セイバー「今日もアヴァロンで独り…ゴホッ…風邪をひいて寝込んでます……ゲホッ」 (1000)



               _  -―- 、
       _ -―‐-ミ、斗  '"´ ̄ ̄¨>ミ、
        ´  _,二ニァ               、\
    /  /  /     |, , 、 i 、   \ ヽ
     i. /   〃      |:l ! .ヘ. l ヘ. 、\∨ヘ
     | |   /  /  ,ヘ  | ! ヘ ∨、 ヘ \ヘ ハ
    し′  {'_|  i ! | .「ヘ 弋「>-¬ミ、 j , l  ううあ……頭がガンガンします……
             {, 弋,ゝ\」 `´ `,ィ(::::).ハ  l l
          ト、 「<(:::)ヽ   ` 一'  .|  ! |
              | ヽハ `ー"         |  | ト、  ゴホッ
              ∨ハハ、    _ ,     /|  ! |/       ゴホッ
             |  ! .「丶、  ,-‐¬ / ゙|  ./`ヽ
       __   |  | .| <,≧: 二´イ,ト、 .|  /`-′
   ._,.z≦三三>ミ、__し厶升三≧,ィ'三三] レ'      _
. ,.-≦三三三三三≧ミ三三三三∧三三ニゝ、 ,.-=ニ三三ニ- 、

〈三三三三三三三ミ三三三ニ=彳 `ヾ三三≧/三三三三三三ヽ
..Ⅵ三三三三三三ミ三三才´        `ヾ三:{三三三三三三三}-、
 Ⅵ三三三三三三ミ才´          ヾミ三三三三三三三///

  Ⅵ三三三三三イ´___              ヘミ三三三三三ニ///
  Ⅵ三三三三/ ̄     ̄`O  ¬―-- 、ヘ、三三三三才//





        /  ̄ \

.        /
       /
        |       _____
   __ |   ー  ̄            ̄ \
./    二 \.               \
′ ,/                        \
 /      /    /    |           ヽ\
/       /    |    |   |        |  ヽ
       |    | / |   | ` ー | __」__ ∧

     `ー┼―― ' 「    \   \   ヽ   |   ∧
ヽ=- |   |       ヽ.      \       /    |
   |   | ―― 二==ニ三    三三ニニ=     |    アヴァロン
   |   | ニ三三三二==      ニ三三三三.    |    私の鞘は一体なにをしているのですか
   |   |  ||||             |   |   |
   |   |  ||||             |   | | |    風邪菌の治癒できてないじゃないですか
   |   |           ___      |   | | |
   |  ∧       /     ]!     |   ハ | |    効いてよね、早めのアヴァロン
   |  / .|.\     ´ ̄ ̄ ̄ ̄    /|  ハ||リ
   | ./|| | | ‐-   ____   イ \.| ∧ |リ
   |/. |川川川 . / ::::::|\ /|:::::::::: \川|ハ| 川

               /::/ ̄|ヾ |ソ | ̄ヽ:::::::::|
           /::::I =\/=  I:::::::i'
             /= \ノ  い\ /=7




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487778828




    ヘ .:--=--- ..
  ノ゙ / ヽ      \

  ~ ./ ../   l    ヾ .\            ┌─────────────────┐
  / l j  ソ j ハ ヽ  ヽヽ.j           │  人間、病気になると弱気になる   ....│
  レi| j ノ'ノ ソ ヘトtヾ、ヽi | j           └─────────────────┘

   .トvフソノ=   \ヾ.=}f| .レ   うう……
  ノ| .|j仆li.i}`    {ミii.冫| .|)
   Vてノ~   '   ぺ}i l    シロウ
   | t   ⊂⊃  .ノ.| |   私の鞘のおかゆが食べたいです……

   i .| >;;;;,,,.  ..,,,;;ヘ | i
   ヘ |└ノ;;ソ:.].[:.\;トツ レ
.    `./:.:.:,__:.:.\
     l .:.:.:.:/   ヘ:.:.:. l









                    _ _
              _  ケ´ヽ    ` .
           ,  ´ /ハ〉    _   /` .
        , -, ′  /ハ〉´  / _    /`,
      .  _   _ {ハk〉  / /       /  :
     /イ´ l_/ / 〉ハ〉  / / ヘ ヘ    イ
    / / l  |―<  ヘハ 〉.  /    \.\  /,
   .| .レ |  l_   ̄  ,ヘ、ヘ、      _>イイ
    l ルイ  |  /   /  ヘ_ハヘ_へ、 / / / /   嘆いても仕方ない……
    ヽ. ,|  L/  /  / 下< >{;;;;}〈kK_ノ
.      ル| :/ ヽ、/     / | |lハ  ハ l  ̄/    栄養をとって温かくしなければ
.      | {〈  l             `ミ,_  _  _
.       l : ヘ、 ヘ,_´  /  l | l   /ヌマ ̄   ̄
.       | :  ハ`   `<    / |∧ //lミ,     私だってそれぐらいは一人でもできますからね
       l :  lト       彡ミ/ル′ハハ/   |メ
       | :  |.ヽ   / /:::::::::::::::::::::l
       ルルヘ ヽ. _ イ:::::::l:::::::::::::::::::::';_

               /:::::::>-―     ̄  ̄ |     ┏────────────────────────┐
          _ -―  ̄ ´          : : :: l     │  アルトリアさんじゅうごさい、妖精郷にひとりぐらし  ......│
          l                 : : ::'.    └────────────────────────┛
          /                  _',ー-  __
         セュ_    _ >-―  ´  ̄

          ̄


















       ,. =ミ、_, -- 、 ,. - 、._

      〃 /              ` 、
     / / /     i           ヽ
       /   / /    |  i !      ハ
     /   / /  /  | !  ! ハ i  /   ト、
     |  | | / !ヘN |  !/_ Vj,.イ /   ! |    ……おかしい
     |  | ト、ヒニニヽト、/`,. -―jイナィ   !
     ヽ  |ヽ! ,xィ示ミ、    ィf示ミx. |  |ヽ   おかゆは鍋にお米を入れて火をつけるだけと
       |\| |《 辷rソ   'j''  ゞニ' 》 !   ! /
        ヽ!  |             |  |ヽ   シロウが言っていたのに……炭と鍋に穴が空いてしまった
      〈|   |      ,. - 、       !  レ'
        |   人             人  |
        |   ! ヽ          イ j/!   |          .┌────────────────┐
        |   トV   >   <  | | |  /!          │  そりゃ(水を入れなきゃ)そうよ   │
       !  // /__} /     {_L_| ./┘         └────────────────┘
        ヽ/ `7 `<_、_  __/ ' ヽ!/ー――‐┐
    /`ー――‐く       rV    /     /ヽ
   /         ヽ  _/  ヽヽ/      /   ハ









           ,ィ'
         /{′
      _{ {,. -─‐-_、_      やはり風邪で朦朧とした頭で料理は無謀でしたね

    ∠-,rー    ,r',rー‐、'、

     / / ,.    j {   ゙}i                     ※そういう次元ではない
     ゝ/,/ ,イ   ,ス ヽ__ノ;
シャリシャリ 'イ ト、  '/'>、-ュキ=ゝ、    ここは妖精郷に溢れている林檎で乾きをしのぎましょう
      {  ,!ノ,. -'´  </~!|」:i__\
   _,. -',.-イ´     ,r:';ニ-‐=‐::`ヽ、   ジャガイモナミニタベアキマシタガ
  (_r'' ´(_|__    //:::::::::::::::::::::::::::::\
   `      `ーク::::::::::;r‐-、;:::::::::::;/`ヽ、

            `ー-(   ヽ─'`ー─ '
                `ー-‐′






                                   . -‐… …‐-、-_、_

                              . -‐ァ ´          \ _}_
                 .            / /            \ 丶 、>
                           〃 / ,   /i{    \ 丶  |  〉、 >
                           {{  . /  // 八      } i |  |_彡}、\
                             i /  // {{   \\ } i |  |  / ト ノ
                             |八  i:i{\_,  、_/}/^Ⅵ  |/ /} 〉
                 .             {  ヽ从 f笊   f芹i「}iハ|  |^V厶′
                                |圦 ヒリ     Vリノ |  | }}__
                                |i :f⊃ 、    ⊂⊃ |  レく:::::::\
                                |i :八           |  | ∧:::::::::\
                                |i/: :i{\  ^   /| l 厂/\::::::::::::>
 もはやシロウが欲しいなどと贅沢はいわない    |ハ.:i{   >ー=彡ハ, | |//: : : : :\xく
                                {  ヾ /: : : : : : 「 ̄|/: : : : : :/: : :\}
 アニウエ                              八: : : : } :「 ̄′: :/:/: : : :-‐=ミx

 ケイ卿でいいから看病してほしい。以前のように     |: : ヽ: :/: :}: : : : : : : : |:/: : : : : : : :.
                                   |: : : :V: : : : : : : : : : : j′: : : : : : : : i
                                   ; : : : }: : : : : : : : : : : {/: : : : : : : : : |
                                  /: : : : {: : : : : : : : : : : : V〉.: : : : : : : :|
                                  {: : : : 八: : : : : : : : : : : : }.: : : : : : : : |

   ┌────────────────┐     /: :ー彡: :ヽ: /: : : : : : : : /: : : : : : : : : |
   │  アルトリアさんじゅうごさい      .│     |: : : :\: : :レ: : : : : : : : : :}_: : : : : : : :/:|
   │  病気じゃなくても独り言は多い    .│     _ノ: : : : : : : :( :-=ミ: : : : : /⌒: : : : :/.: :|
   └────────────────┘    }: : : : : : : : :人: : : : \:/.: : : : : : : : : : :ノ
                                }: : : : : : : :(: : : `: :_:_彡: : : : : : : : : : : :イ{







                     /⌒\

         _「~ …         /     )
           r/         /  ヘ
       〈 /    /  /    へ  ヽ〉
          Y /  , '  /           ヽ
        〈 ,' | /  /  ィ       i  i!  ハ
.       { .| '   ///l     /_斗l i i  i}   一人ぐらい円卓の騎士が御見舞にきても良いのでは?
        ' .| | / // '゙ヘ;  ;イ/レ|.リノ   i!
        .,.l l/ 〒〒7  ヽ;イ '〒〒 /  //    彼らの忠義とは一体……
         トlヽ:ヽ ゝノ    l   ゝノ ノノ ノ '
          ゙ .| `ヽ             ノ|  |
          |   、          /|  |
           ,   ト\  ⊂⊃  . イ i  j
           ,  | /::i> __ <l::ヽ j ノ             ┏───────────────────┐
           、.|/:/ゝ __,,,,__ ノハ::::ノノ              .│  他の英霊はみんな座にいってるので  ......│

            Y、,゙=--; ;-=":ヽ:::」               │  彼女だけぼっちなのである          │
           _ /:::l:::::::| |:::::::|:::ト ..、_               └───────────────────┛
    / ”:::::  ̄ ̄ ":::::::::__,,, 人 ,,,__::::::::::::::: ̄ ̄":::::~ \



                                       | i  i i i   |   |   |{     }i 、    .|\    i
                                       | l  l l l   |  i|   l:l      |:| l\   |::::::\  |
    いえ……彼らが私の臣下であったのは生前の話      | |  l | |  |i  ||   |:|    |::l |:::::\ l:::::::::::ト、 |
                                       | li  l | l   l:l   || rヘl::| i|   |:::l. |::_,斗十'¨ ̄厂}`|
    死後も彼らの王たらんとするのは傲慢でしたね       |从 | l i |  |::| i{ |ト、{::::l:::|.||   |::TT_彡ャ‐===ャ==ァ |
                                      _|'__| i| | | |x士仕辻仕土ヽ从.  |:::}ノ`汽 又__ノ /| l | i
    それに御見舞にきて風邪をうつしても         ∠三l三l ll 从j 从汽¨又__〉,ゝ ::\ | :::: ′::¨¨ ̄ ̄::::::::l l | |
    申し訳ないですし……ええ……            ∠三三三_N|Ⅵ }∧.|\`  ¨¨´___ ::|\`/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::l.| | |
                               ..  ∠三三三/ /| | | {′N  \::::::\__/ |            \l.| | |
                                ∠三三三ヲ/ ∧| | |    |     \ ::::::::::: }              }| | |i
┌─────────────────┐    ,往三三三三} }ミ|i| |   |      \ :::::: `::ヽ ______    /|| | l.|
│  弱気と強気をいったりきたりする    .│    l三三三三三| |ミ|j| |   |       >、:::::::::: `ー= ̄   / 从 | | |
│  病人メンドくせぇ            ....│    l三三三三三| |ミl | |i  │ i       |三≧. 、 ::::::::く   /.三| }| l l
└─────────────────┘    l三三三三三| |ミl | ||  │ |     从三三三三>、}_/三三ノ/|| | |
                                寸三三三三三三| | ||  │ |       {{ミ厂 ̄\三三三三三/ ̄ノ| | |






                -===- 、
             /        \
           /_。s≦ ̄ ̄ ̄≫ミ≧s。_

         //      /  _ -=ニ⌒\
         / /      /`ー       ', V
≧s。,_      / /       {          }  V
 ̄   \       _,,,,、   {_Ⅹr==ミx,,__   }  .}
―      「 ]^~ ̄ ̄    `、 L__ ⌒`≪三ニ===/   卿がソレを言うか
.      / /    ≧s。__  \ケ\__  `-===ア 
    / /-、__|  ./ ハ}     \/  \  / /
   ,ィ_八_,___/  / .| ||/V  }「⌒   }「 ̄    
  // 「   Y|  l   | |   V/     彡      
. // 八   {j   l   V   {  。,イ\`ヽ、     松岡、雑過ぎだろ……
/レ   \  |  |u     〉    
      >|/i .| | r っ  /   -‐――――――――――‐---- 、..,,_
     /   .Y ^ ̄ ̄                              ~`'ー-、_
   /       V    ,  ,ゝイ____                            `ヽ
  /     {\ \_/,'i/ /'´   /ー、                        _,,-'"l
. {     ⌒ヽ, / i i  ,' ,  /イ  `ヽ、___________,,,,,,, --'''"_,,-'"

 ,ゝ‐、'⌒ヽ.   i!V.: ! ゛  /  ,ヘ ―= 、゙>__________ ,--'''"
⌒ヽ     ゙、 ヾj!i ,,、メ、_、,ゝ'w'´ ヽ. ,=- トゝ_____ |   | |    | _______
 ̄.  :.  . : .) ヘ.:、/         、"´   .i ̄|ii|ii| ̄ ̄ ̄ ̄..|   | |    |.  ̄\ 、 ̄ ̄ ̄ ̄
彡 .彡/. ノー、ヘ.:| _,ィ  ‐=-、_,ヽ.:  ;!...|ii|ii|彡 彡 彡` ̄´ノ|    | 彡.\\\ミ ミ ミ ミ

..,,...ー.、  ´   )ヘi´ ̄         ∨-‐i ミ|ii|ii| 彡 彡 彡 .彡 |    | 彡 彡\\\ミ ミ ミ
彡'/ )    ) ,',! __,  =====  /´. !ミ . |ii|ii|彡 彡 彡 彡 ,`ー一´ノ 彡 彡\\\ミ ミ ミ

/ホ ノ    '⌒!ハ. ̄ ̄        ,__ 丿ミ.|ii|ii| 彡 彡 彡 彡 彡 彡 彡 彡 彡\\\ミ ミ
  カ .ハ    ):. `゙i 、   、___  ,イ
    丿  . : .   ゝi、.__ー‐'´ィ=iメ-、__
 ,' ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ホ`v  ,イ7匚|」_/;;/::;':'ヽ.

./ ┌―┐  i | カ _,ゝ'::::i/;;|三メ;;;;;i:i、::::::::.ヽ

  └―┘.   i lr'ニ´、:::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lヾ:::::::::::.゙、         ┏──────────────────────┐
   _      i l´i^i´i、'´ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽiヽ、::::_,.メ、        │  その頃、座の円卓の騎士(エミヤ邸居候)は   ..│
  /   \   | |‐'ト'‐ノ゙-'´ ̄`゚。'⌒ヽ。;;7_/.:::::::::ノ        │  みんなで鉄腕DASHを視ていた          .....│
  | ◯   |  ! !`´゙¨´`ヽ。 。゚γ゚。ω゚ゝ,-、゙ヽ;::/        .└──────────────────────┛
  \_ /  // `ヽ ) |;;゙ー又τ。゚cノノ、ノ,ィ!'´
、__ ____ , /_____/;;;;;;;;;`ヽ、ー'´ノゝ-''´                        ※ TOKIOは英霊

メ二二二=-――――‐' ゙i;;;;;;;;;;;;;;;;;;`≠';;;;;|
――――――――┐ . |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l






      ,. -  ──   --  .
       !                \
.     i               〉   ┏─────────────────────────────┐
       |              /    │  座ではステッキのあれやこれやのせいで何故かいるイリヤや    │
       |__ _ ___,._ __ __    i     .│  まだ聖杯戦争にも召喚されてない英雄も含め、沢山いて      .│
      | i |~´´ | l li l l l``!'      │  ワイワイ楽しくやってます。偶に殺ってます              ...│
       i l ´| ̄ ` | i il‐r-!、i  |     .└─────────────────────────────┛
     // ==== レレ' レ___レ1  i
     // /    ,、____  ̄``|.  l
.    // /\  /    !   ハ i   そのそろ屋根裏に住み着いているペットボトラーと化したセミラミス追い出そう?
   // /  /\ゝ.___ノ ,.イi  l i
.  // /  /^ー{__ ̄_ |___j ! ji i

  // / / ヽ /   i´  ヽl i ハ
. i/ / /`ー‐/   / |∠__/V  i}




┏────────────────────────────┐
│  でもアルトリアさんじゅうごさいだけはアヴァロンにいるので   ..│
│  出番もここだけです(暫定)                      ..│
└────────────────────────────┛


                       -――――――- 、;

                  ;>' ´    _  -―――――-ヽ;
                   ;/  > '" ´               \;
                  ;/ , ' ´ ',                  \;
                   ;/ .,'    ',            . -―‐- .. ヘ;
                  ;/  ,'     ',       >, -‐/          `ヾ、;
                ;/   ,'      ',   / / ̄`!               }_`ヽ;      林檎が……腐ってました……
          ;/    ,'         ',  /   |,'⌒゙'、            / 、` ! ヽ;
          ;',      ,'    ∪   ! /    、 '⌒ヾ、         _,/ 、 `,-、 ヘ;   誰か……
            .,;ヘ.     !         /    /   '´ `丶、__ -‐    `.,'   '., ',;          あ、私しか居ないんだった……
            ;/ /,'ヽ   !       /.!    /     ヽ        _ ,ノ ヽ   '., !、;
          ;/ .,'.,'   \!        /:: !   !      ,' `、__,,.. -‐、 ´ .,    ヘ   ! ',;
        ;i  !_{     i      /;;;; l          i  !      !   ',    ',  .! i;
        ;ヘ-‐'ゝ‐--'l       /   !           ! l      .!   .!      ! .!;
      ニ二三三三三三ヘ      ./,! i,    ∪     !     l    !       ,'  .!;
      ─二三三三三`_‐-‐_'_´ニ/   !                          ∪ /  .!;   ┏───────────────────┐
           ニ二二三三三三三/   i                         ,.'   /;   │  頑張れアルトリアさんじゅうごさい!    .│
           ニ二二三三三三{    ',ヽ                     -.∠ `_- ';    │  女盛りはこれからだ!           ....│
            二二三三三三三三ゝ‐---ヽ `  .              , 'ー-  . _  `ヽ;   └───────────────────┛
                                `  ー--------‐ ' ´      )   };
                                         _  -― ´_ . イ;
                                              ̄ ̄ ̄ ̄;


【だいたいこんなスレ。SSとかAAとか。偶に教えて世界の英雄とかやったりする。偉大なる血斧王バンザイ(ノルマ)】










<初代スレ>
セイバー「今日もアヴァロンに独りぼっちだ……」
セイバー「今日もアヴァロンに独りぼっちだ……」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1338656506/)

<二代目スレ>
セイバー「今日もアヴァロンで独りジェンガだ……」
セイバー「今日もアヴァロンで独りジェンガだ……」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410275126/)

<三代目スレ>
セイバー「今日もアヴァロンで独り寝たフリだ……」
セイバー「今日もアヴァロンで独り寝たフリだ……」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445185310/)

<四代目スレ>
セイバー「今日もアヴァロンで独りメールがきたフリだ……」
セイバー「今日もアヴァロンで独りメールがきたフリだ……」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453408854/)

<五代目スレ>
セイバー「今日もアヴァロンで独り◯×ゲームだ……」
セイバー「今日もアヴァロンで独り◯×ゲームだ……」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467516879/)

<六代目スレ>
セイバー「今日もアヴァロンで独りプレゼント交換だ……」
セイバー「今日もアヴァロンで独りプレゼント交換だ……」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479736095/)




■ホットケーキあるいはパンケーキ

モード「その日、ウチに遊びに来たアステリオスとコンラは庭でじゃれあい(クレーターができた)」

モード「DQN(同類)と書いてネオプトレモスと読む野郎がどこからか家主の秘蔵本を発掘し」

モード「アリスがそれを熱読する横で、幼女ハサンの腹が鳴った」

モード「そしてジャックが言った」

モード「"お腹すいたね"と」

モード「こんな時に限ってあの色黒赤弓野郎は仕事で新宿に出かけており」

モード「折しも先日のラーマ率いる猿の軍団の襲来によって来客用のお菓子のストックが切れていた」

モード「そんな中、アグラヴェインが戸棚から"ホットケーキ"とマジックで書かれた粉の入った袋を見つけてきた」

モード「流石はアグラヴェイン、頼りになるぜ!!」





≧s。,_
 ̄   \       _,,,,、

―      「 ]^~ ̄ ̄    `、
.      / /    ≧s。__  \
     / /-、__|  ./ ハ}     \
   ,ィ_八_,___/  / .| ||/V  }「⌒
  // 「   Y|  l   | |   V/    で、この粉どうすりゃいいんだ?
. // 八   {j   l   V   {
/レ   \  |  |u     〉    皿に乗っけて出せばいいのか?
      >|/i .| | r っ  /
     /   .Y ^ ̄ ̄                γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    /       V                    |  それだけは絶対にありえんだろう   |
  /     {\ \__                  ゝ_________________,乂
  {     ⌒ヽー―´






■円卓の意地

アグラ「コンラ辺りなら料理に関しては影の国の女王に仕込まれてもいよう」

アグラ「最悪ルーンで調理する可能性もある」

モード「馬鹿野郎アグラヴェイン!! テメーには騎士の誇りがねぇのか!」

アグラ「そんなもの犬にでも食わせてしまえというタイプではなかったか?」

モード「流石に客人に飯作らせるとかダセェだろうが!!」

アグラ「しかし我らだけでホットケーキを作るなど……」

モード「できらぁ!!!」

ガウェ「よく言いましたモードレッド卿。貴方も座にいて少しは成長していると見える」

アグラ「ガウェイン卿!」

トリス「今こそ円卓の騎士の結束を見せる時」ポロロン

アグラ「トリスタン卿!」

トリス「安心してくださいモードレッド卿。貴方が死んでも我々がホットケーキ作りを引き継ぎます」

アグラ「いや待て、なぜホットケーキを作って死人がでる?」

モード「ちっ……いけ好かねえ奴らだぜ。オレが失敗するわけねーだろ!!」

モード「けど、まぁ……万が一、億が一、ミスったら、後は頼んだぜ!」ヘヘッ

ベディ「まさかあのモードレッド卿が他人を頼っている……!?」

ベディ「確信しているのですね……もはや勝機がないと」

アグラ「勝機がないならやめるべきではないか、ベディヴィエール卿?」


パーシヴァル「騎士ならば、勝機は自ら掴み取るものでしょう」

ギャラハッド「その通りです。聖剣をぶっぱするだけの王とは我らは違うのですから」

ガレス「モードレッド卿、諦めなければきっと道は開かれます!」

ガヘリス(こういう時に限ってケイ卿もランスロット卿も居ないんだもんなぁ……)

モード「すごい一体感を感じる。今までにない何か熱い一体感を」

モード「円卓……なんだろうまとまってきてる確実に、着実に、ランスの野郎も居ねえし」

モード「中途半端はやめようぜ、とにかく最後までやってやろうじゃん」

モード「叛逆の騎士でも沢山の仲間がいる。決して一人じゃねぇ」

モード「信じよう。そしてともに戦おう」

モード「火災警報器やコンロの自動停止の邪魔は入るだろうけど、絶対に流されるなよ!!」

アグラ「そうだな、流されるべきではないな、止まれ。その邪魔が入ったら速やかに停止しろ」

モード「いくぜぇえぇぇえええ!!!!!」ダバァァ

アグラ「待て、待てモードレッド卿! なぜ粉を直接フライパンに投入する!?」

ベディ「アーサー王語録その七、火を通せばなんでも食べられる!ですね!!」bグッ

トリス「しかし入れ方が雑ですね。キッチン中に粉が舞ってしまっています」

モード「後で掃除すりゃいいんだよ! アグラヴェインが!!」

ギャラハッド「ところで皆さん、粉塵爆発って知ってますか?」

モード「強火で一気に焼くぜ! スイッチオン!」カチッ



                               ヽ`
                              ´
        チュドーーーン!!            ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´

                                 ┌───────────────┐
                                 │  モードレッド――敗北!!   ....│
                                 └───────────────┘



■高級食材から生まれる危険な食べ物

ギャラ「危なかった……」

ギャラ「間一髪ロード・キャメロットを発動していなければ」

ギャラ「ガウェイン卿以外黒焦げだった……」

ガヘリス(僕だけ半分しかキャメロットに入れず、半身焦げてんだよなぁ……)ボロッ

ベディ「ホットケーキ作りとはかくも危険な作業なのですね……」

ガレス「普段平然とホットケーキを作ってるエミヤ師匠は歴戦の戦士ですね」

アグラ「うむ。王妃に相応しい御方だ」

ガレス「はっ……そういえば師匠が以前ホットケーキを作っていた時」

ガレス「ボールで生地を作ってました!!」

パーシヴァル「それだ!」

トリス「やはり直接フライパンで粉を炒めるという手順は間違っていたのでしょう」ポロロン

ガレス「そもそも生地はドロっとした液状だったと思います」

ガウェ「液状ですと!? しかしホットケーキの材料はご覧の通り粉末ではありませんか!」

アグラ「つまり水分を加える必要があると言うわけだな」

ベディ「天才ですか、アグラヴェイン卿!!」


ガヘリス「じゃあ粉をボールに入れて、このボールに水道水を」

ガウェ「お待ちなさいガヘリス! お前は昔からどうしてこう思慮が足りないのです!」

ガヘリス「そ、そんな……何か間違っていると!?」

ガウェ「ガレスはこう言いました」

ガウェ「生地はドロっとした液状だった――と」

アグラ「水道水では粘度が足りないということか、ガウェイン卿!!」ハッ!

トリス「流石はガウェイン卿。愚直に話を一字一句聞き漏らさない完璧な騎士ですね」

ベディ「パーシヴァル卿、先程から何をしているのです」

パーシヴァル「私はYAMA育ちだから粘り気のあるものを知ってます」

パーシヴァル「これは自然薯です」ゴリゴリ

ガウェ「おお、なんというネバネバ!! これは間違いなくドロっとしていますね!!」

アグラ「これに粉末を混ぜるのだな」

ガレス「それっぽい! かなりそれっぽいですよ、これ!!」

ガレス「師匠の生地はもっと黄色かった気がするけど!!」

トリス「では早速焼いてみましょう」

パーシヴァル「はい」タラー…

ガウェ「おお、どんどん膨らんでいきますね!」

アグラ「成功だな。モードレッド卿の犠牲は無駄ではなかったのだ」


フライパン < ラメェェェェェコンナニオオキイノハイラナイィィィ

ガヘリス「あの……なんか生地がフライパンより大きくなってません?」

パーシヴァル「ウルク産の自然薯ですから!」フフン

アグラ「い、いかん、これ以上は天井に届いてしまう! 卿ら、火を止めるのだ!!」

ベディ「ダメです! 膨張したホットケーキ(仮)に阻まれてコンロまでたどり着けません!!」

ガレス「ああ、パーシヴァル卿がホットケーキ(仮)に飲み込まれて!!」

ギャラ「いけない、このままでは我らも圧死するっ!!」

ガウェ「卿ら、離れよ! この剣は太陽の映し身――」

トリス「圧迫されて逃げ場がないのに離れよとはこれ如何に」

トリス「ガウェイン卿は普通の人間の体力がわからない……」ポロロン

ガウェ「エクスカリバー・ガラディーン!!」




                               ヽ`
                              ´
        チュドーーーン!!            ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´

                                 ┌───────────────┐
                                 │  パーシヴァル――敗北!!  ....│
                                 └───────────────┘



■台所の中心でオカンの薫陶を受けた若者

ギャラ「危なかった……」

ギャラ「間一髪ロード・キャメロットを発動していなければ」

ギャラ「ガウェイン卿以外黒焦げだった……」

トリス「パーシヴァル卿は……ダメなようですね」

アグラ「円卓の騎士が2人も欠けることになるとは」

ガヘリス(三人でーす……逃げ遅れました……)ガクッ

ガレス「グチャグチャになったパーシヴァル卿を見て思い出したんですが」ハイッ!

ガレス「生地には生卵を入れていた記憶があります!」

アグラ「卵! 成程、ホットケーキの黄色は卵の黄色だったのか!!」

ベディ「卵ならワイバーンオリジンの卵がここに」

アグラ「でかしたぞベディヴィエール卿!!」

ガレス「それから……そう、冷蔵庫からパックを出して液体を注いでまぜてました」

アグラ「できればパーシヴァル卿が殉死する前に思い出してほしかったが、かなり前進したな」

ガウェ「冷蔵庫にある紙パックの飲み物はこの3つですね」

トリス「牛乳と、乳酸飲料と、羊羹の3種類ですね。これは難しい……」

アグラ「いや、羊羹は固形物だから除外していいだろう」

ガウェ「お待ちなさいアグラヴェイン卿。紙パックに入ってる以上、羊羹は液体なのでは?」

アグラ「なん…だと……?」

ギャラ「いや完全に固形ですけど」


ガレス「とりあえず出来上がりの色的に牛乳は外していいんじゃないですか?」

トリス「確かに。せっかく卵黄で黄色くなった生地がまた白くなってしまいますね」

ガウェ「では乳酸飲料と羊羹の二択か……」

アグラ「だから羊羹は液体ではないと!」

ガウェ「しかし! 完成品を考えてみてください!」

アグラ「何……!」

ギャラ「はっ…! ホットケーキは茶色っぽい部分がある!」

ガウェ「あれば羊羹の色なのではないでしょうか!!」

アグラ「くっ……反論のしようがない!」

トリス「理にかなっていますね。やはり羊羹を混ぜるのが正解ですか……」

ガレス「でも焼き色がついたら黒くなりません?」

全員「「「「「!!!!」」」」」

ベディ「その通りです、ガレスちゃん。あやうく罠にハマるところでした」

アグラ「うむ……やはりガレス卿はこの中でもっとも料理経験があるな」

ガウェ「不甲斐ない兄で申し訳ありません……! くっ!」

ギャラ「となると消去法で乳酸飲料ですね」

ベディ「色的も肌色で完成形に近いですし、間違いありません」

ガレス「じゃあ混ぜちゃいますね!!」シャカシャカ







┌──────────────────┐
│  そうしてなんか黒い物体ができた    .│
└──────────────────┘



               ■■■■■■■■
               ■■■■■■■■
               ■■■■■■■■
               ■■■■■■■■
               ■■■■■■■■
               ■■■■■■■■





ギャラ「教授、これは一体!」

アグラ「誰が教授だ!」

トリス「砂糖が焦げて固まったようですね」

ガレス「ああ……! どうして!!」

ガウェ「ガレス、貴方のせいではありません」

ガウェ「よしんば失敗したとしても、今回は爆発しなかった」

ガウェ「つまりこの勝負は引き分けと言えるでしょう」

ガレス「兄さん……でも私は私が許せない!!」

ガレス「中途半端な知識で皆を惑わせた自分が……」

ガレス「ごめんなさい、ごめんなさい」

ガレス「もう耐えられません。もう戦えません。どうか、どうか」

ガレス「私ごと、このダークマターに罰を与えてくださいませ」

ギャラ「なんということを!!」



――ベディヴィエールは動けなかった。ガレスの気持ちはわかるものの、食べ物を粗末にするのは躊躇われた

――ギャラハッドは激怒した。そんな犠牲を払わなくてもホットケーキを作って見せるとガレスと止めた

――アグラヴェインは静かに腰の剣に手をかけた。自分の仕事だと把握したからだ。

――しかし。ネバネバする黒体に、その剣を振るったのはガウェインだった。

――ガウェインは最後に残った心ごと、自らの妹に別れを告げた。

――剣にまとわりついた砂糖のベタベタを拭くのが大変だった



                                    ┌────────────┐
                                    │  ガレス――敗北!!  ...│
                                    └────────────┘






■賢い童貞

ガウェ「もはや我らに敗北は許されない」

ベディ「ガウェイン卿……」

トリス「完全に心が剣になっている……かなしい」ポロロン

ガウェ「残った円卓、この五人で必ずホットケーキを作ってみせる」

アグラ「うむ」

ギャラ「私は納得できない」

ベディ「ギャラハッド卿?!」

ギャラ「これが正しい騎士の在り方なのですか?」

ガウェ「ギャラハッド卿! 既に道は定まったのだ!!」

ギャラ「私は……私はもはやスーパーでお菓子を買ってきます!!」クワッ!

ガウェ「馬鹿なッ!! いまさら市販品を出すなどと!!」

アグラ「……たしかに既製品を外で購入したほうが効率的だ」

ガウェ「ほざいたなアグラヴェイン!!」

トリス「おもてなしの心がわからないのですかアグラヴェイン」

トリス「今、おやつを心待ちにしている子どもたちがそこにいるのです」

トリス「彼女たちはできたての美味しいおやつを楽しみにしています」

トリス「それは既製品でいいなどと……いくら私でも流石に目を開いてしまいますよ」

アグラ「味は二の次にして空腹を満たす方が先ではないか!」

ギャラ「むしろ我々がつくるホットケーキのどこに味の保証があるというのでしょう?」

ガウェ「三人の円卓が犠牲になったホットケーキが美味しくない筈がない!」キリッ

トリス「そうです。結婚も三年目が浮気の狙い目なのですから」

アグラ「誰かこのピクト野郎を黙らせろ」


ベディ「喧嘩はやめてください! もう円卓は割れる必要はない筈でしょう!」

ギャラ「それは……その通りです。あの穀潰しがいないのに円卓が割れるなんてあってはいけない」

アグラ「確かに。卿の言うとおりだ。ランスロット卿が不在でありながら円卓の分裂など」

ガウェ「そうですね。ランスロット卿がこの場に居ない以上、円卓が割れる理由はありません」

ギャラ「ではこうしましょう。私はこれからスーパーに行って、ホットケーキの素を買ってきます」

アグラ「ホットケーキの素ならばまだここにあるではないか」

ギャラ「いえ、アグラヴェイン卿。問題はここに粉しかないということです」

トリス「どういう意味です?」

ギャラ「普通は箱に入って売ってる筈です」

ベディ「確かに、よく見ますね」

ギャラ「そしてその箱には大抵"作り方"が記載されている」

アグラ「ギャラハッド卿……!!! なんという着眼点だ」

ガウェ「聖杯探索に成功したのは伊達ではありませんね!」

ギャラ「では皆さん、私がエミヤ卿御用達のスーパーへホットケーキの素探索の任に就くということでよろしいですか?」

トリス「異論ありません。貴方こそが我らの希望です」

アグラ「任せたぞ、ギャラハッド卿」










┌───────────────────────────┐
│  しかしエミヤ御用達のスーパーは業務用スーパーだった    │
└───────────────────────────┘

_______       ┌──────────────────────────────────────┐
          |       │  そう、業務用なので箱入りではなく、ビニールのまま、あるいは缶で売っていたのだ  ......│
          |       └──────────────────────────────────────┘
          |
─────┴―――――――――――――――――――┐

                                      | \
                                      |  ヽ
 ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     |     \      ┌─────────────────┐
  /  |     /   |     |     /   |     /   |     |     \     │  ギャラハッドは家に帰らなかった   .│
  /  |   / /  |     |   / /  |   / /  |     |      |     └─────────────────┘
/    |    /    |     |    /    |    /    |     |      |
___|_____|     |_____|_____|     |      |
       ┌―┐    __  ◎                     |      |  ┌─────────────────────┐
        `フ∠ に二l | | r、に二l   ̄ ̄ \           |      |  │  ホットケーキの素を見つけることができず    .│
      /└'^ー┘   |_| \>         \         |      |  └─────────────────────┘
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |        |      |
      ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄       │    _|_

       |    |        |          |  | ______...|    |P │
       |    |        |          |  | ||⊂⊃⊂⊃|| | |    |→ |     ┌───────────────────┐
       |    |        |          |  | || ロロロロロロ || | |      ̄「     │  彼は永遠にスーパーを彷徨ったのだ    │
       | _____     |         _|_| || ・ ・・・ ・・ || | |      |      └───────────────────┘
       | |井|井厂.      |         |   | || ロロロロロロ || | |      |
  ___.  l  ̄| ̄{.        |         |   | || Coca Θ.|| | |      |
  || 大│ l _|__ノ ――――|―――――|_____,| ||口口口□|| | |      |
  || 安│ l ◎ ◎        |              | ||====||/..|__ -‐   ̄
 ̄|| 売│ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  |l り |
  |l___」 
  ||   
 匚] 
                          ┌───────────────┐

                          │  ギャラハッド――敗北!!    ...│
                          └───────────────┘


■果てなきマッシュの戦い

ガウェ「ギャラハッドを待つ間、何もしないというのは円卓の名折れではありませんか?」

アグラ「奇遇だなガウェイン卿。私も働かずにいるこの状況を思うと過呼吸を起こしそうだったのだ」

トリス「ワーカーホリックがかなしい」ポロロン

ガウェ「幸いにして材料はまだ残っています。そして粉に注ぐ液体も牛乳であると判明した」

ベディ「乳酸飲料でも羊羹でもなければ牛乳でしかありえませんからね」

ガウェ「というわけでホットケーキの素に卵と牛乳を注いて混ぜれば生地はできる筈……」カタカタ

ガウェ「このガウェイン、マッシュするだけの男と思われがちですが」

ガウェ「回転に関しても一家言を持っています」

トリス「ガラディーンも良く回転させていますからね」

ガウェ「ミキサーいらずのガウェインとお呼び下さい!!」シャカシャカ

ベディ「しかしガウェイン卿、ガウェイン卿の膂力を持ってしても何故か生地がまとまりません!」

トリス「これはいったい……」

アグラ「水分が多すぎたのだ。粉を増やせばどうか」

ベディ「成程、では入れますよ」ザザザ…

ガウェ「むっ!? 今度はダマになっている気が」

トリス「どうやら粉が多すぎるのかと。牛乳を足しましょう」コポコポ

アグラ「入れすぎだトリスタン卿! またベチャベチャになっている」

ベディ「大丈夫です、また粉を足せば!!」サラサラ

トリス「待って下さい、これでは卵の量が足りないのでは?」

ベディ「しまったワイバーンオリジンの卵はもうありません!!」


ガウェ「ベディヴィエール卿、私、時々思うのですが、ゲイザーの目玉ってちょっと卵っぽくありませんか?」

アグラ「慧眼だな、ガウェイン卿!!」

トリス「代用品……! その考えがありましたか!」

ベディ「貧しいブリテンでは様々な代用品でしのいできたのを思い出しますね」

アグラ「うむ……ここに来てからエミヤ王妃の食事に慣れすぎ、その事を忘れていたかも知れんな」

ベディ「ではゲイザーの目玉を投入しましょう」ダバー

トリス「このゼリー状の物体がいい感じにトロみを出していますね」

アグラ「しかし材料をドンドン継ぎ足したせいで量が多くなったな」

ベディ「こっちのボールに半分うつしましょう」

トリス「良いことを思いつきました。生地の中に果実などを入れてはどうでしょう」

アグラ「シャレオツか! トリスタン卿!!」

ベディ「モテ男らしいトリスタン卿の発想ですね!」

ガウェ「ではこの賽の目に切った羊羹をまぶしましょう」

アグラ「卿の羊羹への飽くなき欲求はどこからくるのだ?」


ベディ「そろそろ普通の生地を焼いてみましょう。新しいフライパンを用意しました」

トリス「殉死した円卓の騎士の数だけフライパンもダメになっているのが哀しい」ポロロン

アグラ「丈夫なフライパンを聖伐していると考えるのだ、トリスタン卿」

ガウェ「珍しくポジティブですね、アグラヴェイン卿!」

ジュワッ

トリス「おお!」

ベディ「なんと香ばしい匂い」

アグラ「どうやら遂に成功したようだな」

プツプツ

ベディ「なっ、なんですかコレは!?」

アグラ「生地から謎の気泡が!?」

トリス「このままでは完成品が穴だらけになってしまうのでは!?」

ガウェ「マッシュです」

アグラ「何……?」


ガウェ「こんな時こそ冷静にマッシュです」

ガウェ「気泡を潰すのです。片っ端から」

アグラ「それしか……ないのか」

ベディ「料理とは手間……こういうことだったのですね」

ガウェ「はあああぁぁぁぁ!!!」

ガウェ「マッシュ!」ズボ

ガウェ「マッシュ!」ズボ

ガウェ「マッシュ!!」ズボ

ベディ「なんという重く、速い連撃……!!」

アグラ「やはりマッシュさせたら円卓でガウェイン卿の右に出るものはいないか……」

ガウェ「マァァァァァシュッ!!!!!」



        _____
       {i ____ i} i}{i
      _{i i}  {i_i}_ i}{i
      {i i}   {i_i}_

            {i_i}_
             {i_i}
           ___
        _____}i i{_____

        {i_____  _____i}      ┌────────────────┐
        _____.}i i{_____      .│  フライパンの底が抜けました   ....│
          .{i_____  _____i}       └────────────────┘
          .}i i{

             }i i{
           }i/ __}i{___
             {i__ __ i}
                }ii{ .ii}
               ..}ii{ "
                .}/
                   {i} {i} {ii}
                      /ii}
                    /_i/



                          ┌──────────────┐
                          │  ガウェイン――敗北!!    ..│
                          └──────────────┘



■焼き鳥

ガウェ「不覚……!」

アグラ「フライパンを貫通したガウェイン卿の腕がキッチンにめり込んで」

アグラ「ガウェイン卿が身動きが取れないこの状況」

アグラ「さてどうしたものか……」

トリス「逆に考えるのです。フランパンを使わなくても良いさ、と考えるのです」ポロロン

アグラ「どういうことだトリスタン卿!!」

ベディ「聞いたことがあります。電子レンジは万能だと」

アグラ「電子……レンジ!!」

トリス「むしろフライパンを使うのが間違っていたのでは?」

アグラ「なん…だと……?」

トリス「電子レンジなら気泡も生まれないはず」(※発生します)

ベディ「流石はトリスタン卿。琴を弓と言い張るだけあって頭が柔軟ですね」

トリス「ではレンチンしましょう」ガチャ



┌───────────────────────────────┐
│  爆発した(金属製のボールを電子レンジでチンしてはいけません)    .│
└───────────────────────────────┘
                               ヽ`
                              ´
        チュドーーーン!!            ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´

                                 ┌──────────────┐
                                 │  トリスタン――敗北!!    ....│
                                 └──────────────┘


■リックドムより酷い

アグラ「馬鹿な……7人の円卓が敗北だと!?」

アグラ「はっ!?」

ベディ「」チーン

アグラ「ベディヴィエール卿!! 爆発に巻き込まれたのか!!」

アグラ「くっ……いつもならギャラハッド卿の守りがあったので油断した!」

アグラ「かくいう私も満身創痍だ。立ち絵も血まみれだ」ボロッ

ベディ「アグラヴェイン卿……」

アグラ「ベディヴィエール卿、その傷では! 喋るな!」

ベディ「フライパンもダメ……レンジもダメなら……」(※ダメではありません)

ベディ「残りはオーブンです……」ガクッ

アグラ「ベディヴィエール卿ォォォォォォ!!!!!」

アグラ「くっ……流石は円卓の良心とよばれる卿だ。最後までホットケーキの心配を……」

アグラ「だがしかし、果たしてオーブンは正解なのか?」

アグラ「もしオーブンまで爆発したら王妃の悲しみはどれほどだろう……!」


::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::

            , '.   .: : : : : :,: : : : :i : : : i: 、:. : : : : 、ヽ.`ヾヽ、
           ノ.: . : : .: ; :i:: : .:i : : i: : i :、: :i :. :、: : : : : i: :.ヽ:.く
          ,'ノゝ'i: .: .: .:i: .:l: i: : i|: : i!: : !:i: i:i!i: i: i!::. :.i:. :i. : : ト、

            ノ.: :i:. i_i__i_:_!_i!iヘ.:!、::i i!: i!i,ヘ:!ハ!_i_i_i、∧!:,ト、ヾ!
              '´ iゝ!乂ヽ`リ゙气=メ、リ !ノリメ≠气!リ⌒`!' ,ゞ!`
                !´゙ハ .  _____ヽ.    ,´____  ,ゞ^i   座の家のキッチンの高さは私に合ってて良いな
               、、ルi! '´ ̄ ̄``       ´ ̄ ̄`` iハ:. !
             ヘ 、゙i!         .          i!,ノ./   現実の家のキッチンはもはや今の私の身長には
               ヽi、           i       ,i!/    合わなくて調理がしづらくてね……
                !,ヘ           ′      人!
                     i!ヽ.   弋二二ア   .イi! `
                  リ! :.ヽ.          , .'::|ハ!
                   ___i__゙:.、ヽ        .イ:: :i!__
               i´:::::::::i;;;;; ̄i.`ー‐ ―'r'¨¨i ̄:: :.i
               |: : ::::::i;;;;;;i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i;;;;;!:::::: : :.!
             _,ィ.: : : ::::::!;;;;;;!  . :.:`/ /.::|;;;;;l::::::..: :ー、
        ,. - '.:´: : : .: :::::::::::i__;;;!______:!;;__|::::::::... : :.`: .、

        ,ゝ'. : : : : : .::::::::::__::::::::|_  `i;;;;;;;;;;;;;Γ´_!::::::__::::::::::::.....`.ヽ.、
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::


アグラ「…………」

アグラ「…………」

アグラ「これ以上王妃のアヴァロンを破壊してよいものか。いや良くない」

アグラ「やはりここはギャラハッドの帰還を待つべきだ」

アグラ「そしてその間に、今回の痕跡を全て消す……!」

アグラ「そう、全ては王妃の心の安寧と、散っていった円卓たちの名誉を守る為……!」

アグラ「無かったことにするしかあるまい……!!」

プシュウウウウウウゥゥ…

ガウェ(あ、電子レンジの破片がガスチューブに刺さってますね。修復しないと。しかし私は身動きが……)
















                                         _
                                      _,、,ィ=、`ヽ
                                    /\:::::ヽ,.゙、:.ヽ.
                                   /.::::::::::::ヽlⅥ i: : :i
                                   i_,ィメ:::(├,ノ'|: : ト、

                                    ヘ´::/ヺ`Y  |: : ト、:ヽ
                     ただいまー         ム彡イ i |、_ l: : :! ヾ:i
                                   ,=-‐イ'! !, 〉)`ヽル':/´

                                   ,'、  ゝヽ_/,'  /´ハ
                                   !、ヘ  ヽ -    i'´ ヘ   ガラガラ
                                  / ゙┤ ( )    ,′ ∧
                                  ,′ !   '゚゙     i    ,〉
   , - 、                            `┬-!       `ラト-ヘ
   j_rくjス_!                     .         i ∧       ノ:ト. ∨
   〉レヘヌ〈                            ノ, .i i´       i:i´ 〉 〉
   {王i王}                            i  i.ノ       `i./ /
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`l                 |  !i.,           l' /
|_________________|                 | /´         .∨ ノ丿
|                    |                 ! .i)          |
|                    |               _,' Y、        ,   〉
|                    |               / ノi.l.ト'、:.:`:ヽ、_ー_'_ノ´:i
|                    |              ,′ ヽilj /〉:.:.:.:.||:.:.:.:.||:.:.:.:.:.:..!
|                    |________  l    `/',':.:.:.:.:.:!!:r、:.:!!:.:.:.:.:.:.:!
|                    |          .     \.  'ノ:.:.:.:.:.:.:.i|:! i:i|:.:.:.:.:.:.:.!
|                    |                  ̄´i:.:.:.:.:.:.:.:ヘ!  !i!:.:.:.:.:.:.:.!
|_________________|                   |:.:.:.:.:.:.:.:/゙′i゙':.:.:.:.:.:.:.:!
                  \
                   \





■円卓最強ですから

ジャック「あ、黒いおじさんだー」

アリス「こんにちわ、お邪魔しています陰気なおじさま」

ランス「おじっ……ぐっ、確かに子持ちの私はお兄さんではないのでしょうが……!」

アグラ「帰ってきたのか、ランスロット卿」テクテク

幼女ハサン「おじちゃん……何持ってるの?」

ランス「ああ、これですか? これは駄菓子です。皆さんが喜ぶと思いまして」

アグラ「馬鹿な……ランスロット卿、卿はいつ家にモードレッド卿の友人が来ているのを知ったのだ?」

ランス「いえ、モードレッド卿はこの前はアルスターの御子の家に、さらにその前は駿足の抹茶ソフトの家に」

ランス「遊びに出かけたので、そろそろ我らの家に子供達を招くのが筋かと」

アグラ「馬鹿なっ!? 貴様、そこまでママ友の勢力バランスを読んで……!?」

ランス「ふっ……私はこの通り円卓最強ですので」

ネオプトレモス「なぁ親同士の人間関係ばかり気にして肝心の息子とうまくいってないっぽい黒のおっちゃん」

ネオプトレモス「この駄菓子はいったい何だよ?」

ランス「黙れブッ殺すぞNTR小僧」


ランス「それは混ぜれば混ぜる程に色が変わるお菓子ですよ」

アリス「楽しいわ! 楽しいわ! 楽しいわ!」グリグリ

ランス「ははは、それは良かった」

ランス「ん? 何をしているアグラヴェイン卿」

アグラ「何、卿の身体にシールを張っているだけだ」ペタペタ

アグラ「ちなみに赤が50点、青が30点、緑が10点だ」

ランス「……?」

アグラ「ランスロット卿は子供に好かれているようなのでな」

アグラ「ホットケーキと戦い敗れたモードレッド卿に代わって、皆の相手をするとよい」

ランス「ホットケーキとの戦い? というか私はパンケーキ呼び派ですが」

アグラ「やはり卿とは合わんな」

アグラ「コホン」

アグラ「子どもたちよ、これからランスロット卿が逃げるから、シールに向かってこの万死の毒針を投げるのだ」

ジャック「はーい!!」

ランス「待てぇぇい!!!」


幼女ハサン「投擲は得意」

コンラ「僕もです」

アリス「私は自信がないからジャバウォックに手伝って貰うわ」

ジャバ「■■■■■ーーー!!」

アグラ「アステリオスは毒針は小さすぎるな。こっちの戦馬の幼角を使うといい」

テリオス「いい、の?」

アグラ「ああ、沢山余ってるのでな。遠慮なく投げるがいい」

ジャック「それじゃあ解体するね」ビュン!

ランス「謀ったな、アグラヴェイン!!」(回避)

アグラ「ランスロット卿、誤解するな。私にはこれから台所の修復という任務がある」

アグラ「その為に子どもたちには一端離れてもらう必要があったのだ」

アグラ「決して卿を謀殺しようなどという考えではない」


幼女ハサン「えいっ」ヒュン

ランス「卿という男は……! だいたい台所の修復とはなんの話だ!!」(回避)

コンラ「はっ!」シュン

ランス「卿のでまかせであろう! どうして台所を修復する必要がある!」(回避)

アグラ「あるのだ!!」

ジャバ「■■■ーー!!」ドッドッド

ランス「あそこはエミヤ殿のキャメロット。常に清潔にて堅牢である筈だ」(防御)

アグラ「その通りだ、その通りであるために、卿はその命をかけて囮となるのだ!!」

ネオ「死ねぇ!!」

ランス「アグラヴェイン卿……! いったい卿はなんの立場で私に命令するのだ!!」(反撃)

ネオ「」ザシュッ

アグラ「全ては円卓と王妃の為。それ以上のことは語れん!!」

テリオス「うおおおお!!」

ランス「嘘を吐くな! 卿の私欲の為だろう!!」(回避)


ランス「さては卿、台所に何か隠しているな?」

アグラ「卿はいつもそういうところだけ無駄に敏いな!」

ランス「通させて貰う!!」ダッ

アグラ「行かせるか!!」

ランス「はっはっは! 甘い」シュワワワワワ

アグラ「煙幕だと!?」

ジャック「霧だ! おじさんが霧を出している!!」

アリス「あれは"ようか◯けむり"ね! 指先から煙をだす駄菓子なのだわ!!」

ランス「これでも私は円卓一の技巧派を自負していますので!」ダッ

アグラ「ぐっ……」

ランス「よし、台所だ!」ガラガラ

ランス「なっ……!? この惨状は一体……!!」


              /
            /,'/

            /,'/,'/,'/,'/
        /,'/ /   /,'/
          /       '/,'/
                  /〈\
                     ∨〉、           、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
                     |i i|           _)                           (_
                    〈⌒|i_i| 、          _)   ランスロット卿ォォォォォ!!!!    (_
                 \\\\         )                           (
                 \i⌒i. 〉        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                       |i  |´
                       |i  |
                   ___|i  |                   ,イ,イ
               〈   r' .∧              ,.イ ., =7レ'レ'
                     ∨∧ーヘ.∧             | |//
                   ∨∧⌒∨ 、            | / , =7
                 ∨ }  }、 ∧           | |//
                    /\}  }_ 〉.∧          |_,/   ,イ二.7
                / //  /___.〉              ._/ム_.
                  / //  /                   '──‐'
                    / //  /                       ____ ,イ,イ
                / //  /                        ヽ=.--7/レ'レ'
                { {/  /                           //
                |i   /                        ___//
                L___./                         ヽ=.-- '  ,イ,イ ,イ
                                               レレ //

                                                 /'












                                       \ \
                                        \ \
                                          \ \   /7
                                           \ \//
                                             \fニニム
                                            ∠/ニニ7ヽ
                                              |///7 \

                                      ____      マ//ム 歹
                                    ≦三三//ハニニ≦三≧:7
                                   /7//////ニ//ハー弋//ア

                                 r<77///┌く -─‐- ーー   _,.ノ

                       _,..,,,,..,,,__          マ//////::::::::ヽ\ニニ\―-ミ.- ._,.ノ
                ,/´       ´゛'''ー-..,,     V////::::::::::::::::7ニニニニ\      お得意の鎖攻撃か!
                   / _,..,,,,..,,,__          `゙''ー V//{:::::::::::::::::::::ハニニニニム
               ,/´ !        ´゛'''ー- .._        マニ乂ニニ彳アニニニニニ/}     だがそんなもの、弾き返してくれるぞ
                /   |                    \/マ:::::::アニニニニニ77
                !     l                      マニニ-≦三≧、歹       アグラヴェインッ!!
             |     ヽ     クルッ           //7マl/////////|ム
                l,      ヽ、               //////7二V/////リニ7
                 ヽ                   ///////ニニ7 マ/////ニニム
                 ヽ、               ///////ニニ7  / \/|ニニニム
                               一一/      ///// |ニニニニハ
                                        ////// 一一---一

                                       //////    マニニ∧ハ
                                   r‐</////>'     `マニニニ,
                                 「//>//// ̄         弋ニア

                                  弋ニア






                                         ::::::////////>' .ィ  /        {     ∧    、 \     ∨ ト-ゝ
                                         :::::{///////⌒ ̄/j|  |     / 八       ∧   }  \    ∨ |
                                         、:::∨__/, ―-、/.|  |   /{ {        {ヽ  }\  }  \.∨
                                         /\∨::::::`ヽ_/  .′ | ./ .|八 、          { } .//ヽ.ノ}   \、
                                         //∧∨ ::::::::|   _ノ人 |/  |  、 \ \  | { }/x==ァ }  }  { `
                                         ⌒/∧∨:::::::|  ⌒´__/ ィ ,ー,≦x、_` <  乂{_rく_ソ  _ノ} ,イ/ ト\_
     いけません、ランスロット卿、アグラヴェイン卿          ::::::::::∧∨:::::|   {`¨¨i:/| {、ヾ乂_ソー-'_)rー‐=ミ    ⌒/ ( }ノ `⌒
                                         ::::::::::::∧.、:::::|   ∨i:i:/ 乂\ー -=- ゝ ':.            ,′
     今この場で金属をぶつけ合ったら火花が……!        ::::::::::::::∧:.、::|     Vi:L    \        :.            /
                                         ::::::::::::::::∧:.、|     ∨L     \     ::、_ ,       / 、、
                                         ::::::::::::::::{'∧::|       ViL      \   r― '"⌒ヽ ./  \、
                                         、::::::::::::::}//八      ∨L       j> . \__,. ノ ,イ     \、
                                         ::\::::::八/∧::\       Vi:L     j{   ヽ __. イ        \、./,
                                         、::::::\:::::\∧:::::\     \i\    j{                   〉/  /!
                                         /\::::::\:::::\:::::::::::\   _/\i\   j{                      //  /i:i













                            ο         / バチッ!
                              O     /      ο
                        ο         //  O

                               ,;:''"゙゙'':.,/
                     -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
                           O   :、,. ..,::'、‐-  _  ,、.
                         O   //`v:: 、

                            //   |   ヽ
                           /    ο    O
                          /







\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/

 ≫                                        ≪
≪       爆破オチなんてサイテーーーーー!!!!           ≫
  ≫                                        ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

                    |l|lil|l     |l|川l|lY|l|l|l|l{
                    |l| l|     |l|  l||   l|
                    |l| l|     |l|  l||   l|
                |l||l|川リ  |l川|l|l|l|l|l|l|l  l||   l|
                |l|            |l|  l||   l|            || || ||
                |l|  l|l|l|l|l|l|l|l|l|川  |l|l|l|川|l|l|ll|l|               || ..|| ||
                |l|川リ        リ   l||                         || .|| .||
         __...|l|         l|  l||.. ̄ ̄ ̄ ̄....|l|l|l|l.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―――|| ||__
  _―― ̄ ̄ .|| ||.         |l  l||         |l |l|                      || || ̄ ̄――_
_ ̄       .|| ||             j|  l||     |l|l|l|l|l| ||l|l川|{     |l|l|l|l{|l|l|l|{.      || ||       ̄
  ―_    .|| ||           jl| jリ       |l|       l|     |l  l|  l| }|l|l|l|l|....|| ||   _― ̄
      ―||||              jll jl|      川l|l} |l|  l|l|川       l|  l|  l| |l  |l|..... |||―
.         |||.              l||l|l|         jリ |ll|  l|       リ川l|リ川l| j{  jリ    |||
      |||                        jリ l|l l|  l|                 jリ jツ       |||
      |||                          l||l|lリ {l|l|l|l|             j川{.         |||
     ||||           .゛      、  ′     、 " .     ,  ′  .   ´ ,   、 |||

...    |||  .`  .  、 ´ ,  ′ . 、 " .   ´ ,   .   i   、. .`  ゛.   i ,  . . " .、. |||
...    ||| , 、   " .    i    ´   .   ii      .゛.. ii||..     i i   、 ´ ii  ..  " .li   .|||
     ||| .|i  ´   i ' ||  ii   ii | iilll||ii | i     .ill|!!i l   ...|ll iii i   i l|l. |li   li||li |il||||
      ||il||li .|i 〟 ii||il lil|| ||lili  ||ii l|il| |llii||| li|iii|lli || ..iil|||lll.|ll   llll||illli  iiil|iii|||l|i |l|l!liil||lll.|l||
      ||!|i||ill ..| ||lll|||ii|||lliiiill|lliiilll|||lll||!!lilllii!!!||ll||ill|ll lll|||lll||!!lillliil.l| |lll||!!lillliill| !!||lll|||lll||!!lilllli||||!lll||

       |||ll|||ill|i||ll||lll!!llll||illll||||||lll||||llll|iill|||||llll|l|l|lll!!llll||illll||||||lll||||lll||!!lillliilillliill||!!!||ll||!!llll||illl||
          ||l||lll|||i||lll||!!!!llll!!|||ll!!!!!|ll!!ll||||!!ll||!!!ll||!!|||lll||!!!!llll!!|||ll!!!!!|ll!!ll||||i||lll||!|ll!!ll||||!!ll||!!!l||!||
:::::::::::::::::::.............      `                                          ..........:::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::.....................                            ............................:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

                                         |  ガスが悪いのです、ガスが(3倍無傷)   |
                                         ゝ___________________,ノ








        //    `ー-、__       ヽ、
         //        `ー-、__     >、
      ∧/ |            `ー-、___ >、 __,。 '"  ̄〉

      / { j         _,  -‐ '"                /
      ,'  /丿    > '"    >-‐=ニ二三三三三三> /   昨晩見た1.5章の夢
      l /  > '" ___> '´三三三三三三「 ̄ ̄  /
      「|//∠ >'" ̄ ̄`ー-、三三三三三三}     /      雨の駅前。ウォーターマンで襲いかかる兄貴ズ
      l l/  </  ',     VΥ ̄ ̄ ̄》〉ヽ  /
     し'   ',  ',  ',      Ⅵ    //   j/        逃げながら戦う主人公。頼りになる爺アーチャー
      `ー―-ヘ  ',  ` 、     ',     〉〉  /          
            ∧ 、    `ヽ     // /             全裸で蓮の池に沈んでるマシュ
           〉、\>    \   Ⅵiく            
          仁二二>、  \_>、_ゝ,f^ー-、___         裏切る爺アーチャー。正体はエルメロイ二世(浪川ボイス)
          く二二二二> '"     //   / ̄`ヽ     
        x〆 ̄ ̄         //  /      l    衝撃の展開に出てきた台詞「ここ新宿じゃなくて上野じゃん」
         r'[__             //   /       |      
      //                 //   /     ,ィニニ>、__ 目が覚めた
     / {              /∧____/   ∠二二ムィ二]            【じゃ、ちょっとカーミラ様と新宿いってくる】






■期待の新人(アラフィフ)

メデス「私は数学者だが、数学と経理は別だ」

メデス「なのでこの私が経営するほかほか殺戮機構カコ~ントロ~ン・エウレカゴンに」

メデス「新しく経理担当を採用した!!」

モリ「ふむ。私も本業は学士なのだが、まぁこのセレクトは正解だね」

モリ「なぜならば私は犯罪博士!!」

モリ「ははははは、私が経理を担当する以上は脱税の一つや二つやってみせようとも!!」ヒゲコシコシ

パラP「なぜ貴方のような人がこのような場末の銭湯の従業員に」

メデス「この人類史上最高の学士である私が設計したほかほか殺戮機構カコ~ントロ~ン・エウレカゴンを場末と言った!?」

モリ「いや、ほら、アラフィフになると腰がネ?」

モリ「従業員は入浴料タダって聞いたから」

パラP「ピップ賢者の石バンを処方しましょうか?」

メデス「場末と言ったのかぁああ、無視をするな! このどこに出しても胡散臭い中ボスサーヴァントがぁぁぁぁぁ!!」


メデス「ふぅ…ふぅ……」

モリ「ちなみに経理のお仕事ではないけど、売上を挙げる方法を提案しよう」スルー

モリ「例えばホラ、あそこの打たせ湯とかジャグジーとか寝湯とか表記されてるけど」

モリ「それだとちょっと味気ないネ。こういうのはキャッチーな名前をつけると興味を持たれるんだよ」

パラP「なるほど。しかし私はあまりそういうのが上手ではありません」

パラP「なにせソード・オブ・パラケルススですので」センス×

モリ「大丈夫、大丈夫、犯罪博士は人間心理にも通じているからネ」

モリ「と言うわけで今日から打たせ湯のことをライヘンバッハと命名しよう!」

モリ「ついでに私好みの完全犯罪計画向きの舞台装置に改造を……」ウィィィン







ホームズ「もしもし、兄さん。会計監査してほしい企業が一つあってね……」



■狼と言えば

         _ -─ --‐‐ "~゙ ̄ "" \_
       -‐                  \

     /       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... .   \
    /     .......   | ̄ ̄"-     :::::::.   ヽ
  /   ........::. -‐  ̄ }    l      ::::   ::|

 l   :::::::::::/    Ο  ̄ー-、 ̄ー_  ::::::   ::|

. l  :::::::::/_ -‐ '´ヽ  ̄ー-_ \ ( O }\ ::::  ::::|
. {  / ̄ヽ`     _ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽil 。。0i_ ー、 ::::l
 l i .l⌒,丿-‐     \ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ\/{    l:::::|
  l/ i、_)/    ____` ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ̄ヽ  | |
/ヽ__/::::  /、     \\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ {_ーー/
  /:::::::::{   | _ 二 __  .' \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::/   ムハハハハハハ!!
 /:::::::::::::::}  |:| { / /ヽ,\_"ヽ\;;;;;;;;;;;;;;;;//

 |::::::::::::::: i  |:トヽ,ー‐-‐_i",'ヽ,_ヽ'`ー--‐'::::l      父上、人理修復お疲れ様でした

__|....      .l:{ | |  | /'\/ / ヽ  l /
; \::::   {  ヽi ヽヽ '、 /  / \/', / //        此度は新宿くんだりまで遠征なされたとか
; ; ; \::::  l     ̄~"``'ゝ '、_ / /  /
; ; ; ; ;\:::::::`ー" ̄ ‐‐- __    ' //  /
; ; ; ; ; ; \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   ヽ  l
; ; ; ; ; ; ; ; \:::::::     :::::::ソ\ ノ l

; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \:::::::....   /:::::::::::::::l         ・━━━━━━━━━━・
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \‐_ /     ,i            灰衣王 ハラルド
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; /\.......  /           ・━━━━━━━━━━・
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; /; ; ;ー/
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;|
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;|




                                           , . :´: : : : : : :、: : : : : : :ヘ
                                          /: : : : : : : : : : : :ー: : : :⌒ヾ
                                         ′: : : : : : : : : : : ヽ: :/: : : : . 、

                                 .          i: l! : : : : /: :/⌒ヽ: : : /⌒: : : :
                                 .        ノノ! : : : /: : :| r‐ 、:V /: : : : : :\
                                       /: : /: : : : : : : :| | 、 ヾV /⌒i : : : : :
                                 .      / : :/: :/ : : : : : :| |`ー ''' ー /: : : : : :
                   お、おう……       ..    }:/ /: / : : : : : ノノ      {: :|: : : : :
                                      {: : /: /: : : : ミ≧x、   i|     ヽ\: :
                                     ノ: : {: :{: : : : : :`ト`tッ> jl /  ,x≦彡ヽ:

                                 .  /: : : : :、:ヽ: : : i: :}    ` '  <tッ´ }: : : }:
                                   /: : : : : : /}: :i: : :/:/    i i    / : : :/:
                                 /: : : : : //: / : /:/! ij    i i    l : : /: :
                                 :.: : : : /: :/: /: :/: { 、     `´    ∧: :{: : :
                                 : : : : ( : : /: /{: : !: : \ヽ ´ ̄ `  /: : \ヽ:
          ・━━━━━━━━━━・       : : : : : ) : : // \ト: : : :\ 、_  イL__、: : : :\
            血斧王 エイリーク          :.: : / : : //////\: : : : :ヽ////////∧: : :ト :

          ・━━━━━━━━━━・       :/: : : : /////////): ヽ: : :i/////////∧: :ヽ;
                                 : : : : :///////// : /} : ////////////〉: : :
                                 : : / \//////': : //: ////////////: : :/


                ,. :-‐ '⌒ヽ.  
           _ ‐'"    ,ヘ.ヘヽ 
          /      ミ(,,゚Д゚)シ
          `I二二二二 ̄ ̄~i 
           レ^i / 、__\__,j!     聞けば新大陸で暴れた狼の幻霊ばらまで

           ト、_i' :.  `¬i: K.1     出てきたとか。大変な戦いでしたな

           ソ l  冫 - ,k_ ,!イ  
―-- ....,,__   ./ ヽ  ,: ,.-.ニ:、! _,,....--―――-- 、  
          \/゙ヽ、 \,___,i,..ノr'-、            .! 
         ヽ \  `ヾ==ャ=イ~ヽ.\          l.  
           l  ` ー- :..,,_||,.ノ  ヽ.ヽ.         /        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           l        ll    ':, ';       /         |   うむ(アレは二度と戦いたくないな)     |
            l.       ll.    | |        /           ゝ___________________,乂
\.          l         ||    l l     ,/ 
`-ゝ- ::.....,,,,,___,ノ         ||    !、l__,,..-ー'" :l 
l        l、          ||       j    l     ところで父上……
〉    .:  /  `―-  _    _||_    -f      l 
       }               ll      l      l
    ,. -―- 、    _      ..!!     .. |     ,.〈











                          /        \
           ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄           ∧
        /ニニニニ二二二二/   /               .}
       /ニニニニニニニニニニ二/   .{               |     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       {ニニニニニニニニ二二〈    |               /     |   過去スレでもお話しましたが、この灰衣王ハラルドの"灰衣"とは    |
       ∨ニニニニニニニ二二∧  {            /      ゝ_______________________________,ノ

         .∨ニニニニ二二二/ }               / /
         ∨ニ二二二二//イ            / /
            ∨ニニニニニ二/{八\         イ /\_
          ト、ニニ二二/ .|   \\_/ ̄ ̄ノ_// } ∨ユ          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          | \::ニ::/ ∧   ニ/  厂´ / /'  ∨⌒>、        |   ハイイロオオカミの毛皮のマントのことなのですよ!!!    |
          |.   \/{    \_____/  / __}/7⌒\      ゝ____________________________,ノ
          |     、  \____    /´ニニニ:\´ ̄ ̄マ}
          ヘ     ヽ          /  /ニニニニニ二二\   }
   / ̄ ̄´  ∧        \___/  /ニニニニニ二二二二\ .|
  /          ∧             /ニニニニニニニニニニニニニニニヘj
 {           人               /ニニニニニニニニニニニ二二二∧
 |           }   \            ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニ∧
 |           |    \         ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニ/  ファッサァ…
. \        |     \           ∨ニニニニニニニニニニニ二二/
   \         |       \           \____ニニニニ二二/
.     \    │        ` ──┬──<    >、__/
        }    |                 |          ∧                         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        |    |                 }        /  ∧                        |   そうか(無関心)    |
        |    {    \       |        /     ∧                        ゝ___________,乂
        |          \      ノ             }
        |           __ /         |    /
       ∨___/ ̄ ̄ ̄⌒/          | _/
                      < _______厂




            , -─-、
          / .∧∧ \
        / ,rlミ(゚Д゚)彡!、\

____  { r', 'X;;:::...  .:_/`、t } ______
     /\ ソi`'y=ミ'元テ=x,'vi' ./\

    / / ゙̄t| ' ~゙`,.: 、´゙~ }l^ ̄\ \
  / /''  ,/`} 'r、,`==゙,;ァ^{'', ,   \ \
 /. /.      ;' l .}-二二-{ !、',;:'    ヽ, `i
 l  |.      ヾ ヽ、`二ニ二゙,イ' /      l   l
 | |      ` ,,.`ー-i-‐' ' ,;'       |  |
  i  i         ̄~''~ ̄         l  ノ
    i,    i,   i,  i|    ,i   ,i   ,i     ,i  ,i
  、,ノ \_ノ \ノ しv’し'しi/ し'i/ i/ i/し'i/ i/ i/
  `)
 <  最近マントが古くなってきたので

   ) 丁度新調しようと思っていたところです!!
 <








                                   / ̄ ̄ ̄ ̄\
                             /≦三 卯≦三 ヲヽ

                            / └─ YY厂 ̄´ ∧
                              /   /ニニニニニニ≧ミ ∧    と、言うわけで、父上
                          /  /ニニニニニニニニニニニヽ ∧

                         /  / /ニニニニニニニニニ>ニ}  }   ちょっと一狩りいってきます
                        / /  //{ 云ニニニニニ≧云 ∨ ∧
                          ∨   {/  ` ̄´ { ⌒ ̄´   〉、 ∧  何、相手はフェンリルでもなし
                        ∨ ∧}  /_二´-‐─┐ /う }  /
                         \{{ ハ  ∨ィT   TTソ  } / /  たかだか新大陸で家畜を殺し回った程度の狼
                              }ト、}   ` ̄ ̄ ̄´  / .厶イ
                              j  i     ´ ̄`  / ノ      一捻りで毛皮にしてくれましょう!ムハハハハハハ!!
                          厶イ\         / ̄ ̄\
                        r<7´ 厂´\____/  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`

                         |  / /           /
                         | ,  ′ /´ ̄ ̄ ̄ ̄/
                     -‐─┤ { { /      /´
               _ > ´  /⌒∨ /       /
             > /   /   /´          ./          / ̄`ヽ   _______
          .> ´  /   /     / /          /           |{ ̄ ̄} .}  / { ̄`ヽ    /⌒}
       ./    /   /    ./ /        /    fニニヽ    | ー一 |/  | ` ̄´∨ /   |
     /     /   /     / /          {_____|_冫 }__ j      |.  / ∧    ∨{
    /      /   /     / /           \    |     |   |     } ./  ノ     .}/
    ./       ./   /      | {             { ⌒ヽ }    ∧   | ── |/   |       |
   {      /   /       .| |             ∨  ∧∨   ∧ .|      { /⌒}       |    }
   L_    \_/       { j、          ∨  ∧∨   ∧∧    ∨   j     /    /
     \__ / {      / / \             ∨  ∧∨   ∧ノ       ∨ /    /   /
       /     |     /  /    \___    \  ⌒\   ヽ     ∨     /  /
      /      |    ./   {          ` ̄ ̄ ̄ \    }    \           / /






┌────────────────┐
│  一捻りにされた(ハラルドが)    │
└────────────────┘

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''  \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/

           τ'::/ .;:    ≫                                        ≪
            )/      ≪     NOOOOOOOOOOOOOOOOOーーーーー!!!!       ≫
         。          ≫                                        ≪
                  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...

     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``

 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"




                        _
                      _/: : : `: :` : 、
                      / : : : : : : : : ヽ: : :\
                       i: : : : : : : : : : :_: : : :_: : :ヽ
                 ノ: : : : : : : : : ;i: `Y´ :ヽ: : :ヽ

                 _/: : : : : : : : : : :{     i: : : ::}
    _. .   _      { : : : : : : : : : : : : ヽ ヽ / /: : ::/
   ´ :_: - :ヽ. : : :`.___ハ: : : : : : : : : : : ,ィェァ ィェァ!: : /
  i: :ヽ   `´_ l:_: : : : ; : :ノ : : : : : : : : :/    i λ: :ヽ
  ヽ: :l   i´ : : : : : ̄ : : : : : : : : : : :/ {    ; / :l: : ノ
 ;': .、: :i   冫: : : : : : : : : : : : : : : : : / : : :ヽ  ‐=./: : : :ヽ
 !  ‐. :/{ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝ  _/ : : :入 : :\

    .´:/  ヽ : : : : ::_: :_: : : : : :_: : : : : : : :ノ:::::i: : : : {.  ヽ:_:: :ヽ
   {:匚_   .i: : : ; i´ i:::::::: /::/: : : :/:::::::::!: : : : : ヽ  `i: :l
      }  _ノ: : /:::i   l:::/:::::::{: : : : :/:::::::::::::::\ : :_/  .ノ: /  ← あの迂闊さはやはり自分似なのか?
    /_/: : : i::::::|  l:::::::::::::::ヽ: : : :|` ‐-::_:::::::::ヽ:::ヽ   ':/      少なくともグンヒルド似ではないだろう、と考えている
   ,. :´: : : : : i::::::::l  l::::::::::::::::::ヽ: : :}     `Y´   `.、i/:/
 /: : ,: ─ :イ:::::::::l  ヽ:::::::::i:::::::冫: :!    i!    .i|ヾ
.. `ヽ: :i    |::::::::/  /:::::::::::|::/ ヽ:\ , -、 ,-、 i `ヽ

   i : :\   ヽ:::/  /::::::::::::/li    `}j l   Yλノ .i  i
   `}: : : :ヽ  V   /:::::::::::::/::ヾヽ     `ー´)  (_ /
    `ヽ: 丿  /  /:_:::::::::::/::::::::ヾ`ー--─ _二 _人 ─i
    ノ:/   /  r ´ `i:::::::|::::::::::::::::Y   t´  - r‐ |
    `ヽj   /   /`ヽ:::::i:::::::::::::::::l   |     人  }
        |  i´:::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::\  ヽ  `¨´ `¨l



                 /:::ハ:::::::::``::::::::::::::::::::::::\
               /:::::: __ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                 人::イ::::: : ヽ::::::::::::::::``:::::::::::::::::.
                  }:::ハ}^´ ̄`ヽ \   ...:::::::::::::::::::|
               j:/::ノ     \ \:::::::::::::::::::::::::::|   基本的に私が例外なだけで
                {:::::{         \__二ミ::::::::!   お前の祖父は犬ぞりで珍走して割れ目に落下して死ぬし
              ',::::} ___ 丶   _ _,,`Y:.::::::/   お前もバイキングで死ぬし、碌な死に方せんな
              Ⅵ ‐t‐fテァ   'ーrtテ‐ァ‐j,ヘ /
                 {ハ    ´ }:. `      lrj }
               ゝ」     |:::.       j__ノ                        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   x≪二二二二二二二圦    _j, _,      /≫x,_                       |   黙れ色ボケ親父   |
,,x≪二二二二ニニニニニ{ {ハ  __ __   /〕 } }二≫x,_                    ゝ___________,乂
ニニニニニニニニニニニ { { ∧   ‐‐    / イ j 八ニニニ≫x,_
ニニニニニニニニニニニ 乂〔 \      //イノ/ニニニニニニ≫x,_
≧s。 ニニニニニニニニ >'゙~´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ 二二二二二二二二≫x,_

i:i:i:i:i:i:i≧s。ニニニニニ∨ / / / ィ        \ 二二二二二二二二二≫x,_      ・━━━━━━━━━━・
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧s。ニニ∨ / / /  八         /\ 二二二二二二二二二二≫x,     美髪王 ハラルド
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕r‐/ /{ j! j! 〈 _ > 、   / .:.:.: \彡 ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  ・━━━━━━━━━━・
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ /八 弋 \ \ 丿「 } ̄ ̄} f⌒.:.:.:.:.:.\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ

i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:し'′  \)` 、_)ーヘ〕リ j} ⌒ヽ! {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ij}



■中華集合

燕青「いやぁ、姐さんの宴会に呼ばれるとは嬉しいねぇ」

荊軻「なに、場所も酒もネロ持ちだ。それに高漸離の奴が所用で欠席でね」グビグビ

荊軻「琴の弾き手が足りなかったところさ」

燕青「侠客の大先輩の頼みとあれば、いくらでも弾かせてもらいますよっと」ベンベン

荊軻「私など皇帝暗殺に失敗した無様な者さ。そう敬意を払われても困る」

荊軻「まったく司馬遷のせいで、私の恥は千年以上後にも伝わってしまったよ」

燕青「またまた御謙遜をっと。さて、何を弾けば良いものか」

燕青「やっぱり燕国の曲がいいんだろうが、あいにくと俺の時代は」

燕青「あの辺りは契丹に獲られちまってましてね。伝え聞く異国の曲って感じなんだが」

荊軻「君、君、高漸離は燕人だが、私は衛の生まれだ」

燕青「ああ、そうだった。って事は殆ど同郷みたいなもんですかね」

燕青「こっちは北京大名府――春秋戦国なら趙の邯鄲の辺りの生まれだ」

荊軻「ああ、なんだ君は趙人か。なら隣国だな。邯鄲なら隣も隣だ」

李書文「今の北京とは場所が違うな。今の北京は荊軻殿の士官した燕の領地だ」

燕青「さっきも言ったように燕州は契丹に奪われてたからね。趙国が文字通り、宋の北限の都さ」

荊軻「私も若い頃は趙で剣を学んだものさ。もっとも修めたとはとても言えないがね」


ノッブ「なんじゃソコ、ジモティートークか!」

荊軻「そういう程のものでもないよ。衛と趙では人柄も違うものさ」

荊軻「趙人は一本気で気が荒いが義理を重んじると言われていてね、いわゆる侠客気質という奴だ」

荊軻「ただ楚人と違ってあまり感情が長続きしない。まぁこれは良い方に働くこともあるがね」

ネロ「む? 飽きっぽいのが美徳とは思えん」

ノッブ「おまいう」

ネロ「余は愛でるものが多すぎるだけで、飽きてはいないぞ、飽きては!」バン!

荊軻「感情を引き摺り続けるというのは、悪く言えば頑固者とか、執着が強いといえるのでね」

荊軻「結果として身を滅ぼす事が多い。逆に冷めやすいのは良く言えば柔軟ともいえる」

玄奘「まあ確かに戦国四君の内、趙の平原君だけは失脚してないのよね」

玄奘「あの人、しょっちゅう失敗するけど、間違ってると思ったらさっさと頭下げるから」

呂布「■■■ー」

李書文「ふむ、なるほど。見方を変えるとそうもなるか」

燕青「あ~……ああぁー……」

牛若「えらく悶てますね」

ノッブ「心当たりがありすぎるんじゃろ」


■お国柄

荊軻「春秋戦国と後に呼ばれたらしい、私の時代は」

荊軻「他国の人間が宰相になるのも珍しくないものだった」

荊軻「衛生まれの私も、燕の為に刺客となったわけでね」

荊軻「私が暗殺しようとした秦も、商鞅という衛生まれの男が強国にしたものさ」

荊軻「なんともはや、奇妙なものだ。一人の衛人は秦を強くし、一人の衛人は秦を止めようとしたと」

ノッブ「商鞅ってアレじゃろ。光秀んトコの利三の娘の持ちネタの元ネタ」

牛若「なんですその祖父の兄の娘のイトコの叔父の孫にあたる子みたいな話は」

燕青「衛の出身といえば孫子と並び称される兵法家の呉起も衛人だ」

荊軻「まぁ衛とか隣の魯とか歴史は古くても小国でね。そういう歪さが気風にも出てたんだろうね」

荊軻「あまり素行のいい人間は多くなかったな。泥棒が多いなんて言われたこともあった」

荊軻「そういう国で生きづらい人間、枠に余る人間は外に出ていくのさ」

燕青「真っ当な人間と、逆にとびきりタカが外れてる人間ってことかねぇ。くっく」

荊軻「同じ小国でも黄河を渡った先の鄭は享楽的な印象だ」

荊軻「あそこの人たちはとにかく歌うのが好きでね。男と女もよく愛を語り合ってたものさ」

ネロ「余はそういう国は好きだぞ!」

李書文「ふむ、悪く言えば都会的な軽薄さだな」

燕青「お硬い孔子サマが名指しで批判してるからネぇ」

玄奘「あの人結構なロッカーだと思うケド……」

燕青「そういや三蔵サマは鄭辺りの生まれでしたっけ?」

玄奘「洛陽から少し外れたところだから鄭とはいえないね。鄭は隣」




【ざっくり分かる、中華鯖の出身地】

                                                 /
                                              /`ー´
                                              /
                                             (,
                                            ,/´
                                   、--、  _    (´
                       ◆     【燕】  ノ  / /  ̄|   `ヽ
                   、´ `~ ̄`)        ,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
                        ノ     /      ◎(_  ,‐-っ,     く   `|
                   ノ    く     ▲ /`‐´ /´     )  /
                 く´~     (    ☆/     ./       レ´
            ,ッ-、__ノ~´       )    _,,ノ´     く,,_
―-、__-‐‐、 ̄`ヽ、 `ヽ,           ´‐~´~◇    【宋】  \
       `ヽ,  ´‐‐―` 【秦】                        `>
        `ヽ,                           ノ~~~ ̄>
          |            _,,-―、,【楚】     ,ノ´      し、_
          |          _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´        |

          |,       _/~                     ノ´
           |,    ,,ノ~                      ノ
           ´| _  |                       |
            ~ `~                       ノ
                                     ノ
                                   ノ´

                               ,、_ - ‐´
                            _,, -´
                      / ̄( /´

                    _/    `´
                    /



☆…衛(荊軻)
◆…并州五原(呂布)
◇…洛陽(三蔵玄奘)
▲…北京大名府(燕青)
◎…河北省滄州(李書文)

(諸葛亮の出生地は不明。諸葛氏の本貫地は徐州琅邪郡なので【宋】の一つ上辺り)


                         /  j ./  /   /     //     ヽ\
                         , /´./   .′  .′    ./      ヽ
                      i ゝ ,   /         i        '  ',
                      { く ハ  .′  i!     i  .|   i     .|
                      乂{ { ',  |    | ー 、 |  .|   ,  i   |  i
                        乂!   i    | /! メ|、 .}  / 斗 七 }   |
                           人. , {    |/,ィf笊ミx/|  / /ィ笊x ,   |
                         /;:.:.:.:ト.{ .|    |《 んハ  j/j/ .んハ 》/   .!
                      /:.:/:.:.:.:.|:八|    |  Vzソ    . Vッ ハ    !   呂布だけ遠ッ!?!
                       /,:.:/:.:.:.:./:.:.:.:ハ     !     _  '  .从.    ,
                  /:.:.:.し:.、:/{:.:.> ヘ.   |    /   ヽ  ∧ !   /
             __ ..,イ:.:.:.:./_r-=≦:{ {:.:∧ト  ', \ 乂  ソ  イ  }∧  /
               /:.:.:.:.:.ー=Y (⌒)ー ':.:.:ヽ:.:ヘ V:.:.:.:.\{,7 ≧=- ≦:.:r全x  j/
                レ⌒ヽ/ /,乂ミzzzz=≦fハ:.:.:.:ヽヽ:.:.:./ {/:../:.:.:.:.:.}≧=--- ヘ
               __  ///.//イ|i|i|i|i|i|i|i|i}:.:.:../ 、ヾ  {/、:.:.:/:.|川i|川i|川i}
    > - ― <ミx:.:.:.:.:` }川i|川i|川i|川i|川|//`''ー-、`´, -‐ヾ{:.:.i|川i|川i|i|メ

   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,メト、/:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:V           V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
 ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ `<// /:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ    v     ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.乂
/:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:' /:.:.:.:.:`<乂:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      ',     }}.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:ノ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Yx:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      }    ノヘ:.:.:.:.:.:.:.:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ `''ー -r-'--=≦  }:.:.:.:.:.Y

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く       {⌒)     从:.:.:.:{
:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{        ソ    イ.:.:.:.:.:.:.',




                                               \: : : : : : |      |: : : : : : :/
                                                \: : : : |      |: : : : :/
                                                  \/ヽ ./\./: : :./
                                                   ト、_V  /ヽ/
                                                 .|ヽ_|: :./    {_/ヽ/i_/: :ヽ/ヽイ
                                                ',_l: : : : .|     ∧: : : : : : /: : /

                                                ', ',: : : : :.|        ∧: : : : : : : /-イ
                                                ', V: : : :.|     >=-: : :┛┗ : :./
                                                 .V: : : : :|_>: : : : : : : : ┓┏: :./
                                                 ,ヽ_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 彡

                                                 /、 ` ゙゙゙--- ー゙゙゙´-ヽ: : : : : : イ
                                             ト-.=- ,ヽ `  ―    _   l: : : : : : :/
                                            トゝ: : : : l `  ー    _〕=゙ l: : :_:_/
                                            ゝ: : : : : :〕ト、         ./ ./  )-イ
                            ■■■ーー!!    -=ニ: : : : : : : l .ゝ=-  ィf斧メー´  ' ./: :./_ノ
                                          -=ニ: : : : : : ,      `―´ \  ,'  /: : : : : :ニ=-
                                         -=ニ: : : : : : : : , ./   l    /  イ: : : : : : : : : :ニ=-
                                        ――-=ニ: : : : : : ,{_   」   / / .!: : : : : : : : : : : ニ=-
                                             -=ニ: : : : ,ー― -  ./  /: : : : : : : : : : : : ニ=-
                                         ----->: : : : : : : ,    ./    l: : : : : : : : : : : : ニ=-
                                            -=ニ: : : : : : : : :ヽ ̄        |: : : : : : : : : : : : :ニ=-
                                          _/: -=ニ: : : : : : : :ヽ        |: : : : : : : : : : : : =-




                l || l
.                \ | || | / /./
             \\ \ __| ///
.             \\\ΧY⌒YΧ///、
            /ニニ=-{ (^ ※ ^) } -=二二\
           {二二二=- (__人__) -=ニニニニ}
           乂ニニニ=‐彡、__乂-=ニニニノ
               ̄]r<-‐        ‐-=_}    まぁ実際コレ、ガチの辺境じゃろ
           >''⌒:ア=………=:::::::::::::ノ:)
             ノイi:i:i:i:iミトk:i:i:i:i:i斗ャセ爪=彡イ    三国志でもそういう扱いじゃなかったか?
           _ノi:i:i:八乂'ソ\:i:i:i|乂'ソ|i:i:i:从
          /: : 彡イ:(:iΛ    j    从:i:i厂: `丶、
_ -ニi:i:i:i:i:i:i⌒''~圦:i:h、 \ ` -  ´/ |i:i:i|: : : : : :__\
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>、i}h、 >____< /八i八 _,.、<:、

:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>ーく: : : :\:ih、ニY二/: : :\}h、-くi:i:i:i:、
i:i:i:i:i:i:i:i:i:irくV⌒: : : : :./ > ):i:i广¨´ :/ : : : :.Vi:}h、\i:i:i:、
i:i:i:i:i:i:i:i:i{こ}x*x*x*xミY // Y: / : : : : : : :}:i:i:i:i:} : \:i:i:、
i:i:i:i:i:i:i:i/| | : : /ニニ圦⌒¨´  ノノ : : : : : : : : /:i:i人|*''^⌒^*。
i:i:i:i:i:i:i/,_|_.」: :/ニニニ{ニ>-=彡^'*+*+*+''^/:/: : ): : : : : : : : ゚:。
i:i:i:i:i:i:i:/: : : /|ニニニΛニニニ≧=- : : __彡{(x===ミ、: : : : : : : : :゚.
i:i:i:i:i:i:/ : : /:〈ニニニニΛ_)ニニニニニニニ }ニニニ「⌒\: : : \
i:i:i:i:i:/: : :/ : :{ニニニニ><ニニニニニ_、<ニニニΛ: : : `、: : :
i:i:i:i:/ : : | : : 八ニニニ/ニニ\二_、<ニニニニニニ/: \ : `、: :


               {ヘ、 .  /}
           ,    \\ / / ,_
          / { /{,>ャ__∨ レ´。..,,`゙>z。___

         .{V レ´   /´/ヘ<   `>z__。sf´
      ヽ,< {  {     ´。z___ \  `ミh。.乂.  
       \` .   ,ィォ ィャ彡≦´   ト、  ヽ、\ 
       >''/∧ / { {´.ヘ \`゙<、| \   ゝ、\    現在の南モンゴル自治区だ
       ./ノ{ |{`¨"´ヘ,.ャf´ヘ マミh。..\  .\  \`ヽ
       ´.ノ{.{ ミミ 、 ´ィ迩ア ヽ{ /⌒i ̄   `>zゝ    将軍が弓馬に秀でていたのも納得できような
       {/{マ.代ッ.{      . {イ/-\_  .}ヽゝ  
        ノ.`∧ {_      }-´\./ヽ,レ\} 
           ヽ、__  _ /  ./: : :ヘ` > 、
            ∧  ̄ /  /: : : : ::〉: : : : ::\ 
            {: : `{ ̄ヽ>'´: : : : : /: : : : : : : : ` <、

            マ: : :{ |::::{ {: : : : : :/: : : : : : : : ≧ヘ⌒`ヽ、

             }}: : ヽ{//: : :>''´: : : : : : : : :/ニニニマニニヘ  
             ||┌―---┐: : : : : : : : : : /ニニニニマニニム
              }}  ̄「 .| ̄`: : : : : : : : : : ::{ニニニニニマニニ=ム
             }: : : :} |: : : : : : : : : : : : : :{ニニニニニニマニニニム

             }: : : ::} |: : : : : : : : : : : : : ::{ニi二二ニニニニニニム
             } Lニニニニ」: : : : : : : : : ::ヽリ二二ニニニニニニム
             ト、: `l {: : : : : : : : : : : : : : : ::寸二二ニニニニニニム
             {.ム: : | {: : : : : : : : : : : : : : : : :寸ニニ==ニニニニニニム



            _,,. -‐‐‐‐‐‐‐- 、
           lヽ ヽ ヽ ヽ  ヽ ヽ
           l }  |  |  |  |  |
           l }  |  |  |  |  |
           |ニニ''" ̄ ̄ ̄ ̄`゙|     実際ね、徐州(地図における【宋】の位置)で呂布と合流した時に

           /〃'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー、    「お互い辺境の出、いわば玄徳と俺は兄弟みたいなもの」
          / {.l く゛ー-- 、_   _,.ヘ ヽ    なんて言われたけどね、私は現在の河北省中央部の保定市生まれよ
          { | | /     `"''゙゛  ヽ }    李書文が生まれた市とは隣同士な訳でね
          〉| レ/`ヽ、,,_   _,.='ヘ 〉j    地図みりゃ分かるけど、呂将軍と同レベの田舎とかフザケンナよって話
         {ヽ|j  ' ̄('7`  { エ'ア } l               .  _                 r、
         l 9lj    ̄     i  ̄ !'                 \  ̄ 、    ,、           | `、
          ヽjl        ,,.j   i                   \   ` ー 、!ヘ         | ,.゙iヘ
           _ll    〃_____'"_, 》 !                     \       ∨\i\ _  /|゙i´ `iト、
         /ロ{ト、   ''   ,,.  ' /                       ` ─ 二    ヽ \77/|│l  ! ト,
       /ロ回| \       /ト、                       |\ `>ー´ ゙i ◎ Yl│i ! レ; 丿i l
     __/ヽ回ロl    >---i||i'"ニンjロ\                      ヘ \`ー- /  _k│i ! k l i l.  ∧
__,. -‐''"    \回\ | {二ン ハ 厂/ロロ.|`ー、                     ヘ  ▽  `´ ̄ , ヘ,.ri i!L」.」 iヽ、| |
          ヽ回ロ\  ̄| l  l | /ロ回/   `ー- 、_                 \  \ー、ー ´   ゞ、ソ⊥ソ弋\/./
           ヽ回ロ\ | |  | レロ回/       \                 入 ○ ) _,r' ̄寸三{  ゝ(()
             ヽ回回.| ト、,.j |回,/          \               ト、ト、ー'≧ー-_二辻ヾ ∠_,. -l   エルメロイⅡ世君の働きっぷりを見ると
              ヽ回ロ| |回| |ロ/             ヽ              Li .! | }   lil il  Ⅶ li il | i!   生前の私を思い出しますね
               ヽロ| |回ロ |/              }              | i .! | }、.  ゙=''  };{ ゙=' リノ| 
                 ヽ| |回]| |           |/   }              ヘ」℃ ヽ_ヽ` ,. - ´i` ‐' イ/ ;|   やっぱり人格渡して正解でした
 |               L|[回Ll           /    l      ,、ー - ,.__ L     r |.    ∧  什!i.|
 l              /回回/            /    l     /ヘ ヘ  ヘ ̄7 /∧  { . |`ヽ、 / j .少|i! / _ム7 ̄7
         【通りすがりの傭兵隊長】                           【通りすがりの元・ニート】




■ところかわれば

ノッブ「っていうか荊軻と燕青、なんじゃお前ら、マジで同郷かい!!」

燕青「いやいや、さっきも姐さんが言ってたように国境跨げば別物ですって」

燕青「アンタんトコだってそうでしょ? 隣国比べたらキャラ変わるっしょ?」

ノッブ「あ…確かに尾張三河は隣同士じゃが、まるで気風が違うのぅ……」

ノッブ「尾張の人間は保守的で、三河の人間は新しいもの好きじゃ」

玄奘「逆じゃないの?」

ノッブ「そりゃイメージじゃの。あと訛も尾張の方がせっかちじゃからというのもあるが」

ノッブ「家康の奴とか新しいもんが好きですぐに取り寄せおる」

ノッブ「それに比べて尾張の連中といったらもー、本拠地移転にもワシが一芝居うったもんじゃ」

牛若「信長殿の政策は既に実行されていたモノが多かったとか」

ノッブ「楽市楽座は六角や岳父殿で既に行われておったし、天守閣とか松永ボンバーのマネじゃしな」

ノッブ「信頼性のないもんなんぞ使えるか、ナハハハハ!!」

荊軻「なるほど、合理性とは保守性に繋がるものかも知れないな」


牛若「まぁ隣国でも真逆というのは往々にしてあるものでしょうね」

牛若「上総下総の人間は常に夜盗に転じる人間性で正道を知るものは百に十もいないといい」

牛若「隣国の常陸は逆に昨日味方し今日敵になるものが千人に一人もいないといいます(※ただし結城は除く)」

玄奘「千人に一人も裏切るの!?」エェ…

ノッブ「但し書きの部分に政治的配慮が見える」

牛若「しかし本当ですよ。常陸の人間は空気読まずに兄上に逆らい続けましたから」

ノッブ「佐竹ってそういうところあるよな」

燕青「ま、隣同士で似た者同士ってんなら、地が続く限りみんな似たもの同士になっちまうでしょ」

ネロ「それはそうだな! イタリア半島も南のチャランポランなナンパ男のイメージで語られるが」

ネロ「北部の人間はマジメな仕事人間なのだ! 余のようにな!」グイッ

燕青「ハハハ、ナイスジョーク」

ネロ「まさにローマ皇帝! 全てはローマに通ずる!!」

ネロ「都が半島の中心にあるように、クールに仕事をこなしながらパッションな愛を語るのだ!!」

荊軻「ま、クール一辺倒の秦王の作る国よりいいんじゃないか」

燕青「案外根に持つねぇ」


■四面楚歌

                .マニニ>ニニニニニニゝ/ ,イ´_ノニニニニニム
                 }イニニニニニニニニ二{〈ニ二二>ニ二/
                /ニ二イゞヾニニニニ}i、乂ヽ、`''<ー.<

                .ムニニ.i´ .`.'ニニニニ二iニニニニ,'<≧,   そういえば趙人は楚人に比べて感情が長続きしないといいましたが
                ミニ二iッ、 ィiニニニニニiマイニニニ, `"'
                 .|ニ匁ッ  .ィ弐シ.ニニi/ .'ニニニニ     楚人はそれほどまでに恩讐を忘れない性質なのですか?
              >i:i└]|i, .i    イノニi、 'ニニニ二,
             イi:i:i:i:i:i:≦ニ}s。ー ,。イ.iニi } .'二二二, 
             マi:i:i:i:i:i:ヾニニ{==,''ー┐.iニiイs。.'ニニニニニ.,  
              }i:i:i:/└/乂ノ'''''/ノノ''"二ゝ,.ニニニニ二, 
            >==//.乂ノ77  |/彡、マ/   .マ}i,ニニニニ二   
           ,'  //''<_// 丿i}乂ノ/、  /二二ニ<ニニ二,  
           }  //''<_//ィ i.//  .//  `//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ニニニニ.>'






                       >=======<
                     /;;;;/;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;\
                _,,ィ''ゝ.i;;;;;;;;i;;;;;〉;;;;;;;ヽ;;;;、、;;;;ヾ;;,
               //ゞィ{;;ゞ/;;;;;;;;i;;;;;i ヽ;;;;;;、ヽ;;,ヽ;;;、ヾ
               ゝー彡イ/i,;;;;;;;;{;;;;i ー-ヾ;;;;、ゞ斗;;;;;;、
               {ゝ彡ノ/;;;i マ`i};;;;i弌笠ラ (ゞ|;;;;、;;;;ヽ,_    ふむ……まあ、そうだな。私が根に持ってるなど、楚人の前では言えんさ
               `´/イ;;;;; i ゝ廴;;',     .'.iノi;i.\;;ヽ"´

               //ノ;;;;;;;;i  .', .';;;;,    ‐'./ .i{  .ヾ;}    楚人といえば激情家で道理を無理にこじ開けるタイプだ
             ,ィ'フ// ノ,;;;;;;;;i   } ヾ;;;≦。ノ
            ゝイ  ゝ'/;;;;;;;/  .ィ乂、 `''''{、''<、         自分を信じて疑わないし、屈しない。ひたすらが我武者羅に突き進む
                .,イ;;;;;;;;;/>' .ヽ,ヽミ<.}i.i  .}ヽ         他の事が目に入らないぐらいにね。偏屈だが親分気質といえる
              /;;;;;;;;/   \  `<ヾ|.|  | { .       
           >;;;;;;;;;;;;;,イ      `<_,,。=ラ  | .',
        >;;;;;;;;;;;;;;;;>.ノ     _,,。≧´  .⊂ニ''`'i  ',
     .>´>;;;;;;;>   {     /      ,ゝミ''ゝ 〈ヽ }i
    /ゞ/;;;;;/    ソ    __/   /`''''''''''ー`、、`'/, .} ソ{
  //.,;;;;;;;/     /,,。==イフ  /     / .`'/i .` / .|




                                                              {\/ ̄ ̄ ̄` 、

                                                      /{/{/{/{ニ=―=ミ、         >
                                                     {V     {/ ̄ ノ  \       \
                                                    _{        ∠_    ',
        『楚』というのは長江中域の地帯を指す                    /⌒_ -―=ミ、  ⌒ 、    ,
        現在では湖南省・湖北省と呼ばれているな                 〈/ {、  _ /  ヽ  \〉   }
                                                    |ハ{tv trッァ   V/⌒V  ,'
        前述のような気質の者が多いからか                        l/        Уノ  '{ノ}/}
        清末~近代に至るまでに多くの活動家を排出した               〈 __         /⌒\/
                                    _  ヘ⌒_)            ヽ=―      ′}  })',
        日本における長州と言えるかも知れん     {_,、_ノ                   ハ_   ィ  /_ /  ',
                                   /  _ \ (^\            _ ノハ / ̄    ノ\

                                   , ⌒\、_)ノ  }          /    { v    _/ 
                                  i{  〈^ ┘    {            /    \7_ ̄ ̄  
                                  ∧  \     {            ,      /⌒ ̄
                                    ',   ヽ  ノ          ,′    \厶               _ 
                                    ',   ノ  {           /{       /⌒ ̄          /ニ
                                     }    /\       ,ニ{   ヽ厶                /ニ
                                    ∧  /   ',    /ニニ{    /⌒ ̄           /ニニ
                                   〃 ア´   /',     /ニニ={     {                 {ニ


┌───────────────────────────────────────┐
│  例えば義勇軍を組織し、独力で太平天国や陝西・甘粛での乱を沈め、新疆を奪還した   │
│  清朝最後の名将、現代に蘇った孔明を自称した極度の厨二病患者、左宗棠         .│
└───────────────────────────────────────┘
       ,__ ___ 、__
     /::::彡::::::::::::::ヽ、           _
    ,'::::::ニ::::::::::::::::::::::::::ヽ、         / |
    ,'::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\____.、     i =|
   ,"::::::::::/川 ,..__ 、:::::::::|:::::::\ ヽ、___,、 | |(_'-、
   |::::::::::::::::::::::i'  / イ,,,:::!::::::::/ヽ:/_j--'ノ ̄i | |ヽ ,、
   ',:::::::::::::::、,'( ,/oフ',"'":/::/ '、::::"'"::::::::|/ヽ'-,_'| |
    >Vl/|<ェェ ヽ ̄   |/_ ̄,ヽ !、::::::::::::::::::/::/::::ヽ'   李鴻章の野郎……英国ばかり気にしてロシアを軽視してやがる
   /::::::::::::::\、,i_ ノ /// V ,_  '、::::::::::::::::::::::::,/   中国を攻めるとしたら陸続きのロシアに決まってるだろうが!!

   ,',-----、__ ヽ=' /( /\/ヽ、 /、::::::::::::::::::::/
   |::::::::::::::::::::::::ヽ、 ̄:::::\ /ヽ--'ヽ/ ":::::::::::::::::::i      事実、今、新疆がロシアに奪われてんだろうが!!
   \:::::::::::::::::::"=-、:::::::::::'ー'  ̄ /'"'--ー7 ̄ヽ
    \::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::/     /:::::::::::ヽ     これだから頭でっかちの進士さんはよぉ……
      \::::::::::::::::::::::::::ヽ、__,,--/、    /::::::::::::::/i、    (←科挙に合格してないが、功績だけで大臣まで上り詰めた例外中の例外)
       l\::::::::::::::::::::::::,-'::::::::::::::ヽ____ ,/ヽ、:::::::::::::::ヽ
       ヽ,\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,"  i::::::::::::::::::::::|
         7:::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ、::::::::::::::::l






                                            \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
            / 7       !    ∧:: : /__j             ≫                               ≪
          _,.斗 7        /|!   ィ/:: :: :: :: ::  ̄ ̄ ̄ 7ノ1     ≪   しゃらくせぇ!! 俺が独りでやってやる!     ≫
        ≦≧ 、,ノ        !:: '._ノ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : '.      ≫                               ≪
      , ィ7 ⌒丶、 '.  ,. ⌒>ー 1:: !:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : : ハ    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
    _γ ー 、,.ヘ  | Ⅴ´\、  i!、i:: :: :: :: : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::1_   !
    /,イ   !   ! !ノ   \ 、1 | :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::7 /j
   }_j \   |   |/      !:: ` :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::./´:: ::i                  ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
   |/\  丶j  /     _,」-───一 - 、:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::/                 <                             >
   f丶、\_ノ ̄   ,.  ̄ ̄ヾ7 干7 z≠ ‐- 、::, :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: / /               <  朝廷もロシアもイギリスも、誰も中国が新疆を >
:: .. .,, .`ー ='´,, .. ,,. '´       i ( j/   }i}! ,  !__z __ ,. :: :__,.:: :: :: :: :: イ´::7                <  取り戻せないと思ってるようだが、俺がやる! >
;; ,, : :: ;:  :   ;:; , :; ;. ,, __/' Yi! /`ヾi! | ,   /::/_ Z:: :: :: :: :: ::, ィ´ - 、              <                             >
:: :;; ; ; , , , ,,  :: ;; . ;; ::: '. ,,     ∨ ヾ__゚' jヾ / ,./:/_z≠ 7:: __:: :: :: /     !⌒              Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
   ' , : ;  :;  :: ;; ;;: :: :::: .     |     "´ /'r‐ 。く´  /:/´}!:: :: :7´    '.
  , ;; ;; : : ;;:  : : : ; ;: : : : '  \  !  ,_、  メ'´ `ヾ、_,ノ  /´ノ ム斗' ̄ ̄ ̄ `゙'
, . . ,, :: ; ;:;:    :;; ..   , ,. '´  i  />、ヘ '__,     /-一'           \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
: ;; ,, ::    :; ; ;  ,,:   : ,: !       ハ |/:::::::: `ーr1   /      __        ≫                                         ≪
:: ;;; : ,, ,,; : :: ; ; ;: ,.   : : : ' .     ト,i ト、:::::::::::::::,jソ ,. ´     / __ ヘ       ≪   誰が足引っ張ろうと関係ねぇ!! やるかやらないかだ!!    ≫
;; :; :: ,,   ;: ,: ;   :  :;  |    j::!l \ー-_y'´ '´         !´,.一ヘ       ≫                                         ≪
;::,' , :   . :;       ;   !    /:::'、> 、二イ           |       \    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
:: :, , ,     '゙ ` ,    ::;  |    l::/ 7        __     |  ,. '  ̄ 丶、
:: : : :: ,,;,.    ::;,      :;  !  /  ,/      /    > 、___j/        \  ※こんなんだが軍政家としても優秀で、近代化を推し進めた



┌──────────────────────────────┐
│  辛亥革命の主体となり数度の蜂起から革命政府を誕生させた     .│
│  宋教仁や黄興といった華興会の革命家たち              ....│
└──────────────────────────────┘
                                                  x≦三三三三三三三ミメ、
                                                /.ニ三三三三三三三三ニ∧

                                               /三三三三三三三三三三三∧
                                              , 'γγγγヘ三三三三三三三三∧
                                             /        ゞ彡三三三三三三三|
                                             |           `´彡三三三三三|
 俺は袁世凱も孫文も認めない!!                       |              彡三三三三!、   ,ィ
 支配者を作っては今までの歴史を繰り返すだけだ!!           !              彡三三三三,'マムマムシ
                                             ',ゝ、            豸三三,'´ ',  __
 中国は法治国家として生まれ変わらなければならない            弋マ,  、____,..=======    Y .! 》 l `ヽ  ヽ.__
 議会をつくり、中国人一人一人が選挙で選んだ議員によって         |  〉  ii ィ´歹ア          ノ  i `、丶
 国の行く先が決まる。その時まで革命は終わってはいない!!      __人./       ̄¨         冫ー′〉  |    
                                           , '´    ヽ__                 ,'   , '  /.  /i
                                       r―‐´、____   \ー―、        イ. /   /  /i:i:i:i:
                                     , ィ´ゝ、  ____.    \Y´ ヽ    ィ´ /.   /. /i:i:i:i:i:i:i

                                   , ィ´             ̄ ̄`、|:i:`ー´__, ィ´ゝ、 /    //i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                                 , ィ                !:i:i:i:レ´|\_____イ`ヽ   /´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
                                 iヽ                 ',:i:i:i:i:i:i:|ヾ::ヽ___У,弋r´i:i:、i:i:i:i:i:i:i:i:/ ,
                                / \                ',i:i:i:i:i:i:', \;:::、/  |i:i:i:i:i:i:ヽi:i:i/ / 
                              ./.    `、                 ',i:i:i:i:i:i:', {:::::}    |i:i:i:i:i:i:i:i/ /  
        ・━━━━━・                     `ー、        __,ィ´¨¨\:i:i:i:i:',. 〉〈.   !i:i:i:i:i:i:i:i|' /   
          宋教仁                 ,          \   /イ         \:i:i:'.l:::::ヽ.  ',i:i:i:i:i:i:i:|',    _
        ・━━━━━・              !.        , <´ .`マ/                \.|:::::::::',.  ',i:i:i:i:i:i|i,..:':.:.´:.:.:.:.
                                , ー<´                     ゝ、::::::',.   ',i:i:i:i:i||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.



                 __
               /:.:.:/ ̄`
           -=ミV':.:.:./ ̄ ̄ ̄ ̄\

          ∠二 ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: ̄ ̄ ̄ ̄\
         /:.:.:..:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:「:ヽ\:.:.:.\
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.V:\:.:.:\

       :/:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.∠_:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:V:.:.:\:.:.\
        :|:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/斗=ミx' ̄j/:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:「 ̄`ヽ
      j/:.:.:/,ニ=彡/   '^Vテミヽ_ j:.:.:/{:.:.:ヽ:.:.:!
       ヽ八ヽ┐´     `ー¨´   /芹彳ハ:.:.:.ハ.:!    お前の言うとおり確かに今の政府は歪だ
        ヽ:.\_,.          / ド'/  }:.:/ j/    袁世凱も孫文もその手に権力を欲している
            V:.{             冫{  j/  
           V         ‐-_-  人         だが今必要なのは中国という国が一つにまとまることだ
            |               /
            |   .   ヽ.. _   /            敦初、今ある中国を信じてみろ!!
            /    :.    / ̄
        ,.i〔     ヽ  /、
    __,.へ : \    \ \

  /     ヽ : \ ̄ ̄\ -‐\_

 /        ヽ: : \         V:.\         ・━━━━・
/          |: : : : \  ヽ   〉∧ ヽ          黄興
             |: : : : : : :\__/ : :∧ :.       ・━━━━・
         /  |: : : : : : : : : : : : : : : : : :i }
        /  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : | /
      /  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!{
      /-<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/











┌──────┐
│  そして   │
└──────┘

              _,,..:--─‐-=,,._
            ./;;,ィ''"´ ̄`゙゙ヾ;ミミミ;;、

           ./ミミ/゙       ゙:::゙iミミミ:l
           iミミ′:     :  ..::::_;ミミ;ミ;リ
            ヽ,! ゙ .,;;;..''  ''゙゙;;_ ゙:::ヾ;;;;;;/
         .    } :'゙::“:゙:. l::'゙.”:゙;.::'':;;゙irく
         .    | ヽ .,r ..:::、   ..::::;;;トl;|
             |..  :' ''ー;^''::ヽ. :':::::;;;i::ソ
         .    l、 ←‐'‐→、! ..::::;;;l゙´
             ヽ.. `゙゙゙.,゙´ '":::';;;ハ、  
             _,,/`i、 -:: -:::'::゙:::;;ツ'::::`;、_
         _,...-‐''" | ゙;、 i":;;:::::;,/':::::::::;!::::`::-、.._
             .l゙  ゙ヽ:;,ン'":::::::::::::/::::::::: : -ー `

              l   .,/;l     ,r"
              .ヽ /r;:ヘ、 ,,/;''
               ゙ ''::'`'´ ヽィ::'

                ┌──────────────────┐
                │  天安門に飾られている終身指導者    .│
                └──────────────────┘











                     ー- ミ\}ヽ
             ヽ、    > ̄~^'ヽ  ヽヽハ j|
             ヽ)\レ'   -==≧ヽ } } :レ/ノ}
         -- ‐=≦  ,'   -=≦=ミ ノ、}_jノ、<
          フ’     :{     / { //    }トハ`
        /      ,    7ヽトミレ、  ,.斗从}
        ⌒)     个fニメ、{ 弋ぃ㍉' .::イァ7! '   挙げていったらキリがないが

        /ァ,     八 )レ'   ~¨   {`~}'     代表的などころで、近現代の楚人とはこんなところだ
        /ノ       丶ム     _ 」 /
        /_/}       } ヽ    , -.、/      誰も彼も苛烈な性格をしている
         / 人 {   rミノ  个x、 ⌒./_

             V}从 レ^> ≧=-- 、 ̄f彡}
               ノ{       ̄`、ヽ j 「 、
         _ ,.斗r≦ 人       ヽV/  }l ト 、_
    ,ィく ̄ ̄        ≧s。 ., ___V:、_ノ__      ̄ }、
   ,ニニヽ、              └─┬┬─’      jハ
    ,ニニニム                 v∧        ,=-,
   ,-=ニニニハ                 v∧       {=-',
  ,-=ニニニ=-,             ┌─┼┼─,    {ニ=-,






                  /\     ___
              /i:i: _ -ニ       ⌒≧s。
             _ -ニ               \
           ィ(       。s≦⌒\  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ

         /   _ -ニ __ノ:::::::::::::::',:::∨ /     ノ
        /  _ ‐ニ:::::::::::::/\:、:::::::::::::',::::V    ィ(
.          / .::{:::::::::::::/  〉\/⌒Y::::.  /
      / /   |:::Y__ノ⌒7_ノ廴ノ〈  V:::./    思うに楚人は侠客的な気質を持っているのと同時に
      //    |::::|^Y__ノ\::::::'.\ィrk ..W:|     強烈なまでの愛国者なのよね
     〈(      |::::| |八__  \::::f vツ:. .:::|
      ゝ  ‐=≦.:::::| | 、(ゝツ  \""" .! !::.     殆ど中国に居らず、海外で資金繰りと外交をしていた孫文に対して
           ⌒7:::: | |::::\{',  '   /| |::::.     宋教仁や黄興は蜂起を繰り返して、故国で血を流していたもの
             /:::::: | >‐‐|^', ゝ ' イ. | |Y::V    黄興は、戦場での傷が元で指が欠けていたそうよ
            .:::::::::::|Y  V /乂`¨¨  || |Y ⌒ヽ
         /:::::::::::ノ }  ∨{〈  ヽY⌒Y .!ノ: : : : ::.
          /:::::::::::/::::|   八 Y }乂 ノ{ ノ\: : : : } /〉/〉
        .::::::::::::/:::::::〉==== 〉 >/⌒ヽ 乂(  ヽ: : ノ (〈/^7
         .::::::::::::/:::::::::{   /  /    :.    ∨/   〈ノ〉



           >=======<
         /;;;;/;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;\
    _,,ィ''ゝ.i;;;;;;;;i;;;;;〉;;;;;;;ヽ;;;;、、;;;;ヾ;;,   
   //ゞィ{;;ゞ/;;;;;;;;i;;;;;i ヽ;;;;;;、ヽ;;,ヽ;;;、ヾ
   ゝー彡イ/i,;;;;;;;;{;;;;i ー-ヾ;;;;、ゞ斗;;;;;;、     確かに楚人は祖国に拘る人間が多い
   {ゝ彡ノ/;;;i マ`i};;;;i弌笠ラ (ゞ|;;;;、;;;;ヽ,_   
   `´/イ;;;;; i ゝ廴;;',     .'.iノi;i.\;;ヽ"´  趙の平原君は先程も言ったように君臣の仲を保った稀な人だが
   //ノ;;;;;;;;i  .', .';;;;,    ‐'./ .i{  .ヾ;}   斉の孟嘗君や魏の信陵君は国から追放されたことがあり
..,ィ'フ// ノ,;;;;;;;;i   } ヾ;;;≦。ノ          その際には「是非我が国の宰相になってくれ」と声をかけられた

ゝイ  ゝ'/;;;;;;;/  .ィ乂、 `''''{、''<、         
    .,イ;;;;;;;;;/>' .ヽ,ヽミ<.}i.i  .}ヽ        
  /;;;;;;;;/   \  `<ヾ|.|  | { .      
;;;;;;;;;;;;;,イ      `<_,,。=ラ  | .',
;;;;;;;>.ノ     _,,。≧´  .⊂ニ''`'i  ',
   {     /      ,ゝミ''ゝ 〈ヽ }i
  ソ    __/   /`''''''''''ー`、、`'/, .} ソ{
../,,。==イフ  /     / .`'/i .` / .|

                                                    |ニ|      // _
                                             ii、__   >ニニマ''‐   //''"´。イ
                                             .iニニ\ .}ニニニニニi、  //ィェ≦二ニ<
                                             .マニニ>ニニニニニニゝ/ ,イ´_ノニニニニニム
                                              }イニニニニニニニニ二{〈ニ二二>ニ二/
                                             /ニ二イゞヾニニニニ}i、乂ヽ、`''<ー.<
                                            .ムニニ.i´ .`.'ニニニニ二iニニニニ,'<≧,

                   他国の人間を国の宰相に?          ミニ二iッ、 ィiニニニニニiマイニニニ, `"'
                                             .|ニ匁ッ  .ィ弐シ.ニニi/ .'ニニニニ
                                           >i:i└]|i, .i    イノニi、 'ニニニ二,
                                         イi:i:i:i:i:i:≦ニ}s。ー ,。イ.iニi } .'二二二,    
                                          マi:i:i:i:i:i:ヾニニ{==,''ー┐.iニiイs。.'ニニニニニ.,   
                                          }i:i:i:/└/乂ノ'''''/ノノ''"二ゝ,.ニニニニ二,  
                                        >==//.乂ノ77  |/彡、マ/   .マ}i,ニニニニ二 
                                        ,'  //''<_// 丿i}乂ノ/、  /二二ニ<ニニ二,
                                        }  //''<_//ィ i.//  .//  `//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ニニニニ
                                       ノ_,, .iノミミ//   〈〈  i.{  /{.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iニニニ
                                      ノ  -ー.`ヾ}ヾ .i  .ヾ彡ゞ ./.マ)イ:.:.:,ィニ==--:.iニニニ





           >=======<
         /;;;;/;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;\
    _,,ィ''ゝ.i;;;;;;;;i;;;;;〉;;;;;;;ヽ;;;;、、;;;;ヾ;;,    そういう事に抵抗のない時代だったのだ
   //ゞィ{;;ゞ/;;;;;;;;i;;;;;i ヽ;;;;;;、ヽ;;,ヽ;;;、ヾ    特に顕著だったのが秦でね
   ゝー彡イ/i,;;;;;;;;{;;;;i ー-ヾ;;;;、ゞ斗;;;;;;、   歴代の宰相の出身地はご覧の通りさ
   {ゝ彡ノ/;;;i マ`i};;;;i弌笠ラ (ゞ|;;;;、;;;;ヽ,_  
   `´/イ;;;;; i ゝ廴;;',     .'.iノi;i.\;;ヽ"´

   //ノ;;;;;;;;i  .', .';;;;,    ‐'./ .i{  .ヾ;}     ┌────────┐
..,ィ'フ// ノ,;;;;;;;;i   } ヾ;;;≦。ノ            │  商鞅(衛)   ...│
ゝイ  ゝ'/;;;;;;;/  .ィ乂、 `''''{、''<、           │  張儀(魏)   ...│
    .,イ;;;;;;;;;/>' .ヽ,ヽミ<.}i.i  .}ヽ          .│  甘茂(蔡)   ...│
  /;;;;;;;;/   \  `<ヾ|.|  | { .         .│  范雎(魏)   ...│
;;;;;;;;;;;;;,イ      `<_,,。=ラ  | .',         │  蔡沢(燕)   ...│
;;;;;;;>.ノ     _,,。≧´  .⊂ニ''`'i  ',        └────────┘
   {     /      ,ゝミ''ゝ 〈ヽ }i                        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  ソ    __/   /`''''''''''ー`、、`'/, .} ソ{                        |  浦和かな?     |
../,,。==イフ  /     / .`'/i .` / .|                        ゝ_________,乂




┌────────────────────────────────────┐

│  ところが楚の春申君は主君に疎んじらても全く危機感を持ってなかった        .│
│  他の四君とちがって彼は王族でもないのにだ                        .│
│  あるいは屈原もそうだ。彼は政策が受け入れられないと悲嘆にくれて自殺した   ..│

└────────────────────────────────────┘

    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,   i l'   ′ _,. -        ̄ ‐ 、   ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;_.. !  ,.、-―-,.ィ ,. -―       -、`ー-;;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     '''''',. '" _  ,イl!ゞ、.ヽ././´/ ―- _      \ '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
             ,/'" ´ / ,ヽl/ ヾ ,.`      ̄ヽ``     、 ヽ,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,

''''';;;;;;;,,,,,,,        /  イl .l ,.ヘ /,.         、 \    ヽ`ヽ、           '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,  ,.'/  .i !i! l l // !           \ヽ   、 !ヾ               ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,// , !_,l!,l-t〃 l i     .!  !      ヾ、   ゙、 .!;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;''' ,イ  ト l!.i´ ′ ! .l    i  l  ゙,     、 !     ト、!
,,,,;;;;;;'''''''       .  l/.l  lヘゞ! 、 .! !V   ! .ト、 ヽ    .! !   i .!   必ず楚を滅ぼす……必ずだ!!
           .  ! l ' !ヾ゙!   \リ ∨  !V l ヽ!ヽ l  .!l   ; !;;
     ''';;;,,,,,      ;/! i ;ゝ! < 忖\∨、l ∨/忖 ! .l .!.!-、  .ト、!          ;,     '';,,,;';,,;''
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;/ .!/! .l !ヽ  ー=‐ ヽヾ、  ー= ! !.lリ l .! l { 、
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''   ! .l, ヽ ,     .:::::l       }/,ノ ,イ ! !       ';,       ,;
                ,!l i!  ,       ::::! _      /,.イ !.ト.{          ''''';;;; ,,,;;;''';;'
                 リ l/ハ            イ ! 仆_l ヽ              '''';;;;;    ,,,,;'';,
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'  从 , 、   ー   一   , '_.-=ニ二ト、         ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''        W ! ! 、   ̄  /ニニニ二二\_ ,. -zz777777ヽ ;'  ''';;;;,,,

;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;'''; .        ___⊥,,,,>__≦二二二二二二ニ///////////////∧;;;    '''''';;,,,,
      ;;;'';         〈二二二ニニニニニニニニニニニニ/////////////////∧'''';;;;,,,,,,  ''';;,
                ,.--ゝ二二二二二ニニニニニニニニ,イ'//////////////////,!
┌───────────────────────────────────┐
│  そして強い愛国心は転じれば国を滅ぼすまで止まらない狂気となるのだろう  .....│
│  言うまでもない。伍子胥の事さ                               .│
└───────────────────────────────────┘




            、ミミ| |/イ
          /≧ヾ| |/イ
        ./─‐===U=ー
        ヾ>○ニニニニゝ、

        .ノ┐;;|匁≧===彡   まぁでも土地への執着は武士的なものと考えれば

       ./ ∧;;i. vァ丿フ     割りと身近に感じないでもないがのぅ
   _,,。s≦;;;乂,,_∧;',ニ彡:.〈
ニ二;;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:.:.:.:.ノi;;i(__)__ヾ∨

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}:.:.:.:.:.:./ i;;i乂_ヾニヽヽ,

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:.:.:.//.i;;iニニニニニ}}ニi}     、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:.:.:.///.i;;iゝ==<i}イ.|   //
;;;;;;;;;;>'´:.:.:.:.:.////.iノニi}○ニ()//i .//

"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.////ノニニニニ[[__}}{ Yヽ/
.:.:.:.:.:.:.:.://////ニニニニi|ニニニ.ヽ_Y
.:.:.:.>''´/////>====┴====ミ}/i
''´//////////ニニニニニニiニニ.|///.i




                                      _
                                   /;;;;;;;;;;;;ヾ;ヽ

                                   i;;从从',;;;;;;;;}、;〉
   田仲も魯の朱家に私淑した後              ヾ,笂 i;;;i);;/}i.';;;,
   やはり楚に返って侠客になったというし          .}、-ノ;人 .ミ .};;;i
   楚人の故郷好きは筋金入りと言えるだろう       {'ソ''´イ´`}i .';;i
                                   .}'´/、_,,{i  {  .i;;,
   李斯のような例外もあるが                }iイ__,,,,,,∧ ∧ i;;;,

                                   /{====┤}  ∧i;;;;i__
                                  //  ≧s。ヾ,    ̄ }i,
                                 /{.i∨ヾ `"'<}__   ヽ

                                 {∧∨     .{==、,,_i}≧s‐┘
                                 /:::}i、\    .}ノ, }
                                 ,::::::::',∨、≧s==イ.〉イ>''"ヽ
                                 {:::::::::', }、 `"''''''''´ ゝ==< .`ヽ
                                 ∨::::、::}i \        



┌──────────────────────────────┐
│  『故郷に錦を飾る』という言葉がある。                   │
│  この語源は、漢を打ち立てた劉邦と天下を争った項羽の発言だ   .│
└──────────────────────────────┘

           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./
   l、| | l // ///|   l  / / //// / /  富貴を得たというのに故郷に帰らないだと!?
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /  
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'    そんなものは夜中に錦の服を着て歩くようなものだ!!
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l    
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ    
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
   ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
   |     _|_\       /| ./      |     ・━━━━━━━・
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;      覇王 項羽
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/    ・━━━━━━━・

   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/
┌───────────────────────┐
│  項羽は楚の将軍の家系。言うまでもなく楚人だ  .....│
└───────────────────────┘



┌───────────────────────────────────┐
│  対して彼のライバルである劉邦は沛の出身                      ...│
│  ここは楚に支配されはいたが、元は宋の地であり、純粋な楚人とはいえない   .│
└───────────────────────────────────┘
                         ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::lィ≠トf、:::::::::::::::::::::::;
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ    ~}:::::::::::::::::::::}
                     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    リ::::::::::::::::::::ヾ

                     {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ爪::::::::::/イ   -   ヾ::::::::::::::::::::ハ
 99回負けても            }:::::::::::::::::::::::::::::/ィ竿ミx}イ::::/   .ィf竿ミx ‘、::::::::::::::::::::::}
                     ノイ::::::::::::::::::::::イ〃´::{   }イ{        ”  Y::::::::::::::::Y
 もっこり蘇ってやるぜ!       }:::::::::::::::::::::::::{     -、 、 .}      -、     .}:::::::::::::::::{
                      ,从:::::::::::::::/ヾ /   ヽ    ./     ヽ   .}:::::::::::::::::ハ_
                   -‐:.:.:.:.:.:.}:::::::::::::|   /     ・}    {・    }   Y::::::::::::::::l|:.:.:.:.:.:.‐-
              ‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:::::::::::::|    _          _      .l:::::::::::::::N:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‐-
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノヘ::/{:::|   _  二ノ  "  ー--  _   l:::/Y::::/\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ :/:.:.:.:.マ Ⅵ  '"      r    -、 、      |/ l:::/:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
              :.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.癶  '.            - _ -         .l  'ハ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
              :.:.:.:.:.;.:.'ー--/:.:.:.-彡/::ー|                    l-イ::{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.廴入:.:.__
              :.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.{ィ::::Λ   ,              、  .爪癶{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
              :.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}/}'! ‘   { ト、_       __,,}   / |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
              :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   、   ヽー ニ二二ニ イ      ' |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 ・━━━━━━━━━・.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.  \.  \     , J   /   .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
   漢の高祖 劉邦  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    \   ` ̄ ̄´           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 ・━━━━━━━━━・.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l       ` .      .,'     .ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l\       _        //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.







┌────────────────────────────┐
│  項羽は炎のように戦い、目の前の敵を常に打ち破り続けた  ....│
└────────────────────────────┘

               ,. <´ト、ヘ                     /              /
            /      ヽ \                     /      _      /
            || /      ヽ                  /.    ,r´ |    ,/
           ||,ハ| //  ノ  ヽヽ                /    /f ,!    /
             ||ヽレ伐テリ/,/ /,.r`,               /     /   }    /
          _,」'‐'´ ̄i' '-イ"レ' ´ ,/|              /.    /  ,!     /
         |n () () | ‐,∠-‐ ´_ |              /.    ,!   ,!    /
          |`,.-―ァ'てj_,r'´:' ̄:::::: ̄7            └-- ._,!    l    /
          ,.!'   <二ニ'ニ'‐、:::::::::::::::/}                 |   ├ ┬ -'
   「 ` ―- '´     ,.. ‐'‐'‐-ミミlニ=、!'                 |   |.  {
   ∨)         ` ¨{ {¨:::7>:> lニ=、      r'´ ̄ `丶     |.    |  |_
   \ 0         Oヽヽ{{f r':::::::::::::`:--┐  `丶 、   i    r'    |.   トヽ
     〉、            >{{:::::::::::::::::::::::;.-` 、    }  ト-、/      |.  ! l ヽ
     `7`丶、0        / ∧:::::::::::::;r'´ ,.ィつ>、 _ |   〉/'  ヽ / }  | l ヽ
<二ニ‐-j:::::::::::7\      /   ∧:::::::::f  ,.' ,.' ´   ,.〈   !            _} |  ヽ
    `y` ―,/  \.    /     Y_::::{  f0f    ,r' ,〉           /   ,〉  j
<ニ_‐-/:::: ̄/     ∨          |`t\{ |    {Of \               ,.-'´
   `/ニ―/\-、     ∨ ,/     ´|-、`0廴   ! |   {、          /
 ̄ `┴-二〈  \ ` ‐-、「`´  ,.- '´-' /   ̄ ¨\`‐、|(∧  `、        _,.‐´
        ` ‐- \_ `-‐ ' ´- '´ / /  ヽ   ヽ `丶≧、\_   _,. メ'
           > / //  /  /     ,イ丶、  、    ` ‐-ニニ‐'´





                                      _,イ´ ` .、 ___ , 、

                                    /       丶: : : : : : : : :\
                                   /: : : : ヽ     ` : : : : : : : i  /`ゝ
                                 /: : : : : : : : :`          _   { ノ ,イ          _ .,, _,., ..
                                /       : : : : !    ノ: : : : .`. Y. : : : ` ー、      彡:::::::::::::::::::`Y ,
                                \: : : : : . . . -. . : :.、 ヽ: : .... ..::彡ン_ヽ-= 、=‐-`--- - 彡:::::::::::::::::::::::::: ミ、
                                 \: : : : . . . ..... ヽ  __ ,-=、ミヽ⌒ヽ`丶` Y    ./ .才::::::::::::::::::彡彳ミ、》
                                 .-,^ニニヽ _  _ .- ’  `ヽ ヽ》   )ヽ ,, !   / 彡r"ァイ_ノイⅣ ))))
                          __      r//〆==≦ `ヽ          〉 .〉).ノ / ノ / ノ / /  Y   ・ヽ(! ,ャ/ノノ
                        Y ヾ 三三二ニニ丐≡≡少ュ          ./  //彡- '-’´ ___ヽ /   ハ     j .゚/″
                        .ゝ'ユ三三二ニニノ______|==゚"., -―─--==--'=′::::`:..、 /  /、 ____ヽ .`=/
                                  `ー--‐イ   `ヽ _ ` : : : : ヾ: : -、_:::_.ィ′ / 一´イ く_冫- ´
                                           ノ  ` ー - .__ ,ャ_’ . = 彡    .ノ / Y
                                          ,}                  _ ,ー、-- 'イ_/_ ノ \
                                         ,イ                  '   ` ´ ̄  ` ・ . `ヽ
                                        冫、          , =-{、            ゝ ,、ゝ、
                                        /:::::::...`ー-=====´::::::::::::::::`::..、            Yj |j`ヾ
                                       ,' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::....

                                       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                   ┌──────────────────────────────┐

                   │  一方の劉邦は同時代でも五指に入るであろう名将ではあったが    .│
                   │  "目の前の負け"を選択できる男だった                   .│
                   └──────────────────────────────┘


┌────────────────────────────────────────────┐
│  全ての敵を打ち破った項羽だが、中華を統一するのに適した秦の都・咸陽(後の長安を含む地)    .│
│  ではなく、故郷の彭城に帰還し、『西楚』を建てた                                ..│
└────────────────────────────────────────────┘

                  /           \
.                /´         \   \
              / ,            \   ` 、
             / / //          `、`、   `、
           イ´ / / //    i    |   i \`、   `、
           i / / /イ    , /ヘ   い  i  i|i    `.、
           ヘi i イ i i′ イ/ ノ人 i  | i  〉 i/| i   i  )
            `い i i i ////∠ノヘ i .| i / 人i 、レ  i,  /
       _    `い入 i レル'「~~◎ くヘi .| リ/, '◎~フ`リ //
   , -''"´  ~`'''ー- ヤヤ(`>、リ'  ` ̄~~ `リノ,/, ''' ̄´ //
  /           `、ヤ、)′     彡'   i、   ル'--―--、
  / \            い-、        ,,,,,_'.   /   i   |_
_,/   \          Y´ `、      /ー-イ   ノ   .i   .レ' `i
、     `、            |.  \    ` --‐‐'  /     ,.. -- ..,,, |
.\     `、      ,,.. -―-、__.\     ´ /   ,'''"フ  ′   `ミ-_
  `、     `、    i'~´    i \`i `> ---,イ     |_ i,,. ---―‐ (  \
\. `、    i  / .r' ー'''''"""i'Y 「| /   //     i /( i       )、 `''-.、
-..,\`、    i /  i、  _____'/-`/_,/_ノ      ~''´>ー――  i' |     `' 、
ー―-------‐‐''''",(      `l     ̄         `、____  /./      `、

           イ `,  ,,,,,......-<     (´ )        / l.,_    レ'          `、
           | ヤ   _,/      ~        /   `''- ̄イ          `、





┌───────────────────────────────────────────────┐
│  しかし項羽が故郷に錦を飾っている暇は無かった。劉邦を盟主とする反項羽軍が各地で蜂起したからだ   ...│
└───────────────────────────────────────────────┘

       _ト、i`、-== ニ=-==ミ、                          . -- 、                      /;/ ./.://
    -=ニミ: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ                       , ' _   ,, ヽ,_                  /;/ ./.://
   ヾ、_/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ            .           i _`゙,..ィ;;;;;;バ!           _/;/ ./.://
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ                   i_,{;;;;;;;;:ノヽ,¨´,'ノ         __,ィ;;;;;;;/ ./.://
.   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`,                   yヘ`¨,,,゙,,≠` i           /.';;;;;;;/ ./.:/‐´
 //}/:/: : //://^^~㍉: : : : : : : : : : : : : :.i  韓信と一緒に         ヾト. "´〝 .ハ、__  ___,ィ/'´¨´ .:/',/

 !:i  i:/: : /リ:/ノ    }ミ: : :: : : : : : : : : :.:〈  後方撹乱頼むぜ曹参     ,ハ`>.- '_,ノ:.:.ゞィト'´,=、_ゝo=-ィ., ./
 ヾ} リi: :.,'=x:/     ヽ: : : : : : : : : : : : :{                   /.:.イ___,,,,;;;///ヽ!;j´ ,=ィ" /',/
     `i:i心} =≦=  ヽ: : : : : : : : : : リ                , イノ.:.:.i;;;;;;;;;;;;;;/i l! </ o.: !イ=ァ_.'__/、ヽ

      !, '   `ゞ゙'    i: :厂ヽ: : : : :.{              ,ィ',:.-‐/.:ィ、:.;|;;;;;;;/ .:| l!:. o ,.::r,i^}:::r,、ノ ,ノ:.:.ヽ〉   都合のいい時だけ
      < _           |:/んノ: : : : ,イ             ハイ:.:.:.:.:.´:.<:.:!/ .::/| :l!: ,.ィ,┤| _{‐| ヽ.ノ:./.:ヽ  頼りにしやがって
.        }          ´`T: : : : :.,ハヾ_,           /.:.:.:|:.:.:.:.____:./_ /..,,ィ,ゝ'"_,.:;i´{ ヽ. ヽ_ノ;;;ヽ`ヽ、j_
       i `=‐‐       イi `ヾ: : .{ `¨          ./.:.:.,-ゝ-、!:.o/!¨゙,ィ ´,ィ゙ゞ'.^lト.i≦|_,ゝ‐'´;;;;;;;;;;;;|:.:.:.:|:.:.}
       i       イ i !   /ノハ            .>、:.:.ヽ三三三 .l!ィ|/゙ィゝ‐=!}:j::|ノ:.:.;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:.:.:.:.|:.{
       ` ー=ニ´   /   >イニニ ヽ.__          :.:./`ヽ:}三三三 l!メ,ゝ'´,ー=<イ=|‐-':.:|ヽ:;;;;;;;;/.:.:.:/.:./
 __ニ=-‐=ニ ̄i       ></ニニニ/ニニ>、___      :./:.:.、:.:|!三三三!´:ノ  ´,--、_)ゞイ:.:.:.:.:.:.\: ̄:.:.:././
___>、      i! ノ  / / ./ニニニ/ニニニニニニニ ≧-、__  ノ:.:.:.:.ヽ!三三彡'フ′   ,-=、ノ:|-|:.:.:.:.:.:.:.:.,j `¨¨¨¨´
ニニニ ヽ   >< ,=>'´ / , 'ニニニ/ ニニニニニニニニニニニニ ≧=、_=イ7⌒;´;;;;;;;i    _,--';ィ-ィ――、ノヽ.
ニニニニニ>/{  ./ヽ.   ,' .,'ニニニ,/ニニニニニニニニニニニニニ><´ニヽ:.〈i:.:(;;;;;;;;;;;;ヽ,ゝイハ|--ト-、:::|:::::::::::::|:::::ヽ
ニr'¨¨¨´,':.:.:.:.:.:.:/  `>' .,'ニニニ/ニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニハ:.:.:.:.:.ヽ:;;;;/|o:|-}{-|:o:|::::ヾ===「」-}:::::.|'

ニ }  /:.:.:.:./´       ,'ニニニ,' ニニニニニニニニニニニ,'ニニニニニニニニ }.:.:.:._/::::::|:::|_jハ!.!::::|:::::::::|::::::::::::::|::::/
ニi  ,':.:.:,: ' >        'ニニニ/ ニニニニニニニニニニニ,'ニニニニニニニニニ{-イ::::::|::::::::ノ^‐=〉:.〉='|:::::::::|:::::::::::::ノ‐′
ニ/ /:., ' ./         ,ニニニ,'ニニニニニニニニニニニニ.,'ニニニニニニニニニ/ L,...」_/:.:.:.:.:.|:.:|:.:.:.:.`¨¨´ ̄´|
, ' /:.//        ,'ニニニ'ニニニニニニニニニニニニ.,'ニニニニニニニニニハ  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
┌─────────────────────────────────────────────┐

│  直接項羽と戦って勝てるものはいない。なので"負ける前提で"戦いを仕掛け、"大敗の前に逃げる"  ......│
│  そして"追おうとする項羽の後ろで別働隊が蜂起する"、このエンドレス・ワルツが劉邦の戦略だ     .....│
└─────────────────────────────────────────────┘






        (、_
   キ     く ̄
   イ    _/                 ┌─────────────────────────┐
   イ    \                 .│  劉邦にはこのプランを建てる軍師・張良と        .....│

   イ      >   、_,∧         │  そのプランを実現の為に補給を整える宰相・蕭何   ......│
   イ    /     ) キ`て       │  戦略を理解して独自に行動できる将軍・韓信がいた    .│
   イ    !      く   :  /       └─────────────────────────┘
   イ    \     i  :  (

   イ   ( ̄     '~),-ー、(

       (´                  .┌──────────────────────────────┐
        ヘ                  │  己を頼みとしすぎる性格の項羽は、周りに誰も居なくなっていた  ......│
1/`7 〈`v 、\                └──────────────────────────────┘

    .\ !    ̄
     ヘi     ____                                       \
      ` / ̄  _ _,.. -ー'~\                                      \
      //      ____   ゙l                                ジ   ジ  \
      l //  __ __ ̄ ゙̄l                              ジ ャ  ャ 
    /            .\ __ヽ                              ャ |  \ 
    l .//      ヽ ヾ \ (.r、Y、             .(く\   iへ          /   ン    ン  
    l/ i l ヽ     \_ \ヾハ ゙i             \´\(~\\        ン
    ゙l  ! l  ヽ       .y`-、 l`7 l       ( `ヽ     l  l l  l .l               /
    ! ! l  ヽ       l. 0 )V /ハ        ) .〉   / .// ./ l              /
    i ! ヘ   ヽ     ノ ー'´  k〈. i        く  `⌒>'  r'イ ,イ/             /
    ヽi  ` 、  ヽ_  〈  u  |、_h l        `、    ノ ノ /
      `ー - . _` .く (てしヘ、___`ー'ノ/~ ヽ    /  _,.ィ- ' ´
         / ヽ `ー- 'r'  'K ハ/   /〈   K_l    l `ヽ
     /\ {   \  .F===' .ヘ、   l .{   ! `ー- 、..._!,,/
    \  \l    ヘ  !    ,. '  \ /  l / l
      \  \     '' ー'' ´    `ー、 /   l     ┌─────────────────────────┐
       \  \              ヽ   /     │  そして紀元前二〇三年                     │
         \  \              `  /      │  項羽は四十万の劉邦軍に垓下にて追い詰められる   .│
                                   └─────────────────────────┘




┌────────────────────────────────────────────┐
│  何よりもこの自信家の心を折ったのは、自分を囲む兵から楚の歌が聞こえてきたことだった――    │
└────────────────────────────────────────────┘
                               _,,,_
                             /:::::::: ̄`ヽ
                            /::::::::::::::::::::::::::!,
                           〈:::!::::_,ィ_::::;ji::::!::::!,
                           .ヽ:}jソ-゚'',!iト゚ィノ:::::」

                            ヾ、_  o  .ノ)/
                       __,,.-、   .!:}\,,,,,イ::/ r-、__
                      r"),r''´  .ノヘ   >{   `-,rヾ
                      |rゝ==_,,r''´ | `><'´ /\===≧.|

                      || ,r''´   |/zf゚\!   `ヽ、.!||
                      || }ヽ,      |      /} ||

                      || ヾヘ !      ;゚     / ,{ ||
                      || |.ヽヾ     !     /〆{'.||
                      || .{ /<!、    !゚    t"_ !_.||

                      ||<,,==、《、,,,__  ,  _ノf彡ミ< ||
                      .||/´  ヽ}ヾ二、ニ}゚"三二;k´ ´. 「||
                     ./´⌒ヽ /冫≡=__}彡二ニ;{_/⌒ベ
                 f'i  ッ'゙´⌒) /!゙´    ∧` ⌒`j!_f´⌒\-、
                 |!!| ////ィゥ 〉´/,_  /彡ミ\ ___」{ r''i !,ヾ,〉ヽ
                 .l!j/从//_f//'ノi´ヽ/ ヽ;;f´  ̄ `iゝ、t从!゙_ヽ

                  .!|~!^^~'!゙|./.〈 | /    !_{/  ,  /ヽヽ| i ̄ ̄!|
                  |ー===-'"  ゙〈/. ´  .i.{ /、  .ミ、{-''´ ヽ====="
                  !!、 | |___/.    !{__!, !   `|_____ォ |
                   \| |   .〉、    丿 ヽ    〉     | |
                    | |__}    ./__{    !、___」 |

                   __f三/==;/     /=====}     ヘ===;t三i__
                 / f f |ニニ!    /ニニニニニ|    ヽニニ} } 'y ヽ

                 /  f! | |゙゙゙/    /゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙i    .ヽ_ .|. | |  ゙i
                 !   !l | |レ/_  i ./    [二〕、___,,,,,,-"| |.r| |!  .!
                 !、___f| |-it_  ̄''''ーアニニニニニニX   _,,ノニト| |r__,j
                 | ゙゙ !! |.|'ノ!ニ=、___/  ̄ ̄ ̄ ̄.ヽァj⌒..,_!,! ̄!:| | ゙゙ !

                 \〔!-、/´  `ヽ}    ::::   |ノ´⌒ `ヽ」〆lF{
                  |/ ./     |三!  ::::::  「!     .|、 _,ヘ'j

                  .!()ヾ、,,,,,,,,,,,,,,ノ三!  .::::::.  .!,\,,,,,,,,,,,,ノ,,,X'(.)}
                  :ヾソノ ̄ ̄ ̄ ̄´:::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄ ̄ ̄ゞyーノ
               ::::::::::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::

                 .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
┌─────────────────────────────────────────────┐
│  錦を建てた筈の故郷が牙を向いた事で、項羽は自らの敗北を知った。寄って立つものを失ったのだ  ......│
│  大国・秦に対抗するための策が受け入れられず、楚の将来を嘆いて入水自殺した屈原のように      │
└─────────────────────────────────────────────┘



┌──────────────────────────────┐
│  だがここで大人しく降伏し、首を落とされるようでは楚人ではない   │
└──────────────────────────────┘

           ヘ   |  |  |  |  | .| | | | | |.ヽ      \\ .\   .| | .| | || | | |
  な  な    \  \|  |  | .| !| .| | | | | \ \   .\\ヽ   | | | |.|| .|ノ
         \||||\  \| .|  .| !| | .| |  | \ \ `''-,,,,,__ \ヽ\ | .|| /\ノ \   ・
  ら  ら     (|||| |`\ \|  .|  | |  | |  | |\ `- 、______二=\\ .| .|´ 人 ヽ|./|  ・
           \、|||| ||\ .\ 〈  .| |  | |  | | \__________,,,,ゝ ̄/\ | .|ゝ} } | | .|  ・
  ば  ば     /. |||| || |r´  \\|ヘ\_\\ \\ |;/弋__ノ  /;;;;;;;;} | !、!.丿/| | |
           /||  |||| || ヘ、(゙゙\ヽヽ、ヘヽ匕\ \\\!|、-===--彡;;;;;;;;;||/丿 // | /.  な
な !  !   /|||||. .|||| || |  ̄|| |ヽヽ \!;; ̄===\_\ヽ,\;;;;'''''''''''''';;;;;;_;;;|リ_,,/// .|_ノ  
        ./||||||||  |||| || | |||||i、 .) ヽ ヘ     /|;;;`` ̄´        | \! ! //、-´  ら
ら        | ||||||||  .|||| || | |||||)ヽ、!-、  ヘ、  └.|___           .|   .\/へ
        | .||||||  .|||| || | |||/  __`--!   へ、   ォー--、    ./|      ゙̄|    ば
ば       | |||||||  |||| || | ||| .|´ `-,,_     へ、 ゙ ̄ ̄´   ./:::::|       丿
        >||||.   |||| .! | ||{  |    `--,,,,,_    |\    /::   |    r--、\  
!     / |||||||  .|||| ||ヽ、_.| |         `''''--|::::`>-´     .|    !   ! \
     /||| |||||||  |||| |ヽ、   |            |:::::::::::      |   .丶___ノ   






                            ┌┐
                            | nl
                            f フ、l
                           `lニl′

                            lニl
                            lニl
                                ',::::.
                            ',::::.  _ -‐- 、
                           ⊂',-::. {_r-,ノノ 〉

                            ⊂',:::|l≦l ワノ__
                            弋_ノ゚ 。lーl、_/

                             ∨.  。l:.、::l7-ォ
                                 ∨ 。l::〔〕l、∧ィ
                               ∨ _::l , - ヘ、
                              {丶 lニ廴、弋/ハノ.}   __
                        ___∠__/<` ー-=-‐''" _l/

                _  --─=ニ     _ -/::::::::::` ー-=-‐''"
           _ -‐ニ ̄        _ -‐  ̄:/.′::/:::::::l \     _  -───-  _
      _  -ニ           _ .< : : : : : :/ :/:::::::/: :l::::::::l: 、 \-‐ ´_______   ‐ _
     /            _ .< : : : : : : : /: : :/:::::::/: : :l:::::::::l: : 、: :ー- _           ̄ ̄  ‐- _
.    /          _ < : : : : : : : : : : :/ : : :/:::::::/ : : : :l::::::::l: : \: : : : : : :  ̄  ─-- _         `ヽ
    l        _ < : : : : : : : : : : : : : / : : :ノ:::::::/: : : : : l::::::::l: : : : : 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄ ‐- _      ',
    l      _ < `丶: : : : : : : : : : : : :/ : : :f::::::::::/: : : : : : l::::::::l : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : ′     丶、   l
    l       /     l : : : : : : : : : : : / : : :/:::::::::/: : : : l: : :{:::::::::l : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : :l          \  l
    l    /      l: : : : : : : : : : :/ \/::::::::::/: : : : : l: : : ヽ:::::.、: : : : : : : : : \: : : : : : : : : : l           \l
      、  /       乂 : : : : : : : :/`丶/`丶::/ : : : : : l: : : : l -‐ム⊃ : : : : : : : : \: : : : : : : :ノ
     \/         ー─‐ ' /\/::::::::::/ : : : /⌒丶: : 、:::::ヘ : : : : : : : : :/ \_ イ

                     \::::::::::::/ \/     \ ',::::::ヘ⊃ : : : :/
┌────────────────────────────────────────────┐
│  項羽は八百騎の手勢を率いて敵の囲みを突破、さらに二十八騎まで手勢を減らしながら更に三度   │
│  敵に突撃し、敵将の首を落としてみせた。配下で戦死したものは僅か二名だった              │
└────────────────────────────────────────────┘





                ///   //___   / 、 l!   \  \
                  ///   /' `ー=ミ、 / /   〉!_    \  \
              // i   /      //__/ \     〉 /
               //, -、  i      ´ ̄´  {! -‐=ミ、_i } / /
                 〈 {/ ヘ.ヽ !      「ニニ、ヽ    /,// /  ハーハッハッッハ!!!
             ∨ {ー<レ        !////7/   // /
              \ ヽ_/        !::::::.//     /' i/     みたか! 俺は力及ばずして敗れるのではない!!
               ! 7iY^i       l::::::::/      /!
              ト、    l/ l !           `¨´    /=' l       天命が俺を殺そうとしているのだ! 俺は劉邦なぞに負けたのではない!
             ! \  ! ! !  !            <__/
              |   .\ ! l |  l  ::.      / |//
              |      \ !l  ::.  ::` ー… ´   l!/    _.― 7
             |       }」-―――――――-レ-― ¨     / 
            |      1:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{       /        *** 輝かんばかりの楚人メンタル ***
           |     ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i        i              
       マー‐X____!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l        l
__     \ マ ̄` …-i::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::l____<___

|   `¨ …――-メ \: : : : :ト:::::::::--―-、:::::::::::::::::,-、::{: : : : : : : : :` :フ , <_ ̄      _,'⌒ヽ __
|             \ \: : :! \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ_: : : : ://   `¨ ー-― ´   ̄ ̄   /
|             \ \|\ .\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| Y //                  /
|              \ ヽ::::.  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| !' 〈                        /





                                                        _____ .......=--- .... __
                                                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ,
                                                   、___/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i.|
                                                    ,....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                                                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ
                                                  /:_::::::::::::::::::::::::::_i:::::::ノ::::::/^~~ヽ::::::::::::::}

                                                  /.{:::::::::::::::::/メx|:::/レ/_xz=x }:::::::::::::i
                   韓信の四面楚歌策を見た時は             i:::::::::::::,,:レ´ ̄ ∨ |    ̄ ゙ {:::::::::: ,

                   エゲツねぇと思ったもんだが                >;:::::::: |.`-‐tッ-    -‐tッ- マ:::::::::}
                                                   ハ:::::/{:}   ̄  ,     ̄  .}::::::::::
                   もうアイツの存在自体がエゲツねぇわ……         マ:i .}.      :;i ,        i:ト、:: }
                                                     `ム .i     _          .レ /彡
                                                 .-<}二二二二二二)      ノ:::::i/ __

                                               ,------------┴-------- ‐  ̄ ̄     ./
                                        __   __」                              /
                                      <: : : : : : : :.ーム                         ├ ---  . . . . . .____
                                     : :.:ヽ: : : : : : : : :.:.:.ム                            ト、: : : : : : : : : : : : : : : >
                                     : : : :ム: : : : : : : : : : :}                            {: :i: : : : : : : : : : : : : :/: : :
                                     : : : :.:ム: : : 、: : : : :.:.:i                      {     .__」__ム: : : : : : : :,: : : /: : : : :


┌─────────────────────────────┐
│  項羽が長江まで至った時、土地の役人がこう言った         │
│  「江を渡り、江東の地で再起なさい」と。項羽は笑って答えた    .│
└─────────────────────────────┘

                            .~;:'⌒: 、
                       /: : : : : : : : \
                      //.: .:i : : : i : i : : ヽ
                     ∨ /!: !: : : :| : | : : /       断る

                      〈∨jI斗 ― - ミ :/〉
                    >''"        "''<      いまさら何の面目があって彼らの王として立つのだ?
                   〈 O 〇  ◯  〇 O 〉

               l\     Λ                /       /l
             l  \  jI斗'′''   ―――‐    ┴-=ミ, /  l
                l 〇 `:´                     l 〇 !
                Λ    |                     l    Λ
            { Λ O                        O /ニ}!
              从-ニ 、  ',                    /   -ニリ
             / Λーニ\O、                 /O/=‐く
           / /  \ー= \i}                  ' /‐ァ'゙ \\
           `   //`,ー=ニ〈、              ノ〉ー癶\  \〉
            //   }ー=ニΛ`            /厶イ  \\
              ´     `ー=≦ヘ  `        '" /          ̄
                     〉            〈
                      く \           /7__jI斗‐ァ
              <  ー--=彡 ミ\        彡/    /
                    ``~、、`^~; 、、 ``     / "´  /
                   )r― -=`ー--  ≦  jI斗く
                  >'"/  /       "´   、 `'<
                >''"  、丶     /       \   `'< ~"''~ .,
         >''"   、丶`   / /             \     "'<    "'<
       >''~   、丶`    /  〃                  \       "'<    "'<




            _、ヽl/ ミヽ l/,

           ニ  / テ/T ヽト
          イィ   -、l 、ゥ ヵl'
           オ/  ヽ、  _゛/     唐の詩人・杜牧はこの地を訪れて、一詩を残している
            '∨ィ/- _ヽ- 、
         _  -‐'、: : : : ヘl: l 、__
        /ハ: : : : : : : : : =li=   li

         i///ハ: : : : : : : : _li_: : :lハ              勝敗兵家事不期.
        i/////l: : : : : : : : : : li: : : : lハ
       //////l: : : : : : : : _li_: : l/ハ            包羞忍恥是男児.

       //////ヽ: : : : : : : : : :li: : : .l'//ハ

       //////  ヽ: : : : : : : : li, ェ、:l///ハ           江東子弟多才俊.
       '/////7エェェ―― / 三ミ ヽ`ヽハ
       l'/////////   l  _ニニ _l   l/l           捲土重来未可知
       ` 、'/////l    l T: : li: : :l ,i  l/
           >、'l     l/: : : li: : l / /
           /イ//l ̄ `: : : : .li: : `ー"     勝敗は兵家の常だ。恥を偲んでこそ男である
         /, ' ///l: : : : : : : :.:li: : : :.l      江東の子弟には俊英も多い。彼らと共に巻き返しもできたろうに
       // ///,l: : : : : : : :.:.li: : : : l

      /:/   ////l: : : : : : : :.:.li: : : : :l     という意味だな。
    /:./    ////l: : : : : : : : :.li: : : : :.l     「捲土重来」の語源になった詩だ
   /: :/    ////,l: : : : : : : : : :li: : : : : l
 /: :/ ̄ヽ   /////l: : : : : : : : :.:l i: : : : : l
/: : /     ヽ/////l: : : : : : : : : :l i: : : : :.:.l
l: /      /////,'l: : : : : : : : : :.l i: : : : : :.l






┌────────────────────────────────┐
│  項羽の猪突猛進っぷりや諦めの良さは若さ故と言われることもある    │
│  彼は楚漢戦争の頃、若干二十代。対して劉邦は四十代だ          .│
└────────────────────────────────┘
                 _  ,.-...、ヽ

                  ,ィ::::::::::::::::::::::::::ヾx-
              { ./:::::::::::::::::::::::::::ー::":ハ
                冫::/::::::::ソハ:::ミ,、:::::::::::::ハ
              イ::r;:::::::::::::::::::Π ``Y:::::::ヘ
                  {::::〉::::八lハト、ヘ!,,ャ=、 彡::::::}   アラフィフです☆
                 l::::::::「 ==x   仼!〉 |ヽ:::リ
              `Yi´l. ⌒ :!     レ:::::}
               ヾ::::.     :..     l::::;イ
                 ゝl 、   -ー'  /.レ′
                   } .`     イ  .ト 、        r 、
               _ /ハ  ` ´  /  ヽ ヽ:: :: -.. .. _  | }
           _.. :: :: ::/::./ :.     :   .‘,ヽ :: :: :: :: :: ::} L

        _.. .: :: :: :: :: :/:: ,' ─-、    -‐ ´_,,,,゚,::ヽ :: :: :: ::/   `¨¨'  ̄_ノ
.       / :: :: :: :: :: :: / :: i_ ,,,  -─ 77////,'ハ :: ::ヽ :: ::.ハ r‥ '' ヽ ̄
       i ::.、 :: :: :: :: / :: ::l///////////////////} :: ::/::/イ.{ .ゝ‥. 〈ヽ}
.      l :: :: .、 :: :: ::.\:: :!///////////////////!/\::.| .l八ゝ---i'.}. l|
      l :: :: :: :! :: :: :: /::`l///////////////////l :: :: ::.} l .ヽ .`¨¨彡' リ
       l :: :: ::..:l :: :: :/:: :: l///////////////////,! :: :: :l ::ゝ、  ̄  , イ
       ! :: :: :: :l :: ::〈:: :: ::.!///////////////////l :: :: :l :: :: ー_彡 '
.       { :: :: :: ::.! :: ::.∨ :: !///////////////////l :: ::..l :: :: :: ::/
.     ハ:: :: :: :: :! :: :: :∨: l///////////////////l :: :: l :: :: :: /
.    { ::', :: :: :: ハ :: :: ::.V::l///////////////////l :: ::.l :: :: ::,′

     ハ :: :: :: :: ::.ハ :: :: :: Vl///////////////////!:: :: ! :: :: ,′
┌───────────────────────────────┐
│  年の功による老獪さに敗れた……というのも一面ではあるが       │
│  しかし項羽の行動は生まれ持った気質に寄るところが多いだろう   ....│
└───────────────────────────────┘




           {ヘ、 .  /}
       ,    \\ / / ,_
      / { /{,>ャ__∨ レ´。..,,`゙>z。___

     .{V レ´   /´/ヘ<   `>z__。sf´
  ヽ,< {  {     ´。z___ \  `ミh。.乂.     まぁ杜牧は西安の人ゆえ
   \` .   ,ィォ ィャ彡≦´   ト、  ヽ、\    南方人の項羽の感情に合一しろというのも難であろう
   >''/∧ / { {´.ヘ \`゙<、| \   ゝ、\   
   ./ノ{ |{`¨"´ヘ,.ャf´ヘ マミh。..\  .\  \`ヽ  概ね、北の人間は南の人間よりリアリストなものだ
   ´.ノ{.{ ミミ 、 ´ィ迩ア ヽ{ /⌒i ̄   `>zゝ   
   {/{マ.代ッ.{      . {イ/-\_  .}ヽゝ    
    ノ.`∧ {_      }-´\./ヽ,レ\}                     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       ヽ、__  _ /  ./: : :ヘ` > 、                    |  え~そうかなぁ?  |
        ∧  ̄ /  /: : : : ::〉: : : : ::\                   ゝ__________乂

        {: : `{ ̄ヽ>'´: : : : : /: : : : : : : : ` <、

        マ: : :{ |::::{ {: : : : : :/: : : : : : : : ≧ヘ⌒`ヽ、 
         }}: : ヽ{//: : :>''´: : : : : : : : :/ニニニマニニヘ   法師どのように、己のロマンを
..        ||┌―---┐: : : : : : : : : : /ニニニニマニニム   現実に落とし込むような人間が最も強かろうよ
          }}  ̄「 .| ̄`: : : : : : : : : : ::{ニニニニニマニニ=ム
         }: : : :} |: : : : : : : : : : : : : :{ニニニニニニマニニニム

         }: : : ::} |: : : : : : : : : : : : : ::{ニi二二ニニニニニニム
         } Lニニニニ」: : : : : : : : : ::ヽリ二二ニニニニニニム




           {ヘ、 .  /}
       ,    \\ / / ,_
      / { /{,>ャ__∨ レ´。..,,`゙>z。___

     .{V レ´   /´/ヘ<   `>z__。sf´   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  ヽ,< {  {     ´。z___ \  `ミh。.乂.    |   そうそう、そういうロマンチックな詩作の分野じゃ華南の人間が圧倒的なもんで   |
   \` .   ,ィォ ィャ彡≦´   ト、  ヽ、\    |   俺の時代じゃ、科挙試験は最初から華北の枠を確保してたぐらいでね        |
   >''/∧ / { {´.ヘ \`゙<、| \   ゝ、\  |   そうしないと官僚みんな南の人間ばっかになるんで。いやぁ碌でもねぇな、朝廷   |
   ./ノ{ |{`¨"´ヘ,.ャf´ヘ マミh。..\  .\  \`ヽ   ゝ____________________________________乂
   ´.ノ{.{ ミミ 、 ´ィ迩ア ヽ{ /⌒i ̄   `>zゝ   
   {/{マ.代ッ.{      . {イ/-\_  .}ヽゝ    
    ノ.`∧ {_   J  }-´\./ヽ,レ\}        燕青殿、そういう身内の恥になるような話は……
       ヽ、__  _ /  ./: : :ヘ` > 、     
        ∧  ̄ /  /: : : : ::〉: : : : ::\                         \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
        {: : `{ ̄ヽ>'´: : : : : /: : : : : : : : ` <                       ≫                                         ≪
        マ: : :{ |::::{ {: : : : : :/: : : : : : : : ≧ヘ⌒`ヽ、                  ≪  気にするな! 余のローマの汚職っぷりも負けておらんぞ!!    ≫
         }}: : ヽ{//: : :>''´: : : : : : : : :/ニニニマニニヘ                   ≫                                         ≪
..        ||┌―---┐: : : : : : : : : : /ニニニニマニニム                 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

          }}  ̄「 .| ̄`: : : : : : : : : : ::{ニニニニニマニニ=ム
         }: : : :} |: : : : : : : : : : : : : :{ニニニニニニマニニニム                            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         }: : : ::} |: : : : : : : : : : : : : ::{ニi二二ニニニニニニム                           |   ソコ張り合うところじゃなかろ!?     |
         } Lニニニニ」: : : : : : : : : ::ヽリ二二ニニニニニニム                           ゝ___________________乂




■デトックス


             ,r─ァー‐-_.... _

            ,イ::/:::'"::::_:::::::::\
           ノ:::k:/::/;::::::::::::::::::::\:ヽ
          ヾ:::>W'"'"⌒゙ヾ:::`:::::、:::::ヾ,    いいかモードレッド、
             ∨      i<:::::ヽ::::\::ハ   ほかほか殺戮機構カコ~ントロ~ン・エウレカゴンに
              八.  / _j `ヾ::/'ヾ::',::}   新しい湯ができたのでベディヴィエール卿に頼んで
              ゙㍉; <'r_tァ   メ´レ'ノ:i::';{   王妃をデトックスに連れ出して貰った
             ∨/ \    ┌〈::i:!:::{
             L_       ノ }从从   時間を稼いだのだ。卿は今のうちに卿が散らかした家の
             ヽ‐-、    / ノ~^ヾ`  片付けをしておけ
                  〕    ィ_、丶`    ,ィヘ
                 /)`¨ヾ^´   ,r-ー '//!
        ,r=≠/::::::}、   _メ~´、丶/ ̄ _ヽ、

      ./// ||::::/:j `才´_f ̄: :.// ̄-─‐゙ー- 、           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     .///': : /∧/::;厶-‐: :¨ | : // /: : : : : : : : :_:_:\         |   へいへいわかったよ    |
     /: : i |: : //ヽ ̄: : : : __ノ∨ ': :/' : : : : 、丶二-'^ー≧-、       ゝ_____________乂
   ,イ : : | | /{ : : 〉'" ̄: : : : }/L「: : ; : : :/_メ´       ヽ`ヽ、
  ./: ! : : /: ,、:ヽ:/_: :-── /: :O |: : .;: /ノ             \

  .!: : \f <_、リ/∠>: : : : : i: : : :├一"/                ∨
  ∧_ノ: :! : : 〈〉: -==、>: : : : :', : : : ∨:ト'                  ∨

    /: :/Уヽ{_ -: : ̄`ヽ、: : 厶: : : : Y                    メ
  .///: :|: : : :|: : : : : : : ノ  ̄: : :.>ーメ                       ,r'゙:|
  /: :/ : : ヽ: :/ヽ、 : : /、: : _: :イ: : j          ,、,.へ      _メ::::::|












                 ,.r‐-,r~¬_
            ノ/::::/:::::::::/:::::::ミ、                      \
              |/::::/:::::::::/:::::::::_二ヾ、       た、只今帰りました……
              /:::::イ::::::::/:::::::/::::::::ト::i                     /
           {:::::::::!::::::::|:::::/:::::::::::z ハj                        ガラガラ
           ∨:l::ハ:::::::|::/::/:::/ 〉l    馬鹿な!?
           ∨ソ::∨:ハ/}/;:(! {. !

         ,、  W:::}:从::l:::::::::/'∨ |    はやい、はやすぎるぞベディヴィエール卿!
        _メ   ̄~ヾ=ニニニ=-{_i  /
     _厂      乂ニニニニニ≧_

   _メ          (ニ=- ニニ/ニL_ -=7
   λ             )ニニヽ/ニニ/ニニ\        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  /:::ヽ,             ヾニニ/ニニ/ニニニニニ\       |  よしもう手遅れだ、片付け諦めようぜ!    |
 ./:::::::::ハ             )ニ/ニニ/ニニニニニニニL_     ゝ____________________ノ
 l:::::::::/::::}          {ニ/ニニ/ニニニニニニ/ニニ/


\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
 ≫                                           ≪

≪  ベディヴィエール卿! なぜこんなにはやく戻ってきた!          ≫
≪  偶にはエミヤ王妃に御寛ぎして貰いたいという忠義心はないのか!   ≫
  ≫                                            ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


                                   ̄ ̄   ``
                            /             \

                           /                   \\       
                  .         /  /   /                 ∨〉
                          /  /   /     /           ∨〉
                  .              イ     /丶    |       ∨〉     
                          | |l  ./ノ|     /斗匕´  |   |  }/
          いえ…あの…         | |l /__\   /___\ |   |  }      
                          | 从/ゝ‐=彡゙\/ゝ‐‐=彡 \       八
          それがですね…      |  |               |   トミ゙       
                          |  |      '            |   } }
                          |  |              し |   /彡'゙       
                          |  :,     へ         / . ′
                          |   丶      ̄         //  l〔___          
                         人  个ト   __,,.   イ / |  {⌒´
                           \ |。r≦./    r========ミ           
                  .        ,.-==‐ミ\  /    /        ` 、
                  .      / |i:i:|i{ {:/   /  ̄ ̄/      /   \       
                       { |i:i:|i:ゞ=========ミx  ー===-
                  .    八 `⌒´   /     <>      二ニ=-   〉
                     /  ≧=‐‐=彡'゙ \__∧二ニニ==-  -=ニニ⌒>







二二二二二ニニニニニニニニγ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
二二二二ニニニニニニニニニ |  ここが俺の家か……悪いな、高潔な騎士どの、最近は物忘れが多くてな    |
二二二ニニニニニニニニニニ ゝ__________________________________,ノ
二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ㌻
~ミ.,_‐ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二㌻゛
二ニ=-"'~ミニニニニニニニニニニニニニニニ‐``
ニニニ㌻´‐=}j~ミニニニニニニニニニニニニ/

== ===-‐{ ノリ,;::  ´"'~==ア二二二ニニニ,′   ,.、、、
== ===-‐}/.,;::.:..        {二二ニニニニ/   ,ィ(=ミム
= ====ー,゙,;;;;;;:;:;:::.:.:.       ヤニニニニニ7 ,.ィi{く⌒寸ム}}    ザッ
= ===‐ア,;;;;;;:;:;:;:::::::::.:.:..     }二ニニニニ,゙ィi{Ξ ̄ 刈忖∥
ミ===彡リ,;;;;;;;:;:;:;:;:::::::.:.:.:.:. .   }二ニニニニ叭⌒ヽ ``寸7∥
辷_彡',;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;::::::::.:.:.:.:.: . ニニニニニニム寸心、__ノ/,'

 "''  .;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::.:.:. 二ニニニニニニ}i}‐ニ心///
      ``ヾミ:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;::;::::::::二二二ニニニニノノ心、ア , ゙
        `'::;;:;:;:;:;:;:;::;::;::〈ニニニ二二,.ィi{ニニノ /

            ゙':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.寸ニニ_,.ィ(ニγ㌻゛
           ゙':;:;:;:;:;:;:;:;:∥‐===‐ ニ7i{{

                ゙':;:;:;:;:;:;:{{= ===‐   7リリ
                 ゜:;:;:;:;;{{= ===ー ア,゙,:′
                ゙' :;,ヤー==‐ ア゜, ′
                    ' 寸ニニ彡 ゛
                     `````





                        -ュf´ ̄ `ヽー、
                     /    ヾュ、   \ヽ
                 . -ー<        ヾ\__  ) \
                /: :-:、: :ヽ        〉: :ヽ {:ヽ
                 /: :イ三ニj: : :j   __   /: ; : ハ : :ヽ  \
              {: : リ´rシ: : :ヾ  /: ヽ/:_;_:´: : : :i |: : :}   ハ
              i: : : : {: : : : : | |´j:!: ; : :r: \ヽ_:「_j: : :|    }!
              ヽ: :_; : : : : : :| | 7/:、:zヽ: :ハ __」: : : : : !    |!  ぬっ
               j`7 : : : : : :j |/ : : ゞ!他トミ、| |: : : : : : :|   」|
              /:/: : : : ://: : : :: ヘ、_´ リ!| |: :ィ: : : └=ー7

             ノ:/: : : //: : : : : : : : zュ:_;入L!:j): : ィ__: ://
          _ィ!: : ト-:' /: : : : : : : : : : : : ̄: : 、`: : j r┘「7/

          |「|: : : :ハ  /: : : : : : : : : : : : : : /: : : XュK、: ̄ソ
            ム マ: : : :∨: : : : : : : : : : : : r: : : ⌒八`¨ゝ:/
            jニ! マ: : : ム: : : : : : ュ ヽー、:`_:_:_:_/: : ~y´      つい5分前の事さえ、遠い夢の話のようだ
           /ニ 、: : : :ム: : : : : :ム ヾ{└- 、: : ィア
        イ|ニニヽ\: : :、: : : : : : :ヽ_ニ: イ

        人|マニニ\ヽ: :7ゝ_: : : :-: : :ィ彡ニL
      イニニ| マニニニ≧ュ>ニ≧=彡ニjヾニーュ、
    /ニニニム マニニニニニニニアニ{ Y_ノニニニ≧ュ _

   /ニニニニニ マニニ!     j| /イ !ニニニニニニニニ≧=
 /ニニニニニニニュ\ニ|      リ/ニゝノニニニニニニニニニニニ
 ニニニニニニニニニ ヾー ___j/_ イニニニニニニニニニニニニ

 ニニニニニニニニニ>、`}=r―イrニニニニニニニニニニニニニニ

 ニニニニニニニニ」 |ニ] j   | }ニニニニニニニニニニニニニニ
 ニニニニニニニニ]__[ニ7 /  zイ {ニニニニニニニニニニニニニニ
\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/

 ≫                                           ≪

≪       誰 だ お 前 ! ? ! ! ? ! ! ? !        ≫
  ≫                                            ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\





ベディ「……エミヤ殿です」

アグラ「は?」

モード「いやいやいやいやいやいやいやいや」

ベディ「アルキメデス×パラケルスス×モリアーティの新作風呂に使ってデトックスした結果」

ベディ「こうなりました」ズーン…

アグラ「ドコらへんがデトックスだというのだ!? むしろ要らぬものを溜め込んでるではないか!?」

エミヤ「ふ……何を言う。不要な人間性(なかみ)を削り落とし、正真正銘の無銘の英霊になった」

エミヤ「これがデトックスでなくてなんだ?」

モード「手遅れじゃねえか!? 俺が荒した家の中より手遅れじゃねぇか!!」

アグラ(どうしてこうなった……)


エミヤ「なるほど、部屋が荒れてると。いいだろう、いつものアレだな」

エミヤ「いいじゃないか、掃除屋。米の研ぎ汁と新聞紙と蜜柑の皮を用意して……」

エミヤ「何に使うんだったか。なんでか妙に泣きたくなる」

モード「くそ! 本人じゃねえか!! 一瞬別人のボブじゃねえかと思ったのに!!」

アグラ「本人だ! この家事に対する情熱は王妃本人に違いない!」

エミヤ「汚れ共が、雁首揃えて……」プシュ!オプシュ!!

ベディ「化学物マシマシの洗剤を薄めずに、躊躇なく拭きまくっている!?」

モード「めちゃくちゃオルタになってるぅぅぅぅ!?!!?!」ガーン!

アグラ「王妃がグレた! モードレッドみたいに! モードレッドみたいに!!」

エミヤ「ハッ……要はアレだ。研磨すればいいんだろう? 何、傷がついても構わんさ」

エミヤ「オレと一緒だ。継ぎ接ぎだらけでも機能することはできる」ゴシゴシ

モード「テメェいい加減にしろ! いつもの迂遠すぎるぐらい丁寧な仕事はどうした!?」

エミヤ「オレには何も無い。かつて感じた幸福も、ストレス解消も、溶け切っている」

エミヤ「あるのはただ効率的に家事をするだけの機能だ」

アグラ「おおぉ……なんということだ……しかしこれはこれで王に相応しいのか?」


モード「うああああああ!! テメェなんてエミヤじゃねえ!! ボブだ!!」ビシッ

エミヤ「ハハハハハハ!! 名前なんて無意味なモノに拘って、愚図としか言いようがないな」

エミヤ「ま、ボブでもオルタでも好きに呼べばいいさ。その単語におぞましさが含まれていようとオレは気にしない」

ベディ「では全員の意見を尊重してエミヤ・ボブ・オルタということに……」フム

モード「黙ってろ天然!!」

アグラ「待て、ベディヴィエール卿、それは長すぎる。正直ベディヴィエールも長いと思っていた」

ベディ「そ、そんな風に思われていたなんて!!」ショック!

モード「あ、それはオレも思ってた」

ベディ「まぁモードレッド卿は5文字以上の単語覚えられなさそうですしね」

モード「殺すぞ弱虫。だいたいオレの名前6文字だろうが!!」

エミヤ「ふん……」

エミヤ「だったら略すなりなんなりすればいいだろう。チョーベリーバッド、略してチョベリバのようにな」

モード「古ッ!?」

エミヤ「Fateの発売日を知らないガキはこれだから困る」

アグラ「王妃、口が悪いのは王妃としてどうかと」

モード「なんて半ば受け入れ初めてるんだアグラヴェイン!!」


ベディ「なるほど、ではエミヤ・ボブ・オルタ、略してエボルタで」

エミヤ「エボルタ……ふっ、なるほどオレの人生をよく表した名前だ」

エボルタ「電池のように消耗して使い捨てられるってな」

モード「なんなんだよこいつ!? 後ろ向きに強気すぎる!?」

エボルタ「さあ次はなんだったか……ああ、そうだ、夕飯の支度だろう」エプロンバサッ

エボルタ「腹に入れば一緒なものを拘る必要なぞあるとも思えないが」ジャー

モード「ば、馬鹿な、無洗米を使ってるだと……!?」

エボルタ「手間が省けるものを使わない理由などないだろう?」

エボルタ「オレから見れば腐ってないオレの用意した脱穀機なんて実に無駄なものだ」

エボルタ「スペースの無駄だな」パラパラ

ベディ「し、市販の化学調味料出汁を鍋に!?」

エボルタ「昆布? 鰹節? 煮干し? ご苦労様なことだ」

エボルタ「出汁をとった昆布を巻いたり、煮干しを胡麻和えにしたり、忙しいことだな」

エボルタ「そんな風に一品増やして料理をした気になってるだけだろう」

エボルタ「一品増やしたいならそら、スーパーでありあわせを買ってきてやったとも」


モード「ふ、ふざけんなぁぁぁぁぁ!!! 家事で手抜きするテメェはテメェじゃねえ!!」ダン!!

モード「お前が母上を名乗っても、認めてなんてやらないからなぁぁぁぁぁぁ!!!」脱兎ッ!

ベディ「ああ、待ちなさいモードレッド卿!!」

アグラ「またいつもの家出か……」

エボルタ「はっ……! 随分といたせりつくせりで育ったお坊ちゃん、いやお嬢ちゃんだ」

エボルタ「甘やかされたガキはろくなもんじゃない。バカ親の顔が見てみたいな」

ベディ(貴方です……)

アグラ(貴方だ……)

エボルタ「しかしなんだな……あのガキに母上と言われて……」

エボルタ「なんだか妙に泣きたくなる」

アグラ「王妃……」

ベディ「くっ……」ホロリ

エボルタ「どうした、白騎士。なんで泣いている」

ベディ「貴方の代わりに泣いているのです」

エボルタ「そうか。そいつは勘違いだな。オレに涙を流す機能(かんじょう)などないよ」

エボルタ「どれ、今日の献立は叛逆の騎士様の好きなものにするか」

エボルタ「匂いにつられて戻ってくるだろうよ」





        ,____、__
      ヘ// ̄\\`丶
     //i/    \\|
     //丿       丶ヾ
    〆′r-‐‐‐‐‐-、 ``、_
        ̄i´゛゛゛゛゛゛`ヘ‐‐--ゝ  ボフのAA代理にプッチ使ったら
      ノ      }}     想像以上に違和感なくて戸惑った
     ノ´丶‐‐----{{
   ソ____、      '\     これが栗の木現象……?
  /〟---、、       ! ヘ`i
 /´ ̄`丶 ヽヽ    !! ` 、
 |    丶 l.l.i     ! i ¦
           【これボブだよ。ボブの木だよ!硬いよ?ボブだって!!(松岡)】

                                   【エミヤですね(スタッフ)】





絶対プッチ神父のAA使うと思ってたwww

インスタントに手を出してない時点でかなり良心残ってるぞこの電池

EXTRA/ZEROで岸波(女)に手を貸してる推定ボブだし...

エボルタで大いに笑った

                   ,
                  (乂__ {ヽ
            _({_,.ィi〔:::、:- 、:\、`ト、ー.、
         妙:ゝー‐-....、::ンヽ、:::∧::ト、

       , イ:::::-=:>::::::::::/:::/ヽ::::::://:ヽ

        /:::、-‐:::´ ̄,ミ'´|::〈` ̄`ー=ミ/ト 、
         {/i::::>=={ _,. _)ノ  i  ,  {て⌒
          -=彡/ ヽ::ノ 、. _`i'ー' ,ィ=ミx}ノ`
          /八 从  `⌒¨   /、 __ /(     ん~わかりました
     ゝ--`ー::::`升‘    '" ,″`¨/`¨
      _>:::::::::{、イ:::'ミ _,,,  _ ,′ ,イ       では一周回って、プロトの世界では
    乂:::/\::{ \r 、 ,`ー-_`-‐'/:::{

 ̄ ̄``ヽ/   | \  }ニⅥ、_,iィt、_,イ,ィヌ\      ギネヴィア王妃はふたなり
、: : : : : :/     | |  /ニノ\:::::::://ニ/ ∧  
: ∨: : :/    |ヽ| ノニ}ィ升ミx'ニニア l ∧     サー・ランスロットは性別不肖の触手ということで

: : ∨ /      :|: :|,/ニニ八ニニニニニ_}  l  ∧ 
: : : ∨      :ト、/ニニニニニニニ/,ヽト.}
_: : : ト- ミ  ,ィ、/ニニニニニニニア|/ヽ ∨      \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/

∨ : |: : : : :Y/ | }ニニニニニ/ ̄ |i:i} . ∨       ≫                               ≪
: ∨ |: : : :/ニ仏ニニニニ/ゝイ、  |i:i/  ∨     ≪   どこのコースを周回したらそうなった?!!      ≫
                              ≫                               ≪
                            /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\













                 /j ̄ヽ _, - 、
                / /⌒ヽ_,;─'
               (U(__    lj
                 ヽ _U`ヽ >:: ´ ̄ ̄` ̄`\
                      `/./::::::::::://⌒>: : \
                  /: : /::: : /:: /:: /:::::::::::::: : 冫、       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ

                 ィ´: : /::::::/::: : /:: /:::::::::::: : /./:: \      |  こんな感じのランスロット卿がギネヴィア王妃の   |
              /⌒{: : / /::: / ィ../:: /::::::::: : /ヽ厶:: ≦:ヽ     |  ふたなり◯んぽをヌッポヌッポと……          |
              |.|  ∨{ /::: : {⌒{: : /::::: : / .i:::::::::}:::::: : ハ}     ゝ_____________________ノ
              {.{   冫':::::::::::∨.|:::::::::::云≧  { / j:::: : / |
              斗≦´/:::::::::::: : ∨: : / `   r芯イ:::::::/  .|
           r<´:: ∨/:::::::::::ィ´ /::: : i    、 / ./::::::: イ:::: : | Arrrthurrrrrr…
             \:::::::::ハi/:::::::::::{ /:: ∧ {  ‐- _´/i:::::::::::|  ノ             \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
                  \∧}}:::::: : //::: : / ∨\_/::::: {:::::::::::ト/               ≫                               ≪
                    }::: : /⌒\:: 〈  ̄∨⌒Y、:::::::: |\::: : \ ̄ ̄`≧、         ≪    これに寝取られる僕の気持ち考えて!!     ≫
   >───-、__/::: : {     \:ヘ  ∧::: : | ≧=ト . \::: : \    \         ≫                               ≪
.   /      rヘ___/      ヽ∨ }::::::: |V/ l}   \ ≧, - 、     .}      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  {   く  ̄/     \  、 (__   )V廴__」{`ヽ V/ l}   \/ ,u、 \_丿
  ゝ   ∨          、 、⌒⊇辷'⌒アィ示冰_)ソ__乂⌒ヽ__/ /  \ `ー 、
         ∨           、  、  ((⌒ア㌻^^⌒kヘ込(_/\_ _ノ     `ー-イ   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        }         {_),  \_,J)/ア     刈{'⌒ヽ   lj        lj )   |  えぇ……むしろ吾輩、敬愛するアーサー王の     |
     \_人   _       }    爪{I廴    //八___人      }{ :: /゚ ̄´  |  名誉の為に触手オ◯ホを持ち出したのですが   |
        |/ u_) _    {乂彡ィ   乂辷⊆斗イ/∧(__))  }:: {ノリ        ゝ_____________________ノ
        / / / ∪ヽ __У〃 \  } 厂ア^l/八\ー――=彡'′
        l∪ー-‐u/⌒\  ア j{  \. \〉Lノ  //八\く⌒¨¨¨´
        `ー--‐'′    /   八 \〕ト(_ノ_彡イ/    `ー―-      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                    _r'_彡イノ八ノiトミヾY^〉_彡  /厶_       `ヽ    |  ホラ、人外マジカルチ◯ポなら寝取られても仕方ないですぞ?    |
                /⌒´__彡イ^ヾ\ノハ∨厂 ̄ア /{彡ノ ̄⌒¨¨ヽ     {   ゝ____________________________ノ
            _// ,/´  |{  `ヾ┘{〈___彡イノノ'′       \  `
             // /     〈\  ^ヽ Ⅹくノ}//           \  \
          { r'´¨¨¨¨¨ヽ, ∨{\_   \\\ j{_            \  :、    / ̄    \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
        _r‐个ト  .イの) } {{乂(ヾ\  \/ ̄~ア⌒¨¨¨≧ミ      ,  `ヽ___/        ≫                                 ≪
       /⌒ ,ノ /   乂___ノ_八\ \  ),ノ(    --=二二二=-\      }    /         ≪    妻と臣下の名誉にも配慮してほしかったなぁ!     ≫
.      { (⌒{レ八        }`ヾ    (   -=二二二二二二=-\  〈/⌒ア           ≫                                 ≪
       -=ニ¨¨¨≧ミ_____彡'        -=       -=二二二二二≧=--=彡          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
.     /         `ヾ辷_        -=        -=二二二=-          -=
  /               `⌒  -=-  -=                       -=二
                  -=二二二=-  -=二二=-           -‐…-ミ  -=二二
/              -=二二二二二二=-  -=二二二=-       /      \-=二二



                        ,ィ
               _,、 ノ}_/ノ、__,.ィi _
      |\      /}_|:::/:}イ:::::::'"´:::::;::-:イ/ー,
.     { ヽ',       {::';:::_|:::ト、i,ィ/:::/:::-‐::、::ヽ
      } ヽ',   __/Уヾ‘,      ̄ソ∧::::::::∧
.     ‘, ヽ',  ⌒i::::l 、_i`} ' ___ `ミ:::\::::::::`ト-
     ‘, ヽ.',   /:::|、._ ;.'" '´____` ミ:::::::::\:::::\
.       {  ヽ ',  '_ノ:i'`⌒ソ  、 ' ゞツ` Ⅵ:、:::::|:、::{⌒     ふうむ……王はワガママですなぁ 
      )  ヽ ',__'"´}   }    `   ., }:::=ミ:::::{\      
      __└とニ,ィミx} .{| _,,,,. 、.,,, ,,,, ., / ソ:ハi }::::ゝ.ィ      折角リアリティのある設定を考えたのに
    /、=,ィニ〉:Yニ}_{_ :| -‐==‐--'', ′_}:__, イ、:::{_,     
...  ノ=r‐ニ/ニ}ニト-'/ヽ  , ̄   _)ヽ':::;ゝ:::::::::}::::/
  /ニニ ̄:{_/_/=/ヽ/:`'::::レ.、ィー'':_:;:-‐''/)::::ノソ{              γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ

ゞー{ニニニニニニ/ニ/∧}〈〉ゞ;:-::'''´"~`/ / /'}/  ∧``ト、 _        |  リアリティの欠片もないよね!?    |
ヽ ´`ー-===-イ / ∧ {ヽ }‘, -_,,. イ   |    ∧/////        ゝ________________ノ
ニニニニニ/廴_) / /_/\7、{ '/ヽイ`ヽ.、   |    ∧/////
゙ニニニニ/ 从ヽ''"´∧::\:::\}ノ_/ヽ':::::::::/\.|    ∧////
ニソrミ/入/ー'//: ∧::::::/:::;l\_\:::Y/.  `}   __, ∧///

⌒ソ`(__ ィ/ /: : : :_`7:::/:l::::::\_\/   _ィi〔三ソ  ∧//
,,..。s≦、ヽ ヽ. / : /:::::/:::::::/|:::/:::/\_\(三三ミソ´    \
ゞ: :/:) l | l |/: :<::::::::::::::::::/ノ|/:::::':八::|   \ア´











;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ええ? でもブリテンのお隣に住んでるピクト人はあんなんではないですか    |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ_________________________________ノ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.─-、.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/::::::::::::::ヽ  : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/i::::0j:::::::::::`,      : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i {::::::::::::::::::::::::|)      : : : : : : : : : :
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ヽ:::::::::::::::::::::゙i
.:.::.:.:.: : : :: : : : : :j / ̄ i:::::::::::::::l   ナタ…エレちゃん…ピクト人……
: : : : : : : : : : : :;/ ,L_/_:::::::::::::i|

.:.: .:.: .: .:. :. :. :,/    「/:::::::::::}|
       /  ,イ  に7::::::::,ノハ、                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        / ,イ/   に7:::::l j|  \                 |  確かにピクト人はあんなんだけど!!    |
       ,/ヾ/^ヾ    「7::::j,' ト、  ト、                ゝ__________________ノ
      /  j!  〉   「{_}リ | ヽソ jL
     ,/   /  |    _」VL !  \  \
    /   /   ,!  ,':::::::::.:   !    \  \
   ,/_ /   |  ,!.:::::::::.:  !     \ ,イト、                           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  ,/   7 _   |  l.::::::::::j.:::::::|       `ヾミミ、                          |  哀しい……(ポロロン)    |
 /,ィイイイ |::|  l  ,!:.::::::::|.::::::|| ̄ ̄ `キ´  ̄ ̄  ̄  ̄                        ゝ___________ノ
 /l/l/l/_|::|_ |  !.:::::::::|::::::::||   __」!_

   /:::::::::::::::\  ,!.:::::::::!::::::::リ.:.:.:.:.:|;;;;ヨヨヨヨ!.:___.:.:.:.:
 /::::::::::::::::::::::::::\.:::::::::::!:::::::,'.:.:.:.:.:.:|;;;|ヨヨヨヨ.:|ェェェ|.:.:.:.

  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:





                            /´゙`ヽ、             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                          /     ヽ            |  あのピクト人が許されるなら           |
                         ,/./   ,....,  ;ii、           |  触手スロットも許されてよい筈では!!   |
 ガレスちゃんのパンチラうp      ('/.i   ( (,,)  i::b           ゝ__________________ノ
                         i' i    `゙゙´ :「:::b
 こういう不健全なスレは困るナァ    | |         丿:::h
              .          'i| i    ./´`ヽ,|::::::h          γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 削除、削除                 r' |   `゙'- ノ⌒ヽ           |  ぐ……せめてスライムで、スライムで一つ!!     |
                        /´tl i  〈,´゙`ソ/´'' ヽ         ゝ______________________ノ
                      丿i;:::ti|  ( `ヽソ/::::::ゝ 'i
                 | ̄ ̄ ̄ ̄||'`i;t:| i`'''ノ/::::λ::;;} |

                 |  FMV  || |ノ::ヽ,,ソノ::::::/´⌒ヾノ       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                ,,..|____|トェェェェ;;::::::::;;;;/   'λ        |  触手にトラウマでもあるのですか? 男の王よ……(ポロロン)      |
               (..,,,,________,,..)::´/λ  ノミi        ゝ____________________________ノ
                | |__,| |____| |;;;;/ノ//)ノノ
                |,,,,|   | |     |,,,.|
                     '''''












: : : : /: : : : : r: : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ:\
: : : /: :/: /: : :/: : : : : : : : : /: : : : : : : : : :: : : : : : :,、: : : : : : : : :ハヽ:’
: : /: :/: : / : : : /: : : : :: : : : :/: : : : : : : : :/,: : : : : {::|: : : ∧: : : : ’. ヽ
: :/: /: : /: : : ::/: : : : : : : : /!: : : : : : : :/ !: : : : : : : r ,: ::': : :{: : : : i

: : :/: : :/: : ::/}: : : : , : : /  }: : : : : : :/ .|: : :/!: : /  }: :{: :l: : : : :ト、 ',
: : : : : : : : :/ /: : ト、//   /:: : : : : :/  /: :/ l: /_ィ´ !::ハ/:/:/: : ’ ヽ
: : : , - 、: :,' //_==`≧x、./: :: : : : :/  .,': :/ ,x}/===、、 l//:r /: : :/
: : :{  r 、:l  ィ´ |::|il|::ツi/: : : : :/   //イl::|il|:::ツ `リ//: :イ!: /   あ、スライムで服は溶けても
: : : :、弋    `  之:ッ/: : : :/   r:::::´  之:つ  ´ //) }!:/
/!: :ヽ )     `ー }:ハ/         ー ´  / / jノリ     眼鏡は溶けない方向で
  |: : : \__               l.           r:{
  ,: : : : : : :ヽ             ,l:.         ,ィ'リ
  |: : : :,、: : : j             l:'        / ′           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |: / |: リ,、                     /_____          |  おお、流石我が国を代表する王。英国紳士の権化ですな!    |
  レ" /::::::ミ   ヽ       ___     ./ム:::::::::::::::::::::::、         ゝ___________________________ノ
 r:::::´:::::::::ミ       、    ´--’   ./  r:::::::::::::::::::::::::::\
f"::::::::::::::::::::≧     ヽ         /   彡"::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ__

:::::::::::::::::::::r:::::::`!ヘ     \     /   ム"イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:::::::::::::::::::::{   .|:::` 、,、,、 ___ ̄ ̄___≦´::::j ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、           |  人の心がわかる……(ポロロン)   |
:::::::::::::::::::::| /  .|:::::::::::::::::{ r======="´::::::::::::!  }.l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l           ゝ______________ノ
:::::::::::::::::::::ハ   \:::::::::::::! |::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ノ.l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::,、  .\:::::::! !○:::::::::::::::::::::::/ / ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

                                               【この後、産卵はアリかナシかで円卓が割れた】

                トイ
            ,.ィヾミ川彡イ
        __,.:<::≦三@三≧

        弋ニニ弋::::::::::::::::::::ハ
        ム:|:γ⌒ヽ、::::::::::::::ハ   織部の茶碗と一緒で割れてこそ価値が出る的な?
        /::|::|ゝ、_ノ}::i!::`r:r:イ
        /::::|::|_┌─‐┐ ’,  あ、ぐだぐだ本能寺ライト版開催中じゃ!
       /::::::|::|;;;;}弋  ノ , <
       /:::::/|i!|/、_, -、¨ヽ|::|
     /:::::/;;川 ヽ、_, <_ノ川、          誰が上手いことかけて番宣しろと(おき太) >

    /:::::::::/;;;i!;V     |;;;;;;;;ム
   ムク::::/;;;;;//  ∧   ’,;;;;;;ム

触手は影の主人公だからね(VBシリーズ並感)

ケイ兄さんは口でなくワンパンで敵を倒すようになり
パーシヴァルは童貞でないどころかどこぞの鬼畜王のように女をあさりはじめ
ガヘリスは誰もが認めざるおえない存在感の塊に

おやや?でも秋葉様は反転しても大きくなりませんよ?




       / /   >       ー- 、   '.  ヾ,}     !
     / /   /          `ヽ. ∨  ヽ`!.  }
     | /    /              ,  V   'y’y
     レ    .,       ,'            ',  ',    Vソ
            i     |          }  .!    '.′   アッティラが宇宙人だったりする現在
            !     ィ !           |  i! ,.ィ´ .!
            iレ .i. / ヽ.i 、    ト、 !リ人|,i!  |    / iト .   ピクト人が宇宙人でもなんら不思議ではない!?
            |! |∧ォ= 二.、 ! !  ,ィ≦三、 |  / .'.:.:.:.ヽ
          ヽ!ヽ ゞ i弍ミヽ{`′  {う::::iリ .i`ヽ.ノ /:.:.:.:.:.:}                /'ヘ            ,ヘハ
          |  '.,  廴ン       ゞ:ソ!  | ソ./:.:.:.:.:.:/                /. :, : i            ; :、: ゙:
          |  .ム     ,      i   !ニ.,化:_:_:._:.ノ            ∧    /. ;'゙ !: ゙        /. ハ: :゙、 ____,
          |   ハ    r‐‐ 、     リ  レ´:.!:.:.:.:.:{             ∧/\,イ.,/ ,、i: :゙、rzzzzzy////'':/ 、: ヽ///////〉
          |   .iゝ .  ゝ.  '  ィ /  ,':.:.:.:i!:.:.:.:.:.:'.,           /////i,゙从人ト、-‐…‐- .: : : },, /从メゝ:゙.//////'
             !. i  {   ゙ テ=≦_/  /:.:.:.:.:!i:.:.:.:.:.:.:.',          〈////メ、゙  ゙};;〃⌒ヽ: : : : : : : ゞ    '; :)////'   せやろか?
             ヽ ヽ ',__,,..ィi} |.i ̄ ̄{ ィ=ー-..,,_!_:.:.:.:.:.:.:|           ∨///廴、_ノ{:_//: : : : : : : ::. : : : ゞ、""メ////'
               >≦ニ彡7.テー- "´.レ../ ≧..、  `ー-.、!           ∨//厂/: : | : : : : :{i : : : :. : : : : : `ヽ'/////
              ∠///// `  ´ ̄ |/_/ / / ノ`y-,--У,          /∨/.:/.: : : :i{ : : : : :|\ : : i : : :i: : : : :i////{\
         ,...イ´:.:.フ彡 ´        !ゝ.`メ./,./_/_/  /:.:.',        /. : : ヘィ : {: :/八: : : : :|ー-\:}: : : ト、: : : !///∧: :\
        {:.:.:.:,.ィ´     ン     `ヽヽ:.:./:.:.:.゙ー- ´:.:.:.:',       / : : : : : /|: : li :|_ノ \:. :.| z=≠|: : : : : ゝ: !////: : : : 丶
       y- ー- - ..、O,.チ‐''´ ̄  ` 、 ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,     イ. : : : : : : //|: : |ト|z=≠ \{    ,: .: :.:i´: : メ'//ヽ: : : : : : : ヽ
       /      y            ヽ. ! }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,     八: : : : : : {/,'jハ:从     `   /: : : :儿イ,'//\ ハ: : : : : : : : ',
       {       テ            iyi |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       )イ: : 人!⌒´Ⅵトヽ  マニ⊃ 厶/: :/ノー'⌒´⌒´′!: : : : : : : : !
        ,     `,0´           ,ヘ ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ ´        j/      込、         厶イ           ,'イ: :ハ: : : :ノ
       ヽ       ゝ             イ:.:.', `}:.:.:.:.:.:.:.:.:.{                     ̄ ̄ 丁==ハ.        ノ ノ'´  j/ソ
          `=ー- ィ  `ー- -   ´.:.:.:.:.:У.|.:.:.:.:.::.:.:.:.!                        /⌒、   ヽ       ハ,、
           }:.:i二X二ニ≠0:.:..:.:.::.:.:.:./  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!                       /  ; ノ i. i        ノ':゙: :ヽ
           |:.:.!ニX二ニ≠0:.:.:.:.:.:.:.:./  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|                       /ニニ7 ´ : |     ,;": : : : : :゙.









                 , -―‐- ..、

                /::/::::::::::::\::\
                 , ':::::/:::;>‐ 、:::::V:∧
.                /::::::/{::/__   、:::Ⅵハ
                /::::::/:::{ ___`  -∨}::/|   私の名はトリスタン
              ,イ:/::::|::/{ `¨¨ {:.`ー リ/:::|
            /::/:::::::|/     '  /'i::::|   地球は狙われている!!
           ///::::::::/迅   -_‐   'i:i:i::::|
     乂__(:://\::::::/::::{ー>    /i:i:i:i|:::|
.     `¨¨フ/ ̄ /:/\:∧三ニ‐¨´i:i|i:i:i//:|

.      /:/   /::/\=}::∧ニ{ {ニ{i:i|//::∧
.     /:/    (/::{.   `}::: ∧八 、 \::/:::::|:∧-― 、
    {/ ___ 乂{ _.ノ、:::::∧ ) ( -―< ̄ニニニ∧_

.     //     ̄ ̄ { r /:/ニ二三三三二ニ=- _ニニ∧,イ
    〈       _ -‐乂__ノ三二ニ=- _ -=ニ二三三三|
    ∨_ -‐  ̄,ィ=ミ  // ̄\ ̄\ -ニ二三ニ- __.人_
.     } r‐、_  (_| / }// ̄\  \i:i:i\/ / -ニ二三三ニ=- _ヽ
.     V∥    ̄}{   ./    ∨ } \i:i:i\  |  -ニ二三三_∧
     '∥      /.V .∧=- ._  ∨ / ヽ\i:i:i\ l  |     -ニ三∧
.     /∥     /∧∨ ∧ \\/ 、、_,/ / \i:i:i\/\    _∨}_
   _/:∥ -==ミ///∧.\_/.  \_/ \/ニゝィ\i:i:} //\  /三ニ/乂
> ´: ノミー==彡)///∧_     乂三三三  l /}//////\ニ/ / ̄\
.: .: .:〈/ ̄\ }////从ニ=- _    `ヽ '´ |  |/{/ //////八/ Y /i:i:i:i:i:i:iヽ
: : : :ノ ̄ ̄\}/ //////>‐ 、=- _    _|  |ニ}__ ////////,ー| レ/i:i:i:i:i:i 、
; ; ; {i:i:i:i:i:i:i:i:i ヽ ////〈 -‐- 、\ニニ=-v=ニ|  |´ ///////////八〈i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\



┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
━━───────────
  空に~ 虹の流星~♪
───────────━━

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ト、__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_....lヽ':::`::::::::≧s。::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::>'::::::::::::::::::::::::::::r 、=ァ::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::r 、ヽ==ァ::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::イア:::::::::::/::::::::::::::::::::\\\.r--、__. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::ノ:::::::::::∧::::: ト、:::∧::::::\ヽ/ /、 ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

::::::::::::。::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::。::::イ:::::::::::/-‐',::::{  x≠} :::| .}∩ヽヽ_ヽ \:::::::::::。::::::::::::。::::::::::::::::::
::。::::::::::::::::。:::::::::::::::::。::::::::::::::::::::/.:::::::.。:::::::::::::::: |/{:::::::|.x≠∨    .|:::/ ノ.\___.      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::。/.::::::::::::::::::::::::::::::::::: レハ::..   ',    .|/ .ト─-、  `ヽ     \::::::::::::::::::。::::::::::::::::::
.::::::::::::::::::::::::::。::: :::::::::::::::::::::::./.:::::。:::::::。::::::::::::::::::::::::ヽ∧  __  ´  } }     ̄ ̄ヽ\       ::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::\      イノ     /≧s。>     \:::::::::::。:::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::>-<‐イ     /    l  \     ヽ:::::::::。
::::。:::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::☆::::::.。::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::r‐'    イ      l    ≧=-  丿:::::::::::::::::::::::
::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::〉 {:::::::::}    / .{       ヽ    。r≦::::::。:::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::.。:::::::::::::::::::____/.  .:::::/  /: : : .ハ   r──‐<:::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::
::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::/   〕iトs。 ∨ィi〔: : : : : : : ヽ /:::: /。:::::::::::::::::。::::::::::::::。::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \/:::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::

                                           ━━───────────
                                             夜の運河を滑るようだね
                                           ───────────━━






                       ,.....-、,..-...、

━━──────────      /.::::/!:::::::::::.ヽ
  二人 家の窓から~♪       /.:i::::|::::{、::::::::::.、}
──────────━━    l::::|!:::{::::{:ヽ:::::::::::.ヽ
                     {::::||::l:ヽ:\:\::.ヽ::ト、

                     ヽ从从{`ミ:ゝ:::.ヽ:.、!リ
                      ` , ┴=`‐ヘ'゛^' ′
                      /. :ーt―: : : .ヽ、 _
                  /\ f. : : : : :{::.: : : : : : : : .ヽ

                    /.:i:i:i:\/ ̄ ̄ ̄ヽ,__:: : : : :l
                 /.:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:\ : : |
                   {:i:i:i:i:i:i:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i/:i:i:i:i}: :
                 ヽ:i:i:i:i:i:i:i:〉:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:i':i:i:i:i:/: : : :{       ━━───────────────
                  〉-イ ̄| ゙l:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:/.: : : : .\       遠くの未来(ユメ)を探していたよ~♪
                     /. : :.| : : ! }`二二ヽ--イ\ : : : : . \    ───────────────━━
                 /. : : : : : ::|/. : : ://.:.: : : | : . \: : : : : .ヽ
                   /. : : .:.; : :.:/. : : : : {: : :   |: : : : :.ヽ: : : : : 丶
               / . : : : : : : :l: : : : : : : : : : : :l.: : : : : : : : : : : : . ',
              { : : : :/: : : :l! : : : : : : : : : :.__ヽ, : : : : :.、: : : : : . 、

               i : : :/ . : : :∧: : : : : : : : : : :.`ヽ、__ヽ .j : : : : : : : .
                  \/ . : : :: :|,∧: : : .ヽ.|: :|: : : : : :ヽ`! : : : : : : : : .i



━━──────────────────
  哀しい祈りで~♪ 愛で責めないで~♪
──────────────────━━

        (ヽ             ...._
      (ヽ        _, ィフ'"´:;ノミ`ヽ,_
             rー'´ // : :, イツ川: : l }\ _
                Y: ://, イミ三彡:|ヽ: :l:ヽ: トミヽ`ーュ、_
              {ィ"7´::_:_:_:_:_:_:;;:| ∨: :.:`ヽヽー‐-=ミーゝ、
.             /ゞ'"´;_;_;_;_;_;_;_;;;;;|从ヽ::: : :: :: :;; :: : : : ::ノゝ `ー‐- 、
        ト 、  ヽ::z'^^^^^^^^´ゞヽミ彡:;; :;; ;; ;;;; ::; :::.ノ: :ノ:⌒ヽ   メ` 、
.        \ ゝ、 ゞΣ"´}´`l´メメ::/: : : :ノ::: :::;; ::: : : : : : : : :: :ミ: :.`ヽ   ゝ

             \乃ゞ{: lゝ ヽノ メメ:/:::::: :/: : : :: ::: ::: :: : : : : : : : : : : ミ : V '"´ `ヽ
.              `ー=ミ:ヽWWメメメ:::::::::ノ:: :: :: :: :: :: : : : : : : : : : : :: ::: :. ハ     ',
                  ,ゝミ三彡':::::,ゝ'"´⌒ーr―――<´:_:' : :彡: :: : : : :ヽ,  _,ハ
              メミ: : : : : ヽ:::,ゞ'"´ゝ-'ー}: : : : : : : : : : : ̄`ー=ミ: : : : ミY´   `ヽ
                メミヽ: : : : : : :::⌒ゝ-‐ミゞ、): : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: : :ミ     }
             {ミヽハ: : : : :/\: :く__ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: :ミー―― ヽ
        ,ィー.、 メ彡ィミ: :.:./    ̄ l   `ヽ:_:_::::::.:.: : : : : : : : : : : : : : :ハ: :ミ       ハ
   r‐く⌒ー'ヽヽ;_ハ 彡´: : :./       /・\      `ヽ::::::::::::::::: : : : : : : :/: :}: :ミー――‐ハ
   ゞ<、: : : : : :\/:.} :} : : /     /・ ・ ・ ヽ     / `ヽ::::::::::::::::::::: : : : : l:ノ:.ミ       }
    ゞ<´ : : : : : /: : ノ:ノ :.:/      l ・  ・  ・ >― '      `>ミ:::::::: : : : :ノノ: : ミヽ     |
    ヽ_ノー: : : : : l: :/:/: : :.:|_____Λ ・ ・ ・ / \       /三三三三三三ニ彡} `ー― }
    く>-ミ: :_: ノ:/:/: : : :.:l       / ヽ_,/    ヽ__Λ三三三三三三三ニ}     ;
          ヽ: :ノ:ノ: : : /: |    /__/|\___/      V三三三三三三ミミト、    l
          `ー-=ミ彡ィ ト、___ハ   /\    /      /ヽ三三三三三三ミ} \   ,
                |:.l       \/   \/       /: : : : : : : : : : : : : : : /    ヽ /




                     >''": : : : : : : : : : : : : : : : : ミh、
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
              /__/|: : : : : : : : ∧: : : : : : : : : : :

               \∨  /: : : : : : : :/ ',: : : : : : : : : : : : :∨      ━━────────────────
              ´ /: : : :/ ./  {∨:.: : : : :/  !: : : : : : : : : : : : : ∨       何も言えずに 逝かせて星にぃ~♪
               /: : : :/     .| ∨: : : :./   |: : .:.:.:| : : : :. :| : : : W     ────────────────━━
              : ::.: : /  |   | ',: : : :/-‐─.!: : : :.:| : .:..:.:.:.| : : : }
             |: :.:.    |   |  ',: :.:.{  x≠ミ: : : :| : : : : :.|: : : :
             |: : ,'   .|   |   } ̄ 〈 乂:::ノ ```~、、__|: : :/
             |: : |    |__\/    ` ー‐     {:::リ|\/
             |: :  ̄| ̄∧   l             `¨.|           / ̄ ̄ヽ__
             |: : : : |  |::::|   .|              〉   |          (_/ | ̄_ 人__
               : : : : |  |::::|   .|                        \ ヽ| |  __}_
               : : : : !  |::::|   .|        ゝ __  .ノ            ヽ し'/    }
           |: : : : .|. .|::::|   .|込           イ              ∨ー'´ ̄   l
           | : :/ |. .|/.!    !    ~、     ./ |              ',   i  │
           |: : / | イニ|   |h、、   ≧s。__/|  |               \___ |   |
           |: :/  /ニ.|   |  ≧x,_/:::::::::::::::: |  |                 }  ヽ--|
            | / /.ニニニ.|   |``~、┐∨:::::::::::::::|  |   .                ,      l
                                                  ′   │






━━──────────
  細いその肩を~♪ 
──────────━━

:::::::::::::::::::*:::::::;;:::::::::::::::::::::::::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::;;;;;:::::::::::;;:::::::;::::::::::::::
:::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::*:::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::⊂ っ , ― 、:::::::;;从从
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(ゝ__________ノ):::::::::;;;;τ,,⊃  ):;;爻爻爻炎炎ミ
::::::::::::::::::::::::::::::::::ε(@ )3))__))__))__))__))__))__))__))3 :::o;:::::。::::` ー '";爻爻爻炎炎炎炎
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/A ヘ∧ ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:::;:::::::::::::;;::::::::;;爻爻爻炎炎粂粂炎
::::::::::::::::::::::::::::::::::く`77/''λ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ::::::;::::*:::\;;::爻爻乂jj爻爻炎粂乂メ
::::::::::;:::::::::::::::::::く777/⌒λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:::::;;;;彡ミ;;爻爻爻爻炎炎粂粂粂
::::::::::::::::::::::::::ぐ777/⌒゙λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ''彡炎;爻乂!爻炎炎"粂炎粂粂
::::::::::::::::::::/`777/⌒`λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:;\;;;爻爻爻炎粂乂粂粂
;;;;(乂_/`777,,γ⌒ヽ∧゙_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ/乂_ノ);;;;爻爻乂メiii粂/粂炎
;;;;;乂んんんんん乂(0)んゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ_(,,ノ;;;;;;;;ゞ爻爻爻炎粂爻
:;;;;;:;;;;;:ロ/ ロ/ ロ/ ロ/─|"|""|-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ''''':;;:;;;;;:;;;;;:;;:; ゞ爻|, ゙レ爻
:;;::;;:;;:;;;::|"||r────|. |  | ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|| ̄|  | : :::;:;;::;::;;::;;;;;;;:::;::;;爻|'''(:)"i;::

::::::::::::::::|. || r──┐ |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | .:::::::;::;::;::;;:;;::;;::;;:;;;;:;;.|...:;|:::|;:;:
::::::::::::::::|. || |「「「「「| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | : :::;::::;:::;:::;::;:::;:;_:;::::::.!..,;;|:;;!;;
::::::::::::::::|. || |l_l_l_l_l_| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | ..::::::::::::::::::::::::::|,.| ̄|!,,,;;|:::l::::
::::::::C=============○===Ω ||「「「「「「|「「「「「「||  |Ω==○ : ::::::::::::::::|:;|道|:;;;;;l::::::;;
::::::::|}|::::|. ||,,____|}{|  | | i| || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||  || i||::::|}{| : : : : ::::::::|..|  |;;:;;;;!:::i:::

:::::『[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[【】]]]]]]]]]]]] ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|]]]]]]]]]] : : ::::::::::|:.|成|::::::;i;::::::

: : : | | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. |  |;;;;;;;;; |   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| | : : : : : : : |::|  |::::::;;::::y:::
  . | | 二二二二二二|. |  |二二|    :  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| .       |;:|寺|::::::;;::::::::
:爻rw从wfwvrw从jwwiiwjWvwjw爻wv,,,,,, ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|wkWwj,,wjvww\wj从爻

""Www爻wj""w"~"~~`"w~~""ww"f"~W"""~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~`"





    j!  .|   _   -―――-  /   |
.    ,′ レ ´. . . . . . . . . . . . . . . .⌒ヽ/、   /}
   /   .|./ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .` 〈 .|
  ./    | ./. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \
 /    /_ノ| . . . . . . . . . . . . . . . . . .ヽ . ヽ. . . . .V
ノ / ̄  / . . . . . . . . . . . . . . . . . . . | . .| . . . . .∨

|     / .| . . . . . . __|__ . . . . . . .  ̄| ̄|ヽ| . . . .∨

|    ィ´ . . . | .| . .|/ . .! . . . . . . . . . ...| ノ| .ノ! .|.. . .|
|  /.::」 . . . ...| .|/| . .| ..|ハ . . .| . . ./|ィ===ミz、! . . |
_/⌒ハ . . . . ', | . .|ヽィ==ミ } . .ノ . ./ィ {:i:ヽ:| }】. . .i .|

    .} . . . ..ヽ ィ/ /:,-:::| /} ./   辷ノ ノ|  /./
、   /|ヽ . . . . 【{.  { :i::」:|             .|/|イ     ━━───────────
|「 . ! | i! . . . ..\  `¨ ´       、   ,:,:,: |//|       ギュっと抱きしめて~♪
|| . .| .ヽ」\ . .\|  ,:,:,:,,       ′     |//|     ───────────━━
|| . .| . |∧ . `⌒「                /|//|
|| . .| .//∧   ∧        , -‐ フ   ∠|/,!
|| . .|////∧   `ゝ     ` ー ´   イ| . |/,!
|| ..//////∧ . . .∧ `≧   __/二Vヽ.ノ//

/:/ ///ィf二ニ}!、 . . ∧     ∧;i!i!|::::: ∨二]|}//
. | . ,ィ仁二二 Ⅶヽ . .∧   ,//|i!i!|::::::: ∨二]./
斗f´二二二二Ⅷi!i\.∧_   |//|i!i!|:::::::::::| 二]!
⌒\二二二二}ヽi!i!i!.\}/≧}//|i!i!|:::::::::::| 二]!
i!i!i!i!i\二二二}ト:\i!i!i!i!≧///.|i!i!|:::::::::::| 二]!
i!i!i!i!i! ∧二二二}ト:::>i!i!i!i!i!i!i!i!|i!i!|::::::__::::`ヽ」
i!i!i!i!i!i! ∧二二二}ト:::::::::::>i!i!i!!|i!i!|r ´/::::::::::::∨
i!i!i!i!i!i!i! ∧二二二}ト::::::::::: ,ィ ¨ ⌒´_/:::::::::::::::::}







     ━━────
       涙~♪
     ────━━

                        .◎     
                       /|| ̄\     
                     ./::::||::::::::::::::\   
                    /ooo||oooooooキ   
                .    |=============|  
                    |8888||888888888| 
                .    |oooo||:ooooooooo.| 
                   |===============:| 
                .   |oooo||ooooooooooo| 
       ──────── |二二二二二二二二| ───────
                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  













                        !
                          jしイ
                          ノ: :.:廴.ィ    /{
                          / : : : : : : :そ   }/
                    ノ'⌒ヾ: : : : : 丶           ━━─────────

                          }: : : : : : :.:ヽ }\          焔で拭ったぁぁ~♪
                          jし': : : : : : : : :.}ハ:.:.{       ─────────━━
                    |  ノ´:⌒ヽー-ミ: : :ノし: :.し イ
                       jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: : : : : ノ
            !        ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: : :./      !
         jしイ      '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /{        jしイ
         ノ: :.:廴.ィ     /{_//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.:{/        ノ: :.:廴.ィ    /{
       / : : : : : : :そ    ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: : :し イ   / : : : : : : :そ   }/
      ノ'⌒ヾ: : : : : 丶  }: {: : : :j: : : : : : :/: :ノ}: `ヽ: :.:/   ノ'⌒ヾ: : : : : 丶

          }: : : : : : :.:ヽ/:ハ: : :ノ: : : : :/ : : /: : : :}: :′ イ      }: : : : : : :.:ヽ }\
        jし': : : : : :ノし': : : : /: : : : :.!/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイし': : : : : : : : :.}ハ:.:.{

     |  ノ´:⌒ヽー-ミ: : :ノし: :.jし' : : : :j -ミ: : : : :.、:.:}: : : : : :ノ|  ノ´:⌒ヽー-ミ: : :ノし: :.し イ
     jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: :ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: : :./ jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: : : : : ノ
    ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /  ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: : :./
   '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /_//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.:{  '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /

     _//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: : :し イ _//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.:{
    ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: :}: {: : : :j: : : : : :./: :ノ}: `ヽ: :.:/ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: : :し イ
   }: {: : : :j: : : : : :./: :ノ :}` /:ハ: : :ノ: : : :./ : : /: : : :}: :′ イ {: : : :j: : : : : :./: :ノ}: `ヽ: :.:/

   /:ハ: : :ノ: : : :./ : : :ノし': : : : /: : : : :/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイ : : :./ : : /: : : :}: :′ イ
ノし': : : : /: : : : :/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイ: : : : }: :ノし': : : : /: : : : :/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイ
















               ̄ ̄   ―              ̄    _                   ̄
    ――         ̄ ̄       ―                   _―― ̄__
 ___         __   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――           ― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―              ==━___ ̄―

           r━-━[][]  r━-━[][] r━-━[][]              r┐
           _二二二_   _二二二_ _二二二_  くヽ    r ┐.  〈 〈
           L_ _」   L_ _」 L_ _」   V   / /   ノ ノ
             } }       } }      } }    __/ /   〈_/
            〈_/      〈_/     〈_/    }___./   ○

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__








━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                ., -‐====‐- 、
            /: : : : : : : : : : : : : : : >、
            /: : : : : : : : /: : : : : : : :.、ヽ`:\
         /: : : : : : : : : /: : : : :/: /: : : : : : :\,_
         .: : : : : : : : : :/: : : : ://: : : : : : : : : :ハ:ヽ
        .: : : :/ : : : : /: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : ハ:.}   ヾY
         .:: : : /: : :γヾ: : : : /: : : : :_,、:,:イ: :/: : : : :从   }}
      .:: : : :.゙: : :./ /: : : :厶fセ气ミ∠ィ フ: : : : : /:トミー=彡′

       .:: : : : :l: : 圦 /: : : : :{ 癶´ ハ /: : : : :/: j|
     /: : : : : :l: : : :斗: : : : :l    `~´/: : : : /: : :/:|
   /: : : : : : :l: : : : :|: : : :Ν    ⌒¨´Y仞: : : :./:.:|

_,.x彡: : : : : : : :.j{: : : :.:|: : : :| ゝ         、/: : : : : トミ、   諭吉で買った石がメロンになる音を聞きながら死んでいけ
 ~''<7: : : : : :.从: : : :l: : : :|     廴   ノj: : : : : :{
  /: : : : : : :.ハ:.ト、: :i{: : :.:|         ` .: : i|: : : :ハ:゙ヽ_
, イ: : : : : ;、イj/ ヘ| }: :ハ: : :.|  r 、   /}: : リ: : :/ `ー=ミ、
`¨^^^¨´ ノ ゝ  ヽ|:/ V:.:|\{: :.`''<  :|:l: A: :/
    /  ,゙ \ j/  V'{  √卞}=ー' 从j V{
   /   /    ~\      |ニニl |⌒Yj/   ヾ
  /    /      \   |ニニL|  l
 √⌒冖           ゝ、」 ̄圦\, |
 |         `ヽ、_/ _,.。s≦⌒>x、

 l    /      `、 《} ⌒>-=ニ⌒ヾ´`丶、
 l   /         `、 7⌒´         )h、  ` 、
 l  /          Y             )h、   ` 、
 l イ          }i                 )h、   ヽ


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                                                ____
                                               ハ二二二ハ_
                                            <二ハ二二二二ハ二>,
                                          <二二二二二二二二二二>
                 甘いな……!                   .<二二二二二二二>′

                                            _ノ    イ´三三三≧、__
                                             フ::!/斗≦三三三三三三≧三三≧x、
                 お前の背負った苺乳首とやらの         /三三三三三三三三三三≧三三三≧x、

                                             /V三三三三三リ三三三三三リ三三三三三≧、
                 重みを背負って挑んでこい!!        《三三三三三三》三三三三三三二二二二二二>

                                             Ⅵ笊三三三三}}三三三三三三!三三< ̄ ̄
                                             ノ三三三三三ツ三三三三三三}`ヽ<三ツ\
                                           /三三三三>'三三三三三{三三爿   `ヽ\\
                                         /三三三三ニ/三三三三三三≧、三{{     ヽ!ヽ!

                                     ,r===く==く ̄`ヽ三/三三三三三三三三三ヽ!
                                    /三三三三三ヽ《__/1三三三三三三三三三三三≧=ュ、,,_

                                    ゝン⌒!三三三三}   !三三三三三三三三三三三三三三≧ュ、,,,,_
                                      ノ三!三三爿   |三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧ュ、,,_
                                    x≦三ノ|三/三}   .}三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧ュ、,,_

                                    ヽ≧==三ツ三》    Ⅵ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧ュ、,,_
                                      比斗ツ=''"     /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                         , -…=…‐-
                      , ′     ,    ミx、
                      /      ,'      ゙ 、
                   /   ___    __
                   /   廴_ノ  ̄ミx、   }
                     ! /  . -- 、 ,,-‐-、  ヘ  |
                ! / /メハ冫} {| ハ八jヽ .|  !   祈れ……祈るのです……
                } L|__,,-z.__ { i} ー--、! | ハ',

                 /  廴"´ク/7゙~´ r≠=ぅl_ノ | リ   私の為に……スキル強化を祈るのです……
               ハ八`ゝ、   〉 ′  ο゚从  !
                   ノ'} }  /⊂⊃  / レ′从
                 ;彳⌒ーノ  i}≧ニ≦{__ルリハl
                  /i:i:i:`、i:,;"   ム||  ||i:i:i:i:i:i:i:i=- 、
             ノi:i:i:i:i:i:/   〃 `辷彡。i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
            /i:i:i:i:i:i:/   ,'i:i:i:i:i:i||i:i:i:i:゚№i:i:i:i:i:i:i:i|
              /i:i:i:i:i:i:i:i/     ,'i:i:i:⊂亠⊃i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
              ~7i:i:i:i:i:ij!    ,'i:i:i/::::::::\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
             ̄Li:ij!     /i:i:i{i:::::::'':::::::i}i:i:i:i:i:i:i||:i:i:i:|
                V,;     /i:i:i:i|l:::::::;!:::::::l|i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:|
                  ヘ、   /i:i:i:i:i:|l::::,;:::、:::l|i:i:i:i:i:/|i::i:i:i:|


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                  /\     ___
              /i:i: _ -ニ       ⌒≧s。
             _ -ニ               \
           ィ(       。s≦⌒\  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ

         /   _ -ニ __ノ:::::::::::::::',:::∨ /     ノ
        /  _ ‐ニ:::::::::::::/\:、:::::::::::::',::::V    ィ(
.          / .::{:::::::::::::/  〉\/⌒Y::::.  /
      / /   |:::Y__ノ⌒7_ノ廴ノ〈  V:::./         これ、バルバトスの心臓とページね
      //    |::::|^Y__ノ\::::::'.\ィrk ..W:|
     〈(      |::::| |八__  \::::f vツ:. .:::|          新規さんは冠位時間神殿へ辿り着いたの
      ゝ  ‐=≦.:::::| | 、(ゝツ  \""" .! !::.          でも、何一つ魔神柱の美味しいものに触れてない
           ⌒7:::: | |::::\{',  '   /| |::::.
             /:::::: | >‐‐|^', ゝ ' イ. | |Y::V         だから……
            .:::::::::::|Y  V /乂`¨¨  || |Y ⌒ヽ
         /:::::::::::ノ }  ∨{〈  ヽY⌒Y .!ノ: : : : ::.
          /:::::::::::/::::|   八 Y }乂 ノ{ ノ\: : : : } /〉/〉
        .::::::::::::/:::::::〉==== 〉 >/⌒ヽ 乂(  ヽ: : ノ (〈/^7
         .::::::::::::/:::::::::{   /  /    :.    ∨/   〈ノ〉
       .:::::::://:::::::::: |   /{  / \   ',    }:∧ ノ⊂ノ
        .:::::://::/⌒Y  /i:∧/〉|  `、  :.   V:∧\
        .:::::/〈/   {  ′i:i:i:/: |   `、  }   /V ∧ ',
        {:::::.( 〉     | /  {i:i:/: :.!    〉__ノ  ./  〉: :〉 》


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


             / ̄ ̄ \
           /  __,ノ 'ヽ、_
           |   ( ●) (●)   あ、トリスタン君、悪いんだけど

.            |    (___人__)   この番組のスポンサーのガス会社が爆発したから
             |    └ー '´ノ   放送打ち切りね?
            |     ⌒ |            , ァァ┐
             i ヽ      |         ┌、  ///./ 7
            }、 `> ー-´-くヽ- 、___、 _ | l ///./' /
           _ノ >-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7 ノ / ヽ_/' /
        __/ :}Λ:::√ У: : :/ : : : : : : / //  / 丿
     ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : |  /  /

    r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : ヘ  {  イ
     } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : :「ム __厶┐
    f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : :i : : |` ー一一'|
   / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : :V : :| : : : : : : : |

  /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : :r : :|.: : : : : : : |





                                              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                                            /;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧
                                           /;;;;;;;;;;;;;;;;/ ∨;;;;;;;;;;;∨;;;;∧

                                           ,′;;;;;;;;;, '    ∨;;;;;;;;;;;∨;;;;∧
                                        .  ∥;;;;;;;;;;/.      ∨;;;;;;;;;;|;;;;::::∧
                                        .   j{::/:::;;;/      ∨;;;::::::::::::V:∧
                         哀しい……          |l::|::::::/         ∨:::::::::::::::V::|
                                          |l::|::::,' -‐      ̄   |:::|:::::::::::::::\
                                          |l::|::::| _    ―  |::从、::::::::::::| {\
                                          Ⅶ、|         |/ ィ:::: 人:| ∨:
                                          Ⅵ\       ´  ̄ { ノ::::/  ヽ ∨
                                           介ー―――――<:::::::{     )
                                            \:::、::::::/i:i:/ <> .{: |::::ハ   /
                                             ヽ}\{/V <>/{/|:/ .|





━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─











               ̄ ̄   ―              ̄    _                   ̄
    ――         ̄ ̄       ―                   _―― ̄__
 ___         __   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――           ― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―              ==━___ ̄―

                                                 /二二二二7

           __/ ̄/. .◎  / ̄ ̄ ̄ /  / ̄ ̄ ̄ /  / ̄/ ./''7      //___.//
          /___.    ̄/    / / ̄/ /   / / ̄/ /   ̄  / /      / ―――‐ /
          ノ / /i ̄!    . / /_/ / . . / /_/ / .   ___ノ /  .    //     //
         /_,./__./ ヽ、_> .  /____/  /____/   /____,./  , -‐-v./  , -‐-v./
                                           《   .ノ  《   .ノ
                                             ̄      ̄

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__








┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━



      ---------==============ニニニニニ三三三ニニニニニ==============---------

                -----========ニニニニ三ニニニニ========-----
                        ----====ニニニ====----

                             ---===---
                                -








              ,r,===-、
     _       //    `ヾ;
   ./ ._`>、-r=- 、__l.l,r-、   リ

   /   _(_)-'、/  /ミ=-=へ`ヽ、
   i _,(_)-'ヽ/  /    `ヾ、 .',
   V(_)-' i ,'  ,'        `ヽ,
   |,イ. l .ヽl  .l             l    うむむ……打ち切りか
   _.Y、 ヽ、l  .l/l/l/l/l/l/l/l/l/l/}
 /:::::::ト、ヽ,.l  .| ーr-、_   t-イ.リ|    余の人生と一緒だな
 ヽ:::::::::Y⌒'.j  .| .|::::l   l::::::| l l
  ヽ;:::::j .、j l .iリ. ',_ノ   ヽノ )l

   `ーイ`ー,l .l           , イ/
     |:::::::'イ`フー-ryry-イ ./リ
     ` ̄´ ./::〈::::)-、,r|::Y|

         .フ::::::f::::l全l:::l:|
          ,r/:::::::::Vノ-、r',:`ヽ、
      ./:/==--}l| _,イヽ;::::\
    /;;;;;;;´;`;^;^;^;l|´゛| | |:::::::::>,

    /ノVVVV,f-/VvVvl,イVVVVV`
         .し'      'J

;;;;; イ`ヘ;;;;∨ .     /;;;;;;;;;;;;;;|
;;;/: :| ヽヽ;;\__/;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈
/ : :/  ヽ;;;;;ゝ_ヽ;;;;;;;;;;;;;;_,,,:. .-: :´彡フ
: : /メゞ、∠: : : : : : : : :`: :-: :,:_:/彡 /
: /ノ"/: : : : : : : : : : : : : : : : :`:ゝ  / \
/゙,,/:/:/:/: /: : | : : : : : : : : : :\ /;;;;;;;;;;;>    そのジョーク笑ってよろしいので?
!,/: ::/: :/:/: /: : : |: : : |: : :|: :_: : : :ヽ∧/\
/. :/: :―=≠十 l: : : : :/ |≧=-i :|ヽ: : : : : :\  いえ、私も打ち切りENDですけど

: :/: :/: //V.:l   !/|: :.:/   ノ!: : |::|: |ヽ: : : : : : ヽ
イ: :ノ: /':| ヾ|    |:.:/    : :|: | :| ヽ: : : : : : ヽ  ダイタスウノエイレイハンエイレイハウチキリエンドデスシ
'/: :/: : |三三三  ∨  三三/: :|N  ヽ: : : : : : :i
: : :./: : 八              /|: : `ゝ  ノノi: : :ノリ
: : /: : :i: iヽ::::         ::: ヽ::'´       !/
: :/.: : :|: |∪ -、    _        /: i           ところでレイズナーって動力は燃料電池だそうですよ?
::∧: : :|: |    `ー‐ '´ ` ー‐' /:i: |
. \ヾ: |::|` - ,, ___  ' '_ ,, - ´|: : :|:::|
   ヽ: |::|\     ̄/ /|  |ノリ!/


                            __
                         _,.イ//////>.、

                          ,.イ///////>-、/∧
                           i//// l! `´   ∨ハ
                        ハ//リ _⊥  、,..-‐V/ハ
                         ////{ ,.ィァ` ::.´`’`.}、/∧       なるほど、テスラ社がスポンサーになろう!
                           /{'//iヽ、    :::,   .!.}/〉.}\
                         ハ \ハ.ゝ'   ` _ .lイ'/.///ハ    なぜならば電気だから!!!
                      ノ/// ヽ>ュ、 ´ -  /l'/〈'////          
                         〈//ハ  }'//j_> ._.イ .l,l V//ノ         
                 ,..-‐'"V//,〉 {'// ー--┬r― ヽ. ∨ー、- 、      
               ,. ´.::  :く///へ Y ̄ΤΤ{ }.Τ´ .〉 .}//ハ :,` 、
           ,.イ〉-〈  :'  .:j  ̄\リ .!ー---- 、.j--‐ / .{//ノ:´.  `ヽ
          /ニ,イニニヽ.r       ノ:!  .ト.___l_!___.!   ト.、   :'  ノニト、
         /ニ.-.、二二>‐-、_,.-イ:::::::!  ヽ::::::::::::::::::::::::::::l、 ヽ::ヽ  ' ./ニニ!-,  ずいっ
.        /ニ/.(._.))',-- /.乂_ノ):::::::::::::::::\ .!:::::::::::::::::::::::::::::::l  /::::::ヘ-イ二ニニlニl
.         /ニ/', ', ノV_/ヽ_: ノハ:::::::::::::::::::::::ヽl::::::::::::::::::::::::::::::::!/::::::::::::Vニニニ|ニ',
       /イ-―.ヘー ' .ノl_.!`ー- /.、ヘ::::::::::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'⌒';::::::V二ニニlニ!
.     /ニニニ/ヘ___'ノ ゝ-‐>-―>'"{   .(.)::::::::::::;;:::::::、:::::::;;;ゝ-':::::::::Vニニニ!ニ'、_

.      /ニニニ/_⌒ヽ 〉-‐ '"   .! .{  ゝ _,.イ-―::::´::::::::::::`::-::::::_::::::/:Vニニニl二lニi





                                   __,.   ,,..。、
                               ヌ-/ ̄__,..)/:i:i:i,) ,ィョァ        ,..;iィk、
                               /:i/:i:i:ノ ./:i:i:i:ノ´/:i:i:/        (メ狄j心\、
                              ヽ:i:iマ:i:iヽ{:i:i:i:i} /´:i:/        /ノ,ァヾ.;: 'ム<"ト、                ____
                               }:i:i゙,..、`:i:i:i:i:i`:i:i:iノ          i':'/   .ャz。、マk,\.            /    \
                          .     \ゝィ:i:.(⌒)(´`)ヘ         ,イ ノ'‘~7.,.ゝ、/ vハメj`ゝイ         /       ヘ
                                 .i\:i:i:ヘ.|:i:i:} |´:i〉、        {;八`´ .,人 _;仏jハ八jノいsイ   . ,.。sf<´         }
 AHAHAHAHA!                       マ `<。..,__,。f''´/      /ルj狄リ´.⌒.`ノソ狄狄メ狄〈 ,.。sf´    \       .,イ
                                 .个<。..,__,..。ィ"。.,      ヽィ:i´:i:i:i`ミh,ヽァf'´ ̄,.。s'´ \⌒  ̄ ` ゙ミh。、. \    /
 スポンサーならば安心と信頼の大企業         /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{ ィ' ⌒7'⌒.,>{:i:,ィ'´三`マi:) ヽィ'´:.:.:.:,..。s==\: : : :.ヽ: : : :ヽ  `ヽ/
 我がGE社の方が良いに決まっているだろう!    ィ´\...,,,_,,,../(: : : : /:::::\.゙〈ニニニニ。イト、 }-―"´/,ィ-,.。s\: : : :\: : :.ヽ  }i
                                ./ ヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,ィ:.:.:.:/ゝ.。ィ'/. { `¨¨"´ .} \ト,二ニ/ /:::::::::::::}::::.。s。.,マ:::::\}i
                                {:::::::\..,,_,,../:::):::::{二ニ/  {       |  \` ゙̄ ¨´::::,..。sf"/: : : : : : : : `ヽ:::`、
                                {:::::::::::::::::::::::::::::::/::::八,ィ:::/ /ヽ、   ,..∧   \/:.:.:.:.:〉:::::::{: : : : : : : : : : : : マ::∨
                                ∧::::::::::::::::::::::::/l:::::::::{::::/ /:::::::::::` ̄´:::::::::\   ム:.:.:.:.:.:.::::::::::|: : : : : : : : : : : : : ヽ:∨
                               .〈二≧s。--s<二}:::::::::{:::ム./i:::::::::::::{:i人:i|:::::。.., `ミh。、ヘ:.:.:.::::::::::::{::: : : : : : : : : : : : : :`、、
                                .寸二二=二二丿:::::::人{/::::ヘ::::::/{:iV:i:|:::::::.:.:.\::::::`ミゝ::::::::::::::::ヽ::::ヽ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::}`マs。
                      にょきっ      マs。_二>´ ̄ ̄´  〉:::::::,ィ:::::::´}:ノゝ:{:::::::.:.:.:.:.:ヘ:::::::::::::::::::::::::::::,ィマ::::::::::::::::::::::イ:::::::ヘ} l .ヾ,
                                     ̄        {::::::::{::::::::::::::|:人:i{:::::::::::::::::::::::::::/`ミh。,.。f´  .\::::\:::::::::::::::::::::::ヽ\ヘ}
                                             マ__::::マ::::,..。ィ}`Y´{`ミhs。イ ┌―-s。/      `ゝ、::::::::::::::::;':::::::`、ノ





 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

  |  あ゛?    |
  乂______,ノ



                                  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

                                   |  あん?   |
                                   ゝ______,乂
















              /´゙`ヽ、
            /     ヽ

           ,/./   ,....,  ;ii、
           ('/.i   ( (,,)  i::b   ホラね?
           i' i    `゙゙´ :「:::b  
.          | |        丿:::h  人類は今、宇宙人に狙われる程
.          'i| i    ./´`ヽ,|::::::h  お互いを信頼してはいないでしょう?
           r' |   `゙'- ノ⌒ヽ   
           /´tl i  〈,´゙`ソ/´'' ヽ
     i:i   丿i;:::ti|  ( `ヽソ/::::::ゝ 'i
.     ,i;i、 /´` `i;t:| i`'''ノ/::::λ::;;} |

      i;;;;;;i |    |ノ::ヽ,,ソノ::::::/´⌒ヾノ
  ,,..;;-|;;;;;;|-|,,,|-----;;::;;::::::;;;;/   'λ
 (..,,,,________,,..)::´/λ  ノミi

  | |__,| |____| |;;;;/ノ//)ノノ
  |,,,,|   | |     |,,,.|
       '''''





■ボフと子と



          ;゚。
           ;;
          o; ;
           /ヽ
           ;ゝ゚ノ
            ;
          ; ゚;
          ∧
          〈 o〉   ヒタヒタ…
          `´
           ゚ ;。
            ;;




                                        __   -=ァ
                                      r― \ ∨ /__
                                    '"  ̄ ̄ ̄``丶、   \_

                                 /          \ \  _彡´
                                /          ヽ > ',   \
                               ⌒7 /' /      }   〈\\ >   ',
      ああー!!                   { ノ| / {    ハ   〈=ナ7'  }V

                                7 芹≧x.   /斗匕∨ ∨/  ,
      テメェまた手抜き家事しやがって!     /   } { f i \/イ fハ }   v   {
                               ,   , V リ   V_ソ '   ',\__ >
                               |   介 ,,  r~~、 /   人i
                               j人  |  >---‐=7人 /
                                 \! / /=`O'==  V
                                   / ̄7⌒ハ -―‐ }

                                   ゝー ト-、___,ノ


      /   /ヽ   \      ハ
.     { //   \__ |\    ,}|
     V/     / : : } 〉: :ヽ---クリ
     /;、:ヽ  N: ノ: 〈〈: : : : : : :《:|
.     {:{/ノ: \|: 〈==ミく: : : i: : ノ_j
      入ヽ:ヽ: ヽ : : r‐tnト-': :ィチf   そう思うならアンタが自分で家事をすればいいだろう
      | : `:ー|: : :}i´: ^゙ ̄:': :,_|`フ
   /ハ: : : :l :__j|: : : : :〈: :/: |/     いつまでもあると思うな親と金、という諺を知ってるか?

    (ノ/ \: :\ }: : : :___ヽ_/
    (_ノ/l/≧-:\: : : ー‐く
    ヽ(_ノ/// ─‐>ーイ//\__
   ///\/___|_/___|////////\___     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   /////////∧\ \//<`ヽ/∧/ハ    |  ぐぬぬ……口の減らねーところはデトックスされずに残りやがって……  |

   //////_//∧ ヽ ∨//}) l|_//}/ |    ゝ________________________________,乂
   ////// {|// ∧  ‘,∨/   ̄}}|/ |
   /////|! ヽ===='   i!      〃!/リ
   ////厶ヽ         l|  __ }| |/{
   ///厂     __  l| l|//jレノ/!/l
   ///`ー‐, {{ ̄ ̄V l| l|//////|/ハ

   //////八_l!/// ∧l| l|//////|//{
   ///////// ̄/////| | l|//////|./∧





          ___
        /_}\_`\
.        / }--、   ̄`ヽ
       | ノ frゥ\} li_「}
      __j_ {    , 〈ゥュ リ   だいたいコレは手抜きじゃない
     { ハ}ノ}  r=、_ュ _/    シャツはヒタヒタに濡れたまま干すことで乾いた時に皺なくなる

       ーrト、}  ⌒  /∧ 
      {\ \    〈/イ    つまりアイロンがけの手間が省けるということだ
    __jo >:`ニニ´ }__   
   __}ニニ \ | ̄ ̄} ノ⌒ー── 、

 _ノニニニニニ`>=__, ---、ニニニニ∧
 ニニニニニニニニ/´   / ∧ニニニニ}         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

 ニニニニ_ 〈      / /}ニニニニニ/          |   結局、手抜きじゃねーか!!!    |
  ∨ニニ_{{ (⌒{二二二ヽ. /}}__ニニニ>          ゝ__________________,乂
 ニ:∨≪__   _/    `ヽ_ノイ ___≫ //{
 二_〉ニニ{{_(> ,__ト、---'<__// ∧

 ニニ}ニニニニ/`>{_n__.ノニニニ/ニニ}
 二∧二/\__∧r) )ニニニ∧ニニニl}





         /(_

      <⌒ヽ , -――-                        \
      '⌒ / /      \               ピンポーン!
     /  / ,        }ヽ  \                    /
    7  (ヘ /}  /    | ', 从/⌒ 
    ;  八)Yl  ,v--从ノ ィ不、 彡
    |    v |∨iィf 示   じ V \   んぁ?
    |人   ):| 八乂ソ _   人   )
      \/八  ヽ_(:::::イ  )/
         \{\}:.7oV:7   ,、__
         /:. _/:. | ̄ }i:.ヽ人_〈

          \:.ヽ:|:| ̄ |:vY:,/
           )- 〉===へ¨´
           └イニrrニi
                |  l |  |












           .., ≠  フイ: : <
          {ミ   ツ"´: : :., - 、: :.\
       rィツ 彡イ: : : : : : :{ (),、() }: : :. :ヽ
      ≧ 彡イ: : : : : : :.{≧、nnn,≦: : : : ヽ
     _...〉<: : : : : : : : : : : ,.>..―≠<: : : : :.ヽ
   /  { ハヽ : : : : : : : : /  /   ´`\: : :.ヽ

   /    ノノ\: : : :.l´/ /       ヽ \ /
  /      ) ̄ ≧ノイ / /        ヽ  \
 ./  /    〉...辷-/  ,:  /   /ハ    } :,  .ハ
..l.. /   < <  /.. {  .! -‐'‐-、:   _ノ_::  }':!
  `  ―  ≦辷 ,,::  ':  j ノ z斥.. }: ノ_,.イl  ノ
           ` ヽ  ヾ从 弋シ ノ.,:'代リ ノレヘ     遊びに参りましたわ、モードレッドさん
_            ヽ  ≧-'    '  / ハ}
   > 、..._     ノ≧ ‐,ニ= l,¬  ノ<_ノ }     ……って、あら?
 イ/   /  \    ノ ト、  }> 、 `´,イ/
/ / ./,:    `     ハ  }!く l ¨´/,:          そちらは新しい居候の方ですの?
,:/ /   _.. イ _.....ノ }  lヲ :、 ,:

!{/   /r ―≠--ゥ..._   ノト、 :.ヽ ハ
/.._ { ,:  / /  /: ! ¨//! }ノ ヽ ':

―- 、ハ {/{  (   ノ: : l   l| /  ;  ':
   l: : <、  .ヽ': : : : :,' :  l:.l/  ノ:  .;
、  .ハ: : : : ノヽ ).}: : : :/ ,:  .l:.l彡イ' ノ ノ     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

: >、 ヽ: : : ''".: : :ノ ノ  ,: : lニイイ ノ'       |   いや……ある意味では新しいんだが……   |
´ ⌒ \ ヽ: : : .ノ./  /: :j           ゝ_____________________,ノ
     ヽ   ト、 ̄    ノ: : ,:
     ':―'ヘ.ヽ...___ イ: : ノ
       Vハ} \: : : :イ



               , -─ァ--- 、
               / //       \
              / //{_      ∧    ふん……まぁそういうことらしい
          /_/ ∨ ) }   , --、ハ

          |   /rfラ  ̄`ー' くi }l }
          {__  ̄    i   _ノノハ          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            ヽ汎        {´  ∧          |   えっ、どういうことですの?    |
            L_, =ァ'    ./  { ∧          ゝ_______________,ノ
              `こノ    /   ノ  `>-
               ∨_.  イ /   /ニニニ
                  ,ィ}/ /  /ニニニニニ    俺の事はエボルタでもボブでもエミヤでも好きなように呼べばいい
           , ‐ァ─‐/ /  / /ニニニニニニニ
           //--- 、    /}ニニニニニニニニ    もっとも、機械なんぞに名前をつける酔狂な趣味があれば、だが
.       //>⌒>ニニニニ´ /ニニニニニニニニニ

.       /// /ニニニ/ 厂ニニニニニ∧ニニニ
      ニ/_/ニニ> ' /ニニニニニニ/ ∧ニニニ            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      ───> ', <´>----- < /ニ∧ニニ            |  え? 今エミヤって……えっ!?!   |

       ----/ /ニニニ>------<ニニニニ∧ニ            ゝ__________________,ノ
        ---/ ∧ニニニニニニニニニニニニニニニニl/  ∨







                 ____
             /_、<ニニ=-、"' 、
              _、<ニ>''´ ̄ ̄\  \        じゃあ 謎のジャマイカ人X で
         //     =ミ     \   \
          //    \ |\/      \__
.         /  {       \| /ハ        <_       、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
        /   \     / x=ミ|      \_/       _)                                     (_
.       ′   |. \   /ん ハ|     |  |  |         _)   ジャマイカ国籍になった!? 気持ちはわかるケド!!  (_
.       |   斗匕⌒\    乂シ!  |  |   j  八         )                                      (
.       |     xぅ'心,)\ |  八,ノ /  / /⌒\       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
      八   彳 乂シ  、 \  __ノイ!  Λ /|
       /  \  乂_       /ヘ.ニニ| / }ノ从__          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    _彡 /  >-‐く    /ニニニ\| />'"´ニニニ\        |  なるほど、エミヤ姓はジャマイカにも多いのですのね   |
        ,′ /从  个ノ¨>iニlニニニニl(ニニニニニニニ\       ゝ_________________________,ノ
.           ,′ \ }ニ\\ニ|二二二ニニニニニニニニニハ
       {  ′   八ニ} Y⌒Y二二二ニニニニニニニニ}        、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
         \|    /ニ\〈 乂,メ二二二ニニニニニニ ̄\}        _)                                     (_
             /ニニニ/ / |ニニニニニニニニニニニニ\       _)   いやねぇよ!? ジャマイカにEMIYAなんて姓! 多分  (_
           /ニニニ/ / | |ニニ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ニニニニ\     )                                      (
         _、<ニニニニ/ /ニ| |=,//ニニニニニ「\ \ニニニニ}     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
     <⌒\ニニニニ//ニニ| レ/ニニニニニニjニ「\ \ニニ/





          x≦二 ̄    ̄> 、
        /    `ヽ.__      \
.         /\\__ ( : \      ∧         、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
        /    ソ´/: : 〉 〉: : :.∨     ∧        _)                     (_
.       /    /: :- `V 「 : : : : ‘ー─---ハ       _)   テメェもなんか否定しろよ!  (_
      /  / : : __ \〈: : : : : : : : : ____「 │       )                      (
    /⌒ヽ 〈: : : : :代ヒぅ、:\j: :,ノ: :r‐'_厂∟./        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
.   l :ノ:ヽ:\ヽ: : : `゙冖^ : : : : : r┴ー‐v'´/
    ! { ノ :i : :Vl : : : : : : : : :-:ァ:ィfヒぅ、⌒/./
   \ヽ l: : :}| : : : : : : i´: : /i `゙冖 : :У   ……ハッ! 名前に拘らない男が国籍に拘るとでも?

     iー'l: : :l !: : : :___‐:ヽ_ノノ: : : : :/
     |: : | : j l: : :i `ヽ_ー、 i : ,ィニ´:⌒ハ    俺をジャマイカ人と呼びたければ呼べばいいさ
     |: :│//:: : :≧、  ̄ノ: // :/:ノリ:/    ジャマイカ人は迷惑だろうがな
     |: :人 ヽ: : : : : :`¨¨ _:/ レく_/
     /!: : : :\〉 : : : : : : :厶イ: :/\___
.     {/|: : : : : :>:‐:-:<: : ;ノ///|// ̄ ̄
.  __|/\: : : : : : : : : : : : ////l/|///////
  ///|/ハ/\:_: : : : : :_:///ハ.(,ノ////////
  ///|(_ノ/ハ// ̄Τ/////(,ノ/////////
  ///\/(_ノ//____|___///////////////
 //////\//「: : : : : : :|/////////////








                              -―--   ノ
                        /   /   -‐…‐-彡
                   (__( / /   /   ´ ̄
                    >--ミ、(   / /   ̄´"''~、、
                      / -‐、>==…==ミ    ,、<⌒\
                    // /          `''<     \
                     {  //   xへ -‐…‐ 、  ゙'く    丶
                  /(  / /          \ /Λ.     i
                     , '゙   /  j (    \    ∨ Λ    |
                /   /  .||.\   \   ∨ Λ

                 /   /    ||   \   \  ∨ / }  |  そういや祖国の外で活動した英霊だったか、オマエ
                     、|____||       __/\  V/,リ  |
             _、r=| |  .|   |、__八   "´_,、≠ヤ }   「 }   |  いやだからってよう、アフリカ人でいいってのは違うだろ
.             _、rニニニ| | 八 ⌒Vんハ \   }乂しノ /   j/   |
          _、rニニニニニ|/\ \| `¨¨    \ノ ''''' ノ // /   i|  オレと違って日本には普通の家族がいたんだろ?
     _、r二ニニニニニニニニ\ 丶""  `    __彡イ   / イ   i|
   、rニニニニニニニニニ>''´ ハ ノ込   v 丶  .イ   /  |  .八
.   /ニニニニニニニニ>''´   /    }/>   イ :/  /..  | /
  /ニニニニニニ,、<_xへ__/   / /__/__ノ}: : : : :{  Λ   _ノ/
. 〈二二二二二イニ二二二二{  / // 厂 : : }: : : : :{  {: :`¨'''ー-  -…‐ 、         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  \二二二ニニニニニニニ/{ {  / /: : : : : : : : :/乂 \、: ''´                |  モードレッド、お前……   |
    `''<ニニニニニニニニ/八 乂 / /ヘ: : : : : : : / ,、 ''´                    ゝ_____________,ノ
       `''<ニニニニニ{/.   `¨7´ /   : : : : :ノ
         `'くニニニ{⌒ニニ={ j               {           |             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            \ニ={ニニニニ)ノ                _ハ          |             |  モードレッド、貴女……   |
             〈ニニ{二二 /__   : :/     _/ ̄"''~=-、     |             ゝ_____________,ノ
                 Vニ{ニ/''¨¨\ ¨¨¨¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄ ヽ~''ミ Λ \\    | 、

















            -―-、、

          /,、ィ'" ̄´"丶、
            /   {  八     丶
        ,、   从 { \トノ八  i
      /    | ト 丐ト  ィi  |   ……ジャマイカの事、アフリカって言った?
         }イニ| lニニ=-,丐、  |
        ノニ| |ニニ/ }ニニ| |

         /⌒¨''レ八ニニ{-トニ| |
..        jニニニニニ=-、 しノ| |
      /ニニニニニニ}! \\ニ、                  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      {ニニニニ==-ミ}!  }l ニ、                  |  へ?    |
        {ィ'゙¨¨¨´ ̄Τニニ¨¨ ̄¨L__ノ                  ゝ______,ノ
        /二二二/ニ|c二ニ| | |ニヘ
..      /二二二/ニニlニニニ| | |ニニ,
      /二二二/ニニニ|二二| | |ニニ,
     /ニニニニ}二二ニ|c 二| | |ニニニ,
  r==ミ、、ニニ/二二二|ニニ| | |ニニニ,
  {::::::::::::::\=/ニニニニ|ニニ| | |ニニニ,
  ::::::::::::::::::::::〉二二二ニ|c 二| | |ニニニニ,

  {しヘ::::::::::/二ニニニニ|ニニ| | |ニニニニ、




                                          |:i:i:i:i:i}     r-ミ   `ヽ、
                                          |:i:i:i:i:i}≫'"""''ヾ  }      \       
                                         ,イ⌒/   、  }`イ       \      .
                                         | Vr´/    _,}  }. V        ニ====ニ 
                                         | 八{ r、{/´灼  .}  .}ト、              
           ジャマイカは中米ですわよ?            ./ ,   ト,ィ灼  _},ィ  j{  \              
                                        { {{ V/   )x,_´ r={ ,//    .}   、      
                                      _jI斗ミ、}{  八/r二^}ニ{≧s/  /}ト、   、     
                                    ,ィ{ニニニニ八__,イ,、斗-=ニ,,_  .{   .{   V  \ }  
  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ                      八ニ,ィr '’    //〃    ミx,`、  \  V_   `ヽ、 
   |  …………    |                      /Λニ{     .:{ {ニ{      .ト\}   .} ___{:ニV   }。
   ゝ________,ノ                     /={.Λ_`、. . . . :八.V_}ト、    ,ィ=二了  八{ニニニV.   \
                                  ./ニ八 `、≧s。_jI斗=={=-ミ,/ニニ二八   .ハ_二二V 、._ 
                                 /ニニニ≧===イr~``うニ{/ニ,。s≦7  {{  {{. `、ニニニV.  
                                ./。s≦ニニニニニ/={ /ニ二{ニニニニニ_/ト、  )  ) 」ニニ二V  
                               ./ニニニニニニニニ/ニ{/ニニニ二',ニ。s≦ア   >,。, /ニニ二二} 
                               .`、,、ヽ``ニニニニ{ニニ{{ニニニニ二',ニニ/ニ=-  __/ニニニ_。s≦   





                       __    / ―ァ
                     -=ミ\ \// /       ノ
                 -―――‐=ミ )_ |'  ( / ̄ ̄/
            , -=  ―    __ > 人 /  ̄ ̄``丶、
           / '⌒   ⌒ヽ \  ̄ ̄   )x ) /⌒ヽ ̄ ̄
             //      \  \ ヽ ̄ ̄-=彡''⌒ヽ    \
          ' ' / /     \   V⌒<_/《   \   \
        / /|、  ハ `、  `、   V^メメメ人,)   i \ \\
       _彡' /从 \{ | 、 `、  `、  V~~~' {   |  `¨¨¨⌒
         ノ | x=ミ l 八---- 、     、/ /' 八  |
         |人i vリ\  ヽ_\ i:\ } ト _\ '   / \|
         |  {      fじ メ、 /ヽ |Y,/  / '    ヽ   いや知ってたし。
         |/圦 '     `¨彳イ   |ノ{  /{ i
         イ | :∧  _   ij ||  /| |  , 人 |       冗談いっただけだし。
        j从 |彡 、     イ    /i人从/  \
        / ̄ 丶 ユ ¨´ 八   /__/ ´           アレだろ? メキシコの隣辺りの国だろ?
       ,      ', \    ハ , /   ヽ
        /      i 、 \  { イ       ',
      '         ;  \_ /
      {_{       |_   天    V   }              γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      | ̄|     √  -=r==r====i   ,               |  ジャマイカは島国ですわ   |
      |           人 __))   l   /               ゝ_____________,ノ
      |   ;     {      7¨´   ,   /
      |== i     i___   ノ    /   '
      |  :      | ――― -- /
      |  |           /'    i
      |  |     {   /    ' {    |
     /  {       {'   / ,    |








           _r'⌒¨¨> 、
           /  /'⌒ヽ,ノ⌒ヽ
.         r'´  /ノ 厂ヽ     ∧
.       ,ィ{   |: :| │: ::/      ∧
      / |   |: :| │ /      ‘,   …………
.     { │   {: :| r┘:{__    '⌒ヽ}
        \/ : : \: : : :\  ノ ノヽ }
.       `ト、: : : : : :〈〈: : _} :└《: : У;ノ            、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
       }: :||: : : : : :〉У__,: : : :j! :(/:゚。           _)                     (_
       弋{ト、 : : イ f迂ノ^: : ノ: : :|: : : '_         _)   何か言えよコラァ!!!    (_
         迂う: : : : : : :. :.:《: : :/.: : : :∨}          )                      (
          ヽ: :}`゙: : :. :. :. :. :V/: : : : : /∧         ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
           ー=__ --: : :. :./: : |: :///∧

               人ー一: : : :/: : :.jノ/∧/∧___
           (}///ト---彳: : :.:||「//(__)///////>x_
        _厂{{//(_)////||: : : :|{___//////////////>x ____
     _x<//////\////r‐┘: : :.ノ: ̄:.l|///////////////_/////∧
  <//////////// \/ |匚: : /_:_:_:_:j|////// ̄ ̄ ̄////////}// ∧

 //////////////////// ̄「冂ノ「厂///////////////////////l////,}
/////////////////____////|l | l|////___//////////////////〈/////
/////////////////{ ̄≫//|l | l|//≪ ̄ヽ/////////////////i ///{
//////////////___}}八___|l | l|___,ノ ,ノ___//////////////////\

///////////// ̄ ̄   ̄ ̄ l|   ̄ ̄    ̄ ̄\////////////////,ノ
////////////\__  __  l|   __  __/////////////////{
////////////// ̄// ( ̄\ l| / ̄ ̄) )) ̄///////////////////,|

//////////////// {l_____>/|l | |///<__ノ/\__//////_/////////}
∧///////////////>── |l | |――</////// ̄ ̄//∧/////////|
/∧\////__>/‘´////////,|l | |\/////// ̄ ̄ ̄//// {///__///∧
///\/ ̄ ̄//\///////// |l | |//ヽ //////////////{  V´//// /`ヽ}   
/\// ヽ|////// \///////,|l | |/////////////////|  }_// ̄ ̄\/
///ヽ///|//////// ヽ///// !  │/////\//////////j /´/////////\
/////// |////////// \///|l │l|//////////////////| |// ̄ ̄ ̄\//
【後日、モードレッドの机の上にはサルでもわかる世界地図(投影品)が置かれていた。モードレッドは枕にした】


■世界史でよくある感想:イギリス汚いなイギリス

モード「っていうかアンはなんで知ってんだよ」

エボルタ「義務教育だろうが」

メアリー「教育受けて無くても、僕たちカリブの海賊だから」

メアリー(っていうかぶっちゃけ僕、ジャマイカで獄死してるんだけどね)

アン「先程中米と言いましたが、厳密にいうとカリブ海の島国ですわ」

アン「キューバの南にありますの、ジャマイカ」

メアリー「昔はスペイン領だったんだけど、僕達が生まれる頃にはもう英国領でね」

アン「カリブ海交易に相応しい立地でしたから、イギリス海軍と海賊の中継地点として栄えましたの」



    ,.,.-―‐-、   { ̄^ ̄`ヽ_,.‐-、   ',
   /      ゙゙""゙゙           `i  ',
 /                      |   ',
 }                     ',   ',
./                     ',  /

.|                      `ー′

.|                        ____
.|                       r '´,r-、 ``'‐、_
|         r-‐‐‐‐-、   `~´o  ̄`‐-、 `'、__
..\        /    i´             `ー、 `ーァ ___  _
  `ー、  _,.-‐‐'´     ./                ̄ ̄   `i `~´ `ヽ、  __
.     ̄         ./                 =ニァ    =二-‐v-‐'~´  `ー'´ ° 。
              ノ               ↑                     。°
`ー-‐´~`ヽ、      `ー--‐‐--、        【ココ】                       ゚。
        ヽ、__         `i                               ゚。
            `ー-、_       |                                   。 。
              ヽ    /               _rっ o

                  \.  〈            r‐-‐'´ .〈 ,-‐'~~`i  ___   _..-‐'フ
                く_,、. ヽ      ____    ./     U    `´  `ー'´.   `ヽ,
                    ヽ、 `ヽ-‐´,...、`',  ノ                     ι‐-、
                     ̄`ヽ_i´  .ヽ ∨                         ヽ
                           冫




モード「いやまておかしい。海軍と海賊の中継地って」

エボルタ「いつものアレだろう、テーブルの下で握手をしている」

モード「汚ねぇ! オレたちの子孫汚ねぇ!!」

アン(ぶっちゃけイギリス人はブリテン人の子孫ではないのですが)

メアリー「まあ僕が船に乗る頃にはとっくに政府は海賊を切り捨てて」

メアリー「追い出された海賊はバハマ諸島に逃げ込んでたんだけどね」

アン「バハマ諸島はちょうどジャマイカとキューバを挟んで反対側にあります」

モード「じゃあなんだ、お前たちは実際にジャマイカにいったわけじゃないのか」

メアリー「え?」

アン「え?」

モード「え?」

モード「いや、だって海賊は追い出されたんだろ?」

アン「そうですわね。でも海賊が密売する拠点の一つはジャマイカですわよ、相変わらず」

メアリー「当時のジャマイカの経済は船乗り相手に回っていたんだ。勿論船乗りには海賊も含むよ」

モード「なんなんだよジャマイカ……」

アン「一言でいえばジャマイカは楽園ですわ」

メアリー「一言でいうならジャマイカは修羅の国だね」

モード「真逆の意見が出てきた!?」


エボルタ「アン=ボニーは精神汚染持ちだからな。属性も混沌・悪だ」

アン「ま、失礼な」

メアリー(その通りなんだよなぁ)

メアリー「ジャマイカは元々ポートロイヤルっていう港町が首府で、地震で倒壊してからは」

メアリー「キングストンに移ったんだけど、どっちにしろ、こう表現されたんだ」

メアリー「――"世界で最も豊かで、堕落した人しかいない町"ってね」

アン「一晩で巨額が消えていく無法の町、それが海賊の棲家ですわ!」キラキラ

モード「うわぁ……」

メアリー「ちなみにお金はあっても建物とか別に立派じゃないよ」

メアリー「ただ酒を飲んで騒いで女を抱いて賭けをして喧嘩して浪費するだけの町だから」

エボルタ「悪性隔絶魔境か何かか?」


■世界史でよくある感想:ホントイギリス汚いなイギリス

エボルタ「ジャマイカは岐阜県より大きく秋田県より小さい面積をもつ島国だ」

エボルタ「かなり大きな島と言えるが、島の半分が標高300m以上の高地」

エボルタ「つまり山林が殆どで人の住む平地が貴重な形状をしている」

エボルタ「島の3分の2がカルスト台地で農業には当然適さない」

エボルタ「山で有名なのはコーヒーで有名な、ブルー・マウンテン峰」

エボルタ「標高2,256 メートルのこの山はキングストンの真後ろに鎮座している」

アン「さすがジャマイカの方、お詳しいですわね!」

モード「ああ、うん……もうそれでいいかな」

エボルタ「キングスタンは後背地をこのブルー・マウンテン峰によって守られている天然の要塞湾港都市だ」

エボルタ「日本では鎌倉のような都市といえるな。傭兵としては攻めにくく守りやすい良い土地だ」

エボルタ「キングストンの西方にはこの国では貴重な平野部が広がっている。この都市が繁栄した理由だ」

エボルタ「島の中西部のブラックリバー、最西部のネグリルにも平野地帯は広がってるか、こちらほどじゃない」

モード(コイツ、ジャマイカの観光大使かなにかなんじゃないだろうか……?)


エボルタ「で、十八世紀における世界の掃き溜めジャマイカだが」

モード「おいおい観光大使が地元Disるなよ」

エボルタ「観光大使……? なんのことだ?」

アン「コレ以上無いぐらいの褒め言葉でしたのに?」キョトン

メアリー「アンはホントに良家のお嬢様だったの?」

エボルタ「そこの2人が話したように、身元の分からない海賊が跋扈し、金だけは落すので」

エボルタ「当然のように海賊以外の逃亡者達もここに集まっていった」

メアリー「身元がバレないし、生活できる可能性があるからね」

アン「キングストンで身の綺麗な人間なんておりませんわ! 本国から来た連中もどっぷり賄賂に浸かってますし?」

エボルタ「この逃亡者にはアフリカ大陸から新大陸へと運ばれた黒人奴隷も含まれた」

メアリー「スペイン領、英国領から逃亡してジャマイカに住み着いた彼らは、山に隠れ住んで生活するようになった」

アン「彼らはマルーンと呼ばれましたわ」

メアリー「ジャマイカは密貿易で儲かったけど、海から仕入れられるものには限界がある」

メアリー「僕達船乗りも、陸に上ったら美味しい食事をしたいからね」

アン「私達が飲み食いしたお肉や野菜は彼らの育てたものだったのかも知れませんわ」

モード「なんつーか、本当に奇妙なバランスでなりたってる世界だな……」






┌─────────────────────────┐
│  その奇妙なバランスもやがて崩壊する時がくる――  .....│
└─────────────────────────┘

                                    /        丶         \
                                   , ' /<´ ̄ ̄ ̄` ∧          ヽ
                                  /.:///////////// ∧        '

                            .       / //,>― ――<// ∧      | '
                                 / ,'/           \//l       | ',
                            .     ′| X|   |    /  /\!        |  ∧
                                {  |   |\ |   | /} / |..斗 }     八    、
                                |  ||ィ fぅト、.:ーr' ァ<´l\| ′   /  \   \
   このような状態は不健全ですわ!         ∧..:|∧iト Vリ \| 'f_,ハ ヽ j/    ∧   丶  \
                                { V   i|〃 ,    Vツ ノ^/:  / /ー-   _      \
   ジャマイカに潜む奴隷を逮捕しませんと!      '  八        〃 /. :/ /ハ        ̄`ヽ.  \
                                  ∨ {\ マ'⌒ヽ   ノ/ /////|     /  ハ   \
                                   丶 、 \ ー┘..イ´// /////|      ′     |
                                    \\ `7´//| ∨'  //////|   /      |
                                    ∧.\\l// /| { \///////j    ′     |
                                   / ∧ \}/ ∧  、 \ー<´   {         |
                            .      / , ' /∨ ノヽ///\ \ \//〉          人
                            .     / //   {/ ノ、////\ ,>‐}/    \       \
                                     ┌────────────────┐

                                     │  イギリスの偉い人、ついに動く   .│
                                     └────────────────┘







                             _ -───── 、
                             /´    /   ,r≦ュ_,ュ ヽ
                             /     /  /     ヾ 、
                           /       i   /三三三三ュ、∨i
                       /     i   | /7∧|/ トi`⌒入ミュヘ
                          /  |!  ∧   |/斗ぇ芋ミュト! /´八∧|   1720年代初頭までかけて我が大英帝国は
                      /   ∧   ∧  j! ̄ヾゞツ ` Y_厶イ j }!
                        /     ∧  ∧ ∧         {か7//i |   カリブ海の制圧に取り組みました
                    /     / ∧   `ト !、      ' fイ//j |
                      /    , ' / ∧  │,ノ! r─ャ.  ノ /∧j   結果、カリブの海賊はほぼ駆逐することに成功しましたわ
                   /    / / r′ヘ   K/   ̄ /¨´/! }}
                 /  / / _/ `\ヘ | , ヘ ,.ィi/   / / ,ノj
                 /  _/- ニ二i \   `Y l< |i  |!  /  iレ/    黒髭ティーチ          1718年 戦死
                / r<彡二´ i│  \. /! |ト、ゝ  | /i  |/      チャールズ=ヴェイン     1720年 捕縛
                // / /∧    | |, イ   く_,ノ,リトi ヽ<! i│  !      ジョン=ラカム          1720年 捕縛
           / イ // // ∧    |iヘ、二二´三 //|}ヘ<ミY.ト」   l      バーソロミュー=ロバーツ   1722年 戦死
          / /´// //   ∧.   トミュ\三ィ≦7/∧∨∧∨ `¨>i
        //´ // //     i  _,>ミュ>ュ==l」三ニK ∨>彡イ!     ご覧のように海は落ち着き始めましたの
        /  /  」 i |     }  トミ二二≧′      ̄ヾ二三≦ ノ\
      イ  /  「 `//    // >テ≧         oi`¨ <イ′  \
        /    j. _j j     /∧ 「 ̄´  }          rニ三彡′、  ∧
            / //    イi !  ゝ    j          /  ̄`7i  ∧/ /










                                                   |:i:i:i:i:i}     r-ミ   `ヽ、

                                                   |:i:i:i:i:i}≫'"""''ヾ  }     
                                                   ,イ⌒/   、  }`イ     
                           ⊂二⊃                    | Vr´/    _,}  }. V    
              .             -―-、、                   | 八{ r、{/´灼  .}  .}ト、   
                        /,、ィ'" ̄´"丶、                 ./ ,   ト,ィ灼  _},ィ  j{  \  
                       /   {  八     丶                { {{ V/   )x,_´ r={ ,//    .} 
                      ,、   从 { \トノ八  i              _jI斗ミ、}{  八/r二^}ニ{≧s/  /}ト
                     /    | ト 丐ト  ィi  |           ,ィ{ニニニニ八__,イ,、斗-=ニ,,_  .{   .{  
                       }イニ| lニニ=-,丐、  |          八ニ,ィr '’    //〃    ミx,`、  \
   つまんない時代に         ノニ| |ニニ/ }ニニ| |          /Λニ{     .:{ {ニ{      .ト\}   .
   なったもんだよね         /⌒¨''レ八ニニ{-トニ| |          /={.Λ_`、. . . . :八.V_}ト、    ,ィ=二了  八
                      jニニニニニ=-、 しノ| |         ./ニ八 `、≧s。_jI斗=={=-ミ,/ニニ二八   .
       本当ですわ       /ニニニニニニ}! \\ニ、       /ニニニ≧===イr~``うニ{/ニ,。s≦7  {{  
                    {ニニニニ==-ミ}!  }l ニ、      ./。s≦ニニニニニ/={ /ニ二{ニニニニニ_/ト、  ) 
                     {ィ'゙¨¨¨´ ̄Τニニ¨¨ ̄¨L__ノ     ./ニニニニニニニニ/ニ{/ニニニ二',ニ。s≦ア   >,。,
                    /二二二/ニ|c二ニ| | |ニヘ      .`、,、ヽ``ニニニニ{ニニ{{ニニニニ二',ニニ/ニ=-  __/
                    /二二二/ニニlニニニ| | |ニニ,      \ニニニニニニハニニニニニ二二}/`、   /ニニニニ
                   /二二二/ニニニ|二二| | |ニニ,      `ヽ、ヽ`ニ八ニニニニ_。s≦八.  `、 ,'ニニニ.
                   /ニニニニ}二二ニ|c 二| | |ニニニ,      ,イ{/\ニ{≧[;;;;;;;;;]_ニ。s≦`、  Vニ二./

                r==ミ、、ニニ/二二二|ニニ| | |ニニニ,     / ./ .ハ八ー≧==ニニニニニニ`、  Vニ ,、  
                 {::::::::::::::\=/ニニニニ|ニニ| | |ニニニ,   /   .,'  /;;;;{ Λニニニニニニニニニニニ`、 /   
                 ::::::::::::::::::::::〉二二二ニ|c 二| | |ニニニニ, {   .,'  ,';;;;;;;7 ,}ニニニニニニニニニニ{、ニ`、. .}イニ
  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,

  _)                     (_
  _)  おだまりなさいアウトロー共!  (_
  )                      (
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒





┌──────────────────────────┐
│  ジャマイカの逃亡奴隷達はマルーンと呼ばれていたが   .│
│  このマルーンの指導者的立場にあったのが彼女      ..│
└──────────────────────────┘

                             _, -‐'" ̄ ̄ ̄``‐-, 、.__
                           ,_,-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
                          r::::::::::::i:::::i::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                        //:::::/ !:i l:::ト::il::lヽ、ヽ:::::::::::::::::::::::::i

                        l::/::::/:::/_ |,i, l:::iヽi、r_=ヽ、:::ヽヽ:::::::::::::|
                        /r:::/i:::i,,r‐、 ヽi ´j:::t`ヽ ヽ:ヽ:::::::::::::::l
                 .        l::/i:::::r f:::i    ゝ-'    |::::i、::::::::::::l
                           、l"  ̄く      ゛  l::::| l::::::::::::|
           見て下さいっ!       ll    _       l:::|´:::::::::::::|
                           |ヽ_.   ヾ_ノ      |::|::::::::::::::ヽ
                            i::::iヽ、      _, -' l´ヽl:::::::::::::::::::i
                            ヽ:|   ヽ - ‐'´   |l ヽ_:::_____:/
                             !     |_, -‐ '  ̄l-、__`ヽ__,/
                                /      _j  l `li i:::::ヽ,
                              /ヽ_.,-‐" ̄/   |iii il::::::::::ヽ,_
                             / /_, -‐´  /    | ゝ|:::::::::::::::ヽ
┌─────────────────────────────────┐

│  【グラニー=ナニー】                                  .│
│  現在のジャマイカ紙幣にも描かれている、正真正銘の女性英雄である   ...│
└─────────────────────────────────┘






                    / 厂 ̄`丶、
                   ,   厶 -―=ミ \
               /  / j |、  |∧ ヽ
                 /  /イ仄{\l厂〕ト iハ   は、何が英雄ですか
                il \{ rセツ  セカV  |
              八 ヽ\    '  /  ∧  逃亡して隠れ住むだけならまだしも
                /  \  Y、  -‐  〈 .:/ ',  我々の経営するプランテーションに放火して
            /     \|ノ> . _/ }.:/  |  作物と、働いている奴隷まで奪っていく癖に
              / /´ ̄`ニヽ `7个ー//⌒ヽ.|
          / |      ノ}〈_,小ノ〈/、  ∧
   (> ⌒X.   |  |  r‐<_/ 〉┼┼ \>ァ ,     >‐――ァ      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
r‐  ´ _ イ\\ |  |  ゝ   \〈 ノ j! ∠ イ 、 ',    /〈 ̄` <___      |  奪っているわけではありません。解放しているんです   |
. ̄ ̄  ,〈\ /\ :|    l>- ハ         Vi}. ∧ ,〈 V´ 〉‐┬―=彡     ゝ_________________________,乂
     〈ヽ/  /ヽ| < <._  ',         },′ ∨V〉∨/^V
.     \  /    \  iて   | /   〃  /  V〉 ヽ../
.       `フヽ      |∧    !      |{         / 
      / . : \     l: :ハ         ! ',     / \
      / . :/ : : ,\   ノ: :〈__  〉__ ___,厶∧   /、   \
    ' . :/ : : /.: : :`爪 : : |_〕二} {ニニ}L コレくヽ`T´}: : :.\    >┐
r<  . : / : : /1: : : :/|: : .:l〉   〉       } ∨ /: : : : } > ´  八
| ` < : : /  l : : /  |: : .:/    ′     | ∨ : : }< _  イ|
ゝ--  _`7    |: :/   ノ : /    |        |  ' : :/|/      ノ !
  < /    |:/ /.:/       |        |   ∨    < ノ




                         |> ニョキッ
                        _|_
                   ,  '"  /___`丶
                   /  /  x仁{[(⌒ \\\
                 /   | /厂厂|\__ノミrヘ. :,
               /     |/|/ \ 八 (   j Vハ: ハ       奴隷は歴とした大英帝国の資産ですのよ!!
                  /    :Ⅵァテ外\ \jハハ:|Ⅵ 八
               /  i \ Ⅵ V(ソ     尤7Ⅵ:: | jハ\     それに作物に解放も何もないでしょうが!!
             /   i   \乂      〉 ヒソ》 /|:: | / i  ',
__             ,    八   い:〉 __      /:ムイ/   i  ;
///〉          ′   / \ ∨ ヽ:::::::>  /::  /|   | ′    カリブの海賊をも駆逐した優秀なイギリス軍人の前に
///        /   / ...:::::/:\‘:,     イ:::: /:::|   |/
//       /    /_____ム厂|\>-イ:::::::|:::: /::::::|   |      鎧袖一触にしてくれますわ!! 生意気なクロンボさん!!
-=ニ二二ミく、   //⌒V//////ノ::ノ:)⌒)》:::::::|::〃::::::::..  八
 ̄\    \\ /    「 ̄ ̄..:::::/廴ノム-=|:: |::::::::::::::..  \
   \    \ヘ      | \ー</////////∧ |`ー─=ミ::...  \
      |     | |  . : : /\\\ー‐=ミ //////`ー‐r‐/ :〉 ̄ ̄\\
\    |   _|_| . ://:r─\__ノニニニVニ二ニミx,/ :/      \\
  |  | /}: : : \´∨ニ|\<二二二二|二ニニニ∧∠二二7       \\
//|___// /: : : : : .\}二\_ノ二二二ニ|二二二二 | :| //         \
//| ̄\_/: : : (⌒) : . )ー{二7-=ミニニニ|二二二二ノ i廴'⌒>

/ノ\_ム-=====彡   ((__ \二/二二二/  V ,/: :V辷=-ミ
 ̄}/\,/   |::::::::|:::::廴/二二二二二ニ=‐ <¨ ̄\   ∨7: : :|ニニニ∧
/  /|    |::::::::|:::::::::|二二二/\二二二二\ ∧   V: : : :|二二ニ∧
  /⌒|  / ̄ ̄|::::::::〉二二ニ|//∧ニニ/|ニニi'゚:::::,   :,: : :|二二二∧
l/  ./|/      |:::::/\,二二|///∧/,/人ニノ::::::::′   V─=ミニニニ∧







                                 ,.  --  =ミ  ,.斗>'" }
                     ___ ,.. --=ミ≦      < >'"    '
                     /ニニニニ! ーァ ´           ヽ      ,'      、__人__人__人__人__人__人__人__人__,
                   'ニニニニ! /      l|        丶  ./      _)                   (_
                     |ニニニニ|       ∧  V:.、  }   ∨ハ       _)  やっておしまいなさい!!  (_
                     |ニニニニ|/   /   ,|l ', 、 V丶,.斗 }   , i       )                    (
                     |ニニニニ|   '|`ミx    ',{ヽ≫'"´ヽ }   | !       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                     |ニニニニ|、   ,竓ニミx、   .ァぅ芯ヾ!'j  jl '
                   」ニニニニL  | l:{〃芯Y:}     Vり ' |  /レ __
                   |ニニニニニ|, 从{':乂「|乂’        ' ' /ニニ|    イエス、マム
  ,s≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ≧x ヽ     ,/ノー=ミ’
  |ニニニニニニニニニア:,.斗--ミ::.メ、ニニニニニニニニ|ニ|    _   .イ乂   }
  |ニニニニニニニニ'::/ニニニニヽ::.v'ニニニニニニニニ|ニ| ´    / ./: :V≧=ァ―‐:.、
  |ニニニニニニニニニ{:::{ニニニニニニ}:::}ニニニニニニニニニ|ニ|≧=-≦ /,: : : :!: :/: : : : : :!
  |ニニニニニニニ叭:::VニニニニV:::;'ニニニニニニニニ:|ニ|: :| 「f「 ,: : : : :.レ'>'": : : : :|)、
  |ニニニニニニニニ乂`<ニ>’乂ニニニニニニニニ!ニ!: :! 人j{ ,.: : : : 「´: : : : : : : : :.! ヽ
  |ニニニニニニニニニニ≧=--=≦ニニニニニニニニニ|ニ|: :|' {::::},.: : : : /: : : : : : : : : : 八⌒ )、
  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/「ニニニニニ}ニ「 ̄ ̄\ ̄ ̄__ヽ!〃::}。s≦_{: : : : : : : : : : /| `(  )
                 ', |二Vニニ/ニj     `ヽ: : : : : ヾv ̄~: : :`:'<: : : : : /: |   「~ヽ
                , 人ー=ニニニ=彡'       }: : : : : : ',!: : : : : : : : : `ヽ: : !: :.|   j  ハ
           __ , <: : :.个 rニニニ{      ,.  ,: : : : : : :.}|: : : : : : : : : : : : : :j: : |  ,レ  }l
           「: :ヽ: : : : :/: ,':匸く二' 斗-―≦ニ≧': : : : : : :,',': : : : : : : : : : : : :ノ: : :|    ^’
          人: : : Vr " ヽ: {l: {、__ ,.イ}:.、 Vニニ/: : : : : : :.{{: : : : : : :,.斗r≦: : : : : |

            丶__ノ    \ レ: : : : j: :/  Vニニ,': : : : : : :斗r≦~: : : : : : : : : : : : : :.!ヽ





                                       };;ヽ__ _
                                    ゞー{;;;;;;;◎;;;|'/
           ●    ●    ●    ●     シ'ー{;;;;;;;;;;;;;;;|\
                                       };:/ ̄  ̄











                  ,  -――- 、,z====-
               , ' /        `ヽ、

              /./   / / /   /    \
             / /.   / /イ // l i  i l  ヽ  ボロッ
                / /イ   レ-/‐レ=ナ'  l! l  i !  ヘ
            l l/ l   l. イてうヽ # l`ミレ、!. !  トハ
            l lr' !l  l  弋リ     fぅ.、ゝ! ./lハl
               ', { イハ、  !        、匕!ノ/イ /  .l
            ヽヽヽイ\l #      ′  !//
             ヽi ̄ヽ         rっ  メ イ'      すみません、負けました
           マ777ヘ ! ヽ   x    / 
                ゛ア⌒ i`!   `     /
            ( イ !r-、   T  `´
           〃人//   `` ァトi
           (/ f  \   / ! ll:>‐、
        , ∠ / ハ   \/ / 〉'/ヽヽ、
        i    ヽ  ハ    Y r' イ ヽ `ヽ` ー、
        l   、 ヽ l 〉‐‐-! ーニつ ` l  l !
        l # ヽ ヽ.!/ \ .! r'_´-ァ  !  l l、
        r、    ヽ l  ,  .> l、    l'  !  .V l
        〉、    ヽ ニニ / ヽ  l  !ヽ/ / !
      _イ〃l  \   ヽ ./   ヽイ  /  ヽ/ l、
       ハ !  ※   / ヽ    ヽ`7   ヽ  ハ
       !ハ .!    ./    ヽ   イ ´   / ヽ  l





                                   , ´  /=‐ …‐=ニ\   `ヽ
                                 /   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..    \
                                    ..:.:.:.:.>───=ミ.:.:.:.:.:.:.:..
                               /    /.:.:./_ノ⌒¨¨⌒⌒\.:.:.:.:.:.:.       ',
                              /    / ∠ノ¨´/   ̄`¨¨⌒ 廴`ヽ.:.:.
                             /    /´ |  :l/ |      /_ } ゝ Ⅵ     ,
                             ,    イ ,.斗‐ ナ¨´「     / / /ヽ  ヽ:|
                                 | ./|/ -‐八     / ‐-   |/\ :|      |
                 .              |    | /  ., ´⌒ヽ .\  :., ´⌒ヽ 、   \     :|   .━━┓┃┃
                 .              |    |廴ノ{ {     }  .\.{     }.\ /      :|       .┃   ━━━━━━━━
                 .              |    lハ..ヽ乂__,ノ   ヽ乂__,ノ .ノゝ        :|      .┃               ┃┃┃
                 .              l   \八{∧               /       :|                             ┛
                            ハ    \\      {        /    /  ./ i|
                           /      \\    __  厂 r─=彡  ./   .i|
                           / \       。゚ 三 ≧     ゚'ゝ./     /    :i|
                          /    \   . = 三       ≦。 :|    ´       :i|
                         /        \ -=≦        ,ァ-   /       .八
                        f ̄ ̄`¨¨¨ニ=\ 三<       、,Jト  /         \
                 .        /|    厂二二二| |:.ッ       ッV´≧ /\           \
                       / :|   ./ /      :| ミ´    、、 ハト・。゙i ゚。 / ::::::「|ー──=ミ     \



       /   厂 ̄ ̄ ̄`ヽ   \
       ,    ///////////∧    ヽ
.      /   厶イ⌒'ー'⌒'ー'⌒' ,   ..\
    ..,′   i 斗‐    i| 7寸ト∨  ..      そんな馬鹿な……我が屈強な英国軍が
     |   X| ,示ミ\ .l|/ィ=ミ ヽ.}    | '.
.     ∧   Ⅵ{{ ヒ:ツ .\|...ヒ:ソ》 .//   !  ',    これは慢心……間違いなく慢心ですわ!!
       .、 丶\ u.  |       /,1   八 ヘ.
.    |  \  ヽ}         〈/ }   /  \ 、  
.   |    i:.、 |\ モ二ヲ  イ∨  /     \
.   |    l:.:.\| _,ノ>--<ノ`>.} / \       \
.    | .r‐…¬ニ!ヽ  \_/ /.:::|/厂 ̄ ̄}      \
    ,′:|  ___,ノ  〉/x介x\ :::j厶斗‐ァx|\        \
   ./  |  |\ / 《_〃:、| ハ_》::廴__/ ,ハ:.\
  /   :| 人 `ー=ミ {{:::::::\::}}:::::::::::/ /ー介.:.:.\







                            |> ニョキッ
                           _|_
                       /´    ,ィェュ丶、
                     /  /  /  ̄`ヾ ヽ

                         /     l ∠ェェェェェュ、 ト ハ   大英帝国に二度の油断はない! 第二攻勢開始です!!
                     / i i   | /」ト、ハ从  ノ>,! }、                        _     _  --‐¬
                       / { ,ト  Kイ它ソ` Yィュ孑}}, | }                   _/ ̄ 「 「`Y´ _  -‐'
                   / ∧ ヾ 、!       j じ'ノル ,ル             __, ‐'"´/  Y' j ! j‐'
                     / ∧∧  ヾ〉、    イレ//|!      __, イ/ / /  r'    j r' イイ、
                 /_∠厶云ト、_ 〈  ´` ∠∠イ┴=='"´ ̄    / / / /  ノ    /´/´   ̄ ⌒Y
               / !二二ニヾ===、二二´              / / / /   ヽ  _    /´ ̄ ̄ ̄
              /  ∧ ̄ ̄ヾ===三三 _` ===== 、____/_/__, '__/   _,ノ  j ̄ ̄´
           _/´  / ∧      ミ    ` ====== '´ ̄ ̄ ̄`丶、     r'    ノ
          /    /  / ∧  _,云三二ニ==─テ云≧¬==、    | トヽ     }   /
         /   _ ィ  // lヽ_/ 丿トミ<斤  ヾ=イ彡ヲ    ̄`==ヾ\ヽ   /  /
       /   _/´/  /    l l    ゞミ三ミ>   ゞ三ユュ          ̄\ノ  /
      /  _/  / /     ヽ ヽ    「三ミイ  / rイヲヾ            \/
   r イ/ /   / /        \!     ≧ミヲ/   />テリ\
  ∧ ∨ /    /           l     ヾ=ュ   /∧イイ   ヽ
 ∧∧∨     /           /l     / ̄   //∧y''´   /
..〈 ∧ ∧    /     /   / 〈   __〉_   _,ヾ /-、   ト、__
 ヽヽ\ \_/'      /   /     Y´__|_|_|「 ¬イ/ヾ\\ l//∧
  >\ヽ   \  /   /     广´   〉   ̄` ┤‐-、、\ Y//〉





              イ ゙゙ ̄ 二ニ=ー
           イ           `ヽ        _
        /     .|   |                /  j |
       ./ /     {   | 从        ∧.   /   //
      / /    / 入  .八\\ \  ヽ ム  /   //    了解です!!
       '    / /  寸  \ r≦壬V ハ .}ヘ   //
       { {   ーー----ミ≧ー-イ心ヽ }   } / /ニミY:Y     総員、大英帝国の恐ろしさを叛逆者達に
       { |    {/ 斗笊㍉   代ソ  } /}7ニVア |ニ}     刻みつけてやりなさい!!
      Vハ.   { 〈 弋ソ       ,   ノイ YニZ/  .|ニj
       V寸 .{八              |.ノ 弋_{  /:::::::>....
          V\| ハ≧      /⌒)  人)  人 /::::::::::::::::::::::::>:....             、__人__人__人__人__人__人__人__人__,
        寸 ヽ小       `ニ´ ∠ ノ    |'::::o:::::::::::::::o::::::::::/≧           _)                   (_
        ( Y⌒Yミ >=ー-  -イ_ソ       |:::::::::::::::::::::::::::::/         ヽ      _)   おおおーーーー!!    (_
        \)  {  Y⌒YV   {ム _ -=≦Q><::_:_>ーく           ∧     )                    (
         弋,人_,人 ∧::::::>:...寸:::.Y´ ̄  {   //     \           }     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
              /<:::::::::::::::::/⌒ヽ     /           \       /
             /斗<  -=ニv  Oo  ゚ 。 マ                 -─く
           YQ     //`寸   ノヽ _>Y V=--ー──=ニ二
             ム   `ヽ  Y イニ寸(^Y二二二} ム
             ム     ', |  (  ソ ` ¨)><(¨   .ム
          {       |  V      ̄ ̄     }
          |      ∧  .}      O    ノ
             八     /::::ム ∧             ∧
         /     /:::::::oム:::::ム       O   ∧
           /     ./::::::::::::::::::\ノ






                                       };;ヽ__ _
                                    ゞー{;;;;;;;◎;;;|'/
           ●    ●    ●    ●     シ'ー{;;;;;;;;;;;;;;;|\
                                       };:/ ̄  ̄










                                             ___

                                 .        >''^´  `´ `''<
                                        ァ'           ヽ
                                 .       /                 ∨
                                 .      l  l /    ,, -    、   }
                                 .       | | | {   /    }   ヽ从
                                      从_ゝ /     /   ソ-、

                          ふっ…… .       ∨ ::  ) ̄ ̄,, ≠ミ ―アヽノノ
                                       ゝ Y )‐v‐く 八 Y⌒  人
                                       ( ゝァ (__ノ彡::イ::__::彡ノノ

                                         '^⌒`,|>ゞ-、
                                           / ―――’、
                                        ,ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ

                                 .        /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ
                                 .       ,ハ:i:i:i:V:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:|_
                                 .     /:|:i:i:i:i:i:|:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i':i:i:i:i:i7
                                     八:|:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/、:i:i:i:i:i:i∨ /

                                       ,':i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:マ  寸:i:i:i:i:i∨ /
                                      ,':i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:マ    寸:i:i:i:i:∨
                                 .     |:i:i:i:i:i:|:\i:i:i:i:i:i:i:i:i:|   ,イ:i:i:i:i:i:i:/
                                 .     ,':i:i:i:i:i:|:i:i:i:i: ̄:i:i:i:_〉 /:i:i:i:i:i:i:/





                                       : _,,..-‐''  ̄ `丶 :

                                      :/          \ :
                                     :/    /       ゝ ヽ :
                                    ‐ァ'   //l  /lハ   }   l
                                    :{/ l 7⌒lハ { `ヽ }  }   l :
                   ずみ゛ま゛ぜん゛……      l  l,/( )llllヽ{ ( ) ソ ,リ_
                                      ゝハ} lj lllll  |l Lノ^δ) ノノ:
                   敗北しました……         人  ワ  lj  ィー彳 ))ヽ
                                       ⌒Y>--ァ  〔/⌒ヽ彡' :
                                          ̄ア/」//7ヌ⌒´:
                                       : / ア:lヾ-''´ 丶 :  クルッ

                                       :/    ̄    /  ',: 彡







                /          ///////////////////ヽ  ヽ
            /          /////////////////////∧  ∨
              /           ///////////////////////∧  ∨
           /          ////>──≦二二二≧ミ、// ∧  }
            /{      i  厶イ厂 ̄ 厂´       \≧ヘ_」  i
         / .|     |  /  / ト、  |i  \      }    ヽ  |
.        /  |     | ./  / i i. \人   \   /∧   i    {  「  」
        /  .|     |/  ' |//⌒'\\    ⌒\ ∨  ト、  ∧
      /   |     |   i  /:⌒:   ヽ \ /:⌒V ヽ. / }/   ∧
      /    ./|     ∧   |. ∥|::::::|     }/   |::::::トイ´/ ./     i
    /    //.|.       ∧ .|  乂丿    ´    乂丿/ /      }
  /    //  .|  \   ∧ |                //     /
/    イ/     ∨   \  ∧          o      //       /
       |      ∨    \ ∧               //イ     /\
       |        ∨    `丶>、         { 广/     / \\
       |          ∨      \ ≧=‐-- --= | |/     /    \}
       |         \       \    / /      /        |
      ゝ          \     厂´ >´  /      /          /



┌─────────────────────────────────────┐
│  先程も説明したが、キングストンは背後にブルー・マウンテン峰を望む地形である   │
└─────────────────────────────────────┘
                                 ..,,;;

                          ___      ''゙゙""ヾ.,
                        / ̄/i:i:i\       ''';;
                       /  ノi:i:i:i:i:i:i\    ..__..,;゙゙   ,,.;;;::、__,,....
                     /   ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`,,、___ ..,.,::;;;,,,,
       .......,,,,        ...::::;;;;;''""""''::;;;,,,,,..:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:;.;;..;;   ゙゙ヾ,,,,..,
     ,,;;;""" """::;,,,,   __/,,,;:::"""''゙゙/i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:...;;""

,,..;;'';;''"";;;;,        '''';;,,,,,,:::"""/ ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ソ,,

 /\__,,..;;    ,,,....,..,,,,:"  ___ ./  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i...;;'''""      :::::::::''  ..,,,..;;;'''ヾ
ノ :::::::::::::\;;;;:,,,..;;;;""/  /i:i:i:i::  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i....ノ....,.,...,,;;;:::::    ::,,,:::;''"゙   iil|||
:::::::::::::::::::__ィ≦ ̄`<   {:i:i:i:i:i:i: /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,,ソ ,,,.....,,,,,....,..,::,::::''""/  \__/ ̄|||

__,ィ´ ̄ :::::::::::::::::::::\__ノ:i:i:i:i:i:i:ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:''゙゙゙""" ノ  /:i:i:i:i:i:i:ノ  /:i:i:i:i:ノkkk;
^、ノ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/,.,,... /i:i:i:i:i:i:i∧ /i:i:i:i:/kkkkk;
∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\i:i:i:i:i:i:;;;:'''゙゙゙ ""ヾ:""゙゙ ...,,ゞ\i:i:i:i://:i:i:i:i/kkkkkkkノ
爻ヾ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..;;;;'''""..:::;;;:;...,,;;''' ~'""::::::::::::::::::/ ̄kkkkkk ∧kkkk
ハハ从'从∧::::∧::::::::::::::::::::::::::::,,;.;.'' ;;;;;''":::::::::::::::::::::::::::::::::::__/kkkkkkkkkノノヾ从ノノ;
ノノゞゞ"ヾハ∧从∧:::::::::::::::::::::::''''""::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/kkkkkkkkkk∧kk,',,彡ミ彡爻',
〃゙ゞ∧ノノ',ゞ从゙ゞソ∧,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__ノ¨kkkkkkkk,,∧从从゙ゞ;:;"ゞ,,ソゞ从
∧゙ミ爻彡从爻"ハハ彡ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.ノkkkkk∧kk∧ミ从ミゞ',从リ冫';',彡ンゞ,

            _____        「|      __
  ./三三三\   |-_.__=_ __=| /_二三\    |FF|ニ|   |!_____i|   /⌒\
  | ̄同 ̄同 ̄|  |= |+| |+| |+| |  | []_[]_|  /二二ニ,ハ /=‐::::::::::::::::::: ∧ ]皿皿[
  |==/\==\_ | _ ‐=‐   =-| /[Atelier.C]ヽ |E E E|日|  | ̄田 ̄田 ̄| | /≡≡≡
                   ____

  / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\ /_____ヽ i|三三三三三三三三|i |二二二二二! /
  | | 田|「| 田 田  |「|[[[!| | ロ ロ ロ ロ ロ | .|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|. |ロ ロ ロ ロ ロ ロ| |:::
┌──────────────────────────────────────┐
│  ナニーは五人の兄弟たちと共に、この山岳の北東部に拠点となる村を作っていた    .│
└──────────────────────────────────────┘







┌──────────────────────────────────────────┐
│  つまるところ、開けたキングストンで侵攻の準備をする英国軍はナニー達からは丸見えであり    .│
└──────────────────────────────────────────┘

     /     '-、              !`''' i
    (  ,..     !i            !   !
   、_,ノ i ',   r'/            ヽ、 '、,..、
   ゝ  .,/   ! !            ,ノ i  r‐ヽ
   ´ .! .((    ヾ- .、        ,._',.-,'- 1
    i   `""ヽNヽーー‐'- ..,,_   _,. z.-'7'!'  ノ'l
    ヾ,、., ''ヽ .〉          ̄     _ |. ,.- '
      ii'´rii !  , _-_、,_      _,._‐'-ヽ!.i
      >、'.r',! '´r‐r;:テ='   ' ,.r;:r‐, ,.'´  グゥレイトォ!
     '7ィヾ-!.   `  ̄        ̄ ./
_,,.. -‐ ''"´i',N".!          i   , '     数だけは多いぜ!
      ! ヽヽヽ、    _   -' ./
      i  ヽ'、-ヽ   ``=‐' , '.ヽ
  _,,.. 、  ヽ  ヽ'、7 i`i',、   ,.'   `ヽ、
'"   i    ヽ ヽi゙i. i .! ゝ>フ"´      `ヽ、
    l    `ヾi_.i_.!='‐'´          `ヽ、




                                            . -―- _
                                         _ -´       `丶
                                     ‐-=ニ -           `ヽli、

                                      /       ,          ノ、
                                     /      /  〃、 ヽ.\ 、    i
                                .       i ,  , 〃/ l  | l-i l_||i.    l
                                     { i  l. |、l^、!l  l 、| V lノi l    !
                                     、l  lヽl ィ ,ヽ\l  T .,ヽ lノ、   ノ
                                     丶ヽト、_l 1rfj|    |irfjlト l| ヽ. ヽ.
    はい、皆さん                               } ゚ ‐'    ゚―' l| ソ)l  〉
                                          i、""  ワ   "" /   '  /
    密貿易や掠奪で手に入れた銃を手にとって下さい         |l`  ┬--┬_ '     /
                                           ゝイ|l ̄ / 〉 ヽ.ェェニ゚_

                                            / ) !  .'ノ  r ヽ   ヽ
                                           / (_ノ__,,Y   l  丶  N
                                          _〈_ / ̄ ゝ--t   > \
 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ                               つ, /       \/'ヽ.--‐
 |  はーい   |                                 /         レヘツ
 ゝ______,ノ                                /            >

                                          ヽ ________/
                                              ト--ト-┤
                                             (i.i.i )(i.i.i );
                                             /  /   〉
                                             ゝ==ゝ== '





                   x≦          ≧x
               / /⌒ヽ          \
                  〃    }            ヽ
            /  {{     ',            ',
             .′   ;      、            } }
            ,      \    ト、               } }
                      >=ミ 〈 : \          } }
          {      } : : : \ヽ : :.\      ,ノ 
           -=ミ    } : :} : : : ヽ.〉 : : :≧=-=≦/:}.′   オーケー、行こうか姉さん
          ___/ : : : : V   .} :ノ_: : : // : : : : : : : : }.:〈〈 {
      /i:i:i:{ 「㍉ }_ __} \ `ヽ_>〉 : :ハ.. : : : イ ://ノ}    弱きを助け、強きを挫く、いつものアレだろう?

     /i:i:i:i:i人 :` 〈 : : :} } : : : :≧x\ : ..)i} : : : {i|丿{rv′
    /i:i:i:i:i:i:i:{ : :`ー=、 : : } } : : 弋''迹ハ_>x.ソ : /_xfr㌻Y      いいじゃないか、奴隷の解放――なんでか妙に泣きたくなる
 ./i:i:r=-‐ァi:i{ : : : : : }..:..:乂_: : : : :" :x≦′ : :{`ニ=-.′

./i:i:i:i:i:ゝ''”i:i:i:i:i, : : :.{ : : : : }} : : : : : :''” : : : :..:;{ニ=- ハ

i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:, : : \..:.:ノ } : : : : : : : : : : : : ::},ノ=.,′i:',         \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
i:i:i:i:i:i:i:i:ir''⌒/i:i:i:i\..: .  \ .{ : : : : : : : :.:⌒ー='′./i:i:i:i:i:\        ≫                                        ≪
i:i:i:i:i:i:i:i:iゝイi:i:i:i:i:i:i:i:i\ : : : :\〉 : : : :_,,..,,,_-=‐_,ィ .'′i:i:i:i:i:i:i:iヽ      ≪    オメー何出演しやがってやがりますかぁぁぁぁぁ?!!       ≫
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/^{i:i:i:i:i≧x : :..:\ : : : :ヽ_ ̄”ノ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}       ≫                                        ≪

i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:(__/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧=-→、 : : : : :..::,イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{    {{ `¨“ニ彡i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/




┌───────────────────────────────────────────┐
│  『編成も数も行軍ルートも筒抜け』→『土地勘の無い山に登る』→『ゲリラ戦&上から釣瓶撃ち』    │
└───────────────────────────────────────────┘
                                          .ヽ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::|

                                            ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::.,/ ̄ ̄ヽ,::::::::::::::::::::::::::::|
                                            ! ヽ:::::::::::::::::::::,/     .:./ ::::::::::::::::::::::::::,!
                                            !  .l:::::::::::::::/゙      : :/;::::::::::::::, 、:、::::::|
                                            _',,,  .ゝ........:.′      ::::::`''i;:::::::.!:::::: l;:::!
                                           .',,,,..,,\           ::.::.:::::::',::::::|:::::::::.!::l
                                            l .` |',           _,,.. 、::::::::::::',:::;:l::::::::/│
       腐りきった英国人共に                        | ゙ !;´  .l._.. -‐''゙,゙.... -┴:::::::::::', ゞ::::./ ;:′
                                            |  i  .゙‐''''''゙ニニ /    ::.::.::::::::i;:::.''''l、:^''''-、
       絶望という言葉があることを思い知らせてやろう!!      :!   !  ::.::.        ::.::.:::::::::::',:::::::.!::゙7;:::、!
                                             !  .|  ::.::.:::       :::::::::::::::::::|;:::::::!./ :./ .!
                                             ヽ .l  ::.::.:.,;::     : ::::::::::::::::::::/::::./ ,/::::;:l
                                              ヽ ! ..-!―-、、   : ::::::::::::::::./ :./ :'i;::::::::::::.!  _,, .、
                                            ._,, ー''ヽ  l.''''l'''''''ヽ   ::.::.:::::::,ノ゙:,r"、::::|;:::::::::,、.''´:::::
                                         ./゛::::::::::::::::::ヽ .! .!__,. ,! ._..:、:::,,ノ./ ./ l,./ :::: / / ::::

                                     .......... .ゞ:::::::::::::::::::::::::,i'l ゝ..,,,,,,,'" |::,ノ゙彡'"::::::::::::::: /  / ::::::::

                                      ',::::::::::::::::::::::::::::::::::,' |,,..........,  .. / :i´:::::::',:::::::::: /   / ::::::::::
                                      .|:::::::::::::::::::::::::::::::::.! ,'::::::::::::゙‐'´:,i' l./;:::::::::.!:::::/  ./ ::::::::::::::
                                       ',:::::::::::::::::::::::::::::::.!  |_.;::::::::::: /  ! |.!:::::::.,ノ/  / :::::::::::::
                                    : -'' |::::::::::::::::::::::::::::::::l   .::`゙.l. ',  .! .¨,i‐'´ /   ./.:::::::::::::::::::




            , -――――――― 、

           /   /´  ,r_,,,,,,r-‐-、,,, `ヽ、__,ィ
            ./    ´   ./,r-――――-\ \
      ー--/        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  \__,ィ
         ./ /     /_ -―――――-,,,ヽ  ヽヽ
        / /     /,⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒,ヽ  ヾヽ     ぎゃあああああああああーーーーーーー!!
..、    ーイ /     ,'  、,/ ∧     } ,、  ',   .V
 \    /  .{     i {   ,/、_/_ヽ,ィ i  .| l ヽ, ト,   }         , -、
三/ \  .{l   {     l l  /  V   ヽ l  ./-|'´ } / }   |      /Y´-、 ヽ
ニ/  ./\,|i   {     V ,イ    ,   .V,/    ,シ  |   l    /\ \ Y′
´  / ,i /ヽ  j     ヽ/   ,r=='、      ,r==、/. |  .|   /`ヽ、.ヽ .〉 j
 / //  \i、 ヽ   ',  《   》      《   》  l  /l /´⌒ヽ ヽ 〉 /
ヽヽ//     .\  \  .', ヾ==シ         ヾ==シ  , / .|/     \`_,/
 V,,ノ        .\  \. ',     _          /.,イ j      //
  ヽ\        ヽ   \,    / V´V´V,l    ./ /.| ,'     __//
  /ヽ,\       ヽ   \  /: : : : : : : : |.   〈 〈 / /    //
  /  \'ー--、     ',   V.〉/: : : : : : : : : |_, <.ヽ` /   //
. /    /`ヽ、\    l   /T´ー--r-rt-'/  ̄/ー,〉/  //ヽ
/    /   |\.\   ト、  { .|_,/ ̄| |,l l,トヽ /_,ノ / /\i .  \
                              ┌────────────────────────┐

                              │  これで勝てる軍隊がいたら見てみたいものである   .│
                              └────────────────────────┘




┌─────────────────────────────────┐
│  エアーマンに挑むが如く、例年のようにナニータウン攻略部隊を投入し  ......│
│  例年のように敗れ去る誇り高き()屈強な()イギリス軍            ......│
└─────────────────────────────────┘

                                        _______
                                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                     ≠   ティウンティウン    ≠
                                      \_______/
            _______                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         ≠   ティウンティウン    ≠
          \_______/
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                             _______

                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                           ≠   ティウンティウン    ≠
                            \_______/
                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    _______

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ≠   ティウンティウン    ≠
   \_______/                              _______
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                           ≠   ティウンティウン    ≠
                                            \_______/

                                               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




                       /

                      /  __   : _. -- .、
                      {./´   `ヽ/     ヾヽ .
                    :.//   __\_,/         ', :
                   ⌒/  ′/  ∨ |    //    ,| :
                   : j   ! / |  /| j┐___j′   { |
                 r‐-<  j人__|===トく/::;:--、::\==彡ヘ)_

                 r二ニ}/   く{ー―}-{:::|::::::::{/辷辷辷}‐--::⌒ヽ:..、.
                 `ソrくニソ7と_T;;;;;;;ノ.:ヽ|:::::::::ヽ辷辷ゞ-――‐- :::_ぅ :
                    ̄ ̄         :ヽニ:== '





  ′  |:.:/ソ   |   ||  :i | ||\\ / :|     /   /
 |   |/ ノ   |  |、    |/   |  | ||.  × \ |      /   /
 |  ∠ソ     |  |、\ /     l  | j|/   \ :|    ./   /
 | | ーl- ..._i |、 | ヽ\    _:._. イ/ -‐ニ-ァく|   /   /    こ、こうなったら一旦ナニータウン攻略は諦m…保留し
 |./|  |   |¨T \ー-- \    V '"´Vノ(_ノ } 〉ー /   ∧i
 || .|  |    | ーァッヤ卞マ  丶、_\_  ゝ-- '^ j /   /  }    他のジャマイカの反勢力を討伐して
 ||...l  l    | 〈〈'⌒V(_,ハ        ̄ ̄     / /   /   ム    ちゃんと仕事をしているんだぞというところを本国に見せませんと……
 || !  l |   、ノへ、ゝ- ´   :.       /// /    / ,/  }
 || l   :. |ト、  \          }          / /   〃7lヽ  ノ  __
 ||  :.   、 \ヽヘ//             /〃  //,.|∧|‐:::::¨/::
 ||  、   ヽ   \ヽ、し           // |   / |:::::::/lヽ::::/::::::::
 | \ ヽ    \    \      ___,  - 、|| .イ / .|::::/|∧|::/::::::::::
  ヽ、\\         ヽ> 、  ー  "´ / | /  | /::::::::::/::::::::::::
    \ `¨\        ;   }` 丶、__.ィ  || |'   K:::::::: /::::::::::::::
      `¨T ´\      L..-‐ァ''¨´::::::ハ || |     l:ヽ::::/::::::::::::::::
       /|  \\     |::::/:::::::::::/ } | /|    |:::::V::::::::::::::::::





                                      !::::::::::::::::::::::::::::::/ .!: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l

                                      l::::::::::::::::::::::::∧:::!  .l: :.,:: :::,i、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                     .!:.ii:::::::::::::::::::/ !::!  . !::,'',: : .l,,',、'ト、:::::、:::::::::::::::::::::::::::::::|
                                     ',/ !:::::::::::::::,:,'´´|:,!`  .',,! ´  ,,,゙lli, ゙'‐!゙'‐::::::::.,:::::::::::::: ,!
                                     .´ l::::,,:::::::l ゙‐'゙゙,',l`         y ‐'./   .i::::::,'.:::゙':,::::::./
                                       . ll゙ヽ,,,.!  .ゞ, i       ヽ / `  !:::::|::゙',::|:::./

   あ、他の拠点はウチの兄弟を既に配置済みです           ゙l,  ー‐       '''''''"   ',::::|./ :/./
                                            l゙    、           ::!:::レ'゙./
   これでジャマイカ全体で統一された指揮権の下             ',    .′          ::::',:::|::i.゛
   反英活動をすることができますね                     `i.    ..... 、       ::::::::',,'r'"'、
                                             \           ,i':::::::.!::::::::::: l

                                              ',:\       : ,,,-'゛:::::::::|:_.::::::::::::ヽ
                                              !::,' .\、 . _..-''゙´::::::::::,..-'"::: l::::::::::::::\
                                              l,!   ,゙フ、,,,,.. -‐'".::::::::::::::: l:::::::::::::::::.l
  、__人__人__人__人__人__人__人__人__,                           |  /   : ::::::::::::::_,,,..-‐ヽ,::::::::::::::.l
 _)                   (_                          _,,,l、│  ,..-‐'゙´:::::::::::::::::::`''-、::::::.l

 _)   NOOOOOOOOーー!!  (_                       ,..-'"  `'‐‐''゙´: ::::::::::::    : :::::::::::::::`'ー',、
  )                    (                      _ /       ,!               : : :::::::::::`'-
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒                     -'"           /                    、
                                         |         ,'                   /
                                         :!  ',       ,'                /
                                         !  .l.      /                /
                                         l ./      !                、  ./
                                         ! !      . !              !  ,'
┌────────────────────────────────────────────┐

│  隠れ里の経営から奴隷の解放まで、その手際の良さを見てもナニーは相当頭が良かった模様。     .│
│  彼女が解放した奴隷は800人以上に及ぶとされている                             ..│
└────────────────────────────────────────────┘




              /    r:.、  ,.、      \
         /     仏、:Y´_;:ヘ        \
        /     / !{        }          ヾ、
         〈    { { 人{     / 丿 |       )!  えー…英国本国の者ですが
           ) / '、 !/ヽ `     /'" ヽ小ノ l}   , イ/
        人( l/ヽ{' ¨_ 二ヘ.   ´ ̄ ニ=‐リ  ゝ (   流石にこのまま利益のでない戦争を10年目突入とか無理なんで
         从,ハ 弋_倣:!` |    'f鈊‐ュ、/ノ }ヽ 丿   自治権認めるので和睦といきませんか?
           `| ム        |    `゙ ´ ′ /イY
          { ヘl      l          〈 ,} |
          ヽ,ハ  ij   '            〃丿                 -‐'´_ ̄ `ヽ、
           >!      ` '"        /イ{                 / /:::::::::::`ヽ   \
             (八   、-── - _,.    /丿{                // /´ ̄ ̄`ヽハ  、  ヽ
             ト    ¨二¨ ̄    /|从                 / { ∧ハヽ/`ヽ/l | │ i|
             l| `、        // |_                 | | l○    .○.从 |、 i|
            イ{  \     / //::}、                | |  | | _,、_, . | |..⊃ ノノ l|
             ,../.:::::.....、 ` ¨¨ ´....::::::::::::::/| \            /⌒ヽ__〉 .| |...ゝ._) | | ..〈 /⌒)
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::::::::::::/ l|  \           \/ { {>,、 __, ィ}  }/⌒ア\
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::/  |    }丶、  .      /{__ノ{=ミ} ヾ::|/::リ  ∧ /   \
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿     !  `  、    ( (`ヽ< `フ  「 ̄ ̄{=彡' }/  l\ )







                     , -───==ミ
                    /二 ̄        \
                 ヽヾ、_____r< ̄ヽ ヽ   そうですね、では私が代表して調印しましょう
                    } /::::::::::::::::::::j入l| l |
                     L.':─-:::::::-─-:从 个   名義は男性の方が貴方がたは望ましいそうですから
                     r:|:::エユl::::::::エユ::: YY /
                      {::| ::::::::|::::::::::::::::::::{リ/
                     ':::::::::ヽ':::::::::::::::/.{                        ,、-ー-- 、、
                     '::::::-=-::::::::/_/                      / ,、-、    ヽ、
                     r─|\::::::::::::/:|__                  _,,...、/ /  ヽ   ,へ、゙'、
                     } 、|:::::: ̄ ̄:::::::| \                /_//ィ/ / ,、‐ 、,_ `ー-′ ゙! i
               _/  \:::::::::::::::::::′  '.               , イ「 」, 7-__......_`ー -‐''^ヽl |_  やったな、姉さん、兄さん
           ,  ´   \  / |:::::::::::::::::{   / {_             l lレ'゙fr^V 'ー’-ヘ ,r'',、 ソ ベ!
         /       }_/ |_─-::::::V〈 ̄   \            `゙ ,イ! イ    i|_ i `ー' !,、jl゙i,  オレたちは独立を勝ち取ったんだ!
.          /⌒ヽ            o {::::::::::::: |/      \           r'l ll人゙l   、_ ゙ー'    i゙ハヽノ
        /   ∧           \::::::::/        |‘,         l_,ン| i^!   `二'''ー  /イハ
         /   /∧              \/o        |. |           ,r"ZL_\        /トメハ
.       /      /∧            \__      |. |          /   `'ー 、\     /,|ノ_ヽノ
      /  :,   /∧/ /              |  fニニコ { |     ,.、、-‐''"`ー:、_    ```'ー<ニL>゙!
.     /   :,    //             |o     / |    <、       `''-、_     | | | ト 、_
     /    :,   /                  |     | ∧     ヽ         `ー-、_  | | | ,,!  `'ー




┌──────────────────────────────────┐
│  こうしてナニーの兄弟であるクジョーと英国政府との間で協定が結ばれた   ..│
└──────────────────────────────────┘

             ___
          イ     \
         / .{i      }i、                   ___,.....-―――ー- 、
         i  i\    乂 i!                   `=、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....\
        _}   〉 ` -= 〈 } i!                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ
        { ', 、 >    <  i!}   …………        ,,イ::::::::::::::::, ,イ:i:::::::i、:::::::::::::::::::::::::l
         ヽ}、ィtッ、 ,!、ィtッァ i!                / /:::::::,::::::,イ/..|::ト、:::l.ヽ:::::::::::::::::::::: l
          ヽ  ̄ : :  ̄ /                 /|:::i:::::i.ィ廾ト.:.:l::l.弋下ヽ:::::::::::::::::::::|
           i}、  ー   i、                 | l::|l::::|::l,ィ=、.:..:ヾ:.:rラy、ヾl lr_、:::::l:::l
           {=ヽ`= ´〃=〉                 `lヾリヾゞソ:.:.:.:.:.:.:ゞ_ソ`:|l ト、l|:::::l::::|
           〉ニニ ー=イ |}ニ=,,____ _ィニニ= 、            |l.":〈:.:.:.:.:.:.:.:.".:.:.:川rン::::::l:::::!
        __/ニニニ}--‐‐彡、ニニニニヽニiニニ}            リヽ、::.ー-.:.:.:.:.::::ノl|リ:::::::::/::::,'
    ___,,=ニニニニニニニヽ  i!  i!ニ{_ ゙ミニニiニニゝ,,_            \:_:..,、-''"..:::ト、::::::/::::ノ

  , =ニニニニニニ/ ̄_ゝ  i!  ー‐    ̄`i/ニニニ=、          _くー--'" ̄〉r三ミ'"
  }ニニヽ\ニニニニ{  `-- '   i!      __//ニニニニニ=、      r゙ ̄  /〉ー== /::::::人__
  {ニニニ\}ヽニ=‐‐'   _____  i!  i! ̄}  !ニi、/ニニニニニニi     /   /゙    /:::::::::/   /ヽ
  ヽ}ニニニ\=〈_____  {____=|  i!  i乂__ノ>'´ニニニニニニニニ〉    l /  /   /::::::::::::/   /  ',
    〉ニニニニ}ヽニニニ{  __ノ=!  i!  | /ニニニニニニニニ/     ,゙  /   /:::::::::::::::/   /   l
    〈ニニニニミニ〉ニニニミニニニ=!  i!  |>/ヽニニニニニ〃     l  r゙ 、   l::::::::::::::,::{   /     |
                                      l  l  ヽ  |:::::::::::::li:l  /       !
┌─────────────────────────────────┐

│  1739年、ジャマイカの5つの町はジャマイカ人による自治を認められた   ...│
│  アメリカ独立戦争から遡ること39年前の話である                 .│
└─────────────────────────────────┘
















                ( (/  ノ⌒'< \
               )⌒\__   >\⌒\

               ''"~~~"''< ノ)⌒て(   \‐-ミ
            _/__/  / } \)\) )   ヽ⌒\_
        __/   \  \⌒\人 (い )   ) ノ / |
     ⌒7    \ \  \_\\) )____/ /  |   やるじゃねえか、ジャマイカ人共!
..      ((|   \  \ )   ―<ン/ / ̄ ̄`<    /
      |     /xャ(⌒  \  \/  / ̄\\/   ぶっ飛ばした相手がブリテンってのが気に入らねえが
        八\ 、/代リ |      \(⌒  /⌒¨¨¨¨¨´     その根性は認めてやるぜ!!
     /⌒)ヽ\)   |人 \-ミ  ) /\_/ ̄ ̄\__
     __彡  〈  /〉 \( 7 ∨/\//\__     \
..  //⌒7   个s。..,,_//| / |_//\:i:i:i:i:i:i:i:i:\___|
..  |\ /八 /V从∨ 心へ| | |/| / /    ̄ ̄/:i:i:i|     |
..  | |:\___∧ ∧ /| ̄\_/ |/___/     / /:i:i/     |
   、 \/   \__|_|_  \__/\/| ̄| ∨    ̄     /
    \ |  / /_ノ/_/∨\_|  | |  |/ / /         /
       |  '  / __l___/   )八   |  |l  / /______/
..      | |_//___\    、  |  |l/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
..      |/ //\/  \     \  / /\___\/|
         ̄〈|八  |  / 〈,\       /|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
         |  \/    /  ̄\ /   \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉
..      /|/ |   |    /     /     |:i:i:i:i:i:i∧:i:i:i:i|___
__/____|___|   |   /     //\___|∧:i:i/ /二=- /








                         |:i:i:i:i:i}     r-ミ 
                          |:i:i:i:i:i}≫'"""''ヾ  }
                       ,イ⌒/   、  }`イ
                        | Vr´/    _,}  }. V
                        | 八{ r、{/´灼  .}  .
                     ./ ,   ト,ィ灼  _},ィ  j   果たして本当にイギリスが
                    { {{ V/   )x,_´ r={ ,//
                       _jI斗ミ、}{  八/r二^}ニ{≧s   泣き寝入りしたと思います?
                  ,ィ{ニニニニ八__,イ,、斗-=ニ,,_  .{
                八ニ,ィr '’    //〃    ミx,
               /Λニ{     .:{ {ニ{      .ト
                 /={.Λ_`、. . . . :八.V_}ト、    ,ィ=           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 ./ニ八 `、≧s。_jI斗=={=-ミ,/ニニ            |  ん?    |
               /ニニニ≧===イr~``うニ{/ニ,。s≦           ゝ______,ノ
             ./。s≦ニニニニニ/={ /ニ二{ニニニニニ_/
           ./ニニニニニニニニ/ニ{/ニニニ二',ニ。s≦ア 
              .`、,、ヽ``ニニニニ{ニニ{{ニニニニ二',ニニ/ニ=
.            \ニニニニニニハニニニニニ二二}/`、  
               `ヽ、ヽ`ニ八ニニニニ_。s≦八.  `、 ,
               ,イ{/\ニ{≧[;;;;;;;;;]_ニ。s≦`、  V
               / ./ .ハ八ー≧==ニニニニニニ`、  V
             /   .,'  /;;;;{ Λニニニニニニニニニニニ`、 
               {   .,'  ,';;;;;;;7 ,}ニニニニニニニニニニ{、ニ`






            /ニニニニニニ∧             ヽニニハ
           ./ニニニ/∨二二ヽ-    ̄ ̄ ‐- 、   〉二.∧
         |二/   〉-ニニニニ≦ニニ≧=-、   /ニニニニ}
         |/    ノ}ニ≧=- ⌒ -=≦ニ\/ニニニ/
                / /            \二二\ ,イ
            / /    ,   /         \二 フ ∨
            }! |   ィ_ハ_ /  !    ヽ  ヽ/   ∨  まぁ、ないよね、絶対
            }! |  /ィzzz、{   } 、{__ .}   }    }
            ノ |  | |沁 ヾヽ  ! ィzzzz`}   }  / ′  ウチの国の政府が素直に手を引くとか
              ムイヽ { 弋ノ }..}   /衍/ ノ   // /
                /  ヽ|   , 〉.〉  弋ノ /   /´
      __   {/{  ∨.}    }.{    ノ  ./   {、
     ,ィ:,::,::,::::::ヽ   ノ   \  ヽ ヾ\ <_{/ {  /\!
     {: |::|:|::[」:::ノ  \    ヽ_  -=≦{     \ {
     フ⌒ ̄/_ ≧´⌒ \\二二二!、\_   \\_
    /   / _ノ {       } ノ骸ノ   /::::::::::ヽ-、\ }
  , '    ./  フ::::ヽ   /_        ヽ/:/:/::}::〉



┌─────────────────────────────────────┐
│  協定にはマルーンによる自治を認める代わりに、いくつかの条件が含まれていた  ....│
└─────────────────────────────────────┘

       /        }Y´    /         //      `ヽ、_
     /       /    /         //          フ
   /         |    /          / /             ニ=-
_ /            ヾ   /          ヽ|          , -- Lj
            、  |   {           /」   _,、     /   ヽ
               ヽY   `ー-、     彡'ー'^ ‐'" レイ  /     ミ、
\            | \__ 「 ̄`^゙´`ー '´          k'´       ,rリ!   プランテーションへの攻撃禁止、これはいい
  \          ヽ   `|                   ミ_      /
    `ー-、         ト、 |__          _,ィニj   | /⌒!  ハ!     新しく逃亡してきた奴隷の受け入れ禁止
        ヽ- ─ マ ─fこ、ヾ‐ ミ、__, ヽ、__,ィ, ┬rァ-   | |く | 」
         ヽ \ \ \」T! `⊥゙シ     ` ┴ "     レ' // (       まぁこれもいい。いいっていうか、守らなくてもバレない
         \  ヽ_|   ヽ |     |            /  ≧-、
           \         |     |          / 川 / ノ ト、    今までみたいに派手に解放活動して受け入れは出来ないけどさ
            \      ヽ    ヽ         ,   iハ/ / ト-、__
              \      \   -‐-     /  // /| |
               |      / /\ ー    /, - ', - '´/   | |
               |     | ヽ  ヽ、___/匸, - ' /|     `ヽ、\
 \                |     |丁T 厂二二二!_, イ´  |
   `丶、          |     ヽ|||      |   |   |
         `ヽ、      |   r=/7|||        !   |   |




               ,.i,.,
     ,    ,.-‐'''''''''‐:! '!(
    l、!ー-:'´        `'-、__
  ,-'´`                ヽヽ. ヽ
  ニ=--―-、           ',  !  `i
 ,.:'"    `,ヽ   ヽ       \\ '、_,'l
/       ! ',    l        ヽヽ  'ッ
!,-      、'、 ヽ、 i、l''‐:、        i.',! .l 、',
(r=、``:、   `‐i‐''" `  `''-、_   _,-r'_,.:' i ',
 __!  、 ヽ /'`'         `""´ "i´ _,. ' ,!
 `,. ヽ,...、 l !  _,,,,._            !'´,='"´
 '-'i´r'' ! !.   _`=-、  ヽ   /_,.==、! ,!´   けど兄貴、この
   !.!-= ヾ   _i,,r';!`- `    r,,-;i-、,!"´
._,,,,,.r'、 ヽ      ̄      .‐゙‐':' ,'      『マルーンはイギリスの友人として、有事の際は傭兵として戦う』
|、 i‐=r`ッ.|           ヽ   .,'
l \:、 '´!、!        __   ´  ,.:'       ってのはなんなんだ!
!  l!\、_ `'` 、.    r'´  ̄7 ./
.  |!  ``;-、 `'‐.、 ヽ、--/ .:'、         俺たちがなんでアイツラの為に戦わなきゃなんねぇ!!
  /    `' `、- ,_`ヽ,  ̄ / ヽヽ
/       ll `''‐`:;;_=",,___,..' _,.!
        /'    l ``"'''7'"´/





      /   /ヽ   \      ハ
.     { //   \__ |\    ,}|
     V/     / : : } 〉: :ヽ---クリ
     /;、:ヽ  N: ノ: 〈〈: : : : : : :《:|
.     {:{/ノ: \|: 〈==ミく: : : i: : ノ_j
      入ヽ:ヽ: ヽ : : r‐tnト-': :ィチf    ……フン。結局オレはドコへいってもオレという訳だ
      | : `:ー|: : :}i´: ^゙ ̄:': :,_|`フ
   /ハ: : : :l :__j|: : : : :〈: :/: |/     悪い夢だったな……結局残るのは人殺しが上手いということだけか

    (ノ/ \: :\ }: : : :___ヽ_/
    (_ノ/l/≧-:\: : : ー‐く
    ヽ(_ノ/// ─‐>ーイ//\__
   ///\/___|_/___|////////\___                γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   /////////∧\ \//<`ヽ/∧/ハ               |  いやなに黄昏てんの兄貴?   |

   //////_//∧ ヽ ∨//}) l|_//}/ |               ゝ_______________,ノ
   ////// {|// ∧  ‘,∨/   ̄}}|/ |
   /////|! ヽ===='   i!      〃!/リ
   ////厶ヽ         l|  __ }| |/{
   ///厂     __  l| l|//jレノ/!/l
   ///`ー‐, {{ ̄ ̄V l| l|//////|/ハ

   //////八_l!/// ∧l| l|//////|//{
   ///////// ̄/////| | l|//////|./∧






┌───────────────────────────────┐
│  自治の代償に差し出すのは武力だった。                 .....│
│  そしてそのマルーンの武力は、イギリス軍の敵に対して使われた     .│
└───────────────────────────────┘

                ハ  _
                  /  ∨ /
              / <〉  /            ,-――――z_______   / ̄ 7 / ̄/
                / / 〉  /   ./⌒i      ̄ ̄ ̄ ̄'ー―‐    ̄ ̄    ̄ ̄ /  /
            〈_/ /  /   / /レ′                     / ̄ ̄ /   o   。
                  /  /   レ'/7                       ̄ ̄ ̄             °
              〈   '     ./ノ                    _,,-=,、
             ∨      ´                    ,ネ//リ、
                                       ク托__
                                      rァ/////〉
                                  j,,ィi≦/////K_,==ニヽ、

                      __          ィ'し( ァ"^´,外////ハ_ ̄      `
                       '//ハ          _ノ-、,(  ヤ′ム////_ラ
                   j///,イ,                 ミ{、 |/| ̄!/!
                     {////{_´゙              ゞ j/,!  マL
                    j////ハx≦ハ                j/!   マハ
                    //////////,ハ           {/!    'マL
                /////////////≧チ         |/{    ゙マL
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                            ┌──────────────────────┐
                            │          ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・               .│
                            │  すなわち 黒人奴隷の反乱 に対してである  .....│
                            └──────────────────────┘










                 ,  ´ ̄ ̄`>ー――- 、

                /     ,  ´  ̄ ̄ ̄ハ ヾ\      何? 黒人が倒せない?
               /     ´        ∧.V:::::::::ヽ,__
             /          ,    ,'::::ハ V´::::::::::::ヽ   なら黒人に黒人を倒させればいいのですよ
            ,;' ,   ,  /  i   .,;/ ,   |::/::::::/|:/:::::::::::',
            i: /  /  / イ |  / /| :| .|:!ヾミ:::::::/,':::::::::::::i
            |/  / .//| /| ./| /./!∧ |!  :::/./イ/:::::::::ト、               / /_r─v‐r‐vヽ.  \ 
           / /`Vノ  / `V>/メ、 V:|  :/イ ,':::::::::::|:::、\            ,   /i_>:::::::::::::::::::::ヽ    ヽ
           V/ /Y |!    ヽ弋少卞、ヾ `  /,'_:|.,'ハ::|::::,'::::::|` `           /   ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ   ヽ     なるほど
             ト-イ ヾ }         ー― '    Yテッュ、::::|:|::/:::::/            ,' l  ,'::::::>''"ニし! ̄¨l''‐ヘ.   ∨
            `7∧  !                |><:::::lイ,'::i::(_ノ           ,  .| ,::/、_ノ }}   `´!、`‐ハ',    V   これなら黒人同士の結束も妨害できて
            、_) /ト-'|                |!   〉/|::i::ノ`゙´            l   ', .|'_ノlⅥz、ソ ', ´天''< lハ    }
          `Y :|::|:::!           _ ,ノ|  ,// !"               |   ',.| | イ._从ヘ、 ∨ ィ示ミハ/   / ,!  一石二鳥ですわね♪
              〉.∧|:::ト、          :::::Y´ ' /:/   _             |ヽ  'イV笊示ヾ ゝ、'、 Vrリ 》、 ,イ. ハ
           !;イ `:::::::ヽ   `ー- ....     , ' /゙7´Y´7::::`ヽ、          | ',\. ヘ,《乂ソ     :::::::::/ ,イ/. , !
            |   :::::::::\    、....` >- // / ,' ,'::::::::::::::::\         | ,  \. ヽ:::::::   l     // '  ,'! ', 
.             _| |  :::::::::::::\   \:::〉 /:〈 〈/__/:__,'::::〈:::::::::::::::::\       ,'/ ヘ   >、.ヽ、     , .〃.从.  ハ!  V
          i´く´| |   :::::::::::::::::\     .//ハ ト、 ヾ `::::ハ::::::::::::::::::::\     ∥. ヘ  ┌v‐、∥ `   .ゝヽ/   / ',   ∨
        ,...--|  `Y!   ::::::::::,r―'> .__/イ|Y゙入」ノ \ Y´::::::::::::::::::::::::::::::\,..、 〃.  ,' ヘ. | | .l /`ヽト 、_ イ__|、   ∧ . ',   ∨

                                       ┌──────────────────────────┐
                                       │  紅茶の国なのにコーヒーのように真っ黒なお腹である    .│
                                       └──────────────────────────┘




                  、-  - ゝヽ  ,
                ,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レi
               ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.|
                V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、ート、
                V.:.:.:.:.:.:.:┛┗:.:.:.:.:.:」 .! }   大英帝国の奴らって
                 V.:.:.:.:.:.:.┓┏:.:.:// 〈 ′
                 ヽ_.:.:.:.:.:.:.:/ ヾソ }    ほんっとうに他人の褌で戦争するのが好きだよな

                   / /`ー‐'  l   /
              , -‐ / /      ,'  l
            <  /`Y  \   /` ̄
          / ヽ /.:.:/ / ̄ \/
          / ̄/.:.:./ /  /  ̄ \
         l.:.:/.:.:/\  /      ヽ

          l, '.:.:/.:.:.:.:.:.\         |
        /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ヽ        |       ※世界大戦でイギリスの為にアイルランド軍が駆り出された
       /.:.,イ.:.:l.:.:.:.:\.:.:.:.∧.:.:.\ __ 」
.      /.:,' |.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/i
     ,:.:/  .l.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
      l.:{   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     ヾ、  ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/              ┌──────────────────────────┐
         V.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ               │  世界一勇猛なグルカ兵もイギリスさんの紐付きである    .│
                                     └──────────────────────────┘







┌──────────────────────┐
│  こうしてナニーと五人の兄弟の活躍によって   ..│
└──────────────────────┘
                                              , -―- 、
                                            /: : : : : : : :\
                                            /: : : : : : : : : : : : :、
                                           {: : : : : : : : : : : : : : \
                                            ',: \: : : : : : : : : : : : :.\
                                            Vヘ.)>、: : : : : : : : : : : : \

                                            ノ⌒^/  ヽ:ヽ: : : : : : : : : : :ヽ
                                           /´: :_: :{    ',: ',: : : :\: : : :.ヽ:ヽ
                                           j: : : : :_j    }: :',',: : : : ヽ: : : :}: |
                                          {: : :ト( 」    ハ_」レ-―'⌒ ーr'
                                           乂ゝ- /    /____ , -┐  {⌒!
                                          /`厂 ̄`   /:::::::::::::oo}} ⌒) └イ
                                          L{___/__,,.. -‐'  ̄      |
                                      /⌒\  /::::::/::::::o/ ヽ             〉
                                   /⌒ !  .l \:::::::::::o/{ {            }
                                  / ⌒ | ⌒ |  } ヽ::/   ヽ ヽ             /
                                  |   :|   | ノ /{      \\       /





                    _r―ー=.ァ、__
                 z‐― ̄:::::::::: /‐へ ニァ

                z'::::::::    ::::ム /     ̄\-‐'「≧``''‐- .. _
           / ̄ ̄::::::::::l}zー―一 \_   ム、 \.>  ``''‐- .._``''‐- .
        / ̄     ::::::::::/  /⊂⊇_\  .i、ヽ i 、 \`::....、    ``''‐- .._> ‐- .._
        / ::::::::t_  ::::::::::/   ヽ二! -―\__!'!._,!-' \. ゙、_/ 〉.`丶、    `::...、    ``''‐- ..._
       l :::::::::::::::::::/ ̄                      `丶、`丶、   \`::...、      ``''‐- ..._
       /::::<'  ::/   \                        `丶、.`丶、  ` 、`::..、         ``''‐- .._
      l:::::::::\__/  ヘ   l                           `丶O`丶、 ` 、`::..、              `>
     ./:: :::::::::::::/ z': : : ソ l |                              `丶O`丶、` 、`::..、     .>'"(O,!|

     /:::::::::::::::::/ /_:/ヘ: : : y                                 `丶O`丶、` 、`::..>'"  _. '"´
     /:::::::::::::::::/ /トゥ: : :トタ:l:フ                                     `丶、 `丶、ィl_| _. '"´
   /::::::::::::::::::/ l: : : : : : : :lノ                                        `丶、|,.!´´
   l:::::::::::::::::::l  ヘ: : _: : /l  t――,
   /::::::::::::::::::/ l::ヽニ二 ´::::l}// ̄
  /:::::::::::::::∠ヽル::::,ー‐ ,:::::lー'

  /:::::::::::::::::::::::::::`::::::ー-::::::レ' ̄ ̄ーz_
  l::::::::::::::::::::: ::::::::::::::     ::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  l::::::::::::::   ::::'⌒,::::::l   l::::::l \::::::::::::::::::/
  ヽ:::::     '  (:::::」   ヽ::::〉  ):::::::::::::::|
   ヽ:::::  ,⌒ー    . :  :    t_:::::::::: : |
    {l:::::l       :   :__ , ノ::::::::/
    ヽ::::`ーフ  ,ー‐:  :   l  ,::::::::::::::|
     ヽ   t_ノ  l  l  //:::::::::::::::l}
        ┌──────────────────────────────────────┐

        │  ジャマイカは自由を勝ち取りました。カリブの海賊達には勝ち取れなかった自由を    .│
        └──────────────────────────────────────┘





┌───────────────────────────────────────┐
│  争いあったジャマイカのマルーンと大英帝国は、お互いを認め合う友人となったのです   │
└───────────────────────────────────────┘

.         , -┐____
      ///レ'L. ィ └一: :|    人生終了、ご苦労さま
     / 厂厂\/:/ケ: : : : : :7
.   / / /  く : : : : : : : : : : {'⌒)

   { {_/       ̄ ̄\: : : : : ´ ̄`ヽ                        :,:           :(::)
    {  {   __./ ̄ ̄\\______/: :ノ  } }                     /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
    {  {  /r┬: : : : : : : : :}   イ :_/   } }                    (:::::::::::::::!'                 (::::::)
   人 \{ \_ノノ⌒>--<: : : :{    ノノ                     ヽ::::::::';'''                 ''``   。
    \ ≧==rく: : : : : : : : : : : : :}__     } }                   τ'::/ .;:
.       `¨¨¨¨}/ニニニニニニニニ{   ノノ                    )/
         く/ニnニ∩ニニ(_]=(_}ニ〉                      。            '  、       ;: 。
        ┌{∩-∪ (ノ>======={_                                           `'''`~''・    ' `
        人}ニニ><´ニニニニニニ}___             f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
        /_/ニニニニニニニ,><´ニニニニ\            ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
        /_}二二ニニニニニ/二二二ニニニニ\      :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
     (二/ニニニニニニ/二二ニニニニニニニ∧          ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
       )イ二二ニニニニ/二二二二ニニニニニニニ∧        ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
      {ニ|二二二二ニ/二ニニニニニニニニニニニ}     π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
      }ニ|ニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニ}      ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``





┌──────────────┐
│  めでたし♪ めでたし♪   ....│
└──────────────┘






.    /.................... ,....... . . |     |   . . . .|    `、   . . \    .:/ \   \|     .: ...............................\
   /.........i... .: .: .:i ..... . . |     |     :八      `、 . . . \ :/ :\:::::::.      \ .:i  ............................ \
.   ' ..........|... .: .: .:| .. . . .|  :i  八      、     `、 . . . / 、   .::\ :::\      \|   \ ..................... \
   ............ |  .. ...|    :|', 八    、      `、     `、 / x======ミ ヽ:ハ\    |       \   .................\
  i..............| | . . ..|  \:|∧ |:.、  \    `、    /ィチィfチ斧ミ   ヽ     \   |       \  \  ..........\
  |..............| |  :八     |≧s 。,_________\     -=彡'/  f { ハ ハ   八  ∨ /:: .. ト           \  \     ...\
  |................N:.    、   ィチ斧芋ミ \¨´\   、\     ノゞ '//リ      ∨:. :.: . | ヽ        \  \
  | ..................... 、     〃   んy'⌒ハ⌒   \  \:\   乂'/z少′        '⌒ヽ:.,/ ∧            :、   \   i
  | .......................\  爪   ノ乂ノ刈    ... `¨¨¨¨⌒                   {   }/  /:∧        :i \  \  |
. 八  .............`、....... \乂   乂'/z少     . .:}                      ,  /  :/ /:∧        :|   \  |:\
   |..  ...............`、........._i¨⌒              `                   /.. /   / :/∧  |::.、   :|    \
   |. .   .................\{ ∧                                   /ノ.:/       .:/ ∧  !  \  :|
   |. . . 、  : : : . 、 :\∧__ /                             /          ,     \j
   |. . . . \    \  _ 彡'            -‐ '⌒ヽ              人\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
   |. . ... . .| \    \'/∧          /:::::::::::::::::::::::.          / '  ≫                                        ≪
   |.. ...   |  \    \/ 、          i::::::::::::::::::::::::::::.         イ/ ≪    コレっぽっちも目出度くねぇぇぇぇええぇぇぇ!?!!!      ≫
   |∧ ....八    ヽ       \         |::::::::::::::::::::::::::::::.        /:.|:  .:.: ≫                                        ≪
   |/∧   :、           ≧=一   、:::::::::::::::::::::::::/      ,  :.|: .: /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
   |//∧       { `¨¨¨¨¨¨´   `       \:::::::::::: /     /    :| '
   |/   、      人           ト     `¨¨¨´    /      .:|
         \      \      /.: |::::.:> .,        /      .:|
         \    \ \    /.:  |:::::::   >-―=======‐-
          `¨\  \'⌒ ,.::    |_ -=       _______|__
             \  \ /.:    -‐=二=-    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、 -‐…・・・・・・・・・・・・…‐-
               `¨⌒> -=二=-
                / -=二=-                                ∨ /










           〉:::::::::::::::::::::::::::::::{ ̄ ̄`ー ァ=ミ/::::::::::::::::/

.             ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ノ __   /    `l ヽ:::::/{_
              __〉:::::::::::::::::::/   ___ミメ、    |  ∨::/
             \::::::::::::::::/    弋 戈メ㍉ー ,斗ャ''^V
              ∨えヽ:}       `¨¨¨^  { 戈メ /
               〈  rL                〉  {   んじゃ、はい、せーの……
               {\ ー'             、 /
              |:::{トミ_      、         /
              人:{|》l人      ー=ニ フ   /
               /、___{|《|                /l}
__,         /:::::::::::::{j_ノ;    > ..    /lノ
}   \ _ ....-‐=彡::::::::r‐〔[{__;______≧=f――- 、
____ノ\:::::::::::::::::/「| |ー―‐┐┌――――‐'|: : . .   |


__
   \
   __ー_  ‐―━・・・・…‐- _
  /*'”             _ ̄ ―
..i ̄/  ゚'*。 *'  ∧      ` 、
/ /     Xニ- _ ヘ ヘ    ヽ ヽ
/ ̄i_/   // ̄`ヽ ̄ヘ ヘ-_   ヽ`ヽ      _  ‐

\ i    ii      i  ' ヘ iヽ \ i       ./  ./
.|. `i    |i      i    '.  ヘ V     /  ./
..ヘ i|   i! > ― '      \ }    /  ./    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
/ヽi!i    i!   / ̄ ̄ ヽ    / i.   /.//     _)                      (_
   |i!   i!   i     i   イ  i./ .|_./      _)  イギリス汚ねぇよイギリス!!   (_
   i!ヘ  |≧s、|      |./  i/./ //         )                       (
    ヘ i|/ |i ―――‐'. . 冂/iー i ./          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
     /   .|i-..ニ.-i| \  i i i/_/./
    / ,.  ´____i___ ̄丶//
  '―   /____゚。  />゙ー―- ′





  ところで、こうなるのをわかっていて
  どうして協定に調印したの?              ,--一―_-_、
                                /-''''~、_______^γ''^-、
        _,.-ー''"´ ̄ ̄~`丶、         .   / ⌒''''--、,\ヾ ! rヘヾ ヽ
      /;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;`丶、         / ノ ,-⌒  ―-'-'- .i/ )  l_

     /;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ        / ∠.  {         レi /   /
      |/;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;/'i;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:;:;:ヽ      ノ  / ノ,-''^'-、_  ./ヽV   >
      |;:;:;:;://|A/-  |/|,ヘN,、;:;、:;:;:;:;:;:|    ,:-ζノ /./   (个j  .i^Tj .|    \
      |/W| "ィ"ij:|  l| i~iji、∨|;:;:;:;:/__.ィ´;:;:;:;:;) r⌒!i        |   |
          l. l、ゝ'.     ゝ-' ::::|;:;⌒i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;}ぃ ! u    , ν  j   ……!
         !   〈::        ::::|;:|_ノ―--―'''""~ ゝ_,、    _____   /
         `:、  ,--、    .:::::::|;:|          Y::::ヘ    ^  ' /
           〉、 `-'   _;:-'",|/ー、         i::::::::::\    λ
          ,'  `ー-‐'" 彡"  !  \      /⌒'''' --^ニ'― イ
         | |/ ヾミ彡"  _,-'´   ヽ  .....';  r      !.i   i






/    チ              |/ ! l  ! | {
  ィ´ーケ              __ lイ ハ l `ヽ
∠ヽ 7   _ - .、          / ̄`ノイ
 ハl !  '´  ̄ 二`、ー 、  /-_   !/
  l { ! |    <T::丁 ゝ    ! イ:::レ'` リ    白人も白人同士で争っているでしょう?
ヽ、ヽミ      ̄      l   ̄  l    イギリスとスペイン、フランス……黒人もまたそういう事です
 !ヽ` l             |     l
 `)`ハ               l    l     こんな島に流れ着いても尚、我々は一つではなかった
  `Y ヽ         - /   /     反英を掲げてマルーンを指揮していれば、いやでも目につく
 _/{   ヽ      、__ ,  /      団結しなけれなならない時に、自分の利を貪るもの、弱者を虐げるもの
´/l!ヽ    ヽ     ー - ´ /       恩を仇で返し、英軍に情報を漏らした者もいた……
. l ll ヽ.   \         / `丶、
 ! ヾ、 \   \      /ノ    ヽ` ー- ._
 ヽ ヽヽ `丶、  ` ー― /     ヽ




                                    ___,.....-―――ー- 、
                                    `=、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....\
                                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ
                                  ,,イ::::::::::::::::, ,イ:i:::::::i、:::::::::::::::::::::::::l

                                 / /:::::::,::::::,イ/..|::ト、:::l.ヽ:::::::::::::::::::::: l
                                  /|:::i:::::i.ィ廾ト.:.:l::l.弋下ヽ:::::::::::::::::::::|
                                  | l::|l::::|::l,ィ=、.:..:ヾ:.:rラy、ヾl lr_、:::::l:::l
                                   `lヾリヾゞソ:.:.:.:.:.:.:ゞ_ソ`:|l ト、l|:::::l::::|
     そう……                            |l.":〈:.:.:.:.:.:.:.:.".:.:.:川rン::::::l:::::!
                                      リヽ、::.ー-.:.:.:.:.::::ノl|リ:::::::::/::::,'
     私達はまだ道に迷ったままの旅人なのね          \:_:..,、-''"..:::ト、::::::/::::ノ

                                        _くー--'" ̄〉r三ミ'"

                                      r゙ ̄  /〉ー== /::::::人__
                                     /   /゙    /:::::::::/   /ヽ
                                     l /  /   /::::::::::::/   /  ',
                                     ,゙  /   /:::::::::::::::/   /   l
                                     l  r゙ 、   l::::::::::::::,::{   /     |
                                     l  l  ヽ  |:::::::::::::li:l  /       !
                                     |  l     |:::::::::::l l:l  〈      |
┌───────────────────────────────────────────┐

│  協定から20年後、タッキーの乱が起こり、その後ジャマイカは慢性的に反乱が起こった        ..│
│  ジャマイカが真に独立するのは1962年の事である。カリブ海英国領では最も速い独立だった。     .│
│  それがジャマイカ人が流し続けた血の成果なのかはわからない                     .....│
└───────────────────────────────────────────┘



■彼がこうなった理由

モード「――ってなことが昼間あった」

ライダー「なるほど、モードレッド……」

ライダー「明日から社会の勉強時間を増やしましょうね」

モード「そぉぉじゃねえだろう!!」ダン!

ガウェ「いや、流石にジャマイカをアフリカと言うのは……パロミデス卿の故郷をなんだと」

イリヤ「ドン引きだわ……貴女、もしかしてドイツがロシアにあるとか思ってないでしょうね?」アインツベルンハドイツジン

モード「お前らが! キッチンで! アイツがレゲエ歌いながら料理している理由を訪ねて!」

モード「説明してやったのに! なんでオレが怒られてんだよ!!!」

ライダー「そりゃ最初見た時は驚きましたが、全く違和感がないので問題ないかと」

モード「アレがエミヤの野郎って時点で問題だらけだよチクショウ!」

ガウェ「いや……エミヤ殿も元からレゲエを歌っていたような……?」

モード「ないわ! お前の中のアイツの記憶どんだけ曖昧なんだ!?!」

ライダー「レゲエとは反抗の音楽。反社会的、批判精神を含んだものとされます」

ライダー「シロウならまだしも、アーチャーには相応しい音楽だと思います」

イリヤ「待って、よく考えたらシロウが歌っているところ見たこと無いわ」

イリヤ「案外イッセイやシンジとカラオケに行った時はレゲエを歌っていた可能性も……」

モード「成長後から逆算するな! だったら醜いアヒルの子は最初から立派な白い羽もってんだろ!」


イリヤ「まぁモードレッドをからかうのはコレぐらいにして」

モード「なんだと!?」

イリヤ「やっぱり今のシロウは問題よね」

ライダー「ええ、そうですね。確かに見るに耐えません」

モード「見るつうか聞くにつうか」

ライダー「まさかあのシロウが料理に市販のめんつゆを使用するなんて」

イリヤ「めんつゆは万能だけど糖分が多いから極力使わなかったあのシロウが」

モード「わかった、お前らレゲエとかどうでもいいんだろ。レゲエとラップの違いもわかってねえんだろ!」

ガウェ「モードレッド、皆、混乱しているのですよ。エミヤ殿がああなって」

ガウェ「かくいう私も、グリンガレットがいつも食べているエミヤ飯が完全配合飼料から残飯になっていたのには動転しまして」

モード「うん、普段からテメエで飼育しろ」

ガウェ「これは虐待だと思い、私がマッシュしたジャガイモに取り替えたぐらいです」グッb

モード「オマエのやってる事が虐待な?」

ガウェ「まったく嘆かわしい。いったい何をデトックスしたらああなってしまうのか」

モード「オマエの脳味噌に詰まってるジャガイモの皮デトックスしたようがよくね?」



■主人の妻を寝とる野郎は死ねばいいと思う

燕青「李固の野郎がそもそもの発端だからな。マジで死ねよアイツ」

ディル「ぐはっ!?」

燕青「……? 兄ちゃんなんで血吐いてんだ?」

百貌「貴様の正論がクリティカルヒットでな……流石クリティカルの鬼・燕青」

シェイク「いやぁ、お互い困った上司を持つ者同士、気が合うかと連れてきたのですが」

シェイク「これは失敗だったようですな。ははははは」ホクホク

百貌「絶対ウソだぞ。こうなるのを予想してたろう」

百貌「しかし梁山泊の、お前新宿ではドッペルゲンガーと融合していたそうだが」

燕青「あーあんまり思い出したくないなぁ」ポリポリ

百貌「幻霊と融合しなくてもお前ほどの男ならば変装など容易かったろうに」

百貌「少なくともウチの静謐ぐらいにはいけるのだろう?」

燕青「まぁ梁山泊には他にも何人か変装潜入の得意な奴がいてね、楊林とか」

燕青「俺も役人やら占い師やら色々やったさね、確かに」

シェイク「んんー、貴方程の美貌があれば女性に変装しても違和感がないでしょうな」

燕青「よしてくれよ」ウゲェ


百貌「何を言う。真面目に羨ましいぞ」

アマデウス「生前髭の生えたオッサンだったからね、君は」

百貌「言うな……マジで言うな……なぜ必要だった女性人格……」ズーン

燕青「まぁさ、俺としては変装だの諜報だので座でアウトローするよりも?」

燕青「普通に執事スキルや商人スキルの方で飯食いたいと思うんですがね」

アマデウス「とかいいつつ、昨日ヘクトールに加勢してアキレウスと喧嘩してたよね、君」

燕青「いやぁ、ありゃ突然襲い掛かってきたあの抹茶ソフトが理不尽すぎたもんで」

シェイク「戦いを交えその唯一の目的が、平和にあることを忘れてはならない」ドヤッ

シェイク「平和主義と非戦主義は違うというところですかな」


■美男子+変装スキル=

ラーマ「すまぬ、ここに変装の名人がいると聞いて!!」バン!

燕青「いや聞いて。俺そういうのより真っ当な生活スキルを活かしたくてねぇ……」

ラーマ「金は幾らでも出す!」クワッ!


ラーマ「 シ ー タ に 変 装 し て は く れ ま い か !! 」


百貌「うわぁ…」ドンビキ

アマデウス「成程」

シェイク「(笑いすぎて咳き込んでいる)」

ラーマ「頼むっ!」ガシッ!!

燕青「俺に女装させて何させる気だぁぁ!?!」ヒィッ

ラーマ「何をさせるかだと?」

ラーマ「当然、余の用意したドレスを来てもらうに決まっておろう」ハァハァ

百貌「コサラ王……嫁に会えない呪いに耐えきれず遂に……」

アマデウス「特注のドールだね、わかるとも!」


燕青「クソが! 侠客を金で従わせられると思うなよ!!」バッ!!

燕青「変態遊びをしたかったら力づくてやってみろオラァ!!」

ラーマ「うむ? 何を興奮しておるのか知らんが、落ち着け」ベシッ

燕青「あだだだだ……」

百貌「やだ……インド強すぎ……!」

燕青「相撲で負け知らずの俺がこうも簡単に組み敷かれるなんて……!」ジタバタ

アマデウス「悔しいっ!」

シェイク「でも感じちゃう!」

百貌「やめい」

燕青「無頼漢の終わりなんてこんなもんかね……」

アマデウス「諦めてケツの穴の力を抜く燕青であった」

シェイク「中には守るより破ったものが良いものがある」

シェイク「とも言いますから。いえ、言ったのは吾輩ですが」

百貌「それそういう意味で言ってはいないだろう」

ラーマ「…………」キョトン

ラーマ「…………!」ポクポクポク…チーン!

ラーマ「ま、待て、お主ら、勘違いをしておるな!?」


ラーマ「余はシータにドレスをプレゼントしようと思って」アセ

ラーマ「どのドレスが一番似合うか、確かめたかったのだ」アセアセ

ラーマ「直接シータと共に選ぶことができない故」

ラーマ「シータに瓜二つの者が居れば思い……」

シェイク「必死に弁明すると返って怪しいものですな」ハッハッッハ

百貌「シータに瓜二つの人間なら鏡を見ればいるだろう」

燕青「なんだ、誤解だったのか……天井のシミを数えるところだったぜ」

ラーマ「当たり前だ!!」

アマデウス「ところで幾らでマリーに変装してくれるかな、燕青くん」



■返ってきたエミトラマン


  ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
 ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
 @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@
   |
   |              | ____________. |     コ イ ン ラ ン ド リ ー

   |              | |    |    |    |     | |    __________
   |              | | .エ.. | ウ  |  レ. | .カ  | |    |       ||       |
   |              | |    |    |    |     | |    |       ||  // ./ ..|
   |              | |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. | |    |       ||  //   ..|
   |              | |                 | |    |       ||]      |

   |              | |                 | |    |       ||   /// .|

   |              | |______________.゙| |    |       ||       |
   |              | |____________.:| |    |       ||       |
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└┘                 └┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







                                                            ,     '

                                          く>                     ,    
                                   、                                  
                                               __     <7       /          
  ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄、ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄   ,:彡'= 三ヾヾ      ___ /( く> .    
 ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ _  \      /ミ       ゞヾ.:./三二三ヾミミ:、  '    
 @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@/`ヾヽ   \ _..::::二三二ヾミミ::  ::.:       彡ヾヾ   
   |                            >  //     )三=ヾミミ、     .:::..:..  ...::.:.:.:.:.:....  彡ソソ   <7
   |              | _______く> \ //      /三::::..:..       ...::.::.:::;:彡'::...__   ..:.:::彡';   /
   |              | |    |    |    |     | | |三::::.:..      ...::.:.:.:::::/ミ / |:_:|_.:::彡ヾヾ/
   |              | | .エ.. | ウ  |、 レ       \_ヾシ三=二=、::.. . .:.:::::|ミ:. |  <::>|::::|.:::;彡ソソ_    /ヽ、
   |              | |    |    |    |    /=:. /三二=:::::.. .::::::...  .:;:..  \_//:彡彡'三ミミ:、 |ンヽ|:|
   |              | |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∠フ  /三:: . |三=::.::..  く>   .::.. ..:::ミ、:..   .... ̄.::.:彡三.:.:.=三|!l \ノノ
   |              | |                |三:::::...|三:::::..:..     .:::. ..::.:三==二二-三:.  .:=三ソソ
   |              | |                ヾミ=-.::;>三二=::::..:...   .:;:               .:-=彡ノソ  , ∠フ
   |              | |______________゙:ミミ::|ミ二=::::..:..   ...:::::::::..:.. 、       -= 三彡|!|人

   |              | |____________从人ミミ=-..:.:.:.:.-彡ミ  / ̄ヽヾヾ:. く>  = 二三彡ノソ从
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└┘                 └ヘ从゙ミミ二三彡ミ(::. 〈__ノノ..::ノ;:人人ヽ∧ヘ人/从,イ
                                     ヽ∧ヘ、ヘ人从ヽ∧ヘ、ヘ人从ヽ∧ヘ从ヽ∧ヘ、ヘノ(

                                         /       /        \人_,    \
                                        イ_         '            ∧;(__,
                                        |;(                    \:,(


メデス「」

モード「あの野郎を元に戻すか、店が更地になるかどちらか選べ!!」グワッ!!

モリ「いやもう半分更地になってるよネ!?」

モード「うるせぇ、こちとら朝の目覚ましにレゲエを聞かせられる生活が続いて限界なんだ!!」

パラP「なぜレゲエ……?」

モード「そんなんこっちが聞きたいわ!」

モリ「犯罪博士的に推理してみるとおそらく摩耗し混濁した記憶を手繰った結果、自分はジャマイカ人だと思い込んだんだネ」

モード「犯罪博士スゲェな!?」

モリ「いやまぁデトックス風呂にジャマイカ産コーヒー豆を入れたの僕だからネ♪」

モード「死ねェ!!」ブン!

パラP「成程、だからあんなに肌が黒く……」

モード「あれコーヒーの成分だったのかよ!?」

モリ「メラノイジンとカラメルね」

メデス「私のほかほか殺戮機構以下略がぁぁぁ!!!」ガーン!

パラP「え、今更?」


メデス「ふー…ふっー……落ち着け、こういう時の為の保険だ」

メデス「安心カエサル保険……いや、あれは火災保険だったか。こういう時はダビデのイスラエル保険だ」

メデス「そう、そう、私の経営計画は不慮の事態にも既に対応してある。計算式を組み直すだけのこと」

メデス「脱サラで雑な運営をするラーメン屋のような連中とは違うのだよ、私はァ!!」

メデス「それにやられたのはコインランドリー、温泉は無事。問題ない……全く問題ない」

メデス「コインランドリーの耐久年数と降りる保険を計算し、新型導入による利益を算出すれば……ッ!!」

モード「だっしゃらぁあぁぁ!! いいから戻せ! 今すぐ戻せ! 3分で戻せ!!」ダンダン!!

メデス「私の円を踏むなぁぁぁぁぁ!! このどこに出しても恥ずかしい低能低俗なヤンキーがぁぁ!!」

モリ「えー…折角デトックスしたのに、老廃物をまた貯めろとおっしゃるゥ?」

モード「イラッ」

モリ「痛い、痛い、痛い、兜の角でグリグリしないで!!」

モリ「アラフィフになると痣とか凄い治りにくいんだから!」スリスリ

パラP「ではやってみますか、アンチ・デトックス風呂」

モリ「そこはリラックスとかでいいんじゃないカナ?」





………………………………………………━||:






              , -― ト 、._

            、 ..≦ 二  ヽ\ヽ
            {v`¨´ ヽ  ゝ‐ 、 ハ._
            vヽ_.. ≧/ ,:'⌒--': /

             } ミ / l ,:' ._   lツ
            ハ / v:l ッ、'、 ‐-‐ _, l    はい、というわけで御照覧あれ
             ヽ (`'弌ゥ_`‐ ィゥイ    これが湯治の三賢者による最高のリラックス効果のある風呂ダヨ?
              ト 、u   .,!  辷 ,:
         〉≧ 、./_(ヘヽ z―.-<./:ィ::`ヽ-、
          >、`ヽ,-、\` ̄¨/〈::イ:::::::::ヽ!ニ辷_ 、
       </ /三{、・ゝ、`ヽフハ 〉イ:ノ:::::::::l、: : : :ハ
     < ∠__∠≦三三三≧ト-'‐-!{ {lx.llxlヾ:-' ヽ: : :.}.l
  /: : :./     \三三三{:::::::ヽ:::ヾ:ミ:l,=ll=}ト  `ト、l.}

 /," : : : { ⌒ `ヽ  ヽ三三三、:::::::':,:::::::}l、xllxl ヘ ノ }¬ 、
. l l: : : : :.ヽ  . --   ヘ三三ニニ、::::::':;::'!::::>イ:ト¨  ノ   ':、
..l l: : : : : : }  /⌒ ヽ l三三三≧.::、ソヽ:::::::::::::j、¨     ': ¬:
..j ヽ: : : : :.ハ     、 l三三三三/三ニヽ::::::ノl ':     ;  .l

 ; vハ: : : : : }     ヽl三三三ニニl〈〉_〈〉三辷ニ!、ハ    /   ハ
  ': 'ハ: : : : :l      \三三三ニ}三三三三ニ! トヘ   /  _.._j
  .Vヽヽ: : :.l        }三三三{〈〉_〈〉三三ィ辷::ベ:l >/////`: 、

   .V:.ヽヽ ハ     ¨ィフ`ヽ三三ニ≧三ニ/::::::´::辷V!///////////>、
    V: :vハ ヽ   / ,:     ゝ´/_V≠::::::::::´:::ヽヽ:ヽ././//////////>、



                                                 {\)\ハ
                                              (ー=八:.:.:.:.:.:.ノて-‐ァ___
                                            __/:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:.:/
                                           `ーァ:.:.>ー:.:.:⌒:.:`:.<:.:.::.ー=彡'
                                            r</ィ:.:./:.:.:/:.:.:.:.:. Y:.\:.:.:.:.:.\
                                           _>:.:.:./:.:.{/:{:.:./{:.:.从:.:.:∧:.:.:.:.:.:.\
                                           `⌒7:レ/_:.:.{:.-≦二、\ト}:.:.:.\⌒´
      人類の英知が結集したこの風呂に浸かる事で          /ィ:.{/rモォノ ´ `''"/⌒:.、:∧ー

                                              /}:.:∧ } 、 ⌒}:.:.:.:.:.:.ト\∧
      オルタ化したボブもこれこの通り!!                  ノ:.:.ィ:ヽ`r‐‐ァ }:.:.:.:.:.:/:.:.:{⌒
                                              `⌒∨:ヽー‐ /レИノ^\}

                                                 }ノ´〉} ̄  ∨ニニ\
                                                _ -, 'ノ) ._}二ニ/ ` <
                                            , -ニ //   ⌒}ニ/|   {  `¨Iー 、
                                           /: :/ , '=/    /}/二|   |    |: : :∧
                                           ,′/ /ニ.{{   .::  ヽ/ニニニ|  .    |: : : ハ
                        rく                  j{: / ./ニニ》 .:::  /ニニニニ∧  ∨  ∨: : : :|
                       八:.:\                j{/ |ニニ∥ .::   }ニニニニニニ∧  ∨  ∨: : :|
                r‐=ニ≧x、_ ヽ:.:.\_              /\ |ニ{{.:: .::::::::/ニニニニニニニ∧   /: : : :{
                 r‐=ニ _-ニ_て¨´:.:.:.:.:.: }ニ\__         /: /  {r==乂_/\ニニニニニ/_∧  {: : : : : : 、
                  ` <:` <{_:.:.:.:.:.:.:.:.:|ニニ}::}_` <     _/  /}:::::::}} .rく´ ̄\r==ミx、ニ∧  \ : : : ∧
                     ` <`⌒:.:.:.:.:._|ニニ|::|ニニ=-` <_/   /ニ.′::∥∥:::::::::::::∥_::::::::::\:)/}\   \: : ∧
                        `¨¨{¨¨¨|ニニ|::|ニ<: : : : : \ー<ニニニ.′::∥∥:::::::::::::∥ニ=‐:::_:::ア´ }二\   `ー┤








 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

  |  ふぅ…………   |
  ゝ_________,ノ                          カポーーーン…

             __,.. -─- ._l:;.::_::_:/ /   ヽ:'l!:.::、:_:/  _. -‐- ._
  _,. '´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ´   ノ      }!ヽ::.ヽ `´     ` ー─── --- .__
 ̄( _                             '                      ` ) ̄
   ` ーr───---,-- 、         .:., i   ,.       ....:;: --r─‐-----┬─‐ ´
ニニニニiニニニニニ!ニニ`ヽ、;::..    .:;'  i:  ':;.    ...:::/.ニニ iニニニニニ !ニニニニ
.       l         l     `!`:::..   :;'.       ':,  .:;:'::/     l       l
.     l         l       !  ::..           .:: ::/       l       l
      l         l      !        i        /      l       l
"""""""""""""""""""""""""''!       i       /"""""""""""""""""""""""""""
                  ,..:i.       i:.      /:.
                  " ` ~ ー - ‐ "゙ ー - - ‐ '"'


                               γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

                                |  どうにもここ数日の記憶がないが……   |
                                ゝ___________________,ノ


















    ,ゝ' . ' .: : : ::, :.、 :i :. : ヽ. :、 : : : :.:.:..`ヽ.
 _, ' .;'  , ' ' "´ .: : : : !': : : : : : : : : : : .`.¨`、
  ` フ  '  . : .: : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :`、:.゙ ヽ
  , '.   .: : : : : :,: : : : :i : : : i: 、:. : : : : 、ヽ.`ヾヽ、  俺が居ない間、ちゃんと宿題したか? 食事はキチンとしたか?
..ノ.: . : : .: ; :i:: : .:i : : i: : i :、: :i :. :、: : : : : i: :.ヽ:.く

,'ノゝ'i: .: .: .:i: .:l: i: : i|: : i!: : !:i: i:i!i: i: i!::. :.i:. :i. : : ト、  パンツ替えたか? 歯磨きしてから寝てたか? モードレッド
.. ノ.: :i:. i_i__i_:_!_i!iヘ.:!、::i i!: i!i,ヘ:!ハ!_i_i_i、∧!:,ト、ヾ!

  '´ iゝ!乂ヽ`リ゙气=メ、リ !ノリメ≠气!リ⌒`!' ,ゞ!`
    !´゙ハ  く下U刃ヾ     ィ下U刃`メ,ゞ^i
    、、ルi!  ゝ心ノ         心ノ ' iハ:. !             、__人__人__人__人__人__人__人__人__,
   ヘ 、゙i!         .          i!,ノ./            _)                    (_
     ヽi、           i       ,i!/             _)    ウッゼェ……!?!!   (_
      !,ヘ           ′      人!               )                     (
         i!ヽ.     ー‐ ‐‐'    .イi! `               ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
        リ! :.ヽ.          , .'::|ハ!
..      ___i__゙:.、ヽ        .イ:: :i!__
     i´:::::::::i;;;;; ̄i.`ー‐ ―'r'¨¨i ̄:: :.i                       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     |: : ::::::i;;;;;;i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i;;;;;!:::::: : :.!                       |   (ケド元に戻ったみてーだな……)    |
   _,ィ.: : : ::::::!;;;;;;!  . :.:`/ /.::|;;;;;l::::::..: :ー、                      ゝ___________________,ノ
'.:´: : : .: :::::::::::i__;;;!______:!;;__|::::::::... : :.`: .、

.:: : .::::::::::__::::::::|_ ``i;;;;;;;;;;;;;Γ´_!::::::__::::::::::::.....`.ヽ.、
:::::::::::::::l´n`!:::i;;;;;;;!  ゙ゝ―" ノ;;;;;|:::::i n`!::::::::....... . . . .`ヽー===. _
:::::::::::::::| |:| |::::|;;;;;;;;;;\   /;;;;;;;;i::::::|.|:|.|:::::::::::::::::::::::::.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.: : : . .`ヽ、







    ,ゝ' . ' .: : : ::, :.、 :i :. : ヽ. :、 : : : :.:.:..`ヽ.
 _, ' .;'  , ' ' "´ .: : : : !': : : : : : : : : : : .`.¨`、
  ` フ  '  . : .: : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :`、:.゙ ヽ                    x≦二 ̄    ̄> 、
  , '.   .: : : : : :,: : : : :i : : : i: 、:. : : : : 、ヽ.`ヾヽ、                  /    `ヽ.__      \
..ノ.: . : : .: ; :i:: : .:i : : i: : i :、: :i :. :、: : : : : i: :.ヽ:.く           .        /\\__ ( : \      ∧
,'ノゝ'i: .: .: .:i: .:l: i: : i|: : i!: : !:i: i:i!i: i: i!::. :.i:. :i. : : ト、                /    ソ´/: : 〉 〉: : :.∨     ∧
.. ノ.: :i:. i_i__i_:_!_i!iヘ.:!、::i i!: i!i,ヘ:!ハ!_i_i_i、∧!:,ト、ヾ!          .       /    /: :- `V 「 : : : : ‘ー─---ハ
  '´ iゝ!乂ヽ`リ゙气=メ、リ !ノリメ≠气!リ⌒`!' ,ゞ!`        ニョキッ    /  / : : __ \〈: : : : : : : : : ____「 │
   !´゙ハ .  _____ヽ.    ,´____  ,ゞ^i              /⌒ヽ 〈: : : : :代ヒぅ、:\j: :,ノ: :r‐'_厂∟./
   、、ルi! '´ ̄ ̄``       ´ ̄ ̄`` iハ:. !           .   l :ノ:ヽ:\ヽ: : : `゙冖^ : : : : : r┴ー‐v'´/
   ヘ 、゙i!         .          i!,ノ./              ! { ノ :i : :Vl : : : : : : : : :-:ァ:ィfヒぅ、⌒/./
     ヽi、           i       ,i!/               \ヽ l: : :}| : : : : : : i´: : /i `゙冖 : :У
      !,ヘ           ′      人!                   iー'l: : :l !: : : :___‐:ヽ_ノノ: : : : :/
       i!ヽ.     ー‐ ‐‐'    .イi! `                  |: : | : j l: : :i `ヽ_ー、 i : ,ィニ´:⌒ハ
       リ! :.ヽ.          , .'::|ハ!                   |: :│//:: : :≧、  ̄ノ: // :/:ノリ:/    ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ
..      ___i__゙:.、ヽ        .イ:: :i!__                   |: :人 ヽ: : : : : :`¨¨ _:/ レく_/   j`‐'┌┐ r‐――‐ 、ーィ
     i´:::::::::i;;;;; ̄i.`ー‐ ―'r'¨¨i ̄:: :.i                 /!: : : :\〉 : : : : : : :厶イ: :/\___  、- '   | |  | r--- 、 l   L_
     |: : ::::::i;;;;;;i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i;;;;;!:::::: : :.!             .     {/|: : : : : :>:‐:-:<: : ;ノ///|// ̄_ )    .| | └┘ ノ ノ   く
   _,ィ.: : : ::::::!;;;;;;!  . :.:`/ /.::|;;;;;l::::::..: :ー、            .  __|/\: : : : : : : : : : : : ////l/|////)...   | |    i"´/   (_
'.:´: : : .: :::::::::::i__;;;!______:!;;__|::::::::... : :.`: .、            ///|/ハ/\:_: : : : : :_:///ハ.(,ノ/////´)   └┘   └┘    ,ニ=-
.:: : .::::::::::__::::::::|_ ``i;;;;;;;;;;;;;Γ´_!::::::__::::::::::::.....`.ヽ.、        ///|(_ノ/ハ// ̄Τ/////(,ノ/////////)   ┌┐   ┌┐   (_
:::::::::::::::l´n`!:::i;;;;;;;!  ゙ゝ―" ノ;;;;;|:::::i n`!::::::::....... . . . .`ヽー===. _/\/(_ノ//____|___///////////////)   └┘   └┘   (
:::::::::::::::| |:| |::::|;;;;;;;;;;\   /;;;;;;;;i::::::|.|:|.|:::::::::::::::::::::::::.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.: : : . .`ヽ、\//「: : : : : : :|//////////⌒)-、 ,. 、         〈

                                                               ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「






 ーミ三 {{∧ヽ    / /         ヽ 、∧
ーミ≧  リ ヽ;二 /  /       / / .!  ヽ_ノ
  i:/ ::∧,′    /  / .,ノ  /  / /  |   ,ハ
  |IV ; |:.:f\     ′ :′/|  /  / ∧ j! :i  :, :,
  li!∨ !:.:|\\___,:   /__/_j__/ ':.:/.:/ ,リjハj   ! !
  乂 Vi!: ト`ー== /  /// ,ノィ `:/!:./ イ/ ̄ |  1| i   []
    リ :.!.`-=:イ: //,,斗牛ミリ|//  ,斗牛ミ,_//从
    / :.∧:.:./::/// i|ソ 辷り ノ     辷り _彡'     []
__,.ノィイ  ∨イ`/  :i| `¨¨       `¨¨ i| i|
~~¨¨´ |ハ  lヽ  1 ハ       {     i| i|      []
     || V:.| ゝ._!  i|        、,    /| :リ
     || Ⅵ  | ゙i i|     .,_ _    ..:::ノ从
     リ  |  j | ゙i 从 \       /
       // ′ヽr.    ゝ、   /
      / イ|  {   |     `=7
           /        |
          /  __     ト 、
         /      `ヽ   , \




   _____
  ゚'*。_     \
     _  ‐   __ー_  ‐―━・・・・…‐- _
   /     /*'”             _ ̄ ―

  /  *'”   i ̄/  ゚'*。 *'  ∧      ` 、
 .///    / /     Xニ- _ ヘ ヘ    ヽ ヽ
../'. /    / ̄i_/   // ̄`ヽ ̄ヘ ヘ-_   ヽ`ヽ          _
   i      \ i    ii      i  ' ヘ iヽ \ i        l⌒! /(⌒)ヽ
   i|   ,   .|. `i    |i      i    '.  ヘ V        l l  ー'/.ノ
  i /    ヘ i|   i! > ― '      \ }         l .j   l i
  .i /i    /ヽi!i    i!   / ̄ ̄ ヽ    / i.        `´   `´
  / i!   /   |i!   i!   i     i   イ  i.       ○   ○
   i    i|    i!ヘ  |≧s、|      |./  i/.
   ヽ  |i     ヘ i|  |i ―――‐'. .
..       ヽ     -=:. :. :.\ _ ハ\:|――:.、
       r<:. :. :. :. :. :. :. \:. :. :} {/ ', ヽ : : |: :i
      /:. :. :. :. :.:\:. :. :. :. :. :. :ハ   ',  ∨:.|: :|
    __,_:. :. :. :. :. :. }:.ノ:. :. :. :. :. : \ i  ∨:. :.ヽ

   ノ:. :. 二=-:. :. ̄://:. :. :. :. :. :. :.i ヽへ  ∨:. :. :.
  /:. :. :. :. :. :. :. :. :.イ:. :. :. :. :. :. :. :. |  乂ノ_ /〉:. : :',
/:. :. :. :. :. :. _:./:. :. :. :. :. :. :. :. :. :.|二二r< ' ∨ヽ',

. :. :. :. :. :. :. :. /{ :. :. :./:. :. :. :. :. :. ,   ゝ=彡  ∨:. :
:. :. :. :. :. :. /  \/:. :. :. :. :. :. :. /          ∨ {
..:. :. :. :. /  ―― }:. :. :. :. :. :. :. : /         /|:. :.、








                           /l
-<ニ"ヽ 、                  lヽ/l/ '"´―‐- 、
,::::::::::`゙ヽ:::`ヽ、.  _          N          ミ'__.,  ←[エミヤ]
::::::::::::::::::::::::::::::\'"::::`ヽ- 、.      l , -‐'"´l_      /  
::::::::-―-:、:::::::::::::\:ヽ:::/:::ヽ、      l'  __斗' ヾ、    \            [エミヤ]
::::::::,r―――‐- 、_:::ヽl:l::::::::ヘヽ   〈 ムイヒテ`   ヽ,r‐、  __\            ↓
:::/::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾl:l:::::::::ヽ:l    ノ         }' l   \           _,,. - ..,_
入:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::l   ヽ、_,       , / /`゙`         ,.イ‐-、     丶、   
  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ'ヾ__,-┴ 、    /`'"\/           / i   ',       ハ   
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i`:::::::::::::::::::ヾ 、 / /    l .           ,'  ヽ.  }、       !i   
、    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::ヘ:::ヽ‐'―- 、_l           i   F‐、{ \     ,ィ.!
::ヘ       \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::ヘ::::::\:::::::::l;;;`li         /¨ヽ. l: :l :〉>: `:ー一';ル'   
::::::\       `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l::::::::ヽ::ヽ〈;;;、h      ,..ィi:f:ゝヽ {<ヽ〉: :i : : : :》:}   
::::::::::::\      `ヽ、:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::,::'::::::::::::::::::::/;;;;;l;l:ヽ、   /_;.::l入__、 :l.i: ィt:ッ、シ、 ;.ィfフ    
::::::::::::::::::\       `>;、::::::::::l:::::::::::::/:::::::::::::::::::/ ̄`ヽ.    /:::L.ノ:::i: : :.l: : )): : ̄ : : ,:i `/、
::::::::::::::::::::::::ヽ     /;;l::ヽ`ヽ:::::l::::::/::::::::::::::::::::::::〉‐- 、 /::::/::::::::i::r‐'ハ: : \' i.: : : :._'´: !:/:::::ヽ   
:::::::::::::::::::::::::::::ヽ..  l'"´ l::::::ヽ::::::::l/:::::::::::::::::::::::::::/;`ヽ//:./:::::::::/ト、ー'::::::;\: :\: : ←-`オ:::::::::::::',  
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  l'";;;;ハ:::::::::ヽ'":::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;/;/:::l::::::::::::/::::::l::::\::( ):::/. ̄ ヽ:`ニ/::__::::::::::i  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V;;;;;ノ/;;ヘ::::::::::::::::::::_::_:, -‐'";;;;;;;;;;;;;/;;/::::::::::::::::〈:::::::::i::::::::::>::⊥..__,,.彳ヽ::(_  i::::ノ  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ‐';;;;;;;;;;〉、_ , -‐';l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/:::::/ ̄`ヽレ-、:::\::::::::___:::::\ ll. レ'" /:/

、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ;;;;;;;;;;li';;;;;;;;`ヽ-l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/::/:::::::::::::::ノ:\:::::::::∨  r':__..ノ__ll    〈::}.    
. \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;_>――‐'/;;;;;;;/'<   :::: ̄::::::::::\:::::::}    / i >':´ ̄: 〉、    
  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ;;;;;;l;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/-/"  ヽ::  :::::::::::::::::::::::::)、::\ / l/: : : 、: : /: : }、







              {
              |∨
              |. ∨
              |  ∨  i   /
.           、 |   \ ト、, /i    ノ}
          \ヽ   `ー-/ :{_ ./ :|_
         -=ニ \     }i  }/  _ `⌒ト、
.         / '  \      }    /  ̄  =- ∨
       /     /   \ ,   }  / ニ = ‐∨ ∨
       ―┐=ニ三ミx  ヽ  ⌒三ニ=- _ ∨  \
         |  ー=ニ三彡    三ニ=-     > ∨ \
         {/}   //    \  \  /, 、ノ   ∨ー一
              { //.    i  \  \ __/ :}    ∨    1、2……ワン、ツー……
           八 {.     |    \ /   /  l 、  ∨
         /イ'ヽ}   i   | }  \ /   /   l  \ ∨   っかしーな、何度数えても二人だな
             {、. |  ゝ{ \ ノ  イ {.  l    ヽ
             {∧ | ト、/_ \/ :{   ,イ  l
               ∧ |Ⅵ/.lニ=-   { / | /        二人……居るなァ……
               ∧| |ニlニニニニ=-Y  :|./
                 },ノニlニニニニニニゝ、 :{'
             , ィi〔ニニニlニニニニニニニニニ=-ミ
          , ィi〔 Ⅵニニニlニニニニニニ/⌒ ̄  ``ト 、
            /     .∨二ニlニニニニニ/         ∨
.     ___/        \ニlニニニ/               ∨_, -、_
    /ヽニ}ニ,′   、    ヽl!ニ/        ,       \ニ}ニニ=、-、






                 ヽ 、    {`i_/ !'   ト--´ }_,,斗
                  ヽ `≧s。{   /ィ≦ _,,.  ィ´ /
                     , 斗 ――=三≧廴/     ./ヽ
                  _。s≦´   `` - 、'"   `ヾ、、_ .イ  .〉
             /   __    \ \ 彡// ヽ\  ヽ  |
             /,ィ´    `ヽ、   .\ \彡  /}彡ヽ  、 . |
          / /             \ \~ミミて彡}   \\
          ,′          \         ≧ー-== ,, ≧ー―    つまりアレか
          ,′   ,   {\   ヽ\\` 、  ヽ  __,斗≦"ミ、\ ー
          /    ハ ヽ i  \ ト、_,.≠ヽ}ヽハ  | |ヽ `iハ  ミ、 \     これは二人居るってことか?
.         /     i ___ 丶 '´,斗七爪 /   从リ i  } 乂
        //i  .ハ xfzzzュ   '  Vzツ /    ∨ノ/  \ ≧s。_     二人居るって事は二人居るって事だよな?
.       /   .|  ハ. ' Vzツ         厶イ  \ `≠    \____
.           | ./∨\ ハ  ,        |     \
.           |/  ∨ `込             レ、       ヽ
              ∨  介.、  - ―  ,/  ヽ}\    .}
.               ∨  ハ ≧s。 _, イ。s≦二二ニ、\  |
                ∨  |'\   |´`i二ニ,xイ二ニs、 ヽ}
              ∨ .|    /i ,j二ニ'"´~二二ニ=s、_
                 \ |.斗≦二_`"二二___,,..>七´ ̄¨>、
             ,。s≦ リ    /i二|      ヽ       \
            /    .:    i!,ィニィ'         ゛           ゛
              /  ,, /     |_/           :.
         ,ィ='″ /ィ=s。、__,。s=≦了>、 :.   :.      /ニ

























    \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/

     ≫                                        ≪
    ≪     ウチの小言野郎増えてんですケドォォォ!!?!?!     ≫
      ≫                                        ≪

    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                        / /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ, \
                 /  '              \ \

              ー<   /                   \  ー― .,,_
.               /    /  /              ∨,  i」 ̄ ̄ ̄ ̄
            /      /  /                 ∨,  i」
           /      {j:|   |       ト、        ∨, i」
          /      {j :|   |       |          | :i  }
        /    /  ,/ イ   :|  |::..   |  |    .:| |   | :トイ\
.        |    / ,/イ  |   |  ト、ー―| ,/|ー― ´| |   | :| \ー―
.        |   ,/|/   ゝ/}   ィ'爪芥ト州レ レ斧芋ミ,,十  ! \ \
          !   ∧|     | |   ヘ{r:i::j::} }     {r:i::j::} },:  ト、 \ \
        \∧/!      人!      ゞ-'′ //// ゞ-'′/::  ::::|∧  |  }
           ∧  /i   ∧     \   '       ./イ ::::::|  ! /!イノ
             \{ \ ∧   「 ̄  ' ̄ヽ     / ,/|  |  |,
             /  ̄ \\\ i、 u {   ノ  ,<_,イ!--!  !― 、

            ,         >十>、  ̄  イ_ -:||  | /   Y
            |           j{   : :-ィi〔::∧:: :||  |イ     |
             ,  \      \\  \:::::/  X..:||   /.    |
             ,   }         \ - _" ../ ..:||  ',:     ,
              ,  _ 」_  _  ―  、___○ ̄ ̄ ̄ ̄ヘ     ,
              ,< __/ _ -― __ ,,  ,_  -  ̄ ̄ ヘ   ,
             / イ \ /        {{} }           y  |
              // |   「           ー'         |:  |
             \, |  j{          ::::           |:  |
.            \__|  |          .:::::::::...         ノ::. |







                     _」LL」_
                /.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
               .:.:.:/.:.:.:/':.:.:.:.:.:.
              /.:.:/.:.:.:/.:.:./}.:.:.:.:.:.:
              ,:.:.:.' .:.:: '.:/_ ',:.:.: .:.:i   モードレッドさん、数学と化学が違います
             i{.:.:.i.:.:.:.:i/゚'芍` ,.: i.:.:|

              i{\|.:.:.:.:|    N:|:. ′  数式は分解するのも戻すのも自由
              リ  :.:.:.:.:| ‐ _ァ' :!/
               /   .:.:.: |\_/ .: /     しかし化学はそうはいかないのです
            /:i:〉  V.: iアi/\/
          _ ィi{:i:i\   V.:.iV∧  V、
        /:i7⌒\:i:i:ヽ  V:.i:V∧  V}iト、          r‐ ‐ 、
       .i.i:/   . \:iム  V:i V∧  V⌒      ⊂ニ、ヽ__',
       i :i      ヽ Y⌒:、 V V∧  ,i i       ⊂ヽ Y:i:i:}
       | :i       }     , V, .V∧ ,! !         .Yi:i:i:i:′
       | :|      ,′  ∧ }:.:. V∧ } | |           八:i:/
       | :|      ,′   .∨ !.:.:. Vi:i  | L_    ____/:i:i:i/
       |_i|    ,     j_ j:.:.:.:. Vi  !\_\_/ア´:i:i:i:/
       |     {     {ハ}.:.:.:.i` v :!i   / /:i:i:i:i/
       |      {`、     ∨:}.:.:.:.|  v !!:/  ./:i:i:/}
       i      { `、       .:.:. リ  v八   {:/: : :!
       :      {  `    j.:.:./  ‐ {‐ }    ,: : : :
       .:       ,  ノ     j:/   ‐ ‐ ',   ,: : :





                            ィ
                          /./
                         / /
          _             / /_.l-‐‐- 、.__ ,
       rz..、.ヽヽ.  _        / ,ィイ_.. ;- ≧<.._,,
       ト::ヽ::ヾ.,:::、 {:::l       / / /.,ィ‐,:' }、 ヽヽ ≧-         だってホラ、木に熱反応を加えて炭にすることはできても
       ヽ::ヽ::ヽ:`:ヽ:::、       ' _.,{.'i.ァ'  }〉イヽ\ .ハ、    __

         \::::`:::::::::::::',      l.く._.,-ッ  .: )ノノ! }:、 >'7 イ´/     炭を生木に戻すことはできないじゃない? 
          ヘ:::::::::::::::::}      l 〈辷ィ`,:  rイ ; 7/ /  /-――-ゥ
           ヘ:_ィ¬'      ': }  :' .ノ ハ {!l { ∠イノ---<_´

          _../  .'/       V`‐イ : ノ≠ フ'´― <==ニ二二> 、
         .ハ'、 .: /、      zハ {l V´ /   ̄ ̄二二ニニニニニ_ `≧、
       _..,フ  ,、ヽ'- ゝ    _\{`〉{l,,イ∠二二:::: ̄::ヽ        ` -‐ゝ

     ィ /ヽ  ト-'/ />'"´/  /::7:イ´:::/x:!.x..7. 〉:::::::::::::::>..._
    ././   ` -ノ___イ     /:/:::l::::::/,ノ::"::,/./::::::::::::::::::::::::::::::::≧:           、_人__人__人__人__人__人__人_,
    / /        /    /,':::::::::::::l:::Vx,zxイ /:::::::::::::::::::::::::::::::<:::::l          _)                (_
   { /         :'    / .{::_::;;::イl:::::llイ>イ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::j          _)   黙れ数学者ァ!!   (_
  . l          l   /,ィ.三三三l::::::`':::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::l           )                (
   l         /   /{レ!三ニニ,.ニ!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::j           ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
   '        /   _.:'三ニニニ/ l}.ニl::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::{
   ヘ        >  l三三ニニ{彳三!:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::}
    ` ―― '"    l_,、三三三三ニ!:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽ

               l〈_〉三三ハニニl::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              8_Y三三.ヘ/三ニl:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              .8l三三三三三三'::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ






     ト、

     /ハヽ            _ .. _           ,     /ハ
    /ノ }jl. ハ      イ  ,:ィ: ´⌒: :¬...、    /从  /イハ   ,.ィフ
    ,:'/ ,ソ!/.ハ    / _ /../  / ,,-―- ≧、/ / 州./イ  川}ィ彡 ィ7llフ
   ,:l  //lイlハl}   { /:.>{:. ,.: ≠ ´ _.. - ¬≧ノ彡イl  ///////ll/
   ,:l  (彡ノ ノ从ヽ ,x" :./⌒ ̄  ̄ ¬―-: :-‐: : ̄>ll  l/ヘ/l/≠' / /ll/
  .,:l   }ll-7lイ l_.´/ ,:イ‐ - ― _ ‐   ト 、二 / l!l ハ/  〉/  / <ll/
  ,:{  ノljイ/ハ  州 ! : v ` ‐  '"´   :  }≧ _/ヾ、州 }!  l:l// //
  ,:'l .、イミ州(ノ辷洲ljレ' l`ヽ 〈、--‐‐-.._ `  lィ´ 〉 }}r、l  { /シ  /シ
 〈彡ソ  ヾ/_..≦州ト.、/代z} `:ィ、.._,.z    |ノ( }/\_l:、ノ:{_ノ彡' /シ"
  V/    Vハ_ノン /ジ'ヘ /  ` :、.   ,  ノ/:l ノ彡彡ィ'" ≦ン"     でもね、そこはオジサン達天才だから考えました
   ヾ、    州、ン'"   ,〈 ._     .;   l  l彡> z≦>'"
    .\   .lレ' \―'" _)辷zzz-\    j-‐ュ"z≦>_         そうだ、エミヤ君を増やせばいいじゃないって
      .ヾ: 、    \/  ': - ̄、`゙゙  ,. :く≦::::ノイ    /
        ヾ 、   ヽ l从ll    ,. :く≦::::>'"   /ヽ           ヤッタネ! 実験は成功だよ!!
       、―-` \  〉ィヽ.{7´≦:::::::::>'  , ィ::::::::::::::ヽ
        \    `)、イ・\::::彡:::/,..≦::__::::::::::::::::::::::::ヽ         今なら普通のエミヤ君にボブなエミヤ君までついてきて

         .≠\ /´:::::::\ ・ \//:::::::ノ二辷―辷、::::::::::::\
       ./ /三ニl:::::'::/::ノ:l::\ .l:::::::::::/_l乂l__>:::ッ >::::::::::::::::ヽ      これってお得だよね? ネ?
       ' /三三{::::l:::l:::::::/::/:::}`l::::::::/乂'::::乂:_//::::::::::::::::::::::::\
      . l /三三ニl::::l::l:::::/::/::ノ≦l:::〈'¨ ̄l:乂l/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      ノ/三三ニニl:::l:{::ノ≦ニニ三l::::::ヽ_ < イ:::::::--:::―::::、::::::::::::::::::::::\

      .l l三三ニニ>イニニニニ三三l:::_::ヽイ´::::::::::::::::::::__:::::::::::::>:::、:::::::::::::::::ヽ
      l .l三ニニ/ニニ,、三三三三三l_::::::::::::::::::::::::≠:::―:::::―::::、::::::::::ヽ、::::::::::::::`
     {  l三三lニ/ }!三三/vニ/:::ヽ-、--< ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::










 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

 |   アラ? なんか宝具構えてらっしゃる……?    |     /⌒ ヽ_
 ゝ_______________________,ノ    i{ N、}、 \⌒`
                                         八{ _ _ l\ \
                                        /⌒厂^{个=个「 /⌒/\
                                  ィ   { V´  ̄ `V__/   }
                            /{/{ィ「L、  \{≧=‐=彳     ,'
                          /{-冖⌒Ⅵ__ノ≧=‐「⌒ T ⌒\_ ィ

                      /^\  x<_)-=ニ}]_ 」⌒      } J { し /L   ノ
                      _\  >{_ノア<}ー┘       ノ       { {/^}∧
              _  -‐ ⌒ _}  }⌒             /\ ___/^{⌒^′j_
           _ ノ⌒   _ / /  ′               /  /⌒i{ \  「⌒ ̄ {
       _ -    _ /⌒     ̄              /\_ ′i:i:iⅥi:iV^く^⌒ 7
   _  -   _ -  ⌒                       /  /:i:i:i:i:i:ii{Ⅵi:}   V⌒{
 ∠   - ⌒                          \_/i:i:i:i:i:i:i:i:{::Ⅵ]__/「⌒j\__
                                  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{:::::\i:i:i:i:i≧s。i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\

                                    /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{:::::::::::\i:i:i:i:i:i:i:i≧s。:i:i:i{⌒l
                                      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{::::::::::::::: \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:/
 ┌┐                              /i:i:i:i:i}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{::::::::::::::::::::: \i:i:i:i:i:i/i:i:i:i{
  l  L 匚〉□                            〈 ̄ アi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{::::::::::::::::::::::::::: \/i:i:i:i:/
.  l  r─--′                        \i:{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{::::::::::::::::::::::::::::/i:i:i:i:/
  └┘   ___   /~〉r┐                     T=‐‐=T^\i:{:::::::::::::::::::::::イ_i:i/
      | { 〈_/ <_ノ     | ̄〉       r‐、ヘ       |  ⌒厂⌒^⌒ ̄ 「⌒∧⌒
      | `ー―-、  <\_二L_〉      r-┼┤/      |  7          V  ∧
      l  |`ー一'  ヽ  、―‐′    l └‐~‐-、    ノ\ {           }   j_
      ゝ/          \_>       l | ̄ ̄ ̄   {/  ア          V⌒ _ノ
                         凵       /⌒\/           Y ⌒>、
                                   Y ⌒ Y_j           V⌒ }
                                   ー=冖¨                \__ノ






           '/::::::::::::::::::::::::::l              }:::::::::::::::::{
          '/:::::::::::::::::::::::l                 ノ:::::::::::::::::::..、 _
          '/::::::::::::::::::::l                _/ニ乂::::::::::::::::::/ニヽ_
            '/::::::::::::::::::l――――――  ー―{二二二=-_{ニんニ=-_
.          _'/::::::::::::::::l―――――――――‐こ二二二二二二=- _ニニ)Y  ヒョコッ
.          ―'/::::::::::::::::|―――――――――― ̄ ‐==‐⌒"''‐=ニニニニニノ
           ―ノ::::::::::::::::::|――――――――――――――――‐ `¨¨¨¨¨¨´
          ―{::::::::::::::::::::;―――――――――――――――
.          ―Λ::::::::`¨¨::::.――――――――――――
.       ―‐{/ハ:::::::::::::::::::::.―――――――――――

      ――{二}:::::::::__-==-_、――――――――
.     ――‐{/八::rくニニニΛ――――――‐

.      ―――∨ニΛニニニニΛ―――――              γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.     ー―――ヽ/ Λ、ィニニニミ ̄ ̄                   |   あ、ここだ、ここだ(杉田ボイス)    |
.    ―――――∨二ニニニニΛ ̄                   ゝ__________________,ノ
        ――――∨二ニニニニΛ
            ――乂ニ\ニニニΛ
           ――\ニニ>--=彡}
              ―`'<ニニニノ
                       ̄











           ,..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
          ..::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::ヽ
          ,::::::::::::/::::::::::::::::/:/::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::ヽ::ヘ::::∧
         ,'::::::::::/::::::::::::::::/:::{:::::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::ヘ::::、::::::}

         :::::::::::/::::::::::::::::/::::::{ノ:::::::/   ∨::::::::::::::::ヘ::::::::::i
         ::::::::/::::::::{::::::::,'::::::::{彡ー--x、  ヽ::::::ヽ::::::::}:::::::::
         i::::/i::::::::::i:::::::::::/::::i.      `ヽ  ヽ_;_;;、:::::}::::::::{
         ::/ {:::::::::::i:::::::::イ::::::i‐=ニ㍉.、      "ヽ::;ゝ::i:::::}ヾ}
        丿 {::::::::::::i::::::/i 、:::ヘ    ゙`    _,,,, 〉::::::i:::ノ ii
        {  ::::::ハ::::i::::{ヽ{ ヾ:ヘ          "⌒゙/:::::/}::/  ヾ、
          :::,' .}:::i:::::i  、  ヾ、         ソ:::::7 }i         モリーアーティ、我が友よ!
          γ {:::i:::::i   ,   r‐-  _ ’ ノ::::::7 ノ
            ヾi:::::i ,,..ィ:´:7   v   ア /シ{:::::i           水臭いじゃないか! 就職したなら言ってくれ!
            ,ィ::::{ : : : :/ヽ   ー ' ,,ィ´{シ ヾ:{

          ,,__ }: :ヘ::{ : : :/   ヽ __, .´ニ=--..、  ヾ、          お前の働きっぷりを見に来たぞー!!
      , ' ⌒`ヽ: : \:ヾ : 7===zz| : : : : : : : :/
     /      ヽ: : ヽ: : { 《☆》\: : : : /               いや、近くでロケがあってね。偶々だぞ、偶々(杉田ボイス)

     ,        ヘ: : : ヾヘ,,,__   \: : >、
              ヘ: : : : :ヘ ヽ ´⌒∨: ヽ `ヽ
     ,        / ヘ: : : : :∧     ∨: :}   ,
            ∧  }: : : : :.∧     ヽ: ヘ   ,
    ,'       ,' ヽ 〉: : : : : >  、::{  ヽ: ヘ  ,
    /ーー---- 、{  γ: : : : : : : : 廴 ヽ::  `ヽヘ  !
    ,:::::::::::::::::::::::::,'    {: : : : : : : : : : : \ ヽ   ヽ:`ヽ                 ┌───────────┐
   ,::::::::::::::::::::::::::   ノ: i : : : : : : : : : : : ヘー---‐--}: : ヽ                │  【覗覚星】 バアル   │
   ::::::::::::::::::::::::::   /: :..{ : : : : : : : : : : : :∧::::::::::::::::}: : : : : .              └───────────┘
    ::::::::::::::::::::::::::l ノ: : : ..{: : : : : : : : : : : : :.∧:::::::::::/: : : : : : .
   ,:::::::::::::::::::::::::::}": : : : : :ヘ: : : : : : : : : : : : :.∧::::::/: : : : : : : : .,
   :::::::::::::::::::::::::::'、: : : : : : : ヘ: : : : : : : : : : : : : :}:ノ: : : : : : : : : : }
   ::::::::::::::::::::::::::' ヽ: : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : :ノ|i|: : : : : : : : : : :ノ
   :::::::::::::::::::::::::  ヽ: : : : : : : :`: : : _: :_: : :ィ: : |i|、: : : : : : : :, ´
   ,:::::::::::::::::::::::'   、: : : : : : : : : : : : : : : : : : :[]: : `:┌ '
   ::::::::::::::_;_;_;:,    、: : : : : : : : : : : : : : : : : .¨: : : : {
   {:::::::::´::::゙゙::::.,    {`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i








__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

  :.〈::〈 : :.                           { \ /       .. -‐‐   _          ≧=一   ̄   __ \
  .:. 〉::〉                            {  /    .:/      `ヽ、       \      /  ⌒)/
  . :{:::{.: ..   ′ 、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__, .::/ ;′  /     \       \ー-‐'"     ´
  : :}::::}:. :.     _)                      (_:/  j{    {       \       \_ _,,
 :. . {::::{: .:     _)    クラレントォ…          (_  ハ   {\ | 、     \         /
   \:\__: :.. _)     我が麗しき――…        (_  { \   {  \ト、 \    \__    _、‐''゛
    : :ー:.ァ::::>:. :)                      (   f㍉ \ _>  ,./斗笊     \ ̄       _
     :.:.//: .: ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒{   人炒 >     /:::〈沙  ノヽ    `ー-- -...< ⌒¨¨`
    .: :{:::l: :.        \ /   _,,.、丶´_, -===- .,_ \ \    \_     {        ハ          _  __  /|
    .: :|:::}: .:.       >''"_、rセ7>''"´  ̄ \/\ \ \  〈⌒    /      /  } ji\         \⌒/
    : :.}:::}:.  . . . _,、r≦-‐〈―,――-- ..._     \/\__\ \ }          /  _ノハ  `ー―  -\ /
    . : :}:::{:.__:./::::\:. :    ∨/,          ‐-..._\////\ )ト、  <二ア  イ// ⌒             /
    : :.\::::::::/⌒\:\: .:  ∨/,            \ ̄ ̄ \|i:i:うぅー≦>―-.._           /___,.... --
:.: : : :.   〈〈 ̄  ̄ ̄ :\:\::. ̄ ̄ ¨¨_‐- ..._     __\__/>''"       |  \       /
――――――――< : :)::::): :____  ̄ ̄___> >  ___ ̄~"''~、、       |  </\-―.、'
//////////////////////////////////////////////////〕iト、   ``~、、 __\_|,   -`、   \ー-...、
----------------、////>----</////////////////////////\   / ̄ ̄\|  \   `、  `、 \\
----------------/////>----<//////////////////////////    \__/|  〈:〉  ̄ }}  ̄ } -- } }
////////////////////////////////////////////////////ィi「    /   / ̄:/|  :∥   }   } }
----------------------->''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ̄/ ̄      /      |  /  乂__∥、_./, __ / /
\:.:     .: :/::/: .:    '"      _,.. -―― ァ'"    |     _、‐''゛      | 〈    /    /  /-'
\\: ::_:, -‐'/   /         /ニニニニ/     /ゝ---‐ \        /. /\__/.、  /-- '"
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―  ̄ ̄―‐―― 
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ―――― 
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___














                                           ,....-...::::: ̄::::::’::....、
                                        ,..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

                                       /:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::..
                                      /::::::::::::{、:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                     .::::::::{、::::i ヘ::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.

                                    /ィ::::::7ヘ:::{ '"`゙`ー-、:ヘ:::::::::::::}::::::::::::::::::::.
                                    li {:::::{-‐ヽ{    ,,._,}::::::::::::i::::::::::::::::::ト}

                                    l! {::::::i  ヾ  ,ィ'"イり !:::::::::::7::::::::::::::::::}ヾ、
                                    ヽヘ:::::! _,,.,_  '` `゙´ ノ:::::::::::/}::::::::::::::::7
                             ん?     /:ヽ:ヘヾツ    ォ彡ィ:::::::/ }:::::::::::::/

         , -― ト 、._                      {:::::::::::{ `      ノ::::/  ノ::::::::::/
       、 ..≦ 二  ヽ\ヽ                   ヘ:::{ヘ::ヽ  ヤ_'ァ ,,,.../::::/ー/:::::::::ノ}
      {v`¨´ ヽ  ゝ‐ 、 ハ._                   {::! 、::.\   ,{ニ7::ノニニ{:::::/ニ7
       vヽ_.. ≧/ ,:'⌒--': /  いやぁバアル君       ヾ{  、ハノ{`" ヘ{'"ニニニヾ{´ニマ 
        } ミ / l ,:' ._ u lツ   人生において友人とは   `        {≫ー-≪ニニニ}
       ハ / v:l ッ、'、 ‐-‐ _, l    得難い存在だ。特に           /    \ニニヘ
        ヽ (`'弌ゥ_`‐ ィゥイ    一緒にライヘンバッハる        /       ∨ニヘ
         ト 、    .,!  辷   友人はね、つまり…    _ ,, .. -‐,ィ´        ,'ニニハ
    〉≧ 、/_(ヘヽ z―.-<./:ィ::`ヽ-、             , ィ≦ニニニニニ/      / /ニニニハ

    >、`ヽ,-、\` ̄¨/〈::イ:::::::::ヽ!            /ニニニニニニニマ´     , '   ∧ニニニニ}
  / /三{、・ゝ、`ヽフハ 〉イ:ノ:::::::::l           ,'ニニニニニニニニ/`ヽ    /   ノニニニニニ7
∠__∠≦三三三≧ト-'‐-!{ {lx.llxlヾ:-' ヽ         ,ニニニニニニニ,::::::::::::::ヽ,ィ    /ニニニニニ=ノ
/     \三三三{:::::::ヽ:::ヾ:ミ:l,=ll=}ト  `ト、      、ニニニニ={::i´::::::::::::::::ノ=={_,,..ィ'"ニニニニニニニ/

{ ⌒ `ヽ  ヽ三三三、:::::::':,:::::::}l、xllxl ヘ ノ }¬ 、    ヽニニr〈::!ノ::::::::::::/ニニニニニニニニニニニニニ/
ヽ  . --   ヘ三三ニニ、::::::':;::'!::::>イ:ト¨  ノ   ':、   `゙`{ヾ};}::::::::,'ニニニニニニニニニニニニニ=/
  }  /⌒ ヽ l三三三≧.::、ソヽ:::::::::::::j、¨     ': ¬:   ヘ:::::::, 'ニニニニニニニニニニニニニニ=/
 ハ     、 l三三三三/三ニヽ::::::ノl ':     ;  .l    ー"{ニニニニニニニニニニニニニニニ/

  }     ヽl三三三ニニl〈〉_〈〉三辷ニ!、ハ    /   ハ     iニニニニニニニニニニニニニニニ/









――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____

                    |l                        ....:┌::::::/   /            ,、                ___,,,
                 | l     |l               ...::┌─  ̄     /          //  |亅       /|.,、   / ̄ ̄    /
                    | l    | l                    ..:::|   , -┐≧::┌─         / /   | |. /l  __ ||| l ∠-一ァァ 7  /
                     l l    | l                :::┌  /::::_::::/           / / /1 ||| | / /∧l/ V     / / / ./
               | l    | l              ....:::/  :/:::::::::┐::::/ )           7 / | | | l |/ / /|1 ,-‐─¬ / .///
               |  l   | l            ..::::::く ̄   ┘/   ̄ ̄           / /   l | |ノ / /  | | `"7T7// / ´ 
                |  |   | l             :::/゙l,_) ,. -<                  / /    l |   | /   l |  // レ //
               |  |  |  l           :::::l :/                       / /     l | ,' l/   `'   |/ ∠/
                 |  |  |  l       ....   ..:::/                         / /     レV
              |   |l |   l   ....:::/`ヽ::...:::/::::::l                         `
           _||  :/  / l .....:::| ̄   Ⅳ:::::l..::/                       __
            ゙l,  ,'  ,' .へ:::::/^ V     `V⌒                    __/:::::::::::
                ゙l, l  l|   :::\                   ─┐   ─二二::::::::::::::::::::::
               l  l    :::l             / l    ┘::::::::>─      ̄ ̄二二
                ゙l,  ゙l, :::::::::┌            ヽ/    \┌
                 ゙l,  ゙l\:::::::Ⅳ       _/ヽ、
              `゙l, \  :::::〈       l:::::::::::/                 ─
             ぐl, :\.  ゙l,^ 〉      l::  ::::\       /::::::_,.. ─┐
                   ゙l,  \ ゙l,\\/ ̄V::::   ::::─┐   /:::::::::: :   :::: ̄`、  ─二
                ;ゝ ., ゙:,\゙l, \   :::      ::::: ̄ ̄:::::          :::゙l,
    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,            :::::\
   _)                                  (_             :::::└─z_
   _)     ブラッドアーサァァァァァー!!!         (_               ::::::    ̄
―― _)      父 へ の 叛 逆 ―― !!          (_ ――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    )                                  (  ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
__ ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒












                 || || ||                     || || ||
 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ                       || ..|| ||
 |   どこへ……落ちたい?    |                        || .|| .||
 ゝ______________,ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―――|| ||__

  _―― ̄ ̄ .|| ||                                        || || ̄ ̄――_
_ ̄       .|| ||                                           || ||       ̄
  ―_    .|| ||                                            || ||   _― ̄
      ―||||            \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
      ..|||              ≫                                             ≪
      |||             ≪     落ちてるのは雷ではないか! 塵も残らんわ!!(杉田ボイス)     ≫
      |||               ≫                                            ≪
    .. ||||           .゛ /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

    ...|||  .`  .  、 ´ ,  ′ . 、 " .   ´ ,   .   i   、. .`  ゛.   i ,  . . " .、. |||
    ...||| , 、   " .    i    ´   .   ii      .゛.. ii||..     i i   、 ´ ii  ..  " .li   .|||
     ||| .|i  ´   i ' ||  ii   ii | iilll||ii | i     .ill|!!i l   ...|ll iii i   i l|l. |li   li||li |il||||
      ||il||li .|i 〟 ii||il lil|| ||lili  ||ii l|il| |llii||| li|iii|lli || ..iil|||lll.|ll   llll||illli  iiil|iii|||l|i |l|l!liil||lll.|l||
     .. ||!|i||ill ..| ||lll|||ii|||lliiiill|lliiilll|||lll||!!lilllii!!!||ll||ill|ll lll|||lll||!!lillliil.l| |lll||!!lillliill| !!||lll|||lll||!!lilllli||||!lll||

       |||ll|||ill|i||ll||lll!!llll||illll||||||lll||||llll|iill|||||llll|l|l|lll!!llll||illll||||||lll||||lll||!!lillliilillliill||!!!||ll||!!llll||illl||
\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/!ll||||i||lll||!|ll!!ll||||!!ll||!!!l||!||

:::≫                                      ≪              ..........:::::::::::::::::::::
≪    おのれカルデアのマスターァァァァ!!!(杉田ボイス)   ≫    ............................:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;≫                                      ≪:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\;;;;;;;;γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|   えぇえ……彼今関係なくない?   |
                                             ゝ_________________,ノ



【聖杯戦争】サーヴァント経験を振り返るスレ【人理修復】


100 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:47:17.69
聖杯戦争という非日常下において平常心を失わないという意味では
普段通りに校庭をランニングするのは悪くないとは思うよ?
でも程度があるだろう

101 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:47:22.33 ID:HeelWeak
最速の英霊が>>100Get!!
姐さん見てくれたかい!

102 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:47:26.58 ID:KingofCurrumpaw
   | __::::::::::::::
   |,,.ノ ヽ、,,ヽ:::::::::::

   | >  < |ゝ::::::::::::: 
   | (_●_)  .|/::::::::::::::::
   |  |∪|  ノ::::::::::::::::::: 
   |  ヽノ   i::::::::::::::::
   | __  /::::::::::
   |{} U }/::::::::::

   |  ̄ ̄/::::::::::

103 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:47:33.10
東京に召喚されるっていうから、自動改札でつっかえないいように練習したのに
駅があんな風になってるなんて聞いてないわよ!!

104 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:47:36.99
カルデアとかで見てて思ったんじゃが、ICカードが銭代わりになるとか便利すぎじゃね?
っていうか素直に羨ましいんじゃが。秤量貨幣は動きが遅くてしゃーない

105 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:47:38.85
なに?今は鉄の竜に乗るのに切符を使わないのか?

106 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[さげ] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:47:40.33 ID:Hun
ぶんめいはつかわずとほでいけ

107 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:47:44.87
自転車はいいですよ、自転車

108 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:47:48.89
わたしたち飛行機乗ったことあるよ。おかーさんと一緒に

109 名前:英雄王◆GORGEOUS[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:47:53.50 ID:Gilgamesh
はっ! たわけめ
マスターと共に星間飛行をしてからレスしろというのだ
うむ、流石我、スケールが違う

110 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:47:56.24 ID:KnightofLake
だから私は淫妖蟲なんてやってませんって
アレはカリヤの! カリヤのですから!

111 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:47:58.90 ID:GiantKilling
気楽にゾロ目ゲット
ところでアビシャグ、いい島を見つけたんだ
このスレが終わったら一緒に遊びに行こう

112 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:48:08.81 ID:KnightofLake
すみません誤爆しました

113 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:48:20.09 ID:KingofCurrumpaw
       / ,,.ノ ヽ、,,ヽ:::

      /| ●  ● |ゝ:::
      ヽ|.  (_●_)  .|/:::  
       ヽ  |∪|   ノ:::
        | ヽノ  |:::
       / 丶'   ヽ:::
      / ヽ    / /:::


114 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:48:24.45
あー俺も普通の聖杯戦争で、普通に召喚されたい
美人のマスターに召喚されたい。美人どころの土地に召喚されたい
俺結構引く手あまたのアーチャーだと思うんだk


115 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:48:24.46 ID:MoonGoddess
ダーリン
浮気
した


116 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:48:43.00
美人なマスターって言っても中身がな
なんか優雅さに欠けるとかいう理由で槍取り上げられたりな
まぁイイ女ってのはだいたい悪運を呼び込むもんか


117 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:48:44.86 ID:ShinyFace
男性のマスターだからといって女難がないとは限りません!!
座の志望欄には「独身男性、交際相手ナシ」とキチンと細かく書いておくべきだったのです!!


118 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:48:46.94 ID:XX
あら?誘惑はお嫌いかしら?


119 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:48:49.82
>>117のマスターが自害を命じた!この人でなし


120 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:48:57.67
これだからチェリーは


121 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:03.63 ID:KingofCurrumpaw

       (⌒⌒)
        \/
   .γ⌒ヽ、  ●-、

   ,,.(ノ、´ (゚) r‘ ・ ●
  (( ,ノ ゙̄i  ` =='\
   `(´ )JJ   |    ヽ
    U U    UUてノ



122 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:06.19 ID:Vishnu
夫婦で聖杯戦争とか夢があって良いな、うむ……うむ……


123 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:06.73 ID:MrsRama
聖杯戦争で夫婦がそれぞれ召喚できる奇跡があると素敵ですね!


124 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:07.87
牛若も兄上と一緒に聖杯戦争したいです!!


125 名前:弁慶◆faker[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:10.88 ID:KAISON
義経どの、ここは匿名掲示板ですぞ





126 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:11.52 ID:MountLiang36
知り合いと聖杯戦争ねぇ……
主人と鉢合わせしたら俺ァどんな顔すりゃいいのか……


127 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:16.07
それはもう叱って貰いたいですよ!是非に、王には私を叱って頂きたい!!


128 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:17.33
そう言いながらまた私から嫁を寝とるんだろう?w
グラニアのようにwグラニアのようにw


129 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:18.90
世界は広く、ギリシャは狭い


130 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:19.95 ID:BoxInChild
ワタシとあなたは友達じゃないけど
ワタシの友達とあなたは友達
だいたいそんな感じ


131 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:22.87 ID:BandageMan




132 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:24.96 ID:KingofCurrumpaw
>>131

     __/)-')
   (/⌒っ_つ゚ ェ゚)つ
      ̄


133 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:28.33 ID:BandageMan




134 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:32.04 ID:KingofCurrumpaw
>>133

  /ヽ,,,/ヽ  
  (¬ ¬)
  /ヽ,,,A) ̄ ̄ヾ~

  (        )
  || |─┬| |
  (__(_) (_(_)


135 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:40.67 ID:BandageMan



136 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:45.69 ID:ShinyFace
>>128
いや、あの……その……


137 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:46.14 ID:BandageMan



138 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:49:49.97 ID:KingofCurrumpaw
>>135
>>137

       /⌒\   
      ノ)´・ \・` 
     (/ (   ▼ヽ
       / \_人_) 
      /|\ソ ヽ\

     /  ̄L\|∩∟)
     | \ /\)\\

      \ 〆  /  | \\
       |\/ ∧゚ |  \\_
       |   / \|_  | /
     _|_ ノ  ̄\  \ レ  ボエ~~♪
     .|\\__レ  |  |
     .|  | ̄   |  | | | |
     .|  |    |  | | | |
     \|    |__|_|___|_|

        ̄ ̄  | | | |
            ヽ_ヽヽ_ヽ


139 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:01.26 ID:ImperiumRomanumⅢ
なんだ……コレは? 荒らし……か?
ここは月の光も届かぬネットのアンダーグラウンド
だがルールというものが存在する
管理人に通報させて貰おう


140 名前:デュラハンは語りたい[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:11.05
>>131-138 の上の人です。このたびはうちの相方達が
皆さんに大変な迷惑をかけてしまい申し訳ありませんでした。
上の人として、非常に悔しいとともに、何故皆さまも彼らの言葉を理解してくれないのだろう
という憤怒の気持ちで一杯です。
元々頭の良い犬もとい狼で、アメリカではいつも人間の罠を回避しており、いつの頃からかキーボードも
打てるようになっていたのですが、人間の言語でカキコまではできないようで
何とか参加しようと絵で感情を表現していたのですが、まさかこんなことになってしまうとは.....
上の人として何とお詫びすればよろしいのやら...
ついでに、透明の人も文字まで透明になっているようで
多分、一生目視できないと思います。
マッドサイエンティストである彼 を一生PC禁止にすることが
相方の私にできる、皆様への精一杯のお詫びだと考えています。
このたびは本当に申し訳ありませんでした。


141 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:11.19
これはこれは上の人、御丁寧に
下の獣ははフィオナ騎士団では私の片腕としてその槍を存分に奮っており
私も助かっております
まぁ下の獣に寝取られた嫁を孕まされたりしてるんだけどね。HAHAHAHA!


142 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:14.20
気をつけよう巻き込まれ事故



143 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:17.83 ID:ImperiumRomanumⅢ
成程、かような理由であったか。
よい……狼は神祖を育てた偉大な獣である。
むしろ意図を理解できぬ余の不明を詫びる


144 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:18.48 ID:KingofCurrumpaw
   /ヽ  ヘ
  /"ヽ| iィ"ヽ

  | || || |
  | ||―|| |
 />ッ゙゙ヽノ""ッハ\

//   ミ   \\
彡        ヽミ

彡         ミ|
イ  _ヽ ii ノ_  ミ|
ハ ヽ9\))((/9/  ハ|
ヽ(( ⌒ミV彡⌒ ))/ |

 \ヽ  )(  /_/ |
  Y 〈二〉 〉 ミ |
彡  \_人_/  从 |
彳  |VwwV 从 ノ
ノ从リ ヽムニム/ ノノ ノノ|
\___ ̄ ̄ ノ ノ /
   ミ \ソノノ 彳" ̄ヽ


145 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:19.53 ID:MarriageFox
あらやだ理不尽


146 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:22.26 ID:Golden
照れてるんだろ


147 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:24.71 ID:MyFriend
素じゃないかな?


148 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:24.78 ID:Griffon
UTINOMASUTA-YORI、KASIKOI


149 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:30.17
今までどこに潜んでたんだよ、翻訳者ども


150 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:30.34
主殿と兄上の一番の犬はこの私、牛若ですよ!!


151 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:31.71
ハウス!!



152 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:39.61
私だってカズ君が求めるならワンワンレイとか余裕だし?JKだし?


153 名前:英雄王◆OKAN[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:43.43 ID:Protogamesh
たわけ!
そんなプレイをする時点でJKの価値が下がるわ!!!


154 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:50:49.88
登場人物は全て18歳以上です


155 名前:地上にあってファラオに不可能な◆AmmonRa[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:08.77 ID:Pharaoh
生の性欲とは醜いものだ
鏡越しにスカートを覗くぐらいの美学を持て


156 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:14.02 ID:KnightofSun
歳長けた女性が学生服を着るのはおやめなさい!!本当におやめなさい!!!やめるのです!!!


157 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:17.76 ID:DragonSlayer
当方、むしろ興奮する


158 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:23.03 ID:GENJI
もしこんな教育に悪い英霊がカルデアのマスターの元に召喚されたらと思うと……
これはもうカルデアに駆けつけて母の部屋に監k…管理して守るしかないのでは?


159 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:24.71 ID:Goetia1
は?

どんな性欲の権化だろうとカルデアのマスターが見捨てる筈がないだろう
アイツはそういう人間じゃない。どんな英霊だろうと向き合う、そういう人間だ!!


160 名前:英雄王◆GORGEOUS[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:28.31 ID:Gilgamesh
ま、アヤツも名誉ウルク民だしな!


161 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:34.98
ローマである


162 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:38.80
いや、トロイアだし?


163 名前:無銘さん@仏僧です@無断転載は禁止[GoWest@chang'an.co.tou] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:46.20 ID:HeartSutra
アタシの弟子なんだから!


164 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:46.35 ID:Goetia48
>>159
え?


165 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:49.41
安珍さまです




166 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:52.45 ID:Goetia1
いい加減にしろ。カルデアのマスターはカルデアのマスターだ
お前たちの玩具じゃない!!


167 名前:無銘さん@仏僧です@無断転載は禁止[GoWest@chang'an.co.tou] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:53.66 ID:HeartSutra
>166
うーん、このありのままの真を見抜こうとする説法
さぞかし徳の高い名僧とみたわ


168 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:51:58.98
主殿も兄上も厠になどいきません!!


169 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:01.01 ID:Goetia1
勘違いするなよ?
私はカルデアのマスターとか大嫌いだからな。憎んでも憎んでも憎み足りないぐらいだからな!
アイツを殺すのは私だからな!!

それはそれとしてもっとカルデアのマスターの情報ください


170 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:06.83 ID:valkyrie
>>169
愛ですね。わかります


171 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:11.51
スレ違いかも知んねぇけど緊急事態なんで知恵かしてくれ!!
エミヤが増えた!!


172 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:15.85
お気に入りを串刺しにして血を啜りたい気持ち、わかるわ。愛よね!!

ところで明後日、超人気のアイドル・エリちゃんのライブがあるんだけど
まだチケット余ってるらしいわよ。500人程の小さなライブハウスだから
みんな気付いてないのよね。はやく目の前の箱で注文するといいわよ
あと残り495席しかないんだから、急がなきゃすぐ無くなるわよ!!


173 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:17.78
すまない……こんなところで言うことではないのだが
誰か今年のお花見計画スレの次スレ立ててくれないだろうか?
どうやらスレ立ての経験があるのは俺だけのようだったが
あいにく俺のパソコンはラインの呪いのかかってスレ立てができなくなってしまった
本当にすまないが、誰か、スレ、たのむ


174 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:22.60
ID:Goetia1は他のスレでもカルデアのマスターの事になると早口になってた


175 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:24.81 ID:ShinyFace
そう言えば冬木の聖杯戦争のマスターも、奥方の前で魔術を語る時は饒舌でした


176 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:30.63
いやそれ哀しいアピールですから……なんていうか、暖簾に腕押し?


177 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:36.92
ポロロン


178 名前:171[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:37.59 ID:KnightofRebellion
おい、緊急事態だって言ってるだろ!無視すんなよ!


179 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:37.68
いや、まぁ、別に、何も?


180 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:42.28
人が増えるぐらいよくあるこったろ
騎士王とかも良く増えてるじゃねえか


181 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:43.00
>>180
なにそれ天国?!


182 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:43.44
>>180
Kwsk


183 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:51.66
>>180
ああ世の中王のスメルまみれ!
ここにもスメル!そこにもスメル!
ふたを開ければすぐスメル!
本棚にはスメルがぎっしり詰まってて玄関には脱ぎ捨てられたスメル!
燦々と降り注ぐスメルをたっぷり浴びて育ったもぎたて我が王スメル!


184 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:54.81 ID:KnightofVirgin
>>183
回線切ってシネ

>>173
もう次スレ立ってるみたいですよ


185 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:52:57.15 ID:SuperCelticBitch
そう言えば新宿であの弓兵とヤりあったけど
彼の取り巻きに私のチャリオットが効かなかったのよね


186 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:05.07
アイツとは腐れ縁かとウンザリしてたが、新宿に俺は喚ばれなかったし、いい傾向だぜ


187 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:05.86
>>185
あ、わかります。私のパラソルも刺さらなかったんですよねぇ


188 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:12.12 ID:MountLiang36
いや、だって、アレ雀蜂って名前だけあって
全員女だしな


189 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:14.77
>>188
ファッ!?


190 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:21.77
>>188
なにその今明かされた衝撃の真実


191 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:26.85
え、何? アマゾネス部隊?
いーなー、俺も率いたいナー
でも俺、同じアーチャーでも単騎けの方が強い英雄だs


192 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:28.31 ID: ID:MoonGoddess
ダーリン
浮気
した


193 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:34.16
ゴリウーは嫌だってのはなんだったんですかねぇ……?


194 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:39.17
>>193
オルタしてるから(名推理)


195 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:45.11 ID:NapoleonofCrime
しかも彼、彼女たちを使い捨てる気マンマンだったよ?
いやぁ酷い男だネ☆


196 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:45.42 ID:GiantKilling
恋愛がらみで邪魔になった相手を謀殺するのは良くないよね、うん良くない


197 名前:171[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:52.91
つまりアレか?両方クラレントすればいいって事か?


198 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:53:54.91 ID:HeelWeak
最速の英霊が>>200Get!!
姐さん見てくれたかい!


199 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[sage] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:54:03.53
王妃はそんな事しない


200 名前:無銘さん@英霊です@無断転載は禁止[] 投稿日:20XX/03/15(水) 06:54:03.87 ID:GoingCommando
私を6回殺せるエミヤ殿が2人……ふむ、12ならばギリギリ命は足りますな
ではお嬢様の命令なので、ちょっと逝ってきますぞ










――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                         新着レスの表示
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

★スマホ版★   ■掲示板に戻る■  全部 前100 次100 最新50
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄  ̄ ̄   ̄ ̄  ̄ ̄ ̄



        ,____、__
      ヘ// ̄\\`丶
     //i/    \\|
     //丿       丶ヾ    ヤッタァ、オルタニキ当たったよ
    〆′r-‐‐‐‐‐-、 ``、_
        ̄i´゛゛゛゛゛゛`ヘ‐‐--ゝ  みてこのどう見ても獣な感じ、間違いない
      ノ      }}      ちょっと灰色で上に首のない人乗ってるけど
     ノ´丶‐‐----{{      獣だし、犬だからオルタニキだよね!!
   ソ____、      '\
  /〟---、、       ! ヘ`i
 /´ ̄`丶 ヽヽ    !! ` 、
 |    丶 l.l.i     ! i ¦













【新宿の主張】

           /::::::::::::::/{:::::::{::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::.
           .:::::::::::::::/ .{:::::::i、::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::.
          .::::::::::::::/‐-i:::::::iヘ:::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::
         ./:::::::::::{/  ヘ:::::{ ´ヽ:::::::::::::::}:::::::::::::::::i   ポストが赤いのも太陽が東から登るのもエミヤがボブなのも

         //:::::::::::i    ヽ:{  \::::::::::i::::::::::::::::::
        /ン{::::::{:::ヘ     ヾ    `゙`'7::::::::::::::::::   ガチャが当たらないのも初期鯖の斬撃モーションのヒット数も
        ! !:::::::i:::::ヘュ,,__,,ィ   ァ-==ン7:::::::::::::::::ノ

        ! !:::::::iヘ:::ヘ  ̄`  ,     ノ::::::::::::::::/}   モリアーティが限定なのも新規のフレがログインしなくなるのも
        ! |:::::::i 、:::.,   '    彡::::::::::::::/                                          ィ

        ` }::::7  、::::...、  - 、   ノ::::::::::ノ}                                        /./
          ノ'"´  ヽ::::::.’. ,__ , ィ i::::::::/ ノ     全部全部カルデアのマスターが悪い(杉田ボイス)    / /
               `、ハメ、}    .|:/                                          / /_.l-‐‐- 、.__ ,
                __,/{    }ヽ,,_                                        / ,ィイ_.. ;- ≧<.._,,

             _,,_/{.       /: .`: . 、                                    / / /.,ィ‐,:' }、 ヽヽ ≧-
           ,イ: .{: . :', ̄ヽ / ̄'/: . :/: ./\                                  ' _.,{.'i.ァ'  }〉イヽ\ .ハ、    __

         ,ィ´:::::::\{: . キュ,,__,, /: .: /: ./:::::::::メヽ                 その半分ぐらいは     l.く._.,-ッ  .: )ノノ! }:、 >'7 イ´/
         /ヘ::::::::::::::ヽ: .ヘ:::::::/:_,x'"´:_,x":::::::::/:::::::}                                l 〈辷ィ`,:  rイ ; 7/ /  /-――-ゥ
        .:::::ヘ;;;::::::::::::::\{:/'"´:::: ̄´::::::::::::/::::::::::::                 ホームズのせい      ': }  :' .ノ ハ {!l { ∠イノ---<_´

        /:::::::::〉:::::::::::::::::::ク::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::                                 V`‐イ : ノ≠ フ'´― <==ニ二二> 、
       .::::::,'::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::7                                zハ {l V´ /   ̄ ̄二二ニニニニニ_ `≧、
       /::::,:::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,       _\{`〉{l,,イ∠二二:::: ̄::ヽ        ` -‐
       /:::::{::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::', :::::::::_)                        (_     /  /::7:イ´:::/x:!.x..7. 〉:::::::::::::::>..._
      .::::::::',:::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::_)   なんだって!? 本当かい!?   (_      /:/:::l::::::/,ノ::"::,/./::::::::::::::::::::::::::::::::≧:
     /:::::::::ヘ:::::::::::::::::::{{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'::::::::::::)                        (     /,':::::::::::::l:::Vx,zxイ /:::::::::::::::::::::::::::::::<:::::l
     .::::::::::::::ヘ::::::::::::::::!i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒      / .{::_::;;::イl:::::llイ>イ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::j


      ┏┓                                      ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

                                           
             クラス別ピックアップ召喚!!       
                                           
           時たま現れるこれは、>>1にとって

           貴重なフィン獲得のチャンスである!! 
                                           
                                           
         (尚、これまでの戦績は考えないものとする)


      ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓

      ┗┛                                      ┗┛
      




        ,____、__
      ヘ// ̄\\`丶
     //i/    \\|
     //丿       丶ヾ
    〆′r-‐‐‐‐‐-、 ``、_
        ̄i´゛゛゛゛゛゛`ヘ‐‐--ゝ  まぁ単独ピックアップじゃないし
      ノ      }}     全力じゃなくゆる~く、ゆる~く
     ノ´丶‐‐----{{      おみくじ感覚で単発数回引くだけにしておこう
   ソ____、      '\
  /〟---、、       ! ヘ`i  
 /´ ̄`丶 ヽヽ    !! ` 、
 |    丶 l.l.i     ! i ¦

         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \      /!     ,,.rァ
                          / l゙  ,,、r'´ /             ---‐‐‐

             ‐‐‐‐---         |  l_,.r''´   /
                          |    ,.、r'!  /                 -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――          ,,l   ,,r'’  l  /
____________            ./   .l゙   l ./                   -----------
            二二二      / ./!  l!    l゙/             _,,.rァ  === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        r'´  ./ .|  |                   r''´! ./゙ /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐    |   ./  |  |           /| .| ,l / ./    ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                     | ./   |  |              |  | |/./ . /
             ---‐‐‐‐‐    レ'     | /           .| ./  ./ ./   ‐‐‐‐---
                             |./              l/   / ./
               /  /                       ;'_/
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \
           /         /     /        |     i,         丶     \

    lヽ
    i ∧                           ∧
   > ∧                         / |

-=ニ/ヽ ∧                         / /
´   \:::\∧                     / /ニ-
     \::ヽ∧                    / /:::::/`ー`
      ヽ::Y∧      i| __ ,       ノ /:::::/
       }::|,、从彳!  ソ     ∠_     /  /:::::/
       爻    爻′       ヾ    |_i:::::/
       爻     ∠    、`tッ  、-` /:::::::::/
        爻     iーvi |_` /ヾ""´:::::::::::::/   サーヴァント、ランサー。真名、カルナ。宜しく頼む
         爻爻爻"三vヽニ∠-《 爻::::::::::ノ

            爻 くヽー--ァ‐ヽ 爻:::/
             爻 ∠´ _, L":::::/
             l:::}- γヽ ー /::::/_
             Ⅳ! , `ー′-/∠!、 `ー、
             | Ⅵ i ヽ V::/-/ヾ  L

                !__V`ー-'´/:;イ i }  L     /i
              i::::||::::::::::||::::::|ー' /  ノ `ー-, ― 、 l
              }::::ll::::::::::||::::,->::.....ノ   / ,-、 \
             「L::ヾー' ´/:::::::::::::::::::::>{ /::::::ヽ/

             ├―-、   {:::::::::::::::::::::::::::::ゝ'::::::::::::〉
              i::::__::::ヽ l::::::::::::::::::::::::/ ∨::::/|
              l/ | \::L!__,-- /   ∨ | .|
              |  .!  |   / /ヽ  /  .|
             」     」  フ /ヽ  /  / |
             } ヽ / |-ー'/ヾ  /  / ,、 |
              V   __」 /| ` / /   / `ー
              |   ヽ:::::::::L/  /ヽ __/
              }   /::::::::::{  \{
              //`/ \::/
              }`ー|  / /
              |ヽ | ../ /

               i  レ__/
               iヽ /}
                i、  , /




┏━━━━━━┓
┃ >>1の心境  ┃
┣━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃                    / / /            |   !         }    l |                ┃
┃                     / / /         | 八        ハ   }、!                 ┃
┃                /  { {    | |    | }ル′、\  ー=彡イ ー彡ヘ              ┃
┃                  /  八 :.    | |    ト、ヽ/  \ 、      ノ  `ヽ  、             ┃
┃                    ′'/  \ヽ l| ! | |    L..メ≧zz、 \ヾー< `ヽ  〉  \           ┃
┃                 { /    ヽゝ从 | |    ´}.. ´ ̄Ⅵ\ ヽ 、\ヽ  ∨|     ヽ          ┃
┃                 ∨   }  ー==≠Ⅵ   〃 (・) ノノ  |ヽハj  ヽⅥ   |       \         ┃
┃                     ∨  ノ  / r===ミ }  イ  _..ィ彡  |ト     !小   |        \  _     ┃
┃                ー=ニゝ彡 イ 八  (・/ /リ           }ハ    | 八ヽ ___ ..-‐ ¨¨ ̄| | ̄ ̄ ┃
┃                   // /   ヽ ノ/ }     ___   ∪  }     !へ./⌒ヽ}         ! !    ┃
┃                ー=ニ彡 ´ Ⅵ  ー≠イ  `   //`ヽ    / }   / /    |         | |    ┃
┃                      八  {ハ ∪  マ´ ≠   l  / 〃  /  ′   |        ! !    ┃
┃                       /  '.    ヽ   ヽ {     ノ / / {   {   {      .′       | |    ┃
┃                           Vハ  > ... _`ー ´ _. イ { 八  、  :.     {         .| |    ┃
┃                      } }: |  八  _三Ζ、八 、  ヽ  }  }    '.      |!    ┃
┃                     乂_ノ/_}| { 77¨´  〈ー‐ヘ{{ヽゝ   }/  ∧    '.      | |    ┃
┃                          ̄  //人 V/    /   小/ヽ  /   / ∧    '. . -‐ 、 | |    ┃
┃                         / ´  ヽゝ    {  /{ト===ミ `ト、  / /  :.    /   , `ヽ    ┃
┃                           /     //      ヽ/. !! , -‐‐-.、ヽ/ /    }  /   /  / ,\  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                           / /        /  _____
                     /      / /        / {/       /______
               /  _/ /        / /        / /      /         /
                 / |/ ̄ ̄\ ___ / /        { ___                /
    }!           /      / ,、丶 / /            〈 ( ̄ ̄``~、、      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    ∥   __,,/_ \  ∠ イ._   / /      _  /∧ \        ``~、、  | なんでカルナ?   |
    /      \ /㍉  |i     ∥(___/ /   <⌒\):: /∥/  ':. \            ヽ_______ノ
  / /\_/  /  ∥   ∥:: ::/ //乂ノ:: :: :: :: :: ::|/   |∧  \           /::>
.  /:: ::⌒ア  ((.:/   ∥__〈:: :: / /:: :: :: ::\:: :: :: :: : /:八 トtテ    ィテア-----匕:: ::(
  .:     /  //    イ::\    ̄/ / : :: :: :: :: : \:: :: ⌒ |  \`¨ \  \/ノ  >'⌒:: ::\ノ(
.: :     /  /'   /:: :: : :  ̄ ̄/ / :: :: :: :: :: : ∧::\___| | 込    } \  \:く``~、、:: :: :: :: :7
:: :し'⌒>乂,/   /`'<:: :: :: :: : / /:: :: :: :: :: :: ::./∧ :: \:八 |::\\ - -  イ¨⌒ V: /:: ::``~、、::⌒
::>''" /{: |    / |   \ :: : / /:: :: :: :: :: :: :: : / ∧:: :: :: :∧---\__ー<.|<ム  ∨:: :: :: :: :: :: \
―=ァ/.::|:_|___/  |     |::.:/ /:: :: :: :: :: :: :: :: :: /::∧:: :: :: :: / /⌒YY_/\ \Vノ:: :: :: :: ::_:: :=-‐
:/ / ̄ ̄ ∧   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ :/V :: \:: :: 乂´    ∨ '⌒\|__ -=:: :: :: :: :: :
//    / ∧ /| どうしてカルナ?!   | /ニニニニ>―^\______↓__/  ̄ ̄ \ニ〉:: :: :: :: :
: / |   |   /´ : : ヽ_________ノ |ニニニ (  | ̄人 ---≠---人\   〈⌒Y〈:: :: :: : :
/ _:|_,,/|  ,.: :: :: :: :: :: :: :/ /:: :: :: :: :: :: :: ::_:/ニニニ(⌒  ̄  ㍉∞.∧∞彡'  ̄   _/ニニ{:: :: :: : :
 /.:⌒::.| ∥:: :: :: :: :: ::.::/ /:: :: :: :: :: :: :: :: |  |ニニニY⌒    ◇ ◇ ∨  ◇    _)ニニニ|:: :: :: : :
/:: :: :: :: ::|∥:: :: :: :: :: ::.:/ /:: :: :: :: :: :: : : : ∧ ∨ニニ人   <>  γ㍉ <>  <ニ/ニニ:|_:: :: /
/⌒\_ |:: :: :: :: :: :: ::./ /:: :: :: :: :: :: :: ::_-=ニ\ \ /∨\   ◇ 八__人 ◇     //ニニ/  |:: ::|::
  /⌒:: :: :: :: :: :: ::./ /:: :: :: :: :: :: :: :/-=ニニニ \_| :: : ∨ \_    ∧      //二ニ/  /\:: :
 //⌒:: :: :: :: :: ::.::/ /:: :: ::|∨ ̄ ̄/-=ニニニ/:: :: : : ∨人   ⌒ー∨― ⌒¨¨´/∧二 / /|:: :: :: :: :
 ⌒〉:: :: :: :: :: :: ::.:/ /:: :: :: :| |   \-=ニ /:: :: :: :: :: : '/ニ7           |∥| /イニ/,:: :: :: ::

  ∥:: :: :: :: :: ::.::./ /:: :: ::.::八      \/:: :: :: :: :: :: :: : |\=⌒乂 (  }  人 f´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  {i⌒\:: :: :: ::./ /:: :: :: :: :: ∧ \   /:: :: :: :: :: :: :: :: ::.::.|\\-=ニニニニニ=|   突然の☆5……!?  |
     ):: ::.::./ /:: ::r㍉:::/  \ \/:: :: :: :: :: :: :: :: :: : : |\| i-=ニニニニ=  ヽ___________ノ
    /:: : : / /:: : ∧ \  \ \_|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|\| l-=ニニニニ=7 ∥|:: :: :: :: ∨  / 〉㍉
   /⌒Y:: :/ /:: ::|\ 〉ー'   / ̄:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : : : 〈\| |-=ニニニ=-/ ∥ |:: :: :: : : \/ / /
      j: / / |\| ノ    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.|\| |-=ニニニ=-i |/|:: :: :: :: :: ::ト---匕〈
     :/ / : | ノ    .: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|二| |-=ニニニ=-| |二|:: :: :: :: :: ::|      ∨




 ', ii         |      __,
  ',|iY゛r       |__,,.,‐‐‐〟 ,'
  !i ', !、~""'''` ´冂` _,..-'''!,' ,'

  i !、',リ ̄`゛゛゛゛| |゛゛   メ ,.'
  ! l ', ',i、、、  | |  __,,.,' ,.'
  ! l ', ',、"'''‐--| |' ´´__,,' ,'
`ヽ| |  ', ',`~""'''└┘´ ,' ,'  , '    いや違う! 今考えるのはソレではない!
ニ´ `‐--------------- ,-'"
、 `i i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' _,.-    流れ……流れが来ている……!!
 ` | |、  、', ',    ,',', ' /.;.;.;.;.;

   l l "'''-._ゝ',`,、__,.',.'_,.-''.;.;.;.;.;.;.;   ☆5が当たる流れなら☆4も当たる筈!!
   l l    r /、_____,イ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
   !i    //    .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
   |l   〈¦ ◯==.;.;..;;.;.;.;...;;;
   ll    ヽ丶     .;.;.;.;.;.;.;.;.;



      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      |  つまり……    |                           /
      ヽ ______ノ_ 丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    、__人_人_人_人_人_人_人_人_ 人
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     )                     (
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /  ) 倍 プ ッ シュ だ !!  (
             ヽ     \                         )                     (
                     \      /!     ,,.rァ        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ Y
                          / l゙  ,,、r'´ /             ---‐‐‐

             ‐‐‐‐---         |  l_,.r''´   /
                          |    ,.、r'!  /                 -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――          ,,l   ,,r'’  l  /
____________            ./   .l゙   l ./                   -----------
            二二二      / ./!  l!    l゙/             _,,.rァ  === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        r'´  ./ .|  |                   r''´! ./゙ /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐    |   ./  |  |           /| .| ,l / ./    ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                     | ./   |  |              |  | |/./ . /
             ---‐‐‐‐‐    レ'     | /           .| ./  ./ ./   ‐‐‐‐---
                             |./              l/   / ./
               /  /                       ;'_/
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \
           /         /     /        |     i,         丶     \



    lヽ
    i ∧                           ∧
   > ∧                         / |

-=ニ/ヽ ∧                         / /
´   \:::\∧                     / /ニ-
     \::ヽ∧                    / /:::::/`ー`
      ヽ::Y∧      i| __ ,       ノ /:::::/
       }::|,、从彳!  ソ     ∠_     /  /:::::/
       爻    爻′       ヾ    |_i:::::/
       爻     ∠    、`tッ  、-` /:::::::::/
        爻     iーvi |_` /ヾ""´:::::::::::::/   サーヴァント、ランサー。真名、カルナ。宜しく頼む
         爻爻爻"三vヽニ∠-《 爻::::::::::ノ

            爻 くヽー--ァ‐ヽ 爻:::/
             爻 ∠´ _, L":::::/
             l:::}- γヽ ー /::::/_
             Ⅳ! , `ー′-/∠!、 `ー、
             | Ⅵ i ヽ V::/-/ヾ  L

                !__V`ー-'´/:;イ i }  L     /i
              i::::||::::::::::||::::::|ー' /  ノ `ー-, ― 、 l
              }::::ll::::::::::||::::,->::.....ノ   / ,-、 \
             「L::ヾー' ´/:::::::::::::::::::::>{ /::::::ヽ/

             ├―-、   {:::::::::::::::::::::::::::::ゝ'::::::::::::〉
              i::::__::::ヽ l::::::::::::::::::::::::/ ∨::::/|
              l/ | \::L!__,-- /   ∨ | .|
              |  .!  |   / /ヽ  /  .|
             」     」  フ /ヽ  /  / |
             } ヽ / |-ー'/ヾ  /  / ,、 |
              V   __」 /| ` / /   / `ー
              |   ヽ:::::::::L/  /ヽ __/
              }   /::::::::::{  \{
              //`/ \::/
              }`ー|  / /
              |ヽ | ../ /

               i  レ__/
               iヽ /}
                i、  , /




┏━━━━━━┓
┃ >>1の心境  ┃
┣━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                      ..:-‐_:フ――――:: -- ==ミ                       ┃
┃                ..: ´:>: ´: : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.:.:._:..:.≧ー- 、             ┃

┃               : ´: : : : : : : : : ≠ -―=≦ミ :、:≠´:.:. ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\            ┃
┃         _    /: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : \ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ            ┃
┃         〃⌒ヽ} _,ノ : : : : : : : /: : : : /: : : : 、 : : : :Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.          ┃
┃        {{ ..: ´:/: :_: : :-一: : : : : :∠: : : : :、 :ヽ: : : : }!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト         ┃
┃       /: : : /: : : : : ‐=ミ: : {{: : /: : : : : : : ヽ: : }: : : ′:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ        ┃
┃     ,〃: : : : :/: :‐=ミ 、: : }:}:乂: : : ,:≠=ミ、: : }: : : : {__.:.:≠ミV ム彡  ̄  ‐- 、{ i!        ┃
┃.    //: / : /: : : : : : :ヽ : // :ハ: `V:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅵ ト: : : : ゝ-―.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:≧x  r:个ヘ       ┃
┃    { {: :{:/: : : : : : : :ノ: :∨: : ': :} }/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}从/\: ー=ミ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈/:./ /     ┃
┃    〉Ⅵ: : : :ー一: ´: : : :/: : : レ: :}!:.:ト、.:.:.:.:.;ヘ!/////`ヽ:`ヽ〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:/∠二ミ 、    ┃
┃    ,{: :八 : : : : : : : : : :ノ: : : : :}ノ: 八:ヽ _ー' イ///////∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レ:/:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ\  ┃
┃   八: : : ヽ: : : : 一: ´: : : : : :ノ: :/ /ト:.:.:.:ヽノ:.:}////////∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\〉  ┃

┃.  /  Ⅵ: : : : 、ー=彡: : :/: :ムへ!:.:.:.:.:.∧:.{//////ム-‐ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠ -‐  ̄ ̄ ̄ ̄    ┃

┃  〈  ーヽ: : : : :\ : :_:_:_:∠:_:_:_:ミ、} /}:.:.:.:.:.∨:.:!///_´//////ハ:.:.:.:.:.:.:.. ´                 ┃
┃       しー=≦ {`ヽ\  x≦リ‐ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:|`: くン} ̄ ̄ ̄ }:.:.:./                   ┃
┃            ` ート、. Ⅵ 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:. ト=彡'       ー                        ┃
┃            ー=彡'_ ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}                              ┃
┃                     ` ー――一                                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



        ,____、__
      ヘ// ̄\\`丶
     //i/    \\|
     //丿       丶ヾ
    〆′r-‐‐‐‐‐-、 ``、_
        ̄i´゛゛゛゛゛゛`ヘ‐‐--ゝ  あの……ゆるしてください
      ノ      }}     怖いです……怖い……なにこれ怖い……
     ノ´丶‐‐----{{ 
   ソ____、      '\     こういうのって現実であっちゃダメなヤツでしょ?
  /〟---、、       ! ヘ`i    朝起こしにきてくれる可愛い幼馴染とかと同じ非実在現象でしょ?
 /´ ̄`丶 ヽヽ    !! ` 、
 |    丶 l.l.i     ! i ¦








┌─────────────────┐
│ひょっとしてこういう事なのかも知れない │
└─────────────────┘
          __,.   ,,..。、
      ヌ-/ ̄__,..)/:i:i:i,) ,ィョァ        ,..;iィk、

      /:i/:i:i:ノ ./:i:i:i:ノ´/:i:i:/        (メ狄j心\、      カルナくん! ようこそカルデアへ!!
     ヽ:i:iマ:i:iヽ{:i:i:i:i} /´:i:/        /ノ,ァヾ.;: 'ム<"ト、                ____
      }:i:i゙,..、`:i:i:i:i:i`:i:i:iノ          i':'/   .ャz。、マk,\.            /    \   アメリカ以来の3人が揃ったわね
 .     \ゝィ:i:.(⌒)(´`)ヘ         ,イ ノ'‘~7.,.ゝ、/ vハメj`ゝイ         /       ヘ
        .i\:i:i:ヘ.|:i:i:} |´:i〉、        {;八`´ .,人 _;仏jハ八jノいsイ   . ,.。sf<´         }    >――<
         マ `<。..,__,。f''´/      /ルj狄リ´.⌒.`ノソ狄狄メ狄〈 ,.。sf´    \       .,イ   /: : :Z: : :― : :ヽ____
        .个<。..,__,..。ィ"。.,      ヽィ:i´:i:i:i`ミh,ヽァf'´ ̄,.。s'´ \⌒  ̄ ` ゙ミh。、. \    /   /: : :ァ: : : `ヽ: :  ̄:ノ:マ///
         /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{ ィ' ⌒7'⌒.,>{:i:,ィ'´三`マi:) ヽィ'´:.:.:.:,..。s==\: : : :.ヽ: : : :ヽ  `ヽ/   ///l: : /: l :ヽ : : :\ : : ハ:マ心、
        ィ´\...,,,_,,,../(: : : : /:::::\.゙〈ニニニニ。イト、 }-―"´/,ィ-,.。s\: : : :\: : :.ヽ  }i     ヾ/:.|、:,' : :i! : : ヽ : : :ヽイノ|: :マ/
       ./ ヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,ィ:.:.:.:/ゝ.。ィ'/. { `¨¨"´ .} \ト,二ニ/ /:::::::::::::}::::.。s。.,マ:::::\}i     〈,': :|ミ{ : : :',ヽ : : >''"」 ノ:| : :',
       {:::::::\..,,_,,../:::):::::{二ニ/  {       |  \` ゙̄ ¨´::::,..。sf"/: : : : : : : : `ヽ:::`、   l: : |、从二` ゝ-^,ィ芯ァ.|ハ : : ',
       {:::::::::::::::::::::::::::::::/::::八,ィ:::/ /ヽ、   ,..∧   \/:.:.:.:.:〉:::::::{: : : : : : : : : : : : マ::∨   l : : |ヽ笊心、   '乂ン |ソ| : : :l
       ∧::::::::::::::::::::::::/l:::::::::{::::/ /:::::::::::` ̄´:::::::::\   ム:.:.:.:.:.:.::::::::::|: : : : : : : : : : : : : ヽ:∨  l : : :',ゝ', `¨´ 、     人| : : : |
      .〈二≧s。--s<二}:::::::::{:::ム./i:::::::::::::{:i人:i|:::::。.., `ミh。、ヘ:.:.:.::::::::::::{::: : : : : : : : : : : : : :`、、  |:| : : :V: ゝ、 丶 '  イ: :/: : :}: |
       .寸二二=二二丿:::::::人{/::::ヘ::::::/{:iV:i:|:::::::.:.:.\::::::`ミゝ::::::::::::::::ヽ::::ヽ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::}`  |:|i : : : V: :/>、、 イ|ヘ/ : : :从|
        マs。_二>´ ̄ ̄´  〉:::::::,ィ:::::::´}:ノゝ:{:::::::.:.:.:.:.:ヘ:::::::::::::::::::::::::::::,ィマ::::::::::::::::::::::イ:::::::ヘ} l 从从 : : ヽ\i:ム ,イ:i:i/:/: イイ
            ̄        {::::::::{::::::::::::::|:人:i{:::::::::::::::::::::::::::/`ミh。,.。f´  .\::::\:::::::::::::::::::::::ヽ  ァ''ゝ乂: ≧:i=只=:i:i:i:ィ  ̄`ヽ
                    マ__::::マ::::,..。ィ}`Y´{`ミhs。イ ┌―-s。/      `ゝ、::::::::::::::::;':::::::` ′ 、  |:i:i:i:/_ハ_マ:i:i:/     ヽ
                   /:i:i:i:|::::/::::::::::|:i人i{::::::::::::::::::|_,,..。z-´         .〉::::\:::::::.:.:.:.:.: /  }   ヾア   マア   /.   \



                             、
                          !\

                   __   \ー- 、  \     イ
                   \` ‐-  _、     \  / |
                         \  _     ミ....ヽ| l
                    __`三-、   -‐  __............./__
                  <         -‐ ,............ヽ、´      俺たちはズッ友だからな

                   /`>_ ィ   / 彡' ゙.....  \     
                 < ̄    /    ___l_\、_\    ← 間違ってないが間違った使用法をする人
                    >: : : :´ : : : ̄ : : : : : : :,、: : lヽ、/:`':´|
                >':'~´: : : : : : : : : : : : : : : : : : jヽ`ヽl:: :: :: :: :: Z__

                <: : : : : : : : : : : : : : : : : : :fVヾ/:::: :::: ::: ::: ::: :: :: :: :: >
                 > 、/⌒へ、: : : : :_:_j:::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: :: :: :: ::  ̄Z_
                    /////////へ_ヽ::::::::::::::::::::::::::::::r、:_/``y: : : : : :∠
                     //////////////r‐ォ;:::::::::::::::::::::::z一∧': /: : : : : : : : :>
                //////////;、xー‐l /::::::::::::::::::::::////∧/: : : : : : : : : Z_
                 //////;べ/へヽ ヘ _}_土l/l__;、///////∧: : : : : : : : : :/


┌──────────────────────────┐
│ まあ実際カルナさんを使う場合、ズッ友はコイツなんだけど   │
└──────────────────────────┘

                   -――-                             iニニニ|
               ,  ´           、                   jニニニ|
                 / .)k、            ヽ                 _ -ニニニニ|
            _厶 ': : ヘ、          {                ニニニニニ-
              (__>-=彡ア: : :>、             ,              _jニニニア´
            `ア´: イ圦: : (r示         ′            _-ニニニニ’
          ー=彡 イ: :|:ifカ\{ _ノ|           ,            _-ニニニニj
              ,ノ: :从 `   ⌒|           ′         _-ニニニニア
           /⌒i: :∧ー  ´|        }     ___ -ニニニニニア  __ィニ}

              ノ仆:∧__. 斗         〉   '⌒ア´ニニニニニア   _アニア
                i:|∧`\|:iⅣ     _>―┴  ___ア´ニニニニニア´ ∥__アニア
               Ⅵ  、 |:Ⅳ  / /´      __アニニニニニニ(__jL___j{アニニア
                ノ⌒\ i|Ⅳ /  __  -―_アニニニニニニニ弌 7 アニニア/
              _/  \.ヽⅣ j/ /  -―  _アニニニニニニニニニニ弌ニニア(__jI斗-==ァ
          _rヘ __   ⌒i⌒i⌒iー―=彡´   (ニ=- ¨ ̄ ̄`マ⌒弌ニニニニニニニニニア
         /  ー―=<. └:介:┘>――一 '"´  __    ∨ Ⅳア弌ニニニニニア7
          /        斗-_〈_ノ__メ、        =‐ ´        VⅣ/  ア⌒>ニニニニ寸=--

        ┌─────────────────────────────┐
        │  エレナ&エジソンは星だしできるからカルナと相性はいいけどね   │
        └─────────────────────────────┘




┌─────────────────────────────┐
│  カルナがノッブを殺し、トリスタンがおき太を殺す              │
│  宝具も自バフも許さない毒舌コンビ。いやぁ、本能寺は地獄だぜぇ │
└─────────────────────────────┘
                 , -―‐- ..、

                /::/::::::::::::\::\
                 , ':::::/:::;>‐ 、:::::V:∧
.                /::::::/{::/__   、:::Ⅵハ
                /::::::/:::{ ___`  -∨}::/|  カルナ殿、星をどうぞ
              ,イ:/::::|::/{ `¨¨ {:.`ー リ/:::|
            /::/:::::::|/     '  /'i::::|  あ、レディ沖田、心眼ですか? その回避、消します
           ///::::::::/迅   -_‐   'i:i:i::::|
     乂__(:://\::::::/::::{ー>    /i:i:i:i|:::|  まぁ消さなくても私の宝具、必中なんですけどね(ポロロン
.     `¨¨フ/ ̄ /:/\:∧三ニ‐¨´i:i|i:i:i//:|

.      /:/   /::/\=}::∧ニ{ {ニ{i:i|//::∧
.     /:/    (/::{.   `}::: ∧八 、 \::/:::::|:∧-― 、
    {/ ___ 乂{ _.ノ、:::::∧ ) ( -―< ̄ニニニ∧_

.     //     ̄ ̄ { r /:/ニ二三三三二ニ=- _ニニ∧,イ
    〈       _ -‐乂__ノ三二ニ=- _ -=ニ二三三三|
    ∨_ -‐  ̄,ィ=ミ  // ̄\ ̄\ -ニ二三ニ- __.人_
.     } r‐、_  (_| / }// ̄\  \i:i:i\/ / -ニ二三三ニ=- _ヽ
.     V∥    ̄}{   ./    ∨ } \i:i:i\  |  -ニ二三三_∧
     '∥      /.V .∧=- ._  ∨ / ヽ\i:i:i\ l  |     -ニ三∧
.     /∥     /∧∨ ∧ \\/ 、、_,/ / \i:i:i\/\    _∨}_
                                 【フィン? いねぇよ!! なんど鮭を触媒にしてもこねぇよ!】


■エビタイ











              .\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
               .≫                       ≪
              .≪    時は大聖杯戦争時代ッ!!    ≫
               .≫                       ≪
               ./Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


















                                     _,,.  -‐…  …‐- .._
                                / ̄    ̄¨ヽ、          \
                                   ⌒Y 、          \          ヽ
                               } /^V }           `ーァ    ヽ  ',
                                 ' {  「|    ヘ     \     l、 }
     さて困ったことに今回の聖杯戦争     { }  j | j{ { i  }    (`ヽ       `ヽ
     魔術協会のお膝元、ロンドンだ       乂,ハリ ノ人ト、ヽ ト、 } } ト、ゝ    ヽ    /
     まったく世も末だね                l、-‐__'" ̄リ jノ从小y/`ヽ\ }  〈
                       _               ;  'iユ'''ァ       j/ /⌒ }  ヽ   )
                  / 。 。ヽ            ,′           )  八      し
                   |l 「 ̄l |           :. /                ,ノ/ { ) } 乂
                  |l l   l |             :: ` ァ          「¨´  从ハルイ/ \
                 r{l l  」 !         ::  └-ュ          /      //    \
                 { l`ー-ーリ         ::  /イ         /   }   /: :/     / 丶、
                 j/\r--ヘ             ,;;/ }    _.. ´    / / : :/      /
                    〈/\).ュュュV^、           `ー '"´   \   / . : : :/     /
                 ヽ\)、ュュュハ \               /ハ/. : : : : :/      /
                    ヽ '.'.   }  |            '゙  {: :∨_人 : : : /     /
                    ヽ ` == イ │       _,. ‐'"    , イ 《:::::::》' \/.      /
                      ',    {  j    /「       / |: :}:::::/ : : /\     /
                    八      ノ    / |    /   ,| /:::::{. : :/   \ /
                     /\\`  /    / │   く   / |/::::::::} :/       \


         _.. -‐…‐- .._
      ´       ⌒¨¨¨``丶、
.    /                  \
  /    _.. -‐-ミ          \
¨´ミ     ´       \
⌒¨`\/                        }
                        ∧    政府筋の人間がノセられてね……
. { 代,,,/`   il  ! |   |い \\   ` 、  〉
从{⌒¨¨´} i|  il  ! |   |{ }  }  \    }i {   それに時計塔は関与しないけれども、他所の魔術師に
 ハ   | i| 从V|八 从∧ 厂 ̄ \ 八弋_  偽物だろうと聖杯を奪われたら、事さ

.i{ ∧  |八厶斗匕 }/ }ハN/⌒\/⌒ぃ  ハ}`
八{ト .      ¬弋Jカ       r'う i }∨    国益の為にも、面子の為にも
从ハ代ぅx    ⌒¨¨´         {ブ 从{、    君には英国軍人として聖杯戦争に勝ち抜いて貰いたい
      ]              __/^⌒}ハ
      ]                「    }代¨`丶、
    ∨              八   八, }\  \、
.     ` 、¨´          /  }  ,  /   `:、  ヾ 、
        `、`こ¨¨¨´   /    /  /     `、  `、丶、
.        人        ´     /   /      _   `、 丶、
     _/  `¨ア¨´{\    /     /        }     `、
 _..   ´       {  ∨^\xく      /         ´       `、
´     {        |    }{`¨¨¨丶、  '⌒\     /         〉
.    弋,   /  |\/{ハ     }\/     \___/\     /
   , -‐⇒'゙   l/  ∨}ト-イ〈 /       >゙   \ /









        />='ー≠=\    丶    ヽ   \
.       /::::::::::::::::::::::::::::::\    :           ヽ
      /::::>'´ ̄ 「 ̄Y⌒:ヘ    i    :      ',
      /:/、_人_.斗个 T^「⌒ハ    |    l       |  戦いとは戦争が始まる前から決着がついているものですわ
.      レ'ノ   :i   :iー/‐i八-- ヽ  |    |       |
      j∧  : |  /j/ iリ  ヽ\l /   /     /   .|  まして華麗なる外交政策によって世界の盟主となった
      |l i f^ l八 / /.ィヘうた卞、 ∨i   /     /    |  我がイギリスのことですもの。当然、バックアップは万全ですのよね?
      |i  ヽyぅ、    弋::r少  /  /     /i     |
      |l : ' 圦r'j     `    /  ./     / .l     |  例えば この戦い我々の勝利ですわ! なサーヴァントを
      l!八. 丶 ソ         / //   イ  l    |  確実に引き当てる……といった準備が
        \ く          // /  / l   i    |
          |>丶  _     ///    /  l   |l   }
          }    \ー `  ((_/   / ^ト、 l   |i   八
.        /  i   \  .ィフ′/_..孑==ヘ_j   l:    ',
       /  /,'    ′ / / _.斗'≠┬i` ̄ ヽ    .
      /{ //   /  // /   / }::l    ハ     ヘ


f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
|  勿論だとも  |
ヽ______ ノ



                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                      |   今回、君にはこのイギリスで確実に勝利を掴めるサーヴァントと.  |
                      |   この聖杯戦争を戦って貰うつもりだ                     |
                      ヽ____________________________ ノ




    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    |  そう……  |                  _
    ヽ_____ ノ             '⌒ヽヽ

                         ,.  -- 、 ノ丿
                       ,.ィァ'´__   ,..  ⌒ヽ、
                      ,イf/ ´    /   ,' l  ヽ
                  /ハハ` ー- / /// ノ| l ', ,',

                   N1',: ヽ. __ / //フ7ト| l|ll
                    {Ⅵ:. 、  /7 '´ハ ̄圷j/j,ハj′
                       Yハ:.:. ヽ{,',' ,'/  `゚┘ {
               厂  ̄`アl\:.、li  l:!     __ /
         _,,. --―‐|:: :. /ノノ  ゝ|l: /|l、     /  ___
     -‐ ''"´ , ‐''"´ ̄`¨ア´ ̄.`` <ll:.{_j{  r―‐'__,∠:;ニ:;ム‐ァ¬ァ=ュ、
     --‐''"´  __ __/.:.:.:.:.:,. -=   Y「 ̄`llア´/ / / / ,∠,ニ、=、}ヽ
           //⌒ソ:.:.:.:.:/.:,. -‐==''ア¨ア  / o ! o | o |o_{_rく\ヽ._V|
          <_/   /.:.:.:.:./:/.:.:.:.:.:. . ''´.:.:/{  {__j--へ ̄_込Λ_}ー}´}__}」
              { .:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.  :. .:.:.:.Λ        ,.イ | / >L}__}_」__}ヽ
                \.:.:.:.:.:―-.:__,. -‐ァ¬¬\     /l:.{o{ {__{_|:::::}__厂`¨〉
               `ヽ、:./´:.:.:厂 ヽ、    `¨¨´/ |、「ヽ}_,ハ::::Lノ__/
                      \__/   / \,.、    rj^ヽ_| `ヽ.込.」::::|ノ
                   ヽ  _{   `^ー┬'′ / |       |::: |
                     | ̄  ヽ.    |   l |       }》《{
                    |      |    l   | |       |::ll::|
                        ヽ――┴―ーr亠r‐┴イ.     |:;ル:|
                  /¨了|:::::::::::::::::::: ゚}]又[{゚__|入 _______〉ハ〈____

                    / / ` ̄  ̄ ̄ ̄|‐' ̄'‐|/ ̄ 三ニ=くfYf,>=ニ三  ̄\
                 / /            |:.l.:.:.:.:.:| / ̄`Y⌒)lYl(⌒Y´ ̄\ |
                    / /          |:.:l .:.:.:└'     Ⅵ〈八〉Ⅳ     `┘
                 / /              |:.:.| .:.:.:.:.|     |八Λ八|
              / /            |:.:.:| .:.:.:.:.|    [_ノ{ }ヽ_]
                〈_/            /:.:.:.l :.:.:.:.:.\    |:;ハΥハ::|
               / /`` ー- ..,,____  o /i:.:.:.:.:.:l :.:.:.:.:.:.:lハ o |ヒ{(⌒)爿
            / /             ̄「:.:l :.:.:.:.:i :.:.:.:.:.:.:l :.Τ¨|:::/Υ.',::|',
              / /              |:.:.:l.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:l :.:.:| |/:::Π:::',| ',
           / /             |:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l :.:.:.|. |辷'' `コ| ',
             / /             | :.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:..f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                    |  我が国の生ける伝説……アーサー王とね!.  |
                                    ヽ____________________ ノ









ニニニニニニニ}h、       \
ニニニニニニニニ}h、     \
ニニニニニニニニニニ}i:、       \
ニニニニニニニニニニニΛ
ニニニニニニ=-‐-=ニニΛ      `、
ニ-‐''゛ ノ⌒¨¨^|\__∨: .    `、

ノ⌒~¨´  |    |   ∨: .    `、  アーサー王……!!
      |    |',   / : :
 |         | ∨X′∨ : :     |  間違いなくトップサーヴァントな上、地元補正もかかる
 |            //   |: : :   |
 |\      / //うk、|: : : :|   |  これで負けたら末代の恥と罵られても仕方がない
、|  \     / /,)//゙ }八j : : : |   |  必勝のサーヴァント!!
__\   }  / んしシ ノ/ ∨ : :
=くミ'ー/ /   ー ''゛   | | : /  /
r厂   /         | |/  /
ノ           、     从 /  /
.            ヽ   / / /
              ///|
               //   |





                ______

                 ´         >- .
             /          /⌒Y⌒ミヽ
          /             /二二二ニニ∧
            /            んんんんんんミ∧
          ′     '  |_/-∧-{- |、   込ハ   しかしアーサー王の触媒は
            i  ',   ',  i 厶イ==ミヽi  /  / i
            |   ',   '.  i |-くヒ.:ヅ ` ∨ /i/ /i   この大聖杯戦争時代で紛失の連続と聞きました
            |   '.    \从 u    厶芹/ / リ
           ,′   i\   \'.      ∨ / /   槍は因果地平の彼方へ、剣は流星となって外宇宙へ
         /      |  i\  '. \ r‐っ イ イ /    鞍は腐海に沈み、鞘はボケたアインツベルンが
       /     _リ__/`ヽ\ './/   / { i/     キャベツと一緒に酢漬けにしてドコかに放置……etc
.       /     /  {\\: :\介ー 〔   | \
     /     ∧  | i \\:_i\{  i  i\ }\
.    /     { }   | |   ∨\ }\!___. --く__〉___
    /  /  / i i  | |   ∨/ / /  }fニニニ <:::::::::::::\
  /  /  / ∧|  ! !   __ノ   / と二二 \:::::::::::}
./   /  / / ∧{  | |  `ー―<_`丶  ヽ  `ヽ \::::::|

    /  / / / / !   ! !  / ___彡' /    }     Ⅵ::: !
.   /     / / ∧  } i/ {  `ー‐<_     |     }i/ハ
  /         / }   / |  、__彡イ      |  / リ //:}
/           /!  { {  |     } 〉    /リ /  ///:::リ
        /    /| | i / !    ノ'   /  //  //厶イ






                                               ____
                                             /__\  `丶
                                       / /: :_:_:_:_:_:.ヽ   \
                                      // /{/  i  \}  i  :.
                                        // //i ト、   !八iヽi /_\r'.
                                    〈〈 i i八!´\リ、__, ノ' /{-   ヽ._
             .ですが流石我が国の優秀なMI6        ヽヽ/∧ー' 、   ''/ /_人 __ノ::::::::ヽ_
                                       \{ 込、 ー' { {/{:}/::::::::::i::::::::::/::}
             .失われたアーサー王の触媒を            / / /介ト rく_,i/_}::::/ ̄ ̄}::∧
             .見つけ出したのですね?                / / / /_iリ/ハ´ { ⊂ニ\: : : : :.{/  \
                                       / / /´////{ `ニ廴彡{ ∨  ̄{     \
                                   / __,/ /__フ/ { {__}__、--つノ  ‘.  ∧ _ -=
                                      人__彡'   {/ ̄i」     ヽ   {   { i_ -=
                                     ///_.イ i          i  /\  '.  /}
                              ////`そ{  ノ      ノ  ∧  \ ‘,  /\
                                  /// {  ヽ/}            / i   `ー‐'  } -








             ,/`ヽ、__,ノ}、    : :
          , へr</ r 、  ヽ  `ヽ   : :
      /    rヘ,}:.:. ヽ从‐-、 ノ、   : :   いや、そんな簡単にアーサー王の触媒なんて
.      /   \ ,>‐'´ jノ jr 戈 (, ゝ r;;   見つかるわけないだろ?
     /     小、/, -   ` ''' "´.:} 、| |
     ,′  \ lレ' ,ィf},       /.::::{ | |、                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    '}   、 \V} /_ン            ,.j;;l \                   |  えっ?    |
   ハ   `ヽ,厶             /'´.:::    ` 、               ヽ_____ 乂_
   | }    ハ、              /′      _ ,}                /..::::::::::
   | }   `丶、           ":;,       ,. ´ ′_           ,.. '"..::::::::::::::::
   { L.._{  \            ゙::;,   /    / 丿 \ー- ., _ ,.:≦:--──……ァ::
   {    ∧廴r<          :;;/:;.,    `く   ヽ   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::
.    '. }  } { r‐┐ `          / `:;;:;,,__r─- ヽ,__,ハニ//7ハュ、─‐- :;:::::::::://::
.     V    ハ  _,.二 {`¬=  '´   / 丶.        _,厶/////tヘ____ `<::::::::::
      \ }  `ー-r‐…ヘ、   `ヽ /     \_,. ィ/////}///////丿//////ハy ,, __
      )'  \ ヽ.    ヽ、  /          V///. '"´  ̄ ̄ ̄\////////////
      `ー- 、_ l| ヽ    て/           ∨´           `く//////////
           jノレヽ} 人 _,厶 -──……─- .},_              ̄ ̄ 二二
              jノ  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶.       .:;;:;;:;;:.,,, .:;;:;;:;;:;;:..,,
                  /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿::..\     ;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;
                    /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::..\  .:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;;:;;:;;;.



                        ――

                      ´ _ へ __へ_、 \
                      / / /≦:::::::::::::::::::ヽ  \
                  / / /斗=  ̄ ̄≧='   \    も、もしや円卓ガシャでアーサー王を引き当てろと?
                 , ''⌒{ -;_ハ |i ,才匕 }   i  ヽ
                  / i   l ,斗示从 {ィ芯Y |   |ハ⌒ \  まかり間違ってガヘリス卿あたりがが出てきたらどうするのです!?
                 ,   | 八伐zリ  `ゞシ 八/ l|
                  i   |   ゝ"   '   "" /  八  ',   ヾ  あんなエアーマンを率いて聖杯戦争に勝てとおっしゃる!?
                  |  人  ヽ〉、 (::::::) {{_, /: : :.     i}
                ,  / __\ 〃 ≧ - ≦ | イ{: : : : :.  ',  〃)
                  / / /rへ{  r<⌒杰,,_| /≧=┐__ _ ',   7{
              / /  {:::| ハ― ' r-ヽヾvニ/iノ⊂へ=i、 ',  ⌒)}
                / /  〈:ヽ {、_丁二}ニハゞ={〃{Y   __i,7   、  ´
            / ,    Y_ 人 }_::斗<ニiニ乂 人≦ニニ〉  \

            /  /  |{{  y ====ミ/ ̄ ̄ミ }:::::::::7、     \
            /   イ    | 、 /:/ ̄ ̄/   ノ   /ミ=彡'ヘ\    \
          / v / /|     y_ /:/  //  /   ノVi  /  i  \ _  \
         八 \ /   / 〈 _{:i⌒   /  /  イ 乂ヽ    八  \  ⌒ヽ\ __
           、\ \   ;   \     '   '   |  ≧=-=≦ \      }  }7
       /_人____ ヽ |  /   -イ  /__/ 人   |  |  |  \   }   从 /
      〃 人 r―‐=彡 | 入  /しく______)  |  |  |    ヽ乂 {  イ
       )} 人 \i| i   | /   -==ニ二廴__廴二ソ: : : ,   |  |       ) } 7 {





              /    r:.、  ,.、      \
         /     仏、:Y´_;:ヘ        \
        /     / !{        }          ヾ、
         〈    { { 人{     / 丿 |       )!
           ) / '、 !/ヽ `     /'" ヽ小ノ l}   , イ/
        人( l/ヽ{' ¨_ 二ヘ.   ´ ̄ ニ=‐リ  ゝ (  はっはっは、安心してくれレディ
         从,ハ 弋_倣:!` |    'f鈊‐ュ、/ノ }ヽ 丿
           `| ム        |    `゙ ´ ′ /イY   イギリス情報部も流石にガなんとか卿で
          { ヘl      l          〈 ,} |   聖杯戦争に参加するというリスクのある作戦はとらない
          ヽ,ハ      '            〃丿
           >!      ` '"        /イ{
             (八   、-── - _,.    /丿{
             ト    ¨二¨ ̄    /|从
             l| `、        // |_
            イ{  \     / //::}、
             ,../.:::::.....、 ` ¨¨ ´....::::::::::::::/| \
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::::::::::::/ l|  \

        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::/  |    }丶、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿     !  `  、



                 ,  ´ ̄ ̄`>ー――- 、

                /     ,  ´  ̄ ̄ ̄ハ ヾ\
               /     ´        ∧.V:::::::::ヽ,__
             /          ,    ,'::::ハ V´::::::::::::ヽ
            ,;' ,   ,  /  i   .,;/ ,   |::/::::::/|:/:::::::::::',
            i: /  /  / イ |  / /| :| .|:!ヾミ:::::::/,':::::::::::::i
            |/  / .//| /| ./| /./!∧ |!  :::/./イ/:::::::::ト、
           / /`Vノ  / `V>/メ、 V:|  :/イ ,':::::::::::|:::、\   いいかい、魔術師の連中はこんな言葉がある
           V/ /Y |!    ヽ弋少卞、ヾ `  /,'_:|.,'ハ::|::::,'::::::|` `
             ト-イ ヾ }         ー― '    Yテッュ、::::|:|::/:::::/     なければ他所から持ってくればいい
            `7∧  !                |><:::::lイ,'::i::(_ノ
            、_) /ト-'|                |!   〉/|::i::ノ`゙´     わざわざ手垢のついた触媒を探し出すよりも
          `Y :|::|:::!           _ ,ノ|  ,// !"        新しい触媒を用意すればいいんだ

              〉.∧|:::ト、          :::::Y´ ' /:/   _
           !;イ `:::::::ヽ   `ー- ....     , ' /゙7´Y´7::::`ヽ、
            |   :::::::::\    、....` >- // / ,' ,'::::::::::::::::\
.             _| |  :::::::::::::\   \:::〉 /:〈 〈/__/:__,'::::〈:::::::::::::::::\
          i´く´| |   :::::::::::::::::\     .//ハ ト、 ヾ `::::ハ::::::::::::::::::::\
        ,...--|  `Y!   ::::::::::,r―'> .__/イ|Y゙入」ノ \ Y´::::::::::::::::::::::::::::::\,..、
      // :::::|  :: |:|    〉::::/::ヽ ..::::´:::::::::::::〉/::\  !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿:::\_
  ,r―/ /  / ! :::::|::::  /:::ノ ::::::| :::::::::::::::://:::::::::::\ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:\





         ノ           ノ               トー、
       /´   ィ        「 ィ      /    イ   / j ィ、 |
        {   /         彡'/    /  ,  /j   /j リ/ j |
        j/          ̄ ̄7 ィ / / jイ  // ノ / ハ!  ,リ
      /         /  _イ/ jイ, ィ j !ハ j/イ/{ ! | //
     {         /  /_ Y /´ リ八| j/`メ、  、 | l从{
     ヽ     / / イ7   ハ { /        ′rュ、 \从 ! ィハト
      ヽ   j/   <  {     ´         、 マjト≧'」´
      、_) /    ゝ ム               ゞ′ 〈     今回、MI6はアーサー王を確実に引き当てる
      `ア     /   八                 、
       (       /    |/   ̄ 7                   触媒の存在を発見した
       ヽ   /  j  !     ′              ヽ
      ` ̄7/    ハ |   ハ                    _ノ
        イハ/ ,イフ ヽ!   l  ヽ         、_    Y´
         ム /、 ´      i               ̄r ´
      /≧ュ、 ̄ ̄ニュ_   |     \         7
     /    ≧ュ、 ̄ ̄ニニュ_             !             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

    イ         ≧、 ̄ ̄ ̄ニュ_     rミ    j                 |   そ、そんな存在が……!?   |
  /            >、 ̄ ̄ ̄ニュ、  /    ̄                    ヽ______________ ノ
 / ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ       >、 ̄ ̄ ̄ニ〈

           \       \ ̄ ̄ ̄ニj

                \       \ ̄ ̄ハ
               \       ヽ ̄j }
                \       ヾ  ヘ




.  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ     .___ノ{
.  |   その名はエミヤ――  . |  . ハ/    ̄ ̄く
.  ヽ___________ ノ. _/ }      _ - `、__
                          ),  :: _ -=     ア
                       从,,、、´   ,癶~^ =- 「
                       i{__  ,ィtッ  ~^丶 `、
                           八tぅ      __ノ、「
                        人 `__   八{
                         \    ィ-==-===ミ、
                          >-=ニ「:/: : : : : : :_,: :≧s。_

                         __「。s<: :.{: : : : :/: : : : : : : :>s。_
                       /「ニニ/∩}: :{:_,、+´: : : : : : : : : :_jI斗: : >s。_

                      n/_-=ニニ{:.了: :≧s。_: : : : : : : : : 〃: : : : : : : : : }}
                       アニi{二ニ八i」: : : : : : : :ニ=-: : __{{: : : : : : : : : : :}}
                     /ニ_八ニニニ=\: : : : : : : : : : :.厂 i|: : : : : : : : : : :从
                    _j{ニ/ニニニ==二卜_: : : : : : : :/   j{: : : : : : :.__/
                       厂Yニ{ニニニニニニニニニ>s。: :.:/ 仏s<ニ=-、: : 厂
                   /: : :}ニ「ニニニニニニ_jI斗―==ミs。{  V .V .V V_⌒Y
二二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ厂厂厂厂厂厂≧s{   |  .| .} }ノ ノ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ア: : : : j{二二二二ニニニニ=r== ≦八__儿,ノー←'¨¨´

                   /: : : : : :j{ニニニニニニニニニニニニ{
                /: : : : : : : j{ニニニニニニ=====、
                  /: : : : : : : :.j{廴廴廴「: : : : : : : : : : : V
             ./: : : : : : :ィ.j{ア=---={{: : : : : : : : : : : : :V       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          /: : : : : : / j{[=-----弌: : : : : :_jI斗=ミ_八     .|   近い将来現れる錬鉄の英霊だ   |
         /V: : : : : : /__ .j{:.j{       ≧=ニ: : : : : : : : く      .ヽ_______________ ノ
   _jI斗=- ,j{. >-=ニニニニY: :j{        V: : : : : : : : : : .V
=ニ壬_jI斗-==ミ∟⊃「 }_厂 ̄j{: :j{  \       V: : : : : : : : : : :V
ニニニニニ,,,,,____ア亡ノイ    j{: :/    `才「    ヽ: : : : : : : : : :.V
                     j{:.:/     ./  V.    \: : : : : : : : :V
                j{:.:/{[        V.     \: : : : : : : V
                  j{:.:/: {[          .|V   _  -=\: : : : : :.`ミ、
              j{:.:/: : {[芒芒芒ニニニ]|:.Vニニニニニニニ_\: : : : : : : \
                j{:.:/: : : {[¨¨¨¨¨¨¨¨^~]|: :V-=ニ      \: : : : : : :.:\






                                           , ´  /=‐ …‐=ニ\   `ヽ
                                        /   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..    \
                                             :.:.:.:.>───=ミ.:.:.:.:.:.:.:..
                                    /    /.:.:./_ノ⌒¨¨⌒⌒\.:.:.:.:.:.:.       ',
                                      /    / ∠ノ¨´/   ̄`¨¨⌒ 廴`ヽ.:.:.
                                  /    /´ |  :l/ |      /_ } ゝ Ⅵ     ,
                                 ,    イ ,.斗‐ ナ¨´「     / / /ヽ  ヽ:|
     み、未来の英霊……                         | ./|/ -‐八     / ‐-   |/\ :|      |
                                   |    | /  ≠う示ミ \  :{ イ示ミ、   \     :|
     そんな存在を見つけ出すなんて            |    |廴ノ{  {::し}   \|  {ゝ:し}\ /      :|
     イギリスはなんて優秀な国ですの!?      |    lハ ` `¨´         ゞ-'′ノゝ        :|
                                   l   \八{∧      {        /       :|
                                  ハ    \\       __      /    /  ./ i|
                                    /      \\     /   ヽ  厂 r─=彡  ./   .i|
                                / \      / }、       } :{  :|/     /    :i|
                                  /    \   / / \   ー= ′|  :|    ´       :i|
                              /        \   :{  / \_.   < 〉    /       .八
                            f ̄ ̄`¨¨¨ニ=\  ∨     `¨V¨´/    /         \
                             /|    厂二二二| |:\ ',    /{_} ./    /\           \
                               / :|   ./ /      :| |::::::}ヽ} / /ハ}.{    / ::::::「|ー──=ミ     \






  / i   {   | ̄` ´  :| :j  { 、  :i、.ハ   }ヽ},.. 、 ノ
  〈  ! / :从ヘ !       l ハ ト.ヽ、 !:ヽ} j / /.ィ ヽ `ァ
  ヽ.ヘ{  ハ トヽ      :l / ヽヘ_..斗、|- j/} ハ //ハ }ミ、   この英霊はアーサー王と縁が深い
.    ∨{ /._>ミヾ._、 ヽ」/_斗≦ニ . ___..  / リ ヽ .j / .′
   厶ヘ{ハ ヾ¨'モァミ、  ヾニ'ァ弋戈´_ノ´     /.ィ,イ }:ゝ   誰も知らないこの英霊を触媒に、アーサー王を召喚し
     ∨ '    ̄´‐':|    ` = ̄  ̄      / ./}ハ!リト 、 他の参加者を出し抜くんだ……!!
        '.     l               jー' :/ |   }\
.         八     :l                   }:/:/: : :!   :!ヽ
.    ,. -' ´ :ヘ   /                  ///: : : ′  l
  /        ヽ ` 、 -         _  ,.イ '/: : : /     :!
         /ヽ 、___ ... -_‐='' ' ./ /: : : :/    :l

           /   ヽ ` 二二¨ ´    ./ / : : : : /       :l
.          /    ヘ         / / : : : : : 〃      l
         /     ヽ     _..イ彡´ : : : : : : /:′     :l
      /      /「¨ : 7-`:ヘ: : : : : : : : :/ ′       !
.     /         .' .|: : :/三三ニヽ.: : : : : :/ .′       l






               /    /  -――- 丶   \
              ,      ////////////∧   ヽ
          /     //////////////∧

            /      厶イ´ ̄ ̄ ̄ ̄` <',
                 /  /|       |   i| ∨   '    アーサー王をを用意するだけではなく
                 /_ / | |∧    ./| :/ l|  :l     '
             |    | :/〕 ト廴_ 、 ..:/,_j厶斗<|/    ',   既にもう一体の英霊を用意して2騎で数滴優位を得る
             |i 、  i|/.      V.:/      /  / ∧
           . 八 \八〈三三彡. j/  ミ三彡入/  /    完璧なプランですわ……
           /     \\ , ,        , , //      ,
.         /    ∧   \\    '    〈 イ    /    '
        /   /.:∧   l\丶  _ _    ∨   /     ∧
.       /   / . :∧  ', } ト .      イ 〉   .′      、
      ′  :/ / /.: :\ ∨人 >< /|, '  /          \
     /    r――――ァ\〈.  \____/ /  /ヽ ――-- 、
          /|      ////\ /芥\/ X ///∧       |
.           |.     //// / ノ\〃 |i |/  \//∧       !
        /  |     /// / /   〉 ||.八     \ ∧    |








                                     /    r:.、  ,.、      \
                                /     仏、:Y´_;:ヘ        \
                               /     / !{        }          ヾ、
                                〈    { { 人{     / 丿 |       )!
                                  ) / '、 !/ヽ `     /'" ヽ小ノ l}   , イ/
            えっ? 2騎……?          人( l/ヽ{' ¨_ 二ヘ.   ´ ̄ ニ=‐リ  ゝ (
                                从,ハ 弋_倣:!` |    'f鈊‐ュ、/ノ }ヽ 丿
            なんのことだい?            `| ム        |    `゙ ´ ′ /イY
                                 { ヘl      l          〈 ,} |
                                 ヽ,ハ      '            〃丿
                                  >!      ` '"        /イ{
                                    (八   、-── - _,.    /丿{
   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ                         ト    ¨二¨ ̄    /|从
   |   えっ?   |                       l| `、        // |_
   乂_____ノ                        イ{  \     / //::}、
                                    ,../.:::::.....、 ` ¨¨ ´....::::::::::::::/| \
                               / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::::::::::::/ l|  \
                               イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::/  |    }丶、
                         ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿     !  `  、



       :′     :          .'::.::>'  rt 个ー‐´ l i \V  i
       i      i          |/r ''^「 :i l   '.   l | i  i  |
.       |:      '.       :|ノ / l  :|八   ヽ | | l /}  |
      |        ',         |、__/l 八 :| ヽ\i  :/斗<   |   |
      |   :   \      | :/ j/  リ十-- } /ぇぅ :ハ :|   |.  アーサー王の触媒にするエミヤは
.      リ   丶     ヽ     i _,,.斗z≠ォミ.  i / jノ灯゚ i } /  :,'|
     ,′  . : i\    \   l,ィf _ノ^_ji       ヒり  l l/  /i |  既にMi6で召喚済みなのでは……?
.     /    . : :': l: \    \ 八 込ぅツ      ´::::::: i   / j |
    /   . : : /: :l: : : >、    \ ヘ ¨´:::::::::     丶   八 / //.
.   /    . : : /: : :l>/∧\   '.\'、            イ / :// .
  /   . : : /. : :/: {   ヽ \   \.\.   __     /  / ∨/
  /   . : : / ノ::.::.:八   \ \  \.ヽ..   ` ィ /  /  :′
. /    . : : ://ヽ::.::.::.::.\   丶 ヽ   丶i ≧  ィ /  ∧  |
/   . : : /::.::.::.::\::.::.::.::\   ヽ∧    }  V:::.:::.:l  /i:::ハ  |





                                        _,,.  -‐…  …‐- .._
                                   / ̄    ̄¨ヽ、          \
                                ⌒Y 、          \          ヽ
                                  } /^V }           `ーァ    ヽ  ',
                              ' {  「|    ヘ     \     l、 }

                                 { }  j | j{ { i  }    (`ヽ       `ヽ
.   おいおい、何を言ってるんだ君は         .乂,ハリ ノ人ト、ヽ ト、 } } ト、ゝ    ヽ    /
                                   l、-‐__'" ̄リ jノ从小y/`ヽ\ }  〈
.   エミヤは未来の英雄だぞ?                 ;  'iユ'''ァ       j/ /⌒ }  ヽ   )
                                     ,′           )  八      し
.   そんな触媒なんて用意しようもないのを    ...:. /                ,ノ/ { ) } 乂
.   どうやって引き当てろっていうんだ?      ..:: ` ァ          「¨´  从ハルイ/ \
                                  ::  └-ュ          /      //    \
                                  ::  /イ         /   }   /: :/     / 丶、
                                     ,;;/ }    _.. ´    / / : :/      /    `''  .._
                                       `ー '"´   \   / . : : :/     /        `''  、
                                             /ハ/. : : : : :/      /            `''ー- 、
..f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ         /∧: :∧. : : : : :/     /                 i
..|   ちょっと何言ってるかわかりませんわ……. |        '゙  {: :∨_人 : : : /     /           /      i
..乂___________________ノ   _,. ‐'"    , イ 《:::::::》' \/.      /          /         i
                                  /「       / |: :}:::::/ : : /\     /          /           !
                                  / |    /   ,| /:::::{. : :/   \ /          /         i
                                 / │   く   / |/::::::::} :/       \          /            i




                                        ヘ、  -‐ ⌒丶、__
                                     /    ヽ/       \` ー- 、
                                  /              \   \
                                    /    ∧ ハ           \   `、
                                  /     / 、_,厶|          〉   ',
                                  \ ノ人 {     | }  }}       ∨    ',
                                   V{卜 .」   丿人ハ从ハ    ,ハ{   { │
                                       从}ーォj   ‐'' 二,,_ ̄~ │ハ /  \  ', }
  ..君の任務はまず何とかしてエミヤを当てること    ..; `7      、迯ナ'' j/ ノレ'⌒ヽ   ∨
                                       {. /              {:::j }     〉
  ..そしてそれを触媒にアーサー王を当てることだ    .{ヽ 、           ∠ノ/   /
                                      `           /ーrく   く
                                    、 ー- .. __,      /   V}   丿
                                       }   ̄~     _,/    ノハ  }し
                                       {     __.. -‐==ニ二二}ノ}ノ
                                        ̄¨ /                `ヽ
                                 ,.-────-<  -‐…‥‥‥‥…‐-ミ }
                             / : : : : : `丶、 : : : : \       ──--   `丶、
                           / : : /: : : : : : : : \: : : : : :ヽ                `ー- 、
                             / : : /: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : ,                    ', : : \
                          ,/: : :/: : : : : : : i: : : : : : ', : : : : : ,            l     | : : : ヽ
                          {: : :/: : : : : : : : i: : : : : : .' : : : : |            l     | : : : : : |
  \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/ l     | : : : : : |
  ....≫                                                ≪. l     | : :ヽ: :│
  ≪   なんですのそのレアプリで礼装を買う権利を買うみたいな話しは!?! .   ≫

  ....≫                                                ≪
  /Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\







  ┌──────────────────────────────┐
  │  後日、血反吐を吐くような思いでエミヤを手に入れた彼女によって  │
  │  エミヤを触媒にしたサーヴァントが召喚され――…               │
  └──────────────────────────────┘


















                           /l
-<ニ"ヽ 、                  lヽ/l/ '"´―‐- 、
,::::::::::`゙ヽ:::`ヽ、.  _          N          ミ'__.,
::::::::::::::::::::::::::::::\'"::::`ヽ- 、.      l , -‐'"´l_      /
::::::::-―-:、:::::::::::::\:ヽ:::/:::ヽ、      l'  __斗' ヾ、    \
::::::::,r―――‐- 、_:::ヽl:l::::::::ヘヽ   〈 ムイヒテ`   ヽ,r‐、  __\
:::/::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾl:l:::::::::ヽ:l    ノ         }' l   \           _,,. - ..,_
入:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::l   ヽ、_,       , / /`゙`         ,.イ‐-、     丶、 
  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ'ヾ__,-┴ 、    /`'"\/           / i   ',       ハ   
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i`:::::::::::::::::::ヾ 、 / /    l .           ,'  ヽ.  }、       !i   
、    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::ヘ:::ヽ‐'―- 、_l           i   F‐、{ \     ,ィ.!
::ヘ       \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::ヘ::::::\:::::::::l;;;`li         /¨ヽ. l: :l :〉>: `:ー一';ル'   
::::::\       `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l::::::::ヽ::ヽ〈;;;、h      ,..ィi:f:ゝヽ {<ヽ〉: :i : : : :》:}   
::::::::::::\      `ヽ、:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::,::'::::::::::::::::::::/;;;;;l;l:ヽ、   /_;.::l入__、 :l.i: ィt:ッ、シ、 ;.ィfフ    
::::::::::::::::::\       `>;、::::::::::l:::::::::::::/:::::::::::::::::::/ ̄`ヽ.    /:::L.ノ:::i: : :.l: : )): : ̄ : : ,:i `/、
::::::::::::::::::::::::ヽ     /;;l::ヽ`ヽ:::::l::::::/::::::::::::::::::::::::〉‐- 、 /::::/::::::::i::r‐'ハ: : \' i.: : : :._'´: !:/:::::ヽ   
:::::::::::::::::::::::::::::ヽ..  l'"´ l::::::ヽ::::::::l/:::::::::::::::::::::::::::/;`ヽ//:./:::::::::/ト、ー'::::::;\: :\: : ←-`オ:::::::::::::',  
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  l'";;;;ハ:::::::::ヽ'":::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;/;/:::l::::::::::::/::::::l::::\::( ):::/. ̄ ヽ:`ニ/::__::::::::::i  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V;;;;;ノ/;;ヘ::::::::::::::::::::_::_:, -‐'";;;;;;;;;;;;;/;;/::::::::::::::::〈:::::::::i::::::::::>::⊥..__,,.彳ヽ::(_  i::::ノ  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ‐';;;;;;;;;;〉、_ , -‐';l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/:::::/ ̄`ヽレ-、:::\::::::::___:::::\ ll. レ'" /:/

、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ;;;;;;;;;;li';;;;;;;;`ヽ-l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/::/:::::::::::::::ノ:\:::::::::∨  r':__..ノ__ll    〈::}.    
. \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;_>――‐'/;;;;;;;/'<   :::: ̄::::::::::\:::::::}    / i >':´ ̄: 〉、    
  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ;;;;;;l;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/-/"  ヽ::  :::::::::::::::::::::::::)、::\ / l/: : : 、: : /: : }、



                               ┌───────────────────┐
                               │  ロンドンの空にダブルエミヤが舞った  . │
                               └───────────────────┘







            , -――――――― 、

           /   /´  ,r_,,,,,,r-‐-、,,, `ヽ、__,ィ     バカヤロォォォオですわぁぁぁーー!!
            ./    ´   ./,r-――――-\ \
      ー--/        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  \__,ィ
         ./ /     /_ -―――――-,,,ヽ  ヽヽ       そもそも俺はセイバーを救えなかった世界線のエミヤシロウ
        / /     /,⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒,ヽ  ヾヽ      であって、俺を縁にセイバーを召喚するのはなぁ……
..、    ーイ /     ,'  、,/ ∧     } ,、  ',   .V
 \    /  .{     i {   ,/、_/_ヽ,ィ i  .| l ヽ, ト,   }         , -、       ,、    ,、
三/ \  .{l   {     l l  /  V   ヽ l  ./-|'´ } / }   |      /Y´-、 ヽ  ....._l `゙゛‐-' `ヽ、. 、
ニ/  ./\,|i   {     V ,イ    ,   .V,/    ,シ  |   l    /\ \. -=≦"´         `ヽl\
´  / ,i /ヽ  j     ヽ/   ,r=='、      ,r==、/. |  .|   /`ヽ、.ヽ .〉 j. /                   ト、._
 / //  \i、 ヽ   ',  《   》      《   》  l  /l /´⌒ヽ ヽ 〉 /..'">                 ト'/
ヽヽ//     .\  \  .', ヾ==シ         ヾ==シ  , / .|/     \`_,/../              ,、r、 /
 V,,ノ        .\  \. ',     _          /.,イ j      //. \          __  __l.   Y
  ヽ\        ヽ   \,    / V´V´V,l    ./ /.| ,'     __//    /         /-、`v" \ l
  /ヽ,\       ヽ   \  /: : : : : : : : |.   〈 〈 / /    //     .ム_         l   l '   ヾl
  /  \'ー--、     ',   V.〉/: : : : : : : : : |_, <.ヽ` /   //        .彡       〉、    ミミl
. /    /`ヽ、\    l   /T´ー--r-rt-'/  ̄/ー,〉/  //ヽ          ,rヘ<l, -‐,-‐'"         l
/    /   |\.\   ト、  { .|_,/ ̄| |,l l,トヽ /_,ノ / /\i .  \   ..../;;;;;;;;/::::::`ヽ、           l
    /    .|  \j   | ,j  |`ー--,//|,| l,l ヾ〉  .Y / ヽ \   \ /`゙゛<::::::::::::::::::::\_,,_____ノ
   〃  / .|   |.l ヽ, | l  |  |  ,l」_,l.| |.l''''´    | ト、   ',  .\   ....、   /::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  //  /  .,'   l .|  l,l_/ /  .|_>,.l,| |,l  __',  ヽ }   .\.   \


           【フィンを手に入れるために妖精郷にいってサーヴァとアシーン捕まえてこいってこういうことネ!!】







                     ̄ ̄   .
                  / んヘ-ヘ-ヘ  \
                 /   /ニニニニニ∧
              /  / -=ニニニニ=-',   ,
              ,′ /l_l__|l   ∧ Τ ∧   サー・ケイをゲットしてアーサー王確定ガチャを回す
               i\ i八i_八  /-ハ/i / l
               |  Vヘ{i以 ヽ{ 以i}〉/ |  という献策が出ていますが?
               | l l i\〉''  ,   ''/リl  ∧
               | l l l__/、  --  ,Χi  / ',
               | l∧ 〈 i个 -- 个 / /   ‘,
                 _l_∧ ∨「`介´ l7 ∧__  ',
              / 「/  /  i::l /ハ∨::{  {_  `
            /  |i / //::{ i i/〉::::\ \ ! ‘,
              /  /lハ/ --\::l::!/:::::/\/〉|  ',
          // / >-〉iニ   i |  ̄ ニ<_/‐┐ ‘,
            // / 廴二フ!         i 廴彡
        // /  /く<、. : : : : : : . . : : : : :ノ>>   iハ
         i \ i/ |iフ/ i: : :       / / ヽ/|   ノ/〉
         |  \ ノ'厶| i       i // ノ' !__ //,イ
         |>=-- {   | |        | i   ヽ〉 /∠__}




                                     _,,.  -‐…  …‐- .._
                                / ̄    ̄¨ヽ、          \
                                   ⌒Y 、          \          ヽ
                               } /^V }           `ーァ    ヽ  ',
                                 ' {  「|    ヘ     \     l、 }
 ケイはベディヴィエール、ガウェインと共に    { }  j | j{ { i  }    (`ヽ       `ヽ
 最古のアーサー王伝説のメンバーだ        乂,ハリ ノ人ト、ヽ ト、 } } ト、ゝ    ヽ    /
 つまりケイガチャはこの二名が交じる         l、-‐__'" ̄リ jノ从小y/`ヽ\ }  〈
                       _               ;  'iユ'''ァ       j/ /⌒ }  ヽ   )
                  / 。 。ヽ            ,′           )  八      し
                   |l 「 ̄l |           :. /                ,ノ/ { ) } 乂
                  |l l   l |             :: ` ァ          「¨´  从ハルイ/ \
                 r{l l  」 !         ::  └-ュ          /      //    \
                 { l`ー-ーリ         ::  /イ         /   }   /: :/     / 丶、
                 j/\r--ヘ             ,;;/ }    _.. ´    / / : :/      /
                    〈/\).ュュュV^、           `ー '"´   \   / . : : :/     /
                 ヽ\)、ュュュハ \               /ハ/. : : : : :/      /
                    ヽ '.'.   }  |            '゙  {: :∨_人 : : : /     /
                    ヽ ` == イ │       _,. ‐'"    , イ 《:::::::》' \/.      /
                      ',    {  j    /「       / |: :}:::::/ : : /\     /
                    八      ノ    / |    /   ,| /:::::{. : :/   \ /
                     /\\`  /    / │   く   / |/::::::::} :/       \
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

|   ガウェインでも充分アタリでは……? .  |
乂__________________ノ




         _.. -‐…‐- .._
      ´       ⌒¨¨¨``丶、
.    /                  \
  /    _.. -‐-ミ          \
¨´ミ     ´       \              MI6の集めた情報によると
⌒¨`\/                        }
                        ∧   エミヤはクーフーリンとも因縁があるらしい
. { 代,,,/`   il  ! |   |い \\   ` 、  〉
从{⌒¨¨´} i|  il  ! |   |{ }  }  \    }i {  なんでも誰にも入らせたことのない大事な部分に
 ハ   | i| 从V|八 从∧ 厂 ̄ \ 八弋_ クーフーリンの赤光りした長いモノを突っ込まれた間柄とか

.i{ ∧  |八厶斗匕 }/ }ハN/⌒\/⌒ぃ  ハ}`
八{ト .      ¬弋Jカ       r'う i }∨
从ハ代ぅx    ⌒¨¨´         {ブ 从{、
      ]              __/^⌒}ハ
      ]                「    }代¨`丶、
    ∨              八   八, }\  \、         .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.     ` 、¨´          /  }  ,  /   `:、  ヾ 、       .|   なん…ですって……?!   |
        `、`こ¨¨¨´   /    /  /     `、  `、丶、    ヽ_____________ ノ
.        人        ´     /   /      _   `、 丶、
     _/  `¨ア¨´{\    /     /        }     `、
 _..   ´       {  ∨^\xく      /         ´       `、
´     {        |    }{`¨¨¨丶、  '⌒\     /         〉
.    弋,   /  |\/{ハ     }\/     \___/\     /
   , -‐⇒'゙   l/  ∨}ト-イ〈 /       >゙   \ /




                 ,  ´ ̄ ̄`>ー――- 、

                /     ,  ´  ̄ ̄ ̄ハ ヾ\
               /     ´        ∧.V:::::::::ヽ,__
             /          ,    ,'::::ハ V´::::::::::::ヽ
            ,;' ,   ,  /  i   .,;/ ,   |::/::::::/|:/:::::::::::',
            i: /  /  / イ |  / /| :| .|:!ヾミ:::::::/,':::::::::::::i    つまりエミヤガチャなら
            |/  / .//| /| ./| /./!∧ |!  :::/./イ/:::::::::ト、
           / /`Vノ  / `V>/メ、 V:|  :/イ ,':::::::::::|:::、\  アーサー王が当たらなくても
           V/ /Y |!    ヽ弋少卞、ヾ `  /,'_:|.,'ハ::|::::,'::::::|` `  クーフーリンが当たる可能性が高い
             ト-イ ヾ }         ー― '    Yテッュ、::::|:|::/:::::/
            `7∧  !                |><:::::lイ,'::i::(_ノ   ベディヴィエール卿が交じるガチャよりも
            、_) /ト-'|                |!   〉/|::i::ノ`゙´    こちらの方が確実にレアを引けるという訳です
          `Y :|::|:::!           _ ,ノ|  ,// !"

              〉.∧|:::ト、          :::::Y´ ' /:/   _
           !;イ `:::::::ヽ   `ー- ....     , ' /゙7´Y´7::::`ヽ、
            |   :::::::::\    、....` >- // / ,' ,'::::::::::::::::\
.             _| |  :::::::::::::\   \:::〉 /:〈 〈/__/:_.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          i´く´| |   :::::::::::::::::\     .//ハ ト、  |   まずエミヤを召喚するという難問を無視すればですけどね .  |
        ,...--|  `Y!   ::::::::::,r―'> .__/イ|Y゙入」ノ.  ヽ___________________________ ノ_
      // :::::|  :: |:|    〉::::/::ヽ ..::::´:::::::::::::〉/::\  !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿:::\_
  ,r―/ /  / ! :::::|::::  /:::ノ ::::::| :::::::::::::::://:::::::::::\ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:\







                                       / {/////////∧        \
                                        / /彡辷辷辷ミ//ハ      ヽ ヽ
                                    /∠ノー'′ノ   } ト、ヽ.j       :.  ,
                                      / /  ィ^イ   ̄7メ{ {\|         i
                                        /イ/ /|∧ト、 //   ヽ !    ノ  |   '.
                                        || |:, ハ    \      ∨   /   j  :i
  それにしてもエミヤとクーフーリンの                || | V l=彡   ヾ==ィ/   /    /
  ちょっと人には言えない関係まで調査済みとは     || l   l::::: '      ::::::/ /    /  i   |
  我が国の事ながら素晴らしい諜報能力ですわぁ……  || :. 人   r‐ 、   //′     イ     :,  |
                                        || ヽ  ヽ V .ノ /´/    / | i   . |
                                        ヽ  \  !\  /{ /   イL_  | :.     ヽ:、
                                    \  }ヽj | `¨{ ソ  / / }-、 ヽ     \
                                           ∨| | | /〉  / / /:::::::\ \
                                           || | r::´:::/  // /::::::::::::/:::丶、ヽ
                                          , ヘ, へノ:::::/l  〃 /::::::::::::/:::::::::::::::::\ 、
                                         /ニ/ニ  V〈{ | ∧ ./:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\
                                   /ニ/ニ    |:::ヽV  V::::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                        〈 ハ`{    |::::::::ヽ  ヽ:::/:::/::::::::::::::::::::::::::::--::、::
                                   「l:::::ハ     |:::::::::::::\ i\;::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::
                                   |:|:::::: ヽ   |::::::::::::::::::ヽl  }::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::

  【>>313へ続く】


■一方その頃

         , ------ 、
.     /ニ><ニニo-}\
.    /><ニoニ><}__. ∨|

    /Xニoニ><ニo-/⌒<_|
    { o><ニoニ><{ __ レ   どうやらブリテン野郎どもは召喚に
    {XニoニXニoニ∧ ∠f} \  失敗したみてーだな。ザマァないぜ
   人 ><ニoニ>< ∧    イ
.    /\ニ><ニoニ/∧  rf
   / /{ {{>=ニニ二二}___.ノ

  .イ./ \{  {  { { {/ }\
/ //    \{_{ {/}ニ} リ
 ̄/\ニニ二/ /ニニニ/}  }イ
//ニニ∨二ミ /   .// ∧ハ

/  }  ∨ /ニニ  ニ/}  .}
  .ノ  }/     / /// /{
ニニニニ./ニニニニ イ /  <∧
====イ___,.. <ニニ//⌒\∧

_/ \//   /V__ ヽ}
_,.>  く _______/_ノ⌒\ }\l}
     と´_   )ニニ} }ハ}  )



             。 ゚¨ ̄ `ゝ、=。__

             ,ィ ゚――.: : : : : : : : :.r,‐=ヽ_
              /: : :.___.: : : :.ゝ、. >|. 、ゝ<`メ,
            /: : ̄: : : :.>-/:: ´:::|ィヽ`゙-< ゚,
.          {: : : : : : : : //.: :. :. :. :.゚,.: :.ヽ: :.ヽ/=。_________
.           /: :/: : //.: :./ /.}: :.゚,: : :.\::\              >.   いや自信満々のとこ悪いんだけどよ
         V ': : :./: :/: :./. ///l: :./`.l: : |\ ゚,              \
          V : __|://:/, ゚イ‐/-/: / ==-ト,:::| ̄ ゚, ̄  ‐- 。             V  俺たちもローマ皇帝ガチャ引いて
         〈: :け|{ / /  '´゙'/: /  - ' /|: |.        _/ ̄ ゚> 。,_   /   出たのが……
             ヽ\'}     -=='`/ , `=' l. |::|     ,ィ´/|.      ∧ ̄ /
.            '、:::∧。     ´    >   , レ' .<゜`','//,'|.        ゝ、/
           ): ∧ヽ、  ー- ._.. /.</ |,'///////,'|        \
           ゝ__/l >       /'//,V'//,'|,'///////,',l.       __>
       , .<////ト、,。-‐ >‐ './,'///,'V//,|///////// \...   /

      /,'//,'/'//,'/: : 0:::::::::: : /'/////,'V. / ///////////`ヽ,/

.       /'//,/'///,'/::: : /:::::::::/-=。____//,V//////////////
.     ////,´ ̄`ゝ/l: : /: : /'///,'> 。,'////,'V,'////////,'_/
.   /,'/////,'/// l: /::: /,'//////,',/,'////,'/.//////// |

   /'////,l / V,'//,'|ィ /'/////,'> ゚///////,/ /////////,|
  l,'////,'l,'//,'\/ /'///,'.<゚/////////, / /,/////////|
  |/////|,'////,'/´ .< ゚//////// / /,'/////////////,'|


                               > ´  ̄ ̄ `ヽ             {    /: : : : : : : : : : : : . . .     _
                                > ´, < ´  ̄  `ヽ\         ヽ.  ,.' : : : : : : : : : : : : /)./´!-/ }''フ
                            /, <         ___ .} |_       ノ  i: : : : : : : : : : : :/ / _{ !ノ /´
                         //       > ´   __ Vへ \___  .(   : l: : : : : : : : : : :/ .'"´/ | }ノ
   .\__人__人__人__人__人__/      〃        / >  ´   `ヾ}  ト.、`ヽ Y  j |: : : : : : : : : :/    j | ノ: . .
    .≫             .≪              / / .,        !  |ヽ) ', { ム {: : : : : : : : :.j'      ,.イ´: : . .
   .≪   余だっ!! .  ≫           ./  /  メ、   /    !  | '_).ミ} 7:.{ !: : : : : : :.ノ    / : : : : . .
    .≫             .≪          ./  ./  /{/i` ./! -r― |  !  }_).,! /:.:.:.`ヽ: : > ´  , -< : : : : . . . .-‐く
    ./Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\          ,      {/レ'ィ汽. |/j/ .| /| / }j  ! ノ}_)/.':.:.:.:.:.:.ノ }.   /: : : : : : : : : : : : . . .
                         /    ./r | 辷ソ    乃ム / __j彡{_)./:.:.:.:.Y´: :/  /: : : : : : : : : : : : : : . .
                            /   /  ゝ!   _   ヾ沙'イ:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:,): :乂/: : : : : : : : : : : : : : : . ._,,..-
                       /  /     __!  レ'´ `ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
                           ,/レ'     ノ{:.ハ.  ゝ. __ノ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
          .ィ⌒ヽ                  /:.:.:.:.:.:.:.ヽ ___ ,ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ ; ; : : : : }ヽ: : : : : : : : : : : : . . ___
            /    {              二フ亦ィ ニ=―ミ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉 ` ; : : ノ ヽ: : : : : : : : : : . . . ヽ `ヽ
    /⌒ヽ   |    ゝ._            ,ィ´'⌒Y´ )       マ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム             /ヽ     /
    {   ',_  {      `ヽ /`ヽ     /    ゝく           }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..イ ゝヘ.    /}.    /:.:.:.:.\  }
    乂   > ⌒ー=- ..,,____}/   ) __  {    乂_人      ノ{:.:.:.;: <´  ̄      ゝノ}_ノ ヽ.   }  ̄ ´ \ノ
  ー'' ̄> ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾー ノ ) ',   (__)ー-ァ  ̄ ̄ ´ `ヾ/                   \ノ
    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`Y (   ゝ-イ:.:{.v'´ |○ ):.:.:.:.:.:.:./      _
 -‐く く.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ ノ .__/:.:.:}:.:!/`ー}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   _,ノ:.:.:.:.:`ヽ

    ゞ 〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.乂/:.:.:.:.:.:.:,イ:}X二_}○ ):.:.:.∠,,..ィ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー- ..,,_
 ,ゝ-/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ j:.ト、,.--|ィヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー-
  ./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ノ:.レ^ー ヽイ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.








                 ,ィ.  __>: : : :>、__
                | i{. /../.: : : :._。=-_ゝ-=.、
                人'.ゝ...,' l: : :./ ,,/ /: : : :__: :.V
                /_>‐‐、イ`V:.:∨.、: : ィ´: : :`: :ゝ、
  .              ,ィ≦゚.: :. :./.: .:./:.:.:/l: : Y´∧'゚¨゙>。: : ヽ
            /_。=-‐<´: :// : /:.:|: : ∧: ∧ヽ、.:. :. .:.|   まぁ噂よりマトモな性格だったから良かったけどな

           /,イ: :/´: : :>/ ,/ : : |:./l.:. :.:.∧: ∧. \.: : :.ト='
  .        ////: :>l'゚=x /l: : :./|:| l、.:. .:.∧: : :\ \: :|   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  .          '゚ ィ'´/ /`Vl  レ'゙'|: :./..|:i __,X=、: :∧、.:.∧. |.:.|  |   五代目だからOKだ。四代目はダメだ、四はダメだ……   |
           。'<.   |..i /fテiV:.|  ゚,  ,ィ=-、:.∧\.∧|: :ト、.乂_________________________ 乂
  .                l.,゜ 弋ン.Ⅵ     匕..lヤ、∧l,ィv.}: :l}, '
                |.   ̄´ Vl    、'ー'   ヽl ∧l.l'゚   いや四はアタリだろうが
                ゚,    ィ'ヤ      ̄  ´l-'/
                 ゚    ` ‐       /`゙゚      ま、ヘリオガバルスやカラカラが出るよかマシっていうか
                 \   fニニン      /        あれ?ローマ皇帝ガチャ外れ多くねぇか?
                /三´ 、       ,。<         誰だよこの聖遺物でガチャやろうって言ったヤツは

  .               /'/,〈::: : \__ ,。 <::: : /
              f'゚'////,\::::::::::::: > 。,___,l゚゙i\
          _,。 ≦V/////// \:::::::::::::::::: ,-、::/'/,\

      __,。=≦,'////,',V/////// / \::::::::: : ゚ー'::|,'///,'\
    /‐-=。,__////// V,'/////////,',\::::::::l::: : \,'//,'∧゚'<_





               /l::O::/:::O::/:\/:O、
            /_L::::⊥:::-へ:;/::ヽ:::::/:ヽ
           /l:::::::|::::O:l//Vハ::O:::X:::O;ヘ
         /:::l::O:_L:://   Vハ/, 、ヽ:::::::',
         ;' ̄::Τ::/ --─┐ ヽ/  Vハ::::ハ   なぁ、ブリテン野郎どもみたいによ
         ハ:::____l:;' ,.ィ´u ̄i |   ,.ヘ、 } レ' l   このネロを触媒にしたら
.       /{/::O:///.__//  //`ヽ\> },i   もっとスゲーローマ皇帝とか呼び出せるんじゃねえか?
.    .//l::\::://,へ、\\   / 'ーァ V_ノ  i __
    /./  l:O// ,_\::、 \\ //  ハ ヽ ∧ノ ~ヽ
   / /  /レ' /│f弋ゥ、:.、 i\/   ,ノ) f´/  /
   i./ /{/  l/ l uヽ-- ーヽ_ノ_,ィ云テくノ ノノ r‐く f^´
   l/./\  l  i   /   , ハ ヽー'ノ / r‐一__}l      .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   !/ / V´! :     ノ" `| _j`Yし' /__ノ´  ヽ  ......|   いやカリギュラが出てくる未来しか見えねぇよ    |
   { / // ∧   u  ヽ  ノ L._ノ }:::∨           .ヽ______________________乂_
   ∨ / / /  ヽ.   ー 、`__rっ i\人ノ    r'´
   ∨/ ノ  / /∧  `ー ご´ニヲf~´ ^ヽ  V゙
     \/ /// _\___, 亡¨´  `つ  ノ  |
      `ー‐--f f__,ハ    ノ⌒ヽ,. -`ヽ    ヘ
            {   |  〈  /   } \
             |  ゙̄!   y'⌒ヽ  /  __ ヽ
    ,.--、ノi)   l    |   / r‐‐/ / ̄_ ) )
   / <ヽ ノ'^}へ レ -=i /  L_/ '  (_ /__,/
  / )/   ノ| /   ./ '  _/  、_/ 〈
   /∠)へ,.ノリ lノ  , / ,/  /   _,/ (ー'´
     '´ ノ j     //  __,./ , イ   ノ


      _ -===― 、

     /'´   ,へ、―))> ヘ
        ,ィ/ /ア"   ヾ ヘヽ_
         〃 |   |   |.  ヘ.ヾヽ
       ,'/   |   |  |. |    ', ハ l
      /  | ト、 |   ハハ_l  |. }ハ   ほう、叔父上か?
.     /.イ.  V―ト'\ハ",_ レ'  | }ハ
    〃/   lィ==ミ ,   "⌒`l   |Vノ   叔父上が味方ならやや頼もしいぞ。
    {{ ,  |ハ ""  _  |  |'/zzx

.    从l  トム   l´: ̄: :} / l  l:::::::::/  呼ぼう、是非、呼ぼう!!
     l  ハ. ゝ 乂:_:_ノ/.イ ∧ ̄

     |ハ.{   Y 〕> _.イ_ィl| /|::::ヘ    ここか? この召喚陣に乗ればよいのか?
     {  ゝ  〈::|::::|^゙|::::::/イ__|::,斗_
     ,ィ=‐''´ヘ 、::| |::,ィ:::::≧、ニ=-、、

    /i i i i }::::::::::::>、イ::::::::::::::::::ヾ i i i i ヽ      .\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
.>''´::':'~'^^^:::::>'^   ''~`''く:::::::::::::/:⌒⌒:::`―‐く.   ≫                                    ≪
::::::::::::::::::::::::>'´    ,    `ヽ:::::/::::::::::::::::::::::::::::/  ≪   なんかノリノリなんですけどこのローマ皇帝!?   . ≫
::::::::::::::::::::/ ___    V  ___   V::::::::::/:::::::::ァ彳  ..≫                                    ≪
:::::::::::::::::ア´ ⌒ `>、{,ィ´  ̄  >、}:::::::::::::::::ア彳:::::ヽ.../Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
:::^ヽ::::::::{       〈〉        }!ヽ::::::/、::::::/::::ヽ
::::__/ヽ::人    _  〈〉   __.   ,イ/  ¨´  _ノイ:::::::::::::::〉
::::::ヽ   >イ::::::|<  >|:::>-、/:l   /::::::::::::::::::/
:::::::::ヘ   |::::◯ニ><ニ◯:::::::::/  ,イ::::::::::::::::::/

::::::::::::::ヘ.  V::::::::|`‐个‐´|:::::::::::::7 .イ:::::::::::>''"



              __
         x≦´ z=ミ・`>、
        //、_ / /\・Xヘ

          /∠fス´ イ弋ァ }V_|・∧
       /V ヽ_,       |} | ・|ハ   みたせ、みたせ、みたせ……
        /:/} r- 、     //.十十:}
     / 〈 | ´⌒ヽ   / .||・{ ・|_リ

.     ー'⌒|  `      /  {「 「・|/
         人_      〈_イ´二/          \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
         \  イ_..ィ´ | }          ≫                                    ≪
          { 丁  | |   ∨´二77>、    ≪   やめろコラ! ネロだけでもお守り大変なのに! .   ≫
           ハ | | .l  ゝ//   / /  ∧   ≫                                    ≪
         / />---</ /  / /   /  !   ./Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
        / /   / /\/ /\ / /   /  |
    __.. イ / /\ / / \\  / /   /
  /´ // / /\ / /  / /\\/  /



         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \      /!     ,,.rァ
                          / l゙  ,,、r'´ /             ---‐‐‐

             ‐‐‐‐---         |  l_,.r''´   /
                          |    ,.、r'!  /                 -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――          ,,l   ,,r'’  l  /
____________            ./   .l゙   l ./                   -----------
            二二二      / ./!  l!    l゙/             _,,.rァ  === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        r'´  ./ .|  |                   r''´! ./゙ /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐    |   ./  |  |           /| .| ,l / ./    ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                     | ./   |  |              |  | |/./ . /
             ---‐‐‐‐‐    レ'     | /           .| ./  ./ ./   ‐‐‐‐---
                             |./              l/   / ./
               /  /                       ;'_/
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \
           /         /     /        |     i,         丶     \



                  - ─── 、
                /:::::::::::::::::::::::::::::::丶
               ′:::::::::::::::::V:::::::::::::::::::\
                /::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::、
             /l::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::,

             ' l::::::::::::::::l:::::::ト::::::::::::::::!:::::::::::::::::'
             ∥ !:::∧::::::从ル'-\:::::::::l::::::::::::::::::!  天に星、地には悪漢
            i   l:::::找、::::ィ示ア 个:::::::!):::::::::::i:::!  幻想であるはずの男は、拳法と共に創成された。
            ;  i:::::. / \::z-   ノ::::::::l:::::/:::/l:/
            、 八:::丶        !:::::::l:::/::/l レ   という訳でクラスアサシン、燕青だ、ヨロシクゥ
            \ }::::个 ー    ィ::::::人::::(:::V
               }::::Λ _ z≦ V:::::l 从::::メ
               }:∧::/-/ `、   \::\ ヾ..个ー─ 、
               人:! ミ=─  、   ``~/....l ニニニ\
                /  \...\ ヽ    ノ..../二(//)二ニ!   \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
           -=二二≧=、   \...` ─ "´.../二二二二二}-、   ≫                            ≪
         -=二二二二二≧ニ二二二二二>''~7从ト、ニ二ト、::\.≪   なんか中国人でてきた!?!!   . ≫

        -=二二二二二(/X/)二二>''"~ \ 乂;;;;< \=!  \  ≫                            ≪
        -=二二二二二二二>"´