凛「女子中学生のお汁にたっぷり浸した七割蕎麦を盛大にすすりたい」 (37)

・モバマスSSです
・ギャグ成分強め
・キャラ崩壊あり

苦手な方はお控えください

それではよろしくお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1516519385

凛「って思うこと、あるよね」

卯月「....?」

凛「あ、あの、凛ちゃん?」

凛「卯月はさ、いつ見ても頑張ってるけど」

凛「その源って何?」

卯月「えぇっ!?源、ですか....」

卯月「そうですね....」

卯月「....」

卯月「やっぱり、ファンの皆さんの笑顔、かもしれません!」

凛「へぇ」

卯月「練習は大変です」

卯月「ありがたいことに仕事も増えてきて最近は休む間もありません」

卯月「でも、ファンの皆さんの顔を思い出すと」

卯月「もっともっと頑張ろうって!」

卯月「そう思えるんです」

凛「なるほどね」

凛「やっぱり卯月は凄いよ」

卯月「そんな!凛ちゃんだって頑張ってるじゃないですか!」

凛「....ううん」

凛「私は卯月みたいにはなれないよ」

凛「そんな私が愛飲しているドリンクがこれ!」

凛「『女子中学生のお汁』!!!」バーーーーーン!!!

卯月「えぇっ!?」

卯月「さっきまでのシリアスな雰囲気はどこに!?」

凛「さぁ~皆さんご覧ください!」

卯月「通販番組のレギュラーでも狙ってるんですか!?」

凛「ま、冗談はさておき」

凛「このドリンク、すっごい効くんだよね」

卯月「それはドリンクって言うんですか....?」

凛「うちの事務所でドリンクと言えばプロデューサーがいつも飲んでるアレだけど」

卯月「ちひろさんがどこからか仕入れてくるアレですか」

凛「これも実はちひろさんが用意してくれてるんだよね」

卯月「ちひろさん、そんなことまで....」

凛「これ、誰にも言ってなかったんだけど」

凛「私一回、大事なライブの前に倒れちゃったことがあってさ」

卯月「そんなことがあったんですか?」

凛「うん、心配かけちゃいけないからみんなには黙ってたけど」

卯月「凛ちゃん....」

凛「その時、私は覚えてないんだけど」

凛「高熱でうなされてる時言ったらしいんだ」

凛「『女子中学生のお汁が飲みたい』って」

卯月「凛ちゃんの深層心理が大変なことに!?」

凛「で、その時傍に偶然ちひろさんがいて」

凛「結果完成したのがこれってわけ」

卯月「なんで病人のうわごとを実現しちゃったんですか....」

凛「急遽用意されたそれを飲んだ私は」

凛「無事ライブに間に合い」

凛「その後3日3晩不眠不休で働き続けたんだ」

卯月「労基法的に大丈夫なんですか!?」

卯月「というかさっきから気になってたんですけど」

卯月「その、お汁って具体的になんなんでしょうか....?」

卯月「高熱にうなされてた凛ちゃんが一瞬で回復したり」

卯月「病み上がりなのにその後働き続けたり」

卯月「何かとんでもない成分が入ってるんじゃ....」

凛「いや、たぶん入ってないと思うよ」

卯月「どうしてですか?」

凛「私が女子中学生のこと異常に好きだから効いてるだけだよ」

卯月「よく真顔で言えますね....」

凛「プラシーボ効果って知ってるでしょ」

卯月「薬でもなんでもないものでも薬と思い込んで飲めば効果が表れるっていう」

凛「そうそう」

凛「試しに飲んでみる?」

卯月「い、いえ、遠慮します....」

凛「意外と効くかも」

卯月「効いたら効いたで私、女子中学生狂い認定されますよね!?」

凛「いいんじゃない?自分に正直になれば」

卯月「私は違いますから!」

凛「最後のキスはタバコの flavor がしたっていうけど」

凛「このお汁にもたくさんのflavorがあるんだ」

卯月「名曲を変なたとえに使わないでください....」

凛「まずは一番普通のプレーン」

卯月「何味なんですか」

凛「これは女子中学生のお汁と聞けば誰もがイメージするあの味」

凛「女子中学生のお風呂の残り湯味」

卯月「そちらの界隈では常識なんですか!?」

卯月「女子中学生の残り湯味ってことは」

卯月「それをイメージした味なんですね」

卯月「(食品や飲み物の味を作る人って大変そうです....)」

卯月「(これの場合は女子中学生の残り湯を何度も飲んで)」

卯月「(色々な調味料等を使って様々な試行錯誤を繰り返しながら)」

卯月「(それに近い味を模索していったんでしょうか....)」

凛「いやこれ残り湯そのものだから」

卯月「今度は食品衛生法が犯されてますよ!?」

凛「煮沸消毒してるから大丈夫」

卯月「そういう問題ですか....?」

凛「まあ私はこれを飲んでお腹壊しても本望だけどね」

卯月「えぇ....」

凛「ある意味女子中学生の分泌物を体に取り込んだことの証明みたいなものだし」

卯月「私、凛ちゃんがどんどん遠くへ行ってしまっている気分です....」

凛「卯月、そんなことないよ」

凛「私はいつでも一緒だから」

凛「さ、2人の永遠の友情に乾杯しよ」

卯月「美しいワイングラスにお汁を注がないでください!」

卯月「ちなみに、あんまり聞きたくはないんですけどお味は....?」

凛「なんだ、実は興味津々じゃん」

卯月「怖いものみたさで一応....」

凛「うーん、味の説明は難しいんだけど」

凛「口当たりは滑らか」

凛「入れた瞬間鼻をスッと抜ける爽やかな汗の香り」

凛「舌の上を転がすとほのかな酸味と塩味がフワっと広がっていく」

凛「稀に入ってる固形物が当たると得した気分になるかな」

卯月「おぇ....」

卯月「生々しすぎますよ凛ちゃん....」

凛「そう?」

卯月「その才能は是非グルメ番組かなにかで活かして下さい....」

卯月「最初の味がこれってことは....」

凛「面白いのはこれからだよ!」

凛「卯月は着いてこられる?」

卯月「....先が思いやられます」

凛「次の味は一番初心者向けかも」

卯月「よかった、ということはあまり刺激の強くないものなんですね」

凛「女子中学生がシャンプー前に髪を洗った後のお湯味だよ」

卯月「初心者....向け....?」

卯月「凛ちゃんと私とでは初心者という言葉の意味が違うんでしょうか....」

凛「これが初心者向けの理由は2つある」

卯月「正直2つともあまり聞きたくないような....」

凛「まず、すべての味の中で最も香りが良い」

凛「女子中学生と言ってもみんな1人の女の子」

凛「いい香りのシャンプーやトリートメントを使ってるから」

凛「蓋を開けた瞬間からあたりにフローラルな香りが広がるんだ」

卯月「なるほど~、それは確かにいいかもしれません!」

卯月「(あくまでさっきのものと比べればですが)」

凛「でもそこは1日生活した後の髪、そして頭皮」

凛「女子中学生の風味は華やかな香りに負けてない」

凛「飲みやすいけど魅力も損なわれていないからこそおすすめできるんだよね」

卯月「えぇ....私としては一気に魅力が失われたんですけど....」

凛「もう1つの理由、それは」

凛「髪という部位の特性上、固形物が含まれている確率がダントツで高いってこと」

卯月「まあ、長い髪を洗っていれば大抵何本かは抜けますよね」

凛「味だけじゃなくそういう小技も利いている」

凛「これぞ女子中学生お汁の入門書って感じだね」

卯月「一見キャッチーなようで実はおぞましいこと言ってます」

凛「次はどれにしようかな♪」

卯月「凛ちゃんのあんなに屈託のない笑顔、初めて....!」

凛「これにしよう」

凛「女子中学生の脇味」

卯月「おぉ....これはまたパンチの強そうな....」

凛「よくわかったね、これは脳にガツンとくるパンチ力が一番のウリだよ!」

卯月「だいたい想像ができました....」

凛「卯月もすっかり女子中学生のお汁マイスターだね」

卯月「変な肩書付与しないでください!」

凛「これはその名の通り」

凛「女子中学生の脇だよ」

卯月「もう何が何だか....」

凛「ファーストタッチは独特な香りだけど」

凛「注意深く嗅ぐと酸っぱさも紛れてる」

卯月「まあ、脇ですしね....」

凛「味は野性味あふれる刺激の強い味」

凛「雑味も強いけどその分溢れんばかりの魅力もある」

凛「初心者を卒業した人が選ぶことが多い味かも」

卯月「素人の私にはどう考えても玄人向けに思えるんですけど違うんですか?」

凛「うん、クセは強いけどその分味も強くて分かりやすいともいえるからね」

卯月「そういうものですか....」

凛「次はこれ」

凛「女子中学生の膝の裏味」

卯月「ひ、膝の裏ですか!?」

凛「ピンとこないかもしれないけど」

凛「意外と隠れファンが多いんだよね」

卯月「なんというか、業が深いです....」

凛「香り、味ともに今までのと比べるとそんなに強くない」

凛「この味を正確に感じ取るにはたくさんの経験の蓄積が必要なんだ」

卯月「そんなものを感じ取るために....」

凛「でも初めて本当の味を知った時の感動はひとしおで」

凛「その境地に辿り着いた人は皆恋をしてしまう」

凛「みたいな味」

卯月「えぇ....」

凛「これはかなり玄人向けかもしれないよ」

凛「でも、卯月ならきっと....」

卯月「なんで私に一縷の望みを賭けるみたいな顔で見つめてくるんですか!?」

卯月「飲みませんよ!?絶対飲みませんから!?」

凛「他にも色々味はあるけど」

凛「興味のない話延々聞かされても卯月が大変だろうし」

凛「最後にこれを紹介しなきゃ終われないって味だけ紹介しとくね」

卯月「そんなものがあるんですか?」

凛「うん、今から紹介するのは女子中学生のお汁界では超王道」

凛「初登場から現在までキングオブポップの名を欲しいままにしてる」

凛「お汁の中のコカコーラことこれ!」

卯月「この若干茶色がかった黄色の液体は....」

凛「そう、おしっ」

卯月「ああああ凛ちゃんその辺でストップ!ストップです!」

凛「卯月!?どうして?」

卯月「これはさすがにアウトです!」

卯月「いや今までのものでも十分アウトな気はしますが....」

卯月「これはダントツでアウトですっ!!!」

凛「そ、そうかな....」

凛「これが一番力出る気がするんだけど....」

卯月「Oh....」

卯月「あの、つかぬ事を聞きますけど」

卯月「これの加工はちひろさんですけど」

卯月「お汁自体はどこの誰が生産してるんですか?」

凛「ラベルに書いてあるよ?」

卯月「え~っと....」

卯月「私が生産しました:森久保乃々」

卯月「あ、やっぱりうちの事務所の皆さんなんですね....」

凛「じゃなきゃ飲まないでしょ」

卯月「それでも飲まないのが普通だと思います」

凛「たくさんの味とは別にうちの事務所の中学生全員分があるから」

凛「福利厚生の充実してるうちでもなかなか集まらないんだよね」

卯月「というと?」

凛「1日1本まではちひろさんに言えばもらえるけど」

凛「誰が出るかはランダムだから欲しいメンバーか欲しい味が出るまでちひろさんに売ってもらってるんだ」

卯月「えぇっ!?それ完全にあのシステムじゃないですか!?」

凛「課金した分は給料から天引きしてもらってるけど結構ギリギリなんだよね」

卯月「だから最近、労基法を完全に無視した無茶な働き方をしてたんですね!?」

凛「でもあれさえ飲めば多少無茶しても体は動くしむしろ好循環だよ」

卯月「どう考えても悪循環です!」

凛「で、でも私は....」

卯月「凛ちゃん、お汁が飲みたいのは分かりますが」

卯月「もっと自分の体を大切にして下さい....!」

凛「....」

卯月「凛ちゃんの趣味はわかりました、それに関してはとやかく言いません!」

卯月「でも、そのせいで凛ちゃんが体でも壊したらと思うと....」

卯月「私は力づくでも止めちゃうかもしれません!!!」

凛「卯月....」

卯月「お願いです凛ちゃん、どうか、どうか無理だけはやめてください....」

卯月「私っ、凛ちゃんが心配なんです....!」ウルウル

凛「....」

凛「....ごめん卯月」

凛「私間違ってた」

凛「これからは課金は無理のない範囲で」

凛「そして計画的にするよ」

凛「私のせいで卯月に心配はかけられないし」

卯月「り、凛ちゃん!」ギュッ

凛「卯月っ!!!」ギュッ

卯月「あ、あの凛ちゃん?」

凛「何?」

卯月「....」

卯月「もしどうしてもお汁が飲みたくなって」

卯月「でもお金がない、無理も出来ないって時があったら....」

卯月「....」

卯月「いざという時ですよ!」

卯月「もうどうしようもないって時は....」

卯月「....」

卯月「....私が」

卯月「そ、その!飲ませたいとかそういうことではなくて!」

卯月「凛ちゃんを止めたのは私だから責任を」

凛「あ、ごめん女子高生のは飲めないんだ」

卯月「....」

卯月「凛ちゃんのバカっ!!!!」

凛「卯月っ!!?!?!?」

卯月「もう勝手に仁奈ちゃんのお汁でも飲んでてください!」ダダダダ

凛「待って卯月っ!!!」

凛「仁奈は小学生だから無理だよ!!!」

~翌日~

卯月「こんにちは~」

凛「ずぞぞぞぞぞぞぞぞ」

凛「....」モグモグ

凛「あ、卯月....」

卯月「凛ちゃん....」

卯月「昨日はその、すみませんでした」ペコ

凛「ううん、私の方こそごめんね」

卯月「凛ちゃん....」

卯月「あ、それお昼御飯ですか?」

凛「え、うんそうだけど」

卯月「....」

卯月「その、仲直りのしるしに、」

卯月「あーんしてくれませんか///」

凛「えぇっ!?いいの!?」

卯月「は、はい、してほしいんです///」

凛「しょ、しょうがないな....///」

凛「....はい」スッ

卯月「あーーんっ」パクッ

卯月「うん、うん」モグモグ

卯月「これ、おいしいです!」

凛「あ、そう?これはいたって普通の七割蕎麦なんだけど」

凛「つゆの方に仕掛けがあってね」

卯月「へ~そうなんですか!」

卯月「確かにどこか懐かしい酸味とフワッと香る独特な香りが....」

卯月「あ゛っ....」

凛「これが昨日説明した女子中学生の脇味のオススメの食べ方なんだ」

卯月「」

凛「クセの強い味だけどその雑味が蕎麦と合ってるでしょ?」

凛「蕎麦はあえて七割蕎麦、こっちの方が....って卯月?」

卯月「オボロゲシャアアアアアアアッッッッ!!!!!!!!」

~数日後~

卯月「慣れたら意外とクセになりますねこれ」

凛「でしょ?」

卯月「あ、そういえば昨日家で試してみたんですけど」

卯月「卵かけご飯にこれかけるとかなりイケました!」

凛「そうなの?私も試してみようかな....」

卯月「是非!」

卯月「私にこの道を教えてくれた凛ちゃんならきっと気に入ると思いますよ!」

凛「わかった、試してみる」

凛「あ、そういえばちひろさんが新味のサンプルくれたよ」

卯月「えぇ~っと....」

卯月「女子中学生が1日履いた靴下味?」

卯月「これは....」

卯月「非常に興味深いです!!!」

凛「でしょ!!!」

卯月「こうなったら早速実食ですね!」

卯月「私、蕎麦茹でてきます!」

凛「何割の?」

卯月「もちろん七割です!」ニコッ

凛「よくできました」ニコッ

卯月「えへへ....」

卯月「あぁ~早く」

卯月「女子中学生のお汁にたっぷり浸した七割蕎麦を盛大にすすりたいです!」

【完】

最後までお付き合いいただきありがとうございました
私の伝えたいことを余すことなく書ききれたと思います

このSSが読者の方の人生の糧に少しでもなれば幸いです

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom