光彦「蘭さん...」シコシコシコ(20)

光彦「うっ...!」ドピュドピュ

光彦「はぁ~...」

光彦「やっぱり本物とヤりたいです...」

光彦「!!そうだ!」

To 博士宅

博士「哀くぅぅん...」シコシコ

光彦「博士!!!」

博士「!!」ビクドピュ

光彦「」

博士「いや!ち...違うんじゃ!!これは...!」

光彦「言い逃れは出来ませんよ...!」

博士「むぅっ...そ...そうじゃ!!ひ...一つだけ何かを作ってやろう!!」

光彦「え!!」

博士「じゃ...じゃから誰にも言わんでおくれ...」

光彦「しょ...しょうがないですね~...」

博士(バカめ...後でこやつを始末せねばな...)

光彦「では早速ですが!...蘭さんと性交ができる機械...なんて作れ」

博士「できたぞい」

光彦「」

博士「この青いボタンを押すと、通常の蘭君に。緑のボタンは少し性欲が湧く。黄色いボタンは」

光彦「あーもう!説明は面倒なのでもう行きますね!」ダダッ

博士「くれぐれも赤いボタンだけは押さんようになー」

光彦「イッヒッヒッヒ...これで蘭さんと...」

光彦「しかし蘭さんは見当たらないなぁ...あれは!!」

光彦「噂をすれば蘭さんじゃないですか!!」

光彦「しかし...コナン君がじゃまです...」

光彦「でもこのボタンを押せば僕の所に来てあんなことやこんなことをするのですから...」

光彦「いや...決して僕とヤるとは限らない...もういいです!押しちゃえ!!」キイロノボタンポチッ

蘭「!!」ビクゥ

蘭(きゅ...急にヤりたくなってきたわ...)

蘭「コ...コナン君!ちょっと来て!」ラブホヘプーン

コナン「う...うん」

光彦「な...なんですとぉぉ!?」

To ガンダーラ・ブホテル

コナン「おらおらぁ!!どうだ!」パンパンパンパン

蘭「ン...ギモディィィィィ!!!」

コナン「フィニッシュだ!」ドップ

蘭「あ¨あ¨イグゥゥゥゥゥ!!」プシャァ

光彦「」

光彦「な...なんとかして止めなくては...!」ハッ

(博士「青いボタンを押すと通常の蘭君に」)

光彦「そうか!!!」アオイボタンポチッ

コナン「もう一発ぅぅ!!!」パンパンパン

蘭「ビャァァァァ...ア?」

蘭「何すんのよ変態!!!」マワシゲリサクレツ

ドゴォ

光彦「よ...よし...」

光彦「目の前にいる人とヤりたくなるスイッチだったなんて...」

蘭「糞餓鬼メガネ...最後に一発かかと落とししてやったわ...」ウィィン

光彦「ラブホから出てきた!!今だ!」オレンジイロノボタンポチィ

蘭「あら光彦く...!!」ビクビクゥ

蘭(今ここでヤりたくなってきたわ!!!)

蘭「光彦君!!ここでナニをしよ!!!」

光彦「え!?いや...違うとこr 蘭「つべこべいわず早くブッ挿しなさい!!!」クパァ

光彦「あ...えっと...失礼します!!!」ズブォ

蘭「ディヤァァァァァァァ!!!」

道行く人「な...なんだあいつら...!」シコシコ

夫「お...俺達も今ここでするか!!」

妻「ええ!」

光彦「イきます!蘭さぁん!!」パンパンパン

道行く人「うっ!...イく!」シコシコ

夫「赤ん坊の元、出しまぁぁっす!!」ズボズボ

日本人「うおおおぉぉ!!」シコシコ

アメリカ人「It's show time!!」シコシコ

ドイツ人「!!!」シコシコ

宇宙人「♀▲◎@ゝ▽◇※▽⇔⇒!!」シコシコ

全人類「精子!イっきまぁぁぁすぅぅぅ!!!」

ドピュドピュドピュルルルルル

すいません...書きすぎました...

かくして、大規模射精は全人類を巻き込んだのであった。

ウナ太「ん...?なんだこれ?ウナ重みてぇだ!!」アカイボタンポチッ

博士「赤いボタンは射精した全ての者をその場で爆発させるボタンじゃが...光彦君はおしてないじゃろうと思うが...」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年01月17日 (土) 19:05:56   ID: CZBiKe3L

おい

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom