メタナイト「私がトリデラで活躍しないのはどう考えてもおかしい」 (41)

書き溜めあり ネタバレ、キャラ崩壊注意

メタ「3人共今日は集まってくれてありがとうございます」

カービィ「ポヨーイ!」

バンワド「いえいえ」

デデデ「で、メタナイト…話って何だデ?」

メタ「今日は3人に言いたいことがあって集まってもらいました」

バンワド「へえ…なんですか?話って?」

メタ「今から話そう…話と言うのはな…」

デデデ「……」

カービィ「……」

バンワド「……」

メタ「……」スゥゥゥゥ……

メタ「どういうことだ!!なんで星のカービィのメインキャラの私が…」

メタ「トリプルデラックスで活躍してないんだあああああああ!!!!」

デデデ「ああ、話ってそういう事かデ」

カービィ「ポヨ…」

バンワド「そんな事言われても…」

デデデ「俺達に言っても仕方ないデ」

バンワド「で、ですよねえ…そういうのはHAL研に言ってもらわないと…」

メタ「いやいやいやいやいや!!おかしいでしょ!!どう考えても!!」

デデデ「何がおかしいんだデ…」

メタ「だって!あんなに星のカービィwiiであんなに活躍したんですよ!?しかも操作キャラですよ!?」

バンワド「メタナイトさん夢の泉DXでもUSDXでも操作キャラじゃ…」

メタ「ギロッ…」

バンワド「あぁ!す…すいません…!」

デデデ「まあ、確かに俺もまさかメタナイトが物語に関わらないとは思わなかったデ」

バンワド「ですよねえ…僕もストーリークリアしてもしかしたらデデデでGOで登場するのかと思ったら…」

カービィ「ペポ!」コクコク

デデデ「本人じゃなくてまさかのダークメタナイトが出てびっくらこいたデ」

メタ「そう!おかしい!ダークメタナイト出てるのに当本人が不在とかどう考えてもおかしいでしょ!」

デデデ「そ、そうか?」

メタ「そうですよ!!てか大体なんであいつと大王様が戦うんですか!!ブラックデデデだけ倒せばいいのに!!」

メタ「自分の闇乗り越えてはい終わりでいいじゃないですか!それなのにどうしてダメタまで倒しちゃうんですか!!」

バンワド(こりゃ相当キテるな…メタナイトさん…)

デデデ「ま、まあ…ちょっと欲張ったかもだデ…倒せたら俺大活躍だな~…みたいな」

メタ「ちょっとどころじゃないですよ!あいつを倒さないでいてくれたら私が活躍する余地もまだあったのに!」

メタ「カービィのホップスターを救うための戦い!」

メタ「大王様とブラックデデデの戦い!」

メタ「そして私とダークメタナイトの因縁の戦い!」

メタ「これでめでたくトリプルデラックスでいいじゃないですか!すっごい燃えるじゃないですか!!」

メタ「それなのになんで私はキーホルダーとか風船での登場なんですか!おかしいでしょ?そう思いませんか!」

バンワド「別に風船でもキーホルダーでも出れるだけいいんじゃ…ないかと…出れない人もいるんだし…」

メタ「よくない!ちゃんと私自身が登場したい!で、活躍したい!」

バンワド「そ…そうですか…」

メタ「はあ…バンワド君はまるで分かってないな…まだリストラを味わってないからそんなことが言えるんだ」

メタ「君には分かるまい…出番がない事の苦しさが…ストーンや風船やキーホルダー…所謂小ネタだけでの登場の苦しみが…」

デデデ(いったい何を語っているんだデこいつは…)

カービィ「ポヨーイ…」

バンワド「あ、あのー…今回はただ単にメタナイトさんの出る幕が無かっただけじゃ…」

メタ「そんな事言ったらドロッチェでの私だってそうだろう…出る幕があきらかになくても何かしら理由つければ登場できるはずなんだ」

メタ「カービィや大王様がピンチな時に助けに来るとか」

メタ「大王でGOでは私が勇者と間違われて洗脳されて敵キャラ化してるとか!何かしら私に出番を回すことはできたはず…」

バンワド「まあ…そう考えると…登場できそうな気もしますね…」

メタ「そうだろう!?」

バンワド「あの…今回の事件にゲーム内でのメタナイトさんが気づいてなかった可能性は」

メタ「それはありえん!女王があそこまでポップスターを浸食しかけたんだぞ?気づかない訳ないだろう!」

メタ「カービィwiiの私なら異変を感じて現場に向かうと思わないか?」

デデデ「ま、まあ…言えてるな…」

バンワド「逆にあれだけ浸食されて気づかないほうがおかしいというか…なんというか…」

メタ「あきらかにスタッフが私を登場させないようにしている…登場する余地は山ほどあったのに…だ…」

バンワド「……」

カービィ「……」

デデデ「……」

メタ「なぜだ…なぜなんだスタッフ…!!なぜ私を物語で出さなかった…!!!」

デデデ「で、でもカービィ2とか3とか64にはお前出てないデ?あの時は別にお前何ともなかったじゃないか…」

メタ「あの頃の私は敵キャラポジだったでしょう!毎回出てたらおかしいじゃないですか!」

デデデ「そ…そうだけど…なら今回も別に気にすること…」

メタ「気にしますよ!前作で操作キャラだったんですよ操作キャラ!!敵サイドじゃなくて要するに主役だったんですよ!!」

デデデ「う…うむ」

メタ「wiiで主役になって…これからずっと主役サイド張って活躍できると思ってたら…」

メタ「トリプルデラックスではwiiメンバーの3人は出演…それに引き替え私はキーホルダーと風船…ストーンの変化でのみ登場…」

メタ「おまけになぜか私を差し置いて自分の影だけが堂々と出演…どう考えてもおかしいでしょう!?」

デデデ(か、掛ける言葉もないデ…)

バンワド(メタナイトさんなんだか可哀そう…)

カービィ「………」

メタ「スマブラの公式サイトでも大王様が先に発表されるし…!てか第一まず出られるか分からないし!」

メタ「トリプルデラックスでも小ネタ扱いだし…ああ…鬱だ…もうゴルドーに刺さって死のうかな…」

カービィ「!?」

デデデ「ちょちょちょっと!落ち着くデ!メタナイト!」

バンワド「そうですよ!メタナイトさんは星のカービィと言うゲームには欠かせないキャラなんですから!」

メタ「じゃあなんで星のカービィに欠かせない私がトリプルデラックスに活躍してないんですか」

メタ「なんで星のカービィに欠かせない私がキーホルダーや風船やストーンでの登場なんですか」

バンワド「そ…それはぁ…そのぉ…」

デデデ(馬鹿!墓穴掘るな!)ヒソヒソ

バンワド(す…すいません!!)ヒソヒソ

メタ「何をヒソヒソ話してるんですか、どうせメタナイトうぜえとか話してるんでしょ?」

デデデ「いやいや!そんな事断じて話してないデ!」

メタ「じゃあ何の話ですか」

デデデ「え?ちょ、ちょっと今夜の晩御飯の事を…だな…」

メタ「ほら、やっぱりそうだ、私の事より晩御飯の方が大事なんだ…私の事なんてどうでもいいんだ…」

バンワド(大王様こそ墓穴掘らないで下さいよ!ますますネガティブモードになってますよ!)

デデデ(す…すまんデ…)

メタ「そうか…スタッフは私の事が嫌いなんだ…だからトリデラに小ネタでしか出してくれなかったんだ…」

メタ「だからキーホルダーとか風船での出演なんだ…HAHAHAHA…そういう事か…」

デデデ(うわああああああ!どんどん暗くなっていくデ!!)

デデデ「メ、メタナイト!そう落ち込むなって!次があるデ!!…な!」

メタ「ブツブツブツブツブツブツブツ……」

デデデ(だ…駄目だデ…話がまるで耳に入ってないみたいだデ…)

バンワド(どんどんメタナイトさんが暗くなっていく……もう僕たちではどうしようもないのか…)

バンワド(メタナイトさんを励ましてやれないのか…)

カービィ「メタナイト!!」スッ

デデデ「!?」

バンワド「!?」

メタ「え?カ…カービィ?お前しゃべれ…」

カービィ「ライジンブレイク!!!」ドゴォォォ

メタ「ぐべあぅ!?」

カービィ「スクリュータックル!!」ギュオオオオ

メタ「ぎゃふっ!?」

カービィ「鬼殺し火炎ハンマー!!!」バキィイ

メタ「うわあああああああああああ!!!!」

ひゅ~ん

ドサッ

メタ「ぐ…ぐふ…」ボロッ

デデデ「」ポカーン

バンワド「」ポカーン

カービィ「さっきからうるせえんだよお前は!…たった1作品活躍できねえだけで愚痴愚痴愚痴愚痴言いやがって…ガキかお前はぁ!!」

デデデ(カ、カービィが…)

バンワド(平然としゃ…喋ってるうううううううう!?しかもめっちゃ怖い!!)

メタ「ぐ…前作で主役だった私が急に主役から引きずり降ろされ…小ネタでしか出番が無くなる気持ちが…お前に分かる訳ないだろう…」

カービィ「ああ、分からないな…だって僕主人公だし」ニコッ

メタ「…くっ」

カービィ「第一今回はメタナイトが活躍しない訳がちゃんとあるんだよ」

デデデ「え?」

バンワド「そ…そうなの?」

メタ「訳だと?じゃあその訳を話してみろ…くだらない話だったら承知しないぞ…」

カービィ「ああ、話してやる…今作トリプルデラックスは鏡の大迷宮10周年を記念として鏡の大迷宮ネタがたくさんある、それは3人共知っているな」

カービィ「ブラックデデデ、ダークメタナイトなどがそうだ」

メタ「鏡の大迷宮…確か私が大活躍したゲームだな…」

カービィ「そう……その鏡の大迷宮…それに出られなかったキャラが1人…ここにいる事に気づいているか?」

メタ「1人?………ハッ」

カービィ「気づいたか…そうだ、今作大活躍したデデデ大王がそのキャラだ」

カービィ「大王は鏡の大迷宮には出演できなかった…今までカービィシリーズ皆勤賞だったデデデ大王が、だ」

メタ「……」

デデデ「…」

バンワド「…」

カービィ「お前が活躍している間…鏡の大迷宮に出られなかったデデデ大王がどれだけ悔しかったか…悲しかったか…」

カービィ「今のお前には…痛いほど分かるはずだ」

メタ「…ああ…自分が一生懸命に作り上げてきた作品に出られない気持ち…今の私には痛いほど分かる」

カービィ「スタッフはきっと…鏡の大迷宮に出られなかった大王の気持ちを汲んだんだ」

カービィ「だから鏡の大迷宮10周年…いい機会だと思ったんだろう…スタッフは大王が活躍するゲームを発売した…それがトリプルデラックスだと僕は思っている」

カービィ「デデデ大王のカービィシリーズ皆勤を止めた償いとして……な」

メタ「………」

デデデ「カービィ…」

カービィ「メタナイト…確かに小ネタでしか登場できないのは悲しいと思う…悔しいと思う…!」

カービィ「でも!!今回は大王の気持ちを汲んでやりたいんだ!大迷宮の分まで…大王に活躍して欲しいんだ!」

カービィ「頼むメタナイト…大王を思って…今回は涙を呑んで…こらえてくれないか?」

デデデ「………」

バンワド「…………」

メタ「……………分かった…今回は…大王様の気持ちを汲もう…鏡の大迷宮…大王様も出たかっただろうし…」

カービィ「メタナイト…!」パアア

メタ「でも…やっぱり小ネタでしか出られないのはどうしようもなく…悔しい…悔…しい…」グスッ

カービィ「メ…メタナイト…」

バンワド「うん…そうだよね…wiiでは主役だったもん…そりゃ悔しいよ…」

デデデ「…」

デデデ大王は何を思ったのか、メタナイトの元へゆっくりと歩き出した。

バンワド「…大王様?」

デデデはメタナイトの頭に優しく手を乗せた 
まるで父親が子供をなでるかのように優しく…優しく…

メタ「…!大王様…」

デデデ「メタナイト、これから一緒にご飯を食べに行くデ…この4人で………な?」

メタ「グスッ…大王…様…」

バンワド「………それナイスアイディアですね大王様!僕行きたいです!4人で!」

カービィ「もちろん僕も行く!4人で!」

メタ「ふ…二人とも…」

デデデ「メタナイト………どうする?行くか?」

メタ「…グスッ……はい、私も行きます…大王様…ぜひ行かせてください…」

デデデ「よし、決まりだな…じゃあさっそく行くか!近くに美味しいファミレスがあるんだデ!」

デデデ「今日は俺が特別に3人に奢ってやるデ!!」

カービィ「ポヨーイ!さっすが大王!太っ腹だね!」

バンワド「大王様…お金あるんですか…?」

デデデ「お金?もちろんだデ!仮にもこの国の大王だぞ?俺は」

バンワド「大王様…カービィが食べる事…考えてます…?」

デデデ「……………カービィ?今回は…その…お子様ランチ1品だけで勘弁してくれないか?」

カービィ「それは無理な相談ペポ」

デデデ「だ…だよな…ハ…ハハハ…」

メタ「フフッ…」

デデデ「メ、メタナイト…笑ってないで…お、お前もちょっとお金出して欲しいデ…」ヒソヒソ

メタ「…え?」

バンワド「大王様?男気ないですよ!奢るって言ったそばから…!」

バンワド「言った事には責任持たないと駄目ですよ!というか今やっぱ奢るのなしなんて言ったら確実に殺されますよ…大王様」

デデデ「ハハ…そ…そうだよな…ハハハ…ハハハハハハ…」

カービィ「ほら!早く行こうよ!」

バンワド「もう覚悟を決めましょう大王様、お金足りなかったら僕も大王様と一緒に働きますから…」

デデデ「お…お前…ほんっといい奴だなあ…なんか涙が出てきたデ…」

バンワド「ほらっ!大王様!ピンクの悪魔が呼んでますよ!早く行きましょ!」

デデデ「…ああ!行くデ!」

メタ(私は幸せ者だ…こんなにいい仲間に囲まれてるなんてな)

メタ(次回作…いつでも出られるようにしっかりと鍛錬を積まなくてはならないな…)

カービィ「メタナイト!早くきなよ!!」

メタ「あ、ああ…今行く!」

メタ(今度は小ネタではなく…1人のキャラクターとして…!次回作に必ず出てやる…)

メタ(もちろん…4人揃って………な)

                       
                          おしまい 

読んでくれた方ありがとうございました!
自分はデデププが好きなので今回はアニメではなくこっちを意識しました!
メタナイト…ぜひとも次は大活躍してほしいですね
それではまたss書く機会があったらよろしくお願いします!

おまけ


デデデ「てかカービィ…お前喋れたのか?」

バンワド「そうですよ…僕びっくりしました」

メタ「私も驚いたぞ…」

カービィ「…ハッ」(し…しまった…喋る事はキャラを壊すからしないようサークライから禁止って言われてるのに…!)

デデデ「…カービィ?」

バンワド「どうかしたんですか?」

カービィ「………ポヨーイポヨーイ…ポヨヨーイ」

デデデ「今更キャラ作っても無駄だデ、馬鹿者」

カービィ「だ…だよね…ハハ…」

バンワド「主人公も苦労人だね…」

メタ「だな…」



ほんとのほんとの終わり

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの名無しさん   2014年12月13日 (土) 22:54:32   ID: FJYGeeVV

面白かった!また書いて下さい

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom