淡「私が本物だよ!」 (28)

淡「は?私が本物だから」

淡「ね、亦野先輩」

淡「何言ってるの?亦野先輩ならちゃんと私が本物だって分かるもんね」

誠子「分からない」

誠子「というかなんで淡が二人いるんだ?」

淡「えー」
淡「えー」

誠子「えー、じゃなくてだな……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1520862301

淡「気付いたら増えてたんだから仕方ないよね」

淡「作者の手癖のせいみたいな?」

誠子「何言ってるんだ……」

誠子「というか両方とも淡だと区別出来ないな」

誠子「とりあえずこっちが貧でそっちが巨な」

貧「いやいやいや」

巨「それだと私要素無いでしょ!」

誠子「じゃあ淡(貧)と淡(巨)」

淡(貧)「しょうがないですねぇ」

淡(巨)「認めてあげますよ」

誠子「偉そうだなおい」

淡(貧)「ところで、先輩なら私が本物だって言ってくれますよね?」

淡(巨)「待って!最近出てるのは私の方なんですけと?」

誠子「確かに最近は胸が大きくなってた」

淡(巨)「でしょー?私が本物で間違いないよね!」

淡(貧)「いやいや阿知賀と日和はどう考えても私でしょ!」

淡(巨)「じゃあ本編のは自分じゃないって認めるんだ?」

淡(巨)「まあ外伝出すならシノハユと怜にも出ないとねえ」

誠子「その2つに出てきたら色々駄目だろ」

淡(巨)「大丈夫!もし出てきたらただのテコ入れだから!」

誠子「自信満々で言うことじゃないだろ……」

淡(貧)「はあ、これだから偽物は」

淡(巨)「え?」

淡(貧)「わざわざ外伝に出るくらいなら"淡-AWAI-"を始めるよ!」

誠子「お前が決めることじゃないだろ」

淡(巨)「確かに!怜なんてやってないで私の外伝をやるべきだよね」

誠子「おい怒られるぞ!」

淡(貧)「あの漫画酷いしそれがいいよね」

誠子「お前もか!」

淡(貧)「凶星とかなんなの?私以外のキャラが星を使うな!」

淡(巨)「分かる、だからアンケートにいつもやめるように書いてる」

淡(巨)「星ネタをやめるまで私は諦めない」

淡(貧)「私も私も」

誠子「お前達がどうなっても私は知らないからな」

誠子「というか二人ともアンケート出してるって事は普段から二人いたって事か?」

淡(貧)「深く考えちゃダメ」

淡(巨)「本編とは無関係なんだからなんでもいいでしょ」

誠子「雑だ……」

誠子「ん?それならもうローテーションで良いよな」

淡(貧)「そっちの方が雑!」

淡(巨)「偽物に譲る気無いから!」

淡(貧)「それよりも早く私が本物だって認めてよ」

淡(貧)「ほっぺムニムニしても良いから」

淡(巨)「なっ!私なら胸もムニムニして良いですよ」

淡(貧)「ちょっ」

淡(巨)「ふふん」

淡(貧)「ふん、亦野先輩がそんな垂れたのムニムニするわけないじゃん」

淡(巨)「垂れてないし!」

淡(まあ亦野先輩はあんたの胸なんか必要無いけどね)

淡(巨)「自分が胸無いからって僻み過ぎ」

淡(貧)「分かんないかなー、亦野先輩にはたかみーがいるんだよ?」

淡(巨)「えっ、二人ってそういう……」

淡(貧)「偽物は知らないよねー」

淡(貧)「ちなみに菫先輩とテルーも出来てるから」

淡(巨)「えーーー!!」

誠子「どこから突っ込めばいいんだ……」

淡(巨)「でもそしたらさ」

淡(貧)「ん?」

淡(巨)「私1人余るじゃん」

淡(貧)「あ……」

淡(貧)「ハブじゃん!私だけ余るじゃん!」

淡(巨)「亦野先輩酷い!」

淡(貧)「捨てないで!」

淡(巨)「1人にしないで!」

淡(貧)「うえーん」

誠子「なんだこれ……」

照「亦野、なんの用?」

誠子「やっと来ましたね」

淡(貧)「テルー!」

淡(巨)「いつの間に呼んだの?」

照「淡がふたrプリン!」

淡(貧)「ちょっ!」

淡(巨)「私達よりプリンなの!?」

誠子「このプリンは私の質問に答えてくれたら差し上げます」

照「分かった」

誠子「この二人ってどっちが本物なんですか?」

照「ちょっと待って」

照「……」ギロッ

淡(貧)(巨)「ひっ……」

誠子「どっちが本物ですか?」

照「……」

照「ノーコメント」

誠子「え?」

照「答えたからプリンは貰って行く」

淡(貧)「今のって答えてないんじゃ……」

誠子「宮永先輩もノーコメントだしどっちが本物良いんじゃないか」

淡(巨)「駄目!偽物がのさばる!」

淡(貧)「偽物のくせに何言ってるの」

淡(巨)「偽物はそっちでしょ!」

淡(貧)「そっち!」

誠子「ほら、こうやって決まらないんだからもう良いだろ」

淡(貧)「他にもアテがあるもん」

誠子「えっ?」

真佑子(来年こそは白糸台に勝ってみせる)

真佑子(もうあんな醜態を晒したりしない)

淡(貧)「多~治~比さ~ん」

淡(巨)「遊びましょ」

真佑子「へ?お、大星ぃ!?」

真佑子「嫌ぁあああぁああーーーーーーーーー!!!」

誠子「なんか凄い顔して逃げてったぞ」

淡(貧)「あれれー?」

誠子「無駄足だったな」

淡(巨)「そして部室まで来たわけだけども」

淡(貧)「部活する?」

誠子「そうだな、麻雀でどっちが本物か決めろよ」

淡(巨)「良いね」

淡(貧)「絶対に負けないから!」

照「やっぱり淡は

淡(貧)「待って!」

淡(巨)「テルーが中で何か言ってる」

菫「淡は……なんなんだ?」

照「うん、さっき淡が二人いた」

菫「は?」

照「どっちが本物か聞かれたんだけど」

菫「説明してくれないんだな」

照「私より胸が大きい淡は偽物」

菫「ん?」

淡(巨)「ちょっとテルー!」

淡(貧)「それじゃ私が」

淡(巨)「偽物になっちゃうでしょ!」

淡(巨)「え?」

淡(貧)「何?テルーの胸の小ささ知らないの?」

淡(巨)「それは知ってるけど、これよりは大きいでしょ」ツンツン

淡(貧)「ちょっと!やめてよ」

菫「本当に二人いる……」

照「……」

淡(貧)「でもやっぱりテルーの方が私より大きいかな」

淡(貧)(これで私が本物)

照「淡、私の目は誤魔化せない」

照「淡の胸は私のより0.8cm大きい」

淡(巨)「それってほとんど同じじゃん」

淡(貧)「嘘!私もっと大きいよ!」

淡(貧)「あっ」

照「この部に大星淡なんて人はいない」

淡(巨)「ガーン」

淡(貧)「そんなあー」

淡(巨)「テルー酷い」

淡(貧)「冗談だよね?私ここの子だよね?」

照「……」プイッ

淡(巨)「ああっ」

淡(貧)「ううぅ……」

淡(巨)「そうだ、お菓子!」

淡(貧)「亦野先輩、お菓子買って来て!」

誠子「自分で行けよ」

誠子「ていうかお前ら仲良いし、もうどっちが本物とかどうでもいいだろ」

淡(巨)「良くない!」

淡(貧)「そうだよ!」

淡(巨)「それよりもお菓子、早く!」

照「大丈夫」

淡(貧)「え?」

照「麻雀部とはもう他人だけど亦野が面倒を見てくれる」

誠子「ええっ!?」

照「見るよね?」ギロッ

誠子「……」

その後

ガチャ

淡(貧)(巨)「おかえり~」

誠子「ただいま、じゃなくてなんでいつも私の部屋にいるんだよ」

淡(貧)「いつもじゃないよ、交代で学校行ってるし」

誠子「そうじゃなくて自分の部屋にいろよ」

淡(巨)「えー、せっかく合鍵作ったのにー」

誠子「やっぱり合鍵か……あれ?お前胸大きくなってないか?」

淡(巨)「あー、それはねー」

淡「お邪魔しまーす」ガチャ

淡(貧)「学校お疲れ-」

誠子「えっ、増えてる!?」

淡(貧)「私達の中間の(胸のサイズが)」

淡(巨)「淡(中)だよ」

淡(中)「これからは3人ですけど、これからもよろしくお願いします」

誠子「なん……だと……」

カン

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom