アルミン「エレン、オナニー教えてくれないかな……?」(132)

※エレアル
※ホモ苦手は閉じよう

エレン「アルミンお前何言って……ッッ!!///」

アルミン「……え?」

エレン「食堂で何てこと言ってんだって!///」アタフタ

アルミン「え!あの…ダメだったかな……?」ウルウル

エレン「いや!その!///………まさか……知らねえ……のか?」

アルミン「あ……うん………」

エレン「えあ!……その、何でもない…………」

アルミン「う…うん」

アルミン「それでオナn「うああぁぁぁああ!!!」」

アルミン「」ビク

エレン「こここの話はおしまいな!わかったか?!///」オロオロ

エレン「あと人前でオナ///……とか言っちゃだめだからな?!!///」

アルミン「ん……」コク

エレン「ほ!ほら!早く飯食うぞ!!///」

アルミン「そ、そうだね(なんでエレン赤くなってるんだろう…?)」

エレン「チッ……///」

エレン(ダメだ!さっきアルミンが見れねえ!!///)モグモグ

アルミン(エレン…大丈夫かな……ちょっと声掛けてみようかな……)

さっきからアルミンが見れねえだね


アルミン「エーレン」ズイ

エレン「おわ!?///ななななんだ?!!///」

アルミン「顔赤いよ……?大丈夫?」ピタ

エレン「おおおおおおおれだだ大丈夫!!////先いいいいくわ!!!////」ガタ

アルミン「あ!ちょっとエレン!!…………」

アルミン「行っちゃった………」

~他のテーブル~


ジャン「おいおい……マジかよ」

マルコ「アルミンが……その………」

ユミル「知らないなんて……な………」

ジャン「誰よりも最初に覚えてると思ったぜ………」

クリスタ「ほ!本当びっくりだよね!!」

クリスタ(オナニーって何だろう……行為なのかな………)

サシャ「ふぇ?オナニーってなんれすか?」モグモグ

ユミル「食べながら喋るな………って」

ユミル「え」

ジャン「あ」

マルコ「へ」

クリスタ(ここは空気読んで)

クリスタ「サシャ、知らないの?」

サシャ「知りませんね、おしえてください」モグモグ

クリスタ「え!………」チラ

ユミル「!………あ、あはは」

ユミル「し、知らないよな、そうだよな」

ユミル「芋女にはまだ早い、さらば」ガタ

クリスタ「わわ!私も食べ終わったからいく」ガタ

マルコ「もう明日からご飯へってもいいから立ち去ろう、命の危険だ///」ガタ

ジャン「あbbbbbbb///」ガタ

サシャ「みなさんどうしたんですか?」モグモグ


スタスタ


サシャ「行っちゃいましたね」モグモグ

アルミン(教えてくれなかったエレン………)

アルミン「あのさあミカs「やめて」」

アルミン「……え?」

ミカサ「エレンがこの話はおしまいと言ったはず、」

アルミン「え……でも」

ミカサ「……」スタスタ

アルミン「ミカサ………」

ミカサ「……」スタスタ

アルミン「いいもん!他の人に聞くもん!!」

ミカサ「え……」ピタ

アルミン「二人とも意地悪だから教えてくれないんだね!」プンプン

ミカサ「いや…あの……そういうつもりでは……!」

アルミン「あー!知らない知らない知らない!!」プンプンスタスタ

ミカサ(まずい……)

ミカサ(これは一番まずいタイプだ……!)

ミカサ(早くなんとかしないと!!)

~男子風呂~


カポーン


アルミン「ふぅ……」ザバー

アルミン(あの時からエレンとは一切口を聞いていない……)

アルミン(それにしても……)チラ

コニー「ぎゃははは!!包茎!!」

ライナー「や!やめろ!言うな!!///」

コニー「俺ズル剥け~」ブランブラン

ジャン「おめえら汚ねえよ!///」カクシカクシ

ベルトルト「あれ?今隠したねジャン?」

ベルトルト「なんでかな~?」

ジャン「なななんでもねえよ!!///」

エレン「後ろからホイや!!」ズル

ジャン「なあ!?//////てめぇ!!//////」

コニー「うえww短小プラス包茎とかwwww」ギャハハハ

ジャン「てめえらふざけんなよぉ!!///」

エレン「ほーらこっこまっでお~いで~!!」ダダダダ

ジャン「待ちやがれこの!!///」ダダダダ

アルミン(にぎやかだな……包茎ってなんだ?もの?)ジー

ベルトルト「あひゃひゃww………あ………」

ベルトルト(ライナー!アルミンがこっち見てるよ!やめといたら?)コショコショ

アルミン「…え?」

ライナー「あ!本当だ……あの……すまんアルミン……公共の場で……」

ジャン「あ……」

エレン「っ………」

コニー「ご、ごめんアルミン……調子に乗りすぎた………」

アルミン「え、いや別に謝らなくてもいいんだけど………」

一同「………」シーン

アルミン「あ、あの……僕もう出るから………」スタスタ

一同「………」

ライナー「なんか……悪いことしたな……」

ジャン「ああ……」

ベルトルト「これから……気をつけよう……」

コニー「そ、そうだな………」

エレン「………」

~寮・裏庭~


エレン「ああ!!またやっちまったぁ!!」

ミカサ「はぁ……」

エレン「俺は……アルミンの心に傷をつけちまった……!!」

ミカサ「………」

エレン「どうすれば……ッッ!!」

ミカサ「ひとつ提案がある……」

エレン「……あ?」

ミカサ「その……教えてしまえばいいのでは?」

エレン「!?………お前何言っt「そのほうが!」」

ミカサ「アルミンのためにもなる………」

エレン「く!………そ……」

エレン「………」

エレン「……わかった………」

ミカサ「え…エレン………」

エレン「あとで……教える………」

ミカサ「あの…私は………」

エレン「いいや、ミカサは来なくていい……」

エレン「これはリスクが大きい、たとえ失敗してもアルミンに嫌われるのは俺だけで済む………」

ミカサ「そ……そう………」

ミカサ「……頑張って」

エレン「おお、できる限り最善を尽くす……」

ミカサ「………」

エレン「……じゃあな………」スタスタ

ミカサ「………」

ミカサ(本当にこれでよかったのだろうか………)

ミカサ「………く!」

~男子寮~


エレン「アルミン………ちょっと話がある………」

アルミン「………僕に?」

エレン「ああ、大事な話だ」

アルミン「う………うん、わかった」スタ

エレン「じゃあちょっとこっち来てくれ………」

アルミン「うん………」


ガチャ バタン


ライナー「………」

ジャン「まさかあいつ……」

コニー「教える気なのか……?」

ベルトルト「……たぶん」

じゃあ一旦ここまで、飯食ってくるよ

~倉庫~


アルミン「エレン…話って……?」

エレン「あの…教えてやるよ……」

アルミン「教える……まさかオナニーのこと?!」キラキラ

エレン「あ、ああ」

エレン(くそ!教えていいのか?!でもここまで来ちまったら引き返せねえよ!!)

エレン(腹をくくるしかないか……)

エレン「あの……オナニーってのはな………」

エレン「………」

アルミン「?」

エレン(くそ!!なんでだ!!口が動かねえ……!!)

エレン「オナニーってのは………ある行為なんだ」

アルミン「ふむふむ(やっぱり行為なんだ……)」

エレン「それで……その……」ジワ

エレン(!?……何泣いてんだよ俺!!こんなとこで!!)グス

アルミン「どうしたのエレン!?大丈夫?!」

エレン「ああ…っ…大丈夫……だ」ポロポロ

アルミン「あ!あのさ!明日でもいいから!ね?」

エレン「う……ぐ………すまねえアルミン」

アルミン「でもその代わり僕にもやってよ?教えるだけじゃなくて」

エレン「え……え!?」

アルミン「ダメかな……?」ウワメ

エレン「いいや……いいよ……」

エレン(え?OKしたの俺?なんで…?)

アルミン「やった!」パァァアア

アルミン「じゃあ明日もここで待ってるから~!」


ガチャ バタン

まだ服は着てていいと思います、たぶん

エレン「え…ちょ……」

エレン(は!?なんでOKしてんの俺!?!?やべえよ……明日………アルミンの……はあ!?///)

エレン(どうすればいいんだ…!!!)

~寮・裏庭~


ミカサ「あの……どうなったの………?」

エレン「もうまずい……死にたい………」

ミカサ「え……え!?どうしてエレン!!」ユサユサ

エレン「もうヤバいんだよ……明日アルミンのを……俺が扱うことになった………」

ミカサ「な!?」

ミカサ「どうして!?どうしてそんな約束したのエレン!!」

エレン「しょうがないだろ!!!」

ミカサ「」ビク

エレン「アルミンが……可哀想だったんだよ………」

エレン「みんなに仲間外れにされてるアルミンなんて……見たくなかったんだよ……ッッ!!」ジワ

ミカサ「それなら!!私がやる!!エレンはダメ!!」

エレン「いい加減にしろっつってんだろ!!」

エレン「男同士の約束なんて……そう簡単に引きちぎれるものじゃねえんだよ!!」ポロポロ

ミカサ「………」

エレン「帰る………」トボトボ

ミカサ「エレン!待って………!」

ミカサ(行ってしまった……)

ミカサ(やっぱりあの選択は間違ってた………あの時私が止めていれば……!)

ミカサ「くぅ…!!」

~男子寮~


ガチャ バタン


アルミン「あ!どこいってたのエレン!」

エレン「いや、ちょっと散歩……」

アルミン「明日楽しみだな♪」ニコ

エレン(ッッ!!………)

エレン「そ…そうだな……」

アルミン「早く寝よエレン♪」ニコニコ

エレン「あ……あぁ」

ゴロン


エレン(………)チラ

アルミン「///」ワクワク

エレン(う………)ポロ

エレン(やべ!我慢我慢……)グス

エレン(………)

エレン(くそ!全然眠くなんねえ!!)

エレン(………)


~~~~~~~~~~

エレ………きて…………おきてエレン


エレン「ん……?」パチ

アルミン「早く食堂いこ!」

エレン「んあ……アルミン……?」

アルミン「さあ起きて起きて!」

エレン「うう………は!?」ガバ

エレン「アルミン!その……今日…………」

アルミン「夜が待ち遠しいよ僕」

エレン「あぁ……(やっぱ夢じゃない………)」

~食堂~


アルミン「♪~」モグモグ

エレン「………」

ミカサ(死んだ魚の目)「」モグモグ

エレン「あ…あの……ミカサ……」

ミカサ「」スク

ミカサ「」スタスタ

エレン「あ……ミカサ………」

アルミン「どうしちゃったんだろうミカサ………」モグモグ

エレン「それから何だかんだあって時間が過ぎ」

エレン「とうとう来てしまった、夜が」

9月15日!ホモエロ解禁!!
さあみんな臨戦体勢だ!!
あとなんかアドバイスありますか?

~倉庫~


ガチャ


エレン「………」

アルミン「あ!来たんだねあエレン!!」

エレン「あ……ああ」

アルミン「じゃあ早速教えてよ!!」

アルミン「”オナニー”を!」

エレン「わかった、教える……が」

エレン「ひとつ注意がある」

アルミン「え?」

エレン「これをやると……なんかもうもとの二人の関係に戻れない気がする………」

アルミン「う……うん」

エレン「俺の理性がなくなっちまうかも知れないし………」

エレン「それでも……やるか……?」

アルミン「ああ!わかった!」

エレン「よし……じゃあ始めよう………」

エレン「じゃあまずだな……ズボンとパンツを脱げ」

アルミン「え//エレン何言っt「脱げ」」

アルミン「………」

エレン「もう俺は俺じゃないんだよ………」シンダメ

アルミン「う…//うん……///」スルスル

エレン「で、次は」ニギ

アルミン「ひあ!?///」

エレン「ほら、勃たせろ」ニギニギ

アルミン「あ///…やめ///」ムクムク

エレン「それでな、こう上下に擦るんだ//」シュッシュッ

アルミン「ん//…ん///」ビクンビクン

エレン「どうだ//気持ちいいか?///」シュッシュッ

アルミン「ん//あ///気持ちいい……かも///」ビクンビクン

エレン「オナニーっていうにはこれを一人でやることだぞ?」シュッシュッ

アルミン「あ///エレン……何かくる////」ビクンビクン

エレン「ほら、見ろ」ネチョネチョ

アルミン「ふぇ///何これ///」ピクンピクン

エレン「これが先走り汁っていって気持ちよくなる前にでるものなんだ」ネチョネチョ

エレン「だからここまできたらもう少し、強くにぎって擦るんだ」ニギ シュッシュッ

アルミン「ふあ!///……なんかきてるよぉ……!///」ビクンビクン

エレン「さあ、出しちまえよ///」シコシコシコシコ

アルミン「や///…ん///…んはあぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!!!////////////」ドピュルルルルルルルルルルルルドピュルルルルルルルルルルルル

エレン「うお//すげえ出たな///」ネチョネチョ

アルミン「あ//…はぁ//…エレン///」トローン

エレン「どうしたアルミン///」

アルミン「僕////すんごい気持ちいいよ//////」トローン

エレン「はは///」

エレン「これがオナニーっつうんだ///」

アルミン「あ//あへへ///」トローン

エレン「なあアルミン///」ナデナデ

アルミン「なぁにエレン///」トローン

エレン「その//……これからもやんねえか?///」

アルミン「うん!///」

こうしてアルミンへの性教育は終わった

エレン「アルミン……可愛かった///」

~寮・裏庭~


ミカサ「あ…あの……どうだった?」

エレン「教えたぞ」

ミカサ「そ……そう」

エレン「あのさ、俺さ」

ミカサ「……え?」

エレン「アルミンと結婚したい///」

ミカサ「」

ミカサ「」

ミカサ「」ブハァ

~翌朝・食堂~


アルミン「エレン///」

エレン「アルミン///」

ジャン「」

ミーナ「」

マルコ「」

ユミル「」

クリスタ「」

サシャ「」モグモグ

エレン「大好きだ///」チュ

アルミン「僕も///」チュ

エレン「ふ//…あ//…んむ///」チュルチュル

アルミン「ん///……ふ///」チュルチュル

エレン「ん///……旨い///」チュパ

アルミン「エレン///」ダキ

他「」

ミカサ「う~ん」バタン

みんなこの後どうなってほしいです?

ライナー「ウホッ」

ベルトルト「あ、やべえ」

ライナー「ウホッ!!」ダダダダダ

アルミン「ふぇ?///どうしたのライナー///」トローン

エレン「そんなことよりもっとキスしようぜアルミン///」チュ

アルミン「うん///」チュ

エレン「ふあ//……ん//……あう///」チュルチュル

アルミン「っ……ん///……」チュルチュル

ライナー「ウッホッホー!!」フシューフシュー

アルミン「はむ///………んん///」

エレン「あ///……っ……ん///」

ライナー「ええのう!ええのう!」

エレン「なあアルミン///」

トロミン「なあにぃ~エレン~///」

エレン「今日の夜、もっといろいろ教えてやるよ///」

トロミン「えへへ///」

~夜・倉庫~


ガチャ


アルミン「エレン~!!///」ダキ

エレン「うお!//アルミン!///」ギュ

エレン「待っててくれたのか~!///」ギュー

アルミン「僕ね//決めたんだ!///」

アルミン「エレンに心臓を捧げるよ!!///」

エレン「あはは///嬉しいぞ///」

アルミン「じゃあ早速やろうよ!///」

エレン「ああ!///」

ライナーになんの恨みがあるんだ君たちww

エレン「まず//お尻だしてくれ///」

アルミン「はい///」プリン

エレン(美しい……)

エレン「そこに俺のを挿れるんだ///」

アルミン「痛くない?///」

エレン「大丈夫だ//俺に任せろ///」

エレン「じゃ//いくぞ……///」

アルミン「うん…///」










ズブ

アルミン「ん!///」ビクン

エレン「まずは全部挿れるぞ///」

アルミン「ん///うん///」ビクンビクン

エレン「ふぅ///……ん///」ヌプヌプ

アルミン「あ//エレンのが//入ってきてるよぉ///」ビクンビクン

エレン「あと少しだ///」ヌプヌプヌプヌプ

アルミン「ん///んくぅ…///」ガクガク

エレン「よし//全部入ったぞ///」

アルミン「エレンのが///入ってる///」ガクガク

エレン「じゃ、ゆっくり動かすぞ///」

アルミン「う//うん……///」


ヌプヌプ


アルミン「あ!//んあぁあ!///」ビクンビクン

エレン「どうだ?//気持ちいいか?///」パンパン

アルミン「ん//気持ちいい///んはぁ!///」ガクガク

エレン「中に出すぞアルミン///」

アルミン「中に出して……平気なの?///」

エレン「俺を信じろ///」

アルミン「ん//わかった///」

エレン「さあまた動かすぞ///」ヌルヌル

アルミン「ん//や!//そこはダメ!!////」ビクンビクン

エレン「アルミンは奥のほうが好きなのか///」ガンガン

アルミン「ああぁあ!!///そんなに奥ガンガン突かないでぇえ!!/////」ドピュルルルルルルルル

エレン「う//俺も出るぞ///うあぁぁああああ!!!/////////」ドピュルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル

アヘミン「ふひ//……ふひ///」ガクガク

エレン「よし//抜くぞアルミン///」ヌプ

アヘミン「ん!///」ピュル

エレン「どうだ//中に出された感想は////」

アヘミン「あへ///きもちぃい///エレン///」ハァハァ

アヘミン「エレン///もっとちょいらい///」ハァハァ

エレン「じゃあ今度はしゃぶってみるか?///」ムクムク

アヘミン「あん///」ハム

アヘミン「ん//…う//…んむ///」ジュルジュル

エレン「アルミンは上手いな///」ナデナデ

アヘミン「えへへ///…ん///…はむ////」ペロペロ

アヘミン「んくぅ///…んん///…あ///」チュパチュパ

エレン「ゔ///出るぞアルミン///」

アヘミン「///」コクコク

エレン「ん……ああぁぁああ!」ドピュルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル

アヘミン「///」ゴクゴク

エレン「あああぁぁ!………うぅ」ピュル

アヘミン「///」ハシッコマデペロペロ

エレン「ん//うまいかアルミン……///」

アヘミン「///」ニコ

~こんな日が一週間続いた結果~

エレン「アルミン、口移しだ」チュ

アルミン「ん…う……おいしい///」

エレン「ふふふ///」


ベルトルト「ああ、いい///」

ミーナ「正義ですな///」

アニ「あ//濡れてる///」グチョグチョ

マルコ「めっちゃ抜きたいよ///」ムラムラ

4人「「ぐへへ///」」


ジャン「狂気が渦巻いてるぞあそこ………」

クリスタ「近寄りたくない……」

ユミル「気持ち悪い野郎だな……」

コニー「どうなってんだよこれ……」

~夜・男子寮~


ギシギシ アンアン///


ベルトルト「ああ、いい///」シコシコ

マルコ「いいねいいね///」シコシコ


エレン/// アルミン///


ベルトルト「いいオカズだ///」ドピュ

マルコ「これだけで3年はイけるね///」ドピュ

ジャン(イカ臭い……)

コニー(寝れねえ……)

ジャン「すまん、ちょっと外いく……」

コニー「俺も……」


ガチャ バタン

ジャン「あれ?ミーナとアニ、どうしたこんな時間に」

ミーナ「のわ!?///ななんでもない!!///」

アニ「あわわわ///」

ジャン「あぁ……(察し)」

コニー「エレンとアルミン見に来たんだろ」

ミーナ「う//……否定できない…///」

アニ「///」コクコク

ジャン「ハァー」

コニー「ハァー」

ジャン「俺らは中がイカ臭いから外で寝る」

ミーナ「ええ!?あのイカの匂いいいんじゃん!!」

アニ「……」コクコク

コニー「ま、じゃあな……」テケテケ

ジャン「……」テケテケ

ミーナ「さて除くでござる///」ヒョコ

アニ「///」ヒョコ


アルミン「あ//…エレン///……やめ!///」

エレン「ほらもっと喘げよアルミン!///」パンパン

アルミン「んあ!///エレン!!//////」キュウキュウ

エレン「んひゃあぁぁあああ!!」ドピュルルルルルルルルルルルル

アルミン「ん!!///ああああ!!!///」ドクドク


ミーナ「///」クチュクチュ

アニ「///」クチュクチュ

ミーナ「ああぁぁああ!///」プシャアァァァァアアア

アニ「んほぉぉあああ!!///」プシャアァァァァアアア

ミーナ「いい……いい!!///」

アニ「極楽だね///」

ミーナ「二回目二回目!!///」ワクワク

エレン「じゃあ次はどういう体位でヤろうか?///」

アルミン「じゃあ僕が仰向けになるから///」

エレン「俺は馬乗りで///」

アルミン「うん///」

エレン「まったくぅ……アルミンはエッチぃな~!///」ガバ

アルミン「エレン///」

エレン「アルミン///」チュ

アルミン「ふあ///……ん///……あ///」

エレン「ん///……ちゅる///」

アルミン「んむ///……ぷはぁ///」

エレン「今日は挿れたまま寝るぞ///」

アルミン「うん///」

アルミン「エレン……大好き///」ニコ


ミーナ「うおぉぉおああぁぁおお!!!」

ミーナ「いい!///よすぎる!!///」

ライナーは死んだの?

アニ「アンタ……声でかいよ、ばれる」

ミーナ「アニだって大声で喘いでたくせに///」ツンツン

アニ「むー///」

>>90
これから書こうと思ってたのにww

ベルトルト「いいねえ///いいねえ///」シコシコ

マルコ「至福の傍観……///」シコシコ

マルコ「そういやライナーって消えたの?///」ドピュ

ベルトルト「あ、ライナーはね///」ドピュ

~四日前・食堂~


キャアァァァァァァアア!!!


ユミル「どうしたクリスタ!?」

クリスタ「ら……ライナーが!!」

ライナー(クリスタのパンツ被ってる)「よう」

ユミル「な!?てめえ何でクリスタのパンツ持ってんだ!!ウラヤマシイ」

ライナー(クリパン被)「ん?盗んだんだが」

ユミル「営倉送りじゃすまされねえぞ!?」

ライナー(クリパン被)「ホモだっているんだ!いいだろ!!」

ユミル「それは双方の同意の上だろ!!」

ライナー「あ」

クリスタ「教官さんこっちです」

クリスタ「あ、あとそのパンツ私使ってないよ?」

ライナー「え」

クリスタ「前ジャンにかしたの」

ジャン「悪い、かりた」

ライナー「」

ユミル「な!?この馬面!!羨ましい!!!」

~~~~~~~~~~


ベルトルト「ってことがね///」シコシコ

マルコ「そんなことあったっけ///」シコシコ

ベルトルト「あったよ///」ドピュ

マルコ「あったね///」ドピュ

ジャン(寝れねえ……)チラ

コニー「ぐがー」

ジャン(さすが野生児)

アルミン「じゃあおやすみ///」チュ

エレン「ああ//おやすみ//」チュ

ミーナ「いやあ豊作豊作///」

アニ「もう故郷とかどうでもいいや///」

ミーナ「え?」

アニ「忘れて///」

濃厚かな?どうかなみんな

~エピソードクリパン~

【クリパン事件1日前・立体機動訓練】

クリスタ「ほっ」バシュ

アンカー「ささらん!」ガキン

クリスタ「え!?アンカーがッッ!!」ギュルンギュルン

クリスタ「うわぁぁあああ!!!」ヒュー

クリスタ(ああ、私死ぬのかな……いい人生だったな)ニコ

ジャン「!?クリスタ!!!」プシュ ビュゥゥウン

クリスタ「ふぇ?!ジャン?!」

ジャン「危ねえ!!」ガシ ズザァ

クリスタ(ジャンが私を庇って?!)

ジャン「ぐわぁ!!」ドサ

クリスタ「ああ!大丈夫ジャン!!」タッタッタ

ジャン「ウ~ン」

クリスタ「うわ!どうしよう!!」

ユミル「クリスタが困ってる!手をかすぞ!!」

クリスタ「じゃあジャン運んで!!」

ユミル「え」

俺はジャンは性格よければイケメンだと思うがみんなはどう思う?

コニーに獲物とられたときに「邪魔だ!!」って言ったときの顔好き

クリスタ「早く!!」

ユミル「あ、ああ!」ヨイショ

ジャン「ん……」パチ

クリスタ「あ、起きたんだねジャン」

ジャン「クリ……スタ?」

クリスタ「私を庇ってくれてありがとうジャン」

ジャン「………いいってことよ」

ジャン「それにしても……」チラ

ジャン「服が………」

ジャン「下着まで破れそうだ……」

クリスタ「下着まで!?///じゃあちょっと待って!!///」ガサゴソ

クリスタ「はいこれ!!///」つ女物

ジャン「え~っと……」

ジャン「履けって……ことか?」

クリスタ「///」コクコク

ジャン「………」

ジャン「しょうがないか……」


~エピソード・クリパン~

         終

~対人格闘術~


エレン「アルミン!組もうぜ!」タッタッタ

アルミン「うん!!」

エレン「じゃあ早速始めっか~!」

アルミン「よし……」ザッ

エレン「いくぜ……」カマエ


ミーナ「キターーーーーー!!!!」ダイジャンプ

アニ「あいつら///やるんだね!///」

マルコ「エレアルワッショイ」

ベルトルト「早く///早く///」ウキウキ


アルミン「行くぞエレン!!」ダッ!!

エレン「こい!!」

アルミン「スタイリッシュハグ!!」ガシ

エレン「うお!///」

アルミン「からの押し倒しキス!///」バタン チュ

アルミン「ん……ふ……っ」チュルチュル

エレン「っ///………ん///」チュルリ


マルコ「キタ……キタ!!///」ドピュ

ベルトルト「見てるだけでイける!!///」ドピュ

ミーナ「いい!///神の領域だ!!///////」プシャアァァアア

アニ「///」プシャアァァアア

ジャン「なんだよこれ……なんだよこれ!!」

クリスタ「真っ昼間から何やってるんだこりゃ、あかん」

ユミル「教官に相談してみるか」

コニー「ああ」

~教官室~


キース「で、やってきたと」

ジャン「はい」

コニー「夜は部屋がイカ臭くて臭くて外で寝てます」

キース「そっちは…?」

ユミル「は?……いや、付き添い」

クリスタ「さすがに訓練中にあのようなことをするのは困ります」

キース「男子訓練兵はしょうがないがそっちの二人は別に部屋がイカ臭いわけでもなかろう、訓練中は訓練に集中すればいい」

ユミル「明日教官はホモってばらまくか」

クリスタ「そうだね」

キース「待ってくれ、それはやめてくれ威厳がなくなる」

ユミル「じゃあOK?」

キース「まぁ……考えてはみる」

クリスタ「よろしくお願いします」


ガチャ バタン


キース(私はホモではない、その証拠は)

キース「ユミルたん…ユミルたん……」シコシコ

キース「ウッホ!!//////」ドピュルルルルル

キース「ユミル訓練兵をオカズにすれば2秒でイける」

まぁ年齢は近いな

キース(しっかしどうしたものか………)

キース(事情聴取してみるか)

>>118
多分ユミルのほうがいってるよね

コンコン ガチャ


ミーナ「失礼しま~す」

キース「来たかカロライナ訓練兵」

キース「早速で悪いが正義とは何だ?」

ミーナ「エレアルです」キリッ

キース「なぜだ?」

ミーナ「正義に理由などありません」キリッ

キース「その理由のない正義で困ってるものがいるのだぞ?」

ミーナ「は!?エレアルを認めないやつがいんてか!?ハゲ教官ぶっ殺すぞ?!」

キース「上官に向かってハゲとは………営倉に入ってこい!!」

ハゲ2「さあお嬢ちゃんこっち」ガシ

ミーナ「な!?放さんかいハゲ!!」

ハゲ2「」ブチ

ハゲ2「」ゴキゴキ

ミーナ「ぐわぁ!!痛い痛い!ギブギブ!!」ポロポロ

ハゲ2「早くこい!」

キース「まったく何なんだあいつは………」


コンコン ガチャ


アニ「失礼します………」

キース「お、きたなレオンハート訓練兵」

アニ「何のようでしょう………」

キース「貴様、腐女子だな?」

アニ「はい」

キース「ぁ……」

キース(っべー即答かよ、っべーな……言葉考えてねえよ)

キース「なぜ貴様は腐女子なのだ?」

アニ「私の好きなエレンとアルミンがHしてる……ああ天使丼」

キース「あのだな……その」

キース「営倉に行ってもらう」

アニ「今日の夜も///………え?」

アニ「え?え?営業?」

キース「違う、営倉だ」

アニ「」チーン

ハゲ2「………」ズルズル

キース「ボット訓練兵フーバー訓練兵はキングクリムゾン」


コンコン ガチャ


エレン「失礼します……」

アルミン「……」ヒョコ

キース「ん?イェーガー訓練兵だけでこいといったはずだが……」

キース「まあ二人まとめてでもよいか………」

エレン「あの……教官、なんですか話って……?」

キース「ふむ、」

キース「はっきり言うとだな…」

キース「今後一切二人は性交為をしてはダメだ、食事のときのあーんなどもだ」

エレン「な!?」

アルミン「クァァァァアア!!!シャベッタアァァアア!!!」

キース「ということだが……わかったかイェーガー訓練兵」

エレン「」

そして次の日からエレン、アルミン、ミカサは開拓地に移ったという

ライナーも営倉から出たかと思うといきなり開拓地に移った、変態4人組も営倉から出ると「エレアルが見れないならここにいる必要はない」といって開拓地に移った


キース「やべーよ……アッカーマンもブラウンもフーバーも行っちまったよ………」

キース「いいもん!調査兵団にはリヴァイっていう最強の兵士がいるもん!」


ガチャ


モブ「伝達です!なぜか急にミケ分隊長とリヴァイ兵士長が開拓地に移ったようです!!」

キース「な!?なぜだ!?!」

モブ「なんか二人ラブラブでしたね」

キース「」


なんかさ、超むりくりな終わりかたでごめんなさい

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年09月29日 (月) 12:25:09   ID: GOm3Boi2

これはひどいwww

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom