【プロセカ】奏「いまこたつだすね」まふゆ「奏は休んでて」 (22)

プロセカ、ニーゴのキャラをダベらせるss。
亀更新です。



【奏宅】

瑞希「力仕事ならボクたちでやるよー」

奏「え、でも...一応いまは皆がお客さんだし...」

絵名「ケガでもしたら曲作れなくなっちゃうよ」

奏「それはみんな同じなんじゃ...それに、ただのこたつだよ?」

まふゆ「奏は、一人でこたつ動かしたことあるの?」

まふゆ「結構重いけど」

奏「...確かに」

瑞希「とにかく、奏はまふゆと飲み物の用意しててよ」

瑞希「こたつはボクと力持ちのえななんで出しておくからさ」

絵名「それ褒めてる?けなしてる?」

瑞希「両方かな!」アハハ

絵名「あんた覚えときなさいよ!」

まふゆ「...まだ何も始まってないのに、うるさいね」

奏「あはは...じゃあ、冷やしてるジュース取りにいこっか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1656106784

瑞希「よいしょっと!」

絵名「このくらいの大きさなら、そんなに重くないね」

瑞希「うちもこのサイズの買おうかなあ」

瑞希「スイッチ入れて...っと!いざ!」ズザッ

瑞希「あふぅ~、これこれ!」

絵名「まだ全然あったまってないでしょ」

瑞希「わかってないなあ...この気分が大事なんだって」

絵名「はいはい...」ガサガサ

絵名「...あ、本当だ...気が抜ける...」

瑞希「でしょ~?」

瑞希「ここが天国か~...」ヌクヌク

絵名「そうかも...」ヌクヌク

奏「二人ともありがとう、おつかれさま」

まふゆ「ほら、ジュース持ってきたよ」ピタッ

絵名「ひゃぁっ!!?あんた!バカ!首に!!アホ!!」

瑞希「アハハハハ!えななん大丈夫?驚きすぎてちゃんと喋れてないよ」ケラケラ

絵名「めちゃくちゃ冷たかったんだからね!?心臓とび跳ねたわよ!!」

まふゆ「...?そんな冷たくないよ」ピタッ

絵名「自分で自分につけてもわかってるから別に驚かないでしょ!」

瑞希「まあまあ、えななん。まふゆも盛り上げてくれようとしたんだよ~」

まふゆ「いや、ただ絵名の反応が面白そうだなって」

絵名「はぁ!!?」


奏「ふふ...なんか、ほほえましいね」

瑞希「ほほえましい...のかな...?」

絵名「まったく、大声だしたら喉乾いた。ジュースちょうだい」

奏「うん。どれにする?」

まふゆ「野菜ジュースもあるよ」

絵名「なんでニンジンがメインのやつなのよ!」

瑞希「いつの間にそんなの買ったの?」

絵名「まあ、ニンジンの味ほぼしないから、それなら飲めるけど」

まふゆ「そうなんだ...」

瑞希「くふっ...露骨に残念がってるじゃん」

絵名「あんた人を煽ってるときだけ感情豊かになってない?」

まふゆ「よくわからない」

瑞希「アハハw」

絵名「はっ倒すわよ!!」

奏「が、楽譜がばらけちゃうから外でやって...」

まふゆ「止めはしないんだね」

瑞希「じゃあさっそく鍋パの用意でもしますか~」

奏「じゃあ包丁とまな板を」

まふゆ「ダメ」

奏「あっ、デジャヴ...」

絵名「私がとってくる」

奏「過保護すぎじゃ...?」

まふゆ「奏、この前、リンゴありがとう」

奏「...え?ああ、だいぶ前の...うん。急に、どうしたの?」

まふゆ「そのとき指すりむいてた」

奏「う」

まふゆ「だから危険」

奏「うぅ」

絵名「包丁まな板と、食材はこれね」ガサガサ

瑞希「カセットコンロと鍋をセット!」ガチャッ

瑞希「便利な入れるだけなべつゆを入れてー」トポトポ

絵名「あれ?辛いやつは買わなかったんだ?」

瑞希「鍋だとずっとその味になっちゃうし、最初はシンプルなやつでいいかなって」

まふゆ「じゃあ材料も切っちゃっていいかな」

瑞希「うん、お願い~」

奏「そういえば食材は何を買ったの?」

瑞希「シンプルに野菜と魚系にしたよ」

絵名「ニンジンは無し!」

瑞希「キノコもね!」

まふゆ「好き嫌いはよくないよ」

絵名「まふゆに言われると反論しにくいからやめて」

瑞希「言葉の重みが違いすぎるよ」

まふゆ「鼻をつまんで食べれば全部一緒だよ」

絵名「そこまでして食べたくない!」

奏「そうだね...私も、納豆は鼻をつまんでも無理かも...」

瑞希「あれは粘り気とか、味とにおいとはまた別の気味悪さもあるからね」

奏「うん...もしかしたら、においさえ防げれば喉を通るのかもしれないけど...」

まふゆ「そこまでして食べなくてもいいと思う」

絵名「ちょっと、奏にだけ甘くない?」

まふゆ「はい、食材切れたよ」

奏(あ、話をそらしてる...)

瑞希「じゃあ適当にいれてっちゃおっか」

絵名「こういうのって固いやつから先にとかあるんじゃなかったっけ」

奏「3分のカップラーメンよりも先に、5分のカップラーメンにお湯をそそがないといけない,,,みたいなこと?」

瑞希「合ってるような、わからないようなw」

絵名「奏のカップラーメン愛は計り知れないね~」

絵名「そうだ、まふゆなら鍋奉行的な、鍋の作り方とか知ってるんじゃ?」

まふゆ「鍋なんて、適当に入れて沸騰させれば、全部食べられるようにはなるよ」

瑞希「暴論だね~」

絵名「ま、鍋奉行なんてホントにいたら堅苦しいだけだし、その方が楽だよね」

瑞希「えななんは自分で作らない鍋奉行タイプだと思ってた」

絵名「それどういう意味よ!」

まふゆ「そういえば闇鍋はしないんだね」

瑞希「ボク、本気で闇鍋しちゃうと、とんでもないもの入れたくなっちゃうから」

絵名「闇鍋なんて誰も幸せにならないから」

奏「においもきつくなりそうだね...」

まふゆ「なんで闇鍋って、みんな美味しくないものを入れようとするの?」

まふゆ「普段の鍋には入ってないけど、不味くはないものを入れればいいのに」

瑞希「それじゃつまんないよー!」

絵名「瑞希みたいなのがいるから、闇鍋っていうコンテンツが消えないのよ」

瑞希「えー!この気持ち奏ならわかってくれるよね!」

奏「闇鍋、知ってはいるけどやったことはないし、それにどうせなら普通においしい鍋が食べたいかな...」

瑞希「そんな!ニーゴの皆はボクのことを理解してくれないんだ...」

まふゆ「そうだね」

瑞希「ま、まふゆ...」

絵名「ほら、まふゆ、こういうときだけ反応がはやいのよ」

保守感謝



瑞希「じゃ、具材も放り込んだことだし!」

瑞希「ぐーたらしますか!」

絵名「今の完全になんかやる流れじゃなった?」

瑞希「いやあ、こたつといえばやっぱり、こう寝転がってのんびりと...でしょ」

絵名「まあ気持ちはわかる...」

奏「確かに、眠くなってきちゃったかも」

まふゆ「奏は単純に睡眠不足じゃないかな」

瑞希「何徹目?」

奏「最近は気づいたら寝てるから、何日起きてたか分からないかも」

絵名「それ一番危なくない...?」

瑞希「睡眠じゃなくて気絶だよね」

まふゆ「奏は今日から25時、強制睡眠で」

瑞希「アハハ、集合時間も23時くらいにしよー」

まふゆ「その時間はお母さんから寝るよう言われるから、もう少し前か後がいいかな」

奏「なんかこのくだり、前にもしたような...?」

瑞希「あ、別のジュースとってくるけど皆は何かいる?」

絵名「リンゴとみかんおねがーい」

奏「もし買ってあれば、紅茶が飲みたいな」

奏「...あ、というか、私が取りに」

まふゆ「私も持つよ」

瑞希「ん、ありがとね。ほらほら奏は座ってて」



奏「なんか小学生並の扱いを受けてる気がする」

絵名「瑞希たちもやりたくてやってるんだから、甘えちゃえば?」

奏「うん。...自分の家だから余計むずむずするのかな」

瑞希「はい、サイダー・りんご・みかん・紅茶もってきたよ~」

まふゆ「氷も入れるならここから取って」

奏「ありがとう二人とも」

絵名「ありがと、じゃあ氷とみかんジュースおねがいね」

瑞希「ボクが入れるの?」

絵名「私のが年上ですから」

瑞希「うっわ嫌なセンパイだな~、転校しようかな」

奏「そういえば、二人は同じ高校なんだっけ」

絵名「そう!最初びっくりしたんだから!」

瑞希「ほんと、こんな偶然なかなかないよね~」

瑞希「どうせなら奏先輩かまふゆ先輩の方がよかったけど」

絵名「体育館裏に呼び出されたいわけ?」

瑞希「助けて奏先輩!まふゆ先輩!」

絵名「まだ言うか!」



奏「先輩後輩って、こんな感じなんだね。インスピレーション得られるかも」

まふゆ「...この光景が、私を救う曲になるの?」

奏「......」

瑞希「そろそろ鍋も煮立ってきたかな」

絵名「魚もちゃんと火が通ってるぽいね」

奏「うん、美味しそう」

まふゆ「アクすごいね」

瑞希「完全に放置してたからね」

瑞希「でも!お任せあれ!」

瑞希「ジャジャ~ン!この網おたまでラクラクとれるのです!」

奏「そういうのがあるんだ。便利だね」

瑞希「これがあれば毎日鍋でも安心だよ~」

絵名「毎日はちょっと」

まふゆ「でも鍋って色々種類あるし、味を変えれば意外と毎日でも飽きないかもね」

瑞希「自由度の高さが鍋の醍醐味だからね」

絵名「買おうとしてたピリ辛とか、ちゃんこ風とかも美味しそうだったよね」

まふゆ「私はどれも違いがわからないけど」

絵名「唐突な自虐やめて」

瑞希「まふゆ実はブラックジョーク好きだよね」

まふゆ「そうかな」

奏「...曲にもブラックジョークを取り入れてみようかな...?」

絵名「それはちょっと違うような...」

まふゆ「...もう食べられると思う」

瑞希「ん、じゃあ取り分けるよ~。みんな、食べたい具は?」

絵名「ちょっとまって、まずこの状態で写真を...!」

瑞希「え、こんな適当盛り付けの茶色っぽい鍋だけど映えるの?」

絵名「これを加工して良い感じにするのが、腕の見せ所じゃない」パシャパシャ

奏「でも、本当に絵名の技術力はすごいと思うよ」

奏「この前ファミレスで私が頼んだ普通のラーメンも、すごい美味しそうな写真になってたし」

絵名「えへへ、ありがと。奏だけが私をわかってくれる......」

瑞希「重い重い!」

まふゆ「もう取っていいの」

絵名「まだ撮ってる!」

瑞希「まって、発音一緒だから混乱する」

奏「コントみたいで面白いかも」

瑞希「確かに、まふゆと絵名でコンビ組んだら絶対売れるよ」

絵名「そんなのストレスでハゲるわよ!」

まふゆ「今ってカツラのバリエーションも増えてきてるんだって」

まふゆ「自由度が高いみたい。鍋と一緒で」

絵名「やかましい!」

瑞希「アッハwほんとオーディション受けてほしいよ~」

奏「クスッ...だめ、ちょっと面白い...」プルプル

瑞希「あー!奏の変なツボにはいっちゃったじゃん!」

瑞希「えななん写真はもういいよね?取り分けるよ~」

絵名「うん、もう大丈夫。ニンジン入ってないし何でもいいよ」

瑞希「えななんは知る由もなかった...何でもいいという注文が、一番厄介であることを...」

絵名「何言ってんの」

瑞希「はいニンジンマシマシメンカタメね!」ドンッ

絵名「どこぞのラーメン屋か」


奏「私は野菜多めでお願い。普段あまり食べないから」

まふゆ「毎日タンメンとかにしたらどうかな」

奏「食べるときもあるけど...具材多いと小袋の処理が面倒で」

瑞希「たまに忘れるけど、奏のずぼらさって相当だよね」

奏「う」

瑞希「はい野菜マシマシ一丁!」コトッ

奏「ありがとう」

瑞希「まふゆは?」

まふゆ「よくわからない」

瑞希「じゃあボクオススメマシマシねー」

瑞希「はいどうぞ!」ゴトッ

まふゆ「大盛だね」

瑞希「全種類入れたらホントにマシマシになっちゃった」

絵名「やっぱ具沢山でこそ、鍋って感じだよね~」


奏「ん、美味しい...!」

絵名「野菜シャキシャキで、魚はちょうどいいホロホロ感!私たち鍋づくりの才能あるんじゃない!?」

瑞希「具材放り込んで喋ってただけなんだよね~」

まふゆ「案外ひどくならないんだね」

瑞希「いくら何でも、市販のつゆ使っといて激マズ鍋つくったら小学校から家庭科やり直すハメになるよ」

奏「......」

まふゆ「奏、やり直す?」

絵名「奏だってつくれるわよ!」

絵名「...た、たぶん!」

奏「......」

まふゆ「瑞希はまた冷めるの待ってるの?」

瑞希「うん。ポテトでさえ火傷するのに、こんなのアウトだからね」

まふゆ「猫舌って、不便なんだね」

瑞希「まあ慣れてるからいいけど、猫舌って何かメリットあるのかな?」

まふゆ「特訓したら温度を正確に当てられるようになるんじゃないかな」

瑞希「できるようになったとして、それはメリットかなぁ」

絵名「氷とかいれれば?」

瑞希「ラーメンだとたまにやるけど、味うすくなっちゃうし」

瑞希「一口目はやっぱり素材そのものの味を感じたいからね~」

奏「猫舌、簡単に治る方法ないのかな」

まふゆ「沸騰した鍋に一日中舌を浸けてみるとか」

瑞希「猫舌関係なく大惨事だよ!」

瑞希「もう大丈夫かな~。いっただっきま~す」フーフー...パクッ

瑞希「ん!本当だ、おいし~!」

絵名「おかわりもらうねー」

瑞希「肉マシマシかな」

絵名「なんか言った」

瑞希「あはは、別に~?」

まふゆ「牛なら、ほかの肉に比べて太りづらいよ」

絵名「聞いてないわよ!」

絵名「っていうかこの鍋肉ないし!」

奏「野菜と魚だけしか買ってないからね」

奏「あと、絵名ダイエットしてるの?太ってるとは思わないよ」

絵名「いや、一番細い奏に言われても説得力が...」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom