ほむら「や、やめて!」ウルウル(6)

【とある路地裏】

ほむら「私のまどかに…」

まどか「…ほむ…ら…ちゃ…」

???「おら、さっさと歩け!」ドスッ

まどか「…うっ…」グハッ

ほむら「まどかあああああ!!!!」

???「おい、あんまり乱暴にすんなよ。あの方の
嫁になる予定なんだからよ。クックック…」

ほむら「ふざけないで!まどかは私のよm…」

???「呪文使えなくしたら、ただのガキが」ガッ

ほむら「な、何を……放して…」

???「どうした?怖いか?」

ほむら「……」

???「おい、早くしろ。行くぞ」

???「おお。わりぃな。」ポイッ

ほむら「……マドカァ…マドカァ……」

【魔王城】

???「魔王様。例の娘です」

まどか「ウーッ!…ウーッ!…」

魔王「そいつの口に縛ってる物をほどいてやれ」

???「はい」スッ パッ

まどか「プハァ…あ、、あなた達は何者何ですか?」

魔王「ほぅ。最初の質問がそれか。なかなか面白いな」

魔王「良かろう。我が名は魔王ムドーだ。」ドンッ!

まどか「魔王ムドーって……あの…」

魔王ムドー「そうだ。お前も良く知ってるであろう」

まどか「……どうして私を…?」

魔王ムドー「くっくっくっ。実は私は一度死んでるんだよ…」

まどか「え?」

魔王ムドー「それでも何故か生き返ってた。理由は分からなかった」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom