瑞鶴「私は、あんたに憧れられるような艦じゃない」 (89)


※大戦末期のお話です。
※史実とは異なる場合があります。
※シリアス基調ですがコメディもあります。
※初投稿なので不慣れな点が多いです。助けてください。


それでも大丈夫な方よろしくお願いします┏○



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532945622



雨。
鎮守府の片隅にある部屋で私は、しとしとと降り続く雨を窓越しに見ていた。

「また煙草?」

聞きなれた声が聞こえる。

「……そうよ」

「あんたね……無理してそんなもの吸わなくてもいいんじゃない?」

この声の主は瑞鳳。私にとって……大事な仲間だ。


「うるさいわね。あんたも吸えば?」

「わたしはエンリョ。 ……ところでさ最近できた後輩のことなんだけど」

そう言って、扉の方を見る。……あぁまたか。

「あんた、名前なんだっけ」

「は、はいっ!?」

呼ばれるとは思わなかったのだろう、すっとんきょうな返事を返す。


「葛城ちゃんよ。 あんたと話したいって言ってしょうがないの」

「私に?」

「は、はい!」

目をキラキラ輝かせながら返事をする。
…私はこの子が苦手だ。


「あ、憧れの瑞鶴さんにお話がしたく…」

「……私に、ね」

「は、はい!!瑞鶴先輩と言えば軍関係者でなくても知らない人はいないくらい!!」

聞きたくない。

「お話には聞いています!!一航戦として前線を張り」

やめて。

「幸運艦として名も高く、数々の作戦をーー」

「違う!!!!」



つい大声で叫ぶ。
呆然とする葛城。 それを見て我に返る。

「…わたしは」



「わたしは、あんたに憧れられるような艦じゃない――」


――――
――――

「あの子がごめんね?」

「い、いえ」

廊下を歩きながら、申し訳なさそうに瑞鳳さんが口を開く。

「あ、あの……」

「なぁに?」

「わたし…何か無礼をしてしまったのでしょうか…」


「うーん……、うん。葛城ちゃんは悪くないよ」

「え……。で、でも」

「いーの、今はそっとしといてあげて、ね?」

「は、はい」

わたしが悪くないはずがない。瑞鶴先輩のあの形相…見たことも聞いたこともなかった。


しばらく沈黙が続いた。足音と雨音だけが廊下を響く。

「……あの子はね、変わっちゃったんだ」

ポツリ、と。こぼすように瑞鳳さんの口が開いた。

「え?」

「葛城ちゃんは知ってるかな、瑞鶴はね。昔は、第五航空戦隊に所属してたんだ」

「もちろん知ってます」

忘れるはずがない、3年前民間人のわたしを助けてくれたのは他でもない。
瑞鶴先輩だ。


「その頃の瑞鶴はね、無邪気で、明るくて――。なにかする度に先輩に怒られてばっかりだったんだよ?」

「へー、そうなんですね」

瑞鳳さんが楽しそうに話す。無邪気に笑う瑞鳳さんについ見とれてしまう。
いやいや今は違う…。
……わたしの知っている瑞鶴先輩とはイメージが程遠い。
今の瑞鶴先輩は、冷静で、落ち着いていて、大人で、……どこか寂しそうで。


「――でもね、2年前を境に…いや、正確には半年前、かな」

「…それって」

「んじゃ、私はこっちだから。話に付き合わせちゃってごめんね葛城ちゃん」

「い、いえそんなこと!」

「今度またお話しよ?その時は間宮で!!」

「ぜ、是非!!」

約束だよー、と笑顔で走っていく瑞鳳さん。
新兵のわたしが言うのは失礼だが、可愛い人だな、と思う。

……ふと、外を見る。
雨は窓を激しく叩いていた。


今日はここまでです。

瑞鶴が好きすぎて書きました…



コメントありがとうございます!少し投下します。



「はあ……」

布団におもむろに倒れ込む。
私は何をしているんだろう。
葛城にあたり散らかす自分が嫌になる。

「私は……」



――――
――――

1週間前。

「新入り?」

「そうだ。新しい正規空母が3隻うちに来ることになった」

「こんな最前線に新しい艦を?提督さん本気なの?」

「ああ、本気だ」

「ちょっと…そんなの、死にに来るようなもんじゃない!」

「ちょっと瑞鶴!!」

瑞鳳が口を挟む。







「いい、瑞鳳。……お前のいうことも最もだ。私も乗り気ではないのだがな。急遽手配されたため……訓練も終わったばかりの娘達だ」

「……そんなの無駄死にになるだけじゃない」

「そこでだ、瑞鶴、瑞鳳。」

「なによ?」「はい」

「お前達が稽古をつけてやって欲しいんだ」

「……私達が?」

「ああ、彼女達を助けるためにも」



――――
――――

帰り道。

「……」

「そんな怖い顔しなくてもいいじゃない」

「別に」

「でもさ、瑞鶴もそういう立場になってきたわけだねぇ」

「……私は嫌よ。足でまといになるだけだわ」

「ふふっ……」

「何がおかしいのよ」

「いや?あんた加賀に似てきたなって、さ」

「はあ?何を言って……」

「そのままの意味よ?」






―――
―――

「……似てきた、かあ」


布団に倒れたまま、横目で写真を見る。
そこにいる加賀さんはいつもの通り、ぶっきらぼうな顔をしていた。

「加賀さん……皆。私さ、どうしたらいいのかなあ」

もちろん返事は帰ってこない。けど、それでも何かにすがりたかった。




写真の中のみんなは優しい笑顔で私を見ていた。
皆は……、皆は私を見ててくれてるのかな。

……。
ダメだ。

これ以上考えちゃ。
私が泣いてちゃダメ。弱い私が邪魔をする。
こんな顔みんなには見せれない。


その時、ノックが響いた。

「秋月です!瑞鶴さん今、大丈夫ですか?」

最悪のタイミングだなあ。

「うん、どうした?」

戸が開く。幸いにも灯りは暗く、顔までは伺えないだろう。

「失礼します。瑞鶴さん、ご飯ができましたのでお呼びにまいりました!!」

「なんだそんなことね。分かったわ、すぐ行くわ」

「はい!今日は私も手伝ったんですよ!」

「それは楽しみね、何かなー?」

「ふふふ、お楽しみですよ」



――秋月、この娘も半年前の戦いで大切な人を無くした。
瑞鳳も、そうだ。
それでも、暗い顔をひとつもせず、いつも明るく周りを支えてくれている。
それなのに、私はどうだ?

「……何してんだろ」

「? 何か言いました?」

「ううん、何でもない。ほら、いこ?」

「はい!」

私は……。
皆……。


以上です。また溜まり次第投下します。

このSSまとめへのコメント

1 :  レイテ   2018年08月03日 (金) 18:38:31   ID: U4zojqVf

レイテ作戦、エンガノ岬沖海戦で『瑞鶴』等、沈没、蛸壺屋『TK』同人誌『艦娘、太平洋戦争』シリーズ、7巻『レイテに散る。』メロンブックス等で予約受付中

2 :  SS好きの774さん   2018年08月05日 (日) 13:38:23   ID: rmXJZWdE

こいつゲームやったことあんのか?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom