漫画家のうちへ遊びに行こう(提案) (37)

間田「康一くん、『ブリブリブリーチ』を描いてた久保帯人って知ってる?」

康一「『ブリブリブリーチ』! 知ってますとも! 僕、大ファンなんですよぉ~」

間田「おおッ! じゃあ最新作の『ピンクダークの悶絶少年』も~?」

康一「勿論! ブラックユーモアって言うんですかぁ? 
生理的に気持ち悪いシーンもかなり多いですけど、印象的な語録と均整の取れたキャラデザ……迫真のストーリーも申し分ないですよねッ!」

間田「そうかいそうかい!」

間田「ところで康一くん、その久保帯人がこの杜王町に住んでるって知ってるゥ~?」

康一「ええっ!? 本当ですか~! あの久保帯人が!」

間田「よかった今から先生の家にサインでももらいに行かないかい?」

康一「行きます行きます!」

間田「ぼくたち、気が合いそうだね?」

康一「それはないです(即答)」

――

間田「どうやらここのようだけど」

康一「お店のようになってますね。店舗兼住宅なのかな?」

間田「とりあえず入ってみよう。康一くん先行ってくれる?」

康一「え、何で僕が……」

間田「ぼく上がっちゃうたちだからさぁ……これは先輩命令だよ? 早くしなよ」

康一「……わかりましたよ」

ガラッッ

康一「し、失礼しまーす……」

KBTIT「あらいらっしゃい」

康一「ああッ! あなたはッ!!」

間田「久保帯人先生ッ! すごいぞ、単行本の著者近影とそっくりだァ~ッ!」

KBTIT「……」

康一「あ、あの……ぼくたち先生の描く漫画の大ファンでして」

間田「その、サインとか……貰えたらな~って」

KBTIT「ん? サイン? やるさぁ。じゃあ部屋に行こうぜ。行ったら渡してやるよ、すぐに」

康一「ほ、本当ですかぁ~!」

間田「ありがとうございますー!」

KBTIT「来いホイ」

間田「いやー、サインが貰える上に部屋に入れてもらえるなんてツイてるねえ、康一くん。きっと先生の描いてる生原稿を拝見することができるよォ~」

康一「生原稿~! それは楽しみですね!」


ギィィィィィィィ

ガチャン!ゴン!


康一「こ、ここが久保帯人先生の作業部屋?」

間田「作業部屋……というよりまるで牢獄みたいな……」

康一「おかしいですよ間田さん! この無機質な部屋、どう見ても漫画家が漫画を描くような場所じゃあない!」

間田「で、でも……ここは先生の家なんだし」

康一「第一、いきなり家に押しかけて来た素性も知らない人間を簡単に部屋の中に案内するなんておかしくないですか?」

間田「そ、それは先生が心の広いお方だから……ね? ですよね、先生?」

KBTIT「何だよ、ここに来たからには……何されるかわかってんだろうなぁ、オイ」


間田「先生?」

康一「……!」


KBTIT「お前らを芸術品にしてやるよ(迫真)」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

間田「ああッ! 先生の背後に……巨大な『バリカン』が現れたァ~ッ!」

康一「間違いない……あれはスタンドですよッ! 漫画家・久保帯人はスタンド使いだったんだッ!」

KBTIT「何言ってんだよお前……何がスタンドだよォ?」

康一「あなたの背後に控えている『バリカン』、それはスタンド能力によって発現したんだ」

間田「おそらく先生も『矢』に貫かれて、その『能力』を獲得したはずだ。虹村形兆によって」

KBTIT「おおー確かに矢に貫かれたなあ。『スタンド能力』というのかァ~」

KBTIT「最高だなこの能力ッ! 『奴隷少年』の捕獲が捗るぜェ~~!!」

ギギュォォォォォォォン!!

康一「スタンド攻撃が来るッ!」

間田「に、逃げるんだ!」

KBTIT「逃げんじゃねーよ!」

KBTIT「『散髪刀(キモティカ=キモティ=ダロ)』」

ギュゴゴゴゴゴゴォ――――ッ!!

間田「ぐわあああァ~ッ! 『バリカン』の刃が高速で回転し、猛烈な突風を巻き起こしている!」

康一「間田さんッ!」

シュゥゥゥゥ――――

間田「か、風が収まった。あれ……特にダメージは受けてないぞ」

康一「間田さん。上! 頭の上が!」

間田「頭の上? ……ってあああッ! 髪がッ! ないッ! 綺麗サッパリ刈り取られているゥ~~!」

KBTIT「髪なんか必要ねぇんだよ!」

康一「『バリカン』が巻き起こした風で髪だけを切り落としたのかッ! まるで『かまいたち』のように……たった一瞬で正確に!」

KBTIT「髪の毛生えるまでこの牢屋から出さねぇからなァ~。人間扱いなんてしねぇよ! 人間便器にしてやんよ~?」

間田「ひぃっ!!」

ガシィ!

間田「ぶっ!?」

KBTIT「ちょっと眠ってろお前」


KBTIT「落ちろ!(願望)」

間田「……ッ……」

KBTIT「……落ちたな(確認)」

KBTIT「そっちのお前もな。一緒に調教してやんよ! ジュージュー(従順)になるまでやるからなァ~!」

康一「……生憎ですが。僕たちは調教なんてされるつもりはありませんよ」

エコーズACT2「ギャース!」

KBTIT「そいつは! お前の『スタンド』かよ!」

康一「行け!」


エコーズACT2【ジュージュー!!】


KBTIT「あちッ! オイ!? あっちィ! オイ!」

康一「僕のスタンド『エコーズ』は、貼り付けた擬音に触れるとその擬音の効果が実体化して現れるッ!」

KBTIT「殺されてぇかお前、オォン!? もう許せるぞおい!」

康一(攻撃を受けたといっても、間田さんが髪を切られただけだ。久保帯人先生。ちょっとまともじゃあないことは分かったけど……そこまで大きなダメージを与えることは気が引けるな)

康一(僕たちが逃げる時間稼ぎが出来れば十分!)

康一「エコーズ!」

KBTIT「もう許さねえからな!(豹変)」

エコーズ【ゴツン!】


ゴツ /ギュゴゴゴゴゴゴォ――――ッ!!/ ン!

康一「なっ! 『散髪刀』が、エコーズの発した『擬音』そのものを切り裂いたッ!」

KBTIT「いつから『散髪刀』が『髪』だけしか切れないと錯覚していた……?」

KBTIT「『散髪刀』は『何でも』切れるんだよォ~~~~ッ!!」


ギュゴゴゴゴゴゴォ――――ッ!!

グサッグサッグサッグサッグサッグサッ


康一「ぐふあッ!!(吐血)」

KBTIT「こんなふうにされて殺されてぇんだろお前? お前もう生きて帰れないなァ~!」

ドサッ

康一「う……ぐっ……」

KBTIT「さあ調教を始めるぞオイ! 縛らなきゃ(使命感)」

康一(ぐっ……油断していた。相手のスタンド能力について)

康一(でも……『時間稼ぎ』は……できた)

康一(外の音が……ちゃあんと……聞こえて……いる)

――路上

タタタタッ

間田「ふぅー。先生の喉元の圧迫……思ったよりもきつくなく優しかった」

間田「おかげで気絶(お)とされずに済んだよ。助かった」

間田「……僕の『サーフィス』は発動するのに等身大のポーズ人形が必ず必要となる。まともに戦っていたら勝ち目はなかった」

間田「さて、都合よく時間稼ぎをしてくれた康一くんには感謝だけど。別に助けを呼んであげるほど僕は親切じゃないからね」

間田「康一くんの友達――特に仗助の野郎――とは関わりたくないし。さっさと帰ってパーマンを見ないと」

仗助「おう。オメー、間田じゃあねーか」

間田「ゲッ」

仗助「もう退院したのか。つうかよ、オメー髪切ったのか。一瞬分からなかったぜ」

間田「ま、まあね。じゃ、僕は急ぐからこれで……」

仗助「待てよ」

ガシッ

間田「ぎっ!」

仗助「今、康一がどうとか言ってたよなァ。説明してもらうぜ、間田よォ~~」

●REC

KBTIT「皆さん、ご無沙汰しております。悶絶少年専属調教師のタクヤと申します」

KBTIT「今回調教する少年はこういちっ。童顔の甘いマスクと、均整のとれた体(小柄)」

KBTIT「まだ15歳のこの少年は、私の調教に耐える事が出来るでしょうか? それでは、ご覧下さい」

康一「……」

KBTIT「まずは鞭の味を教え込ましてやる。怖いか?」

康一「……いいえ」

KBTIT「んん~!? 『いいえ』ぃ!? すっげー調子こいてんなお前ー! いい度胸じゃ~ん?」

バチィィィンッ

康一「ぐッ……」

KBTIT「これぐらいじゃ物足りないかァ~? 失神するまでで許してやる~~ッ」

康一「失神? もうじき失神するのはあなたの方だと思いますよ。いや、失神で済むくらいなら良い方じゃあないかな」

KBTIT「あァ~~? お前、何か策があるのか? 策があるフリしてるだけじゃあねーのかぁ?」

KBTIT「もうお前に戦う力は残ってねぇよなァ~?」

康一「あなたのスタンド『散髪刀』は、確かに『何でも切れる』のかもしれません」

康一「でも、『散髪刀』には弱点がある。それは射程距離が短いことですよね」

KBTIT「……」

康一「最初の一撃で間田さんを丸坊主にしたとき、僕はこう思いました。
久保帯人は自分の能力に自信を持っているので、あえて小規模な攻撃範囲に抑えて僕達を威圧しようとしたのだ、と」

康一「でも、次に僕のエコーズACT2と対峙したときに、『もう許さねえからな!(豹変)』と言っておきながら、
同程度の範囲でしか攻撃を及ぼすことができていなかった。結果、奥は生け捕りにできたとしても、まんまと間田さんに逃げられてしまった」

康一「あなたの『散髪刀』の射程距離は、せいぜいこの狭い『牢屋』の中。
その制約があるからこそ、僕達をこの中まで誘導してから本性を現し、スタンド能力を使った。違いますか?」

KBTIT「なんだよこの長ったらしい説明口調! おい! マジムカツクなコイツぅ~」ゴゴゴゴゴ

KBTIT「お前はもうボロボロで戦えないだろォ~~? 今から『散髪刀』でお前の髪を、脳天ごと刈り取ってやるよッ! 至近距離でなァ~~!」

KBTIT「出せるものなら出してみろよッ! お前の貧弱なスタンドをよォ!!」


康一「出せますよ。出そうと思えば(主人公の風格)」


KBTIT「あァん!?」

康一「ていうか、もう出してますよ」

康一「ただし、戦うためじゃあない! 僕が今ここにいることを、仲間に伝えるためだッ!」

康一「そしてもう、エコーズは役割を終えているッ! ここから『50メートル』も先でッ!」

KBTIT「オオン!?」


バキィィィッ!!

仗助「悪りぃな、ちっと壁を壊させてもらったぜ。無事か、康一?」

康一「仗助くん!」


KBTIT「!!」


KBTIT「うっそだろお前!(大草原)」

KBTIT「こんなダッセエ髪型のやついんのかよ!(呆れ)」

KBTIT「信じらんねぇ!」

仗助「あ?」

KBTIT「バカじゃね?(本音)」

KBTIT「笑っちゃうぜ(素)」

仗助「おめー、俺のヘアースタイルを馬鹿にしたな? ……もう許さねえからな」

康一「気を付けて仗助くんッ! 奴のスタンドは射程圏内なら『何でも』切れる。今の仗助くんの立ち位置は、しっかり『散髪刀』の射程圏内だ」

KBTIT「ツッパリガミア!(古代帝都)」

KBTIT「必要ねえんだよッ!!」ギュゴッ

仗助「『クレイジー・ダイヤモンド』」



仗助「ドララララララララララララララララララララララララア」



KBTIT「 」バキグシャドゴォ――!!

康一「あっ、そうか。『散髪刀』の狭い射程圏内に入っていたのと同時に『クレイジー・D』の射程圏内にも入っていたんだ」

康一「手の届く範囲ならパワーとスピードに優れる『クレイジー・D』がそうそう後れを取ることはない!」

億泰「おう、康一ィ~~! 無事か。何かヤバいことになってるって仗助から聞いてよォ~~! すっ飛んできたぜ」

康一「億泰くん!」

億泰「康一? 何だよその格好はよォ~~ッ!? おめーそういうシュミがあんのかよォ~~~~!!」

康一「ち、違うよーッ! 誤解だって!」


仗助「許さねえ! 許さねえ! 許さねえ!」

KBTIT「アウッ、ウゥ、アッ・・・アゥン、アッ、アッ、アッ・・・!!」


【KBTIT、再起不能(意味深)】


大人気漫画『ブリブリブリーチ』は突然の打ち切りとなり
『ピンクダークの悶絶少年』は無期限の休載となった

一方、間田は植毛した(ラブ・デラックス)

KUICくんがRHN先生から悶絶調教(スタンド攻撃)を受けるのはまた別のお話である


(終)

ゲロ以下のクオリティでしたが……

読んでくれた人はありがとナス!

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom