ひな「もう幼稚園に行きたくないお・・・」(341)

男児A&B「CちゃんDちゃん一緒にルナルナセブンごっこしようよ!」

女児C&D「うん!」

男児A「じゃあCちゃんとDちゃんルナルナやって!俺たちパンドラーやるから!」

女児C「わかった!こうかな・・・ルナルナ~・・・」

ひな「そうじゃないお!」 

女児C&D「!?」

ひな「ひながうなうななのっ!うなきもーくしー!」

男児B「待ってよ、CちゃんとDちゃんがやっt」

ひな「全然できれないからひながやるお!早くパンドラーやえ!!」

男児A&B「(チッ)」 女児C&D「うえーん」

男児E「ピーヒョロロー」

女児F「すごーい!もっと吹いて!」

男児E「うん!よーし・・・」

ひな「ひなもやう!かしてかして!」ギャーギャー

男児E「いいよ!はい。」

ひな「スースー」ひな「あれ?音でない、なんれ!!!スースー」ギャーギャー

女児F「ねぇ、Eくんのが聴きたいから返して。」

ひな 「やらやら!ひながやうの!ひながやうの!」ウェーン ギャーギャー ヨダレブワァー

男児E「じゃ、じゃあ教えてあげるから泣きやんで!」ヨダレベチョー 

ひな「うんっ、教えろ!」

男児E&女児F「イラッ」

お昼の時間

男児G「ごちそうさま・・・」 

女児H「いっぱい残してるけど、大丈夫?」

男児G「お腹が痛くて・・・」

ひな「あーいけないんらー!ご飯残しちゃらめって園長先生言ってたおー!」

女児H「Gくん体調悪いんだから仕方ないじゃない」

ひな「だめらおっ!卵焼き食えお!」グイッ 

男児G「やめてっ!苦しい!」

ひな「ちゃんろ食べらきゃ、めっ、だお!」 

女児H「ひどい・・・」

とくに登場人物の種類は気にしなくて平気です

園長先生「みなさんこんにちわ。」

園児一同「こんにちは!」

ひな「ひなさっきねー、園長先生の言うこと守ったお!わうい子にめっ、したお!ひなえあいでしょ!」 

男児G「グスン・・・」

園長先生「あらそうなの。ひなちゃんはみんなと仲良くなった?」

ひな「うんっ!ひながみんらと遊んであげてるお!」

園児一同「ハァ?(イラッ)」 

男児A「つーかさぁ、ウザくね?あいつ」

男児B「教育が必要かもな」 園児一同「コクッ」

次の日

ひな「今日もうなうなへぶんやるお!」

男児A「うん!じゃあひなちゃんは強いから、俺たち全員敵役でいい?」

ひな「いいお!うなうな~へぶん!うなきもー」ドゴッ ひな「ヒギャ!」

男児B「今日は石で攻撃だー!」ヒュン ゴスッ ひな「痛いお!」

男児A「あれーwwwもう負けちゃうの~www」

ひな「まだだお!うなうなちょーぷ」 

女児C「砂かけ攻撃~www」バサッ

ひな「いやぁぁ!おめめがぁ!」 

女児D「ほーらもっともっとーwwww」バサッ バサッ

女児F「砂まみれなんですけどwwww汚っwww」ドゴッ ゴスッ ひな「ウギッ」

女児H「血ぃ出てる~wwwwもっと蹴っちゃえwww」バキッ ガスッ 

ひな「やめて・・・痛いおぉ・・・」ウルウル

ざまあ

\           /     /. : : : : : : : :ヽ-‐.: :_;. --- .._: : : : : : : :\       \      /
_  争  も  _   /, -‐==ミ: : : : _,ィニ-‐……ー-: 、`ヽ、: : : : ヽ、      _   争   _
_  え  っ  _     . .:´: : : : : : : ≠:7: : : : : : : : : : : : :ヽ、 ヽ| : i : : :,     _    え   _
_   : . と   _   /.: : : : -‐: :7´: : /:,ハ : : : :ヽ : : : ゝ-- :\ | : :! : : : ,   _    :   _
_  :      _ /, -‐/.: : : : :i : : /ィ:爪: : :\ :\ : : :\: : :`ト : !: : : :′   _   :    _
             〃  /. : : : : : : |.:イ :ハ:| \: .、\: : xィ¬ト、: :| : : ! : : : : :,
/          \   /.: :/.: : : : /l : |/Гト、       / |_,ノ0:::ヽ : : :i : : : : :′ /        \
 /  |  |  \    | .:/.:/. : : :i: i : | |ノ0:::ト :::::::::::::   |: :∩::::::ト: : : !: : : : : : :,  / | | \
             ∨i: |: : : : |: :ヽ| |::∩::| ::::::::::::::::  !.::∪::::::| |: : :i : : : : : : ′            ,ィ /〉
               |: |: : i : :', : |  |::∪::| ::::::::::::::::  !: : : : : :||: : i : : : : : : : :,          / レ厶イ
                ヽハ: : :、: :ヽ|  l : : : |:::::  ,  ::::└――┘ ! : : i : : : : : : : ′        /   ⊂ニ、
                い、: :\/   ̄ ̄                 ', : : i : : : : : : : : ,     _, -‐'    ⊂ニ,´
    r 、  _          ヽ: :〈        <  ̄ フ         |: : : ! : : : : : : : :′,.-‐T   _,. -‐'´ ̄
    くヾ; U|           | : \                   /| : : :i : : : : :_, -‐'    |  /
   r―'   ヽ、             | : : : \               イ: : :| : : :i_,. -‐       |/
    `つ _   ̄ ̄Τ`ー―-- L: : : : : `: : . . .  __    .:〔: : :|: : :r┬'              |

ざままままwwwwwwwww

男児E&G「それじゃあトドメに~wwww一輪車アタックwwww」 ドゴン バタッ

ひな「う、う、うぇぇ~ん!!!」 

男児A「一輪車早くかたせ!」 男児E「おう!」

新人先生「どうしたの!?こんなボロボロで」 

ひな「えぐっ、あのねせんs」

女児C「ひなちゃんが追いかけっこしてて転んだんです!」 

ひな「うえっ!?

新人先生「そうなの。じゃあ足洗いましょうね」 

ひな「違うお!みんなにやられたんだお!」ヒッグ

新人先生「えっ!?そうなのAくん?」 

男児A「違います!ひなちゃんが転んだだけです!」

ひな「うそだお!」ヒグ 

女児D「ひどいひなちゃん!私たちのせいにするの!?」

男児E「僕たち転んでるひなちゃんを起こしてあげようとしたのに!」

新人先生「・・・それは本当なのね?」 園児一同「コクッ」

新人先生「ひなちゃん、どうしてウソつくの?ウソつきはサイテーよ」 ひな「ちがうお・・・」

園児一同「(wwwwwwwwwwwwwwwwwww)」

とどめにーギロチンチョップ!

次の日

新人先生「この後はお遊戯の練習です。おトイレがあったら言ってください。」

ひな「(うんこでそうだお)せんs」

女児F「ねぇねぇ、ひなちゃん」ひな「」ビクッ

女児H「昨日はごめんね。Aくんに脅されてあんなことしたけど、ホントはしたくなかったんだ。」

ひな「すっごく痛かったお」 

女児F「本当にごめんなさい。許して!」

ひな「ひなえあいだから今回だけはゆうしてあげうお」 

女児F&H「ありがとう!」

ひな「(じゃ、うんこいくお)せんs」

女児F「ねぇひなちゃん、昨日のウナウナ見た?」

ひな「うん、見たお!それじゃあ」

女児H「かっこよかったよねー最後のあの場面とか」

ひな「ひなあえできるお!おトイレ行ってから見せてあげうお!(うんこいかなきゃやばいお)」 

女児F&H「え~今見た~い!」 ひな「どうしおう・・・」

新人先生「それじゃあ教室移動しますよー」

ひな「えっ」女児F「行こう!ひなちゃん」グイッ

(^q^)<ひなだお

園児一同「どんぐりころころどんぐりこ~♪」 

ひな「(もう我慢できないおぉ)」エグッ

男児B「せんせーい!ひなちゃんがちゃんと歌ってませーん!」

新人先生「ひなちゃーん!ちゃんと歌わないとダメよー!」

ひな「エグッウッ(出るおぉぉぉぉぉ!)」 ブリブリッ ボットーン ポタッポタ プ~ン

園児一同「うわぁーwwwwwくっせーwwwwwおもらししたwwwしかも両方wwww」

男児A「汚ったねwwwwwwみんな逃げろーwww」 

男児E「けっこうでけぇwwwってかどうやって落ちてきたんだよwwwwwww」

新人先生「(チッ 昨日に続きこのガキは)だからおトイレ行きましょうって言ったのにー」

ひな「ヒグッ エグッ だっれぇ、さっき話しかけらえてぇ」

男児G「あーまた人のせいにしてるーwww」

女児C「キモwwwクッサwwwウンコもらすのも人のせいかよwww」

女児D「マジくさい ありえないありえない マジでありえない 死ねよ」

新人先生「ひなちゃん!人のせいにしちゃだめでしょ!さぁ、行くわよ!」グイッ

ひな「うぇぇぇぇ~ん!なんれひなの言うころ聞いれくれらいのぉ!?」ギャーギャー

女児F「日本語喋れよwwwwwwwww」

園児一同「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

スカトロwwwwwwwww

次の日

ひな「今日もなにかされるのからぁ・・・」

おいたん「では今日もよろしくおねがいします。」 新人先生「はーい」

ひな「あのね、おいたん、ひなね」

おいたん「さーて今日は4限までかー」スタスタ ひな「おいたん・・・」

女児H「ねぇせんせー、こっち来てー!」 新人先生「はいなぁに」

ひな「せんせーも最近つめらいお」テクテク 

男児A&B「せーの!それwwwww」ザッバーン

ひな「うっ、うっ、うわぁぁん!!」ビショビショ 

男児A「ウンコあったから流しといたわwww」 

男児B「朝からクセェのマジカンベンだわwwwww」

園児一同「wwwwwwwwwwwwてかまだクセェよwwwwww」

新人先生「もう、どうしたの!?(まーたこのクソガキか)」 

ひな「うえっ、うえぇーん!」

女児C「ひなちゃんがバケツのお水こぼしちゃって・・・」 新人先生「わかってる」

新人先生「チッ ほら行くわよ!」グイッ 

ひな「せんせぇ」ヒグッエグッ 新人先生「うるさい!」

スカッスカッ

着替え終了

ひな「うぐっえぐっ もうひなのころいじめないれぇ」エグッ

男児E「ってかさぁ、こいつ昨日のうんことか関係なしに臭くね?」

男児G「確かに・・・うわっこいつの髪チョーくせぇwww嗅いでみwww」 

男児B「やだよww」

女児C「ねぇねぇコイツ見てたらさぁ、だんだんゴキブリに見えてきたんだけどwww」

女児D「マジだwww触角と羽根あんじゃんwwきめぇwww」

ひな「うえぇ うっ グスッ ひなは うっ ゴキブリじゃらいお うえっ」

女児F「はいー?wwww」

女児H「ゴキブリの言葉なんてわかんねーよwww」

男児I「なぁwww俺今日これもってきたんだけどwwwww」

男児A「おーwwwこれゴキジェットじゃんwwwww準備良すぎwwwww」

あの、うん、そろそろやめてあげてもいいんじゃない...?

男児B「ということでこれを顔面に吹きかけてとwwwww」シュウウウウウウウシュウウウウウウウ

ひな「ぎぃやああぁぁぁぁぁぁぁぁぐるしいぃぃぃ」バタン ピクピク

男児I「はい、ゴキブリ駆除完了www」 

女児F「これどうすんのwwwwww」

ひな「あぁ、目が・・・いた・・・痛いお・・・」 

女児H「黙れよ」ドコッ ひな「うっ」

男児E「普通のゴキブリなら新聞に包んでポイだけどさぁ、この汚ねぇゴキブリは無理だろwww」

女児C「とりあえずこのこぼれた牛乳拭いて長い間放置したぞうきんでふこっかwww」

男児G「ぞうきん濡らしてゴキブリの顔を押さえつければいいよねwww」ギュ ゴシゴシ

ひな「ムグッ オエッ くしゃいお! やめ うぐっ うぇーーん」ビエーン ジタバタ

園児一同「wwwwwwwwwwwwwwww」

その日のお昼

園長先生「新人先生、お電話です。」新人先生「はい。みんないい子にしてるのよ。」スタスタ


女児H「キャー!!ゴキブリ!」ガタッ 

ひな「」ビクッ 園児一同「(反応したwwww)」

男児A「どこ!?」 女児H「あ、あそこ・・・」

ゴキ「」カサカサ ひな「(ホッ)」

男児B「そうだI!さっきのゴキジェット貸して!」男児I「おう!」

プシュウウウウウ ゴキ「」 男児「よし!もう大丈夫だよ!」女児H「ありがとう!」

女児C「ねぇ仲間殺されちゃったよwwwいいのwww」

ひな「・・・ひな仲間じゃないお・・・」 男児A「そうだ!www」

男児A「おいゴキブリ!お前の箸よこせ!」ガシッ 

ひな「あぁ!そえひなのお箸だお!返してお!」グスン

ゴキジェットはだめwwwwwwwwww

ひな「あぁ!そえひなのお箸だお!返してお!」グスン

男児A「これでゴキの死体掴んでっと、あれ、ツルツルしてうまくつかめねぇw」ツルッ

男児B「1本でブッ刺せばよくねw」

男児A「そうだなw」グサッ ブチュ

男児E「うわwなんか出てきたw汚ねえw」 

ひな「ひなのお箸らお・・・」エグッ

女児D「で、どーすんの?それwww」

男児A「いやぁ俺共食いって見てみたいなぁと思ってさwww」 ひな「えっ」ヒグッ

男児A「は~いwwwみんなゴキブリ押さえて~www」園児一同「www」ガシッ

ひな「おえがい!やめれお・・・うっ ひなあやまうから! うっ ゆうしtムゴッ!」

園児一同「入った~w早く飲み込め!お前の箸で押し込んでやるからさw」グイッ

ひな「ムグー!」ジタバタ・・・ゴクン 

園児一同「飲んだーwwww共食いきめぇwwww」

ひな「オエッ うえぇ きもちわういよぉ」グズッ ヒグッ

女児H「箸に残った体液みたいのはゴキブリの髪で拭いとけばいいかwww」ゴシゴシ

ひな「うぇぇぇぇぇぇぇぇーん!!」ギャーギャー 

園児一同「wwwwwwwwwwww」

>>1はなにを思ってこんなに書き溜めてんだよ...

新人先生「今日は粘土で好きな物をつくりましょう。」

ひな「ひなうさたん好きらからうさたんつくうお!」コネコネ

ひな「できたお!ねぇ見れお!ひなのうさたんかわいいれしょ!」

女児C「下手杉wwwゴキブリのこと嫌いなの抜きにしても下手杉だろwww」

女児D「日本語喋れない歌も下手で図工もクソとかwwwクズすぎwww」

ひな「ひろいお・・・ひながんばっれ作っらのに」ウルウル

女児C「うっせーよ!」ドンッ グシャ 

女児D「潰れた顔ゴキブリに似てるーw」

ひな「うえぇーん!!!!!」 

新人先生「(もうあいつシカトでいいやw)」

ウッセーヨゴキブリ ウエェーン キメーンダヨシネ ギャーギャー

男児E「できた!見て、このさといも!本物そっくりでしょ!」

男児G「うおっ!wすげぇ!」

女児F「コロッコロじゃんwwwww」

男児A「こんなうまくできたさといも、食わなきゃもったいなくね?ww」

男児E「えっ?これは粘土と絵具で、ってああwwwそういうことかwww」

男児A「これをゴキブリの弁当の中に仕込んで、とwww」

お昼

パカッ ひな「あ!今日はさといもが入ってうお!
最近ご飯とケチャップしかいえてくえなかったから、ごちそうだお!」

園児一同「(喜んでるwwwバーカwww)」クスクス

ひな「いたらきます!」パクッ 

ひな「オエッ!変な味すうお!食えないお!」ペッ

そろそろ俺が黙ってないぞ

ひな「しょうがないから、ケチャップご飯だけ食うお!空ねえたんに文句言ってやうお!」
ガツガツ ボロボロ ベチャベチャ クチャクチャ

女児F「(食い方汚ねぇwこぼしすぎ汚しすぎw後で掃除させよwwしかもクチャラーかよ)」

ひな「食い終わったお!もう片付けうお!」

女児H「あーいけないんだー!」ひな「え」

女児H「ご飯残しちゃいけないって園長先生言ってたよwww」

ひな「だ、だって、こえ変な味すうから、食べえないお・・・」ビクビク

男児G「だめらおっwwwwwさといも食えおwwwwwwwwwww」グイッ

園児一同「食えおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」ガシッ

ひな「やめてえ!こんらのたえたら死んじゃうお!!」ジタバタ

ひな「おえがいゆうして!ごめんなさいすうかあゆうしてぇ!」ビエーン

男児G「・・・・・・・だめらおっwwwwさといも食えおwwwww」

園児一同「wwwwwほーらよく噛んでwww飲み込んでーwwwww」

ひな「ムグーッ!!!やめれぇ!ムゴッ!!」ジタバタ 

ひな「ゴクン・・・」

園児一同「どう?wwwwおいしい?wwwww」

ひな「お、お、うぇ」

ひな「オェー!オロロロロロロロロ」ゲボゲボ ビチャビチャ 

ひな「気持ち悪いおぉぉぉ」オエェ グスン

園児一同「汚ねぇーwwwゲロ吐きやがったwwwwww」

新人先生「チッ 拭くもん持ってきてやるから自分で処理しろカス」スタスタ

>>63
俺たちが出てきて復讐ですねわかります

新人辞めろ













辞めろ

ひな「死んじゃう、ひな死んじゃうおぉ」オエェ ヒッグ 

園児A「うっせーな」ガシッ

ひな「やめれおぉ、髪の毛つかまないれぇ!」

男児A「後始末は自分でしないとなぁww」ひな「えっ」ゴンッ ビチャ

男児B「うわwwwこのゴキブリ自分のゲロに顔突っ込んでるwww」

男児A「てめぇのゲロで床が汚れたんだから自分で舐めてキレイにしろよwwwww」

ひな「いやぁぁぁぁ!うげぇぇぇっぇ!んっぐぅぅいあぁぁぁ!」ビチャビチャ

男児A「おいしいですかー?wwwwwあと残りのゲロはゴキブリの髪で拭いてとwwwww」ゴシゴシ

ひな「うぅ おえ ゲホゲホ 気持ち・・・わういおぉ」

新人先生「あらAくん!お掃除してくれたの!?」 園児A「はい!」

新人先生「ホントこのゴキb、小鳥遊さんと違ってえらいわね~」

園児一同「Aくんえらーいwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ある日

男児A「あー、腹減ったなー」

女児C「ねー、お菓子食べたいわ」

男児B「そうだ!おーい、ゴキブリ!」

ひな ビクッ 「な、なぁに・・・」

女児D「呼んだらすぐ来いよカス」ドゴッ

ひな「いらいっ!ご、ごめん・・・なさい・・・」

男児A「俺らさぁ、腹減ったからお菓子持ってこい」

ひな「おやつはもっれきちゃダメなんだお・・・」

男児B「知ってるわンなこと!」バンッ ひな「ぎゃっ!」

女児C「だからオメ―に持ってこいっていってんの。ゴキブリより脳みそないんじゃないの?」

ひな「じゃ、じゃあどうすればいいんだお・・・」

女児D「そこにコンビニあんじゃんwwwとりあえずポテチとチョコ4人で食えるくらいおねが~いwww」

ひな「ひ、ひな、お金もってないお・・・」

男児A「ん?だからどうしたwwwオメ―の事情なんて知らねぇよwww」

男児B「いいから持ってこいよwwwあ、何?また粘土食べたいの?」

ひな「いやらぁ!ひなちゃんろ持ってくうからゆうしてぇ!!」

女児C「あたりめーだろ、早く行けゴミ!」

ひな「行ってくうお・・・・・・」タタタ

女児D「マジで行ったwwwヤベ―、おもしろいことになりそーwwww」


ひな「どうしおう・・・お金もっれないから買えないおぉ・・・
でも、もっれいかないとまたひおいことさえるお・・・・・そうら!」

ひな「商店街のおじしゃんおばしゃんはひなに食べ物くえたお!!」

ひな「ひなかあいいからコンビニでもきっろもらえるお!」ウキウキ

>>68みんな武器の準備はいいか?

コンビニ

ウィーン 店員A&B「いらっしゃいませー」

店員A「新しい肉まん意外とうまくね?」 店員B「マジすか、後で食ってみます」

ジャ、マタ1ジカンゴトニキュウケイイキマスカー ひな「(店員さんお話してうお!今がチャンスだお!)」

ひな「ねぇねぇ、おいたん!」 店員A&B「ん?」

ひな「ひなねぇ、おつかいに来たんだお!!えあいでしょ!」

店員A「(え?なにコイツ?俺ガキ嫌いだから相手頼むよ)」ヒソヒソ

店員B「(いやっすよwww喋り方と髪型ヤバくないっすか、コイツwww全然かわいくねぇwwww)」ヒソヒソ

店員A「(じゃあとりあえずシカトということでwww)」ヒソヒソ

ひな「内緒話いけないんだお!!ひなのお話きいて!」ギャーギャー

店員B「あ、お待ちのお客様どうぞー」 客「え、あ、はい」

ひな「ひなお菓子ほしいんだお!ねぇおいたん聞いてお!」

店員B「ありがとうございます!またお越しくださいませー」

ひな「なんれみんなひなのいうころきいてくえないの・・・」

ひな「店員しゃん全然ひなのことかわいがってくれないお・・・」

ひな「でもお菓子もっれいかなきゃ・・・」

ひな「そうら!今お金もっれないから、お菓子だけもっれいって、後でおいたんにお金払ってもらうお!」

店員A「(お、あのガキカゴを持っていった。お菓子のほうか)」ヒソヒソ

店員B「(めっちゃいっぱい入れてますね。あんな買うのかな)」

ひな「・・・」スタスタ

店員A「(レジのほうに歩いてきた)」 ひな「・・・」スタスタ

店員B「(と思ったらレジ通り過ぎて・・・)」 ひな「・・・」スタスタ ウィーン

店員A&B「ってオイ!!万引きしやがったアイツ!!」

>>79
いいぜ!
こっちは対戦車ライフルだ!

ひな「これだけいっぱいもっれいけばひろいことされないお!」ウキウキ

店員A「おいこらくそガキ待てやコラァ!!」ダダダ

ひな「ひゃあ!さっきのおいたん追いかけてくるお!こあいおぉ!」タタタ

店員A「捕まえた!」ガシッ 店員A「臭っ!」 

ひな「いやらぁ!はなしてぇ!」ギャーギャー ジタバタ

新人先生「どうしたの!?っていうかなんでお前外にいんだよ」

店員A「あのー、そこのコンビニの者ですが、かくかくしかじかで・・・」

新人先生「まぁ!万引きですって!!!??」

ひな「まんびきってなぁに・・・」グスングスン

おもしれwwww

園児一同「えーなになにー!ゴキブリが万引きしたのー?犯罪じゃーん!」ガヤガヤ

店員A「ちょっと店長に連絡しますね。もしもし店長ですか?じつは・・・・」

店長「商品は大丈夫なんだ~じゃあ今回は注意だけでいいや~(警察来て防犯カメラ見たりすんのめんどいからね~)

店員A「ということだそうです。では失礼します」

新人先生「小鳥遊さん!!なんで万引きなんてしたの!!」

ひな「まんびき・・・?」グスン

新人先生「ドロボーのことよ!!なんで盗んだりなんかしたの!!」

ひな「ちがうお!ひなドロボーじゃないお!」

新人先生「じゃあさっきのお菓子はなんなの!!」

ひな「あえは・・・後でお金払ってもらおうと思ってぇ・・・」グスッ

新人先生「そんなことお前ができるわけねーだろ!」

園児一同「wwwバカすぎwwwってか払ってもらおうってホントクズだなwww」

ひな「うぇぇっぇぇーん」

新人先生「これは大問題ね・・・」

全園集会

新人先生「みなさん、大変残念なお知らせがあります・・・」

園児一同「えー何々―」ワイワイ

新人先生「実は、この幼稚園のお友達が、ドロボーをしました。」

園児一同「えー!!!サイテー!!」

ひな「ぐすん・・・」

男児A「先生!俺そんなやつ警察に連れていきます!!」

園児一同「そうだそうだー!逮捕されちゃえー!!」ワーワー

女児C「え、それってもしかして、さっきのひなちゃんが万引きしたやつ?www」

もうやめないか?(迫真)

最近の園児の言語能力は発達してんな

園児一同「え・・・・」シーン ひな「うっ うっ」グスン

園児一同「うわーゴキブリが万引きしたーwwwww犯罪者だーwwwww」

園児一同「お前どこまでクズなんだよ!もう死んだほうがいいんじゃねwwwww」

ひな「ひどいおぉぉぉ」ヒグッ

園児一同「あっち行けドロボー!もう幼稚園にくんな!」

ひな「ちがうおぉ うぇぇぇぇーーーーん」

男児B「おいみんな気をつけろwwwなにかゴキブリに盗まれるぞwww」

園児一同「か・え・れ!か・え・れ!か・え・れ!」

男児A「俺らの正義の心が許さないわ。みんなで罰与えよーぜwww」

園児一同「おー!!」 ドカッ バキッ ゴスッ ボコッ ガンッ

ひな「いやぁぁぁぁ!!やめれぇ!!!」バタッ ピクピク

男児A&B女児C&D「(wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww)」

ひなが万引きしたという情報はすぐに広まった

園児母「ドロボーと同じ幼稚園に息子を通わせるなんて、悪い影響が出ます!!」

ひな「ひなはぁ・・・ドロボーじゃないおぉ・・・」ウッウッ

園児母「今聞きました!?全く反省もしていない!どうなってるんですか!」

新人先生「申し訳ございません。こちらでも、他の園児とゴキブリを一緒にしない工夫をしておりますので、どうかご了承いただけませんか?」

男児B「大丈夫だよママ!おれはあいつみたいな犯罪者が大嫌い!だから絶対近づかないし、将来はああいうやつを捕まえる職業に就くよ!」

ひな「そんなぁ・・・」エグッ

園児母「まぁBくんったらwww」

新人先生「あらあらホントにBくんはいい子ねー!」

ひな「うぇーーーん」

おいたん「こんばんは。今日もお世話になりました。万引きの件、どうお詫びをすればよいか・・・」

新人先生「いえいえ、祐太さんのせいではありませんよ。それにいくら言ったところであのゴキブリは反省しないんですもの。どうしようもありませんよ」

おいたん「そう言っていただけると助かります。では、失礼します」

ひな「エグッ おいたんもひなのことわういって言うのぉ・・・」

おいたん「・・・」スタスタ

商店街

通行人「ほら見て!あのゴキブリみたいな髪型のコ!万引きしたんですって!」

通行人「あらやだ~。あの歳で万引きなんて、将来ろくな人間にならないわね~」

店おじ「あっち行きやがれクソガキ!大切な商品を万引きなんてされたらたまったもんじゃねぇ!」

店おば「あんた臭いのよ!商品にニオイがついたらどうするの!シッシッ!!」

ひな「うぇぇっぇぇぇぇーん!ひなわうくないおぉぉ!!」

ひな「あ!八百屋のおじしゃん!ひなだお!助けておぉ」

八おじ「このクソガキ、てめぇドロボーだったんだってなぁ!今までうちの店でも果物や野菜盗んでたんだろ!」

ひな「うぇぇぇーん!ひな盗んでないおぉ!なんれそんなころゆうのぉ」

八おじ「うるせぇ!これでもくらえ!」つバケツに入った生ゴミ ドバァー

ひな「うぇぇぇぇーーん!!くしゃいおぉぉぉー!!!」ギャーギャー

通行人「あ~らゴキブリにとってはごちそうじゃないwwwwwwww」

ひな「おいたんイヤホンで音楽聞いてないれたすけれおぉ!」

おいたん「ハッピッハッピガーwwwwwwwwwwwww」

次の日

女児F「あれーwwwあたしの手鏡がないんですけどーwww」

男児E「マジ?wwwじゃあゴキブリに盗まれたんじゃねwww」

ひな「ひな盗んでないお・・・」

男児G「確かめてみようぜーwwwゴキブリのきったない鞄かしてーwww」

女児H「まぁさすがにないでしょwwwって、あったんだけど!これだよね?Fちゃん!」

男児A「(ニヤリ)」

女児F「それそれ!うわ怖っ!昨日の今日でまた盗んだのこのゴキブリ!」

ひな「えぇ?ひな知らないおぉ」ビクビク

男児E「じゃあなんでオメ―の鞄に入ってたんだよ!」

ひな「本当にしらないおぉ・・・信じておぉ」エグッ

園児一同「うそつきー!ドロボー!」

俺「いいぞ・・・みんな・・・・いい出来だ。そのまま追いこめぇ!」

男児A「てめぇまた盗んだのかよ」 ひな「ひっ!」

男児B「ちゃ~んと謝罪はしないとなぁwwwみんな、準備おねがい!」

園児一同「オッケー!」

ひな「なにすうの・・・?もうひないたいいたい嫌だおぉ」グスン

女児C「黙れゴミ。いいからこっち来い」グイッ

女児D「触るの嫌だからってゴム手袋付けなくてもwwwwwwwwww」

女児C「いや、素手でこれ触るのは無理でしょーwwwwwwww」

ひな「うぅぅ」

カチャ
ドン
園児「ギャァァァ」
俺「1人潰した!そっちはどうだ?」

男児A「さーてゴキブリ、今から砂場でFちゃんに土下座して謝れ。」

女児C「えーそれだけー」

男児B「いや、ここに穴掘って泥水入れてあるじゃん?この泥水を土下座の状態で全部飲みきるまでずっと謝ってもらうんだよwwwwwwwwwwwww」

女児D「あーwwwそれなら誠意伝わるかもーwwwwwwww」

ひな「やらやらぁ!そんなのひなできないぉぉぉおぉ!!」ギャーギャー

男児E「だまれよ」ボコッ ひな「ぎゃあ!」

男児G「オメ―に拒否権はねーんだよ、早くしろ」

男児A「じゃ、はじめるよーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

女児H「つうか何黙ってんの?言うこと言ってから土下座しろよ」

ひな「な、なんていえばいいんだお・・・」

男児B「チッ 手鏡盗んでごめんなさい、に決まってんだろーが!」ドゴッ バキッ

ひな「痛いおぉ!わかったお・・・手鏡盗んでごえんなs ギャッ」 ガシッ

男児A「じゃ、顔突っ込んでーwww頭押さえておいてやるからwwwwwwwww」

ひな「うぅぅ~!!!ブクブク(くうしいおぉ!!!)」バタバタ

       -、ー- 、
   _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._

    ,.>          <`
  ∠.._        ,     ヽ 
.  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
  /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |
   レ'レf Y| ノ・\ ノ・\ |f^!l
.     !6|| `⌒ "||` ⌒´ ||6|!    しかしアカギ
      ゙yl、   、|レ   |y'
     _,,ハ.ト.`エ ̄フ´ ,イ/\_   意外にもこれにワロタ
    ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄  
  :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::
  ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::
  :::::::‘:::::::::::o:ヽ`  ´/::::::::┌──┐
  :::::::::::::::::::::::::::ヽー/::::::::::: l:::::::::::::::l

女児C「だから~www飲まないと終わらないよwwwwwwwww」

ひな「うぅぅぅーーー!!(くうしい!しんじゃうおぉ!!)」

女児D「いやマジでつまんねーから早く飲めよ。まぁ死んでもいいけどwwwwwww」

ひな「うぅぅぅー!!(このままだと死んじゃう!の、飲むしかないお!)」

ひな「ゴクゴクゴクゴク・・・・・・・」

園児一同「マジで飲んだーwwwwwwwww」

ひな「ゴクゴク・・・・・・おえぇぇぇっぇぇぇっぇぇぇっぇぇ!!!!」

男児B「おーwwww飲みきったwww」

男児A「ま、ついでだしそのまま泥も食っとけwww」ガシッ

ひな「いやぁぁぁっぁぁぁぁ!!!!モゴモゴ」

園児一同「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

次の日

男児I「なぁなぁ、俺今日チャッカマン持ってきたんだwwwwwwwww」

男児A「相変わらずお前は準備がいいなーwwwwwじゃあお約束のやりますかwww」

男児B「おいゴキブリ!こっちこいや!」

ひな「・・・・なぁに」

女児C「いや、一緒に遊ぼうと思ってさwwwwwwwww」

ひな「え!みんらひなと遊んでくえうの!?(久しぶりにみんらろあそべるお!)」ウキウキ

女児D「うん!一緒に火遊びしようよwwwwwwww」

ひな「ひなやう!火遊びすうお!!」ワクワク

>>118
俺「何とか新人先生を倒すことに成功した....」

男児A「じゃああっちむいてーwwwwwwwww」

ひな「わかったお!」クルッ

男児A「はいじゃあ点火―wwwwwwwww」ジュボ ボワァー

ひな「え?いやぁぁぁっぁぁぁぁぁぁ!!熱いあついおぉぉぉぉ!!!」バタバタ

男児B「おお!きもちわりぃ髪の毛がめっちゃ燃えてるwwwwwwwwww」

ひな「熱いおぉ!!消してぇぇっぇ!!」ギャーギャー

女児C「自分で水道行って消せよゴミ」

な、もうやめよう?(震え声)

火消後

女児D「wwwwwwwwwwww髪がすげーチリチリになってるwwwwwwwww」

ひな「うぇぇぇっぇーん!ひどいおぉ!ひなの大事な髪の毛らのにぃ!」ウェーン

男児I「こんなこともあろうかと俺今日これも持ってきたんだよねwwwwwwwww」

男児A「おーこれバリカンじゃんwwwwwwホント準備がいいなーwwwww」

ひな「うえっ、えぐっバリカンってなぁに?」

男児B「今からわかるよwwwじゃ、スイッチオン!」ヴィーン ジリジリ

ひな「あぁ!やめれおぉ!ひなの髪の毛無くなっちゃうよぉ!」

ヴィーン 

男児B「はいできたーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

女児C「wwwwwwwwwwなつかしーwwwwwwwこれロナウドがやってた大五朗カットじゃんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ひな「うえぇ、グスッ、ひろいおぉ、ひなの髪の毛、ひなのぉ・・・」大五朗

女児D「あのきもちわりーゴキブリカットじゃなくなって良かったじゃんwwwwwww」

新人先生「あらみんなどうしたの?プッ なにその頭wwwwwwww」

男児A「ひなちゃんの髪が長すぎて切ってほしかったみたいなんで、キレイにしてあげました!」

新人先生「あらそうなの!みんなホントにやさしいのね~。それに先生も助かるわ~。
前のゴキブリは髪にうんこついてて大変だったのよ~」

ひな「ううぅ、ううぅ」グスン

>>139
よくやった!
くそっ園児に囲まれた!
このやろー
手榴弾
カチャ

おいたん「あれひなの頭、ずいぶんすっきりしましたね!」

新人先生「そうなんですよ~お友達がみんなでキレイにしてくれたんですよ!」

おいたん「そうなんですか!みんなやさしいんだね!ありがとう!」

園児一同「エヘヘ////」

ひな「おいたん・・・ちがうのぉ・・・」

おいたん「そうだひな、みんなにちゃんとお礼は言ったか?」

ひな「いやだおぉ、いやだおぉ」

おいたん「お礼もちゃんとできないのか!早くいいなさい!!」

ひな「ううぅぅ・・・あ、あいがろうございましゅ・・・・・」

おいたん「なんだそのお礼は!!ちゃんと」

園児B「いえいえいいんです!僕らひなちゃんにお礼を言ってもらうためにやってあげたんじゃなくて、ひなちゃんの髪が燃えてかわいそうだから、って、あ」

園長とかなにやってんだよおおおおおおおおおおお

なんだこの気分がうきうきするSSは

申し訳ありません エロはなしです

女児C「ちょっと何言ってんのBくん!それはひなちゃんがかわいそうだから内緒っていったじゃん!」

新人先生「どういうこと?あなたたちには怒らないから正直に言いなさい」

女児D「あのぉ、ひなちゃんがチャッカマン持ってきて火遊びしてたんです・・・」

ひな「えっ」

男児A「それで僕たちがとめたんですけどひなちゃん聞かなくって・・・・
そうこうしてたらひなちゃんの髪に火がついちゃって・・・・」

男児B「それで髪の毛がかなり燃えてチリチリになっちゃったから、僕たちできれいにしてあげたんです・・・・ひなちゃんが火遊びしてたって言ったらひなちゃんが怒られると思って、黙ってようと思ってたんですが・・・」

自爆かよ

新人先生「ひなちゃん!!!!」 おいたん「ひな!!!!!!」

ひな「ひっ!!ちがうぉ・・・」

新人先生「火遊びなんてして幼稚園が火事になったらどうするの!!」

おいたん「火遊びなんてして他の子が火傷したらどうするんだ!!」

ひな「ひなのしんぱいはしてくえないのぉ?」エグッ

新人先生「ドロボーに放火に、いったいどれだけ犯罪を犯せば気が済むの!」

おいたん「これだけの犯罪を犯して、到底許されるわけはないけど、ここにいる子供全員に謝りに行くんだ!」

ひな「いやらおぉ、ひなはわうくないんだおぉ、しんじてぉ」グズッ

おいたん「早くしろ!1週間ご飯抜きにするぞ!(といっても今も腐った残り物しか与えてないけどwww)」

ひな「いやらぁ!わかっらおぉ、ひな謝っれくうおぉ」

そしてみんなに謝りにいくひな

男児E「ふざけんなよお前!自分が悪いのに俺たちのせいにして、挙句の果てには全員殺そうってか?」

女児F「もう怖いわ・・・お願いだから私たちの前から消えて・・・わたし死にたくない」

男児G「こんな謝罪で許されると思ってんの!?ホント救いようのないクズだな」

女児H「いや喋りかけんな」

ひな「うぇぇん もう幼稚園に行きたくないお・・・」

園児一同「wwwwwwwwwwwwwwwww」

男児B「そろそろゴキブリも身分をわきまえてきたかなwww」

女児C「ねぇ、そろそろこれやめにしない?」 男児A「・・・・・・・・」

う~ん気持ちいいなぁ

遠足

新人先生「今日は遠足で動物園に行きます。」園児一同「やったー!」

オサルサンミターイ ソノアトパンダサンネー ワーワー

ひな「ひなはひといでうさたん見にいくお・・・あえ、あっちで誰かが言い合いしてうお」

女児D「もういいかげんにしなよ!これ以上やったら小鳥遊さん死んじゃうよ!!」

女児C「私たち、もう限界だよ・・・ホントは小鳥遊さんと仲良くしたいのに・・・もうあの子の泣き顔見たくないよ・・・」

男児A「しらねーよ!あいつが悪いんだろーが!」 

男児E「お前も大人になれよ」

ひな「・・・みんなひなのこと考えてくえてたんら・・・」ウルウル

女児F「あ、ひなちゃん」 

ひな「みんらー!!」 男児A「チッ」ダダッ

今更許されると思うなよ

女児H「ひなちゃんもう大丈夫だよ!Aくんは孤立したから!」

ひな「うん!Aはわういやつらお!!」

女児C「ホントだよね!!」

女児D「私たちひなちゃんと動物園周りたいな・・・いいかな?」

ひな「いいお!」

女児F「やった!!あたしクマさん見たかったんだぁ!!!」ウキウキ

ひな「ひながつえていってやうお!ついてこい!!」

園児一同「うん!」

クマ舎前

ひな「あ!Aがいう!」 

男児A「おうゴキブリ。いいこと教えてあげようか?」

ひな「なんだお!」

男児A「お前のパパとママどうなったか知ってる?」

ひな「パパとママは遠いとこおにいってるんだお!でもひないい子にしてうから
もうすう帰ってくうお!」

男児A「いやもう帰ってこないからwwwwwwwwwwwお前のパパとママ死んでるからwwwwwwwwwwww」

ひな「何言ってうんだお!死んでないお!ママ帰ってくうって言った!すぐ帰ってくう!」

男児A「いや園長先生とお前のおじさんが話してるの聞いちゃったんだよね~www飛行機事故らしいじゃん」

ひな「ふざけうな!」プルプル 

喜ばせておいて、そのあとにドーンと落とすのを期待してるぜ

ひな「ゆうせないお!お前のこと、いじめてやうお!」

ひな「みんら!Aのこといじめろお!!」 園児一同「・・・」ゾロゾロ

ひな「めちゃくちゃにやっちゃえお!」園児一同「・・・」ガシッ ひな「えっ」

ひな「何してうんだお!はなせお!」 園児一同「せーの!そりゃ!wwwww」

看板「注意!危険ですので柵に上らないでください!」ヒュー ひな「いやぁぁぁぁぁ!」

ドサッ ボキッ       クマさん「(ん?何か落ちてきたクマ)」

>>155
駄目だ.....人数では適わない....
俺は,,,
もう.....

俺はまだ生きてるぜ!

俺にはわかる
ひなが覚醒して園児を首チョンパするのがな

ひな「うぅぅ、痛いおぉ・・・手足がおえて動かないおぉ・・・・・・」グスン

クマさん「(エサかクマ?でもゴキブリがエサ?)」

ひな「あ!クマさん!助けて!」パアァ

クマさん「(喋ってるから人間かクマ?うわ、臭っクマ!)」

ひな「あのねぇ、クマさん。ひないい子にしてうのに、みんらひどいんだお。」

クマさん「(臭いけど腹減ってるからしゃーないクマ。とりあえずビービーうるさいから首を裂いて殺すかクマ)」ザシュ 

ひな「え、クマさんなにs いぎゃぁぁぁ」プシャー

クマさん「(じゃあ頭と胴体切り離して)グググブチャードバァ(いただきますクマ)」
バキッ ベキッ グチャ バリバリ ボリボリ ムシャムシャ グチャグチャ

クマさん「(まずっクマ!!臭っ!なんだこのにおいクマ!今までの中で一番マズイ食事だったクマ)」ゲップ

ひな(だったものの肉片)「」

園児一同「食われたwwwwってか何回騙されんだよwwwwwwwww」

クマさん「(ん?何か落ちてきたクマ)」

ワロタwww

あともう少しです
最後は少しハートフルな展開です

刑事「・・・現場の目撃証言によると、ひなちゃんが柵によじのぼって誤って転落してしまったようです。」

空「・・・そうですか」グスン 美羽「えぇん、ひなぁ、ひなぁ」

刑事「おじさんはどちらへ?」空「今は少し1人にしてくれって言ってました・・・」

刑事「そうですか。お悔やみ申し上げます。では、私はこれで。」スタスタ

空「・・・・」チラッ 美羽「・・・フフッフフフ」プルプル

空「(ちょっと美羽!wwwここじゃやばいって!wとりあえず人気のないトコ行ってからwwwwww)」 美羽「(wwwもう限界wwwお姉ちゃん早くwww)」



空&美羽「ふうぅ・・・」「アッハハハハハハハハwwwwwwwwwwwww」

空「食wわwれwたwとwかw」美羽「マジうけるwwwwwwwwwww」

空「いやでもラッキーだわwwwこれでめんどくせぇお迎えなくなったしwwww」

美羽「汚ったねえ洗濯物も無くなったし、ゴキブリを風呂に入れなくてすむwww」

 ―┼‐         ノ     /   |  --ヒ_/     /   \ヽヽ    ー―''7
   `」   ┼,   二Z二   レ   /  /´レ' \ ―7 ̄}  |  ー-、   /
 (__  (|フ)   (__ノ  _ノ  ∨`  ノ  /  /     _ノ    \_


    ─┼-        /   |   ‐┼-   |     ー|―
    ─┼─ |   \ レ  /   ̄Tー  /      ノ -─
   (二フヽ  \/    _ノ   (二フ\  ヽ_ノ   / 、__

     i';i
    /__Y

     ||V||                   /⌒彡  
  _ ||.I.||         /⌒\     /冫、 )
  \ ||P|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ `./⌒ i `  /ゝ     _,,..,,,,_
  ||\`~~´  (<二:彡)    \( >     ('\\  ./ ,' 3 `ヽーっ
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄\`つ    ⌒ _) l   ⊃ ⌒_つ
     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                `'ー---‐'''''"

>>200
駄目だ死ぬなー!

ザオリク!ザオリク!ザオリク!ザオリク!
くそっくそっ生き返ってくれー!

空「やっぱいじめられてたのかなぁwwwwwwwww」

美羽「いやそれは当然でしょーwwwwあの喋り方と性格と髪型とニオイだよ?www」

美羽「あ、そういやちょっと前に、あたしが食器洗ってるときにねwww」

空「うんうんwww」

美羽「ゴキブリがうさぎに向かって、ひなはもう泣かない!とか言ってたwwwww
   それもあたしに聞こえるくらいの声でwwwwwwwww」

空「出たーwwwww私つらいけどがんばってますアピールきたーwwwwwwww」

美羽「あいつ絶対将来バイト忙しいアピールとかしそうだよねーwwwwwww」

空&美羽「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

フッ・・・・とうとう消えたか・・・あのゴミが消えたのか!園児たち、よくやった・・・
貴様らに好きなものを与えてやろう・・・お菓子でもゲームでもお金でもな。

美羽「そういえば、おじさん何してるのかな?」

その頃、近くの公園のトイレ

おいたん「いーよっしゃぁぁぁっぁぁぁっぁぁぁぁっぁぁぁっぁぁ!!!!!!!!!
フゥゥゥウウウウウウウウウゥーーー!!!!!!!Yes!!Yes!!
うおぉおおおおっぉおおおぉおおおおおおおおおおおぉぉお!!!!!!!!
これで邪魔ものが消えて~~~、空ちゃんと美羽ちゃんと3人での共同生活スタートォォォォォォォォ!!!」


空「あ!お兄ちゃんいた!」

おいたん「空ちゃん!美羽ちゃん!」

おいたん「今日はめでたい日だから回らない寿司でも行こうかwww」

美羽「やったーwwwww」

空「ありがとう!お兄ちゃん!!」



はあ…




ぬるぽ

>>230
ガッ

美羽「そうだ!ゴキブリいなくなったんでおじさんのバイトも減らせますね!」

おいたん「いやぁ、えっと、バイトは今まで通りやるよ」

空「えっ、どうして」 

美羽「そうですよ。だいぶお金うきますよ。」

おいたん「いやさ、こうやってみんなで住むようになってから、空ちゃんと美羽ちゃん
にはいろいろ迷惑かけちゃって、2人ともほとんど遊ぶ暇もなく家事をやってくれてたでしょ?」

おいたん「でもこれからは、学校の他の友達と同じように学校帰りに服を買いに行ったり、
プリクラを撮ったりさせてあげたいんだ。だから2人におこずかいをあげるためにもバイトは減らさないよ。」

空「そんな、お兄ちゃん・・・」

美羽「でもそれじゃおじさんが大変ですよ!私たちは我慢できます!」

おいたん「俺は2人に幸せになってほしいんだ。それが俺にとって1番なんだよ」

空「お兄ちゃん・・・」ウルッ 

美羽「おじさん、だーいすき!!」ギュッ

空「お兄ちゃん、私がんばっておいしい料理作るから!!!」

美羽「私もおじさんのために家事がんばりますっ!!」

おいたん「3人で幸せに暮らそうね!」

それから3人は仲良く幸せな人生を送ったとさ めでたしめでたし

   /    /   /  | _|_ ― // ̄7l l _|_
 _/|  _/|    /  . |  |  ― / \/    |  ―――
   |    |  /    |   丿 _/  /     丿

   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|

   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi.
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ

以上です お付き合い頂いた方ありがとうございました

もうなにも言うまい...ゴゴゴゴゴゴゴ

幸せな終わり方だな。ハッピーエンドだ!

≫1
己w

まさかのハッピーエンドか…



俺「おい…俺はどうすれば…ひなが死んだ?嘘だろプルプルじゃあ俺も死んでやるテヘペロザクッ」

ひならお

新人先生「はぁ・・・、今日も残業おわり。早く帰ろう」
プルル、プルル
ガチャッ
新人先生「誰?こんな遅くに、もしもし?どなたですか?」
「・・・」
新人先生「もしもし?イタズラはやめてください!」
「・・・」
「・・お」
新人先生「はい?」
「な、だ・・・お」
「ひなだおおおおおおおおおおお!!」

俺「もう社会に出たくないお・・・」

>>297
じゃあちね!

プルルル
園児母「もしもし。あっ、園長先生。えっ?亡くなった・・・。はい、そうですか、わかりました。」
園長A「お母さん、早くしないと幼稚園遅れちゃうよ。」
園児母「幼稚園2~3日休みだって」
園児A「なんでー?」
園児母「・・・、新人先生が急にやめちゃって、代わりの先生がいないらしいの」
園児A「ふーん」

数日後…

トゥルルルる
   トゥルルルる
ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーガーーーーーーーーーーーーーーーー
メッセージをどうぞ

留守電「……おいたん…」

女児A「さーてと、今日は化粧水つけてもう寝よっと」

ガタッ、ガコッ、ガサゴソ

女児A「何かしら…ベランダから?」

女児A「せっかく寝ついていたのに…もう…」

スタッ、ガラガラ

シャッ

ビクッ…ビクッ……

~次の日~

女児母「おそいわねーあの子、いつもならとっくに降りてきているのに」

女児母「Aー遅れるわよー。もう、いつまで寝てんのよって、アレ?何かしらこのドアの隙間から漏れてるシミは」

誰か復讐編をはよ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年08月26日 (月) 21:59:01   ID: UWLdvIGY

ひな死ねwww

2 :  ひな   2013年12月24日 (火) 07:29:57   ID: VYHwODZW

ひなだお

3 :  SS好きの774   2014年12月04日 (木) 14:46:15   ID: EYdSjqUy

クマがペルソナ4のクマで脳内再生された

4 :  SS好きの774さん   2015年07月05日 (日) 04:15:28   ID: kLRVzNnp

????「クマー」

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom