【安価コンマ】貴方は世界を巡るようです【キャラまとめ】 (35)

【安価コンマ】貴方は世界を巡るようです
【安価コンマ】貴方は世界を巡るようです - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1585048039/)

許可をいただいたので上記のスレで募集されたキャラのまとめを作りました
採用キャラの確認などに

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1587776655

【王国募集キャラその1】


名前:アーティ
性別;女
種族;只人

好き:詩
嫌い:暴力

外見:腰ほどの長い銀髪に蒼い瞳をもつ幸薄の美女、巨乳だが着痩せするタイプ。竪琴と小剣を装備している。綺麗系の顔立ち。
性格:お淑やかで清楚だが、腹黒くて強か。
設定:大陸を旅して渡る吟遊詩人。年齢は20歳前後。
広く浅く様々なことを知っており、豆知識として披露することもある。根は清楚でお淑やかでだが、1人旅故に苦労も多かった為に結構悪知恵が働く強かな性格。
吟遊詩人として活動するが故に詩と竪琴がうまく、護身程度に剣術もできる。
詩に魔翌力を乗せて力を発現させる【詩魔法】を活用して味方にバフをかける事ができる。


名前:メリル
性別:女
種族:人間

好き:読書
嫌い:乱暴な人

外見:小柄でふわふわとした髪質の白い髪をした小柄な少女 深く被ったフードに加えて前髪が長いため目元は殆ど見えない 
性格:気弱で引っ込み思案な性格でオドオドビクビクしている
設定:人里外れた森の中で老賢者の魔法使いに育てられていた賢者見習い 誕生日に「自分の過去に向き合えと」老賢者に言われ半ば無理やり修行の旅に行かせられる
魔法の才能は確かだが、性格のおかげで攻撃的な魔法は殆ど使わず、隠密・治癒・補助の魔法が現状メインに使う


名前:レオン
性別:男
種族:龍人

好き:酒、真っ直ぐ正直な人
嫌い:びくびくおどおどしてる人

外見:紫の鱗を持った筋骨隆々なおっさんドラコニアン
性格:大雑把で頑固で乱暴だが、さっぱりしてる性格の親分肌で頼りにはなる典型的ガテン系のおっさん
設定:普段は王都で石大工を営んでいるが、裏である理由により義賊稼業をしている
素材集めのために自ら冒険者として活動することもしばしば
バツ2
鉱物関連の知識以外にも、大鎚の扱いやサバイバルテクニック(罠作りや狩猟など)に長けている


名前:ベルフェ
性別:女
種族:悪魔

好き:楽しいこと
嫌い:暇

外見:人型悪魔で立派な角と翼を持ち、黒のスーツとスーツコートを羽織った長身ギザ歯美人
性格:気まぐれで気分屋でその場の勢いで行動する
設定:各国で暗躍する国際暗部組織の7人のメンバーの一人。強い。お尋ね者だが、王都で情報屋を営むほどの面の厚さを持つ。炎熱系魔法の使い手で炎の槍を持つ。


名前: アッシュ
性別:男
種族:只人

好き:冒険
嫌い:辛い物

外見:赤髪碧眼の好青年。ブロードソードを帯刀し、マントを羽織った典型的な冒険者風の格好。
性格:明るく朗らかで誰に対しても寛容
設定:元々は王国に勤める近衛騎士であったが、『この世界をありとあらゆる物をこの目で見たい』と一念発起し冒険者となった青年。
冒険者らしく、世界にあるダンジョンや遺跡を探索する事を生業としている。
路銀稼ぎに傭兵・用心棒などもやっている。
騎士時代に培った剣術・馬術に優れており、政治にも精通している。

【王国募集キャラその2】


名前:アベル
性別:男
種族:人間

好き:上質な珈琲
嫌い:異種族

外見:長い黒髪に凛々しい顔立ちの男。白い鎧と青いマントを纏う
性格:真面目で実直だが自尊心が高く、狂信的に信心深い
設定:人ならざる者を悪と断ずる古い宗教を信じる聖騎士。多種族が入り乱れる今の世を憎み、正しき秩序を取り戻すために活動している。
 清貧を尊び、弱きを護る事を躊躇わないが、異種族が関わるとまったく話が通じない。七聖剣の一人。


名前:ディアン
性別:男
種族:人間

好き:漆黒
嫌い:女性(嫌いというか免疫がない)

外見:髪は黒髪、服装は黒コートと全身黒づくめの青年。顔立ちもなかなか良い
性格:極度の中二病
設定:魔法剣士で主に闇、炎属性の魔法とそれらを組み合わせた剣術で戦う
腕は確かなのだが技にやたらと長ったらしい名前を付けたり、いちいちカッコつけたポーズを取りたがったりと、いい歳こいて未だに中二病から抜け出せていない残念な男
ちなみに顔は悪くないため女性からはそこそこモテるが、本人が女性に対して免疫が無さ過ぎる為チャンスをことごとく潰してしまっている


名前:フレア・フォン・シュレイダー
性別:女
種族:人

好き:正直者
嫌い:裏切り

外見:赤いドレスが美しい金髪巨乳美人
性格:強くて頼りがいのある寂しがり屋。お偉いさんなので堅い口調で喋る
設定:王国の大貴族シュレイダー家当主にして王国の国防大臣。国宝級の剣を常に帯刀している。内憂外患に曝されている王国のために強者を求めている。若くして両親を亡くし、後を継いで王国の重役に就く。その重責からか目の下に常時クマがついてしまっている。


名前:ギラム
性別:男
種族:馬頭

好き:子ども(健全な意味で)
嫌い:悪党

外見:
頭が強面の黒い馬、体が大柄でがっしりとした体格の人間。日に焼けた肌をしている。
ミノタウロスの馬版というイメージ。

性格:
陽気でお人好し。
名誉や栄達に興味が無く、実直な仕事ぶりを見せる。
下半身が馬並みであるが、それをからかうとぶちギレるので注意。

設定:
王国に仕える騎士の一人。
日々国内を巡回して治安維持に努めている。
武器はハルバードとショートソードで、状況に応じて使い分けている。
トラブルに出くわすことが多く、それ故に苦労人でもあり「やれやれ」が口癖になっている。
なお、頭は馬だが雑食である。


名前:バベル・ロギアス
性別:男
種族:人

好き:兄弟たち
嫌い:兄弟たち

外見:高級王服にローブ
性格:合理的過ぎて冷酷にとられるが割りと甘い性格
設定:ロギアス王家の第二王子
王位継承の争いでは比較的穏健
市井に出て遊んだりもする

【王国募集キャラその3】


名前:ヒナタ
性別:女
種族:人間

好き:修行
嫌い:水辺(カナヅチ)

外見:黒髪のロングポニテの和風の衣装を着た女性 二振りの刀所持
性格:寡黙で物静か
設定:遠い異国の地出身で武者修行の旅で世界各地を回ってる 実はかなり高貴な身分であるが、堅苦しい家の教育が肌に合わず家を飛び出した過去がある
かなりのお酒好きであるが、酔うと人が変わったように陽気になる


名前:ニーマイル
性別:両性
種族:ドッペルゲンガー

好き:物真似
嫌い:素の自分

外見:誰かと同じ。状況に合わせて変える。普段着はゆったりとした服にローブ姿。素の姿はのっぺらぼう
性格:誰かと同じ。状況に合わせて変える。素の性格は臆病者
設定:ドッペルゲンガーは世界に数体しかいないとされる希少なモンスター。各ドッペルゲンガーで個性が違い、ただ一人を生涯模倣する者や、いいとこどりでキメラ状態になった進化種もいる。ニーマイルは状況に合わせて模倣先を変える器用なタイプ。ドッペルゲンガーの強さなどのステータス、特殊能力は基本的に真似た先と同じになる。


名前:アロン
性別:女
種族:人間

好き:戦闘
嫌い:観戦

外見:大柄なマッチョ女戦士。剣が刺さった身の丈ほどの石柱を背負う
性格:豪快で面倒見のよい姉御。わりと不真面目でおおざっぱ
設定:アマゾネスの村出身。村に代々伝わる誰も抜けなかった伝説の勇者の剣を土台ごと引っこ抜いて祭壇を破壊してしまい、罰として伝説の勇者を探し出すまで村に戻るなと言われて冒険者をしている。勇者っぽいやつを見かけると石柱に刺さった剣を抜かせてみる。ちなみに剣と石柱は破壊不能オブジェクトであり、現在最強の鈍器と化している


名前:ガリム
性別:男
種族:獣人(狼)

好き:肉なら何でも、毛づくろい
嫌い:群れること、群れる生き物

一人称:オレ

外見:黒い毛並みの狼が人のように二足歩行になった姿(デジモンのワーガルルモンっぽい)。
   体が頑丈なので鎧は最小限。肉体強化の魔法を使う。

性格:怒りやすく一度怒ると破壊衝動に駆られる。残忍で冷酷、幸せそうな人を見ると怒りが沸く。
   
設定:赤ん坊の頃、不吉な黒い毛並みを持って生まれたというだけで群れ、そして家族から追放される。
   一人で生き抜いて自分のいた群れを見つけるが、石を投げつけられるなど酷い扱いを受ける。
   そこでブチギレてしまい群れのみんなを殺めて、怯える家族をも引き裂いてしまったという過去を持つ。
   現在は殺し屋を生業にしており依頼されれば何でも殺しにく。


名前:ロウ
性別:男
種族:エルフ

好き:酒、酒のツマミになるもの、綺麗な景色
嫌い:束縛されること

一人称:ワシ

外見:エルフらしく耳が長くドワーフのように背丈が小さい。白い眉毛で目が隠れていて、同じく白い髭を蓄えている。
   常に酒の入ったビンやヒョウタンなどを持ち歩いている。

性格:自由奔放、笑っていれば何とかなるというお気楽な考え方。

設定:ふらふらと流浪の旅を続けている謎の老人。
   東洋で学んだ武術と魔法を組み合わせて戦う。拳法の達人。

【王国募集キャラその4】


名前:ショコラ
性別:女
種族:天使

好き:コメディ
嫌い:シリアス

一人称:ショコラ
外見:金髪ロング、アホ毛、ロリ、白いワンピース、頭上に天使の輪
性格:神出鬼没の愉快犯であり、シリアス展開を見つけると破壊しにくるシリアスブレイカー。常にハイテンション
設定:治癒、死者蘇生、年齢操作、巨大化、小人化、五感強化、五感封じ、自分と相手の五感共有など生物の身体に作用する魔法を扱う


名前:ペアリス
性別:女
種族:ハーフエルフ

好き:アイドル活動
嫌い:私の歌を聞かない人

一人称:私
外見:自分で作成した薄桃色のアイドル衣装を着ている。金髪緑目で髪型はツインテ縦ロールにしているが、気分で変えることもある。スタイルが良い。
性格:歌と踊りが大好きで、人の話を聞かず自分の世界観を押し付けてくるマイペースな子。隙あらば歌と踊りを見せつけてくる。「私の歌を聴けー!」が口癖。
設定:歌と踊りを組み合わせた“アイドル“という文化を世界中に広めるために旅をしている。高難易度の音魔法の使い手で、アイドル活動時には音魔法で作成した曲を流している。


名前:ライザ
性別:女
種族:人間

好き:質実剛健
嫌い:スケベな男

一人称:私
外見:黒髪ロングの爆乳美女。
胸元の大きく開いた鎧を身に着けているが、これは動きやすさを重視する為で好きで着ているわけではないらしい
性格:生真面目で喋り方が堅い
設定:女の身でも最強の剣士になれると証明するために武者修行の旅を続ける女剣士
身の丈程もある大剣を軽々と操り、魔法も初歩的な回復魔法や補助魔法であれば使う事が出来る
男嫌いというわけではないが、自分の胸をいやらしい目で見てくるスケベな男に関しては話は別
特にワイズの男嫌いに関しては男嫌い=女好きという風に捉えており、その部分にだけはあまり良い印象を持っていない


名前:カトレア
性別:女
種族:獣人(猫)

好き:楽しいこと
嫌い:楽しくないこと

一人称:私(酔うと「カトレア」)
外見:白髪セミロング、同色の猫耳と尻尾が生えている。瞳の色は緑で、おっぱいは大きい
動きやすそうな服装をしていて、腰に財布などの貴重品が入ったポーチを下げている
ちなみにノーパンノーブラ主義(締め付けられるのが嫌らしい)
性格:楽しいことが大好きな天真爛漫な性格
普段は普通に喋っているがお酒やマタタビに非常に弱く、酔いが覚めるまで語尾に「にゃ」が付くなど全体的に猫っぽくなる

設定:何よりも楽しいことを第一に求める自由人。何にでも興味を持ち、「楽しそう」と判断した様々なことに首を突っ込んでいる為、冒険者界隈ではちょっとした有名人
また、「気」と呼ばれる特異な魔法の一種を扱うことができ(本人いわく昔から自然に使えたらしい)
戦闘時には拳や足に「気」を纏わせた独自の格闘術を用いる


名前:クリス
性別:女
種族:エルフ

好き:狩り
嫌い:酒

一人称:わたし
外見:耳長くで腰ほどの金髪をうなじあたりで束ねた中性的な人物。貧乳だがモデル体系。
緑色のマントにロングボウと矢筒を装備している。
性格:寡黙で聡明英知、極度のコミュ障
設定:森に住み、狩りをして生計を立てているエルフ。
弓術と風の魔法に優れ、それらを応用した超長距離狙撃を得意とする。
基本は他者と馴れ合わず、エルフの里から離れて静かな森や湖の畔に仮住まいを建てて暮らしているが、時折狩った獲物を売りに人里に降りてくる。
エルフらしく長命で知識が豊富であり、特に薬草や動物の生態に詳しい。
しかし、極度のコミュ障であり中々話せない。
一見クールに見えても内面ではすごい動揺している。
また、下戸であり酒の類が嫌い。
ビール一口飲んだだけですぐに酔い、眠ってしまう。
なお、名乗っている『クリス』は愛称であり、本名はすごく長い(長すぎて本人も覚えてない)。

【王国募集キャラその5】


名前:ローア
性別:なぞ
種族:レジェンドスライム

好き:愛してくれる人
嫌い:愛してくれない人

一人称:自分
外見:スライムなので自由自在に見た目を変えることができる。普段は白髪の中性的な人間の形をとっている。
性格:生真面目、盲目の愛
設定:とてつもなく高い変身能力持ちであり、相手に化けたら姿形だけではなくその者の性格や能力果ては記憶までコピーできてしまう。全ての種族を受け入れる王国だが、いくらか例外種族もいて、ローアの種族はその一つ。自分とまったく同じになれる生物は気持ち悪いだけなのだ。迫害されてきたので愛してくれる人には盲目になる。ベルフェ様の同僚。強い。任務中


名前:アリシア・コランダム
性別:女
種族:ドワーフ

好き:肉
嫌い:威張り散らすだけで貴族の責務を果たそうとしない無能貴族

一人称:妾
外見:身長130㎝前後。プラチナブロンドの髪を縦ロールにしている。胸はまったいら(これから大きくなると主張)
頭部には牛のような立派な二本角が生えており、服装はいかにも高級そうな動きやすいミニスカ衣装。お腹部分が露出していて、おへそをくすぐられると弱い
性格:所謂のじゃロリ口調で喋る
好奇心旺盛で物語のような冒険を夢見ている。基本的に偉そうだが心根は優しく、困っている人がいたら体を張ってでも助けようとするだろう
設定:複数の宝石鉱山を抱える裕福な貴族の令嬢だが、暇をもて余し冒険を求めてこっそり屋敷を抜け出してきたおてんば娘
将来の夢は歴史に名を残す大人物となることで、その為に何かどでかい事を成し遂げたいようだ
ちなみに年齢は120歳(人間換算で15歳程度)で
事ある毎に年長者アピールをして他者に自分を敬わせようとする癖あり(相手が自分より年上の可能性は一切考えていない)


名前:レムルス
性別:男
種族:人間

好き:贅沢
嫌い:

一人称:わたくし
外見:整った顔立ち、柔和な笑みと怜悧な視線。首元まで伸びた黒髪
性格:温和で優雅に振る舞うが、実のところ極めて打算的、外面には気を遣う
設定:王国侯爵。大臣などの公職には就いていないが、政争と謀略に優れ、国内有数の影響力を持つ有力貴族。
 権力と勝利を好むが、売国や腐敗は好まない有益な俗物。宗教にも王家にも誠実に振る舞うが、実際のところ忠誠や信仰といった感情とは無縁の男。


名前:アルベルト・ロードレス
性別:男
種族:吸血鬼

好き:人を小バカにすること
嫌い:追い詰められること

一人称:余
外見:燕尾服を着こなすイケメン。
性格:そこにいるだけのただの邪悪
設定:隣国の大貴族出身だが出奔して、今では何かしらの組織に属しているようだが素性に謎が多い。賞金首。これでも500歳。油断は多いがそれで余りあるほど強い人。悪役。わざと市中に現れ取り押さえようとした役人たちを返り討ちにして嘲る嫌なやつ。
コウモリ化したり、血で剣を作ったり、影の中に潜んだりと吸血鬼として多彩な能力を持つ。


名前:ディーパ(本名 Delete reaper mk-Σ)
性別:男
種族:機人族

好き:暇、楽すること、惰眠
嫌い:頑張ること、雷

一人称:ワイ
外見:所々金属でできた体を持つ黒髪天パ眼鏡の成人男性。服で隠れているが背中に魔翌翌翌力炉が埋まっている。
性格:面倒くさがり
設定:生まれつき機械と融合した肉体を持つ希少種族、機人族(マキナス)の男で似非関西弁で話す。
1日のうち20時間程度は寝て過ごす怠惰さだが、能力は高く王国騎士団最精鋭部隊『七聖剣』に所属する。
高性能な演算装置や魔翌翌翌力レーダーを搭載しており、短時間での索敵や目標物探知、弱点・状況分析を可能とする。また、防御系の魔法効果や魔法耐性を無効化する魔翌翌翌力弾射撃が可能で中近距離掃射から超遠距離狙撃まで幅広く対応可能。足の裏からジェット噴射して移動できるため飛行もできる。一方、機械なので雷は苦手。
魔翌翌翌力炉を点火すれば火力や速度が五倍以上に上昇。

但し面倒なので上記能力は滅多なことでは発揮しない。
普段の任務は機械魔法で作成した自分に似せた自動操縦人形にこなさせている。
この人形の出力や性能は本体の十分の一にも満たず、ある程度の実力者数人がかりなら頑張れば破壊可。

【王国募集キャラその6】


名前:プリシラ
性別:人間
種族:女性

好き:ヌイグルミ
嫌い:人間

一人称:私
外見:白髪赤目で人形のような容姿をして黒いゴスロリ服を着た少女 常にヌイグルミを持っているが日によって種類は違う
性格:根暗でコミュ障
設定:人形に命を与え、使役する特殊な魔法を生まれつき持った少女(本人は魔法を使って使役しているという認識はなく友達として認識している)
それによって小さいころから虐められて、人間相手にトラウマに近い感情を持っており、現在友達はヌイグルミしかいない
彼女自身の戦闘力は無いがヌイグルミたちは巨大化したり、魔法を使ったり、武器の使い手だったりと様々な戦闘スタイルがある


名前:ヴィンチ
性別:女
種族:人間

好き:雑談
嫌い:難しい話

一人称:あーし、ウチ
外見:浅黒い肌、濃い緑髪、露出の多い服装、爆乳
性格:チャラチャラしてて軽い、初対面にも馴れ馴れしい
設定:ギャル言葉を使いこなす魔道具屋の店主
語尾が小文字になる
いかにもバカな尻軽女で実際その通りなのだが、取り扱っている魔道具の質はいずれも高品質の一級品揃い
値段も良心的でお世話になっている冒険者も多い
直感による鑑定スキルが高く、何かよくわからないものを拾っても彼女に見せれば大体わかる


名前:ユーロ・フェイン
性別:女
種族:不死鳥

好き:ご飯ご馳走してくれる人
嫌い:攻撃してくる人

一人称:私
外見:黄金に燃え盛る羽毛を纏った美人さん
性格:陽気で剽軽、冗談も好き。
設定:不死鳥であるとバレると寄ってたかって皆生き肝を手に入れようと攻撃してくるのでその全てを返り討ちにしてきた。そのため彼女には懸賞金がかけられており、また最上級の賞金首集団であるセブンスアビスの一人である。誰よりも長く生き、誰よりも友の死を見送ってきた。そんな悲しみを帯びた彼女だが、それに抗うべく表面は実に陽気に取り繕っている。死にはしないが腹は減るのでよくそこらへんで生き倒れている。


名前:シーファ
性別:女
種族:アラクネ

好き:自然
嫌い:貴族

一人称:わたくし
外見:赤目。銀髪でボブカット。下半身は大きい蜘蛛になっている。魔女のような服を服を着ている。上品な感じの雰囲気がある。
性格:おしとやかな性格だがたまに毒舌になる。
設定:30歳の女性で山奥に住んでいる魔導師。昔は色んな場所に旅をしていたこともあり、色々と知っている。魔法がかなり得意で色んな魔法が使える。さらに糸を使って相手を操ることができたり、切断するなど色々できる。


名前:イーリィ
性別:女
種族:サキュバス

好き:牛乳
嫌い:性的なこと

一人称:あたし!
外見:藤色のツーサイドアップの髪の毛、二本の黒い角、全体的に露出高めの服、悪魔の尻尾、出し入れ可能な蝙蝠のような翼、紅い瞳。13から14歳の少女っぽい外見。胸は普通サイズ。
性格:非常に元気で快活な性格。おしゃべりで誰にでも絡んでいく。
設定:初めての際、同族の「食事」をみてトラウマになってしまい、未遂に終わった挙げ句アイデンティティに関わる部分が嫌いになってしまったサキュバス少女。食事は牛乳で代用している。
かなり優秀な血統であり、幻惑系、魅了系の魔法、生命力、魔力、筋力(ステータス)、経験(レベル)をドレインする魔法が得意。
反面性的なことは苦手でちょっとした猥談で顔を赤くしたり、男の上半身だけの裸でも絶叫して逃げるほど初心である。

【王国募集キャラその7】


名前:アケメネス
性別:男
種族:サトリ

好き:お金
嫌い:貧乏人

一人称:拙
外見:ブランドスーツを着こなす胡散臭い笑顔お兄さん
性格:守銭奴で狡猾
設定:王国随一の商会の会長、大富豪。ギルド経営や銀行、武器製造など王国政府と緊密な事業にも手を出している。サトリなので人の心が読めるため権謀術数に優れそのため若くして巨大商会を作り上げることができた。とにかくお金を優先するためいい人ではない、でも法律は破らないので悪人ではない。ただの嫌なやつ。ギルドは商会や王国からの依頼が張り出されているため小遣い稼ぎに多くの人が集まる。


名前:フウガ
性別:男
種族:獣人(狐)

好き:静かな場所
嫌い:騒がしい場所

一人称:拙者
外見:忍び服を着て、口元は隠している。狐のしっぽと耳がある。クナイや手裏剣など持っている。
性格:冷静沈着で無口。
設定:数々の依頼をこなしている忍。幻覚を見せたり、炎、水、雷、風の魔法が使って相手を翻弄したり、戦ったりしている。ある王国の部隊に所属している。忍として相手に気付かれず接近したり、情報を入手することができる。幼い頃に両親が何者かに殺された過去がある。


名前:ルビィ
性別:女
種族:赤鬼

好き:酒
嫌い:酒に合わない食べ物

一人称:アタイ
外見:額とショートの茶髪の生え際の間に二本の角が生えている赤鬼少女。仏頂面。露出が多めな民族衣装。
性格:旨い酒を飲むことが生きがい。口数は少なめ。クールな常識人。より美味しく酒を飲むため、身体を動かすことは好き。
設定:冒険者や用心棒を生業としている。身長は160センチだが異常な筋肉密度を誇り、体重が300キロある。鬼族はとにかく頑丈で怪力であり傷が付きにくい。身体機能のリミッターを外すことで力を跳ね上げる切り札を持つが、周囲がめちゃくちゃになる禁じ手である。


名前:コレット
性別:女
種族:エルフ

好き:正しいこと
嫌い:悪人

一人称:私
外見:金髪ショート緑眼。背はやや低い
特注の魔法的加護のかかった、豪華な装飾のミニスカ軽鎧を着ている
性格:真面目という言葉が擬人化したような堅物
誰にでも名前を呼ぶ際は様や殿などの継承を付け、やや固めの敬語で喋る。
設定:代々優秀な騎士を輩出してきた騎士の家系の生まれ
正義を尊び悪を憎む好人物
年齢は人間で言うと14歳ほど

【魔国募集キャラその1】


名前:セリュー・グランツ
性別:女
種族:龍

好き:口に入れば大体何でも好き
嫌い:自分より強い奴(食べれないから)

一人称:わたくし
外見:光沢のある黄色の鱗が美しい巨大な龍。
人型時は龍角が生えた全体的に薄黄色な長髪美人となる。
性格:食欲に支配された俗物
設定:普通の食材から虫や人、木や土に毒、果ては無機物まで何でも食べる。そんな悪食っぷりから国際指名手配されてしまったお茶目さん。彼女に食い尽くされた街は1つや2つでは利かない。人型にも変身できるがその時でも大食漢であることは変わらない。ひたすらに食べる彼女であるが食事を恵んでくれた相手にはちゃんと恩義は感じる。雷を操る。鱗や龍ひげ、龍の顎の玉などは良い魔道具素材となるので指名手配関係なくよく襲われている。


名前:リリス
性別:男の娘
種族:サキュバス

好き:エッチなこと
嫌い:禁欲

一人称:あーし
外見:羊っぽい角。紫色の長髪の男の娘。
性格:淫乱でドSでもドMでもある。性別も種族も美醜も関係なくイケる。挑発的で生意気。攻めと受けを交互に入れ替えるスタイル。
設定:固有の催淫魔法結界により結界内の認識を塗り替え、戦闘方法をすべてエッチなものにできる。小人や巨人ともヤるため、とある天使に身体のサイズを自由に変えられる能力を貰った。サキュバスは自分含め周囲の感度を増幅させる催淫魔法を持ち、伝説のサキュバスは感度3000倍まで上げたという言い伝えがある。


名前:リィ
性別:女
種族:ハイエルフ

好き:棒つきキャンディ
嫌い:オバケ

一人称:リィ(自分の名前)
外見:白い綺麗な髪に140cmのロリ体型。魔法学校の教師の制服、普段はゴスロリファッション
性格:お子様、無邪気でチョロい。からかい甲斐がある。
設定:これでも大人の女性で教師をやっていて、いつも棒つきキャンディを食べている。キャンディをもらうと好感度が爆上がりする。騙されやすいのでよく生徒にからかわれる。生徒のことは名前で○○くん、○○ちゃんと呼ぶ。魔法の実力はトップクラスで実技を教えている。


名前:ドロシー
性別:女
種族:人間

好き:魔法の研究
嫌い:頭の悪い馬鹿

一人称:わたくし
外見:少女。ぱっつん切りの姫カットの黒の長髪、胸は大きめ。
性格:研究者肌のインテリ系。普段は冷静沈着だが魔法の話になると熱狂する魔法オタク。
設定:魔法学校の生徒。全ての魔法を習得するために不老になる方法を探している。


名前:サニャ
性別:女
種族:狼人

好き:肉
嫌い:魚

一人称:私
外見:高い身長をして青みがかった銀髪のロングストレートの髪をした女性
性格:内気で臆病
設定:魔法学園の生徒
満月の夜になると体が完全に狼となり狂暴な性格になる性質を治す為の方法を探している
普段の戦闘スタイルは風魔法と肉弾戦をミックスしたものであるが、狼状態の時は自在に出し入れできる爪や牙に加えて遠吠えを衝撃波として放つ

【魔国募集キャラその2】


名前:レンジ
性別:男
種族:人間

好き:生徒
嫌い:できないことを馬鹿にすること

一人称:俺
外見:赤の短髪オールバック。いつどこでもジャージっぽい服を着ている。
性格:熱血バカな教師。生徒のことが大好きで情に厚い。
設定:火を扱う魔法を得意としている。魔法の実力もなかなかだが身体能力が飛び抜けていて体術が凄い。
それを活かして生徒には体育?を教えている。


名前:イズル
性別:男
種族:人間

好き:剣
嫌い:露出の多い女性

一人称:私
外見:額に太陽の刺青を刻む禿頭の厳めしい顔をした背の高い美青年。
性格:非常に真面目、冷静で穏やか
設定:魔法戦士、杖術を主体に、魔法は補助として使う肉体派。実年齢以上に大人びて見えるが、まだ18歳。
 まだ年相応に若い部分もあるのだが、賢者に相応しくなろうと、努めて冷静、厭世的に振る舞っている。


名前:アマンダ
性別:女
種族:人間

好き:調合
嫌い:貧乳だけど見た目の良い女(好きだった少年を奪ったのがそういうタイプ+貧乳に負けてプライドを激しく傷つけられたから)

一人称:私
外見:ウェーブのかかった黒髪ロングヘアに黒ローブ姿の女性
幸の薄そうな顔立ちだが不細工ではない。そして爆乳
性格:根暗で執念深い
設定:魔法学校で魔法薬の授業を教えている女性で、彼女に作り出せない薬は無いと言われている凄腕の薬師
ちなみに初めて薬を調合したのは少女時代で、その時好きだった少年を自分のモノにするため媚薬を作り出そうと思ったから
結局その時の調合は失敗に終わり、少年もライバルに取られるという散々な結果に終わったが、その恨みを糧に勉強を重ねて今では魔国でも
一番の薬師となった


名前:ラディア
性別:女
種族:デュラハン

好き:平和
嫌い:悪人

一人称:自分
外見:金髪長髪で右目は前髪で隠れている。首にはチョーカーをつけている。眼鏡をしている。モデル体型。胸が大きい。
性格:ドジっ子だが生徒にはとても優しい。
設定:魔法学園の教師。生徒には優しく、魔法を教えるのが上手なので生徒に人気がある。普段はドジでよく頭が取れてしまうことが多い。他の魔法もできるが中でも水の魔法が一番得意で他の教師に比べればとトップクラスの実力がある。魔法を使う時はドジはしない。


名前:レヴィア・ヘルティア
性別:女
種族:悪魔

好き:姉
嫌い:姉

一人称:私
外見:大きな翼に角のきっちり学生服を着こんだ美人眼鏡。
性格:糞真面目であり、悪魔と思えないほど優しい。
設定:学園トップクラスの実力者である学園三貴柱(ノーブルサード)の学生。闇国の貴族ヘルティア家の次期当主。ベルフェの妹だが、勝手気ままに家を飛び出した姉のことをよく思っていない。しかし、それは置いてかれた寂しさの裏返しかもしれないし気のせいかもしれない。多くの科目で教師たちすら凌ぐ実力であり特に氷の魔法の使い手。普段は良い人だが、結局根は悪魔であり、魔法研究に必要なら何が何でも手に入れるし、行う、変態的行動力を持つ。

【魔国募集キャラその3】


名前:メロン
性別:女
種族:人間

好き:みんなの笑顔
嫌い:悪意をもって誰かを困らせる人

一人称:私、もしくはメロンちゃん
外見:緑のツインテール、魔法使いというよりは魔法少女めいたフリフリの衣装(手作り)
身長は150cm弱で、年齢不詳の童顔(少なくとも成人はしているらしい)
性格:いつも明るく朗らか。人前では決して笑顔を崩さない
設定:どこの魔法組織にも所属していないフリーの魔術師
子供の頃憧れた物語に登場する優しい魔術師になりたいと願い
今も夢に向けて邁進する努力家
もっぱら困っている人の前に現れ助けてくれる謎のヒーローめいた存在として民衆の間ではとても有名
風系統の魔法を得意とするようだ


名前:ユウナ
性別:女
種族:人間

好き:他者との交流
嫌い:勉強

一人称:ぼく
外見:赤髪サイドテールでスタイル抜群の美少女。
性格:ポジティブで底抜けに明るいアホの子。
設定:生徒。神に愛された幸運の持ち主。不幸なワイズの対極。伝説の勇者の末裔。つよつよ。


名前:フラン
性別:女
種族:ゾンビ

好き:博士
嫌い:博士を悪く言う人

一人称:フラン
外見:ショートの白髪で頭に大きなボルト二本ツインテールのように刺さっている。青い肌でロリ体型。
性格:子供っぽく無邪気で人懐っこい。恥じらいがない。よく「わはー!」と笑う。
設定:フランケンシュタイン魔導博士が生み出した怪物。仲良く一緒に暮らしていたが、ある日を境に行方不明になった博士を探している。博士の最後の手記に神の身体についての考察が書かれていたため、手がかりを求めて神の身体も探している。食事も睡眠も必要ないが博士の趣味で性欲はある。鬼と同等以上の力と再生能力を持つ。


名前:ゾラ
性別:男
種族:獣人(羊)

好き:寝ること
嫌い:運動

一人称:僕
外見:茶髪天パ頭に羊の角がある。いつも眠そうな雰囲気があり、目がたれている。
性格:マイペースな性格。
設定:魔法学園の生徒。いつも寝ているかうとうとしているが授業や実技でもしっかり受けている。学園の中でも結構頭がいい。眠りの魔法が使えてどんな敵でも一発で眠らせることができる。眠りの魔法以外にも光の魔法が得意。いつか全ての国をまわりたいという夢がある。


名前:ジョン・ジョンソン
性別:男
種族:人間

好き:ものを教えること
嫌い:自分のフルネーム

一人称:私
外見:黒髪赤眼、高身長、超美男
性格:普段は誰にでも優しく公平。けど実際は腹黒で執念深くとても自己中の嫌な性格。
設定:完璧人間の見本のような教師。何だろうと完璧にこなし、とりわけ魔法戦闘の技術は世界でもトップクラスで、授業でも魔法による自衛術を教えている。
ただ、聖人なのは外面だけで中身は凄く嫌な奴。いつも頭の中で他人をボロクソにしてる。本人は校長以外には誰にでも仮面を被っているが長い付き合いの同僚達には普通にバレている。
人にものを教えることが巧く、本人も満更でもない。教え子が不出来なほどむしろ熱が入っていくタイプ。
名前と苗字が被ってる自分の名が嫌いで、悪戯好きの生徒が名前のことでからかうとキッツイお仕置きが待っている。
過去には色々あって今の校長に弟子入りした挙げ句深く闇堕ちしてヤンチャしまくったりしていたが、改心してここでの教職に落ち着いている。
若々しい見た目とは裏腹に実年齢は今年で50。校内女生徒人気不動の一位。

【魔国募集キャラその4】


名前:ジェノム
性別:男
種族:ドワーフ

好き:飲み込みの良い素直な生徒
嫌い:マッドな研究者

一人称:儂
外見:小柄だが屈強な体。ボサボサの白髪。口元はひげで覆われている。目付きが鋭い。
性格:気難しいがわりと面倒見は良く、良識のある人物。
設定:
魔法学校に勤める教授。
魔法のアイテムの作成が専門で、高度な内容を教えるとともにアイテムの研究・開発をしている。
彼が開発しているアイテムは生活水準の向上を目的とした物が多く、いずれも使いやすさや量産性(値段)などを重視している。
魔法使いとしては回復や強化に長ける。徹夜などで便利だそうだ。
目下の悩みは自分の分野に集まる者達が自分の趣味や欲望に突っ走ったマッドばかりであること。自分の後継者がいないと嘆いている。


名前:バレリア・ノイズ
性別:男
種族:人間

好き:神
嫌い:凡人

一人称:私(わたくし)
外見:軍服じみた黒い制服、足元まで伸びた鬱陶しい黒髪の優男
性格:鬱陶しい程慇懃無礼で自分勝手
設定:魔国四教頭の一人、暗黒教頭バレリア・ノイズ。神代の魔術師の生き残りを自称する年齢不詳のド腐れ賢者。
 圧倒的魔翌力量だけで今の地位にいるクソ野郎であり、普通の魔術は苦手なくせに、雑に魔力の塊をぶつけるだけで大抵のものは破壊できる。
 事あるごとに神代の魔術師を褒め、落ちこぼれの自分が生き延びている事を嘆き、今の魔術師のレベルの低さに落胆する。教育と称して時たまろくでもない事件を起こす。


名前:セロ・ヴァンフォード
性別:無
種族:風精霊(シルフ)

好き:面白おかしいこと
嫌い:退屈

一人称:私

外見:中性的な顔立ちで睫毛が長い
ローブやマントのようなものを複数重ね着ており露出が少ない

性格:丁寧口調だが圧倒的自信家

設定:魔法学校の生徒で首席の地位にある天才。学校で学べることはもうないと思っており、退屈に疲弊している。
今まで一度も負けたことのない化け物であり自信に見合う程の実力があるが、そんな自分を完膚なきまでに叩きのめす相手を求めている。自分より実力のある者が現れたら敬意を示し、舎弟ムーブをかますだろう。風精霊だけに風魔法が得意であり、よく空を飛んでいるのを目撃される。空中戦無敵と自負しており、証明するため龍にでも喧嘩を吹っ掛けようかと考えている。


名前: ライラック

性別:女
種族:人間・エルフ・悪魔の混血(人間の血が半分、他は1/4)

好き:読書
嫌い:運動

一人称:あたし
外見:黒髪と金髪が混ざったショートボブに赤い瞳に白い肌、耳は尖っており、小柄だが巨乳
性格:負けん気が強く勝気、特に『混血』と言われるとブチギレる
設定:自身の外見にコンプレックスを抱いており、常にフード付きのマントを着用している


名前:ロズウェル・クラマイン
性別:男
種族:人間

好き:戦場(いくさば)
嫌い:妥協

一人称:私
外見:スーツを着た銀縁眼鏡の老人。年齢を感じさせない、均整の取れた肉体美を持つ。
性格:もののふ。何事にも動じず即断即決
設定:"凶刀先生"の二つ名を持つ魔国最強の剣豪。魔術は一切使えないのだが教鞭をとるに申し分ない知識量を持つ。斬撃は飛ぶし魔法も斬れる。明らかに登場する国を間違えている。
厳格な武人に見えるが意外と放任主義で、悪事も卑怯も素行不良も好きにしろ、後で苦労するのは貴様らだ、悪党として大成するならそれもよし、というスタンス。
本質的にはバトルジャンキーで、喧嘩が起きれば止めずに乱入する男。教師をしているのも強者を育てるため。

【魔国募集キャラその5】


名前:クレーナ
性別:女性
種族:人間?

好き:働くこと
嫌い:何もしないこと

一人称:私
外見:ボロボロの服と、薄汚れて床まで付きそうなほどの長さ+目元が完全に隠れた黒髪をした小柄で華奢な少女
性格:かなりの引っ込み思案な性格
設定:様々な学園の雑用を行っている用務員?仕事ぶりは優秀だが、誰かと会話してる姿はあまりなくふと目を離すとどこかにいなくなっている神出鬼没な姿もあり、彼女の過去や経歴は謎に包まれている


名前:ハルエル・フォートランド
性別:女
種族:グランドエルフ

好き:好奇心を満たしてくれるもの
嫌い:先に進むことを止める者

一人称:私
外見:立派なお耳に白髪ロングのスマイル美女
性格:陽気でテンション高い、好奇心が強く知りたいと気になったら一直線
設定:エルフの里でも高貴な家柄出身。セブンスアビスの一人。
いつもニコニコ陽気に気ままに生きている活発な娘。好奇心の強い人で、禁呪について書かれた里の封印されし巻物を仕来たりに背いて読み、習得するなど里に対する背信行為を働いてきた。そのような事を繰り返し、遂には里により幽閉された。更なる知識を手に入れることができるのに、昔からの仕来たりというだけで好奇心を押さえつけなければならない里に絶望し脱獄、世界を巡っている。里始まって以来の大犯罪者となった。禁呪の一つである瞬間移動を愛用する。各国の図書館によく不法侵入して読書している。


名前:ファティマ
性別:女
種族:人間

好き:植物
嫌い:グロテスクなもの(植物は含まない)

一人称:私
外見:青髪長髪の正統派美少女、僧侶服を着ており胸は控えめ
性格:真面目で明るく優しい
設定:元々教会本部所属の僧侶だが、回復用の知識を深めるために薬草学を中心に学びに来た。
僧侶だけあって白魔法系やそれに関したアイテムに関する知識はそれなりに詳しいが、グロテスクな素材が多い魔法薬の科目は苦手。
ワイズとある意味似た不幸体質があり、よくトラブルに巻き込まれたり他人の地雷を踏み抜いたりしている。でもめげないメンタルタフな子。


名前:ブレイド
性別:男
種族:人間

好き:人助け
嫌い:差別

一人称:俺
外見:鍛えられた細マッチョ体型の黒髪の青年。用務員の格好にツバつき帽子。
性格:ぶっきらぼうで口は悪いが、困っている人がいたら助けずにはいられないお人好し。
設定:魔法が使えず退学となった元魔法学校の生徒。孤児院出身で身よりがなく、先生の計らいで用務員をしている。武術の達人。歴史上、常に一人存在する魔法無効化体質で魔法が使えず、触れたあらゆる魔法を無効化する。


名前:クスノキ
性別:女
種族:人間

好き:忠義、主君
嫌い:裏切り

一人称:拙者
外見:口まで黒布で覆った小柄少女
性格:ペカーと音がしてくるようなおバカ。忠義に溢れる娘
設定:海国出身の忍び。あまり忍んではいない。魔法学校に留学しており、生徒として楽しいキャンパスライフを送っている。成績は下だが、誰とでも仲良くなれるコミュ力を持っている。実は留年しそうになっている。今は特に忠義を向ける主君がいないので、主君募集中である。駄犬。
料理が得意であり、家事能力が高い。

【魔国募集キャラその6】


名前:ツクヨミ
性別:女
種族:人間

好き:誉められること
嫌い:苦い野菜

一人称:妾
外見:黒髪セミロングでこっぱち、金色の瞳を持つ(先祖に魔族-現地の言葉でヨーカイと言うらしい-がおり、その血が特に濃く出ている証らしい)
白紅の巫女風装束を着ている
性格:やたら尊大だがおだてに滅法弱く、様付けで頼まれれば大抵の事は聞いてくれるちょろい子
所謂のじゃロリ口調。二人称はそなたとかお主
設定:海国からの留学生。呪文の書かれた紙「オフダ」を懐に大量に忍ばせており、これを操って機雷めいて爆破させたり身を守る盾として用いる独特の魔法「符術」の使い手
名門の生まれで生まれつきとてつもない魔力(彼女は妖力と呼んでいる)を身に宿しており
耐性の無い者は近付くだけで最悪気を失ってしまう(普段は符術で抑えている)
大抵の事は術でなんとかできてしまう天才肌で、初めて見るものばかりな異国を大いにエンジョイしているようだ


【以下、スレ内で登場したキャラ(不明な部分は未記入)】


名前:ユレイ
性別:女
種族:

好き:
嫌い:

一人称:私
外見:背が高くてスレンダーな体型、銀髪。ナース服を身にまとっている。
性格:
設定:薬草学の先生兼保険医をやっている。出会いが欲しくて合コンに参加したりするが売れ残る。


名前:アンブローズ・ヴェールド
性別:男
種族:エルフ

好き:
嫌い:

一人称:
外見:見た目20歳くらいの若いエルフ。短い白髪、髪の先端にかけて薄い緑色のグラデーションがかかっている。教師の制服に豪華なローブを羽織っている。
性格:
設定:ヴェルヴァディオ魔法学校の創立者にして魔国の王。神の身体を持っているらしい。

一部魔翌翌翌力とかなってて申し訳ない

【砂国募集キャラその1】


名前:ハルク・シャドール
性別:男
種族:悪魔と人間のハーフ

好き:冒険
嫌い:尻尾を掴まれる

一人称:おれさま
外見:褐色の身体のいたるところに古傷がある筋肉質なムキショタ。青髪のショートヘアで虫の触覚のように髪の一部が跳ねている。
上半身裸で、下は黒のデニムショートパンツで先がギザギザにほつれている。上向きの悪魔の角、翼、尻尾、とんがり耳。
性格:ロマンとスリルを求める、傲慢で俺様系なショタ。ちょっと厨二病入ってる。仲間思い。尻尾が敏感。
設定:触れた人影を奪い魔剣を作成する『人影魔剣(シャドウブレード)』という固有魔法を持ち、自分の影で作成した魔剣は形状を自在に変化させる能力しかないが、他人の影で作成した魔剣はその他人にとっての鬼門となり、攻撃や魔法を完全に無効化し当たれば一撃で葬り去る最凶の魔剣と化す。魔剣を手放せば本人の影へと回帰。
影を操る魔法を得意とする闇国の貴族シャドール家当主と側室の間に産まれた子。英才教育により知能が高い。
低位の者からは避けられ、高位の者からは人間とのハーフであることを馬鹿にされ、母は病気で亡くなり、孤独と窮屈に耐えられなくなり家出をした。一緒に冒険してくれる友達と母性に飢えている。


名前:マギカ
性別:女
種族:人間

好き:兄
嫌い:魔法

一人称:私
外見:長い黒髪で毛先が所々跳ねている。高身長でスタイルのいい美人だが、日夜団長としての業務や科学兵器の開発に勤しんでおり寝不足で目に濃い隈がある。縦セーターにタイトスカートにストッキングにヒール靴を着用し、白衣を羽織っている。
性格:この世から魔法を消し去るために科学に魂を売ったマッドサイエンティスト。葉巻煙草を愛用する喫煙者。
設定:神が人々に授けた魔法という不平等な力をこの世から消し去り、人々が発見した科学という平等な力だけの世界を作ろうと世界征服を目論む、科学信仰テロリスト集団【サイバーパンク】の現団長。
孤児から魔国の校長にまで成り上がってみせると夢を語っていた兄が魔法が使えず退学になったことから、魔法による不平等な世界を破壊しようと孤児院を出てサイバーパンクに入団。
知能が最高値の天才。パワードスーツ、重火器、ロボット兵器を開発しテロ行為に活用することで、小規模だったサイバーパンクを各国から敵視される大規模なテロリスト集団へと成長させた。
魔法の才能に恵まれているが死んでも魔法は使わないと決めているため魔法が使えないふりをしている。


名前:ロディナ
性別:ない
種族:水精霊(ウンディーネ)

好き:スリル、チャレンジ
嫌い:負けること

外見:怪盗衣装に身を包んだ仮面少女
性格:好奇心旺盛でポジティブのちょいS
設定:趣味で世界を股にかけた怪盗をしている。スリルを味わい楽しむことが最優先でお宝自体にそこまで興味はない。
気になったことはすぐやってしまう性分で遺跡のトラップを分かってても踏んでしまう頭のおかしい娘。そんな彼女が今でも生き残っているのは身体が水故えであり、そこらへんでよく飛び散っている。
砂漠でもオアシスを作れるくらいの水魔法のスペシャリスト。
怪盗としての高い自負を持っていたが、各国で神の身体を盗み出している者がいるという話を聞いて対抗意識を燃やしている。怪盗の矜持として不殺を貫いている。
他の3人の精霊のことは友達と思っている。


名前:ミーシャ
性別:男
種族:人間(オカマ)

好き:美男子
嫌い:失礼な人

一人称:アタシ
外見:筋肉のあるゴツい体、ナチュラルメイクをしていて気合を入れる時はしっかりしたメイクをする。
性格:常にたおやかで優雅な振る舞いを心掛けている。優しくしてくれた人には必ず投げキッスをする。怒ると雄の部分が出る。
設定:よく語尾に♥を付ける。本名は誰も分からず「ミーシャ」と名乗っているので、周りの人々もミーシャと呼んでいる。美とは何なのかを人生のテーマとし、真の美を追及して各地を旅している。美について調査するうちに様々な魔導書に手を出し、襲ってくる魔物や盗賊に対応するため武術を身に着けたりしているうちに強くてヤバいオカマになってしまった。基本的にエレガントを意識しているが怒らせると鬼気迫る顔になり追いかけてくる。ちなみに何で怒るかはまちまちで、街の失礼な子供たちに説教するため怒ったり、好きな食べ物を横取りされて怒ったりする。


名前:ラブ
性別:女
種族:人間

好き:優しくしてくれる人
嫌い:怖い人(顔だったり雰囲気だったり色々)

一人称:わたし
外見:サラサラの銀髪、抜群のスタイル。儚げな雰囲気を持っている。
性格:話すのが苦手で「……」が多い。人見知りで恥ずかしがり屋だが様々なことに興味を持ち、色んな人と仲良くなりたいと思っている。
設定:六国から少し離れたところにある、名前すら知られていない、とても小さくて田舎な国のお姫様。王様の行き過ぎた寵愛により生まれてから16年間、一度も城から出たことがない箱入り姫だったが、月に何度か訪れる商人の話を聞いているうちに外の世界への興味が膨らんでいき、旅をする決意を固めた。父親である王には猛反対されたが、「言うことを聞いてくれないとパパを嫌いになる」という言葉と王女のバックアップを武器に、晴れて六国へ旅立つこととなった。精霊をも虜にする美貌の持ち主と言われており、実際いくつもの精霊に守られているため、どんな魔物や暴漢が来ようと知らぬ間に跳ね除けてしまう。精霊とは会話ができるものの、友達という存在に憧れを抱いていて男女問わず随時募集している。

【砂国募集キャラその2】


名前:サファイ・クライノート
性別:男
種族:青鬼

好き:昔の鬼族
嫌い:龍

一人称:俺様
外見:筋肉達磨の青年。額と髪の生え際あたりから二本の角が生えている。鬼族なので顔がゴツいが、目鼻が整っているイケメン。
オールバックの黒髪。筋肉の膨張や激しい動きで服が破けてしまうため上半身裸で、下半身はふんどしに狩った龍の皮の腰巻。
性格:昔の鬼族のように短気で暴力的。かつて暴虐の限りを尽くし恐怖の象徴であった鬼族を信奉する懐古主義者。鬼(強者)とは恐怖される存在であるべきという思想を持ち、他種族と共存し恐怖されなくなった現代の鬼族を嘆いている。
恐怖の象徴であり続けるセブンスアビスの面々(とアベル)を好ましく思っている。
少年期の喧嘩で初めて自分に恐怖を与えたルビィに一途に惚れている。ルビィと強い子をたくさんつくり、かつての鬼族を取り戻すという野心を持つ。
設定:鬼ヶ島の長の息子。
温厚で平和的に暮らす龍が種族最強であることが気に入らず、根絶やしにしようと龍狩りを行っているが、国際条約により討伐依頼が出されていない龍を狩ることが禁じられているため、また邪魔した者を皆殺しにしたため国際指名手配されている。
龍は武具や薬などの素材として最高峰であるため、解体して各素材を鬼ヶ島に持ち帰っている。
鬼族に稀に生まれる異常な筋肉密度の持ち主。さらに身体機能のリミッター解除を修得済み。
敵が速かったり、空にいるときは周囲一帯を高重力空間にして全員地面に縛りつけ、自分は筋力で無理やり動いて潰していく。重力魔法を極めているためブラックホールが作れるが魔翌力消費が激しく、また魔法で殺すことを好まないため最後の切り札。


名前:ルージュ
性別:女
種族:只人

好き:冒険
嫌い:無駄遣い

外見:深紅の赤毛ロングに碧眼、冷たい雰囲気を纏った美少女、ローブを着ているがその上からでもわかる巨乳
性格:クールかつ無愛想だが世話好きでややブラコン
設定:冒険者アッシュの妹であり、冒険者兼精霊術師
地水火風の多種多様の魔法を扱える一線級の実力者だが、接近戦はやや苦手
騎士をやめた兄が心配でついてきた。かなり意外に思われるが、結構冒険好き
兄と共に『赤の冒険者』として名を馳せている


名前:ガイ・ドー
性別:女
種族:犬獣人

好き:物静かな人
嫌い:騒がしい人

外見:茶髪ロングで褐色肌、小柄だが巨乳、メイドっぽい服装、垂れた犬耳
性格:明るく人当たりがいいがお金に厳しい
設定:冒険者に入る冒険者達を管理する『ギルド』の受付嬢、常にニコニコとしている看板娘
本人の戦闘能力は皆無だが、その人の『臭い』を嗅ぐ事で『嘘』を見抜いたりその人物の『危険性』を測ったりなどしている


名前:アイナ
性別:女
種族:人間

好き:妹
嫌い:自分

一人称:私
外見:ポニーテール赤髪で眉間にシワを寄せたどこか薄幸な雰囲気の少女
性格:劣等感とコンプレックスの塊だがそれを隠すように少し強気な性格

設定:伝説の勇者の末裔だがその力の一切を遺伝することがなかったただの凡人。自分に比べ才能も可愛いげも社交性も賢さも何もかもを持った双子の妹がいる。自分がどれだけ努力しても届かない才能はあるんだと理解し心が折れてしまった。
その劣等感から魔王との契約に手を出してしまい、強力な魔翌力と相手の力をなかったことにする特殊能力を得たが代償として魔王復活に手を貸すことになった。代償を払ってまでやることが己を高めるではなく、他人の足を引っ張り自分以下に落とすことなのは彼女のどうしようもない劣等感を表している。そんな彼女でも妹のことは最後まで憎みきることができず、その力をなかったことにはできなかった。今では借り物の強さで自分より才能のある者の才能をなかったことにするために世界を放浪するはた迷惑な存在に成り下がる。彼女の望みは妹の横に並び立ちたいそれだけだったのに。戦闘はひたすらに相手にデバフを盛ってがんじがらめにするスタイル。最後の意地で剣術だけは自分の力だけで今でも修行している。男の趣味は妹と一緒。


名前:メルティナ
性別 女
種族 人間

好き 穏やかな時間
嫌い 誰かが傷ついたり苦しむ姿

一人称 私
外見 緑色のおかっぱの小柄な少女
性格 気弱で大人しいが優しい性格
設定 強い癒しを中心に魔法力を持っている
かつて孤児だった所を元冒険者によって助けられ、元冒険者の養子となる
現在は元冒険者が経営する酒場兼ギルドの店員として働きながら、サポートとして、ダンジョンに挑む冒険者の手助けをしている

【砂国募集キャラその3】


名前:ミミミ
性別:女
種族:ミミック(宝箱)

好き:自分とお話してくれる人
嫌い:中の宝を奪おうとする人

一人称:ミミミ
外見:なんの変哲もないただの宝箱。ただしでかい、ワイズ一人くらいなら余裕で収納できる
開いた場合は金髪ツインテロリ(簡素なワンピース着用)のホログラムが映し出されると共に箱の縁から触手がこんにちはする。物を掴んだりは触手が行う
箱の中は闇、何も見えない。移動は箱ごと滑るように動く
性格:見た目?通り幼い。開けてくれた人にはまず感謝のねんを持ち、お喋りして交流を持とうとするが敵と判断するとホログラム体は消えて触手の生えた宝箱が襲いかかってくる仕様
設定:ダンジョンにある罠付き宝箱が意思を持った。外から開けられるまで自分では開けない。閉じている状態ではほぼ無敵。とても希少な宝を内臓している


名前:アーレイ・フェアチャイルド
性別:女
種族:人間とウィル・オ・ウィスプのハーフ

好き:晴れの日
嫌い:雨の日、霧の日のような湿気た天気の日

一人称:私
外見:15から16の少女で燃えるような長い赤毛と橙色の瞳が特徴。背丈は平均より高め。バストは普通くらい。
性格:女王様気質(人によってはわがまま王女様と形容する)
彼女の名前を呼ぶときは何かしら賛美の接頭辞をつけることを要求する(例:ルビーよりも煌めく美しきアーレイ様)
設定:蒼炎のアーレイと呼ばれている。念動発火能力(パイロキネシス)を有する。
火力の度合が上がると自らも火に包まれるが平気である。(が、服は燃える)
本気を出すと髪色と纏う炎が紅→白→蒼と変化する。
公的な機関に属しているか賞金稼ぎをやっている


名前:ミステリア・ブーゲンビリア
性別:女
種族:人間

好き:勇者
嫌い:アマゾネス

一人称:あたくし
外見:桃色のウェーブロングヘア、たれ目、口元左下にセクシーホクロの妖艶なお姉さん。ボンキュッボンなスタイル。お洒落なため魔法使いっぽい地味な服を嫌い、明るい色の可愛い服を魔道具作成で強化して着用。
幾何学模様の銀色の支柱に、何層にも重なって見える濃淡の紫のオーブが先端についた1.5メートルの神代の杖『サクリファイス』を持つ。
性格:愛に生きる性格。アマゾネスの少女を選んだ勇者にフラれて以来、カップルを見ると憎悪を抱く。毎年クリスマスイブの性夜の時間にはホテルに襲撃をかけている。殺しはしないが性的不能になる呪いをかけてくる。
設定:かつて魔王を倒した勇者の仲間の魔法使い。呪いと守りのスペシャリスト。当時は20代。今は30代でストップしている。勇者の子孫と結ばれるために不老となり生き続けているのだが、生まれるのが代々女の子しかいないため、今に至る。
サクリファイスは魔法の威力・効果範囲を最大で神代の魔術師レベルまで引き上げる力を持つが、相応の魔翌力を消費する。足りない分は生命力を消費する。魔法の箒代わりにもなる。
呪いは、呪い使いまたは僧侶が解呪しなければ死後も残り続ける。ただし神代の魔術師レベルの呪いには、神代の魔術師レベルの解呪が必要となる。


名前:ビビエ
性別:女
種族:人間

好き:アマゾネスの里
嫌い:里に害をなす者

一人称:あたし
外見:大柄でマッチョなかぎ鼻のお婆さん。年寄り用の露出の少ないアマゾネスの民族衣装を着ている。年で白くなった髪をパイナップルのように一纏めにしている。
性格:かつて知と力を極めた、年寄りとは思えないほどの覇気を放つ豪傑。一転、それを感じさせない気の良いお婆さんを演じる老獪さを併せ持つ。先祖代々受け継がれてきた里と伝統を守ることを何よりも大事にしている。
基本的な語尾は「~さね」。若さの秘訣を聞かれたら恋をすることだと答える惚れっぽいお婆さんでもある。「あたしがあと20年若ければ手篭めにしてやったよ」「お前さんが熟女好きというなら別に今でも構わんさね」と冗談半分に言ってくる。(半分本気)
設定:アマゾネスの里の長。齢100歳を超えて現役のアマゾネス。肉体的に全盛期を過ぎてはいるものの、長年の経験による老獪さでまだまだ若い者には負けない。
ひ孫のアロンが自分と同じく修得率100%だったので里長を継がせる気でいたが、あまりにも脳筋過ぎるため、経験を積ませるためにも聖剣『エクスカリバー』の祭壇を破壊した罪で勇者探しを命じて里を追放した経緯がある。
(アロンの設定「村」→「里」に読み替えて下さい)

アマゾネスの秘術:後天的に異常筋肉密度の持ち主となれる肉体訓練及び食事法がある。5歳の頃より初め、10年の歳月を経て完遂となる。才なき者は修得率60%前後、才ある者で修得率80%前後、修得率100%まで辿り着いたのは歴代のアマゾネスでも5人しかいない。
身体機能のリミッターを外す秘術も存在するが、自身の肉体に合わせた開放率かつ数分間に留めなければ身体を崩壊させてしまう危険性を持つ。
アマゾネスの秘術を修得できるのは女性の人間族のみ。里内でしか秘術を伝授することは許されず、里外で伝授できなくなる秘術を初めに施されることになる。

アマゾネスの里:かつてアマゾネスは土地を持たない狩猟部族であった。勇者と共に魔王を討伐したアマゾネス『ミニア』が魔王討伐の報酬として土地と自治権を貰い、アマゾネスの里を作り上げた。ミニアが初代里長をつとめる。先祖を称える礼拝堂に、神代の槍『ロンゴミニアド』を構えたミニアの像がある。男子禁制だが里長の許可が下りた者はビザを発行してもらえる。
アマゾネスが夫と共に暮らしたいときは里長から里抜けする許可を貰う必要がある。かつてユウナのひいお婆さんであり、ビビエのライバルであり、アマゾネス最強の剣士であった『マルミア』が、当時の里長の代理で選ばれたビビエと決闘を行い、HP残り僅差で里抜けする権利を勝ち取った。マルミアはユウナが幼い頃に寿命を迎えた故人。アマゾネスはユウナを勇者の末裔よりも初代里長ミニア様の末裔か、マルミアのひ孫として扱う。

【砂国募集キャラその4】


名前:エローエ・バッカーノ
性別:女
種族:人間

好き:歴史に名を刻む強者
嫌い:倫理

一人称:ワタシ
外見:右目部位を覆うドクロマーク入り黒眼帯+黒いローブ。白髪ツインテール+巨乳+八重歯。
性格:善悪問わず強者を愛し崇拝し興奮し続けるハイテンションな子。悪意はないが倫理観に欠けているため話が通じないこともしばしば。目的の邪魔にならない限りは強者の命令に喜んで従う。敬語口調で「~です」は「~デス」とカタカナ表記。
設定:ユウナと同い年でよく勇者と魔王ごっこをやっていた幼なじみ。愛称はエロちゃん。周囲から変人扱いされて家族にも煙たがられて、1人ぼっちだったところに声を掛けてくれたユウナが唯一の友達。
両親の許可が降りずユウナと魔法学校に行けなかったため、ユウナがいなくなった後はひたすら独学で魔法を勉強。遺骨と、自身の身体の一部を切り取って融合させ、全盛期の状態に復元し、魂を呼び戻し定着させる【偉人再臨】の魔法を開発。すぐに魔法協会から禁術指定されるも使用を止めず邪魔するものを返り討ちにして逃走し国際指名手配を受ける。
現在は偉人再臨体1体と同行。正体はユウナのひいお婆ちゃんであるマルミア(全盛期)。存命のうちにユウナと一緒に武勇伝を聞かせてもらっては熱狂していた。
偉人再臨体は生前の記憶と自我があるが、魂を縛られると逆らえない。魂への縛り(現在進行系の命令)を増やすほどステータス・スキルにデバフがかかる。なので恒常的な命令は「エローエを守ること」のみ。
偉人再臨体はエローエとの融合部位が破壊されない限り身体が負傷したり欠損しても再生する。
融合部位が破壊されると魂が定着できなくなり成仏する。マルミアの融合部位は右目で、エローエの緑色の瞳に変わっている。元の色は紅色。融合部位は目ではなく指1本でも可能だが、弱点部位となるため守りやすい目にした。
魔法で作成した擬似的な魂を死体に入れて簡単な命令に従うゾンビにするネクロマンサーとしての基本技能も備えている。他の魔法に興味がなかったのでネクロマンサー特化。
ユウナを勇者にしてあげるために魔王復活を目指し、魔王の遺骨を探している。


名前:アルバート・ロギアス
性別:男
種族:人間

好き:王国
嫌い:悪

一人称:予
外見:黒髪で軍服に身を包んだイケメン
国宝級の刀剣や外套、宝珠を持ち歩く
性格:融通きかない愛国狂人
設定:王国の第一王子にして、熱烈な愛国者であり、王国に仇なす全ては悪であり抹殺しなければならないと考えている。もし父たる王が悪政を敷こうものなら斬って捨てると断言できる狂人。外国嫌いで王国以外別にどうでもよくね論者。身体能力極高。
王国に賊が侵入したという話を聞き犯人を追う旅にでるが、最近魔国行きの船に乗ってる時大量の銀貨を盗まれたので、窃盗犯が特に嫌い。
砂国に眠ると言われている伝説の武器とかもついでに狙っている。王国や王国民への愛は本物であるのでそれを人質にとられると弱い。


名前:ヘルマ・ヘルシング
性別:女
種族:吸血鬼

好き:活きの良い血
嫌い:思い通りにならないこと

一人称:わし
外見:日の光を浴びないよう厚手の黒赤ドレスと吸血鬼マントをたなびかせた赤目金髪美人
性格:気分がいいときと悪いときの差が激しい自己中
豪快な性格
生まれながらの王
設定:自称吸血鬼の王。吸血鬼としての能力は全てが最高級、特に影操作と分身能力に長け多彩な戦闘スタイルをとる。夢は吸血鬼王国を建国することであり、各国の影の下に自分の領域を作り出し、人間や家畜、資源を拉致することが国際的に問題となっている。歩く災害と畏怖され一般市民から数多くいる眷属たちも彼女を怒らせないように慎重な態度をとるため、退屈に苛まれている。殺し殺されな熱い闘いをしてみたいと思っている。大剣を軽々と振り回す圧倒的身体能力がある。血にうるさいグルメ。


名前:アルバーレン・ファン・サンドノック
性別:男
種族:人間

好き:面白い事
嫌い:退屈

一人称:私
外見:天然パーマの黒髪に黄金の瞳を持つ美男子、白を基調とした中東風の貴族服を愛用し、派手なサーベルを帯刀している
性格:極端な享楽主義者であり、『面白くない事に意味はない』を心情としている
設定:砂国において3本指に入る有数の大貴族
砂国で『冒険者支援事業』を立ち上げた一族の長であり、彼自身も有数の冒険者兼剣士である
世紀の犯罪者だろうが英雄だろうが悪魔だろうが『面白ければいい』と受け入れる懐の深さを持ち、冒険者達への支援を惜しまない
一応貴族なので政治経済などの勉学も収めているが、基本部下に任せてる
砂国の民に慕われているものの、その性格から『放蕩息子』と毛嫌いする者を一定数存在する


名前:ナルメア・アンスリウム
性別:女
種族:サキュバス

好き:リリスちゃん
嫌い:リリスちゃんに嫌われること

一人称:お姉さん(リリスにはお母さん)
外見:羊っぽい角。紫色の長髪のスレンダー爆乳美女。
性格:一人娘(息子)のリリスを溺愛。子供が産まれる前と後でキャラが違うと言われる親バカ。
ドS行為を強要するドM。誘惑してケダモノになった竿役に乱暴にされるのが好み。ただしやり過ぎて腹上死させてしまう、ある意味ドS。
今はリリス>>>(越えられない壁)>>>友達>その他のため、敵意を向けられない限り人を襲わない。
設定:娘と同じく常識改変魔法結界を使用可。
赤ん坊のサキュバスが育ててもらうために母親を魅了するのはよくある話だけど、ナルメアは魅了され過ぎた。
娘を育てるためだけに料理,裁縫,育児,洗濯,清掃等の家事をマスター。娘とヤろうとしたら「実母じゃ勃たない」と言われたショックで心臓が止まったことがある。それ以来、娘との会話中に塩対応されたり怒られたりして嫌われたと思うたびに心臓がよく止まる。

【砂国募集キャラその5】


名前:グラドス
性別:男
種族:アスラ(四本腕が特徴)

好き:強い者(腕っぷしだけではなく意思の強い者なども含む)
嫌い:弱い者

一人称:某(それがし)
外見:癖毛で長い黒髪。焼けたかのような赤い肌。一見長身痩躯だが筋肉質ないわゆる細マッチョで、四本の腕を有する。獰猛な野獣を思わせる野性味溢れる面構え。
性格:三度の飯より戦が好きな生粋の戦闘狂。堅気の人間に(積極的には)手を出さない主義で、戦闘が絡まなければ気の良いあんちゃんでもある。
設定:実は貴族の生まれで野性的な顔立ちとは裏腹に古風な話し方をし頭も良く常識も理解している。
しかし己の生き方を何よりも優先するタイプで、それゆえに実家を捨て各地で強い者に戦いを挑んでは殺害し指名手配されている。普段は盗賊やごろつきなどを狩って稼ぎつつ強い者の情報を集めている。
魔法を剣に纏わせて戦う魔法剣士で薙刀と投げナイフが武器。防具は急所を守る程度の軽装。
手数の多さと初見の敵でも弱点を見抜き攻める洞察力、対応力の高さなど攻撃能力が非常に高いのが特徴で、四つの魔法を合成するという切り札を持つ。

他の設定が思い付かないのでこのレスのコンマを料理の得意度にしたい。【コンマ:75】


名前:ササン・ペルージャ
性別:女
種族:サトリ

好き:正直者
嫌い:特にない

一人称:私
外見:探検隊ファッションの小柄な少女
性格:熱しやすく冷めやすい
どちらかというとボケキャラ
設定:世界的大商会ペルージャの会長の愛娘
溢れる資金力と組織力でやりたいことは次々叶えてきた。今のマイブームが探検であり、何かしら遺跡からお宝を発掘したいと思っている。しかし飽き性でもあるのであっさり探検に飽きるかもしれない。かつては探偵に憧れて王国のとある盗難事件に首を突っ込んだり、ジャーナリストに憧れてセブンスアビスに突撃インタビューをかましたりと危ないことも好き勝手やっていた。その都度死ぬことなく生き残ってきたのはしかるにギャグ補正のためである。大岩に踏み潰されてもなんかペラペラになるだけで命に別状はなかったり物理法則を超越している。


名前:ロティヌス
性別:男
種族:人間

好き:ビール
嫌い:正論

一人称:俺
外見:素顔の伺えない真紅の兜に、Tシャツ短パンサンダルのラフスタイル
性格:喧嘩っ早くガサツで横暴、今が楽しければそれでいい刹那主義というか、将来を深く考えていない
設定:国に認められし当代勇者。デフォルトで1ターン2回行動。気に食わない奴は一般人でも殴り、悪人からは金を巻き上げ女にはセクハラをする。性質の悪いチンピラそのものだがクソ強い
騎士道のようなものとは無縁で、不利な時には「にげる」事をためらわず「どうぐ」も好き勝手に使い「こうげき」は拳も剣もなんでもござれ「まほう」も普通に達人級
闇国から3度生還した猛者だが、現在は砂国でカジノや闘技場、裏ダンジョンに入り浸っている寄り道大好きマン
普段は面倒だから付けていないだけで、鎧や剣も普通に所有している

ユウナと血縁関係にあるかは特に決めていない(できれば無し)


名前:ブラスト
性別:男
種族:人間

好き:和洋折衷の創作寿司
嫌い:無駄

一人称:私
外見:険しい目付きの筋肉質の男
性格:無口で几帳面。仕事では極めて冷酷だが、プライベートでは不器用な優しさを見せる
設定:海国の忍者達に「影食らう闇」と恐れられる王国最強の諜報員、忍者狩りの忍者であり、闇の管理者。
3つの忍術流派と2つの暗殺組織を滅ぼし、彼らの持つ技術・体術・忍術・秘術、すべてを解析し、雪国の科学技術を取り入れた上で独自の忍術流派を構築してしまった鬼才。
現在は「神の身体」に関する密命を受けて暗躍している。


名前:ガスパール
性別:男
種族:人間

好き:赤ワイン
嫌い:女の権力者

一人称:儂
外見:背は高くやや猫背、威厳ある鷲鼻と顎鬚、貴族服の上に黒いコート
性格:卑劣で尊大なサディスト
設定:王国の将軍。卑劣な手段を好んで使う謀将で、趣味は(特に女性相手の)拷問。勝利と権力の為なら自分のプライドが許す限りどんな事でもする
本当にどんなことでもする為、部下への陣中見舞いで人望を確保するのは当然、自ら積極的に前線で剣を振るう事で士気を上げ、なんなら敵将の首級まで挙げるため判断に困る
白兵戦においては派手な技こそ持たないがステータスが全般高く、単純に強い
謀将としても猛将としても普通に有能なので本当に判断に困る

【砂国募集キャラその6】


名前:アビアラ
性別:男
種族:人間

好き:可愛いまたは綺麗な女性
嫌い:小さい細かいこと

一人称:余
外見:白いターバンなどを身に着けた王族衣装
性格:笑顔を絶やさず白い歯をよく見せるイケメン。大らかで細かいことは気にしない。良い人だが欲望に忠実でバカ
設定:砂国のいわゆる王族に位置するお金持ちな若者。この世界に必要不可欠なエネルギー源のひとつである鉱石が採れる大洞窟の所有者。
良いものを食べ、好きなだけ眠り、魅力的な女性をスカウトしては自分の妻に招いている。よく笑う性格で特に面白くもないのに大笑いしたりする。バカなので鉱石についての経営などは有能な秘書たちに任せっきりにしている。
本当にバカなので賢い人間に裏切られてあっという間に貧乏に、というケースを想像してしまうが、貧しい者や行き倒れている者に水や食料を送ったり、泥棒に入った者のためによく来てくれた宴会を開いたり、仕事のない者を宮殿で雇ったりしたりと惹かれてしまう性格をしているため今までもこれからもそんなことは一度もないだろう。
もし本当に騙そうとする者がいるなら有能な秘書たちが代わりに成敗する。


名前:スカーレット・ロギアス
性別:女
種族:人間

好き:夜
嫌い:早朝寝起き

一人称:私
外見:グルグル目の赤色ドレス金髪美少女、何考えているか分からないくらい表情は変わらない
性格:元王族とは思えない変人
言動の喜怒哀楽ははっきりしている
設定:王国のやんごとなき第3王女であったが、出奔し世界を股にかける辻斬りとなった。王国最大の裏切り者。元七聖剣。
末っ子で生まれたというだけで国王継承から遠くなってしまっていることに憤りを感じ、自分で国を作るしかないと家出。夢は大きく世界征服、手始めに砂国を乗っ取ろう作戦を企んでいる。魔法はからっきしだが国宝である魔剣による剣技のみでその名を轟かせた。卍解もできる。
斬るかどうかは気分で決める。斬れぬものなどあんまりない。


名前:マイア・クレス
性別:女性
種族:人間

好き:魔獣・動物たち
嫌い:人混みや騒がしい所

一人称:わたくし
外見:褐色肌と白いロングストレートをした細身の女性
性格:内気で引っ込み思案
設定:砂国でも最大級の広さを持つオアシス周辺の地域を治め、大小さまざまな魔獣や動物を意のままに操る技を持つ部族の長の娘
彼女自身も多くの魔獣・動物を手懐けており、彼らの背中に乗って散歩することも多い
彼女の部族はかつては神話級の魔獣も操り時には世界に災いも起こしていたが、現在はダンジョンの助っ人として魔獣使いや躾けられた魔獣等を貸し出すビジネスを新たに行っている
しかし真に危険な魔獣は土地の地下深くに封印しており、長の一族が代々封印を守護している

【砂国募集キャラその7】


名前:セオネラ
性別:女性
種族:土竜

好き:冷たい土
嫌い:水

一人称:我輩
外見:デカイ鉤爪がチャームポイントの工事服土汚れ女子
割りとナイスバディ
性格:江戸っ子、ノリは良い
設定:地中が好きでよく掘ってるが、冷たい土の中で眠るのが好きなだけで別に何かを探しているわけではない。副産物でお宝や遺跡や温泉が見つかったりするが彼女は基本スルーする。
神の身体も昔どっかの遺跡で見つけているがスルー。土が好きすぎて食べちゃう。


名前:ガスターク・バルフォード
性別:男
種族:人間

好き:富
嫌い:取り繕うこと

一人称:俺
外見:長い髭を生やした、ビール樽のような巨体の大男。豪奢だが動きやすい服を着ている
性格:豪気な男、夢見る俗物。金と女と権力を好み、それを手に入れるためならばいかなる手段も犠牲も問わない

設定:ギャンブル、麻薬、奴隷売買などの後ろ暗いビジネスに手を染める、強欲な大商人
かつて莫大な財宝を見つけ、砂国有数の大富豪に成り上がった偉大な冒険家で、闇国の侵攻から砂国を守った事も、竜を殺した事もある生ける伝説
今の彼に会う者は「かつての英雄が地位を得て堕落してしまったのだ」と評するが、的外れな評価である
彼は最初から悪党だった。最初から手段を択ばず、その欲望を隠さなかった
欲しいものを手に入れるために悪事に手を染めた事も1度や2度ではない、だが彼は、そんな悪事が霞むほどの『結果』を常に手に入れてきた
今の地位をすべて失っても、彼は豪胆に笑い飛ばして、次の冒険をはじめるだろう
戦闘面では竜や悪魔と殴り合えるフィジカルの持ち主で、おそろしくタフ。かつて手に入れた幾つものアーティファクトも用いる


名前:シャーロット・セレナード
性別:女性
種族:サソリ

好き:珍しいもの
嫌い:ない

一人称:私
外見:可愛い猛毒のサソリ尻尾をブンブン振り回す小動物
性格:好奇心旺盛
設定:むかーしから砂漠に住んでるため誰よりも砂漠に詳しいし、砂漠の乾燥や暑さにも強い。
猛毒の尻尾に貫かれたら普通は死ぬくらい強い毒を持ち、他種族からは基本怖がられている。
フレンドリーで見知らぬ者を見かけたら警戒心はよそに近づいていく。

名前:ワイズ
性別:男
種族:ハーピー

好き:歌・歌が上手な人
嫌い:ムキムキとした暑苦しい男

一人称:僕

外見:華奢な体格をした薄緑色ショートヘアの少年。星のヘアピン、背中に橙色の二重丸の模様が描かれた黒の袖なしパーカー、白の短パンに黒ニーソ。風と羽をモチーフにした緑色のスニーカー。
戦闘時。露出多めのミニスカくノ一姿に。桃色の生地に赤い縁取り、胸とスカートには桜模様。黒いスパッツに忍者靴。腰帯は黄金色、桜のヘアピン。

性格:小心者で流されやすい性格だが、自分の目的の為なら犯罪行為や自己犠牲行為も躊躇わない。また、常識人のように装っているがかなりのむっつりスケベ。

設定:神に選ばれ、「神の身体」というアイテムを集める為に世界を巡ることになった記憶喪失の少年。
「フェニックスの羽」というアイテムを身体に埋め込まれており、ハーピーでありながら不死の性質を持つ。どんな状況からでも死ねば元通りの身体に復活する。
測定不能級の可能性を宿し、ありとあらゆる成長をすることが出来る。普通ハーピーでは覚えることがないような魔法や技も修得できる。
女好きと言われると「僕は男の人が苦手なだけだから!」と言うが、実際女好きである。女性に虐められるとよく喜ぶ。マゾ。

名前:レイネ・パブリオーネ
性別:女
種族:人間

好き:人助け
嫌い:年齢の話題

一人称:私
外見:たゆまぬアンチエイジングにより20代の若さを保っている38歳独身美女。銀髪の大きな一本の三つ編み。青い瞳。青色と白色で構成された騎士服。ふんわりと膨らんだスカート。豊かな胸を覆う鎧。普通のレイピアと呪いのレイピアの2本を腰に提げている。
性格:慈愛に満ちあふれ、見返りを求めない善良な精神で弱きを助け悪をくじく、あらあらうふふ系おっとりお姉さん(38)。優しいので大抵のことはたしなめながら許してくれるが、しつこくセクハラしたり年齢の話題を出すとレイピアで刺してくる。速過ぎる上に殺気がないのでまず避けられない。
設定:二つ名は『聖女』。回復・浄化・バリア魔法など、人を守り救うことに特化した神官騎士。速さと精密さに優れたレイピア使い。
浄化魔法は呪いを解くことができ、アンデッドやゴーストに使うと成仏させる。処女だと浄化魔法が大幅に強化されるため処女を貫いてきた。30歳で騎士を引退して結婚して家庭を築く予定だったが、癖のある七聖剣の中でも珍しく人間性がまともで、他の七聖剣が彼女の言うことをよく聞いてくれるため、辞めて欲しくない王国上層部の土下座により40歳まで七聖剣を続ける約束を交わしている。
王家より呪剣『エクスキューショナー』を預かっている。呪いが込められたレイピアであり、服越しに触れているだけでも少しずつ呪いに侵食されていくため使い手は浄化魔法が必須。
エクスキューショナーで刺した部位には呪印が付与される。呪印には身体機能を停止させる効果があるため、不死の存在でも脳を貫かれれば呪印が解かれない限り脳死状態となる。
呪印は『処女によるスキルレベルMAX相当』の浄化魔法なら一発で解呪できる。そうでなければ浄化魔法をかけ続けても解呪に最低でも1ヶ月はかかる。
浄化魔法以外の解呪方法としてセリューの暴食スキルがあるが、本人曰く死ぬほど不味過ぎて二度と食いたくないらしい。

名前:ユクアキ
性別:男
種族:天狗

好き:金
嫌い:タダ働き

一人称:俺
外見:天狗仮面に黒色の翼に海国衣装に長下駄
性格:正義は金で買えるがモットーの絶対的資本主義者
設定:王国七聖剣迅雷のユクアキ。海国出身だが、帰属意識や忠誠心が皆無なため羽振りの良い王国で七聖剣をしている。お金こそが最大の行動原理であり、自称七聖剣で最も話の分かる男。金を積まれれば犯罪者でも見逃すし王国に黙って傭兵業務もしている。
海国最上大業物の一つ黒刀"紫電"を有しており、刀の特殊能力として雷を生み出し放つことができる。

再利用:する

名前:シュナイダー
性別:男
種族:人間(?)

好き:ボードゲーム
嫌い:殺生

一人称:私
外見:純白のコートと、素顔を隠す純白の兜。腰に剣を差している
性格:礼儀正しい正義漢。ユーモアにも富んだ元気溌剌のナイスガイ
設定:二つ名は「納剣のシュナイダー」。七聖剣の中でも特に王と近しい立場にあり、普段は近衛長として王の護衛を行っている。しかしフットワークは軽く、王の名代として各国に跳ぶ事も多い
この「跳ぶ」という表現は比喩ではない。彼は身体能力で最強の七聖剣と評されており、2、3度の跳躍で国家間の移動を可能としている。他にも手刀で海を割ったり蹴りの風圧で魔翌翌翌力を吹き飛ばし強引に魔法を阻止したりとやりたい放題
当然剣士としても最高峰の実力者なのだが、「殺し以外で剣は使わない」という信念をもっており、普段は剣を抜かず、徒手空拳で戦っている
セブンスアビスとの交戦経験と交流経験が多く、かつてベルフェに「平和的な楽しみを知れば悪事をする理由などなくなるだろう!」という理由でボードゲームや人気小説をプレゼントしたり料理や絵画を教えようとした事もある
セブンスアビスを相手にすらろくに剣を抜かない本当に優しい男なのだが、だからこそ、一度剣を抜いたならば容赦をせず敵に死を与えるだろう

名前:ズラエル
性別:男
種族:天使

好き:可愛い者(男女や種族問わずR的な意味で)
嫌い:マッチョ

一人称:拙者
外見:
長剣を持ち法衣を着たバーコードハゲの天使。ビール腹。2対4枚の白く立派な翼。レンズが大きく四角い眼鏡。頭上に天使の輪。
翼だけは見事なため、翼が本体という扱いを受けることも。
性格:
男女問わず可愛い者なら「イケる」ド変態でR板的な能力も高い(コンマ換算で最低75以上)。しかも可愛い者が相手ならドMにもドSにもなる筋金入り。
性癖に関わらなければ(相手が可愛くなければ)種族差別はせず紳士的に対応するし真面目に仕事したりとわりとまともな部類。
設定:
「王国の(世間に出すの恥ずかしいから)最終兵器」と呼ばれる告死天使。
敵の悪性に応じて威力を増す聖剣の使い手で、真偽や罪の看破、読心術、肉体と魂の分離、魂の修復・浄化、など心魂に作用する術に長ける。
また、「フローティングオルガンズ」という宙に浮かぶ目や耳、鼻、口などの器官の分身を作り出す術を使い監視や偵察などもこなせる。
善人か悪人かを魂レベルで見極められるためワイズの処断に対しては慎重であり、下心は多分にあるが弁護するつもりでいる。
高い能力を持つが容姿と性癖が壊滅的であり、ワイズを「そういう意味」で狙っている。(それでも異種族スレイヤーのアベルよりは話が通じるが)
性癖が高じて恵まれない子ども達を大々的に支援しているが、「教育に悪い」と子ども達からは隔離されている。残当。
時おりどもったり語尾を伸ばしたり、「デュフフフ」や(ニチャァと笑ったり、「ですぞ」とか「ござる」とかそんな口調のキャラ。

再利用:する

名前:ゼスタ・フォン・シュレイダー
性別:男
種族:人間

好き:従順な者
嫌い:偉そうなやつ

一人称:私
外見:王族でもないのに王冠をかぶった貴族服の優男。ひたすらにつまらなそうな無表情を浮かべる
性格:面倒くさがり
設定:常に空中移動する玉座に座って行動している王国大貴族シュレイダー家当主にして七聖剣一のものぐさ男。支配剣オーバーロードを持ち、自分より魔翌翌翌力の少ない者を支配する能力を有する。基本戦闘は自分で行わず、そこらへんの一般市民を支配して人海戦術で戦う。支配された者から魔翌翌翌力を徴収したりダメージを押し付けたりと支配下の駒がいる限り無敵に近い力を持つ。支配下の駒は[ピーーー]か気絶させれば支配下から解放できる。本人スペックは一般騎士に毛が生えた程度なため、全ての駒がなくなれば、実質的に無力となる。面倒くさがりながらも職務はキチンと果たす。

再利用:する

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom