上条当麻「良い事をたくさんするぞ!」 (67)

当麻「よし、今日も街のパトロールだ!」

当麻「いつも通り路地裏から散策するかな」


路地裏

当麻「あれ、あそこ何やってんだ?」

不良A「なー姉ちゃん、いいだろう?」

不良B「ちょっとだけだからさー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383496582

当麻「おいお前らなにやってるんだ?」

不良C「あん? そこの姉ちゃん一人で寂しそうだからさ、遊んであげようと思ったんだけどさ」

御坂「……」ツーン

不良D「この様子なわけよ」

当麻「へえ、俺も混ぜろよ! 何やるんだ?」

不良E「お、混ざるかい? 何ってそりゃあ、あれよ」

当麻「あれか!(この人数だと……サッカーだな!!)」

御坂「あんた達さっきからうるさいわよ!!」ビリビリ

パキィーン

不良達「アババー」チーン

当麻「おい……てめえ」

御坂「え、なんであんた無事なのよ」

当麻「ただお前に対する優しさで、遊ぼうと言ってきてる奴らを」

御坂「え、なに?」

当麻「そんな風にしてもいいってんならよ」

「まずはそのふざけた幻想を──ぶち殺す!!」ボカッ

御坂「え」バタッ



当麻「ふー、今日も悪を懲らしめたり」


<キャー


当麻「叫び声!?」タッタッタッ

ステイル「くっ、また逃げられたか」

当麻「あのー、どうしたんでせうか?」

ステイル「ん? ああ、探し人をしているだけだから気にしないでくれ(人払いしておいたはずなんだけど……?)」

当麻「そうなんですか! なら俺にも手伝わせて下さい!」

ステイル「えー、あー、じゃあ手伝ってもらおうかな。身長はこれぐらいで修道服を着ているんだ」

当麻「なるほど。では探して来ます」タッタッタッ

ステイル「……僕の連絡先とか良かったのかな? 見つけてもらってもすれ違いそうなんだけど」

禁書「さっきから追いかけて来るこのウニ頭は誰なんだよー!?」タッタッタッ

当麻「迷子のシスターさあああん!! ご家族が心配してますよー!!」ドドドド

禁書「あれは教会の悪い奴らなんだよー! 私を捕まえに来てるんだよー!!」タッタッタッ

当麻「なんだって?」ピクッ

禁書「あ、やっと分かって、」

当麻「お前がそんなに親御さんの事を悪く言うっていうってんなら」

「先ずはその幻想を──ぶち殺す!!」ドカッ

禁書「え」パキィィン

ボコォン

上条「……ふぅ、服が破けたけど親御さんが来たらどうにかするだろ」スタスタ


30分後


??「銀髪の幼女が裸でおるやん!! これは犯していう合図に違いないわ~」

??「よし……しっかり寝とるなぁ」ツンツン

??「いただきまーす!」ガバッ

ステイル「灰は灰に───」ボォォ

しばらくして

ステイル「やあ、当麻君。君が禁書目録を気絶させてくれたみたいじゃないか」

当麻「ん、お前は……ああ、シスターさんの事か」

ステイル「それでね、申し訳ないんだけどあの子が誘拐されてしまってね……取り戻すのを手伝って欲しいんだ」

当麻「なん……だって?」

三沢塾

当麻「ここに居るのか」

ステイル「ああ、そうなんだ。ここは危ないから落ち着いて、」

当麻「シスターさん、助けにいきますよー!」タッタッタッ

ステイル「ちょっ、待ってよ……」

アウレオルス「禁書目録を取り戻しに来たか」

当麻「なんで攫ったんだ!?」

アウレオルス「吸血鬼にし、永遠の命を宿させるためだ」

当麻「……なんか事情が深そうだな。詳しく教えてくれ」

アウレオルス「当然、かくかくしかじか」

当麻「なんだって……?」

―――

上条「おい、ステイル」

ステイル「どこ行ってたんだよ。探したよ」

上条「なんで禁書目録の事、早く言わなかったんだ?」

ステイル「え、聞かれなかったから」

上条「うるせえ! お前がそんな大事な事を隠してたっていうなら」

当麻「お前のその幻想を───ぶち殺す!!」ドカッ

ステイル「え?」ボコッ


アウレオルス「ありがとう、これで吸血鬼にさせてやれる」

当麻「ああ、頑張れよ!」

しばらく経ち路地裏


当麻「御坂妹……おえ。通報しとくか」


―――


当麻「死体がないだって? そんなわけ」タッタッタッ

当麻「本当だ……無い」

上条「一体どうなって……」

ミサカA「それはですね」ゾロゾロ

ミサカW「ミサカは」ゾロゾロ

上条「なんで御坂妹がたくさん───なるほど、そういうことかよ」ギュッ

ミサカN「理解していただけましたか? とミサカは説明の手間が、」

上条「お前らが御坂妹を殺したんだな!?」

ミサカF「え、どうしてそうなr」

上条「そんな事が許されるってのなら、まずはその幻想を───ぶち殺す!!」ドカッドカッドカッドカッドカッドカッドカッドカッドカッドカッ

それから少し経ち

上条「よーし、今日もパトロールだ。張り切って行くか」


どっか

一方通行「アヒャヒャ!」ドカーン

御坂妹「ギャー」バタッ

御坂「ちょっとあんた、何やってんのよ!」ビリビリ

一方通行「あン? 誰だァ? ……なるほどォ、オリジナルか」

御坂「そうよ!」バチバチ

上条「おい、この前のビリビリ野郎」

御坂「へ……なんでアンタがここにいるのよ!?」

上条「またお前は人に向かって電撃を……テメエがその能力(ちから)を好き勝手に使うって言うなら」

上条「まずはその幻想を───ぶち殺す!!」ドカッ

当麻「ふぅ、お前はなんでトラック投げてたんだ? 危ないだろ」

一方通行「あァ、そりゃ悪かったなァ。実はよォ、かくかくしかじかでなァ」

当麻「なるほど、実験か……でもよ、それでも人殺しちゃ駄目だろ?」

一方通行「だって、クローンだぜ?」

当麻「うるせえ! その幻想をぶち殺す!!」ドカッ

一方通行「あべしっ!?」ボコッ

当麻「ふぅ、今日も街の平和は守ったな」

少し経ち

当麻「え、旅行に?」

小萌「そうなのです~、上条ちゃんが第一位を倒した云々で問題になってるのですよ~」

当麻「でも俺、お金が」

小萌「それなら先生が出しますからさっさと行ってくるのですよ~」

当麻「やった、タダ旅行だ!」

旅行先

当麻「父さん!」ダキッ

刀夜「当麻!」ダキッ

当麻「久し振りだな」

刀夜「ああ元気だったか?」

当麻「勿論元気だったよ!」

次の日

当麻「おい、こりゃどうなってやがる……みんなおかしい」タッタッタッ

神裂「ウニ頭……あの上条当麻さん?」

当麻「ん、そうだけど(ハレンチな格好だな……海ってすげえ)」

ズパッ

ミーシャ「問1、」

当麻「おいテメエ」

当麻「突然会ったばっかの奴の首に刃物をたてていいっていうんなら」

ミーシャ「……!」バッ

当麻「先ずはその幻想を───ぶち殺す!!」ドカッ

ミーシャ「っ!?」ボコッ

キィィィィン

神裂「え……これは」

ミーシャ「───」グォォォォン

上条「……何これ」

神裂「まさか天使がこんなところに居たとは……貴方は逃げなさい!」

当麻「断る、俺はお前を助ける。だから」

当麻「先ずはこいつに勝てないって幻想を───ぶち殺す!!」ガシィ

ミーシャ「───!?」ジタバタ

神裂「捕まえた!? なら今の内に……唯閃!」ズバァァ

ミーシャ「───」スパッ

バタッ

そこから時が進み


打ち止め「ちょっと無視しないでってミサカはミサカは」パタパタ

一方通行(ん……なんだこいつ)

ザッ

当麻「おい、この前の奴。話し掛けられてるぞ?」

一方通行(無視無視)トコトコ

当麻「ん? よく見りゃあの子の格好……まさか!?」

打ち止め「もしかして気付いて無いんじゃって、ミサカはミサカは」トコトコ

当麻「なあ、そこの子」

打ち止め「ん、どうしたの?」トコトコ

当麻「何でアイツ追いかけてるんだい?」トコトコ

打ち止め「んとね、家出したからあの人のとこ入れて貰おうと思ったの」
打ち止め「ってミサカはミサカは罪の意識を利用しての作戦を自慢してみたり」

当麻「罪……おーけい、まさかそんな屑野郎だったとはな。間違いを犯したうえに、こんな格好でいさせていいってのなら」

一方通行(流石にずっとついて来られてると気まずいな……話ぐらい聞いてやるか)ピタッ

一方通行「おい、何で、」

当麻「───ぶち殺す!」ドカッ

一方通行「あべしっ!?」ボコォ

打ち止め「え」

当麻「よし、それじゃ家出は良くない。連れて帰るからお家教えて」

打ち止め「帰るわけには行かない、ってミサカはミサカは、」

一方通行「おい待て……」ガクガク

当麻「気絶しなかったのか!?」

一方通行「そいつの家なら俺が知ってる。一緒に連れてこうぜ」

当麻「ああ、そうだな。と、その前に、そこでさっきからこっち見てる不審者……知り合い?」

一方通行「いんや……あ、知ってるわ。この前の実験の研究員」ジー

当麻「なるほどな。よし」トコトコ

天井(あれ、なんであの子こっち歩いて来てんだ? 一応エンジン掛けとくか)キキーブォン

当麻「ちょっといいですか」コンコン

天井「あ、はい」ブイー

当麻「実験なんですけど、あなたが研究員とか。今……どんな気持ちなんだよテメエ」

天井「何で実験の事を……!? いや、気持ちってなんだ。別に失敗して最悪だったなぐらいにしか、」

当麻「いいぜ、酷い実験しといて、それなのにその態度だってんなら……先ずはその幻想を───」

天井「っ!? (殴られる!? ええい、走れ車!)」キキーキキー

天井「あれ」

一方通行「暇だし車止めといたぜェ」

上条「ぶち殺す!」ドカッ

天井「ぐばぁ!?」ボコォ

その後

芳川「あら、ありがとー。その二人捕まらなくて困ってたのよー」

上条「あー、いえどうもどうも」

一方通行「いやァお手柄だったなァ」

天井「くそ……どうしてこうなった!?」

しばらく時が経ち

学校

当麻「今日は食堂をパトロールだ!」トコトコ

風斬「えと……これどうやるんでしょうか?」

当麻「むっ! 上条さんは困ってる人を発見しました!」

当麻「どうしたんですか、そこの人?」

風斬「え?」キョロキョロ

風斬「私ですか?」

当麻「当たり前だろ? 今ここにはこの上条さんと君しかいないんだから」

風斬「あー……そうですよね」

当麻「それでどうしたんでせうか?」

風斬「その……これの使い方が分からなくて」

当麻「ん? こんな都市に住んでて分からないのか、変わってんな」

当麻「えっとな、これは……ちょっと右手出してみな」

風斬「右手ですか……?」スッ

当麻「ああ、見せて説明するより体で覚えた方が早いだろ? 身振り手振り教えてやるよ」

風斬「あ……ありがとう」

当麻「気にすんなって。先ずは右手を動かさなきゃだな」

当麻「ちょっと握るけど我慢してくれ」

風斬「は、はい!」カァァ

当麻「よしそれじゃ」ギュ

パキーン

上条「……って、あれあいつは?」

上条「……幻……いや幽霊?」

上条「そうえば最近そんな七不思議を聞いたような……」

上条「……帰りますか」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年06月02日 (月) 21:22:17   ID: Pqjz2qbP

リズム感がいいね

1 :  SS好きの774さん   2014年06月02日 (月) 21:22:16   ID: Pqjz2qbP

リズム感がいいね

1 :  SS好きの774さん   2014年06月02日 (月) 21:22:17   ID: Pqjz2qbP

リズム感がいいね

1 :  SS好きの774さん   2014年06月02日 (月) 21:22:16   ID: Pqjz2qbP

リズム感がいいね

1 :  SS好きの774さん   2014年06月02日 (月) 21:22:16   ID: Pqjz2qbP

リズム感がいいね

2 :  SS好きの774さん   2014年06月02日 (月) 21:22:16   ID: Pqjz2qbP

リズム感がいいね

2 :  SS好きの774さん   2014年06月02日 (月) 21:22:16   ID: Pqjz2qbP

リズム感がいいね

3 :  SS好きの774さん   2014年06月02日 (月) 21:24:41   ID: Pqjz2qbP

連投スマソ

4 :  SS好きの774さん   2014年11月11日 (火) 22:16:18   ID: 35UeMZwb

↑死ね

5 :  SS好きの774さん   2015年03月14日 (土) 17:26:11   ID: DHWPV6c8


通報しました

6 :  SS好きの774さん   2015年11月16日 (月) 16:42:13   ID: 24gYiF-5

上条さんがこんなだったら、絶対おもしろいアニメになるな。

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom