【MGR】雷電「アイドルの警護だと…?」【デレマス】 (46) 【現行スレ】

~日本~

雷電「ボリス、自衛隊の訓練は終了した。」

ボリス「よくやった雷電。それと、もう一つ警護の依頼があるんだが…」

雷電「警護?それは誰だ?」

ボリス「警護する相手はアイドルだ。」

雷電「アイドルだと…」

ボリス「ああ、最近アイドルへの襲撃事件が発生して、我々に依頼をしてきたのだ。」

雷電「そんなのは…」

ケヴィン「いいじゃないか!アイドルだぜアイドル!!!羨ましいなぁ。」

雷電「ケヴィン!?」

コートニー「そうよ。私日本のアイドル大好きなのよ。」

雷電「コートニーまで…」

雷電「…わかった。引き受けることにしよう。」

ボリス「すまない、雷電。」

ケヴィン「アイドルのサイン頼むぜ!」

コートニー「浮気はダメよ?」

雷電「わかっている。俺は妻一筋だ。」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482655419

~346プロダクション~

雷電(スーツ姿)「ここか…」

ウルフ「雷電」

雷電「どうしたウルフ。」

ウルフ「アイドルの警護なんて警察に任せればいいだろう。なぜ引き受けた?」

雷電「警護する相手に政府要人もアイドルも関係ない。それに…」

ウルフ「…?」

雷電「アイドルの襲撃に、サイボーグが使われたらしい。」

ウルフ「…なるほど。サイボーグを使うとは…」

雷電「それと、ウルフもサニーやジョージ以外の戦わない人間にことを知ってもいいんじゃないのか?」

ウルフ「そうか、ならば私はこの建物の哨戒をしてくる。誰かが狙っているかもしれない。」

雷電「ああ、頼む」

雷電(日本か…サニーやオタコンも連れて行きたかったな。)

「ちょっとそこのあなた。」

雷電「?」



雷電「なんだ?」

早苗「ちょっとあなたのことを聞かせてもらいたいんだけど。」

都「…」

雷電(女が二人…一人は問題なさそうだが、もう一人は武道の心得があるようだ。)

雷電「ほう、それは何故?」

早苗「この間うちのアイドルが襲われたのよ。それで、元警官の私が見回りをしてるの。」

雷電「…断ったらどうする?」

早苗「こうするのよ!」シュッ

雷電「…」サッ

早苗(躱された!?)

都「よ、避けた!?」

早苗「くっ!この!」

パシッ

早苗「!?」

雷電「それでよく見回りが務まるな。元警官。」

早苗「う、動かない…」

都「さ、早苗さんが!」

「待ってください!!」

雷電「!」

武内P「雷電様でいらっしゃいますね?」

雷電「…そうです。」バッ

早苗「…」

武内P「片桐さん、安斎さん、彼は事務所が呼んだ方です。勝手なマネはやめてください。」

早苗「えっ!ああそうだったの!?すいません!」

都「すいませんでした…」

武内P「申し訳ありませんでした…」

雷電「気になさらないでください」

雷電「ケガは?」

早苗「だ、大丈夫です…」

武内P「いきましょう。」

雷電「はい。」


その少し後

未央「ええ!!早苗さんやられちゃったの!?」

早苗「やられてはないけど…すごい力だったわ。」

卯月「どんな人だったんですか?」

都「銀髪で、背が高いひとでした。」

凛「それで、その人は?」

早苗「あなた達のプロデューサーといっしょに何処かへ行ったわ。」

凛「ふーん。」






未央「おや~しぶりん気になっちゃう~?」

凛「そ、そんなんじゃ!」

みりあ「みりあ気になるー!」

莉嘉「私もー!」

卯月「みりあちゃん?莉嘉ちゃんまで?」

みく「二人とも!話に入っちゃダメにゃ!」

凛「みく。」

未央「あれ、そういうみくにゃんは気にならないの?」

みく「…正直、気になるにゃ…」

未央「よーし!早速その銀髪を見にいきましょー!」

みりあ、莉嘉「おー!!!」

都「どこに行ったかは私達に任せてください!」

凛「はぁ…」

~専務の部屋~

美城「お待ちしておりました。Mr.ライトニングボルト」

雷電「お会いできて光栄です。Mrs.美城」

雷電「早速ですが、アイドルの警護というのは…」

美城「はい、実は3週間前に、うちが主催をするアイドルのライブを襲撃するという手紙が届きました。それだけであれば、警察にいうだけなのですが…」

雷電「アイドルへの襲撃事件が発生した…」



美城「そうです。幸い、アイドルにケガはありませんでしたが、アイドルについていたプロデューサーは重傷を負い、意識不明の重体です。」

雷電「…それで、サイボーグが使われたと聞きましたが…」

美城「アイドルの話によると、相手は機械の身体だったと言っていました。もし、サイボーグならば警察では太刀打ちできないと思い、知り合いにマヴェリック社を紹介してもらい、あなたに依頼しました。」

雷電「…わかりました。アイドルの警護は任せてください。」

美城「お願いします。」

雷電「それと…」

美城「?」

武内P「?」

雷電「天井に一人、ドアの向こうに8人だ。」



~ドアの向こう~

都「聞き込みによると、専務の部屋に入って行ったそうです。」

未央「何話してるのかな~」

早苗「私にも聞かせなさいよ。」

莉嘉「私も~」

みりあ「聞かせて聞かせてー」

みく「みくも聞きたいにゃ」

卯月「みんな楽しそうですね~」

凛「正直、やめといたほうが…」

トントン

凛「?」

7人「ん?」

ウルフ「…」

8人「…」

ウルフ「何をしている?」

8人「ギャァァァァ!!!」

~専務の部屋~

武内P「みなさん、こういうことはやめてください。それと、浜口さんも」

あやめ「すいませんでした。」

未央「ごめんなさい。プロデューサー」

美城「申し訳ありません。」

雷電「気にしなくて大丈夫です。」

ウルフ「雷電、哨戒が終わった。特に問題はない。」

雷電「わかった。」

凛「それで、この人は誰なの?」

武内P「彼は…」






美城「彼は民間軍事警備会社、マヴェリック社の雷電さんだ。彼にはアイドルの警護に当たってもらう。」

卯月「私達の…ですか?」

武内P「この間のアイドルへの襲撃事件を重く見て、彼に依頼することにしました。」

みく「でも、一人だけじゃ大変だにゃ。」

美城「場合によっては、自衛隊にもたのむ。それに彼は強化外骨格…所謂サイボーグだ。」

9人「さっ、サイボーグ!?」

未央「ま、マジで!?」

凛「サイボーグって、最近知られるようになったやつじゃん。」

卯月「初めて見ました…」

みく「でも見た目は普通だにゃあ…」

みりあ「おじさん機械の身体なの!?」

莉嘉「すごい!カッコいい!」

早苗「サ、サイボーグ…」

都「早苗さん…下手すれば大ケガしてましたね…」



凛「それで、このロボットは…」

雷電「こいつは…」

ウルフ「俺はウルフ、光ニューロAIと対話型インターフェイス搭載の狼型の無人機だ。」

早苗「ヘェーよくできてるわねー」

卯月「…お手!」

未央「しまむー、犬じゃないんだから…」

ウルフ「…」お手

9人「おお!!!」

雷電「…フッ」

雷電「では我々はアイドルの警護をさせてもらいます。」

美城「…お願いします。」

武内P「では私はアイドルの紹介と事務所の案内します。ついてきてください。」

雷電「よろしくお願いします。」

雷電(アイドルの紹介と事務所の案内が終わった)

雷電(皆個性的だったな。ローズやジョンにも紹介したいぐらいだ。)

ドクトル「雷電」

雷電「どうしたドクトル?」

ドクトル「実は私もそっちにいくんだ。今そっちに向かっている。」

雷電「…聞いてなかったぞ、そんなこと」

ドクトル「すまん。知り合いに会う約束を忘れてたんだ。」

雷電「大丈夫なのか?」

ドクトル「問題ない。知り合いが話しをつけてくれた。」

雷電「まあ、それならいいか…」

ウルフ「雷電」

雷電「大丈夫だったか。」

ウルフ「いろんなヤツの相手をして大変だった。」

雷電「そうか」

ウルフ「やはり俺たちに対して強い興味を持っていた。」

雷電「ああ、珍しいんだろう。」

ウルフ「それで、次は何をする。」

雷電「帰宅するアイドルの警護だ。俺とプロデューサー達は家に帰るアイドルの警護、ウルフは寮に住んでるアイドルの警護を頼む。」

ウルフ「了解した。」

~次の日~

雷電(昨日は何もなかったな。だがいつ襲ってくるかわからん、警戒を怠らないようにしなくては…)

未央「雷電さーん!!!」

雷電「?」

卯月「おはようございます。雷電さん。」

雷電「ああ、おはよう。何か変わったことはなかったか?」

凛「うん、大丈夫」

智絵里「あ、あの…」

雷電「?」

かな子「雷電さんって、彼女とかいるんですか?」

未央「ああっ!私も気になる!」

凛「…未央。」

雷電「妻と息子が一人いる。」

5人「ええっ!?」

雷電「まあ、俺がサイボーグになる前の…!」

5「?」

雷電「少し待ってろ。」

雷電「!」ニンジャラン

5人「速っ!」

不審者「!?」

ガシッ

不審者「うぐっ!」

雷電「貴様…何をしていた?」

不審者「お、俺は…」

雷電「アイドルを襲ったやつの仲間か?」

不審者「ち…違う!違います!俺はその…」

雷電「早く答えろ」

不審者「た、ただのアイドルのファンです!!!いつも時間を見つけてはこうやって覗いてるだけなんです!!!ごめんなさい!!!」

雷電「…アイドル達の襲撃については?」

不審者「知りません!!!何も知りません!!!許してください!!!」

雷電「…そうか、だが次同じことをしたら、切り刻んでやる。」

不審者「はい!す、すいませんでした!!!!」逃走

雷電「…」






雷電「違ったか…」

かな子「あ、あの雷電さん…」

雷電「大丈夫だ、心配ない。」

未央「てか、物凄いスピードだった…」

雷電「ああ、俺の身体の能力だ。仲間からはニンジャランとか言われてる。」

凛「ニンジャ…」

「雷電!」

雷電「?」

雷電「君は…池袋晶葉だな、どうした?」

晶葉「話がある、来て欲しい。」

雷電「そう言われてもな…」

ウルフ「雷電、おまえが先ほど撃退した不審者以外は特に何もない。」

雷電「ウルフ」

雷電「わかった、何かあったら言ってくれ。」

5人「はい。」

~晶葉のラボ~

晶葉「のあ、戻ったぞ。」

晶葉「紹介しよう。高峯のあ、昨日仕事から帰ってきた。」

のあ「…あなたが雷電?」

雷電「ああ…!」

雷電(こいつ…サイボーグか!)

ウルフ「雷電、彼女は…」

雷電「…サイボーグだな。」

晶葉「その通り。だがアイドルを襲ったのは彼女じゃないぞ。もともと戦闘用に作ってないからな。」

雷電「…まさか、彼女がサイボーグであるかどうかを俺に見極めさせる為に呼んだのか?」


晶葉「それと、戦闘用サイボーグとしての意見が欲しかったんだ。」

雷電「なるほど、かなり精巧にできてるな。普通の人間にはわからないだろう。」

ウルフ「なぜ、彼女はサイボーグなんだ?」

晶葉「それは…」

のあ「それは私が説明するわ。」

のあ「私はもともと、ヘイブン・トルーパーだった。」

雷電「何だって!?」

のあ「ガンズ・オブ・ザ・パトリオット事件後、SOPシステムから解放された私は、特に行くあてもなく、各地をさまよっていた。」

雷電「…」

のあ「だけど、途中でトラックに轢かれた。」

晶葉「その時たまたま彼女を見つけたのが私だ。彼女は生きたいと呟いていたが、このままじゃどうにもならないと思った。」





晶葉「それで私は知人と協力して、試行錯誤を重ね、彼女を完成させた。」

雷電「知人というのは、まさか…」

ドクトル「そう、私だ。」

雷電「ドクトル。」

ドクトル「先ほど、ここについた。久しぶりだな、晶葉君。」

晶葉「お久しぶりです、ドクトルさん。」

ドクトル「のあ、調子はどうだ。」

のあ「はい。問題ありません。」

雷電「事情はわかった。彼女もアイドルなのか?」

のあ「私は晶葉さん達に恩返しをしたかったから…」

晶葉「ちょうどプロデューサーがアイドルを探してたからな。知ってるのは私とドクトルさんだけだ。」

雷電「そうか…」


雷電「…それで、晶葉は何故ドクトルをここに連れてきたんだ?」

晶葉「私がドクトルさんを呼んだのは、のあのことだけじゃない。」

ウルフ「雷電!」

雷電「!」

ウサちゃんロボ「…」

晶葉「こいつはウサちゃんロボ、私が作った。」

ドクトル「ほう、これは素晴らしい。」

晶葉「このウサちゃんロボを警備用に改造するのを手伝って欲しかったんだ。」

ドクトル「なるほど、そうすれば雷電やウルフの負担が減る。喜んで協力しよう。」

雷電「そうだな。それならこっちとしてもありがたい。」

ウルフ「…」

ウサちゃんロボ「…」

ウサちゃんロボ「…」お手

ウルフ「…」お手

雷電「…何をしているんだ。」

ウルフ「彼らはアイドルのためなら喜んで協力してくれるそうだ。」

ドクトル「通じ合ったのか…」

~次の日~

武内P「雷電さん、今日はKBYDの警護をお願いします。」

雷電「わかりました。」

~移動中~

雷電「ウルフ、事務所はどうだ?」

ウルフ「特に問題はない。」

雷電「こっちと今のところは大丈夫だ。だがアイドルを襲ったやつが気掛かりだ。」

ウルフ「襲われたアイドルもパニックで詳しく覚えていないからな。」

雷電「ああ、注意しなくては…」

KBYDP「雷電さん!」

幸子「どうしたんですか?プロデューサー」

友紀「あ!あれ!」

サイボーグ「…」

雷電「あれか…」


ウルフ「どうした?」

雷電「サイボーグだ。」

ドクトル「ついにきたか…」

雷電「おろしてくれ、ここは任せろ。」

紗枝「だ、大丈夫なん?」

幸子「大丈夫ですよ!雷電さんを信じましょう!」

友紀「そ、そんなこと言われても…」

雷電「…」

バッ!

雷電(通常作戦用義体)「…」高周波ブレード装備

4人「!!」

雷電(サイボーグは一人か…だが他にいるかもしれん…)

サイボーグ「死ねええっ!」

雷電「ふんっ!」

ズバッ!

サイボーグ「ぐああっ!」

雷電(できるだけ車から距離を取らないようにしなくては…!)

無人機「…」

雷電「無人機か!」

サイボーグ「逃すか!」

雷電「邪魔だ!」

ズババッ!」

サイボーグ「!」両足と左腕、右手切断

雷電「貴様には後で聞くことがある。」ニンジャラン

無人機「」

4人「ヒィィィィ!!!」

雷電「ハァッ!!!」

ズバッ!ザシュ!

無人機「!!!」

雷電「…」

幸子「やった!」

雷電「さて…」

サイボーグ「ち、チクショーーー!」

ドオオン!!!

雷電「…自爆したか…」

雷電「ボリス、例のサイボーグを倒した。それと、無人機も現れた。」

ボリス「無人機?サイボーグだけじゃなかったのか?」

雷電「そうだ、無人機が一機だ。」

ケヴィン「おそらく、無人機はサイボーグがアイドルを襲えなかったときの保険みたいなものだろう。」

雷電「保険か…」

コートニー「アイドルの襲撃事件から、日本の警察ではサイボーグを雇おうという動きがあって、ごく少数だけど実際に雇っているそうよ。」

雷電「なるほど。」

ボリス「とにかく、アイドルが無事で良かった。引き続き、アイドルの警護を頼む」

雷電「了解した。」

雷電「みんな大丈夫か?」

紗枝「だ、大丈夫どす。」

友紀「怖かった…」

幸子「ふ、フフーン。あんなのへっちゃらですよ。」

KBYDP「助かりました。」

雷電「…」

ドクトル「雷電」

雷電「どうした?」

ドクトル「例のプロデューサーが目を覚ました。」

雷電「そうか、警護が終わり次第、そっちに向かう。」

~病院~

雷電(スーツ)「失礼します。」

武内P「雷電さん。」

仁奈「…」

武内P「大丈夫です、市原さん。」

雷電「例のサイボーグを倒しました。しかし、まだ現れるかもしれません。」

武内P「そうですか…」

仁奈P「あ…あなたは…」

武内P「彼は雷電さんです。彼が、アイドルを守っているのです。

仁奈「そう…ですか…」

雷電「アイドルのことは私が守ります。」

仁奈「すいません…」


~病院、ロビー~

武内P「彼は元警察官で、SPでした。アイドルへの襲撃翌予告が来たとき、彼が一番警戒しておりました。彼があんなことになってから、プロデューサー達は怯えるしかありませんでした。あなたには、感謝しています。」

雷電「自分は依頼をこなしているまでです。気にしないでください。」

雷電「それで…ドクトル、彼は」

ドクトル「あれはどう見ても、もうまともに生活は出来そうにない。私だったら」

「サイボーグを勧める。ですか?」

雷電「Mrs.美城」.


>>37
訂正
×仁奈→○仁奈P

ドクトル「確かに、サイボーグにするべきだとは思っている。だが彼の意思がいる。」

雷電「不快に思われたなら…」

美城「違う、彼をああいう風にしてしまったのは私のようなものなんだ…」

雷電「…」

美城「襲撃翌予告の手紙が来たとき、私が彼に頼んだのだからな。アイドルを守るようにと…」

雷電「あなたが悪いわけではありません。あなたも彼も、アイドルを守りたかった、それだけです。」

美城「…」

仁奈「また…」

4人「?」

仁奈「また、一人ぼっちでごぜーます…」

武内P「市原さん…」

仁奈「パパもママも、仕事で忙しくて…仁奈のこと見てくれてねーです…」

仁奈「ぐす…うう…」

雷電「…」

雷電「君の両親のことは知らないが…」

雷電「君の両親は、君のことを思っていると思う。」

仁奈「…なんでそんなことが…」

雷電「俺にも息子がいる、君と同じくらいだ。」

雷電「俺は息子のことを、片時も忘れたことはない。」

仁奈「…」

ドクトル「それに、 君にも友達はいるだろう?一人ぼっちではないはずだ。」

仁奈「…そうでした。わたしには友達がいやがります。」

ドクトル「そうだ。友達を大切にするのだ。」




ドクトル「あの子は晶葉君のラボに良く来ていたんだ。」

雷電「そうなのか。ということは」

ドクトル「大丈夫だ、のあ君のことはバレてない。」

雷電(それなら大丈夫だが、大切なのはそこじゃない。)

雷電「武内さん、あの子は…」

武内「市原さんは自宅から通っておりまして、市原さんのプロデューサーが通って、市原さんの面倒を見ておりました。」

武内「今は346プロの女子寮に住んでいます。」

雷電「そうですか…」

雷電(きっとローズやジョンも同じ気持ちなんだろうな。)

雷電(今夜、連絡しよう。)

~次の日~

あやめ「なるほど!忍者に大切なのはスカウトの技術なんですね!」

雷電「そうだ、究極のスカウトは忍者だ。」

珠美「刀を自分の身体の一部と考える…」

雷電「ああ、いいセンスだ。」

ウルフ「…何をしているんだ、雷電」

雷電「彼女達に俺の技術を教えているんだ。」

ウルフ「…」

のあ「雷電」

雷電「のあか、どうした。」

のあ「いや、ちょっとこれをね。」

のあ「わかるかしら」

雷電「体内通信か」

のあ「ええ、ドクトルさんがつけてくれたの。何かの役に立てればいいけど…」

仁奈「おじさん!」

雷電「仁奈?」

のあ「ええ、この子私に懐いてるの。」

雷電「この子はプロデューサーがあんなことになったからな…」

のあ「大丈夫よ。この子は一人にさせないわ。」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom