ほむら「レズきもい」まどか「えっ?」(123)

ほむら「と思うのだけど、まどかはどうかしら」

まどか「あ……、うん。そうだね……」

ほむら「やっぱりそうよね。女同士だなんて狂っているわ」

まどか「……」

まどか(ほむらちゃん、そういう趣味の子じゃなかったの……?)

まどか(わたし、わたし……)

ほむら(涙目のまどかも可愛いわ!!!)

ほむら「困るのよね。何故か私をレズキャラだと勘違いする人が多くて」

まどか「そっ、そうなんだ! 大変だね!」

ほむら「別にそんな趣味ないというのに変な目で見られるなんて、はなはだ不本意だわ」

まどか「……そう、だよね」

ほむら(まどか! まどか!)

ほむら(まどまどまどか!)

ほむら「ところでまどか」

まどか「うん」

ほむら「大事な話っていうのは何なのかしら?」

まどか「あっ」

ほむら「大事な話がある。そういう名目で、私は屋上に呼び出されたわ」

まどか「う、うん……」

ほむら「時間も遅くなってきたし、そろそろ本題に入ってはもらえないかしら?」

まどか「えっと……、大事な話っていうのは、その……」

ほむら(戸惑うまどかもかわいいわ!!)

まどか(どうしよう……)

まどか(ほむらちゃんがそっちの趣味の人じゃないって分かった今となっては、言えるわけないよ……)

ほむら「どうしたのかしらまどか」

まどか「その、えっとえっと……」

ほむら「そう緊張しないで」

まどか「うん……」

ほむら「……まさかとは思うけれど、告白なんかじゃないわよね?」

まどか「えっ!?」

ほむら「ごめんなさい、冗談よ。まどかがそんなアブノーマルなことをするはずないものね」

まどか「……」

ほむら(まどかー! まどか好きー!)

ほむら「何をそんなに恥ずかしがってるの。
これはいやらしい意味じゃなくて、友情の印よ、
親友同士なら誰でもやっていることなのよ。
何も怖いことなんてないのよ、まどか。
目をつぶって・・・体の力を抜いて・・・
私にまかせてくれればいいの・・・」

まどか「そっ、それにしてもだいぶ寒くなってきたね!」

ほむら「そうね」

まどか「こんな寒い日は、早くお家に帰った方がいいかなー」

ほむら「……」

まどか「なーんて」

ほむら「ええ、まどかの言う通りだわ」

まどか「ね! そうだよね!」

ほむら「まどかの大事な話とやらを聞いたら今日はまっすぐ帰宅しないとね」

まどか「ううぅ……」

ほむら(気候の話なんかで気をそらそうとするなんて可愛いわ)

ほむら「日が落ちていよいよ本格的に寒くなってきたわね」

まどか「うん……。ねえ、ほむらちゃん、やっぱり今日はもう帰った方が……」

ほむら「いいえ。大切なお友達が、大事な話があると言うんだもの。それを聞くまでは帰れないわ」

まどか(お友達、かあ……)

まどか(そうだよね。ほむらちゃんの中では、わたしはお友達止まりなんだよね……)

ほむら(もちろんゆくゆくは結婚する予定よ!)

ほむら「そうだ。そういえば今朝、カバンの中にマフラーを入れておいたのを思い出したわ」

まどか「マフラー?」

ほむら「ええ。天気予報で寒くなると言っていたから……、あったあった」

まどか(マフラーを巻いたほむらちゃんかぁ)

ほむら「巻いてあげるわね。首を上げてくれる?」

まどか「えっ!? ほむらちゃんのマフラーをわたしが!?」

ほむら「そうよ」

まどか「いっ、いいよそんなの!! ほむらちゃんに悪いよ!」

ほむら「いいのよ。私は魔法少女だから風邪はひきにくいもの」

まどか「でも……」

ほむら「これはまどかが巻くべきだわ」

まどか「そっか。それなら……、ありがとう、ほむらちゃん」

ほむら「そうね、帰りましょう。まどかの言うとおり、一刻も早く帰るべきね。
誰にも邪魔されない場所で二人きりで友情を深めなければならないわ。
私たちに必要なのは言葉の交換ではなく体液の・・・

ほむら「じっとしていてね」

まどか「う、うん……」

まどか(ほむらちゃんの手がわたしの首に……)ドキドキドキ

まどか(あっ、顔近い顔近い!)ドキドキドキ

まどか(わっ!? 顔に息がかかった!)ドキドキドキ

まどか(どうしよう……、こんなにドキドキしてることに気がつかれたら、気持ちがばれちゃう……)

まどか(顔だってたぶん赤いし……)

まどか(陽が落ちてて良かった……)

ほむら(ところがどっこい。ばればれよまどか!)

ほむら(自分の気持ちを隠せてるつもりのまどかも可愛いわ!)

ほむら「よし、巻き終えたわ」

まどか「あっ、ありがとう……ほむらちゃん……」

ほむら「どういたしまして」

まどか(ほむらちゃんのマフラー、ほむらちゃんのマフラー……)

ほむら「……あら。制服にほこりがついているわ」

まどか「えっ?」

ほむら「払ってあげるわ。じっとしていて」

まどか「うん」

ほむら「ちょうど胸の部分ね」

まどか(って、えっ!? 胸!?)

ほむら「まあ……、同性同士だしいいわよね?」

まどか「だめーっ!!」

まどか(胸なんかに触られたら……、どきどきしてるのがばれちゃう、かも……)

ほむら(ほむほむ)

ほむら「あら。それはどうして?」

まどか「えっと、その……」

ほむら「別にそう気にすることないわよ」

まどか「でも、わたし……」

ほむら「ほら」ヒョイ

まどか「わーっ! 駄目ー!」

ほむら「いったい何故そんなにかたくなに嫌がるの?」

まどか「そっ、それは、だから……」

まどか(どうしよう……)

ほむら(まどかー! まどかぁー!!)

まどか「じっ、自分でとる! ほこりなら自分でとるからいいよ!」

ほむら「……」

まどか「だからほむらちゃんがとってくれなくても……」

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん……?」

ほむら「ぐすっ」

まどか「えっ?」

ほむら「ぐすっ、ぐすぐす……」

まどか「わああっ!? どうしたのほむらちゃん!?」

ほむら「やっぱりわたしは……、信用されて、ないのね……」

まどか「そんなことない!」

ほむら「未だに同性愛者だと思われて、きっとそれで、まどかは私を警戒して……」

まどか「……泣かないでほむらちゃん」

まどか「さっ、触っていいから……、だから泣かないで、ほむらちゃん!」

ほむら「まどか……?」

まどか「わたしのせいでほむらちゃんが泣くなんて、そんなの嫌だもん」

ほむら「まどか……。本当にいいの?」

まどか「うん」

まどか(そうだよ。ほむらちゃんを泣かせちゃうぐらいなら……)

ほむら「本当の本当にいいの? 後で撤回しない?」

まどか「うん」

ほむら(やったぁー!!)

ほむら(まどパイ! まどパイ!)

まどか「んっ!んぐっ・・・く、苦しい・・・やめて・・・」
ほむら「・・・このマフラーはまどかにあげるわ。まどかの首によく似合うもの。
もっとしっかり巻いてあげる。これでまどかも、
私たちが固い友情で結ばれているってわかってくれるわよね。

ほむら「それじゃあいくわよ」

まどか「う、うん……」

ほむら「よいしょ」スッ

まどか「!!」ドキッ

ほむら「うーん、なかなかとれにくいほこりね」サワサワ

まどか「……」ドキドキドキ

ほむら「どうしたことかしら。本当になかなかとれないわ」グニグニ

まどか(あああ、駄目駄目駄目! おさまってわたしの心臓!)ドキドキドキ

まどか(うーっ、ううーっ!!)ドキドキドキ

ほむら(まどかぁ……)

ほむら「……あら?」

まどか「……」ドキドキドキ

ほむら「まどか。あなた、心臓が激しく動いているわ」

まどか「えっ!!?」ドキッ

ほむら「もしかして……、考えたくもないことだけれど、あなた……」

まどか「……」

ほむら「私に胸を触られて、そういう気持ちに……?」

まどか「……ち、違う! わたしは、えっと……」

ほむら(あたふたするまどかも可愛いわ!)

ほむら「まどかにはがっかりだわ」

まどか「あぁ……、うあぁぁ……」

ほむら「せっかくいいお友達になれたと思っていたのに、まさかそんな性嗜好の持ち主だったなんて」

まどか「違う! 違うのほむらちゃん!」

ほむら「何が違うの?」

まどか「うっ、ううっ……、うえぇぇん……」

ほむら(やっぱり可愛いわ、泣きまどか!)

ほむら(でもさすがにこのままというわけにもいかないわね)

ほむら「まさか泣き始めてしまうだなんて……」

まどか「くすんくすん……」

ほむら「それではもう、自分の異常性癖を認めてしまったも同然ね」

まどか「ほむらちゃぁん……」

ほむら「でも安心して、まどか」

まどか「え……?」

ほむら「確かに貴女は変態だけれど、それでも私にとって大切な存在よ」

まどか「……」

ほむら「私がこのことを理由で貴女を嫌いになるようなことはないわ」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「ただ、そんな人間と今まで通りお友達でいるというのもアレよね」

まどか「じゃあ……、どうすれば、いいの……?」

ほむら「そうねえ……。ここは1つ、上下関係をはっきりさせるというのはどうかしら」

まどか「上下、関係……」

ほむら「だってそうでしょう?」

ほむら「変態な貴女の本性を知って、それでもなお、私は貴女とお付き合いを続けてあげるのよ」

ほむら「これはもはや対等な関係とは言い難いわ」

まどか「……」

ほむら「ただ、周りから不自然に思われないよう、普段は今まで通りの関係でいましょう」

ほむら「私と貴女の上下関係は2人だけのひ・み・つ」

ほむら「ねっ、素敵だと思わない?」

まどか「2人だけの……、秘密……」

さすがに「ひ・み・つ」は気持ち悪いだろ
ほむらはそんなこと言わない

まどか「上下関係をはっきりさせればほむらちゃんは……」

ほむら「違うわ。ほむら様、よ」

まどか「……ほむら様は、わたしのこと、嫌いにならない?」

ほむら「ええ。そうすればわたしは貴女のことをきちんと受け入れるわ」

ほむら「貴女の私に対する気持ちも何もかも、温かく包み込んであげる」

まどか「ほむら様……」

ほむら「ええ」

まどか「それなら、わたし……」

ほむら「いい子ね。よしよし」

まどか「ほむら様ぁ……」

ほむら(ふふ、ふふふふふ!!)

ほむら(とうとう私の理想が実現したわ!)

ほむら「398個の世界で積み重ねた失敗を、ようやく乗り越えられた!!」

まどか「えっ?」

ほむら「あっ」

まどか「……」ジトー

ほむら(まずい! 疑心が目に表れている!)

ほむら(このままでは……、私の計画が……)

まどか「もしかしてほむらちゃんって、わたし以上の……」

ほむら(呼び方がほむらちゃんに戻っている!?)

ほむら(ああもうっ! こうなったら実力行使よ!)

まどか「変た……、むぐっ!? むぐぐっ!?」

ほむら「ぷはっ……」

まどか(え? キス? えっ?)

ほむら「ねえ、まどか……」

まどか「う、うん」ドキッ

ほむら「貴女は大人しく私の言うことを信じればいいの」

まどか「……」

ほむら「そうすれば、幸せな気持ちにしてあげるから……」ギュッ

まどか(あわわ……、だっ、抱きしめられて……)

ほむら「ね、まどか。分かったらお返事は?」

まどか「あ……、は、はい……」

ほむら「いい子ね」ナデナデ

まどか「ほむら様……」

ほむら(よし! なんとか上手くいった!)

ほむら(危うく前々々回と同じ轍を踏むところだったわ)ホムー

ほむら「ではそろそろ帰りましょうか」

まどか「はい!」

ほむら「手でも繋ぐ?」

まどか「えっ!? いいんですか!?」

ほむら「貴女のような変態でもない限り、女子中学生が手を繋いでいても変に勘ぐらないわよ」

まどか「えへへ……、それじゃあ、お言葉に甘えて」ギュ

ほむら(まどかの手はあったかいわ)ホムホム

――――

休日


まどか「おじゃまします!」

ほむら「いらっしゃい。……ああ、ちょっと待って」

まどか「えっ?」

ほむら「家の中では基本体に四つん這いで移動すること。分かった?」

まどか「あっ、はい!」

ほむら(前々回の世界で私は、まどまどしながら歩くまどかを見ていて我慢しきれなくなり……)

ほむら(そのまま思い切り抱きついて、普通にいちゃいちゃモードに移行してしまった)

ほむら(それはそれで悪くはない……、いえ、むしろいいのだけど)

ほむら(でも! 今回こそは! 今回こそは!)

基本体→×
基本的→○

ほむら「さて。私達の関係をもう一度おさらいしておくわよ」

まどか「はい」

ほむら「私は、変態な貴女を受け入れてくれる優しい優しいご主人様」

ほむら「そして貴女は私の、よ……、じゃなくて、下僕」

ほむら「自分のご主人様に邪な感情をもってしまう、いやしいいやしい下僕」

まどか「……はい」

ほむら(前回はここでついうっかり、まどかは私の嫁と言ってしまった)

ほむら(そうしてなんとなく普通のいちゃいちゃに)

ほむら(それだってまったく悪くないどころか、とても素敵なのだけど……)

ほむら(私は、そんな関係のループを抜け出したいの!)

ほむら(さあ。ここから先はいよいよ未到達ゾーンよ!)

ほむら「そうねえ……、今日はまずは、貴女の忠誠心を私に示してちょうだい」スッ

まどか(忠誠心……?)

まどか(でも……、そんなこと言われても、どうしたら……)

ほむら「口で言われないと何をすればいいのかすら分からないの?」

まどか「す、すみません……」

ほむら「この私がわざわざこうして足を差し出しているのよ。……後は自分で考えなさい」

まどか「あ……」

まどか「ぺろ……、ぺろ……」

ほむら(!!)

ほむら(まずい! まずいわ、これ!)

まどか「ぺろぺろ……」

ほむら(思った以上にくすぐったい!!)

まどか(ほむら様の足……)ペロペロ

まどか(どうしよう……。なんだかだんだん、こうしているのがきもちよくなってきた……)ペロペロ

まどか(私は、ほむら様のもの……)ペロペロ

まどか(ほむら様のものなんだ……)ペロペロ

ほむら(やばい……!)

ほむら(ここで笑ってしまったら威厳が全部吹き飛ぶ!)

ほむら(こらえるのよ! こらえるのよ私!)

まどか「ほむら様ぁ……」チュプチュプ

ほむら「……くっ、……ぅく……」

まどか「ほむら様ぁ……」ペロペロペロ

ほむら「ひっ……、う……」

ほむら「そっ、そこらへんでいいわ!」サッ

まどか「あぁ……」

ほむら「はあっ、はあ、はあ……」

ほむら(何故か私の方が責められているみたいになってしまったわ……)

まどか「えへへ、ほむら様……」スリスリ

ほむら(でも、こうして足に擦り寄られるのは幸せな気持ちね)

まどか「ほむら様ぁ」ペロペロ

ほむら「それはもういいから!」

ほむら(さあ、足舐めはすんだわ!)

ほむら(次はえっと、えっと……)

ほむら(……)

ほむら(あれ……? 何をすればいいのかしら?)

ほむら(まっ、まま、まずい! ここまでしか想定していなかった!)

まどか「ほむら様……?」

ほむら(足舐めときたら次は鞭、とか……?)

ほむら(ああ、でもそんなもの用意してない!)

ほむら(長細いものなんてスルメぐらいしかないわ!)

ほむら(後は、えっと、えっと……)

まどか「ほむら様」ギュッ

ほむら「えっ?」

ほむら(まどか……?)

まどか「わたし、ほむら様が大好き」

ほむら「……」

まどか「だからね。不器用だったり、ちぐはぐだったりしても……」

まどか「ほむら様なりのやり方でわたしを愛してくれたら、わたしはそれでいいの」

ほむら「まどか……」

まどか「わたしはほむら様の下僕……、だもんね?」

ほむら「……ええ、そうよ。そんなことまどかに言われるまでもないわ!」

まどか「えへへ、ごめんなさい」

ほむら「いえ……、いいのよ」

ほむら(まどか大好き!!)

ほむら(といっても、何もしないわけにはいかないわよね)

ほむら(今お家にあるものは……)

ほむら(確かスルメ、きゅうり、クッピーラムネ、ペコちゃんキャンディーぐらい)

ほむら(盾の中の銃火器はさすがに洒落にならないし……)

ほむら(百合漫画、百合DVDコレクションは荒っぽく使いたくないし……)

ほむら(うーん)

ほむら(……そうだわ!)

ほむら「まどか、おすわり」

まどか「はいっ」

ほむら「そのままそこで待っていてちょうだい」

ほむら(えっと、このへんに……)

ほむら(あったわ、ペコちゃんキャンディー)

ほむら(これをぺろぺろして溶かしてから……)

ほむら「ぺたぺたぺたー」

まどか「えっ?」

ほむら「ぺたぺたぺたー」

まどか(わっ!? 顔がねばねばする!?)

ほむら(ふふふ。こんな感じでいいのよね?)

ほむら(ロウソクをぽたぽた垂らすのと同じような要領だわ)

まどか(なんか地味ですほむら様!!)

ほむら「ふう。たくさんぺたぺたしたわね」

まどか「……」

ほむら「どうかしら。気持ち悪いでしょう?」

まどか「あ、はい」

ほむら「さて、と。次は何をしてもらおうかしら」

まどか「あの、ほむら様……」

ほむら「何かしら?」

まどか「動物扱いして四つん這いでモノを食べさせたりとか、手で身体を叩いたり」

まどか「あとは踏みつけたり、罵ったり」

まどか「こういうことなら、特に道具が無くてもできるんじゃないかなって……」

ほむら「……」

ほむら(なるほど!!!)

ほむら(さすがまどか、天才だわ……!)

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom