レッド「いっけえ!モンスターボール!」カスミ「え?」(35)

カスミ「ちょっ…あんたーー…」

 ひゅーん ぽんぽん

レッド「カスミゲットだぜ!」

レッド「まさか本当にゲットできるなんて…やってみるもんだなあ」

ビキニのおねえさん「あ、あなた!カスミちゃんになんてことを!」

レッド「いっけえ!モンスターボール!」

ビキニのおねえさん「まっ…ーー!」

 ひゅーん ぽんぽん

レッド「ビキニのおねえさん!ゲットだぜ!」

おつきみやま の なか

レッド「ここなら人に見られる心配はないな。ーー出て来いカスミ!」ポーイ

 レッドはカスミをくりだした!

カスミ「おらあ!」バキッ

レッド「ぎゃあ!」ドサッ

 カスミの殴打 レッドはたおれた

カスミ「よくもモンスターボールなんかに入れてくれたわね!さっさと逃がしなさいよ!」

レッド「ちくしょう…ちくしょう…」ポロポロ

一応エロSSなんですけどね?

    
レッド「ご主人様になんてことを…、許すまじ…」

カスミ「あんたみたいなガキがわたしのご主人様気取り?笑わせないでよ!」

 カスミのちょうはつ
 レッドはちょうはつにのってしまった!

レッド「カスミぃ!おすわり!」

カスミ「はあ?いきなりなにわけわかんないことを……ーーあれ?」ストン

 カスミは おすわりした

レッド「なるほど…、やっぱりおれの命令には逆らえないのか…」ニヤリ

   
カスミ「このっ…体が勝手に…!」ググッ

レッド「……」ゴソゴソ

カスミ「負けるもんですか…!こんなやつに…!ーー、ってさっきから何ごそごそしてんのよ!」

レッド「いけっ!(おれの)キャタピー!」ボロンッ

 レッドはチンコをくりだした
 カスミにこうかばつぐんだ!

カスミ「ひいっ!ーーひああああああ!?」

   
カスミ「や、やめなさいよぉ…!近づかないでよ変態…!」ビクッ

レッド「おれのキャタピーをよく見て、息を吹きかけるんだ!」

カスミ「っぁ、…いやぁ…!だれが…、」

 レッドはカスミにめいれいした!
 カスミはレッドのチンコをジッと見つめて
 亀頭に向けて、息を吹きかけた

カスミ「…ふう、ぁ、はあ…くぅ」フーフー

レッド「あひぃ!吐息がくすぐったいぃ…」ギンギン

 キャタピーはコクーンに進化した!

  
レッド「そのままコクーンにしたでなめるこうげきだ!」

カスミ「……ッ、~~っ…!」イヤイヤ

 しかしカスミはいうことを聞かない!

レッド「だが、PPはまだまだあるぜ!」
レッド「PPがなくなるまで、したでなめるこうげきだ!」

カスミ「ふえっ…。ぺろ、っ…!」チュパ

レッド「んほっおお!おれのコクーンがかたくなるを…!」

カスミ「ちゅぷ、ぺちゅ…、ひぐぅ…」ポロポロ

 カスミはチンコを舌でなめつづけている
 カスミはくつじょくで泣き始めた!

  
カスミ「ぺろっ…、ちゅぷ…」ペロペロ

 レッドのコクーンはかたくなるをつかった
 レッドのコクーンはかたくなるを(ry

レッド「ああ!はいちゃう!いとをはいちゃううう!」
レッド「カスミ、コクーンを咥えてすいとる攻撃だ!」

カスミ「……」

 カスミはせんいそうしつしている
 カスミはレッドのいうことをきくしかない!

カスミ「あむっ!ーーじゅうぅううう!じゅぽっ…!」ジュップジュップ

 カスミはチンコにかぶりつき、ひたすらすいとるこうげき!

     
 どびゅどびゅ ドプドプッ
 レッドは射精した!カスミの口の中にネバネバの粘液を流し込んだ!

レッド「あひぃあひぃ…」ドプドプ

カスミ「うじゅ…、ぐしゅ…」ゴクゴクッ

 サトシはあまりの快楽に、アヘ顏をさらしながら いとをはきつづける
 カスミのお口の中はざーめんでいっぱいだ!
 カスミはレイプ目で、ただざーめんを飲みつづける!

 カスミのめのまえは真っ白になった

ーー


レッド「さてすっきりしたし、旅を続けるか!」

カスミ「うう、ぺっぺっ…。汚されちゃったよ…おかあさん…」ウルウル

レッド「というわけで、バッジをくれ」

カスミ「…なんでポケモンバトルで負けてないのにあげなきゃいけないのよ……ーーほら、もってきなさい…」スッ

レッド「バッジ二つ目ゲットだぜ!」
ピカチュウ「ピッカピカチュー!」

カスミ(ちゃんと普通のポケモンもってたんだ…)

マサキへ向かう為の橋

レッド「この橋を通ればマサキって奴と会えるの?五人のトレーナーが立ってるけど」

カスミ「そうよ。そいつはあずかりシステム作って金の羽振りがいいから、会えば何かくれるかもよ?ーーだから、わたしをにがしなさい」

レッド「よし!じゃあさっさとマサキってやつから金目のものを巻き上げよう!」
ピカチュウ「ピッカピカチュー!」

カスミ「……」グスン

ーー

   
トレーナー1「よし、まずはぼくが相手……ーー!」

レッド「ピカチュウ!あいつにでんじはだ!」
ピカチュウ「ビカー!」バリバリ

トレーナー1「ぎぃああああ!」

レッド「おれの前に立つんじゃねえ!」ドゴォ

トレーナー1「ぐっはあああ!?」ドサ

 サトシの殴打 トレーナー1はたおれた

レッド「どんどん行くぞ!ピカチュウ!」
ピカチュウ「ぴかー!」

トレーナー2「ひいっ!?来るなぁ!ーーあぎゃあああ!?」バリバリ


カスミ「あいつとバトルしなくてよかったわ…」

ーー


怪しいおっさん「五人抜きおみごと!賞品にきんのたまをあげよう!」

レッド「わーい!」
カスミ「……」

怪しいおっさん「ところでここだけの話、ロケット団というのに入らないか?」
怪しいおっさん「きみほどの実力ならあっという間に幹部になれるぞ?」

レッド「んー?」

 はい
ついいえ

怪しいおっさん「そういわずにさ!」

 はい
ついいえ

怪しいおっさん「入れったら!」

 はい
ついいい

怪しいおっさん「入れよ…ーーあんぎゃああああ!?」バリバリ

レッド「おれに指図するなあ!」
ピカチュウ「ビカー!」ビリビリ

 マサキのいえ

レッド「へー。つまりポケモンと入れ替わっちゃったのか」

カスミ「あんた、頭いいくせに馬鹿よね?」

マサキ「やかましいわ!それよりなんでカスミがこんなチビと一緒なんて珍しいな」

レッド「カスミはおれの手持ちのポケモンだ。フェラチオ口撃しか覚えてないけどさ」

マサキ「ほほー?」ニヤニヤ

カスミ「そこの池に投げ込むわよ?」

 
マサキ「それじゃあ、わいがこの機械のなかに入ったらそのボタンでーー」

レッド「本当に入れ替わるかピカチュウで試してみるか!」
ピカチュウ「ぴか?」

マサキ「ちょっwwwww待てやwwwww」

レッド「ピカチュウを機械の中に入れて、スイッチオン!」

 ポチッ レッドはスイッチをおした!
 機械が上手く作動したようだ!

マサキ(inピカチュウ)「ピッwwピカチュウwwwww」

レッド「wwwww」
カスミ「wwwww」

マサキ「うわああああ!わいの体にピカチュウが!」

   
マサキ「こんなえらい目に遭ったの初めてや…」←元の体に戻った

レッド「マサキマサキ!助けてあげたんだからなんかくれよお!」ワクワク

マサキ「えー…、お前らのせいでワイの黒歴史も増えたんやけどな…」
マサキ「けどお前は今まであった中でかなり面白いやつやから、特別にあれをやるわ」

カスミ「?」

マサキ「ハナダの洞窟で捕らえたポケモンを、さらに改造したミュウスリーや!」

レッド「なんだポケモンか…」ガッカリ

   
カスミ「改造って…、あんたそれ犯罪ーー」

マサキ「こまけーことはええねん!」

 カスミはゴミをみるような目でマサキを見つめた
 しかしマサキの良心は下がらない

レッド「正直ポケモンはもういらないです。おれにはピカチュウがいるからな」
ピカチュウ「ピカー♡」

 ピカチュウはとてもよろこんでいる

レッド「まあもらえるものはもらっておくけど!」
ピカチュウ「びかっ!?」

 ピカチュウはとてもおちこんだ!

レッド「それよりもっと実用的なものをくれよお!」

マサキ「ええー?いくらワイがホエルオーより大きな心の持ち主でもこれ以上はなあ?」

レッド「いけっ!ビキニのおねえさん!マサキに色仕掛けだ!」

 レッドはビキニのおねえさんをくりだした!

ーー

   
ビキニのおねえさん「ちゅぱちゅぱ…」

マサキ「んほおお!チンコがとろけるぅ!」ビクビク

 ビキニのおねえさんは マサキのチンコに吸い付いている
 マサキはあへあへ状態になった!

レッド「どうだ?何かどうぐをくれる気になったか?」

マサキ「わ、わかった!このでんきだま改をやるから許してぇ!」

レッド「マサキ!もう一声だ!」

カスミ「最低……」ボソ

レッド「……」イラッ
レッド「カスミぃ!お前もマサキのディグダにしたでなめる攻撃だ!」

 カスミとビキニのおねえさんは マサキのチンコを二人でなめまわす

   
マサキ「出ちゃううううう!」

ビュル…、ドプドプ…
ドプ…ッビプ…ビチャ

カスミ「んあ!やあ…」ベチャ
ビキニのおねえさん「あ…あ…」ベチャア

 ふたりの顔に ねばねばのざーめんが降り注ぎ、へばりついた
 これはお風呂に入っても しばらく取れない!

レッド「おれに今後も協力してくれると薬草してくれたら、このビキニのおねえさんをマサキにあげてもいいぞ?」

マサキ「これサントアンヌ号とかいう豪華客船のチケットです!どうぞ!」

レッド「ミュウスリー! でんきだま改! 船のチケット!ゲットだせ!」
ピカチュウ「ピッピカチュウ!」


マサキ「おねえさんのお口の中に、みずってぽうがまた……ーーイクぅ!」ドプドプ

ビキニのおねえさん「んんっー!……じゅるっ…」ゴクゴクッ

  

トテトテ

レッド「それじゃあ、このままクチバシティへ向かうか!船は楽しみだなあ」
ピカチュウ「ぴかー」

カスミ「…はあ、もう好きにしなさいーーあら?あんなとこに警備員が…」

警備員「……」

レッド「泥棒に入られたみたいだな、かわいそうに…ーー」

レッド「……このまま泥棒にモノを取られたままにするより、おれのような善人が有効活用するのはいけないことじゃないよな?」

カスミ「あー…」

レッド「というわけで…ーー泥棒狩りじゃあー!」

ーー


したっぱ「しめしめ、これはいいモノを頂いたな…。このままサカキ様にこれを…」

レッド「ピカチュウ!でんじはだ!」
ピカチュウ「ぴかあー!」バリバリ

したっぱ「あんぎゃあああ!?」ビリビリ

 ロケット団のしたっぱのからだがしびれた
 したっぱはからだかしびれてうごけない!

レッド「今だ!ピカチュウ!ボルテッカー!」
ピカチュウ「ビカアー!」

したっぱ「おぎゃあああ!!」ドサッ

 したっぱはたおれた! 

レッド「これでトドメだ!レッドの死体蹴り!」ドゴォ

したっぱ「えふっん!?」

レッド「そして!モンスターボール!」ヒョイ

 ロケット団のしたっぱを 捕まえた!

  
レッド「ロケット団のしたっぱ!ゲットだせ!」
ピカチュウ「ピッピカチュウ!」

カスミ「…前から気になってたけど、なんであんたのボールは人間を捕獲できんのよ」

レッド「オーキドのじいちゃんの隠し部屋にあったのを貰ってきたんだ」

カスミ「あの爺さんが原因か!?」

レッド「そんなことより出て来い!したっぱ!」

 レッドはしたっぱをくりだした!

したっぱ「へい兄貴!お呼びで!?」

カスミ「従順になってるし…、個体差があるのかしら?」

レッド「カスミも一応おれのポケモンだからな?」

クチバシティ

レッド「ここがクチバシティか!すごいな海が見えるぞ!」

したっぱ「兄貴ぃ!そこのアホヅラ晒してる平和馬鹿共の巣窟から自転車パクってきやしたぜ!へへへ!」

レッド「ええ…、おれ自転車乗らないからいらないや。二束三文で売り払おう」

したっぱ「了解しました!ちょっと換金してきやす!ーーおら、道開けろお!」

タタタ

レッド「あいつカスミより使えるな!」
ピカチュウ「ぴかぴかー」

カスミ「うっさい!」

レッド「それじゃあ、船に乗る前にジムリーダーを殺っておくか!」

 レッドはどうぐから 日本刀をとりだした
 レッドのいあいぎり! 木はバラバラにひきさかれた!

レッド「またつまらぬモノを斬ってしまった…」

カスミ(いよいよ人外じみてきたわねこいつ…)

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年09月01日 (月) 19:23:46   ID: O_26uQx0

続きがもっと読みたいです!
とても、面白いです!

2 :  マンコ大好きー   2016年01月03日 (日) 22:31:17   ID: wtCaq99F

おい、歴代の女トレーナー全部ゲットしろよ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom