解だったぜ!

ジャン「この新システム、案外いいな!」

マルコ「ああ。ベルトルトのカウンターがこうもうまく機能するなんて思わなかった」

ジャンとマルコも同じことを思ったようだ。

敵はベルトルトのカウンターを恐れ始めている。

でもその分、ライナーが暇そうにしていた。

敵はベルトルト側の突破は難しいと見たのか、トーマスとフランツの方にボールを集めだした。

しかしそこにマルコが加わる。3対1になるとさすがに相手も引いてボールを戻す。

するとその後ろからジャンが攻めてボールを取り戻した。

余裕のある布陣のおかげで攻撃のリズムがいい。

コニーのシュートが外れたが、そこに悲壮感は全くなかった。

3点目はオレのシュートが決まった。前半戦で3点も奪えた。

皆、ベンチに戻るとアルミンとハイタッチした。

エレン「アルミン作戦、すげえうまくいってるぞ! やったな!」

ベルトルト「アルミン、ありがとう。おかげですごくやりやすくなったよ」

アルミン「へへへ……そう言ってもらえて嬉しいよ」

フランツ「…………あの」

しかしその時、思わぬ事態が起きたのだ。

フランツ「ごめん。さっきの接触の時に足を捻ったかも…」

アルミン「え?!」

トーマス「ああ。敵も右翼側をこじ開けようと必死だったからな」

ベルトルト「うっ……それって僕との勝負を避けたからかな」

エレン「馬鹿! それは仕方ねえだろ! ベルトルトのせいじゃねえよ!」

ライナー「どれ、足を見せてみろ」

按配を見ると多分、捻挫のようだ。とりあえず氷で冷やさないとな。

保健委員のミーナが保健室から氷を持って来てくれた。

冷やして痛みが引いて動けるようになったら、保健室でテーピングして貰った方がいいだろう。

エレン「仕方ねえな。フランツのポジションに別の奴入れるしかねえな」

ジャン「アルミン、出れるか?」

アルミン「ぼ、僕でいいの?」

マルコ「この新しい布陣を考えたのはアルミンだからね。アルミンも出た方がいいよ」

アルミン「でも………」

エレン「アルミンがいいに決まってるだろ! 体力きついなら、途中で交代してもいいからさ!」

ライナー「そうだな。途中交代を挟みながらでもアルミンには出てもらいたいな」

アルミン「皆……」

ミカサ「アルミンも出るべきだと思う。皆もそれを望んでいる」

アルミンは迷ってたけど、参加する事に意義があるんだ。

だから、下手だからとか、そういう理由で尻込みするのは良くねえ。

オレがアルミンの背中を叩いてやる。すると、

アルミン「うん。分かった。精一杯、やらせてもらうよ」

フランツのポジションに出ることを決意したようだった。





そして後半戦が始まった。敵はやはりアルミンの位置を狙ってきた。

アルミンも善戦はしているが、あっと言う間に抜かれてボールをゴール付近に押し込まれそうになる。

アルミン「くそっ!」

落ち着けアルミン。アルミンはこのチームに必要なんだから。

トーマスとマルコが下がってフォローに入る。

敵からボールを奪い返して一度体勢を整えるようだ。

アルミン「ごめん、マルコ、トーマス」

マルコ「謝るのは無しだよ。まずは落ち着こうか」

マルコは慣れたように周りを見渡してベルトルトにボールを渡す。

ベルトルトの蹴りの飛距離は軽く前線に届くので、あっと言う間に反撃出来る。

オレの方に飛んできた。けど、さすがに敵もパターンが読めてきたのか、3人がかりでそれを止めに来た。

エレン「くそ!」

3対1だとさすがに分が悪い。すぐさま一度、ミリウスに下げようとボールを蹴ったが、そこを読まれてボールを奪われちまった。

ジャン「馬鹿か! こっちに寄越せよ!」

ジャンにキレられた。うるせ! 咄嗟の判断ミスだよ!

下がって体勢を整える。ベルトルトがボールを奪い返してくれたおかげで、何とか拮抗を保てた。

ボールがジャンに繋がった。MFのジャンがFWの位置まで上がってくる!

シュートが決まった! これで4-0。もはや勝敗は決したと言える。

相手チームはこの瞬間、さすがに意気消沈して一気に動きが悪くなった。

そしてそのまま逃げ切った。次はいよいよ決勝戦になる。

ユミル「ベルトルさん、すげえな。もはや守護神じゃねえか」

エレン「ははは! だよな! GKじゃないのにベルトルトが守護神だったな!」

ベルトルトがいるって思うと、多少のミスも大丈夫な気がしてくる。

皆に褒められてベルトルトは少し顔を赤くして照れていた。

ライナー「全くだ。GKが一番暇だったんだが」

マルコ「まあまあ。暇なのはいい事だよ」

アルミン「にしてもまさか、敵がベルトルトの癖を見抜いてくるなんて思わなかったな」

アルミンがブツブツ言い出した。

ん? って事はもしかして、オレんとこに3人もきたのはそのせいか?

ベルトルト「そんなにわかるもんかな? 蹴る方向って」

アルミン「どうだろうね。でも、敵の動きは明らかにベルトルトの蹴る方向を読んだ上でエレンの傍に集まった。やはり何処かで読まれてたとしか思えないよ」

ジャン「もしそうだとしたら、ちょっと厄介だな。オレもそう何度も前線に上がれないぞ」

マルコ「そうだね。となると、ベルトルトのカウンター頼みの作戦も危ないって事になるね」

そうだな。何度も同じ手は通じねえって事だ。

だったら新しいルートを考えるしかねえな。

アルミン「うん。ベルトルトのカウンターを軸にもう一本、攻撃のパターンを作る必要性が出てきたね」

エレン「つーと、普通のパスルートも同時に考えておくのか?」

アルミン「うん。ベルトルトからエレン、コニー以外のルートも考えよう」

ライナー「それだったら、一度、俺にボールを戻してくれないか?」

と、その時ライナーの方から提案をした。

なるほど。それはいい手かもしれねえ。

ライナー「蹴る飛距離で言えば俺もベルトルト程ではないが、そこそこ飛ばせる。ジャンのいる辺りまでなら一気に蹴れると思うが」

アルミン「なるほど。ベルトルトルートからライナールートの二択だね。いいと思うよ」

マルコ「つまり攻撃の軸を両翼だけじゃなくて3本柱にするって事だね」

ジャン「オレの仕事が増えるじゃねえか……」

サムエル「いい事じゃないか。女子に見られてるんだぞ?」

コニー「そうだぞ。モテるかもしれないぞ」

ジャン「そ、そうかな……?」

ジャン、そこでミカサを見るんじゃない。

まあ、ミカサはその視線の意味に気づいてないみたいだが。

マルコ「何よりあの子の見てる前で、サボるなんて真似出来ないだろ」

ジャン「マルコ、それ以上は言うなよ」

マルコは本当に優しい奴だ。ちゃんとミカサには聞こえないように突っ込んでるし。

ジャン「まあいい。しょうがねえ。やるしかねえか」

ま、その通りだな。

アルミン「いよいよ、決勝戦だ。このまま女子と一緒に優勝しよう!」

男子一同「おー!」






そして少し時間が空いて、いよいよ決勝戦である。

決勝戦は2年1組と1年1組の偶然にも、1組同士の対決となった。

ギャラリーが一気に増えた。敗退した男子と、試合の終わった女子のグループがわいわい試合を見に来ている。

2年1組女子1「サッカー部の意地を見せなさいよ!」

2年1組女子2「そうだぞー! 1年に負けるな!」

2年1組男子1「おう! 1年には負けられん!」

どうやら決勝の相手の組には現役のサッカー部員がいるようだな。

こちらは運動神経のいいメンバーは揃ってはいるが、確かサッカー部員はいなかった筈だ。

でもそんなのは関係ない。勝負は時の運もある。全力でやるだけだ。

そしてホイッスルが鳴り、試合が始まった。

敵のチームは素早く中に切り込んで、アルミンのいる側を狙っている。

敵はやはりアルミン狙いのようだ。

アルミン「くそっ…!」

アルミンがらしくねえ。意地張ってるせいか、動きが悪い。

確かに体力では他の奴らには劣るけど、アルミンには誰にも負けない武器がある。

それがうまく機能すれば、オレ達はずっと戦い易くなる筈だ。

アルミン、お前の持ち味を忘れるなよ!

そう、声をかけてやりたかったけど、オレのFWとアルミンのDFの位置は遠過ぎる。

下がり過ぎると良くないから、様子を見るだけしか出来ないが…。

その時、ベルトルトがしびれを切らしてアルミン側に寄った。

まずい!

アルミン「ダメだベルトルト!」

アルミンも気づいた。そう叫んだ時は遅かった。

敵はパスを切り替えてベルトルトの領域を突破した。

ベルトルト「しまった!」

アルミンのところを執拗に攻めたのもそのせいか。

アルミンを狙い続け、味方のフォローの動きに合わせてベルトルトの横を抜く。

うまいと思った。サッカー部員のいるチームなだけあるぜ!

ライナーの守るゴールは危うく奪われそうになったが、そこをジャンピングパンチでセーブした。

ライナーがベルトルトに何か言っていた。今のミスを諌めているみたいだった。

そしてそのまま前半戦が終了する。0-0のまま折り返してしまった。

アルミン「ふー……相手もさすがに研究してきたね」

アルミンは水を補給しながら何やら考えているようだ。

エレン「何か、3試合目の時ほどうまくリズムに乗れないよな。何でだろ?」

コニー「だよなあ。オレ達二人の攻撃、読まれてるのかな?」

ジャン「まあ、攻撃パターンが分かればカウンターもそこまで怖くはねえよ」

マルコ「うん。3試合目のカウンターは、ベルトルトの蹴りの飛距離を甘く見てた敵の油断があったからこそ、だもんね」

アルミン「まあそうなるね。1、2試合目の時のベルトルトの動きと、全然違ったから、敵も動揺したんだと思うよ」

ベルトルト「じゃあ、今はもう、僕の存在を恐れてないって事か」

アルミン「加えて敵もDFの数を多めにしてる。カウンターに対抗して持久戦で挑むつもりなんだよ」

ライナー「つまり同じような布陣で戦い合ってるから、ジリ貧になってるのか」

アルミン「そうだね。ここはまた、ちょっとポジションを変更する必要が出てきたかも」

アルミンは木の枝で地面に文字を書きながら作戦を練り直しているようだ。

アルミン「あのね、ちょっと奇策に近い布陣なんだけどさ」

エレン「ん? 奇策? ってことはあんまり見ない陣形って事か?」

アルミン「うん。ちょっと変な陣形になるけど、こういうのはどうだろう?」




FW      エレン   ジャン   コニー

MF  ミリウス              サムエル

        ナック      トーマス 

             マルコ

DF    ベルトルト        ライナー

GK           アルミン

エレン「ええええ?! DFが二人だけ?! ちょっと無謀じゃないか?!」

こんな陣形は初めて見るぞ。

オレ以外の奴らも動揺していた。だってこれじゃ、DFラインが薄すぎる。

マルコ「さっきとは打って変わって攻撃的な布陣だね」

そのせいでマルコにかかる負担が一番大きくなる。そういう布陣だった。

ジャン「つか、アルミン、GK出来るのか?」

ジャンが突っ込んだ。確かに。アルミンがGKやってるとこは見た事がない。

小中学校の頃も大抵、DFをやる事が多かったんだが…。

アルミン「あんまり自信はないけど、まあ所謂『背水の陣』戦法かな」

うーん。まさにその通りだな。

マルコ「これって僕のポジションを抜かれたらやばいよね」

アルミン「責任重大だよ。マルコの場所が実質、守備の扇の要になるからね」

マルコがちょっとびびっていた。無理もねえ。

マルコのところを抜かれたら、アルミン対敵の一騎打ちになりかねない。

ジャン「なるほど。これだけ前線よりに人がいれば、突破するのもいけるんじゃないか?」

マルコ「いや、でももしカウンター食らったらベルトルトとライナーだけになっちゃうよ」

そうなんだ。これ、攻めるのはやりやすいけど、守りにくい布陣なんだ。

ベルトルト「……………でも、これならこっちのカウンターを打つルートがかなり増やせるよ」

アルミン「ベルトルトの言う通りだ。これなら、ベルトルトがカウンターを蹴るルートが全部で7つになるんだよ」

ライナー「ん? 8つじゃないのか?」

アルミン「マルコはMFと言っても、実質DF寄りに守って貰うから。マルコだけはMF&DFみたいな位置になるよ」

ジャン「あーなんだっけ。そういうポジションって別に言い方があったような」

アルミン「うん。CB(センターバック)またはCH(センターハーフ)だったかな?」

マルコ「なるほど。だったら、DFは2.5人って考えればいいのかな」

そうか。だったらそこまで心配しなくてもいいんかな。

いやでもな。これ、結構勇気のいる布陣だよな。

アルミン「そんな感じだね。後あれだよ。僕がGKをする事によって、皆に危機感が生まれるでしょ?」

エレン「うっ……まさか、そういうプレッシャーのかけ方するのか?」

アルミン「吉と出るか凶と出るか分かんないけどね。でも、これで一度やってみない?」

ライナー「わかった。アルミン作戦2ってところだな。いくぞ、皆!」

男子一同「おー!」




そしてアルミン作戦2による後半戦が始まった。

敵は案の定、カウンターを決めて中に切り込んできた。

まずい! マルコのいる場所が抜かれた!

ライナーとベルトルトのフォローが間に合うのか。

そう、焦った時、

ライナー「うおおおおおおお!」

ライナーが突進するようにボールを奪い返した。

そしてベルトルトにパスしてカウンターが決まる!

良かった。ライナーの足が間に合った。

クリスタの応援パワーがここにきて生きてるみたいだぜ!

ライナー「いやーGKで休ませて貰った分、働かないとな」

ライナーはまだ体力が余っているようだ。だったら尚更、やりやすい。

敵は何度も攻めてくるが、ライナーとベルトルトのコンビネーションがうまくかみ合っているおかげで、突破されない。

加えてこっちのカウンターボールが何度も行き来するから、敵の体力も奪う事が出来る。

拮抗していた試合展開が徐々にこっち寄りになってきた。

リズムが生まれてきた。ジャンが状況をうまく判断してパスを展開させる!

ジャンのパスを戻して、ジャンに決めさせる!

しかし相手のGKがそれに合わせてジャンプした。

2年1組GK「させるか!」

ジャンピングパンチでボールが零れた。

零れ球をヘディングで押し込んでやる!

後半戦、遂に得点した。ねじ込んでやったぜ!

ジャン「くそ、おいしいところを持って行かれた!」

エレン「こぼしたお前が悪いんだろ! 一発で決めろよ!」

ジャンに花を持たせてやりたかったのに。一番いい位置にいたからな。

ジャン「ああ?! ここまでこれたのは、オレの戦略があってこそだろうが!」

それは分かってるが、今、お前はFWだろうが!

FWはゴールに押し込むのが仕事なんだよ!

サムエル「おいおい、試合中だぞ! 喧嘩すんなって!」

ミリウス「喧嘩は後でしろ!」

エレン「ちっ……」

ジャン「くそ……FWはいいよな! ゴールを決めて目立ててよ!」

いやだから、お前に花を持たせようとしたのに、ミスしたのはそっちだろ?!

エレン「ああ?! 今はお前もFWだろうが! 自分で決めればいいじゃねえか!」

サムエル「蒸し返すなエレン! 全く……この二人を並べるのはまずいんじゃないか?」

ミリウス「一回、タイム取らせて貰おうぜ」

そんな訳で急遽、タイムが取られてしまった。

オレとジャンはお互いに舌打ちして視線を合わせなかった。当然だ。

アルミン「弱ったね。FW同士で喧嘩になっちゃうとは…」

エレン「オレは別に悪くねえだろ。自分の仕事をしたまでだ」

ジャン「こいつは、つなげたパスに対する感謝の念が足りねえよ!」

カチーン☆

エレン「オレは別に感謝してねえとは言ってねえよ! 皆のパスがあってこそのFWだと思ってるよ!」

だからこそ、お前にもパス回したんだろうが!

コニー「まあ、ジャンはヘタレだからFW向いてねえのかもな~」

ジャン「ああ?! なんつったコニー!」

アルミン「コニーまで余計な事言わないで…」

いや、コニーの言うのは正しい。ジャンはFWには向いてねえよ。

アルミン「仕方ない。ポジション、修正しようか」


FW     エレン       コニー

MF ミリウス             サムエル

      ナック   ジャン   トーマス

DF   ベルトルト  マルコ   ライナー

GK          アルミン

アルミン「攻撃力は下がるけど、ジャンはMFに戻そう。これなら攻守のバランスも取れていいと思う」

オレとジャンの距離が大分遠くなった。よしよし。

マルコ「そうだね。1点先制したし、今度は無理に点を取りに行かなくてもいいからこれで十分だね」

アルミン「1点を守りきろう。敵は全力で残り時間、攻めてくるよ」

アルミンの予想通り、この後の敵の布陣は変わった。

残り時間で同点に追いつくべく、攻撃側に人数を割いてきたんだ。

でもこっちもジャンとマルコが下がったおかげで、守備力も安定している。

DFに余裕が生まれているおかげで、敵も安易に中に攻め込めない。

アルミンは殆ど活躍の場はなかった。このまま逃げ切りたい。

しかし残り5分を切ったその時、遂にゲームが動いた。

ベルトルトの反応が一歩、遅れたのだ。横を抜かれて、遂にアルミンとの対決になる。

敵のシュートが、アルミンの頭上を飛び越えて行きそうになる。

そこをジャンプしてヘディングでセーブした。しかし!

エレン「!」

敵のフォローが早かった。まずい。

あの距離で蹴られたら、アルミンの顔面にボールがいく!



ドゴオオオオ!


でもアルミンは怯まず、顔面でセーブした。

ボールは跳ね返り、ライナーの方へ転がる。

笛が鳴った。審判がタイムをかけたのだ。

審判「大丈夫ですか? 怪我は?」

アルミンは鼻血を出していた。

当然だ。至近距離のシュートを顔面でセーブしたのだから。

ボタボタと血が落ちていく様に女子もざわついている。

アルミン「大丈夫です。大した事ありません」

審判「それを判断するのは君じゃない。立てるかい?」

アルミン「はい……(フラッ)」

審判「ダメだね。担架を用意。保健室で治療を受けてきて」

アルミン「………分かりました」

アルミンは青褪めた表情で担架に運ばれていった。

エレン「ひでえラフプレーだなおい」

苛ついていた。だからつい、言っちまった。

今のはプレイ中の事故、として片付けるには余りにも、ひでえと思ったんだ。

2年男子1「わざとじゃねえよ。つか、顔で受け止めるとか。素人か」

エレン「ああ?! 素人に決まってるだろ。何言ってやがる!」

この時は頭に血が上っていた。だから感情を制御出来なかったんだ。

相手はバツの悪そうな顔してたからわざとじゃないのは分かってた。

でも、相手の言葉につい、腹が立っちまって。

2年男子1「普通はああいう時は避けるだろ! 何で自分から当たりに行ってんだよ!」

エレン「それはGKだからだろ! アルミンはそういう奴なんだよ!」

避ける事を前提にボール蹴ってんじゃねえよ!

そりゃサッカーをし慣れている奴は咄嗟に避けられるかもしれんが、

アルミンだけじゃねえ! 他の奴らだって、普段は授業くらいでしかサッカーをしねえんだ!

サッカー部員が部活の試合と同じ感覚でやってんじゃねえよ!

審判「やめなさい! 警告出しますよ!」

エレン「ちっ……」

……いや、手加減しないって意味では決して間違ってはいないんだが。

向こうもだんだん、本気になってたんだろうな。

球技大会のノリじゃなくて、部活の時のテンションで試合してたんなら、

これはもう、どうしようもねえ事なんだけど。

アルミンもきっと、手加減されるのは本意じゃないから、相手のラフプレイに対しては怒りもないだろう。

でも心配だった。アルミンの鼻、大丈夫かな。

オレ達は当然、ここでタイムを取った。アルミンの抜けたポジションに誰が入るか話し合わないと。

ライナー「アルミンが抜けた以上、また布陣を変えないといけないな」

ベルトルト「………………ライナー」

ライナー「ん?」

ベルトルト「僕、GKに戻ってもいいかな?」

意外だった。皆、ベルトルトに一斉に注目する。

ベルトルト「僕のせいだ。僕が最後、抜かれたからアルミンは無理をしたんだ」

ライナー「そんな事は考えなくていい。体力が消耗してきてたんだろ。お前は身体能力は高いが、持久力はそこまである方じゃないからな」

ベルトルト「うん……少しだけ疲れが出てきたんだ。でもまさか、抜かれるとは思ってなかった」

ライナー「敵もサッカー部員がいるだけあるってことだ。体力配分は向こうの方が上なんだろ」

マルコ「まあ、後半のこの時間が一番、辛い時間帯だよね」

ジャン「野球で言うところの9回裏スリーボールツーストライクツーアウトってところだな」

コニー「どういう意味だ?」

エレン「正念場って事だろ」

オレがそう、簡潔に伝えるとコニーがプンスカ怒り出した。

コニー「なら最初からそう言えよ!」

ジャン「いや、分かれよ。コニー野球部入ってんだろ」

コニー「はあ? その時間は一番、楽しい時間だろ! 辛いとか意味分かんねえよ」

ジャン「お前ポジションどこだ」

コニー「サード! 今は7番打者だけど将来は4番になるぜ!」

ジャン「悪かった。オレが今言ったのは、投手の立場だよ」

マルコ「つまり向こうにとっては、打者で、僕らは投手って事だね」

ジャン「ああ。オレはそう言いたかったんだよ」

コニー「ああ、そっか。オレ、打者のつもりで言っちまった」

コニーは本当、おっちょこちょいだな。

エレン「まあいい。ここを逃げ切れれば勝ちなんだ。ベルトルトがGKに入るなら布陣をまた変更するぞ」

ライナー「ではこんな風に変えるのはどうだろうか?」


FW           エレン

MF  ミリウス            トーマス 

         ナック    サムエル

DF ライナー               コニー 

        マルコ  ジャン  ダズ

GK          ベルトルト

ライナー「ここはもう、逃げ切る事を前提にFWは一人でいいと思うんだ」

ジャン「コニーをDFまで下げるのか」

ライナー「ああ。コニーは複雑な指示をされると混乱するから、MFには向かないしな」

コニー「今度は守る方だな。いいぜ!」

エレン「オレがFWに残るのか」

驚いた。まさか一人でFWになるとは思わなかった。

マルコ「エレンはFWとして一番、活躍しているからね。ここは残って欲しい」

エレン「了解した」

逃げ切る事が前提だけど、もしもの時は絶対決めてやる!

ライナー「残り時間、逃げ切るぞ。もし同点に追いつかれたとしても、陣形は変えない」

エレン「ああ。もし追いつかれたらベルトルトのカウンターでオレがゴールを決めてやる」

ライナー「よし、じゃあ、いくぞ!」

男子一同「おおお!」




後半戦。残り5分を切ったところから再開だ。ホイッスルの合図と共にボールが動き出した。

ライナーの蹴りがマルコ、ジャン、サムエル、トーマス、と右翼側に繋がる。

敵は残り時間、全力で攻めてくるが、コニーがうまい具合に敵のボールを奪い返している。

2年男子1「くそ……しぶといなこいつら」

そろそろ体力が落ちてくると思っていたのか、相手チームは舌打ちしていた。

ジャン「ははは! 元野球少年を舐めんなよ! 走り込みなら散々やらされてるんだよ!」

ジャンは意外と体力があるのか、まだ動けるようだ。

コニーもまだ余力がある。さすが現役野球部だ。スタミナが違うな。

あ、でも、アルミンの代わりに入ったダズがオロオロしている。

判断が出来なくてモタモタしているところを狙われた!

ジャン「げっ……!」

しかもゴール付近だった。まずい!

一気に空気が変わって敵がシュート体勢に入った。

残り1分。時計が刻む途中で、そのシュートは放たれた。

ベルトルトが飛んだ!

ベルトルト「………!」

だけどその時、運命の女神は悪戯をした。

ベルトルトの指先は確かにボールを弾いた。ゴールを守ったのに。

直後、ボールはゴールの枠の部分に当たり、つまりビリヤードの球当ての要領に近い動きで、ゴールの中にボールが吸い込まれた。

運がねえ。ベルトルトのセーブ失敗が空気を変えた。

敵チームは俄然、勢いに乗って全員の顔色が変わったんだ。

残り時間は、1分を切っている。

ライナーがベルトルトに耳打ちしていた。

前もって打ち合わせていたそれを、ここでやる気なんだ。

心臓がドクドク言い始めた。

やってやる。

この時の為に、オレは一人、このFWに残ったんだから。

ベルトルトのボールが空を舞った。

狙い通りだ。狂いない。ナイスカウンターボール!

オレは全力で走ってそのボールを追いかけた。

キープする。3対1だ。一人抜いて、また抜いて、最後の奴も、抜いて見せた!

残り時間は多分、10秒無い。

ここで決めるしかない!

シュートを放った。体勢が崩れたまま、渾身の力で蹴って見せた。

だけど………

エレン「!」

ボールは、ゴールの左端の枠に当たってしまった。

あと数センチ。ほんの少しのズレだった。

シュート失敗と同時にホイッスルが鳴った。

後半戦が終了したのだ。

ち、ちくしょおおおおおお!

今のは絶対、決めるべきだった。

何の為のFWだよ! くそくそくそ!

歯がゆくて、悔しくて、思わず涙が溢れそうだった。その時、

PK戦に入った事もあり、ライナーがすぐさまチームをまとめたんだ。

ライナー「誰から行く?」

オレは顔を上げられなかった。申し訳なくて。

ライナー「…………おい、皆、顔が暗いぞ。気持ちを切り替えろよ」

エレン「…………」

ライナー「特にエレン、ベルトルト。お前ら二人、暗過ぎる。女子の前でそんな顔してどうするんだ」

は! そうだった。女子が見てるんだった。

女子一同は皆で「がんばれー!」とか「まだ分からんぞ!」とか声援をくれる。

周りの声が聞こえてなかった。そういう自分が恥ずかしかった。

そうだ。まだ試合は終わっちゃいねえ!

ミカサもこっち見てる。オレはミカサに頷いて見せた。

ライナー「よし、ここは俺からいくぞ。まずは先取点を取ってくる」

ピー!

ホイッスルが鳴った。ライナーが、位置について走り込む。

ボールは右端に飛んだ。結果は…。

ミカサ「よし!」

ユミル「よしゃあああ!」

クリスタ「決まったああああ!」

アニ「まずは先取点だね」

ライナーのキックはうまい具合にゴールに突き刺さった。

これで空気が変わった。流れはまだ、失ってはいない!

次はベルトルトのセーブだけど、顔色はまだ戻っていなかった。

ベルトルト「ライナー、やはり僕はGKに向いてないかもしれない」

ライナー「おいおい」

ベルトルト「この大事な場面、防げる自信がない。キーパーを替わって貰えないだろうか」

ライナー「それは構わないが、お前、本当にそれでいいのか?」

ライナーは女子の方を見た。誰か探しているみたいだ。

視線の先には、アニがいた。

そっか。ベルトルトは、アニの事が好きなんだったな。

だったらアニの前で格好悪いところは見せられないよな。

ライナー「格好いいところ、見せたくないのか? あいつに」

ベルトルト「うぐっ………」

ライナー「まあ、譲ってくれるっていうなら、俺もクリスタにいいところを見せられるからいいけどな」

ベルトルト「……………」

ベルトルトが迷う気持ちは分かるが、でも、ここは逃げずにやって欲しい。

ここで逃げたら、後悔するのはきっと、ベルトルト自身だ。

声援の中、時間が過ぎる。数秒、考え込んだベルトルトに、声が届く。

アルミン「ベルトルト! 頑張れ!」

アルミンだ。鼻の応急処置を終えてこっちに戻ってきたようだ。

ミカサ「アルミン、まさか骨折?」

アルミン「いやいや、そこまではないよ。ただ、鼻血が止まるまでは止血してるだけ」

そっか。大したことなくて良かったぜ。

アルミン「ベルトルトは体格で言えば一番、GKに向いているんだ! 自信を持って!」

ユミル「そうだ! アルミンの言う通りだ! リーチの長いお前がゴールを守れ!」

ベルトルトに声援が集まった。外野の応援にベルトルト自身が一番びっくりしている。

ライナー「俺はどっちでもいいぞ。だが、今回だけは自分で決めろ」

ベルトルト「ライナー………」

ライナー「こんなに盛り上がってる場面で、GKをやれる機会なんてそうはないと思うがな」

確かに。周りにこれだけのギャラリーが集まってる球技大会はなかなかないぞ。

それになにより、アニが見てるんだぜ。

アニの視線はベルトルトを見ていた。その表情は険しかった。

だけど、オレにはそれが、アニなりの精一杯の応援に見えた。

ベルトルトは、暫く悩んでいたようだが、気持ちを固めたようだ。

ベルトルト「わかった。やる。やらせてくれ」

ライナー「ああ、ベストを尽くそう」

コニー「そうだな! ベストを尽くそうぜ!」

ジャン「頼んだぞ」

マルコ「大丈夫だよ! ベルトルト!」

サムエル「気持ちを楽にな!」

トーマス「手足の長さを活かせば大丈夫!」

ダズ「が、頑張ってくれ……」

ナック「自分に負けるなよ」

ミリウス「お前なら出来る!」

エレン「ベルトルト、頼む」

皆の声援に見守られてベルトルトが再びGKのグローブを身につけた。

気合を入れなおして、いざ、PK合戦だ!

ピー!

シュートが、放たれた。ベルトルトのセーブは果たして…。

ミカサ「おおお!」

ユミル「よしゃああああ!」

クリスタ「防いだあああ!」

ベルトルトが見事にボールを弾いた。迷いなくボールを防いだのだ。

汗だくだ。相当緊張したんだろう。両手が震えてる。

でも、ベルトルトの表情は、何ていうか、凄くいい表情だった。

アニもちょっとだけ微笑んでいるように見えた。

片方だけ器用に口の端を持ち上げて笑ってる。

ニヒルな笑い方だ。でも、満足そうに見える。

あの小さな笑い方が、アニの精一杯の笑みなんだろうな。

ライナー「次は誰が行く?」

コニー「オレ、やりたい!」

コニーに先を越されてしまった。

ライナー「よし、じゃあコニーに打たせよう。決めろよ!」

コニー「おう!」

1組の女子は「コニーガンバレー!」と声援を送る。

ピー!

コニーのシュートが放たれた。ボールは……。

ミカサ「おお?!」

ユミル「左端いった!」

クリスタ「キーパーの手が届かない!」

コニー「よしゃああああああ!」

勢いがついてきた。次はまたベルトルトのセーブだ。今のベルトルトならきっとセーブ出来る。

アニ「頑張れ」

アニの口が動いたような気がした。

その声までは届いてないけど。きっと、応援の言葉だ。

敵チームがシュートを放った! その結果は…。

ミカサ「ああ……」

ユミル「おう……」

アニ「セーブ失敗か…」

しかし相手も強い。そう簡単には勝たせては貰えないか。

ベルトルトの汗が凄かった。プレッシャーで消耗しているのが分かる。

ベルトルト「……ここでセーブ出来れば、有利なまま進められたのに」

ライナー「まだ大丈夫だ。逆転された訳じゃない」

ベルトルト「ごめん……」

ライナー「大分、疲れが見え始めているな。集中力が切れかかってるなら、GKを交代してもいいぞ」

ベルトルト「でも………」

ライナー「格好いいところは見せられただろ? 最後の美味しいところは俺に譲ってくれないのか?」

ベルトルト「………ありがとう。ライナー」

そうだな。ここはもう、交替しても構わないだろうな。

ベルトルトはやれるだけの事はやった。後はライナーに任せよう。

現在の勝負の行方はこんな感じだ。


1年1組 ○ ○ 

2年1組 × ○


ジャン「次はオレがいってもいいか?」

あ、また先を越されてしまった。

自分から言い出すタイミングを逃しちまった…。

ライナー「ああ、いいぞ。決めてきてくれ」

ピー!

笛が鳴った。ジャンが走り込んで、蹴る。

右端にボールが飛んだ。その行方は…。

ミカサ「おお!」

ジャンのシュートが一瞬弾かれてダメかと思いきや、ゴールの枠に当たって中に入った。

ラッキーゴールだ! 今度はこっち側が幸運に恵まれた!

ジャン「よしゃああああああ!」

これで次、セーブを決めたら1年1組の優勝だ!

ライナー「じゃあ、いってくる」

美味しいところでライナーの登場だ。

ここでセーブを決めたらクリスタもライナーに惚れるかもしれんな。

敵チームも緊張の面持ちだが、ここで登場したのはサッカー部員のあいつだ。

アルミンにうっかり顔面シュートを放ってしまったあいつは外野のアルミンを一度見ると軽く頭を下げた。

アルミンも会釈を返した。これでわだかまりは溶けた。

ピー!

シュートが、放たれた。勝利の女神よ、微笑んでくれ!

ライナー「ふん!!!」

正面に飛んできたボールをライナーは気合と共に防いだ。

それと同時に優勝が決まり、その瞬間、なんと1年1組は男女でダブル優勝を果たすという快挙を遂げた。

男子は全員、ライナーの元に走って駆け寄り、大いに勝利を喜んだ。

ライナーの背中を叩きまくって、咳込ませるくらいにはしゃいだんだ。

ジャン「やったなライナー! さすがだぜ!」

マルコ「凄いよライナー! よく止めた!」

グラウンドは拍手喝采だった。女子の中には泣いている者もいる。

クリスタ「凄かったあ。ライナー格好良かったよ~」

ユミル「いや、ベルトルさんも頑張った。皆、よくやったよ」

アニ「おめでとう」

ミカサ「しかしよく止めた。左右にボールが飛ぶのが多かったから、釣られるかと思ったのに」

ミカサの言う通りだ。

殆どのキッカーが左右に振り分けて蹴るから、キーパーはどちらかを先読みして飛んでセーブする事が多い。

ボールが飛んでから反応しても間に合わないからだ。

しかしライナーは左右に飛ばずに来たボールを素直にそのまま受け止めた。

度胸がねえと出来ない判断だ。相手の蹴りを読んだんだろうな。

ライナー「ああ、まあ……そろそろ正面にも来るかなと、何となく思ったんだよ」

ライナーは照れくさそうに笑っていた。

いや、そう思ってもなかなかそれに賭けるのは難しいんだぜ?

ベルトルトは感動で泣きべそをかいている。ライナーは「泣くな泣くな」と宥めていた。

2年1組の対戦相手達は全員、悔しそうにしていた。サッカー部員の彼はそれでも、ライナーに握手を求めた。

読み合いで負けた事に対して思うところもあるだろうが、それでも勝ったのはこちらだ。

負けた側は悔しさを飲み込んで勝った方に祝福を述べたようだ。

そしてサッカーコートの整備が終わった後、体育館に全員、再び集まって表彰式が行われ、この日の球技大会は幕を下ろしたのだった。

球技大会が終わった後の放課後は、それはもう、賑やかだったな。

1年と2年の女子がわらわら集まってくるし、運動部の先輩達も今頃勧誘合戦を始めるし。

オレも何人かの女子からメルアド渡されたりしたけど、正直困ったな。

だって全然知らない人だし、何話していいか分からんし。

ミカサもミカサで運動部に声かけられてたな。断るのが大変そうだった。

ミカサ「エレン、お昼を食べよう」

エレン「お、おう。もうそんな時間か」

ミカサが声をかけてくれたおかげで人ごみから脱出できた。ふー。疲れたぜ。

エレン「どこで食べる? 今日は中庭も空いてるんじゃねえか?」

ミカサ「天気もいいし中庭で食べよう」

という訳で中庭の東屋を確保してミカサと昼飯を食う事にした。

エレン「はあああああ」

にしても、オレ、情けねえええええ。

ミカサ「どうしたの?」

エレン「いや……今日の球技大会、活躍出来なかったなあって」

ミカサ「そんなことない。エレンは頑張った」

エレン「でもよー1番、決めたい時にすかしたんだぞ。あの場面は、シュート決めたかった…」

肝心な場面ですかしたんだ。アレは本当に凹んだ。

エレン「PK戦にもつれ込む前にあそこで逆転してりゃあな…くそ、オレもジャンの事言えたもんじゃねえな」

ジャンに文句を言う資格なんてねえな。オレ。

ミカサ「エレン、それは結果論。エレンは十分頑張った」

エレン「そうだけど……やっぱりあそこで決めた方が格好良かっただろ?」

ミカサ「ううん。エレンはずっと格好良かった。今日の試合、皆、格好良かったと思う」

ミカサは嘘を言ってるようには見えなかった。

お世辞、とかじゃない。本心を言ってくれるようだ。

ミカサ「前にも言ったと思うけど、結果が伴わない事もある。それよりも、それに向かって頑張っている姿が好き」

エレン「そうだろうけど、やっぱり男は結果を出したい生き物なんだよ!」

オレの気持ち、分かる奴には分かるよな?

決めたかったところですかすのほど、格好悪いのって、ねえよ。

エレン「はー……特に前線に出る奴は結果を出してこそだしな。皆のパスを最後に決められないとFWの意味はねえし」

ミカサ「それは分かるけども」

エレン「だろ? 皆に支えて貰ってる立場なんだから、結果は出してえよ」

でないと何のためのFWだよ。

ミカサ「エレンはやはり、表側の人間なのね」

エレン「ん?」

ミカサ「皆の光。その前向きな明るさは、皆を明るく照らしていると思う」

いや、それはオレよりもむしろライナーの事だろ。

エレン「いや……それを言ったら、多分、ライナーの方がそういう奴だよ。本当はオレもPKに出るべきだったんだろうけど、すぐに気持ち切り替えられなくて、言い出せなかった。情けねえけど」

コニーとジャンに先越されたのもあるが、でも、手をあげる勇気がなかったのも本当だ。

ライナーがセーブを失敗してたらその次は出てたかもしれないが、そこで決められたかどうかは分からねえ。

エレン「だからコニーやジャンが決めてくれて助かったと思ったよ。もし、後半までもつれ込んでオレの番まで回ってきてたら、決められてたかどうかは分からねえ」

ミカサ「そう……」

エレン「ライナーにはかなわねえな。やっぱりあいつはすげえ奴だよ」

なんていうか、メンタルの部分で敵わない。そう思わされたんだ。

エレン「ライナーはまだ部活入ってないとか言ってたが、勿体無いよな。バスケとかバレーとか似合いそうだがサッカーもいけそうだし」

ミカサ「ライナーは恐らく弓道部に入ると思う」

エレン「はあ?! 何でそこで弓道?」

イメージがすぐには結び付かなかった。すると、

ミカサ「クリスタが弓道部に興味を示しているので、後ろを追っていったのを先程見た」

エレン「えええ……まさか、クリスタの後を追うつもりかよライナー…」

勿体ねえ! いや、弓道部的には万々歳だろうけど。

ライナーなら球技系の激しい運動部でも十分やっていけると思うのにな。

そうか。でも、それだけライナーは本気って事なんだな…。

いやでも、もしクリスタに振られたらどうするつもりなんだ?

エレン「女の尻追いかけてる場合かよ……ライナーなら運動系なら何でもいけるだろ」

ミカサ「弓道も一応、スポーツに入るけれども」

エレン「いや、それは分かってるんだが、もっと合うところあるだろって話だよ」

ミカサ「好きな人を追いかけて同じ部に入るのはそんなに悪い事だろうか?」

きょとんと言い返すミカサにオレも「うっ」となってしまう。

エレン「…………いや、まあ、個人の考えはそれぞれだからオレは反対はしねえけどさあ」

弁当をつっついて食べながらウダウダしてしまう。

本当はバスケかバレーか。野球でもいいけどさ。サッカーもいい。

ライナーが活躍するとこを見てみたかったなーって思いがあるんだよ。

弓道が悪いって話じゃない。だけど、こう……な?

オレの勝手な願望だな。これ。うん。

エレン「ライナーはそっか。クリスタが好きっぽいなとは思ってたが、本気なんだな」

クリスタが好きならしょうがねえか。

恋愛至上主義の奴は別にライナーだけじゃない。ジャンだってそうだ。

ミカサ「あの態度を見ればほぼ確定だと思う」

エレン「まあ報われるといいけどな。クリスタは競争率高そうだけど」

アルミンもクリスタの事、好きっぽいしな。

オレはどっちも応援はしてやれねえけど……。

ミカサ「エレンも先程、2年女子に囲まれてたけれど……」

急に話題がそれで思わず喉を詰まらせかけた。

エレン(ゲホゲホ)

ミカサ「?」

エレン「あーいや、その………まあ、なんかいろいろ声はかけられたよ。うん」

何だ? 何でいきなりそういう話になったんだ?

ミカサ「告白されたの?」

エレン「いや、それはねえけど、何か勝手にアドレス渡された。メル友からお願いとか何とか」

ミカサ「それは良かった。エレンはモテている」

どや顔された。なんだこれ。何で安心したような顔するんだ。

微妙に傷つくぞ。それ。

エレン「別に嬉しくはねえよ。相手のこと殆ど知らんのだし」

ミカサ「嘘。本当は嬉しいくせに」

ミカサが変な風に勘違いしているな。つか、何なんだよ。

まるで保護者のような面、すんなよ。

エレン「お前な……オレがモテても何とも思わないのか?」

ミカサ「? モテるのはいい事では?」

がっくりした。何だよ。オレがモテて嬉しいとか。

エレン「そこは嘘でもいいからヤキモチ焼く素振りを見せろよー」

ミカサ「え? 何故?」

そ、それは……。

エレン「その方が女の子らしいだろ?」

と、思わず言っちまった。そうだ。焼きもち妬く方が女らしいよな。

ミカサ「そうかしら? 女らしくなくてごめんなさい」

エレン「いや、素直に謝る必要はないんだが……」

本気でミカサはオレがモテて嬉しいのかな。嘘はついてねえみたいだけど。

………いや、待て待て。そもそもオレなんかより、ミカサの方がモテるだろ。

これだけの美人だ。ジャンだって既に惚れてるし。

ミカサ「何?」

エレン「いや、ミカサって美人だよな。オレよりも、モテるんじゃねえの?」

ミカサがその瞬間、物凄い勢いで青ざめた。

ガタガタガタ震えている。露骨な反応に逆に驚いた。

ミカサ「大丈夫。私はモテない。中身が残念なので」

エレン「いや、そんな事はないと思うが……あいつはミカサ狙いっぽいし」

ミカサ「え?」

おっと、危ない。口が滑るところだった。

エレン「いや、何でもねえよ。ま、もし将来彼氏が出来たらちゃんと紹介しろよ。見定めてやるから」

ミカサ「そう? エレンの審査を通さないといけないの?」

エレン「だって義理の義理の兄弟になるかもしれんのだし……って、気が早いのかもしれんが」

やばい。これじゃ保護者面してるのはどっちだよって話だな。

エレン「……悪い。ちょっとお節介が過ぎたか。やっぱり無しで。ちゃんと好きになった奴なら認めてやるよ」

ミカサ「そう……」

親父が今の家庭を壊すような事がない限りは、ずっとミカサとは家族としてやっていく事になるだろう。

いつになるかは分からんが、ミカサもいつかは誰かと結婚とかするだろうし。

その時になってみないと分からんかもしれんが、変な奴がミカサとくっついたりしたらオレも困るしな。

義理とはいえ、親戚になるんだ。日本の法律ではそうなんだから仕方ない。

だからお節介は焼く。でもミカサが本気で好きになった奴なら、認める。

そう、その時は思ってたんだ。

ジャン「お前らここに居たのか」

ミカサとたわいもない話をしていたその時、ジャンがこっちにやってきた。

お前の鼻は犬並みの嗅覚だな。ミカサの匂いを辿ってきたんかと思うくらいに。

ジャン「ここいいか?」

エレン「ダメだ。お前はこっちの席だ」

ミカサの横はまだ早い。

ジャン「ちっ……小舅か。てめーは」

ははは。間違っちゃいないな。言わねえけど。

ジャン「いやーにしても参った参った。サッカー部の先輩達にさっきまで熱心に誘われててよ」

エレン「ああ、だろうな。オレもさっきまでそうだった」

ジャン「でもオレは演劇部に入ってるって言ったらすげー残念そうにされてさー」

エレン「オレもそうだよ」

ジャン「掛け持ちでもいいからさー入ってくれないかって言われてどうするか迷ってたら遅くなったんだよな」

エレン「オレは迷わなかったけどな」

ジャン「お前はいちいち突っかかるなよ。オレはミカサに話してるんだよ」

エレン「ミカサも同じような目に遭ってるんだからだいたい想像はついてんだよ」

ジャン「そりゃそうだが、報告するのはオレの勝手だろ」

ミカサ「二人共、飯時に喧嘩しない」

ミカサに止められた。ふん。喧嘩してる訳じゃねえけどな。

ミカサ「ご飯は楽しく食べたいので、喧嘩はしないで欲しい」

ジャン「すまん……」

エレン「はあ。全く……どいつもこいつも青春しやがって」

ミカサ「?」

エレン「何でもねえ。ちょっと愚痴を言っただけだ」

そうだ。さっきのも喧嘩というより愚痴に近い。

ジャンの頭の中がお花畑化していて、呆れてたんだよ。

オレの言いたい意味が通じたのか、ジャンがこっちにつっかかってきた。

ジャン「は! エレンはまだまだお子様なんだろ」

エレン「ああ?」

ジャン「初恋もまだとかいうタイプなんじゃねえの? そうなんだろ?」

エレン「んなわけあるか。初恋くらいなら既にしてるに決まってるだろ」

ミカサ「え? そうなの?」

やべ。口が滑った。まずいな。

ジャン「ほーあれか? 幼稚園の先生とかか?」

ミカサ「そうなの? エレン」

エレン「いや、違うけど」

ジャン「じゃあいつだよ。小学校か? 中学か?」

あーどうすっかな。まあ、いっか。

エレン「………………………小学生だ」

オレの初恋は、小学生の時だ。

正確に言うなら、9歳の時。10歳の誕生日がくる前の、冬。

オレの母さんを亡くした年に出会った、名前も聞かずに別れたあの子だ。

長い黒髪が印象的だった。少し垂れ目の可愛い女の子だった。

オレはあの子に、酷い事をさせちまった。罪悪感は消えない。

いや、あれを「恋」と言うのも強引かもしれないけど…。

でもあの子の事を思い出すと、今でも胸がぎゅっと締め付けられるような気持ちになる。

あの子、今頃どうしてんのかな。もし会えるなら、会ってみたい。

そう思うんだから、きっとこれは「初恋」なんじゃねえかって思うんだが。

……………まあ、淡い恋心だって言われちまったら、そうなんだけどな。

ジャン「ふーん。ま、オレと似たようなもんか」

ジャンも初恋は済ませてるみたいだな。そらそうだろうな。

しかしこの後、意外な言葉が、

ミカサ「いいな。私はまだ、初恋もない」

ジャン「え……」

エレン「え……」

ミカサ「恋をしたことがないので、恋愛感情が分からない。とても羨ましい」

まじか。こんなに美人なのに。

言い寄られても、自分から好きになった事がねえのか。

ジャンの方を見ると、あああもう、こいつ、気持ち悪いくらいにニヤけてる。

隠しきれてない。そんなに嬉しいのか。

言うなら誰も手をつけてない、天然の花を見つけたような。そんな気持ちなんだろうな。

断崖絶壁に生えた天然の貴重な美しい花を見つけて、胸が躍るような。

有頂天になるのは分かるが、ここでは自重してくれよ。頼むから。

ミカサ「? 何か変な事を言っただろうか?」

断崖絶壁の天然の花が風に揺れる。いつか誰かに毟り取られなきゃいいが。

エレン「いや……そっか。まあでも、これからだろ、きっと」

ジャン「ああ、きっとそうだ。運命の相手がきっと現れる」

大事にしてくれる相手が見つかるといいけどな。

ミカサ「そうだといいのだけれども」

ジャン「身近にいるかもしれない。周りの男をよく見ればいると思うぜ」

だから、自重しろって。露骨なアピールすんなよ…。

ま、ミカサは気づいてないみたいだけどな。

ミカサ「では今後は注意して見てみよう。部の先輩やクラスメイトも含めて」

ジャン「おう! きっといる! 頑張れよミカサ!」

ミカサ「うん」

やれやれ。ま、この話はもうこの辺でやめておこう。

エレン「飯、食い終わったならぼちぼち部活行くぞ」

ジャン「あ、ちょっと待ってくれ。あともうちょい」

エレン「早くしろよ。1年が遅れたらまずいだろ」

ジャン(もぐもぐ…ごっくん)

ジャン「悪い。待たせた」

エレン「じゃ、ぼちぼち移動するか」

ミカサ「そうね」

そしてオレ達三人は昼食を食べ終わって部室に移動する事になった。

音楽室にはこの間、部員紹介の時にはいなかった女子がいる。

あ! やっぱり、あの人だ。部員なのか、そうじゃないのか、気になってた人だ。

パク「あーーーーーーー」

ジャン「?」

ジャンはここでは初対面だな。

パク「あ、そっちの馬面の子は初対面だっけ?」

ジャン「は、はい」

いきなり馬面と言われてジャンがちょっとだけ微妙な顔したな。

パク「どーも! パクです! 元部員の2年です。時々発声練習させて貰ってるんだ」

エレン「あれ? 確か俺達が初めてここに来た時にいましたよね? てっきり部員かと思ってました」

パク「うん。元部員なんだ。実は私、劇団に在籍しててね。メインはそっちで、こっちはたまに助っ人でやってるんだ」

ミカサ「劇団所属……」

ジャン「え?! って事はまさか、プロって事ですか?」

パク「そうだよ~スカウトされたから、今は劇団の公演中じゃないんで、こっちにも顔出してるんだ。ユウとユイも劇団所属だよ」

ユウ「どうも! 初めまして!」

ユイ「初めまして。ユイです」

綺麗な先輩三人組だ。それぞれタイプの違う美人なんだよな。

パク先輩は大人っぽくて、ユウ先輩はオシャレで、ユイ先輩は和風美人って感じなんだ。

パク「将来本気で役者か声優目指す子は演劇部に所属している間にスカウトされて、プロの劇団に移籍する例も珍しくないんだ。ペトラ先輩達もスカウトされた経験あるけど、進路が違うから断ったみたいだけど」

ユウ「公演の出来によってはスカウトの声がかかる事もあるよ」

ユイ「私達三人は去年、声がかかって2年から移籍したんだ」

なるほど。確かに実力があればプロでやっていく奴もいるだろう。

子役だっている時代だもんな。実力の世界に既に飛び込んでいる三人が眩しく見えた。

パク「今日は暇だったからこっちにも遊びに来たんだ。私達以外にも、劇団所属の元部員はいるから追々紹介してあげるね」

エレン「はい! ありがとうございます!」

ミカサ「ジャン、良かった」

ジャン「え?」

ミカサ「綺麗なお姉さん達がいっぱい……きっといい人がいる」

ジャン「……………」

おーっと、ジャンが微妙な面してやがる。

ジャン、言っておくがミカサは本心で言ってるぞ。

誤解されたくないなら、いつかは告白しないと永遠に伝わらないだろうな。ククク。

ジャンの落ち込みぶりが可笑しくてついつい笑っていたら、

オルオ「お? 今日はパク達も来てるのか」

パク「あ、どーも! お邪魔してます!」

ペトラ「ちょっと聞いてよパクー! オルオと脚本煮詰めてたんだけどさー」

と、先輩達は何やら込み入った話を始めたようだ。

ペトラ「絶対、新選組系の時代劇やるっていって聞かないんだよー予算考えてよって言ってるのに、融通きかないし!」

パク「新選組ですか? 去年も冬公演でやりましたよね? またやるんですか?」

オルオ「今度はスポットを別のキャラに当てるんだよ。題して『侍・悲恋歌』だ」

ペトラ「私は純愛路線やりたいのに! ちょっと私の書いたの読んで!」

パク「ふむふむ。ちょっと速読しますね。…………オリジナルファンタジー系ですね」

ペトラ「そう! 恋愛メインの女性ウケしそうなやつなんだけど」

パク「タイトルは『仮面の王女』ですか。ふむ……絶世の美女と噂される王女が敵国に政略結婚をされそうになるが、それを破談にする為に、自らの顔に火傷の細工をして偽り、仮面をかぶる。見合いの席で破談にさせようとするものの、予定した相手とは違う王子と結婚させられる、といったお話ですか」

ペトラ「そんな感じ! どう?!」

パク「ちょっと尺が長くなりそうな劇ですよね。どちらも。もっと短くて普遍的な物語の方がいいと思いますが」

ペトラ「えーそう? やっぱり既存の物語のアレンジの方がいいかな?」

パク「まあオリジナル劇の方がやりがいはありますけどね」

エレン「あの、一度脚本を読ませて貰ってもいいですか?」

読んでみないと分かんねえもんな。どっちがいいか、なんて。

ペトラ「いいよ! はい、どうぞ!」

と言う訳でオルオ先輩とペトラ先輩の脚本を両方読む事になった。

エレン「どちらも面白いと思いますが、個人的にはチャンバラシーンのある方がいいです」

ジャン「オレも殺陣のシーンは好きだな」

時代劇はそれだけで何かわくわくするんだよな。

模造刀を振り回せるならそっちの方がいいなーとこの時は思ってたんだ。

ペトラ「ミカサはどっち!? どっちでいきたい?!」

ミカサ「ええっと……」

でもミカサの次の言葉で、意見が分かれたんだ。

ミカサ「私はペトラ先輩の脚本の方が好きです」

ペトラ「おっしゃあああ!」

オルオ「うぐっ……」

エレン「えー? でもこっちはベタベタな恋愛劇だぞ?」

ミカサ「それは時代劇の方も同じ。ただ、暗殺という要素はちょっと重すぎるような気がしたの」

ペトラ「あーなるほど。言われてみればそうかもね。ちょっとそういうのを受け付けない人もいるかも」

オルオ「そうか……そういう視点もあるのか」

ジャン「男から見たら別にそこまで思わないよな」

エレン「ああ。時代劇だったら必殺シリーズとかもろに暗殺だからな」

むしろその暗殺シーンがメインだしな。

でも格好いいよな。キューンと音を鳴らして悪人を倒すシーンは。

単純だって言わないでくれ。男なんて皆そんなもんだ。

パク「今回の脚本は総文祭用のものですか? だったら確かにあまりグロい描写は入れられないと思いますよ」

ユウ「そうだね~所謂、一般向けの物か、コメディか、恋愛物が多いよね」

ユイ「時代劇やりたいなら、学校の文化祭とかの方が向いてるかもね」

ミカサ「総文祭、とは」

ペトラ「全国高等学校総合文化祭の略。夏に予選があって、8月頃に全国大会があるんだ。所謂、文化部のインターハイみたいなものだよ」

オルオ「俺達3年はこの舞台で最後になるからな。気合入れて今から脚本を書いているんだ」

ミカサ「なるほど…」

8月に向けて今から準備するんだから演劇は大変だと思ったよ。

ペトラ「うーん、でも確かに男子の言うようにチャンバラシーンも捨てがたいのよね」

ミカサ「だったら和風ではなく、西洋風で戦うシーンを入れたらどうだろう?」

ペトラ「そうね。フェンシングの動きに近いものを入れられないか調整入れてみるわ」

オルオ「頼んだぞ」

ペトラ「オルオの脚本は秋の文化祭用に一応、残しておいたら? 同時進行で今から準備進めていれば楽だし」

オルオ「それもそうだな。分かった。俺は俺で書き進めておくよ」

先輩達は詳しい話を煮詰めていってるようだ。

エレン「何か徐々に動き出してる感じだな」

ミカサ「そうね。ちょっとだけわくわくする」

ジャン「でも『仮面の王女』の方をするっていうなら、ヒロイン役は誰がやるんだ?」

まさかこの時点では、オレがヒロイン役になるとは本当に思ってなかった。

オーディションで手を抜いたわけじゃないけど、あの演技で評価されるなんてな。

本当、人生って奴は分からんもんだ。

パク「それはちゃんとオーディションで決めるよ。ペトラのイメージに一番近い子を選ぶよ。男子だろうが、ね」

エレン「え? まじっすか?」

パク「うん。女性役を男子がやるのも珍しくないよ。其の辺は平等に審査するから」

ミカサ「エレン、やる?」

エレン「いやいやいや、ヒロイン役は無理だぞ」

ジャン「ミカサはやらないのか?」

ミカサ「私は裏方なので、役者はやらない」

ジャン「え? そうだったんか?」

あ、そういや話してなかったっけ。

ミカサ「うん。私は裏方希望でここにいる」

エレン「オレはケースバイケースってところだな。役者の数が足りない時は表もやるけど、基本は裏方だな」

ジャン「まじかよ……じゃあオレ、お前らとは活動場所が違うじゃねえか」

エレン「役者希望だったっけ? でも、一緒にやるのは同じだから別にいいだろ」

ジャン「そうだけどさー……くそ、今更オレも裏方希望しても無理そうだよな」

ミカサ「裏方やりたいの? だったらそれを伝えたほうがいいと思うけど」

エレン「でも、適正で言ったらジャンは役者っぽい感じもするけどな」

ジャン「其の辺はオレにも良く分からんが……まあいい。状況を見て判断するよ」

ジャンもこの時点ではきっと、オレの相手役を務める事になるとは、夢にも思ってなかっただろうな。

オレ達はそのオーディションが来る日までは、お互いに「本音は裏方やりてえな」と思ってたんだし。

でも、運命の悪戯というか…。二人が選ばれちまったんだからしょうがねえ。

オレ達の練習風景については、後々説明する事にしよう。

という訳でここで一旦、区切ります。
エレン、初恋の子は目の前にいるぞ。とツッコミながら書いてます。
でもまだお互いに気づいてない。幼い時の記憶だから朧なんです。

ではでは。続きはまた今度で。

そんな訳でその日の活動はいつものように体力づくりの軽いジョギングと、発声練習、柔軟体操。既存台本での演技練習等を行った。それに加えてその日は簡単な演劇用語講座も開かれ、裏方などで使われる独特な用語の勉強などもした。

先輩達にプリントを渡された。追々、やりながら覚えていって欲しいとの事だった。

家に帰宅してからも一応、それに目を通す。

バミるとか、はけるとか、あと金槌の事を「なぐり」とか言ったりするのが面白いなと思った。

資料を読んでいたら、ミカサが部屋にやってきた。

ミカサ「エレン、明日の事だけど」

エレン「ん?」

ミカサ「明日は午前中、黒い洋服を買いに行きたい。ので、勉強会は午後からにしてもらった」

エレン「一人で行くのか?」

ミカサ「そのつもりだけど」

少し考えて、オレもそれに便乗する事にした。

エレン「オレも一緒に行ってもいいか?」

ミカサ「え? でもエレンは黒い私服は持ってる筈……」

エレン「いや、何か話によると途中で何度も汗かくから着替えは何枚か用意してた方がいいって言ってたからさ。オレも追加して買いたいんだよ」

あと、ミカサを一人にすると、変な奴らに絡まれる可能性もあるしな。

過保護とか言うなよ。ミカサは女の子なんだからこれくらい心配するのは家族として当然だ。

ミカサ「なるほど。では、一緒に午前中に買い物をすませましょう」

明日の予定が決まってミカサが部屋に戻った。

さて、明日に備えて早めに寝るとするか。おやすみ。




次の日。オレは早速、ミカサに同行して洋服屋に出かけた。

通称「ウニクロ」と呼ばれるそのチェーン店はシンプルなデザインが売りの洋服屋だ。

薄くても暖かいヒートテック生地なんかで有名だ。ここは値段も手頃だし学生が買うのには丁度いい店だ。

ミカサは店内に入るなりすぐさま男性用のコーナーへ向かった。

エレン「ん? 女性用のコーナーに行かないのか? 先に買ってきていいんだぞ」

ミカサ「男性用の方が種類があるので」

あ、そうか。ミカサはオレと同じくらい背あるもんな。

170cmもあるから、男性用のTシャツの方がいいんだろう。

アルミンもたまに女性用のコーナーの方が合うサイズが多い場合があるって言ってた。それと同じだな。

ミカサ「あった。2Lサイズ。これを何枚か買っていく」

エレン「え? Lサイズでよくねえか? 男性用なんだぞ?」

ミカサ「エレン、私の背丈はまだ伸びている」

エレン「あ、そっか! なるほど。先を見越して買うのか」

羨ましいな。ミカサ、成長期まだ終わってないのか。

ミカサ「エレンも2Lサイズを買うといい」

エレン「いや、実はオレ、男性用だとLでも少し大きいくらいなんだよな」

ミカサ「MとLの間くらいなの?」

エレン「そうそう。胸板薄いからな。悲しいことに」

オレ自身の成長期はどうなのか分からんが、本当はもう少し大きくなりたいんだ。

ミカサ「でも後から背が伸びたら困る。洗濯で若干縮む場合もあるし」

エレン「うーん。それも確かにそうだが、ぶかぶかだと格好悪くないか?」

ミカサ「可愛いと思うけど」

エレン「それが嫌なんだよ!」

ミカサがニヤニヤしてんな。くそ! そんなに可愛いのが見たいんかな。

男としてみればあまり嬉しくはないんだが。

ミカサ「なら仕方がない。Lサイズにするといい」

エレン「………いや、でも、背丈は伸ばそうとしている訳だし」

ミカサが笑いを必死に堪えてやがる。くそう。

ああでも、迷う。どうすっかなー。

ミカサ「ふふふ……まあ、エレンが迷っている間に私はズボンの方も見てくる」

エレン「おう。ゆっくり見てこい」

という訳で一旦、ミカサとは離れてしばし葛藤した。

そしてうんうん考えて、結局ミカサと同じ2Lサイズを購入する事にした。

エレン「将来、背が伸びることを期待して買った。これで後戻りは出来ん」

ミカサ「ふふふ……」

ミカサがやっぱり笑ってやがる。

くそ…絶対、身長伸ばして見せるからな!

エレン「ズボンはもう買ってきたのか?」

ミカサ「うん。ウエストが少し余ったけれど、お尻が大きいので仕方がない」

エレン「え? ああ、そうなのか? まあ、確かにくびれてる方ではあるけれど」

ミカサ、腰細い方だもんな。と、見ていたらミカサに「もう」と文句を言われた。

あ、悪い悪い。ついついジロジロ見ちまった。

ミカサ「エレンはズボンは買わないの?」

エレン「ああ、黒のズボンは持ってる。今回は黒Tシャツだけだな」

ミカサ「そう。では家に一旦帰りましょう。荷物を置きたいので」

エレン「え? ロッカーに預けておけばいいんじゃないか? 駅にあるだろ」

ミカサ「!」

ミカサが大げさに驚いていた。そういう発想がなかったようだ。

エレン「図書館から帰る時に駅に寄って荷物持って帰ればいいだろ?」

ミカサ「凄い。その発想はなかった」

エレン「え? お前今までどんな生活してたんだよ」

オレだけじゃねえよな? こういう事するの。

いちいち家に戻るの面倒だし、荷物預けられるロッカーがあるなら、そこに置いておくよな。

忘れたりしたら面倒だけど、駅は頻繁に利用するし、大丈夫だろ。

エレン「友達と街に遊びに行ったり買い物したりする時は、ロッカーを利用したりしないのか?」

ミカサ「した事ない……」

エレン「そうか。まあオレもアルミンに言われて始めた事だけどな」

アルミンが言い出したやり方を真似たんだ。アルミン、頭いいだろ?

エレン「まあいいや。ついでに昼飯も駅の何処かで食べようぜ。なんかあるだろ」

という訳で、洋服を買い終わると、電車を乗り継ぎ、駅まで移動して、荷物をロッカーに預けて、駅中の店を見て回った。

まだちょっと早い時間帯だからか、お客さんの数が少ない。今のうちに決めてしまおう。

でも途中でたい焼きなどの甘味を見つけてそっちに気持ちが釣られてしまった。

エレン「お、どれもうまそー」

ミカサ「エレン、それはデザートで良いのでは?」

エレン「そうだな。先に飯食うか」

たまたま視界に入ったハンバーグ屋は、まだ人がすいてる。ここいいかもな。

エレン「んー……あ、ドッキリドンキーがある。ここにしようぜ」

ここも割と有名なハンバーグのチェーン店だ。

木の丸い皿にハンバーグとご飯とサラダをまとめてのせてくれる。

ミカサ「ふむ。まあ手頃なお店なのでここにしよう」

オレは普通のハンバーグにトッピングでチーズをのせた。

ミカサもオレのと同じものを注文した。

エレン「意外と早く買い物済んだな」

もっと時間食うかと思ってたから意外だった。

ミカサ「そうだろうか? 元々買うものは決まっていたので」

エレン「いや、ほら、ついでに他の物に目移りして一緒に買うのかと思ったんだよ」

Tシャツ見るつもりがそれ以外の物も一応、買わなくても見たりするだろ? 女は特に。

ミカサ「私は必要な物以外は買わないので」

エレン「うちの母さんとは正反対だな。母さん、買い物すると長かったからなあ」

母さんがそうだったんだ。自分の物だけじゃなく、オレと父さんの分もついでに買っていったりするから、大体、予定時間を過ぎる。

エレン「うちの親父とオレはいつも待たされて、本屋で時間を潰すのが日課だったな」

ミカサ「なるほど。エレンのお母さんは買い物が好きだったのね」

エレン「ああ。買い物が趣味みたいなところがあったな。あ、でも別に無駄な買い物をする訳じゃねえぞ? 選ぶのに物凄く時間がかかってただけだ」

ミカサ「私から見ればエレンも十分、選ぶのに時間がかかってる」

エレン「うっ……オレ、母さんに似てるのかな?」

ミカサに頷かれた。

ミカサ「私は母親に顔は似ているけども、性格は似ていないと言われる」

エレン「おばさんはおっとりしてるもんな。ミカサはどちからといえばキリッとしてる」

ミカサ「父もおっとりしていたので、誰の性格に似たのか良く分からない」

エレン「まあでも、ご先祖様の誰かのが遺伝してるのは間違いないだろ」

ミカサ「そうね。きっとそう」

エレン「オレは親父の頭の良さをもうちょっとだけ欲しかったけどなー」

と、言った頃にもう注文の品がきた。早いな。さすがドッキリドンキー。

ミカサ「エレンは決して馬鹿ではない。普通」

エレン「ははは………まあ、十人並みだとは思うけどな」

エレンは苦笑を浮かべてチーズハンバーグを頬張った。

エレン「(もぐもぐ)でもさ、アルミンとかミカサを見てたら……やっぱりもうちょっと頭良かったらなあとは思うぜ」

ミカサ「(もぐもぐ)でも足りない部分は努力で補えると思う。その為の勉強会なのでは?」

エレン「(もぐもぐ)まあな。午後は頼むぜ」

ミカサ「(もぐもぐ)大丈夫。皆でやれば怖くない」

もぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐ……。

買い物で歩き回ったせいか、お互いに腹減ってたみたいだ。

もぐもぐ。うまい。腹減ってる時は何でもうまいな。

二人共残さず完食すると、オレは先に会計を済ませて店を出た。

するとミカサに呼び止められて、

ミカサ「エレン、会計、割り勘…」

エレン「ああ、いいよ。面倒だからオレが出しといた」

ミカサ「そんな……お小遣いを切り詰めさせるのは忍びない」

エレン「いや、うちは結構ざっくりしてるからそんなに気遣わなくていいからさ」

ミカサ「エレン、それでは将来困るのでは?」

いきなり何の話だ?

>>226
エレンは苦笑を浮かべてチーズハンバーグを頬張った。

またミカサ視線混ざっちゃった。すんません。ここは

多分、母さんが普通だったんだろうな。きっと。

と、思いながらオレはチーズハンバーグを頬張った。



に差し替えでお願いします。気をつけてるんですけどね…。
ミスしてすみません。

エレン「え? 何で? 昨日、親父に「ミカサと外食するかも」って前もって言っておいたから多めに金貰ってたんだけど」

うちは大体、必要な時に必要な理由を言えば、それに合わせてちょい多めに金をくれる。

おつりはそのまま持ってていいけど、レシートや領収書は後で親父に渡す事になってるんだ。

そういうのが出ない自販機での購入の時は、メモ書いて渡せばいい。

○月○日 ジュース120円×2本

みたいなメモだけでいい。メモは書き溜めて後から渡しても大丈夫だ。

ミカサ「お小遣いとは別に貰ってたの?」

エレン「ああ。うちは毎回そんな感じだ。必要な時に必要な分だけ、貰う感じ」

ミカサ「月にいくら、とかではないの?」

エレン「え? 何それ。月に一回しか金貰えないって何?」

この時初めて、他の家庭では月々の月給制の方が多いって知ったんだ。

親に買い物の内容を報告するのが普通だと思ってたから、報告しないでいいっていう感覚が、すぐには理解出来なかった。

ミカサ「エレン、それでは人と感覚がズレてくると思う」

エレン「え? そんなに変か?」

ミカサ「普通はお金は月に一度、貰う程度だと思う。それをやりくりするのでは?」

エレン「何でそんな面倒臭いことするんだよ」

ミカサ「収入と支出の割合を大まかに見る為だと思うけど」

エレン「ん? 収入は親父のしか分からんだろ。何でオレが収入の分を計算しないといけないんだ?」

ミカサ「ええっと、確かに家の全体の収入は把握できないけれども、そういう意味ではなくて……」

ミカサが一生懸命考えてくれる。

ミカサ「エレン、日本人は殆どの人が会社や何かに属して収入を得ている」

エレン「ああ。そうだな」

ミカサ「人によっては年単位の収入の人もいるけれど、普通は月一くらいで収入を得る」

エレン「ああ、そうらしいな。うちは良く知らないけど」

ミカサ「だから、月の収支を把握する癖はつけた方がいい。将来的にも必要だと思う」

エレン「サラリーマンになるかもしれないから、家計簿つけろっていうのか?」

ミカサ「そう! つまりそう言う事」

うちは親父が医者で、サラリーマンとは違うから、そのせいで感覚が違ったのかもしれない。

病院の経営を含めて全部、親父がやってるから、月給制という感覚ではなく、年俸制に近い生活だったんだと思う。

事務的な事は全部、親父が3月あたりにバタバタやってるからか、オレにとってはそっちのイメージの方が強かったんだ。

エレン「家計簿だったらうちもつけてるぞ。ただうちの場合は年単位で計算してるが」

ミカサ「え? 年単位?」

エレン「そうそう。うちはこういう必要経費は全部、領収書を取っててさ。全部パソコンで記録して年単位でファイル作ってるって親父が言ってた」

ミカサ「何故、年単位…?」

エレン「さあ? 昔から1年単位でざっくり計算するのが親父のやり方だからなあ。その方が都合がいいんじゃねえの?」

ミカサ「そ、そうなの?」

エレン「ああ。だからミカサも親父に言えば、その都度金はくれると思う。ただし、その買い物の内容は前もって言わないと出してくれないけどな」

ミカサ「その都度、申告しないといけないの?」

エレン「え? 普通そういうもんじゃねえの?」

ミカサ「私はお小遣いの範囲内で自由に買って良かった。…ので、その内容を親に報告した事はない」

この時は本当に驚いた。同時に「いいのかそれ?!」と羨ましくも思った。

オレは贅沢をさせては貰ってたけど、その分自由ではなかったんだ。

エレン「うちと全然違う。え? もしかしてそっちの方が普通なのか?」

ミカサ「わ、分からない。けど、うちはそうだったので」

エレン「うわー…これはちょっと親父に聞いてみる必要があるな」

後で親父と話し合ってその真意を確かめて納得したけどさ。

でも、デート代とか申告する事になったら恥ずかしいな、とも思ったんだよ。

先心配し過ぎかもしれんが、親に筒抜けってのも恥ずかしいんだよ。

エレン「もしそうならオレ、親父に騙されてた事になるな。くそ! 頭いいな親父!」

ミカサ「あ、アルミンのご家庭はどうなの?」

エレン「アルミンもうちと同じだよ。その都度貰うって言ってた」

ミカサ「そ、そうなの? でもそれだと無駄遣いをしてしまうのでは…」

エレン「え? 何でだよ。必要な物を買う時だけしか貰わないんだぞ? 余計な物を買う余裕はねえよ」

例えばケーキを2個買うはずが、予定外に4個買ったりとかはあるけど、それ以外の物を買ったりはしない。

母さんの買い物もそんな感じで、洋服を買いに行って、自分の分だけの筈がオレと父さんの分も買ったり、とかはあった。

でもそれは父さん曰く「余計な買い物」ではないそうで、むしろ効率を考えればそれは時間の節約になるそうだ。

一番良くないのは「予定していない種類の買い物」をする事だ。

例えばたまたまバーゲンセールをデパートで見かけたとしよう。

その日は鞄を買いに行ったのであって、洋服を買いにいった訳ではないとする。

でもその日の所持金が多くあったから、その洋服を買えるとする。そこでつい、衝動買いをしてしまったとする。

家に帰って確認したら、似たようなデザインの服が実はあった。とかいうパターンはないだろうか?

親父曰く、予定していた買い物の個数が変動するのはセーフで、種類が増えるのはアウトなんだ。

人間の記憶なんて曖昧でいい加減だから、ちゃんと筋道を立てて予定を立てないと記憶違いを起こしやすいらしい。

母さんがオレと父さんの洋服をついでに買うのも、ちゃんと前もって「もしいいのがあれば買うかも」という心づもりはしていく。

つまり「予定:母さんの洋服(オレと父さんの洋服)」という感じで、衝動買いとは少し違うんだ。

勿論、親父の方法でも失敗する人はいるだろう。ただうちの場合はそれで大体、間違う事はなかった。

だから無駄に金を使わないという意味では、親父のやり方は多分、間違ってはいないと思う。

一旦、ちょっと休憩します。続きはまた。

ミカサ「驚いた。私の方が少数派だったのね」

エレン「いや、そうとは限らねえよ。ジャンとマルコにも後で聞いてみよう。気になる!」

オレはつい、デザートが欲しくなった。

エレン「頭使ったらなんか甘いもの欲しくなった。ちょっと買ってくる。ミカサも食うか?」

ミカサ「そうね。ちょっと食べたい」

エレン「じゃあ買ってくる。2本な」

こういうのも、今日は「飲食代」として大体計算して金貰ってるからOKなんだ。

チョコバナナを食べながらオレはミカサに言った。

エレン「オレ、もしかして親父に甘やかされて育てられてるのか…?」

ミカサの反応がなかった。肯定されてるな。無理もないか。

エレン「オレ、このままだとまずくないか? この感覚ってやばいのか…?」

ミカサ「え、エレン……その……」

エレン「…………ミカサの目から見たらやはりそうなんだな」

でもそれが分かったのはかえって良かった。

エレン「そっか。そうだな。いや、それが分かっただけでも収穫だ。ありがとな、ミカサ」

ミカサ「うう……」

ミカサが微妙にバツの悪そうな顔をしている。

別にミカサが悪いとかそういう話じゃねえから、そんな顔しなくてもいいんだけどな。

エレン「今度、親父の暇な時に話し合ってみる。どういうつもりでそういうやり方でオレに金くれてたのか、真意を確かめたいしな」

ミカサ「そうね。そうした方がいいかもしれない」

その時、チョコレートが少し垂れた。

ミカサがそれに気づいて慌ててそれを舐めた。

なんか、ソフトクリームの時より、それが官能的に見えて思わず「うっ」となる。

な、何でだろ? あ、そっか。バナナの形状のせいか!

ミカサ「エレン、端っこ、溶けてる」

エレン「あ、ああ……悪い」

オレはミカサを見ないようにしてさっさと全部食べ切った。

邪な事は考えたらいかん。自重しろ、オレ。

そして食べ終わると、ミカサが急に何かを思いついたようで、

ミカサ「そうだ。皆にお菓子のお土産を買っていこう」

エレン「え? 別に要らねえよ」

ミカサ「でも、勉強の途中で甘いものはだいたい欲しくなる」

エレン「図書館の中って飲食しても良かったっけ?」

ミカサ「確かラウンジのある図書館もある。休憩スペースと分けて設置されている筈」

エレン「へーそうなのか。普段行かねえから知らなかったぜ」

子供の頃はアルミンと何度か行ってたけど、中学あがった辺りからは行ってない。

小さい頃の記憶は朧だから、もしかしたらその頃からラウンジもあったかもしれないが。

ミカサ「もしかしてエレン、欲しい本もいつも買って貰ってた?」

エレン「ああ。オレは図鑑とか見るのが好きだったし、親父自身も本好きで、親父の書斎には4つ本棚あるしな。小さい頃に買って貰った本は今も書斎にあるかもしれん」

親父の部屋は小さな図書館みたいになってるんだ。

ミカサ「私はなかなか買って貰えなかった。だから図書館で借りて読んだり学校の図書館で読むことが殆どだった」

エレン「そ、そういうもんか。オレの家は本はすぐ買うもんだったからな」

駅中を移動していると人の波が多くなってきた。

昼を過ぎたからだろうな。人を避けながらミカサと歩く。

歩きながら思い出す。そういえばオレ、親父に「買っちゃダメ」って言われた記憶がねえ。

エレン「……オレ、よく考えてみたら親父に「買っちゃダメ」って言われた記憶がねえ」

ミカサに「おお…」って顔された。

エレン「ただ、買う時は「どうしてそれを買いたいんだい?」と理由を聞かれてた気がする」

ミカサ「理由も聞かれたの?」

エレン「ああ。そうだ。親父は必ず「理由」を聞いてくる。だからオレは毎回説明してた。ただ何となく欲しいって言った場合は「理由がない筈がない」と言って理由を言うまで買ってはくれなかったけど、言えば必ず買ってくれたんだよ」

子供の頃からそんなんだったから、それがずっと普通だと思ってたんだ。

エレン「だからずっとそれが普通だと思ってた。でもそうか……家によっては違う場合もあるんだな」

ミカサ「そうね。それはひとつ勉強になった。私も自分の感覚が絶対のモノとは思わないようにする」

ミカサを通じて世界が広がったような感じだった。

無知だった自分が恥ずかしい。でも同時に知る事が出来て良かったとも思う。

エレン「そうだな。オレも今後は気をつける。じゃあお菓子は安いその辺のコンビニのスナック菓子で…」

ミカサ「え? 皆で食べるのにスナック菓子はちょっと」

エレン「…………え?」

この流れだと、贅沢は出来るだけしない方がいいんじゃ?

と、オレは思ったんだが、

エレン「贅沢はしない方がいいんだよな?」

ミカサ「そうは言っていない。使うべき時は使う。特に皆で食べる時はお金をかけるべき」

エレン「…………やっぱりその辺の感覚がオレとは違うんだな」

むしろ、あんまりいいお菓子だと、かえって相手に気遣わせないかな?

とも思ったんだが、まあミカサがそうしたいんだったら任せようと思った。

ミカサ「あそこに和菓子屋さんがある。買ってきてもいいだろうか?」

エレン「ああ、お菓子の蒼海だな。いいぞ。ここは昔ながらの名店だもんな」

観光客とかはこういうお土産屋でお菓子を買うんじゃねえかな。

ちょっと敷居の高い感じだったけど、店内は明るくて上品な雰囲気だった。

ミカサは既に買う物を決めていたようだ。ひよこのお菓子を選んでいる。

エレン「え、そっちにするのか?! なんか食うの可哀想じゃないか?」

ミカサ「そういうデザインなので……」

エレン「オレはこっちの変な顔のせんべいがいいな」

こういう笑える感じの方が皆で食べる時にウケるかなと思ったんだが、

ミカサ「せんべいは食べかすが出るので、外で食べるのには向かない」

エレン「あ、そっか……じゃあこっちのちっこいバームクーヘンみたいなのは?」

ミカサ「こっちの方がいいの? 美味しいの?」

エレン「いや、知らないけど」

ミカサ「食べたことないのに買うの? 味が分からないのに」

エレン「別にいいだろ。まずかったらまずかったで話のネタになる」

おっと。口が滑っちまった。店員に睨まれてしまった。

店員「どちらも味は保証しますよ。30年近く続く銘菓ですし」

ふーん。そうなんだ。でも店員はまずいとは言わないよな。普通は。

売りつけたいのが店側の心理だが、さあどうするか。

値段的にはそう高くないから買ってもいいけど、オレが言う前にミカサが呆れたように両方選んじまったんだ。

ミカサ「分かりました。両方で」

エレン「え? 両方買うのか?」

ミカサ「私はこのひよこの饅頭が昔から好きなので」

どっちかでいいような気もしたが、ミカサがそういうなら仕方ねえか。

エレン「ふーん。そうなのか。じゃあ両方買えばいいか」

ミカサ「すみません。それぞれ5個ずつ包んで下さい」

お土産も買ったし、用事が済んだし、あとは図書館で合流するだけだ。

オレ達が図書館に移動すると既にあいつら全員揃ってた。

アルミンの私服は男っぽいものが多い。ただでさえ女の子に間違われやすいから、ユニセックスな服を着ると本気で間違われるからだ。

マルコは優しい色の服でまとめていた。上品な感じだった。

………しかし一人だけ場違いなファッションの奴がいた。

ジャンだ。こいつだけ何故か紺色のスーツでしかもネクタイ付きだった。

どこの面接に行くんだよ。とツッコミ入れたかったが、アレかな。スーツがこいつなりの一番のオシャレ服だったんかな。

聞きたかったけど、やめておいた。気合入れすぎて空回りしている感じがしたからだ。

ちなみにミカサはシンプルな水色の緩めのワンピースだ。

ミカサは薄い色合いの服が好きみたいで、ピンクか水色か、ベージュ、白が多い。

割とスカートが多いな。ワンピースか、ロングスカートだ。

オレはパーカーにジーンズだ。普通の格好が一番だろ。

ジャンが照れたようにこっちに手を振っている。

ジャン「よ、よう! 早かったな」

ミカサ「そちらの方が早かった。ごめんなさい。遅れて」

ジャン「いや、待ち合わせ時間には遅れてねえよ。その、こっちはたまたま早く着いだだけだ」

マルコ「じゃあ中に入ろうか。今日はビシバシ鍛えるからね」

全員が座れるテーブルを確保してそれぞれ席に座った。

オレとジャンが隣同士で座り、その向こう側にマルコとアルミンとミカサが座った。

オレは前もってやりたかった実力テストの復習をする事にした。

研修旅行でやったアレだ。答案はかえってきてたけど、ちゃんと復習はしてなかったからだ。

エレン「この間の実力テストの復習からいっていいか?」

ミカサ「ああ、そう言えばテストの返却はされていた。忘れていた」

エレン「忘れてたって事は点数良かったんだな」

ミカサ「いえ、いつもよりはさすがに点数は下がっていた。今回は首席は取れないと思う」

アルミン「仕方ないよ。あの時、ミカサは体調を崩し気味だったから」

そういえば何であの時、ミカサの様子が変だったのか、分からずじまいだ。

一時的に胃の調子が悪かっただけなのかな。

ミカサ「アルミンのおかげで持ち直した。感謝している」

アルミン「うん。まあそういう時もあるよね。じゃあまずはテストの復習からいこうか」

と言う訳で国数英の復習が始まった。

オレは典型的な文系で、ジャンはやや理系だった。

アルミン「あーあ。エレンは数学苦手だねえ。相変わらず」

エレン「小難しい数式を覚えるのが面倒なんだよ。将来役にたつのかこれ」

ジャン「んな事言いだしたら勉強は全部、役にたつか分かんねえだろうが」

エレン「いや、にしても数学を実生活で利用する場面なんてあんまりねえだろ。算数は別にして」

ジャン「数学は頭の体操だと思えよ。パズルみてえなもんだろ」

アルミン「ジャンの言うことは一理あるかな。感覚的には僕もそれに近い」

エレン「暗記科目の方がまだいい。国語と英語は漢字と英単語覚えれば割と点数取れるからな」

暗記科目は努力さえすればある程度の点数を取れるからな。

数学は一種の才能がないと無理なんじゃねえかって思うんだ。

エレン「暗記科目の方がまだいい。国語と英語は漢字と英単語覚えれば割と点数取れるからな」

ミカサ「でもエレンは古典が苦手みたいね。現国の部分との差が激しい」

エレン「うぐっ……古典もその、実生活の何処に役に立つのか分からんから」

覚えたってなんも役に立たないだろ。

マルコ「そんな事言いだしたら、勉強の全てが無駄に思えちゃうよ」

エレン「いや、オレは全部が無駄とは思わねえよ。現国と英語は生活するのにも使うし、社会だって歴史も地理も公民も、それぞれ使う部分はあるし。ただ数学と古典に関してだけ言えば、何で勉強するのかいまいち分かってないだけだ」

ジャン「理由なんて何でもいいだろ。とりあえず、流されて覚えればいいんだよ。深いこと考えるとそれこそ頭のエネルギーの無駄使いだ」

エレン「オレは嫌だね。流されて生きていくのはごめんだ。ちゃんと理由があれば真面目にやるさ」

ミカサ「二人共、今はそういう話は後にして」

うっ。ミカサに怒られちまった。

アルミン「うーん。エレンの言うことも一理あるけど、ジャンの言うことも間違ってないよね」

マルコ「分かる。両方の感覚、あるよね」

しかし今度はアルミンが話を広げちまった。

アルミン「でもさ、将来、何が役にたって何が役に立たないかって、現時点じゃ誰にも分からないんじゃない?」

エレン「そうか?」

アルミン「うん。それぞれの進路によると思うよ。例えば教師になりたい人なんかは、こういう知識を今度は次世代に教えるっていう意味で役に立つし、科学者だったら、国語は使わないけど科学分野の知識は豊富に必要になるし、歴史学者になったら、古典の知識が大いに必要になるし」

エレン「ああ、そうか。なるほどな」

自分の視点だけで考えちゃダメだったな。

確かに古典とかも将来必要な奴には必要かもしれない。

全員が同じ進路って訳じゃねえんだから、同じように考える方が間違ってたな。

エレン「そうか。オレ、自分のことしか考えてなかったな」

アルミン「まあ、普通はそうだけども。所謂僕らは、作物の「種」みたいなもんで、どこの大地で埋まって育って広がって行くかはこれからだからね」

マルコ「詩人だねえ、アルミン」

アルミン「いや、あくまで例えだからね?」

オレはどんな種類の花を咲かせられるのかな。

ミカサ「その理論で言うと、学校の勉強は作物でいう土の「栄養」の部分ね。どの栄養成分を吸収するかは、種の種類によるから、必要のないものは無理に取り込まなくてもいいけれど、栄養は多いに越したことはない」

アルミン「そうそう。だからエレンも、将来を見据えた上で頑張らないとね」

エレン「ううーん。将来か。まだ漠然としているのが一番の問題な気がするが……」

未来が見えない。こういう曖昧な状態が一番、苦手かもしんねえ。

エレン「皆は高校卒業したらどうするか決めてるのか?」

だからつい、皆の事が気になってしまった。

アルミン「え? 入学したばかりでもう卒業後の話?」

エレン「3年間なんてあっという間だろ。どうするか決めてるのか?」

アルミン「とりあえず、僕は今の成績を維持して卒業する事しか考えてないな」

マルコ「僕もまだ、今はそれだけだね」

エレン「ミカサは? 何か将来やりたいことあるのか?」

ミカサ「特にない」

ジャン「オレは一応、あるけど」

意外だと思った。ジャンは将来、決めてるのか。

エレン「………どうするつもりなんだよ」

ジャン「公務員。片っ端から受ける。警察、消防、自衛隊、地方公務員、国家公務員。何でもいいけど、民間には属するつもりはねえな」

アルミン「安定志向だねー。大学行かないの?」

ジャン「成績次第だな。ただ、高卒で取ってくれるところがあれば受ける。コネがある訳じゃねえけど、夢なんだ」

ミカサ「公務員が夢なの?」

ジャン「いや、公務員が夢っていうより、安定した収入と、その……嫁さんを早くもらって家庭を作りたいのが夢」

マルコ「おおお、大人な発言だね。結婚願望あるんだ」

ジャン「当たり前だろ。だから彼女を高校時代に作っておきたいんだよ。卒業したらすぐにでも結婚出来るように」

ああ、そういう事か。

だから焦ってるのか。ミカサを嫁にしたいんだな。

そういう事なら、ジャンの努力の結果次第では認めてやらなくもねえな。

マルコ「ああ、焦っているように見えたのはそのせいだったのか」

ジャン「まあな。思い通りにはいかねえかもしれんが、一応、それが今のオレの願望だ」

ミカサ「具体的に夢があるのはいい事だと思う」

ミカサも旦那にするならちゃんと収入のある男がいいだろう。

オレは未来を見据えているジャンが少しだけ羨ましかった。

エレン「そうか。この中で具体的なのがあるのはジャンだけか」

アルミン「羨ましい限りだね」

マルコ「全くだよ。だったら尚更、早く彼女を見つけないとね」

ジャン「お、おう……」

ジャンがミカサをチラッと見ている。

でも、その直後、

ミカサ「頑張って。ジャン。あなたならきっと出来る」

ジャン「そ、そう思うか?」

ミカサ「うん。きっといい人が見つかる」

ジャン「…………」

あーあ。やっぱりミカサ、気づいてねえな。可哀想に。

ジャン、悪い事は言わん。告白しない限りは永遠にこのままだぞ。

ミカサに察して貰おうなんて思うな。諦めろ。

エレン「オレの場合は勉強よりも目標を先に見つけた方がかえってはかどる気がするな」

オレ、こう見えても計画を立てて頑張るのは得意なんだ。

ただし目標が見えないと逆にやる気が出ないというデメリットもある。

アルミン「ダメだよエレン。そんな風に言って現実逃避しちゃ」

エレン「うっ………バレたか」

アルミン「付き合い何年だと思ってるの。エレン、数学分かんないなら僕がマンツーマンするよ?」

エレン「頼む。数学はアルミンの説明の方が先生のより分かり易い」

アルミンはやや理系、ミカサはやや文系のオールラウンダータイプだ。

と言ってもその差はそんなにない。正五角形に近い学力を持っている。

きっと二人なら、望めば何処へでもいけるんだろうな、と思う。

ジャン「解説を頼む」

ジャンもミカサに真面目に勉強を教えて貰っていた。

特に変な真似をする気配もない。

心配のし過ぎだったかな。あいつ、意外と真面目なとこあるな。

具体的に未来を考えて本気でミカサの事を幸せにするつもりなら、オレもちょっと考えを改めた方がいいのかもな。

そんな風に思いながら勉強を進めていたらあっという間に時間が過ぎた。

ミカサ「そろそろ一回、休憩を入れましょう。おやつは買ってきている」

ジャン「え? わざわざ買って持ってきてたのか?」

ミカサ「一人2個ずつ。食べよう」

ジャン「あ、ありがとう……」

…………ジャン。お前、デレ過ぎだろ。気持ち悪いぞ。

いや、そういう小さな気遣いですら、幸せなんだろうな。

ジャンの場合はミカサが用意していたという事実が嬉しいんだ。

きっとミカサが持ってきた食べ物なら賞味期限切れてても、ジャンは食べるだろうな。

マルコ「ラウンジの方に一度、移動しようか。お茶も飲みたいし」

アルミン「そうだね。一度、移動しようか」

と、言う訳でオレ達は席を離れて少し離れたラウンジまで移動した。

ジャン「……………」

マルコ「ジャン? 食べないの?」

勿体なさ過ぎて食べられないって顔してるな。

でも、食べろよ。保存効かないんだから。

ジャン「は! 悪い。食べる。食べるよ」

ジャン「!」

ミカサ「そんなに急いで食べなくても」

喉詰まらせてる。ミカサが慌てて背中を擦ってやってる。

全く。ジャンの奴は、本当にミカサにベタ惚れだな。

ジャン「(ごくん)悪い。慌てた」

ミカサ「ゆっくり食べればいい。そんなに慌てる必要はない」

アルミン「(もぐもぐ)うん、和菓子は特に味わって食べないとね」

アルミンはチビチビ味わって食べている。

そうだ。ミカサが折角選んだお菓子なんだから味わって食おう。

無言でじっくり食べてたら、

ミカサ「美味しくないの?」

エレン「んにゃ、うまいけど」

ミカサ「にしては浮かない顔ね」

と、ミカサに心配されてしまった。

ジャンとミカサのやりとりがちょっとだけ苛ついたせいもあるが、それだけじゃない。

ミカサと話していた例の件についても思い出してたんだ。

エレン「いや、さっきミカサと話してた事をふと思い出しててさ」

ミカサ「ああ、お金の使い方の話?」

エレン「そうそう。マルコとジャンはどうなんかな、と」

マルコ「何の話?」

マルコが食いついたので、ミカサがお小遣いについての話を聞かせた。

するとマルコもジャンも凄く驚いた顔になってツッコミを入れてきた。

ジャン「そりゃミカサのが普通だって」

マルコ「そうだね。うちも月にいくら…だよ。その都度貰うなんて、初めて聞いたかも」

エレン「やっぱりそうなのか。オレん家とアルミンところは珍しい例なのか」

アルミン「だろうね。うちの場合はおじいちゃんしかいないからっていうのもあるけど」

ジャン「ああ。いちいち親に全部、買うもの報告してたら、その……バレたくない物も買えないだろ」

エロ本とか避妊具の事だが、それはまあ、置いといて。

マルコ「ああ、まあ……いろいろあるよね。中学生くらいになったら欲しくなるよね。そういうのは、どうしてたの?」

エレン「んー……」

恥ずかしい話だが、実はまだ、そういうのを買った事がない。

エレン「そういうのは、買ったことねえよ」

ジャン「は? 買ったことない? 嘘つけ」

エレン「本当だって。つか、そういうのって別に買わなくてもネットとかでも探せるだろ」

ジャン「ああ、じゃあ画面越しに見るだけで満足してたんか」

すんません。オレも一応男なので、パソコンあるとついつい、たまにはエッチなサイトを検索したりする。

勿論、変なサイトに登録とかはしねえよ。無料で見れる範囲内でもエッチなのは探そうと思えば十分探せるんだ。

……探し方は聞くな。自分でググってくれ。

エレン「まあ、なあ……あとはアルミンから貰ったり、とかな」

アルミン「僕のところはおじいちゃん、騙すのは簡単だからね」

マルコ「酷いなあ。アルミン」

笑いながらいうマルコ。この酷いは、いい意味で酷い、だ。

ジャン「いや、でも今後もし彼女が出来た時はどうするんだよ。まさか避妊具が欲しいから金くれって言って金貰うつもりなのか?」

エレン「………それは無理だな」

それが問題なんだよなー。

ジャン「だろ? 悪いことは言わん。ミカサの家のやり方に変えて貰った方がいいぞ」

エレン「だよな……オレもその方がいい気がしてきた」

ミカサ「でも……エレンのおうちはおじさんが大黒柱。そのうち私もそのやり方になぞった方がいいかもしれない」

おっと。ミカサ、余計な事を言っちまったな。

マルコ「え? 何でミカサがエレンの家のやり方に染まるの?」

ジャン「今、おじさんって言った?」

ほらな。案の定、不審がられた。やれやれ。もう2回目だからいいけど。

エレン「あ、まだ言ってなかったな。実はオレの親父と、ミカサの母親、再婚したんだ。だから今年の春からオレ達四人、一緒に住んでる」

ジャン「は……?」

それを伝えた瞬間のジャンの顔、今思い出しても、笑えるな。

すっげえ顔だった。ポカーンって感じで、頭の中、真っ白になったんだろな。

でもオレは事実を伝えた。もう隠すのが面倒になってきたってのもあるけど。

ジャンとマルコには伝えてもいいかなって、思ったんだ。

エレン「義理の兄妹、いや姉弟か。になっちまったんだ」

ジャン「は、初耳だぞそれ!」

エレン「言ってなかったからな。あ、言っとくがあんまり言いふらすなよ。クラスの他の奴に。面倒臭いから」

マルコ「ああ、人の家の事情だし、それはしないけど……へえ、だから、か」

マルコが納得した様だ。オレとミカサの仲を疑ってたのかな。

事情を知らなければ確かに、オレとミカサの距離は近すぎるように見えたかもしれん。

マルコ「二人がやけに仲良さそうだったのは、一緒に住んでるからだったんだね」

ミカサ「うん……ごめんなさい。黙っていて」

マルコ「いや、いいよ。言いづらいことだろうし。こっちこそごめんね。言わせちゃって」

エレン「いいさ。いずれはバレるだろうと思ってたし」

親しくしていけばいずれは話すべき事だったしな。

エレン「そういう訳で、親父を説得しないことにはオレん家は今のままの制度なんだよな」

アルミン「難しい問題だね」

エレン「ああ……金の事だしな。今はいいけど、いずれは自由に使える金がないと困る場面もあるかもしれんし」

ジャン「………」

ジャン。衝撃の事実をまだ消化しきれてないみてえだな。

まあ、いいや。時間が解決するだろ。

エレン「まずは親父にどうしてそのやり方できたのか聞いてみる。それを踏まえた上で、よその家じゃうちみたいな例が少ない事も言ってみる。んで、出来たらミカサの家のやり方に変更して貰えるようにやってみるよ」

ミカサ「そうね。高校生になったのだし、自由がないと大変かもしれない」

マルコ「うん。話し合うべき時期なのかもしれないね」

アルミン「だね」

ジャンはまだ表情が定まらない。動揺しまくってるな。

ミカサ「ジャン?」

ジャン「ん? ああ……悪い悪い」

ジャンが急にニヤニヤし始めた。気持ち悪いな。

ミカサ「どうしたの?」

ジャン「何でもねえよ。何でもねえ。ああ、何でもない」

オレとの仲を疑ってたのはジャンも同じか。

でもオレとミカサがそういうんじゃないって知って嬉しかったんだろう。

ま、だからと言ってミカサがジャンを選ぶかは別問題だが?

マルコ「…………そろそろ、勉強再開しようか」

アルミン「そうだね」

二人がそう言い出したので、オレ達はラウンジを出て図書館の方に戻った。

そして閉館の夕方5時近くまで居座って、今日の勉強は無事に終了した。

駅までは一緒に帰って、そこで皆と別れた。

そして忘れないようにロッカーの荷物を回収したのちに帰宅する。

夕方は人が増えていた。帰宅ラッシュと丁度かち合ったみたいだ。

エレン「ミカサ、こっちに寄れ」

ミカサ「うん」

ミカサと一緒に端っこに寄る。手荷物があるせいで窮屈だったけど、仕方ない。

電車はガタンガタン……ガタンガタン……と、いつものリズムだ。

しかしその時、


キキキキ………


急ブレーキが起きた。その衝撃に、電車の中が大きく揺れる。

何だ? 事故か?

アナウンスを待つ。どうやら、次の駅の方でトラブルが起きたみてえだ。

ざわざわざわざわ……

皆、落ち着かない。電車の中は不安な空気が流れていた。

ミカサ「大丈夫かしら?」

エレン「…………」

ミカサ「エレン?」

ミカサはまだ気づいてない。うーん、どうするかな、これ。

何も言わなければ、このまま堪能出来そうだが、いや、いかんいかん。

そういう場合じゃない。しゃんとしろ、オレ。

エレン「いや、別に。いいけど」

ミカサ「え?」

エレン「その……太ももでオレの足、挟んでる」

ミカサ「!」

ラッキースケベ再びだ。

ジャンに見られたらまた嫉妬されそうな状態になってしまった。

でもこれは、事故だ。事故のせいでこうなったんだ。

お、オレは悪くねえ。悪いとすれば、事故のせいだ。

と、必死に言い訳しつつ、ミカサとは視線を合わせないようにする。

ミカサ「ご、ごめんなさい(パッ)」

ミカサも我に返って離れてくれた。

ミカサ「わ、わざとではないので」

エレン「いや、分かってる。大丈夫だ」

勿論、ミカサも悪くない。悪いのは、事故だ。

電車はまだ動きださない。ざわざわしている。

エレン「………………」

あーでもやべえ。今の、ちょっと気持ち良かった。

ミカサの体温とか、太ももの柔らかさとか、匂いとか。

…………って、考えている場合じゃない。

ミカサの感触を噛みしめてどうする。

数分後、やっと電車が動き出した。とりあえずほっとした。

考えない考えない考えない。あー考えない。

何も考えないようにして、オレはミカサと一緒に家に帰ったのだった。

ラッキースケベのエレン。超高校級のエロ運の持ち主(?)。

今回はここまで。続きはまた今度です。ではまた。





少し遅い時間帯に家に帰ってきた親父と向かい合って話し合う。

親父は夕食をとりながら、テーブルの上にはいつものようにビールを2本だけ置いて話を聞いてくれた。

ビールを開ける前にオレは親父に今日の件を伝えて、そして金の使い方について変更して貰えるように願い出た。

一通りオレの話を聞き終わった親父はようやくビールの缶を開けてちびちび飲み始めた。

ミカサはその間、皿を洗っている。オレ達の話は筒抜けだったが、親父は構わず話した。

グリシャ「つまりエレンはミカサの家の今までのやり方でお金が欲しいと言うんだね」

エレン「ああ。そっちの方が普通だって聞いたし」

グリシャ「何か、やましい物でも欲しくなったのかな?」

エレン「いや、そういうんじゃねえけど」

グリシャ「エレン、嘘はいけない。親に言いたくないような物が欲しくなったんだろ?」

エレン「………いずれは必要かもしれねえんだよ」

先心配し過ぎかな。いやいや、でも分からんよな。急に必要になるかもしれないし。

グリシャ「ふむ。いずれ、ね。だったら必要になった時に切り替えればいいんじゃないかな?」

エレン「え、じゃあ……その時になったら切り替えてくれるのか?」

グリシャ「いや、切り替えないけど」

エレン「ええ……期待させるなよ、父さん」

グリシャ「ふふふ……エレン。一応、我が家の金は私が稼いでいるんだよ。その使い方を決める権利は私にある」

エレン「…………」

親父は手ごわい。論理的に攻められると勝てた試しがない。

エレン「どうしてもダメなのか?」

グリシャ「エレンの動機が弱いからね。いつも言ってるだろ? 「理由」をちゃんと言いなさいって」

エレン「…………バイトしようかな」

最後の手段をちょっとだけ持ち出して脅してみる。

エレン「うちの高校、別にバイト禁止してねえし。そう言う事ならオレ、自分の交遊費くらいなら自分で……」

グリシャ「もしそのせいで学業が疎かになったら私は学費をビタ一文も支払ってあげないよ、エレン」

エレン「うぐっ……!」

逆効果だった。くそ! そっちの方が困る!

グリシャ「そういうのを本末転倒と言うんだよ。エレン。アルバイトはまだ早い」

エレン「そ、そっか……じゃあ父さんはミカサに対しても同じようにするつもりなのか?」

グリシャ「それはミカサ次第だよ。私はミカサとは血の繋がりがない。扶養家族ではあるけれど、それ以前にミカサのお母さんの娘さんなんだ」

エレン「そ、そうなのか」

グリシャ「うん。エレンとミカサを同じようには考えてはいないよ。ミカサには選択する権利はあるが、エレンにはない」

エレン「まあ、それは分かるけども」

まあそらそうか。ミカサと親父は血が繋がってる訳じゃないし。

同じように考えるのが間違ってるよな。

エレン「オレ、ショックだったんだよな。普通は親に買った物を報告したりしないっていうの。管理されている事が当たり前だと思ってたのに、それが違ってたなんて……それを知らない自分が恥ずかしかったんだ」

グリシャ「エレン、私が交友関係を広げなさいと言っていた意味が分かったかい?」

親父はオレの狭い世界を心配してたんだろうな。

確かに他人と接することで別の世界が見えてくる。それを知れたのはいい事だと思った。

エレン「ああ。父さんの言ってた意味、ようやく分かった。オレ、ミカサとの関係がなかったら、それを知るのがもっと遅かったと思う。アルミンとかしかまともに話してなかったから、それ以外の世界を知らなかった」

グリシャ「それが分かったのなら、もう少し詳しく説明してあげよう」

親父の目の色が変わった。これは大事な話をする時の親父の顔だ。

グリシャ「お金というものは、大事な物なんだ。生きていく上では必ず必要な物だ」

エレン「それは分かる……」

グリシャ「でも同時に、その使い方を誤れば、身を滅ぼす物でもあるんだよ」

エレン「身を滅ぼす…? どういう意味だ?」

大げさな気がしたが、決して大げさではなかったようだ。

グリシャ「お金があれば欲しいと思った物を手に入れられる。それはとても怖い事なんだ」

親父の眼鏡が一瞬、光った気がした。

エレン「怖い…? 何で?」

グリシャ「例えば、ここに仮に100万円あったとしようか」

テーブルの上に置いてたティッシュ箱を札束の代わりにして話を進める。

グリシャ「この100万円を全部自由に使っていいとするよ。エレン、なら何に使う?」

エレン「え? 全部使っていいなら、そりゃあ……まずは食物を買うかな。後は生活に必要な衛生用品とか。それから新しい洋服、んで余ったら、漫画でも買うかな」

グリシャ「ふふふ……いい順番だ。だけどね、エレン。そういう使い方が出来ない人間も世の中には大勢いるんだ」

エレン「ど、どういう事?」

グリシャ「つまり、酒、タバコ、女遊び、ギャンブル。この四つにつぎ込む人間もいるって事だ」

エレン「え……そうなのか? オレはそんなのには使おうとは思わねえけど」

グリシャ「そういう思考を育てる為に、私は今まで小遣い制にしなかったんだよ」

つまり遊ぶ為に無駄な金を注ぎ込むような子に育って欲しくなかったって事か。

グリシャ「お金を使う時に『何故それが必要なのか』という思考を何度も繰り返す事によって、本当に必要な物を優先するような子に育って欲しかったんだ。現に今、エレンは臨時収入が入っても、まず一番最初に「食物」と答えた。これは私の育て方が間違っていなかった事を証明しているよ」

エレン「そ、そうなのか。父さんはちゃんと目的があって、オレの買い物を管理していたのか」

グリシャ「うん。加えて言うならこういう思考の訓練は社会に出てからも確かに役に立つ。もし将来、エレンが会社を起こすような事があれば、会社の物を全て管理する必要が出てくる。そういう時に、予算を組んだりする場合に理由付けが出来ないと、やっていけないしね」

エレン「? んーんと、父さんはオレに会社を起こして欲しいのか?」

グリシャ「あくまで例えだよ。それ以外にも、エレンはちゃんと考えて行動するだろ? 私はそういう子に育って欲しかった」

エレン「そうだったのか……」

親父には親父なりの信念があってそういうやり方にしていたのか。

なるほど。そこまで言われたらオレもそれを覆す事は出来ないと思った。

グリシャ「………というのは建前で、本当は未成年に酒タバコをやらせない為なんだけどね」

エレン(ズコー)

……と、折角思ったのに台無しにされてしまった。

何だよ! オレ、信用ねえのかな。

エレン「と、父さん……」

グリシャ「高校生ともなれば誘惑も多いと思うけど絶対ダメだからな、エレン」

エレン「別に酒タバコに興味なんてねえよ……」

グリシャ「今はなくとも、いずれは、だろ?」

エレン「うっ……」

しまった。そうか、親父はそっちの意味で捉えちまったのか。

ち、違うのに。そっちじゃねえのに。

でもそれを言い出すのも恥ずかしくて言えなかった。

グリシャ「余計な金は持たないに限る。自分の自由になる金が欲しいのなら、まずは学業を優先させて少しでもいい大学に入りなさい。社会に出る前に勉強しないといけない事は山ほどある」

エレン「やっぱり父さんはオレに大学に行って欲しいのか」

グリシャ「出す準備はしているよ。必要なら大学院まで出してもいいと思ってる」

何だかすげえ勿体ない話だと思った。

エレン「オレ、そんなに頭がいいほうじゃねえんだけど」

グリシャ「それはエレンがまだ、将来が漠然としているからだよ。目標が見えたらきっと、成績は伸びる。エレンはちゃんと努力出来る子だからね」

うーん。親父に期待されるのは嬉しいけど、オレ、今のところ行きたい大学もない。

というか、将来をどうするのか、まだ全然見えてないんだ。

でもその時の為に親父が支援してくれるっていうなら、それを無下には出来ない。

だから今は我慢して親父のやり方に従おうと思った。

エレン「分かったよ。父さんがそこまで言うならお金は今まで通りでいい。ただ……」

エレン「もし万が一、本当に万が一、高校生の間に彼女が出来たら、その時だけは、その……」

親父になんて説明するべきか悩んでいたら、察してくれたのか途中で遮って、

グリシャ「ああ、その時は全部「デート代」でくくってあげるから。詳しい内容は聞かないよ」

エレン「…………助かる」

それでも親にはバレバレになると思うと、高校生の間は彼女、作れないかなとも思った。

いやでも、分からないからな。高校生の間に彼女が出来る可能性は0じゃねえよ?

…………一旦、考えるのをやめよう。先の事を心配してもあんまり意味ねえし。

話が大体終わったので、オレはとりあえず自分の部屋に戻ることにした。

でもオレがテーブルの席から離れたら、親父とミカサが話し出したので、ちょっと気になった。

その内容を盗み聞きするのも失礼だから、とりあえず階段のところで待ってみる。

話が終わったようだ。ミカサが階段を上ってくる。

エレン「ミカサはどっちにしたんだ?」

話の内容は大体、予想はついた。

親父の意向になぞるのか。それとも今まで通りにするのか。

今後について親父と話し合ったんだと思う。すると、意外な答えが。

ミカサ「エレンと同じやり方に変えて貰った」

エレン「いいのか?」

ミカサ「うん。私もこの家の子だから。おじさんの意向になぞるべきだと思う」

エレン「親父はミカサは選んでもいいって言ってたのに」

ミカサ「でも案外、おじさんのやり方の方が節約もうまくいくのかもしれない。以前の家計簿と比較してみるもの面白いかもしれないと思って」

エレン「……そうか。そう思うのならまあいいか」

ミカサのこういうところはオレには真似出来ないな。

そしておばさんがお風呂からあがってきたんで、オレの風呂の番になった。

下に降りてさっさと入る事にする。

エレン「ふー」

脱衣所にタンスを置いているんで、部屋から下着等の着替えを持ってくる必要はない。

ちょっと便利だろ? 母さんがそうしたいって言ったからそういう造りになってるんだ。

つまり衣類は脱衣所と自分の部屋、2か所置いているんだ。

体を洗って湯船に入る。あー今日は1日、疲れたな。

疲れを風呂で癒す。腰風呂だったり、肩まで浸かったり、その日の気分で適当に入る。

今日はなんとなく肩まで浸かりたい気分だったので、腰を落として入った。

エレン「…………将来、か」

今日の事を振り返って考える。

ジャンは色恋沙汰に一生懸命になり過ぎてたまにうぜえと思うけど、それを含めてちゃんと将来を考えているところは羨ましいと思った。

アルミンとミカサ……マルコもかな。3人の場合も問題はないだろう。

それだけの学力はあるし、本人が望めば何処でだっていけそうな気がする。

エレン「オレだけ、何もねえな」

学力は普通。未来も特に希望がない。その辺の高校生。

いや、オレみたいな奴はそこら辺に一杯いるかもしれないけど。

この時は何となく、周りと比べて小さな劣等感を感じていたんだ。

せめて「目標」が欲しかった。その為になら命を削り捨てても構わない、と思えるような「何か」が。

まだ出会ってないだけなのか、それとも見えてないだけなのか。分からないけど。

エレン「いや、それを探す為に高校生活、頑張るんだろ」

そうだ。まだ高校生活も始まったばかりなんだ。焦る必要はないよな。

とりあえず明日の事を考えよう。明日は明日の風が吹く。

そう思いながら、オレは体を湯船から出して、ゆっくりふーと息をついたのだった。






そして4月も終わりの30日。水曜日。

この日は6限目に美術の授業があり、予想外の展開になった。

気分屋のピクシス先生が「やっぱりモデルは女子の方がいいかもしれんの」と言い出して静物画の鉛筆デッサンを急遽止めて、人物デッサンに変えたんだ。

げー。オレ、まだ静物画の方、完成してないのにな。

でも一度言い出したら意見を変えないようで、先生はノリノリで変更した。

んで、なんやかんやあって、投票でモデルを決める事になって、男子はミカサ(チャイナ服)で、女子はベルトルト(パンツ1枚)の格好を描く事になったんだ。

あーもう。何かこう、オレとしては複雑な心境だったけどな。

だってミカサが男子に囲まれてるんだぜ? 本人は嫌そうではなかったけどさ。

サイズがきつめの、伸びるストレッチ素材のチャイナだから、体のラインが結構はっきり分かる。

特に下半身。艶めかしい。スリットの先を直視するのはきつい。

別の意味でも、もやもやしてくるんだよ。

皆、平気なのかな。いや、何人か鼻の下伸ばしながら描いてる。ラッキーだと思いながら描いてるみたいだ。

くそ。授業に格好つけたセクハラのような気もしたんだが、ミカサは眠そうにしている。

オレはあんまり下半身を見ないように絵を描いてしまった。

そのせいで顔が大きくなりすぎて、上半身が中心の絵になってしまった。

ユミルに後で突っ込まれた時はひやっとしたが、気合入れて顔を描けと言われたから、そうする事にした。

後片付けの途中でジャンとミカサが話し込んでいるのに気付いた。

ミカサがこっちに視線を向ける。何だ?

話を聞いてみると、どうやらGWにジャンがうちに遊びに来たいと言ってるようだ。

ミカサ「エレン、いいのだろうか?」

エレン「はあ?! 何でうちに来るんだよ」

勘弁してくれよ。休みの日まで気遣わせるなよ。ミカサに。

絶対ゴージャスなおもてなしするぞ。んで、ジャンが有頂天になるに決まってる。

それを想像すると、また頭を抱えたい気分になった。

エレン「マルコは別にいいけど、ジャンはダメだ」

マルコ「まあまあエレン、そう意地悪しないであげてよ」

ジャンにわざとそう言い聞かせると、あいつ本気で涙目になった。

うっ……ちょっと意地悪し過ぎたか?

ミカサ「何でそうジャンに意地悪するの?」

エレン「それは……別にいいだろ。オレとジャンはそんなに仲良くねえし」

アルミン「まあ、でも喧嘩するほど仲がいいとも言うよね」

エレン「アルミン、どっちの味方だよ」

アルミン「え? 僕? 僕はどっちの味方もしないよ」

アルミンも気づいてるんだろ。ジャンの下心に。

はあ。頭いてえ。

アルミン「GWは僕も予定は今のところ何もないかな。遊びに行ってもいい?」

エレン「おう、勿論いいぞ。うち来い」

マルコ「だったら皆で遊べばいいじゃない。ね? エレン」

アルミンとマルコだけなら平和だからいいけど。

ジャンが来ると面倒臭そうで嫌なんだよな。本当は。

でもここでジャンだけ除け者にするとミカサが怒り出しそうだ。

ジャンはおまけだ。お菓子のおまけみたいなもんだ。そう思う事にした。

エレン「………分かったよ。仕方ねえな」

ミカサ「では、私もそのつもりで準備しておく」

ミカサがすっかりやる気満々だ。あーもう。人の気も知らんで。

でも仕方ねえか。ミカサはこういうの、好きなんだよな。

いろいろ複雑な思いを抱えながら、オレはため息をつくしかなかった。






次の日。5月1日。この日は放課後、委員会活動だった。

月の初めの日、月に一度のペースで委員会の会議が行われる事になっている。

オレ達は演劇部の方でもリヴァイ先生とは会っていたが、委員会の方で会うのは初めてだった。

リヴァイ先生の担当クラスは3年1組なので3年生のクラスに初めて足を踏み入れる事になった。

1年生は3階、2年は2階、3年生は1階という教室の割り振りだから、1年の間はあんまり1階に用はない。

だからつい、物珍しく思って3年の教室をジロジロ見ちまった。

部屋の造りは1年と変わらない。だけど掲示板とかに貼られているプリント等が沢山あった。

大学の資料と思われるキャンパス情報が沢山、貼られていた。

リヴァイ先生がまだ来てないので、ちょっとその辺をこっそり見させて貰う。

するとそこにペトラ先輩とオルオ先輩が顔を出してきた。

ペトラ「あら、エレン。あなたも整備なの?」

エレン「あ、ペトラ先輩、オルオ先輩」

オルオ「ミカサも整備か。つくづく縁があるな」

ミカサ「みたいですね」

知ってる顔がいたので安心した。そういやこの二人は3年1組だったな。

ちょっとこのプリントについて聞いてみるか。

エレン「オルオ先輩、県外の大学の情報も結構貼ってるんですね」

オルオ「ああ。1組は大学進学を目指してるクラスだからな」

ペトラ「大学になると全国いろいろあるからね。いくつか候補をあげておいた方がいいわよ」

オルオ「なんだ? エレンは大学進学組か?」

エレン「いえ……まだはっきりとは決めてないんですが」

ペトラ「まあ、まだ1年になったばかりだしね。今はまだ先の話に感じるわよね」

エレン「それはそうなんですけど……うちは親が出したがってるみたいなんです」

と言うと、オルオ先輩が納得した表情で言った。

オルオ「そりゃ男は大学出ておかないと後々きついからな。高卒と大卒だと初任給からして差が出る。大学は出ておいて損はないぞ」

エレン「やっぱりそうなんですかね」

親父もその辺を見越しているんだろうか。

ペトラ「1年のうちからでも、興味があるなら資料は貰える筈よ。進路指導のエルヴィン先生に頼んでみたら?」

エレン「それは知らなかったです。後で聞いてみます」

そんな感じで話していたらリヴァイ先生が教室にやってきたんで席についた。

リヴァイ「今日は新しい委員の紹介と、あと委員長と副委員を決めたいと思うが……」

リヴァイ先生は集まった生徒を見渡して、

リヴァイ「多数決で決めるのも時間の無駄だから指名して決める。3年1組のオルオ、ペトラ。お前らやれ」

顔見知りの特権を使ってさっさと決めてしまったようだ。

先輩達はまさか指名されるとは思ってなかったようでびっくりしていたが、二つ返事でOKした。

リヴァイ「整備委員の活動は月に一度、校内の全体の点検を行うのが主な仕事だ。まず各クラスの掃除用具の点検。不備のある用具が見つかったらチェックして報告しろ。新品と交換する。その後は、校舎の外に出て落ち葉の清掃や危険物(割れたガラス等)がないかのチェックだ。それが終わったら……」

リヴァイ先生の指示を聞き漏らさないように注意する。

リヴァイ「……以上だ。手早くやればそう時間はかからん。全員で一気に終わらせるぞ」

一同「「「はい!」」」

という訳で、普段の掃除の時間とはまた違った校内清掃が始まった。

1時間かかったかな? かからないくらいの時間で全てのチェックが終わったようだ。

リヴァイ「ふむ。終わったようだな」

無事に終わったんで、次は部活だな。と意識が逸れていたその時、

リヴァイ「……おい、お前」

3年男子1「は、はい…!」

急にリヴァイ先生の顔色が変わったから皆、一斉にびっくりしたんだ。

何かもめてる? げ! リヴァイ先生、男子生徒の頭を片手で掴んでるぞ。

アイアンクローみたいな攻撃を食らって、3年の男子はすっかりびびっていた。

リヴァイ「………髪の毛にタバコの匂いが微かに残っている。どこで吸った」

3年男子1「いえ、吸ってません! 吸ってるのは父親で、移り香です!」

リヴァイ「分かった。では保護者に確認しよう。少し待ってろ」

3年男子1「!」

タバコかよ! 受験のストレスから逃げたかったのかな。

でもそこで誤魔化したのは間違いだったな。

3年男子1「す、すみません! 嘘をつきました! その……昼休みに校内の便所で少しだけ、吸いました」

と、その男子が白状した瞬間、リヴァイ先生は携帯を切っていきなりその男子の頭を掴んで一発、腹バンを決めた。

エレン「!」

お、おう…。オレも腹バン食らった(オレは足蹴りだけど)からその痛みは分かるぜ。

すっげー痛かった。いや、手加減して貰ってたとは思うけど、痛かったぜ。

3年の男子も痛そうに必死に堪えている。

リヴァイ「………未成年の喫煙は校則ではなく、法律で禁止されているのは知っているよな?」

3年男子1「は、はい……(うげえ…)」

リヴァイ「知っていて、その上で校内で吸ったという事は、そのせいで他の奴らにまで迷惑がかかる事も知っているよな?」

3年男子1「は、はい……」

リヴァイ「それでも誘惑に負けて吸ったと言うことは、貴様自身が悪いって自覚はあるんだな?」

3年男子1「は、はい! もう二度と吸いません! 絶対に!」

リヴァイ「……………二度目はないぞ」

緊張した。すっげー怒ってたな。

エレン「き、厳しい先生だな……」

皆が解散した後、オレがポツリと言うとオルオ先輩は「そうか?」と首を傾げた。

オルオ「あれでも丸くなった方だぞ。オレ達が1年の頃は、もっと厳しかった」

ペトラ「そもそもリヴァイ先生に会うって分かってる日にタバコ吸ってくるってのが舐めてる証拠よね」

潔癖症で有名な先生に会うのにタバコ吸うってのは、確かに舐めてる証拠だ。

自業自得だとは思うが、にしてもあの体罰はすげえ。

ミカサ「でももし、今のを訴えられたらリヴァイ先生が不利なのでは……」

ミカサがポツリと言うと、ペトラ先輩は「それはないと思うよ」と言った。

ペトラ「そもそもあの男子がタバコ吸ったのが悪いんだし。もし訴えたらその事実が保護者に露見しちゃうでしょ」

ミカサ「でも、そういう自分の子供の非を棚に上げて訴えてくる親も多いので……」

ああ、いたな。小学校の頃は特にそういうの多かった。

オルオ「まあ、でもそん時は見ていたオレ達が証人になるしかねえよ」

ペトラ「そうね。というか、この程度の事でウダウダ言う方も言う方よ」

ペトラ「さてと、委員会の方は終わったし、遅くなったけど部活に合流しましょ」

先輩達はさっさと移動する。

エレン「………」

ミカサ「エレン?」

ミカサに顔を覗かれた。おっと、つい黙り込んじまった。

エレン「いや、オレの親父とは違った意味で、大人だなって思っただけだ」

親父は暴力では訴えない。毎回、理論的に諭す感じだ。

でも、やってる事は、同じなのかもしれない。

エレン「今のってさ、どう見てもリヴァイ先生の方が立場、不利になるよな。それなのに、指導したって事は、それだけ相手に情がねえと出来ねえよ」

面倒臭いから見て見ぬふりだって出来た筈だ。気づかなかった事にすればいい。

でもそれをしないで、生徒を諌めたのは、それだけ生徒を思っている証拠だ。

普通はやらねえよ。あそこまでは。

エレン「なんか、リヴァイ先生ってタバコに対して恨みでもあるのかな。憎んでいるようにすら見えたけど」

ミカサ「そうね。ちょっと傍で見ていて神経質過ぎるような気もしたけれど」

その原因は、後でハンネスさんに教えて貰う事になるんだが……。

それを聞いて妙にストンと落ちた。やっぱり因果関係ってあるんだなと思った。

部活が終わって帰宅途中、下駄箱に向かう途中で、ハンネスさんとリヴァイ先生が話し込んでいるのに遭遇した。

リヴァイ先生は整備委員の引継ぎをハンネスさんに渡してたみたいだった。

ちなみにこの日はジャンは生活委員の方の活動が忙しくて、結局、部活には来れなかったんだよな。

エレン「あ、ハンネスさんだ。こんばんはー」

ハンネス「今、帰りか?」

エレン「ああ。部活終わったから帰る」

リヴァイ「では今日の分の点検結果の補充の発注を頼む」

ハンネス「了解了解♪」

リヴァイ先生が職員室に帰ってから顔を覗き込んだ。

エレン「それ何?」

ハンネス「ああ、今日委員会があっただろ? 整備委員のお仕事の引き継ぎだ。補充する分の掃除用具の発注は俺の仕事なんだよ」

エレン「へーそうなんだ。事務員さんじゃなくて用務員の仕事なのか」

ハンネス「事務員さんは書類の作成の仕事の方がメインだな。俺は校内の雑用係だよ」

エレン「そっかー…ハンネスさんが用務員になったと知った時はびっくりしたけど、板についてきたみたいだな」

ハンネス「ははは……まあな。俺もまさかこの学校でエレンと再会するとは思わなかったよ」

ハンネスさんはうちが家を建てた時からお世話になってる近所のおっちゃんだ。

まだ小さかった時からずっとお世話になってて、ハンネスさん自身も親父に世話になってる。

ハンネスさんが怪我した時、手術を執刀したのもうちの親父だ。

うちの親父はこう見えても結構腕の立つ外科医なんだ。内科も一応、やってるけどな。メインは外科の方って言ってた。

ハンネスさんは怪我が原因で警察の方はやめて、今は用務員の仕事をしている。

部活終わりにこうやって時々会う。丁度、校内の見回り時間とかち合うんだ。

ハンネス「再会で思い出したが、まさかあのリヴァイが学校の先生とはねえ…」

エレン「え? ハンネスさん、リヴァイ先生の事知ってるの?」

ハンネス「ああ。知ってるも何も、俺が若い頃、警官の頃に何度も補導したよ。あいつを」

エレン「ええええ? リヴァイ先生を補導したって……」

ハンネス「中学、高校生の頃かな。有名な不良だったんだよ。毎日タバコ吸っててさ。彼は所謂不良チームの頭だったんだよ」

へー。そんな過去があったのか。

じゃあ喧嘩とかも強いんだろうな。きっと。

ハンネス「今はタバコを吸ってないようだが……アレかな。思春期の頃に吸いすぎたせいで身長が伸びなかった事を気にしているのかもしれん」

エレン「え……じゃあ、まさか……」

ミカサ「恐らく、そうなのかもしれない」

ハンネス「ん? どうした?」

ミカサは今日のリヴァイ先生の指導の件をハンネスさんにちょっとだけ説明した。

するとハンネスさんはぶっと吹き出して笑いを堪えきれずしゃがんでしまったんだ。

ハンネス「あーははっはあ! こりゃあたまげたぜ。それは確実にタバコを吸ってた事を後悔しているな」

エレン「身長伸びなくなるっていうのは本当か? ハンネスさん」

ハンネス「まあ、統計学的に見ればそうだな。成長期に酒やタバコをやりすぎるとそうなるっていう説はある。遺伝的要素もあるが、成長は外的要因もかなり影響するからな。その辺の事は、イェーガー先生の方が詳しいんじゃないか?」

エレン「なるほど……オレ、絶対酒とタバコはしないでおくよ」

成長の妨げになるなら絶対やらん! 心に決めた。今決めた。

ハンネス「まあやらないに越したことはないがな。イェーガー先生もその辺の事は厳しいだろうし」

ハンネス「ただあんまり真面目に生きるのもそれはそれで問題だぞ、エレン」

エレン「え? 何でだよ」

ハンネス「自分の体の酒の限界がどの辺にあるのか早めに知っておけば、社会に出た時に役に立つ。知りたいなら、今度俺の奢りでこっそり飲ませてやるよ」

エレン「元警察官が未成年に飲酒を勧めてくるなよな!」

ハンネスさんは昔から酒好きだ。油断するとすぐ酔い潰れる。

体に悪いって分かってて何で飲み過ぎるんだろうな。親父みたいに量を決めて飲めばいいのに。

ハンネス「ははは! 冗談だよ。ま、二人共気をつけて帰れ。最近、変な奴も多いからな」

エレン「おう! じゃあまたな! ハンネスさん!」

エレン「にしてもリヴァイ先生が元不良だったなんてなあ、想像つかねえや」

ミカサ「…………」

エレン「ってことは喧嘩とかも強いんだろな。きっと。ちょっと見てみたい気もするけど」

ミカサ「…………」

エレン「ん? どうしたミカサ?」

帰り道、やけにミカサが静かだったから一度立ち止まった。

するとミカサはちょっとだけ汗掻いて、

ミカサ「何でもない。リヴァイ先生の過去がちょっと意外だと思ってただけ」

この時のミカサにちょっとだけ違和感があったけど、

エレン「そうだなー。見た目は真面目そうに見えてたから余計にそう思うぜ」

具体的にどう変なのかは分からなかったんで、そのままスルーしたんだ。

エレン「人は見かけによらねえって事だな」

見た目は真面目そうだったから余計にそう思ったんだ。

あ、後、酒で思い出したが、まさかミカサがあれだけ極端に酒に弱いとも、この時は思ってなかった。

酒のせいでいろいろ、こう……ハプニングが続出する事になるけど、その件はまた追々。




そしてまた月日が流れて、5月2日の夜の事。

オレは前日の夜からいそいそと何やらキッチンで準備をし始めたミカサを止めた。

やっぱりこいつ、ゴージャスなおもてなしをする気満々だった。

エレン「おいミカサ。何してるんだ」

ミカサ「明日の下ごしらえを……」

エプロン姿のミカサが可愛い。………じゃなくて。

エレン「何を作る気だ。つか、何品作る気だ」

ミカサ「………5品くらい?」

ほらな! やっぱりこうなった!

エレン「ご馳走し過ぎだ! 明日の昼頃、うち来るって言ってたけど、昼飯は食ってくるかもしれんだろ。そんなに沢山こっちで用意しなくていいだろ?!」

ミカサ「でも……」

エレン「お菓子を用意するって言っただろ? それだけで十分だ! 昼飯食って来なかった奴には、朝飯の残りをやっておけばいいんだよ!」

ミカサ「では朝食を多めに作ればいいの?」

エレン「そうそう。そんなもんでいいんだよ。クリスマスや誕生日パーティーじゃねえんだから、気合入れすぎるなよ」

ミカサ「そういう時は10品作る(キラーン☆☆)」

エレン「グレードアップすんな!」

はあ。全く。ミカサ、張り切り過ぎだろ。

料理が好きなのは分かるが、そんな腕前をジャンに披露したら、今すぐにでも嫁に来いと思われる。

頼むから少し気を楽にしてくれ…。オレの方が疲れるぞ。

そんな訳で前日、ミカサが張り切り過ぎようとしたのを渋々、諌めさせて、当日。

予定通りジャン達がうちに来た。昼飯は皆バラバラだった。

エレン「まあいいや。じゃあ腹減ってる奴はミカサが朝に作った肉じゃがの残りでいいよな?」

ジャン「料理はミカサが作ってるのか?」

ミカサ「毎日ではないけれど。今日は朝から母とおじさんが出かけているので」

親父とおばさんは今夜は帰ってこない。一泊してくるって言ってた。

まあ、新婚だしな。うちより外の方がイチャイチャしやすいんだろ。

エレン「親父の休みもそんなにある訳じゃねえしな。休みの日はおばさん優先だよ。食べたい奴は手あげろ」

んで、結局皆、肉じゃが食いやがった。

ジャンの顔が、綻んでいるのが何とも言えない気持ちになったが、我慢だ。

そして昼食をとった後、オレの部屋に皆で集まる事になった。

ジャン「くそ……オレの部屋の倍近くある」

部屋に入るなり嫉妬するジャンにうんざりする。

エレン「いちいち嫉妬するなよ。面倒臭い奴だな」

ジャン「いや、するなって言うほうが無理だろ。なあ、アルミン」

アルミン「え? 僕はもう慣れたよ。小さい頃から遊びに来てるし」

アルミンとの付き合いは長い。そうだよ。相手には慣れて貰うしかねえんだ。

それが出来ない相手なら、オレは友人としては付き合わない。

ジャン「ゲーム機いろいろあるな。うあ……お前、まだSFC(スーパーファミコン)持ってるんか?!」

エレン「まだ現役だが何か?」

ジャン「いや、SFCには名作多いから分かるが、今はもうWiiやPS3の時代だぞ」

エレン「そっちもそっちで持ってるけどな。でもソフト数で言ったらSFCとPSとPS2の方が多いかもな」

アルミン「あ、プレステ2のスイッチ入れちゃったけど、SFCの方やるの?」

エレン「ジャンは何がやりたいんだ?」

ジャン「この中だったらこれやってもいいか?」

ジャンが手に取ったソフトは………。

すっげえ懐かしいソフトを手に取りやがった。そしてなかなかの通だと分かった。

こいつを選ぶとは。お目が高いぜ、ジャン。

………ん? んー。いやいや、絆されるな、オレ。

エレン「セルタの伝説~時のオカリナ~か~でもそれRPGだから皆でやるのには向かないぞ」

面白いけどな。面白いけど、それは一人でやる時の話だ。

アルミン「しかもそれ、64の方だよね。最近、64は全然やってないけど」

エレン「ちょっと待て。押し入れに片付けてる筈……ああ、あったあった」

エレン「まあオレもやるの久々だし、細部は忘れてると思うからいいけどな」

ジャン「そうか。いやオレ、昔これ欲しかったんだけど、結局買えなくてやれずにいたゲームなんだよ。不朽の名作ってやつだろ?」

エレン「ん~まあ好みは分かれると思うけどな。オレは割と好きだぞ」

いや、本当はかなり好きなんだけど。

ジャンと好みが被るっていうのが、何か癪でわざとそう言ったんだ。

………というか、多分、オレとジャンの好みって結構、似通っているのかもしれない。

後で逆転の話をした時も好きなヒロイン、被ったし。

何かそういうのって、分かるんだよな。

と言う訳でPS2は一旦、消してセルタの伝説をやる事になった。

ウイイイン………

ゲームソフトを読み込んで早速スタートさせる。

ここから先の回想を全部やると長いから、省略する。

セルタの続きが気になる奴は3DSの方でもリメイク版が出ているから、是非やってくれ。

んでゲームを一旦終了させて、休憩して夕飯時になった時の事だ。

ミカサ「夕食を用意するので少し待ってて欲しい。準備する」

ジャン「いや、オレ達も手伝う。今日は何を作るつもりなんだ?」

ミカサ「カレーを作るつもりだったけれども。それでよいだろうか?」

ジャン「イエス! (小さなガッツポーズ)」

ミカサ「?」

ジャン「いや、何でもない。十分だ。カレー食べようぜ」

エレン「…………」

アルミン「………………」

カレーでこれなんだ。

ミカサが本気出してたら、ジャンの奴、どうなってたと思う?

想像したくねえけど、ミカサはジャンの好感度を無自覚に上げ過ぎてメーターMAX振り切れさせてたと思う。

昨日の夜、諌めて正解だった。本当に。

マルコ「まあまあ、皆で作ろうよ」

ミカサ「エレン? アルミン?」

エレン「いや、何でもねえよ。下に行こうぜ」

カレーならうちに大体ストックがあるので、すぐに作れる。ルーも常備しているしな。

ミカサ「辛さはどうしたらいい? 甘口と辛口、二種類作った方がいいなら作るけども」

エレン「うちはいつも中辛だけど、お前らは?」

ジャン「中辛で構わん」

マルコ「うん、大丈夫だよ」

アルミン「うっ……この中で甘口派は僕だけか…」

ミカサ「だったら中辛と甘口で分ける。私は甘口派なのでちょうどいい」

ジャン「だったらオレも甘口でいいよ」

ミカサ「? 中辛派ではないの?」

ジャン「あ、いや……どっちも食うよ。その方が鍋も減っていいだろ?」

ああやっぱり。オレとジャン、好みが似てるんだ。

本当は中辛なんだろな。でもミカサに合わせる気だな。

調理はジャンも手伝ってくれたけど、かなり危なっかしかった。

包丁で皮を剥こうとして失敗しかけたんで、急遽、ピューラーを使わせた。

普段ピューラーはごぼうの笹垣を作る時とかくらいにしか使わないんだが、今回は仕方ない。

モタモタしながらでも手伝ってくれるジャンに、ミカサは少し困ってた様子だったけど、満更でもない表情だった。

ミカサ、ジャンの事、友人として本当に好きなのかな。

今はそうでも、いずれそれが変わる事があるかもしれない。

そう、一瞬、掠めて、妙にもやっとした。

野菜サラダと一緒にカレーを食べる。はあ。何だか胃が重い。

そんな風に考えていたら、ミカサがうちで漬けてる漬物を出してきた。

しまった。これはうちに常備している奴だ。

そうか。昨日、オレがおもてなしの下ごしらえを止めたから、せめてこれだけは…と思って出してきたんだろう。

ミカサ「うちで漬けてる漬物だけども、良かったら一緒にどうぞ」

ジャン「おおお……自家製か。すごいな」

ミカサ「口に合うといいけれども」

ジャン「ああ、有難く頂く」

美味そうに食うジャンが本当、イラッとした。

ジャン「美味い……ミカサは料理上手だな」

エレン「ああ。ミカサの料理はいつも美味いぞ」

だからつい、口からそう出ちまって。

ジャン「お前には言ってねえよ! ミカサ、その……もし良ければ漬物を少し分けて貰えないか?」

おい、ちょっと待て。コラ。

ミカサ「持って帰る? 待って。タッパーを用意する」

そしてミカサも反応するなよ!

エレン「後にしろ! 後に! ミカサもいちいち構うなよ」

つい、怒鳴ってしまった。するとミカサが珍しくムッとした表情で、

ミカサ「………そんな言い方しなくても」

と、言い返してきた。

マルコ「いや、ミカサもゆっくり食べ終えてからでいいと思うよ」

ジャン「ああ、悪い。もちろん、後ででいいんだ。すまん…」

当然だ。順番ってものがあるだろ。飯くらいゆっくり食わせてやれよ。

と、オレは思ってたのに…。

ミカサ「ジャンが謝る事ではない。私は嬉しかった」

ジャン「!」

肝心のミカサの方がほんの少し、頬を赤らめて答えから、

オレは何か、その時、妙な胸騒ぎを感じたんだ。

ミカサ「ついでに余ったらカレーも持って帰っていい。タッパーならいっぱいあるので」

エレン「おいおい、そこまでしなくてもいいだろ……」

まずい。まずいぞ、これ。

アルミン「あ、それなら僕だって欲しいよ。余った分、おじいちゃんと食べたいな」

ミカサ「勿論、構わない」

ミカサ「マルコも持って帰る?」

マルコ「え、ええ……なんか悪いなあ」

エレン「………はあ、全くもう」

やっぱりな! 皆、ミカサに甘えだした。

こういう空気になるのが嫌だったから、下ごしらえも止めさせたのに。

結局、こうなるのか。がっくりしたぜ。本当に、もう!

ジャン(ニヤニヤニヤ)

エレン「おい、ジャン」

ジャン「なんだよ」

エレン「その馬鹿面やめろ。気持ち悪い」

お前の中のミカサ好感度はMAXいってるんだろ。分かってるよそんな事は。

ジャン「は? 何言ってんだ。嫉妬は見苦しいぞ、エレン」

エレン「嫉妬じゃねえよ。つか、オレはいつでもミカサの飯食えるし」

ジャン「は! そりゃ家族ならそうだろうな。オレが言ってるのはそこじゃねえよ。お前も本当は気づいてんだろ」

そうだ。オレがイライラしているのは、ミカサの飯を食ってるジャンではなくて、

ミカサがジャンを丁寧におもてなししている。という事実の方だ。

そこに必要以上の気遣いを感じる。ジャンもそれに気づいているようだ。

それが何を意味しているのか。オレはそれを確認するのが怖かったんだ。

エレン「…………だったら何だってんだよ」

自分でもびっくりした。酷い声が出た事に。

唸る犬のような声が出たんだ。醜い。とても汚い自分だった。

ドロドロしたものが噴き出そうになったその時、

ミカサ「二人とも、喧嘩はやめて。ご飯がまずくなる」

エレン「ぐっ………」

我に返った。ミカサの制止で。

ジャン「悪い悪い。オレのせいだな。飯は楽しく食べようぜ♪」

エレン「…………」

機嫌のいいジャンにイライラする。

マルコ「まあまあ、ご飯の時くらいは喧嘩はひっこめよう、エレン」

アルミン「そうそう。折角のカレーだしね」

エレン「…………」

本当は面倒臭い。こういうのは。でも、しょうがねえ。

止める為には、もうこれしかねえ!

オレは急いでカレーをかきこんで、2杯目にいくことにした。

ミカサ「え? 2杯目いくの? 珍しい…」

エレン「悪いかよ。残さなければ、おすそ分けする必要ねえだろ」

ジャン「!」

アルミン「なるほど、そうきたか」

ジャン「てめえ、何意地はってるんだよ!」

エレン「うるせえな! 腹減ってんだからおかわりしていいだろ?!」

ミカサ「え、ええ……いいけど」

ミカサはオロオロしているが、放っておいた。

ジャン「てめえええ……くそ、そっちがその気なら!」

ガツガツガツ……

ジャン「おかわりお願いします!」

ミカサ「ええええ……」

ジャンも負けじと食べる事にしたようだ。受けて立ってやる!

エレン「てめええ……」

ジャン「お前に全部食われてたまるか!」

ミカサ「あの、二人とも、アルミンと、マルコの分も残して……」

エレン「は! 食いだめしていく気か? そうはさせるか!」

ジャン「あ! てめえ、ぬけがけすんなよ!」

ミカサ「…………」

ミカサは呆れかえってるけどこっちも引けないんだよ!

アルミン「あーあ」

マルコ「あはは……」

ミカサ「ご、ごめんなさい。二人とも」

アルミン「いいよいいよ。また今度、で」

マルコ「うん。漬物だけでも、十分だしね」

二人は思慮深い性格をしているからいいんだが。

ジャンは調子に乗り過ぎる。絶対ここで食い止めないと、碌なことにならん!

意地になってカレーをお互いに食いまくって、二人ともダウンした。

食い過ぎたせいで暫くは動けなかった。

その間に、ミカサは風呂に行ってくるようだ。

ジャン「うっぷ……」

ジャンも食い過ぎて苦しんでいる。リビングで二人とも床の上に転がった。

ジャン「何なんだよ。そんなに土産を持たせたくないのか、てめえ」

エレン「当然だろうが」

ジャン「本人がいいって言ってるのに、何で邪魔すんだよ」

エレン「お前が後々、調子に乗るにきまってるからだ。うっぷ…」

見えてる未来を見越してやったんだ。悪く思うな。

ジャン「あーつまりそれは、オレがミカサの彼氏になって、イチャイチャする未来を想像したって事か? エレン」

エレン「違う! そういうんじゃなくてだな……」

ジャンはこう見えても人の心を見る意味では聡い。頭の回転は悪くねえ。

オレの心の深層意識をあいつはきっと、この時点で既に読み取ってたんだ。

ジャン「ははは! こりゃ面倒臭い小姑だな!」

と、ジャンが余裕の顔を見せてくるから余計にイラッとした。

エレン「ああ?!」

ジャン「もうバレてるから別にお互いに隠さなくていいだろ。つまりはそういう事なんだろ?」

エレン「そういう事って、何だよ」

ジャン「お前も焼きもち妬きって事だろ。ま、気持ちは分かるけど」

エレン「だから、焼きもちじゃねえって……」

ジャン「どの口が言ってんだ! 焼きもちじゃねえなら、何だってんだ」

エレン「だーから、オレはミカサの負担をかけすぎたくねえって話だよ!」

そうだ。この時点では焼きもちではないと、思ってたんだ。

………いや、本当は焼きもちだったのかもしれんが、でも!

この時はそれ以上に、ミカサの負担を増やさせたくなかったんだよ。

エレン「あのな、そういう気遣いを最初にしたら、その後もそういうの、お前、期待するだろ?! そうなったら、ミカサはどんどんサービス過剰になっていく。下手すりゃ自分の睡眠時間を削ってまで、相手に尽くそうとするかもしれねえだろ」

オレはミカサのそういう「気質」を心配していた。

あいつは根が優しいから、多分、好きになった相手にはとことん尽くしたいタイプなんだろう。

友情の範囲内ですら既にこれなんだ。これが恋人とかになったら、もっと酷くなるに決まってる。

家族のオレにも、油断するとすぐ何でもやってくれそうになる。

酷い時はオレのパンツも畳んでタンスに入れようとしてたしな。あの時は焦ったぜ。

……って、今はその話じゃねえ!

エレン「だからミカサのそういうのは、どこかでブレーキかけさせないと、あいつ、自分でも気づかないうちに疲労がたまっていつか倒れるんじゃねえかって、心配になるんだよ!」

ジャン「…………」

ジャンはオレの言ってる意味がようやく理解できたのか「悪かった」と謝ってきた。

ジャン「そういう意味でなら、確かにオレも調子に乗ってたわ。そうだな。そういうおもてなしを何回もして貰ったら、自覚のないまま、期待するようになってたかもしれない」

ジャンはオレの横で天井を見上げながら続けた。

ジャン「ミカサって、オレの母親にちょっと似てるんだよな。そういう世話好き気質っていうんかな。だから、お前がミカサを心配する気持ち、分かるぜ」

エレン「……………」

ジャン「お前の気持ちは分かった。だが、そういう気持ちが出てくる出所は、お前自身、どっちだと思ってるんだ?」

エレン「え?」

ジャン「だからつまり………」

ジャンが何やら真剣な表情で何かを言おうとしたその時、

ミカサ「エレン、風呂が空いた……ので」

エレン「あ、ああ……」

ジャン「!」

ミカサ「ジャン、まだ苦しいの?」

ジャン「もう治ったぞ! ああ、大丈夫だ!」

ミカサが風呂からあがってきた。だから話は途中で途切れちまったけど、

ミカサ「今日の風呂の順番は……」

エレン「………オレとアルミンが先だ。ジャンとマルコは後にしろ」

ジャン「あ、ああ……」

ミカサ「四人で一緒に入らないの?」

エレン「男四人じゃさすがにきつい。二人ずつでいいだろ」

ジャン「ああ、ああ……」

ジャンが見とれてる。無理もねえな。風呂上がりのミカサ、可愛いもんな。

ミカサ「では私はその間、片づけをしておくので」

エレン「おう、任せた」

ジャン「て、てつだ……」

ミカサ「いい。皿洗いは私の担当なので」

エレン「下手な奴がやると皿を割りかねないからな。手伝うなよ」

仕事を増やしかねないから止めさせておいた。

ジャンでは戦力にならないのは分かってたからだ。

ジャンはしょんぼりしてたが、オレはアルミンと風呂に入ることにした。

アルミン「一緒に入るの久々だねー」

エレン「かもな」

と、話しながらアルミンに先に体を洗わせて、その後にシャワーを浴びる。

アルミンを先に湯船に入れさせると、

アルミン「さっきジャンと何か話してたね」

エレン「ああ」

アルミン「ジャン、納得してた?」

エレン「多分な」

土産の件は妨害した理由をちゃんと言ったからこれ以上、揉める事はないとは思う。

アルミン「いや、僕が言いたいのはそっちじゃなくて」

エレン「え?」

アルミン「どっちなのかなって話だよ。ジャンも聞いてたでしょ」

エレン「だから、どっちって何だよ」

オレはシャワーを止めてアルミンの隣に座った。

風呂の中で話を続ける。するとアルミンは困った顔で、

アルミン「あー…家族愛の範疇なのか、それともそれ以上かって事じゃないの?」

エレン「何の話だよ?」

イマイチ理解出来ずに聞き返したら、

アルミン「………エレン、ミカサの事、好きなんじゃないの?」

オレはその質問にすぐに答えられない自分がいた。

アルミンの言う好きが「異性として」という意味なのはさすがに分かっていた。

エレン「それって、ジャンにそう、疑われてるって話か」

アルミン「そうだね。少なくともジャンは疑ってるね」

エレン「…………アルミンはどう見える?」

アルミン「僕? 僕もほぼ同じかな。でも、もしそうだったとしても、僕はエレンを責められないなあ」

と、アルミンはブツブツ言い出した。

アルミン「僕がエレンの立場なら、そりゃ心が揺らぐ。気持ちが揺れない方が嘘だよ」

エレン「……………」

オレはこの時、自分の気持ちが良く分からなくなっていた。

客観的に見た場合、オレはミカサを好いているように見えるらしいけど。

エレン「なあ、アルミン」

アルミン「なんだい?」

エレン「吊り橋効果って話、聞いたことあるか?」

アルミン「あるよ。男女が一緒に吊り橋を渡ると、そのドキドキ感を恋愛感情と勘違いするっていうアレでしょ」

エレン「ああ。今のオレって、まさにそれと同じなんじゃねえかなって思うんだが」

いきなり一緒に暮らすようになるという、特殊な状況下で、ドキドキしているせいで、それ自体は本当の「恋愛感情」ではないのかもしれない。

そう思う自分も、何処かに居るんだ。

アルミン「わお。エレン、凄いね。自分をちゃんと客観視してるんだ」

エレン「そりゃな。正直言えばミカサと一緒に暮らすようになってからは、ドキドキの連続だ」

ラッキースケベも起きたしな。裸見たり太ももの感触とか。

エレン「驚く事ばっかりだよ。でも、それは今だけで、もう少し慣れたら自然と消える可能性だってあるだろ?」

アルミン「うーん。まあ、そういう考え方もあるのかもしれないけど」

アルミンはちょっと意見が違うようだ。

アルミン「じゃあエレンの理論で言うなら、もうちょっと様子を見て、それでもミカサにドキドキするようなら、それはもう、本当にミカサが好きで異性として見ているという事になるのかな?」

証明されちゃうよね。数学みたいに。と、アルミンは言ってくる。

エレン「え? そ、そうなっちまうかな?」

アルミン「エレンの言い分はそういう事だよ。ま、それでいいんじゃない?」

とアルミンが勝手に結論付けた。うーん。やっぱりそうなるんかな。

いやでもな。ミカサは家族なんだよ。

家族になった相手にそういう感情を持って本当にいいんか?

…………いかん。頭の中が考えすぎて爆発しそうだ。

これ以上、考えるのはやめよう。一旦、放棄しよう。

風呂にあがってジャンとマルコに風呂を譲って、全員風呂に入り終わってゲーム再開。

ロンロン牧場のところに行って、なんやかんやあって、大人リンクになって、

んで、気がついたらいつの間にかミカサが先に寝落ちしてた。

あー。普段、あんまり0時を跨ぐ程の夜更かしはしないタイプだから眠かったんだろうな。

ミカサのすーすー寝ている姿をジャンが物凄く幸せそうな顔で見ている。

アルミンが布団をかぶせてやっていた。ミカサはそのまま暫くは寝かせてやろう。

で、夜中の1時を過ぎた頃、今度はアルミンとマルコが寝落ちした。

ミカサ→アルミン→マルコの順で徐々に寝落ちして、最後に残ったのはオレとジャン。

眠い眠いと言いながらオレ達二人は体力ギリギリまで、いろいろ話しながらゲームを進めたんだ。

ジャン「…………さっきの話の続き、していいか」

アルミンとマルコが寝付いたのを見計らって、ゲームをしながらジャンが問う。

ジャンはもうちょい起きているつもりのようだ。

エレン「どっちなんだって話か?」

ジャン「ああ。お前、どっちなんだよ」

オレはつい、顰め面になってジャンに答えた。

ここで嘘をついてもしょうがねえと思いつつ。

エレン「そりゃミカサの裸を見ちまったら、普通に息子は勃起するぜ」

ジャン「!?」

エレン「でも、それって血繋がってない他人なんだから当たり前の話だろ」

そう伝えると、ジャンは真剣な表情でゲームを続けた。

ジャン「…………じゃあ、ミカサの事は、異性として好きじゃねえのか?」

エレン「ミカサはオレにとっては家族だよ」

オレはゲーム画面を見つめながら言った。お互いにお互いを見ない。ゲーム画面に集中した。

エレン「家族だからな。そんな風な目で見たら、ミカサが嫌悪感を持つだろ」

ジャン「……………」

エレン「一緒に暮らしているんだし。家族としてやっていきたいんだ」

そうだ。オレの中にストンと落ちた。

オレにとって、ミカサは家族だ。だから大事にしたいんだ。

ジャン「…………そうか」

これで納得してくれたんかな。でも、ジャンはまだ続けた。

ジャン「お前の気持ちは良く分かった。でもオレは、ミカサが好きだからな」

エレン「知ってる。とっくに」

ジャン「だからお前には遠慮しない。これからも、な」

エレン「はー。そうかよ。勝手にしろ。オレもオレで勝手にする」

ジャンがうぜえと思ったら妨害するのはやめるつもりはない。

ジャン「その結果、もしミカサと付き合うようになって、結婚する事になったら、お前はオレの義理の義理の弟だからな」

エレン「先の話をし過ぎだろ。そもそもミカサがジャンを選ぶか分からねえだろうが」

ジャン「もしそうなったら、オレは多分、公務員で転勤族になるから、将来はミカサと全国津々浦々渡り歩くだろうな」

エレン「人の話を聞け!」

妄想話が飛躍し過ぎだ。ここまでくると逆にすげえけど。

でも、その時のジャンは、目の奥は笑ってなかった。

ジャン「もしもそういう未来が来たとしても、その時になって文句言うんじゃねえぞ。エレン」

エレン「………………」

何が言いたいんだよ。

ジャン「いいか、エレン。絶対、文句言うなよ。大事な事だから2回言っておく」

エレン「テンプレ通りに言わなくていい。分かってるよ、そんな事は」

ジャン「……………」

ジャンはまだ何か言いたげだった。

ジャン「本当に……知らねえからな」

エレン「何が?」

ジャン「何でもねえ!」

ジャンにキレられた。何なんだ。全く。

そんなこんなで目が赤くなるまでゲームしてたらジャンがダウンした。

だからゲームの電源を切って、そこでお仕舞にしたんだ。

急に静かになった。当然か。起きてるのオレだけだし。

エレン「……………」

ミカサがその時、目を覚ました。はっとした表情で涎を拭いている。

ミカサ「……………………………は!」

エレン「よお、ミカサ、起きたか」

ミカサ「エレン……今、何時?」

エレン「朝の4時半くらいかな」

ミカサ「?!」

ミカサ「げ、ゲームは……」

エレン「ああ、途中でセーブして一旦、止めたけど」

ミカサ「み、皆は…? あ、寝てる」

エレン「ああ。さっきまでジャンが起きて続きをやってたけど、さすがに限界だったみたいだな。寝ちまったよ」

オレも本当は眠い。だけどミカサが起きたからもうちょい起きる。

ミカサ「エレン、まだ寝てないの?」

エレン「オレ、夜更かし得意だからさ。ミカサが起きるまで起きとこうかと思ってな」

というか、ミカサに起きて場所を空けて貰わないとオレ、寝れないし。

ミカサ「な、なんで?」

エレン「いや、オレの部屋、広いけど、5人寝るのにはさすがに狭いしな」

ミカサ「ご、ごめんなさい…」

エレン「謝る事じゃねえよ。んじゃ、そろっと起きて部屋に戻れ」

ミカサ「う、うん……」

ミカサを部屋まで送ってやる。そろっとな。

んで、ちょっとゲームの話をして、引き返そうと思ったんだけど。

エレン「…………」

ミカサ「?」

エレン「いや、なんか、その………」

どうするかな。言おうかな。やめとくか。

エレン「何でもねえ。やっぱりいいや」

ミカサ「気になる言い方しないでほしい」

ミカサに困った顔をされてしまった。

ミカサ「前にも似たような事があったような」

エレン「あ、そうだったか?」

ミカサ「(こくり)エレンはたまに気になる言い方をするので困る」

エレン「…………」

ミカサ「言いたいことははっきり伝えて欲しい。もやもやさせないで」

エレン「分かった。じゃあ言うけどさ……」

ミカサ「うん」

これ、言っておかないとな。ジャンを喜ばせる必要はねえもん。

エレン「あ、朝飯は、おすそ分け出来るようなもん、作るなよ」

ミカサ「え?」

エレン「じゃあな。おやすみ。オレも、もう寝る」

それだけ言ってオレは部屋に戻った。ミカサが寝ていた場所に滑り込んで、瞼を閉じる。

眠気が限界だったオレは、そのまま数分も待たずに意識を闇に落としたのだった。

今回はここまでです。

ジャン、ここでエレンの深層心理に気づいてます。
ミカサ編で
ジャン「全く。あいつ、自分の気持ちに気づいてなければいいが………」
とぼやいてたのはそのせいです。


ジャンがエレンとミカサの同居の件を聞いた時の葛藤はこんな感じ。

ジャン(は?! 一緒に住んでる?! なんて羨ましい!)

ジャン(……いやまてまて。義理とはいえ、家族になったら結婚とか出来ないんじゃ?)

ジャン(あ、でも血のつながりないなら大丈夫だったっけ? ダメだ! うろ覚えだ!)

ジャン(その件は後で調べよう。いや、それよりも何よりも)

ジャン(現時点では、まだミカサは、フリーって事だよな? 怪しいと思ってたエレンは、家族だからって言ってるし)

ジャン(この様子だと、そうなんだよな? オレ、まだ希望があると思っててもいいのか?!)

ジャン(よっしゃあああ! このままミカサとの距離、詰めてやる!)


みたいな感じだったんで、忙しなかったんです。
表情が安定してないのはそのせいです(笑)。







軽い仮眠を取って目が覚めた。

オレより皆、先に起きてた。当然か。オレが一番寝るの遅かったし。

起きた時にはもう朝飯が出来てた。

味噌汁と納豆と焼き魚。あー日本の朝飯だー。

シンプルだけどいいよな。これで十分なんだよ。

皆、うまいうまい言ってる。当然だろ。

ミカサは出汁も手抜かない。カツオだったり煮干しだったり、昆布だったりするけど。

今日は昆布だしかな。うん。美味い。

ジャン「エレン、もっと感謝の気持ちを出せよ。贅沢な奴だな」

エレン「あ? ああ……うまいうまい」

別に嘘はついてない。ただ、ちょっといつもより味は濃いかなとは思ってた。

でも許容範囲内だし、言うのもアレかなと思って黙ってたけど。

ミカサ「表情と感想が一致してないような…」

エレン「ん? んな事ねえよ」

ミカサ「嘘、ついてない?」

あ、ミカサに勘づかれたな。こういう時、嘘つくと拗ねるから、素直に言う事にする。

エレン「……………強いて言うなら、いつもよりちょっとだけ味噌汁が濃いかなってくらいか?」

ミカサ「そう? んー……あ、本当だ。ごめんなさい。お湯を足して」

ミカサは料理に関してはちゃんと評価されたい方だから、味にはうるさい方だけど。

今日はたまたま、そうなっただけだと思う。

昨日、夜更かししたせいかな。多分。

ジャン「そうか? オレは丁度いいけどな」

マルコ「うん……いいと思うよ」

アルミン「ははは……エレン、細かいねー」

エレン「いや、昨日はミカサ、いつもと違うリズムで寝たからさ。調子悪いかなと思って、別にこれでもいいかと思ったんだよ」

ジャン「………………」

ジャンに睨まれた。普段のミカサを知ってる事と、その違いに気づいた事、両方に嫉妬しているようだ。

ふん。一緒に暮らしているんだからこれくらいは当然だ。

ミカサ「ジャン?」

ジャン「あ、いや、何でもねえよ」

ジャンは放置して飯を食べる。

エレン「飯食ったら、とりあえずいったん帰れよ。そろそろ親父達も帰ってくるだろうし」

アルミン「あ、うん。そうだね」

ジャン「ゲームの続きはまた来た時にさせてもらってもいいか?」

エレン「えー……もう、面倒くせえから、本体ごと借りて行けよ」

ジャン「は? え? いいのか?」

エレン「通われるのは面倒くさい。…………別にどうしても通いたい理由なんてないだろ?」

ミカサと会う為の口実には使わせねえよ。

ジャン「うぐっ………分かった。じゃあ借りていくよ」

目論見が外れて悔しそうにしてた。ま、ミカサとの話題のネタには出来るんだから感謝しろ。

そしてミカサと一緒に三人を見送りに行ってその帰り道。

エレン「しっかしミカサ、お前って本当、すげえな」

ミカサ「え? 何が」

エレン「いろいろ。初見で大体の事、こなしやがって。オレが初めてセルタをやった時はあんなにサクサクプレイはやれなかったぞ」

ミカサ「そう? でも、兵士にはすぐ見つかった」

エレン「あれはそれが普通だよ。マルコはマルコで異常だな。ま、でもなんか懐かしかったな」

ミカサ「そうなの?」

エレン「ああ。うちにゲームがいっぱいあるのはさ、親父が元々ゲームが好きっていうのもあるけど、母さんが亡くなってから、親父がオレに寂しがらせないようにいろいろ買ってくれたんだと思うんだよな」

ミカサが「おお」という顔をした。

エレン「親父は毎日忙しいしさ。あんまり構う暇、なかったし、オレもそれで仕方ないと思ってたし、でも、やっぱり一人でするゲームより、誰かとやるゲームの方が断然、面白れえよ」

ミカサも小さく笑ってくれた。

ミカサ「そうね。また、機会があれば皆で違うゲームをやってもいいかもしれない」

エレン「おう。今度は桃色鉄道でもいいかもな」

ミカサ「うぐっ……桃鉄はちょっと」

ミカサは桃鉄がトラウマになっちまったようだ。

エレン「そうか? まあパワプロとかも好きだけどな。Wiiでやってもいいか」

ミカサ「パワプロ?」

エレン「野球ゲームだ。実際に体を動かしてやれるゲームだからミカサに向いてる」

ミカサ「では、次はぜひそれをやろう」

そんな風にのんびりとミカサと話しながら、オレ達は家に帰ったんだ。






連休が終わるとすぐさま中間テストがやってきた。

体調を崩す事もなく無事に試験を受けて、次にやってきたのは5月25日。体育祭だ。

最低でも一人2種目出るのが義務だ。上限はないからミカサは出れる分だけ出る事になった。

50m走、100m走、400m走、騎馬戦、そして団対抗代表リレー。

特に団対抗代表リレーは推薦で一発で代表選手に決まった。ちなみに男子はライナーになった。

オレは男子の50m走と綱引きとパン食い競争に出る予定だ。

ちなみにパン食い競争は男子に人気のある競技だ。タダでパンが食えるからな。

オレ以外にもコニーやライナー、あと女子はサシャも出る予定だ。

団は全部で10色。組ごとに縦割りで団を作って色別にテントを張ってそこで応援したりもする。

1組は抽選で緑色になったんで緑団になった。団長はオルオ先輩だった。

団長だけは黒学ランの着用を義務づけられているようだ。このくそ暑い中、ご苦労様だと思った。

テントの中ですら暑い。水分補給は忘れないようにしないとな。

………ん?

オレの隣に座ってたミカサが妙に落ち着かない様子だった。

キョロキョロ周りを見た後、俯いてしまった。

エレン「? ミカサ、気分でも悪いのか?」

ミカサ「い、いえ……別に」

エレン「喉乾いたなら、ポカリあるぞ。飲んでおけよ」

ミカサは出る種目が多いからな。飲める時に飲んでおいた方がいいと思ったんだ。

ミカサ「あ、ありがとう…」

エレン「ほら、アルミンの出番だぞ。技巧走が始まるから応援しようぜ」

レースの途中に網があったり、クイズがあったり。

罠とかも仕掛けられているからそれを避けたり。

いろんな障害を乗り越えてゴールまで目指すのが技巧走だ。

アルミンは体育は苦手だが、技巧走だけは毎回1位でゴールする。

昔からこういうのは得意なんだよな。

エレン「いいぞアルミーン!」

アルミンがこっちに気づいて手を振ってくれた。嬉しそうだな。

放送『続きましては……女子騎馬戦に出る選手は東門に集まって下さい』

エレン「お? ミカサの出番だな。行って来い」

ミカサ「うん」

ミカサが一人で移動した。

それと入れ替わりにアルミンが戻ってきた。お疲れさん。

アルミン「いやーにしても、体育祭は素晴らしいね」

エレン「そうだなー」

オレはアルミンと一緒にちょっとだけニヤッとしていた。

何故なら、この日だけは女子をじっくり鑑賞する事が出来るからだ。

ちなみにうちの高校は女子は長ズボンジャージ、ハーフパンツ、ブルマーの3種類ある。どれを着用するかは本人が自由に決めていいんだ。ついでなので、この日の女子の服装を発表しよう。

長ズボンジャージ組はユミル、アニ。この二人は足肌を見せたくない派のようだ。

ハーフパンツ組はミーナ、ハンナ。この二人は普通。他の女子も殆どがハーフパンツだ。

ブルマー組はヒッチ、クリスタ、サシャ、ミカサ。この4人はブルマーで参加していた。

アルミン「絶滅危惧種のブルマー派が4人もいるなんて、僕達は幸せだよ」

エレン「ああ。そうだな…」

ミカサのいる前では言えなかったが、心から感謝している。

理由を聞いてみたら「ガチで走るつもりなので空気抵抗が少ない方がいい」というのはミカサとサシャの談だった。

サシャはオレと同じパン食い競争に後で出る予定だからそれに備えてブルマー着用しているみたいだ。

クリスタは「男子にどうしてもって頼まれたの」という事でリクエストに応えてそうなったそうだ。

誰が頼み込んだのかは怖くて直接クリスタには聞けなかった。………多分、ライナーかな。

ヒッチは、まあ、そういうのが好きなのかな、と察したけど。

ちなみに男子も長ズボンジャージかハーフパンツだ。

今日は暑いからオレもアルミンもハーフパンツだ。

上は半袖の白Tシャツタイプに学校のロゴが胸のとこに小さく入っている。

女子の中には日焼けしたくないのか、その上に長袖ジャージ派もいる。

しかし暑いから耐え切れずに二の腕を見せている女子が過半数だ。

アルミン「自由な校風の学校で良かった。本当に。心からそう思うよ」

エレン「ああ。同感だ。ブルマーが生き残ってるのって珍しいんだよな」

アルミン「そうだよ。他の高校も殆どがハーフパンツらしいよ。まあハーフパンツも悪くはないけど、ブルマーの破壊力には勝てないよね」

エレン「太ももが見放題だもんな」

アルミン「それに加えてお尻のシルエットも……(ぐっ)」

男だからな。女子がいない時はこういう話をしたりする事もあるんだよ。

放送『女子騎馬戦に出場予定のミカサ・アッカーマンさん。もうすぐ競技が始まりますので東門に集まって下さい。繰り返します……』

エレン「あれ?」

さっき、アナウンスに呼ばれて東門に向かった筈のミカサがもう一回呼ばれていた。

おかしいな。テントと門の距離はそう遠くはないんだが。

ましてやミカサが時間に遅れるなんて、妙だと思った。

アルミン「どうしたんだろ」

アルミンも不審に思ったようだ。

エレン「オレ、ちょっとその辺みてくるわ」

アルミン「うん」

オレはアルミンにそう言ってテントから出た。

その辺を探す。テントの周りは在校生や来客がバタバタと往来しているせいで、忙しなかった。

高校の体育祭だからか、中学時代の友達や先輩後輩も遊びに来ているようだ。

私服の同い年くらいの奴らがわらわらいる。

そして辺りを探していたら、ミカサの声が聞こえた。

ミカサ「やめて下さい。その……」

ミカサが見知らぬ金髪の男に絡まれていた。げ! またナンパか?

そう思って駆け寄ろうとしたら、オレより先にミカサを助けた奴がいた。

ジャンだ。

ジャン「おい、そこのアンタ」

金髪の男「あ? なんだよ」

ジャン「アンタ、ミカサの何なんだ。もうすぐミカサは出番なんだよ。邪魔するなよ」

険悪な空気が瞬時に流れたのが分かった。

金髪の男「…………なんだよ。もう、新しい男作ってんのか、ミカサは」

ミカサ「は…?」

金髪の男「おいお前、ミカサとはもうヤッたのか?」

ジャン「は? 何言ってるんだ?」

何だ? まさかミカサの元彼氏とかなのか?

いや、でもミカサは初恋もまだとか前に言ってたし、それはないよな。

だとしたら、ストーカーか? そう過った直後、

金髪の男「まあ、無理かもな。こいつ、人に散々、期待させといて貢がせといてヤらせない、ずるい女だもんな」

話の前後が良く分からないが、男がミカサに対して暴言を吐いたのは分かった。

いかん。

考えるよりも先に体が反応した。

オレはその後に起こるであろう事態に備えて、ジャンの背中を思いっきり蹴ったんだ。

間一髪、間に合った。ジャンの拳が相手に届く前に。

危なかった。今、ジャンの奴、本気で相手をぶちのめそうとしてた。

ジャンが体勢を崩した。でもすぐ立て直して、奴は叫んだ。

ジャン「てめえ! 何しやがる!」

エレン「それはこっちの台詞だ。こんな人の往来の激しいところで何しようとしてんだ」

案の定、周りがざわついてる。これ以上騒ぎを起こしたらまずい。

ジャン「でも、こいつは……!」

エレン「ミカサ、次、女子の騎馬戦だろ。アナウンス、名指しで呼び出されてんのに気づいてなかったのか?」

オレは努めて冷静に言った。今はミカサを引き離す方が先だ。

エレン「早く行け。待たせたら全体の進行が遅れるだろうが」

ミカサ「…………」

ミカサが泣きそうな顔してたのは分かってたけど、今は仕方ない。

ミカサが東門に向かったのを確認した後、オレは相手に向き直った。何がどうなっているのか分かんねえけど、金髪の男に言ってやった。

エレン「選手の邪魔をしないで下さい。今度やったら、先生呼びますよ」

リヴァイ先生か、キース先生。他にも屈強な先生達がいる。

金髪の男「………ちっ」

男は舌打ちしてその場を去って行った。

でも暫くは警戒しておいた方がよさそうだ。

あの表情、諦めた様子ではなかった。ミカサと何か因縁がありそうだった。

ジャン「エレン、てめえなあ」

エレン「いいから席に戻れ。ここにいると他の奴らの邪魔だ」

オレはジャンを無理やりテントに引き戻した。

ジャンはキレていた。ミカサの心を傷つけたあいつを許せないようだ。

歯を食いしばって堪えているのが分かる。

女子の騎馬戦を見つめながら怒りを凝縮しているようだった。

ジャンの異変に気づいてアルミンが聞いてきた。

アルミン「…? 何かあったの?」

エレン「ああ、何かミカサがちょっと、変な奴に絡まれてたみたいでな」

オレは簡潔にアルミンに事情を説明した。

エレン「ジャンがキレそうになったから、無理やり止めて連れ戻してきた」

アルミン「ええ? そ、そうだったの? 通りで」

ミカサが遅刻したのを納得したアルミンだったが、

アルミン「そっか。そうだね。今日は部外者も自由に校内に行き来出来る日だから気をつけた方がいいかも」

と神妙な顔になった。

ジャンの怒りはまだ収まらないようで、

ジャン「……………何なんだよ、あいつ。エレン、知ってる奴か?」

エレン「いや、知らねえ。でも、ミカサとは知り合いなんじゃねえかな」

多分、そんな感じだった。

重い空気が流れる。女子の騎馬戦はミカサが大活躍していた。

ミカサの活躍のおかげであっさり勝敗が決まり、女子が退場していく。

それを見つめながら、ジャンが、

ジャン「エレン、てめえを見損なったぞ」

エレン「はあ?」

ジャン「ミカサ、泣きそうになってただろうがっ……」

言いたい事は分かるが、少し落ち着け。

エレン「あのな、ジャン………」

諌めようと思ったのに。ジャンは拳を握り続ける。

ジャン「なんで止めた! あんな野郎、殴って当然だろうが!」

あーもう。ダメだ。こいつ。頭に血が上ってやがる。

オレは自分の頭をわしわし掻き毟って言い返した。

エレン「気持ちは分かるがミカサの前でトラブル起こすなっつってんだよ! 下手したらお前が停学くらってただろうが!」

皆が見ている前で先に手出したら絶対、ジャンの方が悪く思われる。

だからオレは止めたんだ。もしそんな事になったらミカサが悲しむだろ。

ジャン「そうだけどよ! くそ……あの野郎、今度あったら絶対、陰でぶん殴ってやる!」

ミカサ「やめて、ジャン。貴方が手を汚してはいけない」

ジャン「ミカサ!」

その時、騎馬戦から帰ってきたミカサとかち合った。

ジャン「ミカサ……あいつは一体誰なんだ?」

ミカサ「……………」

ミカサは複雑そうな表情で視線を逸らした。今、ここで言うべきか迷っているようだ。

それを見かねてオレは助け船を出した。

エレン「…………ジャン、そんなのはどうでもいいだろ」

ジャン「どうでも良くねえよ! ミカサに暴言吐く奴なんて許せないだろうが!」

エレン「そうだとしても、それはミカサのプライベートな部分だろうが。今、ここで話すような事じゃねえよ」

周りの奴らも何か、こっちの騒ぎを見てるしな。

何だ? って顔して遠巻きに見てる奴だっている。

それに気づいてジャンがようやく頭が冷えたのか、

ジャン「うっ……そ、それはそうだが」

と、自分の気持ちを一旦、引っ込める事にしたようだ。

ジャン「分かった。今は聞かないでおくけどよ……もし、何か困った事態が起きたら絶対、オレに話してくれよ、ミカサ!」

ミカサ「う、うん……」

ジャンが玉入れ競技の為にテントを離れた。

オレはミカサと並んで座って黙り込む。アルミンもそれを気にしながら、ジャンの後を追った。アルミンも次の競技に出るからだ。

さて、どうするかな。

ミカサは俯いてるし、今はとても話を聞けるような空気じゃない。

とりあえずそっとして置こう。そう思い、オレは無言でいた。

そして暫くして、

ミーナ「あいたたた……」

ハンナ「大丈夫? ミーナ」

ミーナ「さっきの騎馬戦で足ひねっちゃったあ」

ミーナとハンナが少し遅れてテントにやってきた。

ハンナ「困ったね。玉入れの後の、二人三脚出る予定だったでしょ。マルコと」

ミーナ「そうなのよねーどうしよう」

マルコ「無理しない方がいいよ。誰か代わりにやってくれる人を探そう」

ミカサ「!」

なるほど。代役を探す為にこっちに来たのか。

ミカサ「だったら私が代わりにでよう」

その時、ミカサが自分から言い出した。

マルコ「いいの? ミカサ」

ハンナ「え、でもミカサ、確か他にもたくさん種目出てなかったけ? きつくない?」

ミカサ「体力なら余っている。問題ない」

マルコ「ミカサがいいならいいけど……」

マルコが意味深にこっちを見てくる。

別にいちいち許可とかは要らねえよ。

エレン「何だよ」

マルコ「いや、いいかな? エレン」

エレン「本人がいいって言ってんだ。いいよ」

マルコ「じゃあ、ミカサを借りてくね」

ミカサがほっとしているのが分かった。

ああ、やっぱりまだ話したくない事なんだな。アレ。

エレン「…………」

話したくないのは別にいいけど。

でも、どうすっかな、アレ。

チラリと、相手に悟られない程度にオレは金髪の男の姿を目に入れた。

何か、言いたげにずっと緑団のテントを見ていたし、ミカサの後姿を目で追ってる。

ストーカーかなとも思ったが、それにしては、悲しげな表情だ。

変に引っかかって、オレはどうするべきか悩んだ。

何かが起きてからじゃ遅い。でも、下手に騒いだらミカサに迷惑をかけるかもしれない。

あんまり表沙汰にしたくないんだったら、外野がつつくのは逆効果だ。

だから本当はミカサに詳しい事情を聞いておきたかったんだが。

………しょうがねえ。今は様子を見て警戒するだけに留めておこう。

そう思い、オレは神経を張りつめて相手の気配を追っていたんだ。

金髪の男は昼飯時もずっとこっちを見てた。

アルミンにも一応、事情は話しておいた。だから極力、ミカサの意識をあいつに向けさせないようにして貰ってたんだが。

ミカサ「エレン? どこを見てるの?」

しまった。オレの警戒が強すぎてミカサに悟られてしまった。

エレン「ん? いや、何でもねえよ」

ミカサ「嘘、誰かを探しているような目を…」

ミカサ「!」

ダメだったか。気づかれたなら仕方ない。

エレン「馬鹿、ミカサ。目合わせるんじゃねえよ」

ミカサのこの青ざめた表情からすると、ストーカーの可能性も出てきたな。

もしくは逆恨みとか。ミカサに振られた腹いせに嫌がらせしてるのか。

アルミン「さっきからのチラチラうっとしい視線、ミカサ狙いだよね」

エレン「ああ」

アルミンの場所からでもあいつの気配は分かるようだ。

アルミン「…………ミカサ、今日は一人になっちゃダメだと思うよ」

ミカサ「う、うん……」

アルミン「こういう外部の人が校内に入れるイベントの時は気をつけないとね」

エレン「ああ。不審者も混じれるからな。用心しとかねえとな」

そして午後の日程が始まった。ミカサを極力一人にはさせないようにしてたけど、便所だけはどうにもならない。

ミカサはアニに付き添って貰って便所に行った。

アニはミカサ並みに腹筋がある女子らしいから、きっと任せても大丈夫だろう。

そしてミカサが便所から戻ってきて数分後、いよいよ花形競技である団対抗リレーが始まった。

しっかりストレッチをしている。でもミカサの表情がどこか固かった。

緊張してるのかな。皆に見られてるから。

いや、でも何か、そういう感じでもない気がする。

うまく言えないが、何となくこの時、オレは嫌な予感がしたんだ。




パーン!



ピストルの合図と共に一斉に走り出した。

女子の間では当然、ミカサがトップに躍り出たのだが……。

エレン「!」

げ!

ミカサが途中で、まさかのバトンを落とすという凡ミスをして、大幅に順位を下げてしまったんだ。

な、何でだ?! あいつ、確かにドジなところもあるけど、こういう凡ミスをするような奴じゃないのに!

そう思った直後、ミカサが何故かトラックを抜け出して勝手に離脱した。

え? え? 何でトラックを抜け出すんだ?

走り終わった選手はトラック内で待機だろ?!

ミカサの突然の暴走に周りも首を傾げている。

オレは嫌な予感がして、ミカサの後を追った!

ジャンも一緒についてきた。その先には案の定、例の金髪の男がいたんだ。

金髪の男「話したかったのは、あの時の事だ。謝ろうと思ってた。ずっと」

男とミカサの会話が聞こえた。

真剣な気配に、すぐに声をかけられなかった。

それはジャンも同じで、オレ達はミカサの背中越しにその男を見つめてしまったんだ。

金髪の男「あと、さっきは言いすぎた。悪かった。なんか、仲良さげな男が傍にいたから、つい……」

さっきとは雰囲気が全然、違った。

柔和な印象の男だった。こっちが本来の、奴の顔なのか。

金髪の男「ミカサはモテるからな。いろんな男に言い寄られるだろ」

ちょっと卑屈で。

金髪の男「美人だし、優しいし、料理上手だし、気遣いも出来るし、たまにドジだけど……」

ミカサの事を良く見ていて。

金髪の男「そこもカワイイと思ってる。多分、ミカサのそれは欠点じゃないんだ」

ミカサをちゃんと評価して。

金髪の男「あー何言ってるんだ、オレ」

自問自答して。

金髪の男「とにかく、そういう事なんだよ」

そいつは、結論付けた。

金髪の男「…………やっぱりオレじゃダメなのか?」

ミカサ「ごめんなさい……」

何でだろ。さっきまではそいつの事が気持ち悪くてしょうがなかったのに、

その様子を見た瞬間、急に、それが消えちまった。

金髪の男「……他に好きな奴でも出来たか?」

ミカサ「そ、それは………」

金髪の男「彼氏がいるなら、きっぱり諦めもつくんだけどな。いねえの?」

ミカサ「…………(こくり)」

ミカサが頷いたその時、その男はオレ達の方を見た。

金髪の男「いや、でも……もうすぐ出来るのかもな」

ミカサ「え?」

金髪の男「そんなに睨まなくても、何もしねえよ」

睨んだつもりはなかったんだが、向こうはそうは受け取らなかったようだ。

ミカサが慌ててこっちを振り向く。

ミカサ「えっ……どうして」

エレン「あんな顔でグラウンド抜けたら誰だって気になるだろうが」

ジャン「何もされてないか、ミカサ」

ミカサ「う、うん……」

金髪の男「人をストーカーみたいに言うなよ。何もしてねえよ」

ジャン「は! どうだかな!」

エレン「ミカサ、帰るぞ」

ミカサ「うん……」

ミカサがきっぱり振った訳だし、これ以上の事はないだろうと。

そう思いながらオレ達はミカサを回収したんだが。

ミカサが足を止めた。そしてくるっと振り向いて、

何か吹っ切れたような表情で、叫んだんだ。

ミカサ「先輩!」

エレン「!」

ジャン「!」

ミカサ「肋骨を、折っちゃってごめんなさい!」

お辞儀をして謝るミカサに奴は苦笑してた。

エレン「え?」

ジャン「え?」

金髪の男「もうとっくの昔に治ってるから大丈夫だ!」

それだけ答えて、向こうも爽やかに学校の外へ出ていった。

あいつが出ていくのを見送ってからオレ達は、ミカサを見た。

エレン「肋骨、折った……?」

ジャン「何の話だ?」

オレは大体、察する事は出来たが…。

やっぱりミカサ本人の口から詳しい説明をされた時は驚きを隠せなかったんだ。

ミカサ「あの人は、私を初めて押し倒そうとしてきた人」

エレン「はあ?!」

ジャン「なななな!」

ミカサ「その時に私は抵抗して、彼の肋骨折ってしまった。ボキッと」

エレン「はー?!」

ジャン「え? 本当に折っちまったのか?」

ミカサ「本当に折った。肘鉄で反撃して、病院送りにした。彼以外にも、何名か、やった」

エレン「え……何名か、って、えええええええ?!」

確かに出合い頭にハイキックは見たけど。素晴らしい蹴りだったけどな!

相手の骨を折るくらいの強さがあるなんて、そこまで想像はしてなかった。

ミカサ「だって全員、こちらの同意も無しに事を進めようとした。……ので、当然の報い」

ああ。正当防衛だって事だよな。

いや、でも、場合によっては過剰防衛で逆に訴えられそうで怖いな。

ミカサ「でもそのせいで、私の評判は地に堕ちた。それまでは普通の生徒だったのに。集英高校もそのせいで内申が悪くなって落ちた。点数的には問題なかったけど、暴力沙汰を起こしたような生徒は要らないと跳ね除けられたの」

ジャン「そ、そうだったのか……」

ミカサ「なので講談高校の方に拾ってもらった。こっちの高校は私の言い分を正当性があるとして認めてくれて、内申で落とされる事はなかった。本当、拾われて良かった…」

あー。ここでようやく謎が解けたんだ。

ミカサの様子がおかしかった理由が全てそこに繋がった。

ミカサ「ごめんなさい。なかなか話すふんぎりがつかなくて。今まで話せなかった」

ジャン「いや、それは仕方ないだろ。そういう事なら仕方ねえよ」

エレン「ああ……同感だ。でも、なんか納得したぞ」

エレン「ミカサと初めて会った時、すげえ強い女だなって思ったけど、ソレが原因だったんなら、講談に来たのも頷ける」

ジャン「でもオレにとってはかえって良かった。ミカサとこうして会えたんだしな」

ミカサ「そうかしら?」

ジャン「集英の方にいってたら、こうして一緒に話してないだろ」

ミカサ「そうね。すれ違ってもいないと思う」

ジャン「だったら、この偶然に感謝しねえとな」

ミカサ「………私の事、怖くないだろうか?」

エレン「えっと、全く怖くないと言えば嘘になるが……」

張り手を食らった身としては、嘘はつけない。

エレン「元々悪いのは、その無理やり言い寄ってきた奴らだろ。ミカサは悪くねえんだし、別にいいよ」

ジャン「そうだな。っていうか、それくらい貞操観念がしっかりしている女の方がオレは…………」

ミカサ「え?」

ジャン「……な、何でもねえ!」

うぜえええええ………。

エレン「…………(半眼)」

もう突っ込む気力もねえよ。

ジャンは口笛を吹き始めてしまった。誤魔化し方も雑だな、おい。

エレン「しかし、反撃されるの分かってて迫ってくる奴らがいたって……どれだけドМな奴らだ」

ジャン「むしろそれが目当てだったんじゃねえか?」

エレン「あり得るな。十分あり得るぜ」

ミカサ「え? どういう事?」

エレン「いや、ミカサにぶん殴られたい願望の奴らがその事件を切っ掛けに群がってきたのかと思って」

ミカサ「は? ぶん殴られたい……? 意味が分からない」

普通は分からんだろうな。多分、特殊な性癖の持ち主じゃねえと分からん。

どう説明すれば感覚が伝わるのか。オレはしばし悩んだ。

エレン「あー……なんていうかな。子供の頃、親父にわざと、ブーンとかやられなかったか?」

ジャン「こう、乱暴に扱われるというか……ジャイアントスイングみたいな奴だろ?」

エレン「そうそう。高い高いだったり、ちょっとそういう、ドキドキ? みたいなもんを好むというべきか……そういうのが異常に好きな変態も世の中にはいるんだよな」

ミカサ「え、えええええ………」

それを聞いた瞬間のミカサの顔が酷かった。

想像もしてなかったんだろうな。まさかそんな奴らがいるなんて。

でも、一定層の数でいるんだ。この世界は残酷だよな。

ミカサ「では私が反撃していたのは逆効果だったのだろうか…?」

エレン「いや、反撃は勿論していいんだが、そっちが目当てで近寄ってた奴も中には少なからず居たのかもしれん。でねえと、そう何人も病院送りにする事態にはならねえと思うんだが」

ジャン「ミカサ、病院送りにしちまった奴らから陰湿な報復を受けたりした事あったか?」

ミカサ「いえ……というより、同じ人から何度も迫られてしまったり、同じ事の繰り返しで辟易していた」

ジャン「だったら決まりだな」

エレン「ああ……確定だ。ミカサに惚れてた奴らは、ドМだ」

ミカサ「え、えええええ………」

もっと可哀想な顔になった。

自覚のないままSMの女王様のような扱われ方をしてたのにやっと気づいたんだな。

ミカサ「ではその彼らがドМだったせいで、私の悪評が立ってしまった訳なのね」

エレン「ん? 悪評? そんなもん、あったのか?」

ミカサ「周りからは『頭の良い不良少女』とか呼ばれてた。まるでスケ番のような扱いを受けていた……ので」

エレン「あー……その、不良集団の頭の男に『オレの女になれ』みたいな事言われたとかか?」

ミカサ「どうして分かるの?!」

ジャン「いや、まあ……ありそうな話だな、それは」

ジャンも頷いている。大体想像がつく。

ミカサ「そうなの。撃退しても撃退しても、次々と、アプローチがきてしまって……」

ミカサ「しまいにはそれらしい不良っぽい同級生に『あたいの男を取るな!』と言いがかりをつけられたり、決闘をさせられたり……もう散々な中学時代だったの」

ミカサ「孤独だったの。あの頃は。喧嘩を吹っ掛けられる事も多くて……こっちから仕掛けたことは一度もないのに、周りが私を放っておかなかった」

エレン「大変だったな……」

美人なのも良し悪しだな。オレ、普通の顔で良かった。

ミカサ「(こくり)今は、もうそういう事はないので助かっている。たまに変なナンパはあるけど」

ジャン「何っ……くっ……(拳握る)」

ミカサ「先輩には悪いとは思っている。けど………こちらの気持ちを無視して事を進めようとする男の人に魅力は感じない。強引なのはダメ」

ジャン「そ、そんなのは当たり前の話だろ」

エレン「まあな」

ミカサ「同意してくれてありがとう。つまり、そういう訳なのでお騒がせして申し訳なかった」

エレン「いいさ。こっちも事情を知れてほっとしたよ」

ジャン「そうだな。今度もし、またミカサに無理やり言い寄るような奴がいたら、駆けつけて加勢してやるよ」

エレン「…………………(冷たい目)」

ジャン。お前もあの金髪先輩の二の舞にならない保証はどこにもねえんだぞ。頼むから早まるなよ。

ミカサ「ありがとう。でももう、大丈夫だと思う。気持ちだけでも嬉しい」

ミカサの表情が明るくなった。

ま、胸のつかえが取れたのはいい事だな。うん。

放送『3年生によるフォークダンスを始めます。3年生は東門の方へ集まって下さい。繰り返します…』

アナウンスがグラウンドに響いた。もうすぐ体育祭も終わる。

結果はどうなるか。現在点数の集計中の筈だが…。

ちゃらららら~ちゃららららら~♪

お馴染みの音楽が流れて3年生が踊りだした。

オルオ先輩と、ペトラ先輩が一緒に手を繋いでいる。

ペトラ先輩が嫌そうにして、別れ際にも喧嘩してたな。

別に仲が悪い訳じゃないんだろうけど、アレが二人の会話なんだろうな。

1年はそれを眺めながら、雑談をしながら、まったりと時間を過ごした。

そして爆竹が鳴り響き、全日程が終わった。

結果発表だ。今年は……ああ、残念だ。優勝は逃してしまったな。緑団は2位だ。

エレン「また、来年もあるさ」

ミカサ「うん」

来年はきっと、もっとミカサの本気が見れる筈だ。

そう思いながらいろいろあった体育祭が終わったんだ。





後片付けをして教室に帰る。男女共に着替え終わって、暫く教室でだらだらしていたら、

逆転弁護士の話になって、何故かヒロイン論争に発展しちまったんだよな。

ライナー「馬鹿野郎! 逆転シリーズの真のヒロインはあやめだろうが!」

アルミン「異議なし!」

エレン「はあ?! メインヒロインはまよいちゃんだろ? 何言ってんだ」

ライナー「メインはまよいだ。しかし、なるほどうの初恋の相手という、不動の位置に存在している」

エレン「いやいや、それは分かるが、真のヒロインは言いすぎだろ」

ライナー「あやめの良さが分からんとは、つまらん奴め」

アルミン「僕は分かるよ、ライナー」

ライナー「同志よ!(ガシィ!)」

ミカサ「………何の話?」

ミカサがこっちに近寄ってきた。

エレン「逆転弁護士っていうゲームの話。先月、シリーズの総集編版のソフトが出たからさ。やったことあるかって話してたらいつの間にかヒロイン論争に発展しちまった」

ミカサ「そうなの…」

ミカサはまだやった事ないゲームの話だからさっぱり分からないだろうな。

でも周りはすっかり白熱しちまって、

ベルトルト「僕はめいが好きだけど……」

ライナー「鞭を振るう暴力女だぞ? あんなののどこがいいんだ?」

ベルトルト「うっ……でも、実は優しいところもあるじゃないか」

マルコ「あー分かる。テンプレ的なツンデレキャラだよね」

コニー「オレはちひろさん好きだなーあのおっぱいがいい」

ジャン「おめーはおっぱいがあれば誰でもいいんだろ…」

コニー「いや! 大きければいいんじゃなくて、形も大事だぞ」

ジャン「はいはい」

マルコ「ジャンは誰が好き?」

ジャン「あー……特別好きって程のキャラはいねえが、強いて言うならオレもめい派かもな」

ベルトルト「良かった。めいもいいよね」

ジャン「ああ、あのキリッとしたところ、いいじゃねえか」

とまあ、ジャンまで話に加わって盛り上がっちまったんだよ。

エレン「でもあいつ、結構面倒臭くねえか? まよいちゃんが一番だろ」

アルミン「エレンはああいう明るい子がいいの?」

エレン「んーなんていうか、一緒に居て一番しっくりくるヒロインだろ」

エレン「逆境の中に居てもいつも、頑張ってるっていうか……」

エレン「なるほど君の横にいるのは、まよいちゃんが一番だろ」

ライナー「いや、そういう意味なら確かにまよいが一番だが」

ベルトルト「僕たちが言ってるのは、自分の嫁にするなら、って意味だよ」

エレン「へ? 嫁?」

ライナー「そうだ。単に好みの話をしている。もし付き合えるなら、どのキャラがいいかって事だ」

エレン「うー……(唸ってる)」

何だ。オレ、てっきりカップリング的な意味合いで話してたんだと思ってた。

そういう事なら話が変わってくるぞ。

ミカサ「なるほど。妄想の話なのね」

ベルトルト「そうそう。妄想だからいいんだよ。エレン、強いて言うなら誰?」

エレン「オレは………めいかなあ」

思い浮かんだのは完璧を持ってよしとするあのヒロインだった。

ジャン「おま、さっき面倒臭いって言ってなかったか?」

エレン「いや、それはなるほど君の相棒として見た時の話で、ゲーム中でもそういう場面、多々あっただろ? 自分の好みの話なら別だよ」

ライナー「ドМ共め。鞭にしばかれたいのか」

アルミン「僕は遠慮したいなあ…」

いや、オレはドМではない。断じて。

エレン「いや、別にしばかれたい訳じゃねえけど、なんていうか、強いんだけど、弱いところに惹かれたかな」

ミカサ「強いけど、弱い???」

あーこれ、逆転やってない人には意味が通じないよな。

ジャン「そうだな。気は強いけど、弱いところもあるところがいいよな」

エレン「ああ。守ってやりたくなる感じだな。………ジャンと意見が重なるのは珍しいが」

好みに関しては何故かジャンとは良く被る。

それ以外の意見は論争になっちまうのに。不思議だ。

アルミン「守ってやりたくなるのはあやめの方じゃない?」

ライナー「ああ。彼女ほど、可憐な女性キャラはいないだろう」

ミカサ「ん? あやめもめいも可憐なキャラなの?」

ミカサが混乱しているようだ。

エレン「いや、めいの方は可憐とは言えないが……あえて分類するなら、あやめはクリスタみたいな感じで、めいはアニっぽい感じかな」

マルコ「ん? めいはミカサっぽいような気がするけど。ビジュアル似てない? 同じおかっぱだし」

ミカサ「そうなの?」

エレン「いや、ミカサはめいほどプライドが高い感じじゃねえし。ちょっと違うかな」

ジャン「雰囲気で言うなら、年齢は違うけど、検事の方のはかりさんの方に似てるかもな」

エレン「ああ、分かる。却下! って木槌振り下ろすのは似合いそうだな」

ミカサ「? では実際にやってみよう」

ミカサがまさか物真似をやってくれるとは思わなかった。

ミカサ「却下!」

エレン「ぶふーっ」

ジャン「ぶふーっ」

アルミン「あははは! 似合ってるよミカサ」

意外とはまっててびっくりした。

こうなってくると、アニの方も見てみたくなるな。

ベルトルト「ああ、ここにアニがいてくれたらなあ……先に帰っちゃったしね」

マルコ「見たかったね。アニの「異議あり!」も」

アニ「何が見たいって?」

おお? なんていいタイミングだ!

ミカサ「? 忘れ物?」

アニ「今度は弁当箱忘れた……まったく、自分が嫌になるよ」

エレン「アニ! 鞭を構えて「異議あり!」やってくれよ」

アニ「はあ? 何の話なの」

コニー「おお、似合いそうだな。見てみてえかも!」

エレン「絶対似合うって。やってくれよ」

アニ「無理。なんで私がそんな事を……」

ライナーが縄跳び持ってきた。用意がいいな!

アニ「?! ちょっと、ライナー! 何をやらせる気なの」

ライナー「真似だけでいいんだ。頼む。この通り!」

アニ「電車の時間、余裕ないんだけど……」

ライナー「電車なんて1本遅らせればいいだろう」

アニ「………全く、この借りは後で返して貰うからね。じゃあ、そこで誰か四つん這いの馬になってよ(キリッ)」

コニー「馬と言えばジャンだな」

ジャン「なんでオレだよ。別にぶたれたい訳じゃねえよ!」

バシーン!

その時、縄跳びを使いこなしてアニは言った。

アニ「誰でもいい……やらないなら帰る」

ライナー「ベルトルト、いけ」

ベルトルト「ええええ?! 僕?!」

マルコ「最初にめい派って言ったのはベルトルトだしね」

エレン「そういえばそうだったな。じゃあベルトルトで」

ベルトルト「しょ、しょうがないなあ……」

ベルトルトが本当に四つん這いになった。

アニ「いくよ……」

バシーン!

アニ「異議あり!(キリッ)」

エレン「ぶふーっ」

ジャン「ぶふーっ」

ライナー「ぶふーっ」

ミカサ「格好いい……惚れる」

ミカサが何故か頬を赤らめていた。気持ちは分かる。

ベルトルトは声にならない悶絶をして耐えている。男だな!

アルミン「予想以上にはまってるねえ」

アニ「ふっ……狩魔は完璧をもって良しとする」

マルコ「台詞まで完璧だ……」

アニ「………これでいいかい? もう帰るよ」

エレン「ああ、ありがとうな! アニ」

いやー面白かったぜ! いいもん見れた!

エレン「あいつ、実は逆転シリーズやりこんでるな」

アルミン「だね。でないと咄嗟にあそこまで出来ないよ」

ミカサ「その逆転シリーズとやらを私もやってみたい」

お? ミカサが興味出てきたみたいだ。

だったら是非ともやらせてやろう。

エレン「おお、いいぜ。やってみろ。ミカサがどんな反応するか楽しみだな」

ジャン「だな」

明日は振り替え休日だし、ゲームやるのには丁度いい。

そう思ってオレは3DSごと、ミカサにソフトを貸し出したんだ。







あれ? ミカサが起きてこねえ。

もう昼の12時過ぎてるんだが。昨日の体育祭で疲れたんかな。

でも今日は午後から演劇部の部活動あるし、起こさないと。

そう思ってそろっとミカサの部屋を覗いたら……

エレン「ぶ!」

なんだ? 変な寝方してる。

布団、被ってない。3DSを持ったまま、そのまま倒れたような感じだ。

あーこれはもしかして、やり込み過ぎて寝落ちしたのかな。

そう思いながらミカサを揺り起こす。

エレン「…………ミカサ、おい、ミカサ」

ミカサ「ん……?」

エレン「今日は午後から部活だろ。昼飯どうすんだ? 食う時間なくなるぞ」

ミカサ「!」

起きた直後のミカサの顔が凄かった。

まるで殺人でも犯したかのような、重罪を犯してしまった犯人のような顔になったんだ。

エレン「何、世界の終りみたいな顔してんだ。たかが寝坊くらいで…昨日、体育祭で疲れてたんだろ?」

その上でゲームもやったらそりゃ寝過ごすよな。

ミカサ「ち、違うの……!」

オレは別にミカサを責めるつもりは毛頭なかったんだが、何故かミカサは土下座した。

ミカサ「ご、ごめんなさい! ゲームをやり過ぎて、徹夜して、寝たのが朝方だったの! そのせいで、起きれなくて……ご飯も用意出来なかった!」

エレン「え? まさかあの後、一気にクリアしちまったのか?」

ミカサ「1と2まで。3はまだだけど…こんな筈じゃなかったの。本当にごめんなさい!」

うおおおすげええ!

徹夜とはいえ、1と2を一気にクリアしたんだ。

しかもノーヒントだろ? ミカサの部屋ネット繋いでないし。

携帯も、ミカサはネット検索は使わない方だし。

これ、実際やれる奴ってあんまりいないと思う。

いや、多分、出来なくはないが、相当頭良くないと無理だ。

逆転シリーズは、やってみれば分かるが、かなり頭を悩ませるゲームだ。

だから一気にやりたくなるし、徹夜でクリアする奴も多いと思う。

でも、1と2を続けてやって徹夜…つまり10時間ないくらいでクリアするのはかなり難易度が高い筈だ。

初見なら猶更だ。オレはこの時、素直に「ミカサすげええ」と思ってた。

と当時に、こんなにうっかりゲームに夢中になってるミカサが、すっげえ可愛いと思っちまったんだ。

エレン「あーあるある。良くある事だ。気にすんな」

ミカサ「でも!」

あーやべえ。ニヤニヤが止まらない。

何だろ。自分の勧めた物が予想以上に相手に気に入って貰えると嬉しいよな。

何かもう、スキップしたくなるような心地になったんだ。しないけど。

エレン「じゃあ昼飯はカップラーメンだけにするか。確かストックあっただろ」

ミカサが逆転をクリアするまではオレが家事代行するかなーと思いながらオレは階段を下りて行った。

だからこの時、ミカサが泣き出しそうな声で、叫んだのは本当に、びっくりしたんだ。

ミカサ「なんで怒ってくれないの?!」

エレン「はあ?」

え? え? 何で泣きかぶってるんだ。ミカサ?

意味分からん。オレ、何かしたっけ?

ミカサ「だって、こんなの……ダメ。私は悪いことをしたのに」

ああ、ミカサは家事をさぼった事を気にしているのか。

なーんだ。びびらせるなよ。

エレン「大げさだな……気にすんなって言っただろ? それに逆転シリーズは面白いからな。つい徹夜で一気にクリアしたくなるゲームだし、ミカサだけじゃないだろ。全国に似たような奴は一杯いると思うぞ?」

ミカサ「そ、そんなの関係ない! わ、私は……自分の仕事をサボってしまった!」

別にたまにはいいだろ。というか、ここでウダウダ言ってる時間が勿体ない。

エレン「あーもう、反省は後々! 急がないと部活に遅れるぞ! 早く身支度済ませて降りて来い」

そんな訳で昼はカップラーメンだけ食って部活に行った。

ミカサはすっかり落ち込んでたけど、部活の時は一応、顔をあげていた。

今日はキャスティングのオーディションの日だ。

気持ち切り替えて気合入れないとな!

出来上がっている分の台本を元に台詞を皆の前で言う。

ミカサは今日の事を引きずっているのか、いつもにも増して棒読みだった。

男子もヒロイン役をやってみる。

オレはこの中だったら、マリーナかスカーレット先輩かと思ってたんだが。

全員の演技を見てペトラ先輩は唸り始めた。

ペトラ「うう~~~~ん……」

オルオ「どうしたペトラ」

ペトラ「あのね、我儘を言ってもいいかしら?」

エルド「別にいいが」

ペトラ「一番イメージに近いの、ミカサかもしれない……」

ミカサ「………はい?」

意外な選択だった。え? でも、ミカサ、かなり棒読みだったぞ。

むしろその棒読みが良かったんかな。そう思ってたら、

ミカサ「わ、私は役者は無理です。その、今のは一応、全員やれって話だったからやっただけで…」

案の定、ミカサが拒否し始めた。

ペトラ「それは分かってる! 重々分かってるんだけど…!」

ペトラ先輩が腕を組んで唸り続ける。

ペトラ「でも、イメージぴったりなんだよね。知的な雰囲気で、落ち着いてて、所作も綺麗なのに、力仕事も似合うっていう。スパナ持ってるところとか、すっごい様になってたし…」

ミカサ「で、でも…しゅ、主役なんですよね。絶対、無理です!」

ペトラ「そこを何とか! お願い! (合掌)」

へー。こういう事もあるんだな。と呑気にしていたら、

オルオ「でも台詞の按配は棒読みだったぞ。オレはエレンでもいいかなって思ったが」

エレン「オレっすか?!」

今度はもっとぶったまげた。

ええええええ? オレなのか?!

オルオ「ああ。演技力はエレンの方があった。この姫様は、ボーイッシュな部分もあるから、男子がやっても問題はないぞ」

エレン「う、ううう……」

嘘だろ…。マジか? そうなのか?

急展開に頭が追い付かねえ。

ミカサ「エレン! お願いする」

エレン「でも、脚本書いたペトラ先輩はミカサを推薦してんだろ。脚本家の意見を優先した方が……」

ミカサ「でも部長はこう言っている……ので問題ない」

エレン「ううう………」

いきなりヒロイン役。しかも主役。

台詞の量だって一番多いだろうし、覚えられるかな。

不安だ。出来るかな。オレが女役なんて。

グンタ「俺は………エレンの方がいいな」

エレン「え……グンタ先輩、オレっすか」

不安に思ってたらグンタ先輩までオレを推してきた。

グンタ「ああ。ペトラのいう事も一理あるが、いかんせん、ミカサは台詞の読み方が棒過ぎる。本人も無理だと言ってるのに無理強いは出来ないだろ」

そうだった。ミカサは壇上にあがって皆に見られるのが苦手なんだ。

演技とか出来るタイプじゃない。根っからの裏方なんだ。

ミカサに無理強いさせるくらいならオレがやった方がいいか。

そう、自分を納得させたんだ。

エレン「ううっ……そうっすね。じゃあオレが主役のヒロイン役やります」

オレがそう決意したらミカサが露骨に喜んだ。よほど役者やりたくなかったんだろうな。

エレン「顔、出さなくていいのが唯一のメリットか」

この時点ではヒロインはほぼ仮面をかぶって演技をする予定だったので、安心してたけど。

実際は、まあいろいろあって結局途中から顔出しになったんだよな。

ミカサ「そうそう。顔は一切出さないので大丈夫」

エレン「開けるのは目と口のところだけっすよね。視界悪いんすかね」

ペトラ「それだけが難点なのよね。でも頑張ってもらうしかないわ」

エレン「分かりました」

あーいきなりの主役。大丈夫かな、オレ。

ペトラ「じゃあ続いて相手役のタイ・カプリコーン王子の役を決めます」

んでいろいろ演技をやらせて、

ペトラ「ライ王子はオルオ、タイ王子はジャンで決定でーす」

ジャン「ま、まじっすか…!」

ペトラ「うん。マジ。男同士でラブシーンやるけど頑張ってね♪」

エレン「………なんとなく、そうなる予感はしてたんだよな(遠い目)」

ジャン「よりによってエレンとラブシーンかよ……(がっくり)」

オレの相手役はなんとジャンになっちまったんだ。

ううう。男同士でラブシーンか。ハードル高すぎるぜ。

ペトラ「どんまい☆ 大丈夫。キスシーンはあるけど、実際はしなくていいから」

ジャン「げげっ…! そうなんですか?!」

エレン(遠い目)

きついなー。それでも十分きつい。

ペトラ「観客席からそう見える立ち位置に立ってそれっぽくして貰うだけよ。まあ、うっかり本当にやっても全然問題ないけどね」

オルオ「本当はやった方が面白いけどな」

エレン「絶対しませんよ!」

ジャン「絶対するか!」

尺の関係でキスシーンはカットになったから良かったけど。

お姫様抱っこはアレはアレで結構、恥ずかしかったんだぞ。

ペトラ「あ、タイ王子は黒縁眼鏡キャラだから、出来れば今日からジャンは伊達眼鏡をかけて本番まで慣らしておいてね」

ジャン「え? そこまで徹底するんですか?」

ペトラ「眼鏡の仕草は1日2日じゃ身につかないよ。あとエレン、あなたは髪切るの禁止」

エレン「げっ……のばすんですか?」

ペトラ「うん。カツラ買うお金をケチりたいから、髪は地毛でやってもらうわよ」

エレン「長髪なんて今まで一度もなったことないですよ」

ペトラ「なら、今からなるのよ。という訳で、二人とも頑張ってね!」

今のオレはゴムで縛って小さなしっぽが出来るくらいの髪の長さだ。

九州大会も髪は伸ばしたままだろう。もし負けたら、切る事になると思うけど。

この長い髪を切る頃には、オレも女役を卒業していると思う。

その日は出来てる台本を使いながら演技の練習をスタートさせた。

初日はもうグダグダだった。ジャンとのラブシーンに何度もNGが出て、ストップがかかってしまったんで、それ以外のシーンの練習からさせて貰った。

正直、この時点では不安しかない状態だったが、まあそれでも練習を終えて家に帰った。

リビングにあるオレの母さんと、親父と、オレが小さかった頃の写真を見る。

オレがまだ2~3歳の時の写真かな。これ。

帽子かぶって網持ってる。この頃は虫採るのが好きだったんだ。

母さんは髪が長かった。そう。髪を切る前のミカサくらい長かった。

ミカサ「…………エレン?」

エレン「あ、ああ……別に何でもねえよ」

ふと、懐かしい気持ちで写真を見てたらミカサに首を傾げられた。

ミカサ「写真、見てなかった?」

エレン「ん? ああ……その、なんだ。そういや、この写真ミカサに見せたっけ?」

ミカサ「見せて貰ったというより、勝手に見た。その女性がエレンのお母さんよね」

エレン「ああ。今のオレ、女装したら多分、母さんそっくりになるよな」

ミカサ「!」

エレン「………ま、そういう事だ。それがちょっとだけ、な」

母さんが親父と結婚して、オレを生んだのは20歳の時だったらしい。

で、オレが9歳の年に亡くなったから、30歳になる前くらいに亡くなったんだ。

ひき逃げ事件に巻き込まれたせいでオレの母さんはこの世からいなくなった。

その報いはあいつらに味あわせたけど。母さんは還ってこない。

今のオレは、女装したら母さんそっくりになるだろう。それは仕方がない事だ。

エレン「でも結果的にはオレで良かったかもな。相手役がジャンなら、ミカサにヒロインはさせられん」

ミカサ「え?」

エレン「あ、いや……こっちの話。何でもねえ。夕飯、食べようぜ」

あぶね。口が滑るところだった。

ミカサ「…………」

ミカサが変な顔してたけど、気にしない事にした。






んで、6月に入ったら雨がぼちぼち増えてきた。

この時期は洗濯物もそうだが、カビも気をつけないといけない。

食べ物がカビやすいんだよな。食パンとかのストックが多く持てない。

だからミカサはきっちり量を計算して料理して余らせないように作る。

余った場合は早めに食べてしまう。単純だけど、これ、実際毎日やるとなると、大変なんだ。

人間の腹なんて計算出来ないだろ? 普通は。

でもミカサもミカサのお母さんも、それが出来るんだ。

頭の中、どうなってるのか不思議でしょうがねえ。

ミカサ曰く「腐らせたらそれを処理する時間が勿体ない」そうだ。

いや、言うは易し。行うは難しだぞ、それ。

それに加えて掃除も洗濯もきっちりこなしてる。

そのせいでオレの出番があんまりなくて、楽なのは楽なんだが。

やってるのは自分の下着を畳んでタンスに入れるくらいかな。

雨が酷い日のお休みも、ミカサはまめに働いている。

そういや最近、全然あいつ、ゲームしてる素振りがねえな。

エレン「…………おーい、ミカサ」

ミカサ「何?」

エレン「最近、逆転進んでるか? 分からないところあったら教えるぞ」

ミカサ「ごめんなさい…実はあれからあまり進めてないの」

エレン「え? 何でだよ」

ミカサ「だって……あのゲームは魔物だから」

その時のミカサの顔が、なんていうか、怖かった。

憎いのか。そんなにゲームが。

でもオレはゲームを嫌いになって欲しくなかったから、つい、

エレン「ええ? 3が一番面白いのに。勿体ねえな」

と言ってしまったんだ。するとミカサがピクンと反応した。

ミカサ「………そうなの?」

エレン「ああ。シナリオのボリュームもすげえし、何よりゴドーが出るし」

ミカサ「ゴドー?」

エレン「3の新キャラだよ。すっげえ面白いキャラだぞ。人気キャラだ」

ミカサ「ううう………」

お? なんか表情が変わった。うるうるしている。

我慢してただけなのか。なーんだ。心配し過ぎたな。

エレン「ミカサは普段、しっかりしてんだからさ。たまには息抜きしたらどうだ?」

ミカサ「そ、そう言われても。アレは気合が抜けすぎるので困る」

エレン「…………そうか? オレは気合抜けてるくらいで丁度いいと思うけどな」

ミカサ「え?」

エレン「まあでも、ミカサが嫌なら無理強いはしねえよ。気が向いたら再開してくれ」

本当はやりたいんだろ? でも押して引いた。

その方が、ミカサもやりやすいかなと思ったからだ。

するとミカサが案の定、罠に引っかかって、その日は料理を手抜きしてゲームを再開させちまったんだ。

よしゃああああ!

こっそりミカサの様子を覗き見てオレはガッツポーズ。

なんかこう、飛びついたミカサが可愛くて可愛くて。

ミカサがゲームしてるのを確認した後、オレはルンルン気分で皿洗ったりしたんだ。

んで、家事を一通り代行して、空いた時間に台本読み直したりしてたら、ミカサが部屋にやってきた。

あ、今の一人練習、見られたっぽい。はずいな!

エレン「馬鹿っ……勝手に覗くなよ」

ミカサ「ごめんなさい。エレン、その……ゲームをクリアしたので返そうと思って」

ええええ? 嘘だろ。3が一番難しいのに。

もうクリアしたのか。凄すぎる。

エレン「えらい早かったな。3が一番手こずると思ってたんだが」

ミカサ「う、うん……難しかった。かなり」

エレン「だろだろー? でも面白かったよなー3が一番、シナリオいいよなー」

でもミカサならやりかねないと思ったから、早速3の話題を持ち出したんだ。

エレン「でも、法廷パートのラストの証拠品は泣けるよなーまさかアレがああなるとは…」

ミカサ「う、うん……泣けた。とても感動的」

エレン「だろ? オレ、男キャラならゴドーが好きだな。あの仮面の裏側にまさかあんな傷を隠してたなんてなー」

ミカサ「そ、そうね……傷跡を隠していたから仮面をしていたのね」

エレン「もうなんていうか、男として格好良すぎるぜ。ああいう男らしい男には憧れるんだよな」

ミカサ「そ、そうね…」

エレン「ミカサは3作品の中で誰が一番好きだ?」

ミカサ「ええっと……なるほど君がいいと思った」

エレン「おお! なるほど君いいよな! 見ていて飽きないよな。ツッコミが絶妙だし」

ミカサ「そうそう。会話の端々に鋭いツッコミがあって面白かった」

あー楽しい! こういうクリア後の話って、最高だよな!

……って、折角思ってたのに。

エレン「ツッコミで思い出したけど……オレ、第5話のさ、ましすの絵には爆笑したなあ」

エレン「あの絵がなければ切り抜けられなかった訳だけど、それにしても、そこから推理を展開させるなるほど君は天才だと思ったぜ」

ミカサ「う、うん……」

あれ? なんか様子が変だ。ミカサの表情が曇ってる。

ミカサ「そ、その新しいキャラクターのおかげで切り抜けられた。確かに」

ミカサ「逆転シリーズの登場人物は皆、個性豊かで面白い」

エレン「………まあ、そうだな。皆、キャラが濃いよな」

エレン「でもましすの濃さは群を抜いてたな。まさかあんな風になるとは…」

何でだろ? ましすは絶対、突っ込むよな?

アレ、スルー出来る奴、いねえよな? 普通は。

エレン「人は見かけによらないよな。まさかましすにあんな才能があったとは…」

エレン「ミカサもそう思っただろ? ましすの絵の才能、すごかったよな。ある意味で」

ミカサ「そ、そうね……」

この後のミカサの発言に対して、皆でせーので言おうぜ。

「異議あり!」と。

ミカサ「天才画家よね、ましすは。確かに」

エレン「…………」

ミカサ「………エレン?」

エレン「……………」

はー。オレも舐められたもんだなー。

でも大体想像はついた。ミカサの行動の矛盾する意味を。

ミカサ「?」

エレン「異議あり! ミカサはまだ、全クリアをしていない!」

ミカサ「ぎ、ぎくうう! (何故バレた?!)」

エレン「その証拠は、セーブデータの続きを見ればわかる!」

ミカサ「!」

エレン「全クリアしていれば、つづきから、を見た時に第5話の途中からの筈だ!」

ミカサ「うぐうう!」

電源を入れなおして、確認した。ほらな。やっぱり途中までのデータしか残ってない。

全クリアしてれば、こういうデータの残し方はまずしねえよ。

エレン「……4話目の途中までしかやってないじゃねえか」

ミカサ「ううう……」

ミカサ「ど、どうして気づいたの?」

エレン「それは、お前が5話までやれば分かる話だ」

ましすは絵本画家だからな。普通の画家とはちょっと違う。

めいちゃんのむちむち大冒険を描く予定の絵本作家なんだから。

エレン「…………何で途中で返すんだ? 面白かったんだろ?」

ミカサ「ううう………」

エレン「ミカサが途中で詰まらなく思って返すんなら、全然いいんだけどさ。何で「面白い」と思ったのに途中で止めるんだよ」

ミカサ「ううう………」

まあ、本当は想像はついてたけど。でも、ミカサの口から言わせたかった。

それに加えてオレはもう、抱えていた自分の気持ちをミカサに伝える決意もしてたんだ。

ミカサ「じ、自分の生活が乱れるから……」

エレン「え?」

でも、この瞬間のミカサの色っぽさときたら。

吐息交じりに言われたから、オレ、一瞬、本気で硬直しかけた。

ミカサ「さ、皿洗いを忘れる程、没頭するなんて、ダメ。こんな事を続けたら、か、家族に迷惑をかけてしまう」

やべええええ。なんだこの可愛い生き物は!

いかんいかんいかん。自重しろ。乱れるという言葉に反応するな!

必死に笑みを噛み殺した。傍から見たら不機嫌な表情に見えたかもしれないけど。

この時のオレは、萌えと一緒に深く息を吐き出して、気持ちを必死に落ち着かせたんだ。

ミカサ「だ、だから……面白いけど、ここで止める事にする。もう、十分楽しんだ……ので」

嘘つけえ! 自分に嘘つくなよ!

エレン「迷惑だなんて思わねえよ。それは心配のし過ぎだ」

ミカサ「でも! 実際に私は今日のお昼のお皿を洗うのを忘れていた。母に洗って貰ったのなら、それは……」

エレン「え? 皿洗ったの、オレだぞ。おばさんはやってねえよ」

ミカサ「え?」

その瞬間、ミカサは凄く驚いた表情になったけど。

オレはこのタイミングで、ずっと抱えていた気持ちをミカサに伝える事にしたんだ。

エレン「つか、言おうかどうか迷ってたけどさ……もう、この際だからはっきり言ってもいいか?」

ミカサに家事やって貰えるのは助かる。それは正直な気持ちだ。

でもそのせいでミカサ自身の生活が犠牲になるのは、オレが嫌なんだ。

エレン「お前、うちに来てからちょっと働き過ぎじゃねえか? そんなに完璧に家の仕事こなさなくても別にいいんだぞ?」

ミカサ「え? え?」

エレン「オレも母さんが亡くなってからは親父の代わりに家事やってたんだしさ…そりゃミカサに比べたら下手かもしれんが、皿洗ったり、料理したり、買い物行ったりする事ぐらいは一人でも出来るぞ。一通り」

ミカサ「そ、そう……」

ミカサはオレが「出来ない」と思い込んでいるかもしれないが、多分、ジャンとかに比べたら出来る方じゃねえかと思うんだ。

まあミカサから見たら「下手くそ」な部類に入るのかもわからんが。

でも、まるで戦力外のような扱いをされるのも、何だか傷つくんだよ。

エレン「だからさー…洗濯物とかも、山が出来たらすぐ畳んでタンスに仕舞わなくても別にいいし、料理もたまには手抜いたって、全然かまわねえよ。それよりも、家にいる間はさ、ミカサもこう……たまには寛いで欲しいんだよな」

ミカサ「く、くつろぐ……?」

そういう発想がなかったんかな。

でもだとしたら、これからそうなってほしい。

エレン「そうだよ。逆転の狩魔めいじゃないんだからさ、完璧をもって良しとしなくてもいいんだよ。というか、それをやられると、オレの方が居心地悪く感じてしまうんだよな」

ミカサ「うぐっ……!」

家の中、綺麗過ぎると逆に嫌っていうのも贅沢なのかもしれないが。

我が家が我が家じゃないみたいなのも、変な感じだったんだ。

ミカサ「ご、ごめんなさい…」

エレン「いや、別に謝るような事じゃねえんだけどな。その………家族なんだし、ミカサが家事やりたくない時はオレが交替してやるしさ。もうちょっと、こう……な? 気抜いてくれたっていいんだよ。この間の、ジャン達が泊まりで遊びに来た時だってそうだ。土産まで持たせるほど、相手に気遣わなくていい。どうせまたあいつら、別の機会に遊びに来るだろうし…毎回土産持たせるような空気なったら、その度にミカサが大変だろうが」

ミカサ「そ、そう……」

実際、家事って大変なんだぜ?

やってみれば分かる。地味に体力削られるし。神経遣うし。

塵も積もればってやつだ。だから、負担は女が背負うもんでもねえ。

出来る方がやればいい。オレはそういう考えなんだ。

多分、親父の影響もあるけど。うちは今までそうやってきたんだ。

エレン「あんな気遣いはそれこそ、恋人が出来た時にとっとけよ。じゃねえといろいろ勘違いされるだろ。ミカサのそういうところは、いいところでもあるけど、やり過ぎると、ダメだぞ?」

恋人に尽くすのはまあ、それはいいけど。

きっとやられた方は勘違いするよな。多分。

ミカサはオレのいう事に納得したのか、晴れやかな顔になっていた。

ミカサ「わ、分かった。今度から気を付ける」

エレン「おう。逆転、あともうちょっとで終わるだろ? その間は、オレがミカサの代わりに家事をやっとくからさ。折角だから最後まで頑張ってみろよ」

ミカサ「うん……」

という訳で、結局、ミカサに逆転123を全部やらせる事になったんだ。

クリア後に今度は検事の方も出してみる。

エレン「今度は検事の方もやってくれよ♪」

ミカサ「ええ? まだシリーズがあるの?」

エレン「おう! 是非全クリアしてくれよな!」

ミカサ「うう……エレンが私を誘惑する……」

真っ赤になって困るミカサに、オレは意地悪した。

だって、可愛いと思ったんだ。ミカサ自身が、楽しんでいる様子が。

今までは、ゲームに「つき合わせてた」って感じだったけど今回は違う。

ミカサ自身が「ゲームをやりたい」と思ってくれたんだ。

この違い、分かるだろ? 全然、違うんだ。

すげえ嬉しかった。ミカサを自分の世界に引っ張り込めた感じで。

繋がってる感じがした。ミカサと。

だから、多分、オレはこの時に、自分でも気づかないうちに。

ミカサ好感度のゲージを更に増加させていたんだ。







さてと。ここでまた一旦、休憩するぞ。

次はお待ちかねの第3章だ。というか、がけっぷちの第3章だ。

ああ。既に今までの回想でもオレ、かなり危ない感じだったけどな。

オレの気持ちが決定的にやばいと思ったのは、そう。

皆と海行って、その帰りにバス乗り間違えて、ミカサと一緒に一泊したあの夜だ。

あの時に、オレはもう自分でも「ダメだ」と諦めた。

白旗あげたんだ。ミカサに堕ちた、自分を自覚したんだ。

そこに至るまでのオレの回想、知りたいか?

まあ、今更どうにもならないような気もするが。

しょうがねえ。あの時の事も、振り返るとするか……。

ここまでにしときます。
次の章でいよいよ、お待ちかねのエレン視点の海編に入るかな。
あ、その前にプールもあるか。水着も買うしね。

ではでは続きはまた。

ジャンうざいと思ってたけどエレンも大概だな…

>>306
大体あってる。むしろ似た者同士。

エレン視点の物語は、最初から予定してましたよ。
ただ、どのタイミングでやるかはかなり迷ってました。
最初から同時に二つスレを進行させるか。
でも、当時は新スレ立てにくい状況だったし、
ミカサ視点がある程度、
いいところまで書いてからチェンジでもいいかと思い直したんですね。

案としては
1.ミカサ視点で全シリーズ書く
2.ミカサ→エレン→ミカサ→エレンと交互に書く。
3.ミカサ視点が終わってから、エレン編を全部やる

のみっつを考えていて、結局、選んだのは2番目ですね。
なのでエレン編が終わったらまた、ミカサ編に戻る感じで予定してます。

むしろ、最初はエレン編からやるべきか? と悩んだくらいですけどね。
でもミカサから先にやった方が面白いかなーと思ってこうなった。
読者に「エレンうぜえええ」と思わせるタイミングは後の方がいいかと思って。

一応、いろいろ考えながらやってるんですが、
読者側からしたら、何言っても信じて貰えないかもですね。
だから安価以外での案は拾いたくないし、
拾ったら、「オレの案が採用された」と勘違いさせる。
元々、その予定だったのに…
と、予定を狂わせられると、こっちも大変なんですよね。修正が。

もうそいつ相手にしないでスルーした方がいいと思うぞ
>>1も反論したくなるとは思うが今までのSSには誰も何も言わなかったんだから安価だとか案についてはみんな分かってるはず

>>313
すんません。つい。作業に戻ります…。



7月に入ると、オレの髪も大分のびてきた。

ゴムでくくれるくらいの長さの髪だ。長髪にするのは人生初だからまだ慣れない。

ちなみにうちの高校は頭髪に関してもそんなに厳しくない。

さすがにピンクとか紫とか変な色の髪の奴はいないが、黒、茶、金、それぞれいる。

地毛でそういう色の奴も多いし、勿論、染めている奴もいるだろう。

禁止されているのはピアスとかだ。過剰な装飾品は基本NGだ。

ペンダントくらいならOKだ。宗教上の理由で十字架持ってる奴もいるくらいだ。

生活委員が厳重に取り締まるのは服装よりも、変な物を持ち込んでいないかの所持品検査の方だ。

自由をはき違えてたまにごついサバイバルナイフとかサバゲー用の銃とか持ち込んでる奴がいるから、そういうのは没収するそうだ。

ジャン「全く。生活委員は本当に地味に面倒くせえ」

委員会の活動は月一だ。委員会のあった日の次の日、部活の時にジャンがぼやいていた。

ミカサ「大変なの? 生活委員は」

ジャン「大変……というより、没収した物を管理するのが面倒だ」

エレン「どんなのがあるんだ?」

ジャン「いろいろあるぜ? 使ってない花火とか。一定期間、保管した後は基本的には本人に返却するんだが、明らかにヤバい物はこっちで処分する場合もある」

ミカサ「花火……学校でこっそりやるつもりだったのかしら?」

エレン「ありそうだな。でもやりたくなる気持ちは分からんでもない」

夏と言えば花火だな。オレもやりてえかも。

でもジャンは「火遊びはやめとけ」と言ってきた。

ジャン「昔、うちの学校でもボヤ騒ぎを起こして近所に迷惑かけた事があるらしいぞ。それ以来、学校での花火は絶対禁止になった。この時期は特に厳しく取り締まるらしいぜ。停学食らいたくなかったらやめとけよ。やるんなら、川行ってやれ」

エレン「お、おう…」

ジャンが真面目に返してきて意外だった。ミカサがオレに耳打ちする。

ミカサ「………ジャン、意外と生活委員に向いてるのでは?」

エレン「かもな」

今はジャンの奴が伊達眼鏡君になってるから、余計に生活委員が似合って見えた。

んで、花火とくれば次はプールの話題も忘れちゃいけない。

夏になると体育の授業は水泳に変わる。女子は屋内プールで、男子は屋外だ。

その理由は、まあ大体察してくれ。こういう時は男が外に追い出されるもんだ。

7月5日。土曜日の体育も水泳だった。

月曜日は午後から2限連続だからいいけど、土曜日は水泳の後にも授業あるからだるい。

しかもクロール、平泳ぎ、バタフライ、背泳ぎの4種目をひたすら泳がされるから授業内容も単調だ。

オレは出来るなら水球とかの方がいい。そっちの方が面白いし。

とか思ってたら、リヴァイ先生に「1番最初にノルマこなして時間が余った奴は、この双眼鏡を貸してやる。余った時間は自由にこいつを使っていいぞ」と言い出したので男子は俄然、やる気が出た。

水泳の授業は特に監視が必要なので、リヴァイ先生は双眼鏡を持参してたんだ。

その直後の男子のノルマをこなすスピードは……そりゃもう凄かった。

時間が余れば、女子の水着を覗けるかもしれない。

でも、その純粋な思いが争いを生んだ。

先生の笛の合図をフライングして、飛び込む奴が続出したんだ。

時間の間隔を空けないと、当然ぶつかる。ぶつかると、時間をロスする。

真面目に飛び込まないといけないのに、皆、焦ってフライング気味になっちまう。

そうなると、今度は追い抜きをする奴が現れ始めた。

ジャン「コニー! てめえきたねえぞ! ルール守れよ!」

追い抜きされてキレ出した。マナー違反だ。

でもコニーも双眼鏡をゲットしたいのか、ジャンを無視してクロールで突き進む。

追いかけるジャン。そんな感じであちこち争いが起きて……。

一応、全員ノルマはこなせたものの、時間が余るというご都合主義は起きなかった。

リヴァイ「ふむ。この調子ならもう少しノルマを増やしてもいけそうだな。次の水泳はメニューを1.2倍にしよう」

一同(((ずーん…)))

そんな感じで結局はリヴァイ先生の手の上で踊らされたような結果に終わっちまった。とほほ。

授業が終わって男子は皆、落ち込んでいた。オレも例外じゃない。

上がって、落ちると、テンションを戻すのは至難の業だ。

着替え終わった女子が教室に戻ってきた。

クリスタ「どこのプールがいいかな。屋内プールってこの辺だとどこが近いかな」

ユミル「そうだなー。あそことかいいんじゃねえか? 市民体育館とか」

ミカサ「あそこは料金も安かった気がする。そこにする?」

クリスタ「そうだねー。そこいこっか。明日の午前中、よろしくね」

今、廊下で何だかキャッキャうふふな会話が聞こえた気がする。

もしかして、もしかして、女子同士でプールに行く話か…?

やべえ! 気になる。ミカサに聞きてえ!

でも授業が始まったし、授業中にメールは出来ないし。

もやもやして授業を聞いてたら、後ろの席でコニーとサシャがこそこそ話し始めた。

コニー「なーサシャ! もしかして明日、女子だけでプールいくんか?」

サシャ「え? ああ、クリスタの泳ぎをミカサが特訓して上手にする話ですかね? でも私は誘われてないです」

コニー「だったらさー。オレ達はオレ達で明日、いかね? 同じプールに」

サシャ「いいですよー。ついでにかき氷も食べましょう!」

その声を聞いて確信した。そっか。明日、ミカサとクリスタ、プールに行くのか。

多分、午前中だけだろうな。午後からは部活あるし。

オレは前の席のアルミンの背中をツンツン、叩いた。

するとアルミンも何も言わず「OK」サインを出した。

で、その会話を聞いてたジャンも多分、後でマルコを誘ったんだろうな。

アニは…まあ、元々一人でも便乗するつもりだったのかもな。

ユミルがついてくるのは予想できたが、ライナーもベルトルトもついでにこっちに来た。

そんな訳で全員、示し合わせた訳じゃないのに、便乗して集まったんだ。

ミカサは「一体、いつの間に打ち合わせたの?」と怪訝な表情をしていたが、まあ人の口に戸は立てられないって奴だな。

ミカサ「あの、皆……今日は午前中しか泳ぐつもりはないけど……いいのだろうか」

ライナー「ああ、構わん! というより水泳は1~2時間泳いだら、一度休憩した方がいいぞ。思っている以上に体力を消耗するからな」

クリスタ「皆、なんかごめんね」

サシャ「謝る事じゃないですよ! クリスタに便乗して、皆、自由に泳ぎたいだけですから!」

コニー「そうそう。授業じゃただ、泳がされてるだけだしなー。自由に遊びたいよなー」

サシャとコニーのおかげだけどな。全員、便乗できたのも。

こいつらが先に行動を起こしたから、乗る事が出来たんだ。

ミカサ「では、私はクリスタと……アルミンもよね。泳ぎ方の指導をするので、他の皆は自由に遊んでて欲しい」

ユミル「いや、私は一緒に見とくよ。ミカサの泳ぎ方も見てみたいしな」

アニ「うん。そうだね。私もいい?」

エレン「………オレも見てていいか?」

クリスタ「あ、あんまり大勢にみられると恥ずかしいんだけどなあ」

アルミンも恥ずかしそうにしている。それもそうか。

エレン「そっか。じゃあ仕方ねえな。着替えたら、一度集合して、その後分かれるか」

ジャン「あ、ああ……了解した」

んで、女子が水着に着替え終わるのをプールサイドで待つ。

男子は下がパンツだから着替えるのは早い。

ジャン「!」

エレン「!」

ライナー「!」

ベルトルト「!」

マルコ「!」

コニー「!」

アルミン「エクセレント! (小声)」

アルミンだけ、何故か思わずそう言った。小さい声で。

どうしたアルミン。何で英語になった。

クリスタ→白いワンピース水着。ユミル→競泳用の太ももまで隠れる水着。サシャ→赤いビキニ水着。アニ→花柄ワンピースでパレオ付き。

そしてミカサはスクール水着。この中だと目立つな。

ミカサ「では、まずはストレッチから……」

ミカサの合図で皆我に返ってストレッチを始めた。

オレ達男子はそれが終わってからひそひそと感想を言い合った。

アルミン「サシャ、意外とおっぱいあるなあ」

エレン「ぶふーっ」

初っ端からそこに触れるか、アルミン。

アルミン「着やせするタイプだったみたいだね。ラッキー」

アルミン、顔がいつもと違うぞ。自重を忘れている顔だ。

エレン「おま、クリスタ推しじゃなかったんか?」

アルミン「え? それはそれ、これはこれだよ」

アルミンが女子の「デザートは別腹」という時の顔して言ってる。

ライナー「ふん。浮気者め。オレはクリスタ一択だ」

アルミン「え? クリスタ以外の子も見たよね? ライナー。………アニとか」

ベルトルト「え? (ざわっ)」

ライナー「いやいやいや、見てないぞ! アニの胸なんて、見てないぞ?」

ベルトルト「ライナー……ちょっとこっちに来ようか(黒い笑顔)」

ライナー「ご、誤解だベルトルト! そういうお前だって、ユミルの……」

と、普段気になってた女子以外の水着を見て、気分が高揚するのは男の性(サガ)だ。

浮足立っているのは仕方がない。オレもミカサの水着が見れるのは嬉しいが、他の女子のそれだって見たい。

というか、全員のが見たい。それが男という生き物だ。許せ。

ジャンが何故か右腕を上げて両目を閉じている。そのポーズやめろ。昇天するぞ。

ミカサ「皆、プールに入らないの?」

ミカサが怪訝そうな顔をしていた。あ、やっべ。水の中に入ろう。

徐々に体を慣らしてプールの中に入ると、ミカサはクリスタとアルミンの指導にまわり、オレ達は自由に遊ぶことにした。

エレン「何して遊ぶ?」

サシャ「プールでやれる遊びと言えば、潜水とかですかね?」

ジャン「誰が一番長く潜れるか競争するとかか?」

マルコ「うーん、僕は潜水はちょっと苦手だな」

コニー「じゃあ鬼ごっこしようぜ! 背中にタッチして、時間内で自由に逃げ回るの! 泳ぐのは無しで!」

ライナー「ん? では水中を走るだけか?」

コニー「そうそう。足腰鍛えるのに結構いいんだぜ? タッチは背中だけ! それ以外はノーカンで、最後に鬼だった奴は、全員分のかき氷奢るのどう?」

サシャ「それはいいですねー乗ります!」

ユミル「じゃあ別の場所を間違えてタッチした場合は、ペナルティ追加だな」

アニ「胸触ったら、別料金でかき氷追加だね」

それはかき氷を奢るなら胸を触ってもいいのか?

と、一瞬思ったが、やめた。そういうドサクサは考えちゃいかん。

という訳で、最初の鬼はじゃんけんで決めて、ユミルが鬼になった。

時間はきっかり1時間と決めて、時計を見ながらスタートさせた。

水中を走る。うー? うまく進まねえなこれ! 意外と難しい!

ざばざばざばとかき分けて進むが、他のお客さんもいるから、避けながら逃げる。

うわ! ユミルがライナーにタッチした。

んで、ライナーからベルトルト、アニ、サシャ、マルコ、ジャン、コニー、ユミル、またライナーになって、ぐるぐる鬼が変わっていく。

やべええ! ライナーがこっちにくる!

逃げろ逃げろ! 偶然、ジャンと一緒に逃げる。

ライナー「ふははは! 追いついたぞ!」

ジャン「げ!」

ジャンが捕まった。今度はこっちにくる!

ジャン「エレン、まてええ!」

逃げろ逃げろ! 先を行くサシャに追いついた!

サシャ「なんでこっちに来るんですか!?」

エレン「知らん!」

わーわーわー!

かき氷代がかかっているから皆真剣だった。

サシャの背中にジャンがタッチした。

やべ! サシャに一番、近いのオレだ!

エレン「馬鹿! サシャ、こっちくんな! (ザバザバ)」

サシャ「ふははは! まてえええ! (ザバザバ)」

何だろこれ。桃鉄に近いスリルがあった。

今のサシャは貧乏神がとりついた時のプレイヤーのような迫力があった。

オレはミカサのいるところ辺りまでざばざば移動した。

エレン「ミカサ! どいてくれ! (ザバザバ)」

ミカサ「え? え?」

ドン☆ むにゅ。

ミカサ「?!」

プールの中でミカサとぶつかってしまった。

その隙に背中にタッチされて、遂にオレが鬼になった。

エレン「ぶふっ!」

サシャ「はーははは! エレン、アウトー! タッチです! 次はエレンが鬼ですよ!」

エレン「くそおお……残り何分だ?!」

時間が来た時に最後に鬼だった奴が負けだ。

あ、もう残り1分しかない! 意外と時間が経つのが早かった。

エレン「あと1分か! くそ、逆転してやる!」

一番近い位置にいたのはコニーだったから、追いかけた。

やばいやばい! 絶対、タッチする!

コニーに追いついた。背中に触ってUターンする。

コニー「げえ?! 残り30秒かよ! かき氷、おごんのやだよ!」

ジャン「てめえが言い出したんだろうが! 負けた奴が全員分、おごるってな!」

残り30秒切った。一番近いのは、ジャンだ。

あ、ジャンが鬼になった。その直後、

サシャ「終了でーす! 時間ですよ! ジャンの負けですね!」

と、時計を見ていたサシャが万歳した。

よっしゃあああ! 免れた! 勝ったぜ!

わいわい言いながらプールから全員、あがる。短い時間だったけど、楽しかったぜ。

んでそれぞれ、更衣室で着替えて、体育館の中にある売店でかき氷を食う事になった。

ジャン「くそ! ラスト10秒で逆転された……」

渋々金出してる。人の金で食うのは美味いな。特にジャンの奢りだと思うと美味い。

しかしその時、ミカサが心配そうな顔で、

ミカサ「あの……ジャン……」

と、声をかけたんだ。

ミカサ「お、お昼はお弁当持ってきてるの?」

ジャン「いや、今日は持ってきてねえよ。昼は途中でパンでも買って部室で食おうと思ってたんだが…」

ミカサ「…………」

ん? 何かこれ、まずい空気か?

考え込んでる。まさか、ミカサ…。

クリスタ「おにぎりで良ければ、ジャンに1個分けてあげようか?」

ジャン「いいのか?」

クリスタ「いいよ。今日はお弁当持ってきてるし、何も腹に入れないのは辛いでしょ?」

と、ミカサより先にクリスタが動いた瞬間、アルミンとライナーの顔が嫉妬に染まった。

ジャン「わ、悪いな……」

ミカサ「ではおかずは私の物を後で分けてあげよう」

ジャン「え?!」

ミカサ「部室で一緒に食べよう、ジャン」

なんだよ! 結局、得してるじゃねえか!

エレン「それじゃ罰ゲームになんねえだろうが!」

ライナー「そ、そうだ! かえって得しているではないか!」

コニー「ジャンのくせに生意気だぞ!」

ジャン「うるせえよ! ゴチになった奴らが文句言うな!」

ジャンは「ざまあ」って顔してオレ達を見てやがった。

クリスタとミカサの飯を分けて貰えるから、調子に乗ってる。

マルコとベルトルトは「まあまあ」と間に入ってたけど、

ジャンの機嫌の良さに暫くはイライラさせられたな。

午後は部活に行く為に学校に移動した。いつもの音楽室に劇部メンバーが集まる。

今日は衣装合わせの予定だ。オレは部室でガーネット先輩にエンパイア・ドレスを着せられていた。

なんかこれ、めっちゃくちゃ本格的な衣装だな。こんなのがくるとは思ってなかった。

もっと、テレビのタレントがたまにやる、コスプレみたいなドレスにすると思ってたんだが。

エレン「すごい衣装ですね。これ、本当に自分達で作ったんですか?」

ガーネット「そうだよ。うちは家が服関係の会社やってるから、一通りの材料とかは、余ってる布とかを貰えたりするんだ」

エレン「へーすごいっすね。じゃあこのドレスもそこから?」

ガーネット「リサイクルだね。要らない布かき集めて、レースとかも自分で作ったよ」

エレン「ほー」

感嘆するしかない。いや、マジで。

衣装合わせをして音楽室に戻ると、皆に「おおおお」と感動された。

ペトラ「ちょっと緩めに作ってあるけど、大丈夫かな? 肩とか落ちない?」

エレン「丁度いいっすよ。問題ないです」

ペトラ「じゃあ今日は一日、このエンパイア・ドレスで過ごしてみて。足さばきに慣れて貰うわよ」

エレン「了解しました」

よし。頑張るぞ。と、歩いたその時、

エレン「うお? む、難しい…」

やべえ。これ、難しい。足をどう動かせばいいんだ?

裾を踏みそうになる。こけたらまずいのに。

ペトラ「このエンパイア・ドレスは結婚式のシーンで使うからあまり汚さないように気をつけてね」

エレン「え、あ……そっか。結婚式のシーンあるのか…」

このドレスは花嫁衣裳なのか。通りで豪華な衣装だと思った。

ジャンと結婚式やるのか。はあ…。

ペトラ「ふふふ……その嫌そうな顔、いいわあ。実際の演技でも、二人はお互いに嫌そうに結婚するから好都合だわ」

エレン「政略結婚だから当然か…」

ジャン「だな……」

ジャンはジャンで、男の方の正装だ。貴族の正装って感じの。

時代はどの辺を参考にしてるのかな。世界史詳しい訳じゃないから良く分からんが、ゲームで出てきそうな凝った衣装だ。

ペトラ「今日はついでにメイクものせてみようか、エレン♪」

エレン「え? メイクもですか?」

その時、ペトラ先輩が悪い顔をした。

ペトラ「いいじゃなーい。折角だしー。うふふふふ……美少女にさ・せ・て♪」

お、おう…。まあ、別にいいけど。

オレはペトラ先輩に従って椅子に座って、ビニールをドレスの上からかけてもらって、メイクアップされてしまった。

その間、皆、好きに活動している。発声練習とか。柔軟とか。

オレのメイクの完成をわくわくして待っているようだ。

そして一時間後くらいにようやく完成した。

ペトラ「出来たわ。最高傑作よ」

ペトラ「もう、化粧のノリがいいのなんのって! エレン、素晴らしい逸材よ!」

えっへん! とペトラ先輩が自慢げだ。ちょっと可愛い。

ミカサ「綺麗……」

ジャン「い、意外と悪くないな」

オルオ「お? うまく出来たな」

エルド「可愛いな」

グンタ「ペトラの化粧技術もうまいが……確かにいいな」

エレン「ま、まじっすか…?」

評判がいい。どんな顔になったんだろ?

ペトラ「んじゃ、自分とご対面~♪」

エレン「…………」

鏡を見せて貰った。そこに映ってるのは………

誰だお前?! と思うくらい別人のオレだった。

母さんともちょっと違う、自分で言うのも何だが結構、美少女かな?

エレン「こ、これがオレなのか……なんかこそばゆい感じ何だが」

可愛らしく変身した。いつもの自分じゃない。

例えるなら、お金持ちのいいところのお嬢様風に変えられてしまった。

ペトラ「うふふふ~その初々しい反応いいわ~オルオとは全然違うわね」

ペトラ「オルオの初女装の時は、ちょっとイラッとしたもんね」

オルオ「ふん……オレくらいになると、女装も難なくこなせるんだよ」

エルド「おばちゃん役、似合ってたもんな」

グンタ「ああ……あんなにおばちゃんが似合うとは思わなかったな」

ああ、女役は先輩達もやってるのか。だったらちょっと安心した。

そ、その時、

マーガレット「先輩、小道具大体完成したんですけど、こんな感じでいいですか?」

ペトラ「おおお、サンキュー! いい仕事してくれてるわね!」

マーガレット先輩が持ってきたのは舞台上で使う小道具だった。

マーガレット「立体機動装置ヴァージョン4.5ってところですかね」

うおおおやべええ! 格好いい!

設計図の段階から見せて貰ってたけど、あれが形になったのか。

しかもこれ、驚く事に材料は「ほぼ段ボール」で作ってあるんだ。

先輩達曰く「段ボール舐めるな」らしいが、にしても器用過ぎて興奮する。

アルミンもこういう立体の工作が好きだから、これ見たら喜びそうだよなー。

ミカサ「立体機動装置? とは一体…」

マーガレット「ええっと、タイ王子が独自に開発させている兵士用の機動力向上用の機械って感じかな。元々あった、古の機械、立体機動装置を更に独自に進化させたって設定なんだ」

ミカサ「古の機械、ですか……」

マーガレット「そうそう。この世界にはかつて、巨人と呼ばれる人類を食らう化け物がいたんだけど、それを人類が長い長い闘いののち、絶滅させたの。その時に使われたのがこの立体機動装置。巨人がいなくなってから、人類は次第に巨人の存在を忘れていった。だから、そんな古の機械に興味を示すタイ王子は周りから奇異な目で見られていたのね」

ミカサ「ほうほう…」

マーガレット「そんなタイ王子に唯一、理解を示したのがこのヒロイン。レナよ。レナだけは、立体機動装置の存在を否定しなかった。そこから二人の愛が芽生え始めるのよねー」

愛か。芽生えちゃうのか…。

ペトラ「今日はゆっくり時間があるから、出来てる分の衣装と小道具を合わせながら通し稽古しよっか」

と、ペトラ先輩の合図でオレ達は本格的な練習に入ることになった。

この時はまだ、台本を持ったままの稽古だった。

自分の役の台詞が頭の中に全部入ってる人は見ないでやってるけど。

オレとジャンはまだ、無理だった。一番台詞が多いからというのもあるけど。

それ以前に、恋愛感情が芽生えるシーンとそれ以後が、メタメタにダメだったからだ。

特にオレの方がダメだった。ジャンが真面目な顔をすると、つい吹いてしまって。

ペトラ「ちょっとちょっと、エレン。笑い過ぎよ!」

エレン「す、すみません……」

ジャン「おい、エレン。お前真剣にやれよ」

エレン「分かってる。分かってるんだが、真剣にやればやるほど、くそ……」

この段階の台本は、実際の舞台の時よりも気障な台詞が多かったんだ。

後半は背中が痒いシーンが多すぎて、正直、どうにもならんかった。

ペトラ「参ったわねーエレン、ジャンを愛せるように頑張ってよ」

エレン「無茶言わないで下さいよ。オレ、そっちの趣味はないですよ」

ペトラ「しょうがないなー…じゃあ、エレンとジャンは一回休憩して別のシーン、練習しようか」

オルオ先輩とペトラ先輩の夫婦漫才もこの劇のいいスパイスだ。

そっちを先に練習して貰って、オレは休憩させて貰った。

その練習風景を見つめながらオレはジャンに言った。

エレン「やっぱり男同士でラブシーンは無茶なんじゃないか?」

ジャン「演劇なんだからそういう事もあるだろ………多分」

すると、練習の合間にオルオ先輩がわざわざアドバイスをくれた。

オルオ「ああ、あるぞ。女同士の場合もあるしな。その辺は演技が問われる部分だな」

エルド「コツを言えば、相手を脳内で別の人間にすり替えるって手もあるぞ」

グンタ「ああ。相手役を本当に愛する必要はないからな。演技中は自分の好きな人を思い浮かべて重ねるってのも、手だ」

ジャン「…………」

エレン「そ、そうっすか」

好きな相手、ねえ。

女が男を好きになるってどんな感じなのかな。

まずそこの段階から、オレには理解出来ない。

当たり前だよな。だってオレ、男だし。

この時のオレはまだ「ただの女装している男」だった。

だから迷いもあったし、ジャンとの練習もうまくいかなかったんだ。

練習が終わって、家に帰る。そこでもミカサに心配されちまった。

ミカサ「エレン、大丈夫?」

エレン「あ? あああ……」

ミカサ「やはり女性の役は難しいのだろうか」

あー。そうだな。確かに難しい。

でもそれ以前の段階でも躓いているんだよな。

エレン「いや、それ以前の問題だ。その………例え男役だったとしても、ラブシーンは難しいと思うぞ」

ミカサ「そうなの?」

エレン「ああ。なんか、こう、分かってるんだが、誤魔化したくなるんだよ。むずむずしてさ」

あーあーあーと耳塞ぎたくなるような感覚、分かるか? あんな感じになるんだ。

多分、オレ、もし万が一、恋人が出来たとしても、同じような事が出来るとは思えない。

何でこんなオレがヒロインに選ばれたんだろうな。しかも恋愛劇の。

モブ役でも全然、良かったんだけどな。

ミカサ「つまり、そういう空気その物が苦手なのね」

エレン「言ってしまえばそういう事だ」

ミカサ「…………」

ミカサがその時、何故かキリッとなった。

ミカサ『レナは私の妻だ。例え兄上であろうと、譲る気はない。レナを返して頂きたい!』

エレン「!」

ミカサ『レナ、大丈夫か。何もされなかったか』

エレン「………」

ミカサ『良かった。本当に……』

エレン「や、やめろ。そのシーンが一番、こそばゆいだろうが!」

ぎゃああああ!

分かってても恥ずかしい。そこ、一番イケメンになるシーンだし。

ヒロインは、ドキドキするべき場面だ。

ミカサ「エレンが慣れるまで、私がタイ王子の代役をやっても良い」

エレン「やめろ! おま、ヒロインは嫌でヒーロー役はやるって本末転倒だろうが!」

しかも悔しい事に意外と似合ってた。男役、うまいな。ミカサ。

ミカサ「練習は全然平気。本番で舞台上にあがるのが嫌なだけ」

エレン「この我儘が!」

本番に弱いタイプかよ! 知ってるけど!

エレン「大体なあ、ペトラ先輩のイメージだとミカサの方が近かったんだぞ。オレの方がある意味、代役だろうが! だったらミカサがオレに見本を見せるべきなんじゃねえのか?!」

ミカサ「そう? でも棒読みだとオルオ先輩には言われた」

エレン「いや、それは皆が見てたからだろ? オレの前だけなら、自然に出来るかもしれないだろ」

そうだ。一回、逆をやってみて客観的にヒロインを見つめてみよう。

ミカサ「では、練習で私がレナ王女、エレンがタイ王子の方をやってみる?」

エレン「おう、いいぞ」

キャスティングを交替しての演技練習を試しにミカサとやってみる。

ミカサ『また、徹夜されたのですか? タイ様』

エレン『あ、ああ……すまない。ついつい、研究の手を止められなくてね』

ミカサ『以前から気になっていたのですが……一体何の研究をされているのですか?』

エレン『ん……女性にはあまり興味のない代物だよ。機械いじりだ』

ミカサ『まあ! 一体、どんな機械をいじっているのですか?』

エレン『…………興味があるのかい?』

ミカサ『ぜひ! 見せて下さい。私にも』

何だよ! 意外と出来てるじゃねえか。

それくらい普通に演技が出来るなら、ミカサの方がヒロインとして相応しい。

……けど、皆の前じゃ出来ないんだよな。悲しい事に。

ミカサ『これは……見たことのない装置です。これは一体……』

エレン『だろうね。これは大昔、兵士が使っていたと言われる「立体機動装置」の原型だ』

エレン『その昔、人間は巨人と呼ばれる怪物に支配されていた時代があった』

エレン『それを絶滅させる為に人類が開発した装置、それがこの「立体機動装置」だ』

エレン『我が国に一つだけ残された、その原型がそれだ』

エレン『もう錆びている部分が殆どで、動力源も残っていないが、その構造自体は理解出来た』

エレン『だからそれを原型にして、もう少し軽量化して、長時間使える物を作れないかと思って、独自に研究していたんだ』

エレン『………まあ、何の為にやってるんだ、と突っ込まれたら「趣味だ」としか言えないんだけど』

ミカサ『まあ……なんてロマンチックな研究! それなら是非、私にも手伝わせて下さい』

エレン『え?』

ミカサ『私、機械をいじるのは得意なんです! こう見えても、工作が得意なんですよ!』

エレン『し、しかし……』

ミカサ『着替えてきます! ああもう、こんなヒラヒラした服とはおさらばよ! うふふふ♪』

エレン『ちょ、ちょっと待ってくれ、レナ! その……気持ちは有難いが、知識のない人にあまり研究室に出入りされてもらっては……』

ここだ。ここから物語が変わっていく。

オレはミカサの手を握った。部屋を出ていくのを一度、止める為に。

その時、その手の柔らかさにドキッとした。

温かい。

人の肌に触れた瞬間、何かが、繋がった。

うまく言えない。でも、引き合う磁石のような力が動いた。

何だ? ミカサの顔を見たら、同じように驚いてる。

そして我に返る。いつまで手、握ってるんだ、オレ! みたいな。

自問自答。でも、手を離したくない気持ち。

でも、離す。

相反するものが混ぜこぜになる。

行動と感情が一致しない。

頭の中がぼーっとする。痺れるような、夢のような。

その直後、おばさんのの声が聞こえた。夕飯らしい。

ミカサ「ど、どうだっただろうか?」

ミカサはいつものミカサに戻っていた。

エレン「あ、ああ…なんか、参考になったかも」

うまく言えない。でも、やる前とやった後では何かが変わった。

言葉に出来なくてすまん。でも、オレ、とっかかりが見えた気がする。

エレン「あ、ありがとうな、ミカサ。おかげでヒロインのイメージがようやく掴めたかもしれん」

ミカサ「ほ、本当?」

エレン「あ、ああ……多分、な」

いや、正しくはタイ王子の方の感覚かもしれないが、

でも、これって、多分、そうなんだ。

見えない「何か」に引っ張られるような感覚。

それは物理的な意味合いではなくて、もっと深い感覚だ。

重力よりも重くて、空を飛ぶよりも軽い。

何言ってるんだ? と思わないでくれ。オレにもうまく説明出来ないんだ。

夕飯を食べてからオレはミカサに頼み込んだ。

ここから先は徹底的にやってみるしかないと思ったんだ。

エレン「ミカサ、家にいる間だけでいいんだが、ロングスカートを貸してくれねえか」

ミカサ「え? 着るの?」

エレン「ああ。前半だけとはいえ、ロングスカートで演技するからな。慣れておかねえと、こけたら怖いし」

レナ王女は前半はロングスカート、後半はツナギでいる事が多い。

だから衣装に慣れておくべきなのは当然だが、オレがこの時、それを必要としたのはもっと深い理由がある。

そう。ミカサだ。ミカサ自身を参考にして、「女」というものをもっと理解する必要があると思ったんだ。

オレはそれから出来るだけ毎日、ミカサを観察した。

ペトラ先輩が言った「ミカサが一番イメージに近い」と言った理由を探ろうと思った。

棒読みだったのに、ペトラ先輩がそう判断した理由が絶対ある筈だ。

ミカサの家事のやり方とか、しゃべり方も日常の中で良く観察する。

するとミカサが途中で照れて「な、なに?」と言う。

エレン「何でもねえよ。内緒だ」

ミカサ「それは何でもないとは言わないような」

エレン「すまん。でも内緒だ」

変に意識させると探れない気がして、詳しい事は言わなかった。

ミカサは首を傾げていたがそれ以上は追及しなかった。

そしてオレはある日、面白い事に気づいた。

ミカサはテレビを見ながら電話をしながらメモを取るという不思議な行動をしたんだ。

エレン「ミカサ、今、テレビ見るのと電話とメモ書くの、同時にやったよな」

ミカサ「え?」

エレン「そう見えたんだけど、違うか?」

ミカサ「え、ええ…そうだけど。何?」

エレン「何で同時に出来るんだ? 普通、電話しながらメモ取るくらいしか出来ないだろ?」

ミカサ「どうしてと言われても……」

ミカサは首を深く傾げた。

ミカサ「同時に別の動作を行ったり、同時進行でいろいろするのは普通」

エレン「え? そうなのか?」

ミカサ「うん。段取り通りに行かない場合もあるけど、洗濯物を畳みながら、次のご飯のメニューや買い物の事を考えたりする」

エレン「え? 畳んでいる時は畳むことに集中しないのか?」

ミカサ「? 集中している。けど、他の事も同時に考える」

ど、どうなってるんだ? ミカサの頭の中は。

何か頭の構造がオレと違うような気がするぞ。

エレン「図にしてくれないか?」

オレは感覚的にそれを知りたくてミカサにお願いした。

ミカサ「うーん」

ミカサはいろいろ考えて、オレに説明してくれた。

ミカサ「こう、頭の中に丸い線があって…」

ミカサが丸い円を描いた。

ミカサ「やるべきことは、こう、生えている感じで」

と、円に毛が一本ずつ生えていく。その先にやる事を一杯書いていく。

ミカサ「こんな感じ?」

と、まるで毛虫のような頭の構造が出来上がった。

エレン「でもいっぺんにやる事が増えたら訳分からなくならないか? やる事をある程度捨てて一本に絞るべきじゃないか?」

ミカサ「そうかしら?」

この時点ではミカサはそういう経験がなかったのか、はたまた想像出来なかったのか。

ミカサ「でも、結局全部やる事が多い…ので」

と、オレの言いたい意味が伝わらなかったようだ。

でも、そうか。これってある意味では女に一歩、近づけたかもしれない。

脳みその構造が電気で言うところの「並列繋ぎ」みたいなもんかな。

男は「直列繋ぎ」みたいな感じで、ぎゅーんとまっすぐな方がやりやすい。

一本道を走るだけとか、出来るだけ単純な方がいいんだ。

でも女の子は多分、それじゃない。

体も丸いけど、頭の中も多分「丸い」んだ。

意味分からんと、言われそうで怖いな。でも、多分、そうなんだ。

その感覚を知ってから、オレはいろいろ自分でも調べた。

反対の物。海と山。光と影。陰陽説。そういうの、片っ端から調べた。

何の為に? と言わないでくれ。これも感覚的な話だから。

そしてオレはそういう知識の下準備をした上で、アルミンにも相談した。

アルミンは女役の先輩だ。小さい頃だけど、2回もヒロイン演じてる。

だからアルミンにも話を聞いておきたいと思ったんだ。

そんな訳で女役に真剣に取り組んでいるエレンです。
女役の先輩であるアルミンがアドバイスするところは次回で。

ではまた。

期末テストが始まる前の日。自分の家でアルミンと一緒に数学の勉強をしていた時に、ついでにアルミンに聞いてみた。

例のミカサの不思議な行動についてだ。するとアルミンは、

アルミン「ん? テレビ見ながら電話してメモ取るの僕もよくやるけど」

という意外な答えが返ってきた。

エレン「ええ? アルミンも出来るのか? そういうの」

アルミン「僕の場合はパソコンでスカイプしながら別の人とはチャットで文字打ち込みながら…とかもあるねえ」

何か頭の構造がまるで違うな。

って事はこれって、男だからとか女だからとかじゃないんかな? 単に脳みその出来が違うだけなのか?

と、思っていたらアルミンの方から質問を返された。

アルミン「ああ、もしかしてエレンは「男性脳」と「女性脳」について調べてるの?」

エレン「え? いや、そういう訳じゃないんだが」

アルミン「ん? 違うの? でも、同時にいろいろやるのは女性寄りってのが通説ではあるよ」

エレン「そ、そうなのか?」

アルミンは頷いた。

アルミン「僕の場合はどっちも出来るタイプだから中性的と言えるかな。集中的に論理的に行動出来るのは男性的で、同時にいろんな事をこなすのは女性的と良く言われるね」

エレン「そ、そうなのか……」

アルミン、すげえ。どっちも出来るんだ。

しかもオレが薄々感じていた事をとっくの昔に知ってたのか。

アルミン「それは人間が昔、まだ農耕生活に入る前に狩猟生活をしていた時に、男女の……」

おっと、アルミンの話が長くなりそうだ。

オレが聞きたいのはそこじゃない。

エレン「アルミン、オレは男女の頭の違いについて知りたい訳じゃねえ」

アルミン「あれ? そういう話じゃなかったの?」

エレン「いや、全く関係ない訳じゃないんだが、オレ、今度の劇で女役をやる事になったんだよ」

アルミン「えええ? そうなんだ! 初耳だよ」

エレン「悪い。言ってなかったな。んで、その女役をやる為にいろいろ調べている最中なんだ」

アルミン「なるほど。そういう事なんだね」

アルミンは頭の回転が速いから、全部を言わなくても、断片的に話しても大体話が通じる。

アルミン「役作りの為に研究中ってところか。なるほど。どんなヒロインを演じるの?」

エレン「ええっと、頭は良くて、気は優しいけど、頑固で、大胆なところもある。そういうヒロインだな」

アルミン「見た目は?」

エレン「美少女って設定だ。でも顔は隠して演じるから、あくまでそういう設定になる」

アルミン「ふむふむ。育ちは?」

エレン「小さな王国の第一王女だ。でも政略結婚で嫁がされる王女役だ」

アルミン「へー王女様か。だったら気品のあるお嬢様って感じかな」

エレン「ああ。それは先輩達にも散々言われた。王女様だから、気品を忘れないでって」

アルミン「へーへーいいなあ」

アルミンがわくわくしている。

アルミン「舞台はいつの予定?」

エレン「えーっと、8月だな。詳しい日程は後でメールする。場所とかも一緒に」

アルミン「絶対見に行くよ。頑張ってね。エレン」

エレン「おう………」

まだまだ不安だらけで怖いけどな。

だから本題をアルミンに話す事にする。

エレン「アルミンも昔、ヒロインを演じたよな」

アルミン「え? ああ……そうだね。小学生の頃、2回やったねえ。あの時は満場一致で僕が指名されてびっくりしたよ」

エレン「だよな。でも似合ってたよな。アルミンのお姫様」

アルミン「ちょっと複雑だったけどね。僕だって本当は王子様をやりたかったんだよ?」

エレン「悪いな。2回ともオレがやる事になっちまったけど」

アルミン「でも、エレンの王子様、格好良かったよ。皆に演技が上手だって褒められてたじゃない」

エレン「そうだったか? オレ、はっきりとは覚えてないんだよな」

まあでも、悪い思い出じゃなかったのは覚えている。結構楽しかったんだよな。

アルミン「そうだよ。だからエレンなら女役も大丈夫だって」

励まされても今はまだ、不安だ。

だからオレは、アルミンにアドバイスを頼み込んだ。

エレン「アルミン、オレに何かアドバイスはねえか?」

アルミン「ええ? 僕がアドバイス??」

エレン「おう。やっぱり経験者の話を聞いた方がいいだろ?」

アルミン「うーん。と言っても、昔の話だけどねえ…」

と言いつつも、アルミンは、事情を察して、

アルミン「練習、うまくいってないの?」

エレン「ああ。ダメ出しばっかりだな」

アルミン「そうなんだ。やっぱり男が抜け切れてないからとか?」

エレン「それもあるけど………」

一番の問題はむず痒いシーンを耐え切れない事だな。

エレン「相手役がジャンだからっていうのもあるが、むずむずするシーンで吹いちまう」

アルミン「ああ、なるほど。確かにジャンが真面目に気障な台詞言ったら、僕も笑うかも」

既に想像して笑っているアルミンだ。

アルミン「でもそれって、ジャンが言うから笑っちゃうんだよね。ジャンだと思わないようにしないと」

エレン「それが出来れば苦労はしねえよ」

アルミン「でも、それが演劇でしょ? 僕も演技中は、エレンをエレンだとは思わなかったよ」

エレン「………そうか?」

アルミン「うん。それに自分も女の子に成りきって、自分じゃないって思う様にしてたよ」

エレン「自分じゃない……」

アルミン「だって、それが演劇でしょ?」

そうか。そりゃそうか。当たり前だけど、すっかり忘れてた。

自分が女を演じる以前に、オレはジャンをジャンだと思わないようにしないといけなかったんだ。

エレン「アルミン、オレと白雪姫とシンデレラを演じた時、どうやってオレをオレだと思わないようにしたんだ?」

アルミン「んー……いや、僕の場合は意識的にそうしてたというより、エレンが既に役に「入ってた」から、自然とそうなった感じだったよ」

エレン「役に「入ってた」?」

覚えてない。どんな感じだったのか。

アルミン「うん。僕はエレンに引っ張られるような感じだった。だから凄くやりやすかったし、舞台上のエレン、格好いいなあと自然と思ったよ」

エレン「……………」

そうか。じゃあオレも女役に「入る」事が出来ればきっと、ジャンを見ても吹き出さないようになれるかもしれない。

アルミン「あー覚えてないなら、その時のビデオ見る? 僕の家におじいちゃんがとっててくれた映像残ってるかもしれないよ?」

エレン「! まじか! じゃあ頼んでもいいか?」

アルミン「うん。今度、探してエレンの家に持ってくるよ」

という訳で、期末テストが終わってからすぐ、アルミンに家に来てもらって当時のビデオを見させて貰う事にした。

小さい頃のオレだ。おお。なんか凛々しい格好してるな。

録画を観ていたら、あーぼんやり思い出してきたぞ。そうだ。

お姫様のアルミン、すっげえ可愛かったし、この時は本当にドキドキしたんだった。

エレン「アルミン、今見てもすっげえ可愛いなー」

アルミン「や、やめてよ……恥ずかしいな」

エレン「いやいや。お世辞抜きだ。アルミン、本当に女の子に見えるぜ?」

アルミン「まあ僕も、この時は「理想の女の子」を自分の中で想像して演じたんだけどね」

エレン「理想の女の子?」

アルミン「そうそう。僕は男だし、どう逆立ちしたって本物の女には成れないんだから、演じるなら自分の理想でいいかなって、そう思ったんだ」

エレン「それってつまり「自分の理想の女の子」をモデルにして、ヒロインを演じたって事か?」

アルミン「そうだね。エレンもとっかかりが掴めないなら、誰かをモデルにして演じてもいいんじゃない?」

そうか。何で気づかなかった。オレ。

ペトラ先輩が「イメージに近いのはミカサ」って言ってたんだから、ミカサをモデルにして演じれば一番、いいじゃねえか。

ペトラ先輩が何でミカサなのかはこの際、分からなくてもいい。

肝心なのは、オレがそれを演じる事なんだから。それでいい筈だ。

何だか頭の中でうまい具合に整理がついたんですっきりした。

やっぱりアルミンに話して正解だったぜ。

そんな訳で、問題も少し解決して光が見え始めたその頃、

期末テストも終わって気が緩んでいるのか、休み時間、サシャとコニーが何故か教室の後ろの方で一発芸を始めた。

サシャ「一発芸、始めます!」

コニー「ガチャ」

コニー「ただいまー(ネクタイ外すような仕草)」

サシャ「おかえりなさい、貴方♪(新妻風)」

サシャ「ご飯にする? お風呂にする? それとも……わ・た・り・ど・り?(鷲のポーズ☆)」

コニー「更にかまいたち! (シャキーン☆)」

エレン「ぶふーっ!」

二人の決めポーズにうっかり吹いてしまった。

ミーナ「くくく……くだらない!」

ハンナ「本当、なにこのくだらなさ…!」

フランツ「よくこんなの思いつくね…」

ミリウス「アホだ…」

ナック「本当にな」

サシャ「期末テストの最中に思いつきました!」

コニー「さすがサシャ! オレの一番弟子だ!」

ダメだろ。テスト中にそんな事を考えちゃ。

そんなアホな事をやってたせいか、案の定、期末テストの返却の時、

イアン「残念、サシャ・ブラウス、コニー・スプリンガー。二人は赤点の数が多いから夏休み、補習決定だ」

サシャ「げげ!」

コニー「まじっすか!」

と、二人だけ補習を食らう羽目になっちまったようだ。

イアン「まじだ。いくらうちが学力緩めの学校とはいえ、平均点の半分以下の奴らを進級はさせられん。みっちり教えてやるぞ」

サシャ「そんなあ……」

コニー「まじかよ~」

お笑い芸人の道を行くっていう手もあるぞ、サシャ。コニー。

二人で同時に凹んでいる様子に、イアン先生も困った顔だ。

イアン「特に二人は現国の成績が一番悪いみたいだな。たまには読書もしろよ?」

サシャ「うひい……」

コニー「漫画なら読むけどなあ」

あいつらに国語力を求める方が間違っているかもしれない。

あ、でも補習受けるんだったら、海の話はどうなるんかな。

サシャはやたら「海! 夏は絶対、海ですよ!」とここ最近、はしゃいでたんだが。

案の定、クリスタが心配そうにサシャに声をかけた。

クリスタ「海はどうする? 夏休みの補習ってどれくらいあるの?」

サシャ「うう…一週間くらいですかね」

クリスタ「じゃあ、海はその後だね。頑張ってね、二人とも」

コニー「くそー……補習のせいで、部活の方もいけねー」

自業自得だな。

ミカサ「では、皆で海に行く話は……いつ頃にしよう?」

クリスタ「んー…やっぱり7月の終りの方かな」

ユミル「平日の方がすいてるかもな。28日くらいにするか?」

サシャ「そうですね。そのあたりで考えておきましょう」

くらげが出る前に行かないとな。お盆過ぎたら、くらげに刺されるから海の中に入れない。

そしてその時、ミカサが、

ミカサ「では、その前に新しい水着を買いたい……ので、誰かいい店を教えて欲しい」

クリスタ「いいよ。一緒に行こうか。いい店知ってるよ」

ユミル「ああ。そうだな。買いに行くか」

お? ミカサは新しい水着を買うみたいだな。ちょっと楽しみだな、と思っていたら、

その次の日の終業式が終わった直後、教室に戻る直前に、いきなりユミルに絡まれた。

ユミル「おい、エレン。お前、この後、体貸せ」

エレン「は? 何で」

ユミル「荷物持ちだ。同行しろ」

エレン「はあ? やだよ。オレ、家帰って飯食うし」

ユミル「この後、ミカサとクリスタと私の三人で水着見に行くんだが?」

それを先に言え。

エレン「分かった。荷物持ちはオレだけか?」

ユミル「いや、ライナーも誘う。多分、水着以外にもいろいろ見て回るだろうしな」

エレン「………ライナーまでにしといてくれよ」

あんまり同行者が多いと碌な事にならない。

ユミル「? ああ、分かった。了解」

ユミルは一瞬で、オレの思惑を察した様だ。

くそ! ニヤニヤすんなよ。あいつ、本当に性格悪い。

………いや、別に嫌いじゃねえけどさ。ユミルの事は。

そんな訳で放課後は家に帰らず、そのまま買い物に行く事になったんだ。

ミカサ「…………」

ミカサがまた怪訝な顔をしていた。プールの時と同じような顔だった。

ユミル「ほら、荷物持ちがいた方がいいだろ。男の手が必要だから」

ライナー「ああ、女性の荷物を持つのは男の仕事だからな。構わんぞ」

エレン「…………まあ、別に荷物持ちぐらいいいけどな」

ミカサ「申し訳ない……」

ミカサ、こういう時は別に甘えてもいいんだぞ。

エレン「気にするな。で、電車でこのまま移動するのか?」

クリスタ「途中でお昼食べようよ。あのね、美味しいパスタ屋さん知ってるんだ♪」

ユミル「最近、良く食ってんな、クリスタ」

クリスタ「うっ……いいじゃない。食べ盛りなんだから」

という訳で、まずは腹ごしらえ。クリスタお勧めの店で昼飯を食べてから、電車で移動して、ショッピングモールに到着した。

オレ達以外にも制服姿の高校生がちらほらいる。

今日は終業式のところが多いんだろう。放課後、遊んでるんだろうな。

まず最初に水着売り場に行く。そこには色とりどりの女物の水着があった。

か、可愛い。デザインもいろいろあるな。

クリスタ「ミカサーどんなのにする?」

ミカサ「どんなのがいいだろうか?」

ユミル「こういう、際どいのとかどうよ?wwww」

ミカサ「! そういうのは、無理」

おいコラ。布の面積、ちょっとしかねえだろ、それ!

グラビアアイドルじゃねえんだから、やめてくれよ!

ライナー「まあ、オレは有りだが」

エレン「うっ……いや、オレは無理だ」

ユミル「ふふふ……エレン、嘘ついてんじゃねえぞー」

エレン「う、嘘じゃねえし! ミカサはそういうのより、こういう、スポーティなのが似合うだろ?」

そうだ。ミカサは腹筋割れてるし、腹を見せない水着の方がいいだろう。

上がタンクトップタイプの水着を突き付けてみる。

ユミル「タンキニか。まあ悪くないな。じゃあ下が短パンのでも大丈夫か?」

ふーん。これ、タンキニって言うのか。適当に選んだんだが、初めて知った。

エレン「ああ、いいんじゃねえの? その……腹は隠れてるタイプの水着がいいだろ」

ユミル「え? 何で」

クリスタ「! う、うん、そうね! 女の子だもんね!」

ああ、そっか。研修旅行の時、ユミルは風呂の中で会話してなかったな。そういえば。

だからユミルはミカサの腹筋が割れている事を知らないんだろう。

ミカサ「うん。お腹は隠れている水着の方がいい」

ユミル「じゃあビキニ型は外すか。タンキニの中から選ぶか?」

ミカサ「そうね。下は短パン(ホットパンツ)で、上はキャミ型でいいかも」

ユミル「そうだなータンキニは露出が少なめだから鎖骨くらいは出しておかないとな」

ミカサが候補を3つまで絞った。

1つ目は黒ベースの白い水玉柄のタンキニ。

2つ目は薄い紫色ベースに白いチェック入りのタンキニ。

3つ目はピンク色ベースに少しだけ白いフリル入りのタンキニだった。

ミカサ「エレンはどれがいいと思う?」

ミカサの好みの色で考えるならピンクが一番かもしれないが…。

オレはこの時、自分の好みでそれを選んでみた。

エレン「お、オレは……薄い紫色ベースに白いチェック入りのタンキニかな」

薄い色の私服は結構、ミカサは持ってた気がするが「紫系統」の物はあまりなかった気がする。

藤色っていうのかな。上品な色だ。こういうのもたまには悪くないんじゃねえかなって思ったんだけど。

ミカサ「では薄い紫色ベースのチェックで」

クリスタ「うん、可愛いと思うよ」

ユミル「イメージに合うな。いいんじゃないか?」

ライナー「うむ。ミカサらしい色合いだ」

エレン「………オレが決めちまってよかったのか?」

ミカサは多分、ピンクの方が好きなんじゃねえかなとは思ったけど。

ミカサ「いい。客観的な意見が聞きたかったので」

ユミル「エレンの好みに合わせたかったんだよな。察しろよ、エレン」

エレン「え?! ………いや、その……よけいになんか悪いな」

ミカサ「? 何が?」

エレン「いや、何でもねえ」

オレの好みに合わせてくれたんなら嬉しいけどな。

まあいいや。どっちでも。ミカサもたまには違う色に挑戦したかったのかもしれんし。

ミカサ「?」

クリスタ「まあまあ、次は洋服を買いに行きましょうか」

ミカサ「え? 水着だけではないの?」

クリスタ「海に行くんだから、帽子とかも要るよー。ね?」

ユミル「そうだな。上から羽織る夏物とかもついでに買いたかったしな」

はいはい。そこは予想の範疇だ。好きにしろ。

ミカサは麦わら帽子を見ていた。海に行くなら帽子はいるよな。

あ、やっぱりピンクのリボンの麦わら帽子が気になるようだ。かぶってる。

エレン「おーいいんじゃねえの?」

ミカサ「ツバは広めだけど、これくらいでいいだろうか?」

エレン「ああ、違和感ねえよ」

ミカサ「色はどうしよう…」

今度はミカサの好きな色でいいと思った。

エレン「今かぶってる色でいいんじゃないか? 似合ってるぞ」

ミカサ「そうだろうか?」

クリスタ「うん、可愛いよ。ピンクのそれにしちゃいなよ」

ミカサはそれを一度外して、値札を見て元の位置に戻そうとした。ん?

エレン「どうした? 普通だろ。この値段なら」

同じシリーズの別の色の帽子が1900円くらいで売られていた。

麦わら帽子ならこのくらいするよな? 普通。

クリスタ「お手頃価格だよ」

ミカサ「も、もちょっと安い方がいいかと」

エレン「予算いくらだよ」

ミカサ「1000円くらいで」

ちょっとそれは安すぎやしないか?

エレン「はあ? そんな安物じゃなくてもいいだろ。すぐやぶけちゃったらどうすんだ」

ミカサ「で、でも…」

エレン「金が足りない訳じゃねえんだろ?」

ミカサ「ギリギリだろうか」

足りるんだったら、買った方がいいぞ。

エレン「じゃあいいじゃねえか。もし足りなかったらオレ出しといてやるし」

一応、財布に金がない訳じゃない。

ユミル「ひゅーひゅー男らしいな、エレン」

エレン「馬鹿、そんなんじゃねえよ」

ミカサ「………むー」

ミカサは顰め面だったが、暫く考え込んで、決めたようだ。

ミカサ「分かった。私はこれで今日の買い物をお仕舞にするので、買う」

エレン「おう、いいと思うぞ」

これで目的である「海に行くのに必要な物」は買えたな。

オレも親父に「今度皆で海に行く予定だ」って言ってあるから、必要な物があったら買っていいと金はそれなりに貰ってはいるんだが。

どうするかな。後でイルカの浮き輪でも買おうかな。

と、思いながら女子の買い物に付き合っていると、

クリスタ「私も同じシリーズの色違いを買おうかな♪」

ユミル「おお、いいかもな。このブラウンとか似合いそうだぞ、クリスタ」

クリスタ「えへへ~そうかな~?」

と、クリスタも帽子を買う事にしたようだった。

ライナー「ああ、いいと思うぞ」

エレン「似合うな」

次はユミルの上着を買いに行くようだ。コーナーを移動する。

ユミル「男物のパーカーでいいかなあ」

クリスタ「ええ? もうちょっと女の子っぽいのにしようよ」

ユミル「っつっても、サイズがなあ。男物の方が種類合ったりするんだよな」

ミカサ「これとかどうだろうか?」

ユミル「えらいまた、可愛い色の夏物カーディガンだな。パステルカラーって、私の柄じゃねえよ…」

クリスタ「そんなことないよ。薄い緑色だから似合うよ」

ユミル「そおかあ? うーん、まあ悪くはないけど……」

ユミルにそういう明るい色はイメージじゃねえな。

エレン「………ユミルはグレーとかも似合いそうじゃないか?」

と、手に取ったのはグレーのノーカラーの薄手のジャケットだ。

シンプルなのが似合うと思ったんだが。

エレン「ちょっと羽織ってみたらどうだ?」

ユミル「ん……じゃあとりあえず」

ユミルはオトナっぽい雰囲気があるから、こういうのは似合うようだ。

ユミル「着心地も悪くない。値段は2980円くらいか。まあ予算内かな」

クリスタ「それにしちゃう?」

ユミル「ああ、意外とエレンの選択は悪くないのが多いしな」

エレン「そうか? まあ、それならいいんだが」

会計を済ませると、

ユミル「お前らは水着を買わなくていいのか?」

ライナー「ん? スクール水着で十分だろう。わざわざ買うような物でもない」

エレン「だな」

ユミル「ふーん、そっか。ライナーの男物ビキニとか見てみたいなあとクリスタと前に話してたんだけどな」

クリスタ「ちょっとユミル!」

ライナー「何? 本当か、クリスタ」

クリスタ「うっ……じょ、冗談に決まってるじゃない! 本気にしないで!」

ライナー「クリスタが見たいのであれば、買うのはやぶさかではない」

おーい、ライナー。冗談だって言ってるのに。あーあ。

ミカサ「エレンは新しい水着を買わないの?」

エレン「買わねえ。必要ねえよ」

ミカサ「そう……」

エレン「男のビキニなんて、それこそライナーくらい体格が良くないと似合わないだろ」

ミカサ「いえ、別にビキニが見たい訳ではないけど」

エレン「けど?」

ミカサ「男物の水着も今はいろんな種類があるから、ひとつくらい持っていてもいいような気がして」

エレン「うーん、そうか? いや、でもなあ」

新しい水着は買うつもりはなかったが…。

まあ、ライナーじゃねえけど、ミカサがそういうなら買ってもいいか。

ライナー「この緑色のビキニにするぞ。クリスタ、楽しみにしていてくれ」

クリスタ「んもう、ユミルの馬鹿…」

ユミル「ククク……」

ライナーの会計が済んだ後、オレもやっぱり買う事にした。

エレン「……皆、結局、1個以上買い物しちまったな。オレ以外は」

エレン「んー……まあ、買ってもいいけどさ。どんなのがいいんだ?」

ミカサ「それは、エレンの自由に」

エレン「おま、人には選ばせといて自分は選ばないのかよ」

ミカサ「……では、サーフパンツなどどうだろうか?」

ミカサの視線の先には男性用のサーフパンツが並んでいた。

色も結構種類があって、カラフルな物も多い。

ミカサが選んだのは、白がベースのグリーン、ブルーのボーダーが入った爽やかな柄だ。

エレン「サーフパンツか…」

ミカサ「エレンの体系だとSからMサイズになるようね」

エレン「うっ……普通の服とは何でそんなに違うんだ?」

ミカサ「さあ? 規格は物によって違うからでは?」

エレン「うーん、まあボーダーなら無難だし、いっか」

オレも最後に会計を済ませた。

ミカサ「ではこれで買い物も済んだし、そろそろ帰り支度を……」

クリスタ「え?! もう帰っちゃうの? まだ時間はあるよ。余った時間、遊ばない?」

ミカサ「しかしもう遊ぶお金はないので……」

クリスタ「少しくらいなら奢ってもいいよ?」

ミカサ「そ、それは申し訳ないので、ダメ」

クリスタがしょげてるな。

ユミル「あー……この間の水泳のお礼も兼ねてなんかしてあげたかったんだよな、クリスタ」

クリスタ「う、うん……まあそんなところだけど」

ミカサ「え?! いや、それは気にするような事では…」

エレン「まあ、ここは奢られておけよ。そういうもんだぜ? なあミカサ」

お礼の形もいろいろあるんだよ。ここは受け取っておいていいと思う。

ミカサ「いいのだろうか……」

ライナー「うむ。もうちょっとだけならいいと思うぞ」

エレン「ミカサは何して遊びたい?」

ミカサ「そもそも、あまり遊ぶ場所を知らない……ので」

クリスタ「じゃあミカサ向きの遊びをしようよ。ボーリングとか、どう?」

ユミル「いいな。ボーリング、久々にやりたいな」

ライナー「お、いいぞ。ボーリングは得意だ」

エレン「おし、じゃあボーリングするか」

ミカサ「ボーリングとは、あの、ボールを投げてピンを倒すアレよね」

エレン「そうそう。やったことあるか?」

ミカサ「いえ……テレビで見た事があるだけ」

クリスタ「でもミカサは運動神経いいからすぐ上達すると思うよ。移動しよっか」

ボーリングは久々だ。腕が鳴るぜ。

……と、思ってたのに。

ユミル「一番倒せなかった奴は罰ゲームにしようぜ。皆に一発芸を見せるとか」

エレン「一発芸?!」

ユミル「金もかからん罰ゲームだろ? それならいいよな」

ライナー「ああ、構わんぞ」

エレン「うーん、分かった。それでいこう」

ミカサ「一発芸……分かった」

クリスタ「うう……私が一番不利かも~」

まじかよ。こりゃ負けられん!

と、気合入れてやったら、うっかりガーターを2回もやっちまった。

やっべえ! このメンバーで2回もガーターしたら絶対、ビリだ!

つかクリスタ! お前、一番不利とか嘘つけえ!

その小柄な体格でストライク連発してるじゃねえか!

スピードはないけど、コントロールがいいみたいで、見事にピンを倒していく。

あああ……ミカサは当然、パワーでごり押しでストライク取るし、

ユミルもライナーもそれなりにうまかった。

結果、最初の方で立ち上がりの悪かったオレがどべだった。

ユミル「よし、なんか一発芸しろ(ニヤニヤ)」

エレン「って、言われてもなあ……」

エレン「あー……」

一発芸で思い出した。アレやろう。

エレン「ミカサ、旦那の役をやってくれ」

ミカサに簡単な説明を入れて最初の出だしだけ指示する。

ミカサ「? いいけど…」

ミカサ「ガチャ」

ミカサ「ただいまー(こんな感じ?)」

エレン「おかえりなさい、貴方♪(新妻風)」

エレン「ご飯にする? お風呂にする? それとも……わ・た・り・ど・り?(鷲のポーズ)」

ユミル「ぶふーっ!」

クリスタ「ぶー!」

ライナー「ぐふっ……く、くだらない…」

ミカサ「? 何が面白いのか分からない…」

エレン「そこは分からないならそれでいい。サシャがコニーとよくこのネタやってるのを見ててな。思い出したんだよ」

ユミル「いや、まさかエレンがやるとは思わなかったが……まあ、良しとするか」

クリスタ「そうね。一発芸だもんね」

ミカサ「???」

ミカサ、頼むから流してくれ。あんまり気にするな。

でも家に帰ってからも、

ミカサ「………お笑い番組を見て研究した方がいいのだろうか?」

エレン「そこまで真剣に考え込まんでいい」

やれやれ。ウケなかった時の一発芸の悲しさは酷い。

もうオレはミカサの前で一発芸はやらないでおこうと思った。

一発芸は滑ると居た堪れなくなるもろ刃の刃。

と言う訳で今回はここまで。次回はいよいよ海編です。

7月28日。

その日はコニーだけが野球部の都合で来れない事になり、コニーを除いたメンバーで海に行く事になった。

ジャン「野球部は夏が一番忙しいからな。今、予選の真っ最中だろ」

サシャ「そうみたいです。残念です……」

マルコ「仕方ないよ。練習の方が大事だよ」

列車にはジャン、マルコ、向かい合ってサシャ、クリスタ。

その道を挟んで反対側にオレとアルミン、向かい合ってミカサ、アニ。

んで、その隣にベルトルト、ライナー、ユミルが座っていた。

サシャ「いっそ、負けてしまっていれば暇になったと思いますが」

ミカサ「サシャ、そんな事は言ってはいけない」

サシャ「うっ……すみません」

ミカサ「予選の決勝大会はいつの予定なのかしら」

ジャン「ああ、30日だって言ってたな。29日が準決で、勝ちあがったら二試合連続になるって言ってたな」

ミカサ「では今日は調整練習をしている真っ最中ね」

ライナー「明日はコニーの方の試合を見に行ってやるか」

ベルトルト「そうだね。明日も暇だしね」

弓道部はそんなに忙しくないんかな。ミカサも同じことを思ったようで、

ミカサ「弓道部の活動は忙しくないのだろうか?」

ユミル「ああ、個人競技だから、調整はある程度出来る。週に3~4回くらい行けばいいかな」

クリスタ「演劇部の方はどうなの?」

ミカサ「8月に入ったら一気に忙しくなる。8月10日から県予選、17日から九州大会、31日からが全国大会という日程になっている」

エレン「皆で遊べるのは今日までだな。明日からはオレ達も暇なくなるんだよ」

海行く事を事前に先輩達に言ったら、ペトラ先輩に「絶対、顔を焼かないでねw」と忠告された。

なので今回は思いっきり遊ぶのは出来ないな。残念だけど。

クリスタ「じゃあ皆ではコニーの応援にはいけないのね。残念…」

ジャン「中継で見てやるしかねえな」

アルミン「僕達は見に行ってもいいかも」

マルコ「そうだね。野球は生で見る方が楽しいよ」

アニ「………でも、暑くない?」

マルコ「暑いよー。観戦する方も体力勝負だよ」

ベルトルト「アニは見に行かないの?」

アニ「見に行ってやってもいいけど……」

クリスタ「じゃあ行こうよ。折角だしさ」

ユミル「演劇部組を除いてになるが、仕方ねえな」

ミカサ「私達の分まで応援してあげて欲しい」

クリスタ「うん、応援してくるよ」

と、列車の中で適当に話しながら移動する。

海行くのは久しぶりだ。前に行ったのいつぶりかな。はっきり覚えてない。

天気も幸い恵まれて、いい海水浴日和だった。

最寄り駅についた。列車から降りると潮風をすぐに感じた。

今日、海水浴に来ているのはオレ達だけじゃない。

当然だけど、人が大勢いた。家族連れや若いグループが闊歩している。

ミカサ「おおお……」

平日でこれだ。土日だったらもっと混雑してただろうな。

ユミル「やっぱ、夏休みだから多いかー」

そして海の家ではトウモロコシや焼きそば、アイス、かき氷、等々の店が展開していた。

サシャ「うひょー! 海いいいいい!」

早いな! サシャ! 反応が!

あっという間に店の方に突撃しやがった。

ユミル「おい、サシャ! 泳ぐ前に食う気か?!」

サシャ「はい! 食べてから泳ぎます! 朝ご飯抜いてきたんで、お腹ぺこぺこなんですよ!」

クリスタ「あーあ、これじゃ海に来たと言うより、食べに来たって感じだね」

しょうがねえ奴だ。ま、オレ達は先に着替えよう。

ミカサの新しい水着のお披露目だ。すっげえ楽しみだ。

ミカサが更衣室から出てくると、ジャンが早速反応した。

ジャン「す、すっごく似合ってるぞ、ミカサ…」

おうおう。ぽーとしやがって。

でもこの水着、選んだのはオレだけどな。ふふっ。

ミカサ「ありがとう。エレンに選んで貰った」

ジャン「何?! 一緒に買いに行ったのか?! (ガーン)」

ミカサ「? そうだけど……」

ジャン「誘ってくれたらオレも行ったのに……(がっくり)」

ユミルに頼んで正解だった。ジャンを連れて行ったら、ミカサの水着でもめてたな。

いや、逆に被ってお互いに気まずくなってたかもしれないが。

ミカサ「いや、そもそも本当は女子だけで行く予定だったのを、ユミルが予定外にエレンとライナーを連行した…ので」

ジャン「ユミル~(歯ギリギリ)」

あ、やべ。ユミルに口止めしておくの忘れてた。

ユミル「いや、あんまり人数多いのも面倒だし、二人くらいでいいかと思ったんだよ」

と、こっちにウインクしてくれる。

あ、そこは伏せてくれるのか。有りがたいけど。

ジャン「二人も三人も大して変わんねえだろ?!」

マルコ「まあまあジャン、そういう事もあるよ」

ミカサ「………ジャンも新しい水着を買いたかったの?」

ジャン「いや、別にそういうんじゃねえけど、その……女子の買い物に付き合うのは、男の役目というか…」

ライナー「ははは! 光栄な役目は、オレ達が担ったから、今回は残念だったな!」

ジャン(しょんぼり)

ジャン、まるで散歩に連れていかれなかった犬みたいな感じだぞ。

すっかりミカサの犬化しているな。いや、むしろそうなりたいんかな?

アルミン「クリスタも…その茶色の麦わら帽子、可愛いよ」

クリスタ「ありがとう! ユミルに選んで貰ったんだ~♪」

ベルトルト「ライナー……そのアグレッシブな水着は一体……」

ライナー「うむ。クリスタのリクエストだ」

クリスタ「! ちょっと、ライナー! 言いふらさないで! (真っ赤)」

ライナーだから着こなせるんだよな。アレ。

オレがビキニはいたら、ただのお笑い芸人だ。

そしてようやくその頃、食べ終わったサシャが合流した。

サシャ「あ、みなさん着替えてきたんですねー(げほー)」

アニ「あんた、いきなり食い過ぎじゃない? お腹出てるよ」

サシャ「(てへぺろ☆)私は荷物番してますんで、皆さん自由に泳いでいいですよ。食った直後は動きたくないんで」

クリスタ「でもサシャ一人だと、ナンパされそうで危なくないかな」

ユミル「誰か男も一緒にいた方がいいな」

アルミン「じゃあ僕が一緒に居るよ」

ライナー「いや、アルミンが一緒に居たら余計にナンパされるだろ」

ジャン「そうだな……」

アルミン「うっ……そ、そうかな」

エレン「じゃあオレも一緒にいてやるよ。男2人に女1人なら大丈夫だろ」

そんな訳でオレとアルミンとサシャが荷物番になった。

パラソルを適当な場所に立ててシートを広げる。

サシャはごろんと横になると、すぐむにゃむにゃ言い出した。

ミカサ達が海の中に入って泳いでいるのを遠くから見守る。

海は暑いけど、潮風が気持ちいいから、街中よりは不快感が少ない。

アルミン「僕もちょっと何か食べようかなー」

サシャを見ていたら、アルミンも何か口に入れたくなったようだ。

アルミン「ちょっと行ってきていい? エレンも食べる?」

エレン「おう。いちご味のかき氷頼むわ」

アルミン「了解~」

という訳でアルミンにかき氷を買ってきて貰う事にした。

待っている間、一人ぼーっとする。

あ、クリスタがナンパされてるけど、ライナーが睨みつけて追っ払った。

そうか。海はナンパにも気を付けないとな。

特にミカサは、頭の悪そうな不良っぽい奴らに絡まれるみたいだし。

……まあ、今はジャンが傍にいるから大丈夫そうだけど。

んで、少し時間が経ってから、ミカサが一度海からあがってこっちに来た。

エレン「おかえり」

ミカサ「ただいま……サシャ、眠ってしまったようね」

エレン「ああ。飯食って眠くなったみたいだ」

ミカサ「折角海に来たのに、泳がないでいいのだろうか?」

エレン「いいんじゃねえの? 楽しみ方は人それぞれだし」

ミカサ「ではエレン、交替しよう。エレンも泳いできたらいい」

ああ。気遣ってこっちに戻ってきたのか。ミカサらしいな。

エレン「オレはいいわ。日陰で待機で」

ミカサ「え? 何故…」

エレン「実はさ、ペトラ先輩に『海に行くのはいいけど、絶対、顔を焼かないでね。焼いたら殺すw』とにこやかに言われてるんだよ」

ミカサ「あ……なるほど」

新しい水着、買った意味なかった気もするが、まあいいや。

こっちの方がオシャレっちゃオシャレだしな。

エレン「だからあんまり日に当たり過ぎたくねえんだ。今日は一応、日焼け止めもしてるけど、それでも夏の日差しは強いからな。用心に越したことはねえ」

ミカサ「そうね。でも…残念ね。エレンだけ遊べない」

エレン「いいよ。別に。潮風に当たるだけでも気持ちいいしさ」

風が気持ちいいんだ。本当に。

この風を浴びに来ただけでも、海に来た価値はあると思う。

一度、目を閉じてそう思っていたら、

目を開けると、ミカサの様子が変だった。

エレン「ん? どうした?」

ミカサ「な、何でもない…」

なんか、急に顔が赤くなったような?

ミカサ「な、なに…?」

エレン「いや、顔赤い気がして……大丈夫か?」

ミカサ「だ、大丈夫……(ドキドキ)」

ミカサが大丈夫っていう時はあんまり信用出来ない気がする。

多分、熱に弱いのかもしれん。そう思って、オレは言った。

エレン「日差しに当たり過ぎたのかもな。待ってろ。もうすぐアルミンがこっちに戻ってくる筈…」

アルミン「あ、ミカサおかえりー」

と、その時、アルミンがかき氷を持って戻ってきた。

丁度良かった。ナイスタイミング。さすがアルミン。

エレン「アルミン、オレの分、ミカサに先にやってくれ」

アルミン「え? いいの?」

エレン「オレはオレで買ってくる。ここで待っててくれ」

ミカサの麦わら帽子を借りてパラソルを出た。

かき氷だけじゃ足りないかもしれない。ジュースも追加して買ってこよう。

そう思って、出店のゾーンに足を運んだら…。

???「やあやあそこの美少年君! 青春しているかね?」

と、見知らぬ女性に声をかけられてしまった。……誰?

???「おや? 一人? だったらお姉さんと一緒にちょっとデートしない?」

え? え? これってまさか、逆ナンパか?!

いきなりの逆ナンパにオレは一瞬、たじろぎ……

そしてその女性をよくよく観察して、何処かで見覚えがある事に気づいた。

ジャージ姿だ。海の浜辺でジャージは目立つ。泳ぎにきたような空気じゃない。

何か本来の目的と格好がずれている気がする。

エレン「あの……すみません。どこかでお会いした事、ありましたっけ?」

顔見知りのような気がしてそう言うと、

ハンジ「あれ? 分かんない? 私だよ。ハンジ先生だよー?」

エレン「あー……」

眼鏡ないのと、髪おろしているから一瞬、誰かと思ったら。

そういえば声はハンジ先生だ。うちの学校の生物の女の先生だ。

ハンジ「君は1年1組のエレン・イェーガー君だろ? ナンパしにきたのかい?」

エレン「んなわけないでしょう。オレ達、普通に皆と海に遊びに来たんですよ」

ハンジ「おお! 青春しに来てたんだね! ひと夏の恋を探しに来たのか」

ダメだこれ。話が通じない。

……というより、これは酒入っているっぽいな。顔が赤い。

エレン「いや、探してないですし、オレはかき氷とかジュースを買いに来ただけですよ」

ハンジ「そうなの? ダメだよイェーガー君。夏は短いんだから、青春しないと」

やたら青春を推してくるハンジ先生だ。

そしてそのままオレの背中にダイブして、乗っかってきた。おい!

エレン「ちょっと、ハンジ先生?!」

ハンジ「という訳で、エレン好みの女の子をナンパしにいくぞー!」

呼び方も滅茶苦茶だ。というか、何しにここに来たんだハンジ先生?!

そんな感じで酔っぱらったハンジ先生に絡まれてあちこち引きずりまわされた。

目的のかき氷が買えないじゃねえか! 全くもう!

エレン「……ハンジ先生、いい加減にして下さい! そもそも何しにここに来たんですか!」

ハンジ「え? えーっと……時間つぶしかな?」

エレン「時間つぶし?」

ハンジ「そうそう。今ね、男子と女子の体操部の合同合宿をそこの民宿でやっててね。休憩時間、ちょっとだけ連れと浜辺を散策してたけど、わざと一人にさせれば、声をかけたい生徒が行動しやすいと思ってね。粋な計らいをする為に、席を外している訳ですよ。うふふ」

オレは背中に張り付いたハンジ先生を無理やり落とした。

ハンジ「あん……いけずぅ」

文句言われたけど知らん!

エレン「帰りましょう! 今頃きっと、探してますよ!」

つまりハンジ先生は連れの先生を置き去りにしてわざと迷子になってたんだよ。

ひでえ話だ。きっと今頃、もう一人の先生がハンジ先生を探してる!

ハンジ「えー? それはないって~今頃きっと、女子があいつを離してない筈…」

だめだこの教師。早く何とかしないと。

エレン「そもそも顧問の先生がこんなところでサボってていい訳ないでしょう?!」

ハンジ「あーそうね。本当はいけないんだけどね。ほら、ビールとか、トウモロコシとかが私を呼んでたのよね」

サシャみたいな言い訳すんなよな、教師なのに。

エレン「とにかく、連れを探しますよ! どの辺でわざとはぐれたんですか?!」

ハンジ「ええっとね~」

と、話し込んでいたその時、

ジャン「エレン、てめえ何してんだよ!」

ジャンがこっちを見つけて合流してくれたんだ。助かった!

この酔っ払い、一人じゃ手に負えなかったんだよ!

エレン「え? あ、ああ……悪い。ちょっと、な」

ハンジ「あはははー! 皆来てたんだね! 偶然だね! うぃ~」

ああもう、また勝手に人の背中に乗ってから!

エレン「ちょっと、酔っ払い過ぎですよ! しっかりして下さいよ!」

一応、生徒の前なのに。しっかりしろよ!

ライナー「ん? どこかで見覚えのある女性だな」

ジャン「………あ、もしかして、ハンジ先生っすか?!」

ハンジ「イエース! 皆、青春してる~?」

ミカサもようやく気付いたようだ。確かにぱっと見分からんよな。

ジャン「何だよ…逆ナンされてるかもって思ったじゃねえか」

エレン「あ? ああ……ある意味では確かに逆ナンパだな」

ハンジ「イエース! エレン少年を逆ナンパしてました! うふ♪」

エレン「はいはい、もう……連れはどこですか?! どの辺ではぐれたんですか?!」

ハンジ「んふー♪ たーぶん、この辺の筈なんだけどねえ~」

ハンジ先生を抱っこするような感じで、辺りを見て回る。

すると、人ごみに紛れて背の低い、リヴァイ先生がこっちに走ってきた。

あ、怒ってる。もしかして、連れってリヴァイ先生の事か。

リヴァイ「このクソ眼鏡……どこほっつき歩いてやがった…」

うわーこえー。でもハンジ先生は何の事もない。

ハンジ「ごめんごめんー迷子になっちゃった♪ あいた!」

すっげえ音がした。うひぃ。痛そうな音だった。

リヴァイ「てめえは顧問の自覚はあるのか? 遊びに来たんじゃねえんだぞ?」

ハンジ「ごめんってばー! 殴らなくてもいいじゃない」

リヴァイ「女子の体操部はてめえの担当だろうが。女子の分まで俺に押し付けるな」

ハンジ「いやほら、顧問なんて席を外した方が彼女達も青春出来るだろ? 人気者のリヴァイと話せるチャンスを作ってあげようと…」

リヴァイ「余計なお世話だ。大体、合宿に来てるのに、顧問が酒飲んで遊ぶ奴があるか。戻るぞ」

ハンジ「ああ~せめて焼きそばだけは食べさせて~」

リヴァイ「知るか!」

エレン「そういや、リヴァイ先生は体操部の顧問もしてたんだっけな」

気苦労が絶えない感じだな。あの様子だと。

ミカサ「忙しいみたいね」

リヴァイ「おい、エレン!」

エレン「はい! なんすか?」

遠くからリヴァイ先生が叫んでいる。

リヴァイ「演劇部の方の合宿も大会前にやる予定だからな。忘れるなよ!」

エレン「は、はい!」

リヴァイ先生、本当にいい人だな。真面目だ。

やっと帰れる。そう思った直後、

ハンジ「……あれ? そういや私、眼鏡どこやったっけ?」

リヴァイ「あ? ああ……そう言われればないな。落としたのか」

ハンジ「かもしれない。おーい、そこの少年たち! 先生を助けて!」

エレン「え、ええええ………」

立ち去ろうとしたその時、また呼び止められてしまった。

リヴァイ「全く……」

リヴァイ先生もがっくりしている。そりゃそうだ。

とりあえず、眼鏡を探す。この辺に落ちていればいいけどな。

ミカサ「ありました」

ハンジ「ありがとー♪」

ミカサが見つけてくれたようだ。ほっとしたぜ。

ハンジ「じゃ、ありがとねー」

何故か投げキッスのお礼を受けてオレ達は帰る事にした。

エレン「ふーやれやれだ」

疲れた。すっかりハンジ先生に振り回されたぜ。

ジャン「でもハンジ先生って、ああやってみると美人だよな」

ライナー「ああ。眼鏡を外して髪をおろすと印象がまるで違ったな」

ジャン「でもああいう破天荒な女性はお守りをする方が大変だな…」

ライナー「言えてるな。確かに。リヴァイ先生も大変だな」

本当にそう思う。そんな感じで話しながらパラソルに戻ると、

アルミン「そりゃ大変だったねー。そうか、合宿で海の近くに来ている人達もいるんだね」

アニ「砂浜でのトレーニングは下半身の強化になるしね」

ミカサ「なるほど。砂浜で体を動かすのもいいのね」

アニ「砂に足をとられるから、しっかり足を動かさないといけないしね」

クリスタ「あ、じゃあ次はビーチバレーしない? ボールは持ってきてるよ」

ライナー「いいな。是非やろう」

と、いう訳で今度は2対2ずつでビーチバレーを始める事になったんだ。




オレは日焼け厳禁だったから、ビーチバレーに参加出来なかった。

その代り審判をやった。もちろん、麦わら帽子を被ったままでな。

サシャがやっと仮眠から起きて水着に着替えてきた。

くじ引きでペアを決めて、地面にブロック表を書いた。

ジャン「なんでこの芋女とペアなんだよ」

サシャ「芋女は失礼ですよ!」

と、一部のペアだけ文句が出たが、他は概ね文句はないようだった。

ビーチバレーは普通のバレーと違って動きが制限されるからか、初めはミカサも苦戦していた。

一番慣れている感じだったのはユミルとベルトルトだった。意外だ。

コンビネーションも悪くない。二人とも背が高いから、じわじわと点を取っていた。

ライナー・クリスタペアはどうしてもクリスタが狙われたし、ミカサ・アニペアもアニの背が低いせいで、どうしてもブロックに穴があった。

その分、レシーブで持ちこたえてたけど、最後はやはり背丈のハンデがあったせいでミカサ・アニペアも負けちまった。

アニ「ちっ……大型め」

ベルトルト「うっ……」

ベルトルトは複雑そうな顔してたな。

ミカサ「負けてしまった…」

ミカサも珍しくしょんぼりしてた。可愛い。

……って、言ってる場合じゃないか。

そしてそのままユミル・ベルトルトペアが優勝した。

マルコ「負けちゃったかー」

アルミン「ご、ごめんマルコ…」

マルコ「いいって、気にしないで」

マルコとアルミンペアが最下位だった。ユミルとベルトルトは二人にゴチになる。

そして一通り試合が終わると、

サシャ「そろそろお腹減りましたー」

ジャン「おま、さっき食ったばっかだろうが」

サシャ「動いたらお腹減りますよー。皆でお昼にしましょう!」

ミカサ「そうね。時間も頃合いだし……どこで食べる?」

サシャ「あそこ! 海の幸が食べられるっぽいですよ。あそこにしましょう!」

オシャレな洋風のレストランが海沿いにあった。

人気のある店のようだ。行列が出来ているから時間かかりそうだな。

クリスタ「並ぶのはちょっとなあ…」

ユミル「あっちの居酒屋風のでも良くないか?」

サシャ「あ、そっちでもいいですよー! あっちも美味しそうですね!」

あーこの時の選択、今思うと、ミスった。

人がすいてるって事はイコール、評判が良くない。もしくはまずい店だと考えるべきだったんだ。

幸い飯はうまかったけど、接客の方に問題があったとは。この時は思ってもみなかったんだ。

店員「オレンジ3つ、ウーロン3つ、カルピス1つ、クリームソーダ1つ、アイスコーヒーが2つで間違いないでしょうか?」

ユミルとクリスタとライナーはオレンジ、私とエレンとジャンがウーロン、カルピスがアルミン、クリームソーダがサシャ、アイスコーヒーがベルトルトとアニだ。

ジャン「マルコは飲まないのか?」

マルコ「あーうん、ちょっと待って」

マルコは注文を迷っているようだ。

マルコ「じゃあこのミックスジュースで」

店員「かしこまりました。ミックスジュースを追加ですね」

という訳で飲み物を先に注文して各々、好きな物を注文することになった。

サシャ「彩り野菜のバーニャカウダ、とりあえずの枝豆、タコわさ、とろっと半熟卵のポテトサラダ、ネギホルモン、卵焼き~明太子マヨソースで~、ブラックペッパー&チョリソーセージ、春雨ともやしのピリ辛炒め……後は…」

ジャン「ちょちょちょ! 一気に注文しすぎだろ! 少しは遠慮しろ!」

サシャ「ダメですか?」

サシャの選択は悪くはねえが、量が多すぎるな。

アルミン「ダメじゃないけど、もし残したら勿体ないからちょっとずつ注文しようよ」

サシャ「残しませんよ? 全部食べますから!」

マルコ「いや、でも、万が一があるから。とりあえず今言った分だけ注文しとこう」

サシャ「うーん、まあそれもそうですね。ではそれで!」

サシャが決めたメニューに皆も乗っかった。その方が早いと思ったからだ。

料理が来る前にソフトドリンクがきて、各々飲み始める。

>>362
訂正
ユミルとクリスタとライナーはオレンジ、ミカサとオレとジャンがウーロン、カルピスがアルミン、クリームソーダがサシャ、アイスコーヒーがベルトルトとアニだ。

また間違えたー。ごめん。

ミカサがごくごく飲んでいた。ビーチバレーしたから喉乾いてたのかな。

オレはウーロン茶にすぐ手をつけなかった。氷が少し解けてから飲もうと思ったからだ。

ミカサ「………?」

ミカサが首を傾げていた。ん?

ミカサ「エレン、暑くない?」

エレン「ん? いや別に……」

ミカサ「そう……」

料理が来る前に皆、適当に話している。

でもミカサはぼーっとしていた。相槌も打たない。

ちょっと様子が変だな、とは思ってたけど。

まさかこの後、あんな事態になるとは思わなかった。

料理が次から次にやってきた。おお、肉が美味しそうだ。

ミカサ「はふはふ……」

ミカサが美味そうに食ってた。オレも食べよう。

と、皆がソーセージに食いついてたその頃、

店員「ウーロン茶のお客様ーどうぞー」

エレン「? もう、ウーロン茶きてますけど」

店員「え?! あっ……(まずい、ウーロンハイと間違えて渡してる?!)」

店員「も、申し訳ありません……商品を間違えてお渡ししてたようで……すぐ交換致しますので! (ササっ)」

エレン「は、はあ……」

ミカサ「あら、ではこれはウーロン茶ではなかったの?」

エレン「みてえだな。………ミカサ?」

ミカサ「なあに? (ぽやん)」

ああああ……可愛い顔、しやがって。

エレン「…………まさか」

ミカサ「ん?」

エレン「お前、全部飲んでたよな」

ミカサ「美味しかった……ので(ぽやん)」

あちゃー。酒、飲んじまったな。不可抗力だけど。

オレは幸い手つけなかったけど、ジャンはどうかな。

エレン「ジャン、お前全部飲んだか?」

ジャン「いや、ちょっとしか飲んでねえけど……まさか」

ジャンも幸い、殆ど手をつけてなかった。

こいつも氷が解けてから飲む派だったみたいだ。つくづく好みが似てるな。

エレン「多分、ウーロン茶とウーロンハイ、間違えて渡されてたんじゃねえか?」

ジャン「げげ! まじか! じゃあミカサ、1杯飲んじまったのか?!」

エレン「多分な……いや、これは店側の過失だからバレてもいい訳は出来るけど」

ジャン「だ、大丈夫かな。ミカサ、気分悪くないか?」

ミカサ「じぇーんじぇん♪」

その瞬間、オレとジャンはほぼ同時にガタッと動揺した。

ジャン、お前の考えている事は分かるし、お前も分かるだろうな。

くそ! 何かふよふよ動くおもちゃみたいな反応してるぞ、ミカサ!

ミカサ「むしろ気分がいい。とても楽しい。うふふふふ……」

あーあ。楽しそうだな。酔っぱらってるな。

こりゃもうどうしようもねえ。酒が抜けるまで大人しくさせないと。

エレン「ば、バレねえようにしねえとな。ミカサ、大人しくしとけよ」

ミカサ「うん……エレンがそういうなら大人しくする」

と、言ったのに。

ミカサが急に上着を脱ぎだしたので、オレとジャンで慌てて止めた。

ジャン「!?」

エレン「おま! 大人しくしとけって言っただろ! 脱ぐなよ!」

ミカサ「でも…暑いので」

エレン「我慢しろ! あ、こら! それ以上脱ぐなあああ!」

いかん! ストリップを始めそうになったミカサを必死に止めた。

物凄く暑がってる。気持ちは分かるが、ここで暴れるなよ!

アニ「なっ……ちょ、ミカサ、何してるの」

ユミル「おいおい、店の中だぞ、常識的に考えろよ」

ミカサ「脱いではいけないの?」

ユミル「ダメに決まってるだろ。イチャコラしたいなら飯食ってからにしろ」

エレン「そういう話じゃねえんだよ!」

冗談言ってる場合じゃねえ!

ジャン「実はさっきのウーロン茶、ウーロンハイだったみたいで、ミカサが全部飲んじまってたんだ」

ユミル「………たった一杯で酔っちまったのか? 嘘だろ?」

エレン「こいつ、酒飲んだ事ねえんだよ、多分。ああもう、暴れるなミカサ!」

ミカサは力が強いから男二人がかりでようやく押さえつけられたけど。

傍から見たら抵抗しているのを無理やりヤろうとしているようにも見えたかもしれない。

…………逆だぞ?! 言っとくけど!

ミカサ「だったら汗拭いて! エレン!」

エレン「はぁ?!」

ミカサ「汗かいた。気持ち悪い。お願いします」

こら! 土下座すんな! そんなお願いは男にするもんじゃねえ!

クリスタ「み、ミカサ……それはダメだよ。私が代わりにしてあげるから、お手洗い行こう?」

ユミル「だな。ちょっとミカサ確保するぞ」

クリスタとユミルに連行されてミカサは女子トイレに運ばれてしまった。

あーほっとした。とりあえず二人に任せよう。

でもこの後、どうするんだ? って話になって。

アルミン「お店側の過失なんだから、ここで暫く休ませて貰ったらどうだろ?」

マルコ「でもどの店員さんに渡されたか覚えてないよ。もし向こうが認めなかったらどうする?」

アルミン「あ、それは大丈夫。さっきの眼鏡の若い人が回収してたの見てたし」

アルミンは抜け目がない。助かった。

早速事情を話すと、店長が出てきて謝罪された。

どうやらこう言った場合は、未成年に酒を出したお店側に責任が発生するらしく、店長さんが店の裏でミカサを休ませてくれる事になった。

店長が何度も平謝りしていた。お詫びに昼飯の代金まで免除して貰った。

結果的にはタダ飯になったからサシャが一番喜んでいたな。

さすがに全員、裏で休むわけにはいかないんで、オレとジャンがミカサの傍に残る事にした。

エレン「すまねえな、気づいてやれなくて…」

ミカサ「いえ、変だなと思いながらも飲んでしまったのが悪かった…ので」

相槌も打たずにぼーっとしてたあの時点で、やっぱりおかしかったんだな。

ミカサはそんなにおしゃべりじゃないけど相槌はちゃんと打ってくれる。

人の話はちゃんと聞いてる。それに気づかなかったオレも馬鹿だった。

一時間くらい寝かせると、ミカサの調子も大分良くなったようだ。

ジャン「顔色も戻ったな。良かった」

エレン「起きれるか?」

ミカサ「うん…」

海に戻ると皆に心配された。

ミカサ「ごめんなさい。迷惑をかけた…」

クリスタ「ううん、いいって。良かったね。アルコール抜けたみたいで」

ユミル「でも一応、今日はこれ以上は泳がない方がいいな」

ミカサ「確かに。皆はもう少し泳ぐ?」

ユミル「んー……今何時だっけ?」

クリスタ「3時半くらいかな」

ユミル「もう体力的に疲れたから……砂遊びしようぜ」

クリスタ「いいよ。お城作ろうか♪」

ユミル「ライナー埋めてやろうぜ♪」

ライナー「何? 何をする気だ?!」

ライナーがユミルに拉致られた。埋められるんだろうな。アレ。

人の数が最初に来た時より減ったような気がする。

だから砂遊びをしている奴らがぼちぼち増えているみたいだった。

ジャンもマルコもアルミンも、便乗して砂遊びを始めた。

ベルトルトとアニはそれを眺めて何か二人で話しているようだ。

その会話が聞こえる訳じゃないが、ベルトルト、頑張れよ。

オレはとりあえずミカサの隣にいた。

ミカサが麦わら帽子を見ている。そういや、借りっぱだった。

エレン「ん? ………ああ、悪い悪い。借りっぱだったな」

ミカサに麦わら帽子を返そうとした、その時、

ぴゅううううう……

ミカサ「あ」

風が、邪魔をした。潮風が一度強く吹いて、飛んでいく。

ミカサが慌てて追いかけた。海の方に行きそうになる。

おい、どこまで飛んでいくんだよ。新品なのに。

オレも遅れて追いかけた。拾ったのは、柄の悪そうな男達だった。

あ、まずい。何か嫌な予感がする。

ミカサ「すみません。ありがとうございます」

男1「お姉さん、人にお礼をいう時は人の目を見て言ってよー」

男2「そうそう、上目づかいで、ちゃんと、胸を寄せて」

男3「なつかしの、だっちゅーのポーズでしょ!」

無茶ぶりしてるみたいだ。くそ! あともうちょい。

ミカサは礼を言い直している。律儀に返す必要なんてねえのに。

男1「いいね、お姉さん、名前なんていうの?」

ミカサ「…………あの、帽子を」

男1「まだ返さないよ。お姉さんが名前と携帯番号を教えてくれないとね」

やっと追いついた。全く。面倒な奴らだ。

エレン「おい、帽子返してくれよ」

ミカサ「エレン……」

エレン「ミカサ、何も教えるなよ。こいつらには」

ミカサ「う、うん」

するとあいつらは帽子を勝手にくるくる回し始めて、

男1「おいおい、随分な言い方だな。折角ミカサちゃんの帽子を拾ってあげたのに」

男2「そうだよな。それが人に対する態度か?」

エレン「だから返してくれって言ってるだろ」

男1「ミカサちゃんの携帯番号と交換だな。じゃねえと返さないよん」

人の物で勝手に遊ぶな。丁寧に扱えよ。

いや、扱わないような奴らだから、まともに相手する方が間違ってるな。

もう、いっそ、砂かけて目つぶしでもしてやろうか。

そう思ったその時、

ジャン「おい、なんの騒ぎだ」

マルコ「どうかしたのかい?」

男1「うっ……」

ジャンとマルコもこっちに追いついた。するとあいつらは態度を変えて、

男2「なんだよ。逆ハー状態かよ。だったら無理か~」

男3「悪い悪い。ちょっとからかいすぎたわ」

と、さっきまでのしつこさは消えて帽子を返してきた。

エレン「…………」

ジャン「なんだぁあいつら。変な奴らだな」

ちっ。ジャンの方を見て、あいつら態度を急変させやがった。

オレは体が細いし、男としては頼りない印象だからだろう。

やっぱり、オレって男として舐められるんだよな。

ミカサ「ごめんなさい、エレン。私のせいで……」

エレン「は? 何の話だよ」

ミカサ「だって、私が彼らに絡まれたから」

エレン「そんなのは、良くある事なんだろ。つか……」

こんな事を言うのは男としては格好悪い。それは分かってたけど、つい、

口から出ちまった。情けない。

エレン「ジャン達が来た途端、引きやがって。やっぱオレって舐められてるよな。男として」

ミカサ「そんな事ない」

エレン「そんな事、あるんだよ。だってそうだろが。くそっ…」

ミカサ「………」

ミカサを困らせてしまった。ああ、もう。

こういう時の自分を制御できない自分にまた、腹が立つ。

ジャン「ナンパだったのか?」

ミカサ「ええ、まあ…」

ジャン「全く。油断も隙もねえな。気持ちは分からなくはねえが……(ごにょごにょ)」

ミカサ「ジャン?」

ジャン「何でもない。とにかく、エレン。今みたいな時はすぐ応援を呼べ。相手はお前を舐めたんじゃなくて、数で引いただけだ。だからあんまり気にするんじゃねえよ」

エレン「……………分かった」

ジャンにフォローされたのが、余計に辛かった。

酔うと壊れたおもちゃみたいな動きをするミカサ。多分、変な動きしてます。
酔っぱらったミカサを押さえつけるのって男二人がかりでも大変そうだ。

という訳でここまで。続きは次回です。

酔っ払ったミカサぺろぺろしてえええええ
おつおつ

>>370
ミカサにぺろぺろするのはもう少し待ってて。待機して。
お楽しみはもうちょっと後回しだ。







夕方になると人の数が大分減った。

そろそろ帰り支度を済ませている人達も多い。

ミカサと一緒に荷物番してたけど、オレはあまり話せなかった。

さっきの事が尾を引いてて、自分でも自分がうぜえって思う。

でも、すぐにテンションを戻せなかった。こういうところは、オレの悪いところだ。

ジャン「ミカサ! 出来たぞ。どうだこれ」

ミカサ「おおお……」

ジャンがミカサを誘っていった。

砂の城が完成した様だ。つか、すげえな。

あいつも意外と手が器用らしい。アルミンとマルコの方も、なんかいろいろ、作ってる。

ミカサ「記念写真、撮ってもいいだろうか」

ジャン「勿論だ。一緒に写ろうぜ」

アルミンに頼んで写真を撮ってる。

その様子を、別に普通に眺めているオレがいる。

何でだろ。今までだったら、ジャンうぜえって思ってたのに。

今までのような嫉妬の感情が出てこない自分にちょっと自分で驚いていた。

ユミル「ぶははは! いい出来だなこれ」

クリスタ「ひどい……いや、いい意味で、だけど、これは酷いよユミル!」

ユミル達の方も大体完成したみたいで、ライナーを指さして笑ってた。

アニとベルトルトも笑いを堪えている。

ライナーの体の上にはボインの女体が作られてて、女体化ライナーになっていた。

ライナー「一体、どんな状態なんだ…」

寝かせられているライナーは詳細が見えない。困った顔をしていた。

ユミル「記念撮影しようぜ! 皆集まれ! サシャ、お前も食ってばっかいないでこっちこい!」

サシャ「はひはひ(はいはい)」

サシャは一人だけソフトクリームを食ってた。砂に埋まったライナーを中心に記念撮影する。

アルミン「撮るよーエレンもこっちおいでよ」

エレン「あ? オレはいい。荷物あるし」

貴重品あるからな。人が少なくなってきたとはいえ、誰も見てないのは危険だ。

ジャン「本人がいいって言ってるから仕方ねえよ。アルミン、撮ってくれ」

アルミン「しょうがないなーじゃあチーズ」

パシャ☆

皆が楽しそうに記念撮影をするのを横目で眺める。

ライナー「もう起きてもいいか?」

クリスタ「いいよー」

ライナー「やれやれ……」

砂から起き上って作品が壊れた。短い戯れだったな。

ベルトルト「帰りの時間、どうする?」

マルコ「あー…あんまり遅くなると、良くないよね。そろそろ帰り支度する?」

クリスタ「んーでも、まだ時間が微妙かも。あと一時間くらいずらさないと乗り継ぎが面倒かも?」

アルミン「今の時間は混んでいるかもね。あとちょっとだけ、居ようか」

マルコ「だったら、エレンもちょっと遊んだら? ほとんどパラソルにいただろ?」

エレン「え?」

その時、意外な事を言われてちょっと驚いた。

マルコ「夕方になってきたし、真昼より日差しは弱いから、少しくらいならいいんじゃない?」

エレン「いいのか?」

マルコ「うん、パラソル番、交替するよ」

オレはちょっと迷ったけど、マルコの言葉に甘える事にした。

暫く一人になりたい。そんな気分だったからだ。

上着を一枚だけ引っかけて辺りを散策しよう思った。

でも、ミカサがそれについて来ようとしたから、

エレン「悪い。ちょっと一人にしてくんね?」

と苦笑しながら言って、オレはミカサをジャンに任せる事にした。

とりあえず、西側に向かって歩いてみる。こっちの方はもっと人気が減っていて、遊んでいる人数も少なかった。

砂浜をずんずん進んでいって、とりあえず海を静かに眺めた。

波の音が、聞こえる。ただ、ひたすらゆっくりと。

綺麗だな、と思った。ただ、海を眺めているだけなのに。

波の音に耳を傾けていたら少しずつ、自分の中の苛立ちも収まってきた。

そしてジャンの言った言葉を自分の中でゆっくりと消化する。

ジャン『とにかく、エレン。今みたいな時はすぐ応援を呼べ。相手はお前を舐めたんじゃなくて、数で引いただけだ。だからあんまり気にするんじゃねえよ』

もしもジャンが一人でミカサの傍にいたら、あいつらを追っ払えただろうか。

それは分からない。でもきっとジャンは追っ払えなかった時は冷静に、自分から応援を呼んだだろう。

そうだよな。自分の出来ない事はやらない。加勢を頼む方がいい場合もある。

そう、思ったその時、オレ、ジャンの大人な対応に嫉妬してたんだな、って分かった。

恥ずかしいな。こういうの。認めるのって、本当に恥ずかしい。

でもだからこそ、さっきのミカサとの様子を見てて嫉妬しなかったんだろう。

それはオレが少しずつ、ジャンの事を認め始めた証拠でもある。

あいつは、オレとは似てないけど、好みは似ている、変な奴だ。

悪い奴じゃねえのも分かってる。たまにうざいけど。

でも、ミカサを見つめる表情はいつだって真剣だ。

あいつ、将来を真剣に考えているみたいだし、ミカサを本気で幸せにする気なら。

いつか、もし本当にそういう未来が来たとしたら、受け入れるしかねえかな。

………なんて、ちょっとだけセンチメンタルな事を考えていたら。

ふと、視線の先に、見覚えのある顔があった。

いや、正確にいえば他人のそら似だけど。

まるで白雪姫を演じた時のアルミン。そう、黒い髪のアルミンだと思った。

黒い髪のアルミンそっくりな女の子が、凄くうろうろして、引き返して、またうろうろしてという、不審な動きをしていたんだ。

何をやってるのか良く分からなかった。でも観察して見ると…

もしかして、これかな?

近くに立札があった。そこには満潮時には行けないけど、引き潮の時にだけ歩いて渡れる小島の案内が書かれていた。

オレは思い切ってその女の子に声をかけてみた。

エレン「あの……」

???(びく!!!!)

物凄く驚かれた。声、かけたらまずかったかな?

エレン「もしかして、ここに行きたいんですか?」

と、指を指して看板を示すと、物凄い勢いで驚かれた。

???「な、なんで分かったんですか?」

エレン「いや、さっきからずっと、行ったり来たりして看板見ては落ち込んでるから」

???「…………」

彼女は落ち込んでしまった。おっと、お節介が過ぎただろうか?

???「………あの、今、お時間、ありますか?」

エレン「え?」

???「図々しいのは承知の上でお願いします! あの小島に、一緒に行って頂けないですか?」

エレン「え? え?」

いきなりのお願いにオレは面喰った。何でだ? 一人で行くのが怖いんか?

エレン「いや、ついていくのは別に構わないですけど……お一人なんですか?」

???「はい。時間内に一人で探しきれるか自信がなくて」

エレン「何か探しているんですか?」

???「実は……」

彼女の話を簡単にまとめると、その小島にあると言われるピンクの石には恋愛成就の力があるという言い伝えがあるらしい。

まあ何ともアレだ。観光客を釣る為の嘘くさい話だとも思ったが……。

恐らく日の関係で言えば次の干潮時が今日のラストチャンスかもしれない。

彼女が明日もここに滞在するなら話は別だが、もしかしたら夜には帰らないといけないかもしれないし。

深い事情は分からないが、その程度の人助けならいいだろうと思って、オレは安易にその頼みを引き受けたんだ。

チャンスがやってくるまで少し待って、オレは彼女と一緒にその細い道を急いで渡った。

小島には人気は全くなく、訪れたのはオレ達二人だけだった。

エレン「……で、そのピンクの石ってのはどの辺にあるんですか?」

???「えっと、砂浜に混ざってるらしいんですが、ハートっぽい形をした小さなピンクの石です」

エレン「砂浜の中に隠れているのを探せばいいんですね」

???「はい」

とりあえず、片っ端から砂を掘って探してみた。

しかし小島とはいえ、砂浜はそれなりにあったから、探し出すのは容易ではなかった。

でもそういう「宝探し」みたいな作業って、結構楽しくてさ。

ついつい、時間を忘れて二人であちこち探してしまったんだ。

そして気がついたら、辺りが大分薄暗くなってて。

二人で「あった!」と目的の物を探した頃には大分、太陽が傾いてしまってたんだ。

エレン「あ、やっべえええ!」

時間を完全に忘れてた。一回、連絡しないと!

と、思って携帯を開いたら…。

電池、切れてた。最悪だ!

エレン「い、急いで帰りましょう!」

???(青ざめ)

彼女の目線の先は、道が無くなっていた。

エレン「ああああああ!」

しまった。道が無くなってる! どうする!?

???「あー……間に合わなかった」

しまった。オレがもっと早く探していれば。

そう思ってたけど、彼女の方はほっとしていた。

???「…………でも、見つかったから良かった」

一個だけしか見つからなかったけど、彼女の言うハートっぽい形のピンクの石は本当にあったんだ。

大きさは2センチあるかな? ないくらいの小さい石だったけど。

見つけるのにすっげえ苦労した。でも実際にあって良かったぜ。

エレン「あの、携帯は持ってますか?」

???「いえ、持って来てないです」

エレン「ええええ? じゃあどうやって連絡を……」

参ったな。両方連絡できないんじゃどうしようもねえ。

しかしその時、

???「うふふ。大丈夫です。一晩くらいなら、どうにでもなります」

と、意味深な答えが返ってきた。

え? どういう意味だ?

???「あ、そういえばまだ、名乗ってませんでしたね」

ニファ「私、ニファと言います。講談高校の3年で、体操部に所属しているんです」

エレン「え?!」

あ、もしかして、合宿に来ていたから、ここに居たのか。彼女は。

ニファ「合宿は31日の朝まで行う予定なので、明日の朝までに部屋に戻れば十分大丈夫です」

エレン「ええ? だったらそんなに慌てて探しに来なくても良かったんじゃ…」

ニファ「ええ。騙してごめんなさい。でも、もし一人でここにきて、夜をこっちで明かす事になったら、さすがに怖かったので」

と言う事は何か。

彼女は今夜は戻れない事を覚悟の上で、それを前提に迷ってたんだな。

エレン「いや、それならそれを先に言って下さい。というか、二人で探すより、人を集めて皆で探す方が早かったでしょう」

ニファ「え?」

エレン「オレ、連れがいたんですよ。沢山。そいつら連れて来てれば、もっと早く見つけられましたよ」

ニファ「ええ? そ、それはごめんなさい。悪い事をしました」

しょぼーんとする様は可愛いから許すけどさ。

アルミンに似た顔で落ち込まれると怒る気にもなれないし。

でもどうする? オレ一人だけここに今夜残る訳にもいかんのだが。

あいつら、今頃心配して探しているかもしれないし…。

いっそ泳いで渡って帰ろうか。そう思ったその時、

ニファ「あの、もう少し待てばまた、渡って帰れるかもしれませんし、もう少し、待ちませんか?」

エレン「でもな……はっきりとした時間が分からんし、連れに心配かけてるだろうし、ここに残る訳にもいかないんですけど」

ニファ「でも…夕方の海は危ないですよ。もし離岸流に引っかかったら、戻れなくなるかもしれないですし」

エレン「あー…そっか。そうだな。その辺は素人だから、下手に手出さない方がいいな」

もういっそボートで来るべきだったかな。迂闊だった。

どうするかな。そう思って落ち込んでいたその時、ニファと言った彼女がまた、砂浜を掘り起こしていた。

エレン「?」

ニファ「もう一個探しませんか? あなたの分も探しましょう」

エレン「いや、オレは別に要りませんよ」

ニファ「そう言わず。時間が勿体ないですから」

まあ、戻れないからしょうがないか。ただ待ってても時間の無駄だし。

という訳で2個目のピンクの石を探してみる。

今度は3センチくらいのちょっと大きめのそれを見つけた。

ニファ「わあ……こっちの方が大きいですね」

エレン「交換します?」

ニファ「いいの?」

エレン「大きい方が効果がありそうな気がしますしね」

何となくそう思ったから、交換してあげた。

すると、彼女は凄く嬉しそうにしていた。

余程、目当てのお相手はイケメンなのかな。

そう思わせるほどの、乙女の顔をしてたんだ。

オレは小さい方のピンクの石を貰って、その後はどうするか悩んだ。

道は元に戻る気配が全くない。

満潮と干潮の仕組みを詳しく知らないから、後どれくらいで道が出来るか分からない。

ただ、ずっとここに閉じ込められるという事はない筈だ。

明日の同じ時間辺りになれば、きっと大丈夫だろうけど。

…………ミカサ、怒りそうだよなあ。

過ったミカサの事を思うと、やっぱりどうにかしなきゃと思い直した。

エレン「おーい! 誰かー!」

ニファ「!」

エレン「原始的ですけど、誰かが声に反応してくれりゃ、ボートで来てくれるかもしれないんで」

ニファ「そ、そうですね! 気づかなくてごめんなさい!」

という訳で、オレ達二人はとりあえず、誰かが気づいてくれる事を祈って声を張り上げた。

すると、暫くすると、見覚えのある顔が近づいてきた。

あ、やった! ジャンがボートに乗ってこっちに来た!

ミカサも乗ってる。オレ達はおおーいと手を振って二人に声を飛ばした。

あいつら二人がこっちに乗り付けて、そしてジャンに頭を殴られた。

まあ、しょうがない。オレの不手際のせいで心配かけたからな。

エレン「わ、悪い……まさかこんなに早く満潮になるとは思わなくて」

ニファ「すみません! 私が無理を言ったせいで」

ジャン「そちらの方は……」

ニファ「ニファと言います。講談高校の3年です。その、私のせいなんです。ここの石を持ち帰ると、願い事が叶うと言われる逸話があってそれを探しに行きたくて、でも、一人だと心細かったんで、たまたま一緒になった彼に、その……手伝って貰って」

ミカサ「…………」

とりあえず、ニファさんのおかげでジャンの怒りも鎮まったようだ。

ジャン「せめて連絡しろよ……心配したんだぞ」

エレン「すまん。携帯の電池が切れててな」

ジャン「外出する前は充電をちゃんとしとけよ! 全く…」

面目ねえ。いや、本当に。

そしてオレ達はアルミン達のところに合流して事情を説明して謝罪した。

アルミンは自分に似たニファさんと会ってちょっとだけびっくりした様子だったけど。

別れ際にニファさんに名前と学年とクラスだけ聞かれて、後でお礼をさせて欲しいと言われた。

そしてようやく帰りの列車に乗ることになったんだ。