茜「みんなで勝鬨を上げちゃおう!」 (36)

ちゃおラジの外伝です。本編を読んでなくても大丈夫です。
本編
蘭子「混沌電波第167幕!(ちゃおラジ第167回)」
蘭子「混沌電波第167幕!(ちゃおラジ第167回)」 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525687791/)
前回
志保「茶運びといえばカラクリだよね!」 志保「茶運びといえばカラクリだよね!」 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525475657/)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526133608

文香「それでは決闘講座を…始めます…。今日はもちろん…茜さんです…」

茜「よろしく!茜ちゃんにはどんなデッキがいいの?」

のあ「トムの勝ちデース」

文香「さすがに決めるのが…難し過ぎですね…。少林寺やってたので…勝鬨にしましょう…」

茜「何その決め方?!いくらなんでも雑過ぎるでしょ!」

                   _ー. . 、 /⌒!

               「 ̄⌒´ 、: :ヽ: У    ヽ_
              r‐\     ヽt‐く     ∨
              人   }   ァ⌒ヽ ̄: ⌒\}
              // ヽ ヽ/:/: :/´ : : : : : : \\
             /: : イ:У: : :/: :/ .: : : i |: : : : : \\
               // /:/: : : /: :/: : :/:/} |ヽ : : : : : ヽ:ヽ
           {(, /: {: : : : : : ′_/:/_リノ リ_ } : ハ: :',

            /:/|: : : | : {:|/ノ   / ハ/|:ノ : ', : |
        r一 彡 /:イ: : : r:| : Vf芯ヽ    f芯ヾ }ノ:}:_rrァ‐ 、
        ヽ: :} /ノノ: 八{i,| : i 弋り     Vり /}: :(レ {〈 r }
         ) j_://: :/: : ゝ!: { /i/i/   '  /i/i/jノ: :ハ ヾУ ′
   γ⌒_ー 彡′/: :/: : : : :∨,.            / //_ {   _/
    ゝ:(Y´  r: ´ (_:ノ : : / : ∨,ゝ   ´ ̄   イ /イ .人  丶
   (r ´ }|r: ´: \: :ヽーイ : : : : | 、: :ハ> 。... イ_/ -― 、 ヽ   \
  ノ  r_:八: :Y´ >: :} ´: : : : : : j : \ノ__   ´   、  ` ∧   \
  /⌒ヽ、ヽ:{γ: _j、_/ fγ´ ̄     `      ` ‐- .,、    \
  (_   「rヽ:}:|:| ( f´ : :_ァ : : : ′            ` 、        `;ッ.    ヽ
 γ⌒ゝノ乂_:ノノ:/ { :ゝ/: /: : :|     、        ヽ       }    ‘,
  {(     /イ rハ : }ー ミ、: |    i  ヽ   :.ぃ.:   }  \    人     }
        r――_:ノ //´|    |`ヽ :.、       人    ー ∨` 、_.ノ
        ∨´( ノ /  {:(_  |    |  \  ー一 ´        W
         ー       |    l     ヽ                ∨
                    |    |      ∧             ∨
                     |    |     ∧            ∨
                 ′   .;'       }          {:.     、
                    /   /       }        ′      ヽ
                /   /         ∥               ∨
                   /   /        /                 ∨
               /   /        /                    ∨
                 /   /          ′               ,   W
             /   /           |     `` 、       /    |
          __,/    イ          |         ヽ、    /     |
      ,. -‐ ´      /             |           \ ノ.ノ       |
      ` 7 r ー一  ノ                {            ヽ      |
      { i ハ f ´                 ∧                   |
        Vノヽ/                    ∧               ‘,      }
                               ∧              ‘,   ∥
                                        ‘,   ∥
                            \                 ∥

                _     /\
           __/: : : : :\Y    ヽ‐┐
          `7: : : : : : : : : {  r    \__/´ ̄`\
         />――― く ヽ>γ⌒ヽ: :′: ⌒\ : \
     ー=彡く     、_ ノ У: : :/ : :/´ : : : : : : : : : \ : \
        /:\     /: : : : ′ / : : : : : : : : : : : : : \ : \

        /:<´   ヽ    /: : : : :{: : : : : : : : : : :!ヽ: 、: : : : : :\ : ヽ
      /: :/}\  ‘,  ′ : : : | : : |: : : : : : : :|: :}\\: ヽ : : ヽ : :.
.     // /:/|`ヽ \ |: : : : : :| : : |: : :{: : : : ハ:} }ヽ ∨:}: :|: :‘, ∨
     {(   |/ /: : :i\.`|: : : : : :| : : |: : :|_// j/ ノ }イノレノ: |: :ト : ∨
          /: : : :|: : ヽ : : : : : { : : {: :´!∨/` /     ,.ィzx |ノ∨ ‘,:,
.       //: : : : : : : ∧ : : : ∧: : ∨ノ,イ芹ヽ     "   ノ}   Ⅵ
.       // : : : : / : : /: ∧: : : :∧ : : , 《 Vィハ     、    リ     Ⅵ
―― </: : : : : : / : : /: : : : \ {⌒ , : :.V `ー''      _,   }       V,
r―― :´: : : : : : /: : : : : : : : : : :人、f∧: :∨    、_/´ }  ヘ     |:|

|: : : : r―    7: : /: : : : /: : : : : :`. ァ-: : . 、    \_ ノ イ_ヽ:ー.へ、ノ′
ゝ、: : :ヽ  / : : : : : : : ノ : : : : : : : _{ LrV∧>   .,   _/ /ト `¨⌒)}
 _): : : :|: ´_;. : -―: : : : : : : : : : :/ | \{.\:\  /  メヽ/ ∧: `ヽ γ^丶∩
ヽ_: : :ノ:(: : : / /: : : : : : : : : :/  |  \ \: ヽ   ′ \_ |_:} 〔_/ /_ ー`二>
: :} 人: : : :\/: : :{: : : : : : : : : /   └- ミ _ > 、}`    丶} }ノ/: ノ{ ´_ ィx\
从′: > .; :`ヽ、:、: : : : : :/{ /´    `\   |       } Y: :( |  _ヽ}`
 {: : :(__ ) : ノ: : :\: : / ノハ 、      ヽ   ト.  ヽ   ハヽ: :} _! r‐ )/
 \ : \ー < 、: : : / ̄ : : : } ヽ  ̄    ⊥、\、_,}_/ |}: :{{   ,ノ
   ヽ: : :ヽミx )}  ̄{(´⌒>―|ヽ    /  _ > ヽ       //:イ:{゚*。.。*゚
    ): : : ) )ノ r― 彡 (r~´_| トー ´ /´   \ |     ,'/ マx_,ノ
  /イ/     \(/ ̄/´〃 \_ ノ 、     \  /   `7´
       > ´ ̄´/〉 /   {        \      У´     /
.     /   r―タ  {     \           \
`ヽ、 /     /´イ∧〉 ',             ,// \       /
  У   ム //_j   _\_      、ヾ /_r ´ 〕ト, _ イ
ヽ/      { {    \_、 _` ー―‐ァ´)_ ノ‐=、一  ′
ノ          \_、     ヽ `ー`  γ´  } {   ヽ  ,′
/   }          \  |     |  / \   | ′
l   /    {       ヽ     |/}/  !\ノ
ゝー/      ‘,             ´ ノ´   |  |
` 7、   {  \        ',     /     j    !  ヘ _
 人\ _ r―‐-ヽ        }   /       {   「´ ^ーx、
    ∧`~^ーヽゝく ___ / /       |     二 ニミ、
    ∧  ‘, ゝイ乂ノ乂ノ/          人   .. 、_ `__‐っ
    ∧   ,      /             ≧= 、)
.      ∧   ヽ   /

           _/⌒\
        r/:rx┬┐: : : \
    _ /⌒`丶、 ̄``~、 \

.   /: : : : ´ ̄:\ : \ : : : : \:.\
. /: /´: : : : : :i: : \ : ヽ: : : : : ヽ: :\
 i / : : : : : : : : |: : : : ヽ: :∨: : : : :}: : ):\
 |:|: / i: : : : : _∧ト、: : ∧: :V : : : :′{ : : : \

 |:| ′| : : : : /  ̄ ,_V  } : i }: : :i: : : 、: : : : :}
 |:|:{ : {\_/  r 云う  | : |ノ/: :|: : : : ヽ : イ
 |:|: \丿      :::::::::  | : |/: : :|: : : : : :}(: :\
 |:ト、∧ ,.ィ心 ,      .| : | : : 人 : : : イ: :`\}
 |:|   ヽ ::::  /⌒Y´ノ: /´: : : : \/: : : : : : `ヽ
 |:|   ハ   ヽ  -‐/イ、: : : : /: :′ : (: : : : : :|
. 从  /ィ/>ー/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Y´: : {: : |: : : : \: : :八

       \: :(:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:人__:人_: : : }\: : :ヽ
        \:ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:): 八:.:\从
         /ヽ:i:i:\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\:i:i:i:/イ:i:iヽ ̄`
        ′  ∨:i:i:i\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧
          {    ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i∧
         人      \:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨、:i:i:i:i:i:i:i∧
         ` ー一イ/´ ̄`` 、:i:i:i:i:i:i〉  ̄`\:i:i\
   r┐       ./⌒\    \:i:/       .\:i:i\
  ト、|. ト       /       〉     V       ∨:i:i:i:}
 /i     ヽ  /        ム-―― '         ∨_ノ
. {   ,..-‐'"     ,. イ                    ‘,
.人       ,.。< ./   _          __}__

  \__,..<   r―― ´__`ヽー ⌒ ー ´-――- ミー┐

           _/> ´      ` 、 ニ/          \‐┐
          / "             ヽ             ヽ ー、_
            |/              ‘,               | 〉 }ヽ
        Y ′                   }             ′   ‘,
          / {                |         _ノ     ‘,
       r{  ヽ                  ハ     /´           }
      r | l  ‘.               /⌒\    `⌒ヽ、      \
      イ 〈    人_           /:.:.:.:.:.:.:.ヽ       ーヽ    \
      {         `` 、         イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,        ∧      \
     | :     /´  ̄ ̄ ヽ    / |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i         ∧       \
     |     /               ′|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}         ∧         \
     |       {     __,.. -―‐┴―――‐┴―――――― ∧           ヽ

文香「簡単に勝鬨について…説明しますね…。勝鬨で重要なのは…レベルです…。相手よりレベルが高い程…強さを発揮するというわけです…」

茜「へー。レベルが最高の茜ちゃんにピッタリだね!」

文香「そうですね…。今日はルール説明で…終わりますね…。明日までに必須カードと…預かった予算内で使えそうなカードを用意します…」

文香「これが必須カードと…使えそうなカードです…。後は今日発売のコレクターズパックでそろうので…トレードして下さい…」

茜「何それ!アバウト過ぎじゃん」

文香「もう恒例行事ですから…。デッキが出来たら…言って下さい…」

瑞樹「これでアンチエイジングが完成ね。わかるわ」

キャシー「かなり強化されてよかったよ。通常パックでもよかったとは思うけどね」

茜「これレベル5ばかりじゃ事故らない?」

みく「まあ融合だからまだどうにかなるにゃ」

茜「出来たよ!」

文香「それなら…よかったです…。相手は誰が…いいでしょうか…?」

菲菲「ワタシがやるヨ。同じ水滸伝モチーフだしネー」

茜「フェイフェイちゃんが相手だね。負けないよ!」

文香「決まりですね…。準備が出来たら…始めて下さい…」

茜・菲菲「「決闘!」」

茜「先攻はもらうよ!茜ちゃんのターン!…茜ちゃんはカードを5枚伏せてターンエンド!」

のあ「あからさまなブラフね」

飛鳥「レベル関係ない手札事故になっちゃったね」

菲菲「ワタシのターン、ドロー!悪いけど攻めるヨー。微炎星-リュウシシン召喚!炎舞-『天枢』発動!炎舞を発動したからリュウシシンの効果発動!デッキから炎舞-『天セン』をセット!天枢があるからワタシは通常召喚に加えて1度だけ獣戦士を召喚出来るヨ。暗炎星-ユウシ召喚!」

茜「ズルい!茜ちゃんに比べて手札よすぎだよ!」

菲菲「こればかりは運ネ。天枢の効果で獣戦士の攻撃翌力は100アップするヨ。バトル!リュウシシンでダイレクトアタック!九紋竜閃!ユウシでダイレクトアタック!吹毛剣!戦闘ダメージを与えたからユウシの効果発動!デッキから炎舞-『天キ』を手札に加えるヨ」

茜「うっ。なかなか効くね」LP4400

菲菲「天キ発動!発動時に天キの効果で速炎星-タイヒョウを手札に加えるヨ。ユウシとリュウシシンでオーバーレイ!炎星の主ヨ!梁山泊に恵みの火の雨を降らせろ!エクシーズ召喚!現れろ!魁炎星王-ソウコ!エクシーズ召喚に成功したからソウコの効果発動!デッキから炎舞-『玉衝』をセット!玉衝発動!発動時に相手の伏せカードを選択するヨ。玉衝の発動に対して相手は選択されたカードを発動出来ず、玉衝がある限り選択したカードは発動出来ないヨ。ワタシはこれでターンエンド!」

茜「茜ちゃんのターン、ドロー!1000ライフ払い簡易融合発動!エクストラデッキから魔導騎士ギルティアを特殊召喚!現れ出でよ!魔法と剣を操る騎士!
魔導騎士ギルティア!融合発動!手札の沼地の魔神王と場のギルティアを融合!沼地に溶かす魔神王よ!魔と剣を操る者よ!重ねし力で天下を取らん!融合召喚!来い!覇道星シュラ!」LP3400

菲菲「おー。 一足先にこっちが来たネー」

茜「バトル!シュラでソウコに攻撃!修羅覇道拳!シュラの効果発動!相手の全ての表側表示のモンスターの攻撃翌力は0になるよ。ダメージ計算時にシュラの効果発動!戦闘を行うお互いのモンスターの攻撃翌力はレベル×200になるよ。シュラの攻撃翌力は2400になるけど、ソウコにはレベルがない。レベルがないということは、レベル0ということだ!」

凛「あれ意味わかって言ってるの?」

加蓮「意味わかってない方がネタ的にはおいしいよね」

菲菲「フィールドから墓地に送られたから場の天枢、天キ、玉衝を墓地に送りソウコの効果発動!デッキからユウシと勇炎星-エンショウを特殊召喚!」LP5600

茜「どの道レベル12は越えられないよ。茜ちゃんはこれでターンエンド!」

菲菲「ワタシのターン、ドロー!天キ発動!発動時にデッキから炎星師-チョウテンを手札に加えるヨ。場の天キを墓地に送りユウシの効果発動!シュラを破壊!」

茜「相手によって破壊されたからシュラの効果発動!覇勝星イダテンをエクストラデッキから融合召喚扱いで特殊召喚!悠久の覇者たる星と輝け!融合召喚!来い!覇勝星イダテン!」

梨沙「あれ?シュラにそんな効果あった?」

杏「ないよ~。魔改造されたんだろうね~」

菲菲「タイヒョウ召喚!タイヒョウをリリースして効果発動!デッキから天枢をセット!天枢発動!チョウテン召喚!召喚に成功したからチョウテンの効果発動!墓地からタイヒョウを特殊召喚!現れろ!中国四千年の万里の長城!アローヘッド確認!召喚条件は獣・獣戦士・鳥獣2体!ワタシはユウシとエンショウをリンクマーカーにセット!サーキット・コンバイン!爆砕消火する火の達磨!リンク召喚!現れろ!リンク2!小法師ヒダルマー!レベル3タイヒョウにレベル3チョウテンをチューニング!百八の星よ!伏魔殿より解き放たれ伝説となれ!シンクロ召喚!現れろ!炎星侯-ホウシン!シンクロ召喚に成功したからホウシンの効果発動!デッキから立炎星-トウケイを特殊召喚!特殊召喚に成功したからトウケイの効果発動!デッキからタイヒョウを手札に加えるヨ。真炎の爆発発動!墓地からタイヒョウとチョウテンを特殊召喚!タイヒョウとチョウテンでオーバーレイ!炎星の皇よ!その統率力で星を集めよ!エクシーズ召喚!現れろ!炎星皇-チョウライオ!オーバーレイ・ユニットを取り除きチョウライオの効果発動!墓地からチョウテンを手札に加えるヨ」

茜「本当に爆発力あるねー」

菲菲「天枢を墓地に送りトウケイの効果発動!デッキから天キをセット!バトル!チョウライオでイダテンに攻撃!獅子炎剣!天セン発動!チョウライオの攻撃翌力は700アップし、更に天センの効果で300アップするヨ」

茜「イダテンのレベル以下のモンスターと戦闘するダメージ計算時にイダテンの効果発動!チョウライオの効果はダメージ計算時のみ0になるよ」

菲菲「エクシーズモンスターにはレベルが存在しない。したがって効果は発動出来ないヨ」

茜「何だと?!レベルがないとはレベル0ということではないのか?!」LP3200

菲菲「その言葉が聞きたかったヨ。トウケイでダイレクトアタック!双鶏槍!トドメ!ホウシンでダイレクトアタック!伏魔炎!」

茜「くっ。最初に事故ってさえいなければ…」LP-1100

菲菲「よし!勝鬨上げさせたから完全勝利ネ!」

茜「何でそんなにルールの間違いにそんなに騒ぐの?」

文香「まあある種勝鬨デッキの…存在意義ですからね…」

おわりです。どうにか勝鬨を上げさせられました。

              __     _         __ rn xーァ 、
      _         ⌒ヽY⌒ヽ/: : V⌒i,. :, ´ : : : : i:`:.く:Y: ヽ:.i         _イ}
     {ヘxn、        `〈: : ({ 、、:r‐vr': : !: :, :/l: :リ ヽ: v〈-v:リ        _f7'/ソ
.      マ///〉- 、     乂_ゞ:.人_ノ:1: :|: /l' l:/  ゛`i: ∨´       ∠  `ヽフ
       ヾ//  } ト _      L斗v1: :l : l/ ⌒   ⌒ l:',: l   ,、 _ <ニム   i
       { '´   八ニニ=- _,、 {  V:」 :⊂⊃    ⊂⊃:|rくニハくニニニニ} ノ
        ` _ ィ〔ニニニニニヤ〕iト'v  八 v: :',   ー '  人 :jニニニ{ ニニ> ⌒
              ` <ニニニヤニニヘ、 ヽヘ: :', .. _   /  リニニニlニ>゙
               ` <ニヤニニニ丶  ヽヾ{\/:´/  /ニニニ7´
                 ゞ:マニニニ〕iト `_><_   ィニニニj{
             __ ィi〔三ニ∨ニニニ二二ニア マ二二ニニア
              くニニニニニニ`'マニニニニv'ニニ マニニ>''´
             イニニニニニニニニニ=―=ニ√j{ニニリ
     ィ:、__ {ニニニニニニニニニニ/仁=√j{ニ=/
     _`>'///// 〉=ニニニニニニニニ=/仁ニ√j{ニニ{ハ
.   √///////「ニニニニニニニニニ=/仁ニ√j{ニ=lニ',
.   { {///「゙'<{=ニニニニニニニニ/仁ニニ√j{ニニ}ニj
.   乂ZZノゞ= ' v=ニニニニニニニ/仁ニニ√j{ニニソ=r'
           ヾ=ニニニニニニ〃ニニニ√j{ニニイニノ
            V=ニニニニ〃ニニニ√j{ニィニ/
               `ー气ニニ'イニニニニ/ィi〔ニニ/
                `ー~、ニニ>ミニり⌒ ´
                       ̄

あの痛いSSコピペ「で、無視...と。」の作者。
http://i.imgur.com/Kx4KYDR.jpg

2013年、人気ss「涼宮ハルヒの微笑」の作者を詐称し、
売名を目論むも炎上。一言の謝罪もない、そのあまりに身勝手なナルシズムに
パー速、2chにヲチを立てられるにいたる。

以来、ヲチに逆恨みを起こし、2018年に至るまでの5年間、ヲチスレを毎日監視。

自分はヲチスレで自演などしていない、別人だ、などとしつこく粘着を続けてきたが、
その過程でヲチに顔写真を押さえられ、自演も暴かれ続け、晒し者にされた挙句、
とうとう謝罪に追い込まれた→ http://www65.atwiki.jp/utagyaku/

2011年に女子大生を手錠で監禁する事件を引き起こし、
警察により逮捕されていたことが判明している。

>>25
>私こと先原直樹は自己の虚栄心を満たすため
>微笑みの盗作騒動を起こしてしまいました

>本当の作者様並びに関係者の方々にご迷惑をおかけしました事を
>深くお詫びいたします

>またヲチスレにて何年にも渡り自演活動をして参りました
>その際にスレ住人の方々にも多大なご迷惑をおかけした事を
>ここにお詫び申し上げます

>私はこの度の騒動のケジメとして今後一切創作活動をせず
>また掲示板への書き込みなどもしない事を宣言いたします

>これで全てが許されるとは思っていませんが、
>私にできる精一杯の謝罪でごさいます

http://i.imgur.com/VfG9mcK.jpg

>>25
>私が長年に渡り自演活動を続けたのは
>ひとえに自己肯定が強かった事が理由です

>別人のフリをしてもバレるはずがない
>なぜなら自分は優れているのだからと思っていた事が理由です

>これを改善するにはまず自分を見つめ直す事が必要です
>カウンセリングに通うなども視野に入れております

>またインターネットから遠ざかり、
>しっかりと自分の犯した罪と向き合っていく所存でございます

http://i.imgur.com/QWoZn87.jpg

>>25
ニコニコ大百科や涼宮ハルヒの微笑での炎上、またそれ以前の問題行為から、
2013年、パー速にヲチを立てられるに至ったゴンベッサであったが、
すでに1スレ目からヲチの存在を察知し、スレに常駐。
自演工作を繰り返していた。

しかし、ユカレンと呼ばれていた2003年からすでに自演の常習犯であり、
今回も自演をすることが分かりきっていたこと、
学習能力がなく、テンプレ化した自演を繰り返すしか能がないことなどから、
彼の自演は、やってる当人を除けば、ほとんどバレバレという有様であった。

その過程で、スレ内で執拗に別人だと騒いでいるのが間違いなく本人である事を
確定させてしまうという大失態も犯している。


ドキュメント・ゴンベッサ自演確定の日
http://archive.fo/BUNiO

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom