【安価】ふたなり光線銃【コンマ】 (149) 【現行スレ】

「すごいの作ったぜ」

「まあその名の通り女性をふたなりにする銃!」

「こいつを使ってどうするかって?」

「いろんな美女美少女をふたなりにして、元に戻すことを条件にいろいろ楽しむっていう趣味の奴に拾わせるんだよ」

「のちに安価でキャラ募集する。その時、コンマの大きさでふたなり化した際のモノの大きさが変わる」

「ゾロ目で剥ける。90以上で服に収まらない超巨根になる。00は身の丈ほどの大きさになる」

「さて、人間界に銃を放ったぞ。最初に拾う人間は……?」


選択安価↓ 名前もここで募集

1.男
2.女(ドS)
3.女(レズ)

沙雪「へえ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」

沙雪「面白いもん拾っちゃった。最初は子供のおもちゃと思ったけど、拾った瞬間使い方やらなんやらぜーんぶわかっちゃった」

沙雪「こいつを使えば、ふふ、あの女をひいひい言わせて這いつくばらせることが出来るし、あの子もいじめちゃえるし、うふっ、ふっふふっ」

沙雪「よーし、まず狙うのは~~~~……」



すぐまた安価でアレだけど被害者募集。
安価↓1~3にて。まずはこちらで選ぶけど、選ばれなくてもこの後出るかも。


名前:
年齢:
容姿:
性格:
職業:
備考:

学校~~


沙雪「い~~~り~~す~~ちゃあああ~~~~~~~~~~~ん」

イリス「あら、なんですの? 庶民さん」

沙雪「はっ、どうもどうも、庶民どえええええ~~~~~~す」ニヤニヤ

イリス「お下品ですこと。はあ、ため息が出ますわ」

沙雪(普段だったら腹立つ苛立つ、むかつくしかないその感じ!)

沙雪(今日だけは楽しい嬉しい面白い! 思いっきり屈辱を与えて恥かかせてやるんだからね!?)

フフフクックック……

イリス「……なんですの? お下品を通り越して、もはや不気味ですわ」

沙雪「っさい! ちょっと話があるから、トイレ……いや、屋上に来て」

イリス「はあ?」



モブ「あのグレイシアさんを呼び出すなんて……」

モブ「珍しいことするな」

モブ「レズい告白でもする気か?」

モブ「むしろ決闘だろ」

ワイワイワイ

屋上~~

沙雪「まだ少し寒いわね」

イリス「こんなところにわざわざ呼び出して、なんですの?(全く、庶民の考えることはわかりませんわ)」

沙雪「ま、こんなところだからこそ……人もいないし、やりやすいってもんよね。それに、寒い中でフルチンにする屈辱も味わわせられるし」ニヒッ

イリス「本当に、さっきからなんなんですの? 意味の解らないことをぶつぶつと!」

沙雪「っさいわね……めんどいから、えいっ! 光線銃発射~!」ビビビビビ!

イリス「!?」


ムクムクムムム


イリス「い、今の光は何ですの!?」

沙雪「ふふっ、違和感に気づかない?」

イリス「は……?」ピクピクッ

沙雪(大きさレベルは80か……かなりのビッグマグナムになったから、気づかない筈はないわ)

イリス「何を、い、言って……? うっ?」ヘコヘコッ

沙雪「ふ、どーしたの? へこへこ腰動かしちゃって」

イリス「い、いや、これは、ち、ちが……な、なんでこんな……っ」ウググ

沙雪(パンツの中でアレだけむくむく大きくなろうものなら、そんな風にもなっちゃうわよね。くっくっく……)

イリス「はあ、はあ、はあ……ふっ、ふあっ、ああっ、あああんっ! あはっ、ひあっ!」

沙雪「おーおー敏感な……まだるっこしいわね。とっとと二なり姿、見せて見ろっつーの!」ダッ!!

イリス「!?」

沙雪「隙だらけぇ! スカート&パンツ脱がしいいい!」ズルルルル!!

イリス「ひいあああああああ! 冷たい風が当たりますわあああああーーーーーーーーー!」ヒホオオオオオオオオオ!!!

ギンギンギン!!

ダラダラダラ

沙雪「うっは! ぎんっぎん! しかも、マン汁もタラタラしちゃってうわー最低!」

イリス「あひっほっ! ひほほっ! おひっ! お、おほひっ!? こ、こここ、これは、なんですの!?」

沙雪「馬鹿すぎ」クククク

イリス「は、は、はあああああああ!? わ、わたくしの、わたくしの体に、こんなものがあああああ!?」ガガーーーン!

沙雪「今気づいたの!? バカ!?」

イリス「あ、あああああっ! ち、ちが、違いますの! わたくし、性別を偽っているわけでは! ち、違いますのよぉおおおお!」ヒギャアアアアアーーー!

沙雪「うっわ、先端と根本だけ掴んで隠そうとしてる! 糞馬鹿すぎ!」ギャハハハハハ!!

イリス「み、見ないでくださいましぃいい~~~~!」ヒイヒイヒイ!

沙雪「からかってやろ……>>12

フタナリに息を吹きかけビキビキになった股関を馬鹿にする

沙雪「ふーーっ!」

イリス「はひ!?」ビクンビクンビクン!!

沙雪「変な声~」プークスクス

イリス「お、おや、おやめにっ、おやめになって~~!」

ビキビキビキ

沙雪「おーおー、思い通りにビキビキになってくれちゃって。無様~」

イリス「ぶ、ぶざ、ぶざっ!?」

沙雪「哀れなものねえ。人を寄せ付けないイリスお嬢様。その理由が、性別ごまかしによるものだったなんて」

イリス「ご、ごまかしてなんて……わたくしは、確かに女性ですわ!?」

沙雪「はあ? んなわけないじゃん、どーみたって、ヘンタイ勃起男でしょ? うわーやーだー」

イリス「ひいいいいっ! ち、ちがうんですのお! こ、これは、これは……今、今さっき生えてきてぇえ!」

沙雪「はあ? 何言ってんの?」

イリス「信じてくださいましぃいいいいい!」

沙雪「その血管浮き出た、今にもヤりたくてしかたありませーんって雰囲気……私を前にして、ヘンタイな欲望をむき出しにしてるんでしょ?」

イリス「違いますわあ! だれが、誰が貴女などに!」

沙雪「最低中の最低よ」

イリス「は!?」

沙雪「最低中の最低って言ったの。学校で。しかも屋上で。か弱い女の子を目の前にして、ビッキビキのギンギンにしてみせて。面白いの? ねえ」

イリス「違いますわああ~~~~~~!」ヒギャアアアアーーーン!

沙雪「ふっ」

イリス「違いますわ違いますわ! わたくしは女性ですわあ! グレイシア家のぉ、長女のイリスですわああああ! 男であるわけありませんわあ! うあああん! いやああああん!」ワーギャーヒエエエエエ!

沙雪「騒ぐなっつーの。人くるよ? そのフルチン姿、大勢に見られちゃうよ?」

イリス「ひっ!」ピタッ

沙雪「へえ、プライドで自制できるんだね。そのくせ、私一人しか見ていないと思うと、ぎゃーぎゃー赤ちゃんみたいに騒ぐんだ。誰も見てないところだったらどんなにぶっ飛んだことして見せるか……」

イリス「ひっ、ひっ! ひっ、ひっ!」

沙雪「考えただけでも、サイテー」

イリス「ひがああああああああああ!!!」グオギャアアアーーーー!!



沙雪(次はどうからかってやろっかな……ん-、選択安価↓)


1ふたなり光線銃の秘密をばらして脅迫
2映像を撮って脅す
3女の証拠を見せろと言う
4体をいじくってやる


その際の台詞 安価↓3

イリス「ひ!? は!?」

沙雪「だーかーらー……」ニジリニジリ

イリス「こ、来ないで、来ないでーーー!」

沙雪「射精しないところをみせろっつーの!」バッ!

ナデナデナデナデナデリンチョ

イリス「おひひひひひいいいいーーーーーーーーーーーー!!」

沙雪(つか、フツーにマン汁タラタラで分かるんだけどね。ま、本人が気づいてないならいいや)サスサス

イリス「ぴーーーぽーーーーーー!」

沙雪「救急車かっつーの(お尻も」サワサワ

イリス「ひひひふひーーーーー!」

沙雪「バカみたいだね(マンコつついたるわ」ツンツン

イリス「ぴきょーーーーーーっ!」

沙雪「ガチ変態かっつの(次は太腿でも」スリスリ

イリス「はああっ、はあああっ」

沙雪「あ、一息つかせちゃった」テヘペロ

沙雪「ま、いいや。バックからしがみついて――」ガシッ

イリス「!?」

沙雪「チンコしごいたるわ」ガシガシガシ

イリス「おーーーーーーーー! おーーーーーーーーーーーーーーー!!」

沙雪「ほーれ、皮かむりデカチン、ぐっしぐっしぐっしぐっし」グッシグッシ

イリス「おーーーー! ほほーーーー!」

沙雪「あらら……よがっちゃって。さっきからさ、普段からやらしーのかな?」スリスリ

イリス「うひほほほっ! おーひーほほっ!

沙雪「必殺玉つかみ!」フンワリ

イリス「おおおおあああああああ! びくんびくんしちゃいますわああああ! おおおー! おおおおーーーー!」

沙雪「あは、優しく掴んであげたのに効果絶大だねー」

イリス「はほおおおおっ、はほお、ほ、は、ほ……ほおおおおお!」ドッピュウウウウ!!

沙雪「おおー盛大」

イリス「はあ、はあ、ほあ、ほあ……は! は!? は!? はああああ!?

沙雪「あはははは! みっともなっ! どーれ、お顔を拝ませてもらおうかしらん」サッ

イリス「ほおおえええええ、ほおええええええ」ギフゴホホホオオオオ

沙雪「言葉にできないすっごい顔してるわ」ククククク

イリス「わ、わらひが、わらひが、がっこ、がっこの、おくじょで、は、はがっ、はがっ、はがっ、ほがあっ」

沙雪「ふふ、じゃ、一ついいこと教えたげる」

イリス「は……は!?」

沙雪「ふたなり光線銃で、かくかくしかじかしちゃったわけ!!」ジャーン

イリス「はああああああああああああ!? じゃ、じゃあ、全ては貴女の……私が女性だと知りながら?!」

沙雪「そっ」

イリス「ひ、こ、この……ゆ、ゆるしはせんわああああ!」ダッ!

沙雪「おっと、実力行使に出るの? ならば反撃……安価↓1か2! もしくはどっちも!」

まあこっちも遊びでやってるんで……

再安価↓&↓↓

ブラブラブラ

イリス「ひっ! ひふっ!」ガクガクッ

沙雪「無様にも、走るだけで揺れる勃起チンポの刺激を受けてしまったようね。目をまわしちゃってマヌケっ」

イリス「ぎ、ぎいっ」

沙雪「そもそも、あのお嬢様ともあろうお方が、下半身マッパのフルチンダッシュとかしていいと思ってんの?」プププー

イリス「ぎひいいいいっ!」

沙雪「まだ走った時の衝撃が残って腰が抜けてるようね。んじゃ、無抵抗なうちにー」グルグル

イリス「はひ!?」

沙雪「ちんこ根本縛り~」ウヒヒヒ

イリス「はぎいいいい!」

沙雪「ほーれ、手コキしたろーじゃないの」シコシコ

イリス「ホホホホヒーーーーーーーーーーーーッ!!!」

グビギギギギ!!

沙雪「あは、早くも金玉破裂しそう」プハハハ!

イリス「おーーー! おーーーー! おーーーーー! おーーーーーーー!」

沙雪「イきたい? イきたい? ねえイきたい? ”いぎだいっ!”てのは無しよー」

イリス「いぎだいっ!!」

沙雪「ばか」クックック

イリス「ひ……ひ……ひおおおおお! 私があああ! わたくしがあああ! こんなはずではああああ!」

沙雪「ふふっ、そうね。本当だったら、いつものようにお澄ましして、男子が近寄ってこようと女子が話しかけてこようと、冷たくあしらってお高く留まる日常が待っていた筈だものね」

イリス「ひうううっ」

沙雪「それが、今やチンポコ生やして勃起して、ひーほーひーほー叫んじゃって、顔もマヌケに緩んで……無様。無様。無様エロっ!」ギャハハハハハ!!

イリス「ひぎいいいいいいいいいいいいいい!!」

沙雪「あはははは! 悔しいね! 悔しいね! 羞恥心くすぐられまくり! 変態女の末路だわ! あははは! あはははは! ぎゃはっ! はははははははは! あー、おなか痛いっ!!」

イリス「も、もおおお……お、お許しををおお……お許しをおお……痛くて、辛い……」

沙雪「は?」

イリス「痛いですわ……お、お、おちんち……あ、あなたの生やしたこれが、痛くなってしまうのですわ……破裂してしまいそうに……!」

沙雪「あはは! あれだけで破裂とか、本来からいやらしーんだあ!」

イリス「い、いいから、は、早く、お、お、お助けをぉおおおおお!」

沙雪「おー懇願。いいね、いいね。よし、じゃ、元に戻してあげる」

イリス「っ!!」

沙雪「その代わり――――、安価↓1~4やって! どれか一つもしくは複数個! 全部やる可能性もありっ!」

イリス「ひひひひひいいいいーーーーーーーーーーーっ!!!」

全裸土下座で奴隷宣言

首輪をつけて犬のように足上げ放尿

沙雪「んー、おかしな考えが頭に浮かんだ気がするけど、>>35>>36を実行してもらおっかな」

イリス「っ! っ!」

沙雪「土下座してから犬になったら手間も省けるしねうんうん」

イリス「何を……何を言って……」

沙雪「うっさいわ、文句言える立場?」

イリス「……っ」ワナワナ

沙雪「さ! まずは全裸! すっぽんぽん! まっぱだかのフルマンぷるぽんぱーー!!」

イリス「ぜ、全っ、ぜん……すっぽ……ぷるぽん……へ、は!? へ?」

沙雪「早くしないと誰か呼ぶぞ~」

イリス「ははひっ!」ヌギッ

沙雪「ふっ、すっかり従順だねえ。さあ脱げ脱げ~負け犬~」

イリス「こ、このわたくしがこのわたくしがああ……このわたくしがああああ……」ヌギヌギプルンッ

沙雪「あはっ、いい胸してんじゃん! 女の魅力抜群だねー」

イリス「くっ、くっ!」

沙雪「うらやましいなー、美人だし、スタイル良いし、金持ってるし、何にも不自由しないし」

イリス「うううう……っ! ううううう……っ!!」

沙雪「黙ってるだけでスクールカーストの上位にいけるもんね、すごいわね。ホント」

イリス「やめて……」

沙雪「表向きは反目してても、あらゆる女子が羨み、あらゆる男子が憧れを抱く、それがイリス・グレイシア~~~!」

イリス「やめてぇ……」

沙雪「でもお、でもでも! その正体は!」

イリス「!?」

沙雪「チンポコギンギン! 変態勃起ふたなり怪人! 恥ずかしくっても、先端と根本をぎゅっと握って隠すしかできない珍獣さんでした~~~~! いよっ! やはは! ぱちぱちぱちぃい~~~!」ギャハハハハハハハハ!!!

イリス「ひいいいいいいいいいいいいい! もお嫌ですわああ!!」

ガバッ!!!

イリス「わたくし奴隷! あなた様の奴隷! 一生仕えますから元に戻してくださいませええええええええええっ!!」ヒギャアアアアア!!

沙雪「あはっ、土下座奴隷宣言! いっただきました~! 動画撮影もしました~! おっと、まだ動かないでね、回りまわって、全方向撮影するから!」

イリス「ひいいっ! ひ、ひいいっ!」

沙雪「何? 嫌なの?」

イリス「はっ、はっ!? ち、ちがっ、ちがい……な、なんなりとおおお!」

沙雪「よろしい。では撮ります」ジー

イリス「ひぐっ、ひぐっ!」

沙雪「ふふ、地面にチンポコくっつけちゃって惨め~。ではいよいよ背後から撮影します~~」

イリス「く、ううう、そんなにじっくり撮らなくても……っ」

沙雪「ケツ穴いただきました~! マンコも撮れてます~! そしてその下に鎮座するは、チン座するは、謎のふたなり金玉ぁ~~~~!」

イリス「ああああ……あああああ……お尻まで……そんな……!」

沙雪「ほんじゃ、首輪つけるよん」グイッ

イリス「うっ! こ、これから……おしっこを……!?」ビクッ

沙雪「ほれ、わんとお鳴き」

イリス「お、おしっこをすればいいのでは……」

沙雪「わんとお鳴き」

イリス「……わんっ」クウウウウ

沙雪「あはっ! あははははっ! いい気分~!」

イリス「……くううううっ! 絶望感が……想像以上の絶望感が……押しつぶしてくる……!!」

沙雪「じゃ、おしっこして」

イリス「うああっ、あああっ」

沙雪「わんと鳴く前の従順な気持ちはどこへ行ったの? さあ、見せなさい。あなたの真の力。隠された奴隷としての才能を発揮するのよ!」ビシッ!!

イリス「ぎ、ぎいいいいいっ!! ぎいいいいっ!」ガバッ!!

沙雪「あははっ! やった! 片足上げ! やだー! ふたなり嫌だからって、ここまでする!? プライドの無さがはっきりわかるわ!」

イリス「な、何をっ!?」

沙雪「だって、100万人の女の人に、ふたなり化した時に元に戻る代わりに犬ションするかってアンケートとったら、100万人中100万人がしないって答えるのが普通だと思わない? それなのに、アンタはやろうとしてる」

イリス「そんな……はず……そんなはず!!」

沙雪「つまり、イリス。あんたの奴隷としての類まれな才能だってことよ。まさにこの世にあり得る筈のなかった超天才だってね! つまり、誉めてんの。嬉しいでしょ」

イリス「うれし……うれしくなんて……っ!」

沙雪「かる~~~~く金蹴り」ピシャンッ

イリス「ひぎゃああああああっ! ああああああーーーーーーっ!」ピョーーーン!!

沙雪「あははっ! 前にすっとんでっちゃった! 馬鹿すぎ!」

イリス「あああああああーーーっ! ああああああーーーーーーっ! ああああああああああーーーーーーーーーーっ!」ゼエゼエハアヘエ

沙雪「おやおや、金玉押さえて顔を地面に擦り付けて虫の息。真の奴隷ならば、たとえどれほどの痛みを味わおうと、命令を利けるはずよ」

イリス「ひいいい……ひいいいい……もう……ゆるして……」グズッジュルッ

沙雪「そう思うなら早くしろや、このハリボテお嬢様がっ!!」

イリス「お父様ぁあ……お母さまぁあああ!!」ウグッヒック!!

沙雪「やれこらっ! 早くしろっ! もういい! 誰か呼ぶ! 電話帳から……よし、高志呼ぶ!」ピッポッパ

イリス「ひっ!? あ、青山……青山君のこと!?」

沙雪「そーだよ」

イリス「そ、それだけはそれだけはそれだけはああああ!」ガバアアアッ!!

沙雪「わっ!? 縋り付いてくるなんて……もしかしてアンタ……」

イリス「おねがいしますうううううう!!」ダラダラグジュジュ

沙雪「うっわ、涙に鼻水涎ってすっご。めちゃくちゃな顔になってるわよ。まあそれで確信したわ。アンタ、高志のことを……へー」フフフフフ

イリス「あ、あああっ、ああああっ、あああああっ!」

沙雪「よーしこうしましょ。あと1分でおしっこ出し切らなかったら、高志をここに呼ぶわ。高志に超絶みっともない姿を見られたくなかったら、早くおしっこをしてふたなり解除してもらって服を着る。それしかないわ」

イリス「あああああ……青山君にだけは……嫌絶対に嫌!」ガバッ!

沙雪「よし、犬ションポーズ再び。では今から1分カウントしまーす」カチ

イリス「だ、出さないと早く出さないとーーーーっ!」



イリスの運命は?
安価投票1~7

1出ない
2チンコから出る
3マンコから出る
4両方から出る
5尻から別のが出る
6 4と5

一番最後の人のコンマによって、いつ出るかも変化
コンマ1につき1秒経つ設定

6

しまった同率になった時のこと考えてなかった(あほ

最後の一票安価↓
2か6で

コンマの数は>>48の「96」になります

↑なるほどどうもです!

イリス「ひいっ! ひいっ!」ブラブランッ

沙雪「お、がんばってるねー、腰振っちゃって。エロいよっ」

イリス「ひいいっ! ひいいっ!」ブラブラランッ

沙雪「勃起ビッグマグナムが揺れておりますな~」

イリス「きひっ! ひっ! からかわないで……くださいまし……」ブラーリブラブラ

沙雪「何を偉そうに注文付けてんのよ。腰の振り方調節して出そうと必死になってるくせに」ニヤニヤ

イリス「ぐ……は、早く……っ!」ブオンッ

沙雪「はい一分経過~」

イリス「ひっ!? うそ……」ピタッ!

沙雪「うそー」キャハ!

イリス「ひあっ! ぐっ! こ、この……この……!」プルプルプル

沙雪「いいから早く」

イリス「うう……出ない……出ない出ないっ! 助けて……誰か助けて……!」

沙雪「イリスは助けを呼んだ! 青山高志が現れた!」

イリス「からかうのはやめてくださいましいいいっ!」ヒイヒイヒイ

沙雪「あは、バレたー?」クックック

イリス「あああ、あああああ……あああああ……っ!」

沙雪「さあ、この今撮っている映像が本物になるか、合成扱いされるかの運命の瞬間が近づいておりますー」

イリス「あああ……やめてえええ……」

沙雪「やめてやめてと命令がウザいわね。奴隷の身分を忘れないこと。そして、たとえふたなりでなくなったとしても、いつでもまた戻される危険があるという事」

沙雪(一分たったわ、高志をLINEで……)ピッポッパー

イリス「ひ……が、頑張りますううう……」

沙雪「お、久々に出ました奴隷根性の服従セリフ! これぞイリス・グレイシアの本領発揮です~~!」パチパチパチ

イリス「ううううううううっ! ううううううううっ!!」

高志「ボクの名前は青山高志。ただの普通の高校生だ」

高志「ただ、ちょっとみんなから近寄りがたいと言われているイリス・グレイシアさんと少し対等に話せていることで、周囲からは一目置かれている」

高志「まあそれだけで、普通の高校生なんですけどね……」

友「よし、カット」

高志「これでいいかな?」

友「ありがとよ」

高志「参考になれば幸いだよ」

友「俺の描く漫画の主人公の名乗りの参考に使わせてもらうよ」ンート

高志「面白いのを期待してるよ……ん? 沙雪からLINEだ」

友「あの裏表すごいのとよく付き合ってられるな」

高志「え? 裏表?」

友「しかも猫かぶりの天才と……」

高志「何の話だろ……え!?」



沙雪:大変、今すぐ屋上に来て!


高志「なんだ……!?」ダッ!!

~~


イリス「出て! 出て! 早く出てぇええ~~~!」ブンブンブン!

沙雪(ふふ……本当に約束通り、ちょうど1分で呼んでやったやさしさに感謝しなさい……)

イリス「早くぅうう! 早くぅううう! 見られちゃうううう! 見られちゃううう!!」

沙雪「見つかっちゃったら終わりだねー」

イリス「はううう、はあああっ!」

沙雪「おしっこが出しやすいやり方教えてあげよっか?」

イリス「お、教えてくださいお願いしますううう!」

沙雪「お、きちんと敬語。奴隷の身分が染みついてきたね! よしよし」

イリス「早くしてえええええ!」

沙雪「”おしっこじゃんじゃんじょっぱじょぱー”って叫ぶんだよ」

イリス「は!?」

沙雪「一見迷信に聞こえるけど、こうして体に言い聞かせることで、膀胱が緩みやすくなるわけよ」

イリス「は……ひ……は……っ!」

沙雪「どうすんの?」

イリス「ひぐっ!」

沙雪「さあどう」

イリス「おしっ……うっ!?」

沙雪「ん?」

イリス「で、でる……でるっ!!」

沙雪「なんだ惜しい」



ジョバアアアアアアアアアアアアアアッ!!!

沙雪「あららら……すっごい勢い。ふたなり化のせいなのか、もとからめちゃくちゃたまってたのか」

イリス「でました……でましたわああああ! 出ましたわああああ!」ジョババババババ!!

沙雪「おーおー、にやにやうすら笑っちゃって。やーらしっ! ……おっ?」

ダッダッダッダッダ!

高志「沙雪、何があったの!?」バッ!

イリス「はあ、はあ、出た! 出たああ! 出ましたわ……やっと……やっと! ああん! あああああーーーーーん!」ジョバババババババ!!

高志「さゆ……え? いり……す……さん?」

イリス「出ましたわあああ! やっとのことで! やっと……やっと……!!!」ジョバババババババ!!

高志「うそ……あのイリスさんが……?」

沙雪「大変なのよ高志~! イリスさんが、急に……こんなことを……」ビクビクビク


沙雪(おっと、ふたなりは解除してあげるわ。それでも十分な恥だもんね~)ピッ


イリス「はあ、はあ、はあ……終わった……も、元に戻れましたわ……っ」ヘエヘエハアハア

高志(あれ、おちんちんが消えた……? い、いや、どっちにしても、イリスさんがこんな姿……あ、アソコも……お尻の穴も丸見えのすっぽんぽんで……)ギンギン


イリス「はあああ……うっ」ジャバッ!

沙雪「だ、大丈夫……? (あらやだ、安心して力尽きて、ものすごい広がった尿だまりの中に倒れこんじゃったわ。きったなっ)」

高志「だ、大丈夫なの!? え、えっと、服はそっちか……とは言っても、着られるのかな……?」

イリス「……え?」

高志「ん? ど、どうしたの」

イリス「へ!? は……あ、青山君!?」ガーン!!

高志「え」

沙雪「今気づいたの?」

イリス「ひ、ひ、ど、どこから!? どこから!? ひいいいいっ!?」

沙雪「……おしっこでたーって喜んでたところから」

イリス「は……いひいいああああああ!? ああああああ!? あああああっ!? ああああっ!? ひあひゃああああああああああああああああ!?」ヒギャアアアアアアアアアアア!!

ダッパーン!!

沙雪「うわ、動揺して起き上がろうとして転んで、仰向け開脚で尿たまりダイブしちゃった……もろ見え」

高志「う……うわっ////」

沙雪「そして高志はガン見」

イリス「ひいやああ……ひいやあああ……助けて……助けて……たすけてええええええ!!!」


高志「え……えっと……ふ、拭く物を持ってくるね」タッ


タッタッタ……


イリス「あああああ、あああああ……行かないでええ……行かないでええええ……」

沙雪「あーらら、行っちゃった(ちっ、優しいなあいつ。まあどうでもいいけど)」

イリス「こ、こんな姿見られちゃった……こんな姿見られちゃった……」

沙雪「うんそうだね。ま、ふたなり動画はコラ扱いされることになるだろうから、その点は助かったね」

イリス「あっ……ない……戻ってる……」

沙雪「よかったねーうんうん。わが奴隷よ」

イリス「う、ぐううっ!」

沙雪「高志君は確かに見たのよ。アンタの、チンポの生えない混じりっ気のないマンコをね。大股開きの……」

イリス「あああ……っ!」

沙雪「今更手で覆ったって無駄。ついでに言ったら、今のこの姿も撮影してるからね? これはコラとは言えないわねー」

イリス「ひ……ひっ! ああ……この……変態女……!」

沙雪「あん? なに、怒るの? ふたなりでなくなったから強気になったってわけ?」

イリス「う……っ」

沙雪「またいつでもふたなりにできるってこと、忘れないでよね」

イリス「ううう……っ」

沙雪「全く。ついでに言ったら首輪つけてることも忘れてない? 奴隷犬ちゃん?」

イリス「あっ!」

沙雪「呆れたバカ犬ね。まったく……あ、そうだ。奴隷としての名前を付けてあげる。私だけといる時とか……あ、あだ名として通用する名前でも有りかも……」

イリス「な、名前!? ちょっと……名前を、わたくしに、変な名前を付けようと!?」

沙雪「そうだよ~。その名前で自己紹介するんだよ。めっちゃへりくだった無様で変態な自己紹介をね」

イリス「そんなっ!」

沙雪「文句あるの? またふたなりにするから」ビビビ!

イリス「きゃあああああ!?」ボロン

沙雪「あはははは! 萎えチンだあ!」

イリス「ひいいい! ひいいい! 許してくださいご主人様ぁあああああ!」

沙雪「はい戻す」ピッ

イリス「は、はあ、はあっ」

沙雪「出したり消したり、アンタはおもちゃかっ!」

イリス「悔しいいい……っ」

沙雪「で、名前だけどー」

イリス「あああ……あまりに変な名前は……それだけは……」

沙雪「だーめ。アンタの名前は……うーん、安価↓1~3……」

フタナリス(ふたなり+イリス)

沙雪「どれがいい?」

イリス「い……イーちゃん」

沙雪「そうよね。それ選ぶよね。ションベンまみれのくせに意地を張るとはね」

イリス「ううっ」

沙雪「でもま、いいわ。もうふたなりではないわけだし。ね、イーちゃん」

イリス「……はい」ホッ

沙雪「どうイーちゃん、ご飯は一緒に食べようかイーちゃん。今度おごってよイーちゃん。みんなで遊びに行くのもいいね、イーちゃん」

イリス「う、ううっ、動物みたいに……!」

沙雪「あははははは! いいじゃん可愛くて! ちん子よかいーでしょ!? ねえ! あはははは!」

イリス「ぐう……ぐうううっ」

沙雪「あはは……ふっふっふ、ちん子ってみんなの前で呼んであげよっか? アンタが違和感なく返事をする姿をみんなが見たら……あはは!?」

イリス「く、く、く、く……っ!」

沙雪「あはははははははは! あーっはっはっはっはっは!! ああ、ああ、気持ちいいい~~~!」ヒャッハー!!

イリス「ああああ……っ! あああああ……っ!」

タッタッタ……

沙雪「おっと、高志きたか」



どっかで見たことあるやり取りだと思ったらあれだ、チウとヒムちゃん(ダイ大)だ

高志「イリスさん! 濡れタオル持ってきたよ!」バッ!

沙雪「おーお優しいねえ」

イリス「青山……くん」ウルウル

沙雪「ふふふ。今いいこと思いついたわ。話、合わせなさい」

イリス「っ!? な、何をさせるつもり……」

沙雪「高志、ありがと。ほら、イリスさん、拭いて?」

イリス「……はい」フキフキ

沙雪「高志、一つ相談があるの」

高志「えっ?」

沙雪「実はね、イリスさんって、人に見られながら犬みたいに裸でないと、おしっこできないの」

高志「ええええっ!?」

イリス「!!!」

沙雪「今、それを打ち明けられたところ」

沙雪「昨日までは、別の子に見ていてもらったそうなんだけど、その子と喧嘩別れしてしまったらしいの」

沙雪「そんなだから、おしっこ我慢できなくなって、偶然見かけた私を捕まえてここに……ってわけ」

高志「え、ええっと……?」チラッ

イリス「う……う……そう、なんです……わ」ガックリ

高志「そ、そうだったんだ……でも、そ、そういう体質とかあるからね、しかたないよね……」

イリス(優しさが……痛いいいいいっ!!)

沙雪「でさ。これからは、高志に見る役をしてほしいのよね」

イリス「!!!!!!」

高志「えっ!? い、いや、それ、どうして!? ここは沙雪のほうが……」

沙雪「だってさ、高志は秘密を知っちゃったじゃん。これから先、普通に接しても、実は彼は私の恥ずかしい秘密を知っている……ってビクビクしながら生きてくよりも、秘密を共有して親密にやっていくほうがいいって思わない?」

高志「え、ええええ……いや、思わない……とも……いいきれない……本人はどうなの」

イリス「う……う……っ!」

沙雪「ね、さっき、あなたがそうしたいといったのでしょう?」ニヤリ

イリス「うううう……うううう……!」



イリス「おねがい……しますわ……青山君……私の……犬のような全裸のおしっこ……これからも、見てください……っ!!!」

高志「わ、わかったよ、うん……わかった」

イリス「ああああああああああああああああ……っ!!!」ガックリ



沙雪(ふふふ、恋のキューピッド役をしてくれる、なんて優しいご主人様! これからどうやって弄んでやろうか……楽しみすぎる!!)グフフフフフ!!

とりあえずイリス編終了!


次のターゲットは女教師にしよっと


安価↓1~5でキャラ募集、その中からこちらで選ぶ。複数人の登場もあるかも

こう?

名前:小日向 桜華(こひなた おうか)
年齢:25歳
容姿:ギザギザの青い短髪。背は小さめだけどGカップの張りがある胸と引き締まったヒップが男の目を引き寄せる。赤ジャージで下着は薄ピンク色のアダルト下着
性格:男っぽく大雑把で割とむっつりスケベ。性欲が強く見られると興奮する性癖の持ち主
職業:女教師
備考:分野は体育教師。趣味はランニングと意外にも料理

名前:土田夏織(つちだ かおり)
年齢:23
容姿:黒髪おかっぱ頭 和風美人 デカ乳 小柄 小動物オーラをまとっている
性格:おっとりお嬢様 一途 奴隷気質 ドM 
職業:女教師
備考:社会担当 実家はお金持ち いじめてくれるご主人様募集中

名前:要 今日子(かなめ きょうこ)
年齢:38
容姿:七三分けのショートボブ タイトスカートから伸びるストッキングに包まれたムチムチの脚が特徴
性格:校長にも生徒にも等しくキツイ完璧主義者
職業:教師
備考:数学教師 誰が相手でも効率を求める。無駄な話はぴしゃりと打ち切る冷酷な性格と思われがちだが、生徒の一人一人の進路相談には真摯

待たせててすまん

今日再開できるかもしれない

今やっとできるところだったのにあーあーやる気なくしたー




>>71 >>73 登場決定


キーンコーンカンコーン

A男「てめえ殺すぞ!」グオオ!

B男「お前こそ潰してやらあ!」ガアア!

夏織「もうすぐ授業ですよ~」フワンホワン

A男「うっ/// は、はーい」

B男「お……先生/// 教室いきまーす……」

夏織「うん、頑張ってね」ホワン

AB「は~~い」ホワンホワンホワン



A男「可愛いよなあ夏織先生」

B男「なんたら沙雪とは大違いだ」


沙雪「……」

AB「へへへへへ」ホワンホワン


今日子「貴方達、何をしているの?」ギロ

A男「ひえ」

B男「うっ、か、要先生……」

今日子「授業は始まっているわ。早く行きなさい」

A男「いや、夏織先生に言われて今」

今日子「土田先生、でしょう?」

A男「は、はいっ!」ビクッ!

B男「も、もう行きます、さよならー!」ピュー!

今日子「走らない!」


AB「恐いよなあ要先生。でも足がむっちりして女王様感が……へへ、なんたら沙雪とはえらい違いだ」

沙雪「……」

夏織「あっ、要先生」

今日子「何か御用?」

夏織「い、今、A男君とB男君に……」

今日子「その話、今必要かしら?」

夏織「う」

今日子「定例会議の資料作成の時間が空いている筈よね。空き時間に取り掛かるべきではなくて?」

夏織「は、はい……すみません」ドキドキ

今日子「ああ、これ」ヒョイ

夏織「え……コーヒー?」

今日子「糖分を摂取して効率よく励みなさい」

夏織「は、はいっ! あ、ありが……」パアアアア

今日子「どういたしまして」クルッ

ツカツカツカ

夏織「……行っちゃった」



夏織(厳しいけど恐い……でも優しい……私のご主人様……)フフフフフフフフ

今日子(全く、後輩指導、生徒指導……悩みは尽きないわね。さて、教材の準備を手早く済ませなくては……)ツカツカツカ


沙雪「ぶりっこ教師とツンツン教師……別にそういう人種が嫌いってわけじゃないけど、すごくターゲットにしたくなったから、やる」

教室~~

沙雪「ねえ、イーちゃん」

イリス「っ!」

沙雪「ねえ」

イリス「さ、沙雪……さん。どうかしまして?」

沙雪(ふふふふ、ちゃん付けとさん付け。些細で気にならない人はならないだろうけど、明確に差としてつけてみましたー)


モブ「最近あの二人仲いいよね」「イーちゃんだって」「どうやって手名付けたんだか……」


イリス(手名付け……!)ググッ

沙雪(ふふ、どーやってかって? ふふふ、くっくっく……)

イリス(いつかあの光線銃を奪って……そ、その前に、映像が残っていないか確かめる必要が……どうすれば……)

沙雪「ちょっと手伝ってよ。まずは人払いお願い」

イリス「……ちょっと、なんですの? 皆様揃ってわたくし達をじろじろと!」


モブ「おっと」「す、すみませーん」「わるいわるい」「しつれーしましたー」スゴスゴ


沙雪(ふふふ、こういう力も私の思うが儘!)

イリス(虎の威を借りる狐……っ!!)

夜・視聴覚室~~~~


沙雪「ライトアップ!」パッ

イリス「……」

今日子「貴女達、一体何のつもり?」

夏織「先生達を縛っちゃだめだよ~」

沙雪「意外と簡単だったわね、睡眠薬用意して縛るだけでOKなんだもの」

イリス(本当に簡単でしたわ……土田先生はあげると言って睡眠薬入りコーヒーを渡すだけ、要先生は作業に集中しているところでご自身のコーヒーに混ぜるだけ……あとは、スケートボードに乗せて運ぶ……誰にも見つからずにここまでできるなんて、どういう強運の持ち主ですの……?)

沙雪「んふふふ、夏織先生は、いつもぶりっこしてて男子をたぶらかす罪、今日子先生は」

今日子「要先生でしょう!?」

沙雪「きょ・う・こ・先生は! いつも冷たく偉そうにしてる罪により、粛清します!!」

今日子「なっ! 三田村さん、一体何をするつもりなの! 今なら罪を重ねる前に、やめておきなさい!」

沙雪「は? 今日子先生って……数学教師だからかな~? ”今なら罪を重ねる前にやめておきなさい”だって! 国語がなってないわ~」

今日子「なん……ですって!?」

沙雪「きゃははは~~! まあいいわ。今から、今日子せんせ……”きょーこちゃん”と”夏織ちゃん”には、想像もつかない罰を与えます」

イリス「っ」ブルブル

沙雪「光線銃、発射ぁ~~~~!」ビビビビビビ!!

夏織「きゃああーーーっ!」

今日子「う……っ! 何、そのおもちゃは!」

沙雪「おもちゃ、ね」

夏織「眩しかった……こ、これが罰なの?」

イリス(まだ気づいていない……? でも、いずれはあの屈辱……あんな惨めな思いを……!)ワナワナ

沙雪「ほんじゃ、イーちゃん。きょーこちゃんのスカートとパンツ、脱がせて」

イリス「えっ? わ、わたくしですの?」

沙雪「そうそう」

イリス「だ、だって、連れてくるまで手伝うと……」

沙雪「言ってない。どこで勘違いしたかは知らないけど、そんな約束してないわ」

イリス「そ、そんな! せ、先生方……わ、わたくしも……ううっ」

沙雪「おだまんなさい! (だって本当にしてないもん)」

イリス「っ!!」ビクッ

今日子「グレイシアさん、貴女、脅されているのね? 負けてはいけないわ。たとえ、何らかの弱みを握られていたとしても、真に恥ずべきは脅迫をする人間よ。いつか……」

沙雪「あんたもおだまんなさいっ(急所蹴り!)」ベシッ!!



今日子「 ひ ぎ ゃ っ ! ? 」



夏織「え、い、今の声……?」

今日子「は、はぐあ……ふ、ふあ、ふぐあああああ……!?」ピクピクピク

ドサッ

夏織「だ、大丈夫ですか今日子先生! (目も口も鼻の穴も膨らんだすごい顔でひっくり返っちゃった……わ、私のご主人様が……)」

今日子「な、何この痛み……この感触……え、え、今のは、一体……!?」

沙雪「気づかないかあ。予定変更。まずは、夏織ちゃんのを脱がせちゃって、イーちゃん」

イリス「は……?」

沙雪「ビッグマグナムになりたいの?」

イリス「……やります」

夏織「あ、あわわっ、ちょ、い、イリスさん、それはだめ!」ジタバタ

イリス「あ、あまり動かないでくださいまし……」

夏織「えっ? (あのイリスさんがこんなおずおずとした言い方を……ご主人様の言う通り、本当に大変な弱みを握られているのでは……?)」

ズルルルッ

夏織「あ」スポーン☆

沙雪「はい、お目見え~」

夏織「ひやゃあああああああんっ!!」ビクビクビクウウッ!!


夏織(脱がされちゃった脱がされちゃったっ! ご主人様以外に脱がされちゃったっ! やだどーしよーーーー!
やだどーしよーーーーー……濡れちゃうっ!!)ドピュッ


夏織「……え? (なんか、変なの……出た?)」

今日子「うう……えっ!? あ、あなた、それは……えっ!? えっ!?」

イリス「……見ていられませんわ……」

沙雪「えっへっへー、生えた生えた! 平均よりちょい大きめかなー?」クヒヒヒ!

夏織「え……どうして?」ブランッ



夏織「きゃあああああああああああああああああああああああ!!!!」ダララーン



夏織「何!? 何!? 何が!? へっ!? へっ!? 私、私なんで!? へーーーーーーーーー!?」ガガガガーーーーン!!

今日子「ま、まさかあなた……男性……!?」

夏織「ち、違います違います! 私は普通の女の子ですぅうううーーーーー!!」ギャアアアアアア!!!!

今日子「だ、だって、そんなものがついていて……生えていて……性別詐称をしていたなんて……!?」

夏織「違うんです違うんですってばー! 信じてくださいご主人様ーーー!」

今日子「だ、誰がご主人様よ!」

夏織「はう!」

今日子「ま、まさか三田村さん、これが狙いでこんなことを……?」

沙雪「その通り。私は、人を欺き美人教師として羨望のまなざしを受ける悪人を退治するために、あえてこの場を……ではなくてー、ふたなり光線銃を使ってお二人で遊んでいるだけでーーーす」キャハハハハ!

今日子「ふ、ふたっ!?」

夏織「ふたなり光線銃!? わ、私をふたなりにしたの!? お願い戻してー!」

沙雪「だーめ。まだまだ、もっと楽しんでからよ。だから、その前に……イーちゃん」

イリス「……はい」スッ

ガシッ

今日子「うっ!? 私も脱がすつもり!? や、やめなさ……」

イリス「すみません先生、でも、元に戻るためには今こうするしか……!」ズルズルッ

今日子「う……っ(その目、怯え切った目……確かに彼女の言う通りにしておくのが、最善策だということのようね……仕方がないわ)」

今日子「わかったわ、脱がせてみなさい。好きなだけ楽しむといいわ」

沙雪「はいはーい」

今日子「一体……どうするつもりなの。私達をおもちゃにするつもりなの!?」

沙雪「はっ」

夏織(あん///)

今日子「えっ!?」

沙雪「そうに決まってんでしょ!!」

イリス「----っ」スポーン!!

今日子「……くっ!」



……チョロン。

今日子「……っ」

夏織「あ……ら?」

イリス「……えっ?」

今日子「何よ……」チョロロン♪

沙雪「ちっさ! マジちっさ!!」

今日子「!?」

沙雪「えーナニこれーー! 夏織ちゃんの半分くらいの大きさしかなくない!?」

今日子「それが、なんだというの! 貴女がしたことでしょう!」

沙雪「いや、でもそれは……」

今日子「なんだというの!!」

イリス「……かわいい」

今日子「は、はあああっ!?」ズギン!

夏織「ご、ご主人様のおちんちん……ちびっちゃい」

今日子「あ、貴女まで何を言っているの! こ、これは、私の体の成長とは何の関係もないでしょう!?」

沙雪「ぷっ、かわいい、とか、ちびっちゃい、とか! 確かに、あの厳しく凛々しい要今日子先生の男根様が、こんなチビチビだと様にならないわなー!」キャホホホホ!

今日子「な、ななっ、なっ!」

沙雪「(あ、そうだ)一つ秘密を教えてあげる。ふたなり光線銃は、その人間の持つ精神的成長に応じたチンコを生やすことになっているの」

今日子「はあ!?」

沙雪「つまりー、きょーこちゃん。あなたの普段の厳しさ凛々しさは、他人に対して優位に立つために作られた仮初のものだということだと、今明らかにされたわけよ!」

今日子「そ、そんなっ! そんなわけがないでしょう!? でたらめを言わないで!」

沙雪「じゃあ証明しましょうか。イーちゃん、ちょっとだけやるわよ」チャキッ

イリス「えっ!?」

沙雪「ちょっと試すだけだから。今度、高志の好きな料理教えたげるから」

イリス「ぐ……っ(逆らっても無駄、今は応じるしか……)」

ビビビビビ!!

イリス「……」ボロン

夏織「きゃあああ! おっきいっ!」

今日子「 な 」

沙雪「イーちゃんは気高いお嬢様。このチンコはまさにその精神力の産物よ。夏織ちゃんは、普段のほわほわさからは意外に大きかったけど、やっぱりきょーこちゃんがなあ……」

今日子「ふ、ふざけないで! いい加減にしなさい! こんな、こんなの、あり得ないわ!」ガバッ!

沙雪「おっと、立ち上がったかー! じゃあ後ろに回ってケツ丸出しのところを撮影しまーす!」パシャッ!

今日子「なっ!」

沙雪「そこにローキック」ゲシッ

今日子「あっ!」ドテンバターン!!

夏織(ご主人様がこんなにやられちゃうなんて……)

沙雪「んふふー、どーだどーだーざーこ(ミニチンふみふみ~)」ギュッギュッギュ

今日子「はひっ!!」ビクン!

沙雪「かつてない刺激にびっくりしておりますな~、さーて、どうしたろっか」

イリス「……あの」

沙雪「ん? ああ、イーちゃん、元にすぐ戻す約束だっけ。いったん、OFF」カチ

フッ

イリス「戻った……(下を早く穿きなおさないと!)」バサッ

沙雪「ん? あれ、2人も戻っちゃった!?」

夏織「え、あ、本当!」

今日子「……っ!」

沙雪「もう一回撃つ、と」ビイビビビ


夏織「ううっ」ブラン……

今日子「ぐっ」チョロン☆




沙雪「よーし、ではお仕置きと言うかなんというかいろいろやっちゃおっかな。安価↓1~4を、一つずつか複数、やっちゃるか」

二人を肩幅に立たせて、イリスが夏織を、沙雪が今日子の股間を後ろから複数回蹴りあげ、先に膝を床についた方が負けゲーム。

沙雪「よーし>>92しよ」

イリス「な、なんというゲームを……!」

沙雪(どうせなら、イーちゃんには手加減させて私は思いっきり蹴って、一発できょーこちゃんを無様敗北させるって手もあるけど……んーまー、それはまた別の機会に)

今日子「どうしたらそんなことが思いつくの……勉強はしているの!?」チョロロン

夏織(ご主人様は取り繕っているだけで本当はビビりヘタレ女子……?)マジマジジロジロ

今日子「土田先生、ここは……耐えるしかないわよ」

夏織()

沙雪「さー、立った立った。縛られてるけど立てるのは、きょーこちゃんがさっき証明したよねー」

今日子「……」スック

夏織「……」

今日子「あなたも」

夏織「え……はいっ」スッ

沙雪「おーやま。きょーこちゃんってば、ビクついちゃって」

今日子「なんですって!?」

沙雪「私に命令された瞬間即立ち上がるなんてさ。夏織ちゃんみたいに、余裕をもって立つことが出来ないのね」

沙雪「催促もされてないのに立つなんて、ビビり~! しかも連帯責任が恐いからだろうけど、夏織ちゃんにも早く立つよう促したりして!」

沙雪「んなこと言われなくったって、夏織ちゃんも立てるっつーの!」ケラケラケラ

今日子「ち、違うわよ! これは、私のとるべき最善策……」

沙雪「脚を肩幅に開くっ!」

今日子「っ!」ガバッ!

沙雪「ほらー、即命令に従って! ビビりの証拠! 心弱い証拠! 器の小さい証拠! チンチンの小ささのおかげで、最初から分かり切ってたことだけどねー!」ギャハハハハハ!

今日子(違う、絶対に違う! 男性器の大きさが心根の強さだなんてあり得ない……! なにか、別の条件がある筈なのよ……!!)

夏織「あ、あの、私も、脚を開きました……」キュンキュン

沙雪「んでは、金蹴り耐久ゲーム開催!」

イリス「……」

沙雪「盛り上げ」

イリス「ど、どんどんぱふぱふ~~~!」

沙雪「ぱふぱふねえ、ついでだからおっぱい寄せたり開いたりして”ぱふぱふ”しなさい」

イリス「う……ど、どんどん、ぱふぱふ~~!」パフパフパフ

沙雪「ではルール説明」キリッ

イリス(悔しいっ! 道化役だなんて……!!)



”金玉ライフゲージ”をコンマで設定、その後蹴る度にコンマ1の位で蹴られた際のダメージを決定。
先に0以下になったほうの負け!


今日子の金玉ライフ 安価↓
夏織の金玉ライフ 安価↓↓

ブラブラン……

沙雪「んははっ、美人女教師がダブルで下半身マッパのチンブラ状態! これは壮観ですな~」

今日子「早く……蹴るなら蹴りなさい……」

沙雪「覚悟決めた風に見せなくていいですから。ミニチンきょーこちゃんの心の震えはしっかり感じ取っておりますから」

今日子「この……っ!」


イリス「せ、先生、耐えてくださいまし……」

夏織「う、うん、あなたのせいじゃないから……(金蹴り。金蹴り。どんな感じ……?」ドキドキ


沙雪「んじゃ、蹴るよーっ」ヒュン!

イリス「……っ!!」

沙雪「あ、ストップ」

イリス「!?」ピタッ

今日子「お、おちょくらないで!」シオシオ

沙雪「あ、萎えて縮んでる~」

今日子「うるさいわあっ!! う、うるさいわあああっ!」

夏織(早く、なんで止めるの、焦らしプレイ!?)

沙雪「せっかくだから、一旦ふたなりを解除して、ふつーにマンモロ状態の写真も撮っておくの」カチパシャ

今日子「な、ななななななっ!」

沙雪「なんとも情けない姿! おまけに出たり引っ込んだりの無様さですな~」ビビビビ

夏織「あ、ああっ、弄ばれている……ああっ!」

イリス(ひどすぎますわ……っ)ゾクリ

沙雪「んじゃイーちゃん」

イリス「は、はい」

沙雪「蹴るよ」

イリス「はいっ!」

沙雪「いっせーの、せ!」ブンッ!!!!

イリス「すみませんっ!」ヒュン!



ガッキュワイイイイイイイイイインッ!!!



それぞれのダメージ 安価コンマ1の位のみで↓&↓↓

沙雪「ライジングデスゴールデンクラーーーッシュ!」

今日子「あ                 あ               あ」

沙雪「おおー、これは?」

今日子「あ         あ        あ               あ」

沙雪「相当ね。でも」

今日子「                  あああああ」プルプルプル

沙雪「脚がくがくぷるぷる、生まれたての小鹿ね。おかげで金玉チンコもぷるぷるぷる~」プハハハ!

今日子「           あ、はあ、はあ、はあっ」ブワッ


イリス「……っ!」

夏織「ひあおあ……っ!!!」

イリス「だ、大丈夫ですの……?」

夏織「あああああああああおおおおおおおおお」ピクピクピク

イリス「う……痛そう。目が飛び出そうですわ……」

沙雪「あは、夏織ちゃんもかなりいったね。股間両手で押さえるとか情けないポーズ!」

夏織「あああああおおおおおおおお」パクパクパク

沙雪「おやおや? 口パクパクで金魚かあ~?」

夏織(痛すぎる……死ぬ……!!!)


沙雪「んじゃ、次のキックいっくよん!」


安価コンマ1の位 ↓&↓↓
ついでに技名(ただの蹴り上げだけど)もあれば募集

沙雪「あ、イーちゃんも技名叫んでね」

イリス「えっ? は、はい」

今日子「いいから早く……終わらせて……」

夏織「   」パクパクパク



沙雪「フルパワーゴールデンクラーーーッシュ!!」ブンッ!!

今日子「う!」

ピシャッ!!

今日子「えっ?」

沙雪「あら? 失敗、空振りしてケツキックのカスったバージョンになっちゃった」テヘペロ

今日子「な、ま、またふざけて……」

沙雪「違う、ガチ外し! で……」


イリス「セレスキック!!!」ゴキン!!

夏織「みぎゃあああああああああああっ!」ドタアアアアッ!!


沙雪「こっちは本当に終わったっぽい」

沙雪「うわー、みなよ。うつぶせになってばったんばったん下半身を振るってるよ」

イリス(太腿で床を叩くなんて……)

夏織「みぎゃああああ! ぴぎゃああああああああ! も、もー、がまん、できなああああああ……!」

ジョワワワワ……

今日子「し、失禁!?」ボーゼン

沙雪「うん、おもらししたね。23歳独身土田夏織さんが、本日未明おしっこ漏らしたね」

夏織「いああああ……あ、あああああ……あああああ……っ」

沙雪「ま、本人はそっちのけでチンコ押さえて悶えてるだけだけどね。も、すっごい顔」プハハ!

今日子「あ、あなたと言う人は……どこまで……どこまで性根が……!」

沙雪「なによ。本当は、自分より情けない姿を晒している土田先生に優越感を覚えているくせに、ヒーローぶっちゃってさ」

今日子「違うって言っているでしょう!?」

沙雪「ここで特性・鉄板仕込み上履きによるゴールデンクラッシュ」ブンッ

今日子「えっ」ドボッギャゴアアアッ!!!


イリス(この時のためにわたくしのポケットマネーで作らせていたんですの……!?)





今日子「                     」




沙雪「おおっと、今日子、超絶悶絶ぅうう~! 痛みのあまり、本性が現れて超絶情けない……”安価↓1~2 どっちかもしくは両方”をしてしまった~~~!」
(動きに応じた台詞をつけたい……ちなみに行動と共に他者に何かするのはダメ)

>>108
俺がさっきまでやってたゲームのヒロインの名前
なんか無意識のうちにつけてた

面目ない…
安価↓1~2でお願いします

(変なスイッチが入った)

いいや、>>110……セレスと言うヒロイン……ぐぐる……パンドラの塔……

これは採用する

>>111のみ再安価した

今日子「しゃごおおああああああああ!」グアアアアアアッ!!

イリス「!?」

今日子「がぐうら! がぐがおおおおらああっ! おごおおらああっ!」

今日子「あぎゅううらあああ! ごあああああ! がおおおがあああ!」ダラダラダラ

イリス「これが……パンドラの塔……?」

沙雪「ある人がさっきまでやってた(かもしれない)ゲームを、今動きで再現している模様。人間が獣になるんだって」

イリス「え、ええ……では、要先生は獣に……?」

沙雪「と、言うより、あまりの痛さで獣のように動き回って叫んでしまうってーことだね」

今日子「ぎがぎゃああああああああああ! ぎゃおああああああああああ!」ダラダララ

沙雪「ほら、股を前後に開いて膝曲げて、空に向かって遠吠え始めた。涎流しながら」

今日子「あぎゅうがあっ! がぎゅうあああっ! うごぎゃっ! ごごぎゃっ!!」ガチッガチッ!

沙雪「今度は前かがみになって、歯茎むき出しにしてそこら中嚙み始めた」

今日子「がりゅうごりゃああっ! いぎゃのあああああっ! どじゃあああっ! おがはああああっ!」ゴロゴロゴロ

沙雪「うねりながら転がってる。目が血走って、鼻水も出して……これは獣化の苦しみを表現してるのかな」




ちなみに>>1はパンドラの塔を知らない

今日子「ごはーっ! ごはーっ! おおはーっ! おおはああーーーっ!」ヒーボーヒーボー!

沙雪「蟹股で立ち上がって、また前かがみ。痛むミニチンをなんとかさすりたいけど、縛られててできないから歯がゆい状態。チンポに向かって必死に息はいてるの、すごい迫力だね。美人女教師が台無し~」

イリス「あら? じゃあさっき土田先生があれを手で覆っていたのは……?」

沙雪「う」ギク

イリス「ああ、土田先生は上腕だけ縛られているのですわね……」

沙雪「そ、そーゆーこと!」

今日子「ひがあああ、ひがおおああああ、ほがああああ、ほがあああああ」ドタンッ

沙雪「あ、尻もち着いたと思ったら蟹股で仰向けに倒れこんだ。ミニチン無防備~」チョンチョン

今日子「ひひいいいいい! や、やめて……やめなさいいいい……!」

イリス「!!!」

沙雪「今の聴いた? やめて……って今言ったよね?」ニヤリ

イリス「……はい」コクリ

今日子「う、うあ、ひあ、ひいいっ!(しまった、私としたことが……私としたことが!!)」

沙雪「ふーむ、夏織ちゃんはぶっ倒れてるし、ここはきょーこちゃんに先にやってもらおうかな」

今日子「っ!?」

沙雪「あ、何をやるかっていうと、今回のコンセプトはね、ふたなりから元に戻してほしければ、いう事を聞いてもらおうってものなのよ」

今日子「も、もとに……戻れる!?」

沙雪「あ、ヘタレな精神性は直せないからお間違いなく」

今日子「ぐっ!」

沙雪「んでは、なにさせよっか……そうだなあ、せっかく獣化したんだから、ここは、動物物真似でもしてもらおうかなあ」

今日子「ど、動物!?」

沙雪「うん。獣化したきょーこちゃんなら楽勝っしょ。それに、どう見ても……人間以下だし?」

今日子「ーーーーーーーーっ!」ジタバタジタバタ!

沙雪「はっ、言い返すの我慢してるんだ~。でも、元に戻れる可能性が見えたから言うことを聞いておいたほうが得、だからじゃないでしょう? 私が恐いから、でしょ? ビビり屋さん」

今日子「う……うううっ」

沙雪「いいよ答えなくて。わかるから」ポンポン

今日子「くひっ!」ギンギン

沙雪「おお勃起した! ミニチンが必死に一生懸命勃起したー!」

今日子「ひいいいいいいあああああああああああ!」ガアアーーン!!


沙雪「さてさて、では、”○○の行動をする××の動物”シリーズ開始~~~!」

イリス「え……っ?」

沙雪「例えば、反復横跳びをする犬、みたいにやってもらうわけ」

イリス(そんなことを……!? 場合によってはわたくしがやらされていた可能性も……恐ろしい!)

今日子「わ、私が、そんなみっともない真似を……!?」

沙雪「イーちゃん、縄を解いてあげて」

イリス「は、はい」ソラララ

今日子「う、うっ」

沙雪「戒めが解けたねー。ミニチン晒しているけど、自由になったご感想は?」

今日子「……」

沙雪「一応わかってると思うけど、ふたなり光線銃も、アンタの、”他人に隠して見せてないけど実はいつでも前面に現れる超恥ずかしい本性の姿”の映像や画像もこっちの手の中だってことを忘れないでね?」

今日子「わ、わかっているわ……(何が、何が本性よ!)」

沙雪「じゃ、マッパになって」

今日子「うっ!?」

沙雪「当たり前でしょ。獣化したらどうなるか知らないけど、動物になるなら、服着ないもんね」

今日子「うううう……」バサバサッ

沙雪「あはははは美人女教師むっちむちのすっぽんぽーーん! 生徒の前で下品だねこりゃっ!」キャホホホホ!

今日子「くう、くう、くううっ! くううっ! (悔しすぎる!! どうして学校内で! 私が! こんな邪悪な少女の前で!!! 後輩の前で!!)」

夏織「    」ピクピク

沙雪「そんじゃ……さっき説明した通り、、”○○の行動をする××の動物”シリーズ、やって」

今日子「うっ」

沙雪「安価↓1~4の間で、一つから複数、もしくは全部。場合によっては夏織ちゃんに回すかもだけど、とりあえずやって!」

今日子「~~~~~~~~~~っ!」

沙雪「あ、その前に反復横跳びする犬やって」


今日子「わん! わんわん! わんわんわおーーーーんっ!」プルプルプルチンプリンプリン♪

沙雪「あはははは! 左右にびょんびょん跳んでるう! おっぱいもおしりもぷるんぷるん! どでか! 魅力あふれる太腿もむちゅむちゅ! でも一番目を引くのは、ブラブラ勃起ミニチン~~~~!」ギャハハハハハハハ!!

おまたせ

沙雪「全部でいいわね」

イリス「えっ」

沙雪「全部でいいわね」

イリス「そ……そうですわ……ね」


沙雪「んじゃまずドラミングするゴリラ!」

今日子「ぜ、ぜんぶって……ぜんぶって……っ!! よりによって全部!? 土田先生にやらせるとか言う話もなく……私に全部!?」

沙雪「あーりゃ? きょーこちゃんって、夏織ちゃんを犠牲にする考えの持ち主だったの? ひどっ」

今日子「う、そ、そんなことはっ」

沙雪「うだうだうっさい。元に戻れるチャンスを棒に振る気? それともその自分のふがいなさの象徴たるミニチンが性的に気に入ってしまったってこと?」

今日子「そんなことは……は!?」

沙雪「自分の惨めさ無様さの象徴……だけど、その男性にしかないエロティシズムポイントを我が身に備えてしまった性的興奮に負けて、私の命令を無視することによって永遠にその身に肉棒を備えようと、そういう考えなわけ?」

今日子「ちがうわよおおおおおおおおっ!」

沙雪「夏織ちゃんをダシにまで使って、最低……」

今日子「うーほうほうほうほうほうほうほおおおおーーーーーーーーーっ!」ドンパンドンパンドンパンドンパン!!

プルップルプルルッ!


沙雪「ぎゃはははははーーーーーーっ!!! なに会話切ってまで突然っ!!」イーヒャヒャヒャ!

イリス(胸を叩いて揺らして……それによって股間もぷるぷる揺れている……)

沙雪「おっぱいばんばん叩いちゃってゆれまくり! 振動が伝わってチンポコもぷらぷららーっ!」

イリス「う」

今日子「う、うほ! うほうほうほうほ! うほほほほーーーーっ!」パンパンドンパン!

沙雪「ふ、はははははは! はははははは! あん? 拳を握らず、掌で叩いてる? どういう事よ」ギロ

今日子「うほほ……ち、ちがうほっ!」

イリス(ちが……うほ?)

沙雪「なによ、インチキゴリラのきょーこちゃん。申し開きがあるってーの?」ニヤニヤ

今日子「ゴリラのドラミングは、掌で行うの! 拳でやるのは間違いよ! す、スマホで検索して調べて見なさい!」

沙雪「へー……? ”おっけーごりらぐる ドラミングは手のひら?”」

ピポーン

沙雪「……ほんとだ」

イリス(ごりらぐる?)

沙雪「ま、まーいーわ」

今日子「ほ、ほら……私は、命令に従ったわ!」

沙雪「ぐ、つ、次、電柱にマーキングする犬をやって!」

今日子「っ」

夏織「んー……うっ? ご、ご主人様……片足上げてる!?」


今日子「わ、わんわん! わん!」クンクン

沙雪「ふふふ、偉そうにしてたあの要先生様が、今や机の脚の臭いを嗅いでるなんてね」

今日子「わうう……ううっ」ガバッ

沙雪「あははははは足上げたーーーーーっ!」

イリス「う……っ」

沙雪「さあ、おしっこしてみなさいなあっ! おしっこしてみなさいなあっ!」

今日子「ぐ……ぐうっ!」


どこから出る?安価↓1

1チンコ
2マンコ
3両方


今日子「出る……ぐっ」チョピ……

今日子(私おかしくなっている……こんな状況で、ほぼ抵抗もなく……ちがう、違うわ! これは、元の姿に、元の生活に戻るための最善策なのよっ!!)

チョロロロ……


沙雪「待った!!」

今日子「!?」ビクッ!

チロロ

イリス(当然ながらまだ出ている……)

今日子「ど、どういう事よ……」

沙雪「その場所、本当にあなたの縄張りにできるの!? もっと強い犬が先にマーキングしていたら、できることではないわよ!?」

今日子「は、は!? は!? は!?」

沙雪「答えなさいよ! その電柱は、本当にあなたよりも強い犬がマーキングをしていないの!? ねえ!」

今日子「し、していないわ! していないからやるのよっ!」

沙雪「犬が日本語喋るなっ!」

今日子「はああああ!? り、理不尽すぎる……ゴリラの時だって喋ったのに……!」

沙雪「ゴリラがどうしたのよ! アンタ、ミニチン生やしの喜びに飽き足らず、ゴリラでいることに誇りを持ってしまったってーの!? バカだ馬鹿すぎる!」

今日子「め、めちゃくちゃよぉおおお……うっ、うっ! 中途半端に止められたから……まずい!」

沙雪「アンタ」

今日子「わんわんわおーん! ここは私の縄張りにするわん! おしっこするわん! マーキングぅうーーーーだわん!」ジョバアアアアアアアアア!!

沙雪「……へえ?」

イリス(何かが壊れた……)

沙雪「わんを語尾に付けることで犬役を……ま、イイでしょ。次、全速力で狩りをするチーターをしなさい」

今日子「チーター……ぐあるるるるる! ぐあおおおーーーーっ!!」ダッ!

夏織(ご主人様がおしっこしたあと躊躇なくヨツンヴァインダッシュ!?)

今日子「がるるるう! がおーるるるっ!」ガブッ!ガブガブ!ガチガチ!

イリス(噛みつく動作……歯を打ち鳴らして……)

沙雪(これって本当にチーターの動きなのかな? まあゴリラに詳しかったしいーや……それより、それ以上に)ニヤリ

今日子「がぐるううううっ!」ガブガブ!

沙雪「勇ましい! なんと勇ましい! 弱き小動物をそのスピードで追い詰め、殲滅し喰らう! しかしその股蔵では、おしっこ飛ばしたミニミニチンポがぶーらぶら!ぶーらぶら!」ギャハハッハ!

今日子「が、がうぐるるうううーーーっ! うっ!」ガシャーン!!

イリス(机にぶつかった! 危ないですわ……!)

今日子「う、うぐ、ぐぐ……い、いたた……」

沙雪「あーりゃりゃ、バカだね」

今日子「ぐ……ぐうっ」

沙雪「まーまー、その辺はその辺でオッケーとして」

今日子「……?」

沙雪「最後の行こうか、滑空するモモンガ。木から木へと、全裸で飛び移るのをやって」

今日子「モモンガ……ね」

沙雪「昔の漫画で知ってる? 金玉の皮をびろーんって広げて、空を滑空するやつ」

イリス「なんですのそれは」

夏織(す、すごい)

今日子(ターちゃん!? なんで知っているの……ま、まあ今どきは、昔の漫画やアニメがもっと若い世代に知られていて当然ね……でも、それまでやれと言わないわよね!?)

沙雪「なにしてるの? 早く始めてよ」

今日子「……わかりました」スゴッ

イリス(机に上った。木に見立てているのですわね)

今日子「びょーーーんっ!」タッ

スタッ

沙雪「ふーん、空を舞うポコチンかあ。体大の字開きかあ」

今日子(急にテンションが下がって、なにを……考えているの?)ピョンッ

スタッ

今日子「びょん!」ピョンッ

スタッ

今日子「んびょん!」タッ

スタッ

今日子「びょんっ!」タッ

沙雪「ふたなり女体の開きねえ。滑稽でみっともないねえ」

今日子「ぐっ!」スタッ


沙雪「でもさ私、木から木へって言ったよね? なんでこの場で、机なんかを飛んでるわけ?」

今日子「!?」

沙雪「どういうわけ? 命令無視するってわけ? ふたなりのままでいたいの? ねえ」

今日子「な、何をっ!? 何を!? さ、さっきの犬の電柱だって……別にあれでよかったじゃないの!」

沙雪「ああそうだったわ。電柱の時も命令無視したんだったっけ? うっわ、くそだ」

今日子「ど、どういう事よ……つまりあなたは……」

沙雪「あなた? 私のこと? 問題はきょーこ、アンタでしょ? 電柱や木って言ってるのに、机を代わりになんてして。非道すぎると思わないの?」

今日子「ひ、非道って」

沙雪「ああああああーーーーーーーーーしょんべんくさーーーーーーーーーーーー!」

今日子「ぎっ!」ビクッ

沙雪「外に出て自分で電柱にやんなきゃダメでしょ? 木が何本も生えてるところに行って、飛び移らなきゃダメでしょ? チーターになった時も、何も食べなかったし……ゴリラのドラミングだって……あれは別にいいけども、とにかく命令のうち半分を確実にしていないってことよね」

今日子「あ、あああっ、あなたは、あなたは……!」

イリス(残酷すぎる……でも、私を青山君の前に晒したときのように……それくらいのことは考えていて当然でしたわ……!)

沙雪「動物の真似するから全裸になるように言ったよね私。他に指定した物体も全部本当に使わなきゃダメじゃん。ねえ、どうしてくれるの? ねえ、私にどれだけ迷惑かければ気が済むの!? ねえ!」

今日子「違う……違う……違うのよおおおおおお!」ワアアアアアアアアアア!!!


夏織「あ、あああ……ご主人様があんな姿に……! わ、わたしもあんなふうになるの……!?」ドキドキドキハアハアハア


沙雪「おん? 夏織ちゃん、起きたんだ」

夏織「え」

沙雪「ふーむふむ……そっかそっか」

夏織「わ、私に何を……」ドキドキハアハア

沙雪(こいつ楽しみにしてるな? 自分への命令を待ちわびてるな? だーめ。楽しい思いなんてさせないわ)

沙雪「元に戻してほしければ……自分が一番されたいことを言いなさい」

夏織「安価↓1~3!!」

沙雪「じゃ、それの中から一つ~複数を、夏織ちゃんが味わうように命令しなさい」

夏織「へ!?」

速報復活してたのかよかった

再開は明日の夜にできそう。

ついでにちょいと相談(投票)。
教師戦が終わったら、沙雪に別世界へ行ってもらって、
ファンタジーキャラか二次キャラに攻撃させたいと思うのだけどどうだろ?


安価↓~再開までの間で投票ヨロ 複数回答可

1このままの世界観で続ける
2ファンタジー(オリジナルの女騎士とか女魔王とか……)
3コナンの蘭か哀
4こち亀の麗子
5ドラゴンボールのブルマか18号
6ドラクエ、マーニャかマルティナか3の女戦士か女魔法使いか女賢者
7ハルヒのハルヒみくる長門(知識あんまないけど)

2だけは投票負けても今後やるかも……

夏織「は!? へあ!? は、は!? どうして!?」

沙雪「アンタを悦ばしてもしょーがないっつの。早く、命令しなっさい」

夏織「そんな……そんな」

イリス「ど、どういうことですの」

今日子「何を言っているの……?」

夏織「ご主人様を私が攻めるとかイミフすぎる……イミフすぎ……」

沙雪「早く」

夏織「待って? 私、このままなにも楽しめないってわかってるなら、従う意味がないわよね」

今日子「な、何を言っているの!? ねえ! こ、このままじゃ私もあなたも、こんな姿のままなのに!?」

沙雪「るっさいなあ。仕方ない……夏織ちゃん」

夏織「……」

沙雪「あとできょーこちゃんとSMプレイさせてあげっから、従って」

夏織「縛られて拘束して金玉いじめを受けなさい!!」

沙雪「早っ」

今日子「  」

イリス「? ? ?」

今日子「どういうこと……本当にどういう事」

沙雪「亀甲縛りからの~、同じ綱で玉一個ずつ巻いて~、棒もぎゅっ!」グルグルガシガシ

今日子「ひぎいいいーーーーーーーーーーっ!!」ビクンビクン!

沙雪「はい、きょーこちゃんは何もできません。せーぜー、転がって移動するくらいです」

イリス(ひどい姿……)

沙雪「そんで金玉掴み一個ずつ」ガシッ

今日子「はぎいっ!!」

沙雪「右は時計回り~。左は逆回り~。ぐりぐりぐりぐり回します~」

今日子「ひぎゃ! ほぎゃ! あ、あわ……だめっ! それは……だめでしょお!?」

グニグニグングニグリグリグングニ

今日子「おぼぼおおおおお! おおおおおおおお! おおおおおお! ああああおおおおおおおお!」

沙雪「あははすごい顔」

今日子「ふ、ふ、ひっ、ひっ!」

沙雪「デコピン攻撃1,2,1,2!」ペシペシ

今日子「う、うっ!」ビンビンビクビク

沙雪「からのニーキック」ズド!

今日子「           」

沙雪「根本鷲掴みからの一気に引っ張り~!」ググギッ!

今日子「ほおおおああああああああっ!」ビゴーン!!

イリス(目玉が飛び出した!?)

夏織「あ、ああっ、ああっ」ジュリッ

沙雪「机でつぶしまーす」グイッ

今日子「ひ、は!? そ、それはやりすぎ! やりすぎいいいい!」

沙雪「いっきまーす」グオッ

今日子「ひ!?」

グッシャアアアアンッ!

今日子「ひいいいいあああああああああ!」ジョボボボボボボ

沙雪「嘘でしたー、寸止めっつか、なんか知らんけど転がってたゴミ(校長のカツラ)を潰しただけでーす。おんや?」

今日子「ひいい、いいいい、いいいいい」

沙雪「ちょ! さっき犬ションしたくせにまだ出たの!? あははは! やーだー、きょーこちゃんってばおしっこタンク~~!」

今日子「いいいい……ひいいいいい……」

沙雪「つか、ふつーにおもらし? 女教師のくせに」

今日子「ひいいいいいいいいいいいいいいっ!!!」

沙雪「大人失格、社会抹殺! あーあー、かわいちょーでちゅねー」キャハハハハハハ

今日子「わ、私が、私が、私が私がぁあああ……」

沙雪「なーにが”私が”だか。おもらしちゃんのくせに」

今日子「ひいいいああああ……ひいいいいああああああ……っ!!」

沙雪「おらおらあ! ぎっちぎちに縛ってる綱を一部引っ張っただけでも~~~!?」

今日子「ふがああああああああ!」グバアアッ!

沙雪「あはははは! 金玉やられて変な顔になっちゃった~~~!」ゲラゲラゲラ

夏織「ああ、はああ……」ジュリジュリジュリ

沙雪「ん? あ、角オナしてる……」

イリス「え///」

夏織「ひい、はああ、ほおおお……お、おおおっ、おおおお……っ!」ビンビンドピュドピュ!

沙雪「なんだこの異様な珍獣……」

夏織「ほおおおおお! ほおおおおおおお!」ジュリジュリジュリジュルジュリャリョリャリョオオオオオッ!

夏織「       」パタリ

沙雪「あ、テクノブレイクした」

夏織「、、、」ビクビクピュッピュ

イリス「い、生きてますわ。震えてますわ……特に……あれが」

沙雪「チンポでしょーが。イーちゃんも同類なんだし、恥ずかしがらずにまんま言いなよね」

イリス「っ」

沙雪「いいなよね」

イリス「チンポ!」

沙雪「単語だけいうなや」

イリス「う。ううっ、恥ずかしい……」


今日子「ああああ……ああああああ……」ヘロヘロ

沙雪「さあて、こっちどーすっか」

今日子「ひい、うう……ひい、うう……」ウウウウ

沙雪「ふたなりおもらし女教師になってしまったきょーこちゃん、どうしようかな」

今日子「く、くううっ」

沙雪「ふたなり解除したところで、おもらし女教師になってしまうわけかあ……んー、んー……よし、いっそここはふたなり女教師のままでいたほうが幸せだね! 戻さないでおこう」

今日子「はああああああああああっ!?」

沙雪「私のやさしさに感謝しなさい」

今日子「そんな、そんな、そんな、そんな!」

沙雪「あ、それなら従う意味ないとか思わないでね? 映像画像もういっぱいあるからね? 世間に晒されたくないよね? 従ってさえいれば、せいぜい、結婚相手とかにふたなりの秘密を共有するくらいの恥で終わるだけだからね? 反抗とかしないよね?」

今日子「ううううう! うううううう! ううううううううう!」ギリギリガチガチ

沙雪「じょーだん。ちゃーんと元に戻しますよ。おもらし女教師・要今日子さん!」ポチ

今日子「ははあっ!?」パッ

イリス(戻った……あれがなくなった……)

今日子「はああああーーーーーーっ! はあああーーーーーーーーーっ! うあはあああーーーーーっ! うあはあああーーーーーーーーーっ!」ゼエゼエハアハア

沙雪「あははは、自分の股間に縋り付いちゃって無様っ。おもらし赤ちゃん女教師のきょ・う・こ・ちゃあ~~~ん!」ギャハハハハ!

今日子「ぎいいいいいっ! ぎいいいいいっ!」

沙雪「さあて、あとは夏織ちゃんだけど……どーしよっかな」

イリス「も、もう終わりにするのですの?」

沙雪「悦ばれたところで面白くないしなあ。それなら、もうどうでもいいかも。んー……」


沙雪「どーしよっか(なにさせよっか)? 安価↓1~3から一個か複数」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom