なぎさ「今日はマミの家でお泊まり会なのです♪」 (34)

ピーンポーン

さやか「こんにちはー」

杏子「おーっす来てやったぞー」

さやか「って何であんたが偉そうなのよ」

マミ「いらっしゃい2人とも、今お茶を淹れるわね」

なぎさ「さやかと杏子が遅いのでなぎさは待ちくたびれたのです」

さやか「なーに言ってんの あんたのためにチーズを買ってきてあげたんでしょうが」

なぎさ「うむ、ご苦労だったのです」エッヘン

杏子「かーっ相変わらず生意気なガキだぜ」

さやか「そういう子には…こうだ!」バッ

なぎさ「うひゃっ!わ、脇腹をくすぐるのは反則なのですっ」

さやか「そーれこちょこちょ」

杏子「よっしゃ!加勢するぜ!」

なぎさ「ひゃん!だ、ダメなのです、ひっ!そ、そんな、んっ!ふ、2人同時に、やん!」

マミ「こーらっ、家の中で暴れないの」

ピーンポーン

「ごめんくださーい」

さやか「お、きたきた」

杏子「これで全員そろったな」

マミ「はーい今開けるわね」

なぎさ「うう、なぎさの純潔は汚されてしまったのです」

杏子「どこでそういう言葉覚えてくるんだ」

まどか「お、おじゃましまーす」

マミ「鹿目さんいらっしゃい、今日は来てくれてありがとう」

まどか「こちらこそ誘っていただいてありがとうございます!」

さやか「おーっすまどかー」

杏子「そんなにかしこまらなくていいって~」

なぎさ「自分の家のようにくつろいでくのです」

まどか「素敵なお部屋ですね」

マミ「うふふ、ありがとう よくこうして魔法少女のみんなで集まってお茶するのよ」

まどか「いいんでしょうか私…魔法少女でもないのに…」

マミ「何言ってるの!あなたも私たち『ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット』の立派な一員なんだから!」

杏子「ぴゅえ…何だって?」

さやか「マミさん今の初めて聞いたんすけど」

なぎさ「ドン引きなのです」

なぎさ「・・・これQBBのべ・・・」

さやか「バシッ!・・・もう絶対にお年玉やらないからね!」

なぎさ「・・・ウッ・・・」

杏子「なら、おいらにおくれよ」

杏子「ま、仲間ってことは間違ってないわな」

さやか「ほらほらまどかも座って座って ねね、アメリカでの土産話聞かせてよ」

マミ「じゃあ私は料理の途中だから…待っててね、もう少しで出来上がるから」

なぎさ「なぎさはマミの手伝いをするのです」

まどか「あ、じゃあ私も…」

さやか「いいのいいの、まどかはお客さんなんだから」

杏子「なぁアメリカのハンバーガーってどんな味がするんだ?日本のよりでっかいんだろ?」

まどか「うーん…ファストフードはあんまりママが食べさせてくれなくって…」

まどか「それでね?向こうでエイミーっていう友達が出来て…」

さやか「ふんふん」

まどか「3年も日本を離れてたらから漢字とか全然覚えてないんだぁ」

杏子「なーんだアタシと似たようなもんじゃん!」

さやか「あんたは英語も散々でしょうが」

まどか「よく休日にはこんな風にホームパーティしたなぁ…」

杏子「パーティ三昧かよ~うらやましいな~」

さやか「欧米かっ!」←ふるい

まどか「また日本に戻ってきて、友達とか出来るか不安だったんだけど…」

まどか「こうしてみんな私と仲良くしてくれて本当にありがとう」ペコリ

さやか「いいってことよ~」

杏子「へへっなんだか改まれるとチョーシ狂うなぁ」ポリポリ

マミ「みんな~ご飯が出来たわよ~」

なぎさ「今日はなぎさの大好物のチーズハンバーグなのです!」

「「「は~い」」」

さやか「おほん、それじゃあ私たちの友情のますますの発展と見滝原市の平和を願いまして~」

「「「「「かんぱ~い」」」」」

まどか「えへへ、今の校長先生の挨拶みたいだったよ」

さやか「あ、わかる?ちょっと真似してみたんだ」

杏子「おお!このハンバーグめっちゃうめぇ!」モグモグ

なぎさ「なぎさもひきにくをこねるのを手伝ったのですよ?」エッヘン

マミ「おかわりたくさんあるから遠慮せず食べてね」

マミ(うふふ、こんなに賑やかなのは久しぶりだわ)

マミ(魔法少女になってから、こんな風に友達と楽しく過ごせるなんて思ってもみなかった)

マミ(夢みたいだわ…)

マミ(これもみんながいてくれるおかげね…)

マミ(何だか幸せすぎて涙がでてきちゃった…)グスン

マミ「みんな~そろそろケーキが出来るわよ~」

<ウィーイ、ヒック

マミ(? 何だか変な返事ね)

マミ「お待たせ~って…あれ?」

まどか「ティーヒッヒッヒwwwwwwさやかちゃん最高だよwwwwwwwwwwヒック」

杏子「おいさやかwwwwwwあれやれ!あれ!『あたしってホントバカ』ってやつwwwwwwwwww」グビグビ

さやか「あたしって…ホント…ブホォwwwwwwギャハハハハwwwwwwwww」

まどか「グフッwwwwwグフッwwwwwwwティヒヒヒヒヒヒヒヒwwwwwwwwww」

杏子「いwwwえwwwwwwてwwwwwwwねwwwwwwwwえwwwwwwwwwwww」

なぎさ「wwwwww腹がヒックwwwwwwwwwよじれてヒックwwwwwwwwww死にそうなのですヒックwwwwwwwwww」

「「「「ゲェーヘッヘッヘッ!!!!」」」」

マミ「」

マミ「何…何が起こったの…」

時はさかのぼる…

なぎさ「ふっふっふ、今日はみんなのためにとってもいいものを持ってきたのです」

なぎさ「これなのです!」ドン

まどか「わーおっきなビンだね~」

さやか「何か高級感漂ってる~なぎささん、これってなんなんすか?」

なぎさ「ぷぷ、さやかはそんなことも知らないのですか」

なぎさ「これはシャンパンなのです」ドヤッ

杏子「シャンパンって知ってる~甘くてしゅわしゅわするサイダーみたいなやつだろ?」

さやか「よーっしみんなコップ持ったかー?」

まどか「あ、でもまだマミさんが」

杏子「いーっていーってマミの分も残しといてやれば」

なぎさ「うふふ、みんな私に感謝するのですよ?」

さやか「じゃあ改めまして…」

「「「「かんぱーいっ」」」」

再び現在…

マミ「これってお酒じゃない!」

杏子「ウーィ出来上がったのはアタシたちでしたーってか」

さやか「なーに上手いこと言ってんのよアンタはwwwwwwwww」ヒック

まどか「キャハハハwwww杏子ちゃんそれ最高だよwwwwww」グビグビ

マミ「ちょっ鹿目さんもう飲んじゃダメよ!」

まどか「だいじょぶれすよぉ、アメリカではママとよくおしゃけ飲んでましたから」ヒック

マミ「そういう問題じゃなくてね…」

なぎさ「ケーキ!ケーキが来たのです!」

なぎさ「いただきまーす!」ガブッ

杏子「こいつケーキに顔突っ込みやがったwwwwwwwwww」

さやか「こりゃーなぎしゃだめだぞぅーものを食べる時はおはしを使わなきゃ~」ヒック

マミ「なんてこと…みんなこんなに泥酔してしまって…」

なぎさ「ぷはぁ」ガバ

まどか「ティヒヒwwwなぎさちゃんパイぶつけられた人みたいになってるwwwww」

なぎさ「むむむ…もっと口が大きければケーキを一度にたくさん食べられるのに…」ヒック

杏子「マミも飲むか?」

マミ「いりません!」

マミ「あなたたち!ケーキを食べ終わったらちょっと話があるわ!」

さやか「これがまた甘いものと合うのよ…」グビグビムシャムシャ

マミ「こら!美樹さんお酒は没収!」

なぎさ「うぃ~もう食べられないのです~」バタン

マミ「ああ、ケーキまみれの顔で横にならないで!」フキフキ

杏子「おいぃあたしのぉさけがぁ飲めないってのかぁ!」グイグイ

マミ「佐倉さんからまないでちょうだい!」

まどか「そこでね?私なんて言ってやったと思う?『とーぶんケチャップには困らないわね!』ティーヒッヒッヒwwwwwwwwww」

マミ「鹿目さん!ちょっと静かに!」

マミ「みんなちょっとそこに座りなさい!」

さやか「あはは~マミさん怒った~」ヒック

マミ「あなたたちは未成年なのよ!お酒なんて飲んでいいと思ってるの!?」

杏子「しょうがねぇじゃ~ん酒って知らなかったんだからさぁ~」ヒック

マミ「そんな言い訳…!だいたいお酒を持ってきたのは誰!?」

なぎさ「ふぁい!私でしゅ!」シュビ

マミ「あなた…何考えてるの!」

マミ「こんなことしてるって知ったらあなたのパパとママも悲しむわよ!」

なぎさ「!」ビクッ

なぎさ「ふっ」

さやか「ふっ?」

なぎさ「ふえぇぇぇぇぇんママあぁぁぁぁごめんなしゃいいいいいい」ボロボロ

マミ「ちょっ」

杏子「あーあーマミがなーかせたー」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年08月24日 (日) 23:26:47   ID: 63CbKFKn

短いなと思ったらやっぱり失踪だった

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom