一方通行「ハ?なんで俺の力が…」 俺「ククク…その程度か…」 (17)

俺「炎滅斬!!!!」

一方通行「グッハアアア!!」

俺「他愛もない」

一方通行「ちくしょう…ちくしょう…ちくしょオオオオオオオオオオオオ!」

俺「じゃあこの打ち止めちゃんはもらっていくよ」

打ち止め「キャー俺さん素敵!」

一方通行「というわけなんだ」

上条さん「んな強い相手なのになんで俺に助けを求めにきやがりますか」

一方通行「でもよ…俺倒したのお前だけだし…俺お前好きだし…」

上条さん「え…(ポッ」

上条さん「そのなんだ…俺も…」

一方通行」「え…(ポッ」

俺「来たか…」

上条さん「打ち止めを返しやがれ!!」

一方通行「ハハッ!お前はもう終わりだ!上条さんに勝てるはずねえんだ!」

俺「ほう…」

打ち止め「やだ!俺さんと一緒にいる!」

俺「といってますが…どうよ?」

上条さん&一方通行「なん…だと…」

一方通行「そんなの関係ねええええ!!」

俺「別にお前の元にいようが俺の元にいようがどっちでもいいだろ、俺は打ち止めに危害を加えてないし」

俺「よくわかんねえ男の元にいるという点では同じなわけだ、そのために戦うというならお前を倒すことになるが」

俺「それに彼女の自由意志も尊重してあげてはどうかな?ククク…」

一方通行「お前が!洗脳したかもしれねえ!」

俺「証拠は?それにそんな思考をするということは君もやってんじゃないのかね?洗脳」

一方通行「くっ…口では勝てねェ…上条さんお願いします…」

;   ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や 公 帰 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ 園. り ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て の 道 な

 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来  ト に わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た イ  あ け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の. レ る で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ に
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__

  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__

上条さん「打ち止めは一方通行が助けた女の子なんだ!」

一方通行「そうだそうだ!」

俺「そうか…しょうがない…君たちには消えてもらうことにした」

俺「情けでミサカネットワークのバックアップは切らずにいたがもうそれもやめだ」

打ち止め「うん!」

一方通行「あうあうあー^q^」

俺「上条さんまだやるかね?」

上条さん「あ、すんませんもういいです」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom