セイバー「今日もアヴァロンで独りプレゼント交換だ……」 (1000)




         /'テ/_'フー'´ ̄ ̄``  `丶、//   `ヽヽ

  .      ,イ |r!ムノ-─‐  /   /⌒ ``ヽ、    ヽ}
       / |,イ,ィ'′     /     /    i ヽ ヽ     ′
       |iヾ{iノ ´ ̄ `  l     / /  〃!|  ! 、ヽ
       {'〈iノ       l   /,/  // ! ||l   i l
       ヾYノ`ヽ、    |   /,イ  // / ,l || l|
       ,(Y)\ `' ‐ 、,|  /'〃 ,ィ,イ /!/| ,リ ,|  ! }
      /::::Y、ヽ \,.- 、!   /ィフ_7ヲ7ソメ〃ノリ /!/
      |:::::::|:ト、\ / '´)|  ||ノ__ヽシツイノリノ ′

      |:::::::|::|:lヽ. ゝ、(l  || ''´ ̄ヾ  イ |´     おやランサーの私、これは入浴剤ですか?

      L;__」‐┘,>ソゝ‐| |  ||         ヽ|
       |:::::|:::|'´/   l |  ||  、 _,  r'´|
       |:::::|:/ー' 、    |l  i||     ,イ   |
       L;/   `ヽ、.|l  |! |ヽ、 _/ | !  |
       ,ノ-‐ 、      i! |'l |     l!|  ,リ
      /     \   'ヽ|ゞ|}`ヽ、___ リ| ,〃
     ./,.. - '' ´ ̄`ヽ、  /!::::〉、  〉 `}/,




          /                ∨ト、
        / /   /    !      ヽ、 YV
        f / /   / ィ / ハ  / |   、 |  } !)
       l〃/| 〃 {l | ! '. !  、ヽ l !  Y{
       |{ l ト lL /|!ト、l  ヽ{\ ヽ厶イ  l })
       iハ∧ハNr升≧ォ|ノ ヽヘ ,ィ≦圷! |イ    ああ、そうだセイバーの私(声色)
         \从{{ ト辷'i       ト辷i }}|   Y
         l| ∧ `ー゚      `ー' ハ   |    そろそろスキンケアは大事にする年齢だぞ(声色)
         l| ノハ """   '   """/:!ll  /
          仆 ヽ、  fこ)   /::、| N、    
           l|  l|::::`ゝ、  _,. ヘ-、:::! 仆::〉
           lト、 j|__//}  ̄   ,ノ  ' | li/
           _ハil|-ァ' { _ <´     |/、':、
         / / |/,ィ-く        , イ  `ー- 、  クルッ
       /  / /:::L_}::\    /       }\
        / { l,イ:::::::/ j::::::::\ /       /   l




        /´     i  、 ヽ、 ヽ、   ヽ____ ミ;ヽ,)ヽ
.      //  i ,  /'i  |\ ヾ_、 i     l    _.iヽ,l
     /イ   l |  l ヽ l,:-<ゝ;>、l   |-‐‐' /K !
      |/l | ! |、 | 、,,Xヾ _,,  i'.|   |r=く /,! 〉  このライオンの帽子はセイバーの私からですか(声色)
      l |、 トx‐!ヾ    ' .、_,,ィ.|  .|'ノ  }/j〈
      ヾ ヽ'i        . ̄  |   |ノ ノノ///   ありがたく使わせていただきます(声色)
          | l`''彳          |   |;ン', '/く
         | l  ヽ _      |  .|ヘ,,/ヽ::\  それはそれとして私以外のセイバーは全て殺す(声色)
        | ヽ  ´ -        |  | |::|:|::i:!ヾ:::!
         |   \         |  l ,ゞソ!:::l:::トノ
         l   l. \  _,. ‐   l  /'´  ヽ!:::|!::|  ,. - ─ - 、
          l    |   `´ l ,. -イ /    ヽr‐;! '´       ヽ,
        ヽl.  |    r' ヘ / /    ///            l
     サッ   ヾi l    /イ::/ヽ '/   / 〃               l
            ヽ! ,ノ'::::i‐!:::::l  /  //   ,.:-‐''      /






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479736095




    , イfン/             ` 、      
    / f ´/                   ゝ― 、   
   ,' 人/      /                ヽ \  
  .l 〉/ー    /    /  /       l   ∧    
  .K´l\   /    /  /   ,イ   l!     l    
.  ∨l      ,    . イ .`/ヽ、 /'/  /.!  l |   
   〈 l    ,イl      |,f子<ノン  ./ | | |    
  / ∧   { (.!  .|  |弋うソ}彡_.イ _..ム  .| |  
  / / ∧  ヽ_l   |  |  `´ ′   _从  .l 人   
 .l l l ∧ ,ミl   |  |         fソ/ン_彡 ´    ふっ……このターキー……(声色)
 .L_lノ/ l∨ l   |  |         }イ  /       
  |   |  l l  .|!  |  |  ` ー 、 ン   ′      どうやら自分のプレゼントが自分に当たったか(声色)
  |__|. ,fレ、 l|  |l |     ..イ   .|
     ノ  \|l  |l ト、- ´  .|    |        無様だな。だがこれもプレゼント交換ではよくあること(声色)
_. <       !l   ト、.!,ヘ-―- 、!  l |
    `ヽ    'リ从ノ.∧!lヽ\  リ  ,リ
     ∧    ,.イ`}⌒{::`:.<. 从ノ`i ササッ
      .∧   /:::::,イ.下`::<::::`i   |
        ∧_〈:::::/イ:::::! `ヽ、_>ヘ  |




             ゞ/ /  / ,ィツ'    \   \ヽ、
              ,/〃 /   / //         ヽ  ヽ/
           ト{i //  //, / / !          l   l\
                i ,トi、,////  l{ |  l     ,  |    l /
              ,/V|イ,/,'ト{/-  |i |  ||   l l|   |ヽ
           l   ハ"/;`メ、  ト、|!  ,|l |、  | | |___ノノ   オルタさん!(声色)
            .l   | {ゞソ,    ゝ|ト;ュ!|'l、|i  ,! !/__,ハ
            |   l///`ノ    /rッ::ト、ヾ|、 ,イ〃-‐ソ ノ    それなら私のプレゼントと交換しませんか?(声色)
              liイ |,   く       ゞ'':ノ_, ゞlレ'/イ´ ̄/イ
    バッ    |l'| |、 、_     ///// l゙|  |ヽイ-┘
          r‐|l l  トヽ  ヽゝ        l |  |丿::\
          /  '!| ,|  ヽ          -ヘト|  |l:ヽ::::::l
        /     ,|i リ  /` ‐‐ '' ´     {||  |:!::}:::::::|
              lレ'  /  ヽ      _, ィ´l|  トゞ-‐‐'
                、 /    ,rゝー''  ̄   ノ| ,イ| ヽ:|
             'ィ:ニ:フ:::::::}       /| / リ  \




                 ,l //              ヽ
              / / ./   /                ' ,
              !. / ./   /                   ',
              ,イ! /   .i /  / ,    /i         l
                i、l /    l////// // l   l      l
               ,!ィ   .ly≠=/、∠/ /  l/l /  !    l  リリィは優しいですね……
               {.l   ム.だ゚:::ハ     / l/.l / ,' ハ. l
                   l    l .乂.ノ      万癶、レ/ ./.,' ヘl
                    l    l           φ゚:::ソ //レ'./
               l    l           ,  `ー´ /  /
          _   l    .l    、           /  i′
       ,イ ̄ ヘー-ィl   i l\     ̄     .イ  .{
      /. ´    ヘ l l  从.l. \  __   ≦、 l   ハ スッ
        |    _    i l 从  lヘ{、   ̄/    | >i.   ハ
        |      \  {ヘ  \{ /`xィ´   /   }il、   i
      |        ! ,} ヘ、 /.:.:.:.∨.:\  /    リ | iレ′


                 ,l //              ヽ
              / / ./   /                ' ,
              !. / ./   /                   ',
              ,イ! /   .i /  / ,    /i         l
                i、l /    l////// // l   l      l
               ,!ィ   .ly≠=/、∠/ /  l/l /  !    l  
               {.l   ム.だ゚:::ハ     / l/.l / ,' ハ. l
                   l    l .乂.ノ      万癶、レ/ ./.,' ヘl     ・ ・ ・ =||8
                    l    l           φ゚:::ソ //レ'./
               l    l           ,  `ー´ /  /
          _   l    .l    、           /  i′
       ,イ ̄ ヘー-ィl   i l\     ̄     .イ  .{
      /. ´    ヘ l l  从.l. \  __   ≦、 l   ハ
        |    _    i l 从  lヘ{、   ̄/    | >i.   ハ
        |      \  {ヘ  \{ /`xィ´   /   }il、   i
      |        ! ,} ヘ、 /.:.:.:.∨.:\  /    リ | iレ′


















             _  __

              />-'-'-=≦-、
             , ´_     ヽ、-,
          / {/⌒ヽ      ∧-,
          ,'         V  Vハ/
         /    /|   |  V  ∨ 〉
          { | | l l | | |リ}  }/   V-、
          从 l|r r、从 /'--r、r、  |:::::|
         | |/{-{ {「Y:.{--- }' ノ | |<-',,

            从lVー 、__ハ 乂  〈| /リ_/  }
        r''  \〉:〉-- }><{ ー '∨   ^'''く
       }  ノ::::/\__,|--|___,∧::ー、,, ハ、       ┌─────────────────────┐
       ノ'' {':::∨\_,|--|___∧:ノ:::V {::\     ..│  他の英霊が座に迎えられる中         .....│
      {   {:::::::\_,ノ_乂___/---、} {::::::'.     │  セイバーさんは独り妖精郷で暮らしている    │
       }  }/ ̄ >======/    乂 {::::::::,     └─────────────────────┘
       乂 ノ{ __/::| |\_/|       } ヽ::::::\
      _/ /::::: /| |:::::::::::::::::\    /乂__ `ヽ::::::\__  __
     {/ /::::: /' ,: /:::::::::::::::::::::| |⌒∨    }_  `ー、_:::::::`Y )
   / ̄_〉- '::::::::::// // ::::::::::::::::::::::| |  }\   /`ー、_,、__`ヽ:ノ{
    ̄/::::::::::::::// //::::::::::::::::::::::::: | |  | |:::⌒∨    /::}   ノ
   /:::::::::::::::: // //::::::::::::::::::::::::::::::V}  } }:::::::::::\_/::::::::>ー''
   \:::::::::::::{{  {{:::::::::::::::::::::::::::::::::| |  | |:::::::::::::::::::/⌒´
     \::::::__|_|、 V、:::::::::::::::::/:::::: | |--j_j__/´
       ̄    `ー\>ー <__//





【テンプレとかそろそろ面倒くさいから過去スレみてね!!(暴言)】

<初代スレ>
セイバー「今日もアヴァロンに独りぼっちだ……」
セイバー「今日もアヴァロンに独りぼっちだ……」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1338656506/)

<二代目スレ>
セイバー「今日もアヴァロンで独りジェンガだ……」
セイバー「今日もアヴァロンで独りジェンガだ……」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410275126/)

<三代目スレ>
セイバー「今日もアヴァロンで独り寝たフリだ……」
セイバー「今日もアヴァロンで独り寝たフリだ……」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445185310/)

<四代目スレ>
セイバー「今日もアヴァロンで独りメールがきたフリだ……」
セイバー「今日もアヴァロンで独りメールがきたフリだ……」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453408854/)

<五代目スレ>
セイバー「今日もアヴァロンで独り◯×ゲームだ……」
セイバー「今日もアヴァロンで独り◯×ゲームだ……」 - SSまとめ速報
(ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467516879/)


■プリンス・アステリオス

アス「…………」ズーン

ヘクト「おやどうしたい?」

アス「ぼく、おうじらしくない?」

ヘクト「ん~……」

ヘクト「誰にそんな事を言われた?」キッ

ヘクト「大方、イアソン辺りだろうけどねぇ」ポリポリ

アス「うん」

ヘクト「アイツも王子として生を受けてたが、王子として教育はされなかった男だ」

ヘクト「それだけに誰よりも王族たらんと努力したのがイアソンという英雄なんだよ」

ヘクト(同じ条件で英雄になった自分と怪物になったアステリオス……)ジー…

ヘクト「これは近親憎悪ってヤツかねぇ……」

アス「ぼく、は、どりょくしなかったなまけもの、で、けもの、なんだ……」ショボーン

ヘクト「でもアステリオスとイアソンじゃ条件が違うからね。人それぞれだとオジサンは思うよぉ~」


ヘクト「イアソンは一人では生きていけない男だからね」

ヘクト「相対評価の中でしか自分を見いだせない男だ。それは人を束ねて使う才能でもあるから」

ヘクト「アルゴー船の船長としては適していたとも言えるケド……」

ヘクト「本人の願う誰もが満ち足りた世界を作る王には向かないのが難点だねぇ」ヤレヤレ

アス「ぼく、も、ひとりは、さみしい……」

ヘクト「は、は、は、オジサンも一人ぼっちは寂しいよ」

アス「ぼく、おうじさま、らしく、なりたい」

ヘクト「アステリオスはアステリオスなんだから、無理しなくていいんじゃないかね」

アス「でも、えうりゅあれといっしょに、ごはんたべるとき」

アス「たべかたきたなかったりすると、えうりゅあれも、はずかしい」

アス「いあそん、いってた。ぼくも、そう、おもう」

ヘクト(なんだかんだ、本人をやる気にさせるアドバイスができるところは流石だね)

ヘクト(いやぁ、勿体無いなぁ。本当に勿体無い。性格が捻じれてなけりゃねぇ)

アス「へくとーる、おうじさま。おしえてほしい」

ヘクト「んぁ!? まさかオジサンに教師役の白羽の矢が!?」


ヘクト「あ~……まぁ確かにオジサン、トロイアの王子だけどね」

ヘクト「結局、オジサンはトロイアを守れなかったからなぁ……」ポリポリ

ヘクト「オジサンは王子失格だと思うぜ。うん。オジサンを参考にしちゃいけないよ」

アス「……へくとーる、てせうすと、いっしょ」

アス「みんな、えいゆうだと、おもってる。ぼく、も、そうおもう」

アス「だけど、め、そらす。ぼく、こまらせた?」

ヘクト「…………」ポリポリ

ヘクト「年長者を困らせることに負い目を感じる必要はないんだぜ?」

ヘクト「まぁ……そういう風に言っちゃう俺って、王子っていうより兄貴なんだろうさ」

ヘクト「だから、オジサンは王子様としてのアドバイスはできないんだな。悪いケド」

アス「…………」

ヘクト(ま、一度パリスを捨てておいて、家族面ってのもブレまくってる話だがね)

アス「ぼく、は、やっぱり、へくとーるを、おうじだとおもう」

アス「おうじ、で、あにき、だと、おもう」

ヘクト「あ~……よせよせ、うん、ま、お前さんはまだ見聞が足りないんだ」ポリポリ

ヘクト「色々見てくるといいさ。そうすりゃ、自分の中の王子像ってのも見えてくるだろうさ」

アス「うん、ありがとう、へくとーる」

ヘクト「へいへい、どういたしまして」ヒラヒラ



■昔はヤンチャだった

アルジュナ「王子らしさ……ですか」

アス「うん。ふたりは、おうじだから、しってる?」

アルジュナ「ふむ……しかし会得すべき教養や礼儀などは」

アルジュナ「その時代、国によって異なるものでしょう」

アルジュナ「普遍的なものなど存在しないのではないですか」

ジーク「そうだな。古代ローマでは食事は寝ながら食べたと聞く」

ジーク「しかし今それをやってはすまないではすまないだろう……」

アス「うぅ……、じゃあ、おうじって、なんだ?」

ジーク「王子とは……か」

アルジュナ「…………」

ジーク「すまない……あくまで所見なので、絶対的な答えだとは思わないで欲しいのだが」

ジーク「俺はネーデルランドの王子として名の通った男でもあったので、参考程度にはなるだろう」

ジーク「少ししか役に立たない男で本当にすまない」

ジーク「経験上、王子とは基本的には不自由なものだということだ」

アルジュナ「…………」


ジーク「俺も若い頃はアチコチに旅をしたが、長じるにしたがい護衛がつけられるようになった」

ジーク「両親も俺の身を案じてのことだろうが……」

アス「いい、おとうさんと、おかあさん、だ」

ジーク「……すまない。君が両親に迷宮に閉じ込められたと知っていながら話すべきことではなかった」

ジーク「配慮のない野蛮な男で本当にすまない」

アス「いい、きかせてほしい」

ジーク「俺は……あるとき女の噂をきいた。誇り高く美しい女の噂だ」

ジーク「逢いたいと思った。あの時の俺はまだ、そういう気持ちが残っていたんだな……」

ジーク「しかし父王と母はかの女のいる国へ俺が向かうのを渋った」

ジーク「女は王女で俺は王子。1つ間違えば戦争になりかねないことを懸念したのだ」

ジーク「俺が一介の騎士ならば、考えなくても済む問題だった」

ジーク「実際、両親を説き伏せて彼の国に渡った俺だが、向こうも俺を警戒していたんだ」

アルジュナ「その姫君とは結局どうなったのです?」

ジーク「俺は武功をたて、王の信を得て、彼女を妻にした」

アルジュナ「その後、妻を兄弟で分けるように言われたりは?」

ジーク「え?」ナニソレコワイ

アルジュナ「え?」

ジーク「つまりだ、王子とは……いや、王もそうなのだが」

ジーク「その行動1つで自分以外の人間の運命も背負っている者の事だと俺は思う」

ジーク「だから俺のせいで多くの人間が不幸になったのは王子としても本当にすまないことだと思っている」

アス「じーくふりーと、は、がんばった、よ」


■拗らせてしまっている

アルジュナ「つまり王子の本質とは、知識や振る舞いといった外に出る面ではなく」

アルジュナ「王子として責任を自覚し、己を律すること」

アルジュナ「修身こそとが王子に必要なことなのでしょう」

ジーク「すまない……俺の言いたいことを綺麗にまとめてくれたのは本当にありがたいのだが」

ジーク「アステリオスの為にもっと簡単な言葉を使って貰えないだろうか。本当にすまない」

アス「しゅー、しん?」キョトン

アルジュナ「……周りに求められる王子を演じればいいんですよ」

ジーク「いや、それはちょっと違う気がするのだが」

アルジュナ「でも私達の人生などそんなものではありませんか」

ジーク「それは……そうだな……」

アルジュナ「…………」ズーン

ジーク「…………」ズーン


アルジュナ「やはり、我々は参考にすべきではないかと」

アス「そう?」

ジーク「他の王子に聞いてみるといい」

アス「……でも、ふたりとも、ぼくのために、たくさん、なやんでくれた」

アス「うれしかった」

ジーク「…………」

アルジュナ「…………」

アス「ふたりが、おうじのせんせい、に、たりなくても」

アス「ぼくは、ふたりが、だいすきだ」

アルジュナ「くっ……無邪気な目で私を見るのはよすのです、アステリオス!!」

アルジュナ「私は貴方に好かれるような善人ではないっ!!」カッ!

ジーク「え?」

ジーク(どうしてここで悪ぶるんだ……?)


■優しい人しかない優しい世界

トリス「なるほど……それで貴方は王子とは何かと訪ねて回っているのですね」ポロロン

ダレ「イスカンダルゥ……」

シグルド「…………」

トリス「しかし我ら確かに王子ではありますが……」

トリス「私とシグルドは父親を亡くし、父の家で育ったわけではありません」

シグルド(もともと北欧では子供は自分で育てない風習だからな)コウコク

トリス「ダレイオス3世も傍流の王族で、佞臣によって担ぎ出されて王になった身」

トリス「そのような我らの身代でよければ、相談に乗りましょう」ポロロン

ダレ「コタエルンダルゥ……」

アス「うん、おしえて。ぼく、りっぱな、おうじ、に、なりたい」

トリス「健気な……」ポロロン

ダレ「意見、モトメルンダルゥ……」

シグルド「では当方に発言の許可をいただきたい」スッ

トリス「ふむ……シグルド殿であれば我らの中でも最も王子らしいかと」

トリス「私自身も耳を傾け、見聞を広めたいと思います」

シグルド「では」

シグルド「アステリオス、お前は王子らしくなりたいそうだな」ジッ

アス「うん」


シグルド「よろしい。ならばセッ●スだ」

ダレ「ダルッ!?」

トリス「なるほど、セ●クスですか……ん? ●ックス?」

アス「こうび?」

シグルド「王子なら女を犯せ」

トリス「いやいやいや……その解答はどうかと」

ダレ「ダルゥ、ダルゥ……」ウンウン

トリス「アステリオスのイチモツは普通の女性には受け止めきれないでしょう」

ダレ「ソコジャネェンダルゥゥゥ……!!」ダン!

シグルド「考えるな。ヤれ」

トリス「前戯やピロートークのできない男性は如何なものかと。ヤればいいってものではありませんよ」

ダレ「ダカラ、ツッコミオカシインダルゥゥゥ!!」

シグルド「この金でソープにいけ」スッ

アス「せっけん?」

ダレ「お前は北方謙三かっ!!」ダン!

ダレ「ハッ!?」

ダレ「ダ、ダルゥゥ!!!」


シグルド「オーディンの経営している店だ。俺の名前を出せばお前にあった戦乙女を紹介してくれる」

トリス「シグルド殿、私にも奢っていただきたい。できれば人妻系の嬢を紹介していただきたいのですが」ポロロン

ダレ「ダマレンダルゥゥゥ!!」クワッ!

ダレ「王子ト性交ハ関係ネェンダルゥゥゥゥ!!」

シグルド「生殖能力のない男は世継ぎになれん」

ダレ「間違ってねぇのが腹立つンダルゥ……」

トリス「ほとんど狂化が解けてるじゃないですか、良かったですねダレイオス王」

ダレ「全然良くねぇンダルゥ!! こんなんなら狂ってた方がマシなンダルゥ!!」ダン!ダン!

シグルド「一介の騎士であれば女性関係は家中のことか、家と家の事だ」

シグルド「しかし王族の女性関係は家臣内の派閥関係や外交問題に発展する」

シグルド「故に王子は女性に慣れておくのが好ましい」

ジグルド「宮中が円満ならば国も円満なのだ」

シグルド「よって女性を楽しませてこそ、王子だ」

トリス「なるほど、流石はシグルド殿。深慮ですね」ポロロン

ダレ「その深慮ってブリュンヒルデとグズルーンに通じてないンダルゥ!!」

アス「えうりゅあれ、も、たのしい?」

シグルド「セック●が楽しくない人間はいないぞ」

ダレ「 や め ろ !! 」

シグルド「…………?」


シグルド「セッ●スが楽しくないヤツは人の心がわからないと当方は考えるが」

トリス「我が王もセ●クスが楽しい……(お風呂場参照)」

トリス「ああ……! 王が人間で私は嬉しい」ポロロン

ダレ「風魔っ! 風魔はドコ!! ツッコミ!!」

シグルド「戦争馬鹿はだいたい女体に興味がない傾向にある」

シグルド「そういう人間は国を滅ぼす。セッ●スで適度に野心を解消するべきだ」

トリス「なるほど。どこぞのライオンハートみたいな男はダメだと」

シグルド「王族たるもの息抜きもまた責務だ。心身ともにヌくのが一番だ」

ダレ「上手いこと言ったみたいな顔やめるンダルゥ!!」

シグルド「だいたい戦で敵の弱点を見つけ突くのも」

シグルド「セック●で女体の弱点を見つけ突くのも」

シグルド「同じようなものだ」キリッ

トリス「なるほど。考える●ックスですね」

ダレ「まず発言を考えるンダルゥ!」

シグルド「日常の中にこそ修行があるとベスト・キッドでジャッキーも言ってた」

ダレ「北欧の英雄がハリウッドに影響されてるんじゃねぇンダルゥ!!」

シグルド「グラムは我が父の剣から生まれて、なお切れ味が増したぞ?」

ダレ「出藍の誉れの先にセック●はねぇンダルゥ!!」


シグルド「当方はセ●クスが全ての源流にあると思うが?」

トリス「ヤらなきゃ生まれてないですからね」

シグルド「セ●クスは気持ちいい。まずコレが先にあり、次に全身運動なので体も鍛えられる。一石二鳥だ」

トリス「スポーツですね、スポーツ」ポロロン

ダレ「女子大生みたいなこと言ってンジャネェンダルゥ!!」

ダレ「ホントの全身運動なスポーツに謝れンダルゥ!!」

シグルド「ブリュンヒルデとの朝焼けまで岩盤耐久密着汗だ●ックスは当方も死を覚悟して望まねばならなかった……」

トリス「ハードですね。無酸素運動ですね」ポロロン

シグルド「あとグズルーンは噛んでくる。裂けるぐらい噛んでくる」

トリス「噛みますか……そうですか……」ポロロン

ダレ「誰もお前の性生活など聞いてないンダルゥ!!」

アス「ぼく、たいりょくは、じしん、ある」

ダレ「 や め て っ !! 」

ダレ「不死隊! 不死隊!! アステリオスを別のところに連れてくンダルゥ!!」

トリス「ダレイオス王……」

トリス「流石に複数人との死姦を推奨するのはアブノーマルすぎるかと」ポロロン

トリス「あと語尾でキャラ付けとかあざといな流石ペルシャ王あざとい」ポロロン

ダレ「この鳥野郎ッ!!」


■そのころ女神

ステンノ「やってしまいましたわね私」

エウ「やってしまったわね私」

ステンノ「どういたしましょうか私」

エウ「流石に心が痛むわね私」

ステンノ「メドゥーサの大事にしていた自転車を壊してしまいましたわね私」

エウ「戦う力のない非力な女神である私達が壊せるとは思えなかったわ私」

ステンノ「カーボンなんとかでとても丈夫とかなんとか言っていましたのにね、あの駄妹」

エウ「それで、どうするの私。メドゥーサに謝るの?」

ステンノ「私、姉が妹に下げる頭を持っていると思っていて?」

エウ「そうね、そうよね。例え私達が悪かったとしても、姉は謝らないわよね、私」

ステンノ「ふ、ふふふ……動揺しすぎでしてよ私」

エウ「ところで私、思ったのだけど」

ステンノ「なぁに、私」

エウ「タイヤの方もパンクしているわよね、私」

ステンノ「よく気づきましたね私」

エウ「でも私、パンクぐらいは一人でも直せると聞いたことがあるわ」

ステンノ「そうなの? 私。でもそんな重労働は殿方の仕事ではなくて?」

エウ「その通りよ私。でもよく考えてみて私」

エウ「二箇所壊れているのを見てメドゥーサが嘆くのを見るより」

エウ「直った部分を見て安心した後、もう一箇所が壊れていたことに気づく方が」

エウ「絶望はより大きいんじゃないかしら? そう思わない、私?」

ステンノ「ふ…ふふ……よい考えだわ私」


ステンノ「ではパンクを直すといたしましょうか、私」

エウ「ええそうね私。パンクは穴の空いた場所にこのゴムのパッチを張ればいいそうよ」

ステンノ「あら、案外簡単ですのね私」

エウ「そうね。ところで穴はどこかしら私」

ステンノ「…………」ジー

エウ「…………」キョロキョロ

ステンノ「見つかりませんわね私」

エウ「見つからないわね私」

ステンノ「そもそもこんな固いタイヤに穴なんて空くのでしょうか私?」

エウ「……もしかしてこれではないかしら私!」バルブ

ステンノ「タイヤの内側に出っ張っている謎のパーツね。私」

エウ「見て私! このキャップを外したら穴が見えたわ!」シューシュー

ステンノ「それに空気が漏れる音がしていますわね私」

エウ「これは間違いなくパンク穴ね、私」

ステンノ「ここにゴムパッチを詰めればいのね私」グリグリ

エウ「修理完了ね。私。メドゥーサがいなくても私達でできるのね私」

ステンノ「当然ですわ。妹にできて姉にできないことなどありえませんわ、私」

エウ「大いに頷きたいところだけど、このタイヤ相変わらず凹んでいない? 私」

ステンノ「修理は完璧だった筈ですわ、私。きっと気の所為ね」

エウ「元からこんな感じだった気がしてきたわ。私の言うとおり気の所為だったのね」

ステンノ「一仕事終えた気分ですわね、私。偶にはこういうのも悪くありませんわ」

エウ「私達が二人でパンク修理したと聞いたら、メドゥーサもさぞかし驚くでしょうね!」


■しゃかりきにペダル回した後はアイスクリーム!アイスクリーム!

茨木「んな!」

茨木「わけ!」

茨木「あるかぁぁぁぁぁぁ!!!!」ガッシャーン!!

茨木「このポンコツ姉共ッ!!」

エウ「な、なんですって!? よりにもよって私達をポンコツですって!?」

ステンノ「メドゥーサならともかく、私達がポンコツとは聞き捨てなりませんわ」

茨木「たわけ! これが! この惨状が!」

茨木「ポンコツでなければなんだというのじゃ!!」

自転車「シクシク…」

エリザ「ふっ……大人げないわよ茨木。この双子芸人には中々楽しませて貰ったじゃない」

ステンノ「ポンコツも芸人もそのままそっくりお返ししますわ、二人共」

茨木「いや返すのはドラ娘一人にしろ。コヤツも昔は同じ失敗をしていた」

エリザ「ちょっ、何バラしてんのよ!!」

エウ「漫才なら新喜劇でやってくれないかしら」

茨木「パンクの1つも直せない女が偉そうに」


エウ「まるで自分たちならできるとでも言うようね」

エリザ「当然じゃない。私達はアイドルなのよッ!!」ドヤッ

茨木「吾はアイドルなどという浮ついたものになった覚えは全く無いが……」

ステンノ「体は浮いてるますのに?」

エウ「そもそもアイドルなら自転車に詳しくて当たり前みたいな言い方はおかしいでしょ」

ステンノ「あれじゃないかしら、私」

ステンノ「ペダル3000漕ぎでどこまでいけるか的な?」TOKIO

エリザ「違うわよッ!!」

エリザ「今のアイドル戦国時代、1つや2つ、語れる趣味がなくちゃアイドルは名乗れないのよ」ファサッ

ステンノ「その発想自体が売れない地下アイドルの発想なのではないかしら?」

エリザ「才能溢れる私はまたたくまに社会福祉法令を暗記したり、サバゲーを覚えたりしたわ!!」

エウ「溢れてるのは中の人の仕事じゃないの」

エリザ「自転車もその一貫なのよ!!」

茨木「吾はホントに趣味でつーりんぐをやっておるぞ」

茨木「走った方が速いが、それはそれ。あの奇っ怪な二輪の乗り物を漕ぐと歩くより楽にスピードが出る」

茨木「座りながら風を切る感覚は不思議なものよ」


エウ「お金のかからない趣味とか好きそうだものね、アナタ」

茨木「自転車はお金がかかるわ!! >>1だってお値段二桁万円のチャリ漕いどるわ」

エリザ「初めてロード買った時にライトやペダルは別で買わなきゃいけない洗礼を受けるネタとか」

エリザ「あるある過ぎて……トラウマが蘇ったわ……財布が軽かったわ……」フッ…

ステンノ「見て、私。このドラ娘、尻尾で床にのの字を書き始めたわ」ゾクゾク

エウ「S心を擽る惨めな姿をしてるわ」

茨木「えい、凹んでいる暇があったらパンクを直してみよ。いいおさらいであろう」

エリザ「そうね……じゃあまずタイヤを外すわ。着けたままでも問題はないけど、横着せずに外した方が楽よ」ガチャ…

エリザ「……って、すでに外れてるじゃない」

エウ「え? それ私達が壊したんじゃなかったの!?」

茨木「骨折と関節外れるぐらいの違いがあるぞ。おそらく持ち主がメンテの途中だったのだろう」

ステンノ「ふっ……勘違いしてたなんて可愛らしいところもあるのね、私」

エウ「私っ!? 裏切ったわね、私ッ!! 絶対私も気づいてなかったわッ!」


エリザ「じゃまずチューブを外すわよー。リムとタイヤの間にタイヤレバーを二本差し込んで、テコの原理で……」グイッ

ステリュアレ「「!?!」」

ステンノ「タイヤの中からタイヤが出てきたわ、私!?」

エウ「ええ、見たわ私。自転車は二輪じゃなくて四輪だったの?!」

エリザ「いや、これチューブだから。ここに空気が入ってるから」ピヨーンピヨーン

エリザ「タイヤってあくまでガワのゴムの部分で、チューブを守ってる部分だからね」

エリザ「このタイヤの中に小石のような異物が混じったり、上から強い衝撃を受けたりして」

エリザ「中のチューブが裂ける訳。パンクってそういうことよ」

ステンノ「……私、まさかあのエリザベート=バートリーが私達に講義をしているわ」ガクガク

エウ「ふふふ……同じ夢を見ているなんて、私達本当に姉妹ね、私」ガクガク

茨木「残念ながら現実……現実だ……ッ!」


エリザ「ゴムに空いた穴を目視するのは難しいから、チューブに空気を入れて、水につけるわ」チャポン

エリザ「タイヤの表面から泡が出てきたら、そこに穴ができてる証拠よ。ほら見つかった。赤マーカーで目印つけておくわ」キュッキュ

エリザ「穴の部分をヤスリがけして、パッチを接着するときに接着剤(ゴム)の食いつきを良くするわ」ジョリジョリ

エリザ「ゴムの接着剤を塗って少し乾かした後、パッチを張って密着させる。これで補修は完成!」ペチン!

エリザ「もう一度水に浸けて漏れがないのを確認。タイヤの裏も異物がないか確認したら」スッスッ

エリザ「チューブがよじれないように気をつけながらタイヤの中に戻して完了よッ!!」クイクイ

エウ「このエリザベート、偽物だわ」

ステンノ「一体誰が化けているのかしら」

エリザ「ふ……ふふ……いける、いけるわね。もはや私は自転車マスターのアイドル!!」ドヤァ

茨木「パンク修理できるだけでマスター名乗れるなら世の中マスターだらけであろうが」

エリザ「なんていうの……成長? 成長を感じるわよね」

エリザ「ハロウィンの時の衣装はオジサマに作ってもらっていたし」

エリザ「ブレイブの時はいつの間にかあんな姿だったけど」

エリザ「今度は私一人でもこんなにできるんだわ!!」エヘン!

ステンノ「あと10歳若ければ微笑ましいセリフなのだけれど」

エリザ「ハロウィン、ブレイブに続く第三弾・エリザベート[バイク]の実装が楽しみだわッ!!」

茨木「排気ガス撒き散らす金時の後で、チャリ漕いでひき逃げアタックするのか」

エウ「チャリンコライダーとかウチの妹の方が先なんだけど。ドラ娘は順番待ちなさいよ。宝具強化みたいに」


■アルジュナ君はコミュ障です(少年サンディー連載)

アルジュナ「…………」

ジーク「…………」

アルジュナ(アステリオスが去って二人っきりになってしまった)

アルジュナ「…………」

ジーク「…………」

アルジュナ(……気まずい)

アルジュナ(な、なにか会話を……)

アルジュナ「あのっ」

ジーク「なぁ…」

アルジュナ「…………」

ジーク「すまない……発声のタイミングが被ってしまって本当にすまない」

ジーク「俺は単なる世間話を言うつもりだったので気にしないで欲しい」

ジーク「君の話を聞かせてくれ」

ジーク「俺のようなつまらない人間に語りかけるんだ」

ジーク「きっと重要なことなのだろう。もし助力が必要ならば力になろう」

ジーク「だから遠慮せずに言って欲しい」

アルジュナ「いや……その……」

アルジュナ(すっげぇ話にくいのですがぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!)

アルジュナ(俺もだよ! その単なる世間話をするつもりだったんですよ!!)


アルジュナ「…………」

アルジュナ「私が授かりの英雄だからといって、私自身が常に助力を求めているとは思わないでいただきたい」

ジーク「そうか……すまない。そういうつもりではなかったようだが、俺はどうも他人を傷つけてしまうようだ」

アルジュナ(助けてぇぇぇぇぇぇ!! クリシュナ、助けてェェェェェェ!!!)

アルジュナ「私は授からずともカルナを殺す自信があったのだ……」

アルジュナ(もうこのままいくしかない!! このまま話を逸して有耶無耶にする!!)

アルジュナ(クリシュナも会話のコツは連想ゲームだって言ってましたし!!)

ジーク「そうか」

アルジュナ「…………」

ジーク「…………」

アルジュナ(終わった!?!)

アルジュナ(クリシュナァァァァァァ!!! 会話途切れたぞクリシュナァァァァァァ!!!)

アルジュナ「…………」

ジーク「…………」

アルジュナ(クリシュナァァァァ!! 沈黙が続いてるぞクリシュナァァァァァ!!!)

アルジュナ(どうしてこうなった!? そもそも俺は、私は、こんな、会話で苦労したことなど……)

アルジュナ(…………)

アルジュナ(……あれ? 考えてみればいつも相手側から話しかけられていたぞ?)

アルジュナ(俺から話しかける時も隣にいたクリシュナが話の切欠を作っていた……)

アルジュナ(……俺はコミュニケーションまで授かっていたというのかっ!?!!)


アルジュナ(否ッ!! 断じて否ッ!!)

アルジュナ(その程度のこと、授からずとも俺ならできるはず!!)

アルジュナ(俺は、私は、アルジュナなのだからっ!!)

アルジュナ「おいっ!」

ジーク「ところで……」

アルジュナ「…………」

ジーク「…………」

アルジュナ(また被った……だと!?)

アルジュナ(だが、落ち着け、アルジュナ!!)

アルジュナ(ここは機先を制す!!)

アルジュナ「そちらからどうぞ」

アルジュナ(よし、これでいつものように受け身でコミュニケーションをとれる!!)

アルジュナ(自分からいくというミッションは攻略していないが、それはそれだ)

アルジュナ(戦場とは常に形態を変えるもの。臨機応変に対応しなくては!!)

ジーク「すまない……先程から尋常ではない汗をかいているようだが、もしや体調が悪いのか?」

アルジュナ(お前のせいだろうがぁぁぁぁぁぁぁ!!)

アルジュナ「……服が少々、厚いので」

ジーク「脱げばどうだ?」

アルジュナ「…………」ダラダラ


アルジュナ「……修行です」キリッ

ジーク「修行?」

アルジュナ「カルナは太陽の力を使います。つまり熱です」

アルジュナ「彼に対抗するために、暑さに強くなる鍛錬を積んでいるのです」

ジーク「そうか」

アルジュナ「ええ、そうです」

ジーク「…………」

アルジュナ「…………」ダラダラ

アルジュナ(無理があるぅぅぅぅぅぅぅ!!!)

ジーク「…………」ジー…

アルジュナ(ほら、疑ってる……というか、コイツ阿呆だと思われてるぅぅぅ!!)

ジーク(インドの服は内側に太陽と同じ温度を生み出すのか……インドだしな……)

アルジュナ「わ、私を見るなっ!!」

ジーク「すまない……失礼だったな……」

アルジュナ「…………」

ジーク「…………」

アルジュナ「…………」

ジーク「…………」

アルジュナ(また沈黙!! どうしてこんなに会話が途切れるんだクリシュナァァァァァァ!!!)


ジーク「…………カルナは」

アルジュナ「ひゃいっ!?」ビクッ!

ジーク「…………え?」

アルジュナ「…………どうかしましたか?」キリッ

ジーク「いや、今……」

アルジュナ「今?」キリッ

ジーク(聞き間違えか?)

アルジュナ「…………」ダラダラ

アルジュナ(なんという……これだけ嘘をとっさに重ねられる俺はやはり悪……!!)

アルジュナ(ドス黒い悪こそがこのアルジュナの本質なのだ!!)クッ…

ジーク「カルナは強い」

アルジュナ「……貴方は聖杯戦争でカルナと戦ったことがあったとか」

ジーク「ああ……何合も切り結んだ」

アルジュナ「私は弓矢なので強さがわからないとでも?」

ジーク「すまない……そういう意味で言ったのではないんだ」

アルジュナ「…………」

ジーク「…………」

アルジュナ「…………」

ジーク「…………」

アルジュナ(俺の馬鹿ァァァァ!!! なぜ自分から会話を斬るような真似を!?)

アルジュナ(そこは意地をはるところではないだろう、アルジュナァァl!!)


ジーク(カルナの言うとおり気高い男だ。今もその眼は遠くを見据えている)

ジーク(おそらく遠大な志を内に秘めているのだろう……)

ジーク「どうやら俺がここにいては邪魔になりそうだな」ウンウン

アルジュナ「え?」

ジーク「え?」

アルジュナ(遂に見切られたぞ!?! "こいつコミュ障だ"と気づかれたぞ!?)

アルジュナ(どうすればいいんだクリシュナァァァァ!!)

ジーク「すまない……俺は何か勘違いをしているのだろうか?」

ジーク「察しの悪い男で本当にすまない。親友にもよくそれを指摘されるんだ」

アルジュナ(むしろ察するな。これ以上俺の心を察するなっ!?)

アルジュナ「わ、私が……」

ジーク「私が?」

アルジュナ「私が全てを答えては貴方の為にならないでしょう」キリッ

ジーク「……!」

ジーク「流石だな、授かりの英雄アルジュナ。その千里眼は伊達ではないようだ」

アルジュナ「カ、カルナと渡り合った男がそう簡単に他人に謙らないでいただきたい」

アルジュナ「私も貴方の事を認めているのだから」

アルジュナ(なんか英霊の座で沢山友達作ってるし)

ジーク「そうか……ありがとう……」

アルジュナ「ええ……」ドキドキ


ジーク「…………」

アルジュナ「…………」

ジーク「…………」

アルジュナ「…………」

アルジュナ(の、乗り切った……か?)

アルジュナ(し、しかしまた会話が途切れたぞ?! どうすればいい!?)

アルジュナ(クリシュナ! クリシュナはなぜ俺を助けないんだ!!)

アルジュナ(いつもいいタイミングで出てくるのに今日に限って!! アイツはぁ!!)

アルジュナ「……お」

ジーク「お?」

アルジュナ「お腹が好きましたね」

ジーク「そうだな、食事時だ」

アルジュナ(……いける!)

アルジュナ(このまま自然な流れで食事に誘い、そこから話題を繋ぐ……!)

アルジュナ(やれる、やれるぞ私! クリシュナがいなくとも俺はやれるのだ!)

ジーク「食事といえば……」

アルジュナ「は、はい」ドキドキ

電話 < PPP...

アルジュナ「!?」ビクゥ!


ジーク「すまない、俺に連絡だ」スッ

アルジュナ「そうですか」

ジーク「…………」スマホスッス

ジーク「カルナから連絡だ」

アルジュナ「カルナから?」

ジーク「実はこの後、カルナ達と食事の約束があるんだ」

アルジュナ「なん…だと……」

ジーク「(食事に誘おうとも考えたが……

ジーク(カルナを敵視しているこの男には返って失礼になるだろうな……)

ジーク「すまないが俺はここで失礼する。では」スタスタ

アルジュナ「え、ええ、ごきげんよう」








アルジュナ「…………」

アルジュナ「…………」

アルジュナ「…………」

アルジュナ「おのれカルナァァァァァァァァァァァァァ!!!」ジダンダ!!

グレンデル「わかるぜ」ポン…

アルジュナ「やめろ、私を仲間を見る目で見るな! というかどこから湧いてきた!?!」

グレンデル「リア充は死ね!」


■友達だから

トリス「……ところで」

シグルド「何か?」

トリス「お店の予約の時はやはりジークフリート名義で?」

ダレ「なにが"やはり"だ。他所の竜殺しに迷惑かけるのはやめるンダルゥ」

シグルド「いや……グラニ名義だ」

ダレ「馬ァァァァァァァ!!!! お前の親友ゥゥゥゥゥゥ!!」

トリス「わかります。私もランスロットで予約しますから」ウンウン

ダレ「鳥ィィィィィィ!!! お前、屑スタンンンン!!!」

トリス「ランスもガウェイン卿の名前使ってますからおあいこですよ」キラッ

ダレ「おあいこになってねぇぇえぇぇぇンダルゥゥゥ!!」

ダレ「太陽の騎士一人が貧乏くじ引いてるンダルゥゥゥゥ!!」

トリス「ちなみにランスは王妃にバレぬよう、家で使っている石鹸を持ち歩いて……」

ダレ「湖の騎士にも誘爆させんじゃねぇンダルゥゥ!!」


トリス「…………」

シグルド「…………」

ダレ「…………」

シグルド「…………行くか」

トリス「……イきましょうか」キリッ

ダレ「猥談で性欲持て余してんじゃねぇンダルゥゥゥ!!」

シグルド「当方、不死隊の分も予約した」

不死隊「わーい」

トリス「流石シグルド殿……懐が深い……」ポロロン

ダレ「アタナトイ共、ゴチになってんじゃねぇ!!!!」

ジグルド「ところでダレイオス王はダレイオス3世の名前で予約すればいいのか?」

ダレ「イスカンダルゥゥゥ……で」



■オッサン3人と子供の正月風景

ソロモン「王子というのは所詮、王の子供でしかない」ポチポト

ソロモン「そんな不確かで、半端に不自由で半端に無責任な肩書きを」アト2マス…

ソロモン「無遠慮に賛歌する世の風習はモラトリアムも極まったという他ないな」アオマスダナ

ソロモン「馬鹿な、スリの銀次だと……!?」

エイリーク「ふっ……いくら知略を張り巡らせてもリアル運がなくてはな」

ソロモン「ぎゃははは……勝ち誇るじゃないか血斧王。背中の貧乏神がなければ様になってるものを!」

アス「あ、もくてきち、ついた」

ベオ「オイオイ、稚内でぐるぐるしてた俺の立場ねぇなぁ……」

エイリーク「ぐああ!? カニ漁場を売り飛ばされただと!?」ウルリンウルリン

ベオ「農林物件を軽視すっからだろ」

アス「しょくぶつ、すき」

エイリーク「しかしだなベオウルフ王。この血斧王が農林物件をシコシコ買い漁ると言うのも」

ソロモン「人は自分のみたいものを他人に被せて見る」

ソロモン「賢き王の子ならば賢かろうと、強き王の子ならば強かろうと」

ソロモン「愚かな王の子ならば賢くあって欲しいと、弱き王の子ならば強くあって欲しいと」

ソロモン「実に短絡的だ」

ソロモン「賢き王の子に強き者が生まれると、力は野蛮と捉えられ、その暴が厄をもたらせないかと怯える」

ソロモン「弱き王の子に賢き者が生まれても、人はその賢さに気づかず、惰弱の輩によって遂に国が滅びるかと嘆く」

ソロモン「理想の王子などは、父王の鏡でしかない。雷光の名を持つミノス王の子」

ソロモン「くだらん……実にくだらんだろう!」ポチッ

ベオ「あ、ソロモンてめぇ、そこにウンコ置くんじゃねえ!!」


エイリーク「父王か……結局オレは父のように国を統一することができなかった……」シミジミ

ソロモン「だからそれがくだらんというのだ。父親の真似をしてどうする。父親の」ギリギリ

ベオ「愛憎篭ってんなぁ……お、特急カード」

ソロモン「だいたい王子とは父の栄光だけでなく影も受け継ぐものだ」

ソロモン「親のケツを拭うのは子の役割とかそれこそ糞食らえというものだ!!」ポチッ

ベオ「だからウンコばらまくなって言ってんだろ! どんだけ妨害してんだよ!!」

アス「ふっとびカード、つかう」

エイリーク「ちょ、待てよ!!」

ソロモン「当然私は千載一遇カードを持っている」フッ

ベオ「おいこら、北海道にオレと血斧王を残すんじゃねえ」

ソロモン「猿が! 排泄物の迷宮で永遠に貧乏神をなすりつけあうがいい!! ギャハハハハ!!」

アス「らびりんす……とじこめた、ちちうえ、ぼく……」

ベオ「つかよー、別に肩書きなんて後からついてくるもんじゃねーの。したいようにすりゃいいだろ」ポチポチ

エイリーク「お前はそうだろうな、お前は」

エイリーク「オレのように嫡男ではないし、オレたちのように兄弟を殺して王位を狙いもしなかった」

エイリーク「王子にして王弟、それがベオウルフの半生だ」

ソロモン「気楽な立場だな。なによりアステリオスのように、肉親に疎まれる事もなかった」

アス「…………」


ベオ「そりゃ俺は恵まれてるだろうがよ」

ソロモン「別にそこの血斧王と違って私は僻んでなどいるものか」

ソロモン「しいていうなら、別にあの男の指名がなくとも」

ソロモン「イスラエルの王になる自信はあったと考えるぐらいか」

エイリーク「傲岸な物言いだが、貴様がいうとそうだろうとも思うな」ポチ

ベオ「だぁ!? お前ピッタリで俺のマスに停まんなよ!」

アス「ごーる、した」

ソロモン「プレイヤー順で貧乏神は血斧王の方だな」

エイリーク「ぶーっ!!」

ソロモン「まぁ、ベオウルフのいう事も真理だ」

ソロモン「痴人の悩みだ。王子であるために何をするべきか?などという命題は順序を間違えている」

ソロモン「この身はダビデの子ではなく、偉大なる魔術王ソロモンとしてここにいるのだからな」

ソロモン「問い直せ。アステリオス、貴様が王子とは何か?と悩んだ理由は何だ?」

アス「えうりゅあれや、みんなに、めいわくを、かけないように……」

ソロモン「違うな」

アス「え?」


ソロモン「動物の分限で他利愛など語るな」

ソロモン「人間であっても怪物であっても、神ですら、皮一枚剥げば欲得に満ちた肉が渦巻いている」

ソロモン「友の苦痛がお前の不利益だから、お前は嫌ったのだ」

ベオ「メンドクセぇな、お前」

エイリーク(あっちいけカード……!!)

アス「ぼくのせいで、みんながいやなおもいをする、のが、ぼくは、たえられない……?」

ベオ「そう思えるやつは充分優しいぜ」

ソロモン「愚かな。貴様のそのイチジクほどの矮小な頭で考えた不利益など、事実に届くと思うか?」

ソロモン「貴様が間違っていようと、貴様の周りの人間が正してくれるだろう」

ソロモン「そのことを厭うような者であるならば、はじめからお前と友としないだろう」

アス「そろもん……」

ソロモン「こうやって英霊同士で煎餅を齧りながら桃鉄やるのに肩書きなどいるまい」

ソロモン「それがお前が欲しかったものではなかt……ベオウルフっ! ポテチ食べた手でコントローラーに触るな!!」

アス「そろもん、ありがとう。ぼく、たいせつなこと、みうしなってた」

ソロモン「全く、一々こうだ。私はいつも、いつまでも、こうして諭し、処さねばならん」

ソロモン「それがソロモンという男の有りy……また銀次だとぉぉぉ!?!!」

エイリーク「ソロモン王、お前の千里眼、曇ってないか?」


                   _,, --- ,,_

               /\/´"''ー‐ '"~´ヽ/\
              //\\      //\\
                 {/   \\I=II=I//   \}
              \    \\//    /
               \r‐=ニ二二ニ=‐,/

                 lヽ 、,_{{ o=     l
                 l \ {{ o=‐' / l        そうだ良いこと思いついた
                 」r、 ) {{ o= / /

               _, ‐'´r‐ヽ }iテi{ 二つ`'‐、_      フェイト・エクステラをアクタスでアニメ化しよう!
            _, ‐'´     ̄)|| Z || 「     `'‐、_
         _, ‐'´     ノ゙) || |o||        `'‐、_
         rく         /,ノ゙) ||  ! ||            )i
         )i、ヽ       /´ ノニ;┐ |O ||         /∧
      // ヽ\     ! /´/{、{,__| ||        //  ヽ‐ 、
      〕\_\ヽ__j/ 八_/´r'゙ |O ||      ///    / |
     // _// /j  l ´ /  |   ||     // /  /  ヘ┐
     ) ̄_//  /l    )イ!   |O ||   //| / /_,, -‐''"  \



                                                _rー――――‐
                                              /´ へ          \
                                              |: |彡〈ヽ        |   i
                                              |: |::::::::''''\  :i\  |   |
                                              |: |::::::::::::::::::\{::::::ヽ! !   !
                                              |: |::::::::;---、:::::::::::::::| |  l|

                            納期さんが死ぬッ!       |: |  ̄ 、__  ̄ ̄ | |.   l|
                                              |: ト  Y  ヽ   | |   |
                                              |: | l\ |__|  ィ | |\. |
                                              |: |八| > - ≦ニニ! |_  !

                                              |: | | .:.:´{!ニ}ムマ.:.:.| :|.:.:.:.;ヽ
                                              |: |´.:./.:/.:.l|.:.:.:.:.:.| :|.:.:./.:.:i
                                              |从.:.'へ_ヘ_l|.:.:.:.:.:.! |.:./.:.:.:.|
                                              |.:}.:.:.:.:.||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ノⅥ.:.:.:.:.!
                                              |.:|.:.:.:.:.||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ |.:.:.:.:.|
                                              |.:|.:.:.:.:.||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| |.:.:.:.:.|

【まさかの6スレ目突入】


■摂氏25度以上であれば"温"泉

エイリーク「アイスランドといえば温泉大国でな」

エミヤ「ほう、そうなのか」

ネロ「むむ、ローマを差し置いて温泉大国を名乗るとは!」

ネロ「だがそれはそれ、余も温泉大っ好きだ! 存分に語るがよいぞ」

エイリーク「語るがよいぞと言われてもな……俺はアイスランドの英霊ではないのだが」

エイリーク「とはいえ、先だっては座のアイスランドエリアに旅行にいってきたばかりだったりもする」

エイリーク「ご先世?であるシグルド様一家と一緒にな」

エイリーク「ちょうどエギルに招待されたこともあってな」

イリヤ「たしか狼男の血を引くアイスランドの戦士よね?」

ネロ「そなたとは因縁があったな」

エイリーク「うむ……まぁそれは後にして、中々良い旅行だった」


エイリーク「そういえば日本では温泉卵や温泉饅頭などを地熱を利用して作るが」

エイリーク「アイスランドでは温泉パンを食べたぞ」

エミヤ「kwsk」

エイリーク「いや、温泉地の砂地の中はだいたい100度なので」

エイリーク「耐熱鍋にパン生地を入れて、砂の中に埋めて一日放置するとふっくら焼きあがるという」

エイリーク「ただそれだけの話だ」

エミヤ「条件的にライ麦パンかね」キラリ

エイリーク「よくわかるな。流石はコックのサーヴァント」

エミヤ「そういうレッテル張りは止めていただこう」

エイリーク「そうか。すまん」

ネロ「うむ、アチャ男は立派なバトラーのサーヴァントだからな!!」

エミヤ「ふっ」ドヤ

イリヤ「まぁシロウがそれでいいならいいけど」


エイリーク「そうそう、動画もあるぞ」スッ…スッ

エミヤ「意外とタブレットを使いこなしているな、この血斧王」

ネロ「アチャ男、必要に迫られると人はなんでも覚えるのだぞ」

ネロ「身内による束縛とか、束縛とか、束縛とか」

ネロ「なんとか監視の目を潜り抜けて独自の連絡網を作ろうと人は頑張るのだ」

エイリーク「ふっ……」トーイメ

ネロ「ふっ……」トーイメ

イリヤ「お兄ちゃんはその手のヤンデレとは関わりがなくてよかったね」ニッコリ

エミヤ「うん……? うん?」

エミヤ「イリヤ、昔、私を人形にs……」

モード「うぉお!? なんだそれ、カッケー!!」


エイリーク「そうそう、動画もあるぞ」スッ…スッ

エミヤ「意外とタブレットを使いこなしているな、この血斧王」

ネロ「アチャ男、必要に迫られると人はなんでも覚えるのだぞ」

ネロ「身内による束縛とか、束縛とか、束縛とか」

ネロ「なんとか監視の目を潜り抜けて独自の連絡網を作ろうと人は頑張るのだ」

エイリーク「ふっ……」トーイメ

ネロ「ふっ……」トーイメ

イリヤ「お兄ちゃんはその手のヤンデレとは関わりがなくてよかったね」ニッコリ

エミヤ「うん……? うん?」

エミヤ「イリヤ、昔、私を人形にs……」

モード「うぉお!? なんだそれ、カッケー!!」


エイリーク「間欠泉の動画だな。7、8分に一度のペースで吹き上がっていた」

イリヤ「モードレッド、外から帰ったら手洗いとうがいしなさいよ」

エミヤ「人形……」

モード「別にいーだろー、それぐらい」

イリヤ「は? モードレッド、貴方、そうやって手洗いうがいをしてないと」

イリヤ「妖怪ナイチンゲールが消毒しにくるわよ?」

モード「オレは叛逆の騎士だからな! 風邪菌に対して叛逆してやるぜー」ドタドタ

ネロ「見事な伯母っぷりだな、イリヤスフィール」ハハハ!

イリヤ「その言い方やめてよ」

エミヤ「人形……」

ライダー「知らなかったのですかアーチャー。姉とは常に理不尽なものであることを」ヌッ


■夏の風物詩

イリヤ「やだー、ブリュンヒルデとグンヒルド返り血で真っ赤ぁ~」アハハハ

エイリーク「ふふふ……あの時は大変だったな」タブレットスッス

モード「いいなーアイスランド、オレも行きてぇー。間欠泉でサーフィンしてぇー」

ライダー「それをサーフィンとは言いません」

ネロ「この黒い霧はなんだ? ペイルライダーか?」

イリヤ「それ洒落にならないわよ」

エイリーク「ああ、それか。それはな……」

エイリーク「蚊だ」

ネロ「カ? 可? 歌……余、歌っていいのカ?」

エミヤ「当家は歌唱禁止だ」

モード「蚊って、アレか? モスキートか?」

エイリーク「ああ。これは血を吸わないユスリカという種だが」

モード「いやいやいやいやいや、おかしいだろ。これ全部、蚊?」

エミヤ「空が真っ黒になっているのだが……蝗害もビックリだな」

ライダー「蝗と蚊のサイズ差を考えると、何万匹いるのか想像もできませんよ」

エイリーク「確か400億匹ほどらしい」

イリヤ「キモッ!?!」ゾゾゾ…


エイリーク「風が少なく、水源が豊富な為、夏になると毎年大量に発生するらしい」

モード「毎年なのかよ!?」

モード「うへぇ……」

ネロ「退治せぬのか? 如何に害のない種とはいえ、これでは景観を壊そう?」

エイリーク「この蚊を食べに魚や渡り鳥がやってくる以上、手をつけることはできん」

エミヤ「なるほど、生態系のバランスというわけか」

エミヤ「豊富な海資源や貴重な森林資源を支えているのだから安易に手を出すわけにはいかないな」

モード「やっぱ行かねぇ……アイスランドには絶対行かねぇ……」

イリヤ(冬に行けば関係ないじゃん……と思うけど、お兄ちゃんが何も言わないなら黙っておこう)

エミヤ(旅行にいくお金も休暇もないからな。何も気づかないでくれるとありがたい)ニコニコ

エミヤ「旅行には行けないが、近くに温泉ができたらしいぞ?」

ネロ「何? 温泉とな! それは是非ともいかねば! いちローマ皇帝として!」ガタッ

ライダー「私も噂を耳にしました。確か……」

ライダー「ほかほか殺戮機構カコ~ントロ~ン・エウレカゴン」

イリヤ「ちょっとスパにあるまじき二文字が混じってる気がするんだけど!?」

エミヤ「ちょっとそのスパに壊れた幻想打ち込んでくる」


■子供の冬は

モード「――って感じで、アイスランドは無しにしてもどっか旅行いきてぇなぁ」ブラブラ

アン「確かにもうすぐ冬休みですし、旅行に行くにはいいシーズンですわね」

コンラ「旅か……」

エリザ「ライブツアー! ライブツアーね!!」ウキウキ

清姫「安珍さまと婚前旅行……うふ…うふふふ……」

牛若「兄上と家族旅行……ふふ……ふふふ……」

アン「いっそ私達で出かけませんこと?」

アリス「駄目よ。ちゃんと保護者同伴にしなさい」

モード「いいややるね! このモードレッド、独りで旅行をしてみせるっ!!」バッ!

アン「冒険こそ海賊の本懐。邪魔をするなら親の農場だろうと焼き払う覚悟ですわ!」ドヤッ

清姫「…ふぅ」

牛若「…ふぅ」


アリス「もぅ……ケイローン先生も何か言って欲しいのだわ」

ケイローン「いいですね、旅行」

アリス「えっ?」

ケイローン「計画を立てることは勉強になると思いますよ」

モード「そーだそーだ」

エリザ「ジャーマネ! ジャーマネの手腕の見せ所ね!!」

ケイローン「もっとも、学生である貴方達は冬休みの前に……」トントン

ケイローン「期末テストがありますけどね」

モード「」

エリザ「」

アン「」

ケイローン「テストの成績が悪かった子は冬休み返上で補修を受けてもらいます」ニッコリ


■剛よく柔を断つ

ヴラド「で? 一部生徒が叛逆して学校に立て篭もっていると」

頼朝「胃が…」キリキリ

アマデウス「正面からはエリザベートの音波攻撃、裏門ではアンが狙撃してくる」

アマデウス「搦手からコンラの投石による側面攻撃と、予測不可能な牛若丸の遊撃部隊の出陣」

アマデウス「がっこうぐらし!ここに極まりって感じだね」

ダ・ヴィンチ「いやぁ、見事な陣地作成だね。私が建築したイモーラ要塞を思い出すよ」

ガウェ「学校の備品の損壊を気にしないのであれば私がゴリ押しで捕まえてくるのですが」

スカサハ「まぁ待て。生徒共の籠城の手腕っぷりを見るよい機会だ」

ダ・ヴィンチ「ケルト脳は置いておくとして。専門家としてはどう見る?」

カエサル「ふむ……それは私の舌鋒をもって開城させるとしたらという意味かな?」

カエサル「それとも工兵を持って包囲持久戦に勝つという意味だろうか」

カエサル「どちらにせよ攻城戦は内部の指揮を崩すのが要」

カエサル「心を折る戦いなのだよ」

ヴラド「それは守勢側もまた然りなのだがな……」


頼朝「忍者、忍者に破壊工作をさせる」キリキリ

スカサハ「誰が対魔忍か」

アマデウス「いや普通に風魔君でしょ」

メフメト2世「船、船を山越えさせる」ヌッ

オデュッセウス「木馬、木馬を中に侵入させる」ヌッ

秀吉「城、城を一夜で目の前に立てる」ヌッ

ヴラド「攻城ジャンキー共が集まってきおった」

メフメト2世「げぇ、ワラキアの悪魔っ!?」ビクッ

ガウェ(心を折る……つまり私のガラディーンで学校を吹き飛ばせばよいのですね)スチャ

ダ・ヴィンチ「ねえちょっとガウェイン君。キミなに聖剣を構えているのかな?」

ガウェ「…………」ザッザッザッ

ダ・ヴィンチ「さっき言ったよね? 備品壊しちゃうからキミは何もしないでって」

ガウェ「…………」ザッザッザッ

オデュッセウス「ダメだコイツ、アイアスと同じ顔してるや」


■僕にはアビシャグがいるから必要ないけどねby常勝王

エミヤ「ふむ校舎全壊の為、しばらく休校のお知らせか……」

エミヤ「休校中の授業は冬休み中に登校して埋め合わせとな?」

ケイ「それでモードレッドは頭抱えて涙流しているのか。自業自得だな」
                           _
ロビン「おーい、言われたものってコレ?」つ( ゜)
                            ̄
エミヤ「ああそれだ。やはり蔵にあったか」

トリス「おや、一体それは何に使うものです?」

エミヤ「ああ、これはだね、こうして……」コポコポ

玄奘「ぎゃってぃ! 今日も今日とて英霊の集まるエミヤ邸で」ドタドタ…

玄奘「私が仏法を説きにきたよ!!」ガタン!

ケイ「見計らったようにおやつ時に来るな、高僧」

トリス「今日のおやつはドラ焼きですよ」ポロロン

玄奘「ハムハム……あれ? シロー、それ手に持ってるのって」

エミヤ「下の名前で呼ぶのは止めてくれないか?」

ロビン「コイツの使い方を知ってるのか。流石同郷」

エミヤ「キミもモードレッドと一緒に学校に通うかね? ロビンフッド」

トリス「まぁまぁお隣なのですから文化を共有してても不思議ではありません」

エミヤ「それはそうなのだがね。国によっては洒落にならない発言だよ」

玄奘「コホン!」

玄奘「まだ日も暮れない内から寝ちゃおうだなんて、そんな怠惰はお釈迦様は許しませんよ!!」

エミヤ「……? なんのことだね?」


玄奘「だってこれ枕でしょー! おやつ食べてお昼寝してなんてゴロゴロした生活!」

玄奘「うらやま……駄目なんだからっ!!」ビシッ

トリス「ほう、これは枕だったのですか。随分硬そうですが……」

エミヤ「いや、これは……」

玄奘「へぇ、羅馬から西の枕はこれとは違うのね? これはね、こうやって……」

エミヤ「あ、おいっ!!」

玄奘「ぎゃっていっ!?!!」ピョーン!

玄奘「熱いッ!! なにこれ火焔山!?!」フーフー

ロビン「いやそりゃそうでしょ。だってコレ、中に熱湯が入ってるんだもの」

玄奘「熱湯!? なんで枕に熱湯なんて入れるの!?」

エミヤ「いやだから……これは枕ではないのだ」

玄奘「枕じゃない? 陶器製で穴の開いているコレが?」

玄奘「またまたぁ~。どう見ても邯鄲の夢に出てくる枕じゃない」

エミヤ「なるほど……それと勘違いしたか」

エミヤ「しかし流石は唐代一と言われた大僧・玄奘。道教にも詳しいのだな」

エミヤ「これは湯たんぽだ。中国にもあったと思うが」

玄奘「ん~……あ~そんなの流行ってたような、いなかったような……」

ケイ「湯たんぽの記述は唐時代から見受けられるそうだからニアミスだな。知らないのも無理はない」

トリス「流石ケイ卿、博学ですね」


エミヤ「中にお湯を入れ、布団を温めたり、足元において冷えないようにしたり、抱いて眠ったりする道具だ」

エミヤ「最近はすっかり寒くなってきたからね」

エミヤ「こうしてタオル等を巻いて温度調整をするんだ」クルクル

ロビン「なるほど、こいつは温いな」ホカホカ

トリス「…………」スピー…

ケイ「こんな原始的なものを使わなくともコタツがあるだろう、コタツが」

玄奘「ダメダメ、コタツで寝ると風邪ひくんだからね!」

エミヤ「ああ……我が家にも一人……」

天井 < はっくしょん!!

ロビン「……まだ屋根裏に棲みついてんのかよ、アッシリアの女王様は」

ケイ「棲みついてる上に、いつの間にか持ち込んだコタツから一歩もでないぞ、あの毒婦」

トリス「…………」スピー…

玄奘「どうしてそんな風になっちゃったの……?」

エミヤ「どうしてだろうなぁ……」

ロビン(おたくが追い出さないからでしょ、この駄目家主)

ケイ「あと何故か知らんがカルナが差し入れにくる」

ロビン(ジナコってるから……)

エミヤ「最近のマイブームはトロピコだそうだ」


■屋根裏を見ると住み着きたくなりません……?

清姫「ストーカー的に考えて」

パトラ「せめて蛇的に考えてとお言いなさい!」

エレナ「マハトマよね」ヌクヌク

セミ「我がトロピコだけやっていると思われるのは癪だぞ」

セミ「マリ◯メーカーもやってる」キリッ

パトラ「屋根裏でコタツムリになりながら何を言ってるんでしょうかね」

パトラ「女王としてこの生活態度を鑑みることはないのですか!」

セミ「本来の私はこんな感じの小娘だった気がするということでどうであろう」

セミ「そう、今の我はセミラミスリリィ……オンネスの元へ嫁いだ頃の私」

セミ「何も知らないうら若き清楚な乙女だった頃のセミラミスが」

セミ「そのまま成長したらというIFなのだ……ぶあっくしょん!! ティッシュテッシュ……」ガサゴソ

パトラ「清楚という言葉の意味を辞書で引いてから発言しなさい!」

エレナ「マハトマよね」ヌクヌク

清姫「私、少しお花を摘みに……」ゴソゴソ

エレナ「マハトマー」ヌクヌク

セミ「最後のファラオよ、ティッシュが空になったので新しいのとってくれ」ズズッ…

パトラ「自分でやりなさい」


セミ「我はこの空中庭園の主ゆえ、動けんのだ」

パトラ「屋根裏部屋にあるコタツを城を言い張りますか……」

エレナ「マハトマだからね」ヌクヌク

セミ「実際空中にあるし、電気代もエミヤシロウ持ちだし、問題あるまい」

パトラ「大いにあるでしょうよ! 特に後者は女王として恥ずかしいと思わないのですか!」

セミ「何を言う。搾取こそ支配者の特権であろうに」

エレナ「それはちょっとマハトマじゃないかなー」ヌクヌク

セミ「ふん……クレオパトラよ、貴様はそのようだから自分の国を滅ぼし…へっくち」

エレナ「完全にマハトマよね。コタツで寝るから」

パトラ「さっきから貴女はどこのローマですk……セミラミスゥゥゥ!! コタツで鼻を拭いてはいけませんん!!」

セミ「一々小言が五月蝿いのぅ……」

パトラ「もはや女王とかそういうレベルではなくてよ! 貴方には女性として矜持がないの!?」

セミ「ふっ……女は男が見てないところでは女である必要がないのだ」

パトラ「貴女、同性に嫌われるタイプでしょう?」

エレナ「まは…とま……」ヌクヌク

パトラ「こっちはコタツに思考回路がやられているのですけどっ!?」

セミ「だがコタツから出ればどうなることか……見よ、その部屋の隅を」

パトラ「は?」

清姫「」チーン…

パトラ「ひっ!?」


セミ「変温動物である蛇がコタツの外に出れば寒さで冬眠するのは自明の理……」

パトラ「」チーン…

セミ「おやまぁこの小娘気絶しておるぞ。年代的に我がコレを小娘というのはどうかとも思うが」

エレナ「マ」ヌクヌク

セミ「何かあるとすぐ気絶するのは如何なものか。ファミコンじゃないのだから」ペチペチ

パトラ「裂きイカで頬をペチペチするのは止めなさいッ!!」

セミ「イカ臭いのでペチペチされるのは良いのか?」

パトラ「突然のセクハラ!?」

セミ「んん? 念願の女子トークだぞ?」

パトラ「そういうのではありませんから! 」

パトラ「確かにそれも女性同士のあるあるトークですけれどもっ!」

パトラ「そういうのではなくて! もっと、こう、貴女だって歴史に名を残した美女なのですから!」

パトラ「もっとファッション的な! 華やかな感じの話題を!!」

セミ「そういえば昨日からパンツ変えてない」

パトラ「ダメだぁぁ!! この人、女子力にキノコ生えてるゥゥゥ!!」

セミ「マ◯オメーカーだけに」

パトラ「貴女の頭の中マメクリボーですか!?」

セミ「流石に脱ぐわ。痒いし」モゾモゾ

パトラ「お風呂入りなさいッ!!」


セミ「ん~……湯汲みするにはコタツから出なければならぬから……」

パトラ「今の貴女はカメムシ以外の何者でもありませんね……」

セミ「あ……トイレも行きたくなってきた……」モゾモゾ

パトラ「そうです、それです。シャワーは我慢できても排泄行為は我慢できません!」

パトラ「結局コタツから出なければならないのですから、トイレのついでにシャワーを……」

セミ「ペットボトル、ペットボトル……」ゴソゴソ

パトラ「いや、催してるのに水分とってどうするのですか。ほら、早く出なさい」

セミ「ん……」モゾモゾ

パトラ「???」

パトラ「空のペットボトルをコタツの中に持ち込んでどうする気なのです?」

パトラ「それはコタツではなく資源ごみの袋の中に……」

セミ「……ふぅ」ジョロロロロ…

パトラ「えっ……」

セミ「我は時々、このペットボトルこそが聖杯なのではないかと思う」

パトラ「えっ?」

セミ「マジ便利」ポイッ

ボトル < 聖水入りだよ!

パトラ「」バタン!

パトラ「」チーン…


■アダムスブリッジ

ラーマ「アッシリアの女王は実際にノコギリを持つより、ゲーム機を持って建築をするのが好きらしい」

山口「まぁ、アレだよね。同じ棟梁でも向こうはCAD使いっていうか。建築士?」

山口「鋸挽きは男のロマンだよね、ロマン」

ラーマ「余も日曜大工を嗜む者として、アッシリアの建築様式には興味があったのだがなぁ」

山口「石積みはリーダーの方が詳しいんだけどねー」

山口「はい、四方かま継手の出来上がり」

ラーマ「おぁ、見事なものだな」

松岡「俺も手伝ったかんね?」

山口「木槌で叩くところだけな?」

山口「っていうかやっぱ職人さんみたいにはいかないよね。結構隙間とか出ちゃってるし」

ラーマ「いや趣味でこれだけできれば十分だろう」

ラーマ「余もシータと森で暮らしていた折、自ら家を建てたが、実に粗末なものでな」

ラーマ「あの時の余にタツヤ程の技量があれば、シータに苦労をかけさせなかったものを……」

山口「いやー、離婚した身にはその話、キツいんですけど」

松岡「あにぃ、それ俺らもコメントに困るんだけど」


ナラ「しかしラーマ様の言うとおり、一介のアイドルがこれだけ大工仕事ができるのは立派ですね」シャリシャリ

山口「とか言いながら直してるしw」

ラーマ「ナラは猿の身といえど、父は天界の工匠ヴシュヴァカルマン」

ラーマ「この者がランカー島へ続く橋を造ってくれなければ、余もシータを救うことが叶わなかったであろう」

ナラ「山口さんよかったらウチでちょっと修行していきません?」

山口「マジ? インド建築技術を学べるとかラッキーだね。松岡、ちょっと言ってくるから茂ちゃんのお守りお願いね」

松岡「あにぃインドになるなんてバンドじゃスティーブ・フォックス以来だよ」

山口「おめぇそれガンダーラ言いたいだけだろw」

松岡「あにぃがインドってことはもうTOKIOがインドってことだからね。俺もインドだよね。パープルだし」

ラーマ「いや、お主はなんかローマとかフランスの匂いがするぞ?」





ネロ「へっくち」

アストルフォ「へっくち」


■いい湯だなアハハン

                                   カポーーン…

: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|
: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|
: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|
: :|: :|: :∧∧ : |: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :| //|:.:|: :|: :|: :| //|:.:|: :|: :|: :| //|:.:|: :|

: :|: :|: (゚Д゚,,) :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|     |:.:|: :|: :|: :|     |:.:|: :|: :|: :|     |:.:|: :|
: :|: :|: i|l!l!.:|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|     |:.:|: :|: :|: :|     |:.:|: :|: :|: :|     |:.:|: :|
── ililj!  ─────── 、l: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|: :|
~~ j!li|!~~~~~~ //| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄貞占 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄貞占 ̄ ̄ ̄ ̄貞占 ̄

               // /      [:::O:::]      [:::O:::]      [:::O:::]
               // /
              // /                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.           // /                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // /              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.     // /                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.__ // /           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___/ /               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__ :|./        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


清姫「ふぅ……目が覚めるようですわ……」

モード「実際寝てたからな。冬眠してたからな」

清姫「モードレッドさん、温泉に連れてきていただきありがとうございます」

モード「お礼ならメドゥーサの野郎に言えよ」

ライダー「この時期、蛇は辛いですからね。あとモードレッド、私は野郎ではありません」

フラン「アー…」ヌクヌク


ライダー「新しくできたスパだけあって綺麗な作りですね」

モード「広いしなぁ」ソワソワ

清姫「ええ……それに何より……」

清姫「男湯に安珍様がおりますわ!!」キラン!!

フラン「?」

清姫「あの塀から立ち上る湯気に交じる匂いは間違いなく安珍様のものっ!!」ハァハァ

フラン「ヤー…」チラッ

ライダー「蛇は嗅覚が鋭いですから……」

ライダー「ちなみに蛇の舌にはヤコブソン器官という特有の器官があり」

ライダー「鼻だけでなく舌でも匂いを感じることができるのです」

清姫「ハァハァ……安珍様……安珍様があの塀一枚の向こうに……」チロチロ

フラン「ウー…」イヤナヨカンシカシナイ


■ほかほか殺戮機構カコ~ントロ~ン・エウレカゴンのオーナー

メデス「むろん私だ」

メデス「人類史上最高の学士であるこのアルキメデスがこの銭湯のオーナーである」

パラP「そう、銭湯……ここは銭湯であって温泉ではありません」

パラP「ただの水道水に副オーナーである錬金術師のこの私」

パラP「パラケルススが作った温泉の元を混ぜたもの」

パラP「それをアルキメデス氏のレンズによって温めた偽造された温泉なのです……」

メデス「オープン以来、誰もこの温泉が天然であると疑っていない」

パラP「ええ……良かれと思って普通の温泉よりよりリラクゼーション効果のあるものに仕上がってますから」

パラP「温泉偽称など細やかな嘘だと言えましょう。ええ……」

パラP「温泉だと思えばこそプラシーボ効果でさらに効能アップという事もあるのですから」

メデス「天然の温泉など既に解析も理解も済んでいる」

メデス「この程度を機構、作り上げるのは造作もないこと……」


パラP「流石ですねアルキさん」

メデス「その喚び方は止めろ、副オーナー!!」クワッ

パラP「親しみを込めてみたのですが……残念です」

パラP「むろん、尊敬も込めていますとも。同じ人間を愛する化学者として」

メデス「その時点で認識違いなのだよ」

パラP「ふむ……ええ、確かに私などは化学のみに長じた単細胞生物」

パラP「貴方のように実地の建設まで行える稀代の学士と同列に語るなどと……失礼をば致しました」」

メデス「わかって言ってるのか、そうでないのか……まぁいい」

メデス「ふっ……今回は機能美だけでなく造形美にも多少拘ってみたのです」

メデス「別に万能の天才などと名乗る芸術家に対抗した訳でもないが」

メデス「この英霊の座においてほかほか殺戮機構カコ~ントロ~ン・エウレカゴン以上のスパは存在しえない」ニヤッ


■エウレカヘブンⅠ

清姫「こ、こ、こ、この壁にちょっと、ちょっとだけ穴を開ければ……」ハァハァ

清姫「安珍様の……安珍様の……ら、ら、裸体が……」ハァハァ

清姫「し、しかしそのような……そのような……ああ! はしたない!!」

清姫「覗きだなんてできません! できませんわ!」イヤイヤ

モード「ぷっはぁ!」ザバーン

ライダー「モードレッド、お湯に潜るのはマナー違反ですよ」

清姫「契りを交わす前に相手の裸を覗き見るなんて、そんな破廉恥な真似……」ブルンブルン

清姫「でも…しかし……何かの……そう、何かの事故で穴が開いて……」

清姫「偶々……そう偶々、生まれたままの安珍様をこの目に焼き付けてしまうことも」

清姫「あり得ないとは言い切れませんわ!! ええ、私が偶々壁に向かって吐いた炎が」

清姫「ちいぃぃぃさな穴を、壁に、開けてしまう……そこに一切の煩悩はなく」

清姫「むしろ! そうむしろ運命なのでは!?」

清姫「愛し合う男女を阻む壁が偶然によって貫かれるのは運命と言えましょう!!」

モード「堅いこというなよー。今オレ達以外誰もいないんだしよー」ザバザバ

ライダー「潜るだけならまだしも、泳ぎ始めたとあっては私も魔眼を開かざるを得ませんね」カッ!

モード「な、なにぃぃ!! 大人気ないぞぉぉぉ!!」ビクッン!

ライダー「大人だから子供を躾けるのです!!」

清姫「そ~っと……そ~っと、火力を絞って……」チロチロ

モード「うぐぐ……これぐらい……魔眼なんかに負けやしねぇ!!!」グググ…


ライダー「流石の対魔力ですね……フラン、手伝ってください」

フラン「アー…」ザバザバ

モード「なっ、フラン、オレたちダチだろォ!!」

モード「くっそ、離せ、離しやがれ!!」ガシッ

清姫「お腹の中に火を溜めて、細く、長く、履き続けるように……」ボボボ

ライダー「モードレッドは血の気が大ぎますね……少々吸血しておきますか」ニヤッ

モード「それで大人しくなるわきゃないだろうが!!」ジタバタ

ライダー「ふふ……私の好みではありませんが、嫌がる相手を手篭めにするのは気持ちが高揚しますね」ジリジリ

フラン「エー…」ヒキッ

モード「くそったれ!! 魔力放出3倍だ!!」ボウッ!

ライダー「どこの界王拳ですか!?」

ライダー「このままでは温泉を壊しかねません、フラン、全力で抑えてください!!」

フラン「……」コクン

フラン「■■■■■ーーーーー!!!!」バリィバリィ!!

モード「おいちょっと待て、フランの全力って電k…」

ライダー「しまった!? こんな水場で放電なn…」

フラン「■■■■■■■■■■!!!!!!!!!!」ビリリリリリリリ!!!

モード「あばばばばばばばばばば」ビリリリリリ!!

ライダー「おぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼ」ビリリリリリリ!!

清姫「ひゃいいいいいいいいいいい!?!!」ビリビリビリビリ!!

清姫(あっ…)ボッ

清姫(貯めていた炎が全部外に……)ボアアァアアァ!!







       パチパチ             ,'
ゝ.;:_:_;:;:_:_;:;:_;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:||(:';:;:;:;:                .::... .   . .':::;:, .:.
ミゝ、___/\二`>、;:_:___',;:;:;:;:)); :_=----......__   ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
ゝミミミ / /\\  ̄7 \――};:;:;:/(;: :―三,ィ=‐--,,,..三三,kニ 人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
彡彡/ /lll;lll;ll;\ \i\  ,' ノし': :ヽ;:;:;:-,-,-,-,-,-,-,-,-,n  ィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
彡/ /ll;ll;ll;ll;ll;ll;ll;\ \ ((,イ: :  :: :V);:  ,',',',',',',',',',','7,','_ 人      て:;;':. パチパチ
/ /l;;l;l;l;l;l;,'    ;l\ \ゝ: :   : :(ノ};:  \,',',',',',',','|,人)ヾ; 从      (::..

;/;;;;;;;;;;;;;;;(:';:;:;:;:  ;;;;;;;;;\|ヽ: :: :  : :: :/; ;',',','\,','_ノ  _人  (,_ ソハ   ,ゞ.:.
:_:_;:__',;:;:;:;:));:;:;:;:__;:;:_:;| ゝ;:;;::;从;ノ;:__:__ヾ从 (⌒    ゙ /⌒    (: :.
_;:;:_――};:;:;:/(;:;:;:;:―_;:;:_:_;:┴;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:    _;:;:_:_;:;:_:     .    火:.::ノ  ):::...
_;:;:_:_;,' ノし': :ヽ;:;:;: :_;:;:_:_;:;:_:_;:;|; ||三三ミ|_;;:_;:;:_:_;人     .,;,.,    `ヘ/

_;:;:_((,イ: :  :: :V);: _;:;:_:_;:;:_:_;:;|; ||_三三|_;;:_;_,ノ     .,.,;   ;,,.,    (  _
_;:;:_ゝ: :   : :(ノ};: :::_;:;:_:_;:;:_:;:;:|; ||三二t|_:`ヘ(   从;:  .;       ;,   ∨(
_;:;:_|ヽ: :: :  : :: :/;:;:;_:_;:;:_:_;:;:_;:|; ||[三:   _)    ,;        ;,   从
_;:;:_| ゝ;:;;::;从;ノ;:;:;:;:;:;:_:_;:;:_:_;:;:|; || 三二|⌒ヽ   .;:          :;,   ノ_イ
_;:;:_┴;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:   / ̄/ ̄ ̄`!;;;;;;;;;;;;;;|__人ノ,   ;:           ;;   /
_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:__|  i;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;/;|_;ヽ    ;        .,ノl火)   'ヘ,
_;:;:/ ̄ ̄ ̄/l:_;:;:_:_;:;,ィ´⌒i;;;;;;;;;;;;;|;;/,.,火_)i_从   ;:           ;;   火/(_
_;/_;:;;_;;:;;:;_/__:_;:;:_:_;:_|ミ_ ノ..{   {    ._ノLノl    ;       l(    ;   ヾ.,_从
             ` ┴―┴――`     、从_                 ゞ_人_

                     "゙"''`ー;、从_ノ(_.,;:.)ヘ    )L从_;:,火,.;:ー'"゙⌒


メデス「私のほかほか殺戮機構カコ~ントロ~ン・エウレカゴンがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーー!!?!!」




■幕間Ⅰ

パラP「なんとか全焼で済んでよかったですね」

メデス「どこに良かった要素があるというのだ、ふぅ…ふぅ…」

メデス「いや、問題ない。修正可能な範囲だ。火災保険には入っていた」

メデス「そして今回の教訓を鑑みてより完璧な設計によって」

メデス「ほかほか殺戮機構カコ~ントロ~ン・エウレカゴンは蘇った」

メデス「そう……どこに出しても恥ずかしい無秩序色欲まみれの最低英霊の存在すら計算に入れた」

メデス「万全を期したスパとなった。そういう事だ」

パラP「ええ……私の目からみてもこれは素晴らしいスパだと思います」

パラP「しかし……」

パラP「温泉を偽造する為の装置の維持費に加え、この改装費用……」

パラP「入浴料だけでは採算が取れないのでは?」

メデス「もっともな疑問だ。しかしその解は既に用意してある」

メデス「スパとは湯船に入ってそのまま帰る空間の事ではない」

メデス「足元を見た価格の風呂上がりの一杯、どこでも売ってる市販品に温泉のプリントをしただけの土産モノ」

パラP「なるほど、食料品や物販によって入浴料以外の収入を得え、赤字をペイするのですね」

メデス「話がはやくて助かるな、錬金術師」

メデス「人間は“ここでしか手に入らない”というフレーズに弱い。時間と土地に縛られた希少性が飢餓感を煽り」

メデス「購入意欲を煽る。単純な計算式だ。私もそれを利用することにしよう……」

メデス「この特売で購入した1個9.8円の卵を温泉で温めるだけで1個200円の温泉卵になる」

パラP「なんという暴利でしょう……しかしそれによってお客様が多幸感を得るのであれば」

パラP「私から言うことは何もありません。ええ、それがお客様の為ならば、私は沈黙しましょうとも」

メデス「お塩と醤油はタダで使わせてやるさ……」


■エウレカヘブンⅡ

エリザ「血じゃない普通のお風呂も偶にはいいものね~……」ストーン

アルテラ「お風呂はいい文明……」ストーン

荊軻「これで酒があれば尚良いのだが」ストーン

マタ・ハリ「あらいいわねぇ~。温泉に入りながら一杯……」タユーン

頼光「まぁここは露天ですから。絶景は酒代わりになりましょう」ドユーン

荊軻「いやいや絶景こそが酒の素晴らしい肴だけにな」

頼光「金時ー、金時ー、ちゃんとお御髪は一人で洗えてますかー」

頼光「はやり母と一緒に女風呂に入りませんかー」


男湯 < 洗えるに決まってんだろー!

男湯 < 大将ー、俺ァもう一人前の男なんだ。頼むからやめてくれー!


エリザ「そうよ、そうよ、何考えてるのよ! 男を女湯に入れようなんて!」

マタ・ハリ「あら~…私は構わないわよー。うふふ」

荊軻「金時の身体なら見苦しいということもないだろうしな。くっくっく」

エリザ「痴女だわ! 痴女がここにいるわ!!」

エリザ「ちょっと、向こうにいくわよ。ここに居たら痴女が伝染るわ!!」グイッ

アルテラ「んぁー」ホカホカ

頼光「痴女だなんて……私は母として……」

マタ・ハリ「ねー」

荊軻(やはり酒が欲しいな……)


マタ・ハリ「だいたい痴女だったら混浴の方に行ってるいわ」

荊軻「うん? そうなのか?」

マタ・ハリ「女湯があるのにわざわざ混浴に行く必要はないでしょ?」

マタ・ハリ「あれはカップル専用ね」

頼光「金時、母と一緒に混浴風呂に生きませんかー」

金時 < 行 か ね ぇ !!

頼光 (´・ω・`)
















エリザ「まったく、恥じらいってものがないのかしら、あの連中」

アルテラ「ん? 何か浮かんでいるぞ」

エリザ「へ? 網……?」ザブザブ

エリザ「――の中に大量の卵? どういうこと?」

エリザ「誰かの忘れ物かしら?」

アルテラ「卵も温泉に入っているのか」

エリザ「なーにをメルヘンなこと言っ……いえ、案外そうかも知れないわね」

アルテラ「???」


エリザ「本で読んだんだけど、卵って親鳥が温めて、そこから雛が生まれるらしいわ」

アルテラ「ああ、そうだな」

エリザ「この卵も温泉で温められている……つまり?」

アルテラ「雛が孵るのか? これ全部……?」

エリザ「そうとしか考えられないわ!」

エリザ「なんてこと……私、アイドルだけじゃなく探偵の才能まであったなんて!」

アルテラ「こんなに沢山の卵から雛が孵ったら大変だな」

アルテラ「網の中から逃げられないしな」

アルテラ「…………」

アルテラ「悪い文明だな」モギッ

エリザ「あ、いい事考えちゃった。ステージ演出で私の登場と共に鳥がバーって飛び立つの!」

エリザ「いけるわ! サイケデリックだわ! ヒッチコックだわ!!」

エリザ「私はヤノーシュ山の吟遊詩人! 白い翼に囲まれて、血染めにしながら歌を奏でるの!!」


エリザ「よしよし、じゃあここにある卵は全部私が頂いちゃうわね」

エリザ「どうせ忘れ物なんだし、私が有効利用してあげる」モギッ

エリザ「ん、結構重たいわね」

アルテラ「問題ない。この方角なら、私の城の厩舎が見える」

アルテラ「あそこに向かって投げる。藁はいい文明。ふかふかだ」

アルテラ「その後はディートリヒに卵を温めさせる」

エリザ「アンタ、使える部下持ってるじゃない!」

アルテラ(ディートリヒで名前あってたか?)ムムム…

エリザ「じゃ、あそこまで投げるわよー!!」

アルテラ「フォトンエッグ・ティアドロップ!」ブン!!

エリザ「バートリ・エッグ・エルジェーベトォ!!」ブン!!


■幕間Ⅱ

メデス「このどこに出しても恥ずかしい最高最低の無能サーヴァントがああああああああ!!!」

パラP「目玉商品である温泉卵の紛失により今月は赤字ですね」パチパチ

メデス「ふう…ふぅ……何故だ、何故有精卵の知識を持っていて無精卵の知識がないのだ」

メデス「何故! 何故! 何故! 魚が切り身で海を泳いでいるかの如くの発想!」

メデス「一体どこまでゆとりなんだ! いや無知は想定内、計算の内だ」

メデス「行動、その行動が思考と結びつかない!! それぞれなら予測可能な言動が」

メデス「あの雑竜娘の脳症から発せられた不可解にして不愉快極まりない信号パルスは」

メデス「奇天烈に歪曲した神経系を通って、私の数式を破綻させる!」

パラP「アッティラが加わることで予測不可能領域は二乗に広がりますね」

メデス「普通は! 他者との接触によって行動は限定され、予測しやすくなるものだろうが!!」

メデス「ふぅ…ふぅ……いや、そうだ、その通りだ。そもそも私があの娘を出禁にすれば良かった」

メデス「その程度の理解、把握……アレ自身をトレースする事が不可能ならば!」

メデス「元より領域の外に出せばいいだけのこと! それを学んでいた筈だったのに」

メデス「私としたことがスパ新築による精神高揚で見落としていた。それだけの事……」


メデス「そう、そうだ……看板一枚で事足りるではないか、ふははははは」

メデス「ドラ娘の入店お断り!!」

パラP「特定のお客を出禁にすると評判悪くなりませんかね」

メデス「問題ない。ドラ娘の測定不能っぷりは周知の事実。例えマトモな竜種の英霊がいようとも」

メデス「それを上回る愚か者がいるならば、世間も理解する。いや、理解せずとも構わない」

メデス「あの愚か者どもがもたらす被害を算出すれば、多少の悪評で被る被害よりも大きい」

メデス「これは損切りだ。パラケルスス、お前も魔術師ならば理解できる筈ッ!!」

パラP「そうですね……時に犠牲は必要です」

パラP「しかし問題を起こすのは常に子供。分別がつかないのも仕方ありませんが」

パラP「これからは子供の客には監視の使い魔を付けることに致しましょう」

パラP「損切りも大切ですが、リスクマネジメントも大切ですから」

メデス「ああ、そうだな。その両輪で。というか、なるべく子供ではなく大人の客を呼び込むように宣伝するべきか」

パラP「子供料金では儲かりませんからね……子供はもれなく親を連れてくるので軽視するのは経営上ベストとも言えませんが」

メデス「高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に数式を用意するんだ。私のように」

パラP「はい、オーナー」


■エウレカヘブンⅢ

シータ「すみません店員さん、入浴料なんですが……」チョコン

パラP「代金は入り口の券売機から購入していただくシステムになっていますよ」

パラP「ほら、あちらに」


イーヴァル「お袋ォ!! 子供料金で入ろうとするンじゃねェ!!」

アスラウグ「女はいつまでも若く見られたいものなのよってアスラウグはアスラウグは乙女心を理解しない長男に呆れてみる」

イーヴァル「お祖母様も何かいってくれよ」

ブリュ「シグルド……私はこの自動販売機というものを知っています」

ブリュ「当たりが出たらもう一つ貰えるのです」

シグルド「そうなのか。ブリュンヒルデは博識である」

イーヴァル「夫婦揃って世間知らずかッ!! オーディン設計ミスってンだろォ!!?」」


シータ「はい、それはわかるのですが……」

シータ「男性、女性、子供、それぞれの値段が書かれたスイッチがあります」

シータ「しかし鷲の入浴料を書いたボタンがないのです」

パラP「鷲?」


ジャターユ「シータ様、それは違います。私は禿鷲です」

シータ「そうでしたね。ところでジャターユは男湯と女湯と混浴のいずれに」

ジャターユ「はっはっは。このジャターユ、禿鷲の身であることをいいことに女湯に入るようなスケベ爺ではございませんぞ」

ジャターユ「それにもしシータ様と御一緒に湯汲みなどしたら、ラーマ様に殺されてしまいましょう」

パラP「……入らないという選択肢はないのですか?」

シータ「え? まさかこの温泉、鳥類禁止でしたか!?」

パラP「ドラゴンは出禁になったばかりですが……」

パラP「ふむ。確かにオーナーは鳥類禁止令は出していません。ならばどうぞ男性料金でお入りください」

ジャターユ「おお、ありがたや、ありがたや」

シータ「ラーヴァナから私を救い出そうとして負った傷を温泉で存分に癒してください」

ジャターユ「兄も湯治につれてくればよかったですかのぅ……」

パラP(いい鶏がらスープがとれそうですね……)







パラP「……という感じでしたね」

メデス「なぜ鳥が温泉に入るのを止めなかった……ッ!?」

パラP「???」キョトン

パラP「いい鶏ガラスープがとれますのに?」

メデス「拘るな!?」

メデス「くっ……心底頭痛がする。錬金術師など計算しやすい類の筈であったのに」

パラP「それは情報不足でしたね。そう、情報不足はいけません」

パラP「ちゃんとデータを集めずに思い込みだけで行動すると」

パラP「人の死を積み重ねて天使でも生まれるのかなー?なんて勘違いをしたりします」

メデス「そうか、つまり貴様は天然なのだな」

パラP「…………いえ」

パラP「私は化学調味料も肯定しますよ?」

メデス「スープから離れろと言ったろうがぁぁぁぁ!!」


パラP「はい、大学士アルキメデス……貴方の人類史上最高の頭脳の中に」

パラP「私の新たな情報――魚介スープも嫌いではない」

パラP「という事をインプットしていただけると幸いです」

パラP「あと麺はバリカタで」

メデス「誰がラーメンを注文したというのだぁぁ!!!」

パラP「スパにフードコートはつきものですから」

パラP「ご覧ください、オーナー」





ライダー「まさか貴方がパズルボ◯ルをここまでやりこんでるとは思いませんでした」カチャカチャ

カルナ「付き合いでな。俺のような面白味にかける男には、延々と繰り返される作業ゲーがお似合いだ」カチャカチャ

エレナ「へえ面白いじゃない。私もパ◯ルボブルのエレナちゃんと呼ばれた女よ! ライダー次私ね」

エジソン「ふむ、作業ゲーとな。私の耐久EXの出番かね?」

ドゥルヨーダナ「なぁなぁ落ちゲーよか格ゲーしようぜ、格ゲー」

秀吉「パズ◯ボブルは落ちてないのでは?」


壁|アルジュナ(また友人を増やしているだと……カルナめっ!!)

壁|壁|グレンデル(孤独が望みと言いながらライバルのリア充っぷり嫉妬する……最高だぜアルジュナァァ)






アイフェ「コンラ、スカサハのヤツはどうしたんだい? 先に女湯から出ていった筈だけど」ホカホカ

アイフェ「あの女、相変わらず烏の行水なんだから……」

コンラ「師匠ならもう二刻はマッサージ機に座りっぱなしです」パチン

コンラ「あ、父上それ二歩です」

ランサー「歳寄りは温泉きたらお湯よかマッサージ機に座ってる時間が長えもんだろ」

< ゲイボルク・オルタナティブ!!

ランサー「ぎゃー!?!」

アイフェ(コイツ、息子に負けそうになったんで盤ひっくり返すためにスカサハを挑発したな……)






イーヴァル「クソ親父ィィ!! 杖ついてる相手に全力で卓球してンじゃねェェェ!!」ゼェゼェ

ラグナル「はっはっはっは!」

アスラウグ「それにしてもお父様とお母様遅いわねってアスラウグはアスラウグは」

アスラウグ「卓球で汗を掻いた夫と息子にもう一回温泉に入ってくることをすすめます」

イーヴァル「それな」

シグルド「……もう少し長湯するべきだったか」

アスラウグ「あ、お父様、お母様」

ラグナル「いや気にしないでください。どうせ家帰ったらアスラウグと一戦交えるんで、どのみち汗だくです!」

イーヴァル「もォいっぺン蛇に噛まれて死ンでくれねェ親父」

ブリュ「それじゃあお家に帰りましょう」

アスラウグ「はーい」

アスラウグ「あ、お母様、混浴ってどんな感じでした? 女湯とは違う作りだった?」









パラP「――と、このように我々の温泉郷は大変繁盛しています」

メデス「ああ……まぁ当然ではあるが」

メデス「不確定要素である竜種の入店を禁じた以上、全ては私の手のひら」

メデス「どのような客がこようと既に事象は予測済みだ。あとは確認という名の観測のみ」

メデス「例えば北欧はオーディンが作りし最終決戦兵器であるシグルドなど」

メデス「計算が容易な個体と好例と言えるでしょう」

メデス「そう、もはやこのほかほか殺戮機構カコ~ントロ~ン・エウレカゴンに不備はなく不明もない」

メデス「均整のとれた計算式は自律的に稼働する機関に等しい」

メデス「私のスパは健全に運行され、評判を産み、利益を算出しつづける」

メデス「ふふ……実に下らない。下らないな」

メデス「人間性の存在しない数列を積み上げた式の結果が、効率化した社会性の檻とは」

メデス「完成した数式が現実に応用されたとき、私は虚無感を覚えずには…

鈴鹿「ちょっと番頭さん、混浴ありえなんですけどー!!!」バン!!

鈴鹿「明らかにザー●ンらしき白濁が鬼浮いてるんですけどーーー!!」クワー!!

田村麻呂「いいから隠せ」スッ

メデス「ああ゛ああぁ゛ぁああ゛ぁああ゛ぁ!!!!!!」

パラP(オーディン最高傑作の精液ゲットとは魔術師冥利につきますね)

メデス「あの竜を殺すしか脳の無い予言をコロッと無視する脳髄スカスカの氷猿サーヴァントがぁぁぁぁぁぁ!!!!」

                  

       _          _              _       _
     |_|_i___r‐、_|_|i______i|_|__.r‐、___i_|_|

  | ̄         .{ミ{                  }ミ}.        ̄|
  |.   _____{ミ{____________}ミ}_____    |
  ヽ二 i ̄| l─‐.{ミ{i.─| ̄|l──────l| ̄|─i}ミ} ─ l |  | 二 7
     |  | |  |{9! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!9}|   | |  |
     |  | |  |                      |   | |  |
     |  | |  |   竜属性の入店を禁じる.     |   | |  |
     |  | |  |                      |   | |  |
     |  | |  |______________|   | |  |
     |  | l     ̄ ̄l ̄li ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄il ̄l ̄ ̄   .| |  |
  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l

  |_________________________|

    ̄/ ̄//ヽ> ̄ ̄ ̄|_|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||_| ̄ ̄ ̄< ヘ ̄丶 ̄
    ./_///                          \、ヽ_ヽ
   └‐┘´                            `└‐┘

            
                                  /i
                              / l

                                |  \  _,   - 、
.                              乂    `        `ー‐- 、
                             _, ィ´   ___         `ト __ ,
                         -=ニ___   |                  <´
                              / ,  V               :    `ト 、,_
                             /  / /ィV、   ト , __     |  T ¨´ ̄
                           / ,  〈 /  Ⅵ    / ∨   |   l
                          / イ    Ⅵ三三Ⅵ、   l三Ξ/   ト、  \
                         ' ´  |  ハ l       \ |   }   :| )   \
.                              l /} /ヽ . :     `   /   | /   ト 、\
.                             リノイ \.:: :: 、―― ,   /ィ   k'    l
.                               l  ``ト ≧=チ__ ィ/    ,}   {\l
                                λ   ト、ノ_/..:`メ、__/,イ   /イヘ   \
.                              /:::l ィ  ト、}_,イ:: : :.{`'// |  /::::::::::∨ 、ー
                              入:::::ヽ/_,ィf´< .:: >`ー' 、 l /::::::::::::::::〉  \
                            ///\/ ∨ニニ> <ニニイニニl/へ:::::::::::/     \
                           _`)/// `" \::::∨:::::|三三} 〉  \ /\

                          //////`i` ̄´iーー'ヽイ´⌒イメ 、_,ィヽ/´
                        /////////`⌒´/' ̄ヽィ'    { l  / / ソ


【一人だけ入店できずにいるすまないさん(三臨以降)の図】



⌒`'<:i:i:i:i〕iト , _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ⌒⌒⌒7_ノ^\__  `'<:イ
‐-    _ ̄¨冖¬‐-:i:i:i≧=- _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_  -‐…‐- ミ_: : : : : : : : : : : (_  -‐=彡
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧=‐- ‐…‐≧=‐-:i:i:i:i:i≧=- _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、: : : : : : : : : : ⌒⌒>‐‐⌒⌒

⌒¨冖¬‐-=ニ二_:i:i:i:\__⌒\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ : : : : : : : : : : : : : : i : : : :(       r‐‐r‐~、: : : ) : : : : : : :(i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i\______/:i:i:i:i:i〕iト ,_⌒  `¨¨¨¨¨¨¨¨´⌒ .  . . . . . . . . \  _  |i   / . .⌒⌒ヽ_,ノ. . . . . . . . . . . . .⌒⌒Y:i:i:



:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/〕iト ,_                     _‐=\   _ /=‐_                       __
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト ,_     _ -=ニ=-_Ξ           Ξ‐=ニ=‐        ‐‐=ニニニ ‐‐=ニニニ
ニニニニニニニニニニ==‐‐‐     ‐‐――━━━━==ニニ二二_       _二二ニニ==━━━━──‐‐ ‐=ニニニニニ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
…‐‐ --::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ‐‐ --.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ::::::::::::::::::::::::::_:::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
ニニニニニニニニニニニ冖冖¬¬…―‐ --: : : : : : : :_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
ニニニニニニニニ==‐     ⌒⌒⌒ _            ̄ ̄⌒⌒ ¨ ''冖¬―‐ --: : : : : : : _: : : : : : : ___: : : -‐--: : :__
ニニニニ=‐ ̄ ̄ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: \ ___  -‐………… 、     __   ‐=ニ=‐ ̄                ̄
ニ=‐  ̄:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :⌒⌒ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :   :: :: :: :: ::\           _ - ‐ --   -‐―
 ̄:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::   :: :: :: :: :: :: `⌒⌒⌒⌒⌒ ̄:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::    :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::






        ,____、__
      ヘ// ̄\\`丶
     //i/    \\|
     //丿       丶ヾ
    〆′r-‐‐‐‐‐-、 ``、_
        ̄i´゛゛゛゛゛゛`ヘ‐‐--ゝ  まさかの叙述トリックだったとは(違う)
      ノ      }}
     ノ´丶‐‐----{{                 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

   ソ____、      '\                 |  また来年のクリスマスも三人で海を見に行こうね!×3   |
  /〟---、、       ! ヘ`i                ゝ__________________________,乂
 /´ ̄`丶 ヽヽ    !! ` 、   ああ、そうだね……

 |    丶 l.l.i     ! i ¦




























                 \人_从人__从_从人__从人_人从_人从ノ/
                  >                     <
                  >   ってうり坊じゃねえか!!   <
                  >                     <
                 /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒YW⌒WY\

     三人の              愛らしい子供が             海辺でさよなら

        _∠L_,ヘ__ ____            _∠L_,ヘ__ ____            _∠L_,ヘ__ ____     
       /   lミリニ二二ニ\ζ       /   lミリニ二二ニ\ζ       /   lミリニ二二ニ\ζ 
     __/     o  = ニ ニ ニ = )      __/     o  = ニ ニ ニ = )      __/     o  = ニ ニ ニ = )  
    (∞)           \_  く_,,,_    (∞)           \_  く_,,,_    (∞)           \_  く_,,,_ 
      ̄刀, - ァ  /─-┬ |ヽ--┴      ̄刀, - ァ  /─-┬ |ヽ--┴      ̄刀, - ァ  /─-┬ |ヽ--┴ 
       `" ,∠,イ |    ,凵           `" ,∠,イ |    ,凵          `" ,∠,イ |    ,凵     
         ⌒' ,凵     ̄             ⌒' ,凵     ̄             ⌒' ,凵     ̄     

                                                         【完全に一致】



                            >ー< ̄`ヽ _
                         / _ ノ   ⌒ヽ ヽ
                           イ彡/ ./   / | \、
                   {iノ)ノイ ./ //从 i{ /ハ { `        レディ・メドゥーサの持つ素晴らしい属性は

                  /i;i;i;i;i;}/ィ(、/rtテ‐) /tテ}八_

                    ト、ニ=-i迅 ゝr}ー'  ゝ'{ //⌒ ` <_     妹という明確な年下属性を持ちながら巨乳であることです
      、    ェ=ニミニミー\、| \ニしi:} 八  、 __'./´ニニニニニニニ>
     ー三二彡三ニ=-i;i;i;i;i;i;i\ \.ノイ\>- イi;i;i;ニニニニニ/(___,         その長身が失われ、リリィになった……

    ー>ー-三二ニ=彡へ` <i;i\ \彡///{ {ミ=イニニニ/i;i;i;i;iーイ

 \_//ー`⌒´ ̄/       \ヽ /、\_、 、) }:.ニニ/i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;ミ ̄三ミ、    結果、ペタンコになってしまってはプラスマイナスゼロ
   ) //ニ/ .//   /  _ )/ ///≧=--=≦ハ、_;{i;i;i;ミx、ミx、`ヽ二ニ=x)
   ⌒/{ニニ(人//  ...:::/}) /  ∨ .//(__)/////、、/(__).{        \  ( \人__   いや、むしろマイナスと言って良いのでは?
      / ⌒(/ / //}/、/\/////\\___/∧∨´レ}ィ:: .: ト (\\、人_`ヽ
   > ´ー- _:::::彡'⌒´:::::::::::∥:∥'////////≧=--=≦/ 、\::::}/}ノ::::`⌒\(_(_

  /.:ー-, -――-   __∥:∥/////////////| |/////\\__  -―――┤
 ′ .:::///フ^ー‐ァー―ァ{{::∥::\//////////| |/////∥\`ー==== 、⌒´ヽ

/ .::::::/ / ./ {_o / o /  \{i:ノ}∧///////// | |/////|i:i:i:rく ̄` <:::\ \ ::::|
|.::::::/ /| |    ̄^¬ーL_or< 八:∧////////| |/////|_ノ \    ∨∧ \|
|::::::′.′ 、______{ {::\_/\__///////| |/////{  \_/   |:ハ  |

l/|  |i:i:`⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:\\::\    〉////// | | ////∧_/    _|i:i:i:i| |、|
|i||i|  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:::::::::::::/ |::\::ヽxv'^´{二ニ=--rー=ニ二 ̄/  \_ -=ニi:i:i:i:| |ヘ|
l/|  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:::::::::::/. |::::::`ヽ、 、、,ィ}   ̄ o.┐ r‐ 、 ∨° 人i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| |:::|


                                                             >〈 /´       /

                                                          ー= ァ'' /   <    `''ーァ
                                                           ノ /  {    `ヽ    乂_
           お前の拘りには恐れ入った                             __ 彡  ′/ i  ト、   \  `''<
                                                           i | .′ .|   ', メ、   \    >
           正直なところ毛ほどもお前の性癖に興味などないが                 } ! !  ト 、 ',.tッァ、ト..,, \'´

                                                           jハ} |ハ {  jヽ!   ハ八_ゝ´
           男同士はそう言った話で友誼を温めるとも聞く                    //j//ト!、  __   イi{`ヽー-- ..,,
                                                         〈///////:.ヽ´ニ`イノ{:ヽ_ノ//////≧..、

           ならば俺も一つ、性癖を語らなければなるまい                   }\////ノ } `Y´  .ノ ヽ///////////>

                                                 乂__人ノ{_从爻.人: : ー< _≧=≦   }////_,..>イ
                                                _ソ: : : : : : >-- 8: Y: : : : : : : : ア  _ノ ,.////{:::::::::::::{
                                               __乂: : : : : :.:/: : : : : :♀{: : : : : : :/、 /   ///,/:::::::::::::::',
                                               ゝ: : : : : : : |: : : :: : :/: s: : : : /      ///}:::::::::::::::::::::::.、
                                               メ: : : : : : : : :}: : : : : : : : : ー∞po。.. () .oイ  j:::::/::::::::::::::::::::..
                                               }: : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : ソ   °゚ ゚ °    }イ::::ヽ::::::::::::::::::\
                                              ノイ: : : : : : : : : :≧z__: : : /  r_ュ. ,:.:.:', r_ュ  ノ::::::/ \:::::::::::::::::ヽ

                                               メ: : : : : : : : : :: : : : : /:| |',     .{:.:.:.:}   ∠::::::∧  \::::::::::::::::::.、__
                                                从: : : :j人: : : : : : く:::| |:ゝ  r フ乂ノ i_ヽ  }:::,: ∧   \:::::::::::::::\\
                                                 Y: : : : : : : レ: : : メ:::! |{      〈〉   __.ノ:/:{ .ハ     X⌒ ー- イヽ



          __  -‐… …‐- 、

           >…冖…         \
       _/  ⌒> ==ミ   ⌒\ \
      _>―=彡  _彡⌒  >⌒ヽ  〉
      >―   ‐…冖    {     ∨
    __彡⌒   ⌒ア  ノ彡く  .,_  ,.〉          ほう、カルナくんがこういう話題を出すのは珍しいね
    /二二⌒\ _彡彡く   く  ゝッァ \ _______
   /ニニニニ  ∨ ⌒''冖彡 ノ 廴   r-x   ⌒\   うむ、ここには男性陣しか居ないのだし、そういうのも良いだろう
     二二二     ∨ ̄ ̄   _彡    ァ/二ニ   |
  {  二二二       ∨     {__ _,. 癶ノ二ニ   |   ちなみに私はモールス信号を巧みに操れる才女が好みでね
  ∨  二二二      ∨ニ=- -<⌒'冖彡くニニニ\ |
.   ∨  二二二    / ∨ ―……冖 -=ニニニニ∨}
    ∨  二二二  /  〉''~ .,      ´"'~x/⌒\
.     ∨  二二二彡   //⌒'~ .,´"'~      {    ’,
   {   ̄二二二二 /       ´"'~ /  ,  {      ,
    \__ニニニ/     }{        {   ,           ,
     {                  }{.      ∨   ,          }
     {               八        ∨   ' ,      }
.     \             / Λ\      ∨,   7   `¨¨ /
.      〈 \        / / ニニ=-      /  / /   ノ ゚,
        ∨ \    / /     ニニ=-彡  / /`¨¨¨´   ゚,
.         ∨{        /              /  / /  { {  }   }
          〈{                    /  / /  { l  }.  /Λ
        {〉      {          |  __/  / /   { {  } /  Λ___
        {Λ.     {          |ニニ〈__ / -=ニ{ {彡ク    ノ ⌒\


                        { 、
                     {\____ {  \ト 、
            ____    <⌒_/ ̄⌒  \、
            ⌒\  \__/<⌒ ̄   _  ト、
               \ _ / /  //   ⌒',
                      ア/ /  //厶イ '  ∧
              <⌒__  /  イ  /{ rッ7 / / }

           __ /⌒ 7 /  i{ { ,   ' ィrッl  }
         / ⌒  ̄ r==ミ、 l/ {  'i{ N/ {/ _j ∧ ,  (こういう男同士の他愛のない下世話な話も懐かしいな……)
       ∠  斗===┻=ミ、 \ { / V/{ ‐ 、  イ/ハ

          __}<><>=\ \{  込/   / 〈/____
       ⌒ /⌒ ̄\ \⌒ ', V Ⅵ{≧彳 { /ニニニニ}
       __〈⌒≫===ミx、\= ', \ VC) Vハ〈^l=‐/}
    /}\ 厂⌒ ̄ 〈〈 〈⌒ ̄\ 〉=≦} Vハ  Vハ} 、{N

   ∠___j_ -― ⌒ア/7⌒7ー-<^\  {  }{ ',  < _ノノ \{\__
   ノ\ /⌒ ̄ ̄   〉〉  〉  /_ >=ァ}〉〉 \ V{_ア⌒){\〉〉}\
  /   v ⌒ー⌒> 〈〈  〈   /⌒>==彳リ、\  、}\__/ } }}}「\ノ
  \/) 〈_〉イ「⌒   ∧\ } /\⌒> /⌒ ̄  ̄__\rー_クj 〈〈} \ \
     vイハノノ   //⌒ ア^\_アレ'{⌒ ̄  く⌒ く⌒_7//{>、_}/
     \^Vハ //ニニ=‐/V(/⌒V ハ〉⌒7⌒\ >く⌒Y { イ }ア´
     / 、v}´/⌒)ニ=‐,'ニアi{>''“⌒Y「⌒-=≦〃\_コ}ハ v/
   /  イ{\ハニニニ=‐/==/{__O(⌒)^}__ア くく}  く⌒}}  l ,'

    { / 「⌒\/ニニニ=∧=/ ∧ィ ´(( ))_}_ノ⌒>\、く⌒リ\j/
   ∨__ri{\/ハ⌒ ̄)ハ  // i{O_ア八O__/  / ⌒l

     Vハ ⌒i{__ノニニ7 /}∨,' /イO_ イ {  <く人 〃!
      } }_/ ̄ ̄777^\ V\〃 /VニニⅥ   〉〉  ∥{

                             、
                           !\

                    __   \ー- 、  \     イ
                    \` ‐-  _、     \  / |
                          \  _     ミ....ヽ| l
                     __`三-、   -‐  __............./__       アルジュナは乳首にイチゴを乗せる性癖があってな……
                   <         -‐ ,............ヽ、´ 
                    /`>_ ィ   / 彡' ゙.....  \      正確には乳首に生クリームを乗せて、その上にイチゴだが
                  < ̄    /    ___l_\、_\

                     >: : : :´ : : : ̄ : : : : : : :,、: : lヽ、/:`':´|      \人_从人__从_从人__从人_人从_人从ノ人_人从_人从ノ人_人人从ノ/

                 >':'~´: : : : : : : : : : : : : : : : : : jヽ`ヽl:: :: :: :: :: Z__      >                                      <
                 <: : : : : : : : : : : : : : : : : : :fVヾ/:::: :::: ::: ::: ::: :: :: :: :: >    >   ちょっと待て! なぜアルジュナの性癖を語った!?!   <
                  > 、/⌒へ、: : : : :_:_j:::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: :: :: :: ::  ̄Z_  >                                      <
                     /////////へ_ヽ::::::::::::::::::::::::::::::r、:_/``y: : : : : :∠  /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒YW⌒WYYW⌒YW⌒W⌒Y⌒YW⌒WY\
                      //////////////r‐ォ;:::::::::::::::::::::::z一∧': /: : : : : : : : :>
                 //////////;、xー‐l /::::::::::::::::::::::////∧/: : : : : : : : : Z_
                  //////;べ/へヽ ヘ _}_土l/l__;、///////∧: : : : : : : : : :/
               ///////.__,へ  >':´:;zr==l'////////////∧: : : : : : : : : \
              //////'、、_\У:;ィ':ぐ l:: :l/////////////∧: : : : : : : ヘ ̄
            //////  l、、_Y: ::〃ヾ/ ̄/////////,、///∧: : : : : :|ヽ}

           ム-‐ '´Y   r‐'‐---} :∥::Y,///////////// ヽ///ヘ: : 从|`
              /     ノ  ゝェ―一!: {i-‐ヘ////////////{  ∨//∧'



                                                /    /      _,. ゞ _  メ: : : : :
                                              / /  _,.イ∠ -─ '"/  '" チ: : : :
                                             f  !/          / __/ー': : : : : : :
                                            、_',   ! /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /: : : __ノ: :
                                            / >┴ 、        ̄ ̄ ̄ ̄ /: : :

    最初に(アルジュナの)性癖を語ると言ったろう?         / /   /    ヽ ` ー  _     /: : : :.:.:.
                                         /,. / /  ./      ヽ    ` ー≦-ァ': :.:.:.:.:.:.:.:.:
    俺のような無味乾燥な男の性癖など語っても        ー ´./ /  /    ::.   ∨  ` ー 、´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    話が広がらないのでな。                       / i  ∧   ト、:.    \      ` ー---ァ':.:.
    というか俺は他人に語るだけの性癖がない           /ノ!ハ i _ト、∨  _L.ヽ=  |i !ゝ\ー、──:.:'":.:.:.: :
                                        / ′、| |tッ ∨  ttッ_ァ  |リ、 `ヾ\、\:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :
    その点、アルジュナの性癖ならば              _    ヾi   ノ \、ヽ  ∨ ! ノ\ヘ、\``:.:.:.:.:.:.: : :
    話の肴にするにはうってつけだ                ヽ` ー<ニ八     \ ,∨イ-、 ', \``:.:.:.:.:.:.: : : : : :
                                        ∨: : : : : \ ̄:`:ヽ、_ / fi   ヽ:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:,ィ: : : :
                                       、 }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.∧\:.:.`:ヽ、!!  _i:.:.:.:.:.:.:.:.>" /:.: : : :

                                        \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ \>" ̄      ̄`  /:.:.:.: : :
 \人_从人__从_从人__从人_人从_人从ノ人从ノ/            `ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:>´   , _二二ニ ‐- 、  `ヽ:.:.:.:

  >                         <               ):.:.:.:.:∠ - _ / '"        `ヽ\   \:.:.
  >   それただの悪口ですよねぇ?!   <          _  /:.:.:/´ ̄ ¨7 '′    _.....-..、    ヾ、、  ‘,-─
  >                         <          (⊂X:.:.:.:.:./      i′     /'"¨ ̄ヾ;、   ヾi.  ‘,/
 /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒⌒Y⌒YW⌒WY\           ̄ >'´ ;      |     {:. \: : : : : :.!      i!    ';.:.:
                                        / /:.:.!      i       ヾ:.:. : \: :_ノ     ! 、   ';.:



                 / /    ,.  ――ァ    
                 /  /  '"      /     
               /   // /   /  ̄ ̄ > 
           -― {  ,/ / -―‐-  _ ``丶、___  
         ⌒>        /―‐=ミ      ̄  ―‐<  
          ノ  / /     ̄ ̄             /       ____   ……そうか
         / //  /  \      ``  、、    <    ,.. :. :. :. :. :. :. : / 
       ⌒フ /  /  /  \         ``  、、 >'":. :. :. :. :. :. :. : /    ……そうだったのか
        ⌒'7  /  /       ``丶、       ``  、、 :. :. :. :. :. : /  
        // ノ  /  |   |  \  >ァミ \  _ _ >:. :. :. :. '      乳首が顔認証される事は悪口だったのか……
        ⌒7 イ   ∧  |   | 、   ヽ/ゞ'  | ト-<:. :. :. :. :. :. :. :/
    _    //:|/} / }  |   ヽ{ \   \  ,\:. :. :. :. :. :. :. :.:./       奴にはできて俺にはできない事
   ハ)∨∨\∧:.:.ノ /  , 八   | \   ̄ ̄  ムハ:\ \:. :. :. /i   
)\//     ):∧:\i ∧  |ヽ |   ,     /|\:. : \ \: 〈//}        いわば俺の恥だと思っていたのだが、奴の恥だったのか……
ヽ \    / :/∧:.:.|/:∧  | i∧ |         ' /_,/ ハ:. :. :. ー' //∧
\       ( :/∧:. :. :. ∨:| 从>  ´   イ ∨  i: :. :. :. : ///- ∨

  >      ノ///> ,,:. :.∨:. ``丶、 ≧=イ  /'   |:. :. :. : ///-=ニ\- r―‐           \人_从人__从_从人__从人_人从_人从ノ人从_人从ノ从ノ/
 ̄ \    /:. : \/////\:. :. :. :. :. : \__/     |/:. :. イ// |-=ニニニニ}   \         >                                <
    )    i:\:. oo:.――<、 :. :. :. :. :. : \  |'\   io/ / / /|\-=ニニ ノ     \ _ _     >   え? 彼の乳首は顔認証されるのかね!?   <
  /     |:. : ヽ:.ゞ':. :. :. (__):\:. :. :. :. :. :. :\\ }   し' ノ-〈〈/|\\_| ̄          \  >                               <
 ̄       ∧:. :. :.\:. :. :. :. :. ≧=-:. _r------:\⌒ヽ /  i∨|_}__人_  '⌒       |\/Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒⌒YW⌒⌒YW⌒YW⌒WY\
      人: \:. :. : \:. :. :. :. :. :. :. :人 ̄ ̄  {::::::::::}    ノ//|  |  ̄ 〈 ̄:. :. ニ=-   \  ,   \
       ∨^):. :. :. :.:\:. :. :. :. :. :. :.:.>     乂_::ノ   ////,|  |   } ̄     〔_二>       \






                              、
                           !\

                    __   \ー- 、  \     イ
                    \` ‐-  _、     \  / |
                          \  _     ミ....ヽ| l
                     __`三-、   -‐  __............./__       まぁ……
                   <         -‐ ,............ヽ、´ 
                    /`>_ ィ   / 彡' ゙.....  \      奴の恥が広く知られるのも、それもまた良しだ
                  < ̄    /    ___l_\、_\

                     >: : : :´ : : : ̄ : : : : : : :,、: : lヽ、/:`':´|      
                 >':'~´: : : : : : : : : : : : : : : : : : jヽ`ヽl:: :: :: :: :: Z__    
                 <: : : : : : : : : : : : : : : : : : :fVヾ/:::: :::: ::: ::: ::: :: :: :: :: >   
                  > 、/⌒へ、: : : : :_:_j:::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: :: :: :: ::  ̄Z_     \ヽ l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l //
                     /////////へ_ヽ::::::::::::::::::::::::::::::r、:_/``y: : : : : :∠     \                               /
                      //////////////r‐ォ;:::::::::::::::::::::::z一∧': /: : : : : : : : :>    二     やっぱり仲悪いんだ…………!!   二
                 //////////;、xー‐l /::::::::::::::::::::::////∧/: : : : : : : : : Z_    //                              \
                  //////;べ/へヽ ヘ _}_土l/l__;、///////∧: : : : : : : : : :/     // l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l ヽ\
               ///////.__,へ  >':´:;zr==l'////////////∧: : : : : : : : : \
              //////'、、_\У:;ィ':ぐ l:: :l/////////////∧: : : : : : : ヘ ̄
            //////  l、、_Y: ::〃ヾ/ ̄/////////,、///∧: : : : : :|ヽ}

           ム-‐ '´Y   r‐'‐---} :∥::Y,///////////// ヽ///ヘ: : 从|`
              /     ノ  ゝェ―一!: {i-‐ヘ////////////{  ∨//∧'
          /  ,ァ'7ア      }‐'' ´ヘ: :ヘ/>、_////////!   Vヽ、/へ
        / , ;'///       人' ´>ヘ :ヾ:、: :l: : l///////∧  〈   ``' l
          /. :' ///      /: : `'ヽ/`,べ、: :ー-l////////∧  ヽ、_  ∨


─────────────────────────────
─────────────────────
─────────────
─────






                 ////////////////////////////,ハ
               ,イ/////////////////////////////,i    【千里眼で異父兄をストーキングする授かりの英雄の図】

                  ,.イ///////////////////////////////{
.                {/////////////////////i//////////ハ
                 V/////////V/////////,ハ////////ハ/ハ
                V/////// V///////// V///ハ//,j/ハ'}
                    j////,{/-._∨//////_,...-ヽ//!/ハ/// jノ
                  {////.ト ゝツ`//// .'"ゝツノ)ノ////ハ    カルナめ! 私の悪評を広めるばかりか
                    ヽ///ゝ、 _ノ/イ   __  ーイ///// ソ
                 !{ヽ;ハ  _ -‐  ̄_ノ  ノイ/イ//     また友人を増やしている……!!
                 `ノ .// ,. ‐'T ̄     '"´//,{
                   / / , <.___´_     .///ソ        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                     / ,.:  ` ̄ _,,,,,,,,,,,,,,,,_ ̄フ ノ/ノ         |  乳首より友達多い事の方に苛立つなよ(クリ)   |
                  /  , '  _ ー――――-- 、 ノ.}          ゝ______________________,乂
.               /    ,     -‐''". ̄二フ''"/  l
           , '         ,. イ ̄r―‐''''"    .}ー 、
.       _,.-‐ /         /!   .!.|         /    - ._
.       /    ./       _, イ 丶   .l |       /           - ._
.    / {    /     . -,‐'"  \    ノ.ノ -‐ ./                   ‐ ._






                   。s≦圭≧s。
                ,ィ劣圭圭圭圭圭≧、
              ,ィ劣圭圭圭圭圭圭圭∧

               /圭圭圭圭圭圭圭圭圭小
             {圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|i|〉
               〉圭圭圭圭圭圭圭圭圭㌢
             {圭圭圭圭圭圭圭㌢}圭/    私だって……私だって沢山聖杯戦争に参加すれば
             >寸圭圭圭圭㌢:::::::寸}
            /\   寸㌢´{:::::::::::::::::::/     その過程で友が沢山できる筈なのです。

           /   >、  \::へ:::::::::::::/
          /      >、 〉.  \/          -,
         /             \            //     いえ、真に欲しいのは永遠の孤独ですがね!
       /             \         / /
        /                }        / {__ , ´}     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     /         ',          i!      /\    /     |  いやぁ、アルジュナに孤独とか無理だと思うよ(クリ)    |
      /          ',       〉 。s≦´    >´        ゝ_________________________,乂
     ,'           〉、       i!     > ´           _
              i{:::::',       i!  > ´           _ / }
   i!          i{::::::::',      i!>´            / レ   レ }
    i!           i{::::::::::',       i!               ヘ{      〈
   .i!             i{:::::::::::::',       i!        。s≦  \     7




                                  n__ o.   _     __n__ o        . _
                                  | r‐┘   └┘/7  └ォ r┘  ___  └┘/7
                                  .∟ニコ    <ノ   <八八>  ゛―――'   <ノ
           /レレ'^して/i:i'7-‐{/}_
.       ,v、 /、{i:i:i:i:i:i:/i/´,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:/て
.      トハ{i:i:i}、i:i:i:/!i/{/{i/{i:i:i:,i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:レ},ィ
    ト、}i:V、ト、::\{::\:::{':::{/{/(/{/(_,i:i:i:i:i{i:{ァ_

..    {i:i:i:、V:ヽ:::::::,\:(ーvrー-一、_:::::≦ー一ァi:i:/´
    、}i:i:ミ、:::/ ̄  `       ,     \::::/_i:i:そ、
   ヽーi:Z::/    \    /       ヽ:ー―ァ'
.    ∨::::{,.... -‐ 、 ヽ  ::. _,,.. -―-- 、 }::::::::::/
      {:::: {´ ̄ ̄``、}:::、__ハ/::.    ,ィ }:::::::::{    ア~ルジュ~ナく~ん
     {:::: }  三三三:::{  \三三三 /ノ  }::::::::{
.       {:::::|   ,,...:rく:::::|   `ー- 、/'′ .∥:, -、    あ~そ~び~ま~しょ~~!!
.      /^ヽ!     ::::ノ、_ト、          ∥/::::: |
.    八:::::::|      :-:::-:'       ∥'.::: /
.      ∧::::|       、         {ノ__, /    乳首相撲が得意と聞いて手合わせしに来たぞアルジュナァァァ!!
       ∧_|    、,. -ー一- .,_,      __/
.         从      ̄-‐- ̄      /:j{
        }ト、       `¨´       ,イ:::j{
         j{::::\            / \j{
          j{::::::::::\  ,...........、 .; '"////∧
.        /ハ::::::   `ー―一''"////////∧
    _,. -‐' /::       ∨/////////////∧_     ムキィ!!
>''"     ./          ∨/////////////∧::::‐- _
.-く_               ∨ / //////////∧:::::::::::::::::ー―――- 、
.     ̄ ヽ          ∨     //}   {::::::             ヽ
         ` 、         \     /              _,. -
.          ー- 、      /\   '    }    _,. -‐ ''"












                                                     _   ___
                                                   ,.:::´::::::`´::::::::::\
                                                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                                 ハ::::::人:::::/::::人:::::}::::::::::::〉

                                      …………     |::::V ノ ∨:::/`ヽV:::::::l::::〈
                                                 |:::::{ ◯ )ノ ◯ }::::::::|、::::';
                                                 \::> 、_,、_, <__;::イノ::::ノ
                                              /⌒ヽ )ハ   ゝ._)   ):ハi:/⌒i_
                                              \/ ̄ \{>.、 __,.  イ } / ̄  /
                                               /     \ _||__  //    /
                                               \       ||  φ     /


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ

 |  良かったねアルジュナ、聖杯戦争でできた友達が来たよ?(クリ)   |
  乂_____________________________ノ


                                                     _   ___
                                                   ,.:::´::::::`´::::::::::\
                                                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                                 ハ::::::人:::::/::::人:::::}::::::::::::〉
                                  違う……         |::::V ノ ∨:::/`ヽV:::::::l::::〈

                                                 |:::::{ ● )ノ ● }::::::::|、::::';
                                  コレジャナイ……     \::>| | 、_,、_, | |<__;:::イノ::::ノ
                                              /⌒ヽ )ハ| | ゝ._) l |  ):ハi/⌒i_
                                              \/ ̄ \{>.、 __,.  イ } / ̄  /
                                               /     \ _||__  //    /
                                               \       ||  φ     /

                               【でもほんのちょっとだけ嬉しそうなアルジュナであった】

        ,____、__
      ヘ// ̄\\`丶
     //i/    \\|
     //丿       丶ヾ     あれ? ねぇ、ちょっと待って
    〆′r-‐‐‐‐‐-、 ``、_
        ̄i´゛゛゛゛゛゛`ヘ‐‐--ゝ  絶対魔獣戦線と銘打っておきながら
      ノ      }}      魔性特攻が刺さらないってどういうことなの……?
     ノ´丶‐‐----{{
   ソ____、      '\
  /〟---、、       ! ヘ`i
 /´ ̄`丶 ヽヽ    !! ` 、
 |    丶 l.l.i     ! i ¦

                           ┌' ::::::::::::::::::::::::::/
┌────────────┐       r| ::::::::::::::::::::::;;;;;∠
│  バシュムが現れた!    │      ./ ::::::::::::::::::::::::.............` 、           ___
└────────────┘     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l           /  ヘ
                         ー-._{_____,......イ   ::::::::::: |_         // .  ヘ
                       ,へ ハ___人_____・ノ /⌒l:::::::::::::::ー-,      //  ;   ヽ
                      _..l  ヽ‐‐'  `ー- /  |`ー‐--、::: i     //  ;;     ヽ
                     { .'        ノi    |     |:.. |    //  ;;;   i   ヽ
                     `'v~r-y‐v~v^ /    |      |::: |___..../,.......____  l     ヽ
                         V       、ソ   _..ノ    └-___;;;;;;;;;;:::::::::::::ヽ,′    \
                        ゝ 、 ,、∧ゝノ  ..-´ ''" ̄        """"'''''`ー 、
                         `-r-----' ‐'"  ---―一                ヽ
                         ./l     i'´                        ヽ
                        / {.  __........ノ ヽ............_______.......    ノヽ       }








                       ,.<////,> ._
                   ,.</////////////,>。、
                    //////////////////////ヽ
               /\////////>'" ̄ `" <////ニニ}ヽ
                l=ニ\////         \/ハ二j'/ヘ
               lニニニ∨′  ./       ヽ  {: :'ニl//ハ
.           rニニ{≧s。ヽ/  :  '  :.  :.  :.  、 .}ソ///ハ
             'ニニ辷ニニ'   i _,, l..、 l  -i- i、   〉ハ//>―-- 、
          ゝ-ニ-=/ j .i  .{ _l_ハ_、 {! ハ__ノ.l  .jニノ-=ニ二二/   ………………
              ,。</イ_/、乂 灯 )下ゝ.;ノ"{ )了 jノ!、ヽ≧-`ヽ/
            /ニ/´ `/: : ハ `ヽ.Vソ   .  Vソ.ソ ):.ヽ\ニヽ
         ⌒}/    ,': : :.{/ノ_,.ヘ. _.  _   .八Y,イヘ: :ヽ.\lー'
             _, /l: ;ヘ/_ノ( Yヽ/,ヽ、_ . イ丶_.Y.ノ V: :ヘ
          ,..r'"ノ_,.ノl/'" ./ニr-.{ ´.yー '"ノニ{Yノ、 V⌒`
         ,.r (.ノ-''"   __-ニニ!= 〉-、j川.!≦三`〉;ソニ-._
    ,. ‐(_,..ノ'"    _-ニニニニニ{_.j、  }.o Tー-ヽ/'ノ二ニ-_





                         __--__

                      __-ニニニニニニニ‐-__
                     ,.イニニニニニ二二二ニニニ>._
                   ,.イニニニニニニ二二二ニニニニニ>、
                ,ィニニニニニ>''" ̄__""''‐<ニニニニヽ,イ{
           l>、 /ニニニニ>'",.. '"´     `"' .`'<ニニニノ'八
            |///\ニニニニ/.,." /          ` 、 ヽニ////ヘ
            |/////\ニニ/./   ´           、    ヽ { ヽ/////,\
            |///////\/,.'  .:        :.      ヽ    ',!  V//////ヽ
           l/‐-<////〉 .:'     /     ::.            !.  V//////∧
       ト ̄ ̄//,>-._\./ / ,   .: ,    ::.    :.  ',     ',  .!///////ハ
.         l////////////>' .:  :!   i l :.    !    :.  i    ヽ ノ///////__l
.        l/////>―'''''>'l  '   !   l ', :.   l'    ./',  ; :   : //ハ/>'"//// ̄"'''7
       V/_,.<//  {  !  .| _ l ハ 、  l ',   / l. / ;_  / '{//ノ__//////////   きゃぁぁぁぁぁ!!! 竜なのだわ!!
             ,.ィ// ,..ィ'八 ',  .!ヽ `ト{.._  ヽ { Vノ _,j/ィ/ l , ,イlハ/>.、_`'<////
         ,. </,/ イニニ/ ヽハ ト. \{__ ``     ー'´ ___ .l/,.イ l. \V///>、ー-"
     /////   >/   l/ `八ヽ ̄``"ヽ       '"´ ̄  'ノ ハ  、\/////へ     青と黄色の竜なのだわ!!
      '" ̄l/      ,'   l ./ ノ` 、     、      / ヽ/ ハ  \\///_ヘ
                l     l.ノ ´ _,.ィ 、 __ ,.::::::::::.、    イ 、 { , }  '   ヽ.\/!  `
             /! ,.ヘ jー ノ r' Y"r / ,_八::::::::::ノ .< j-、ヽ/ j  ',    ヘ        『エルマーとりゅう』の竜にちがいないのだわ!!
.            ,. イ-‐l ./ ノ'-‐' .,.-{.ノゝ ,' .'./`ヽrj'T_) >、 _)、i /.}  ヘ  ト.、!
      _...,.'"-く_,..' l/´   ./ニ(八_j ヘ    {.ノ_jヽノ_,...ノ-'_{. Y ノヽ   \|  `       サインくださーーーーい!!
    _/.ノ_,. '''"´       /ニニ廴 }  ̄}   .}⌒⌒!-_ ̄   .〉、ソノニ\
.  ,.r'"-_,. '"      ,...<ニニニニハ  /r'"`ヽ,__ノ-- 、  ./=(, イ二ニ\











          |                     ┌─┐ ┌─┐ ┌─┐ ┌─┐
      __|_                   │欠│ │片│ │病│ │院│
      |____..| _______       .└─┘ └─┘ └─┘ └─┘
      ||     .|| ||//||//||      i二二二二二二二二二二二二二二i
      ||. 欠  || ||/  ||/  ||        | | | .___.||.___. | | |
      ||. 片  || ||    ||j  ..||        | | | .|// ||||// |. | | |
      ||. 病  || ||__||__||        | | | .|/   ||||/   |. | | |
      ||. 院  ||-ー-、 ,-ー-、 ,--、.     | | | .|________.||||________.|. | | |
      ||     .||.彡ミYミ彡ミYミ彡ミヽ   | | | ___.o||o.__  | | |
      ||. 前  ||ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡}  . | | | .|     ||||     |. | | |
      ||___.||{三三三三三三三三}   | | | .|     ||||     |. | | |
      |___|{三三三三三三三三}   | | | .|     ||||     |. | | |
        .| | ====================  | | | . ̄ ̄ ̄.|| ̄ ̄ ̄ | | |
       .| ̄ ̄| ||          ||   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|







; ; ;/; ; ; ; /; ; ; ; ; ;ノ; ;`丶、
; ;ハ; ; ; ;./;_;_;_;_;_;/;_;_;_;_;ノ`ヽハハヘ、
/;'ゞ'"´ : : ; : : ;.:/⌒‥ー―-ミ:.ハハヘー-:..,._
:. : : : : ; : : ; : :./:.:.:.:.:.:_:_:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:ヘ:.:.ゝ:.:.:.:.:`ヽ
:. : : ; : : :, : : : { : ノ´{; ; ;.;`iトミ:.:.:.:.:.:マ'.,: ゝ:.:.:.:.:.:.}
:. : ; : : : ; : : : :.ヽ:.:.:.:{; ; ; ;八弋ぅミ:.:.:.:マ.'.,:ゝ:.:.:.:.:;
: : ; : : : ; : : : : : : }:.从; ; ; ;.`'ミ=彡ヘ:.:.マ:゙:,ゝ: :r'    あ、あの、なんでバシュムさんみたいな
: : ; : : : ; : : : : : :.:ヽ : :`:ー=ニ二二三\マ.:',:.:.:{
: : : ; : : : , : : : : : :ノ.:.:. : : : : : : : : : : : : : :`ヽr; :ハ    立派なドラゴンが胃薬なんて処方して貰ってるんですか?
: : : : ; : : : : ;. :.:.〈:.:.:.ーミーヘ:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_: : :.ノ;'/〉
: : : : : ; :, :.:.:':":´:`ヽ:.: :/〉'.∨∨∨∨VV}ヽイ /
ゞ:ー‐ヘヽ:ヽ: : : : .:.:.:《/:(フ\: : ' ,: :}イイ:}:.:.ノ´

__   / ̄\: : .:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ(フヽ: : ;.ノイイ},:'
//// /    i}´ ̄`⌒ヽ:.:.:.:ヽ(フ∧∧イノ
/// /     人: : : : : : :.:`ー-ミ:^:^:^:^ノヽ
 ̄ /\___/  ヽ: : : : : : : : : : : `¨¨´: :,ハ    ,..._
/    〉     /⌒丶 : : : : : : : :, :'"´: : :.',__,.ノ<_)
    /\   /     ヽ: : : : : : : : : : ノ"´:. :.<)⌒)                     ノ.^l
                                                  /:::::::|
                                               ,.-‐'::::::::::::::|
                                            ,.-‐' :::::::::::::::::::|

                                          ┌' ::::::::::::::::::::::::::/
                                          r| ::::::::::::::::::::::;;;;;∠

                                         ./ ::::::::::::::::::::::::.............` 、           ___
                                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l           /  ヘ
       …………まぁ、アレだ                     ー-._{_____,......イ   ::::::::::: |_         // .  ヘ
                                      ,へ ハ___人_____・ノ /⌒l:::::::::::::::ー-,      //  ;   ヽ
       子供の夢を壊さねえようにちょっと無理してな   _..l  ヽ‐‐'  `ー- /  |`ー‐--、::: i     //  ;;     ヽ
                                     { .'        ノi    |     |:.. |    //  ;;;   i   ヽ
                                     `'v~r-y‐v~v^ /    |      |::: |___..../,.......____  l     ヽ
                                        V       、ソ   _..ノ    └-___;;;;;;;;;;:::::::::::::ヽ,′    \
                                        ゝ 、 ,、∧ゝノ  ..-´ ''" ̄        """"'''''`ー 、
                                        `-r-----' ‐'"  ---―一                ヽ
                                        ./l     i'´                        ヽ
                                        / {.  __........ノ ヽ............_______.......    ノヽ       }










ヽ、__                 _,, ィ''"-==ニ)- 、 `__ヽ

   /ヽ、            _,, ィ"__  ,ッ  _ l  ,ィ7ヽt)._`ヽ_
  ./__,, -'' ヽ、_,, .--、  /"'ヽ"ヽ ¨', ヽ,___  ,,ィ"/---- ,,_`''''`‐‐、   (かっけぇ………)
---''ヽ ',  ヽ--.、 弋'"ヽ  ヘ l ヽ, .', l  ', .`ヽ/v'^^^^^^^^`v',  ./
`ヽ、 ',.l  、 ヽ、.\ ',   l ヘ.l''',  .',ヽ `''ー 、''-.、: : : : : : : vノ ./
  .ヽ .l.ヽ, .l ', \ ', .',  l  .ヘ ',  ヘ ヘ    ヽ、ヽ、vvv'^ /
 ,,__ ',  ', .l ',  .', l  .ノ ', .ヘ _',  \ヽ    ヽ、.\'''""
   l l   ', ヽ, _ ..',│ ,'  .', .ヘ_', l -''" ヽ _ ,,, ) =ノ_,,,,
   l l   .l  .', \ . l  l /  ヘ  `r''___      ./.r‐'"/
 ̄ ̄ ̄`ヽ ヘ  .',  ヘ  ',  `ヽ ___ム    ̄ " ' ヽ、__r''"
       .', \ ヘ、 ヽ、 ヽ  (
    /   ',  \弋  ヽ _ ̄/
   ./    .〉-、  \''ー 、 ___)         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       /   ヽ _ ヽ- ''"__l          |  (蜜柑の皮ばっかり食わされて栄養失調だったわ……)   |
      ./   ノ  `''''"´  ',          ゝ__________________________,乂



                              【俺のナーサリーライムは108つあるぞ(教育テレビ並感)】





┌─────────────────────────────┐
│  フォウ君は爪を研ぐと空中から回転して攻撃してきた――…    │
└─────────────────────────────┘

                                              / }
                                      ト、ト、     i   ' 、
                                      { { `ーt_ _ _ゝ  }
                                      ヽ      ~   t イ
                                       ゝ_      }
                                        ヌ__  iゝ /
                                          }_/`ー


                     //_

                   ≠ ¨´ /  , -=ミx
                   {    ヾ_,, ゝ    ゝ
                  tー'        々ー '
                  フ  , - ― 、  _ヽ

                   ` ̄      ̄
                    ..::::::::::::::::::::::::..


   ,、-,、
´,,r'´,,、'⌒'ヽ,
〃/〃,r'⌒`ヾ
!il! i,l',l'i,      ,'´",,
i l i!i  /'⌒`' 、 ∵'`,
,i i i!i. ,l'〃,、-,、 ヽ,,

, i i i!  .,i! i'r'~`',ミ  ヽ,
 'i,i   .'i, ,i〃´`  'i, ', , '_ :
  ':,  'i,' i,'i, ( ) i  'i, ,'l), ;
      'i, 'i、、   i   !  il 'i,
    :' , 'i、 、`ー''" i ,i  'i,i'! 'l,i
   ∵ ,' , .'h、 `-,、,,ノ ,i! ,li li i!|

  :'', '. ・  .`-,、,,_,,,ノ ,l' l!i! ,l'i i!
               〃ノノノ〃
          `ヾミニ三彡'"彡"'
          ヾー-_-三_'ノ'





                      -=ニニニ=-
                  -=ニニニニニニニニ=-
                /ニニニニニニニニニニニ=-
                  /ニ >'"´       ``丶、ニニ=-     あ、あれはまさしく絶・天狼抜刀牙!!
              /ニ / 穴>''"~~ ̄~~"''   \ニニ=-
                /ニ / // \:: :/::.:/:: :: ::\  マニニ=-   伝説の八犬士に伝えられた技をフォウ君が何故!!
                 〈ニニ |〈__/∨⌒:: ::.:/\/:: : ∧::ヽ ∨ニニ=-
               ∨ /:: :/:: :: :: |y≠ミk |:: ::/__l_:: :∨ ニニニ=-\
                    /:: :/:: :: :: : |^乂ツ  |/ =ミk:: :: ∨ニニニr㍉ y― 、
                /:: :/:: :: :: ::.::乂' '     , ヒツ》:: :: :∨⌒ ̄ ヽ | | | / ∧
               ノ:: :/:: :: :: :: :: :{⌒       ' ' /:: :: |:: |     { \ー ' /
             ⌒)::/|:: :: :: :: :: :: \    ' `   /:|:: :: |:: |       \__/_
                  ∨.:|:: :: |:: :: ::.:乂: : .    イ:::::|:: :: |:八   /~~(   / ̄ ̄)\
                  /|: l:: |:: :: ::.〈⌒  う爪:i:i:i:>|:: :: |  /:i:/∧ | ̄| ̄〉~> _〕
      /|\__/⌒|八人:: |:: ::\-<:i:i/ニニリ:: :从/:i:i:i/:i:i:i:i:| / /  / / |

     /:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i/    ∨〈 \::./∧〈__〕ニ /⌒´   \:i/:i:i:i:i:i:|=O==ミ/ /  l|
     .:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:/     \/∨/ ∧∨`'</  /     /:i:i:i:i:i:i:/ ̄ ̄\O\ ノ
      |:i:i:i:i:i|:i:i:i:i/     }     // /∧_〉       {\   .:i:i:i:i:i:i:i/ニニニ= \__〉
      〈:i:i:i:i:\:/      :|    __L!艾艾艾艾艾艾艾Li:i:\.:i:i:i:i:i:i/ニニニニニ /




                 _   -=≦  ヽ_ ト、
              <_         ヽヽ

              彡       _      l レ'/
             /      l ` - 、 ! ,
              7     /. ヽ、    -v   待つんだエレナ嬢!!
             /,  ,  、/  弋モメ、   __l
              l {           ヒj7   フォウ君はネコ科の筈! 絶・天狼抜刀牙を使える筈がない!
              レヽ、             ∨
              从 / ヽ.     ― -
                   イ.   へ     /
                 j __┌――三l
            r―「「    }ニニ「 ̄. .ヽ,,_
         _ r . . ./ニL ___ }┌' . : : : : : : : : : :`: : : 、

    r . : : : /. : : : : :/ニl l //ニニl : : : : : : : : : : : : : : /. : ヽ

     l : : : :/. : : :.{i}ムニム /ニニノ{i}: : : : : : : : : : /. : : : :
    , : : : /. : : ∈※∋ニl lニニニ∈※∋: : : : : : : /. : : : : : : :
    , . : : .{ : : : : ノ川ニニ.iムニニニニ川 : : : : :i: : : /. : : : : : : : :

                                                       N-t--、
                                                      .>ィ-<、>、
          いいえエミヤどの!!                              /  i   >い
                                                      i::::::::::i    i  }
          狼族に伝わる抜刀牙を犬族が習得できたなら!              i:::::::::i  i__, i:::::i         。―― 。、
                                                     i:トニ>iィニス  i:/i      <     .:::::::::∧
          筋肉次第ではネコ族でも習得できる筈ッ!!                 i:::i V.. i:::i  /::i   /         .....:.:.:::∧
                                      ∧ ̄ > 。         i::i .V i:::i /:::::>。            :::::::_ ∧
                                     ∧:::::::::::.:.:.:.:.:  >。、     i:::i .V::i V:::i/          >-  ̄:::::::::::::::}
                                     t----。、       >。 iイ Vi::::: ィ.....::::::..     > ゜::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
                                     >イ::::::::::::> 。       ヌi フ。<       ./::::::::>。::::::::::::::::::::::::::/
                                     (::::::::::::::::::::::::::::::V  。--- v -----。、    /    ヘい::::::::::::::::::::::::ノ
                                      い::::::::::::::::::::::rいィ    /       >。/ 、   ミ vi::::::::::::::::::::/

                                       \:::::::::::::::::::::i {::::.........::::.....................:::::::::::::::}i ミ、三ニ-、 {:::::::::::::::/




                      . . . -―-. . __
                       /:/ : \: : : : : ヽニニニニ7
                     /: : ,′: : \\ : : : ノハニニ>
                       /: : :,′: : : : : \\: :/ }\Λ    アーサー王その他が女性な世界観で
                   ∥: : :|: : : : :\/ \V: /: : : Λ
                      ゙, -- ミ: : >/斗ャミ ∨}|: : : : Λ   一々、犬じゃないとか牙じゃないとか
                   八: :ャ=x、   ^ヒソ   }/: : : : Λ  無粋ってものじゃないの。アレは抜刀牙よ
            lヽ / 〉  /:ハ└丶       /イ: : :/: : :.Λ
            | | / /  /: :Λ  __  -    |/: : :/: : : : |Λ オカルト研究の第一人者である私が言うんだから間違いないわ
              <ヽ| //二二ノ:込、  ''   /ニ/: : /: : ノ: ノ ノ
            ∨  ⌒\: : {: : : _>、  /ニ/: / ⌒ヽ、
          >冖<_ 厂\> 乂<ニニ/ニ/       \
         <     /しヘ  \ミ->只く/         {⌒\
          V 〉  /  ノ r‐冖 7⌒7⌒7⌒ヽ   - .,  〈 ̄>--ヘ
         /  「 \く >'' ⌒Yニニ7ニ=-< ヘ,   /> (     \
        /      /圦 __,.ノニニノニニニニヽ ノヘ/   `''<  |    \



                        -─- 、
                         /: : : :./:ヽ: : :ヽ、
                   /: : : : : / ¨'''㍉:ヘヽ

                   /.: : : : : : /≧.、乙 ¨ヾ: :,
                   /: : : : : : : :イ|ニ示ニ>、_/: : l
   ___            /: :/: :/:./: :||辷r㍉代∨: : :|   絶・天狼抜刀牙は熊の首すら刎ねる必殺の技……
  /ー、_Y´}      /: :/: :/: : /.  |l_ ㍉ミ∨: : : :.!
  〉ー 、.Y |      /´ ̄`ヽ: ://.ヘ  `ヽ  ア:/: :{: : |   とは言え、現状、熊のエネミーは存在しない訳ですが
  {⌒ヽ}: ノ   ..:/      `ー=ニニ込 -r 7/:.:/: : :|: : !
  | ¨イ  / ./: :j     > ==≠=、、 ヾ/://:.:/l: : :.|: : |   熊の名を冠するアーサー王もアヴァロンですし
  ト、___,イ /: z─--ミ. //.:.:.:.:.:ニニニ≧ヽ 二二.从: :|: :.:l
 {: : : : :.}: : :./::::_O_::::::Y〃:.:.:.:.:.:.:ニニニニニjニニニニ=ミ: :l: : :|

  >===ヘ: : :{:::::O:::::ヽ/ l|ニ、:.:.:.:.:.:ニニニニニニニニニニ.:.:ヽ: : :|
/ |ニニニヘ∠三ニ㍉::∧j|ニ込:.:.:.:.:ニニニニニニニニニニ=:.:.}: :.:|
: : :.|ニニニニV:::::::::::V: : :∧ニニニ辷ニニ二二込ニニニ==イ: : : |
: : :.|ニニニニニニヽ:V: : :./: ∧ニニニニニニニニニニニニ=.イ: : : : :.!
: : :.',ニニニニニニニ: : :.:/: /: ∧ニニニニニニニニニニニニニ!: : : : : |




          }イニニニニニニニニ二{〈ニ二二>ニ二/
         /ニ二イゞヾニニニニ}i、乂ヽ、`''<ー.<

         .ムニニ.i´ .`.'ニニニニ二iニニニニ,'<≧,      熊の代役をこなせるお方ならば
         ミニ二iッ、 ィiニニニニニiマイニニニ, `"'
          .|ニ匁ッ  .ィ弐シ.ニニi/ .'ニニニニ        この牛若、心当たりがあります
       >i:i└]|i, .i    イノニi、 'ニニニ二,
      イi:i:i:i:i:i:≦ニ}s。ー ,。イ.iニi } .'二二二,  
      マi:i:i:i:i:i:ヾニニ{==,''ー┐.iニiイs。.'ニニニニニ., 
       }i:i:i:/└/乂ノ'''''/ノノ''"二ゝ,.ニニニニ二,
     >==//.乂ノ77  |/彡、マ/   .マ}i,ニニニニ二
    ,'  //''<_// 丿i}乂ノ/、  /二二ニ<ニニ二, 
    }  //''<_//ィ i.//  .//  `//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ニニニニ.
    ノ_,, .iノミミ//   〈〈  i.{  /{.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iニニニニニ,
  ノ  -ー.`ヾ}ヾ .i  .ヾ彡ゞ ./.マ)イ:.:.:,ィニ==--:.iニニニニニニ
  ',ィ'´)"',ヾi ,'i  .i      _,,イ}、 ∨ノ:.:,ィ'´:.:.:.`ヾ,ニニニニニ二',
  ./   _i .i| {i,  i   >''´ニニ.乂 .},イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ニニニニニニニ'.,



                  _

                      `ヽ, ̄ ̄` ‐--ゞヽ`ヽjV
                   _,.-‐ー¬‐-      \ ヽヽV!
                  ≧ ‐-     \丶 ヽヽ、 |
                  フィ'´      `ヽ、 テト丶‐-v
                  彡ィ          ヽ、 _   }   ふむ……
                  /      -‐ rヘ_彡゙  _\¦
                  ̄<    、., 〈  ;    ヾj} !  (まあ大方、ベオウルフあたりだろう)
                < ̄    ヽ  ヽJ  ;     ヽ、
                  ヽ、  ヽヽ>' i       /

                         7-‐ '´  ; ヽ    -7
                       ノ‐- .,   ;  ` 、  /    フォウ、フォ~~ウ……
                    | ̄  ̄ ¬‐-`'‐ ., /´ `¨´    (そもそもなんで俺が       /::ヽ  /:::ヽ
                     /    ‐-    ̄ ミミ|         戦うの決定になってんだよ)  | l } | l { } |
                   r三 ‐--- .,_ ヽ     \                         _八l/上 | {/ |_
                 /   ̄ ‐- .,   ̄  、    〉                       \ _  ゝ-、   </}_, - 、
            /   , '     `     ヽ、 /                         // ● .' ●ゝ、ゝ_)ー イ
           /‐- .,             .,  ゙ヽ、                        ゝ丈_^_ ゝ_儿'_)とヽ)
         i' ̄      ¬ 、    丶       `'  入                         LV:::v::、/_」  ト-- '
                                                          V^^Vーv‐‐J







              /i>:':"::`:'<i:i}.//
                 /i:i}'::::::::::::::::::::::::::ヾイ:i:iリ
             レ':::::::/;:ィ、::::::::::::::Y:i/フ`ヽ

          ,..::'::;´;:ィ:::;:くレ'   ヤ:::;:::::::レヽ:::::::::::ヽ
..          /:;ィ:/.ハレ' f:ワヾ  /:::∥:::∧`´`~、:::}   連れてまいりました!!
      __//〃_トミヽ `  ,  rぅぐ;:::/| }、:::::::::::::V
        |;';';';べ;';';';';}ニ/、fヽ、  ¨ 'ァ/!:| .ハ `ー-‐′  こちらが熊に相応する――……
   _    レイニニニニ/ `ヽ`ニ ィ::/  |::l/:::',
 イ/> ´   ,{ニニニシγヽー=彡ぐ′  |::::::::::}_
..  {´   ,_んミ~_´/ 〉‐': :// ,ス   !::/':.:.:.:.|
  ヽ,. イ///ム'     !: : ///:/.   \/':.:.:.:.:.:.:.|
   V リ{///__,,     }`fヾ_/,へ   〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
  __У }゙y′ , ' 、 リ : :/ノ'   \∥.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム
..{   ,′     `ー{: :,{´       {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、
 |.  ∧       У       `ヾ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ_

..| 、/ニ}ィ ,、_  イ          }::\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`~ _____
///ヾ{、`´_{ニニニニ{          j:::::::::\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ___






    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,

    _)                                  (_
    _)        ア ネ ウ エ                    (_
    _)       北 条 政 子  です!!!!          (_
    )                                   (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

                   /::::::::::::/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
                  ,..::::::::::::::/:::::::::/::::::::/:::::::::::::::::i::::::::::::::::ヽ
                 '::::::://::::::::/:}:::::::::λ :::::::::::::: |::::::::::|::::::::::.
                /:::/:::/::::::::/:::::/:::::::/:::::\::::::::::::|::::::::::|::::::::::::'
                /::/::::::/:::::/::::::::/::::/─-、 V::::::::|::::::::::| ::::::::::::|
               '::/|::::::;'::/:::::::::::/:/::::::::::::::::\:';:::::::} ::::::::,::::::::::::::|
               }′::::::|/ xz=z/´::::::::::::xz==zx ヾ::/:::::::::;':ヾ、:::::::

                 |::::::|:{ 芹ミx::::::::::::::::::孑 ミxゞV:::::::::::;'ヾ:}::}::::/
                 ';:::::{::i 廴ノ:::::::::::::::::::::、  ノ ':::::::::::/-ゞ}:::}:/
                 \{::|::::::::、         ̄ /::::::::/' }}ゞノ:}
                  }:: |              /:::::/::/ ノ'::::}ノ
                  .:::::::.    r ─-    /-,‐´:::::; '= '´::::::|
                 /:::::::::人  ゝ - ′   /::::::;イ ::::::::::::::|
              .  /:::::::, ' /\     _  /::::::/ | ::::::::::::::: |
               /::::/  /::::::::` ‐‐ i   ..:::::::; ' -┴─ ┐:: |
              . {:::/   ..:::::::::::::::::::::::| /::::/二ニ二三∧:: |
              . |::{  /:::::::::/::::::::/:::::, 'ニ/   __\ニ:|
               ::|/:::::::::/:::::::>'::::::::/ニ  /    \\ニ
               ヾ::::::::::/':::::::/ニ{:::::::/ニ, /       \',ニ
              /::::::::::::/,'::::/ニ /:::::/二i /            ' ニ
              ::::::::::::/ {/二ニ__{::::/二ニ !            |ニ
              :::::::::/ / {二ニ{二 V 二ニ |                |ニ











               /::ヽ  /:::ヽ
                | l } | l { } |    (アカン…)
          _八l/上 | {/ |_
           \ _  ゝ-、   </}_, - 、
            // ● .' ●ゝ、ゝ_)ー イ
             ゝ丈_^_ ゝ_儿'_)とヽ)
            LV:::v::、/_」  ト-- '

              V^^Vーv‐‐J



                                 -──……‐

                              ..::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `丶、
                              /:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\
                          .::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ

           _               /  /    /     \        :::.::.
.            //:::|                .:/ .::.::.::.:/.::.::/⌒.::.::.::ヘ::.::.::.::.::.::.:.   |
.          / / :: |                i ::.::.:|.::.::⌒::/::./   \.:\| .::.::.::.::.::.::.   |   九郎どの
         / /::::::::|                |::|::.::|.::.:///   ァテ=ミ.::.:| ::.::.:: |.::.::.::.:..
       _人_ ノ :::::: |                |::|::.: イァテく     |:::::::| Ⅵ::.::.::.::|.::.::.::.::.::.|   なぜ私を熊と紹介しました?
        ´Y { ::::::::::|                |人::. ハ{ |::::|       L::::ノ ノ ::./.:: |f⌒Y.::.::.|
         |  } ::::::::|                  \::| L.ノ       // /.::.::.::.::.|「) リ ::.::.|
         | { :::::::: | _                  |: |// ′      //|.::.:: |「 /.::.::.::.|
         |  } ::::::::|´}              |八               |.::.::.厂 :.::.::.::.::.|
         | { :::::::: |                    |:.::.::...  マ_ フ     |.::.: ::.::.::.::.::.::.::.|
         |_]__|│                  |:.::.::.: \        -=7.::/| .::.::.::.::.::.::.|
.          /| i │{                  |:.::.|:.::.::.:.::.:ー七i|   /::/ _| .::.::.::.::.::.::.|
        _/^'と⌒い              |::.:八::.::.::.::___ノ」  _.:::/´ \.::.::.::.::.::.|
         { \_)〉 ヽ`、             ∨´ ̄厂  / //.:/     ̄\ ::.|
        \)「{    |               /   /   /     /    / ̄ ̄ヽ|
.           〔| i|   /}┐            /   /   / /      /      八
            Lム   // ∧        _/   ∨  _j{く      /
            ∧_//   ∧        /   /|_//゚ハ \   ,/|     /    |
            | {7/     ∧      /   / / /|/|│  ーく │    /     ∧
            [/       ∧    /   / 〈_//|__丿      |           /::.|






              /i>:':"::`:'<i:i}.//
                 /i:i}'::::::::::::::::::::::::::ヾイ:i:iリ
             レ':::::::/;:ィ、::::::::::::::Y:i/フ`ヽ

          ,..::'::;´;:ィ:::;:くレ'   ヤ:::;:::::::レヽ:::::::::::ヽ
..          /:;ィ:/.ハレ' f:ワヾ  /:::∥:::∧`´`~、:::}   それはもう、私が知りうる限り
      __//〃_トミヽ `  ,  rぅぐ;:::/| }、:::::::::::::V
        |;';';';べ;';';';';}ニ/、fヽ、  ¨ 'ァ/!:| .ハ `ー-‐′   義姉上よりも熊らしい人は居ませんから!!
   _    レイニニニニ/ `ヽ`ニ ィ::/  |::l/:::',
 イ/> ´   ,{ニニニシγヽー=彡ぐ′  |::::::::::}_      義仲も、巴も、知盛も、教盛も
..  {´   ,_んミ~_´/ 〉‐': :// ,ス   !::/':.:.:.:.|
  ヽ,. イ///ム'     !: : ///:/.   \/':.:.:.:.:.:.:.|      熊らしさという点では義姉上に譲ります!!
   V リ{///__,,     }`fヾ_/,へ   〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
  __У }゙y′ , ' 、 リ : :/ノ'   \∥.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム
..{   ,′     `ー{: :,{´       {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、
 |.  ∧       У       `ヾ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ_

..| 、/ニ}ィ ,、_  イ          }::\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`~ _____
///ヾ{、`´_{ニニニニ{          j:::::::::\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ___



                                                       N-t--、
                                                      .>ィ-<、>、
             ほほぅ!! それは素晴らしい女性ですね!!            /  i   >い
                                                      i::::::::::i    i  }
             スパルタにもマサコ殿のような女性がもっと              i:::::::::i  i__, i:::::i         。―― 。、
                                                     i:トニ>iィニス  i:/i      <     .:::::::::∧
             沢山欲しいですよ! ははは!!                     i:::i V.. i:::i  /::i   /         .....:.:.:::∧
                                      ∧ ̄ > 。         i::i .V i:::i /:::::>。            :::::::_ ∧
                                     ∧:::::::::::.:.:.:.:.:  >。、     i:::i .V::i V:::i/          >-  ̄:::::::::::::::}
                                     t----。、       >。 iイ Vi::::: ィ.....::::::..     > ゜::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
                                     >イ::::::::::::> 。       ヌi フ。<       ./::::::::>。::::::::::::::::::::::::::/
                                     (::::::::::::::::::::::::::::::V  。--- v -----。、    /    ヘい::::::::::::::::::::::::ノ
                                      い::::::::::::::::::::::rいィ    /       >。/ 、   ミ vi::::::::::::::::::::/

                                       \:::::::::::::::::::::i {::::.........::::.....................:::::::::::::::}i ミ、三ニ-、 {:::::::::::::::/




                  |ニ|      // _

           ii、__   >ニニマ''‐   //''"´。イ
           .iニニ\ .}ニニニニニi、  //ィェ≦二ニ<
           .マニニ>ニニニニニニゝ/ ,イ´_ノニニニニニム

            }イニニニニニニニニ二{〈ニ二二>ニ二/    ええ、義姉上ならば
           /ニ二イゞヾニニニニ}i、乂ヽ、`''<ー.<

           .ムニニ.i´ .`.'ニニニニ二iニニニニ,'<≧,       赤カブトと比べても遜色ないと兄上も申しておりました
           ミニ二iッ、 ィiニニニニニiマイニニニ, `"'
            .|ニ匁ッ  .ィ弐シ.ニニi/ .'ニニニニ         牛若、兄上と意見が合って嬉しいです!!
         >i:i└]|i, .i    イノニi、 'ニニニ二,
        イi:i:i:i:i:i:≦ニ}s。ー ,。イ.iニi } .'二二二,              ,,ィ'  ,
        マi:i:i:i:i:i:ヾニニ{==,''ー┐.iニiイs。.'ニニニニニ.,           ,ィ'::::::::::::::::彡
         }i:i:i:/└/乂ノ'''''/ノノ''"二ゝ,.ニニニニ二,         /:::::  ::::::::::::彡
       >==//.乂ノ77  |/彡、マ/   .マ}i,ニニニニ二       /:.     ::::::::::彡
      ,'  //''<_// 丿i}乂ノ/、  /二二ニ<ニニ二,    /:.:.:.:.:.    ::::::::ゝ、
      }  //''<_//ィ i.//  .//  `//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ニニニニ.>'´   :.:.:.:.:. ,,。ェ==‐''"´
      ノ_,, .iノミミ//   〈〈  i.{  /{.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iニニニニニ,:.:.   :.:.:.:.彡
    ノ  -ー.`ヾ}ヾ .i  .ヾ彡ゞ ./.マ)イ:.:.:,ィニ==--:.iニニニニニニ,:.:.>''´
    ',ィ'´)"',ヾi ,'i  .i      _,,イ}、 ∨ノ:.:,ィ'´:.:.:.`ヾ,ニニニニニ二',     ┌───────────────────────┐
    ./   _i .i| {i,  i   >''´ニニ.乂 .},イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ニニニニニニニ'.,    │  九郎は人の心がわからない――…           .│
   /  / i /∧, i  .//ニニニニ>'´:.:.:.`''‐:.:.:.:.:.:.:.:.:}ニニニニニニニニ'.,   │  後日、死んだ目をした痣だらけの頼朝は語った   │
  ./ ./   /ヽノノi..i,__ノ,ヾィ''i:.:.:.:.>''´/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.'ニニニニニニニ二.,   └───────────────────────┘
  i /   .ノ .ヾi。ゝニマi|i::i:iノ }>´>´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .'ニニニニニニニ二'.,





          _,. --- 、
     ,. イ; ; ̄; ; ; : : : : : :\
   r‐'´; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : :>
  i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ___: : : : /

   i ; ; _;:-‐ ' ヘ ̄、 、ヽ ̄ Y
   Y´   |'゙'゙'ヘヽ,ヽ ヽヽ、 , 'i
   |   | |/゙ ヽ,ヽiヽ,ヽiY  |    ところでエレナさん……
   |   | | ,ィ=v、  r=k.ゝ i
   i  ; i |ヾ,k__ソ   {.j_」|  |    絶・天狼抜刀牙って……ナニ?
   |  ;(i i     ,    i  |
   |  ; i |   r ‐z /i  ',

   ! i  iハ ',ヽ .,__,.ィ' 〈\  i
.   l |  リA Y=x^Yヘz⊂_ \!
   | i /‐-', | ヽ! ',ヽ: : K__rゝ‐ 、
   | |/: : : : : ヘ }‐-|  ヽ: :Y´; ; ; ; ;|
.  | ,i: : : : : : : ',i: : :|   ヽ: L:-‐ー┤
  iリ i!: : : : : : : :リ: : :レ~‐:ゝ: i; ; ; ; ;ij

  |! i: : : : : : : : :|: : : : : : : ':,: : :|; ; ; ; ;;|



                                     /// /:: :: :: :: :: ::\:: :: :: ::/:: :: :: :: :: :: : \////\
                                    /// ア:: :: :: ::⌒>―:: :: :: :: : ―<⌒:: :: :: :: :: :\////〉
                   ジェネレーションギャップーン…  |///::/:: :: ::\:/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :\:: :/:: :: :: :: :∨//
                                   |/:: :{:: /:: ::.:/:: / :: |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.∨::/:: :: :: ::.:∨\
                                  / /:|::.:∨::/ :/:: / :: : |:: :: :: :: ::.::|:: :: : |:: :: : ∨:: :: :: ::.::.|:∨'/\
                                 / //:: |:: ::.∨::/ : : :: :: : |:: :: :|:: :: : |:: :: : |:: :: :: :|: /:: :: :: : |:: ∨// 〉

                                 〈 //:: : |:: :: ::∨:: ::.|:: :: :: |:: :: :|:: :: : |:: :: : |:: :: :: :|〈:: :/:: : : |:: : ∨ /
  だ、だ、だ、大丈夫よ                   ∨:: :: :|:: :: :/ |:: :: |:: :: :: |:: :: :|:: :: : |:: :: ::ハ:: :: ノ ∨:: :: :: |:: :: :|'/
                                  |:: :: ::.|:: ∨ィ斧芋芋ミ八 : : |:: :: :∧ィ斧芋芋芋ミk:: : : /|:: :: :|
  WEEDから銀牙に入る女の子だって……!      |:: :: ::.|: ∥/ '" ̄`丶、  ̄ ̄ ̄   '" ̄ `丶、| : : / :|:: :: :|
                                  |:: :: ::.|:∥ ん'//////ハ       ん///////ハ:: ::/ .: :: ::.:|
                                  |:: :: ::.Ⅳ   '////////リ         {/////////リ.:/ /:: : |:: |
                                  |:: :: ::.|:.:|   乂////彡'         乂 /////彡 { /:: ::.::|:: |
                                  |:: :: :: :: | (:/:/:/)              て:/:/:/) //:: :: :: : : |
                                  |:: :: :: ::人           /⌒\        イ/:: :: :: :: ::.:|
                                 人:: :: :: :: : >   ____/::::::::::::::\_ ,. <:i:, .: :: :: :/:: :/

                                   \:: :: :: : \:i:i:i:i:i:i:i∧   ̄ ̄ ̄   ∧:i:i:i:i/:: :: :/:: :|::/



                  -──-
                    /.: : : : : : : : ヽ
                /.: : : : : : : :./Y
                  /. : : : : : |: :.:lモY
               ':. : : : : : :j: : :|-'ゝ    ゴラクを読む女性って居るんですかね?

                j: : : : : : :;イ: : :| /|
                 /: : : : : :ノ,,,|: : |´:.|
             /'⌒¨¨¨ 弋|: : |:.:.:|     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

               /l         |: : |`ヽ      |  やめろライダー。貴様、眼ではなく       |
            /:j    r ., -一|: : |-‐弋     |  言葉で人を石にするつもりか!!(エミ)    |
              /:.:./ ⌒ヽj´ , -一|: :.|-一- }    ゝ____________________,乂
          /:.:.:.{===斗ヾ ニニニ|: :.|ニニニイ
            /:.:.:.:.{____ミ7:.:.:'ニニニ|: :.|ニニニ{t
        /:.:.:.:.:/ ニY´:.:.:.:.:.:Yニ.|: :.|ニニニlイ、

          /:.:.:.:.:イ ニニ|:.:.:.:.:.:.:.:jニ |: :.|:ニニニ}/ハ
       /:.:.:.:..:.:.| ニニ|:.:.:.:.:.:.:/ニ .|: :.|ニニニハ./ハ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:|.ニニl:.:.:.:.:./ニニ .|: :.|ニニニニ';:/ハ
                             【WEEDのOPは偶に熱唱したくなるんだよなぁ……】



                         /!
                    /::|
     }::::......_       ,.--......._7:::ノ、
     |::::::::::::`:::..、_  -/::::::::::::::::::::ヽ  /|  ,.'´>
     }:::::::::::;::<//////>、:::::::::::::::::! /ミl /,. イ‐- 、
     ';::::///////////// \:::::::::::ヽl==l'"ヾノ/////ヽ
     ///////へ,.ヘ//////ハ::::::::::ハノ-ir'ヾ ̄j>//ノ
    ////////:::   :::l///l////\::::{ |ー┴、 ''"////
    ////////     .l///!//////Vヘ .!\ ノソ\'/     ふぅむ……女性を熊に例えるのは失礼にあたるのですね
   ////////lヽ   ,ィ///l/////////77/,\ノノヽ、
    ーrーハ了::ヽ   ////l/////////ハ/////\⌒     ではゴリラも駄目なのでしょうか?
      |//ハ. ヾソ   ´ ̄ )::,リ'/////ノ V//////\
     -!//、          ー' ./////   V///////,\    巴御前を形容するにはゴリラが相応しいと思うのですが
.      └'l/>.  ヽ     イ////    丶////////,\
       |/// `.ニニ二´/ ̄.////       \////////,\


                          .,、
                   ,、_ -―ヘ:\
                   ,ゝ: : : : : : : : : .マ
                 -= ̄: : : : : : : : : : : : : .ゝ
                 ム : : : : : : : : : : : : イ: : : i   イカンでしょ……
                 / : : : : !: : : : /_i: : : ヘ
                 \: : : : .!: : : / .-tッl: .i: /   そりゃゴリラは森の賢人よ?
                    ヽ「∨! /  .l   lノi/    サイバトロンのリーダーよ?
                 `ヘ ´    .   / 
                lニ二 ̄l、_  ̄ ,イ_      でも女性にゴリラ言ったら駄目だって
             ィ-.."    ̄`ー`=ニ|..| `i     ガウェインまでにしときなさい
          ,..- -.^ ― 、 _         .` `ー`.-、  
        .i/. ̄ \        O 、_ _, o   .ノ\
       ./      \     Oィ´`ゝo /   `,ゝ,
        i        `> ._ __ .ィ .,ー - イ \
       i                ,ゝ、_ ノ.,^    \ .ヘ



          }イニニニニニニニニ二{〈ニ二二>ニ二/
         /ニ二イゞヾニニニニ}i、乂ヽ、`''<ー.<

         .ムニニ.i´ .`.'ニニニニ二iニニニニ,'<≧,      ではワニは?
         ミニ二iッ、 ィiニニニニニiマイニニニ, `"'
          .|ニ匁ッ  .ィ弐シ.ニニi/ .'ニニニニ        坂額御前などはワニのような剛力っぷりだと
       >i:i└]|i, .i    イノニi、 'ニニニ二,
      イi:i:i:i:i:i:≦ニ}s。ー ,。イ.iニi } .'二二二,  
      マi:i:i:i:i:i:ヾニニ{==,''ー┐.iニiイs。.'ニニニニニ., 
       }i:i:i:/└/乂ノ'''''/ノノ''"二ゝ,.ニニニニ二,
     >==//.乂ノ77  |/彡、マ/   .マ}i,ニニニニ二
    ,'  //''<_// 丿i}乂ノ/、  /二二ニ<ニニ二, 
    }  //''<_//ィ i.//  .//  `//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ニニニニ.
    ノ_,, .iノミミ//   〈〈  i.{  /{.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iニニニニニ,
  ノ  -ー.`ヾ}ヾ .i  .ヾ彡ゞ ./.マ)イ:.:.:,ィニ==--:.iニニニニニニ
  ',ィ'´)"',ヾi ,'i  .i      _,,イ}、 ∨ノ:.:,ィ'´:.:.:.`ヾ,ニニニニニ二',
  ./   _i .i| {i,  i   >''´ニニ.乂 .},イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ニニニニニニニ




                             ┛┗   ___

                             ┓┏>''":::/:::::',::<           ._ ┛┗
                                 /::::::/:::/::::::i::',::::::::ヽ   .ィ  ̄ : : : `┓┏_,,,zzzzzx
                             ,イ::/:::,イ',::::',、:::::}:::',::::::::::..//´フ: : : :`ヽ、: :\.三三三ム

                             ,':::/´/{! ヽ≧ト;::}::::}:::::::./: / //: : : :}: : :\ : ヽ.三三ア
                            ,'::/:::゙芯   芯ァ:::}::::}::::::.}; / ⌒/ : / : ∧:{_: : :', : :' ''"

                              {,イ:::::{ 、    xx}::::}::::./イ: /メ、{:/}/ ィ=ミヽ }:}: : }、__    巴っち~
                       _/Y _  {:::',ハ 、 _,  }::::',::´ノイ:/ィてオ    fじリ }ノヽ: : :r‐ヽ
   だね               _,,ィ. { }〈_ノ≦ハ::|:::ム  _ ..イ.}:::ハ:::./_: { 弋ソ  、 `¨´  _ノ :r、{     そろそろアイツ捻ってやろうか
   アタシら元々敵同士だし  _,,ヘ_ヽ{__}J三三三',!::{ヾ≧::::_/}:::ハ.⌒/ィゝ}    ,  ┐ /: _ ゝ
              __..。s≦三三三三三三三三{:|ト‐/ィ/ム }:,'/ニト、::',:::.ノ> _ゝ   ' イ、: {
         _..。s≦三三三三三三三三三>''"ニ{:{ニ{/‐、ィ ,ィ{,'ニニニニ=-:., ─r‐.〉 ¨¨ _/―、‐、__

    _..。s≦三三三三三三三三三>''"マ_,イニニ/ハ{ノ‐〈/ニニニニニニ.,.イ |. . /ヽ|   /{   ノ. .} . }、
   ム三三三三三三三三三三>'"{ニニニ}!ニニニニ,イニ{::::,イニニニニニニニ../ 〈. .ヽ {/.ヽ r' ヽ/.//. ‘

   {三三三三三三三>'''".     {ニニ彡ニニニニlニニニ∨ニニニニニニニ .//. ヽ { ̄ ̄{ニ} ̄`ヽ´/. . . . ‘
.   マ三三三>''"          ヾニニ=- ´  マニニニVニニニニニニ /. . ./: : ゝ_,/∧ ヽ、,ノ. . . ./. . . ‘
    ヾ==''"                     {ニニニ○ニニニニニ/. . . ./ . . . . /_| |___i. . . . ./. . . . . |

                             {ニニニlニlニニニニ/. . . . i. . . . . . ヽ|/イ . . ‘,/. . . . . . }
                             }ニニニ○ニニニ./. . . . . |. . . . . . ..∧. . . . . . . .!. . . . . . .〈
                               {ニニニ.{ニlニニ./. .___. .| /. . . . . .| |. . . . . . . .{. . . . . . . .!
                            ノニニニ○ニ / . . . . . _∨. . . . . . .! ! . . \. . 〈〉. . ._ . .|

                            >ニニニニ/≠ニ.{. . . . . // ̄ \. _.| |. . . . . \ }/´\. . |
                            寸ニニニ7ニ/ニ.ヘ. . . //. . . . . . ヽ . | |. .  ̄ ̄ vヘ. . . . . . .!
                           くニニ二/ニ/ニニ...ヘ. .| |. . . . . . . . ', .| | . . . . . . . vヘ. . . . . .}

                         /,' //`¨¨¨´イ`''‐./`|_|. . . . . . . . . ..| |. . . . . . . . .i |. . . ./
                        / ,'/ / ,イ   / ..{. . . . . . . . . . . . . | |. . . . . . . . .|_|. ./
                          【巴御前】           【坂額御前】


          }\                 / {
          }xix}             /xix/

            /xixi}                {xixi{
          /xixi/             {xixix\
        /xixi/    -‐‐‐‐‐‐‐-     \xixix\
      /xixix/   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\____  }xixixix{
..      |xixix人/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.///`ノxixixix {
..      |xixi///:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧[///xixixixix人   さっきから聞いていれば
      人xi [[[:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.ゝ:.:.:.:.:.:.:.:∧[[[xixixix/,
      /\[[[:.:.:.:.:-‐<:.:.:.:.:.:.::. >‐-:.:.:.:.|[[[xix/!i:\    猿だの雉だの犬だの……
    Χi:i:i:i:i:i|: :|l |/从∧:.:.:.::/从∧ヘ:.:.: |ゝ-彡i:i|i:\〉

    /:くi:i:i:i:i:i|:l l:l:| TニT \/ TニT フ:.:.:.| :.: /i!i:i:|/     源平合戦って動物園かなにかだったの?
    /: /:ゝ --从ハリi 廴」    廴」 |:.:.:.|:.:./i:i|‐┘
  ムイ:/     /:.:.:.|   '         |:.:.:.|:.:.: ̄|        信じられないわね。これだから極東の田舎者は
..  /: /    |:.l:.:.乂   -==-      |:.:./:.:.:.:.:.:|
..  レ     l∧:|l:.:.:>―号―‐< ムイ:.:.:.:.:.: |\
..            /从厂 /) (\ ̄ ̄|:.:∧:.:.:.:.:.|、:.:ヽ  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           /:.:.∧//|*|\\ ./ノ  ∨:.:.: \{  |  おっし、お前の頭についてる角を鏡で見てから言おうかドラ娘(緑茶)    |
..     ,ヘ   ./:.:./ {/  |*|  \\\  V:.:|     ゝ________________________________,乂
    /^ヽ┐/: l^爻 l  /i:i:i:i:\  \\ Y爻フ   /`/{
..    [三 | |―┘/爻/i:i:i:i*i:i:i:i>‐-ゝ爻ヽ └―‐┤!/フ
..  /[/ l,」――‐爻i:i:i:i:i:i:*i:i:i:i:i:i:i:i:/‐-爻―――‐L|、Y\
  (/レV   //〈i:i:i:i:i:i:i:i:*i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:/____ レV\)





                                               }イニニニニニニニニ二{〈ニ二二>ニ二/
                                              /ニ二イゞヾニニニニ}i、乂ヽ、`''<ー.<

                                              .ムニニ.i´ .`.'ニニニニ二iニニニニ,'<≧,    
       ふむ……動物園ですか                          ミニ二iッ、 ィiニニニニニiマイニニニ, `"'
                                               .|ニ匁ッ  .ィ弐シ.ニニi/ .'ニニニニ      
       まぁ当たらずとも遠からずと言ったところですね         >i:i└]|i, .i    イノニi、 'ニニニ二,
                                           イi:i:i:i:i:i:≦ニ}s。ー ,。イ.iニi } .'二二二,  
                                           マi:i:i:i:i:i:ヾニニ{==,''ー┐.iニiイs。.'ニニニニニ., 
        \人_从人__从_从人__从人_人从_人从ノ人/           }i:i:i:/└/乂ノ'''''/ノノ''"二ゝ,.ニニニニ二,
         >                       <         >==//.乂ノ77  |/彡、マ/   .マ}i,ニニニニ二
         >   そこ肯定しちゃうんだ!?!   <        ,'  //''<_// 丿i}乂ノ/、  /二二ニ<ニニ二, 
         >                      <        }  //''<_//ィ i.//  .//  `//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ニニニニ.
        /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒⌒YW⌒⌒\        ノ_,, .iノミミ//   〈〈  i.{  /{.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iニニニニニ,
                                       ノ  -ー.`ヾ}ヾ .i  .ヾ彡ゞ ./.マ)イ:.:.:,ィニ==--:.iニニニニニニ
                                       ',ィ'´)"',ヾi ,'i  .i      _,,イ}、 ∨ノ:.:,ィ'´:.:.:.`ヾ,ニニニニニ二',
                                       ./   _i .i| {i,  i   >''´ニニ.乂 .},イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ニニニニニニニ



        /' .|:::/:::::::::/:::/:: /::::/ :::: |::::|:::::::::::∨:::::\_____
         ./:/::-=彡::´::::::ムイ ::::: ノ::/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::/
       /:|:|:___::: /|:::|::::::::/∧ :::: /::::::::::: /:|::::ト.、:\ ̄
     /:: |:|::: |::/-|:::|:::::::::: /-.}- /|:}:::::::::/::/::/\⌒¨

     ノ::::/|:|〉::|:|ャ==ミ:::::::: /z=斧乞ヤ:::::/∨ /\: \     まぁ人も動物も営みはかわるまいよ
    ムイ   |/\ | 弋リ|:: /  弋 ソ/::イワ }:イ::::::{ ̄ ̄
          /:::::/ ハ  ,          |/::::::::´:::ヽ::::∨ 7     人以外の種族にあっても勇者はいるものだ
        .ムイ ヽ}、       _ノ二二二ニ7:|:::}ヘ_
     、     ノ::ヘ、 ̄  ィ≦二二二二フ::::|:::':: ┬<
      ー=≦:::::::::::イ` ´/ニニニニニニニニ 」:::::: |/:\:\     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

        ノ:::::/ .|/ ノ二二二二ニ/:::/|/ |::::::∨ \    |  いや私人間だから……ちょっと竜の転生体なだけで(巴)    |
        //|::/ >- /二二二二ニ,イ:: / ̄  ̄\:::∨::::∨   ゝ___________________________,乂
       .|::/. |! /   .{二二二ニ / /::/        \|::::::::∨
       .|/   | !  .}二二 > ´ /::/          ∨: | :|
             | } /ユ二/{、   .|:/         |/| :|
            ノ|_// {_}⌒!V!              |//:/
ー――――‐イ : 「イ.......{ノ¨...「.v!、    r⌒ 、       .|/:/
:::::::::::::-=≦::::::::r-!j」!...../......./__}-へ   /   ヽ       「/



              /i>:':"::`:'<i:i}.//
                 /i:i}'::::::::::::::::::::::::::ヾイ:i:iリ
             レ':::::::/;:ィ、::::::::::::::Y:i/フ`ヽ

          ,..::'::;´;:ィ:::;:くレ'   ヤ:::;:::::::レヽ:::::::::::ヽ
..          /:;ィ:/.ハレ' f:ワヾ  /:::∥:::∧`´`~、:::}   日ノ本の国とかけて動物園ととく
      __//〃_トミヽ `  ,  rぅぐ;:::/| }、:::::::::::::V
        |;';';';べ;';';';';}ニ/、fヽ、  ¨ 'ァ/!:| .ハ `ー-‐′  静ではありませんが、一曲唄いましょうか
   _    レイニニニニ/ `ヽ`ニ ィ::/  |::l/:::',
 イ/> ´   ,{ニニニシγヽー=彡ぐ′  |::::::::::}_
..  {´   ,_んミ~_´/ 〉‐': :// ,ス   !::/':.:.:.:.|     弁慶、お前がギターを弾けい!!
  ヽ,. イ///ム'     !: : ///:/.   \/':.:.:.:.:.:.:.|
   V リ{///__,,     }`fヾ_/,へ   〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
  __У }゙y′ , ' 、 リ : :/ノ'   \∥.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム              \人_从人__从_从人__从人_/
..{   ,′     `ー{: :,{´       {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、               >              <
 |.  ∧       У       `ヾ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ_            >    ギター!?!   <
..| 、/ニ}ィ ,、_  イ          }::\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`~ _____   >              <

///ヾ{、`´_{ニニニニ{          j:::::::::\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ _/Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW\








 チャン チャラララ チャラララ チャン チャララ~♪


                          ' : : : :  : : : : : : : : |.:.| |.:.:..:.:.|ノ:/ |: :!:l.:.:l.:.:l.:.:..:.:l.:.:.l

¨: :…- ._                    ヽ: :    : : : : : : : : :!.:.!リ!.:.:..:.:!:/  .!:::|:|.:.:i.:. |.:.:..:.:!.:.:|
_: : : : : : : :} ̄:¨: := ┐ャ. . . . _  _       l、_ , : : : : : : : : ::|.:.!/:!.:.:..:.:ト、 .!.:.|:|.:.:!.:.:.!.:.:..:.:!.:.:!
  ̄¨ -く'_: : : : : : : ′ l_:_:_:/ }YxXヾ.ト、      t  : : : : : : : : : |.:!: : !.:.:..: ! ヘ |.: !:!.:.:!.:.:.!.:.:..:.:|.:.:!
        ̄ ¨ ‐v'       リ }xXX:}:}xハ     ! : : : :  : : : ::!:|: : :|.:.:..:.!   |.:.:.||.:.:!.:.:.|.:.:..:.:|.:.:|
         />-≦  / /xXXノノXノ      `   ⌒', : : :!:|_-‐;!.:.:. !冖=┐||.:.:!.:.:.|.:.:..:.:|.:.:|!
           /、__/  ̄ `´ ミXxンx ,イ           '  : :!:|   !.:.: |: : : : :/.:.!|.: |.:.:.|.:.:..:.:|.:.:|
.          / /        .                  l  |,'   !.:.:.!__::::イゝ.:.|!.:.:|.:.:.|.:.:..:.:|.:.:|
         / ,o))                        !  /  /::|.:. |.:.:..:.:.<.:.i!.:.:|.:.:.|.:.:..:.:|.:.:!
      / /| |                        / r-=/: : : |.:. !.:.:..:.:..:.:.ヽi!.:.:|.:.:.!.:.:..:.:|.:.!
.     / / .| |                       / .//::/: : : : : |.:.:|: : .:.:..:.:..:.:.ヽ.:|.:.:.|.:.:..:.:|.:|
    ../ /  | |                      / ///: : : : : : : !.:.|: : : :.:.:..:.:..:.:.∨.:.:|.:.:..:.:|.,'
    / /  | |                     ./r // ,': : : : : : : ::!.:.!: : : :.:.:..:.:..:.:..:∨.:|.:.:..:.:|.:.:.













                          フクロウ
  私達はこの国じゃ 夜更かしの好きな法王
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

                                                    カメレオン
                                 本当の気持ち隠している そう 兄上
                               ・━━━━━━━━━━━━━━━━━━・


          /::::::::::::::::/:::::::::/  l::::∧:::::::::::::::::::ヽ

         /:::::::::::::::::/:::::/     /:/  ヽ:::::::::l::::::∧
        /::::::::::::::::::::/:/     /:/    ∨:::}::::::::∧
     ∠::_::::l::::::::::::::::/ー---、___ / __ -─ ´ V::i:::::::ノ::::\

        ノ'ヘ::::::::::::/ T ̄ヒテ`      ‐‐ヒテ"フV::::::/ヽ:!`ヾ
         ∧:::::::l          l         /::::/     おい、物凄くヤな予感がする
         { \:ハ u       〉     ///

           \  ヽヽ       ′    ´/ノ      だれかウチの妹止めろ……
            >∧             /        全方位で喧嘩売る予感しかしねぇ
             / l ヽ、   r──┐  ∠
        /  / l  、 \   ̄ ̄ _/l  \       あとJASRAC怖い

     ,  '´   /  l   \ ` ー‐ ´ ノ  l 、  `ヽ、
   /     /   ヽ   `ヽ、  /   ,       ヽ、







         ニワトリ              ウサギ
  朝寝坊の景時  徹夜明けの下郎の盛長
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

                                    コウモリ
                       誰とでも上手くやれる時政ばかりさ
                     ・━━━━━━━━━━━━━━━━━・


         |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅳ 、 .ヘ.:.:.:.: Ⅵ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ∧
.        l.:.:.:.:.:.: _ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ {  .\ マ .:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iム `\
.          l.:.:.:.:. /  Ⅵ.:.:.:.:.:.:..:.:. / ._ -=- .、\、.:.lヘ.: |.:.:. / .:.: / }∧:.:.:.:.:.:.:.:.: l.:ム
        }ヘ .:./ ,ヘ | .:.:./.:.:.:.:Ⅳ Ⅳ   _ ` 寸ヘ.:{='’l .:./}.:.:.:/_,.:'´ マ:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.
         |.:〈  .', l∧.:.:.:.:.:.i/   `ー ┸-=≧ヘ{ ヽi :/.-=7´-=  ァ,.:.:.:/i .:.: lヘム
         l.:∧  ヘ ヘ.:.:.:.:.:l        ̄ `   }/  }/ヘ_ii_  ,}' l: / .:.:.:.: l ヘ.、
         l.:.:.:ヘ.  〈  .ヘ.:.:.:.|             ´     ` ¨´ }/.:/.:.:.:.: |  ヘ  オレが寝坊したんじゃなく……!!
         |ヘ.:.:∧ _}  .ヘ.:.:l              {_        /: /.| :/ヘ.:l
         l Ⅵ.:.{      ヘ{               7       / l/ }/  ヘ{     判官殿が勝手に海を渡っただけっ……!
            ',.:.:.`¨|ヘ                          ,       `
             l.:.:.:.: l .ヘ          /             ,
            }ヘ.:.:.:| .ヘ       /{_ ̄_  =-  __     /     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            __j }:Ⅵ   ヘ      `≧=-  ̄  _ -=/{   , '       |  わかってる……わかってるから景時……(頼朝)   |
       {´¨ ̄i:i:i:i |∧{    ` :.、                ̄   ./       ゝ_______________________,乂
       {i:i:i:i:i:i:i:i:¨≧:-...._    : . .、                ,.:'’
    ,:i心、ヽ,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧:........_ ゚ : . 、            /{=- _
  /i:i:i:i:i:i\}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧:....._` : . 、    /i:i:ヘ、}  \ ← どっかの荊軻さんと違ってちゃんと暗殺に成功した人
./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧:...._` ア¨´i:i:i:i:i:i:i:i:≧=-..._、

                    【梶原景時】





  見てごらん よく似ているだろう 誰かさんと
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・


                                                  ヘイケ
                           ほらごらん 吠えてばかりいる ひ弱な首を
                         ・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・



           ,;:,;:,:;,:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::丶
         ,;:,;:,:;,:..:::::::::::::::::/ ̄ `丶、::::::::::::\ :::::::::: \

         ,;:,;:,:;,:/::::::::::::::::::/  J   __> ::::::::::::::::::::::::::::::\    (誰か九郎を……)
        ;:,;:,:;,:/:::::::::: /|:::ハヾーァチ―=ミx\:::::::::::::::::::::::::::::\
       ,;:,;:,:;,:/::::::::: / |::| `` 〃   a リ` ∨::::::::::::::::::::::::::::::\
      .,;:,;:,:;,:/:::::::::::::レ匕_ト       ー(⌒)  | ::::: /⌒ヽ:::::::::::厂  STOPSTOPSTOP stayin'……ッ!!
     ,;:,;:,:;,:/:::::::::::::: |〃 a               |:::: /〈⌒ ∨\|
      ,;:,;:,:; 厶ィ | ::::::: 爪. ノr'           |/ ノ  リ      STOPSTOPSTOP stayin'……ッ!!
    ,;:,;:,:;,:,;:,;:,|人:::::::ハ (ノ \´           u r‐ /:/
         ':;,:,;:,;:,丶:::ー'u          __\   ,.:rく ::::|
           ',;:,;:,:;,:;.\∧    __,,... '´ -‐==) /´レ:::::八
          ',;:,;:,:;,:,;:,;:,:;:..  マ-=_,,..-…‐一' イ   ∨
             ',;:,;:,:;,:,;:,;:,:丶、 ¨´    | ̄ ̄¨゙ア¨¨ ̄ ̄`丶、
           ,;:,;:,:;,:,;:,;:,;:,;:,厂>  ,,_, イ|   /         \
         ,;:,;:,:;,:,;:,;:,:,;_r‐=ァ'⌒¨\ ∨l | ∨            \
       ,;:,;:,:;,:,;:,;:,:,/ )'"´\.   V}ノ_| /









  ハクチョウ       ペンギン           ナマケモノ
  嫡流になりたい行家叔父 なりたくはない蒲兄上
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

                                               フラミンゴ
                              都落ちしても西国で踏ん張る知盛
                            ・━━━━━━━━━━━━━━━━・


           メガネザル  ヘビ       アマガエル
    遠慮しすぎの頼政   義兼に睨まれた義重
  ・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・


                           ライオン ヒョウ             ハイエナ
                           鎌倉や京に頭下げてばかりいる泰衡
                         ・━━━━━━━━━━━━━━━━━・


                     ______
                   .. ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:..、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.                , ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
.                ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',   ウチの愚息にハイエナとは過ぎた評価じゃねえか
               {:./⌒Y____,r――- 、:.:.:.:.:.:.:.:.i
             '.{ て):.:.:.:.:.:. ̄ヘ:::::γ⌒ヽ、__:.:.:.:} 
             {ト、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:\:.\ゝ__ ノ⌒ヽ-<j        (義経殿に甘いのか、泰衡様に辛いのか……)

          ____/:`{}{}_}:.:.:.:.:.:.::::::}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{   j                |::\
       /. . . . .`ヽ:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:'´.:.:.:.:.:.:.:ム:.:.:.:├r '   `ー=彡′         |:::::::::\_ ,、    ,;イ
.      /...,. . /: :`ヽ\:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:`ヾYソ丿 . : .:~彡           |:::::::::::::ヤ`゛_‐ュ/:::::| 
    ,く. ./. ./... . . . . ..ヾ\\:.:/:::{:.:、ー‐==-、::::, ´     て´           r<|:::::::::/ト〃´/::::::::::::|
   . . . .\: { . . . . . . . ∠ハ:.:.:ミ::::::{:.:.:.``ー=才く   . :~´           ,イ⌒l:゚:::l.:⌒゙i`::::::::::::Vf::|

    . . . . . .`\. . . . . . . . . .`Y::彡:::::`ー彡{:.:ィ \> : : ..         ト、   〈ト__メ::::::ト、___メ::::::::::V::::}:|    ,イ
    . . . . :ヾ. . ..\. . . . . . . :}.:}:.:.:乂从:::::::::_У    彡 : . .        ゙、\ ヤi゙ト‐--─イフ::::::::V::::::l::| _//
    . . . . . :ハ. . . .`\. . . . :}:.}:.:.:.:./:"´ ̄`ヽ  ((   .:))         ゙:、 、゙"レ|_|ミ三彳j,ト:::::ゝ三:イ.イ/ /
    . . . . :/. . . . . . . . :ヽ. . :.}.:}:.:.:.ハ. . . . . . . . }    `ー: . .          ト、.> `ゝ、`二`ll´二 ̄_イf"∠彳
    . . . 〃. . . . . . . . . ..}\人:.:.:/:∧. . . . . . 人_                |_ィ-ィ´‐二\''/二-=i゙ト-‐ヾゝ
    . . . . . . . . . . . . . . 八. :`Y:.:.:.:.:.:.}ト、. . / . . `Y`ヽ          l>、   ,'_メ:;;l´ゝ∠/´゙\.ヱュメヘ:;;:;:;:ト.ナ,
    . . . . . . . . . . . . . ..{. :.}. ..|`ー=升! ∨{. . . . . . }:.:.:.:',      .    「lヾ、/ナ;:;:;:;/|三|i|___|i|三_^イ´ヽ:;:;:<ヽ.
    . . . . . . . . . . . . . . し′. .}圭圭7 . .V . . . . . リ:.:.:.:.:',         |,|//ミ、_/ |`´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`ー‐"i   ト.:ト.ヾヽ.
             【藤原秀衡】                           【佐藤忠信】





  見てごらん よく似ているだろう 誰かさんと
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

                                                マト
                         ほらごらん 揺れてばかりいる 小さな扇を
                       ・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

                 イ////////////////////////////ム
                ////////////////////////////////ム
               //////////ハ//////////////////////ム

                    ハ/////////  ∨/////////////////////ム‐-、
                 ' /////////   .∨/////////////////////i \'
                /////////ヘ   .∨////////////////////.l  ヽ  …………
              ,////////__≧-ー、////////////////////i  ./

                i./////Ⅳ、 弌少 フ ヽ////////////:/:ト、//Ⅶ ./
   _ _            ∨>'//i´ ` ‐-‐ ´   \∨、∧///ハ:/:/| i//  ./   (曖昧じゃない表情で沈黙している)
 r≠/ /´Y       >/ハ ソト'              ヽ ` ヽy' . i//| !ハ /
:// / / ./≦、_,≧≦//////从         .イ         〉./レ'i ' !´
′/ / ./´i/////////////_///:,        `         .///|:ノ i_i
   __/  |////////////´////ム                   ////ト、ー'
  Y´   |///`≠=≦/ //////iヽ     r‐‐<¨i    ,イ.////! ヽ
       ノ//   /´ ゙ .从/////! i\   ̄  ̄   ///////i  ト、
                        【那須与一】





              サル
  ほらね そっくりな源氏が私を指差している
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・


                           きっと いつか鎌倉の地で 私も首になるんだ
                         ・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

  アイ           アイ
  首を下さい oh... 戦場を下さい ZOO
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

                           アイシ          アイシ
                           褒めて下さい oh... 撫でて下さい ZOO ZOO
                         ・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・



       / ::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::`丶
.     /:::/::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \

      .:::::::::::::::::::/::::::::/::::::::: イ:::::::: /::::::::::\
.    /::::::::、|:::::::::i::::/::::: "´  |::::::::∧ ::::::::::::::ヽ
   /::::/⌒'|:::::::::|/{:::/ー─-y'::::/ ヽ :::|:::::::::::

  ∠ : / ⌒|:::::::::|  ──=  //´ ̄ ̄|∨::::|\|
  厶八 {Y八 ::::::|        { =─ {::::: 八   まさかの展開で

     \:、_ \::|u       . 〉   ;::: /\| 
      ヽ:小                 八/     周りの視線が冷たい……
       }::|  、       __
  _____,厶リ   \     ──'  /        え? まだ続くの? 2番までやるの?
. /   <∨    丶、

〈      \      ` ァ≦‐-、
 二ニ=-    \     /    ヽー‐-、
'´  \   \ \   {\_\   \  }





        キュウカンチョウ
  おしゃべりな広元    腰越状出しても返事はない
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

                  _  -----  __

                /    |      |
               /     |      |
               ,         !       |
                / /::i          |    いや常識的に考えて下さいよ
            /  {:::::::i.     |      |
              i    、::」    |      |    あんな手紙渡されてどうしろと?
              i           |      |
             、          |      |    違うでしょ、そこじゃないでしょって話ですよ
                   ー }.     !      !
                      }    |      |    義経様も社会人なんだからわかって下さいよ
                      |    |      |
                      |    |      | 
               /≧=ミ .|      |          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              ./ニニニニニ \    /\         |  服着ろ広元ォ!!(頼朝)   |
       _  --‐‐≦  ̄ ` <ニ./ ̄ ̄\ >'\_      ゝ______________,乂

     , ´          ̄ ‐- `{ニニニニニニ}__ -‐   ` 、

      /                   \>‐‐‐{         \
     ,       /            iニニニニ!       ‘:,    v 
    .{      ,             iニニニニ!         ‘:,   }
    .{       i            iニニニニ!         }  j!
                    【大江広元】




                              知り合った人に わからないと呟かれたりもする
                            ・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・


  "逆落とし"の直前、嫌だと思ったこともあった
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・



                      -― ヽY ミx
                       /::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                 /::::::::::::::::::i:{:::::::::::::::::::::ヽ

                   _/::::::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::::::.
                     7::::::::::/::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::!    嫌だと思うならやらないでください
                     |/::::::::i:::::::::λ::::::::、:::::::::::::::::::ミx
                 |::i:::i:::ト∧/ ヽ:::トヽ__、ト _≦、    馬背負って崖降りたせいで筋肉痛が……
                Vレヘ::lー tj ァレヾ ーtj 7 j^` }

                      Y ヽ ` / i 丶    !' }: ∨
                   、 i    :|   u  _ノ   !_   , .、
                        ∧    `    ムハ   ヘ/ニニ\
                       、  -=-  .イ、t i   /./ニニニニ\__
                      _rハ\ _ //ハニゝ_i /ニニニニニニニ\ヽ
                   ,.ィ´ノ `丶 _ ,イ   :}ニニ〉ニニニニニニニニニ.\ 、
               _,. <ニ!ニ   f .V ヽ   !ニニ丶ニニニニニニニニニニ\
            _,.. <ニニニニ/ニ∧  /、ヽニイ、  !ニニニニ\ニニニニニニニニニニヽ`ヽ、
        ,x<ニニニニニニニ/ニニ∧/  {::::::::} ヽ !ニニニニ〉ニ 、ニニニニニニニニニニニ\
       /ニニニニニニニニニニヽニニ/ ∧  〉ー〈   j!ニニ <ニニニニ\ニニニニニニニニニニニヽ
                      【畠山重忠】




                            武士の忠義わかりすぎるぐらいわかっている
                          ・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

               /  . : : : : : : /. : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ:. : .ヽ
                 / . : : : :/. : :/ . : : : : ; イ: : :i\ : : : : : : : : : : : :.
             `ー─── ------/  |:. : :|  \------ ‐一'′
                  i.____/     ! : : l   \__.i
           // ̄. .: .:|: : : :∠ ___ i:. : :j _______: : |: ̄ `ヽ

             / . : : : : : .:|:./____ 二   j :/ 二 ___ヽ.:|: : : : : . \
            / . : : : : .: .: .:i´{ ̄ {_兀厂} /´  弋 {_兀厂 }Ⅵ:. :.|: : :i ⌒ヽ
          '⌒ア人 : : : : : :{     `¨´         `¨´   |: : : ト、:..|   わかってないんだよなぁ……(諦め)
             ヽ{\: 八             {        ii: : / ∨
               ゝr\: \           !        从:/
                 `ミ`⌒ヽ        j       ムj/
                 }八                     /
                  \\     r───┐    イ  
                   ム个    `¨¨¨¨¨¨´  /
                 /ニニ|i:i:i:i`ト .      イi:|ニニヽ
                ∠ニ{ニニ|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`¨´:i:i:i:i:i:i|ニニ7ニ\




  見てごらん よく似ているだろう 誰かさんと
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・


                            ほらごらん 殺してばかりいる 一途な牛若を
                          ・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

                              /////,イ///////////////
                             ///// |///////////////
                            ,////  Ⅶ//////////////

                            ///    Ⅶ/////////////
                           ,/イ        Ⅵ////////////
   お前は誰にも似てはいない。普通じゃない        ∨//⌒ヾ//////
                                     Ⅵ ヽ i|、/////
   武士というのは、人間というのは              ヾ  } i|ハ/////
   欲にまみれている。自分の為に戦っている         |ヾ | i| ∨///
   だから失うことを恐れている                  | ,八ノ  .∨//
                                     八      ∨/
   鎌倉は人間という動物の国だ                 ‘,    ∨
   帝でも将軍でも……肉親であっても              ヽ     ∨
   隷属を是とする者がいては――いけない            ∧

                                          ヽ
                                          ‘ _、

                                              }
                                              |
                                   r  ― ―――=イ







              サル
  ほらね そっくりな義仲達が私に挑んでくる
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・


                                 きっと どこか似ているんだ 私と弁慶のように
                               ・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

                 ,;;                                            | |
                 \                      |\               ;;,.     | |
                   ヽ,                   |  )            ,/       | |
                                         | (                    | |
                                 ,;;     |ヽノ                     | |
                                  ヽ,    | (      /彡.            |二|
                                         |ヽノ    、-〈巛.             |二|
                 ,rt、     ,-‐、             | ,rt、      ヾミ           |二|
           ハハ彡 /ト'ヾヽ   l=j, (,、        i`i`彡0fト'ヾヽ          ヽミ彡/       |二|
 ゞゝ──ゝ  /、 ゝX  彡ゝoノ ハハ/ソ/⌒ゝ       / ゝ 彡ゝoノ         /|  iヽ       |二|
        ( ' Y''''ノ\  彡 /、 ゝx彡ヾ > )、__ノ彡ミ= | 、ノ  彡くミヽノミ=       o,|   ||ol.      |二|
         `‐' ̄\ ヽノ  ( ' Y''ノ 彡く/彡'  \   `‐' ヽ____/ゞ | ヽ   へ  /〈|`‐' |〉      |二|
''''''''""""" ̄ ̄ ̄   〉____,/ | `‐'ヽ ヽノ |// |   |      |川リ ー'  |  ,;' ) / c|、____, |っ へ   |二|
"""" ̄ ̄     /\|リjilji   丶ゝヽ〉____,/ゝヽー'   /      | y ノヽ | / (ヽ   | 川リl |  ,;' ).   |二|
-‐ _,,. .-‐   ヽソゝゝ     `''' 川リ|  `''' ,'ヽ 丿  /\// //  ヾ|      ヽ |ー| / / (ヽ / |二|

 -‐ _,,. .-‐  ,-‐'''" ゝ  ノ-ー'7ゝ ゝ  ゝ' ヽ ヽ   ヽソゝ/ //   /ゝ      ノ ゝノ ゞ   /ヾ, ヽ'
 _,,.    -=━━| -ー / 彡   /  / / . .. ヽ 〉  ノソヽ/ゝ     .  .   /ゝ /ゝ  /⌒、ヾ
    -‐'''""-‐'''ヽヽヽ/ / .:-‐' / // /   .  // / ゝ /ゝ   //            ||()|(\ヾ

    ,,,-‐'''""  _,..:-//,..:-‐'"// //_,..:'_,..:'  /ゝ/  < <       /       /    || |(丶|
-‐'''"",,,,,       /ゝ    /ゝ  // _,..:'  /      ゝ`    /      /     / ||()|(丶|
-‐'''""_,..:-‐'"_,..:-‐'"          /ゝ      /       / / /   // / // /  \|(丶|
_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:''   _,..:'  /   /  //  / /     /  /  / /    \\|
    _,..:-‐'"      _,..:''   _,..:'         /             /       /      \






  アイ           アイ
  首を下さい oh... 戦場を下さい ZOO
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━・


                               アイシ          アイシ
                               褒めて下さい oh... 撫でて下さい ZOO ZOO yeah
                             ・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                     /i>:':"::`:'<i:i}.//
                                        /i:i}'::::::::::::::::::::::::::ヾイ:i:iリ
                                    レ':::::::/;:ィ、::::::::::::::Y:i/フ`ヽ

                                 ,..::'::;´;:ィ:::;:くレ'   ヤ:::;:::::::レヽ:::::::::::ヽ
                                  /:;ィ:/.ハレ' f:ワヾ  /:::∥:::∧`´`~、:::}
                             __//〃_トミヽ `  ,  rぅぐ;:::/| }、:::::::::::::V
                               |;';';';べ;';';';';}ニ/、fヽ、  ¨ 'ァ/!:| .ハ `ー-‐′  STOPSTOPSTOP stayin'
                          _    レイニニニニ/ `ヽ`ニ ィ::/  |::l/:::',
                        イ/> ´   ,{ニニニシγヽー=彡ぐ′  |::::::::::}_      STOPSTOPSTOP stayin'
                    ,.~'´   {´   ,_んミ~_´/ 〉‐': :// ,ス   !::/':.:.:.:.|
  ,.へ   r―――――――'´ ̄  /   ヽ,. イ///ム'     !: : ///:/.   \/':.:.:.:.:.:.:.|
fΞ_`゛ ` ̄|            ヽ  {    V リ{///__,,     }`fヾ_/,へ   〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
   `,>_,}                     __У }゙y′ , ' 、 リ : :/ノ'   \∥.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム
    `´   }               / {   ,′     `ー{: :,{´       {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、
        ヾ、            /  |.  ∧       У       `ヾ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ_
__      ',\      ー-―一'     | 、/ニ}ィ ,、_  イ          }::\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`~ _____
,',',',',','`,',',',.,.,~ヘ ヽ            ///ヾ{、`´_{ニニニニ{          j:::::::::\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ___

,',',',',',',',',',',',',',',',',ヽ  }          /////  ` .|77777ヘ            /:::::::::::::| \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`´ 彡'
,',',',',',',',',',',',',',',',',',',ヽ         //////     |///////べ三三三三/::::::::::::::::'   `> 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:く ヒ_' ´
 ̄”~"'~――――\         >、///ヾ; `: ' : ー-|/////////べ ̄ ̄ /::::::::::::::::/       `~"'~-‐"   ̄´
             \     ////`////ス: : : : : :_;}ヾ'´ヾ'"´`´ ヽ \/::::::::::::::::/
              \ //////////  ヽ:_:/ |  ヽ  ヽ  ヽ ヽ:::::::::::::::/
                //////////イ   /    !   ヽ  ヽ >z__〉:::::::/
               ////////// /::| /     レ マ´ーヘ´´〉/`´::::/
               //////////`~ニ/       /  /::::V´::::::::::/
           \/////// {ニ/         イ  ,/::::::::::::::::::::/
                 \://   .>'´       'lニニレ:"::::::::::::::::::::/







   ┌──────────────────┐
   │  Walkin' on the wild side in the ZOO    .│
   └──────────────────┘



                                    ┌───────────────────┐
                                    │  Walkin' on the right side in the ZOO   ....│
                                    └───────────────────┘




             ┌──────────────────┐
             │  Walkin' on the wild side in the ZOO    .│
             └──────────────────┘




   ┌───────────────────┐
   │  Walkin' on the right side in the ZOO   ....│
   └───────────────────┘



    ━ StopStopStop StopStop stayin' (You got woman) ━
                                               _
                                         __xく ̄::::::::::::::::≧s。.,_
                                        /::::::::::::::`丶:::::::::::⌒////^ヽ

                                       ,ィ´::⌒\:::∧:::∨⌒/\/:::::::::
                                       |:{::|:::::::::::::ヽ::∧::∨:::::::::::∧::::::::::.
                                     .  l{::|:\\:::::∨ハ::::レ^\/::∧:::::::::.
                                       {:::ト、:::X´r=ミ::::|l::::| 9}:∨∧:::::::::.

                                       l乂::\,_ 芍V| l:::| ,イ::::|::::∧::::::::.

           哀しい人                       l:::ーr‐ソ    }l |:|  .|::::トミ::ヘ::::::::.
                                        '.:::: l `ヽ - ノ' ||/ |::::|/>s。::::::.
           でも哀しいと思ってない人              '、::::.、    ゝ‐イV´ |:::/../..........\:::.
                                         \:\    N/ /:///.................v:::、_
           だから貴女の側にはいつも誰かがいた        \:\∠ノィ'´/.//.........../....Y:::V⌒\

                                             / 〈〉乂:::乂_{.{......../..........|、:::\::::::::\
                                            ムイト、_/__ノ:::::ハ../...............l:::\::::\:::::::::.

                                            /_/ |_|(( ̄...../.....................ハ::::::::\::::\::::}
                                          /ニフ'´...//........}.........../.....{::::):::::::::::}:::癶\
                                        广{二二フ'´.../........ノ{....../...........|:::(:::::::::://  〉::)

                                        /  ゝ-ヘ...........{........./ ̄.................}:::::ヽ::∧(__//
                                        | r─‐v゙..........゚。.....{........................./:::::::У ノ::::::: ̄`ヽ、
                                        ∨/ ̄ ̄ゝ.........',/ー-=ミ.........//⌒\⌒\::::} ̄):::::)
                                        ∧{........./ー''"..........\......).....〃{    \__ノ:::{γ:γ
                                       〈...l.........{...............................\....//:::|     ):::\圦:::::`ヽ
                                       ∧{.........∨................................../..{::::乂_ く:::::::::(  ):::::::::::}

                                           ━ StopStopStop StopStop stayin' … ━



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――― ―
――――――――――――――――――――――― ― - - -
――――――――――――――― ― - - -
――――― ― ― - - -




                    __ ,....-..、,......

                    / /::::::::::::!:::::::::::`::.
                  / ..:'::::::::::´::::::::::::::`:::::::::::\
                 .:' /::/::/:::::_:::::::::\:::::::::\::::::\ 
                 |!:'::/::/::::/  \:::ヽ\:::::::::ヽ:::ヽ\__
                     /::::j::/::>' ⌒   :::} ⌒\:::::';:::::ヘ/ヘ::\    吉野山嶺の白雪踏み分けて 入りにし人の跡ぞ恋しき
                    ':::::::l/::::jィ斧笊  |/ 芹ぅx::::|::::::ハ彡ヽ::::Y
                  {:::::::::::::::乂'"゚~´ ′  `~゚` }::j!::::::::}  ) }::j
                  八::::::::::::::⌒   , -‐- 、   /::/:::::::::j  / ::;
                  ヽ::::::::::::> 、r=Yニl.、⌒j/,)::::::::ハ  //    しづやしづ賤のをだまき繰り返し 昔を今になすよしもがな
                 /):::::::::ヘ ハ マ´- ヾ_.)/-.::::j::::/::::::i //

                //::::::::::::::> | ∨//∧}::::::::/:::/::::::::j;:/
                /:::/:::::::::::::::;-/`j  ∨//∧\ー-‐、:::/
               /:::::::/::::_;,.-‐/ 〈 ∧   \//}/__ / ハ:…-、 ,、 -一…ー-
            /::::::::;γi   〈  f; ̄;ハ > ヽ   / j / ,::::彡:´:....、       )
         _    {::::::::::|::i ',  /  >;;;;;〈    >、./  /  :!::::::::::::::::::::\ー:..   ´
        r、{ {ヽ _八:::::::ハ::|  , \  \/ ヘ_<´    ∨./   |:::::::::::::::::::::、::\ `ヽ
       ', ヽヽ ',{| \:::::::|  Y   \  〈   ',    \-、  !:::::::; ‐-、:::::\::}   :..
     f \\`   乂  `  |   !   ``~ヘ  ゝ     ` |  |"´   )\::::\   \
       \`´  /   |    |  ハ       ヘ          |  |ー…‐ 'j|  ヽ  ヽ    ノ
       ヽ  !   人-‐…ー- ヘ\      ヽ       |  ,}   ノ   ノ  ノ
        乂_    j!  ヽ    ∨ , /    ∧       イ       ´
           ̄i`ノ   j }     }: Ⅴ       \    / :.,
            ゝ-= _//    }! /       ', ̄    ハ
             乂_彡 _,,.... |/ j      γヽ ',      ヽ
















        ,____、__
      ヘ// ̄\\`丶
     //i/    \\|    ……あれ? おかしいな
     //丿       丶ヾ
    〆′r-‐‐‐‐‐-、 ``、_  動物園にかこつけて牛若が四方八方に喧嘩売ってく
        ̄i´゛゛゛゛゛゛`ヘ‐‐--ゝ そんなネタだった筈がどうしてシリアスになってるの?
      ノ      }}
     ノ´丶‐‐----{{
   ソ____、      '\
  /〟---、、       ! ヘ`i
 /´ ̄`丶 ヽヽ    !! ` 、                                 ____ ト.
 |    丶 l.l.i     ! i ¦                             ..ィ: : : : : : : }: :V´ア
                                            _ ,ィ´: : :/: : :i: : : : ヽ: \
                                          ∠ __: : : : /: :i : :.:| : : {: : :\: :',

                                           __ノ: :./: :i: : :ト : : 、: : ト : :_: : :_:_ア
                  存在を匂わせた巴御前にかこつけて   ア: :i : /{: : :!: ハ: :.\{: : : : {: ::乂
                                         __ノ: : :.|:/ヽ',: : :{__ メ.ト、:}: : : i : : :<

                  義仲の最後まで絡めたせいだろうが   ⌒j/ }代ナヽ:! 弋ナア: :.ハ!、: : ::Y
                                              |   j      j/  }从ハ!
                                              八           __ イ
                                               \ -、    .イ_
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ              ≧=≦ ..ィ''~ i
 |  私はまだ義仲絶倫ショタ説を諦めてないぞ!?  |          __ /`マ/_z≦-―ァ77777//アi
 乂_____________________ノ          i///_ 只    //////⌒ヾ{
                                            }//}:.:.:.{ } 7 ー'.ア//}}  .}}  }
                                           j//,:.:.:.:| ! /:.:.:.:.:.//  {{  {{   !
                                           /} }:.:.:.:.| /:.:.:.:.:.://  〃  }}  ′
                                          /〃 j:.:.:.:.:}./:.:.:.:.:.://  //  〃 ./





┌─────────────────────────────┐
│  ちなみに常にフォーマルを崩さなかったという             │
│  アイドル マスター                                 │
│  武士の模範とまで言われた頑固マンなこの人(畠山重忠)は    │
└─────────────────────────────┘

               /:;:::::::::j::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::/::::::::::{:::j::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             i:::::;':::::::::::::!:::{::::::::、:::::::::::::::::::::::i

             |::::j:::::i:|:::j ',:ハ::::::ヘ \::::::、::::::::|   ※巴御前と一騎打ちして裸にする
            ノイ::|!:::从:{|、V∧:::∧\\∧:、ム._

             ./{::i!:::{ .二≧\:、{≦二:、iv∧ミz´  ※静御前の舞の伴奏をする
              i'¨Ⅵ ` ’.´/:|\` ’´ リトfY
              .V V{    ´ :!     {i /    ※坂額御前が鎌倉で顔見世した時の一員
               \ヘ      i     iト:'
                     ¨:.   _,.. ...,_   .:'
                    }\  ー  /{
                 ∧  \_/ .∧
                 /{  \    / .}\
               .。s≦i:i:j{    `_v_´    j{:i:i:≧s。.
        .。s≦´i:i:i:i:i:i:i:i:|‘,  .///:ヘ  / !:i:i:i:i:i:i:i:i:i`≧s。.
              ┌─────────────────────────┐

              │  てな感じで色々顔が広い                  .....│
              │  というか源平合戦で出番ない時がないぐらいの社畜    .│
              └─────────────────────────┘







                   _,, --- ,,_

               /\/´"''ー‐ '"~´ヽ/\
              //\\      //\\
                 {/   \\I=II=I//   \}
              \    \\//    /   鬼ヶ島の時は弁慶の為の牛若だったけど
               \r‐=ニ二二ニ=‐,/     バビロニアでは牛若の為の弁慶でしたね
                 lヽ 、,_{{ o=     l
                 l \ {{ o=‐' / l      弁慶のセリフが、義経についていった人たちの

                 」r、 ) {{ o= / /       気持ちの一端を代弁していたというか
               _, ‐'´r‐ヽ }iテi{ 二つ`'‐、_
            _, ‐'´     ̄)|| Z || 「     `'‐、_    彼女のカリスマ(スキル的な意味でなく)
         _, ‐'´     ノ゙) || |o||        `'‐、_  人を惹きつける英雄的側面が垣間見えた気がしました
         rく         /,ノ゙) ||  ! ||            )i
         )i、ヽ       /´ ノニ;┐ |O ||         /∧
      // ヽ\     ! /´/{、{,__| ||        //  ヽ‐ 、
      〕\_\ヽ__j/ 八_/´r'゙ |O ||      ///    / |
     // _// /j  l ´ /  |   ||     // /  /  ヘ┐

                                 【CMサーヴァントでダレイオス君だけホント不憫】


┌──────────────────────────────────────┐
│  頼朝は自身が助命してくれた平家を滅ぼす羽目になった為に                .│
│  第二の頼朝を生まないよう、義仲も義経も息子はきっちり殺ッてる訳ですが       ....│
│  女系には甘めで、義仲娘(妹)の宮菊姫には所領を与え、裁判でも贔屓しています     │
└──────────────────────────────────────┘
       / ::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::`丶
.     /:::/::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \

      .:::::::::::::::::::/::::::::/::::::::: イ:::::::: /::::::::::\
.    /::::::::、|:::::::::i::::/::::: "´  |::::::::∧ ::::::::::::::ヽ
   /::::/⌒'|:::::::::|/{:::/ー─-y'::::/ ヽ :::|:::::::::::

  ∠ : / ⌒|:::::::::|  ──=  //´ ̄ ̄|∨::::|\|
  厶八 {Y八 ::::::|        { =─ {::::: 八   まぁそれぐらいで義仲や巴らと和解とはまでは

     \:、_ \::|u       . 〉   ;::: /\|   イカンだろうが……
      ヽ:小                 八/
       }::|  、       __
  _____,厶リ   \     ──'  /        静御前も女の子を産んでくれれば……ハァ
. /   <∨    丶、

〈      \      ` ァ≦‐-、
 二ニ=-    \     /    ヽー‐-、
'´  \   \ \   {\_\   \  }




┌─────────────────────────────────────────┐
│  というかその辺の機微に関しては政子が頼朝の外付け良心回路みたいな印象          .│
│  静御前が鎌倉で堂々と義経を想う>>170の唄を詠んだ時も                     .....│
│  政子は責めるところか褒めたぐらいで、件の宮菊姫も熱心に庇護したのは彼女の方という   ..│
└─────────────────────────────────────────┘
       {    !.  ...::::::::::::::::::::::::::`丶|
ィ彡三ミヽ  `ヽ   ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
彡'⌒ヾミヽ   `/::::::/ ::::::::::::ト、,,;;:::\:::::|
     ヾ、  .::::::::::::::::::::::::::: |::: | \::::::::::::|
  _    /:::::::::/::::::::::::/,|: /-―-ヽ :::::|  頼朝様、義高(義仲息子)を討った者の首を下さい
彡三ミミヽ  i:::::::::::|::::::::/:;:;:;:|/:;,ィ=ミ '::::::|
彡'   ヾ、 |/|::::::i|:::x==ミ.;;;;/;;;;, {:::;;/}ハ| ::|  義高殿は私達の婿でした。ウチの娘が彼を逃したのなら
      ’  V八{ハ::;;ハ::::::::::::::::V::ソ リ:::::|

 ,ィ彡三ニミヽ .ヽ:::ハ Vソ      '' /イ ::::|  その意を汲んで穏便におさめれるよう努力するのが筋ですよね?
彡'      ` ̄ |::::::. ''  '         | :: |
      _  │:::人  ー-='つ   | :/|  どうして義高殿を有無言わず殺したんですか?

   ,ィ彡'   ̄ | ::::|::j>   ⌒ /  ;|::/.|
ミ三彡'       |:::::j斗- 、_ノ下´   j/;;;|  せめて義高殿の命を奪った不心得者の首で娘の悲しみを慰めます
       ィニニ= _ iイ  ニニ} / }    / |
     ,ィ彡'  {.  ‐r<トーy′     {_〉(二つ  首! 首! 首!! ハリー! ハリー! ハリー!!!
   //     |   {__/ /辷辷辷辷7\(二⊃ 
 彡'      _│  |/ //ー~ー~‐/   ト、二)
      /   │  匸)/人二ニニ二7 匸[`ト-'
         │   | i |┼┼┼┼|oi   |
   ィニ=--.'" │   | i |┼┼┼┼|i i   |
    /   !   | i |孖孖孖孖|i i   |
   ノ _/  、  | i |┼┼┼┼|i i   |                    ....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、
                                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

                                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                        ,    /  / ,         \       ヽ
                                       /   / / /.......... イ:::::::}:::::........\ !    ハ

                                       / ........:У:::/::::::::::/ }::::::八::::::::::::::::ヽ|:::::::.......  ,
                                      /..::::::::::::/::::::::::::::::/   ..:::::/  \::::::::::::::::::::::::::::::::\l
                                      .:::::::::::::/::/::::::::/ _ノ   /:::メ、_   \:::::::::|::::::::::::::::::八
                                    / .::::::::::::::l::::|::::孑七  ) /:::/  ┌  ̄ \:::|:::::::::::::::::::::::::.
                                    ..:::::::::|::::::::::l:斗‐干茫‐  //   ノ汗テ干┐刈::::::::::::::::/:::::∧
                                  /'⌒}::|::::::::::|:八 乂::)  /      V::ソ   |:::::::::::::/::::::::::::::.、
                                     |:八::::::::|′         }       //    :::::::::ィ^l:::::人(⌒\
                                     |′い::::| ////     ′        // |::/丿ノ/  `
                                        ーヘ|〉        } ,             ノ^/.ィ´
                                          |込                    ,_//
                                            〉、               u /:::::/
                               きゅん ( `Y´ )      \  '^゙ ー--‐ ¬   介:::::::l
                                     \/       个           イ   〔::∧|
                                              ノヘ::〕> __  <    {∧ `
                                            /′ ト               | ‘,
┌───────────────────────┐  _   -‐;ァ ;    !              ト、|  ,
│  なんだかんだ言って頼朝・政子というのは       │ ̄     // |                 |  乂
│  日本史の中でも屈指の番いなのではないかと     │  ─/¬′ l   |                |  |个ー
└───────────────────────┘      |   |   | ー‐- 、     , -─ |   ||   ニ=-



┌──────────────────────────────────────┐
│  鬼嫁とか黒幕とか色々言われがちですけどね、政子様                    .│

│  前者はともかく、後者は違うんじゃないかな。                           │
│  そこまで政治的な人だったら承久の乱の演説で御家人は動かなかった気がします     │
└──────────────────────────────────────┘

                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /:::::::::::::::::::/:::::::::::::、:::::::::::::::::ヽ
                      /::/:::::::::::/::::::::::::/:::::::ヽ::::::::::::::::::.      私の最後の言葉として皆さん聞いてください
                       ,:::/::::::::/:::::::::::::::/|:::l、::::::‘,::::::::::::ハ
                         ,:::::|:::::::/:::::::::/:::::〃 l:::l \::::‘,::::::l:::::l     頼朝様が平家を討ち、幕府を打ち立てて
                   ,:::::::|:::〃::::::::/:/'  /:/  \:‘,::::l:::::|     私達は豊かな生活と、名乗るべき官位を得ました
                        .:::::r |::::|:::::::::∠―- /:/ -――- |::::::レ、:|   
                      .::::::ト |::::|;〃示;ハヽ /:/  ィ示ハヽ::::::ヒノ:|     全ては頼朝様によってなされたこと
                   .:::::::ヽ|::::| ` ヽzツ / '   ヽzツ ハ:::::':::::|     その御恩は山より高く、海よりも深い!
                     .::::::::::::|::::|ゝ ` ¨´       `¨´ ムイ::::l:::::|   
                      /:::::::::::::|::::ト              /:|::::l:::::|     しかし今、悪臣の讒言によって幕府は朝敵にされてる!
                 /:::::::::::::/|:::|::::\   __ _ ,   /::::|:::l::::::|   
                   /:::::::::::::/:::l:::|:::::::::` .      ィ ´:::::::::l:::l::::::|     源家三代の恩に報いようという者は
               /:::::::::::::/::::::l::|:::::::::::::_l   ー   ト::::::::::::|::|::::::|     この心無い輩を討ち取りなさい!!
                  /:::::::::::::/:::::::::|:|:::::::/r'        l┐ー- l::!::::::|
            /:::::::::::::/::::rr‐rリニ´ニ;| _     _|ニニニ|:|ニ「「ト-、   あくまで朝廷の味方をする者があれば
            /:::::::::/:/::::::::∧', ',ニニニハ  ` - '´ |ニニニレニl l|   \ まずこの私の首を落とすがよい!!
            /::::::::://::/:::::/  ',', ',ニニニニヽ/ニニニ;lニニニニl l|    \
          /:::::::::/::::/::/::::/    ',', ',ニニニニ \ニ/ 二、ヽニニ l l|        \
.         /::::::/:::::: /::/::::/     ',', ',ニニニニ>´  ´ -┤ニニニl l|        \
        /:::::/:::/::::::/::/::::/      l ',', ',ニニニ/       ´ノ ―‐ /'           /\
.       /:::::/:::/|:::::::::/::::/       |  ,',, ―‐ /       /== '         /::::::/\
┌────────────────────────────────────┐

│  少なくとも当時の武士たちは政子を人間的で、感情的で、頼朝の妻であった人   .│
│  そう思ってなきゃ、あの言葉に突き動かされないと思うのです。             .│
│  「何を言ったかじゃなく、"誰が"言ったか」で人間は動きますから。          ...│
│  政治的に見えるのは、だいたい義時せいジャマイカン。あと三浦、三浦ヨシ     ..│
└────────────────────────────────────┘


┌───────────────────────────────────┐
│  小学校の教科書か資料集かで読んだ時の                      ....│
│  ファーストインプレッションのせいといえばそれまでですけれども           .│
│  政子は実家の北条家の為に能動的に暗躍した説は個人的には馴染まない   ..│
└───────────────────────────────────┘

.               ,..:::::::: ̄::::::....、
              /:::::::::::::::::::::;::::::、\
            /::/::::′:/::::/ヽ::::::}:::.
.           i:::l:::/:∠,./:::/、_、:::l:::i    演説の内容を三行で▼
.           |:::|::xi芹// i芹xl:::l:::|
.           |:rl:{:tヒリ     ヒぅl::f^i:    "私の旦那は凄かったんだぞ" 
           :、l:{:ゞ::::.  :  .::::゚7::レ1
             ::l:{:{:.、  ‐ ‐  イ::/::|    "私の旦那のこと皆好きだったよね?"
           i八:V:≧ー  i{:://:::::|
           .:┴rヘく/    Y/'ヘ┴ 、  "私の旦那が残したものは絶対に守る"
         /   f /ヘ{⌒  ,仏亢, i  ヽ
        f′  仏ヘ{,_,_,_,_,_,7⌒Vノ    }
        ヽ._〉 / : : [i⌒^⌒^i] : : ヘ  ,_/
.         /¨={ー┐[i:=====:i]┌‐ }=¨{
         /  { ̄: :i|i┿i┿i{l: : ̄i{  :.      承久記の義時のくだり?知らん
.         /   /}: : : :i|i┿i┿i{l: : : :i{   :.
         / L,__j|i┿i┿i{l__,∧   '
.      〈    {   {i丁「i┿i┿i丁「/リい,   〉
      \   \/〉i┿i┿i┿i┿l‐i{ /  /
.         \ /〉A┿i┿i┿i┿}-i}/  /








┌────────────────────────────────┐
│  まぁこういう政子のスタンスって巴御前たちの立場に立つと         .│
│  如何にもズルい感じもしますけどね。思いっきり殴れなくなると言うか    │
└────────────────────────────────┘
         , .-..‐.::: ̄:: ̄:::.ー:.-、
       /::,:::-‐─::ー-、:、:.::.::.::.::`ヽ、

       /::.::.::, -‐‐::.::.::.::.::.::.:::ヽ::丶、:.::ヽ
     /l::.:::/ ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ::::.ヽ:/;、
.    / ,ニ/ニ =.‐::.::.::.:::,::.::∧::.::- =ヽ'´::!::.::.:|
    |/:::/::.::.::.::.::.:/ :::/::.:/  !::.::.::.::.:!::.::.!::.::.:|  いっそ巴オルタになって暴れてやろうかしら?
    |:::/:/::/: /:/::/   !::.::.::.::.:!:: ::||::.: |
    |:::|::l:/::/‐'´ ー===‐-.!::.::.::.:::|::.:::!|::.::!
    |:::|/‐''ニ"   '´ ‐- _  |::.::.:::::|::.:: !|::.:|  あ?このAAカマセ臭がするって?
    |:::`、., -ニ,、    '´_{zツ`'!::.::.:::::!::::/::!::/
    |::.::|:ヾ ┴'        _|:_::.:::::::::/:::::/
    |::.::|:::ヽ   |      \` ミ'、:::::::::/
    |:: ::::.::::: 、  、-‐ッ i二`\ ヽヽ::/
..i、  !::.:::|::::.:::::\   ´ ,ノ´`ヽ  ! ! l、

│\ |::.::.:!|::::.::::.::/`;..、_ 'ー'´゙} | |   │\
│  !::.:::!|::::.:::::〃W、:!  //     / //ヽ        ,  =─
│  |::: ||:: :::.::// , ' Y´ /     / // /' ー_ ─ _ニ '´ /
. l   |:.::|! :::: // / , イ:ヽ〈     // '/ '    >::ヽ  <_
ヽ\ !:: !:::: // iイ:::: !::ノ:::ヽ  /ヽ //´  < ̄::::::::::::::ヽ  /


┌──────────────────────────────────┐
│  巴御前の最後に関しては、鎌倉幕府の重鎮である和田義盛が          .│
│  「このような立派な女人に我が子を産んでもらいたい」とかなんとか言って   ..│
│  虜囚になった巴御前を妻として、朝比奈義秀を産んだという説もあるが…… ....│
└──────────────────────────────────┘

         \ ``   / /   /    / ∧} /,| l   ∨
.           Y / /    /  '   ∧リノ彡| }   ∨
          _У         /| /∧   |     |     ∨
       -=ニ ___ / ./≧_Ⅳ V |     | /   !  \   この説を採用するなら
.           / { { イ/ / 灯示ミxト、VΝ _-―И   |  | \
        _乂  乂、/}   V_;ソ ` ヽ 'f示苅v   ハ . |     巴どのは既に幕府と和解しておられるのでは?
          / , /\o_          ; ゞ ' ノイ从/\ ト、
         / イ }/ /.}迅         i    / ノ }/   /\
         ,ィfモ'x、  {/|∧   、     '   .,イ
        ノ/////\l Ν  ,\    ̄  ̄  /}/
     __/=-///////Yi\   , \    /  l-、
  _/⌒ト ,////////∧i:i:i:\__  ` ‐=≦> l\∨Ⅵ、
  \//////\//////∧i:i:i:i:i:i:i:≧s。.,ノ/イ\'/\/Ⅵミh。.               ,..:::/:::::::::::::\:::ヽ::::::::::::∨:::::::ヽ
  //\//////\/////∧、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i|i:i:i:∨///}////}ミh。. __, 、         /:,:::{:::::、::ヽ:::::::::::: |::::::::::::::|:::::::::::::ヽ
                                               /:/:: |:::::::\::\ :::: |::::::::::::::}::::::::::::::::::.
                                               ':::!:::: |!:::::::ヽ\_}、::::| ::::::::::: |_::::::::::::::::::.
                                              |:::|::::::|{:::::::::::ィチ示Ⅵ::::::::::::::|,ハ:::::::::::::::::.

                                              |:::|::::::ト\:::::iヒ刈   !:::::::::::::| ノ::::::::::::::::::i
                                              |:::{::::::|ィハ `¨ ゞ '  |:::::::::::::}'::::::::::::::::::::::::.

                好きでもない男に無理矢理孕まされた       |:::::\}ト{ソ        |::::::::::,イ:::::::::::::::::::::::::::.
                                              |:::::::::|}:ム   _    |:::::::::i::ト、::::::::::::::::::::::::::.
                BADエンドの可能性もあるけど?          |:::::::::||:|:::::.、 ´   ,.|:::::::::|::{マ\:::::::::::::::::::::::.

                                              |:::::::::|{:ト、:::::::>-イ }|:::::: リヽ ヽr}\:::::::::::::::::::.

                                              |::::::::j リ \::::::::://|:::::::{__,%/  i/\::::::::::::::\
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                                    |:::::/{    > /ィ, { {:::::::|___/  {ニニ`ヽ、:::::::::::\
 |  OH…   |                                    |:::/::|   /ニ/ 〈 / ,|::::: |-ィ\   |ニニニ ∨:::::::::: \
  乂____ノ                                      |:/::::|   {ニ{!{__,〉,.ィ|::::: |/ /\j/ニニニ}\:::::::::::::\
                                              |':∧{   ∨ |!}イ,.〉''|::::: | /ニニ/ ニニニニ|:::: \:::::::::::::\
                                              {::{ |  /ニ{/: /  ,|::::: |ニニニ{ニニニニニム:::::::::\:::::::::::::\
                                               |::|   'ニニ{/{ /;|:: 从ニニニニニニニニハ:::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ
                                              从  {ニニ〈_i/ ニニ|::{ニニニニ',ニニニ /ニ }:::::::\::::\::::::::::::.

                                                 八ニニ{! /ニニリニニニニ 、ニニ /ニニ|:::::::::::::\::::\::::::}

                                                   }ニニ()ニニニニニニニ ∧ニイニニニム::::::::::::::::::,::::::::,::::|
                                                  ∧ニニ{!ニニニニニニニ/:::∨ニニニニニ}::::::::::::::::::}:::::::}::リ



┌───────────────────────┐
│  ……年齢的に時期が合わないので無理がある    .│
└───────────────────────┘
                       _
              ィ  ̄ : : : `ヽ
              //´フ: : : :`ヽ、: :\
           /: / //: : : :}: : :\ : ヽ

             }; / ⌒/ : / : ∧:{_: : :', : :'      っていうかこの嫁取りの下り
           /イ: /メ、{:/}/ ィ=ミヽ }:}: : }、__
         ´ノイ:/ィてオ    fじリ }ノヽ: : :r‐ヽ  まんまアタシ(坂額御前)と旦那(浅利与一)だし
             /_: { 弋ソ  、 `¨´  _ノ :r、{
            ⌒/ィゝ}    ,  ┐ /: _ ゝ    パクリにも程があるw
.               ノ> _ゝ   ' イ、: {
                 , ─r‐.〉 ¨¨ _/―、‐、__
           ,.イ |. . /ヽ|   /{   ノ. .} . }、
             / 〈. .ヽ {/.ヽ r' ヽ/.//. ‘
         //. ヽ { ̄ ̄{ニ} ̄`ヽ´/. . . . ‘

.          /. . ./: : ゝ_,/∧ ヽ、,ノ. . . ./. . . ‘
          /. . . ./ . . . . /_| |___i. . . . ./. . . . . |
.         /. . . . i. . . . . . ヽ|/イ . . ‘,/. . . . . . }
        /. . . . . |. . . . . . ..∧. . . . . . . .!. . . . . . .〈
.       /. .___. .| /. . . . . .| |. . . . . . . .{. . . . . . . .!
      / . . . . . _∨. . . . . . .! ! . . \. . 〈〉. . ._ . .|
      {. . . . . // ̄ \. _.| |. . . . . \ }/´\. . |
     ヘ. . . //. . . . . . ヽ . | |. .  ̄ ̄ vヘ. . . . . . .!
      ヘ. .| |. . . . . . . . ', .| | . . . . . . . vヘ. . . . . .}
       /`|_|. . . . . . . . . ..| |. . . . . . . . .i |. . . ./
        {. . . . . . . . . . . . . | |. . . . . . . . .|_|. ./



┌────────────────────────────────────────┐
│  牛若丸は結構語られたし、義経になっても内面は大きく変わらないっぽいので        .....│
│  (自称)ナイスバディな高レア義経実装よりは他の源平武者の実装を期待したいですね     .│
└────────────────────────────────────────┘
                     ,イ

                       { ( / ̄ ̄ 丶
                     . -┴′       \
                      /
                   /                 \
               /       ,                 ヽ、
                       ,′/  ,ィ           、 ___ >
                / /  / / / .|    , /Ⅳ |∨. ∧     ウルクに内定出した源平武者が
              ーイ ′ |==トミz、Ⅳ}  //_,斗V ,| Ⅳ ∧
               ノイ  八ヽ {うソ``//Ⅳ=ぅニア/! l V   }    牛若丸が居ると聞いて辞退してきた件
                   | { ′     /         '7,/ ∨ /
                   {'∨  !        {      /イ ∧ Ⅳ
                   \         ____      Ⅳ レ′
                     圦   /   Y   八
                  | \   ̄ ̄´  , イ   ミY⌒Y
                       !   \     /!/     `ー"
                _|___  ー<  |′
                  |三三三o三|     ,' | ___
                  |三三三三=|    ,'  |ニ{三o=|
          -=二三//三≧o=|   ,'   |ニ{三o=|
   -=二三三三三三//三三三三≧ュ   ヽ圦三≧ュ

/三三三∧三三三//三三三三三/ /   r‐「 V三\\ニ≧ュ
三三三三=∧三´-<三三三三三三/ /    Ⅳ Vニ三\\三三≧ュ___

三三三三三=}三三三三三三三ニ / / \    ||∨}三三三>`三三\三ヽ
                                                        ノ| r‐‐‐‐‐‐≠´/
                                                      / !| /      /` ‐‐---=彡
                                                     /   ./             メ、
                                                     /                      \
                                                   ヽ |                   -=、
                                                   ∧ |   / /   , r ' ヽ         ヽ
                                                    ∧ ヽ |:/ , r '       t=、-==- 、  ヽ 
                                                     l _ヽ,r'       , '  ヽ - 、   l  ̄
                                                     ∨      _,,厶斗-    ミ r‐ 、   |
                                                      =-.、   -‐弋戈.ノ       r  Y .ト、
                      気持ちはよく分かる……                  ヽヒカ             }‐'  〉 |
                                                       `.ノ               __ .イ :|
                      私も義父とか義母とか義姉とか              、                 / |  ト、.:|
                      あかいあくまとかタイガーとかが先任している       ヽ -= =‐        .イ .|/リ ヽl
                      職場はなるべくなら避けたい……避けたい……       ム  -      / /    |
                                                          ム          |   ,イ三|___
                                                            ー 、<    レ.-=ニニニ==-'
                                                              {   rニニニニニ>'゙: :: : : :
                                                            r=|ト+--+==.!ニr: : : : : : : : : :
                                                            |: :||       |ニ|: : : : : : ; ; - '
                                                         , r. . :l: :イ      |ニト-. ' ゙ ´: : : : :
                                                      ,≦ : : : : : :.:.人     人/: : : : : : : : : : :
                                                 . . : :≦´.:: : : : : : :./マニ`ニア´ rニ.|: : : : : : : : : : :



                                                       ´..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
                                                     /:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:....\
                                                   /...:..:..:..:/:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:...
                                                 /...:...:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:/:..:..:..:..:..:..:..:..ヽ

                                                ∠..:..:..:..:..:..:..:.:|:..:..:..:..:..:..:..:.../:..:..:..:..:..:..:../:..:..〈
                                                 ´ヘ:..:..:..:..:..:._|:..:..:..:..:..:..,>:ー- '、¨´  ̄/..:/:..:.
                それにしても、お互い兄弟には苦労するものだな      ':..:..:../ l:..:..:..:../イ=‐- 、 \ ...:/:..:..:/:i
                                                   ':..:..:{ ハ:..:..:.:'  戈)ン  ヽ...:/,x=,:..:..:..:.
                古のコサラの王よ                          ...:∧ゝハ:.../       .:/ 衍':../:..:...|
                                                    j..:..:.:ヽ_八{        ‐ '´   ヒ':...:...:../リ
                                                    ..:..:..:i:.ハ              /:ハ:..//
                                                  ∠.:j...:イ/   \    、     ,イ:/ j/
                                                  /7//      \    ー  ヘ:/
                                                / ̄ ̄ ̄` ー―-   >、   /
                                              _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ヽ  ̄

                                             「:::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄-‐ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                            /j::::::::::::::::::::, -‐::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                                           { 、ノ _,:::-::´::::::::::::::::::::::::::, -‐ ´ ̄ ̄`ヽ、

                                           ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      , ‐  ̄ ヽ
       ヽー---<::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::\                   ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /      }
         >::/::::::::::::::::::::::::::}::::::∨:::::\
       ./ :: /::::::::::::::::::::::::::::::八 :: |:::::ヽ:::丶

       /ィ:::::/:::::::::/:::::::ノ:/::::/:::::|::::|::::::: ∨::::∨
      /' .|:::/:::::::::/:::/:: /::::/ :::: |::::|:::::::::::∨:::::\_____
       ./:/::-=彡::´::::::ムイ ::::: ノ::/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::/
       /:|:|:___::: /|:::|::::::::/∧ :::: /::::::::::: /:|::::ト.、:\ ̄
     /:: |:|::: |::/-|:::|:::::::::: /-.}- /|:}:::::::::/::/::/\⌒¨    む? 余の弟達はみな余の自慢の弟だし

    ノ::::/|:|〉::|:|ャ==ミ:::::::: /z=斧乞ヤ:::::/∨ /\: \

   ムイ   |/\ | 弋リ|:: /  弋 ソ/::イワ }:イ::::::{ ̄ ̄    余が迷惑をかけこそすれ、彼らによって害を受けたことなどないぞ?
       /:::::/ ハ  ,          |/::::::::´:::ヽ::::∨ 7
      .ムイ ヽ}、       _ノ二二二ニ7:|:::}ヘ_

     、     ノ::ヘ、 ̄  ィ≦二二二二フ::::|:::':: ┬<
      ー=≦:::::::::::イ` ´/ニニニニニニニニ 」:::::: |/:\:\
        ノ:::::/ .|/ ノ二二二二ニ/:::/|/ |::::::∨ \
      //|::/ >- /二二二二ニ,イ:: / ̄  ̄\:::∨::::∨

      .|::/. |! /   .{二二二ニ / /::/        \|::::::::∨
      .|/   | !  .}二二 > ´ /::/          ∨: | :|
          | } /ユ二/{、   .|:/         |/| :|


                       ___
                     .........:::::::::::::::::::::::::::::::::......
               , :::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、

                /::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::、ヽ、
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::/ !::::::::|:::::::::::::::::::::::::::ヽヽ
                /::::::::::::::::::::::::::::::/  ';::::::::l 、::::::::::::::::::::::::::::';:',
            /:::::::::::::::::::::::::::/_,,,,,,-_、-_、,_\:::::::::::::::::::::::::';::',    またまたぁ
              /::::::::::::::::::::::::::/ ´ ̄     \:::',ヽ` 、::::::::::::::::: !:::',
          /::::::::::::::::::::::: !/           \',   `‐-::、:::::|:::::',   ラーマ殿も弟に草鞋をペロペロされたって聞きましたよ?
            /:::::::::::::::::::::::::::l   ≡≡≡≡==  `       7´:::::::',
        /::::::::::::::::::、::';:::: !               ≡、、 .i::::::::ト、:ヽ、
       ./::::::::::::::::::/´\、::l   ⊂⊃、、、          ``.l::::::::l ` ー`、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
       ム-‐'7::::::::l .'⌒\!      _        、⊂⊃:::::/    _)                                  (_
         /::::::::::l     `     /  ` ー 、 __    l:::/     _)   バラタが酷い誤解を受けている!?!!      (_
            'ー---ヽ、           !         ヽ l  .ノ/     _)   というか牛若にペロペロされたのか頼朝ォ!?   (_
              `ー,-_‐、__   ` 、 _    _, '' ,イ:/       )                                  (
                ´   ∨`>  、__ ̄_´_   ´ l/       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                  r‐‐<  l   | ヽrヘ
                   i/ヽ、ヽ/`iー'|‐、| |` 、







.      )`丶、\‘,i // /ニ=‐\
       ,′‐- `丶.八/ / ‐=≦ニ=‐ 、
     ⌒≧=‐- (  ) ´-‐…=ァニニ=‐\
      ^ア^^^^^≧≦…‐=≦ `'<ニニ=‐ヽ

     ,.ィi{ニニニニニニニニ}h、‐‐‐‐`'<=‐}
     ⌒^^7:i:i:i:i:7:i:i:i:i|i:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i〕h。,‐‐‐‐>゛
       /i:i|:i:i/‐:i:i:i八:i:i:ハI:i:i:i]:i:i:i\/   ←同志を見る目で見守っている
.        ⌒^|:i:i==‐   ‐''^~.:|:i:i:i]^7\i:ヽ
     |、   i|:i:|/i、    i/i/|:i:i:i]/‐‐‐V/,
     i‐\ il:八   r:‐‐i   八i:i] ‐‐‐‐V /,
     | ‐ ‐7:i:i,へ \ノ ../:i:i:i:八‐‐‐‐ V// ,

.      \‐/:i:i/ ‐‐}h‐=≦ :i:i:i/‐‐‐‐‐‐‐ \//,
        i/:i:i/\‐{ニ√ア7:i:i:/-‐…・・・≦=‐)// ,
      /i/:i:i/‐‐/^~^{イi7:i:i:/‐‐‐‐‐‐‐‐^^√'/// ,
.     /i/:i:i/‐‐人__,ノ(i7:i:i:/‐‐‐‐‐‐‐‐\‐{'//////,
    /i/:i:i/ii/‐=ニニ7:i:i:/‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐\)//////,
 ,ィi7i/:i:i/{/‐=ニニニ八:i/\‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐V//////,

./^r‐-ミ/ /‐=ニニニニニ≧=‐≧=‐ ‐‐‐‐‐‐‐ V /////,

    【「このままじゃラーマが即位しますよ!?」と煽られた時のバラタの母ちゃんの反応はラーマヤナ屈指の笑いどころ】

┌────────────────┐
│  いよいよ迫ったソロモン討伐   ....│
└────────────────┘
                                          \__人_人从_人_人从/

                         ‐、‐:、              _)                (__
                     ,,,..-‐‐-..,,i:::i、               )   ヘラクレス!!   (
                        //::::::;::::::::::;:::;::ヽ.)ヽ           ̄ ̄)              ( ̄ ̄
                    ! !;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::i!/            /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                       ノ;;;;;;:/ ', ,'.'ヽ;;;;;:`ヽ  _ ,.... 、_
                       /:/::::;、>ィ。.><;o`,-i;;;;;iヾV    `<゙'ヽ
                   i:/i::::;{ i.',.ノ,ーイY:i/;;;;;;-''¨ `゙゙゙゙:::..  ', ゙i
                      ! ,〉;;;;ヽ',i 'ニ`〉i:∀´i..::...     ::.   :. ゙i
    i\                  /:;;;;;;ノ : ヾ、___ノ ̄.....::::::::::::::.......,、:::::....:::. |
.     i:::::\                i::;;;;//i;:〆         `::::;:::::::´ ヽ. `゙゙゙'、i
.     ヽ、:::::\        _ノ-'"-' /ζ..:       .::::i::´   :: `',:..`i
      了:::::::::\,     /  }'"  'コ >'        .::::::i::   ヽ`:.. `'. ',
      ヽ;::::::::::::i\  /.: ....:    .`7.ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::.    :. .   ' ,
       〉:::::::::::\ \i.:: ::/  ....::::/i'    ̄`゙::::"""":::'〉:::::.. ....:::.::. ::  :. :.'i
       \:::::::::::::!、 \ :i:::..::::::;'"  i...     .:::'   .:::::::::\::::::::::::::: ..ノ : ...',ノ
         ヽ;:::::::::::i   \:::::/ ...::"i'゙゙゙゙'''' :::::く::::::::::::  .::::::::::`゙''>、:/ /   : .>
            〉:::::::::\.   \..:::" :i. ...   :::::  ..::::::::::::::::::::::/ .(/ ./i   ヽ〉

                                    r‐┤: }: : :ゝ=、,ィ='.|: : :ゞ,, ''|
                                    ',三ゞヘ: : : :‘,!三彡‐=≦_,.|

                                    ∨,,  弋ニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`|
                                   /Σ  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                                 /三≧,,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|

                                 \三三./.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.i:.:.i:.:ト、:.:.、:|
                                  〈三ニ,':.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.l!:.ハノ/.≧|
                                   7‐.{:.i:.:.:.:.:.:.i:ト、\:.:.!Ⅵ'´〒¨´.|
                                  /.:.:.:レ{:.:.ハ:.;ノ==キ`   廴.ノ|

       \__人_人从_人_人从/         /.:.:.:.:./レi:.:.ヘ 廴.ノ      ,⊂ニ|
       _)                (__       ,:.:.:.:.:./ ノイ:.:.}⊂⊃ ーく⌒´}   |
        )    玉藻前!!    (          ノ:.:.:.:.,′   {:.:.ゝr‐ヘ,、 `ー ′イ.|
       ̄ ̄)              ( ̄ ̄    ∠,':.:/イ   八:.:.:}Yヽ  }辷,<{.oノ..|
        /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\   .    ,'/      /ヾ!'|ヽ.__∧yニ=-v彡|
                                ′      {:i:i:i{lト、 \ ゙{二二{./|
                                       }:i:i:i:iヾ:ニヽヽ}>ャ‐仝‐ |

                                       〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iゝイ_ソ>zrォ|
                                       \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕》:i:i仆{:|

                                   ____   .>‐―━(_,{ヾー=‐'|
                                  ´ゞ.: : : : ̄´: : : : : : : /イ:ト、.|:i:i:i:i|
                                   \: : : : : : : : : : : / ノ: |:::゙|:i:i:i:i|



     /     /        ヽ     `ヽ
      {     /            ,   ヽ
         /  i   ハ    !    ′     }!
         ;   |  , !   ト、    |   |   }!
         l   |`ヽ{ } ; 斗匕、  |   |   }!
         |i ,:  x笊ミ }{ ,x芹示ミ|   l   ,ハ
.         八ハ! ;.  {:し}八 l {::し:} 〉  rv /_:{       \__人_人从_人_人从/
           | ハ 乂ノ  `^ 乂ソ |   レ ,..::{:::ハ      _)                (__
           l l圦  ′        l   {/}::: {:::::{       )    ネロ!!!    (
        _ ノ八个o。ゝ   ノ  ,   八,::::::{___{      ̄ ̄)              ( ̄ ̄
       人__{_,}ハ!r==个ー=・・ニ〔  ,: `トミ: {         /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
        i{ r'::::ゝ__j  jf^|::::|!:::::::::厶イ〕トミ  `ヽ
        i{ |:::::::::::::ゝ,ノ  `ー=≦   }「リ{  ヽ__,ハ
   fVハ__ハ ノ::::::>'゙´{   _     / } }!  }V, \
   }  {fリ八_,     'v_´__ ノヘ  i{__ ノ  }!  } v,_ノ
  ノ   ノ:::::::{    oi}        、/::::::ゝ,_ノ!_ 人__j「
 〈     }::::::::人   ,:       }:::::::::::::::::::::::} |::::{
                                                      , <¨二二二二/__
                                                    / , -========-_' ´ ̄
                                                    〉ー== ,....., 丿ーヾ
                                           ,_,-、=、、-==ニ二ー--) ,_!=///

                                          /l ヾ!_!,!-|´彡'ノ-'オ) ´¨  `´
                                 _...、_     l{_ヽ`ー{彡¨彡ノノ マ〈
                          ,=-----=ニ三三三三===!、三_( \,l彡l ,ft´
                         /三三三三ニ=--=ニ三三三三=}ヽヘヽ_ノ-_ノ〉ー'´
                        . )三二ニ= '´       `¨`¨-==f]',ヽ ヽ,〉-(_}´
                        . {ニ=¨´                 ,.イ 〉`ヽ!、_ノ
                         ヾ          _...---/、ニヽ、〉.ソ´_,,..---、
  \__人_人从_人_人从/             ,-i¨/i:i:i:i:i:i:i:iノ,...]::!:!-'_ノノiヽ--.....f ヽ
  _)                (__          /:└-:/ //,イ::!::`=´!::l:|ニー-}-ノ
   )    エイリーク!    (             ¨ ̄ __,.--!_// l::,::ヽ=´;::::l_ノ;;;;;;ノ
  ̄ ̄)              ( ̄ ̄          , --' !、__jf'-へノ'll::l::::::::丿::l ヽ{

   /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\            ノ  l  >-- '´ j::::l:::::/:::ノヽ  ヽ
                              /´  /¨´    -彡'¨¨´    `ー'
                              ヽ--'






        //    `ー-、__       ヽ、
         //        `ー-、__     >、
      ∧/ |            `ー-、___ >、 __,。 '"  ̄〉

      / { j         _,  -‐ '"                /
      ,'  /丿    > '"    >-‐=ニ二三三三三三> /
      l /  > '" ___> '´三三三三三三「 ̄ ̄  /    我がカルデアの絆10四天王で殴り込みだ!!
      「|//∠ >'" ̄ ̄`ー-、三三三三三三}     /
      l l/  </  ',     VΥ ̄ ̄ ̄》〉ヽ  /
     し'   ',  ',  ',      Ⅵ    //   j/           (⌒ヽ
      `ー―-ヘ  ',  ` 、     ',     〉〉  /               〉  }       _
            ∧ 、    `ヽ     // /                 j  |    > '"   〉
           〉、\>    \   Ⅵiく              /   )'  ̄   _ /
          仁二二>、  \_>、_ゝ,f^ー-、___           /     _フ〉   ̄`ヽ
          く二二二二> '"     //   / ̄`ヽ        |     フ∧   ___丿
        x〆 ̄ ̄         //  /      l      ヽ   フ//∧   __)
         r'[__             //   /       |         | >个<∧__  ̄}
      //                 //   /     ,ィニニ>、__   j/     ゚守  /
     / {              /∧____/   ∠二二ムィ二] //         `<





                          .,、
                   ,、_ -―ヘ:\
                   ,ゝ: : : : : : : : : .マ
                 -= ̄: : : : : : : : : : : : : .ゝ
                 ム : : : : : : : : : : : : イ: : : i    シナジーも何もあったもんじゃない四人ッスね。あと四天王なのに四人って
                 / : : : : !: : : : /_i: : : ヘ
                 \: : : : .!: : : / .-tッl: .i: /       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                    ヽ「∨! /  .l   lノi/         |  五月蝿いな。お前が絆10になってれば               |
                 `ヘ ´    .   /           |  赤王・キャス狐・緑茶の絆礼装で常時Arts45%っていう      |
                lニ二 ̄l、_  ̄ ,イ_           |  ロマンが組めたんだぞ……                       |
             ィ-.."    ̄`ー`=ニ|..| `i          ゝ____________________________,乂
          ,..- -.^ ― 、 _         .` `ー`.-、
        .i/. ̄ \        O 、_ _, o   .ノ\     そりゃスイマセンで
       ./      \     Oィ´`ゝo /   `,ゝ,
        i        `> ._ __ .ィ .,ー - イ \   ←【絆9】
       i                ,ゝ、_ ノ.,^    \ .ヘ
       .|              / `.ー ‐ '´ヽ、    ヽ、 .\
      ヘ     ,       /       _ゝ-‐-.、  ゝ、`ヽ
      .ヽ     /    .、-.ィ´T ー-r.<三三三三=ム 、   \.}
       ヘ  ン´      / ⊥ヨ三三三三三三Ζーイ-.\   ヽ
        / /     .∠ /三三三三三三=ンi  `i ヘ `ヾ   !


                                             _}\,、
                                            {\):::::::::::VL
                                          ≪:::::::::::::::::::::::::く
                                          /::::::::::::::::::____:〉
                                           フィ〈\/  ヽ `ヽ
                                            ノイ/: :   」 . :}}

        あとアレ                                {{__/    } ̄ \
        上乳上の絆セリフバグ治るかなーって           __/: :            ヽr┐
        ギリギリまで絆上げないでいたから            /::::\ :     . : { . . .   }::}
        結局絆6にするのが限界だったのが悔しい       {::{7¨\\       L. : : __」::!
                                         V: : : : :\:ヽ     {:fヽ    ヾヽ
                                         | : : : : : : }::} : : : : . .|:|. : : :、: : }:}

                                         ,.i. :   . :〉:\  : :|:|: : : :〉: : :|:|
                                        〈 |. :   : : /: :\\  |:| : : : ′\i:|
                                         }. :   .' : : : : \\{:{ : :/ : : : : |′

                                         |. : : .l/: : : : : : : :\:::} /. : :   }
                                        /: :  .′: : : : : : : :.}`7八: :  /!

                                        /. :   { ヽ: \___:  /. .イ {\. . :|
                                       .′: :   : /:/: : :  .′: {  }: :   :
                                       」: :   、..::/ : : : : . . {   \::.、   ハ
                                      /:|: :   ,: : : : : : :-__‐┤    \ー::::/
 

          γ、イ-彳斗―z_
         _卜.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:=7
         ト.:.:.:.:.:ミ.:.:∥.:.:ゝ/v/
         iー ミ.:.:.:.:.:彡.:.:yー,

          !   ̄--ー ̄/| | 儿
          ゝ-=―――,=|  | 入    どうせ俺みたいな雑魚サーヴァント使う機会ないんだから
          r |弋ニア-ヒひフ|  |  亅
          ヒ从=ーiーミ  |  | 亅   絆上げとか放置したら良かったのにぃ?
         __ ィ丶 =ヽ / レー- 亅

        ¨κ 入○γ´~★ ≧

       {{¨り   λ○Vン ⊂| | `ヽ       、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
     ム血  @ 皿○。゚゚゚。 // ┗ 冫     _)                                  (_
    /彳 jω  @   ● // ━  亅    _)   持ってるサーヴァントはとりあえず絆5に       (_
   / 彳/个 --/@ \≠ /≒ 》     _)    しとかないと締まりが悪いでしょ!!!        (_
   ∧ヨ /  |\\ /// 州\ 入≠ _i     )                                  (
   VE∧   |  \\|Y//州  / V v  i    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
   Ⅴ Λ  I昨= \川- 与 /   Vゝ  i

    Ⅵ_Λ ノ┐  ミ| |/   |≧ヽ  V=  i
     V_Λ≦_ | |/_ー斗| ム   i

      V \> 丁禍/ ̄ _  ノ  |ー - _ |
      > \>  V-  -     ゝ |ー -_ |
     | |\> <X>ー - - ム |ー -_|

     ゝ>  /ムJ\ -_   /  |ー - }
     /   \/ \/       7 /ー -_|






                       >=======<
                     /;;;;/;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;\
                _,,ィ''ゝ.i;;;;;;;;i;;;;;〉;;;;;;;ヽ;;;;、、;;;;ヾ;;,    間に合わなかった絆は
               //ゞィ{;;ゞ/;;;;;;;;i;;;;;i ヽ;;;;;;、ヽ;;,ヽ;;;、ヾ
               ゝー彡イ/i,;;;;;;;;{;;;;i ー-ヾ;;;;、ゞ斗;;;;;;、   戦闘中に埋めるとしようではないか、キミ
               {ゝ彡ノ/;;;i マ`i};;;;i弌笠ラ (ゞ|;;;;、;;;;ヽ,_
               `´/イ;;;;; i ゝ廴;;',     .'.iノi;i.\;;ヽ"´

               //ノ;;;;;;;;i  .', .';;;;,    ‐'./ .i{  .ヾ;}
             ,ィ'フ// ノ,;;;;;;;;i   } ヾ;;;≦。ノ
            ゝイ  ゝ'/;;;;;;;/  .ィ乂、 `''''{、''<、
                .,イ;;;;;;;;;/>' .ヽ,ヽミ<.}i.i  .}ヽ 、           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              /;;;;;;;;/   \  `<ヾ|.|  | { .ヽ           |   荊軻さん……    |
           >;;;;;;;;;;;;;,イ      `<_,,。=ラ  | .', `ヽ         ゝ__________,乂
        >;;;;;;;;;;;;;;;;>.ノ     _,,。≧´  .⊂ニ''`'i  ',   ',<
     .>´>;;;;;;;>   {     /      ,ゝミ''ゝ 〈ヽ }i    \
    /ゞ/;;;;;/    ソ    __/   /`''''''''''ー`、、`'/, .} ソ{      \
  //.,;;;;;;;/     /,,。==イフ  /     / .`'/i .` / .|       .`<  ←【絆9】
// ,;;;;;;/     丿_,,,/ iイ  /i、   ./  ./ゝ _,,イ.,,イ         `<
;;ゞ /;;;;/     ./>''"/  |  .// {''ー=====ー'''",,。イ .ノ{           .}''<
'  /;;;;/     //   .i .   |  .//  }`"''─.ラ''"´ _,,。'ゞ'´{           .|  |
 ,;;;;;;;'    ./''´     |.  .| //   }''<≧ェコゞ‐''",,。イi}          .∥  |
. i;;;;;;i    ノ'       {   .マ./    ノ`'<从',ヽ≧'´>''´ヾ          ./  /







                                                      __
                                      |\/|          厂 ̄ /
                                      ヽ `ー--、___/二 ̄/
                                       く\    \三/フ―<ニ\
                                 |`ー――----メ    V ∠-―-、__\
                                 \                     _ニ=、

                                   `ヽ、__       -、     ,,,-''~l | |
                                  ー=二フ         \  <_ヽ__/l ゝ、
                                     /      ヽ、 ∧  \  _ニ=‐ 勹 7
                                   /  /    卜、|l∠_\  ヽ、≧r‐-、| / |
                                 /  /    lハl/イ巾 > `ー-、|V「ニヽト、〈  |
                                ∠_,イ/   | /i,)   V_ノ      )_ソl |< 〈
                                   |/|   /|//              乂ヒ/____
                                    | /  `iヽ              `y ̄ト、ヽ\::::......

        いやいや、ちょっと待って欲しい         V     ヽ⊂フ            /  L 7ヽ ヽ:::::::
                                           \    _         /    / | |  ヽ::::::::
        マスター、ここに絆/Zeroのサーヴァントがいるよ?     `ー'フ~ /\    /    /  .||   l:::::::::
                                             /|`―<  〈\ /    /L/ |    |:::::::::
        うん、いま来たばかりだかね。仕方ない           /| |!、    ̄~ ̄     /|   |.   |:::::::::
                                          /:::::| ||. ヽ_____/ / _ |.   |::::::::::
                                          :::::::::|  ヽ \_ >  \   〃  ヽ|   |:::::::::





        ,____、__
      ヘ// ̄\\`丶
     //i/    \\|
     //丿       丶ヾ
    〆′r-‐‐‐‐‐-、 ``、_
        ̄i´゛゛゛゛゛゛`ヘ‐‐--ゝ   …………
      ノ      }}
     ノ´丶‐‐----{{
   ソ____、      '\
  /〟---、、       ! ヘ`i
 /´ ̄`丶 ヽヽ    !! ` 、
 |    丶 l.l.i     ! i ¦



        ,____、__
      ヘ// ̄\\`丶
     //i/    \\|
     //丿       丶ヾ
    〆′r-‐‐‐‐‐-、 ``、_
        ̄i´゛゛゛゛゛゛`ヘ‐‐--ゝ   ???
      ノ      }}
     ノ´丶‐‐----{{
   ソ____、      '\
  /〟---、、       ! ヘ`i
 /´ ̄`丶 ヽヽ    !! ` 、
 |    丶 l.l.i     ! i ¦


        ,____、__
      ヘ// ̄\\`丶
     //i/    \\|
     //丿       丶ヾ
    〆′r-‐‐‐‐‐-、 ``、_
        ̄i´゛゛゛゛゛゛`ヘ‐‐--ゝ   !?!!
      ノ      }}
     ノ´丶‐‐----{{
   ソ____、      '\
  /〟---、、       ! ヘ`i
 /´ ̄`丶 ヽヽ    !! ` 、
 |    丶 l.l.i     ! i ¦



                        ┌─────────────────────────┐
       i     \       !   i     │  我がカルデアに魔術師のお兄さんがやってきました  .....│
      !     i,      !  ''!     └─────────────────────────┘
      i/  ゝ !:::,    i   '!
       《   // i::,-丶. !   }
    ム∠ニ─ '´χ_V:∠____/..,.';
._._-‐.::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::,'

.`゙‐ニ::::::::::::∠:::::::::∧::::::::::::::::::::::ノ   人
  ス-ス/フ::::::::\./ i::::ノ/.<    `Y´

  公.//:::/ ●   !:::ノ●j::::.丶,     え? あれロンゴミニアドを使いこなしたアルトリアかい?
   ∠-(´ヾ⊂⊃ 、_,、_, ⊂i::::‐-─
.      __入       ノi|__       あんなw風にw育つwなwんwてwwwww
      /:::::::::::>、 __, イ:::::::::ヽ
     ゝ::::::::::ζヘ____/l::::::,:::::ハ
     ( ⌒ )::/\   /:::( ⌒ )'´

                         【そしてスキル6にしたところでQPが尽きました】









                  ,,    、、
                 ,,'/     '、'、
                ,,';/        ';;;'、
         ,,,ヘ、   ,,';;/_,,..-..─..-、_.'、;;'、
       /;;;;;;;;;\ _/;;;;;';::::::::::::::::::::::::::ヽ.;;;'、   ,ヘ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:::::::::::::::::::::::::::i;;;;;ヽ-;;';;;;;;;ヽ
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:::/i::::::ヽ;;y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ

   ./_, - ‐ 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;ヽ;ヽ-;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',

         ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝi ̄ テーァ、 ┌、ェ ァ;;;;;;;;;_;;;;;;;;_;;i
          ';;;;;;;;;;;;;;;;/ ヾ = =' ' ヽ ト、 _ノ!;;;;/   ̄ `     カルデアのマスターは悪魔かよ……(死んだ目)
        ト、 i;;;;;;;;;;;;;;;!   | |    ', ! i | |;;/
       _|;;;:ソ;;;;;;;;;;;;;;|    !i     _j  リ .レ
    _,. - ハ;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;i   ∥ ,ヘ、_´__,. / ハノ;フ
_, - ' 7::::::::i  \;;;;;;;;;;;;;;;;!   / ー─‐/  ';;;;/

    !:::::::::|    \;;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ - ─'   //ヽ、_
    !:::::::::i     `ー、;;;;;;;\      /´i     `ヽ
    !::::::::::!       `ー、_;;ヽ、 _  _;/:::::i      \          ┌───────────┐
    !::::::::::ト、     ヽ     ̄    ̄ ィ::::::!    i    '、         │  【覗覚星】 アモン  .....│
    i:::::::::::! ` ー 、_  `     ノ   i:::::::|    !     ',        └───────────┘
     !:::::::::i             /  |::::::i    |    ',
      !::::::::i         、       !::::i    i       ',
     ';::::::::i          i      |::::i    l       ',
     ';:::::::i           !      !:::|    ノ        ',
                                                  >-=≠z、

                                                 r':::::::::/´ ̄::`) ≠-:::::::::::<
                                                人::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く
                                               イ::::::>-:`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                              /:::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::,:イ:::::::::::::::::::

                                             イ:::::::::::::::::::::::::::::>―≠彡:::/::::::::::::::::::::::
                                             /::::::::::::::::::::::i:乂:::::::::::::::::: /:::::::::::::\:::::::
                                            /::::::::::::::::::::::イi!:::::`::ー―<:::::::::::::::::::!::::ヽ::

               奴らに人の心なんて、ねぇ!!           /:::::::/ :::::::::::/^^V ::::::::::::ト :::\:::::::::::::|:::::::::
                                         >ノ::: イ:::::::::::::/   ∨::::::::::i \:::ヽ:::::::::!- 、:
                                       /: :´: : : : |::::::::/ィ≠z、 ゜<::::{ ,ィ=z、:::l::::::i!く i!:

          ┌─────────────┐       イ: : : : : : : :./:::/:バ'⌒≧メ、 、_≧メ≦⌒Y:::::::l!_ソ::::
          │  【管制塔】 バルバトス   ..│      _ム、: : : : : :ノイ !:::λムく 付丁ヽ =〈 付' フ !::::::::K:ハ::/
          └─────────────┘   _>: ⌒ヽ::ヽ: : : : : : :.|.ハ:::{ }::人´ ̄  ! ´ ̄ ̄  |:::::::ハ:!.ノ
                                r' : : : ィ : : :.У: : : : : : : !: :Ni l´  }>.   `      ィ::::∧リ  
                                |ノ: : : : : : : : : \: :>≠ 、: )ー .、に>. ´ ̄ ` .イニノ::イニ}  
                               /: ィ'  ̄ ̄ヾ-y....イ::/   > 、: : : マニニニ≧≦::i!二´ニニニj′ 
                             /: /      r<::::::::::〈        > 、マニニニi!:::i!ニニニ/   .ィ
                            /: : :/       ./::::::::::::::::λ       .、  .、\ニニニi!:::i!ニニニ/  /:.i
                            |:, : :|    ―〈:::::::::::::::::: ィへ.   、  マ  } .Y_ニニi!:::i!ニニ/,.イ: : : :i
                            l: : :.{ ´/   |:::::::::::/V: : 介:..  Y .} .ハ  !_ )二i!:::i!ニ/イ: :i: : : : l
                            l: : : :Y.     }\'´  ./: :く !: :ゝ-'^ー.'¨´: { _」ニニニi!:::i!ニi!: : : l: : : :└
                            V: : : \       r-≠=-―┴――――‐ 乂_Y―‐┴┴┴―――‐
                             ゝ――`―――' ー――――――─────────────



                ,. -‐ァ¬―ュ__
                /{  { /  . : :ヽ
             /: WN lWレ . : :、l        むしろあの欲に塗れた姿は人間そのものだ
               {N, ,.、_: : : _、‐┐!ヽ:ヽ
             V/:l|  `゙"   __lイ:/:__l       迂闊なんだよ。頁に心臓にランタンまで落とすテメェが
              ゙|l ik武ッ 〈-イ赱l/l'f }}、
             ,lヘl  ̄ i :..  / r 彳l|‐-、_

           _ -‐i| i 、 、_;___,;  ' / ,l|:.:.:.:.:.`''‐-、_
.        ,r'"´:.:.:.:.:i|   >.、‐ / ,.' 〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、
        {:.:.:.:.:.:.:.:,r^==、{、 ̄  /≠^'==、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,、-}   ┌─────────────┐
        ゝ:.:.:.:.:.:.{{  :└‐ゝ`ー‐//:::::::   /:.:.:.:.:.:.:.:./: |/   .│  【生命院】 サブナック    .│
        l \:.:.:.〃    ::: :l: : : :l:::::::    〈:.:.:.:.:.:.:., ': : :|    └─────────────┘
        | : : `く:::、.       |: : :|    .:: :\:.:.:./ : : : : 、
       ノ: : : : : \:、    |: : : |   .:::::. .:::{:{ヽ/ : : : : : ハ

       ,' : : : : : : / `i::::...  !: : 、| .:i二ニニl:::ゝ`ハ: : : : : : :ハ
      ,': : : : : : :/   \:::::::::ヽ: : |:::::::::::::::::::::::_/:.:.ゝ : : : : : ハ
       /: : : : : : /    ,>==、::\|::::::::::::_、='´:.:.:.:.:./_>―‐: : ハ
.     /: 、: : : :ィ     ゝ:.:.:}}::::::」:::::::::〃:.:.:.:.:.:._/: : : : : : : : : ハ
     {: : :  ̄ : ヽ     >t{{_j:::::::::::i{、-‐''^´ : : : : : : : : : : : __}                      ,, -‐'''ニ‐ 、
     ゝ : : : : : : l      _」:.:.:.}},. -< ̄ : : : : : : : : : : : : : : _ 、'´                      /  /  ヽヽ
     ヽ: : : : : : :、  _/:.:._彡'´    }: : : ___、-――‐ '^~´ } }            ,,,,- ,,,_   ,, -‐‐-く 、 /     ヽヽ
                                              /- 、  ゝ´       `ヽ、    i i
                                              //   ゝ´           ヽ   .i i_
                                              i   /              ヽ .,' j` ヽ 、
           反省会しとる場合やないで                   ',   ,'             ・  ', / ./   .ヽ
                                              .ヽヽ i       ,,        j/ /   ,,,-‐'''フ
           流石に3日持たずに全滅とか72柱の名折れや        \ヽ ・     ノ-i'       iノ ,,-''"  /i
                                                ヾ'、.     `'´      ./ /    ./ i
                                                  \ ,,- 、     ,,-‐''ヽ./    ,,-",,,,、 ./
                                             /ニニ,ヽ__/7  \___/__  j ̄`j    ̄  ノ/
                                         _,,,,,,,,ゝ、-''' ,,∠.j  -‐‐i i-‐"  i  /――<"´ i

      ┌─────────────┐          ,,-'''´ ,,,,-‐‐''''' ̄ ̄ヽ、 j    フ-!、 ./´ヽ__/     `ヽi
      │  【溶鉱炉】 ナベリウス  ......│         /    i          `ヽ_/   `i____,'_____ヽ
      └─────────────┘         ヾ――j―――――,,,ニニ.7      |____j______j

                                      ヾ―‐7二二フ ̄'''フ"   ヽ      j____i__j i__i  .',
                                      / ̄.フ ̄ ̄7 ,,,,ヽ、     ,,-‐‐ 、 /   /  i ヽ  ヽ  ',
                                     /  /   ノ ヽ  `ヽ   /     ,'   ./  /  jヽ ヽ  i
                                     /  /  ,'´  __,,,,>、    〈      j   ./  /―-く、ノ  j  j
                                    ヽ  j ,,-''二_____ゝ、  i    _,,,-ゝ  ,'  /-‐'''´  ヽ / ./
                                     ',  .i           /"   /   .ヽ  i .i      .i .ノ
                                      ヽ .i          /   ,,,,ノ     ヽ i i    ___,,j/
                                      〉-!――――――/,,-‐"´――――/  i i-‐‐"´  j




                       、  __,......、
                     ,r‐ `ー    ~`''y
                 ,ィ='"          Y}

                   {. ,  _,,..  ,.イ.      i   `ミ
                  Y y'´--i,r‐ァ,r‐-''"'^ヽ、. i  }    もういっそ楽に死ぬ方法を考えるべきでは?
                 i' ,' ;'    ‘´   -‐ _  ミ". /
                 丶{、:.∠ニー、 -‐,ィ≦-`! } 、!            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   ヾ、: 艾笠゙  !〈笠ア :',、l'’            |   気持ちはわかるが諦めんなよ!      |
                   ぃ    , : 、 ヽ  〃!}             ゝ___________________,乂
     , イ>‐… 、__       .ヘ.   ヽ._ノヽ 、 ノノ
 , イ  / /´// / ̄¨''‐ 、__,/ ,\` ― ´j ,.イ 、 ___

.     /  !./ ./ ゚ ゝ--'"   ヘ / i::.、 ヽ. ~´_ イ ト、 ヽ-―― 、ヽ.
    〈  ',{_ .{        }. ヘ  l :: `:: 、 ̄_ ノ :: !  \   ヘヘ
.     ヽ、 _フー-==、 、 i .! l}  〉 . ト 、:: ::  ̄:: :: :: :,ィ!   ヽ .   ヘヘ    ┌─────────────┐
        ノ ;.  _} ! l ノノ-.".   !:: :: `::''::‐::‐::'':: ::.} ,...、  ヘ   `゙ヽ   │  【兵装舎】 ハルファス  ......│
.     , イ 、.  ; ゝ、_リ´  |.    | :: :: :: :: :: :: :: :: //.  `'' ‐-゙ ; /   }   └─────────────┘
   ,.イ: : ;.  ヽ  ;    _,,. '"レ ‐.、.!:: :: :: :: :: :: :: ::.ヘ.゙''ー‐ァ   ; / ,  .ヽ
  /イ: : ;.   ヽ; ;.  ,.イ       .}',.:: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ /   ;/,. '     ヽ
_,,,, .-― ‥ -.、; ;/        ヾ; :: :: :: :: :: :: :: :: :: ', }   ;'/       ヽ


                                           _ -‐、‐、、-、、

                                          /   ゙!l ゙!:!゙!゙、ヾヽ、
                                         /、_   _..〉〉,リ///´ ̄`ヽ、  __ ...
                                        /<_ノ,-'"´//,リ,ソ〆--_--_-'" ̄//
                                       ヽミく´  ///l_=三ニ三三==、ァ'l /          __

     考えたのですが、我らってキモいじゃないですか?      ゝヽ l:〈ニニ三=‐'" ̄77リ/,ィ´       _.-‐_'ニ´ィ !
     海賊とか特にそう言ってきますし……              /ノ!>_!_,ニ-‐"´/ ̄7_/// |      ,.-‐"-‐"    l|
                                        〈",ィ<!、r、_几ノ ``7´~|ヽ.   |   ./ /´       |!
     キモいから躊躇なく殺せるのでは……?            `ー-l| ,r、_..-‐'"´::::,/:::::,>、__>/ /         ||
                                           ヽ:::::::::_.-‐_'二-‐‐'   r' /´           !!
                                            lヌr='"´  _,..-'==イ/─ァ==ェェ‐、-<=-、||

                                     _.... -‐  ̄〈__.〉-‐_'ニ二--.、_  `'  /  _,、゙ヽ〉 //    ヽ.
 ┌──────────────┐           ,r'"    _, -'/'"_.-'"    l   `ヽ.  _〉'"_ | 〈j 〈/    __ l
 │  【観測所】 フォルネウス    .│           ゝ-、_ /-.、//     _..-r:、ヽ-‐-_'ィ,'"l ̄::::`゙l`ヽ、__,.ィ-イ´!rヾ、
 └──────────────┘              ゙7/ヽ  ヽ   _,-'"j>‐'´‐'"´// ヽ::::::::::ヽ   l  l lヽヽ!
                                   _,.-"7/ /r≡ヽ、/l l=ニァァ-r."フ'/    ヽ:::::::::::ヽ  ゝ、_ ヽ ヽェ」
                                   |<゙、/'=='<l| !!|゙トイ'| | | ! | |//      ヽ:::::::/ヽ   `ーY",、

                                   | 〉/l〉、_rイ7l7l !| | !/゙ヽy'./     ,ィ=‐-ェ,__>'"  _゙>、     !l 
                                   ,コ/l !l ヽ_/7ヽ-‐"/l`ヽ'"    ,ィ'/  ,ィ'/l  ./´=-‐`ー、_〉 
                                   / ,|::| lヽ_/゙ヽ. / /  ! !     <<   <<´  ヽ /,'ィ='二二ニ三! 
                                  │ lj:_:! l ゙i゙! ヽr"    | |     ヾ.、  ヾ.、  ゙〈/'ニ二─‐-ニiヽ




                  /ミh。./\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,' ;;;;;;;;/
                 彡i:i:i:i:i:i:≧s。 .ミ、;;;;;;;;;ー- = ,.__,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\
                ∠i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:セ>=- ;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; . ィ''"´i:i:i:i:<

                 /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,'乂≧=ミx ー‐-‐t≦≠ミ>i:i:i:i:i:<
                  フi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i乂 ,ィ≠ミ ≧''  `",ィ芥ミ Σi:i:i:i:i:i/   ハッ! ならばいっそ女体化でもしてみるかね?
                   弋i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:弋 ゝ @   i | f @ 〃}i:i:i:i:i:i:i:セ
                 >i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:"ー,   ´`   i | ヽ  ,_Σi:i:i:i:i:i:_,{   欲望で動く奴らが人間らしいというのであれば
               乂i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iノ         i |   从i:i:i:i:i:i:i:i:ら,
                 >i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ツ  ヽ、__゙ゝ、_∠  ゞi:i:i:i:i:i:i:i:ii:/   女を陵辱するのは罪悪感で手が止まるかも知れんな!
                   /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i<    }fWWWWW| /i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
                  、_フi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,ィ´ \  \,'WWW//\i:i:i:i:i:i:i:i`ー,
                 \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:乂__,\.\  ミ三三/{,、i:ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i<_,,
                _〃i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、i:i:/  ≧s。ミ==彡≦∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/         ┌─────────────┐
                 ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`ー一,   / ヽハ  Σi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:'ヽ、        │  【情報室】 フラウロス   ...│
        ___,,... 。s≦;;;;/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ'  /:〃::∀:ヽ   }i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>ー----ミx └─────────────┘
      /::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::;;;乂i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i乂_    /〃::::::∧:::Ⅳ :Ⅳi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:<::::',:::::::::::::∧
.     /:::::::::::::::::::::::::::∨::::::;;;;<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i┌'ー'   / \::::,:::::、 N | Ⅴi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{::::::',::::::::::::::∧





                                                            _,. --- 、/{_
                                                       、__ / ィこ>ヘ  `=イ

                                                        >         ,ィ   `ヽ
                                                       /  _ ノ彡イ / \ \   \_,
                                                      _厶 イ 7 ̄  、{    } ハ  Y´
                             フラウロス……お前……        `ー=イ 人トゝ    `   ノノ  }〕八
                                                      //^V√ -- 、  、    ノ小ト-ゝ
                                              .     ー=イ{レjミl  ^tテミド=イ {、__ ハリ

                                  天 才 か !?          ヽYくミi   ``二^ />ィ;r‐_ァ ∧′
      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                                       ヾrヘ{      | ヽ`   〃^
      |   は?    |                                      , イィヘ      、 〉   /し
      乂_____ノ                                     〈 く ∧ハ        ′   ∧`
                                              .        }   \ヽ ´ ̄元 ̄ / | \
                                                     _」    r、\\ノ州 //  |  /\
                                                 +‐' ´ 〈    |fハ `Y´ ̄<⌒ヽ/} / /
                   ┌───────────────┐          ヽ   }い _」    \  `く/ / ̄\
                   │  【廃棄孔】 アンドロマリウス    .│           \ ヾ{   |     \   `く     >
                   └───────────────┘             \  ┤       ヽ   \_ /
                                                          \_」              r~′
                                                            |            /了
                                                            んヘ、_,. -‐' _/
                                                              く___ ノ ̄















                                };;ヽ__ _
                             ゞー{;;;;;;;◎;;;|'/
    ●    ●    ●    ●     シ'ー{;;;;;;;;;;;;;;;|\
                                };:/ ̄  ̄















       ,. -────- .、
     /: : : : : : : : : : : : : :\
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
    l: : : : : : : ::/l: :l: : : : l: :l:l : ',
    | : : : : /‐/┼,ハ: :l: ∧_|:l: : :!
    |/l: : :/ /ィケlヽWNィテト/l: : |    よし、ここまで可憐な少女の姿なら

    |: l/l/,イ〈 ヒり    ヒク/|/lノ
    l: : : : ::|  ""   、 "l: |     あの飢えた狼達も襲ってこないですよね!
.    V: : : :|、   r‐┐ /: :l

     \: ::| > .,_ ̄イ: : : /     流石は情報室! いいアイディアです!(杉田ボイス)

   ,x<ヽヽ:|\_ノ l`ヽ\/  __
   ,'   V⌒ト、o/lヽ〉 l\ / / )く
   |  ( ̄二ユ, ol   ', }/ Y/)、
   l    ゝ、二ニ}  l    V  /`´ー/
   |   / ヽ_ノ  ol    }  _/
   l   /  /    }   ,'  /
  / ´   ,'   /l/  /  /       ┌───────────┐
  ヽ   /     |  / /        │  【覗覚星】 アモン  .....│
   `ーイ     o,'  /'´         └───────────┘
     /      l  |
    ./         |  ヽ
   /       o|   ',

   ,'         |    ヘ
  ,'         |    ハ

  |           O|      ',
                                          ノ::::::::::::::::::│ ゙>::;::::-― v ―-- 、<ヽ´ ̄l_ - 、  V
                                         /:::::::::::::::::::::/ ィ           ヽヽ.\  }  \ V
                                        /:::::::::::::::::::::/ / /  /  ,   l.   ', ヘ ヘ ' , 〈 、  | . V、
                                        イ:::::::::::::::::彡´/ /   /  /l | | ',  , ',  ヘ::l V ', ', .}  ', V
                                        ヽ;;;;;; -'´  ./  レ-rt‐ . /.| l | 7-+|_ハ  ';| ハ | .l |   ハ.ヘ
                                              ,' ./|__/|ハ、 | | ,'/l// ./l/ \  .l } \l/ /  } } }
        せやせや!                               l ∧    ヘl |_/   ̄   |  ト.} .//  }/ /
        このMJT72な姿ならきっと手加減してくれる筈や        ,' ∧.| ,≠≠、     ,≠≠ミ l l  | .ト′ ___メ/
                              (杉田ボイス)      /  ,ヘ .| ::::::::::   、   ::::::::::: /,'  .|/ ,<
                                           // / . `l.     ____     //   ∧. 〈 ヽ \
                                           // /.   ヽ    ! ̄ ̄ }   . //   /   ̄\ ヽ、ヽ
                                          //|.| ,'      ` 、 . ゙ー--‐'   <l/ .// >―-´  l_ノ
                              _                l l .|l |         个 ― < / // /, ---r---´
                             _| l、   .ハ   .     V V       __ィ'__\__-=´―<.l/  { | ヽ、 \        _       _
                             ヽl lゝ、  ', V             , -一イ  _ / /__ ̄´t. `ハ__ `   |/l }      { V    //7
                              ヽl l |―-|  \         ./     〉 ´ `{__}´ `   l/   ̄~~ \|/      } |__ / // 7
                              `t v__  V       ,'     .ヘ   / \   ,ノ          V       /    / / /
                                `ー-,,,,__ ` ノ∨      .l.      `''"    ゙'''"              V      {  l    ´ /
                                 _ - ´ ̄   ヽ     /  |                イ      |    /廴 ′___∠_
                                <       __ ィ ヘ、  ./   /へ    .、 ノ     ヘ  |ヘ      |   /    ̄    /
  ┌─────────────┐        ヘ O ,.< V    \/   / /  ヘ   V     <   〈 ヽ | .ヘ     .l  /l、       O_/
  │  【溶鉱炉】 ナベリウス  ......│         ヘ '"    .V     \ | .|     ヽ _{_ /      }  ヽ ',.    V  `''''T ̄ ̄ ̄
  └─────────────┘               V     ヽヽヘ.      ^         }   ハ.ハ   /     /
                                        ヘ      /\ヘ __ - 个 ゝ__     ノ ノ {〈 ',  /     ./
                                         \    /    ヘ 〈         T    | |. , {     ./
                                          ` ー ´    ヘ ヘ        |     !1∧     ./
                                                  ヘ ヘ        l     l | \_/



              |{  /::/ ̄
              |:::V::::::(__
           :::┘:::::::::::::/

        /⌒ヽ::::┌七⌒>-‐…ァ冖::...

              /⌒Lア":::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::z-|:::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::/  |:::::::::::::::::::::::::::::::.

              |:::::::::/    |::::|:::::|:::::::::::::::::::::.
              |::::::/ \   |::::|:::::|::::::::::::::::::::{       むしろこの姿に私達が魔神柱だと気づかないまでもある!
                 /^V 斗-ミー }/|:::∧:::|::::::::|::::|\
                { ) ヽヒツ^  }/ーV\__|_/        生き残る為なら、恥とか外聞とか捨てるっしょー!!(杉田ボイス)
                \_}       、 ミ,___r┴‐fー-ミ
             _/八  ┌‐-  _   r'-ミメ -‐   ゚。
            ⌒>::::::::::\  、_У   ノ`ヽ. -- 、  ┌ヘ
.           x― ⌒>ヘ| \_ ,.....<_     ( ̄) ゝ┤
.          / : : : : : `'f┬く    |、{\「       匚ノ└ヘ      ┌──────────────┐
         / : : : : :____》 |    |》‐┬- .      }  ゚。     │  【観測所】 フォルネウス    .│
          |.: : : :l: :\i:i:i》\_____|《/   \__    ,        .└──────────────┘
          |/: : :.|: : / 〉i:》i:i:i\ >i:i《  |   "⌒ー┐ |   ,
.        /.: : : :.|/ ⌒》「 ̄ ^⌒《, |/         厂|   ′
       / : : : : ,'\/|_》'      《 |         /  |    l
.      〈: : : : : ;゙|i:i:i:i:i:i》'      ,《  ^`    _/`      |
        /\_/ ^¬i:i》′ /   ,《 /           `¨¨
.       /    /   |》'  /{   ,《 /



















     人人人人人        /:/:.;.l.:.:.:.:ト、:.:.ヘ:.:ヽ ,、                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.
.    ∨        ∨    ,.ィ.:./二、 i:.:.:.:.l≠ミ:∨:.ヘー.、    人人人人人人/:.:.:.:.:.:.:.;!:.:.:.:.:.:.:',゙丶
   ∨   ひ  素   ∨.   ヾ;.:.; Y´ ’ ノ, ∨.:.:',. ’ ) !:.}:._ヽ:ヘ  ∨         ∨:.ヘ.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:ヘ'"
    )    ぃ   材   (   /:/:/:`¨¨´__\ヘ¨´:/:|:.:.}、:.:.:.:l_ ∨        魔   ∨:!,>ム=ヽ、:.:.:.:.:ヘ
    )   ぃ  狩   (   {::!    '; : : : : :,' `   ,':.:/.):ヘ`¨´)    寄    神   (.:fγ´ `ヽヾ、:.:.:.:
    )   っ  り   (  /';.ヘ    '; : : : ;ら   ./.:/:コ二゙_  )    越    柱   (:.l { ’  ノ , `丶
    )   は  じ   (   ̄∧ィ>.、   ヽイ _ . ィ.:イ-┴┤r′)    せ    は   (.:l .>=彡 _. ィ:´:
    )    ぁ   ゃ  (    /, -〃二ニ二 /;∧;∧;リヾ`¨  )    ぇ    ど   (:.:! :/:/:  マ : : : :
    )    ぁ   ぁ   ( ̄ ̄ll / ./゚ ̄Τ__゚.!'  _ ′   ∨    !    こ   (:..',      し、:_:_
    )    ぁ   ぁ   ( ̄ ̄_   ,' ゚ ̄Τ ̄ ゚ !  〈〈     ∨          だ   .∧ト:ヘ‐----‐==ニ
   ∧  !!     ∧ ,ィ',.!  .ト、___k‐-、.人_, )i}    ∨   Q     !  ∧.ノ:.:.>':.:/ヽ:.| ̄。z
.     ∧       ∧. ,イ〉´ ,ィ今┘二Aヘ::::)z行ハiシ′∨∨    P       ∧ ´ ̄  ` , ' ` i!
     Y^Y^Y^Y^Y^zz┴L/‐━━‐-==!:ムシ"´   ∨       を         ∧  _...._z<く  ./ } 。z
          V:i:i:>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、V:ヽ   )    絆 !        ∧  へ、_. ヽ}_シ  !zzz
.             <, ':.:.:.:.;.:.:.:.:.;.;.:.:.:.:.:.iヽ;.:.\:.:.:.ヽ、.:.\ )    を          ∧    ,.ニ、¨ ,r_'`¨¨¨
           /:.:/.:./{.:./.,':.:.:.:.:.:.l >へ__ヽ.:.:.:.:,:.フ.:.゙)    !    ド     ∧    ゝヘ V マ三ミitz
         .__/:'.:.l:.:/≠''"7:.:.:.:.:.:.;'".γ .,ヽV:.:ヘ:::ヾ)         ロ    (       Viミ彡iャ<三
         ヽ;.:,:.:.リ:γ⌒ヽ!.:.:.:.:.:/ .、乂__.ノ,. V:.:.ヘ、:)        ッ     (        ゞ-'"
.          /::i l:.:.:.|乂‘_ノ|.:.:,:イ  ____ ":/:/: V:.:ヘ)           プ     (___
         イ:_.:ヘl:.::.:', :/:/: ´r‐='''"´: : :i     .从:∧        !   ∧:.:.:.:.`ヽ、_   ___
          /.:ヘ:.:.:',     V : : : : : : !    , イ:ヽ′∧            ∧:.:.:.> ".ア:'": ̄:.:.:.:.:.: ̄:
          ´ |:〉、:.',、    と: : : : :_ム. <━‐-rr/´).Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y:.::-:/, イ´: ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             ′ `ヽヾ゙゙"'ヾ、¨¨´   `゙ <..LLl、Y      {`¨´:.:.;.:':.:.:.:.; ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                   \イ"/⌒V           '     ゝ-イ:.:.:.:.;.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.



           ,ィ=‐….:.:ニ=‐‐x
         ∠,,>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:=--ミ、
       /ゝ,,>:"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、
      /.::,イ.:メ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.     /.:.,ィ.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     i.:./:У:|.:.:.:.:./i.:.:.:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:i`”`ヾ.:.:.:.:.:.:i
     |.:.ゞイ.:.|.:.:.:.:| |.:.:.:.:」ゝ.:.:.:.:.:.:}!   i.:.:.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.K.:.:.| ⌒  ゝ、_:j    |.:.:.:.:.:|
     |.:.:.:.:./^! \!,ィ灯x、     ⌒ヽ|.:.:./     魔神柱? 知りませんね
     |.:.:.:.:{     ヒり     斗^ゝイУ|

     |.:.:.:.个ーヘ         r少 /::|.:.:.:|      私は偶々冠位時間神殿にすんでる女の子です
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:iヽ      ′   '.:.:.|.:.:.:i
     |.:.:.:.:.:.:.:ヽi  ヽ  `一'   /:.:.:.i|.:.:.:|                          (杉田ボイス)
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ   、____ <.:.:.:.:/ |.:.:.:.i
     У ̄ヘJ\!   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈 |/i.:.i

     /    \\  ゝ、 ̄フ'^7ヽ.:.:〉  j.:/Y^7^Yヘ ,,ィ彡
    /      ゝ、二二Oニ彡ヘ   \ ,イ!_ノり_,イヘJ彡≪
.   /      ∨XXX∠三三三三三Ξミヾ=ニ彡彳  /

   l      VXXXX/          7ニニγ゙     /    .┌─────────────┐
   i       \,XX/          /  /    /     │  【管制塔】 バルバトス   ..│
   |   ____}X,/        ,ィ''´ニニつ'^ィ  /      └─────────────┘

.   \/O ___}x/        /    ニニイ  /
     〉 /   ∨       /   __,ィ′ /、

     `ヘ     ',ー―――ァ'     /__/_____/ ヽ
       ヽ    ∨XXX,ィ     / i、XXXi    l
        ,    ヾ,/    / l  !,XXゝ、   i


                                            .ィ
                                     .     //

                                         /  {   _.  -= ニ二 ̄¨> .
                                         、  ヽ '´          \ >''⌒i
                                          ア   / ,              `{ / ̄`ヽ
                                          / / .:/ ;         ト、 、 Ⅴ`ヾ  ∧
                                     .     / / .: /|: /|:   : :./\: : :}_\. } :.、    }
                                     .  _/ .:{ : /ィ==={ :   :.;' ィル'ヽ/¨¨`Ⅵ; :\   ;
                                      `ー-イ ヽ{'゙,ィ ==ム: : :{  ,ィ==、 }/: :ト、...>::{

                                     .    |: : :} { 1: :}ム  :.、 {1:: :::} } |: : :|^ Ⅵ ! \
                                     .    | Ⅳ ヾ 二 .ノ `ー┘ ヾ 二..ノ : : ;′ ':、 { ̄

                                    スンスン… Ⅵ!      '___     .' :./-イ :.{ ̄
                                          圦       V::::::::::::}    .'.ル'  } :∧
                                     .     ノヾ}≧=-,---`ァ- '--=≦'ィ゙リ /\_\
                                          ̄  \/ \/i======i Ⅵ ー''´ ̄

                                                / {__|__ }:、∧
                                                / | ┬--- | マ.ム
                                               /\j-┴---∧ ノ--}
                                               ヽ/--^----‐\- ′
                                                 ̄「:::7-ャ:::T´

                                     .               |-,′  マ-|
                                     .             __レ____ヽj_
                                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






                                   ,,,ィ
                              /  ....:::ニ'=―-              __,ノ
       人_,、ノL_,iノ!               |i/::::::::::::::::::::::::`ヽ             ).

             /                  !:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::>           ソ  お 頁
        だ 魔  {                r:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:マ          ,)   い
.       !!. 神   ヽ                ノ:::::::::::::::::::::::::::ィ(c7::爪ヾ=≠≦ヽ    ⌒ヽ. て
        . 柱    >       _  イ´/::l 〉:::::::::::::::::::::::: ̄r/ リ )从  圦     _,ノ  け
                  /      从7ミヽ:::::::i::::! !:::::::::::::::::::::::::::::j/:::::!! !| j  i!ノハ   ⌒ヽ
   ⌒)         ィ      ィミ) ヽ:::::::::}::弋ヽ:::::ヽ:::z- -メj::::// .i!    !| イト、    ヽ
   、- '   だ 魔   L_     r三`ヽ::::::::::::::::::|:::::::::)〉::::::::::::::::::::::::::!' ノイ i   |l  ク!    __,ノ  な
   _ )   ろ .神   く   /: 三: : ::::::::>==7¨`!:::乂::::::::::::::::::::::::::((  /   ,| // ∧   ヽ.  あ
   ).    う  柱   (_ , '::( ̄ ̄ ̄7{入 イ ヾノ人:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ /    /!  ノ ∧    )
   ´)   !?      .,'::::::/―――{ :| !´ .|  ヽ:::::::`ヽ、::::::::::::::::::::弋以>  /:::\  イノ〉   Y⌒
    )          (i::::::i      ∨´\ \  }ァ⌒ __〉::::::::::::::::::::::ー――ァミミニ) !  /∧
  j`‐'          ィ 代:::>     ヾ>‐ つ‐し':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヾ `ミ! / ∧
、- '  お 魔 な   L_ヾ三≧=ニ三>‐' ̄´ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽニニ 爻   ト、
_ ).   ま 神 あ   く             }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    \ ニ刹ニ //!
)     え 柱     (_              )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}}      )少  / / 7
´)     だ     ,ニ=-            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ      \ ヾ三≧ソ 八
 )      ろ     (_             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リト-      \}:::::::::}   i
⌒)-、 ,. 、       〈             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::)      i:::::::::::、  l
    ′ ヽ/⌒ヽ'⌒ヽ「           r:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ\       .|:::::::::::入 !






          /\
        //\ \

       //////\ \
       \///////\ \
         \///////\ \
          \///////\ \
            \///////\ \
             \///////\ \
              \///////\ \

                \///////\ /
           -   _  .\/////< ̄\
    >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<\//// }::::j::::}
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\//ノ::::ノ::j

/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::´_ノ <
:::::::/::::::::::::/マ:::::::::/マ:::::::::i::::::マ:::::::、:::::::マ::マ:::\´ <

::/::::::::::::/ マ:::::/_ マ:::::::i:::::::iマ::::::}\:::::マ:マ:::::}\  \
::::::::::/:::::/  レ ー_-マ:::::i:::::::i .マノ  マ::::V:マ:::i_}__  }
ー--{::::::i.  ´::::::::::` 、`i:::::i::::::;i, --  マ::::}::',::::{\ \}
::::::::::i:::::i { ::::::・::::  } j:::j::::::;j :::::.:: ` .マノ:、`> ..\ \
::::::::i:\i. '、 '''''''' ノ j::/::::/  '::::::::'' } .{:::::| ̄:::`> .\ \
:::::::::|::::i    ー ´  .j// ,`  _  ´ V:::|::ヘ ̄    \ノ
::::',::::i:::i                     V:|_::\
::::\マヘ::i    .i` ≧ -   j      ノノ、
:::::::::::マ\ _   .{       /     ノ:/::::\
\\_\i    ー __/__  -  ´i/
   /           ヘ  /

  /    イ         ヘ´






            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。

                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...

     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``

 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/

 ≫                                             ≪
≪     バルバトスゥゥゥゥゥゥーーーーーーーーーーー!!!!          ≫
  ≫                                            ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\





        _,,......,.-ーーー-..,_
     .,/::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::',

   .,' :::::::::::::::::::::::,:::::;:i:::::|!i::::::|;:::::|;::::',    そんな……バルバトスがやられるなんて!!
   {:::::::::::::::i;:::::::;'::::::/::::i !!|:::::|.i::::| i::::i
   ',:;;;::::::::::ii::::::;';::::/!::::レ !.レ'ζーーi''    いたいけな女の子を躊躇なく……
   ' ;;:::::::::iii;::::;:∨,乏ヶ   '斥i),':';,    カルデアのマスターには良心の欠片もないの!?

    \/:-≧/<迂リ     , ,.|:::リ 
     (:::::ニ-::::::::'i , , ,   '   ノイ    それとも私達の女体化が不完全だったとでも!?
     \::;;:':;:;;;::リ、   c-rr;n/:::|                          (杉田ボイス)
       .}:::::';::::|.|  ri,y'/,'从:::::::i
       .!::::'::';::V,_  |/./,' i トト',::::',
     _,,∠=;;;丿':;:::≧K   ''| 7,''!っ,
    /〃∧_>;:-\::::::::':.,  i  | .フ':;,         ┌─────────────┐
  .〃 /::>{   <ヽ;:::::i:::::/ . | .|':, ワ i::',        │  【兵装舎】 ハルファス  ......│
 〃 ./::;|`',   .V ヽ:_::/ ` ノ  ト,ヽ< |::::':,       └─────────────┘
.,';'  ,'::;:!i,,ム   Ⅶ ∨  .∧ ,/i.|, ヽ|:::::::':,
|:|  .':;;;| ;;;;`',   ',  ,'  /,>,l//∧ ! リl::::::::';'.,
|:|  |:;;;;| i::;;;::',    ',.7  /, )`iレ/ .',.イ .!:::::::::':;':,      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
|:|  |;;;;;;i !:;;;;;i',  /   .∧iトi'Y   ':.! .!;:::;::::::':;:'.,     |   その両方じゃないかな……(フラウロス)    |
';:';, |;;;;;;;',':;;;;;;i', ,'   ,'  !x"''1,    \.l;;::;;:::::::';;:':.    ゝ_____________________,乂
. ;;\|;;;;;;;;',':;;;;;;l',    /  )_レ|.i',     '|;;;;;;;;::::::',':;:':,
 ':;;;;;;;;;;;;;;;;':,':;;;;}',  /   .Sニ!.l.∧    リ;;;;;;;;;:::::;i ';;::',








   |三三三三三三三三三三三三三三::::}__
   |三三三三三三三三三三三三三三:::ハ:.:ヽ
   |三三三三三三三三三三三三三三:}......i:.:.:.∨
   |三三三三三三三三三三三三三三:{.  l:.:.:.:.:
   |三>―――――――<三/ ̄ ̄ } ,:.:.:.:.:.:'

   //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`マヽ:.:.:.:.| /:.:.:.:.:/
  l/':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\)__/_/
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ「
  |:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
  {:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.|
 ノ:.: . |:.:.:.:.:.:.:./ヽ:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:}:.:.|   そ ・ ざ ・ い   !!

..{:.:.:.: ∧:.:.:.:.:/.. ∨:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.:.∧:.:.:.:.:.:l:.:.|
 ヽ:./ ∨:./   ∨:.:. |:.:.:.:.:. |:./  \:.:.ハ:.:|
  l:|x≠∨===x. Ⅶ:.:.:.:.:.:.:.:.l/x≠=∨xⅥ      そ ・ ざ ・ い   !!

  幺  -―-  ミ':.:.:.:.:.:.:.:.:/'  ― 、   |
  | /.      ヽ.Ⅵ:.:.:.:.:./. /     , |
... ハ i.    ・   l Ⅵ:.:.:./. l   ’.  l |
 _.:.:八         '  }:.:/  乂    ノ . l
 {:.:.l   ー‐     ´  ,    ̄
......〕:|                           Ⅵ
  |:.、      Γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.マ         八
  |:.:.:、      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     , イ

  ト、 {≧z    丶:.:.:__:.:.:.:./  ,  イ:.:.|      ┌─────────────────────────┐
......八\{::::.マ三≧=========≦ ヽ::::://|      │  例え魔神柱がかわいい女の子であったとしても      │

  ト、:∨::::::,:::::::}::::::::::::::::::i:::::::::::::{::  ∨´ヽ/      │  僕達は容赦なく鏖殺していると確信できる         .│
  【::/:::::::/ rf三三三三三三三) 、..∨ |       │  人理を守るためだもん!! しかたないよね!!!    .│
  |′:::/...... l      |    l  :. .∨ {       └─────────────────────────┘
  |.:::::/.   /.       |    |   :. ∨
  |::::,   rf三三三三三三三三)  ’ ノ、
  |:::i          │       l{.. |


                                   【バルたん復活しろよ!クリスマスだろオラァァァァ!!】



┌──────────────────────────────┐
│  女体化の策を鎧袖一触にされた魔神柱♀(CV杉田智和)は     ..│
│           ゴエティ                             ..│
│  冠位時間神殿580プロに撤退し、次の策を考えていた――…    .│
└──────────────────────────────┘


          「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|l\ | \}           ||__| |_
          |r ―┬‐┬‐┬‐┬‐┐  ヽ.  |       |
          || | ̄||   l   l   l  |l丶    |       || ̄ ̄| | ̄
          ||_|_||   l   l   l  || || 、  |    | ̄ ̄|_||    | |
[[[[[[[[[[[[[|l.、||| 〇||   l   l   l  || ||| l  |    | ̄ ̄|_||__| |_
 ̄ ̄ ̄ ̄|\l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |\| l |  |    |__|_||__| |_
        |  |r ―┬‐┬‐┬‐┬‐ ┐、 丶  |    |    |_|
        |  || | ̄||┏┛┏┃┏┃|| | 、  |    |__|_|| ̄ ̄| | ̄
        |  ||_|_||━┃┏┃┃┃|| l| 、 |    |    |_||    | |
        |  ||| 〇||━┛━┛━┛|| l|| |  |    |__| ||__| |_
―┬─┐|  |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l` 、l l |       ||__| |_
  |  ||  |r ―┬‐┬‐┬‐┬‐ ┐、     |    | ̄ ̄|_| ̄ ̄ ̄ ̄
  |  ||  || | ̄||   l   l   |   || | 、  |    |    | |____
  │  │|  ||_|_||   l   l   l  || | | l |    |    |_|    | |
―┴─┘|  ||| 〇||   l   l   l  || | | |  |    |    | |__| |_
____| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ー- 、     ̄ ̄ |__| |_
――――|      冠 位 時 間 神 殿 |__ |         |    | |
____  〔  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 〕__ 〕        |__| |_
    |   | ̄|| ̄|| ̄ ̄ | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ||  | |       | __| |]]]
    |   | ̄|| ̄||     |  |____| ||  | |       | l  l | | |
    |   |_||_||ー '―'|  |――――| ||  | |       | l。 l | | l‐
___|  | ̄|| ̄||     |  |____| ||  |/ 「i    ;'";} l_l | | l
―――‐┴‐┴‐┴ ─ ┴ ┴――――‐ '´   |」    ゙ti'ニニ┴‐┴
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三三三三三三/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄








                            ___ _.
                          ,ィ,.――--,: ヽ、
                        /: イ_.。s……,、\: :\
                       ./: : : /:/|: ハ: : : :¨≧。: : : :.

                       /: : : /'_ 」/ !ヘ: : : : : ゝ,: : : :|
                      ./: : : / ,ィ豕    |ハ__.i: :} : :|    いっしょだ!! 女体化しても!! (杉田ボイス)
      f^!∩.∩           /: : : /i 〈 仍j    r示ミ  }: }.: :i
      | | | | | | ./〉        ,:: : : /^{   ¨ ,   ヒツ, 】/:/.:.:/
      | |_j |_j |//       .//´/ヾ|         ¨ /:/.:.:/

    .(\|     {      /.:.:.:.://.:.:.:.:.、  f⌒ヽ    /:/7/    ┌───────────────┐
     ヽ      i,ーーー―''゙´.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.::\ 、__丿   ,:7:/ :/     .│  【廃棄孔】 アンドロマリウス    .│
      \    {.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.,ィ7/― x―‐} \,_., ィ.:´.://.::/      └───────────────┘
      /ヽ   |.:.:.:.:/.:.:.:/ //  /  f´     /.:.:.://.: /
   ,.'´.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:..:/   {:{  /   iヽ  〈i\//: :/
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   |.:.:.:./    .j/  \   |    { //ヾ、
/.:/,.:.:.:.:.:.:.:,イ   |i./        ;  > |\__」 У、 \
′7;.:.:..:.:.:.:.:./ |  ,, イ|        .:´f ̄   |  ,  寸| _> /
  ク.:.:.:.:.:.:.:.| | /  :{      / ∨   / /   ',}\ /     ,イ弋ゝ、
   `¨ヽ.:.:.レ′   ‘    /i    ∨  / /    } }  〉    ./  ヾ::....\
      ∨|        /.:.:.:.|     ∨ /≫f⌒ヽ/ i.  /}  /     \::...\
       ‘、     /.:ハ.:.:.∧    ∨  l}    ̄i  /,′/        \:...,\
         \___/ヾ/ ヾ/ /     / _}  /  j.,ィ   ヾ, r、   /〉、   >"/
                 /     /≫′ノ /  j〈/     丿 !/// 〉 .//
              ,<       /   ヘ_∠^ヽノ |    /    ‐'/ //
            < ,,-‐‐-ミ__/   ,.'   ,.' / ├―一'   ,ィ'゙ `゛.- ´
        ,..'´  /\ ,r―ュ    /   / /  |  __,,..'´



              -= ー 、 _,,.- =‐-
               _, ≧∀≦ 、__
             /    ̄   ̄   ヽ
            /       ,       ∧
.           ∧ ,′   i ハ |      ハ     だからせめて声なんとかしろ。CV種田で喋れ、種田で
.           |  |! ,   ル/ l|i    リ }
        ___  乂 ヾl 、 | l|   !|、_,..- メ、ノ  l 、_  あああ、我らこの姿で死ぬというのか!?!(杉田ボイス)
        〈 !    リ〉゛介ュ、,∧ ィ千ラ,〈/  ィi、ノ
        `彳ェ_ /|lゝOー゙ノ ‐ゞニー⊃ト‐ニテ'

          弋_ 、_,| ヘ!    、   i/!孑‐^
             / | 乃 、 =---= イ |i ノニ=ー、     .┌─────────────┐
           /〃 ヽ |彡=- ≦ ノ-リ |l i 、i }     │  【情報室】 フラウロス   ...│
.         iく/ \ l!|` 、 >レ ーi / i/ | 、 |ノ、     └─────────────┘
        |il ヽ 、ヽ ` !ト、 | 。 ゜li  |l i ヽイ
       斤 、〃 iヘ ヽ il  |l   0  |i   i| Y 〈
       / - .ヽ/  \Y  || i  | ` i  |l |/





                         /|
                      /^y´  |  , ィ¬
                    ,.ゝ、=--=.≪ __├x

                  , イ: : : : : : : : : : : `ヽ‐-┘    ほ? 女体化しても再生力は健在なのです
                /: : : : : : : : : : : : : : : : :\

         f ^!     /: : : /: : : : /|: ∧:_: : : }: : :ゝ     ミリオンライフなのです(杉田ボイス)
.    r-、   | |     ム: : : :{: 人: :| j/ ̄ j\ハ: 从\
   (ヽ \\ j |  / )  {: : : 乂ーヘ:l    f竓カ |/: : : :\  
    \\ゝ `i ヽノ /   ゝ、:_:ヘイf竹    ゞ゛'ム: : : : : : '
     ゝ   ..:  /    厂:圦ゝ ¨  ‘ _   j_ノ: : : |: : :|
 ⊂ニ二__     _/    /: : : 〈ゝ、  r   ノ /: : : : 丿: : |         ┌─────────────┐

       ゝ一' /     〔: : : : :ヽ,r'⌒ヽー一' /∠⌒ヽ : : /     ,ィ、   .│  【生命院】 サブナック    .│
        |   |     ≧=z,:_z:_:_:_ノ=一'|: :〈: ヾ′:_:_ノ      / | l   └─────────────┘
        |   l    /      |.....i    l⌒ ゙―一'       / / l
        l   |   ,ィ⌒ヽ    |......ヽ、  \           f/  |
            ,.ィ'´⌒ヽ:::Y   ,ム-‐‐ヘ   j⌒ヽ,        |l   |   ,.---k
       i    I,     i::ノ__,,.丿    ヾ一ヘ...ノ ハ       |l  ∠^ ̄⌒`  \  /
           j   ,. '´ |         ゝ/ Y   1      ,ィ ̄          ヾ/
       |     ,. '´   |          :,  V  |    /
       `_   /      !               I  /   /
                 ,イ          /   }ニ7   /′
               _ノ         _ノ    ノ i   /l   /
           ,.. '´     ニュx_        /  |  / j/j/|  ,ィ_/!/ゝ/|    /|
          f_             _.,,ィ‐' l   | / _/  |/       ノ _ノj/
         ,イニ二ハ `_      _, イ  /   l   | |  i,,_          ̄ ̄
       /二二二∧   ̄        /     l   !j  【圦
       '´ ̄`ヽ二二へ       =---/    l  _ノ /`¨“.:.         ,ィ爰ミ、   /
     /     ヾ二二二ミz____丿     |/   j{  .::;     /:   ゞ~゙”   /
  ___,,l       寸二二二二二ニヘ      ,イ    /{   .::}    /:        /
/ /.:.:.:i        Y二二二二У  \___/    ,: |  .:::j    /::       /
.  /.:.:.:.:.l         `ニニ二二/_, イ'"  /     ,′ヽ  ..:jl.   /::       ,‘
 /.:.:.:.:.:.:l         I ̄ ̄ ̄.:.:./   _ノ     ,′  },r'" ̄ ̄~ヾ      ,.'    /
./.:.:.:.:.:.:.:.l          |.:.:.:.:.:.:.:.:/   /       |   f::::::::::::::::::::::::`ヽ    , '     /
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         !.:.:.:.:.:/   ,彳       ,  |   j;'´ ̄¨¨ ̄`ヽ:::::\ /    /
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          |:.:.:.:/   /{       ハ  |  /        \:::::v′   /









           ノリコマレター…

     ,ィ´≦~`丶
、_,.イ    ム :;i,ィ ⌒`ヽ、 ,r'"''>
弋_,  .........:/::::  -ー 、:::ム /   _,,、-ー''"
´'"_  :::::   -=_, - .ム`ヽ' |,γ

. ´  ´.、r--、::     ヽ  ト;ム i ,  /  /' /
    /、_||\ U i  } j;;;≧、 f  ,/ ./ .,
 γ/ .〉|||||||||||k::..::j,::::ノゝ' u  }イ ./.i  ,' ./    百万の命だと……?
...: ./''"|||rzz、|||||||_ノ '/ !   ノ´ニ´|  | ,' =
:;: ゝz||||||`マム   ∠ _ ノ  ,.イ´:::::: `い { r   その三乗は持って来いというのだ……!!
';;  ゝi  イ ) ,丶  U  _,イ./ 乂 _ノ,_\'{ !
/, 、≧ト--''"ヲ} .U _,, イ ./{        `

〈::ト,ム、_ ̄ _,ノzュ≦ =-,rイ,_ヽ、     ェ-ー.i

'::!::トx≦_  >ムki   }''"i〉K≧ 、,__ゝ .イ        \人_从人__从_从人__从人_/
_,.、:::::i:::ヽ,::´i/ト,、"''"  i  i || i〕トx,,___ィ/__i_        >              <
  }::ノ:::: ム;;;||k \、::..:::ノ::./_}!イkr} |   |iー|ー        >   ソロモン社長!?  <
、イ :::/:: ::..ム:kー≧,/'イ,∨x'〉´イ´| .|   .,|zzzz        >              <
. `.-.'k:::..マz,,,> リ ,! {`} | リ| ハ, | }  .|__|_       /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW\

    ≧zニ  | / }i リ | リ ,! |イ`´  /_[_
      `/7´,}</ ト、`iz{_ィ } |   .,'---∧

       {_,i ,' i  { K{ トゝ|!   ∠,,,__
       `トt≧{_{ | .ト,イ |ィノ      |_|
          マリ  ̄ ̄マリ      j ,!

                       ´-イ



           /:.:.:.:.:.:.:/ ,___  、:.:.:.:.:.:.:.:.、
        /:.:.:.:.:.:.:.:'":. ̄:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄``:ヽ:.:.:.:.:.:ヽ
          {/:.:.:.:.:.:.:.:.:/{:.:.:.:.:.:.:.: i:.:.i:|:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.}     冠位時間神殿の警備はガバガバだね。でも大丈夫
    __ /:.:.:.:.:.:.:.: l:.:/ .{:.:{:.:.:.:.:.:.:.、从:.:.、:.:.:.:.:.:.\\    僕はガバガバでもキツキツでも愛せるから。うん、愛せるよ

     ⌒ ̄/:.:.:.:.:.:.:.:.| _八∨:.:、:.:| ̄ ̄`∨:.: }:.:.:.:.} 一
.        |:.:.:.:. |:.:.:.:| __  、`\:.、:|x=≠ミ |:.:.:.}:.:.:.∥
       八:.}:.:.:|:.:.:.:|x=≠ミ  、ヽ|    ,':.:./}:.: ∥    というか冷静に考えるとソロモン尽きの女の子(CV杉田智和)
         /:.:八、∧      ' ノ     // ∧: {     って僕にNTRれるしかないって感じだよね?
.        // ∨{\ゝ              ,_// \}
          ヽ\ /}       _  /:.:/、         ,イ}  /}
.           __/  }  < __  .ノ /:.}´ \____  / }. / /     、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
         八    / 、     / /:/    ヽ  /   |  } ′∥    _)                              (_
          _∧   ∨  >-‐    {Ⅵ      /  |  ' ∥     _)   色んな意味でやめろォォォォォォォ!?    (_
   / ̄ヽ、   ∧    ∨ヽ       八 \     /    .|  }_j. {{      )                              (
  /     ∨ 、ヽ\   ∨ ヽ    /   Y   人 ,_ノ_ー'/./ }、     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
. /       ∨} ヽ    辷_‐`  ー―   | /} ヽ八  ノ// / 〕
 {          }  , ヽ。s≦__〈        八´  }  ヽハ⌒/└/_/ノ






     /::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::: /    `:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``~、、

  _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::: /       .:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::/
 ⌒\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /       .|::::::::::::::::::::::::::::: ',::\/
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::,'__      |:::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::``~
      7 ::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::|   ``~、、ノ:::::::::::::::::::::::|:::::: |:::::>' ´
     /::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::ハ ::::::::: N /    `ヽ/:::::::::::::::::::::::: |:::::: |:::/      茨木童子を虐げて悦ぶ酒呑童子と
      /::::::::::::::::::::::/⌒ |/  `、 ::: |八   о //|::::::/ ',:::::ノ::::::/:::{
  _ノ::::::::::::::::::::::::{         \|  ゝー=彡´  .!/   o∨|::::/:::::::ヽ     魔神柱を虐げて悦ぶ俺たち
   `ー一'''´ |::::::::                       ヽ`ー=彡/|::/:::| ̄ ̄
         |::::::八                      〉    .ハ::::N        そ こ に な ん の 
        /:::::::::::\_                       ,'::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::           r ‐‐─‐┐   ./\| ̄          違 い も あ り ゃ し ね ぇ だ ろ う が !!
      / ̄ ̄|:::::::::::::::::::八         |: ̄ ̄ ̄:|    /
.          八::::∧:::::: |  ヽ        .|::::::::::::::::::|   /
          / ̄|/\|   \      .| ̄`ヽ::::::|   /
            /   \.      \..   └‐‐─‐.┘ /  クワッ!!
.           /     .\               /
         イ       ``~、、    ゝ ──
    。+・'‘´ .八             ``~、 / \
 /       \             ∨   ヽ




       /         \  `ヽ
      /  / /         ∨
.    ,    /  /            }l    ∨
    ′                  }l    ∨
         |  |             八    |
    |   |  |   / |/|l     } /ー\
    |   |  |   |斗八‐  /j/ ィ=ミx  |i   つまり先輩はこう言いたいのです
         |  | ,x≦笊㍉ /    Vシ》:| |l
    }   |  |   |乂rソ.}/    `~^ ノ| |l   茨木さんと酒呑さんが仲良しなように
    }   |  |   | ^~゛     '   ^ア| |l
.   八  八  丶 \__   __ ,,.  / .j八   私達と魔神柱さんも共存できるのだと
      \  \  \ ノ.,       /
.      }l   \_「    ≧rt
       八人ノ}/}冖宀¬=-{ {_7_             、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
          __/二二二〕二二ニ{            _)                               (_
         ア⌒^^=二ニ〕二二ニトミ           _)    どこをどう好意的に解釈したら?!!     (_
.        /     \二〕~⌒≧ニニ\          )                              (
.      /         ∨/-==ニニニ=-\≧x      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                 |-=ニ二二二ニニ=-\ニ\
      |         |-=ニ二二二二ニニ=-∨ニ\

      |         |-=ニニニ二二ニニニ=-}ニニ }
      |         |-=ニニ二二ニニニ=-ノニニノ




                    ,ィ , ーァ
                ノ)/// ≦─=z_
            、_ノ)(    __      ≦─ ァ
              `7   「`   \         ∠__
            /,イ  |  l  l  ヽ、       ∠ tr‐v__
              レ / | ヽ  ハ 人  Y 、    / /ミ/‐-ミ、   人も鬼も変わらない……
.  ,-=ァ-、_       | i  トヘ iイッラ\ }) } /   /ミ/   j !
  { i r'´,t_j      八ハ从-ソヽ──,∨く∠,   /ミ/   //   例えこの風魔小太郎の中に鬼の血が混じっていようと
  } | | ムー‐、           ヾ;.:.:.:.:.:.: ノ:.:.:`_:.:'‐=、/ミ/   //
  ト   '´ r⌒´        r‐= ゞ-=≦=≦´:.:.:.>'⌒i:.Y‐ _//    僕は人間であると……そうおっしゃるのですね、主殿!!
  ヽ    ,       _ ,イ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:<:.:.:.:.//=ト‐、ニ
   〉、   ノ    /イ r'`;.:`>ー≦:.:.:.:.:.:.:.:.:./::ノ //ヽ\
   { ーソヘ    // ∧ヽ:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.__:.:.:≦イ´  //     Y丶、         、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
   |`ー=∧ ,イ ト=/ ヽ_\:.:.:.:__:.:>‐'′ {___//    卜:.:.:.:.ヽ、      _)                               (_
   {`ー‐ /ヘ ̄`r=|  ∨ / ̄ /  ,仏_,ィ  |__| 入      ム:.\:.:.:.:.:.     _)  鬼だよ! お前たちは紛れもない鬼だ!!  (_
  ,´ー ァ=' ∧⌒Y !   ∨   /  r' f´iヾ{_ [ ]≧=- __ヘ_)Y:.:\.:.:i     )                              (
  {二´_ イ Ⅵ   〉!   /   //'=、rt 〈シ ヘ Y=‐-  ____」:.:.:.:.:ヽ!     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
   Ⅵ─ ' /j-  ∨  |  〈 ´ ノ/ |くー'"  人     | |:.:|:.:.:.:.:.:.:.
   Ⅵー ´   '´  ヽ ∨ ヽ   ` レ'    _シ丶     ! !:.:!:.:.:.:.:.:∧
    \_ ノ       Y三ニ===─=≦´/   ヽ   ノ  Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:'.
              |≧三三三三三ニニイr─‐,//    j }!:.:.:.:.:.:i.:.:.:.

              |ニニニニニニ=≦彡!ヽ___ノ i  Y    }ヘ:.:.:.:.:l:.:.:.::.
             _/三ニ≦二二二二彡!__|Ξ! l__L ____i:.:ヽ:.:.:.!:.:.:.:.:i






                                               _, -=ミ彡=- 、

                                            _,. イ'´::::,ィ:::::::-==ミx,::::`:..、
                                         -=チ,::/:;イ:/:::::::ィ^:、::::::::::`ヽ::::::`丶、
                                          /:::::ゝイ("´ ̄ ̄``ヽ::::::::::::::\::::::::::`ー-...,
                                        /:::/::/ィ''"´ ̄ ̄ ̄``''メ、::::::::::::::::\:::、\¨´

      僕はただの羊飼いなんだけど              _ ィ:::i:::::|:://::/ !:::::::::::::::i::}:::::::\:::::::::::\:\\ヽ _
                                        乂Ⅳ:::/  |::::::::::::::::!:N:::::}:::::\::::::::::\::ヽ{ ̄

      羊って素晴らしいよね。乳は飲めるし           /::::`::从⌒` Ⅵ:::::::,:/ノ^\}、`'=-ゝ=--=イ  
      毛は服になる。肉は美味しい。完璧な家畜だよ     /::::::::::}'  ∩  ヽ:::/ノ∩   }::::::::/'´ヽ:::/リ¨`
                                       ´~\:::{  | |   /  | | _,ノィ:::ノ   }/}'    
      ところで家畜って人間と動物の共存の一形態だよね?.  ,イ::`ヾ ∪     ∪  //   ,,」(_
                                        ー'イ:}     t _ァ      _,ィ= "乂}
                                          '"`ー―――――― ‐≦ `ー`¨







                         ト、
                   /|_____ノ:::ヽ
.           |::\  /::::::::::::::::::::::::|___
.          〉::::::ゝイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     __。r≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                      ノヽ
      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                . -‐= ≦: : : )
     ィ(:::::::::::::::::::: 。+・'‘´|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         . . -:―≠- : : : : : : :<_
.   .ィ(:::::::::::::::::::::::::|     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i⌒     . : :´: : : : : : 、: : : :、: :ミ、: : : : : :`ヽ    ここにメディア・リリイの作った
   \ :::::::::::::::::::::::::| ── \::::::::::::::::::ハ::::::::::::∨    /: : : : : : :}: : : ::\:_: :\: :≧=‐ァ: : : }

.     7:::::::::::::::::::::| xf筏㍉ \ト、斗=ミ∨|:::::::::\  ./: : : : ハ: : : /`ヽ: : : ∧__`ヽ: V彡: :}ヽノ    人間と魔神柱の共生サンプルがある
      /::::::::::::::ハ:::::|  ん ハ     ん ハ  |:::::::::|⌒ / : {: : /≦V/ミ、 V: /: }.::。ヽ\} ̄:ミ、
      /:::::::::|∨ .ヽ|  乂ン     乂ン  |:::::::::| ./: : : !:.〃./ ⌒ヽ  }: : :/:::::  ノ `ヽ、: : \
      ̄ ̄八                     |::::::::::\.′ : 人:{ { ::::・:::: } .ノ/ ' ー ´    '. ⌒ヽ:}__  キミたちもコレを見て
          |\__.      | ̄ ̄ |      〉¨¨¨ {:ノ : : : : { 乂  ノ   __ .<'.     } ./{ 、)  )
          |/::::≧s。     |    !    /   ∠:彡ヘ : 八   ̄ ┌= : : : : : : :}     .'./ ゝゝァ'  共生への解答をイエスかハイで答えて欲しい
.             |:::::/|>-亠─‐亠  イ       V:Y ∨: :\    ‘: : /: : : : : :|   /’  /:フ
.             |/  / \__∧/ ヽ        __'.人 V: : : \  ∨: : : : : : ′ .イ   /⌒
                  /   / 〉 〈 ', ∨      Y(_ / ̄` \: : : :ヽ  ゝ :_:_:ノ <   /}
              /   /=== ', ∨     .人__ {_   \≧=-ミ、 ̄ ヽ__\ .{/⌒
.              /   /    |::|.   ∨       }: : :≧s、 ≧=-( {_.-=ニニ=-}ハ
             /   |    |::|  |  ∨      ノ: /}人:{ \:{ハ (/_. -=ニニ{)V、. へ._  Y´Y
.            /    .|    |::|  |  ∨      ̄         '. (}/ ´  }_ .-=ニ//::::::{   `´ .}
           /     |    |::|  |   ∨              ∧   s≦ニ=./i//´} ̄`ヽ_ノ






∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨

                    _

                  __/  |ニニニニ==Vヽ、         パンケーキ デスヨ パンケーキ (杉田ボイス)
            r==ー ニf__|--‐ニ:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.f__ir-i_ __
            |     ア´!´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.::/`|\、 丶          /⌒''‐‐-‐''⌒'i-、
            |  .//|_.」.:/:|:.:.:.:.|:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:. ー '.:..\  |         ./  .゛'‐----、 | \
            ヽ .//.:.:.:.:/.:.:|.,.|:.:..:.ハ.:.:.ハ.::|.:.:::::|.:.:.:.:...:.',. \ |        |  _ _,,..-、j_/ / 丿
      .       ./.:.:./..:!.:./.:/.:l.:.:| |.:.:| !.:.l.:l.:..:|.:...:.|...:.:.',  :ハ!        i    |~     " "゛
             !.:.:.:|.::.!./,ィ⌒ヽ.:! l.:.:lハf⌒ヽ`.:.:.|.|:.:.:.|∨          .i    .|
           /).|.:.:..:'-:! |   |  ̄  |   | .i.゛''.:.:.:∥:|          i    .|
         ///):.:.:.:.| ゝ、 ノ,,,:::、::::,, ゝ、ノ . !:.:.:.:.:∥::|           i     |
 /     i f ,.r='"-‐つ:..:ハ.:::::::  ___   ::::::!.:.:.:.:.:!::::|          i    |  ┌──────────────┐
/      /   _,.-‐'~ハ:.:.:.:.::',    ¶    リ    |.:.:.:.:.,!:/            |    |  │  【生命院】 ハーゲンティ     │
  /   ,i   ,二⊃ ∧.:.:.:ヘヽ   \  /   /|:.:.:./ /\         |    |  └──────────────┘
 /    ノ    il゙フ    ハ.:.:.:.:ヘ..゛''-.,,_   _ ./::::/:.:./\――‐'ヾ~'ヾ-‐'" ̄     |
    ,イ「ト、  ,!,!|――/ >―ミ==f´ ̄   |ヽ:::/..:/|‐一、   ||  ||       __,ノ
   / iトヾヽ_/ィ"||   . ´¨フ //  , ヘ/ヘ    _ノl.フ/ヽ!  |    ||  ||__,,..-‐ ' "

∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨














                           ./\           /ヽ、            ヽ、
                           /   \_____/    ヽ           --‐‐‐-、
                         /         ::::::::::::::::::::::::::::::::::\              〉
                        /          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\          _/
                        |     ___     ___     .......|        _|_
                        |   / ̄             ̄ヽ ....:::::::|   ┼,     . |/_
                        |      /  ヽ :::     /  ヽ   :::::::|   (レ )   /| ̄  〉
                        |   ヽ_.ヽ◯/__,,::    __ヽ◯/__,  ::::::|  _|_      |  /
                        |         ::/             :::::::::|  .,-.|/、   ┼,
                        |         ::\          ...:::::::| .(/| /    (レ )
    ※恐怖で女体化が解ける     \      //.T―――.Tヽ 、  :::::::::/    ┼,    _|_
          魔神柱さんたち      \    ./ ヽ |_二二二」 / ヽ ::::::/     (レ )   .,-.|/、
                           ヽ 、_____   ______,"\     ┼,   (/| /
                         /         ̄ ̄        .\    (レ )








          >''~| _______ノ|
      ___Y:::::::::::::::::::::::::::::/___
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   /:::::::::: ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
  ⌒7::::::::/::::::::/ ̄`、::::::::::::::::::::::::::::::::\

   /:::::::/::::::::/    \:::::::|\ :: ト::::|⌒   どうだい とても澄んだ目をしているだろう?
   /:::::::::::::::::::|   ○ \ |○\| ソ
  ./⌒7:::::::|\|            |
   ./::::::: |                |      ┌──────────────────────┐
..   ̄ ̄ヽ|       ⊂⊃     |      │  あれは虚無の目だ……              ......│
..      |                |      │  再生しながらすり潰され、素材とQPにされる   ..│
..      |                |      │  ハーゲンティ牧場――魔神柱たちは、震えた  ...│
                           └──────────────────────┘









    > ― <             | ー≦::::::::`ヽ ̄ >- 、__ /    /

.    ,    〃::::::ヽ              ゝ/::::::/:::::::::::}:::`ヽ   / /   ./
   /    l:::::::::::::ハ         ー≦::::, ィ::::l::::::::::{:::::::::::::\/7! /    /
  .l  〇  .l::::::○::::l             /:::/:::::!:::::::::l:::::::::::::::::::ヽ}/    /
   .、ゝ _ ノ::::::::::: /           ,..:::::/:::::∧::::::∧{´`ヽ:::::::∧   /
    ヽ::::::::::::::::, イ   __         |::::::|:::::::|≧ヽ:::∧´, zュヽ:::∧´ ̄|
        ̄   \\〃 }ヽ         .|::::∧:::::|´r'ァ`<ヽ ゞソ_ハ:::::|‐ 、ノ    いやしかし流石はソロモンの従者たち
r'二> 、      \\ノ l        |:/  ヽ:{ ´¨ ヽ   `   }::/ } 〈
{´  `ヽ >- 、    l \\        i'    i'l  ゝ  ノ   ,i'- 'ゞ=    ネットアイドルをやっていた僕からみてもティンとくるのが多いね
ゝ _ ,イ     `={.  \\ ___      .ヽ       / |ノi'
    ` < __}_ _,       \,イヽ: : : : : :> 、  _ イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ 
二 ー ‐ ´ ̄ ヽ   .i     ゝ   \: : : : : : : ー〈           ./- 、
  ヽ  i    〉   ト、    l \.  \: : : :/ ∨ _____/ ハ }――― --
ー< __/ー ´ヽ‐ 、 j ハ    ,イ : : \.  \/  / ∨__ , イ _ }|  |: : : : : : : : :: :
     |      〉_       〉: : : : \.  \,イ ̄} `ヽ > ´   .!   |: : : : : : : : : : :
     `ー ――' .}   /ハ:.: : : : : \.  \ ∧    , = 、.|  |: : : : : : : : : : :

       ゝ ___ ,イ   / .,∧: : : : : /. \.  \ ヽ ― '     /  ./: : : :: : : : : : : :







                  ___
             _, --'´ヾヽ ヽ,

             くく_,-,   ヾヽ ヽ、     成程、カブトガニの血液が如く魔神柱から
              .ヽ<<  , -`_´,_,i     素材とQPを摘出するのではなく
               ヽゝ`´,.,ィ;> ,,___ヽ

 , --,、_            〉´:::::||/ ´ くi!} ヽ、  ネットアイドルの魔神柱のファンから現金を搾り取る策ですな
/  /,  )       r-r-、/:::::i´`|l  ´"  ノ  さすがマーリンきたないなマーリン
l   l.`ー'- __ _____i i  i:::::::::``Y|l  /-ーi          /i
ヽ, ヽ       l;;;;;;;;;;;;;l`ーヽ;;;;、-‐'ヽ,ヾ、、_.ノ         / ヽ            --z_
 | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄l;;;;;;;;;;;;;;;l-//  \  〉し´ヾi)       /'    ヽ    |         ,>
 |  |  _______/;;;;;;;;;;;;;;;// \  \´ ヾ、|l|      /'      i、_ _,-'|         l;;;;
 |  |  i: : : /;;;;;;;;;;;;;;;;i/     ヽ、. \  ヾ}     /'       .i,、`ゝ;;;}   ,_, -ー 、_丿;;
 |  |  i: : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      ヾ、  \ ヽ,   ,|`  i    i  .|;;;;;;;;;;;;;}   ヽ、,-、;;;;;;;;;;;;;
 |  |  i: : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;|        \   ヽ, ヽ  .l` .i .i    i i .l;;;;;;;;;;;;;;}      !;;;;;;;;;;;;;
 |  |  i : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         ヽ   ヽ. ! |` .i .i    i i .l;;;;;;;;;;;;;;}      ヽ-、;;;;;
 |  |  i: : :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|          \. ,、 | | !, l i_, -ー、/,//;;;;;;;;;;;;;;;}        ゝ;;
 |  |  i: : :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         、 `,! `' |  ヽi/ ゝiillノ 〉ヽ、__, -、}
 |  |  i: : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|          ヽ、. \ .!   >,((i;r-ー '、  /l,`ー'ー、    /ヽ----
 |  |  i: : : :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|           \ \rゝ、,i 〉--ー-〈 / .| ヾ  、ヽ, / i \
 |  |  i: : : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ            `ー  !`7ー----、''´  l  ヽ   / |   ヽ



              /ヘ{         ∧
           ____、/ ,'∧         / } ',
         ∨////,ゞ\{ Yー、_    ,' ,! ,}ィ ____
        ∨/∠.. _  {  ヾ_/マ>-,′ j/ソY/////ム`ー-- ._
            ∨//ノィ 斗=―'━‐<  丿 ニマ_/////////////
           ∨/厶": : : : : : : : : : : : `ヽ.、ヽく/////////////
          /〃; : : : : : : : : : : : : : : : : :゙;ー:`V'///////////
         //ノイ: : : :i: : : : : : : :j: : : : : : :゙;. : :∨////////   まぁぶっちゃけ?
       ////',': : ;ィ‐l‐i-、: : : ;ィ:=i‐i-:、: : :゙;.: : }\'////     アイドルも事務所の家畜ですから
      く/////,': ; : : ∧ハ: :/ ィ=j:/i: : :i: : }: : ハ/, `<      どっちを選んでも大差ありませんが
       \/,':ノ!: :ィ"⌒゙∨  '"⌒゙入:V: :.ノ:///\//‘,
        <>/'//:ノ:ゝ   、    _フ: :ヾ、〃/////,\/‘,    肉体を酷使するのはどちらも同じ
        \//´j: : 入  マニニv 7: : :リT:く///////'∧/',   あとは魂が擦り切れるか、精神が擦り切れるかの違いです
           /\/イ: :{/:.:>. ‐' ィ7:ハ: :} ,!: :}//////// }/‘,
        {: : :∧l: :.lム:{__ノ==‐‐./:/ ノイ j: : }/////}フ/`    お好きにお選び下さいませ?

        {: :./ ,ゝ、:{ ̄\ゝ'//イ ><ノレ⌒Y´: :ノ'´ ̄ ̄ ゛ヽ

        ヽ:{ / j ヾ、_  ,二´' ̄´   ゚. |: : ハ:/  ゙     ゛.
       /マ辷〈 /     ′        ,ィ=圦:.{ /}'     ゙    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
        {:i:i:\〃`ヘ У  __ λ / /:i:i丁{ ,   ゙       _)                             (_
      ┌┴:i:i:i:i{‐、 \Vィ´ ̄_L_} / /:i:i:i:i:iノ jノ ̄`ヽ    ゙  _)    鬼! 悪魔!! キャスター!!!   (_
     ヽ:i:i:i:i:i八:i:i\,イ二二__}. /:i:i:i:i:i:i:i:i:\  /″      )                            (
      /:i:i:i:i:i:i:i:ト= く,ゝ――-- /j/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: //   ″     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
    ∠:i:i:i:i:i:i:i:i:i}三Y三三三三≦、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ  "

    〕:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ij三三三三三三 厶:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ム




                        ____
                      /ニニ/ヾ,\

                     /ニニノ ヾ__}_」\
                         /ニニ/```   ,宍  `、
               {(__     /ニニ/```         〉
            \ `` 、 /二ニ/```            〉    ……心外だ。まるでキャスター全員が人でなしみたいに。
              \  ‘,\三/____         i   」、__
         ト- ⌒\__)  L__\≧s。, ~^  ,,  」_, '八  }  こんなブラックな所業を思いつくのは一部のキャスターだけだよ
         `¨¨\  \___. \八`ヽ    7  /-イ ノ
       ト、__ノ   ___  八=', ∧    '  /\_`ー=ミ、
       \_  /  , -―  ,  |ニ',  ∧  ; , 、  `、   八
          ``{ /⌒/__  _/  j二\ ∧ ; /  }人 / `ヽ(
ー=「三三ニ=====―く_,(_/r、    /ニニニ>Vハ、,_ノ(  しへ、

__\  \============\ ‘,イ(_./ニニニニ:{ ‘,ニ≧s。__jI斗ミ,_
三三〃\  \============`、 ∨ニニニニニ.{r―',ニニニニ「.∧ ≧s。_
三三{ {ニニ\  \===========.`、∨ニニjI斗=ミxー<}。s≦三=', ∧ ∧ニ=-
≧s。.{ 乂ニニ\  \===========>∨ニニ\ (__) _}\{___≧彡ニ', ∧ ∧ニ=-
: : : :``ー≦⌒x \  \=====-   _,、」ハニ≧====≦二ニニニニ',/ ∧ ∧ニ=





                     _」LL」_
                /.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
               .:.:.:/.:.:.:/':.:.:.:.:.:.
              /.:.:/.:.:.:/.:.:./}.:.:.:.:.:.:
              ,:.:.:.' .:.:: '.:/_ ',:.:.: .:.:i
             i{.:.:.i.:.:.:.:i/゚'芍` ,.: i.:.:|    ええ、その通りです。

              i{\|.:.:.:.:|    N:|:. ′
              リ  :.:.:.:.:| ‐ _ァ' :!/    普通のキャスターはもっと善意に溢れているもの
               /   .:.:.: |\_/ .: /
            /:i:〉  V.: iアi/\/      もっとも御三方の意見も魔神柱さん達への最適解ですが
          _ ィi{:i:i\   V.:.iV∧  V、
        /:i7⌒\:i:i:ヽ  V:.i:V∧  V}iト、          r‐ ‐ 、
       .i.i:/   . \:iム  V:i V∧  V⌒      ⊂ニ、ヽ__',
       i :i      ヽ Y⌒:、 V V∧  ,i i       ⊂ヽ Y:i:i:}
       | :i       }     , V, .V∧ ,! !         .Yi:i:i:i:′
       | :|      ,′  ∧ }:.:. V∧ } | |           八:i:/
       | :|      ,′   .∨ !.:.:. Vi:i  | L_    ____/:i:i:i/
       |_i|    ,     j_ j:.:.:.:. Vi  !\_\_/ア´:i:i:i:/
       |     {     {ハ}.:.:.:.i` v :!i   / /:i:i:i:i/
       |      {`、     ∨:}.:.:.:.|  v !!:/  ./:i:i:/}
       i      { `、       .:.:. リ  v八   {:/: : :!
       :      {  `    j.:.:./  ‐ {‐ }    ,: : : :
       .:       ,  ノ     j:/   ‐ ‐ ',   ,: : :



                                                    ト 、
                                               , - ''''. .''ナ. .'ー-. 、

                                             /: : : : : : : : : : : : : : : : ` 、
                                           /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                                          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
                                         i':: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、 : l  i
                                        ィ: : : : : : : イ:l!: : : : : ヽ: : : :ヽ: : : ,: :j ', l

                                       /: : : : : :i: : :! ',::ゝ : : : : ::、: : : i:: :: ::y': :ゝ,

       だからキャスタークラスは嫌いなんだ!!       i/ !: : : ::j|: :il| ゝ: ヽ : : : jゝ、: :!: : : : ,: : : :` 、
                                       { |: : : ::l ! ト.,._ ` リ,ム斗.''´ヽ!: : : : i: : : : : :ヽ
       ソロモンを筆頭に屑ばっかりだ!!            !: : : ::!. ,r'f'5、      ァf'5ェ、!:: : : ::l:: : : : : : )
                     (杉田ボイス)          ' J:: : : ::ヽ' 弋リ     弋リ ケノ:: : ::j: : : : : :/

                                        〉:: :: : : ::',//  ,    ///ゝ、_ ,ノ: ::!、: : : ::ン
                                       .〈:: :: : : : ::ゝ         ,<: : : : : :リ i、ヾく
                                        ` っンゝ、_`  、'ヽ _ イ" J: : : r´  j ン
                                           !     ノ ー ニチ=チ''´ ` ナ´`   !
         ┌──────────────┐            ',     !^ ー , _ ., ‐´`j     ト
         │  【廃棄孔】 ダンタリオン   ....│          ,.-t    j}`.ー .._, - '´ j.ミ、 _,ィイ_
         └──────────────┘          f ( _ {ミミュyソ} rー ' ´    {ミミシ彡イ\
                                  ,.―― 、 !   !ミミミヾjH― 、,- ¬'`´=ニシf 
                                 {         ン’   |` ー ´ ヽニ_ニニニ_ニ.j’  / !  
                               .r―'_.     / ソ  r'!     ',〉>o<〈.r' !   ′,'   
                          _..r- "{ .i^\     /    /  i      「ー^ー7  .l   !、  
                          ___ r¬J.  \  i    ./ r ´ !       ',-,    !.  ! ' 、
                                     \_..,/ j"^ヽ,j         ∨     !  !   
                                        r 〈_Y>  !    ゝ  ',      l _ .
                          ` ー ,, _        _ , ム ´  `^ーj     ' , i     !´ ー'`









          _   , -‐=- .
        , '´ゥ-`∀∠ニ=ュ 、`
       〃'´ ..” ゙̄: : : : : : : :` 、
      , ' / .: : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
      ,' .,  .: : : : : : :|iiヾ、: : : : : : : ',
      | .{ .: : :,i: : : : |リ i!∨: : : : : :.}    フラウロス、アイドル活動精一杯頑張ります!!
     ! :', : : : :|!: : : :|′ | |!,ィ-=iィメ                         (杉田ボイス)

     ∨:〉;: .斗i -‐=    ,,二、,i|}   _

.      ∨Y〉. _,,ィ==、 _  ,,´-‐‐メ i   〉''ッ
       刄〈',ゝィ'´ _,ィ⌒ー‐ '゙ |!ト、,、_イン′
   ,ィ    〉`、',.  ̄     ,  /iノ‐=-'´        、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
  i`ヽ   _[゙ヽl〉≧ .   ̄  / |           _)                      (_
  `‐-'#ニ'_,ィ、'´ ヾf卞` ‐-ィ、      /Yヽ、_    _)   抜け駆けかフラウロス!    (_
      ,,.-〉'/`,ゝ、 ` ー-,'´}‐---、  ィ. 〈/〃/ヽ   )                     (
     /〃{  / /´,ヽ- ._| /、、ヽi |ミヽ.{  ^`∨ |   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
.     { || |l` 、.   `〈 |l lo il 、ヾ ヽiヽ{入  ,,..<
     } l| l| i /`.ー-イ'} l| | ! |i li li ヽ |   ̄ |
.      i | || /〃ッ ,__/ l} o l l| ll l} i /ィ ェ , , }
.     | | !/〃/ //イ l} l| |!| ヽ ,} }}∨/ |l ll | |

      !l| ,'/ / / イi| } i} リo} |} i}, | l || ll |l|
.     {l〃 / /〃リ ノ ノ ノイ| ,リ ノ イ | l| || l||


                                        . .ィ文 K C<::.、
                                     . ´. :: X水メCく \\
                                    /. :: :: :: :: : :: :/| i∧/. :::ヽ
                                   . .: :: :: :: : :\: :ん|.」 」 :: ::.:::∧
                                   i ::::l :: :: ::.::.::i \:jハ:.ハ :: :: :: ∧
                                   l: :.:i::i:::、: : ::トx´ .ィK.Ⅵ :: :: :: :∧
                                   l:i: :l:ハ: :\: :| x入ツ l ::: :: ::.::i∧

             ま、負けてられません         l:l:.:i:i∧X:ハj   """ !::: :: :: ::i|:::〉
             覗覚星でユニットを組みますぅ    从:八:∧/㌧       |:!:: :::. ::ル'
                        (杉田ボイス)   人: :::X:l`ヽ""'  rァ  从:: ::ル'
                                     ` i::l: :::i〕ト  .  _. イル'´ ̄}
                                      l::l: ::.l::l!:: :ル'__〈       八 ___
                                      从: 八:厂 ヽ. ム斗 <     `ヽ

                                        〉 /                     i
                                       〈 .イ夂    .ィ升干ト、        |
                                       /`ヽ小Y 又>‐ァ<ノX ハ    |
               ┌───────────┐    〈     マ´   / ⌒マ∧ }   j
               │  【覗覚星】 アモン  .....│     ヽ  く7ハ⌒X .    マjⅤ   l
               └───────────┘      ∨//| i ´   i     Ⅴ i   ト、
                                        /⌒Y⌒X  |      ∧ j    {∧
                                        乂_人__ノ  j    . '  |    | ∧ 、
                                       / i{        l     {r<`Yハ  j/_ノハ
                                     Ⅴ  /!      j .斗<`ヽ  } k  |   i



                    , -、,,,、、
                  ,,...‐'ー∧ /、
                , z--<厶レ'圦

                  /l ,彡´,-ヘ二∠ ̄`ヽ、
                  /ソ / /≧=≦ゞミ  ゝ
                    》ソレ′ /      ∨  ∧                              -―-、 _
                  y'  /   ,''-、    , -'" ∨ x∧                          /           \
            〆, / l  /,r心`   l仗l 》、.l V》                        /                 \
           y'/ /  ∨,'i弋少   , `‐′/ゞ、.ヘl                       / //      /       、
          ,k .彡ヒ,  ∧ ヘ、  , --、  レ' 入∨  了解ですわ!(杉田ボイス)   / /   /    癶           ,
       _,..'",-'/,、/ >‐ミ ヘ、丶 -.' /  ∨ ヘl                      { / __/ //   \ \   __ }
   ー==ニ-イ´/ イ/  / ,-ミ`、>. -イ  /  く                      _`{ /0:l><      >< /0:Y/}
       // イ /レ  / ,' \ハ 人  .ヒ、 /´` 入_ _ノ    トリプルワンボディ  {::::0Y:0::::} ,x=気     芥ミ、/:::::/0:::/
      // ∨/ /  /   ( .f、;、\ 个-' ./ ヒフー‐弋            でーす!  、0:::(〉:::0l《弋jリ    弋jリ 》l:::0f:ノ0/
     /  リ./ / / ./  /.∨ ゞ`、 l )"'- 、ゝ、_く.  \ ヽ、      (杉田ボイス)  /Y:::::}::0::ト、    "     {0ノ{0:::}\
    / ., レ / j /  /  ) ∧ソ `,ニニフ    \  l  ゝ ∧              /  {0ノ\::} )  r‐ ―、 /(   乂ノ_)___
   ./ ハ  /  ./  /  /l ム`y.,ノ リ    |.   \l.  l \`"'- 、        --‐彡 /   / _x个x,, `ー '゙ {(__\   \  -―-ミ ヽ
   i ∨l  /    l   .'  / 八 ` ´,.ノ.レ_ ,..-‐'"`'‐-..,,.イ   l  `ヽ--、入     / / / /  /  /  l:::Y;;}  ̄ {-/::/⌒Y \ \    ヽ} }
   l∨ .i / ,イ     l  /   `爪< .リ        l ゛、 V   _ ∨    八 ( /  (     r-‐{/  l::::l       /::/  ヽ} \ \       ノ /
   .リ  ∨リl       l /   ハ  乂.ノ ̄ ̄~''''''' ー‐'、 人 匕´    l      \ ̄  \  癶  l/  l::::}‐-  -j:::/   ソ   >         /
      ∨リ     l /    ∧.リ 仆 /   |   .k   ヽ ,ー'       l       )ヽ   /{  ヽ 乂__j:::j\  /{::{ r, /  / ヽ       /
         ┌─────────────┐                     ┌─────────────┐

         │  【覗覚星】 マレファル   ...│                     │  【覗覚星】  マルバス  ......│
         └─────────────┘                     └─────────────┘



          __
       , イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
     /.:.:,ィ≦二二二≧o。:\
    /.:.:.:./.:.:.:.:∧.:.:ト、.:.:.:.:ゝ、.:.:..`_       い、いけない……72柱の間で意見が別れている

    i.:.:.:.i.:.:.:.:/  \! \.:.:i\.:.:.:.:.:ヘ      アイドルを拒むもの、受け入れるもの、積極的に参加するもの……
    |.:.:.:i.:.:,イ ⌒ヽ   \i_ゝ、.:|.:.k
    V.:.:i.:.| イ笊ゝ    r=x、 j/.:.:':、    積極的に参加するのはどうかと思うんですけど!

     V.:.i::|ヾ じ     付 〉∧.:.:.:.:、   ソロモンに影響されたとでもいうの!?
     r^ヽ:| :.:.:.:.    ` `´.:.:/.:.:.:.:.:.:.:\  というかフラウロス、貴女は一番女体化に消極的だった筈……
     ゝ、i| u   -- 、   /.:.:.:.:.:ゝ、.:.:.:.::....,_____                     (杉田ボイス)
    /.:./:.:ゝ、  ヽ、 .ノ  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧x_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ..,_
    /.:,イ.:.:.:.∧>、   ,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   /.:´ i.:.:.:.:/ゝ、__>彳 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧=‐.:.:.:.:.:=--.:.:.:.:.:'.     ┌───────────────┐
   /./  i.:.:.:.:〉     |/ ̄7¨¨¨¨`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   │  【廃棄孔】 アンドロマリウス    .│
  /.:.i   ゝ:/j____, -‐ ̄N  /       \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、 └───────────────┘
  i ',..__ //      N  |          \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ



                                                  ___
                                              ,..r. :´: : : : : : >.、
                                            ∠: : : : : : : : : : : : : :` 、

                                            /. : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
                                           .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .',
              なぜか? ですって?                i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !
                                           ∨.: : : : : : : : : : : : : : : : : :,'
              そんな事、言わなきゃわらかないの?       〉;: : : : : : : : : : : : : : : : :/

                           (杉田ボイス).    ,ィ    `|: : : : : : : : : : : : : : : : |'     ;、
                                      〈:.∧   , ┤: :___: , =、:__ : メー、    ノ:´>
                                       `ー`o‐ニァ=∧!丶. 〃  ヘ.l/ i/ー、¨≧o''ィ
                                          ¨´   `  _|____|   ′   ̄
                                   .            _/_____]、_
                                           ,.. -‐'i´l| || | | |l| | | il`. 、
                                   .       /,=ヽ〈 | l| || | | |l| | | || |i | i
                                   .      i|l| 〃i |l | || | | |l| | | || |} l,'

                                          |l| 〉/| l| i || | | |l| | | || || .'
                                         ノノ/∧i、 |||l l | |l| | | || |!イ

                                   .      {l.// /.| }| l ll | | |l| | | || /l|
                                         メ// //l || | ll | | |l| |.〃/i |
                                        ,'// ///| |! | |l l | |l| /i|〈| |リ

                                       ,ィゝ、 ////|l | | || | | |l i{ |l|{ !./
                                       !|_/ 7-|{ ーリ { | || | | |} }} 〉.ノ¨
                                   .    \{_..'/ ̄ ̄l ̄l ̄ ̄ ̄}ヽ







            _   _
          ' ̄ヾv/ ̄`
          /  ̄ ̄ ̄ \  彡        カブトガニよりBack street girlsを私は選ぶ
        /  :::::::::::::::::  \  クルッ
      /-(<●>)-(<●>)-\.        これが私の選んだ生だっ!!!!(杉田ボイス)
  W   |      (__人__)      |  W
  弋辷夊、      ` ⌒´     , 攵丞タ
      /               \    

                         【ただ"生きたい" ――彼らは(死んだ目で)そう願ったのだ】



┌──────────────┐
│  580プロライブシアター     .│
└──────────────┘
                        ,ハ  :
                    /.:.:.:゙、    :    _  _ _ _
                   ,/.:.:.:.:.:.:ヽ       :  _ _ _     _ _

                   _/.:.:.:.:.:.:.:.:.`L,,
     _ _ _ _ :_ :_   ,/.:.:.:.:==r.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
 _ _ _  _ _ _ _ :_ :_ ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L_

            ,,,,、、r;:;:イ ==r.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙i,
          ,r'゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''ー、                _ _ _ _

         ,r'゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、           _ _ _ _ :_ :_    _ _
      ,、ィ''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, '´::::::::;;:;:;:;:;::::;:;;:::` 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``'''ー-、 _        _ _ _ _
  ,,、、ィ''´;;::;r=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;::;:;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
  ``ヾ:;:;;;;;:;:;:;:;:;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:=r.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,r'゙
     ̄`¨`ヾ;;;;;:;:;:;:;:;:;.:.:.:.:;:;:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,,r''"´

          ̄``ヾ;:;:;;.:.:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;,'.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;;:r'''"´
             ヾ.:.:.:.:::;:;:;;:;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;, '.:.:r==.:.:,r'''"´   _ _ _ _ :_ :_    _ _
              i.:.:.:.:r==.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/          _ _ _ _ :_ :_    _ _
  ‥‥‥‥ ∵    ゙ヾ、.:.:.:.:r==.:.:.:.:.:.:.:.:=.:.:.:,/       _ _ _ _ :_ :_    _ _
                `ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                  ゙j =.:.:.:.:.:.:.:,r'゙′    ∵∴   ∵∴

       _ _           \.:.:.:.:.:.:,'′ :   :      : :  ‥ ......
              _ _        ヾ:;;:/
                       V










     x<二二二>、
    / ./ ./ヽ ヽ .ヽ  ヽ
  ∧ / ./ヽ ヽヽ .ヽ .ハ    うんうん、ここの劇場の音響は実にいいね

  / ∨ ./  ヽ ヽヽ \.ハ
  i  .∨くヽ  ヽ ヽヽ ヽハ   流石は万能の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチの設計だ
  ト、  ∨i ハ  ハ ハ ハ ハ.ハ
  .y    } }.i i i  i i  i i、  僕もこの劇場で演奏してみたいよ
  /    /_/ i i i  i i  i iハ
. ム-、   .i i i i i  i i  i i ハ
    i   i .i i i i  i i  i i .ハ
    .i  i . i i i i  i i  i i ハ
    i_ノ   i i i i  i i  i i i ハ
      ̄|  i i i i  i i  i i i ハ
     厂ニ i i i i  i i  i i i iハ
      |ニニニi i i i  i i  i i i i ハ





                      ____
                   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::..,,_

                    /::::::::::::::::/:::::::/::::::::::\_
                 .::::::::;:::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::/.::::',
                     /:::::::/:::::::/:::::::::/:::/:::::::/   ',::::V
               ,::::::::;:::::::::/:::::::::/:::::::::-/- 、  i::::::∨   やあアマデウス。依頼していた曲、進んでるかい?

               {:::::::|::::::/:::::::::/:::::::::_,.ィ=ミ、 `  !::::::::i
               |:::::::|::::;::::::::::::{::::::::八 vリ Y_/z、::::::::}   前回みたいに一秒間に十三回ウンコを連呼する

                   ,:::::::}:::{:::::::::::::',::::::/ ゝ--- ' 乂ノ:::::/    作詞はやめてくれよ? 物理的に歌えないからね
                }:::::|:八::::::::::::::',::::i         /}::::|
                |:::::;:::::::\:::::::::::',:::,     /:/:::::}
                   ,::::/:::::::/`''<::::::::,   ^ .::::/::::::}           /)
               /:::/::::::/  -―.寸:::',≧=-'::::/:::::,             / /
              //::/::::::://       ',:ト::V{/:::/::/           /_/_r_、
             / /::;::::i:::::{/       ',:::::{ /::::::/             ´ ー- 、}
                /::/:::::{:::::',       i:::::i/{::ハ:{         /  ' ^ヽ )
          乂/:::::八::::、::ト=彡′   i!::::!乂 }:ヽ       ./     久 〉
              〈:::::::/::::::ヽ:::ヾ   ,    i!::::i\ 、:::}      _/    /¨¨´
             八:::::::::::::::ト.::::}',   ',   i!:::}   ヽ \   _/  \ ィ
          /ィ::}:::::::::;::::{/::/∧   ',   .i:/    ', ∨/ `ヽ    Y
              ,::::::::/:::/イ   ,    .   i!    ゚} .//    ヽ/


             /;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ
          /;;;;;;;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, .イ、
        /;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::,、-‐'''"´..: .:;.;:;ヽ,

         |;:;;;;;;;;;;〔カ;:;:;:;:;:;:::::,r'´ ヽ.:.:;;;:;;ヽミヽ;.:.:..ヽ
        !;:;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;イ  ;:ト、 ;:;;、.:.:;:;:;:;;;;;`ヽ;:;:;!   いや、そこじゃないから
        `ト、;:;;;;;;;;;;,、‐'ィイ ;:; :; ;;、 ;:;:;、`ミミミ、:;;;`ヾ;:;;|

        ,'.:;: ,: ,ィイノlノ;'ハトト、ヾ;:;:トト、ヾミヾ;: ;;;;;;.:;;;リ   アイドルが歌う曲なんだから

        V,:;`,;',;,'ル'゙-イ=≡'´  ``''=- 、`ノノ .:.:/    あんまり下ネタとかやめて欲しいなぁ……
         ル,;:',ヘ;;!  ー='''´ヽ  ー=‐`  ii! l;:;/
         トト;;ト、j!    "´   ``     / //     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          '`ヾ>ト、       ;      ,ヘ;:;k       |  この私に意見するなんてロマンの癖に生意気だぞ?   |
            `1ik、    `ー′   ,ヘ;:;;イ       ゝ_________________________,乂
            /.:.:L:.、   -‐-‐-  / 1;;/ヽ
             /.:.::.:.:/1ヽ  ´ ̄  ,.イ /;:;:;ハ.:`,     僕、社長だよね? 事務所で一番エラい人だよね?
         _,ノ.:.::::::/;:;;レ''``ー─.< V;;;;;i.:l/.:::::L__

     -‐''"´.:.:.::::::::::/;:;;;;;l   /l   ヽi;:;;;;;;l.::::::/::::::::::::.`
    .:.:.:.::::::::::::::::::::V;:;:;;;;;;;|  lk!    l;:;;;;;;;|.::/.::::::::::::::::::
    .::.::::::::::::::::::::::::::;:;:;;;;:;::::L_|ノ __」_ノ;:;;;;;;;;;/::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:::;:;;::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



 弾 譜 次     し に ア 調 あ       |
....こ....面....は     .す ぎ .レ .子 の       |
....う .通  :     ぎ . や ン に 時       !
 か り  .:     た か ジ 乗 は     .|
. : .に       .か に を  っ .:       .|
. :  .:        な    .: ..て  :       .|
. : . :        .:    :  :  :      .|
. :              :       .:         i
                               ,'
ヽ         ,                   /
  `ー―――‐‐'´ヽ________  _/
                       ヽ/

                           /
         _____  _
.     , < 三二ニニ=- ヽ
    /^~~゙゙`ヽ ニニ=‐--iハ

    ,'     ㍉ 三ニミx  ハ
.   , .___     ヾr‐、 ヾヽハ ∧          _,-、
.   i 二_ヽ     ',} ん|i! ∧ ヽ ヽ     f´  `ヽ_____
    } ゞ '´    i/ノ,.'i / ヽ ヽ `ー---く___  /.   /
   /       iゝ' ∨ ヽ 丶 \ ヽ_______二>ーく

    ! ,.',      }   ヽ ヽ \ ヽ `ーニニニ==- -=ヽヽ
   ´ '=-‐'    ,'  ヽ .〉、 丶丶 ヽ___....___   ニミヽ ヽヽ
.      }    / ____//く`ー-‐<ニニニニニニ>=、 ヽ ヽヽ
       !     ,' ´   ゝ_ヽヽニ}ニニニニニ>――- 、 ヽ ヽ
       i  /       `{ヾ/ニニニニ /ニニニニニニハニ ヽ
      i_/          ∨ニニニニ ,'ニニニニニニニニハニニ
                    }ニ/ニニ ,'ニニニニニニニニニ }ニニ
                    ∨ /ニ iニニニニニニニニニ 'ニニ
                   ∨ / iニニニニニニニニニ ,'ニニ
                        ∨ /!ニニニニニニニニ 'ニニ



                                        __

                                        ⌒\ 〉 〈∨ア
                                 / ̄ ̄ ̄`く ̄ ̄`| ̄|/ ̄\
                                | / ̄  \  |  |/   \

                                 |/         |/|        `7
                           .      丿            | |_ノ|     \{ⅰ
                           .    /            /| |⌒ヽ |      乂__
                               ̄|     /   /  乂  ||`Z,_   `く
                               |      | |  |       _以'^ {  \ 〈
                               |      | |\|  -‐斤升=ァ V⌒Y\|
   譜面通り……?                  |        _辷_\   └夕  〈/^ 八
                               |\/|   j⌒沙      _/L __,.ィ'\〉
   随分とつまらない曲を作るようになったな      |  |/`⌒   ,      )へ(/  |
                                  |へ|{\     __   /|  |
   アマデウス!!(杉田ボイス)               |   \   `´  / 厶/|
                                       `ニ=ー┬く    | ,

                                       ___,ノ       乂___
                           .         /⌒'く/二{⌒ヽ、   _ ] 丁\
                                 /     `ー辷,______}ニLノ⌒ヽ、
                                〈        [}          [} ̄     \
          _____                 |\       [}       [}        `,
       x<>=======x`ヽ               |  \|         [}iュiュiュ[}             }
      //´        `ヾヽ
      /, '             ヽヽ
    , .'/              ハ ヽ

    /./                ハ ハ
.   i .i      ___      _____    i .ハ
   i | _ _-r'  ヽ ______f   ヽヽ、 .i ハ

  ,ヘ__∠///|    }----{    // >=i-/`ヽ    アムドゥシアス……!!!
  ,' _ . |  ̄¨.ー--‐' i l l キ`ー‐'¨¨´  |/ r、 }
 ,' }.ハ..|.          i::l l .キ         .| / .} i 
 i l { .|        i!.l l キ         | 〉/ /    ふっふ……まさか君にそれを言われるとはね!!
 ヽ  |          ゝ=- '       |  ./
  ヽ |        __        .| /
   ヽ|      / ̄ ̄`ヽ     ,'.ノ

    ∧      ├-====‐‐}    , '/
..    ∧     `ー===―'    .//
     .∧              /.'
      ∧            / i
.      ヽヽ          , ' .i
       .} ∧           /  .i
       i i ヽ       / ,'  i
       i i   ヽ_________, ' ,'  .i
       i .i         i   i


                   ,ィ冖f‐┐
              __∠二ヘ.:i.:.:.:ャ―-:.:.

              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ.:.:.:.:i.:;;;.:.:.:.:.:.:.:ヘ
              |.:.,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
             /.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.,イ.:.:.:.:彡.:.:.:.:.:.:.:.:〈
           ∠.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:/ j/ ̄|.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ    我は音を知り、歌を編むもの

            |.:.:.:i.:.:.:..:|.:.:.:.|   -‐jノ ゝ.:.:.:.:.:.:.ア

            |:.:.:.|.:.:.:.:.l∧.:j   ,イ示t j∧.:.:.:.|     アンタが音楽魔アムドゥシアスPとしての使命を忘れようとも
             V.:|.:.:.:.:.:仟、    ゞ歹   イ.:.Ⅳ     アンタの音楽の才が失われた訳じゃない
             Ⅵ.:.:.:.:j ゞ′ ,   ★ _ノ.:.:.j

              jハ.:.∧         i.:.:.:.:リ      ウォルフガング=アマデウス=モーツアルトは音楽神の加護なくとも天才
                j/  、  ー  / j/メ
                    ̄ ア´   i        以前アタシらに提供した楽曲……素晴らしかったぜ

                _.,-‐ァ≠‐'     ゝ、      下品でありながら脳に焼き付く歌
               /////气______/__」>..,_   思わずこのアムドゥシアスが他人の夢の中で歌い続けた程に!
             //////  i{ ̄ ̄ ̄ ̄〃「/////∧                               (杉田ボイス)

             ゝ、///   :i  ,;::::::::.,ィ,_  l//////∧
              /\/    i;/〈\/>::‘, |///////〉
                l     1:::::>  ヽ;:::! |//,ィ"´
             i   i     ゞ:〈/:ヽ':/´ レ!    i
               |      ,“:;j :;    ハ    l
            .l   |        i;   /



               、_,,.、、、、、、.,,.. ,

              ,、-'´ . : ::::::::::::::::::::ヽ;゙ヽ、
             ,/ . : : ::::::::::::::::::::::::::::::::゙ミ、:::レ´
           / . : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミヽ:::ゞ゙;
          i゙; ; ;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::lリゞ;;:::ゞ

          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノイ,/;;;;/::;;〃i/いリ;;;;;;:::::`、
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ,/;;;;/ノ;;/;ノノハノハw;;;:::::;、
           ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ,ノノイノハノノノイノヽ、ノハ;;;::::!
           l;;;;;;;;r'ヽ;;;;!:. -─ノノ-ノ '´─-ヽ;;:;:;::ハ    お陰で事務所に苦情の電話が殺到したよ……
          ハ;;;;;!リ〉リ'   r-rェァ'`  ,rェッ  !;;;;::ソ '
          ,リ;;;;;;)  ヽ   ""´   l"´ ,/;:ハ
          ,/)ぃ,l:リ  l:::.       ,_」   /
      _,.、-‐!  ヾ:!、Y ::::..    ___   /`ー -、_
_,.、-‐' ̄''ー- 、 l     \ ヽ     ー   /`ー-、_ i`ヽ、_
``ヽ、_,.、-ー-‐'ヾ 〔K〉, \ \     / \     `ー-,l ';
   ヽ、      ヽ      r'、  `ー‐',i ,r-‐'゙}        l! !
    .ヽ、     `、   /.、 \   / 〉\/          / ,}
      ヽ ゙l、  ヽ/、;:;:;:゙:、 \_/_,.r'             / / ク
`''‐-:、,_  ^:、 !       `ー、;;ヽ、,.ィ':;/          i / イr'゙ \
    ``''‐-:゙i ,|           `!;:;:;:;:〉     ___{_/ィレ'゙ _,.、‐':


                        >‐‐ 、
          ><¨ ヽ           / ふ i
          /_ミ___ ヽ \   ___ /i  |  i   僕とした事が大衆に合わせることを考えるあまり
_____       {.{  __ヽ_.\ ><二ヽ、 .i .|  i   冒険する心を失っていたようだ……
_  `ゝ     iハ._ゞ'´ ∨ ヽ ヽ ヽ--‐ ヽi | /
 /  _` ̄ヽ  i r ヘ/77∨ハヽ \\/`ヽゝ-イ   そうだね、歌い手が音楽神なら

 ヽ__ノ /  二ニ===ニニニ/ } ∧ ≧、_ゝ‐‐.}      むしろ無茶な曲であればあるほど良い
     ` ̄  ./ニ丿ニニ/ i ハ∧ニニニ><
       , ' /ニ>'´rイヾ /`ヽニニ >'´}     面白いじゃないか。僕の才能はジュゼッペ=タルティーニを越えるよ?

      //ニ./}ニニヽ_ヽ/ゝ-丿ニ/ニニ }     アムドゥシアス、君は付いてこれるかな?
     /ニニニ/  .iニニニニ ´ゝイニニ{ニニニi
    }ニニニニ/   .}ニニニニニニニニニ }ニニニi   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    ゝ== '´    /ニニニニニニニニニノiニニ.i   |  ついてこれるかじゃねぇ。お前の方こそついてきやがれ(杉田ボイス)  |
              /ニニニニニニニニ/ .iニニ.i   ゝ_______________________________,乂
           ∠ニニニニニニニ/  .iニニ i
        ∠ニニニニニニニニ{    iニニ }
      /ニニニニニニニニニ i    iニニ i





           ,ィ´: : : : :..:.:.:;;:;:;;::.:..:丶、
        /: : : : :.:..::::;;;;;;;;;;;;:;;;:;;;;::...:.`ヽ、
.        /: : : : :.:..::.::::;;;:;!;;i;;i;;:i;:;;;:;:;;;::.:...: ゙ヽ,
       / : : : :.::.:.:;;:;:;:;;ィ;j!;i|;i;|;ゞk:;;;:;;;:;;;:;:;::..`,
      ,!: : : :.:.:;;:;;;::::;;イノィイ,ハいヽミ、;;:;;:;;;:、:.|
       レ: : ,,;;:;イ,/ノン/-ソ一ヾ`ヾーl-ゞ;;;:;::.:.:.,!   いや、だからね、やる気だすのはいいけど
       i.; r r‐ュ;:;;;;' ,ィでユン   /,イテ、 リ;;;:;.:ン    アイドルとしてのイメージを守ってね?
       ゙リ,.:;! rヒ;;:リ     ´   ;.     ,!;:;ソ´
       ゙:,: :ヽ,ゝミ        ,!   ,!;/     あと苦情とか来ないように配慮して……
       ゞ;::;;:;フ         `ー'   /'′
       'j;::;;:リ. 、    ー==‐  /           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        ヾ;jト、 \    ー  /           |  苦情に関しては考慮しよう。アムドゥシアス、       |
          /  `ヽ、 `丶、 ___,イ!、           |  夢で歌うのはサンソンだけにしてくれるかな?      |
     _,,.、-〈      `ヽ、    //ヽ          ゝ________________________,乂
r=一'フ´     \     ,>ー< ヾ,/,!ー- 、_
-‐'"´       \    Λ   〉、  /    `''ー- 、
               \/ ヽ  /  ヽ'
                  /⌒ヽ






                               ___
                          .x<r-、 ハ--‐-、     _
                   / ̄¨ ハ   /  マゞイ_ノ_   }    .i.} /,7
   ,-、           x-‐.、 ー-  } ,'  ./ゝ-7 {_=ノ ,.'    ,'},'.レ /
   マ,ム            /‐x  .} ヽ___ノ .,'  /     ヽ   ,.'   .ノ}ニニ .}
    マ,ム        /  、_丿.ノヽ  i .,'  ./    , '´ゝ-イ   .∧ニニニ{   
    ヽハ       {   ', ´ゞ ノ  .!,'  .,'   ./ r<ヽ }  /ニニ____ ハ   
ミ-,._______.)ニヽ_ .,.x<} ',   ',ー'´    !  .,'   ,'  ヽニニイ/ニニ., '   `ヾ 
`¨ー-zニニニ,.ニ くニ,/  ヽ   .',      !  }  ,'   /  /ニニニ ,'   
__...-‐ニニニニ{ニニニ,ト、    ヽ  .',     ! .{  ,'   ,' x<ニニニニニ    
==イフ、ニニニニニ,/ニ ヽ    ヽ  ',    i  i  !  ,'ニニニニ ヽニ/  
  ./_/`ー―ヒニニニニニ\三ミ .', .',   i  i  !  ,'ニニニニニ r‐'   
  <_ノ   ヽニニニニニニニニニニ } .', ',   ! i  ! .iニニニニ ., '    
        ヽニニニニニニニニニ }ニ ', ',   i .i  ! !ニニニニ,.'     
          ヽニニニニニニニ }ニニ ', ヽ  >--<ニニニ,.'        素敵な楽曲が浮かんだぞ!!
            .,>、ニニニニニ /ニニニ ヽ ./ミx .,... =ミハニ/       
        /ニニゝー‐ヒ'´三ニニニニ ',i¨}_/    マ/           「ケツの穴を舐めろ!」だけで構成された曲だ!!
        ,'ニニニニニニニx'´ニニ`ヽニニ/i_./. 、,    }        
         ,'ニニニニニニ , 'ニ,ニニニニハニ { 7  ゞ_、,  ,,'        
.      ,'ニニニニニニ,/ニニ!ニニニニ ムニハ !   ソ ,'>イ
      ,ニニニニニニ/ニニニ!ニニニニ ,ムニニi  ゝヽ'               、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
.       ,'ニニニニニ,.'ニニ ニiニニニニニ ム‐∧ /ヾ、              _)                             (_
      lニニニ ニ ,'ニニニニニiニニニニニ ,ム  `                 _)    ねぇ人の話聞いてた?!!?!     (_
.       lニニニ ニiニニニニニニiニニニニニニハ      ,              )                            (
.      lニニニニ {ニニニニニニiニニニニニニ,ハ     ,'.}             ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
        ∨ニニニ}ニニニニニ ,ムニニニニ ニ ,ハ    ,',' i               
       ∨ニニ lニニニニニニ,ムニニニニニニハ=== /,' !三三三三三≧==x、__ 
.         ∨ニ ,'ニニニニニニニムニニニニニ,ムニ /=} . !ニニニニニニニニニニニニニニ }
          ∨ニニニニニニニニニ,ムニニニニニム/ニ,'  iニニニニニニ,'ニニニニニニニ / 
         ∨ニニニニニニニニニ ムニニニニ /ニ,'  }ニニニニ./ニニニニニニニ /  
          \ニニニニニニニニニ ムニニニ,'ニ ,'  /ニニ ./ニニニニニニニ /  
           ヽニニニニニニニニ ,ム,ニ ,'ニ ,'   /  ./ニニニニニニニ,/    


                                                    ,,r===、,,イ ̄ ヽ
                                                   /: : : : : l: : : : : : : :\
                                                 /: : : : : : : : : ヘ: : : : : : :::ヽ
                                                ./: : : : : : :l: : /^ヘ::\: : ::、: : :ハ
                                                /: : : : : /::j|::/`´ \::\: :ヘ: : ::i
                                               /: : l: : :/::/|/    ,,>-\:ヘ: : l

                                               i: : :|: :/ノ─-    ´ ,ィ=-<. \i: :|
          ソロモン王、貴方はそうおっしゃいますけど            ∨: |::l _,ィ=-、     ヒツ/  }:j〉:|
          どんな下品な歌でも歌えるだけマシじゃないですか         .\|∧ く ヒリ          .|/: ::|
                                                  i::ヽハ      ヽ_     j: l: : i
          580プロにはまだ自分の楽曲を持ってない魔神柱が         .|: : :∧    l´ __)   /: : l: : l
          沢山いるんですよ。統括局としてこれは見過ごせません        |: : : : \    ̄   /_: : ::|: : :i
                                                  .|: : : : : : :>t -‐__ノlV \:|: : :ハ
          持ち歌がなくて何がアイドルですか!! 貴方は社長として     |: : : : : :/ |:|:|:|:|:|:|:|:|:ノ  〉: : :::ハ
          この現状に思うことはないのですか!?  (杉田ボイス)      |: : : :: / nト、_:|:|:|:|:ノ|ヘ  / ̄ ̄ ー、
                                                  /"´ ̄ ヽ/ |: :|:|:|:|:|:|:|| ∨     / ヽ
                                                 /ヽ        |::|:|:|:|:|:|:|:l      /    i
                                                i  \     i::|:|:|:|:|:|:|:〉     /     i
                                                l    ヽ    ヽ:|:|:|:|:|:/      |     |


           ///////////////////{ }/∧

          ///////////////////>-―-ヘ
         k/////////>-:':´: : : : : : : : : : : : : :ゝ、
         ゝ>- ―:':´: : : : : : : : : : :/: : : : :: : |: : ト-‐'´

        イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ: : : : : : : :i、: :`:、

         i: : : :/: : : : :ノ: : : : : : : :_/:_:/_/: :ノ__!: : : リ
         !: : :/ : : /: : : : : : イ´ /_ ` ´丿: : |
         | : : : : /: _: : : : ト: /   < frト   iチ|:r'´ソ
         マ: : : : :/Y iー: :∧:ヽ   `    、ト、
         Y : : : i ゞ  ヽ{ ヾ       _ヽ       いやぁ、まあ。別に、何も?
         ノ: : : : :ゝ、              /
          7: : : : | `ー 、     -――‐}

           |:ト: : !     \       ̄ /
           ,ィ//ヾ       >    _ _i
           〉///≧x、__, 、 _/∧、_
           ソ/////////∧ ヽ ゝ Y/////ヽ
         ////////////∧ i  :  !/////∧
        ////////ゝ-ヽ///∧  |  |///////\
      ///////////////////\  ソ/////////≧x 、



                                                        ィ´_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ト
                                                     /:::::::ムィ'::::::::::::::下下::::::::::::::::ヽ

                                                     |::::::,':::::/:::::::/|Λ::::::`ヾj--ュ斗ュ
                  この無能王め!!                       .|:::::::{:::/{:4:::i j:||::ト、:::yム 井  }
                                                    |:::::::|:/ |:! |::| |:| |:| \::イチノヽ下ゝ

                  統括局、道理を弁えぬ社長に攻撃の許可を!      .j:::::::!/`.!_トL!  |j 斗 ィ -\」:::|ヽ/i
                                                    ' t:::::{ィ"行     ィェ斥、|  jj|\:}
                  この氷系最強のクロケルにお任せください!!      j_/Lハ. 弋!     弋リノ/  ィ|i\_}
                                     (杉田ボイス)          |::i    、     'ィi´ }:::::::::|
                                                       |ト         ハ:i:::::::::::::|

                                                       |:}へ  ´ `   ィ'::|:::::|:::::::::::::
                                                       j|:::i:::::トェ.., <" {::::|:::::|:::::::::::::|
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                      _i:::|:::ト゛´と|    ヌ/:::::::j::::::::::::::|
 | その属性じゃ厳しいんじゃないかなぁ……?  |                     _/j  }::j  |´  / j:::::/ヘ:::::::::|
  乂___________________ノ                    f  ,' /./-へトェ .´  /./  / `ァ:::
                                                   |  f//   ,く/  `7ソfム ´  /  }::i
                                                   | // |ゝ//o |丶、/ {i /  /   |:::

                                                  ノ::| j f j/ /   |  {i i{ .| i/ ,   i::::.!








      / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.      / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ
     レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }
     レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
     |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--    ゲーディア、君は統括局を名乗っているけど
     |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行㍉ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄
     |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\        「持ち歌無しにアイドル活動をしたくない」というのは
     |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\       本当に72柱全員の総意なのかい?
     '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\
     ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ   僕には持ち歌のないアイドルも
     |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ   お仕事楽しんでるようにみえるけどなぁ……
     |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \
     |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广   ほら、グラシャ=ラボラスとか
     |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //   ナーサリーライムと一緒の番組でノリノリだよ?
     |         l ; /|  \{{  ー-=二ニ=-く'_/_}ー-、  ヽ_/ /// /'
     |        /, |   ヽ   \\  爪     \ {  | /// /
    |     l // |i    ',      \{ l,ハ      ';i  |'/// /
.      l     ///  ||     ',  l      \ヽ}     ハ |'// /     /
      .    //イ i l||      ヽ. l         | ̄ ̄ ̄「' | l|i/ /   /
       ',   / 八ハ l||       \       |      | | l|   /







○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□


                   __
               ,..<ニニ二>、

              ,.イニニニニニニニ\
             /ニニニニニ=-‐- 、ニヽ_  
           /ニ/,\ニ>'"_,...-ー \_>'7    黒羊さん、黒羊さん、今日は何を教えてくれるの?
        _/ニニ//////ヽ/         ヽ/ハ
      __∠ニニ,.イ//>'"ノ' /     /      Vノ
     </////,入,.イ/ ̄!/ /   ,イ     : i                    /)、
      l/>'"イl/lハ  l/lイ,. /_.l /! : .; !                ///!
      `ー"// {.l/ }、 !.ト ' ' ´ {了ゝ j ノ/リ                    /.('./ィ
.        ,.イ/ア / / ヽ! }ト、   ゞ'   ( }                 /  `ノ
.     '"ァ//./ ./ \ ヽノ 丶  (:::::> .ィ ノ  _--、_       _. . '" ゝ,イ
         ⌒!/  _乂丶ト、- >- イ,。-、'"ニニニi丁!,..、. '"    ,. '´
            /ニニゝ{ ̄ ̄>ーく, - マ二二ニ} ! }   )) >'"
.            /ニニニニj´ ,..---ノ マ-= 'ニニニ} j.jゝ-‐'"
.             /ニニニ\ゝ ̄ハ´'   ヽ ゝソー--' ゝ'
           /ニニニ二二{`l l ト,.'⌒ Y Vハ .)
.         〈ニニニニニニ入.!l./⌒./ Vニニ(ヽ',

  .i    ,     T=-'.!_r j.ヽ.ノ /  ,.イ  .Vニ八 ノ.、
 / !  ./ヘ.     ゝ乂ノヘ⌒ハ´    イ l.l_,.-― ノ=ゝ_ )_                      ノ : .: ._,/っ,ィ : ./ : . Y´: .i_
                                               ___   く r''"´: . ̄ `ヾミ : .: .ヽ: .: .| }
                                            , ''´: .: .: .: .ヽ/: .: .: .: .: .: .: .: .\`ヽ: .} : .〃   . :⌒ヽ
                                          __/: .: .: .: .rγt"´: ./: .: .: .: .iハ`ヽ: .: .ヽ: .V : ./ ./: . -‐ミ`
                                         /: .: ./ : . rfた7´: .: .;': .i.: .: .: .| iヤヽ\: .: .: .\ ーく: . く ミ し'〉
                                         `Y /: .: .: .に%) : .: .:i : .|.: .: .:..:! | ! ,X=ミ、リ : .\彡⌒`ヽ  /
                                .            , イ.: .: .: .: .じイ: .:.i: . .ii l ハ/   '´ テ心 Y } ハ    .!  .!
                                        / ;ノ : . / : .て! : .i : . !i//,,z==    乂ソ /Vi: .‘,   /   .!
                                       ( : . : . /: .: .: .r‐V/i: .ハi  〃テ心         ´ iリ . : i r ´  ̄`i
                                .          `Y : .: ./ : .: .`7 Y : .∧ ト、辷,ノ     --   八: : .!/: : : : : :.:i
    うっうー!!                               `ー‐く;: .: ._彡イ i : .: . iミ、      i´     .i /_/ }: .:! : : : : : : ,'
                                           rイ イ      | : . .: l、っヽ   ヽ    ノ /  /: .:ノ!: : : : : :
    今日は殺戮の仕方を教えますよー!                 V ミ=彡イ⌒).! : . : .! `ー''个ー --    イ  / /: .!: : : : :./
    こう見えてもグラシャ=ラボラスは殺戮の達人なんです!!    \ : . ノ { ( ';: : .: .V´:::::::::::_,ノ     |Vイ|\: : : : : :
                              (杉田ボイス)         ̄   ⌒∧: .: .: .\_ミト 、.       Vl i ∧: : i /   __
                                                 /  \>-‐''"⌒:::\ ミ=‐-、 ,ii_lハi ∧: :! / i i
                                                   /: : : :.:\.:::::::::V\ `ヽi ○i \ハ i /   ! }
                                                  _/: : : : : : :..:.:\:::::‘., \ i O !  /Y /   / ,'
                                              _,,/ ̄.: : : : : : : : : : : /\::::\ \__|/::::レ’  / /

                                ..    /〉 _     r''"´.:..: : : : : : : : : : : : : : : /   ‘ ; ○_ノ\:::::::::/  / /
                                   ///ィ__,  _」_:.: : : : : : : : __;__.: : : }    V⌒ヽ- 、 \:::〉rr‐一´
                                 ミ- '  ´_''彡'〈: : ` : : : : : : : : : /    `iヾ、   .ト、__人_,ノ:::::::>´i


       、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,

       _)                             (_
       _)    誰かあの二人を止めて!!!!     (_
       )                            (

       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                 _rー――――‐

                /´ へ          \
                |: |彡〈ヽ        |   i
                |: |::::::::''''\  :i\  |   |
                |: |::::::::::::::::::\{::::::ヽ! !   !
                |: |::::::::;---、:::::::::::::::| |  l|

                |: |  ̄ 、__  ̄ ̄ | |.   l|
                |: ト  Y  ヽ   | |   |
                |: | l\ |__|  ィ | |\. |
                |: |八| > - ≦ニニ! |_  !

                |: | | .:.:´{!ニ}ムマ.:.:.| :|.:.:.:.;ヽ
                |: |´.:./.:/.:.l|.:.:.:.:.:.| :|.:.:./.:.:i
                |从.:.'へ_ヘ_l|.:.:.:.:.:.! |.:./.:.:.:.|
                |.:}.:.:.:.:.||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ノⅥ.:.:.:.:.!
                |.:|.:.:.:.:.||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ |.:.:.:.:.|
                |.:|.:.:.:.:.||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| |.:.:.:.:.|




        -――- 、               |┃

      / / ̄`ヾフ´ ̄`ヽ            三 |┃
     〃∠ __」 _____   \           |┃
    .'_〃_i__i ____ . イ、   '. .   ガラッ    |┃  話は聞かせてもらったピヨ!!
    i i   |  ハ  i i   | i    ハ         |┃  ここは私、ベリアルに任せるピヨ!!
    | l   l 厂`V从从リト!リ   l }    ノ//  |┃  
    | l    xf示    示x ト、__」ノ       三 |┃  アリスちゃん、そんな殺戮なんて生産性のないことより
.    l l    { ヒり     ヒり∧  |       , -‐ぅ┃  この ぐだこ×マシュ本を読んで同性愛に目覚めるピヨ!!
    V   ト、     '   { ノ  |      /  i´|┃  男の人は男の人同士、女の子は女の子同士で恋愛するピヨ!
.     V  八   「 7   ノ7   l       {  人.|┃                              (杉田ボイス)
      Vハト、ト≧=⊇__. イ /ル'レ′   ..,イ` ー‐ .|┃       、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
      ⅥⅥ}   iⅥN{          ! ` ーァ .|┃       _)                         (_
       xく `ヽ、 ト、≧=x__      |     .|┃       _)   生産性がない事を奨めてる!!  (_
      ∠ /\ , -―xY_  {、__     !      .|┃       )                          (
     / ̄`ヽ  く   ー }フ^ ト、>- 、__|    三 |┃       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
     i     \ `ス   i !\ノ } `Y {   ...三 |┃





○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□○△☆□


            ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
        ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
      ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
     〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
     レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
     l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}      アイドルに一番大事なのは笑顔らしいよ?
     リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}       マギ☆マリも言ってたしね
   、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
   彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ      見てよ、グラシャ=ラボラスの笑顔を
     V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(       曇りのない満面の笑みだ。もう何も怖くないって感じだね
        ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
       ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ      あとベリアルの百合営業はプロだね
            ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
            .゙、        /   _ノノ:\           、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
           ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ         _)                             (_
            `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\       _)   発言の内容が真っ暗なんですけど!!   (_
           ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\      )                             (
             / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ         、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,

             い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',        _)                         (_
         ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l        _)    それとベリアルは真性!!!   (_
        /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i        )                          (
         /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
      /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|






                                                   __   _,..、-'':": ̄:`:丶、
                                                ,,ィ‐{:fi|,,.<: : : : : : : : : : : : : .ヽ
                                               〃´,≧´;,: : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ

                                            .    ,ィ: : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : : ∧
                                                i:::!: : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : : .i
                                            .   {::::ヽ: : : :\: : : : ヽ: :i|: : : : : : : : : : |

                                                ';::::::ヽ、: : : :\: : : :〉:∨- 、: : : : i: : |
           まぁ、持ち歌がなくてもバラエティに出演するのは        ',i:::::::>ミ≡=-‐='∨∧、 i.}: : : :|: : !   `Y:.、_
           アイドルの仕事をしているといって差し支えはないわ       ヾー\ ィラiヽ / ∨∧_人: : : ヽ; 〉_   ∨:リ
                                  (杉田ボイス)  .    〃/`iィv‐ヾ! '´   ヽ∧  ヽ:≦-{: : ソ=Y: ツ
                                                / ヽ!_/リУー′    ∨}  ∧ヽ  ̄ ー '¨
                                            .  _/  '´  ,ヘ __       リ  |
    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,                 /` 、__,.イ   \  _,,.< ' _卜
   _)                         (_              . /\   /   ,ィ  ̄ {≠'''" ̄__,,.|
   _)     日和ったかフラウロス!!!   (_             /〃/  ̄/〉   /ノ〃ィd-‐''/==ミヽ
    )                          (             〃/〃 // -'"_,〃〃// /,ノ// ̄/ .く i
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒             // ,' / リ -'"/,.'/〃/〃リl/,.' / / ;'∧
                                            / / i' ノ-‐〃 /,.ィ/〃{ノ// / ,.' //彡

                                             ! //-‐'''{ l {i / 〃/ i{/// / ,'〃/= リ
                                             |レ'_,..=∧ヽi| /,'/ /://,' / ,.'/ ノ=-ノ
                                            ー-‐_,..‐´ ヽib{ i:l i{//,.' / ,',イ//:ノ/

                                            ー=''      ∨} ヽ∨// / ノ/ソ/::ノ./
                                                     }i| i∨//, ' 〃 ,'/.:,' /

                   __

           , ‐'二 ̄`>'≦ ̄ `ヽ
           / /  -`    `丶、 )
        / /  /     、   ヽ く/ィ
,  ィ'     ′  /  / 〃| l.|', i ! i  Y
!. /{/!    |  〃.i  〃/i川 リi| ! | !| | ! |i i
Ⅵ{ い/   !/, ,.|l il i仏ムム! | 七ZL」j_l.|        統括局、話は最後まで聞きなさい
、\込ヘ,__ ,_r〈 /厶! l|「V,=ュミ′! ィj'}ムー、,ゝ‐、

  ̄ヽ幺彡仏ヘ 〈'^}|i ト、ytり ¬, -ビムヘ_/ r/ ,ヽ     私はバラエティでトークをするのは
     `^^ー‐ヘ ヽ1.| `ー‐ ´ . 〉/!/ノ〈./_,.1     アイドルの仕事の内と容認したわ

          V´| l、     -ッ'.イ  ヽ (   |    
          __/  ! ! ` ー;- ‐く」」__ ∧ ー ハ     けれど……
       厂_/     !  /`¨¨V ′ ,>ー‐''´  〉、  
       ム  \  .._ __  ,ノ ∨イ ヾ、   / }
      j___ヽ.  \       ′  !/ 、j { j^7¨~´/1 |、
     /´⌒ヘ   ` ¬ー、    j′  〈 ヽ   j ハ.ヽ
.     {    ヽ、   }`ーヘ  { ',   マーヘ  ' ′ヽヘ
      i 、     \ / ー- .ヽ.j/      〈{{ 、     i
     ,1  ー - 、〃/    ` r`Y      }い、ー-   |




                                                /: : :/: : :/ : : : \ : : : : : \
                                              / : : : /: : : :/: |: : : : : :ヽ: : : : : : \
                                             / : : : : / : : : /: : |: | : : : : j{ : : : : : : : ヽ

                                 .              / : : : : ∥: : : /: :/j{ :|: : : : : :j{: : : : : |: : ∧
                                            /: l/: : : :|{: : : /: :/ {:│: : : : : j{ : : : : |: : : :i
   、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,        | : |l: : : : |_:_|: : {  j{: ト、_j:_:_:_:_|: : : : :| : : : }
   _)                                  (_     │: ||: : : : |ー斗ミ   レ'´〕二二l[: : : : | : : : |
  _)  農業をするのはアイドルの仕事とは言えないわ!   (_     l_:_八_;ノィf __沁、_/ _ノ刎「ヽ廴:_ |: : : :j
  _)  そう、一部の魔神柱のやってる農業!!        (_   ト、}\  /(|  __j以ソ ⌒ヽ  ヒ辷リノ} |:i⌒V :/
  _)  アイドル活動と言いながら農業をさせている       (_  |: :| : l /:/{ l |ト---  ,ノ   -----'  |:| { リ:/ z―‐し(_
  _)   事務所は契約違反をしているのよ!(杉田ボイス) (_ トハ: l : { |:/ 乂j|      `___     /ノ// ⌒ヽ: : : ノ
   )                                   ( |: : : : 人 l'_  圦    fァ  ̄ ̄|   //: /     }:_:_/
   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒  ̄ ̄厂}: :廴  r\         /  /: :厶イ   r―く ̄:{
                                          └‐{: : : :}⌒ヽ : \  ー‐' イ}: :'⌒ヽノ⌒ヽ{:_:_: ノ‐┘

                                            ‘ー‐ヘ:_;ノ⌒厂ヽ--<____ト、ー―f:_:_:_;ノ:_:_;厂

                                  ( ̄\_      , -――---ノ  / /      {  _____
                                 .   \ \ \‐┐// / / /〈\/ /     / ̄///\ \
                                   _ \  ` // / / /  ∨/_____/ | / / / / \ ゚,∧
                                 .   \ \}    /// / //O 「厂| } } | | / / /\   ヽ  ∧
                                 .     \     {/ / // / / / / / j l| l{ l{ ∧ ‘,  ゚。 ∧
                                 .      \ / / //O/  / / / /  / l| l| l|∧‘, ', ‘, ∧
                                      / / // /  /  / / /  /  リ l| ∧‘。‘, ', ‘。 ∧
                                 .      ′ / / ′ /   / /   / /  /  /  |//\', , ', ‘,∧
                                     { l |│l | l│O{     {  i { l    /  /l/   ∨ 〉 / / 〉 /
                                    !l | | l |│|  |   { |  | | |  | l|  //│   ∨ / / / /
                                 .       \\ l l |  |   | |  | | |  | l{ j/ l |     /// / / /
                                 .      \ヽ l} l |  }   | |  | | | j //| l l    /// / / /
                                       } ノ 厂 } ̄} ̄ノ ̄/=ー─ ァ 7フ{ l | l |  /// / / /

                                       | } | | | O|  }  } {  / { i   l | l |  /// / / /




────────────────┐
               _,,、、-─-‐-、、  |
二二二二二二二 . ,r '.:.:.:.:.:::.:;:;;;;:;:;:::.:.:.:;;;`ヽ、
            ,彳 .:. :. :.:.;:;:;;::::::::.:.:.:;:;:;::ヾ、:;:;、
二二二二二二,〃 .:.:.:.:;:;;ノトト、、、.:.:.:.:.:::::::::;:;:`、;:;ヾ

         ノソソ.:.:.:,ィシハ;;;:;;:`、゙、.:.:.:.::::::::::::;:;゙;;:;;;i
        ィイイ.:.:.:ィイイバ、;;:;:.ヾヽ、.:.::::::;:;:;:;;;i;;;;;;}‐‐ ‐ ‐── ──── ───
 == =  .Y从彳-‐''ヽ `''ー‐-、ヾ..:;:;;:;:;;;;;;;;;;;j
 == =   ゙、;:;:;, ,r‐デ:i  こモュ、 1;;;,r‐、;;,!シ′   えっ?
          `ハ、   /  ´~    リ;!ヘ 〉;;シ′
━━━──   `1!  ! .::.       ,.イイi′‐‐ ‐

━━━──     ル,  `" `      斤;:;l:;;リ
            ゙、 r==-    /^リハ;;;;j_
三三三圭」       ヽ  ̄`  /,,'、-‐''":.:L_
            ,.ィ入 ___ , イ/   .:.::::::/;;:;.¨`ー-、、、_
二二!  .,r==''ニニニ/.:.:.::/^`y'⌒ハ  r''¨"ヽ.:/.:;:;;:;:;::::::::::::::::.:..:二ニヽ
     ,/.:i .:.:.:.:::::::,:イ.:::;;;〈 /l1 /;;;i ヽ、-‐',/;:;::;:.:''"´     ,r '"⌒ヽ   /二三二二三
二二!,/.::::|.:.:::::::::/.:;1.:.:;;;:;i/ リ /.:;;;;|    /.:.:.::‐‐- 、、_ _ ,,/       `, /    , ′
   ,!.:.::::|.:.::: .:.:.:.::::j!.:.:.;:;;ー一 .:;:;;;;ト、/  . ::          ,′     i/   /
   |.:.:::;:|.::/.:.:.:::::::::j!.:.:ト、   .:.:: .:::1               i       l   /    .:::::::
   !::;:;:;;レ'.:.:::::::::::::::l.::::|.::ヽ    .:.:!              |       |  /    .:.:.::::::
─‐‐〉;:;:;;;|.:.:.::::::::::::::::|:::::!:::.   .:.:.:.:::|  .:::「^7     i  .:|  /   __」     .:.:.::::::::::
   |;:;:;;;;;|:::::::::::::::::::::|::::::.:.:. . .:.:::::::::::| .:.::;〈Q〉     | .::::|.:/  .::;「こコ   .:.:.:.:.::::::::::::






                 /////////\〕乂}i, ∨ヽ └ //`'<、 ∥' ノ ノ/ /∨´
                ./////ミ/////∨}iゝ、}i.\ヽ \.}イ     ヽ.//イノ'',ィ┘
               .,////´ .ヽ////∨i  }iゝ。\、、`''<}ニ=ー'''´/イ,ィ'フ
               ,///=- ィ==,////i/i  ≧s。ゝミ===}‐{===彡イゞ''''´

               i//i弐リ .〈匁////マ    `"}ィ''''ゝ=====ィ`ヽ{"´

               ///i{  〈   .i///.∧         }日
              .ノ////}i、.ー‐' , イノノノノノ}i    >==、,ィゝ== ,ィ=.、    えっ?
             .i.{///ヾヾ}ミ彡=イノノノノノ}    { イ/ { 彡イ ゝ',ヾ).}
             .i 、///ヾヾi}{=イノノノノノイ__   丿 (ゝノ 彡==>〉 乂
            ,ィ{ ノノノノi )) ノノノノ人i) /\ 从ノ ) .}イヾ}==〈 { ヽ)

           ///ノノゞ=イ.ゞ' 乂ゝ===、イ/ \ .∨ __`〈=======〉´
         >ノ i:::{(::{ i}乂、\ニ/`"フノ人i   ',ヽイニニ、 マ   マ
       // ノ、:::、ヾ.i|   ノ ''´、,,_彡ノ.i   i∥ニニニ, 〕ニニニ,
       { { / / `"''' i} ソ./ /ー=ニイi .i   i}ニニニニ.、───ゝ

       ヽヽ_{ .{   .ヽイ,i /ゝイ     {乂乂 _,,i}ニイ=、イミi}┬┬
        イ。,,.ヽヽ   ヽ∨/     _/≧s彡./ニi {ニニ、iニ}.} .{i }
       ∧ゝゝ,_イ`''i<_ィ.、__,,,。≧´.///i /=.、', .ヾニニノ} Y Y

      ノ  ヽフ   }  ミY彡'     {///, ム乂i}ニニ,..ヾノ|  |<ニ}
     /   .ノ   ノ   マYマ}__,,    ヽ//).{ニニニ>ノi}⊂.|  |)ノニ'
    イ    /   ./>''´\、ゞ,, イ`''<,,__ ヾ' 乂ニi ./ニニ∨}__.|ニイ_ _
  ./   /    /ヽ //'/ i"´ i..、 ヽ,、 {ニゝ}i,  ヾ,,{ニ/ニニニニ<ゝノ=='




                       , -=ュ、=- 、_

                      イ´ニ=ミ` ヽヾハヽ.
                    /´ ̄ /       ヾハ
                       i!ィ/ i   -    - V!
                   j/ /j   rイ⌒ヽ_x=、!     えっ?
                   l   i⌒ ̄`ヾニソ ̄ト、=-イ
                      ノ ハl           }  j
                  /   人|       、ノ /!
            r--- y'⌒  /  ハ           |
             ヾニニニニニ=rァjュ、 \   _ /vュミ、
              ` ーrニニニニYニゝ、 ミー --イヾjト=≧ー┐
                ヽ>=-ュ//ニニ≧=-彡ニi!ニニニノ

                   ゝイニニニニ>-<ニニトr― ´

                     i!ニニニニニニニニ!
                        j|ニニニニニニニニ
                    j|ニニニニニニニニ

                    {|ニニニニニニニニ
                       !|ニニニニ___//_
                {≧=ュ彡ハニニニニニニニニ}
                 ヾニニニ\ニニニニニニニリ
                  ヾニニニ>-=‐ヘニニ!
                        ミ_彡  ∨ニ!
                              ヾ」




                                                         ___
                                                     ,..r. :´: : : : : : >.、
                                                   ∠: : : : : : : : : : : : : :` 、

                                                   /. : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
                                                  .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .',
                                                  i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !
                                  ……え?           ∨.: : : : : : : : : : : : : : : : : :,'
                                                   〉;: : : : : : : : : : : : : : : : :/

                                          .    ,ィ    `|: : : : : : : : : : : : : : : : |'     ;、
                                             〈:.∧   , ┤: :___: , =、:__ : メー、    ノ:´>
                                              `ー`o‐ニァ=∧!丶. 〃  ヘ.l/ i/ー、¨≧o''ィ
                                                 ¨´   `  _|____|   ′   ̄
                                          .            _/_____]、_
                                                  ,.. -‐'i´l| || | | |l| | | il`. 、
                                          .       /,=ヽ〈 | l| || | | |l| | | || |i | i
                                          .      i|l| 〃i |l | || | | |l| | | || |} l,'

                                                 |l| 〉/| l| i || | | |l| | | || || .'
                                                ノノ/∧i、 |||l l | |l| | | || |!イ

                                          .      {l.// /.| }| l ll | | |l| | | || /l|
                                                メ// //l || | ll | | |l| |.〃/i |
                                               ,'// ///| |! | |l l | |l| /i|〈| |リ

                                              ,ィゝ、 ////|l | | || | | |l i{ |l|{ !./
                                              !|_/ 7-|{ ーリ { | || | | |} }} 〉.ノ¨
                                          .    \{_..'/ ̄ ̄l ̄l ̄ ̄ ̄}ヽ




                      ____
                   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::..,,_

                    /::::::::::::::::/:::::::/::::::::::\_
                 .::::::::;:::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::/.::::',
                     /:::::::/:::::::/:::::::::/:::/:::::::/   ',::::V
               ,::::::::;:::::::::/:::::::::/:::::::::-/- 、  i::::::∨

               {:::::::|::::::/:::::::::/:::::::::_,.ィ=ミ、 `  !::::::::i    節穴かい? フラウロス
               |:::::::|::::;::::::::::::{::::::::八 vリ Y_/z、::::::::}

                   ,:::::::}:::{:::::::::::::',::::::/ ゝ--- ' 乂ノ:::::/    アイドルは農業をやるものだろう?
                }:::::|:八::::::::::::::',::::i         /}::::|
                |:::::;:::::::\:::::::::::',:::,     /:/:::::}
                   ,::::/:::::::/`''<::::::::,   ^ .::::/::::::}           /)
               /:::/::::::/  -―.寸:::',≧=-'::::/:::::,             / /
              //::/::::::://       ',:ト::V{/:::/::/           /_/_r_、
             / /::;::::i:::::{/       ',:::::{ /::::::/             ´ ー- 、}
                /::/:::::{:::::',       i:::::i/{::ハ:{         /  ' ^ヽ )
          乂/:::::八::::、::ト=彡′   i!::::!乂 }:ヽ       ./     久 〉
..              〈:::::::/::::::ヽ:::ヾ   ,    i!::::i\ 、:::}      _/    /¨¨´
             八:::::::::::::::ト.::::}',   ',   i!:::}   ヽ \   _/  \ ィ
          /ィ::}:::::::::;::::{/::/∧   ',   .i:/    ', ∨/ `ヽ    Y
              ,::::::::/:::/イ   ,    .   i!    ゚} .//    ヽ/
           /:::::/::::{    ハ      i!   . ´ /  :.   /





                 /          `′     \
                 /        /
               ,          .:                  ',
                 /        .'::      /          ‘,
             /  ,     .:   i{ /   /.:    :.  丶
                /   .:.:'  ハ/ .:: /、::. |   ::.    ',  i
               } イ: :  .: .: /_} /.:  |.:_ ヽ }v___::.       |    Dr.ロマンをソロモンだと見抜けなかったり
              !/ |{::  ::/{ /. : {ヘ: :  {: : `{ トV__:i   |  |
               トヽ: .. :ィ でぇぅ 、丶 !:   ヾ : V_|   ,: |  {_   ホント、フラウロスってば使えないの(杉田ボイス)
                   〉、 :  `¨ ´   ヽ  でぇぅァ }_ ハ { {__ ヽ
                /.: : .i \           `¨ ´ オ / ソ! \  ̄`
                  / .'   }仆 ヽ    .'        / }/ i:  ト-+‐-
             _. . :イ    从    、        ,/  }:: {! (        、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
         ´ ̄ 7. :/     i(: .\      ̄   . .イ: }  /.: ハ \     _)                         (_
             / : :'     :`丶: r)h、   . : : {、: { / . ::  /: : i、、\    _)   あふぅタ…もといアスタロス?!   (_
          ー   7{    {: :./\}   ´  _ノ { :/´ }  : ,  |.:\{ ̄`   )                         (
           / :|     、:{   ≧ x ≦    \ /  /  リ: :. \    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          / : .、     \   / \    / ´    .'. : ::    ヽ



                     / /
                    ( ∠   __
                   /⌒`^       `  、
                   /                  \
               ,                   ',
                 /                      ,
              /                         ',    農業をしないアイドルなんて旧世紀の遺物なの
                                        ',
             i                            ,   人間の知恵はそんなものだって乗り越えられると思うな!
             |                    〈\       {
             l       /         /   〈⌒ 、     {
             l  / ∨      ノ /、    〈   \  ハ {   つまるところ農業最高なの!!
          _//   {    /{/\{  \{\ v斗f ∨/ ノ
              / ̄_ア /_八  v ー- __  -‐   ⌒vツ ' /    農業をしてる時、私はアイドルとして充実してるって
          / f⌒V    \j   xf Vツ        爪{_    そう感じることができるの!!   (杉田ボイス)
         /  、  }    圦              〉  /  \ノ 
     _ /    __) 八  \{  、     _    イ)     、
     ⌒7  /  ( /  丶   、)_个s。  ( _ソ ィ^Y /^\  \       、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
      {   { /^ 、     \(⌒ )‐ 、≧ァ= <   V    {⌒ ̄      _)                         (_
.     八   /     \     \    _) (    }   ',   {)        _)   何を言ってんのよアンタは!?!  (_
       Y {/⌒\  \     \ ⌒\   八     V /          )                          (
        V      、  V⌒ \>   (_ ィ   、   V∧         ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          }            \    、   ⌒\)  ノ  / ノ





((    (:.:.:.:.:.乂__:.:.:.:.:.:.:.:.乂__、__:.:.:.}//)〕iト,/:.:.:.:.ヽ:.:.:.:\:.:.:./
 ヽ  >===ミ   \:.:.:.:.:.:.:.\~"'' \__ヽ: /:.ヽ/}/:.:.:.:.,:.:.( ̄\:∨
    {/ ̄ \:∨  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧=---}, '/-=}/':.:/:./:.:.、:.:.:.:.\:.,
        ∧∨ノ~~\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:\//:.:/:./:.:./~~!:.!:.:.:}:.!    完全に先祖返りしているわね……
         乂__ノ””ヽ:.:.、__:.:.:.:./:.:.:.:.:./i{ノ!:./!/从:! ノ从Ⅳ:.:!
               \ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.ノ弋ト 代リヾ{ <ツノ从リ    私(イシュタル)が金星の、美の女神になるよりも
                〕iト ----><zzzタ ∧     〉 /}~!     さらに以前の、豊穣神から更に遡って農耕神
          ト,          /  、 、 } \ 、 ァ ィ(! !ノ     その本分に立ち返ってしまっているようね
           ∧∨ク  ∧    /    }  ヽ}〉〉/ 〕!≦ /~~〕h、   
           〈イ ヽ)h、ノ./   , '    ノ   〈/{=ミヽ〉 _'\/////ミh、
        ィ(_,.。 *''マ〈  ./}!   /}/フ__r-ゝイノYⅥ  `~、、//)h、__
       //   __ノy 〉〉 .,イ /乂, 'ΞΞ'´イ /}ノ〉ノ∨}リ       ~''<///} 〕iト
       、ヽ≦> ~イ/, ' {_// !、¬==≦_/≦=-イ´         ゝ=--≧イ
       ヽ。s≦ゝ'´.´  / / _{ノ''<__{\}!/乂  ヽ
      ィi〔>''~ , '     , '  ,  {// ノゝ='、‐-ミ )h、 }
      Υ/  ノイ   ィi〔     ,  ィ(≦/‐-、'´ ``~、、∨     ┌──────────────────┐
       }/ ア´  ィ(      {/ //イ''< ̄]!//    `ヽ     │  ※アスタロスはイシュタルと       ...│
    >''~  ./         {.ノ/∥ \ ̄Ⅵ∥      ,    │    起源を同じくすると言われている    .│
   λ   /            .{..'/∥    ヽ  i{      }    └──────────────────┘
    )-‐ァ'              i/.∥     Ⅵi|      !
   ノ { {           /i i{         Ⅵ!、     {



      ____
    /\::::::::/\

   /\●  ̄ ●/\     そういえばアモンちゃんもオジマンディアス殿の神殿で
 /::::::/      \::::::\
 |:::: く    ` ´    >::::::.|    エジプトの太陽神・ラーの神格を取り戻しておりましたな
 ./:::::::入  _   人:/

 (  \ /\ノ  |::::::|        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  \/|\/__.::::::.|        |  DASH村=オジマンディアスとか何それ怖い……    |
    \|/___:/         ゝ________________________,乂




      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_

   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ  アスタロスだけじゃなくアガレスやバティンとかも
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"    鍬持ってると落ち着くってさ。あはは
   `i, `r、    ..__`_  ,リ

    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_





                            ___ _.
                          ,ィ,.――--,: ヽ、
                        /: イ_.。s……,、\: :\
                       ./: : : /:/|: ハ: : : :¨≧。: : : :.

                       /: : : /'_ 」/ !ヘ: : : : : ゝ,: : : :|
                      ./: : : / ,ィ豕    |ハ__.i: :} : :|
      f^!∩.∩           /: : : /i 〈 仍j    r示ミ  }: }.: :i
      | | | | | | ./〉        ,:: : : /^{   ¨ ,   ヒツ, 】/:/.:.:/   統括局! どうなってるんですか!?
      | |_j |_j |//       .//´/ヾ|         ¨ /:/.:.:/

    .(\|     {      /.:.:.:.://.:.:.:.:.、  f⌒ヽ    /:/7/     魔神柱同士で意思疎通が取れてないじゃない!
     ヽ      i,ーーー―''゙´.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.::\ 、__丿   ,:7:/ :/                          (杉田ボイス)
      \    {.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.,ィ7/― x―‐} \,_., ィ.:´.://.::/

      /ヽ   |.:.:.:.:/.:.:.:/ //  /  f´     /.:.:.://.: /
   ,.'´.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:..:/   {:{  /   iヽ  〈i\//: :/
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   |.:.:.:./    .j/  \   |    { //ヾ、
/.:/,.:.:.:.:.:.:.:,イ   |i./        ;  > |\__」 У、 \
′7;.:.:..:.:.:.:.:./ |  ,, イ|        .:´f ̄   |  ,  寸| _> /
  ク.:.:.:.:.:.:.:.| | /  :{      / ∨   / /   ',}\ /     ,イ弋ゝ、
   `¨ヽ.:.:.レ′   ‘    /i    ∨  / /    } }  〉    ./  ヾ::....\
      ∨|        /.:.:.:.|     ∨ /≫f⌒ヽ/ i.  /}  /     \::...\
       ‘、     /.:ハ.:.:.∧    ∨  l}    ̄i  /,′/        \:...,\
         \___/ヾ/ ヾ/ /     / _}  /  j.,ィ   ヾ, r、   /〉、   >"/




                                                    _,......::―:::...、
                                                  ,..:´::::::::::::::::::::::::`´`ヽ、
                                                ,.:´::::::::::::::::::::::::,、:::,、::::::::::::ヽ
                                               /:::::::::::::::::::::::/::::ハ}/:{::::::::::::::::::.

            わ、私にだって統括できないことだってある……      /::::::::::::::/::::::/l:::/    ::::;:::::::::,:::.
                                (杉田ボイス)      /:,:::::::::: イ::::,:'_/:/  、_',:::l::::::::{:::!
         、__人__人__人__人_人__人__人__人__人__,              {イ:|::::;:::::,'/イ /イ       Ⅵ、:::::}::l
         _)                     (_               {::l::::l:::/,ィチ㍉     ィ斥圷, }Ⅳ::!
         _)   何のための統括局!?!  (_               |リハ:Ⅳ 弋zリ     弋zリ ハ/:: !
         )                      (                |::ヽ,ム      ,      {-'::::::!
         ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒               ,::::::::::∧           u  /::::::::::|
                                             /::::::::/:::::\   r っ   /:::::::::::::{
              バアルとか連絡全然つかないし……         ,:::::::::/::::::::::r >    イ:::::::::::::::::: |
              今朝からブエルやデカラビアも……         ,::::::::/:::::::::::/\ |  `´  |/ヽ::::::::::::: !
                            (杉田ボイス)        ,:::::,. - T  ̄!   >  / / ∧_::::::::::i
                                            ,::::/   |  \_/__   _{  ` } >、::.
                                           /::/   {    /  `  ´ \_/   / `ヽ
                                           ,:::::l    l    {ヽ     /}    {   }


         />⌒:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ

.         ′:::::::/::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
       /:::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     l:::::::::::イ  ヽ:::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::|    う、うちの統括局がこんなポンコツな訳がないもん
     |/i ::l!::|、   \::::\::\::::│:::::::::::::::::::::::::::::::l
      |::::llイ \   \::::\_>l:::::::l::::::ハ::::::::::::::∧    た、例え他の魔神がゲーティアを見限っても
      |::从イてぅ    ^≦_\::|::::::|:::/::∧::::::::/::::l    私とアンドロマリウスとフラウロスは支えるって
      l::::ハ V::リ   "~てうミl:::::::|/::/:::::ヽ::::::::::::\   そういう約束でしょ!? (杉田ボイス)

      /:::::} //      ∨:リイ:::::::r‐ 、::::::::::\:::::::::::ヽ
     /:::::::::::l   '      /// /:::::::::!⌒ l::::::::::::::::::::::::::::}
.    人::::::::::::\        /:::::::::::| /:::::::::::::::::::::::::/
      )::::::::::::::::ヽ、  -‐  /::::::::::::::lム:::::::::::::::::::::::_ム イ           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    イ_ 斗:::::::::\ ≧ <_ /::::::://`ヽ::::::::::::::::::::_ノ            |  ダンタリオン先輩……    |
    ̄   ∨ ̄ ̄   / / /:::::::/´    ∨::r< ̄              ゝ_____________,乂
          〉    Y  } 辷/::::/         ∨
          ゝァ、_ |  ヾ∨イ  /      ∧
.          / ハ l   リ l/         イ l






                      ___
                     . . : : : : : : . _ . . . .
                 . . : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
        . : : : : : : : : : : : : : : : :∧∧: : : : : : : ヽ: : :.

          /: : : : : : : : : : : : : : : :/´゛゛`∨: : : : : : :}: : i
.         / : /: : : : : : :/}: : /}: :/    .∨:.∨: : : }: : |    いや駄目です
       ,: :/: : : : : : :/ }: :/ }::/       .∨| ∨: : }: : !
        {: {: : : : :.|: / ┼/‐r/-    -―}┼‐∨ }.: :.|    アイドルをすると決めた以上、72柱全員の意志を統一し
       { {{:.: : :./|/ 〃 f云ミ`    ´f云ミ ヾ .∨: : |    どのようなアイドルで売り出すか決めなくては
.        ゞ.{:: ::/{~', ` 弋以       弋以 ´ /~}: : :!
.          ゞ/: {{ ',                / }}: : :|    わずかであれ不具合の可能性のあるアイドルの仕事など
          |: :\ ',        `      / /: : :.|    我々が、出現から72時間で貪られた恐怖から逃げた我々が
          |: : : :` ,       __     ./´: : : : : :!    行っていい訳がない。
          |: : : : : : : .     ‐     . : : : : : : : : :!
          |: : : : : / ̄`l≧  __  ≦l´ ̄∨.: : : : :.|    生きるためにアイドルをする以上、仕事は完璧にしなくては(杉田ボイス)
          |: : : : / ゝ .┴ ┐   ┌ ┴ ´ ∨.: : : :.|
          |: : : /   /´  i   | `∨  ∨:.: : :.|       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          l: : : |.   /    |   |   ∨   |.: : : :.|       |   仕事できないお前が言うなよ……   |
       .......-‐:::::::::: |  /\   .|   |.  /∨ . | ::::::::::‐-.......    ゝ__________________,乂
   ,:´::::::::::::::::::::::::::::::|. /::::::::\, l γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.  ∧::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::::::< !/|   どうしてゲーティアはこんな融通の効かない子になっちゃったの……?   |
  {:::::', ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ| ゝ_________________________________,乂




          ,. . :  ̄: ̄: : . . ,
        , : : : : : : : : : : : : : : : : : . ,
      . : : : : :/: : : : : :}: : : : :ヽ: : : : : .

      ,: : : : : /、: : : : : :}ヽ: : : : ヘ: : : : : .     72柱の意見を纏めるまでもない
     ,: : : : : :.7 ii: : : : : 7 ,.}: : : : :ヘ: : : : :,
    ,: : : :i: : :{_,,.{: : : : / ´ },;ハノ ヽ}: : : : .     仕事を回せ。色モノ営業でも活動せよ。

    : : : :.i: : :i  ヽ;_: /  '",,ィ=ニ㍉}: : : : :}
    !: : : :i: ;ノ,,,ェェ、_´   イ ら心 "!: : : : :    我々(のシリアス)は崩壊する。既に不可逆な崩壊にある。

    : : : : i´,イ' て沁`     ゝ,ン ノ: : : : :,
    !: : : :ヘ ヽ、乂シ'  、     / : : : _;_}    同時にアイドルという概念も既に崩壊している。
    ヘ: : : :.ヽ、          '"´} ̄: :i

     iヽ: : : : ヽ   _ _-‐_, ァ'  /: : : : i     ならば我々の無限の研鑽の答えを。
     : : :`゙`: ⌒. .、    ̄  /: : : : : :
     : : : : :i : : : : : .` i  ー ',,,!>, : : : :
     !: : : : !: : : : : :斤‐' ̄`v´;;};;;};;}、: : : |
     ,: : : : : : : : : : : 〉{;;;{;;;{;;;[];;;;};;;};;;}≧s。i
    ,: : : : : : : : : : :/;;;{;;;{;;;{;;;;||;;;;};;;};;;}ン;;;;;;;;’,,‐-,,、           、__人__人__人__人__人__人__人__,

     ,: : : : : : ,ィ≦´;;;;;`゙`;;ー-,ヾ、;;;;'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,ヽ         _)                 (_
    ,: : : :,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;,, ,       _)    ガープ!!?!   (_
    : : : / ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;,,,      )                  (
   {: : :7;;;;;;ヘ;;;;;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;/;;;;;;;;;;;;;;,,,      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒YY⌒

   : : :.7;;;;;;;;;;\;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,
   : : :,;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,
   i: : ,;;;;;;;;;;;;;;;;i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   、: :,;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,

    、:,;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7 ` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{    ` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ  スッ…
     {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i .};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!     Σ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉
     ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/






                    . : : : :./i: : : : : : : : : : : ィ: : : : : :,
                    ,: : : _:/ {: : : : : :/: : : :./ }: : :.}: : .ヘ
                   ,: : : :7``{: : : :/ノ: : :./'"}: : : } : : : }

                   {: : :_}  レ'"´ '"´⌒  ノー-、}: : : ::    
                  /ゝ:'":{ォイニァェ、、   ,,.ィチ<㍉}: : : :,
                 /: :/: : : ィ!{、 仍リ    ´ 以り ノ: : : ,   たとえ失敗するとしても―――
                ,': :,ハ: : : {6', ヽゞン   ,   ゝ-"/: : : /
                〈: :,' レ'"ノヽ{ "         ノ-,ー'"ヘ    
                ヾ{  ノ: : : ヘ   、__-‐-_ ィ  ./: : : : :,        ”多様化”という結末を、このアイドル界に刻むべきだ!
                 ` ,': : : : : : . 、  ` ー '  /: : : : : : ,   
                   ,: : : : : : : : : .`  .__  イ: : : : : : : : : .
                  , : : : : : : : : : : : ヘ   ,,.」、_,,ィ,"⌒`ヽ:ヘ   
                 ./: : :/: : : : : : : :/ヽィ'"´ /::/     ヽ: .,
               ./: :/: : :_;,:.xイ´ /´}  /:::::7      ヘ: : .

              /: :ン}´:, ィ ´/レ'"´  /,../:::::::::7        }: : : .,            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            ..::ン"  /::/  ./::::::/ , ' ´/::::::::::::::{       、, }: : : : \           |   ガープ△……ッ    |
         ..ィゞ"   /: / ,ィ´:::::/  , '  /::::::::::::::::::}      ハ ヘ: : :,.、: :.\         ゝ___________,乂
       ,,_,,ノ´    , : : : { /::::::::::ゞ‐...‐...‐":::::::::::::::::::ノ   .ハ ', ヽヘ: :.{ .ヽ: : :\
            , : : : /^,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{    i } ヽ ヘ 、: `ヽ `, : : : .

           , : : : :, /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、   7 }  .ヘ  ',、_,,.入 .}: : }ヽ\
          /: : : : , {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  {ヽ ,' .〈, _/ヘ  ヘ ( ン : : }  ヾヽ
         ,: : : : : : /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ /} }_',  \、 ,ヘ   /: : : ノ   ヾ}
        ,: : : : : : :, /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'  ヽ7 }- ヽ    ,,.. -‐' } : : : /    !.i
       , : : : : : :,  ,'::::::::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::{  /:ゞ,,_,,,__≧ -'" _,,..ィ'ノ: : :./    ノシ
       , : : : : : /  _]三三三[二]三三三≧xュ/ ノ: : : : : : : :.ハニ二、´__,,ィ´: : :/    〃



















                    ,.-──‐- 、
                 ,.'´        \
                 /         _,,、-ーヽ
                 /          ,ィ<    ゞ`,
              !   <カ  ,.'´  `ミt、   ゙i
              ,>、 _ _,,ィ´ ヽヾ      、_イ!    でもキミたち72柱って
             ,イ   ,ィイハ、 ト、`三ゞ、  ミ彡ij
               l/l/ ,N'゙ _,ィ ` 、__,ニヾー-、 ,r、,i〈     個性が被ってるのも多いよね
              l/Vハ, 冖イ  `≡=、  ル' / j !
                  `i   j       '゙,イ ,ィイ
                  ヽ 、 ゝ<      / ノ爪リ
                /^(、  ̄`'ー=' /  イ/、        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 /   \_ _,/  _/Y  >、       |   このKY無能王……!!   |
             _, イ´      /!`ヽイ`\! ,/ |       ゝ______________,乂
     _,,、-ー<二´ (´  ̄ ̄`ヽ  / i  j 「  ,!/  L _ _
   / ー-、    丿`ー----‐イ_/ 、」 ___,,、ィいヽ ヽ    ̄`''ー-、
  ,/     ヽ   ノ ` ̄つ   |ヽ       !  ゙,    ̄``ー- 、 _ト、
  /         L (  ` ̄つ   |´         !            / ヽ
. /           _,イ  `二つ   |        i  「にk        /  i
/      ,ィ''" ̄  ,,、ーつ  _」        !            /    |







     /: .: .: .: .: . : ./    _,,.-‐''"    / /         / ̄||           |: .: .: .: .
    /: .: .: .: .: .: . _,,.-‐'': : : : :  三 二 ニ ―     /  ||   | ̄|| | || | || |: .: .: .: .
    /: .: .: .: .: .: .//:: : : : : : : : / /     三 二/  || ― |  || |_|| |_|| |: .: .: .: .
   /: .: .: .: .: .: .//: : : : : : : : / /         /  ||    |  ||  .|   |: .: .: .: .: .
   /: .: .: .: .: .: .//: : : : ヽヾ`;;:} 三 二 ニ ―    /__||    .|  ||  .|   |: .: .: .: .: .
  /: .: .: .: .: .: .//: : : : Z::::Z,,, / /        = ̄     .|_|| 三 二 ニ ―: .: .: .

  /: .: .: .: .: .: .// : : : : <:::::::ヽ:::>'                       _ l   || ̄|| .: .: .:
 /: .: .: 三 二 ニ ― : : <:::::/ ̄,                       |_||   / // .: .: .
_/: .: .: .: .: .: .//: : : : : Z:::::{                        l  / // .: .: .

/ : .: .: . : .: .:,'/: :  _,,.-‐>::::::ヽ                       __/ //.: .: .: .: .
: .: .: .: . : .: //_,,.-‐''":  Z:::::}ヽ、::::{、                         |___// .: .: .: .: .
: .: .: .: . : .://: : : :  ノ/ /ー/ヽ                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: .: . : // : : : : : :  / /                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: .: .: ,'/ : : : : : : : ./ /        、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,

: .: .: . : .:l | : : ―二: : ./ /        _)                         (_
: .: .: . : .{ l: : : : : : : {  {         _)     問題ありません!!!!    (_.
: .: .: . : .| |: : : : : : : |  |         )                          (
: .: .: . :..| |: 三 三 二 ニ ― |         ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

: .: . : . :| |: : : : : : : |  |                             |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: .: .| |: : : : : : : :|  |                         |   |: .: .: .: .: .:














    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,

    _)                         (_
    _)    医療に長けた人材は!!!   (_
    )                          (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

                            ___

                             ´    ` 、       、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
                         ´       \  ,     _)                         (_
                         /   ハ   ヽ、\ 、> ,    _)   居れば居るだけいいのです!!  (_
                           /   |、| \/=7、_>  !     )                          (
                      |ハ  |ィ≧  `'ツ` |  |  | __  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                      |! |、 ヾ ツ ',ィ=.、  |  |! レ´ _` 、
                          }  }   マ_〉 ! .|. / /   ̄
                           ハ ゝ、 `‐' /! /ェェ'′
                      ,ヘヘ_   /:ハ、 \>チfj/イル} }ー。‐┐
                 / / /ヽ,イヽ: : : `ー'.、<: L≦x-―: : !
               ,(   / /  ト、: : : : : : :}: : :`.ヽヽ:。ヽ: :、{: : L
                    |:`<_人_| |: : : : : :.ソ´: : : : : : ヽ。}: : `ヽ: ヽ
                   !::::::::::::::::::::::lー}: : : : :/: : : : : : : : : : :\: : : :\: \
                   `ヽ::::::::::::::::::::::ハ: : :〃: : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : ヽ: :ヽ
                     |≧s-z≦: : } :./{:::::..................................:}i:... . ......}: : : '
                    `ヽ:「二|ィ : |./ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::リ |::::::::::::ノ: : : :}
                   ヽ二| : : レ    >、:::::::::::::::::::::::ノ| !:::::/: : : : /
                     `ー‐ ´     〈: : : .ー―‐. ´: : ! |::´ヾ、: :/





         __∠.:.:.:^ヽ=--x
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ.:.:.\.:.:.:ゝ、
      _/.:.:.:.:.:≫-‐一'.:.:.:¬.:.:.:.:.:.:.:`丶、
    /.:.:.:.:.:.:,.'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.....:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    |.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:ァ''゙´¨¨ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    ,ィ.:.:.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    あ、あの人カルデアのマスターと同じ目をしているんですけど……
   f.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:i{.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|     ',.:.:.:.:.:.:.:.:

   |.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:i{.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|      ',.:.:.:.:.:.:.:!    狂気と採集に満ちた目を……(杉田ボイス)
    \.:.:.:.|ハ__ト、_」 从jヽ、    '.:.:.:.:.:.:.l
     |.:.:.|  -―'"~      ̄ ̄  ヽ、.:.:.:|
   _⊥.:.:\ 〈了苞ァ     〈了苞ァ ∧.:.|

   .=ニ三三三三三三三YΞ三三三三三三{
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~”¨゙'' `┼''゙´¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |            |           |
.  〈ヽ           :|           /.〉

   i \>          |          〈_/}|
.   \>           |          〈_/j_
   ├′          |           〈_,イ}.\
   〈つ             |           ⊂ィ.......l
  /.|            |           |........../






                       _  ────  _               l| |l
                       /           \    __        l| |lヘ
                    ,                    `、  厂}    、丶く.l| |lrJ^
                       /                  `、ノ /  、丶`、丶`=l| |lし ク
                   /                    `、{{∠、丶`     l| |lイ
                      ′                    `、 ⌒ヽ       l| |l
                                           、 ──===   ===─
                   }         {     {  {     `、  v厂    l| |l
                   } ノ   〃   |{     {  {`ヽ、}   ⌒ 、〉     l| |l
                  /     'i| l   l \   {\ \_ 〉        丶    l| |l
                  /    /斗=ミメ、|   \ Vxf⌒7//}ア厂⌒\  ,  l| |l   差し出しなさい、貴方達の医療知識の全てを!!
               (       /| 八  fお\   ィvちノ//ソ /    |ハ i  l| |l
.            ─=ニニ\  、 {o!∧  ^¨¨^   }   ¨¨ 〈/爪/∧    ! V.  l| |l   全ての患者を救う為なら私はなんだってするわ! なんだってね!!
        /     ⌒ \ \>ニ=〉.              /ハ//∧  ,     l| |l
          /          ⌒\⌒分。   t=  ョ   イ/ \///,/       l| |l
         i{       -──   ̄ ̄\会s。 __   ィア゚     \∧.       l| |l
       /∧                 \\ソニ}}Lア        \, _ -=- l| |l
       //∧                    \\ ⌒O、\        V / _ l| |lュ_
          /∧                      ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``~ <ニニニ= l| |l⌒ヽ
            、                                 \ニニニl| |l ⌒}





            ,..:‐-‐:::::::::::.......、

             ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
          /::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          ;:::::::::::::::/::::::,.::'::::,イ:::::/};::::/ハ::::::::l
       ,:::::::::::::/::::::/:::://:/、/:/  l::::::::|   ちょ、ちょっと待って!?
        l::::::,:::/{:::::/´ ィ-ニミ / イ  -!::::;::;
         }:::::;::::{ l从    {ソ    ,ィ、 l::/:/   ナイチンゲールに引きずられているあの二人は!?
       ,::::/:::::ト'、  u         {ソ/イl/                           (杉田ボイス)
        /:::,::::::::j__!\        〉 ,
       ,::::/::::::/  \ :、   ( ∨   イ
      /::/--、´\ /} >    イ:::!
      ,:::/    \ `´ l_ / `´} ::l::: !
.    /:::{     ∨  7{ { 、 /l::::|:::::.
   /::::::l        ∨//  \! ̄`ヽ、:.
   /イ:::::l、        ∨1、__};! 、  ',
    |:::: |∧    /\!|     || 、  ,








    、__人__人__人__人__人__人__,

    _)                (_
    _)   ブエル!!?!   (_
    )                 (  , -────☆、                  , -────☆、
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒  ☆_______,ノ             , -、 ☆_______,ノ

                           /::::::::::::\  ピヨピヨ       r‐.、  / ! ∨        ピヨピヨ
                       /:/ ̄ ̄ヽ::ヽ       /l、 .| | ヽ./  l  ∨   __  
                 __,.へ、_|/_      ヽ:|      l  ! ヽ! l ./   |  ∨ //.!  
               ,ィ':::::::::::::::;へ::ヽレ⌒ヽ     ソ       l  !  \}./  .,-,、  ∨ / l
             //::::::::::::::/ ̄`゙"~"ヘ:::::::\         l  \ _〉 >,二} l__ー, ,-、ー┴― ┐
    (⌒ 、___ /:::/::::::::::::::/ ⌒    ミ、::::::ヽ     , ---!   _ゝ/::,>―-<:::∨ 〈    /`/
    `>     /:::::::::::::::::::/        ';:::::::::::',      ヽ  \_└-L_|:::::::::::::ト.、:! !- '"´ ./
(⌒ -、./      〃::::::/::::::::イz===    __ |::::::::::::|       >'"´  _},∨〉、:::__ノ、::/-、!   /   、__人__人__人__人__人__人__人__,
 ヽ:::::::       |:::::;イ:::::::::::|         ̄ヾ!:::/:::N    r '"     ゝィ_`、::_:::l_::/ > '、__/、    _)                  (_
  \       ∧/::|::::::::::::''⌒)  , ─- 、  ∨:::/     >.、 ̄ ̄ ̄´  `//-ヽ-! }   } \ !   _)  それにデカラビアも!   (_
   ` -、    /:::::::::ヽ::::::.:::r'、   〈    /  .           ` ー-- __7    `、  !ー-'    )                   (
     ` ー |::::::::::::/\:::>へ ____ ノ'.                | ,' \     ヽ  |       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                                          ヽ_ / .> 、  ヽ ,!   
                                                ` ー'
  ブエル:序列10番。全ての弱った人を癒やす     デカラビア:鳥類を操り、宝石と薬学を授ける

       特に男性を癒やす                       五芒星の姿をしている









   __/}    ト、   ____
   \//|/竺/}-‐/ヽ/////
    ,'⌒/::::::::::::|∧:::::::∧-<

    ,':::::::|:::::::::::: | ∨::::::∧::∨    デカラビアってあれで女体化してるから不思議よね
    ,':::::::::|―‐--   'ー- 、Ⅳ;:::∨   _,
   ,'::::::::r‐三三ニ  三≧:::::::::::∨ 〈  ___}
  ,'::::::::::ゝヾ丶      }:::::__:∨/ ゝ
  ,'::::::::::,'/,≧s。  _ 。s≦V_} ̄ー=' _}
 ,'::::::::::,'//// ̄」L`ー、/: :|:::::::::∨

 l:::::::::,'//: : : : :`i「: : : : : : :|::::::::::::〉


        (
         _>──- 、
       /        \
     / ′/ ||ヽ     ヽ    え? どこからどう見ても女の子じゃない?(杉田ボイス)
      И ∧/ |ノ\|\ ヽ ヽ|
      ヽハ ┃   ┃ヽ|\L                 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      _八"   ヮ  '',6) く                  |   なん…だと……?  |
       `Z_ヽ-r   く ヽ _ゝ                 ゝ___________,乂
       ム /U ̄Uヽ |  く
        (_■_とノV⌒






                                    _   -  ── -   _
                                、丶`               `丶、

                              /                        、
                             ,                           \
                            /                             \        _
                            ′                        ',       、     /⌒ 7
                                        {       ',       ',     \   /   /
                           l|       {         {,   \   ,      ',      V      /
                           l|       {         { ', _ (\∧      ',    {  ,   /
                           l|       {\       { ∨斗⌒`   ',       ∨   ノ  }    L_
                           l|       , \{\(\{     __   -= ∧       ',     人   /⌒
                           八  l{\{\〉─=ミ、      厂(ぃ)/  ',        /人__∠ _
     医学おいてけ……ねぇ……      个=ハ   ___ -=ミ }       =彡     ,     i_//   \〔_==ミ、}L_
                            |  ∧ ⌒  (い)/                  i       |l⌒     ∨∧_ノ⌒ハ
     魔神柱? 魔神柱ですね?!     |  /∧   ^´ \             |       |l          ∨∧  //
                            l    /∧                   |     八          l∨∧//
     ねぇ、貴女魔神柱でしょう?      |    /∧                    |    , /', ___   _ノ ∨//
                           八     /∧                 |     /:i:i:i:i:i∨ √⌒{_   ⌒
                             \     分、     vこ つ   ..:::  l    ,:i:i:i:i:i:i:i:i∨ √⌒ヽ
                              \      }h。     ー   ..::::::::/i|  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨  {   〉
                                \  v/  ≧s。  __  ィ::::::/i:i:i:i|  √:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:jL    _}
                            彡クルッ  \/^        ⌒ソ::/:i:i:i:i:i:i| √:i:i:i:i:i:i:i:i/⌒^∨⌒|
                                             ^<:i:i:i:i(@)i:iVi:i:i:i:i:/⌒     ∨^|
                                              \:i:i:i:i:i:i:i:i/⌒         ∨j
                                               ノ⌒ ̄               ∨






              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  /: :〃 : : : : : ヽ
             /: : : : : : : : :, : : : : : : : : : : : : : :/^ヽ、: : : : : : : : : : :}
            / : : : : : :/: :l: : : : l l: : : : : : : : : ゙〉ii`<、: :'⌒`ヽ、: : {

            /,: : : :l' , / { l : : : :} l、l: : : ヽ: : : :l∨,/: : : : : : : ゛、/
            l/ : : l } jl:jll|: :l: : :|、li ∨: : ヽ: : : }fiiii`i、 : : : : : : /
            'l: : : :./lj' ll l ll l: : :lヾ,ヽ\: : ヽ: : ゙l`-'´`ヽ: : : : :/l
            | : : |/-ll‐ll┤l',:l: : l ヽーヾ-、l: : : |:,'   };:::': : ,' /    一緒や!?! 座にいても女体化しても!!
           l: : : | ィ'"丁ヽ,、゙ー-゛ , ィ"丁ヽ.`l: : l:' ,ィ´': : : : :/

           l : : li ゙、  r'J.l        r'J.l '゛'l.: : | ゙ヽ:::: , ィ´/     ウチら狩つくされる運命なんや!?!(杉田ボイス)
           ィ : : l l O ゝ-'        ゝ-' ゚ l |: : :|ヽ、゙r::::ィ:⌒)
        .///l : : l`l :::::::::::::::    '  :::::::::。゚:::l´l: : : l//`ヽ⌒}:^'⌒´,゛
       イ////l : : l ヽ、    r- _,. -、  U ィ/|: : : | 、`ヽ`.ヽ`'7: : ゝ、
       l ヽ////l: : : :l、 lヽ、. .ゝ   ノ , ィ´l/ l: : : | 〉///// ヽヽ、:}
       l/ヽ///∧: : l l  l 。゚ヽ 、  , ィ′。゚// l/: :∥ //////l  〉'
       Ⅵ/\.//∧: :lヽ lヽ    ̄    0, 'l//lll: :/ ////////l
       Ⅵ///// ∧.:l ヽ l `ヽ _ィ⌒ー '´::// ∥l:.//////////l

        ∨///// 〈∨//_lィ -、o::     :,'/ '´l/ヽ/.'//////,'
         Ⅵ/////゛ ,,/  >⌒,  ..:.   l////// 〉///////
         {\//// (  '´  / ヽ      Ⅷ//// / //////.l、
         /∨/ ̄// (  '´ /ヽ     Ⅶ/// / ////// l


        /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.'/:.:.:.:.;.:.:.:.:/:./:.:.:,!:.:.:.i:.:.:.:.
      i:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.ヘ/:.:.:'/:.:.;/:.:,:.:.i

      .!:.:.:.!:.:.:.:./:.:.:.:,:.:.:./⌒/:.:.:.:.:/:.:.、' \ヾ/:.:.'/:.:/:.i:.!
      |:.:.:.i:.:.:.:/:.:.:.:/.:.:.:.! r/:.:.:.:.:/:./:.`汽 ヽ,ヾ'/;.:/:./i:|
      !:.:.:.|:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.!、;.:.:.:..:/:./:.:/ {、 ヽ、;  ヾ;.:./:;!:!
     j:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.ゝ:.:.:.:.:!:.:i:.:/   ヽリ ソ ,/`ヾノリ
      /i:.:.:,:.:.:.:i:.;.:.:.!:.:.:.:.:.:./l/!:.:.::.:.i:./!      f/
    /:.:j:,:/:.:.:.:./:.:.:|:.i:.:.:.:/ ′ヽ:.:.:!:.! 、     、    ……ここは私が食い止める
   ./:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:';λ:.:.:i U  ヾ!:| \   /
  ,イ:.:.:.;.:/:.:./:.:.,. ヘ、i:.i:.:|     、 ヾ   ー,ィ     お前たちは逃げろ。例えいずれ捕まるとしても
/:.:.:.:.//:.:,斗´ ̄` ヽ、!:i:.:!、 ,r:./:.ヽ、  イ!
:/:.:.:.:./':/   `ヽ、  、ヾ:.', \\!:i:.:.f`´  ′      "抵抗した"という結末を、運命に刻むべきだ(杉田ボイス)
':.:.:.:.:/:/        ``ヽヽヾ:i /i|_∧ー- 、
:.:.:.:./:ハ          `ヾ、f:.:.:.:.\  ヽ
:.:.:.:i:.:.:.:ヽ            ` <:.ヽ、 .}

:.:.:.i:.:.:.:.:.:|ヽ、                  ` <ヽ___
:.:.:.!:.:.:.:.:.:|  ` =-  .,_               Yニニヽ‐-、          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!      イ三ニ`ニ=-.....,_     |ニニニ|'''ヾ,          |   ガ、ガープさん……!!     |
:.:.:.:.:.:.:.:.:ハニー-="ニニ三!ニニニニ`>,,、/ニニニ!`Y          ゝ_______________,乂

:.:.:.:.:.:./:.:.:∨三ニニニニヾニニニニニニヾ'TT<三=_}-f
:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:∨;ニニニニニヽニニニニニニニ}:.:!_ヾ. ├'
:.:.:.:/:.:.:.i:.:,:.:.:ヾニニニニニニ>-=二ニ== イ:.:.iニ! !
:.:.:/:.:.:.:.レ:.:.:.:.:.:ヾニニニニニニニニニニニ!:.:.:|ヾゝ'


              ┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃

              ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓ ┏┓ ┏┓ ┏┓
              ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛ ┗┛ ┗┛ ┗┛
              ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛
                                                          _

                                              _ ‐  __      //⌒``

                                              | l |   |      _i {L __
                                              | l |   |   /  | {  ⌒`丶、
                                              | l |   |   '            ',
                                              | l |   | /                ',
                                              | l |   |′     {          ,
                                              | |__|   |  〃   、       〈\',
             貴女は医療知識を有していませんね           ∠/ {⌒ \i  |{   i| l\   、 (\ ',〈\
                                           / 厂\⌒ \|   | \八 \\{ \ ヽ  | i }
             貴女に用はありません。おどきなさい!      { {/}  }   |   仗fさア\>、>ィfさア7 ノ ノ /〉
                                          厶 乂ーソ__   ノ, |\   l       j     /
                                        r ⌒\\厂x/} ∧ 八    ヽ     /     イ__/>
                                       厂 \   ', vx{ √ `、 \  ー=‐  '     /リ⌒ ̄ ̄_フ
                                   tぅ=ミ/アヘ ',  ,_j7 ノ   _ `、 r〕ト _  ィ八   /⌒``~、、>⌒\
                                 tぅ7ニニ / i{⌒ヽ\>、ノア /{ア⌒廴tぅl|D}}「ニニニニニV/   /     \\ノ}
                               イ{ニニ{厂7 ノ{⌒) }xix/イノ/⌒厂⌒厂乂jリニ※ニ_/ i{   /       \⌒\
                              ′j Lア乂{   (⌒)シ_/`⌒ ̄   {   {  ア⌒ ̄⌒   \,′         \、 \
                               人厂\__ア<ソ⌒ア        |   |=7           \              \、 〉
                                l| {⌒ー=≦   i          |   |7            V \ ___       } V
                                l| {⌒ア ̄{    l         |   |i{            V/ハ⌒__       }
                                l| { イ      叭         .|   圦             }  j⌒`          }
                              ⌒八 \⌒冖冖⌒ ^ 、      ィl|   |⌒           ノ\           /
                                 \ \       \ ...ィi{アo|   |    `      _ イ}\ 〕ト   _  ィ



        ,'::/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
.      i:::::{: : : : : : : : : /ハ:il: : : : : i: : : i
.      {:::::|::|: : !: : :|: :/ l ll |: : l: |i|: : :l}
       ∨::::|i: :|: : :|: i| | ! |: : |: |i|:i: :リ
       {`|:i ゙̄,二""   `゙二ミ¨7/¨      どうしてこうなった……

. _∧     ゝ!:|、.f {y:リ`    _´iィリ メ〃   ,.ィ
 ヽミ、__ _ィ:=|::'ハ ゝ ̄_.ノー(  ̄ メハ   /: 冫  社長! なんとかしてくださいよ、社長でしょう!!
   ゙=ィ、_チ‐‐'{:∧     〈   ̄ /リ、:`i;}=‐'                       (杉田ボイス)

           ',i ヽ.  ェ--ュ   イ:/  ̄            
          ` ィ‐|::>、._ .ィ´、 ´_,,..、
         _,,.メ ¨゙''ー、, -'´ ̄ソ-‐、フ
     , -、''´i } / > ,.._|_.,, / ̄__>''>、

    ィ=‐ン、∧| / / 〃 i|o| /  ´:レ'´冫 ilヽ
.    i=〈,,ィ'二¨` 、i i{ |i| :レ  /::  //i !ハ
.    {!-、!i∧::::i  ∨ |lレ{   __./ilY i{ || リ
    |ヽ.`ー'' ::  ∨く  `'ーソ| | iリ i || i|

    | || >、  ヽ.  〉=≧、./ l |:/i l| |} l}

                                                  ......――.....
                                                /::::::::::::::::::::::::::\
                                            __/::::::::::::::::⌒:::::::::::::::::.

  ん? ソロモン王ですか?                 _     /:::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vへ
                                 /ニニ-/ニ∨:::::::::::::: {::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::\

  あの方なら先程事務所から出ていきましたぞ   /ニニニニ}ニニΛ ::::::::::::::: :<´ ⌒ヽ  ̄ ⌒ヽ`>::::::::::::}:::::\_  _
                        .       /\ニニニニ\ニΛ::::::::::::::::::::{ _ }  { _ (:::::ノ:::::::::::::::::::>''":::::::::\
  いやぁ見事な気配遮断でした           {ニニ\二ニニニ∨ニ}::::::::::八::八 ̄`ノ 八´ ̄八イ::::::::\::/::::::::::::::::::::::::::::.
  私でなければ見逃してしまいますな!!    ∨ニニ\二ニニ∨-}::::::::::::::::: \_ ´  ` _/{::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::\:::::::::::

                               ∨ニニニ=-__ ニニ∨:: \::::::::::::::: 〈  ^^  〉:/::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::∨:::::}
                                }ニニニニニニ\/ ::::::::: \:::::::::::: V从从V::::::::::::::::::::::::ノ\::::::::::::::::::::::::::}::::::{
                              { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/Λ{:::::\:::::::::\::::::: :::::::::::::::/::::::::::::/:::::/\::::::::::::::::::::厂::{

                              {ニニニニ/ニ/ニ}::::::::::\::::::::::ー―\:::/――:::::::::::/::::::::::::>―::::::ノ::::::\

  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,   f乂__/ニ/ニ八:::\::::::::::::――:::::::}::::::{::__:::::::::::::::::::/:::::Λ:::>   ノハ
  _)                         (_  {ニニニニニニ/ニ}\:::::::::――::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/ {   _彡  Λ
  _)    あのチキン野郎ォォ!!!!!  (_ ∨ニニニニ/ニニノ  \:::::::::::::::::::::彡}:::::{::::::::::: ̄ ̄:::::::::::/   Τ ̄   ノ  }
  )                          (   ト-----<ニニ/    ∨\::::::::::::::::}:::::{::::::::::::::::/::::::/      廴 _彡   Λ
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒   lニ\ニニニ/ニ{     ∨::::>―彡:::::::::ト---::::::::::/        {      / Λ
                               {ニニ\ニ/ニニニ}     }:::::::{:::::::::::ノ:::::{:::::::::::}:::::/          \_ イ::::::/:::::



                ____
             ...::::::::::::::::::::::::::::::::::..,,_

              /::::::::::::::::/:::::::/::::::::::\_
           .::::::::;:::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::/.::::',
..            /:::::::/:::::::/:::::::::/:::/:::::::/   ',::::V
         ,::::::::;:::::::::/:::::::::/:::::::::-/- ´  i::::::∨   ロ、ロマニはほら、弱くで駄目な奴だけど

         {:::::::|::::::/:::::::::/:::::::::_,.ィ=ミ、   !::::::::i
         |:::::::|::::;::::::::::::{::::::::八 vリ Y_/z、::::::::}   一言、一言"頑張ってください"って言われれば

..            ,:::::::}:::{:::::::::::::',::::::/ ゝ--- ' 乂ノ:::::/  
          }:::::|:八::::::::::::::',::::i u       /}::::|     踏みとどまれる奴だから……
          |:::::;:::::::\:::::::::::',:::,    __ /:/:::::}
..            ,::::/:::::::/`''<::::::::,   ´ .::::/::::::}           /)
         /:::/::::::/  -―.寸:::',≧=-'::::/:::::,             / /      、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
        //::/::::::://       ',:ト::V{/:::/::/           /_/_r_、    _)                                  (_
..      / /::;::::i:::::{/       ',:::::{ /::::::/             ´ ー- 、}    _)   言われなきゃやらないのは出来ないと一緒!!  (_
..        /::/:::::{:::::',       i:::::i/{::ハ:{         /  ' ^ヽ )    )                                   (
    乂/:::::八::::、::ト=彡′   i!::::!乂 }:ヽ       ./     久 〉    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
      〈:::::::/::::::ヽ:::ヾ   ,    i!::::i\ 、:::}      _/    /¨¨´
..      八:::::::::::::::ト.::::}',   ',   i!:::}   ヽ \   _/  \ ィ
    /ィ::}:::::::::;::::{/::/∧   ',   .i:/    ', ∨/ `ヽ    Y
        ,::::::::/:::/イ   ,    .   i!    ゚} .//    ヽ/





        _      ___    _
.     /` r y‐‐y'´:.:.:.:.:.`:.:.<‐ォ ハ
     乂_У:.:,ィ1:.:.:、:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\_ノ
      `/:.:/:.:λ:.:.:.\:.:.:.\:.:.:.:.:\    ソロモン君に必要だったのは
      /:.:.:i:.:/ ヽ:.:、:.:.:.、:.:.:.:.ト、:.:.「    「なんとも思わないのか?」という同意を求める問いではなく
      ム:.l:.:l:.:l \ヾ:lヾl/、:.:j:.:.:.リ    「頑張って」という願いだった……?
.       └ⅥY ○ ` ○ V`Y
       ゝ.l          ,l.ノ
           }\. `ー^ー’ /{
.            ̄}≧ニニ≦ニ´
.       ハ   /´V:.:.:.:.:.:.V-ヽ
       |ー:l /-,/i:.:.:.:.:.:.:∧ニ.i
       {ーヘx'⌒i |:.:.:.:.:.:.:.:∧_)


        _ _
     /        `ヽ
    / / /≧zyェ≦、  ハ

    j ' | __  __| | l    嫌ですよ、その「ごめんなさい」じゃなく「助けて」と
    | | |ニ≦三≧ニ| | |    桜が言えば慎二は桜の為に戦ったとかいうIFみたいな話
    | | l三ニ=ニ三l | |

    | | l ̄     ̄l | |
    | | |ト   △  イ l |
    | | |  T=r=T | | |

    | | | / ,__ 、 ヽ| |
    | | |' }__ rw!ム |
    | | | j三三三マl ム!





                 ,   - ― - ― .、
               /::::::::::,, ― .、:::::_\

              /:::::::::ィ´:::::::::::::::::::ヽ:::::::::`ヽ、
             ./:::::::/::::::::::::::::,:::::!::::!ヽ':::::::::::::::ヽ
            /:::::::/:::::::::::::::::::/:::::l:::::j`Y.ハ:::::::::::ヽ    ……あ

.            ':::::::/:::::::::::::::::::/::::::,1::/   ハ:::::::::::ハ
.            |:::::::|:::::::::::::::::::l::::::/.}/    ハ:::::!::l!:!   やったわ!! 72柱全員の意見が
            !::::::|::::::::::::::::/!::::/ /   /  ̄ \!::l}:!
            |:::::::!::::::::::::/イ!/ ̄ `   ,ィ:㌃} |小/   "ソロモン殴る"で統一されたわ!!!

            j:::::::ハ、:::::j _,ィち丁ヽ   ゝソ ' .!/'                 (杉田ボイス)
            /::::::::::fハ,.{ ` ゝソ    、   .!、     __
.           /:::::::::::::ヽ,_N、        __   /! _ヽ___ハヽ、_
          /:::::::::::::::::::::::} \    <´_ソ , ' {、: : : : :.`¨¨ヽ ヽ   ̄ ̄ ¨ 、   、__人__人__人__人__人__人__人__,
          /::::::::::::::::::::::::::'',,  > - ,, _/!、 ./: : : : : : : : : :ヽ .}  f ⌒.ヽ_ }   _)                  (_
.         /:::::::::::::::::::::: --ゝ、  ¨ト、  !ヽ、 /: : : : : : : : : : : .} .},/    //    _) 殺菌! 消毒! 清潔!  (_
        /::::::::::::::::::/: : : : : : `'' - 、 }¨´ 人,j: : : : :.,ニニ.、: :.リ /    /´     )                   (
.       /::::::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : :廴{  ̄  _,ハ: : :./ / , `¨.<  ,,. "        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
       /::::::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : :, = -.、-   ハ: :ゝ'_/_/ ,y  .,ィ}´
      , /::::::::::f´ ̄ ''-,,: : : : : : : :./ ¨¨¨う__,,,_∠\`¨´ `¨丁´ /

      !:l:::::::::::廴、   `- ,,: : : /   ¨¨う ./,{_}ー‐'\: : : _,r' r'     ……一人減って、全員の合意が取れなくなったわ
.      乂::l1::::/ ^'' r、   > '    .r< j'、./ !丶.\: : Y´  r'"                          (杉田ボイス)
.       Ⅵ/. ,.....、 ,>.-''"     ノ¨´」 ´: : :! .l:\`Y`ー"
.       〃 ,-く  ¨´,     < ̄ ''' ~~}|、: : : ! .!: : 「´!

                   【もうやだ。ソロモンなんて産んだダビデがみんな悪いんだ。72柱の内、誰かがそう叫んだ】


アスモダイ君たち観測所組が統合拒否するなか
1シーンで超絶カッケー台詞と共にキャラ立てていったガープさん
流石は堕天した後、悪魔界で西方半分を収めるまで成り上がった男だぜ……

待った
確かにドクターの正体を見抜けなかったのはわたフラウロスだが
ソロモンに自由がなかったのを見抜けなかったのは72柱全員だ
つまり72柱全てが節穴だと言えるのではないだろうか?

魔神柱総選挙やったら誰が一位なのか
素材のバルバトスか、ネタのフォルネウスか、ガチのガープか

フラウロスの「もうこんなに悲しいのは沢山だ!見たくねぇ!」の叫びは好きやで
ただレフメン時のツンがひねくれすぎてた

しかし>>292の「別に何も?」が腹立つww魔神柱謀反不回避感ある


                   _,.............,,_
                ,..<:.:.≧7ミ=:.`:.:.、
               //:.:,:.:.:.:.|:.:゙:.:.:.:.:.:.:、:.:ヽ
            /;.:/:.:.:/:./:.i:.:.:i:.:.、:.:、:.、:i:.:.i:.:,
             /;.:/:.:./:!:.:|:.:|:.:.:.!:.:.i:.:.:!:.:i:!:.:.!:.:
             /:/:.:.:i:.:!:.:.i:.:.、:i:.:!:.:.i:.:_z=:!:.:i:.:.|
            .i:.i:!:i:!:.:i"ー-ミ、--'‐,"二 7;.リ:,!:!
            .!:|:!:|:i:.:ーt'佗ヾ  '゙仗ツ`:.:.:/:.;
            .L!i;リハ:.:.:', ̄  ,   ̄//:.:/;.;ィ
              |:.:i:`ヾヽ _  _, 'ァ'´:!:|:.|       ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
               |:.:!:.:.!:.:.i>。  ̄ ィ、!:.|:.|:.|:.|
              .i:.:i:.:.:!:.:!:仆、`¨´,.レ:1、!:.!:.!:,i         その昔、某RPGで「こいつ変態しやがった」と
              ,!:.、--イニニヽ-ハニニ7≦f ̄ヽ      言われたガープさんに、こんな男前な印象を
          ./.「ヾニtニニ/f¨ヾヘニアニ/;|.   ',      抱く日がくるとは思わなかった。
         ./   !ニ、ニヽニハ‐イ:|:i:!イニアニi.    i
        ./    、!ニヾミリi.|.!:::!il|ll!レ'ニニ|:   ,!    ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
       /     ,:リニニニ!.!|::::|.|.|.!ニニ=ム   !
      /     //ニニニ/リi::::::!l.l.i.';ニニニム  :!
    /     /:.:;'ニニニニi i i!::::::!! !.i i;ニニニ} :|
  /     /!:.!:.!:!ニニニニi | i!:::::::! l.リ,!;ニニニリ .|
 ./  \/  i:.:|:.!:乂ニニニメ|::::::::!`'<二ニイ   !
. 〈    ヽ  .|:.:!:|:.|:.:.!¨マ≦ニi.l!:::::::::!|.!|ニニ/    |
  ヾ     ヽ .!:.:!:|:.|i.:.!:.iヘニニ|.!::::::::::|!i.!ニ={:|     !
.   \   ヽ!:.:!:.!:.!!:.|:.i〈`ー- |:::::::::::|i.|二イム!    |
.     \.   \:.!:.i|:.:i:.i/ヾ≧i:::::::::::::!.|ニニ=!    ',
      \.  ,_ヘ┘/ニニニi:::::::::::::::!|ニニニヽ  .i




  /: : : ,ィ"´: : : : : : : : ∧: : : : : : : \

 ./: : : :/ : : : :|: : : l: : :/ `、 : : : i : : : ゝ    ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 |: : : : |: : : : ,j: : :∧: :{   |: ト、: |: : : : :ヘ
 |: : : : |: : : : :|\:「`\!  .j厶j∧: : : : ハ!     一方で長セリフ貰えたガープさんとクロケルに比べると
 |: : : : :\{\jィfテ卞    f气x jハ: :ノi      やや割りを食ってしまった印象があるサブナックさん。
 ∨: : /^ゝ 〈 仗ソ      込 〉i : : : i;     本来七章担当なのに出番なかった。……哀しい(ポロロン
  〉: : i〈^    `´    , ¨´ /: : : : }!
 /: : : \      r― 、    jイ: : : : ∧   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
./: : : : : : :Y:゙⌒\ 、   /  /⌒ヽ : : : i
I: : : : : : : 〈: :^:j : :\`ー‐' ,ィ: :/^: : : }: : : |

\ _,r'"~ヾ: :,ィ : : : :',¬㏍: : i ~゙''=-′: :|
<^\   \: : : : /┐〈 ‐┐:` : : : : : : /
  >≪__,。イ` `¨¨´  } 丶┤、:_:_:__:_∧
 ̄          ⊆二二ニ⊇㌻¨≪__〉            ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
ノ     . '゚     〈_刈    ヾ\ \i‐┐
―― ,≠.::/    /}.:.:.}:}!~^゙Y冖i: }|\ ゞo\          サブナックは蒼白の馬に跨り
   \/ 〈⌒一' /.:.:.:}:}.:.:.:.:,I:::.:.:!:|L№`。 \rヘ、       獅子の頭を持つという

    ,ィ-‐一'r―一'.:.:.:.:.:L」.:.:.:.:.:.:.:.:L」.:.:.:l _〉  \_K、       ザ☆戦争神ってビジュアルの御方。
   ,ィ r―一'.:.:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.:/ >    廴\      72柱が元ネタになってる作品では
  〈__≪=._\.:.:.::::::::,,ィ・"´ ̄ ̄ ̄:≧s。/≧'\ _,ィ'"~ト、_>    比較的出番が多めな気がする。

     ̄⌒ レ''゙´ ̄_,r'冖 ̄└==--ゝ   〈     1       名前もカッコいいしね。
       孑y冖'          i    /     /
       フ              i    /     ,      ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
,\      /              ,′  /     /
.., , \  /             .,    /     /
.., , , , ,~゙'' .、          j   {  /       ′




                                             ___ /ヽ/ ̄`>‐-、_,
                                              `ヽ、  ヽ::::i;;/-‐' ̄ ヘ
                                                />-┴┴- _ /::::::::::ヽ
                                             , ィ_⌒`ヽ〃 ̄`` ヽ 、ヽ、::::::::::ヽ
                                           / ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽヽ:::::::::ヘ

                                          /   /::::::::::::::::i:::::::::::ト:::::::::::::ヽ::ヾi:::::::::::',
                                            ∥::::::::::::::ハ::::::::::::|ヽ:ヾ_:::::ヾ、::}:::::::::::i
                                            ∥:i:::::::::{:ハ:',::::::|::| メj゙:,::::ヘヘ::}::::::::::i
                                            |.{::|::::ト、ij_ ヾヽ::::}レ'ィヵ-、:::ゆj::::::::::::|
     ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~              从::::|:::|ツモぇ `┘' 辷リ ' V〉 リ::::::::::::|
                                          /::::ヾ、jヘ',`弋,」          iン:::::::::::ト::l
       個人的には戦士系なら                   , ィ´:::::::::::::::::::/ゞ    ! _,   ./:::::::::::::::|ヾヽ
       マルコシアスに一票。                _, - ', -/::::::::::::::::/:::::::ゝ  ヾ ̄ノ   イ::::::::::::::::⊥、 ヽ
                                   ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::::ノ ⌒ ヽ__ `::...、` _/ |:::::/^`'   ヽ
       堕天使で、天使に戻りたいとか              /::::::::::::::::〃     〉__>L  _Lノ      └ -、
       ソロモンに言っちゃう系ウルフ。             /::::/:::::::::〈  ヽ    ゝ'i'i 〃=ii/          ∠
                                     /:::::/:::::::::::::::(_ ,'ーi、   ヘ/ヾ─ヲ      _ ィ"´ ノ´
       元・天使だけにハイスペック。        .    /::::〃:::::::::::::::::::ヽl  !ム、 リ  ∥/    r ┬‐'"  ヽ'"
       そして嘘は絶対に言わないし        .   /:://::::::::::::::::::::::::::l ./  ``/__ ヽ ィ≦_'l i     \
       嘘を吐かれるのを嫌う誠実な性格。    .   /:/ /::::::::::::::::::::::::::l /   ./;;;;;;;;;;;;;; ̄|     '〈iヽ.    \
                                .  ∥ ∥:::::::::::::::::::::::::レヽ∥ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ii   .::::\    \

     ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~    ∥ |::::::::::::::::::::::::::::ト、/ ヘ」 ̄ ̄ `ー-|__||_,,-''"}::::::::::\.    ヽ
                                  {  |::::::::::/::::::::::::::ノヽ、ム、;;;}   ,-=i;;;;;;;;;;} {_, =ヲ:::::::::::::ト\    ヽ
                                .  {  i:::::::::/::::::::::::::/ `  }  `'   '!i, コ,--ナ‐'"::::::::::::::|::::}ヾ、\ __.  ヽ
                                  |   !::::::{l:::::::::::i::/   .ノ      ¨~  /:::::::::::::::}::::::::::}:::} ヘ /    /
                                     ',::::ハ:::::::::〃  ノ             {::::::}::::::::ハ:::::::::|l::}.  /.    /
                                     ',::| i::::::::/   /       '      ゙;::イ::::::::ノ |::::::,ハ:}. /   /
                                      ,:|. ',::::/  /             ヽL::r<、 |:::::ノ j /   /
                                      ',|. ヘ:/ .人    __,,   -─'"二〈ん、 ` ヽ、 /、.  /
                                      'j  ,i /0;;;`;;≦、 _____, -‐''";;;;;;;;;;;>、ニ≧--ヘ'l,'l,'l/




     |
     |.      /
     |   / /  -‐━━
     |.  /  ′. . . . . . . . . . . . .>
     |\/  斗-. . . . . . . . . . . .. . . . . . .、

     |     /. . . . . /. . . .. . . .. . . . . . . .
     |    /-/. _ //. . . . . . . . . . .!. . . . . .
     |  〈. .../__/`/ . . . . . /. . ./. .|. . . . . .}

     |\. 〉.{ ん心/}. . . . ._/._. ./. ....| . ト  /|    まぁ、嘘を吐くのも吐かれるのも嫌いと
     |. . V / 乂 ノ L . . ィ. ../丶. .| . | \.|

     |. . . .{         ん心. ...V| . |.    j    私と気が合いそうですわね。推しメンにしますわ
     |. . .,小.        乂 ノ }:ノ . .∧   /
     |. ./:/:∧  丶  _   __ ノ. /.!. . . 〉斗=ァ
  r‐ .._∩}: ¨7ニム       ア. . ./斗 . /__<
  } 丶`V /ニニニ〕うニ=-=≦.. . ../:|i. . ./.「 ̄
  〉    Vニニニ7}斗- _ -=∠. .ィ: : |:|i. ./ . !
  }    |ニニニニ{-=ニ二ニニニニニニV|:|i./ . . !  ヒョッコリ
  丶    ニ-=ニ二ニニニ-=Zユ=--  .|:|i. . . |.|
   }   | Vニニニ-=ニ二7¨   _..斗|i. . . |.|
   人  /⌒Vニニニ7⌒¨ _ -=ニニニム. . ..八
     V    Vニ_7  _ -ニニニニニニフ. ../. . .\

、  /::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
__/::/::::::::/:::::::::::::::::::::::/:::/:::::::::: /:::::::::::::::::;:::::::::::::::::::.

:::l:/::::::::/:::::::::::::/:::::/:::、 ∨:::::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::.
:::::|::::::: |::::::::::::/:::,:´/:/ ヽ∨/:::::::::::::::::::ハ::::{:::::::::::::: {

:::::|::::::: |::::::::::// /イ     /:::::::::::::::::::/_!:::l::::::::l:::::::l
:::::|::::::: |:::::::/ ,.ィニ=,、  /イ::::,::::::/::/´  !::;':::::::::}::::::l
:::∧::::: |!:::::{ {i  ム心´   ,::::/:::/::/   }/!::::::/:::::::;
:::{ Ⅵ::!∨:|   {て刈  /:イ:::/イィチヽ / }::::/:::::::/

::::,  Ⅵ Ⅵ   弋z(ソ    /:イ /刈  }! /:;イ:::::::::/   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
:::/ィ-r,               {zソ  イ:/ |:::::::/
:{/:::::::}}\     _      、   ,ィ::/ ,:::/       同じ72柱の一人・グレモリーの騎乗獣だった事があり
::ゞ_:/ノ   、   /レ `丶、_       ,'´   /イ         爵位が上になった今でも、彼女を慕っているマジワンコ。
::::::/     \ 、     ∨    /}!             もしマルコシアスを怒らせたなら、グレモリーに
- '        \ゝ__ノ_,..  イ_j{             仲裁を頼めばいいとまで言われる。どこまでもワンコ。
    |    /:::::` ̄ ̄ i       `´
    i    /、::::::::::::::::::::|                   「自信」や「自画自賛」を司る悪魔でもある。
、_   i!  {  ヽ、_r‐ '´ ̄`ヽ、                ソロモンに天使に戻りたいとか泣いちゃう癖に(ボソッ

/∧        ∨!        ,
∨∧ ̄ヽ     /´Ⅵ      ,               魔神柱戦では兵装舎に属し、最後は生存放棄を選択。
 ヽ/ハ、       //!        }
   \/\____,///     l               ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
    \//////_/     ヽ l

      ` ̄ ̄´         \





                                                      {\
                                                {',    ∧ : ∨/
                                                {: ',     _,: : ∨/
                                                {: : ',、丶` : ',: :',ミ、

                                                ',: : :'〈ー(※)ノ:,: : :,::::\
                                                ∧ /::::::Y:::::::::', j:::::::::::::',
                                                .::::::V:::::::(0)::::::::::} {:::::::::::::::,

            この子、えぇわぁ……                       i::::::|{:::tぅ:::|:::::tぅノ__」__::::::::::::
            なんやとっても弄り甲斐がありそうやあらへん?       |::::::| \L::L ィf少)|:::::::::::::::|
                                                |::::小^f少 ,    |:::::::::::::::|
            同じ72柱のオセよりも玩具にしたいわぁ……          |::::::{ハ       v) !:::::::::::::ノ
                                                |::::::{:::分. ‘   ィ|:::::::∧{
                                               八::::::〉ハハ〕iT爪(i:リハ:/

                                    __                V'´ ̄ ア厂⌒寸\⌒\
                               _  ─┴= ミx、       _ ′ { /i:〈    寸i} \ 、

                               乂ーrヘ──= ノ       「く{  ,〈i:i:i:i:i:i:', ヽ  ノi∧  v }
                                 t─\_ー ⌒入      ∧ \{ノi:i:i:i:i:i:i:}   : {:i:i:i∧  v
                                   ̄  ⌒\⌒`)⌒`く⌒ ∧ .乂i:i:i:i:/  i 乂i:i:i:}  {

                                       /^ v/   \  }  { 「:i     '   }i「 }   ∧
                                       /  ,′       }   { 〉〉       ノノ ,j  { ',
                                      '  /        }    V:/        {:{ {|  {   ,
                                      {  /        j     {i:{       ji:{ {|  {   ,
                                      { V           /    ji:j       {i:{ {|  {   ,
                                      {/        ′   /_ノ       {i:{ {|  {    ',


        ,____、__
      ヘ// ̄\\`丶
     //i/    \\|
     //丿       丶ヾ
    〆′r-‐‐‐‐‐-、 ``、_   あとレラジェさんも推したい。

        ̄i´゛゛゛゛゛゛`ヘ‐‐--ゝ よくわかってない(記述の少ない)悪魔だけど
      ノ      }}     弓の名手で、バルバトスの弟子という微妙にキャラが立っている。
     ノ´丶‐‐----{{     この三国志とかノブヤボとかで70台の数値持ってる感じ、好き。

   ソ____、      '\    廖化みたいな。スラムダンクでいうと翔陽の伊藤(山王の松本ですらない)
  /〟---、、       ! ヘ`i
 /´ ̄`丶 ヽヽ    !! ` 、
 |    丶 l.l.i     ! i ¦






  ┏┓   ┏━━┓.            ., ,...-一-...,,、                ┏━┓
┏┛┗┓  ┃┏┓┃        . -'''´'^::'´:::::::::::::,:ヽ,'丶、___ ,i            ┃  ┃
┗┓┏┛  ┃┗┛┃  ┏━  .,:´::/:::,:::::/-Y^j::::|ヽ心::::`下、  ━━━┓  ┃  ┃
┏┛┗┓  ┃┏┓┃  ┃  ./::::,:´,:´ソ:::/____ ノ:::八ij:::}::i::::::ヽ`        ┃  ┃  ┃
┗┓┏┛  ┗┛┃┃  ┗  .,'::,/::/:::i/Ⅳ ̄ 7:/ ハ'.:j_ハ::ヽ::i !} ━━━┛  ┗━┛
  ┃┃      ┃┃.      i .i ノ ,ィ,:ィェ拆弐ミく_ '__'犾 ソ::::.|:|I リ         ┏━┓
  ┗┛      ┗┛.     jノ'.´_,// .!.代uリ. ,ij~`if.ィテミ,::|:::j:j'          ┗━┛
                   ル':ル'メゞ ,, "' ー" , 代ソノ,:方::i'
       ,ィ===ェ..、     .:"|::/:.!(ゝ.   r.-  、  ,,-':,:/
      /' ,..--ェ.、 \\  '. ル' `x`ーヘ.  、   メ ノィ´ソ ィ '_下、
     /:::::::::::::::::::下ヽ、丶_  'ッイ´ソアjト、 `-  _ ´ベ ,ィ'´,ィ=-::::、ヽ
    ./::.ァ " ̄" : 、:::::::::::丶ェイ::::::::::/ _だ气,ニ>エ ´7、`ニ,ニ_´:::, ィ一-:::_`\
    f:.ヘ!、      丶::::::::::::::::::_ル-´ ト、ミ杉ィ´ラ ̄/´  }}ヽ      ヽ:::ヽ
    i:.!          へニィ´`7 .Ⅳ/ ` ,下、´ i !'7   , }} .|  乂_ノ:::)::::チ
     '!、            /  //       丶、i   ノ i} リ    ` -イ:::::/


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

    英霊の盾になって死亡したアロケルさん
    (覗覚星はアモンたちが徹底抗戦したり
     ヴァサゴが自己崩壊したり、バアルが
     行方不明だったり色々混乱しとるなぁ)

    赤く、猛々しい姿で、元は戦神と考えられている。
    天文学を良くし、勤勉と労働を是とする真面目さん。

    なので召喚もキッチリ正しい方法と呪文で喚ばないと
    激オコするという(ある意味)微笑ましい性格。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




                __
             ,ィ'´  フノ

         ,ィ'´彡/:::::::`Y 厶
        /彡:::::::::::,イ´⌒Y彡 ヽ
    //::::::::::://-、     y::::`;
   / /彳:::::ノ:::/.-、    __ リ:::::::i           ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 .   /ィ´:::::/ ::/'⌒`    、 `Y::::::::|
    /:,イ:::::/イ:/    ,  ‐=、.ノ::::::::}             一方のブエルさん。医療神。
  / イ;;::::/;;i|    _    ノ:::::::::/   ,-r、        みんな大好きバルバトスさんの上司。
   |メ、 {;;;;八   「 ヾ〉   /:::::::イ   /Y i. ト'i´}     72柱でも五指に入るであろう善いヒト。
    ! Y:::::::::::;〉、 ー '  ´イノ::::ノ  . i.└`'しiノ
      ヾ八ノ .>- r'´;;丿‐Y、  .  ヽ   マ )     なんと、たとえ間違った召喚でも
    __ ム /  ,イ丁/ /⌒`Y   . \  }      だいたい合ってれば(意味が通じれば)
..  ,イ  /" ミ三彡'´{ { 〈    ∨     ノ  |      応じてくれるという。アロケルとは好対照だ。
  | | //'´   __r'´ ̄ミミ}}}ト、.  、   .    i
  | ,イ彡⌒iレ'//i      :::ヽ  ヽ.   /  .|    ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 レ    ::{////{     :::::::::}   ヽ  /   |
  {  ::::::::::∨//ノ  ::::::::::::::::∧    Y    |
 八;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,イ  \  八  //
   `Y` 、__ 人r-‐'´  ̄-‐{  . \ .`ー'´Y'



                 ____
              ...::::::::::::::::::::::::::::::::::..,,_

               /::::::::::::::::/:::::::/::::::::::\_
            .::::::::;:::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::/.::::',
              /:::::::/:::::::/:::::::::/:::/:::::::/   ',::::V
          ,::::::::;:::::::::/:::::::::/:::::::::-/- 、  i::::::∨

          {:::::::|::::::/:::::::::/:::::::::_,.ィ=ミ、 `  !::::::::i    (魔神柱同士でもソリの合わない子がいるものだ)
          |:::::::|::::;::::::::::::{::::::::八 vリ Y_/z、::::::::}

              ,:::::::}:::{:::::::::::::',::::::/ ゝ--- ' 乂ノ:::::/     ねぇロマニ、忘年会の席割りだけど、どうしようか?
           }:::::|:八::::::::::::::',::::i         /}::::|
           |:::::;:::::::\:::::::::::',:::,     /:/:::::}
              ,::::/:::::::/`''<::::::::,   ^ .::::/::::::}           /)
          /:::/::::::/  -―.寸:::',≧=-'::::/:::::,             / /
         //::/::::::://       ',:ト::V{/:::/::/           /_/_r_、
        / /::;::::i:::::{/       ',:::::{ /::::::/             ´ ー- 、}
..          /::/:::::{:::::',       i:::::i/{::ハ:{         /  ' ^ヽ )
     乂/:::::八::::、::ト=彡′   i!::::!乂 }:ヽ       ./     久 〉
        〈:::::::/::::::ヽ:::ヾ   ,    i!::::i\ 、:::}      _/    /¨¨´
        八:::::::::::::::ト.::::}',   ',   i!:::}   ヽ \   _/  \ ィ
     /ィ::}:::::::::;::::{/::/∧   ',   .i:/    ', ∨/ `ヽ    Y
         ,::::::::/:::/イ   ,    .   i!    ゚} .//    ヽ/                      ,. :'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::、
      /:::::/::::{    ハ      i!   . ´ /  :.   /                    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.i::.:.::i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;:;:゙、
                                                     /.::;.:.:.:.:.:.〃.:.:.:l.:i.:!!.:.::l:i.:.:.:.::::::::::.:.:.:.:;;;;;;゙、

                                                    ノ.:.;'.:.:.:.:.〃〃j,ハ:i.:l:l:.:.:l:l.:.:.:.:゙、゙、.:.、.:.:.:.;:;;;;.',

                                                    〃.:j.:.:.jii.:.:./:/.jリ i.:i.:l:l.:.:.l:l.:.:.:.:゙;゙、ミミヽ.:.:;;:;;;;;;',
                                                     〃.:.j:.:.:jii.:.://.:ノハ ト、ト、i.:l.:l.!.:.:.:ミミミミミヽ;:;:;;;;;;!
                                                     {:{;:;j.:.:ijレイイ--‐' ゙、ヾトトトミ;トトミミヽミミミミミ、;:;;;;;{
                       忘年会の席?                        V从;:;j. ,t〒テヽヽ  `二ニ''ー-ヽミミミミミ、从!
                                                      ヾ从j!  `ー'      t〒テヽ ``i.:i1ミミミ从j!
                       クジとかで適当に決めたら駄目なのかい?      '1 i!     / .::.  ` '''`   j;;ノハj!;;;:;〃
                                                       iい    ノ .:.:::.       ハ /;;;:〃
         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                                    {;:;:!    `゙゙"´       ノノ/;;;:〃
         | えっ?   |                                     {;:;j    r‐_‐- 、     ,._ ノ;:;;〃
          乂____ノ                    えっ?             ノハ',    ニニ`      / i;:;〃ソ
                                                       /!.゙、          /.:;;;;:;;ノノ
                                                         / ヽ、.゙、    ,. ィ´   .!ソ
                                                     _/   \`"""´ /     ト、
                                                ,,.、、-‐'"´ ヽ      \      / L_
                                            二ニフ´       \      \ __,,./ ∧|  ``''ー-、、
                                                        \      /.:.:.:`ヽ V |     ヽ、 ̄``''ー
                                                              \   /.:.:.:.:.:.:.:ト、 |          ̄``''
                                                            \/`ヽ.:.:.:.:/ ヽ|
                                                               /.:.:.:l

                                                                /.:.:.:.::l


                  丶`        ` '< \
                /              `ヽ`ヽ
                                   `、j
              /                      Vヽ
               ,′      i                 V}
                  ′      |        i:   i     v    あ、この雰囲気なつかしいですね
                    | i     :   l`、 |i      :ヽ
              i       i | |i     i  | } 八     ,}   円卓でも王とアグラヴェインが出してましたよ
              |  i   |  八   |  | }′ ,   レ′
              |  |   | _   `、   :   j ,ィi雫ミ   ,
                  |  i r‐雫ミト、   : /^乂ノ ノ :   i
                  V/|  |  乂ノ  \ i/       ii  ,                _
                V|  |、:.      {゙      八  ,iヽ          _ ‐=ニニ)丶、
                v  |/∧             /: }  ,| }     r≦ニニ≫''"     ` 、
                   ,  |\/\    , -‐  、゙ i) }  } | }_ _ -‐…‐≫''"           \
   へr‐…………‐-ミ   , '  \( 〕h。      //j  }. / ノ )    _、丶゛             \
_/  |/‐=ニニニ7  \  , V  \ ‐-≧=≦/ ,  }/://    √                  _ ‐  \
[    |‐=ニニニニ√   \ \{   `、 i i } { i _{  //     .√               _ ‐
[    |ニニニ二二√         \   }≧=‐ ‐=≦八//       √          _ ‐         }i
.\  :!ニニニ二二√     i    \  }          V{   _  -‐ {           _ ‐           八
  \ |ニニニニニ{       |    _〕八      ィi〔 >''゛     {     _ ‐              ′





: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
: : : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : :.イ: : : : : : : l

: : : : :r=- _l: : : : : : : : : : : : : : : X  l: : : : : : : :l   (王様人の心わからねぇ……)
: : : :/    l: : : : /l: :.:..イ: : : / ヽ l: : : : : : : :l
: : : :l    .l: : :/ l/ .!: / 三三 l: : : : ハ: /             トイ

: : : :.ヽ   .|/    .|/       l: : / ´          ,.ィヾミ川彡イ
ヽ: : : : ヽ                   lノ          __,.:<::≦三@三≧
./: : : : : :/=- l                  ヽ         弋ニニ弋::::::::::::::::::::ハ
从: : : :./   ヽ                /          ム:|:γ⌒ヽ、::::::::::::::ハ  マトモな神経してるやつは
ニニ=-     ヽ       ∠ニ7,'            /::|::|ゝ、_ノ}::i!::`r:r:イ  王なんて職務に耐えられんわ!
ニニニニ=-       、         /            /::::|::|_┌─‐┐ ’, 
//\ニニニニニ=-      ___/            /::::::|::|;;;;}弋  ノ , <
////.\ニニニニニニ=-  ヽ.ニニニニヽ           /:::::/|i!|/、_, -、¨ヽ|::|

//////.\ニニニニニニニニニニ>.ニニニ|ヽ         /:::::/;;川 ヽ、_, <_ノ川、










                 ィ''´,. -‐ ': ゝ 、
              /: : : : : : : : ヽ:\

                //: : : : : : : : : : }: :\
               /j: : : : :/{´ ̄ ̄` ヽ: : {ヽ                   _,...。---:. .、,.........,__
             ,イ: : {: :{ ,ィ彡' } ミx、',: ゝ、     ,、           ,.r'": : : : : : ,r'": : : : : : `":ヽ.、
                  }: : :ゞ{/ィ=ミ、 { ィ=ミ }: }`     .l:ヽ .l':、    ___r'_: : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : :丶、
             /:,ィ {ヽ x_x_x , ', x,x }フ      .l: : ヽ,j:.:ヽ   〈.:lriiヽi, : : : : : :i : : : : : : : : : : : : : : : : :.:':,
               {/ }: ゝ{ァ'': :_:_ヽ ノ: : ヽ       ! : : : `ヾ;.ヽ、 ∧!ij.r/ : : : : : : '; i、: : : : : :`ヽ、: : : : \: :':,
                }ノ:/{,,‐'´`'' ー- ' ヾ{       ヽ:;_: : : : :_: ;`ヾ、i!/'r': : : : : :.、:.:,j.:.\: : ヾ; : : ヽヾ:; : : ヽ; :,
                  }/  {: :ゝ イゞ ノ } '        ,r'":´: : : : : :`ヽj!_: : : : : z-┘    \: ヽ^'ヾ:-、':ヾ: : ヽj
               /    ゞ: : : : : : :/ 、、       .l : : : : : : : ;.r: : :ノ:-: : : : :_j        `' ミ:、/^.ヾj ';ヽ: :.!
           > :´ :ヘ     ゞ : : : /  .|`. <    l: : : : :,r/::,r^l i^; : : . : :J `",ァー- 、,__,  ` |(.O) l .l'j
        > :´: :∨ : : :∧` ー‐-  `iヨ-‐ ´ |: : : :|`. < l: : : :/7:.::/ .'; : :ヾヽ : : :r   /   ,. 、 ヽ   '、  .ノ l 
    / ヽ: : : : ∨ : : :∧¨ '' ‐- 、 ゞ〉、ー´!: : : :!: : : :|ヽ.!:.:.:/ .{:.:/   ':.: : :.;'⌒ヾ!   | (..O.) |   .`'ー'"  j
.    /: : : : :∧ : : : |: : :}ヽ:_〉、     i マ\〈: :∧ ゝ : : i: :'':;/.  V   ヾ: : i, '7ヽ.   ',  `"  ,ノ _,.。-'"^i,   ,'
    i: : : : : :{ }:__: : \´ /: :ヽ    :  ゞf≧‐_/: ∧: 〉 {'!        ヽ: :ヽ. .〈.   .ヽ、.,__,.。:'r'"      :i ./ .r'Yヽr-、
   ノ : : : : / / ノ___f¨.!r 、: :/'   :   ヽ: : : : :〉ヽ/:{: ',    .    ): : : `'.-; 、      i       レ'ヽ, j,j .l .l,r'^ヽ
  ヽ /ヽノ´.} .i___{、 ノ j 〕 }'__    ,i{     ヽ:/}\: /ヽ{      _,ノ: :_;r:.:,.ィ!.  丶、    l     _,.。イ^:, 〈 .ヽj_ノ-'^ .l
.  〈: ヽ/{ ‐〈_ノ: : : : `¨: ゝ イ} } ̄´´}{`` ̄ ̄  ,/  ` }: : }      7T,r',:。イ :!     .`"' ー┴rー '"ヽ! l!. . !  i___    .j
   マ: :/\´: :/´ ̄`\: : :ゝ,ノ , -‐ }{ ‐- 、   ,     ``i     ./!l i l  i  ヽ,_     /^:,   .ヾ;':l. . .ヽ,_     /.`':-:.、_
    iヽ{  ヽ´\ ___/ : //   }{    ヽ  !        |   ,ノ-、,. い':、ヽ    `'ヽ     入    i'j. . . . ..jヽ、__ノi、_. . . . .`'‐.、
    |    ノ` ー― イ /      }{    } |        /. . . . `ヽ、ヽ .\ 、...  l!    ,:' l  _ ,ノ、. . . . l';ヽ,____,ノ j^'ー-- .、. `':.、
    |  ,/{{ ヽ-----ィ  .{    ´´}{``     |      { / . . . . . . . . . ヽヽ._ \  j!_..、 r'  / r'/ l. `ヽ . ':、ー--‐' . . . . . . . . . . `;
    |/´   ゞ ==== ィ   '.,       :     ' ∧     ',r'. . . . . . . . . . . . .', `'ヽ、_', lj     /j, 〈  .j'ー- 、:,:_ヽ. . . . . . . . . . . . . . . . .i
    {          /    }         { { ',    /. . . . . . . . . . . . . . ..!    ヽ     .// .V  /     `"'-:.、,_. . . . . . .. . . . .ノ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

       イカではない。エイであるフォルネウス。
       海上でしか現れない(召喚できない)ので三章担当も納得。
       言葉と隣人愛を大切にする悪魔。
       転じて、姓名判断に長け、縁起の良い名前をつけてくれるというユニークスキルを持つ。
       変な渾名つけれられたのにメッチャ運がよくなるとかだったら面白いと思う。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




         \     `'  / /   /`ヽ ヘ   ,ィヽ' {/ /
         _∨ ヽ\,/ /   / /  //} '/{ l \  /
         \ ``   / /   /    / ∧} /,| l   ∨
.           Y / /    /  '   ∧リノ彡| }   ∨
          _У         /| /∧   |     |     ∨
       -=ニ ___ / ./≧_Ⅳ V |     | /   !  \   ほほう、ハイセンスな名前を考えるのが得意と
.           / { { イ/ / 灯示ミxト、VΝ _-―И   |  | \
        _乂  乂、/}   V_;ソ ` ヽ 'f示苅v   ハ . |    ふふふ、ですがこの不肖・天草四郎も
          / , /\o_          ; ゞ ' ノイ从/\ ト、
         / イ }/ /.}迅         i    / ノ }/   /\   ネーミングセンスには自信がありますよ
         ,ィfモ'x、  {/|∧   、     '   .,イ
        ノ/////\l Ν  ,\    ̄  ̄  /}/
     __/=-///////Yi\   , \    /  l-、
  _/⌒ト ,////////∧i:i:i:\__  ` ‐=≦> l\∨Ⅵ、          【ついんあーむびっぐくらんち】
  \//////\//////∧i:i:i:i:i:i:i:≧s。.,ノ/イ\'/\/Ⅵミh。.
  //\//////\/////∧、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i|i:i:i:∨///}////}ミh。. __, 、
  '////\//////\'///∧i\_i:i:i:i,'i:i:/|i:i:i:i:i∨//////{////≧s。}ヽ_



               _   、
            `ヾー- ゝ `ヽ}\ 、
       ー=ニ二 ̄          ヽ)ヽ
    ー-=≠≦ ___    , ‐- 、 __,,∠ '=‐-、
    ‐= ──≠ ''"´   /     ヘ - \
  _rニンヽ` 、 _   -‐/  ./ ,イ / },  \ヽ、
/ ,x彡´ _>_    ,r‐!  /,.ィ__| /! ,イハ | l  i
l__ r  彡  \  ̄ { ( | /弋ッl/ |//l |// ヽ}    神域に至ったネーミングセンスに
|/ }.  彡   ` 、  ゝ、{,イ,,... -‐─/ヘ,.' |/
∨ヘ.  彡    >‐-‐ム:.:.:.:.:.:.:.:.:  / ′       我らのセンスがどこまで近づけるか

∨ヘ   彡ーイ´ー-‐=≧__ゝ、.:.:.:.:.: ,´,_
 ∨ン_//:.|:.:.:.:`‐- .._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄`==ー.、       腕がなりますね!!
  //ゝ≦x、:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ‐- ,,.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:|
/:.:.:r'二.._  ヽ.ヽ_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ‐-.:.:_ィ彡ヽ

:.:.:.:.:/    `ヽ  ヾ  `ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ヽ     【いもーたるかおすぶりげいど】
:.:.:.:_{      \ ',ゝ‐‐{  ` <:._:.:.:.:.:.:.:.:/∧ i
:,/ |         ヽT ̄i     ヽ` ‐-tr' |ヘ‐
 .r‐l 、    /__`ー‐ } |      \   ヘ l ∨7
 |`二二二三 ̄  i=//       ヽ   V   |=





            . ´  /       ',     :.、
           /            ',      ト
          /        /  ̄∨   i /ヽ   j ヽ
         ,イ   /    /    ∨  j/  ‘, /  }
         ⌒i /    /     ∨   ,、  У   }
           ∨ ,ヘ/ /  ̄`   ',  j/ ヾ.     j   そうだね。
           ∨ } イfて阮卜 l,  }_ノ --∨    V
           圦 {  { ヾ __ノ⌒ヽ 侘卞1   i/    僕達三人でフォルネウスに負けない
            ヾヘ;N         `ヾ__ j_/У     カッコイイ必殺技を考えよう
              } i        j     /
              И\   、       /
              }  \   ̄´  /
            __ ノ\   \__ ,イ          【でんじゃらすげーむ】
           /::::〈   ヽ、   _ノ 1\
          /:::::::i \    `ヽ/   ト::::\
      =ニ二/::::::::::トヽ \   /r'^ヽ   !ヾ::::::\
 , =ニ二二二/:::::::::::::i ヽ 、 \_/圦__ノ}\j i\::::::\二ニ‐





        ,. -───- 、
     r-‐'´          \      姉  く   立   で    私
     |  |ヽrl l 、  、 ヽ、 ヽ     心   れ   派   も    は
     |  |   | !ヽヽ ヾヽ l   l        れ   に   い    剣
     ト-|---ヾ ヽヾー‐l┼ |  |        ば   育   い    の
     | ≡≡≡  ≡≡≡ |  |            っ        骨
      |  |            | |  |            て        で
.    |  {    __     | |.  |                     す
    |   |`ー-.,二` ,, -‐'::! |   |
    |  ノ  ∨ヾ厂ヾ=シ::l |ヽ  l
     | /   {::::V7Tレ'::::/ /::::ト/\|
    |/    〉::::|'ブ::::::/ノ´_:::}
       /ヾ´l/`>ベイ\ー}

       >'  | `^´ l  ヽ  ノ
      `ヽ,ムL___|!__ヽ Y′
        | ,イ /  `ー┘
        `′ー′



                                               ィ´_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ト
    ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~             /:::::::ムィ'::::::::::::::下下::::::::::::::::ヽ

                                             |::::::,':::::/:::::::/|Λ::::::`ヾj--ュ斗ュ
      クロケルと合体して英霊を殲滅する                 .|:::::::{:::/{:4:::i j:||::ト、:::yム 井  }
      選択をした生命院の九柱であるが                 |:::::::|:/ |:! |::| |:| |:| \::イチノヽ下ゝ

      サブナック、クロケル、ヴィネ……                  .j:::::::!/`.!_トL!  |j 斗 ィ -\」:::|ヽ/i
      この三人は軍神でもあるので納得。                ' t:::::{ィ"行     ィェ斥、|  jj|\:}
                                            j_/Lハ. 弋!     弋リノ/  ィ|i\_}
      バラムも強面の策略家                           |::i〃  、   〃 'ィi´ }:::::::::|

      シャックスは掠奪侯と言われる性格                    |ト         ハ:i:::::::::::::|
      フルカスも大鎌を持った騎士                        |:}へ  ` ´  ィ'::|:::::|:::::::::::::
      ビフロンスは死霊術を良くする悪魔                    j|:::i:::::トェ.., <" {::::|:::::|:::::::::::::|

      とタカ派の連中が並びます。                       _i:::|:::ト゛´と|    ヌ/:::::::j::::::::::::::|
      ハーゲンティは賢者だけどお菓子に                _/j  }::j  |´  / j:::::/ヘ:::::::::|
      されたし……多少はね?                      f  ,' /./-へトェ .´  /./  / `ァ:::
                                           |  f//   ,く/  `7ソfム ´  /  }::i
    ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~           | // |ゝ//o |丶、/ {i /  /   |:::

                                          ノ::| j f j/ /   |  {i i{ .| i/ ,   i::::.!
                                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| { |  { リ   |:::::::i
                                _| 怒りが止まぬ。怒りが止まぬ。   |  {   !/    |::::::::
                               べ! 我ら九柱もはや極点に至る      | .|   i  ハ   .{::::::::::i
                               /`!、栄誉を選ばず。道理を弁えぬ  を-、.|   {/ .i   .|::::::::::i
                               ド_y 英霊どもを一騎でも多く殲滅す ヒニ、i,ヽへ、ソ     |::::::::::
                               '--' 口惜しい!口惜しい!口惜し ヒニ !  リ  ゝー、、 {:::::::::::i
                                 | 殺す。殺す。殺す。何としても  ヒニ }___ノ   }   \ヾi::::::::::
                                 | 奴らを殺す! 統括局ゲーティア |  ト、  ノ     }i }:::::::ノ
                                 |________________________________________________|    ソ、 へ   ! }:ソ




                    __
                  ,ィ⌒ヽ: ヽ
                 〈j   /: :/
                  . ,: ィ: ,イー--
                ,/: :_:_'_:_:_:_: : : : :\       ,..'´ i
               ,イ: ,ィ=====ヾ: : :ヽ    /

              ,イ孑゚: : : : : : : : : : : : : ゚。: :\ /       !
              |:/: : : /: /|: : |ヽ: :ト、:i: : :|: : | '  j     l      ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
              |j: : : /!: :| |: : | }: :i Ⅵ: : |: : |  ,ィ     |
              |: | : 」 L」└ ┘ヽ┘ |: : j: : | / i             ただ一人、ウヴァルは"らしく"ない

              |: :ゝイ〈^沁   ,イ⌒ |: /、/  /    ,'         という印象を受ける。
              |: /: :ト. ゝ' ,      j/ノ:l   /    /
              |ハ: :i:ヽ    r ⌒j  イ: : :!∠^ヽ   /          序列47。ヒトコブラクダの姿の魔神。
                |/: : :\ ヽ 一'/ |: : f′   ヘ /           エジプト語を話すが、堪能ではなく
               /,ィ--x__ニコ ‐'    ̄i      〉            時々間違えるらしい(かわいい)
            , -一': /    ヽ__   L_.. |.人     /
        / ̄: /: _ノ      |     _」 ..У┐/             司るのは「博愛」
       /: : : :/: : :|         ゝ、  ∧ゝ、::Ж:丿'             女性や敵対する人との関係を取り持つ。
       _j: : / : : : :j, ヘ         <ホ;フ〔 ハ._〕ヽ             これだけだと割りと72柱には多い能力
     /: :У : : : /    \ _       jヘフ       〉            だが、ウヴァルが呼び起こすのは
    /: :/ : : : /    /^ヽ                /             情欲ではなく友愛なのがオンリーワン。
    ,': : :/ : : : /    , イ: : : : ∧             /              「まずは友達から」という訳でもないが
   { : 人: :/   , イ: : : : : : : :∧     .:: :.     /    ;i          ちゃんとお互いを尊重し合える関係の
    Y: : ,イ    ,ィ´: : : : : : : : : /: ∧  . : : :::.       |   ,イ:L_         果てに結びつく事を良しとする。
    |: : : ',    、: : : : : : : : : : :丿ヘ  . : ::      j!‐一': : : :⌒ヽ       この人ホントに悪魔なんでしょうか?
    |: : :,イヽ    '.: : : : : : : : :/   ゚'         |: : : : : : : : : : : \
   ,イ: : : :j: :\   \: : : : /               |: : : : ,ィ  ̄ ̄ ̄     しかし、一度仲人をした以上は
  /:/i: /: /: :\   ヽ、_r‐ xヘーァ           }: :/: |           くっつけた二人が別れるのは絶対に
  .j/ ∠イ:_:ノ: : : : : ヽ   /^ヽ」‐┘^⌒ヘ__, イ__r‐': : ′:丿          認めないという執念深さもあり
     |: : lゝ、: : : : : ゝ、,ヘ\) _______j: : : : :/            その辺がクロケルと同調した理由か?

       \i   ̄ヽ: :|/.:.:.:.:`┘ニ__〕〕_○」__}}」‐‐一'
            f卩=x==x.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ≪  ≫」                ちなみにマルコシアス同様
           〈,」イ{ { 『 ゙==='≪  ≫"´.:.:.:.!               グレモリーの乗り物であったという。

          /,イ//| ト斗======'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|

          / / // i| |ヾ i.:.:.:.:.:.:.:ヘ<,,...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|,,             ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
          〈 〈//≠i| l,_,| l.………{.………………,〉
          ゝ、イ i ||| l | l""""""i、^"""""""""""
          { {  | |.| l .j |     | `_        l
          | l  .| |ヽ二」     | ‘,






        ,____、__
      ヘ// ̄\\`丶
     //i/    \\|

     //丿       丶ヾ    まぁ現代でも仲人の面子潰したら潰した方が悪いですしおすし
    〆′r-‐‐‐‐‐-、 ``、_   特に欠点という欠点って感じでもないと思うんですけどね、ウヴァル
        ̄i´゛゛゛゛゛゛`ヘ‐‐--ゝ  だいたい悪魔に人間関係を依頼する時点で覚悟しとけって話ですが
      ノ      }}     72柱の内じゃ一番好きだなぁ、ウヴァルさん

     ノ´丶‐‐----{{ 
   ソ____、      '\     なんか年末は魔神柱の事ばかり投下してしまった。反省
  /〟---、、       ! ヘ`i
 /´ ̄`丶 ヽヽ    !! ` 、
 |    丶 l.l.i     ! i ¦                            【それでは皆さん良いお年を】






.                  ,           。.  、
                /     --- ヾ  ヽ .\ }ヽ              、  (  ___
               ノ   /      --  ヽ )   y ノ                  >‐-`::´::::::::::::::::::`:::.、
             -≦  -=ノ   /    ノ ;ヽ  " 、                  /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::\
              ノ ノ__.., ´     ,    .}  ヽ 。         ヽ.___ノ:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /ノj  / ハ ,   __>´   .}  } ヽ }             ア:::/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';
.             ′ ソi /ヘ イ 乂"\ノ´}   1  }  } l            !::::|:::/:::::::::;::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
              / i '、:| / レ 仆卞  ノ ノ___} , ;  , l            V::l::{:::/:::ム斗::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                レヽ   ´ゞ=ソ  ̄ rt-ァ; i  ∧|            从レV::::代苡|::: /::::::::::::::::::::/::::/
                } ノ:}         〈ィ;’ iノ.|/  ′           .く   ∨    ∨::::::::::::::::::::/::::::!
        ,.:.ヽ __..,:.:ヽヽ(ソ ::、       '  /″                     {      _ノ::::/:::/}ノ:l::::::|
       ノ:.:.:.:.:.:..:.:\:.:.:\ヘヘ..丶  `  ー                       /`ヽ     ⌒ア::::∠..ノ:::::|i:::八
     , -----、ヘ、:.:\ ´ `ヽ" ;:..、  <                   廴      ___ >'´从::::从ハ(
   /     \\\\::{ { :´ `:}==rr 、_冫ヘ  __                      ̄〉       ハ/
 ./    /   \\\ )、、 ノ,_.|.|o  ii:.:.:.}:.´:.:ヽ                   /∧   __/  ‘,
     /      \\/:.}-=- ':.:.ー>  ⌒ ヽ、:.:.:.}                 \ ̄ ̄     ハ
|    {          |:.:.:.| ⌒|:.:.:/       ヽ:.:/\                    >‐‐ァ…  '^´ │
| *  |          }:.:.:.:|--.|/ ー―― 冫- " 丶\|\                  /   i       l
| ry  |          ,、:.:.:|  .|7ミ: > 、 シ ^丶〈  〉 /\|\                /   l


                                  ┏━━━━━━━━━━━━━┓
   ◇================◇      ┃ ━╋┓┏━┓ ━━┳━━  ┃
      アーサー王・アルジュナ               ┃   ┃┃┗━┛     ┃      ┃
               &                   .┃  ┏━━┓        ┃      ┃
             クーフーリン・エミヤ          .┃  ┣━━┫      ┃┣━    ┃
                                  ┃  ┣━━┫      ┃┃      ┃
        ~ お正月特番 ~               ┃  ┗━━┛      ┃┃      ┃
   ◇================◇     .┃  ━┛┗━    ━┻┻━━  ┃
                                  ┗━━━━━━━━━━━━━┛


                         _,,. -―= ̄ ̄\:::::/:::::::::::ヽ ̄ ̄ ̄ ミ    ヽ. |\
                      / ̄ ̄ ̄``丶、   ∨::/::., -='              ヽ|  ヽ
               /    / \__ へ    \   .<                  Y.._
        / /(__/(_ノヽ/             \   \ |:::ノ         lヽ、       レ /
       /::(/:::::::::::::/:::::::::ノ_,,ノ'\_/⌒\  \   .-=≦       , 彡. '  ヽ、     ム
     \ {:::::::::::::::::::::::::::/ ::::::::::::::::|i         \   ,、丶/  / ヽ  彡  \      ヽ   /.二
      }: \: :.:∧: ://:(:/(___从 _/⌒\  ,、丶` : : :/  〈  `´    、. \     ヽ,, /         ム
.    人 : : \|: ∨:/: :./: : : : : /: ::/___彡: : : : : : :/.7            ヽ、 ヽ、   Y          ムニ
   -=ミ; ;\: : :|: : : : /_,,..: :::::/: : : /、: : : : : : : : : :-=彡: : : :.レ  .〉ュ        `   , __ /        ___ム=ニ
     \: :_>_:彡イ⌒\、\:::::へ:/  \: : : : : : : : : : : : : : : .| /リ. ム              l夕          r‐ト-‐‐-
.      八\∨/ノ /__ヾ ヽハV    rー――  , 、.r‐=リ  l ヽ    ヽ.      ∨           ,レー‐‐‐-
       _杙ッ'イ_,ノ'' ゞ'   rノ   / ̄ ≦=- .r': : : : : ..ミニ=ュ !  \    丶.  /          个=-‐‐‐、/
        ⌒八 }       /〉  /: : : : : : : ヽ: : : :ヽ: : : : : :.`..ミニュ 、         イ        , .|: :.\  l
           \_ ,      イ/../: : : : : : : : : : : \: : : :\ : : : : : 〉ミミ/   ≧.               .,  .|: : : : ヽ/
           ヽ ⌒/ /' ./: : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : \: : :/ミミ/`' 、彳             ,   | ; -.、:|
             `¨´ /\l: : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : ヽ:に/   /`. ┐          /   r'  }: |
              / .f:´:|: : : : : : : : : : : : : : : :::.|: : : : : : : : : . rヘ≧=/: : イ:| _          /   /,rxr'イ:.:|==


ランサー「で? 集められたはいいが何するんだ?」

アルジュナ「…………」

アーサー「ここはボウリング場だし、ボウリングするんじゃないかな?」

エミヤ「新年……ボウリング……まさか……」ブツブツ

ジェロ「みな、新年明けましておめでとう。本日の進行役を務めるジェロニモだ」

エミヤ「いや、真面目な彼が司会ということはそんな事は……」ブツブツ

ランサー「お前さっきから何ブツブツしているんだ?」キョトン

アーサー「お正月特番というには男四人で華が足りないんじゃないかと私は思うな」

アルジュナ(静かに新年を過ごしたい……)

ジェロ「今回四人にしてもらうゲームはコレだ」

【英語禁止ボウリング】

エミヤ「」脱兎ッ!

ランサー「おい、何逃げてんだテメー!!」

アーサー「あ、インディアンの精霊に捕まった」


アルジュナ(ボウリング……十本のピンをボールで倒す競技か……)ルールブックヨミヨミ

エミヤ「は、離せ……!」ジタバタ

アーサー「もしかして新年早々怪我人が出るような企画なのかな?」

ランサー「おう、そりゃ悪くないねぇ!」

ジェロ「いや、危険なことは一切ない楽しいゲームだ」

エミヤ「直接的にはね! だがこのゲームの収録後が私は恐ろしい!!」

ジェロ「ただしゲーム中、一切の英語は禁止だ。あの侵略者どもの言葉を1フレーズ使う度に」

ジェロ「罰として聖晶石1コをボックスの中に寄付してもらう」

ジェロ「ただしゲームに勝利したチームはお年玉としてボックスの中身を総取りだ」

アルジュナ「成程。要はゲームに負けなければ良いのですね」

ランサー「いやそれじゃあ番組が面白くねーから、なるべく英語使わないように気をつけろよ……」

アーサー「私とランサーはイギリス人だから他の二人より難易度が高いな」

ランサー「アイルランドだブッ殺すぞこの野郎」

ジェロ「英語判定はあちらの忍者が行う」

小太郎「どうも」

ランサー「風魔ッ!」

アーサー「風魔ッ!」

ジェロ「風魔ッ!」

小太郎「その合いの手やめてくれません、ホント」

アルジュナ「ふ…っ!?!」(←出損じた)


ジェロ「それから特別ルールとして、ランダムに登場するピンクピンを倒すか」

ジェロ「一投でピン全てを倒すストライク、あるいは二投目でピン全てを倒すスペア」

ジェロ「この3つのいずれかを成し遂げたものには、御褒美として」

ジェロ「こちらのカーテンから登場する美女にキスを貰える」

アーサー「ほう!」ガタッ

ランサー「あー、そういうアレか。いいんじゃねえの」

アルジュナ「コッチからおさわりは無しなのですか?」

エミヤ「既婚者だろう、キミたちは!!」

ランサー「細けぇこと言うなよ」

エミヤ「座で放送されているんだぞ、これは!」

アーサー「騎士として歓待を受けないのは礼を失するから仕方ないね」ホクホク

アルジュナ「私は授かりの英雄なので」

エミヤ「ぐっ……多数決では私の分が悪い。最低だな民主主義!」

ジェロ「少数を切り捨ててきた正義の味方の発言とは思えないな」

エミヤ「正月早々憂鬱にさせてくれるな、抵抗者!」


┏─━─━─━┐
│  【CM】    .┃
┗─━─━─━┴━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                /:: /:: :: :: :: :: :: :: ::ヽ:: :: :: :: :: :: \

                ':: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :: :: :: :: :. /(
                .: :i:: ::.:|:: :|:: :: :: ::: ::.:|:: i:: :: :: :: :: :: :: :: :∨爻爻㌻
             __∧:i:: :|:: ::.:|:: :|:: :: : / : : |:: |::.:|:: :: |:: :: |:: :: ::.爻爻ア
            \ヽ|:: :|:: ::.:|:: :|:: :: /:: : :.从:|::.:|:: :: |:: :: |:: :: : i爻爻爻爻爻㌻   謎の建設者Xの

          \   iハ|:: :|―八:: :: :: :: ::/__|::.:iム:: |:: :: |:: :: : |爻爻爻爻㌻
            }爻爻爻||////////iーi////////|:: ∧_::::ニ=-‐ フ爻爻爻爻爻㌻  ゲームセンターAS(アッシリア)
           }\爻爻 ∨///////  ∨///////:∨_ -‐ 。s≦爻爻爻爻X;/
        _爻 \x∨ :ヽ////     ヽ////::.::.|   イ:: :: ::|爻爻爻爻/     Terraria編 配信開始!!
         \爻爻 /:: :: : : 込  `      八:: ::.|¨´:: ::|:: :: ::.|爻爻爻/_____
         ⌒爻爻,.: :: :: ::/: :: \ v::::::::)   イ:: : : : |:/:: :: |:: :: ::.|爻爻㌻ 爻爻爻爻/
            ⌒7:: :: :: イ从:: :: :心 __, イ二|:: :: ::.::|:: :: :: :: /爻爻爻爻爻爻爻<
              /:: :/爻爻爻:: :: :: :: :iニニ|:: /:: 八xxX爻爻爻爻爻爻爻爻爻<⌒
         /:: ::/⌒\爻爻从ー=7ニニ|::.:/爻爻爻爻爻(爻爻爻爻爻爻爻㌻

        , :: : :: '     /⌒\X∨ __/=彡 7::/爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻<
          /:: :: :/    /_/  7ミメ__斗≦i:: i爻爻爻爻爻爻爻爻爻(¨¨⌒、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
         ,.: :: :ノ '"~ ̄    ノ'㌃⌒¨¨¨¨ |:: |⌒7⌒¨¨¨´ /:: :: :: :: :`、  _)                        (_
         i /       ,、丶`        |:: |_レ'_     /:: :: :: :: :: : :`、 _)   ここに空中庭園を建てる!!   (_
       /\      '   __     八:〈 〈   〉\_/:: :: :: :: :: :: :: : `、 )                        (
        /二ハ   /  -=二二二=--- ミ   ::i__〉__/  /\):: :: :: :: :: :: :: : :`⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
        {二二 \  '/二二二 /二二二 \ }:{二二 \ /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :.

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


アーサー「始まる前に英語を沢山言っておこうかな?」

アーサー「ふんぐるい むぐるうなふ くとぅぐあ ふぉまるはうと んがあ・ぐあ なふるたぐん いあ!」

ランサー「それ英語じゃねぇーから!」

アーサー「愛歌がよく口にしてたんだが……」

ランサー「しっかりしろブリテンの王様よぅ」

ジェロ「それではゲームスタートだ」

【カーン!】

アーサー「では先攻は私たちの"チーム"からだね」

【チーン!】

アーサー「あ」

アルジュナ「……まぁ私の石でないからいいですけど」

ランサー「はぇぇよww」ゲラゲラ

アーサー「む? そうは言うけど"ランサー"、意外とこの"ゲーム"難しいよ?」

【チーン!】【チーン!】

アーサー「ああああ!!!」ガッテム!!

エミヤ「ポンコツか……(呆れ」


アーサー「あ、ちょっと待って、今の"アーチャー"の発言、ポンコツって英語じゃないか!」

【チーン!】

アーサー「ああああああ!!!!」

ランサー「ポンコツは日本語だろ。カタカナなら全部英語って訳じゃねーんだぞ?」

エミヤ「うむ。ポンコツの語源は一説には"ハンマー"で自動車を解体するときの音と言われているな」

【チーン!】

エミヤ「あ」

アルジュナ「語源は一説ですが、ポンコツは二人ですね」

ランサー「なにその一本なら人参的な発言」

エミヤ「ぐぅ……私としたことが」

アーサー「気を取り直して……ゲー…試合に挑むとしよう」

アーサー「はっ!」ブン!!

ガコン!

アーサー「やった、8本倒したぞ!」グッ

アルジュナ「左右の2本残すとか嫌がらせですか」

ランサー「つうか力入れすぎだろ。"ボール"はちゃんと"レーン"の上を滑らせろよ」

【チーン!】【チーン!】

ランサー「がぁっ!」

エミヤ「ふっふっふ……」ニヤニヤ

ランサー「味方の"ミス"を喜んでんじゃねぇよ!」

【チーン!】

ランサー「あー!!」

アルジュナ(どうやら英語を口にした後が一番危険なようですね。冷静な判断ができなくなる)フム…


アルジュナ「しかしあの左右の的をどうやれば一つの玉で倒せるのか」

エミヤ「基本的には片方に玉を当て、弾き飛んだ的をもう片方に当てるという方法だな」

アルジュナ「……なるほど」

アルジュナ「では!」シュッ

コロコロ…ガコン!

ランサー「"ガター"じゃねかw」

【チーン!】

ランサー「あ」

アルジュナ「ふっ……試合に負けて勝負に勝つとはこの事です」ファサッ

アーサー「いやどうだろう?」

エミヤ「しかし競技を経験している私が一番最初に投げるべきだったな」キュッ

ランサー「アー…弓兵、お前、まさかそれは"マイ""ボール"だと!?」

【チーン!】【チーン!】

ランサー「払えばいんだろ! 払えばぁ!!」ガサゴソ

エミヤ「玉だけでないぞ。靴も手袋も全て自前だ。まぁ全て投影によるバッタものだがね!」ドヤァ!

エミヤ「ふっ…だが道具だけに目を奪われず、私の"フォーム"を見て勉強してくれたまえ!」

【チーン!!】

エミヤ「なんでさ」

ランサー「自業自得だろうが」


エミヤ「むう…」シュッ

カコーン!

エミヤ「しまった。一本残ってしまった! 精神が乱れたせいか……!」

ランサー「へいへい、美味しいとこいただきってね!」シュッ

カコーン!

ランサー「おっしゃ"スペア"!!」

【チーン!】

エミヤ「"ランサー"、貴様やりこんでるな!?」

【チーン!!】

アーサー「ううん……向こうは経験者が二人か。厳しいな」

アルジュナ「ん? 合わせて10本ということは……」

ジェロ「御褒美タイムだ」

アーサー「司会は英語喋れてズルいなぁ」

エミヤ「釣られないようにしたほうがいいぞ」

ジェロ「それでは美女の登場だ」

シャーー…

マタ・ハリ「はぁい」

エミヤ「 知 っ て た 」


アーサー「いやちょっと待って。彼女は"フランス"の"スパイ"だよね?」ガタッ

アーサー「それがどうして"チャイナ"服を着ているのかな!?」

【チーン!】【チーン!】【チーン!】

ランサー「やだ…この王様興奮しすぎ……」ヒキッ

ジェロ「あ、言い忘れていたが美女はコスプレでキスをしてくれる」

アーサー「"コス""プレ"だって!!」クワッ

【チーン!】【チーン!】

マタ・ハリ「私はネクロマンサー、いいキョンシーの素体を探しているの」シャーマンキング

マタ・ハリ「あら? ここに立派な身体をした男の人が」ユビ ツツー

アーサー「思うんだけど太腿をあれだけ露出する服を考えた中国人って天才なんじゃないかな」

エミヤ「君の国の人間だよ、"ズボン"を取っ払ったのは……」

【チーン!!】

マタ・ハリ「それじゃあ御札を額にえーい」ペタ

ランサー「お、おう……?」


マタ・ハリ「あら? 上手く動かないわね。あ、そうだった」

マタ・ハリ「スイッチ・オン」チュ

ランサー(なんだこのプレイ……)ガバッ

マタ・ハリ「きゃーw」

エミヤ「おいこら、キョンシー"ポーズ"で彼女に抱きつくな!」ペシッ

【チーン!!】

ランサー「いやこういうこったろうが、この店は」マガオ

エミヤ「店じゃない!」

アルジュナ(なるほど。そうやって遊ぶのか……)

アーサー「さあ、次いこう! 次!」

アーサー「僕は"ストライク"を出すよ! 騎士王の名にかけてね!」キラキラ

【チーン!!】

ジェロ「――しかしアーサー王は6本のみ。続くアルジュナもスペアならず」

ジェロ「続くクーフーリンは惜しくも9本。エミヤもスペアならず」


ジェロ「そして迎えた3ターン目」

アーサー「あれは!!」ガタッ!

アルジュナ「遂に来ましたね"ピンク""ピン"が」

【チーン!】【チーン!】

アルジュナ「……くっ」

アーサー「右端か……よーし……」

アルジュナ(外せ…外せ……)

アーサー「はっ!」シュッ

ガタン!

アーサー「"ガター"!!」ガクッ

【チーン!】

アルジュナ「よしっ!!」グッ!

ランサー「仲間割れしてんじゃねーか」

エミヤ「綺麗な"ガッツ""ポーズ"だな。Gacktと見紛うほどの」

【チーン!】【チーン!】

エミヤ「うぐぅ……」

ランサー「"ボックス"の石の山がどんどん高くなってくな」

【チーン!】

ランサー「あ、やべっ」


アルジュナ「パーシュ…パタァァァァァ!!」ブン!!

カコーン!!

ジェロ「ストライクー」

ランサー「桃色的の意味ねぇ~」

アーサー「少し大人気ないんじゃないかな、アルジュナ!!」

ランサー「おまいう」

アルジュナ「ふー」ヌリヌリ

ランサー「なに"リップ""クリーム"塗ってんだよ! ガチか!!」

【チーン!】【チーン!】

ジェロ「御褒美ターイム」

シャアアーー

武蔵「ちっ…美少年じゃないのか」

ランサー「あの姉ちゃん開幕舌打ちしたぞ」

エミヤ(誰だ……?)

アルジュナ「ふむ……日本の剣道の"コス""プレ"ですか」

【チーン!】【チーン!】

武蔵(私の時代にはないんだけどねー。この防具と竹刀)

武蔵(ま、いいや。食い扶持ぐらい稼がないと。ロケ弁でうどんも出るっていうし!)


武蔵「せんぱーい、稽古お願いしまーす」ニコッ

アルジュナ「先輩だと!?」クワッ

エミヤ「部活"プレイ"か! しかも先輩後輩だと!」キッ

【チーン!】

ランサー「いや弓兵、お前、間桐の嬢ちゃん……いやなんでもねえ……」

武蔵「はい、じゃあコレ(竹刀)持って」

武蔵「やああ!!」ビッ

アルジュナ「これは立ち稽古ですか? 彼女の竹刀を受ければいいので?」カンカン

武蔵「きぇい!!」ガン!!

アルジュナ(体当たり。女性の身でなんというパワー……)グッ

武蔵「えい!」チュッ

アルジュナ「なん…だと……」

武蔵「あ、勢い余って接吻しちゃった。ごめんなさい、先輩」テヘペロ

ランサー「いや一端止まってたろ」

アーサー「そういうツッコミは野暮だよ」

武蔵「事故だからノーカンね、ノーカン!!」

アルジュナ「え、ええ……」

武蔵「だってやっぱり最初は先輩からして欲しいし……(上目遣い)」チラ

アルジュナ「ぐはっ!」

エミヤ(意外と演技派)

ランサー(誰だよ脚本書いたの)

小太郎(私です)


ジェロ「はい終了」

武蔵「おつかれっしたー」スタッ

アルジュナ「え?」

ランサー「切り替え早ェ」

アルジュナ「待ちなさい、延長という"システム"があると聞いたのですが」ハイ!

【チーン!】

エミヤ「ないよ」

ジェロ「さて後攻、赤青コンビ」

ランサー「お、連続で桃色あるじゃねえか。俺の番まで残しとけよ」

エミヤ「いい性格しているよ、君は」シュッ

カコーン!!

ジェロ「別に全て倒してしまっても構わないのだろうと言わんばかりのストライク」

ランサー「テメェの玉には誇りが欠けている」

エミヤ「ほっとけ」

アーサー「なんということだ……僕だけ"キス"して貰ってない!」

【チーン!】

アーサー「これでは円卓の騎士たちに顔向けができないよ」

エミヤ「色んな意味でな」


ジェロ「それではエミヤの御褒美に……カーテンオープン!」

シャアア…

ローマ「ローマッ!!!」ムキィィ!!

ランサー「男じゃねえか!!」

エミヤ「やはりかぁぁぁぁぁ!!!」

小太郎「風魔忍軍、エミヤ殿を確保!」

エミヤ「俺はこんなことの為に! こんな"キス"をする為に英雄になった訳じゃないッ!!」ジタバタ

【チーン!】

ローマ「愛しき仔よ……私(ローマ)のヴェーゼを求めるか……」ザッ…ザッ…

ローマ「良い……ローマに惹かれるのは仕方なきこと」

エミヤ「誤解だ神祖ッ!」ジタバタ

ローマ「お正月(ローマ)であれば私(ローマ)の唇(ローマ)も」ムキッ!

ローマ「多いに振る舞うとしよう。ローマッ!!」ガバッ

ブチュウウウウウウウゥゥゥゥ!!

エミヤ「――ッ!!!!!!!!」

ランサー「身長190の大男二人の口づけとか放送大丈夫か、これ」

エミヤ「」ビクン!ビクン!

ローマ「ではさらばだ。また会おう。ローマ!!」シャー…

アーサー「戻っていったね、ローマの神祖……」

ランサー「なんでオファー受けたんだよ、アレ」


ジェロ「では次はアルジュナ・アーサーチーム」

アルジュナ「彼は私達の時も出てくるんですかね……」

アーサー「ええ!?」

アルジュナ(迂闊にピンクピンを倒せませんね)

アルジュナ「はっ……!」シュッ

カコーン!!

ジェロ「ストラーイク!」

アルジュナ「あっ」

アーサー「アルジュナ……君の犠牲は忘れない」ニコッ

ジェロ「カーテンオープン」

シャァァー…

エレナ「マハトマ!!」ビシッ

ランサー「普通に女子じゃねえか」

アーサー「チキショォォォォ!!!!!」

アルジュナ「また授かってしまったか……」フッ


ランサー「んで今度の格好はなんだ? "エプロン"? "コック"……いや、"パティシェ"か?」

【チーン!】【チーン!】【チーン!】

ランサー「待てや! パティシエはフランス語だろうが!!」

小太郎「あっ」

ジェロ「しっかりしろ、風魔」

アーサー「がっかりだよ、風魔」

エミヤ「この程度かね、風魔」

小太郎「どうしてこんなに僕に辛辣なんですかね!?」

小太郎「忍者だから!? 侍じゃないのがいけないのか!!」

エレナ「最近の風魔の質の低下も困りモノよね……」

小太郎「貴女が風魔の何を知ってるんだ露西亜系亜米利加人!」

アルジュナ「忍者弄りで私の時間を奪わないでくれるか!」

ランサー「風魔!」

エミヤ「風魔!」

アーサー「風魔!」

アルジュナ「ワザとか!」


エレナ「ハイハイ始めるわよー」

アルジュナ「雑ゥ!!」

アーサー「というか君こういうの出るんだね」

エレナ「金欠でねー」プシュー

アルジュナ「なっ!? 私の乳首に"ホイップ""クリーム"が!?」

【チーン!】【チーン!】

エレナ「あ、ごめんなさい」ガザゴソ

アルジュナ「いえ、このぐらいなら……」フキフキ

エレナ「え?」

アルジュナ「え?」

ランサー「あーあ、お前これ、嬢ちゃんが"ハンカチ"で拭く"パターン"だろ」

【チーン!】【チーン!】

エミヤ「ネタ潰しだな」

アルジュナ「…………!!」ハッ

アルジュナ「お、お待ちなさい! 乳首は2つある!!」

アルジュナ「さあ、私のもう一つの乳首に生"クリーム"を!!」ズィ

【チーン!】

アーサー「このインド、たいへんなへんたいだ」


エレナ「わー手が滑ったー(棒)」プシュー

エレナ「ごめんなさい、ついうっかり」フキフキ

アルジュナ「いえ、お気になさらず……ぶはっ!?」ペチャァ

エレナ「ああ、またクリームをうっかり絞ってしまったわ!」

エレナ「今度はクリームが彼のほっぺに!」

アーサー「なるほど」フム

エミヤ「なるほど」フム

エレナ「どうしましょう。手がホイップとハンカチで塞がってるわ」オロオロ

ランサー(そのハンカチで拭けよ)

エレナ「仕方ないわね……えいっ」チュッ

アルジュナ「ごちそうさまでした」フー…

エミヤ「なんでさ」



┏─━─━─━┐
│  【CM】    .┃
┗─━─━─━┴━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 \人_从人__从_从人__从人_/

  >              <             __
  >     カコ~ン!!   <       ,,--━≪h、: : : \     \人_从人__从_从人__从人_/
  >              <     __ィ: : : : : : : : : : :マh、: : :\     >              <
 /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW\    У : : : : : : }: : : : ヽ: マh、: : : ゝ   >     トロ~ン!!   <
                      イ: : : :i: : : : : :{\: : : :',: マi : : : : \ >              <

                      ノ: : : :!: : : : : i ‐弋: : :i : i |l: : : : : : /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW\

                       }: : : :|: : : : :/イ符アヽj: /: ト,: : : : : : : ゝ
                       i : : : ト、: : /  ゞ┘  j/ : iリ: : : : : :}: k
                       |: : : :f侘x/        |: : :| : : : :j: λノ
                       jヘ: :∧ ゛ 、       |: : :|: : : /jイ      娯楽 極楽
                        乂: ∧   っ   ,イ: : j : f´
                       /: : : kへ.    / |: λ: :{         甘味ウマウマ
         \人_从人__从_从人__从人_/ / ̄ ̄ヽ三j/ニヘ: i

          >              <l      `≪三圦j
          >  エウ!レカ!ゴン! <      ::....,_  \       私との混浴で命も縮まる……
          >              <|    i        ゝ、
         /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW\|    i   ::....,  ,.:'  l

                      {三ヨ{  |    i    :.  .:' |   |
                      弋三ム.: |    i     :    /
                        刈  |    i   .:'゙    /   |
                        iヨ  |    i       /
                        iヨ   i    i       ,イ    |
                       ム7  .|    i  .,′  / .!    l
                       /タ   l    .!     /  l   |
                      /ヨ   .|    i    /    l   |
                     /三{   |    i     /     .!   |
                    /三斗.   |    i    ,:     l   |

    ~~英霊の座お台場@ほかほか殺戮機構カコ~ントロ~ン・エウレカゴン~~

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─




ジェロ「――さていつもの赤青コンビとアーサー王、アルジュナをゲストに迎えた」

ジェロ「新春特別企画、英語禁止ボウリング」

ジェロ「ここまでアーサー王以外が御褒美のキスをゲットしたが」

ジェロ「4ターン目後攻クー・フーリンは見事にストライクを出し、二回目の御褒美を手に、いや頬にする」

ランサー「ちょっと待て、いまあの女"キス"と同時に股間触っていきやがったぞ!?!」

【チーン!】

アーサー「痴女か!!」クワッ

エミヤ(あれは始皇帝の母親の……)

ランサー「何が許せねぇって触ったあと鼻で笑いやがった!!」

アーサー「oh…」


………………………………………………━||:


ジェロ「――続く5ターン目、ピンクピン登場もアーサー・アルジュナチームは痛恨の見逃し」

ジェロ「後攻、赤青チームも合計8本でストライクもスペアもならず」

ジェロ「6ターン目もゲームに動きなし」

ジェロ「7ターン目、アーサーの残した3本をアルジュナが倒しスペア」

ジェロ「アルジュナは熊の被り物をした美女に頭を丸かじりにされた」

ランサー「頭が熊の被り物なだけで下水着じゃねーか!」

アーサー「これが噂の"デンジャラス""ビースト"……!?」

【チーン!】【チーン!】

アルジュナ「……熊の口の中は恐ろしいですね」ホクホク

エミヤ「頬に"キス""マーク"がついてるぞ」

【チーン!】【チーン!】

小太郎「あの、ジェロニモ殿、彼女が“神祖が居るなんて聞いてない”と……」

ジェロ「なるほど。それで予定にない被り物を」

ローマ「気にするな、ユスティニアヌスの妻よ。余興もまたローマだ」ヌッ…

小太郎「あの、勝手に出てこないでください」


………………………………………………━||:


ジェロ「――そして後攻、エミヤのボールがピンクピンを倒す」

エミヤ「今軌道がおかしくなかったか!?」

ローマ「皇帝特権である」

エミヤ「」

ローマ「ローマッ!!」ブチュウウゥゥゥゥゥ!!!

エミヤ「」ビクン!ビクン!

アーサー「汚い絵面だなぁ……」

アルジュナ「同じ弓兵として悲しくなりますね」


………………………………………………━||:


ジェロ「――エミヤがタイガー道場に向かう中、クー・フーリンが残りのピンを倒してスペア」

ジェロ「警官のコスプレをした美女にキスで尋問される」

ランサー「それはいいんだけどよ、突きつけられてた拳銃がホンモノだったんだが……」

ジェロ「ちょっとしたスパイスだ」

ランサー「そっかぁ……」

アルジュナ「なぜ納得する……!?」

アーサー「くっ……ここまで私だけが一度も"キス"されてない」

【チーン!】

エミヤ「"ゼロ"は"マイナス"ではないのだぞ?」

【チーン!】【チーン!】

アルジュナ「もはや当たり前のようにみな聖晶石を払いますね。感覚が麻痺しているのでは?」

ジェロ「全ての人間は自分の心のなかにノッブを飼っているのだな……」



┏─━─━─━┐
│  【CM】    .┃
┗─━─━─━┴━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

          _
       r ⌒、\\
    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                           (_  __
   _)   1月は清潔強化月間です!        (_  ⌒``~、

   _)    皆さん清潔を心がけましょう!!    (_          、
.    )                           (         丶、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
.    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ / i{       _)                           (_
      V⌒ ̄     ,            八 \{N  厶ィハ      _)   2月は殺菌強化月間です!        (_
      ',        ',                /\病カ\{ 病かアV  }  _)    皆さん殺菌を心がけましょう!!    (_
         ',      `、           /  /厂〈         /   /´}  )                           (
        ',       〉,          i l/ l  r== ┐   ,'  厶ィ′ ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          ,     /⌒``~、、       v/ 心.  l:::::::::l  ,'   /⌒  / /ア⌒
           ',            ``~、、    ∧└= ┘ 厶 ィヘV//^>′
          ',            \ <⌒\会=‐ _  ´  /^\イ⌒ト
      、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,  イニニニ/__>、ソ  )\

      _)                           (_(@)=/ 寸ニ≧s。 )\

      _)   3月は消毒強化月間です!        (_彡゙    ⌒\ニニ>、 ハ
      _)    皆さん消毒を心がけましょう!!    (_         V/  \j
      )                           (/         /     、

      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒           /        \
                       {        ∧ ∨/       、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
                      人       ∧ ∨      _)                           (_
                            、       ∧ ∨     _)   4月は清潔強化月間です!        (_


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


アーサー「残る"チャンス"は3回……必ず、必ず私は美女の口づけをいただく!!」

【チーン!】

アーサー「アルジュナが右半分を倒したので"スペア"を狙いやすい今こそ……はぁ!!」

【チーン!】

カーン!!

アーサー「うぉおおおおおぉぉぉぉ!!!!!!!」グッ

ランサー「声でけぇよ」

アーサー「こんなにうれしいのはロット王に率いられた12の王を退けた以来だ」

エミヤ(ロット王ェ……)

アーサー「"キース"!"キース"!"キース"!」。彡◯

【チーン!】【チーン!】【チーン!】

アルジュナ「品性の欠片もないですね」

ランサー「溜まってんのかねぇ」

ジェロ「はいカーテンシャー」

メイヴ「はぁい!!」

メイヴ「……って、クーちゃんじゃないのぉ!?」

ランサー「今年の俺は運が良いかもしれねぇな」

エミヤ「君が私を初笑いさせてくれるとは、明日はゲイボルクが降るな」


アーサー「彼女なんかモルガン臭がする……"チェンジ"で」

【チーン!】

メイヴ「はぁ!? 何よコイツ失礼ね!」

ジェロ「お店ではないので素直に受け入れるのだな、アーサー王」

ランサー「つぅかメイヴよ、その格好キツくね?」

メイヴ「キツくないわよ! 少なくともスカサハよりは全然キツくないわよ!!(JK服)」アマガミ!

ランサー「そりゃお前、ネイ湖がアイルランドで一番広いからって」

ランサー「ダーグ湖は狭いって主張するようなもんじゃねえか」

エミヤ「つまりリズが巨大だからといって桜君が貧しいということにはならないということだな」

ジェロ「キミたちは新年早々どうしてチキンレースをしているのだ?」

アーサー「仕方ない。我慢するからはやく"キス"してくれないかな」

【チーン!】

アーサー「今ならガウェインの気持ちがわかるよ」

エミヤ「それはガウェインの覚悟に失礼だろう」

ジェロ「やはり英国人は畜生だな」

メイヴ「キー!! 寝取られ男の癖にィ!!」


………………………………………………━||:


ジェロ「――二人は雑なキスをして終了。悔しがるメイヴは他の美女たちとゲームを観戦」

ジェロ「するとクーフーリンがピンクピンを倒し、メイヴの目の前でアン&メアリーにWチューされる」

メイヴ「く゛や゛し゛い゛ぃぃぃぃーーー!!!」ジダンダ

ジェロ「――続く8ターン目。まさかのピンクピン2本」

アーサー「つまりこれは2本倒したら"キス"も2回!?」ハッ!?

ジェロ「ピンクピンを巻き込んでストライク出してもキスは一回だったろう?」

アーサー「ジェロニモ君、僕は過程と結果は別のものだと思う」キリッ

アーサー「過程は無価値じゃない。だから桃色を2つ倒したという過程を大事にするべきだと思うな」

ランサー「おい、とんでもない"モンスター""クレーマー"が居るぞ」

【チーン!】【チーン!】

エミヤ「これがアーサー王かと思うと、曖昧な表情で沈黙させてもらおう」


………………………………………………━||:


ジェロ「――こいつアーサーじゃなくてケイなんじゃないかと思わせる彼だが、見事にピンクピンを外す」

アルジュナ「逆に難しいことを……」

アーサー「ベディヴィエール……今度の眠りは……少し……長く……」ガクッ

エミヤ「(無言のエクスカリバーイマージュ)」イラッ


アルジュナ「この遊戯にも慣れてきましたね」

アルジュナ「というわけで、大事なのは結果。御褒美をもらう為に桃色にとらわれるのは良くない」

アルジュナ「私は"スペア"を狙いましょう。そちらの方が今や容易い」

【チーン!】

ランサー「慣れてねぇなぁ、英語禁止」

アルジュナ「ぐっ……」シュッ

コロコロ

エミヤ「そしてこの"コース"である」

【チーン!】

ランサー「"ガター"か?」

カン!

ジェロ「ギリギリ掠ってピンクピンを倒すことに成功」

アルジュナ「……番組を盛り上げるためにはこういうことも必要かと」

アルジュナ「ふっ……私も"バラエティ"慣れしてきたということです」ドヤァ

【チーン!】

ランサー「やべぇな、さすがインド、底が知れねぇわ」

エミヤ「墓穴を掘った後にさらに転ぶと来たものだ。流石インドだな」

ジェロ(発言者がカルナなら煽りではなく本気で言いそうだな……)


ジェロ「それではカーテンオープン」

シャー

コアトル「YAAAAHAAAAA!!! チャオ☆!! 謎の覆面レスラーだヨォォ!!!!!」チャッチャラー

エミヤ「ア、ハイ」

ランサー「ナニモノナンダー」

アルジュナ「コアトルって括弧の前に書いてあるじゃないですか」

コアトル「ノー! そんなメタ発言する悪い子はトペの下敷きデース!!」

コアトル「ンー…ちょっと高さが足りないけど、そこは楽しい気持ちで補いマース!!」タン!

エミヤ「"ボール""リターン"の上に立つのは止すんだ女神! "テレビ"の前の良い子が真似したらどうする!!」クワッ!

【チーン!】【チーン!】【チーン!】

アルジュナ「賭けしたり、"キス"したりしてる時点で手遅れなのでは?」

【チーン!】

コアトル「トレス、ドス、ウノーーー!」バッ!!

エミヤ「トペ・スイシーダがアルジュナに決まったァァァァァ!!!」

アルジュナ「ぐああぁぁ!!」ポキッ


アーサー「くっ……巨乳を押し付けられながら口づけとは羨ましいぞ授かりの英雄!!」

ランサー「骨折れた音が聞こえたんだが……羨ましいか?」

アーサー「大丈夫だ問題ない。アヴァロンで治る」キリッ

ジェロ「君はアヴァロン持ってないだろう」
<