アニ「邪魔…」(49)

エレン「おぉ、悪い!」

アニ「ふんっ……」スタスタ

ジャン「アニの奴朝から機嫌悪いな」

エレン「いや、いつも通りの顔だったぞ?」

ジャン「お前よくわかるんだな…俺にはさっぱりだよ死に急ぎ野郎」

エレン「?」

女子トイレ

アニ「またやってしまった…」しゃがみ

アニ「私はただ普通に挨拶がしたいだけだったのに……まぁジャンがいたししょうがないじゃん?」

アニ「とか言ってもエレンが一人でいる時にだって話しかけられないくせに…私は本当にバカだな…」

クリスタ「わっ!アニ!どうしたの?こんなところに座り込んで…まさかあの日…?」

アニ「っ…!クリスタか。いや、別に…驚かせてごめん…それじゃ」

クリスタ「う…うん(どうしたんだろ?)」

アニ「……クリスタ…」

クリスタ「どうしたの?」

アニ「あんた…好きな人っているかい?」

クリスタ「えっ!?」

アニ「…やっぱりなんでもない、気にしないで…。早くしないと座学に遅れるよ?それじゃ…」

クリスタ「あ……うん(なんだったんだろ……もしかしてアニ好きな人が…?)」

ーーー座学授業前ーーー

アニ「(座学は後ろの方で適当に受けようかな。)」キョロキョロ

アニ「(アルミンの横が空いてるか…)アルミン、隣いいかい?」

アルミン「えっ?あぁいいよ。」

アニ「ありがと…アルミンが後ろに座るなんて珍しいね」

アルミン「前の方が埋まっちゃっててね。ほら、最近エレンとかやる気出してるからさ」ハハハ

アニ「」ピクッ

アルミン「アニ?」

アニ「いや、なんでもない…っ////」

アルミン「(なんでエレンの名前を出しただけで顔が真っ赤になっているんだ?もしかして…)」

クリスタ「アニ!アルミン!隣いい?」バンッ

アルミン「クリスタ!僕は構わないよ…」チラッ

アニ「お好きにどうぞ…」

クリスタ「ありがとう!」

教官「始めるぞー静かにしろー」

支援ありがとうございますー!
すいません!
仕事が忙しくて…
明日の昼頃投下したいと思います!

すいません、書き溜め分だけ!


ーーー授業中ーーー

アニ「…はぁ…」

アルミン「(さっきからアニはため息ばかりついている…心なしか視線はエレンの方に行ってる気がするし…)」カリカリ

クリスタ「アルミン…」ヒソヒソ

アルミン「ん?どうしたんだい、クリスタ?」

クリスタ「授業の前、トイレでアニに好きな人はいるの?って聞かれたの…」

アルミン「えっ?それで?」

クリスタ「すぐに、なんでもない。気にしないでって言われたの…どう思う?」

アルミン「そんなことが…(やっぱりアニは…)」

アルミン「実は僕もさっき会話の時にエレンの名前を出したんだ…そしたらアニの顔が真っ赤になって…」

クリスタ「それって、アニはエレンの事好きって事?」

アルミン「アニの反応を見る限りその可能性は高いと思う…」

クリスタ「………」ニヤニヤ

アルミン「ク…クリスタ?」

クリスタ「アルミン…授業が終わったらアニに聞いてみない?もしそれでエレンの事が好きだったら協力してあげよ?…ダメかな?」

アルミン「うん…僕たちにできるだけの事はしよう。(結婚しよ。)」キリッ

すいませんss初投稿で
ssってたいへんですね…

ーーー座学終了ーーー

クリスタ「アニ!」

アニ「…何?」

アルミン「(クリスタ…どうやってアニに聞き出すつもりなんだ…?)」

クリスタ「アニってエレンの事好きなの?」

アニ・アルミン「ブッ!!!!」

アルミン「(クリスタ…君はなんてストレートな女の子なんだ…結婚しよ。)」

クリスタ「ねぇねぇどうなの?」

アニ「そんな訳っ…あるわけないだろ!急に何言ってるんだ!馬鹿なんじゃないか!?クリスタ、あんたは馬鹿なのか?」アセアセ

クリスタ「じゃあなんでそんなに焦ってるの?好きじゃなければ普通にいないって言えばいいじゃん?」

アニ「ぐっ…(クリスタってこんなキャラなのか…)」

クリスタ「で、結局どうなの?」

アニ「…自分でもよく分からないんだよ、この感情がなんなのか…」

アルミン「アニ、エレンの事を思うと胸が痛くなったり高揚したりしないかい?」

アニ「えっと…難しいんだけど…胸がキュッと締め付けられる感じかな?エレンの顔もまともに見られないし、声をかけるのも…恥ずかしい…かな」

アニ「訳わかんないだろ?私自身も馬鹿らしいと思うよ…」

クリスタ「(アニ可愛い…)」

アルミン「アニ間違いない。それは恋だよ。」

アニ「こ…恋?」

更新遅くてすいません…
こうして欲しいとかあったら言ってくだされば沿った話にしてきたいと思います!

ミカサさんちっす!


アルミン「そう。エレンの事を異性として意識しているって事だよ」

アニ「私がエレンの事を…////」

クリスタ「キャーッ/// 私応援するよアニ!」

アルミン「待って、クリスタ。それにアニも気づいて欲しいんだ…」

アニ・クリスタ「…?」

アルミン「とても大きな障壁の事をね…」遠い目

ミカサ「へくちっ!!!! ……きっとエレンが私の噂をしている…」

ミカサさんが登場させたところで今日は寝ようと思います!!
ライナー兄貴とかそばかす女とかベロリンガさんとか出したいんだけど考えられるかなぁ…w

今日も出先からのらりくらり
頑張ります!


ーー
ーーー
アルミン「アニとエレンの恋を実現させるには104期訓練生達の協力が不可欠だね」

クリスタ「確かに…ミカサは強力だよね…」

アニ「…待て待て!好きだとは言ったけど誰も付き合うとは言ってないだろ?」

クリスタ「じゃあアニはエレンが誰かと付き合ってもいいの?」

アニ「う……」

クリスタ「エレンがミカサに取られてもいいの?」

アニ「い……嫌だ!私はエレンが好きなんだ…あいつが誰かと笑ってるなんて…そんなの嫌だ…」

アルミン「アニ…」

アニ「アルミン、クリスタ…私頑張るよ…。こんな私のために協力してくれるかい?」

アルミン「勿論じゃないか!」

クリスタ「私も協力するよ!」

アニ「……ありがとう…2人とも…」

この恋実らせるか悩みます…

アルミン「それじゃ計画を立てようか。とりあえず今度の休暇にデートに誘ってみるのはどうかな?」

アニ「デ…デート////」

クリスタ「ミカサはどうするの?」

アルミン「僕がなんとか気を引いてみるよ…まぁあとはライナー達にも協力してもらわなきゃだけど」

アルミン「アニ、ライナー達にエレンに気がある事を話してもいいかい?」

アニ「…っ!それは…」

クリスタ「?」

アルミン「そうしないと厳しくなってくるんだけど…」

アニ「でも…私は…」

クリスタ「どうしたの…?」

アニ「………いや…なんでもない…うん、でも自分から言ってもいいかい?」

アルミン「うん…じゃあ休暇前までにライナー達に話をしておいて」

アニ「あぁ…わかった…」

支援ありがとうございます!

ーー夕食ーー

サシャ「パァン!!!」

コニー「うるさいな、黙って食べろよ!」

ライナー「ベルトルト…早く故郷に帰りたいな」

ベルトルト「そうだね、絶対帰ろうね…」

アニ「ライナー、ベルトルト…少しいいかい?」

ライナー「アニか…どうしたんだ?」

アニ「これからの話は馬鹿げてると思う…でも本気なんだよ…話をして2人がどんな反応をするかも目に見えてるけど聞いてくれるかい…?」

ライナー「あぁ…」

ベルトルト「…」

ss難しいぃぃぃぃっ!!!!

アニ「私はエレンの事が好きだ。」

ライナー「………」

アニ「なにを言ってるかは分かってる。無茶を言ってるのも分かってるんだ」

ベルトルト「でもそれは…」

ライナー「ベルトルト…アニの話を最後まで聞こう…。それで、続きは?」

アニ「私はエレンと付き合えればいいと思ってる。でもそれと同時に自分の使命も分かっている。」

アニ「だけど私は幸せになりたい。この気持ちは変わらない。誰もが持ってるはずだろ?」

ライナー「それは俺たちとは別の道を進むって事だな?」

アニ「そう。ライナー達を敵に回したとしても幸せになりたい。」

ライナー「ふっ……お前は素直ないい奴だな…」

アニ「違うよ、私は自分が報われたいだけ。」

アニ「ただ自己中心的な人間の考えさ…」

ライナー「人間…か…そうだな。俺らには人間として生きる選択もあるもんな…」

ベルトルト「でもアニ、僕たちの使命も変えられない。それは分かるよね?」

アニ「分かってるよ。だからってあんた達の事は別に周りの奴らにいうつもりはない。」

ライナー「じゃあどっちが勝つかだな…ははは」ニコリ

アニ「ふっ…そうだね。手は抜かないよ?」

ベルトルト「エレンの件頑張りなよ?僕達もできる限りは手伝うよ。アニの幸せも願いたいからね」

アニ「あぁ…でも私にできるかな?」

ライナー「お前は綺麗だからな…少し色気じかけでもすればエレンもコロッと落ちちまうかもな!!」

アニ「………」ゴゴゴゴ

ベルトルト「ラ…ライナー…謝った方が…」

酔ってるアニのss可愛すぎ!!ww
自分のssの駄文さに涙が…

ライナー「まぁ冗談はさておき、エレンとなるとミカサがいるからなぁ」

ベルトルト「僕も思った…どうするの?」

アニ「その事も2人に相談しようと思ってね…」

ライナー「お前ら対人格闘術の時よく組んでるだろ?その時に誘っちまえよ…明日は俺とベルトルト2人でミカサの気は引いてるからよ…」

ベルトルト「(僕もか…理由のない暴力を振るわれるのはライナーだけでいいのになぁ…)」

アニ「そう簡単に行くかな…まぁでもそれ位しか機会はないか…」

ライナー「おっ、噂をすれば…エレンの奴こっち来るぞ…」

アニ「っ!?」

エレン「おっ、アニこんなところにいたのか!」

アニ「……やぁ…どうしたんだ…私に何か用か…?」

ライナー・ベルトルト「」クスクス

エレン「ん?なんでそんな小声なんだ?」

アニ「いやー…なんでもないよー?それで何の用だい…?」

エレン「おぉ!明日の格闘術の授業また組もうぜ!」

アニ「!! あぁ、いいよ。また私にこてんぱんにされたいんだ?」

エレン「いや、明日こそいけそうな気がするんだよ!(やっぱりこの手の話になると嬉しそうな顔するな…少し可愛いかも…)」

アニ「生意気だね…まぁ結果は目に見えてるけど楽しみにしてるよ」

エレン「その自信が命取りになるぜ!そんじゃまた明日な!おやすみ!」

アニ「あぁ…それじゃおやすみ…」

アニ「(あれ、私今普通に挨拶できた…?)」

ライナー「おいおい、いい感じじゃねぇか!」

ベルトルト「アニも最初はどうなるかと思ったけどちゃんと話せてよかったね!」

アニ「うっうるさい…!まぁなんだ…ありがと…。それじゃ私も行くよ…2人ともおやすみ…あしたはよろしく」

ライナー「おう。任せとけよ!またな。」

ベルトルト「おやすみ、アニ」

ss本当に難しいですね…
頑張ります!

ーーー女子寮ーーー
アニとクリスタは同室という
勝手な設定です。


アニ「ふぅ…」ガチャ

クリスタ「アニ!どうだった…?」

アニ「ん?あぁ…ライナー達も強力してくれるそうだ」

クリスタ「そうなんだ!やっぱりライナーは頼りになるなぁ」

アニ「その言葉本人に言ったら相当喜ぶよ…」

クリスタ「そんなことないよー!それでいつ誘うの?」

アニ「明日の格闘術の時にしでも誘ってみようかなって…」

クリスタ「そうなんだ!きっとエレンもOKしてくれるはずだから頑張ってねアニ!」

アニ「あぁ…ありがとう…。全く私はみんなに迷惑かけてばかりだな」

クリスタ「そんなことないよ?だって私たち友達じゃない!」

アニ「友達…か…。うん…ありがとう…。ありがとう…クリスタ」

クリスタ「うん!あっ…もうこんな時間!早く寝なきゃ明日寝坊しちゃうね!」

アニ「うん。もう寝ようか。」

クリスタ「じゃあ、おやすみアニ!」

アニ「あぁ、おやすみ…クリスタ」

アニ「(明日エレンはどんな顔するかな…?嫌な顔されないだろうか…断られないだろうか…。)」

アニ「(…大丈夫!私にはみんながついてる…友達のみんなが…)」

アニ「クリスタ…本当にありがとう…」ボソッ

クリスタ「zzzz…」

ーーー朝ーーー

アニ「……(結局一睡もできなかった…)」

クリスタ「アニおは……どうしたのその顔…」

アニ「わかってる。わかってるから何も言わないでくれ…」

クリスタ「(緊張で一睡もできなかったんだね…)」

アニ「とりあえず顔洗ってくる…」

クリスタ「う…うん…(だ…大丈夫かな…?)」

アニ「うーーー」洗顔中

アニ「(断られたらどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしよう)」

アニ「 はーっ」

アニ「ひっどい顔…」クスクス

アニ「私らしくないな…」

アニ「なんか1人で緊張してバカみたい…当たって砕けろアニ…」

アニ「いや、砕けちゃダメかな…んーと、当たって砕けるな?あれ…?」

ミーナ「アニ、1人で何やってるの?」

アニ「ミーナっ!!!!まさか…見てた…?」

ミーナ「何も?早く朝食行こうよ」

アニ「あ…あぁっ!そうだな!早く行こう!(見られてなくてよかった…)」

アニ「………」テクテク

ミーナ「………」テクテク

ミーナ「当たって砕けろ…アニ…」ボソッ

アニ「なっ!!!//////」

ミーナ「ふふふふふ…」クスクス

更新遅くなってすいません!
まとめなきゃいけない資料があって
更新遅くなりますが頑張ります。


ミーナ「頑張ってねアニ!」

アニ「~~っ///// ありがと…」

ーーー食堂ーーー

アルミン「今日は格闘術の授業あるね」

エレン「今日こそアニに勝ってやるぜ!」

アニ「(エレン達はあそこか…よし…自然に自然に…)」

アニ「エレン、アルミンおはよう…」

アルミン「!! やぁアニ、おはよう」

エレン「お、アニ!おはよう!今日の格闘術頼むぜ?」

アニ「ふふっ…あんたがそんなに宙を舞いたいなんて知らなかったよ…一緒いいかい?」

エレン「おう!座れ座れ!俺の見事な作戦を教えてやるぜ!」

アルミン「エ…エレン…それは言わない方が…」

アニ「ふふふ…」

ミカサ「…………」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom