妹「あっ……お兄ちゃんっ……ダメッ///」(999)

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「もう!お兄ちゃんが変なとこ触るから爆発しちゃったじゃない!」

兄「ごめんごめん」

妹「本当にお兄ちゃんはダメなんだから……」

兄「ごめんって」

妹「爆発に巻き込まれたら危ないのはお兄ちゃんなんだからね!」

兄「なんだ、心配してくれてるのか?可愛い奴め」ナデナデ

妹「あっ…///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「また爆発したのか」

妹「お、お兄ちゃんがいきなり頭撫でるから///」

兄「照れてる妹も可愛いぞ」ナデナデ

妹「あっ…ダメッ///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「こんなに何度も爆発すると流石に心配だな」

妹「だ、だってお兄ちゃんが意地悪するから……」

兄「妹が可愛いのが悪い」ナデナデ

妹「いやっ…///」

兄「お、今度は爆発しないで我慢できたな」

妹「そう何度も爆発しません!」

兄「ははは!偉いぞ!」ナデナデ

妹「ひゃんっ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「お兄ちゃんのバカー!」テテテ

兄「おい、妹!」

兄「……ちょっとやり過ぎたか」

ピンポーン

兄「お、誰か来たな…はーい!」ガチャ

?「お兄さん!」ダキッ

兄「えっ!」

妹「お兄ちゃーん、誰か来た…の……」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「おい、いきなり爆発するなよ」

妹「お兄ちゃん!その女の人誰!」

兄「俺もいきなり抱きつかれて何が何やら……」

?「はっ、わ、私お兄さんに抱きついちゃってる///」

?「は、恥ずかしい///」

         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_・- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


妹「きゃ!」

兄「こ、この爆発はもしや……義妹ちゃん?」

義妹「覚えててくれたんですか!」

兄「妹!覚えてないか?義妹ちゃんだよ!」

妹「義妹ちゃんってあの義妹ちゃんなの?」

義妹「お兄さんが覚えていてくれたなんて…///」

義妹「嬉しい…!」

         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_・- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


兄「やっぱり!この爆発は義妹ちゃんだ!」

兄「久しぶりだな!義妹ちゃん」

義妹「は、はい!お久しぶりです、お兄さん!」

妹「そんなことより義妹ちゃん、どうしてここに?」

兄「そうだよ、ずっと連絡も無かったのにどうして?」

義妹「そ、それはお兄さんに会いたかったから///」

兄「とにかく久しぶりに会えたんだ、今日はパーティーだ!」

義妹「パ、パーティーですか?」

兄「ああ!義妹ちゃん歓迎パーティー!妹、早速準備するぞ!」

義妹「そ、そこまでして頂かなくても…」

兄「まぁまぁ、緊張しないで、とにかく上がりなよ」

義妹「でしたらお言葉に甘えて…お邪魔します」

兄「そうじゃないよ義妹ちゃん」

義妹「な、なんですか?」

兄「ここは義妹ちゃんの家でもあるんだから、ただいまだろ?」

義妹「た、ただいま」

義妹(お兄さんと一つ屋根の下だなんて///)

         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_・- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


義妹「す、すいません!何度も爆発しちゃって」

兄「いや、むしろ義妹ちゃんが元気そうで安心したよ」

妹「……さっきから義妹ちゃんばっかりずるい」ボソッ

妹「お兄ちゃん!パーティーするんなら買い物に行かないと!」

兄「おっとそうだな、じゃあ俺が行ってくるから義妹と二人で待っててくれ」

妹「私も一緒に行くよ!」

兄「義妹ちゃんを一人で残して行く訳にはいかんだろ…」

妹「むぅ……わかった…行ってらっしゃい」

義妹「わざわざすいません、お気をつけて」

兄「おう、行ってくる」

ガチャバタン

妹「……」

義妹「……」

妹「……」

義妹「……」

妹「あの…」
義妹「その…」

妹「ごめん、そっちからどうぞ」
義妹「すいません、そちらからどうぞ」

妹「……」

義妹「……」

妹「えーと……久しぶりだね、義妹ちゃん」

義妹「は、はい、お久しぶりです妹さん」

妹「元気だった?」

義妹「ええ、それなりに健康ではありましたが……」

妹「…でしたが?」

義妹「お兄さんに会えなかったので……」

妹「ああ…」

義妹「その…お兄さんは近頃どのようにお過ごしで?」

妹「えっ?どのようにって…お兄ちゃんはいつも通りだよ」

義妹「いつも通りと言うと…?」

妹「いつも優しくて、それで…かっこよくて///」

妹「と、とにかくお兄ちゃんはお兄ちゃんだよ!」

義妹「そうですか……」

義妹「羨ましい……」ボソッ

ガチャ

兄「ただいまー!」

妹「あ、おかえり!お兄ちゃん!」

義妹「お帰りなさいませ」

兄「さあて、すぐに準備するから義妹ちゃん、ちょっと待っててね」

妹「私も手伝う!」

義妹「わ、私も何かお手伝い致します」

兄「義妹ちゃんは座って待ってて、今日の主役は義妹ちゃんなんだから」

妹「そうだよ、準備は私とお兄ちゃんの二人でするから」

義妹「……妹ちゃんばっかりずるいです!!」

         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_・- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


兄「ど、どうしたの?義妹ちゃん」

義妹「妹ちゃんばっかりお兄さんと一緒にいるなんてずるいです!」

兄「え?」

妹「そ、そんなことないんじゃないかな」

義妹「あります!私だってお兄さんのそばに居たいんです!」

妹「そんなこと言ったって私だってお兄ちゃんと一緒に居たいもん!」

兄「ふ、二人とも喧嘩はやめて……」

義妹「お兄さんはどっちが大事なんですか!」

妹「そうだよ!お兄ちゃんはどっちが好きなの!」

兄「そんなこと言われても……」

妹「どっち!」
義妹「どっちですか!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                  __,,:::========:::,,__

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                  ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...........
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                 ..‐´      ゙          `‐..゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            __,,:::========:::,,__       /                   \    ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............     ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;..‐´      ゙          `‐..'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
           /                   \                          ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
..........;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
゙゙゙゙゙゙゙      .'                       ヽ     ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......  ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
        /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
      ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙ ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................               ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙ .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
    ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙´i,,.;,..  .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ

    ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ|iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
    /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´
     `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,   ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
      ゙゙´`´゙ -;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙ /`゙

          ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


ボロッ

妹「…はっ、お兄ちゃん何処ー!」

義妹「お兄さん!大丈夫ですか!」

ガサッ

兄「……今度ばっかりは危なかった」

妹「お兄ちゃん!」
義妹「お兄さん!」

兄「まさか対爆発用に改築した家が崩れるなんて、妹連鎖爆発……恐るべし」

妹「ごめんなさい…」
義妹「すいません…」

兄「いや、二人が無事ならそれでいいんだ」

兄「俺にとっては二人とも掛け替えの無い存在だから」ナデナデ

妹「お兄ちゃん///」
義妹「お兄さん///」

兄「さて、家も崩れちゃったし、前より丈夫な新しい家を探してパーティーの続きだ!」

妹「うん!」
義妹「はい!」

こうして3人は幸せなに暮らしましたとさ
めでたしめでたし

みたいなss誰か書いてくれませんか

ピンポーン

兄「はーい!」ガチャ

?「兄君!」ダキッ

兄「うおっ!」

?「会いたかったよぉ…兄君…」

兄「その声は……姉さん!」

姉「えへへ、久しぶりだね、兄君」

兄「本当に本物の姉さんだ!」

兄「おーい!妹、義妹ちゃん!姉さんが帰ってきたぞ!」

妹「えっ?お姉ちゃん?」

義妹「お姉さん?」

妹「わっ!本当にお姉ちゃんだ!」

義妹「お久しぶりです!お姉さん!」

姉「ひっ…」

兄「まさか義妹ちゃんに続いて姉さんにも会えるなんて!」

姉「義妹ちゃんもいるの……?」

妹「今日はパーティーだね!お兄ちゃん!」

兄「ああ!今日は盛大にやるぞ!」

姉「わ、私はすぐに帰るから…」

兄「帰るって言ったって姉さんの家はここじゃないか」

姉「で、でも……」

兄「くーっ!なんだかすごく楽しくなってきたぞ!」

妹「お兄ちゃんが嬉しそうだと私も幸せ!」

義妹「わ、私も嬉しくて、なんだか///」

         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_・- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


姉「きゃーーーっ!」

兄「姉さーーーん!!!」


兄「ああ……姉さんが爆発の衝撃でまた何処かに飛んでいってしまった……」

義妹「わ、私のせいで…ごめんなさい……」

兄「義妹ちゃんは嬉しかったんだろ?嬉しくて爆発しちゃったんならしょうがないよ…」

兄「……それに、姉さんのことだ、またいつか会える日が来るよ」

妹「そうだよ、お姉ちゃんなら許してくれるよ」

義妹「そうですね、私、次は爆発しないようにします!」

兄「その意気だ!」

実はこの家族には姉もいます!
だから誰かこんなss書いてください!
お願いします!

妹「お兄ちゃん!朝だよ、起きて!」

兄「うーん……あと5分……」

妹「早く起きないと遅刻しちゃうよ!」

兄「むにゃむにゃ……」

妹「もう!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「うわ!」

妹「起きた?お兄ちゃん」

兄「ああ、妹、いつもありがとう」

妹「どういたしまして」

こんなふうに何処にでもいる兄妹の日常を書いてくれればそれでいいので誰か書いてください!
あと姉の湿り気ってなんだかえっちです!それも書いてくれると嬉しいです!

姉「い、も、う、と、ちゃーん」

妹「あ、お姉ちゃん!」

姉「ふふっ、お姉ちゃんだよー」ダキッ

妹「きゃっ!お姉ちゃん急に抱きつくと///」

妹「……あれ?爆発しない……?」

姉「えへへ、お姉ちゃん今湿ってるからね」サワサワ

妹「ひゃっ!お姉ちゃん…そんなとこ……触っ…ちゃ!」

姉「妹ちゃんも一緒に湿っちゃお♡」

姉の湿り気ってこんな感じですか!わかりません!
誰か教えてください!

王宮・謁見の間

王「勇者兄、そなたに魔王討伐を命ずる」

兄「はい!必ずや魔王を討伐し、平和を取り戻して見せます!」

王「頼むぞ、そなたは最後の希望なのだ」

大臣「こちらを旅の資金として使ってください」

兄「ありがとうございます」

城下町

兄「……本当に付いてくるのか?」

妹「うん!私だってこの日のために色々準備してたんだから!」

兄「それはそうだけど……」

妹「お兄ちゃん一人じゃ朝も起きられないくせに」

兄「ぐっ……しょうがないな、どうせ一度言ったら変えないんだろ」

妹「やった!頑張ろうね、お兄ちゃん」

はじまりの森

兄「せいっ!」

スライム「ピキー…」

妹「お兄ちゃんすごい!」

スライム「ピキーッ!」

兄「妹!危ない!」ガバッ

妹「えっ!」

スライム「ピキーッ!!」ビシッ

兄「くっ………はっ!」ズバッ

スライム「ピキ…」

はじまりの森

妹「お兄ちゃん!大丈夫?」

兄「ああ、大丈夫だよこのくらい」

妹「ごめんね…私のせいで……」

兄「いいんだよ、妹を守るのは兄の仕事だからな」

妹「お兄ちゃん……」

草原

妹「お兄ちゃん!新しい魔法を覚えたよ!」

兄「おっ!やったな、妹!」

スライム「ピキーッ!」

妹「早速使ってみるね……イオ!」

スライム「ピ」ボンッ

兄「すごい…スライムが吹き飛んだ」

兄「妹、すごいじゃないか」ナデナデ

妹「えへへ、やった!」

闇の洞窟

妹「イオナズン!」

兄「くらえっ!ギガスラッシュ!」

ボス「ウボァー」

兄「ふぅ…敵も大分強くなってきたな」

妹「でも私とお兄ちゃんのコンビなら魔王にだってきっと勝てるよ!」

兄「…そうだな!」

魔王の城・城門

兄「ついにここまで来たな…」

妹「ここに魔王がいるんだね」

兄「ああ…辛い戦いになるだろうけど……」

兄「絶対に勝つぞ、妹!」

妹「うん!」

魔王の城・玉座

兄「くっ……」

魔王「どうした?勇者の力はそんなものなのか?」ガシッ

妹「お兄ちゃんを離せ!イオ!」ボンッ

魔王「ふっ、兄想いのいい妹だな」

魔王「その想いに免じてまずは貴様から殺してやろう」

兄「や、やめろ…!」

兄「ギガ…ブレイク!」ズババッ

魔王「うっ…思ったよりあがくじゃないか」

魔王「だが我を倒すには足りん!」ドッ

兄「ぐわっ!」バタッ

妹「……」ガシッ

魔王「なんのつもりだ、人間」

妹「……お兄ちゃん」

魔王「な、なんだその力は……?」

兄「妹……?」

魔王「くそっ!離れろ!」

妹「……大好きだよ」ニコッ

妹「メガンテ!」

兄「妹ーーーーーっ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「うわ!」

妹「起きた?お兄ちゃん」

兄「ああ、妹、いつもありがとう」

妹「どういたしまして」


兄「なんだ、夢か」

なんかね、うん

                          __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
      \     ヘ(^o^)ヘ  /                   \  ヘ(^o^)ヘ     /
      (/o^)...............;;;;;;;|∧;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;|∧;;;;;;........(^o\)
   .......;;( / ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙  /    .'                            ヽ  /    ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙\ );;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙ / く         /                           ゙:           >\ ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;.....(^o^) 三     ;゙               /              ゙;  三 (^o^) .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙ (\\ 三;;;;;.......;..ヘ(^o^)ヘ........   (^o^)/       ..ヘ(^o^)ヘ..........;....三 //);;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
        < \ 三 ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙|∧゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;/(  );;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙|∧゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙三 />

              ノi|lli; i /.;, 、    ./ / >       ` ; 、/ .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


母「あ、今おなか蹴った」

父「本当かい?」

父「兄、お前はもうすぐお兄ちゃんになるんだぞ」

男の子「お兄ちゃんかぁ……楽しみだなぁ」

母「はぁはぁ……うっ…産まれる……!」

父「ほら、落ち着いて呼吸をして」

男の子「お母さん!頑張って!」

父「兄、お父さんはお母さんに付いているからお前は外で待ってなさい」

男の子「わかった、お母さん、頑張ってね!」

母「はぁ…はぁ……ありがとうね」

男の子「……」ドキドキ

男の子「……」ソワソワ

男の子「…まだかな……?」

オギャー オギャー

男の子「…!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


男の子「……えっ?」

男の子「…爆発……?」

男の子「お父さんとお母さんは…?」

男の子「お父さん…!お母さん!!」

男の子「そんな……お父さん、お母さん……何処に行っちゃったの?」

オギャー オギャー

男の子「!」

赤ちゃん「おぎゃあ、おぎゃあ」

男の子「…この子は僕が守らないと……」

兄「はっ…!」ガバッ

兄「はぁ…はぁ……嫌な夢だ……」

妹「お兄ちゃん、朝だよ!」ガチャ

妹「あれ?お兄ちゃんがもう起きてる」

妹「…どうしたの?すごい汗」

兄「いや、大丈夫、ちょっと寝汗かいただけだよ」

妹「?……朝ごはん出来てるから早く来てね」

兄「ああ、着替えたらすぐ行く」

ガチャバタン


兄「……それにしても嫌な夢だった……」

兄「まさか弟が爆発するなんて……」

僕の発想力の問題でまた夢落ちです!
実際のこの兄妹の両親は今頃旅行か出張で世界を飛び回っています!
だから安心してssを書いてください!
お願いします!

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「なあ」

妹「なに?」

兄「今爆発した?」

妹「し、してないよ!」

兄「そっか」

妹「うん」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「……」

妹「……」

兄「…やっぱり爆発しただろ」

妹「…ごめんなさい」

こんな兄妹の日常でいいんです!
誰かお願いします!

博士「そこに3人の妹がいるじゃろ」

博士「お前に1人やろう」

博士「…さあ!選べ」

ライバル「あッ!ずるい!じーさん!俺にもくれよお!」

博士「慌てるなライバル、お前も好きな妹を選ぶがよい」

妹1「お兄ちゃん」

妹2「兄貴」

妹3「兄様」

兄「うーんと……」

兄「…この妹にするよ!」

妹1「お兄ちゃん!」

ライバル「じゃあ俺はこの妹だ!」

妹2「兄貴!」

兄「早速旅に出よう、妹!」

妹1「お兄ちゃん!」

ライバル「…待てよ!兄!」

兄「なんだ?」

妹「お兄ちゃん?」

ライバル「せっかくじーさんに妹貰ったんだぜ!」

ライバル「…ちょっと俺の相手してみろ!」

兄「…わかったよ、行け!妹!」

妹1「お兄ちゃん!」

ライバル「よし!行け!妹」

妹2「兄貴!」

兄「先手必勝だ!妹!大爆発!」

妹1「お兄ちゃん!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


ポケットシスターズ 完

……みたいなssでもいいです!お願いします!

妹「兄さん」

兄「…ん?」ペラ

妹「兄さん」

兄「なんだよ」

妹「暇です」

兄「そう」ペラ

妹「構ってください」

兄「…今忙しいから」ペラ

妹「漫画読んでるだけじゃないですか」

兄「……」ペラ

妹「……爆発しますよ」

兄「……しょうがない、ゲームでもするか?」

妹「はい!」

たまには爆発しない妹でもいいかなって

姉「しめりけ」

妹「かたやぶり」

姉「畜生ォ…」


かたやぶりってしめりけも無効化するんだよね?

妹「さあ、兄さん始めましょう」

兄「あのさ、妹」

妹「何ですか?兄さん」

兄「何で俺の膝の上に座ってるのかなって」

妹「何かおかしいですか?」

兄「ほら、ソファ隣空いてるし」

妹「そうですね、それがどうかしましたか?」

兄「膝の上じゃなきゃだめかな?」

妹「…爆発」ボソッ

兄「…うん、わかったこのまま始めよう」

みたいな続きも考えたけど別に要らなかった

妹「お兄ちゃんに話があるの」

兄「なんだ、話って?」

妹「えーと…あの…その……」

兄「どうしたんだ?」

妹「私、お兄ちゃんのことが……」

兄「俺が?」

妹「す…す……す……」

兄「す?」

妹「すっ……すっ………すk

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「ごめん、爆発で聞こえなかったからもう一度言って」

妹「な、何でもない!」テテテ

兄「あ、おい!」

こういうベタなのでいいので誰かお願いします!

兄「ぐあっ」

敵「どうやらお前はここまでのようだな」

妹「ああ、このままじゃお兄ちゃんがやられちゃう!」

妹「私に、私に力があれば…」

姉「…力が欲しいか」

妹「あ、あなたは?」

姉「私のことは気にするな」

妹「でも…」

姉「力が欲しいかと聞いているんだ!」

妹「…欲しい、欲しいです!兄さんを守る強い力が!」

姉「ならば与えよう、全てを吹き飛ばす強大な力を…」

妹「すごい…体中に力が溢れて……!」

妹「これなら…!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄を守るために力を手にし戦いに身を投じるも大きすぎる力に振り回されこのままでは肉体が耐えきれない
でもお兄ちゃんを守らなきゃと戦い続ける妹の前に強大な敵が現れ妹は絶体絶命のピンチに直面する
しかしそこに新たな力を手にした兄が現れ今度はお兄ちゃんが妹を守る番だ妹を傷つける奴は許さないと敵を打ち破る
そして全ての戦いを終わらせるために二人手をとり力を合わせて戦い始めるのだった…

みたいな王道展開でいいので誰か書いてください!!

兄「…よし!出来た!あとは起動スイッチを…ポチッとな」

ロボ妹「……」

兄「……あれ?動かない、失敗かな?」

ロボ妹「ガガガ…ピー……オニイチャン」

兄「お、動いた……お兄ちゃん?」

ロボ妹「オニイチャンオハヨウ」

兄「俺が作ったんだから兄と言うよりお父さんなんだけどな……」

兄「まあいいや、じゃあ妹!まずはコーヒーでも入れて貰えるか?」

ロボ妹「プシュー…ワカッタオニイチャン」ガタガタ

兄「大丈夫かな……?」

ロボ妹「ガガ…ピー……デキタヨオニイチャン」

兄「出来たか、じゃあこっちに持ってきてくれ」

ロボ妹「ウンワカッタ」ガタガタバタンッ

兄「…転んだ」

ロボ妹「…イタイ」

兄「…姿勢制御プログラム組み直さないと」

ロボ妹「……オコシテオニイチャン」ジタバタ

兄「はいはい、わかったよ……あーあコーヒーこぼしちゃって…」

ロボ妹「オニイチャンオニイチャンオニイチャン」プシュー バチッ バチッ

兄「あれ?これショートして……」

兄「……やばい」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


みたいな……ね

妹「お兄ちゃん」

兄「どうした?妹」

妹「今日のご飯は私が作る!」

兄「え?お前いつの間に料理出来るようになったんだ?」

妹「いつまでもお兄ちゃんに任せっきりじゃ悪いから」

兄「うーん…じゃあ頼むよ」

妹「待っててね!すぐ作るから!」テテテ

兄「……大丈夫かな?」

妹「よし!頑張るぞ!」

妹「まずは野菜を切って」

妹「玉ねぎが目に染みる……」

妹「じゃがいもは芽を取らなきゃいけないんだよね」

妹「人参に……お肉…」

妹「カレールーは……あった!」

妹「後は煮込むだけ」

妹「火加減は…これくらいかな?」

妹「…ぐつぐつしてきた」


妹「あれ?」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「妹!大丈夫か!」

妹「失敗しちゃった……」

兄「あーあ、言わんこっちゃない」

妹「ごめんなさい……」

兄「まあ、あれだ、失敗は成功のもとって言うしな、次頑張ればいいよ」

妹「うん…」

兄「とりあえず今日はこれ片付けて外食にするか」

妹「ごめんなさい……」

兄「いい加減元気出せよ」

兄「ほら、次は俺も手伝うから、な?」

妹「…私絶対に料理出来るようになるからね」

兄「うん、期待してるよ」

ここまで半ば無理矢理に続けていましたがそろそろネタ切れです!
だから誰かお願いします!!

g「カサカサ」

兄「ひぃー!」

妹「うるせえぞ兄貴!」

兄「い、妹ちゃん!」ダキッ

妹「だ、抱きつくな気持ち悪い///」

兄「g!gが出たんだよ妹ちゃん!」ガタガタ

妹「g?…なんだゴキブリかよ……」

兄「妹ちゃんお願い!どうにかしてください!」

妹「ちっ、しょうがねえな」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「ほら、終わったぞ」

兄「本当?本当にもういない?」

妹「本当だよ!」

兄「ありがとう!妹ちゃん!大好きだ!」ダキッ

妹「ま、全く、ゴキブリぐらい自分で何とかしろよな///」

がさつだけど兄想いの妹ちゃん!
誰か書いて!!!

妹「お兄ちゃん…」

兄「い、妹、何で服着てないんだ…!?」

妹「爆発物処理ごっこ…しよっ///」

兄「な、何を言ってるんだ。ほら、服を着なさい」

妹「私…もう爆発しちゃいそうだよ///」ドキドキ

兄「ゴクリ…もう辛抱たまらん!」ガバッ

妹「きゃっ!お兄ちゃん、いきなりそんなっ…///」

妹「あっ……ダメッ…///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「……爆弾処理失敗しちゃったね」

兄「次は俺の爆発物を処理してくれるか?」

妹「……うん///」

(省略されました誰か続きを書いてください)

dqn「ねぇ君、俺とお茶しない?」

妹「しません」

dqn「えー、いいじゃんちょっとくらい」

妹「嫌です」

dqn「そんなこと言わずにさあ」グイッ

妹「ちょっ、やめてください!」

兄「あれは妹…おい、やめろ!」

dqn「あ?なんだよお前」

兄「妹から離れろ!」

dqn「あ?何邪魔してくれてんの?」

兄「早く!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「くっ…間に合わなかったか…」

妹「お兄ちゃん!」ダキッ

妹「恐かったよぉ……グスン」

兄「よしよし、もう大丈夫だからな」ナデナデ

妹「ヒック…ヒック……」

兄「ほら、もう泣くな」ナデナデ

妹「……うん、一緒に帰ろ、お兄ちゃん!」

みたいなね、うん

レッド「今だ皆!」

戦隊s「「「「「ゴニンジャーハリケーン」」」」」

怪人「ぐあーっ!」バタッ

レッド「倒したのはいいけど、なんか物足りないなー……」

兄「怪人を倒したけどなんだか物足りない、そういう事ってよくありますよね」

兄「そんなときには……」

妹「はい!私です!」


レッド「今だ皆!」

戦隊s「「「「「ゴニンジャーハリケーン」」」」」

怪人「ぐあーっ!」バタッ

兄「今だっ!妹!」

妹「はい!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


レッド「すごい!大迫力だ!」

兄「こんな風に迫力の大爆発」

レッド「でもお高いんでしょう?」

妹「大丈夫!今なら無料お試し期間中だから誰でも3回まで無料!」

兄「お試し期間終了後も1回3980円とお安くなっております」

レッド「おお!それはすごい!」

兄「ご応募は今すぐこちらへ」

妹「○○○-○△□、お兄ちゃん大好き!で覚えてね!」

陶芸家「また失敗だ…」

陶芸家「最近失敗続きで失敗作がこんなにたまっちゃったよ…」ドッサリ

陶芸家「これを一つ一つ割るのは面倒だな……」

兄「そんな事ってよくありますよね」

兄「でも大丈夫!そんなときは……」

妹「はい!私です!」

陶芸家「失敗作をここに集めて、と」

陶芸家「じゃあお願いします」

兄「よし行け!妹!」

妹「はい!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


陶芸家「すごい!失敗作が跡形も無くなった!」

陶芸家「…!なんだか新作の構想が浮かんできたぞ…!」

兄「と、このように何もかも上手くいきます」

陶芸家「でもこれって高いんじゃないかな?」

兄「心配無用!今なら無料お試し期間中なので誰でも3回まで無料です」

妹「お試し期間が終わっても1回3980円で爆発するよ!」

陶芸家「うおーっ!芸術は爆発だ!」

妹「ご応募はこちらまで!」

兄「○○○-○△□、ご連絡から3日以内にお届けします」

悪人「ぐへへへへっ」

町娘「きゃーっ!誰か助けて!」

悪人「ぐへへ、こんなとこ誰も来ねえよぐへへ」

?「待ちなさい!」

悪人「!!」

?「どんな夜にも必ず終わりは来る。闇が解け、朝が世界に満ちるもの……」

?「人、それを…『黎明』という!」

悪人「だ、誰だ!」

妹「貴様に名乗る名は無い!」

悪人「くそっ!てめえら!やっちまえ!」

手下「へい!」

妹「ふっ」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


悪人達「ぐはあっ!」バタッ

妹「…案ずるな、峰打ちだ」

町娘「あの、助けていただきありがとうございます」

妹「当然のことをしたまでです。さあ、ここは危ないから早く家に帰ったほうがいいですよ」

町娘「どうかお名前だけでも!」

妹「いえ、名乗るほどのものじゃありませんよ」スタスタ

そんなことよりジャイ子って爆発するの?

男「こんなところに呼び出して話ってなんだい?」

男「もしかして君、俺のこと「黙っていてください!」

妹「すぐに済みますから」

男「へ?」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「ちっ……こいつでもなかった」

妹「もう諦めたほうがいいのかな……」

兄「ちょっと君!今こっちですごい音がしたけど大丈夫かい?」

妹「……あなたで駄目なら諦めることにします」

兄「え?何の話?」

妹「さようなら」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「ゴホッゴホッ……突然爆発するなんてひどいじゃないか」

妹「何で平気なの!?」

兄「そんなの……決まってるだろ?」

妹「兄さん!兄さんなんですね!」ダキッ

兄「妹!会いたかったぞ!」ダキッ

妹「ずっと……ずっと探してましたよ」

妹「私の……妹の爆発に耐えられるのは兄だけと聞いてからずっと……」

兄「俺もさ、妹」

妹「でも…やっと会えた」

兄「さあ、帰ろう、俺の……俺たちの家へ」

妹「はい!」

もうネタが思い付きません!
誰か書いてください!お願いします!!!

30……29……28……

兄「赤のリボンと青のリボン……どっちをほどけばいいんだ」

妹「お兄ちゃん!早くしないと爆発しちゃうよ!」

兄「わかってる!……そうだな、妹は何色が好きだ?」

妹「ピンク!」

兄「ごめん、赤か青で答えて」

妹「それなら赤かな?」

兄「よし!じゃあ青をほどく!」シュル

妹「なんで!?」

12……11……10 ピタッ

兄「……止まった」

妹「待って!お兄ちゃん!なんか変だよ!」

……9、8、7、6

兄「な!さっきより早い!」

妹「やっぱり赤だったんだよお!」

兄「なら赤もほどく!」シュル

3、2、1

兄「ダメだー!」

妹「きゃー!」


0

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「……は!」バサッ

妹「夢……かぁ……」

妹「あ!私、また……」

コンコン ガチャッ

兄「妹、朝だぞ」

妹「お、お兄ちゃん……!」

兄「なんだ妹、またお寝爆しちゃったのか……」

妹「……ごめんなさい」

兄「ほら、部屋は片付けとくから、取り敢えず妹は顔洗ってきなさい」

妹「はい……」

爆発する夢を見てお寝爆しちゃう妹さん

兵士「我が軍は劣勢、このままでは全滅です」

兵士「将軍、どうされますか?」

兄「……妹を使う」

兵士「妹……ですか!?」

兵士「しかしあれは……!」

兄「他に策はあるのか!」

兵士「しかし…」

兄「しかたあるまい……」

兄「妹…ただいま」

妹「あ!お兄ちゃん、おかえり」

兄「…話があるんだ」

妹「わかってる、戦争のことでしょ」

兄「妹……」

妹「大丈夫!私に任せて!」

兄「すまない……妹……」

妹「じゃあ、お兄ちゃん、行ってくるね!」

兄「ああ、いってらっしゃい」

兵士「妹!投下します!」

         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_・- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


兵士「相変わらずすごい威力だ……」

兄「ああ……」

兵士「戦況を確認!敵影……ありません!」

兵士「やりましたね!」

兄「……妹を回収後帰還するぞ」

兵士「了解」

敵将「くそっ!まさかこんなに早く妹を使ってくるとは…」

敵兵「閣下、例の物が完成しました」

敵将「!……そうか、完成したか」

敵将「くくくっ…これで妹はやつらだけの物ではなくなった」

敵将「くっくっくっ…はーはっはっはっはー!」


妹(クローン)「オニイチャン……」

このあと妹(クローン)達は一時的に成果をあげるも自分達の存在意義に疑問を持ち反逆
処分一歩手前で兄と妹に救出されるも処分されかけたことがトラウマとなり自分の殻に閉じこもってしまう
しかしその後兄に生きる希望を与えられたことで兄のため、そして自分達なために戦うことを決意
兄達は妹達だけで構成されたチームsister'sを結成し、それからなんやかんやあって世界を平和に導く予定なので誰か書いてください

妹「次の挑戦者は貴様か」

挑戦者「おう!そうだ!」

挑戦者(相手は女、小柄で力も無さそうだ、今までの奴らはいったい何をやってたんだ?)

妹「よし、ならば始めよう、どこからでもかかって来い!」

挑戦者(ふんっ!女が偉そうに)

挑戦者「ならば行くぞ!うおりゃあー!」

妹「……はっ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


挑戦者「……」バタッ

妹「ふんっ!他愛もない、他にもっと骨のあるやつはいないのか!」

?「俺が行こう」

妹「ほう、今の戦いを見て怖じ気づかないとは、よっぽど自信があるようだな」

妹「おもしろい、貴様の挑戦を受けてやろう、来い!」

?「先手は譲る」

妹「ふっ……貴様、後悔するなよ」

妹「はっ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「所詮この程度か……」

?「……」

妹「何っ!貴様!何故立っていられる!」

?「何故、だろうな」

妹「確かに直撃したはずだっ!」

?「そうだな」

妹「ならばもう一度当てるまで!」

妹「はっ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


?「効かん!」

妹「馬鹿なっ!」

?「次はこちらの番だ……」シュッ

妹「なっ!消えた!?」

?「後ろだ」ドスッ

妹「ぐっ……」バタッ

妹「私の負けだ……しかし何故、何故効かない!」

?「妹、お前は技に頼りすぎる……そう言ったはずだ」

妹「……!兄者!?何故ここに!?」

兄「お前が武者修行に出てから一年、どれほど強くなったか様子を見に来てみれば……」

兄「失望したぞ……妹!」

妹「申し訳ありません……」

兄「来い!俺が修行をつけなおしてやる!」

妹「はい!師匠!」

兄「師匠ではない!お兄ちゃんだ!」



こんなクッソスレに期待しないでください!
必要なのは期待ではなくssです!
お願いします!

妹「おはよう……お兄ちゃん……」

兄「おはよう、顔色悪いけど大丈夫か?」

妹「うん……大丈夫だよ……」フラッ

兄「危ないっ!」ガシッ

妹「あ……ありがとう、お兄ちゃん」

兄「全然大丈夫じゃないじゃないか」

妹「は……は……はくしょんっ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「これは完全に風邪だな」

妹「でも今日は……」

兄「はいはい、妹はいつも頑張りすぎて無茶するからな。今日はおとなしく寝てなさい」

兄「ほら、ベットまで運んでやるから」ヒョイ

妹「あっ……///」(お、お姫様だっこ///)

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「またか、今日のはひどいな」

妹「い、今のは違くて///」

兄「顔も真っ赤だし熱もあるんじゃないか?」

妹「も、もうベット着いたからはやく降ろして///」

兄「今日は付きっきりで看病してやるからな」

妹「その……お、お願いします///」

もうネタ切れなんです!
誰か助けて!

兄「なんだこれ……イモートコントローラー?」

妹「……」スタスタ

兄「あ、妹、このリモコンお前の?」

妹「知りません、そんなもの」

妹「第一私は自分のものをその辺に置いておいたりしません、兄さんとは違いますから」

兄(また妹の小言が始まった……)

兄(このボタン、なんだろ?)ポチッ

妹「妹として情け」ピタ

兄「……妹?」

妹「」

兄「止まってる……?」

兄「もしやこれは妹を操作できるリモコンなのか!?」

兄「もう一度押すと……?」ポチッ

妹「ないですよ」

兄「やっぱりそうだ!」

妹「ビクッ!き、急になんですか?」

妹「とにかく、兄さんはもっとしっかりしてください」

兄(これがあればいつもうるさい妹にあんなことやこんなことを……)

妹「兄さん、聞いてるんですか?」

兄「あ、ごめんぼーっとしてた」

妹「はぁ……もういいです、私は部屋に戻りますから」

兄(この赤い大きなボタンはなんだ?)ポチッ

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


諦めたら試合終了なんです!
マグロは泳ぐのをやめたら死んでしまうんです!
誰かお願いたします!!

兄「暇だ!」

兄「マインスイーパでもやるか!」

兄「おーい!妹!」

妹「はーい!」テテテ

妹「何?お兄ちゃん」

兄「マインスイーパやらせてくれ!」

妹「い、いいけど……優しくしてね///」

兄「よし来た!先ずはど真ん中だ!」プニッ

妹「ひゃっ!いきなり真ん中からだなんて///」

兄「よし!大分開いたな……次はここだ!」プニッ

妹「んっ……」

兄「駄目だ!わからん!こうなりゃ勘で勝負だ!」プニュッ

妹「そこはらめぇぇぇーー!!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


地雷だね、うん

兄「妹ちゃーん!」

妹「きゃー!こっち来るな!」

兄「妹ちゃん!大好きだー!!!」

妹「嫌ー!近づかないでーっ!」

兄「捕まえたよ!妹ちゃん!」ダキッ

妹「い、嫌だーっ!!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「うおー!妹ちゃんの爆発だーっ!!!」

妹「なんで効かないの!」

兄「妹ちゃんは今日も元気だ!やったー!!!」

妹「誰か助けてーーー!!!」

誰か助けてあげてください!

妹「えいっ……えいっ……」ピコピコ

妹「よしっ……そこだっ……」ピコピコ

妹「いけっ……」ヒッフッハッ

妹「違うっ……やめて!」ティウンティウン

妹「もうっ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「あっ、またやっちゃった……」

兄「おーい、妹?」ガチャ

兄「……またゲーム壊したのか?」

妹「うん……ごめんなさい」

兄「貸して、今直してやるから」カチャカチャ

兄「……ほら、直ったぞ」

兄「今度はあんまり熱くなりすぎるなよ。それじゃ俺は……」

妹「待って」

兄「ん?」

妹「一緒にやろ?」

僕「一緒にss書こ?」

妹「ぐへへ、お兄ちゃんの部屋に潜入しちゃったぞ」

兄「スー……スー……」

妹「なんと今日は寝てるお兄ちゃんに夜這いをしに来たのだ!」

兄「んっ……」

妹「おっと、ついテンションがあがって大声を出してしまった、気を付けないと」

妹「お兄ちゃん?寝てるよね?」

妹「よし、寝てる、それじゃ……」スッ

兄「スー……スー……」

妹「き、キスしちゃうよ///」ドキドキ

妹(お、お兄ちゃんの顔が近いよぉ///)ドキドキドキドキ

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「んあっ、なんだ!?」

妹「くっ、起こしてしまった!失敗だ!」

兄「えっ?妹?」

妹「て、撤収!」スタコラサッサ

兄「いったい何だったんだ?」



妹「今日も失敗しちゃった………」

妹「でも、次こそはお兄ちゃんと……///」

(誰か書いてください、お願いします)

妹「ドカーン」

妹「キャー」

妹「ドカーン」

妹「キャー」

兄「ドカーン」

妹「キャー」

兄「……」

妹「キャー」

兄「……」

妹「……」

兄「何してたの?」

妹「ど、どかーん!」

意味がわかりません
誰か書いてください

インターホン「ピンポーン」

兄「はい」

ドア「ガチャ」

妹「こんにちは」

兄「はい、こんにちは」

妹「お久しぶりですね」

兄「あなたは誰ですか」

妹「あなたの妹です」

兄「なんと」

兄「私に妹がいるなんて初めて聞きました」

妹「私も兄がいるなんて知りませんでした」

兄「同じですね」

妹「はい、同じですね」

兄「では、さようなら」

ドア「バタン」

インターホン「ピンポーン」

兄「はい、なんでしょう」

ドア「ガチャ」

妹「こんにちは」

兄「はい、こんにちは」

妹「閉め出すなんてひどいですね」

兄「すみません、ところであなたは誰ですか」

妹「私はあなたの妹です」

兄「なんと」

妹「さっきも言いましたよ」

兄「はい、覚えています」

妹「なんと」

妹「忘れたふりをするなんてひどいですね」

兄「ひどくありません、ではさようなら」

ドア「バタン」

インターホン「ピンポーン」

ドア「ガチャ」

兄「はい、どちらさまですか」

妹「わたしです」

兄「またあなたですか」

妹「寒いので中に入れて下さい」

兄「はい、どうぞ」

妹「お邪魔します」

兄「邪魔するなら帰ってください、邪魔は嫌いです」

妹「言葉の綾です」

兄「なんと、それなら大丈夫です」

妹「ではお邪魔します」

兄「邪魔するなら帰ってください、邪魔は嫌いです」

ドア「バタン」

兄「閉め出されてしまいました」

インターホン「ピンポーン」

ドア「ガチャ」

妹「はい」

兄「こんにちは」

妹「こんにちは」

兄「外は寒いです」

妹「そうですね、では」

兄「待ってください」

妹「なんでしょう」

兄「私も家に入れてください」

妹「いいですよ」

兄「それでは、お邪魔します」

妹「邪魔するなら帰ってください、邪魔は嫌いです」

ドア「バタン」

兄「なんと」

兄「帰れと言われてしまいました」

兄「どうしましょう」

兄「家に帰りましょう」

兄「ここが私の家です」

ドア「ガチャガチャ」

兄「鍵が掛かっています」

兄「念のためインターホンを押してみましょう」

インターホン「ピンポーン」

インターホン「はい」

兄「わお」

インターホン「どうしかしましたか」

兄「インターホンが喋りました」

インターホン「喋りますよ、インターホンですから」

兄「なんと、そうなんですか」

インターホン「はい、それでどうかしましたか」

兄「ドアの鍵が掛かっているので家に入れないのです」

インターホン「なんと、それは大変ですね、ではさようなら」

兄「はい、さようなら」

兄「ポケットに鍵が入っていたので鍵を開けます」

ドア「ガチャ」

兄「ただいま帰りました」

妹「お帰りなさい」

兄「わお、家に女の子がいます」

妹「あなたの妹です」

兄「そうでした」

妹「なかなか帰ってこないので心配しました」

兄「あなたが鍵を閉めたのではないですか」

妹「そうでした」

妹「喉が乾きました」

兄「飲み物をどうぞ」

妹「コーラを飲みます」

兄「それは醤油です」

妹「ごくごく」

兄「それは醤油です」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「わお」

妹「これは醤油でした」

兄「わお」

妹「なんで教えてくれなかったんですか」

兄「私はあなたが突然爆発したことで驚きを隠しきれません」

妹「妹ですから爆発するのは当たり前です」

兄「そうですか」

妹「口の中がしょっぱいのでコーラを飲みます」

兄「それは麦茶です」

妹「ごくごく」

兄「私も麦茶を飲みます」

兄「ごくごく」

兄「めんつゆでした」

         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_・- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


妹「なんとなく命に関わる爆発をしますよ」

兄「もうしてますよ」

妹「なんと」

兄「なんだか意識が無くなってきました」

妹「それは大変です」

兄「今までの記憶が走馬灯のように駆け巡ります」

妹「大丈夫ですか」

兄「大丈夫でした」

妹「そうですか」

兄「はい、元気です」

妹「一緒に暮らしましょう」

兄「そうしましょう」

おわり

きがくるっとる
だれかかわりにかいてください

兄「いらっしゃいませ、妹ショップにようこそ!本日はどのような妹をお求めですか?」

客「とにかく可愛い妹がいいかな」

兄「可愛い……ですか?」

客「うん、いないってことはないよね?」

兄「それはもちろん!うちの妹達はみんな可愛いですよ」

客「じゃあその中からおすすめでいいよ」

兄「でしたら……この子はどうでしょう」

妹「お兄様」

兄「この子は少しわがままですが寂しがりで、甘えてきた時なんて本当に可愛いですよ」

客「うん、可愛いね。でもわがままなのはなぁ……」

兄「そうですか……」

兄「お客様、妹と暮らすの初めてですか?」

客「うん、そうだよ」

兄「でしたらこの子がいいかもしれません」

妹「お兄ちゃん」

兄「妹の中でも最も基本的な妹です。元気な娘でとっても可愛いですよ!」

客「確かに可愛いね……うん、この妹にするよ」

兄「はい、ありがございます!大事にしてあげてくださいね」

客「うん、それじゃ行こうか」

妹「お兄ちゃん!」

兄「よし!お客様第一号は無事クリアしたぞ!」

兄「まさか最初から売れるなんて驚いたな」

兄「妹が売れるのは嬉しいけど、ちょっと寂しいな……」

妹「兄貴!」

兄「そうだな、そんなこと言ってちゃ妹ショップなんてやってられないよな」

カランコロンカラン

兄「おっ!お客様第二号だ、頑張らないと!」

兄「いらっしゃいませ!」

兄「妹ショップにようこそ!本日はどのような妹をお求めですか?」

男「僕、一人暮らしなんで、家に帰っても出迎えてくれる人がいないんです。だからいつも家にいてくれる妹が欲しいんです」

兄「出迎えてくれる妹、ですね」

男「はい」

兄「でしたらちょうどいい妹がいますよ!この子です」

妹「兄さん」

男「この子はどんな妹なんですか?」

兄「この子はしっかりしてますので家に一人でも大丈夫ですし、一通りの家事が出来ます」

男「それは助かりますね」

兄「この子の作る料理は最高ですよ」

男「へぇー、それはいいですね!手料理なんてずっと食べてませんからね」

男「……決めました、この子にします」

兄「ありがとうございます!」

兄「ありがとうございましたー!」


兄「二人目も無事に済んだぞ、これは思ったより忙しくなるかもしれないな」

兄「よし!気合い入れて行くぞ!」

カランコロンカラーン

兄「おっと!お客様だ」

客「すみませーん!」

兄「これは先程のお客様、どうかしましたか?」

客「これ、本当に妹?」

兄「えっ?」

兄「と、申されますと?」

客「妹ってさ、爆発するものじゃない」

兄「はい」

客「この妹はさ、撫でても」ナデナデ

妹「お兄ちゃん?」

客「ほら、爆発しない」

兄「ですね」

客「じゃあやっぱり妹じゃないんじゃない?」

兄「そんなことはありません!この子は当店自慢の妹の一人ですよ!」

客「じゃあなんで爆発しないのさ」

兄「爆発しますよ」

客「だからしないって」

兄「いいから見ててください!」

兄「妹、おいで」

妹「お兄ちゃん!」

兄「よしよし」ナデナデ

妹「お兄ちゃん///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「見ての通り、この娘は妹です」

客「……じゃあなんで俺のときは爆発しないんだよ」

兄「愛が足りないからです」

客「愛?」

兄「妹も人間と同じです、会ってすぐに仲良くなれる訳じゃありません」

兄「妹と信頼関係を築くには時間が必要なんです」

客「なんだよ……そういうの面倒だからもういいや、その妹いらない」

兄「そうですか……残念です」

兄「はぁ……結局駄目だったか……」

妹「お兄ちゃん……」

兄「大丈夫だよ、分かってくれる人もいるさ」

カランコロンカラーン

兄「お、いらっし「兄さん!」ギュッ

兄「どうした妹!君はさっき送り出したはずじゃ……」

妹「兄さん……」ガクガク

男「すみません、ここに僕の妹が来ませんでしたか」

兄「……あなた妹に何かしましたか?」

男「そんなまさか、突然爆発したからちょっと叱っただけですよ」

兄「妹に何をした……」

男「……だから何もしてないって」

兄「何もしてないのにこんなに怯える訳ないだろ……!」

男「うるさい!むしろこっちは爆発で怪我までしてるんだよ!」

兄「妹は人を傷つけるような爆発は滅多にしないんだよ……」

兄「……身を守る時以外はな」

男「!!」

兄「もう一度聞く……妹に何をした!」

男「じ、自分の妹に何をしようと勝手だろ!」

兄「妹は生きてるんだよ!心だってある!道具じゃねえんだ!!」

男「ぐっ……」

兄「もういい、お前の顔なんて見たくない、すぐにここから消えろ」ゴゴゴ

男「こ、こんな店二度と来るか!」

兄「そんなのこっちから願い下げだよ!」

妹「兄さん……」

兄「もう大丈夫だぞ……ごめんな、怖い思いさせて」

妹「兄さん」

兄「ふふ、そうか、妹は強い子だな」ナデナデ

妹「兄さん///」

         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_・- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


妹「……スー……スー……」

兄「疲れて眠っちゃったか」

兄「……本当にごめんな」ナデナデ

妹「……兄…さん……」スヤスヤ

兄「やっぱり俺には妹ショップなんて無理だったんだな……」

兄「俺、妹ショップやめるよ」

妹「お兄ちゃん……」

兄「いや、妹が嫌いになったんじゃない、むしろ大好きだ」

兄「だから妹を大事にしない奴が許せない」

妹「お兄様?」

兄「心配するなって、お前達は今まで通り俺が面倒見てやるから」

妹「兄貴!」

兄「もちろん!お前もだ!」

『妹の十戒』

・ 私はお兄ちゃんとずっと一緒にはいられません。だからお兄ちゃんと離れるのはすごくつらいです。
どうか、私と暮らす前にそのことを覚えていて欲しいです。

・ 初めはお兄ちゃんが私に何を求めているのかわかりません、だから私がそれをわかるまで待っていて欲しい。

・ 私のことを信じて欲しい、それが私の幸せだから。

・ 私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。お兄ちゃんには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。
けど、私にはお兄ちゃんしかいないから。

・ たくさん話しかけて欲しい。たとえ言葉は分からなくても、お兄ちゃんの声は届いているから。

・ お兄ちゃんとどんな風に接したか、私はそれを全て忘れません。

・ 私を叩いたり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。私は爆発してお兄ちゃんを傷つけることができるけど、お兄ちゃんを傷つけないと決めていることを。

・ 私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。
もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、疲れや病気で弱っているのかもしれないと。

・ 私が年を取っても、私のそばにいて欲しい。お兄ちゃんもまた同じように年を取るのだから。

・ 最後のその時まで一緒にいて欲しい。言わないで欲しい、「もう見ていられない。」、「ここにいたくない。」などと。お兄ちゃんが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。
忘れないで、私はお兄ちゃんのことが大好きです。

なんだかんだでもう一月も続けてしまったのでそろそろ誰か書いてください!

お前の発想すげえな

文字化けてりゅ

すごくないです!すごくないから代わりに書いてください!

兄「よう、今日もきたぞ」

兄「ん、元気そうだな。入院してるとは思えないくらいだ」

兄「見舞いに花持ってきたんだ。好きだったろ? 薔薇」

兄「ちょっと花瓶の水、替えてくるな」

兄「ただいま」

兄「綺麗だろ、これ」

兄「オレンジ色なんて初めて見たからついつい買っちゃってさ」

兄「花言葉を聞いてもっと気に入ったよ」

兄「なあ、いつになったら目ぇ覚ますんだ?」

兄「家にいてもさ、空気が重いんだよ」

兄「お前がいないってだけですごく静かなんだ」

兄「父さんも義母さんも……なんていうか、空元気でさ」

兄「見てる方が辛くなってくるんだ」

兄「俺だって……」

兄「お前がいるときはうるさいとか鬱陶しいとか、ちょっと思ってたけどさ」

兄「今は、お前がいないと……寂しくてしょうがないんだ」

兄「だからさ、目ぇ開けろよ。開けてくれよ」

兄「元気になって、また無邪気に笑ってくれよ」

兄「そんで、一緒に……家に……帰……っ……ろ……」グスッ

兄「湿っぽい話をしてごめんな。今日はもう帰るよ」

兄「あぁ、その前にこれを。さっき薔薇と一緒に買ってきたんだ」

兄「花言葉は、永遠の愛、愛の告白……だってさ」

兄「似合わないって笑うか?」

兄「それでもいいんだ。今はこれが精一杯だから」

兄「いつか、お前の目が覚めたとき」

兄「その時にきちんと告白するよ」

兄「受け取ってくれ……」スッ

兄「……」チュッ

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



義妹「あれ……ここは……」パチッ

兄「あ、あぁ……」

義妹「義兄さん……? どうしたの?」

兄「あぁ……義妹、義妹ぉ。良かった……本当に……」ポロポロ

義妹「義兄さん……」ギュッ

兄「うぅ……」グスッ

義妹「何があったか理解できてませんが、もう大丈夫ですよ」ギュー

兄「うん……うん……!」

兄「見苦しいところを見せたな」

義妹「いえ、お話を聞いて納得しました。私が同じ立場だったらもっと見苦しいことになってたと思います」

兄「そんなことはないさ。お前は俺なんかよりずっと強い子だから」

義妹「はぁ……言いたいことが伝わらないのは前から変わってませんね」

兄「……?」

義妹「あ……この花……」

兄「義妹、聞いて欲しいことがあるんだ」

義妹「はい」

兄「俺はお前のことが好きだ。一人の女性として愛してる」

義妹「……はい」ポロポロ

兄「どうかずっと俺と一緒にいてくれ」

義妹「……はい。……私も……愛しています……」ポロポロ

兄「義妹っ!」ギューッ

義妹「あっ……お義兄ちゃんっ……ダメッ///」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



幸せに爆ぜろ。

すまんが俺にはこの程度が精一杯だ。

兄「なぁ妹ちゃん?」

妹「なぁにお兄ちゃん?」

兄「どうして僕は手錠をつけられ、さらに椅子に縛り付けられているんだい?」

妹「それはお兄ちゃんが逃げないようにだよ」

兄「はぁん、なるほどね」

兄「なぁ妹ちゃん?」

妹「なぁにお兄ちゃん?」

兄「どうして僕が逃げると思うんだい?」

妹「それはお兄ちゃんがもう37564回逃げてるからだよ」

兄「はぁん、なるほどね」

兄「なぁ妹ちゃん?」

妹「なぁにお兄ちゃん?」

兄「もう逃げないから外してくれないかい?」

妹「お兄ちゃんは私が『もう拘束しないから逃げないで』って言ったらどうする?」

兄「はぁん、なるほどね」

兄「なぁ妹ちゃん?」

妹「なぁにお兄ちゃん?」

兄「そもそも、一番最初なんだけど、どうして僕は縛られていたんだい?」

妹「お兄ちゃんが家の外に出ないようにだよ」

兄「はぁん、なるほどね」

兄「なぁ妹ちゃん?」

妹「なぁにお兄ちゃん?」

兄「なんで僕が外に出ないようにしたんだい?」

妹「お兄ちゃんが他の女に取られないようにだよ」

兄「はぁん、なるほどね」

兄「なぁ妹ちゃん?」

妹「なぁにお兄ちゃん?」

兄「なんで僕が他の女にとられちゃだめなんだい?」

妹「お兄ちゃんのことが好きだからだよ」

兄「はぁん、なるほ……えっ?」

妹「……///」

兄「なぁ妹ちゃん?」

妹「なぁにお兄ちゃん?///」

兄「僕も妹ちゃんのことが好きだよ」

妹「嬉しい……!」

兄「なぁ、キスをしてくれないか? 僕は縛られているから動けないんだ」

妹「う、うん。ちょっと恥ずかしいけど……///」チュッ

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



兄「よし、今の爆発で手錠も縄も吹き飛んだ! いざ往かん自由な外へ」ダッ

妹「お兄ちゃん」ガシッ

兄「ぬかった!」

兄「なぁ妹ちゃん?」

妹「なぁにお兄ちゃん?」

兄「僕はいつまで縛られていればいいんだい?」

妹「お兄ちゃんが私の思い通りになるまでだよ」

兄「はぁん、なるほどね」

妹「ずっとずっと一緒だよ。お兄ちゃん♪」

コレジャナイ感が半端ない。やっぱ>>1に任せるわ。

兄「よし!妹!遊園地に行くぞ!」

妹「そうなの、いってらっしゃい」

兄「何言ってんだ!お前も来るんだよ!」

妹「えっ?私も?他には誰が行くの?」

兄「俺と妹の二人だけだ!」

妹「えっ?えっ?お兄ちゃんと二人で?二人きりで?」

兄「おう!」

妹「イヤッホオオオオオオウ!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「遊園地に来たぞ!」

妹「き、ききき来たね!」

兄「何を緊張している!もっと楽しめ!」

妹「き、き緊張なんかしてねーし!」

兄「ならばよし!今日は思いっきり楽しむぞ!」

妹「おー!」

兄「しかし人が多い!妹!はぐれないように手を繋ぐぞ!」ギュ

妹「ひゃ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「まずはジェットコースターだ!振り落とされるなよ!」

妹「安全バーがあるから大丈夫だよ」

兄「どんどん登っていくな!」

妹「け、結構高いね……」

兄「おっ!来るぞ!来るぞ!」

兄「来た!うおおおおおおおおおお!」

妹「きゃあああああああああああああああああああああああ!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「ここはお化け屋敷か!」

妹「な、何だか薄暗くて怖いよ……」

兄「大丈夫だ!妹は俺が守ってやる!」

妹「あ、ありがと」

幽霊「うらめしやー」ヒュードロドロ

妹「きゃあああああああああああああああ!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「ほう!これはコーヒーカップという奴か!」

妹「うん、そうだよ」

兄「よし!妹!乗れ!」

妹「何だか嫌な予感がするなあ……」

兄「ふはは!俺のハンドル捌きを見ろ!」グルングルングルン

妹「きゃあああああああああああああああああ!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「ついはしゃぎすぎてしまった!」

妹「うん、そうだね……」フラフラ

兄「次はもっとゆっくりしたものにしよう!」

妹「ちょっと疲れちゃったしそうしよう」フラフラ

兄「むむ!あそこにあるはメリーゴーラウンドではないか!あれにしよう!」

妹「あれなら大丈夫かな……?」フラフラ

兄「しかし今の妹を一人で乗せるのは心もとない!よし!二人で乗るぞ!」

妹「えっ?二人で乗るの!?」

兄「ああ!そうだ!」

妹「お、お兄ちゃんと密着!?うわあああああああ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「メリーゴーラウンドだ!」

妹「白馬だね!」

兄「うむ!これは思ったより楽しいな!」

妹「思った通り楽しいよ!」

兄「ふはははは!」

妹「うふふふふ」

兄「ふはははは!」

妹「うふふふふ」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「そろそろ日も暮れてきた!次で最後にしよう!」

妹「じゃ、じゃあ私、あれに乗りたいな」

兄「ふむ!あれは観覧車だな!よし!行くぞ!」

妹「うん!」


兄「ゴンドラが来たぞ!俺達の順番だ!」

妹「お兄ちゃんと密室で……にゃあああああああああ!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「観覧車だな!回ってるな!」

妹「う、うん、そうだね」

兄「見てみろ妹!夕日が綺麗だぞ!」

妹「う、うん、そうだね」

兄「どうした妹!もうすぐてっぺんだと言うのに何だか元気がないな!」

妹「お、お兄ちゃん!」

兄「何だ?」

妹「大好きだよ!」チュッ

兄「うおおおおおおおおお!俺も愛してるぞ!妹!」ガバッ

妹「んっ……ここじゃ駄目だよ、ダメ……ダメええええええええええええええええええ!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「妹!この前行った遊園地が潰れたらしいぞ!」

妹「えっ?そうなの?」

兄「何でもアトラクションのほとんどがあの日に壊れたらしい!貧弱な!」

妹「お兄ちゃんとの大事な思い出場所なのに……」

兄「何を言う!思い出などこれからいくらでも作れるだろう!」

妹「うん、そうだね!いっぱい思い出作ろうね、お兄ちゃん」

兄「早速思い出作りだ!うおおおおおおおおおお!!!」ガバッ

妹「らめええええええええええええええええええ!!!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


勢いだけでやった。今は後悔している。
誰か助けてください

妹「なあ、兄貴」

兄「なんだい妹ちゃん」

妹「兄貴は彼女とかいないのかよ」

兄「ん?突然どうしたんだい?」

妹「いや、ほら、もうすぐクリスマスだろ?だから、兄貴も彼女と出掛けるんじゃないかな……ってさ」

兄「そういえばもうそんな時期か。妹ちゃんはどこか出掛けるの?」

妹「あ、あたしのことはいいから!」

兄「僕は彼女もいないし仕事も休みだから、クリスマスは家にいるよ」

妹「ふ、ふーん、そうなんだ、実はあたしも彼氏がいなくて暇なんだよね」

兄「そうなんだ、じゃあ二人でデートでもする?」

妹「うん、デートね、良いよ」

妹「……ふぇっ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「うおっと、突然爆発したら危ないじゃないか」

妹「で、デートってあのデート!?」

兄「デートって言ったらあのデートだよね」

妹「兄貴とあたしが!?」

兄「あれ?そのつもりじゃなかったの?」

妹「そ、そうだけど……いや、違う!違うからね!」

妹「ほ、ほら、お兄ちゃんが暇そうで可愛そうだなって思ったから!」

兄「あーもう!可愛いなあ!」ダキッ

妹「ひゃっ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「おおおお兄ちゃん、苦しいよ」

兄「ああ、ごめん」

妹「そ、その本当にあたしとデート、してくれる?」

兄「うん、当たり前だよ!」

妹「約束だからね!絶対だよ、お兄ちゃん!」

兄(呼び方が昔に戻ってるのは黙っておこう)

なんか違うから誰か書いてください!

兄「妹ちゃんのリコーダーぺろぺろ」ペロペロ

妹「ふえぇ……」

兄「!!」

妹「ふえぇ……」

兄「なんだよ……何かあるなら言えよ!」

妹「ふえぇ……」

兄「そんな目で……そんな目で俺を見るなっ!」

妹「ふえぇ……」

兄「来るな……来ないでくれぇ!」

妹「ふぇッッ!」

兄「やめろ!やめろおおおおおおおぉぉぉ!!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


はてさて、どうしたことやら
誰か書いてくれませんかねぇ

兄「はぁ……もうすぐクリスマスかぁ……」

妹「どうかしました?お兄さん」

兄「もうすぐクリスマスだけどさ、今年も一緒に過ごす彼女がいないんだ……」

妹「なんだ、そんなことですか」

兄「そんなことだなんて言うなよ……こっちはそれなりに深刻なんだぞ?」

妹「そんなことはそんなことですよ。別に世界が終わる訳じゃないんですから」

兄「……妹は彼氏、いないのかよ」

妹「いませんよ、私にはお兄さんがいますからね」

兄「えっ?……ああ、俺の世話で彼氏を作る暇もないのか……ごめんな」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「えっ?えっ?なんで爆発したの?」

妹「知りません!自分の胸に聞いてください!」

兄「ごめん!妹、俺頑張るから見捨てないでくれ!」

妹「もう、知りません!お夕飯の準備があるので失礼します!」スタスタ

兄「妹ー!」

書いて!
ねえ!書いてよ!!!

もう誰か普通にエロ妹かけよ
今年の冬も寒いんだよ

妹「兄さんと久し振りのお出掛けです」ルンルン

兄「おいおい、あんまりはしゃいで転ぶなよ」

妹「子供じゃないんですから転んだりしません!」プクー

友「おう、兄じゃねーか」

兄「よう、友、偶然だな」

友「可愛い子連れてるじゃん、俺にも紹介しろよ」

兄「ああ、この子は俺の妹だ。妹、こいつは俺の友達の友」

妹「よろしくお願いいたします」ペコッ

友「妹……?今妹って言ったか……?」

兄「ああ、そうだけど……どうかしたか?」

友「ひ、ひいぃー!」ダダダッ

兄「おい!友!」

妹「行っちゃいましたね」

兄「こんなに可愛いのにな」ナデナデ

妹「か、かわっ///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


>>303
書いてくれるんですか?
書いてくれるんですね!
お願いします!冬は寒いんです!

シンジ「綾波って誰の妹なの?」

レイ「?」

シンジ「ネルフの誰か?」

レイ「違う」

シンジ「もしかして僕の妹なの?そうか、何だか懐かしい感じがしたのはそのせいなんだね!」

シンジ「ほら、お兄ちゃんって呼んでもいいんだよ、レイ」

レイ「私は誰の妹でもないわ」

シンジ「それはおかしいよ!だって使徒を倒すときに爆発したじゃないか!」

シンジ「爆発するってことは妹なんだよ!」

レイ「あれは私が爆発した訳じゃないわ、n2爆雷を使ったの」

シンジ「そんな……綾波は妹じゃない……?」

シンジ「うわああああああああーーっ!!!」

レイ「碇君、落ち着いて」

シンジ「嫌だ!嫌だよ!妹がいないこんな世界!」

初号機「ウオオオオオオオオオォ!」

マヤ「初号機、起動しました!」

ミサト「暴走……?」

リツコ「まさか……シンジ君なの……?」

初号機「ウオオオオオオオオオオォーー!!!」ガコン ガコン

ミサト「エヴァにこんな力が……」

リツコ「やめなさい!シンジ君!人に戻れなくなる!」

シンジ「僕がどうなったっていい、世界がどうなったっていい」

シンジ「だけど妹が……妹が欲しい!!」

ミサト「行きなさい!シンジ君!誰かのためじゃない!自分自身の願いのために!!」

リツコ「ミサト!」

初号機「ウォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

リツコ「人の域に留めておいたエヴァが本来の姿を取り戻していく」

リツコ「人としての呪縛を解いて人を捨て神に近い存在へと変わっていく」

リツコ「純粋に人の願いを叶える、ただそれだけのために……」

リツコ「この世界の理を超えた新たな生命の誕生……代償として古の生命は滅びる」

リツコ「そう……セカンドインパクトの続きサードインパクトが始まる!」

リツコ「世界が……終わるのよ……」

         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_・- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


14年後

サクラ「碇さんの管理担当医官、鈴原サクラ少尉です。よろしくです」

シンジ「あ、はい……でも鈴原って……トウジの?」

サクラ「はい。お兄ちゃんがお世話になりました。妹のサクラです」

シンジ「妹!?お姉さんじゃなくて?」

サクラ「はい。妹です。ふふ」

シンジ「妹……?本当に妹なんだね!」ガシッ

サクラ「は、はい、そうですけど……」

シンジ「やったぁー!妹、妹だぁ!!やったぞ!!!」

サクラ「い、碇はん、落ち着いてください!」

シンジ「僕はここにいてもいいんだっ!!」

シンジ「ありがとおおおーーーーーーーーっ!!!」

         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_・- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


今日は少し趣向を変えて流行りに乗ってみました!
エヴァのことほとんど知らないのに無理があったと思います!
僕にはここで水をまくことしかできないので誰か書いてください!
お願いします!!!

怪人「何もかも壊してやるー」

一般人「きゃー!誰か助けて!」

兄「はっ!」バキッ

怪人「ぐへっ」

妹「さあ、今のうちに逃げて」

一般人「ありがとうございます!」タタタ

怪人「お前らはっ……!」

妹「私たちがいる限り悪いことはさせないよ!」

兄「妹!変身だ!」

妹「はい!」

兄妹「「変身!」」シュピーン

説明しよう!彼ら兄妹はその身に光のエネルギーを浴びることで、爆発戦隊ケイマインジャーに変身するのだ!



兄「ケイマイン兄!」ドカーン


妹「ケイマイン妹!」


                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


怪人「ぐわー!」ドカーン

一般人「すごい!名乗った時の演出の爆発だけで怪人が吹き飛んだ!」

通行人「危うく巻き込まれるところだった……」


妹「正義は勝つ!」

兄「帰るぞ妹」


今日も世界の平和は守られた
戦えケイマインジャー!負けるなケイマインジャー!

『次回予告』

怪人「水浸しにしてやるー」

妹「そんな!これじゃ変身できない!」

兄「これを使うしかない」

妹「これは?」

兄「……シリカゲルだ」

次回、爆発戦隊ケイマインジャー!
『必殺!シリカゲルブラスター』

魂の爆弾で吹き飛ばせ!

思えば昨日のものは妹が爆発するという趣旨から大きく外れたものとなっておりました。
ここにお詫び申し上げます。
どなたか私に代わり、ssを書いて頂けることを切に願っております。

妹「お兄ちゃん好きだよ」ちゅっ

兄「俺も好きだよ妹」ちゅっちゅっ

妹「服脱ぐよ」するするっ

兄「もどかしいから服破くよ」びりびり

妹「もう、お兄ちゃんのせっかち」

兄「ごめん、我慢できなかったんだ」

妹「初めてだから優しくしてね」

兄「うん」

兄「妹の胸もみもみ」

妹「あんあん」

兄「乳首ぺろぺろ」

妹「あんあん」

兄「もみもみぺろぺろ」

妹「あんあん、いくー」

兄「妹は胸が敏感なんだね」

妹「うん」

妹「次は私がお兄ちゃんにしてあげる番だよ」

兄「うん、これなめて」ぼろん

妹「ぺろぺろ」

兄「はあはあ」

妹「このへんもぺろぺろ」

兄「はあはあそこ気持ちいいよ」

妹「くわえてぺろぺろ」

兄「はあはあ、出るよ、うっ」どっぴゅんこ

妹「ごっくん、飲んじゃった」

兄「気持ちよかったよ」

妹「うん」

兄「妹のここ、もうこんなになっちゃってるね」

妹「うん」

兄「こんなになってるからもう入れちゃうね」

妹「うん、来てお兄ちゃん」

兄「入れるよ」ずんっ

妹「あん、お兄ちゃんが入ってきた」

兄「はあはあ、妹の中すごく気持ちいいよ」

妹「お兄ちゃんのも大きくて固くてすごいよ」

兄「じゃあ動くね」

妹「うん、気持ちよくなってね」

兄「はあはあ」ぱんぱん

妹「あんあん」

兄「はあはあ」ぱんぱん

妹「あんあん」

兄「はあはあ」ぱんぱん

妹「あんあん」

兄「ぱんぱん」はあはあ

妹「あんあん」

兄「はあはあ」ぱんぱん

妹「あんあん」

兄「はあはあ、もう出そうだよ」ぱんぱん

妹「あんあん、いいよ、中に出して」

兄「はあはあ、じゃあ中に出すね」ぱんぱん

妹「あんあん、来て」だいしゅきほーるど

兄「はあはあはあ、うっ」どぴゅん

妹「あんあん、いっちゃうよー」ぷしゃあ

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


>>303の言ってたエロ妹書いたんで置いておきますね
爆発が唐突かもしれませんがこのタイミングでないと爆発しながらするとてもシュールな状況になってしまうためこのタイミングにしました
えっちなのを書くのは初めてですが自分なりによく書けていると思います

そんなこんなで誰かちゃんとしたssを書いてください!お願いします!

妹「あ!兄さん!猫ですよ猫!」

妹「逃げないでー、恐くないですよー」

兄「……」

妹「にゃーにゃー、こっちおいでー」

兄「それレジ袋だぞ」

妹「捕まえ……た……」

妹「……」

兄「……」

妹「知ってましたよ……」

兄「うん」

妹「……ほら、レジ袋も案外可愛いじゃないですか?」

兄「うん、見間違えたんだよね」

妹「……」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


眼鏡っ娘で学校では委員長の妹ちゃんがある日爆発したときについ不注意で眼鏡を壊してしまう
休日に眼鏡を直しに行きたいけど超が付くほどのど近眼だから一人じゃ近所のコンビニすら行けない
だから仕方なく兄に着いてきてもらうんだからねと言いつつも久々の兄との外出に喜びを隠しきれずにうきうきと支度を整えいざ出発
超ど近眼だから仕方なく兄と手を繋いでドキドキしながら街を歩いていると妹ちゃんが兄の次の次ぐらいに大好きな猫が!
嬉々として猫なで声で近づき捕まえてみるもそれはスーパーのレジ袋だった
猫じゃなかったことへの落胆と兄の前で恥をかいてしまったことに今にも爆発しそうだが何とか耐える
なんとかごまかそうとレジ袋フェチを装おうとするも兄に見間違えたことを言い当てられてしまって恥ずかしさのあまり爆発
しそうになるもそのプライドの高さ故に何とか耐えて次の言い訳を考えながら兄の顔に目をやる
ど近眼なのに何故か兄の顔だけははっきりと見える
そんな兄の優しい微笑みを見ているとどんどん顔が赤くなって恥ずかしさを押さえきれなくなりついに爆発しちゃう妹ちゃん可愛い!!

そんな妹を誰か書いてください!お願いします!

爆発ネタを提供すれば書いてくれるスレはここですか?

12月24日の午後9時から翌25日の午前3時までの6時間は
1年間で最も爆発する妹の多い「爆発の6時間」です。

貴方の知り合いの妹や友人の妹も爆発しています。
普段はあどけない顔して世間話してるあの妹も爆発しています。
貴方が片想いしているあの綺麗な妹も爆発しています。
貴方にもし年頃の妹さんや従妹・義妹がいて、いま家にいないとしたらまだ爆発していません。帰ってきて爆発します。
貴方と生き別れたあの妹も兄を想って爆発しています。
貴方の将来の恋人となる妹や結婚する義妹は、いまにも爆発しそうです。注意してください。
すべてを諦めましょう。そして、ともに妹を愛でましょう。

>>337
ネタがあるなら自分で書けよ!書いてよ!書いてください!お願いします!!

妹「今年もサンタさん来てくれますかね?」

兄「なんだ?お前まだサンタ信じてんのかよ」

妹「サンタさんはいます!私のところには毎年来てくれてますから」

兄「でも俺のとこには来ないぜ?妹と同じ家に住んでるのに」

妹「それは兄さんが悪い子だからです」

兄「俺なりに頑張ってるんだけどな」

妹「兄さんはいつもだらだらしてるじゃないですか!」

兄「休めるときは休まないとな」

妹「そんなこと言って……もういいです!私はサンタさんに備えてもう寝ます!」

兄「流石、良い子は寝るのが早いな」

兄「おーい、妹、寝てるか?」ボソッ

妹「ムニャムニャ……」

兄「よし、よく寝てるな……」

兄「どうぞ、いつも良い子の妹にサンタからのプレゼントだ」コトッ

妹「……お兄ちゃん」

兄「ビクッ!……なんだ、寝言か……可愛い奴め」ナデナデ

妹「ぅん……えへへ……」

兄「おっといけない、爆発したら起きちまう、起こさない内に退散せねば」

兄「メリークリスマス、おやすみ」

妹「兄さん!兄さん!」

兄「なんだよ、朝から騒がしい……」

妹「やっぱりサンタさんはいました!これがその証拠です!」

兄「なんだこれ、リボンのかかった箱だな……もしかして俺にプレゼントか?」

妹「違います!これは私がサンタさんに貰ったプレゼントです!」

兄「はぁ……またサンタの話かよ、いい加減そういうのは卒業しろよ」

妹「ふふ、実はそれだけじゃないんですよ」

兄「あ?何が?」

妹「私、サンタさんを見たんです!」

兄「!!」

兄「みみ、み、見たってど、どういうこ、事だ?」

妹「ふふん、驚いてますね?見たといっても後ろ姿だけなんですけどね」

兄「そ、それだけか?」

妹「心なしか兄さんに似てた気がします」

兄「気のせいだ、うん、気のせい、それか夢だ」

妹「気のせいでも夢でもありません!本当に見たんです!」

兄「いや、サンタなんてあり得ないから!」

妹「……さては兄さん、自分だけプレゼントを貰えなくて嫉妬してるんですね?」

兄「違うって」

妹「安心してください!兄さんには私からプレゼントを用意してあります」

兄「それはありがとう」

妹「それじゃ兄さん、プレゼント交換をしましょう」

兄「……」

兄「…………」

妹「さっきから黙って、どうしたんですか?」

兄「いや、あのな……」

妹「まさか用意してないんですか……?」

兄「用意してない……訳じゃないと言うかなんと……言うか」

妹「赤の他人のサンタさんがプレゼントをくれたと言うのに家族である兄さんがくれないなんて……」

兄「その……ごめん」

妹「……今日一日デートしてくれたら許してあげます」

兄「デート?……ああ、これからプレゼントを買いに行くんか」

妹「えっ?デートした上にプレゼントまでくれるんですか!?」

兄「ん?まあ、そうだな」

妹「……」

兄「な、なんだよ」

妹「やったーーーー!!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


無駄にリアルタイム風にしようとしたのに忘れてて遅くなるっていうね

サンタさん、妹をよこせとは言いません
どうかssをください、お願いします

サンタ「ほーっほっほう」

兄「あ、あなたはまさか……!」

サンタ「その通り、儂がサンタクロースじゃ」

兄「は、初めて見た……もしかして俺にプレゼントをくれるんですか?」

サンタ「ふむ、君は話が早いな、ちょっと待ってなさい……」ガサゴソ

兄「ワクワクドキドキ」

サンタ「ほら、これが君へのプレゼントじゃ」ゴトッ

兄「人が一人入りそうなくらいに大きい……!」

サンタ「それじゃあ儂は帰るぞ、メリークリスマス!」シャランシャラン

兄「あ!ありがとうございました!!」

兄「さて、早速開けてみよう、いったい何が入ってるんだろう?」ガサガサ

兄「こ、これは……女の子……?」

妹「……」

兄「まさか本当に人が入ってるなんて……」

兄「待てよ、これがプレゼントってことは……こ、この子を好きにしていいってことか……ゴクリ」

妹「んっ……んん」ムクリ

兄「おっ、起きた、えーと、初めまして、でいいのかな?」

妹「あっ!おはようお兄ちゃん!」

兄「お兄ちゃんだと!?お前、まさか妹なのか!?」

妹「うん、そうだよお兄ちゃん」

兄「そんな……妹だなんて……クソッ!あのジジイやりやがった!」

妹「そういうことだからよろしくね、お兄ちゃん♪」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


急に妹送りつけるなんてそんなの爆弾魔じゃないか!
そんなことより早くss書けよサンタ!クリスマス終わるぞ!

あと3時間だぞ
もう一本いけるだろ

ピンポーン

兄「はい、どちら様ですか?」ガチャ

妹「サンタです」

兄「妹さんではないですか」

妹「違います、私はサンタクロースです」

兄「そうでしたか、でも僕の妹にそっくりですよ」

妹「不思議なこともあるものですね」

兄「ええ全く、とりあえず外は寒いので中にどうぞ」

妹「はい、では遠慮なく」

兄「どうぞ、お茶です」

妹「お茶ではなくオレンジジュースはありませんか?」

兄「ありますがわがままな人ですね、まるで僕の妹のようです」

妹「きっと可愛い妹さんなのでしょうね」

兄「ええ、まあ、どうぞオレンジジュースです」

妹「ごくごく、美味しいです」

兄「それはよかった、まだまだありますからね」

妹「ごくごく、それで今日は何のようですか?」

兄「あなたが用があって訪ねてきたのでは?」

妹「おっと、そうでした」テヘペロ

妹「今日は日頃の行いの良い兄さんにプレゼントを持ってきました。私はサンタクロースなので」

兄「僕のことを兄さんと呼ぶなんて、やっぱりあなたは僕の妹なんじゃないですか?」

妹「違います、にいさんではなく兄(固有名詞)さんと呼んだのです」

兄「なんと、そうでしたか、全くややこしい」

妹「本当にややこしい名前です、嫌になります」

兄「そうですか?僕は気に入ってるのですが、それでプレゼントというのは?」

妹「ここにあります」

兄「どこですか?」

妹「ここです」

兄「こことはどこですか?」

妹「だからここです!」

兄「だからどこですか?」

妹「全く!しょうがない人ですね!」

兄「すみません、それでプレゼントはどこですか?」

妹「私ですよ私」

兄「えっ?それはどういった意味ですか?」

妹「私がプレゼントです」

兄「えーと……それはどういう意味ですか?」

妹「わ、私を好きにしていいということです」

兄「妹さん、僕たちは兄妹なんですよ?」

妹「き、今日は私はサンタさんですから」

兄「そうですか、ではあんなことやそんなことをしてもいいんですね」

妹「は、はい///」

兄「あれやこれをそういったことにしてしまっても?」

妹「や、優しくしてくれるなら///」

兄「妹っ!!!!!」ガバッ

妹「きゃあ///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


>>356さんもお待ちだぞ!
早くss書いてくださいサンタさん!お願いします!


妹「兄さん」

兄「はいはい」

妹「……今日はクリスマスです」

兄「はいはい」

妹「沢山のご馳走、作って貰って感謝感激です。全部美味しかったですよ」

兄「そう?良かったー手間かけた甲斐があるよ」

妹「……あのですね、兄さん」

兄「はいはい?」

妹「そ、そんな兄さんにプレゼントがあります」

兄「え、そうなの?」

妹「……あの、後で部屋に来てください」カァ

兄「ん、分かったよー」

―――――
――――――
―――――――

―――――――
――――――
―――――


コンコン


兄「妹ー?」

妹『ど、どうぞ、入って下さい。鍵はあいてますので』

兄「はいはい……」



ガチャ……パタン



兄「相変わらず……綺麗な部屋だね」

妹「せ、整理整頓が私の取り柄、ですから……」

兄「羨ましい取り柄だよ、整理整頓なんてさっぱりだし……それにしても、妹がプレゼントなんて……お兄ちゃん、嬉しいよ。で、プレゼントは……?というか、妹さん?何で毛布に包まってるの?」


妹「……兄さん」

妹「兄さんは、ずっと私の傍にいてくれましたね。私が辛い時にも、励ましてくれました。反抗期、思春期、受験の時など……私は……私はどれだけ兄さんに救われたか、数え切れません」

妹「だから、兄さん……」パサッ

妹「私を……貰ってください」


兄「……い、妹?」

兄(あれ、あれ?どうして、なんで赤いリボンで身体中を結んで大事なところしか隠してない妹が目の前に……?)

妹「兄さん……」ギュウウ

兄「い、妹……」

妹「……私がプレゼントなんですから……兄さんの好きに、してもいいんですよ?」カァ

兄(あ、あの我が家自慢の可愛い妹が、妹が……す、好きにしていいって……)プツン



兄「い……」

兄「いもうとぉぉぉぉおおおお!!!!!!!!」ギュウウウウ

妹「ひゃうっ♥♥♥」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


サンタさん妹ください!!!!
独り身のクリスマスなんてもうやなんです!!!
後、誰か書いてください!

もっと書いてくれればきっとサンタさんが妹くれるのになー
たくさん書いてくれればその分だけ妹が出来るだろうになー
すごく可愛い妹が出来るのになー



「……ぃ……ん……」ユサユサ


兄「ん……んぅ……」


「に……さ……ん……」ユサユサ



兄「ぅ、ぅん……?」


妹「兄さん、起きてくださいよ」ユサユサ


兄「ん、あ、あれ……い、妹……?

妹「やっと起きましたね兄さん……おはようございます」

兄「ん、あ、あぁ、おはよう……って、何で妹が……?」

妹「も、もう……昨夜のこと、忘れたんですか?」カァァ

兄「え……っと、さく、や……?」


兄(ええと、妹に俺へのプレゼントを渡すって言われて……?)

兄(それで妹の部屋に行って……そしたら、リボンで結ばれた妹が毛布の中からあらわれて……?好きにしていいって……胸の中で囁かれて……そのあとは……)

兄(……っっ!………ふぉあぁあぁあぁあ!!!!!)


妹「に、兄さんたら普段は優しいのに、夜になると獣なんですね……♥もう無理、入りきらないって言ったのに、あんなにするんですもん……♥♥」トロン

兄「そ、それは妹が……可愛すぎて……だね……」

妹「そ、そんな可愛いだなんて……♥も、もう、兄さんたら……♥♥」

妹「……兄さん……♥」ズイッ

兄「あ、あの、妹さん……?なんで近寄ってくるんですか……?(あ、朝から妹の体を直視するのはまずい……!)」


妹「ふふ……えいっ♥」トンッ

兄「うぉっ!?」ドサ

妹「兄さんが、いけないんですからね……♥そうやって、私を惑わす言葉を言うから……♥♥」ギシッ

兄「え、えっ……」

妹「我慢できません……♥兄さん……大好き、です♥♥」



兄(あの愛らしい妹が顔真っ赤で、一糸纏わぬ姿で俺の上に馬乗りになって……あぁ、柔らかいな妹、良い匂いがするな妹、淫らな顔も可愛いな妹……妹、妹、妹、妹……いもうと……)



兄「」プツン


兄「い」


兄「いもうとぉぉぉぉおおおおおお!!!!!!」グインッ

妹「ふぁんっ♥♥♥♥」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


サンタさん!!妹くれませんでしたね!!!残念ですよ!!!!
来年には自分にだけビッチな妹下さい!!!
あと誰か書いて下さい!!

続きはまだですか!!もっと続けないと妹は出来ませんよ!
頑張ってください!お願いします!!

妹「兄様」

兄「どうしました?妹さん」

妹「どうも最近の妹はあまり爆発しないようですよ」

兄「?……それはおかしいですね」

兄「……ちょっと試してみましょう」ナデナデ

妹「あっ……///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「やっぱり爆発するじゃないですか」

妹「私のことではありませんよ兄様」

兄「となると別の妹のことですか」

妹「そうです」

兄「しかしおかしい……」ナデナデ

妹「きゃっ///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「妹はこんな風に爆発するはずなのですが……」

妹「兄様」

兄「何ですか?妹さん」

妹「いきなり撫でるのはやめて頂きたいのですが」

兄「妹さんは撫でられるのが嫌いですか?」

妹「いえ、そうではないのですが……」

兄「なら良いではないですか」ナデナデ

妹「にゃんっ///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


あとなんか書いたので置いておきますね
とにかくss書いてください!お願いします!!!!

兄「さあ、今日からここが俺たちの家だ」

妹「うん……」

兄「なんだ?何か心配か?」

妹「今度はちゃんと友達が出来るかな……?」

兄「大丈夫だって、きっとすぐに出来るさ!」

妹「そうだと……いいな」

生徒「おい聞いたか!今日転校生が来るらしいぞ!」

生徒「どんな人かな?」

生徒「女だといいな」

ガラガラ

担任「はいはい、静かに!」

担任「お前らはもう知ってるだろうが転校生だ」

担任「さ、入って挨拶して」

妹「はい、昨日引っ越してきました、妹です」

妹「今日からよろしくお願いします」

生徒「どこから来たの!」

生徒「可愛い!」

ワーワー ガヤガヤ

担任「お前ら少し落ち着け!!」

女子生徒「それでね……」

妹「ふふ、そうなの?」

女子生徒「妹ちゃんってもっと話にくい人かと思ったら思ったより話しやすいんだね」

妹「何それ?ひどいなぁ」

女子生徒「だってどこかのお嬢様みたいで近寄りがたい感じだもん」

妹「もう、そんなことないよ……でも良かった、私ちゃんと友達が出来るか心配だったんだ」

女子生徒「でも妹ちゃんならなんだかんだ言ってもすぐに友達出来るでしょ?」

妹「今までも引っ越してばっかりでちゃんとした友達は出来たことないから……」

女子生徒「そうなんだ……でも私達はもう友達だね!」

妹「……うん!それじゃあ今日は友達になった記念に私の家に招待するね!」

女子生徒「えっ!いいの?行く行く!」

女子生徒「ここが妹ちゃんの家?大きい家だねー」

妹「そうでもないよ、普通だよ、いいから入って入って」

女子生徒「あ、じゃあおじゃましまーす」

ガチャッバタン

女子生徒「うわぁー!中も広いや!やっぱり妹さんってお嬢様なの?」

妹「だから普通だって、座って待ってて、今紅茶いれるから」

女子生徒「わざわざごめんね」

妹「ううん、いいの」

ガチャバタン

女子生徒「うわっ!このソファーふかふか」

ガチャ

兄「妹ー……あれ?君は?」

女子生徒「あっ!すみません!お邪魔してます!妹さんの友達の女子生徒です!」ペコッ

兄「あはは、そんなにかしこまらなくていいよ、そっか妹の友達か……」

妹「お茶入ったよ、あっ、お兄ちゃん」

女子生徒「お兄……ちゃん……?」

妹「うん!私のお兄ちゃんだよ」

兄「まさか妹にこんなに早く友達が出来るなんて思わなかったよ」

妹「お兄ちゃんの分も紅茶いれてこようか?」

兄「いや、俺のはいいよ」

女子生徒「い、妹ちゃんって妹……なの……?」

兄「なんだ妹、言ってなかったのか?」

妹「そういえば忘れてた」

妹「改めまして、兄の妹の妹です、これからよろしくね」

女子生徒「ひ、ひいぃ……」ガクガク

兄「ほら、大事なことなのに言わないから驚いてるじゃないか」

妹「えへへ、ごめんなさい」

兄「さて、妹の友達になるにあたって確かめなきゃいけないことがあるんだが……」

妹「私は準備出来てるよ!」

女子生徒「や、やめて……」

兄「大丈夫さ、“友達”なら」

兄「よし、妹、始めよう」

妹「うん!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「あ……」

兄「この街も駄目だったか……」

妹「……」

兄「友達、出来なかったな」

妹「うん……」

兄「さあ、気を取り直して次の街に行こうか」

妹「……うん、今度こそ友達が出来るといいな」

兄「大丈夫、次はうまくいくさ」

なんだかよくわからないのを書こうとしたら書いてる内になんだかよくわからなくなってなんだかよくわからない
なんだかよくわからないのでこれ以上になんだかよくわからなくなる前に誰か書いてくれないとなんだかよくわからなくなってしまうのでお願いします

猫「にゃー」

妹友「あ!可愛い猫ちゃんだよ!妹ちゃん!」

妹「だめっ!私に近づけないで!」

猫「にゃ」

妹友「えっ?妹ちゃんって猫嫌いだっけ?」

妹「ううん、可愛いから大好きだよ」

妹友「あれ?じゃあアレルギー?」

妹「だ、だって爆発したら怪我させちゃうから……」

妹友「あっ、そういえばそっか」

妹友「それじゃ、猫君バイバイ」

猫「にゃにゃー」

妹「ごめんね私のせいで……」

妹友「いいの、親友の前で私だけ楽しむ訳にはいかないっての」

妹「ありがと、妹友ちゃん!」

妹友「へへ……でもその体質だと好きなものに近づけなくて大変だねぇ」

妹「うん……だ、だけど私にはお兄ちゃんがいるから///」

妹友「お兄さんは爆発平気なんだっけ?」

妹「うん、お兄ちゃん強いから」

妹友「それにお兄さんてかっこいいよね」

妹「えっ?まさか妹友ちゃん……」

妹友「心配しなさんな、妹ちゃんの好きな人を取ったりなんてしないから」

妹「す、好きだなんて……」

妹友「それでそれで?お兄さんのどこが好きなんだい?お姉さんに話してみなさい」

妹「え、えーとね……強くて、優しくて、かっこよくて、それから……きゃっ///」

妹友「ぐふっ……」

妹「妹友ちゃーんっ!」

妹友「やるようになったな妹……」

妹「ご、ごめんね、大丈夫?」

妹友「これぐらい耐えられないようじゃ妹の友達はやっていけないよ」

妹「本当にごめんね……」

妹友「いつものことじゃない、それにもう回復したから大丈夫だよ!」

妹「いつもありがとね妹友ちゃん」

妹友「いいってことよ、親友だろ?私達」

妹「うん!大好きだよ!妹友ちゃん!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹の友達ともなるとやはりある程度の強さが必要なのだろうか
ちょっとわからないしひどいミスもしたので誰か書いてくれませんかね?

妹「お母さーん!見て見て!これ!」

母「あらあら、100点じゃない、今日はご馳走ね」ナデナデ

妹「えへへ、やったぁ!」

兄「駄目だ母さん!そのままじゃ爆発する!」

母「ふんっ」ボンッ

兄「なっ!爆発の規模をあれだけに押さえた!?」

母「兄も妹の兄ならばこれぐらい出来るようにならなければいけませんよ」

兄「は、はい!」

妹の母ともなるとやはりこれぐらいの強さが必要なのだろう
そしてそんなssを誰かが書いてくれるんだろう

妹「お兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよお兄ちゃん朝だよお兄ちゃん起きてお兄ちゃん遅刻しちゃうよ」

兄「うーん」モゾモゾ

兄「うるさい……」カチッ

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「はっ!」パチッ

兄「あー良く寝た」

兄「目覚めもいいんだけど、いちいち爆発しちゃうのが難点だな。この妹型目覚まし時計」

そんな時計が欲し……やっぱりいらないや

明けました
だからss書いてください

妹「明けましておめでとうございます、兄様」

兄「うん、おめでとう」

妹「さあ兄様、私の準備は出来ていますよ」

兄「え?準備って?」

妹「年が明けた始めにするあれのことですよ」

兄「うーん……初詣?」

妹「違いますよ、もう……姫始めに決まってるじゃないですか」

兄「姫始め……?それってあの姫始めのこと……か?」

妹「はい、年の始めにする性行のことです」

兄「そっか……うんわかった、しよう」

妹「はい…………え?」

兄「どうした?しないのか?」

妹「い、いつもの兄様なら拒否なさるのに……」

兄「そうだね、でも今年は我慢するのやめることにしたんだ」ギュ

妹「ひゃっ///で、でも兄様、私達は兄妹で…ひゃう///」ビクッ

兄「そんなのもう気にしないよ、それに誘ったのは妹じゃないか」サワサワ

妹「んっ……にい…ひゃまっ……ひゃあっ♡」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


起きた、書いた、寝る
誰かss書いてください

ピピピ ピピピ ピピピ

兄「もうそんな時間か……」カチッ

兄「妹型目覚まし時計から爆発しない普通の目覚まし時計に替えたら朝起きられないどころか夜もまともに眠れなくなってしまった……」

兄「はあ……妹……」

ピンポーン

兄「……誰だ……こんな早くに……?」ガチャ

妹「おはよう!ひさしぶり、お兄ちゃん!心配だから来ちゃった」

兄「妹……?」

妹「お兄ちゃんが一人暮らしを始めてから一週間たったけど大丈夫?」
妹「ちゃんと栄養のあるもの食べてる?今日は私が御飯作ってあげるからね」
妹「どうせお兄ちゃんのことだから毎朝寝坊しちゃうんでしょ?いつも私が起こすまでずっと寝てたから」
妹「なんなら明日から毎朝起こしに来てあげようか?うん、起こしに来てあげるよ」
妹「ううん、やっぱりお兄ちゃん一人じゃ心配だから一緒に暮らそうよ、ね、それがいいよ」

兄「い……も……う……と……いもうと……イモウト……妹」

妹「何?お兄ちゃん♪」

兄「…………妹ッ!!!!」ガバッ

妹「お兄ちゃんッ!!!!!!」ギュ

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


>>407の妹型目覚まし時計は1度使うともう他の目覚まし時計には戻れないと思うんだ
妹の爆発にはきっと強力な依存性や中毒性あるんだ
1度使ったが最後もう妹無しでは生きられない体が出来上がってしまうんだ
そんなこんなで誰かがssを書いてくれると思うんだ

兄「なあ、妹」

妹「なあに?お兄ちゃん」

兄「お前って爆発するよな」

妹「うん、当たり前じゃない」

兄「それっていつからだっけ」

妹「いつから?うーんと……」

妹「そう言えばあの時……」

………
……


妹「お兄ちゃん、冷蔵庫に入れておいた私のプリン知らない?」

兄「あれ妹のだったのか、俺が食っちまった」

妹「もう!あれすごく楽しみにしてたんだからね!」

兄「ごめんごめん、今から買ってくるから」

妹「あれは1日限定3個の幻のプリンなの!もう売ってないよ!」

兄「えっそうなの?どうりでうまいわけだ……」

妹「あのプリンを食べるのは私の夢の一つだったのに……お兄ちゃんのバカー!!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´



……
………

兄「お前まだあの時のこと根に持ってたのか……」

妹「当たり前でしょ!すっごく楽しみにしてたんだから!」

兄「あれ今冷蔵庫に入ってるぞ」

妹「えっ!ホントに!?」

兄「うん、あの後色々頑張ってやっと今日手に入ったんだ」

妹「わーい!じゃあこの前のことは許してあげるね!えへへ、楽しみだなぁ……」

兄「……昔はさあ……」

………
……


妹「おにいちゃんおにいちゃん」

兄「なんだい妹ちゃん」

妹「あそぼ、おにいちゃん」

兄「妹ちゃんはいつも兄ちゃんと一緒だな」

妹「うん!わたしおにいちゃんがだいすきだもん!」

兄「でもそれじゃあ兄ちゃんがいなくなったらどうするんだい?」

妹「え?おにいちゃんいなくなっちゃうの……?」ウルウル

兄「あ、違う、違うよ!もしもの話だよ、いなくなったりしないから」ナデナデ

妹「グスン……ほんと?それじゃわたしがおにいちゃんのおよめさんになってずっといっしょにいてもいい?」

兄「うん、いいよ!兄ちゃんは妹ちゃんをお嫁さんにしちゃうぞ!」

妹「えへへ///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´



……
………

妹「そ、そんなことまだ覚えてたの///」

兄「昔はそうだったのに、今ではお兄ちゃんよりプリンだ……兄ちゃんは悲しいぞ……」

妹「い、今でも私はお兄ちゃんのお嫁さんに……」ゴニョゴニョ

兄「俺はいつでも妹をお嫁さんに迎えられるぞ」

妹「もう、バカ///」

兄「それで結局いつから妹は爆発してたんだっけ?」

妹「物心付いた時にはもう爆発してた……かな?」

兄「ま、もうそんなことどうでもいいか」

妹「うん、そうだね、それじゃ一緒にプリン食べよ、お兄ちゃん♪」

兄「あれはお詫びのプリンなんだから妹が一人で食べていいんだぞ?」

妹「私がお兄ちゃんと食べたいの!」

兄「ああもう、妹は可愛いなあ!」ギュ

妹「えへへ///」ギュ

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹がいつから爆発を始めるのかそして何故爆発するのか、それは現在の科学では未だ解明されていない
妹の爆発の謎を探るためにもssを書いてください!お願いします!!!

兄「んっ……ううん……」

兄「……今日もか」バサッ

妹「おにいひゃんおはおう」チュパチュパ

兄「妹、その起こしかた……やめろって……うっ」ドピュッ

妹「ちゅ……ゴクッ……お兄ちゃんの逞しいモノを見るとつい……」

兄「俺たちは兄妹なんだぞ……」

妹「そんなの関係ないよ、私はお兄ちゃんのことを愛してるよ」

兄「あのなぁ……」

妹「それに……ここは我慢出来ないみたいだよ」ナデナデ

兄「うあっ」

妹「続き……しよ」

兄「ゴクリ……」

兄「はぁ、結局今日もヤッてしまった……」

友「どうした?兄、元気ないな」

兄「……いや、何でもない、気にすんな」

友「お前が言うならそうなんだろうな、まあ元気出せよ」

友「そうだ、兄!お前に聞きたいことがあるんだ」

兄「俺に?なんだよ」

友「お前妹いるだろ?」

兄「ああ、いるよ」

友「妹に毎日されるって本当?」

兄「!?」

兄「おい!それ何処から聞いた!」ガタッ

友「お、落ち着けって、ただの噂だよ」

兄「あ、ああ、すまん」

友「でもその反応だと本当らしいな」

兄「ああ、毎日されてる」

友「そうか、毎日(爆発)されてるのか……」

兄「どうしたらいいんだろ……」

友「どうしようもないんじゃないか?妹はみんな(爆発)するらしいし」

兄「えっ!妹はみんな兄とするのか!?」

友「らしいぜ、俺の知り合いの妹も(爆発)するって」

兄「そう、なのか?じゃ、じゃあ妹とするのは普通のことなんだな……」

友「さっきから“兄と”とか“妹と”とか言ってるけど、もしかしてお前も(爆発)するの?」

兄「妹が誘ってくるから我慢出来なくて……」

友「えっ?誘われて(爆発)するの?我慢とかそういう問題なの?」

兄「そりゃどうしても溜まってるときは我慢なんて出来ないよ」

友「そうか、(エネルギー的なものが)溜まってると(爆発)しちゃうのか」

友「(爆発)するようになったきっかけとかあるのか?別に最初からそうだった訳じゃないだろ?」

兄「最初は俺が一人でシてた時に……」

友「ちょっと待って、お前一人でも(爆発)するの!?」

兄「そりゃするだろ、俺だって男だぞ」

友「えっ?男なら(爆発)するものなの!?」

兄「もしかしてお前シたことないのか?」

友「(爆発なんて)したことあるわけないだろ!死んじまうよ!」

兄「は?死ぬ訳ないじゃん、男なら普通シてるよ」

友「えっ?えっ?」

ここまで書いたけどこの先が思い付かないし妹が爆発しないので続きません
誰かちゃんと爆発する妹ssを書いてください!お願いします!!

妹「     」

兄「    」

妹「       」

兄「   ?」

妹「             !」

兄「   ?      」

妹「  ?          ?」

兄「   」

妹「     」

兄「  」

妹「……      」

兄「       !     !」

妹「……   ?」

兄「  !               !」

妹「///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


                   !
           !      !!!

妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃーん!」

兄「く、来るな、来ないでくれえ!」

妹「待ってよぉ、お兄ちゃーん!」

兄「ひ、ひぃ、来るな!やめろぉ!」

妹「えへへ、捕まえたよお兄ちゃん♪」ギュ

兄「は、離れて……」

妹「やだもん!これからもずーっと一緒だよ」

兄「い、嫌だ!」

妹「もう、お兄ちゃんは照れ屋さんなんだから」

兄「違う!そうじゃない!」

妹「えへへ、大好きだよ、お兄ちゃん♡」

兄「うわああああああああああ!!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


子供の頃からずっと爆発されてたんじゃトラウマになったりもするかもしれないから誰かss書いてください

兄「妹、ご飯出来たぞ」

妹「…うん、わかった」

兄「ほら、早くおいで」

妹「わかったから先に行ってて!!」

兄「お、おう」

兄「妹、入るぞ」ガチャ

兄「…あれ?いないのか」
妹「……!勝手に部屋に入らないでよ!」

兄「あ、妹、洗濯物乾いたから持ってきたぞ」

妹「それ置いて出てって!」

兄「ああ、勝手に入ってごめんな……」バタン

妹「あ……」

兄「なんだか最近妹に避けられてる…」

兄「俺何かしちゃったのかな……」

ガチャ

妹「……」

兄「あ、妹」

妹「……」スタスタ

兄「……やっぱり何かしちゃったみたいだ」

兄「妹」

妹「……何?」

兄「その、ごめんな」

妹「…何で謝るの?」

兄「俺、妹に嫌なことしちゃったみたいだからさ…」

妹「別に…」

兄「とにかくごめんな…」

妹「…何でそんなに優しくするの?」

兄「え?」

妹「お兄ちゃんがそんなに優しくするから……!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「妹!?」

妹「お兄ちゃんが優しいから私…私……!」



                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「妹……!」

妹「こんなんじゃ……我慢、出来ないよっ!」



                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「落ち着け妹!それ以上爆発したら…!」

妹「でも……でも……!」



                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「妹!」ダキッ

妹「あ……」

兄「大丈夫、大丈夫だから」ナデナデ

妹「お兄ちゃん…」

妹「……お兄ちゃんに優しくされると爆発しちゃうから……」

妹「だから、だからお兄ちゃんに迷惑かけたくなくて……!」

妹「でも…また爆発してお兄ちゃんに迷惑かけちゃった……」ポロポロ

兄「ごめんな妹……でも俺は迷惑だなんて思ってないよ」

妹「……本当?私のこと嫌いにならない?」

兄「ああ!当たり前だ!」ギュッ

妹「ふぇっ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「この方が妹らしいよ」

妹「えへへ…」

兄「でも良かった……俺、妹に嫌われたのかと思って……」

妹「そんなことないよ!」

妹「私は……その……ゴニョゴニョ」

兄「……もっと大きい声で言ってくれないとわからないぞ」

妹「お、お兄ちゃん!」

兄「何だ?」

妹「大好きだよ///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「うわああああああああああああああ!」

妹「え?」

兄「いやっほぉおおぉおぉおおう!」

妹「ど、どうしたの!お兄ちゃん!」

兄「やった!やったぞぉ!妹ちゃんが俺のこと好きだってえ!」

兄「いやっほぉおおぉおおおおぉおう!!」

妹「お兄ちゃん!落ち着いて!」

兄「うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「え?」

妹「お兄ちゃんが……爆発…した……?」

くぅ~ネタ切れましたw これにて完結です!
実は、何となく思い付いたので何となくスレ立てたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
どうしようもない思い付きとはいえ無駄にするわけには行かないので爆発ネタで挑んでみた所存ですw
以下、妹達のみんなへのメッセジをどぞ

妹「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

妹「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

妹「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

儀妹「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

妹「・・・ありがと」ドカーン

では、

妹、妹、妹、儀妹、妹、兄「皆さんありがとうございました!」



妹、妹、妹、儀妹、妹「って、なんでお兄ちゃんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり

長めの書いたんで誰かss書いてください!
前述の通りネタ切れなんです!お願いします!

儀妹ってなんぞ
ほらネタあったよ

>>464
元のコピペの誤字をリスペクトしただけっす
だから気にせずss書いてってくださいっす

儀妹「よいしょ、よいしょ」

兄「……なあ、妹ちゃん」

儀妹「なあに?お兄ちゃん」

兄「何してるの?」

儀妹「何って、見ての通り魔法陣を書いてるんだよ」

兄「……うん、そうだね。でも何で?」

儀妹「気にしないで。お兄ちゃんはそこに寝ててくれればいいからね」

兄「あ、うん、縛られてるから動けないよ」

儀妹「よいしょっと……よし、出来た!」

兄「何?何が出来たの?」

儀妹「あとはこれをこうして」グチャリ

兄「えっ?何今の?ねえ妹ちゃん」

儀妹「それから呪文を唱える……ンヤチイニオキスイダ!!」キュイーン

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


儀妹だったよ……
何だかよくわからない儀式で爆発しちゃうすごい妹だったよ……
誰かss書いてくれると嬉しいよ……

妹「そういえばマヤの予言って結局外れたね」

兄「ああ、あれ3年くらいずれてたらしいぞ」

妹「え?じゃあまた3年後に人類は滅亡するの?」

兄「お前予言とか信じるんだな」

妹「お兄ちゃんだって毎朝テレビで占い見てるじゃん」

兄「あれは予言とはちょっと違うだろ」

妹「……ねえ、お兄ちゃん、世界と私ならどっち選ぶ?」

兄「お前だな」

妹「即答しちゃうの!?」

兄「当たり前だろ、と言うか突然その質問は何だ」

妹「別に、ちょっと聞いてみたかっただけ」

妹「……でもそっか、世界よりも私のこと選んじゃうんだ。ふーん、そうなんだ」

兄「俺はお前のお兄ちゃんだからな」

妹「……えへへ」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


この日、太陽系から一つの惑星が消えた


……みたいなssでいいです!書いてください!お願いします!!!

兄「こらっ妹!外で爆発するのやめなさいっていつも言ってるだろ!」

妹「ごめんなさい……」

兄「せめて家に帰るまで我慢しなさい!」

妹「はい……」

兄「誰か巻き込まれたらどう責任を取るつもりなんだ!もっと自覚を持て!」

妹「グスッ……お兄ちゃん、私、頑張るから……嫌いにならないで……」ポロポロ

兄「馬鹿、嫌いになるわけないだろ」ギュ

妹「お兄ちゃん……///」

いくら躾けても妹がそこらで爆発しやがるので、誰かss書いて下さい

::::::::::::::::::::::::......   ........::::::::::::::::::::::::::: ;;;;;;;::::::::::::::::::
           γ ⌒ ⌒ `ヘ
          イ ""  ⌒  ヾ ヾ 
        / (   ⌒    ヽ  )ヽ
        (      、 ,     ヾ )
 ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
 :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::

  _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;~-ヽ_ii_i=n_ [l h__
  /==h=ロロ-.γ ,~ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=fh=ロロ
  ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=hロπ=_π
  π=_π「Ⅱヾ、 ⌒~"""''''''⌒~'"´ ノ;;'':::日ltπl:::....

 д日ltl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--~''""   :::д日lt::::
 fh=n.:::::'            |   |         :::fl日l」:::::
 ロπ=:::::.:.        ノ 从 ゝ        .::田:/==д::
 口=π田:::.                   .::::γ| ‡∩:::::
 γ| ‡∩π::....                ...:::eヨ::日ltlロ::::
 д日ltlロ_π::::.......            ...::::::::田:凵π_=h:::
 =hロ凵π=_πロ=hロπ:::.................:::::::::::口ロロh「l.ffl



あれだね、今気づいたけど爆発いれ忘れたね、うん

妹「またこんなところでおしっこして!」

妹「猫ちゃん用のトイレでしなさいっていつも言ってるでしょ!」

妹「もう!めっ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「でしょ!……あれ?」

妹「お兄ちゃん、猫ちゃんどこに行ったか知らない?」

妹「私が叱るといつもどこか行っちゃうんだ」

妹「……お兄ちゃんは私より猫の方が大事なんだ」

妹「……もういいよ!一人で探す!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「……あれ?お兄ちゃんまでいなくなっちゃった」

妹「あーあ、つまんないな……あっ、お姉ちゃん!」

妹「えっ?何で逃げるの?待ってよお姉ちゃん!」

妹「一緒に猫ちゃん探してよ!ねえってば!」

妹「えいっ!……えへへ、捕まえたよ、お姉ちゃん♪」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


なんかあれだから誰かss書いてください

妹「…………」

兄「ん? どうした妹」

妹「…………」ビクッ

兄「僕に何か用でもあるのか?」

妹「…………っ、っ」ワタワタ

妹「…………」

妹「…………」クイクイ

兄「ん?」

妹「……ぅ……ぃ」ボソボソ

兄「へっ?」

妹「………………好き」

兄「え、は? えぇぇっ!」

妹「ぅ、ぅぅ……ぅぁぁ」プルプル

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


                          __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                  __,,:::========:::,,__

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                  ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...........
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                 ..‐´      ゙          `‐..゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            __,,:::========:::,,__       /                   \    ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............     ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;..‐´      ゙          `‐..'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
           /                   \                          ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
..........;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
゙゙゙゙゙゙゙      .'                       ヽ     ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......  ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
        /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
      ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙ ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................               ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙ .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
    ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙´i,,.;,..  .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ

    ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ|iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
    /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´
     `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,   ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
      ゙゙´`´゙ -;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙ /`゙

          ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_�- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


恥ずかしさのあまり過剰に爆発した妹とかどうでもいいので誰かss書いてください

�・● < オニイチャーン

兄「何だ、いも……何者だ!お前は!?」

�・● < ナニモノッテ… ワタシハ オニイチャンノ イモウトダヨ ?

兄「妹!?どこからどう見ても爆弾じゃないか!」

�・● < ナニイッテルノ ? ワタシハ イツモドオリダヨ

兄「嘘だ!お前が本当に妹だと言うなら証拠を見せてみろ!」

�・● < キョウノオニイチャンヘンダヨ ?

兄「どうした、出来ないのか?」

�・● < マッタク… ショウガナイナァ… パチッ

※�・● < ボッ

兄「……」

※● < チリチリ

兄「……」

● < シュッ……

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「……爆発したってことは本当に妹だったのか」

兄「疑ってすまなかったな」

兄「…………妹?」

兄「妹ー、どこ行ったんだー、おーい」

兄「妹!おい!返事をしろ妹っ!」

兄「どこだっ!どこに行ったんだ!妹っ!妹ーッ!!!」

妹「はい」

兄「……あれ?妹?」

妹「はい、妹ですよ?それより兄さん、ここに黒い玉のようなものが来ませんでしたか?」

兄「あ、うん、さっきまでいたけど……あれ、何?」

妹「ペットです」

兄「……」

妹「ペットです」

兄「……そうなんだ」

�・● < オタマジャクシ ジャナイヨ イモウトダヨ

誰も書いてくれないと諦めかけて油断してると誰か来てくれてる
だからきっとまた来てくれると信じてるので誰かss書いてください!

ドカーン

兄「なんだ!?」

町人「うわぁー!」

兄「おい!どうしたんだ!」

町人「妹だ!妹が出たんだ!」

兄「何っ!妹だと!?」

町人「と、とにかくあんたも早く逃げろ!」スタタッ

ドカーン ドカーン

兄「待ってろ妹、今行くからな……!」グッ

妹「オニーチャンッ!」ドカーン

妹「アニキィッ!」ドカーン

妹「オニイサンッ!」ドカーン

兄「くっ…妹がこんなに……!」

妹「アニウエー」ガバッ

兄「うおっ…負けるか!せいっ!!」シュバッ

妹「アニウエッ!」ドカーン

兄「はぁ……はぁ……流石にこれだけの妹の相手をするのはきついな……」

妹「アニイ」

妹「ニイチャン」

兄「こんなところにもいやがったかッ!」

妹「ニイチャンッ!」ドカーン

兄「はぁはぁ……次の相手はどいつだ!!」

?「流石ですね、お兄さん」

兄「お前は……妹ッ!!」

妹「良かった、覚えていてくれたんですね」

兄「忘れて……たまるかッ!!」ギリッ

妹「あらあら、随分とお怒りのご様子」

兄「当たり前だッ!うおりゃっ!!」ブンッ

妹「もう、危ないじゃないですか」ヒラリ

兄「くそっ!くらえっ!」ブオンッ

妹「はぁ……全く、しょうがない人ですね」ガシッ

兄「なっ!離せっ!!」ジタバタ

妹「そんなお兄さんには……お仕置きです」ニコッ

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「ぐわああああああああああっ!!!!」

妹「どうですか?久しぶりの私の爆発は?」

兄「く……そ…………」バタッ

妹「お休みなさい、お兄さん」ナデナデ

妹「……さて、私は次の場所に向かうとしますか」

兄「待て……よ…………」

妹「!!!」

兄「まだ勝負はついてないだろうがッ……!」ググッ

妹「なっ、なんで私の爆発を受けてまだ立ち上がれるんですか!?」

兄「俺は……負けるわけにはいかないんだよッ!!!」ゴウッ

妹「……ふふふ」

妹「うふふふふふ」

兄「何が可笑しいッ!!!」

妹「だって楽しいじゃないですか」

兄「楽しいだと……!」

妹「やっとお兄さんが私に追い付いてくれたんですよ?」

兄「何を言ってるんだ……?」

妹「ふふ、今は分からなくてもいいですよ」フワッ

兄「待て!逃げる気か!」

妹「“約束の場所”で待ってますよ、お兄さん♪」

兄「逃がさん!ここで決着を着けるっ!!」

妹「妹達!」

妹「オニイチャン!」

妹「ニイニ!」

兄「くそっ!邪魔だ!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                  __,,:::========:::,,__

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                  ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...........
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                 ..‐´      ゙          `‐..゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            __,,:::========:::,,__       /                   \    ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............     ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;..‐´      ゙          `‐..'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
           /                   \                          ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
..........;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
゙゙゙゙゙゙゙      .'                       ヽ     ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......  ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
        /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
      ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙ ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................               ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙ .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
    ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙´i,,.;,..  .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ

    ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ|iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
    /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´
     `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,   ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
      ゙゙´`´゙ -;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙ /`゙

          ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「くっ……逃がしたか……」

兄「……“約束の場所”か」

兄「……俺の戦いはまだ終わってない!」

兄「待ってろ、次は必ず……ッ!!!」


兄の戦いはまだ始まったばかりだ!
ご愛読ありがとうございました!誰かss書いてください!

ドシーン ガラガラ ドーン

兄「な、なんだ!?」

怪獣「ガオーッ!!」ドシーン

兄「何だあれは!?」

妹「……ついに来ましたか」

兄「妹、逃げるぞ!」

妹「いいえ兄さん、逃げてはいけません」

兄「何言ってるんだ!こっちに来い、早く!」

妹「兄さん、ついてきてください」タッタッタ

兄「おい!妹!どこ行くんだ!?」

兄「……くそっ!」タタタッ

兄「……ここは何だ?」

妹「こっちです兄さん!」

兄「妹……これは……?」

妹「見ての通りロボットです」

兄「ロボット……でも何でこんなところに……」

妹「……それは戦うためです」

兄「戦う……?あの怪獣とか!?」

妹「そうです、今日この日のためにこのimo-10は造られました」

兄「imo-10……」

ドカーン ドドド

妹「時間がありません!早く乗り込んでください!」

兄「で、でも俺ロボットの操縦なんて出来ないぞ」

妹「大丈夫です、私がサポートしますから」

兄「くそっ!こうなりゃやけだ!行くぞ!」

妹「imo-10!発進!!」ウォーン

兄「動いた……!」

怪獣「グォー!」ドシーン

兄「させるか!」ズドン

怪獣「グワー!」ズシーン

兄「よし!これならなんとか戦える!」

妹「兄さん!油断しないで!」

怪獣「ガオーッ!!!」ズガガッ

兄「ぬおーっ!!!」グググ

怪獣「グガオワーッ!!!」グガガガ

兄「くっ、このままじゃやられるっ……何か、何か武器は無いのか!」

妹「目の前の赤いスイッチを押してください!兄さん!!」

兄「これだな、うおりゃあ!!!」バシッ

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


名称 imo-10(あいえむおーてん)
全高 30.5m
重量 ???

13年前に謎の兄妹と共に地球に飛来した謎のロボット。謎の技術で作られており、地球の技術では再現できないことから地球外の謎の星の謎の文明のものだと推測される。
炉心部に搭乗する妹の生み出すsi-スターエネルギーと呼ばれる謎のエネルギーによって稼働し謎のパワーを発揮する。
武装はされておらず、交戦時には徒手空拳での戦いを余儀なくされる。
リミッターを解除し、出力を最大以上に高め、si-スターエネルギーを開放することによって巨大な爆発を引き起こすことが出来る。その威力は地球を2000回は焼き払えるほどだ

おめでとうとかちょっとよくわかりません
そんなことより妹ss書いてください!お願いします!!お願いします!!!

探偵「わたしの推理によると、この『兄さんのパンツ大量紛失事件』の犯人は……女さん、貴女です」

兄「なんだって!?」

妹「そんな……!」

女「そ、そんなわけないでしょ! 私がそんなことする人間じゃないって兄くん達も知ってるでしょ!?」

兄「女……そうだな。お前はそんなことする変態じゃない」

探偵「ところがどっこい」

探偵「証拠があるんですよ」

女「なんですって!?」

兄「証拠だと……?」

探偵「これを見てください」スッ

妹「あっ、あれは!」

兄「俺の……パンツ……?」

女「この匂い……間違いなく兄くんのパンツだわ!」クンカクンカ

探偵「そう、事件現場でもあるここ……兄さんの部屋から別の場所に向かって、点々とパンツ痕が続いているんですよ」クンカクンカ

兄「つまりこのパンツを拾って行けば……」

妹「犯人の部屋に辿りつくってこと……?」クンカクンカ

探偵「exactly(そのとおりでございます)」クンカクンカ

兄「こっ、ここは!」

女「妹ちゃんの……部屋……?」クンカクンカ

妹「……」クンカクンカ

探偵「……」クンカクンカ

兄「……」

女「……」クンカクンカ

妹「……」クンカクンカ

探偵「えっと……その……」クンカクンカ

兄「……」

女「……」クンカクンカ

妹「……」クンカクンカ

探偵「この動かぬ証拠。やはりわたしの推理通り……妹さん、犯人はあなt

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



妹「……」

兄「……」

女「……」

探偵「……」

妹「証拠……なくなっちゃったね」

女「そうね」

兄「そうだな」

探偵「そうですね」

兄「……飯でも、食いに行くか」

女「そうね」

妹「そうだね」

探偵「そうですね」

兄「なに食いたい? 好きなもん奢ってやるよ」

女・妹・探偵「!?」

女「じゃあ私パンt……パンケーキが食べたいなー」
探偵「わ、わたし兄さんのパ……兄さんとパフェ食べたいです!」
妹「あたしパ……スタ……。パスタ食べたーい!」

兄「はっはっは、じゃあいつもの喫茶店に行くかー」

こんなのミステリーじゃない
本物のミステリーは>>1が書いてくれるはず

男「」

兄「おい!どうした!大丈夫か!」

兄「良かった、気絶してるだけだ……妹、この人に何が起きたか見てたか?」

妹「よく見てなかったけどいつの間にか倒れてたよ」

兄「突然倒れた……?となると何かの病気か?」

妹「そんなことよりお兄ちゃん、今日は何が食べたい?」

兄「いや、しかしこれは強い力で叩きつけられたような……カレーが食べたい」

妹「じゃあ今日はカレーにするね」

男「う、うーん……」

兄「意識が戻ったか!おい!何があった!」

妹「よーし、今日も頑張ってカレー作るからね」

男「わ、分からない……歩いていたら……突然吹き飛ばされて……うぅ……」

兄「しっかりしろ!妹の作るカレーは最高だからな、きっといいお嫁さんになれるよ」

妹「お嫁さんだなんて///」

男「そ、そうだ、その人が突然ばくh

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


男「」

兄「また気絶してしまった……いったいどうして……?」

妹「それよりもお兄ちゃん、お夕飯のお買い物に行かなきゃ」

兄「おっと、そうだったな。妹のカレーが楽しみだ」

妹「いっぱい作るからたくさん食べてね」

兄「おうよ!」

何故男は気絶してしまったのか……君にこの謎が解けるか!?



ふざけんな!ミステリーなんて書けねえよ!誰かss書けください!

妹が欲しい
妹のパンツ手に握りしめて、昇竜拳したい
その姿を妹に見られてドン引きされたい
ご機嫌取るべく、好物のシュークリームやらケーキやらあげるんだけど、一向に機嫌がよくならなくて困り果てたい
しょぼくれ顔でオロオロしてたらツボに入ったらしく、今度は笑いが止まらなくなったみたいでこっちも釣られて笑ってしまいたい
落ち着いてからちょっと説教されるけど、さっき程怒ってなくてホッとしたい
ずっと握りしめてたパンツを妹に渡して二度としないと約束したい
一生で一度のお願いだから、今付けてるブラを嗅ぐわせてくれと言いたい
ちょっとだけ悩んだあと、顔をほんのり赤らめて『...最後だからね?』と言われたい
服の中でごそごそしながらブラをとってる姿を見て生唾を飲み込みたい
真っ赤な顔で取ったブラを手渡してくる妹が急に愛しくなって思い切り抱きしめたい
当然抵抗されるからすぐに離れたら、ちょっと物足りなさそうな顔をして、それを見られたくなくて顔を背けてる妹の頭を優しく撫でてあげたい
そしてここまでやった後、俺には妹なんかいなかったんだと思い出して爆発してしまいたい

兄「妹、ゲームしようぜ」

妹「えー、兄貴弱いからやだ」

兄「まあまあ、そう言わずにさ、ほらこれ」

妹「何それ?」

兄「『妹ファイター』ってゲームだ。登場キャラクターは40人、そして全員妹だ!」

妹「えっ?なにそれきもい」

兄「でも妹だってやったことないゲームだろ?やってみたいだろ?」

妹「いや、別に……」

兄「……逃げるのか?俺に勝てそうにないからって逃げるんだな?」

妹「……ちっ!わかったよ!やってやんよ!」

兄「そうこなくっちゃ!」

兄「さあ!すでにゲーム起動済みだ!キャラクターを選ぶがいい!」

妹「……って言っても全部妹なんだろ?」

兄「妹だけだと思って甘く見るなよ!一人一人得意な技も違えば性格だって違うんだ!」

妹「格ゲーに性格なんて関係ないだろ……まあいいや、これにするよ」

熱血妹『うおっしゃー!!!』

兄「ほう、その妹を選ぶか……ならば俺はこの娘だ!」

臆病妹「は、はい……がんばりますぅ……」

兄「どうだ!可愛いだろう」

妹「……弱そうだな」

兄「そこがまた良い」

妹「はいはい、いいから始めようぜ」

兄「今更だが操作説明は要るか?」

妹「いらない、やりながら覚える」

兄「そうか、じゃあ始めるぞ」

ファイッ!!

熱血妹『せいっ!そりゃ!』

臆病妹『痛いっ……やめて……』

妹「これがパンチで、これがキック……うん、だいたいわかった」

兄「そうか、さすが妹だな」

妹「ふふん♪そうだろ?」

兄「じゃあ次はこっちから行くぞ!」

臆病妹『えいっえいっ』ドグシャッ ズブシャッ

熱血妹『うぐあああああああ!』バタッ

イモウト ウィン!

妹「えっ……」

妹「……なんだよこのえげつない攻撃力」

兄「自分のえげつない力で人を傷つけてしまうのを恐れるて臆病な性格に育ってしまった妹だからな」

妹「そんな設定知らねえよ……」

兄「とにかく!今回は俺の勝ちだ、残念だったな!」

妹「……かい」ボソッ

兄「ん?なんだって?」

妹「もう一回やるって言ってんだよ!次は絶対負けないからな!」

兄「ふっ……いいだろう、その挑戦受けてやる」

妹「ちっ…ムカつく……」

妹「次は私がこのキャラ使うからな」

臆病妹『は、はい……がんばりますぅ……』

兄「じゃあ俺はこの妹」

妹少佐『ぜんりょくでくるんだな』

妹「よし!んじゃ始めるぞ」

ファイッ

妹少佐『ソニックボム!ソニックボム!』シュバ シュバ

臆病妹『痛い……痛いです……』

妹「これじゃ近づけない……卑怯だぞ!」

兄「ふふっなんとでも言うがいい」

妹「……ならこれでどうだ!」

臆病妹『ええい!』ピョン

兄「空中から近づこうと言うのか!」

妹「近づいちまえばこっちのもん!この勝負私の勝ちだ!」

兄「……それはどうかな?」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹少佐『うちにかえるんだな、おまえにもおにいちゃんがいるだろう』

イモウト ウィン

妹「……は?」

兄「ふふっ……これがこのゲーム最強の戦術、待ち妹だ!」

妹「……」

兄「遠くの妹にはソニックボムで牽制し、近づいてくれば溜め爆発で粉砕する。隙のない戦法だ!」

妹「……グスン」

兄「……妹?」

妹「グスン……ヒック……」

兄「あ、え?な、泣いてるの?」

妹「べ、別にグスン……泣いて……ヒック……ねえよ……ヒック」

兄「ご、ごめん!ごめんな、ちょっとやりすぎちゃったよな?ごめん!」

妹「兄貴の……ヒック」

兄「ん?俺がどうした?なんでも言って良いぞ?」

妹「兄貴のバカーーーーーー!!!!」ウエーン

         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_--- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


こんなゲームがあるのかもね
そんなこんなでss書いてください

妹「ほんとに?本当にもうしない?」

兄「ああ、もうしない、これも返す」

妹「絶対だからね……その……私のパンツ取ったりするの……」

兄「絶対だ、二度としない、ただ……」

妹「ただ?」

兄「頼む!妹!今付けてるブラを嗅がせてくれ!」

妹「……ええ!!な、何言ってるのお兄ちゃん!?」

兄「なあ、頼むよ、一生に一度のお願いだからさ!」

妹「無理、無理だよ……」

兄「そんなこと言わずにさ、お願いだ。お願いします」

妹「そうじゃなくて…………ない、から……」

兄「え?今何と?」

妹「い、今ブラジャー付けてないから…///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


家に居るし窮屈だから付けなくていいや
って軽い気持ちで付けてなかっただけなのに兄にそんなことを言われてしまったばかりになんだか変に意識してしまって凄く恥ずかしくなって爆発してしまう
>>529にはそんなパターンがあっても良いと思うんだ

何が言いたいかって言うとss書いてください!お願いします!

妹「お兄ちゃん、私の靴下知らない?」

兄「知らないなあ…モグモグ……」

妹「お気に入りの靴下なんだけどなあ……」

兄「モグモグモグ……」

妹「お兄ちゃんにもらった大事な靴下なんだけどなあ……」

兄「モグモグモグモグ……」

妹「お兄ちゃんさっきから何食べてるの?」

兄「モグモグモグモグモグ……」

妹「ねえねえ、私にもちょうだい」

兄「モグモグ…ダメだ……モグモグモグ…」

妹「いいからちょうだいよ!」

兄「モグ……おい!やめろって!あ!」

妹「え?……何……これ……」

兄「…………靴下だ、妹の」


妹「………………嫌あああああああああああああああああああああ!!!」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


みたいなのでいいです!ss書いてください!!!お願いします!!!!!!

妹「ただいま」

兄「妹……」

妹「あ、お兄ちゃん、これからご飯作るからちょっと待ってね」

兄「妹!!」ガバッ

妹「きゃっ!」ドサッ

妹「ど、どうしたの?お兄ちゃん」

兄「もう……我慢できないんだ」

妹「我慢って……?ご飯ならすぐに作るから……」

兄「違う!そうじゃないんだ!」

妹「…………で、でも私達兄妹なんだよ……?」

兄「そんなの関係ない!兄妹だからどうした!俺はもう我慢出来ないんだ!!」

妹「そ、そんなに言うなら……その……お兄ちゃんなら……いいよ……」

兄「……いいんだな?本当に」

妹「…………うん……///」

兄「それじゃ、いただきます」

妹(ああ、私ついにお兄ちゃんに食べられちゃうんだ……)

兄「クンクン……ペロッ……カプッ……ハムハム」

妹「ひゃん!…………あれ?お兄ちゃん何してるの?」

兄「ハムハム……食べてるハムハム……靴下をハム……妹ごとハムハムハムハム」

妹「」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


ハムハム誰かハムハム書いてハムくださいハムハムハムハム

妹「お兄さんのお部屋お掃除しておきましたよ」

兄「そうか、ありがとう」

妹「あとお洗濯もしておきました」

兄「うん、ありがとう」

妹「お食事の準備もしましたよ」

兄「うんうん、えらいえらい」

妹「……ちゃんとほめてくれないと爆発してしまうかもしれませんよ?」

兄「それは困ったなあ」

妹「……あー!今にも爆発してしまいそうです!なでなでしてくれないと爆発してしまいます!どーしましょう!」

兄「はいはい、いつもありがとうな、よしよし」ナデナデ

妹「えへへ、それでいいのです♪」

リク厨ってずっとスレに張りついてリクエストし続けたり
自分でやれって言われてもしつこくリクエスト続けたりする奴のことだな!
そんな奴がこのスレにいるわけないだろ!

誰かss書いてください!!お願いします!!!!!

妹「誰か書いてください……お願いします……っと」カタカタ

兄「何してんだ?」

妹「っ!!」

妹「ち、違うよ!違うんだよ!べ、別にせめてssの中でだけでもお兄ちゃんとイチャイチャしたいからって誰かに書いてもらおうなんて思ってる訳じゃないんだからね!!」

兄「お、おう……」

妹「そ、それよりお兄ちゃん!何で勝手に部屋に入ってるの!ノックぐらいしてよ!」

兄「いや、ノックしたけど返事がなかったからさ、何してるのかなー?……って」

妹「だ、だから何でもないって言ってるじゃん!別に普段のお兄ちゃんとの生活に不満はないけどいやむしろ幸せすぎるくらいだけどせめて!せめてもう少しだけ近い存在になれたらな、ただの妹じゃなくてお兄ちゃんにとって特別な存在になれたら良いななんて想いをssとして昇華させたい、でも自分じゃ書けないから誰かに書いてもらおう……なんて思ってないんだから!!!」

兄「あ、ああ、今でも妹は俺にとって特別な存在だよ、大丈夫だから落ち着けって……」

妹「へ?特別……?」

兄「ああ、特別な存在だよ」ナデナデ

妹「特……別……?と…くべ……

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「あーあ、パソコンが粉々だ……」

妹「」

兄「おーい妹ー」

妹「」

兄「妹、生きてるかー?」

妹「……はっ!」

兄「おっ!起きた」

妹「……あれ?お兄ちゃんなんで私の部屋に居るの?」

兄「えっ覚えてないの?」

妹「なんのこと?……あーっ!パソコンが粉々だ!なんでー!?」

妹「これじゃssが読めないよぉ……」シクシク

兄「はいはい、今度買ってやるから……」

妹「ほんと?やったぁ!お兄ちゃん大好き!」ギュ

今では私がお兄さん。妹にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル。
なぜなら、彼女もまた、特別な存在だからです。

こんな妹のためにもssを書いてください!きっとどこかで妹が待ってます!!お願いします!!!

兄「きっとどこかで妹が待ってます……お願いします……と」カタカタ

妹「何してんだ兄貴?」

兄「妹っ!? ち、違うんだよ! せめてssの中だけでも妹とイチャイチャしたいからって
  誰かに書いてもらおうとしてるわけじゃないんだよ!」

妹「お、おう」

兄「そ、それより何で勝手に部屋に入ってきてるんだよ! ノックくらいしてよ!」

妹「いや、いつもノックなしで漫画借りにきたりしてるけど何も言わねーじゃん。
  んで? さっきから何やってんの?」

兄「だ、だから何でもないって! 別に普段の妹との生活に不満はないけど、
  むしろ幸せすぎるくらいだけどせめて! せめてもう少しだけ近い存在になれたらな、
  ただの兄じゃなくて妹にとって特別な存在になれたら良いななんて想いをssとして昇華させたい、
  でも自分じゃ書けないから誰かに書いてもらおう……なんて思ってないから!」

妹「お、落ち着けって。今のままでも充分すぎるくらい近いし……特別じゃん……///」

兄「!? い、妹っ!」ガバッ

妹「きゃっ、ちょっ、ちょっと///」

妹(兄貴……お兄ちゃんがこんな近くに……///)ボンッ

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



兄「あー……パソコン粉々だ」

妹「」

兄「妹? 大丈夫?」

妹「……はっ!」

兄「あっ、起きた」

妹「あー……またやっちゃった。ごめんお兄ちゃん」

兄「なんのなんの。それより今お兄ちゃんって……」

妹「なっ! ……い、言ってねえから!///」

兄「もう一回! もう一回だけでいいから呼んで!」

妹「やだねっ! 絶対呼んでやんねーからっ!///」ベー!

パクりはいけないと思います! ごめんなさい! もうやりません!

妹「お兄ちゃん知ってる?ダイナマイトって甘いんだって」

兄「へぇー、そうなのかい?妹ちゃんは物知りだね」

妹「へっへーん!すごいでしょ」

兄「どれどれ……」ペロッ

妹「ひゃっ!い、いきなり何するのさっ!」

兄「いや、ダイナマイトが甘いなら妹ちゃんも甘いのかな?って思って」ペロッ

妹「やっ……なんでそうなるの!」

兄「ダイナマイトも妹ちゃんも爆発するところは同じじゃないか」ペロッ

兄「なら味も同じかな……ってさ」レロレロ

妹「も、もう舐めたから味分かったでしょっ!」

兄「もっと舐めてみないと分からないなぁ……」ペロペロ

妹「いやっ……だめだってっ……あっ」ビクッ

兄「ぺろぺろぺろぺろ」ペロペロペロペロ

妹「んっ……だめだよっ……そんなとこっ…ふあっ///」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



ダイナマイトとかプラスチック爆薬って甘いらしいね
だけど危ないから絶対に舐めたり口に入れたりしないでね
特にプラスチック爆薬には毒性があるらしいから絶対に食べたりしないでね
絶対だよ絶対、本当に絶対食べちゃだめだからね

と言うわけでss書いてください!!見ての通りネタ切れなんです!お願いします!!!

妹「なあ兄貴」

兄「ん? どうした妹」

妹「ダイナマイトとかプラスチック爆薬って甘いらしいんだ」

兄「そういえばニトログリセリンには甘みがあるって聞いたことあるね」

妹「そ、それでよ……友達の話なんだけどよ」

兄「うん」

妹「……も……んだってよ」ボソボソ

兄「えっ?」

妹「だ、だから……妹も……甘いんだってさ」

兄「えぇー……うっそだー」

妹「だろ? 嘘だと思うよな?」

兄「そうだね。いくら爆発するっていっても妹だし」

妹「だ、だからその……嘘だって証明するために……あ、あたしを舐めてみて欲しいんだけど///」モジモジ

兄「えっ」

妹「『えっ』ってなんだよ」

兄「いや、自分で舐めたらいいんじゃないかな」

妹「それが、その友達の話だと自分で舐めても甘くないんだって」

兄「うん?」

妹「妹の……その……兄だけが甘く感じる……って///」

兄「……つまり、僕か」

妹「お、おう///」

兄「ふむ……」

兄(正直、妹が甘いなんて信じられない)

兄(その友達の兄とやらはセクハラする口実にしただけじゃないだろうか)

兄(もしそうならそれはそれで確かめた方がその友達のためになるのかもしれない)

兄(だがしかし……)

兄「うーん……」

妹「その……ダメ……か?///」モジモジ

兄「まぁ、確かめるだけ確かめてみるか」

妹「そ、そうか!」パァッ

兄「それで、どこを舐めればいいんだ?」

妹「えっ!?」

兄「いや、『えっ』って言われても。友達から聞いてなかったの?」

妹「い、いや、ちゃんと聞いたって!」

兄「どこ?」

妹「か、かお……」

兄「カカオ?」

妹「顔だよ!///」

兄「ふぅん、顔ねぇ……これでいいの?」ペロッ

妹「ふぁっ///」ピクン

妹「い、いきなり頬っぺた舐めるなよ! びっくりするだろ!///」

兄「ごめんごめん。でも甘くなかったよ」

妹「ほ、ほんとか?」

兄「うん」

妹「でも念のためにもうちょっと舐めてみてよ」

兄「えー」

妹「なんだよいいだろそれくらい。その……へへへ減るもんじゃなし///」

兄「まぁ妹がいいならいいけれど」

兄「ん……」ペロッ

妹「あんっ……///」ピクッ

妹(人に舐められるなんて気持ち悪いかとばかり思ってたけど)

妹(なんか……気持ちいい……///)

兄「……」ペロペロ

妹「ど、どうだ? 甘くないか?」

兄「うん、頬っぺたは甘くないね」

妹「じゃ、じゃあ他のところも試してみてよ」

兄「ん、わかった」ペロッ

妹「あっ、耳……っ///」

兄「ん……はぁっ……ちゅ」

妹「ひゃっ……んっ……っ!///」

妹(やだっ、耳の溝をなぞるように舐められてるっ)

兄「れろっ……」

妹「あんっ……耳の中……だめぇっ///」

兄「ん……じゃあこっち」チュウッ

妹「耳たぶっ……そんな吸っちゃ……あっ!///」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



ここから先は爆発しました。続きを読みたい方は妹ssを書いて下さい

昨日パクりはやらないと言っておきながらこの体たらく
まこと申し訳ない

妹ss
ほら、妹ssって書いたから続きはよ

パクりとか気にしません!むしろ妹のためにも書き直してあげてください!!


──妹達との幸せな生活


妹「お兄ちゃん!朝だよ起きて!」


 妹「兄貴!ゲームしようぜ」


 ────幸せ……だった


 妹「お兄ちゃんは渡さない!」

         妹「私とお兄様の邪魔をするなら……容赦はしませんよ?」

   妹「お兄さんは私のものだから……」


姉「ふふ……もっとだ!!もっと争え!!!」


──兄を巡る戦いが今……


妹「こんな世界……全部吹き飛んじゃえばいいんだ……!」


──────終わる



──どうせ死ぬなら……



 ──爆発の中で死にたいな……




  妹「お兄ちゃああああああああああああああああん!!!!!!!」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´





──誰か


────書いてください

兄「今日のご飯は何だと思う?」

妹「いつもみたいにもやしじゃないの?」

兄「もやしもあるけど今日はもやしだけじゃないぞ」

妹「うーん…………わかんない」

兄「そうか、分かんないか」

妹「うん、だから教えて」

兄「きっと驚くぞ……ほら、これだ」

妹「これってお肉……!?」

兄「そうだ、なんと豚肉だ」

妹「えっ!お肉なんて食べていいの!?」

兄「ああ!妹も最近頑張ってるからな」

妹「お肉なんて久しぶりだね!」

兄「そうだな、早速食べようか。それじゃあ妹、いつもの頼むよ」

妹「うん!ちょっと待ってね……えいっ!」

妹「……あれ?もう一度、えいっ!……うぬぬぬぬぬ…………」

兄「……今日は駄目か?」

妹「うん……なんでだろう?」

兄「しょうがない、もったいないけどガス使うか」

妹「あ、そうだ!ちょっと待ってお兄ちゃん!」

兄「ん、なんだい?」

妹「だっこして」

兄「急にどうしたの?」

妹「いいからだっこして!」

兄「はいはい……妹は甘えん坊だな」ギュ

兄「これでいい?」

妹「……もっと強くぎゅってして?」

兄「こうかい……?」ギュウ

妹「んっ……///」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



妹「あ、出来たよ」

兄「お、本当だ……うん、ちゃんと焼けてるね」

兄「さあ妹ちゃん、お先にどうぞ」

妹「ううん、いつも頑張ってるお兄ちゃんが先に食べて」

兄「そうかい?それじゃ、先に貰うね」パクッ

兄「モグモグ……うん!すごくいい焼き加減だよ!」

兄「ほら妹ちゃんも、あーん」

妹「あーん、モグモグモグ……おいしい!」

兄「そうかそうか、もっと食べていいからな」

妹「おいしいね」ニコニコ

兄「おいしいな」ニコニコ

妹(注・人間、但し爆発するものだけを指す)との慎ましくも幸せな生活

みたいなss書いてください!!

爆発の無い国

猫「にゃーにゃー!うにゃー!」ジタバタ

兄「可愛いなー!猫可愛いなー!!!」ナデナデ

猫「うにゃにゃ!」ジタバタ

妹「やめてあげなよ、猫ちゃん嫌がってるよ」

兄「嫌だ!やめない!だってこんなに可愛いんだよ?」ナデナデ

猫「うにゃにゃー!!」ジタバタ

妹「嫌がってるからやめてあげなさいって言ってるの!」

猫「にゃにゃにゃ……うにゃー!!」ピョン

兄「ああ!猫が妹の方に飛んでいってしまった!」

妹「え?……きゃっ!!」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



猫妹「うぅ……びっくりして爆発しちゃったニャ」

兄「いもう……と……?」

猫妹「なんニャ?どうかしたニャ?」

兄「こ、これは……!」

猫妹「そ、そんにゃに見つめられると照れるニャ……///」

兄「妹、落ち着いてこれを見るんだ」つ鏡

猫妹「鏡にゃんて見せてにゃんにゃの…………!!!」

猫妹「にゃにゃ!?にゃんにゃのこれ!!!!」

兄「見ての通りだ」

猫妹「わ、私に猫耳とヒゲが……にゃ!!尻尾まであるニャ!!にゃんでニャ!?」

兄「これは憶測だが……猫が飛び付いた拍子に妹が爆発して、その瞬間なんやかんやあって一体化してしまったのだろう」

猫妹「にゃんやかんやってにゃんニャ!説明ににゃってにゃいニャ!!」

兄「なんやかんやはなんやかんやだよ」

猫妹「もうにゃんにゃの……どうしてこうにゃった……ニャ……」

兄「まあまあ、落ち着けよ……ほうら、毛糸玉だぞー」コロコロ

猫妹「ニャ!まん丸だにゃ、楽しいニャ♪」コロコロ

猫妹「……ニャ!?にゃんで私毛糸玉で遊んでるニャ!?」コロコロ

兄「猫と一体化した結果習性まで猫化してしまったんだろうな」

猫妹「そんにゃ!このままじゃ私本当に猫ににゃっちゃう……ニャ!!」

兄「それは大変だなー」

猫妹「にゃんにゃ!他人事だと思って!!フシャー!!!」

兄「ほうらほうらー、猫じゃらしだぞー」ジャラシ

猫妹「そ、そんにゃの気ににゃらにゃいニャ……」

兄「そうかそうか、気にならないか」ジャラシ ジャラシ

猫妹「き、気に、にゃらにゃい……ニャ……!」

兄「……」ジャラシ ジャラシ ジャラシ

猫妹「…………にゃ!にゃにゃ!」ビシッ ビシビシッ

兄「ああ!!もう!!!可愛すぎだろうが!!!!」ダキッ

猫妹「ふにゃっ///」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



兄「可愛い!!爆発も可愛い!!!可愛いなー!!!!!」ナデナデ

妹「きゅ、急に抱きついちゃダメだよ…………あれ?」

猫「にゃー」

妹「あっ……やった!戻ったよ!!」

兄「あ、え……?何で?何で戻っちゃったの……?」

妹「何でって……戻れたんだから一緒に喜んでよ……」

兄「妹!頼む!頼むからもう一度猫と一体化してくれ!!お願いだ!!」

妹「い、嫌だよ!せっかく元に戻れたのに」

兄「なあ……頼むよ……猫になった妹すごく可愛かったからさ……」

妹「そ、そんなに可愛かった……?」

兄「ああ!もんのすっ……ごく可愛かった!」

妹「そ、そっか、そんなに可愛かったんだ?……えへへ///」

妹「……で、でももう猫になるのは嫌だからね!それともう猫ちゃんいじめちゃだめだからにゃ!」

猫「にゃーご」

あーインスピレーション湧いてこないわ
続き書いてもらっていい?
結構お願いし続けてるんだが

【レス抽出】
対象スレ:妹「あっ……お兄ちゃんっ……ダメッ///」
キーワード:乙 おつ
検索方法:マルチワード(or)



抽出レス数:0




お つぱい

兄「ほう、みさおももうそんな歳になったかぁ」ヒョコッ

妹「はううっ!? に、にいさまっ!? どうして帰ってきてるんですかっ!?」アセアセ

兄「どうしてって……酷いなあ、一応俺も家族の一員なんだけど」

妹「に、にいさま部活はっ!? 部長さんがさぼりなんていけないんですよっ!」

兄「あー、臨時休部。顧問が風邪ひいて出られないの。お陰でこーしていつもより早くみさおの顔見に帰ってこれた訳」

妹「……い、いつもは早く帰ってこないくせにっ///」

兄「だからいつも寂しい思いしてたんだろ? ごめんな、みさお」ギュッ

妹「はうっ……そ、そういう時だけ、はぐとか……ずるい、です///」カァァッ

兄「おうそうか、まだ足りないというのなら!」ナデナデ

妹「はうっ、はわわわわっ!/// に、にいさまっ、な、なにしてんですかっ!?」

兄「昔っから、みさおはなでなでされるの好きだったからなあ。ほーれ、いい子いい子。みーちゃんほんと可愛いなぁ」

妹「み、みーちゃんとか……/// そ、そんなの、ずるいです……はうぅ、うぅぅっ……!」モジモジ

兄「ところで、あの台所のチョコレート」

妹「っ!? あ、み、みないでくだひゃいっ!」

兄「ねえねえ、誰に送るのー? 同級生? 部活の先輩? それとも、俺……」

妹「ち、ちちちちちがいますぅぅっ! べ、別にそういうのじゃなくて!」アセアセ

兄「あの量、自分で食べたら太るぞー。ぷにぷにおなかがもっとぷにって」

妹「ぷ、ぷにってなんかいませんっ! にいさまのえっち!」プンプン

兄「あはは、ごめんごめん。つい構いたくなっちゃうんだよな」

妹「いじわる……にいさまのいじわるっ! みさおはもう、子供じゃないんですよ。にいさまはいつだって、みさおのこと、子供みたいにあつかうんですから」プンプン

兄「ほほう、夜怖くて一人で寝られない子が子供でないと」

妹「~~っ! そ、それは……あうぅ、そ、そうですけどっ……」カァァッ

兄「一人でねんねできるようになったらお姉ちゃん扱いしてあげまちゅよー」

妹「もう、すぐそうやってからかうんですから! あうぅ、にいさまのいじわるー!」

兄「……やりすぎたかぁ。あーもー、みさおもどうしてああも『かまって』オーラ出しちゃうかなぁ。こっちも加減しないとなあ」ヤレヤレ

妹「……にいさまが、みさおのこと、なでなでしてくれたっ。みさおのこと、ぎゅってして、なでなでくれたぁ……はうぅ……!」ドキドキ

妹「……って、ち、ちがいますっ! わたしだって女の子なんですから、いつまでもおこさま扱いしないでってもっとちゃんとしゅちょーすべきだったのに! あうぅ、またいつものぱたーんです……」ガックリ

妹「だ、だいたいっ、にいさまがわるいんですっ。だ、だって……ど、どきどき、させるくせに……にいさまのこと、どんどんすきになっちゃうのに……にいさまは……わたしのこと――――うぅっ」ジュンッ

妹「あ……また……。やだ……だめ、なのに……さわっちゃダメって……はしたないこと、しちゃだめなのに……あうぅ……う、ひうぅぅ……」ドキドキ

妹「……にぃ、さまぁ。にい、さまぁ……みさおのこと、もっと、なでなでして……ほしい、よおぉ。にいさま……にー、にぃ……あうぅっ」

妹「は、あぅ、あんっ、あ、あっ! にいさまのゆびっ、あついの、ふあぁっ!」ゾクッ

妹「す…………す、きっ、はうぅっ! にー、さまっ、にーさまぁぁっ!」

妹「やだ……にいさま、えっち、えっちなのおっ! みさお、にぃしゃまになでなでしゃれて、ひ、ぅくっ! ふあぁああっ!」ジュンッ

妹「にーさまっ、ちゅー、してっ! みさおにちゅーして、なでなでして、いっぱい、いっぱい……すきすきって……してよおっ……にいさまぁっ」

妹「ふ、うぅっ、はっ、あうぅ! あ、あぁ……あっ、あっあっ!」ガクガク

妹「……ひぅぅっ。とん、じゃい、まひゅっ、あっ、ふあぁっ! にいさましゅきっ! らいしゅきっ! ひぅっ、あっ、あぁ、あっ、あぁあぁぁあああ――――!」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



やっぱ本家には敵わないわ……爆発の威力が違う
と言うわけだから
恋する妹はせつなくてお兄ちゃんを想うとすぐ(以下略)みたいなのはよ

ばくはつしたって

いいじゃないか

いもうとだもの

妹「お兄さん遅いです……」

妹「……よし!」

────

妹「お兄さんのお部屋……」

妹「ああ……お兄さんの臭いがします……」

妹「お兄さん……お兄さん、お兄さん、お兄さん…………お兄ちゃん」

妹「お兄ちゃんの……こんなになってる……」

妹「今……綺麗にしてあげますね」

妹「あっ……はぁ……はぁはぁ……すごい……こんなとこまで……」

妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん!…………はぁ、はぁ……」

妹「ああ、こんなにして…………悪い人ですね」

ガチャ

妹「!!」

兄「あれ?妹、なんで僕の部屋に?」

妹「あっ!こ、これは違うんですよ!」

兄「あ、そういうことか」

妹「そ、その、本当に違うんです!違うんですよぉ……」

兄「おかしいとは思ってたんだよ……」

妹「うう……」

兄「いつも僕のいない間に部屋に入って……してたの?」

妹「べ、別に……いつもと言う訳では……///」

兄「でも僕の帰りが遅い日はいつもしてたんでしょ?」

妹「…………はい……///」

兄「そっか……言ってくれれば僕も一緒にしたのに……」

妹「い、一緒に!?お、お兄ちゃんと一緒に……一緒に///」

兄「妹ちゃんはエロいなぁ……」

妹「え、え…ろ……くなんて、あ、ありません!///」

兄「あっ間違えた、偉いなぁ……本当にいつもありがとね」ナデナデ

妹「え、あ、あの、ええと、うう……///」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



恋する妹はせつなくてお兄ちゃんを想うとすぐお兄ちゃんの部屋を掃除しちゃうんだけどそれがお兄ちゃんに見つかっちゃって褒められてなでなでされると恥ずかしくなって爆発しちゃうの


そして恋するおまいらはせつなくて妹を想うとすぐssを書いちゃうの
恋してなくてもss書いちゃうの
書いちゃうの

妹!妹!妹!妹ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!妹妹妹ぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!妹たんの綺麗な髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
この前見たssの妹たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
いろんなssがあって良かったね妹たん!あぁあああああ!かわいい!妹たん!かわいい!あっああぁああ!
妹ss書いてくれて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!ssなんて現実じゃない!!!!あ…あのssもこのssもよく考えたら…
い も う と ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!お兄ちゃぁああああん!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?爆発…してる?ssの妹ちゃんが爆発してる?
ssの妹ちゃんが爆発してるぞ!妹ちゃんが爆発してるぞ!ssの妹ちゃんが兄を見て爆発してるぞ!!
ssの妹ちゃんが兄に話しかけて爆発してるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には妹ちゃんがいる!!やったよお兄ちゃん!!誰かss書いてください!!!
あ、ssの妹ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあ姉様ぁあ!!い、妹ー!!妹ぉおおおおおお!!!義妹ィぃいいい!!
ううっうぅうう!!俺の想いよ皆に届け!!ss書いてください!お願いします!!

兄「ただいまー」

妹「おにいお帰りなさい!えいっ!えいっ!」ビシッ ビシッ

兄「うわっ!いきなり何っ!?痛いって!なんだこれ……豆?」

妹「はい!今日はおにいにお豆をぶつけると幸せになれる日と聞きました!」

兄「ああ、今日は節分か」

妹「節分……ですか?」

兄「そう、節分……と言うことで、さあ!思う存分兄に豆をぶつけるがいい!」

妹「はい!えいっ!えいっ!えいっ!」ビシッ ビシッ ビシッ

兄「痛いっ!もう少し優しく投げてっ!」

妹「えいっえいっ!……あっ、全部なくなりました!これで幸せになれるんですね!」

兄「ああ、そうだ……それじゃあ妹、達者に暮らせよ……」

妹「えっ?おにい、どこか行くんですか?」

兄「ああ……節分で豆をぶつけられた兄はそこからいなくならなければいけないんだ」

妹「いなくなる……?すぐに帰ってきますか?」

兄「いや、お別れだ……もう会えない……」

妹「そんな!そんなの嫌です!」

兄「妹の幸せのためだ……」

妹「そ、それなら私も付いていきます!」

兄「だめだ!付いてくるな!」

妹「嫌です!嫌です嫌です!!おにいと離ればなれなんて……嫌です……」

兄「……さよなら、妹」

ガチャ バタン

妹「なんで……おにいに幸せになって欲しかっただけなのに……」ポロポロ

ガチャ

兄「なんちゃって!ビックリした?」

妹「えっ?おにい……?」

兄「嘘だよ!ちょっと妹に意地悪しただけだよ!」

妹「本当に……?おにい、いなくならない……?」

兄「うん!いなくならないよ!妹は信じやすいなあ」

妹「おにい……」

兄「ほら、慰めてあげるから僕の胸に飛び込んでおいで」

妹「……おにいのバカ!いじわる!」ビシッ ビシッ

兄「ちょっ!痛いっ!」

妹「おにいなんて嫌い!どっか行っちゃえ!」ビシッビシッ ビシッビシッ

兄「痛いよ!ごめん!ごめんなさい!もう意地悪しないからゆるして!」

妹「おにいのばか……おにいのばかあああぁぁぁぁぁ!!!!」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


>>644
ふっ……遅いな……
俺に勝ちたければssを書くんだな……

兄「ごめんよ……妹……」

妹「もういいですよ、私は心が広いので許してあげます」

兄「おっ!いつの間に心が広いなんて言葉覚えたんだ?」

妹「えっへん!私は日々成長してるのです!」

兄「背はちっちゃいままだけどな」

妹「何か言いましたか?」

兄「いえ、何も……」

妹「それよりおにい、節分とはいったい何なんですか?」

兄「結局それは知らないんだな」

妹「いいから教えてください!」

兄「はい」

兄「節分ってのは邪気……つまり悪いことを追い払って良いことを呼び込む行事だ」

妹「ふむふむ……それで、どうすればいいんですか?」

兄「さっき妹がやっていたみたいに、豆を撒くんだが……兄にぶつける訳じゃない」

妹「では何に?」

兄「『おにい』ではなく『鬼』だ」

妹「鬼……?鬼とはなんですか?」

兄「……どうしても聞きたいか?」

妹「はい、聞きたいです」

兄「ならば聞かせよう、鬼とは……」

妹「ゴクリ……」

兄「鬼とは日本に棲む妖怪の一種だ……」

妹「妖怪……?お化けですか……?」

兄「まあ、そんなようなものだが……奴らはもっと恐ろしい」

妹「そんなに怖いんですか……?」

兄「ああ……肌の色は赤や青で……頭には角がある……」

兄「さらに奴らは……人の肉を……食う」

妹「ひ、人を食べるんですか!?」

兄「……今どんな姿を想像してる?」

妹「そ、その……とても怖い姿です……」

兄「その10倍……いや100倍は恐ろしい姿をしているだろうな……」

妹「ひゃ、ひゃくばい……」ガクガク

兄「どうだ……?恐ろしいだろう?」

妹「に、日本にはそんなに怖い生き物がいるんですか……?」ガクガク

兄「ああ……そして今お前の後ろにいるのが鬼だ!」

兄「……まあ嘘なんだけど 妹「きゃああああああああああああああああああ!!!!!!」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



この妹はきっと帰国子女、そういうことにしとこう

そろそろ誰かが豆を撒くかのごとくssを連投してくれるはず

妹「節分には……その……」

兄「どうした?まだ聞きたいことあるのか?」

妹「あの……く、黒くて、棒状の物を、口に、するとか……」

兄「ああ、あれか」

妹「本当なんですか……?」

兄「うん、口から離さずに全部一気に飲み込むことができればいいとかなんとか」

妹「全部飲み込む……」

兄「後でやる?」

妹「お、おにいので……?」

兄「僕のがいいの?(材料ならあるから)すぐに出来るよ」

妹「お、おおお、おにいの……へ……へ……」

兄「へ?」

妹「変態!変態!変態!へんたああああああああい!!!」

兄「なんでえええ!!」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



恵方に向かって妹ssを書くと縁起がいいらしいね

ちなみに今年の恵方はこのスレです

兄1「俺達は日々鍛練してきた!」

兄2「それによって俺達は強靭な肉体を得た!」

兄3「そうだね、僕らならやれる」

兄4「ああ!この戦争、負ける気がしないぜ!」

兄5「みんな!勝つぞ!!」

兄達「「「「「「「オオオオオオオオオォォォォ!!!!!!!」」」」」」」

兄96「情報によればもうすぐここに敵が現れるはずだ……」

兄123「くそっ!早く戦いたいぜ!」

兄53「油断するなよ」

兄246「そうだな、油断は隙を生む」

兄123「うるせえ!そんなこと分かってらあ!!」

兄316「……おっと、どうやら来たようだぜ」

ドドドドドドドドドドド

兄542「おい……情報より大分多くないか……?」

兄962「ああ、かなり多いな……」

兄1457「こいつは少々骨が折れそうだ」

兄23「だが俺達は負けない……そうだろ?」

兄762「ああ!その通りだ!」

兄6347「ん?……なんだ?様子がおかしいぞ」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



兄8842「い、今爆発しなかったか……?」

兄2413「爆発……?」

兄7777「爆発……だと……」

兄5143「……爆発」

兄9257「爆発……したのか……?」

兄13「爆発だって!?」

兄14752「なんだ……この感覚は……?」

兄84「爆発……か」

ドドドドドドドド

兄25479「おいお前ら!あれをよく見ろ!」

兄34278「全員……女の子だ……!」

兄4782「なん……だと……」

ドドドドドドドド

兄58741「なんなんだ……この……懐かしい感覚は……」

ドドドドオニイドドド

兄7042「まさか……あの子達は……!?」

ドドドドドドチャーンドドドド

兄66795「まさか……そんな!?」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



兄88745「また爆発した!」

兄77412「やっぱり……そうなのか……?」

兄105473「しかし何故だ!」

兄14752「そうだ!ここにいるはずがないんだ!」

兄1763254「しかし、あれはどう見ても……」

ドドドドドオニイチャーン ドドドオニイチャーンドドド

兄100000「この声……間違いない!!」

兄145372「あれはやはり……!」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



兄224566「この爆発……やっぱりあれは妹達だ!!」

妹5742「あにぃー!!」ドドドドド

兄365479「ああ……何故こんなところに……」

妹147526「お兄様ー!!」ドドドドド

兄687423「ああもう!戦争なんかしてる場合じゃねえ!!」

妹841387「お兄さーん!!」ドドドドド

兄999997「妹を守るのが俺達兄の仕事だ!」

兄達「「「「「うおおおおおおお!!妹おおおおぉぉぉ!!!!!」」」」」ドドドドドド

妹達「「「「「お兄ちゃああああぁぁぁぁぁぁん!!!!!!」」」」」ドドドドドド

兄達「「「「「「いぃぃいいいぃもおおおぉぉうぅうぅぅとおぉぉおぉぉぉおおぉ!!!!!」」」」」」ドドドドドドドド

妹達「「「「「おぬいぃぃいぃちぃゃあぁあぁぁあああぁぁあぁぁぁぁぁん!!!!!!」」」」」ドドドドドドドド

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                  __,,:::========:::,,__

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                  ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...........
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                 ..‐´      ゙          `‐..゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            __,,:::========:::,,__       /                   \    ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............     ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;..‐´      ゙          `‐..'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
           /                   \                          ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
..........;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
゙゙゙゙゙゙゙      .'                       ヽ     ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......  ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
        /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
      ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙ ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................               ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙ .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
    ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙´i,,.;,..  .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ

    ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ|iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
    /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´
     `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,   ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
      ゙゙´`´゙ -;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙ /`゙

          ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


こうして戦争は終わり世界に平和が訪れるはずなので誰かss書いてください!!お願いします!!!

兄「何だ…アレは!?」

巨大妹「……」

兄「また幻術なのか!?」

巨大妹「……」

兄「幻術か?」

巨大妹「……」

兄「イヤ…幻術じゃない……! ……イヤ…幻術か? また幻術なのか!? イヤ…」

巨大妹「……」

兄「何だアレは!?」

また幻術なのか!?

............... ..ヽ . ;: . / .⌒ _,,..__ ヽ  ) ;. :ノ......... .........
:::::::::::::::::::::::::::ゞ (.   (::.! l,;::) .ノ ノ ./::::::::::::::.......:::::
        ._ゝ,,. .-ー;''""~ ';;; - .._´,

       ._-" ,.-:''ー''l"~:|'''ーヾ  ヾ
      ::( ( .     |:  !     )  )
        ヾ、 ⌒~'"|   |'⌒~'"´ ノ
          ""'''ー-┤. :|--~''""
              :|   |
              j   i
            ノ ,. , 、:, i,-、 ,..、

      _,,  ,. -/:ヽ::::::::ノ::::λ::::ヽ::::-- 、ト、
,,/^ヽ,-''"::::\::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ:::::::::ヽ,_λ


これは……妹ssか!? イヤ…妹ssじゃない……! ……イヤ…妹ssか? また妹ssなのか!? イヤ…

やはり>>1に任せるべきなのか!?

妹「お兄ちゃんお兄ちゃん」

兄「なんだい妹ちゃん」

妹「私のこと好き?」

兄「普通」

妹「ふーん」

───

妹「お兄ちゃんお兄ちゃん」

兄「なんだい妹ちゃん」

妹「私のこと好き?」

兄「普通」

妹「ふーん」

───

妹「お兄ちゃんお兄ちゃん」

兄「なんだい妹ちゃん」

妹「私のこと好き?」

兄「……普通」

妹「ふーん」

───

妹「お兄ちゃんお兄ちゃん」

兄「……なんだい妹ちゃん」

妹「私のこと好き?」

兄「……普通だよ」

妹「チッ……」

兄「えっ?」

───

妹「お兄ちゃんお兄ちゃん」

兄「……なんだい?」

妹「私のこと好き?」

兄「……普通に好きだよ」

妹「ふーん」

───

妹「お兄ちゃんお兄ちゃん」

兄「ああそうだよ!!大好きだよ!!」

妹「私のこと……ふえっ!?」

兄「好きで悪いか!実の妹のことが好きで悪いか!!結婚しろ!!!」

妹「結婚!?あ、いや、その……わ、私はお兄ちゃんのこと好きだけど…私達兄妹だし……」

兄「なんだよ!!兄妹だからどうした!!お前は俺に抱き締められてればいいんだ!!!」ギュッ

妹「う、うんっ……///」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



イザナミか!?またイザナミなのか……!?イヤ…イザナギなのか……?
イヤ……幻術……イヤ……幻術じゃない……!イヤ…イザ……

イモウトだ   誰かss書いてくれってばよ

ネタが湧いた気がしたが、>>1のレス読んでたらネタが妹と共に爆発した

男「 最近妹=爆発が定着してきたw 」

男「……なんて言葉がある」

男「それを聞いて私は思った……」

男「妹=爆発ならば、爆発=妹も成り立つのではないか……と」

男「つまり、爆発から妹を作り出すことが出来るはずなんだ!!」

男「くくく……この研究が完成すれば私は……私は兄になるんだ!!」

男「……少々興奮しすぎた……落ち着こう」

男「……さあ、理論も爆発物も準備ができた」

男「早速……始めよう……!」カチッ

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



男「……どうだ?」

妹「おニぃ、ちゃン……」

男「おお……出来た……出来たぞ……!」

妹「オニいチゃ、ん……」

男「そうだ!そうだぞ!私が君の兄だ!」

妹「ア、に……」

男「ああっ!お兄ちゃんだ!そのままじゃ寒いだろう?ほら、服を買っておいたんだ、君のために!」

妹「さ……ムイ」

男「ああ……それを着たらどこかに出掛けようか……どこがいいだろう……ああ、その前に食事をしようか」

妹「さむ、イ……」

男「……どうした?寒いのか?今暖房をつけてやるからな」

妹「さ、ム゛イ゛」ドロッ

男「なんだ……?何が起きている……!」

妹「オ゛ニ゛……ちャん……」ドロドロ

男「しっかりしろ妹!やめろ!止まれ!!止まってくれ!!」

男「……なんてことだ」

妹だったもの「」

男「……」

男「……実験は失敗だ」

男「……仮にあのまま体を維持出来たとしても爆発には耐えられなかっただろう……」

男「……やはり、妹を作り出すことなど不可能なのだろうか……」

男「……」

男「……だが……私は諦めない……!」

男「いつか……いつの日か必ず兄になってやる……!」

今回の実験は失敗だった……

だが……いつの日か私はこの理論を完成させ、今度こそ兄になる……!
それこそ核爆弾を使えば核爆発級の妹が出来るはずなんだ……!

しかし、この理論の完成には必要なものがある…………ssだ
妹ssなくしてこの理論の完成は……無い
私には……いや、私達には妹ssが必要なのだ!
誰か……誰か書いてくれ!お願いします!!

この理論を応用すれば>>684のネタを蘇らせることだって出来るはずなんです!
妹ss書いてください!お願いします!!!!

もう訳が分からない

探検家「私は今、とある未開拓地に来ている」

探検家「険しい道のりに仲間の探検家達とはぐれてしまった……」

探検家「彼らが無事でいることを願う……」

探検家「……ちくしょう!コンパスが役に立たねえ!」

探検家「なんだよ!ここどこだよ!こんなとこに来ようって最初に言ったの誰だよ!俺だよ!」

探検家「帰りたい……」

ガサガサ

探検家「!!」

妹「……」

探検家(とっさに隠れてしまったが人か……ここの原住民か?)

妹2「……」

探検家(もう一人いた……少し様子を伺うとしよう)

妹「オニイチャン、オニイチャンオニイチャン」

妹2「オニイチャン?ニイチャン」

探検家(何か話している、あれがここの言葉か……)

妹「オニイチャン」

妹2「オニイ!」

探検家(どうやらどこかに行くようだ……着いていってみよう、ここから出られるかもしれない)

探検家(……ここがあの人達が暮らす集落か)

妹「オニイチャン」

妹3「アニキ」

妹2「ニイ!」

探検家(見張りがいるのか……少し遠いがここから様子を伺おう)

妹4「オニイチャン!オニイオニイチャン?」

妹「オニイチャン!」

妹5「オニイ!オニイオニイ?」

妹「ニイニイ、アニキオニイチャン」

探検家(女しかいないな……そういう部族なのだろうか)

妹「ニイサマ!」

探検家(お、一際立派な家の前に集まっているぞ、何か始まるのか?)

兄「イモウト」

探検家(男だ、この部族には男もいたのか)

妹「ニイサマ」

妹2「ニイサマ」

妹4「ニイサマ」

妹5「ニイサマ」

探検家(全員跪いた……彼がこの部族の長なのだろうか)

兄「イモウトイモウト」

妹「オニイチャン!」

探検家(ふむふむ、仕留めた獲物を謙譲するのか)

兄「イモウモチャンイモウトイモウト」ナデナデ

妹「オニイチャン///」

妹2「オニイチャン!ニイニイ!」

兄「イモイモ、イモウモチャン」ナデナデ

妹2「オニイチャン……///」

探検家(何かしているがここからじゃよく見えないな……)

ガサッ

妹3「アニイ!!」

探検家「やばい!みつかった!」

兄「イモウト!イモウトウト!!」

妹「オニイ!」

探検家「こっちに来た!逃げなきゃ!」スタッ

妹「オニイチャン!ニイニイニイ!」

探検家「ハア、ハア……大丈夫、相手は一人だ、逃げ切れる……うおっ」ドサッ

探検家「痛た……コケちまった……」

妹「オニイチャン!オニイチャンオニイチャン!」

探検家(追い付かれた、だが大丈夫だ、相手は武器も持ってないし女だ……俺ならやれる)

探検家「先手必勝!うわああああ!!」

妹「……!! オニイチャン!!」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



その後、この探検家の行方を知るものはいない……




なんだよこれ!誰かss書いてよ!お願いします!!
>>691
むしろ今までは分かってたのかよ!なんなんだよ!ss書いてください!!

兄「妹ちゃんは可愛いなあ」

妹「……急に何」

兄「よく考えたら……いや、考えるまでもなく妹ちゃんって可愛いなあ」

妹「……そう」

兄「やっぱり妹ちゃんは可愛いなあ」

妹「……」

兄「もしかすると世界で一番可愛いんじゃないか……?」

妹「……そんなことない」

兄「いや、そうだ!妹ちゃんは世界一可愛い!」

妹「もうやめて」

兄「……」

妹「……」

兄「…………可愛いなあ」

妹「……///」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



普段からクールではあるけど無口な訳じゃないのに照れると急に喋らなくなってになってさらに照れると耳が赤くなってもっと照れると顔が真っ赤になって尚更照れると爆発しちゃう妹ちゃん可愛い!!!!



レス増えてるから来てみたけど誰も書いてくれてないじゃないですか!
前からネタ切れだって言ってるじゃないですか!
誰か書いてくださってもいいじゃないですか!!!お願いします!!!

面接官「特技はイオナズンとありますが?」

妹「はい。イオナズンです」

面接官「イオナズンとは何のことですか?」

妹「魔法です」

面接官「え、魔法?」

妹「はい。魔法です。敵全員に大ダメージを与えます」

面接官「……で、そのイオナズンは当社において働くうえで何のメリットがあるとお考えですか?」

妹「はい。敵が襲って来ても守れます」

面接官「それはすばらしい!当社には襲ってくるような輩がたくさんいますからね」

妹「それに、警察にも勝てますよ」

面接官「それはまた助かりますね。当社にとって警察は厄介な存在ですから」

妹「敵全員に100以上与えるんですよ」

面接官「ほほう、敵全員に100以上ですか。しかし100とは何ですか?」

妹「100ヒットポイントです。hpとも書きます。ヒットポイントというのは……」

面接官「ふむふむ……それだけではよくわからないので実際に使ってみてくれませんか?」

妹「あれあれ?いいんですか?ここで使いますよ。イオナズン」

面接官「いいですよ。使って下さい。イオナズンを。そしてその威力を私に見せてください」

妹「はい、わかりました。では使いますね」

妹「イオナズン!!」ピロピロピロ

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                  __,,:::========:::,,__

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                  ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...........
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                 ..‐´      ゙          `‐..゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            __,,:::========:::,,__       /                   \    ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............     ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;..‐´      ゙          `‐..'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
           /                   \                          ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
..........;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
゙゙゙゙゙゙゙      .'                       ヽ     ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......  ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
        /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
      ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙ ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................               ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙ .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
    ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙´i,,.;,..  .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ

    ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ|iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
    /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´
     `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,   ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
      ゙゙´`´゙ -;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙ /`゙

          ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


妹「運が悪かったな。どうやらmpは足りていたようだ」

兄「帰るぞ。妹」

妹「はーい」

コピペ改変でお茶を濁すのが今の私の精一杯です。
誰か妹ssを書いてください。お願いします。

幼馴染「よ、よし!今日こそ兄くんに告白するぞ!」

幼馴染「今までずっと我慢してた分を全部ぶつけてやるんだ!」


兄「……」スタスタ


幼馴染「あ、兄くんだ……どうしよう、緊張して動けないや……」ドキドキ


妹「お兄ちゃーん!」テテテ

兄「おう、妹」


幼馴染「妹ちゃんと兄くん、相変わらず仲がいいなぁ……」

幼馴染「……告白するって決めたんだ頑張らなきゃ!」

幼馴染「よし、行くぞ……!」


妹「ねえねえお兄ちゃん、なでなでして♪」

兄「全く、妹は甘えん坊だな」ナデナデ

妹「えへへ///」ペカーッ

幼馴染「兄くーん!」

幼馴染「えっ?何この光……きゃー!!」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



幼馴染「うわあっ!」


兄「あれ?今幼馴染の声がしなかったか?」

妹「幼馴染お姉ちゃん?私は気付かなかったよ?」

兄「そっか、気のせいか」

妹「うん、気のせいだよ。だから一緒に帰ろ?」ギュ

兄「そうだな、帰るか」スタスタ


幼馴染「うう……今のはなんだったの……?」

幼馴染「……はっ!兄くんは!?」

幼馴染「いない……今日も告白出来なかった……」

幼馴染「もういいや……帰ろう……」トボトボ

こんな風に兄に近づこうとするたびに謎の爆発に阻まれる不憫な幼馴染がいるかもしれませんが、書いてほしいのは妹のssです!
お願いします!妹ss書いてください!!!

兄「今日は月が綺麗だなぁ」

妹「兄さん」

兄「おっ妹、お前も見てみろよ、今日は月が綺麗だぞ」

妹「兄さんに話が……あります」

兄「……どうした?深刻そうな顔して……?」

妹「私……帰らなくちゃいけません……」

兄「帰る……?何言ってるんだ?お前の家はここだろ?」

妹「そう……ですけど……でも帰らなきゃ……」

兄「……それで、この家以外のどこに帰る気なんだ?」

妹「…………月に」

兄「月!?……はははっ!」ケラケラ

妹「……兄さん?」

兄「ははっ、お前は冗談が下手だな」ケラケラ

妹「……」

兄「お前、真面目なくせに無理するなよな」

妹「……冗談じゃ……ありません」

兄「……まだ続けるのか?流石に付き合いきれないぞ」

妹「……兄さんは月のクレーターがどうやって出来たか知ってますか?」

兄「隕石とか小惑星がぶつかった跡……だろ? それがどうしたんだ?」

妹「違います……あれは私達の……妹の爆発した跡なんです」

兄「は?」

兄「なんだそれ……今日のお前、変だぞ……?」

妹「……」

兄「第一、俺と妹は兄妹だろ?なら俺も月から来たって言うのか?」

妹「それは違います、兄さんは私が洗脳して……」

兄「もういいから、今日はもう寝ろ……俺ももう寝るから」

妹「……最後に兄さんと話せて良かったです」

兄「……」

妹「さっきの話は忘れてください、お休みなさい兄さん!」

兄「……あの日も」

妹「?」

兄「妹と出会ったあの日も月が綺麗な日だったな」

妹「えっ!?」

………
……


兄「今日は月が綺麗だなぁ……」

兄「はぁ……やっぱり一人って寂しいな……」

兄「……おっ、流れ星だ!願い事願い事……」

兄「妹が欲しい……なんて、親もいないのにできるわけないよな」

兄「……」

兄「……随分でかい流れ星だな」

兄「……なんだあれ……近づいて来てる……?」

兄「……やばい逃げ

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´




……
………

兄「あの時は驚いたよ、隕石が爆発したと思ったら目の前に女の子がいるんだもん」

妹「なんで……」

兄「しかも何故だかその子が自分の妹だって確信がある」

妹「なんで覚えてるんですか……記憶は消したはずなのに……」

兄「……そりゃあ覚えてるよ、妹との大切な思い出だから」

妹「じゃあ、兄さんは最初から……」

兄「爆発する女の子なんて不思議だな、とは思ったけど……」

兄「でも……俺の妹だから」

妹「そんなっ……私は兄さんの妹なんかじゃ……」

兄「お前は俺の妹だよ」

兄「お前は俺の大事な妹なんだよ!」

妹「兄さん……」

兄「だから、いなくなるなんて……言わないでくれ……」ポロポロ

妹「……」

兄「なあ、頼むよ……俺を……一人にしないでくれ……」ポロポロ

妹「私だって……兄さんと一緒にいたい……」

兄「なら……!」

妹「でも!……だめなんです……」

兄「なんで……なんでなんだよ……!」ボロボロ

兄「嫌だよ……行くな……!行かないでくれ……」ポロポロ

妹「……兄さん、笑って」

兄「……こんなときに……笑えるかよ……」ポロポロ

妹「私、兄さんのことが好きです」

兄「……!俺だって……」ポロポロ

妹「兄さんの笑顔が……大好きです」

妹「だから……笑っていてください」

兄「そんなこと……言っても……」ポロポロ

妹「……もう、行かなきゃ」

兄「待てっ……待ってくれ……!」ボロボロ

妹「兄さん、さようなら」

兄「妹ぉ!!」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



爆煙が晴れると、そこに妹はいなかった

今でも月を見るたびに妹のことを思い出す

あのとき俺が手を離さなければ……時々そう考えて涙が出そうになる

……だけど俺はもう泣かない

いつか妹が帰ってきた時に笑顔で迎えてやるために

妹が好きだと言ってくれた笑顔で……



兄「今日も月が綺麗だなぁ……」

兄「妹……俺、元気だよ……妹のこと、待ってるからな」

兄「……おっ、流れ星だ!願い事願い事……」


兄「誰か妹ss書いてください、お願いします!」

妹「ごほっ……ごほっ……」

兄「大丈夫……?」

妹「いつもごめんね、お兄ちゃん……」

兄「妹が謝ることなんてないよ?」

妹「で、でも、私の病気のせいでお兄ちゃんに迷惑かけてごほっ……げほっげほっ」

兄「落ち着いて」サスリサスリ

妹「けほっ……けほっ……ごめんね……」

兄「妹は気にしすぎだよ、僕は兄として当たり前のことをしてるだけなんだから」

妹「うん……ありがとう……」

兄「今はこうして妹と過ごせるだけで幸せだよ」ナデナデ

妹「んっ……お兄ちゃんの手……あったかい……」

__γ⌒ヾ__
   ゙"'''''''"`

兄「!!……妹っ!今……!」

妹「お、お兄ちゃん……!私、爆発した……?」

兄「ああ、小さいけど確かに爆発したよ……!」

妹「えへへ……爆発なんていつぶりだろう……」

兄「やった!爆発出来るだけ元気になったんだな!」

妹「うん……」

兄「どうした?妹……?」

妹「なんだか……すごく眠いの……久しぶりに爆発したからかな……」

兄「そっか疲れちゃったか……僕がついててあげるからゆっくりおやすみ」

妹「うん……おやすみ……お兄ちゃん…………」

兄「おやすみ、妹」

妹「……」

兄「…………妹?」

妹「…………すー……すー……」

兄「ふぅ……良かった……」

兄「早く元気になって、また昔みたいに遊びに行こうな……」ナデナデ

妹「ぅん……ぉにいちゃん……」

兄「よしよし……」ナデナデ

誰かss書いてください!!病気の妹が読みたがっているんです!!!
きっと妹ssをたくさん読めば病気なんて爆発で吹き飛びます!!!
だからお願いします!!!妹ssを書いてください!!!!!!

妹「どかーん!」

兄「わあーっ!妹が爆発したーっ!」

妹「どかーん!どかーん!」

兄「わあーっ!また爆発したーっ!」

妹「……」

兄「……」

妹「どかーん!」

兄「わあーっ!妹が爆発したーっ!」

やっぱりネタがない
あとは誰か書いてくれても書いてくれなくてもいいのですが出来たら書いてください
お願いします

妹「今日も暇だなー」

兄「暇ならごろごろしてないで勉強でもしたらどうだ?」

妹「やだよめんどくさい」

兄「たまにはやる気出して何かに打ち込んでみろよ」

妹「じゃあお兄ちゃんが私のやる気引き出してよ」

兄「やる気引き出すってどうやるんだよ……」

妹「ほらほら早くしてよ」グイッ

兄「近いっ!離れろ!」

妹「やだー離れる気力がないー」グイッグイッ

兄「邪魔だ!……っとなんだこれ?」

妹「えっ?私の背中に何かあるの?」

兄「ん?ああ、なんかスイッチ?みたいな突起があるぞ」

妹「……ははあん、それきっと私のやる気スイッチだよ」

兄「やる気スイッチだと!?実在してたのか!?」

妹「そう、きっと今までやる気が出なかったのはやる気スイッチがオフになってたからなんだよ」

兄「つまりこのスイッチを押せば妹はやる気を出すのか?」

妹「多分ね、でも私はその程度でやる気を出すほどやわな女じゃないよ」

兄「何偉そうにしてんだよ……とにかく押してみるぞ……?」

妹「うん、いいよ」

兄「それじゃあ……えいっ!」ポチッ

妹「ひうっ!」

兄「……」

妹「……」

兄「……何か変わったか?」

妹「いや、別に」

兄「心の底から無性に何かやりたくなったりしてこない?」

妹「いや、何も」

兄「結局なにも変わらないか……じゃあ一体これはなんのスイッチなんだ?」

妹「まあ私はやる気スイッチなんかに屈する女じゃないってこと……」

妹「……ッ!」

兄「……どうしたんだ?」

妹「身体が……熱い……」

兄「おいっ!大丈夫か!?」

妹「お兄っ……ちゃん……ッ!」ギュッ

兄「しっかりしろ!俺はここにいるぞ!」ギュッ

妹「ひうぅっ///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


なんで一月放置してたこのスレに書き込んだんですか!
なんで書き込んだのに妹ss書いてくれてないんですか!!
今度こそ待ってるので誰か書いてください!!!お願いします!!!777ゲット!!!!

兄「……っ、くぁぁ……眠ぃ」ダラダラ

妹「兄さん、いい加減お部屋から出ましょうよ」

兄「あぁん? 関係無いだろ、てめぇには」

妹「かっ、関係無くなんかありませんっ!」

兄「はぁ?」

妹「だって……だって私、妹……ですから」

兄「はっ! 妹が何だってんだ、妹なんて兄のいうことをただ聞いてればいいんだよ」

妹「……兄さん……うぅぅ……」ジワァ

兄「あーあー、泣くんじゃねぇよウザってぇ……」

妹「にい、さんっ……もう一回……頑張りましょうよ……ひぐ」ポロポロ

妹「大丈夫ですよ……にっ、にいさんなら……きっと、できますから」

兄「……うるせぇ」

妹「私はっ……ひっく……にいさんのこと、応援してますから……」

妹「だから……ね?」ニコッ

兄「……出てけよ」

妹「……っ」ビクッ

兄「出てけって言ってんだろ!? 邪魔くせぇんだよ妹のくせに!」

妹「……ぅ……ぐ」トテトテ

ガチャ バタン

兄「はぁ……」

数日後


妹「……兄さん」


ガチャ


兄「…………」

妹「にいさんっ!!」

兄「…………妹」

妹「出てきてくれたんですね、兄さん」

兄「妹……俺もう一度頑張ってみるよ」

兄「もう一度……」

兄「もう一度妹ss書いてみるよ!」



私は>>1じゃないのでこのくらいしか書けません!
だれか書いてください!

あ、爆発させるの忘れてた

妹「兄妹忍法『影分身』の術!」ヴィン

兄「なっ……妹が二人!?」

妹1「あははっ、二人?」ヴィン

妹2「これが本気だと思っているのか」ヴィンヴィン

兄「ば、馬鹿なっ……8人もの妹だとっ!」

妹1「あはははっ」

妹2「さて」

妹3「お兄ちゃん」

妹4「どれが」

妹5「本物の」

妹6「妹か」

妹7「分かる」

妹8「かな?」

兄「…………」スタスタ

妹3「……?」

妹7「何を……」

兄「…………」ギュッ

妹「えっ」

兄「分かるにきまってるだろ?」

妹「どうしてばれたっ」

兄「俺が最愛の妹を見間違えるわけないじゃないか」

妹「お、お兄ちゃん」カァァ

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


兄「まったく」

妹「お兄ちゃんにはかなわないよ」

兄「ふっ、それじゃぁ二人で『影分身』するか」

妹「うん」


ヴィンヴィンヴィンヴィンヴィン


妹5「ふはは」

兄17「はっはっは」

妹2「お兄ちゃん大好き」

兄36「俺も大好きだ」

妹8「あははははは」

兄21「はっはっはっはっは」


ヴィンヴィンヴィンヴィンヴィン

妹が分身するとかロマンがあると思います

私は>>1じゃないのでこれ以上は無理です
だれか書いてください

兄「……」ジー

妹「……なんですか兄さん?」

兄「……」ジー

妹「私を見ていても何も出ませんよ」

兄「……」ジー

妹「だからなんですか?本当に何もありませんよ?」

兄「……」ジー

妹「そ、そんなに見つめられると恥ずかしいじゃないですか……」

兄「……」ジー

妹「いい加減にしてください!私だって怒りますよ!」

兄「……」

妹「……兄さん?」

兄「……」ギュッ

妹「もう、兄さんったら……///」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´


私は>>1だったと思いますがこれ以上は無理だと思います
だから誰か書いてあげるべきだと思います


ツン妹「兄ぃ~。朝~」ガチャ

兄「...................zzzz」

ツン妹「...................」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i



兄「もっと優しい起こし方はないの!?」

ツン妹「ふん...あんたみたいな、だらしない男を、起こしてあげるだけ
    ありがたいと思いなさい」

兄「それでも新聞紙を丸めて顔に叩きつけるのは止めてください......」

ツン妹「うっさい......」ポイ

男「おい、俺の部屋に新聞をおいていくなよ」

ツン妹「なによ、いっつも読んでるじゃない。新聞」

ツン妹「まだ時間あるから、その間に読んでれば?」

ツン妹「じゃあね、私、朝ご飯作ってる......」バタン


兄「.......」

兄「......」ペラ

兄「お、巨人がサヨナラ勝ちか.......」


ツン妹「兄ぃ~。朝ご飯できた」

ツン妹「早く降りてきなさいよ~」

兄「お~う、いま行く~」

ーーーーーーーーーーー

ツン妹「ほら、さっさと食べる」

兄「むが!?」

モグモグ ゴクン

ツン妹「感想は?」

兄「.......美味しいです」

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \

        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;

  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i



兄「なぜだぁ!?」

ツン妹「なんで美味しいかを述べなさい」

兄「え、それで俺、妹に足で踏まれているの?」

ツン妹「いいから、どこが美味しいの?」

兄「......とりあえず美味しい」

ツン妹「理由になってない」

ツン妹「美味しいなら、それを美味しいと感じる要素があるでしょ?」

ツン妹「ほら答える」

兄「ぶへ......えっと料理が上手いのが一つ」

兄「あと、おれ好みの味であることが一つ」

兄「そして俺の好きな食べ物のハンバーグであることが一つ」


ツン妹「終わり?」

兄「お、終わりだ」

ツン妹「わかった」サッ

兄「やっと解放された......」

ツン妹「ほら、さっさと食べなさいよ?」

兄「......人を踏んづけておいてよく言うよ」

ツン妹「食べなくてもいいのよ?」

兄「いえ、いただきます」

ツン妹「ふん」

~通学路~

ツン妹「兄......なんでそんなに遅いのよ......」

兄「妹は急ぎすぎだ、もっと景色を見るのを楽しめ」

ツン妹「人生は短いのよ」

兄「そうだな、でもそうやって急ぎ足で行くより、
  こうやって通学路の景色を見て登校するのもいいと思うぞ?」

ツン妹「.......」

兄「それに俺をおいてっていけばいい」

兄「俺はのんびり登校するからさ」

ツン妹「......」