リュート「安価でサガフロ」(46)

~クーロン~

リュート「職を探して旅してるけどなんかイマイチ気が乗らないなー」

サンダー「これからどうしますアニキ?」

リュート「とりあえず>>3のリージョンにでも行ってみるか」

オウミ

~オウミ~

サンダー「なかなかキレイなところですねー」

リュート「ここは魚介がうまいんだ」

リュート「カニとエビがうまいらしい」

サンダー「そりゃ楽しみだ!」

リュート「とりあえず腹が減ったな……」

サンダー「あそこにレストランがありやすぜ?」

~レストラン~

「いらっしゃい」

「当店の自慢は、シーフードサラダとソフトシェルクラブです」

リュート「こりゃうまい!」

サンダー「でもアニキお金足りるんですか?」

リュート「げっ……母ちゃんのとこに財布忘れてきたみたいだ」

サンダー「一旦取りに帰りやすか?」

リュート「母ちゃんのとこに帰るのも気まずいしなぁ」

>>6「お困りのようだな」

リュート「おや?あんたは……」

レッド

レッド「お困りのようだな」

レッド「代金が足りないならここは俺が払ってやろう」

リュート「いいのか?」

レッド「ああ、立場上困ってる人を見ると放っておけないんだよ」


~オウミ~

リュート「お金を貸していただいて助かりましたよ」

レッド「いいってことよ!それよりここら辺でブラッククロスって名乗る奴らを見かけなかったか?」

リュート「うーん、聞いたことが無いなぁ」

サンダー「あっしらここに来たばかりですしね」

レッド「……そうか、もう少し情報収集してみるか」

レッド「じゃあな!今度はちゃんとサイフを持ってくるんだぞ」


>>8レッドを引き止めて仲間に
1.する
2.しない

1

リュート「待ってくれ、せめて恩返しをさせてくれ!」

リュート「あんたのそばで役に立ちたい」

レッド「……俺について来るってことか?」

リュート「ああ」

レッド「俺が追ってる奴らはノーマッドみたいな連中とは訳が違うんだ」

レッド「あんた達には命を大事にして欲しい」

リュート「そうかい、でも俺たちは根無し草」

リュート「それに退屈はさせないぜ」

レッド「……わかった、勝手にしろ」

レッドが仲間になった

レッド「改めて自己紹介させてもらうぜ」

レッド「俺の名前は小此木烈人、皆はレッドって呼んでる」

レッド「シュライク出身で機関士見習いをしてたが訳あって今はブラッククロスという組織を追っている」

リュート「俺はリュート、ヨークランド出身だ」

リュート「今は職を探すがてらその辺をぶらぶらしてる」

リュート「年は25だ」

レッド「おいおい俺より6つも年上の癖してニートかよ……大丈夫なのか?」

リュート「まあなんとかしてみせるさ」

リュート「で、こいつが子分のサンダー」

リュート「モンスターで種族はオーガ」

サンダー「よろしくお願いしやす」

リュート「見た目は怖いやつだが、本当に怖いやつだよ」

レッド「お、おうよろしくな」


>>12
次はどこのリージョンに行く?

ワカツ

~ワカツ~

レッド「ブラッククロスが潜んでると聞いて」

リュート「とりあえずワカツに来て見たけど」

サンダー「廃墟みたいですねえアニキ」

レッド「……そんでこのオヤジ本当にワカツの剣豪なのか?」

レッド「俺にはただの酔っ払いと区別がつかねえ」

ゲン「なんだとぉ~!ヒック」ゲロゲロ

レッド「ブラッククロスの情報くれた骸骨野郎も胡散臭いヤツだったしこれじゃあ本当にアジトがあるか分からねえぜ……」

サンダー「ゲンさん見た途端に天に昇って行きやしたし成仏したんじゃないですか?」

リュート「まあアジトが無くても大丈夫さ」

リュート「ドゥヴァンに寄ってきたし剣のカードでも取ってトンズラしようぜ」

>>14
1.剣聖の間に行く
2.剣神の間に行く
3.その他

1
とりあえずカード行こうか

~剣聖の間~

リュート「このおっさんホントにワカツの人間だったんだな」

レッド「道案内は完璧だったぜ……」

サンダー「道は分かり辛かったですけどね」

ゲン「こっから先はおふざけじゃねえぞ」

ゲン「浮かび上がる三つのシンボルが剣になる瞬間を音を頼りに狙うんだ」

ゲン「失敗すると物の怪がでてくるぞ!」

リュート「それじゃあ始めるか」

>>16
1.成功
2.モンスターと戦闘(自由)

2

>>18
出現モンスター

スプライト

キンッ……キンッ……キンッ……

ゲン「目で見るんじゃない、音で感じるんだ」

キンッ……キンッ……キンッ……


レッド「集中しろよ」


キンッ……キンッ…キンッ……

サンダー「アニキ、ファイトっす」

キンッ……キンッ……キンッ……

リュート「……そこだ!」

剣 剣 兎

リュート「あー、惜しかったのに」

ゲン「ぼやぼやするな!来るぞ!」

チャチャチャチャチャチャチャチャー♪

~戦闘~

スプライト×1

リュートレッドゲン「……。」

サンダー「グランドヒット!」ガタガタガタガタ

スプライト「きゃっ!」ドーン

チャチャチャチャーチャーチャチャー♪

サンダーは突進を失ってマジカルヒールを吸収した!
サンダーはトリケプスに変身した!

~戦闘終了~

リュート「弱かったな」

レッド「アレで良かったのか?外にいたゴーストの方が強かったぜ」

サンダー「アニキー!マジカルヒールゲットしましたよー!」

サンダー「レア能力っすよ!ユニコーンから手に入れる手間が省けましたぜ!」ルンルン

ゲン「……リュート、今度は失敗すんなよ……」

~~~~~~~~~~~~~~~~


リュート「剣のカードは手に入れたけど」

レッド「ブラッククロスの奴らはいなかったな」

サンダー「ウキウキ♪」

ゲン「で、これからどうするんだ?」

リュート「とりあえず>>22でも行くか」

剣神の間に行くでも良し他のリージョン行くでも良し何かのキャラが現れるでも良し

剣神の間にいってからスクラップで無限ジャンク漁り

~剣神の間~

ゲン「ここは剣神の間だ。優れた剣士には剣神から剣が授けられるという」

ゲン「だが、俺は……」

リュート「ただの酔っ払い」

レッド「飲んだくれ親父」

サンダー「アル中」

ゲン「てめぇらー!」ピコーン!

ゲン「どつきまわす!」

リュートレッドサンダー「「「ぎゃーー!」」」ボコボコ×3

リュート「あれ?中央の鎧から光が差してきたぞ!」ボロボロ

パァァァァァ

ゲンは流星刀を手に入れた!

ゲン「これは!剣神よ、俺に何をしろというのだ!」

リュート「一日中酒飲んでないでちゃんとしろって言ってんだろ」

レッド「酔っ払い見て呆れてんだろ」

サンダー「剣神様もワカツの生き残りがこんなアル中だと恥ずかしいからせめて形だけでも剣士っぽくなって欲しいんですよー」

ゲン「お前ら言わせておきゃー!」

ゲン「ミリオンダラー!」ドドドドドド

リュートレッドサンダー「「「ぎゃーーー!」」」

~スクラップ~

レッド「一時はどうなるかと思ったぜ……」

リュート「腐っても剣豪なんだな」

ゲン「最初からそう言ってんだろうがよ」

サンダー「それでここにブラッククロスの連中がいるんですかい?」

レッド「とあるスジからの情報によるとこのリージョンを拠点に横暴を働いている奴らがいるらしい」

レッド「おそらくブラッククロスの連中だ!」

ゲン「ん?たぶんそいつらカバレロファクトリーのやつらだろ。あのクーロンにいた骸骨くんもカバレロファクトリーの一員だ」

ゲン「俺たちがシメたから今は大人しくしてるぜ」

リュート「レッド……」

レッド「何も言うな!」

サンダー「と、とりあえずどっか店にでも入りましょうや!」

サンダー「あそこのジャンクショップなんかいいんじゃないですかい?ささ、行きましょう行きましょう!」アセアセ

ゲン「……野郎ども、手順は覚えたな?」

リュート「おう」

レッド「俺の良心が~!うぐぅ~……」

サンダー「レッドさん大丈夫ですかい?」

ゲン「正義の味方気取りのあんちゃんは置いていくぜ」

~ジャンクショップ・レジ~

トカゲ青「いらっしゃい、買うかい?売るかい?」

リュート「買う」

トカゲ青「3個で3000クレジット、料金は先払いだよ。その後ゆっくり品物を選んでおくれ。どんなクズも、掘り出し物も一個は一個だよ」

リュート「買う」

トカゲ青「それじゃ奥で商品を選びな」

~店内奥~

サンダー「がらくたかぁ」

リュート「インスタントキットかよ」

ゲン「壊れたバンパーかい」

~ジャンクショップ・レジ~

トカゲ青「もう一度やるかい?」

リュート「いや、ハイペリオンを売りたい」

トカゲ青「あいよ、10000クレジットだよ」

リュート「あ、やっぱやーめた」

リュート「買おうかな~、やっぱりハイペリオン売ろうかな~」

~店内奥~

サンダー「アニキが時間を稼いでる間に……」

ゲン「うぉーーー!!!高周波ブレード!武神の鎧!リーサルドラグーン!!インスタントキットなんざいらねぇ!!」バババババ

サンダー「お、おう」ガサゴソ

~スクラップ・酒場~

ゲン「ぷはぁ~、一仕事終えた後の酒はうめぇうめぇ」ゴクゴク

リュート「いやー稼いだなー。こんな稼ぎ方知ってるなんて流石ゲンさん」

ゲン「そうだろそうだろ!」

サンダー「装備できるのがゴミしかない……」

リュート「でも出禁食らっちゃった」

レッド「俺は犯罪者じゃない……俺は犯罪者じゃない……」ブツブツ

リュート一行の戦利品

高周波ブレード×99
リーサルドラグーン×99
電磁放射銃×99
電撃砲×99
武神の鎧×99
ミラーグラス×99
エクセルガード×99
ジャンプスーツ×99
ジェットブーツ×99
インスタントキット×99
がらくた×99
壊れたバンパー×99

~ジャンクショップ~

トカゲ's「廃業するしかねぇよー!」

トカゲ青「あいつら無限ジャンク漁りなんぞしやがって!」

トカゲ緑「おめえが気づかないからだよ!」

トカゲ青「なんだとー!」

~スクラップ・酒場~

リュート「装備も揃えたし次はどこへ行こうかねー」

>>35
次の行動
リージョンでも味方・敵キャラが出てくるでも可

クーロン

~クーロン・イタ飯屋前~

アニー「ブラッククロスについて嗅ぎ回ってるのってあんた達?」

リュート(デカイ)

ゲン(すげえ乳だ)

サンダー(いい胸だ)

レッド「いきなりなんだよ」

アニー「ブラッククロスについての情報持ってるんだけど買わない?」

レッド「内容と値段次第だな」

アニー「シュウザーについての情報よ」

レッド「聞かせてくれ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~クーロン裏路地~

ブラッククロス戦闘員「キ、キキー……」

レッド「ここら辺にシュウザーの秘密基地があるそうだが」

リュート「戦闘員がいるとは幸先がいいな」

ゲン「それにしても弱すぎるだろこいつら……」

サンダー「ヒューマンだから能力吸収出来ませんねぇ」

アニー「ボサボサしないでさっさと行くよ!」

リュート「ちょっとあそこに面白いものがあるぞ」

リュート「寄っていこうぜ」

>>40

1.怪しい店
2.怪しい病院
3.怪しい下水道

安価はすぐ下にした方がすぐ安価つくと思うよ

~クーロン裏通り~

リュート「面白そうだしあそこの下水道に入ってみようぜ」

アニー「今から案内しようとしてた所よ」

アニー「ここを通った先にブラッククロス四天王が一人、シュウザーの基地があるの」

レッド「よし、今すぐ叩き潰してやる!!」

ゲン「正々堂々殴り込むって訳か」

アニー「正面から入ったら見つかっちゃうでしょ!」

アニー「だから下水道から行くのよ」

サンダー「それにしても治安が悪そうな土地ですねぇ」

~クーロン下水道~

ゲン「こんな時にレッドの野郎何処に行きやがったんだぁ?」

リュート「目的は一緒なんだ、その内会えるさ」

アニー「ここら辺は無機質系モンスターが多いから気を付けてね」

アニー「見えない所からモンスターが湧いてくるから……」

リュート「うわっ、モンスターだ!」

サンダー「言わんこっちゃないですよアニキ!」

チャチャチャチャチャチャチャチャー♪

~戦闘~

フューズクリスタル×1ファイアクリスタル×1

フューズクリスタル「振動波!」ウォーン

リュート「ぐわっ!」LP10→9

ゲン「クソッ!」LP10→9

アニー「きゃっ!」LP9→8

サンダー「アニキー!畜生ッ、グランドヒット!」ガタガタガタガタ

フューズクリスタル「……!」バタッ

サンダー「残るは一体ですね!」

ファイアクリスタル「ライトボール!」デューン

サンダー「うわっ、前が見えない!」暗闇

サンダー「回復しなければ……やられる!」

ピカーッ!

アルカイザー「とおっ!」シュタッ

サンダー「だ、誰だっ!?」

アルカイザー「何やらお困りのようだね」ビシッ

アルカイザー「私は正義のヒーローアルカイザー!」キリッ

アルカイザー「不届きものを成敗する!」


アルカイザーの使う技>>45

アルブラスター

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom