たえちゃん「家族が増えるよ!」 (53)

コロちゃん「やったねたえちゃん!」

~伯父さんの家~

伯父さん「よく来たな、まぁ上がれや。」ヒック

たえちゃん「あの・・・他の家族の方は?」

伯父さん「ん、とっくの昔に出てったワ。 今、ココにいるのは俺だけだ。」

たえちゃん(なんだかこわそうな人だねぇ・・・)ヒソヒソ

コロちゃん(ねー)ヒソヒソ

伯父さん「なんだその古い汚ねえぬいぐるみは?」

たえちゃん「あ、コロちゃんです。よろしく」

伯父さん「・・・アホか、もうそんなもんで遊ぶ年齢じゃないだろ。ゴミ増やすな捨てろ。」

たえちゃん「ヤダァ!この子も家族なんです!!」

伯父さん「・・・何言ってんだ?ガキだなー」

たえちゃん「ガ、ガキでもいいもん・・・」

伯父さん「よし、じゃあ・・・さっそく 大人にしてやろう。」ビリビリ

たえちゃん「なッ何!?いやぁ!!」ガッ

伯父さん「暴れるんじゃねぇ!!」ビリビリ

コロちゃん「ぐえっ」ポテッ

たえちゃん「コロちゃん!!」

伯父さん「アホかお前、ぬいぐるみなんかより自分の心配しろや。」

伯父さん「今から強姦するんだからよ。」

たえちゃん「いやああああァ」

T「そこまでだ」

伯父さん「なんだてめぇは!?」

T「霊じゃなくとも、その蛮行は許せねぇな」

T「破ァ!!」

伯父さん「うっ…!!ぐああぁあ!?」

T「俺得性の封印札だ。そのまま1ヶ月はじっとしてな」

伯父さん「クソ!!」

たえちゃん「あ…あの…」

T「礼なら要らんさ」

    「おい、何しとるんや、おっさん?」

伯父さん「なんだテメェ!?勝手に入ってくんじゃねぇよ!!」

    「まぁ、落ち着けや。ところでその子を犯すんか?」

伯父さん「あぁん?そんなんてめぇに関係ないだろ!?」

伯父さん「あ、もしかしてお前もコイツ犯しにきたのか?」

    「んー、まぁ似たようなもんや。」

伯父さん「悪いがコイツは俺のもんだ。ま、俺が使い終わった後なら考えてやるよ。」ガハハ

    「なに勘違いしとるんや、ワシはその子には興味あらへん。」

伯父さん「ん?」

    「ワシが興味あるのは、おっさんの方や。」ズブブ

伯父さん「んんん!!!な、なにしやがんだてめぇえええ!!!」

    「あんま怖がらんでええで、ただのイチジク浣腸や。」

    「自己紹介がまだやったな。ワシは岡山から来た、変態糞親父や。早う糞まみれになろうや。」

T「(…良かった、俺の出る幕は無さそうだ)」

T「寺生まれのTはクールに去るぜ…(掘られたくはないしな)」

伯父さん「な、なんだって!?てめぇ一体なにをする気だ!!!?」

岡山の変態糞親父「なーに、ちょっと盛り合うだけや。ほら、嬢ちゃんは目つむっとき。」

たえちゃん「うぅ・・・怖いよコロちゃん・・・」

コロちゃん「たえちゃん・・・」

伯父さん「う・・・腹がいてえ・・・」

岡山の変態糞親父「ほら、おっさん。腹抱えてないではようチンポ見せや。」

岡山の変態糞親父「ズボンおろすで。えらいええチンポ持っとるやないか。ワシも興奮してきたで。」

伯父さん「や、やめろなにするんだ!!」ガシッ

岡山の変態糞親父「させへんで、ワシの方が力は強いみたいやで。」

岡山の変態糞親父「ワシもイチジク浣腸を3本入れてきたからの、もう糞が出そうじゃ。」

岡山の変態糞親父「今からおっさんのチンポ尺八するから糞が出そうになったら言ってくれや。」

伯父さん「や、やめてくれ~~!!!」

岡山の変態糞親父「おっさんがさっきそこの嬢ちゃんにしようとしとった事と同じ事しとるだけやないか。ギャーギャー騒いでうるさいのう。」

伯父さん「そ、そんなぁ・・・!」

岡山の変態糞親父「ほら、分かったらはようワシのチンポも咥えてくれや。」

伯父さん「んぐぐ」ジュポ

岡山の変態糞親父「あ^~気持ちええぞおっさん。おっさんのケツの穴もヒクヒクしてきとるぞ。」

伯父さん「んんん!!」ジュポジュポ

岡山の変態糞親父「ワシも糞が出そうじゃ、行くぞおっさん。あ^~糞が出る~」

伯父さん「!!!」ドバーッ

岡山の変態糞親父「はっはっは、おっさんのケツの穴からも糞がドバーッっと出てきたぞ。」

岡山の変態糞親父「このまま糞まみれのチンポ咥えあってもっとぐちゃぐちゃになろうぜ。」

伯父さん「糞だけはやめてくれぇー!」

岡山の変態糞親父「もう遅いわ、おっさんも糞まみれじゃ!」ガハハ

たえちゃん「私が掃除するの?」
コロちゃん「僕を雑巾がわりに使いなよ」

岡山の変態糞親父「あ^~糞チンポ最高じゃ^~」

伯父さん「頼むから、頼むからもうやめてくれ・・・」ジュポジュポ

岡山の変態糞親父「やめへんで、ワシはおっさんを大人にしてやるんだからな。」

伯父さん「許してくれ~!たのむったのむっ!!」

岡山の変態糞親父「そんなに挿れて欲しいんかおっさん!糞まみれのケツの穴もさっきよりヒクヒクしとるぞ。」

岡山の変態糞親父「よぉし、おっさんのケツの穴に糞チンポぶち込んでやるからな。」

伯父さん「ひぃ・・・!どうかそれだけは勘弁してくれー!!」

岡山の変態糞親父「い、いくで。」ズルッ

伯父さん「!!!!!」

岡山の変態糞親父「あ^~糞でチンポがズルズルして気持ちがいい。やるなぁおっさん!」

伯父さん「痛い!痛い!抜いてくれ~!!」ズンズン

岡山の変態糞親父「甘えとるんじゃないぞおっさん、そこのお嬢ちゃんも犯されたらこんな気分なんやで!」バコバコ

岡山の変態糞親父「糞まみれでやれるだけおっさんの方がマシやと思っとき」ズコズコ

伯父さん「強姦はしないから助けてくれ、許してくれ!!」ズッコンズッコン

岡山の変態糞親父「よかったなぁ、嬢ちゃん。もう怖い事は無いぞ。」バッコンバッコン

たえちゃん「・・・」

岡山の変態糞親父「あ^、もうイキそうじゃ。おっさんの中に男汁出すぞ!」バコバコバコ

伯父さん「ひひぃぃ!!やめてくれええええ!!!」バコバコバコバコ

岡山の変態糞親父「男汁が出る^~!!」ドッピュルルル!!!!

伯父さん「・・・」ビクッビク

岡山の変態糞親父「またその嬢ちゃんに変なことしそうになったら、犯しにくるからな。糞溜めて待つぜ。」

伯父さん「・・・」

岡山の変態糞親父「嬢ちゃん、おじさんにしつけしといたからもう目開けていいぞ。」

たえちゃん「オジサン・・・?これでもう伯父さんはいい人になったの?」

岡山の変態糞親父「そうや、そこのぬいぐるみと安心して暮らせ。」

コロちゃん、変態糞親父「やったぜ。たえちゃん!」

たえちゃん「ありがとう!!!」


~岡山の変態糞親父「おっさん糞調教編」、おしまい~

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年05月27日 (火) 23:09:02   ID: xSkrc02T

天才すぎる。さすが変態糞親父

尊敬した

2 :  SS好きの774さん   2014年06月26日 (木) 22:58:39   ID: LAs3VDxd

やったね じゃなくてやったぜたえちゃん だねニッコリ

3 :  SS好きの774さん   2016年08月27日 (土) 14:47:12   ID: VIev0xDy

やったぜ。

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom