まどか「私の・・・・大切な願い」 (42)

ほむら「また、だめだったの?」

全ての策を、ありったけの火力を奴にぶつけてやった
しかしこのざま、街はめちゃくちゃ
ワルプルギスに何一つ傷をつけられず

まどか「ほむらちゃん、私決めた 魔法少女になる」

QB「さぁ聞こう、君の願い事はなんだい?」

まどか「私の・・・・大切な願い」

まどか「・・・・にしたいな」

ほむら「え?」

QB「もう一度いってくれないかまどか、僕は何か聞き間違えたような」

まどか「よく聞いて、QB 私ね全ての魔法少女をオチンポ奴隷にしたいの」

な、何を突然言い出すのこの子は

QB「それは・・・君の性別は女性だよ?なのにどうやってオチンポを使えるというんだい」

まどか「だからね、絶対的なおちんぽを 
     圧倒的で神々しい全ての女の子が憧れを抱くようなオチンポをはやしてほしいの」

ほむら「ね、ねぇまどか?貴方がオチンポはやしたところで何が変わるって言うの?」

まどか「私ね、救ってあげたいの、全ての苦しみから皆を解き放ってあげたい」

QB「わかったよまどか、その願いかなえてあげよう」

ほむら「ちょっと待ちなさいよインキュベーター!あんたまで」

QB「ほむら、僕にとっては彼女が契約してくれれば後の事はどうでもいいんだ」

まどか「来て、QB」

まどか「見てよ!ほむらちゃん!」

私の目の前に、玉袋とイチモツを股間にあしらった少女が現れた
そう、あれは私が救おうと思っていた少女の成れの果て

ほむら「・・・おかしいわ・・・そう、そうよね!ここは私が戦うべき戦場じゃないもの」

まどか「ちょっとまってよほむらちゃん!」

ほむら「いやああああ!いやああ!早く、早く時間を遡行するのよ」

玉袋をぶらぶら揺さぶりながら、一瞬たりとも視界に入れたくない
くるったまどかが全速力でこっちへ走ってくる

まどか「ねぇねぇほむらちゃん!私と一緒にいいことしよ!」

ほむら「なんで、なんで!はやく戻れ!戻れ!」

まどか「つーかまーえた!」ダキッ

ほむら「・・・・は!」

よく知る部屋のベットの上で目覚めた私

ほむら「ん、なんか髪の毛がべたべたするはね・・・ねばねばする液体?」

まどか「あ、ほむらちゃんやっと起きたんだね」

ほむら「ま、ま、まどかぁ!?なんで貴方がここにいるの?」

まどか「んとね。なんか変な空間に閉じ込められたと思ってたらいつの間にかここに居たの」

ほむら「・・・と言うことは」

まどかの股間に目をやると、そこにはいちもつをぶらさげたまどかの姿があった

まどか「かけたよ!気持ちよかったー!」

ほむら「え、じゃあこのベタベタする液体って」

まどか「なんかいっぱい擦ったらビュビュって出てきたの」

ほむら「・・・・・」

私は走った、そして窓を突き破り部屋から逃げ出した

まどか「あ!待ってよほむらちゃん!」

確認したい事があった、あのまどかをこの世界につれてきたのなら
この世界に居るはずのまどかはどうなっているのか

ほむら「ほむ・・・」

私は飛び降りた
窓際、さやかの隣の席に座っているまどかの姿を確認するために

さやか「ふぁーあ、たいくつー・・・って、ええ!?」

まどか「ん?どうしたのさやかちゃん」

確かにまどかはそこに居た

さやか「ね、ねえ今誰か上から飛び降りてこなかった?」

まどか「寝ぼけてるんじゃないの?」

ほむら「・・・まどかが二人?出会ったらまずいわ」

急いで家に戻った、が

ほむら「まどか?まどかは何処」

衣装ケースが開きっぱなしで荒らされている

ほむら「無いわ、私のパンツが」

二人のまどかが出会ったとき、どんなパラドックスが起こるのか
何度もループしてきた私でさえ、何が起こるか想像も付かない

まどか「んー、このファンシーな曲、いいなぁ」

───助けて

まどか「え?」

───助けて

さやか「ん?どうかしたまどか?」

まどか「何か声が聞こえるの・・・さやかちゃん行こ!」

さやか「あ、ちょっとひっぱんないでよまどかぁ」

ほむら「・・・・じゃあ、本当に見ていないのね、オチンポ生やしたまどかを」

QB「何度言えばわかってもらえるのかな、まどかは女の子なんだから
   股間に玉袋とかイチモツぶら下げているわけが無いだろう」

ほむら「あなたが生やしたんでしょ?何とかしなさいよ」

QB「確かに僕はまどかと契約しようとしている、でもまだ契約していないんだ
   大体、なんで女の子がオチンポ生やすなんてバカな願いを抱くと・・・」

ほむら「だまりなさいっ!」パーンッ

さやか「ちょっとそこのあんた!小動物に何モデルガンぶっ放してるのよ」

ほむら「・・・貴方、まどかって子知らないかしら」

まどか「ヒッ」

さやか「うちのまどかにどんな御用ですか?」

ほむら「まさかとは思うけど、貴方股間にオチンポ生やしてないでしょうね?」

まどか「お、おち?なに・・・それってどういう」

ほむら「・・・そう、違ったらそれでいいの、私行くわ」

さやか「こ、このサディストどへん・・・え?消えた?」

まどか「ねぇ、大丈夫」

QB「キュウゥ・・・君かい僕を助けてくれたのは」

まどか「いや、助けたって言うか捨ててあったって言うか」

QB「もしかして声を頼りにここまで来てくれたのかい?」

さやか「ね、ねえここただの駐車場よね 何か嫌な気配がするんだけど」

まどか「・・・そうだね、こんな入り組んでたっけ」

まどか「・・・なんだか君が悪いよ こんなオブジェあったっけ」

さやか「下がって!何か居る」

使い魔「ワタ。ワタ。」

QB「どうやら、魔女の結界に潜り込んでしまったようだね」

使い魔「ワタ。ワタ。」シュタシュタ

さやか「うわ、こっちくんな!」

パーン

まどか「・・・銃、声」

???「もう大丈夫よ」

QB「マミ!来てくれたんだね!」

───省略されました────

マミ「ティロ!フィナーレ!」

魔女「キシャアアアアアアアアアアアアア」

さやか「・・・助かったの?」

マミ「危ういところだったわね、私が来るのが遅ければ結界から抜けられなくなっていたわ」

???「ククク・・・・・・・・・フゥーハハハ!」

マミ「何!?」

???「おぉっとお嬢さん、人に銃口を向けるとはよくないな」

さやか「・・・・この声何処かで」

???「私の名前はミスターMD!全ての魔法少女をオチンポ奴隷にするために
   この世界に降臨した魔法少女」

まどか「あんなの絶対おかしいよ、見て!頭におパンツ被ってる」

ほむら「居た!・・・でも今飛び出して行ったところで」

マミ「なんだかよくわからないけど魔女より厄介そうね」パーンッ

MD「残像だ」

マミ「え?」

MD「君が引き金を引くと同時に、我輩は君のおっぱいをもみしだいていた」

マミ「ちょ、何するのよいきなり!あぁん」

ほむら「なんてことを・・・しているの・・・まどか」

MD「なぁ、お嬢ちゃん、スケベしようや」

マミ「いや!はなして!」

MD「ほぅれ、ここがええのんか?」

マミ「ひゃ!変なところこねくりまわさないで」

さやか「・・・」

まどか「ね、ねぇさやかちゃん、なんで両手で私のめ塞いでるの」

さやか「//// 見たらダメよ」

MD「あぁ・・・漲ってきた」

マミ「いやぁ!変な物股間に押し付けないで」

MD「ウェヒヒ!スーリスーリ^^」

マミ「ヒャン」

QB「大丈夫かい?マミ?」

マミ「大丈夫なわけ・・・ん!ない、でしょ」

MD「そろそろいい感じになってきたじゃねえか」

ほむら「・・・・」ゴクリッ

MD「そぉれい!」

マミ「ひゃん!」

MD「へ、へぇ、これがおちんぽがおマンコに入ってる感覚なんだぁ」

マミ「いた、いたいです・・・ぬ、抜いてください」

MD「はじめて同士なかよくやろお、ネッ!」ズン

マミ「あああああ」

まどか「前まっくらだよぉさやかちゃん・・・ねぇ何か今叫び声」

さやか「////」

MD「はぁ・・・たまんないよこれぇ」ヌポヌポヌポ

マミ「うぅ・・・あぅ・・・はぁ、はぁ」

MD「しまる!うねる!すいつく!
   これが、おマンコなんだね!」

マミ「はじ・・・めてなの、にぃ!変質者に・・・あっ!」

MD「変質者ではない!私はミスターMD」ズンズンズン

マミ「いや!いや!アッ、アッ、アッ」

さやか「ちょっとあんた!いい加減にぃ!」

MD「でるぅ」

マミ「・・・・」

MD「気に入ってくれたかな」

マミ「はい、マスタァ♪」

QB「ど、どうやらアイツにファックされて出された(中田氏)された物は下僕になってしまうようだぁ!」

さやか「逃げるわよ!まどか」

まどか「逃げるって、ねぇ!何があったのさやかちゃん!」

さやか「春に出てくる危ない人が、その、とにかく危ないから逃げるの」

まどか「う、うん」

MD「ふん、まぁいい 魔法少女以外の女に興味は無い」

QB「MD、君は一帯何者なんだい?」

あぁあ・・・もうすぐ9時半か
寝るか

ん?放置すれば誰かが続き書いてくれるんでしょ?

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom