阿笠「万引きしよう」 (20)

元太「美味い!美味い!ははははは!」

阿笠「腹減ったのう……」

コナン「そこにコンビニあるぞ」

阿笠「財布を家に忘れたんじゃ……」

コナン「えぇ……」

阿笠「頼む、貸してくれ」

コナン「俺も財布持ってねぇぞ」

光彦「僕もです」

元太「俺は、さっきうな重味のポップコーン買ったからびた一文持ってねぇぞ」

阿笠「そうか……仕方ない……」

コナン「家に帰るまで我慢し」

阿笠「万引きしよう」

コナン光彦元太「!?」

阿笠「おにぎりとパン、どっちにしようかのう?酒と炭酸のジュースも欲しいのう」

コナン「バーロー!万引きは、犯罪だ!止めろ!」

光彦「逮捕されますよ!」

元太「俺のポップコーン食えよ!……あ、全部食っちまった」

阿笠「行くぞ!!!」

阿笠は、コンビニに向かって走った。

コナン「博士を止めろお!」

元太「うおおおおおおおお!」

元太は、阿笠のけつにカンチョーを食らわせた。

阿笠「うぎゃああああああああああ!」

阿笠は、脱糞した。

元太「ははははは!こいつうんこ漏らしやがった!」

光彦「汚いですね!臭いですね!ははははは!」

コナン「万引きしようとした罰だ、早く家に帰ってズボンとパンツを洗えようんこマン」

阿笠「う、うがあっ!」

阿笠は、パンツの中のうんこを取って元太の顔面に叩き付けた。

コナン光彦「!?」

元太「ぐわあああああ臭ええええええ!」

阿笠「誰がうんこマンじゃ!」

コナン「お前だあ!万引きうんこマン!」

コナンは、キック力増強シューズで阿笠の腹に向かってミドルキックを放った。阿笠は、コナンの顔面をうんこ付きの手で殴った。コナンのミドルキックは、外れた。

コナン「ぶぎゃ!」

光彦「コナン君!」

コナン「き、汚え……」

阿笠「ほあたぁ!」

阿笠は、光彦の顔面にうんこ付きの手で平手打ちを食らわせた。

光彦「ばあほっ!」

阿笠は、光彦の股間を蹴飛ばした。

光彦「のおおおおおおおお!」

元太「このクソ野郎が!」

元太は、阿笠に向かってタックルを放った。

阿笠「はあっ!」

阿笠は、うんこ付きの人差し指を突進する元太の左目に突っ込んだ。

元太「うわあああああ!目の中にうんこが!左が見えねぇ!」

光彦「元太君!うわあっ!左目が!」

コナン「てめぇ!よくも元太の目を!絶対に許さねぇ!ぶっ殺してやぶっ!」

阿笠は、うんこ付きの手でコナンの頭に鉄槌打ちを食らわせた。

阿笠「これが大人の力じゃあ!」

阿笠は、コナンを持ち上げた。

コナン「止めろ!何をする気だ!?」

阿笠「ポイッ!」

阿笠は、コナンを道路に向かって勢いよく投げた。

コナン「!」

コナンは、バイクにはね飛ばされた。

光彦「!?」

元太「!?」

コナン「が……あ、あ……」

光彦「ひいっ……コナン君が……」

元太「コナン!」

阿笠「余所見してる場合じゃ無いじゃろ!」

阿笠は、ズボンを脱いだ。

元太「!」

阿笠は、元太にうんこ付きパンツでヒップアタックを食らわせた。

元太「どわああああああああああ!」

阿笠「フィニッシュじゃ!」

阿笠は、倒れて仰向けになった元太にうんこ付きパンツでヒップドロップを食らわせた。

元太「ぶっ……」

阿笠「フーッ、フーッ、んっ!!!」

阿笠は、元太に屁を食らわせた。

元太「ん゛!ん゛ん゛!ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛!」

光彦「元太君!」

阿笠「……」

阿笠は、光彦を睨み付けながらパンツからちんちんを出した。

光彦「ひいっ!」

阿笠「光彦君、わしのちんちんを」

その時、コンビニから銃声が聞こえた。

阿笠「な、何じゃあ!?」

光彦(た、助かりました……)

コンビニの店内

コンビニ強盗リーダー「ははははは!ここの金と食料は、俺達が盗んでやるぜ!」

店長「や、止めろお!」

コンビニ強盗リーダー「邪魔する奴は!」

リーダーは、店長を射殺した。

コンビニ強盗リーダー「処刑するぜ!」

店長「」

店員「店長!店長!!」

コンビニ強盗リーダー「お前は、レジの金を盗め!俺は、食料を盗む!」

コンビニ強盗手下A「へい!……あ!」

歩美「ひいっ……」

コンビニ強盗手下A「可愛い~!リーダー!この女をレイプしていいですか!?」

コンビニ強盗リーダー「好きにしろ!」

コンビニ強盗手下A「へい!ぐへへへへ」

歩美「誰か助けてええええええええええ!」

光彦「あ!店内に歩美ちゃんが!」

阿笠「強盗か、ついてないのう」

光彦「今、通報しても間に合いません!どうすれば良いんですか!?」

阿笠「……」

コナン「はあ……はあ……」

阿笠「……」

元太「うぅ……」

阿笠「……今、万引きしても強盗がやったことになるのう」

光彦「はあ!?何言ってるんですか!?殺しますよ!」

阿笠「わしも盗むぞお!」

光彦「待って下さいゴミクズ!」

阿笠と光彦は、コンビニに向かって走った。

コンビニ強盗手下B「止まれ!何でズボン穿いてないんだ!?」

コンビニ強盗手下C「ここは、立ち入り禁止だ!早くズボン穿け!」

阿笠「退けぇ!」

阿笠は、入り口で見張りをしていた手下Bを殴り飛ばした。

コンビニ強盗手下B「ぶはぁ!」

コンビニ強盗手下C「このクソブタが!射殺してやる!」

手下Cは、阿笠に向かって発砲した。

光彦「ぐはぁ!」

コンビニ強盗手下C「なっ!?」

阿笠は、光彦を盾にして銃弾を防いだ。光彦は、死んだ。

阿笠「そおいっ!」

光彦「」

阿笠は、光彦の死体を手下Cに向かって投げつけた。

コンビニ強盗手下C「ぐあっ!」

手下Cは、銃を落とした。

阿笠「銃ゲットじゃ」

コンビニ強盗手下C「かっ、返せぇ!」

阿笠は、手下Cと手下Bを射殺した。

阿笠「……」

コンビニ強盗手下B「」

コンビニ強盗手下C「」

光彦「」

阿笠「さあ、万引き(パーティー)を始めようか……その前に手を洗うか」

阿笠は、コンビニに入店した。

阿笠「いただきマンモス!モグモグモグモグ!ん~っ!美味い美味い!ポテチもポップコーンもグミもアイスも酒もジュースも食べ放題飲み放題じゃあ!天国じゃああああ!」

歩美「痛いいいいいい!」

阿笠「むっ!」

コンビニ強盗手下A「ふんっ、ふんっ、ふんっ」

歩美「はっ!はっ!はっ!」

阿笠「歩美君がレイプされてるぞい!ハアハアハアハア!」

阿笠は、レイプされている歩美をオカズに[田島「チ○コ破裂するっ!」]した。

コンビニ強盗手下A「ほっほっほっほっほっほっほっほっ」

歩美「はっはっはかっせったっすけってっ」

阿笠「ハアハアハアハアハアハアハアハア!」

コンビニ強盗リーダー「おい、見張りを殺したのは、お前か?」

阿笠「!?」

コンビニ強盗リーダー(何でズボン穿いてないんだ?)

リーダーは、阿笠の両膝を撃ち抜いた。阿笠は、射精した。

阿笠「ぎいいいいいいいいやああああああああああ!」

コンビニ強盗リーダー「……ん?」

リーダーは、床に散乱しているゴミを見た。

阿笠「はあ!はあ!はあ!はあ!」

コンビニ強盗リーダー「……」

コンビニ強盗手下A「もうすぐ出る!もうすぐ出る!」

コンビニ強盗リーダー「……」

歩美「はっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ」

コンビニ強盗リーダー「……こいつが全部やったことにしよう」

コンビニ強盗手下A「うっ……フーッ」

手下Aは、歩美の膣内に射精した。

歩美「はあ……はあ……」

コンビニ強盗リーダー「おい」

コンビニ強盗手下A「リーダー!終わりました!リーダーもヤりますか!?」

コンビニ強盗リーダー「こいつに罪を擦り付けて逃げるぞ」

コンビニ強盗手下A「こいつ?」

阿笠「痛い……助けて……」

コンビニ強盗手下A「何でズボン穿いてないんですか?」

コンビニ強盗リーダー「どうでもいい。早くその女をここに置け」

コンビニ強盗手下A「へい!」

手下Aは、歩美を博士の隣に置いた。

歩美「はあ……はあ……」

阿笠「はあ……はあ……」

コンビニ強盗リーダー「これで終わりだ」

コンビニ強盗リーダーは、歩美を射殺した。

コンビニ強盗リーダー「ははははは!今からお前は「強盗・殺人・強姦を犯したキチガイ」だ!ははははは!」

阿笠「ま、待て……」

歩美「」

コンビニ強盗リーダー「……手下B、手下C、仇は取ったぜ」

コンビニ強盗手下A「うっ、ぐすっ……」

コンビニ強盗手下B「」

コンビニ強盗手下C「」

リーダーは、金と食料と仲間の死体を車に乗せて帰った。

数分後、阿笠は強盗・殺人・強姦の罪で逮捕された。防犯カメラは、全てリーダーが壊したので無罪を証明出来なかった。

コナン「……光彦、歩美ちゃん、仇は取ったぜ」

通報したのは、コナンだった。コンビニ強盗達は、明日もどこかのコンビニを襲撃する予定です。


あとがき
個人的には文句なしのSSだけど眠気と戦いながら書いたのでもしかしたら矛盾があるかも

https://i.imgur.com/BfmnNmd.jpg

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom