苗木「僕は女の子達から嫌われている……」 (445)


*苗木君が男女かまわず、平々凡々にイチャイチャしまくるSSです。




苗木「はぁ……はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……」



葉隠「どうしたべ苗木っち、カメハメ波の練習か?」

桑田「そんなわけねぇだろ」

大和田「なんだなんだ辛気臭え。しゃんとしろ苗木!」

石丸「言ってやるな兄弟。彼にも色々あるのだろう」

苗木「みんな……ごめん。ちょっとね……」


十神「おい、何の話をしてる」

苗木「あ、十神クン」

石丸「あぁ、どうやら苗木くんが何か悩んでいるらしいんだ」

十神「悩んでる、だと?」

葉隠「カメハメ波が上手く撃てねぇらしいべ」

桑田「お前黙ってろ」

十神「凡人が一人前に悩み事か、ふん」

大和田「うじうじしてんな。男なら、悩んでねぇでぶち当たれ」

石丸「そうだぞ苗木くん!兄弟の言う通りだ!」

桑田「いや、何も分かってねぇ内から特攻させんなよ……」



苗木「……はは。うん、そうだよね。うじうじしててもしょうがないし」


苗木「あのさ!皆にちょっと相談したいこと……あるんだ。良いかな?」







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381335183


大和田「まぁ暇だしな、良いぜ」

石丸「勿論だとも。クラスメイトの不安事を取り除くのも、学級委員としての使命だ!」

十神「仕方ない……良いだろう。この俺が聴いてやる」

葉隠「俺も。なんなら何か占ってやるべ、50%オフで!」

桑田「金取るのかよ……まぁ、とにかく。話してみろって」

苗木「みんな………ありがとう!」



山田(ちょっと遅れて来たら……え?何この青春の一ページワロタ)






苗木「それでね、その悩み事って言うのは……」

十神「ふむ」

苗木「えぇと…………」

葉隠「さっさと言っちまうべ?」

苗木「う、うん…………」

苗木「…………」



苗木「…………最近、クラスの女の子達に嫌われちゃったみたいなんだ、ボク……」



十神「…………」

葉隠「…………」

桑田「…………」

石丸「…………」

大和田「…………」

山田(…………)



野郎共「「「「「「はぁ!?」」」」」」

山田(wwwww)



山田「それは嫌味ですかな、苗木誠殿」

桑田「ちょっ、ブーデー!お前いつから……」

苗木「そ、そんな!嫌味とかそんなんじゃなくて、本当にそうなんだよ」

葉隠「言ってる意味がわからねぇべ」

十神「あぁ、全く理解できないな」

苗木「そ、そんなぁ」

大和田「気のせいなんじゃねぇのか」

石丸「まぁまぁ君達。苗木くん、ひとまず僕達に詳しく説明してくれないか?話はそれからだ」

苗木「う、うん。分かった」


苗木「一週間前くらいからなんだけどね…………」



――回想1:霧切さん――


霧切「…………」

苗木(あ、霧切さんだ)


苗木「おはよう霧切さん」ニコッ

霧切「はゆっ……///」

苗木「霧切さん?」

霧切「な、何でもないわよ。おはよう」

苗木「う、うん……」

苗木(最近、霧切さんが目を合わせてくれない……)

苗木(何か怒らせるようなことしちゃったかな……はぁ……)

霧切「あ、あの苗木君」

苗木「う、うん」

霧切「今日のお昼なんだけど……その……」

霧切「また昨日みたいに、一緒して良いかしら」

苗木「ん?……も、勿論!一緒に食べようよ」

苗木(良かった…怒っては無いみたいだ)にっこり

霧切「!………な、苗木君のくせに生意気よ!///」

苗木「え、何が!?」



霧切(今日も苗木君と一緒にお昼ご飯……ふふ、ふふふふふふふふ/////)



――――――




苗木「と言うことがあったんだ……」

十神「…………それで?」

苗木「その後お昼の時も、ずっと顔赤くして『生意気よ!』って……きっとメチャクチャ怒ってたんだよ……」



桑田「……おい、これって」

山田「どう見ても霧切響子殿デレてます。本当にありがとうございました」

大和田「ケッ、くだらねぇな」

石丸「苗木君、一体霧切さんに何をしたんだ……!」

大和田「いや兄弟、そうじゃなくてよ」

葉隠「おっと、占いの結果が出たべ……うぉ!どうやら霧切っちは生理中らしいべ!」

山田「ふぉぉぉぉぉぉおおおお!!」

桑田「アホか!何言い出してんだココヤシヘッド野郎!んでもってブーデーは興奮すんな!!」



苗木「もうダメだ……『生意気な苗木、略して生木君は死んで』とか言われるんだきっと……」

十神(こいつ……超高校級の鈍感が暴走しているな。コレだから愚民は……)

十神「おい……クラスの女子達から嫌われたと云う根拠が、まさか霧切の件だけとは言わせないぞ」

苗木「あぁ、ごめんなさい霧g」

十神「大富豪チョップ!!」ずびしっ

苗木「はっ!……ボ、ボクはいったい……」

十神「いいから、続きを話せ」

苗木「あ、うん……次はね――」




――回想2:舞園さん――


苗木「ふぅ、やっと休み時間か」

苗木(何か飲み物でも買いに行こうかな)


舞園「苗木君♪」ぎゅっ

苗木「ふぁっ!?」

舞園「わっ、どうしたんですか?」

苗木「こ、こっちのセリフだよ舞園さん!!」

舞園「?何の事です?」

苗木「そ、それ。何でボクの腕を抱いてるの!」

舞園「これですか?ふふっ、これは――」

舞園「苗木くんがどこか行っちゃわないように、捕まえておくためです」

苗木「なっ…………」

苗木(なんて事だ!これじゃあ飲み物を買いに行けないっ!)

舞園「さぁ、今日も一緒にお話しましょう」

苗木「あ、あの」

舞園「却下です」

苗木「速い!?まだ何も言ってないよ!!」

舞園「言わなくても分かります。私エスパーなので♪」

苗木「あぁ…………」



舞園(ふふっ、離しませんよ苗木くん!!///)




――――――





苗木「という事があって……」

十神「…………それで?」

苗木「おかげでボクはからからに干からびたままその後の授業を受ける羽目に……」



桑田「…………」チーン

山田「衛生兵!!桑田怜恩殿が息をしてないでござる!!」

葉隠「オイ、豆腐メンタルすぎっぺ!?」

大和田「情けねえ野郎だ」

石丸「な、何!?桑田君が!?いったい誰がっ……」

大和田「いやちょっと待て兄弟」

山田「ここは……葉隠康比呂殿。おながいします」

葉隠「誰一人としてそんな絵面期待してねぇっつの!!!」



苗木「きっとあの笑顔の裏で『苗木くん、さっさと死んで土に返ってください』とか思ってるんだ……」

十神(……鈍感というより、ただの馬鹿だな)

十神「まったく……おい、苗木」

苗木「リン酸はいやだリン酸はいやだ………」ブルブル

十神「ミリオネアキック!!」がすっ

苗木「ぐほっ……はっ!?」

十神「聴こうか?」

苗木「はい」





――回想3:セレスさん――


苗木(休み時間、トイレに行ったあと教室に戻ると、何故かセレスさんがボクの席に座っていた)

苗木(何を言ってるのか分からないと思うけd)


セレス「苗木君。そんな所に突っ立ってないで、早くこちらに」

苗木「あの、セレスさん?そこはボクの席なんだけど……」

セレス「えぇ、分かってますわ」

苗木「だったらなんで……」

セレス「先日のポーカーでの罰ゲームです」

苗木「へ?」

苗木(ボクの椅子を占領する事が!?)

セレス「なのにいらっしゃらないんですもの、このわたくしを待たせるなんて」

苗木「ご、ごめんなさい……どうぞ、ボクに構わずそのまま」

セレス「何を言ってますの?」

苗木「へ?」

セレス「ほら、早くお座りになって」スッ

苗木(席返してくれた……ふぇぇ、何がなんやら札幌だよぉ)

セレス「……ん、っと」ぽすっ

苗木「ちょ、ちょっとセレスさん!!?」

セレス「何ですの?騒々しい」

苗木「いやいやいや、何でボクの膝の上に座ってるのさ!!」

セレス「ですから先ほど申し上げたでしょう?」

苗木「え……あ、罰ゲーム……?」

セレス「そうです。せいぜい苦しみなさい♪」

苗木「うぅぅ………」



セレス(ふふっ……ゆくゆくはわたくしのナイトになって頂くんですから、今の内から慣れなさい……///)







苗木「というわけなんだ………」

十神「…………で?」

苗木「そのまま残りの休み時間中ずっとで……太ももの細胞が壊死しそうだったよ」



山田「ついに安広多恵子殿キターーーー!!!」

葉隠「おかしいべ……確か、このお札を穴と言う穴に突っ込めば、桑田っちが意識を取り戻すと水晶玉に……」

桑田「…………」ずーん

石丸「いやぁ、我がクラス内ながら、知らない事だらけだな!!!」

大和田「あぁ……同感だ」

桑田「…………」にょりーん

葉隠「ぃよしっ、次はこの占い棒を突っ込んでみるべ……!!」



苗木「きっとボクの足を完全に壊死させて、『無様ですこと、地面に這い蹲りなさい』とか言われて……」

十神(俺は確信した。やはりこいつは馬鹿だ)

苗木「ポーカー怖いツインテール怖い………」

十神「おい」

苗木「やすh」

十神「おいコラ」

苗木「はい」


苗木「次は……えぇっと……」




――回想4:朝日奈さん――


苗木「やっと放課後だよ……疲れた」

苗木(早く帰って休みたいけど……嫌な予感がする)


朝日奈「あ、いたいた!!苗木ー!!」

苗木(あ、的中した)

朝日奈「ねぇ、これからヒマでしょ?」

苗木「うん、ヒマだけd」

朝日奈「そしたらさ……また、つ、付き合ってくれない?」

苗木「え……?」

苗木(まさか……)

朝日奈「ドーナツ屋さんで今キャンペーンやってるんだけどね」

苗木「やっぱりかー!!」

朝日奈「二人で行くと値段が25%オフになるんだって、だから行こ!すぐ行こ!」

苗木「待って待って待って、何でボクなの?大神さんとか……」

朝日奈「さくらちゃんは今日は時間取れなかった」

苗木「そうなんだ……いやだからって、クラスの他の女の子を誘えば良いんじゃ」

朝日奈「う、そりゃそうだけど…………カ、カップル割引だから、男子じゃないとだし…だったら私は苗木と……//」

苗木「ん?」

朝日奈「っ、とにかく!私は苗木と行きたいの!」

朝日奈「……それとも、私みたいに女の子らしくないのと一緒に行くのはいや……?」

苗木「うぐっ」

苗木(ここで断ったら、朝日奈さんに悪いし……)

苗木「……い、行くよ」

朝日奈「ほんとに!?やったぁ!!」

苗木「ははは……」



朝日奈(こ、これって、苗木と放課後デート……だよね?……えへへっ///)




――――――




苗木「ってさ……はぁ……」

十神「…………からの?」

苗木「胃腸薬持ってなかったら死んでたよ。朝日奈さん、すごい食べさせてくるんだもん……」



葉隠「やっべ、なんだコレ。斬新なオブジェみたいになっちまったべ」

KuwATa「…………」どーん

山田「おっぱ……朝日奈葵殿とドーナツデートとかうらやましい!!ハァハァ」

石丸「苗木君!逢引も良いが、学生の本分はあくまでも学業である事を忘れてはいけないぞ!!はっはっは!」

葉隠「こうなったら最後の手段……この、占い電極で電気を流すべ!!」

大和田「つっこみが足りねェ!!」



苗木「それで、ぶくぶくに太った僕を見て『うわっ、苗木きもい!!』って蔑んでくるんだ」

十神(さらに被害妄想、と……そろそろ黄色い救急車の出番か)

苗木「ドーナツドーナツドーナツおっぱいドーナツドーナツ………」

十神「おい」

苗木「あぁ、ボクだけじゃなくて十神クンまで豚神クンに……」

十神「ブルジョワ顔面に怒りのニーキック!!!!」どぐしゃぁ

苗木「ごっはぁぁぁ!!」

十神「…………ぺっ」

苗木「うぅ……ふ、ふひは……」





――回想5:大神さん――


苗木「はぁぁ……疲れた」

苗木(体育の後の授業って、体がだるくて身が入らないよね)


大神「苗木」

苗木「あ、大神さん。どうしたの?」

大神「うむ。苗木がひどく疲れているように見えてな」

苗木「あはは、見られちゃってたか」

大神「我に出来る事なら、いつでも力になる。一人で抱え込み過ぎるな」

苗木「うん。ありがとう大神さん」にこっ

苗木(大神さんはいつもこう言ってくれる。優しいなぁ……)

大神「………//」

大神「苗木よ」

苗木「ん、なに?」

苗木(あれ、何故か僕のアホ毛レーダーが不穏な空気を感知している……)ぴくっ

大神「我が、疲れが取れるマッサージをしてやろう」

苗木(アホ毛レーダーびーん!!!)

大神「心身ともに、生まれ変わったような気分が味わえるはずだ」

苗木(生まれ変わるってか死ぬよ!!!)

苗木「あ、あの大神さん?気持ちは嬉しいんだけど――」

大神「遠慮するな。……日頃のお前からの優しさに、我からのほんの礼だ」がしっ

苗木「ストップストップ!!大神さんストップ!!」

大神「これをするのは久しぶりだ。腕が鳴る」ゴゴゴゴゴゴ

苗木「だめぇ!!だめよだめよだめよ!!」

苗木「あっああああああああああああああああああああああああああああ」



大神(苗木の笑顔にこうまで心を揺さぶられるとは……我もまだまだ修行が足りん……//)



――――――



狛枝「べ、べつに日向君のことなんて好きってわけじゃなないんだからね」

狛枝「べ、別に日向君のことなんて好きってわけじゃないんだからね」





苗木「ということが……」

十神「…………ほぉん?」

苗木「今思い出しても痛い怖い……うぅぅぅぅぅぅぅ」



桑田「……っ……ん……?」

葉隠「うっし、意識が戻ったようだな……おーい桑田っち」

桑田「……誰だい君は?……そしてここは何処だ」

葉隠「…………アポ?」

山田「あの大神さくら殿まで陥落とは……苗木@フライング・エースなのかーー!!!」

石丸「クラスの仲間同士、互いをケアしあうのは素晴らしい事だ!!僕は感動した!!」

大和田(……久しぶりに走りに行くか……)遠い目



苗木「あんなの絶対おかしいよ!!一般人の体の耐久度をなめてるよ!!」

十神(今回の件に関しては、仕方ないか……)

苗木「危うくぺっちゃんこだよ……たこせんべいだよ……」

十神「……よほど恐怖だったのは分かった。取りあえずつづk」

苗木「うん、怖かったよ」うるうる

十神「っ!?////」ずきゅーん

苗木「それで……次は――」




――回想6:不二咲さん――


不二咲「うぅん…………」

苗木(あれ?不二咲さん、あんな所で座り込んでどうしたんだろう?)


苗木「不二咲さん?」

不二咲「ひゃっ!……な、苗木君……」

苗木「どうしたの?体どこか痛いとか?」

不二咲「う、ううん。ちょっと疲れちゃったから、いま休憩中なんだ」

苗木(よく見たら、脇に大きい段ボール箱がある……これを運んでるのかな)

苗木「もし良かったら、ボクが運ぼうか。その箱」

不二咲「そんな!通りがかっただけなのに悪いよ……」

苗木「そんなの気にしないで」

不二咲「でも……」

苗木「困った時はお互い様、でしょ?」にこっ

不二咲「はぅ!////」ぼんっ

苗木(なんだ!?急に顔が赤く……)

不二咲「え、えぇと……その……//」

不二咲「ご、ごめんなひゃい!!!//」だっ

苗木「えぇぇ!?何が!?」


段ボール箱「…………」どーん


苗木「えぇぇ…………?」



不二咲(あ、あんな風に優しくされたら、僕………あんっ)



――――――




苗木「って事が……はぅ……」

十神「そうか、大変だったな」

苗木「そんなにボクとの会話が嫌だったのかな……ショックだよ……」



山田「うぉぉおおお!!ちーたん!!ちーたん!!」

石丸「困っている友人を助けようとするその心や清し!!改めて、君はすごい男だ苗木君!!!」(感涙

桑田「ちょっとキミ、手を離してくれないか。僕はこれから野球の練習をしなければ……」

葉隠「桑田っちが野球の練習!?あ、ありえねぇぇぇええ!!!」

桑田「ありえないのはキミのその髪型だ。なんだそれは……ヤシガニか?」

大和田「………あっぶねぇ!!俺のピクミンが全滅するところだったぜ……」ピコピコ
     (現実逃避)



苗木「我慢できなくて逃げ出すってよっぽどだよ……『苗木君とお話しすると、じんましんが出ちゃうよ?』って、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

十神(なんなんだこの胸の高鳴りは……!?)

苗木「やめて……『苗木抹消プログラム』はやめて……」

十神「お、おい、苗木」

苗木「なに…?」うるうる

十神「っは!?///」ちゅどーん

苗木「あ、そうか……続きはね……」






――回想7:腐川さん――


十神「……という事で、後は頼んだ」

苗木「うん、了解…………」

十神「なんだ、不満でもあるのか?」

苗木「ち、違うよ」


腐川「…………………………」じーーーー


苗木(なんかすっごい睨まれてるよーーーー!?)

十神「じゃあな」

苗木「う、うん」

バタン

苗木(ふぅ……なんとか危機は去っ)

腐川「苗木」

苗木「て無かったーーーーー!!!」びっくり

腐川「あんた……あたしの白夜様と何話してたのよ……」

苗木「な、なにって……別に何も……」

腐川「あぁ?」

苗木「ひぃいい!!!」

苗木(こ、これは返答次第で殺される!……となれば……)

腐川「早く答えなさいよ……答えろよ……」

苗木「と、十神クンと腐川さんって、お似合いだねっ☆って言ってたんだよ!!!!」

腐川「なっ……!」

苗木(うわーーーー!!!混乱して何口走ってるんだよボクはーーーーー!!?)

腐川「……そう」

苗木(あれ……さっきまでの凄まじい殺気が消えた……助かった?)

腐川「じゃあ、良い。あんた後で殺すけど」

苗木「後で殺されるの!?」



腐川(白夜様とお似合い………苗木も入れて『誠×白夜』と3Pという夢のような世界……!!)



――――――







苗木「あぁ……後で、っていつなんだろう……」

十神「そうか……って何言ってるんだお前はァァァ!?」

苗木「はは……短いけど、結構楽しい人生だったなぁ……」



桑田「そ、その水晶玉で占うのかいヤシガニ君?」

葉隠「そうだべ。んでもって、こっちが――」

山田「腐川冬子殿ったら愛が重すぎる」

石丸「腐川君は愛情深い女性なんだなぁ」

葉隠「という事で、占い料の3万円を指定の口座に振り込んでくれ」

桑田「わかった!!」

大和田「……やべっ、兄貴のセーブデータ消しちまった……」ピロン



苗木「どんな風に殺られるんだろうボク……きっと『さっさと死に晒せこのダボがァ!!』ってはさみで一突きだよ」

十神(この前、やったらべったりしてくると思ったらそういう事だったのか……)

苗木「ジェノサイド。ダメ、絶対」

十神「まったく……」

苗木「ご、ごめんね。十神クン……」うるうる

十神「ブフォッ」どっぱぁ

苗木「十神クン!?」

十神「いいから……早く次を……」

苗木「う、うん……えっと――」




――回想8:戦刃さん――


苗木「やっぱり誰もいない、か」

苗木(いつもより結構早く出てきちゃった)


戦刃「……苗木くん」

苗木「え、戦刃さん?」

戦刃「おはよう、苗木くん」

苗木「おはよう。朝はいつもこんな早いの?」

戦刃「ううん。苗木くんを監s……たまたま早く起きただけ」

苗木「そうなんだ、そしたらボクと一緒だね!」にっこり

戦刃「っ!!……うん。苗木くんと一緒」

戦刃「えへへ///」

苗木(うん、なんだか気分が良いよ。まさに、朝起きは三文の徳だね!!)

苗木「はは、今日は早起きした甲斐があったよ」

苗木「戦刃さんとこうやって楽しくおしゃべりできたしね」にっこり

戦刃「苗木くん……///」

戦刃「そんな事言われたら……嬉しいけど、恥ずかしい///」きしっ

苗木「のらっ!?」

苗木(肩が極められてる……だと……?)

戦刃「……えへへっ//」がきんっ

苗木「ちょまっ、戦刃さnくぁwせdrftgyふじこlp」



戦刃(今日は朝から幸せだなぁ……苗木くん苗木くん苗木くん////)



――――――








苗木「うぅ……ボクの体はもうボロボロだよ……」

十神「よく耐え抜いたな」

苗木「なにも……なにも、肩を外す事はないじゃないか……」



桑田「ちょっと、ちょっとその水晶玉触らせてくれ!」

葉隠「そうだな、そうなると更にオプション追加という事で――」

桑田「ぜひ野球の練習に」

葉隠「ぜってー投げる気だべ!?」

石丸「そうだ!!早起きは素晴らし……所で兄弟は、さっきから一体何をやっているんだ?」

大和田「ん……あぁ、ピクミンだ兄弟」

山田「超高校級の暴走族がピクミンとかwww」



苗木「『次は両膝……』って、ボクをマリオネットみたいにするつもりなんだ!!」

十神(苗木がマリオネット……?)


  苗木『十神クン……ボクを、操って…?』


十神「セレブリティ・ヘッドバットォォォ!!!」ごすっ

苗木「っ!?」びくっ

十神「……次で……最後、だな……?」

苗木「う、うん……最後は――」






――回想9:江ノ島さん――


苗木「はぁ……」

苗木(最近、色々あって苗木クンもう限界です)


江ノ島「おっと、苗木はっけーん。それ♪」ぎゅっ

苗木「……江ノ島さん、何か用かな」

苗木(よりによって一番面倒な人に当たっちゃったよ…)

江ノ島「えー、何その反応。苗木のくせにつまんなーい!」

苗木「つまんないって……」

江ノ島「そうだなぁ……だったら」

苗木(あ、コレ絶対良くない事考えてる)

江ノ島「これで……どうよっ!!」

苗木「うぽっ」

苗木(なんだなんだ!?急に柔らかい何かで目隠しされて……ま、まさかっ)

江ノ島「あたしのおっぱいで窒息させてあ・げ・る♥」

ガタガタガタッ

苗木(や、やっぱり!!何かすごい良い匂いするし……あと、後ろから聞こえた物音が何なのか気になる……)

江ノ島「ほらほらぁ~気持ちいでちゅか~?うぷぷ」

ガタガタゴトンッ

苗木「もがもご!!」

苗木(まただ、一体周りで何が起きてるの………ってやばい。このままじゃ本当に窒息す……)

江ノ島「もう、みんなに見られちゃってんのに………な~えぎっ♪」ぎゅっ

苗木「くぺっ」

苗木(あ、グッバイマイソウル…………)



江ノ島(こんな倍率高いのに宣戦布告するとか………あたしったら絶望的!うぷぷ)



――――――






苗木「って事があって……これで一通り全部だよ」

十神「因みに、その後は――」

苗木「気絶して、気がついた時は教室の床に寝そべった状態で目が覚めた……背中痛かったな……」

十神「そ、そうか。お前ら聞いてt」




桑田「はっはっは!遂に取ったぞ」

葉隠「た、頼むからおとなしく返すべ!!」

桑田「うん、良い重さだ。いくぞっ――」

葉隠「おい、マジでやめろ!!お、俺の二年間がーーー!!?」


石丸「た、大変だ!!ピクミン達がおかしなカエルもどきに襲われている!!」

山田「あぁ、チャッピー殿ハッスル状態ですわ」

大和田「取り敢えず、背後に回ってピクミン投げつけろ」

石丸「なっ!?清ノ心や彦太郎を武器にしろという事か兄弟!!」

大和田「一匹一匹に名前付けてんのか!?」

山田「石丸清多夏殿のネーミングセンスwww」




十神「………………」

苗木「ははは………聴いてなかったみたいだね……」

十神「………………ふぅ」





   「リッチパァァァァリィィィィィィ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 「「「「「ぎゃぁぁぁぁあああああああああああああ」」」」」





本日二度目のかくかくしかじか


十神「それで、お前らはこれを聴いてどう思う」

葉隠「……いや、どう思うも何も」

山田「超高校級の鈍感ごちそうさまでーす!!」

葉隠「としか、言いようがないべ」

石丸「僕としては、苗木君がクラスの皆と円満な学校生活を送れているようで安心した!」

葉隠「押し潰されかけたり、肩を外されたりするのが円満な学校生活っておかしいべ!?」

大和田「苗木がもっと男らしくしねぇからだ」


苗木「ご、ごめん……」

桑田「……ん……」

苗木「あ、桑田クン目が覚めたよ!」

葉隠「なに!」

桑田「……い、いってぇ……体中がいてぇよ、なんでだ」

葉隠「お、お前桑田っちか?」

桑田「ったりめーだろココヤシヘッド」

葉隠「……は、はは、やったべ!!勝ったどーーー!!」

苗木「?」



十神「……話を続けてもいいか?」







大和田「続ける、つったってよ。他になんか話す事でもあんのかよ?」

十神「あぁ。この問題を片付ける方法を思いついた」

山田「ほう、なんですかな?」


十神「苗木」

苗木「うん」

十神「お前はどうしたいんだ?」

苗木「……え?」

十神「今から話すのは、成功すれば一発で現状の問題は解決するが、失敗すると……」

野郎共「…………」ごくり

十神「………という、ハイリスク・ハイリターンな方法だ」

桑田「ぼかし方がリアルでこえー……」

十神「この方法でやってみるか……決めるのはお前だ、苗木」



苗木「ぼくは………」



桑田「……………」

葉隠「……………」

山田「……………」



苗木「たとえ……リスクの高い方法でも……」



石丸「……………」

大和田「……………」

十神「……………」



苗木「………もう一度……」



苗木「もう一度!!あの頃に戻りたい!!」






十神「よく言った!!」

苗木「十神クン!!」

だきっ

十神「っっはぁっ!!!!」

十神(あぁ、グッバイマイソウル……)



桑田「……なぁ」

葉隠「なんだ?」

桑田「あいつらあんなに盛り上がってるけどよ………ようは、もう一度クラスの女子と仲良くなりてえ、って話だろ」

葉隠「まぁ、そうだべ」

山田「しかも、実際は全員もれなく撃墜済みと……それなんてエロゲー!!」

桑田「方法もクソもねぇじゃん………なんつーか、しょうもねぇな」

葉隠「さっき、場の雰囲気でシリアス顔しちまったのが恥ずかしいべ」

石丸「だがこれでより一層、我がクラスの団結が強固なものになると考えれば、素晴らしい事じゃないか!!なぁ兄弟!!」

大和田「……兄弟、あんたやっぱサイコーだぜ」

石丸「よしてくれ、照れる///」



苗木「ボク、頑張るよ!!」

十神「お……おうぅ……」



桑田「それで、肝心の内容はどうなってるんだよ」

十神「あ、あぁ。今回の件は『僕はみんなから嫌われている』と半ば思い込みすぎている部分がネックだ」

葉隠「はっきり言って、もう精神病レベルだべ」

苗木「そ、それは違うよ!」

十神「つまり、この計画の肝は――」

山田「女性陣からの明確な好意ですね、わかります」

十神(俺のせりふが……)

大和田「いや、明確な好意って……モロに出てんだろ」

葉隠「パラノイア予備軍の苗木っちには、もっとストレートな感じじゃねぇと伝わらないって事だべ」

苗木「ぱ、パラノイアじゃないよ!!ッ黙れクズココヤシ野郎!!」

葉隠「うおーい!!とんでもねぇ罵倒を受けてるぞ俺!!」

石丸「だが、既に相手方が好意を行動に出している以上、どうすればいいんだ?」

桑田「人によっちゃ、更に行動がエスカレートしたら苗木死ぬぞ……」

山田「究極の愛、それは共に死ぬ事――とか洒落になりませんぞ」



十神「その通りだ。つまり苗木がとる方法は――」

葉隠「分かったべ!!苗木っちが一人ひとりに告白するんだな?」

十神「違う。黙ってろ」

葉隠「あれま!?」







十神「こちらから告白したのでは、相手側にも妥協が生まれる」

十神「つまり、この作戦はズバリ――」



      『こ く は く の さ そ い う け』  どどん



十神「だ!!」



葉隠「誘い受けって」

山田「ふむん。苗木誠殿、是非この衣装で――」

桑田「おい自重しろブーデー!!」

石丸「なるほど……分からない。どういう意味なんだ?」

大和田「お、おう。多分だけどよ――」



苗木「こ、これって……」

十神「そう、察している通り」



十神「女子達の方から告白させる!!!」

苗木・石丸「「な、なんだってぇぇ!?」」



葉隠「今更だが、石丸っちも大概だべ」

桑田「そうだな」

大和田「…………(汗)」

山田「wwwwwww」






苗木「そんな事、起こり得るはずがないよ……きっとメッタメタにされるよ……」

十神「そんな事はない!!この俺が完璧なシナリオを作ってやる。大丈夫だ」

桑田「でもよ、失敗したらそれこそ一巻の終わりじゃねぇ?」

山田「BAD END 直行です、はい。」

苗木「そ、それじゃあ………失敗したら、もう皆と仲良く出来ないの!?」

葉隠「仲良く出来ないどころか死ぬべ」

苗木「そんな!無責任だよ!ひどいよ!やだよーー!!」うるるん

十神「あ、ああああ甘えるな!お前も決めた事だろうが!」



葉隠「まぁ落ちつくべ。今から俺が占ってやっからよ」

石丸「やめないか!こんな所で言い争っていてはどうにもならん!!」

山田「よっ、石丸清多夏殿!眩しいですなぁ」

桑田「ってか何でよそ者面してんだブーデー、オメーさっき思いっきり煽ってただろうが!!」

葉隠「いやだから俺の……」

大和田「鬱陶しい!!オメェもさっさと腹くくれ!!」

苗木「やだよー!怖いよー!!」

十神「だから、俺の計画なら大丈夫だ!」

葉隠「占いが……」

ぎゃーぎゃーわーわー



葉隠「……俺の話をきかんかーー!!!」ばっ




     ガシャーン!!




葉隠「え」

苗木「あ」




水晶玉だったモノ「………………」ちーん




十神「……………合掌」

野郎共「「「「「………………(合掌)」」」」」








十神「………約一名の犠牲者を出してしまったが」


葉隠『エ、エリザベスゥゥゥゥゥ!!!!!!!!』


十神「早速、明日から作戦始動だ」

苗木「う、うん……」

桑田「……なんかオレまで緊張してきたぜ……」

山田「苗木誠殿無双開始とか胸熱」

石丸「頑張れよ、苗木君!!!」

大和田「まぁ、骨は拾ってやるよ」



苗木「みんな……ボク、やるよ!!」



十神「……これが、今回の作戦のシナリオだ」

十神「細部については、記載されていない。お前の正直な気持ちをぶつけろ」

苗木「何から何まで……本当にありがとう」

十神「き、きききき気にするな!?」



苗木「ここまで着たからには、絶対成功させる…………希望は前に進むんだ!!!」



葉隠「エリザベェェェェェェェェスッ!!!!!!」




――作戦1:霧切さん――


霧切「……それで、苗木君。用と言うのは一体何?」

霧切(休み時間に急に呼び出したりて……何をするつもりなのかしら)

苗木「…………」

霧切(人気の無い廊下の隅、二人きり、そして真剣な表情の苗木君)

霧切(//////)

苗木「……霧切さん」

霧切「ひゃいっ」

霧切(しまった、興奮しすぎて声が裏返ったわ)

苗木「……今日はキミに伝えたい事があって、こうやって呼び出したんだ。」

霧切「伝えたい事?」

苗木「うん。だから――」

ぎゅっ

霧切「っ!?」

霧切(きゅ、急に手を握って…こ、これは――)


苗木「聴いてくれるかな?」にっこり

霧切「…………」




霧切(キターーーーーーーーーーーー!!!!!!!)




苗木「霧切さん?」

霧切「えぇ、勿論構わないわ」

苗木「へ?……まだ何も話してないんだけど……」

霧切(またやってしまった。落ち着きなさい私)

霧切(……でも、これで間違いないわね。これは愛の告白だわ……即ち、私の完全勝利)

霧切「そうだったわね、ごめんなさい。話してくれる?」

苗木「う、うん」

霧切(さぁ聞かせて、その超高校級の希望の言葉を。最大のエクスタシーを)

苗木「コホンッ」


苗木「霧切さん」


霧切(……………///)どきどきそわそわ




苗木「……………ごめんなさいっ!!!」




霧切「私もよ苗g……………………………え?」



苗木「急でびっくりしたと思うけど、ずっと言いたかったんだ……」

霧切「」ごーん

霧切(ご、ごめんなさいって、ごめんなさいって……そういう意味よね……)

苗木「まずはちゃんと謝ってから話をしよう、と………霧切さん?」

霧切(告白されるどころか、その前に振られているようじゃ様無いわね……)

霧切「私の方こそごめんなさい。今まで楽しかったわ」がらがらがら

苗木「え、何それ――ちょっと何で窓開けて身を乗り出してるの!?」

霧切「一人浮かれてたピエロな自分を消したいだけよ……もうお終いだわ」

苗木「何言ってるの!?なんで急にこんなテンションなの霧切さん!落ち着いて!!」がしっ

霧切(苗木君の傍にいるだけで辛い……ほんの数秒前まであんなに幸せだったのに)

霧切「っは、離しなさい苗木君!!」

霧切(もうこのまま―――)


苗木「………き、響子!!!」ぎゅっ


霧切「ふわっ!?」

霧切(う、うそ……私、今抱きしめられて)

苗木「はぁ、はぁ……響子」

霧切「は、はい」



苗木「頼むから、最後まで話聞いて……ね?」ぎゅっ



霧切「はぁんっ///」

霧切(えくすたしー……/////)






苗木「ボクね、最近ずっと考えてたんだ」

霧切「にゃ……なにを?//」

霧切(あれからずっと抱きしめられたまま……すぐ近くから苗木君の匂いがすりゅう……はぁ///)

苗木「霧切さんにいt」

霧切「きょうこ」

苗木「はい?」

霧切「き、響子って呼びなさい。じゃないと返事しないわ」

苗木「……分かったよ、響子」

霧切「ふふふふふふふ//」

霧切(ふふふふふふふふふふふふふふ///)

苗木「……話を続けてもいいかな?」

霧切「えぇ、良いわ誠」

霧切(あぁ!名前で呼んでしまったわ……///)

苗木「おぅふ」



苗木「それでね、ボク最近考えてたんだ。響子との事」

霧切「私との、こと……?」

霧切(結婚式の会場とか日取りの事ね、きっと)どーん

苗木「ボクいつも言われてたでしょ、『生意気よ』って」

霧切「え?」

霧切(言ってたかしら?)

苗木「でも、ボクは馬鹿だから、どこがいけなかったのか分からなくて」

苗木「このまま霧g……響子に嫌な思いさせ続けるのは……」

霧切「ま、誠……」

霧切(結婚後の生活について、そこまで考えてたなんて……)どーん

苗木「だから、最初に謝ったのは『今までごめんね』って言う意味で」

霧切(はぁん……真剣な顔の誠かっこいい……まことぉ///)

苗木「……ちゃんと響子との関係を作っていきたい」

霧切(もう我慢出来ないっ)

苗木「これからはボクも気を付けるから、だかぱらっ!!?」

霧切「誠っ、誠まことまことまこと////」ぎゅっ

苗木「き、きききききき響子!!?どどどどどうしt」




霧切「好きっ」




苗木「…………へ?」




苗木「…………いま何て?」

霧切「好きよ誠、大好き//」

霧切(言ってしまった言ってしまった言ってしま)

苗木「そ、そんな……霧g、響子がボクの事を好き……?」

苗木「馬鹿な!?そんな事あるわけが……」

霧切「好きよ」

苗木「ぐっ……で、でも響k」

霧切「誠はいや?」

苗木「いや、いやじゃないけd」

霧切「私は、誠の事を愛してる。その証拠に……ほら」

むにゅ

苗木「ぅわっほい!?」

霧切「んっ……///」

霧切(ま、誠に胸を触られて……あぁ、ごめんなさいお父さん。私、彼に処女を捧げました)

どきどきどきどき

霧切「あなたといると、こんなになってしまうの……」

苗木「……………」

霧切「……全部、誠のせいよ///」

苗木「っ…………」

霧切「だから……もし、あなたが嫌じゃないなら……」




霧切「……私をもらって?まこと……///」




苗木「」ぷつん





苗木「…………」

霧切「……まこと?…んむっ!?」

霧切(キ、キス……あぁぁぁぁ)

苗木「…ちゅっ……」

霧切「ぅん……ぷはぁっ」

苗木「はぁ……はぁ……」

霧切「ま、まことぉ……?」

霧切(何だかいつもの彼じゃないみたい……男らしい///)

苗木「……響子」

霧切「は、はぃ…あんっ///」

霧切「ちゅ……んぁ……」

苗木「…響子…んっ…ボクも……」



苗木「ボクも……キミが好きだ。愛してる」



霧切「え、そrんあん!!」

霧切(そんな告白されながらキス……窒息しちゃう、脳みそ溶けちゃうううううううう)

苗木「ぷはっ……まだまだいくからね、響子……」

霧切「ちょ、ちょっと待って……んむぁ……」

霧切(もう溶けてもいいやぁ………まことぉ…///)





桑田「……これ、計画通りなのか」

十神「いや……」

十神(正直、ここまでとは……)

桑田「自分達が今何処にいるのか完璧に忘れてんな」




「も、もうダメになっちゃう……」

「ダメになっても良いんだよ、響子」

「ぁん……まことのくせに、生意気、よ……あぁっ///」




葉隠「うおっ!?まーたキスしたべ。苗木っちもやるじゃねぇの」

山田「葉隠康比呂殿もう立ち直ったので?」

葉隠「あぁ。十神っちがセメダイン貸してくれたんでな!!」

山田「セメダイン………(涙)」

葉隠「やっぱ、金持ちってのは接着剤ひとつとってもすごいもんだべ。はーっははは!!!」

石丸「ぼ、僕にも貸してくれ!!」

大和田「金持ち関係ねぇだろ………」




「愛してるよ、響子」

「わ、私も……はぁぁぁぁぁあああああん!!」




苗木「ただいま!!」

桑田「お、おう。嬉しそうだな……」

苗木「うん!!ねぇねぇ十神クン、計画大成功だったよ!!!」

十神「あぁ、そ、そうだな」

葉隠「んで、十神っちからはどんな作戦が言い渡されてたのよ?」

苗木「うん、これだよ!!」ぴらっ



作戦①:日頃の行いを謝罪



葉隠「……………………これだけか?」

苗木「うん!!」

葉隠「こんなお粗末な紙切れから、何であんな結果が生まれるんだべ!?」

山田「苗木誠殿ったら、まさに恋の錬金術師」

苗木「うん。細かいところは自分の言葉で伝えないとダメだって、十神クンが」

山田「誠……恐ろしい子!!!」

桑田「いや、もう謝罪の範疇超えてたろ。あれ」

石丸「うむ……よく分からないが、上手くいったみたいだな!!このセメダインをあげよう!!」

苗木「ありがとう、石丸クン!!」

大和田「いや、だからそれただの接着剤だろうが」



十神(おかしいな……大口叩いたはいいが何も思い浮かばなかったから、適当に書いて渡しただけなんだが……)

苗木「十神クン、改めてありがとう!!お陰でボク、霧切さんと仲良くなれたよ!!」

十神「そんなに喜んでもらえれば、発案者冥利に尽きるというものだ」

十神(何言ってんだ俺は!?)

苗木「ねぇ、早く次の作戦に行こう?」

十神「わ、分かった。だが先に――」



霧切「………//////」ちーん



十神「アレを片付けてきてくれ」

苗木「了解。保健室につれてくね」



「よいしょっと」

「え……な、なんで私がお姫様だっこ……きゅう///」



十神「………………」

十神「まぁいいか。俺に責任はない」


――作戦2:舞園さん――



舞園「苗木君にこうやって呼び出されるのって、初めてですよね?」

苗木「うん。そうかも」

舞園「なんだか、ちょっと緊張しちゃいます」

舞園(もしかして、もしかしちゃったり……//)

苗木「ははは……実はボクも、結構緊張してるんだ」

舞園(その困った様な笑顔が可愛すぎますよ苗木君!!)

舞園「それで、話って?」

苗木「え?あぁ……その……」

舞園(苗木君……顔が赤いし何かもじもじして……っ!?)



舞園(ま、まさか……告白!?)



苗木「……しっかりしろ、ちゃんと言うって決めただろボク……」

舞園(そ、そんな!!私はアイドルなのに、なのになのに……)

苗木「ま、舞園さん!!」

舞園「は、はい」

舞園(あ、待ってください!!まだ心の準備が――)

苗木「……ちょっと、お願いがあるんだ」

舞園「あの、でもわたs…………お願い、ですか?」

苗木「うん。聞いて、くれるかな?」

舞園「も、もちろん!苗木君のお願い、私も聞いてあげたいです」

舞園(盛大に爆死寸前でした……危なかった……)

苗木「ありがとう舞園さん……やっぱり優しいね」

舞園「そんな事ないですよ………////」

舞園(苗木君にほめられちゃいました……嬉しいなぁ//)

苗木「そんな舞園さんの優しさにつけこむみたいで心苦しいけど……」

舞園(い、一体どんなお願いなんでしょう?)

苗木「あ、あの!!」

舞園(な、なんか私まですごい緊張してきました…!!)

舞園「…………////」どきどき





苗木「ボクを抱きしめてくれませんか!!」





舞園「はい!」

舞園「……………はい?」





舞園「…………あの」

苗木「ご、ごごごごめんなさい!!やっぱりダメだよね?ごめん、こんな変態なボクでごめん!!」

舞園「お、落ち着いてください!」

苗木「どうやってお詫びすれば、そうだ――」

舞園(聞こえてない……よーし)

ぎゅっ

苗木「屋上からダイb……はれ?」

舞園「こんな事ぐらい、お願いなんかされなくたっていつでもやってあげます♪」

舞園(でも……結局、告白じゃなかったんですね……ちょっと残念です)

苗木「…………」

舞園「苗木君…?」

舞園(い、いきなり抱きつくのはアウトだったんでs)

ぎゅっ

舞園「ふぇっ?」

苗木「…………///」

舞園(…………)



舞園「やった!!!」

苗木「っ!」びくっ





舞園「ふふっ///」

舞園(苗木君から……)

舞園(初めて苗木君から抱きしめてくれました!!!)

苗木「ご、ごめん……嫌だったらすぐn」

舞園「いやじゃありません!」

苗木「そ、そう?」

舞園「はい!死んじゃいそうです!」

苗木「死ぬの!?」

舞園(あなたが抱きしめてくれたから……今日は、ハグ記念日♪///)

舞園「~~っ♪」

苗木「////」

舞園(照れてる苗木君も最高です!!)





苗木「……えぇと、舞園さん」

舞園「なんですか?//」

苗木「その……いま抱きついちゃった事について、なんだけど……」

舞園「はいっ」

舞園(なんでしょう?)



苗木「舞園さんは、なんでいつもボクに抱きついてくるんだろうって」

舞園「え………?」



苗木「ほ、ほら!ボクなんてこんなチビだし……」

舞園「え……え?」

舞園(な、なんで、そんな事聞くんですか?)

苗木「皆みたいに、誇れる様な物は何もないし……」

舞園(そんな………私は)

苗木「そんなボクに、舞園さんみたいなすごい人がなんで……その訳を知りたくて……」

舞園(私は………)

苗木「それでこんな事を……ごめんね……」

舞園(私はっ………!)

苗木「ほんとにg」

舞園「っ……そんなのっ……!!」






舞園「苗木君が好きだからに、決まってるじゃないですか!!!」






苗木「……なん……だと……」


舞園「はぁ……………あっ」





舞園「あ…あぁ…私……」


舞園(言っちゃいましたーーーーーー)


苗木「…………」

舞園「あのそのっ」

舞園(でも、ちゃんと伝えなきゃ――)

苗木「…………」

舞園「……本当ですから」

苗木「え?」

舞園(こんなチャンス、きっともう無いから――)




舞園「私が……苗木君の事、好きだっていうのは……」

舞園「……本当です。大好きです、苗木君///」




苗木「」ぷつん




苗木「さやかっ!!」

舞園「きゃっ!!」


ばたりこ



舞園「な、苗木君、こんな所で……それに今///」

苗木「何か問題があるかな?さやか」

舞園「あっ…///」

苗木「ボクは今、最高に幸せな気分なんだ……!!」

舞園「なえぎくん……///」

舞園(ふぁ………って、だ、ダメです私!)

舞園(とっても嬉しかったけど…………私は、アイドルだから)

苗木「よかった……嫌われてなかったぁ……」

舞園(誰か一人の特別には、なれないんです)

舞園(だからごめn)

苗木「これで、今までよりずっと仲良く出来るよ。これからずっと!!」ぎゅっ

舞園「へっ!!?」

舞園(そ、それってつまり……)

舞園「…………」

苗木「舞園さん?」

舞園「……あの」

苗木「?」



舞園「私……さっき、苗木君が好きだって言いました」

舞園「苗木君は……私の事どう思ってるんですか?」



苗木「もちろん!大好きだよっ!」

舞園「っっっ!!!!!」ばきゅーん



舞園(ファンの皆さんごめんなさい……私、今日から苗木君だけの女の子になります//////)

舞園「嬉しい!大好きです!」ぎゅっ

苗木「ははっ、ボクも!」ぎゅっ



いっちゃらこっちゃら





桑田「」ちーん

葉隠「俺ってば、今ものすげぇデジャヴを感じてるべ」

十神「奇遇だな。俺もだ……また頼む」

葉隠「任せろ!さっきは使えなかったこの占い削岩機で――」

十神(……それにしても)




「苗木君のこと、まーくんって呼んでもいいですか?///」

「いいよ。さやちゃん」

「!まーくん♪」だきっ

「さーやちゃん♪」




十神(まぁ、さっさと仮死状態になって良かったとも言えるが)

山田「くはぁー!!日本トップレベルのアイドルを手篭めにするとかwwするとか……」

石丸「た、助けてくれ!!セメダインで遊んでいたら、指がくっついてしまった!!」

大和田「まだいじくってたのか兄弟!?」




「まーくん……キス、したいです///」

「ん、さやちゃん……」

「んちゅ……あぁ……///」






苗木「たっだいまーー!!」

山田「お勤めご苦労様です!!」

葉隠「んでんで、今回はどんな指令だったんだべ?」gagagagagaga

桑田「」がたがたがたがた

苗木「これだよ!」



作戦②:抱き合って確かめる



葉隠「雑さが加速しとる!?確かめるって何を!?主語がねぇべ!!」gagagagaga

山田「さすが苗木誠殿。この指令でさっきの行動とかノーベル賞」

石丸「この調子で全部上手くいくといいな、苗木君」

苗木「ありがっ………その手どうしたの?」

石丸「あぁ、やっぱりボクには金持ち専用のものは合わなかったみたいだ……」

苗木「石丸クン……」

大和田「おい、お前までボケるな苗木。もう手一杯だ」

桑田「」がたがたがたがた



十神(もうこの後指令書ずっとあんな感じなんだが……大丈夫そうだな)

苗木「やっぱり十神クンはすごいよ!!天才だったんだね!!」

十神「別にそんな事はない。ただ、俺はそこらの凡俗共には遠く及ばない思考回路を持っていただけだ」

十神(嘘だ。思いつかなすぎてノートにおっぱいとか書いてた)

苗木「はぁ……かっこいいなぁ…////」

十神(だが、苗木のこの視線……たまらん)ぶふぉ

十神「で、では次の作戦の前に……」ちらっ



舞園「まーくんだけの専属アイドル………////」



十神「頼む」

苗木「ほいさっ!」


「ちょっと保健室まで連れてくね」

「はいぃ……優しくお願いします……///」


十神「……………」

十神「俺は過去は振り返らない。次だ!」




――作戦3:セレスさん――


セレス「なんなんですの。こんな所に呼び出して」

セレス(何だか人もいませんし……)

苗木「うん、ちょっとね……」

セレス(いつも違って暗めのテンションの苗木君……はっ!?)

セレス(そ、そんなまさか……彼に限ってそんな事!)

苗木「ふふふふ……セレスさん」

セレス「っ!!!」びくっ

セレス(なんですかその笑い方は!!)

セレス「そんな風に笑っていないで、さっさと用事を済ませてしまいましょう」

苗木「まぁまぁ、そう焦らないで」

セレス「焦ってなどいません!」

セレス(なんなんですのなんなんですの!!)

苗木「まぁ、そんな風に慌ててるセレスも可愛いけどね」

セレス「んなっ!?」

セレス(か、かわっ……)

苗木「…………」にこにこ

セレス(……これは、はったり?)

セレス(このわたくしに心理戦を挑もうなんて、いい度胸ですわ!!)

セレス「そういう苗木君も、今日はとっても男らしくて素敵です」

苗木「セレスの可愛さには負けるよ」

セレス「あら、そんなこと」


苗木・セレス「「wwwwwwwwwwww」」

苗木・セレス「「……………………」」

苗木・セレス「「////////////////」」ぼんっ


苗木「……話、続けるね///」

セレス「えぇ……///」

セレス(わたくしは何をやっているんですか……)

苗木「単刀直入に言うよ」





苗木「安広多恵子さん!!ボクのお姫様になって下さい!!」





安広「」

セレス「はぁぁ!!!??」




セレス「テメェ何言ってんだぶち殺すぞビチグソ野郎!!!」

苗木「うっひゃぁぁごめんなさいぃぃぃぃぃぃ!!!!!」

セレス(なぜわたくしの本名をっ……)ぎりぎり

苗木「うぎゅっ……絞まってる!!絞まってるよ!!安h」

セレス「ふんっ」ぶんっ

苗木「ぐっはぁ」どさぁ

セレス「はぁ……はぁ……」

セレス(つ、ついカッとなってしまいました)

苗木「………………」

セレス「……苗木君?」

苗木「………………」

セレス「……え?」

セレス(う、嘘ですわよね。この位で)

苗木「………………」ちーん

セレス「っ!な、苗木君!!」

セレス(い、嫌……こんな、こんなつもりでは――)

セレス「ちょっと!返事して下さいまし!!」

セレス「なえぎくんっ!!」じわっ

ぎゅっ

セレス「ひゃぁっ!?」

苗木「ふっふっふ」

セレス「な、何してるのですか!?わたくし、てっきりあなたが……」

セレス(こ、こんな公共の場ではしたない……//)




苗木「捕ま~えた!ボクのお姫様♪」ぎゅっ

苗木「もう離さないぞ、多恵子」ぼそっ




セレス「」

安広「//////」ぼんっ




セレス(夢でも見ているんでしょうかわたくし……)

苗木「セレスさん、前に言ってたじゃん」

セレス「な、何をですか?」

苗木「ボクが、セレスさんのナイトになるとかどうとか……」

セレス「え、えぇ。確かに言いましたわ」

苗木「だから、ボクがナイトになるなら、セレスさんはお姫様かなって思ったんだ」

苗木「どうかな?」にこにこ

セレス「うっ……」

セレス(なんて良い笑顔……ではなくて!!)

セレス「そ、それは分かりましたから!」

苗木「ご理解頂けて何よりです姫」

セレス「ひめ///……違います!!わたくしの名前の事です」


苗木「?安広多恵子さん、だよね?」

セレス「セレェェスティア・ルーデンベルクゥゥ!!!!!!」


セレス「大体、なぜその名前を――」

苗木「山田君が教えてくれたよ?」

セレス「あんの野郎がァァァァァァァ!!!!!」


苗木「よしよし」なでなで

セレス「アイツ絶対殺す……」ぎゅっ




苗木「セレスさん」

セレス「なんです」むすっ

苗木「さっきの話、本当に良いの?」

セレス「?」

セレス(突然何を言い出すかと思えば)

苗木「ボクみたいなのが、セレスさんのナイトで」

セレス「はぁ?だってあなた自分から――」



苗木「言ったよ。だって、これからもセレスさんのすぐ傍にいて、守ってあげたいって思ったから」どーん



セレス(!!!!)

苗木「でも、セレスさんがボクを認めないって言うなら、ボクh」

セレス「まったく。あなたのそういう所は、てんでダメですわね」

苗木「え?」

セレス「わたくしがいつ、苗木君を認めないと言いましたか」

セレス(むしろ)

セレス「あなた以外の男など、認めませんわ。わたくしのナイトとして」

苗木「多恵子……」

セレス(だってあなたは――)




セレス「苗木君は、わたくしがこの世界でただ一人、好いているお方ですもの」




苗木「うわぁお」




セレス(ふぅ……言ってやりましたわ)

セレス(……今頃になって心臓が////)どきどきどき

苗木「嬉しいよボクも好きだ多恵子!!!」

セレス「さっきはスルーしましたけどその呼び方やめろ!!!」

セレス(それにそんなにサラッと好きだなんて)

苗木「なんでだよっ!!!」

がしっ

セレス「んな、なな……」

苗木「なんでそんな事言うの?」

苗木「安広多恵子っていい名前じゃないか。多いに恵まれた子であるように――」



苗木「ボクは、この名前好きだよ。とっても素敵だ」



セレス「」

安広「なえぎ、くん……/////」



安広「苗木、君」

苗木「うん?」

安広「あなた、わたくしのナイトなのでしょう?」

苗木「そうだよ」

安広「だったら――」

ぎゅっ

安広「わたくしが何も言わなくても……こうしていなさい////」

苗木「うん、わかった」ぎゅっ

安広(苗木君の腕の中……とても暖かい///)

苗木「そうか……今までのはそういう意味だったんだね……」

安広(これからは、いつでもこうやって――)

安広「ふふふっ」

苗木「嬉しそうだね多恵子」

安広「勿論ですわ」

安広(だって)



安広「大好きなあなたに抱きしめられているんですもの/////」



苗木「多恵子!!!!」ぎゃるーん

安広「あぁん、ちょっと…もっとナイトらしく……あぁん////」






山田「ほむほむ。安広多恵子殿陥落っと」

十神「知らなかった……そんな本名だったのか」

山田「念のため教えておいて良かった、まる」

十神(ある意味危険分子だったんだが、何とかなったな)




「姫、どうでしょう。気持ちいいですか?」

「その呼び方は認めませんわ。名前で呼んで?///」

「分かったよ多恵子」ちゅっ

「んっ……もうそれで良いですわ……んっ///」




葉隠「何かもう自然にキスしてやがる……爆発しろーーー!!!」

桑田「良いね。曲が思いついたよ、ちょっと作ってみるかな」

葉隠「………また何か間違えたか俺」

石丸「すごいな桑田君、野球だけじゃなくて作曲も出来たのか!!」

大和田「やめとけ兄弟。そっちは触れちゃ駄目だ……」

桑田「NAEGIとか……セレスの海岸物語もいいな…!!」

葉隠「アウトだべ」




「苗木多恵子……ほら、相性ばっちしだよ!!」

「な、なえぎたえこ……あぁぁ……/////」





苗木「今帰りましたーー!!」

十神「お疲れだったな苗木」

山田「苗木誠殿お疲れー、ひゅ~」

苗木「いえーい」はいたっち

十神(……俺もやりたかった……)ずーん

葉隠「おぉ、帰ってきたな。早く指令書見せてくれ」

苗木「おっけー」ぴらっ



作戦③:主導権をとる



葉隠「おぉ~……」

葉隠「って納得しかけたがやっぱりおかしいべ!?」

山田「相変わらずザックリ杉です、はい」

苗木「あ、石丸クン手治ったんだね!!」

石丸「あぁ、お陰さまで良くなった。ありがとうな苗木君!!」

大和田「………これがあと6回か………」

桑田「エロティカ・セレス……よし、これにしよう」



十神「……と、まぁ、今日はここまでだな」

苗木「え、あとの人は?」

十神「流石に一日で終わらせるのはハードワーク過ぎる。続きは明日だ」

十神(第一、保健室がパンクするだろう)

苗木「十神クン、ボクの事心配して……」きらきら

十神「あぁ。お前が倒れてしまったら元も子もないからな」きりっ

苗木「十神クン!!」だきっ

十神「…………」

十神「ぶっっふぉあっ!!!」

十神(我が人生に一片の悔い無し)ばたん







――――翌日


十神「よし、今日も作戦開始だ」

葉隠「昨日はあのまま解散しちまったが、セレスっちはどうしたんだべ?」

苗木「ちゃんと保健室に運んでおいた」ぶいっ

十神「それなら問題ないだろう」

葉隠「……随所随所で作戦に穴があるべ」

苗木「細かい事を気にしたら負けだよ葉隠クン!!」

十神「その通りだ。ただでさえ気持ちの悪いその髪形がさらに凶悪なフォルムに――」

葉隠「髪は関係ねぇべ!?」

苗木「あれ?そういえば他のみんなは?」

十神「石丸はクラスの仕事、山田は初回限定版の予約、桑田は精神病院、そして大和田は――」


大和田「うーっす。買ってきたぞ」


十神「買出しだ」

苗木「何を?」

十神「まぁ、ちょっとな」

十神「それよりも、準備は出来たか?」

苗木「ばっちりだよ!!」

十神「それじゃあ行って来い。健闘を祈る」

葉隠「いざとなったら、この占いランチャーで助けてやるべ」

大和田「もう行くのか。頑張れよ」



苗木「……うん、頑張るね!!」

苗木「いってきまーす!!」



十神「…………たまらんな」

葉隠「っ!?」ぞくっ





――作戦4:朝日奈さん――


朝日奈「んっふふ~♪」


苗木『食堂に来てくれるかな?渡したいものがあるんだ』


朝日奈「渡したいもの……なんだろう?」

朝日奈(ま、いっか。苗木と一緒にいられるのには変わらないし……えへへっ)

朝日奈「そろそろ食d……はっ!!!」ぴきーん

朝日奈(こ、この香ばしくて甘い香りは――)

だだだだっ

朝日奈「苗木っ!!」ばーん

苗木「朝日奈さん、いらっしゃい」



<ドーナツ・ザ・ドーナツ>どどーん



朝日奈「うわぁ!!ドーナツがいっぱい!!」

苗木「うん。朝日奈さんが喜ぶと思って」

朝日奈「ふぇ?……じゃあ、このドーナツ全部苗木が用意したの?」

苗木「そうだよ。朝日奈さんのお口に合うかは、分からないけど……良かったら食べて」にっこり

朝日奈(な、苗木が、私のためにドーナツを……)

苗木「………ごめん、もしかして迷惑だった?」

朝日奈「そんな訳ないじゃん!すっごい嬉しいよ!」

朝日奈(苗木が、私のために……嬉しいけど、何かメチャクチャ恥ずかしい/////)

苗木「よかった……沢山たべてね」にっこり

朝日奈「っ!う、うん!」

苗木「はい、あーん」

朝日奈「うえぇ!?い、いいよ自分で食べられるってば!」

朝日奈(確かに、苗木とこうしたいなっていっつも思ってたけど……///)

苗木「あーん」

朝日奈「うぅぅ……」

苗木「あーん」

朝日奈「ぅぅ……」

朝日奈(……もういいかな?いいよね?苗木からだし)

朝日奈「あ、あーん……むぐむぐ」

苗木「美味しい?」にこにこ

朝日奈「お、おいしいよ!」

朝日奈(何かドキドキして、味なんか分かんないよ!////)


朝日奈(……でも、幸せだなぁ……///)




苗木「あーん」

朝日奈「あ、あーん」

朝日奈(恥ずかしくって嬉しくって……頭おかしくなりそう//)

苗木「ははっ、ドーナツ食べてる時の朝日奈さん可愛いね」

朝日奈「ん、んぐっ!?」

苗木「だ、大丈夫?」なでなで

朝日奈「あ……だ、大丈夫//」

朝日奈(こんな事言ってくるし……な、なでなで…//)

苗木「焦らなくても良いよ。朝日奈さんが喜ぶ顔妄s……想像していっぱい作ったし」

朝日奈「っ!」

苗木「それにこれは、朝日奈さんだけのために作ったものだから」



苗木「ゆっくり食べて、ね?」ジェントルスマイル



朝日奈「~~~~~!!!////」

朝日奈(ドキドキしちゃって、せっかくの苗木の手料理がちゃんと味わえない~~~!!!)






苗木「所で朝日奈さん」

朝日奈「なに?」

朝日奈(恥ずかしくって、苗木の顔ちゃんと見れないよ……///)

苗木「ドーナツばっかり食べてると、喉が渇いてこない?」

朝日奈「そういえば、ちょっとだk」

苗木「だよね!そ・こ・で――」

朝日奈(なんだろ?)

苗木「じゃーん!」


<ティー・ザ・ティー>


朝日奈「紅茶?」

朝日奈(可愛いティーセット…)

苗木「ある人に、おいしい紅茶の淹れ方習ったんだ」

朝日奈「ある人?」

苗木「うん。知り合いに」

朝日奈「ふぅん……」

朝日奈(紅茶の淹れ方……セレスさんとか?)

朝日奈(……何か、ちょっとモヤモヤする)

苗木「大変だったけど、やってよかったよ」



苗木「葵に美味しい紅茶飲んで欲しかったから」きりっ



朝日奈「えぇっ!?///」

朝日奈(なんで急に名前呼びなの!!?)

苗木「どうしたの葵?ほら、飲んでみて」にっこり

朝日奈(……モヤモヤどっか行っちゃった////)



朝日奈「ふぅ~……」

苗木「どうだった?」

朝日奈「うん!美味しかった!」

苗木「嬉しいなぁ、ありがとう」なでなで

朝日奈「ぅあ……///」

朝日奈(こっちのセリフだってば//)

苗木「……葵にさ、ちょっと聞きたいことあるんだ。良いかい?」

朝日奈「うん、もちろん♪」

朝日奈(何かな何かな?)

苗木「いつもドーナツ食べに行く時、ボクを誘うよね」

朝日奈(ん?)

苗木「その理由が知りたいなって……教えて葵」きりっ

朝日奈「んにゃい!?」

朝日奈(ど、どうしてって、そりゃ私が苗木の事好k………って!い、言えるか!!)

苗木「…………」じー

朝日奈(うっ、顔近い……//)

苗木「…………」じーーー

朝日奈(………でも何でこんな事急に聞いてきたんだろ?)

苗木「…………」じーーーーー

朝日奈(……良い機会、なのかな)


朝日奈(……やっぱりちゃんと私の気持ちは知っておいて欲しいし//)

朝日奈(皆、苗木の事好きで狙ってるし……)

朝日奈(……な、名前で呼んでくれるから、脈はなくはない……よね?)

朝日奈(よ、よーし……)


朝日奈「な、苗木!」

苗木「!……なにかな?」

朝日奈「わ、私がいっつも誘うのは……」

苗木「うん」

朝日奈(うぅ……大会の時より緊張するよ……)

朝日奈「その――」

朝日奈(もうどうにでもなれっ!!)



朝日奈「苗木の事が、す、好きだから!大好きだから!です!」



苗木「…………」

朝日奈(うわうわうわうわうわうわうわ/////)




苗木「…………」

朝日奈(うっわー!告白ってこんな恥ずかしいもんなの!?)

苗木「…………」

朝日奈(死んじゃうよー!心臓が大変な事になってるよー!!)

苗木「朝日奈さん―――いや、葵」

朝日奈「は、はい!なんれすか!」

朝日奈(あぁぁぁぁ落ち着け私ーー!)

ぎゅっ

朝日奈「あっ」



苗木「ありがとう。葵がボクを好きだって言ってくれてすごく嬉しいよ」



朝日奈「っきゃーーーー!!!」

朝日奈(ドーナツとか言ってる場合じゃないっ///)

朝日奈「ほ、本当にそう思ってる?……私なんか」

苗木「なんか、じゃない。葵はとっても魅力的な女の子だよ」ぎゅっ

朝日奈「んみゅっ」

朝日奈(ゆ、夢じゃないよね……?)

苗木「ボクも大好きだ葵」

朝日奈「な、苗木っ!!///」ぎゅっ

苗木「よしよし」なでりこ

朝日奈(今まで頑張ってきてよかったぁ……///)






朝日奈(そ、そうだ)

朝日奈「ねぇ、苗木?」

苗木「ん、なぁに葵?」

朝日奈「そ、そのね……」

朝日奈「私も、苗木のこと、違う呼び方したいなって……」

苗木「いいよ。何でも好きな風に呼んで」

朝日奈「そ、それじゃあ遠慮なく――」

朝日奈(もう一個あったやりたかった事――)



朝日奈「だ、だーりん♪/////」



苗木「」ぷっちーん



苗木「葵!!」がばっ

朝日奈「うわっちょっ……だ、ダメだってばだーりん!」

朝日奈(ど、どうしよーー?に、肉食系になっちゃった!!)

朝日奈「えっちなのは……もっと、その……ね?///」うるうる

苗木「残念だけど逆効果だよ葵……いやMyハニー」ぎゅぅぅ

朝日奈「い、いまハニーって……///」



朝日奈「あぁん////」

朝日奈(今日、私朝日奈葵、大人の階段登っちゃいます/////)






葉隠「苗木っち、昨日一日でだいぶ慣れたみたいだべ」

十神「これなら今日も無理なく回せそうだな」

葉隠「因みに、今回はどんな指示を出したんだ?」

十神「これだ」



作戦④:ドーナツ



葉隠「…………」ばぼーん

十神「どうした。馬鹿が馬鹿みたいな顔して」

葉隠「これのどこが作戦だべ!?ただの固有名詞だろ!?」

十神「うるさいな。だったらお前がやれクズが」

葉隠「無茶苦茶だべ……」

大和田「おい十神。どうでも良いが、オレに買ってこさせたこれは何だ」ガサッ

十神「あぁ。次の作戦のとき必要なんだ、見ていれば分かる」

大和田「これがか?ホントかよ……」




「ほら、もうドーナツいらないの葵?」

「ん……ど、ドーナツはもういいから……その……」

「?はっきり言ってくれないと聞こえないよ」

「……もっと、キス……してほしいなって///」

「葵!!!」

「んぁ、だ、だーりんダメ!!そんな激しkんむっ…ちゅっ……あぁぁ///」




葉隠「『仲良くする』が俺の中でゲシュタルト崩壊起こしてるべ」

大和田「朝日奈の顔なんか見れたもんじゃなくなってんぞ……」


十神「激しく攻める苗木も良いな………」


葉隠・大和田「っ!!!」ぞくっ




「はは、葵…いやらしい顔してる」

「ば、ばかっ!だーりんのせいだもん!」

「ごめんごめん。怒らないで……ちゅっ……」

「んちゅっ……も、もう…えへへ////」






苗木「ただいま!」

葉隠「お疲れい」

十神「よくやった。今回も大成功だ」

大和田「成功なのか……取り敢えずお疲れ」

苗木「ありがとう!朝早くからドーナツ作った甲斐があったよ」

葉隠「アレ苗木っちが作ったのか?」

苗木「そうだよ?」

葉隠「俺にもくれ!丁度腹減ってたんだ、助かったべ」

大和田「おう美味そうだな。オレにもくれ」

苗木「もちろん良いよ。はい、十神クンにも」

十神「あ、あぁ。ありがたく頂こう」

十神(苗木の手作りドーナツ……)ごくり

苗木「えぇと、次は大神さんか」

大和田「おう、それなんだが、十神の奴に買って来いって言われたものが――ほらよっ」

苗木「おぉっと!……あぁ、これか。ありがとう、助かったよ大和田クン」

大和田「かまわねぇけどよ、そんなもん何に使うんだ?」

苗木「使い道って言ったら、一つしかないでしょ?んじゃ、行ってきまーす!」

大和田「あ、おい!……ったく」

葉隠「うめぇなこのドーナツ!なぁ、十神っち――」



十神「」ごーん



葉隠「ドーナツ片手に気絶してやがる……っ!」




「ちょっと保健室まで運ぶから、しっかり掴まっててね」

「ぁ……うん、よろしくねだーりん///」







――作戦5:大神さん――


大神「…………」

大神(今日は確か、苗木が我のトレーニングを見学したいと言っていたな)



苗木『大神さんが頑張ってるとこ近くで見たいんだ……おねがい』うるうる



大神(あんな風に言われては断れぬ)



苗木『ホントに!?ありがとう!大神さん!』にこにこ



大神「ふっ…………はっ!」

大神(何を腑抜けているのだ我は。気合を入れ直さなければ)

大神「苗木が見に来るのだからな………ふんっ」ばしんっ

大神(恥ずかしい姿は見せられん)



大神「…………よし」

大神(心身ともに良い状態だ……ゆくか)

ばたんっ

大神「失礼する」



苗木「ぐ、ぐふっ………あぁ…大神、さん……」こっぱぁ

大神「!!!???」



大神「一体何があったのだ苗木!!」

大神(ひどい出血だ……)

苗木「大神さん……」

大神「どうした!」



苗木「最後に会えて……良かっ、た……」ぐふっ



大神「しっかりしろ苗木!苗木ーーーーーー!!!!」







苗木「……んっ……」

大神「目が覚めたか」

大神(保健室が開いていなかったから満足な手当ては出来なかったが)

苗木「あ……ごめんね。大神さんの服汚れちゃった」

大神(思っていたより深刻な事態ではないようだな)

大神「気にするな。それより、一体どうしたのだ」

苗木「う、ん」

苗木「ちょっと、ね……はは」

大神(うむ……)

大神「……我には言いにくい事か」

苗木「言いにくいっていうか……は、恥ずかしいな」てれてれ

大神「そうか」

大神(とにかく、大事でなくて良かった)

大神「苗木よ」

なでりなでり

苗木「ふぁっ……」

大神「どうしても話したくないと言うなら、我は別にかまわぬ。お主の事だ、何か理由あったのは分かる」

大神「その代わり……」

苗木「……?」


大神「もう、こんな事はせぬと、約束してくれ」

大神「どんな理由であれ、人が傷つくのを見るのは……辛い」


苗木「……うん!気をつけるよ」

大神「なら、良い」

大神(今日のトレーニングはまた日を改めるとするk)

ぎゅっ

苗木「…………」

大神「………むぅ」

大神(苗木が赤子の様に抱き付いている)

苗木「あ、あのね大神さん」

大神「なんだ」


苗木「その……やっぱり、話すよ。大神さんに、聞いて欲しい」


大神「………」

大神「分かった。聞こう」

大神(どんな心境の変化があったのかは、分からぬが――)

苗木「へへっ、ありがとう」にこにこ


大神(――いまの苗木には逆らえん//)



苗木「どうやって話そうかな」

大神「長くなってもよい。ゆっくり話せ」

苗木「うん」

大神(緊張しているな……一体何を話すのか)

苗木「……大神さんってさ……」

大神「うむ」



苗木「すごく魅力的で………素敵な女性だよね」



大神「…………ぬ?」

大神(いま何と……)

苗木「誰にだって優しいし、綺麗だし、強いし」

大神(…………///)

苗木「それに比べたら、ボクなんてホントにちっぽけな奴で……それが嫌だったんだ」

大神「苗木……」

苗木「だからね、大神さんみたいに自分を鍛えて……少しでも、目線の高さが近づけたら」

苗木「……変われるかなって。大神さんみたいになれるかなって、思ったんだ」




苗木『こ、これって腹筋するやつだよね』

苗木『……っ、よいしょっと』

苗木『……これ、本当に、大変、だよね……』

苗木『大神、さん……すごい、なぁ……』

ずるっ

苗木『あ』

ひゅ~……どがしゃーん

苗木『ぐっはぁっ』

苗木『』ちーん




苗木「はは……情けないよね」

苗木「ボクは大神さんみたいには、なれないみたいだよ」

大神「うぬぅ……」

大神(苗木……そんな事を考えていたのか……)

苗木「これが理由。恥ずかしいでしょ?笑っちゃうよね」

大神「それは違うぞ」


ぎゅっ


苗木「えっ?」



大神「苗木は、自分の事をそんな風に卑下しているが」

大神「我は、いつもお主に助けられているぞ」

苗木「ぼ、ボクに……?」

大神「あぁ、そうだ」

苗木「そ、そんな事ないよ」

大神「お主のその優しさは、いつだって我の心の糧になっていた」

苗木「大神さん……」

大神「……我はこの学校に来て良かったと思っている」

苗木「ぇ?」

大神「素晴らしい仲間達に出会えた」

大神「朝日奈のような、一生の友と出会えた」

大神「そして――」

苗木「う?」



大神「苗木……お主に出会えた」

苗木「っ!?」



大神「我の誇りだ」にっこり



苗木「…………」

苗木「////」ぼんっ





苗木「そ、そんな事言われたらは、恥ずかしいよ!」

大神「我の正直な気持ちだ」

大神(もっとも当の本人に言うつもりは更々なかったが……)

苗木「でも……嬉しいな。ははっ//」

大神(言って良かった……のだろう。うむ)

苗木「~~♪」

ぎゅっ

大神(……可愛い)

苗木「ね、大神さん」

大神「なんだ苗木よ」

苗木「もっともっと恥ずかしい事訊いていいかな?」

大神「………構わん」

大神(“もっと恥ずかしい事”……だと?)



苗木「大神さん、ボクの事好き?」



大神「…………」

大神「なっ!!」





大神「な、何を言っているn」

苗木「……本気だよ」

大神「…………」

苗木「ボク、もっと大神さんの事知りたい」

苗木「大神さんの心を――知りたいんだ」

大神「…………むぅ///」

大神(我の身に、いま何が起こっているのか……)

苗木「大神さん……」うるうる

大神「あ、あぁ………」

大神(……やはり、我はまだまだ修行が足りない)

苗木「くぅーん……」うるうる

大神「…………//」



大神(ええい!何を考え込んでおるのだ大神さくらよ)

大神(苗木はあそこまで自分を曝け出したのだ)

大神(本気の相手には本気でぶつかる――それが礼儀というもの)



大神「苗木よ!」ごごごごごご

苗木「なあに!大神さん!」きらきら

大神「我は……苗木。お主の事が……」ごごごごごごごごごご

苗木「うんうん!」きらきらきらきら



大神「す、すky……好きだ」



苗木「…………」

大神(…………////)



苗木「いぃぃぃやっふぅぅぅううううう!!!!!!」

大神「っ!」びくっ





大神「な、なんだ今のは……」

苗木「大神s……さくらちゃん!」

大神「ぬぉ!?」

ぎゅっ

苗木「ボクもさくらちゃんが好きだよ!大好きだ!」

大神「む、むぅ…そうか///」

大神(我を名前で呼ぶのは、朝日奈だけだったが……)

大神(……苗木に呼ばれるのも、また良いものだな//)

苗木「ボクさ、もっともっと頑張るよ……少しでもさくらちゃんにつり合う様な男になるために!」

大神「苗木……」

苗木「だからさ――」




苗木「これからも宜しくね、さくらちゃん!大好きだよ!」にっこり




大神「」ぷっつん



大神「誠っ!」

苗木「えっさくらちゃん待っt……」




苗木「あぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!//////」





葉隠「何つーか……」

大和田「こりゃあ……」

十神「パッと見た感じ、猛獣に襲われる村の少年Aだな」

葉隠「そうそれ。流石のオーガ使い・苗木でもこれは無事ではすまないべ」

大和田「……血糊なんて使って何すんのかと思ったらよ……」

十神「計画は成功したんだ。細かい事は気にするな」




「へへっ…さくらちゃんとキスなんて夢みたいだよ」

「ふっ、おかしな奴だ……我との接吻を喜ぶなど」

「嬉しいに決まってるじゃないか!んっ――」

「むぅ………///」




葉隠「……なんか苗木っちが遠いべ……」

大和田「あいつは星になったんだよ……」

十神「確かに、俺達にアレをやれと言われても絶対に無理だしな」

葉隠「てかオーガと苗木っちがイチャついてんの見ると、何かすげぇヤバイ事やってる気分に……」

十神「だから、気にしすぎだ」

大和田「ところで今回の指令書は何書いたんだよ」

十神「ん」ぴらっ



作戦⑤:トレーニング



大和田「……んまぁ、例によって例のごとく。だな」

葉隠「もう指令書でも何でもねぇべ。借り物競争の紙みたいになってんぞ」

十神「だまれクズが」

葉隠「だから、その俺に対して異様に冷たくすんのやめろ!!?」

大和田「……この指令で、何で血糊を使う発想が出るんだよ……」




「ははっ、さくらちゃんはホントに可愛いなぁ!」

「……そんな事を言うのはお主と朝日奈だけだな」

「でも……キスするのは、ボクだけだよね!」

「…………ぬぅ////」






苗木「ただいま帰りましたー!!」

葉隠「よく無事で帰ってこれたな……流石だべ」

十神「大丈夫か?どこか骨折れたりしてないか?」

苗木「ううん、大丈夫だよ!」

大和田「ホントかよ。無理すんじゃねぇぞ」

苗木「あ、大和田クン。血糊ありがとう」

葉隠「しっかしよく騙せたよな……本物か偽者か、オーガなら分かっちまうかと

苗木「はは、そこはほら……ね?」

十神「あぁ、なるほど」

葉隠「え、何だべ何だべ?」

十神「……はぁ……だからお前は馬鹿なんだ」

葉隠「ひでぇ!?」

苗木「ほら、ボクの能力」



《超高校級の幸運》 ばぼーん



葉隠「……え、ここで!?都合よすぎじゃね!?」

大和田「にしてもあれはやりすぎだったろ」

苗木「だったかな……ちょっと楽しくなっちゃって」

十神「おい、そろそろ時間が押してる。早く着替えて次の作戦だ」

苗木「あ!ごめん行ってきます!」ばたばた


大和田「大神の方は、どうなったんだ?」

十神「あの通りだ」




「また明日ね!さくらちゃん!」

「あぁ、また明日」




十神「ピンピンしている」

大和田「……だな」

葉隠「この二人やっぱりおかしいべ」





――作戦6:不二咲さん――


不二咲「『パソコンの事教えて欲しい』って……」

不二咲(なんか、頼りにされるって嬉しい)

不二咲「えへへ//」



苗木「あ、不二咲さん!こっちこっち」

不二咲「ごめんね苗木君。ちょっと遅くなっちゃった」

苗木「はは、気にしないでよ」

不二咲「でも……」

苗木「頼んだのはボクの方だし、むしろわざわざ来させちゃってごめんね」にっこり

不二咲「っ!そ、そんな……////」

不二咲(苗木君優しいなぁ……///)

苗木「そしたら早速で悪いけど……お願いできる?」

不二咲「う、うん!」

不二咲(せっかく苗木君が僕の事頼りにしてくれてるんだもん。頑張らなくっちゃ!)

不二咲「えぇっと……パソコンはこれ?」

苗木「うん、そうだよ」

不二咲「それじゃあ……」

不二咲(どうしよう?どうやって教えたらいいかな……)

苗木「……あぁ、このままじゃやりにくいよね。どうぞ、パソコンの正面に座っちゃって」

不二咲「え、でも……」

苗木「大丈夫!ほら、こうすれば――」

ぎゅっ

不二咲「ふぇっ!?」

苗木「問題解決!」

不二咲「あ、あ、あ………////」

不二咲(な、何これ?な、苗木君が……苗木君が……)



不二咲(後ろからぎゅっってしてきてるーーー!!!)ずぎゃーん



苗木「はは、不二咲さんあったかいね」

不二咲「はぅ////」

不二咲(こんなの……嬉しいけど……ち、ちゃんと教えられそうに無いよぅ///)



苗木「へぇ……そこはそんな風になってるんだね。すごいなぁ不二咲さん」

不二咲「ぁあん……そ、そんな事ないよ///」

不二咲(苗木君の顔がすぐ横に……それにしゃべる度に息がかかって……)

苗木「感心しちゃうよ……不二咲さんえらい!」なでなで

不二咲「ふわっ!?……な、なえぎくん……///」

不二咲(頭なでなでは反則だよ……////)とろーん

苗木「ん?大丈夫かな不二咲さん、ちょっと疲れちゃった?」

ぎゅっ

不二咲「ひうっ!」

苗木「ボクがこうしててあげるね」にっこり

不二咲「は、恥ずかしいよ」

苗木「ここにはボクと不二咲さん――二人っきりだよ」

不二咲「っ、うん……///」

不二咲(僕、死んじゃうよぅ///)とろとろ




苗木「ふむ………そろそろか」







苗木「……ねぇ、不二咲さん」

不二咲「なぁに……?」

苗木「ちょっと変な事を聞くよ」

不二咲「ふぇ……?」

不二咲(ちょっと変な事って……なんだろう?)

苗木「…………」

不二咲「…………」どきどきどき

苗木「不二咲さん」

不二咲「ひゃい!」



苗木「ボクに何か隠してる事―――ないかな?」



不二咲「…………」

不二咲「え」

不二咲(か、隠してる事って……うそ……)

苗木「無いなら別に良いんだよ?ただ――」

不二咲(でも、ど、どうして……どうして知ってるの……?)

苗木「もし良かったら聞かせて欲し……不二咲さん?」



不二咲(どうして僕が男の子だって知ってるの!?)ぎゃるーん



苗木「おーい。不二咲さーん」

不二咲「……うぅ……」

苗木「え?」

不二咲「……ぐすっ……ふぇえん!!」

苗木「んな!!??」

不二咲(やだよぉ……苗木君に嫌われちゃう……そんなのやだよぉ!!!)

苗木「ちょ、落ち着いて!こんな時は深呼吸だよ!ほらひっひっふー!!!」

不二咲「ふぇぇぇええん!!」

苗木「どうすればいいんだぁぁぁあああ」






苗木「お、落ち着いたかな?」

不二咲「ぐすっ……うん」

不二咲(は、恥ずかしい……苗木君の前で泣いちゃって……)

苗木「本当にごめんね?そんなに嫌だとは思わなくて……ごめん」

ぎゅっ

苗木「……不二咲さん?」

不二咲「そ、その……泣き顔みっともないから……」

不二咲(うぅ……ごめん苗木君……)

苗木「……キミに何があったのかは分からないけど」


苗木「一人で抱え込んで辛いなら、ボクは力になるよ」きりっ


不二咲「はわ///」

不二咲(か、かっこいい……)

苗木「それとも、ボクなんかじゃ頼りないかな」

不二咲「!頼りなくなんかないっ、苗木君はいつも頼もしいよ!」

不二咲(そうだよね……苗木君は、いつだってこんなに優しくて頼もしくって……)

苗木「そう言ってくれると嬉しいよ」にっこり

不二咲(……だから、好きになったんだもん)

苗木「それじゃあ……話してくれる?」

不二咲(だから――ちゃんと言わなきゃ)

不二咲「あ、あのね……」

苗木「うん」

不二咲(どうしよう……すごい緊張する……)ぶるぶるぶる

なでりこ

不二咲「あ……」

苗木「大丈夫。ちゃんと聞くよ」ジェントルスマイル

不二咲(~~~~っ!!!!)

不二咲「苗木君!あのね!ぼ、僕――」



不二咲「実はお、男なんだ!!!」

苗木「っ!!!!!!?????」

<がたがたがたがらがっしゃーん



不二咲(言っちゃった……)

苗木「ふ、不二咲さん、それは本t」

不二咲「ほ、本当だよ、ほら!」ふにっ

苗木「はっ!……これは紛れも無い男のブツ!!!」もみもみ

不二咲「あぁん!///」




苗木「おぅふ……」

不二咲「はぁはぁ……///」

不二咲(とうとう知られちゃった……僕の秘密……)

苗木「いやぁびっくりしたよ。ははは」

不二咲「……気持ち悪くない?」

苗木「へ?」

不二咲「お、男のくせにこんな格好して、その事みんなに隠して……僕の事、気持ち悪いと思わない?嫌いになっ」

苗木「それは違うよ!!!!」がしっ

不二咲「ひゃっ!」



苗木「だってキミはこんなに可愛いくて!!キュートで!!プリティじゃないか!!」



不二咲「な、苗木君……///」

不二咲(苗木君が僕の事可愛いって……うそみたい……)

苗木「それにパソコンにだって詳しいし………それに比べたらボクなんてうんこみたいなものだよ」

不二咲「そ、それは……」

苗木「不二咲さんなら大丈夫。でも、ボクみたいなうんこ野郎なんて誰も――」

不二咲「それは違うよ!」

苗木「え、不二咲さん、それボクのセリh」




不二咲「だって僕は苗木君が大好きだから!」




苗木「な…………」

不二咲「………あ」

不二咲(こっちまで言っちゃった!ど、どどどどどどどうしよう……)









苗木「……千尋」

不二咲「え!?」

不二咲(し、下の名前で呼ばれたの……初めて……)

苗木「今言った事は本当?」

不二咲「う、うん……本当の事だよ」

不二咲(うん。勇気を出してちゃんと言えたから、結果はどうでm)



苗木「よっしゃぁぁぁぁぁあああああああああああああ」ぎゃるーん

不二咲「きゃっ」



不二咲(よっしゃぁって……)

苗木「ボクも千尋の事が大好きだ!いや、愛している!千尋バンザイ!」

不二咲「え?え?でも……」

不二咲「自分で言うのもだけど……僕、男なんだよ………?」

苗木「そんなの関係ねぇ!!!」

不二咲「っ」びくっ


苗木「男同士でも愛さえあれば問題ないよねっ!」


不二咲「なえぎくん……/////」

不二咲(ぜ、絶対に無理だと思ってたのに……わぁ/////)

苗木「さぁ、千尋!ボクと愛し合おう!」

不二咲「……うん!えへへへ/////」


ちゅっちゅ






葉隠「……驚きの連続過ぎて思考が追いついてねーべ」

葉隠「おいオメーらどう思うy」



十神「なんて素晴らしい愛……ぐしゅっ、俺は感動した!」

大和田「不二咲……立派になりやがって!……くっ…」



葉隠「って号泣しとるーーーー!?!?」

十神「うるさいぞクズ、お前はさっきのやり取りを見て何も感じなかったのか!」

葉隠「いや、苗木っちやるなーとは思ったが……」

大和田「オメェはアホか!脳味噌までココヤシになったかクズ野郎!」

葉隠「だからなーんで俺が罵倒されるんだべ!?おかしいのお前らだからな!!?」

十神「綿密な計画を練っておいて正解だった……」

葉隠「ほぉ、今回はどんな――」



作戦⑥:まず、パソコンの話題で不二咲を呼び出し、ボディタッチで緊張をほぐす。その後――



葉隠「って細かっ!!!今までの指令書は何だったんだべ!!?」

十神「この映像は永久保存だ」

大和田「おい、俺にも焼き増ししてくれ」

葉隠「まぁ聞いてないわな」




「でも、僕たち男同士だから、子供できないね……」

「何言ってるんだい?ボク達にはアルターエゴがあるだろ?」

「!なえぎきゅん!」

「ちひろ!」




葉隠「あっちはあっちで世紀末だし……もうどうにでもなれし」

葉隠「はぁ……」




「まことくん♥」ちゅっ

「ちーちゃん♪」ちゅっ





苗木「たっだいまー!!!」

十神「おかえり。とても素晴らしかったぞ、苗木」

苗木「え、そうかな……へへ」

葉隠「例に洩れずいっちゃらこっちゃらしただけだべ」

大和田「苗木……不二咲の事頼んだぞ!オメェなら、安心だ」

苗木「うん!任せてよ!」

葉隠「さっきからそのお父さんキャラ何なんだべ?」


十神「よし、今日はここまでだな」

苗木「いよいよ明日で最後だね……」ごくり

葉隠「この調子で行ったら、何も心配する事なんかねーだろ」

大和田「最後まで男見せろ、苗木」

苗木「やれるだけやるよ………じゃあ、ボクは帰るね」

十神「明日に備えて、しっかり休んでくれ」

苗木「分かった!また明日ね」



大和田「ところでよ、十神」

十神「なんだ」

大和田「明日はメンツがメンツだ………指令書はちゃんと作ってあんのか?」

十神「…………」

大和田「…………」

十神「あ、あああああ当たり前だろ!」

大和田「……はぁ……死ぬなよ苗木」




「部屋まで送るよちーちゃん」

「う、うん。ありがとう////」




葉隠「お、占いの結果が出たぞ!」

葉隠「……どうやら、明日は波乱の一日になりそうだべ……」






――――翌日


苗木「あ、みんな!」

葉隠「おぅ、来たな」

桑田「よっ、苗木」

苗木「桑田クン、もう大丈夫なの?」

桑田「あぁ、もう平気だ。葉隠は今度ぶちのめすけどな」

葉隠「いやだって本当に水晶玉にそう出てたんだって!俺の占いは三割当た」

桑田「割れたガラス玉の30%に賭けた結果がこれだろうが!あほっ、あほあほあほあほっ!!!!」

苗木「まぁまぁ、二人とも……」

石丸「やめないか君達!何を言い争っているんだ」

苗木「石丸クン!」

石丸「少し遅れてしまったようだ。僕とした事が情けない!」

苗木「き、気にしないで」

石丸「あぁ……おっと。兄弟から言付けを頼まれていたんだった」

苗木「大和田君から?」

石丸「あぁ、今日は用事があって来られないらしくてな――」



大和田『……何とか、無事生きて帰ってこい』



石丸「と、伝えて欲しいと」

苗木「え……何それ」

石丸「僕にも良く分からないが……。ともあれ、頑張ってくれよ苗木君!」

苗木「うん、頑張るよ……はは……」

石丸「それにしても、十神君は遅いな……兄弟は来られないし、山田君は遅れてくると連絡があったが」

苗木「あ、そうなんだ」

石丸「まぁ、作戦の立案者がいないのでは仕方ない。待機だな」

苗木「うん」




桑田「あー分かったわ。廊下出ろクズ、千本ノックだ」

葉隠「いいぜ、やってやんよ……木刀の先制攻撃だべ!」







十神「――すまないっ、遅れた」

苗木「あ、良かった心配してたんだよ」

十神「な、苗木……」きらきらきら

桑田「おっせーぞ十神。さっさと始めようぜ」

葉隠「そーだべ。早くしねーと、某桑田怜恩がまた暴走すっべ」

桑田「あぁ!??元はと言えばオメーのインチキ占いが原因だろうが!!」

葉隠「はー!??違いますぅ、某桑田怜恩さんの豆腐メンタルが原因ですぅ」

石丸「だから無益な争いはやめろと、何回言ったら分かるんだ!」


十神「………まったく騒々しい奴らだ」

苗木「そ、そうだね……でも、わざわざボクの応援に来てくれた訳だし、心強いよ」

十神「苗木………」きらきらきらきらきら

苗木「?」

十神「はっ!!………す、すまん。来るのが遅れたのはこれのせいだ」ばっ



《 防 刃 ベ ス ト 》 ててれってってれー♪



苗木「………え?」

十神「さぁ、これを着ろ苗木」

苗木「いや、あの………なんで?」

十神「…………」

苗木「…………」

十神「………お前に」

苗木「へ?」



十神「お前に、死んで欲しくないからだよ……っ!」だばだばだば



苗木「うわーまさかのガン泣きだよーー!わ、分かった着るから着るから!」

十神「……あぁ……すまん…すまない……」ずびっ

苗木「……めちゃくちゃ不安になってきたボク……」

十神「……俺がしてやれるのは、これ位しか…ないからな……」ぐすっ

苗木「あ、ありがとう……いってきまーす……」




桑田「オイコラ、こうなったら二回戦目突入だアホォ!」

葉隠「望むところだべ!返り討ちにしてやんよ!」

石丸「いい加減にしろぉぉぉぉ!!!」




――作戦7:腐川さん――


腐川「…………」

苗木「…………」

腐川「……あ、あたしに話って、一体何よ」

苗木「あ、うん……その……」

腐川「話すなら早くしなさいよ……あたしは白夜様に用があるの」

苗木「そ、そうだよね!うん……」

腐川(話があるって呼び出されたから……来たけど)

腐川(一向に話を始めそうにないし……あ、新手の嫌がらせか何か?)

苗木「……うぅ……」

腐川(な、何よ……苗木だけは、あたしと普通に接してくれてると思ってたのに……)ぞーん

苗木「…………」

腐川(やっぱり、あたしみたいな根暗となんか、絡みたくないって………)

苗木「腐川さんっ!」がしっ

腐川「な、なによっ」びくっ

苗木「これからお願いする事は、嘘とか冗談とかじゃなくて……ほ、本気だから!」

腐川「は、はぁ?」

苗木「だから!ちゃんと聞いて欲しいんだ!」

腐川「わかったわよっ……わかったから、手は、はなして」

苗木「あ、ごめんっ」ばっ

腐川「……っ」

腐川(な、なんなの……今日の苗木、ちょっとおかしい……)

苗木「じゃあ、言うよ」

腐川「ど、どうぞ?」

苗木「腐川さん――」




苗木「ボクと――ボクと一緒にお風呂に入ろう!!」どぎゃーん




腐川「…………」

腐川「は、はぁ!?////」ぼんっ






腐川「な、なな何言ってんのよ」

腐川(苗木と一緒に、お、お風呂!?)

苗木「だから、一緒におh」

腐川「そ、それはわかったわよ!」

腐川「だから何であ、あんたと一緒に……その……」

苗木「ボクとは、絶対に嫌………?」

腐川「うぅっ………」

腐川(何でそんな純粋な目してんのあんた……っ)

苗木「いや……?」うるうる

腐川「ひっ……」

腐川(なんで、なんでこんな事になってんの……白夜様助けて…)

苗木「いy……あ、こんな事してる時間無いんだ。行くよ、腐川さん」

腐川「ま、待ちなさいよ!あたしは良いって言ってな――」



苗木「大丈夫………優しくするよ」にっこり



腐川「…………」

腐川「………そ、そう///」

腐川(もうどうにでもなればいいわ……///)





@大浴場

苗木「かゆい所ありませんかー?」わしわし

腐川「…………」

苗木「腐川さーん?」

腐川「な、ないわよっ……」

苗木「りょーかーい」わしわし


腐川(お、落ち着いてあたし。今の状況は――)

苗木「あわあわ~~♪」

腐川(男子用の大浴場で、苗木とふ、二人きり……)

苗木「いっぱい~~♪」

腐川(……変態の外道に落ちた……あ、あたしなんかもう……)

苗木「それにしても、腐川さんの髪の毛綺麗だね」

腐川「え……」

腐川(あたしの髪が、綺麗って……)

腐川「冗談やめてよっ……あたしのが……そんな訳ないでs」

苗木「そうかなぁ、ボクは好きだけどな」ぎゅっ

腐川「っっっ!?」

腐川「あ、ああああああんた何してんのっ」

苗木「へ?何って――」



苗木「腐川さんの髪の毛の感触をより強く感じるために、抱きしめているだけだよ」きりっ



腐川「!!!!????」

腐川(もはや苗木の行動がどれ一つ理解できない……)

苗木「髪の毛つやっつやーにしてー♪」

腐川(……でも、男にこんな風に褒められたの……は、初めて…///)

ふぁさっ

腐川「んっ」

苗木「あ、ごめん腐川さん」

腐川(髪の毛が鼻にかかって――)

腐川「あ、やばっ……」

腐川(ちょ、ちょっと待って……く、くしゃみがっ……)

苗木「腐川さん?」

腐川(そ、そしたらまたアイツがっ――――)




くちゅん




腐ジ「…………」

苗木「腐川さん、どうしたの?どっか痛いとk」

ジェノ「別に何処も痛くねぇよ………ってまーくん!?」

苗木「えぇ!あ、多分そうです…はい……」

ジェノ「ってかアタシ全裸じゃねぇか!しかもここは風呂場!?」

苗木「は、はい、風呂場です」

ジェノ「おいおいおいおいちょっと待てよ……」

ジェノ(一体どうなってんだ……同級生の男と風呂場でしっぽり、ってそれなんてエロゲーだよ!ひふみーん出番だ!)

ジェノ(………いや、それより何より)


ジェノ「白夜様はどこだよぉぉぉぉおおお」ぎゃおす


苗木「と、十神クン!?いないよ!」

ジェノ「なん……だと……?」

ジェノ(どういう事?……まさか、白夜様からこのチビに乗り換えたってのか!?嘘だろ!?)

ジェノ(こんなチビどうせ《ばきゅーん!!》もミジンコみたいなもんだr)

ぐにゅっ

苗木「ちょっ、腐川さん!!??何するの!!??」

ジェノ「ほぉん、こりゃ中々……」ぐにぐに

苗木「ふ、ふかわさぁん……///」びくんびくん

ジェノ「おい、まこっちゃん……この状況説明してくれる?」

苗木「わ、分かった、から……手、はなしてぇ……死んじゃう…///」

ジェノ「みっともなく《ばきゅーん!!》撒き散らして死にたくなかったらさっさと話せ、あぁ!!」

苗木「ひゃうっ……その、ふ、腐川さんと……二人き、りで…話したくっ、て/////」

ジェノ「何を?」

苗木「い、色々……腐川さんのこ、と……十神、くんとのこと……とかあぁん!////」

ジェノ「…………」

ジェノ(白夜様との事?)ぽわぽわぽわ……


――――――

苗木『十神クン!ぼ、ボクはキミの事がっ――』

十神『皆まで言うな。分かっている苗木……いや、誠』

苗木『び、白夜きゅんっ!』

十神『誠……っ!』


トロイメライ

――――――


ジェノ「うっはぁっっっ!!!!!」ぶっぱぁ

苗木「ふ、腐川さん!?だいj……あぁぁぁん!!////」びくんっ

ジェノ(まさかのカップリングヒャッハァァァァ!!!!)もみぐにもみぐに



ジェノ「ふぅ」

苗木「」ちーん

ジェノ(まーくんが言うには、あっちのアタシと二人きりで話したいと風呂に誘ったらしい……頭イカれてんだろ)

ジェノ「おい」ゆさゆさ

苗木「ん……ん?」

ジェノ「あんたねぇ、ちょっと」

苗木「な、なに……?」

ジェノ「どういうつもり?二人きりっつって、ナニする気だったんだよ」

苗木「…だから、ボクは……ただ腐川さんと仲良k」

ジェノ「そういうのいーから」

苗木「本当だよ!ボクは腐川さんともっと仲良くなりたいんだ!」

苗木「でも、腐川さんはボクの事、嫌ってるみたいだから……だから取り敢えず、どこがいけなかったのか聞こうと」

ジェノ「それで混浴かよ」

苗木「うっ……すいません……」

ジェノ「…………」

ジェノ(……仲良くなりたい、ねぇ……)

苗木「やっぱ、ボクなんか………」いじいじいじ

ジェノ(……本当に、ワケわかんねぇ奴)

苗木「はぁ……貝になりたい……」

ジェノ(バカみてぇにお人好しで)

苗木「あ、そうだ……あさりなんか良いかも……」

ジェノ(仲良くなりたいからと異性を風呂にぶち込むアホさ)

苗木「味噌汁は嫌だ味噌汁は嫌だ……」ぶるぶる

ジェノ「……だからかよ」

苗木「味噌s……はい?」

ジェノ(今までこんな風に向き合ってくれる奴なんかいなかったもんな、“アンタ”――“アタシ”にはさ)

苗木「あ、あのボクまた何か――」

ジェノ(初めてぶつかってきてくれた野郎だから)

ジェノ「……だから、好きになっちゃいましたってか?ハッ、コレだから恋愛小説家とやらは……ケッ」やれやれ

苗木「え……いま何て言ったの?」

ジェノ「オイまーくん?」がしっ

苗木「ひ、ひゃいっ!ごめんなさい!」

ジェノ(そんなら………ちゃんと確かめねぇとな?)

ジェノ「オラッ」

苗木「へ?」




ぶすっ





スポンジ「」ちーん

苗木「ひっ!……は、ははははさみ!?いやぁぁぁぁ」

ジェノ「黙ってろ」

苗木「はい」

ジェノ「いい?これからアタシが訊く事にはっきりと答えろ」

苗木「わ、分かった」うるうる

ジェノ(苗木の表情……なんかすげぇゾクゾクするぅ……はぁぁ///)びちゃびちゃ

苗木「……?」

ジェノ「……んんっ」

ジェノ「まずアンタに言っておく」

苗木「う、うん」

ジェノ「アイt……アタシには、誰にも知られたくないくらい、ふざけた過去がある」

苗木「え………」

ジェノ「それをおんぶして毎日やってんの。毎日毎日」

苗木「…………」

ジェノ「アンタさっき、もっと仲良くなりたいとかほざいてたけど、それを受け止める覚悟できてんのか」

ジェノ「アイツの内側真っ黒な所、受け止める覚悟は」


苗木「当たり前だよ!」

ジェノ「…………」


苗木「だってボクは決めたんだ!腐川さんの傍にいるって!」

苗木「そのためなら何にも怖くないし、なんだって受け止めてやる!」

苗木「それがっ――ボクの答えだよ、腐川さん」


ジェノ「…………」

ジェノ「何おっ立てて興奮してんだよアンタは」もみっ

苗木「はぁぁぁっん!」びくんっ

ジェノ(にしても……即答か。随分と男らしいこって)

苗木「ら、らめぇ!」

ジェノ(……まぁコイツなら大丈夫か…ククククク)

ジェノ「ハッ……アッハハハハハハッハ!ヒヒヒヒヒ………やっぱり面白いねぇまこっとくぅぅん?」

苗木「な、何が!?ぁぁぁああん!!」びくびく

ジェノ「……アイツの事、頼むよ」

苗木「ふぇ、え?」



ジェノ「オラァッ!」



がすっ




……わさ……し……


腐川(ん……ん?)


……川さ……してっ……


腐川(何よ……何言ってるのかわか)ぱちり

苗木「あ!腐川さん気が付いた!良かったーーー!!!」ぎゅっ

腐川「きゃぁぁぁああっ////」

腐川(な、なんで苗木があたしを……////)

苗木「良かった……急に壁に頭打ち付けたと思ったら気絶しちゃうから……心配したんだよ?」ぎゅうう

腐川「え?え?気絶って何のkんあっ///」

腐川(お互い裸だから色々当たって……んんっ///)

苗木「あぁっ!ご、ごめんつい!」

腐川「あ……」

苗木「ボクなんかに抱きつかれて嫌だったよね?ほ、ホントにごめ」

腐川「い、嫌じゃっ……え?」

苗木「え?」

腐川(あ、あたし何で、あたしには白夜様が――)



――――正直になれよ



腐川(っ!!)

苗木「あれ、また変になっちゃった……?」

腐川「……じゃない」

苗木「はひ?」

腐川「い、嫌じゃない、って言ったの……///」



腐川「あ、あんたの事嫌いじゃないって言うか…好きっていうか……」

腐川「び、白夜様が一番よ!?それは、変わらないけど――」

ぎゅっ

腐川「きゃっ」

苗木「嬉しいよ……ボクも腐川さん好きだよ」

腐川「////////」

腐川(………苗木、温かい……///)




――――ハッ……バーカ。








葉隠「……あの途中のは誰なのよ?」

石丸「うら若き男女がこ、混浴なんて……風紀が乱れる!!!」

桑田「いや待てよオメーら、んな事よりふっつーに風呂の映像が見れてる事にツッコめよ……なぁ十神――」



十神「よがっだぁ……なえぎがぶじでよがっだよぉ……」ずびずびずび



桑田「…………」

山田「十神白夜殿ったら、御曹司あるまじき顔面になってますぞ」

桑田「ぶ、ブーデー!?いつ来たんだよ!」

山田「呼ばれて飛び出て山田君です」

桑田「呼んでねぇ!」



「ちょっと何処触って……ぁあぁ///」

「ねぇ、冬子って呼んで良い?」

「あんた、あたしが言ってる事聞いて…んむっ!?」

「ごめんね、あんまり可愛いからキスしちゃった」



葉隠「あんらまぁ、もう犯罪スレスレだべ」

石丸「風紀がぁ……崩れていく……」

山田「んで、今回の指令書は何だったのですかな?」

十神「…ぐすっ……これ……」ぴらっ



作戦⑦:神よ、どうか苗木を救ってくれ……



桑田「おい」

葉隠「もうただの嘆願書だべ」

十神「だっでだっでぇ!」ぼろぼろぼろ

桑田「うわっ汚ねっ!」

山田「十神白夜殿、ハンカチ」ひょこ

十神「あ、ありがどうぅ……」ぐすぐす

石丸「きっと今まで見ていたものは幻だ……そうだそうに違いない!風紀万歳!」



「今度は、十神クンとも一緒に入ろう!」

「す、好きにしにゃさいよ……/////」










苗木「ふぃ~ただいm」

十神「なえぎぃぃぃぃいぃい」がしっ

苗木「え、何どうしたの!?」

十神「うぅろにゃっだらいびぁいだろばがぁぁぁ」

苗木「意味が分からないよ!!!」

山田「『風呂に入ったら意味が無いだろバカ』と言ってますぞ」

桑田「なんで分かんだよ!」

石丸「どういう意味だ?」

葉隠「防刃ベスト着て風呂入るバカはいねぇべ。苗木っち、渡された数分後にポイしてたしな」

苗木「なんか邪魔くさかったから、てへっ」きゃるーん

十神「……ゆるず」ぐすっ

山田「『許す』と言ってm」

桑田「んなこたわぁーってる」

石丸「それでは、このベストはどうするつもりなんだ?」

苗木「うーん……ヤフオク、かな」

葉隠「売るんかい」



十神「さっきはすまなかった……苗木、次の作戦だ」

苗木「うん」

十神「ベストは着用したか」

苗木「え……う、うん!もちろんしたよ!」

十神「よし、では行って来い」

苗木「い、いってきまーす!」


葉隠「苗木っちがどんどん強かになっていくべ」

十神「うぅ……苗木……」



「ちょっとごめんね冬子」

「…………/////」ちーん



山田「超高校級のジゴロ△」



――作戦8:戦刃さん――


戦刃「…………」そわそわそわそわ

戦刃「……まだかな」そわそわそわそわ


苗木『戦刃さんとゆっくりお話したいんだ。待っててくれる?』にっこり


戦刃「あぅ///」

戦刃(苗木くんとおしゃべり///……早く来ないかなぁ)


??「だーれだ♪」ぴとっ


戦刃「ひゃっ」

戦刃(急にまっくら――)すっ

??「いーくさーばさんっ、だーれだ!」ぎゅっ

戦刃「……?」

戦刃(この声……)

戦刃「な、苗木くん?」

苗木「せいかーい!」ぱっ

戦刃(苗木くんが後ろからぎゅって……なんだかこ、恋人みたい///)

苗木「流石だね、すぐにバレちゃったよ」

戦刃「うん。だって苗木くんだかr」

苗木「ん?」

戦刃「な、なんでもない///」

苗木「そっか」

戦刃「うん」

戦刃(危なかった……)

苗木「…………」

戦刃「…………」

戦刃(な、何でまだくっついてるのかな……///)

戦刃「あの、苗木くん」

苗木「なに?」

戦刃「その、えっと……そうやってくっつかれると……恥ずかしい//」

苗木「えー、でも」


ぎゅうう

苗木「もう少しこうしてちゃ、ダメ……?」うるうる


戦刃「っ!」きゅーん

戦刃「ダメじゃないっ、ダメじゃないよ」ぎゅっ

苗木「やったね!」ぎゅっ

戦刃「………えへへ///」

戦刃(苗木くん良い匂いする……幸せ……////)



苗木「そういえば、戦刃さんにプレゼントがあったんだ」

戦刃「わ、私に?」

苗木「うん。受け取ってくれると嬉しいな」にこにこ

戦刃「う、うん……///」

戦刃(苗木くんが私にプレゼント……嬉しい///)

苗木「プレゼントはね――これだよ!」



《イタリア軍レーション・モジュール全種類セット》 ばぼーん



戦刃「!これっ……」

苗木「戦刃さん、前にレーションが好きだって言ってたでしょ?」

戦刃「うん、言った」

戦刃(あの時の…覚えててくれたんだ……)


苗木「だから、戦刃さんが好きな物プレゼントしてあげたいと思って、頑張って用意したんだ」

苗木「はい、どうぞ」にっこり


戦刃「///////」ずぎゅーん

戦刃「苗木くんっ」だきっ

苗木「おっとと……」

戦刃(嬉しい嬉しい嬉しい嬉しい嬉しい嬉し)

苗木「気に入ってもらえた?」

戦刃「うんっ、ありがとう」うるうる

苗木「どういたしまして!」なでなで

戦刃「はうぅ//」

戦刃(苗木くん苗木くん苗木くん苗木くん苗木くん苗木くん苗木くん苗)ぎゅぅううう

苗木「よしよし」






戦刃(もう一生こうしてたい)ぎゅっ

苗木「はぁ、戦刃さん可愛いな……」

戦刃「え?」

苗木「ん?」

戦刃(い、いま私の事可愛いって……///)

苗木「いやぁ、戦刃さんってホント可愛いなって」

戦刃「あ……///」

戦刃(また……///)

苗木「まるで天使みたいだよ」

戦刃「て、天使?」

戦刃「そんな……そんなことない」きゅっ

苗木「…………」

戦刃「私っ、他の皆みたいにスタイルよくないし、顔だって全然……」

戦刃「そばかすだし……ふぁっしょん?の事も良く分かんないし……女の子らしい所何にも無いよ?」

戦刃(そうだ……苗木くんの周りには、私なんかより、もっと可愛い子がいっぱい……)

戦刃「だから、褒めてくれるのは嬉しいけど……私なんt」

苗木「あぁもう!」


ぎゅううううう


戦刃「ぁ…」



苗木「むくろは可愛いなぁぁぁぁぁぁぁああ」



戦刃「」

戦刃「うぅ//////」

戦刃(な、なまえ……えへへへ////)






苗木「よく聞いて、むくろ」

戦刃「う、うん///」

戦刃(なまえで…えへへ、へへへへ///)

苗木「キミは自分の事を全然可愛くない、なんて言うけど……」

がしっ

苗木「ボクにとって、むくろはとっても可愛い女の子だよ」

戦刃「はう///」

戦刃(苗木くんの匂いが強くなってう……///)

苗木「もはや非の打ち所がないよ」




苗木「スタイルが良くない?――程よい筋肉と均整のとれた肢体がたまらないよ!」

苗木「そばかすだぁ?――むしろプラス要素だよ!スパイスだよ!」

苗木「ファッションが分からない?――ボクなんてブラジャーとパンティしか知らないよ!」

苗木「女の子らしい所が無い?――女の子らしい所しかねぇよ!」




戦刃「//////」

苗木「ハァ、ハァ………分かってくれた?」

戦刃「は、はい……///」

戦刃(嬉しくって……なんだかよく分かんなくなっちゃった///)

苗木「良かった……可愛いよ、むくろ」

戦刃「な、苗木くんも、かっこいい///」ぎゅっ

苗木「ははっ、ありがとう」なでなで

戦刃「~~♥」

戦刃(なえぎくん……)




戦刃「なえぎくん……だいすき」




苗木「……え?」

戦刃「あ」

苗木「…………」

戦刃「…………」

戦刃(い、言っちゃった……どうしようどうしようどうしよう?)

戦刃(……盾子ちゃんたすけて……)





苗木「むくろ」

戦刃「っ…!」

戦刃(うぅ……)

苗木「ボクが好きって言うのは、本当?」

戦刃「…………」

戦刃「…………うん」

戦刃(もうしょうがないから……苗木くんと一緒に死)すっ




苗木「むくろは可愛いなぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああ」どぎゃーん




戦刃「うわっ」

< からんっ

戦刃(あ、ナイフが……)

苗木「嬉しいよ!」

戦刃「ふぇ?」

苗木「むくろに好きだって言われて嬉しいって事だよ!ひゃっほう!」ぎゅっ



戦刃「」

戦刃「えへへ////」ぎゅっ








戦刃「苗木くん」くいっ

苗木「なんだい?むくろ」



戦刃「私も、苗木くんのこと名前で呼びたい……ダメ?」うるうる



苗木「ダメな訳あるかーい!じゃんじゃん呼んでよ」どーん

戦刃(やったぁ///)

戦刃「それじゃあ……まこと、くん///」

苗木「むくろちゃん」

戦刃「えへへ///」

戦刃(こんなに胸がぽかぽかするの……初めて)

苗木「よしよし」なでりこ



戦刃(そ、そうだ……)

戦刃「まことくんは……わ、私のこと好き?」

苗木「うん、大好きだよ!むくろちゃんは?」

戦刃「私もっ、私も、まことくん大好き//」

苗木「一緒だね」ぎゅっ

戦刃「うん!」ぎゅっ

戦刃(まことくんと両思い……夢みたい///)







葉隠「……何というか、あっけなかったな」

山田「さすが残姉ちゃん殿」

桑田「苗木ばっか……マジでこのクラスはどうなってんだよ……」

石丸「戦刃君には困ったもんだ。あれだけ刃物を持ち歩いてはいけないと言っているのに」

葉隠「何はともあれ、作戦は成功だべ。なぁ十神っ――」



十神「」(苗木君が着けているはずの防刃ベストを手に凍り付いている図)

葉隠「あ」(察し)



桑田「ん?どうかしたのか」

葉隠「い、いや何でもねぇって!ほれ、苗木っちが良い所だべ!」




「むくろちゃん……優しくしてね?」きゃるぅん

「」ぷっつん

「まことくんっ」がばっ

「いやーん!」




桑田「………あれが、か?」

葉隠「は、はは………細けぇ事気にすんなって!はははは!」

山田「にしても、苗木誠殿ったらノリノリである」

石丸「お、おい、何か服を脱ぎ始めていないか?………ちょ、止めるんだ苗木君!風紀が、風紀がァァァァ!」

十神「」ゴゴゴゴゴゴゴゴ




「ほら、やっぱりむくろちゃんは可愛い」ちゅっ

「んっ……えへへへ/////」ぎゅっ






苗木「ただいまぁ~」

葉隠「お、おう……」

十神「お帰り苗木君」

苗木「えぇ!?……うん、た、ただいま」

十神「早速で悪いんだが………これは何だ?」


<防刃ベスト ばーん


苗木「あ」

十神「……こっちへ来い」がしっ

苗木「いやっ……いやぁぁぁぁぁぁああああああああ」ずるずるずるずる

十神「言う事聞かない奴は、お、オシオキだ///」ぽっ

葉隠「何でそこで頬染めるのよ……?」




桑田「んで、今回の指令は何出したんだ?」

葉隠「あぁ、それは俺が預かってる。ほら、これだべ」ぴらっ



作戦⑧:レーション



桑田「こりゃ……」

山田「一周回って帰ってきた感じがしますぞ」

葉隠「だからこれじゃ、ただのお題の紙だべ……」




大和田「……よう、オメェら。遅くなった」がらっ

石丸「きょ、兄弟!今日は来れないと……」

大和田「ちょっと心配になってな……苗木はまだ生きてるか」

桑田「何だよその質問、当たり前だろうが」

大和田「そうか、安心した」

大和田(次が正念場だな………頑張れよ)








十神「……ここでいいな。おい苗木」

苗木「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめn」

十神「垂直落下式TOGAMIバスタァァ!!」

苗木「おごふっ」ごすっ



しーーーーん



十神「……落ち着いたか?」

苗木「お、落ち着いたって言うか……もう少しで死ぬとこだったよ……」

十神「…………」

苗木「……十神クン?」

ぎゅっ

苗木「え……?」

十神「…………」

苗木「あ、あの……十神クン、どうしたn」

十神「頑張れよ苗木、あと一人だ」

苗木「う、うん」

十神「お前なら大丈夫だと信じているが………絶対に気を抜くな。無事に帰って来い」

苗木「……分かった……行ってくるよ!」しゅばっ

十神「あぁ」




葉隠「おー、こんな所にいたのか」

十神「…………」ぽろぽろぽろぽろ

葉隠「……ほら、なんだ…苗木っちなら大丈夫だべ」

十神「……うん」ぐすっ

葉隠「はぁ……」

葉隠「何度も言ってるが、これただの告白大会だべ」

葉隠「それを何で一々号泣してんの……」

十神「うぅ……ぐすっ」

葉隠「はぁ……」





――最終作戦:江ノ島さん――


江ノ島「苗木か……」

江ノ島(呼び出されちゃったーうぷぷ!皆様ごめんあそばせ~)

江ノ島「うぷぷぷぷ」



苗木「江ノ島さーん!」

江ノ島「苗木おっそーい!」

江ノ島「女呼び出して待ちぼうけ食らわせるとか、勇気あんじゃん」

苗木「ごめんっ、ちょっと十神クンg」

江ノ島「十神?」

苗木「あ…な、何でもないよ!それより!」

江ノ島「?」

苗木「江ノ島さん、これから暇?」

江ノ島「今日はなんも予定無いから暇だけど」

江ノ島(なにソワソワして――)

苗木「それじゃあ、さ」

きゅっ

江ノ島「え?」



苗木「ボクとデートしよう!江ノ島さん!」



江ノ島「」

江ノ島「……ぷぷ」

江ノ島「ははははははははは」

苗木「うえっ!?」

江ノ島(まじめな顔して何言うかと思ったら……可愛いじゃん苗木)

江ノ島「良いよん♪そ・の・代・わ・り……」



江ノ島「ちゃんとあたしの事、楽しませて」うぃんく☆



苗木「」

苗木「うん!」

江ノ島(うぷぷぷ///)





苗木「えぇっと……ここなんてどう?」

江ノ島「んー?」

江ノ島(ショップ?)

苗木「ダメ、かな」

江ノ島「別にダメじゃないけど」

苗木「江ノ島さん、モデルやってるでしょ?だから、色んな綺麗な服着てる江ノ島さん見たいなぁって思ったんだけど……」


苗木「だめ?」うるうる


江ノ島(なにこの可愛い生物)

江ノ島(………あ、面白い事思いついちゃった♪)

江ノ島「………良いけど、あたしだけじゃつまんない」

苗木「へ?」

江ノ島「言ったよね?あたしの事楽しませてって、うぷぷぷ」

苗木「え……え?まさか――」

江ノ島「んじゃレッツゴー!」

苗木「い、いやぁぁぁぁあああ」




ざわざわ

苗木「//////」

江ノ島「……くっ……うぷぷ……」

江ノ島「はははははっ!いーよいーよ苗木、メチャクチャ可愛いじゃん!ははははっ」



ガーリー苗木「ちょっと江ノ島さんっ!うぅ……////」きゃるるーん



江ノ島「ねぇ苗木、デートで女装させられて今どんな気持ち?」

江ノ島「絶望した?絶望した?」

苗木「……確かに、ものすごい恥ずかしいけど」



苗木「江ノ島さんが楽しそうだから……ボクは嬉しいよ」にっこり

きゃーきゃー!



江ノ島「」

江ノ島「ふ、ふぅん……///」







苗木「あぁ恥ずかしかった……何か周りも騒がしかったし……」

江ノ島「あたしはすんごい楽しかったよ~?ありがと苗木ぃ」ぎゅっ

苗木「ちょ、こ、こんな所でっ……」

江ノ島「えー、これデートでしょ?」

苗木「そ、そう言ったけど……」

江ノ島「それともあたしとはこうしたくないってワケ?」

苗木「そ、それは違うよ!」

江ノ島「だったら、男なんだからもっと堂々としててよ、ねぇん♥」

苗木「……//////」

江ノ島「ナンバー1モデルと腕組んで歩けるんだから、もっと喜びなよ苗木ぃ♥」

苗木「………そうだよね」

江ノ島「へ?」

苗木「うん」

ぎゅっ



苗木「せっかく江ノ島さんとデートだもん。思いっきり楽しまなくちゃね!」にっこり



江ノ島「うっ……////」

江ノ島(何か今日の苗木は絶望的に扱いづらい……////)

苗木「あ、クレープ美味しそう」きらきら






苗木「はい、こっちが江ノ島さんのぶん」

江ノ島「さんきゅー♪」

苗木「ボク、実は初めてなんだ」

江ノ島「クレープ食べんの?」

苗木「外でこうやって食べるのはね。それに」


苗木「江ノ島さんみたいな可愛い女の子と一緒に、っていうのも」てれてれ


江ノ島「へ、へぇ……」

江ノ島(あんなに女周りにいて初心とかありえねー)

苗木「あ、そうだ!……はいっ」ずいっ

江ノ島「……え、なに?」

苗木「…………」わくわく

江ノ島「…………」

江ノ島(すっごい期待した顔でクレープを……あたしに食えって事?)

苗木「…………」わくわ…

江ノ島「…………」

苗木「…………」………


苗木「…………」しゅん…


江ノ島(ちょっと面白すぎるんですけどーwwww)

江ノ島「ごめんごめん、あ~ん」ぱくっ

苗木「っ!……美味しい?」

江ノ島「ん~…ビミョー」

苗木「ふぇ……」じわ…

江ノ島「じょーだんだって!美味しい美味しい」

苗木「よかったぁ……」

江ノ島(おもれーーーうぷぷぷぷぷ////)





苗木「あ~お腹いっぱい」

江ノ島「あ~何も考えないで食べちゃったわー」

苗木「ご、ごめん。江ノ島さんモデルだし、色々あるんだよね?ごめ」

江ノ島「いーよ別に。あたし食べても太んないし」

苗木「そうなんだ、じゃあ安心だね」

江ノ島「そう、好きな物食べてんのが一番」

苗木「…………」

江ノ島「………?」

江ノ島(……急に黙り込んだ)

江ノ島「どったの苗木?」

苗木「うん。えっと………」



苗木「デートって言えるほどデートっぽい事した訳でもないけど……」

苗木「……楽しかった?」



江ノ島「…………」

江ノ島(なーんだ、そんなこと)

江ノ島「う~ん……そうねぇ……」

苗木「っ………」ぷるぷる

江ノ島「…………」

江ノ島(ぷるぷるしてる……ほんっと苗木って)

江ノ島「面白いヤツ」

苗木「え?」

江ノ島「楽しかったよ」

苗木「ホント……?」

江ノ島「あんたと一緒にいるのは楽しいよ、いっつも」

江ノ島(そう……それこそ、絶望的な事考えるくらいに)




―――好きな相手を殺す絶望




苗木「江ノ島さん?」

江ノ島「……ん、なんでもなーい」

苗木「そ、そう?」

江ノ島「そうそう………それより苗木ぃ、もうデート終わり?」

苗木「え、あ、いや」

江ノ島「お家に帰るまでがデート……でしょ?」

苗木「……うん」



てくてく


苗木「……ねぇ、江ノ島さん」

江ノ島「……なに~?」

苗木「前に言ってたじゃない?ほら――絶望が、どうとか」

江ノ島「あー、言ったかも」

江ノ島「あたしが超高校級の絶望だーってやつでしょ?」

苗木「そうそれ……今でもその意味がよく分からないけど、だって江ノ島さんは超高校級の『ギャル』だし」

江ノ島「…………」

苗木「それともう一つ、その後に言ってた『いつか味わいたい絶望』について」

苗木「―――《好きな相手が、愛する人が死ぬ絶望》について」

江ノ島「…………」

江ノ島「苗木ってば記憶力いいねー。あたしのザルみたいな頭みそとは大違いだ」

苗木「はは、まぁ、あの時の事は印象的だったから」

江ノ島「へえー」


てくてく


苗木「……それで、さっき答えてくれた事」


『あんたと一緒にいるのは楽しいよ、いっつも』


江ノ島「改めて繰り返されると、なんか恥ずかしいわ」

苗木「ボクだって恥ずかしい目にあったんだから、少しくらいいいでしょ」

江ノ島「えーすっごい似合ってたのにー」

苗木「嬉しくないよ!」

江ノ島「うぷぷぷぷ!」


てくてく


江ノ島「……それで?」

苗木「え?」

江ノ島「話、途中だったじゃん」

苗木「………うん」

江ノ島「…………」

苗木「……今まで話してきたこと全部ひっくるめて、一つ聞きたいことがある」

江ノ島「何でもどうぞ~」



苗木「江ノ島さんはボクの事、どう思ってる?」

苗木「今日一緒にいて………どう感じた?」

苗木「ちゃんと……ちゃんと答えて欲しいんだ」



江ノ島「ん。分かった」



江ノ島(苗木が何のアクションも起こしてこなければ、墓場まで持ってくつもりだったけど)

苗木「…………」

江ノ島(ま、これも運命ってやつよね。あ~絶望だわ)


江ノ島「苗木」

苗木「うん」

江ノ島「あたしはね――」



江ノ島「あたしは、あんたの事、好きだよ」

江ノ島「一緒にいる時間が楽しい。それも本当の事」



苗木「……そっか」

江ノ島「何その反応、もっと喜ばないフツー?」

苗木「いや、嬉しいよ。とっても嬉しい」

江ノ島「だったら」

苗木「だって……まだ、話は終わってない……そうだよね?」

江ノ島「……」

江ノ島(やっぱり無理だね。ホント………ホントに、バカな男)

江ノ島「ホント、こういう時ばっか鋭いよね苗木は」

苗木「そ、そうかな」

江ノ島(いや……バカは、あたしか)

苗木「……江ノ島さん」

江ノ島「話す、話すから。そんな怖い顔しないでよ」



江ノ島(あぁ)


江ノ島「……あたしは、あんたの事すっごい好き」


江ノ島(さようなら)


江ノ島「もっともっと、同じ時間を一緒に過ごしたい」


江ノ島(さようなら)


江ノ島「でも……あんたの事好きになればなるほど」


江ノ島(さようなら)




江ノ島「同じくらいに………あんたを死なせてみたい、っていう自分がいる」




江ノ島(さようなら……苗木誠)




苗木「…………」

江ノ島(黙っちゃった……まぁ、当たり前っちゃ当たり前だけど)

苗木「……それで全部?」

江ノ島「そう。今のあたしを作ってるもの、これだけ」

苗木「…………」

江ノ島「……あ、ごめん。まだ一つあった」

すっ

苗木「……ナイフ」

江ノ島「そう。お姉ちゃんとお揃いの」

江ノ島(それに……)

苗木「行き止まり……か」

江ノ島「そゆこと」


江ノ島「もう知られちゃったからしょうがないの」

江ノ島「アタシはここでアンタを殺す……そうしなければ、アタシはアタシでいられなくなる」

苗木「江ノ島さん……」

江ノ島「大好き、愛してる。だから…………」

江ノ島(なんか変な感じ……思ってたのと全然違う)

江ノ島(うぷぷぷ、何処まで絶望的なんだあたし)






江ノ島「だから……………………死んで?」ひゅっ


江ノ島(さようなら………大好きなあなた)






がっ

江ノ島「え……?」

江ノ島(ナイフの刃を……掴んでる!?)

苗木「……それは………ぅよ………」ぽたり

江ノ島「な、なに………?」






苗木「そ れ は ち が う よ ! ! !」








江ノ島「うっ……!」

苗木「そこまでボクの事を想ってくれてるのは嬉しい。でも――」


ぶんっ

からんからん…


苗木「愛する人が死ぬ絶望?自分じゃいられなくなる?黙れ!」

ぎゅっ

苗木「いいかい。よく聞いて盾子」

江ノ島「…………」




苗木「これからキミは……一生、ボクのものだ」




江ノ島「……はぁ!?」

江ノ島「話が全然わかんn」

苗木「いいから黙ってろ」

江ノ島「いっ!?」

江ノ島(ちょっとちょっと……さっきとキャラ違いすぎ……)



苗木「これから先、どんなにカッコイイ奴が現れても、どんな金持ちが現れても」

苗木「ボクから離れる事は許さない。一生だよ」

苗木「どう?絶望的でしょ?」



江ノ島「苗木……」



苗木「あとは、死ぬのだっけ?いいよ、ボクの事殺しても」

苗木「ただしそれは、もっと先の事」

苗木「これから一緒に色んな事やって、思いっきり人生満喫したら」

苗木「その人生の最後に……ボクはキミに殺されるよ」

苗木「ボクは……大好きな盾子に、殺されて人生を終えたい」



江ノ島「っ!」ぞくぞくぞくっ

江ノ島(苗木……あんた……)




苗木「どう?ボクと盾子の絶望的な人生計画」






江ノ島「……うぷぷ……」

江ノ島「あーっははははははははははは」

江ノ島(やっぱり苗木はバカだった)

江ノ島「なに、その、絶望的な人生設計?ぷぷっ、はははははははは」

江ノ島(それも、想像してたより百倍くらい)

苗木「そ、そんな笑う事ないでしょ!?」

苗木「ボク結構頑張って言ったんだよ!?」

江ノ島「はは、ごめんごめん……うぷぷぷぷっ」

苗木「ちょっと盾子!」



江ノ島(……苗木と絶望的に生きてくのも、悪くない……かね?うぷぷぷ)



苗木「もうっ、ひどいよ……」

江ノ島「あーもう、ごめんってばー。ま・こ・と♥」ぎゅっ

苗木「あぷっ」



江ノ島「お詫びに、まことの大好きなおっぱいでぎゅってしてア・ゲ・ル♥」



苗木「む、むがっ」

江ノ島「うぷぷぷっ」

苗木「んーんー!」じたばた

江ノ島「………ねぇ、あたし我慢できなくて、少ししたらあんたの事殺すかもよ?」

江ノ島「それでm」

苗木「ぷはっ」がばっ

苗木「させないよ!盾子がしたくても、させてあげない。その方が――」

江ノ島「絶望的、でしょ?」

苗木「……そう。その通り」にっこり

江ノ島「うぷぷぷ!」




江ノ島「誠……殺したいくらい、愛してる」

苗木「ボクも盾子の事、愛してるよ」



ちゅっ





桑田「……苗木と江ノ島が行ってから二時間、か」

葉隠「外に出てっちまったから、状況が掴めんし」

山田「十神白夜殿はエラー起こしてますし」



十神「ナエギ……オレノナエギ……」



大和田「…………」

石丸「十神君は大丈夫か?」

大和田「そっとしといてやれ」



葉隠「んでも、これを乗り切ったらこの茶番も終わりだべ」

山田「最後の指令は一体どんな?」

葉隠「これだべ」



作戦⑨:



桑田「………何も書いてねぇんだが?」

葉隠「俺もびっくりしたべ」

山田「じゃあ今回は苗木誠殿が作戦を……」

大和田「今までも全部そんな感じだがな」

葉隠「ま、気長に待つべ」

石丸「それにしても、もう少しで5時を過ぎる。ちゃんと帰って来るだろうか……」

桑田「お前オカンか」







葉隠「……お、帰ってきたべ!」

十神「………アウ?」



苗木「あ、みんなただいま~」

江ノ島「あんたらどしたの?全員集合しちゃって」



石丸「ちゃんと帰ってきて安心した」

江ノ島「………え、お母さん?」

大和田「……どうやら上手くいったみたいだな。お疲れさん」

苗木「大和田クン!来てくれたんだ、ありがとう」




桑田「……なーんて話しながらよ」

葉隠「ばっちし腕なんか組んじゃってまぁ旦那!やるねぇ!」

江ノ島「別に普通っしょ?」

桑田「あ?」

苗木「だって僕達愛し合ってる訳だし」

葉隠「だべ?」



苗木・江ノ島「「ねー♪」」ちゅっ



桑田「…………」

葉隠「あぁ……苗木っちが遠い……」

山田「wwwwwwwwww」







江ノ島「んじゃ、また明日ね~ま・こ・と♥」

苗木「うん!また明日」



苗木「ふぅ」

十神「………苗木」

苗木「うわっ!……あ、十神クン!」

十神「苗木っ、心配だっt」

ぎゅううっ

十神「なっ………」

苗木「…………」

十神「な、ななななな何のつもりだ苗木っ」

苗木「ありがとう」

十神「こんなっ……なに?」

苗木「ありがとう、って言ったんだよ」

十神「あ、あり?」



苗木「十神クンが、あそこでボクの背中を押してくれなかったら、作戦を考えてくれなかったら」

苗木「きっと、こんなに上手くはいかなかったよ」



十神「…………」



苗木「みんなと仲良くなれたのは、十神クンのお陰だよ。だからね――」




苗木「ありがとう、白夜クン」にっこり




十神「んぐふっ!!!!!!!!」どぱぁあん

苗木「っ!?白夜クン!?」

十神「」ちーん

苗木「えぇぇ!?な、何が起きたの!?ちょっと誰かーーーー!」







――翌日


桑田「よう」

葉隠「おう、桑田っち」

桑田「……お前元気そうだな」

葉隠「占いによると、俺の今日の運勢は最高らしいからな!」

桑田「そうかよ………俺は疲れが取れねぇ」

葉隠「あれま」

桑田「………あれま、じゃねぇよ。半分はテメーのせいだ」

葉隠「ははー、めんごめんご」

桑田「」いらっ

桑田「おいこの野郎――」




石丸「た、大変だ!!」




桑田・葉隠「「ん?」」

石丸「きょ、教室で、苗木君が……」

葉隠「ど、どうしたんだべ」




石丸「苗木君がクラスの女子達に囲まれて一触即発の空気に!!」

桑田・葉隠「「なんだとっ!?」」




桑田「お、おい……まさか」

葉隠「恐らく、そのまさかだべ…………なんつったって、苗木っちはクラスの女子全員に告白しちまってんだからな」

葉隠「むしろ三日間何も起きずにスムーズに計画が進行した事自体、奇跡みたいなもんだべ」

桑田「どどどうすんだよ?」

葉隠「どうするも何も、取り敢えずは現場だべ。石丸っち!」

石丸「あぁ!」







@教室


石丸「兄弟!二人を連れてきた!」

大和田「おう、来たか」

葉隠「んで、苗木っちはどうなってんだべ!?」

桑田「ま、まさか流血沙汰になったりしてねぇだろうな!?」

大和田「……なんて説明したんだよ兄弟……」

石丸「?」

大和田「まぁいい。オラ、自分の目で確かめろ」



桑田・葉隠「「―――」」いそいそいそ



桑田・葉隠「「っっっ!!!!!」」






霧切「本当、最低のクズね」がすっ

苗木「うぅっ」

舞園「見損ないました」ぼすっ

苗木「ぐふっ」

セレス「ナイト失格ですわビチグソ」ごりっ

苗木「うっ」

朝日奈「ひどいよっ苗木のばかっ」どん

苗木「」

大神「………ふんっ」ちゅどーん

にゃえぎ「」

不二咲「………ぐすっ」ばちばち

えぎ「」

腐川「やっぱり…あたしには白夜様だけよ」ざくっ

え ぎ「」

戦刃「さようなら…苗木くん」ざしゅっ

き「」

江ノ島「うぷぷぷぷ……じゃーねー苗木」ぽいっ


どがぁーーーーーん


こっぱみじんEND
































山田「だったら怖いですねwwww」

大和田「黙ってろ」




こっちが本当だよん


霧切「ちょっと誠、ちゃんと聞いてるの?」ぎゅっ

苗木「勿論、聞いてるよ」ちゅっ

霧切「んっ////」

舞園「あっ、霧切さんずるいです!まーくん、わたしにもキスしてください!」

苗木「うん、おいで」

舞園「ふふっ……んっ…あぁ////」

セレス「ちょっと、彼はわたくしのナイトですのよ!」

苗木「ほら多恵子、落ち着いて」

安広「んむっ…っはぁ……もう、強引なんですから/////」

朝日奈「だーりんっ、こっちこっち!」

苗木「ん?どうしたnんっ」

朝日奈「ちゅっ……えっへへ///」

大神「誠よ」

苗木「ぷはっ……あ、さくらちゃん!」

大神「その、だな……我にも、せ、接吻を」

苗木「はーい!」

大神「んん………ぬぅ////」

不二咲「ま、まことくん!」

苗木「不二咲さんも?ちゅっ」

不二咲「ふぇ?え、あん……んあっ、なえぎきゅん////」

腐川「ちょっとあんた、何してん」

苗木「腐川さんも、こっち」

腐川「ちょ、ちょっと待……んん、んあぁ……なによぉ/////」

戦刃「苗木くん……私もしてほしい……」

苗木「あったりまえだよむくろちゃん!」

戦刃「ちゅっんっ………えへへへ、まことくん////」

江ノ島「うぷぷぷぷ!何この状況」

苗木「とっても絶望的でしょ?」

江ノ島「ははっ、最高だわ苗木……ちゅっ///」

苗木「んっ………」











桑田・葉隠「「…………………」」

山田「wwwwwwwwwwww」





桑田「…………俺さ、決めたよ」

葉隠「…………何を」

桑田「…………頭、坊主にするわ」

葉隠「…………まぁ、好きにするといいべ」




石丸「んぐぅ……クラスの皆が仲良くなった事は素晴らしいが……これでは風紀が……いやしかし……」

大和田「いや兄弟、そんなに深く考え」

石丸「……苗木くんの悩みが解決した事は祝福したいし……ううむ……」

大和田「……あんたは一生そのままでいてくれ」

石丸「?」




十神「はぁっ、はぁっ!」

山田「十神白夜殿、体調はもう良いのかい?」

十神「言ってられるか!苗木は何処だ!」

山田「あそこ」


<いちゃこらいちゃこら


十神「…………」

山田「……?」




十神「まことぉぉぉぉぉおお」だだだだだだ

苗木「あ、白夜クン!」




山田「…………」

山田「ふっ、やれやれだね」










山田「こうして、超高校級の面々を巻き込んだ騒動は無事終結した」

山田「桑田怜恩殿が坊主になったり、葉隠康比呂殿の水晶が再び割れたりと、些末な犠牲はあったが」

山田「再び、この希望ヶ峰学園に平穏な日々が帰ってきた」

山田「そして、今日もまたいつもの様にみんなで集まって――」がらがらっ








苗木「ボク、また皆に嫌われちゃったらしいんだ!!」







十神「……………」

葉隠「……………」

桑田「……………」

石丸「……………」

大和田「……………」



山田「……………」







十神・葉隠・桑田・石丸・大和田「「「「「ふざけんなっっっ!!!!!!!!!!」」」」」






山田「wwwwwwwwwwwwwwwww」











おわり



ぽっと思いついたネタを、空き時間にポツポツ投下してたらクソ長くなってしまった。
最後まで読んでくれて本当に感謝感激雨あられです。


一応、これで全部終わりですが、何か要望があれば。

じゃあ、苗木とヒロインと十神のその後か見たい

みんなが運び込まれた保健室での様子が知りたいですな

では、また明日の夜にでも>>409>>410をやります。

気が向けば、見てって下さい。



エピローグ



苗木「無事にクラスのみんなと仲良くなって、楽しい学園生活を過ごしたボク達は、希望ヶ峰学園を卒業した」

苗木『一緒に過ごした思い出が沢山詰まった学園から出るのは、少し寂しかったけど……』

苗木『「卒業してもずっと一緒にいたい」って皆が言ってくれて、そんな寂しさは吹っ飛んだ』

苗木『そして、それからボク達は――――』




嫁’s「「「「「「「「「結婚???」」」」」」」」」




十神「そうだ。苗木も法律的にもそれが許される年齢になった。丁度いいだろう」



霧切「そうよね……そうよ、これで正真正銘まことが私の夫……ふふ、ふふふふふふふ」

舞園「結婚……マスコミとかにバレない様にしないと……でも嬉しいです///」

セレス「ナイトのくせにわたくしを伴侶にと?………別に構いませんけど///」

朝日奈「う、うわ、どうしよさくらちゃん!だーりんとけ、結婚だって……きゃーーーー!///」

大神「お、落ち着け朝日奈。誠の妻として堂々とだな……」

不二咲「大神さん……それ、学園長の銅像だよ?」

腐川「ちょっと結婚って、あたしには白夜様が……でも……///」

戦刃「盾子ちゃん盾子ちゃん、まことくんと結婚だって……えへへへへ///」

江ノ島「まぁ、当然でしょ?ねぇ~まことく~ん♪」


わいわいどやどや






桑田「」

葉隠「……涙拭けって」

山田「爆発しろーーーー!」









十神「苗木」

苗木「け、けこ………」ぽ~

十神「ミジョナリオスアッパァァァ!!!!」ごすっ

苗木「ほぶっ」ひっと!

十神「しっかりしろ苗木」

苗木「うぅ………」

十神「……お前の想いはそんなものか」

苗木「っ!」

十神「あいつらと一緒に人生を歩んでいく覚悟も意地も……お前には無いんd」

苗木「それは違うよ!!!!!」ぎゃるーん

十神「…………」

苗木「っ………」

十神「よく言った!!お前ら聞いたな?……それではこれから婚前旅行として“オランダ”へ飛ぶぞ!!」




嫁’s「「「「「「「「「おーーーー!!!」」」」」」」」




苗木「お、おー…………って、え?オランダ?」







石丸「お土産を楽しみにしているぞ!」

大和田「不二咲の事、よろしく頼んだぜ」

苗木「う、うん…………オランダ?」







苗木『そしてボクらは旅立った』

苗木『何故オランダなのか、よく分からなかったけれど……』

苗木『それは、着いてすぐに分かった』




不二咲「え、ぼ、僕が?」

十神「そうだ。そのためにここへ来たんだからな」




苗木『それは、ちーちゃんと結婚するためだったんだ。日本じゃ同姓婚は認められていないからね』

苗木『ボクとちーちゃんは、皆より一足早く結婚する事になった。書類関係だけだったけど』




不二咲「これからも……よろしくね///」ちゅっ

苗木「もちろんだよ」ちゅっ




苗木『何か十神クンがこそこそしてたのが気になったけど、ちーちゃんが可愛かったからどうでも良いや』

苗木『そして皆で観光した後。十神クンの鶴の一声で――』




十神「アラブに行くぞ!」





苗木『―――アラブへ飛んだ』







苗木『理由は言わずもがな―――そう、一夫多妻婚のためだった』

苗木『十神クンが財力にモノを言わせて、盛大な結婚式が開かれた』




霧切「まこと」

舞園「まーくん♪」

セレス「誠君」

朝日奈「だーりん!」

大神「誠」

不二咲「まことくんっ」

腐川「な、苗木」

戦刃「まことくん」

江ノ島「まこと♥」

十神「誠」




嫁’s「「「「「「「「「大好き!」」」」」」」」」




苗木「は、ははは……」

苗木「ボクも皆が大好きだよ!」




苗木『これからも、色々大変な事が有るだろうけど……皆がいれば、きっと大丈夫!』



苗木『希望は前に進むんだ!!』







――五年後 希望ヶ峰学園第78期生同窓会名簿


石丸 清多夏

大和田 紋土

桑田 怜恩


苗木 誠

苗木 響子

苗木 さやか

苗木 多恵子

苗木 葵

苗木 さくら

苗木 千尋

苗木 冬子

苗木 むくろ

苗木 盾子

苗木 白夜


葉隠 康比呂

山田 一二三





桑田「」

大和田「……涙拭けよ」

葉隠「同窓会ってか、親戚の集まりみたいになってんべ」

山田「wwwwwwwwww」

石丸「久しぶりに皆で集まるのも良いものだな!」



苗木「あ、みんな!こっちこっち」



葉隠「おう!……ほら、いい加減泣き止めって」

桑田「」

大和田「行くか兄弟」

石丸「そうだな!」









山田「エピローグもお・わ・り☆」






おまけ:保健室にて





一日目



苗木「じゃあね、響子」

霧切「じゃ、じゃあ……///」



霧切「…………//////」

霧切(まさか、まことが私の事を好きだなんて……ふふ、ふふふふふふふふふふ/////)ばたばた

霧切(しかもあんなに何回もキスをしながら――あんなことやこんなこと……)ばたばた

霧切(しかも激しく体を抱きしめあいながら――)


霧切「たまらないわっっっ!!!」ぎゃるーん

保健医「っ!?」びくっ


霧切(あぁ、もう我慢出来ない)

霧切「はぁぁん……まことぉ……あぁぁぁああん」くちゅくちゅ





苗木「それじゃね、さやちゃん」

舞園「はい……ありがとうございました////」



舞園「ふふっ/////」

舞園(『大好きだよ!』って……ずっとずっと聴きたかった言葉。だけど……聴けなかった言葉)

舞園(言ってくれた瞬間、心がじんわり暖かくなって……)


<くちゅくちゅ


舞園(まるで、まーくんに魔法をかけられたみたいです♪)


舞園「……大好きです、まーくん♪」


舞園(あぁ、どうしよう。頭がいっぱいです//)


<くちゅくちゅ


舞園「……さっきから聞こえてるのは、何の音ですかね?」






苗木「またね、多恵子」

安広「は、はい……///」



安広(彼が言ってくれた言葉が、まだ耳に残っていますわね)

安広「はぁ………苗木多恵子、ですか////」

安広(それではまるで、わたくし達が夫婦の様なっ――)


<くちゅくちゅ


安広「……でも、いつかは本当に……///」

安広(信じても、良いですわよね?誠君)


<くちゅくちゅ


安広「……なんですの、この雑音は」








霧切「ふぅ……///」てかてか

霧切(ちょっとハッスルしすぎたわ……そろそろ部屋に戻らないと)

からからから

霧切「っんーー……」

舞園「あれ、霧切さん?」

霧切「えっ?」ばっ

舞園「やっぱりそうでした。どうしたんですか?」

霧切「いえ……ちょっと休んでいただけよ」

舞園「奇遇ですね!私もなんです」

霧切(自慰行為をしていたなんて……言えないわ)どきどき

舞園「そういえば、霧切さん。変な音聞こえませんでした?」

霧切「ふぇ!?」どきんっ

舞園「何か…水音みたいでしたけど」

セレス「それなら、わたくしも聞きましたわ」

舞園「あ、セレスさん。セレスさんも休まれてたんですか?」

セレス「えぇ。……霧切さんは聞こえなかったんですの?」

霧切「あ、う……聞こえた、というか……」

舞園・セレス「「?」」

霧切「その………失礼するわっ!」だだだだだだ

舞園「え、霧切さんっ?」

セレス「なんだったんですの……?」






二日目



苗木「お休み、葵」

朝日奈「う、うん/////」



朝日奈「…………」

朝日奈「~~~~~~っ!!////」ばたばた

朝日奈(う~~~あ~~~~!!!!)

朝日奈「どうしよう……だーりんの顔見れそうにないよ……///」

朝日奈(でも……これで恋人同士、なんだよね?)


朝日奈「えっへへへ/////」


朝日奈(胸がきゅんきゅんする~~~!///)ばたばたばた






大神「…………」

大神(誠から、朝日奈が保健室にいると聞いたが――)



朝日奈「きゃ~~~~~~!/////」ばたばたばた



大神(どう声を掛けたら良いか分からん……)


朝日奈「へへ……だーりん///」


大神(なんと!?)


朝日奈「だいすき……///」


大神(見ているこっちが恥ずかしくなってしまうな……///)








苗木「それじゃあね、ちーちゃん」

不二咲「じゃあね///」



不二咲「男なんて関係ない……か」

不二咲(嬉しいなぁ……本当に夢みたい……///)



<っきゃーーーーー! ばたばたばた



不二咲「っ!?」

不二咲(な、なんだろう……今の)

不二咲(何か聞いたことある声だったけど……)そろそろ



大神「ぬ?」

不二咲「あ」


朝日奈「~~~~~~~!」ばたばたばた



大神「…………」

不二咲「…………」


朝日奈「うきゅぅ………う?」


大神「…………」

不二咲「…………」

朝日奈「…………」



朝日奈「うわーーーーん!!」だだだだだ

大神「ま、待て朝日奈!」だだだだだだ

不二咲「はは………」

不二咲(なんだったんだろう……?)







三日目



苗木「じゃあ、しっかり休んでね冬子」

腐川「わ、わかった…////」



腐川「……幻覚、とかじゃないわよね……」

腐川(まさか白夜様以外の男と、あんな………////)



腐川「あぁぁぁぁぁあ」

保健医「っ!?」びくっ



腐川「な、なんてこと……一緒に入浴なんて……」


―――でも嬉しかったんだろ?


腐川「っ!!////」

腐川「そんなことっ……そんなこと、ないわよ////」








戦刃「…………」

江ノ島「どしたの?」

戦刃「……私達、保健室行ってないから出番ない…」しょぼーん

江ノ島「あー、そう言えばそうだっけ」

戦刃「うぅ……まことくん……」

江ノ島(ホント、どこまでも残姉ちゃんだよね……)

戦刃「うぅぅ……」しょぼぼーん

江ノ島「………よし、分かった!」

戦刃「……え?」

江ノ島「何か甘いもの食べに行こう」

戦刃「あ、甘いもの?」

江ノ島「そう。あたしが奢ってあげるからさ」

戦刃「本当?盾子ちゃん」きらきらきら

江ノ島「ホントホント。さ、行こうお姉ちゃん」ぎゅっ

戦刃「うん!……えへへへ♪」ぎゅっ














ぜーんぶおわり

なんとか終わりました……最後やっつけ気味なのはご容赦を。

え?ケンイチロウは!?松田くんは!?等、疑問は多々あると思いますが、細けぇこたぁいいんだよ!の精神で流して頂ければ。



最後の最後まで読んでくれた方々に感謝感謝感謝。
まだ何個かネタが有るので、また立てた時はよろしく。さらば。

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年11月02日 (土) 11:49:35   ID: KqhYIwb8

ここまで徹底したハーレムssが今まであっただろうか……

2 :  SS好きの774さん   2015年04月07日 (火) 12:15:40   ID: _m6FINVF

天然のゲスほど怖いモノは無い

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom