阿部高和「ここが学園都市か」(142)

阿部「ここには能力者って言う奴らがいるんだよな」

阿部「やり甲斐があるな」

阿部「・・・さて、能力者って言っても誰が能力者なのかわからないな」

阿部「公園で座りながら待つのもいいがせっかくの学園都市だ。色々と街を探索しながらや り た い」

阿部「とりあえず誰かに聞いてみるか・・・ん?ちょうどあそこに人がいるな」

阿部「おい、そこのあんた」

黒子「ん?何ですの?」

阿部「ちょっと聞きたい事がある」

黒子「ええ、何なりと」

阿部「能力者がいっぱい集まる所を知らないか?」

黒子「能力者がいっぱい集まる所?」

黒子(この男、怪しいですわね)

黒子「申し訳ありませんがそういう場所は知りませんの」

黒子「まあ、学校になら能力者はそれなりにいますけど・・・」

阿部「学校か・・・」

阿部(さすがに学校はまずいな)

阿部(自分で探すしかないか・・・ん?)

阿部「・・・・・」

黒子「・・・何か?」

阿部「お前レズだな?」

黒子「!?」

阿部「わかるぜ。俺と同じ同性愛のニオイがするぜ」

黒子「なっ、あなたどうして・・・」

阿部「俺、ガチホモなんだよ」

黒子「ガチ・・・ホモ」

阿部「色々ありがとな」

阿部「じゃあな」

黒子「ま、待ちなさい」

美琴「当麻あああああああ!!!」バチバチバチ

阿部・黒子「!!」

美琴「待ちなさい!当麻!」

上条「今日の勝負はもういいだろ、ビリビリ」

美琴「まだまたあ・・・って黒子?」

美琴「アァァァァァァン!お姉さまああああ!こんな所で会えるなんて幸運ですわああああ!!」

美琴「ちょっ、離れなさい黒子!」

黒子「お姉様!こんな類人猿なんか放っといて黒子と一緒にアンアンして下さいましい!」

美琴「離れろお!!」

阿部「・・・・」ニヤニヤ

黒子「ハッ!」

阿部「思った通りだな」

美琴「黒子、この男の人は?」

黒子「お姉様、この男、能力者を探しているらしいですの」ヒソヒソ

美琴「能力者を?」

黒子「しかも、私(わたくし)の事を同性愛だと見抜き自分の事をガチホモだと言ってますの」

美琴「な、何ですって!?しかもガチホモ!?」

黒子「この男、とても怪しいですの」

美琴「アァァァァァァン!お姉さまああああ!こんな所で会えるなんて幸運ですわああああ!!」

→ 黒子「アァァァァァァン!お姉さまああああ!こんな所で会えるなんて幸運ですわああああ!!」

阿部「すごいな、今のが能力って奴か」

上条「すいません、大丈夫でしたか?」

阿部「ああ、大丈夫だ」

阿部(このツンツン頭の少年・・・)

阿部(いい男だな)キラン

美琴「!!」ゾクッ

美琴(な、何?今の悪寒?)

美琴(あの男から感じたけど・・・・!)

美琴(黒子がガチホモって言ってたから・・・まさかアイツを!?)

美琴(だ、駄目よそんなの!)



   \  丶       i.   |     /     ./       /
    \  ヽ      i.   .|  、 `  ̄ ̄ `' ,/      /
      \  ヽ  /⌒ ー-、  i、‐-┬-ー-r i       /
   \      / ヾ 、、、ヽ〉 |},_   _,,| |            
        .//  7ヽ_|」」ノ   l´゚゛{ `'゚゛ |Z        -‐   
  ー    / ,′  /       ! _''__,   i.イ
 __    /     ,ム-.、       ト. ー /l ゙i         --
     二ヽ    ̄      ̄⌒ヽ_,ィ! , ̄ /  ヽ.、 = 二
   ̄    \  ヽ、__.. 、    !、   /., ___,,`ー-.、      ̄
    -‐    `ヽ、-== 、 У   /´      〃   ',  ‐-
            `ー-、/   /            l

    /          ,'、   ,′       ,ィ、   ハ
            /  l,゚'  ,;l;,    、。, ;ノハ `ー-''  ',  \
    /          }`ー‐个ー  -‐ '' ノ |     l

スッ

阿部「ん?」

美琴「ちょっと!コイツに気安く話しかけないでよ!」

上条「お、おい、いきなり失礼だろ」

美琴「アンタは黙ってて!」

阿部「彼女か?」

上条「いやいや、違いますよ。いつも俺にちょっかいしてくるしつこい奴なだけですよ」

美琴「ちょっ、そんな言い方ないじゃない!」

阿部「ハハハ、そうかそうか」

阿部(この女、コイツに惚れてるな)

阿部(燃えるぜ!)

プルルルル

黒子「!電話ですの」ピッ

黒子「もしもし・・・・何ですって!」

黒子「お姉様、AH!公園でスキルアウトが暴れてますの!」

美琴「何ですって!」

黒子「お姉様、私の手を」

美琴「わかった」

シュン

上条「たす…助けt……ひぎぃ!!!!!!」


阿部「俺はノンケでも構わず食っちまう、そう言わなかったか?」


阿部さんは前戲なしで挿入した。
上条の肛門はいきなり広げられて限界を越えている。

阿部「大丈夫かい?まぁ大丈夫じゃなくても続けるがな」
上条「うわああああ!!…やめ…アグゥ!!!!!!」

阿部さんは容赦なく続けた。



阿部(お?こいつ感じてないか?ペニスが勃起してるぜ…)
阿部(こいつぁ素質アリだ…ニヤリ)


阿部「こんな能力もあるのか」

上条「近くだな。よし、俺も行くぞ!」タタタッ

阿部「・・・もしかして能力者に会えるかもな」

阿部「あの少年の後を追うか」

スキルアウトA「アッー!ストレスたまるなあ」

スキルアウトB「こんな時は周りの物を壊すのが最高だぜ!」

スキルアウトC「ヒャハハハ!」

黒子「ジャッジメントですの!」

美琴「アンタ達!何で暴れてるのよ?」

スキルアウトA「ストレスが溜まるから壊してんだよ」

美琴「最低ねアンタ達」

スキルアウトC「うるせえ!」

スキルアウトB「俺達をただのスキルアウトだと思うなよ」

スキルアウトC「俺達はスキルアウトの中でも珍しい能力者なんだよ」

スキルアウトA「しかも全員レベル3だぜ」

黒子「・・・そこまで辿り着いてるというのに勿体ない」

スキルアウトB「黙れ!」

美琴「アンタ達、『超電磁砲』って知ってるわよね?」

スキルアウトA「それがどうした」

美琴「私がそれよ」

「!!!」

美琴「ちなみにこの子はレベル4」

美琴「どうする?」

スキルアウトC「超電磁砲にレベル4かよ・・・」

スキルアウトB「構わねえ!こっちはレベル3が3人もいるんだ。相手になってやる!」

美琴「馬鹿な奴ら・・・」

上条「おーい、加勢するぞ」タタタッ

阿部「いたいた」

美琴「アイツ・・・ゲッ!何であの男もいんのよ!?」

上条「ん?おわっ!?いつの間に?」

阿部「面白そうだな」

スキルアウトC「また増えやがった」

スキルアウトA「関係ねえ!スキルアウトの意地を見せてやる!」

上条「オイ、お前ら、どうしてこんな所で暴れてる?」

上条「虚しいだけだろ?」

スキルアウトB「虚しくなんかねえよ。俺達にとっては最高の快楽だ」

上条「・・・そうかよ。いいぜ。それじゃあまずはお前らのそのふざけた幻想を・・・」

上条「ぶち殺す!」

スキルアウトA「かかって来いやあ!」

阿部「なあ」

上条「ん?アンタは下がっててくれ。危ないから」

阿部「コイツら俺にや ら せ てくれないか」カチャカチャ

上条「えっ?」

ポロッ

「!!!!!!」

ムクムクムク、ボッキーン!

美琴「な、なあああああああああ!?」

黒子「へ、変質者ですの」

上条「えっ、えええええええええ!?」

スキルアウトB「こいつ、勃起してやがる」

スキルアウトC「イカれてるぜ」

阿部「お前ら、俺と気持ち良い事しないか?」フリフリ

スキルアウトA「ふざけんじゃねえ!」ムキッ
阿部「ん?」

スキルアウトA「肉体強化の能力者の力思い知りな」

阿部「ウホッ、いい男」

スキルアウトA「死ねえ」ブォン

ガキィン!

スキルアウトA「なっ!?」

阿部「良いパンチだな」

スキルアウトA「俺の拳をペニスで受け止めただと!?」

スキルアウトA「しかもさっきよりでかくなって30センチ以上はある・・・」

阿部「ガチホモファイターになればペニスの大きさを自由自在に操れるのさ」

阿部「本気を出せば50センチ以上にする事も出来る」

阿部「それ」ブォン

スキルアウトA「ぐわっ」フラッ

阿部「捕まえた」ガシッ

スキルアウトA「!!俺が身動き一つも取れねえだと・・・!?」

スキルアウトB「スキルアウトA!」

阿部「せっかくこんな良い体してるのに勿体ない」

スキルアウトA「は、放せ!」

阿部「なあ、お前だって本当はしたいんだろ?」

スキルアウトA「えっ?」

阿部「俺にはわかる。誰かに自分の門を貫かれたい。そう思った事はないか?」

スキルアウトA「・・・はい」

スキルアウトB「ス、スキルアウトA?」

阿部「そうか。・・・・オッ、ちょうどあそこに公衆便所がある。そこでやるか」

スキルアウトA「・・・」コクッ

スキルアウトB「おい、スキルアウトA!」

阿部「よし、俺の『超白濁砲(ホワイトキャノン)』でたっぷり可愛がってやる」

スキルアウトA「・・・はい///」

>>阿部「なあ、お前だって本当はしたいんだろ?」
>>スキルアウトA「えっ?」

ああ、Aはツンデレか、納得した。

スキルアウトB「い、行く(イク)なスキルアウトA!いくら俺達でもそっちの方のスキルアウトだけはしちゃ駄目だ!」

スキルアウトA「俺、イッてくる」

スキルアウトC「や、やめるんだ!」

阿部「レッツゴー!」スタスタスタ

『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

スキルアウトA「え、演算が出来なアッー!」

スキルアウトB・C「スキルアウトAエエエエエエエエエ!?」

スキルアウトA「」バタン

阿部「ふう・・・」

黒子「し、信じられませんの・・・」

スキルアウトB「う、うおおおお!」ボウッ

阿部「ん?」

スキルアウトB「燃えろおおおおお!!」

ゴオオオオオ!

阿部「ヌン!」ドピュドピュドッピューン!

ジュウウウウウ・・・・

スキルアウトB「せ、精液で俺の炎を消しただと!?」

シュッ!

スキルアウトB「!!」

阿部「後ろだ」

スキルアウトB「!?」

阿部「そいや!」ズンッ、ビリッ!ズププ

スキルアウトB「ひぎいいいい!?」

阿部「気持ち良いだろ?」

スキルアウトB「ク、クソが出るうううう!!」

阿部「俺が栓をしてやるよ」

スキルアウトB「アッー!」ブリブリブピー!

阿部「ウッ!」ドピューン!

スキルアウトB「」バタン

スキルアウトC「あ、あの野郎、ペニスでズボンをぶち抜きやがった・・・」

阿部「ズボンと言う名の処女膜をやぶっただけさ」

スキルアウトC「ヒイイイイイイ!!」タタタッ

阿部「逃がしはしないさ」ドッピューン!

ベチョ

スキルアウトC「あ、足に精液が絡み付いて動けねえ!」

阿部「・・・・」ザッ、ザッ、ザッ

スキルアウトC「ヒイ!」

阿部「そいや!」ズンッ、ビリッ!ズププ

スキルアウトC「アッー!」

スキルアウトC「」バタン

阿部「まずまずだな」

上条「あ、暴れん坊将軍だ・・・」

阿部「ん?」

一方通行「・・・どうなってやがンだこりゃあ、公園がボロボロじゃねェか」

打ち止め「前の面影がどこにもないよってミサカはミサカはア然とする」

阿部(・・・ヒョロそうだが中身は熱そうな奴だな)

阿部「やるか」シュッ!

一方通行「!!」

阿部「そいや!」ズンッ

バシン!

阿部「!!弾かれた!?」

打ち止め「アクセラレータ!!」

一方通行「・・・もう少しチョーカーのスイッチを入れるのが遅かったらやばかったぜ」

一方通行「なンだテメェは?」

阿部「ただのガチホモさ」ズン

バシン!

阿部「また・・・」

一方通行「無駄だぜ」

阿部「まだまだ、フン、フン、フン!」ズン、ズン、ズン!

バシン!バシン!バシン!

一方通行「無駄だって言ってンだろォ!」

阿部「なぜ弾かれるんだ?」

一方通行「テメェのその突きは俺のベクトル操作で反射してンだから俺には届かねェよ」

阿部「そういう原理か・・・」

阿部(待てよ、ベクトル操作ということはこの男が俺の突きを反射する瞬間に引けば・・・)

阿部「フン!」ズン

一方通行「無駄だァ!」

阿部「今だ」クイッ

バシン!

一方通行「!?アッー!」

一方通行「フン!フン!!フン!!!」クイッ、クイッ、クイッ

一方通行「アッー!アッー!アッー!」

一方通行「」バタン

打ち止め「ア、アッー!クセラレータ!?」

阿部「イッたか・・・」

阿部「んー、入れた感じがしないな」

美琴「う、嘘でしょ・・・」

黒子「第一位が・・・あ、悪夢ですの」

阿部「続きはあの少年でするか」ムクッ

美琴「!!あの男こっちに向かってる!?アイツをくそみそな展開にする気だわ!」

上条「す、凄いじゃないですか。一方通行まで気絶させて」

阿部「あの細身の男か?ところで君、俺t」
美琴「ちょっと待ちなさい!」

阿部「ん?」

美琴「アンタ私と勝負しなさい!」

黒子「お、お姉様?」

阿部「何だ急に?」

美琴「私が勝ったらアイツには手を出さないって約束して!」

阿部「・・・そういう事か。いいぜ、その話乗った」

上条「・・・何だ?」

阿部(ズボン履いてる)「こっちの準備はいいぜ」

美琴「死んでもらうわ」

黒子「お、お姉様、仮にも第一位を倒した相手を・・・」

黒子「それに、あの類人猿の貞操がどうなろうと放っとくべきですの」

美琴「馬鹿言わないでよ!そしたらアイツのて、ててて貞操が」

上条「おーい御坂、一般人に勝負を仕掛けるのはまずくないかー」

美琴「アンタは黙ってて!」

上条「何なんだよアイツ・・・」

阿部「ハハハ、モテてるな。あの少年」

美琴「行くわよ!」

阿部「オウ」

美琴「死ねええええええええ!!!」バチバチバチ

阿部「おっと」ヒュン

美琴「!?」

黒子「お姉様の電撃を避けた!?」

シュッ

美琴「なっ!?」

黒子「後ろです!お姉様!」

阿部「捕まえた」ガシッ

美琴「!!」

阿部「まずは一回目だ」

美琴「う、うわあああああ!!」バチバチ

阿部「危ない危ない」シュッ

美琴「!!もうあんな所まで移動したの?」

黒子「能力者でもないのになんという速さ・・・」

美琴「まだまだあああ!!!」バチバチ

阿部「二回目」ガシッ

美琴「くっ」バチバチ

阿部「三回目」ガシッ

美琴「クソオ!」

阿部「お嬢さん、君が男だったらとっくに三回貫かれてんだぜ?」

美琴「黙れえええええええ!!!!」

バチバチバチバチ!

阿部「当たらないぜ」シュッ

美琴「ハア、ハア」

阿部「避けるのも飽きてきたな・・・」

美琴「・・・これでも喰らいなさい」

ゴロゴロ・・・

黒子(!!まさか雷を?)

阿部「・・・何かでかいのが来そうだな」

阿部「よし」カチャカチャ、ヌギッ、ポロッ

ムクムクムク、ボッキーン!

だめだwwwwボッキーンで吹くwwwwwwwwww

黒子「!?あの男、何を?」

上条「何だ?脱いだぞ」

美琴「あ、あわわ」カアア

美琴「死ねえーーーーーーー!!」

ピシャーーー!

阿部「ヌン!」ギン!

バチバチバチバチ!バシュウウン

美琴「・・・そんな」

黒子「お姉様の雷があの男のペニスに吸収された・・・」

阿部「避雷針・・・いや、避雷チンだな」

美琴「うわああああああ!!!」バチバチ

阿部「無駄だぜ」

黒子「で、電撃が全てあの男のペニスに向かってますの・・・」

阿部「中々気持ち良いな」

美琴「まだよ!」ザザザザッ

阿部「ん?砂が・・・」

美琴「喰らえ!」ブォン

阿部「50センチ以上まででかくするぞ!」

ギン!ギン!!ギン!!!ボキボキボッキーン!!!!!!!!!!

阿部「フン!」ブォン

バチン!

美琴「!!これも駄目なの!?」

美琴「・・・こうなったら」チャリーン

阿部「何だ?」

黒子「超電磁砲!?お姉様、本気であの男を殺す気なんですの!?」

阿部「それが最強の技か」

阿部「それなら俺もその気持ちに応えよう」クルッ

上条「あ、あの人、お尻を向けたぞ」

黒子「まさか、超電磁砲を受け止める気なんですの!?」

阿部「来い」フリフリ

美琴「どこまでも人を馬鹿にして・・・許さない!」

美琴「死ねえええええ!!」バチバチ、ピン

ドォウウウウウウウウウン!!!!!

阿部「アッーーーーーーーーーー!!!!」

ドッゴオオオオオオオオオオン!!!!!

上条「うおおおお!」

黒子「た、倒した?」

モクモクモク・・・

阿部「気持ち良かったぜ」

美琴「なっ!?」

黒子「お、お姉様のコインがあの男の肛門にめり込んでますの・・・」

阿部「返すぜ」

阿部「フン!」ブリッ、ポン

ヒュンヒュンヒュン

美琴「へっ?」

バチン!

美琴「ぎゃん!?」バタッ

黒子「!!お姉様!!」

阿部「安心しな、気絶してるだけだ」

美琴「きゅう・・・」

阿部「悪いな、俺のアナルは核ミサイルの衝撃にも耐えられるんでな」

上条「お、おい、御坂!」

阿部「さてと、そこの少年」

上条「な、何ですか」

阿部「俺と」

阿部「や ら な い か」

上条「何をです?」

阿部「セックスだ」

上条「・・・・・・・・・はい?」

阿部「だから、セックスだよ」

上条「いや、男同士でしょう、俺ら」

阿部「俺、ガチホモなんだ。だからさ・・・」
阿部「や ら な い か」

上条「いやいやいや!上条さんそんな趣味じゃありませんよ!」

上条「そもそも男同士でセックスなんてありえないし!」

阿部「ありえない、か・・・」

阿部「いいぜ。それじゃあまずはお前のそのふざけた幻想を・・・」

阿部「ぶ ち 殺 す」

上条「ふ、不幸だああああああああああああああああああああアッーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!」



終わり

>>1です。読んでくれてありがとう。くだらないのが書きたかった

>>1乙!
また今度でいいんでアッークアさんとたたかわせてあげて下さい

>>128
ごめん。とあるの原作もアニメも見てないから多分出来ない。

久々の良スレだった
>>1

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom