レッド「僕がハーレム主人公と言う風潮」コトネ「え?」(163)

コトネ「違うんですか?」

レッド「うん」

コトネ「以外ですね~」

レッド「そもそも会いに来てくれる女の子なんてコトネちゃんぐらいだからな」

コトネ「で、でも私はレッドのこと素敵だと思いますよ?強いですし」

レッド「それは君が僕と同じバトルジャンキーだからだよ…それに上からのお達しでレベル50縛りのPWTで周りが600族使ってる中リザさんバナさんカメさんピカさんで参加しなけりゃならないから映画スターのメイちゃんに「最強のチャンピオン…?」だなんて言われた僕が強い…?」

コトネ「うわぁ…」

レッド「ボックス内でくすぶってるミュウツーさんとか連れて行きたい…出られないけど…」

コトネ「が、がんば!」

レッド「…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1366563703

コトネ「でもよくレッドさんってカスミさんやエリカさんやナツメさんに好意を寄せられてるって聞きますよ?」

レッド「誰が流したかは知らないけど…第一カスミなんて恋人がいるじゃないか」

コトネ「あ~言われてみれば…」

レッド「ナツメなんて映画スターになってからはカントーに殆ど戻ってきてなくてまったく会わないよ…」

コトネ「はぁ…」

レッド「そもそも何でこんな話になったんだっけコトネちゃん?」

コトネ「確か…グリーンさんとリーフさんが結婚するから何かプレゼントをしようって話になって…」

レッド「グリーンとリーフが結婚か…兄としては喜ぶべきなんだろうけど…」

コトネ「リーフさんってレッドさんの妹なんですね」

レッド「妹と言うか同一人物と言うか…まぁ細かい事は気にしないで」

コトネ「?はい、わかりました」

レッド「親友と妹に先をこされた…この前帰っとき、時の流れを感じたな…」

コトネ「レッドさん…」

レッド「僕もそろそろお見合いとかしてみるかな…」

コトネ「お、お見合い!?」

レッド「うん、この前帰った時母さんに勧められてさ」

コトネ「へ、へぇ~…」

レッド「でも山籠もりなんて時代遅れな修行法をしてる僕なんかと結婚したい女性なんていないだろうな…」

コトネ「…わ、私はレッドさんのこと好きですよ!」

レッド「?ありがとうコトネちゃん、僕もコトネちゃんの事好きだよ?」

コトネ「じゃあ今すぐ結婚しましょう!」

レッド「え」

コトネ「え」

レッド「…」ポッ

コトネ「…」ポッ


コトネのしめつける!効果は抜群だ!

レッドのつのでつく!効果は抜群だ!

コトネのしぼりとる!効果は抜群だ!

レッドのメガホーン!効果は抜群だ!

コトネのたくわえる!効果は抜群だ!

レッドのハイドロポンプ!効果は抜群だ!

やったー!野生のレッドを捕まえたぞ!

レッド「僕達」

コトネ「結婚しました~」

グリーン「」

リーフ「」

ヒビキ「」

シルバー「」

レッド「え、何この反応」

コトネ「祝福してくださいよぉ」

グリーン「い、いや…あんまりにも突然だったからつい…」

リーフ「いや~ごめんごめんご、ちょっと固まっちゃった…でもお兄ちゃんが結婚かぁ~…リフッフッフッフッ♪」

グリーン「あのポケモン以外アウトオブ眼中のお前がなぁ…てっきりポケモンと添い遂げるとばっか思ってたぜ」

レッド「そんな目で見られてたんだ…」

ヒビキ「コトネがNTRれた…コトネがNTRれた…」ブツブツ

リーフ「ひ、ヒビキ君…?」

シルバー「」

グリーン「こっちはまだ固まったままだな」
リーフ「まぁこの二人はおいといて…お兄ちゃん達、新婚旅行はどこにするの?」

コトネ「イッシュ地方にしようかと思ってるんですよ~」

レッド「僕、メイちゃんの大ファンだからポケウッドの新作映画見たい…」

グリーン「メイ…あぁあの映画スターで現チャンピオンの…」

リーフ「あの人の映画って変な映画ばっかりだよね」

コトネ「レッドさん的にはそれがいいらしいですよ」

グリーン「しかしイッシュ地方か…俺達最近あそこばっかり言ってるな」

レッド「でもコトネちゃんはまだいったことないし…」

コトネ「レッドさんと一緒にジム巡りやポケモンゲットする予定です♪」

リーフ「へぇ~…実は私達もイッシュ地方に旅行にいくんだ~♪」

レッド「え?リーフ達も?」

グリーン「あぁ、リーフがどうしても本番のオノノクスが捕まえたいらしいからな」

リーフ「オーキド博士に許可書もらっちゃった♪」

レッド「うらやましい…」

グリーン「爺ちゃんに頼んでお前にはやらないよう言っといたからなwww」

レッド「そんな…ひどい…」ショボン

コトネ「れ、レッドさん!あわわ…ウルウルしないで!」

リーフ「もぉグリーン、お兄ちゃんをからかわないでよ」

グリーン「悪い悪い、冗談だよ…ほらレッド、お前の許可書だ」

レッド「!」パァ


コトネ「わぁ、良かったですねレッドさん」

レッド「わぁい」

ヒビキ「セレビィ…時渡り…間違った未来…修正…」カリカリカリ

シルバー「」

レッド「じゃあ皆で一緒に行く?」

グリーン「そうだな~…」

リーフ「そうしよそうしよ!皆で行った方が楽しいって!ね、コトネちゃん?」

コトネ「はい!」

レッド「ヒビキ君達は…」

ヒビキ「ダークライ…終わらない悪夢…永遠の眠り…」ゲゲゲ

シルバー「」

レッド「…」

コトネ「…ほうっておおしょう…」

レッド「うん…」

リーフ「じゃあ出発日は…」

ヒビキ「…はっ!?コトネ考え直すんだ!そんなコミュ障ヒッキーと一緒になっても幸せになれない!考え直せコト…あれ?いない…」

シルバー「…っ!コトネ許さんぞ俺の心をひっかき回しておいて…ん?」

ヒビキ「いない…」

イブキ「気が付いたヒビキ?」

ヒビキ「イブキさん?どうしてここに…はっ!コトネ達は!?」

シルバー「俺のコトネをどこに隠した!返答によっては…」

ヒビキ「どさくさに紛れて何言ってやがるシルバー!コトネは俺のもんだ!」

イブキ「二人とも黙りなさい!」

ヒビキ「だってイブキさん、こいつが…」

イブキ「コトネちゃんはイッシュ地方に旅行にいったわ、レッド達と一緒に」

ヒビキ「な、何だってぇ!?急いでおってコトネの目を覚まさないと…一時休戦だシルバー!」

シルバー「しかたない…急いでイッシュに行くぞ!」

イブキ「私も行くわ」

ヒビキ「へ?何で?」

イブキ「別に深い意味は無いわ、ただ面白そうだから…べ、別にあなたと一緒にいたいからじゃないんだからね!」(ヒビキ君とコトネちゃんの仲を修復不可能なほど掻き乱せば自ずとヒビキ君は私の物…)

シルバー「…」(分かりやすいツンデレだがこの女とヒビキができれば邪魔者は…)

ヒビキ「?よく分からないけどイッシュ地方に行くぞ!」

「「おーっ!」」

うわ誤字多い死にたい
次からは書き為見直してから投稿します

イブキ「という訳でお兄様、有給を取ってヒビキ君の心を射止めるため共にイッシュにいってまいります」

ワタル「…」

イブキ「…お兄様?」
ワタル「コトネちゃんが…レッド…はかいこうせん…」

イブキ「お、お兄様?聞いてます?」

ウワー!?ワタルサンノヘヤガバクハツシタゾ!?ワタルサンガカイリューガトビダシテッタ!

イブキ「お、お兄様ぁあああああああっ!?」

所変わってイッシュ地方・フキヨセシティ

リーフ「イッシュ地方、と~ちゃ~く!」

コトネ「ここがフキヨセシティですか…風が気持ちいい町ですね」

レッド「フウロさん、ありがとうございます」

フウロ「仕事だからね!」

グリーン「お~いお前ら、速くしないと置いていくぜ~」

リーフ「あ、待ってよグリーン!」

コトネ「レッドさん、私達も行きましょう!」

レッド「分かったよ…じゃあフウロさん、また日を改めてジム戦を…!?」

フウロ「?どうかした?」

レッド「何かが…凄いスピードでこっちに飛んできてる…?」

フウロ「へ?」

レッド「!フウロさん危ない!」ドンッ

フウロ「きゃっ!?もう何するのレッドく…!?」

チュドォオオオン!

フウロ「きゃあああっ!?」

フキヨセ空港壊滅

グリーン「な、何だ!?空港の方から…」

リーフ「爆発!?あの光…まさかはかいこうせん…?」

コトネ「レッドさん!」ダッ

グリーン「あっコトネ!くっ…おいリーフ、お前はここで待ってろ!」

リーフ「待ってよグリーン!私も行く!」

フキヨセ空港跡

フウロ「あぁ…」ヘタリ

コトネ「フウロさん!大丈夫ですか!?」

グリーン「くっ…酷い状況だな…おい、生きてるか!」

フウロ「コ、コトネちゃん!それにグリーン君!」

リーフ「何があったの!?」

フウロ「わからない…突然あたりが明るくなって…気が付いたら空港が…」

グリーン「!空を見て見ろ!あれは…」

リーフ「カイリュー…!それにカイリューの背中に乗ってるのは…」

コトネ「げっ…!」

ワタル「やぁコトネちゃん、それにグリーンにリーフ…久し振りだね」

グリーン「くっ…はかいこうせんで嫌な予感がしてみれば…」

リーフ「コトネちゃんのストーカーのワタル!」

フウロ「へ…?わ、ワタルってまさかあのチャンピオンのワタル!?」

グリーン「そう、チャンピオンでドラゴン使いで改造厨でストーカーで生身の人間にはかいこうせんを平気でぶっぱなすあのワタルだ」

リーフ「ちょっとワタル!あなたいったい何でこんな事したのよ!?空港が滅茶苦茶じゃない!」

ワタル「すまない、ついかっとなって力加減を間違えた、今は反省しているよ、請求はポケモンリーグ本部にしてくれたまえ」

グリーン「かっとなったってお前…」

コトネ「レッドさん!レッドさんは何処ですか!?」

ワタル「さぁね、今頃瓦礫の下じゃないかな?」

コトネ「そんな…」

ガラッ…

レッド「僕なら大丈夫だよコトネちゃん…」

コトネ「レッドさん!」パァ

ワタル「やっぱり無事だったねレッド」

フウロ「嘘…はかいこうせんが直撃したのに…」

レッド「タイプ不一致、しかも特殊型じゃないカイリューのはかいこうせんなんかで僕が死ぬわけないじゃないですか…」

フウロ「」

レッド「いきなりこんな事をして…どう言うつもりですかワタルさん?」

ワタル「いやね、少しばかり泥棒猫にお灸を据えようと思ってね」

レッド「泥棒猫?誰?」

ワタル「君だよレッド…コトネちゃんは先に僕が目を付けたのに後からきた君がかっさらうなんて…許される事じゃない…コトネちゃんは僕の物なのに…」

コトネ「や、私レッドさんが好きですし」

ワタル「はは、大丈夫だよコトネちゃん、すぐにレッドを片付けて君の目をさまさせてあげるから」

コトネ「うわぁ…」

リーフ「キメェ」

フウロ「え?あの人本当にポケモンリーグ本部直属のチャンピオンのワタル?」

グリーン「カントーの恥部だから見なかったことにしといてくれ…頼むぜ…」

ワタル「ふっ…御託はいい、さっさと片付けさせてもらうよ?カイリュー、もう一度はかいこうせん!」

カイリュー「滅びのバーストストリィイイイイイム!」

レッド「フウロさん!ここら辺りに住む手頃な岩タイプのポケモンは!?」

フウロ「へっ!?近くの電気石の洞穴にガントルがいるけど…」

グリーン「レッド!そのガントルを捕まえてきたぜ!」

ガントル「ガン~」

フウロ「はや!」

レッド「よしっ!」

レッドはガントルを放り投げた!

ガントル「おわぁああっ!?」

カイリュー「ぐべっ!?」

グリーンはガントルを放り投げた!

ガントル「はいだら~!?」

カイリュー「おぼっ!?」

リーフはガントルを放り投げた!

ガントル「きゅぷぃいいいっ!?」

カイリュー「うぼぁー!?」

きゅうしょにあたった!こうかはばつぐんだ!

カイリューはちからつきた…

ワタル「ぬぉおおおっ!?」ズドン

コトネ「あ、頭から落ちた」

レッド「イシツブテより持ち心地がスベスベしてたけど悪くないね」

グリーン「こいつの進化前のダンゴロは丁度手にすっぽりはいる大きさだぜ?」

フウロ「」

リーフ「?どうしたのフウロさん?」

フウロ「え、いや、あの…」

コトネ「あぁ…きっとイシツブテ合戦を見たのは初めてだったんですよフウロさん、イシツブテ合戦ってカントーとジョウトでしかやってないらしいですし」

レッド「え?こっちじゃしないの?面白いのに…」

フウロ(人間じゃない…)

ワタル「ぐぐ…ま、まだだ!」

コトネ「あ、生きてた」

グリーン「腐ってもチャンピオンか…」

フウロ「何でこの人あの高さから落ちて生きてるの!?」

ワタル「いけボーマンダ!」

ボーマンダ(レベル72)「マンダァアアアアアアッ!」

レッド「いけリザさん」

リザードル(レベル100)「かげ~」

ボーマンダ「やべぇ」

レッド「リザさん、りゅうのいぶき」

リザードン「シャイニングストラァアアアアイクッ!」ボヒュ

ボーマンダ「おふっ!」

ボーマンダはちからつきた…

ワタル「くっ…ならばガブリアス!」

ガブリアス「いぇああああああっ!」

レッド「リザさん戻れ、いけピカさん」

ピカチュウ(レベル100)「んんwwwwwwwwボブリアスは有り得ないwwwwwwww」

ワタル「!?気でも狂ったかレッド!レベル100といっても所詮はピカチュウ…ガブリアス、じしんだ!」
ガブリアス「ガブガブwwwwwwww」

ピカチュウ「んんwwwwwwwwきあいタスキからのカウンターですなwwwwwwww」ドゴォ

ガブリアス「」

ガブリアスはちからつきた…

ワタル「あ、あぁ…」

レッド「バナさん、つるのむちでワタルさんを拘束して」

フシギバナ「ふっしぎ~」シュルシュル

ワタル「」

グリーン「まったく、とんだチャンピオンだぜ…」

リーフ「取りあえずイッシュリーグの人達に後は任せてってさっきポケモンリーグ本部から連絡があったわよ」

コトネ「取りあえずワタルさんはもう軟禁した方がいいと思うんですけど…」

グリーン「それが出来ないから苦労してんだよ…」

レッド「フウロさん…色々ご迷惑をおかけしてすいません…」ペコッ

コトネ「本当にごめんなさい!」ペコッ

フウロ「ふ、二人は何も悪くないんだから気にしないで!」

コトネ「でも空港が…」

フウロ「う~ん…まぁ確かにフキヨセ空港は当分使い物にならないけど修理代はポケモンリーグが出してくれるし大丈夫だよ!うん!当分はヤマジタウンの空港を使う事になるから帰る時はヤマジタウンにまで来てくれるかな?」

グリーン「わかった、すまないなフウロさん」

リーフ「じゃあ気を改めてイッシュ旅行開始!」

レッド「まずは何処にいこうか…」

コトネ「レッドさんが楽しみにしていたポケウッドはどうです?」

レッド「そこは後のお楽しみって事で…」

一方夜のヤマジタウン

ヒビキ「くそぉ…何でフキヨセシティじゃなくてこんな所に降りるんだよ!」

シルバー「まったくだ、金を返せ」

イブキ「仕方ないわ…フキヨセ空港で事故があって復旧の目処がジタウンに戻るぞ」

ヒビキ「うん分かったよ…でも…」

シルバー「何だ?」

ヒビキ「ヤマジタウンどっちだっけ」

シルバー「え」

イブキ「え」

ヒビキ「…野宿しよう…」

シルバー「仕方ないな…」

フワライド「おっ?活きのいい子供ハケーン」

ヒビキ「あれ?このポケモン…」

イブキ「フワライドね、子供を霊界に連れ去ろうとするゴーストタイプのポケモンよ」

ヒビキ「何それ怖い」

フワライド「お命頂戴!」

ヒビキ「メガニウム!げんしのちから!」

メガニウム「ちこっ!」

フワライド「うごぉ!」

フワライドはちからつきた…

>>25
すいません、25は無しです

一方夜のヤマジタウン

ヒビキ「くそぉ…何でフキヨセシティじゃなくてこんな所に降りるんだよ!」

シルバー「まったくだ、金を返せ」

イブキ「仕方ないわ…フキヨセ空港で事故があって復旧の目処がたってないんだから」

ヒビキ「くっ…なら歩いて山を越えましょうイブキさん!」

イブキ「リバースマウンテンを?こんな時間に山に登るのは危険よ」

シルバー「時は一刻を争うんだ!いくぞ!」

ヒビキ「そうと決まればリバースマウンテンを抜けへサザナミタウンへGO!」

イブキ「ちょ、ヒビキ君!シルバー!慣れない土地を夜であるくなんて危険よ!」






ヒビキ「迷った…」

シルバー「ちっ、ここは何処だ!」

イブキ「あぁ…いわんこっちゃない…」

ヒビキ「真っ暗で周りがよく分からない…」

シルバー「仕方ない…今日は諦めてヤマジタウンに戻るぞ」

ヒビキ「うん分かったよ…でも…」

シルバー「何だ?」

ヒビキ「ヤマジタウンどっちだっけ」

シルバー「え」

イブキ「え」

ヒビキ「…野宿しよう…」

シルバー「仕方ないな…」

フワライド「おっ?活きのいい子供ハケーン」

ヒビキ「あれ?このポケモン…」

イブキ「フワライドね、子供を霊界に連れ去ろうとするゴーストタイプのポケモンよ」

ヒビキ「何それ怖い」

フワライド「お命頂戴!」

ヒビキ「メガニウム!げんしのちから!」

メガニウム「ちこっ!」

フワライド「うごぉ!」

フワライドはちからつきた…

シルバー「ふん、雑魚が」

ヒビキ「やっ、倒したの俺だし」

シルバー「俺が倒すまでもないポケモンだ」

イブキ「はいはい二人とも喧嘩しないで…しかしこんなポケモンがいるところで野宿は危険ね…ん?あんな所に家があるわね…空き家みたいだけど…」

ヒビキ「仕方ない…イブキさん、今日はあそこに泊まりましょう」

シルバー「ふん、小汚い家だが背に腹は代えられないからな」


ス ト レ ン ジ ャ ー ハ ウ ス

ヒビキ「何だか幽霊が出そうな所だな…」

シルバー「ふん、どうせいたとしてもゴーストポケモンだろ」

イブキ(よし、ここは怖がってさりげなくヒビキ君にアピールよ!)「や~ん、椅子や机がガタガタいってるこわ~い」ダキッ

ヒビキ「わっ!い、イブキさん!?」(い、イブキさんのピッチリコスチューム越しの柔らかいおっぱいが!い、いかん…このままじゃ俺のタマゲタケがモロバレルに進化しちゃう!)

シルバー「…」(ぶりっこしてるババァキメェ顔赤らめてるヒビキキメェ)

シ…ナイデ…

シルバー「ん?何かいったかヒビキ?」

ヒビキ「え!?な、何だよシルバー!?」

ニシナイデ…イッショニ…イテ…

イブキ「!?」ガタガタブルブル

ヒビキ「ど、どうしたのイブキさん!?」(うわぁあああっ!イブキさんの柔らかプクリンがフニョフニョあたってるぅ!)

イブキ「ひ、ヒビキ君…あれ…」

ヒビキ・シルバー「「!?」」

女の子「ひとりにしないで…一緒にいて…パパも…ママも…置いていかないで…」

イブキ「ひっ…」

シルバー「何だあの女…」

ヒビキ「よいしょっと…確か…」

イブキ「な、何してるのヒビキ君?」

ヒビキ「持っててよかったシルフスコープ」

ヒビキは女の子の正体を見破った!

ヒビキ「あ~君君」ポン

女の子「え…?」

ヒビキ「君、幽霊みたいだけど地縛霊か何かか?」

女の子「」

イブキ「ど、どうなってるの…?」

ヒビキ「シルフスコープ(レッドの忘れ物)の力でこの女の子に触れられるようにしたんだ」

イブキ「」

シルバー「正に「かがくのちからってすげー」…か…」

女の子「」

ヒビキ「お~い、聞いてる?」

女の子「!は、はい!」

ヒビキ「今日野宿しようかと思うんだけど一晩いいかな?大丈夫、成仏させたりとかしねーから」

女の子「は、はい…わかりました…」

ヒビキ「あんがと!」

女の子「い、いえ…あ…あの、もし良かったら…」

シルバー「何だ?」

女の子「私が死んだ部屋に三日月の羽があるんです…私は間に合わなかったから…その羽をクレセリアってポケモンに返してあげてくれませんか…?」

ヒビキ「わかった!引き受けよう!」

女の子「ありがとう…」スッ…



イブキ「き、消えちゃった…」ギュッ

ヒビキ「あ、だ、だめイブキさん!そんなに抱きついちゃ…」(ぐぁああああっ!俺のモロバレルがつのドリルしちまってる!)

シルバー「ふん…俺は先に寝かせてもらうぞ…」コン

シルバー「ん?何だ…本…?」

ヒビキ「お、なんだそれ?」

シルバー「どうやら誰かの日記みたいだな…ポケモンの研究についてかかれてある」

イブキ「ちょっと見せてもらっていい?」

ヒビキ「イブキさん?」

イブキ「ちょっと気になったの…もしかしたらさっきの女の子…ポケモンが原因で命を落としたのかも…」

ヒビキ「!」

それから一時間ほど

イブキ「ふむ…なるほど…」

ヒビキ「イブキさ~ん、三日月の羽見つけたよ~」

シルバー「ふん、幽霊屋敷らしくゴーストタイプばかりだな」

ジュペッタ「何この人間達」

ヒトモシ「怖い」

キングドラ「イッシュよ、これがカントージョウトだ」

イブキ「お帰り二人とも」

ヒビキ「何かわかった?」

イブキ「うん…憶測だけど、あの女の子…ダークライによって殺された可能性が高いわ」

ヒビキ「ダークライに!?」

シルバー「おい、おかしいだろ、イッシュにダークライがいるなんて話聞いたことがないぞ」

イブキ「そうとも限らないわ」

ヒビキ「と言うと?」

イブキ「最近のニュースで見たんだけどカントー、ジョウト、シンオウなんかのポケモンがイッシュに大移動してきてたりラティオス、ラティアスとかもイッシュでちょくちょく目撃されてるらしいわ」

ヒビキ「属に言う生態系の乱れ?」

イブキ「そうかも知れないけわね…と言うより危ないわここ…」

シルバー「?どう言うことだ?」

イブキ「ダークライは自分の身を守るために無差別で人やポケモンに悪夢を見せるの、そしてこの屋敷は下手したらダークライのテリトリーかもしれない…」

シルバー「つまり?」

イブキ「私達がもし眠ったらダークライにより永遠の悪夢の中をさまようかもしれないわ」

ヒビキ「ou…」

ヒビキ「ふぁあぁ…よく寝た…」

イブキ「う~ん…ムニャムニャ…」

ヒビキ「イブキさん、朝だよ起きて、出発すんよ~」

イブキ「むにゃ…ヒビキ君…えへへ…」

ヒビキ(うわ何か可愛いドキッとした)

シルバー(ヒビキの奴顔を赤らめやがって…いい兆候だ、これなら…くくく…)

ライモンシティ

アハハハハ…キョウヘイクンコッチダヨ

マッテヨルリチャン

レッド「ここがライモンシティ…」

コトネ「うわぁ…まるで街全体がテーマパークになってるような街ですね」

グリーン「リーフ、ここのお薦めスポットは?」

リーフ「リフッフッフッフッ…よくぞ聞いてくれましたなグリーン…ライモンシティと言えばそう、観覧車!」

レッド「観覧車?どうして?」

リーフ「ライモンシティの観覧車は恋人達で乗るとそのカップルは永遠に幸せが約束されると言われるジンクスがあるイッシュ究極のデートスポットなのだぁ!」

コトネ「へぇ~!乗りましょうよレッドさん!」

レッド「そうだねコトネちゃん」

?「あ~!あんたあの時のお邪魔虫…とレッド!?」

コトネ「え!?」

レッド「!」

シルバー「ちっ…野宿の方が安全だったか」

ヒビキ「ちょ、マジどうしようシルバー」

シルバー「俺に聞くな!」

イブキ「二人とも喧嘩しない!」

女の子「あの…」

イブキ「ひっ!?」

ヒビキ「あ、さっきの」

シルバー「何のようだ」

女の子「三日月の羽さえあればダークライの悪夢を防げるから…大丈夫だよ」

ヒビキ「よしっ!」

シルバー「ちっ、先に言っておけ!」

女の子「ご、ごめんなさい…」

シルバー「…まぁ教えてくれた礼は言っておく、ありがとう」

女の子「はい…あの…私はこれで…」フッ

イブキ「また消えちゃった…」

ヒビキ「あの子も律儀だな~…よし、イブキさん、シルバー、もう寝ようぜ!明日は早い訳だしな!早くコトネ達に追いつかないと」

シルバー「言われなくてもわかっている、俺は寝るぞ」

イブキ「キングドラ、カイリュー、後はお願いね」

カイリュー「わかりましたわイブキ様」

キングドラ「イッシュの若造どもにジョウトの力を見せつけてやりましょうぞ」

ヒトモシ「ふぇ…」

テンテンテテテ~ン♪

カスミ「な、何であんた達がライモンに…」

レッド「カスミ、久しぶり」(街中の競泳水着…)

コトネ「お久しぶりですカスミさん!」(ハナダの岬でも水着だったし…痴女なのかな…)

カスミ「久しぶりね…って違う!何で二人で腕を絡ませあって観覧車に乗ろうとしてるのよ!?」

レッド「何でって…ほら、恋人同士だから…」

カスミ「え」



カスミ「え」

カスミ「誰と」

カスミ「誰が?」

レッド「僕と」

コトネ「私です」

カスミ「」

レッド「か、カスミ…?」

カスミ「…レッドヲコロシテワタシモシヌ…」

レッド「!?」

コトネ「か、カスミさん!?」

カスミ「スターミー!ギャラドス!はかいこうせん!」

スターミー「んんっでっ!」

ギャラドス「タイプ不一致のはかいこうせんがギャラドスの必殺技と書いたオーキド博士は死ぬべき」

レッド「…!?」

コトネ「れ、レッドさん!カスミさんとは何にもないって言ったじゃないですかぁ!?」

レッド「…!」コクコク

カスミ「あんなあからさまにツンデレ態度とってたのに気づかないなんて…あんたはラノベ主人公か!」

レッド「ごめん、ラノベってあんまり読んだことない」

コトネ「三次元でツンデレは好かれてないと思っても仕方ないですよ!第一カスミさん恋人いるじゃないですか!」

カスミ「あんただってセフレの一人や二人いるでしょ!」

コトネ「いませんよ!私は先日まで処女でしたし!」

カスミ「え…あんたその歳でパルシェンのからをやぶるされてなかったの…?」

コトネ「なんでポケモンに例えるんですか!」

レッド「因みに僕のディグダもコトネのラフレシアに倒されるまで進化前だった…」ポッ

コトネ「レッドさんもやめてください!後ラフレシアはやめてください!」

レッド「ごめんなさい」

カスミ「もう皆死ぬしかないわ!」

レッド「パーさん、君に決めた」

スリーパー「デュフフwwwwwwww」

コトネ「レッドさん、手持ちにスリーパー連れてきてたんですか!?」

レッド「どうしてもきたいっていってたから…」

スリーパー「アイリスたんまじアイアイ」

コトネ「わぁ…ロリーパーだぁ…」

ロリーパー「スリーパーは皆愛に生き愛に死ぬ紳士」

レッド「パーさん、どこでもいいからテレポートして」

ロリーパー「了解でござるwwwwwwww」

スリーパーのテレポート!レッド達は逃げ出した!

カスミ「待ちなさ~い!くっ、追うわよ!」

ポケウッド

ロリーパー「到着でござるwwwwwwww」

コトネ「ここって…」

レッド「ポケウッド…!」パァ

コトネ「ふぇ~…ここがポケウッドですか…」

レッド「メイちゃん探してくる…!」タッ

ロリーパー「幼女の匂い!」タッ

コトネ「あ、レッドさん!スリーパーも!もぉ…そんな事してる場合じゃ…行っちゃった…」

?「久しぶりねコトネ…」

コトネ「え?あ、ナツメさん!?」

ナツメ「貴女が今日ポケウッドに来ることは三年前から分かっていたわ」

コトネ「へ、へぇ~…凄いですね予知…」

ナツメ「で、何でポケウッドにきたのかしら?観光?サインいる?」

コトネ「え、えぇと…その…新婚旅行です…」カァ…

ナツメ「あらおめでとう、ヒビキとついに結婚したのね」

レッド「いえレッドさんです」

ナツメ「え」

コトネ「え」

ナツメ「…」

コトネ「な、ナツメさん…?」

ナツメ「モウレッドヲニンギョウニスルシカナイ…」

コトネ「な、ナツメさぁあああん!?」

レッド「メイちゃんいなかった…あ、ナツメ?」

ロリーパー「警察に捕まりかけた…」

コトネ「レッドさん逃げてぇええええっ!」

レッド「え?」

ナツメ「ユンゲラー!サイコキネシスでレッドを捕縛!」

ユンゲラー「悪く思うなよ、これも仕事だからな」キィイイン

レッド「!パーさん、サイコキネシスで相殺して!」

ロリーパー「よぉおおおじょ!」キィイイン

ナツメ「!流石ね…」

レッド「ナツメ…いきなり何を…」

ナツメ「私は貴方が旅立った時から貴方を透視し続けてきたわ…」

レッド「よく視線を感じると思ったら」

コトネ「何それ怖い」
ナツメ「でもここ最近忙しくて貴方の監視を怠ってしまった…」

レッド「だから最近視線を感じなかったんだ」

ナツメ「過去は超能力でも変えられない…でも未来は変えられる!レッドの記憶を弄くって私の物に!」

レッド「前半だけ聞けばかっこいい」

コトネ「そんなこと言ってる場合じゃ!」

ナツメ「レッド!私と一緒に死んで!」

コトネ「ヤンデレだぁあああああっ!?」

レッド「パーさん、ランダムテレポート!」

ロリーパー「しょたぁあああああっ!」シュッ

ナツメ「逃がさないわ…!」

ヒウンシティ

レッド「此処まで逃げれば…」

コトネ「もぉ…レッドさんモテモテじゃないですか~」

レッド「僕も何が何やら…」

?「あら~?まぁまぁ、レッドさんとコトネさんじゃないですか~」

レッド「!」

コトネ「ま、またぁ?」

エリカ「お二人とも、お久しぶりですね」

レッド「エリカ」

コトネ「このパターン…」

エリカ「あらあら、仲良く手を握って…ふふふ…仲むつまじいですね」

コトネ(あ、大丈夫っぽい?)

レッド「うん、結婚した」

エリカ「あらあらまぁ!それはおめでとうございます」

コトネ「あ、ありがとうございますエリカさん!」

エリカ「うふふ…では三人で今すぐラブホテルにいきましょう」

レッド「え」

コトネ「え」

エリカ「私、レッドさんもコトネさんも大好きですの」

コトネ「は、はぁ…」

レッド「ありがとう」

エリカ「勿論ライクじゃなくてラブの方ですよ?」

レッド「」

コトネ「あ、あの…私、女の子ですけど…」

エリカ「安心してくださいコトネさん、私、バイですから」

コトネ「」

エリカ「と言うわけでレッドさんコトネさん、共にウツボットでツボツボな事をしましょう」

レッド「すいません、ローテーションバトルはちょっと…」

コトネ「だから二人共ポケモンで例えないでくださいよ!」

エリカ「なら力づくでお二人を私の肉どれ…ごほん、マイラバーにしますわ」

コトネ「今肉奴隷とか言おうとしましたよね!?」

エリカ「ラフレシア、モジャンボ、お願いしますわ」

ラフレシア「らふ~」

モジャンボ「ぬちゅぬちゅ触手って最高だよね」

エリカ「ラフレシアはレッドさんにねむりごな、モジャンボはコトネさんを…ぐへへへへへ…」

モジャンボ「最高の触手プレイをお届けします」

コトネ「い、いぃいいやぁああああっ!?」

レッド「コトネちゃん!」

ラフレシア「くらえ~」

レッド「くっ…」

ロリーパー「成長しきった女の子の触手プレイは…邪道!そんなもん見たくないからテレポート!」シュッ

エリカ「あら?逃げられてしまいましたわ…でもテレポートの移動距離を考えればイッシュ地方の何処かのはず…逃がしませんわ♪」

カスミ「こっちでレッドの声が…エリカ!?」

エリカ「あらカスミさん」(競泳水着がキュートですわ)

シュッ

ナツメ「くっ、入れ違いになったなんて…!」

エリカ「あらナツメさん」(おへそがキュートですわ)

カスミ「エリカ!レッドとお邪魔虫見なかった!?」

エリカ「レッドさんとコトネさんでしたら今し方テレポートで逃げられましたわ」

ナツメ「レッドの居場所は…見つけた!」

カスミ「本当!?今すぐ連れて行きなさい!」ガシッ

エリカ「私もお願いいたしますわ」ガシッ

ナツメ「ちょ、抱きつかないで!あ、こらエリカ!おへそ障っちゃ…あぁん!」

サザナミタウン

イブキ「ほらヒビキ君、それっ!」ポーン

ヒビキ(うわぁ…ビーチボールを飛ばした反動でビキニに包まれたイブキさんのプルリル二匹がブルンゲルって…だ、だめだ!静まれ俺のヘラクロス!)マエカガミ

ビキニのお姉さんA「へぇ~、君シルバーって言うんだ…かっこいい名前ね!」

ビキニのお姉さんB「シルバー君ってジョウト出身なんだ~、私もジョウトいきた~い」

シルバー「…」(ここが楽園か…)

イブキ「ヒビキ君どうしたの?そんな格好しちゃって…」むにゅ

ヒビキ(うぁああああああっ!イブキさんのプクリンが背中にあたって!)

イブキ(当ててんのよ!)

シルバー(俺達なんでイッシュにきたんだっけ…)

ヒビキ「い、イブキさん…そんなにしたら…俺もう…」

イブキ「ヒビキ君…好きよ…」

ヒビキ「ぐはっ!」

イブキのメロメロ!ヒビキはメロメロになった!

イブキのしたでなめる!効果は抜群だ!

ヒビキのめざめるパワー!効果は抜群だ!

イブキのからではさむ!効果は抜群だ!

ヒビキのこうそくスピン!効果は抜群だ!

イブキのしおふき!効果は抜群だ!

ヒビキのきあいだめ!ヒビキはハッスルしている!

イブキのしめつける!効果は抜群だ!

ヒビキのがまん!ヒビキはがまんしている!

イブキのしぼりとる!効果は抜群だ!

ヒビキはがまんをときはなった!効果は抜群だ!

やったー!野生のヒビキをゲットしたぞ!

サザナミタウンの夜は更けていく…

楽しく見とるで

>>42
ありがとうございます
こんなネタSSでも楽しんでいただけたら幸いです
昨日は否定的な意見が多くて落ち込んでいたのでその言葉がすごく嬉しいです
朝くらいにまた投下します

ライモンシティ

グリーン「レッド達どこいったんだ?まったく…」

リーフ「どうせすぐ見つかるって!それより次はあれのろあれ!」

グリーン「おいおい引っ張るなって!」

ほうじょうのやしろ

レッド「何とか逃げ延びれた」

コトネ「もぉ…レッドさん、カスミさん達とは何も無いって言ったじゃないですかぁ!」

レッド「僕も何が何やら…本当にわからない」

コトネ「本当に?」

レッド「うん、まったく心当たりが無い」

コトネ「本当に?」

レッド「うん、アルセウスに誓って」

コトネ「…」

レッド「…」ドキドキ

コトネ「ん、信じます」

レッド「ほっ」

コトネ「第一レッドさん、うそつけるほど器用じゃないですよね、コミュ障なのに」

レッド「酷い」

コトネ「あはは、冗談です」

レッド「所で」キョロキョロ

レッド「ここどこ」

コトネ「えぇっと…ここはほうじょうのやしろって場所らしいです」

レッド「ほうじょうのやしろ?」

コトネ「はい、ランドロスって神様を祭った社らしくて昔は大きな集落だったらしいですよ」

レッド「…」キョロキョロ

コトネ「レッドさん?」

レッド「とっても落ち着く」

コトネ「あ~…何となくシロガネやまに雰囲気が似てますもんね」

レッド「ちょっと見回りたい」

コトネ「そうですね…カスミさん達が来る気配は今はありませんし…」

ほうじょうのやしろ前

カスミ「あんた!そこ退きなさいよね!」

ナツメ「なんて強さなの!」

エリカ「あらあら、少しばかり危ないかも知れませんわね…」

ランドロス「この地を荒らす者よ、立ち去れ!」クァッ

レッド「?こんな所人がいる…」

コトネ「あ、本当ですね…見た限りトレーナー見たいですけど…」

?「くっ…ランドロスがいないだと…?いったいどこに…折角トルネロスとボルトロスを捕まえて来たってのに…無駄足かよ…あたしゃ疲れた…」

レッド「!このにほひ…」

コトネ「あ、この匂いは…」

?「!この匂い…まさしく…!」

レッド「強者の匂い…!」

?「好敵手の匂い!」

レッド「たのもー」

トウコ「どーれ」

ポケモントレーナーのトウコが勝負を仕掛けてきた!

コトネ「使用ポケモンは一体かぎり!アイテム使用無しでお願いしま~す」

レッド「…」ワクワク

トウコ「この感じ…あんたかなりのトレーナーだな…!久しぶりにあたしも武者震いしてんぜ」

レッド「いけリザさん」

リザードン「かげかげwwwwwwwwww」

トウコ「いけっ!あたしの舎弟!」

レシラム(レベル95)「ンバーニンガガ!」

レッド「」

リザードン「」

コトネ「あ、見たこと無いポケモンだ…」

レッド「す、凄いポケモンだ…」キラキラキラ

リザードン「かげ~…」

トウコ「んじゃまずはあたしからイかせてもらうわよ!いきなレシラム!」

レシラム「ターボブレーズ!」

レッド「リザさんりゅうのはどう」

リザードン「ストリウム光線!」ボヒュ

レシラム「んぁああああっ!」

コトネ「んなっ!?あたしのレシラムより早いだとぉ!?」

レッド「僕のリザさんは最速型だから」

トウコ「だがタイプ不一致のドラゴン技なんかじゃあたしのレシラムを一撃で倒すのは不可能!不可能!レシラム、ストーンエッジ!」

レシラム「スラァアアッシュ!」ズビズバ

リザードン「かげ~!」

コトネ「あぁ!レッドさんのリザードンが!」

トウコ「ふっ…ん!?な、何だってぇ!?きあいタスキだとぉ!?」

リザードン(HP1)「かげ~…」ヨロヨロ

レッド「リザさん、とどめのりゅうのはどう」

リザードン「エタァアアアアナルフォオオスッ!」ボヒッ

レシラム「モエルーワ!」

トウコ「んぁああっ!舎弟ーっ!」

コトネ「レシラム戦闘不能!勝者レッドさん!」

レッド「危なかった…戻ってリザさん」

リザードン「か、かげ~…」フラフラ

トウコ「いや~負けた負けた!あんたさん強いね~」ガシッ

レッド「きあいタスキを装備させてなければ負けてた」ガシッ

トウコ「何、持ち物選びも勝負のうちだかんな!あたしはカノコタウンのトウコ、あんた達は?」

レッド「マサラ生まれのレッド」

コトネ「ワカバタウンのコトネです!」

トウコ「レッド…コトネ…?どっかで聞いたことあるような…」

レッド「?カノコタウンのトウコと言えば…」

コトネ「あ~っ!?もしかして数年前イッシュ地方を救った伝説の英雄!」

コトネ「そう言うあんた達はロケット団を潰したカントージョウトの伝説のチャンピオン!」

レッド「わぁ~…凄い有名人だ…サインください」

トウコ「はいよ、後であんた達のサインも頂戴ね」

コトネ「うわぁ…凄い有名人ですよレッドさん、生きた伝説ですよ」

トウコ「いや~照れるわね」

トウコ「いや~、ランドロスは捕まえらんなかったけど思わぬ収穫があったね~…トウコさん嬉しい」

レッド「英雄のサイン…!」キラキラ

ワーワーガーガー

コトネ「?何だか急に騒がしく…」

ランドロス「ぐぁあああああっ!」

レッド「…!何か飛んできた!?」

トウコ「ランドロス!?すげーボロボロじゃん!ていっ!」モンスターボール

ランドロス「!?」

やったー!野生のランドロスを捕まえたぞ!

レッド「あ、いいな~…」

トウコ「いったい誰があのランドロスをここまで痛めつけたんだ…?おかげであたしは特したけど…」

「「み~つけた♪」」

レッド「…!」

コトネ「ひ、ひぇ~…」

カスミ「見つけたわよレッド…さぁ、一緒にハナダに帰りましょ?」

ナツメ「何を言ってるの?レッドは私と一緒にコガネジムで幸せに暮らすのよ?」

エリカ「さぁお二人とも…私と共に快楽の坩堝へと堕ちましょう」

レッド「」ガクガクブルブル

コトネ「ふぇぇ…」

トウコ「え、あれって確か…」

コトネ「カントーの三大ジムリーダーです」

トウコ「何か雰囲気滅茶苦茶やばくね?」

コトネ「色々ありまして…」

カスミ「…?レッド、誰なの横の女…まさかあんた…また女を作ったわけ…?」

レッド「」ブンブン

カスミ「ど~だか…女ったらしのあんたの言うことなんて信じられないわ…ふふ…でも安心して…私はどんなに他の女に浮気しようとレッドを愛してあげるから…♪」

ナツメ「カスミ、何を言っているの?レッド、あなたが他の女にフラフラしないよう、私を貴方に刻んであげるわ…」ムチピシッ

エリカ「あらあらお二人共、乱暴はだめですよ?クスッ…まぁ私はここにいる全員と関係を持ってもいいですが、やはりレッドさんだけは私だけの物にしたいと思っていたりしますわ♪」

レッド「」ガクガクブルブル

コトネ「うわぁ…もしかしてあんたってフラグを立てまくるハーレム系鈍感主人公だったりするわけ?」

レッド「!僕は無実」ブンブン

面白いけどミスが目立つな

>>52
ごめんなさい、気をつけます…

カスミ「ちょっと、レッドは私とハナダで結婚式をあげるのよ!?さっさとどっか行きなさいよ根暗女!」

ナツメ「黙りなさい痴女、レッドは私とヤマブキで幸せに暮らすの…それは絶対不変の未来、今そう予知したわ」

カスミ「誰が痴女よ誰が!あんたなんて昔は全身ピッチリタイツだったし鞭までぶんまわしてる変態だったじゃない!」

ナツメ「昔の話よ…」
レッド(そんなナツメの服装に興奮したなぁ…)

ナツメ「ほ、本当レッド?レッドが望なら…」ポッ

カスミ「ちょっとレッド!」

コトネ「レッドさん…?」

レッド「心読まないでよぉ…」

エリカ「あらあら皆さん、私を放置するなんて…これはしっかり調教しなければなりませんね♪」

「「…!」」ゾッ

トウコ「何この修羅場、てかあたし放置プレイ?」

レッド「と、取りあえずパーさん…テレポして…」

カスミ「させるか!ギャラドス、かみつく!」

ギャラドス「マミりま~す」パックンチョ

ロリーパー「ぐぁあああああっ!愛してくれてありがとう!」

レッド「ぱ、パーさぁあああああん!」

ナツメ「これでもう邪魔者はいなくなったわね…」

エリカ「ふふふ…覚悟を決め手くださいレッドさん」

レッド「」ガクガクブルブル

コトネ「れ、レッドさ~ん…」ガクガクブルブル

トウコ「あ~…ちょっといい?」

カスミ「何?あんたもお邪魔虫なわけ?」

トウコ「いや、あたしこいつとさっき出会ったばっかだし」

ナツメ「じゃあどこかにいってくれるかしら?巻き添えを食うわよ?」

コトネ「まぁそうしたいのも山々だけど…一言言わせてくれる?」

エリカ「はい、何でしょう?」

トウコ「ポケモンって瀕死でもフィールド技使えるわよ?」

「「あ」」

レッド「…パーさん、テレポート」

ロリーパー「」シュッ

カスミ「し、しまったぁ~!」

ナツメ「くっ、逃がさないわよレッド!」

エリカ「あら?さっきのお尻がキュートな方も消えてしまいましたわ」

再びライモンシティ
トウヤクン、ア~ン
オイシイヨミハルチャン
トウヤクン!ハダカノツキアイヲシヨウジャナイカ!ガハハハハハハッ!
ウァアアアアアアッ!ナツミサァアアアアアン!?
トウヤクゥウウウウウン!?
ガハハハハハハッ!

レッド「あ、危なかった…パーさん、ご苦労様…」

ロリーパー「」

コトネ「うぅ…楽しいハネムーンの筈が…」

トウコ「あ、あたしも何か巻き込まれてるし…」

グリーン「あ、レッド!どこ行ってたんだよお前?探したぞ」

リーフ「まったく…グリーンは心配性ねぇ」

グリーン「うるせぇ」

レッド「ごめん…」

グリーン「ったく…お前は放浪癖があるから勝手にイッシュぶらり旅にでも出かけたのかと思ったぜ…あ、そうそう…レッド、お前に合わせたい奴がいるんだ」

レッド「?僕に?」

リーフ「じゃじゃ~ん!」

?「こんにちはレッドさん!」

レッド「!」

トウコ「お、あたしの麗しの後輩メイじゃん」

メイ「せ、先輩!?」

コトネ「え?トウコさん、メイちゃんと知り合い何ですか?」

メイ「せんぱ~い!」

レッド「サインください!」

メイ「先輩先輩!」

トウコ「ははは、ういやつよのぉ」

レッド「サインください!」

メイ「先輩先輩先輩先輩!」

レッド「サイン…」

メイ「先輩先輩先輩先輩先輩先輩!」

レッド「…ぐすっ…」

コトネ「が、がんば!」

グリーン「なんだこれ」

グリーン「で、何でそんなにげっそりしてんだよお前ら」

コトネ「実は…」

レッド「かくかくしかじか」

コトネ「うんたらかんたら」

リーフ「え、何なのそれは」ドンビキ

グリーン「何だよお前、ハーレム作ってたのかよ…一人くらいこっちに回せよな!」

リーフ「グリーン?」ギリギリ

グリーン「ごめんなさいリーフ様冗談です許してください引っ張らないで痛いです」

レッド「どうしてこんな事に…」

グリーン「てかあいつらが自分に惚れてるのに約10年も気づかないなんて鈍感すぎるだろお前」

レッド「僕は鈍感じゃない、多分…」

リーフ「でも現に修羅場ってるんでしょお兄ちゃん?」

レッド「どうしてこうった」

グリーン「まぁモテモテハーレムなんて男の夢だし楽しんだらどうだレッド君?」ニヨニヨ

レッド「夢は夢でも悪夢だよ…て言うより夢ならさめてほしい…」

?「悪夢と聞いて」

トウコ「わっ、なんだこいつ」ヨシヨシ

メイ「せんぱ~い♪」ゴロニャン

レッド「あ、こいつは…」

ダークライ「ドーモレッド=サン、悪夢の使者ダークライです」

コトネ「え?ダークライってシンオウ地方の伝説のポケモンですよね…何でイッシュ地方に…」

トウコ「そんなん決まってんだろ?」

コトネ「?」

トウコ「こいつはあたしにゲットされに来たんだよな!」

コトネ「え」

メイ「先輩かっこいい!」

ダークライ「違います」

トウコ「え」

メイ「え」

コトネ「ですよね~」

ダークライ「私、しんげつじまを離れすぐそこのリバースマウンテンに住んでいるのですが人肌恋しくなり人の多いライモンにやってきただけです」

レッド「伝説のポケモンだ~…」キラキラ

リーフ「あなた、私にゲットされてみない?」

ダークライ「遠慮させてもらいます」

イブキサン、カンランシャニノリマショウ
ウン!

コトネ「?この声は…」

ヒビキ「あ」

レッド「あ」

イブキ「あ」

グリーン「あ」

トウコ「?誰だこの趣味の悪いピッチリタイツの痴女?フウロの親戚かなんかか?」

イブキ「失礼ね!ジョウト最強のドラゴン使いの私を捕まえて、よりによって痴女ですって!?」

レッド(痴女だよね)

コトネ(痴女ですよね~)

グリーン(痴女だよなぁ)

リーフ(痴女よね~)

メイ(うん、痴女)

ダークライ(どうみても痴女です)

ヒビキ(ごめんなさいイブキさん、こればっかりは擁護できない)

イブキ「?な、何よみんなしてそんな目で!」

ヒビキ「まぁまぁ抑えてくださいイブキさん、そんなイブキさんも可愛いですよ?」

イブキ「ひ、ヒビキ君がそう言うなら…」ポッ

リーフ「おんや~…?まさかお二人さん、もしかして…リフッフッフッフッフッ」

ヒビキ「あの…俺達…」ポッ

イブキ「結婚を前提にしたお付き合いをしてるの…」ポッ

コトネ「うわ~…おめでとうヒビキ!イブキさん!」

レッド「わ~」パチパチパチパチ

トウコ「ちっ、リア充爆発しろ!末永ながくな…」

メイ「私も先輩と…」

グリーン「えっ!?」

リーフ「ゆりぃ…」

ヒビキ「?そう言えばそのポケモン…もしかして」

ダークライ「ドーモヒビキ=サン、ダークライです」

イブキ「もしかしてリバースマウンテンの…」

ダークライ「はい、リバースマウンテンに住んでます」

ヒビキ「あの女の子が死ぬ原因になった…」

ロリーパー「なん…だと…」ガバッ

グリーン「わっ!?こいつ自力で戦闘不能から復帰しやがった!?」

ダークライ「見に覚えが…あ、そう言えば数年…私の住処の近くの家で…」

ロリーパー「[ピーーー]よやぁあああああっ!」キアイダマ

ダークライ「待ってくれ話せばわかる」ニゲダシタ

ロリーパー「ようじょのためにしねぇええええっ!」

レッド「あ、パーさん!?」

コトネ「行っちゃいましたね…」

レッド「…」ダラダラダラダラ

グリーン「どうしたんだよレッド!?ちょっと引くぐらい凄い汗!」

レッド「これは…非常にまずい…」

リーフ「と言うと?」

レッド「今カスミ達に見つかったら逃げる手段が…」

カスミ「私達から」

ナツメ「どうするって?」

エリカ「うふふ…」

レッド「」

コトネ「オワタ」

ヒビキ「え、何なんっすかこの状況」

リーフ「かくかくしかじか」

グリーン「うんたらかんたら」

ヒビキ「レッドさん、氏んでください羨ましすぎるでしょ」

レッド「ひぃ~ん…」

カスミ「レッド~♪」ジリジリ

ナツメ「ちょっと退きなさいカスミ」ジリジリ

エリカ「まぁまぁ、レッドさんはもう逃げられないんですから」ジリジリ

レッド「ま、待って、僕にはコトネちゃんが…」

カスミ「レッド?いい」

ナツメ「愛ってのはね」

エリカ「力づくでものにするもなのです♪」

レッド「ひぃ~ん…」

イブキ「一理あるわね」

リーフ「恋する乙女の執念ね」


グリーン「恋する乙女こえ~よ!」

レッド「ま、待ってよ皆!何で今になっていきなり!?僕そんなアプローチされた覚えが無いよ!?本当に!」

カスミ「私達だってアプローチならしてきたわよ!」

ナツメ「レッドが気付かなかっただけ」

エリカ「あんなにあからさまにアプローチしてたのに気づかないなんて、レッドさんは本当に可愛らしいですね~」

レッド「え、そうなの…?」

トウコ「鈍感主人公氏ねよ…」

レッド「ひぃ~ん…」

コトネ「待ってください皆さん!レッドさんに告白して受け入れてもらったのは私なんですよ!レッドさんは私だけのものです!」

カスミ「略奪愛上等よ!」

ナツメ「レッドを私に釘付けにする…後からきた貴女なんかにレッドは渡さない…!」

エリカ「取りあえずレッドさんを私だけの物にしてから後のことを考えましょう」

コトネ「レッドさんはわたしません!行ってホウオウ!」

ホウオウ「オショオォオオッ!」

カスミ「行きなさいスターミー!」

スターミー「しゅびどぅば!」

ナツメ「フーディン、お願いしたわ!」

フーディン「ナツメ様をここまで苦しませるレッドマジ殺したい」

エリカ「あらあら、これは私も参加しなければなりませんね?ラフレシア~」

ラフレシア「らふ~」

リーフ「あわわわ…」

グリーン「まずい…!あいつ等が正面からぶつかればライモンはおろか…イッシュが壊滅する!」

トウコ「ちょっ!?イッシュ壊滅ってスケールデカすぎだろ!?」

メイ「先輩!止めましょう!」

トウコ「わりぃ!あれ止められそうなレシラム今ひんし!」

レッド「…僕がやる…いって…!」

コトネ「ホウオウ、せいなるほのお!」

カスミ「スターミー!ハイドロポンプよ!」

ナツメ「フーディン、はかいこうせん!」

エリカ「ラフレシア~?パワフルハーブからのソーラービームをお願いしますね」

カッ

リーフ「ライモンオワタ…あれ?」

?「サイコブレイク…」

ホウオウはちからつきた…

スターミーはちからつきた…

フーディンはちからつきた…

ラフレシアはちからつきた…

コトネ「え…え…?」

カスミ「う、嘘…」

ナツメ「な、何このプレッシャー…」

エリカ「あ、あらあら…」

レッド「ツーさん、皆をテレキネシスで捕縛して」

ミュウツー「わかった」

カスミ「あ、ちょ、止めなさいよ!」

ナツメ「わ、私の超能力が手も足も出ない…」

エリカ「あらあら~…」

コトネ「わ、私もですか~?」

トウコ「な、何だあのポケモン…?見てるだけですげぇ身震いがするぞ…」

グリーン「レッドの手持ち最強のポケモン、いでんしポケモンのミュウツーだ」

メイ「ミュウツー…」

リーフ「カントー最強のポケモンね」

レッド「皆、正座」

「「はい…」」シュン

レッド「皆、ここは市街地だよ?なのに何暴れようとしてるの…」

カスミ「だ、だってぇ…」

コトネ「レッドさんを取られたく無かったんだもん…」

レッド「だからってよそ様に迷惑かけちゃダメだよ…ワタルさんじゃ無いんだから…」

イブキ「え?お兄様何したの?」

グリーン「聞かない方が良いぜ?」

レッド「今回の事は皆の思いに気がつかなかった僕がいけないんだろうね…ごめん皆…僕、皆がそんなに思ってくれてたのに皆の思いに気がつかなかった…」

カスミ「れ、レッド…」

レッド「でも、僕はコトネちゃんが好きなんだ、皆の思いには答えられない…」

ナツメ「れ、レッドぉ…」ウルウル

エリカ「あら、私は愛人でも良いですわ?」

リーフ「空気読めお嬢様」

レッド「兎に角、僕は皆の思いに答える事はできない…ごめんなさい」

カスミ「う、うわ~ん!」

ナツメ「うぅ…ひっく…」

エリカ「泣いてる二人マジ可愛いですわ…私、ジュンと来てしまいます…」

リーフ「だから空気読め」

レッド(うぅ…女の子を泣かしてるって凄い罪悪感…)

カスミ「レッドのばが~…うぁ~ん…」

ナツメ「ひっく…えぐ…レッドぉ…」

レッド(心臓痛い心臓痛い)

コトネ「…あ、あの…」

エリカ「?あら、何でしょうコトネさん」

コトネ「私、レッドさんと別れます!」

カスミ「へっ!?」

ナツメ「な、何をいって…」

エリカ「あらあらまぁ…」

レッド「」

レッドはめのまえがまっしろになった!

リーフ「お兄ちゃん!?」

グリーン「れ、レッドぉ!?」

ミュウツー「ま、マスター!?しっかりしろマスター!」

ヒビキ「レッドさんざまぁ」

イブキ「こらっ!」

トウコ「まさかの展開」

メイ「わ、私は何があっても先輩一筋です!」

コトネ「皆さん、レッドさんの事大好きなんですよね?」

カスミ「ぐすっ…うん、大好き…」

ナツメ「レッドが私の物になってくれるなら世界を敵に回してもいい…」

エリカ「私がここまで本気になった殿方は後にも先にもレッドさん一人です」

コトネ「私もレッドさんの事が大好きです」

カスミ「なら何で…」

コトネ「レッドさんが大好きだからこそ、皆さんの気持ちが痛い程分かります…だから皆さん、皆でレッドさんを愛しましょう!」

ナツメ「…!」

ヒビキ「ハーレム展開…ふざけるな!」

グリーン「お、落ち着けヒビキ!マウント取ろうとするな!」

コトネ「確かにレッドさんには私だけを見ていてもらいたいし世間の目は厳しいでしょうけど…私はそうしたいです!」

エリカ「まぁ正直言ってハーレムなんてシンオウ地方のポケ姦とどっこいですよね」

リーフ「それ昔の話じゃん…」

エリカ「あら、今でもシンオウ地方では裏で脈々と受け継がれてますよ?」

トウコ「シンオウすげぇ、未来に生きすぎだろシンオウ…マジヤベェ…」

メイ「私はポケモンより先輩!」ダキツキ

コトネ「レッドさん、レッドさんのお気持ちを…レッドさん?」

イブキ「まだ気絶してるわよ」

ミュウツー「マスターしっかりしろ!」

レッド「」

コトネ「と言うわけでレッドさんを宿泊予定のホテルにまで運んでおきますね~」

グリーン「お、おう…ハメ外すなよ~…」

エリカ「それは無理というものですわ♪」

リーフ「うわぁ…」

カスミ「じゃあね~」

ナツメ「テレポート!」シュッ

トウコ「あ~…やっと静かになった…」

メイ「騒がしい人達でしたね先輩!」

ヒビキ「爆発しろ爆発しろ…」ブツブツ

イブキ「ヒビキ君?」ピキピキ

グリーン「んじゃ俺達は観光でもするか?」

リーフ「そうね、夜までまだまだ時間はあるし」

メイ「あ、ライモンシティ出たらすぐに私が代表を勤めるジョインアベニューがあるんですけどいきませんか?」

グリーン「だ、代表?」

リーフ「チャンピオンで映画スターで町の代表ってどんだけぇ…」

トウコ「ま、あたしの後輩だからな!」

メイ「先輩の後輩ですから」

イブキ「ほら、私達も行きましょヒビキ君」

ヒビキ「畜生…何でレッドさんばっかり…畜生!」

ホドモエシティホテル

オラ!ココガイイノカレンブ!
ヤ、ヤーコンドノ!アッー!

レッド「う、う~ん…あれ、暖かいし頭の後ろにふにょふにょしたのが…」

コトネ「あ、気がつきましたレッドさん?」ヒザマクラ

カスミ「まったく寝坊助ねぇ…待ちくたびれたわ」

ナツメ「レディを待たせるのは感心しないわね」

エリカ「ふふ…まぁ皆さん、そう責めないで」

レッド「」

コトネ「ど、どうしたんですレッドさん?固まっちゃって…」スリングショット

カスミ「目が点になってるわよあんた」マイクロビキニ

ナツメ「そ、そんなに変かしら?」ニップレス

エリカ「あらあら?レッドさん鼻血が垂れてきてますわ」スケスケレインコート

レッド「ナニコノジョウキョウコワイボクシヌノコロサレルノマダポケモンシタイ」

カスミ「れ、レッド?」

コトネ「しっかりしてください!」

ナツメ「まぁ、混乱するのも無理ないわね」

エリカ「ふふ、でも体はしょうじ…」

「「空気読め」」

レッド「状況説明お願いします」

コトネ「実は」

カスミ「かくかくしかじか」

ナツメ「うんたらかんたら」

エリカ「びよんびよんですわ」

レッド「え、何なのそれは」

コトネ「レッドさんの意見を聞かずに勝手に話が進んだ事は謝ります…でも皆レッドさんが大好きなんです!」

カスミ「レッドォ…」ウルウル

ナツメ「私達の思い、受け止めてほしい…」

エリカ「レッドさん、今夜は寝かせませんよ?」

レッド「皆の気持ちは嬉しいけど何このハーレム展開」

コトネ「良いじゃないですか…もうそんな事なんて…」チュッ

カスミ「いいたい奴には言わせておけば良いのよ」チュッ

ナツメ「いざという時は私がリーグ支配するから…」チュッ

エリカ「困った時は私が皆さんを養いますわ」チュッ

レッド「ふぁあぁ…」

テンテンテレレン

ジョインアベニューのカフェ

ヒビキ「まったく、やっぱレッドさんハーレム展開じゃないか!どうせ後からさらにカンナさんやカリンさんも来るんだろ!けっ!」ズズッ

グリーン「落ち着け」ズズッ

リーフ「まぁこうなるわよね、うん」ズズッ

イブキ「あら、このドリンク美味しい」ズズッ

メイ「なつきドリンクって言うんです!」ズズッ

トウコ「ポケモンに飲ませると喜ぶんだよなこれ」ズズッ

?「ん?あんたら」

?「あ、もしかして」

イブキ「あら、あなた達…」

ヒビキ「アカネさんにミカンちゃんじゃないか!久しぶりだな~!」

トウコ「誰?あの牛乳の子と童顔の子」

グリーン「ジョウトのジムリーダーのアカネとミカンだ」

リーフ「何かむこうでの顔見知りばっかり合うわね…ご都合主義?」

メイ「ほら、今PWTで色んな地方のジムリーダーさんが来てますから!」

ヒビキ(相変わらずアカネさんおっぱい大きいしミカンちゃんは可愛いなぁ)デレ

イブキ「むっ…」ギュッ

ヒビキ「あ、イブキさん…」

アカネ「なんなん二人ともふっついてからに…あ、もしかしてあんたらてつきあっとん?…んなわけないか~ww」

ミカン「もう、アカネさんたら…」

イブキ「そうよ?」

アカネ「え」

ヒビキ「は、はい…」ポッ

ミカン「え」

アカネ「…」

ミカン「…」

ヒビキ「?ど、どうしたんすか二人とも?」

アカネ「ヒビキヲコロシテ」

ミカン「ワタシモシニマス」

グリーン「に、逃げるぞ!」ダッ

リーフ「ハーレム展開なんてお兄ちゃんだけで沢山だし!」ダッ

トウコ「カントージョウトはこんなんばっかかっ!」ダッ

メイ「せ、先輩!置いてかないでください!」ダッ

応援してくれる方々、ありがとうございます

ワーナンダナンダ!?バクハツ!?ポ、ポケモン!?ウァアアアアアアッ!

メイ「あわわわ…ジョインアベニューが…」

トウコ「おいこら」

グリーン「…請求書はカントージョウトリーグに送っといてくれ…」

リーフ「アカネさんにミカンちゃん…実にブレイブね!」

グリーン「ブレイブ過ぎるだろ…ん?」

ヒラヒラ

グリーン「なんだこりゃ」パシッ

リーフ「ポケモンの羽…?綺麗…」

トウコ「何のポケモンの羽だこりゃ、イッシュじゃ見たこと無い模様だな…」

メイ「月の光みたいに優しい色ですね先輩!」

グリーンはみかづきねはねをてにいれた!

ホドモエシティホテル・翌朝

レッド「…」ポケ~

コトネ「むにゃ…」zZZ

カスミ「くか~…」zZZ

ナツメ「…」zZZ

エリカ「すぅ…」zZZ

レッド「やってしまった…皆と夜のポケモンバトルをしてしまった…うわぁ…僕って最低…」

ピカチュウ「んんwwwwwwwwレッド氏wwwwwwww」

レッド「あ、ピカさん…何勝手にボールから出てるの?」

ピカチュウ「ヤケモーニンwwwwwwww全員と夜の役割を持ってしまいましたなwwwwwwwwぺやっwwwwwwww」

レッド「うん…もう最低って色んな人から言われても覚悟を決めなきゃね…」

ピカチュウ「んんwwwwwwwwこれからは毎晩異教徒のボルシェン相手にレッド氏のヤラクロスのヤガホーン炸裂ですなwwwwwwww異教徒は優しく導く以外ありえないwwwwwwww」

レッド「うるさい上下品だよピカさん!?そもそもピカさんヤケモンじゃないじゃない!?」

ピカチュウ「んんwwwwwwwwボカチュウですなwwwwwwww我、役割を持てないゴミですぞwwwwwwww」

レッド「…はぁ…ニュースでも見よっと…」ピッ

ルッコ『おはようございます♪』

レッド「ルッコちゃん可愛いなぁ…」

ピカチュウ「んんwwwwwwww夜の役割がもてますなwwwwwwww」

ルッコ『最初のニュースです、昨晩ジョインアベニューでポケモンが原因と思われる爆発事故がありました、幸い怪我人は無く…」

レッド「ジョインアベニュー、確かライモンシティのすぐ横の…行きたかったのに当分は復旧の目処がたってないのか、残念」

ルッコ『目撃者の話ではミルタンクを持ち上げる子供のような人影が目撃されており犯人はワンリキーでは無いかと…』

レッド「ワンリキー?イッシュにいたっけ?まぁいいや」ピッ

レッド「汗だくだし温泉にはいってこよ」

ピカチュウ「んんwwwwwwww汗臭くさい男はありえないwwwwwwww男が放っていいのはフェロモンだけですぞwwwwwwww」

廊下

レッド「流石ホドモエのホテル」キョロキョロ

レッド「広くて迷った!」

ピカチュウ「迷うとかwwwwwwwwありえないwwwwwwww」

レッド「あ、この庭園からリザードンブリッジが見れ…」

アァ…ゾロアークノナカスゴクトリトドン…
Nサマァアアアアアアッ!

レッド「」

ピカチュウ「wwwwwwww」

レッド「…」

ピカチュウ「流石イッシュwwwwwwww修羅の国ですなwwwwwwww」

レッド「僕は何も見なかった!」

ピカチュウ「現実逃避ですかなwwwwwwww」

レッド「あ、エレベーター、やっと見つけた…」

グリーン「よっ」

リーフ「おはよう」

レッド「ん、おはよう」

ピカチュウ「グリーン氏にリーフ氏wwwwwwwwヤケモーニンwwwwwwwwぺやっwwwwwwww」

グリーン「昨日はおたの」

レッド「ふん!」イケピカチュウ

ピカチュウ「マスコットを投げつけるとかありえないwwwwwwww」ボガッ

グリーン「うべっ!」

グリーン「ったく…いきなりピカチュウ投げつけんなよ、顔が痺れたじゃねーか」

リーフ「今のはグリーンが悪いわよ」

レッド「からかわないでくれよぉ」

グリーン「わりぃわりぃ…俺達は朝食食いに行くけどお前はどうすんだよレッド?」

レッド「昨晩はお風呂に入ってないから温泉にはいろうかなって…」

ピカチュウ「昨晩は夜のポケモンバトルが激しかったからですなwwwwwwww」

レッド「うるさいよ!」

リーフ「リフフフフ…じゃあ先にグリーンと行ってるわね」

グリーン「んじゃな」

レッド「また後で」

?「…」コソコソ

温泉

レッド「あ~…あったまる…」カポーン

レッド「これだけ広いと泳ぎたくなるな…誰もいないし今のうちに…」

ガラッ

レッド「ん…誰か他にもき…」

エリカ「レッドさん、お背中流しますわ♪」

レッド「」

エリカ「?どうなされましたレッドさん、固まったりして…」

レッド「え、ええエリカ!?」

エリカ「はい」

レッド「な、何で!?エリカナンデ!?」

エリカ「だからお背中を流しに」

レッド「こ、こここ」

エリカ「こけこっこ~」

レッド「ここ男湯!」

エリカ「札束で支配人の頬を叩いて差し上げたら快く貸し出してくれましたわ♪」

レッド「お嬢様ぇ…」

エリカ「さぁレッドさん、後ろも前もしっかり洗いましょう…徹底的に」ウフフフ

レッド「ひぃん…」

エリカ「さぁ、遠慮なく」ジリジリ

レッド「逃げ出していいですか?」

エリカ「その場合私のレベル72ウツボットとモジャンボによるレッドさん触手プレイを私の前で披露することになりますよ?」

レッド「僕の触手プレイとか誰得」

エリカ「私の」

レッド「さいですか…他の皆は…」

エリカ「まだ部屋でねむりご…寝ていますわ、普通に」

レッド「一服もったよね」

エリカ「では洗いますねレッドさん」

レッド「お、お手柔らかに…」

エリカ「はい、お任せください」

レッド(不安だ…)

エリカ「~♪」ゴシゴシ

レッド「ふぁ…な、何この肌触り…す、素敵…」

エリカ「メラルバの糸で作られた特性シルクですわ」ゴシゴシ

レッド「はうっ!」

エリカ「どうしたんですかレッドさん?そんな甘い痺れが何時までも取れない声をだして」ゴシゴシ

レッド「悔しい…でも感じちゃう!」ビクンビクン

エリカ「ではお次は前を」

レッド「やめてください」

エリカ「遠慮なさらずに」ジリジリ

レッド「男の尊厳を守るため抵抗しようと思います」

エリカ「レッドさんのマンムーを隅々まで洗いたいですわ」ジリジリ

レッド「ひぃん…」

ガラッ

ウワ~トウコセンパイ、スゴクヒロイデスヨ!
サスガハホドモエノイッキュウホテルダナ
センパイノオシリカワイイ…
クッ…ナニクッタラソンナニチチガデカクナルンダ…

レッド「!」

エリカ「どうしましたレッドさん?」

レッド「女湯の方にメイちゃんとトウコさんが入ってきた…」

エリカ「まぁ…それはそれは…」

レッド「か、壁一枚隔てた向こうにメイちゃんが生まれたままの姿で…」ドキドキ

エリカ「…見たいんですね?」

レッド「!い、いや、その…」

エリカ「ふふ…隠さなくても良いんですよ?いやらしいのは男の人の性ですから…」

レッド「…はい…」

エリカ「では覗きましょう」

レッド「!?」

エリカ「ふふふ…初めてあった時からお二人の体には私も興味津々でしたわ」

レッド「…」コクッ

エリカ「うふふ…」コクッ

レッド「よし…!」

エリカ「はい♪」

ナツメ「何がよし!よ」

レッド「あ」

エリカ「あらナツメちゃん…もうねむりごなが抜けたんですか?」

レッド「やっぱり一服盛ってたよこのお嬢様」

ナツメ「異常を感じたフーディンがねむけざましを飲ませてくれたわ」

エリカ「あらあら…私としたことが…ポケモンにもねむりごなを盛るのを忘れていましたわ」

レッド「惜しい…」

ナツメ「ほらレッド、さっさとお風呂に入ってから朝食を食べに行くわよ」

エリカ「引っ張らないでくださいナツメちゃ~ん」

ナツメ「五月蝿い」

ピシャッ

レッド「…何だったんだろう…」

レッド「…」

アッタカイデスネ~
ア~イキカエル…

レッド「…」ドキドキ

レッド「ここで引き下がるのは男が廃るのでイこうと思います」カベヨジノボリ

レッド「よっこいしょっと…」ノゾク!

レシラム「…」

ゼクロム「…」

レッド「」

レシラム「モエルーワ!」クロスフレイム

ゼクロム「バリバリッシュ!」クロスサンダー

アッー!

メイ「!?なんでしょうか先輩!」

トウコ「大方覗きでも見つけたんだろ」

食堂

グリーン「…」

レッド「…」プスプス

グリーン「…ここはバイキングな」

レッド「…うん…」プスプス

コトネ「レッドさんが香ばしく焼けてる…」

ナツメ「予知通りね」

カスミ「ふん、こんな美女達がいるのに他に靡いたレッドにはいい薬よ」

エリカ「後で全身にまんたんのくすりを塗ってあげましょう、肌と肌をまとわりつかせながら」

リーフ「おい」

レッド「…」ケプッ

ワンダーブリッジ

女の子「返してくれるっていったのに…」

ヒビキ「ごめん…色々あったんだよ…本当にごめん…」

女の子「許さない…」

ヒビキ「うぅ…」シュン

女の子「貴方がクレセリアにみかづきねはねを返すまでとりつきますからね…?」

ヒビキ「へ?」

ヒビキはおんなのこのゆうれいにとりつかれた!

イブキ「ちょっと!ヒビキ君から離れなさい!」

アカネ「なんなんヒビキ、幽霊にまで手を出したん?節操なさすぎるわ!てか首に手を回すなや!」

ミカン「幽霊さん、ヒビキさんから離れてください!」

女の子「絶対に嫌!」

ヒビキ「…」

ヒビキ「ハーレム怖い」

イッシュリーグ

カトレア「アイリス…ワタルをカントージョウトリーグに送り返したわ…」

アイリス「ありがとー」ピッピッ

シキミ「何をしてるんですか?」

アイリス「カントージョウトリーグの関係者が関わった事件の器物損壊の請求書をポケモンリーグ本部に送ってるんだよー」ピッピッ

ギーマ「まったく、カントージョウトの人間はやることが過激だね」

アイリス「本当だねー、何か面白そうだなー…あってみたいなー…」ピッピッ

アイリス「…あってみよう!」

「「へ?」」

レッド「と言うわけで人数は倍以上増えましたがイッシュ観光を再会したいと思います」

リーフ「ガイドのトウコさんです、一言どうぞ」

トウコ「何であたしがガイドなんかせにゃならんのだ…」

メイ「まぁまぁ、ガイド代も出るそうですし楽しくご案内しましょう先輩!」ヒッツキ

コトネ「てかメイちゃんも付いてくるんだ…」

メイ「先輩となら何処までも!地獄の底からトイレの中まで!先輩はトイレなんてしませんけど!」

リーフ「うわぁ」

グリーン「殆どストーカーだな…可愛い女の子じゃなきゃ許されないだろこれ…」

レッド「てか女の子ばっかり」

グリーン「肩身が狭いな…」

レッド「うん…で、最初はどこに行こうか?」

カスミ「私のお勧めはセイガイハシティね!」

ナツメ「あそこ海だけじゃない…私のおすすめはブラックシティよ」

エリカ「あらあらナツメちゃん、あそこは初心者には厳しいですわ、私としてはホワイトフォレストを…」

カスミ「綺麗な広い海で水ポケモンと戯れれるセイガイハがいい!」

ナツメ「ヤマブキ以上の都会であるブラックシティの夜景を目に焼きつけるべきよ」

エリカ「ホワイトフォレストの雄大な自然に囲まれてお昼寝でも…そして青か…」

コトネ「ストップ!」

アイリス「私としてはソウリュウシティがお勧めだよー」

カスミ「ソウリュウ?何も無いじゃないのよあそこ」

ナツメ「そう言えばあそこって確かチャンピオンロードへの道があったわね…」

アイリス「今は塞がれてるからカゴメタウンからのルートしかないけどね」

エリカ「あらあら、ではお勧めスポットはどこですか?」

レッド「ちょっと待って!」

コトネ「な、何ですかレッドさん?いきなり叫んで…」

リーフ「もぉ、心臓に悪いわね~…」

レッド「皆、僕達の人数は?」

グリーン「俺、リーフ、レッド、コトネ、カスミ、ナツメ、エリカ、トウコ、メイだから…」

エリカ「9人ですね」

アイリス「代所帯だねー」

カスミ「それがどうかしたの?」

ナツメ「!何かがおかしい…!?」

レッド「数を数えてみよう」

イチニィサンシィゴォロクヒチハチキュウジュ…

グリーン「10人いる…!」

リーフ「ちょ、ちょっとお兄ちゃん!?数え間違えたんじゃ…」

コトネ「そ、そうですよレッドさん!もぉ、おちょっちょこちょいなんだから…」

カスミ「ほ、本当よ…まったくあんたってば…」

トウコ「いや、確かに10人いるぞ…!」

メイ「ひっ…!」

エリカ「あらあらまぁ」

アイリス「不思議な事もあるねー」

ナツメ「…」

コトネ「ま、まさか幽霊!?」

レッド「困った…シルフスコープ無くした…」

グリーン「おいおいまじかよ…!」

リーフ「やめてくれよぉ…」

コトネ「れ、レッドさ~ん…」ガクガクブルブル

カスミ「れ、レッドォ…」ガクガクブルブル

レッド「困った、流石にシルフスコープが無いと幽霊に攻撃できない…」

グリーン「あぁ…仕方ない、かぎわけるか」

リーフ「みやぶった方がスマートね」

アイリス「すごーい、カントーの人ってポケモンの技つかえるんだね!」

エリカ「マサラ生まれだけですわ」

ナツメ「ちょっと」

「「ん?」」

ナツメ「貴女誰かしら?」

アイリス「ん?」

「「あ!」」

アイリス「やっほー」

トウコ「お、アイリスじゃんか」

グリーン「アイリス?もしかしてあの」

メイ「はい、現イッシュリーグ名誉チャンピオンのアイリスちゃんです」

コトネ「ふぇ!こんな小さな子がですか!?」

リーフ「話には聞いてたけど…ロリロリねぇ…ロリの役割が持てるわ…」

アイリス「えへへ♪」

レッド「パーさんがいなくてよかった」

グリーン「今頃逮捕されてるかもな」

エリカ「で、そのアイリスさんは何故ここに?」

アイリス「うん、何かカントージョウトから来た有名トレーナーがイッシュ中で暴れてるって聞いたから興味がわいて来ちゃったからあいに来たんだよ!」

ナツメ「あら、私達は暴れてないわよ」

リーフ「暴れる前に倒されたしねぇあんた達」

カスミ「ぐっ…わ、悪かったわよ…」

アイリス「最近挑戦者が私の所まで来なくて暇なんだ!ついてっていいかな?」

レッド「構わないけど…」

アイリス「?何レッドお兄ちゃん?」

レッド「君が話に聞いたのと大分感じが違うから」

アイリス「へ?どんな感じに伝わってるの私」

レッド「生意気で頭にキバゴを乗せてて口を開けば二言目には「子っ共ね~」って」

アイリス「ストップ」

レッド「?」

アイリス「その事についてはアルセウスの見えざる手が働いてるから聞かないでほしいんだよー」ガクガクブルブル

レッド「!わ、分かった…」ガクガクブルブル

トウコ「…なんだこの会話」

グリーン「触らぬ神になんとやらだから」ガクガクブルブル

リーフ「でさ、先ずはどこに行くコトネちゃん」

コトネ「そうですね~…買い物がしたいんですけど…」

ナツメ「ならブラックシティね」

カスミ「あそこぼったくり店ばっかりじゃないのよ」

アイリス「だからソウリュウシティに行こうってばー」

エリカ「あそこ、何かありましたっけ?」

トウコ「ソウリュウシティにゃ何もないけど近くにショッピングモールのアールナインがあるな」

コトネ「わぁ!じゃあそこにしましょう!」

トウコ「よっしゃ、トウコさん張り切って案内しちゃうよ?」

メイ「先輩素敵です!マジ惚れます!」

ワイワイガヤガヤ

レッド「なぁグリーン…」

グリーン「…なんだよ…」

レッド「あの輪に入りづらい…」

グリーン「おう…」

レッド「パーさん何してるかな…」

グリーン「さぁな」

イッシュ某所

マテヤゴラァ!ヨウジョノテキハシニクサレ!キアイダマ!
ワタシハベツニヨウジョノテキデハナイ
ダマレヤァ!

ルッコ「レポーターのルッコです!見つけました、あれが今イッシュ全域を荒らし回っているスリーパーとダークライです!今も二匹は激しい戦いを…」プチッ

シロナ「最近はイッシュも物騒ね…」

モンスターボール

ミュウツー「くっ…女共…マスターを無視して…許さん!」

ピカチュウ「んんwwwwwwww男の嫉妬は醜いですぞwwwwwwww」

ミュウツー「だまれボカチュウ!」

ピカチュウ「そんな野太い声wwwwwwwwwwwwあえて言うなら市村正親な声で言われても説得力皆無なのですなwwwwwwww」

ミュウツー「高島礼子のような声も出せるぞ」

ピカチュウ「声が変えられたからどうだと言うのですかなwwwwwwww」

ミュウツー「性別も自由自在」

ピカチュウ「なん…だと…」

ミュウツー「つまり私はマスターが望むまま性別が変更できるのだ!つまりマスターに一番相応しいのはこの私だ!」

ピカチュウ「レッド氏は人間なんですなwwwwwwwwwwww」

ミュウツー「…うん、禁断の愛、障害があるほどより燃える愛…」

ピカチュウ「」

ピカチュウ「んんwwwwwwww」

リザードン「かげかげ~」

フシギバナ「ふっしぎふしぎふっしぎぃ~」

カメックス「ファファファファファファ…カメェーッ!」

ピカチュウ「んんwwwwwwww「だまれボカチュウ!」の後ろの「私に性別は無い!」が消えてましたなwwwwwwwwぼんミスはありえないwwwwwwww」

ミュウツー「誰に向かって言ってるのだ」

ピカチュウ「こっちの話ですぞwwwwwwww」

ミュウツー「と言うわけでもう我慢できん、ちょっとボールからでてマスターを押し倒してくる」

ピカチュウ「んんwwwwwwwwポケ姦はありえないwwwwwwwwレッド氏はケモナーではありませんぞwwwwwwwwタマゲタケがモロバレルになるのはありえませんなwwwwwwww」」

ミュウツー「その必要は無い」

ピカチュウ「んん?wwwwwwww」

ミュウツー「私がマスターのマダツボミをディグダするからだ」

ピカチュウ「」

ミュウツー「?」

ピカチュウ「キメェ」

ミュウツー「ひどい」

ピカチュウ「いやマジキメェから、てか人間に欲情する時点であれなのに同性にハァハァするとか無いわー…いやマジ無いわー…」

ミュウツー「基本私は性別無しだが…まぁさっき言ったとおり自由自在だし、と言うよりピカチュウ」

ピカチュウ「あ?」

ミュウツー「口調が素に戻ってるぞ」

ピカチュウ「五月蝿い黙れ」

リザードン「か~…げっ!」

フシギバナ「あの~木何の木♪気になる気になる♪」

カメックス「性の法則が乱れる!」

ピカチュウ「無いわー…伝ポケがウホとか無いわー…」

ミュウツー「誰がウホだ、私に性別は無い、基本的に」

ピカチュウ「レッドをアッー!したい言ってただろてめぇ」

ミュウツー「ふたなりっ娘と考えれば萌えるだろ?」

ピカチュウ「ふたなりっ娘に謝れよ早く謝れよ」

ミュウツー「私の親も一人で私を産んだ、つまり私の家系は産まれながらにして男も女も超越した究極のふたなりっ娘なのだ」

ピカチュウ「意味わかんねぇてか単体生殖とふたなりは関係ないから」

ミュウツー「ちょっと何いってるかわかりませんね、でも凄くやな感じです」

ピカチュウ「黙れ」

ミュウツー「もう我慢できんから女共始末してマスターと逃避行する」

ピカチュウ「やめろ」

リザードン「かげ~…か~げ~」

フシギバナ「なんとも不思議な木ですから~♪」

カメックス「無とはいったい…うごごごごご!」

ピカチュウ「てかそれならコトネがレッドに告った時にボールから出てきとけよ」

ミュウツー「その時手持ちにいなかった」

ピカチュウ「あぁ…そういやシロガネヤマもPWTも手持ち固定通知受けてるからな…」

ミュウツー「ちょっとゲーフリの社長誘拐して私を手持ちに入れるよう脅迫してくる」

ピカチュウ「ストップ、お前の存在自体が抹消されるから」

ミュウツー「もう何も怖くない」

ピカチュウ「寧ろ一番怖いだろ」

ミュウツー「ならどうすればいい」

ピカチュウ「酒飲んで寝ろバカ」

ミュウツー「くっ…リア充は冷たい…」

ピカチュウ「俺がリア充って…人気面でか?お前も俺と同じくらい人気があるだろ」

ミュウツー「自分はライチュウといちゃいちゃしてるくせに」

ピカチュウ「ら、ライチュウとはそんな関係じゃないから!」

ミュウツー「子供がボックス3つ分もいるじゃないですかやだー!」

ピカチュウ「だぁああああうるせぇっ!」

リザードン「くぁ~…」zZZ

フシギバナ「この番組はシルフコーポレーション、ご覧のスポンサーの提供でお送りしています」

カメックス「私はネオカメックス…全てのでんき、全ての草、全ての二倍属性を消し、そして私も消えよう、永遠に!!」

グリーン「…お前のポケモン、変」

レッド「ツーさん、ちょっとボックスに預けてくる」

リーフ「お兄ちゃん達、早く行くわよ~」

グリーン「あ、ちょっと待てよ!」

レッド「うん、分かった」

レッド「で、ソウリュウシティまでどうやっていくの?」

グリーン「やっぱ歩いていくのか?」

カスミ「えぇ~?や~よ、遠いのに…」

ナツメ「歩いていくには少し遠すぎるわね、途中に湿原もあるし」

トウコ「そう言うと思ってレシラムにそらをとぶを覚えさせといたし」

レシラム「伝ポケにそらをとぶを覚えさせるとかありえない」

トウコ「後でぶん殴って忘れさせたるから安心しな」

レシラム「何このご主人怖い」

カスミ「さっすがイッシュチャンピオン!気が利くわね~」

ナツメ「さぁ、いきましょうレッド、私の横に乗って」

カスミ「ちょっとナツメ!」

ナツメ「何よ」

コトネ「あわわ、喧嘩はやめてくださいよ~」

レッド「う~ん…歩いていきたかったんだけど…」

エリカ「さっさと行くわよ!ほら、レシラム閉まって!」

ナツメ「やっぱり観光は自分の足でゆっくりした方が風流よねレッド」

トウコ「切り替えはや!」

エリカ「私は着物ですので湿原はちょっと…」

リーフ「ならエリカだけ先に飛んでいく?」

エリカ「いえ、レッドさんに抱っこしていただきますので」

レッド「え」

エリカ「おい」

ナツメ「こら」

ヤマジタウン空港

カンナ「どうして私が呼び出されたのかしら…」

カリン「なかなかいい場所ね…」

フウロ「あ!あなたがカントーリーグからワタルさんの護送を承れた四天王の方ですね!」

カンナ「元だけど…と言うより呼ばれたのは私だけなのにカリンは何でついてきたのかしら?」

カリン「まぁ、私事ね…気にしなくて良いわ」

フウロ「でも本部付けの氷使いだったカンナさんが来れば何があっても安心ですね!」

カンナ「まぁね…ガチパのワタルでも止められる自信があるわ

で、そのワタルはどこかしら」

ワタル「…」ハンニバル

カリン「…昔映画で見たことがあるわねこれ」

カンナ「何でこんな事になってるのかしら…」

フウロ「はは…まぁ、フキヨセシティでかなり大暴れしましたから…」

カンナ「まったく…何でそんな事したのワタル…」

ワタル「僕は悪くない!悪いのは僕からコトネちゃんを寝取ったレッドだ!」

カリン「あら、あの二人付き合ってたのね」

フウロ「はい!何でも新婚旅行に来て…?」

カンナ「」

カンナは凍ってしまった!

フウロ「か、カンナさん!?」

カリン「あら?もしかしてあなた…」

カンナ「…」



カンナ「レッドヲコロシテワタシモシヌ」

フウロ「か、カンナさぁあああん!?」

でんきいしのほらあな

レッド「何この可愛いポケモン」

バチュル「ばちゅ」

トウコ「バチュルだな、確か今現在世界一小さいポケモンって認識されてる」

バチュル「ばちゅ?」0・1m

レッド「うわ可愛すぎ…」

カスミ「うぅ…虫の上でんきタイプなんて…私の苦手な物のあつまりじゃない…可愛いけど…」

バチュル「ばちゅばちゅ!」ピョンピョン

コトネ「可愛いですね~…」

リーフ「うわ、滅茶苦茶ゲットしたいわこいつ」

ハァハァ…ココマデクレバ…
トウヤクンワタシコワイ…

グリーン「ん?誰かこっちに来るぞ」

トウヤ「あ」

トウコ「あ」

メイ「あ」

アイリス「あ」

レッド「?」

トウコ「トウヤじゃん、久しぶり」

トウヤ「トウコ!イッシュに戻ってたのか!」

ミハル「トウヤ君、知り合いなの?」

ナツメ「メイ、知り合い?」

メイ「私のどうでもいい先輩のトウヤさんです、何でもOLの女性を妊娠させて行方不明になったとか」

トウヤ「ちょっと待てぇえっ!何その嘘情報!?」

ミハル「トウヤ君…?」

トウヤ「信じないでくれよミハルちゃん!」

メイ「他にもフウロさんやカミツレさんをヤリ捨てたとか色々良からぬ噂が」

トウヤ「だから噂をねつ造するなぁ!」

エリカ「まぁまぁ落ち着いてください、お二人ともどうしたのですか?そんなに汗だくになって…まるで恐ろしい物から逃げてきたみたいに」

トウヤ「それは…」

?「見~つけた♪」

トウヤ「ひっ!」

ミハル「いやぁああああっ!?」

やまおとこのナツミ「うふふ…」

トウヤ「な、ナツミさん…」ガクガクブルブル

ナツミ「やっと会えたねトウヤ君…突然いなくなった君を思ってどれだけ枕を濡らしたかな…?でも信じていたよトウヤ君、君が僕の下に戻ってくるって…そのメス餓鬼はなんだい?まさか僕をすててそんなメス餓鬼に靡いたのかい?
あはは、そんな事無いよね…だってトウヤ君はぼくと相思相愛なんだからそんなビッチな格好のメス餓鬼なんかに靡くはずないよね?さぁ一緒に観覧車に戻ろうかトウヤ君、そこで二人一緒に仲良く暮らすんだ、でもトウヤ君がまた居なくなったらいけないから手足を縛って…
安心してトウヤ君、動けなくても君の面倒はぼくが見るから、朝も昼も晩もずっとそばにいてあげる、さぁ一緒観覧車に戻ろうトウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君トウヤ君」

トウヤ「うわぁああああああああああっ!」
ミハル「いゃあああああああああああっ!」

カスミ「ちょ、ちょっとナツメ!あんたこいつどうにかしなさいよ!名前からしてあんたの知り合いでしょ!?」

ナツメ「脳味噌かき回すわよ?」

メイ「やっちまったなトウヤさん…」

バチュル「ば、ばちゅううっ!」ガクガクブルブル

バチュルは逃げ出した!

レッド「あ、待って!…もう居ない…」

リーフ「あ、私がモンスターボールを出してる間に…ちょっとそこの山男!どうしてくれるのよ!」

ナツミ「ん?何だい貧相なメス餓鬼ちゃん?ぼくは今愛するマイラバーと話してるんだ、邪魔しないでくれるかな?」

リーフ「…貧相…?」

レッド「あ、やばい」

グリーン「やべぇよ…やべぇよ…」

リーフ「…貴方にポケモンバトルを申し入れるわ」ニコッ

ナツミ「君と勝負してぼくに何の得があるんだい?」

リーフ「私に勝ったらトウヤを好きにしていいわよ」

トウヤ「ちょっとまてぇえええ!?何で初対面の君に僕の運命を左右されなきゃならないんだよぉおおおっ!?」

リーフ「安心して、私が負けても傷つくのは貴方だから」

アイリス「いっそ清々しいほどの外道だねリーフおねーちゃん」

リーフ「まぁ負けるわけ無いけどね」

ナツミ「随分な自信だね
よし、わかったよ…ただしぼくが勝ったらそっちの可愛らしい少年達も頂いていく」

レッド「え」

グリーン「え」

リーフ「いいわよ」

レッド「え」

グリーン「え」

ナツミ「よし、じゃあバトルだ」

リーフ「よし、行くわよ」

レッド「ちょっとぉおおっ!?」

グリーン「リーフの馬鹿やろぉおっ!」

メイ「まぁナツミさんのポケモンなんてLV25のギガイアス一匹ですから…」

トウヤ「駄目だ!今のナツミさんは…」

ナツミ「いけっ!ぼくの愛のキューピッド!」

グラードン「グラァアアアアアッ!」

エリカ「あら、あれはグラードンですわね…」

カスミ「何であんな奴が伝ポケ持ってんのよ!?」

コトネ「まぁ伝ポケが複数いるのは最近は当たり前ですし…?」
カスミ「答えになってないわよ!」

リーフ「ふん、例え伝説だろうがなんだろうが…いけっ!ピッピ!」

ピッピ「ピッピー!」

メイ「わぁ、ピッピですよ先輩!かわ…いくない!?」

ナツミ「グラードン、マッドショット!」

グラードン「グラグラァアアアアッ!」ボヒュボヒュ

ピッピ「おわぁー!」

リーフ「ピッピ!」

ピッピ「やろー」

リーフ「ピッピ、メガトンパンチ!」

ピッピ「ぼくのパンチを受けるっピ!」

ナツミ「グラードン、ひでりソーラービームでふきとばしなさい!」

グラードン「ぐらぁああああああっ!」ビーム

ピッピ「ギエピー!」

ナツミ「所詮ピッピなんかじゃグラードンに勝てるわけ…」

コトネ「あぁ!リーフさんのピッピが!」

アイリス「やっぱピッピじゃ無理なんだよー…」

トウヤ「あぁ…オワタ…」

グリーン「いや、大丈夫だろ」

レッド「うん、大丈夫だね」

トウヤ「へ?」

ピッピ「…」ムクリ

ナツミ「な、何だって!?」

メイ「あれだけの攻撃を受けて立ち上がった!?」

トウコ「どんな育てかたしたらピッピがあんなに頑丈になるんだよ…」

ピッピ「…」キッ

グラードン「ぐ、ぐら…」

ピッピ「今日の所はこのぐらいにしておいてやるっピ、命拾いしたっピね」キリッ

ナツミ、グラードン「ふぁっ!?」

リーフ「真面目にやれー!」デュクシ

ピッピ「ピ!」

リーフ「ピッピ、もたせてあるつきのいしを使いなさい!」

ピッピ「やってやるっピよ!」

ナツミ「せ、戦闘中に進化!?」

ナツメ「よくあるよくある」

トウヤ「いや、無いよね!?」

レッド「カントーではよくある光景だから」

コトネ「いや、ありませんよね!?記憶に無いですよ私!?」

メイ「カントーって魔境ですね先輩!」

トウヤ「いやねーよ!」

デケデケン!デッデッデッデッデッデッデッデー

ピクシー「ピクシー!」

デンデンデーン!デケデケンデケー!

アイリス「ピクシーに進化しても可愛くないね…」

ピクシー「ぼくの可愛さがわからないなんて感性がおかしいっピ!」

グラードン「ぐ、ぐら…」

ピクシー「待たせたっピね、これがスーパーピクシー人3だっピ
この姿でいられるのは三分だけだから早めに済ませてやるっピよ」

トウコ「何で三分たったら進化が解けるんだよ…」

レッド「ほら、あいつたいかのいし飲み込んじゃってるらしいし…」

トウヤ「なんですかたいかのいしって…」

ナツミ「こ、虚仮威しだ!やれグラードン!じしん!」

リーフ「ピクシー!たいあたり!」

ピクシー「ぼくのたいあたりをくらうっピ!」ドゴォ!

グラードン「ぐらっ!?」

ナツミ「ぐ、グラードン!?」

ピクシー「ふ、所詮は伝説のポケモンもその程度だっピね」

グラードン「ぐ、ぐらぁ…」

トウコ「いや、種族値的に無理だろ!?」

エリカ「まぁ現実にピクシーがグラードンを吹き飛ばした訳ですし」

トウコ「いやいや!?何でたいあたりなんかであんなに吹き飛んでんだよ!?」

エリカ「さぁ…」

ピクシー「とどめのゆびをふるで完膚無きまでに叩きのめしてやるっピ!」

ピクシーのゆびをふる!ピクシーのだいばくはつ!

ピクシー「へっ!?」ピカァ

ナツミ「うぎゃああああああああああああっ!」

グラードン「ぐらぁああああああああっ!」

ピクシー「ギエピィイイイイイイイイイッ!」

リーフ「ふっ、他愛もない…」ファサァ

ピッピ「少しはぼくの心配もしろっピ!」プスプス

トウヤ「何でだいばくはつしたのに平気なんだ…」

トウコ「もう突っ込まねえぞあたしゃ…」

ミハル「と、兎に角ありがとうございます!」

リーフ「あ、いたの」

ミハル「ひどっ!?」

リーフ「いや、だってあなたモブ顔だし」

ミハル「モブ顔!?」

トウヤ「兎に角ありがとうございます!」

ナニ?イマノバクハツ

トウコ「ん?この声は…」

カミツレ「あら、あなた達」

メイ「あ、カミツレさん」

レッド「!」ササッ

コトネ「レッドさん!?」

レッド「サインください!」

グリーン「お前そればっかだな…」

レッド「だってスーパーモデルのカミツレさんだよ!?サインもらいにいかない方がおかしいって!グリーンもサインもらいなよ!」

グリーン「いらねーよ…てかチャンピオンである俺様の方がスターとしてのランクは上かな?格下の奴には興味ないぜ?」

レッド「いや、普通なら
カミツレさん>>>>>越えられない壁>>>1日チャンピオンのグリーン()
だよ?」

グリーン「てめぇ」

カミツレ「カントーチャンピオンにジョウトチャンピオン、イッシュチャンピオンが揃ってるなんて凄くレアな光景ね…で、トウヤ君」

トウヤ「なんですカミツレさん」

カミツレ「横の女の子は誰なのかしら?」

トウヤ「え」

レッド「え」

コトネ「え」

リーフ「え」

グリーン「え」

トウコ「またか」

レッドたちはにげだした!

一方ヒビキ

女の子「…」クンクン

ヒビキ「…」

女の子「みかづきのはねはあっち!」ビシッ

ヒビキ「良かった…よし、君が安心して成仏できるように早く見つけよう!」

女の子「見つけてもヒビキ君から離れるとはいってないよ?」ダキツキ

ヒビキ「え」

アカネ「ちょっと!あんた何ヒビキにだきついとんねん!離れんかぁ!」

アカネはきもったまだ!

ミカン「アイアンテールアイアンテール!」ピシピシ

女の子「やぁん!」

イブキ「もぉ!何でこんなことになってるの!?ヒビキ君は私の物なのに!」

?「あら、なかなか賑やかねヒビキ君」

ヒビキ「!?か、カリンさん!?」

アカネ「ちょ、何でカリンさんがイッシュにおるん!?」

ミカン「まさかカリンさんも!?」

カリン「両想い片思いそんなの人の勝手、本当に好きな相手なら力付くで寝取るべき…と言うのがあたくしの恋愛感よ」

イブキ「さらっと最低なこと言った!?」

ヒビキ「助けてコトネ!シルバー!てかシルバーどこ行った!?」






サカキ「久しぶりだなシルバー」

シルバー「親父…!」

劇的再会をしていた

一方スリーパーとダークライ

ダークライ「はぁはぁ…幼女最高…これが幼女…」

キルリア「ふぇええ…」

ロリーパー「そんな幼女の命を奪ったんだよ!君は!」

ダークライ「私は何という事をしてしまったんだー!」

ロリーパー「今からでも遅くは無い、世に生きる幼女のために今から罪滅ぼしをするんだ!」

ダークライ「スリーパーさん…!」

ロリーパー「ダークライ…!」

キルリア「ふぇええ…きもちわるいよぉ…」

ロリーパー「さぁお嬢さん、おじさんと楽しい所にいこうね」

ダークライ「はぁはぁ…ロリリアたんと夢の中でラン[ピザ]ーしたいお…」

キルリア「ふぇええ…ぼくおとこのこだよぉ…」

ロリーパー「寧ろご褒美です」

ダークライ「男の娘…!なんて素晴らしい!」

キルリア「ふぇええ…」

正直見てる人なんているのか不安になりながらもフキヨセシティ

トウヤと別れたレッド達はフキヨセシティに来ていた

ゴーリキー「えっほ」
ドテッコツ「えっほ」

トウコ「…なんでフキヨセ空港が吹っ飛んでんだ?」

メイ「さぁ…」

レッド「…」プイッ

リーフ「…」プイッ

グリーン「…」プイッ

トウコ「おいこらまたあんた達が原因か」

コトネ「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!」

?「あ、レッド君達!」

エリカ「あら、あの方は…」

レッド「フウロさん、こんにちは」

フウロ「久しぶりだね!」ボイーン

カスミ「な、何あのおばけおっぱい…」ズーン

ナツメ「あ、あれで私達より年下って言うの…?」ズーン

エリカ「まぁまぁ、ひがみはよくありませんわ」ボイーン

メイ「そうですよ皆さん!女の子の価値はおっぱいじゃありません!」ボイーン

カスミ「きぃーっ!わ、私だって年相応以上はあるんだから!」

コトネ(間違いなくこの中で一番無いのは私です本当にありがとうございました)

リーフ(もげろ…もげろ…)ブツブツ

フウロ「あ、トウコちゃん!イッシュに帰ってきてたんだね!」

トウコ「おう、Nの野郎のストーキングから逃れて何とかイッシュに帰ってきたぜ…野郎…あたしが帰ってきたとたんイッシュに居つくとか…マジうぜぇ…はぁ…」

メイ「大丈夫ですよ先輩!Nさんには色っぽい♀ポケあてがって骨抜きにしてますから!」

トウコ「いったい何匹のゾロアークやサーナイトやミミロップが犠牲になったんだ…」

メイ「大丈夫です先輩!キョウヘイ君が何千匹も厳選で放流してますから変わりはいくらでも捕まえられます!今や3ばんどうろはラルトスで溢れかえってますよ!」

トウコ「何やってんだよキョウヘイ…頭いてぇ…てかポケモン分布が2年前と違いすぎると思ったらキョウヘイのせいかよ…」

レッド・リーフ・カスミ・ナツメ((言えない…厳選でカントーの生態系壊したなんて言えない…))

グリーン「は?厳選?乱す…」

リーフ「ふんっ!」デュクシ

グリーン「ぐふぉっ!」

アイリス「あはは!なんか盛り上がってるねみんな!」

コトネ「あ、あんまり盛り上がっちゃいけない話題ですけどね~…」

フウロ「あ、そうそう!カミツレちゃん見なかった!?カミツレちゃん、でんきいしのほらあなに行ったっきり帰ってきてないんだぁ…遅くて心配だよ…」

レッド「カミツレさんならさっき会いましたよ」

フウロ「本当に!?」

トウコ「トウヤが女連れてたのみて発狂して襲いかかってたぜあいつ」

フウロ「え」

レッド「え」

コトネ「え」

グリーン「」ピクピク

リーフ「またか」

カスミ「いい加減マンネリよ…」

フウロ「カミツレちゃんずるいよ!トウヤ君見つけたら二人でアタックしようっていったのに!」

エリカ「あら」

ナツメ「今までと違う反応ね」

フウロ「もぉ!トウヤ君とカミツレちゃんはどっちにいったのかわかるかな!?」

アイリス「お兄ちゃん達なら多分まだでんきいしのほらあなにいるよー」

フウロ「よし!あたしもいってくる!またね皆!」バタバタ

メイ「あ、フウロさーん!」

トウコ「いっちまったな」

レッド「ハーレム主人公みたいでモテモテだねトウヤ君も」

「「あんたが言うな」」



フウロ「あ、レッド君にカンナさんが来てるの伝えるの忘れた」

一方

ジュンサー「ほら、きりきり歩く!」テジョー

ダークライ「まさかこんな事になるなんて…」トボトボ

ロリーパー「僕達はただ…幼子と仲良くしたかっただけなんです…」トボトボ

キルリア「怖かったよー」

ヒカリ「よしよし」

これからは一週間に一回か二回程度で投稿しますのでもし見てる方がいるなら気長に待ってください

リザードンは俺の嫁

たとえそのリザードンが♂だとしても!?

>>114
むしろ♂の方が好み

サザナミわん

海パン野郎「な、何だ!?あのサイホーンに乗った筋肉質のイカす野郎共は!?」

ビキニのお姉さん「す、素敵…なんて筋肉…」

タケシ「つきましたなシバさん」ナミノリ

シバさん「あぁ、レッドのいるイッシュだ」ナミノリ

タケシ「はやく会いたいですな」

シバ「あぁ、このたぎる肉体をレッドに早くぶつけたくてたまらん」

タケシ「しかしレッドもあれですな、女にうつつぬかすなど」

シバ「まったく、目をさまさせてやらんといかん」

タケシ「やはり男と男は硬い岩のような筋肉をぶつけ合うのが正しい姿ですな!」

「「ウーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwハーwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」」

セッカシティ

レッド「!?」ゾクゥ

コトネ「どうしたんですレッドさん?」

レッド「今凄い悪寒が…」

リーフ「雹が降り注ぐシロガネやまの頂上で毎日半袖で稽古してるレッドが寒がるなんてよほどね」

トウコ「上着きろ」

カスミ「まったく…ほらさっさといくわよ、雪が降ってなくてもセッカは寒いんだから」

トウコ「服きろ」

こうしてレッド達はセッカシティを後にした










ハチク「私の出番は!?」

セッカシティをあとにした

ハチク「私の出番」

セッカしつげんにきていた

ハチク「私の出番は?」

そこでレッドは運命の出会いをすることとなる

ハチク「私の出番…」
運命の出会いをすることとなる

レッド「何このポケモン」

マッギョ「デュフフ…」

エリカ「あらあらまぁ、何と不細工な…」

トウコ「マッギョだな、トラップポケモンの」

ナツメ「ほらカスミ、あなたの好きな水に住むポケモンよ」

カスミ「あんた分かって言ってるでしょ」

レッド「?どゆこと?」

メイ「マッギョって水の中にすんです癖にみずタイプが弱点なんですよ!」

リーフ「え、なんなのそれは」

グリーン「せめてちょすいぐらいやれよ…」

レッド「この見た目」

マッギョ「デュフフ…」

レッド「その意味のわからなさ…」

マッギョ「デュフフ…」

レッド「い…」

マッギョ「デュフフ…」

レッド「イカス…!」

マッギョ「デュフフ!」

レッド「ゲットして僕のイメージポケモンにしよう」

グリーン「はやまるなぁ!」

レッド「相手はでんきタイプとじめんタイプ、相性がいいのはバナさんだけどここはあえて…いけっ!」

ボフンッ

カメックス「我が名はカメックス…カントーにうまれし最高のみずタイプなり…我は単タイプにして複合タイプにあらず…弱き複合タイプよ、消え去れ!」

トウコ「え、何で電気相手にみずタイプ?もしかしてレッドってア…」

カスミ「レッドはアホじゃないわ!根性論なのよ!」

アイリス「やっぱりアホじゃないかなレッドお兄ちゃんって!」

ナツメ「根性論を馬鹿にしないほうがいいわ…何せレッドだもの、何か秘策が…」

レッド「いけっ!クイックボール」

マッギョ「マギョ!?」

ボフンッ

レッド「マッギョをゲットだぜ!」

「「」」

レッド「?どうしたの皆?」

トウコ「いやいやいや!?普通みずタイプででんきタイプを倒す展開だろ普通!?」

レッド「え?倒しちゃだめじゃないか、捕まえるのが前提なんだし」

トウコ「そもそも折角カメックス出したんだから普通戦うだろ!」

レッド「ガメさんレベル100なのに削る前に倒しちゃうし」

カメックス「」

リーフ「ドンマイ☆」

こうしてレッドは運命のポケモン、マッギョをゲットした!このマッギョを使いレッドがポケモンマスターを超えた存在になるのは未来の話である

サザナミタウン

シロナ「ヒカリちゃん!大丈夫だった!?変態ポケモンに襲われたって聞いたけど」クンカクンカ

ヒカリ「襲われたのは私のキルリアですシロナさん、それより」

シロナ「何ヒカリちゃん?」クンカクンカ

ヒカリ「人のスカートの中に頭突っ込んで匂いをかがないでください」

シロナ「わかったわ!」スーハースーハー

ヒカリ「深呼吸もやめてください」カワラワリ

シロナ「あぁん」

コウキ「ヒカリ、干してあった僕の下着しらないかい?」

ヒカリ「シロナさんがかぶってる」

コウキ「…」

シロナ「あぁコウキ君、君にそんな生ゴミを見る目で見られると、私、胸が高鳴っちゃう!」

コウキ「取りあえず僕の洗ったばかりのブリーフ返してくださいシロナさん」

シロナ「甘いわよコウキ君!このブリーフは洗濯してあったのではなく貴方が脱いだのを洗濯前にくすねた物!」

コウキ「返してください」

シロナ「…はい」

ヒカリ「そう言えばコウキ、私のキルリア知らない?」

サザナミわん砂浜

キルリア♂「ちゃぷちゃぷ」

ザザーン…

キルリア♂「…」ニコニコ

ザバーン!

キルリア♂「!」ビクッ

タケシ「久々の陸地ですなシバさん!」ムキムキ

シバ「うむ!やはり地面に足がついた感覚が一番だなタケシ!」ムキムキ

タケシ「もうレッドまですぐといった感じですなシバさん!」ムキッ

シバ「レッドのかほりが此処まで匂ってきそうな感じだのタケシ!」ムキッ

サイホーン「」ゼヒューゼヒュー

タケシ「おや?サイホーンが死にかけてますぞシバさん!」ムキー

シバ「やはりじめんいわタイプに波乗りはきつかったようだなタケシ!」ムキー

「「アハハハハハハハ!」」ガッチムチ

キルリア♂「ふぇぇ!」

サイホーン「」ゼヒューゼヒュー

タケシ「おや?あそこにいるのは…」

キルリア♂「ふぇぇ…」

シバ「うほっ、可愛い男の娘…」

キルリア♂「ふぇ…」

タケシ「ようこそ」

シバ「男の世界へ」

キルリア♂「ふぇえぇぇえぇ!」




ヒカリ「キルリア~どこ~?」

コウキ「いないね、キルリア」

ヒカリ「何処いっちゃったんだろ…」

コウキ「僕はあっちを探してみ…」ポン

コウキ「?」

エルレイド「…」

コウキ「え」

エルレイド「やらないか」

コウキ「え」

9ばんどうろ・アールナイン

レッド「色々あったけど僕たちは目的地アールナインに到着しました」

リーフ「誰に説明してるのよ」

コトネ「わぁ、広いですね~…コガネ百貨店みたいですよ」

カスミ「さぁレッド、私の買い物に付き合いなさい、私、そろそろ新しい水着が欲しかったのよね~」

ナツメ「あら、何を言っているのカスミ?レッドは私と新しいスプーンを買いに行くのよ。占いでもそう言う結果が出たわ」

カスミ「何よ!」ゴゴゴ

ナツメ「何?」ゴゴゴ

グリーン「お、落ち着け!それ以上気を高めるな!」

エリカ「では間をとってレッドさんは私のSM道具を買うのに付き合って貰うことで宜しいですね」

「「んな訳あるか!」」

リーフ「あ~…悪いけど貴女達…」

カスミ「何よ!?邪魔しないでくれるおじゃま虫!」

ナツメ「いくらレッドの妹といってもこればかりは譲れないわ」

エリカ「鞭と蝋燭はありきたりですし…」

リーフ「レッドならもうコトネちゃん達といっちゃったわよ」

カスミ「な、何ですって~!?」

ナツメ「こんなの占いの結果に無かったわよ!」

エリカ「あらあら」

グリーン(毎回思うんだけどナツメの占いって実は一度も当たったことが無いんじゃ…)

ナツメ「サイコキネシス!」キュイィン

グリーン「うおっ!?こ、心読むなぁ!」グギャァァ

トウコ「下が騒がしいな」

メイ「ほうっておきましょう先輩!どうそまたそこのハーレム野郎関係です!」

レッド「ひぃん…」

アイリス「ブロムヘキシン、リゾチウムを3ダースで!」

店員「畏まりましたアイリス様」

コトネ「わ~…ブルジョワ~…」

?「やっと見つけたわレッド…」

レッド「!?」ゾクッ

カンナ「ふふ…」

コトネ「だ、誰ですか貴女!?」

カンナ「レッドの嫁…と言ったところかしら?」

トウコ「おい、またお前関係か」

メイ「もう一度死んじゃえば良いんじゃないですかレッドさん!」

レッド「酷い」

アイリス「でも当たり前の反応だと思うよレッドお兄ちゃん!」

レッド「僕が何をしたって言うんだ…」

カンナ「私の凍えるハートを燃やして溶かしたじゃない…あんなに熱く…(だいもんじで)」

コトネ「レッドさん…?」ニコリ

レッド「助けてリーフ!グリーン!」

カンナ「さぁレッド…一緒にいきましょ…そしてナナシマで一緒に暮らすの…」

コトネ「れ、レッドさんは渡しません!私が相手です!」

レッド「…良いですよカンナさん…」

コトネ「レッドさん!?」

カンナ「ふふ…やっぱり貴女のようなちんちくりんより私の方がいいみたいねレッドは」

レッド「ただし…僕に勝てたらですけど」

カンナ「!」

レッド「いけっ!ピカチュウ!」

ピカチュウ「んんwwwwww我の出番ですなwwwwww」

トウコ「おい、こんな所でバトルする気か!?」

アイリス「私達だって建物の中で毎回戦ってるし今更だよトウコお姉ちゃん!」

カンナ「ふっ…やはり貴方を手に入れるのは一筋縄ではいかないのね…なら…」

レッド(カンナさんのエースはラプラス、もしラプラスじゃなくてマンムーを出されても…)

カンナ「いきなさいカイオーガ!」

カイオーガ「カンナァ、成長しやがったなぁ」(ニタァ)

ピカチュウ「」

レッド「え、伝説のポケモンってこんな簡単に手に入るもんなの?」

コトネ「さ、さぁ…?まぁジョウトにも何故かいましたし以外と簡単に?」

カンナ「カイオーガ!しおふき!」

カイオーガ「エフッエフッエフッ!」プシャァ

ピカチュウ「ピッカー!」

レッド「ピカチュウゥウウウッ!」

ピカチュウ「あ、甘いな…気合いタスキだ…そして…もっていきな…最後の悪あがき…俺の全身全霊…」ヨロッ

ピカチュウのかみなり!しかしこうげきははずれた…

ピカチュウ「」

カンナ「カイオーガ!れいとうビーム!」

カイオーガ「!」クワッ

トウコ「!カイオーガの背中が!」

メイ「鬼が泣いた…!?まさかあれは!」

トウコ「知っているのかメイ!」

メイ「あれは伝説のヒットマッスルッッッ!」

トウコ「ヒットマッスルッッッ」

アイリス「どう考えてもれいとうビームに関係ないよねッッッ」
ピカチュウ「ギエピッカァアアアアアッッッッ!」

レッド「ピカチュウゥッッッ!」

コトネ「何で皆さんッッッとかつけてるんですかッッッ!」

ピカチュウ「ぐぅ…必然力が…たりませをな…ぐふっ…」

レッド「ピカチュウッッッ!」

カンナ「さぁどうするレッドッッッ!」

レッド「くっ…ならこっちは…!」

コトネ(今のレッドさんの手持ちならフシギバナなら…!でもれいとうビームがくればタイプ不一致とはいえ…それにカンナさんがこれ以外にも伝説をもってるかも…)

レッド「ツーさん、サイコブレイクでごり押し」

カイオーガ「~ッ!」(未体験の衝撃ッッッッ)

コトネ「」

カンナ「なっ…!カイオーガ!?くっ、ならルージュラ!」

レッド「サイコブレイク」

カンナ「半減できるのに一撃…!?」

ミュウツー「ふっ」クイッキラン

カンナ「!?こだわりメガネッッッ!」

レッド「サイコブレイク」

レッド「サイコブレイク」

レッド「サイコブレイク」

レッド「サイコブレイク」

カンナ「…もう手持ちはいないわ…」

トウコ「高レベル伝説でごり押しッッッ!」

メイ「もしかしてレッドさんってレベル厨な上伝説厨なんでしょうか先輩!?」

アイリス「だから最弱チャンピオンなんて言われるんじゃないかな~…」

レッド「レベルでのごり押しはポケモントレーナーなら誰もが通る道だし!普段は伝説なんて使ってないし!御三家とピカさんを外さないのは大いなる意志の決定なだけで実は全地方コンプリートしてるしぃ!」

トウコ「あ、開き直った」

メイ「見苦しいですね先輩!」

レッド「うぁああああん!」グスッ

コトネ「よしよし」

カンナ「…グスッ…」

?「なんだい!情けないねカンナ!」

カンナ「…!キクコさん!」

キクコ「まったく…元カントー四天王が聞いて呆れるよ!」

トウコ「えぇと…誰だこの婆ちゃん?」

コトネ「また私の知らない人だぁ…」

オイオイ!ウエデナンカスゴイオトガシタゾ!ハァハァヤットツイタ…アラアレッテキクコサントカンナサマ!?

アイリス「あ、みんなきたよ」

メイ「すっかり存在忘れてましたね先輩!」

グリーン「…」

レッド「グスッ…」ヒザマクラ

コトネ「よしよし」ナデナデ

カンナ「ヒック…」

グリーン「えぇっと何が…」

カスミ「何でカンナ様が…ま、まさかカンナ様も…!?ってちょっとコトネ!何レッドに膝枕なんてしてあげてんのよ!代わりなさいよ!」

ナツメ「そうね、私に変わるべきだわ」

エリカ「修羅場ktkr」ワクワクテカテカ

リーフ「て言うか何でキクコお婆ちゃんまで…まさかキクコお婆ちゃんまでレッドに…」

キクコ「ふん、あたしはレッドになんぞ興味はないさ」

グリーン「んじゃあ何でイッシュにまで…」

キクコ「…」ポッ

グリーン「…!」ゾクッ

リーフ「ま、まさか~…」

キクコ「グリーン、ちょっと見ない間にいい男になったじゃないか」

グリーン「」

キクコ「この姿、まるで昔のオーキドの爺の生き写しじゃないか」

グリーン「」

キクコ「久し振りに…ふふ…わしのハートがオーバーヒートじゃわい、ふぇふぇふぇwwwwww」

グリーン「いやぁあああああああああっ!」

そだてや前

ヒビキ「本当にみかづきのはねはこっちなの君?」

女の子「うん、こっちだよ(棒」ギュウッ

イブキ「ちょっと!いい加減ヒビキ君から離れなさい!」

アカネ「ええ加減にせんとようしゃせんで!」

女の子「べ~」

ミカン「清めのお香ぶちまけちゃいましょうか」カチャ

ヒビキ「ミカンちゃん!目が何か怖いから!」

カリン「醜い嫉妬美しい嫉妬そんなの人の勝手、本当に嫉妬したならその嫉妬を貫き通すべき」

ミカン「はいカリンさん!あたし頑張ります!」

ヒビキ「焚きつけないでぇ!(ryどいてどいてぇ!」…え?」ドゴォ

ヒビキ「ぐべぇ!?」

イブキ「ひ、ヒビキくうぅぅぅんっ!?」

アカネ「なっ…!ミルタンクによるころがるダイレクトアタックも…!」

ミカン「ハガネールによるアイアンテールのダイレクトアタックも受け止める…」

カリン「ヒビキを吹き飛ばすなんて…」

キョウヘイ「だ、大丈夫ですか!?」

ヒビキ「ぐふっ…ま、間違いない…!この匂いは…!」

キョウヘイ「…!この匂い!」

ヒビキ「強者の匂い!」

キョウヘイ「目があったらバトル!」

激しい戦いのすえ

キョウヘイ「負けた…」

ヒビキ「まさかウルガモス以外全部たまごだったなんて…」

キョウヘイ「ペラップを5回鳴らすのは負けだと思ってる」

アカネ「?どういう意味や?」

イブキ「わ、私にきかないでくれる」

ミカン「厳選は脆弱ですよ?」

ヒビキ「ミカンちゃん!?」

カリン「厳選乱数そんなの人の勝手、本当に強いトレーナーはマイオナで勝つべき」

アカネ「ま、マイオナってなんや?」

イブキ「だから私にきかないでくれる!?」

ヒビキ「カリンさんが壊れた!?」

ミカン「それでもやっぱり理想個体が最低ラインですよねカリンさん」

カリン「そうね、わたくしはめざパにも妥協しないわ」

アカネ「り、理想個体…?なんやそれ?」

イブキ「た、多分能力が普通の個体より高いって意味じゃないかしら…めざパはめざめるパワーの事よねヒビキ君…?」

ヒビキ「頼むから二人は汚れないでください!」

キョウヘイ「お~い…俺を放置しないでくださいよ~…」

ウルガモス「」チーン

メガニウム「大変にゅ!ウルガモスが息してないにゅ!」

キョウヘイ「ん?」

ヒビキ「お?」

テケテケン テッテーテッテーテッテーテッテー テッテーテッテーテッテーテッテー

ラルトス♀「らる~!」

ヒビキ「わぁ、ラルトスか!」

キョウヘイ「へへ…いいでしょ?で、個体値、性格はっと…」

ピッ!3V、いじっぱり

キョウヘイ「どっせいっ!」ブン

ラルトス♀「らる~!?」ヒューン

ラルトスをにがしました

ヒビキ「えぇ~っ!?」

アカネ「な、なにしとんねやあんた!?折角産まれたポケモンをあんなダイナミックに逃がすなんて!」

ミカン「理想個体じゃない、しかも性格不一致なら仕方ないことです、ねっ?ヒビキさん?」

カリン「廃人なら当たり前の事だわ」

イブキ「は、廃人?」

ヒビキ「メタな発言禁止ぃ!」

ウルガモス「」チーン

メガニウム「誰か!助けてください!助けてくださいにゅ!」

キョウヘイ「はぁはぁ…すいません…見苦しい所見せちゃって…」

ミカン「しかたありません、キョウヘイ君の気持ちはあたしにも痛いほどわかります…だから貴方も乱…」

キョウヘイ「ノウ!絶対にノウ!」

アカネ「なぁヒビキ、うちらにもそろそろわかるように説明してくれへん?さっきからさっぱりやわぁ…」

イブキ「そ、そうね、私にも説明してくれるかしらヒビキ」

ヒビキ「二人とも今のままでいてくれ」

???「見つけたわヒビキ、いえゴールド!」

ヒビキ「!?俺をそう呼ぶ人間はもうこの世にはいはいはず…ま、まさか!?」

???「そう」

カリン「!?あ、貴女はまさか…!」

クリス「私よ」

ミカン「く、クリスさん!?」

アカネ「う、嘘や!あんたはもうコトネに統合されて消えたはずや!」

クリス「いつから私がコトネと統合されて消えたと錯覚していた?」

キョウヘイ「誰っすかあの超可愛い子!?」

女の子「まさかヒビキ君のストーカー!?」

イブキ「いいえ、あれはそんな生易しいものじゃないわ!」

クリス「さぁゴールド、私と一緒にいきましょ…?」

ヒビキ「くっ…い、いやだっ!折角人生の絶頂なのに!」

クリス「そう、なら仕方ないわね…いけっ!アネデパミ!」

アネデパミ「しぎゃーっ!」

キョウヘイ「色違いリザードン!珍しいなぁ…」

ヒビキ「違う!あれはリザードンなんかじゃない!あれは…あれは…存在してはいけないポケモンなんだよ!」

レッドが主役のアニメスペシャルをやるとか

クリス「いきなさいアネデパミ!いってゴールドを捕まえてくるのよ!」

ヒビキ「くっ…!お、俺はまだそっちにいけないんだぁっ!いけルギア!」

ルギア「命をかけてかかってこい!」

アカネ「でたっ!ヒビキの切り札や!」

キョウヘイ「うわ!すごいポケモンだなぁ…これなら圧勝…」

イブキ「いいえ、いくら神であるルギアといえどアネデパミ相手には力不足…私も手を貸すわヒビキ!いってキングドラ!」

キングドラ「なぜ私には首が三つ無いのか…」

カリン「わたくし達も行きましょう、いきなさいブラッキー!」

ブラッキー「正直自分、外れ進化よね…」

アカネ「よっしゃ!いけミルタンク!」

ミルタンク「ぼいん」

キョウヘイ「!トレーナーもポケモンもおっぱいだ!」

アカネ「んなっ!?へ、変な目て見んといてくれへん!?」

ミカン「…いってくださいネールちゃん」

ハガネール「ねぇ~る…何したらいいの?」

ミカン「あそこにいる無駄に胸が大きい牛女の胸を潰してください」

ハガネール「うぃ」

アカネ「はっ!?な、何いってんのミカン!?今そんな場合や…」

ミカン「持たざる物苦しさを味わってください」

イブキ「仲間割れしないで~!」

クリス「ふん…多勢に無勢って訳ね…」

ヒビキ「クリス…君には悪いけど、俺はまだ表の世界にいたいんだ…」

クリス「そう…仕方ないわね…」

ヒビキ「わかってくれた?」

クリス「ええわかったわ…






貴男を連れて行くには強硬手段しかないことが!」

ヒビキ「全然わかってねーっ!」

クリス「いけけつばん!」

けつばん「しぎゃー!」

キョウヘイ「!?姿が無いのに鳴き声だけ…!?」

クリス「アネデパミ、技マシン08!」

アネデパミ「しぎゃー!」

カリン「!狙いはわたくしのブラッキー…!かわしなさいブラッキー!」

ブラッキー「あ、無理、かわせって技ないし」

ヒビキ「メタのネタやめぇ!」

アネデパミ「おらぁ!」ドゴッ

ブラッキー「あふん!」戦闘不能

カリン「ブラッキー!くっ…しかたないわ…いきなさいヘルガー!」

ヘルガー「なんであたし切り札やなくなったん?」

クリス「ふっ、いきなさいィ゛ゃゾ┛A!」

ィ゛ゃゾ┛A「ふぇー!」

キョウヘイ「…何だよこれ…







何だよこれ!?」

ミカン「よく見ておきなさいキョウヘイ君、地獄にいってもこんな面白いポケモンバトルは見られませんから」

ハガネール「ねぇ~るねぇ~る」

アカネ「ひぃやめ、そこいやや~!」

キョウヘイ「…正直あっちよりもこっちのアカネさんの痴態の方に興味があります」

ミカン「ふふ…男の子ですね」

その頃シルバーは

シルバー「ふん、イッシュのジムリーダーもなかなかやるな…だか俺の勝ちだ」

アロエ「熱いバトルを見せてもらったよ…ほら、もうポケモンリーグでは使えないけど役に立つはずさ」

シルバー「ノーマルバッチ…確かに頂いた」

その頃タケシとシバ

タケシ「レッドの匂いがプンプンしますなシバさん!」

シバ「あぁ、そうだなタケシ!」

レンブ「カントー最強の良い男レッド…興味がある」

ヤーコン「ふふ…わしのディグダも最早ダグトリオだ」

旅は続く!

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom