エレン「イテテ…」? (34)

初スレです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377742943

エレン「イテテ…」?
ナンデライナー?

~時さかのぼって朝の食堂…~

エレン「みんなオハヨー?」
オハヨー?ヤアエレン?

ミカサ「エレン、寝癖が…」

エレン「あっ、サンキュー?」

ミカサ「なおったいつものエレンだ!」

エレン「どこ座ろうかな…?」

エレン「アニ横いいか?」

一同「?」

アニ「やあエレン珍しいじゃないか」

エレン「そうか?」?

アニ「それより良いのか?」

エレン「何が?」?

アニ「ミカサだよ」

エレン「ん?なんでミカサ?」?

アニ「いや、何でも無いあんたに聞いた
あたしがバカだったよ」ギロ

エレン「なぁコニー俺何かひどい事言っ
たか?」
コニー「いや、言ってないと思うぞ」

エレン「で、なんで起こってるんだ?」

コニー「さあ俺にも分からん」

エレン(まあ何か話しかけるか…)

エレン「なぁアニ、今日も対人格闘術の
訓練一緒にやってくれないか?
なんかもう少しでコツが
掴めそうなんだたのむっ」

アニ「別にいいけど、一つ条件がある」

エレン「おう?どんな条件でも聞くぜ?」

アニ「何でも?」エレン「あぁ」

エレン「出来ることなら何でもやるぞ」

アニ「じゃあ来週の休日に…
デートして?」
一同「!?」

アニ「ダメかな…?」

エレン「いいぜ良い加減ミカサと一緒なのも飽きたしな、来週の休日だな
待ち合わせは広場の噴水前で良いよな」

アニ「うん、ありがとう」ニコッ

エレン「っ?」

アニ(?)

エレン「アニお前笑うと可愛いな」

アニ(っぅ~///)

エレン「ん?アニお前顔赤いぞ大丈夫か?なんか周りがうるさいな」

ワイワイガヤガヤ

エレンイマノハナニ?

突然現るミカサ!?

ミカサ「エレンそこを退いて今からそこの女狐を削ぐからエレンはあの女狐に騙されているだけエレンは何も悪くない悪いのはあの女狐」

エレン「ミカサおまぇ」
『ねえあんたさあ』

アニ「どうしてエレンにそこまでおせっかいするの?」

ミカサ「おせっかいでは無いただエレンが私より成績が低い女狐に騙されてしまうのを防いでいるだけ、のであなたとエレンはデートしなくて良いエレンは他の約束がある例えば私と買い物をするなど」

エレン「なぁミカサお前酷すぎるぞアニはただ対人格闘術の訓練一緒にやってもらう代わりに休日にデートしてしてあげるだけだだからアニが悪いみたいに言うな言うなら俺に言え」

ミカサ「え、エレン何故…うっううっ」

アニ(キュン///)

クリスタ「エレンやっり~」

ユミル「自分はやった事に
気付いてないな」

エレン「楽しみにしてるぞアニ」

アニ「う、うん」カァー///



~食事後~女子寮

アニ「やった~」ゴロゴロ~///

クリスタ「ア~ニ~」ヒョイ!

アニ「何か用?」

クリスタ「う~ん?分かってるんじゃない?」二コニコ(≧∇≦)

クリスタ「ベットの上でゴロゴロしながらなんか言ってなかった~?」ニヤニヤ

アニ「つぅ~///」カオマッカ~///

クリスタ「でも朝は色々騒がしかったよね。にしてもアニも大胆だよね~!」
ニヤニヤo(^_^)o

アニ「つぅ~///」

クリスタ「まあ、私はアニを応援しようかなあそこまで頑張って誘ったんだからアニには成功して欲しいしね!」

アニ「ありがとう…でも、どうせ1回だけだからどうなってもいいんだけどね。」

クリスタ「本当~?」ジー(?_?)

アニ「出来れば、
恋人になりたい」ボソッ

クリスタ「ん?何だって~聞こえないなー」ニヤニヤ(^?^)

アニ「ッ!!だ・か・らっ恋人になりたいのっ!!」

クリスタ「ふ~ん…」

クリスタ「休日の事考えるの手伝ってあげる」

ユミル「お~い、そろそろ間に合わなくなるぞ~」

クリスタ「じゃあ行こうか対人格闘術頑張って!」

アニ「うん、分かった色々ありがとうね」

~対人格闘術の訓練~グランド
エレン「お~とりゃぁ~」

アニ「グッ」

アニ「うりゃ!」

エレン「グハッ!」

アニ「大丈夫かい?手貸すよ」ホラッ

エレン「アニの手って小さくて綺麗だな」

アニ「そ、そう?」

エレン「ああ、そうだ!」

イチャイチャ

ミカサ…ゴォーゴォー

アルミン「まあ、落ち着いてミカサ」

ミカサ「削ぐ」

アルミン「えっ?」(ヤバイよヤバイ よ)

ライナー「どうしたミカサ?」

アルミン(ライナー御愁傷様)

ライナー…上空5m

アルミン「エレンあぶな~い」

ドッシーン!!!

エレン「イテテ…」?

ライナー「……」

エレン「何でライナーが降ってくんだよ…」

アニ…p(?σ?)q

ミカサ…川??川

ミカサ「ねぇアニ…私にもそれ教えて」

アニ「どうかなこの技は人間用なんだ
あんたに必要あるとは思わないけど」

アニ「ただ…猛獣に通用するかどうか興味はある」

エレン「ま…まじかよ…ついに…」

コニー「オイオイ…あいつらがやんのか?」

サシャ「夢のカードが!」

ダス「ど…どっちだ」

マルコ「やっぱりアニかな?」

ジャン「は!?俺はミカサに晩飯全部だ!」

ライナー「お前はどっちだエレン?」

エレン「え?オレは…アニかな?」

ミカサ「えっ?」

アニ「本当?」

ミカサ「ガーン」

アニ「よ~し猛獣にも負けないぞ~!」

結果はあっけなかった…

エレンパワーの抜けたミカサは少しは反撃したもののアニに押され続け結局今回はアニの勝利に終わった…

~夜の食事前~食堂前

アニ カッカッカッカッ

エレン!「あっ、アニ大丈夫か?元気ないぞ~お~い起きてますかー?」

アニ「あっ、エレン…///」

エレン「対人格闘術組んでくれてありがとな!」

エレン「来週の休日だな分かった忘れない8時噴水前で良いよな確か…
時間は決めてなかったから8時な!」

アニ「ぅ、うん」

続き書いた方がいいですか?

今日書けるか分からないので
予定としては明日書こうと思います。

~そして早くも休日~広場の噴水前
6:00頃
アニ「あ~あ、こんなに早く着いちゃった、服装もいつものパーカーとズボン…
髪型ぐらいは変えた方が良かったかな?」

???「おーい?アニ!」

アニ「な、なんでクリスタとユミルが居るの?まだ早い時間帯だよね?」

ユミル「いや~たまたま早起きしたらさ~なんかアニが珍しく早起きして着替えてだからさ~」ニヤニヤ

クリスタ「ユミル!違うでしょ!
アニが出掛けるのを見たのは本当だよ!
でも、心配だから着いて来ちゃった!」
テヘッ(^。^)

アニ「心配?何が?下調べならしたよ
行く店も決めて回る順番も決めたしさ」

クリスタ「あれ~もう忘れちゃったの~?ミカサだよミ・カ・サ、そう言え
ばこっそり着いて行って隙を見てエレンを連れて帰るとか言ってたからさ
万が一そんなことがあったら事件になりかねないからさなるべくミカサをエレンとアニに近づけなくするからさ
あとアニがいつも通り過ぎるから何かしてあげられないかな~と思ってさ」

アニ(確かにクリスタはお洒落だから頼んでやってもらうのも一つの手段だな)
「決めたよ!クリスタあたしメイクしたり服装もかえたいよだからクリスタお願いだ手伝ってくれ!今日だけで良いから
お願い頼むよ!!」

クリスタ「そんなに言われなくてもやるよ!着いて来ていい店知ってるから」

アニ「ありがとう?感謝するよ!」


~30分後~近くのショピングセンター
6:30頃

アニ「あたしこんなとこ来たの人生初だよ!」

クリスタ「おめでとう!アニまずあそこ行こうよ」

ユミル「クリスタが楽しんでないか?」

クリスタ「そ、そんなことないよ?」
オドオド

ユミル「やっぱりなまあ、アニの服装決めながら欲しいのあったら良いなよ
買ってあげるから」

クリスタ「悪いよ~」

ユミル「いや、自分からやっているからいいんだ遠慮なんかするな!」
(遠慮するクリスタまじ女神結婚しよ)

ユミル(ハッ、ヤバイライナー化して来てるヤバイヤバイ)


~5分後~アクセサリー専門店
6:35頃

クリスタ「う~ん…どれが似合いそうかな~?あっ、これなんかどうかな~アニ
ピンクのブレスレット」

アニ「う~ん…どっちかというと白の方がいいんだけど…う~ん…」

クリスタ「まあ、一回つけて見よ!」

ソーチャク!

クリスタ「う~ん…やっぱり白の方があってるかなヨシッ!これにしよ!」

アニ「これだけでいいのかな?」

クリスタ「良いよだってもしかしたらエレンが何かくれるかもよ~!」

アニ「じゃあこれ買って次は服見に行こうか」

クリスタ「いや、まず休憩してアニの髪の毛いじってからの方がいいと思う
髪型によって服装も変わるだろうから…」

アニ「クリスタがそういうならそうしよう」

クリスタ「すいませんこれ下さい」

店員「お買い上げありがとうございました。」

クリスタ「あそこのベンチ行こうか」

~20分後~近くのベンチ
6:55頃

クリスタ「う~ん…やっぱり予想通り!
アニは髪の毛おろした方が可愛いな」

アニ「そ、そう?」

クリスタ「うんとっても可愛いよ!」

クリスタ「そろそろ服見に行こうか」

アニ「うん」

~5分後~服屋

クリスタ「アニまずはスカート履いてみてよ可愛いと思うよ」

アニ「あんまりこういったヒラヒラしたの動き辛いからやなんだよねまあ、履いてみるか…」

アニ「じゃあ出るよ!」

クリユミ「ゴクッ」

ガララッ

クリユミ「かわい~い?」

ユミル「まあ、クリスタには負けるがな」

クリスタ「そんなことないよアニはスカートの方があってるよ!」

アニ「そ、そう?」テレッ///

クリスタ「照れてるアニかわい~い」

ア二 ギロッ

クリスタ「勿論、スカートだからキックなんてしたら…わかるよね?」フフフッ

アニ イラッ

クリスタ「下は終わったから後は上か…」

ユミル「ワンピースなんてどうだ?
似合うんじゃないか?」

クリスタ「ユミルナイス!確かにワンピース合いそう、う~んこれ来てみて
合ってる合ってるこれで服は終わりだね」

アニ「これ下さい!」

店員「お買い上げありがとうございました。」

クリスタ「あと残るは靴だけか…」
よし行こ~!」

~15分後~靴ショップ
7:15頃

クリスタ「ハイヒールなんてどう?」

アニ「あれは何度か履いたことあるけど必ず足を怪我するからダメだね。」

クリスタ「じゃあハイカットスニーカー
なんてどう?」

アニ「ハイカットスニーカー?」

クリスタ「うんこれだよ!」

アニ「あっ、良いかも」

クリスタ「でも、この服装と合わないな~…」

ユミル「ベルトサンダルなんてどうだ?」

クリスタ「ベルトサンダルか~またまたナイスユミル!」

アニ「似合うかな?」

クリスタ「うんメチャクチャ似合ってるよ!」

アニ「じゃあこれ買う」

アニ「お願いします」

店員「お買い上げありがとうございました。」

クリスタ「よし待ち合わせ場所に戻ろう!」

~7:45頃~広場の噴水前

クリスタ「アニはメイクしなくてもキレイだから中途半端にやっても仕方ないからここで一旦お別れね!アニ頑張ってね。」

ユミル「ミカサは任しておけ」

アニ「あぁ、あんたたちには迷惑かけるね。応援ありがとう?」

アニ「万が一ミカサが来ても物理的意味じゃなくて正々堂々と勝って見事エレンをゲットするよ!」

クリスタ「アニの本音が聞けて良かった
じゃあバイバイ!」

アニ「あぁ、じゃあまた後で…」

待ち合わせ時間まであと5分…

明日から学校なんで、時間の都合上
今日のラストになります。
予定としては、昼過ぎになります。

~待ち合わせまであと1分~広場の噴水前

アニ「エレン遅いな~…」シュン…

???「おーい?アニー」

アニ「エレン?」

エレン「ごめん待ったか?」

アニ「いや、私も今さっき来たばかりだから、全然待ってないよ。」

クリスタ(うわ~まさに王道だ~未だにこのセリフ使う人いたんだ~?ね、ユミル?ユミル?おーい聞いてる?)

ユミル(フフフッ!聞いてるよまあ、アニが面白いからさフフフッ!)

クリスタ(失礼だよユミル)

ユミル(いや、見てみろアニの動き…)

クリスタ(チラッとな

アニギクシャクギクシャク
フフフッ!確かにユミルの言う通りだね!)

ユミル(ダロ?)チラッ

アニ「まあ、まずは文房具屋行こうか…」

エレン「おう、じゃあ行くか」

スタスタスタスタ

エレン「ふぅ~着いたななんで途中いきなり走り他したんだ?アニ?」

アニ「エ、エレンと一緒に並んで歩くのに慣れてなくて……」ボソッ

エレン「ん?何だって?」

アニ「何でもない!ただの気まぐれ!」

エレン「何でいきなり起こり出すんだよ!まあ、良いか…」

???「エレンの奴流石に乙女心分からな過ぎだろ!」

???「ああ、確かにエレンは昔からなんにも気付かない鈍感野郎だからね。」

???「アニとくっ付けくっ付けくっ付け、ぁ~ミカサミカサミカサ~」

ゴリラ「アニの奴やけに積極的だなウホッ!」

ノッポ「確かに今までにない積極ぶりだね…」

ダス「俺まで来ても良かったのかな?」

アルミン「良いに決まってるだろ」

ジャン「文房具屋の中に入ったぞ尾行再開!」

???「何故みんな集まっているの?」
ジャン「ミカサ~」ブハッ

コニライベルアルダス「…」
ミカサ「誰か答えて」
ジャン「アニとエレンが文房具屋の中に入って行ったんだ」

ダス「ひぃ」
コニアルライベル「おい!ジャン」
ライナー「アニとエレンをくっ付けるんじゃなかったのか」ボソ
アルミン「空気ぐらい読めこのバカ!」
ライベル「ちょっと裏来いや!」
この日ジャンはウォール・マリアの惨劇をまた見た…

今日は終わります明日の昼過ぎにやると思います。これからもよろしくお願いします。

ミカサ「ふ~ん…そう言うことなら私は心配なので見に行く事にした皆は絶対に中へは入らない事分かった?」ギロ

ゴリラ「ああ、わかってるジャンの奴もこんなだしなこいつ一人おいて事もできるが…」

ミカサ「黙って…」ブン

瀕死のゴリラ「…」ピクピク

瀕死のジャン「…巨人怖い…」ピクピク

ミカサ「…」スタスタ

アルミン「みんな目を覚ませそして全力でエレンをサポートして幸せになってもらおうじゃないか…さあ、みんなジャンはミカサゴリラはクリスタみんなのチャンスが生まれるんださあ、心臓を捧げろ
どんな事があろうと命を掛けてサポートするんだ相手がミカサであろうと」
(まあ、ゴリラには悪いけど、クリスタは僕がゲットするよ!)

ライジャン「そうだ?クリスタはミカサは
!!!!俺の女だ~!!!!」

アルミン「みんないくぞ~」

ライアルジャン「おー!!!」

コニベルダス「こいつら 一体 どうしたんだ?」

アルミン「さあ、ミカサにばれぬよう気配は完全に消すんだ」

ゴリラ「ウホッ!」

また、昼過ぎに書きます。

書きます。


~7:10頃~文房具屋の中

アルミン「黙れこのクソゴリラ!」
バキッ!

クソゴリラ「こ…んど…は…アルミンかよ」………チーン

~店内~

アニ(ジー(°_°)

エレン「ん?何だ?…」

クリスタ(エレン気付いてあげて!アニのその欲しい欲しいオーラを…)

エレン「ぁ~!アニこれ欲しいんだな!」

アニ「え?あっ、良いよ別に見てただけだから…」

エレン「いや、良いって良いっていつも母さんには女の子と一緒に出かけたら何か欲しがっているものを買って上げなさいってな。だ?か?ら?買ってやるよ!」

カルラ(天国…あっ、エレン?あの隣の子は誰かしら?会話が聞こえる…アニって言うんだエレンの彼女かしら?もうすっかり大人ね。ふふっ…あれ~ミカサかな?今までにない怒り顔であの2人に近づいてる…止めなきゃいくらミカサちゃんでも2人のデートの邪魔はダメだからね!
何か手伝えないかな?ぁ~あこのバナナに触れたらな~!?触れた!よしミカサちゃんには私の姿が見えないようだから…えい!…バナナシューミカサツルンッ!やった~後は2人頑張ってね。)

エレン「よし次行くぞどこ行くんだ?」
(ヤバイミカサだ!)

アニ「次はアクセサリー専門店行こうよ!」

エレン「分かったアクセサリー専門店だな急いで行くぞ!」ガシッ

アニ「なっ何でいきなり手を握るの?エレン聞いてる?」カァー////

エレン「何でも良いだろ、行くぞ!」

アニ「う、うん」////

ミカサ「何で急にバナナが?あれ?エレン達を見失ってしまった…」ガーン

カルラ(よし、良いぞエレン応援してるぞ!)



訂正~7:10~頃→ ~8:10~頃

~8:30頃~アクセサリー専門店

アニ(本当にかってもらえるかな?)

エレン「欲しいものあったら言えよ」

アニ「うんありがとう」///テレ

アニ(チラチラ…あ、指輪…エヘヘ…)

エレン(あっ、あれは絶対指輪が欲しい顔だ…よし、母さんまた良い事するよ)

エレン「アニ、この指輪欲しいんだな」

アニ「あっ、でも欲しいというかエレンとお揃いで欲しいな~と思って」
(ハッ!自分でも変な事言ったと思う)

エレン「あっ、ペアが良いんだな!じゃあさっき見つけたキーホルダーと指輪どっちもペアで買ってやる!」

アニ「へっ?い、いやそんなにたくさん買わなくて良いよお金がなくなるよ!」

エレン「良いって実は俺金なら家にあった金全部持って来たから兵士としてもらったのと合わせて余るほどあるからな」

アニ「でも悪いって」

エレン「何言ってるんだ!デートだろデートなら男に払わせろって!」

アニ「あっ、じゃあ、ありがとう…」

エレン「じゃあ指輪は、この男女ペアの奴で良いな?」

アニ「えっ、そういうのってカップルが買うものでしょ?」

エレン「えっ?マジで?まあ良いよ!アニとのカップルと見られても…アニ可愛いしな!」

アニ「えっ?あっ、そのあっ、ありがとう…」ボンッ////

エレン「さっ、買って来たから早速付けようぜ!」

アニ「えっ?今?もし同期に会ったりしたら?」

エレン「いや、多分合わないぞ!
この休みって2連休だろ!

アニ「えっ?そうだっけ?」

エレン「そうだよ、だってベルトルトやライナーやコニーやダスやアルミンだってみんな2連休だから遠くに泊まりで行くみたいなんだ、だからほとんどの奴が旅行行くから合う確率低いし見られても平気だしな俺は…」

アニ「うん、ありがとうエレン」ニコッ

エレン ボンッ////

アニ「エレンどうしたの顔赤いよ!」

エレン「いや、アニの言葉と顔で少しドキッとした…何故だかなアニが俺の事エレンって呼んでくれて凄くドキドキしたんだ!」

アニ「あっ、えっとそれは…////」

エレン指輪アニにハメハメ

アニの指キラーン!

エレン「アニって指輪付けると可愛いな!キラキラしてるし何よりギッャプがね…」テレ///

アニ「ど、どう致しまして…」///


28少しなら見た事あります。
友達が色々話して来るのでその話をもとに書いています。
合わなかったらすいません…



今日は予定としては、
夜また書きます。
よろしくお願いします。

28あと、マンガにあるセリフは友達が見せてくれたシーンを覚えてる範囲で書きました

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom