ちんこ噛み千切り女クリスタ(68)

モブ「最近さぁー、ちょういい噂があるんだけどよ…」

モブ2「あー…、もしかしてあの噂?女神が…」

ライナー「フェラしてくれるって話」

モブ「…いつから?」

ライナー「最初。こうゆうポジは普通ベルトルトだろ?」

モブ「悪い、話を続けるぞ?」

モブ「本人から聞くなんて出来ない…だから、ユミルに聞いてみたんだ。そしたら…『んなわけねーだろ!?バカかお前?』っと予想していた反応。」

ライナー「ああ…あの天使のように優しいクリスタも流石にそこまではやってくれまい。」

モブ2「なーんだ。つまんねぇー」

モブ「俺らには最初から無理な話だ。」

その頃…

アルミン「くっ、クリスタ!その…僕のちんちんをくわえてくれないか?」

クリスタ「…ええええぇぇぇえええ!?」

アルミン「その、噂を聞いたんだ…お願いすればクリスタがフェラしてくれるって」

クリスタ「え…誰がそんな噂を?」

アルミン「さあ…で、本当なのかい?」

クリスタ「事実無根のでっちあげだけど…」

アルミン(あれ?じゃあ僕…すんごいバカやった!?)

アルミン「あ、本当じゃないのは知ってるよ?冗談だから…」アセアセ

クリスタ「…いいよ?アルミンなら…」

アルミン「…へ?」

クリスタ「アルミンなら…フェラしてもいいよ?」

アルミン「いっ、いいの?だって噂は…」

クリスタ「だからいいの。早く脱いで?」

アルミン「う、うん」ズルッ

クリスタ「はむっ…んっ…レロレロ…」

アルミン「んはぁっ…クリスタ…」

クリスタ「むちゅっ…ペロッ…」

アルミン「くっ…」

クリスタ「…」ニヤッ

アルミン「?、クリスタ…」

ブチイイッ!!!

アルミン「ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」

クリスタ「ん…甘口ね…」モグモグ

アルミン「ああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!がぁああああああああああああああ!!」ゴロゴロ

クリスタ「ゴクッ…まだあと半分残ってるから…動かないで?」ガシッ

アルミン「ぐりずだぁ!!やめてぐれぇ!!」

ブチブチッ!!

アルミン「ぎゃあひああああああああああああああ!фημζδλ!!!」

クリスタ「弾力があって…歯触りがいいね…」ボリボリ

アルミン「ゼェゼェ…も、もう…ししししししっ死ぬ…」

クリスタ「あと…可愛い玉が二つ…」

アルミン「!?クリスタ!!!もう!」


ぎぃややややややぁああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ああああああああぁぁぁぁぁああああああ!!!

クリスタ「甘いものの次は辛いもの食べたいなー…」

ジャン「ふふんはふんふん~イエィ♪」

クリスタ「ジャンでいいか…おーい!ジャン!」

ジャン「おお、クリスタ。どうした?」

クリスタ「お願いがあるんだけど…」

クリスタ「おちんちん、しゃぶらせて?」

ジャン「…え?」

クリスタ「だからぁ~おちんちんしゃぶらせてってば」

ジャン「あの噂…本当だったのかよ…」

ジャン「俺には好きな人がいるだから…」

クリスタ「どうせ叶わないでしょ。エレンにべったりだし」

ジャン「そうそう。『エレンは家族』ってきっとそういう意味…ってなんでわかる?」

クリスタ「態度」

ジャン「へえ。じゃあ、俺が例え振り向いてくれなくても他のやつで妥協する気はあんまり無い、っていうのもわかるか?」

クリスタ「それは私にとってどうでもいいや。私は早漏れ男子の治療してるだけだから。」

ジャン「んぐっ…俺が早漏れなのも計算済みかよ」

クリスタ「早漏れだったんだ」

ジャン「」

クリスタ「めんどくせぇや。早く脱げ」

ジャン「おい!?キャラ変わりすぎだろ」

クリスタ「早くしろよ」

ジャン「じゃあいいよ!やってやる!」ズルッ

クリスタ「うわぁ…奇形…」

ジャン「」

クリスタ「まあ、いいか。あーんっ」

ジャン「…」ドキドキ

クリスタ(こんな奇形ちんこしゃぶりたくないから…)

ブチィィイイイイッ

ジャン「ぐぁあああああああああああああああああ!!!!ジャンジャンジャンジャンジャンジャンジャンジャンジャンジャンジャンジャンジャァーーーーン!!!」

クリスタ「うわあっまずっ。一気にかぶりついて正解だわ…」ベッ

ジャン「早漏れ…がなんだっ…て?」

クリスタ「うん。射精さえ出来ないから早漏れさえしないよ?」

ジャン「ぐはーぁっ」バタッ

クリスタ「口の中気持ち悪っ…」ペッペッ

クリスタ「ん?あれは…」

エレン「…」ニタニタ

クリスタ(エレン…すごく美味しそうだけど…なんか変…)

エレン「お前、俺と同類になっちまってんな?」

クリスタ「どういう意味?」

エレン「何故か俺も体の一部分…乳首をムショーに食いたくなってよ。お前、自分の胸を見ろ」

クリスタ「おっぱいが全部無い!?」

エレン「思い出したか?俺におっぱいを噛み千切られたのを…で、今俺が食いたいのは唇なんだ。というわけで、手を組まないか?」

クリスタ「…どういう意味?」

エレン「ここの奴等を食い尽くすのは俺でも一苦労だった…噂がたつ前に迅速に動かないといけなかったから、うまく味わえなかった…だから、お前がちんこ、俺が唇を食う…食うところは別々だから」

クリスタ「協力して、一人を一緒に食べようってわけ?」

エレン「そういうこと。」

クリスタ「性別は?男しかちんこは…」

エレン「性別なんか関係ねぇよ。男の乳首で代用できた…味は薄かったが。なら、お前は」

クリスタ「クリで代用できる、と。」

エレン「そういうことだ。次のターゲットはミカサ…俺とお前と3Pセックスに持ち込んで同時に噛み千切れば反撃の隙を絶叫で抑えることができるだろ?」

クリスタ「でも…最後は?」

エレン「お前と俺で勝負して、勝った方がどちらかのモノにありつける」

クリスタ「わかった。のった」

なんというマジキチ

>>19褒め言葉ととりますよフフフフ

ミカサ「…ここで何やってるの?」

エレン「ん?お前をどうすれば3Pセックスに持ち込めるか、って話をだな。」

クリスタ(うっわストレートぉ)

ミカサ「誰と?」

エレン「ジャン」

ミカサ「そんな…そこのクリスタならまだしも…」

エレン「クリスタならいいんだな?」

ミカサ「え?でもクリスタは…」

クリスタ「私はやってもいいよ?」

ミカサ「…わかった…ここならあまり人気も無いし…」

エレン「やるか…」

エレン「服脱げよ…」スルッ

ミカサ「うん…」

クリスタ(あっさりし過ぎでしょ…)スルッ

エレン「はぁ…はぁミカサぁ…」レロレロ

ミカサ「ひいっ…首筋…弱いの…」ビクッ

クリスタ「んぅ…もうこんなに濡れて…」チュパ

ミカサ「んっ…あっ…」ハッハッ

エレン(そろそろ…)

エレン「ミカサ…キス…」

クリスタ(今ね…)

クリスタ「ハムッ」

ミカサ「あんっ」ビクウッ

エレン「ミカサ…ゴメン!」

クリスタ「いっただっきまーす」

あの時、なんでエレンに胸を食われた事を思い出せなかったのだろうと、顔に醜い傷痕を残したミカサは思った


しょうがない。世界はどうしようもなく残酷で…美しいのだから…


ブチィッ

プチっ


ミカサ「うぁあぁぁあああぁあぁあぁああああああああああああ!?えぁぁあああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!」ジタバタ

ミカサ「おえあーっ!?おぅぇええ?うぁぁあああああああっ!!!」ポロポロ

エレン「何言ってるかわかんねえが……キレイな桜色のプルプルな唇いつか食いたいと思ってたんだぁ…うめぇっ。つぅーか顔ブサッww歯茎出ちゃってるwwリアルエレンゲリオンww」モグモグ

クリスタ「結構いけるわね…」ゴクン

ミカサ「あぁ…うぁぁあっ…エエン…」バタッ

エレン「…次はアニにしようか…」

クリスタ「えーっ…量が無いからなぁ…」

エレン「その点は大丈夫だ…なんせあいつは…」

アニ「巨人だからねぇ…」

クリスタ「うっ…アニ…」ビクッ

エレン「思い出したのか。おーおー、どMがまたヤられに来たのか?」

アニ「まあそんなところだね…あの日人生で一番興奮した…愛してるって言われて。」

アニ「条件がある…もう一度…嘘で良いから…愛してるって言ってくれないか?」

エレン「良いよ…俺は今でも愛してる…」

クリスタ「…」

アニ「抵抗するかも知れない…から、縛ってて…」

エレン「わかった…」

エレン「その前に…」

ミカサ「ぅぅううううううううっ…あああああああああつっっ!!!!!」フーッフーッ

エレン「ミカサをどうにかしなきゃな」

クリスタ「スゴい…立ってられるなんて…」ゴクッ

アニ「フッ!!」ドコオッ

ミカサ「うぐっ …」バタッ

アニ「これ以上痛みは長引かせちゃダメでしょ…フフフッ…ミカサゲリオンww…」

クリスタ(すぐあんたもそうなるのに…)

アニ「えへへっ…」ゾクゾクッ

クリスタ「こいつ目覚めてやんの」オイッ

きょうはここまで

アニ「さあ…早く!」

エレン「じゃあ…まず挿れるか」ズプズプ

クリスタ(うわぁ…すでにめっちゃ濡れてる…)

エレン「おい雌豚!…じっとしやがれっ!」ガリッブチィッ

アニ「ぎゃぁぁあああああっ!!」ビクン

クリスタ(うっわぁ…マジで感じてる…頭狂いすぎでしょ…)

クリスタ「まあいいか。えいっ」ガリッ

アニ「んぁああああああっ」ビクンビクン

クリスタ(アソコ噛み千切られてイった!?)

クリスタ「あれ?巨人って…」

シュゥゥウウ

クリスタ「えっ?蒸気…えっ!?本当に巨人なの?」

エレン「そうだな。こいつは人の姿の巨人だし、肉片も蒸発しねぇみたいだから…かなり喰える。」ブチブチィッ

アニ「げぇぁぁああああっ///」ピクン

クリスタ(なんか逆の立場になってますが)

エレン「失神したら回復速度が遅いからなぁ…」ブチィッ

アニ「ぁあああっ!!」ビク

クリスタ「…まっ、いいか」ガリイイッ

アニ「ぁああああああっ!!」ビクビクバタッ

エレン「うわぁ…もう終わりかよ…」ゴクン

クリスタ「そろそろ男の方に…」ガシッ

エレン「実はな…もうお前しか残ってねぇよ?」

クリスタ「…えっ?」

エレン「お前と会う前に…もう全部食ってきた。全員死んでる。」

クリスタ「えっ…じゃあ…」ゾクッ

エレン「いっただっきまガブリィッ!!

その時…クリスタは自分の顔に別れを告げた…どうやっても負ける、と思っていたのに、何が起こっていたかわからなかった…

ミカサ「うぅぅううううううっ!!!!」

薄れ行く意識の中、ミカサは思い出していた…

エレン「…もしもさぁ…巨人の中に人が居るとしたら、お前はその巨人を殺せるか?」

ミカサ「…わからない。その人が極悪非道ならすぐ殺す。でも、例えば家族で…エレンや母さん、父さんなら殺せないかも…その人達が何人も殺していたとしても…」

……


ミカサ(美しい…?このよくわからない結末が美しい?)

ミカサ(私が言ったのはエレンがもし前のままで…優しいエレンで、誰かを助けるために仕方なく…ならいいと思っていた)

ミカサ(今のエレンは…ただの人肉を喰らう獣だ…弱肉強食もなにもない、ただの嗜好品として人を喰っている…これじゃあ…まるで…)

ミカサ(巨人ジャナイカ…)

ミカサ(巨人ハ、人類、ノ、テキ。ナラ、殺ス。殺ス。殺ル。ウナジ、削ゲバ、殺セル。巨人ジャナラウナジヲ削ゲバ死ヌ。カラ、ニンゲンカドウカハ一目瞭然。)

ミカサ(コロス)

痛み。怒り。哀しみ狂っていたミカサは、人間がうなじを噛み千切られたら簡単に死ぬことを忘れていた。

エレン「ぐぁぁああっ!?やめろっ…なにやってるんだミカサ?」グウッ

ミカサ「オオス!ウッコロシレヤルゥゥウウウウ!!」ガブッ

クリスタ(たっ…助かった…でも…次は私が…どうしよう…!?そうだ…)

クリスタ「ミカサをこっち側に引き込めば良いんだ。」

クリスタ(私が目覚めたのはアルミンのちんこをしゃぶってから。なら…ミカサは…)

アニ「ううっ…耳もいじってぇ…」ボソッ

クリスタ「耳、か…」ブチィッ

アニ「ギャッ………………………………」

クリスタ「これを…口に入れれば」

エレン「がぁぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!!」

ブチイッボトッ

クリスタ(うわっ…生首…ミカサが放心している間に…口にねじこむ!)

ミカサ(コイツハ駆除シタ。ヨロコンデ?エレン。アナタノカワヲカブッタ巨人ヲタオシタヨ。…アレ?ナンデ蒸発シナイノ?マアイイカ。ツギハ…クリスタカ)

クリスタ(口があいた!今だっ…えっ)

ミカサ「がぁぁああぁああっ!!」

ぶちぃっ

クリスタの企ては半分成功した。口の中にちゃんと耳たぶを入れた。でも、ショックで頭の回らなかったクリスタは、

食事対象に自分も入っている事を忘れていた。さらに、勢いよく飛び付いてきたミカサにあろうことか、喉を噛み千切られた。この時点ですでにクリスタは死んだ

タベタイ

オイシイオイシイ喉ト耳ヲタベタイ

アソコニハモットヒトガイル

モットイッパイタベラレル

ゴメン…エレン。トメテアゲラレナクテ


ミカサはウォールローゼの人間を食いつくし、ウォールシーナで調査兵団に殺されるまで


たべることをやめなかったと言う。

ウォールシーナ

ネス「ヤバイです団長!このままでは…人類が滅亡します!」

エルヴィン「くっ…銃弾を避けるなど…散弾を試したのか!?」

ネス「はい。しかし、すぐに回復して…駐屯兵団が居れば、まだマシ、といったところでしたが…」

ミケ「仕方ない。駐屯兵団はウォールローゼの時点で…すでに数人を残して全滅、討伐隊を送っても返り討ちに食われまくったからな…」

モブリット「伝令!大砲による着弾を確認も…効いてません。斬撃も全部かわされ…耳、喉の順に噛み千切られていきます!」

ハンジ「くっそぉ…巨人みたいだけど全然敵わない…ここまで怖い?恐い?もうわかんねぇ~」ハァ

リヴァイ「…いい加減にしろ。俺が出る…」

エルヴィン「いや、ここで貴重な戦力を失っては…」

リヴァイ「…俺は巨人以外の奴に部下を殺られて黙ってられるつくりになってない…」

リヴァイ「俺は…これ以上、犠牲を増やさねぇ…」ギリッ

エルヴィン「わかった…命令を下す!ミカサの殺害、そして…」

エルヴィン「死ぬことを許さん!行ってこい!リヴァイ!」

リヴァイ「ああ…」

ミケ「俺も行くか…」

ハンジ「この流れだと私も行くべきだよね?」スクッ

エルヴィン「絶対に討伐せよ!」

リヴミケハン「ハッ!!」バッ

続きは明日。

安価ミケとハンジどっちか殺すから、どっちかを>>50-60の中で投票して決定します。死ぬ方を書いてね

ハンジ

もうハンジにする?

返事無いからハンジでいくわ

出撃したものの…戦場は凄まじいことになっていた。喉と耳が無い死体が所々横たわっており、ハンジはうっかり蹴ってしまった。そう…グンタの生首を…

ハンジ「…予想、外れたなぁ…もっと綺麗に死んでると思ったんだけど…」

リヴァイとミケは索敵中…自分一人であの化け物を相手出来るのか?多分私では…

ガタッ

ハンジ「ひぃぃっ」ビクッ

それは訪れた。フードを深く被り、顔は見えないが、恐らく顔をみたら死が待っているだろう。

バーン!!

取り合えず信煙弾を撃った…のが間違えだった。一瞬の隙を見逃さず、ミカサが距離をすぐ前まで詰めていた。

ハンジ「!!!!っ…」

顔が見えた

美しい顔立ちだったと言われる彼女の顔は、鼻の下から顎の窪みまでの肉が無く…とても醜かった。綺麗な鼻から上と対象的でとても際立ってみえた。回復力が適応してないのだろうか?どちらにせよ私はもうすぐ…

ヤバい…

ブチブチィッ

しかし、私は死なない。盾になった奴がいた

モブリット「ぐぁぁあっ!!」

どこから湧いたんだ…まったく、命令もしてないのに勝手に盾になるなんて…

モブリット「ハンジ…分隊…長…」バタッ

ハンジ「ったく…」

ミカサ「ぅぅううううっ…」ブチッモグッコクン

ハンジ「…仕方ないなあ…どうせなら」

ミカサ「ガァァアァアアアッ!!」ダッ

ハンジ「その腕、貰うよ?」チャキッ

ザシュッ!ボトッ

リヴァイ「ハンジーーーーーっ!!!」

ブチイッ

リヴァイ「うぉぉぉぉおっ!!!!!!」ギューン

ミケ「よくも…部下やハンジおっ!!!」ギューン

ブォンッ 

リヴァイの攻撃は外れた。そのリヴァイの足に丸いものが当たった。ハンジの生首だ。性格にはギリギリ繋がっている、といったところか

ブチッ

ミケ「ぐぅっ…速い!右耳が…」ボタボタ

リヴァイ「…」

シューンシュンギュイーン

ミケ「んなっ?リヴァイ!」

リヴァイ「いつぶりだろうか…ここまでぶちきれたのは… 」

リヴァイ「てめえは殺す!」

ズバズバっドスッ

ミカサ「ぎぃゃぁあぁぁぁあああああああああああああああっ!!!」

リヴァイ「仲間を食ったその腹を…かっさばいてやる」ザシュッ

ミカサ「ぐぅぅうっ!!」

リヴァイ「もっと…」ドスッ

ミカサ「ぎいゃぁぁああああっ!!」

リヴァイ「もっと…」ガブッ

ミカサ「ぅぅうううううっ!!」

リヴァイ「くっそっ…俺の手を放せぇっ!!」ミチミチミチ

ギュイーンドスッ

エルヴィン「おい…誰だ、命令を破ったやつは…それ以前に、破らせたやつは…許さん!!」ザクッ

ミカサ「ぐっ…」バタッ

リヴァイ「人類の…勝ちだ…ハンジ」

ミケ「こいつは死んだか…うわっ…口から耳が…」

エルヴィン「…命令違反ばかりだな…お前は…こんな時まで笑って…」


……
………

エレン「なあ…ミカサ…生まれ変わったら何になりたい?」

ミカサ「!?エレン!エレン!?生きてるの」

エレン「いや…どうやら死んでるみたいだ」

ミカサ「…ごめんなさい」

エレン「俺こそ。しっかし…なんでああなったんだ?」

クリスタ「わからない。でもなぜかここに居るのは私達だけだよ?…地獄への片道切符かなぁ?」

エレン「…俺はさ、一から戻って、やり直したい。巨人を…駆逐したいし、家族とも居たい。アルミンとも…仲間達とも!外の世界へ行きたいんだ!」

クリスタ「私も…やっぱり戻りたい…」

ミカサ「…わ、私も…出来るなら!戻って…エレンと過ごしたい…あんな地獄は…美しくない残酷な世界は…もう…嫌…」

エレン「こんな終わり方なんて…嫌だ…外の世界に行く前に死んで…なにもできないなんて…嫌だ…」

『…それなら…チャンスをやろう』

ミカサ「!?」

エレン「何だ?…これ」

クリスタ「どこから声が…」

『この中から一人だけ、やり直させてやる…せいぜい話し合って決めるんだな…』

エレン「…」

ミカサ「…エレン。貴方が行って。」

クリスタ「うん。エレンが行くべきだよ。」

エレン「はぁ?なんでだよ!?俺が一番最初に…」

ミカサ「私は…人を殺しすぎた。償いきれるものじゃない。」

エレン「それは俺も…」

クリスタ「私達はここでこの世界を見守っている。どう転んでも多分きついと思うけど…こっちは私達で見守っている。だから…」

ミカサ「エレンが行って?」

『決まったみたいだな…』

エレン「え?ちょっと!待ってよ…」



ミカサ「…いってらっしゃい…エレン。」



エレン「み…か…さ」

「ーエレン」

「エレン!!」

エレン「ん……?」

ミカサ「起きて。もう帰らないと日がくれる」

エレン「…?あれ…?ミカサ…お前…髪が伸びてないか…?」

ミカサ「そんなに寝ぼけるまで熟睡してたの?」

エレン「イヤッ…なんかすっげー長い夢を見ていた気がするんだけど…何だっけ思い出せねぇな…」

ミカサ「エレン?」

ミカサ「どうして、泣いてるの?」

エレン「え…?」

エレン「え…!?」ポロッ

ヒュゥゥゥウウウウ

終わり

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年12月04日 (金) 17:33:35   ID: hmFFXNjI

こわ



名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom