まどか「ほむらちゃん、君の名は。観に行こうよ!」 (492)

君の名は。のネタバレを含みますので、まだ観ていない方は見ないでください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473700589

学校 放課後

さやか「まどか、杏子、お待たせ。帰ろっか」

まどか「うん」

杏子「今日もどっか寄ってく?」

さやか「そうそう、まどかと話してたんだけどー」

まどか「杏子ちゃん、今から映画観に行こうよ」

杏子「えいがー?こないだシンゴジラ観たばっかじゃん」

まどか「それがね、今すっごく人気のがやってるんだって!」

さやか「連日満員で行列まで出来てるらしいよ!」

杏子「ふえー」

まどか「マミさんとほむらちゃんも誘って行こう?」ポチッ

さやか「マミさんはいいけど暁美さんも誘うの~?」

杏子「大勢で行った方が楽しいだろ」

まどか「…あ、ほむらちゃん?今日って用事ある?」

さやか「そんじゃあマミさんにはこちらから電話しときますか」ポチ

まどか「ないんだ!だったら、君の名は。観に行こうよ!」

マミ「今日はなぎさちゃんが来ない日だからちょうど良かったわ」

さやか「マミさん、ハンカチ多めに持って行った方がいいですよ」

マミ「あら、どうして?」

さやか「めちゃ泣けるらしいですよ!」

杏子「ほんとかよ~」

まどか「あ、ほむらちゃん!」

ほむら「まどか。誘ってくれてありがとう」

杏子「よーほむら」

マミ「暁美さんもアニメ好きなのね、意外だわ」

ほむら「好きというほどでは…」

さやか「あたしなんか今日のために新海監督の作品全部観てきたからね!」

杏子「ああ、あれがそうだったんだな」

まどか「でも、楽しみだなー」

映画館

さやか「うえ…すごい人」

マミ「これみんなアニメ映画を目的に来た人たちなの?」

杏子「席とれるのかよ」

まどか「難しそうだね…」

ほむら「ちょっと待ってて」

まどか「あ、ほむらちゃん」

マミ「あの掲示板見て…残りの公演、完売になったわ」

さやか「ええ!?そんなぁ…」

まどか「せっかく楽しみに…」

ほむら「まどか、お待たせ。五人分のチケットよ」

まどか「ほむらちゃんのおかげだね!ありがとう」

さやか「どんな手を使ったのやら」

杏子「なんにせよ入れたからいいじゃん」

マミ「それもこんな良い席なんて、恵まれすぎてるわ」

ほむら「映画は一番良い環境で観るに限るわ」

CM明け

マミ「始まったわ…ここからはお喋りは禁物よ」

さやか「集中集中」

杏子「…」ムギュムギュ

まどか「楽しみだねーほむらちゃん」

ほむら「そうね、まどか」

観賞後

さやか「ううう…」グスグス

杏子「ったく、どんだけ泣いてんだよ…ほら」

さやか「ありがと…」チーン

杏子「あ、こいつ!」

まどか「わたしも最後泣いちゃった…」グス

杏子「泣いてるヤツ多かったよな」

マミ「とても絵が綺麗だったわ」

さやか「話も曲も良かったです…」グスグス

ほむら「立ち話もなんだわ。どこかに寄りましょう?」

マミ「そうね、そこにカフェがあるわ」

カフェ

さやか「すっごく感動しました!」

まどか「最後、二人が声をかけたのが良かったね」

さやか「そう!秒速の時みたいに擦れ違いで終わるのかと思ってドキドキしたよ!」

マミ「とても綺麗な映像だったわ。今頃のアニメ映画ってみんなそうなの?」

さやか「新海誠監督作品は全部、めっちゃ絵が綺麗なんです!特に今回は神がかってました!」

マミ「そうなの…彗星のシーンなんて美しくて見惚れてしまったわ」

さやか「ですよね!ぶっちゃけ震えました!」

ほむら「…」ポチポチ

杏子「アクションシーンがなくて退屈だったけど、巫女さんの所なんか面白かったよな」

まどか「お酒ってあんな風に作ってたんだね、勉強になったよ」

さやか「その口噛み酒ってのが後に重要になってくるんだから!」

ほむら「…」

まどか「三葉ちゃんが3年前に亡くなってたのが衝撃的だったね…」

さやか「そうそう!二人が入れ替わるのはCMなんかで知ってたけど、その間が3年間ずれてたってのがガーンって!」

マミ「あれはやられたって思ったわ」

さやか「あの話の持って行き方が斬新だった~今まで観たことのない素晴らしい話だね」

ほむら「…」

杏子「大絶賛だな」

さやか「だって、絵は凄く綺麗だし、挿入歌も感動するし、話も凝ってて今までにない新しいストーリー展開だったし、泣けるし…今世紀最大の映画でしょ!これ!」

まどか「さやかちゃん、それはちょっと言い過ぎじゃあ…」

さやか「間違いない!あたしが今まで観た映画の中では最高だね」

ほむら「ふふふ…」

まどか「ほむらちゃん」

さやか「むっ」

とりあえず今日はここまでで、後日書き込みに参ります。

さやか「暁美さん、何か言いたいことがあるのかな」

ほむら「いえ、ちょっと可笑しくて」

さやか「どういうこと!?」ダンッ

まどか「さやかちゃん…っ!」

マミ「二人とも、喧嘩はだめよ!」

杏子「そうだ、ちょっと落ち着けよ」

さやか「あ…みんな、ごめん」

ほむら「ごめんなさい…言い方が悪かったわね」

さやか「変に突っかかってごめん。でもさ、言いたいことがあったら言ってよ」

ほむら「そうね、美樹さん…あなたは先程『今まで観た映画の中ではベスト』って言ったけど、あなたは今までどれだけの作品を観てきたのかしら」

さやか「え。それは…ディズニーとかシンゴジラとか色々…」

ほむら「映画だけではないわ。本とか小説とか漫画とか…世の中にはたくさんの『作品』があるわ。あなたはどれだけそれに精通しているのかしら」

さやか「う…いや、そんなに観てないかもしれないけど!でも、傑作なのは間違いないよ」

ほむら「そうね、絵はとても素敵だった。それだけで映画館に足を運んだ価値があったわ」

さやか「絵…だけなの?」

ほむら「音楽は人それぞれだと思う。でも、私は挿入歌が多すぎた様に感じたわ。映画でクライマックスのシーンにあんな歌が入るのは邪道よ。主張しすぎ。ジブリの久石譲さんを見習うべきだわ」

マミ「それは私も思ったわ…ちょっと煩かったものね」

さやか「う…あたしは良いと思ったんだけど…」

ほむら「でも一番肝心なのはストーリーよ」

さやか「ストーリー、良かったじゃない。入れ替わりも面白かったし、三年のズレがあったのなんて尚更!」

ほむら「二人が入れ替わってそうそう、全く異なる環境での生活に馴染めるなんておかしい、というのは野暮なツッコミよ。だって、そういうものだと思って観るしかないんだから」

さやか「そ、そうだよ!」

ほむら「全然経験したことがないであろう都会の飲食店のバイトを初めてでそれなりにやってのけたり、そもそも『昨日のお前おかしかった』で済まされるレベルでジェンダーの転換を抑えられるのも、所詮リアリティの無いアニメだからと無理やり自分を納得させることが出来るわ」

さやか「え。あ…」

マミ「暁美さん…」

杏子「すげー」

ほむら「納得できないほど酷かったのは、3年のズレの部分よ」

                      っ

          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'\ っ
         /  ノ^ヽノノノノ^ヽ、ヽ     フェェァ―――――!?
         | / へ    へ  ヽ | っ  
         (|─[ ‐ ]ー[ ‐ ]─|ノ     マァァァ―――――??
         |    ,ノ(、_, )、    |    
         |   ;‐=‐ヽ  u |      ア゛ー落としたァ!!
         |   `ニニ'´   |    
         ヽ、  ,,_,,   /      ●●●を落としちゃった!!!
         /``-ー――-"\


  < どうか、しましたか?

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'\

         /  ノ^ヽノノノノ^ヽ、ヽ
         | / へ    へ  ヽ |
         (|─[ ‐ ]ー[ ‐ ]─|ノ 
         |   ノ(、_, )、   |    _人人人人人人人人人人人人人人_

          |   ´,r=ニ=イ`   |    > 女を落としてしまったのですが…<
          |    `ー'    |     ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
         ヽ、  `ー-‐''  /  ニヤァ
         /``-ー――-"\

さやか「え?なんで?」

ほむら「だいたい、3年間ズレてて何で気づかないの?」

さやか「え、そんなの、普通に生活してたら気づかないでしょ。夢の中で入れ替わってる、てのもあるし」

ほむら「いえいえ。考えてごらんなさい。普通に生活を送っていたら、テレビや新聞で年は確認できるでしょう。それに好きな音楽グループやアイドルの曲もタキは懐メロになるし、ミツハは知らない新曲が数曲。買い集めてる漫画や雑誌はどうかしら。見てるドラマやテレビ番組は」

さやか「…あ」

ほむら「あの二人はそういう『一般の高校生が持っているべき趣味』というものに全然興味を持っていないのかしら」

杏子「ありえねーな。あたしでも気づきそうだ」

マミ「そうよね、おかしいわね」

ほむら「それに、もし貴女が他の誰かと体が入れ替わるという超常現象に遭遇してごらんなさい。貴女ならどうする?」

さやか「どうする…状況を確認するかな…」

ほむら「そうよ。それから何度となく入れ替わる相手が『どこに住んでる誰なのか』を調べるのが普通でしょう。携帯電話にどうでも良い情報を入れたり日記につまらないことを書いたりする前に、お互いの情報交換をするでしょう」

杏子「そりゃそうだ」

まどか「言われてみればそうだね…」

マミ「あの二人の行動は不自然すぎるわ」

ほむら「登場人物の行動原理が全く理解できない。というより、この映画を作った人間は、作中の人物を『駒』としか見てないのよ。破綻したストーリーを進ませるだけの役しか与えられてないから、極端に頭が悪い行動しかしない。リアリティの欠片もない。私達が感情移入するなんて無理よ」

さやか「う…で、でも!アニメだし、現実じゃあないし、少しぐらいの無茶は…」

ほむら「リアルとリアリティは全く違うものよ。ドラゴンボールに『空なんて飛べない』『かめはめ破なんて撃てない』と批判する人は居ないわ。でも、スラムダンクのキャラが作中で空を飛んだらどうかしら」

マミ「つまりは作品ごとの決められたリアリティがあるってことね」

まどか「ルールとかハードルみたいなものかな…」

ほむら「そう。この君の名は。はあくまでも現実世界をベースに作られた作品ね。その中で起きる入れ替わりや彗星落下なんてのは、そういうファンタジー設定だと容認できる。でも、キャラクターの行動や心情の変化、物理法則などは現実に即したものであるべきよ」

杏子「あたしはタキが先輩とデートすることになって、ミツハが泣いたの所が意味分かんなかったなー」

マミ「私も唐突すぎて分からなかったわ。後で好きになってから流した涙と分かっても釈然としなかったわね」

ほむら「ご都合主義の連続は最後まで続くわ…もうイチイチ突っ込むのが嫌になるくらい脚本がお粗末なのだけれど」

さやか「…」ズーン

今日の書き込みはここまでです!
皆さん多数のコメント頂き、誠にありがとうございました!
また明日書き込みに参ります!

ほむら「このままでは帰れなくなるから、細かい所は…いえ、それは「普通の映画作品」なら致命的な部分なのだけれど、この作品レベルで細かい所は端折るわ」

まどか「そんなに酷かったんだね…」

ほむら「クライマックスに差し掛かると更に現実感の喪失は加速するわ。ミツハの友人はミツハが好き過ぎるが故に、全く説得力のない彗星の落下による町の滅亡というストーリーを何の疑いもなく受け入れてしまうの」

マミ「それで変電所を爆薬で爆破しちゃったのね」

杏子「あれって立派なテロだよなー」

マミ「もし彗星が落ちなかったら、彼の人生はどうなっていたのかしら…」

ほむら「彼が「ミツハが見たであろう未来」を共有するシーンが欲しい所ね。ミツハが知りえた未来を予言し、それが現実のものになるとか…でも、この監督と脚本家はよほど恋愛脳なのね。「好きならテロ行為もオールオッケー!」で突き進んだわ」

さやか「まどかー次はなんの映画観に行く?」

まどか「さやかちゃん、現実逃避しちゃダメだよ」

ほむら「まあ、私が言いたいのはこんなところよ」

マミ「あら、最後の二人が逢うシーンはいいのかしら」

ほむら「ええ、今までの酷い所に比べたらまだ可愛いものよ。どうでもいいわ」

まどか「あはは…」

ほむら「結論として、この映画は中学生ぐらいが観るには丁度いいくらいよ。本を殆ど読まない子供向けね」

まどか「すごいねーほむらちゃん」パチパチ

マミ(あなたも中学生でしょ!?)

さやか・杏子(あんたも中学生だろ!!)

ほむら「でも、世間の評論家様達も右に倣えというか、いい加減なものよ」

まどか「誰が、なんて言ってるの?」

ほむら「例えばグループSNE、SF作家の山○弘なんか、「ティアマト彗星の軌道が間違ってるよ」としか言えないなんて、SF作家の看板を今すぐ降ろすべきよ」

まみ「あらあら」

ほむら「山本○は今までトンデモ本の世界などで色んな作家をコケ降ろして笑いものにしてきたのに、この新海監督にはいやに優しいのね…彼の言うセンス・オブ・ワンダーもたかが知れてるわ」

杏子「ずいぶんと辛らつだな…」

ほむら「まあ所詮、山本某などは長いものにはまかれろの紛い物よ。それがハッキリしただけでも収穫だったわね」

ほむら「とにかく、こんなものが評価されてる今の日本はおかしいわ…」ブツブツ

まどか「あはは…ほむらちゃん?」

マミ「暁美さん?」

さやか「あーこんだけ言われても言い返せないあたしってホント馬鹿…」

杏子「さやかがどこで感動したのか全く分からないけど、一緒に居てやるよ。ひとりぼっちは寂しいからな…」

ほむら「決めた。この作品を根本から作り直してくるわ。まどか、力をちょうだい」グイッ

まどか「ほむらちゃ…ひゃいっ?」

さやか「あ!こらこのバカ悪魔!」ダッ

まどか「あれ?ほむらちゃん…」

マミ「暁美さんが消えた…?」

杏子「どうなってんだ」

さやか「遅かった…っ!」

ほむら「というわけでこの「君の名は。」という駄作を書き換えに来たわ」

ほむら「タイムパラドックスも解決させて…ストーリーの整合性もとって…」

ほむら「あら、この話、どこかで見たことあるわね」

ほむら「まあ良いわ。だって、先程のストーリーはあまりにも酷過ぎて鼻血が出そうだったもの…」


ほむら「ちょいちょい…これは今日は徹夜ね」

改変後


まどか「うーん、どうだった?」

さやか「なーんか退屈過ぎて、途中で寝ちゃったよ」

杏子「あたしら以外人居なかったし、これやばいんじゃねーの?」

マミ「全然売れてないみたい、やっぱり新海誠監督らしいわね」

ほむら「…」

ほむら(おかしいわ、これで更に大ヒット間違いなしのはずだったのに)

ほむら(公開2週目で興行収入1億円行くか行かないかくらい)

ほむら(人の世は…何がウケるのか分からないわね)

ほむら「もう映画はこりごりよ…」

まどか「ほむらちゃん、次は何観に行く?」

ほむら「まどかが観るものなら何でもいいわ!」



おしまい

これでこの話は終わりです。最後まで付き合っていただいた皆さん、誠にありがとうございました!

私は新海監督作品は今まで殆ど観てきていますが、今回はお話があまりにも酷かったので、勢いで書いてしまいました。
あまり名作と言われる作品を見てきていない若い人に受けているんだと思いますが、やはりこれだけ絶大な評価を与える人が多いというのは少し異常だと感じてしまい、怖くなってしまいました。
まあ、自分の感性が一般人とかけ離れているのかも知れません。

では、また別のSSでお会いできればと思います。ありがとうございました。

ちなみにどこの映画館で見に行ったの?

>>42
ほむら「その後私は、『君の名は。』を色々と元の感動作に戻したわ。そして改変前の世界に戻れたけど・・・・・・何時も通りだった。ただ、もう一回見てみると・・・・・・やっぱり駄作ではなかった。むしろ涙を流し、泣いてしまった・・・。」

ほむら「次の日、私はその『君の名は。』でW主人公として共演した、立花 瀧役の神木隆之介さんと宮水三葉役の上白石萌音さんに謝りにいこうと決心した。この続きはVXgvBvozh2さん、お願いするわ。」

すでに終わってHTML化されていたと思っていたのですが、なんか色々と書き込んでおいでの方が居るので最低限お答えします。

長々と反論された方、お疲れ様です。とても面白いです!爆笑しました!
人間ってこんな思考に至れるのだなと改めて感心しました。新興宗教にハマる人が多いのも分かった気がします。貴方たちをまとめて『新海真理教(しんかいしんりきよう)』『新海誠原理主義者(しんかいまことげんりしゆぎしや)』と名付けてもよろしいでしょうか?
信者は教祖の一挙手一投足を信じて疑わないので、貴方たちはそれにとても当てはまると思います。「今の自分の感情を疑わない」「信じるものの批判を許さない」宗教って怖いですよね。自分の感じる感覚が全て世界の有様だと勘違いしてしまうのですから。

さて、いちいち知能が低そうな感情論に突っ走った「反論を装ったヒステリー」に答えるのも面倒くさいので、とりあえずひとつだけ「反論」様にお尋ねいたします。

まず前提として、小説や漫画などの原作を読まなければ理解できない映像作品など、その時点で終わっている。というのが私の感覚です。原作がなければ楽しめないのは邪道です。全くの問題外です。失格です。
世の中には原作付きの映像化作品が数えきれない程あります。その中で、「原作を読まなければ理解出来ない」というのは明らかなマイナス点であるはずです。
それとも、「反論」様は、世の中の「説明不足な映像作品」に不満をぶつける人たち全てに「原作読んでないニワカのくせに批判するな」と文句をつけてきたのでしょうか。

そこで私からの質問です。

「反論」様は、原作を読まなければ理解できない映像作品が「名作」「傑作」と評価されるべきとお思いでしょうか?

また、評価されるべきであるとするならば、過去にどういったそのような作品が、名作・傑作と評価されたことがあったでしょうか。

あ、「理解を深める」や「助けとなる」のは全く今回とは別ケースですので除外いたします!

お答え願います。

>>42
再び改変前の世界。

上映後。(>>54に書いてあるのを想像してみた。)

ほむら「ウワァァァァハァァァァァァァァァァァァァ!『君の名は。』、凄く感動したー!ウワァァァァハァァァァァァァァァァァァァ!(超号泣)」

さやか「泣けたね!(目に涙)」

ほむら「泣けたわ!(大号泣)」

さやか「どこら辺が泣けた?(目に涙)」

ほむら「分からなーい!(超号泣)」

さやか「分かんないか!(目に涙)」

ほむら「ウワァァァァハァァァァァァァァァァァァァ!(超号泣)」

まどか「ほむらちゃん、すごく泣いてる!(泣いてる)」

杏子「あいつにも時々、涙を流すことがあるんだな。」

マミ「そうね。なんたって『君の名は。』は感動作だから。」

なぎさ「新海 誠さん、最高です・・・!」






なぜかなぎさも来ていた・・・。

「反論」様の立派なご高説を賜りたかったのですが、どうやら行方を晦まされたようです。
もう少し骨があるかと思っていましたが、実に矮小な方でした。残念です。

他にも様々なご意見を書かれている方もいらっしゃいます。81,84,88,91などはもう少し読解力と想像力を身につけた方が宜しいと思います。年齢は分かりませんが、恐らく国語や現代文の成績は良くなかったのだろうと推察します。実生活でも他人とコミュニケーションがとれているのでしょうか?ネットばかりやっていませんか?心配です。

さて もう恐らくここに来ることは無いと思います。終わった話は早く落とさなければなりませんので…
色々と書き込んでいただいた皆さま、誠にありがとうございました。

話を戻そう
これまでのあらすじ
ほむら(スレ主)「君の名は。は駄作 盛り上がる信者達の心境が理解できない」
さやか(私)「考察不足乙」

まだ落ちてないのが信じられない…。
こんなアニメについて語るぐらいならドリフターズの登場人物について語った方が面白いのに、余程暇なんですね。

もう来ないと言ったものの、落ちてないと迷惑かかるので様子を見に来て驚嘆致しました。
HTML化の依頼はとっくに出してるのですが…。
一時の激情に駆られてこんなSSを書いてしまったことを後悔しています。
もう、一々語るのも面倒です。どうでもいいです。

ただ、まだ反論様が書いているようですので。
過去ログ拝見させていただきました。
本当に頭が残念過ぎる方ですね。義務教育は終えられていますか?
原作と前作の違いすら区別がついていないのは脳に障害があるレベルですよ…。子供の頃に頭を強く打った経験がありますか?

「まどかマギカ叛逆の物語は前作のテレビ版(若しくは前編後編の劇場版)を見なければ理解できない」なんて。
他の誰かも書いてますが「1(ワン)を見ずに2(ツー)を見ても理解できない」のは当たり前のことなんですよ。



そこは わ・か・り・ま・す・よね?



もういちど 「反論様」に聞(き)きますね。

・原作(げんさく)を読(よ)まなければ理解(りかい)できない映像(えいぞう)作品(さくひん)が「名作(めいさく)」「傑作(けっさく)」と評価(ひょうか)されるべきと思(おも)いますか?

YES(はい)/NO(いいえ) ※必(かなら)ずお答(こた)えください

また、評価(ひょうか)されるべきであるとするならば、過去(かこ)にどういった原作(げんさく)つき作品(さくひん)が評価(ひょうか)されたことがあったでしょうか。

A(作品名)  ※かならずおこたえください

はんろんさまは、かんじをよめなかったので、ことばのいみや、ぶんみゃくを、よみとれなかったのだと、わたしも、はんせいいたしましたので、こんかいは、フリガナをうたせていただきました。
ですので、かならず、おこたえください。

>>161
煽り耐性が低い>>1だなあ
これじゃ普通のssなんてまず書けずに挫折しそうだな
読者との喧嘩をおっぱじめて雑談スレとかで晒し者にされてそう

いやホント、申し訳ないですが。
なんか世間で高評価なのに自分的には絵以外全く凡作だと思ったので、世間の高評価に戸惑ったのです。

まあその絵も、高橋由一などの近代油絵の写実感から現代の様々な作品に至り、「人間の表現が如何に写真に近づけるか」という時代はとうに過ぎ去ってしまっていたのだと思っていましたので。

男鹿和雄に然りシャフトの背景然り、アニメというものは何処までもデフォルメ化、抽象化というのを大前提に描かれるものだと思っていたので、この新海テイストな写実的な絵もやはり危ういものがあると思います。
まあこれはあくまで好みですが…。

そう考えると、この作品が残したのものは、全てが出来損ないでも売れるものは売れるという、現代の大衆主義的な頽廃を表しているのだと思い、実に感慨深いです。

>>162
貴方のような方も、煽り耐性が無いからわざわざ書き込むのだろうなと私的には非常に非常に楽しませていただいております。

喧嘩如きが出来ないヘタレは黙っとけばいいんです。ヨワミソは相手にしません。無駄だから。

>>163
やたらと長文で難しい言葉や大衆主義だの臭え言葉を使いたがるなあ
通ぶって背伸びしてる自意識過剰な厨二病なのかな?
もしかして10代の学生さん?20歳後半だったら相当やばい精神年齢だなww

>>165
そう言うあなたは漸くオシメが取れたての幼児さんですか?
無理して書き込まなくていいでちゅよ~
良い子は早く寝まちょうね~♪

>>164
うわっ、レスしてきてるよ。案の定煽り耐性が低すぎだな
>>162の顔真っ赤にして読者と喧嘩おっぱじめそうという、自分の分析をわざわざ証明してくれて何よりだよ。ご苦労さん^ ^

>>167
スレにわざわざ張り付いて…お疲れ様です!なんでこんなスレに居ついているんですか?
私のファンなんですね!ありがとうございます。感謝感激で涙がちょちょぎれそうです。

ようやっと眠りにつけます。ありがとうございました!
それでは皆様お休みなさい。

>杏子「あたしはタキが先輩とデートすることになって、ミツハが泣いたの所が意味分かんなかったなー」

それを言ったら最終回で今までの魔法少女達の悲惨な末路を見てきたにも関わらず、何の過程や心情の変化も描かず魔法少女を肯定したまどか
なぜあそこまでまどかに入れ込んでるのかの過程や心情描写、背景共にが薄いほむらとかどうすんだよ
親友に1日待つと猶予貰って幼馴染みが好きなくせに告白もしないで諦めたくせに
いざ親友が好きな幼馴染みと一緒にいるのを見て嫉妬したりさ
魂がソウルジェムになった=ゾンビって考えたりとか
さやかの不幸オーラはおかしさとかどうすんだ

このssで言ってる事の殆どがまどマギになってるんだなら笑っちまう

>杏子「あたしはタキが先輩とデートすることになって、ミツハが泣いたの所が意味分かんなかったなー」

それを言ったら最終回で今までの魔法少女達の悲惨な末路を見てきたにも関わらず、何の過程や心情の変化も描かず魔法少女を肯定したまどか
なぜあそこまでまどかに入れ込んでるのかの過程や心情描写、背景共にが薄いほむらとかどうすんだよ
親友に1日待つと猶予貰って幼馴染みが好きなくせに告白もしないで諦めたくせに
いざ親友が好きな幼馴染みと一緒にいるのを見て嫉妬したりさ
魂がソウルジェムになった=ゾンビって考えたする、さやかの不幸オーラのおかしさとかどうすんだ

このssで言ってる事の殆どがまどマギの負の御都合主義のブーメランになってるんだから笑っちまう

>>1にしても>>182みたいなやつも結局は自分の嫌いな作品にだけご都合主義だなんだいって難癖つけてるようにしか見えない
創作物なんだから細かいところに問題があっても目をつぶって楽しむもんだよ

>>183
まど豚が自分達の御崇拝してる作品の事を棚に挙げて余所の作品を叩いてるのが笑っちまうだけ

恋愛物だと思って見たらだめだわ
じゃあ何って聞かれても分からないけどな

>>97
見てないとか言われたんでそんなに俺の言ってる事がおかしいのか見直してきたんだが

まず忙しいからはやはり理由にはならないだろ
バイトや行事の練習が終わってからいくらでも調べられるだろ何のためのスマホだよ

次の日には忘れてるってそのために情報共有してる日記があるんだろ

見直したけど二度目も普通に面白かった
歌はなんでもないやだけ煩く思った
>>171
テレビ版は前後編の総集編だからあまり変わらん気がするんだが

>>262
願った直後に入れ替わってるから言うほど読ませてるか
時系列とかはよくわからんけども
瀧が選ばれた理由は知らね

反論様と作者様にも会話に参加してもらいたいぞ

なんでまどかマギカの話になってんだろね
まどか批判したいんならアンチスレに行ってよアスペルガー君

>>268
君の名はの批評をまどマギキャラがしてるスレでそれを言われてもな

>>270
なんでそれでまどかマギカ批判を肯定する理屈になるの?

>>208
内容はな
ただテレビ版は叛逆の前作ではないだろ、ということを言いたかっただけ

いやあ盛り上がってるねえ(原因はワイ)
さあ貴方が崇拝してるまどマギがこんなにも叩かれてますよ?いい加減なにかしらコメントしてもいいんですよ?>>1さん?

あ、そっか。コミュ障だからここまで精神的にダメージくらったら何もできないか。

(煽りを強調するため敢えて句読点を使っております)

>>280
>>282
確かに気になるところだな願って入れ替わるだけだと弱いかもな
小説組に意見を聞きたいところ
三年前に紐を渡されたから繋がりができた可能性も否定できないけど
タイムパラドクス?な感じになるし

>>285
確かに
某日曜アニメのように結果が原因になっている感じだよな

あとおかしいのは口噛み酒を飲んでなんで過去に戻れるのか。別に完全に理屈づけしろとはいわないが。

>>264
私だ

>>291
小説版だと詳しく考察できるが
映画版だけだと「宮水神社の御神体の力」と言う解釈ができる

>>287
議題を増やしたくないからあえて言わなかったが…
残念ながらドラゴンボール超

>>292
お前だったの全然気づかなかったぞ

あと過去に戻れる力があるなら行使するための代償とかがあるのが普通じゃないか。ただ飲んだだけでってのがいかにもご都合主義すぎる。

>>300
また騙されたな
暇を持て余した



ってトリップ途中から統一してたから気づくかと思っていたが…

>>301
だからここで行使するための代償としての記憶消去があるわけ

>>303
そんな説明あった?それも小説?

>>303
ただの考察

失礼>>305だった

うーん、最初からみんなの言い分読んできたけど、これだけ大勢の人がストーリーにおかしいって言ってるのに、
明らかに擁護派の人が屁理屈で「いやこれはこうなはずだ」「いやこうだろ」「実はこうだ」とか強弁してるのは、なんか無理がある

本当は擁護している人もわかっているんでしょ?
完全無欠で100点満点な作品じゃないってことは

認めたくないんだよね
負けを認めるみたいでさ

でもね、どんだけこの「君の名は」に思い入れたって、それはあなたの作品じゃないから
あなたが認めた「君の名は」がどれだけ売れたって、現実のあなたの評価には一切影響がないから

作りたいものを創れなかった新海監督はとまどってると思うけど、川村プロデューサーはほくそ笑んでると思う

「バカがたくさん釣れた」って
「金ヅル御馳走さま」ってね

いやー・・・こんばんは

>ほむら「そうよ。それから何度となく入れ替わる相手が『どこに住んでる誰なのか』を調べるのが普通でしょう。携帯電話にどうでも良い情報を入れたり日記につまらないことを書いたりする前に、お互いの情報交換をするでしょう」

日記でお互いその日に何があったかを書くのがつまらないこと?
毎回お前おかしかったなとか言われて疑われないようにするのがどうでもいいこと?

>ほむら「例えばグループSNE、SF作家の山○弘なんか、「ティアマト彗星の軌道が間違ってるよ」としか言えないなんて、SF作家の看板を今すぐ降ろすべきよ」
>ほむら「山本○は今までトンデモ本の世界などで色んな作家をコケ降ろして笑いものにしてきたのに、この新海監督にはいやに優しいのね…彼の言うセンス・オブ・ワンダーもたかが知れてるわ」

この作品だけじゃなく他の人も批判するとかこいつそんな偉いんかな

ほむら「とにかく、こんなものが評価されてる今の日本はおかしいわ…」ブツブツ

ほむら「決めた。この作品を根本から作り直してくるわ。まどか、力をちょうだい」グイッ

ほむら「というわけでこの「君の名は。」という駄作を書き換えに来たわ」

ほむら「タイムパラドックスも解決させて…ストーリーの整合性もとって…」

ほむら「あら、この話、どこかで見たことあるわね」

ほむら「まあ良いわ。だって、先程のストーリーはあまりにも酷過ぎて鼻血が出そうだったもの…」

ほむら「ちょいちょい…これは今日は徹夜ね」

ほむら(おかしいわ、これで更に大ヒット間違いなしのはずだったのに)

ほむら(公開2週目で興行収入1億円行くか行かないかくらい)

ほむら(人の世は…何がウケるのか分からないわね)

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年09月17日 (土) 07:30:47   ID: ZdU8OhaT

まどか「 そうだね。 でもそれを言っちゃあ面白くもなんともないよ
ほむらちゃん 」

2 :  SS好きの774さん   2016年09月19日 (月) 12:46:31   ID: yshAFzfA

さやか「『そういうもの』だから仕方ないで済ませておけばいいんだよ、所詮フィクションなんだしさ」

3 :  SS好きの774さん   2016年10月06日 (木) 03:45:21   ID: 76Z42o2e

まどマギも大概だと思うけどね
特にほむら

「大切な友達が死んじゃったの! 一ヶ月前に戻ってやり直させて!」←えっ? 生き返らせるんじゃだめなの?

4 :  SS好きの774さん   2016年11月21日 (月) 00:52:04   ID: 4Yrkk5XW

普通ならご都合主義と言われるような所がいい感じに奇跡感とカタルシスにつながってる作品だから、設定ガチガチに固めてもだから何ってなるわ
もっとも小説版や外伝でより深い設定に触れてるみたいだけどね。不要な説明を削ぎ落として短い尺でドラマを詰め込むってのはまどマギに近いものがあると思う

5 :  SS好きの774さん   2017年03月06日 (月) 21:02:54   ID: IyZzOR5j

本スレでまどかアンチが暴れまくった挙句論破されてて笑った
どっちも説明を省略してるところはあるけど恋愛メインなのに
何を好きになったのがわからないのはやっぱ致命的なんだろうな
君の名は

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom