友蔵「す、すまんまる子!抜けなくなってしまった」 (41)

パンパンパン

友蔵「くっ!まる子、中に出すぞ!」

まる子「おじいちゃん!おじいちゃん!おじいちゃーん!」

ボワット!

友蔵「ふぅ…やはり、まる子の中は最高じゃ」

まる子「うん、おじいちゃんのも気持ちよかったよ」

友蔵「まる子…」

まる子「おじいちゃん…」

スー ピシャン!

母「こらまる子!いつまでおじいちゃんとやってるの!早く学校行きなさい!」

まる子「ちぇー、いいじゃんちょっとくらい…ねーおじいちゃん?」

友蔵「そうじゃそうじゃ、ちょっとくらいいいじゃろう」

母「だまりなさい!」

まる子・友蔵「ひええ!」

母「もう朝ごはんできてるけど、食べる時間もないわよ」

まる子「ええ!?もうそんな時間なの!?」

友蔵「なんと、5時間もたってたのか」

まる子「なんでもっと早く教えてくれないのお母さん!」

母「あんたたちが、ずっとイかないからタイミングが無かったのよ!」

遅漏もいいところである

まる子「あー!もう早く着替えなきゃ、おじいちゃん、そろそろ抜いて!」

友蔵「おー、すまんまる子」グッ グッ

友蔵「…はて?」

ググッ ググッ

まる子「おじいちゃん、急いでよー!」

友蔵「ま、まて、あせるなまる子…今ぬいとるからの」グッ ググッ

母「とりあえず、パンだけでも食べられるようにしとくからね、急ぐのよ?」

スー ピシャン

まる子「ああ!遅刻、遅刻しちゃう!おじいちゃん、まだー!?」

友蔵(お、落ち着くんじゃわし…このままではまる子が遅刻してしまう」

友蔵「ま、まる子や…落ち着いて聞くんじゃぞ?」

まる子「落ち着いてられないよ!こっちは遅刻がかかってるの!」

友蔵「す、すまんまる子!抜けなくなってしまった」

まる子「え」

友蔵「じゃからの…抜けんのじゃ」


まる子「ええええええええ!!!?」

友蔵「い、今頑張っとるからの?」

まる子「やだ!やだ!このままじゃ遅刻しちゃうよ~…」

友蔵「ま、まる子!このままじゃ、学校にも行けんから今日は休もう!」

まる子「え…休んでも、いいの?」

友蔵「お母さんには、わしから言っておくから、な、どうじゃ?」

まる子「…うん、分かった」

友蔵(すまんまる子…そんなに学校に行きたかったのか…哀れなじじいを許しておくれ)

じじいの想いとは裏腹に、まる子の頭はお祭り騒ぎであった

まる子(学校が休める!わーい、やったー!)

母「はい、すみません先生…今日はそういうことでお休みで…」

先生「わかりました、今日配布する宿題やプリントは、クラスの方に頼んでみますので」

母「ありがとうございます、それでは…」ガシャン

スー

母「まる子、とりあえず学校には連絡しておいたからね」

まる子「ごめんね、お母さん(いやったー!)」

友蔵「すまんのう、すみれさん」

母「困ったわねぇ…このまま抜けなかったらどうなるのかしら」

まる子(このまま抜けなかったら、ずっと休めるかね…そしたらあたしゃもう一回夏休みを楽しませてもらうよ)

当の本人が、ことの重大さに気付かないとは

 
学校

キーンコーンカーンコーン

先生「おはようございます、みなさん。それでは朝の…」

たまえ(まるちゃん、どうしたのかなぁ)

たまえ(まさか、まるちゃんの身に何かが…)

たまえ(もしまるちゃんの身に何かあったら私…)

先生「―ということで、朝の会を終わります」

先生「ちなみに今日はさくらさんはお休みです」

先生「さくらさんとさくらさんのおじいさんが、セックスをしていたら、おじいさんのペニスが抜けなくなったそうです」

野口「ブフッwww」

太郎「オイラもトミ子としてると、中は締まってるけど出したらすぐにぬけるブー」

はまじ「まじかよ、俺も弟がもうちょっとそだったらできんのかなー」

ホモである

藤木(キョロキョロ)

永沢「どうしたんだい、藤木君」

藤木「え、いや、何でもないよ」

永沢「嘘だね」

藤木「な、なんでだよ」

永沢「君のことだから、どうせ今の話を聞いて興奮してきたんだろう」

藤木「そんなことないよ」

永沢「さっきから、ポケットに手を入れていじってるじゃないか」

藤木「こ、これは」

永沢「やっぱり君は嘘つきの卑怯者じゃないか」

藤木「そ、そういう君はどうなんだい?」

永沢「僕かい?僕はもうビンビンさ、さっきからパンツがしめってきてるよ」

藤木「やっぱり君も興奮してるんじゃないか」

永沢「別に僕は、興奮してることを隠したりはしないよ、君と違ってね」

藤木「うぅっ」

永沢「君は、自分は他の人とは違う冷静な人間なんだ、って周りに見られたいだけさ」

永沢「僕は違うね、もうズボンまで湿ってきてるけど、隠したりするような卑怯者じゃない」

藤木「うぅ…」

小杉「えー?セックスなんて腹が減るだけだろ?何が楽しいんだよ」

山根「うっ…騎乗位を想像しただけで胃腸が…」

さくら家

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

まる子「この時間じゃ、何も面白いものやってないね」

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

まる子「ちょっとおじいちゃん!動くのやめてくれる!?」

友蔵「う、動くと頭がさえる気がするんじゃ…」

おばあ「そこまで動けて、なんで抜けないんだい」

そのとおりである

友蔵「んー、何か良い手はないかのう…」

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

パンパンパンパンパンパンパン

パンパンパンパンパン


果たして友蔵のペニスは抜けるのか

後半へつづく

ふぅ…抜いたら書けなくなりました

すみませんでした

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年02月23日 (日) 19:36:04   ID: ygg2wv-r

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom