ミカサ「ふふふっ、エレン今日も陰毛頂いていくね」(28)

ミカサ「ふふふっ、今日もエレンはいい寝顔」

エレン「zzz………」

ミカサ「それじゃあエレン、頂くね。」プツッ

エレン「んっ…………zzz」

ミカサ「今日も返事してくれた。私は嬉しい///」

ミカサ「それじゃあエレン、おやすみなさい」

ミカサ(私はエレンのが生えてきたあの日から一日一本ずつ集めてきた………)

ミカサ(たまに生えて来なかった日もあったけど、その日は髪の毛で代用していた)

ミカサ(でもこの毛じゃないとエレンの濃い匂いがしないからダメだった)

ミカサ(うふふふふ………これで何時もエレンと居られる………)


こんな感じの誰か書いてください

アルミン「ん?………ミカサ……何やってるんだ!?!?」

ミカサ「起きてたのアルミン!?」

みんな「なんだなんだ?」ガバ

エレン「ん?………ってなんで俺裸なんだよ!!///」


頼んだ

ミカサ(クッ……マズい、これは言い逃れ出来な…………)

ミカサ(ハッ!そうだッ!)

ジャン「何でミカサがここに!?(何だこれ!?理解できねぇ!)」

アルミン「ミカサ、まさか……(これっ夜這い!?)」

ライナー「一体どういうつもりだ」

ベルトルト「……」

ミカサ「エレン、今日は凄く良かった」

みんな「!?」

エレン「は?ミカサお前何言っtムグッ!?」

ミカサ「火照ってしまった身体を冷ますために散歩に行こう」ガチャッ

ズルズル

エレン「~~~~~ッ!~~~~~ッ!」ジタバタ

バタン

みんな「…………」ポツーン


力尽きた

やべっ下げ忘れたごめん

 ――倉庫

エレン「ぷはっ!」ゼェゼェ

エレン「一体どういう事だミカサ!」

ミカサ「ごめんなさい」

エレン「オレは謝って欲しいんじゃなくて、説明しろっつってんだ!!」

ミカサ「…………」

ミカサ「エレンの陰毛を抜いていただけ」

エレン「なっ!?何言ってんだお前!?」

ミカサ「ごめんなさいでも私にはエレンの陰毛が必要なのエレンの匂いが一番濃いエレンの陰毛を食べてから寝なければ全然寝付けないの
訓練兵になってからエレンと一緒に寝れなくなったからこういう形でしかエレンと寝れなくなったことが私は凄く悲しくてさみしい
でも私はそれでもエレンの陰毛さえあれば大丈夫それに一度にゴッソリ抜いていくわけでもないし一日一本だけだから許して欲しい
たった一本でもエレンと一つになれることが私にはこれ以上ないくらい嬉しいのだから私はエレンの陰毛が欲しいエレンと一つになりたいエレン陰毛ガーーエレンの陰毛ガーー」

エレン「」

エレン「…………」

ミカサ「気を悪くしたなら、ごめんなさい」

エレン「お前……毎日、か?」

ミカサ「ええ、そう」

エレン「信じらんねえよ……人のちん毛を食うとか…………」

ミカサ「確かに普通ではない。でも、私はそれくらいエレンの事が好き」

エレン「そういう問題じゃ……くそ、眠くて頭が回らねえ」

エレン「……反省してるか?」

ミカサ「している」

エレン「そうか、じゃあ二度とやるなよ」



ミカサ「それは無理」

エレン「は?」

エレン「お前、何言って」

ミカサ「いくらエレンの頼みでも、それだけは譲れない」

エレン「お前、自分がどれだけ異常だか気付いてるか?」

ミカサ「それくらいあなたが好きだとさっきも言ったはず」

エレン「わけわかんねえよ……」

エレン「お前なんて大っ嫌いだ!!」グワッ

ミカサ「あ」

エレン「気持ち悪い!オレに二度と近寄るなッ!!」ダッ

ミカサ「エレン……」



ミカサ「照れてるのね、エレン。可愛い……」ジュルリ



今度こそ任せた

しゃーないな



ガチャリ

ジャン「! てめえ!説明してもらおうじゃねえか!」ガシッ

エレン「あ?なんだよ急に!服が破けちゃうだろ!」

アルミン「落ち着いて二人とも!」

ライナー「その、エレン。ミカサが『凄く良かった』と言っていたがまさかそエレン「ちげえ!」

エレン「気持ち悪い。あいつ、毎晩オレのチン毛を一本ずつ抜いて、食ってたんだってよ」

みんな「は?」

ベルトルト「冗談、だよね?」

エレン「本当だよ。何でオレがそんな嘘を付くんだよ」

アルミン「は、はは……(ぐっ!胃が……)」キリキリ

ジャン「チーン」……

ライナー「そんなバカな……」

アルミン「いくらミカサでも……」

ライアル(やりかねないから困る……)

エレン「本当に気持ち悪い」

エレン「だからオレはもうあいつとはかかわらねえことにした。何されるかわかったもんじゃねえからな」

アルミン「そ、そう……(今回ばかりは仲直りが難しそうだぞ……)」キリキリ

エレン「わりいな、こんな夜中に起こしちまって。もう寝ようぜ」

ベルトルト「そうだね、明日の訓練に響くといけない」

ライナー「おい、そういえばなんでこいつ俺たちの部屋にいるんだ?」

ジャン「スヤスヤ」ムニャムニャ

アルミン「ミカサの気配に気付いて入ってきたんじゃない?」

 ――食堂

ミカサ「エレン、おはよう」

エレン「おい、アルミン、あそこに丁度二人分の席が空いてるから行こうぜ」プイッ

アルミン「う、うん……」

ミカサ「……」ガシッ

アルミン「ヒッ!」キリキリ

エレン「どうしたアルミン、行くぞ」グイッ

アルミン「」

エレン「……離せよ。アルミンにまで迷惑かけるのか?」ギロリ

ミカサ「……ごめんなさい」パッ

ミカサ「そんなつもりじゃ――」

エレン「アルミン、とっとと食おうぜ!」

ミカサ「…………」ポツーン

ジャン「」オロオロ

ライナー「……流石のジャンも昨日のことを受けて話しかけるか迷っているな」

サシャ「朝から殺気が凄いですね」

ユミル「だな」

クリスタ「だ、大丈夫かな……」

ミーナ「エレンとミカサが喧嘩だなんて」

アニ「珍しいこともあったもんだね。バカバカしい」

マルコ「あれはヤバそうだね……」

コニー「何だ?お前らなんの話をしてんだ?」

アルミン「結局、エレンは今日はあれ以降一度もミカサと接触しなかったね」

ベルトルト「うん」

ライナー「これは相当深刻だな……」

エレン「お前ら、丸聞こえだぞ」

みんな「!!」

エレン「あんなやつの話すんなよ、気持ち悪い」

アルミン「エレン、仲直りは……」

エレン「するわけねえだろ」

エレン「オレはもう寝る。お休み」

アルミン「お、お休み」

 夜中

ミカサ「今日もいい寝顔……」ググググ

エレン「zzz……」

ミカサ「昨日は気づかれてしまったから、今日はもっと慎重に抜……」

エレン「ハッ!!」ガバッ

ミカサ「!!!!!!!」

エレン「おmg!!」

ミカサ「静かに……皆が起きてしまう」

ミカサ「エレン……」

ググググ

エレン「~ッ!(何て力だ!ピクリとも動かねえ!!)」

ミカサ「エレン…エレン…」クンカクンカ

エレン(くそ!こんなこともあろうかと起きていたのに全く対処出来ないなんて!)

エレン「~~~ッ!(皆、気づけー!)」

ミカサ「エレン、凄くいい匂い」

エレン(クソ、離れ――)

ギュッ

エレン「!!??」

イェーガー「オレノシタハスタンドダ」ムクリ

エレン(うお!?や、やわらけえ!?何考えてんだ俺!クソ!離れろ!たっちまって――)

ミカサ「エレンの、勃ってる……」

ミカサ「もう我慢出来ない」サワッ

エレン「!!!??///」ゾクッ

エレン「ーーーッ!ーーーッ!///」ギンギン

ミカサ「ふふふ、可愛い」スリスリ

エレン「ッ!」ビクン

エレン(き、気持ちいい!!こっこいつ!)

ミカサ「……」

ミカサ「ン……」ペロッ

エレン「ぁう!」ビクンッ

ミカサ「フフフ……」ハムッ

エレン「~~~~~ッッ!!!!!」ドピュドピュ

ミカサ「ンクッンクッンクッ」

ミカサ「手、離してあげる」

エレン「ハァッ、ハァッ」

ミカサ「こんなに早くイっちゃうなんて、そんなに興奮したの?」

エレン「そ、そういう訳じゃ!」

ミカサ「じゃあどういう意味?」ピトッ

エレン「!?(オレのチンコが、ミカサの股に!)」

ミカサ「今夜は眠らせない……」

ヌプ…



無責任にもオレはここで今度こそ逃亡させてもらう
あとは頼んだ

エロシーンなんぞ書いたことねえんだよ!
つーかなんで俺エロシーンなんて書こうと思ったんだ
本当に凄いところで逃げてすまない

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom