一夏「ISが起動しない…」(192)

ラウラ「どうした?嫁よ 早くISを起動しろ まさか私に怖気づいたか?」

一夏「……(なんだ?ISが起動しないぞ…どうしたんだ 一体…)」

ラウラ「…おい 一体どうしたというのだ まさか私と練習したくないということか?」

一夏「ラウラ…」

ラウラ「むっ なんだ急に改まって」

一夏「ISが…」

一夏「白式が起動しないんだ…」

ラウラ「」

ラウラ「まさか…嫁よ冗談は大概に…」

一夏「ほ、本当なんだ!さっきから起動しようとしてるのに全然反応がなくて…」

ラウラ「…わかった、嫁はきっと疲れてるのだろう、練習は明日付き合ってもらうぞ」

一夏「なんで急に…」


-----~一夏の部屋~-----


一夏「(もともとISは女性にしか反応しない兵器…)」

一夏「(ISが起動しなくなったのは当然のことなのか?)」

一夏「(もしこのままずっと起動できなくなったら…俺は…どうなるんだ?)」

バタン!

セシリア「一夏さん!」
シャル・鈴・箒「一夏!」

セシリア「ISが起動できなくなったのは本当ですの⁈」

シャル「一夏…本当なの?」

一夏「………」

鈴「ちょっと!返事ぐらいしなさいよ!わ、私たちはい、一夏のことが心配で…」

一夏「…何が心配だよ……!」

鈴「ビクッ!」

セシリア「い、一夏さん?」

シャル「一夏…?」

一夏「何が心配だよ! 心配されたくらいでISがまた起動できるようになるのかよ‼」

シャル「そ、そんな…一夏…ひどいよ…」

セシリア「い、今のはひどいですわ!一夏さん!」

鈴「(一夏が…私を…怒鳴った…ひどいよいちかぁ)グスン」

箒「………」

一夏「ごめん……だけど今日は一人にしてくれないか…」

シャル「うん…分かったよ」

セシリア「一夏さん…ではまた明日…」

箒「ほら、行くぞ鈴…」

鈴「うん…」 バタン…

一夏「………俺は最低だな」

一夏「(なあ白式…お前はこんな俺に愛想つかしたのか?)」

シャル&ラウラの部屋


ラウラ「やはりいかない方が正解だっただろう?」

シャル「うん…でもなんで一夏は怒鳴ったりしたのかな…」

ラウラ「恐らく嫁は普段当たり前にできていたことが突然できなくなったことで焦りや恐怖を感じてしまっているのだろう…」

ラウラ「とにかくしばらくは一夏の前でISの話題は禁止だ」

シャル「分かったよ じゃあおやすみラウラ…」

ラウラ「(一夏…)」

シャル「(一夏…)」

その頃


箒「一夏のISに何をした?」

束「…私はなんにも知らないよ」

箒「とぼけるな、一週間前に突然「一夏のISをメンテナンスする」と言って学園に来ただろう?セシリア達は知らないが私は見ていたんだぞ」

束「もうっ! 箒ちゃんは疑り深いなあ、そんなんじゃいっくんに嫌われちゃうぞ?」

箒「真面目に聞いている!」

束「…あっと 電話来たみたいだ、じゃあ電話切るねー じゃあねー箒ちゃん」ガチャッ

箒「あ…まて! くっ…」

箒「一夏…」

その頃

鈴「もう…一夏の奴どうしたっていうのよ…」

鈴「(お願い一夏…私が悪かったから嫌いにならないで…)」

鈴「寝よ… あっメールが来てる…一夏からだ」

一夏
「今日は心配しにきてくれたのに怒鳴ってごめんな。最低だよな俺…本当にごめん。 すごく怖かったんだ…突然ISが起動しなくなったことが…」

鈴「一夏…」

鈴「な、何よ!怖かったんだったら素直にいいなさいよ!そしたら私が慰めて…」









~妄想~

一夏「うう…このままISが起動できなかったら俺は一体どうすればいいんだ…」

鈴「大丈夫よ一夏…私がずっとそばにいてあげるから…ISが使えなくなっても関係ないわ」

一夏「鈴…ありがとう」

鈴「おいで一夏…抱きしめてあげる」

一夏「鈴…」

鈴「一夏…」 チュッ…


鈴「…って私はなに考えてんのよ!一夏が困ってるのに…」

すいません寝ます
つまらなかったら落とすなり誰かが代わりにやるなりして下さい

妄想2

鈴「んっ…一夏ぁ」

一夏「はあ…はあ…鈴…ごめんな今までずっとかまってやれなくて」

鈴「いいの…謝らないで…それより一夏…キスだけじゃもの足りないの…」ヌギヌギ

一夏「……!」

鈴「ねえ一夏……しよ?」

一夏「うっ!……くっ…!あああああああ!」 ガバッ!

鈴「ちょっちょっと一夏!…あっ!やだ…そんなに乳首を吸わないで…んんっ!」

一夏「悪い鈴…もう我慢ができないんだ…」 ヌギッ

鈴「(あっ!…あれが一夏のち○こ…!)

一夏「なあ鈴…入れていいか…?」



鈴「…うん、いいよ…一夏なら…」

一夏「ああ…」ズボッ

鈴「んあっ⁈ んっ! ハアッ!」

一夏「ハアッ!ハアッ! 鈴!痛くないか?」

鈴「大…丈っ…夫! ああっ何これ…何か…くる!」

一夏「うっ…!鈴…出すぞ…!」

鈴「来てっ! いちかぁ…」

一夏「りん…」

一夏・鈴「ああああああああっ!!!」

鈴「ああっ! はあはあ…」

鈴「…なんて夢見てんのよ」

エロ下手くそですいません。消されなかったら五時間後くらいに本編

~~朝~~

一夏「(とりあえず朝か…)」

一夏「……やっぱりISは起動しない…か」

一夏「朝飯の前に千冬姉に相談するか…」


~~~職員室~~

一夏「ちふ…織村先生。少しお話したいことがあるのですが」

千冬「なんだ一夏、こんな朝っぱらから…私はこれから朝食を取るのだが」

一夏「今すぐ聞いて下さいお願いします。」 ペコリ

千冬「…分かった、では私の部屋へ来い。朝食を食べながら聞いてやる。」

~~千冬の部屋~~

千冬「それで、話したいこととはなんだ?」

一夏「千冬姉…今から話すこと信じてくれるか?」

千冬「…弟を信じない姉などいるものか」

一夏「ありがとう…実は…昨日の放課後から…ISが起動しないんだ…」

千冬「……」

一夏「なんで起動しないのかは分からない… なあ千冬姉…俺これからどうすれば…」

千冬「…とりあえず他の先生方にはISの実戦訓練でお前を指さないよう言っておく。だから授業には参加しろ…以上だ」

一夏「このままずっと使えなかったら俺は退学…だよな」

千冬「…今はそういうことは考えるな…それに…」

千冬「それにお前がISを使えなくなっても私とお前の関係は変わらない。だから何も心配するな」

一夏「分かった、それじゃあ俺も朝食食べに行くよ」

千冬「ああ…あとそれからクラスの連中にはいつも通り接しろ。奴らに騒がれたらうるさいからな」

一夏「うん、聞いてくれてありがとう千冬姉」バタン

千冬「ISが起動しない…か。」

~~ 食堂 ~~

一夏「やべっ!遅くなっちまった急いで食べないと…」

一夏「ん?あそこにいるのはセシリアか?」

セシリア「…(昨日箒さんの部屋を通りかかったときに偶然聞いたあの電話…)」

セシリア「(一夏さんがISを使えなくなったのは束博士のせい?)」

一夏「おはよう、セシリア」

セシリア「わわっ!一夏さん?お、おはようございます!」

一夏「(やっぱ俺を怖がってるのか…当然だよな、あんなに怒鳴ったんだから)セシリア…昨日はごめんな。」

セシリア「だ、大丈夫ですわ 一夏さん気にしないで下さい。それより一夏さん…」

一夏「?」

セシリア「(よくよく考えれば私は盗み聞きしたことをそのまま伝えようとしてる…)」

セシリア「(それに束博士のせいだという証拠はありませんわ)」

セシリア「いえ…なんでもありません。それでは一夏さん、また教室で…」

一夏「あ、ああ…」

一夏「(何を言いたかったんだろう…まあ今は急いで飯を食べないと)」

一夏「なぁ、千冬姉、俺これからどうすれば・・・」
千冬「イチカスは退学決定wwwwww」

~~~教室~~~

のほほん「ああ~おりむ~だ~おはよ~」

一夏「あ、のほほんさんおはよう」

箒「おい一夏ちょっと来い」

一夏「箒、昨日はその…嫌なところみせてごめん」

箒「それはもう気にするな。それより一夏。一週間前に束がお前のところにきただろう?そのとき何をされた?」

一夏「束さん?確かに来たな……あれ、なんか思い出せない…何があったっけ…」

箒「よく思い出せ!」

一夏「そんなこと言われても…なんか変なんだ。その部分だけ記憶が抜けているような…」

箒「…そうか、悪かったな」

一夏「ごめん…それじゃあ次の授業の準備してくる」スタスタ…

箒「…(やっぱり間違いない)」

山田「それではこれからISを使った訓練を行います」

山田「まずは専用機を持った…えーとシャルロットさんと、いちk…セシリアさんお願いします」

生徒1「せんせーい 一夏君の操縦が見たいでーす」

一夏「………」

山田「え、えーと一夏君はその…」

一夏「ごめん、今日はちょっと気分が悪いんだ。操縦はまた今度な…」

生徒2「えー、一夏君大丈夫?」ワイワイ

山田「はい、みなさん少しうるさいですよ。ではシャルロットさんとセシリアさんお願いします」

一夏「……」

シャル「(一夏…)」
ラウラ「(嫁よ…)」

すいません。また用事があるので抜けます。つぎは6時くらいからです
つまらなかったら落とすか他の方が書いて下さい。

今戻りました
保守してくれた方に感謝です

~~放課後~~

ラウラ「嫁よ…今日も無理そうだな…」

一夏「……ごめん、ラウラ」

ラウラ「いや、気にするな。ではまた明日会おう」

一夏「ああ…じゃあな」

ラウラ「…嫁よ、諦めてはだめだぞ」

一夏「………もちろん諦めないつもりさ」

ラウラ「ふっ…それでこそ私の嫁だ」スタスタ

一夏「(……諦めない…か)」

その頃

箒「(やっぱり束が関わってることには間違いない…私はどうすれば…)」

セシリア「箒さん」

箒「うわっ!…セシリアか、何か用か?」

セシリア「少しお話がしたいので私の部屋へ来ていただけませんか?」



~~セシリア部屋~~
箒「それで話とはなんだ?」

セシリア「……実は私昨日あなたの電話をきいていましたの…」

箒「!……」

セシリア「も、もちろんはじめから聞くつもりなんてありませんでしたわ!ただドアが開いてらしたので…」

箒「そうか…できるだけ自分の手で片付けたかったのだがな…」

セシリア「なぜです⁉一夏さんのことなのでしょう⁉でしたら私たちにも相談してくれても…」

箒「セシリア、お前も私の姉と会話したことがあるなら分かるだろう?」

セシリア「!」

箒「私の姉…束は基本的に私と一夏…それから織村先生以外には興味のない人間だ、もしお前たちが関わってしまったら…下手したら束はお前たちを殺すかもしれない…」

セシリア「………」

箒「とりあえず私は次の日曜日に姉に直接聞いてみるつもりだ」

セシリア「でしたら、私も…」

箒「駄目だ………と言いたいが私の身にも何が起こるかは分からない。ばれないようにするんだったらついてきて欲しい」

セシリア「分かりましたわ!それで何時ごろ何処で話しますの?」

箒「…12時にムーンバックスだ」

セシリア「12時にムーンバックスですね、では気づかれないようにいます」

箒「他のものには話さないでくれ」

セシリア「もちろんですわ」


その頃

シャル「そう…やっぱり一夏は元気ないんだ」

ラウラ「ああ…明らかに無理してるだろう」

シャル「なんとかして一夏を元気づけられないかなあ?」

ラウラ「いや、今は私たちは関わらないほうがいいだろう…あれは嫁自身の問題からな」

シャル「そっか…」

ラウラ「ときにシャル。次の日曜日に私と出かけないか?」

シャル「えっ…じゃあ一夏も一緒に…」

ラウラ「いや、嫁には内緒で行こう。たまには女二人で出かけるというのも悪くないぞ?」

シャル「…そうだね。じゃあ一夏がいないから下着でも買おっか!」

ラウラ「ふっ…それでは次の日曜日に10時にここを出て、適当に買い物をしたら12時にムーンバックスで食事…でいいか?」

シャル「うんっ!楽しみだなあ!」

箒って束のことたばねってよんでたっけ?

一夏「(ラウラには諦めないとは言ったけど)」

一夏「(もしこのまま使えなかったらそのときは……)」

一夏「(この学園を…抜けよう)」

ブーッブーッ

一夏「んっ…電話か」

一夏「はいもしもし」

千冬「一夏か?」

一夏「千冬姉…何か用?」

千冬「いや、お前のことだからもしこのままずっとISが使えなかったらこの学園を抜けようとか考えているんじゃないかと思ってな…」

一夏「!!」

>>129 できればなんてよんでいたか教えてください

姉さんじゃなかったか
姉上ではないのは覚えてるけど

>>135 次からはその呼び方でいきます

一夏「ま、まさか…そんなことで学園を抜けるわけないだろ」

千冬「一夏」

一夏「うっ…何?」

千冬「…なんでも一人で抱え込むんじゃない。私とお前は家族なんだ…いつでも甘えてきていいんだぞ?」

一夏「…ありがとう千冬姉」

千冬「そうだ、次の日曜日に久しぶりに二人で出かけるか」

一夏「えっ…二人で出かける?」






鈴「(一夏を慰めようと思って来たら…)」

鈴「(二人で出かけるってどういうことよ!)」

千冬「久しぶりに姉弟でゆっくりお茶でものもうじゃないか」

一夏「……そうだな、そうしよう。それで場所は?」

千冬「11時ごろに二人で学園を出よう。それで12時にムーンバックスというカフェでお茶を飲んでその後は買い物に付き合ってもらうぞ」

一夏「ムーンバックス?そんなところあったっけ?」

千冬「ああ、ショッピングセンターの近くにあるところだ。いい場所だぞ」

一夏「でも12時って混まないか?」

千冬「大抵の客はショッピングセンターの中で昼食を取るから大丈夫だろう」

一夏「分かった、じゃあ次の日曜日な」ピッ



鈴「(12時にムーンバックス…)」

鈴「(ってなに盗聴してんのよ私は!)」

鈴「(べ、別に気になんかならないんだから…)」

すいません風呂入ってきます

箒の束の呼び方は「あの人」が正しい。
ごく稀に「姉さん」

風呂上がりました 続き書きます
>>155 それでいきます

~~~日曜日~~~

9:00

セシリア「では箒さん、私は11時半ごろからムーンバックスにいますわ」

箒「ああ、すまないな。セシリア」

セシリア「礼にはおよびません。一夏さんについての重要なことですし」

箒「……私は12時に姐さんと一緒に店に入る。それからこれを…」

セシリア「これは?」

箒「…あまり使いたくはないが盗聴器だ、私と姐さんの会話を聞いていてくれ」

セシリア「……わかりました。それではまた…」

10:00
ラウラ「では行こうか」

シャル「うん! それにしても久しぶりだねー。ラウラと二人きりで出かけるのは」

ラウラ「…最近のお前は一夏と二人きりでどこかへ行こうとするときが多いからな…」

シャル「うっ… それは…あははは…」

ラウラ「それに最近料理研究会に顔をだすようになったと聞いているが?まさか一人だけこっそり料理の腕を上げて嫁に食べさせようというわけでは……」

シャル「わーっ! もうなんで知ってるの?僕誰にも話してないのに…」

ラウラ「ふっ…我が隊、シュヴァルツェ・ハーゼを舐めるな…」

シャル「うう…怖いよ… …あっショッピングセンター見えてきたね!」

ラウラ「話題を変えるな…」

しえん

11:00
千冬「遅いぞ!一夏」

一夏「え?今ちょうど11時だぜ?」

千冬「ばか者、女性と待ち合わせをするときに待ち合わせ時間ちょうどにくる男がどこにいる」

一夏「え?駄目なのか?」

千冬「……次に女性と待ち合わせをする時には待ち合わせ時間の十分前にはくるようにしろ」

一夏「(よく分からないな…)」


一夏「千冬姉と二人きりで出かけるのは久しぶりだなあ」

千冬「…お前は専用機持ちとばかり一緒にいるからな」

一夏「ま、まあそれはその…」

千冬「それよりもお前はあの五人をどう思ってるんだ?」

一夏「それはもちろん…大切な友達さ」

千冬「お前はその大切な友達を置いて勝手に一人で逃げようとしたのだな?」

一夏「ビクッ! な、なんで…」

千冬「お前は昔から嘘をつくのが下手くそだからな…昨日の電話で丸わかりだ」

一夏「そっか…」

千冬「私はお前をそんな臆病者に育てた覚えはないぞ」

一夏「ごめん…千冬姉」

千冬「……いいか、絶対に逃げては行けないぞ。もしまたお前がいなくなったら私は…」

一夏「?」

千冬「いや、なんでもない…」

一夏「(…千冬姉の言ってる通りだ…俺はみんなを置いて逃げようとした…)」

一夏「(俺は……)」


コソコソ 鈴「(なんだ一夏の相手は織村先生だったのね…ホッ)」

鈴「(って私はなに追跡してるのよ!)」

すまないがホモ以外は帰ってくれのAA↓

誤爆

11:30

セシリア「とりあえずつきましたわ。箒さんにメールと」

セシリア「(それではお先に中に入ってましょう)」 イラッシャイマセー!

~5分前~

鈴「(うう…一夏達見失っちゃった)」

鈴「(ってこれじゃ私ストーカーじゃない!)」

鈴「(ん?あれは…セシリア?帽子被ってるから顔見えないけど)」

鈴「(ちょっと追ってみよ!)

~5分後~

鈴「(ムーンバックス?なんでセシリア一人で?)」

鈴「(まいっか。セシリアも一人でいるより二人の方がいいでしょ)」 イラッシャイマセー!

11:33

鈴「ちょっとセシリア一人で何してんの?」

セシリア「り、鈴さん?どうしてここに⁉」

鈴「えっと…ちょっとねー(まさか一夏を追ってたなんて言えないわ)」

セシリア「(帰れっていうのも可哀想ですわね…はあ…)…仕方ありません。…聞いて下さい鈴さん。もうすぐここに箒さんと束博士が来ます」

鈴「えっ!何でそんなことわかるのよ…それに箒と束博士って仲悪くなかった?…まあ箒が一方的に嫌ってるだけだけど」

セシリア「(ごめんなさい箒さん…約束破ってしまいますわ)…実は一夏さんのことについてなにか分かるかもしれないのです」

鈴「い、一夏のことについてって…ど、どういうことよ…」

セシリア「実は……………」

束博士じゃなくて篠ノ之博士な

>>191 次から訂正しときます

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom