男「周りにツンデレしかいないから豆腐メンタルを演じる」 (36)

男「周りのツンデレどもは自分がどれだけひどいことを言ってるのかわかっていない」

男「だから自覚させるために俺は豆腐メンタルを演じる」

男「強く当たったらその人間がしくしく泣きだしたらさすがにツンデレどもも罪悪感で自分の罪を認めるだろう」

男「よし。始めようか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460037698

〈妹の場合〉

男「お、妹おはよう!」

妹「な、なによ急に話しかけないでよ!!」

男「おぉごめんごめん。ってか別におはようって言っただけだろ?なんでそれだけでそんなに驚くんだ?」

妹「うるさいバカ兄貴!!キモイんだよ!!」

男「・・・え」

妹「な、なによ!」

男「バカ・・・キモイ・・・・」

妹「そうよ!あんたはバカでキモイ・・・・ってど、どうしたのよ」

男「うぅ・・・う、う、うわぁあああああああん!!!!」

妹「うひゃあ!!」

男「そうだよな”ぁぁぁあああ”俺キモイよ”な”ぁぁああああああ”!!!!」

男「ごめんよ・・ごめんよわかってあげられなくて!!」

妹「別にそこまで泣くこと」

男「もういいんだ・・・俺妹に嫌われたら・・・生きてけないからさ・・・」

男「もう俺・・・お前の前に現れないようにするよ・・・ごめんな・・・ごめんな・・・」

妹「え、ちょ!兄貴!!」

ばたん

妹「(部屋に戻っちゃった・・・)」

妹「な、なによあれくらいで・・・・あれくらいで?」

妹「そういえばいつもキモイとかうざいとか言ってた・・・」

妹「確かに毎日兄貴に悪口言われたら・・・私でも傷つく・・・」

妹「私・・・本当は兄貴のこと好きなのに・・・」

妹「強く当たっちゃって・・・・」

妹「謝らなきゃ!!」

がちゃ!!

妹「兄貴!!ごめん!!」

妹「いつもいつも悪口ばっか言って!兄貴の気も知らないで!」

妹「私・・・本当は・・・ぐすっ・・・あにっきのこっとっが・・・ぐす・・・」

ゆっくり妹を抱きかかえる

男「俺も好きだよ・・・妹」

妹「えっ・・・・本当?兄貴本当?」

男「うん。だから今まで妹に悪口われて・・・本当につらかった」

妹「ぅ・・・ぁ・・・」

男「何度首つろうかと思った」

妹「ぅ・・・うぅ・・・」ジワァ

男「それでも・・・俺はお前が好きだったから死ねなかった・・・」

男「だから耐えた・・・」

男「なぁ妹・・・俺のこと・・・好きか?」

妹「う、うん!いままでごめん!!私ずっと好きだった!なのにそれを隠すように強く当たってた!ごめんなさい!!本当にごめんなさい!!」

妹「兄貴大好き!!」ギュー

男「(計画通り)」

男「さて、あれから妹はツンデレからデレデレ、というかヤンデレ気味になりつつあるが構わず次行ってみよう」

男「ちなみに、妹に好きだとか言ったがあれは嘘だ。近親○姦くそくらえだ」

妹「おにーちゃーん!何考えてるの~?私のこと?」

男「あぁもちろんだお前のことしか考えてないよ」チュ

妹「もう・・・お兄ちゃんったら♥」

男「(次、行ってみよう)」

〈幼馴染の場合〉

男「妹。すまない。俺はこれから学校に行くんだ」

妹「え、なんでよ!私だけを見t男「なぁ妹」

男「俺がそんなに信用できないか?」

妹「ぇ・・・いゃ・・」

男「俺の脳内はいつも」

妹の耳元に顔を近づける

男「お前で埋め尽くされてるんだ」ボソッ

妹「っっっ!!!」

※なお、ディープキスした模様

男「行ってきます」

妹「いってらっしゃ~い♥♥♥」

男「(あいつ今日は学校ないのか)」

男「あ、ちなみに俺は高校生で妹は中学生っていう設定な」メメタァ

幼馴染「あ!男!おそいじゃないの!!何やってるのよ遅刻しちゃうわよ!!」

男「ぁ・・・幼馴染・・・」

幼馴染「はやくしなさい!」

男「で、でも僕今足が痛くて・・・」

幼馴染「そんなの知らないわよ!早くしなさい!このノロマ!グズ!」タッタッタ

幼馴染「(あれ、後ろから足音が聞こえないわね)」

幼馴染「なにやってるn・・・えっ!!??」

男「うぅ・・・ひっぐ・・・ぐす・・・」

男「ごめんな・・・幼馴染ぃ・・・・俺がノロマでグズなせいでお前にいつも迷惑かけちまう・・・」

男「弁当だって毎日作ってくれて・・・本当は迷惑なのわかってても・・・頼っちゃうんだ・・・」

男「ごめんなぁ・・・ごめんなぁ・・・俺最低な男だよ・・・」

幼馴染「え、ちょ」

男「俺・・・明日から幼馴染に頼らないようにするよ・・・」

男「実は・・・幼馴染のこと好きだったんだ・・・・でも、俺がこんなに使えないやつだから・・・いつも足引っ張っちゃうし・・・」

幼馴染「べ、別に迷惑だなんて」

男「もういいんだ!俺はお前に毎日毎日罵倒され続けて・・・もうお前に迷惑かけたくないんだ!」

男「もう・・・お前とはお別れだ・・・最後に・・・好きだったよ・・・幼馴染」

男「うわああああぁぁああああああん!!!!!」タッタッタッタ

幼馴染「ま、まって!・・・あいつ、足早い・・・」

幼馴染「でも・・・たしかに好きな人に毎日罵倒され続けたら嫌になるわよね・・・」

幼馴染「男・・・私のこと好きだったなんて」ポッ

幼馴染「私も・・・その・・・男のことが・・・好きなのに・・」

幼馴染「なんで、なんでいつも素直になれないのよ!!」

幼馴染「うぅ・・・ひっぐ・・・・おとこぉ・・・ごめんなさぁい・・・もう暴力振るわないからぁ・・・もうお別れだなんて言わないでよ・・」

幼馴染「また昔みたいに一緒に遊んでよぉ!」

幼馴染「うわぁあああああん!!!」

後ろの物陰

男「あいつ近所迷惑すぎだろうるせぇぞ」

男「まぁいい。まだ俺はここでは登場しない」

男「もう少し絶望感を味合わせてから・・・」

幼馴染「ぐす・・・あはは・・・そっかぁ・・・別れられないようにすればいいのかぁ・・・」

男「え」

幼馴染「男から別れようとするなら・・・私から別れられないようにすればいいんだぁ・・・」

男「やばい!行くならいまだ!!」



だきっ

幼馴染「え・・・」

男「ごめんな不安にさせて」

幼馴染「え・・・え・・・男?」

男「俺自分で別れるとか言ったけど・・・やっぱお前をあきらめきれない・・・」

男「なぁ・・・俺と付き合ってくれるか・・・?」

幼馴染「・・・ぅん!!うん!!付き合う!!付き合うよぉ!!今まで悪口言ってごめん罵倒してごめん男の気持ちも考えないで暴力振るってごめん!!」

幼馴染「好きなのぉ・・・男のことが大好きなのぉ!!」

男「あぁ・・・俺もだよ・・・幼馴染」チュ

幼馴染「っっっ!!!」

男「愛してる」

幼馴染「うぅ」ゾクゾク

男「一生はなさないからな」

幼馴染「・・・うん♥」

男「(計画通り)」

男「さて、これで今実質彼女は二人というわけだが」

男「ものの見事に病んでいる。二人とも」

男「これ二股してるのばれたら俺の股がふたつになっちゃう」

男「・・・プッ」

幼馴染「おーとこ!」

男「ひっ・・・あぁ、幼馴染か」

幼馴染「なによーそんなに驚くこと?」プンスカ

幼馴染「もしかして・・・ほかの女のこt男「なぁ幼馴染」

男「俺のことが信用できないか・・・?」

幼馴染「ぇ・・・いゃ・・・」

男「俺の脳内はいつも」

幼馴染の耳元で

男「お前だけだよ」

幼馴染「・・・ねぇ男」

男「どうした?」

幼馴染「男の口から妹ちゃんのにおいがするんだけど」

男「え」

幼馴染「もしかしてさ・・・妹ちゃんとキスした?」

男「し、してないぞ」

幼馴染「・・・ねぇ。正直に言って?今言ったら許してあげる」

男「・・・ぐすっ」

幼馴染「えっえっ・・・どうしたの男!」アセアセ

男「やっぱり俺って彼女を心配させちまうダメ男なんだなぁってさ・・・そう考えたら・・・涙が止まらなくって」

幼馴染「わかったわよ!信じるわ!男を信じるわよ!」

男「俺の口から妹のにおいがするんだったら」チュ

幼馴染「っ!」

男「お前のにおいで上書きさせてくれ」

幼馴染「・・・はい♥♥♥」

※なお、この後とてもとても濃いキスをした模様

※なお、今日はもう寝る模様

<委員長の場合>

男「さて、幼馴染はトリップした・・・が、よく考えたら今日学校だった」

男「こりゃ遅刻だな。完全に」

男「まぁ一応学校行くか」


学校

男「うぃーす」

委員長「あ、男君!!遅刻してて何よその態度!!」

男「ぃ・・・いやぁ・・・」

委員長「いやじゃないの!!もうっ!!」

委員長「仕方ないからあなたのために一緒の先生のところ行ってあげるわ」

委員長「謝りましょう?」

男「い、いやだ!」

委員長「なにいってるのよ!私が・・・あ、あなたのために行ってあげるっていうのに!」

男「だって・・・だって怒られたくないもん!!」

男「(これは俺罵倒されてもおかしくないが)」

委員長「なっ!こ、この私が行ってあげるっていうのに!!あ、あなたのためになのよ?私が、あなたのためになのよ?」

男「そういって委員長は先生の味方するんでしょ・・・?」

委員長「何言ってるのよ!私はいつでもあなたの味方」

男「もういいよ・・・どうせ委員長も僕を攻めるんでしょ・・?」

委員長「もういい加減にしなさい!このバカ!!」

男「(まぁ罵倒されてもおかしくないこと言ったしな)」

男「(だが作戦は結構だ)」

男「うっ・・・うぅ・・・うぐ・・・」ポロポロ

委員長「な!どうしたのよ!!」ガシッ

男「うっ!委員長・・・いたいよぉ・・・ひどいよぉ・・・」

男「やっぱり委員長は僕のこと嫌いなんだね・・・バカっていうし強く握るし・・・」

委員長「だ、だってそれは男君が私の言うこと聞かないから・・・」

男「委員長は僕が命令通りに動かないと悪口言ったり暴力振るうんだ・・・」

男「僕・・・委員長のこと・・・好きだったのに・・・」

委員長「やめて・・・」

男「僕・・・委員長のこと・・・尊敬してたのに・・・」

委員長「やめてその先は言わないで!」

男「僕・・・そんな性格だって知ったら・・・」

委員長「やめて!言わないでぇ!!」

男「委員長のこと”嫌い”になっちゃうよ」

嫌いになっちゃうよ、嫌いになっちゃうよ、嫌いになっちゃうよ……

委員長「いやぁああああああああああああああ!!!!!!」



だきっ

委員長「・・・えっ?」

男「でも・・・悪口を言うのも・・・暴力を振るわれるのもつらいけど・・・」

委員長「ご、ごめん」

男「もうやらないっていうんなら」

委員長「う、うん!」

男「今まで以上に好きになる」ボソッ

委員長「・・・ぁ・・・もう」

男「ん?」

委員長「・・・も、もう」

男「なんだって?」

委員長「もうやらない!悪口も言わない!罵倒もしない!暴力も振るわない!だから!だから嫌いにならないでぇええええ!!」

委員長「私がバカだった!いつも私のこと頼るくせに思い通りにならないからイライラしちゃって!」

委員長「でも、でも!嫌われるならそのぐらい全然いい!」

委員長「だから!だから男の言うとおりにするからもっと私を好きになって!」

委員長「好きになって・・・好きになってください・・・好きになって・・・」ボソボソ

委員長「ねぇ・・・私のこと、好き?」

男「・・・好きじゃない」

委員長「ぇ・・・ぃゃ・・」

男「好きじゃない。でも」

耳元に近づき

男「愛してる」

委員長の目に一筋の光が映る

男「愛してる。愛してる。愛してる」

男「悪口も言わない、暴力も言わない、俺のことだけを考えてくれる委員長が愛おしいよ」

委員長「好きです!好きです!私も愛してます!男のことだけ考える!ほかのことは考えない!だから、だからもっと愛して!」

男「委員長」

委員長「ど、どうしたの?」

男「結婚しよう」

委員長「っっっ!!」ガバッ

男「(うわ!こいつ押し倒してきやがった!)」

男「い、委員長ここ学校だよ!」



委員長「ふふふそんなことしらないわだって私たち相思相愛で結婚するんだもの場所なんて関係ない」

男「で、でも」

委員長「なんでだめなの?ねぇ、なんでだめなの?」

男「・・・委員長はさ」

委員長「どうしたの?」

男「俺のこと好きなんだよね」

委員長「もちろん!好きだよ好きだよ愛してる大好きだよ愛おしいよ」

男「だったらさ、俺の嫌なことするの?」

委員長「・・・え?」

男「俺はこんなところで大好きな委員長としたくない」

委員長「なんd男「最後まできいて」

男「俺は委員長とは・・・二人の愛の巣」

委員長「愛の・・・巣?」

男「そう。愛の巣。二人が高校卒業して家建てて、そこでしたい」

男「大事な委員長との関係を・・・簡単なものにしたくないんだ」ニコッ

委員長「男・・・大好き♥」

男「(計画通り)」

男「さて、俺の周りには従順な雌犬が3匹いるわけだが、やめるわけにはいかない」

男「たとえ俺が死のうとも、俺を今までさんざん罵ってきた彼女たちを後悔させるまで」

男「やめるわけにはいかないんだ!!」

男「・・・だけどあそこまで俺のことを好きだったとはなぁ」

委員長「ねぇ男♥」

男「どうした?」

委員長「私のことどれくらい好き?」

男「世界で一番好きだよ(これさっきも聞かれたような)」

委員長「・・・・んで」

男「ん?」

委員長「なんで?!さっきは宇宙一好きって言ってくれたじゃん!なんでよ!私は宇宙に負けてるの?!」

男「・・・あぁ、ごめん」

男「宇宙なんて委員長と比べたら存在価値がなさ過ぎて発想になかったよ」

委員長「・・・え?」

男「それほどお前が輝いているってことだよ」

委員長「・・・」ポッ

男「愛してる・・・委員長」

委員長「・・・うん♥♥♥」

※ディープキスしたよ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年12月04日 (日) 23:40:50   ID: lkogq4JA

女の子ヤンデレにさせる達人かなんかか?

2 :  SS好きの774さん   2017年04月30日 (日) 16:09:37   ID: ncoSAz3x

好きですこのss

3 :  SS好きの774さん   2017年09月27日 (水) 03:38:59   ID: dijSLJ0G

くっさ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom