蘭子「混沌電波第168幕!(ちゃおラジ第168回)」 (61)

ちゃおラジの続編です。今まで読んでなくても大丈夫です。
前回
蘭子「混沌電波第167幕!(ちゃおラジ第167回)」
蘭子「混沌電波第167幕!(ちゃおラジ第167回)」 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525687791/)
外伝
茜「みんなで勝鬨を上げちゃおう!」 茜「みんなで勝鬨を上げちゃおう!」 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526133608/)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526292766

飛鳥「ラジオネーム『プロサウルス』さんからのお便りだよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はおとクライシスしなかったので代行しますね。まさかGo鬼塚が剛鬼じゃなくてダイナレスラーとかいうのに変えるとは思わなかったです。リカバリー特化の剛鬼と違ってダイナレスラーは耐性が強いみたいですね。このデッキ変更はカリスマを捨ててバウンティハンターになったから自らの象徴だった剛鬼も捨てた感じなんでしょうね。守備力0な点ではシナジーがなくはないので共存出来るかもしれません。
それにしても憧れだったGo鬼塚に押し付けがましい説教する所とかソウルバーナーは本当に熱血主人公ですね。どうせ真ゲスになるとか思っててすいませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

のあ「安心するのはまだ早いと思うわ」

飛鳥「この『ちゃおラジ』はゲストを呼んで掘り下げていく番組だよ。パーソナリティーはちゃおっす!二宮飛鳥と」


蘭子「混沌!神崎蘭子と」

のあ「カオス!高峯のあでお送りするわ」

飛鳥「Go鬼塚のスキルが変わってたね。スキルってどうやったら変更出来るんだろう?」

のあ「テーマ関連ならデッキが変わったら変えられるのかもしれないわね。設定する所見たことないからわからないわ」

蘭子「満勇気に期待するしかないわね!(ブレイブマックスが教えてくれるかもしれませんね)」

飛鳥「明日から茜の勝鬨がCGIに追加されるよ」

蘭子「見事な勝鬨だったわ!」

のあ「先にシュラ出したのがよかったわね」

                     _┏┰┯ニ=ー-=ニ _      __
                    /`┝┷´ -≠-‐     ``┰┓ ̄__ミ、___
             ┌┿ヾ】” ´ ̄′ ̄ミ 、 ーヽ┷┐´ ̄ ̄ ̄ミ 、
           ┏╂┿ ´   イi   |i    \.   ノ【┯┐ー-   ``
           ┠┿'゙  / ノ  |i     \.    ,┠┿┐```.    `
.              ヽ/  ,  /  ′i |ト、      、 / 】┿┨   \    \
             /  .:′.  ,   ノ| ‘, ,     |i´   】╂┥、.   }.     冫
                ′ / i i| ′ イ i|   ∨    |i  / 】┿┨ \  ノ      /
              ,   /._i| i|  イ 乂 イ´ィ斥ミト、   }. ' ノ】╂ノ   )/    ィ__
             .′ ' / }' ) `メ´  )丿' 乂ノ} イ  iレ、´/】”´   /^ 、  _∠ 孑⌒ミ
.            ⅰ  ィ / ,/i|.,r斥* '´   ^¨^i:   /'〉〉'゙/    イ  ゙'ー ´.      ⅰ
          { r'゙/ ,/ ,/ 八. _乂},.:     イ'  / 'ノ,ノ    辷__  ___ 才¨テ _ノ

              /   ム斗-‐う         /  / /'´       ̄手´__`¨`ー´⌒)
          /       ー‐´-っ    r =ヲ'  _rーメ,          辷ー‐=チノ /
           '′   ,rf二才´个トo。 ` メ_,.イ´`Y´_          ̄``く ノ
        /   _ ィf´``ー‐'´ ,イ/ヽ_/´iーt-辷彡⌒ゝー=ミ       ヽ(
.       /    /_ ̄``ミ.、ー宀: : : :メ 、~^^~´ ノ``,.: : : :. :. :.ヽ        \
      /    %(⌒__彡'´.: : : : : :.メ    ー ´ メー、'゙.: : : : : :. :.弋
.     /    { ``{ー.: : : :. :.__r彳ーtー 、r~,、__ }ーミ ⅰ.: : : : : :. :.\
.      ,     | r辷__: : : :ム辷メvメハヘ' ‐ - ´_「___``i}′.: : : : :. :. :.冫
r厂Y⌒′     :|f孑´ー、r'´.: : : : : : : :. :.^~~``~ト、「~` i|: : : :__.: : : : :.イ
´ , ー.′   ___ノ}、.: : :.ⅰ: : : : : : ー.: : : :. :. :.、: : : : :.ヽノ{、 : : `¨ ー ヾ{
/.......i   「⌒`ノ i}: : :,∧.: : : : : : : : : : : : : : :: :: :. :.,: :}'゙{冫ーく: : : : : : \

........ 八  }`` メ`..i}: :イ  ヽ.,_: : :.,ュ: : :.__.: : : :: :: :._イ: :.}::/    }.: : : : : :. :.\
............∧_ノ~ メ`: :イ.:./  f´ テァfチ,.: :: :.`¨: : : : '´.: .:./′  ∧: : : : : : : : : \

......゙r~⌒-, メ`::/: :./.   /: : { |i:i| }′.:. :. .:.、: : : : :./     ∧.: : : : : :. :. :. :.\
辷``⌒  ノ´`,: :_r'´   {: : :.{ |i:i| }.: : :. :. :. :.ヽ: :v'         ∧: : : : : : : : : : : :}、
´⌒  イ: : /' ̄     }: : :{ |i:i| }: : : : : : : : : :メ.           ∧.: : : :. :. :. :./´⌒`:.、
辷__´: : : : /.          }: : :{ |i:i| }.: : : : : :. :. :./ ____.        ∧.: : : : :./.: : : :. :. :. :.`
` ̄ ̄ ̄          { : : { |i:i| }: : : : : : : : :.У´: : :. ̄``ー--=ミ∧ _/: : : : : : : : : : :
              ,r―ォ: : :.{ |i:i| }: : : : : : : : :.ノ´ ̄ ̄``.: : : :. :. :. :.\``}.: : : :. :. :. :.
          /: :´∧.: :.{ |i:i| } : : : : : : : メ、ー--.: : : :.__.: :. :. :.`` ユ_}.: : : :. :.

          /: : : :/´∧: :.`¨¨´.: : :: :. :./: : :.`.: : : :. :. :. :. ̄`: : : : : `メ、、: :
.       /: : : : :.,: : : : :.ヽ.: : : :.ィ::ゝイ.: : : :.ヽ : : : : : : : : : ``.: : : :. :. :. :.ヽ
.       /: :′: : : : : : : : : ハ/...,i:': :{ ト.: : : : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :.\: : :ⅰ
    く イ.: : : :. :./'.: : : : :. :.v': : : i: : :.`: : 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \:ノ

    /.: : : :. :. :./: : : : : : : :/.: :. .:.i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
... /.: : : : : : : : : : : : : : :. :./.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.冫

                              /》 ___
                         _ //》 |∧  | __     _
                      ´ __〈〈 《`|fO≫|  ̄ `ヽ  》ヽ
                       / ≪>ー〉〉》《>ー┴ -=ミ jl  》〈,}_     ____   _____
                  /     ` ̄`ア´ /    -‐=ミトミ》〈_}〉ヽ  /   〈\}__/〉〉〉〉〉
                -‐==彡    / ,  /   /    | V∨ /}∠二二二フ \〉ゝ---∧つ ト、
        Y´        _  -‐=彡  /     / /     l  ∨/⌒Y    〈_/l〈〈//////´ ̄   \
.        人  -‐=ニ   ____  イ /  / / `ヽ / ノ   l l´ `ヽ|     〕  〉\亙/〈二フト、  |
.          _ 二ニ=‐-   ..,, ___彡'j/  沙=ミy// / 〉   |i `ヽ l    /\_《\_/\l\ \\〉
         Y´   ______ ノ  ) /  /    / /`ヽイ / |i `丶 ,  /\__ 《//》′       ̄
        、(  r 、_ ー-----‐ ´ イ  ,.イ       ,  =ミy | /  八`ヽ//l   ,《//》′
          ` V /7ー 、 ___    l /从   /`  、    狄   ′ )/〉 〈⌒ア《//》′
.   ー――(  ̄ ̄ | / /´r,〉r \ |/´ ,,}    、  ノ   /  イ_ノイ  /\j/ 《//》′
  ――‐(  ̄ ̄  \   ヽ (   {   (i:}_ \___ / / ´   〉 〈_ /⌒《//》′
  ――(  ̄ ̄   ´〉  /( (  \__ノi:i(_,Si:i:i:i:i:∠.. イ     〈__ / ノ ,《//》'、
  ー―(  ̄ ̄   fひfひ'〉てゝr/7⌒YY⌒Yf=彡イ´ ノ       イ ノ),《//》' 、\
.  ―‐く  ̄ ̄  ノi&gノ〈/  .ゞ〈__/l_l\_j⌒/i/ (     ィ´ jノ  ) ,《//》'   \〉
  ー―く  ̄ ̄ (んんんノ ,. ´ ぷ /:}/' \{   {ii{ .:   /}ノ ノ  ),《//》' しヘノ \
.  ー‐く __  /    ,′/  ぷ /: / /:.,ぷ  ..:{ii{ .:. ,.ィ   ノ ノ ),《//》'し′  \  \
.  ー‐ヘ    /   /  {::.:...ぷ {:. {: {:. ぷ:.:.:..:.:{ii{ :. /i/  ノしし ´,《//》' ノ    \  \  \
.      >‐ ′   / /', :::,ぷ:.}:. }:..}:.:ぷ:::.:.:.:.{ii{_ノノ ノ ノ ノ ,《//》'し      \  \  \
.      ー‐ ′   /( ノ} ぷ / / /:.:ぷ . :`ヽ{ii/´ し し' し し',《//》'     人    \  \  \
.          {__,,. イ しし } ぷ ' ' / ぷ     .:/しl ! ノl ノl ノ《//》'       \    \  \  \
              しし ⌒, ぷ/ /   ぷ    .:/  しlノ| l  l ,《//》' `丶、\ ノ\ \     \  \  \
  ー―             /ぷ '  / ぷ     /    ししヘ,ノ《//》'    \ノ   \ノ\    \ノ \  \
        \       /ぷ / / / ぷ'   / ____     《//》'                  ー‐―一   `ー一
.  \     〔_ノ⌒ヽイぷ / / / ぷ  ー={ ,《    \   《//》'
.     ――‐< ∠二二二 ヽ__ぷ     V卍┐    \ `¨´
  ――― '  /〈l三三三三[[l工l]三二ニ=} [卍┐    l
  __/_/      __ / / ̄ ̄ ̄\\└卍] ┌卍_   ___          __
.      /    _//   [卍‐卍‐‐卍]  \卍] [卍ll卍┐[卍卍┐       /》 廴_
 卍 /     /  ┌[卍┐  └┐: : :.卍]卍]卍┘ └卍┘卍]┘└卍___ /  》    )
.  卍    /   [卍: :卍┌卍‐卍]: : : : : :l:ノヽ  卍┘ 卍]   卍 ー‐/┌卍》⌒(

.   卍┐[卍─┐ [卍: :└l卍┘: :ノ: : : : : :ノ   V´》└卍‐卍]   卍‐卍┐ 卍  》   )‐rr‐┐
    ,卍]卍   卍┌卍] ノ: :. : :./: : : : 厂´    ∨》  ー―' ┌‐┘ └卍 [卍⌒´ (___// /
  / └卍]/└l卍/: : : :/: : : : : ノ        ∨》     ー‐卍    卍‐┘      ̄ 〈
 i;廴_   ⌒)i, : :/: : : :/: : : : :ノ´   x炒v炒v炒マ)》__    卍┘ 卍‐卍   ̄ 二ニ=-   ノ
 i;i;i;i;廴_   ⌒)i,: : : ノ ⌒^⌒´∧   x炒⌒¨⌒¨⌒ヽ/ /〉ー卍‐卍]┘            /
 i;i;i;i;i;i;i;i廴_  /⌒´ノ      / ∧x炒;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iマ/__ \   \  \ \        /
 i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;フー<        / / 〈炒;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;;i;i;}/ 〉〉 \  \  \ \      ノ
 i;i;i;i;i;i;i;i;i;ア    `ヽ   / /  ∧;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;}//    \  \  \(⌒ー<

飛鳥「それではゲストを呼ぼうか」

のあ「もうロリ枠は消費しちゃってるのよね」

蘭子「他の領域を侵犯するしかないか?では今宵の生け贄を札より召喚するぞ!今宵の生け贄は…踏台の先桃姫!(他の事務所から出すしかないですかね。それでは今日のゲストをカードで呼びますね。今日のゲストは…この人です)」

桃子「早く踏み台持ってきて。周防桃子だよ。今日はよろしくね」

飛鳥「よろしく」

蘭子「歓迎するわ!(よろしくお願いします)」

のあ「よろしく」

飛鳥「さて、ツイッターの反応は」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先輩キター!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
踏み台持ってきました!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
むしろ踏み台になりたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お兄ちゃんって呼んで下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
冷めたロリいいですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桃子「別にいいよ。踏み台もお兄ちゃんも間に合ってるから」

のあ「そうね。どっちもそっちのプロデューサーが担当してるものね」

蘭子「擬人は皆無だぞ!(普通に踏み台ですよ)」

飛鳥「それではまず質問に行こうか」

桃子「例のあれだね。先輩の小学生にそんなことしちゃっていいの?」

蘭子「奴らに見境は皆無よ!(そんなことリスナーは気にしないでしょうね)」

のあ「最初の質問に行くわ。ラジオネーム『イーストサイド』さんからの質問よ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
桃ちゃん先輩に質問です。ステルス体質なのに何で芸能界デビュー出来たんですか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桃子「ステルス体質って何なの?」

飛鳥「おそらく麻雀マンガに出てるキャラが桃子だからだろうね」

のあ「踏み台がないと解答席から消える所は似てるかもしれないわね」

蘭子「斯様に極小ではないのではないか?(そこまで小さくないんじゃないですかね)」

桃子「も、桃子だってギリギリボタン押せるよ!そんなに小さくないし!」

のあ「次は『天蓋領域』さんからの質問よ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
周防先輩に質問です。伊19に艦これ実装の先を越された時はどんな気持ちでしたか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桃子「19…。もしかして育ってこと?」

飛鳥「潜水艦の語呂合わせはともかく軍艦は多いよね」

桃子「ふーん。そういう共通点があるんだね」

のあ「ただ周防が艦これに出ることはないでしょうね。第二次世界大戦時には出てないもの」

蘭子「迷彩は施したようね!(言葉を濁しただけ配慮はしてるみたいですね)」

のあ「最後はラジオネーム『ステップ』さんからの質問よ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
桃子先輩に質問です。桃子先輩は踏み台と一緒に産まれて来たって本当ですか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桃子「そんな人いるわけないじゃん」

桃子「まあかなり長い間愛用してるけどね。アイドルになる前から使ってるもん」

飛鳥「だろうね。かなり年期入ってるよ」

のあ「赤ちゃんの頃から踏み台ないと泣き出した様子が想像出来るわ」

蘭子「逆行しすぎにも程があるだろう!(いくらなんでもそんな昔から持ってないでしょう)」

のあ「以上で質問を終わるわ」

桃子「やっぱり変な質問ばかりだったね」

飛鳥「そうじゃないとこの番組じゃないよ」

蘭子「序列など考慮に入れてないわね!(先輩相手でも容赦ないですね)」

飛鳥「次は『闇変換』だよ。これはゲストにちなんだ物を蘭子の言葉で言い換えるコーナーさ」

桃子「いつものあれだね。桃子まだ小学生だからわかんないよ」

のあ「基本中二病だしね」

蘭子「ククク。我が瞳の力とくと見よ!(私が何を書いたか考えて下さいね♪)」

飛鳥「最初の言葉はこれだよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
末期の審判
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桃子「うん。さっぱり意味がわからないよ」

のあ「ヒントが必要ね。蘭子」

蘭子「何時月光の勺を奪還出来るのだ!(いつになったら勺を取り戻せるんでしょうね)」

桃子「うーん。どこかで聞いたような気はするんだけど…」

飛鳥「どうやら引っかかってはいるみたいだね」

飛鳥「次でわかるかな。蘭子」

蘭子「地獄の沙汰を受けるがいい!」

桃子「わかった。もののけガシャの閻魔大王だね」

のあ「正解よ。そのものズバリだからわかるわね」

のあ「亜美と真美を説教地獄に送ったのはいい裁きだったわね」

桃子「…桃子としてはのあさんを不敬罪で地獄に送りたいんだけど」

飛鳥「その気持ちはよくわかるよ」

蘭子「口撃が苛烈過ぎるわね(好き勝手言ってますもんね)」

 そ  観   今   こ  |      斗 i|〔__: :.`ヽ⌒ミー―  、   |   セ   理
 こ.   測  ま   れ   !      ̄ ̄,. <: : : : : : : : : : :ー‐ 、: : :丶 !   カ  解
 は   者   で  か   |       /: : /: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: .|  イ  .る
 果  が   の   ら  |     /: : : / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : :|  の  か
 た  離   セ   の   |     ' / : /: : : : : : l{ : : : : : :|:: : : : : : : : :|   狭.   い
. し  れ  カ  セ  !    /:/: : , : : ___, / :l: : : : : : ハ: : | : : : : : |  間   :
 て  .た   イ   .カ   ′  '.:/!: : :l/, イ_: l : : : : / __ト: : : : : :|  に  ?
 存  時.  :  .イ /     }/ lrγ ( イ -‐う : : :|/"´ ∨ \ : : |.   い
 在             : ,  、_____∧ヘ.    =孑′Ⅵ {  ,z≦〕iト彳: :|  る   今
        ___/   冫;;;;;;;;;;;;;癶z_イ/ _, Ⅵ f’ l::::Ч ,ソ: 〉、!  :  .ボ
__     /    \  >-‐/;;;;;;;;;;;;;;;>=≠       弋zソ ".:/ ム|      ク
    ̄ ̄/  終 .早  i   7::::::::::::::レヘ;;;;;从           /イ ∠__.     た
== 、 ′ わ  く  l/ニニニニニ≧s,/Ⅵi            / ムヽ|.     ち
: : : l: :`:.l.   り  締  .l´ ̄ ̄`ヾニ/、l. 个s。.___ヾ⌒___.イ{  ト| l|.     は
: ルヘ :ト :l.   ま  め  1::::::::::::::::::::圦シ  !┿╂┿╂┿╂┿╂|  | l ',
/‐   ‐N   す  な   l:::::::::::::::::::〈、::/   l┿╂┿╂┿╂≫''”j{  |ミ、', \
町  T町   よ. .い   !:::::::::::::::::::ハY  ,リ”ミ*,┿╂≫''".;幵幵!  |少仆, ` ー―
.  c  ハ.      と   ,:::::::::::::::::::::リl ,/ 人幵幵幵幵幵幵幵幵|.  !:::::::::::ヽ
≧==≦、∠         /<::::::::::::/ノ {! !:::::`ヾ丗丗丗廾≫''"::∧ 圦::::::::ゞ}\
===孑ヘ  \    ノ    ̄込/|| l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ い:::::::::::ヽ }

飛鳥「次の言葉はこれだよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
喜怒哀Luck
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桃子「要するに招待だよね?そういう演技してたもん」

のあ「正解よ。何となくわかるわね」

蘭子「単純過ぎたようね!(ストレート過ぎましたね)」

飛鳥「桃子の演技に対するひたむきさが伝わってきたね」

桃子「そんなの当たり前じゃん。役作りは真面目にやらないと意味ないよ」

のあ「その割には台本にないそっちのプロデューサーの名前言ったりしてたわね」

蘭子「心の発露なのか?(本音が出ちゃったんでしょうかね)」

飛鳥「最後の言葉はこれだよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
魔滅の桃姫
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桃子「何それ?いつもの変なやつ?」

のあ「少し難しかったかしらね」

蘭子「我が結界は鉄壁よ!(そう簡単には答えさせませんよ)」

のあ「ヒントが必要かしら。蘭子」

蘭子「まさに適役ね!(本当に名前のままですね)」

桃子「わかんない。桃子に出来ない役なんてないもん」

飛鳥「まあ言うだけの実力派はあるだろうね」

飛鳥「まだヒントが必要だね。蘭子」

蘭子「三匹を伴い鬼神を滅せよ!」

桃子「わかった。節分パニックの桃太郎だね」

のあ「正解よ。ヒントでわかるわね」

桃子「桃子が桃太郎とかそのまま過ぎてわからなかったよ。桃姫も蘭子さんならよく言うフレーズだしね」

飛鳥「そうだね。名前からしてそのままだよ」

のあ「たまに名前そのままの役が来ることがあるのよね」

蘭子「反転も然りね!(名前からしたらピッタリな人がいるのに別の役をもらうこともありますよね)」

飛鳥「残念ながらそろそろお別れの時間だよ。桃子、今日はどうだったかな?」

桃子「やっぱり変な番組だったね。でも悪くはなかったかな」

飛鳥「それはどうも。それでは番組を終わるよ。お相手はちゃおっす!二宮飛鳥と」

蘭子「混沌!神崎蘭子と」

のあ「カオス!高峯のあと」

桃子「踏み台どこ行ったの?周防桃子でお送りしたよ」

蘭子「それでは皆」

蘭子・飛鳥・のあ・桃子『闇に飲まれよ!』

菜々「あっ、ちゃおラジ終わったんですね」

桃子「あ、七代目シンデレラガールだ。昔オーディションで落ちまくってたのに出世したね」

飛鳥「へー。そんな過去があったんだ」

菜々「わか…子供のころの話ですよ!」

桃子「…あれ?菜々さんその時も17歳って言ってなかった?」

のあ「その話詳しく聞かせてもらえるかしら」

菜々「な、菜々は永遠の17歳なんですからね!キャハッ☆」

蘭子「灰被りに魔法はかからぬのか…(シンデレラガールでもいじられるんですね)」

おわりです。先輩すごいですね。

あの痛いSSコピペ「で、無視...と。」の作者。
http://i.imgur.com/Kx4KYDR.jpg

2013年、人気ss「涼宮ハルヒの微笑」の作者を詐称し、
売名を目論むも炎上。一言の謝罪もない、そのあまりに身勝手なナルシズムに
パー速、2chにヲチを立てられるにいたる。

以来、ヲチに逆恨みを起こし、2018年に至るまでの5年間、ヲチスレを毎日監視。

自分はヲチスレで自演などしていない、別人だ、などとしつこく粘着を続けてきたが、
その過程でヲチに顔写真を押さえられ、自演も暴かれ続け、晒し者にされた挙句、
とうとう謝罪に追い込まれた→ http://www65.atwiki.jp/utagyaku/

2011年に女子大生を手錠で監禁する事件を引き起こし、
警察により逮捕されていたことが判明している。

>私が長年に渡り自演活動を続けたのは
>ひとえに自己肯定が強かった事が理由です

>別人のフリをしてもバレるはずがない
>なぜなら自分は優れているのだからと思っていた事が理由です

>これを改善するにはまず自分を見つめ直す事が必要です
>カウンセリングに通うなども視野に入れております

>またインターネットから遠ざかり、
>しっかりと自分の犯した罪と向き合っていく所存でございます

http://i.imgur.com/QWoZn87.jpg

常務「新制限を全て撤回。白紙に戻す」
常務「新制限を全て撤回。白紙に戻す」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522451692/)
37:1[sage]
2018/04/01(日) 08:55:41.28 ID:2sNRKwHLO
>>36地の文ではなくキャラの一連のセリフなのでその中で改行するのは違う気がします。その点>>35の成りすましは思考停止的に一文ごと改行していけばいいので楽だったでしょうね。相手にチェーンがなかったり外野が何かしら反応出来る場面がないとセリフ挟めないのでどうしても読みにくくなるのが悩み所です。
後誤解しているようですがこっちは完結した後すぐHTML依頼していますよ。にも関わらずハイエナが屍肉荒らしに来てるんです。

あの痛いSSコピペ「で、無視...と。」の作者。
http://i.imgur.com/Kx4KYDR.jpg

2013年、人気ss「涼宮ハルヒの微笑」の作者を詐称し、
売名を目論むも炎上。一言の謝罪もない、そのあまりに身勝手なナルシズムに
パー速、2chにヲチを立てられるにいたる。

以来、ヲチに逆恨みを起こし、2018年に至るまでの5年間、ヲチスレを毎日監視。

自分はヲチスレで自演などしていない、別人だ、などとしつこく粘着を続けてきたが、
その過程でヲチに顔写真を押さえられ、自演も暴かれ続け、晒し者にされた挙句、
とうとう謝罪に追い込まれた→ http://www65.atwiki.jp/utagyaku/

2011年に女子大生を手錠で監禁する事件を引き起こし、
警察により逮捕されていたことが判明している。

>>58
>私こと先原直樹は自己の虚栄心を満たすため
>微笑みの盗作騒動を起こしてしまいました

>本当の作者様並びに関係者の方々にご迷惑をおかけしました事を
>深くお詫びいたします

>またヲチスレにて何年にも渡り自演活動をして参りました
>その際にスレ住人の方々にも多大なご迷惑をおかけした事を
>ここにお詫び申し上げます

>私はこの度の騒動のケジメとして今後一切創作活動をせず
>また掲示板への書き込みなどもしない事を宣言いたします

>これで全てが許されるとは思っていませんが、
>私にできる精一杯の謝罪でごさいます

http://i.imgur.com/VfG9mcK.jpg

>>58
>私が長年に渡り自演活動を続けたのは
>ひとえに自己肯定が強かった事が理由です

>別人のフリをしてもバレるはずがない
>なぜなら自分は優れているのだからと思っていた事が理由です

>これを改善するにはまず自分を見つめ直す事が必要です
>カウンセリングに通うなども視野に入れております

>またインターネットから遠ざかり、
>しっかりと自分の犯した罪と向き合っていく所存でございます

http://i.imgur.com/QWoZn87.jpg

>>58
ニコニコ大百科や涼宮ハルヒの微笑での炎上、またそれ以前の問題行為から、
2013年、パー速にヲチを立てられるに至ったゴンベッサであったが、
すでに1スレ目からヲチの存在を察知し、スレに常駐。
自演工作を繰り返していた。

しかし、ユカレンと呼ばれていた2003年からすでに自演の常習犯であり、
今回も自演をすることが分かりきっていたこと、
学習能力がなく、テンプレ化した自演を繰り返すしか能がないことなどから、
彼の自演は、やってる当人を除けば、ほとんどバレバレという有様であった。

その過程で、スレ内で執拗に別人だと騒いでいるのが間違いなく本人である事を
確定させてしまうという大失態も犯している。


ドキュメント・ゴンベッサ自演確定の日
http://archive.fo/BUNiO

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom