まどか「うちでパーティーをやるんだけどほむらちゃんも来ない?」 (45)

ほむら(さすがアメリカ帰りって感じね)

ほむら「私なんかが行っていいのかしら?」

まどか「もちろんだよ!ほむらちゃんが来てくれたら、きっと素敵なパーティーになるなぁ」

ほむら「そこまで言うのなら、参加させてもらおうかしら」

まどか「ほんと!?よかったぁ、来週の日曜日だから、絶対来てね!」

ほむら「ええ、どんな格好してこうかしら」

まどか「全然着飾ったりしなくて大丈夫だよ、ラフな格好で来てね」

ほむら「そう、わかったわ」

ほむら(ラフな格好ね…)

ほむら「ふふふ、まどかにパーティーに誘われてしまったわ」

ほむら「何着ていこうかなぁ」

ほむら「やっぱりパーティーっていうくらいだからドレスかしら」

ほむら「いや…まどかはラフな格好で来て、と言っていたわ」

ほむら「きっとまどかを一番目立たせるためね」

ほむら「わかったわ、まどか!」

ほむら「私はあなたのためなら、どんな姿になっても構わない」

ほむら「究極のラフな格好でパーティーに参加してみせる!!」

~日曜日~

まどか「楽しみだなぁ、パーティー」

知久「日本に戻って来て初めてだから、料理も気合い入れたからね」

まどか「ありがとうパパ!すごくおいしそうだよ」

詢子「友達も呼んだんだろ?」

まどか「うん!今日でもっと仲良くなれたら嬉しいなぁ」

ピンポーン

詢子「ちょうど来たみたいだね」

まどか「私がいってくるね!ウェヒヒ」

まどか「はーい」ガチャ

さやか「おっす!さやかちゃんでした!」

仁美「こんばんは、まどかさん」

まどか「待ってたよ二人とも、あがってあがって」

さやか「はーい、おじゃましまーす」

仁美「おじゃまいたします」

まどか「二人とも素敵な服だね!」

さやか「さやかちゃんの美貌を再確認しちゃったかな?」

仁美「失礼のないか不安だったのですが」

まどか「全然だよ、すっごくかわいいし」

さやか「仁美が本気出したらすごい高いドレスとか着てきそうだよね」

仁美「それほどのものはありませんわよ」

さやか「どうかねぇ」

さやか「おいしそうな料理だなぁ」

まどか「あとちょっとだけ待っててね、さやかちゃん」

仁美「あとは誰が招待されてますの?」

まどか「あとほむらちゃんが来たら全員だよ」

さやか「うぇっ!あいつも来るのかぁ」

仁美「失礼ですわ、さやかさん」

まどか「今日で二人が仲良くなってくれたら嬉しいな」

さやか「うーん…難しいかも」

まどか「もう…ほむらちゃんはどんな格好で来るかなぁ」

さやか「あいつこそドレスとか着てきそうだなー」

仁美「まどかさんからのお呼ばれですから、ありえそうですわね」

ピンポーン

さやか「お、話をしてると」

まどか「出迎えてくるから、ちょっと待っててね」

まどか「はーい」ガチャ

ほむら「こんばんは、まどか」ファサァ

まどか「ぅぉ……こんばんは」

ほむら「ご招待ありがとう、ずっと楽しみにしていたわ」

ほむら(ふふふ、素敵な服だわ、まどか)

ほむら(私はあなたを引き立たせるためにラフな格好の極み、ジャージで来たわ!!)

まどか「えっと…どうぞ、あがって?」

ほむら「それじゃあ遠慮なく」

まどか「…うん」

まどか「おまたせー」

さやか「やっと来たかー…あ!?」

仁美「あら…」

ほむら「なんだ、あなたたちも招待されていたのね」

ほむら(二人はわかってないわね、パーティーの主役であるまどかより派手な服装はいけないというのに…)

さやか「あんたなんで上下赤ジャージなのよ!!失礼にもほどがあるでしょ!!」

ほむら「ふっ…私のほうこそ聞きたいわね、あなたの服装まどかに失礼だと思わないのかしら」

まどか「えっ…」

さやか「はぁ?何言ってんの?」

ほむら「言葉で説明しないとわからないなんて、あなたは本当に愚かね、美樹さやか」

ほむら「私たち招待されたものたちは自分をみすぼらしく見せ、まどかを美しさを引き立たせることが役割なのよ」

ほむら「まどかからラフな格好で来いって聞かなかったのかしら?」

まどか「……グスッ」

まどか「そんなこと思ってないもん…」

さやか「…」

仁美「…」

ほむら「…あれ?」

さやか「あんたさ、パーティーを邪魔するにもほどがあるよ」

仁美「さすがにまどかさんがかわいそうですわ」

ほむら「え、え…?」

まどか「久しぶりに日本に戻ってきてお友達もできて、楽しくパーティーがしたかっただけなのに…」

まどか「そんなふうに思われてたなんて…」

ほむら「ち、違うの…私はまどかのために…」

まどか「うわあああああああああん!!」

ほむら「な、なんちゃってー!全部冗談だったのよ!!」

ほむら「ジャージで来たら面白いかなーなんて」

ほむら「ほんとはドレスで来ちゃったのー」ヘンシン

ほむら「ほらほら!!」ブァサァ

まどか「ふぇ…?」

さやか「あんた、それって…」

ほむら「ハッ…だめ!!見ないで!!」

さやか「全部思い出した…あんたは円環の理を裂いた悪魔なんだ!!」

まどか「そうだ…私はほむらちゃんに…」

ほむら「いやだああああ思い出しさないでええええええ!!!」バッ

さやか「もう記憶は消させない!」ガシッ

ほむら「どいてええええええええ!!!」

まどか「…思い出したよ、ほむらちゃん」

まどか「もうほむらちゃんのパーティーは終わりだよ」

まどか「さぁ、元の世界に戻って新しいパーティーをしよう、私もドレスを着てね」ブァサァ

ほむら「こんなことって…」



このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom